« 鳩山総理の政治資金 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2009年12月29日 (火)

よいお年を!

 石破 茂 です。

 年末ぎりぎりまでテレビ出演や年明け早々の訪米の準備などでバタバタしています。

 学校を出て以来、「お休み」というものにまったくといっていいほどご縁がありません。
 30年ほど前の駆け出しの銀行員時代、大晦日まで集金に追われ(当時は大晦日まで営業していました)、夜10時近くなって「それでもせめて年越しそばでも食べて年末の気分を味わってみたい」という話になり、でもとっくにボイラーの火は消されていたので、ぬるいお湯でカップ麺を食べて胃腸をおかしくしたなどということもありました。でも、仕事があるだけ有り難いことだ、と自分に言い聞かせる他はありませんね・・・。

 今朝出演した「朝ズバッ!」の番組終了間際、スタジオにいた50人ほどの人に「それでも鳩山内閣に期待するか」とみの氏が聞いたところ、3分の2近くが「YES」と答えたのにはやや驚かされると同時に「ああ、やっぱり」と感じたことでした。
 番組内の街中アンケートで「何故民主党に投票したか」との問いに対して、「マニフェストに期待したから」とか「鳩山さんに期待したから」よりも、「とにかく自民党政権を代えたかったから」との答えが圧倒的だったことからすれば、自民党がほとんど変わっていない(少なくとも多くの国民にはそうとしか見えない)以上、「それでも鳩山内閣に期待する」と答えざるを得ないのはむしろ当然というべきなのでしょう。

 もちろん、我々としては、次期国会で鳩山内閣を断固攻撃しなくてはなりません。「偽装献金」が象徴するような「偽装内閣」が国政を担うことの恐ろしさを国民のみなさまに分かって頂かなくてはならないのです。「国民の広い支持があるように見せかけたかったので、鳩山家から提供された資金を個人献金に偽装した」との元秘書氏の供述が鳩山総理の姿勢そのものなのです。

 しかしそれと同時に、「自民党は本当に変わった」との印象を国民に持っていただけなければ、どんなに攻撃したところで「でも、自民党よりまだマシではないか」と言われてお終いになりかねない。
 自民党にはその危機感がまだ足りないと言わざるを得ません。
 敵失をひたすら待っているようでは駄目なことは、八月の総選挙でイヤというほどわかったはずなのに、どうしてもっと思い切った党改革ができないのか、多くの方がそう思っておられるに違いありません。このブログにもそのようなコメントもいただいておりますね。
 
 執行部の一員として、発言し行動しなければ党のためにも国家のためにも責任を果たしたことにはなりません。 福田内閣でも、麻生内閣でも、「与えられた閣僚の職務を全うしたい」とのきれいごとに私は逃げ込んではいなかったか、そう反省せざるを得ません。
 新年を迎えるに当たり、己を捨てて臨まねばならないと痛感しております。

 本年一年、本当に有り難うございました。
 多くのコメントを頂き、反省させられること、勇気づけられることばかりでした。
 来年も何卒よろしくお願い申し上げますとともに、来る年が皆様にとって、そして日本国にとってよい年となりますよう、心よりお祈りいたします。

|

« 鳩山総理の政治資金 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

皆様、良いお年を。来年からよろしくお願いします

投稿: 妹尾 | 2009年12月29日 (火) 17時37分

自民党で唯一いけなかったのは
麻生おろしです
あれはよくない
あれは醜い

だけど

国民も必ずいつか
民主党はとんでもない政権だ

と目覚めると思います

なぜなら

2011年度

赤字国債の発行は必ず50兆円を
超えるからです

もう埋蔵金など使えません

来年は12兆円もいる
財源など生み出すことなど
絶対不可能

もう来年は
民主党もマスコミも自公政権のせい
にはできないからです

また 時代の流れ というのがあります

負ける時は負ける

でも 必ず

勝つ日も来る

流れに逆らわずに天命に
身をゆだねよう

投稿: 超スーパー女教師河合希 | 2009年12月29日 (火) 18時41分

石破議員

1年間のご活動、お疲れ様でした。

ネットを見ない人にとってマスコミ(以下マスゴミ)が残念ながら唯一の情報源です。
マスゴミは、自分たちのいいように編集し、それを放映・印刷し日本国民を自分たちの思い通りに誘導しています。
無意識か意識かといわれれば、おそらく何らかの力が意識的に働いていると思われます。

ですから、自民党が変わったイメージなど一般の国民が残念ながら持つわけはありません。

麻生元首相、故中川大臣などがいい例で、いいことは放映・印刷されず、言葉の端っこを必要以上に大げさに報道し『自民は何をやってもだめだ』としっかり国民に植え付けました。
保守派の皆さんはマスゴミにかなり嫌悪感を抱いていると思いますが、
そこを我慢し、とにかくマスゴミに出ていただきたく思います。

いくらネットが普及しても、やはり国民の感情はマスゴミによって左右されるからです。

その際に、発言をぶれず、編集されてもいいように確固たる信念を持って出ていただきたく思います。

来年は日本の、大げさではなく存続がかかってる重要な1年だと思います。
保守系議員の躍進を祈念いたします。

良いお年をお迎えください。

日本国にとって本当の意味でよい年がくればと思います。

投稿: 竹島は日本領土 | 2009年12月29日 (火) 18時59分

自民党は、鳩山首相の偽装献金を通常国会で断固追及するということですが、
私も含め、国民は鳩山首相に続投を求めている声が多いのも事実。

私には何故、民主が与党になった途端、鳩山首相と小沢幹事長の金にメスが入ったのかと勘繰ってしまう。

両者とも何十年と議員を続けていたのに、
何故、与党のタイミングで捜査されたのか。

自民からの圧力があったのではと国民の殆どは感じていることでしょう。
しかし自民の今までの金絡みの汚さは、どうだったでしょうか。

自らを反省することなく、敵失だけで国会に臨み、せっかく国民の力で勝ち得た政権交代を、自民に比べれば大したことのない資金をいつまでも攻撃し、この国をまた
元の自民党政権に戻そうとしている。

もう私たち国民は、自民党の政策は一切信用しません。
過去何度、騙されたことか。
自民党は民主を批判する際「公約を守ってない」と言ってますが、
まだ4年経ってません。

自民党は鼻から公約を守るつもりもなかったではありませんか。
守れなかったことと、鼻から守る気もないとでは全く意味が違ってきます。

国民は自民の再生など期待していないでしょう。
与党に返り咲けば、また同じ過ちを繰り返すことが分かっているからです。

一国民として、私は自民党の解党を望みます。
日本の将来のため、是非解党してください。

投稿: 日本国民 | 2009年12月29日 (火) 19時08分

石破先生こんにちは。
今年は激動の年でしたが、本当にお疲れ様でした。
私は先生の隣の県で小さなお店を営んでいるのですが、景気の波に大きく揺られ、先生のブログを拝見しながら、いろんなことを考えさせられる一年でした。

どうぞお身体を大切に、日本の将来のため、来年も益々のご活躍を期待しております。

投稿: caramel | 2009年12月29日 (火) 19時35分

自民党再生はきびしいと思いますが、どうか頑張って下さい。

私は政権が交代してから、心の晴れる日がありません。
自民党議員のしっかりした方々をTVに出演させて下さい。
そして、今、自民党議員が何を考え、何を生み出そうとしているかを私たちに示して下さい。
心から、お願いいたします。

投稿: 阿貴子 | 2009年12月29日 (火) 20時16分

こちらこそよろしくおねがいさます。こんどは団塊世代のパートさん達に小中2800校耐震工事先送りの話をして民主党が子供の命を軽んじているなど民主党には投票してもらわないように頑張ります。

投稿: ひすい | 2009年12月29日 (火) 20時20分

いい文章を読ませて頂きました。過去の仕事内容はともかく、これからの自民党を変えて欲しいと、願っています。今のままでは、仮に鳩山政権が倒れても、民主党政権が続くでしょう。来る年に期待しています。少なくとも、鳩山さんには、辞めて頂かなくてはなりません。来年を、いい一年にしたいものです。

投稿: 大倉克敏 | 2009年12月29日 (火) 21時01分

石破先生

 いつもお疲れ様です。
 初めて書き込みさせていただきます。

 テレビと新聞は圧倒的に民主党擁護ですよね。
 個人の声が反映されるネットとは大違いです。

 私は、自民党によるネットでの広報活動はとても良いものだと思っています。しかし、ネットは見ようと思った人しか見ません。
 不特定多数に対して放送されるテレビとは影響力が違いすぎるように思います。
 民主党が牛耳っているマスコミに対抗するとすれば、都会も田舎も問わず、各地で街頭演説をしたり、ビラを配ったり・・など、地道で、広範囲に訴える事が出来る広報活動が必要な気がします。新人もベテランも、自民党総手になって行う必要があるのではないでしょうか。

 また、少し話が変わりますが、今月21日に憲政記念館で行われた緊急国民集会に私も参加させていただきました。
 この集会に行ってみようと思ったのは、平沼氏や安倍氏など、著名な方がいるという安心感があったからです。(思いがけず石破先生のお話も聞けて、とても良い経験になりました。)
 私のように、抗議運動に今まで参加したことはないけれど、民主党に対してこのまま黙っていられない、自分も何かしたい・・と思っている国民は多いのではないかと思います。
 有名な政治家の方々が率先して呼びかけをしてくれれば、より多くの国民が集まるのではないでしょうか。実際に見える形で抗議の声が起これば、民主党にとっても脅威になると思います。
 今回は政治家同士の戦いでもなく、選挙のための戦いでもない。売国政党・民主党と日本国民の戦いだと思っております。恐れ多いながら、つたない提言をさせて頂きます。

 それから、先生が新年から訪米するというニュースを見ました。
 民主党と違って、アメリカと実りある会談をなさってくださる事を期待しています。
 しかし、身辺には十分お気をつけください。何が起こるか分かりませんので・・。(民主党は、何をしてくるか分かりません・・・)

 日本にとっても、先生にとっても、2010年が良い年になるように祈っております。
 それでは長々と乱筆失礼致しました。

投稿: TN | 2009年12月29日 (火) 21時27分

石破先生

初めてお便りします。

もともと自民党支持者ではないのですが、鳩山政権、民主党政権に耐え難い怒りを感じ、救いを求めて先生のブログにたどり着きました。

いま期待できるのは先生だけです。
いまのままでは、来年の夏には民主党の絶対独裁体制が完成してしまいます。
正しいことが行われない世の中になってしまいます。


今の自民党には期待できないけど、

石破先生
来年がよい年になるよう先生には本当に期待しています。

投稿: 自民党支持者ではないけど | 2009年12月29日 (火) 21時46分

石破先生お疲れ様です。
どうぞお身体を大切になさって下さい。来年も先生のご活躍を楽しみにしております。

投稿: ことり | 2009年12月29日 (火) 22時42分

大激動2009を見てました。
民主党、新人は選挙の為に政治に携わりっていると感じました、特に福田議員等は使われている感じが出てます。アレでは政治屋の為の投票マシーンでしかないと思えます。
対比として出ていた小泉議員は逆でしたね
かなり、勉強しているんじゃないでしょうかね~
蛙の子は蛙だと思いました。幹事長に桝添さん、山本一太さん等の名前も出てて面白いと思ったんだけど、長老のせいで大敗したんですね残念でなりません。ですが同じ風は二度吹かない、強く自分達に吹き込ますには熱い思いと意志、正攻法での正面突破しか無いと思いますが?

投稿: 時貞 | 2009年12月29日 (火) 22時46分

連日ご多忙の様子で、たいへんお疲れ様です。
年越しそばのお話、お若い先生の健気で少し可愛らしい姿が目に浮かび、何とも言えず暖かな気持ちになりました。

さて、この夏の選挙前に職場の人達と民主党のマニフェストについて話す機会がありました。
私は自分で車を運転しますので、高速道路無料化を例にして反対の立場を取っておりました。
高速料金は安全な道路を保つ為の補修費、サービスエリア等の従業員さんのお給料にも使われているのだから、快適なドライブの為にお金を払うのはやむを得ない、という理由です(少々高いとは思いますが)。
すると、自民党不支持(民主党支持ではなく)であり車を運転しないの人から
「高速料金によって道路族の族議員が私腹を肥やしているのだから無料化は正しい」との反論をされました。
当事者が払うと言っているものを、部外者が「払う必要ない」と言う、なんとも奇妙な逆転現象でした。
族議員が私腹を肥やす、ということの実態はどういったものなのでしょうか?

