« 民主党政権の本質 | トップページ | 鳩山総理の政治資金 »

2009年12月22日 (火)

お手紙ありがとうございます

 石破 茂 です。 

 多くの方々から、お心のこもったクリスマスカードやお手紙を頂き誠にありがとうございます。一つずつお返事を書きたいのですが、その時間を作る能力が足りませんため、お気持ちに応えることができず本当に申し訳ありません。どうかご寛容ください。

 憲法も理解せず(一知半解も甚だしい)、天皇陛下に対する畏敬の念も持たず(私にはとても理解しがたい)、己の立場もわきまえない総理や民主党幹事長の発言は絶対に看過できません。
 ただ、事柄が陛下に関することであるだけに、御心をお煩わせすることがあってはならないとの気持ちも強く、私の発言がどうしても一歩退いたようになってしまっているような気もして、かなり悩んではおります。
 民主党の心無い人たちは(全部がそうだとは言いません。渡辺周総務副大臣のように見識と勇気のある人は民主党の中にも確かにいると思いますが、ほとんどの人たちは沈黙を守ったままなのがとても残念です)、「自民党こそ、この問題を大きくして陛下を政治利用しようとしている」などと言い出しかねません。本当は、与野党共に考えなくてはならない大問題なのです。

 中でも羽毛田長官に対する小沢氏の罵詈雑言はもっての他と言わねばなりません。陛下の最もお近くに仕える人が、何故あそこまで言わねばならなかったのか、そのことに思いを致さなければなりません。「ナントカいう役人が・・・」という尊大かつ傲岸不遜な態度は、政治家というより人間としての資質を疑わざるを得ません。
 田原総一朗氏は日曜のテレビで「小沢氏は全部計算の上で言っている」と述べていましたが、そうであれば尚更許されざる振る舞いだと断じます。

 田村耕太郎参院議員の離党については、特にコメントはありません。読売新聞には「特に引き止める努力をしなかった石破政調会長の指導力も問われる」と書いてありましたが、引き止められたから離党を思いとどまるような議員であれば、それはもともと大した人ではありません(これは私が「冷たい」と言われる所以でもありますが)。
 私自身、自民党離党・新進党離党の経験を持っていますが、幾日も幾晩も悩みに悩みぬいた上での決断でした。私の場合、離党理由は単純で、自民党の時は「公約で掲げた小選挙区の導入に反対し、立党の原点である憲法改正までも棚上げする自民党にはいられない」新進党の時は「集団的自衛権を認めず、消費税アップにも反対する公約を掲げた新進党公認で選挙はできない」というものでした。党内であらゆる機会に自説を述べ、徹底的に議論を戦わせた上でのことでしたから、自分なりに納得もしていました。
 判断は有権者が行うのであり、自らの心にやましいところがなければそれでいい、と思っておりました。ですから、田村議員もきっと悩んだのだろうし、最終的には(どこの選挙区かは知りませんが)有権者が判断を下すのだから、論評すること自体意味はないと思うのです。
 人の道に反したことをすれば、いつかは必ずその報いが来る。それだけは確かです。田村議員がそうであるかどうか、それは時が証明することになるでしょう。八年ほども同じ自由民主党でやってきた人に対して、非難めいたことは言いたくないのです。

 民主党内閣の支持率も急降下していますが、これはある程度当然のことであり驚くに値しません。問題は自民党の支持率が一向に上がらないことにこそあるのであり、その責任を痛感しています。
 党の体質はちっとも変わっていないではないか、多くの人がそう思っておられるのでしょうね。自分の至らなさを反省するばかりです。

|

« 民主党政権の本質 | トップページ | 鳩山総理の政治資金 »

コメント

大阪の西村です
自民党に石破茂あり 日本国に石破茂という政治家がいる
私はそれがアメリカ及び中国 また韓国 そして北朝鮮に声を大にして言いたいと思います
私は石破茂という政治家に惚れ込んでおります 不遜ながら兄貴のような親しみも持っております
其は石破茂が感動を与えれる政治家だからです 自民党の支持率が上がらない
野党党首として谷垣総裁は申し訳ありませんが公家集団の域をでません
二階代議士ならびに鳩山邦夫代議士などに対する甘さなど
また参議院元幹事長の四選候補決定など 何故人心一新できないのか 理解できません 今回小沢幹事長のもとに 野中元幹事長が陳情にいきました 自民党議員の一議席よりも農家全体の利益をと 直談判に行く姿は逆に清々しい感じを私はもちました
谷垣総裁は故郷地域対話をされてますが実際に小沢や鳩山に対談を申し込み テレビ討論などに積極的に働きかけるべきです 茂木報道局長に伝えてください
しかしながら石破先生 明後日はX'masイブです 心労はお察し致します でも我々石破応援団はずっと先生を信頼申し上げております まずは二三日 温泉地にでも行ってリフレッシュしてください 大事な大事なお身体です
どうかご自愛為さってください

投稿: 西村宏之 | 2009年12月22日 (火) 16時25分

昔の佐藤栄作総理、確か最後の記者会見の時記者諸氏との感情論から全記者が会見会場から出て行きましたが、小沢幹事長のテレビの入った記者会見の時、全記者は無理としても何社かの記者が「貴方の我々記者に対する態度にはもう我慢できないとか云って」退場する記者が出て世間に訴える日が近じか起きる事を切望しています。見ていてあの記者に対する態度に憤りを覚えます。

投稿: twyok | 2009年12月22日 (火) 16時44分

石破様

日々の政務お疲れ様です。

本日代休でしたので、ネットニュースをいろいろ検索しておりましたら、クリントン国務長官が駐米大使を呼びだして、「普天間移設に関する米側スタンスは不変である」とくぎを刺したとの記事を目にいたしました。

鳩山総理のオバマ大統領への泥を塗る日本人として不快に感じる発言、COP15の晩さん会でのクリントン長官への説明で理解してもらったとの独りよがり?の理解など、およそ常識人では考えられないことばかりしでかす総理を一日も早く引きずりおろしてほしいと思います。

現在の民主党は小沢幹事長の独裁体制のもと、反米・媚中志向の政策を遂行しているようですが、良識ある国民さらには民主党議員の中にも現状を憂いている方は数多くいるはずです。自民党の枠にとらわれず、救国政権を目指してください。

残念ながら、自民党の中にも民主党に劣らず媚中派の議員が数多くいらっしゃるため、現状では100%自民党支持できません。

まず自民党を媚中でなく、米・豪・欧州やASEANなどの民主主義諸国と連携し日本並びに世界の平和・安全・発展を目指す信念を持った有志の議員中心の政党に変革し、さらに民主党議員で石破議員と志を同じくする方々、みんなの党などと組んで一日も早く日本を立ち直らせていただきたいと思っております。

日本の一部マスコミには、「アメリカの一般国民は普天間に無関心だから、移転先送りしても大丈夫」という論調がありますが、私の友人のように、高学歴かつ世界情勢に大いに関心のあるアメリカ人は頻繁に、「日本は大丈夫?」とか「日本は日米同盟を破棄して中国と組むのか」など頻繁に質問してくるアメリカ人は想像以上に多いです。

中国はアメリカにとっては貿易などで重要だが、政治体制や国民性、貿易その他の関係で、アジアでは日本が最重要国という認識を持って接してくれる彼らを裏切ることは信義にもとる行為です。

どうか一日も早く党を改革して、日本を救ってください。お願いします。
今後のご活躍を祈念いたします。

寒さ厳しき折、お体御慈愛ください。


投稿: 現実主義者 | 2009年12月22日 (火) 17時14分

石破さんに国のトップを努めて欲しいです。周りを動かす人はもうあなたぐらいしかいません。

投稿: KAKERU | 2009年12月22日 (火) 18時41分

「自民党の体質が変わっていない」だけでなく、「変えようという熱意すら伝わってこない」というのが、自民党支持率が回復しない大きな原因ではないでしょうか。
自民党は民主党と違って、内部からの党批判がよく聞こえてきます(党内が自由な雰囲気なのでしょう)。そのため、「党を変えようとする若手・中堅議員」vs「権力にしがみつき相変わらず国民軽視の老齢議員」、そして「古株を無下にできず改革が進められない指導力不足の執行部」という、いかにもマスコミが好きそうな構図で報道されがちです。そこにコメンテーターの「自民党は相変わらずですね」という一言が後押しして、いまの支持率があると思います。

正直、衆院選大敗から3ヶ月以上経つのに、何も思い切ったことができていない自民党にイライラします。民主党の政策への懸念は伝わってくるのですが、自民党を再生しなければという危機感が感じられないのです。
若手・中堅議員や地方議員の方々はもっと歯痒い思いをされているのではないでしょうか。こういった不満が爆発して党がバラバラになる前に、執行部の方々には強いリーダーシップを発揮していただきたいです。

また、70歳定年制は絶対に守るべきだと考えます。次の参院選で山崎拓氏をはじめとする古参議員が再出馬するようでは、国民に「結局自民党は何も変われなかった」と自ら証明するようなものだと思います。

投稿: pon | 2009年12月22日 (火) 18時43分

石破先生
お返事いただけて感激です。
なぜ私の周りはみんなこの国の大事に無関心なのか…分かりました。
私の周りはテレビの情報だけを鵜呑みにしています。その情報が誰かの意図で操作されたものだとは思わないみたいです。そして誰かが何とかしてくれる、と思いこんでいます。安直だと思います。
たとえこの先何があろうと、一国民としての義務を怠った私たち自身の責任かもしれませんが、この国のために尽力を尽くしてくださっている方々や、子々孫々に申し訳なく思います。

