« 八ッ場ダム視察 | トップページ | 新・政調、江畑先生 »

2009年10月 9日 (金)

中川昭一先生の想い出

 石破 茂 です。

 去る10月4日に56歳の若さで急逝された中川昭一先生のご葬儀に参列してまいりました。
 先生の初当選は私より一期早い昭和58年、30歳でした。
 まだ当選一・二回の頃、中川自民党青年局長の下で次長を務め、タイ・ベトナムなど諸外国を廻った時のことや、細川政権時代、ウルグアイ・ラウンド交渉を巡って夜を徹して議論した時のことなど、23年間の様々な思い出が去来いたします。
 小泉内閣で防衛庁長官を務めていた8年前、当時組織本部長であった先生から、「拉致被害者の家族の方々を支援するためのチャリティオークションを開くので、お前も何か出品しろ」とお声が掛かり、「では鳥取名産の二十世紀梨にしましょうか」と申し上げたら「何を言っている、石破といえばプラモデルしかないだろう、何が何でもお前の作ったプラモデルを出せ!」のご厳命。仕方が無いので一晩徹夜して72分の1の航空自衛隊の往時の戦闘機F-86を組み立て・塗装し出品したところ、これがなんと中川先生の出品された「北海道の名産品お届けカタログ」よりも高値で落札。先生は「なんで石破のプラモデルが俺の出したものより高いんだ!」と随分と憤慨しておられましたが、それだけ郷土に愛着と誇りをお持ちであったのでしょう。

 当選期数も、年齢も、農林水産政務次官・農林水産大臣・拉致議連会長・自民党政調会長と、辿ってきた経歴も似通っており、私の一方的な思いかもしれませんが随分と親近感を感じてきただけに、類稀な才能を持たれた中川先生のご逝去は残念でなりません。
 保守政治とは何か、民主党との対抗軸をめぐって議論が行われています。「真性保守の再生」が叫ばれる中、中川先生はその先頭に立って議論をリードされたかったことでしょう。
 「保守とはイデオロギーではなく感覚である」との江藤淳氏の議論に賛同する私は、先生から見れば現実主義の唾棄すべき存在に映っていたのかも知れません。でも、エドモント・バークの著作などをきちんと読んだ上で、もっと多くのことを胸襟を開いて語りたかった。

 それにしても、政治家とはとても悲しい仕事だな、とご遺影を見ながら改めてしみじみと思ったことでした。
 理想と誇り高き愛すべき政治家、中川昭一先生のご冥福と、ご家族のご平安を心よりお祈り申し上げます。

|

« 八ッ場ダム視察 | トップページ | 新・政調、江畑先生 »

コメント

「国防」拝読しました。
難しいことを非常にわかりやすく書いておられてとても興味深く読むことができました。

中川昭一氏は拉致問題に関して、対話の大切さを理解していた数少ない政治家だったと報道されていました。

とても残念でなりませんが、中川氏の分も石破さんをはじめとする自民の皆さんに日本を良くしていって頂きたいと願っております。

投稿: 女性 | 2009年10月 9日 (金) 15時30分

この中川先生の死を機に学んだことが多々あります。
本当に日本にとって大切な方を亡くしたとショックで涙が止まりませんが、私自身もっと勉強し、これからの日本の在り方について考えなければならないと思いました

中川先生のご冥福をお祈りします。

投稿: もとこ | 2009年10月 9日 (金) 15時54分

昨日も通夜で感慨無量でしたが56歳で何とも残念です 東の中川 西の石破の両論客で自民党を盛り上げて貰いたかっただけに こころから中川昭一先生のご冥福を御祈り申し上げます さて 昨日のBS11政調会長の柔和なそれでいて弁舌さわやかな野党としての先生の考え たいへん頼もしく思いました
どうかタバコを控えて身体をしぼり末永く国政をたばねてください

投稿: 西村宏之 | 2009年10月 9日 (金) 16時03分

★涙涙の通夜に葬儀★
中川氏、さぞかし悔しい思いでお亡くなりに。
今でも、いろいろなサイトの掲示板に中川氏に対して批判も多く……
とても腹ただしい!

中川氏の分も石破先生よろしくお頼みします。

健康に気を付けて(T_T)

投稿: 自民支持者 | 2009年10月 9日 (金) 16時47分

幾つまで生きれば良いというラインはありませんが、同年代で逝ってしまわれると辛いです。石破さん、どうか体調管理だけはしっかりお願いします。取り返しのつかぬ事にだけはならないで下さい。

投稿: りさ | 2009年10月 9日 (金) 18時06分

私は田舎に住む無学な一主婦に過ぎませんが、先生の「国防」を拝読してから色々と「国」や「政治」について考えるようになりました。
中川先生のような本当に日本を愛した政治家の方が亡くなられた事はとても悲しく残念な事です。次回の選挙で必ず返り咲いて頂けるものと思っておりました。本当に残念で仕方がありません。ご冥福を心よりお祈り致します。

無学な私から見ても、今の日本は危なっかしくて不安です。
臨時国会も開かれず、国会審議もせず色々な事が知らないうちに国際公約されております。税金が湯水のように海外に出て行くような気がします。
素人から見ても「大丈夫?」「それは経済対策を差し置いてでも今しなければいけない事?」と思うような法案が次々と出ております。
この国は本当にどうなってしまうのでしょうか?
中川先生のおっしゃった「日本が危ない」という言葉は、こういう事だったのでしょうか?
石破先生、ぜひ日本を助けて下さい。

投稿: 一主婦 | 2009年10月 9日 (金) 19時07分

まず、前大臣中川昭一氏の薨去に相対して、衷心よりご冥福をお祈りします。
結果としては晩節を汚した形になりました。酒毒によって辞任し、酒毒によって斃れる…無念と言うより残念でした。
仲間を懐かしむ石破閣下の深い情には感動を覚えます。ここは中川前大臣の死を他山の石として、閣下には長生きしてもらいたいです。
余談ながら、私の皮肉がちな投稿が毎度掲載される事の一点だけで、私は閣下の支持者として在りつづけます。
民主党の代表経験者で大富豪の息子さんのブログでは検閲が厳しいらしく、「さる方の敗者の弁」を褒めただけでハネられてしまいました。かの雲上人の鋭い観察眼は、この地下人の心奥にある勝者の驕りへの反感を見て取られたに違いない訳です。
流石は日本外交を背負う国家の柱石。立派なものでございます。
いや、今夜は愚痴っぽくていけませんな。