ちなみに私も土休日上限1000円の恩恵に預かりたかったのですが、ETC車載機の品薄だった頃に見合わせているうちにETC導入の機会を逸してしまいました。
万が一高速無料化が実現してしまったら全くの無駄になってしまうので、こんなハッキリしない状態のままではETCを付けられないのです(怒)

話がそれましたが「朝ズバッ!」で石破先生がおっしゃっていた、自民党の悪い部分と言われる『族議員とは何なのか、天下りとは何なのか』というお話を、感情的な批判や弁解などではなく、客観的な事実としてぜひお聞きしたいと思いました。

来年もより一層お忙しく活躍されることと思いますが、
どうかお身体をお大事に、良いお年をお迎えください。

投稿: 桐生浅葱 | 2009年12月29日 (火) 22時59分

ありがとうございます、気にかけていただく幸せを感じます、石破代議士も良いお年をお迎えください、と言うよりも、我々にとって、良い年にしてくださいね。
書きたい事は胸にあまりあります、が、あなたの負担にならないよう、書きません。
御自愛いただきますよう

投稿: 岩城隆良 | 2009年12月29日 (火) 23時00分

石破様

連日のマスコミ出演お疲れ様です。

依然としてマスコミには無知なコメンテーター中心に鳩山内閣に期待する声が強いように見受けられますが、徐々にその勢いは弱まっているように思います。

先日、NHKで解説委員が総出演し、「鳩山内閣誕生100日」をテーマにディスカッションする番組が延々数時間放送されました。
番組の中で、国民からの鳩山内閣への意見がかなり流れましたが、70%以上は批判意見でした。

年収制限のない子ども手当や高校無償化など無知な国民受けを狙った政策や金銭問題などへの批判意見が多数しめていました。
賢明な国民は真剣に日本の将来への危機感を持っています。彼らは我慢できなくてネットやFAX経由で投稿したのでしょう。

また、新聞各紙には、高校無償化予算のため、公立小中学校の耐震化が大幅遅延するとの記事が出ておりました。
万一人口密集地で四川大地震や阪神大震災のような大型地震が発生し、校舎が倒壊し大勢の子ども達に犠牲者が出たら、政権は責任をとる覚悟があるのでしょうか?

思いつきやビジョンのない政策を強引に遂行しようとする内閣・政党は必要ありません。

石破様の活動が1日も早く実を結び、救国内閣を確立されることを切に祈っております。

年明け早々訪米されるとのことですが、どうかお体に気をつけて。

投稿: 現実主義者 | 2009年12月30日 (水) 00時06分

自民党にとっても、国民にとっても本年は未曾有の困難な年に成りました。来年こそは日本の100年を見据えた政治が行われることを希望しております。本コメントにある様に国民の自民党離れは深刻である事を実感されている石破政調会長が真剣に行動を起こす事がこの国を救う事になります。なぜ今のような腰抜け自民党に成ったのかもう一度考え直し、行動を起こす時です。数を頼むあまり、信念が相容れない公明党等と共闘する事も大いに堕落する原因を作ったのではないでしょうか。最近の公明党の自民離れは丁度良い機会です。この際、自分たちの理念を共有できる仲間でまっさらな組織を立ち上げて再生してはどうでしょうか。アメリカ大統領選で採用されて居る様なネット献金システムで資金を集められるような方法で新党を立ち上げてはどうでしょうか。枝葉末節の党利党略を中心に活動するのではなく、真にこの国をどうしたいか、何をしたいのかを真正面から論議していける党を立ち上げては如何でしょうか。
国会議員の定数を半減させまず、自分たちの血を流し、痛みを受ける覚悟を示して、中選挙区制に戻る提案をしてみてはどうでしょうか。地域に密着などというのではなく、国政と地方の政治を切り離し、国政は国防、外交、教育、産業政策に集中した体制とし、それ以外は全て地方に分権しては如何でしょうか。思い切った提案こそが国民が自民党が覚醒したと実感できる事に繋がる筈です。来年早々にも行動を起こされる事を期待します。お身体に留意され国事に奔走される事を期待しております。明治維新の本当に中心に居た人達は明治政府に残られた方は少ないのです。途中で命をおとされた方も多いのです。それでも、維新は達成されたという純粋さが流れを作り継続させた事実を思い出して欲しいと思います。

投稿: 大平 喜由 | 2009年12月30日 (水) 00時12分

まず自民再生の第一歩として、民主党に対しての批判は「マニフェスト原理主義」「マニフェスト詐欺」のどちらかに統一しないと、頭の悪い集団だと思われてしますでしょうから、統一する事をお勧めします。

来年の参議院選挙を無事やり過ごし、4年後の衆議院選挙までには、「とにかく民主党政権を代えたかったから」という国民の受け皿として、自由民主党が健在である事をお祈りします。

そのためにも、与党に擦り寄る離党者をどれだけ食い止められるか?が執行部の最大の命題の一つになるでしょう。国民は発言以上に行動を見ていますし、記憶しています。反省を生かして是非頑張って下さい。

投稿: oil_king | 2009年12月30日 (水) 00時18分

今年も多忙だったと察するに余りぁりますが、来年も素敵な年を迎ぇてくださぃ♪
ぉ身体御自愛くださぃ☆

投稿: 純香ママ | 2009年12月30日 (水) 00時26分

石破先生のブログを読む度に、民主党政権でボロボロにされる日本を救う手段はまだあるのだと勇気付けられます。

年末年始ご多忙とは思いますが、体だけは大事にしていただいて、日本の為、日本人の為に頑張ってください。

麻生先生の政策は間違っていなかったと信じています。
そして閣僚であった石破先生の姿勢も素晴らしかったと思います。

今はテレビ・新聞が民主党寄りの報道を繰り返していますが、若者はみな気づき始めています。

「民主党はおかしい」と言う事を!

投稿: kensuke | 2009年12月30日 (水) 00時43分

体調に気を付けて、お仕事頑張って(頑張っているのは判っていますが)下さい。

投稿: お疲れ様です。 | 2009年12月30日 (水) 01時16分

おっしゃる通りだと思います。
今、自民党がやるべきことは、仲間内の勢力争いではなく、やみくもに「公約違反だ」と噛みつくことでもなく、50年後100年後を見据えたしっかりした、かつ希望を持てる政治ビジョンを打ち出すことだと思います。
 今、Yahooニュースの「石破氏、訪米」の記事についているコメント、ご覧になりましたか?たくさんの応援コメントが寄せられています。ここで石破氏に頑張ってもらわないと・・と思っている国民はとても多いのだと分かります。どうぞ、ご自愛しつつ、頑張ってください。

投稿: こちづ | 2009年12月30日 (水) 02時29分

石破先生、今年はあらゆる意味でお疲れ様でした

さて、国民の政治への感じ方は悲しいことに、どう見ても真剣に向き合ってあっていないと思います

逆に政治へ関心を持ってる人はほとんど自民支持です

ぶっちゃけ「朝ズバッ」の場合はもともと司会者が民主支持なのであんま気にしなくていいです

ただ少し思うんですが宮崎市長の件は、何があんなに批判を食らったかは、「自民党の中で思想が一体化していない」点だと思います。あの時総裁は難しいができれば力うを借りたいという統一意思ができていれば、たぶん評価は変わっていました

民主党の参議院選候補の顔ぶれを見て、思いっきり人気とりにしか見えんと思いました

私は今回自民党は、地方の首長などの実力者に真摯に訴えかけることが必要だと思います。宮崎知事も含めてです

ただの人気取りでなく、真に国を憂うものとしての協力要請です

今まで政治に無関心であった人も、いま少しずつ無関心でいられない状態に気いづいています

政治家の原点は国を良くすることであって権力や自己利益のためではないのではないでしょうか

自民党自体がもう体質を変えられないほど腐っているとしたら、石破さんは逆に新党立ち上げするべきではないでしょうか

今までの自民政権やほかの政治家に対しても言えることですが、政治がわからないものであるなら、分かりやすくする
(実はまだ自民党が与党であった時代正直自民党嫌いでしたが、石破さんがわかりやすく説明をする姿を見て、この人は本当に頭のいい人だと思ってました)

国会議員が自分とかけ離れた存在なら、バラエティでも何でもいいからもっと露出してより国民に近いものにするべきではないでしょうか

石破さんは自民党だけでなく、国政全体として見ても最後の切り札です

太田総理で民主党は失敗したら自分でその被害を払えという議論の中で、他の自民党の方がそうだと言いまくっているときに

石破さんが「国民は選ぶ責任がある」と反対した時、立場がどうあれ変わらない信念を感じました。その時から大ファンになりましたが

悔しいかな今の自民党には信念が足りない
政権や選挙の勝敗を気にするくらいなら、民主を良い方向に導くことを考えてほしい

ただ民主党聞かないですけどね・・・

石破さんは数少ない「政治屋ではない政治家である」と思っています

これから民主への異常な擁護も少しは減るはずです。だから・・・自民全員で政治屋ではなく政治家になろうとしてほしい

そのためには、自分たちの不正も清めなきゃいけないし、もっとわかりやすく自民はこうだというのを出してほしいのです

はっきりいえば民主はあまりにひどい

しかし長いこと政治が分からないと思ってきた人にとって、自民も民主も大して変わらないと思われているのも事実です

自民が本当に目指さなきゃいけないものは
分かりやすくかつ信念ある政治だと私は思います

ここからが踏ん張りどころです
おそらく現政権は間違いなく支持率が下がってて行きます

しかしその受け皿に自民がなるとも思えないのです

谷垣さんが全員野球を目指すなら、若手の意見でもちゃんと真摯に受け入れるべきでした。だがそれすらもできていない

自民はまだ変わらなくてはならない
そのためには総裁、3役を含む再選挙が必要だと思います

推薦人を集められるような人では逆にダメなのです

そういったしがらみをなくさなければ、それこそ誰でも一緒です

議員でなくこの苦しい時に自民を支えてくれる党員さんの意見こそいちばんだいじにしなきゃいけないものではないでしょうか

(実は私は党員じゃないんですが)

国益を考えることと、政権能力という点では圧倒的に自民が優れていなす

真に注意すべき人は民主の幹事長ではないでしょうか(政治屋のプロフェッショナルかもしれない)

今は裏に隠れていながら圧倒的な影響力を持っています

これを引きずり出すことはかなり重要ではないでしょうか

特に今は自民は野党なので刺し違えてでもという覚悟がほしいし見えないと思います

参院選で3分の2の賛成があれば憲法さえ変えることができます(衆院は3分の2近くまで行ってますよね)

それだけは何とかして防いでほしい
外国人参政権など何が国民にとってプラスになるのか説明すらなく進まれてはたまったものではありません

だからもっと自民党様全員で死ぬ気で参院選に臨んでほしいと思います

石破先生だけはそれが見えるんですけどね…

投稿: ちぇりぃ | 2009年12月30日 (水) 02時33分

だまされてますよ、石破さん、スタジオだもの、そう言う人しか集めないんですよ。
だいたいTBSなんて、「報道テロ組織」としてネット世論に知られているんだもの、何ひとつ信用できませんって。
「やらせ」「字幕偽装」「インチキアンケート」「サブリミナル」ありとあらゆる方法で国民を洗脳する最悪局ですから。
もっとも、知ってて言ってるのかな?
鳩山なんて、ネット世論では、支持率なんて2%だし、期待どころか、「思った通り」ダメダメでした!ってだけですよ!

投稿: モスラ1999 | 2009年12月30日 (水) 02時59分

 石破さんの、真面目な姿勢には共感を覚えるところが・学ばせられるところがあります。

 私自身は、いわゆる無党派層です(政党ありきではなく、その時の判断で投票します)が、その時の判断は、「どちらが国の事を考えているか」ということかもしれません。

 石破さんが国の事を考えている政治家ということは伝わってきます。
 ただ、自民党は…というと、やはりまだ信じられないところがあります。

 「それでも鳩山内閣に期待するか」については、私も、期待はします。
 その心は、自民党が変わっていない…というだけではないのです。
 要するに、まだ完全に見はなすほど時間がたっていないという単純な所だと思います。
 
 国民は(自民党の時もそうでしたが)、政治というものが、すぐに結果がでない・時間がかかることはわかっています。
 その上でその結果と、さらに、政治に向かう姿勢・在り方というものを見ているのだと思います。

 民主党は、??が見えてきましたが、それでも、まだ、「時間」のところで期待を捨てていない…ということだと思います。

 いずれにしても、自民党は、なぜ変わらなければならないのか?
 どう変わらなければならないのか?
 を、しっかりと考え、実行してほしいものです。

 もっと言えば、

 そもそも自民党とは何か?
 自民党を継続するべきか? 

