« 施政方針演説 | トップページ | 田村参議院議員のことなど »

2010年2月 5日 (金)

予算委の質問を終えて

 石破 茂 です。

 予算委員会での私の質疑が終わりました。
 反応は賛否両論、当然のことです。みんなが賛成することなどありえませんし、そのような発言や行動こそ疑ってかかるべきです(というような話がイザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」の中にありましたね)。

 閣僚達の「質問通告がありませんでしたのでお答えできません」という答弁は何なのでしょう。「政治主導だ」というからには、きちんと答えるべきだし、知らないなら知らないとはっきり言って貰いたい。とにかく、憲法について突き詰めて考えてこなかった人たちであることだけははっきりしました。

 太平洋戦争に突入する時、陸海軍の中枢部には「こんな戦争はすべきではない」との意見が少なくなかったそうです。しかし、若手将校達は「やっちゃえ、やっちゃえ」という雰囲気で、抑えが効かなくなってしまった。
 なんだかそれを想起させられます。

 民主党の閣僚や幹部たちにも、今の状況は決してよくないとの思いはあるのだと信じます。今日の答弁を見ていても、そのような考えを持つ閣僚たちは、とても苦しそうに見えました。
 しかし、委員席の一期生をはじめとする民主党委員たちは、何が問題になっているかもわからず、答弁の異様さにも気付かず、ただ口汚く野次っているだけ。
 何かが滅びるときはこういうものなのかもしれません。
 そうあってはならないからこそ、我々は己を正し、国民と真摯に向き合う、信頼される政党に生まれ変わらなければならないのです。

 2月4日で53歳になりました。
 お祝いのお手紙、メール、書き込みなど、本当に有り難うございました。
 父親が亡くなった年まであと二十年。そう思うと、複雑な気持ちにさせられます。

|

« 施政方針演説 | トップページ | 田村参議院議員のことなど »

コメント

現在の政治の状況の異常さは、不安になります。

石破様の質疑の様子、拝見しました。
とてもわかりやすく、勉強になりました。
また、民主党の方々の不勉強ぶりが露になったように感じます。

石破様のような方がいらっしゃるのに、なぜ自民党は負けたのか?
やはりマスコミ対策が甘かったのではないですか?

冒頭、反省の言葉をおっしゃっていましたが、本当に、自民党にしっかりしてもらいたいです。
政策の周知をマスコミ任せにせず、
また同時に、真の保守政党として、よみがえってほしいです。

投稿: キトリ | 2010年2月 8日 (月) 20時36分

初めて コメントさせていただきます。

この前の予算委員会は、ブログにお書きになられているように現在の内閣の異常性を際立たせていたと思います。

日本という国家の基礎である憲法を、うろ覚えどころか、ほとんど把握していない閣僚や総理の姿に愕然としました。

憲法も理解していないような内閣に、政治を委ねるのは、泥舟としかいいようがありません。

私の中で民主党に対抗できる党は自民党しかいないと思っていますが、自民党が生まれ変わったと実感できていないのも、また事実です。

現内閣は、内閣としてあってはならないものなので、一刻も早くこの内閣を打ち倒すためにも、自民党の生まれ変わった姿を一日も早く拝見したいと、切に願っております。

この前の答弁で、あれほどの理論を展開し、現内閣の異常性を浮き彫りになさった石破先生ならきっと自民党の再生が可能だと希望が生まれました。

では、長々と失礼致しました。

応援しております。

投稿: また吉 | 2010年2月 8日 (月) 21時48分

予算委員会お疲れ様でした!

ホントに現政権の閣僚方、国会答弁に限らず色々と「逃げてしまう」場面が少なからず見られますね。正直、子供っぽさを感じます。

ちなみにあの野次要員?の民主党の一年生議員の方々は一部ネット上では「フラワーロック隊」と呼ばれております(笑)
代表質問の時、そう呼んで差し上げるのも良いかと。

さて、石破先生が質疑の冒頭で
「質問の順番を変えます」
と臨機応変に進めておられましたが、先生のアドリブ能力?はハンパないなーとつくづく思います。
こんな言い方は大変失礼かもしれませんが、先生は稀に見るコミュニケーション能力の高い方だな、と以前から思っています。
ということで、最近は密かにお手本にさせていただいてます♪

ブログの最後で「お父様が亡くなったお年」に思いを馳せておられますが、くれぐれもご健康には気を付けて、長生きして下さいませ。

投稿: 観音寺 | 2010年2月 8日 (月) 21時57分

トラックを運転しながらラジオで国会中継を聞いて私は、「誠実さ」とは誠実なら自然と伝わるものだと感じました。逆に言えば、誠実では無い人はどれだけ誠実そうに振舞っても、胡散臭く感じると分かりました。本来、人間としての誠実さとは、そのために死を覚悟するほどハードルが高いのでしょう。私は石破議員の能力も大切だと思います。でも、それより誠実さを、私は貴重だと思います。寒い季節ですし、議員もスタッフの皆様も、どうかお身体に気をつけて下さいまし。

投稿: まさひと | 2010年2月 8日 (月) 22時07分

はじめまして。
予算委のご質問、感服しました♪ 録画しておけばよかった、と後悔。民主党の1年生議員さん達、立派な議員のお手本が目の前にあるのに、もったいない…師を間違えると、人生をポイすることになるってことに気づいていないのでしょうか? 議員である前に、一人の人間として善悪判断ができなくなる恐ろしさ・醜さが、今の民主党の姿ですね。
石破さんの地元鳥取で、節操無しの元自民党議員が民主党に移りました。こういうトンデモ議員は、早いところ居なくなったほうが自民党のためです。ヨカッタヨカッタ。支援者を幻滅させちゃただけですね。

近頃、私の周りでは、私が「ハニ~と言うと石破さん」が周知されてきました。石破さん、勝手にハニ~にされてます。申し訳ない♪

今後とも「石破さんパワー全開~」を期待しています。
ガンバ、石破さん。

投稿: 松崎 | 2010年2月 8日 (月) 22時14分

ネットの衆議院TVで拝見しました。

従来野党の、反対のための質問のような、幼稚な質疑から一変して、野党となった自民党の方々の質疑はどれも大変勉強になります。 残念なのは、議論に発展しないことです。相手に答えるだけの思想や展望が有りません。 今の国会はゴールデンタイムを飾れる内容が有ります。これを多くの国民が見れば、次の選挙はまともになりそうなものですが。

期待しております。

投稿: hayabu | 2010年2月 8日 (月) 22時29分

私は未成年であり、選挙権もないので偉そうな事は申し上げられませんが、この国が落ちぶれるのだけは、見たくありません。一日も早く自民党が与党となり、政権を取り戻されることを望んでいます。

投稿: H.N | 2010年2月 8日 (月) 22時40分

政調会長として自民党を引っ張って居られる石破先生 ご苦労様です先週金曜日の予算委員会で伊吹先生が鳩山威一朗さんの事を鳩山総理に思い出話を質疑の前にされて十五年まえに亡くなった父のことに触れられたことを話されてました 石破先生もお父様の亡くなられた年までまだまだ20年もあるじゃないですか
私は会社を70で社長を退き息子にバトンタッチするつもりです 僭越ながら供にあとツーディケイド頑張りましょう
本日の小沢幹事長の会見は何なんですか もう説明は尽くしただと あんなにコロコロ話を変わってるのに 証人喚問での追及をお願いします さて 石破先生 随分前に 何故政治家に成ったか シリーズが 昭和61年七夕選挙で戦うくだりまでしか綴られて無かったと思います
政治改革をするために選挙制度改革をするために 政治家を志したのではないとおもいます あくまで政治家になって周りを見た場合に選挙制度含めて政治倫理改革を考えられたと思います こないだのワークショップで集団的自衛権の行使をめざし普通の国になる 国造りを柱にされてると思います 忙しい中にもう一度原点に帰り民主党への怒り憤りを少し抑える意味に置いても また回顧録をお願いします

