« 習近平・中華人民共和国副主席の天皇陛下との会見について | トップページ | お手紙ありがとうございます »

2009年12月18日 (金)

民主党政権の本質

 石破 茂 です。

 日本国は一体何処へ向かうのか、大きな不安のうちに年の瀬を迎えようとしています。
 国民の選択なのだからやむを得ない、と諦めてしまってはどうにもなりません。
 しかし内閣支持率がいくら下がっても、政府与党が解散しないと決めてしまえば、この状態が四年間近く続くのです。もっともそれはかつての自民党政権時も同じで、我々の「早期解散すべし」との主張に説得力が欠ける結果となっています。私は麻生内閣の一員として、任期満了近くの解散ではなく、麻生総理の判断で適切な時期に解散すべきと主張したのですが、もっと強く訴えるべきだったと悔やまれてなりません。

 自身こそ正確な知識を欠いていながら「君は憲法を読んでいるのか!」と恫喝的に言い放ち、天皇陛下のご活動まで思い通りになると増長し、予算編成に当たって「これは全国民の要望だ」と(決してそうではないにもかかわらず)総理に迫る小沢氏の姿、そしてそれに唯々諾々と従う鳩山総理の姿こそが民主党政権の本質です。
 敢えて言いたい。自民党政権に反省すべき点は多々あったが、このような「多数を取ればなにをやってもいい」などという不遜なことを考えたことは一度も無かった、と。

 さきほど丸の内で街頭演説を終えました。
 土曜日は地元、日曜日はサンデープロジェクトに出て、憲法論・「小沢論」を、今や小沢氏の側近となった細野民主党副幹事長と闘わせる予定です。
 体力的にも精神的にもかなり限界に近いなと思ってはいますが、ここで手を緩めることはできません。
 自民党のためでも、もちろん自分のためでもなく、現在と将来の日本国のためだと思っています。

|

« 習近平・中華人民共和国副主席の天皇陛下との会見について | トップページ | お手紙ありがとうございます »

コメント

石破先生。いつもブログを拝見しております。
ご多忙にも関らず、常に私たちにメッセージをお届け下さり、感謝しております。

さて、今年夏の衆議院選挙を振り返ってみました。
民主党が圧勝したのはマニフェストへの支持や、ましてや民主党政権への期待が理由ではなく、当時の自民党への「きついお灸」と言った意味合いのものでした。

このまま民主党政権が4年間も続くと考えると、この国の将来を憂うばかりです。

早く。一刻も早く自民党を立て直し、国民の皆が誇りを持てる国作りをしてください。お願いいたします。私たちも頑張ります。今、私たちが行動すべき事は何か…お導きください。

投稿: Rika | 2009年12月18日 (金) 20時26分

静岡県の補正選挙でしたか。小沢は「戦前は天皇だが、戦後は選挙。民主主義とは選挙であり、勝たなければ何もできない。勝てば何をやってもいい。」という、今上天皇陛下に対して不敬ともとれる主旨の事を言っていましたが、本心だった事が今回明白となりました。

ですがそれは水平にしか物事を見ていない。垂直、つまり2600年もの間、天皇陛下を戴き一君万民、君民一体という我が国の国体というものがあります。「君は憲法読んだことあるか」と憲法好きな小沢ですが、「憲法以前の常識をコモン・ロウというが知っているか」と国民が心底怒っています。

小沢の記者会見、本人も民主党もかなりダメージを負いました。

しかしながら、鳩山政権にはウルトラCがあります。それは電撃訪朝、金で何人か拉致被害者を返してもらい、国交回復するというものです。鳩山の言動からまず間違いなくこれを画策していると考えます。

これをやられたら今までの不祥事が吹き飛ぶ程のインパクトがあります。ですが間違いなく、2つの意味で国益を損ねます。

その1。拉致は国権の侵害でもあり、全員奪還或いは真相究明でないと意味がありません。これは日本が独立国家である原理原則の話です。この落とし前がつかない限り、国交正常化などあってはなりません 被害者は物ではありません。何人返したからいいだろ・・・という次元ではないのです。

しかし、鳩山は政権維持の為なら金正日とも手を結ぶでしょう。まさにこれは「愛のテーマ」でもあります。核開発だってウヤムヤのまま国交を結ぶでしょう。明らかに国益の毀損です。

その2。鳩山民主党政権が続いてしまう事。これも明らかに国益の毀損です。3ヶ月経ち、鳩山政権が行った「成果」は日米同盟の破壊だけ。国民の生命と財産、日本の領土を危険に晒し国防の義務を放棄したのです。

そこで先生に機先を制して頂きたく存じます。

「もし政権維持の為だけにこんな事をやろうと考えているのならけしからん。電撃訪朝をやろうが、拉致問題は全員を奪還して初めて終わりなのであって、話し合いはそこからだ。核開発の問題だってある。安易に国交正常化を再開したり制裁を解除すれば、6カ国協議は何だったのかという事になる。他の国にも迷惑がかかる。そんなものは百害あって一利なしだ。」

という主旨を記者会見や取材などで話しておいて頂きたいのです。

以上、意見具申致します。

投稿: 古川 | 2009年12月18日 (金) 20時28分

石破さま

初めて書き込みをさせて頂きます。
私は今まで特にどこの党を推すでもなく、どこの党の仰ることにも不信を抱いて見守っておりました。
しかし、石破さんの仰ることは、ごもっとも!と全くもって同感いたしております。

小沢氏と鳩山総理、まるで傀儡政権のようです。

私は自民党が政権をとっていた際に、まるで子供のいじめのように揚げ足取りな発言ばかりしていた民主党が、では政権を取ったらば、一体何が本当にできるのか?なし得るのか?不思議でなりませんでした。
口先ばかりで、なおかつ、何も根拠のないことばかり。
でも、そんな民主党が一度は政権をとる必要があったのかもしれません。
こうなった今だからこそ、多くの国民も、あるいは民主党内の議員の方々も、「これではだめだ」と悟られたのではないかと思います。

今の政権が長く続く事は、そのまま日本を末期へ導くとしか思えません。

どうぞ、お体ご自愛くださいませ。
休んでいる場合ではないという状況はよくわかります。
でも、健康であってこそ!です。

投稿: 荒井千裕 | 2009年12月18日 (金) 20時49分

初めてコメントを書かせてもらいます。よろしくお願いします。

さて、石破先生が検証特命委員会の委員長として民主党の行動を批判されるのは一向に構いません。むしろ支持するものであります。

しかしながら、同委員会の決議で今回の一件を理由として鳩山内閣の総辞職を求めていくことを採択したことについては、支持できません。はっきり言って愚行です。

何故ならば、天皇陛下は「日本国民統合の象徴」であり、決して政争のために利用してはいけない存在です。
鳩山内閣の総辞職を求める理由なら他にいくらでもあるのだから(普天間問題・経済無策・マニフェスト裏切り…)、「政治利用」問題を総辞職としての理由の看板に掲げる必要はないはずです。

皇室に関わる問題を政局に結びつけるのは保守本流の矜持として絶対にやってはならないことだと思います。
それこそ民主党の愚者達がやった「陛下の政治的利用」そのものです。

「民主党への批判はするが、これを以って倒閣理由としない。何故なら本件を倒閣理由とする行為は陛下を政争の具にしかねず、保守本流の矜持が許さないからだ」

このようにした方が、「陛下を政治利用した民主党」「陛下を政治利用しない自民党」という明確なメッセージになると愚考いたします。

長文失礼いたしました。

投稿: tukiyomi | 2009年12月18日 (金) 21時03分

石破先生お疲れ様です。

鳩山不況…マニフェスト詐欺…多くの国民が望んでもない中国属国姿勢…民意を問うべきだと民主党への攻撃…自民党には是非とも頑張っていただきたい…
国民の民主NO!の言葉が自民党の力になるよう、また国民が街頭演説などで政治に触れる機会を多く作っていただきたいなぁ… 

地方の自民党議員にも頑張って欲しい。

以前の総選挙以来…私の住む街では見かけない。
いつ解散→選挙になるか分からないのだから、お忙しいとは思うけれど、何らかのカタチで今の政権の危うさ…そして党の考える道筋などを地道に浸透させて欲しいです。

頑張ってください!   

投稿: 2児の母 | 2009年12月18日 (金) 21時10分

初めてコメントします。私は自民党支持ではありませんでしたが、先の衆議院選挙では自民党に入れました。それは民主党の耳障りのいいマニフェストが、どうしても信用出来なかったからです。私は麻生さんが選挙を先延ばししたのは支持してます。理由は政権維持だけを考えていたのなら、解散して勝てる時期があったと思いますが、麻生さんはよく政局より経済対策が先と言っておられました。リーマンショックで経済が破綻して大変な時に選挙を優先せず、まず国民の為に経済を立て直す事を優先された事は自分達を守るより国民生活を一番に考えていたからだと思います。それをメディアは漢字が読めないだのホテルで飲んでいただの些細な事で日々バッシングして自民党を失墜させました。民主党は擁護し続けて。たしかに自民党にも非は沢山ありました。今の状況は外交に於いても国内に於いても最悪で天皇陛下までも私物化するような幹事長と、それを嗜められない情けない首相。日本をこんなトップの独裁政党に任せては日本が危ないです。小沢幹事長は全国民の意思といいましたが全国民なんてありえません!平気で嘘をついてます。そして陳情に来た知事や関係者に次の参議院に応援をする事を条件のように副幹

投稿: 澤田耀子 | 2009年12月18日 (金) 21時11分

石破茂様

日々の政務、お疲れ様です。

いつも拝見だけしてましたが、今日からコメントさせて頂きたいと思ってます。

昨日私の職場にて、50代の同僚がテレビニュースで米軍普天間基地移設問題を見ながら、
『こんな基地、さっさと無くしてしまえよ』
と言っていました。

基地の危険性から早急に撤去・移設することが望ましい、そう思い発言したのかなと思ったのですが、本心は違っていました。

彼の考えは、沖縄をはじめ、日本には米軍基地は必要無い。米軍が居なくなっても、地域紛争・戦争なんて起こる訳が無い。


というすごく浅はかというか、何というか…


日米安保条約、アメリカの核の傘、抑止力というものを全く理解していない。
第二次世界大戦後、全世界で紛争や戦争が起こる中、日本が衣食住に困ることなく、難民もおらず、生活していける。
それが当たり前だと思い、それらに守られながら日本が発展してきたことを全く理解していない、また理解しようともしないようでした。

石破様、私はこういう人間が今の日本人に多数いる現実に怒りを憶えています。

さて、与党民主党についてですが、これまで石破様や様々な方がコメントされていたように、日本を間違った方向へ行かせようとしています。

私は、先の総選挙で民主党に投票した友人の目を覚めさせようと、日々民主党の危険性を教えています。

石破様、何分ご多忙だとは思いますが、これからも各種メディアにご出演され、持論を披露し平和ボケしている日本人の目を覚めさせてください。


よろしくお願いします。

投稿: 25歳会社員 | 2009年12月18日 (金) 21時16分

いつもお疲れ様です。
くれぐれもご無理はなさいませんように。
演説の動画楽しみにしてます。

投稿: 観音寺 | 2009年12月18日 (金) 21時31分

日本の為に頑張って欲しいのは勿論なのですが、倒れてしまっては元も子もないと思います。

自民党再生の為にも、そして日本の国益の為にも、石破先生には頑張って頂かなくてはなりません。

その為にも、どうか身体が悲鳴をあげる前に、休んで下さい。お願いします。

投稿: sayo | 2009年12月18日 (金) 21時34分

石破先生、寒い中でお疲れ様です。
丸の内での街頭演説、お聞きしたかったです。
前もって街頭演説やテレビにお出になるご予定を知りたいです。
このブログで告知して下さると有り難いです。
国のため、国民のために本当に頑張って下さっておられるのは、石破先生しかいないように思います。
お疲れのたまりませんように…。
民主党に投票した人たちには、早く目を醒まして欲しいです。

投稿: ことり | 2009年12月18日 (金) 21時49分

今の民主党政権を一言で表すなら
『幹事長による院政(独裁)』

我々有権者は程度の差こそあれ、このことに危機を感じています。今、日本の民主主義は自殺への道を進もうとしており、自民が・民主がではなく、この国の危機を自ら招いている状態です。
石破先生、様々な媒体を用いて発言を続けてください。御多忙かとは思いますが、何が、どう危険なのか、私たち有権者に判りやすく何度も語りかけてください。
どうしてこうなったのか? それを知ることに拒否感を示す人々も大勢いるでしょう。しかし正しく知らなければなりません。今ここで気づかなければ、また耳障りの良い言葉に惑わされ、今度は反作用的な選択をしてしまうかもしれません。
時には言葉を選ばず、辛辣な表現で我々に語りかけることも必要かとも思います。

投稿: 農家マン | 2009年12月18日 (金) 22時11分

はじめまして。山岡です。
鳩山内閣の支持率は現在47%(時事通信)で就任3ヶ月目にして半分を切りました。
3ヶ月で30%近く落ちるのもやはり「政権交代」という幻想に踊らされていたことに気づいた方が増えたのでしょう、来年になるとまた下がるような気もします。事実私の周りで支持しているのは殆ど居ません。

そうした中でクローズアップされているのが、幹事長として辣腕を通り越して独裁並の手腕を揮う小沢氏です。天皇の政治利用を企み(本人は国事行為と仰ってますが別物です)、西松建設との違法献金問題、永住外国人への参政権問題、小沢氏もまた問題山積みでなおかつ先述の通り表に出ずに裏方として仕事をしているのが共感できません。また、永住外国人への参政権問題に関しては自民党は反対を表明すべきだと思います。

地元鳥取の田村耕太郎氏が離党を表明されたようですが、民主党に入党するぐらいなら前のように無所属で戦った方がいいのではと思うところです。

年の瀬も迫りあわただしくなる頃ですがどうかお体にお気をつけてください。

鳥取の小さな町から自民党政権の復活を望んで・・・

投稿: 山岡 | 2009年12月18日 (金) 22時20分

このまま日本はどのようになってしまうのでしょうか。
とても不安です。

無理はなさらないでください。
ご健勝お祈りしております。

投稿: | 2009年12月18日 (金) 22時32分

石破さんの発言が正論すぎて、感動のあまり言葉も出ません!
思えば議員の正論を耳にしたのは久しぶりです。3カ月ぶりですね。鳩山総理も小沢幹事長も他与党員も矛盾と私利私欲の塊。特に議員でもないのに鳩山総理経由で 独裁 を行う小沢一郎には絶句します。日本が消えてしまう。
マスコミは民主党擁護が過ぎて、今国民は偏向報道に気付き始めています。この時勢に乗って、是非石破さんに日本を救っていただきたいです!
自民党がんばれ!!!
寒風が身に沁みる季節ですね。お体にはくれぐれもお気をつけてください。

投稿: ひな | 2009年12月18日 (金) 22時52分

石破先生、この投稿が着いているのかわかりませんが、今日も、投稿させていただきます。
ニコニコチャンネルで先生の18日の丸の内での街宣拝見いたし、大変、うれしく思いました。とにかく、がんばって下さい。先生の論旨は、大変わかり易く、理解しやすいで。あの、ハトの、精神分裂的な、発言と比べ。 
とにかく、自民がつぎの参院議員選挙で勝たねばならないのです。汚ザワは、選挙にのみその存在を集中しています。

塾の先輩(小生)として、南半球から応援しております。

投稿: 池田 成明 | 2009年12月18日 (金) 23時07分

衆議院選挙の時から民主党が政権をとることを恐れていましたが、実際とってみると、予想以上のスピードでネット等で危惧されていた民主党の暴走が現実のものとなりました。

大げさではなく、国の未来と自分の未来が一気に真っ暗になったような気がして、怖くてよく寝付けなかったのを覚えています。

今はあの時以上に暴走に拍車がかかっていますが、ある意味、慣れたというか、現実に自分が何をすべきかということの方に重点を置いて、出来るだけ声をあげていくようにしています。

それにしても、マスコミ(特にテレビ、その中でも例の2局)は相変わらず無理やりにでもネタをほじくり返してでも自民バッシングと嘲笑を定期的に繰り返していますね。

自民党の良いことは一切報道せず、脱税総理や独裁者小沢氏の弁護をし、番組の締めに自民党をばかにして締めくくるみたいな、本当にくやしいです。

自民党には政権奪還して欲しいですが、テレビがあの状況では果たして叶うかどうか。マスコミ対策をどのようにお考えでしょうか。

石破さんの、国を守らねばという思い、ブログや記者会見を通じてよく伝わってきます。私も微量ながら自分で出来る限りの行動をし、一緒に戦わせて頂きます。

お体を大切に、これからも頑張ってください。応援しています。

投稿: 遠藤敦子 | 2009年12月18日 (金) 23時07分

田村耕太郎さんのことはどう思われますか?