投稿: マユミ | 2009年12月22日 (火) 20時12分

12月22日付の石破議員の文章のコメントに同感です。ひとつひとつに感銘しました。今回の二名の離党に関しては、何か、きな臭いものを感じます。言われているように、それは、時間が経過すればはっきりするでしょう。飽くまで素人の見解ですが、もし民主党が参議院で過半数を確保すれば、ためらうことなく、連立を解消するだろうと思います。それが、小沢流だと思います。その時、社民党や国民新党はどう対応するのか、いま、そういうことへの危惧はないのか。
 鳩山内閣は長くはないだろうと、ワイドショウなどで話題になっていますが、それが即、自民党の復活に繋がるわけではありません。そこが口惜しいところです。民主党を批判するのと同時に、民主党とは違う政策を、鮮明に、且、鮮烈に示して欲しいものです。民主党に騙された、とテレビのインタビューに答える有権者が増えてます。チャンスです。

投稿: 大倉克敏 | 2009年12月22日 (火) 20時51分

石破先生こんばんは。

サンディープロジェクト見ました。
先生が、いくら正論言われても、山本モナと路上キスしたあの民主党議員のへ理屈で、うまくかわされて、正直言って先生のほうが少し不利になったような感じがしました。
というよりも討論のとき、どうしても後で発言したほうがインパクトがあり有利になるようですね。

小沢の発言、今でも腹立たしく、天皇陛下に対する本心が分かった気がします。
陛下がこの放送を見て、いかに心を痛められたか、ご心中を察すると、涙が出てきます。

でも一番不安になるのは、普天間基地問題です。nhkの日曜討論で普天間基地問題について、東大教授などその道エキスパート4人で討論がありました。
一人を除いて、3人は先生と同じ考えでした。日米同盟の危機的状況、中国や北朝鮮の脅威、聞いていて恐ろしくなりました。
よく勉強もしていない有識者が「政権が代わったから、日米同盟が変わるの当然だ」といい加減なことを言っています。
そんな意見に振り回されないで、こういう番組を平和ボケの日本国民は、見てほしいものです。

鳩山総理は、今頃になって「常駐なき安保」の考えを封印すると言っています。
気づくのが遅すぎるし、総理の公約が沖縄県民を期待させ、日本国中を震撼させています。ウイグル族の悲劇は、将来の日本を見てるようで、本当に不安になります。

いくら民主党の支持率が下がっても、一緒に自民党支持率が下がったら、何にもならないです。
先生がいくら頑張っても、昨日見たたけしのテレビタックルの自民党議員は、みな大人しく、迫力がありませんでした。
こういうう時だからこそ、自民党は頑張ってほしいです。
応援しています。

投稿: 万葉 | 2009年12月22日 (火) 21時20分

私の周りでは、「社民党や国民新党に振り回されて、思い通りの政策ができない民主党は可哀相」と同情が集まっている状態です。本当はそのような連立を組んだ民主党にこそ責任があるのですが、社民党と国民新党が、民主党の弾除けになっているように感じます。
鳩山内閣の失政が、民主党の失点に繋がっていないため、自民党の政党支持率が上昇してこないのではないでしょうか。

それに加えて、残念ですが自民党の存在感が非常に薄いのも否めません。聞こえてくるのは巨額赤字や議員の離党、党内からの不満噴出などネガティブな話題ばかりで、自民党は崩壊寸前なのではないかと正直大変心配しています。
党一丸となって、「政治主導」を隠れ蓑にした民主党の横暴さをもっともっと強く批判し『世論を巻き込んだ』反民主の流れを作っていただきたいです。そのためにも、とにかく一日も早い自民党の再起を待ち望んでおります。

正論も、有権者の耳に届いて初めて意味を持ちます。残念ながら、今はまだネットの影響力はテレビに敵いません。この点、民主党はメディアを非常に上手く使い、野党でありながら効率良く世論を誘導していったと思います。
「どうすればメディアに露出できるか」「どうすれば有権者に、自民党が変わったことを印象付けられるか」といった点が、参院選に向けての大きなテーマではないでしょうか。

民主党独裁の基盤が固まってしまうと、もう政権奪回ができなくなる恐れがあります。次の参院選が、最初で最後のチャンスかもしれません。

投稿: mono | 2009年12月22日 (火) 22時05分

普天間移設先については民主の迷走が続き、後世に取り返しのつかない不利益を残す懸念があります。そこで石破大臣。移設先として美保(米子空港)という選択肢はゼロでしょうか?先般悲願の2500m運用が開始されたものの、その民間利用は不透明というよりは期待値ゼロに等しく、宝の持ち腐れとはこのことを指すと言ってもいいでしょう。石破大臣もご存じのとおり、この山陰地方は人口の減少、雇用の減少、低い所得水準、整備の遅れたインフラ、と若者が定住したいという希望が無くなりつつある土地です。すでに無くなってしまったと言ってもよいと感じます。米軍の誘致は県民の多くが賛同してくれることと思います。地政学的にも半島に睨みをきかせる絶好のポジションにあることは言うに及びません。ぜひ山陰を活気づけてもらいたいものです。

投稿: 山陰を憂う者 | 2009年12月22日 (火) 23時04分

石破先生以外にも、現実的かつ説得力を持って語られる自民党議員が多数おられたらいいんですけどね。
残念ながら、自民党は頑張ってる方も大勢おられるのでしょうが、やはり旧体制といいますか寝ぼけている方も大勢いらっしゃると思います。
総裁・党三役の権限でもって、全議員にメディア露出を課すとか、何らかのショック療法が必要なのではないかなと・・・
全員野球ということで谷垣総裁は当選したのですし、全国区・ローカル放送を問わずテレビ・ラジオに出演させていきましょう。
あと、テレビでは討論相手ではなく、カメラ目線で持って視聴者(有権者)に語りかけるような演出も有効かもですよ ^^;

御多忙の中、お体だけはくれぐれも御自愛ください。

投稿: 農家マン | 2009年12月22日 (火) 23時17分

民主党内閣になってから北方領土について報道されることが多いようです。
「今世紀中の解決を目指す…」「外国による不法占拠…」などはもっともだと思いますが、我が国が抱える領土問題の対象は、そこだけではないはずです。
なぜ竹島については何も発言しないのか?
民主党の考えも、それを問わない野党の姿勢も疑問です。

投稿: シャドウ | 2009年12月22日 (火) 23時54分

こんばんは。

>「自民党こそ、この問題を大きくして陛下を政治利用しようとしている」

そういう時こそ、鳩山首相お得意の
「あなた方には言われたくありません」
でしたっけ、それをそのままお返しして差し上げてはどうでしょう?(笑)
・・・なんてことを思ってみたものの、あの件では谷垣総裁に言われて鳩山首相が謝罪したんでしたね。だったら使えないか。
何かいい知恵が浮かんだらまたメールでもさせていただきます。

ホント、天皇陛下にまつわる問題はデリケートですよね。
でも「駄目なこと(陛下のご尊厳を損なうようなこと)は駄目」と主張するのは大切なことですし、陛下もわかって下さると思いますよ。マスコミに悪用されないようにってことだけお気をつけになれば。

民主党保守派議員の沈黙、確かに気になります。地方議員には何人か発言されている方がおられますが、国会議員はほとんど沈黙状態ですよね。
逆に今回のことが「彼らが本当の保守なのか、或いは『保守寄せパンダ』なのか」の踏み絵になるのかも(なんてことを言うとまたまた陛下に対して申し訳ないですが)

ちなみに私もクリスマスカードを送らせていただきましたが、先生に喜んでいただけたのならそれで充分ですよhappy01

投稿: 観音寺 | 2009年12月23日 (水) 00時05分

石破様

 日々の政務、マスコミ出演お疲れ様です。
民主党による検証の無い政策により、日本が泥沼に陥ろうとしていることを強く懸念している1選挙民であります。

 どうか一日も早く自民党を立て直し、政権に返り咲いてください。
 石破議員の主張に賛同する選挙民の数はじわじわ増えていると思います。

 ただ、こういったことを言っては申し訳ないとは思いますが、自民党の中にも民主党・社民党に劣らない亡国議員が少なからず存在すると思い、100%支持には至っておりません。亡国議員を排除し、米国をはじめとする民主主義国家と今まで以上に連帯し、日本だけでなく世界の平和・安定・繁栄を追及する政党にぜひ生まれ変わらせてください。

事態によっては、自民党内の石破議員の同志だけでなく民主党内の良識派やみんなの党と組んでも、民主党を打倒してください。

クリントン国務長官が駐米大使を呼びだすなど前代未聞の行動を取り始めたということは、日本に踏み絵を迫る第一歩と思いました。

石破議員の行動が実り、国民から信頼される政党・政府実現に結びつくことを強く祈念しております。

寒さ厳しき折、お体くれぐれも御慈愛ください。

 
 

