« 政策ワークショップの模様など | トップページ | 施政方針演説 »

2010年1月26日 (火)

党大会を終えて

 石破 茂 です。
 
 一月二十三日、二十四日と二日間にわたった自民党大会関連イベントが終了いたしました。昭和六十二年以来、何度も党大会を経験していますが,今年は随所に「手作り感」が感じられて、比較的よかったのではないかと思っています。
 政権与党であったときは「とにかく一年に一度セレモニーとして党大会をやります」的な、およそつまらないもので、祝辞も演説も通り一遍、何だかやたらとお金だけはかかっている印象でした(あれでは選挙に負けるはずですよね…)。
 野党に転じると、なにせお金は無いし、総理も閣僚もいないし、無い知恵を絞って全国各地から来られる党員の皆様に、「来てよかったな」と思っていただけるよう心掛けたつもりです。できればもっと,党員以外の方にも参加いただけるよう、来年以降は更に工夫を凝らしたいと思っています。

 このブログをご覧の方にも、ワークショップにご参加いただき、本当に有り難うございました。
 ご感想をどうかお寄せください。「明るくて、楽しくて、かつ内容の充実した大会」でしたでしょうか。民主党のように「暗くて重苦しい大会」にしたくはありませんでした。
 あのようなワークショップは,今後年に数回、できれば全国何箇所かで開きたいと考えています。

 私としては、学園祭っぽい感じを狙いました。
 「政治と金で国会が緊迫しているときに不謹慎だ!」とのお叱りも当然予想してはいましたが、党大会は年に一回のお祭りでもあるはずなのです。
 総裁や幹事長が焼きそばやお好み焼きを作っても、政調会長が野菜を売ってもいいのではないでしょうか。
 
 小沢幹事長への聴取がなされましたが、今後の展開は全く予想できません。
 でも、「政治とカネ」の問題を断ち切るべく政治改革を断行し,政党助成金を国民から頂くことにしたのに、この有り様は一体何なのでしょう。総理も幹事長も、「法に触れさえしなければいい」「個人のカネなのだから問題ない」という態度ですが、「数は力、力はカネ」との体質は何ら変わっていないのではないでしょうか。
 「政治は最高の道徳」とまでは言いませんが、ロッキード事件の後、昭和六十年に制定された政治倫理綱領の作成を主導したのは当時衆議院議員運営委員長であった小沢一郎氏です。
 そこにはこうあります。
 「我々は政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれた場合にはみずから真摯な態度を持って疑惑を解明し、その責任を明らかにするよう努めなければならない」
 これに照らして、小沢氏、鳩山氏は一体どうなのでしょうか。

|

« 政策ワークショップの模様など | トップページ | 施政方針演説 »

コメント

自民党議員は街に出よ!と強く言いたいです。

野党になったのにも関わらず、気分はまだ与党政権のまま。

「風が変われば、いつかそのうち与党に戻れるさ。いつまでも民主党の夢物語に国民も付き合いきれないよ」程度の認識なのでしょう。

ですが、これだけの敵失にも関わらず自民の支持率は一向に上がらない。これは極めて異常な事態です。

自民党議員は石破さんみたいにご飯を食べる暇もない人ばかりではないはず。

どうして街に出て声を上げないのか。

街に出て街宣をし、国民と対話をして欲しいです。我々国民を「票」としか見ないで頂きたい。

無名であっても同じ日本人です。国を憂う心は皆同じです。

議員の想いを聞きたい、我々の想いを聞いてもらいたい。我々国民は直接、対話がしたいのです。

投稿: 古川 | 2010年1月26日 (火) 20時39分

石破先生 ワークショップ楽しかったです
参加させていただき有難うございます
焼きそばがおいしかったかどうかは食べてないのでわかりませんが次回大阪でなさるときは本場のたこ焼きの焼き方をご伝授申し上げます さてたこ焼きと言えば明石焼き 兵庫 明石 淡路島選出の政調副会長西村康稔議員のブログからの抜粋です『26日(火)朝、外交・国防合同部会において、東シナ海についての日中間の合意の概要と今後の対応について議論を行ったが、中国の動向、特に、中国が日中中間線の中国側において既に着手している「白樺」における中国の動きについて議論が集中し、私からも「日中の合意の中には、条約の国際交渉がまとまるまで、中国は開発をこれ以上進めない、ということも含まれるのではいか」旨を確認した(写真)。しかし、外務省からの情報提供が乏しく、議論が深まらない。外務省の担当課長の説明によれば、平野官房長官、岡田外務大臣の判断で、この部会には写真を含めた資料は提供しない、ということになったという。米国の核持ち込み問題については、あれほど情報公開に熱心なのに、こと中国の案件になると、民主党の隠ぺい体質が、顕著になる。「情報公開」を声高に唱えながら、自分たちの都合の悪い情報は、隠すのである。先日の外交部会においても、インド洋における自衛隊の補給活動に対する各国の高い評価について、あえて公表しなかったのである。日本の国益を守り、実現する、外交政策を堂々と議論したい。』とコメントが載っておりました。
ワークショップのときの石破先生のご発言に『政権交代後 自民党本部 ないし 議員会館に 次官 局長が来なくなったと』おっしゃっていたように課長クラスしか寄越さない民主党に腹立たしく思います
じゃあいまこそ 問いましょう 情報がたっぷりある中で今の民主党の経済政調戦略構想は一体何か
自民党の構想を書き連ねただけじゃないか
林芳正参議院 政調会長代理が今日の国会で鋭く迫っておられました。参議院選挙に向け石破先生 全力で応援しますので全国行脚 頑張ってくださいませ。

投稿: 西村 宏之 | 2010年1月26日 (火) 20時41分

随分と後から知りましたが、私も慶應卒後三井銀行入行、途中国債事務センターにも勤務しご一緒だった先輩とも懇意にさせて頂きました。と言う訳ではありませんが、我が家は石破先生を応援しています。太田総理の番組にも出演され若者にも理解できるよう丁寧に一生懸命説明されている様子は好感が持てます、番組が茶化し過ぎやややバラエティー過ぎるところは別として。しかし先般の衆議院選は民主党に入れました。選挙区が目黒で手塚先生と言うこともありますが、自民党には失望です。小泉政権下、本当に自民党を壊しただけでなく、日本の良き風習も竹中とともに破壊し、郵政簡保資産は危うく米国に売られそうになりました、平沼先生や仲間達を追い出しました、早く民主党の半分と自民党の若手でリフォームして下さい。

投稿: keke | 2010年1月26日 (火) 20時59分

徹底的に追求して下さい。
石破さん、頑張れ。

投稿: はすた | 2010年1月26日 (火) 21時03分

<店頭販売>したり、焼きそばを焼いたり、一見、ほほえましく見えますが、正直、違和感を覚えました。そんなことで、党の活性化に繋がるとは思えないからです。それはともかく、きょう26日の予算委員会、与党には呆れました。政治主導と言いながら、霞が関は大馬鹿だと、言いながら、なんで管副総理は、難しい答弁の答えを、官僚に助けてもらわなければいけないのですか。大馬鹿に助けてもらう人は、もっと、大馬鹿です。主張と行動が違いすぎます。名護市の問題でもそうです。私個人は、島袋氏に勝って欲しかったのですが、結果は逆。昨夜もメールしましたが、稲嶺氏を推薦したはずの民主党の対応が、一般論として理解できません。公約内容の是非はともかく、あれでは稲嶺氏が気の毒です。これが民主党、それが民主党。そんな政党は、一日も早く、野党に転じてもらいたいものです。どうか、奮起を。

投稿: 大倉克敏 | 2010年1月26日 (火) 21時12分

石破様 お疲れ様です。
ワークショップはどのようなものだったのか
非常に興味があります。おそらく、建設的な意見が出たのではないかと思います。私自身、ワークショップの勉強をしています。参加したかったですね。

さて、昨日から平野官房長官の発言に怒りが収まりません。20年来政治に興味をもっていろいろな情報に接しますが、怒りが2日以上続くのは初めてです。どこまで国民を愚弄すれば気が済むのでしょうか?はっきり言います。政治家の資格はありません。国を運営してもらっては困ります。

石破様、どうか民主党政権をできるだけ速やかに退陣に追い込んでくださいますようお願いします。これ以上国民を混乱させ、失望させ、仕事と生活と国家の安全を脅かさないようにしてください。お願いします。

投稿: dora | 2010年1月26日 (火) 21時36分

党大会は、党員でなくても行っていいんですか?

