« 改革チーム、発足へ | トップページ | 九州視察 »

2008年9月29日 (月)

開会

事務局です。

最近、事務局にも優しいコメントをつけてくださる方がいらっしゃって、感激してます。
ありがとうございます。

今日は午前中いっぱい大臣室でレクが続き、午後からは開会式で、
その後衆議院、参議院で本会議がありました。
いよいよ第170回臨時国会のはじまりです。

その後、とかしきなおみ先生のパーティの応援に、大阪に駆けつけています。

S200809292000001

(ライブで送ってもらいました!)

今日の戻りは2300すぎです…。

Sdscn0317_2

(開会式で着用したモーニング。)

|

« 改革チーム、発足へ | トップページ | 九州視察 »

コメント

連日お疲れ様です。

今般の中山大臣の一連の発言について(特に日教組の件)石破さんのご意見をお伺いしたい。TVでは少ししか分からず、もどかしく思います。選挙もあるでしょうが、全く問答無用の発言とは思えなかったものですから。

投稿: 苦学生 | 2008年9月29日 (月) 20時23分

ちょっと~!石破さんにくっつきすぎだよ(`ε´)アタシも一緒に写真とりたい(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)羨ましいです!

投稿: ユウコ | 2008年9月29日 (月) 21時34分

石破さん!最近気になって夢に出てきてしまいます。

投稿: ユウコ | 2008年9月29日 (月) 21時37分

遅ればせながら「座シテ死セズ」を読ませていただきました。
なにげない日常の平和を日本国民はあたりまえの事として享受しているのが実は幻想にすぎないのではないかと感じました。
見えてこない最前線で日本国と国民の平和を守るために政治家が火の粉を浴びて戦っている。
近い将来防毒マスクを携帯しながら歩く日が来ないように一人一人が国を守るということにもっと関心を持つべきです。

先生のさらなるご活躍を心から期待しています!

投稿: ユキ | 2008年9月29日 (月) 23時03分

所信表明演説見ました!!
攻めの農業頑張ってください!!

農業熱いんじゃないかと思い、今夏、ニヶ月間ほど企業(農家でも農業独立法人でもなく)で働かせてもらいました。キャベツやら何やら炎天下の中、作りました。

正直な感想は、、、難しい、けれども可能性はある!!って思いました。

石破さん頑張ってくださいw

by学生。

投稿: 1031 | 2008年9月29日 (月) 23時29分

石破大臣、ご多忙の中での大阪入り本当にお疲れ様です。

本日は、とかしきなおみ代議士のパーティーで大臣のお話を偶然にも伺う機会を得た大阪府民のひとりです。国民のため!日本のため!そのお話の誠実さに感銘を受けました。
帰宅してブログを見つけて書かせて頂きました。

大臣はご多忙にも関わらず、お時間の許す限り沢山の方々とお話され握手をして下さいました。なんとこの私とも握手して下さいました。
本当にありがとうございました。

地元では、とかしき代議士を応援していますが、政権安定のためにも石破大臣を今後応援させて頂きます。お身体にお気をつけて。

投稿: 大阪府民 | 2008年9月29日 (月) 23時42分

お写真拝見しましたw(゚o゚)w羨ましいですね(>_<)だけど、この日本を何とかしなくちゃっていう想いは、形は違えど同じはず。羨ましくても、良いo(^-^)o何が心配って、石破さんの健康…ブログを残して欲しいなんて、随分私も我が儘を言ってしまったと後悔しています。少し更新の間隔を空けられたら如何でしょうか?先生だけじゃなく、事務局の方達も大変だと思いますんで…それにしても流石は「黒ヒョウ」の動物キャラをお持ちの石破さん!お洒落ですね(^0^)/

投稿: りさ | 2008年9月29日 (月) 23時45分

お疲れ様です。

石破さんの笑顔は素敵です。
これからも大変な日々が続くようですがお体に気をつけて頑張ってくださいね。

応援しています!!

投稿: 中学生 | 2008年9月30日 (火) 00時16分

石破さん着用のモーニング!!
素敵です!!

石破さんのメディア以外でのご活躍がブログを通してわかるので嬉しいです。

石破さんのいろんな写真をもっと見たいです。

投稿: 愛 | 2008年9月30日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/42634765

この記事へのトラックバック一覧です: 開会:

« 改革チーム、発足へ | トップページ | 九州視察 »