« 今後の日程(予定) | トップページ | いよいよです。 »

2009年8月17日 (月)

とりぎん文化会館にて

 事務局です。
 ちょっと前になりますが、8月1日、とりぎん文化会館にて撮影された写真です。

Sdsc_6174_6


|

« 今後の日程(予定) | トップページ | いよいよです。 »

コメント

おはようございます。ご当選おめでとうございます。鳥取2区も自民党の当選、すごいですね。鳥取は、りっばです。今回、自民党が惨敗したのは、庶民の目で見ると次のようになります。
◎総理が、くるくる変わった。小沢さんの作戦勝ちですが。特に問題なのは、何故、福田さんを選んだのか、わかりません。ここに、自民の構造的欠陥が、表に出たと思います。
◎麻生総理の足を、多くの議員が見事にひっぱった。特に鳩山お兄さんは、見事な利敵
行為をやってしまった。引っ張った人の大半は、小選挙区で落選しましたが。
◎個々の議員のマスコミ対応が、見事に誘導質問にはまり、多くの国民が、あきれてしまったこと。小泉ジュニアの受け答えは、すばらしかったです。爪の垢でも、せんじて飲んでもらいたいです。
◎景気回復は、時間がかかり、庶民には実感がわきにくかったこと。民主党のほうがわかりやすかったです。今回、民主は補正予算から3兆円をカットしようとしています。絶対阻止すべきです。大変なことになります。石破先生、頑張ってください。今日(9月2日)も株は200-300円ほど下がると思います。
◎もっとも大切な外交、防衛から逃げたこと。民主は、逃げまくったのが成功です。
◎小沢問題、鳩山問題を追及しなかったこと。同じ穴の狢と思われます。

石破先生のスタンスで自民を建て直し、本当の二大政党の時代を創ってください。

投稿: 鳥取大好 | 2009年9月 2日 (水) 07時15分

当選おめでとうございます。
今回の選挙結果の勢力図を見ておどろきました。幕末の日本を見ているようです。
民主が大勢を占める中、薩長土は自民党ではないですか。
歴史は繰り返すといいますが、風雲のおこる気がします。
外交、防衛で日本を救わなければなりません。
石破先生を応援します。日本を守ってください。

投稿: 小森 訓 | 2009年9月 3日 (木) 18時29分

敗北した自民党にとって現在最も必要なことは、自民党再生の理念を明確にすることだと思います。自民党と民主党の政策の差異を明確にして、自民党の存立基盤を全員の共通認識とすること。それは、英国の労働党と保守党,米国の民主党と共和党とやはりパラレルなものでしょう。民主党は配分を主政策とした大きな政府、自民党は経済成長で国民生活の向上を目指す小さな政府で民間の活力を引き出す。先日テレビによく出てくる東京選出の自民党議員が今後自民党はどのような方針で再生すべきかという質問に対して、「弱者の視点」などと答えていた。思わず笑ってしまった。弱者も
救うのが政治の役割として当たり前。それをどのような施策で行うかだ。単純な弱者の視点であったら、社民党や共産党な敵うわけがない。自民党は経済成長で皆を幸福にするのだ。民主党のバラマキ政策でこれだけ借金を抱えた日本でやって行ける訳がない。かっての経済トップから滑り落ちた英国は高福祉国家を目指して、停滞の無限地獄に落ちた。日本は民主党のバラマキ政治を行ったらもっと酷いことになる。
石波先生は日本のサッチャーになって下さい。

投稿: 渡辺 茂 | 2009年9月 4日 (金) 17時29分

おはようございます。
先般、関西鳥取県県人会に参加しました。県知事はじめ、鳥取から多くの人が参加され、盛大な会合でした。9年前と変わらぬ人々もたくさんおられました。昨年は、石破先生も参加されていましたが、今回は選挙のため、残念でした。ところで、民主党は着々と体勢を整備しつつありますが、小沢色の強い人事ですね。民社、国民新党の取り組みも小沢さんの考えでしょう。何か戦国時代の策略みたいですね。しかし、あまり、マニフィストにとらわれると首をくくることになりますが。子供手当と高校の無料化でわが国の防衛費をはるかに上回るとは、とても責任ある大国ではありませんね。逆に防衛費は1から1.5割カットですか。日本人は、少しは、恥ずかしい、おかしいと思わないのですか。高速道路を無料化すると、公団の莫大な借金と大変な維持管理費は誰が払うのですか。今回、若い人の多くが(先回と比べ、今回の投票所は異常に若い人がたくさん来ていました)、民主に投票したと思いますが、彼らにそのつけが回るのをわかっていないと思います。もっとも大切な、外交と安全保障および財務の大臣の人事は興味ありますね。たぶん、小沢色の強いとんでもない人がつくと思います。そんなことを考えると、日本の将来は不安になります。先生が、将来に夢を持てる政策を掲げ自民党を立て直してください。今、総理指名で甘利、塩谷の大臣が意味不明なことを言っています。彼らはまだ、何故自民党が大敗したか、まったく理解していないし、今の自民党の病巣は深いと思います。目的と目標の関係がまったくわかっていない。もうこんな人は、バッチをはずすか、離党をすべきと思います。マスコミがどう考えるかでなく、普通の国民はどう考えるかで、発言してもらいたいと思います。今回、若くて優秀な議員がたくさん落選しましたが、残念でなりません。どう考えても、はなはだしく質の劣る人がたくさん当選しています。そう考えると国会議員は、半分で良いかもしれません。1年以内に解散にもって行き、もう一度、自民も民主も人物本位で選挙をすべきと思います。それが、わが国のためになると思います。衆参同時選挙がベストです。4年間ほっておいたらわが国はガタガタになります。地方の自民党員は健全です。先生、頑張ってください。