投稿: タカジョー | 2009年12月18日 (金) 23時12分

私は前回の衆院選前まで積極的な民主党支持者でした。組合などでも運動をリードする立場でした。
細野氏の選挙区で、以前細野氏との懇談会などにも出させて頂き氏の変革への熱い思いに共感もしておりました。しかし、前回衆院選では細野氏ではなく自民党の斎藤氏へ一票を投じました。あえて蟷螂の斧を振らねば、将来の禍根となると判っていたからです。最近、衆院選で自民党が作成した
アニメのCM(プロポーズ編・ラーメン屋編)を久しぶりにYouTubeで見ました。そして今まさしく自民党の指摘・危惧した状況が現実となっていることを、みな振り返るとよいと強く感じています。

投稿: 土井智之 | 2009年12月18日 (金) 23時12分

この寒空の下での街頭演説、本当にお疲れ様でした。

私はこのところ、TVのニュースショーは殆ど見なくなり
もっぱらネットニュースと新聞の読み比べで情報を得ています。
しかしTVを主な情報源としていた、与党支持の人たちも、さすがに小沢氏の恫喝会見(並びに鳩山首相の生気のない表情)を見てしまっては、いまの政府の歪んだ暴走ぶりに気が付いたのではないでしょうか。
これまで石破先生が国会の質問や街頭演説、TVで話されてきたことを聞いていますと、確固たる考えを持つ人の言葉にはこれほど強い力があるということを改めて理解できました。
追及すべき問題は数多くあると思いますが、いま多くの日本人が不安に思っている外国人参政権についても、どうか石破先生のお考えを提示していただきたいと願っています。
どうかお身体にお気をつけて下さい。
ご活躍を心より応援いたします。


投稿: 桐生浅葱 | 2009年12月18日 (金) 23時15分

この寒空の下、街頭演説本当にお疲れ様でした。
最近テレビで拝見するお顔が、少しやつれて見えるのは気のせいばかりでは無いようですね…一連の小沢氏の発言、本当に腹立たしく、正に独裁者です。憲法解釈にしても、湾曲も甚だしく、一体何処まで捻くれ者かと思います。それでも熱烈な崇拝者が存在する…それが何より恐ろしいのです。洗脳が激しく、冷静に判断出来ないのでしょう。まるで昔観た「オーメン」という映画のようですね。願わくは、他国から敵視される前に、私達国民が冷静な判断で、国を立て直せますように…

投稿: りさ | 2009年12月18日 (金) 23時29分

お疲れなんですね。
これだけ熱心に働いていらっしゃる方に頑張ってくださいというのもためらわれます。
かといって、ゆっくりしてくださいと言える状況でもない。
なんと言っていいかわかりませんが、応援しています。

ニコニコ動画で鳩山総理への予算委員会での質疑を拝見しました。
とても説得的な追及で、鳩山総理がとても頼りなく見えました。
石破さんが総理であればどんなに良かっただろうと思ってしまいました。

投稿: タカジョー | 2009年12月18日 (金) 23時35分

こんばんは。
この寒波の中の激務お疲れ様です。
民主主義の本質は少数による多数の支配だと思います。小沢氏一個人による党の支配および政権の支配です。真の支配者は傀儡を立て実行支配を行いたがるものです。しかし、今回の小沢氏は表舞台に出てきましたね。墓穴を掘った!自民党が民主党の影の支配者の首を取る千載一遇の好機だと思います。
自民党からも離党者出られたようですが民主党の中も不協和音が見え隠れしているように思われます。石破さん、党を引き締め、民主党への一大攻勢を期待しております。
この寒さの中風などひかれませぬようご自愛ください。

投稿: 渡辺 | 2009年12月18日 (金) 23時44分

石破先生、こんばんは。

ここ数日、民主政権の迷走ぶりは目を覆うばかりで、日本はこのままで本当に大丈夫なのかと、心配でなりません。

安全保障の根幹に係る普天間基地問題で、鳩山総理の発言が二転三転しているうえ、閣僚の発言もバラバラです。挙句の果てには「結論を先延ばしすることを決定した」という、まったくもって世界のもの笑いのたねとなる発表をしました。
私は、日本人としてとても恥ずかしいと感じました。

実権を握った小沢氏の独裁ぶりも酷いです。
天皇陛下の政治利用を軽々しく行い、苦言を呈した宮内庁長官に辞表を提出してから言えと、恫喝ともとれる暴言を吐きました。
なんと傲慢で傍若無人な態度でしょうか。

日米同盟ならびに安全保障のありかた、天皇のありかたは、国の根幹に係る問題と思います。
にもかかわらず、こういった本当に大事な問題を、鳩山内閣と実権を握る小沢氏は非常に粗暴に、軽々しく扱っているように思えてなりません。

やはり、頼りになるのは自民党です。
どうか一刻も早く政権に返り咲いていただきたい。

>体力的にも精神的にもかなり限界に近いなと思ってはいますが、ここで手を緩めることはできません。

今石破先生がいなくなると、本当に日本の未来は真っ暗になってしまうので、どうぞお身体を大事にしてください。

先生のご活躍を期待しております。

投稿: 一市民 | 2009年12月18日 (金) 23時45分

小沢氏は、報道などで見るとおりの人に思えます。
しかし、鳩山総理がよく分からない。
以下のような可能性が考えられるのですが・・・。
・無能で策が無いように見せて状況を撹乱しておき、意外な着地点に収める自信がある。
・深く考えていない。(何も考えていない。)
どちらでしょうか。どちらでもないのでしょうか。
国レベルではなく、もっと大きな視点で物事を見るならば、鳩山総理の言動にも頷けるところは多いです。
しかし、一国を治めるのに手間取っているような実力で、アジア規模や地球規模の大きな変革ができるとは思えません。
鳩山氏が野党時代にしていた与党批判にはスジの通ったものもあり、考える力はあるハズ。それがどうして影を潜めているのか、全く分かりません。

投稿: 真っ赤なレモン | 2009年12月19日 (土) 00時06分

御身体を大事になさってください。私は、自民党に期待しております。

投稿: 地元の者です | 2009年12月19日 (土) 00時07分

石破先生、こんばんは。
私も小沢のあの会見は、腹立たしく「本当にこの人は日本人なのか?」と疑いたくなります。
憲法解釈も間違いだらけ、言葉遣いも品がなく恫喝的な物言い、天皇陛下に対する冒
涜、見ていて腹が立ち、この人に振り回されてる民主党に不安を募らせています。

周りの民主党に投票していた人たちも、普天間基地問題で、民主党支持は失敗だったと、ようやく感じてるようです。

鳩山首相は、まさに「裸の王様」
経済音痴に外交音痴、リーダーシップのなさ…最近見ていて哀れになってきました。
cop15でも、きっと失敗に終わって、産業界を震撼させるでしょう。

石破先生、サンディプロジェクト絶対見ます。
日米関係の大切さ、今がどんな危機的状況か、国民に教えてあげてください。
楽しみにしています。

投稿: 万葉 | 2009年12月19日 (土) 00時14分

先生寒い中大変お疲れ様です。明日の日本の為頑張って下さい。ずっとずっと応援してます。

投稿: 順子 | 2009年12月19日 (土) 00時15分

一面識もなく、このような投稿でご意見差し上げるご無礼、お許しいただきたく存じます。
かねてより石破先生のご発言にいたく同感している、30代の会社員でございます。
日本の名もなき、Silent Majyorityとして、先生を応援し続ける気持ちをお伝えしたく、僭越ながら書き込みをさせていただきました。
これからも先生を応援し続けます。
スタッフの皆さま含め、応援し続けます。
日本国のために、一緒にお力を尽くしたく、お願い申し上げます。
私は先生が大好きです。
失礼いたしました。

投稿: 中村一貴 | 2009年12月19日 (土) 00時24分

石破先生 大阪の西村です

さてさてまた鳥取県選出の参議院議員 田村耕太郎氏が離党しましたね。
少し解せないところもありますが顧問として石破先生も少しお辛いですね。もし民主党などに入党するとしたら最低の人間だと思います
自分の意見が通らないといって県連の意見もきかずに離党するのはいかがなものかと思います
金融及び財政 国際情勢に明るかった田村議員なので残念ではあります
しかしまあ石破先生も一度は離党された御身だからまた復党のおりは温かく迎えてあげてください。
明日のサンデープロジェクトでまた先生の元気なお姿を拝聴させていただくのを楽しみにしております。全国の石破ファンを代表して先生のご健闘を心からお祈り申し上げます

投稿: 西村 | 2009年12月19日 (土) 00時39分

お疲れ様です。先日、テレビのニュースで、鳩山首相に谷垣総裁と御一緒された時の様子が流されましたが、首相の落ち着きの無いおどおどした心の内を映像は正直に伝えていたように思います。
お疲れもピークに達しているかと心配ですが、ここは、本当の国民の声の代弁者として、頑張って頂きたく投稿致します。幻のオアシスに連れ出され後は知らないと、砂漠に放り出されないように私達有権者も賢くならなければと深く心に念じる今日この頃です。
これからも、益々、その暴虐さを数の論理を振りかざすことが、目に見えています。どうか、本当に弱い立場の人々の力となって下さい。諸行無常は、人の世がある限り、今のデジタル社会にも通用する真理だと私は信じています。

投稿: one michaelmas daisy | 2009年12月19日 (土) 00時53分

本日、丸の内で街頭演説を拝見いたしました。
いつも思うのですが、石破議員の話はとてもわかりやすいです。
ブログに書かれていた「体力的にも精神的にもかなり限界に近い」ということで心配です。
くれぐれも体には気をつけてください!
そして、1日も早い政権奪回を期待しております。

投稿: 沢田 香織 | 2009年12月19日 (土) 01時00分

定例会見等でのご様子から、お疲れのことだろうなと窺っておりました。
政治家が休日を趣味や休養に費やすニュースが報道されると、すぐ「血税で飯食ってるのにいいご身分だな。昼夜土日問わず働いている国民もいるのに」というような批判をされる方が偶にいらっしゃいますが、一年中まともに休日を取れないほど仕事をしているなんてものは希少な例で、またそれが正しいこととも言いえない以上、的を射ていない指摘なのだろうと存じます。むしろ、政治家にせよ官僚にせよ、過剰労働を防ぐ立場にいる方自身が、過剰労働をするというのでは、説得力を大いに欠くのではないでしょうか。

民主党の一連の方向性を見ていると、自民党の中では、石破先生はむしろ近いほうなのではないかという印象を持っております。国防に関して米軍の占める役割を減らしていく、中国とさらに親善関係を深める、アジア地域レベルでの交流を活性化する、官僚主導の打破といった点は、先生もかねてより論じていらしたところだと承知しております。ただ、それは飽くまでも方向性に一致する点があるに過ぎず、逆にいえば民主党の長島防衛政務官などは防衛や、在日外国人参政権等の問題では自民党と近い立場にいらっしゃるように見えますが、その他の点で自民党とは相容れないところがあるのでしょう。
正直に申し上げれば、石破先生には下らない政局などに振り回されず、そんな時間があるなら国会図書館にいていただきたいと思っておりますが、自民党の中で危機感も共有出来ていない現状、幹事長や国対委員長など党や国会対策の専門職の方にばかりは任せておけない状況にあるのだろうとお見受けします。増長する小沢民主党幹事長や、感覚的な欠如の目立つ鳩山政権を相手にして、いかに望ましい手順を踏ませていくか、試行錯誤の日々だろうと存じます。

思えば、田中角栄元首相の知己の息子である石破先生と、弟子を自認する小沢幹事長がこの局面において対決するというのも面白いものです。
小沢幹事長は「野戦司令官」として存分にお力を発揮され、「最終決戦」を戦うでしょう。やはり四年は長く、私のような者には不安が募ります。参院選でも解散総選挙でもない、第三の方法で政権を取り戻すということも、頭の隅に入れておいていただきたいなと思う次第です。

国民なんて勝手なものですが、各々が幸福を追求していることの証左でもありましょう。
先生が、せめて年末くらいはゆっくりとお休みくださいますように。

投稿: ベリアル | 2009年12月19日 (土) 01時02分

石破先生、いつもお疲れ様です。
ご多忙と存じますが、お体ご自愛の上、日本の為宜しくお願い申し上げます。
何か我々”日本国民”に出来ることは無いでしょうか?
デモや集会に今まで参加したことは御座いませんが、ここまで一党独裁で売国行為をされては、何かに参加したい、参加しなくてはならないという気持ちで一杯です。
諦めたら終わりだと思っております。
日曜日のサンプロにご出演との事。
細野民主党副幹事長ですか?あんな不倫男に石破先生が論破される筈はありません。
テロ朝(テレビ朝日)は嫌いですが、石破先生を応援する気持ちで拝見いたします。

投稿: 東大阪より | 2009年12月19日 (土) 01時05分

昨日の街頭演説の様子をTVと佐藤正久議員のブログで拝見致しました。

寒風吹きすさぶ中、大変お疲れ様ですが、これからも、中央だけでなく地方でも、地方の議員さんや議員候補さんたちも一緒に続けて行ってください!

そして、支持党派に関係なく、私達国民一人一人も「国の存在を危うくしている政権政党に強く抗議する声」を全国であげていくことが何より大切だと思います!
ネットではなく、地方で国民が気軽に声を上げる場所をどうやって作るか?
これに、自民党さんもですが、日本の将来がかかっていると言っても過言では無いと思います。

来夏の参院選など待っていられません!
早く「解散」に追い込んで、政権交代を早めなければ、もう日本は終わってしまいます…。
過去、自民党政権下でも、自社さ連立政権下でも、このように「日本を破壊するに値する」ことをされたことはなかったと思います。

石破さんをはじめ自民党さんは、小沢さんや鳩山さんたちを批判されますが、私はむしろ、彼等の言動を「悪いことと知りながら、支持し屈服している現民主党議員たち」が何よりも腹黒く、汚い連中だと思っています!
本当に、良心や良識というものがあれば、今の民主党自身の姿がおかしいことくらい自覚しているはずです。
それにも拘らず、内側から批判も苦言もせず、寄らば大樹の陰…で、見てみぬ振り…を決め込む現在の民主党議員たちは許せません!
自浄能力のない者たちが、一国の運命を握るなど有権者として許せない!
それは、あなたがた自民党にも言えること。
河野太郎氏のような寛容性がなく突っ走る…まるで小沢氏のようなタイプは判断力が無いので困りますが、せめて一般人の考えるところの良識・道徳を以ってして判断できる程度の方が自民党に多く存在できるようになれば、おのずと自民党の支持は増加してくるのではないでしょうか。

自民党さんだけの力ではなく、国民の声・力が一緒になる事が「この国を救う」のだと信じております。

投稿: 一国民:石原 | 2009年12月19日 (土) 01時28分

寒いなか、街頭演説お疲れ様でした。応援しています。お大事になさって下さい。

投稿: 北の国から | 2009年12月19日 (土) 01時33分

書き忘れた事があります。
子供手当の所得制限のことについて、ひとくさり。
先ほど書いた「民主党議員の汚さ」に関係するのですが、彼等の…いわゆる国会議員の報酬は概ね2千万円ですよね?彼等自身、子供手当が欲しいからこんなに高額な制限額となったのではないでしょうか?と勘ぐりたくなります。
確か以前言っていた特別扶養控除?の所得制限も2千万円だったと記憶しておりますが、いかがでしょうか?
この不況の時代、年収2千万円なんて貰っている世帯主は多くないでしょう。
それで、所得制限は「世帯主だけの所得額」で決まるのでしょうか、それとも、「1世帯の合計所得額」を言うのでしょうか?
そもそも「所得」というのも、「収入額」と「所得額」とでは意味が違いますので…どちらを「所得制限」に適用させるつもりなんでしょう?
いったい民主党とは、誰のための「民主党」なのでしょうか?