 という根本的な問いからスタートした方が良いかもしれないとすら思えます。

 「私の為」ではなく、あくまでも、「国の為に」という視点で。

投稿: 橘優 | 2009年12月30日 (水) 04時25分

石破先生 おはようございます

まったく 先生のおっしゃるとおりと
思います

ここ数日来 私の頭に浮かんでくるのは
「攻撃こそ 最大の防御なり」

今の自民党の議員さんには
それが感じられません

攻撃こその 攻撃とは 相手をやっつける という事もあるかもしれませんが
「前進する 良き方向にどんどん前進する 努力をする・・・努力を怠らない」 ということだと思うのですが

自民党の声が あまり聞こえてきません
体力的に 前進する力がないのでしょうか? 老人が多いのでしょうか?

民主党は 攻撃と前進を続けて・・・
続けて 続けて・・・
総理に見られる様な無責任な言葉も一緒に並べ続けて(攻撃 攻撃で)
政権を取りました

しかし 政権を取ってからは ボロが
見え見えです

こんなときに 自民党がしっかりして
国民のための 良き政治を行いますという 攻撃 前進をしてほしいと
思うのですが・・・

覇気がなくなっているのでしょうか
老体の党なんでしょうか
(失礼の件お許しください (-_-;) )

チャンスは いつもあると思っては
ダメだと思うのですが・・・

石破先生
お疲れと思いますが 日本をどうぞ
よろしくお願いいたします  


自民党の議員さんに お願いします
 自民党なら こんな風にする
全議員が まとまって 頑張っている
というところを 見せてほしいと思います

「攻撃こそ 最大の防御なり」
「前進する 良き方向にどんどん前進する」
自民党であってほしいと思います

私は 自民党の石破さんに 1票を投じたいと思っています

投稿: 日神子 | 2009年12月30日 (水) 05時55分

石茂さんのぶれない発言に多数の国民が信頼と希望を持っていることを決して疑わないでいただきたいと思います。
日本国そのものを否定する反日の輩が権力の中枢に胡坐をかいている現状をいち早く打破していただきたいと思います。
愚民政策キャンペーンに国民は騙されました。
しかし、多くの国民はすでに気付き始めています。

石茂さんに期待しています。

投稿: 岩渕 伸二 | 2009年12月30日 (水) 08時13分

いつもブログを拝見させていただいています。コメントするのは初めてです。
昨日の朝ズバッ。私も拝見しましたが、報道、とりわけTBSの報道には小指の欠片ほどの信頼もおいていないので、スタジオのアンケートも「あ~、TBSお得意の仕込みが今日もうまく出ているな」くらいにしか思っていません。
自民党には期待出来ないというのもあながち間違ってはいないと思いますが、私は「それでも鳩山政権に期待する」2/3というのは民意とは全く感じていません。

投稿: レプラカン | 2009年12月30日 (水) 08時26分

自民党再生について、石破先生はどうお考えなのでしょうか?
「不必要なことをしない政府」「品性ある国民、品格ある日本」では、内容がよく分かりませんし、また単に「保守主義」を掲げるだけでもインパクトに欠け、お茶の間有権者や無党派層には受けないのではないでしょうか?

もし先生が、そして自民党執行部が「族議員との決別」を本気でお考えなら、お茶の間有権者や無党派層の共感を得られるでしょう。

「族議員」を名指して除名処分にできるかどうか?

私自身は「族議員」だけが悪いとは思いませんが、そこまでやらないと自民党への信頼が戻らないのではないか?そんな気がしています。

投稿: 木内 | 2009年12月30日 (水) 09時11分

政権交代のおかげで、今の政治、今までの政治を考え直す機会が多くなりました。

言いかえれば、自民党政権時代は、見えないところで色々あるみたいだけど、任せていれば、大丈夫。でも、民主党政権は国民がしっかり見ていないと何をするか解らないという不安があります。

先日のテレビ出演の際、石破さんが言われていましたが、前回の衆議院選挙で、国民は民主党を選んだのではなく、自民党を選びたくない国民が多かったという事が事実だと思います。民主党の政権交代が民意であったかどうか…、それは少し違うと思います。

しかし、子供手当、高校授業料無料化、暫定税率廃止これらのバラマキ施策に反応し、民主党支持に回った票は非常に大きいものがありました。(正直、ここまで票差が出来るとは思っていませんでした)

私は民主党に政権を渡す事に危機感を持っています。いくつか理由がありますが、それに関係なく支持する人も多いのです。

多分、家庭の財布を預かっている主婦層がその殆どだと思いますが、それも国民の意見であることは間違いありません。ただ、この層は非常に短絡的で信念というものはありません(と思います。)。

今の民主党に政権を渡しているのは本当に不安です。
①政権がどうなろうと、国として一本の筋を通して行くためには、官僚の力、役割も必要なのではないでしょうか。今の民主党の政治家主導で本当に官庁の仕事はできるのでしょうか。優れた人間が官僚を目指し、そこで業務を行う事は、日本を支える大切なロジックだと思います。
②コンクリートから人へ…企業なくして雇用はありません。確かに企業との癒着という問題があることも事実です。しかし、それを撲滅する為に企業支援をしないというのは本末転倒です。家庭にお金を配っても経済の先行きが不安であれば、預金に回るだけで、経済効果は皆無と言えます。
日本を強くするためにも、企業を強くするためにも公共投資は必要です。
③日米安保保障条約に関して、民主党は何を考えているのでしょうか。これに関しては石破さんの言われるとおりだと思います。国民の生命、財産の安全の為にアメリカとの関係形成は必須です。もちろん、自衛隊を強化し、自国防衛を自国の力で行うという事であれば別ですが…。

今まで、私は本当に政治に対し興味がありませんでした。どこの支持する政党をありませんでした。

しかし、政権交代で自民党に対しての見方が変わりました。石破さんの論理的かつ斬新的な思考や発言に感銘を受けています。

長々と書きましたが、どうか、これからもがんばってください。そして新しい自民党を創り上げていって下さい。応援しています。

投稿: 会社員 | 2009年12月30日 (水) 10時38分

石破さん

スーパーモーニング拝見しました。
民主の若手相手に噛み合わない議論、歯がゆいです。
民主細野さんに、普天間問題等について「いっしょにやりましょう」とおっしゃっていましたね。ますます負担を増やされて、お体は大丈夫なのでしょうか、心配になります。
今の自民党では、石破さんは大変貴重で重要な戦力です。お仕事が増えるのは当然です。けれど過労で倒れてしまうのではと不安になります。
どうかお体をお大事になさってください。応援しています。

来年が自民党再生スタートの年になると信じています。
どうぞよいお年をお迎えください。

投稿: タカラ | 2009年12月30日 (水) 11時57分

石破先生はじめまして。
今年1年ほんとうにお疲れ様でした。
衆議員選挙では残念な結果となってしまいましたが
澱んだ水を交換するよい機会になるのではないでしょうか。
鳩山政権発足後100日を過ぎ、やはり日本国の舵取りは
自民党にお任せするのが最善であると改めて思いました。
来年は夏に参議員選挙がありますね。
今度こそ勝利し、国政を正常な方向へ導いていただけることを
期待しています。
来年も波乱の年になるかもしれませんが
是非”強い自民党”としての奮起を期待しております。

それでは、石破先生もよいお年をお迎えください。

投稿: まこ | 2009年12月30日 (水) 12時04分

総選挙の前と後に2回、小さな会合で地元選出民主党衆院議員の話を聞きました。知性も教養も感じられず今回落選した自民党前議員とは雲泥の差でした。勢いというのは怖いものですね。

それでも私自身は小選挙区は自民党でしたが、比例は民主党に投票しました。

仰るとおり「自民党よりまだマシではないか」ということです。次の参院選では民主党の暴走を押さえるためにも自民党にがんばって欲しいと思います。ただ、今の自民党が「民主党よりマシになった」とはまだ信じられないところがあります。

どうか年が明けたら自民党が進化したところを見せて下さい。落選した派閥幹部が参院比例区にズラッと並ぶようでは国民の信任は戻ってこないと思います。

投稿: 広島県在住 | 2009年12月30日 (水) 12時43分

石破先生
本年も、色んな事をブログで示唆して下さいましたこと、ありがとうございました。

くれぐれもお体に無理なさらず、
来年もゆっくりブログ更新して下さったら無上の喜びです。

先生も、よいお年をお迎えください…

投稿: ゆか | 2009年12月30日 (水) 14時50分

毎日のご活躍、テレビ新聞等でも拝見しています。孤軍奮闘というか、自民党内で一人突出の活躍されています。
 公平な目を持つ多くの国民は、最も信頼し、頼りになる政治家の一人として期待を寄せています。
 皆さんそれぞれ頑張っておられるでしょうが、国民の目にはなんとなく元気なく存在感の無い党になったように映っています。
 どうぞ、先生の強力な力で政権奪回を勝ちとって下さい。

投稿: 青山良市 | 2009年12月30日 (水) 16時29分

石破先生のおっしゃる通りだと思います。
自民党は野党慣れしていない。

普天間基地問題、総理の疑惑献金問題、脱税、63年ぶりの税収を上回る国債発行などの経済危機、今は与党を攻撃するビッグチャンスだというのに、自民党は手をこまねいているように思える。

諸葛孔明の「泣いて馬謖を斬る」という名言がありますが・・全体の規律のため、どんな優秀な人材でも斬るという意味ですが、自民党もそうすべきだと思います。

ダーティーなイメージの人は離党してもらう…そういう思い切った行動をしない限り、小沢や鳩山総理を攻撃するにはインパクトには欠けるし、国民は納得しないのではないでしょうか?

それにしても、小沢は変わりましたね。
昔は、1党独裁の長期政権ではなく、米英のような2大政党が,交替に政権が変わるのが望ましいという考えだと思っていましたが・・・。
今では、民主党が巨大政党になることと、自民党を完膚なきまでに叩きのめすことしか考えてない。
野中さんが、恥を忍んで会見を望んでも会おうとしない…冷酷な人になりました。
本当に彼には愛国心があるのでしょうか?

今、日本はアメリカから信用できない国と思われ、どんなに媚びへつらっても、中国や朝鮮は、日本が過去にしたことを忘れているとは思えません。
日本は孤立状態にあるといっても過言ではないです。
でもほとんどの国民は、平和ボケで日本の危機的状況が分かっていません。
それが一番深刻な問題です。

マスコミも酷い。
テレビタックルで、自民党敬遠していた田原さんが最近、自民党応援しているような言動とったら、3月で降板するらしいですね。
昨日「学べるニュース」の池上、元nhkアナは民主支持を全面的に押し出し、事実を捻じ曲げ、偏向報道も甚だしかった・・北朝鮮の女性アナを思い出し、途中でチャンネルを変えました。特に初めの朝日新聞以外はダメな新聞という見解には、笑ってしまいました。読売や日経が小沢の土地購入のための4億円疑惑報道には、検察庁がリークしたに違いないと真面目な顔で言っていました。

民主党にも、憂国の志士は沢山いると思います。いつか自民党もそういう方たちと連立して、政権奪回をするという道もあると思います。
頑張ってください。
良いお年になるようお祈りしています。

投稿: 万葉 | 2009年12月30日 (水) 17時39分

はっきり言って、鳩山の金の問題は追求しても支持率そんなに下がらないと思います。
赤城さんの絆創膏の報道から明らかに、マスコミ特に朝日テレビの報道ステーションと朝日新聞は情報操作しています。
事実上、民主主義なんて国民は自分たちに主権があると思っているだけで、マスコミが握っているのです。
政治の専門家ではない、むしろ何も知らないと言っても過言でない国民にメディアリテラシーなどと説いて、マスコミを疑えと言っても限界があります。
去年、中山成彬さんの『日教組は教育の癌』発言で明らかに国民の大半は日教組に良い印象など持っているはずがないのにも関わらず、あの報道で世論では過半数の人が中山さんの辞任を要求しています。国民なんて簡単に操作出来てしまうのです。
自民党は変わったと思わせるのはもちろんですが、報道ステーションや朝日新聞と言う強烈なメディアが敵に回っている以上、選挙に際しては、『仮に財源があったら自民党を解散する。』などと豪語してもよいかも知れません。その位でないとメディアに勝てません。
ポスターも『あなたたちは子供たちの未来を奪いたいのですか』みたいな強烈なものにすべきです。

投稿: 名古屋大法学部 | 2009年12月30日 (水) 19時19分

こんばんわ
いつも、ふきんしんかもしれませんが
ブログの更新を楽しみにしております
今年一年間
ほんとにおつかれさまでした
これからもブログの更新を楽しみにしています
石破さんの応援をしてます

