« 農林水産大臣 退任記者会見 | トップページ | ありがとうございました&またよろしくお願いいたします »

2009年9月16日 (水)

退任と感謝、総裁選不出馬について

 石破 茂 です。

 本日、麻生内閣の総辞職に伴い、農林水産大臣を退任いたしました。
 幾多の困難はありましたが、とても充実した、自分なりに納得できる仕事が出来たことに心より満足し、支えてくださった多くの方々に心より御礼申し上げます。また、退任会見におきまして、九月二十八日に行われる自民党総裁選挙には立候補しないこと、私個人としては谷垣元財務大臣を支持したい旨を表明いたしました。会見録を掲載しましたので、ご覧いただければと思います。

 今回、私に対し多くの方から立候補のお勧めを頂き、本当に有り難いことだったと思っております。
 しかし、今の自民党には、党内抗争に費やす時間も、余裕も全くありません。私自らの至らなさもあるのですが、国会議員生活二十三年の間、「仲間を増やし、敵を作らない」ことを敢えて一切やってきませんでした。そんな暇があるなら知識を増やしたい、反対勢力が居たほうがむしろこちらの主張が鮮明になってよい、などと思ってきたのですが、「石破だけには絶対に総裁をやらせたくない」という方々の多さも今回改めて実感いたしました。

 「谷垣氏の周りには所謂実力者の影が透けて見える」「従来型の派閥主導の党運営になってしまう」との危惧があるようですが、仮にそのようなことをすれば、その時点でもう自民党は終わってしまうのです。
 総裁選挙がどう展開するのか、新総裁がどのような党運営をされるのか、今回はこれを冷静に見定めたいと思っています。

|

« 農林水産大臣 退任記者会見 | トップページ | ありがとうございました&またよろしくお願いいたします »

コメント

石破さん、総選挙、さらには大臣としての務め、
お疲れ様でした。

石破さんに、どうしても日本を変えて頂きたかった私としては、不出馬は残念極まりないのですが、未来いずれかに国政の中枢へ返り咲いて頂きたいと期待しています。
私は、民主党の圧倒的勝利に危機感を抱いている若造であります。特に農業の問題然り、国防の問題然り、彼らはしっかりとやると聞こえの良いことを様々な場で言いつつも、経験不足を盾にして、温かく見守ってほしいなどと言い訳するなど、非常に不安でなりません。だからこそ、昨今の総選挙では、自民党へ1票を投じました。

民主党のマニフェストの1つの子供手当も、どうか石破さんから矛盾を突いて廃止にしてほしい。
私の家族は14人兄弟と大家族ですが、私の母なんぞは、不躾ながら、こう発言しています。

「子供手当が毎月数十万もられる。これで、前から欲しかったブランド物が買える」と。

これだけの大不況の中、国民の血税というものは、使途自由に使えるお金をバラまく為ではなく、限定された中で有効に運用されるべきです。

この点も含めて様々なことを石破さんには是非とも国会の場で追及し続けて頂きたいです!!
微力ながら応援しております。

投稿: peruri | 2009年9月16日 (水) 18時39分

お疲れ様でした。
わかりやすい大臣としての筋の通った
最後の御答弁でした。そして、石破さんならではの血の通う言葉が聞かれたと思います。
石破さんは、テレビの討論会でも、周囲が感情的な中にいて、いつも冷静でありながらも、人間らしさを感じる発言をなさりました。
自衛隊の派遣の際もしかりでした。
そのあり方が政治家としての信頼を生みました。真面目に取り組み、人に向き合うことをなさる真実の方だと伝わるからです。ですので不出馬にのお知らせには正直、涙がたくさん流れます。こんな国民がいることを是非、お心にとめられて、石破さんの力を国に生かしてください。それができる場所にいてください。
石破さんが愛しているのは、人であり国民ではないのですか?
これから石破さんが向き合うのはどこなのでしょうか?
自民党再生を望んでいるのは自民党支持者だけではないですか?
石破さんが向き合い続けていらした社会の現実の声
そこに石破さんを本当に支援する人間は沢山います。
私は政治家個人としての石破さんの支援者です。
本当に石破さんを生かせる組織に、身を置いてください。それが国民のためだと信じまし、もったいないです。

投稿: 奈美 | 2009年9月16日 (水) 19時09分

お疲れまでした。
日本の農業は置き去りにされた産業です
もっと遠くを見た政策とビジョンが必要ですね

投稿: タカ | 2009年9月16日 (水) 19時16分

農水大臣おつとめ本当にお疲れ様でした。あんなに呪われた農水大臣というポジションでしたが、石破さんがなられて安定し農水省の立て直しに勤めてくださいました。私の周りもお米を積極的に食べたり国産食品に対する意識も変わりました。石破さんが退任されてもその意識を変えるつもりはありません!さて、石破を総裁にさせるな なんてそんなことを言う政治家は誰ですか。こんなにかなしい事…私が同じ党の仲間に言われたら…耐えられないですよ。

投稿: らいよん | 2009年9月16日 (水) 19時18分

石破先生、
激務の農林水産大臣、全国を応援して回った衆議院選と1年間おつかれさまでした。

どこの世界も「正しいこと」を言うことが必ずしも罷り通るものではないのですね。

自分自身が「正しい」と思い主張してきて会社などと上手く折り合えなかったこと少し思い出しました。

いつか石破先生の「正しい」と思うことが「正しく」聞く耳を持たれるタイミングが与党奪回のタイミングかもしれません。

これからも引き続き応援しています。
お体ご自愛いただき、仕事がんばってください。

投稿: 北 桂樹 | 2009年9月16日 (水) 19時30分

石破議員、短い間・濃大ごくろうさまでした!