投稿: 西村宏之 | 2010年2月 8日 (月) 22時48分

7日は鳥取だったんですか。
ご苦労様です。鳥取では街頭演説されたんですか。一度生声聞いて見たいです。『あぎゃーなもんらーに、まかせとったらいけりゃへんでー』鳥取東京とんぼ帰りでしょうか。『寒いけー身体に気い付けて、うみゃもんもようけ食って頑張ってつかんせい』

投稿: 因幡の白兎 | 2010年2月 8日 (月) 22時55分

石破先生
トヨタのリコールが騒がれていますが、この件について。
以前、いい加減な見当を申しましたが、だんだん情報が入る事によりぼんやりとこの問題の輪郭が見えて参りました。
この問題の本質は、ソフトウェアを安全に組み込むという事において一つの大きなハードルにぶつかったという事です。
自動車のソフトウェア等、いわゆる、「組み込みソフトウェア」(パソコン以外の製品でCPU:Central Processing Unitを組み込んで制御している製品に組み込まれているソフトウェア、携帯電話やデジカメ、テレビ、家電製品の殆ど全て、原子力発電所の制御やファクトリーオートメーションなども含まれる)は、どんどん規模が拡大しています。ソフトウェアにより、機能を付加して、製品価値を付加して、日本の大手製造業は莫大な利益をあげ、国に税収をもたらしています。
ただ、ソフトウェアの規模が肥大した場合に問題が出てきます。ソフトウェアの規模が増大するとバグが指数関数的に組み込まれやすくなるのです。
パソコンのソフトは、バグのせいで誤動作しても人命が失われるようなことはまずあり得ませんが、組み込みの世界では、自動車や原発のことを取り上げるまでもなく、ソフトウェアが人命を損ねることが起こりえます。
トヨタは、世界で最も先進的で挑戦的な開発をして、自動車の電子制御を最も精力的に推し進め、プリウスなどの優れた製品を出しました。しかし、ソフトウェアに起因する不具合を出してしまいました。これは、前人未到の荒野を冒険するトップランナーならば、誰しもが当然の如くぶつかる障害です。トップランナーでなければ、サルまねをするだけの企業であるならば、このような困難に直面することもありません。
今回のトヨタが直面した問題は、一企業の問題として矮小化して考えるべきではありません。殆ど全ての、他の産業も、同じ潜在的リスクを抱えていると考えるべき問題でして、トヨタだけの責任であるかのような、現在の経済産業相、外務相のコメントは不見識です。
これは、国がコミットすべき問題です。殆ど全ての産業がこれから直面する問題を、トップランナー企業のトヨタがトップを切って直面した、という捉え方をすべきです。
組み込みソフトウェアに「安全」を組み込むための、国費の投入が必要です。民間の手に負える問題ではありません。
トヨタの問題には、国が助力して、国が責任を持って、問題の根本に対処する、という姿勢が不可欠です。これ以上、産業界の収益力を喪失すれば、税収も喪失し、国防費も喪失します。
日本の宇宙開発を見ても、H-2Aロケットも失敗を乗り越えて現在の姿があるのです。
失敗とは、「失敗学」の畑村洋太郎先生がおっしゃる通り、技術が進歩、発展する過程で絶対に必要不可欠のものであり、失敗を把握分析して克服することにより、大きな前進が得られるもので、失敗から逃げてはいけないという事です。失敗に真正面から取り組んで格闘する事が、大きな科学技術の進展をもたらすという事です。
だから、このソフトウェア安全の問題も、国が積極的に関与して、責任を持って対処すれば、アメリカの信頼を回復することもできるし、他の産業が似たような困難に直面するリスクを予防することにもなるのです。そして、この困難を乗り越え、克服することにより、日本の産業の競争力が画期的に高まり、産業も活性化するという事なのです。
子供手当をやめてでも優先して取り組まねば、この国の未来はありません。
自分としては、「ソフトウェア安全」の為に、電気通信大学の西康晴講師、東洋大学の野中教授などの日本におけるソフトウェアテストの一人者の方々に人選を依頼して、経産省直轄の「ソフトウェア安全」の為のチームをつくり、大手製造業の問題解決にあたってもらう事を、十分な国費を投入して行うべきだと考えますし。また、多くの製造業メーカーが利用する基本ソフト、トヨタの基本ソフトを開発している名古屋大学付属組み込みシステム研究センター長の高田広章教授のグループに必要なものがあればどんどん要求してもらい、どんどん環境整備を進めて、開発が快適に行われるような国費の投入措置を早急に行わなければ、日本の産業界が大きな危機に直面する可能性が高いと思います。
人の生死に関わる組み込みソフトの世界で、規模、複雑性でもトップである、トヨタの電子制御ユニット(ECU)ソフトの品質を守る事は、他の全ての産業を守る事であり、いま、鳩山や直嶋がやらなければならないのは、「国が潤沢な資金を以て責任をもってこの問題にコミットする」という決断です。
前人未到の独創的な技術的なチャレンジの世界に、事業仕分け人どもの申すようなたわ言「競争的資金」なる語彙は通用しません。
是非、そういう事を自民党のどなたかに割り当てていただき、代表質問で問い詰めていただきたいと思います。

投稿: 山口健二 | 2010年2月 8日 (月) 23時09分

昔 「統帥権」

今 「政治主導」

投稿: 自民党支持者 | 2010年2月 8日 (月) 23時18分

お誕生日おめでとうございます。
これからも我が国を宜しくお願いします!

投稿: 通りすがり | 2010年2月 8日 (月) 23時58分

有権者として国会中継を見ています。石破先生の質問には拍手!石破先生のコメント通り、民主党1期生の委員は何が問題なのかをわかってないんですかね?私の様な主婦でさえ国家の危機を肌で感じているのに、一応は国会議員なのに…と、憤ります。実は今年に入ってから、地元の民主党議員(国家戦略室にいる人)に出くわし、沖縄基地、子供手当、民主の自浄について質問しましたらサポーターという若者達に「どこの工作員?宗教系?自民?赤?」と、逆に質問され、議員は「私達はこのような逆風と戦います」と…。ホントに政治家なの?と、驚きました。以前は、一応は誰にでも真面目に応対していた人だったのに。変わりました。小沢氏がいなくては選挙に勝てない。と、思い込んでるんでしょうね。
でも、憲法すら理解できてない閣僚って情けない。何も分からず、閣僚になったとしても真面目に勉強をしてもらいたいですね。

投稿: 京都 みや | 2010年2月 9日 (火) 00時02分

お誕生日おめでとうございます。
国会答弁、見させていただきました。
素人でも大変わかりやすく、全ての質疑を通してみたのは今回が最初です。
与党のしどろもどろの答弁には失笑を禁じ得ませんでしたが、これからも論客鋭く切り込んでいってください。

投稿: fut | 2010年2月 9日 (火) 00時11分

石破先生、お誕生日おめでとうございます。テレビを見て思うんですが、今の審議のやり方では質問自体難しい面もあるでしょうね。質問された方に対する内閣の具体的な答弁が、本当に少ないじゃないですか…。見てても、民主党の選挙の時の演説を聞いてる感じになります。
石破先生が指摘した「主権」と言う言葉つかいからして、閣僚の方の行政への認識に疑問符がつきますからね…


民主党の政治主導の理念は立派ですよ。ただし、官僚抜きの形だけ作ってあいまいな審議をやるだけのものなら、一体何だよって思います。官僚答弁無しやペーパー無しで答弁するのが、格好良いと勘違いしてるんじゃないですかね?

投稿: くま | 2010年2月 9日 (火) 00時13分

予算委の質問お疲れ様です。憲法(官房長官しどろもどろ)、国防、農業についてとても勉強になります。
田村議員について、今2ちゃんでたたかれてますね-。まあ議員としての品格がありません。自民離党については信念ではなく、落選したくない思いがあっての行動だと思います(保身の為)が、有権者が判断することでしょう。
6日、鳥取での会合に主人が出席しました。浜田候補はとても素晴らしいと申しております。田村議員が離党して良かったのではないでしょうか?