投稿: maruchan | 2009年12月30日 (水) 20時12分

初めて書き込みさせて頂きます。
先ず
今年一年、本当にお疲れ様でした。自民党にとっても、石破先生におかれましても 本当に苦悩の一年であったのでは無いかと 思います。
自民党政治が崩壊し、民主党政権となった 9月。10月には中川昭一先生のご不幸があり、落胆の中、自民党再生への道筋を模索される石破先生や 日本国を思う政治家先生や、不安を覚える国民にとっても この年末はやはり 明るい気持ちを持ちながら年を越すのは難しいと、今日の朝日のTV番組を拝見し感じました…。
思い起こせば 小泉政権以降 自民党は崩壊していたのかもしれません。小泉人気で味をしめたチルドレンやその他議員の方々は「選挙の顔」を模索するようになり、政治家としての己の責任を放棄していた方が多数見受けられました。 安倍政権の崩壊、麻生政権の崩壊は マスコミのバッシングに恐れをなした 責任放棄政治家の様子が国民に見せつけられました。今日 この期に及んでも あの 忘年会のVTRを見ていると その様に感じます。自由に物が言える自民党は 素敵だとは思いますが、あぁいう VTRを見た視聴者は「自民党は相変わらずだね」と感じるのです。今こそ 国民の声を聞き、民主党政権でむちゃくちゃになりつつある 日本のモラルや主権、天皇陛下への国民の心。「日本が壊れるかも」 と言う 不安。そんな 不安の受け皿に なって頂きたいとの 気持ちは 行き場を失いつつあるような。不安にかられます。
私には二人の子供がいますが 日米同盟が崩壊したら… と思うと心配でなりません。アメリカは確かに日本から金を取り上げますが、彼等は命をかけて国を守っています。 911でのテロの犠牲になった中には日本人も多くいましたし テロの脅威を日本人も感じねばならない。自国を守るという観点からも 日米同盟が崩壊すれば 日本は自ずと 自衛隊では無く 軍隊を必要としなければならなくなると思うのです。お金では代えがたい 命を アメリカは犠牲にし 自国の為 自国の信じる正義の為に戦う。戦争は勝てば一番の景気回復になるそうですが、命の犠牲はやはり重いでしょうし、日本は対等になどなりえないと思います。
今のままいけば 私の子供は戦争をしなければならないような 漠然とした不安。戦争しないのであれば 中国に呑み込まれる可能性への不安。 子供達の未来は明るいのでしょうか…
自民党の反省は 前向きな反省をお願い致したい。
悪かった点は もう 石破先生なら理解されている事と思います。
だから 良かった点を堂々とまとめて 自民党の先生方には 自信を持った上で反省点を議論して頂きたい…。
自民党の良かった点。
日本の良かった点。
否定も大切ですが 自信も大切です。
自民党政権下では感じた事の無い不安。自民党の先生方には是非ご理解頂ければありがたいと思います。
長々と書き込み すみませんでした
来年こそは 石破先生にも日本人にも良い年でありますよう
良い お年を!!
一年間 お疲れ様でした。

投稿: 優子 | 2009年12月30日 (水) 20時57分

大阪の公立高校に通う男子1年生です。
初めて石破さんのブログを見ました。銀行員だったとか、ぬるいお湯でカップ麺を食べたなど、これまでの自分の想像とは全く違いました。財閥やそういったところの出身ではないことは知っていましたが、そこまで過酷だったとは。時代が時代だったのでしょうか。私が最初に石破さんを知ったのは小泉前総理さんの郵政民営化の話が持ち上がってるころでした。父が国会中継を見ているときに隣で見ていて知りました。まだその時は政治なんて全くわからず、政党も全然知りませんでした。それからしばらくして、安部内閣発足、そして福田内閣と、自民党の総理が次々変わっていく中で、「なんで石破さんは総理になれない?」と父に聞きましたが、「まだ若いからとかそういうのもあるな。でもすごい実力者やで。」と言われました。自分は小学校時代から、なぜか軍事的なものが好きで、そういう知識を小学校時代から趣味で蓄えていました。戦争の歴史、戦争をするためには、核兵器などによる抑止力、自衛権、経済制裁、パトリオットなどの対空迎撃システム、制空権、近接航空支援など。単なる名前だけな気もしますが・・・。(全然だめですけど)なので、基地問題、北朝鮮問題などの軍事的な面でのことは、本当に一般人以上に危機を感じてるような気もします。
ですから、防衛大臣に就任していた頃の石破さんの意見にはすべて賛成していました。
それはともかくとしますが、現在は政調会長を務めていらっしゃいますね。いつも思うのですが、石破さんは、毎度毎度危険と言いますか、やりにくいような職にまわされてるような気がします。農林水産のときも、ちょうど米の偽造とかなどで、滅茶苦茶になってた頃ですよね。
でも、そんな位置に置かれても全くあせらず賢明な判断を下し、カメラの前、テレビ、国会で話してるのを見ると、「さすが」としか言いようがないです。自民党が衆議院選で大敗しましたが、私は必ず自民党が再び政権を奪還すると確信しています。普天間移設問題などを見てると、アメリカとの間に亀裂が生じてるようですごく気になります。野党時の民主党と今の民主党はいくつか言っていることが違いますが、結局、政権を奪取せんがために、あえて国民が望むように表向きに言って案を出しただけなんでしょうか。一刻も早く奪取してもらいたいです。言いすぎかと思いますが、今の私のイメージでは、石破さんは自民党の「懐刀」だと思っています。きっと鳩山総理や小沢幹事長よりもずっと聡明な政治家と思っています。
今年も大変だったと思います。休もうにも休めないのでしょうが、ご無理をなさらずあせらず、来年の常会などに備えての態勢を万全に整えてくださいねconfident
来年の自民党巻き返し期待です!!!(いえいえ本当に笑い事ではありませんが)
高校1年の癖に生意気な文章失礼しました。
「建て直す。日本を、地域を、自民党を!」
石破茂政調会長さん、よいお年を!

投稿: 藤原 | 2009年12月30日 (水) 21時16分

石破先生

昨年はほんとお疲れ様でした

確かに鳩山政権の迷走続きには国民の大半は不安を感じていると思います

でも、国民の大半はは「それでも政権交代を支持する」が正直な気持ちかなと思いますね

例えば普天間

ヘノコ案って日米協議の協議の結論で、しかも米側が一定の妥協というか譲歩しての結論なんだよね。たぶん

それに米軍基地を受け入れる市町村ってたぶんなくて、しかもスマートな海軍やエリート空軍、庶民派陸軍でもなく、荒くれ者海兵隊なんてね。ガダルカナル、サイパン、硫黄島、そして沖縄で死闘を展開した海兵隊なんてとんでもないよね。次は負けないぜ、って。

沖縄の基地を減らすのは1945年に沖縄を守れなかった日本人の使命なんだよ。

そんな普天間を県外に移設できるとすれば今しかないんだよ。政権交代後数ヶ月の今しか。
自民にはできないと思うな。俺は。

石破先生

自民党はどっちをとるかな

日米安保の現実路線か

日本人の思いか


俺は後者を望む


じゃあ、よいお年を

投稿: マイセン | 2009年12月30日 (水) 21時41分

お世話になります

年が変わってからが民主党との国の存亡をかけた戦いになるでしょう。
民主党の成長戦略がでましたが自民党は出してはいただけないのでしょうか?
成長戦略もより現実的に市井から求めるというのはどうでしょうか?
新技術のiPS細胞に関してはES細胞とは異なり倫理的な問題が少ないです。臓器への分化を目指すとか、民主党と違い明らかな方針というのはどうでしょうか?
雇用対策ですが、今職を失っているのはスキルが高い人材ということはないのでそれに対する対策を出してはどうでしょうか?
日本国内では投資効果の高い公共投資はあらかたやりつくされたのではないのでしょうか?
そこで、日本企業のインド進出のためのインフラ整備をODAと組み合わせてというのはどうでしょうか?国内の失業者の中の経験者を指導者として働いてもらうというのは法的には無理なのでしょうか?
インドへの進出援助は中国でのリスク回避には必要ではないのでしょうか?
中韓の日本への暴言等におよびごしになるのは、進出企業等の問題もあるのではないのでしょうか?また、インドへのインフラ整備では日本の規格で行えばその地域でのデファクトスタンダードになれば戦略的には正しいのではないのでしょうか?

参議院選挙では決して民主党の過半数を阻止するために、実力のある若手の地方議員を候補者に選んでいただけないでしょうか?民主党の地方分権に対抗できますし、自民党の生まれ変わりにもなります。

長くなりましたが、これからもがんばってください。

投稿: 山際 貴雄 | 2009年12月30日 (水) 22時14分

普天間代替基地問題解決方策について。
普天間代替基地は航行能力のない超巨大空母みたいな構造にして辺野古地区の沖合の領海外に設置したらどうでしょう。辺野古地区に後方支援基地だけつくり、乗組員は船かヘリで交替する方式にします。そして基地の運用要員は日本人としアメリカはヘリの要員のみとする案です。空母の乗組員は約5000人ですから航空基地ともなれば何万人と必要です。自衛隊の退役者を要員にすれば訓練の手間が省けるし軍事秘密保持にも問題ないと思います。辺野古地区は後方支援基地だけですから手間が掛からないし日本人の運用要員ですから家族も含めたら膨大な人数の人口になります。設計や建造そして予算の問題だけ解決したら実現可能では。
この問題解決にからんで自衛隊予備役を改定して「防衛予備企業」と「登録予備自衛官」を新たに設けます。「防衛予備企業」とは外国で言う「民間軍事会社」の日本版で自衛隊の後方支援業務を任せる会社で社員は全て登録予備自衛官とします。自衛隊の業務をそのまま行うので召集訓練の必要はなく有事の際には会社ごと部隊として自衛隊に組入れる事が可能です。平時には民間会社として後方支援業務を行うのでその分の現役を戦闘部隊に回せば自衛隊の定員を減らさずに能力の向上が可能です。防衛予備企業には海外活動や情報活動を専門にさせたり、在日米軍基地の業務も1部行わせ保安業務や代替航空基地の運用も任せたら良いのです。私の私案ではありますが一考の価値はあるでしょうか?

投稿: 岩本 | 2009年12月31日 (木) 03時14分

(*゚▽゚)ノ疲れ様です

来年の通常国会で小沢が永住外国人の地方参政権を認めさせる法案を提出するとニュースで耳にしました。
日本を守る為にも断固として自民党の皆さんで阻止していただきたいです。

ではよいお年を(=゚ω゚)ノシ

投稿: 器千沙男 | 2009年12月31日 (木) 05時46分

いつも拝見させて頂いています。
以前より自民党支持者です。
先生はブレない、信念があり応援をしています。自民党の若い人達の意見をもっと前面にだすべきです。年寄り議員は縁の下の力に徹してほしいですね。

投稿: 未来 | 2009年12月31日 (木) 10時11分

今年も一年、お疲れ様でした!(・∀・)
テレビ出演もたくさんされてて、風当たりが強い中大変でしたね(u_u。)

来年は日本人と自民党にとっていい年であるといいですねsun

テレビでは、今は野党なので、割って入って話さないとなかなか聞いてもらえなさそうですね、鳥越さんとかはわざと発言の機会を飛ばそうとするし・・・┐(´д`)┌

今後は、話題に上っていない、民主党のイカサマを質問の形で暴露していくのも必要なのではないのでしょうか?自民党らしく王道でいて欲しいのもわかりますが、テレビしか見ていない人からすると、画面の雰囲気しかわからない場合もあるので、司会者やコメンテーターが味方するほうが正しいんだろうなーと漠然と思っていると思います。

民主党に正攻法でいっても平気で嘘をつくので、一目で理解できるような証拠持参で挑んでいただきたいです。

テレビを見ながら茶の間でしか応援できませんが、応援しています、頑張ってくださいませ!!!

