« 後期高齢者医療制度 | トップページ | テレビ局ハシゴ »

2008年9月20日 (土)

あと一日

事務局です。

ブログへのコメントありがとうございます。

選対本部オフィスの廊下へ張り出しております。

Comen2

おかげさまで”名物廊下”になってきました。

あと一日、よろしくお願いいたします。


|

« 後期高齢者医療制度 | トップページ | テレビ局ハシゴ »

コメント

石破先生、国産F-X、FS-Xを早期に実現するために、ATD-X予算の増額、計画の前倒しをお願いします。
F-3が、F-15JPre-MSIPの退役に間に合うよう、先生のお力でなんとかお願いします。

他にも、海自の護衛艦にトマホークのような艦対地巡航ミサイルを配備したり、地上発射型の国産中長距離地対地巡航ミサイルの開発(北京が射程距離に収まるものが望ましい)。

あと、航空自衛隊独自の敵防空網制圧部隊の創設もお願いします。
在日米軍の三沢の防空網制圧部隊に依存している現状は好ましいとは思えません。

投稿: 戦後体制の打破を目指す会 | 2008年9月21日 (日) 03時20分

1.竹島、尖閣、北方四島と歴代の政府が先送りしてきたことが、問題を大きくしている。
各国の国民感情を無視をして経済を優先し、国の根幹である、領土問題を先送りしたのが大きな失敗である、今更、早期解決は望めないだろう。
韓国は自国の経済を豊かにするためには国民感情を抑え日本を利用するしかなかったし、実際利用して成功している、
日本は、経済大国だと思い、企業は相手をあなどり、たとえば、三菱自動車、ソニー等々と進出しては撤退、しかも、ソニーは特許の相互使用に調印、また最近では、国費を使い研究したものをサムソンに提供、
ついには、日本に学ぶべき技術は無いと言わしめると同時にサムソン、LGに駆逐されようとしている。その結果韓国大統領の天皇侮辱発言が出てくる、本当に嘆かわしい。
トヨタも二の舞を踏まなければ良いが、現代自動車が日本で売れないように多分失敗するだろう。
日本の企業に現状を見つめる力があるのだろうか?また、将来を?企業は確かに利益追求は当然であるが、サムソンのように相手が出てきたら、
その芽を摘む企業努力をして来たのだろうか?いままで、胡坐をかき、傲慢であった気がします。
アジア重視、企業、政府は言いますが、いままで、謙虚に企業努力しているとは思われません、根本は、買える人が買ってくれれば良いという傲慢さでいたのでは、、、。
結果一例として、タイでは小学生がサムソン携帯でゲームをやっているという現実、任天堂、ソニーは現状をどう乗り越えていくのか、心配です。
アジアでは良いものを安く売り、企業価値を高めてから、利益追求をしないと、今までの二の舞です。初めから、高いと高値の華で店のショーウィンドウの飾りで終わりです。
もちろん、成功している企業もあります、ユニチャーム、ヤクルトを見習うことが他の企業には欠けています。
欧州、米国には企業は当然ながら力は抜いては絶対ダメですが。

投稿: 小林勲雄 | 2012年8月19日 (日) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/42538619

この記事へのトラックバック一覧です: あと一日:

« 後期高齢者医療制度 | トップページ | テレビ局ハシゴ »