« ミス富士山 | トップページ | WTO経済関係閣僚会合に行ってきます »

2009年6月19日 (金)

鳩山大臣、臓器移植法改正案

 石破 茂 です。
 鳩山総務相更迭は、その実体がよくわからないまま、「正義か否か」という抽象的な世界に入ってしまいました。
 閣僚と総理の意見が対立するのはよくあることで、その度に「総理に自分の意見が聞き入れられないから辞める!」などといっていたら閣僚は何人いても足りませんが、中身がよくわからないままに、「麻生総理のリーダーシップの無さ」のみがクローズアップされ、人事もそのままというのでは、鳩山前大臣のあの行動にいかなる意味があったのか。この問題は、総理や西川氏からきちんと説明がなされるべきであり、そうすることによって多くの国民の理解が得られると考えます。
 それにしても、中川財務大臣、鳩山総務大臣、鴻池官房副長官と、麻生内閣誕生にもっとも力を尽くした人たちが政権の支持率低下を招いているこの事態は一体何なのでしょう。それぞれ政治家として立派な方ですし、個人的に尊敬もしていますが、かつて竹下元総理が「汗は自分でかきましょう、手柄は人にあげましょう」と言っておられた、その逆の現象が起こっているようにも思えます。
 一期生や二期生をはじめとする、いまだ基盤の固まっていない議員達が大逆風の中で日々支持拡大に必死になっているのに、それらを全て帳消しにするようなことをしていいわけがありません。麻生総理から西川社長の後任のリストを渡された(?)ことの真偽はわかりませんが、国家機密ではないにせよ、閣僚として知り得たことを退任したからといって喋っていいものでもないでしょう。
 総務大臣に殉じて(?)辞任したり、「大政奉還」論を代議士会で展開した政務官もいたようですが、今この時点で我々は政権をお預かりしているのであり、国民生活のために全力を注ぐべきなのです。ましてや政府の一員たる政務官であれば尚更でしょう。

 臓器移植法の一部を改正する法律案は、中山太郎議員提出のA案が予想以上の賛成で可決されました。
 中山先生は私のもっとも尊敬する政治家のお一人ですが、私自身は、これが最善とはいえないもののD案を支持しており(A案の可決により採決には付されませんでしたが)、A案には反対票を投じました。
 理由は以下の通りです。
・ 個人的に、脳死を一律に法律上の人の死とすることには納得できない部分があるため、A案には賛同できませんでした。
・ 脳死認定を含め、臓器移植に対して慎重を期すというC案のスタンスには同意しますが、結果として移植医療が後退してしまっては、このタイミングで法改正をする意味がなくなってしまうため、C案も賛同し得ません。
・ 残る2案のうち、B案の12歳への引き下げは同意できますが、親族への優先事項については機会の平等が与えられないのではないかとの思いがあります。
・ D案は、15歳未満の本人の意思が不明の時に家族の意思で臓器提供を可能とするもので、現行法よりは門戸が広がること、また提供について虐待等の有無等につき医師の適切な関与と確認が義務づけられていること、そして今後3年をメドに見直しを行う規定があることから、今後のさらなる真摯な議論を前提としていること、などにより、最善ではなくても現時点では最良の選択肢ではないかと判断しました。
 私個人としては、今後の課題として、以下のような点につき国民的議論を経た上で方向性と施策を決定すべきと考えています。
・ 移植医療はあくまでも人の善意に基づくものであるので、法律の要件に頼るのではなく、国民の理解を広げる努力を医療界あげて行うべきこと(その意味では、現行法でもドナーが広がる可能性は十二分にあったと考えています)
・ 特にドナーカードについては、そのあり方(現在のものではいかにも安っぽく、公的かつ重要な意思の表明と思えないでしょう)、周知の不足、ドナーカード自体の項目の適否(カード自体は本人の意思確認のためのものであり、そこに家族の同意欄は本当に必要でしょうか)などを含め、徹底的に見直し早期に成案を得るべきこと
・ 医学上の死と法的な死をきちんと整理すること(「脳死」のとらえ方についてもあまりにさまざまであり、また人の死はさまざまな権利義務関係の発生・終焉の契機でもあります)
・ 本人の意思を重要視していくとの方向性の中で、尊厳ある死期の選択ということについてもきちんと議論を進めるべきこと
・ C案には入っていた生体移植についての規定、売買禁止の範囲等についても法制化すべきかにつき議論を進めるべきこと
今後、参議院でも活発な審議がなされ、議論が深まっていくことを期待しています。

|

« ミス富士山 | トップページ | WTO経済関係閣僚会合に行ってきます »