投稿: 図書 | 2009年10月 9日 (金) 20時20分

オークションの件、不謹慎ながらもつい笑ってしまいました。
本当にすばらしい政治家をなくしてしまいました。
石破さん、中川さんの分も活躍なさってください。

合掌。

投稿: 佐藤 | 2009年10月 9日 (金) 20時58分

中川先生の訃報を聞いてから数日たちますが、まだ信じられません…

いろいろな問題に正面から立ち向かって挑んでいった中川先生…

今の政権は不安だらけで怖いです…

石破先生日本を取り戻して下さい…
お願いします…

投稿: はな | 2009年10月 9日 (金) 21時06分

Twitter→tumblr経由で石破さんのこのブログにたどり着きました。この追悼の一文に接し、独り静かに感動した次第です。
原稿用紙にいたしますと2枚半の中に、個人とのエピソードをさり気無く交えながら、淡々とした中に深い哀悼の念が感じられました。比べるのは良くないことと存じますが、私が目にした追悼文のなかでは最高のものといえましょう。
政治の世界でも、この一文と同様に、石破さんの静かな情熱・熱い理念が広く力強く伝播してゆくことを祈念いたしております。

投稿: 無党派 | 2009年10月 9日 (金) 21時29分

中川氏の夭折は、大変に残念でなりません。

オークションの話は、初めて伺いました。「えー」とか内心で初めは思っていたかもしれない石破議員がプラモデルを組立て、塗装し、乾かしているところ、
又、「どうして俺の方が安値なんだ」と憤慨している中川氏の様子を想像すると
微笑ましく、それが尚更に悲しみを誘います。

きっと中川氏も、石破議員の事は「方向性は違うかもしれないけど、志は同じ」と認識しておられたのではないでしょうか?

御願いします。
中川氏の分まで、どうか御活躍下さい…


 

投稿: ゆか | 2009年10月 9日 (金) 21時45分

中川さんが亡くなってから色々調べて知りました。私達はマスコミに騙されていたんだと知りました。G7で中川さんが功績をあげていたのにマスコミは取り上げずひたすら酩酊状態の中川さんを取り上げたこと。民主党のマニフェストの欠陥を中川さんは私達にも分かるようにホームページで詳しく説明していたこと。つまり私達は今回の選挙で落選させてはいけない人を落選させたこと。中川さんを誤解していたことを土下座して謝りたい気分です。石破さんもっとご指導お願いします。

投稿: ひすい | 2009年10月 9日 (金) 22時25分

 石破さんの中川さんとの想い出話、興味深く拝読しました。

 弔問、通夜、告別式と涙を流しておられる議員が多い事に、中川さんのお人柄が偲ばれます。

 中川さんのご霊前に必ずや政権奪回を報告できるよう、頑張って下さい。

投稿: 百舌 | 2009年10月 9日 (金) 22時43分

 中川昭一先生急逝の悲報には驚愕いたしました。
 私は、中川氏は総理総裁を目指す石破さんの最大のライバルの一人として見ていました。経歴も同じようなお二人であり、自民党保守本流の理念をお持ちの中川氏は、自民党再生の救世主になり得る器の持ち主であり、志半ばでのご逝去をとても残念に思っております。
 本日の太田総理の放送を見ました。あんなくだらない内容の番組に政調会長の石破さんが出演して、訳のわからない議論に加わる必要はありません。山本一太氏は「石破氏にはどんどんメディアに出て自民党のアピールをお願いしたい。」とブログに書いておられました。山本氏も出演されておりましたが、太田何某氏の喚き散らしてのメチャメチャ進行にはうんざりしてチャンネルを切り替えてしまいました。
 石破さん、八ッ場ダム等民主党のマニフェストどころか夫婦別姓、人権擁護法案並びに外国人地方参政権付与、中・韓協調の東アジア共同体構想、日米関係と国際貢献の展開等々多くの疑問のある政策こそ重大ではないでしょうか。
 これらに対する自民党としての主張を強め、偏向報道のマスメディアですが焦らず、野党としての真価が問われている自民党は、自民党らしく国民にアピールしていただきたいものと思います。
 
 

投稿: 今ジン | 2009年10月 9日 (金) 23時44分

中川先生のことといい、今年は本当に「早すぎる死」が多いように思います。
お悔やみ申し上げます。

政治家には政策が得意な人や政局が得意な人、仲間作りが得意な人、メディアを使うのが上手な人など様々な方がいらっしゃるのでしょうが、中川先生は政策通として、まだまだ自民党、ひいては日本において果たすべき役割があったように思います。
総理にしてやろうと思っていたと仰ったのが何方だったか、失礼ながら失念してしまいましたが、盟友といわれていた安倍さんも麻生さんも総理総裁になられたわけですから、将来有望といえたでしょうに、たった一つの事件で、飲兵衛の朦朧会見をやった政治家として広く日本人に認識されることになったのは、残念というより他に言葉が見当たりません。
当然、何もせずに政策に長じた政治家にはなれないわけですし、よくご勉強なさっていたというニュースも見ましたから、それだけの努力が形に残らないというのは無情なものだなと感じます。いつの世か、中川先生を面白おかしく紹介するバラエティ番組が出てきたりするのを想像すると、確かに政治家というのは何だろうかという思いを抱かずにはいられません。

麻生前首相、安倍元首相、中川氏も石破先生も主に保守派と目されている政治家ですが、それぞれ、特に石破先生は些か性質が異なっていると考えております。
ただ、そういう意味では、確かに中川氏と石破先生には(麻生氏や安倍氏より)似ている部分も多いかも知れませんね。

身勝手な憶測ではありますが、ニュースを見ていると、所謂朦朧会見にまつわる批判と先の衆院選での落選が、元々ややデリケートなお人柄のようですから、だいぶ応えたのかなという感じを受けます。
せめて、安らかに眠って欲しいですね……。