投稿: 一国民:石原 | 2009年12月19日 (土) 01時45分

私は今の自民党に石破がいてくれて本当に安心すると言うか心強いと思っています。
正直、民主党が政権をとり、閉塞感からの打破という期待から民主党への追い風が続いており、自民党の埋没感は否めませんでした。
 しかしながら、石破さんは決して野党の遠吠えではなく、真に日本の現状を憂い、日本を愛し、世界の中の日本の役割をどうすべきかを真剣にこのブログで、そして政調会長として発信しており、私がこれからの自民党に期待をしている大きな要因となっています。正直今の自民党の中で、真剣に先の衆院選挙の敗因を分析し、これからの自民党の国民に対する役割を考えている人は石破さん以外にはいないのではないかと感じております。
 常々、これからの日本の命運を分けるものは中長期的には安全保障政策、農業政策であり、短期的には景気対策であろうかと思います。私は銀行員をやっていますが、中小企業の社長から聞こえてくる共通した意見として「この国がどこへ向かおうとしているかが分からない」という嘆きでした。安保政策面では普天間基地の問題にせよ、軸となる国家観が民主党及び首相に備わっていないため問題先送りになっている状態です。農業政策においても農業自由化が確実の中において戸別補償以外に方策は見えない。根本的な農地政策は見えません。要するに、国民の側から見れば「逃げ」の姿勢に見えるのです。甘言を示し、根本的な問題をうやむやにされているような気が最近してなりません。
 景気対策に関しては今の状態がもう半年も続けば確実に倒産件数は急増するでしょう。日々の業務の中で肌で感じています。

石破さんは安保政策にせよ農業政策にせよ今までの大臣経験から見るととても筋が通っていると思います。党や各種団体の意向に流されない、政治活動の先には国民が見えている感じがします。
決して問題から逃げない、立ち向かう政治家として頑張ってほしいと思います。応援しています。

愛知県在住 銀行員 25歳男より 
 

投稿: hiro | 2009年12月19日 (土) 01時57分

つらつらと、気づけば2時間もかけて現政権に対する不安と不満、自民党への逆恨み(なぜ民主党を勝たせてしまったのですか!という……)を書き続けていました。
ふと我に返り、こんなことは今更わたしが書く必要もないと思い、削除しました。
それでもなんだか少し楽になったような気がするから不思議です。

最近頻繁にブログを更新していただけて大変うれしく思っています。
中身を読めば「うれしい」とばかり言ってはいられないのですが、それでも先生の怒りの文章を読むと安心できるのです。

石破先生、私はずっと先生を応援しています。
山陰は寒いでしょうし、この週末も特に冷え込むそうですから、お体にはお気をつけて下さいね。

投稿: はる | 2009年12月19日 (土) 01時59分

応援しております。
(ですがお身体ご自愛ください!)

投稿: qayano | 2009年12月19日 (土) 02時17分

 鳥取選挙区の参院議員田村耕太郎氏 敵前逃亡どうなっているんですかね? 石破先生次の選挙で必ず返り討ちをしていただけますね。
 自民党公認の候補者を至急立ててください、
来年の参院議員選挙楽しみにしています。、

投稿: 砂丘山猫 | 2009年12月19日 (土) 02時35分

先生、初めてメールさせていただきます。
相当お疲れのご様子ですね。
私ども国民の不安も大きいですから、現場で戦われておられる先生は相当ですよね。
私どもに伝えられないようなこともご存知でしょうし。
先生のおっしゃられていることはもっともです。
解散しないと決めてしまえばそれまでです。
日本はひどい事態になってしまいました。
夏の選挙をいつもでも憂いても仕方ありませんが、
がんばってくださいと言われるのは今は酷でしょうか?
いつも堂々としておられる先生の疲れた様子は悲しくなりますが、信じています。
ただ、ただ陰ながら1票の重さしかない私ですが応援いたしております。
日々少数かもしれませんがおかしいと思う日本国民は増えていると思います。

投稿: 石破応援団 | 2009年12月19日 (土) 02時43分

石破先生の力強いお言葉に涙が出るほど嬉しく思いました。
鳥取に住んでいる者として日本人として、石破先生の存在は誇りです。
お体に気をつけて、思う存分ご活躍下さい!
200%支持します。

投稿: Mari | 2009年12月19日 (土) 03時31分

街頭演説、拝聴しました。寒い中、本当にお疲れ様でした。

報道から透けて見えてくる民主党体質に、嫌な印象を受ける人は決して少なくないと思います。ただ、メディアがあまり騒いでいないことや、民主党への期待感(!)から、「きっと考えすぎだろう」と目を瞑っている人が多いのではないでしょうか。
自民党の先生方が、テレビ等を通じて事態の深刻さを指摘してくだされば、共感する有権者は少しずつでも増えていくはずです。

また、自民党が「有権者にわかりやすい形」で復活宣言をすることも、非常に重要ではないでしょうか。
「衆院選を教訓にこんな党改革をしました、もう自民党は大丈夫です。安心して戻ってきてください」という明確なメッセージが発信されない限り、「民主党は自民党よりマシ」もしくは「自民党は結局何も変わってない」と言う人は減らないと思います。
勿論、変えるべきは党名などではありません。党内の若返りや族議員化の禁止、派閥廃止など、「悪い自民党体質」として象徴的な部分をガラッと変えることが必要です。それによって、一旦離れた有権者も、安心して自民党支持に回ることができると思います(実際、私の友人は「自民党が変わらないから民主党を支持するしかない」と言ってました)。
二階氏の役職辞任というせっかくのアピールポイントが、天皇陛下の特例会見騒動ですっかり影に隠れてしまったのは、勿体無く大変残念です。

激務で御身体を壊されませんよう、どうぞご自愛ください。
草の根運動しかできませんが、私も地道に反民主党活動を続けていきます。

投稿: pon | 2009年12月19日 (土) 03時36分

石破先生 おはようございます

次の日曜日のサンデープロジェクトに出られるのでしたら 絶対に見せていただこうと思います

石破先生を応援します というよりは 「どうかお願いします」という気持ちなのです。 
「日本のことをよろしくお願いします」という心境なのです。

このまま 民主党に任せては
大変なことになります

どうか 頑張ってくださいますように
と 応援と そしてお願いをいたします

投稿: 日神子 | 2009年12月19日 (土) 05時17分

石破さんお疲れ様です。
民主党のニュースを見るたびに絶望し、靴を投げつけたくなる毎日ですが、石破さんのブログを読んで勇気をいただいております。

さきほど動画投稿サイトYouTubeで「小沢一郎、韓国で売国公演」と題した一連の動画を観て憤りを感じております。

小沢は講演で「初代天皇は韓国人」や「日本人は自立心が足りない民族」などといった反日発言を繰り返しております。日本の国会議員として著しく資質を欠く軽率な行動です。断じて許すことができません。

この動画が消される前にひとりでも多くの方に観て頂きたいです。

投稿: 夜型 | 2009年12月19日 (土) 05時17分

石破先生が仰っていることは、まさに私を含めた多くの国民が実感していながらマスコミによってかき消され、「世論」として反映されない主張だと思います。小沢氏の「これが民意というものだ」という詭弁には辟易しております。自分たちが選ばれたから自分達のやることは全てマニフェストからずれていようが、マニフェストに載っていなかろうが「民意」ととらえることができると考えているようで寒気を覚えます。。。羽毛田長官へ辞任を要求するような発言も思い上がりも良いところです。これでは完全なる独裁者、恐怖政治です。石破先生のような政治家の方がいらっしゃる限り日本はまだ何とかなると思えました。一人の有権者として率直に申し上げさせていただきますと、確かに自民党も完璧な政党ではなかったと思います。自民党への批判の声は衆議院選挙で自民党の先生方へ届いたかと思います。ですが、自民党の政策、政治は日本を日本人のために豊かにしようとするものだったと思います。そこには長期的視点にたって何が日本に必要か考える姿勢があったと思います。ぜひ参院選までに勢いをつけて議席を取り戻してください!日本人のための日本を守れる、保守系政党としてどうか自民党の皆様で一丸となって今から参院選への足固めをしてください。私も海外からですがしっかり日本総領事館まで出向いて投票させていただきます。周りの日本人の友人達へも周知活動を行っています。とてもお忙しいスケジュールのようですが、どうかご健康にだけはお気をつけて日本のため頑張ってください。心の底から応援しています。

投稿: アメリカ在住の日本国民。 | 2009年12月19日 (土) 05時34分

自分は将来外務省を目指し勉強している大学生です。民主党政権になり、ODAを減らしたり、沖縄米軍基地の迷走だったり、外交関係が悪化してしまわないか不安でしかたありません。将来は自民党の外相のもとでしか働きたくありません。石破先生のお身体が心配ですが、いかに民主党が危険な政党か国民に気付かせてあげてください。活躍を期待しております。

投稿: っ | 2009年12月19日 (土) 07時49分

石破さん、期待してます。日本を立て直して下さい。日本はめちゃくちゃになってます。もう手遅れなのかも知れませんが、国家の崩壊を食い止められるのはあなたしかいないと思ってます。期待しています。

投稿: 在英 | 2009年12月19日 (土) 08時09分

小沢さん率いる民主党新人議員の中国訪問のニュースには、非常に違和感と気味の悪さを感じました。私だけでしょうか?
天皇陛下に対する発言についても、同様です。
日本はそこまで遜る必要はあるのかなぁと。
日本人としての誇りとかプライドの問題だと思いますが。

投稿: 田中 | 2009年12月19日 (土) 08時39分

石破チャンネルの第八弾を見て、我々のご意見を全てご覧いただいているのを知ったのでお送りいたします。お忙しいと思いますが、お時間頂戴して申し訳ございません。

ユーチューブで石破政調会長のお話をお伺いいたしました。
内容からすると臨時国会当日のテレビ朝日のスーパーモーニングだと思います。
松尾貴史氏、鳥越俊太郎氏、吉永みち子氏が出ておられたと思います。
私自身は、今回の選挙結果は椿事件の再来と言っても良いほどのマスコミの偏向報道の結果と思っております。

この番組でも、どう考えても酷いコメンテーターの言葉でした。
それに対して石破政調会長は理路整然としたお話をされていました。
相手は話をそらす、今までの自民党の批判をするといった議論をしないやり方を取っておりましたが、それに怒りもせずに粛々とお話を展開された石破政調会長。尊敬いたします。自民党が国債を膨大に発行したともありましたが、400兆円程は現民主党幹事長が出したという噂も聞いております。でも、そういうことは一切仰られませんでした。批判すべきところは批判して、批判しても仕方のない事は批判されない。本当に素晴らしいです。

最近、民主党の恐ろしさが露呈してきました。
いまだにマスコミは擁護している様ですが、あまりのひどさに出さざるを得ない状況になっているようです。

今回の選挙結果は小選挙区の負の面が出てしまいました。そのため自民党は厳しい状況ではありますが、独裁政権になりつつある民主党に対し真向から対峙していただき日本の良き伝統を守っていただきたいと心より願っております。

体力的、精神的に大変だと思います。お休みいただけるときはお休みいただき、日本国民を護る時は全力で戦っていただきたいとお願い申し上げます。

私も日本を護るために、そして子孫へ素晴らしい日本を継承できるように出来ることは徹底してやってまいります。

未来のために頑張ってください!!

投稿: h | 2009年12月19日 (土) 09時43分

応援しています!
石破さんのお話はとても分かりやすく、
また一般市民はTVの影響を多大に受けますので
TVでお話してくださることで、目を覚ます人も
増えるのではないかと期待しています。

日本を守るために、お忙しい中
ありがとうございます。
どうかご自愛くださいますように。

一般市民に出来ることはわずかですが、
地道に口コミなどで民主党の危なさを広めるべく
がんばります。

投稿: okusama | 2009年12月19日 (土) 09時52分

昨日、田村耕太郎氏が離党されました。
地元は大混乱に陥っています。
そして、私たち県連自民党青年部・青年局は田村氏に名指しで批判され、まさに憤懣やるかたないといった状況であります。

真相はわかりませんが、この度の離党騒ぎは、石破先生の地元を狙った小沢一郎の謀略であると、私は考えています。

これで鳥取選挙区における、我が自民党の参院選戦略は白紙となりました。
しかし、止まってはいられません。
一日でも早く強力な候補者を擁立していただき、是非とも売国民主党、そして裏切り者を叩きつぶす体制を構築願いたいと思います。

最後になりますが、石破先生におかれましては、ご健康に留意いただきまして、赤沢亮正とともに自民党の再生、我が国の再生をよろしくお願いいたします。

投稿: 米子市議会議員 松田 正 | 2009年12月19日 (土) 09時59分

自民党が政権党であった時代には政治に無関心で、正直選挙さえ行ったことがありませんでした。
小さな不満や疑問はありましたが、それでも特に生活に何の影響も感じずに、まあのほほんと暮らすことが出来てました。
しかし、民主党政権になり、その的外れな政策から景気がさらに悪くなりそうだったり、永住外国人に地方参政権を付与しようとしてたり、安心して暮らせなくなりました。
石破先生はじめ、自民党のみなさんには死に物狂いで政権を奪還して、国民に安心を取り戻してほしい。

投稿: 山佐 | 2009年12月19日 (土) 10時19分

石破さん!
どこまでも頑張って下さい。
自分としては総理というより防衛省を
国の独立した機関にして、その上で
防衛大臣になって欲しいです。
そのためにも政権を一日も早く奪還し、
自民公明の大人の連立をまた再開して
欲しいです。

投稿: 辰ニイ | 2009年12月19日 (土) 10時22分

私達の年代がいかに
証拠や物品がない歴史観を混ぜて
教育されたか同級生や年上の方を
見ていてそう思います。

石破さんのブログやニュースを見て
「道」がしっかりしてて勉強にもなります。

(軍事を知らずして平和を語るな)
まさしくそうだと思います。

感情のもつれ合いやもたれ合いが
多くなっている国民の中で
私は立っているのが精一杯です。

美術・文化・文明
教育・食品・外交・軍事
様々な渦巻きの中
これから圧力に負けずに
頑張って下さい!!!

投稿: katusand | 2009年12月19日 (土) 11時38分

 私はずっと自民党に入れてきましたが、自民党がかつての政権運営の問題点について明確に総括して謝罪しない限り、もう自民党に入れることはないと思います。麻生政権は憲政史上最低の政権でした。
 けれども今、憲政は停止され、日本の歴史上最低の政権が誕生しました。天皇に拒否権がないのに、内閣が自由に「助言」できるとしたら、それは内閣が、天皇に対する命令権限を有することに他なりません。天皇に対して内閣が「韓国に行って従軍慰安婦を認めてこい」と「助言」したら、天皇はどうすればいいのでしょうか。「あらゆる天皇の行為は政治利用だ」などという極端な一般論は、政治的効果の大小を意図的に無視しています。
 日本の象徴天皇制は、英国のように強すぎる王権を制限したものではなく、戦前戦中の軍部のように、天皇の権威・権能を政府が恣意的に利用し、民主主義的制度が破壊されるのを防ぐためのものです。その意味では、陛下をダシに使った羽毛田長官も同罪でしょう。
 内閣は、天皇が逸脱した行動を取りそうになったら「助言」し、それでも従わなければ「承認」を拒否すればいよいのです。このように内閣の天皇に対するコントロールは受動的であるべきで、能動的に天皇を駒のように扱えることが「民主主義」だなどと、間違っても考えるべきではない。天皇陛下は首相の部下ではありません。
 この問題については自民党内でも法的な理論を深め、万全の体制で戦うべきです。「小沢対羽毛田」に持ち込まれれば、必ず負けます。羽毛田長官なんてかばう必要はない。「小沢&羽毛田対天皇」の議論に持ち込み、この唾棄すべき国家社会主義政権を打破してください。自民党に期待しています。

投稿: gase2 | 2009年12月19日 (土) 12時59分

石破先生、ブログの更新いつも楽しみにしております。
コメント欄の皆様のご意見も楽しみに読ませて頂いております。

賛否両論ありますが、いくらメディアに叩かれようとも解散総選挙をするよりも経済対策を優先された麻生政権の姿勢は支持しておりました。
リーマンショックから日本が立ち直りつつあったのも経済対策を優先されたからだと思っております。

民主党に期待して投票された方も、現在の驕った態度に違和感を感じているのではないでしょうか?
確かに自民党にも悪い所はあったと思います。しかし、ここまで不安感・恐怖感を抱いた事はありません。
私の周囲にも「民主に投票した事を後悔している。」と言う人がいます。
ただ残念なのは「次は自民党に投票する」ではなく「どこが政権を取っても同じ。次の選挙では投票する党がない。」と言われる事です。

私は次の選挙でも自民党に投票するつもりですが、テレビや新聞しか情報源がない人はマスコミの偏向報道でまだ民主党に期待を持ったり、自民党の今の姿や政策を知る機会が無く迷っているようです。

テレビで完全アウェーで討論されている先生や自民党の議員の方たちを拝見すると、とても大変だと思いますが、是非メディアにどんどん出て自民党の考えや政策を広めて下さい。(録画放送だと現政権に都合の悪い所は編集されてしまいそうですが…)