投稿: 現実主義者 | 2009年12月23日 (水) 00時22分

今年も年末に近くなりました。大変お忙しくなさっているようで、体調が心配です。お正月くらいはどうかゆっくり過ごされますように。

投稿: ゲゲゲの京 | 2009年12月23日 (水) 00時29分

政治に素人の私にもわかりやすいお話。毎回テレビで拝見することを楽しみにしております。
ずっと自民党を応援しているコテコテの保守です。
最近の民主党のやりたい放題。我慢なりません。何でもかんでも「民意」、「国民の思いを受け取っている」などという言葉で自分たちに都合のよい解釈をしています。
ばらまき以外の何物でもない子供手当て、堂々たる公約違反の暫定税率廃止撤廃など愚策ばかりです。
前の細川政権でも国民は小沢さんに煮え湯を飲まされたのに何で同じ失敗をまたするのかと呆れています。
小泉さんは3年とかゆったりしたことを言っていましたが、そんなに待てません。早く自民党復活してください。参院選応援しています。
連日お忙しいとのこと無理なさりませんように。

投稿: アンブレラ | 2009年12月23日 (水) 01時12分

お忙しい中、更新をありがとうございます。

アメリカ国防総省のホームページの動画に、小沢氏の写真が、大量破壊兵器などと一緒にのっています。
2分くらいで出てきます。(以前はビン・ラディン氏の写真とさし変わったようです)
小沢氏が、テロリスト認定されたのかどうかはわかりませんが、かなりショックです。
http://www.dia.mil/video.html

日本はテロ国家とされてしまうのでしょうか。
今の民主党政権は本当に不安です。
やはり日本の国是をきちっと示す、真の保守政党が必要だと思います。党を超えて、或は新党を立ち上げてでも、日本を救っていただきたいと思います。
本当に危機感を感じます。

投稿: やっち | 2009年12月23日 (水) 01時12分

こんばんは。
私は普通の主婦です。
その立場から言わせて貰うと
小沢さんは本当に失礼で怒りでテレビの前で手が震えてしまいました。
そしてあの会見での傲慢な態度に本当にはらわたが煮えくり返るような思いでした。
その後も反省の色もなく自民党に責任転嫁したり、羽毛田長官を罵倒したりと・・。
下品で顔を見るのも嫌なくらい大嫌いになってしまいました。
自民党にはこの件については徹底的に追求して天皇陛下への謝罪と政治利用と言う観点から国民への謝罪を促して欲しいです。
このままなかったことにするのではなく責任だけは取らせてください。
民主党は「自民党が政治問題にしている」と言いますがそれは全く問題のすり替えだと思います。民主党が政治利用について反省もしていない態度こそが問題であり、国民の心の中にわだかまりがあるということです。あと、できたら韓国ソウル大での公演で小沢氏が「日本人は民度が低い」ような発言をしましたがこれらのことも追求してもらえるとありがたいです。どういう真意で言ったのが凄く気になります・・。

投稿: 花 | 2009年12月23日 (水) 02時04分

石破先生 お疲れ様です
体調にだけは気をつけてくださいね

さて党の体質が変わっていないと思っているのはかなり多くの方が思われていると思います。ただし石破先生は変えようとしている姿が本当に見えます

しかしながら、自民党全体として本当に変えようとしている姿は見えません

田村議員のブログは紹介されて見ていたのですが、選挙に対してかなり前からいろいろな提案をされていたようです。しかし、執行部が耳を貸さない…自分の選挙は自分で勝ち抜けという言葉があったそうで…それはもちろんそうですが党全体一致でやると総裁になった谷垣さんなのに、党が動かない…はっきりいえば言動不一致です
党全体で何故衆院選に負けたかという総括もできておらず、もちろん石破先生のようにちゃんと考えている方も見えますが、基本的に国民のほうを向いていないんですね

だから何が国民が本当に求めるものなのかを聞くこと、そしてそれを実現するためにはどうしたらいいかという話が出てきてないんです。民主党の行動は穴だらけなので対案出すことはいいことではあるんですが
自民党はこれだというものがいまいち見えない

保守と言われてもなんかピンとこないのです。自民党政権の時代から石破さんのいうことは非常に分かりやすかった。当時自民党にいい思いを持っていなかったんですが石破先生は本当に頭のいい人だと思ったことがあります

そしてもう一つ野党なのに守ってるんですよ…二階氏献金、鳩山氏献金など民主党も同じ問題を抱えているのにもかかわらず、相手を責めるときは威勢よく、しかし自分のほうを言われると言葉を濁す…

与党ならともかく本気で政権取り返すあるんですかと言いたい・・・

石破さんは立場によって意見が変わらない信念がありますが、同じことを他の方がしてるかと言ったらその姿が全く見えないんですね

加えて、限られた方しかメディアに出てない、バラエティでもいいんでもっといろんな方が、ベテランも含めてもっと露出するべきだと思うのです

こう何か、親近感というか、真の国民目線が見えないのです

石破さんは、かつてワイドショーで周りがすべて自民批判の中で、完全に論破していった経験がありますよね…

石破さんは本当にすごく活動していますがほかの方は、存在感がないのです

国会討論だと圧倒的に存在感があるんですけどね…

私今の自民党の総裁を含め全役員をもう一度決め直すことが必要なのではないかと思うんですよ

それも完全な国民目線で

20人の推薦人が集められないなら総裁選に出る資格がないと言いきった人がいますが
それが本当に国民目線なのでしょうか

派閥はあってもいいんですが、内部議論するという意味であって、権力という意味ならはっきりいって足かせにしかなりません

いっそのこと石破先生を始めちゃんと分かっている人で新党をつくたほうがましなんじゃないかとすら思っています

執行部・役員全員党員選挙で決め直す

そのくらいまで改革しないと変わったと思わせられないでしょう当然20人の推薦人なんて完全撤廃です

もっと死ぬ気でやってほしいと思います
石破先生は覚悟も見えるし、信念もあると思うんですがね

後現在民主の無茶なやり方見てると
支持率より経済対策をとった麻生さんはもっと評価されるべきかと

あの人もまた信念を持ち立場で考えが変わらない人です。むしろ誇りに思ってほしいと思います

最後にたかが人間ですできることなんてそんないっぱいありゃしませんよ

投稿: ちぇりぃ | 2009年12月23日 (水) 03時18分

政府は、行政の不正情報を集める「ハトミミ」に有益な情報を提供した通告者に対し、金品を提供する方針を固めたそうです。
堂々と密告制度を創設する民主党の神経を疑わずにはいられません。ものすごい勢いで日本が壊されていくようで、本当に怖いです。
一日も早い自民党の復活を、心から願っております。

投稿: mos | 2009年12月23日 (水) 03時45分

「自民党の古い体質」という言葉はマスコミ等を通してよく聞きますし、そういう便利な表現を与えられると、なんだかわかったような気になってしまいます。
ですが、それでは具体的にその「体質」とは何かと訊かれると、今のところこれだという定義は確立していないように思います。
ある人はお金のことをいうでしょうし、また別な人は党内の人間関係を指していっているのかもしれません。ちなみに私自身は、時に総理総裁を密室で決めてしまったり、また選挙のために必ずしも政策的融合が望めない勢力(党の内外を問わず)とも手を組んでしまうといった、これは最大級の蔑辞だと思うのですが、「政治屋」的な面をイメージでこの言葉を理解しております。

しかし、お金のことにしろ馴れ合い的な関係にしろ、また選挙第一の姿勢にしろ、なにも自民党にかぎったことではないわけで、むしろ今は上のような傾向においては、民主党のほうが目立っています。
それが「自民党の体質」と呼ばれるのは、要するに自民党が長い間政権与党の座にいたからで、しかも今は状況が状況ですから、政治に対する負のイメージのすべてを、自民党が負わされる恰好になっているのだと思います。

だからといって何も自民党が悪くないとか、可哀相とか思っているわけではありません。
自民党だけの問題でなくとも、問題は問題です。みんなで赤信号を渡ったからといって、一人ひとりの罪が減殺されるわけのものでもないでしょう。

どうせみんながやっていることかもしれません。しかしだからこそ、自民党には改めていただきたいのです。泥池に蓮の花が咲けば目立ちます。多少パフォーマンスじみていても、内容において正義であれば、恥じる必要はないと思います。

自民党には、民主党とちがって実務能力があります。それはほとんどの人が知っているでしょうし、わからない人は、多分例の「事業仕分け」だとか、ああいうアピールを好むタイプなのだと思います。
「仕事はできるけど素行は悪い」と思っている人、「とにかくすべてが悪い」と思っている人、両者を納得させるには、「品行方正」さをアピールするのが早道ではないでしょうか。
今の自民党は政策についてはそれなりにアピールできていると思いますが、どうもまだ、「デキるけどいやなやつ」から抜け出し切れていないように見受けられます(それが事実かどうかということではありません。あくまでイメージです)。

幸い谷垣総裁はクリーンなイメージですし、できればまわりをもっと「浄化」して、その強みを全面に押し出してくだされば、と思うのです。

長々と生意気なことを申し述べました。
私のごく個人的な意見としましては、「きれいな無能より汚い有能」です(べつに自民党が汚いとまでは思いませんが)。
が、今この国の政権は「汚い無能」に握られてしまっています。なんとかこのどうしようもない集団から政権を奪還するために、自民党にはもう少し戦略的に動いていただけたら・・・そう願うあまりのことと、失礼をおゆるしください。

