« WTO非公式閣僚会合に出席しなかったことについて | トップページ | 自民党、派閥 »

2009年9月 8日 (火)

両院議員総会を受けて

 石破 茂 です。
 
 本日の両院議員総会で、9月16日の首班指名選挙には若林正俊両院議員総会長の名前を書くことが決定されました。
 本来であれば、投票日であった8月30日以降、速やかに両院議員総会を開き、総裁選の前倒し日程を作成し、新総裁の下、一致して首班指名に臨むべきでした。そのことをずっと訴えてきましたが、「惨敗を踏まえ、地方の党員の意見を充分に反映させるべく本格的な総裁選挙を行う。そのためには事務作業が間に合わないので、9月18日告示、28日投票の総裁選日程はやむを得ない」との論理が優先されました。
 今回の総裁選は、総理を選ぶものではなく、あくまで「野党の党首」を選ぶものであり、地方票を大幅に増やした上で、手続は多少簡略化しても新総裁の下で望むべきであったと私は今も思いますが、決まったことには党員として従わねばなりません。
 少なくとも、如何なる理屈をつけても職場放棄とも言うべき「白紙投票」や、首班指名前の総裁辞任を明言しておられる麻生現総裁への投票よりはベターな選択であったと思います。

  「麻生氏に投票することは民意に反すると言うが、現議員は麻生政権を信任してくれと有権者に訴えて当選したのだから、麻生氏に投票すべきだ」との論理はそれなりに成り立ちます。
 若林氏であれ、麻生氏であれ、どちらも自民党再生のメッセージ性に乏しいという意味では本質的には同じなのでしょう。「党が一致して臨む」ことが敢えて優先された結果であり、最初から国民に対して大きな重荷を背負ってのスタートとなることを我々は深く自覚すべきです。

 今回の総裁選は、「誰を選べば次の選挙に勝てるか」だけが優先されてはなりません。
 「自民党は何を訴えるか」そして「誰なら党の一致結束が保たれるのか」の二つが両立されねばなりません。
 憲法、消費税、財政再建、自衛隊の国際活動、年金、医療・・・「国家の将来のため、国民に負担をお願いできる勇気と真心が持てるか、そしてそれをお願いできる資格を持っているか」それこそがまさしく問われるのだと思っております。

|

« WTO非公式閣僚会合に出席しなかったことについて | トップページ | 自民党、派閥 »

コメント

この間テレビで三宅さんが言ってましたが、鳩山さんに投票して「今回は潔く指名するが、その代わり下手なことしたら承知しないぞ」という意志表示をする、というのはダメなのでしょうか。

投稿: てつや | 2009年9月 8日 (火) 21時12分

石破さん、両院議員総会お疲れ様でした。
とりあえず首班指名選挙が若林さんへの投票という形で落ち着いてホッとしてます。
色々あったとは言え、民主・社民・国民の難航している連立協議よりも先に決着して良かったですね。

16日をこれで乗り切りそして、いよいよ18日に告示される総裁選ですが・・・石破さん、出番ですよ!
石破さんのリーダーシップで、どうか自民党を早急に建て直して政権を奪還して下さい。
石破新総裁の誕生、楽しみにしております。
総理に一番近い男!頑張れ石破茂!!!

投稿: 彩の国13区改め、憂国の鉄チャン | 2009年9月 8日 (火) 22時22分

いしばさん、あなたの主張が正しいのです。麻生で大敗し、本人も辞意表明してるのにすぐ総裁選をするのが本筋であり、またドタバタ劇です。誰も自民党の方を見なくなりますよ。国民は内紛政党とした眼でみています。下野した悪夢から覚めることができず、与党気分が抜けていない。
自民党に票を投じた者の一人として情けなくおもいます。

投稿: みのり | 2009年9月 8日 (火) 22時36分

辞任する麻生氏に投票するよりはベターとおっしゃいますが、総裁選に立候補する予定のない若林氏に投票することと、麻生氏に投票することと何か違いがあるのでしょうか?
もちろん、麻生氏と立場が違い辞任を表明する立場におられるわけでもなく、また、総裁選に出ないとも明言されているわけではありません。しかし、実質は両氏への投票に違いがあるとは思えません。
そのような実態であるにもかかわらず、「ベストではないがベター」、「党が一致して臨む」、等のことばを石破さんだけには使って欲しくなかったです。正直に「党内が総裁選に向けてまとまっていないので、首班指名までに間に合わすことができず、一時しのぎの策となってしまった」と発信するべきだと思います。それが、国民に対するメッセージではないでしょうか。
国民に対して包み隠すことなく、常に誠実であってこそ、やっと失われた信頼を取り戻せるのだと思います。自民党には全く期待していませんが、石破さんをはじめ各議員個人に対する信頼はありますので、自民党のことではなく日本のことを考え続けて政治活動を続けてほしいと思います。応援しています。

投稿: 石破さん応援しています | 2009年9月 8日 (火) 22時53分

誠にもって自民党とは不思議な集団です。党の執行部の皆さんは選挙での惨めな敗戦の責任を負って辞職届を出している人達ですよね。何故その人達が高い席に座って会議を仕切っているんですか?敗戦の重い責任者が何故会議の進行を仕切っているんですか?そして何故その事に異議を出さないんですか?先ずは執行部の人たちは皆さんに詫びて席を降りなければいけないと思います、そこからスタートです。長老の戦犯者達の思惑どおりに事は進んでしまいましたね。テレビを見ている一般の庶民は又失望をしたことでしょう。