投稿: 一主婦 | 2009年12月19日 (土) 13時04分

こんにちは。
はじめて書き込みをします。

自分は大学生です。8月の投票日が人生初の選挙でした。
初めての選挙なのでマニフェストをしっかり読んで、難しい部分もありましたが、
それを自分なりに理解したつもりで、投票へ行きました。

その後、自民党が大敗し、民主党が政権を取って、
今日まできましたが、とても不安で仕様がありません。
民主党の浮足、小沢氏の不遜な振舞い。
日本がこれから何処へ向かって行くのかが、とても心配です。

自民党は、谷垣さんが言っていたように、
全員で取り組んでいくことが大切だと思います。
また、各人が互いに切磋琢磨し合い、知恵を練り上げて、
国民に自民党の政策・理念を訴えていってほしいです。

若輩者が差し出がましいことを申しました。
頑張ってください、応援していますrock

投稿: くわふじ | 2009年12月19日 (土) 13時56分

小沢氏を批判するのは簡単ですが、何度も政治的に死んだと言われた小沢氏が結局、それを乗り越えより大きくなっていく点は、やはり、小沢氏にそれだけのものがある証拠でしょう。「今や小沢氏の側近となった細野民主党副幹事長」もかつては反小沢だったわけですし。
私としては、石破さんは自民党で評価できる数少ないベテラン政治家の一人だと思っています。泥舟を捨てて民主党に移られたらもっと活躍できるのに、残念です。

投稿: boriemon | 2009年12月19日 (土) 16時08分

丸の内での寒風の中の街頭演説 小泉二世はなかなかハッキリとした聴きやすい司会ならびにプロローグは見事でした 。 石破先生の力を振り絞った演説は涙かでるほど素晴らしく やはり石破先生が先頭に立って自民党を立て直すしかないと今更ながら確信しました。 谷垣総裁ではやはり無理だと思います 人柄はいいが野党党首としては品が良すぎます 時間はかかってもいい 必ず石破先生が日本を導いてくれる われわれはその日が来るまで石破党をずっと応援して参ります 先生には一億二千万の命がかかってるのです
頑張れ石破 頑張れ石破先生と エールを送り続けます

投稿: 西村宏之 | 2009年12月19日 (土) 16時09分

日本では

日本の大和魂を復活させるエネルギー

日本の大和魂を破壊するエネルギー

が 働いてます

日本の大和魂を破壊するエネルギーの

トップに君臨するのが

小沢一郎様でございます

この人物は要注意です

マスコミがもっと

小沢一郎様について報道してくれれば。。

投稿: 超スーパー女教師河合希 | 2009年12月19日 (土) 16時48分

お体に気をつけて頑張って頂きたい。
政権奪還の前に他界されては国民としてやるせないことこの上ありません。

投稿: 匿名 | 2009年12月19日 (土) 17時51分

こんばんは
日本の未来を憂う一人です

小沢幹事長は
ご自身がもっともらしいような事を大声で言い切れば
何事も動かせると勘違いしていらっしゃるようですね。

そして、
その小沢さんこそ間違ってると
言えるTVのコメンテーターが一人もいない笑
「どうなんでしょうねぇ」
とか「とにかくリーダーシップはすごいですよね」とか
素人以下。
お粗末すぎます。


石破さんのTVでのコメントを拝見するたびにウンウンと納得させられます。

ご多忙かと存じますが、
ご自愛くださいませ。

投稿: カティ | 2009年12月19日 (土) 17時58分

日本の先行きをとても心配しております。
自民党には問題も多々あり、でしたが、「自分たちが日本を守っていく」という共通の確かな基盤はありました。
今の民主党には、どうしてもそれが感じられない。むしろ「日本をどうするつもりだろう」と恐怖すら覚えます。こんな一介の主婦に、日本の先行きを心配させないでよ!って思いますけどね。
石破さん、頑張ってください。応援しておりますので。

投稿: こちづ | 2009年12月19日 (土) 18時41分

丸の内での演説、動画サイトで拝見しました。極めて分かりやすく本質をついたお話で、これをもっと報道してほしい!と思いましたが、マスコミも放送法違反の偏向報道ばかりですから…。お体を大切にされながら出来るだけ露出を増やして国民の支持を取り戻して下さい!
「思いが」「思いが」「マニフェストが」と、法治国家にありながら法律無視の思考停止内閣、なんとしても倒さなければいけません。

投稿: ぶーこ | 2009年12月19日 (土) 18時46分

石破先生、演説の動画を拝見致しました。
小泉氏の話し方も分かりやすく、素晴らしかったです。
是非地方にも演説に来て頂きたいと強く思いました。

わずかな時間でも、国民一人一人と握手を交わし、国民の小さな言葉に耳を傾ける事が大切です。
現政権がいかに小沢の独裁政治であり、危険な事を行っているのかを国民一人一人にしっかりと認識してもらう為にも、是非実現して欲しいと願います。

テレビでお顔が知れ渡っている石破先生、谷垣総裁、若手の小泉氏の演説の効果はとても大きいと思います。


先生も体調を崩されないようにお気をつけ下さい。
いつも応援しています。

投稿: 加藤 | 2009年12月19日 (土) 18時54分

日本人は真実より事実の理屈を好みます。

そう云う様に育てられました。

公私混合。
建前と本音。
言い訳しない。

しかも、嘘ではなく、言い訳しない。

愚痴を云うな。

これが日本の美学と云われます。

それが原因の言論の束縛。

日本人が論議が下手な理由の一つ。

さて、良い子良い子に云い包められてた日本人は隣国に嘘の歴史改竄まで見抜けぬ様になりました。日本人は濡れ衣に謝罪を余儀なくされます。


鳩山総理の云う。
『日本列島は日本人だけの所有物ではない』
甚だ遺憾でありました。

国を背負う総理としての品格が問われず何を問うのでしょうか。

小沢の天皇軽視発言も許せません。

献金問題も、訪中も。

習近平は尚許しません。

何もかも腹立たしく感じます。

民主党は早く解散すべきです。

私は待てません。

投稿: 後藤 | 2009年12月19日 (土) 19時57分

自民党と言うのは本当にどうでも良い小さなことをネタに批難されてきたのだなぁと、思い返してしまいました。

私は20代なので、高年層の自民党に対するイメージを理解することは出来ませんが、逆にここ10年間の自民党の主張が偏見無しに理解出来ます。


今は国の体をなしていないので一刻も早く政権が戻れば、と思います。ただ、行動が伴わないのですけど。

投稿: hang | 2009年12月19日 (土) 20時05分

溜息の毎日です。次から次へとやらかしてくれる鳩山内閣。どこかのブログのコメントで国会議員に聞きたいことは「日本という国、日本人が好きですか?」
この問いに対して「YES」と答える(私利私欲は捨てて、国や国民のために汗をかいてくださる)議員こそ選ばれる価値のある議員だと思います。まさに石破政調会長です。
日本の国会議員なのにどうして日本がきらいなのか、どうして選出されるのかが不思議です。
お体をご自愛下さい。

投稿: miwako | 2009年12月19日 (土) 21時04分

 お疲れです。

 タイトなスケジュールですね(^^;

 あまり無理をなさらないように、だけど、ここで自民党の再生のために尽力していただきたいと思います。

 今の日本には、健全な野党の存在が求められています。

投稿: 緑の保守派の尊野ジョーイ | 2009年12月19日 (土) 21時15分

石破先生お疲れ様です。
私の周りでも、今回の小沢氏の件については怒りの声が多く聞こえてきます。
早くも馬脚を現して本性が見える事は、逆に良い展開だと思います。
是非、先生の理論的かつ隙のない攻撃で、厳しく追求して頂きたく願っております。

先生は、今後の再生自民党の旗手だと思います。先生主導の自民は、より戦略的に再生出来る事かと思います。
旧体制の顔ぶれでの再生は不可能であり、国民の支持は得られないと思います。
又、長年における公明との連立にアレルギーを起こしている人も多かったと思います。
今は大変な状況でしょうが、応援している国民は沢山おり、新生自民党の復活を期待しています。
お疲れでしょうが、どうかお身体ご自愛下さり頑張って下さい。
心より応援しております。

投稿: まーくん | 2009年12月19日 (土) 21時42分

石破先生に期待している国民はたくさんいます。
どうかよろしくお願いします。

投稿: 国民 | 2009年12月19日 (土) 22時41分

石破先生寒い中、街頭演説お疲れ様でした!
動画で拝見させていただきました
自民党が動いてがんばってくれている姿は
今不安に思っている国民には強い勇気と期待を
あたえてくれています
自民党は今までの反省は次にいかせます。
今自民党がひとつになってがんばってほしいです

政権交代して数ヶ月で国民をこんなにも
不安や恐怖感をあたえる内閣って...
独裁者が右と言えば...顔色うかがって全員右。
ロボットのようでうんざりです
すべてが口だけのことはわかっていましたが
マニフェストにだまされ民主党に投票した人が今
疑い.不安.恐怖感が日々強くなっていっています
今まで政治の話をしなかった人まで「今後どうなるんだろう」
なんて話がでるようになりました

正直こんな不況時期で自分の生活がやっとな時に地球環境.
他人の子どもことまで考える余裕なんてないのに。。
毎日なんとか食べていけるだけ幸せなのが実情です。
なので暫定税率維持で谷垣総裁の国民に信を問うべきは
グッドタイミングでした谷垣総裁の演説も
わかりやすい言葉でとても今の現状をを把握してくださってて拍手しました。

明日、訪中団の方との討論がんばってください

石破先生、今大変お忙しいと思いますお体気をつけてくださいね!

投稿: ココア | 2009年12月19日 (土) 22時54分

ありがとうございます。
気迫のこもった文章、思わず読んでいて頭が下がりました。
私も、選んだ覚えがないからといって
この状況に甘んじていてはいけないのだと思いました。
地道に、各方面に主張していこうと思います。
そして、今一度、自らの身の回りの生活を、伝統を、文化を大事に、改めて考えて、おくっていきたいと思いました。

投稿: いち主婦 | 2009年12月19日 (土) 23時50分

こんにちわ。最近の石破さんによるブログの更新の頻度が多く、タイムリーに自民党や石破さんがお考えになっている「プラン」「活動」が見えてきて、ブログを拝読するたびにホッとする日々です。丸の内での街頭演説をYOUTUBEの自民党動画で拝聴しました。拍手や声援が街頭から響いていて、少しずつ「自民党がんばれ!」の声が高まっているような気がしてうれしく思います。小泉議員の若き獅子の確固たる信念も感じたのもしい限りでした。
石破さんがおっしゃっていたように、マスコミで自民党をとりあげる機会はめっきり減ってしまい、私達にはその活動やプランがなかなか見えてきません。自民党に今一度与党として日本を担ってもらいたい国民にしてみれば、街頭、動画、ブログ、これらにすがるしかない状況です。ありがとうございます。
それに比べ、もとより野党時代から、言うことは力が入っているわりに墓穴を掘ることが多かった方々が多いイメージの現与党。政権をとったやいなや、次々とまい進しているつもりだったでしょうが、冷静にその言動を見ている国民にはすべて見えてきます。そろそろまた野党時代のような墓穴を掘り始めたのではないでしょうか。政治以前の問題。なにかを成そうとする場合、確固たる信念とそのビジョン、明確なプラン、そしてなにより国のために働く志で政治家になったのだから利他主義はもっとも大切であろうと思っています。彼らがしていることは、自分の立場と「この国を牛耳るための組織・民主党」であることがあからさまに見えてきました。小沢さんのことは先の記事にコメントさせていただきましたが、この方だけではなく、総理はじめ多くの内閣中枢の方たちは、明確なビジョンと「この国の未来と日本国民の生活の安寧」など二の次なのではないでしょうか。「天下を牛耳る与党でい続けるためのごり押し、独裁もいとわない」というやりかた以外のなにものでもありません。はずかしながら、姪は32歳ですが、3人の子を持ち共働きで昼は会社員、夜は深夜2時までコンビニでパートをしています。確かにたいへんです。先の選挙で民主党に投票したといっていました。なにもわかっていません。私は説明をしました。そして二度と投票するのは好ましくないことも。子供達の未来を考えればこそだと。姪は私の説明を聞いて驚いていました。そして不安、怖いとも。先日会った折には、「言ってたとおりね。なにもかも裏切られていく気がする」と言っていました。何もわからず目先のばらまきにつられた口でお恥ずかしいですが、このような支持層がかなりいると思っています。インターネット内では、自民党が若い人にも人気があるようで、麻生総理時代の政策も応援されていました。しかし、インターネットを見ない人たちもまだまだ大勢います。私は石破さんとさして変わらない年齢ですが、私の同世代、PCさえ検索して通販するくらいしかやらない人、メールを見るだけの人、PCを扱えない人のほうが多いです。そんなものではないでしょうか。石破さんにしても地元に帰って同世代の人にアンケートをとったらそんなものだと思います。インターネットで若い層に理解を求めることをしながら、「ばらまきの子供手当てなど頂かない世代(子育てが終わった世代)」の立場も政策アピールに入れてほしいです。街頭や地方の講演会などならなおのことです。アナログな世代の雇用は深刻です。また、子供手当てより、未来を担う子供を育てているその親の雇用や経済の安定のほうが永続的安定には重要かと思われます。よろしくお願いします。国防をおろそかにして主義の違う国にしっぽをふる内閣の国…怖いです。不安を通り越しもはや恐怖です。
先の街頭の石破さんの言葉の端々から、ブログへのみなさんのコメントに目を通されて、心にその不安や絶望感をしかと受け止めてくださっていることを感じ感銘をうけました。
民主政権とそれに追従するマスコミの多くは、天皇陛下のお立場やその役割などのことについてなにか大きな間違いに向かって「利用すること」をすでに確信犯として徐々に行っていくような気がしてとても心配です。このようなことが多くなると、国民の間の暴挙も心配です。天皇制の存続まで心配になってくるほどです。法的にルール違反だったことに対して押すだけでは弱いと思います。彼らは「今回のことに限ってのルール違反」だけではなくもっと根深いところで、天皇のありかたについても変えていこうとしているのではないでしょうか。もっと深刻な事態もいとわない気持ちがあるように思えます。
地元へいらっしゃるとのこと、そして日曜日はテレビ出演。今度は、石破さんのお体まで心配になってきました。どうぞ、過労にお気をつけてください。しかし、日本国のためになくてはならない存在である石破さんです。「気をつけてください」と言いながらも、今、石破さんにご活躍していただかないといけない状況でとても心苦しいです。くれぐれもご自愛くださいませ。

投稿: kitada | 2009年12月20日 (日) 00時29分

私も日本が好きです。日本人であることに誇りを持っています。
石破先生、ありがとう、そして何もできずにすみません。
何か自分にもできることを探します。この国を守りたいです。

投稿: マユミ | 2009年12月20日 (日) 01時07分

小沢一郎はなぜ人を怒らせても平気で居られるのか?
答え・選挙で勝つためには、有権者の支持をあまねく得る必要はなく、勝つための必要最小限の有権者の支持を確実に掴むだけで良いと考えているから。例えば子供手当。大量の現金を一定の層の有権者に投入し、その層の支持を強固にしている。金をもらえない層の怒りがどんなに大きくても、その票はゼロに過ぎず、マイナスではない。小沢一郎は、ある程度、怒る人々が発生するくらい強烈で差別的な事をしないと票につながる効果がないと考えているのだろう。だから、誰かが泣かされても平気なのだ。高速道路の無料化にしても同じ発想だろう。他の交通機関や、車に乗らない人々からの反発も計算づくのはずだし、そのために票が減る訳でもないとの読みであろう。
斯様に、確信犯的に一定の国民を怒らせている彼であるが、"国民の思い"とか"民意"といった言葉を乱発するのは、狡猾としか言い様がない。

投稿: 小沢一郎はなぜ人を怒らせても平気で居られるのか | 2009年12月20日 (日) 01時31分

石破さん、外交部会のニュース拝見いたしました。「やめちまえ!」に拍手でした。思わず仰った言葉ですね。
普天間も面会問題も大切ですが、世界の中での日本が地盤沈下に加速がついている気がします。企業のバックアップを外務省は出来ているのでしょうか?
中国は目立つ形でODAや莫大な海外援助をしています。本当に巧みで日本の外交べたをつくづく感じます。
また、次々海外に工場を移転している今、製造業の派遣が禁止されることになり、これでよいのですか?仕事が無ければ、せめて社会保険や社宅を与えられる派遣は魅力あるものではないでしょうか?リーマン・ショックで解雇にはなりましたが、それ以前には大量に社員になられていましたし、解雇された方々の年齢を考えると新卒に近い初心者をメーカーは研修から育てています。苦渋の選択だったはずです。社会保険だけでも保障されないと中年以降働く意欲もそがれていくでしょう。

民主党政策は本当に不安です。

明日、必ず拝見いたします。自民の方々がもっとマスコミに出て強く発言して下さらないと、国民の声が反映されません。
お体大事になさって、がんばってください。
政治に詳しくもない者の稚拙な文章、最後まで読んでくださってありがとうございます。

投稿: sam | 2009年12月20日 (日) 01時55分

石破先生、こんにちは。
いつも応援しています。
先週、御茶ノ水で先生の講演を拝聴致しました。
時折ユーモアを交えつつ力強く説得力のある先生のお話に時間も忘れて聞き入ってしまいました。
民主政権になってからここ3ヶ月ほど、一日も平穏な気持ちで過ごせたことはありません。
自民党には、早く小沢氏をはじめとする民主党の独裁を止めて頂きたいです。
どうかお身体を大事になさってくださいね。
とても心配です。
先生を支えたいと思っている国民は私を含め大勢います。どうか頑張ってください!
ついていきます!