投稿: とよ | 2009年12月23日 (水) 04時51分

お疲れのところ、ブログの更新と、多くのコメントに目を通す為のお時間を造って下さり、いつも感謝致しております。
人は自分の至らなさを悩むあいだは、間違いを犯しにくいのではないでしょうか?反省するという謙虚な気持ちが無ければ、何処かの政党の権力者のように、天下を取れば何でも許されると勘違いをして、大恥を掻くことになるのでしょう。唯、『恥の概念』が無いならば、恥とも思わないのでしょうが・・・。そのような政党を相手に党の立て直しを担われたのですから、御心労は、想像を遥かに超えることでしょう。離党される議員の方も、今は感情的になるやもしれませんが、時がきっと、解決してくれることと、私は考えています。どうぞ、御身お大切に。来年は、『良識と品格ある日本』の再生への第一幕が上がる序曲が流れますように。と、ささやかながら応援致します。有難うございました。

投稿: one michaelmas daisy | 2009年12月23日 (水) 06時06分

今朝の産経新聞にも『追従する人間しか周りにいなくなった彼には
「裸の王様」の称号を贈りたい。』とのコメントがありましたね。
そんな状況の民主党に対し、かつての社会党のようにただただ反対するだけの
野党ではなく、国民が頷けるそんな反論をしていかないと本当の意味での
自民党の再建なんて夢のまた夢です。
その過程にあって人の集合離散は致し方ありませんし、
それが当人の政治姿勢であるならば尚更です。
今は自民党にとって自らを見直すための臥薪嘗胆の時期です。
きちんと持論を展開していけば必ずやその想いは通じるはずです。
冬将軍到来といった感があるこの頃ですが、ご自愛ください。

投稿: 松木 正夫 | 2009年12月23日 (水) 11時04分

だから、もう自民党やめましょうってば…

(ノ_-。)

この後に及んでまだ老人会で中央固めてるんじ

ゃ、何世紀たっても支持率なんかあがりゃーし

ませんよ。

小泉さんちの次男さんとか、見てくれのいいの

さえ集めれば選挙は勝てますから。中身なんか

国民が気にしていないの、今回の民主党圧勝で

いいかげんわかってくれましたかねぇ?

美男美女1割いればガッチリ政権取れますよ。

(民主党には美男美女はいないけど、それが

 美男美女に見える人々がいるのがフシギ。

 日本国民ってちょろいですねぇ。)

反省すべきは国民の質の異様さに自民党の皆様

がついて行けてないトコロでしょうね。

国民を色眼鏡で見てはいけません。よぉく見て

ください。ほらっ!なにやら豚のようなものが

見えてきたでしょう?日教組の檻の中で育った

国産豚の群れが…


投稿: ふぁんくらぶ一号 | 2009年12月23日 (水) 11時40分

鳩山はただの凡庸な男だった。抱負経綸も国家百年の大計も語らず、空気が読めず、その上優柔不断。社民党と仲良しで、亀井や小沢にびくびく、逆に米国に対しては尊大でトンチンカンで…もう、語るのが虚しい。
石破さん、あなたには“青雲の志”を感じます。いよいよ出番です。強い意志で、日本国家の背骨をビシッと矯正してください。強い日本人を作る教育政策を推進してください。歴史に名が残る総理大臣になってください。是非!

投稿: 本郷滋 | 2009年12月23日 (水) 12時05分

先日、私の職場の同僚がこんな事を言っていました。「俺、あんまり働かなくても生活できる方法思いついた。子供いっぱい作ればいいんだ。」実に腹立たしい話ですが、彼の言った事に、私は異論ありません。今年は薬物中毒で大騒ぎの年でしたが、子供手当も、ある意味中毒性があると思うのです。一度もらってしまうと、もらい続けなくてはいられなくなる。今はまだ、子供手当に反対の人も多いと思いますが、支給が開始されてしまうと、もう後戻り出来なくなってしまうと思うのです。石破先生は、子供手当についてどうお考えですか。もし反対であれば、もっと発言なさって下さい。子供手当が格差社会を大幅に広げる制度だということを国民に気付かせるべきです。私は、その方が突破口が開けて、支持率も上がると思います。

投稿: 子供手当 | 2009年12月23日 (水) 12時14分

石破先生、おはようございますsun
激務の中、ブログをこまめに更新してくださってありがとうございます!
テレビなどで石破先生の勇姿を拝見するたびに、ぎゅって抱きしめたくなります(きゃー言っちゃったheart01図々しくてごめんなさい!)
ところで先生、心身ともにかなりお疲れではないですか?大丈夫ですか?どうかお体だけは大事になさってくださいね。
石破先生はとても誠実で責任感の強いお方だとお見受けしております。それ故に、山積する様々な問題をおひとりで抱え込んでいらっしゃるのではないかと心配です( ´;ω;`)
私たち国民になにかできることがあればぜひ教えてください!日本を守るために先頭で闘ってくださってる先生の支えになることであれば、喜んで何でもします。先生の味方は全国に山ほどいますから、どうか忘れないでくださいねheart02

ちょっと早いけど、メリークリスマスxmas
石破先生、大大だ~い好きですheart04

投稿: sari | 2009年12月23日 (水) 12時29分

まだ、「古い」「重い」「鈍い」ですからね
最近ですかね、重い腰が上がり始めたのは
待っていても誰も来ませんよね「野党」にようがあるのはコアな人だけだから。各言う私もコアな一人ですがhappy01
残念なのが幹事長ですかね、二階さんの事は第一声で役職から外しますと言えば良かったのに引き止めてしまった事が一つ、総裁が「了」としてしまった事が二つ目之だけで半分は逃げたかもしれないですね。まだ、ご理解が足らない。
幹事長の露出より、総裁の露出を増やさないと、誰が党首なのか分かりずらい
総裁とは言え総理では無くなったのでもっと出ないとダメですね。
「絆」は良い言葉ですが、古い絆に軸足を乗せすぎている気がする、若手との絆を太くして欲しい、「良薬口に苦し」苦言を言う人間こそ新生の兆しだと思う。

投稿: 時貞 | 2009年12月23日 (水) 12時59分

石破先生

本当にお疲れ様です。

民主党への失望が、今は自民党支持に直接は繋がらなくても、某SNSでも
石破先生の論理的なお話と真摯な姿勢に、信頼を寄せている人々を多く見掛けております。

石破先生がいらっしゃる党が、人々の信頼を集めていくと信じております。

クリスマスを楽しまれて欲しいです☆彡

投稿: 桜 | 2009年12月23日 (水) 13時01分

石破先生とこれからはお呼びしますね、石破さん。
よう言うた、それでこそ石破先生じゃ、とは思うのですが、この民主党人気(あえて言います)下落の好機に、なぜ自民党はもっと国民の支持を仰がないのか、ともどかしさを感じる国民もいます。
マスコミが取り上げないからなんじゃないの、とフォローしても、やはり、なんとなく「熱気」のようなものが感じられません。
自民党の現議員や落選議員とで、民主党政策事業仕分けなんかやってみてほしいかも。
同じ年の石破先生、くれぐれもご自愛ください。

投稿: 0子 | 2009年12月23日 (水) 15時44分

鳩山不況対策PTの「緊急提言」(12/17)を読ませていただきました。「まずは需給ギャップを埋めることが最優先」は、その通りだと思います。財政難の状況で、なおかつ景気を回復させるための対策は限られているので、この問題で与野党は関係無いと思います。挙国一致での取組みを期待します。


①建設国債を日銀に引き受けさせ、その資金で経済波及効果や経済合理性が高い「羽田空港の拡張、羽田成田リニア導入」や「耐震化・豪雨対策」などを進める。

 羽田成田リニアは、「民間資金を導入したPFIか、民間事業会社に対する政府保証の形で行う」と、一歩踏み込んで提言されれば良かったと思います。B/C分析のC(コスト)を、建設費2兆円(?)で計算するのと、金利や債務保証費で計算するのでは結果は大違いになります。また、地方空港から羽田に到着し、成田から海外に行く旅客には、(空港施設使用料・保安サービス料の)2,540円だけリニア運賃を割り引くなどすれば、羽田=成田は結構なハブ空港になると思います。


②消費税は、『医療・年金・介護・少子化対策』の目的税にしたうえで税率を引き上げる

これで中期的に財政を健全化できるのでしょう。「低所得者への配慮から複数税率も検討する」とは、食料品の税率を5%に据え置くと言うことでしょうから、国民の理解も得られると思います。言い古されたことですが、将来の「年金や医療」の不安が減れば、(強迫観念にかられた)過剰貯蓄が抑えられ、個人消費も回復するのでしょう。


ソコソコ内容のある「緊急提言」だと思いますので、石破先生におかれましては、(安全保障問題のように自信を持って)経済成長戦略も語っていただきたい。党のHP担当者におかれましては、HPトップの「お知らせ・発表資料」から、この「緊急提言」だけが欠落しているので、早急に直していただきたい。マスコミが取上げてくれないのは「(実現可能性の低い)野党提案」だからではなく、HPの「お知らせ」に載っていないからだと思います。


なお、8ページの第一パラグラフは、認識間違いだと、私は思います。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月23日 (水) 15時58分

度々失礼します。

自民党の支持率に関してですが、そのことであまりご自分を責めたりなどはなさらないで下さいね。

ちょっと見方を変えると、これまで溜まってきた自民党の(そして日本の)膿を出して再生させる、そのお役目が先生に回ってきた、ということなのだと思います。それを成し遂げるのは、先生のような並外れた方にとっても、本当に並大抵のことではないのだと思います。