残念無念です(涙)
還暦までには総裁やらなきゃね(^^)/▽☆▽\(^^)

投稿: カレー臭 | 2009年9月16日 (水) 19時48分

正直に申し上げて、とある事故が発生するまでは胡散臭い方だと思っておりました。
しかし、防衛相に就任された後に起こった護衛艦による残念な追突事故に対応されている姿を見て感銘を覚えました。

若輩者の感想で申し訳ございませんが、石破さんの話し方が「ゆっくりで非常にわかりやすいにもかかわらず、何か小馬鹿にされたような語感も同時に感じてしまう」点が、冒頭に書いた「胡散臭い」という感覚に繋がっていた気がします。

この現状で総裁選に出て多方面から叩かれる恐れがあることを考えると、ここで潰れてしまってはあまりにも惜しい人材であると思っておりました。

無党派で今回の選挙には自民党候補者に投票しませんでしたが、個人的に応援しております。

投稿: 伊藤 | 2009年9月16日 (水) 20時10分

福岡県に住む54歳男です。
本日のテレビ、報道特集の終盤の石破さんの発言を聞いて安堵しました。谷垣さんの出馬に関して「捨石になるという決意」に対して、こういう決断が出来る人に悪い人はいないという趣旨の発言をした、あなたの感性に「日本人のDNA]を感じました。
今後とも日本国民のDNAを国政に反映する人でいてください。日本人としての誇りを持って国際社会で発言する人でいてください。
同じDNAを持つ日本人として影ながら応援しています。私も私の環境の中で日本人のDNAを誇りを持って大切にしていきます。

投稿: 岩渕 伸二 | 2009年9月16日 (水) 20時10分

石破先生本当にお疲れさまでした。石破先生のおかげで問題の多かった農水省も本当に変わったと思います。

私は自民党を変えることができるのは石破先生だと思います。

石破先生が総裁選に出られないのは本当に残念ですが、どうか自民党を支え自民党を変えて下さい!二十歳の未熟者ながら石破先生を応援してます!

投稿: 太丸 | 2009年9月16日 (水) 20時17分

総裁選不出場は賢明な判断だと思います。先生は総理を目指す人であって、総理になれない総裁になる必要ないでしょう。それに今の自民党では先生一人が苦労し、動かない偉ぶっている人たちの敵になるだけ…残念ながら国民はそんな人たちを指示しませんし、そういう人たちがいる限り政治不信の回復もありません。 いずれ先生が必要な時・先生を求める時が来ます。敵を味方に変えるまで、徳川家康の如く…です

投稿: 復活に期待 | 2009年9月16日 (水) 20時21分

かねてから石破様のファンとして拝見しております。
初めてコメントさせていただきます。
私は、大阪7区在住の31歳男です。
総裁選の不出馬を聞いて残念に思いましたが、誠に僭越ながら、石破様の思うところがおありになっての不出馬かと存じますので今後のご活躍に期待申し上げます。

私は、政治に関するテクニカルな内容に関しては不案内というか学習中の状態ですが、石破様のブログに対しては、ビジネススキルとしての思考力や書く能力(伝える能力)などの面で多くを学ばせていただいております。

ご多忙の事と存じますが、是非このブログを継続していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 日野 | 2009年9月16日 (水) 20時23分

お疲れさまです。

「石破にだけはやらせたくない」ですか。
何だか負け犬の遠吠えにしか聞こえませんね。
石破さんが総裁になられると困る人が多いということなんでしょうね。

正直わたしも今は時期ではないなと思います。
もう少し先に石破さんでないとだめな時期が来るように思います。

それまで縁の下の力持ちですね。

投稿: ヒロ | 2009年9月16日 (水) 21時08分

一年間、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。とにかく個人的には石破さんに感謝の一年でした。
総裁選不出馬の意向、石破さんのお気持ち、納得出来ますよ。ファン代表としては涙が出る想いですが、タイミングとかやはり大切ですから…「石破にだけは総裁をやらせたくない」とは、個人的には釈然としませんが、同じ自民党でも顔が違えば考え方が違うのも当たり前。そういう考えもあるんでしょう…まだまだ今からですから。昭和32年生まれは若い若い(私も含めて)!自分の気持ちの中で、石破さんが総裁になったらいよいよ遠い存在だと考えていたのは、否めない事実で、心のどこかでホッとしている部分を認めざるを得ませんが、だけどやっぱりいずれは石破総裁の誕生を心から願っているんです。一国民が余計な世話かも知れません。だけど石破さんには希望があります。お互い皆が置かれた立場で精一杯の努力をして、又次の選挙を応援させてください。又更新楽しみにしてますねwink

投稿: りさ | 2009年9月16日 (水) 21時39分

総裁選不出馬は残念です。
私は無党派ですが民主に投票し、自民党のイメージは政官財の癒着、族議員、法案は骨抜き、汚いという感じ大嫌いな政党ですが、石破さんをテレビで見ていると共感できる部分が多いですので、不出馬は残念です。
惨敗した原因は雇用問題が大きいと思います。転職すれば派遣しかなく、ネット難民という言葉も生まれ、不安な労働環境で公務員以外は明日はどうなるかわからない日々、これでは景気はよくなるはずもないです。小泉・竹中ペテン師コンビに見事に騙されて国民は怒りをもったと思います。
自民党が再生するには公務員改革、若者に重点を置いた政策が必要だと思います。
私的には高齢化を阻止する施策も必要だと思います。例えば寝たきり老人は自然死を増やす。90以上は年金を減らすとか、このままでは日本は終わります。

投稿: 武ちゃん | 2009年9月16日 (水) 22時02分

防衛大臣の人事を見れば、民主党の正体が見えてきました。前原さん等の適任者がいるにかかわらず、71歳のヨボヨボ爺さんをすえたのは、あえて防衛を無視し、戦略局の管の言いなりにするためです。防衛予算は1割カットになるでしょう。
自衛官の士気の低下は計り知れないものとなるでしょう。4年間で自衛隊もがたがたになるでしょう。石破さん、林さんと優秀な人が大臣でしたが、この人事はあえて負の人事-小沢闇将軍の指示でしょう。小泉さんは、自民党を破壊しましたが、小沢さんは、日本を破壊するでしょう。
今回の選挙は、関が原です。自民は再生できないなら、石破先生は、心ある人で新党を作ってください。それとも250年待ちますか?それてもマスコミが民主を見限るまで待ちますか?