投稿: sari | 2009年12月20日 (日) 10時45分

石場さん、民主党政権は最悪です。
早く体制を整えて国政の方向を正し、国民の現在と将来のためにお願いします。
ただ、自民党はもっと政治家が統一した考えの下にもっとメディアなりに露出するとか、考えが近い学者や評論家などを使ったり、党の思いや主張のPRが下手ですよね。その辺は改善をしないと党として選挙に勝てませんね。
がんばってください。応援しています。

投稿: 内山 | 2009年12月20日 (日) 10時48分

石破さん

初めてコメントさせていただきます。

衆院選では、今のままの自民では何も変わらないだろうけれど、民主では今以上に悪くなるとの思いから、自民党に投票いました。

そして、この度の天皇陛下の政治利用で、もう民主党を許すことができなくなりました。その上外国人参政権など通されたものならもう日本に住んでいることができなくなります。

この国を守るために、天皇陛下を守るために、私たちは何をしていったらよいのでしょうか?
どうかご教授ください。

石破さん、ずいぶんお疲れのようですが、今、石破さんに倒れられたら日本は大変なことになってしまいます。どうぞご自愛くださいませ。

そして、自民党が本物のの保守政党として復活することを心から祈っています。

投稿: 桑原 真弓 | 2009年12月20日 (日) 11時08分

石破先生、初めてメール致します。私は特に自民党支持者ではありませんが、先般の総選挙に関しては自民党へ投票致しました。民主党が政権を取ったら大変なことになるとは思いましたが、まさかこれほど酷い状態になるとは…。民主党に投票した方たちは、この現状をどう思われているのでしょうか?このままでは間違いなく日本が民主党に壊されていきます。そう思っている国民は沢山おります。身体及び精神的にもかなりお辛い状態の様のようですが、あまり今から無理なさらないよう願います。石破先生は将来、自民党はもとよりこれからの日本を先頭に立って引っ張っていかれるお方です。民主党は黙っていても自滅していきます。そのときに向けて、今は着々とエネルギーを温存して下さい。それでは、これからも影ながら石破先生を応援していきます。頑張れ、石破先生!!

投稿: ブチ | 2009年12月20日 (日) 11時39分

サンプロでの「30日ルール担保説」は論理破たんです。「天皇の政治的中立を担保するためにある」という石破くんがいうなら、天皇の政治的利用をたくらむ人間は30日以前に会見を申し込めば、まんまと天皇利用が可能ということになる。30日ルールは機能しない。単なる事務手続きのルールにすぎないということでしょう。

投稿: 論客太郎 | 2009年12月20日 (日) 11時58分

石破先生、ご苦労様です。
サンデープロジェクト拝見いたしました。相変わらず問題を掏り替える民主党でした。所先生が一生懸命仰るのを何故、素直に聞けないのでしょうか。それにしてもあの司会者には呆れるばかりで言葉がありません。過去にルールを破ったことがある、とか天皇陛下がご訪問されていない国があるとか、一体どちら側に立って世論を誘導したいのでしょうか。
TVの前で先生のご胸中はいかばかりかと家内と二人、こちらも胸を痛めました。
しかし、仕方ありません。あの連中が世論を誘導するのですから。辛抱して訴えて言ってください。本当にご苦労様でした。

投稿: 札幌より | 2009年12月20日 (日) 12時23分

テレビを見させていただきました
石破さんの話には説得力があり素晴らしかったです
マスコミはどうしても真実を伝えようとはしないという本来は矛盾する状況ですが今石破さんのようなかたにテレビに出てもらわないと国民は真実を知らないまま日本は間違いを犯してしまいます
おつらいかもしれませんがこれからもテレビに出て国民の目を覚ましていって下さい
陰ながら石破さんの応援と微力ながら今の矛盾に訴えたいと思います。

投稿: 国民19号 | 2009年12月20日 (日) 14時18分

大阪の西村です
サンデープロジェクト及び報道2001における細野議員は流石に将来の総理にもと小沢幹事長が期待しているだけあり弁舌さわやかまた理論的でもあり 敵ながら自民党に欲しい人材だと思いました 若き日の石破政調会長を見る思いでした サンデープロジェクトの天皇問題にはすこし時間がなかったせいかまた田原氏の誘導の問題もあり消化不良でしたね とにかく野党自民の底力を発揮してくださいませ

投稿: 西村宏之 | 2009年12月20日 (日) 14時19分

私は、30過ぎて「政治」に関心を持ち始めした。

いろいろな報道、先の選挙での各党の政策、すんでいる地域の国会議員の国政報告会へ参加する・・・。少しずつですが、政治に選挙権がある身としてきちんとした意思表示ができるように行動しています。

その中で、このまま日本はどうなるのか非常に不安になっています。

先日の天皇陛下と中国の副主席との会見問題(民主党は憲法についてきちんと勉強した人がいるのですか?)、外国人参政権(なぜ外国人に参政権が必要なのですか?そんなに参政権が必要ならば日本国籍を取得すればいいのに)、政府と民主党の力関係(だれのための政治なのですか?「全国民」といっていますが、民主党に対してNOといった国民もたくさんいますよ!)・・・、あげるときりがありません。不安要素だらけです。

国を思う国会議員が広い視野で長期展望を語れる政治家が自民党に増えて欲しいです。

地方から小さな力でしかありませんが、応援しています。

投稿: dancho&saba | 2009年12月20日 (日) 14時41分

即時総辞職を求めるのは大賛成ですが、お願いだから天皇の政治利用云々で責めるのは控えて下さい。


1ヶ月ルールなんてものは、要は宮内庁が勝手に決めたお役所ルールでしょう。ほとんどの国民は、そんな内輪ルールを役人が勝手に作っていたこと自体知りませんでした。陛下のご気分さえ優れれば、そして謁見のご意志があれば、期日など関係ないでしょう。


「天皇陛下を政治利用するな」と声高に叫ぶこと自体、「自民党による天皇陛下の政治利用」に映ります。それは正直引きます。

投稿: てつや | 2009年12月20日 (日) 15時03分

> 体力的にも精神的にもかなり限界に近いなと思ってはいますが


 ゲル会長らしからぬ弱気発言は、鳥取県の同志・田村耕太郎氏の突然の離党が原因ではないでしょうか。「石破氏は18日『極めて残念で悲しい』と語ったが、田村氏を引き留める動きは見せなかったとされ」(読売)との報道からすれば、田村氏の離党は世間で言われているような「完全な敵前逃亡」ではないのでしょう。しかしながら、彼の説明ではよく分かりません。田村先生が本当に「鳥取県のために」離党されるのなら、必ずやっていただきたいことがあります。


 日本で高速道路が初めて作られてから既に50年になりますが、(東西に細長い)鳥取県には東西を繋ぐ高速道路がありません(もちろん新幹線もありません)。国は「あと10年待ってくれれば、高速道路を付ける」と鳥取県民を騙し続けてきましたが、今回もまた「あと10年待ってくれ、必ず・・・」となりそうです。鳥取県民が望んでいるのは、(立派なフル規格の高速道路ではなく)片側1車線の道路のことです。用地の収容費用だって(首都圏と比べれば)ただ同然のはずです。こんなササヤカナ要求であるにも拘わらず、国交省の来年度予算内示では、鳥取県の道路予算が前年比で約半減でした(削減率は全国ワースト2)。


 道路予算のカットの理由は、「今回の総選挙で鳥取1区2区とも自民党が勝ったから」とも、「平井知事の自民党支持の姿勢が目に余ったから」とも言われていますが、ハッキリした証拠はありません。田村氏に、(県民の期待を一身に背負った)前・国土交通委員長としての自覚と責任があるのでしたら、与党3党の幹部を訪問して次のことを交渉していただきたい。

①政府は鳥取県の道路予算の復活させ、山陰道の早期開通を約束する。
②上記が確約されれば、田村は通常国会で政府提出の予算案に白票(賛成票)を入れる。

 2次補正予算と来年度本予算の早期成立は、日本経済を回復させるための最低条件でしょうから、田村議員の信念に沿ったものでしょう。それを与党3党に協力することで、山陰道の早期開通が担保できるなら、「鳥取県のために仕事をした」ことになります。山根・県連幹事長の怒りは収まらなくても、県民からは一定の理解を得ることができると思います。これさえ、やっていただければ、後は民主党でも国民新党でも勝手に鞍替えしてください。ただし、社民党に移籍するとゲル会長が激怒すると思います。大島幹事長との大喧嘩もドンドンどうぞ(kotarotamura.net/b/blog/index.php?itemid=5327)。

 石破先生、田村の差替候補を早く決めましょう、このままでは不戦敗になります。倉吉の民主党候補が県中部を押さえ、県東部(鳥取)は石破先生が押さえられるのでしょうから、勝敗の行方は県西部(米子・境港)の動向次第です。西部から候補者を出しましょう、スゴイ人が米子にはいます。今回の総選挙において、他局の開票速報の合計視聴率を超える「39%」を一人で叩き出した女性です。「珍獣ハンター」こと、イモトアヤコさんです。彼女ほどの逞しさがあれば、永田町の権力争いのジャングルでも、充分に活躍できると思います。石破先生におかれましては、岸本町長と共に、三顧の礼でお迎えに上がっていただきたい。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月20日 (日) 15時11分

今思うのは安倍政権くらいからマスコミに騙されていたんだなと。安倍・中川・麻生さんなどの保守を醜聞によって葬る計画にまんまと加担させられていた。民主党とは名前ばかりの「小沢独裁党」に何万票も入れてしまった。小沢が天皇陛下を粗雑に扱ったことで遅まきながら気づいた方もいるのだろう。石破さんのブログのレス数がそれを物語っているように思います。今の希望は醜聞のない石破さんだけなのです。身体に気をつけてください。私は私が出来る事をしています。民主党議員や内閣府に抗議メールを送っています。今度は国民新党にも送るつもりです。

投稿: ひすい | 2009年12月20日 (日) 15時39分

  前コメントを、お詫びして訂正します。イモトアヤコ氏は、あと6年間「珍獣ハンター」としての修行を積まなければ、参議院の被選挙権は与えられません(公職選挙法10条)。それでは、イモト・パパとか、WINK相沢とかはどうでしょうか? とにかく、候補者を早く決めなければ鳥取県の自民党は不戦敗になってしまいます。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月20日 (日) 15時39分

お疲れ様です!
いつもご活躍拝見しております。
政権発足3ヶ月でこの様な状態で、4年後にはどうなってしまうのか。とても不安です。何よりそう思うのは、国会でもテレビでも、与野党間でのきちんとした議論が一度も見られなかったことで、常に民主党側での準備不足、認識の甘さが見られました。まだまだ民主党支持の多い中、苦労の連続かと思いますが、先生の丁寧かつ明瞭なお話、いつも期待して聞いています。お体ご自愛ください。

投稿: オオエ ミツル | 2009年12月20日 (日) 16時16分

自民党の再生はまだだな~と今日のサンプロ見て感じました
まだ、マスコミが民主党を守ってますね
中途半端な批判で骨抜きにする意図を感じます

今日の石破さんはちょっと消化不良で残念でした

投稿: nobw2001 | 2009年12月20日 (日) 16時58分

 タムコーこと、田村耕太郎議員ですが、自身のブログで、来夏ホリエモン新党を匂わせております。
kotarotamura.net/b/blog/index.php?itemid=5324

 そうであれば、石破先生が「極めて残念で悲しい」とだけ言い、慰留されなかったのも納得です。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月20日 (日) 18時26分

石破先生こんにちは

だいぶお疲れになってますね…

麻生政権が経済対策のために総選挙を伸ばしたこと自体は最近では評価の声も出ています

しかし、今の民主党は国益が全く考えられていると思えず、逆に自民党をつぶすことに思いっきり方向が向いてます

正論だけで対抗できる相手じゃないですよ

しかも、国民に政治への信頼と関心を持たせないと今の状況はなかなか変わらんでしょうね

大変でしょうが、ただお体だけは大切にしてください

投稿: ちぇりぃ | 2009年12月20日 (日) 18時27分

平沼先生は、早く復党させて下さい。城内実さんも、一日も早く復党させて下さい。静岡七区に講演会をして欲しい!!予定は?

投稿: 千秋 | 2009年12月20日 (日) 21時38分

「日本国は一体何処へ向かうのか、大きな不安のうちに年の瀬を迎えようとしています。」

「羊頭狗肉」という故事があります。
民主党は、マニフェスト選挙と称して、「子ども手当て」「ガソリン暫定税」「コンクリートから人」などを掲げて選挙をしましたが、今や、100日足らずで、それらを自ら葬り去ろうとしています。
まさに、「朝令暮改」という故事のとおりです。

民主党の言っていること、やっていること、支離滅裂です。

日米同盟も大変憂慮されます。北朝鮮が核兵器を持ち、ミサイルを打ち上げ、日本・アメリカを恫喝している、国防上の大事を省みない、鳩山首相の優柔不断、右顧左眄は、まことに憂慮されます。
まさに、「巧言令色鮮ないかな仁」であります。

日本の国がどこにいってしまうのか、本当に不安な心で、新年を迎えなければならなりません。

このような国家の大事に、肝心の自由民主党は、何をしているのですか。来夏の参議院議員選挙に勝利するために、自由民主党が命がけで取り組んでいる、という気概が伝わってきません。国民は、どうすればよいのでしょうか。

投稿: 加藤 敏男 | 2009年12月20日 (日) 22時07分

小沢氏が画面に穏やかな笑顔で現れて、暫定税率、子供手当て所得制限につき前言撤回、内閣の意思尊重の旨、述べていました。

なんと姑息な!

野望の一歩手前でボロが出かけたから、取り繕った。
これでまた騙されたら、国民は大馬鹿です。

おおよそ国政に携わる者が、庶民目線になどなってはいけない。国民を思いやる気持ちは大切ですが、同じ目線では、国の行く末を誤ります。
政権交代前から考えていたとおり、防衛、外交はもとより、経済なども、世界的規模の視野が全く無い現与党には、無理です。
反米親中など、もっての他。社会主義的独裁など、とんでもありません。中国属国化への意思さえ感じられす。
小沢氏の今までの行状やインデックス2009などをマスコミが報道してくれれば良いのに!