コメント

大臣こんばんは。。

毎日の激務 お疲れ様です。

今日 西松建設の元社長&副社長の 初公判が開かれ恐ろしい事が明らかになりましたね!!!

『天の声』

小沢一郎事務所の 恫喝、恐喝、闇献金を表す言葉だそうですね!!!
何億円かの 迂回献金をした見返りが 113億円の公共事業が 一般競争もなく 談合で落札できたそうですよ・・・
これって 僕達の税金ですよね???
こんな恐ろしい政治家が 野党の裏党首をやってる世の中 僕は悔しいし、情けないし、日本が嫌いになりそうですよ・・・

前にも 書きましたが 郵便の障害者特別割引を悪用した 団体、官僚、そして それらを依頼した 民主党の○○議員!!!
民主党が万が一政権をとった時のネクストキャビネット??たる ふだけたもんに 副大臣として 名簿に載ってますよね!!

民主党って 有能な人は皆議員辞職してしまって 神奈川県知事・埼玉県知事・横浜市長・名古屋市長とかになってしまうんですよね!
障害者特別割引制度を悪用した あの議員は逮捕許諾請求がされると聞いてます。。
小沢一郎事務所の話に戻りますが 『天の声』 と 昔 「天声」 とか言って 信者から600億円も集めた 偽宗教家(法の華)は まるっきり やってる事は一緒ですね!!!
あの偽宗教家は 昨年の8月に 最高裁にて 懲役12年が確定して 現在服役しています・・
『天の声』「天声」
どちらも 同じ意味なんで どちらも同じ刑になる事を願いたいです。。

農林水産省で なんかやらかしてる職員がいて 大臣も大変だと思いますが お体に気をつけて これからも 国民目線での 素晴らしい政治を期待し続けてます。。

投稿: 三重県の自民党ファン | 2009年6月19日 (金) 22時50分

はじめまして。臓器移植に関心を持ったのは身内がドナーカードを持っていた事がきっかけでした。不慮の事故で死亡したのですが、死因が原因で臓器提供の意思があるにもかかわらず拒否されました。最期の意思を家族として尊重したかったのですが受け入れてもらえませんでした。受け入れてもらえていたのなら、生前に家族の同意が無かったにせよ、本人のドナーカードの存在を確認出来たら、臓器提供していたと今でも思います。法律や提供に於けるルールを知らなかった、勉強不足が原因の一つかも知れません。
こんな事がきっかけで自分でもドナーカードを持つようになりました。もう少し、ドナーカードを所持する事の重みや責任についてもPRされる事が重要だと思います。

投稿: ちゃー坊さん | 2009年6月20日 (土) 00時29分

まず第一に、国が一切の株式を保有しているとはいえ、いえ、国が一切の株式を保有している企業だからこそ、数多くの不祥事が発覚、しかもその不祥事の発覚の過程において外部によって新たな事実が発覚するという自浄能力の欠如を露呈してしまったことに対する責任が取られていない現在の状況に、驚くしかありません。
 鳩山前総務相の問題点を指摘し、国民の注意を喚起した点については一定の評価がなされるべきであると思います。
 しかし、途中から問題の解明が政争色を帯びていたことに対しては、首を傾げてしまいます。図ったような大臣職の辞任や閣僚として知り得た情報のタイミングのよい公表など、どれも随分と計算されたような正義的行動をとられていると感じられました。
 政治家のために政治があるのではなく、政治のために政治家があると信じております。

投稿: 一高校生 | 2009年6月20日 (土) 00時39分

お疲れ様です

「臓器移植法」に関しては、それぞれの代議士さんごとに、色々と考えられた様ですね
真摯に向き合えば向き合うほど、簡単には結論が出ない課題でもある

やはり、テレビを始めとする「マスコミ」を通した情報だけでは、
『民』は国会の「生の状況」を判断できない...