おそらく、今の状態は自民党が、そして日本が生まれ変わるために必要なプロセスなのだと思います。
「今思えば、あの頃があったから今があるんだな。あの頃は大変だったよな、ホントに」
と、いつか笑って話せる日が来ますよ。

投稿: 観音寺 | 2009年12月23日 (水) 16時50分

 役職名が大きくなると、責任も重くなるものですね。

 一朝一夕にはいかないでしょうが、少しずつでも自民党の体質を改善させていただきたいと思います。

 努力がなかなか実を結ばないのがもどかしいでしょうけれど。

投稿: 緑の保守派の尊野ジョーイ | 2009年12月23日 (水) 17時57分

憲法の国事行為も知らない民主党の幹事長が新人議員に研修で何を教えることができるのでしょうか?私は自民党大阪府連なにわ塾二期生ですが、最初の授業は当時の校長先生である中山太郎先生の講義でした。「国会議員を目指すものは最低憲法を読まなければならない」から始まりました。民主党の幹事長は何年政治家をやっているのでしょうか?漢字を間違えただけで連日連夜マスコミに叩かれ続けた前麻生総理に比べマスコミも小沢幹事長には及び腰なのでしょうか?間違いを間違いって認めない小沢幹事長もさすが独裁者の豪腕ぶりを発揮してます。

投稿: 木村 修 | 2009年12月23日 (水) 18時04分

小沢一郎「3ヶ月ルールって誰が決めたんだ。」
私「人口が減ると国が衰退するって誰が決めたんだ。」民主党は子供手当を実施している国としてフランスをよく例に挙げるが、フランスの人口密度はたったの100人。人口最小の鳥取県でさえ人口密度は160です。フランスは国力のわりに人口が少な過ぎるのでしょう。そういった国なら、子供手当も許せるかもしれない。 しかし、日本のような人口過密で、失業者の多い国で、さらに人口を増やしても、失業者を増やすだけでは? 参議院鳥取県選挙区民主党候補の坂野真理氏は、自身のブログで「鳥取県は人口最小だが、このくらいが住みやすい。東京が過密なだけだ。」と述べています。それが分かっているなら、民主党内で、まずやるべきは、子供手当でなく、人口の再配分を促す政策だと提案してほしいものだ。
日本より人口密度の高い国で、一人当たり国民所得の多い国は、都市国家のような国を除いて一つもありません。国の富をより少ない人口で分かち合う方が一人一人が豊かになると考えるのが自然です。

投稿: 子供手当 | 2009年12月23日 (水) 18時11分

石破さん

体調はどうですか??
自民党に期待していますが、今は指導力・カリスマ性が欠けてるように見えます。
その資質があるのは石破さんだと思います。


関東周辺の流されやすい人達と地方のそうでない人達への対策はそれぞれ違うと思います。その辺りの施策や見せ方が下手だなぁと感じます。

いずれにせよ、国民のためではなく国益のために体に気を付けてお願いしますm(__)m

投稿: こー | 2009年12月23日 (水) 23時38分

石破さんの辛い思いが伝わりました。何とか協力したい日本を守りたいと思いました。離党に関しては辞めたい人は辞めればいいと思います。有権者は見ています。無所属や皆の党なら納得しますが社民党や民主党に入党するなら軽蔑するでしょう。私は今度は自民党議員達にメールしようと思っています。

投稿: ひすい | 2009年12月23日 (水) 23時51分

沖縄に住んでいたものです。
自民党は、辺野古に普天間基地を移設すれば、沖縄のアメリカ軍の負担は軽減されるというが、名護市民の被るストレスは、防衛のためなら、見過ごされていいのでしょうか?

アメリカ政府は、海兵隊のグアム移転のために、グアムの環境調査をしたと聞きます。

ジュゴン訴訟もマスコミには出ません。

賛成意見、反対意見の蓄積が民意であり、民意を組み、政策を立案するのが、政治の仕事だと思います。

何故、辺野古なのか、テレビで解説してください。

軍事のオーソリティのあなたにお願いします。

投稿: みやもと | 2009年12月24日 (木) 00時45分

街頭演説、毎回のようにパソコンで拝見しています。谷垣総裁をはじめみんな頑張っていると実感しています。精神的、体力的にもお疲れだろうと心配しています。健康が第一ですから。
 日本の安全と平和は、日米安全保障条約で守られていることを日本の国民は忘れてはいけないと思います。思いやり予算を批判をし、基地も出ていけ、給油は反対、人道復興支援も反対、そんな国民が多いのは非常に残念でなりません。憲法を改め、核を保有し軍事大国になる覚悟があるなら話は分かりますが、そういう道は国民は選べないでしょう。真剣に考え、私たちが出来ることはなんだろうか?状況を理解し、確かな政党を選ぶことだと思います。

投稿: 工藤 | 2009年12月24日 (木) 01時02分

民主党の支持率が下がっても、自民党の支持率があまり上がりません。子供手当についてもっと追及すべきです。マスコミの偏向姿勢が酷すぎますが、子供手当の不公平性、格差助長性、高額過ぎることを追及すれば、マスコミも民主党をかばい切れないと思います。今までの自民党は、財源問題とかばらまき性の面で攻めてばかりで、前政権のせいにされたり、子供は国の宝だからなどと反論されて、マスコミの餌食になっていたと思います。マスコミは、まるで、日本には子供がいる標準世帯しかないかのような報道ですが、そうでない世帯の不満を代弁する論を張れば、さすがのマスコミも反論しづらいと思います。それから、月2万6千円という言い方はピンと来ないので止めたほうが良いです。子供3人で総額1404万円とう言い方のほうが不公平感が伝わります。

投稿: 子供手当 | 2009年12月24日 (木) 01時06分

師匠も走り回る、などと申しますが、ご多忙のお疲れが、少々弱気にも見える記述にも出ていらっしゃるように感じます。
自民党政権下と比べると、マスメディアからの批判や非難といった点では、格段に良くなっているのではないかとお見受けいたしますが、毎日新聞などでは、このブログを引用してまで石破先生のお疲れを伝えている様ですから、やはり野党の政調会長として、民主党政権下に不安を抱く方々の気持ちに応えなければならない、その職責というものが非常に重いのだろうなと存じます。
また、年が明ければ通常国会となるのでしょうけれど、せめてこの年末、しっかりとお休みいただける日を、ぜひ一つくらいは取っていただきたいと願ってやみません。休養なくして良い仕事は出来ないと申しますが、無くても良い仕事をしなければならないのが日本国の政治家の役目だとすれば、さぞかし辛労辛苦の積み重なったお体だろうとお察しします。どうか、ご自愛ください。

記事中に挙がっている番組、サンデープロジェクト、拝見いたしました。
先生の迫力不足を指摘する声もございましたが、30分足らずの限られた場面において、天皇陛下の宸襟を騒がせず、しかし論点をしっかりと整理して反対すべきには反対していくということはなさっていたように感じました。やはり、時間の短さという点が悔やまれる思いです。
細野民主党副幹事長が仰った、昭和50年代の宮内庁の「陛下にはどんな方でもお会いいただく」というのは、今回の問題を論ずる上で、習近平氏が国家元首でなく、またウイグルの騒乱に関与している人物であることを理由に、お会いすることを避けてはならないという論拠にはなっても、所謂30日ルールを官邸側の強い要望で破ったこと、その理由が「習副主席が重要な人物だから」との政治利用に値しかねないものであることの正当化にはならず、話が途中で終わってしまっているために真意は定かではありませんが、的外れなのではないかと思っております。

あれから一週間以上経ち、陛下の宸襟をお騒がせしないという観点からいえば、羽毛田宮内庁長官のとった行動は、細田副幹事長も言及なさっていましたが、果たして適切だったのかという思いを抱くようになりました。
もちろん、30日ルールをあのように破ったことを広く社会に知らしめなければならなかったということには異論ないのですが、時期を見ても、場を見ても、プロセスを見ても、もう少し望ましい方法があったのではないかとの思いは禁じえません。
陛下のお立場を考え、陛下をお守りするのが宮内庁長官の職務というならば、当然に陛下への影響を考えての言動でなければならないのですから、それを踏まえて考えますと、どうも自己の矜持に拘ったきらいがあるのではないかという疑念があります。

しかし、それを差し引いてもなお、小沢氏の発言は高慢で、しかも問題を矮小化して捉え、自身の問題点を省みず、あまつさえ皇室への敬意を忘れたものであるとの思いは変わりません。
鳩山首相や長妻厚労相のように迎合する方々にも、また黙認する多くの民主党議員にも憤りを感じております。
本来は、左派こそ天皇陛下の政治利用というものに敏感であるべきではないのでしょうか。戦前への回帰だと大批判をされていた方々はどこへ行ったというのでしょう。