投稿: 藤倉睦 | 2009年9月 8日 (火) 23時25分

68歳になるまで、自民党は嫌いだと思ってきたし、石破氏もなんだか、怖そう! 何が減反政策よ! 農協が農薬を売ったんだから! ~と思ってきました。
でも、先日のあなたの自民党再建策として、一日も早く2泊3日の落選議員も入れた反省会と自民党再建の会議を開くべき……と言う発言を聞いて、不覚にも涙がこぼれました。
なんだ、健康な自由民主党には元気で居てほしいんだ!と、自分の気持ちをはじめて知りました。
大変な時期に、ご苦労様ですが、日本の未来を、子どもたち、孫たちをよろしくお願いします。

投稿: なるかげつねこ | 2009年9月 8日 (火) 23時32分

前回の総裁選討論会を自民党本部で聞いた時に次は石破さんが最も総理総裁に相応しいのでは…と思いました。
火中の栗は…と思わないで是非とも今回も手を挙げて頂きたいと思います。

投稿: 庶民 | 2009年9月 8日 (火) 23時49分

それで出ていただけるのですか、石破さん!

わたしは待っているのですよ。

投稿: kei | 2009年9月 8日 (火) 23時50分

麻生首相は政局に負けたのであって、政策に失敗したわけではありません。
先の選挙で自民党が大敗したのは、麻生政権での政策に異を唱えるものとも思えません。
民主党に投票した人の多くは、麻生政権以前の自民党に問題があり自民党に任せられないと思ったのではないかと個人的には感じています。
私は麻生さん個人を応援しているわけではありませんが、「野党になっても麻生を担ぐ」というぐらいの気概を自民党には持って欲しかったです。
残念です。

投稿: 20代男 | 2009年9月 9日 (水) 01時08分

総裁選には出馬されるのですか?
今までの自民党は嫌いだったのですが、石破さんが総裁になるのであれば自民党が好きになれるかもしれません。
民主党のマニフェストの子供手当てだけでなく、子供が出来なくて悩んでいる家庭に何かしらの支援があれば良いなと思っております
これからも頑張ってください

投稿: 九州人 | 2009年9月 9日 (水) 02時24分

麻生総理は、ある場所で、僕に言ってきました。
「自民党は、ガス抜きが必要。全て俺がうけとめて、自分に怒りを向けさせるのが一番」だと。
石破さんは、既に自分の総裁への意欲の事しか考えてないように感じます。
選挙に負けたから、麻生自民党を全否定して塗り替えたら、次は、勝てると言う発想は、如何なものか。

内部のいざこざが外に発信されることが、如何に自民党への失望に繋がったか。あれだけ痛い思いをしたのにまた同じことを繰り返す人々のことが理解できません。批判や反省を組織の中で議論することは良いことですが表でそれを発言することは内輪もめを宣伝しているだけです。いい加減に学習しないと自民党の再生はありえないと思います。
また、こういう事いうと、麻生に批判の目を向けるのかな。

そんなんじゃ、自民党の再生はないと感じました。

投稿: 匿名 | 2009年9月 9日 (水) 02時57分

テレビで拝見しています。他の議員の方よりも石破さんが言ってることのほうがなんだか自分にはわかる気がします。まだ26歳の若輩者ですが、これからの日本を支えていく一人の日本国民として、選挙も含め参加していこうと思います。

色んな意味で友人との話も議員さんでは石破さんが断然トップで話題になりますよ。

世界から国民からも頼りになるような日本にしてください。

投稿: 吉尾 | 2009年9月 9日 (水) 03時00分

遅くなりましたが当選おめでとうございました。

首班指名で自民党としてひとまず意見の一致をみたことは安心しました。
石破さんの仰るように首班指名までに総裁を選べれば一番だとは思いますが、ゆっくり時間をかけて大事に選びたいという執行部の考えも私は理解できました。

この問題はここで終結し総裁選へと舵を切り前向きな議論を我々国民にアピールしていただきたいと思います。
私は石破さんには是非立候補していただき、自民党の今後のビジョンを見せていただきたいと思います。
資格を手にするために自民党はどうするべきか具体的に語っていただきたいです。
ただ20人の推薦人という規定は残りましたので少し心配しておりますが、是非とも頑張ってください。
応援しております。

投稿: しんたろ | 2009年9月 9日 (水) 04時22分

首班指名選挙で、自民党として、意見がまとまった事に関しては、安心しました。

ただ、なぜ若林正俊さんを指名するのかが、いまいち理解できません。
若林さんが、必ず次の総裁になるというならば、分かりますが、そういうわけでもなさそうですし。

首班指名選挙で名前を書くならば、党の党首を書くべきだと思います。

首班指名前の総裁辞任を明言しているとはいえ、現状は、麻生さんが党首なわけです。
次の総裁が決まるまでは、麻生さんを党首として支えるべきではないでしょうか?
するとやはり、首班指名も「麻生太郎」と書くべきだと僕は、思います。