投稿: 鳥取大好 | 2009年9月16日 (水) 22時14分

今回の敗北は自民党の危機感の無さが原因と思いますが、石破さんですら危機感が足りないと、今回はじめて思いました。自民党がだめになる危機感、政権移行に関する危機感、日本の将来に関する危機感、いろいろありますが石破さんにはぜひ日本の将来への危機感を最優先に考えて欲しいと思いました。本当の意味で身を捨てて日本のために働いて欲しい。もはや自民党のためではなく。組織としての自民党は党内の都合で存続しているのではありません。党内の都合で動けば日本国民はもう相手にしません。自民の存続ではなく日本のためにがんばってほしいと思っていました。身を捨ててこそ自民の役割が意義を持つと思っていました。残念です。現状で谷垣自民党が日本のために何もできないことは誰でもわかっていることです。

投稿: わ | 2009年9月16日 (水) 22時29分

総裁選に出られないほうが、正解と思います。京都の舞鶴、丹後、福知山等で偽自衛官の候補にようやく勝った人が総裁選とは、チャンチャラおかしいと思います。先生のように堂々と勝つた人こそ総裁選に出る権利があります。
勝つことはそれなりの理由があります。負けることもそれなりの理由があります。やはり、自民は再生できません。谷垣さんも選挙の状況を恥じて、辞退すべきです。まだ自民は、何故負けたのかわかっていないと思います。戦犯が一番わかっていないと思います。国民が望むのは当選回数とか閣僚経験ではなくその人なりです。こんな状態では、次の参議院選では自民は支持しません。みんなの党のほうがよっぽとましです。先生、頑張ってください。

投稿: 鳥取大好 | 2009年9月16日 (水) 22時29分

約一年でしたか。短いようで内容の濃い農政を行われていたと思います。大変お疲れ様でした。
総裁選不出馬は誠に残念です。谷垣・河野・そして石破先生と三つ巴の熱い論争を期待していたのですが・・・
「石破だけには・・・」云々
脅威と感じられるだけの力が石破先生におありだからこそ、の発言だったと思います。是非老獪な妖怪老人を一掃してほしかった。
自民党が真の保守本流政党として再生し、政権奪還を目指されること。それこそが真の民主主義政治であると私は期待しております。

投稿: 農家マン | 2009年9月16日 (水) 22時43分

初めまして。
ただの石破ファンです。

まずは、農水相お疲れ様でした。

今回の選挙では、今まで自民にしか入れてこなかった私でも、
自民に入れることはできませんでした。
かといって、民主に入れることはもっと出来ませんでした。
結局、郵政民営化をもっと国民の為に利用しようと言う、みんなの党に入れました。
私の周りでは、
「郵便局が民営化されて、サービスも職員の態度も、著しく良くなった」
と言う意見が大半です。
所謂「お役所仕事」を、庶民がどれほど嫌っていたかと言う事だと思います。
なので、せっかく良くなったものが後退するのは、悲しいですね。


政治の事はよくわかりませんが、
いつもテレビなどで、石破さんの発言を拝見していますと、
所属政党の事ではなくて、国民の事を考えてくださって、
正しいことは正しいし、
間違っていることは間違っていると、
だって、それはこうでしょ?
と、いつも言われていますよね?

見聞きするたびに、
「なるほどなぁ」
と大変勉強になります。


これからも応援させて頂きます。
頑張ってください。

投稿: yuu | 2009年9月16日 (水) 23時05分

石破先生、お疲れ様でした。

率直に申し上げて、総裁選不出馬のご決断は残念ですし、無念です。
この政界の人材難が叫ばれる時代、三人もの首相を無為にした派閥、政治家の存在をどこかに見てしまうのが非常に気色悪いですが、仰る通り、ダメだった時点で自民党は、完全にただの野党の一つに成り下がるのだと思います。
勝てた可能性も決して低くなかった総裁選を不出馬。そういうご決断をなさった以上、その道で成果を示すのが政治家としての役目だと存じます。それは、あるいは今、総裁になるのと同じほどに厳しく険しく、一人では収まりきらないほどの力を要すことかも知れませんが、自民党を建て直すという公約を反故にしないためにも必要なことだと確信しております。

鷙鳥不群。石破先生の座右の銘と伺っております。大変素晴らしい言葉ではないですか。
その鷙鳥にそれだけの力があることが証明されれば、群も認めざるをえないわけですから。

過ぎたことを申し上げましたが、どうか期待の表れとしてご容赦ください。
それと、失礼ついでに、どうかお体にはお気をつけください。病気をなさっては、政務を全うすることも難しいですし。

今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: ベリアル | 2009年9月16日 (水) 23時10分

今回の選挙結果について自民党議員の発言や考えの甘さには呆れます。

自分達は悪くない。
国民のせいだ。

といった感じですね。

国民は今までの政治のドロドロさに嫌気がさしています。

県市町村議員レベルでもドロドロです。

まずはここからじゃないでしょうか?

投稿: 鳥取市民 | 2009年9月16日 (水) 23時13分

それでも...
立候補して頂き、自民党再建=日本再建への熱き想いを党内だけでなく、広く国民にも知らしめて頂きたく思います!!