因みに、逢坂さんは「A案」に投票されたことを「Kaibutukun」のブログで明記されています

確かに、メディアを通した、ジャーナリストによる「情報の交通整理」は必要です
が、これからは「個々のヒトの考え方」を、自分自身の「手」で直接発信しなければ、理解できない!
そんな時代になりましたネ

このブログに期待しております ツ(^o^)シ

投稿: ほっとあいず | 2009年6月20日 (土) 03時16分

私もA案には反対です。
移植手術を待ち望んでいる方々のことを考えると、その門戸が大きく開かれることに反対はできませんが、機械でしか分からない、しかもその瞬間がいつなのかも分からない脳死を、簡単に人の死だと決めつけているからです。
 自分の大切な人の死を、信頼できる人間に確かめてほしい、その瞬間が何時なのかはっきりと知りたい。というには人間として当然の願いだと思います。
ですから、極論だと、笑われるかもしれませんが、今回のA案は憲法で定められている思想・良心の自由の精神とも相反するのではと考えます。

投稿: 尾種栄春 | 2009年6月20日 (土) 09時00分

移植法に関し、もっと受ける人提供する人の本心をハークする必要があるのではないでしょうか。

ただ頭で考えたのと体験者ではその思いは違うと思います。

10年前に突然息子を亡くしました。その時本人の意思を尊重してやりたいと最後まで望みましたが、それは叶いませんでた。

移植問題は国民にも正しく理解できてないのではないでしょうか。

国民の意思も反映させてほしいと思います。

提供する側は、命を繋いでいきたいただそれだけなのです。

命の尊さと命の尊重とは何でしょうか。
根本からもう一度考えなければならないと思います。

投稿: 林 希実子 | 2009年6月20日 (土) 09時09分

臓器移植法改正に対する御見解に、まったく同意します。

私自身は、4案のうちでは、B案を支持していましたが、石破議員も危惧されているのと同様に、親族優先提供の規定は、不要、むしろ、はずすべきだと思っていました。

また、C案のみがとりあげていた、生体移植の法による規定も重要です。

ドナーカードに家族の同意は必要か、もっと普及させる努力をするべきではないか、などの問題意識にもおおいに同意します。

本人の提供意思が尊重されてこそ、提供者の家族も移植待機患者も、穏当で皆が納得できる移植医療になると思います。

参議院では、できれば、本人の事前の意思表示を必須の要件とすることを復活し、B案のように、意思表示年齢を12歳まで引き下げるか、6歳まで引き下げてもいいし、生体移植についての規定も追加してもらいたいと思います。

投稿: てるてる | 2009年6月20日 (土) 19時18分

確かに鳩山前大臣の「正義」に問題が集約され、真相がいまひとつ判然としなくなった気はします。
しかし、前大臣の主張が明瞭なのに対して、総理の態度が曖昧模糊としたものであり、
大臣のクビを切る時のコメントも大変適当なものでした。
総理と閣僚の主張が対立したというより、総理が何と無く閣僚を切り捨てたように見えます。
いや、真相は違う…そう言う人もいるでしょう。しかし、そんな弁護は逃げに過ぎません。
国民に公開されたコメントを軽く見て、隠された真相こそが大事というならば、民主政治なんか止めてしまえば良いのです。
総理あるいは政府が国民へ真相を説明をしなくてよいと考えているように見えてなりません。
そこが、麻生総理の人気低迷に繋がる大きな理由かと思います。
誠実な政治家である石破大臣でさえ、今回みたいな奥歯にモノを何枚も噛ませているのを見ると、
鳩山前大臣の「正義」に随分と悔しい思いをさせられたのでしょうね…と、同情に似た感情を抱いてしまいます。