投稿: かお | 2009年12月31日 (木) 10時16分

始めまして。
TVでは良く拝見・拝聴しております。
成長2%に対する、ご批判ですが、その資格はないのでは。?こんな住み難い社会が出来たのは、あなた達のせいではありませんですか。人の批判は、「人の振りみて、我が振り直せ」ではないのでしょうか。自民党の大半は反省ってしないのですね。今後の「ご活躍を期待します」。67歳でも見た目は30歳と人から言われます。毎日が反省の日々です。

投稿: aiproject | 2009年12月31日 (木) 12時13分

北海道出身の中川先生には間違った支配の恐ろしさがDNAにインプットされていたせいか犠牲になる国民のことをとても心配されていた様子がテレビからも伝わっていました。石破先生は年末年始、父や夫を亡くした遺族を訪ねられますか、できることならば今一度中川先生の写真を前にされ涙してみるのも。

投稿: 今年亡くなられた | 2009年12月31日 (木) 12時22分

「普天間代替基地問題解決方策私案」
普天間代替基地は埋立て工事による航空基地を建設する事が間違いであり、私は以前建設工法の1案となっていた浮体工法を発展させた物を提案します。簡単に言うと私の私案は航行能力のない超巨大空母みたいな物を建造する事です。それを辺野古地区の沖合の領海外に設置したらどうでしょう?屁理屈かも知れませんが沖縄以外で日本国の外です。辺野古地区には航空基地の後方支援基地だけ作り補給・休養体制を万全にします。航空基地は錨等で固定していざと言う時には曳船で引いて動かせる様にすれば良いのです。そして重要なのは航空基地の運用要員は日本人とする事です。自衛隊の退役者を要員にすれば訓練の手間が省けるし軍事秘密保持にもなり、辺野古地区周辺に要員の住宅を整備すれば人口も増えるし良い事ずくめです。後方支援基地にも日本人を雇う必要もあると思います。アメリカ空母の乗組員は約5000人ですから航空基地ともなれば何万人も必要です。もちろん領海外に設置される訳ですから防御兵器も設置しなければなりません。日本の技術なら実現可能です。国交省や左翼系の者が騒ぐ様なら船籍をアメリカにしたら良いのです。アメリカに民間軍事会社を創り自衛隊の退役者を社員として採用したら良いのです。沖縄県外・日本国外の要件をクリアし、就労・人口問題を解決し、さらに建造に当たって鉄鋼・造船・電子・防衛産業が潤います。今の不況を脱却する足掛りになるかも知れません。もしかしたらアメリカからもっと作ってくれと言ってくるかも知れませんよ。先生の政策の参考になれば幸いです。

投稿: 岩本 | 2009年12月31日 (木) 13時19分

石破さん今年もお疲れ様でした。
「朝ズバッ」の結果はどうせテレビ局の仕込みでしょうから気にしなくてもいいと思います。実際私の周囲でも民主党の株は大暴落中ですし(笑)この間の衆院選で民主に投票した人も民主のあまりのでたらめさに見切りをつけています。
来年も期待しています。お体に気をつけて今後も頑張ってください。

投稿: はら | 2009年12月31日 (木) 18時59分

政調会長殿

民主党政権が新成長戦略を発表した。その基本方針であるので直接関係はない。但し
日本を将来どんな国にしたいのか新政権にその長期戦略は見えない。
そこで民主党が触れていない犯罪の少ない、治安の良い、夜でも安心して外出の出来る、防犯カメラの要らない社会を目指すべきだと思う。自民党の長期目標として取り組んでも良いテーマーでは無いだろうか。

犯罪の面から見て、現在の世相は戦前とどう変わったか。何故こういう時代になったのか。
思いつくままに羅列してみよう。

子供たちは外で遊ぶ機会が少なくなり、子供たちの凶悪な犯罪が多くなった。
家庭内暴力が多くなり、夫婦の離婚が多くなった。
企業では内部告発が多くなり、企業の反社会的な行為が世に出るようになった。
学校や会社などでのイジメ・セクハラが大々的に取り上げられる様になった。
夫婦の共稼ぎが多くなり、一方少子化にて子供ひとり留守番をすることが多くなった。
それにしても犯罪がしかも凶悪な犯罪が毎日全国の何処かで起きている。昭和初期には到底考えられなかった凶悪な犯罪が多すぎる。
そこで我が国の国家目標として将来犯罪の少ない安全なそして安心して生活できる国土を目指したらどうだろうか。

最近オバマ米大統領が「核なき世界」を目指そうと主張している。世界のリーダーが主張するだけに意義深い。
犯罪には国家の犯罪、社会犯罪、個人の起こす犯罪がある。
国家の犯罪は戦争であり、他国への侵略である。社会犯罪は究極には個人の犯罪に帰するものである。
最近芸能界では覚醒剤、麻薬の汚染が進んでいる。公務員の裏金づくりも問題化しつつある。秋葉原や荒川沖駅の通り魔による無差別殺傷事件は未だ記憶に新しい。これなど誰でもよかったから殺したと自供している。普通の人では到底考えられないことである。自分の思うようにならないからいって直ぐ暴力を振って殺傷に及ぶなど昔ではとても考えられないことだ。
相手を殺し切り刻んで遺棄した犯人の裁判でも無期懲役にしかならない今日である。
酒酔い運転が厳しくなったものの未だに酒酔い交通事故による死亡者は減らずに余り効果がない。
そこでこれらの犯罪を極力減らすにはどうすればよいか、
目標達成のためには先ず全国民の教育が必要である。なかんずく幼児からの育児教育、子供の家庭と学校での教育、そのモラル教育の強化による意識の改革が必要である。

目標は各種犯罪の現在の発生件数をもとにして30年後を最終目標として、その年次推移を公表しながら一層の国民の協力を得る必要がある。

また犯罪撲滅のために法律を改正して罪科の強化を図る必要がある。

飲酒運転やそれによる死亡事故がいまだに後を絶たない。それには事故を起こさなくても飲酒運転だけでも運転免許証を没収して生涯にわたって免許証は付与しないという程に道路交通法を改正する必要がある。数か月の準備期間を設けた上で、徹底的な取り締まりを行って実施すればよい。

芸能界の薬物汚染には検挙され起訴された場合は、刑期を終えても再びその業界には復帰出来ないようにすればよい。その点現在は芸能界は寛容である。犯罪を犯しても何時の間にか復帰している。これでは何時の世になってもこの種犯罪は後を絶たない。
最近の新聞にはロシアでは学生間に薬物が横行しているため、政府が全学生の血液検査を実施するとか・・・その点我が国はやることが生ぬるい。
通り魔犯罪はこれらの薬物による精神異常が隠れた原因の一つともなっているのではないだろうか。

相変わらず銃器が使用される事件が発生している。銃器・薬物などは暴力団が関与している場合が多いが、その取締りにも警察はあまり積極的とは思えない。
事件発生時ばかりではなく、日常的に暴力団関係筋には手入れをして事前に事件を防止する必要がある。事件が発生してから事に当たっても無意味である。

企業犯罪としては脱税・粉飾がある。普通企業には会計・経理の専門家を抱えており、申告漏れなどはあり得ない。飽くまでも計画的な脱税行為である。財界や政界ではバレたら返せば良い。という考えが罷り通っている。子供が万引きしても、ばれたら返せばよいという心情に通じる。

公務員の横領事件も多い。見つかった場合は横領した金額を返金すれば特に責任は追及されることもない。組織で行った横領などは誰も責任を取らないのである。軽い形式的な懲戒処分が行われるにすぎない。これには告発して裁判にかけ、金額返済については所有する固定資産をも含めての補償を求めるべきである。
政治家の収賄事件の場合は秘書が勝手にやったもので知らなかったとて、責任はすべて秘書に被せ責任を取ろうともしない。雇用と管理責任からいって当然政治家本人の責任に帰するものである。全てに国民の模範とならなければならない上に立つ政治家がこの調子では一般国民はこれを是とする。どれだけ国民の心情を害しているか。その責任や大である。
犯罪容疑者にとつてはプライバシーが過剰に守られている。反対に被害者はマスコミの餌食として公衆に晒されている。誰が考えてもおかしい。

憲法第三章「国民の権利および義務」14条の平等の原則には、「すべての国民は法の下に平等であって・・・」云々とある。これは同一の条件の下では等しく取り扱うということである。即ち個人の人権も法を犯していないものと法を犯しているものは平等ではないと言うことである。個人情報の公開は常にプライバシーの侵害という反論がある。しかし、犯罪者の場合は例外であると考える。
現行犯で凶悪犯の場合は実名、住所、年齢、勤務先名、出身地、出身学校名、父親の名前、同職名など公表して社会的制裁を加えることによって今後の抑止力となるのではないか。

犯罪の少ない国を目指すには法を整備して目標を決め、強力に推進する以外にはない。
民主党のマニフェストにないのか、犯罪に関しては何等言っていないので、自民党としてはどうだろうかと思い提言した。
 国を憂うる一老人より

投稿: 横山家郎 | 2009年12月31日 (木) 20時50分

今年は自民党を応援する私にとって、気の重い年になりました。ですが麻生元総理がおっしゃった日本人の底力を信じていたいと思います。石破先生がより一層ご活躍できますよう家族、揃って応援しています。

投稿: 四条 | 2009年12月31日 (木) 22時43分

石破先生

石破先生が発信なさるメッセージをこのブログやテレビで拝見するたびに、石破先生こそ自民党そして日本を建て直すことが出来るお方だと信じております。

民主党の支持率は当然のことながら下がって来ましたが、自民党の支持率はなかなか上がらない。
石破先生はさぞかし口惜しい思いをお持ちだと思いますが、どうか焦らずにご自身のポリシーのまま進んで欲しいと思います。

年末年始、鳥取は大雪のようですねsnow
お正月は今年のお疲れを癒すべく少しゆっくりされて下さい。そして来年もお体にお気をつけて頑張って下さいませ。
応援しております!

投稿: 春霞 | 2009年12月31日 (木) 22時46分

今年も後 一時間を残すばかり
来年には 外国人参政権も成立してしまうのでしょう…

今年は本当にお疲れ様でした。

石破先生。

よい お年を!!

投稿: 優子 | 2009年12月31日 (木) 23時06分

石破さん、明けましておめでとうございます‼
今年も多忙な日々だとは思いますが、
なによりも健康第一です。
2010年の日本!
このネガティブムードをねじふせろ!

投稿: masa | 2010年1月 1日 (金) 08時46分

石破先生 東京事務所鳥取事務所スタッフの皆様 新年あけましておめでとうございます 寅年は次の為の土壌作りの年明けであると認識しております しかしながら政治の世界そのような悠長なことでは済みませんね
一月5日から8日までのアメリカ出張日本への誤解をとき 石破茂ここにあり という主張を西村副会長と共に気をつけて行ってきて下さい 通常国会でコテンパンに民主党をやっつけ そして何よりも自民党の解党的改革をマスコミにも目に見えるかたちで示してください 出番です石破先生桝添先生 茂木先生の柱三人に あたらしい小泉四世を従え 戦ってください

投稿: 西村宏之 | 2010年1月 1日 (金) 09時42分

新年明けましておめでとうございます  先生どうか本年は、日本国が日本国らしく伝統と誠の精神の基に国造りに先生のお力添えを持ってお願いします  私は、サラリーマンですが友達と話しても右翼てきな発想のようにとられますが、私の考えとして今、この国家に必要なことは国民のご機嫌とりでなく教育です。 戦後のアメリカの支配下の下にできた教育ですので歴史認識、なにより家族愛、国家に対する愛にかけています。文が長くなりますのでこのへんでやめますが先生の今年のさらなるご活躍を心より期待し陰ながら応援します。  乱筆で申し訳ございません。

投稿: 山本卓広 | 2010年1月 1日 (金) 10時24分

あけましておめでとうございます。昨年の選挙以後の先生の活動振りは見ていて体調を崩されるのではないかと心配になるほどでした。私はいまの政権与党で日米同盟が破棄されるのではないかと心配でなりません。そして日本の国会議員でありながら日本の政権与党でありながらどうしていまの政権与党はいえ、民主党の小沢幹事長や鳩山総理はあんなことばかりやるのだろうかと思います。一国民の私でさえ、こんなに不安な思いで過ごしているのに実際に国政の現場にいらっしゃる先生がどんな思いでいらっしゃって、仕事をされているかと思うと本当に涙がでます。

投稿: 北海道の住人 | 2010年1月 1日 (金) 11時28分

応援してます!お体にはくれぐれもお気をつけて日本を立て直してください!