それによって、
党内にある石破さんへの壁も、打ち破る事ができるかもしれませんし、今回の立候補そのものが、石破さんの今後に繋がると信じております。
総裁選での勝敗そのものが問題にならないとは申しません。
しかし、今、ここで、この時に参戦しないことは、今後自民党の党勢がどうなるにせよ、石破さんが後々登場することになったとしても、自民党に再建と再起を願うおよそ有権者の7~8割の国民の関心や希望を失わせてしまう事になってしまいます!

どうか、周りの軋轢などに屈せず、今こそ前に、更に一歩前に進み出て、どうかこの日本を救う自民党総裁になるために、立候補なさって下さい!


確かに、「自民党総裁選」は自民党内の問題なのでしょうが、民主党政権になり「日本の行く末を案じている国民」が多数居て、更に今後その賛同者が増える可能性が高いのですから、そういう意味では、単なる一政党の総裁選ではなく、自由民主党=救国政党の総裁を決める大切な選挙なのです。

その勝敗は確かに大切ですが、その総裁選に、今この時に立候補すらしないということは、既に「救国者」としての使命を投げ出したことと同じだという印象を与えてしまいます。

どうか、そのような悲しいレッテルを自らに貼るようなことは、どうかやめて下さい。

ここは、どんなに恥ずかしくても、苦痛であっても、前言撤回し、立候補者として名乗りを上げて下さい!

もう、立候補は締め切られたのでしょうか?
いや、それでも、今一度、立候補者となると宣言なさって下さい!

お願い致します!

石原裕美

投稿: 一国民 | 2009年9月16日 (水) 23時22分

石破さんが立候補しないのはちょっと残念ですが票が割れて、万が一河野氏が選ばれるようなことになったら

それはないですね

投稿: 吉士 | 2009年9月16日 (水) 23時32分

 ニュースに出演されている中で、不出馬知りました。ちょっとがっかりです。
石破さんは、党内抗争している暇はないとおっしゃいますが、総裁候補が何人も出ることは、自民党の中では、そうなのでしょうか?
こんな時だから、何人も出て、これからの自民党を、こういう風にしましょう・こうして行きますと、議論して、その中から選ぶことが大事なのではないのでしょうか?
前回の麻生さんが、総裁に選ばれた時のやり方は、各候補のことがよくわかってとてもよかったと思いますし、私たちに、変わろうとしている自民党を、訴えるいい機会だと思うのですが・・・。

 石破さんのことですから、たとえ何方が、総裁になられようと、しっかりと、支えていかれることと思っております。
 大臣、一年余り本当に、ご苦労様でした。ありがとうございました。
ブログ楽しみにしています。続けてくださることを、願っています。

投稿: ai | 2009年9月16日 (水) 23時58分

お疲れさまでした。これからも応援してます。今しばらく力を蓄えるべく、少し休息なさってくださいね。それから、共に頑張っていきましょう。

投稿: 日本大好き | 2009年9月17日 (木) 00時02分

率直に申し上げれば、選挙権を持って以来、自民党に投票したことはありません。

自民がよい悪いではなく、政権交代をすることが正常な民主主義のあり方であると思っておりましたし、自民党には長期政権等としての弊害が多すぎましたので。

ただ、一方で、二大政党制的な柔軟な政治体制のひとつの軸として自民党にはしっかりした政党であってほしいとは願っております。

石破さんには以前から、自民党的"現実論"の範疇では図れない、人間としての器、誠実さを感じております。
惨敗した自民党ですが、そこからの再生のキーになる人物として石破さんは大事な自民党にとって大事な人材だと信じています。

今回の総裁選での不出馬は残念ではありますが、今後もご活躍を期待しています。

がんばってください。

PS 今の自民党のあり方を踏まえると、「石破だけには絶対に総裁をやらせたくない」などといわれると私のような人間はますます石破さんに期待してしまいますが・・・(苦笑)

投稿: 通りがかりのものですが | 2009年9月17日 (木) 02時03分

おはようございます。このコメント、お待ちしておりました。心情お察しするところもありますが、しかし賛同することは出来ません。以下の理由に拠ります:

1)今の自民党を再生させるために必要なことは党内結束ではなく、徹底した党内議論だろうと思われます。理想は麻生政権下で適切な「振り返り」が為されたことでしょうが(この意味で当時の「麻生降し」を支持します)、済んでしまったことは仕方ありません。このときに表面的に結束を重視して適切な反省の上に、国民に対して新しい党の在り方や国の進めべき進路、を指し示すことが出来なかったことが自民党大敗の原因でしょう。今般、これが為されないとすれば自民党に未来はありません。

谷垣候補で(派閥主導で、と邪推)総裁選候補が一元化され折角の総裁選でさしたる議論も為されないとすれば、自民党終わったな、というメッセージを発信しているのと同義です。

2)石破にはやらせたくない、という人たちの背景は何でしょうか?農業政策ではないでしょうか?あいにく、谷垣候補の農業政策はあるのかどうかも不透明ですが、石破さんのものとは相当異なるのではないのでしょうか?
従来の自民党・農水省の農業政策が行き詰っていることは自明であり、政策転換が望まれているにも拘らず、自民党は未だに旧態依然とした農業政策に拘泥していませんか?
自民党敗因の一つに地方政策が挙げられ、農業政策はその主要な根幹の一つである以上、今般の総裁選では徹底した農業議論が為されるべきではないでしょうか?
石破さんが本当に日本の農業を変える、という強い決意があるのであれば、それを堂々と総裁選において主張し、国民に対して呈示すべきではないでしょうか?仮にそれが党の大半の支持を得られないとすれば、敢えて割って出る位の覚悟が求められると思われます。そうでなければ日本の農業の将来は無いことになってしまいませんか?(民主党の農業政策でいいや、というお考えであれば結構ですが)

投稿: いとうひでき | 2009年9月17日 (木) 07時49分

石破先生、本当にありがとうございました。
色んな大変な事が多い中でも、真剣に国民の事を考えていただき、心から感謝しています。
これからのご活躍を、本当に期待しています。お体に気を付けて、頑張ってください!