失礼な物言いは幾重にもお詫びします。

投稿: 図書 | 2009年6月20日 (土) 20時25分

鳩山邦夫さんは田中真紀子さんと同じタイプの人間なんでしょう。
そういうのを総務大臣に任命した麻生総理の人選ミスですね。

投稿: masaya | 2009年6月21日 (日) 17時42分

閣僚なら最後まで麻生さんを支えるべき!
どんな事あっても!鳩山兄弟には、本当にガッカリしました。
正義(笑)とか、友愛(笑)とか、もううんざり! 素敵な言葉だと思います。 ですが、そんなのは市民運動でやればいい事です。
『リストを貰った』と軽々しく裏切る行為を見せたり、終いには、こんな風にぶちまけたりして
「日本郵政社長人事をめぐり更迭された自民党の鳩山邦夫前総務相は21日のTBSの対談番組に出演し、「辞表を書いてくださいと(事前に)用意してあった」と述べた。

よくもまぁ、鳩山兄弟はペラペラ喋るなぁと感心してます。支持率低下したみたいだけど、私はこんな人は切ってヨカッタとさえ思います。

本当いい加減にして欲しいわ。鳩山!
と思い切りぶちまけてしまって御免なさい。

投稿: 鳩山兄弟信用できん | 2009年6月21日 (日) 17時47分

三重県の自民党ファン さん

「天の声」というのは、この50数年、日本中の自治体にあったものです。
この案件だけの固有の呼び名ではありません。

主に公共事業工事の業者決定権者(すなわ首長や与党議員)が、暗に出す業者決定指示です。
落札者と落札価格を決めて、ほぼ上限の工事価格で落札させ、その中から既定のパーセントのバックをもらう仕組みです(裏金か表の献金か、バックの仕方は問いません)。

「天の声」というやり方は、当時の法律で贈収賄を立件できないぎりぎりの方法を指し、日本中で行われてきました。

勿論、指定業者や落札予定価格を知らないとできない仕組みなので、発注者の地方自治体もしくは国の行政機関の協力なしにはできません(彼らも何らかの恩恵にあずかります)。
従って、行政の長もしくは要職者(国なら与党議員等)でないと、基本的には指示を出すことはできません。
これがいわゆる「官製談合」で、「官製談合」のある所に必ず「天の声」が存在します。

戦後の自民党政治がこうした金の流れを組み込んで社会を形成してきたというのは事実だと思います。

自民党時代の小沢事務所にその体質があったのかは、裁判で争われている事ですし、むろん私は知りません。
でも「天の声」という用語は、検察が主張する当時の彼らの行為のみを指す言葉ではありません。
良し悪しは別にして、戦後の政治環境を代表する仕組みであり、言葉です。

どういう政党を支持するかは私たちにとって大切な自由・権利だし、私はここでそれについて意見しているつもりはありません(事実、私はこのサイトを頻繁に見ているぐらいだから石破議員に敬意を持っています)。

しかし、こうした少なくない国民が知っている事実について正しく知った上で、またそれこそが「ザ・自民党政治」だった(今もある)という認識も持った上で、自民党なら自民党を支持することが大事だと思います。
そういう大変革の時代なんだと思います。


今の報道は、ワザとか勉強不足か知りませんが、インパクトばかりを追ってかなり偏向しています(どちらかにばかり有利という意味ではありません)。

私達は余程慎重に考えて行動しないと、すぐに本質を見失ってしまうでしょう(そういう点で石場議員を支持しています)。

お互いがんばりましょう。

投稿: 地方都市住民Y.M. | 2009年6月22日 (月) 11時18分

麻生おろしの噂を聞きました
私は熱烈な麻生総理のファンです

もし、本当ならどうか麻生総理を支えて下さい
お願いします

投稿: satou | 2009年6月23日 (火) 04時04分

フィリピンの一件で鳩山さんの名前は地に落ちました


マスコミや一部若手議員が次は誰がいいかなどとやっているのが呆れてしまいます

石破さんの順位も納得いきませんがね(笑)


上司のクビをすげ替えれば自分達いい働きするっていうの?