投稿: miwako | 2010年2月 9日 (火) 00時18分

連日、お疲れ様です。

国会中継を見ていて、現政権に恐怖を覚えました。法治国家であるのに、法律を知らない民主党。特に憲法、彼らのほとんどは無知ですね。信じられません。

内閣法制局が答弁できなくなり、憲法解釈を無視し、好き放題に解釈できるようになりました。怖いです。時効制度の改定は遡及効を認めたら、罪刑法定主義に反することも、彼らのほとんどは理解していないのでしょう。民主党にいる有能な議員も気の毒です。

自民党は、この生まれ変わるチャンスを生かし、より頼もしい自民党になってください。応援しています。

投稿: っー | 2010年2月 9日 (火) 00時35分

53歳になられたとのことで、おめでとうございます。しかしこの先の日本の事を考えると、何としてでも石破先生には長生きをして頂きたいです。どうぞお身体にはご自愛下さいませ。

また、先日2/5の予算委員会の答弁を拝見させて頂きました。
国を背負っている総理大臣・防衛大臣ともに、防衛白書を読んでいない(理解していない)事を国会で露呈したり、外務大臣に至っては六者協議についてきちんと把握しておられなかったり。。。
拝見していてとてもとても恐ろしく思いました。

北朝鮮に関しても中国・韓国に関してもそうです。今はまだ何も起きないかもしれません。
ですがいつかは戦争が起きると私は思ってます。そうなった時、石破先生がおっしゃったように「たった1日の遅れが不幸を招く」事にならないよう、日米でしっかりとした安全対策をしていくべきだと思ってます。。。
ただ今の与党では難しいですよね。

夏の参院選で、自民党が勝って再び与党として蘇るよう祈っております。
もちろん自民党に投票させて頂きます。

投稿: 自民党支持者 | 2010年2月 9日 (火) 00時42分

遅ればせながらお誕生日おめでとうございます!先日、日本に里帰りしていた時にテレビで答弁を少し拝見いたしました。普段アメリカのニュースでアメリカでの公聴会や議会での様子を見慣れているだけに、正直、日本の国会の(特に民主党議員)野次の多さ、うるささ、そして口の汚さにショックを受けました。応援するにせよ、反対するにせよ、あの野次は一体どうにかならないのでしょうか・・・知性・理性を微塵も感じさせず、ただ国会の品位を落としているように見受けられ、悲しくなります。海外にいると普段日本で当たり前の作法や気遣いがなんて礼儀正しく、洗練されたことなんだろうと日本で生まれたことを誇りに思うことが多々あるだけに、国会での野次には本当に悲しくなります。民主党政権になって日本がどんどんおかしな方向に、そして日本がバラバラになっていくような気がしています。それが自民党の支持率向上につながっていないのが不思議でもあるのですが、旧態依然とした自民党の癌的要素を排除し(正直、いろいろな政治的ご事情があるのでしょうが、公明党とのつながりもどうかと思います…)、健全な意味での保守政党として生まれ変わってください。応援しています。

投稿: アメリカ在住主婦 | 2010年2月 9日 (火) 00時48分

インターネット動画で質問を拝見しました。

的確に、かつ、わかりやすい質問内容は、まるで学校の授業のようです。

あれをまともに答えられない民主党政権は、もう・・・開いた口がふさがりませんでした。

それにしても石破先生は本当に勤勉家な方だなぁ~と思いました。私も先生を見習って勉強をして自己啓発に努め、いつか自民党政権が復活して「努力する人が報われる社会」が来ることを期待しています。

応援しています、頑張ってください。

投稿: kensuke | 2010年2月 9日 (火) 00時49分

> 反応は賛否両論、当然のことです。みんなが賛成することなどありえませんし、そのような発言や行動こそ疑ってかかるべきです(というような話がイザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」の中にありましたね)。

そうですね。
「日本人とユダヤ人」は偽書でイザヤ・ベンダサンも本当は山本七平の筆名ですが。

投稿: ACE | 2010年2月 9日 (火) 01時39分

予算委員会の質疑、お疲れ様でした。

どなたかのコメントには『国民目線じゃない』とありましたが、私は全く正反対の印象を持ちました。
様々な不利な状況の中にも関わらず、一人でも多くの閣僚、民主党議員、ひいては国民にこの危機的な状況をわかって欲しい、目を覚まして欲しいという気迫、国民、日本国を守りたいという強い思い、鬼気迫るものがありました。
あらゆる分野での卓越した知識、弁論力、品性、どれをとってもすばらしかったです。
やはり石破さんは政治家としてという上層的な部分だけではなく、人間として、我々の為に戦ってくれているな、と強く感じました。
なんだか、私ごときがこうやってブログにコメントを書き込むことも躊躇してしまうくらい、良い意味で、次元が違う世界でした。
だからこそ、だからこそです。
民主党議員のヤジは、聞いていて、本当に怒りを通り越して悲しくなります。
質問の内容が高度(国会議員であればそんなはずは無く、またそうであってはいけないとは思いますが)過ぎて、ヤジれない場面も多々ありましたが(笑)
私は正直、民主党が与党になって観察するようになってから、「政治家ってバカでもなれるし、できるんだ」と思うようになってしまいました。
鳩山さんをみていると、誰でも首相ってできるんだ、と本気で考えるようになりました。
保身能力にさえ長けていれば。
まあ、そんな政治家が長期政権を取っていれば国は崩壊しますがね。
今はまさにそんな状況です。
ある意味、日本にとっては第三次国内大戦とでもいえる、戦時下といっても過言ではない状況です。内乱で国政が不安定になれば、外国にもいろんな意味で狙われます。というか既に狙われていますね。
とにかく気づいた国民一人一人が行動を起こすしかないと思います。

石破さん、お体にだけは気をつけてください。これからもよろしくお願い致します。

投稿: 遠藤敦子 | 2010年2月 9日 (火) 02時34分

予算委員会,質疑テレビで拝見させて頂きました。とてもわかり易く頼もしい質疑で、目が離せませんでした。自民党議員の中には人を惹きつける様な方が中々居ないので今回の石破先生の質疑は見ているもの釘付けにしたと思います。凄い安定感!
選挙区は違いますが、応援しています。これからも冷静かつ強い姿勢で立ち向かってくださいrock
お父様若くして亡くなられたのですね。
石破先生にはまだまだ長く政界に居てもらわねば困ります。安心して暮らせ国にしてください 今の民主党では不安で気が気ではありませんdown

投稿: ハナコ | 2010年2月 9日 (火) 03時15分

 先日の予算委員会の質疑を拝見させて頂きました。

 丁寧な文脈に、整然とした理論。
 そして、その発言を背景から支える政治家としての真摯さ、理念が覗える、素晴らしい質疑であったと思います。

 立法を司る国会。行政を司る内閣。勿論、司法を司る裁判所も、その構成員である人々は、前提となる憲法や法律等を充分に理解していなければならない。
 同時に、厳格に順守して行かなければならない。
 当然な事のはずなのに、それを解らず、それぞれの場に就いてしまう人達が居ると言うのは、我々国民としても、実に不安・不満な事です。

 委員会での内閣陣の答弁は、予想を遥かに超えたレベルで残念でした。

 また、重要な質疑であるにも関わらず、それを理解せず、軽視するようなヤジ発言には、失望すら覚えます。

 時に、政治的な理由の為、国民に負担が掛る事もあるでしょう。
 しかしそれは、日本と言うコミュニティの中で、相互に関連しながら生きるモノとして、耐えるべき時がある事も承知しています。
 その時、代表たる政治家達が、誠実に真摯に、そして苦心しながら働いてくれている事が解れば、多少なり納得出来ようと言うモノ。

 しかし、今の政権は、期待した程、その国民の求めに応えてくれてはいません。

 あれ程奇麗に、期待させるような事を言って、国民から政権を預けられたのに。
 政治の場には、政権を取ったら変わってしまうような、何かの魔力でも働いているのでしょうか。

 国民の怒りは、なかなか政治の場には届かないようです。

 せめて

 石破さんには、我々の怒りを思い、且つ、それに偏らぬ形で、国政の問題を整然と突き詰めて行って欲しいと思います。
 
 少し不平に過ぎたと思いますが、ご容赦頂ければと思います。

 ※誕生日おめでとう御座います。
  お体は御大事になさって下さいね。

投稿: トキワ アキラ | 2010年2月 9日 (火) 03時45分

(2/8朝には、こちらの2/5の分が表示されていなかったような?2/1の方にコメント書いてしまいました...)