投稿: ゆみ | 2009年9月17日 (木) 08時49分

子供手当て そんなになくてもいい。 教育関連高校まで 無料で ・・・・・・・・・。ゆりかごから墓場までみたいな スイスみたいに してもいい。 さらには中学からは それぞれの やりたいもの 興味あるもの 得意分野を 選択できる様にしたらいいと思います。 石破総理になられる日を ゆっくり 待ちます。 penguindash

投稿: pore | 2009年9月17日 (木) 10時15分

切ないデス…

投稿: ナマコ | 2009年9月17日 (木) 11時03分

石破さん、おつかれさまでした。
大好きな石破さんが農林水産大臣になられてから、私は食料自給率について真面目に考えるようになりました。そして小さいながらも菜園を借り、家族や友人達と家庭菜園を楽しんでいます。おかげさまで今では自宅で食べる野菜のほとんどが自家製です。その分節約できた食費で、お米はもちろん調味料に至るまで国産のものを選べるようになりました。食べることがとても楽しいし、緑いっぱいの畑で土に触れるうれしさをいつも味わっています。
石破さんがとてもわかりやすく話してくださった自給率のメッセージ動画も、投稿サイト上から消されてしまいました。でも、私のなかにはきちんと残っています。本当にありがとうございました。

投稿: kana | 2009年9月17日 (木) 12時37分

こんにちは。ニュースの声がおかしかったので何か有ったのかなと気になってました。本意で無い発言バレバレでしたよ。別に賛同してくれない方は反対票のままで宜しいのでは?

麻生さんなんて四回も挑戦されてたのですよ。私はある事を三度挑戦して諦めたことがあったので麻生さんを尊敬します。

我道を行って下さい。今夜『マィウェイ』でも歌って下さいな。 日本語番のほうですよ!歌詞がだいぶ違いますから。

私からは『あの鐘を鳴らすのはあなた』をオールリバースで歌って差し上げます。 


石破さんのやる気が無くなったら私は日本を捨てたくなります。

そしたらカンボジアの復興にでも一緒に行きませんかup 

私には色々な意味で豊かで眩しい国です。

青田買いをして未来の政治家を育てに行きましょうよ。


投稿: ママ | 2009年9月17日 (木) 13時53分

 何はともあれいろいろと本当に御苦労さまでした。
 総裁選の出馬を断念されたことはいささか残念ではありますが、今後に期待し、いい方向にことが運ぶよう成り行きを見守りたいと思います。
 自民党が再び多くの国民から信任されるよう党務に励み、政策集団のリーダーとして「石破だけは・・」と言われないように真摯に努力をしていただきたいと思います。そして、多くの同僚議員から「石破を是非総裁にしよう」と担がれるような人望も大切だと思います。
 自民党の再生にかける熱意と、今後のご活躍を大いに期待しております。

投稿: 今ジン | 2009年9月17日 (木) 14時23分

自民党総裁選不出馬を決められた事、支持者としては寂しく思いますが、石破先生が熟考して決められた事を尊重し支持したいと思います。

総裁選が迫った中、体を休める暇もないかと存じますが、大切なお体ですので健康管理にだけは留意して下さい。

余計なお世話なのですが、イシバチャンネルを拝見した限りですが、少々メタボ気味に見えるのが気になり、心配になったものですから。。

投稿: ふかかぎ | 2009年9月17日 (木) 14時51分

 激務の農林水産大臣、本当にお疲れ様でした。

現状で「石破だけには…」(脅威と感じさせられるだけの力がにおありだからこそ…ではありますが)となどと言う方々がいるようでは 党の再生は無理……と不安になります。

残念なことに「政治屋」の多い日本にもまだ
真に「政治家」と呼ぶことが出来る方がいることを実感させていただける石波様のご活躍、ご活動をこれからも期待し,又,学ばせていただきます。

 このブログは、子供(大1・中3)共々拝聴拝読しており、思考力や伝える能力など多くのものを学ばせていただいております。
ご多忙の事と存じますが、是非このブログを継続していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

これからの日本に必ずや必要となる御身、
どうぞご自愛ください。

 心よりの期待と感謝をおくらせていただきます

投稿: qronyan | 2009年9月17日 (木) 16時35分

麻生さんを筆頭に、石破さんや閣僚だった方々、自民党や公明党の元与党だった方々、本当にお疲れさまでした。
 これまで、ここまで国民が何とか戦争もなく飢餓もなく、平和でそこそこ豊かな生活が出来たのも、あなた方の殆どの方が、国民を思い、国を思って努力をしてくださったお陰だとわたしは感謝の気持ちです。暫くは、しっかり次の与党の政策を徹底的に分析し、追及し、健全たる野党で臨み、さらに磨きを掛けて近い将来、起死回生で与党に戻って来られる日をお待ちしています。

投稿: makomako | 2009年9月17日 (木) 17時03分

民主圧倒・自民惨敗の選挙速報。

大物自民議員落選の速報。

今回の選挙、私も民主に投票しましたが、

石破さん当選の速報には、ほっとしました。

貴方の様な方ばかりならば、自民党員になっても良いと思うのですが、今の状況ではだめですね。

何故、自民では無く、民主にみな流れたか?