投稿: 19歳男子 | 2010年1月 1日 (金) 13時00分

あけましておめでとうございます。
  
 今年は、参議院選勝利。

 普天間基地問題、決断は五月に先送りになりました。参議院選に合わせた格好で、それが事実なのであれば、日米同盟を政治利用していることになり、極めて遺憾であり、あってはならないことです。移設は辺野古しかない、残念だし申し訳ないけど辺野古しかない。決断が遅れる程、普天間の住民の苦しみが長引いてしまう。鳩山内閣は、無責任だと思う。

投稿: 工藤 | 2010年1月 1日 (金) 13時01分

明けましておめでとうございます。o(*^▽^*)o
今年も色々と大変だと思いますが、頑張って下さい!
さて、私は自民党の支持者(石破さんのファンですよheart02)ですが、自民党が変わったとは未だに思いません。
何故か???攻めが全く民主党なのの与党に対し全く感じられません。
確かに自民党が与党の際に負債が増えたのは事実ですが、今の民主党執行部が自民党にいたわけだから、今の民主党執行部の一部の議員にも責任はあると思う(今更だけど・・・)今回の予算についても、国債発行44兆円も発行するなら自民党議員全員の年収の10%でも20%でも国庫に返納するとか、民主党が今やっていない事や過去やっていない事をやっていかないと無理!
年収の10%でも20%を国庫に返納してもいくらになるのか私はわかりませんが、思い切った事をやらないと、今までのイメージが強すぎるから新鮮さにかけてしまうbearing
私の主人は公務員ですが、命張って仕事をしても(たとえば爆弾処理で時給110円なんですよ!)昇任はなかなかせず、ボーナスは入隊した時とそんなに変わらず、それでも命張って災害派遣や国際支援などに行っているのに・・・
論理や議論も必要ですが、少しは目に見える実行をして下さい。

投稿: オスカルママ | 2010年1月 1日 (金) 17時17分

山陰出身者です。最近、我が故郷山陰について、誇りに思うことがあります。それは、砂丘でもなければ、出雲大社でもありません。私が誇りに思うのは、先の衆議院選挙小選挙区で、民主党に1議席足りとも与えなかった、鳥取、島根の有権者です。民主党の不公平で強引な政権運営を見るにつけ、ますます、その思いが強くなります。石破先生と細田元幹事長の存在やテレビ朝日の系列局が無いことなど、理由は色々あるでしょうが、とにかくあの逆風下の出来事ですから、凄いとしか言いようがなく、アッパレです。民主党の山陰いじめが始まったようですが、参院選でも負けずに踏ん張ってほしい。それとも、民主党の子供手当を逆手にとり、たくさん子供を産んで、潤っちゃいますか。

投稿: いしばしげるロード | 2010年1月 2日 (土) 00時38分

あけましておめでとうございます・・・

私は大学生の息子をもつ一主婦です・・
貴方のお考えに賛同していますが・・
やっぱり前の自民党には失望していた一人です・
せめてもの思いでみんなの党に投票しました・・
鳩山さんの言葉には何も胸打つこともなく、しらけています・・・

お金持ち特有のぼくちゃん特別ていう空気がそこかしこに漂い・・
丁寧すぎる言葉には、吐き気すら感じます・・

あんな人に日本のこと任せられないのが・・わかるから・・よけいに自民党にいらいらします・・

青山繁治さんの言葉に同感だし・・・
私は、平和ボケして本当に、アメリカにそっぽむかれたら・・日本は丸裸になると思うと・・ぞっとしまし・・

鳩山さんのええかげんさを・・誰もが責めないとが・・恐ろしく感じます・・
核と持つ国になってほしくないから・・
もっと・・慎重に対象してほしいと・・思います・・

頑張って・・欲しいです・・
石破さんには・・今年も!
でも・・お体にだけは・・気とつけてください・・・
暴飲暴食・・喫煙もほどほどにネネ!!

投稿: KS | 2010年1月 2日 (土) 00時55分

みのもんたの番組を見ている国民を、相手にする必要はありません。日本の政治の問題は政党や政治家の問題ではなく、マスコミの問題です。NHKも民主党の問題の部分は隠しています。マスコミがある勢力にのっとられた事が問題であり、これでは自民がいくらまっとうな仕事をしても評価されません。マスコミを何とかしなければ、勝ち目はありません。

投稿: 大坪明子 | 2010年1月 2日 (土) 01時07分

石破さん、明けましておめでとうございます!
石破さんの更なる御活躍に期待してます!
2010年も多忙だとは思いますが、
なによりも健康第一ですので、お体に気を付けて
頑張って下さい‼

投稿: masa | 2010年1月 2日 (土) 01時15分

新年明けましておめでとうございます。

年末年始もお忙しくされていることと思います。どうぞお体大切になさって下さい。
年末のミヤネ屋を偶然見ることが出来ました。原口さん、苦しそうでしたね。
民主党の議員さんは本当に総理&幹事長のお考えを支持されているんでしょうか、はなはだ疑問です。
良識ある政治家であれば疑念を抱いてもおかしくないと思うのですが。
また、竹島の教科書問題ですが何故そうなるのでしょう??何故わが国はそんなに隣国に対して尻尾を振るようなことをするんでしょうか!何か密約でもあるんでしょうか!情けないと言うか悲しくなります。
石破先生なんとかして下さいsad

さて、私は地元鳥取のN新聞を購読していますが、元日の紙面を見て気分が悪くなりました。石破先生もごらんになったと思いますが、1面にでかでかと載っている社主の挨拶。
鳥取の方以外はわからないと思いますので。
基地、献金問題についてについて
『わが国の防衛体制全体を問われているような大マスコミの論調ですが、要は米国に代わってアジアが経済力に力をつけ、泥沼化する中東政策の中で少し米国との距離を広げ、その分中国に接近しただけ。日本の国益には何ら影響はありません。困るのは日本ではなく、これまで在日米軍関連費用を日本に肩代わりさせてきた米国自身なのです。献金問題も、資産家の母親が金の集まらない野党党首だった息子の活動を裏で支えていた構図で、わいろ性を帯びた金とは一線を画すものです。』
現政権についても
『有権者自体が政権選択して誕生させた今の内閣は、ヨチヨチ歩きの子供と同じ。子供が大人と同じことができないから、といって本気で怒る親がどこにいるでしょう?と、言って自民党への支持が上向かないところを見ると、有権者の受け止め方はまだ変わらないようです。』
まだUPされていませんが、もう少ししたらhttp://www.nnn.co.jp/のコラム欄で見られることと思います。
他紙より安いので購読していましたが、もうやめようと思っています。
また、社主娘婿のT氏がこの度自民党から離党されましたね。どこに行かれるのかはわかりませんが、中にいて自民党再生の力になることはできなかったのでしょうか。もし、氏の言うとおり戦略をもっていない自民党であるなら次の参院選も勝てないかもしれません。だからと言って自分の政治生命でさえ危ういのに、離党してもどうにもならないと思うのですが。
確かにこの期に及んで、青木氏らが参院選に出馬などの報道を見ると、変わっていない自民党をアピールしているとしか思えません。たとえ有能な方であっても今の自民党にとっては絶対にマイナスです。石破先生には、何度も申し上げますが自民党が襟を正してこそ初めて民主党と闘う態勢が出来るのだと思います。
足をひっぱりそうなものはばっさり切り捨てる覚悟がないと政権奪還は難しいと思います。執行部でもう一度よくお考えになって下さい。
本当に志を持った方たちだけで自民党を再生していただきたいと思います。

長くなって申し訳ありませんでした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Mari | 2010年1月 2日 (土) 13時59分

残念ではありますが、小沢が言うように自民党は焼け野原になるに違いありません。

何故ならば自民党は保守政党ではないからです。ただのリベラル野党だと言わざるを得ません。要するに今の民主党の幹部はみんな自民党出身なので、自民党との違いがないのです。故に自民党も民主党との違いを明確にアピールする事に苦労しているのです。

日本人は保守的な考えを持つ人が多いと思います。しかしながらその保守票の受け皿がないのです。自分の選挙区に一票投じたい候補者がいない。

自民党諸士はこうした草莽の慟哭を全く理解できていない。国会議員であろうが無名の草莽であろうが、国を憂う誠ごころは皆同じなのです。

「こんな事を言ったら政治的にもたない」「妻も子供もいるし」「あいつはチャイナカードを切ったと言われるのが嫌だ」「タカ派のレッテルを貼られて中国や韓国にガタガタ言われる、火中の栗を拾いたくない」とつぶやく自民党諸士の声が聞こえるようです。ですが政治家は職業ではないのです。

政府(与党)というのは国民という海に浮かぶ船です。船が動力を使わず、左翼的な世論に阿り続け漂流してしまったから日本丸はこれほどの国難に晒されているのです。政治家が世論を主導するのが本来の姿でしょう。

自民党保守議員に尋ねたい。保守って何ですか?と。明快に答えられる議員は恐らくいないと思います。せいぜい伝統を守る事、と答える程度でしょう。

今、起死回生を図るべく自民党保守議員諸士がやらねばならない事。それは吉野の山に党首はじめ全員で詣で、南朝方が体現していた国体の精神を全身で感じる事だと考えます。

北畠親房が「神皇正統記」で述べた「大日本(おおやまと)は神の国也」を噛み締めその上で講師を呼んで「国体の本義」を必死で勉強する事が必要不可欠です。

政治的技術で憲法9条改正や自主憲法制定をやろうとしても絶対に無理です。何故なら精神がないから。

国体の精神、その体現。今の自民党に致命的に欠けているのはこれです。

「みんなでやろうぜ」高校の野球部じゃあるまいし、こんな浅薄なスローガンで誰が戦い抜けるわけないでしょう。

投稿: 古川 | 2010年1月 2日 (土) 17時42分

明けましておめでとうございますsign03今年は、ちょっとマニアックな質問をどんどんしたいですねぇhappy01

投稿: 吉原 | 2010年1月 2日 (土) 18時14分

現在の日本にしてしまった責任を棚上げにして、政権を取られた腹いせに、「アメリカに土下座しろ」とは日本の政治家の発言かと耳を疑った。防衛の専門家かもしれないが、我が国の領土たる尖閣列島に日本人が出入りできない状態を作り、中国の領海侵犯を許し、石油採掘しかり、竹島しかり、それらにアメリカが少しでも守ってくれる行動を取ったことがあるのか?北朝鮮が国土を犯し、当然アメリカの情報力では知っていただろう北朝鮮武装船舶・拉致や覚せい剤密輸の抑止に寄与しなかった。中国の軍事力は経済支援によって益々拡大し結果的に脅威増大に力を貸してきた。あなたの考えるアメリカが安全保障してくれると感ずる所は残念ながら、何処にも無かった。もし、あるなら具体的に示して欲しい。直近では自家用車で沖縄の住民を轢き殺した米兵を引渡しもせぬシステムを、60年経っても、あなた達は変えれなかった。安全保障とは比べることも出来ないほど小さいと、あなたは言うかも知れぬ。しかし、日本国土で日本人の人権より、犯罪者の米兵の人権が守られることに、怒りこそ覚えても、安全保障など本物とは感ぜられない。それでも「土下座しろ」には残念ながら闇の利権すら思い浮かぶ。なお、私は国粋主義者、右翼でも左翼でもない。安全保障を大義にしてアメリカに媚び、莫大な金や負担を諾々として受けてきたことにやる方ない思いを募らせてきただけである。

投稿: 五味 | 2010年1月 2日 (土) 21時35分

防衛庁長官時代から庁内(今は省ですね)のファンです。bleah
石破さんの演説は何時お聞きしても頷かされる事が多くて聞くのが楽しみです。(大臣・長官時代の訓示も好きでしたが)
さて、ブログに有りました鳩山政権(民主党全般とも言えますが)への追求をお願いしたく存じます。是非とも偽装献金をはじめとする疑惑の数々や国民を馬鹿にし腐った宦官の如き行いを糾してください。\(*`∧´)/
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
私事ですが、小生が海軍特殊攻撃機「桜花」の復元作業を協力している関連で生存者の方々とも付き合いが有り、彼らも「残念」「日本の行く末が心配」と嘆かれていました。今の民主党は過去の講和条約や国会決議で解決済みの問題をこね繰り返し、わざわざ国際問題のように作り上げ、身売りをしているようにしか見えません。まるで小生の祖父の代の方々がまるで悪魔か極悪人扱いです。そんな事までして国民のプライドやアイデンティティーをぶっ壊したいのでしょうか?
是非とも民主党の行いを糾してください。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
長々と書き連ね恐縮至極に存じます。
日本海側は雪が多いと聞いております。ご健康にはご留意ください。(鳥取は父の出身地です!!応援しています!!がんばってください!!)

