« 予算委の質問を終えて | トップページ | 長崎出張 »

2010年2月10日 (水)

田村参議院議員のことなど

 石破 茂 です。

 一部報道で取り上げられている、鳥取選挙区選出の田村耕太郎参院議員が、自民党を離党し民主党入りした件について、若干のコメントを致しておきます。
 この件は経緯も相当に複雑で、関係者以外には何がなんだかよくわからないのだと思いますので。

 田村氏は早大や慶大に学んだ後、米国や英国で学び、山一證券に入社。その後退職し、義父がオーナーである新日本海新聞に入社。特報部長などを歴任し幾多の評論記事を書いてきた人物です。
 培った見識を政治に生かすべく、鳥取県知事選、参議院選(鳥取選挙区)、衆議院選に無所属で立候補、自民党推薦・公認候補にことごとく敗れた後、自身が戦った自民党現職参議院議員(坂野重信元自治相)の逝去に伴う補欠選挙に、自民党公認で出馬・初当選し、平成16年に再選されて今日に至っています。
 補欠選挙の際、自民党鳥取県連では、「いままでことごとく自民党と敵対してきた人をどうして自民党公認にするのか。ましてや坂野氏の後継などには絶対にさせない」との意見が強かったのですが、党本部の「そのような人を取り込んでおくことも大事だ」との強い意向により、県連が了承しないまま、「党本部公認」のような形で立候補することになりました。
 これに猛反発した県連の一部が独自に元県議会議長を擁立し、僅差で田村氏が当選したのです。

 当選後は、内閣府政務官や国土交通常任委員長を務め、一昨年の総裁選挙では私の推薦人になってもくれました。
 個人的には残念に思っていますが、今日に至るまで田村氏と県連の関係は必ずしも良好ではなく、それが今回の離党~民主党入りの原因の一つではなかったかと思います。

  「自分の政策を生かすためにはこれしか道はなかった」との田村氏のコメントを有権者がどう判断するか、ということなのだと思います。
 私自身も、自民党や新進党を離党した経験を持っており、田村氏を声高に批判する立場にはいないのでしょう。
 ご判断は皆様にお任せしますが、かつて私が自民党や新進党を離党した理由は甚だ単純で、選挙の有利・不利は関係なく、憲法改正や消費税アップの議論を避けるような党にいても自分の存在意義がない、ということでした。
 離党までの間には、党のあらゆる会合で持論を述べて戦ってきました(岡田現外相とは集団的自衛権行使の是非をめぐって随分と激論を戦わせました)。その努力を自分なりに最大限した上で受け入れられないのなら、自説を曲げるか、離党するしかありません。

 私は今まで八回有権者の審判をあおいできましたが、党に造反した直後の当選三回、当選四回の選挙は無所属で戦いました。
 党公認で戦った以上、その任期中は党の公約に拘束されますし、党に忠実であることが有権者に対する責任でもあり、それができないのなら、選挙運動や資金面での多くの不利を甘受しても無所属で個人としての審判を受ける他はない、というのが私なりの考えです。

 今夏の参議院鳥取選挙区は、先日田村氏に代えて擁立が決定した自民党公認の浜田和幸氏(国際政治学者)、民主党公認の坂野真理氏(故・坂野自治相のお孫さん)、共産党と幸福実現党候補の四人の争いになりそうです。
 比例区に廻る田村氏は、選挙区ではかつて自身が戦った故・坂野氏のお孫さんを支援する、というなんとも面妖な構図ですが、浜田氏は見識・人柄ともに立派な人物で、政策に明るく熱意もあり、私も我が事と思って全力で支援しなければならないと決意しています。

 先日の予算委員会の質疑について、多くのコメントを頂き有り難うございました。
 一部夕刊紙には「実にイヤミで、だから人気が出ないのだ」などと酷評されていましたが、別に人気取りのために質問しているわけではありません。民主党政権の異様さにどれだけ多くの人が気付いてくださるか、それは日本の民主主義のレベルが問われているということでもあります。
 防衛白書も読んだことがなくて、どうして普天間基地の名護に代わる代替地が決められるのか。
 憲法九条の構成も知らないで、どうして安全保障論が語れるのか。
 私には全く理解ができません。
 総理や閣僚は、全知全能を尽くして国益を守る義務を負っているのです。無知は罪悪であると断ぜざるを得ませんし、そのことは常に自分自身にも問われているのだと思っています。

|

« 予算委の質問を終えて | トップページ | 長崎出張 »

コメント

>田村氏は(中略)培った見識を政治に生かすべく、鳥取県知事選、参議院選(鳥取選挙区)、
>衆議院選に無所属で立候補、自民党推薦・公認候補にことごとく敗れた後、
>自身が戦った自民党現職参議院議員(坂野重信元自治相)の逝去に伴う
>補欠選挙に、自民党公認で出馬・初当選し、
>平成16年に再選されて今日に至っています。(中略)
>比例区に廻る田村氏は、選挙区ではかつて自身が戦った
>故・坂野氏のお孫さんを支援する、というなんとも面妖な構図

「自身が戦った自民党現職参議院議員(坂野重信元自治相)の逝去」
「選挙区ではかつて自身が戦った故・坂野氏のお孫さんを支援」
と田村の対立候補が坂野重信だったことを書いているのに対し、
2000年衆院選で田村が鳥取1区で落選した時の対立候補が石破茂であったことを
「衆議院選に無所属で立候補、自民党推薦・公認候補にことごとく敗れた」
とだけ済ませて、さりげなく書き落としてますね。

でも、過去の1人区としての鳥取1区で石破茂の5回の選挙では
2000年衆院選の田村氏との戦いが一番苦戦したのではないでしょうか? あくまで他4回の選挙との比較ですが。
2009年衆院選は(幹事長の島根1区ですら民主党候補が比例復活するほど)民主旋風が吹く大逆風の中で自身の元公設秘書でもある奥田保明相手に5万票差で比例復活も許さないほど圧勝してましたし、
1996年と2003年の衆院選は社民党相手で7万票差や8万票差で圧勝したし、2005年は小泉郵政選挙で6万票差で圧勝しました。
でも2000年衆院選で石破氏は田村氏との選挙で3万票差まで迫りました(それでも部外者にはセーフティリードに見てるが)。

2008年の総裁選で田村氏が石破氏の推薦人になったのは、2000年衆院選で対立した過去の恩讐を越えたものと思っていました。たとえ、違う政党になっても、一方が落選してタダの人になろうとも、共存できる場所があれば、いつかどこかで気軽に話せる間柄になって欲しいものですが。

投稿: KOKO | 2010年2月10日 (水) 20時59分

浜田さんと言えば、石破先生も参加されている対談本「『国力』会議」の司会をされてる方ですよね。あの方なら私も応援したいです(選挙区は違いますが)
国政の場でご活躍されるのが楽しみです。

田村氏と言えば、・・・何やらツイッターで批判されて逆切れしたりしてたようですね。あの騒動を見て、正直「自民党を離れてくれて良かった」なんて思いました(笑)

投稿: 観音寺 | 2010年2月10日 (水) 21時13分

田村議員は自らのブログで例の民主党の将軍様のことを評価する内容のことを最近書いていらっしゃるようです。そもそも夏の選挙を考えての行動であるは明白で、石破議員のように政治理念や政策が理由でないのが残念というか、どうしても許せないところです。このような行動をする人物はどうしても信用できません。まちがっても指導者にしてはいけない人物でしょう。

投稿: qqq | 2010年2月10日 (水) 21時40分

田村耕太郎議員はたしかにブログなどで幅広い経済交流関係などを取り上げ海外知己の人間交友録をひけらかすような兄ちゃんというイメージで『自分自身の意見が通らない実現しないから野党から与党にいった ボンボン』といったら良いでしょう 今日の石破先生の書き込みコメントで事情が良く解りました。石破先生が気になさることはないと思います
さて本日 やっと 金子前国交大臣の粘り勝ちで 民主党の箇所付け書類提出がなされましたね じっくりと民主党の利益誘導を炙り出してください。 12日は政治と金(言葉をかえましょう政治費用問題)の集中審議が始まると思います わたしも何度も指摘させて貰っておりますが自民党自身 鳩山邦夫先生並びに二階先生のきちんとした国会での説明責任は必要だと思います 是非まずは甲斐より始めよです 毅然とした石破先生の御判断を望みます

投稿: 西村 宏之 | 2010年2月10日 (水) 21時43分

一部夕刊紙→「日刊ゲンダイ」ですね(笑)
ネット上ではゲンダイの記事は笑いのネタにしかなっていませんよ。

それよりも私は今日のTV朝日のスーパーモーニングで、長時間かけて未だに検察批判をしまくっているコメンテーターの「石川議員はどうやって検察に無理やり供述をさせられたかなど、正直に説明すべき」というコメントに戦慄と驚愕を覚えました。
腐ったメディアでもテレビは影響ありますからね。

本当に怖い世の中です。

田村議員のことはなぜかあまり話題になりませんね。民主党が過半数って結構なビッグニュースだと思うんですけれど。

あと、今更ですが、民主党の無知さ、政策のまずさ、危うさ等、全く報道しませんね。小沢問題は結構やってますが。
なんか、日本のテレビってもう、女性週刊誌並ですよね。

すみません。またテレビの愚痴を書き込んでしまいました。

投稿: 遠藤敦子 | 2010年2月10日 (水) 22時09分

初めてコメントさしていただきます。

田村参議院議員の民主党入りはとても残念なニュースでした。
田村参議院議員は自分の政策と言いますが今の政権与党では幹事長の政策しか通らないように思えます。

ところで昨日の衆院予算委員会の自民党高
市氏と北沢防衛大臣とのやり取りを見て日本国民として唖然としました。
国家としての考えより、情緒的な考えを優先し、何の根拠もないのに民団にそのような考えがないから危険性はないと公言する。
こういう安直な考えの人が日本の国防を担っているのが不安であり怒りさえおぼえました。

お忙しいとは思いますが防衛大臣を務められたこともある石破先生にご意見を伺いたいです。

投稿: dep | 2010年2月10日 (水) 22時18分

永住外国人地方参政権、絶対に反対です。

民団に選挙協力を大々的にやってもらったから、日本国民固有の権利を民団に渡す。こんな異常な事があって良いのでしょうか?