今、テレビの報道でいろんな事言ってますが、皆感覚がズレているとしか言い様が無いです。

小泉改革が問題だったように言ってますが、そうじゃ無いと思っています。

あの時小泉で無ければ、あの時点で自民は野党になっていた筈です。

亀井さんがやった小泉降ろしが成功していたならば、今回の選挙より、より悲惨な状況になったでしょう。

国民が望んだものは、永田町の論理からの打破であり、公務員改革であり、党益・省益から国益への転換であったと感じます。

にも関わらず、今でもそれが分からず総裁選をやろうとしている自民党に未来はありません。

自民党の中で今、真っ当なのは、河野太郎と石破茂のみ。

民主の批判も大事でしょうが、過去50年の自民の反省を出すべき。

今までは、自民に失望した時、選挙に行かないという行動をとっていた人達が、次の投票できる政党ができたという事だけなのです。

永田町の論理で発言している議員は、離党させなければ、自民の復活は有得ない。

派閥の首長級で比例復活組に発言権は無いとガツンとやってください。

投稿: mori | 2009年9月17日 (木) 18時08分

石破さん、お疲れさまでした。
ただ実力ある石破さんが総裁選から撤退されたのは残念です。
個人的には鳩山政権下でも防衛大臣だけは石破さんに就いてもらいたかったですが、日本という政権システムでは無理なのでしょう。
いまだ自民党内に派閥の領袖や今回の敗北の戦犯の影が見え隠れしていることに失望していますが、もうそういう人には退場してもらえるひとが総裁になればいいと思います。

もし自民党が従来の体制から脱却できない場合は石破さんのような方が、自民党内の若手や日本国を本当に憂う党員を引き連れて新党を結成して、自民党を倒してください。
保守と言われてきた自民党が己を保守しようとしているようでは健全な野党にはならないし、そんな党はいりません。

と色々申しましたが、これまで与党の議員としてのお勤め本当にお疲れさまでした。とてもわかりやすい解説は色々学ばせていただきました。石破さんのおかげで知らなかったことを知った人は多いと思います。ありがとうございました。
これからも野党の議員として民主党の政策に鋭い指摘・答弁をしていってください。

そしていつか日本の将来を本当に考える党の代表として総理大臣になってほしいと思います。
今後のさらなるご活躍を期待しています。

投稿: ともや | 2009年9月17日 (木) 18時09分

石破さん
お疲れ様でした。いつも石破さんがTV・新聞等は拝見させて頂いておりました。石破さんが大臣を去られるのが何か淋しく思います。まだ、これからがお仕事だった思います。石破さんの話が希望のある日本を想う時でもありました。またこれからもそう願っています。私は自営業しております。仕事が無い状態が続いてます。毎日営業に走り回っています。今日頑張らないと明日は無いと自分に鞭を打ち今日を生きています。今の日本も同じかと思います。石破さんのこれからの活躍を期待しております。

投稿: 石川浩 | 2009年9月17日 (木) 20時52分

農林水産大臣お疲れ様でした。
自民党の総裁選に立候補されると思って期待しておりましたので、残念です(u_u。)
今後も引き続きご活躍ください。応援しています。

投稿: MAX | 2009年9月17日 (木) 22時03分

自民党の再生会議を新藤さんや菅原さんらが熱くBS番組で語っておられました 自民党総裁ではなく党首と呼びかける 総理経験者などの非公認など あたらしい総裁が 新しいシステムで 一年くらいかけて全国タウンミーティングなどを通じて新総裁を予備選などをつうじてやっていくなど 野党として与党民主党に対して戦う自民党として石破幹事長として臥薪嘗胆頑張ってください 私達は応援します
石破議員の野党質問を楽しみにしてます

投稿: 西村宏之 | 2009年9月17日 (木) 23時07分

お疲れ様でした。総裁選の事は非常に残念です。ですが、石破さんのお気持ちを尊重し、時を待ちます。信じてます!
頑張って(^O^)/

投稿: 月子 | 2009年9月18日 (金) 05時53分

おつかれさまでした。退任は痛いですが、仕方ありません。石破議員の理路整然とした見解をテレビを通して観る機会は、確実に減るでしょうね。私は東京の者ですので、石破議員の支持者となれないことが残念でなりません。大統領制の国なら、石破大統領はフィットするでしょうに・・・

投稿: くま | 2009年9月18日 (金) 06時37分

石破さん お疲れ様でした

総裁選に出馬されないとの事、とても残念に思っております
今回の選挙に伴い
全く興味のなかった政治に自分なりに取り組んでみました
『自民では不満・民主では不安』こう言われて来ましたが
人って不安を選ぶもんなんですね・・
自分が望んで無かった方向に舵が切られてしまい未だ落胆しております

来年の選挙まで新政権の動向をシビアに観察して行こうと思います
歴女が流行ってる中、私は政女で(笑)
ご多忙とは思いますが
テレビへの出演、沢山して頂けたら嬉しいです(50代・主婦)

投稿: 中村 | 2009年9月18日 (金) 07時39分

石破さん、
言葉で言い尽くせない感謝とお疲れ様の気持ちでいっぱいです。

国民の生命に一番影響するのに地味な存在だった農水省に善い意味での
『関心という光』を中てたことは、その陰でどれだけ御努力されたかの証明だと思います。
総裁選挙に出馬されないのはとても残念ですが、今、自民党に欠けていて、一番大事なことは、結束することだと理解します。
今後の更なるご活躍を信じています。頑張ってください。
有難うございました。

投稿: ゆずり葉 | 2009年9月18日 (金) 07時51分

農水大臣 ご苦労様でした。
先生が総裁選挙に出られなかったのは懸命でした。
多くの大臣の中で、先生が誠実で、施策推進に熱心に取り組んでこられたことは周知のことです。
今後必ず大きな舞台に立たれるときが来ることを信じます。
ところで、そのときまでに直していただきたいことがあります。
それは、話をされるときにあらぬ方向に視線が向いていること、話がわかりやすいのですが、押さえつけるような言い方をされるところです。にこやかにしゃべってください。
そうすればもっとフアンが増えると思います。