投稿: 松浦 良成 | 2010年1月 3日 (日) 03時51分

明けましておめでとうございます。自民党にとって厳しい年と思います。

次の内容は、新聞投稿したのですが、ボツでした。でも私以外の国民も、同じ思いの方は多いのではないでしょうか。

2009年、長く続いた自民党政権から、民主党 を中心とする政権に交代した。公開事業仕分け、郵政株式の売却凍結、子ども手当やたばこ増税が、22年度予算に反映されるようだ。大企業や、大都市偏重の 旧政権では到底期待できなかったこれらの取り組みは、国民の目に新鮮に映る。一方、看板の掛け替えと揶揄されるガソリンの暫定税率廃止、普天間基地移設議 論の先送り、だれも頼まない高速道路の無料化への税の無駄遣いには、国民の不満が残る。自民党の政治に嫌気がさして選んだ現政権も、決して国民の支持が万 全ではない。それに対する自民党は、完全に牙を抜かれた野党に転落し、政府の揚げ足取りのみに躍起になっている。中にはそんな小細工だけの政党では、来夏 の参院選は戦えないと、離党する議員も見え始めた。国民の一人として、自民党にはもっと正論で堂々と渡り合って貰いたい。そして派閥や族議員、金権癒着な どの悪要素を排除し、現政権にいつでも取って代われる政党として蘇って欲しい。それでこそ二大政党が並立して、政策を競い合う国民のための政治が期待でき る。一部週刊誌が伝えるような、国民の意向を無視するであろう大連立など、以ての外だ。

投稿: なんでも辛口 | 2010年1月 3日 (日) 08時01分

石破さん、
お休みなしでの執務、お疲れ様です。

私は、現在支持政党を持たない市民です。私のような無党派層と呼ばれる者にとって、現在の政治状況は嘆かわしいと言わざるを選ません。なぜなら、自らの選挙区に国政を任せたいと思える候補がいないからです。どの政党も地元の〇〇です!とか、地縁を強調して地元への見返りを約束するような選挙活動を実施されます。国政選挙ですから、国家のヴィジョンを示していただきたいにもかかわらず…。
そういった選挙で選ばれた政治家の方々が国政の場で財政的に困難に陥ってる予算に大鉈を振るえるとは、思えません。

石破さんは中長期的な国家像をお持ちと期待しております。是非、自由民主党を中長期的な視点で国家を論ずる政党に変革して下されることを期待しております。
新生自由民主党が今後日本国をどういった国家にしていくかを示すことは、将来像が描けず自信を無くしかけている大多数の国民が一番政治に期待していることだと思います。

ご多忙とは存じあげますが、益々のご活躍を期待しております。

投稿: きょう | 2010年1月 3日 (日) 10時45分

大阪の西村です
石破先生 秘書スタッフ プログ仲間の全国の石破サポーターの皆様 新年おめでとう御座います
明後日からは石破先生海外出張気をつけて行ってきて下さいませ 今日浅草演芸ホール NHK新春ウルトラ寄席に春風亭小朝師匠が 『親子酒』というネタを一席されてまして 息子が酒を飲んで上目遣いをする過程の説明で 『自民党の石破茂のような目付きになって』と実名をあげて笑いをとって居られましたが 会場からはそう大爆笑という訳では無かったですが私はたいへん複雑なでも 引用してもらったのは 楽しかったです まぁとにもかくにも 石破茂が谷垣総裁よりも支持があるのは明らかです
参院選 思い切って戦ってください
それで自民党が潰れてもかまいません
石破先生に我々は付いていくだけですから

投稿: 西村宏之 | 2010年1月 3日 (日) 16時26分

あけましておめでとうございます。
民主党政権になって3ヶ月。
すでに外交・内政・経済・防衛すでにボロボロです。
何一つまともにできてない。
それどころか日本は赤字なのに発展途上国(中国)に1兆7500億と技術の提供支援をするとかほざいてる。
民主党と癒着した日本のマスコミより海外のマスコミが民主党の無能っぷりを的確に伝えています。
私は自民党を支持します。
だって自民党以外に日の丸を掲げる政党がないんですから終わってる。
みんな中国や韓国や北朝鮮がスポンサーですよ。
今の日本には愛国心があり有能な政治家は先生を含めごくわずかです。
私を含め自民党と先生の味方は非常に多いです。
お体に気をつけ頑張ってください。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2010年1月 4日 (月) 11時13分

四番目のコメントを入れた方の、

「もう私たち国民は、自民党の政策は一切信用しません。」

の中の、「もう私たち国民は」の「私たち」を「私一国民は」に、訂正お願いします。それ以外は何を仰ろうと勝手ですが、
「私たち」の言葉は看過出来ません。


投稿: twyok | 2010年1月 4日 (月) 16時43分

石破先生明けましておめでとうございます。今年は民主党の本当の正体が解る年だと思います!夏に行われる選挙絶対に勝って下さい!応援しています。

投稿: ニコちゃん | 2010年1月 4日 (月) 18時00分

石破さんは今回の天皇陛下政治利用問題追及の先頭に立たれているので徹底的に応援します。小沢一郎に憤激している。
民主党政権は中国国家副主席と天皇陛下を「30日ルール」を無視して政治利用した。本来なら一発で内閣が吹っ飛ぶ重大事件である。異論を口にした宮内庁長官を口を極めて罵った小沢一郎だがあなたこそ憲法を理解しなさいと言いたい。
そもそも天皇陛下は象徴として公正中立なご存在である。本来内閣の助言と承認が無ければ自発的には政治的な行為は何一つ出来ないと読むべきで、小沢一郎のように助言と承認あれば政治利用だろうが何をやってもよいという解釈は傲慢極まりない。
ましてや国事行為と公的行為の区別すら理解出来ていないのも噴飯ものではないか。天皇陛下は国民の安寧を無私の御心で祈ってくださる祭祀王である。ご高齢ゆえ祭祀でさえご負担が大きいなか感謝の心も無く「優先度の低い行事を休め」とは何たる物言いか。「平成の道鏡」小沢一郎に歴史の審判が下ることを願ってやまない。

投稿: 岡田光太郎 | 2010年1月 4日 (月) 20時16分

通常国会が楽しみで仕方がない。自民党には是非とも鳩山由紀夫を追い詰めてほしい。逆説的(というか皮肉)だが、宰相鳩山由紀夫からはリーダーとしても政治家としても、それ以前に人間としても敬えることも学び取れることも何一つないと誤解していたがその認識は誤りだったと痛感。宰相鳩山由紀夫は超人的な精神力の持ち主だった。政治家は言葉が命。彼は命知らずである。鈴木宗男氏、土井たか子氏、加藤紘一氏、赤城徳彦氏、、、宰相鳩山由紀夫が過去彼らの秘書や会計責任者の問題に際し公の場で語り、演説した映像を、肉声を我々国民が目の当たりにしている事を知らぬはずはない。市井の凡人なら恥ずかしさに堪えかねて悶絶する。気の弱い人なら自らの命を絶つやも知れないほどの恥ずべき言行不一致である。この環境下でなお今の地位に留まり、人前に顔をさらし、政治理念を語れる精神力に心から敬意を表したい。少なくとも自分には無理だ。これが宰相鳩山由紀夫の精神力ではなく単なる感性の問題ならこのような人物に宰相の座を与えた国民が悶絶しながら恥を感ずるべきである。我が国には恥を知る国民性が残っていることを心から祈りたい。恥を知る国民はきちんとさえすれば自民党の支持者に戻る

投稿: 岡田光太郎 | 2010年1月 4日 (月) 20時24分

自民党は2010年も
国民無視 でスタートですね

投稿: まだ | 2010年1月 4日 (月) 21時37分

あけましておめでとうございます。先生が実に素直な意見で自民党批判をしている事は素晴らしい事ですね。感動します。
市民からすれば自民党は上下関係が強く、身内に甘い印象でした。
民主党は実行できるかどうか分かりませんが、政権交代、脱官僚のインパクトがありました。
今自民党は何かに取り組んでいるのは分かるのですが(小さな政府)、具体的な点が分かりません。分かりやすく政策を教えて下さい。

投稿: はま | 2010年1月 5日 (火) 00時34分

いつも相手の言葉に耳を傾け、それを受け止めつつご自分の考えを丁寧に述べられる石破議員の姿勢に感銘を受けております。
 おっしゃる通り、今回の選挙は自民党に対するNOの意思表示が大きく、民主党のマニフェストに欠陥が目立っても、そういった姿勢で政治を変えていこうとするところに賛成票を投じた人が多かったでしょう。
 と同時に、今回の民主党は地獄に垂らされた、一本の蜘蛛の糸ではなかったのかと思っています。政治的疎外に取り残された多くの人々は、それが頼りになるか否かの選択の余地なく、掴まざるを得なかった糸。だから根拠ない希望も持ち、期待も大きかった。
 ですから、民主党の失策が自民党の票に結びつかない。現状では糸が切れれば、それらの人々は再び地獄に落ちるだけだと思います。
 鳩山総理の政治資金問題を厳しく言われてますが、あのお金の性質から見て、あまり深追いは得策ではないのではと感じています。
勿論正論もあるでしょうが、目くそ鼻くそとは言いませんが、そんな泥仕合をやることが新生自民党の負うべき政治責任ではないと思います。 
 そうではなくて、もう一本より強く頼りになる糸を垂らされて堂々と勝負を挑まれるのが大切なことだと思います。
民主党の内政施策は一見ふらついています。外交的にはかなり冒険的な方向に進もうとしています。しかし政治とはどれをとり、どれを切り捨てるかという、畢竟選択の問題だと思います。民主党はそこで新しい姿勢を示し、一歩踏み出した。
いたずらに民主党を批判し、否定するだけでは何の意味もありません。
不幸にして、これまで自民党が国民に対して、国が目指すべきビジョンをほとんど発信せず、裏側での調整の政治に徹してこられた結果が今日であるのなら、繰り返しになりますが、相手の失策の揚げ足をとるのではなく、新しい自民党としての考え方、理念を分かりやすく、具体的に国民の前にあらわされるのが、政治的責任であり、再生の道であると思います。
 いびつ、不公正、かつ希望の見えない社会にますますなっている感があります。このような社会に、光の道を指し示す現実的な力が政治だと思っています。
 大きな存在感と精力的な活動で、今自民党のリーダーシップを取ろうとされている石破先生に、自民・民主、党利党略といった小さな枠を超え、大きな国という見地からの健全な政党政治の展開を大いに期待させていただいてます。

投稿: ゆず | 2010年1月 5日 (火) 02時00分

離党すれば派閥を無くすかと思えば、そうではない。

派閥の中の危機は派閥の中でしか見えない。

派閥があって政権の実現が成り立つ。

自分さえよければ、何処かの党に勝手に移動しても構いません。但し、それは自分自身への改革を怠ってしまう。

『隗より始めよ』という言葉はご存知ですよね。

耳を貸す事は誰だって出来る。しかし、常に他人の意見に耳を澄ませる事は出来ない。特に手を使わず、自分の耳を塞ぐのが得意な小沢は、餌を取り引きに他人の意志を剥奪するのが上手いです。あの人をさっさと刑務所にぶち込んで下さい。

随分前からネット工作員が保守系ブログにエントリーしたり、ブログ自体を操作出来ない様に、また、ブログ主に脅しの手紙を送ったりします。やってる人間はお隣の国でしょう。早く退治をお願いします。

投稿: 後藤 | 2010年1月 5日 (火) 12時22分

脱税・贈収賄・不正献金・法律違反・・・民主党は犯罪者の集まりじゃないか
政治オンチらはテレビが言ってるから民主党を支持してる。
普通に考えて常識的な人間なら売国奴や犯罪者に国政なんか任せない。
困ったもんだ。
在日朝鮮人らは外国人参政権が欲しいから民主党を支持してる。
けどそんな事したらすぐ中国が来て日本・韓国・北朝鮮を強制併合に乗り出すに決まってる。
チベットやウイグル自治区にしたように。
今の日本は非常に政情不安でそれは民主党から来てる。
日米関係もおかしくなって来たし非常に不安です。

投稿: たろ | 2010年1月 5日 (火) 17時07分

 明けましておめでとうございます。
 新しい年を迎えましたが、政治家の宿命というのでしょうか、ご多忙の御事お察しいたしますが、忙しいということはそれだけ多くの人に支持され、人望を集めておられることの証と思います。
 今日より訪米の日程となっていたと思います。信頼できる日米関係は、我が国にとってとても重要です。鳩山政権で信頼を失いつつある今、石破さんの手腕を期待しております。
 相変わらず自民党はゴタゴタしているようですが、参議院選挙では昨年の屈辱をはらすべく自民党が一致結束して戦う姿勢を国民に示さなければ、自民党は今までと変わらぬ訳で、支持率は上がりません。特に、参議院の比例代表候補者の70歳定年は絶対に守らなければいけないと思います。そして執行部は立党の精神を基本政策に掲げ、強いリーダーシップを発揮してください。
 石破さん強い意志を持って、景気対策等の経済措置、日米同盟と安全保障、憲法改正等の自民党の政策をアピールしてください。永住外国人の地方参政権付与法案には、自民党は絶対反対の意思表示を是非してください。
 自民党の再建を期待しております。