私は、民主党のなりふり構わない票田集めが理解できません。絶対多数与党になったときに、民主党が目指しているものが何なのか?それが、外国人参政権だとか、夫婦別姓だとか、日教組万歳だとかなのだとしたら日本はもう日本ではなくなってしまいます。どうか、日本を守ってください。

投稿: miffy | 2010年1月26日 (火) 21時45分

党大会の二日目は生放送で拝見いたしました。大変有意義でいらっしゃったように思います。
一日目のワークショップは、写真で拝見する限りは大変楽しそうで見え、羨ましいかぎりです。私も一見して「文化祭のようだな」と思いましたので、石破先生のもくろみは成功しているのではないでしょうか。
今後、地方でも催して下さる予定ということで楽しみにしております。私の行ける範囲で開催される時には、是非とも参加させていただきたいと思っております。
先生には、色々とお願いしたい事もありますが、ほとんどの事は他の方々が私よりもっと上手くおっしゃっておられるようなので、控えさせていただきます。
一つだけお願いをさせていただけるなら、わたしにも子供が二人おりますので、その子達、またその子供達が将来に渡って安心して生活できる国を、維持していただきたいと言う事です。
寒さ厳しい折、お体にはお気をつけ下さい。

投稿: 恵庭 | 2010年1月27日 (水) 00時36分

先日のワークショップには都合がつかず行けませんでしたが、動画で党大会を拝見しました。

石破先生が仰る通り、学園祭の様な雰囲気は今までにない清々しさがあって良かったです。特に若い学生部会の方などの出番で、老若男女が参加する新しい自民党を垣間見れた気がします。

出来れば、今後は野外など、通りすがりでも参加出来る様なオープン会議を開催して欲しいと思います。

なんだかんだ言っても閉鎖された空間ではある程度の制限もあり、売国政党・民主党の小沢独裁政権との決定的差別化が図りにくいと思いますので。

今後とも先生の活躍を応援しています。頑張ってください!!

投稿: 所沢市民 | 2010年1月27日 (水) 01時13分

石破先生、こんばんは。

ワークショップでの先生のエプロン姿、ほほ笑ましかったですよ。
普段は恐そうな先生方が、一生懸命料理を作ってらっしゃるのを見て、好感を持たれた方多いと思います。
小泉議員も可愛かったですし・・・。

先日、友達と話していたら、先生のこと褒めていました。私も嬉しくなって「一番信頼できるので応援してるの」と打ち明けたら、驚いていました。

今日も友達同士、話すことは民主党の迷走ぶりと、小沢の汚さ・・それと外国人参政権のことです。

皆心配しています。
日米関係が破綻して、外国人参政権が認められたら、近未来、日本は中国の属国になるのではないかと・・・。
まさかと思っていたことが徐々に真実味を帯びてくる・・恐怖を感じます。

民主党は残酷な党です。
名護市の市長選挙で、民主党議員は支援してる稲嶺市長の応援演説には行かなかったそうですね。反対の結果を願っていたのなら、石破先生が「選挙前にきちんと言うべきだ」本当にその通りです。それが思いやりというものです。
沖縄選出の民主党議員は、平野長官の発言に「殴りたい」と言ってるそうです。憤懣やるかたない思いでしょう。

先生が」政権が変わっても、変えたらいけないことがある」このことだったんですね。

5月末の奇跡を信じたいのですが,無理でしょう。

自民党の70歳定年制に皆、目を光らしています。守ってください。

応援しています。
頑張ってください。

投稿: 万葉 | 2010年1月27日 (水) 01時47分

はじめまして。
ニコニコ動画にて、党大会の政策報告を拝見いたしました。

大変分かりやすく、マイナス要因からも逃げない姿勢に民主党各人のあやふやで頭が痛くなるような答弁(比較されるのもお嫌でしょうが・・・)を見た後では感動すら覚えました。

今、本当に日本が危ういと感じています。
石破さん、微力ながら応援していますのでお体に気をつけつつも頑張ってください。

PS:偏向報道はなんとか出来ないのでしょうか?親はともかく祖父母の代にはネットでの話が通じず困っています。

投稿: 若桜 | 2010年1月27日 (水) 02時33分

ワークショップ。ぜひ全国で開催してください!楽しみにしてます♪

それはさて置き…
国会はいい加減予算審議して欲しいです。
小沢や鳩山への追求はしてほしいですが、一体何日同じような質問繰り返すんですか?
あれでは亀山に「くだらん質問」って言われても仕方がないと思います。
何を聞いても宇宙語でのらりくらりと交わされるのだから
もう質問を切り替えて、政策面でぐぅの根も出なくしてください
自民が再び政権をとっても、どうせまたお金の問題は出てくるんです。
その時、国会で「自民党が野党の時は、個人の金のことで議会を潰したりしなかったぞ!!」とか言えたらカッコイいじゃないですか。
民主党がどうしようもない小沢真理教団だということは
マトモな国民は理解していると思います。
だから、きちんと予算審議してください。お願いします。

投稿: ラビ | 2010年1月27日 (水) 03時01分

小沢氏の記者会見への感想

記者 石川議員の虚偽記載について、これまで幹事長は、これは単純なミスと説明されてきました。今日は会見では一切関わっていないと仰っているのなら、それなら、何故単純なミスと評価できたのか説明して下さい。
小沢氏 単純なミスや記載ミスはあったかもしれないが、不正な金を受け取ったとかは一切ないないと信じている。
鈍重 不正な金の質問はされていないのに、一番言いたい内容を告白しています。

記者 特捜部の聴取の要請に当初断られてきたのに、今になって応じられる理由を教えてください。
小沢氏 捜査には最初からいつでも協力するというふうに伝えてきた。私が事情を説明するにしても、問題点が整理されてからの方がいいだろうということで、結果的に今日になった。
鈍重 弁護士を通じて連絡をし、検察の狙いを探りながら、世論の圧力を恐れて日時を指定しただけです。

記者 幹事長は民主党大会で、「検察のやり方について、このようなやり方は到底容認できない。断固戦っていく決意だ」と仰いました。決意は変わらないか。
小沢氏 私ども自身が、私自身が、そのような不正なお金であれ行為であれ、そのようなものを貰ってもないし、してもいない。この主張は断然貫いていかなくてはならないと、その考え方は変わっていません。ただ公平公正な捜査をしていただきます以上、今後も協力していく。
鈍重 検察に公平さを求めるのは間違いです。「記述のミスなら訂正で済む」とふんだのに、「略式起訴でもなく、在宅起訴でもなく、逮捕はおかしい」というのが、彼にとって容認できない検察のやり方だったのです。

小沢氏 不動産の購入については、何の不正な金もありません。私の私財からの貸付ということになったのです。融資については、同じ時期のことなのでそれに関連したものだと思いますが、購入の決定をしただけで、手続きはすべて任せており、私は何も知らない。
鈍重 小沢氏の自筆のサインは彼の手続きです。貸し付けということになったという言い回しは、いくつかの選択肢から選んだからです。「寄付金」や「融資」や「私財」といういくつかの中から、選び出しているのです。

投稿: 鈍重 | 2010年1月27日 (水) 06時54分

党大会で大忙しだった職員の方を急かすのは申し訳ありませんが、せっかく公開ワークショップを開かれたのですから(不適当な表現が無いかをチェックした後で)動画をJステに公開していただくよう、お願い申し上げます。


 関心は時間と共に薄れていきます、ササット公開して、できるだけ沢山の人に見てもらいましょう。

投稿: 浜野 芋太 | 2010年1月27日 (水) 11時47分

名護市長選の結果、反移設派が辛勝した。名護市民にとっては、移設賛成にしろ反対にしろ苦渋の決断でここまできていたものを。票差は1588票、約800人の差である。
今日まで、安全保障について日米合意で積み上げて来た普天間基地の辺野古移設問題を、安易にも県外移設等と市民に変な期待感をもたせたつけが、今ふりかかってきたとしかいいようがない。思いつきともいえるマニュフェストの県外移設で、アメリカとの交渉が予想以上に厳しいとわかると、名護市長選の結果も考慮しと住民にその結論を転嫁し、そしてその結論を先延ばしし、市長選で島袋氏が勝ったほうがよかったと思っていたのかとかんぐりたくなるほどだ。『市長選の結果を踏まえ現行案通り辺野古へ移設することとしました。』と。ところが相反して反対派が勝ってしまった。だからいわんこったあない。こうなる前に昨年のうちに現行案通り進めるべきであった。国家の安全保障の問題をなぜ住民の判断に預けることができるのか。
前原国交相が八っ場ダム中止で住民に言ったと同じように、鳩山総理は『皆様の辺野古移設が日本の安全保障にとって重要であることについて理解頂けるまで何度も足を運ばせて頂きます』と。そしてさらに5月までに結論を出すというなら足を引っ張る社民党とはきっぱり縁を切ることだ。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年1月27日 (水) 20時13分