衆議院解散、総選挙。

勝算がある時なら、良いかもしれません。

しかし、正直に言って、今の自由民主党にも、受け皿になり得るのか?と言う疑問は、あります。

党内、自由闊達に意見を交せる環境でありながら、一致団結し、建設的な議論が行える、かつ、それが国民に感じられる様になると良いのに、と思います。

新生自由民主党には、一枚岩と言うより、
常山の卒然、を目指して頂きたい、と思っています。

それから、石破さんの仰有る事はよくわかりますが、内省、反省が過度になられません様。あれはあれで良かったのです。人間のやる事ですから、完全である事なんてありません。しかし、悪い所ばかりの物だって無いと信じています。歴史はリセットもデリートもできません。時は前にしか進まないのです。
くれぐれも、前向きに建設的に、進んでいって下さい。国民のせいで、有為な人材に、これ以上、傷付いて欲しくありません。
なるようにしかならないのですから、お体だけは、くれぐれもお大切になさって頂きたいと強く思います。
それでは、頑張って、より良き新生自由民主党が誕生します様、心よりお祈り申し上げます。

投稿: K.M. | 2009年12月20日 (日) 22時31分

田村議員が離党したと新聞で知りました。無所属で活動するのか、民主党に行くのか分かりませんが、もし、民主党に行くのであれば、田村氏本人の政治理念を疑ってしまいます。
 私は、自民党党員ですが、民主党のマニフェストに危機感を感じ、自民党に入党しました。小さな政府、民営化できるものは民営化して企業努力させる、経済成長を目指し豊かさを求め働いてお金を獲る社会、そんな政治理念をもつ政党は自民党しかないと思います。自民党がそういう政治理念をもつ限りいつまでも支持したいと思う。

投稿: 工藤 | 2009年12月20日 (日) 23時39分

石破先生

連日寒い日々が続いているなか街頭演説までこなされて、風邪などお召しになっていないでしょうか?日中でも充分寒いのに夜の街頭演説なんて厳しすぎます・・・
街頭演説といえばバンの上にお立ちになっての演説が多いのでしょうか?この夏の選挙時は、うだるような暑さで車やビルが出す熱風に耐え、季節は移り今度は真冬、ビュービューの冷たい風が容赦なくバンの上を吹き抜ける。そんな過酷な状況でも信念を曲げられることなく日本のために全力でお力を注いで下さる姿を拝見し頭が下がる思いでいっぱいです。

先日17日に行われたセミナーに参加させて頂きました。一緒に写真を撮らせて頂き誠にありがとうございました。実際の石破先生はテレビで拝見するよりずっと痩せているようにお見受けしました。政調会長の激務でお疲れになっているのでは?と心配です。どうぞお体大切にされて頑張って下さい。これからも応援しております。

投稿: 春霞 | 2009年12月20日 (日) 23時44分

丸の内での演説、ニコ動で拝見、拝聴しました。
衆院選での自民党の大敗の原因の一つは、マスコミが報道する「世論」や「支持率」に動揺し、
失政のない麻生降ろしに走った自民党議員にあると思っています。
解散時期については賛否両論ありますが、党利より経済政策の実行を選ばれた麻生さんを、私は素人ながら支持します。
丸の内で石破さんがおっしゃった通り、マスコミが取り上げてくれないのなら、議員の皆さんが直接声をあげればよいのです。
与党であっても偏向報道に苦しんだことを考えれば、マスコミのフィルターを通さない方がむしろいいかもしれません。
寒い中、本当に大変だとは思いますが、政権奪還までがんばって下さい。

投稿: choco | 2009年12月20日 (日) 23時49分

石破先生
初めてコメントさせて頂きます。
先生の正論に心より感動いたしております。
本当に日本が心配です。それも今までにはなかった種類の、恐怖に近い感覚です。
民主党に軽い気持ちで、マスコミが誘導したムードに乗せられて投票してしまった愚かな日本国民に対しても怒りを覚えます。
目先の事のみ追及する、マスコミの作りだす安っぽいムードに乗せられる、キャッチフレーズに弱い、一つターゲットを決めたら徹底的にいじめる(マスコミが故中川昭一先生に行ったことなど、自民党に対するネガティブキャンペーンはひどいものでした)

現政権とは仕訳ばかりにエネルギーを注いで、まるで日本を絞り切った雑巾の様な貧乏国家にするつもりの様です。そして安全保障などを無視する姿勢は、私たち国民の安全など頭の片隅にもありません。

自民党の政策だけは、是非明るいイメージでお願いします。

御身体を大切になさって、この日本の危機を是非とも救って頂きたいと心より願っております。

投稿: mm | 2009年12月21日 (月) 01時41分

前回の総選挙は民主党に入れました。自民党政権にほとほと嫌気がさしていたからです。官僚天国に絶望していたからです。今、民主党の反米路線等を見るにつけ、こんなはずじゃなかったと大変後悔しています。単純に昔の自民党政治に戻ってほしいとは思いません。大いに自戒反省してもらわなければなりません。自民党でそのリーダーシップがとれるのは石破さんでしょう。どうかこの小沢独裁政治を徹底的に粉砕してほしい。容易ではないと思いますが、奮闘を期待します。

投稿: 小谷忠司 | 2009年12月21日 (月) 03時44分

応援しています。
今が踏ん張りどころです。

僕はあの世界的な大不況から日本への被害を極力抑えたのは、麻生政権だったからこそと思っています。
あの時にもマスコミの異常な自民苛めと不見識は既にあったし、身中には公明という虫もいましたから、国民に信を問うたところで、議席が減ったのは必至だったかもしれません。勿論、政権を渡してしまうまでは行かなかったのかもしれませんが・・・。

高価な背広、バーがよい、漢字の読み間違い、アキバ系に媚びている。
何と下劣な、そのくせ攻撃力だけはムダに高い苛めだったことでしょう。(そして何と片手落ちな叩きでしょう。瑣末なミスは『総理の資格がない』。脱税、偽装献金、マニフェスト違反は『ケアレスミス』)。

そして政権末期。
何よりも国民の心を離れさせたのは、自民党の議員達による内紛ではなかったでしょうか。
中川秀直氏、小泉チルドレンの醜悪な姿を僕らは忘れていません。

だからこそ自浄作用のある政党として、二階氏、鳩山氏へ党として真っ当な対応をしてほしい。
役職は辞任なさったようですが、辞職ではなく説明してほしいのです。

彼らへの対応一つで、自民党のイメージが随分変わると思います。特に詐欺まがい、恫喝まがいの民主党の正体が明らかになってきた今が大事だと思います。

自民党が心から一丸となって「みんなでやろうぜ!」という気持ちになれるよう、祈っております。

本当に寒い冬です。
どうか風邪など召されないよう、ご自愛の上戦い続けてください。

投稿: 八郎 | 2009年12月21日 (月) 08時53分

テレビ見ました!
コメンテーターの方々が「国民は~」というフレーズを連呼して印象操作のようなことをしているようで、気味悪かったです。
コメンテーター全員が石破さんの意見にまったく聞く耳持たず、完全なアウェーのような状況でしたが、その中でも的確に民主党のおかしい点や今後どのような指標でやっていくか等、説明がとても分かりやすかったです。

いつも石破さんをテレビで見ると落ち着いて話すということがいかに大事なのか痛感させられます。wink

投稿: ハゼ大好き | 2009年12月21日 (月) 09時37分

自分の好きな芸能人が総理なったら
カナリ国よくなるだろぅな。

もぅあなたたちは
何も期待しませんから

投稿: こー | 2009年12月21日 (月) 11時55分

仙台から石破さんにエールと期待を送ります。この日本を破滅に導こうとする現政権に日本国民の生命、財産を預けていていい筈はありません。石破さん。あなた以外にこの日本を守れる政治家が何人いるでしょうか? 反日勢力の走狗に成り下がっている政治家が国政を牛耳る現実に、国民はもはや先生の政治信条に頼るしか、将来の日本を描けません。国民あっての国家だと言う前に、国あっての国民生活です。平和を愛する日本国民は石破先生の活躍に期待してます。頑張ってください!

投稿: 茂ファン | 2009年12月21日 (月) 12時00分

  石破さんへ

 田村耕太郎さんとは昔からうまくいってませんね? 
 早く新しい自民党候補を公認してください。
 民主党の候補も素晴らしい方らしいですが、今回は自民党に勝ってほしいですね、石破さんが本当に応援しがいがある候補者を立ててください。地元の方でなくてもいいですよ。
 応援しますがんばれ鳥取自民党
  
 

投稿: 砂丘山猫 | 2009年12月21日 (月) 14時43分

石破先生、お疲れ様です。田村氏の離党ニュースを聞き、ブログを拝読いたしました。
「今こそやるべき経済政策」で述べられていることは、私も同様に考えていたことだったので「このような若手がいたとは!」と大変驚き、離党をとても残念に思いました。

次の衆議院選挙に向けて、世代交代が恒久的かつ強制的に行われる制度の構築は必要不可欠だと思います。
今の自民党ではいつまでたっても民主党には勝てません。民主党は若い力をどんどん前に出して戦う姿勢を見せています。

「議員在職五十年で表彰されたい」という自分の事しか頭にない老人を公認するような馬鹿な真似は二度としないで欲しい。
そのためにも、定年制度を党則の柱の一つとして遵守するべきだと思います。

権力にしがみつく(言葉は悪いですが)ヨボヨボの老人が公認候補など、有権者を馬鹿にしてるのかとしか思えませんでした。
テレビで見るたびに、呆れ果てたのを思い出し嫌な気分になります。

この「権力にしがみつく老人の集団」が今の国民が思う自民党イメージであることは、否定しきれないはずです。自民党を弱らせる「代表的イメージ」そのものであることを、現執行部は知るべきです。

民主党だって同様の部分はありますが、最大の違いは、副大臣クラスが若手でバリバリ働いてる。メディアの露出も多い。

自民だって、若手出して民主若手とディベートさせたらいい。
失敗したっていいじゃないですか。今の自民党には失うものなど、あまり残ってないのだから。ガンガンいきましょうよ!

「みんなでやろうぜ!」はウソじゃない。上から下まで一丸となって頑張ってる様子をもっと見せてください。
握手会やツアーみたいなイベント事やるなら、社会人や学生集めて討論会をやってもいいと思います。

寒さ厳しい日が続きます。お体には十分気をつけてください。

投稿: ふかかぎ | 2009年12月21日 (月) 16時41分

石破様、

日々の激務大変お疲れ様です。
最近、色んな記事を読ませて戴き、何をどのようにお話したらよいのか、、、余りにも理解に苦しむような民主党政権、特に小沢氏や鳩山氏の言動から感じて居ります。 考え方が違うとそれを支持する人と、はて?と考える人の距離が遠いように感じています。 特に今は重要な時に来ています。 国民の冷静さも政治家の人たちと同じくらい試されている時だと感じています。

この競争社会の中、日本が戦後築き上げてきた沢山の経験と技術、夫々貴重な財産を否定するような言動(「二位ではダメなのでしょうか?」と言われた議員さんがいた)は極めて、日本国民の将来も過去も封じるものだと感じて居りました。
まるで犯罪者を処刑しているような、横柄な事業仕分けの仕方には、人を人とも見ない冷たさを感じてしまいました。 
私が思う、日本人に欠けている事は、お互いに納得が行くような話し合いが出来ない事、権力の行使によって一方的に判断を下されてしまう事が後に尾を引く要因となりがちのような気がします。
自民党を批判している時も、感情が先走りし、主観で物事を解決しようとするので、いざ説明を、と言った時に論理的に答えられない事が往々にしてあるのではないでしょうか。
これらは日本人の特質で、それが講じて、冷静さを失い感情が勝ったとき’虐め/嫌がらせ’のように表れるのではないかと思っています。 トコトン論議を交わすこと、傷ついたってなんだって信念を貫いて行かなければ説得力は生まれないと思っています。

小沢氏の独裁的、且つ極めて特殊な個性に魅せられて民主党を選ばれた議員さん、それと大金(偽装献金?)をはたいてでも首相になりたく?「公約を守るのが使命だ」と仰られているのにも拘らず、結論は小沢氏にお伺いを立てたり、大事な会議(COP15)に奥様を連れて行動されている姿を見るだけでも首相が国民の為に、’友愛’を掲げているという事に重みが全く感じられません。 友愛と言うものと’優柔不断’や’八方美人’は、意味が全く異なるものです。 

こんな状況が続いても不思議にも感じない民主党支持の議員さん、識者の方々、国民の方々はまるで、魔法にでも掛かっているように見えてたまりません。 今日もNHKニュースでの、’献金’に関しての「全く知らなかった」 や「ノーコメント」と、まともな説明が出来ない鳩山氏、国のトップとして、そんなことが世の中に通用するようであったならば、’法治国家’としての法律が機能しない国!という事が証明される訳ですし大変な問題であると思っています。 

何よりも大切な事は、歪な’民主党政権の本質’をなくし、国民が納得がいく政治を目指す事が、日本の国を上向きに出来る何ものにも変えがたいことだと思っています。 国民が安心して暮らせる事、優しい気持ちが芽生え、お互いに助け合いながら生きていける社会が大切だと思っています。

自民党の議員さん達も、今現在は、理解に苦しむ事ばかりで打つ手がないこと承知して居ります。 

ダラダラと長文に成ってしまいましたが、感じている事を書かせて戴きました。 
石破さん、どうか御身体大切になさってください。 国民を思う石破さんの気持ちを考えるとじっとしていられなくなってしまいました。応援して居ります。

投稿: 原田 | 2009年12月21日 (月) 19時49分

石破先生

はじめてコメントを寄せます
日曜にテレビに御出演なさったとのこと
見ることができず非常に残念です
このところテレビのニュース番組を見ていると心が重くなります
小沢氏の独裁的な振る舞い、恫喝的な会見
鳩山総理の要領を得ない何を言いたいのか全く伝わらない会見
コメンテーターの苦しい擁護発言…
気分が悪くなります

民主党政権に危機感を持っていない国民はまだまだ多い様ですね

街頭インタビューで「(民主党政権を)3か月で判断するにはまだ早い」と言っていた方が居ました
私に言わせれば「たった3カ月でここまで悪くなった」のです
日本にとって何か有益なことを一つでもしたでしょうか
私には理解に苦しむようなことばかりです
4年後日本はどこまで堕ちてしまっているかわかりません

どうか日本を救ってください
本当に本当にお願いします
応援しています
どうぞお体にはご自愛くださいませ

投稿: nn | 2009年12月21日 (月) 21時20分

某ニュース番組に御出演されている動画を拝見しました

石破先生の話に耳を傾けようともせず
話の論点をはぐらかそうとし
話している最中にも関わらず割って入るコメンテーター達にかなり苛立ちました

そんな中でいつもと変わらず解りやすい言葉で落ち着いて話をされている先生は凄いと改めて思いました

大変な精神的疲労だと思いますが
これからも頑張ってください
ああいったコメンテーターの戯言に流されている国民がまだまだいますから

投稿: nn | 2009年12月21日 (月) 21時49分

日本の政治は腐ってる。政治家たちは国民のことなんて考えてない。金と権力だけ。民主党は嘘つき党だ。選挙に勝ちたいからマニフェストでは良いこと言っていざとなると出来ませんっだって。まじでセコい。事業仕分けの前に自分達の給料を仕分けしろよ。たいしたことしないくせに高い給料貰いやがって。それだって税金だろ?爆笑問題の大田が政治家になればいいのに!

投稿: 政治家獅嶺 | 2009年12月21日 (月) 21時49分

そうでしょうか?
多数の論理で国会を牛耳っていたのは自民党そのものですよ
今更きれいごとをいってもダメです。歴史が語ります。
石破さんが個人的にそうだっただけですよ。
この選挙の結果を真摯に受け止めるべきです

投稿: ようこ | 2009年12月21日 (月) 22時16分

連日のテレビ出演や、党務などで
大変お疲れだと伺いました。
心配しています。

お正月くらいは、美味しいもの食べて
ゆっくり休んで下さい。

民主党は早くも、世間の支持を失っています。
世論は「自民党カムバック」ですよ。
安心して下さい。

投稿: アキゾー | 2009年12月21日 (月) 22時26分

石破先生

どうか御身体を御自愛くださいますように…、と祈るような気持ちで書いております。

投稿: ゆか | 2009年12月21日 (月) 22時29分

応援しています!!