投稿: ベリアル | 2009年10月 9日 (金) 23時54分

とても誠実でストレートな内容で感動しました。
こんな言い方をすると失礼かもしれませんが馬とシカがつくくらいの真面目さをお持ちの石破さんがいる限り、自民党を応援したいと思っております。がんばってください。

投稿: あきお | 2009年10月10日 (土) 00時18分

プラモデルのお話、とても微笑ましい…を通り越して、爆笑エピソードですね。
それだけに、中川先生の訃報が改めて悔やまれます。

石破先生のこれからのご活躍をお祈りしております。

投稿: みー | 2009年10月10日 (土) 00時43分

私ごとですが、この間、勤務先から参加させられた「管理職セミナー」で講師の先生の弁。

「鳩山様はノー天気だから意外と長期政権になる、中川さんはいい人すぎて。。。」
 
 まじめすぎるとどこかでつぶれます。鈍感すぎると政治家にはなれません。

 ご苦労も多いと思いますが、バランスよく、でも「いい人」であることが否定される日本であってはいけないと思います。

「いい人」がいい思いをできる国をつくってくださいね。

 いつも先生の「誠実」さを応援しています。

投稿: なこ | 2009年10月10日 (土) 00時55分

悲しいです。
今回、中川先生の人となりを縁のある人々の文章から拝見させていただいてますが、日本を本当に思ってくれる信念と人の心のわかる繊細さを持ち合わせもつ政治家だったんですね。
残念ながら見たところそれらが欠けている政治家のなんと多いことか。
今は民主党政権に対する絶望感と中川先生を失った喪失感で不安でいっぱいです。
石破先生、戦ってください。
中川先生の分までがんばってください。

投稿: とうや | 2009年10月10日 (土) 01時43分

中川昭一先生の訃報を聞いて驚きました。
石破先生のおっしゃる通り、中川先生は人一倍努力家で優秀で、これから自民党の再生に向けてなくてはならない方だっただけに本当に残念です。
中川先生の死が無駄にならないように自民党は今まで以上に一丸となって努力しなければならないと思います。
そうすれば、私は自民党は必ず政権を取り返すことができるのだと信じております。

P.S.
今夜の太田総理見ました!!
石破先生のおっしゃる通り、いくら政権公約とはいえ、住民の意にそぐわない項目については公約通りに実行せず、見直すことも大切だと思いました。
50数年前の当時、八ツ場ダムの建設に対して住民は反対してきました。しかしながら、当時の政権は何とか住民を説得し、住民は八ツ場ダムの完成を半世紀にわたって楽しみにしてきました。それなのにもかかわらず、なぜ民主党政権は住民の期待を裏切るような行動をとるのでしょうか?
本当に国民を重視した政策集団であるのならば、国民の意見を柔軟に聞き入れる姿勢を見せるべきだと思います。

長文になって申し訳ございません。

このような感じで、石破先生にはいつも勉強させられます!!

また、中川先生のご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: どあらん | 2009年10月10日 (土) 01時44分

中川昭一さんが亡くなられて、本当に残念に思いす。

彼の真面目な時や、ちょっと笑った時など、あんなに素敵な議員がいるんだと、(男なのにw)見とれてしまうこともありました。そして、彼の政治に対する取り組みや、彼の日本に対する思いもまた彼の素敵な見所だったと思います。

今回、自民党が『保守の理念』に戻って取り組むのなら、是非、中川さんの信念を自民党員で継続していって下さい。

私は、中国と北朝鮮が発言権を増す中で、今の政権が拉致問題を中途半端な解決をしてしまうのではないかと心配でなりません。

そんななかで、今まで中川さん担ってきた役割を他に誰ができるのだろうかと、非常に悲しくなります。

中川昭一さんの最期の半年間を思うと、正直言って悔しいです。ですが、きっと彼は今やっと楽になれたのだと信じています。

投稿: 往人 | 2009年10月10日 (土) 01時57分

中川先生が亡くなられたことへの悲しみでどんよりと心が重かったのですが、先生の語ってくださった
中川先生との思い出にクスリと笑わせてもらい、心が暖かくなりました。ありがとうございました。

先生の巧みな弁舌に期待しております。
私自身も自分なりに日本の国の未来を見つめて、有権者として自覚と責任を持てるようになりたいと強く思っております。

石破先生、自民党の議員の先生方もお身体をご自愛ください。応援しています。

投稿: ちか | 2009年10月10日 (土) 02時10分

石破さん、こんにちわ。更新、ありがとうございます。中川さんに対する想いを綴って頂きありがとうございます。今日、ニュースで中川さんの葬儀の模様を観て、涙が溢れて溢れてたまりませんでした。いまだに空虚感がどうにもなりません。中川さんが亡くなられた今になって様々な功績を沢山放送して、コメンテーター達が誉め称えてるのが何か悲しくて。勿論、誉め称えられるべき人でしたが、今更になって…!って思ってしまい。
政治家と芸能人は少し間違えると、身を削ってしまう職業なのかなぁと前から思っていましたが、でもきっとその仕事に就く事が神様からの使命なのですよね。選ばれてる。
石破さんもどうかお身体を大事にしつつ、一生の仕事を全うして行って下さい。

投稿: あおこ | 2009年10月10日 (土) 04時28分

失って始めて知る物の一つに安心と安全がありました。
前政権も速やかに、諸説ありますが景気対策をしていただけましたが現政権からは何も無く
ましてや来年一月と言う話も・・・

そこまで企業や個人が持てばいいですが

現政権の誰からも国家国民の安心と安全を護るとは聞いた事がありませんしむしろ逆行している様にすら感じてます。今現政権から頂いているのは、政権交代による不安と不審のみです。

投稿: くりはら | 2009年10月10日 (土) 08時09分

信念を掲げ真摯に国民と向き合おうとする方々ばかりが身も心も削られる過酷なお仕事だと思います。
自分の職場でもこの年代の働き盛りな方が突然亡くなられることが多いです。多忙な方ほど人間ドックなどの定期健診はしっかり行った方が良さそうです。
石破先生もご家族や親しい方々が悲しむようなことだけはなりませんようどうかお気を付けて下さい。

それにしても不器用な自分には一晩で戦闘機のプラモデル組み立てから塗装まで行う先生に驚嘆するばかりです。すごい!!