2/4が御誕生日でしたか。
おめでとうございます(^0^)

これからも、お身体に気を付けて、日本国民と共にある政党「自民党」を作って頂き、一緒にいい日本を作って行きましょう!そうさせて下さい!

政治は「具現化された国民の意思」であり、「生き方・生活そのものになる」のです。
決して、多数決による結果だけ=数こそ力=政治ではないですし、そうあってはならないと思います。
数で押し切り、「国を売り・破滅させるような行為」を「国民の意思である」などと、自分たちの横暴・職権乱用を悪びれもせずに、結果として「選挙で選んだヤツが悪いのだ」と<国民に責任転嫁させる>人たちが束ねる「民主党」を私は許せません。

どうか、これからの「自民党」では、そのような言動をなさる方がいらっしゃったら、離党をして頂くよう促して貰いたいと思います。
多種多様な意見を持つ人材がいることは有難いことで、それは何ら問題は無いと思いますが、しかし、外国人参政権の付与など国の根幹を揺るがすことへの想像力・懸念が働かないような方は、学歴や能力・性格の良し悪しに拘らず、政治に関わることはやめて頂きたいと切に願います。

投稿: 一国民  | 2010年2月 9日 (火) 04時28分

まずはお誕生日おめでとうございます。
国会中継をテレビで見ていますが、民主の答えのあいまいさにはイライラし続けています。
そういえば、自民を離党した議員が民主に入りましたね。
なんだか、その議員を国会に送り出した地元の人々は裏切られたような気持ちで居るんじゃないかと想像しました。
いろいろ動き回る政界の中で、石破さんのいつもスジの通ったあり方が、本当に清々しくおもえます。
これからも陰ながら応援します。

投稿: 鯛子 | 2010年2月 9日 (火) 09時12分

石破議員さま おはようございます。
先日の国会での質問 仕事の都合上途中まででしたが拝見しました。

憲法を突き詰めて考えなかったと言うよりは知らないのでは?と思いました。

これもしたい!あれもしたい・・・子供のように思ってるだけ
なにの政策も考えずに発言してるようにしか見えない総理は憲法の事で名指しされないように願っているようにも見えました。

もうお遊びはいい・・・見ていて、馬鹿らしくなる・・・そんな気さえしました。

どうか、お体に気をつけて、日本のため
日本国民のため、そして、世界での日本がこれ以上の恥かしくならないようにお願いします。

投稿: 藍 | 2010年2月 9日 (火) 09時25分

国会の質疑をリアルタイムでネット審議中継と、TV中継の両方で拝見していました。
確かに今は、苦しいでしょう。けれど、ここは、石破先生の海のように広くて、深い御見識を持って、国会に重く垂れ込めた暗雲を一掃して戴きたく存じます。与党一年生の安っぽい野次など唯の『NOISE(ノイズ)雑音』でしかありません。騒げば騒ぐほど国民の気持ちから離れて行くのが解ります。騒ぐ事しか出来ないと憐れと思って見ています。ですから、どうか、私達が石破先生を信頼するように、私のような、名も無き小さな者が沢山応援していることを、忘れないで下さいね!悪事千里を走りますが、正しいことは、簡単に伝わらないものです。御自分を信じて頑張って下さい。
最後になりましたが、お誕生日おめでとうございます。お御身お大切に。
有難うございました。

投稿: michaelmas daisy | 2010年2月 9日 (火) 09時55分

遅くなりましたが、お誕生日おめでとう御座います。私も4月で51才、亡き両親を思い偲び、これからの人生を考えてます。さて、予算審議を拝見させて頂きました。友人にDVDに吹き込んでもらい、その後も見ております。石破さんが冒頭におっしゃった権力と戦う事、国民が下した審判を真摯に受け止め、古い自民党と戦わなければいけない、日々の自分の在り方を、自問自答しなければいけないと言われた事や「勇気、真心、真実を語る」事が、政治家の在り方だと私は思うと語られました。非常に重たい言葉と受け止めそして、全く同感です。私は「生きるとは戦う事」と思っています。誰と戦う?自分自身です。昨日の自分より今日の私はどうであったか?幼稚園にも満たない3人の息子を1人で育てるのは、本当に戦いでした。まだ、その渦中にいますが…。憲法解釈もまともに答弁出来ない、官房長官も酷いものでしたね。(全てにおいて、他の閣僚も)いったいこの国はどこへ向いて行くのだろうと、益々不安が広がりました。石破さんの質問で各大臣の認識やレベルを知る事が出来、馬鹿みたいにヤジるうるさい国会でしたが、多くがそこから見えました。有難う御座います。あの一致団結したかのようなヤジも、国会軽視、予算委軽視です。自分の人間性を下げているのが分からないのでしょうか!甚だ疑問です。時の権力者達が導き出した生命尊厳の核心部分を見ず、突き進んだ戦争そして被爆国となった日本は、もう少し安全保障を真剣に考え又、その後の復興力の経験から、みんなで力を合わせ頑張らねば、犠牲になられた方に申し訳がたちません。どれほどの母達が多くの涙を流した事でしょう。最善策を求めます。それと、格差社会をあまり政治のせいにしすぎじゃないですか?経済対策も非常に大事です。民主党のバラマキ政策にのった人ほど、格差と叫んでいる様にしか見えません。自分を家族を守る為に血の出る様な努力をなさいましたか?とも問いたいです。まだ国の為に尽くせてる私ではありませんが、負担にならない様にしようとは思っています。それが可能でなくなったら、大切な命を粗末にする事なく行政に相談させて頂きます。頂ける物は何としてでも頂こうと思ってる人が、民主の愚策で増えたように思います。最後に良いも悪いも必ず、その報いは受けます。人生の最後によい報いを頂き、大勝利の人生劇の幕を下ろせればと考えています。これからも「一人の人」に光をあて頑張って下さい。期待してます。

投稿: 石破ファン | 2010年2月 9日 (火) 10時09分

お誕生日おめでとうございます!

自分は皆さんの様に立派な事は書けませんが、真摯に正義を貫いている石破さんを応援しています。

投稿: 恭 | 2010年2月 9日 (火) 11時00分

石破先生、お疲れ様です。

今回の国会質疑においても相変わらずの内閣の駄目っぷりには心底呆れかえります。中学・高校レベルの知識も無いのか?と思える惨状です。あんな程度でよくもまぁ政治主導だの官僚は答弁するなだの言える厚顔無恥(しかも無知)さにはある意味感心します。

つくづく思うのは石破先生はじめ自民党の方々の質疑は理路整然としてわかりやすいという事。豊富な知識と経験からくる議論展開はやはりプロだなと思います。

参院選前の前哨戦とも言える長崎県知事選もあります。民主党の嘘に騙された有権者が目を覚ましてくれる事を期待しています。
ただそのためにはやはり自民党のアピールが今はまだ不足しているように見えるのが心配です。残念ながら能ある鷹は爪を隠すでは気付いてくれない国民が多いのも事実。
是非、素人政権とは違うプロの政治家としての実行力をもっとアピールしてください。

投稿: tskjkei | 2010年2月 9日 (火) 11時02分

初めてコメントさせていただきます。

実は、私は今まであまり政治には関心がありませんでした。申し訳ありませんが、石破議員のことも「この人はちょっと違うな」と思うくらいでした。でも、鳩山政権になって以来、政治に無関心であることは、自分の身を滅ぼすことだと痛感しています。そして、石破議員のブログや国会での質問の様子を見て、「この人なら信じられる」と思いました。