投稿: も | 2009年12月21日 (月) 23時15分

石破さん、こんにちは。
民主党が政権をとって以来気持ちの悪い日々が続いていますが、石破さんのコメントにいつも希望をいただいています。
どうかお体を大事になさって下さい。
先日天皇陛下の特例会見が発表された際には、とうとうキレて(笑)私も宮内庁にメールを送ってみました。そんなことは今までしたことがなかったのですが。
この前の選挙で民主党に入れた人も、失敗だったと目を覚ました人が、私の周りでも多いようです。
これからも目を覚ます人が、少しずつでも増えていくのではないでしょうか。
応援しています。くれぐれもご自愛くださいね。

投稿: ただの有権者 | 2009年12月21日 (月) 23時30分

石破先生に一つお伝えしたいことがあり、再度コメントを投稿させていただくことをお許しください。私の母は50代半ばの専業主婦でして、新聞、テレビが情報収集のより所でインターネットで情報収集はできません。ですが、母は常に日本にとっての利益すなわち日本の発展こそが国民生活を豊かにすると考えておりました。そんな母に石破先生のブログを見てもらったところ、専門的な政治の知識のない人間にもとてもわかりやすい内容ととても感動しておりました。私も石破先生が防衛庁長官、防衛大臣でいらっしゃった頃から、その順序だったわかりやすいお話のされ方が大好きでした。私の母も今では陰ながら石破先生を応援させていただいています。母もこのまま民主党政権では母の親世代が戦後、不屈の精神で建て直した日本がだめになってしまうと嘆いております。民主党政権へ感じる怒り、フラストレーションを自民党や石破先生のような立派な政治家の方たちへの支援に費やしたいとも申しております。インターネットを駆使できない母の代わりに、母のメッセージをコメントとして投稿させていただきました。他の皆様も仰るとおり、石破先生のご健康が何より大事です。石破先生は日本の将来に必要不可欠な存在でいらっしゃいます。どうか適度にお休みをとられ、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

投稿: アメリカの日本国民。 | 2009年12月22日 (火) 01時25分

石破先生のコメント、いろいろ思うのですが…

>敢えて言いたい。自民党政権に反省す
>べき点は多々あったが、このような「多>数を取ればなにをやってもいい」などと>いう不遜なことを考えたことは一度も無>かった、と。

ここまで借金漬けにやりたい放題して、尻拭いもできないような、どうしようもない状況を作り出した政党は、自民党でしょう。反省すべき点は多々あったなんていっても、信じるのはおつむの足りないネトウヨだけですよ。

>自民党のためでも、もちろん自分のため>でもなく、現在と将来の日本国のためだ>と思っています。

口先だけでなく、本気で思うのならば、さっさと自民党を離党して、無所属で活動されてください。それならば、良識のある国民の多くはついていきますよ。新党、作ってください。そう思っている支持者、元支持者はかなり多いはずです。

投稿: 元支持者 | 2009年12月22日 (火) 01時52分

こんばんは。

突然申し訳ないです。
携帯の政治ニュースで
石破さんの記事があがっていて拝見させていただいて

今回初めてコメントしました。

私はまだ未熟な高校生の身ですが
政治の番組をみたりしています。
よくテレビで石破さんのおっしゃっていることには
他の政治家よりも
説得力があると思います。
民主党には決断力がどうかなど言っていますが
そんな内部のことで論争しているから
話が二転 三転
下手すれば先送り 見送り 先延ばしになるのではないでしょうか?

逆に石破さん話のには筋が通っていて
とてもわかりやすいと
個人的に感じています。

会見でダラダラしゃべるよりも
理由をわかるようにハッキリ言ったら納得できるのに
ハッキリ言わない
これでは支持率も下がるのは当たり前だと思います。

さらに財源も
一般常識的に考えてもムリなのに
意地をはってしぼりだすという
そしてムリなら言い訳
借金を増やす
これではやっていることが詐欺だと思います。

このようにはっきり物を言えない政治家が少ない中
石破さんは批判だけでなく
自民党内のことまで
さらけ出している
決して隠さない
そういう所を
私は尊敬しています。

どうかお身体に気をつけて
頑張って下さい。
私達が社会にでるころには
少しでも住みよい社会になっているように願っています。
応援しています。

投稿: Haru | 2009年12月22日 (火) 02時59分

(新しい野党のスタイルを!!)
石破先生、初めてコメントさせて頂きます。
ここで二つのお願いを書かせて頂きたく思います。
一つ目は、『批判ありき』から脱皮した、新しい選挙・議論(特に野党)の在り方を創り出して頂きたいと思います!!
これまでの議論や選挙のスタイルは、決って相手の批判ありきでやって来ている様な気がします。本当に嫌気がさします!!どう言うコミットメントを持っていて、どう言うプランを持っているかに終始して頂きたいと思います!!

二つ目は、先生は鉄道がお好きと伺っております。そこから、環境・モーダルシフトの問題にも全力を尽くして頂きたく思います!!
期待致しております!!

投稿: 林 | 2009年12月22日 (火) 03時07分

とにかく、国民一人一人が尊重され、住みやすい国にしてください。

投稿: なお | 2009年12月22日 (火) 04時39分

誤字訂正

’法事国家’としての法律が機能しない国!

’法治国家’

失礼しました。

投稿: 原田 | 2009年12月22日 (火) 05時26分

おはようございます。
昨日は憲政記念館での国民集会に参加されていたのですね。
早速、先生の演説の動画がYouTubeに上がっていました。
http://www.youtube.com/watch?v=bVgB2ysijTA

少々、お疲れのようにも見えますが(そう言えば月曜日は体力的に一番きつい曜日なんでしたっけ)、それをふっ飛ばすかのようなお見事な演説ですね。(ホントくれぐれもご自愛下さい)
憲法で定められた天皇陛下のお立場が、先生の語りで「血の通った、リアルなイメージ」として浮かび上がってきます。「本当にありがたい存在なのだな」と改めて実感させていただきました。

そして自民党再生への改めてのご決意、しかと受け取りました!!

投稿: 観音寺 | 2009年12月22日 (火) 07時07分

石破さんどうか体を壊さないようにしてください。
民主党は自滅します。
ただ安倍元総理のように弱音を吐かないでください。
諦めるのは誰でも出来ます。
どうか日本と日本人のために死ぬくらいの覚悟を持ってください。
 
―最近中国の掲示板でよく語られている未来予想図―

・北海道の人口は540万人である。
・そこへ中国人が1000万人移住する。
・地方参政権が実現した暁には、自治体投票で日本国からの独立を宣言する。
・今は在日朝鮮人を使って地方参政権法案を推進させる。
・我々は工業製品を作り、日本人には農業をさせる。将来の我々は北海道の食材で美食三昧だろう。

中国外務省から流出したと言われる「2050年の国家戦略」と題した地図があります。
それには韓国と北朝鮮が朝鮮省。
西日本が東海省。
東日本が日本自治区となっていました。
僕は恐ろしくなりました。

投稿: 日本を愛する日本国民 | 2009年12月22日 (火) 07時25分

石破さんどうか体を壊さないようにしてください。
民主党は自滅します。
ただ安倍元総理のように弱音を吐かないでください。
諦めるのは誰でも出来ます。
どうか日本と日本人のために死ぬくらいの覚悟を持ってください。
 
―最近中国の掲示板でよく語られている未来予想図―

・北海道の人口は540万人である。
・そこへ中国人が1000万人移住する。
・地方参政権が実現した暁には、自治体投票で日本国からの独立を宣言する。
・今は在日朝鮮人を使って地方参政権法案を推進させる。
・我々は工業製品を作り、日本人には農業をさせる。将来の我々は北海道の食材で美食三昧だろう。

中国外務省から流出したと言われる「2050年の国家戦略」と題した地図があります。
それには韓国と北朝鮮が朝鮮省。
西日本が東海省。
東日本が日本自治区となっていました。
僕は恐ろしくなりました。

投稿: 日本を愛する日本国民 | 2009年12月22日 (火) 07時26分

石破先生のご活躍をいつも拝見させてもらっています。
1日でも早く政権奪還して欲しいので、差し出がましいですがコメントを書かせて頂きます。

最近、改めて思います。日本の現在のリーダーとは
■選挙の時だけ、分かりやすい言葉を使い、選挙が終わると途端に難しい言葉使い。
■聞かれた質問の芯に触れず少しずつ離れていく回答。
■言い訳の下手な政治家。

私の会社にも同じような上司は居ます。
人はいいが、朝のミーティングで決めた目標が昼頃には、誰かの意見で変わってしまう。
まさに、日替わり弁当。この人の下では、まったく先が見えないという現状です。

石破先生の理解し易い言葉がもっと多くの国民の耳に届いて欲しいと強く思います。

極論ですが、日本からアメリカ基地が全て撤退した場合、日本はどうなるのでしょうか?
このような質問の答えも分かっていない国民が多いのが現状です。

ぜひ石破先生と国民との討論会を行うなどし先生の考えを浸透させて欲しいと思います。

次に、二階氏・鳩山氏は出直しさせるべきだと思います。

スポーツマンでも反則をしたら、一発退場じゃないですか。
政治家は、退場しなくて良いのですか?
私の会社で金銭関係で問題を起こしたのであればクビです。

小沢氏の選挙ゲームを辞めさせるには、自身の肉を切らねば止まらないと思います。
今、自民党に大事な事は「潔癖」であることだと思います。

石破先生!お体に気をつけて頑張ってください。応援しています。

投稿: yokoyama | 2009年12月22日 (火) 07時53分

二度目のお邪魔となりますが、ニコ生にて緊急集会を見ました。

石破先生の静かな怒りはもとより、安倍先生の力強い言葉、佐々様の激昂、目頭が熱くなる思いでした。

日本はまだ死んでいない。
そう感じたことでした。

投稿: 八郎 | 2009年12月22日 (火) 08時22分

マニフェスト「暫定税率の廃止」が、マニュフェスト「暫定税率の名称の廃止」に替わりました(同じタイミングで話題となった「子供手当ての所得制限」は鳩山オリジナル案のままですから、1勝1敗という評価なのでしょう)。暫定税率が実質的に維持されたこと、また17日に発表された「平成22年度国家予算与党三党重点要望」に『全国の高速道路網における空白地帯を解消し、道路網の整備を進める』と明記されたことから、「山陰道予算」はここが復活折衝の勝負処です。


昨日、あの野中広務氏が民主党に陳情に行かれました。(自民党幹事長として権勢をふるわれた)野中氏ですらメンツを捨てて、予算をお願いに行かれているのです。(民主党の陳情受付が公平なのか疑問はありますが)、当選2回の田村耕太郎先生には、是非とも民主党に「山陰道予算の復活」をお願いに行っていただきたい。それが、元・国土交通委員長としての、鳥取県民に対する責務だと思います。数日前まで自民党議員だった田村先生が民主党に陳情に行けば、そりゃマスコミは騒ぐでしょう。しかし、それによって「地方重視が政府の基本方針でありながら、最も高速道路整備の遅れた鳥取県に対する予算を半減する」という不当な措置を、国民にアピールすることができるでしょう。


(道路予算を確保するためとはいえ)自民党支持に一点張りしていた平井知事にも責任があると思います。平井知事におかれましては、頭を丸刈りにして(もしくはタムコー・カットで)反省の意を表し、田村先生と一緒に民主党に陳情に行ってください。「政府は怪しからん」と言い続けたところで道路はできません。「あと5年待ってください、必ず道路を付けます」と(任期残り僅かの)知事に言われても、納得されない県民もいるでしょう。繰り返しますが、山陰道の予算を復活さできるのは今しかありません!田村先生も平井知事もメンツを捨てて、民主党に陳情に行ってください。同じ「高速道路空白地帯」の、宮崎の県知事も誘って行かれれば、さらに、マスコミにアピールできます。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月22日 (火) 09時47分

毎日の激務お疲れ様です。
内政、外交問題山積み状態での世界金融恐慌による世界的不況・・・状況は非常に厳しい要素ばかりで、これがもし一般家庭なら生活苦から一家離散の悲劇が目前状態・・・まことに嘆かわしい事です。

しかし、闇がふかくなればなるほど夜明けが近くなっているわけで、未来の日本をより良い方向へ導くために石波さんには是非同士の方々と日本の政界での「夜明け前のもうひと踏ん張り」を御願いしたい。

御身体ご自愛下さい。

投稿: ひろさん | 2009年12月22日 (火) 09時57分

石破様

演説や委員会質問、TVコメントなどを聞くたびに、いつも感銘を受けています。
しかし、お忙しそうで少々心配しています。

すべてに賛成!というわけではありませんが、石破さんの言葉には「力」がある。
やはり内から出てくる自分の言葉であるからでしょう。
原稿などを見ずに相手の目に、心にストレートに心情を伝えられるのは素晴らしいですね。
(原稿を読んでほしいと思っている担当者の方もいると思いますが・・・(笑))

また軸がぶれないのも良いですね。

今は野党となってしまった自民党ではありますが、この4年間(続くかな?)が後の
石破さんの躍進の力をためる時。であると感じております。
政党で選ぶわけじゃありませんが、しっかりとしたリーダー、強いリーダーが
今の日本には必要に思います。

その点では今の鳩山総理は「強いリーダーシップ」を持っているとは言い難いですね。
日本は素晴らしい国です。これから先の日本も素晴らしい国でいて欲しい!
そのために政治は何をするべきか?大切なことは一体何なのか?
問題は山程ありますね・・・。
どうぞ私たちの国をいい方向に向かわせるべく、お力を発揮してください。

今後ますますのご活躍を陰ながら応援しております。

投稿: asa | 2009年12月22日 (火) 10時21分

体力気力とも限界近いとのこと
お気をつけて

この国は先生のような政治家だけが頼りだと本心から感じます この国をまともな状態で子どもたちに渡すことができないではないかと不安に駆られ涙が出てきます 助けてください

投稿: ダブ | 2009年12月22日 (火) 10時44分

米子市議会議員 松田正 先生へ

> これで鳥取選挙区における、我が自民党の参院選戦略は
> 白紙となりました。しかし、止まってはいられません。
> 一日でも早く強力な候補者を擁立していただき、


タムコーの離党騒ぎが小沢一郎の陰謀かどうかは分かりませんが、候補者を早く選ばなければなりません。松田先生、緊急公募に出馬してください。「若い」、「世襲議員でない」、「市街と郡部の中間である淀江出身」、「ブログで発信能力がある」、「市議会でのソコソコの実績」、これだけ揃えば充分、戦えると思います。民主党への幻想もドンドン剥げ落ちてくるでしょうから、松田先生が立てば「民主」対「自民」の構図ではなく、「中部」対「西部」っぽくなると思います。県東部を石破先生が抑えてくれれば、松田先生の勝機は充分にあると思います。


来夏までに、淀江から日野までの郡部をイメージした地域振興策『松田イニシアティブ』を発表してください。さらに、高校のご後輩で隣町出身の『珍獣ハンター』の支援を受けることが出来れば、WINK相沢より数段上の選挙戦ができると思います。湯原氏に流れた東高票が、そのまま坂野氏に行くとは思えませんので、西部で大勝できると思います。


県外の素人が勝手なこと書いてすいませんが、是非とも出馬をご検討いただきたく、お願い申し上げます。

投稿: 浜野 芋太 | 2009年12月22日 (火) 10時50分

皆さん、本当の影の権力者は、大手報道を牛耳る者たちではないですか?

皆さんの小沢評を見ていると、、わずか半年前に、麻生前首相のあることないことを、まるで見てきたかのように批判していた民主党支持の人達と、全く同じではないですか?

麻生前首相の時も、ネットなどで記者会見の全文をひも解けば、報道の編集と全く違う趣旨で話されている場合がほとんどと言っていいほど。それは酷い状態でした。
石破自民党政調会長も与党時代、同じ酷い目に遭ってきているはずです。
皆さんも悔しい思いをしてきたはずです。

しかし、鳩山首相や小沢民主党幹事長についての報道も、記者会見の全文などを同様にひも解けば、大手報道は発言趣旨とは大きく異なる編集が施されています。

こんな報道を基に世論形成をしていては、どこの誰が政権を担当しても、やがて国体を誤ります。
みなさん、そうではないですか?