投稿: ヨッシー | 2009年9月 9日 (水) 12時17分

ゲル長官こんにちは。
おっしゃることは解ります。しかし、コメントで他の方も書いていらっしゃいますが、今回選挙で自民党に投票した人々の少なからずは「麻生総裁だから投じた」んだと思っています。わたくしはそうでした。石破さんのことも応援していますけれど・・・というのは、ニュータイプの自民党員であって、旧来の自民党のおじさんたちのスタンスとはきっと違うんだろうなぁ、と思いますけれど、自民党組織事態が、もっと党員党友の声をダイレクトに反映する形態に変わる必要があると思っています。総裁選を急いでやるにしろ、あるいは首相指名だけ代打若林さんでしのぐにしろ、どっちでもいいんです。ただ、麻生おろしとか、あるいはもっと前の派閥争いのような「内輪でごちゃごちゃもめている状態」があるのが、大変気に入らなく、そして、自民党支持が下がってる原因だと思います。本質やらなんとかべき論を語るならば、まずは党としてまとまれる態勢、まとまっているんだ!という意識と姿の徹底を外部にわかるように出していってもらわないと、自民党はもう駄目じゃないですかね・・・別に何処でもいいんですよ、保守政党なら・・・あるいは、人物本位で選べるならば。

投稿: ask | 2009年9月 9日 (水) 12時20分

今回の両院議員総会を拝見して、自民党の再生にはかなり時間が必要だと感じました。TV放映しこれからの方向性を私達に示す絶好の機会なのに、「この状況を踏まえて私がやります・私にやらして下さい」と誰も手を上げなかった事、推薦人の数や執行部への不満など的外れな発言が出た事に落胆しました。私は北海道に住み、会社員として色々な方とお会いしますが、今回の選挙結果が今の自民党の姿なのでしょうか?私は違うと思います。まずけじめをとり、自重し政策・方向性を私達に示して頂きたい。私は議員皆さんの熱意・能力の高さを信じています。

投稿: 野阪 淳 | 2009年9月 9日 (水) 13時28分

一言だけ言いたくて初めてコメントします。

自民党は嫌いですが石破さんはまともな政治家だと思っておりましたが天下りに関するインタビューの答えを聞いてがっかりしました。
所詮自民党だったんだと・・・
今回の民意をどういう風に受けとったのですか。
天下りもNO!

最後だからこそこれは明らかに駆け込み天下りだ!と残念だ!と言っていただきたかった。

投稿: sato | 2009年9月 9日 (水) 13時38分

いつも楽しく拝読しております。特にどちらの党の支持者でもありません。

今年は選挙イヤーということで、千葉市長選挙、衆議院選挙の候補者事務所をまわりました。ご存知の通り千葉市では市長が汚職で捕まり、自民党系の議長さんが(なんと!)恐喝容疑で逮捕されてしまいました。もうぐだぐだです。

一方、民主党の候補者さんは、きちっと政策を説明してくれます。事務所スタッフがしっかりしています。多分この4年で広く人材を教育したからだと思います。

しかし民主党は基本的に「どう使うか」の党で、「どう稼ぐか」の党ではありません。今の日本には「どう稼ぐか」を考える党派はないのです。故に自民党の再生はカンタンなのだと思います。

ということをふまえて「自民党は再生すべきか」という記事を書きました。負けたばかりでイライラする気持ちはわかりますが、早い所再生して立ち直ってください。

自民党は直接国民の声を聞く事ができ、チャンスがあれば人材として登用が可能になるルートをつくるべきだと思います。

投稿: Inoue | 2009年9月 9日 (水) 15時17分

はじめてコメント致します。
イシダムまんじゅうを食べたことのない私が申すのも何ですが・・・
誰がなんとおっしゃろうとも、石破さんは自民党員の中で、最も頼もしい方だと思っております!思いやりと信念を強く感じます。応援しております。

近い将来、新しく生まれ変わった自民党が、日本国を守ってくれることを期待しております。(←いい加減、世代交代して、石破さんが若手を引っ張っていって下さい)

投稿: ベリー | 2009年9月 9日 (水) 16時33分

 衆議院選挙での屈辱的大敗で、選挙戦を戦った麻生総理を元とする自民党議員さんの気持ちを思うと、今回の両院議員総会はあれでよかったと思っております。
 あのようにすればよかったとか、こうすればよかった等々今さら言ってもしょうがない訳で、決定した事は全員が一致団結し、特別国会では「若林氏」に投票することが肝心です。自民党内で一人でも結束を乱すような人がでることのないように祈るばかりです。首班指名投票で自民党が乱れるようであれは、党の再生は難しいと思います。
 28日には自民党新総裁が誕生することになります。新執行部体制を構築し、野党としての正しい主張を発し民主党を中心とする連立政権と対じしていただきたい。
 来年の参議院選挙は絶対に負けるわけにはいきません。4年後には政権交代です。次の戦いはすでに始まっております。不平不満があっても黙して語ることなく、粛々と国民の信頼を得る努力を積み重ねる時だと思います。勿論石破さんには再生自民党にかける情熱を持って、リーダーシップを大いに発揮していただきたい。