例え選挙で負けたとしても自分の使命は変わらない ぐらいな方は他にいないのかしら?

投稿: 吉士 | 2009年6月23日 (火) 07時00分

鳩山兄弟は、日本が大変な時にかき回すことしかやっていないと、あきれています。

石破さんは、以前の低支持率の時、朝日ニュースターに出演して、麻生総理を支えると言われました。
それを信じて応援しまています。

この時期に、麻生降ろしなどと画策している自民の連中は信用できません。

麻生内閣はもうすぐ経済面で結果が出て、必ず浮上すると思います。
絶対に最後までがんばってください!

投稿: 烏取のオバチャン | 2009年6月23日 (火) 13時37分

石破先生、初めて書き込みいたします。

ここの一連の流れを読まずに、臓器移植法の話に戻してごめんなさい>コメントの皆様

私もあの中ではD案なのです。
現行では不可能な15歳未満の国内臓器移植問題、これを早急に解決すべく今回の法改正が急がれたのだと解釈しておりますが、先生がご指摘の通り、A案では人の死=脳死と法律で規定してしまうと。これがどうも・・・・・・このどさくさに死の定義まで変えてしまうのか?

まあA案ならA案で受け入れていく覚悟はもうできました。
自分の体は自分ひとりで完結するものではなく、肉体さえ生きていれば人のものともなりうる、共有されるべきものである、そういうパラダイムシフトを感じています。こんなふうに覚悟を決めるのも極端ですかね。

そしてなにより、この法案改正により、適切な医療費で国内で臓器移植できるようになるのなら、救われる命が増えるのならば、とても良いことだと思います。
もちろん誰かが生き延びる=誰かの死のおかげ、ということについては今後も真摯に受け止めなくてはなりません。

臓器が作れるようになればいいのに。
頑張れ先端医療研究!

さあ、あとは参議院ですね。
野党主導の参議院、ここの良識ある議員の皆々様方がこの問題の本質をどこまで理解していらっしゃるか・・・・・・。

石破先生これからも頑張って下さい。
麻生政権を今後も支え続けて下さい。
応援しております!

投稿: 一都民 | 2009年6月25日 (木) 15時02分

吉士さんへ

フィリピンの一件とは何ですか?
前大臣が御禁制の蝶々を捕まえようとしたとかいう噂のことですか?
あの話はネット上のアンチ鳩山一派がさかんに流してますが、本当の話ですかね。
まあ、噂の流布にひっかかる輩がたいしたこと無いのは紀元前の頃からの真理ですが。

投稿: 図書 | 2009年6月26日 (金) 00時38分

西川さんはどうして地位にこだわるのですかね。責任をはたしていないでしょ。膨大な銭(国民の税金)を費やして作った建物およびその権利をだれがどう考えても納得できない馬鹿げた価格で特定の会社に売り払うことを決定した最終責任は西川に在るのではないですかね。造ったのはおれではない、売買の担当者は俺以外の他の連中だとでも考えているのかね。サルでもできる責任感じゃないですか?小泉さんと慶応のとっちゃん坊やが影で操作でもしてるんですか?麻生さんもそういう外野(今や小泉一派は外野でしょ)の圧力に屈せず、強力な同士たる鳩山邦夫さん側に立ち彼を温存すべきだったのではないですか?。失策でした。この代償はデカイぜ。おそまつ。

投稿: 敏ちゃん | 2009年6月26日 (金) 10時43分

お疲れ様です。
今回の鳩山邦夫さんの行動はさっぱり分かりません。「正義!正義!!」と言いながら「悪」を切らず、麻生さんを後ろから切り続ける所業の意味がわかりません。
今回ショックだったのは、自民党は一枚岩でない事は十分分かっていても「でもこの人たちは大丈夫だろう」と安心していた人たちに一番嫌なタイミングで裏切られた所です。
中川昭一さんはマスコミにやられただけで裏切ってはいないです。