投稿: 山ちゃん | 2010年2月10日 (水) 22時23分

石橋ゲル様

国防、農政、憲法解釈に関して貴方様の右に出る者はいないな・・・と、思っております

一部(本当に一部)報道の批判など捨てておきましょう。雰囲気でしかものが言えないジャーナリストはグズです

投稿: ゲルfan | 2010年2月10日 (水) 22時34分

日本のため、頑張ってください。
応援しています。

投稿: はすた | 2010年2月10日 (水) 22時34分

>一部夕刊紙には
あの新聞はいつも出鱈目、見当違いな事が書かれており民意とは程遠いので石破さんは全く気にしなくてよろしいかと思います。
石破さんには期待させて頂いていますのでこれからも頑張って下さい。

投稿: 応援しています。 | 2010年2月10日 (水) 22時35分

夕方、テレビで石川議員の離党の事が放映されて
いました
石破さんもそれについて
色々コメントしていらっしゃいましたね

失礼と承知の上で申し上げます

あなたにそれをとやかく言う資格はありません

自分の胸に手を当てて
自分の昔の過ちを
思い出して下さい

石川議員の犯した罪より
もっと罪の重い事を
されています

それを棚にあげて
あのようなコメントは
控えていただきたいものです

このような駄文を、お読み下さりありがとうございました。

投稿: 広辞苑 | 2010年2月10日 (水) 22時40分

毎日のように、ニコニコ生中継で国会中継を見ております。
石破さんの質疑は素人の私にも大変わかりやすく、いつも勉強させていただいております。
また、高市議員の質疑も大変すばらしく、外国人参政権についての現政権の認識の危うさを露呈させたと思います。
なぜこれがNHKで生中継されなかったのか、TVのニュースや新聞で注目されないのかと、歯がゆい思いです。
特に防衛相の国防意識の甘さには、強い危機感を感じました。
質疑に立たれる自民党の議員と、答弁する現閣僚の能力の差は明らかです。
どうか早く政権を奪回されますよう、心より祈念しております。

投稿: dona | 2010年2月10日 (水) 22時43分

無知は罪悪である。本当にそう思います。民主党のマニフェストを見るだけで、この政党は日本を社会主義にするつもりかと思いました。でも、それならまだましです。政策集に至っては、売国としかいいようがないのですから。

うろおぼえですが、福島議員の質疑に対して、当時の小泉元首相が、”備えあれば憂いなしを否定する政治家がいるとは、驚きです”と、答弁しました。
私はこの数カ月、ずっと驚きぱなしです。

昨日の北沢防衛大臣の高市議員に対する答弁はあまりにお花畑でめまいがしました。

投稿: まい | 2010年2月10日 (水) 22時53分

さすが、石破先生のブログはいつ見ても勉強になります。

マスコミが『つまみ食い』の様な情報しか流さないから、我々は何がいけないのか、何が正しいのか、判断が難しい世界に置かれています。

田村氏においては、過去の経緯と今後の点を踏まえ、民主党入りをしたと言う点は兎も角、確かに『自民党』として当選しておいて『今日から民主党』と言うのは、常識はずれと言わざるをえないでしょうね。

民主党に行きたいなら、まずは議員辞職すべきでしょう。

今日も色々な方と話を仕事でしましたが、国民は少しずつ『民主党はオカシイ』と気づいています。

某週刊誌などが石破先生をイヤミだの何だのと書下ろしていますが、まっとうな日本人は皆気づき始めています、頑張ってください。

投稿: kensuke | 2010年2月10日 (水) 22時54分

石破先生こんばんは。
私も例の夕刊紙の記事を見ました。
先生をよほど脅威に感じているのか、
「どうしても叩きたいが質疑の内容で批判する事が出来ず、
あげ足取りになってしまった。」と言う様な記事に見えました。
基本的な事にも答えられない総理と閣僚の方々には、
結構多くの人が「異様さ」を感じているようですよ。
もしお暇が有れば、その記事にコメントが出来る所が有りますので見てみて下さい。

http://news.livedoor.com/comment/list/4595401/

投稿: 領家 | 2010年2月10日 (水) 23時34分

今回の内容に関係ないですが、テレビで放映されている議会での残念なヤジのやり取りは何とかならないのですか?
本当に国民の代表でという自覚があるのなら、日本の将来を考えているのなら、知性とユーモアーのヤジと言っている政治家がいるのが残念で仕方ないです。
国民に伝わる未来を考えた政治をお願いします。

正直、希望や夢が持てない十代が居る現実が悲しいです。

投稿: zono | 2010年2月10日 (水) 23時36分

石破先生 ものすごく遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます

さて夕刊紙に先生の批判があったとのお話ですが、あの夕刊紙は正直まともな情報源だとは私自身は思っておりません

先生の答弁に非の打ちどころがないため無理やり批判したものでしょう(だいたい容姿など批判することはまともなメディアのやることではないと思います)ただのひがみです。逆に鋭いまなざしとぶれない理念をお持ちの石破先生のお顔を頼もしく思っているものも相当数多いはずです

次に田村議員について、正直・・・・腹が立ちました
一つには現在僅差で参議院議席過半数を保っているこの時期に、少なくとも自民党から推薦を受けて当選した議席を、よりによって民主党に持って行くとは…
少なくとも国会議員の議席は国民の信任の証であり個人のものではありません
理念、今までの言動など田村様のブログを見させていただきましたが・・・一体民主党のどこに己と通じるものがあるのでしょう
倫理観、および理念のなさにはあきれ返るばかりです

またツイッターでの発言において批判を切れて返す態度、また、「入党なう」というつぶやき・・・一体政治をどう考えておられるのかとさらにあきれるばかり

そもそも引き抜きやら、権力争いなどのゲーム感覚の政治にはあきれ返ってものも言えません

私は本来無党派で、党ではなくその時々の方針や行動で投票先を決めますが、自民党の石破先生でなく、いかなる立場になっても国を思い、理念をしっかり持ち、また非常に明確に分かりやすく物事を説明していただける石派先生を支持しております(残念ながら鳥取県民じゃないんですが)

すべての石派先生の考えを支持するというわけでもないのですが、人として非常に尊敬させていただいております

そして同時に、政治がおもちゃになってしまい、国益ではなく自己利益に沿って動く政治家の多さに嘆いてもおります

石破先生のような真の国益を考え、日本の方向を決める政治家様にもっと活躍していただきたく思います

政策を打ち出したら、批判されて、甘い考えのところや間違いを修正していくことでよりよい考えて行くのが議論であると思っておりますが、議論もぜず、各自が勝手なことを言い、挙句の果てに、支持率のためだけに、いうことをころころ変え、言い訳ばかりする政治ではあまりに情けない
国益を損なってるようにしか見えません

石破先生、大変だとは思いますがどうかお体にお気をつけて頑張ってください

あなたは希望の光だと私は信じます

投稿: ちぇりぃ | 2010年2月10日 (水) 23時39分

先日の憲法論義、拝見しました。
とても分かり易く、改めて、憲法の勉強をさせていただいた気分です。
今後も、鋭い質問をぶつけてくださるよう、大いにご期待申し上げております。

投稿: Non-Chan | 2010年2月11日 (木) 00時11分

46歳の主婦です。
石破さんの 普通のおばさんにもわかるように話してくださる政治姿勢が好きで 本も何冊か
読ませていただきました。
表題は普通の主婦にはあまり馴染みのないものでしたが 読んでみると心にすとんと落ちていく言葉が多くて 一気に読むことが出来ました。国防のあり方、軍隊と自衛隊の違い 憲法
集団的自衛権と 日常生活でほとんど使わない言葉ですよね。 あまりに平和で日常気にしなくていい 意識すらしない言葉たちの重さを
改めて思い知らされました。
 政権交代は正直 一国民として良かった面もあると思っています。
ただ安全保障、外交に関しては不安でしかたありません。石破さんの本を読んでいなければ
こんなに不安な気持ちにはならなかったかもしれませんね(笑)
 国会で石破さんが質問したとき 北澤防衛大臣が アメリカのQDRを簡単な資料程度の認識で 同盟国である日本は今後それをどう検証していくのかといった話は何も聴けなかったこと
に愕然としてしまいました。
 せっかく2度目の野党となったのですから
(すいません)今度こそとことん安全保障、集団的自衛権などなど 岡田さんたちとうんと激論してほしいなと思っています。
軍事を知らずに平和を語るな ですよね。  
  
 普通の主婦である私に 大切な勉強の機会を与えていただいて ありがとうございます。
どうぞお体に気をつけて お仕事頑張ってください。

投稿: ゆきこ | 2010年2月11日 (木) 00時31分

軍事・外交・経済の三つは、「どれか一つが欠けても国家が成り立たない」鼎の足のようなものかと思います。

最近の民主党政権を観ていると、今にも鼎の中身をこぼしてしまいそうな危うさを感じさせます。

それどころか、鼎の中身を変質させてしまう外国人参政権付与法案など数々の悪法を用意している始末です。

これは有権者に対する詐欺であり、背信行為そのものです。

投稿: 自民党支持者 | 2010年2月11日 (木) 00時58分

初めてコメントしますm(_ _)m
今回の関口氏の件は驚きより呆れるばかりで、信念とはどこに置き忘れたのか?選んでくれた選挙民に対してどう申し開きをするのか?余りの短絡的な発想に言葉を無くします。色々ご多忙かとは思いますが、お身体御自愛されますように。

投稿: emiko | 2010年2月11日 (木) 02時10分

田村氏の離党についての背景説明して頂き感謝です。
政治の裏の部分って国民はもっと知りたいと思います、なので石破さんの国民に伝えようと丁寧な姿勢には毎度感謝してます。
夕刊の石破さん批判の記事は悲しかったです。あんなにしっかり質疑していて、閣僚側の勉強不足の方が見出しになるネタだと思いました。こういうバッシングには慣れてるかも知れませんが
石破さんにストレスが掛からないとよいなと感じました。
自分は応援してます、バッシングに負けず頑張ってください。

投稿: しま | 2010年2月11日 (木) 03時44分

初めてコメントさせていただきます。
直前の金子議員から引き継いだ箇所付けの件、
更に波紋が広がっているようですね。
民主党を協力に支持しているか否かで
事業を継続するかどうかを決める
(場合によっては凍結中の事業も再開する)
というやり方のどこが
「コンクリートから人へ」なのでしょうか。

それとは別に。一部夕刊紙とは明らかに
日刊ゲンダイのことを指していると思われますが、
正確に言うとゲンダイは新聞ではありません。
石破議員もご存知のことと思われますが、
新聞協会に加盟していないため雑誌扱いです。

投稿: 秒刊ゲンダイ | 2010年2月11日 (木) 05時50分

石破様、

日々の激務お疲れ様です。

さて、古きよき時代の日本はどこへ行ったのでしょうか…?