投稿: 今ジン | 2009年9月 9日 (水) 16時46分

今回の首班指名において若林氏の名を書くという選択肢には少し疑問を感じてしまいます。
コメントの中で既に述べられているように総裁選に出馬なさる方であるならばともかく、
その可能性が低い方の名前を書くということは、結局のところ誰でも良いという事となり、
下手をすれば白紙となんら代わりがないと受け取られかねません。
首班指名とは、その時点において最も相応しい人の名を書くということであり、
誰でもよいということではないと思います。

投稿: 大学生 | 2009年9月 9日 (水) 18時16分

健全な二大政党(そんなものが日本国になじむのかどうかわかりませんが・・・)による緊張感のある国際競争力のある国家運営のために、自民党は本当の意味で”ふんばりどこ”だと思います。10年後、20年後に社会の中心にいるはずの世代、これから生まれてくる子どもたちに、”はじめから負け戦””戦場に出た途端に背水の陣”というような、苦しい戦いをさせないように!!!(商売の世界では、高度成長期のツケ・・・60から80歳くらいの商売を博打のようにして儲けた世代の負の遺産のことです・・・をその跡取り息子が背負うことがあまりにも多い、少なくとも国の単位で後とり世代に付けを回したらいかんです)、今、”ねば”ならないことをやる。そんな政治家であることを信じています。応援しています。

投稿: 龍飛玉光 | 2009年9月 9日 (水) 19時02分

今、民主党の連立成立のニュースを聞きました。ちょっと生理的に受け付けがたい○山氏、国際舞台に立つのにどうかと思える□井氏、レフトサイドのおばさん△島氏、そろって記者会見です。彼らはこれから数年でこの国をどちらに誘導していくつもりなんでしょうか。
新しい保守政党の頑張りに期待します。

投稿: 龍飛玉光 | 2009年9月 9日 (水) 19時09分

私にも疑問が一つ…若林さんに決まった理由がイマイチ理解出来ません。何故最後の最後に麻生さんじゃダメなんですか?

投稿: りさ | 2009年9月 9日 (水) 19時50分

公明党と決別してください

自民=野党ですから・・・・・

解党的枠組みを見直し

是々非々で

共産党などと共に

野党として出直しましょう!

ブログで石破さんの事一杯書いています

結局~世間では公明党は評判が悪いし

ばらまきと批判された12000円

公明党が一種の敗因ですよ

池田大作?の言う事聴く事ないです

自立した政党として頑張ってね

投稿: 青野信 | 2009年9月 9日 (水) 20時41分

私は石破サポーター♀です。
テレビ出演の時は
ぜひ、眼鏡を
おかけ下さいね♪

投稿: キャンディーズ(^3^)-チュッ! | 2009年9月 9日 (水) 21時19分

初めてコメントをさせていただきます、優と申します。
野党ならではの力を発揮してもらいたい。
そして、私たちも他力本願ではなく自力本願の覚悟で、この国の一員としてネット社会という(目安箱的な恵まれた)時代の波の中で参加が出来たらと思っています。
その上で政治家に望むことは、主張も大切だが、それぞれの(或いは身近な人でも…もっと違う人生の人のも取り入れた)人生経験を生かした知恵の融合をしていただきたいです。

投稿: 優 | 2009年9月 9日 (水) 21時23分

何度かコメントをさせて頂いているものです。
一体いつまでまとまりなく、ぐだぐだとやっているんでしょうか?
今回の選挙で負けた一番の原因は、自民党内部のごたごただと思います。
麻生降ろしを公言したり、若い議員が我が物顔で総裁を批判したり。枚挙に暇がないとはこのことをいうのでしょう。
いざ選挙の時だけ麻生総理を押したところで後の祭り。挙句の果てに選挙に負けてもまだまとまる事すらできない。
そして、自分が自民党をまとめる!という気概のある人すらおらず、この期に及んで不満を大声で叫び、批判されると、あの時ああ思ったから、こう思ったからと言い訳三昧。言い訳するくらいなら最初からその前提を説明した上で発言するべきでしょう!
麻生総理を総裁に選んだ自民党議員が、一番支えなくてはいけない時に麻生総理の足元をすくっている状況を目の当たりにした国民は、自民党議員の人間性をそこに見たのでしょう。
一人歯を食いしばって、逃げる事をしなかった麻生総理だから、演説にあれだけ人が集まったのです。
自民党議員が麻生総理のような堂々とした姿を見せていれば、ここまでの惨敗ではなく、辛勝または惜敗ですんだでしょうに・・・

だから自民党は負けたのです。それに気付き、己の愚かさを省みなければ、次の与党がどんなにひどい政策をしたとしても、自民党が与党に返り咲くことは難しいと思います。

きつい物言いですが、自民党員として言わせて頂きました。

ごたごたの原因を作った議員をとっとと辞めさせるなりして、自民党が健全になり、早く与党に返り咲き、全うな政治を行える事を祈っております。

投稿: み | 2009年9月 9日 (水) 22時29分

石破さんのブログ、初めて拝見させていただきました。

イシバチャンネルも、初めて見ました。

そして、初めて、心から応援したい政治家に出会えたような気がしています。

トカゲのシッポきりでは終わらない、根底からの改革を期待し、応援しています。

投稿: 紅 | 2009年9月 9日 (水) 22時49分

民主ではどうしても外交が不安になってしまう。なので衆議院は小選挙も比例も自民でした。岡田さん外相…かなり不安です。
足の引っ張り合い止めましょう!メディアの報道の仕方には疑問ですが、政治が茶番に見えてしまいます。若林さんで良いですが、一丸となって下さい。石破さんと今後の自民党に期待しています!