投稿: ぽみょ | 2009年10月10日 (土) 08時21分

中川さんの死を乗り越え、日本の再生を目指して頑張って下さい。期待しています。

投稿: 学生 | 2009年10月10日 (土) 09時21分

中川昭一先生のあまりにも早過ぎる死は日本国にとって、重大な損失といっても過言ではないと思います。
先生のご意思を受け継ぎ、石破先生ならび自民党の皆々様の御活躍を心よりお祈り申し上げます。
健康には、くれぐれもお気お付け下さい。
民主党政権に不信を抱く一国民より

投稿: YAS | 2009年10月10日 (土) 10時10分

今回の中川先生の急逝、とても残念であります。


保守再生の旗頭として、石破先生も参加された真・保守政策研究会を立ち上げられたりと、自民党再生にはなくてはならない人物だったと思います。


謹んでご冥福をお祈りするとともに、中川先生の意志を継いで石破先生が保守再生の旗頭としてお体に気をつけてがんばって頂きたいと思います。

投稿: 翔 | 2009年10月10日 (土) 10時41分

ともに激動の時代を歩んでこられた先生方にとっては本当にお辛かった事でしょう。
盟友麻生さんの悲嘆極まるお顔が瞼に焼きつくご葬儀でした。

プラモの逸話にまた中川さんの新たな魅力を発見した気持ちです。
とても悲しいけれど、良いエピソードを教えていただいてありがとうございました。

プーチン系の中川さんと、石破さんには確かにスタンスの違いはあったと思います。
でも、「日本のための」「日本のために」政治をしてくださる政治家としては正に同じ魂を持たれていたのではないでしょうか。

これ以上日本の損失をしないために、どうかご自愛ください。

投稿: 八郎 | 2009年10月10日 (土) 11時39分

石破先生の思い出を読んで熱くなりました。。今後も日本をよろしくお願いします。

投稿: ぴろ | 2009年10月10日 (土) 12時17分

たくさんの方に慕われていたのですね
葬儀の中継には涙がでました
残されたご家族もそうですが
扶養手当ての中止が発表されました
高校生以上の子供を持ち、収入がない者を養う家庭には厳しい話です
特に一人親で養う家庭は教員費や住宅ローンなど厳しい年代です
扶養控除や配偶者控除廃止は
厳しい話です
石破先生
助けてください

投稿: かお | 2009年10月10日 (土) 14時51分

人は万能ではないし、万能である必要はないと思います。私は、私自身に優れた才能があるわけではないですが、それぞれの分野で突出した才能を持つ友人・知人がたくさんいます。そのため、何か問題が起きてもその友人や知人に質問し、教えてもらうことで解決することが出来ます。
中川先生は、経済面、特に金融関連において優れた感性と経験をお持ちだったと思います。その面だけでも素晴らしい功績を残されたと思います。それをサポートできる体制があれば、それでよかったと思います。
医者が、患者の診察をし診断を下し投薬をし「お大事に」といって患者を送る。…もっと分散してもいいと思っています。診察が出来るのは医者しかありえませんが、その説明、ケア、その他はたとえばナースやソーシャルワーカーに委ねることも出来ます。
一人がすべてを担う必要はありません。
中川先生は、その犠牲者だったと思っています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: URABE | 2009年10月10日 (土) 15時30分

中川昭一先生のニュースを聞き大変ショックを受けました。誰にでも小さな失敗・大きな失敗はあります。いろいろな失敗で人は成長するのではないでしょうか?刺客を置くと言うのは如何なものでしょうか?十勝=中川昭一先生だと私は思います。私の住んでいる選挙区も過去に総理大臣をされた方の地盤です。その地盤に今年何のこの土地には全く関係ない方が立候補致しました。何も知らない方が地元活性化出来ますか?私がもし十勝でしたら中川昭一先生を若者代表として応援していたと思います。中川先生の分まで石破先生頑張って下さい。応援してます。そして中川先生のご冥福をお祈りしています。

投稿: とも | 2009年10月10日 (土) 20時33分

お父さんの一郎氏の後を継ぐ形で政治家になった昭一氏。私は自宅のプランターの花に水やりをしていた彼の姿がなぜか忘れられない。己の歩んできた人生が幸せであったであろうか、とも思う。

投稿: りんご | 2009年10月11日 (日) 01時30分

上げ潮派の自分としても財政出動派の論客が鬼籍に入られてしまった事
遺憾に思います
今後の保守再建へ向け欠かす事のできない人材であったと思います
もっと色々な話も聞きたかったし機会があれば論を戦わせても見たかった

今となっては叶いませんが
せめて哀悼の意を捧と共に、ご冥福をお祈りします

石破さんも、お身体には十分気をつけられてください

投稿: 若輩 | 2009年10月11日 (日) 02時44分

中川先生は死をもって 大切なことを教えてくださいました。あの会見のことも中川先生のことも私は 知らなかったのですが 亡くなったことにより 日本のマスコミがどんなにひどいか そして 日本が国防やいろいろな面で危険かをわからせて頂きました。
正しいことを 本当のことを国民はもっと知ってほしいし マスコミの洗脳というべき 恐ろしさを今 かみしめています。保守 と いうと 国民は誤解していますが 日本を守り 誇りを持つことによって 自分自身をも信じることかできます。中川さんは 素晴らしかった。

投稿: やっこ | 2009年10月11日 (日) 04時20分

はじめましてm(_ _)m。
よろしくお願い致します。

「政治家って悲しい。」
この言葉の意味が理解出来る日本人は、少数派となってしまいした。
愛している日本人自体が劣化させられ、貶められています。
繊細な感覚をお持ちの方なら、耐えがたい状況が続いています。
しかし、いつの日か日本人が日本人である事の幸運と、であるがゆえに負うべき責任に目覚める事を信じます。
石破先生、先ずはお体大切にお願い致します。