田村重信氏のブログを読ませて戴きました。(一部抜粋):ー
http://tamtam.livedoor.biz/archives/2010-02.html#20100209
ーーーーーー
伊吹文明政権構想会議座長の新綱領解説(上)
日本人が大切にしてきた自助自立。頑張れない人は、ご近所や家族の中で助ける。儲けたお金で成金のようなことをしない。質素に暮らす。それが日本人だったのです。日本が大切にしてきた生きざま、すなわち日本の文化を、もう一度取り戻さなければなりません。 
ーーーーーー
正しく賛同するお言葉です。日本人として生を受けたらどんな時代でも又どこに住んでいようとも決して忘れては成らない基本的な行動様式だと思っています。 今、大方の日本人は、若者は勿論ある程度の年齢になっても尚、目上の人たちを尊敬する心が失われているように思います。 自分だけよければ良いと言うような考えが世の中をおかしくしているように思います。 伊吹氏が仰る 「日本人が大切にしてきた生きざま」、正しく今取り戻さなければ、日本が自国の良さ(伝統)を失ってしまうと思うくらいに深刻な時を迎えていますね。
しかしながら、最近ネットの中で保守の方達が ’愛国心’ から「日本を守る! 」と声高に訴え、あちこちでデモを繰り広げている様子も動画にて見させていただき、勇敢な’国思う’日本国民が真剣に活動を始めている様子が一部のネット.ブログなどから知ることが出来ました。 日本を未来に繋げるために「日本を守ろう!」と必死になっている方達が少しづつ増えてきているように見えます。 私としても祖国日本で’愛国心’をお持ちの方達が頑張っている姿に、感謝すると同時に嬉しくなりました。

私は、先祖代々から教え継がれて来た耐える事 の尊さ、人と分かち合う幸せ,即ち、’助け合いの精神’ が 物質的欲望よりもずっと大切 だと思っています。 正しく伊吹氏が仰っている言葉に全て篭められています。

自民党の加藤紘一氏の8日の質疑に関しては、’真実の扉さん’のブログにて動画を見させていただきました(鋭い質疑にレベルの高さを感じ受けました):-
http://one-michaelmas-daisy.blog.so-net.ne.jp/

もう一人の自民党議員の、高市早苗氏の質疑に関しても、女性らしい穏やかな話し方、それでいて的をつく数々の重要質疑は、多くの日本国民の方に見ていただきじっくり考えてもらえればよいと思いました。
残念乍、石破さんの動画は見つからず皆さんの沢山のコメントで、素晴らしい質疑だった事が伺えました。 今の所は、見れる動画は時間のある時に見させていただいていますが、自民党の議員さんがテレビなどに出ないから「何も見えない、何も行動をしていないのでは?」と言うような人もいるようでしたがこの所はずっと衆議院.国会の模様がテレビや動画にて見れるのですから、’魔法’にかかっていた国民の目が少しづつ覚めていく事でしょうと期待をしているところです。


理解しがたい民主党のマニフェストが多くの国民に支持を受けたとはとても信じがたいです。 政党の考え一つで日本の方向性が、’天と地’程の違いが生じる可能性もあるという事に危機感を覚えます。
明らかに今言えることは、民主党の方達が「国民の暮らしを考えている」と言いながら、昨年九月の衆議院選挙に勝利する為にあちこちで勝手に約束をしたことを優先的に進める事によって取り返しがつかなくなるようなことがないようにと強く念じています。 

まあ、民主党にも’愛国心’を持っている日本の議員さん(保守派)もいらっしゃるのでは?と期待しています。

石破さん他自民党の方達を応援しています。

投稿: 原田 | 2010年2月11日 (木) 06時30分

石破茂先生、
おはようございます。お疲れのところブログ更新有難うございます。
毎日、今国会御心労は、如何ばかりでしょうか?体調は崩されていらっしゃいませんか?心から御礼申し上げます。happy01 田村氏のこれまでの経緯をおしえて戴いて有難うございました。そうだったのですか。TVやマスコミ報道は、信用が無くなって久しいのですけれど・・・。その影響力は、計り知れないモンスターですから・・・ね。
それから、某夕刊のお話は、
イヤミでも、言わないと夕刊自体の存在が危ぶまれるのかもしれませんし・・・まぁ、嫌われるのも人気の裏返しと思えば、有難いですね。勲章のようなものと、私は記事を読みました。無視できない存在だということなのでしょう。

明日から、またハードな国会審議が続きます。どうぞ、石破先生らしさを発揮なさって下さいね。これからもずーっと、応援させて戴きたく存じます。どうぞ、御身お大切に。
それでは、有難うございました。

追伸:
2月14日、チョコレートの食べ過ぎには、充分気を付けて!ご注意下さいね!

投稿: michaelmas daisy | 2010年2月11日 (木) 07時32分

普天間問題大きく前進しましたね。
アメリカは二正面作戦を放棄したことをQDRにて発表し、今後朝鮮半島での戦争は行わないこととなったと。
つまり沖縄の海兵隊の役割は終わりを告げ、グアム移転に大きくシフトしたってことでしょう。

現政権のねばり勝ちですね。
それにしても自民党政権下の何十年はなんだったのでしょう。

お役目お疲れさまでした。

投稿: できそくない | 2010年2月11日 (木) 09時53分

田村議員、ツイッターで「入党なう!」等浮かれた事を仰っていてビックリしました。あのような方は自民党を去られて逆に良かったのではないかと思います。きちんと政策を語り、日本の国益と国民の命を守る議員しかいりません。
ところで、高市議員の質問に対する北沢防衛相の答弁、あまりのお花畑ぶりに呆れ、悲しくなりました。選挙のときに民団とたくさん接したからわかる、大丈夫とは何事なのでしょうか。こんな方に国防を任せて良いわけがありませんし、そもそも民団から選挙応援を受けるのは公職選挙法に触れないのでしょうか…。某大臣も「この国をどうやって転覆させるか」と発言したり(ネット上に動画が多数有ります、是非ご覧頂きたいです)党をあげて国をめちゃくちゃにしようとしているのでしょうか…
テレビは恐ろしいほど民主党擁護一色ですし、この国はいつから独裁制になったのでしょう。
石破先生のお力で参議院選では民主党を叩き潰して下さい。お願いします!

投稿: アラフォー主婦 | 2010年2月11日 (木) 10時07分

はじめまして。ブログいつも拝見させて頂いております。
まだ若輩の身で、立派な文章は書けませんが、先にどうぞお許し下さい。

石破先生、他沢山の方も同じ様に書かれておりますが、前回の国会を見て、とても分かり易く感銘をうけました。国会中継をこんなに夢中で見たのは、初めてでした。

大変恥ずい事ながら、今まで普天間の問題を他人ごとに考えておりました。しかしこの国会において石破先生の質疑のお陰で、自分の無知と日本が今までどんなに努力を積み重ねてきた事や、またこれからどうあるべきなのか…自分なりに深く考える機会を下さり、深く感謝しております。母にも録画を視てもらい、同じ意見でした。

翌日ネットでゲン〇イの石破先生に対する中傷記事を読んで、かなり失望しました。いえ失望ではなく軽蔑します。勿論先生がいつもおっしゃられている違う意見はあって当然ですが、この記事は失望内容に対する意見ではありませんでした。内容では批判できないから笑顔とか顔とか、政治と国会にはまるで関係ない話です。堂々と議論に答えられない後ろめたさをそらそうと、稚拙で卑劣な記事だと思います。今の民主党政権と同じ匂いがして気持ち悪いです。内容が無さ過ぎる記事で、自ら都合が悪い事を暴露してるようにも見えます。

石破先生のおっしゃられる「無知である罪」は、政治家だけでなく私達国民も同じだと思います。以前の私も、ただ政治に不満をもちながらも、知ろうとする努力を怠っていた事は、全く恥ずかしい愚かな人間でした。しかしこの事に気づかせて下さったのは、石破先生です。政治に無関心な私でしたが、小さな事でも、これからは行動したいです。たとえ何も結果として変わらなくても、何もしない卑怯な人間にはなりたくないです。

心から応援しております。お体をどうかお大事にして下さいね。

それと私は先生の笑顔大好きです^^

投稿: ゆうこ | 2010年2月11日 (木) 10時44分

日本の企業においては、「企業に対する忠誠心」が極端に構成員に要求され、「職務に対する忠誠心」がないがしろにされる傾向が強く、アメリカとは正反対という事です。
石破先生のように、「職務に対する忠誠心」から、自分の価値判断に基づいて行動されてきた道は正しいと考えます。党派よりも、政策に対する考え方を基準に行動することが重要だと思います。