投稿: 若者 | 2009年9月 9日 (水) 23時57分

 首班指名について、いろんな議員が、意見を、表で話す場面や、両院議員総会で、執行部が、議員さんたちの意見を抑える事が出来ず、変な顔しているのを、ニュースで見ました。
 きっと皆さん自民党を、大切に思い再生していきたいと熱い思いを、お持ちなのでしょうに、とても残念です。自民党の中で、どんなに激しい意見交換をしても、表には、出さない。施行部の権力者たちは、国民の審判を受けたことをしっかり受け止め直接声を聞いてきた議員さんたちの意見に素直に従う。皆さんが、そういう態度であれば、私たちは、本当に、自民党を、作り替えようとしていると感じることができたでしょうに…。一番大切な時期に、自民党は、まだ国民の気持ちを理解していないと感じてしまいます。
 選挙のたびごとにでも、政権交代できる力ある党が、最低二つあることが、とても大切なことだと思っています。
 政界の中でのポジションばかりに気を取られす、(多くの議員さんが、そうで無い事を、祈っておりますが)、毎日を、こつこつと、地道に生きている個人が大多数であることを、その者たちが、この国を支えていることを、思い出して、一日も早く、何時でもこの国の舵取りが出来るぞと言えるよう頑張ってください。

投稿: ai | 2009年9月10日 (木) 01時14分

石破さん!
自民党に対して歯がゆい思いもあるかと思いますが、私は、渡辺喜美さんのように離党してしまっては自民党の再建は行えないと思います!
石破さんはいろいろな意味で実力・余裕がある数少ない政治家です。

切羽詰って自分のことしか考えていないダメ議員たちに政治家というものを教えてやってください!

投稿: tulio | 2009年9月10日 (木) 09時42分

他の多くの方が指摘いるので、繰り返しになりますが、
国民の多くが自民党を支持しなかったのは、麻生総理就任以前に行われてきた弱者切り捨ての政策に対して不満が鬱積していたからであり、また、自分の党の総裁を人気がないだの、馬鹿だの呼ぶ人間性の欠片もない馬鹿な国会議員が自民党に多かったからです。

そこらへんを分からずにテレビや新聞受けのいい麻生総理批判のコメントばから出すような議員は自民党の総裁にはなってほしくありません。たとえ石破先生でも。

投稿: JF | 2009年9月10日 (木) 12時44分

はじめまして、
今回の自民党の大敗は、各マスメディアいじめがある程度影響しているのではないでしょうか?
内閣支持率の低下や麻生総理の発言ミスなど、コメディアンのような揚げ足取りに、各マスメディアがなってしまっているような気がします。
今後、自民党がやるべきことの一つに、政治家は発言に責任がついてまわるのだと言う事を、肝に銘じておかなければならないと思います。両議院総会もテレビ局が面白く取り上げています。一人一人の発言はクローズアップされませんが、無責任な物言いは混乱を招くだけです。
石破先生も、マスコミをうまく利用してマスコミを味方につけて、政権奪取をよろしくお願いするしだいです。

投稿: 失業浪人 | 2009年9月10日 (木) 19時13分

なぜ若林さん?という感じは否めませんが、決まった事ですので、ここは一致団結する事が必要です。党内の足の引っ張り合いは、メディアの餌食になるだけですから。
それと、自民党はテレビに出る議員を考えた方がよいと思います。田村憲久さんが、麻生さんをバカにしたような発言を生放送でしていて、ハラワタが煮えくり返るほど不快な思いをしました。
麻生おろしに加担した人ほとんどが、小選挙区で落選しています。腹の立つことに、そのほとんどが比例復活です。
若手、中堅が自民党を変えるべきだと言う人が沢山いますが、私はそうは思いません。今の自民党に必要なのは有能な人だけです。石破さん、これからも自民党のために頑張ってください。応援しています。

投稿: アキヤマ | 2009年9月10日 (木) 22時34分

拝啓 石破先生 日々のご活躍御苦労様です。今回の自民党大敗は、致し方無い事と思いますし、先生のご心中には、この事態は予測できたものだと思います。これだけの批判票を受けながら、変わろうとしない自民党に本当の保守政党としての役目が務まるのでしょうか?先生の、コメントには毎回納得行くものがありますが、どうして自民党という本来、保守本流であるべき党の議員の方々が、国家のグランドデザイン、もっと分かり易く言えば、若者に未来を語る事ができないのでしょうか?
どうか、保守本流とは名ばかりの傍流の雑音に流されず、先生の理念・理想を大いに世間にアピールして、自民党を骨の髄から再生させて下さい。応援しています。
拙文どうか、平にご容赦を。お体はくれぐれもお大事にして下さい。