投稿: 火事場の馬鹿力 | 2009年10月11日 (日) 07時03分

石破先生、ご苦労様でした。
私も7日から昨日まで東京に行きました。
台風えお避けて前乗り込みをしました。
お通夜の人数に驚きこれほど人々に愛されていたのかと実感しました、葬儀の間の人々の表情もしっかり見、出棺の際参列者の言葉も愛情のこもった声でした、先生もお体ご自愛されながら政策をがんばってください、お忙しいと思い声がけせずに地元に帰りました。
 兵庫 清水

投稿: 清水 紀雄 | 2009年10月11日 (日) 10時41分

大変惜しい方を亡くしてしまいました。
とても悔しく、残念におもっております。

石破先生とは方向性が違う「中川先生の保守」について、著書を紐解き勉強をさせて頂こうと考えています。

石破先生のプラモデルは「一品物」ですから、最高値がつくのも頷けますね^^

くれぐれも、お体にはお気をつけ下さいますようお願い申し上げます。


投稿: ふかかぎ | 2009年10月11日 (日) 15時47分

中川先生は、真摯で真面目な人だったのではと思います。
真面目だったからこそ、悩む面も多かったのではないでしょうか…
中川先生には、ご冥福をお祈り申上げます。

投稿: あ | 2009年10月11日 (日) 18時37分

石破先生はじめまして。いつもご活躍をテレビで拝見しております。
中川先生についての報道は、とても胸が詰まります…。こういう心温まるお話を知ると余計に悲しいですね。
石破先生もお体に気をつけて、これからもたくさんご活躍してください。
応援しています!!

投稿: あゆ | 2009年10月11日 (日) 21時30分

中川さんの世間での評価はあまり高くないですね。泥酔野郎とか言われています。テレビや新聞の報道では当時の麻生政権の支持率の低さから、それに便乗する形で(言い方は悪いですが)貶めるものでした。苦しいメディア経済だとしても視聴率や購読料のためとはいえ非人道的です。

鳩山政権に移り、一か月近くなりました。世間は万歳ムードですが、期待があまりに大きいので、上手くいかなかったときの失望感は計り知れないものです。そのときにはおそらく自民党に政権が戻るのでしょうが、石破さんが何を求め行動するのか。今後のご活躍が日本の更なる発展に繋がることを願ってやみません。

投稿: ジュン | 2009年10月12日 (月) 00時47分

中川氏のご家族の無念を思うと、お気の毒でなりません。このようなとき、特に身近である人ほど、自責的になりがちです。
先生にお願いするのも、変ですが、奥様にくれぐれも、ご自分を責められないよう、お言葉を掛けてあげていただけたらと思うのです。
そして、自民党が団結して、危機を乗り越えてほしいです。日本を守れるのは、自民党だけだ信じています。

投稿: 小市民 | 2009年10月12日 (月) 20時28分

中川昭一氏がお亡くなりになられて1週間。
時の経つ早さを痛感しております。
どうぞ、中川氏の志を継いで、自民党をそして日本を盛り上げてください。
お身体には十分お気をつけて。
健康第一ですから。

投稿: tsumu | 2009年10月12日 (月) 23時55分

政治家が亡くなって こんなに 悲しいのは 初めてです。それと 何度もあの会見の 様子を垂れ流した マスコミに 腹がたちます。どうして 民主党議員のダメダメぶりは マスコミは 流さないのですか?もう1ヶ月 以上たっているのに 鳩山さんは 海外 国内で婦人と 御食事ばかり!TVや新聞は スルーして 民主のヨイショばかり。中川先生の時も 今みたいに スルーしててくれたら 先生は まだ 生きててくれてかもしれないと 思う。

投稿: えみ | 2009年10月13日 (火) 08時23分

ブログ記事を拝見しました。

鳩山政権のトップダウンという名の独裁に恐怖を感じています。

中川さんがご健在なら、このような鳩山政権の暴走を許したでしょうか。

石破さんなら、風穴をあけてくれると信じています。

日本は社会主義国家じゃありません。

いずれは国家主権を委譲したいなんて首相が発言する国なんておかしいです。

国民の大半は真実を知りません。

石破さんなら…と信じています。

投稿: 渡辺 | 2009年10月13日 (火) 12時33分

中川さんの死は本当に悲しくなりました。同じような経歴を歩む石破さんに是非中川さんが成し遂げられなかったことを背負って頑張っていただきたいです。先日の朝日新聞に大きく掲載された記事拝見しました。政調会長として自民党をよろしくお願いします!3枚のお写真では右のお顔が好きです。

投稿: らいよん | 2009年10月13日 (火) 13時39分

中川さんが亡くなり消沈していたところに今度は江畑さん死去のニュース…
一方与党の動きは国民にメリットデメリットを説明しないまま東アジア共同体なるものをぶちあげ
いたずらに他国を刺激するのは良くないと言ってるその口で
今度は特にアメリカを刺激し対テロ戦ではインド洋での海上自衛隊の活動を何が何でもやめると
自ら孤立化を望むような私が総選挙前に予想した
「鳩山は国益を損なうような約束ばかりするに違いない」が次々現実化する状況に
暗い気持ちになっています。
今度の参院補選、結果次第ではもう一回総裁選をやるべきです。
もし敗れた場合、現体制のまま来年の参院本選挙で勝つ見込みはまずないと
私は断言しておきます。

投稿: 東北人 | 2009年10月13日 (火) 21時23分

爪の垢でも煎じて飲んどいたら良かったのに。北朝鮮と戦前の日本を同一視するような奴に、保守本流の後継者は無理だな。お前民主党に行ったらどうだ?

投稿: やまだ | 2009年10月13日 (火) 23時42分

石破さん、中川氏が死してなお、日本の現状を悲しむ姿、そして日本の未来を憂慮している姿が、私には見えます。

今の与党は、厚生労働省が地方の医師不足に対処するために創設した地域医療再生基金までをも削減し、地方自治体の財政難を助けるための地域活性化・公共投資臨時交付金すらも削減し・・・・

一般家庭で言うと、
「ガンなんかならないから、生命保険解約してしまえ」
「生活苦しいから、テレビも家具も売ってしまえ」

こういうことに等しい・・・。

一体、この国はどうなってしまうのでしょうか・・・?