田村議員のサイトを見る限り、この人の考え方は「金融万能論」とでもくくることができると思います。甘いとしか言いようがありません。
金融に関するテクニックですべての問題が解決するとでも考えているとしたら多間違いです。また、金融立国がしたいのであれば、アメリカに移民すればよい話です。まあ、もっとも田村某の中途半端な能力では、アメリカ人も相手にしないでしょうがねぇ。
日本の場合、技術立国や設計立国は可能ですが、金融立国は不可能です。
それが分かっていないようですね>>田村某
金融で、トヨタやホンダのリコールの問題が解決出るわけがありません。
ソフトウェア安全の問題は、ソフトウェアエンジニアリングという技術の問題でありまして、金融技術ではどうにもなりません。
現在の政府の対応を見ておりますと、あまりにも感度が悪すぎます。
そもそもこの問題の本質を正しくとらえているものが民主党内に存在していません。
この問題はトヨタやホンダという民間企業のレベルで解決すべき次元の問題ではなく、国がコミットするレベルの問題です。政府直轄のプロジェクトチーム発足の迅速な発足が望まれます。事業仕分け第二弾の準備などやっているヒマはありません。
自分は、事業仕分け第一段ですら、危ういところだらけと見ております。
子供手当という大きな無駄遣いのための財源を確保したいがために、国家百年の大計である科学技術関連の予算を間違った根拠で切り捨て、二十一世紀の日本の未来を切り捨てた愚かな行為であり、たとえ年を越したとしても、この問題は一つ一つ厳しく追及して、仕分け人一人ひとりを国会に参考人招致して、詳細に言質を取り記録に残し、後々に行政裁判にて厳しく裁くことが可能にしておくことが国民の生活を守ることに直結すると思います。
なぜ、あの仕分け人どもが、ひとりとして、子供手当という莫大な無駄を現在に至ってもなお、指摘するものがいないのか、不思議です。
お役人ばかりを悪者に祭り上げていては、トヨタやホンダのリコール問題(その本質はソフトウェア安全)という、国のレベルで迅速に対応すべき問題が野ざらしに放置されます。
お役人を悪者に祭り上げた「事業仕訳」という事業こそ、もっとも迅速に厳しくただちに仕分けされる必要があります。
現政権の見識を大きく疑うところです。

投稿: 山口健二 | 2010年2月11日 (木) 10時47分

普天間問題は、鳩山首相の小さな親切大きなお世話です。愚かな総理が、大きな迷惑を引き起こす、現実に起きている寓話です。

彼は血統書つきの駄馬で、友愛という家訓と格好をつけるのが大好きな空想家でした。ダンディーな愛妻家ですが、プライド高き知恵遅れが大きな欠点でした。

駐留なき安保を唱えていたときから「沖縄を大切に」が彼の気持ちの中心です。首相就任直前「普天間は国外移転、最低でも県外移転がのぞまれる」と抱負を語りました。石破議員が心配したとおり、「米軍の抑止力も研究せず」「県外の候補地を検討したこともない」驚くべき無責任発言だったのです。ガラス細工のように神経を擦り減らして組み立て、奇跡的に合意にたどり着いた辺野古案を、苦労知らずの空想家が木っ端微塵にしたのです。

5月に出す総理の最善の選択は、自らの小さな親切が、解決を遅らせ沖縄県民を苦しめたと頭を丸めて謝罪し、辺野古案に戻してくださいとお願いすることです。彼の見栄っ張りのプライドが、最善の選択すら道を閉ざすことでしょう。自分の放火を消そうともしない精神疾患です。禁治産者の宣告を受け社会から隔離する必要があります。

彼は就任早々にホワイトハウスに招かれ、「ブラフ・由紀夫」と呼び合う親密度をアピールしました。わずか2カ月後の首脳会談で「トラストミー」と発言し、オバマ大統領を完璧にコケにしました。彼のワイフの宇宙人話はジョークで済みますが、首相の約束違反は国益を大きく害します。「禁治の総理」は、日本が抱えている深刻な危機であることを、国民に知らせるべきです。

投稿: 鈍重 | 2010年2月11日 (木) 11時43分

「実にイヤミで、だから人気が出ないのだ」効いている証拠ですね(笑)
ネチネチ追求していくのが良いのに(笑)
更なる追求を期待しております。
一刻も早くあのイカれた政権を
打破して戴きたいものです。

投稿: 青山 誠治 | 2010年2月11日 (木) 12時31分

先の予算委員会での石破先生の質疑はとても
頼もしく、そして私のような無学な者にも
与党の矛盾をわかり易く突く内容で
興味深く拝聴させいただきました。
しかし常識の通用しない民主党は言葉を二転三転どころか
千変万化の詭弁と厚顔無恥な強弁に終始し、
答弁のたびに憤りに拳を握りしめておりました。
なぜこのような党が支持されているのか未だ理解に苦しみます。
来るべき参院選では必ず自民党の
巻き返しがある事を信じております。

また、このような国難の時期に離党騒ぎ。
田村議員についてはその奇異なファッションと合わせて
スタンドプレーに走りすぎる人物と感じておりました。
きっと己が大好きな人物なのでしょう。
県民の皆さんの懸命な判断が下されることを願って止みません。

これからも厳しい国会での論戦が続くと思いますが、
日本国民のための政治をお願いいたします。
先生の益々のご活躍を期待しております。

投稿: 青山 | 2010年2月11日 (木) 12時45分

はじめまして。
以前からココを見させていただいておりますが
初めて書き込みさせていただきます。

去年の中ごろあたりから
衆参両院の中継をネットで見るようになりました。
NHKは中継しないときがありますので。
そして・・・見れば見るほど呆れてしまいます。
民主の答弁でマトモな答えが殆どありません。
目標だけが高くて具体策が無い。
身内擁護にはぐらかし。
しまいには党内で対立・・・。
正直見るに耐えませんし腹立たしいのですが
全て国民の代表なのだからと見ています。

石破さん、頑張ってください。

投稿: 富県民 | 2010年2月11日 (木) 13時01分

田村は、自民党だったので投票しましたが、
もう、本当にあっさり裏切られて、私の周りも怒り心頭過ぎて、呆れています。

浜田氏には絶対に頑張ってほしい。
応援します!!

投稿: 鳥取のオバチャン | 2010年2月11日 (木) 13時52分

そうでしたか、田村耕太郎議員の事をWikipediaだけでは解らない情報頂き私なりに納得致しました。
人間誰でも岐路に立ちます。それが我意にそぐわぬ事も多々あります。その場合、力の限り自説を唱え説得するか、曲げて妥協するか、それとも「その社会」から去るか。長期短期展望と合わせてミヒャエル・ゴルバチョフも、4人組に辛酸をなめさせられたディン・ジャオピンも各先人達も色々あったろうし、私も調べて、生きていく上で勉強になります。

後、民主党勝手連機関誌は、放おって置いていいのではw?
なにやら「証拠物件」として国会内に持ち込んだ人も居ましたけどw。

投稿: 山中隆成 | 2010年2月11日 (木) 14時04分

日刊ゲンダイは明らかに民主シンパなので,気にする必要はありません.愚かな人は,議論の形成が悪くなると,相手の議論の中身より外見を叩くようになりますから.政治家,ましてや国防を預かる重要閣僚にとって無知は罪です.石破さんの指摘はイヤミでも何でもなく,冷徹な事実です.

衆議院予算委員会を見させていただきました.内閣法制局と内閣の意見が異なれば,法制局長官を罷免するという答弁を閣僚がしていたのには寒気がしました.

外国人地方参政権は必ず憲法問題が出てきます.産経の調査によると,97%の人が外国人地方参政権は違憲と考えているそうです(産経なので,バイアスがかかっていると見たほうがよいかも).参政権付与法案に関して内閣と法制局の意見が違えば,法制局長官を罷免して内閣の都合のいいように解釈させる.

こんな恐ろしいことが起きるのかと思うと,この国はとんでもない方向にいくと思います.

石破さんや自民党のみなさんは,野党という機会ですので,正論を吐き続けてもらいたいと思います.
ありがとうございました.

投稿: つばさ | 2010年2月11日 (木) 14時25分

石破先生

なぜ、昨日の国会中継はなかったのでしょうか。高市議員が外国人参政権について質疑をしましたね。
国防を預かる北沢国防大臣は
「日本が韓国、中国に過去ひどいことをしたから、参政権を与えたい」
旨の発言をなさいました。
これは、歴史認識もさることながら、共生国家というのは対象は中国、韓国を指していたとの言質ですね。
国防を個人的な感情で考えてよいのでしょうか。
地方選の票差が数十票の地域に彼らが押しよせたら、、、。寒気がします。

共産党、公明党ももちろん賛成の立場です。

今まで自民党が最後の砦として廃案にし続けてきた外国人地方参政権付与法案。

少数派がいくら反対を叫んでいても多数の前には無意味なのでしょうか。

私たちが実際に取れる行動の一つであり、もっとも大きな意見表明の場である国政選挙。ここでまさにテーマにしていただきたい。日本人の静かな怒りの沸点は真近です。


投稿: のり | 2010年2月11日 (木) 14時44分

>防衛白書も読んだことがなくて、どうして>普天間基地の名護に代わる代替地が決めら>れるのか。
>憲法九条の構成も知らないで、どうして安>全保障論が語れるのか。

私も同感です!
さらっとしか読んだことないって…。あの答弁の感じだと読んだことすらはないのではと疑ってしまいます。

主権とは何かにも答えられなかったですしね。鳩山氏と平野氏が「なんだっけ?」みたいに顔を突き合わせていたのには苦笑でした。

閣僚の方々は日本語の理解が悪い方ばかりで、毎日国会中継を見ていてイライラします。テレビ中継のない日の国会はいつも以上にグダグダですしね。ごまかすことばかりに終始していて、なぜこんな党が与党なのかため息がでます。

防衛大臣は外国人参政権に賛成とか…。こんな人が国防を担っているのは非常に恐ろしいことです。
外国人参政権は日本国民にとってどんなメリットがあるのか、全くわかりませんし理解できません。

石破さん、絶対に絶対に民主党から政権奪取してください。お願いします。

投稿: まめ | 2010年2月11日 (木) 14時54分

田村氏には、現民主党政権の体たらくを見てからあえて入党されたのですから、是非持ち前の炎のような情熱で信念の赴くまま頑張っていってほしいと思います。

ツイッターで意見した人に「本名名乗れ卑怯者!」とキレて吼えまくる、党への「売られたケンカは買いますよ、相当の覚悟で」という暴言、実に火の病的で民主党にピッタリの人材です。
今まで与党にいなかった党の魅力に「族議員がいない!素晴らしい!」「重心がはっきりしている。」をあげるピュアピュアさも実に民主党的です。適材は適所ですね。

さて、なぜか石破先生が質疑に立つとなぜかことごとく説教になってしまう不思議。

石破先生だって情けなく思っていらっしゃることでしょう。
私たち国民だってこんな無知蒙昧な政府は望んでおりません。
現政権に問われているのは「誠実さ」だと思います。

投稿: 八郎 | 2010年2月11日 (木) 15時43分

普天間基地の名護に代わる代替地は無いとおっしゃってるようですが、名護市長選の結果や沖縄での世論調査、沖縄県議会の動向をどう考えますか?