田村参議院議員の離党の件ですが、やはり先生はコメントをご覧になってくださっているのだなと……。
あ、いえ、そういう話ではないですが、この際、新たな自民党に迎合出来ぬとの人々が離れることは、むしろ政界再編に一石を投じることとなってくれるのではないかという期待もあったりはします。
二大政党制ばかりが持てはやされますが、戦前にも二大政党制だった時期が短いながらあったわけで、二大政党制が完成された政党政治の姿だとの認識は、私は持っておりません。
政界再編が起こるならば、主義、主張、政策の方向性といった本質的な部分での「本当の政界再編」を望みますし、その方が国民にとっても自身の信条に近い政党を選びやすいのではないかと愚考するからです。それで仮に、単独過半数も連立による過半数も達成されないならば、それこそ是々非々で柔軟な国会対応がなされれば済む話で、それが選挙での「国民の声」をより反映出来るシステムなのではないかなと。
もちろん、そのような政治に対応できるようなレベルに、国民も政治家も達してはいないのでしょうけれど……。

自民党は何も変わっていないと多くの方が仰います。先日は、内部にいる舛添前厚労相までもがそうご発言する始末です。
ですが、石破政調会長誕生以後、調査会・特別委員会の統廃合を進められ、政策に関して政調会で一本化にだいぶ進んだということくらいは、私のようなものでも承知しているところです。もちろんこれは、それぞれの分野に関わる閣僚がいなくなったという点、言い換えれば野党になったということもございましょうが……。

民主党を中心とした政権が出来て三ヶ月ほどで、私が最も問題視しているのは、とにもかくにも「プロセスの無視」という一言に尽きます。
正常なプロセスを踏んでいく能力が無いのか、敢えて無視しているのかは存じ上げませんが、どちらにせよ、民主主義政治を衆愚政治に貶めかねないもので、非常に危惧しております。
私は、日一本も吸うか吸わないか程度ではございますが喫煙者で、直接に利害が絡むたばこ税増税の問題については少々、本当に少々ながら調べておりますが、問題は非常に多岐に渡り、たばこ農家や販売店の保護、企業の保護、欧州各国との(たばこ税、税制、喫煙環境、可処分所得、煙草の様々な種類ごとの価格等)の比較、たばこ規制枠組み条約との兼ね合い、たばこ事業法との整合性、健康被害の問題、社会損失の問題、他製品等との整合性などございますことはご承知の通りです。
にも関わらず、現政権はそれらの問題を全て「健康」の一言で片付けて、異例の増税をする。こんなことが許されても良いものなのでしょうか。
きちんとした議論の末に、やっぱり今の課税額は低すぎるよねという話になったのならば、まだ理解も納得も出来るところです。しかし、ただ「健康」のみを謳い増税などという乱暴な話で、何を理解し、納得しろというのでしょうか。消費税の増税にはああまでも慎重であるのに、たばこ税となると当の喫煙者お構いなしという姿勢は、全くもって理解に苦しむところです。

長文、駄文にて失礼をいたしました。
最後に、繰り返しになりますが、どうかお体のほう、ご自愛くださいますよう。

妄言多謝。

投稿: ベリアル | 2009年12月24日 (木) 06時12分

石破先生、かなりお疲れのご様子ですね。
ニュースで見ていても、お顔の色が優れないようで、心配になります。
思い切った休養は絶対に必要ですので、定期的にお休みする日はきちんと設けて下さい。

自民党の支持率が上がってこないのは、当然だと思います。
今の自民党で頑張ってるのは石破先生お1人に見えてしまうんです。
正直に言えば、私は石破先生を支持しているので結果として自民党を応援する形になっていますが、自民党を支持しているわけではありません。
そういう人、けっこういるんじゃないでしょうか。

誰とは言いませんが、小泉シンパだった方のやる気まったくないだろうと突っ込みたくなるテレビ出演の様子は見るに耐えません。
あれじゃ、かえって支持率下がっちゃいますよ。はっきり言って「お前は出るな 怒」とすら思ってますもの。

中堅・若手がしっかり活躍できる自民党を作ることこそが大事です。
今の執行部は自分と”お友達”の保身しか考えてないように見えます。
これでは、絶対に選挙には勝てません。

後進に道を譲る潔さを、執行部には見せて欲しい。引き際を心得ることはトップとしてなによりも大事なことでしょう。

来年の参議院選挙に向けて、政界大再編の噂も飛び交っているようです。
まだまだ心身ともに痛みも苦労もおありになると予想されますが、あまりお悩みになり過ぎないようにしてください。

少なくとも、私は石破先生絶対支持!ですから。(何の足しにもなりませんが・・)

投稿: ふかかぎ | 2009年12月24日 (木) 10時37分

石破先生 こんにちは

民主党の小沢に対して 非常に腹立たしく 憤慨している人々が多くて
自民党になんとか 頑張ってほしいと
おもっているときに

あの舛添さんの ニュースはなんなんでしょうか
舛添さんは 小沢を誉めて 民主党の議員を誉めている・・・

そんなことで 自民党が再生できるんでしょうか?
舛添さんは自民党をつぶしたいのでしょうか
舛添さんは 発言に気をつけるべきだと思うのですが・・・
こんな状態では
自民党の再生は難しいような気がします (-_-;)

投稿: 日神子 | 2009年12月24日 (木) 10時47分

最近、石破さんのブログを拝見いたしました。 もっと早く知っていたら、もう少し穏やかな気持ちになれたと思います。
 国民の為と言いながら、選挙に勝つ事しか考えていない、傲慢で偽善的な民主党政権は、いつまで続くのでしょうか? 心豊かな日本は、どこに行ってしまったのでしょうか。 不安でたまりません。
 まずは、皆さんの信頼を回復する為、政党助成金、議員の給料カットなど、国民目線を全面に打ち出してください。 
 こども手当は、子供の親からおじいさんおばあさんまで、票を稼げる、卑怯なバラマキだと思います。 私も、子供がいたら、大嫌いな民主党でも投票してしまうでしょう。 本当に子供の事を考えているとは、とても思えません。
 それに勝つ為の、誠実で、未来のある政策を、アピールしていただきますよう、どうかよろしくお願い致します。
 石破さんはじめ、自民党のみなさんを応援しています。
 一日も早い、自民党政権の復活を、切に願います。
 くれぐれも、お体ご自愛ください。

投稿: y. | 2009年12月24日 (木) 13時34分

石破先生、メリークリスマスshine

ずっと大好きです!応援しています!

投稿: sari | 2009年12月24日 (木) 15時13分

昨日の舛添さんの発言には驚きました。
ああ、もう自民党ダメかも…と思ってしまいました。舛添さんの真意は解りませんが、ああいう発言は、反自民党マスコミの格好の餌食です。
舛添さんは鳩山政権の危うさについても言及し、予算成立後、政権を投げ出さざるを得ないと言っていたようですが、当然、そんな場面は報道されません。
で、その後、大島幹事長と石原議員にインタビューをし、二人ともしらけている様子。

私は自民党を応援していますが、自民党ってわかってないな、与党ボケしてるな、と思うのはまさにああいう時です。
せめてインタビューにはもっと真剣に答えないと。タダでさえ露出が減っているのですから。

私は自民党議員は、ここまで議席を減らして、中堅若手が減ってもそれでも、やはり優秀だと思います。民主党の比ではないと思います。国会を見ていれば分かります。

ただ、長年政権の座にいたせいか、世の中の流れを読みとるのがとてもヘタだし、鈍感だと思います。
こんなこと言ってはなんですが、有権者はあなた方が思っているほど賢い人間ばかりでも、政治や国に強い関心をもっている人間ばかりでもありません。
しかも日本のTVはなぜか民主党庇護、自民党叩きを当たり前のように繰り返しています。

生意気なことを言ってすみません。

石破先生はTV番組にも数多く出演しているし、本当に精力的に頑張られていて、決してそのようなことはないと思っていますが、自民党には全体的にその辺の感覚が足りないと思います。(かといって民主党みたいにいいことばかり言って騙すのはもっと最悪なんですが)

それにしてもメディアは毎日毎日鳩山政権の動向で大盛り上がりですが、自民党の時と違うのは、良くも悪くも政策の内容をきちんと報道し、くだらないことで揚げ足を取らないということです。
自民党の時は、どんなにいい政策を実行しようが、海外から賞賛されようが、一切報道せず、バーに行っただの、漢字を読み間違えただの、カップラーメンの値段を間違えただので大騒ぎでしたね、笑っちゃいます。
‘悪名は無名に勝る’民主党が支持率を落とさない要因の一つでしょうね。

マスコミは敵です。マスコミ戦略、真剣に考えて欲しいです。

投稿: 遠藤敦子 | 2009年12月24日 (木) 17時00分

山陰を憂う者 さんへ


> 移設先として美保(米子空港)という選択肢はゼロでしょうか? 先般悲願の2500m運用が開始されたものの、その民間利用は不透明というよりは期待値ゼロに等しく、宝の持ち腐れとはこのことを指すと言ってもいいでしょう。


 マジレスします。まず最初に、千葉県に在っても東京ディズニーランドと言うのと同じで、米子空港は(米子市ではなく)境港市にあることをご承知ください。1日5往復ある米子=東京便は結構搭乗率が高く、時間帯によっては満席になることもあるので、いずれ大型の機材に変更になるのでしょう。また、米子空港は山陰唯一の国際空港です。ハワイ直行チャーター便は記念フライトでしたが、ソウルへは定期便が飛んでいます。「羽田成田のミッシングリンク」のため、海外に行くにはソウル経由のほうが便利となります。(航空需要は景気動向に大きく影響されますが)山陰道が整備され、島根県東中部や鳥取県中西部から米子空港までのアクセスが改善されてますので、これからソコソコの需要拡大が期待できると思います。よって、おっしゃられるほどの状況ではないと思います。