何処の国の政党であり政治家? 政治屋?
のせいで、世の中乱れ始めたと思う今日この頃ですが、動画の方で初めて党大会拝見しました。原稿があっても下を見ず前を向いて話をされていた、谷垣さん石破さんの力強さたるや鳥肌が立ちました。
次は、民主党的恐怖での一枚岩でなく、自由意志の元での一枚岩になって欲しいです。
同時に、任せても安心であり安全であり救われる政治を示される事を願います。

投稿: 時貞 | 2010年1月27日 (水) 21時07分

 自民党本部に足を踏み入れるのは初めてでしたので緊張しましたが、ワークショップ、大変有意義でした。友人と3人で参加しましたが、帰りのお茶も政策談義が尽きませんでした。
 
 それに、私の隣の席には中学2年生の女の子とお母様が座っておられたのですよ。真剣にノートをとっておられたのが印象的でした。
 
 外交防衛について、素人にも分かり易くご説明いただき、感謝です。
 阿川広之みたいな考えの持ち主である(≧∇≦)父の影響のせいか、外交防衛に関しては自分なりの明確な意見を持っていたつもりでしたが、勉強不足を痛感しました。今後もこういう機会があれば参加させていただきたく思いました。
 大好きな森本先生の「石破先生をお支えしなければ」というご発言も頼もしかったです。

 私は、それほど日本の将来に対して悲観はしておりません。日本人の中の大多数は、きちんとした人間だと希望を持っていますし、このような恵まれた日本に生まれ育ったことを感謝しています。世界は日本に期待しているとすら感じています。

 日頃、多少ですが、国会議員の先生方と交流する機会がありますが、今まで自民党の先生方は、近づきがたいというか、正直言いまして冷たいなと感じることもありました。偉い方々だから当然なのかもしれませんが。
 
 でも、このたびのワークショップはとても温かい雰囲気を感じました。石破先生がお心を砕いてくださった賜物ですね。

 外交や防衛に関しては毅然とした原理原則を崩さずに、弱者や市井の人には温かい自民党であってほしいなと感じます。
期待してます!

 

 

投稿: メグ | 2010年1月27日 (水) 21時28分

民主党は矛盾政党ですね

派閥について散々不満を言っていたのに先日産経新聞を読んだら羽田元総理が小沢氏に羽田グループは全力で応援すると語ったらしいです
また民主党の方々は企業団体献金禁止の話になると企業献金は廃止といっています。団体は支持母体である日本崩壊を進めている日教組等が献金をしているからでしょう。
暫定税率についてもガソリン値下げ隊なんて作って審議を妨害しておきながら結局存続。
矛盾ばかりです。
谷川参議院幹事長が言ってるとおり国民は反省すべきです。
名護市の市長選にしても大接戦でほぼ50対50でした。大体市民が国策の為に市長を選んだのでしょうか?
容認派が大敗したならまだしも大接戦ですしね。
市民は基地問題じゃない部分を選んだ人もたくさんいるはずです。
また反対派を民主党はなぜ推薦したのか?
平野官房長官は結果は関係ないと言っています
確かに平野さんが言う事は珍しく今回は正論なんですがだったら推薦なんかするなと思います。
また矛盾ですね。
小沢氏の問題にしても検察批判?をしてますが現に元秘書は明らかな悪意と代表戦への影響という政治的な理由で書き替えたと認めているわけです。
悪を裁くのは当然で批判の前に反省を党ですべきでしょう。
それに金を持ってたら影響すると理由もまた意味が分かりません
あんな豪邸を持ってる時点で金持ちなのは明らかなのに。
小沢さんが金持ってるのなんかみんなしってるのになぜでしょうかね
んとに矛盾だらけです。
民主党

投稿: 愛媛の高校生 | 2010年1月27日 (水) 21時40分

こんにちは。
私は政治に疎い一般市民ですが
外国人参政権の付与に向かって進んでいる
現政権に強い恐怖を感じています。ニュースで反対を表明されたことを見てこちらのブログに伺いました。
なぜ、民主党の方々はあんなにも外国人に参政権を与えたがるのでしょうか・・。マニュフェストに載せずに隠していたのは本当に卑怯なやり方だと思います。載せていたら、私は投票しなかったのに。
一体この国がどんな変な方向へ向かわされているのか、不安でたまりません。
今は、反対を表明している自民党の方々にすがる思いです。
どうか、絶対に阻止してください。
応援していますのでどうか宜しくお願いします。

投稿: yk | 2010年1月27日 (水) 23時06分

石破先生いつもお疲れ様です!お願いがあります!千葉県市川市が外国人地方参政権の賛成の決議をしたようですが、民団の圧力に屈したと言う事!とうとう強行手段に出て来ました。自民党地方議員も、丸めこまれたとか?他の地方から反対の決議が次々でてもいますが、平野官房長官が地方の意見は関係無いとの趣旨を述べられたと聞きましたが、本当なら言語道断です!国民なんて関係無いと言わんばかりです!沖縄の事でも、選挙の民意を無視するような発言!無理なら沖縄県民に頭を下げてでも了承して貰える努力をするべきなのに!民主党は勘違いしています。政権取るまでは民意を連呼、取ってしまえば独裁!恐くてたまりません!どうか調べて国会で審議して頂けないでしょうか?それに中井公安委員が北朝鮮の脱北者を沢山受け入れる法案も云々言われているようで、この件も、合わせて調べて追求して下さい!本当に民主党は何を考えているのか解りません!国民を欺く民主党の正体を大半の国民は知りません!自民党だけが頼りです頼みます!

投稿: 耀子 | 2010年1月27日 (水) 23時32分

今日、平野官房長官が外国人参政権に地方が反対意見を出していることに「地方の意見を関係ない」と発言しました。
あまりにも地方の人や国民をバカにしているとしかいえません。地方主権を唱えるくせに地方の意見は関係ないとは・・・
どうかこの発言を追求してください。
断固外国人参政権反対です

投稿: 日本人 | 2010年1月28日 (木) 00時01分

私だけ?
「一票の格差により精神的苦痛を受けたとして、提訴する人がいるが、子供手当が貰えるか貰えないかの格差に比べたら、屁のつっぱりにもならない。」と思う。

投稿: 因伯徒 | 2010年1月28日 (木) 00時27分

石破先生、こんばんは

党大会での谷垣総裁の演説を拝見し、力強いお言葉に励まされました。模擬店も有って実に楽しそうで、自民党の中で何かが起こり始めている気がします。しかし地元自民のセンセイ方は組織票をまとめるだけで、情報発信力が低く、党再生への危機感が無いように思えます。

このブログでワークショップの案内を見つけて、投稿された日に某所で紹介しました。翌20日に申し込まれた方が居ましたが、残忍ながら一杯だったようです。次回はワークショップもネット中継をして頂けると有り難く思います。

投稿: Anns | 2010年1月28日 (木) 00時32分

石破先生お疲れさまです。
谷垣総裁が27日に『消費税を10%以上にすべきだ』なんて日本記者クラブで講演したそうです。
谷垣さんはバカですか?
選挙前に消費税を上げるなんて言う党に誰が入れますか?
自分らの給料を減らすなどの議論もしないで。
わざと負けに行ってるようにしか思えない。
先生ああいう選挙にマイナスな軽口を叩く谷垣さんを叱ってくださいよ。
民主党は票のためにバラまいたが国民は支持した。
もう少し頭を使って選挙を勝ちに行ってください。
自民党を応援してるのにこれじゃ冷めますよ。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2010年1月28日 (木) 06時15分

石破先生
第二次総攻撃のネタについて。
事業仕分け第二段を民主党が企画しています。
言語道断なのですけれども、去年の事業仕分けの追求、また、国家戦略局なる欺瞞なる存在とセットにして、攻撃すると良いかも知れません。
まずは、去年の衆議院議員選挙の時期に連日民主党の本部は照明がついていた事の疑惑を追求しては、と思います。
あれは一体、何をやっていたのか?事業仕分けのリハーサルをやっていたのか?短時間で問答無用で相手に考える時間を与えないように予めストーリーを練り上げる作業を行っていたのか?それならば、事業仕分けとは見せかけはオープンだといいながら実体は計画された陰謀、犯罪でありクローズなリンチではないのか?アンフェアではないのか?判定毎、意見毎の発言者の指名を公表する事と、もう一度、議題を国民にオープンに公表して、事業仕分けそのもののやり直し、反対意見ときちんと噛み合う議論を要求されると良いのではないかと考えます。
そして、事業仕分け人の発言に対して、後々に行政裁判にかけて不見識で無責任な意見を言った仕分け人を裁く仕組み(懲役刑から罰金刑まで社会にマイナスの影響を与えた分を可能な限り測定して)を設定する事は必須ですので、これを要求されると良いかも知れません。
こういう事をターゲットポイントにして、第二次総攻撃を、第一次総攻撃の一巡後に切れ目無しに激しく行う段取りを各議員に指示を出されて、「みんなでやろうぜ」の谷垣さん式の全員野球で為されれば宜しいかと存じます。