投稿: yonsama200Q | 2010年2月11日 (木) 15時55分

石破先生

予算委員会での先生の質問、拝見しました。
非常に頼もしく感じられましたが、先生ご自身はその後のテレビで「60点くらいかな。もう少しエンターテインメント性があってもよかったかな」と少し不満げのようでした。確かにマスコミ受けは余り無かったようです。また無責任な視聴者としては暴言・乱闘のようなエキサイティングな場面にエンターテインメントを感じてしまうことは事実です。しかし場所は国会です。国民の代表が一定の前提・一定のルールを踏まえ正々堂々と議論をつくす場です。先生の質問は内閣・民主党の面々がこういうことをわきまえていないということを明らかにしました。その後の高市先生もそういう面を明らかにされたのではないでしょうか。私たちは、真の「政治家」の働く姿を見たいのです。石破先生・高市先生の質疑は、真の政治家と偽りの政治家の違いを明確にしたものではないでしょうか。
国会での議論はとかく平行線や言い逃れのままで終わってしまいます。だからこそ、国民に、何が欺瞞か、誰が偽物であるかを明らかにしていただくことが最高のエンターテインメントではないかと思います。
真の政治家のこれからの活躍を期待しています。


田村議員のこと、離党ではなく辞職すべきではないかと思っています。「○○党の○○」で国民から選ばれたのだから○○党を離れるときは当然議員辞職をすべき。そして次回改選時に××党から出ればいい。それが国民(自分に投票してくれたか否かを問わず)に対する政治家としての責務です。
彼は、政治家に必要な立派な経歴、堂々とした風貌、理路整然とした話し方を持っているようです。しかし、こんな外的要因に今まで世界中でどれだけ多くの国民が騙されてきたでしょうか。どれだけ多くの人間が殺されてきたのでしょうか。
少し飛躍してしまいましたが、一国民から見るとこのような人間は偽りの政治家です。政治家の目で見ると許容範囲なんでしょうか。どうせ無知な国民には分からないのでしょうか。‥‥だとすれば政治家がいう『国民目線』ってこの程度のものなのですね。(田村議員のことに関して言えば、今までは自民党本部、今度は民主党が騙されている。偽りの政治家は党利党略を利用し、党利党略は偽りの政治家を産む。そして誰も責任をとらない。)


鳩山さんを見ていると、「日のなごり」に出てくるお屋敷の主人を連想します。鳩山さんにこの映画の感想を聞いてみたいものですね。

投稿: i&u | 2010年2月11日 (木) 16時13分

初めまして。石破さんの言っていらっしゃる事、この国の政治家の中では一番納得出来ます。人気がないなんて誰が言ってるのか知りませんが、少なくとも私の周りの人間にはかなり人気がありますよ。どうぞこれからもこの国をより良くしてください。これからもずっと応援しています。

投稿: ただの主婦ですが | 2010年2月11日 (木) 17時06分

今の、多数決での勝敗に結び付く選挙や政党割議員数のシステムを、自民党が裁判所に憲法違反として訴えることは無理なのですか。なぜか私は、民主党党員や公務員その他から迫害を受け、仕事につくことができなくなり、とても苦しい日々を送っています。もう2年間無職です、道を歩いていると知らない人に「死ね」と言われることもあります。京都市や警察全組織それから検事や弁護士と裁判官そしてカトリック団体の不正を見付けて以来、嫌がらせを受けているのですが、どうやら民主党の支持団体のようです。ごく一般人の私のようなオバサンをなぜ標的にするかと考えてみても、その人達は処罰から逃れようと口封じを結託共謀しているのですが、でも私はまだまだ生きていたい。恐ろしいのは、京都市は私の子供を10年間施設にいれたままもう2年以上親子を面会も会話もさせていないこと、もちろん私は子供を引き取り学校編入を望んでいるのですが。今の政権では、人の親子を犬か猫の親子のように扱い本人の人格を無視し結果的に親子の生命まで抹消しようという陰謀を働く不条理な公務員やカトリック団体を、憲法や法のもと親子に償い、処罰を受けさせることは期待もできません。きっと、私だけでなく、納税の少ない貧乏な国民の生存権を水に流して財政の節約をする、というのがどうも民主党の改革のように思えてなりません。極端な表現をすると、民主党に批判的な国民に生きる権利は無い、そんな恐ろしい政治と国家公務員の政党信者行政が進行しつつあるように思います。国家公務員の幹部を政党が選んだりというのも、三権分立されなくなります。フランス革命よりももっと恐ろしい革命が今日本に起きていませんか。私はイギリスのエドモンドバーグの著書を好んで読みます、国家公務員を民主党信者にしないで、全体の奉仕者と公共の利益のために働くためには、既に起きている罪を犯した公務員を処罰するほうが正しいです。10人の犯人を逃して無辜の親子を死に到らしめる。最高裁のあの建築物はまさに10万石の無辜の墓でした。でも裁判官にだって国家公務員にだって私達親子を救済する資格も知識もあるはずです、なぜ知識が悲劇を招来させるかというと、まるでカルト集団のような人達の圧力があるからなんです。でも私は正確な法の執行を求め告訴と行政訴訟で10年間の慰謝料と将来の予防の権利発生と確保に努めてます。今の日本人の惨状は天皇にどう感じられるのでしょうか、そこに先日のような石破先生のような勇姿というのはよかったんですが、鳩山総理でいてほしいというのは、選挙に投票したことの無い国民にとってはやっぱりだめかと思わせる一幕でした。自民党が不器用なくらい正義感でいっぱいになれば、初めて投票してみる国民って多数いるんじゃないでしょうか。素朴な国民の意見です。

投稿: 多数決の課題 | 2010年2月11日 (木) 17時07分

高校3年です。

僕、石破さん大好きです。頑張ってください。

いつも、あなたを支えに生きています。

影ながら、応援してます。

投稿: 学生 | 2010年2月11日 (木) 17時41分

石破先生を応援するものです。防衛庁長官時に国会での理路整然たる答弁に感銘を受けて以来、国会議員の中で最も議論の上手い方と勝手に思っています。自分も先生のように議論ができる力を身に付けたいと以前より思っていました。今後ますますのご活躍を願っています。

投稿: ファンより | 2010年2月11日 (木) 19時06分

>一部夕刊紙には「実にイヤミで、だから人気が出ないのだ」などと酷評されていましたが、
>別に人気取りのために質問しているわけではありません

石破先生の、あれらの発言の
どこが嫌味なのか私には理解しかねます。(笑)

本当に今、国民にとって大事なのは人気取りの上手なお追従者ではなく
ここぞ、と言う時にビシッと物が言える人ではないでしょうか?
だから、先生の事を、ものすごく頼りにしています…。

投稿: ゆか | 2010年2月11日 (木) 19時38分

石破先生、こんばんは。

田村議員のことは、先生がどんなに庇われても納得できません。

離党することは、いろいろ悩まれた上での決断と分かりますが、先生のように無所属で立候補すればいいのに、小沢の要請で憎き民主党に入党し、その結果、民主党は参議院で過半数に達する…彼の愚かな行為で自民党がまた大打撃を受ける…腹立たしい限りです。

どうも民主党は、社民党や国民新党を、普天間基地移設のため、切る覚悟をしてるようです。

今朝の新聞に、沖縄県議会は、辺野古移設に対して、反対決議をするらしいと載っていました。

ガムも受け入れない・・沖縄も難しい。5月末に鳩山総理はどういうマジックをするか?正直言って、心配です。

もし辺野古移設になったら、沖縄県人の気
持ちを愚弄して、踏みにじったことで、鳩山総理は責任を感じて辞職してほしいと切実に思います。

石破先生が言われた「人の心をもてあそぶものは必ず報いがある」・・その通りになってほしいです。

小沢の不起訴もショックでした。
正義は負けたのだと悔しかったです。

「不起訴になったことで私の潔白は証明された。訪米してオバマに会ってくるよ」と豪語する姿を見て、吐き気を覚えました。

小沢は実に気の小さい男です。
世論だけではなく、民主党内でも自分に距離を持つ者が増え、自分の政治生命もあとわずかと悟ったので、あのような厚顔無恥な発言をするのでしょう。

私は、むしろあのまま参議院選挙まで幹事長を続けてくれたらいいなと思っています。国民は馬鹿ではないですから・・。

先生のご活躍は、よく新聞で読んでいます。少なくとも読売は先生に好意的です。

そして一昨日の友達との会話で、先生の国会質疑、とても評判が良かったですよ。
民主党閣僚の無恥さと、どういうわけか岡田外相がしどろもどろだったと言ってました。

これからも応援します。
頑張ってくださいね。

投稿: 万葉 | 2010年2月11日 (木) 20時45分

民主党は、選挙に向けた動きが露骨過ぎますね…。こんな感じでずっとやってたら、いくら民主党の支持者でも熱が冷めるでしょ。


政治主導の国会審議だからってテレビで期待して見ても、選挙演説みたいな漠然とした答弁しかできないし中身がほとんど無い。それに政治資金の問題は、まったく答える気も無いし…。
国会審議が民主党政権になって、本当に形骸化してしまいましたね。
あんな国会中継を見て、疑問に思わない人はいないと思いますよ。