民主党が成立させようとしている「外国人参政権」「人権擁護法案」「夫婦別姓」に絶対反対です。

私は「外国人参政権に反対」を表明した自民党を応援します。もちろん、自民党の議員の中には、問題のある方もいらっしゃるのは分かっています。その方たちがいるから、自民党は支持しないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

それでも、私は自民党を応援します。
なぜなら、問題のある議員の方々を批判できるのは、今、「言論の自由」が認められているからです。
これが、もし独裁政治になってしまったら、あの小沢議員さえ批判することもできなくなってしまうでしょう。

ですから、なんとしてもこの「自由」を守りたい。私は今まで「自由」が当たり前の中で生きてきました。
私の子供たちにも同じように生きて欲しい。監視された狭い世界で生きて欲しくはありません。

「民主主義の自由」が堅く守られた後、それにのっとって、改めて自民党の批判をさせていただきます。

今、離党して欲しいのは問題のある議員ではなく、舛添議員のような「外国人参政権賛成派」の議員の方々です。

政策について一言言わせていただきます。
「消費税10%アップ」…私は必要ならばそれも良いと思ってます。
「消費税」という言葉に日本人は過敏に反応するので、聞いただけで「反対」と言う方がいらっしゃいますが、
民主党は、「手当て、無料、消費税据え置き」…この耳障りの良い言葉を並べた裏で増税を企んでいます。
そして、最後に財源が無いからと言って、消費税を20~30%は平気で上げてくるでしょう。
今、この時期に自民党が「消費税10%アップ」を打ち出すからには、民主党の税政策を論破できる根拠があるからだと思います。

この国会で、自民党が「消費税10%アップ」と打ち出したはっきりとした根拠を、石破議員が分かりやすく説明して、民主党の税政策のからくりを暴いてください。国会中継はインターネットで見られます。 石破議員の説明なら見ている方々に分かってもらえると思います。

長文、拙文お許しください。

石破議員、どうぞ日本を守ってください。心より応援しております。


投稿: タマ | 2010年2月 9日 (火) 11時19分

2/5の予算委員会しっかり拝聴しました。
 石破さんが質問席に着くと、鳩山内閣の閣僚席各位に緊張が走るのを感じましたが、特に鳩山さんは目が、落ち着きなく飛んでいるのがわかりました。
 質問の順番を変えたということで、予算審議中の段階にも拘らず、予算の個所付けを通知したことから厳しい追及の質問が始まりましたが、憲法解釈、安全保障、農政と鳩山政権の政治姿勢に対する質疑が展開されました。
 理路整然と質問する石破さんに快感を覚え、テレビの前で『そうだ!』と一緒になって私も叫んでおりました。答弁がしどろもどろで議論にならない状態で、『この人何をいってるの」といった理解に苦しむ政府答弁に終始しましたが、沖縄普天間基地の移転先について、鳩山総理は「5月には地域住民、戦略的条件、米国との合意を得た移転先の結論を出す。」と答弁をしました。
 この人は本当に現実が分かっているのだろうか、いつもできもしないことを軽々におっしゃるが、この人は自分の発言に責任ということを全く感じない人のようで、宇宙人なのかも分からないと思った次第です。
 弟君鳩山邦夫氏の処遇も、自民党は考える必要があります。予算委員会等に顔を出されると、自民党だって同じ穴のムジナの人がいると言う人がいるのです。考えてください。

 石破さん、やっと全国一斉に自民党議員等による街頭演説が行われたようですね。少し遅かったが、マスメディアによる偏向報道では国民に真の意向が伝わりません。直接国民に訴えることが必要です。街頭で、また集会等で地域住民との直接対話が必要です。民主党の支持率は確実に下がっております。自民党の支持率を上げるのは、自民党の議員であり、参議院選挙、次期衆議院選挙の候補者自身の努力の賜物と思います。頑張りましょう!!!

投稿: 今ジン | 2010年2月 9日 (火) 12時16分

石破先生、お誕生日おめでとうございますo(^▽^)o
お忙しいとは思いますが、どうぞお体をご自愛くださいませ。


「政治が腐って見えるのは、国民が腐っているからだ」
どこかの国にこの様なことわざがあると聞きました。
国会中継を観ていて、まさしくその通りだと感じました。
与党の一年生議員の多くは、政治を学んでこなかった素人ばかり
それは、日常自分たちの周りに居るような人が、国家という巨大なものの行く末を決めるあの場にいるのということ。
あの汚い野次や、的を得ない返答。
「政治家」だけが腐っているんじゃない。
私たち国民が腐っているから、あの様な醜態を見せつけられる羽目になるのでしょう。
前回の選挙、どれだけの国民が自ら考え民主党に投票したのでしょうか?
維新の時代とは違い、テレビを付ければ様々な情報を得る事ができます。
しかしそのせいで、私たちは自ら情報を得る為に動く
という事をしなくなったのだと思います。
溢れる情報から、自分が必要と思う事柄を見つけだすのは容易な事ではありません。
だから「マスコミ」という、ある意味国家権力よりも力を持った存在に流されるのではないでしょうか?

変わるべきは政治ではなく、私たち国民の在り方だと思います。

投稿: ラビ | 2010年2月 9日 (火) 12時26分

誕生日、おめでとうございます。
健康に注意しながらこれからも
頑張ってください。
(野菜ジュースがオススメです)

生まれ変わろうとしている自民党
期待しています。

投稿: なかちょ | 2010年2月 9日 (火) 12時37分

石破先生、あの本(山本七平氏)読んでたのですかhappy02
確かに秀逸でヒットもしましたが、ネタバレでがっかりしたことを思い出しますpout
私が読んだのは20数年前のガキンチョの頃でしたが、あの本切っ掛けに各種比較論(何人と日本人)を手当たり次第読み、次第に古本屋/図書館を巡って岩波新書青版旧赤版に殆ど手を付けやたらめったら読みあさった記憶が有ります。
どうも餓鬼の頃から「その作者は最低でも8割出来れば全部読め」と思い星新一、筒井康隆、マンボウ先生や狐狸庵先生、司馬遼太郎(街道以外)&宮城谷昌光を全読了しないと気が済まない質の性格でしたw。

さて、国政ですが、私は、もう、暫く傍観してようかと思い始めました。

「どうせなら行く所まで逝けば?」

これまでしてもミンスの若手は小泉チルドレンより酷いゴミ屑ですし、未だに高い支持率は「他に選択肢が無い」からなのか「いまだ、宗教に染まって洗脳され」続けているのか。

もう一回【亡国】の憂き目を見なきゃ多分何も変わんだろうと私は思い始めています。

ええ。

投稿: 山中隆成 | 2010年2月 9日 (火) 12時49分

おめでとうございました!立春がお誕生日なんて、石破さんらしいですね!
厳しい寒風に晒される日本の為に、政界に春一番をもたらしてください。
私は父親を生き別れのまま亡くしましたが、
事ある毎に自分の中に生きる父親の遺伝子を感じ、共に生きている気がします。
日本国民が日本人の遺伝子を誇りに思い、命を大事に生きられる日本でありたいです。

投稿: 石破さん大支援! | 2010年2月 9日 (火) 13時12分

まさひとさん、大好きです。私と同じように、こっそりと石破議員の行動に注目していたのでしょう。多くの人は、石場議員の弁舌に驚かれるようですが、周恩来総理を越えたとまでは評価できません。若い中国の留学生に、私が戦後初の中国の留学生と同級生であることや、「君たちこそ楽しみにしていた友人である」と肩を抱き「胡耀鵬主席が、47歳で中日青年友好団の団長として初来日されたときに、次の中国を担う人と評価してたこと」を話し、私の好きな天安門広場の歌を歌うと、皆喜んでくれます。30年以上前に周恩来首相の奥様の、鐙えいちょう女史に、学生4人で直接ご挨拶した経験を語ると、例外なく目をまん丸にして羨ましがってくれます。周総理は今でもそれほど中国の人々に慕われています。
石破氏没後、30年たち、奥様にご挨拶した経験を語り、羨ましがる日本青年は何人いるでしょうか。政治家のスケールは、「大誠実」であることを知らない衆議院議員が多いのです。
このブログに集まり、先生と尊敬し、長寿を願う人々は、石破氏の政治家としての大きさに魅かれているのではなでしょうか。100年に一人の政治家が、他にいないことを知るべきです。中国の台頭に脅威を感じる人は、石破氏が周恩来を越えれば、日本の将来は中国に後れをとるものではないと知るべきです。
私も先月53歳になりました。私が先日、外国人参政権に反対される方に、優しさが足りないと感想を漏らした背景です。

