« テレビ出演 | トップページ | あと一日 »

2008年9月20日 (土)

後期高齢者医療制度

石破茂です。


昨夜、福岡に入り、宿泊。

今朝の朝刊と朝のテレビ番組を見て、一瞬わが目を疑いました。「後期高齢者医療制度廃止へ」「後期高齢者医療制度見直し、年齢区分廃止など検討」などという活字が躍り、舛添厚労大臣がテレビに出演して、同様の趣旨を語っておりました。

確かに、衆議院選挙を控え、どうにも評判が悪く、なかなか理解も進まないこの制度を維持したままでは、批判は避けがたい、との判断もあったのでしょう。

しかし、この制度は75歳以上の方々を守るための制度として、多くの議論を重ねて構築されたものではなかったでしょうか。難解であり、説明不足のため多くの反感を買ったことは明らかな事実ですが、責められるべきは制度の親切な周知徹底を怠った厚労省の姿勢、さらには我々自民党の努力不足なのであって、地域において精一杯の説明に努め、ようやく理解いただける、との感触を得つつあった私としては、どうにも釈然といたしません。

Higata2


残り4日とはいえ、なお厳然と存在する内閣の閣僚が、単独で次の内閣の方針を示すというのも、考えてみれば妙な話ではないでしょうか。新総理の賢明な判断が望まれます。

Kagoshima


今日は残暑厳しい中、佐賀、熊本、鹿児島での街頭演説。どの会場もいままでと同じく多くの皆様方にお集まりいただき、総裁選遊説の効果を実感しました。
Higata


あすはいよいよ最終日。フジテレビ、NHK、テレビ朝日、3局に5候補揃って出演の後、JR大宮駅西口(午後1時そごう前)、JR稲毛海岸駅(午後3時40分)、横浜駅西口(午後6時高島屋前)、3ヶ所での街頭演説で、総裁選を締めくくります。ぜひお越し下さい。お待ちしております。

|

« テレビ出演 | トップページ | あと一日 »

コメント

明日は絶対、演説を聴きに伺います。
どのようなお話をしてくださるのか、今から楽しみにしております。
応援しております。

投稿: シロ | 2008年9月20日 (土) 23時51分

政治家である以上選挙に勝つことを考えるのは
当然のことですが、そのために耳障りのいいことだけしか
言わないのは犯罪に等しいと思います。
もちろん国民にも、厳しい現実をきちんと
受け止める必要があります。
福祉サービスが与えられて当然と思っている人が多いですが、
すべてのサービスは有料であり、サービスを要求するのであれば、
当然その分を負担しなければなりません。
このことを一人一人が理解するだけでも、
成熟した社会へより近づくと思うのですが、、、

あと一日頑張ってください!!!

投稿: htomo | 2008年9月21日 (日) 00時06分

かつて消費税3%を導入された時,時の与党大物政治家が切実に訴えていました。
「これから日本は高齢社会になるのです。そのために消費税の導入が必要なのです」
テレビでではありましたが,私自身,本当に心を打つ,素晴らしい訴えでした。
そのあと,インタビューに答える形で,講演に参加した聴衆が,「こうやって話を聞くと,なるほど,そうだなあと思う。でも,一方,反対論者の話を聞くと,やっぱりどうなのかなあと思う」という複雑な胸の内を披露くださり,なるほどとも思いました。
さて,その高齢社会のための3%の消費税導入でしたが,では消費税が導入されて高齢社会問題は解決したでしょうか? 私は高齢社会対策の専門家とも話をしましたが,「3%の消費税が,その言葉通り,本当に高齢社会のために充当されるのであれば,財源問題は一気に解決する。しかし,現実問題として,この問題は残ったままだ」という話を聞き愕然としました。
ちなみに,消費税は,その後2%引き上げられて5%になりました。あれ!と思う内に決まってしまいました。
その後,新聞などを見ると,野党の議員で「もう3%に戻しても良いのではないか?」という発言の記事を読み,「?」な気持ちになりました。その後,日経新聞のコラムで,当時の日本国の為替差損額と,今回の2%の増収額がほぼ同じであるという意味深な記事を読みました。
確かに,高齢問題がマスコミでは喧伝されていますが,特殊な事例を除き,寝たきりや痴呆症の傾向が有意と「なり始める」のは後期高齢期以降です。それでも何十%とか十何%とかいうレベルのものではありません。急に何%かに跳ね上がる程度だったと思います。
もちろん,真実は闇の中です。私に分かろうはずもありません。現状が本当はどうなっているのか?分かりません。
ただ,一つ言えること,合計特殊出生率が史上最低!とマスコミが書き立て,その数ヶ月前後に人口問題研究所?から発行される将来人口予測の数値。そして,新聞で報道される記事内容。これらには意図的な錯誤が行なわれていました。将来人口予測においては,楽観的,悲観的,中間の三つの予測が提示されているにも関わらず,マスコミは中間の予想を前面にアピールします。しかし,実態をよく分析してみると,現実においては悲観的予測すら常に下回り続けているという事実。
年金問題,健康保険問題,いずれにしても,前提とする基礎データに齟齬があれば,根っこから崩れてしまうでしょう。
「戦線から遠のくと,楽観主義が現実にとって変わる。そして,最高の意思決定の段階では現実なるものはしばしば存在しない。戦争に負けている時は特にそうだ」
大本営発表は60年前に終わったはずではなかったのか???
ダグラス・マッカーサーの言葉「Too Late」
私の目から見ると,日本の政治の舵取りは,常に20年分だけずれて遅れているように見えるのです。

投稿: jiro.siwaku | 2008年9月21日 (日) 02時17分

おつかれさまです。

本日、私の地元かごしまで街頭演説を聴かせていただきまました。

先日新橋駅前ではじめて石破さんの演説を聴かせていただいてから石破さんのファンになりました。

今日は他候補の方とと比較しながら聴いていましたが、やはり1番説得力がありました。

たまたまいた後輩に「誰の演説がよかった」と聞くと「石破さん。1番うなづけた。」と答えてくれました。

たしかに5候補の演説に対する観衆の反応のちがいを見ていたのですが、石破さんの時は静まり返り、みんな真剣な目つきで話しに聴き入っているようでした。

国民が期待し選出した人が日本のトップになればいいのに…


石破さんはじめ陣営のみなさま!ラストスパートですよ!!期待しています!!日本を改善してください!私たち国民のリーダーになり国民の背中をおしていきます!

私は石破さんについていきます。

投稿: naosuke | 2008年9月21日 (日) 07時47分

石破さん、スタッフの皆様
このサイト、総裁選が終わっても残して置いていただけませんか?
よろしく御願い致します…。

投稿: ゆか | 2008年9月21日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/42538208

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度:

« テレビ出演 | トップページ | あと一日 »