今の北沢防衛大臣などは沖縄へ現地視察して初めて事の重大さに気付いたのか、前政権が補正予算に組み込んでいた基地問題に関する予算について「これだけ深刻なのであれば、補正予算を早く執行すべき」とまで言うほどです。

しかし、子ども手当に充てる財源のために、必要最低限の予算までをも、なんでもかんでもバカの一つ覚えのように削減削減・・・

私は、よっぽど上記に羅列した基金などに重点を置き、未だ国民の半数が「反対」している子ども手当に関しては、いさぎよく廃止すればいいと思っています。


石破さん、中川氏の死は、自民党の有能な方々への「警告」であると、私はとらえています。

「健康でなければ、何もできない」と。

どうか石破さん、日本中の、たくさんの国民の期待に応えるためにも、まずは毎日健康であることです。

これから冬季に入り、インフルエンザが大流行することにも備えて、日々ご自身の健康には十分配慮なさいますように。

投稿: ぺるり | 2009年10月14日 (水) 00時07分

はじめて、石破さんのもとにきました
私はいままで昭一さんに自分の夢や想いをメールで送ることで、自分のなかの意識を高めてバランスを保ってきました。
いつも読んでくださっていたと思います。
遠くに行かれて、とても寂しいです。
葬儀の最中、昭一さんの居ないこれからの日本、心の支えを失った悲しみに打たれておりました。

しかし、昭一さんは私達が悲しみに溺れることを望んでいないと思うんです。人間味が溢れるお人です。
私達が悲しんでいたら天国に行かれても心を痛めてしまうでしょう。
中川昭一さんは確かに遠くに行かれてしまいましたが、私達の胸に居て、勇気を与えてくださいますよね。
そう、マスゴミと言い放った昭一さんに続いて、人間らしく生きて、正しい道を石破さんと共に歩んでいきたいと思っています。
元気だしていきましょう

投稿: まき | 2009年10月14日 (水) 01時45分

熱病の様な、民衆の熱狂の後に来るもの、、。考えるだに恐ろしいです。

この様な時に、本当に貴重な方を失いました。中川元大臣の御冥福を心より御祈り申し上げます。


さて、八ツ場ダムの件ですが、金銭的な事と地元住民の心情的な事ばかりが、大々的に取り上げられていて、建設に至る、そもそもの理由が置き去りにされているように思われます。
まさか、あの様な大事業を、建設業者や省や政治家の利益だけの為に始める訳ではないでしょう。
台風被害軽減と渇水対策の為と言う事が、何故前面に出ないのでしょうか?下流流域の、首都圏と言う、特に人口密集地域の生活の為に、上流の方々に御理解頂いて、その為、下流自治体もお金を出しあって建設している筈。最近、ゲリラ豪雨がクローズアップされますが、渇水で延々と困っていた事を忘れてしまったのでしょうか。まさに、喉元過ぎれば何とやら。テレビでダムの貯水率が始終報道され、取水制限がひかれたり、給水車が走ったりしていた事を忘れてはなりません。給水車の事態になると、乳幼児を抱えている世帯や高齢者の世帯は非常に困ります。それではいけない。公共工事の意味は、ここにあるのではないですか?下流の住民であろうとおもわれる方が地元住民にお金を返して建設中止、などと言っているのを見ると本当にそれで良いのか問いたくなります。更に勿論、ここまで来てしまうと、地元の多くの方は、一刻も早く完成したダムと、普通の生活を取り戻したいでしょうし、何より、あの方達の気持ちに対して報いる事ができるものは、大きな台風が来た時、渇水の時などに、あなた方のお陰で、被害が軽微で、若しくは、無くて済みました、と言う感謝の言葉や気持ちではないでしょうか?

台風や渇水時の過去の対応についてや台風被害については記録があるでしょう。問題は、渇水時に住民がどれ程困るかが、数値化できない事です。喉元過ぎれば、の方も多い様ですし、暗黙智も無くなった世の中の様ですし。
難問丸投げで申し訳げざいませんが、台風、渇水に対して備えあれば憂いなし、の結論に導いて下さいます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

長々と申し訳ございませんでした。

追伸 空港問題はダム問題と分けて考えるべきだと思います。
必要なものまで、子供手当ての為に削られて、全くどうなってしまうのでしょう。

投稿: K.M. | 2009年10月14日 (水) 09時50分

今日のニュースで先生のコメントしっかり見ました。今後もどんどん、お話して頂きたいと思います。私も先生のお話を直接聞いたのは、北海道旭川です。曇り空で寒い中、いいお話聞けまして、今後も活動を期待しています。
こちらはたまにのぞいております!

鳩山内閣は国会も開かず、補正予算執行停止と言う憲法違反を犯していますよね。
自民党にがんばってもらいたいです!

投稿: 榊 房子 | 2009年10月14日 (水) 12時39分

未だに衝撃から立ち直れません。
しかし、その間にも訳のわからない政治が進んでおります、しかも内外に。
今、なんとかしなければ、中川さんの死も無駄になってしまうのではと危惧しております。
石破さん、私たちは何をすべきでしょうか。
今はやむなく、适目して見ているしかないのでしょうか。

どうか、おからだお大事にされ、日本を立て直すためお力をお貸しください。

投稿: 辻井侑子 | 2009年10月14日 (水) 21時45分

石破様、

先の旧中川財務大臣の突然の死は大変悲しいものでした。色々な事を知って行きますと体の不調もおありだったそうですが一番大きな原因はマスコミに氏の政治家生命を奪われてしまったのだと思わずにはいられません。 本当に残念の思いで一杯です。
心から中川氏のご冥福をお祈りいたします。

葬儀の日の弔問客の数2000人とも3000人とも言われ沢山の人たちから慕われていられたのが分っただけでも中川氏が生前に命をかけて国の為に闘われたのが強く伝わってきました。 亡くなられた中川氏の無念さを今後残された自民党の方々が迷う事なく信念を持ち続け石破さん他、皆様方がしっかり受け継いで行って欲しいと思います。

何だか、民主党の行動を見ていると日本の方向性が心配で溜まりません。
公約や変革に惑わされた70%程の民主党への国民支持率は何を期待しているのか不可解です(まさか子供手当てだけではない事を願っています=何人かの若者からそれを聞いたことがあります)。

今後をもっと冷静に見れるような方が増えて欲しいと願うのみです。

石破さんのプラモデルが拉致被害者への支援チャリテイで高い値段がつきましたとの事余程素晴らしい戦闘機F-86が制作できたのでしょうね…想像して居ります。
中川氏とのやり取りが文面から見えてとても自然体で、人柄があちこちから感じられています。
頑張った中川さん、本当にお疲れ様でした。

投稿: 原田 | 2009年10月15日 (木) 06時10分

政治のことはよく分からないんですが、国民のため、鳥取県民のため 頑張ってごしない!!!