上から目線との反発は誤解です。私は一番後ろの、のろまな落ちこぼれです。大多数の投稿者を尊敬しているのは事実です。

投稿: 鈍重 | 2010年2月 9日 (火) 14時12分

鳥取選出の某国会議員が民主党へと鞍替えし、投票した人の中には裏切られたと思う人も多いのでは?
鳥取はパチンコ王国です。ですから、在日の方の声が強いのかな……などと勘繰ってしまったじゃないですか。
悪意をもって考えれば、民主党が掲げる外国人参政権なるものに賛成したとも受け取れまする。しかし、この法案。鳥取にとって、どうだろ? 外国人労働者を呼び込むためには有益かもしれないけれど、たとえば朝鮮半島有事の際、どうなるか、想像に易いのでは? 難民が大挙して鳥取の海岸に流れ込むことになり……ちょいと法律を改正すれば難民による難民の政治ができるわけで……これって、すっご~いなあ! 某氏は、あらかじめ参政権を外国人に付与する政策を可能にしておけば、難民の方々が日本での生活をエンジョイできるとお考えになったに違いないっ!
……んで、我々日本人は、どこへ追いやられるわけですか?

某議員は経済通ということでグローバルなお立場にあったようですが、傍から見ていてバランスに欠いた先生だなあ……と感じておりました。案外、民主党のほうがこの方の色に合っているのではないでしょうか? 若さゆえの、思い込みで突っ走れる党かもしれません。広い視野にたって考えなければならないところを、得意とする分野だけに目が奪われているような気がしてなりませんでしたから。
世の中、いろんな考え方があって、いろんな意見があると思います。賛否両論、あって然り。
しかし、わたしたち国民は国会議員というものに日本の将来を託しているわけです。それは夢物語ではなく将来を見据えた国益でなければならないはずです。

投稿: ふつーの主婦 | 2010年2月 9日 (火) 15時58分

この予算委員会、正常とおもいますか?
毎日、毎日政治と金ばかり。政治献金にまつわる胡散臭い話は自民党の専売特許と思っていたら、今度は民主党だと。 それにしても、国民はいい加減税金の使い道を議論しろよ、と思っています。自民党はあまり偉そうに小沢の金、金と言わないほうがいいのでは。官房機密費の2億5千万円はどこに消えたのですか。こういう話から国民はいつになったら解放されるのでしょうか。あなたに期待していますよ。

投稿: 小柳 孝 | 2010年2月 9日 (火) 16時40分

遅くなりましたが、石破先生、お誕生日おめでとうございます(^o^)

先日の予算委員会での質疑を拝見させて頂きました。

先生もおっしゃるように、民主党の閣僚の答弁や若手議員の野次は、相変わらず聴くに堪えない酷いものでした。

様々な想いや大きな大きな責任を背負い、一国を代表する立場にあるはずの国会議員が、「日本国の最高法規」である日本国憲法をしっかりと勉強できていない。
「国権の最高機関」である国会に対して、真摯な姿勢で臨む気概を持ち合わせていない。

まさに「話にならない」とはこのことです。


先生はご自身のブログや著書において、
「国会図書館は議員活動のためにあるのに、使う人が少ないのは残念です」と度々おっしゃっていますね。
先日の質疑を見ても一目瞭然ではありますが、このような言葉ひとつを取っても、先生の政治家としての真摯な姿勢をうかがい知ることができます。

連日中身の無い汚い野次を飛ばし続ける哀れな民主党若手議員の方々には、是非先生の「政治家としてのあり方」を見習って頂きたいものです。

そして私自身も、恐縮ではありますが、人生の大先輩である先生の姿勢を見習わせて頂き、しっかりと自分の勉強に取り組みたいと思っております。

先生、これからもどうぞよろしくお願い致します。
くれぐれもお身体を大切になさって下さいね。

投稿: サッカー大好き関西人 | 2010年2月 9日 (火) 17時55分

ネットにて視聴させて頂きました。
民主党と石破先生の知識の差が
そのまま日本国民を思う気持ちの差
のように見て取れる、
そんな予算委員会に感じました。
政治家が
それもその中でもトップを担う方々が
憲法に対してさえ全く無知だという現状に
とても戦慄し、日本の将来に不安を覚えました。
さらには解らない事を隠し、軽はずみな発言をして、ただ野次るだけの彼らが
とても恐ろしいものに見えてきました。
はっきり書きます
国民の目には、
少なくとも私の目には
彼らが守ろうとしているのは
「日本国民」ではないように映ってしまいます。
彼らを選んでしまった我々国民にも責任がありますが、一刻も早く新しい自民党の復活を願っています。
 
 お誕生日おめでとうございます。
なかなかストレスの多い仕事で大変でしょうが、お身体に気を付けてください。
応援しています

投稿: 小鳥遊 | 2010年2月 9日 (火) 18時23分

2月5日の予算委員会を拝見後、地元の衆議院議員の民主党の緒方林太郎氏のブログを覗くと、「石破先生の仰っている『グアム協定は改定しなければならなくなる』というのは、協定文に明記されていないようなので石破先生の勘違いではないか」というようなことを書いていました。
新人議員の部類なので仕方ないのかもしれませんが、この程度の知識で、この程度の問題意識で(むしろ問題意識が無いのか)国会議員が務まり、多額の税金を給与としてもらって良いのでしょうか。
私は昨年の衆院選では緒方氏には投票しませんでしたが、当選したのなら公僕らしい働きと勉強をしてほしいものです。
また、元自民党員であり現民主党員である田村耕太郎氏、支持者への裏切り行為を働いた大馬鹿勘違い野郎です。
小沢問題で辞職すると思っていた石川議員、小沢本人、田村耕太郎氏は、(その他問題だらけの野次用新人議員は)罷免や辞職を促すことはできないものなのでしょうか。

投稿: とろ | 2010年2月 9日 (火) 18時46分

 はじめまして。一有権者です。
 予算委員会での質疑、お疲れ様でした。私はニコニコ動画で拝見しました。前半部の(民主党の県連への情報リークに係る国会へのスタンスを質す質問の部分です)コメントなどで多かったのが「憲法に関する石波先生の講義を聴いているようだ」という意見です。私も同じような感覚を覚えました。と、同時に議論が進むにつれて、(それまですら内閣の答弁が酷すぎて議論にすらなっていませんでしたが)基地移転など日米の安保体制をめぐる質疑に対する内閣各大臣他の答弁が厳しい教授に詰問された学生のようであきれるのではなく危機感を感じました。
 そのなかで、「(略)本来、基地が無くとも豊かな沖縄であるべき(略)」の発言は陳腐な言い方ですが感動すら覚えました。
 今この現実を分析し、それをどうするのか、ということを追求されていらっしゃるその姿勢を支持します。
 今後も国民の代表者としてがんばってください。

投稿: 有権者1 | 2010年2月 9日 (火) 20時15分

予算委員会、録画して拝見させて頂きました。
短い時間の中で、耐震化予算にも言及してくださり有難うございます。

ニューモデルマガジンX買いました。
私は車に詳しくないので、810ブルーバードの〜と言われてもイメージが湧かなかったのですが、
さすがに車雑誌らしく、逐一写真を載せてくれていたのでわかりやすく楽しめました。
忙しい人はキッチリ休むことも仕事の内だと思うので、今のうちに乗りたいものに乗って下さい。