投稿: 山口健二 | 2010年1月28日 (木) 07時44分

外国人参政権法案は絶対阻止して下さい。お願いします、日本が壊れてしまいます。

投稿: 新井正樹 | 2010年1月28日 (木) 10時03分

石破先生、はじめまして。
いつもブログ拝見させて頂いております。

先生のエプロン姿は意外と(というと失礼ですが、)お似合いでしたし、皆様の楽しそうな雰囲気や、「新しい自民党を創っていくんだ。かえていくんだ」という気持ちが十分伝わってきました。

さて、恥ずかしながら、先生にご質問です。頓珍漢なことを申し上げていたらごめんなさい。

「政治とカネ」の問題と、予算や外国人参政権など他の諸問題についての質疑を1日ずつ別々に行うことはできませんか?
(例えば、今日は政治とカネ、明日は予算・成長戦略、明後日は…というように)

もちろん、民主党が集中審議の要請に応じれば済むことですし、
「そもそも一次補正を停止し景気の悪化を招いておきながら、どう見ても一次のコピーである二次補正をバタバタしながら出してきたのは何処のどいつだコノヤロウ!」と言ってやりたい気持ちは山々ですが、あの方々には何を言っても無駄です。

国会中継を見ていると、自民党の先生方は実にバランス良く質疑をされていると思います。
しかし、それが故に、マスコミは容易に「政治とカネ」に係る部分だけを取り上げることができ、印象操作をすることができるのではないでしょうか。
どのチャンネルを付けても国会のニュースは「政治とカネ」に係る部分のみであり、コメンテーターは決まって「政治とカネも大切だが、予算はどうしたんだ。国民の生活をしっかり考えているのか」と言います。
茂木先生や小池先生、そして先日の林先生は本当に良い質疑をされていたのに、ほとんどテレビで報道される事はありませんでした。
自宅で取っている日経新聞もまた、不十分な内容でした。

私は大学生なので、国会の生中継を見たり、インターネット等を通して様々な情報を精査する時間的な余裕があります。
しかし、私のように暇ではなく、時間的な制約があるために、自ら積極的に情報を得て、それを慎重に選び抜く作業を行うことができない方も本当に多くいらっしゃることと思います。

政治家の皆様も従来の街頭演説だけでなく、ブログやインターネットなど様々な方法で、なるべくダイレクトに国民に語りかける努力・工夫をされていますが、やはりまだまだテレビ・新聞の力は大きなものであると感じざるをえません。

選挙のために国民を欺く何処かの政党のようにはなって欲しくないので、テレビ・新聞に報道されて不利になるようなことは言うな!とは申しません。
「政治とカネ」の問題の追及も、消費税に対する議論も大いに結構です。

しかし、真正面からぶつかるだけでは現状を打破することはできませんし、自民党に対する国民の信頼が回復することのないまま民主党政権が続けば、経済政策や外国人地方参政権を考慮しても、日本はこの先どうなってしまうのかと不安になります。

テレビ・新聞報道との兼合いも含めて、より効率的に国民に自民党の姿勢が伝わるような戦略を練られることを希望します。

大変な長文となってしまい申し訳ありません。
どうぞお身体を大切になさって下さいね。応援しております。

投稿: 日本とサッカーを愛する関西人 | 2010年1月28日 (木) 10時40分

石破先生

自民党議員さんは、なぜ街頭に出て演説しないのでしょうか。
このまま民主党に好き放題やらせていては日本解体じゃないですか。

石破先生を初め、数人の自民党議員さんが一生懸命、働いてくださっているのは承知しております。
しかし、他の自民党議員さんは何をされているのでしょうか。目に見えた行動をされているのでしょうか。
国民は自民党議員さんたちの動きを注視しているというのに、その議員さんたちから、全く音沙汰がないように感じられるのは、私だけでしょうか。

去年の夏の選挙前には、小さな駅にでも議員さんが挨拶に来ておられましたが、選挙に負けた今こそ街に出る時ではないですか。

自民党支持率が回復しないのは、議員さんたちの行動が全く見えないからではないですか。

日本解体阻止のために、民主党の危険性を広く知らしめてください。人手が足りないのでしたら、ボランティアでも募集してください。そして、デモでも何でもやってください。
国のために、今こそ声をあげてください。

投稿: 白狐 | 2010年1月28日 (木) 10時48分

度々失礼します。

自民党のHPにも意見を送りましたが、谷垣さんの「10消費税論」正論かもしれません。が、ああいう発言こそまさに「与党ボケ」です。なんでも正直に言えば国民がついてきてくれる→民主党とは別の意味でお花畑すぎます。選挙を控えた野党の発言ではありません。しかも、マスコミの格好の餌食。これじゃあ選挙に勝てませんよ。

不用意に不利になる発言は避けて欲しいです。是非自民党支持者からの意見として谷垣さんにお伝えください。

投稿: 遠藤敦子 | 2010年1月28日 (木) 11時34分

自民党の人はこの発言について追及してもらえないだろうか?→ 小沢氏の中国朝貢帰りに立ち寄った韓国での発言「 日本人は寄生虫 」「 日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない 」「 日本人はもともと民度が劣るから、韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけ 」よく自国民の悪口をここまで言えたもんだ。

投稿: megumi | 2010年1月28日 (木) 13時49分

石破茂先生
今朝はかなり強い事を申し上げましたが、国防に与野党の垣根をつくらないように佐藤まさひさ先生が仰ってありますので、今朝の言葉は、自分が冷静沈着さを失って言った事と捉えて頂き、御宥恕頂きたく存じます。
正しい妥協点を探りながら、bipartisanで議論を建設的に進めていく現実的な努力が重要だと悟らされました。
自分を少し頭を冷やしてみます。

投稿: 山口健二 | 2010年1月28日 (木) 19時00分

石破先生

ワークショップ&党大会
お疲れ様でした。

参加された方の感想をみていると大成功のようですね。

党大会の様子は動画で拝見させて頂きました。

見ていて、そうだ!そうだ!と言う思いと何故、テレビ出演の時や国会でこのような言葉が聞けないのだろう…と

反省や民主党の攻撃ばかりが目につきます。

今までに自民党が日本を守り、成長させて来た事をもっとアピールされていいと思います。

給油活動の事も各国からの言葉や評価を党大会でおっしゃったように細かく話して下さい。


また、自民党の支持率が上がらないとの言葉をよく聞きますが、あの数字は調べた時間帯にもよると思います。

周りで民主党を支持してる人は見かけなくなりましたよ。

みんな不安の言葉ばかりです。

年末に行われた隣りの市の市議選挙でも民主党は票が伸びず、先日行われた地元の市の市議選挙では民主党はこの地方はダメだと選挙活動を諦めたと聞いています。

実際、伸びていません。

支持率など気にされずに正しいと思った事をおこなって下さい。

そして、早く、不安な日々から国民を救って下さい。

投稿: 香川県民 | 2010年1月28日 (木) 19時19分

1月27日付け政調会長定例記者会見拝聴しました。
普天間の辺野古移設問題の件まったく同感です。政府として辺野古移設の現行案も選択肢としてあるという発言は選挙前に言うのであれば、この問題の政府見解であり、それをも踏まえた選挙戦となったであろう。それを選挙後移設反対が勝利したなかで、その結果に対し、必ずしも従う必要がないとはまったく住民をいわゆる民主党がよく使う民意というものをないがしろにした恥しらずな発言である。政治家である前に人として失格である。こういう鳩山政権にもうこれ以上日本を託すわけにはいかない。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年1月28日 (木) 21時10分

石破先生、こんばんは。

普天間基地移設問題、民主党迷走してますね。
特に、平野長官の発言、暴走して社民党や国民新党、沖縄県民の顰蹙を買ってるようです。

それどころか。外国人参政権に反対する東京都知事、神奈川、埼玉、千葉県知事に対して「地方自治体は関係ない」という暴言、腹立たしい限りです。
温厚なイメージの長官、一体どうしたのでしょうか?報復されないか、本当に心配しています。

「日本国中で、どこも基地移設を受け入れるところはない。名護市の容認は奇跡なんだ」と言った島袋前市長の発言は重みがあります。それを聞かないで「寝た子を起こす」ことをした鳩山総理、自分の軽はずみな行動に責任を取ってほしいです。

外国人参政権反対の国民集会の録画を見ました。著名な在日外国人の発言には驚かされました。金氏は「参政権は、日本国民固有の義務と権利で、帰化してない外国人は権利がない。異常に増殖している中国人に脅威を感じている」呉氏は「朝鮮人はアメリカやカナダの国籍は取ろうとするが、日本のは取ろうとしない。反日感情があるのではないか」と訴えていました。説得力がありますね。