投稿: 元小原台の民間人 | 2009年9月10日 (木) 22時59分

両院議員総会お疲れ様でした。私は、30代の主婦です。

首班指名選挙で若林さんを推すということになりましたが、誰もが違和感を覚えているのではないでしょうか?
私は、今でも麻生さんでいくべきだったと思っています。それに反対する議員さんがいるということは、選挙前のゴタゴタとなんら変わらず、失礼ですが全く反省していないと思います。特別麻生さんのファンだとかそういうことではありませんが、自民党に投票した私としては、すごく悲しいです。少しマスコミに翻弄されてはいないでしょうか?新しい自民党だとか、世代交代(四文字述語)だとか、インパクトだとか。。。
これでは、次の総裁選も同じことの繰り返しではないでしょうか?
確かに党首は大事だと思いますけど、議員の先生方一人一人が、国民のためにこれからどういった野党になって具体的にどのような活動をされるのかを早く示される方が大事だと思います。

投稿: miho | 2009年9月11日 (金) 00時02分

この完全破壊された自民党の再建には間違いなく石破大臣の真摯さ、能力が必要になってくることでしょう。

僕個人の心情的には、何ら政策に問題のなかった麻生さんの成果をいまさらながら大きくアピールして再度、と思ってもいましたが、本人の辞意、そして(不合理だとは思いますが)マスゴミの悪意あるイメージダウン、大敗の責任をとる上で止むを得ない選択だったのでしょう。

しかし鳩が豆鉄砲をくらったような若林さんの起用には、そんな場合じゃないのですが笑ってしまいました(笑)
必要な期間とは思いますが、ぼくは健全な真の保守・自民党が石破茂のもとに立ち上がる日を待っております。


投稿: 八郎 | 2009年9月11日 (金) 15時54分

お疲れ様です 東京のビッグサイトでギフトショーという催しが年に二回あります 毎回工夫をこらしてなんとか民間企業並びに自治体や海外から新しい需要を喚起するビジネスショーです あたらしい技術や既成概念にとらわれない発想や環境対応など 政治のごたごた特に自民党の派閥の考えなど見ていると余りの次元の低さともたれあいに情けなくなります 報道では谷垣総裁 石破幹事長 の路線も囁かれてます 私も今回は石破大臣にじっくり党務をまとめて政策で選挙体制を刷新して新生自民党を作ってもらうには幹事長職が特にいいと思います 頑張れ石破 皆が貴方を応援しますから 自信をもって正論をたたかわせて幹事長討論で小沢をギャフンとやりこめてください

投稿: 西村宏之 | 2009年9月11日 (金) 16時22分

こんばんは。
石破先生のお気持ちを聞かせていただき、嬉しく思います。
国を良くするために、一生懸命になってくださる事に、本当に感謝します。また、常に冷静で熟考されている先生を尊敬します。
今後も、期待していますので、より良い日本を、お願いします。

投稿: ゆみ | 2009年9月11日 (金) 18時59分

石破先生、毎日ご苦労様です。
初めて書き込みさせていただきます。
「日本の戦争と平和」とても勉強になりました。先生の著作は全て読んでいますが、
どれも日本人として知っておかなければならないことだと日々思っております。

今、本当に大変な状況だと思います。
解決すべき問題がたくさんあり、うまくいかないことばかりだと思います。
世の中にはいろんな考えの人がいますし、その中で自分の信念を貫くことは簡単ではないでしょう。
どうか、信念を曲げないでください。
どうか、この国のことを考え続けてください。
どうか、この大敗を積極的なものと捉えて次に活かしてください。

こんなこと、言われなくてもわかってると言われそうですが・・・

あと、お体には気をつけてくださいね。
これからの長期戦のためには、体が資本です。

投稿: 篠拓 | 2009年9月11日 (金) 21時44分

9月9日(水)のasahi.ciomに次のような記事がありました。
 ――自民党の中川秀直元幹事長は8日、新総裁について、「派閥を解消し、世代交代の先頭に立て、小選挙区で当選。この三つの条件を満たすのがよい。それが絶対条件だ」と記者団に語った。――
 この条件を満たし、人格、識見及び思想と行動の一貫性等を考えてみると、現在、党内においては石破先生をおいてほかにおりません。党の危機の時に立ち上がる人こそ本当の勇者です。アメリカでは“オバマ”、日本では“イシバ”、共通点は“You can!”

投稿: 北海太郎 | 2009年9月11日 (金) 22時47分

小泉さんは本当に自民党を壊滅させました。自民党とは、なんだったんですか。もう再生は出来ないと思います。あまりにも有為なひとが落選しすぎました。60歳以上の役立たずがまた、口出ししています。まあ自民党は終わりですね。後は、政界再編しかないと思います。石破先生も、もう一度、自民党を出て、新しい政党を作られたほうかいいと思います。それが日本のためになると思います。

投稿: 鳥取大好 | 2009年9月11日 (金) 23時12分

今後、戦犯探しではなく、選挙の敗因を冷静に分析し、
自民党を一から立て直していただくことを望んでいます。
内部のごたごたをみて離れて行った支持者も多かったはずです。
あわせて、総選挙と総裁選のタイミングというのも考えなくてはならないのかもしれませんね。