投稿: くま | 2010年2月11日 (木) 21時19分

予算委員会での石破さんの質問じっくり拝見いたしました。民主との対決はっきり圧勝です。理路整然と問いただす石破さんとまともに答えられず時間のみ稼ぐ北沢岡田鳩山の面々、対照的であり大人と子供の差を感じました。無知で頼りない民主党にはまたまた失望。政治全般特に外交は彼らには到底任せられません。裏では小沢が着々と独裁体制を築いています。正常な日米安保体制が維持され正常な議会制民主主義が取り戻されるよう徹底的に戦ってください応援します。


投稿: マリア | 2010年2月11日 (木) 21時55分

石破先生

選挙区は違いますがいつも応援させて頂いております。
予算委の質問は仕事中でしたが、お昼の合間に運良く見る事が出来ました。民主党の方々を次々に論破していく姿をとても心地よく感じました。

理路整然と物事を考える事が出来る人に取って、先生の質問とそのやりとりは、「いかに民主党政権がおかしなものか」というものをあぶり出すのに十分だったと思います。
しかし、先生自身コメントされているように夕刊紙の評価は、「印象」でものごとを決めてしまう大衆の感想でもあると思うのです。
そしてこの国には、大事な物事ですら印象で決めてしまう多くの大衆がいることは「郵政選挙」や「政権交代」で先生自身お気づきのことと存じます。

先生はポピュリズムを誘導するプロパガンダはお嫌いだとは思いますが、本当に悪いものなのでしょうか?
中身が伴っていれば小手先の技術を磨いて使う事は決して悪い事ではないと思います。

先生の崇高な信念や誠実さ、国を思う気持ちは先生を応援する人たちには十分伝わっていると思います。

是非、大衆を巻き込むようなアプローチも先生自身、もしくは先生をサポートする皆さんでして頂きたいと切に希望します。

どうかこの国の将来を守ってください。
よろしくお願い致します。

投稿: ポンタロウ | 2010年2月11日 (木) 23時14分

国会中継を拝見致しております。
まるで、出来の悪い生徒を相手に、どう教えたらテストを受けるレベルまで持ってこれるか、苦悶する先生のような石破さんだと思います。

政権を取る前から、日本を危うくする党だと思っていました。沖縄2制度やら在日への参政権付与などで。しかしながら、ここまで政治に素人だったとは予想外です。
政治家としてどうかという以前に、日本人としてどうなのか?或いは、大人としてどうなの?と、子供の手前、時の総理大臣や与党幹事長を批判するのも・・と思いながら、テレビの前で罵る毎日です。
政治家としての知識以前の問題です。
モラルの欠如、恥知らず。武士道の真逆をいく国籍不明の人々に思えます。
英語ではアンフェアと言われると、英語人達は逆上するくらいに憤ります。
民主党は、恥知らずで日本人でなく、アンフェアで英語界でも通用しません。
詰まるところ、お隣の半島とその後ろに広がるお国の人達と言うことなのでしょうか。

国会中継を拝見致しますと、自民党という政党は清濁併せ持ちながら、厚い人材の宝庫なのだと実感致します。

しかしながら、ここにきて、その自民党の何でも呑み込んでしまう性格が裏目に出たような気がします。
党員になるための条件に「日本国籍を有する者」の規定があるのは、自民党と共産党というのも面白いところです。
自民党は、まず日本国民のための政党であることを強調すべきだろうと思うのです。
玉虫色の発言を行う議員は、所属すべきではないと思います。

私は二人の子供を持っている未亡人です。主人を亡くしてから、10年、一人で子供を育ててきました。
時に、無事に子供達を大学に行かせられるかと不安に駆られることもあります。
しかし、そんな中でどうして外国留学生には、生活費まで面倒を見る奨学金があるのか、日本人学生にはどうしてそのような、恵まれた奨学金制度がないのか、不思議で仕方ありません。(大学によってはありますが、非常に限られております。)

この制度は、安倍政権時、中川秀直氏が率先して通されたと記憶しておりますが。間違っていたならば、申し訳ありません。

日本国でどうして、こんなに日本人が我慢しなければならないのか。在日の人達は一旦払った所得税を取り戻る方法があり、通名を自由に使い、様々な特権を持っているのですね。
おかしいと思いませんか?
どうして、日本人が優先されないのでしょうか?
真面目に働いて、微少ながらも税金を払い、子供を育てる日本人の生き方をあざ笑うような在日特権が許されるのでしょうか?

どうして、貧困によって教育機会を得られない日本人の若い人達を救う制度がないのでしょうか?

民主党が政権を取ったのは昨年9月。
それ以前に決められた在日特権。この世代を引き延ばしたのは、細川時代の小沢一郎だったでしょうか?

自民党の中にも、日本人より在日、日本人より中国移民を優遇する人達がいたのではないですか?
公明党との協力関係の中で、政府からの補助金を貰う事を当たり前にする国民感情を生む土壌を作ってしまったのでは無いでしょうか?

民主党の子供手当などで釣られる国民を生む素地は、間違いなく自民党時代に作られています。
それは、何故か?
曖昧にし過ぎたのだと思います。
日本では、日本人がまず優先されること。
しかしながら、国民には権利と義務があること。
自民党は日本人のための政党であることを何度も強調すべきです。
分かりやすい言葉で、国民に伝えるべきです。日本人を大切にしない議員は要りません。

石破さん、期待しております。
日本を取り戻して下さい。鈍臭いまでに真面目な日本人が当たり前に働き、倫理観を取り戻す社会であって欲しいと思います。
何としても、自民党が政権を取り戻し、民主党が壊しつつある秩序を取り戻さねばなりません。

投稿: saito | 2010年2月11日 (木) 23時38分

1議員の起訴(疑惑)の事を話し合うひまがあるんですか?沈没しようとしてる今の日本に。たかが4億。国家予算はいくらですか。つまらないことに時間を費やさないでください。そんなことすればするほどまともな有権者は心離れます。早く!
(経営者 30代)

投稿: 藤本 | 2010年2月11日 (木) 23時57分

石破先生、自民党主導での政界再編を果たしてください、石破先生にこそ是非その柱となっていただきたい。
石破先生の元に、しかるべき四十七士が集まれば、国民の支持は必ず得られる、と私は確信しています。

予算委員会での質疑で、石破先生の真摯な姿勢とご発言には、深い感銘を覚えました。

そして、今日本は、危機に直面している、ということを改めて実感し、だからこそ一刻も早く、現民主党政権を打破していただきたい、と切望します。

海外で仕事をしている友人たちは、事業が前に進まず、それぞれに窮地に立たされていますが、現政権による国政の不安定さも悪影響を及ぼしています。

小沢問題などを、このまま終わらせてしまうようでは、日本の国民は、ますます海外から嫌われます。その上、社民党のような狭く乏しい視野に、現政権がこのまま従い続けるようでは、日本に対する国際社会の評価はますます損なわれます。

現在、Yahooのリサーチでも、3000人近い回答の内、40%の人が、政界再編を望んでいます。

将来のために、今、決断をしていただきたい、と真剣にお願い致します。

投稿: 内田麻美 | 2010年2月12日 (金) 00時11分

民主党が『異様』なら

自民党はなんてあだ名つけましょうかね。
『奇妙』

投稿: あ | 2010年2月12日 (金) 02時21分

昔の全国区なんですね。
従って、よくテレビに出る人などが、全国的に知名度のある人が立候補していたと記憶しています。しかしそうでない人は、全国的に選挙活動が大変とやらで、1983年、比例区として、各党の獲得投票数に比例して党で決めた名簿順に当選者が決定されるというものですね。
とすれば、今回田村氏は、汚沢氏とどういう内容で(どういう名簿順)で民主党入りをきめたんでしょうね。あたかももう当選したような・・・
ここまできてはたと書き止ったのですが、もう彼は民主党に入ったんですね。私は次回参議院選に比例区で出るんであろうが、
今の比例区の制度っておかしいよなあという展開にしようとしていたんです。
例えば、彼が民主党比例区で立候補して彼の順位がどこにあろうが、彼に投票したい人は、民主党としか書けないのですよ。
汚澤は、きらいだが彼は好きという人はどうこの選挙に参加すればいい。
いいたいのは、彼がほんとうに自分の活路をみいだそうとするなら、民主党に入党するというのはおかしくて、また、今の比例区の制度もおかしくて、今このIT社会で前の全国区の制度の弊害がなくなってきたわけだから彼はどうどうと全国区(無所属)で出てダイレクトに国民の審判を仰げばいい。よらば大樹の影のなかで、しかし、えげつない独裁者のもとで、なにをもくろんでいるのか。彼は。
やっぱり、比例区っていうのはおかしい。
特に、一党独裁的になった今、非常に危険である。一人ひとりが思う思わざるにかかわらず、あらぬ方向に追いやられてしまう危険性がある。
ひょっとして彼は、今動きやすい民主党に鞍替えして、自分のやりたいことをやり、次回選挙の時はまた別と考えているのか。
そんな約束(条件)で民主党に入党したのか。
私が思うのは、
鳥取の有権者が納得して離党への手続きはすませたか。すませていればよし。
離党はよし、民主党へ入党もよし。
次回選挙は、比例区で出て自分を問える?
鳥取で無所属で出るか。自分で全国区制度を復活させろ。
彼の履歴を見ると、おそれおおいが、地元の後輩である。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年2月12日 (金) 02時24分

こんばんは!