参政権が欲しいなら、帰化すべきだと思います。金氏は、簡単に手続きできたと言っていました。

この問題はデリケートなこともありますが、苦しんでいるのは、私達だけではなく、国籍を取って、日本国を愛するようになった在日外国人も同じだと分かりました。

東京テレビのwbcのキャスター、小谷真生子さん、大好きです。
彼女が自民党から参院選に出馬したら、いいなと思っています。

いろいろ大変でしょうが、石破先生、頑張ってくださいね。

投稿: 万葉 | 2010年1月29日 (金) 00時14分

石破先生、お疲れ様です。
いつも応援しております。
先日、かの有名な「XXのXXX」というブログを見ていた所、原口氏が、「いかに日本国を転覆させるか」と発言されている事を知りました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9524050
言い間違えかどうかは、分かりませんが、このような言葉が出てくる事自体私は悲しいです。
こんな内閣で、日本はどうなってしまうのか。

谷垣総裁の仰る様に消費税が10%超えるのは構いません。そうせざるを得ないでしょう。もちろん解っております。
そして申し上げたい事は、『外国人参政権』の事です。大変危惧しております。日本は日本人の為ではありませんか?鳩山氏は『日本は日本人だけのものではない』という、奇妙奇天烈な事を言っておられましたが。
日本の主権者は誰なのか。
欧州でも、移民に対して寛容にしてきた国は、現在大変な事になっております。
我々はそもそも島国なのですから、外国人に対しては、もっと慎重にならないといけないと思います。

投稿: 東大阪より | 2010年1月29日 (金) 01時26分

 大寒に入り、一際寒風の身に沁みるこの頃ですが、超ご多忙な国会にてご活躍の事と拝察申し上げます。

 初めて投稿させて頂きます。
以前から国防、と言うよりも歴史の流れに関心を払って来た元開発技術者ですが、息子が防大に入る頃から、「軍事オタク」のレッテルを貼られた石破先生に興味を持ち、そのご活動、ご発言に注目してまいりました。
そしてその話しぶり、殊に箸にも棒にもかからないような相手に対しても冷静に辛抱強く論理的にあきらめずに説明をなさる姿勢には強い感銘と尊敬の念を覚えます。

 今、国会やマスコミでは沖縄の基地移転先問題がかまびすしいようですが、表面的な問題以前に、某国のもっともっと奥深い戦略が潜んでいるように思えてならず、釈迦に説法は百も承知でご提案申し上げる次第です。

 現状では辺野古への移転はほぼ不可能、と思われる中で、鳩山政権が今になってあえて「選択肢から排除しない」とか「地元の選挙結果は斟酌の要なし」などと言い出した裏には、とんでもない意思が潜んでいるように思われるのです。

 このまま進んで行った先に見える最悪のシナリオが杞憂であれば幸いなのですが、生き馬の目を抜く外交の世界では、充分有り得る事と思われます。

 1、米国の圧力を言い訳に、辺野古に強行移転。

 2、沖縄の世論は沸騰。矛先は民主党というより、「本土政府」に向かう。

 3、当然ながら、米国への反感も頂点に達する。

 4、冷静な議論は急進派に押さえ込まれてしまう。

 5、煽られて沸騰した世論に乗って、本土への不信、薩摩への屈従の歴史感情などから、琉球国として独立宣言。(経済的には日本でなくても頼る先はある、との近視眼の見通し)

 6、鳩山政権は、これまでの経過から沖縄の心は良く判る、との建前から傍観。(実は、こうなる事を狙っての強行移転だった・・)

 7、米軍もこれほどの敵意に囲まれては駐留のメリットが低下し、止む無く撤収。

 8、しかし沖縄単独では国防は不可能。ここで第三国が親切ごかしに顔を出す。

 9、駐留軍を置いてしまえばこっちのもの。沖縄県の全島を「保護」下に置く。(そうなってから「保護軍」の正体に気付いても後の祭り・・・)

10、かくして、某国は自分の手を汚す事無く大陸棚、海底資源、広い国防ラインを手に入れる。(孫子曰く、勝ちて後に戦うが上策)

11、大陸棚、シーレーンを失い、米国からも見放され、南から圧迫を受け始めた日本の行く末は・・・?


 三国志などの権謀術策や、無数の国の盛衰の経緯を考えると、あながち荒唐無稽とも思えないのですが・・・。

 これを引っくり返すのは、尋常な覚悟ではできる物ではありませんが、それでもやりようはあると思います。
要は、

 1、沖縄県民の、基地の負担を劇的に減らす。(経済の恩恵も劇的に減るが)
 2、それにより基地反対派の行き場も立場もなくする。
 3、米軍の抑止力はきちんと保つ。
 4、第三国の付け入る名分を作らない。

 そのためにはこの際、勇を奮って辺野古をキャンセルし、代りに本土の、例えば今は反対していますし施設や広さなど課題は山のようではあるものの、長崎県の大村基地などの拡充で移転先に当てるのも、より広い政治的、戦略的考察として一考の価値はないでしょうか?

 無論海兵隊の緊急展開の即応性は落ちますが、九州ならまだ補いがつくのではないでしょうか。
 また、本当の有事には、米軍基地への攻撃は日本本土への攻撃であり、相手にとって手を出しにくいと考えます。

 要は戦術より戦略、です。

 政治も軍事もド素人の愚考かもしれません。
しかし、権謀術策渦巻く現実の国際情勢を観ると、正に何でもあり、が実態です。
取り返しのつかない行動や言葉を乱発している鳩山政権を観るにつけ、わが子、わが孫の時代には日本はどうなるのか、中んずく自衛隊の幹部になる息子はどんな思いで今の政権のドタバタを見ているのか、心配でなりません。

 自民党の再生に向けて頑張っておられる中で、国会の政局も大変とは拝察致しますが、「軍事は政治の延長」として遠大な戦略的決断も(私などが口にするのは畏れ多い事ですが)石破先生なら信頼してお任せできると、思いきって駄文を差し上げる次第です。

 現実には野党の立場で、やりにくいどころではないと存じますが、確実に民主党は支持を失って来ています。どうか真正保守としての自民党の再生に向けて頑張って下さい。
応援申し上げます。 

投稿: 野上 芳男 | 2010年1月29日 (金) 02時18分

日頃のご活躍を拝見させていただいております、政治の事には疎いのでコメントをうまく出来るかわかりませんがコメントさせて頂きます。

石破先生のブログを拝見するようになり今月で、3ヶ月がたちます政治の事に疎いながらも石破先生の解りやすい政治にかんするブログ更新が楽しみで更新する日を楽しみにしております。

自分の住む福島県郡山市は、自民党の根元匠先生が民主党の太田カズミに破れ我が町も民主党が選挙で勝ち自民党の影が薄くなっており大変残念に思います、今問題になっている小沢一郎議員の政治と金の問題も徹底的に追求していただきたいです。

民主党は、嘘の選挙公約を掲げ政権交代致しましたが政治指導は自民党じゃなきゃ駄目だと思っているのは、自分だけじゃないと思っております今後この先いろんな難しい問題に石破先生も直面するかもしれませんが影ながら応援していきたいと思いますので、お体にきょうつけて頑張って下さい。

投稿: 福島人 | 2010年1月29日 (金) 04時37分

初めて投稿させていただきます。
国会等での自民党の皆様の奮闘を拝見しております。
TVの論調に流されて軽い考えで民主党に票を居れようとしていた者がうちの回りにも何人か居ましたが、民主党という代物がいかに貧困議員ビジネスのようなモノであるか、支持団体のなかに国民離れした筋がいかに多く混ざっているか、TV以外の情報チャンネルをいろいろ引き入れて語り合う等してようやく何人かは「民主党だけはやめておこう」という風に考えを改めるようになった次第です。
TVや半民営半国営放送によってフィルター加工された劣化情報を吸って中毒ないしは情報欠乏症になってしまう傾向が、他国よりも日本では未だにあるようで、例えばTVが消費税にオレンジ色のラベルを貼れば、視聴者の言動もオレンジ色に縛られた思考になってしまうという、この循環が選挙前になるといつも悪さをしでかしますね。
このループを断つには、すでに自民党の皆様が頑張っておられるように、民主党の大盤振る舞い話に乗って欺かれたと嘆く善良な人々へ向けて「対価」というものについて解きつつ根気よく語りかけてゆくことが必要なんだなと感じました。
自分の国の保守性を進化させ国益を向上させるために各自の範囲で対価を払うのであって、売国寄りで国籍を問いたくなるほどに罪多き議員らをいつまでも罷免しないような政府へはお金を払わない、物品税なら昔はみんな(老若男女、海千山千も)払ってきたと。しかし生活必需品に上乗せは遠慮願いたいと。支持政党がないなどと漂っておられる人々を、光の差す方向へ導けられると良いのですが。
石破様と皆様の益々のご活躍とご健闘を心から願っています。