石破さんは別段、麻生派ではないですが、かなり信頼している政治家です。というか個人的にかなり好きですw
だから、ブログをひらいてこの意見を読ませていただいた時、とてもほっとしました。ありがとうございます。

私はただ、日本がいい国であってほしいという願いで麻生総理と自民党を応援してます。

日本を守ってください!
石破さんを応援しています。

投稿: mm | 2009年6月26日 (金) 22時11分

お疲れ様です。

鳩山氏については、正直失望をせずにはいられないところです。
閣僚としての仕事(椅子ではなく)と、いち株式会社の経営者の首を天秤に掛けさせるというのは下劣な脅迫に等しい行為だと思っています。
個人的には、党首討論で総理が言われたとおり、すでに民営化された企業の人事について、業務改善命令の結果を待つことなく首切りを行う事には反対です。株主だからOKという理論は、政府に対しては成り立たないと思っています。

臓器移植法については、党議拘束なしという事で、おのおのの議員さんが自らの良心に従って投票をされた結果という事なので、私は特にその結果を批判する遺志はありません。ひとまずは、いままで解決されていなかった高度な問題に決着する糸口が出来たのだと肯定的に捉えています。

投稿: 7 | 2009年6月28日 (日) 02時54分

私はよく、わからないんですが今回の鳩山騒動では西川氏の「簡保の宿」問題が大きな問題として焦点化されましたが、天が鳩山先生に望んでいた郵政見直しとはズレがあったんではないだろうか、と考えます。ホリエモンのブログを拝見しても、これは西川氏がやっていることが間違っているのではないという意見でしたが、経団連の社長陣も西川支持でした。
 天が望んでいた郵政見直しとは、先の郵政解散で民営化路線が既定路線になったが、国民の金融資産の一番多くが集まる郵便貯金が外資に浸食されて、国債の引き受け先がなくなるようなことになってないか、というチェックが望まれていたのではなかろうか、と考えます。幸い、西川氏が「侍」であり識見があって、リーダーシップもとれ、国会で突き上げられるような、無礼な状況でも忍耐強さを十二分に発揮してますから西川氏にお任せするのが最善の選択肢だと、私は思います。

投稿: かめ | 2009年7月 1日 (水) 17時28分

快晴臓器移植法案(A案)があっさり通過しびっくりです。脳死とは心臓・呼吸停止の予兆に過ぎず、移植を促進するための医学的要請に基づくものと考えてます。移植そのものは賛成ですが、従来の死生観を根底から覆すA案には賛成できないです。ドナー及びレシピエントの身内の思いに違いは無いはずです。共に、死を受け入れられず、奇跡を信じている、ということです。そして、死を受け入れる心の準備も受容するための時間も個々に違うでしょう。移植が普及するか否か、政治が介入して促進するような問題ではないはず。仮に、実用的な人工臓器や再生医学が進展しても、A案を賛成した議員は、脳死という概念を維持できるんでしょうか?死生観につながる問題にしてはあまりに稚拙な結果に思えます。

投稿: nanchu | 2009年7月20日 (月) 08時27分

こんにちは 当選おめでとうございます。
さて苦言ですが 臨時国会での麻生さんへの
投票はおかしいとの発言されましたが
このような発言がこれまで自民党のイメージ
ダウンに繋がってきたのです。
ばらばらで勝手なこといってるという
印象しか受けません。少なくともマスコミは
そのように取り上げています。自重願いたいものです。

投稿: いしばふあん | 2009年9月 2日 (水) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/45388213

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山大臣、臓器移植法改正案:

» 人の死を定義する - 脳死は人の死か [Keynotes]
国会で「脳死は人の死か」という議論が行なわれているという。実際にはそうではないようだ。ただ、はっきりした指針を示すべく期待されている人たちが判断を躊躇する様子も見られる。 [続きを読む]

受信: 2009年6月20日 (土) 07時10分

» 衆議院で臓器移植法改正A案が可決されて [てるてる日記]
移植を待つ側の意見もいろいろです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月20日 (土) 19時32分

« ミス富士山 | トップページ | WTO経済関係閣僚会合に行ってきます »