石破先生もいろいろ歴史があったのですね!自由な世の中ですもん、自分の思うとおりに信じた道を歩いてらっしゃったんですね!素敵ですheart04

なおかつ、関わってる人への配慮もあって素晴しいと思いますlovely

これからも応援しています、頑張ってくださいませshine

投稿: カオ | 2010年2月12日 (金) 02時55分

石破先生の質疑のご様子を
私も テレビでみせていただきましたが

全然 イヤミだ などとは 思いませんでした

むしろ これこそが政治だ  と
真剣さを感じました

民主党の 学芸会のような雰囲気に
ガツンと 一撃を・・・
真剣さを 政治というものの真剣さを知らせてくださったようで

私のようなおばさんにも 真剣さが
伝わって背筋がシャンとしました

どうして
>「実にイヤミで、だから人気が出ないのだ」などと酷評・・・  <

どうしてそのような 論評になるのか? 理解できません

無能 無知を 指摘されて
腹がたったのでしょうね


と 思いました

石破先生の お話は 私がテレビで
お聞きし範囲ですが とても筋道が
通っていて よく理解できます

いつも なるほどーーと思います

失礼な言い方かもしれませんが
「この方は なんて 頭がいいのだろう」 といつも思っていました

石破先生 日本がちゃんとした政治を
行っていけますように
これからも 真実をはっきり表現して
頑張ってほしいと 思います

日本をよろしくお願いいたします

投稿: 日神子 | 2010年2月12日 (金) 05時14分

石破先生
事業仕分けプロセスオープン化決議案、第一次事業仕分けやり直し決議案を動議していただきたいです。

事業仕分けプロセスオープン化決議案
・事業仕分け前二か月以上前に仕分け人を国民に開かれた形で公表する
・事業仕分け対象案件も同様に二か月以上前に国民に開かれた形で公表する
・仕分け人は、個別に国会同意人事とする。この際、議員名を行に仕分け人を列にしたマトリクス(表計算ソフトのシートのようなもの)を作成しWebで公表し、次の選挙での有権者の判断材料とする仕組みにする。
・仕分けの際の裁定、意見は、仕分け人ごとにWebに公表してそれに対する国民からの反対意見賛成意見を広く収集する
・仕分け人の裁定に対する不服が国民から上がった場合、その程度に対して何らかの基準を設定し、国会に参考人招致を受ける義務を規定する
・仕分け人には、日の丸の前で挙手の礼をした状態で、「ウソはつかない」「発言に対しては社会的責任を果たす」と云った宣誓を国会等の場でさせる
・仕分け人が反対意見に対して明確に受け答えできないことは、きちんと、データベースに保存して国民がいつでも参照できるようにシステムを構築する
・仕分け人の人数の枠を作り、一定期間ごとに、最高裁判所裁判官のように国民審査をする

第一次事業仕分けやりなおし決議案
・公平な議論ができなかったために、第一次事業仕分けは無効とする(仕分けする側には十分過ぎる時間が与えられたが、反論する側には一時間も与えられず、健全な議論としての必要条件が満たされていないため)
・事業仕分け人ごとに対する反論を国民全体からもう一度収集したうえで、一人ずつ参考人招致する
・公務員の兼業禁止規定に反した議員に対しては、法に基づき、毅然とした刑事処分を行う
・上記の「事業仕分けプロセスオープン化決議案」に基づいて、第一次事業仕分けをゼロベースでやり直す

以上を、自民党のどなたかに割り当てていただき、与党の横暴を追及していただければ幸いです。

投稿: 山口健二 | 2010年2月12日 (金) 12時47分

今回の自衛隊幹部の発言に、北沢防衛大臣は何らかの処分と言ってますが、
ただの言論封殺なのではないでしょうか?
それこそ、今回の発言で罰すると言うのなら、
現・内閣の総理を筆頭に、何度もぶれた発言や言い直し、
言い直しと言うより世論からのクレームに
何度も言い訳してる彼等こそ罰するべきだと思います。
そうでなければ、自衛隊幹部の発言だって、鳩山首相と同じ様な言い訳で誤解発言してるのですから、
罰せずに済みそうだと思いますが。
今回の箇所付けの件と併せて、政府主導というより
民主主義に反する独裁政治じゃないですか。
是非、徹底追求を!

投稿: 日本が危ない | 2010年2月12日 (金) 12時59分

はじめまして、石破先生。
これまで政治の世界に疎かった私でしたが、政権交代後、民主党の政治運営に多少なりとも関心を示し国会や会見報道、政策動向を見る様になりました。が、どうも考えている事とは違う方向になってるかなー、と思えてなりません。多くは語れませんが、何と言うか…国会での演説や答弁含め、理想ばかり言ってる鳩山総理や閣僚の考えている内容は何をどうしたいのかイマイチ解らない。要領を得ない。(これまで政治に詳しくなかった人間ですから解らなくて当然ですが…)日本の政治を運営できるのは新生自民党しかないと考えてます。民主党がダメなら新生自民党が国民にわかる政策をしっかり打ち出し、今夏の参院選で第一党奪還目指して頑張って下さい。応援してます。駄文容赦……

投稿: アンタッチャブル | 2010年2月12日 (金) 13時06分

コータローは、鳥取の恥だ。 鳥取はやっぱりシゲルに限る。漫画でも野球でも。

投稿: 鳥取県出身者 | 2010年2月12日 (金) 14時21分

田村耕太郎氏の離党、民主党入党は残念なことですが、このことは今度の参議院選挙で国民が審判することになります。
 田村氏は参議院選挙で「鳥取選挙区は坂野、比例区は田村」と言って選挙運動をすることになりますが、有権者は馬鹿ではありません。いくら口で上手に言っても、信頼できない人を相手にする人は多くはいないと思います。結果が教えてくれることです。

 石破さん、自分が正しいと思う政治理念で発言、行動することは実に素晴らしいことです。雑音に惑わされることなく、自分の考えを堂々と主張し、自民党政調会長として結党の精神をもって対民主党と対峙してください。何と言われようと、信念をもって取り組めば怯む必要はありません。

投稿: 今ジン | 2010年2月12日 (金) 16時41分

「日米同盟は、“信頼してくれ”などという言葉で維持されるものではない」

という1等陸佐の発言に対して、北沢防衛大臣が処分を検討するという報道がありました。
この件について石破先生の見解を聞きたいです!happy01

投稿: ボブ | 2010年2月12日 (金) 17時53分

「日米同盟:未来のための変革と再編(仮訳)」についても当時の内閣及び防衛庁長官が全知全能を尽くして調印されたものとお考えですか

投稿: ario | 2010年2月12日 (金) 17時57分

国民は日本国が終わることを一番怖れています。売国議員ばかりの民主党との違いを、今しっかりと示して下さい。それが自民党再建への近道だと思います。

投稿: 撫子 | 2010年2月12日 (金) 19時20分

子育て中ですが、子どもの心を育むために、
良いものを与えたいと心がける毎日ですが、
心が渇き切るようなものに囲まれていることに
気付く日々でもあります。

愛という言葉が、空虚なものでなく、
社会を形成するに最も必要なものとして、
真実なものとして充満する日本に
なっていくことを期待しています。

投稿: 真 | 2010年2月12日 (金) 21時04分

お疲れ様です。
田村議員については許せないというのが正直なところです。
田村議員は経済、金融に関して見識の高い方であるという認識はありました。田村議員の離党した理由が「自民党にいては自分の意見を聞きいれてもらえないから」という趣旨の発言をされていたと記憶してます。この理由で離党されたのであれば、たしかに石破さんと同じなのかもしれません。しかし、私は田村議員の民主党入党と、石破さんの新党へ入党したのとは全く次元が違うと思っております。石破さんの場合は与党を去ったのであったのに対し、田村議員は与党に入党したということです。これは傍からみて、「勝ち馬に乗った」と思われても仕方ないと思います。
参院選が今夏に控えてます。田村議員は国民のためというより、私利私欲のためとしか思えないのです。当選したいから、支持率の高い民主党へ入党したと思われても仕方ないと思います。
田村議員の行為は本当に残念でなりません。
また、田村議員はtwitterで、「政治家を生業とは思っていない」と発言されてました。この発言にはビックリしました。「あなた、政治家を副業としてやってるんですか?」と言いたくなりました。

ついこの前、太田総理やTVタックルで田村議員が自民党議員として出演し、民主党の議員とやりあっていたのはなんだったのでしょうか?

まだまだ長い国会が続きます。政調会長として激務の毎日でしょうが、ご自愛ください。

投稿: たかし | 2010年2月12日 (金) 23時10分

石破様
毎日お疲れさまです。田村議員については、離党と民主党入りと、その間の言動で、政治家としての評価をずいぶん落としたように思います。まあ、この人はもうどうでもいいです。

高市議員の外国人参政権関連の質疑
加藤議員、与謝野議員の献金関係の質疑は国民の言いたかったことを見事に代弁していただいたように思います。胸のすく思いです。
高市議員はしかし、ちょっと優しいですね。もう一歩踏み込んで欲しかったです。

加藤議員の確定申告時期の云々という
話は、本当ですよ。鳩山首相と小沢幹事長には国民は超怒ってますよ。確定申告と消費税の申告、パソコンで打ち込みやってますけど、腹が立って腹が立ってしょうがないですね。知らなかったですまされるのであれば、まともに税金を払おうと思う人はいなくなります。法の秩序をトップが率先して壊すのですから、責任がないとは言わせません。おおありです。
日本のトップ2人が脱税疑惑なんて、普通の感覚なら即議員辞職です。議員の資格はありません。なんで議員が続けられるのか不思議でたまりません。
政治と金の問題、ではなくて、脱税疑惑に関する集中審議を手を緩めずしっかりやってください。

投稿: dora | 2010年2月12日 (金) 23時17分

はじめまして石破先生。

今までおよそ政治というものに興味がありませんでしたが、昨今の政治情勢に不安を覚え書き込みさせていただきました。

私が特に関心があるのは以下のことです。


まず子供手当て。
とにかくバラまきはやめてほしい。
どうせお金を使うなら保育施設などのサービス面を充実させ、なおかつ三人以上の子供をもつ親を優遇すべき。
男女二人で子供をつくる以上、少子化を考えるなら当たり前のことだと思います。
これは余談ですが、月に一度、節電の日をもうけてニューヨーク大停電効果を狙うのも一考かと…。

高速道路。
ETC無料の時にも思いましたが、無料にする対象を間違っていると思いませんか?
無料にするなら運輸業界及び営業車両だと思います。
一般道路の渋滞が緩和され、流通コストも下がりますし中小企業も助かるのでは?