投稿: 最近、智頭経由な者 | 2010年1月29日 (金) 06時03分

谷垣さんはわざと自民党を負けさせに行ってるか本当にバカかどちらかですよ。
『我々自民党は消費税を10%以上に上げます!票をください!』
こんなバカな事を言うなら自民党はまた負けるよ。
税金を上げるだなんて公約の政党に国民は絶対に票を入れません。
ほんっと正真正銘のバカじゃないかアイツ。
正々堂々とかはくだらない自己満足です。
国家国民のためにウソもつき恥をかき泥水をすすっても勝ちに行ってください。
今の自民党には執念や緻密さや戦略が無い。
消費税上げるやらは政権取った後で言ったり検討すればいいのです。
石破先生どうか世間知らずの温室育ちの生ぬるい谷垣さんを叱ってください。
自民党議員や党員や支持者が頑張ってる時に『税金上げるぞ税金上げるぞ!』とのたまう谷垣さんが僕は心底腹立たしいですよ。

投稿: 谷垣が戦い下手すぎる | 2010年1月29日 (金) 11時02分

石破先生

毎日お疲れさまです

さて朝刊にも出ていましたが、国会会議中の議員達の態度!前からいかがなものかと思ってましたが、携帯、居眠り…エトセトラ まさか自民党の皆さまはしてないですよね

当たり前の事を当たり前に!小さな事かもしれませんが、国民は見てますぞ!

投稿: はなのママ | 2010年1月29日 (金) 13時01分

もう ご承知とは存じますが 小沢幹事長が『沖縄 辺野古』に土地を購入していた様ですね。米軍移転の合意がなされた頃に購入していたとの事。しかも…基地の建設予定地付近だとか。ナゼ わざわざ 土地を購入したのでしょう?まさか? 土地の高騰を見据えて?鳩山サンが「ゼロベースで」と言ったり、平野サンが「地元に斟酌の必要がナイ」と言ったりと、名護市長選の結果が出たにも関わらずの、発言…。ホントに異様な政権与党です。

投稿: 京都 みや | 2010年1月29日 (金) 13時46分

今回、谷垣総裁が「70歳定年制」を守ったことでわずかながら自民党の変化に希望を感じました。
即断できなかったのはやや残念でしたが、それでも「新しい自民党」のイメージづくりは一歩前進したように思います。

民主党の迷走ぶりが国民の不安を煽っている今こそ、野党はヤジや非難ばかりでなく現実的な代替案を国民に示すべきです。
いま民主党がやっていることは単に「前政権時代に構築されたシステムを壊す」という目的が先に立ち、その善し悪しについては考慮されていないように感じられます。
民主党が頭ごなしに否定するものが、なぜ自民党政権下ではそうあったのか、きちんと国民にもわかるように改めて説明しなければならないのだと思います。

また、難しいとは思いますが個人的にはマスコミが偏向報道をしている事実をテレビ討論の生放送か何かでいくつかの例をふまえて問題提起してやってほしいです。

投稿: 夜型 | 2010年1月30日 (土) 00時57分

普天間飛行場移設問題の平野官房長官に対する石破議員のコメントには本当にがっかりさせられました。あなたは防衛大臣も経験し、国家の安寧の為にはどうすべきかと日夜真剣に考えている人と考えていました。自民党が野党になったとたんにそのことを忘れて、民主党を叩くだけの手段しか考えない、発言しない議員に成り下がってしまったのでしょうか。
 平野長官の発言の仕方は問題があるのかもしれませんが、官房長官としてあるいは国家を預かる者として当然の発言ではないでしょうか。これでは民主党にとって変わる2大政党として自民党に国民が期待できるでしょうか。議員としては議席を失っては何も出来ませんが、信念を忘れてはなりません。どこに本質があるか、日本が生きていくにはどうすべきか。現実を知らしめ日本の行き方を示すのが先覚者としての姿なのではないでしょうか。単なる防衛お宅で終わらない為にも一層の精進を望みます。

投稿: 大内 伸浩 | 2010年1月30日 (土) 01時40分

29日 大阪の中小企業家連合会 主催で元財務大臣で東大阪地盤の塩爺こと塩川正十郎先生の講演会がありました 89歳で矍鑠とされ一時間半近く立ったままでユーモア交えて 小沢独裁鳩山雛人形かざり内閣の来る参議院選挙のこと 国際経済 内需振興策PPP(ブライベート パブリック プロジェクト)の話し 最後の日米安保 普天間問題まで堂々とご意見を述べられておられました 特に安保50年前の締結のおりには岸派の新参代議士としてその経過に関わった旨を話され 今の沖縄普天間の状況をたいへん愁いて居られました そのなかで現在中小企業信用保証枠の残高金額のうち半分程度しか使われていない この現状を野党自民党の議員をつかって改善させるように 自民党の議員に仕事をさせてやってくれと 述べて居られました 石破先生に措かれては釈迦に説法かと存じますが 塩川先輩に一度主旨をご確認頂き政調会として是非 ご検討くださいませ 集団的自衛権の行使などは全く石破先生と同じ考えを持って居られました 宜しくご配慮賜りますようお願い申し上げます やって民主党も野田財務副大臣の小沢幹事長責任発言など 支持率低下に危機感をもっている人間が出てきました 自民党として尚一層の戦略を為さることを期待しております

投稿: 西村宏之 | 2010年1月30日 (土) 08時05分

民主党は、景気対策について尋ねられると、子供手当が景気対策を兼ねているといった主張をするが、そういう趣旨であるならば、子育てしない人にも何らかの手当を支給しないと不公平である。消費で景気を刺激することは、子育てする人の専売特許ではないのだから、全ての国民に手当を支給しないとおかしい。民主党の思いつくことは、大概、不公平な物が多くて、本当に頭にくる。 それに比べて、自民党の定額給付金は良かった。国民すべてが平等に貰えて、わずかな金額で効率良く、みんなが嬉しい気持ちになれた。 民主党は、自民党を見習って、もっと公平に政治をしろ!

投稿: 因伯徒 | 2010年1月30日 (土) 12時08分

石破先生、お疲れ様です。

本当にお願いします、現政権をなんとかしてください。
1/29の鳩山首相の演説を聞いて、読んで、頭がクラクラしてきました。単なる自己陶酔の詩の朗読会じゃないですか。これまでも散々各方面から具体策が無い・実行力が無いと批判されていたにも関わらず、政治家として最も重要な実行力無きまま中学生の作る詩のような、歌の歌詞のようなものを大震災の寸劇まで交えて情緒的に話されても国民は「何やってんの?」としか感じません。
というよりカルト宗教の教祖のようにしか見えません。
こんな人物が日本国首相??本気で勘弁してもらいたい。
お願いです。もういい加減彼らを退場させてください。失敗ぶりを笑って見過ごせる状況ではありません。このままの政権が続いたら日本国の未来は暗闇しか見えません。

そういえば民主党の方々は「国民の」とかはよく言いますが、「日本国」とか「日本国民」とは全く言いませんよね。私が民主党が嫌いなのはそこもあります。

投稿: tskjkei | 2010年1月30日 (土) 13時00分

石破先生、こんにちは。

私は高校生の時から自民党大好きです。
選挙権持ってからも自民党以外投票した事はありません。

なので、夏の参議院選挙には政治のアマチュア民主党の議席阻止をして欲しいです。
ただ、他の方もコメントしていましたが、消費税10%にするなんて言うのは、選挙に負けてしまうと思います。どうなのかなぁと心配しています。。。
自民党に参議院選挙では勝って欲しいからこそ違う公約でお願いできたらと思います(^O^)

投稿: みか@OL | 2010年1月30日 (土) 13時39分

追求が生ぬるいのは、追求する本筋を誤ってるからじゃないですか?