 1時間に1回程度の民間機の離発着があり、それに加え1日1回の自衛隊機(C-1輸送機が轟音をたてる)訓練もありますので、海兵隊の訓練は不可能だと思います。ほとんど使われていない滑走路が残っている関空とは、事情が違います。


> 地政学的にも半島に睨みをきかせる絶好のポジションにあることは言うに及びません。


 その通りだと思います。(高速道路すら作ってくれない)財政難の国が、(市民が頼みもしない)滑走路を延長してくれたのは、朝鮮半島有事のときに米子空港を米軍が徴用するためかも知れません。しかし、仮にそのような事態になれば米子市民も、境港市民も「徴用も止む無し」と思うでしょう(反対運動も無意味でしょうから)。そのような有事に、美保関に配備されるであろうPAC3は、市民の安全確保にも資するでしょうし。


> 米軍の誘致は県民の多くが賛同してくれることと思います。


 「米軍の誘致」自体は景気浮揚効果に欠け、活気付けにはならないので、賛同する県民は非常に少ないと思います。境港市は(毎日、轟音で訓練する)航空自衛隊を受け入れていますので、国の安全保障政策には充分に協力しています。また、目と鼻の先(約20km)には島根原発もありますので、国のCO2削減政策にも充分に協力しています。

 境港市は既に国策(基地、原発)に充分協力していること、また、米子空港に海兵隊訓練を受け入れる物理的な余裕がないこと、以上の理由でご提案に反対します。


> ぜひ山陰を活気づけてもらいたいものです。


反対するだけなら社*党でも出来ますので、対案を示します。

  皆生温泉の沖合い2kmに、V字型のメガフロート(セミサブ方式)を浮かべ、海兵隊に使ってもらいます。コストは(漁業補償費を除いても)は1兆円近くかかりますが、沖合い2kmに浮かべれば騒音も海風に掻き消されますし、(もしかしたら)観光資源にもなります。海域の使用期限は15年とし、期限後は他地域に移動していただきます。自衛隊駐屯地前のゴルフ場を国を高値で買い上げ米兵の家族宿舎とします。見返りの地域振興策としては、「(道州制が導入されるに当たって)中国道の州都を米子市とし、崎津工業団地に中国道庁及び中国道議会を設置すること」を要求します。

 これなら国も地元も充分に協議できると思いますが、それでも反対派の説得や、環境アセスメントなどで実施には10年はかかると思います。淀江の上空に飛行ルートがかかれば、松田市議のご意見も聞かなければなりません。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月24日 (木) 17時39分

こんばんわ。
僕は政治などには詳しくありませんが、いつもブログ読ませてもらってます☆
政権交代から何が変わったか?と聞かれたら素人の僕には分かりません。
正直、民主党なら何か変わるのかなと思っていましたが期待外れでした。
石破さんの発言や考えは僕にも理解できたので、政権が自民党に戻ったらもっと国の為に活躍してもらいたいと思います。
これからも石破&自民党ファンとして応援しています。

投稿: ヒロ | 2009年12月24日 (木) 18時05分

平成21年も残す一週間となりました。年の瀬を向かえましたが、未だに今夏の衆議院選における自民党の歴史的惨敗の後遺症でいたたまれない日々を送っております。
政権交代により自民党から民主党を中心とした連立政権に移行してしまい、自民党は野党となってしまいました。
民主党政権は鳩山総理、小沢幹事長の政治資金疑惑では秘書が起訴されたが、「全く知らなかった」、とか小沢幹事長にいたっては「全く問題ない」と自分が法律だと言わんばかりの態でブルとしている。
米軍普天間基地移設問題では日米関係に大きな亀裂が入り、今や米国の信用を喪失してしまった現政権。子供手当など「コンクリートから人へ」といったマニフェストを重視した予算編成と、その財源では、野党時代には簡単に埋蔵金等で予算措置は可能と大見えを切っていた筈なのに、埋蔵金があったのかどうか財源難で閣内では各大臣がバラバラの意向を示し、現政権は何を目的に、何を目指した予算編成を行っているのか全く見えてこない。
新年度予算に係る概算要求においては、主導権を管から政にの掛け声のもと事業仕分け作業による見直しを行い、国民に税金の無駄使いをチェックするガラス張り政策との鳴り物入りの「政治ショー」を見せたが、何のことはない財務省の舞台回しによる自作自演が実態であったようだ。無駄を削るどころか予算規模は93兆と大きく膨れ上がり、義務教育ではない筈の高等学校の授業料まで国で持つ正にバラマキ予算となりそうだ。
その財源はと気になるところだが、ガソリン税の暫定税率を維持する方針でマニフェスト違反(詐欺)、タバコ税は一本5円の増税、扶養控除の廃止等々の増税措置、果たして37兆の赤字国債で本当に賄えるのか大いに疑問である。
管副総理はデフレ傾向と発言したが、いっこうにデフレ対策と言われる経済措置が施されない。底なしの沼に沈みこんでいくような日本経済の今後は一体どうなるのか。「経済大国」と言われていた我が国であった筈だが、今やアジアの経済主導権は中国に移り、景気はますます悪化の一途を辿っているように思うところです。
国家元首気取りなのか、小沢幹事長の天皇陛下に係る一連の発言には多くの国民が怒り心頭ではあるが、やはりこのことを政争の具としない方がよいと思います。迷走する鳩山政権に日本の将来が託せるのか不安で一杯で、日本の進路が定まらない、舵取りができない鳩山政権の支持率もようやく急降下しているようですが、自民党の支持率は一向に上昇の気配すらありません。何故自民党の支持率が伸びないのでしょうか・・・
 石破さん、年が明ければまた新しい風が吹くかも分かりません。今年は本当に大変な年となりましたが自民党再建の第一歩は来夏の参議院選挙です。正月も新年会等でご多忙とは思いますが、体を休めることも必要です。ご家族でのんびりと過ごされるとか、奥さんは地元で先生の留守をしっかりと守ってこられました。奥さん孝行をしてあげて下さい。

投稿: 今ジン | 2009年12月24日 (木) 18時30分

 こんにちは。石破議員に初めてメッセージを送らせていただきます。学生です。

 私は大学院で会計や税法を勉強していますが、全くやる気が出ないのです。自分のために、家族のために、地域のために、国のために、あるいは世界のためにがんばろうと思っても、この国が何をしたいのか、どこへ行こうとしているのか、全く分からないからです。お金がもらえるのなら、がんばらなくていいじゃないか、憲法や民主主義の考えを無視して何をやってもいいじゃないかとなると、一体みんな何のためにがんばっているのか、わかりません。
 一方で、自民党にも反省すべき点はありますが、やはり自民党は日本や世界のことをしっかり考えてくれているなあ、と思います。
 一緒にがんばりましょう。応援しています。

投稿: T・K | 2009年12月24日 (木) 19時04分

メリークリスマスxmas石破さん、ブログの更新ありがとうございます。先程、夕方のニュースで、鳩山総理の会見を観ました。「ボクは何にも知らなくてぇ」「だってママが」「だって秘書が」のオンパレード!バガバカしくて、途中でテレビを消しました。こんな人をいつまで総理大臣にしておくのか、私を含めて日本人として恥ずかしく思います。民主党政権がいつまで続くか判りませんが、鳩山政権は短命なように思います。
さて、人の事より自民党です。高くジャンプしようとする時、人は膝を深く曲げ、低く屈んで態勢を整えます。今の自民党はその状態なのでは?と考えていました。
より良く効率的にバネを使うべく、ジャンプの前段階…来年の参議院選、高くジャンプ出来れば…と、切に願わずにはいられません。
そのためには、何はともあれ万全な体調維持です。石破さん、お願いですから少しでも休んでください。倒れて貰っては困りますから…自民党の為、この日本の為、本当にお願いします。

投稿: りさ | 2009年12月24日 (木) 20時24分

石破様、

あと一週間もすると新しい年2010年の幕開けですね。 一年間大変お疲れ様でした。

今日はクリスマスイブですが、こちらは大雪で予定していたお出かけもキャンセル、お陰で時間の余裕も出来、日本の皆様方のブログを少々拝読している所です。

http://tamtam.livedoor.biz/archives/2009-12.html#20091224

田村重信氏の今日のブログ ↑ 、写真が掲載されていました。 ’小泉進次郎議員の演説姿です。’を見させていただき、若手議員さんも’自民党の為’そして’国と国民の為’に頑張っている姿に感銘を受けました。

どうか御身体に気をつけ、

Merry Christmas
And a
Happy New Year!

石破さんの健康と、今後のご活躍を祈願して居ります。

新年も宜しくお願いいたします。

投稿: 原田 | 2009年12月24日 (木) 20時41分

はじめまして!

いきなりですが、小沢を早いうちに潰した方が賢明だと思います。
憲法解釈だけでなく、ありとあらゆる方向から小沢を攻め落として欲しいと願っています。

投稿: ポトス | 2009年12月24日 (木) 20時56分

さっき総理の記者会見見ててビールの入ったコップを投げつけてしまいテレビが壊れました。誰に請求すればいいですか?

投稿: 田中 | 2009年12月24日 (木) 22時05分

何故か不安です。こんな事思ったこと無かったのに・・

日本が危ない感じがします。
自民党よしっかりしろ!!