何はともあれ、今後の復活を祈っています。

投稿: あき | 2009年9月13日 (日) 01時58分

石破さん、こんにちは。
両院議員総会で決まった、若林さんを首班指名することになりましたが、なぜ若林なのか自分には全くわかりませんでした。確かに負けることはわかっていますが、なんだかテキトーに決めたように思えて不愉快です。石破さんのおっしゃるとおり、白紙や麻生さんの名前を書くよりは、マシかと思いますが・・・。
ところで、総裁選の行方が気になります。石破さんにはぜひとも立候補して頂きたいです。野党の党首だからどうでもいいなんてことはありません。自民党には、民主党に負けないエネルギーを秘めているはずです。また、与党ばかりが、力を発揮してもこの国は良くならないと思います。あくまでも、与党と野党のバランスが大事と考えます。
とにかく、自民再生の瞬間を自分は望んでいます。そして、その立役者は石破さんであってほしい。必ずしも総裁とは言いませんが、どんな役職でも石破さんを応援し続けます。

最後に、自分は国民と役人が信頼し合える国であってほしい。その分、我々国民も国のことを真剣に考えなければいけません。政治家(一部)は国民にたくさんの批判を受けていますが、自分は批判をする前に、「本当」の情報を見極め、批判だけではなく、一緒に国のことを考える大人になりたいと思います。批判をしても何も変わらない。その批判を得てどう進むかが一番の鍵だと思っています。国民も政治家も。
長々しく失礼しました。少なくとも自分は石破さんを信じています。きっと、大人になってもこの心は忘れないと思います。政治に興味を持たせて頂いた石破さんに感謝します。

投稿: サトウ | 2009年9月13日 (日) 13時58分

両院議員総会お疲れ様でした。

石破さんの発言は いつも真面目で筋が通っていると感じています。
しかし 公の場で主張していただきたいと思います。
減反政策の件の時もそうでした 結局おかしくなってしまった政策を立直そうとしても 党の意向という壁は 打ち破れませんでした。
党の意向に従うのは当然かもしれませんが
党の意向と方向を示し リーダーシップをとっていく立場になってほしいと思います

今回の 自民党惨敗は 小泉さんの時に 志をもったプロ議員を排除させ 方向性を示した所で どのようにその方向に向かっていってよいのか? それには何がメリットでデメリットなのか? その判断材料を何処から吸い出したらよいのか?
迷いに迷っている 素人議員に指導する余裕もなかった これだけ 足踏みをしていれば みんな不安になってしまったのではないかと思っています。

石破さんには 安部さんや福田さん達を束ねて 若手議員を教育し元与党としての経験を 野党側からでも指導する立場になっていっていただく事を期待します。

民主党でも 前原さんのような しっかりした方もみえます しかし 経験がないこと 今までの自民党政権との引継ぎがまともに出来ない事等 やはり最初はつまずくのではないかと思います。
今 転んだらかなり 日本は痛いです。
日本の国益に対しては 民主も自民も志は一緒だと思います。

日本の国益が何なのか 本気で解読できるのは 石破さんが適任と思います

頑張ってください

投稿: 竹の子 | 2009年9月13日 (日) 15時38分

石破先生sign03私は学年違い酉年32年組ですscissors率直に申し上げますcoldsweats01鳥取も我が国の農林水産業も先生にとって大切な事は分かります。また、現閣僚というデリケートなお立場も重々承知の上で敢えてお願い申し上げます。資源の少ない我が国で一番の資源は子供達です。早急に荒療治が必要なのは教育改革だと思っています。下野ならそれを逆手にとり、教育、農林水産業、防衛を主軸に大胆に理念を確立し、我が国を守り前進させる法令や提言を掲げるミハタになって頂きたいのですup今、手を挙げると、火中の栗とか貧乏籤とか無責任なマスコミは言いますがbearing我が国は自民党にちょっとお灸をと思った高齢者はいましたが、長年培った信頼は生き続けているのだと信じて良いと思っています。一流国として外交もミスを許されない事案ですが、福祉も年金問題も大きな課題ですが、このご時世、国民全員で広く浅く泣きましょう。できれば短く!投票に行かない、国政に関心のない皆々も取り返せない怠惰だとして、国民皆で傷を負いましょう。あすの未来の子供のためにsun私達世代はその位の腹はくくる使命が有るはずだと思料します。/PSloveletter殿方にはタイミングがありますよって、ハズシタラあかん思いますgood力量も人望もあってアノ椅子に座れへん方もいててんから 090 67707527大分県臼杵市芋地3組

投稿: 栃原すみ子 | 2009年9月13日 (日) 22時53分

石破大臣 こんばんは。。
今日(13日) 谷垣さんが自民党総裁選への 立候補を表明しましたね!!!!
菅さんが 色々なテレビ出演で言ってましたが・・・派閥の親分は 絶対ダメだし、古いタイプの人や 元総理が 担ぐ人などの出馬は あってはならないと!!!
谷垣さんは あの 森 元総理が 担いでますよね!!
あの 森ってのは まぁ 勘違いしてるし、時代からはるかに遅れてますし、あぁだ・こうだ 口出ししたがりますね。。。
あいつの 言動、行動などで どれだけ 自民党支持者が離れていった事か・・・
この前も 官邸から出てきた時 記者に囲まれて 何を言うのかと思ったら?
官邸の 警備の者は 何をやってる ちゃんと歩けもしないだろannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyって 怒ってましたよ!!
前も 料亭から出て来た時に 記者が質問した途端 「うるさい 黙れ 失礼だぞ (秘書に向かって)早く どかせ」 と 大声で わめいてましたね。。