相手のもっとも嫌がる一点を一撃突破するのが最も相手にダメージを与えるのに自民党は的から外れた質問ばかりしている。


小沢氏に関しては、2004年の改革フォーラム21の複数口座入金された簿外の15億円。

それと、平成16年10月と17年3月に小沢氏が渡したとされる計8億円の原資を徹底的に追求するべきです。


いいですか、小沢氏が現金を渡したのは4億ではなくて8億円なんです。

改革フォーラム21の口座に振込まれたのは原資不明の15億円なんです。こんな美味しい餌を前になに素通りしてるのですか。

国会でいらいらさせられるのは筋違いの小沢家埋蔵金でつじつま合わせした16年10月の4億円につきあってるからでしょう。

本筋は17年3月に支払った原資不明の4億円ですよ。

投稿: がんば | 2010年1月30日 (土) 15時35分

鳩山首相が演説しました。「命を守りたい!」など内容に失笑。ガンジーの言葉を用い「理念なき政治、労働なき富」など言われても普天間の風見鶏ぶりや母親からの献金問題など「貴方にだけは言われたくない!」と大声で叫びたくなりました。第一「命を守りたい!」なら「子供手当てが景気対策」なんて言ってないで就任直後から景気対策すればいい。矛盾だらけでした。さすがに政治に疎い人も呆れ果てているのが現状ですよ。それとも民主党の狙いは完全に国民が日本の政治に失望することなんですかね?それなら狙い通りだと思うんですが。

投稿: ひすい | 2010年1月31日 (日) 00時57分

投稿された方で、複数の方が谷垣総裁の「消費税10%必要かも」という旨の発言を批判されておりますね。

確かに一般国民受けしない事は、間違いありません。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

耳触りの良い事ばかりを並べるのは楽ですし、簡単です。
その結果、どうなるのかを、現・民主党政権が如実に語っている事を、否定しようもありません。


お恥ずかしい事ですが、私はつい最近まで政治にほとんど興味がなく、「政治家なんて、どの人も一緒でしょ」と思っていました。
まして、政治家の名前や顔、どんな政党があるのかなど、気にもかけませんでした。

ところが、前々回の自民党総裁選、つまり麻生先生が自民党総裁に選ばれた時の事です。
その時もなんとなくテレビを見ていて、「誰が何だか全然分からないなー、どうせみんな同じ事しか言わないんでしょ、つまんないなー」と思っていましたが、総裁選に立候補された先生で、「消費税アップ」を声高に唱えている方がいました。(与謝野先生の事です)

最初の感想は当然、「このおじいちゃん、何言ってんの?こんな事言っていて勝てる訳ないじゃない」でしたが、何か気になり、その方に関するニュースに耳を傾けていました。

すると、自民党内からも「増税を掲げてはマイナスイメージだ」という意見がある一方、その方が自民党内でも屈指の政策通であり、党内で一目置かれる存在という見方もありました。

そこで私は考えました。
「この人、何で選挙に不利になると分かっていて、消費税をアップするなどと言っているのだろう?何で選挙に不利になると分かっているのに、党内での人望が厚いのだろう?」

結局、当時の総裁選では麻生先生が勝利されましたが、その後の金融・経済政策においては、かなりの部分を与謝野先生に頼る事になりました。

与謝野先生の実直さが無ければ、おそらく、私は未だに政治に対して無関心だったと思います。
今思うと、恥ずかしいと同時に、恐ろしく思います。

(後になって分かりましたが、石破先生も谷垣総裁も、消費税に関しては近い見解をお持ちのようですね。)


「巧言令色、仁少なし」と言います。

「自民党は生まれ変わるべきだ」とのご意見は山ほどあると思いますが(私も同意します)、生まれ変わる必要があるのは、我々有権者でもあるのではないでしょうか?

有権者が「甘言」に騙される、という構図を終わらせないと、真の「秩序ある日本」は遠のくばかりではありませんか?


石破先生のように、誠実かつ理路整然とした弁舌を振るい、確固とした理念とその実現に向けた努力を惜しまない先生方は、自民党にたくさんいらっしゃいますが、いかに国会議員とはいえ、限られた人数では、出来る事も必然的に限定されてしまいます。

まして、先の総選挙にて歴史的惨敗を喫してしまったのですから。

今、日本の再生の為、本当に求められているのは、我々日本国民が、日本国のために立ち上がる事ではないでしょうか。


自民党も、懸命に生まれ変わる為の努力をしているようです。
その一つが最近立ち上げた「なまごえ☆プロジェクト」だと思います。

思いますに、石破先生のブログをご覧になっている方達は、大部分が自民党支持者ではありませんか?

そうであれば、自民党を助ける意味合いを含めて、この「なまごえ☆プロジェクト」に参加・協力していきませんか?
もちろん、個々の利害関係は、どうしても対立する事もありますので、我々の投稿がそのまま政策に反映される訳ではない、と思います。
ですが、これは我々自身が行使出来る数少ない「手段」の一つでもあります。

このブログに投稿されている方達なら、とても有意義な意見・提案が成されるはずです。
「真の国民主導」を目指し、我々は我々に出来る事をやっていこうではありませんか。

ついつい長々と駄文を綴ってしまい、申し訳ありません。

投稿: 自民党支持者 | 2010年1月31日 (日) 01時24分

石破先生

お疲れ様です。
日本の為に、ありがとうございます。

政府は今度は住民投票法案を、推し進めていると聴きました。
住民には日本国籍を持たない外国人も、当然に含まれていると思います。
タイトルから、外国人の文言を隠しただけです。

外国人参政権には、多くの日本人がNOを言っているのに、それが本当なら民主党は、つくづく日本国民を軽視しています。

自民党の先生方には、国益を損なう危険な法案成立を、防いで欲しいと願いますし、少なくとも国民全体の議論になる様に、危険な法案の存在を発信して欲しいです。

心より応援しております。

投稿: 桜 | 2010年1月31日 (日) 12時29分

石破先生、こんばんは。

「この件を片づけないとな。片付けば、選挙を含め、死ぬ気でやる」と小沢は、外国人参政権に積極的な議員に悔しげにこう語ったという(読売新聞)

「外国人の地方参政権付与は合憲である」と提唱した長尾中央大学教授は、従来の考えを改め「違憲」と明言した。
中国の脅威を訴え「慙愧に堪えない。私の読みが浅かった。10年間でこれほど国際情勢が変わるとは思っていなかった。2月に論文を発表して、外国人参政権が違憲であり、いかに危険なものであるか訴える」(産経新聞)

マスコミもようやく動き出したようです。
小沢は日本をどうしたいのでしょうか?
とても愛国心がある人とは思えない。

明日は谷垣総裁の国会質問ですが、この法案に強く反対する姿勢を見せてくれたら、自民党支持率が少し上がること間違いなしです。

今日のサンディープロジェクトで岡田外相は日米関係の重要さを訴え、平野長官を擁護する発言していました。

確かこの人は日米密約を明らかにするとか、反米思想のような立場を取っていたと思っていたのですが、随分考え方が変わったようですね。石破先生の発言や記事に、かなり影響を受けてると感じました。
日本の危機的状況を鑑みると、当然のことですが・・・。
でも遅すぎる。もっとその論理を強く鳩山総理に、年末に訴えていたら・・悔しい思いがします。

私達のような無力で、平凡な主婦のコメントにも、目を通してくれる石破先生、本当に力強く思っています。
山崎氏、虎之助氏、保岡氏の自民党公認、見送られたそうですね。
彼らの国政や自民党への貢献度を考えたら、とても辛かったと推察します。
でも自民党は、今度の参議院選では、是非勝ってほしいので、やむを得ないことだと思います。
そして外国人参政権、断固反対してくださいね。

石破先生、応援してます。
頑張ってください。


投稿: 万葉 | 2010年1月31日 (日) 20時34分

自民党が消費税10%を唱える必要はないです。今、子供手当の財源が足りないのだから、民主党の方から消費税アップを言い出さざるを得なくなると思います。民主党は、莫大な子供手当で、有権者の心を買収したのだから、その落とし前は民主党自身がつければ良いのです。民主党の罪を自民党が被るようなことは止めてください。自民党が消費税アップを言うのは、子供手当やその他のムダな事業を止めさせてからにして下さい。

投稿: 因幡うぁー | 2010年2月 1日 (月) 12時43分

貧困にあえぐ学生です。

谷垣氏は社会保障費等の財源に消費税増税を論じておられますが、デフレ不況下の我が国においては最も行ってはならない政策だと思います。
氏は本当に消費税は公平だと思われますか?もしそう思っていらっしゃるのであれば、富裕層に産まれ育った典型的な世襲議員なのでしょう
政府紙幣発行等の奇策を除いた場合、消費回復・税収回復・社会格差の是正などの問題を解決するには、「相続税」を主とする累進課税の強化しか考えられません。
昭和の時代の好景気は、相続税を中心とする「富の再配分」がシッカリと構築されていたからだと思います。
聡明なる石破先生には、是非ご考慮のほど宜しくお願いします。

投稿: まこと | 2010年2月 1日 (月) 12時57分

大内伸浩さんへ
何か勘違いしてませんか。石破さんが言っておられるのは、「国防は国が責任を持ってやるべきであって、地方の選挙に左右されるのは好ましくない。平野発言は選挙の前に言うべきであって、後になって言うのは有権者に対する裏切りだ!」って言ってるんですよ。有権者に対する裏切りだって言葉だけ切り取られて、テレビで何回も放送されてたけどね。政調会長定例記者会見に取材にいってたコメンテーターが、石破さんが逆の事を言ってて驚いたって言ってたけど、俺は嘘を言ってるコメンテーターの発言に驚いたね。YouTube等で、1月27日の政調会長定例記者会見をみれば、大内さんも納得すると思いますよ。