投稿: 梨汁。 | 2009年10月15日 (木) 13時49分

石破先生!はじめまして。こんばんは。

民主党政権になり、不安で連日のマスコミの民主党の味方にイライラしております。携帯から先生のブログに辿り着きました。

中川先生の事は凄い悲しくて中川先生の為にも先生達を始め、私たち自民党支持者で頑張って行くしかないですね(^-^)

お節介で申し訳ないのですが自民党の先生方々、健康診断うけているでしょうか?
これから腹のたつ(こんな言い方ですみません)民主党議員に立ち向かわないと行けないので健康にくれぐれも気をつけて下さい。

自民党の先生方は、人間味のある方々ばかりですよね♪
民主党なんかに負けないで頑張って下さい!

投稿: みか@OL | 2009年10月15日 (木) 23時11分

はじめまして。石破先生のブログを拝見しております。
中川先生の死は本当にショックでした。中川先生のご活躍を見て、政治に興味を持ち始めました。そんな中川先生がこの世にいないということが未だに信じられません。

さて、民主党の首藤信彦氏をご存知でしょうか?首藤氏のブログに中川先生の死に関しての記述があります。それを読んで、憤りを感じました。
http://blog.goo.ne.jp/sutoband/e/101c102bf15058f2a15aa924ccf5d239

石破先生、これをお読みになってどうお感じになられますか?
根拠もないただの推測で「中川先生は金の問題が絡んでいるから死んだんだと」いう趣旨の発言です。公人ともあろうべき方がこのようなことを平気で自身のブログに書くこと自体信じられません。
あとこの方、軍事評論家の江畑氏の死についても言及しております。これも公人とは思えない発言です。
徹底して、首藤議員を追及していただきたく存じます。

投稿: 佐々木 | 2009年10月16日 (金) 01時49分

こんにちわ。まだまだ中川さんを失った悲しみが消えなく、悶々としております………
ところで、民主党が言っている扶養控除廃止についてですが、20歳以上(大学生を除く)で、何らかの事情で家族に扶養して貰っている人がいる家庭ってどうなっちゃうんでしょうか…?
例えば精神的な病で働けない人など。中川さんが病気であったかはわかりませんが、でも真面目で繊細で責任感が強くて自分の事より人の事を大事にし過ぎる優しい人程、精神的な病に掛かり易かったりする。そういう病から回復したい場合、大概ワーカーホリックである人が多いから、働く事は考えずに、家族の力を借りながら先ず自分の治療をして、時間を掛けて少しずつ社会復帰しましょうってのが普通だと思うのですが…。病気によっては何年も治療に要する。でも、やはり病気によっては長い治療を要しても、障害年金みたいな物は受けられない。
そういう人って知られていないだけで意外と多いのだと思いますが、そういう人達の家族は負担が増えちゃうのかな…?と真っ先にそれを考えちゃったのですが、私の調査不足で見当違いでしたらすみませんm(_ _)m子ども手当を聞き、どうも不公平な気が…。ってこれは民主党に言えって話ですかね

投稿: あおこ | 2009年10月16日 (金) 04時45分

前のコメントがまた途中で切れてしまいました。申し訳ございません。
とにかく、不安定で良くわからない民主党の政策には疑問や恐怖すら感じる様になりました。石破さん、「日本」を守って下さい。中川さんが懸念していた水に関する事などもそうですが、とにかく日本を国民を守って頂きたいです。

投稿: あおこ | 2009年10月16日 (金) 14時03分

素晴らしい弔辞、感動しつつ読みました。
中川氏の後は、石破氏しかないと思っております。
(ただ、石破氏は懐疑的な靖国参拝については、
「宗教の自由」ですので政治とは別問題だと考えます。また、日本人は、基本的に神道の信徒であります。
(日本人の心理構造は、八百万の神を認める、神道というOSの上にキリスト教や仏教と言うアプリが走っていると考えます。だから、結婚式はキリスト教、葬式は仏教で問題なしです。)

ともあれ、北海道出身の中川氏なら、
MIG-25が良かったのでは?とも思います。

石破氏、中川氏ともに、僕の思い入れの深い方なので、
乱文になって、非常に申し訳ありません。

投稿: ぴょんきち | 2009年10月17日 (土) 04時03分

中川昭一氏の想い出話をお聴かせいただき有難うございました。突然の悲報に驚き、テレビや写真を観ては涙が溢れ出ておりました。
中川昭一先生の安らかなお眠りをお祈りいたします。

石破先生、自民党の再生を祈っております。
健康第一、お体には十分お気をつけ下さいませ。

投稿: ベリー | 2009年10月18日 (日) 23時03分

うーん、私はこれだけ亡くなられて騒ぎになるくらいなら、もっと助けて上げる人がいても良かったのではないかと不思議に思います。個人的には核武装推進論についてはまったく賛同できませんでしたので、議論さえできないのはおかしい、という範疇を超えた発言については疑問を持っていました。

あとアルコール中毒についての話がまるでタブーになっているのが、逆に現在同じ症状で悩んでおられる沢山の方々の心情を思うとちょっと気持ちが悪いです。確かにあの動画を何度も流す必要はありませんが、飲んではいけない時間に飲んでしまうというのは依存の入り口です。

回復して活躍すれば、そういった方々への勇気の元にもなったと思うんですよね……国政も大事ですが、その視点を本人や周囲の方々には持って欲しかったです。

投稿: k | 2009年10月19日 (月) 08時12分

すみません、追記です。

1/72とはいえスケールモデルの中では手間のかかるエアモデルを一晩で完成させたのは、すごいなと思いました。忙しい中でやられたとしたら大変なバイタリティじゃないかと。もっとも私の氏のイメージどおりではあります。