石破さんガンバレ!何とかしてくださいね。

投稿: 金田幸子 | 2009年12月24日 (木) 23時59分

こんばんは。
私は福岡県民ですが、今日夕方のニュースで「落選した議員は今」みたいなのをやっていました。
弁護士をやっている方、講演会?をしている方もいました。
次の選挙に向けて、、、とか言っていましたが、なんか覇気がないというか。
政治は全然詳しくないので対した事は言えないんですが、落選したからってしょぼくれていたらいけないんじゃ?大変なんだろうなーとは思いますが、国民もこんな中、必死で生きてる訳ですし。
もうちょっと元気な感じを見たかったなと。

昨日のビートたけしさんの番組みました!
石破さん超素敵でした。
前もUFO質問で答えてらっしゃいましたよね。
質問されても笑っちゃう所ですが、石破さんはきちんと答えてらっしゃいましたね。
私はそんな事考えた事もありませんでしたので、なるほどなーと、なんていっても笑顔が素敵。見てて、温かくなりました☆
石破さん大好きです。


小沢さんの天皇陛下の面会についてのニュースを見てると、ものすごく失礼な人だなと。
何様なんかなと思ってしまいます。

こんな人がいる民主党、、、宇宙人総理、やっぱ誰がなっても何も変わらないのかな?なんて、がっかりっていうか最初から期待してない。
日本がよくなってもらいたいとは思いますが、心の隅で、どうせ無理やろーと諦めています。
政治に期待せず自力で、ぎりぎりでも頑張るしかないんだろうと。
質素に生きれば可能ですよね。

一般人の単なるぼやきですので。今は無職ですが、がんばって就活してますo(^-^)o


石破さんこれからもがんばってくださいね。
たまにはお休みとってください。
大好きです☆

投稿: きん | 2009年12月25日 (金) 00時10分

クリスマスイブに鳩山首相の謝罪会見…

辞任はしない意向なんだとか…

あれだけ鼻息荒く秘書の責任は政治家の責任だ!何て言っておいてコレですから、嘘つき…としか言い様が無い。
言っている事は1日の間に二転三転…

子ども手当てについても来年はどうなるのか不透明…
こんな政党は悪質政党。

糾弾の手を緩めないで戦い抜いてください。

石破先生、だけど体には十分気を付けてくださいね。

投稿: 2児の母 | 2009年12月25日 (金) 00時16分

今年の大河ドラマ天地人のテーマは義と愛。主人公が仕える 上杉謙信は、戦をするとき、義が在るあるか無いかを判断基準としていました。自民党もそれにならっては如何でしょうか。民主党の子供手当には、義も無ければ、愛も無いので、それを否定する旗印を立てれば、自民党に義が在ることになり、参院選の勝機が生まれると思います。結婚したくても出来ない可哀想な人たちを搾取して、幸せな既婚者たちに莫大な現金を支給する政策をやって良いわけないですから。子供手当を主戦場として徹底的に議論することで、世論が盛り上がり、だんだんマスコミも民主党を非難せざるを得なくなってくると思います。

投稿: となりのトットリ | 2009年12月25日 (金) 01時43分

政策論争に興味がない層からも支持を得られるような、明快なメッセージがなければ、なかなか支持率は上がらないと思います。こんなことは言いたくありませんが、自民党は有権者を買い被っているのではないでしょうか。目先の損得だけで支持政党を決めてしまう有権者は、決して少なくありません。
選挙に勝てなければ、本当にやりたい政策も実現する術がなくなります。子供手当をはじめとする民主党の「現金でのバラマキ」は非常に汚い手ですが、民主主義の弱点をうまくついた、ある意味うまいやりかたなのかもしれません。

投稿: momo | 2009年12月25日 (金) 04時46分

いつも興味深くブログ読ませて頂いています
やはりというか期待通りというか鳩山首相の不適任さが如実に出できましたね またこれで支持率は下がるでしょう でも先生がおっしゃってた様に自民党の支持率が上がるわけでもない 何故?こんな時こそ党一致団結して政権奪還してください
お体に気を付けて頑張ってください
応援してます

投稿: はなのママ | 2009年12月25日 (金) 08時56分

渡米されるニュースを見ました。
疲労困憊されている中での渡米。しかも、監視付きとあって、休める時間もないのでは、お体に悪影響が出るのではないかと心配しています。

投稿: ふかかぎ | 2009年12月25日 (金) 13時48分

石破様、お疲れ様です。

竹島を日本の領土と教科書に明記しないことになりましたね。
いったいこの国はどうなってるんです?
子ども達に何を伝えていけばいいのでしょう。
本当に本当に日本人であることに誇りをもちたいのに、
こんなにもミジメにならないといけない理由はなんなんでしょうね。

投稿: ヤマザキ | 2009年12月25日 (金) 14時13分

石破先生
こんにちは。
先生の「問題は自民党の支持率が一向に上がらないことにこそあるのであり、その責任を痛感しています。」
についてですが、自民党の支持率が上がらないのは、国民には自民党が何をしているかわからないから、支持しようがないのだと思います。
体質改善も必要ですが、どう国民に伝えるか、という「技術」の面にも力を入れなければ、今は野党なのですから、与党の時のように、マスコミは勝手に報道はしてはくれません。
国民に伝える為の、テクニック面のアイデアが必要なのだと思います。
自民党でアイデア募集とかしたらいかがでしょう。

投稿: Fuki | 2009年12月25日 (金) 20時27分

石破様。

嘗て無い不安と危機感にいたたまれず、大変申し訳ないとは思いつつも、こちらに言いたい放題、書き込みをさせて頂いておりますが、お忙しいにもかかわらず、お読み頂きまして、誠にありがとうございます。
きっと石破さんの方が、何倍も何百倍も、大変に違いない事でしょう。すみません。
この政権交代が民意だと書き込んだのは、もっと国民一人一人が、自分達の一票の重さを自覚し、責任を持つべきだ、と言いたかっただけで、本来、こちらに書き込むべきものではなかったかもしれません。
(第二次世界大戦の時の事にせよ、国民は自分達の事を棚に上げすぎ、結局、何も学ばず、歴史が繰り返されている感があり、苛立ちがありまして、、、。)


さて、一昨日は天皇誕生日でした。
陛下の御健康と日本国の平安と繁栄を心より祈念致します。

そして、今日はクリスマス。
石破様、始め、皆皆様に、どうか幸多からん事を!

I wish all of you
A Merry Christmas
and
A Happy New Year

投稿: K.M. | 2009年12月26日 (土) 00時26分

こんにちは。
私はかつて自民党を支持しておりました。
しかし、根拠の無い「表現規制」によるサブカルチャー潰し。
ネット利用者を全て容疑者にし、治安維持法以上の悪法である「児童ポルノ禁止法改正案」など。
悪法を通すことしかしない自民党に見切りを付け今回は民主党に投票しました。

石破先生に関しては今でも支持しておりますが・・・。
少なくとも今の自民党の議員さんに「憲法」を語る資格はありません。

投稿: 保守政党なら憲法を守ってください | 2009年12月27日 (日) 21時55分

私は元々自民党支持でしたが、今現在、
支持政党無しの無党派になりました。
確かに民主党は、特に韓国中国寄りの政策を取っており、
問題も多々浮き彫りになってきました。
しかし、自民党はどうなのでしょうか?
特に公明党との連携以来、日本の為に手腕を振るっていた
自民党が、特定の団体や国の為の政党に成り下がった
というイメージしかありません。
政治家個人個人の理念は理解出来ますが、
上で「保守政党なら憲法を守ってください」さんが
仰るとおり、児童ポルノ法の改正案などが良い例で、
憲法違反に値する懸案を堂々と主張する
今の自民党は保守政党と呼ぶには無理があると思います。
石破先生個人には特に期待しておりますが、
自民党そのものは支持出来ない悲しさがあります。

民主党を非難する前に、まず自民党が
変わるべきではないでしょうか?

これから益々寒くなりますが、お体に気をつけて、
正月をお過ごし下さいませ。

投稿: 元自民支持 | 2009年12月29日 (火) 21時51分

鳩山内閣の支持率が下がっても、自民党の支持率があまり上がらないことについて。
悲観的になる必要はないと思います。故人献金疑惑ばかり追及しても、自民党にも同じような人がいるのだから、仕方がないです。むしろ、民主党と自民党の支持率が接近しつつあるだけで御の字です。勝負の本番はこれからですが、子供手当に怒っている人の多さに注目すべきです。先日放映されたNHKの討論番組では、視聴者からの意見をテロップで流していましたが、子供手当に反対の意見が明らかに目立っていました。自民党は、子供手当反対の立場をもっと明確にして、これらの意見の受け皿になるべきです。子供手当は、多くの国民がそれなりの考えを持つ案件なので、支持率ひいては投票に結びつきやすいと思います。安全保障も重要ですが、多くの人にとって、難しいテーマだと思います。

投稿: みんなでやらいや | 2010年1月 7日 (木) 01時02分

質問 日本防衛費用に関して 装備品にもっと比重おけないのでしょうか
中国の第二列島戦線進出の盾と、して潜水艦の増強や航空機の増強 など 検討できないのでしょうか?

投稿: しん | 2010年5月14日 (金) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47086076

この記事へのトラックバック一覧です: お手紙ありがとうございます:

« 民主党政権の本質 | トップページ | 鳩山総理の政治資金 »