遅ればせながら、誕生日おめでとうございます。

投稿: isijima | 2010年2月 9日 (火) 21時32分

はじめまして。
ネットの動画で中継を見ました。
賛否両論あると思いますが、あたしは石破さんの考えに賛同しました。
わりと最近まで政治に無関心でしたが、今のままではどうしようもない国になってしまいます。
政治家の方が、自分のための政治をするのではなく、国のため国民のための政治をしていただきたいです。
(みなさん、政治家担ったときに志は高かったと思うのですが、なんですぐ低くなるんでしょう)
石破さん応援しています。
この国をよくするために、ひとりひとりの国民も意識を変えないといけないと思ってます。
うまく書けなくてすみません。

遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。
友達の子供と一緒の日です。

投稿: もこはし | 2010年2月 9日 (火) 22時20分

二月九日の読売新聞朝刊より。

「どぶ板」ゼネコン選挙・・・。もちろん小沢さんのことです。有権者と

投稿: ひすい | 2010年2月 9日 (火) 23時17分

「どぶ板」ゼネコン選挙。
名簿集め「癒着の温床」。

これは読売新聞九日の朝刊39面の見出しです。もちろん小沢さんです。

大手ゼネコン各社に競わせて民主党の票集めの実態がよくわかります。これだけ腹黒いのに「私は潔白だ」と言い切れるのだから凄い。辺野古近くに土地も所有している。私にはもはや妖怪ぬらるひょんにしか見えません。

遅れましたがお誕生日おめでとうございます。私もみずがめ座なので同じでうれしいんですが鳩山さんも同じなので複雑です。

投稿: ひすい | 2010年2月 9日 (火) 23時28分

石破先生

外国人参政権と夫婦別姓だけは、何としても阻止してください!!

投稿: 山本浩二 | 2010年2月10日 (水) 00時03分

石破さんの質疑は愛国心のある日本人ならば皆、心に響いたと信じてます。
それに異様な内閣の雰囲気も気になります、早く政権交代されることを願います。
石破さんお体お大事に、陰ながら応援しています。

投稿: しま | 2010年2月10日 (水) 00時50分

石破さん、大変お疲れ様でした。

今回の予算委は、営業中の車の中で拝聴していました。
冒頭の質疑の趣旨説明は、とても感銘を受けました。

私はあれほどまでに、至誠を尽くし、真剣勝負で論じている国会議員を今まで知りませんでした・・・。

ここに集う日本人に伝えたい・・・。

私達は、石破さんだけに頼っていて良いものでしょうか・・・?

私達の力で、この日本を立て直すことは出来ないのでしょうか・・・?

抗議デモに参加するのもいいかも知れませんが、もっと具体的に且つ手短に、
民主党にノーをつきつけられないでしょうか・・・?

とかく世論は、かつての自民党の金権政治を非難しますが、
でもその中心に居たのは現自民党議員ではなく、今の民主党の小沢一郎ではありませんか・・・?

私は民主党のHPにあるご意見箱に、小沢・鳩山の退陣を訴えるメールを送りました。

また、私の地元の民主党事務所にも、
国民を欺き、今回の一連の小沢氏の不正疑惑に対する民主党の姿勢に不服を訴えました。

勿論、匿名ではなく、
住所と実名を名乗ってです・・・。

石破さんのブログに、民主党への不平を無数に投稿しても、何も変わりません!
私達のすべきことは、
不平や非難は、彼ら民主党に直にするべきと存じます。
それはやがて世論となり、国民の意思となり、彼ら民主党の売国行為や暴挙を抑える力となります。
彼らにとって何よりも怖いのは、小沢氏の政治的力ではなく、私達の持つ一人一人の票です。

政治資金の私的流用をしても罪の意識の欠片もない小沢氏。
どう考えても、脱税行為であるにも関わらず、
こともあろうに日本の元首に居座り続けようとする鳩山氏。
また、それをまったくもって否としない民主党議員たち。

また、在日外国人への参政権付与や日本人の自由な言論活動を封じ込める、人権擁護法案など、
まさに狂っているとしか言いようがありません。

心ある方々に再度申し上げたい。

皆さんの声を、彼ら民主党に直訴することが、日本を救う唯一の方法ではありませんか!!

投稿: ビキ | 2010年2月10日 (水) 01時00分

移動途中のラジオで質問を拝聴いたしました。当初は一体どうした内容なのかわかりませんでしたが、現政権が本来出すべきでない情報を政権を取ったとたん 外部へ漏らしていたとわかり愕然としました。

余り国会の答弁は引き付けられないものが多かったのですが、非常に聴きごたえがありあました。

ぜひ同様に問題と思えることがありましたら私たちに問題が届くように国会で論じていただければ幸いです。
非常に勉強になりました。

お体に気をつけて頂きまして、今後ともご活躍されることを祈っております。
ありがとうございました。

投稿: ラジオで拝聴 | 2010年2月10日 (水) 01時20分

国会中継を録画しております。

石破先生の質問のご様子も、小学生の息子や娘とともに拝見し、家族で話し合っております。

未来を担う子供達も、この国の行方をみつめています。どうぞ、ご自身の信念に基づき進んでゆかれますよう。

遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。天寿を全うなされたお父上よりも、更にお元気に長生きされ、日本を支えて下さいませ。微力ですが、応援しております。

投稿: 昴 | 2010年2月10日 (水) 09時52分

私は郵便事業会社の非正規雇用社員です。労組にも所属しています。石破先生は、予算委質疑の冒頭、自民党衰退の反省点を述べられました。その中で、先生は、弱者への配慮が足りなかったとおっしゃったように記憶します。そのとおりだと思いますが、見誤って欲しくないことが、一つ有ります。それは、民主党も弱者への配慮が足りない、いや、全くない事です。民主党は、口では弱者の味方だと言っていますが、実際に味方しているのは、主に中間層、正社員以上の所得が有る人たちです。本当の弱者は、非正規雇用で結婚出来なくて、車を持つ余裕もない人です。このような人たちは、子供手当や無料高速の恩恵を全く受けられず、負担ばかり求められます。現与党内では、亀井静香が、郵便局の非正社員20万人を正社員にするなどと言っていますが、そのためには、正社員の厚遇をかなり削らざるを得ませんが、与党の支持母体である労組が猛反対なので絶対に実現不可能です。
だからこそ、私は、上記の反省点を述べられ、労組とのしがらみもない自民党に期待します。私のような下流層の人間には、子供手当も無料高速も不要ですから、多少援助の手を差し伸べられても、「未来への投資」と両立可能だと思います。

投稿: 郵便事業会社の一非正規雇用社員 | 2010年2月10日 (水) 14時41分

初めて書き込みいたします。よろしくお願いいたします。

先生の質問でも、改めて現内閣は憲法を理解していない事がはっきりしましたね。
法治国家が崩壊し、日本が壊れてしまうのか不安で仕方がありません。

先生、日本を守って下さい!

投稿: ちはる | 2010年2月10日 (水) 15時02分

ビキさんの投稿文に感銘致しました。私も石破さんのブログに投稿する何倍も民主党に又、モバKにあらゆるところへ現政権の疑問を皆さんに気付いて欲しいとの思いで私の雄叫びを届けています。デモも座り込みも考えましたが、うさん臭い湯浅某氏と同じのようで辞めました。私一人の思いを友人一人一人に伝え、小さな波から波動を起こし、万波の拡がりを起こしていくしかないと思っています。私の回り(40代から60代が多い)の人は鳩山、小沢は政治家の資質に欠け犯罪者と思う人が大半ですが、あの支持率にです。何はともあれビキさんのような方がいてくれて、勇気が出ました。言うべき事は、どんどん言っていきましょう。おかしな国に向かってる鳩山小沢丸の舵取りを、私達がしていかねばsign01石破船長に期待してます。私も叫びますsign01

投稿: 石破ファン | 2010年2月10日 (水) 16時46分

石破さんのブログにコメントするのは初めてです。

確かに民主党一年生議員の野次は酷いものですね。元々野次は日本政治の伝統ですし、戦前の議事録にも随所に野次が溢れているものですが、もう少し節度をもった野次文化(?)を築いてもらいたいなあと思う今日この頃です。一番良いのは意味のない野次が無くなる事だとは思いますが…。