投稿: 河本 弘明 | 2010年2月 1日 (月) 13時29分

鳩山首相が国民と対話する場を開くということで、私は鳩山首相にこんなことはやめるべきと進言したく思いました。それは一国の首相である鳩山氏の“名誉と尊厳が損なわれる”可能性が高いからです。

『私にはこの対話がどのような経緯をたどるかだいたいの見当がつきます。まずは参加者の制限はつけなくても、辛らつな批判が首相に投げかけられた時点で、それ以降は参加者の“思想信条のチェック”が入ります。次に都合の悪い言動が外に漏れないように“参加者のプライベートを守る”という名目で非公開制になるでしょう。
そのような場に、“本音”を言える者がいかほどいるのか、仮に言った場合、その者の“生活に支障をきたす”ことはないといいきれますか?こんな “国民との対話”に、“誰がメリットを得る”のでしょう?
代表の“思いつき”に近い話ぶりによる度重なる修正と、国会の施政演説でガンジーの引用をあえてする“強情さ”は、「国というものがよくわからない」とご本人がいうとおり、“わが国を傾かせるに十分な素養”であることは、代表の周囲の方々も、さすがに薄々気が付かれているのではないかと思われます。
浅学で無思慮な私は、アンデルセンの童話、“裸の王様”で、「王様は裸だ」と言った“子供”です。その子供が“その後どうなったか”は、私は知りません。
その“エピローグ”を“わが身で味わうのも一興”ではないかと思います。』

「“正規の職もない私”に、“学歴・資産申し分ない鳩山首相”が、このように考えられてしまうとは、なさけないでしょう」と声を挙げたく思います。

投稿: 清水 義久 | 2010年2月 1日 (月) 13時48分

なまごえプロジェクト、イラストがとても可愛らしく、谷垣総裁の柔らかさが出ていて、見ていて親しみやすさがありますね。

ハンドルネーム可にするなど、個人特定記載を省いたのは、投稿しやすくなって良いです。でも、おそらく「個人特定記載しなくてもよくなった」ことを知らない人も多いと思いますので、各議員のブログで告知するとかの告知作業は必要かなぁって思います。

あと、どんな事書いたらいいの?っていう人もいるでしょうし、他の人の意見を参考にして自分の考えを述べたい人もいるでしょうし、「本当に読んでくれてるの?」って懐疑的な人もいるでしょうから、こちらのコメント欄のような形式のものを試してみて、例えば、谷垣総裁がそれに一言を寄せる等を試してみるのも良いのではないでしょうか。(もちろん、荒らさないための努力は必要で、大変な労力とは思いますが、ものは試しと言いますし・・)

投稿するのって、結構、勇気要ることですので、その一歩を踏み出させるための「何か」を考えてゆくことも、大切だと思います。
(日本人って、そういうことが苦手な人種だったりするので・・)

消費税10%、批判もありますが、私は賛成です。

民主党政策では、正直、10%でも財源不足でしょう。この数字を聞いたとき、悩んだ末に出した、最も低く収められる数字なんだろうなぁという感想を抱きました。

民主党政策を恒久的に実現させるならば消費税は20%は必要でしょう。

トヨタの問題もありますし、将来の税収が安定的でないことを考えると、社会保障は消費税で、なおかつ、民主党案を恒久的にするならば、「これだけ必要になる」ということを、きちんと試算した数字として表わすことが野党の勤めであり、義務であると思います。

そして、これは、野党だからこそ出来る戦略の一つであるとも思います。
とにかく、国民に、民主党の「いのちを守る政策」とやらが、いかに危ういものなのかをきちんと提示していってください。


投稿: ふかかぎ | 2010年2月 1日 (月) 15時25分

石破先生、こんにちは。
なぜ、いまだ国民の多数が民主党を支持しているのか、全く理解ができないでいます。
民主を支持している方々は外国人地方参政権について、どんな危機感を持っているのでしょう。
夫婦別姓についてはどうなのでしょう。
民主が高々と掲げたマニフェストの信ぴょう性をどのくらい信じているのだろう。
マスコミの偏向報道くらいでここまでいくのかな。
最近は「民主もだめだが自民にはもどれない」と言い出しています。
自民党は外にでて、有権者に直接訴えてください。
年末の丸の内感動しました。
寒風吹きすさぶ中、これからの日本をどうするのか、熱く訴え続ける。
自民党はじめ日本を守る保守の先生方に期待をしています。
がんばってください。

投稿: のり | 2010年2月 1日 (月) 18時20分

民主党小沢幹事長の追求まだなさっているみたいですけど、自民党内部の疑惑さまざまに出ています。
信じたくはないのですがある掲示板にて次のような書き込みがありました。
真偽のほどはいかがなものでしょう。

●オリエント貿易からの迂回献金を与謝野や町村が受けていたにも関わらず捜査すらしない検察

●大久保秘書は逮捕したのに、二階の秘書は略式起訴で済ます検察

●中川秀直のグッドウィルグループから180億円サギった事件への関わりを全く捜査すらしない検察

●石原伸晃の歯科医師連盟からの4千万迂回献金疑惑や、地元の区議からの政務調査費ピンハネ疑惑を捜査すらしない検察


●安倍の政治団体安晋会の数々の疑惑を全く捜査しない検察

●森の異常な蓄財とせがれの数々の疑惑を全く捜査しない検察と警察

●小渕優子や小泉進次郎の、親からの政治団体間の献金に見せかけた巨額な実質相続や実質贈与を全く捜査しない国税と検察

●麻生の事務所が談合企業から献金貰ったりパー券買って貰っても全く捜査しない検察

●社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」への補助金(税金w)が自民の厚生族議員に渡っていたにも関わらず、社会福祉法人は強制捜査しながら自民議員は捜査しない検察

●河村前官房長官が指名停止業者から献金貰っていたのに、捜査しない検察

●河村・麻生が総選挙の敗北で下野が確定したにも関わらず、2億5千万もの官房機密費を引出しているのに、捜査すらしない検察

●竹中平蔵が毎年暮れになると住民票をアメリカに移動して1月1日に日本に在住していない事にして毎年住民税を脱税していた疑惑を全く捜査しない東京都と検察

●森田健作迂回献金を告発されているのに、ほとんど進展していない検察

●町村が政治資金1000万円で個人名で不動産を買い、翌年600万円で買い戻した事実と(脱税)、収支報告書の記載日が小沢氏同様ずれているのに、町村本人も秘書も聴取、逮捕もしない検察

●平沢勝栄が不動産購入をすでに禁止されている平成20年に政治資金で買っている疑惑を捜査しない検察

また総理経験者で清和会からは一人も逮捕者が出ず、田中系の経世会は全員逮捕または失脚しているのですが、穿った見方すると清和会と検察・メディアは通じ合っていることの裏返しとも思えるのですが。
まさかですよね。

情報は阿修羅というところで見つけました。
http://www.asyura.us/hks/ranking_list.php?term=1

投稿: できそくない | 2010年2月 3日 (水) 18時23分

あなたは、偏った考えの人だ政治家には向かない評論家になればよい

投稿: 軍事おたく | 2010年2月 5日 (金) 14時01分

石破先生、こんばんは。
本日の予算委員会での質問、最初から最後までテレビに齧りついて拝見しました。
素晴らしい。
さすが、先生。
舌鋒鋭く、与党議員みんなタジタジでしたね。
民主党なんかに政権を取らせ続けてはいけないんです。
わが自民党がもっとしっかりしなくては。。。
日本国がしっかりと誇りある独立国であるために、先生、がんばってください。
微力ながら応援します。
46歳、会社員です。


投稿: 山崎義雄 | 2010年2月 5日 (金) 18時57分

 最近の民主党の体たらくには、ほくそ笑んでいるのでしょうか。自民党が大敗を喫した二の舞を演じているように見えていることでしょう。
 政権末期の様相を見せている中で、一応世論において「次の総理に相応しい人」の第一位に挙げられている元TVタレントなど自民党の中では多分忌み嫌われており、タレント仲間と勝手に踊っていろという感じだと思いますが、マスコミの力は石破さんがよく承知し、最近はバラエティー番組にも出演しイメージチェンジを図っているようですが、その兼ね合いは難しいでしょう。あなたの三白眼は必ずしも心の内を表しているとは思いませんが、鏡を見て三白眼に見えない演技の勉強も必要だと思います。
 敵失と思われている中にも、正しい意見を述べていることも多いはずです。
 今まで政権を預かっていた自民党の主要議員として、世論の厳しい風当たりを受けるような民主党の正しい意見については応援する立場を明らかにするべきでしょう。
 野党として心ならずも述べてしまった意見が後々足を引っ張ることの無いよう心から祈念します。

投稿: 大内 伸浩 | 2010年4月15日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47397024

この記事へのトラックバック一覧です: 党大会を終えて:

« 政策ワークショップの模様など | トップページ | 施政方針演説 »