投稿: 今ジン | 2010年1月 5日 (火) 17時20分

石破様、皆様、あけましておめでとうございます。
今年こそ、政治不安が拭い去られ、国政を案ずる事なく、自分の仕事に熱中できる良い年になりますよう、心より祈年致します。

さて、こちらにも寄せられておりますが、献金、脱税の問題を、今この時点で追及するのが得策か、と言う疑問は確かにあります。
今はまだ国民は民主党に異様な程甘い。挨拶としての金品授受が、日本には風習として根強いものがありましたから、その影響もあるかもしれません。
とは言え、岩手ではダムも含め、建設事業などをめぐって小沢氏の陰がちらつく話も多く聞かれる様子ですので、いずれは、明らかにしなければならない問題でありましょう。

しかし、今民主党が一番問題なのは、外交防衛安保だと思います。
あの党の政策やそれに対する姿勢は問題だらけですが、国内の問題だけでしたら、国民がそれで良いのですから、どうせ後々ツケがまわって困るのは国民自身なのだし、気長にやらせてみたら良いのです。
本心を言えば、そんな事にお付きあいしたくもありませんし、お尻拭いなんか真っ平御免ですが。

でも対外政策は違います。
日米同盟を損なう様な事があれば、日本は決定的な打撃を受けます。
フィリピンを見るまでもなく、現時点で既に、シンガポール、韓国、オーストラリアなどが懸念を表明しています。
対外政策においては、空白は許されません。また、経済面などで関わりを持つと言う事と、親交国、友好国になると言う事は違うと言う事もわからねばならない。
民主党に言ったところで、無駄ですが、国民には、こんこんといい聞かせなければなりません。
今までそういった教育をないがしろにしたり、捏造自虐史の存在や日教組の存続を許したのは、自由民主党の責任ですから、ここは頑張ってやってもらわないと日本が滅んでしまうかもしれません。
もっと言えば、富国強兵は国家存続の基本と考えます。
それがなければ、国際社会で発言権がないどころか、交渉も不利を強いられ、下手をすれば、国が亡くなります。
国家と言う概念を無くしてしまった日本人にとっては、丁度良い教育の機会ではありませんか。

年明け早々、長々とすみませんでした。
しかし、ここは是非、問題を整理して、王道で争って頂きたいと強く希望します。
兎に角、今は対外政策の失敗で、国が本当に危ないと思います。
国民を教育し、国家存続を賭けて、是非とも民主党に鋭く切り込んで下さい。
宜しくお願い致します。
最後になりましたが、お体だけは、くれぐれもおいとい下さいますよう、お願い申し上げます。

投稿: K.M. | 2010年1月 5日 (火) 17時59分

私は年末に小中校耐震工事先送りについて多数の民主党議員に質問メールを送りました。返信してくれたのは一人の議員だけでした。

明けましておめでとうございます。ご回答申し上げます。小学校・中学校の耐震工事が部分的に先送りになったのは、高校授業料無償化の犠牲となってのことではないと聞いています。決して危ないところを放置する趣旨ではなく、児童数の減少に伴い、学校の統廃合が進んでいきそうなところについては、その方向が定まるのに連動して行おうという趣旨のように聞いています。2つの学校校舎について緊急に実施した後、一つが統廃合でなくなることになれば、その分だけムダな事業になってしまい、政府部門のムダな事業を徹底的に洗い出す観点からは、この1〜2年の間に統廃合されるか否かが決まっていくところについて、その決定まで待とうという趣旨からと理解しております。ご理解頂ければ幸いです。

和田たかし事務所 拝


もっと詳しく知りたかったのですが議員の限界も感じました。石破さんはどう思われたでしょうか?

投稿: ひすい | 2010年1月 5日 (火) 20時23分

石破先生 新年あけましておめでとうございます

信念だというのにまあ一杯ニュース出てますねえ、舛添先生の新党立ち上げ宣言とか、現財務省病気により辞職申し込みとか

やはりもっと大胆な改革が必要なのではないでしょうか、民主党が国民の声をでっちあげる党なら、自民は国民の声を本当に聞いてくれる党にならないと再生までまだまだ時間がかかるのかなと思っています

首相の偽装献金、脱税も大切ですが、いま一番不安を持っているのは経済です

実際に与党予算を見ると正直景気回復には結びつかないかなと思われるものが多く、正直期待出来ません

石破さん並みの説得力を持つ経済の専門家自民にいませんかねえ…

(中川さんほんとにおしい人でした…)

まあ議論に関しては石破さんと真剣に勉強すれば相当すごくなるとは思うんですが

現在自民党の中に不満を持っている人がかなり多く見られます

民主に合流をすることはあまり考えられませんが、ただ悪いという人はともかく、こう変えていきたいと具体的に考えてらっしゃる人の声はちゃんと聞いて、検討する姿勢が必要じゃないんでしょうか

正直谷垣総裁存在感が感じられない…

石破さん以外の執行部の人の動きって全く見えないし考えもよくわからんのです

また自民の主張する保守路線について保守って何?という人結構多いと思うんですよ

そこから説明していかないと政治が身近なものになんないと思うんです

いま一番不足しているのは経済ビジョンを分かりやすく説明してくれることではないでしょうか

そしてもう一つ、これは民主にも言えるんですが、長中期的なビジョンばっかり出されて短期のビジョンが全く見えない

たとえば民主党が未来のために子供予算は必要だというのなら、国民は今に一番希望してるんだから短期的にこうするべきではないかという議論が起こってなさすぎる

長中期ビジョンも必要なんですが短期ビジョンも絶対に必要なんです

だいたいつらい時ほどみらいのことなんかより今どうするかの方が関心があるのです

だから自民は今、希望がなければ、未来のことを話してもただの夢物語だということを踏まえて短期ビジョンを提案していくことが必要なんじゃないでしょうか

自民の良さは、国益を考えているところです。特に石破さんは、どんな立場であっても国益を考えてくれる人だとおもっています。

だけど自民党自体に覚悟が全く見えないんですよ。実名だしちゃまずいかもしれませんが、山崎拓さんの公認とか、二階さん、鳩山さんの問題についても全く追求しませんよね

役員辞職したから責任が取れた何て甘い考えじゃイメージなんぞ変わりません

二階さん、鳩山さんへの追及は首相や小沢さんへの攻撃となります

何故それをしないのか

正直理解できません

首相や小沢さんへ与えるダメージのほうがはるかに大きいはずです

この状態で首相の献金問題に責任を負えと言ったって説得力がまるでない

自民党は野党なのです、打てる手は全部打たなきゃ死に物狂いなんて言えませんよ

そういう意味で真の危機感を自民党全員が持ってるとはとても思わない

石破さんはものすごく頑張ってますが
党執行部全部入れ変えて真に変えようとするもので固めなくては話にならない

それができないなら離党したほうがましです。石破さんは自民党が大事ですか、それとも国民がが大事ですか?

石破さん、本当に自民党を考えるのならば離党するという脅しでも何でも使ってください

それが国民のためになるなら党内で嫌われる覚悟をしてください

それができなければ今の自民を変えることは不可能です

(ただそれでも民主よりは自民を支持しますが)

投稿: ちぇりぃ | 2010年1月 6日 (水) 00時12分

お正月です。お正月には占いが付き物ですので、少し占いの話をさせて下さい。星占いによると、木星は1年間のブームをもたらす星。昨年は、その木星が水瓶座にあり、水瓶座の人が良くも悪くもブームになりました。のりピー騒動に、オードリーの春日、大河ドラマ主役抜擢の福山雅治、朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」には水瓶座俳優がダブルで主役。そして、極めつけが鳩山首相。何しろ、鳩山首相は水瓶座の化身のような人。水瓶座が象徴する事象は、宇宙、友愛、科学技術、北海道などで、鳩山首相はそれら全てに当てはまる。天が鳩山首相に味方しているのだから、どんなに批判してもムダだったわけです。しかし、この木星も後一ヶ月で、魚座に移動します。そうなると、風向きが変わり自民党に勢いが出てくるかもしれません。というのは、谷垣総裁が魚座生まれだからです。政治に占いを持ち込むなと言われそうですが、星の動きは侮れません。自民党支持の私としては、谷垣総裁を中心に党が一枚岩となってくれることを祈るほかありません。

投稿: 自民党頑張れ、桝添よ、早まるな。 | 2010年1月 6日 (水) 00時51分

前回の選挙で私は共産党に入れました。自民党と民主、社民党にだけは絶対に入れたくなかった。ただそれだけの理由です。
次の選挙も同じ理由で三党以外の党に入れると思います。
なぜ、政権から退いたのに、自民党は変わろうとしないのですか?
石破さんは以前から自民党の体質改善を訴えてるにも関わらず、その変化が全く現れていません。
今年こそ新しい自民党を見せてください。
そして、選挙で「私は自民党を指示します!」と堂々と宣言できるような政党になってください。

投稿: 千代 | 2010年1月 6日 (水) 06時51分

初めてコメント致します。
私は石破先生の大学の後輩であります。

いつも理路整然と筋の通った論を述べ、堅実に理を積み重ねる先生は正に私の理想とする政治家像そのものです。
ですから石破さんには是非ともこの難局を乗り切り、いずれは日本を率いる大政治家になっていただくことを期待しております。

ですが、私は次の参院選、自民党に投票するつもりはございません。
衆院選敗北後の谷垣氏の指導力不足は自民党の政治生命に止めを刺しました。
今後、民主党にいかなる敵失があろうと、最早自民党の復権は望めないでしょう。

一方で現在、国民の多くは民主党政権の混迷ぶりに失望しています。
今の民主党の支持率は他に適任者がいないことのみを理由として保たれているように感じます。
ここで立たれる方があれば必ずや国内の良識ある市民は支持に回るでしょう。

現在、舛添氏の新党結成発言が何かと取り上げられています。
今はこの波に乗るのが最良の策ではないでしょうか。
先生は舛添氏より9歳もお若いですから、新党に参加なされば、
必ず機会は巡ってくるものと考えます。
私は石破総理の率いる日本は必ず今より素晴らしいものになることを信じて疑いません。

今、先生は大変な苦境にあられるでしょうが、これは来るべき大波乱の未来の為の雌伏の時です。
どうか日本の為、その歩みを止めないで下さい。

投稿: KO法法3年 | 2010年1月 6日 (水) 09時07分

 訪米御苦労様です。
 先生がご帰国されテレビで普天間基地の
 移転問題でアメリカは約束を履行するこ とを求めてる趣旨の発言をされていたの
 でふと感じた事がありました。
  ①約束をしたのは旧政権・・・現地住  民は移転を望んでいた。
  
  ②民主政権は何とか他への移転は出来  ないか模索している・・・何が問題?
  結果普天間に移転されたとしたら誰の  責任?

  自民党の言っていることが良く分かり  ません。
 日本を借金漬けにした政権は自民党では ないのか? 民間会社なら予算を使い切 ろうなんて発想は全くないのだが・・・

  批判だけでは政権をとることはもうで  きないのではないでしょうか?
  具体的にプランを作成しないと・・
  これからの自民党に期待しておりま   す。

投稿: takashi | 2010年1月 7日 (木) 12時54分

鳩山首相の言葉の軽重を問う。
石川議員が、本日逮捕された。
鳩山首相は、過去に以下のように発言していた。今こそ、彼は鼎の軽重を問われる時だ。

 私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやったこと」と嘯いて、自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。政治家は基本的に金銭に関わる部分は秘書に任せており(そうでない政治家もいるようですが)、秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです。  はあとめーる(鳩山由紀夫メールマガジン)(2003年7月23日)

 総理は、問題を指摘された新任の石破、渡海両大臣に、「国民にきちんと説明するように」と指示されたと聞きますが、疑惑を指摘された閣僚が資料を提示し説明責任を果たすのは最低限の務めです。それが出来ない閣僚は自ら職を辞すか罷免すべきことも当然です。 鳩山由紀夫ホームページ「総理所信表明に対する代表質問(案)」(2007年9月12日)

トラスト・ミー、とは白々しい。我々日本人は、こんな言葉の軽い総理大臣を持ったことを、恥ずかしいと思う。

投稿: 加藤 敏男 | 2010年1月15日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47145793

この記事へのトラックバック一覧です: よいお年を!:

« 鳩山総理の政治資金 | トップページ | 明けましておめでとうございます »