あとF-86というチャリティで扱う問題に関連の深いセレクションにもうなりました。特に深い意図はもしかするとなかったのかも分かりませんが^^;、こちらのコメント欄の雰囲気を見ますと、このあたり指摘する人もいそうな気がしますが誰も触れていませんので書いてみました。

投稿: k | 2009年10月19日 (月) 08時24分

> あとアルコール中毒についての話がまるでタブーになっているのが、逆に現在同じ症状で悩んでおられる沢山の方々の心情を思うとちょっと気持ちが悪いです。確かにあの動画を何度も流す必要はありませんが、飲んではいけない時間に飲んでしまうというのは依存の入り口です。


 確かに中川先生の朦朧会見は問題だったと思いますが、その原因が「酒」なのか、「薬」なのかは議論があって、結論が出ているわけではありません。ネットで「中川 酒 陰謀」と検索すれば、色々な説が出てきます(判断は、各自にお任せします)。

 石破・元鳥取県知事がご存命でしたら、『ゲル、お前は、中川が会見前にワインをガブ飲みしているところを見たのか?会見時の中川の呼気を、直接臭ったことがあるのか?』と問われたでしょう。そして『中川がワインはゴックンしていない、というからには、酒に飲まれたわけではないのだ。いいか、人を信じるというのはそういうことだ。』と諭されたことでしょう。

 ブログには明記されていませんが、これがゲル会長の基本的な立場だと、私は思います。


中川先生のご冥福をお祈りします。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年10月19日 (月) 17時29分

中川昭一さんはなぜ亡くなられたのでしょうか。
先日、外国籍らしい日本語の上手な日本人に見える方に、「日本はダメな国だから無くさせられる」と嘲笑うように言われました。
日本がダメな国?どうしてですか?と聞き返し、優秀だから妬んでいるのじゃないか?と更に言うと、そうだな、と認めていました。一番がいて、二番がいる。二番手は一番が嫉ましくて仕方ない。しかし一番手が突然いなくなると非常に虚無感に襲われ、有意義に時間を使わず、嫉妬に時間を費やし、ライバルをやっつけることのみに時間を精神を集中させていたことが、馬鹿げていると思うのではないかと言いました。

日本嫌いな諸外国の人は、アメリカや中国の人々でしょうか。日本人と比較するのをやめたらいいと思う。それぞれの国にそれぞれの人種が住み、それぞれの肌の色をもち、それぞれの暮らしがある。
誰が優れているとか、いないとか比較ばかりすることになんの意味があるでしょうか?
下に見られていると思う心が病んでいる。
優秀かどうかはさほど重要なことじゃなく、大切なのは幸せかどうかだ。
人は、つい数百年前まで、電気も抗生物質もなく、餓えや病気に襲われていた。ようやく人々がみな豊かな暮らしが送れる文明を手に入れた。なのになぜ大量殺戮なのか。日本人は賢いから必ず邪魔をするから、先に潰しておくそうだ。

自分の過ちを認めるべきだ。それでなければ、そちらこそ、知性の欠片もない強欲で弱肉強食の獣だろう。
石破さんは日本はなくなるとお考えですか?

投稿: すみれ | 2009年12月 5日 (土) 06時30分

石破様
はじめてメールします。
私は政治に関することはよくわかりませんが、今の民主党政権には良い印象は持っておりません。党内で話し合ってもまとまらないし、「政府から提案していこう」といって他所と話をしないで案件を決めてしまうことさえあるからです。
民主党(の、トップのほうにいる方たち)は自分たちのやりたいことをやるために動いているように思います。それが国民に求められているのかどうかは考えてもいないと思います。自民党は国益や国民のことを考えてくれていたと思っています。そういう愛国心のある政党だと思っています。
民主党政権が4年も続いたらその間に日本がなくなってしまうと思います。早く石破様には自民党を与党に戻してほしいと思います。そのために私も自民党と石破様を応援します。

投稿: よしこ | 2009年12月 6日 (日) 00時17分

ゲル閣下手作りのプラモ…私も欲しいです。
閣下、必ず総裁となり自民党・保守を再生してください。総理大臣として日本を治めてください。
マスゴミに制裁を中川氏の仇をとってください。お願いしますm(_ _)m

投稿: なりなり | 2009年12月17日 (木) 18時39分

中川昭一先生が亡くなられた日、
とてつもない喪失感に襲われ、熱が出ましたu_u。)

本当に
日本にはなくてはならない政治家であったといまさらながら思います。

日本の未来が心配で心配で
そんな事ばかり考えてしまいます。

どこにでもいる、
フツウの主婦の私が、です。

石破先生には、是非
民主党の手によってこれから解体に向かってゆくであろう日本を
守っていただきたいです。

投稿: カティ | 2009年12月19日 (土) 17時45分

どうか、韓国政党民主党による、日本併合から国を守ってください!

私達国民も目を覚まさなければいけません。

中川先生が素晴しい政治家であられたこと、今になって知りました。

マスコミのイメージ操作は酷すぎます。。。
まともに報道してくれるTV番組は無いのでしょうか・・・

投稿: yumi | 2010年4月26日 (月) 18時51分

今更この記事にコメントできるのかわかりませんが、中川さんがいなくなってから虚無感が続いてます。政治家としても人間としても不器用で糞真面目な中川さんを尊敬してました。こんな最期を遂げてしまうくらいなら、政治家になんてならないでほしかったと思ってしまうくらいですが、違いますよね。あんなにも日本を思って、たくさんの人を啓蒙してきた中川さんは、誰よりも立派な政治家だったと思います。そんな人と同じ時代に生まれて私も幸せに感じます。一郎さんに続いて昭一さんまでもこういう風に亡くなられて、国に命を賭すということがいかに大変なことかわかりました。石破さんもお身体だけには十分気をつけてください。応援してます。

投稿: 無名 | 2010年5月10日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/46438616

この記事へのトラックバック一覧です: 中川昭一先生の想い出:

« 八ッ場ダム視察 | トップページ | 新・政調、江畑先生 »