投稿: 鳥取大好 | 2009年9月 5日 (土) 06時58分

おはようございます。
 
ニュースを聞いていると社民党女史が入閣などと耳に入ってきます。なんで議席も取れない社民党を、、?民意じゃないじゃん(笑)マニフェストが無駄遣いをなくすなら社民党もなくして欲しいんですけど。ダムよりも先に。

私は安部内閣の時に国会放送で「あなたは史上最低の総理ー」とヒステリックにのたまった女史を忘れません。総理大臣って精神衛生が何も守られていない大変なお仕事だと思いました。

自民党内も白紙?!などと言ってる輩がまだいるのかとガッカリきます。
どんな会社も組織も七割がぶる下がり三割が担うと云われてますが200議席落としてもこの配分って変わらないんでしょかupそんな魔の法則にも挑戦あるのみです。明日の為に討ち破りましょう。

やはり生きてて一番厄介なのは妬み恨みですよね。石破大臣が出来過ぎな故に認めたくない輩も多いんでしょう。男同士の世界って陰湿が深いことを思い知らされます。

自分よりも出来る人間を認めたくない。小さい男ですね。気の毒なので一応同情しておきます。そんな人間性では市場経済では結果を出せませんよ。だからあなた方は議員さんやってるのねって話です。

白紙投票から妄想してみました。 

そんな輩よりも石破大臣は何枚もうわ手。そしてあのマスコミが石破大臣に対して随分と引き気味に控え目に警戒モードだと感じるのは私だけでしょうか?石破大臣にビビってる感じがします。

実力も実績もありますものね。何よりも信念が力なんだと感じています。尊敬申し上げます。


投稿: ママ | 2009年9月 5日 (土) 07時39分

石破先生当選おめでとうございます。
私は先生の選挙区外の者ですが、自民党内でご自分の考えをお持ちになっている数少ない方だと思っています。
私は今回の選挙で自民党以外の候補者に票を入れました。 これは前回の参議院選挙から決めていたことです。 それ以前は自民党を支持していました。 自民党離れの大きな理由は、有権者のためといいながら常に企業利益を優先していることにあります。 国民の大多数は一般生活者で企業の経営者ではありません。 これまで自民党が優位を保てたのは、戦後政治の中で経済が成長段階にあったからだと思っております。 昨年後半アメリカ経済の破綻に端を発した経済危機=これ以上民衆にゆとりはありません。 今までと同じ自己犠牲の精神を求めても無駄です。 石場先生なら私の言葉の一端を感じていただける方と信じメールいたしました。

投稿: 大原 道春 | 2009年9月 6日 (日) 11時40分

産経ニュース 2009.9.3 02:59
【主張】国際会議 閣僚不在で国益守れるか
石破茂農林水産相と二階俊博経済産業相が3日からの世界貿易機関(WTO)非公式閣僚会合への欠席を表明した。与謝野馨財務・金融担当相も、健康上の理由から20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への出席を見送った。
 16日の首相指名までは現政権が続いている。それぞれ事情はあるようだが、担当閣僚に出席してほしかった。日本の国益がかかっているからだ。
 農水省と経産省は交渉に精通した審議官を派遣する予定という。だが、閣僚と官僚では発言の重みがまるで違う。
 政権交代が珍しくない外国では、去りゆく政権の閣僚が国際会議に出席することは珍しいことではない。国際会議では、難航する案件について少数の有力国が集まって意見のすり合わせをすることがよくある。しかし、政治判断ができない官僚ではそうした会合には参加できない。日本が「蚊帳の外」に置かれることは国益を損ないかねない。
 今回のWTO会合は、日本にとっても最重要の農業分野が主テーマで、決して重要度の低い会議ではない。昨年7月に決裂した新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)では大筋合意しながら、農業分野でインドと米国が対立して決裂した。今回はそのインドが主催を申し出て開かれる。各国とも「風向きが変わりそうだ」と前向きにとらえているだけに、なおさら閣僚の出席が求められる。

初めまして、一国民です。
上記の記事を読み、大変残念に思いコメントを書きました。
国益を考え、国民のために活躍し、個性的で信頼できる政治家だと信じていた石破様がなぜ?
私は、石破様の選挙区民でもなければ、農業従事者でもありませんが、任期が終わるその瞬間まで閣僚として国民のために活躍していただきたかった・・・・。
誠に残念でなりません。
今後このようなことが無いよう、更なるご活躍を祈願しております。

投稿: 一国民 | 2009年9月 8日 (火) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/45955213

この記事へのトラックバック一覧です: とりぎん文化会館にて:

« 今後の日程(予定) | トップページ | いよいよです。 »