与党を批判するのは、相手は権力者ですから当然ですが、論拠となる情報が余りにもひどい。
間違った報道を基に発言や行動を行っても、結局何も生み出さない。
大事なのは、日本が国を誤らないことですが、その実行主体の日本国民自身の「知る権利」は棄損され、対策も迷路に誘い込まれているかのようです。

ではなぜ、彼らはそんな報道をするのか。
誰がリーダーになっても、左右どちらの判断を下しても、BGMなどで印象操作をしてまで、視聴者の目を眩ませ、対象を陥れようとするのでしょうか。

お金の為です。自分達の権益の為です。
何か政治思想や志があるわけではない。
彼らは誰が対象でもよいのです。視聴率が上がり、大きなお金が動く事態が生み出せさえすれば、誰がどうなろうと良いのです。
それは例えば、株式市場が乱高下してビジネスチャンスさえ生まれれば、その結果世の中が乱れても意に介さない連中、金の亡者達のようです。
というより同じ連中かもしれません。

今のままでは、小沢民主党幹事長の次に来る者が誰であれ、麻生前首相と同じ道を歩むほかはありません。

放送用の電波は、本来国民のものです。
記者クラブがただで使っている施設も、本来国民のものです。
彼らは議会制民主主義に不可欠な装置として特殊な任務を任されているのに、私利私欲に我を忘れているとしか思えません。

寄ってたかって陛下を貶めたり、目の前の損得に国体を歪めたり(それらは全てテレビカメラのフレームの外にあります)、その先に良い未来はありません。

私達は、自らの手で、自分達の未来を築いていかなければなりません。

そのためには、まずは、今の政権は議会制民主主義の制度に則り、国民自らが「結果的に」生み出した物であるとの「結果責任」を、自らがかみしめなければなりません。
そして、一部既得権益者による歪んだ報道から自らの努力で脱却して、事実を追及し、野党勢力として現政権の任期を真っ当たらしめる建設的な行動を行っていく。
その必要があると思います。

石破自民党政調会長にも、その支持者の皆さんにも、かつての社会党や民主党のような野党にはなって欲しくない。
大事なのは、自民党でもなければ、民主党でもなく、ましてや報道機関を牛耳っている連中でもない。
大事なのは、私たち自身の家族の人生であり、その祖先の歴史と子孫の未来です。

だから例えば、ガソリン税暫定税率維持を、政策変更と批判するばかりでなく、自分達の主張を結局飲んだじゃないかとして評価し、より大きな果実を国民にもたらすようマニフェストをさらに実践的なものに変更させるべく、採用される政策を提言して現政権に実行させる戦略をとっていくべきです。

本当の敵に、踊らされてはなりません。

変わるべきは相手ではなく自分たち自身なのだという意気込みで、自らの行動を(私自身も)変えていきましょう。皆さん。

投稿: 地方都市住民Y.M. | 2009年12月22日 (火) 11時07分

石破先生、初めまして。
先日の街頭演説聞かせて頂きました。
先生の国防への、日本への思いが伝わる、
すばらしい説得力のある演説でした。
ありがとうございました。

翌日の新聞に「進次郎議員握手会」などと
不埒な見出しを付けた愚かな新聞もあり、
ほとほと呆れました。まったく…
この国のマスコミはどうなっているのか?
先生もメディアへの露出が多く、
いろいろとご不快な思いをされているかと
心配になります。
もう少し公平に、自民党の良い報道も
してほしいです。偏向はもうたくさん。
先生の今後の更なるご活躍を期待します。

投稿: まりもに | 2009年12月22日 (火) 11時41分

石破先生

お疲れの中での御活躍、ありがたく感じております。

子ども手当の所得制限は、しないそうですね。

各種政策の財源について、『無い』事は愚民でも知ってます。
ただ「未来の子ども達に借金を…」等と漠然とした注意では、愚民は目の前の金一封の誘惑に勝てません。

日本が財政破綻し世界の信用を無くせば、具体的にどうなるか、国民生活に及ぼす悪影響を、メディア・ネット・貴党のHPやパンフ等で、国民を啓蒙する必要があると思います。

子ども手当を貰う人も、未来は等しく日本の財政破綻の苦しみを負う結果になると、リアリティをもって伝える事が大切です。

或いは民主党が参院選に勝利すれば、もはや愚民に飴は不要…数の暴力で選挙制度も変え骨抜きにして、反日アジアの人々と共に、盤石の民主党独裁体制を敷く予感さえします。

いずれにしても子ども手当は続かないし、日本を破滅させるものでしかない事を、もっと強く自民党は発信して愚民の目を覚まさせて欲しいです。
このままでは参院選を前に、民主党に買収されてしまう人も多いと懸念します。

長くなりましたが、心より応援しております。
くれぐれも御自愛なさって欲しいです。

投稿: 桜 | 2009年12月22日 (火) 11時50分

今日はじめてブログをみました!

石破先生はよくテレビにでられてていつもわかりやすい説明ですごく尊敬する政治家ですdelicious


僕は芸術家を目指しているのですが

最近話題になっている事業仕分けによる芸術関連予算の削減でほんとに将来について不安を感じていますsweat02

どうかもう一回政権を取り戻し
夢のもてる日本を作ってください!!

応援していますdelicious

投稿: 京都府高校生 | 2009年12月22日 (火) 12時14分

石破 茂様

 日々お疲れ様です。
検証なきマニュフェストを餌に選挙民をたぶらかした民主党政権のいい加減さ、小沢幹事長の天をも恐れぬ独裁志向、鳩山総理大臣のリーダーシップ欠如とお粗末な金銭感覚、民主党ボスたちに対し正当な意見を主張できない民主党議員(含む小沢チルドレンいや小沢ユーゲント)等に憤りを感じる一国民です。

石破議員の主義主張に共鳴を覚えるのは一般国民にとどまらず、自民党ひいては与党民主党内にも多いはずです。
今の日本を苦境から救うのは、こうした議員たちが党を越えて団結し政権を奪取するしかないと個人的に考えております。

石場議員は日本のために日々尽力されております。ただ、自民党の中にも民主党・社民党に劣らない売国・媚中派議員が多数いて、いくら民主党が嫌いと言っても現在の自民党をそのまま支持することはできません。

まずは自民党の体質の改善と民主党・みんなの党の議員の中で主義主張を同じくする方々との連携に取り組んでいただき、危機的な状況の日本を一日も早く救っていただきたいと思います。

極東において唯一の民主主義国家は日本です。米国もそれを認識しているからこそ、オバマ大統領が鳩山総理に泥を塗られた行為をされても、日米同盟を壊すことがないよう、多少なりとも日本に猶予を与えてくれたのだと思います。今が日本と米国との修復の最後のチャンスであり、ひいては日本が世界から埋没しない最後のチャンスだと思います。
石破議員のご活躍を祈念しております。

寒さ厳しい折、くれぐれもお体をご慈愛ください。

投稿: 現実主義者 | 2009年12月22日 (火) 12時24分

初めてコメントいたします。
毎日の激務大変お疲れ様です。お体は大丈夫でしょうか。
8月の選挙時の熱に浮かされた周囲の状況やマスコミの報道に怖さを感じて自民党支持をしましたが、案の定現在の政権になってから感じたことのない怖さを日々感じています。

これまでも今でも政治には疎い自分ですが、外交や国防など根本的な部分から崩れそうになっているような気がします。自民党には呆れることはあっても、自分たちの国を「どうにかされる」という不安は感じたことはありませんでした。出産を間近に控えていますが、この国はどうなってしまうのでしょう。不安感からいろいろなテレビで政治家の話を聞くようになりました。民主党のやり方は国民の目の前にお金をチラチラさせ、裏で国の根本的な大きな部分を覆そうとしているようにも感じます。なんでもかんでも「国になんとかしてもらう」という考え方は気持ち悪いし、国民を受動的にさせるばかりの方法で国に活気が戻るとは思えません。直接的なお金を貰う貰わないという話となれば、他に大変な問題があっても、国民の注目はそちらに集まり、マスコミに任せてああだこうだ言わせておけばいいという印象を受けます。
このままでは、日本は日本でなくなってしまうようような気がします。怖いです。
石破先生のお話はわかりやすく、長期的な展望や日本に対する愛情を感じております。今、先生が倒れられたらとても心細いです。どうかお体ご自愛ください。まとまりない文章すみません。

投稿: りこ | 2009年12月22日 (火) 12時32分

石破先生!日本が本当に心配です><;
民主党が政権を握っている事が怖い!

国民の声はまったく届いていないこの状況、
歯がゆいですcrying。。

日本人の為の日本国なのに、民主党の裏が怖い!

それを流さないメディア、
狂ってるとしか思えないです!

みんなが目を覚ますように、
先生の活躍を、
強く強く、熱望しています!!

投稿: みほ | 2009年12月22日 (火) 16時32分

石破さんこんにちは。

昨日TVを見ていたら かなり疲れていると

いう内容が伝えられていました。

とても忙しいと思いますが、肩をもんでも

らったり暖かい物を食べたりして健康に気

をつけて下さい。(健康一番です。)

さて、小沢一郎氏の独裁政権の形が

見えてきました。やっぱりねと。。

怖くて誰も逆らえない様に見えます。

国民が思っているから~と

小沢氏は言っていますが、誰に聞いたの?

と思います。なにもかもグダグダな鳩山総

理、主導権を握っているとしか思えない

黒幕小沢氏 民主党なんか信用出来ませ

ん。日本国を外国にしてしまおうと考えて

いるし、将来を考えると末恐ろしいです。

参議院選は絶対自民党に勝ってほしいです

応援してます!!


投稿: かめさん | 2009年12月22日 (火) 17時40分

石破先生日々お疲れ様です。
私は大学を出たばかりの知識の浅い20代のものです。
いつもは政治にほとんど興味はないのですが、民主党に変わってからというもの、現実を見ていない政策の数々、意見の一致しない政府等、非常に不安を感じるようになりました。

特に現政府の先の見えない安全保障体制には呆れるとともに非常に危機感を覚えます。

昨今の普天間基地の移設問題を先送りした件は、日本政府の短絡的な独断であり、地元の住民、米側の状況及び日本引いては極東の安全保障を全く理解していないものだと考えます。

また、インド洋派遣を取り止めた件にしても、全くその活動の本質を理解していない表れであると考えます。代わりのアフガンで民生支援を行うという案にしても、代替案にもなっていないですし、陸自や空自のアフガン派遣等、先人の教訓が活かされていないと考えます。

私は、石破先生、佐藤先生及び番匠陸将補の講演を幸運にも拝聴する機会に恵まれ、非常に日本の安全保障に興味を持つようになりました。

今、日本の安全保障は大きく揺らいでいると感じます。目先の事ばかり気を使い、日米安保を蔑ろにし、シーレーン防衛を考えない政府の対応に、このままでは数年後取り返しのつかない危機的状況に陥るのではと危惧しています。

私はこれから世界で最も不安定な航路を守りに行きます。この活動が日本の国益引いては、その後に続く重要な任務だと理解しています。

私は日本人として誇りを持っていますし、日本が大好きです。
どうかこれ以上日本がおかしな方向に行かないようお願いします。

投稿: Beck | 2009年12月23日 (水) 11時44分

石破先生。いつも応援させていただいています。

今般、政府の税制改正大綱が作成され、扶養控除、子ども手当などの案が出されました。これを受け、各マスコミが家族構成、年収に合わせた増減税状況を試算していますが、全ての想定は、子ども手当が全額になることが前提です。

しかし、昨今の税収の状況、民主党の「やるやる詐欺」の体質を考えると、子ども手当は半額のまま維持されることが濃厚です。
そこで自民党としては、「子ども手当が半額で継続した場合」の増減税試算を作成し、公表していくべきと考えます。
各マスコミの資料から15万6千円引くだけですから、簡単だと思います。

投稿: ため | 2009年12月23日 (水) 11時47分

石破先生本当にこの民主党支配が四年も続いてしまうのでしょうか?外交に税制私達の生活はどうなってしまうのでしょうか?自民党時代には感じなかった不安が日々高まっています。どうかどうか次の選挙では勝って下さい!応援しています。

投稿: ニコちゃん | 2009年12月23日 (水) 19時38分

石破先生本当にこの民主党支配が四年も続いてしまうのでしょうか?外交に税制私達の生活はどうなってしまうのでしょうか?自民党時代には感じなかった不安が日々高まっています。どうかどうか次の選挙では勝って下さい!応援しています。

投稿: ニコちゃん | 2009年12月23日 (水) 19時38分

石破さん、お疲れ様でございます。私は石破さんと同い年の仕事を持つ主婦です。

民主党政権になって以来、ずっと希望が持てない、やる気が起こらない社会になっている気がしてなりません。

大袈裟な言い方をすれば、まるで日本は社会主義に向かっているかのようです。頑張る者の意欲を削ぐような政策には、ひとつも納得で行きません。

それが総選挙前から感じられたので、当然の事ながら民主党には投票しませんでしたが、多くの有権者が民主党に投票した事に関しても絶望しました。

でも、多数決だから仕方ない・・・そう諦めた状態の100日間でした。これからも民主党の政権が続く限り、このもやもやした憂鬱は続くだろうと思い、どこに希望を持てば良いのか解りません。

対アメリカの外交政策も、先日のバカみたいな大勢での訪中も、宮内庁長官を批難した小沢氏の物言いにも、本日の鳩山首相の会見の内容も、全く納得が行きません。

詭弁を労する民主党には、政権交代前から嫌なものを感じておりましたが、今のままでは日本国民は労働意欲をなくします。

どうか次は石破さんが強烈なリーダーシップを取り続けて、自民党の政権を取り戻して下さい。勿論その時には、首相になって戴きたいです。

格差社会・・・仕方ないじゃないですか。私はどちらかと言うと経済的には現在は弱者側ですが、それでもそれが政治や政策のせいだとは思っていません。

頑張れば頑張っただけの事はあるという経験もして来ました。でも、貧しい状態に陥っても、社会からの保障を過度にあてにする国民にはなりたくありません。

夫と二人、石破さんに期待し応援しています。どうか日本の為に頑張って下さい。

私も目先の小金に目が眩んで政権与党を選ぶような事は決してしませんので。

投稿: 川口 | 2009年12月24日 (木) 20時26分

韓国の外圧に負けて教科書から竹島記述がなくなりました。
日本は主権も放棄し。領土も放棄し亡国となってしまうのでしょうか。

民主党にマスコミの偏向報道を信じ投票した人を真剣に恨みます。

民主党が政権をとればこうなることはわかっていたのに・・・

外国人参政権付与
戸籍法改正
人権擁護法案施行
天皇陛下の政治利用
国債過去最高発行
他にも数え上げればきりがありません。

これら日本弱体化を進めることを現与党の民主党はきっちりやってくるでしょう。
しかし、これは民主党を圧倒的に支持した国民が悪いのです。
民主党を勝たせようとしたマスコミが一番罪が大きいと思いますが、流されてしまったのは国民です。

情けない。
希望のある日本を何とか取り戻してください。
内外に敵も多いと思いますが、外にも志が一緒の人も多いはずです。
自民党という枠にとらわれず、議員には真に日本を良くして頂きたいと、切に願います。

投稿: 竹島は日本領土 | 2009年12月26日 (土) 00時55分

公約がマニフェストという言葉に替って数年が経ちますが、民主党はあからさまな公約無視。故中川先生の事もあります。どうかお体は大切になさってください。

投稿: 富田 | 2009年12月28日 (月) 00時13分

20人以上いる私の血縁者(伯父伯母いとこなど)全員がアンチ民主党です。しかし、今回は極めつけでした。
まず子供手当で我が一族は税金負担が激増(一家族ごとに、二十歳過ぎ3人以上の兄弟姉妹で手当対象外。父は旧帝国の没落貴族の出身だったのでお金がなく、大学に行った血縁者の全てがスポーツ特待や奨学金で通学)。

次に竹島の領土明記回避は韓国への配慮ではないという。ということは、領有権を放棄したと韓国は判断するでしょう。
憲法の基本として国家の三要素があります。領土、国民、主権です。そして領土は一定でなくてはならないそうです。

つまり、法的に言えば、民主党政権は【日本の主権と領土を放棄】したことになります。
完全な売国行為です。法的には国家転覆を目論んだとして死刑にもなりかねません。

投稿: エルヴィン | 2009年12月30日 (水) 08時56分

①自民党は少なくとも小泉政権以来どのような政策をとり、その結果どのような好ましい結果と好ましくない結果が生じたのかを、勉強して明らかにすべきです。すべて悪かったとは思えませんが、今はすべて悪かったことになっています。

②「国債という借金漬けの馬鹿な政治と決別しようではありませんか、皆さん!」と訴え政権交代を果たした鳩山首相は「馬鹿な政治」に戻ることを平然と決めたように、選挙中の言葉と政権取得後の乖離をきちんと整理して国会論戦で取り上げるべきだと思います。
         古谷壽美子

投稿: 古谷壽美子 | 2009年12月31日 (木) 12時09分

あなたの保守に対する認識は、日本人をなめているとしか理解できない。

投稿: 宮本 | 2010年1月11日 (月) 21時10分

日本郵便川越西支店は朝鮮人がウジャウジャ集められて「筋野紀代子、西原、江田、久保、つかもとたけし、山川良春、中西和夫、野村信幸、斉藤けんじ、旧姓山田加奈子、佐藤文男、谷口、桑山、こんのしんや、平野、こやのはるみ、吉原、吉川、栗原えみこ、こやのみえこ、市川、柿沼か柿崎、関亮太、しらいこうき、高田、高野、池田、田中まさこ、照内茂、鬼塚、清水、松島、小林修、小泉、小保崎、アルバイト、人事、総務、課長、支店長」コイツらが主犯格になり在日特権助成金制度濫用から、パスポートや人身売買の凶悪助成金ビジネス状態です。きちがい病患者障害者がほぼ全員で、過激喫煙、過激飲酒、過激豪遊、過激多重債務者、自己破産トラブル、きちがい運転交通死亡事故、山川良春の無免許酒気帯び凶悪違法事件、このような、きちがいキンキロウ状態の馬鹿から、成長出来ない北朝鮮金正日殺人秘密工作員を何とかすることはできないでしょうか

投稿: 天罰 | 2010年7月 4日 (日) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47053987

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権の本質:

« 習近平・中華人民共和国副主席の天皇陛下との会見について | トップページ | お手紙ありがとうございます »