投稿: 良 | 2009年9月18日 (金) 12時26分

石破さん、鬼門の農水省勤務本当にお疲れ様でした。
事故米やヤミ専従など、様々な問題が降りかかる中、懸命に対応なされたことに敬意を表します。

個人的に石破総裁を熱望しておりましたが、僕の中のポジティブフィルターにかけると、
「石破だけにはやらせるな!」という声は「来る政権奪還のときのために、ここで石破は使うべきではない」と変換されます(笑)

さらに、総裁になるとなかなか機敏に動けない。麻生さんの二の舞となってはならない。谷垣氏他の候補者がタマヨケとなってくれたら、心置きなくメディアやブログでのロジック石破粘着砲が撃てる!という自民党側の思惑も少々・・・(笑)

しかるべき時が来るのを待ちます。
そして思い切り民主党友愛楼閣を打破していってください。

投稿: 八郎 | 2009年9月18日 (金) 13時42分

ほんとうに、お疲れさまでした。

投稿: keiko Ishikawa | 2009年9月18日 (金) 16時29分

石破茂様、衆院選・農水大臣、共にお疲れ様でした。
私は大分県で農業(施設園芸)を営んでいる者です。
実は私は石破氏の熱烈なファンです。きっかけは小泉内閣時代の防衛大臣に在籍中、国会での民主党相手の答弁をTVで拝見した時からです。在任中は『イラク戦争』や『あたご事件』など次々と試練が襲ってきたと思い出します。そして石破氏は誠意を持って対応されてました。立場上話せる事、話せない事がある中、精一杯努力されてる姿を見て男惚れしました。
『こんな男が農水相になってくれたらなぁ。』と思っていたら、麻生内閣で農水相に就任されました。私はその瞬間、目標が出来、夢が芽生えました。『大分県での農産物の品評会では必ず石破茂と書かれた農林水産大臣賞を穫るsign01』結果、昨年冬に見事受賞し、その賞状を枕元に置いて眠ったほど嬉しく思いました。
石破さんは自民党総裁選を断念されたのですが、最近のブログで『党内で敵が多いのを実感した。』と書かれていましたが、党内議員を見方に付けるよりも国民を見方に付けた方がかなり強力です。私を含め、島根県外でも沢山の支持者が居ます。私達の事を忘れず、さらに石破ファミリーを拡大して下さい。国民の支持はどんな敵にも勝ります。頑張って下さい。期待しています。それから私の身勝手な希望ですが、今一度政権奪還した後に総理大臣若しくは、農水大臣を目指して頂きたい。絆創膏大臣・あかぎ氏(信念を持った人じゃないかと感じてますが…。)が農水副大臣でタッグを組んで頂けたら嬉しく思います。そしてその時は是非、全農・JA組織の抜本的改革をして頂きたい。農家の為でなく、農家を喰い物にしている状態にある所が多々あります。農家に物を売りつけるのはプロですが、消費者に農産物をアピールし、販売する事に対しては全く無力です。
農家自身も意識改革が必要ですし、全農・JAも必須事項です。詳しい事はまた機会がある時にブログに投函させて頂きます。
とにかく走りつづけて下さい。私も負けない様、走りつづけます。長々とすみませんでした。

投稿: ゆうじ | 2009年9月19日 (土) 13時11分

農林水産大臣の職務本当にお疲れ様でした。民主党の赤松新大臣に1時間もレクをされた石破さんは本当に農林水産の仕事に情熱をもっておられるのだと改めてよくわかりました。
石破さんには新しい総裁のもとで是非執行部に入っていただき、自民党が生まれ変わったと国民に思われるように頑張ってください!

投稿: 三村 | 2009年9月19日 (土) 21時14分

小生、神奈川都市部在住の定年退職者(65歳)です。
長い間、与党の中で、防衛、農水と様々な重責を担われ、お疲れさまでした。
自民党再生のために総裁として引き続きご尽力いただけると期待していましたが、暫くは充電期間とのこと、先ずは内部での改革のリーダとして期待をしています。

さて、ここ数日自民党の総裁選のニュースやテレビでの候補者所信を見聞していますが、何か違和感を感じ、涙が出るほど、暗澹たる気持ちになって居ます。

それは何故か・・・マスコミの発言の誘導方法にも問題ありかもしれないけれど、野党となり次の参院選に向けて再生を図っていくための、国造り(党作りではなく)の理念が全く見えないからです、先の選挙のマニフェストどおりと言われれば二言はありませんが、全国的得票率僅差とは言え、有権者はそれを否定したのです。
このマニフェストを基本とするも良しではありますが、野党となったいま、改めて自民党としての国造りの理念を述べて頂きたいと感じます。テレビで総裁選候補者の発言を聞いているかぎり、相変わらず党内力学(派閥、老青など)云々に終始している。国民としては、党内の総裁候補推薦云々などのケンカはどうでもいい。
同じ党内だから政治理念に違いはないのかも知れませんが、野党とはいえ国民が注視している総裁選だから、この機会に自民党の政治理念を改めて述べるのもいい機会ではないでしょうか。

そして、来るべき臨時国会や通常国会で、民主党政権に論戦を挑んでいく際に、何を軸にして議論をするのかという軸となるものが必要です。単に過去の自民党政策を弁護するだけだったり、何でも反対だったりすると、過去に衰退した某野党と同じになります。

このままでは、今秋の2県での参院補選も、来年の参院選も、自民にとっては悲しい結果になるのではないかと思います。

石破さんには、党を割るぐらいの思い切った議論を仕掛けるリーダとして期待しています。

投稿: Sho_K | 2009年9月20日 (日) 13時13分

お疲れ様です。

私は、反自民でしたが、麻生政権の不退転の決意を見て変わりました。

今回の大惨敗は、予想はしてたけど残念です。

今の自民党は、現実を見て出来る事と出来ない事を分別しているが、民主党は「あんな事いいな、出来たらいいな、」と、どらえもんの歌みたいな事ばかり言っている様にしか聞こえません。