暦の上では春とはいえ、まだまだ冷え込む季節ですから、体調に気をつけてご活躍くださいね。

投稿: 応援してます。 | 2010年2月10日 (水) 21時45分

こんばんわ
金曜日の予算委員会から週をあけ今日ですが、その間に、
汚沢氏は
『このまま続けてよいか』といったら
鳩山総理は
「ぜひ一生懸命頑張って下さい」
といったといい、
鳩山総理は
汚沢氏が
『このまま続けてよいか』といったので「はい」
といったという。
何を田舎漫才ほざいているのか。
このいらだち、いらいらをどこにぶつけたらいいのか。
また汚沢氏は、5月に大訪米団を引き連れこんどはワシントンへ行くと言う。何を目ろんでいるのか。行くからには大統領との会談が条件と言っているという。
普天間移設が5月末を期限として結論を出すという鳩山総理とリンクしているのか。言って何を話しするのか。今までの言動をみていて日本が中国に許したように、アメリカが了承するであろうか。
私は以前の天皇陛下に対するコメントで政治家である以前に人間として失格だといった。そんな人が日本を代表?してなぜ行ける。書記長が代表となるのはどこの国?
しかしこう書いても実際汚沢崇拝の国民は大勢いるわけで、それがどうにもわからない。洗脳されているのか?
今回のような国会中継もっとゴールデンタイムに放映するとかもっと多くの人に鳩山内閣・民主党野次野郎のどうにもならんぶりをみてもらったらいい。だれがみても総スカンくらわすわ。スポンサーが許さんのか?視聴率は絶対あがるがなあ。
5日のニュースを見ても、あの実態が全くといっていいほど流れていない。あんなの大ニュースやないか。
自民党広報このいらいら感なんとかしてくれ。
ベストを求めるがあまりワーストが残らないように。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年2月10日 (水) 21時54分

遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
国会中継をみて改めて石破先生の存在感に圧倒されついに日本を救ってくださる方を見つけた思いです。
外国人地方参政権反対のために具体的に動いて下さって心強い限りです。
応援しております。
亡くなった親友が先生を高く評価しておりました。本当すばらしい政治家だと再認識いたしました。
がんばってください

投稿: ぺきよしえ | 2010年2月11日 (木) 00時23分

お誕生日おめでとうございます。
私も2月生まれの水瓶座です。
なぜ石破先生のファンなのかわかりましたlovely

投稿: ジェニー | 2010年2月11日 (木) 03時09分

(゚Д゚)ハァ?
って、なる場面が何度ありましたかね?
民主党の回答に。
にしても、これを選んだ国民はこの事実どれくらい知ってる人がいるんでしょうか?
これがこの国の現状とすると、
新聞ごときに何をかかれようとも、石破議員には質問をし続けていただきたいと思います。

それを、わかってる人もいますから。

わかってると思いますけど^^

投稿: アツシ | 2010年2月12日 (金) 09時38分

石破先生こんにちは。
去る2月4日はお誕生日だったのですね!
遅ればせながらおめでとうございます!

質疑、やりとりがとても愉快で、さらに勉強になりました。
与党の皆さんも勉強になったのではないでしょうか。
さながら石破講師による勉強会のようでした。

いつまでも汚い野次を飛ばす与党議員の面々、
原口議員などは大臣だというのに情けない。

国民は見ています。そして広めています。
石破先生は石破流を貫いてください。
いい味が出ております。
まともな日本人なら質疑を観れば
どちらが正論かなどという事はすぐにわかるでしょう。
情報操作による間違った悲劇はもう見たくありません。
私も草の根活動頑張ります。

投稿: みゆ | 2010年2月13日 (土) 09時45分

石破議員のような方が増えれば、本当の意味での
官から民へが実現するのだと思います。

いまは・・・菅から眠へですが

投稿: 国民 | 2010年2月14日 (日) 23時31分

石破先生お誕生日おめでとうございます!
僕みたいな若輩者が言うのも大変失礼ではございますが先生は歳を経るごとに鋭さ、気迫、知識に磨きがかかってますね。
これも先生の正しい信念、正しい理念から来るものでしょう。
実に素晴らしく惚れ惚れします。
それに比べ小沢、鳩山はなんて醜い事か。
僕は彼らを心から軽蔑しますよ。
外国人参政権で同じ民族を売る…あんなん人間じゃない。
先生どうかこれからも日本と日本人のために生きて死んでください。
先生は実に立派です。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2010年2月15日 (月) 07時41分

この記事は事実でしょうか。
事実だとしたら恐ろしいことです。
このようなセリフを吐く議員の名前を国民に知らせる必要があります。
石破先生、記事が事実であれば、追求して下さい。とても受け入れられません。

「バカどもが第1議員会館8階に集まる。火でも放とうか」
http://news.livedoor.com/topics/detail/4608168/

先週半ば、建設中の新議員会館の部屋割り表が配られた。小沢氏を支える若手議員グループ「一新会」の関係者は不起訴の高揚感も手伝ってか、「バカどもが第1議員会館8階に集まる。火でも放とうか」と冗談を飛ばした。

 「バカども」とは、枝野幸男行政刷新相や前原誠司国交相、野田佳彦財務副大臣といった、幹事長辞任含みで小沢氏の責任に言及した面々や、反小沢色が濃い“7奉行”の仙谷由人国家戦略相や玄葉光一郎衆院議員。さらに反小沢の小宮山洋子、手塚仁雄両衆院議員らも含まれるという。

 激し過ぎるジョーク。小沢氏側の勝利宣言の側面と、反小沢陣営への遺恨がうかがえる。

投稿: 恐怖政治の始まり | 2010年2月17日 (水) 08時46分

初めてコメントさせていただきます。
政治にあまり明るくない主婦です^^;

そんなワタシでも、政権が交代して、民主党のしようとしている事をみると、非常に不安にかられています。TVのニュースなどの報道は、多くの情報を流してくれないので、なるべく国会を見るようにしています。
石破さんの質問を拝見し、とても勉強になりました(そして、スカッとした気分にもなりました)

民主党の方々は、政策を本当にしっかり考えたすえに出しているのでしょうか?
物事の表面だけを見て、思いつきで対策を決めているとしか思えません。
そして、日本の国益を守ろうという考えは頭にあるのでしょうか?
非常に疑問です。

もちろん自民党が与党だった時にしてきたことに全て賛成と思っているわけではありません。
でも、こんな風に「日本の国自体が崩れるのでは?」という不安を持ったことはありません。

石破さんにも自民党にも、是非頑張っていただきたいです。
応援しています^^
(追伸:プラモ製作が好きだと以前どこかで拝見いたしました。
たまには息抜きにお作りになって、紹介してくださいませ^^)

投稿: 道産子 | 2010年2月17日 (水) 17時21分

 石破様
 政治の状況は目を覆いたくなるばかりです。
民主党の両横綱?は真っ黒い泥と稚拙な運営で
日本国を闇の世界に導こうとしています。
 石破さんしかいませんよ、しかし一人ではできません、自民党を纏めて日本のためにどんどん、引っ張ってください。日米を軸に明るい、朝日が見える国を再現してください・・
 自民も静かすぎますよ、支持率も上がらないし、今がチャンスです。お願いします・・

投稿: 中村 禧文 | 2010年2月18日 (木) 18時38分

国会での質疑拝見しました。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。ヽ(´▽`)/

投稿: taizo | 2010年2月18日 (木) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47515282

この記事へのトラックバック一覧です: 予算委の質問を終えて:

» 戦争する気か??? [混沌煩悩支離滅裂の部屋]
5日の国会の予算委員会で自民の石破氏がこのように質問しました。 石破「中国の軍事力の近代化を異常な勢いで進めています。毎年10%ずつ国防費が伸びています。 これは何のためにこのようなことが行われているのか、どういう風にお考えですか」 岡田「海軍力」 北澤「海軍力もあるが空..... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 16時43分

« 施政方針演説 | トップページ | 田村参議院議員のことなど »