あんな事が よく言えますよね!!
あの体たらくが、怠慢が 傲慢が ニュースで流され 国民が どん引きするってのが わかんないのか?? 頭が 壊れてるから 考える能力がないのか?
全く 理解不能ですよ。。 カメラに向かって あんな生意気な事を言うってのはテレビの向こうにいる 国民に言ってると同じでしょ・・・
中堅・若手が 意見を言えば 好き勝手言ってるとか!!
今回 ハリケーン並の逆風でも 選挙を勝ち抜いてきた 立派で これからの自民党を背負ってく 大事な人材に対して 古い、古い 元総理とかが どうして 影響力を誇示しながら 芽を潰すような事ができるのかが 意味不明で 腹立たしいです。。。

石破大臣や 河野さん 石原さんの ように 分かりやすく 国民目線で物事を考えて 言って下さる 意見が 自民党の考え、自民党の意見にならないもんですか???


民主党政権に対して 僕は独自の見解を持ってます。
中国か北朝鮮の ビールメーカーか 生活用品メーカーが 日本中に 試供品を配って 国民は 無料だから 一度試してみようかと? あれもただ、これもただ 景気が悪い?から ただの方を お試しで使ってみるかと!!!

でも 国民は 近々気付く訳ですよ、中国や北朝鮮の メーカーの物が いい品物、美味しい訳もないとね!
結局 ただより恐い物はないし・試供品は一度きりしか使わず やっぱり 日本の メーカー(自民党)が 一番だとね。。。

官房長官が 労組出身て国 どこにあります(笑)(笑)

投稿: 三重県の自民党ファン | 2009年9月13日 (日) 23時14分

これから野党になるわけですが 完璧な対案を提出する野党と成って下さい

投稿: 吉士 | 2009年9月14日 (月) 02時25分

次の首班指名への自民党の対応、気にして拝見しておりました。

理屈としては、現任の自民党総裁である麻生首相に投票することが、そんなにおかしいとは思いません。ただ、自民党は麻生総裁の下で戦った選挙で敗れたのですから、投票すべきでないという理屈も分からないではありませんし、心情も理解できるところです。
現実の若林両院総会議長案は、要はその心情を汲んだ上で役職から、とりあえず一致して投票出来るというだけで、それ以上でも以下でもないのかなと。

今回の自民党内の首班指名問題を、マスコミ各社は満足に総裁候補も立てられないことが自民党の衰退を象徴していると報道しましたが、それは正確な表現ではないと思っています。
一方で、そのような批判を呼び起こしたことは自民党の失態でもあると思います。厳しい選挙戦の最中で、負けたことを前提とする総裁選の準備を並行して行うのは現実的ではありませんが、仰っている通り、選挙結果がある程度の予測が出来た以上、8月31日からの総裁選の準備をして、何とか首班指名までに、党則に則った総裁選を行い、新しい総裁を立てることがベストだったように思いますし、それが出来なかったことは準備不足の誹りを免れ得ないと思います。結果論ではありますが。

前のエントリも拝見しましたが、一つ一つ論理を積み上げて説明する姿勢に、流石は石破先生だと感心し、私は十分納得出来ました。
例え火中の栗であろうとも、貧乏クジであろうとも、自民党を復活させる力量と志を持っている方が、今の自民党の頭には相応しいと思います。
どうか、天の時と、地の利と、人の和を揃えもつ政治家になってください。微力ながら応援しております。

蛇足ながら、二重投稿になっていたら平にご容赦ください。

投稿: ベリアル | 2009年9月14日 (月) 18時41分

老婆心ながら…

ブログ管理者様へ

どう見ても個人情報のようなコメントがありますが、検閲済みなのでしょうか?
このコメントも含め削除などしたほうが良いと思われます。

投稿: 八郎 | 2009年9月14日 (月) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/46157973

この記事へのトラックバック一覧です: 両院議員総会を受けて:

» 選挙総括はできたのか?自民党両院議員総会 [kaizinBlog]
自民内に渦巻く「私怨」再生の道険しpage1page2 どこまで迷走を続けるのか−。8日の自民党の両院議員総会は1時間を超え、怒号とヤジが飛び交ったが、決まったことは総裁選の日程と、首相指名選挙で「緊急避難措置」として両院議員総会長の若林正俊元農水相の名を投じることくらい。半世紀にわたり、政権を担ってきた巨大政党はすっかりその矜持(きょうじ)を失ってしまった。「落選議員の会開いて…」 選挙終わって政治家ブログ活発 首相指名、自民は若林・両院議員総会長 昨日、自民党の両院議員総会が開... [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 11時16分

« WTO非公式閣僚会合に出席しなかったことについて | トップページ | 自民党、派閥 »