国民に夢を見せるのも大切でしょうが、現実性がありません。

妄想と言っていいでしょう。

石破先生の言葉は、農政、防衛にとどまらず、大所高所から見た、普遍的な言葉であり、私の様な無学者でも納得できる話し方です。その一言一言が地に足がついた言葉であり、近い将来、必ず新生自由民主党の礎石となるでしょう。
ただ、残念なことに、私の知りうる限り、我が国の政治家で、国家百年の計を考えている方をお見受け出来ません。
十年、二十年先の未来だけでなく、百年先の、ビジョンを持ってこそ責任政党と呼べるのではないでしょうか。
自民党に不満を持ち、民主党を支持した多くの有権者の不安もその点にあるのだと思います。目先の利益に振り回されて、その先を見ようとしないグダグダっぷりに国民は怒っているのであり、早晩鳩山政権も同じ轍を踏むでしょう。でも、私はそれでもいいと思います。たとえ時間が掛かり間違いを犯しても、国民の周知によって正し、一歩づつ進んで行くのが、民主主義のあるべき姿だと信じるからです。民主政治における最終責任者は我々有権者なのですから。
私が石破先生を支持するのは、石破先生が民主主義と民主国家というものを誰よりも深く理解しているからです。そういう人がいる限り、自民党も日本国も必ず良くなります。日本国は民主主義の国なのだから。

投稿: 失業者 | 2009年9月21日 (月) 04時59分

石破さん、おつかれさまでした。

総裁選、本当に石破さんに出馬していただきたかったです。
今の自民党を立て直すことができる数少ない方だと信じております。

いつか日本のトップに立ってください。
待っています。

投稿: ヤマザキ | 2009年9月25日 (金) 08時44分

お疲れ様でした。
でも、これから益々がんばって下さい。

公明党が外国人の地方参政権付与法案を、来月の臨時国会に提出するそうです。
自民党がごたごたしている間に、売国案が通過するかもしれません。
どうにかして、阻止してください。
もうどうしたら良いかわかりません。

投稿: 雪 | 2009年9月26日 (土) 23時48分

お疲れ様でした!
総裁はやはり谷垣さんでした~
民主党の影に小沢さんが透けて見えるように
自民党にも長老達の影が見え隠れ!?
どちらを見ても不安はつのるばかりです!
国会議員は選挙の為とは言え地元や組織のご機嫌取りより”国”の事を考えて欲しい!
石破先生のお茶目で誠実なお人柄なら”党”
を越えて応援する方が沢山いるはずです!
政権を取らなくては何も変えられない~
でも今の自民党では難しいのでは!?
谷垣さんが「みんなで」何をどうしたいのか
全く伝わらず解りません!

投稿: 内藤 晴子(おたん) | 2009年9月29日 (火) 07時00分

やはり 谷垣さん・・・
町村氏の河野氏 侮辱ともとれる批判

自民は懲りてませんね。
白票で と騒がしくなった時に、これでは自民再生は皆無 と断念。
そこへ、熱い思いが伝わる3者の総裁選
派閥名指しされても良いでは?
その位 さらけ出さないと 自民は民主の影にかくれたまま。

谷村氏当選 の報道にTVでは、主婦らしき方 『谷垣さんじゃ代わらない』『古い自民!』まさにそのとうり。

それを 町村氏があのような発言。
河野氏を村八分にするような発言、谷垣氏が当選し これから頑張ろう で良いではないか!大人気ない!
折角 盛り上がった総裁選に冷や水を。派閥は残る。自民は代わらず!

民主 藤井財務 『財政が無くなれば ごめんなさい と謝ればいい』 読売新聞にこの発言。他社は圧力に屈したか!
社民 福島瑞穂氏のとんでも発言
日本は何処へ! 

投稿: KEI | 2009年9月29日 (火) 16時38分

初めまして。

 石破さんが総裁選を出馬されないというニュースを聞いたとき「現閣僚として責任がある」とのことで出馬されないとのことで、心の中でシックリこないものがありました。

 でも、ブログを拝見させて頂いて、不出馬の本当の理由が分かりました。

 自民党の利権まみれ、しがらみまみれの政治の中にあって、防衛大臣・農水大臣として、建前や綺麗事ではない、本当のことをおっしゃって、本質的なところを変えて行こうとする、石破さんはそういうスタイルだったと思います。防衛省では、武官の意見も聞けるようにされたり、農水省では減反を改める方向で動いたり、恐らくそういうところが、少なくない人たちの反発を招いたのでしょうが、自民党の多くの議員が、石破さんの様に、国家国民のことを考えて行動出来ていたならば、今回のような総選挙惨敗にはならなかったと思います。

 どこの組織でも、現場目線で仕事を進めようとすると、必ず上のほうから、その方々の利害に絡む形で抵抗が出てくると思います。しかし、現場目線で変えて行かないと、本当の意味で良くならないと思います。

 今回、自民党の政調会長に就任されるとのことで、是非民主党と政策を戦わせてくれることを期待しています。

 民主党政権は、新たな田中角栄政治の復活、ばら撒き以外の何物でもないように感じます。
 自民党が変わって、石破さんの様な人をリーダーに迎えられる組織に変わって欲しいし、また、味方を増やして、何年後か、もう一度本当の意味で日本国民のための政治を実現して欲しいと思います。
 がんばってください!

投稿: toujours | 2009年9月30日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/46227945

この記事へのトラックバック一覧です: 退任と感謝、総裁選不出馬について:

« 農林水産大臣 退任記者会見 | トップページ | ありがとうございました&またよろしくお願いいたします »