次にマスコミ。
極端な偏向報道で世論を誘導する今のマスコミには怒りすら感じます。
第三者的な査察機関と強い罰則が必要なのでは?

そして最後にパチンコ。
なぜ禁止にできないのでしょう?
三店方式などと誤魔化していますが、あれは明らかにギャンブルです。
韓国や台湾では禁止されているのに、なぜ日本では禁止できないのでしょうか?
パチンコは麻薬と一緒です。
一体どれだけの国民を廃人にし、ニート、破産、各種犯罪、自殺へと追い込んだでしょうか?
さらに30兆円と言われるその収益はどこへ流れて行ってるのでしょうか?
小沢幹事長は韓国の大統領に日本のパチンコの規制を緩和しろと頼まれたそうです。
そして民主党の中にはパチンコ企業から献金を貰ってる大臣や議員が数多くいると聞きます(自民党にも?)。
そして警察官僚の天下り先。
禁止できない理由は上記のようなことでしょうか?
パチンコをなくせば、単純に30兆円が世の中に回ります。
民主党が掲げたあめ玉政策全てをカバーしても充分お釣りがくる金額です。
先生の分野外かとは思いますが、是非積極的に党内で話し合われてほしいです。

以上、短絡で酷い乱文だとは思いますが、一国民の提案として書かせていただきました。
それというのも、国会を見ていて一番頼れる政治家が石破茂先生だと感じたからです。
どうかお身体に気をつけて頑張ってください。
先生に期待している国民は想像以上に多いと思いますよ?

それでは失礼いたします。

投稿: 日本人! | 2010年2月12日 (金) 23時48分

 鳥取県民です
 今回の田村議員の移籍は、鳥取の自民党・民主党にとって結果としてよかったと思います。
 今年の参院議員選挙は、自民党・民主党、両候補とも魅力的な候補がそろいました。率直に言いまして田村議員では選挙にならなかったでしょう。
 私は石破さんの支持者ですけど、田村議員が自民党の参院議員候補者というだけで、石破さんが選挙応援をする姿は見たくなかったです。これで私のようにすっきりしたという県民は多いことでしょう。
 田村議員は政治家としてもっと重要仕事をしたい気持ちで離党されたのでしょうが
、今回の件で政治家として必要な信用をなくしてしまったように思われます。
 鳥取の民主党にも、石破さんと政策論議を戦わせることができる議員が必要ですけどなかなか難しいように思われます。
 石破さんにお願いがあります、有能な政治家を鳥取から育てるのも、あなたの仕事ではありませんか? 

投稿: 砂丘山猫 | 2010年2月13日 (土) 01時49分

15年前、3月20日午前、霞が関からの中継を見ながら「やはり、河野さんではなかったろう」と妻に自慢げに話していました。第一発見者として犯人扱いされていましたが、彼の音声テープを聞いた瞬間に、彼は絶対に犯人ではないと前年に彼女に断言していたからです。
「オウムが臭い」と言ったのですが、「オウムって何」と聞くので、波野村や亀戸や芸能人の出家などの報道を挙げ、「宗教弾圧を隠れ蓑にする、インチキ教団だ」と解説しました。彼女は見たこともない深刻な表情で、「自分には何を言ってもいいが、これは自分以外には絶対に話すな」と厳しく注意しました。彼女は何度も私の信じがたい能力を見てきたのに、と思いながら「根拠はある。心配するな」と言っていました。その夜授業で生徒に、インチキな宗教に騙されることの危険性を訴え、松本も地下鉄も「オウムが犯人だ」と断言していました。翌日もすべての生徒に全力で訴えました。次の日オウム施設への強制捜査まで、オウムを知っている人は誰もいませんでした。
「先生すごい」「なんで分かったん」と聞かれたので、始めて話すが、実は私は宗教に詳しいからだと、と種を明かしました。その日以降、家内が私の予言に、根拠を納得いくまで聞くようになりました。
8年前、9月17日夕刻
「拉致は一部のハネッ返りがやった」との説明に、「小泉は馬鹿か。なぜ今まで嘘をつき続けてきたのか。なぜ今は本当のことを話せるようになったのかを聞け」と感情的にテレビ画面を指差し叫んでいました。生存者情報についても「嘘だ。自分の信者を騙す手口だ。私はお前の信者ではない。こんな馬鹿に威張り散らされているのは我慢できん」と金正日を罵っていました。

いずれも証人がいます。自慢がしたいのではなく、北のミサイルがペンタゴンに届く日が、日本と韓国に核兵器が落とされる日だというタイムリミットを教えたいのです。6者協議は昨年7月18日に挫折した彼の野望に協力する結果にしかなりません。ノドンを絶対に使わせないことです。

憲法や防衛を論じるのは、その後のことです。匿名をいいことに冗談を書いているのではありません。何通か「鈍重」で送っている私のメールを見れば、私が正気であることは分かる筈です。必要なら私への連絡先を、お知らせします。

投稿: 鈍重 | 2010年2月13日 (土) 07時04分

国会中継はネットで欠かさず拝見しております。
与党の答弁にはいつも呆れさせられます。
石破先生の質疑は国政を司る者として基本中の基本を話されているのに、全く理解できていない与党に本当に唖然とし怖くなりました。
子供に諭すように理路整然とお話されているのに何故理解できないのでしょうか?
それとも理解していないフリをしているのでしょうか?

話は変わりますが、先日の中沢1等陸佐の発言について処分を検討するというニュースを拝見しました。
処分するような問題なのでしょうか?
命がけで国を護る人の愛国心から出た発言だと思います。
私にはどこがどう問題なのかわかりません。

それを処分というなら、現在の与党の数々の問題発言はどうなるのでしょう。
「日本は日本人だけのものではない」「国というものがわからない」等の総理の発言は一国の宰相として大問題だと思いますが…。

問題だらけで常識の通じない与党…。
これが現実に自分の住んでいる国を動かしている与党である事が恐ろしく感じます。

投稿: 一主婦 | 2010年2月13日 (土) 10時31分

石破先生、初めてコメントさせていただきます。
連日の国会、お疲れ様です。

世間を騒がせている鳩山・小沢両氏の疑惑について
ですが、私が常々疑問に思ってしまうのは、
両氏の言う「秘書がやった」が事実なら、なぜ
彼らは秘書や石川議員らを背任行為で告訴
しないのでしょう?

政治については素人の私ですが、この辺りを
追求していただければ幸いです。

投稿: GUY | 2010年2月13日 (土) 12時23分

参政権のさい、御止めになったと聞き疑った非礼をお詫び申し上げます。政治は遊びでは無いのですから構わないし時間制限無しでも構わないはずです。なぜなら各大臣の一言で世は乱れたりもします。総理なればその一言で多くの命さえも奪えますから。命命と連呼されても日本人として護られるかどうかすら疑問であります

投稿: 時貞 | 2010年2月13日 (土) 14時11分

>無知は罪悪である
今季の国会の民主のグダグダっぷりを見てると、
本当にそうであると思います。
それは同時に自分への問いかけであると言うことを。

投稿: アツシ | 2010年2月13日 (土) 14時42分

小沢氏は2日のキャンベル米国務次官補との会談に言及、「極東アジアでひとたび不安定な状況が生まれると、イラクやイラン、アフガンの比ではない。米国はもっとしっかり考えないと駄目だという話をした」と述べ、アジアでの米国の役割を強調した。と小沢塾という自身の学校で述べたとネットで記載が有りました。
トラストミー発言の朝令暮改いや朝礼朝改の鳩山君(総理と書くのも日本国民として恥ずかしいので)の普天間問題の間に一切安全保障に触れずだんまりを決め込んでいた 小沢議員が今頃何を言っているんだと腹立たしさを超えて情けなくなりました。5月の訪米の折にはオバマ大統領に時間を取ってもらわないといけないと話したらしいが 米国高官はキャンベルが勝手に話しているようで政府筋ではいっさい会う必要もないと話しているようです
当然です 5月の連休時点で小沢議員は幹事長職に留まっているはずがないからです
小沢議員が話したしっかり考えないといけないのは民主党(日本)の政府じゃないですか!!!!!
あれだけ石破先生が予算委員会の質疑というか
講義で安全保障の概念 普天間の必要性を授業してあげているのにいまだに判っていない民主党の生徒たち あきれ果ててしまいます
先日の政治費用問題集中審議で鳩山邦夫議員のコメントを引用して与謝野馨 前財務大臣の野党としての見事な追及が有りました。 私は与謝野先生の自分のスタイルを捨てて国民に訴えた 質疑のするどさ 鳩山君に対する強烈な『平成の脱税王』指摘には驚きました。 やはり野党の質問はあれくらいでないとマスコミは報道しないのかなと思いました。
今後 参考人招致 証人喚問などは土日を利用して国民にしっかり見える形で行うこと
また予算審議には 箇所付け問題 子育て支援における財政 倫理問題を統括審議していただき 中小企業の倒産件数がリーマンブラザーズショックの一昨年とかわらずいまだ15000件を超えている実情に踏まえてしっかりと政調部会で議論賜りたいと存じます

 

投稿: 西村 | 2010年2月13日 (土) 15時05分

石破先生、こんにちは。

昨日の国会中継を見て、私は悲しくなりました。

温厚で上品な与謝野さんに、あそこまで言わせる鳩山総理の冷血で親不孝ぶりに、愕然としたからです。

「母には1年に1回しか会ってない」「母が勝手に12億以上のお金を贈与した。私は全然知らなかった」
挙句の果ては「母を国会に呼んで直接聞いてほしい」と言いました。


鳩山総理は、結婚の時も不倫騒動の時も、いつも安子さんを頼って、しりぬぐいをしてもらったと聞きます。
初選挙の時も社交的ではない安子さんは選挙応援に出かけて、息子のため一生懸命に話してる姿をテレビで見ました。


そして愛する息子のため、病身の母親は「贈与は私が勝手にしたこと。息子は全然知らない」と庇うでしょう。

ここまで愛情をかけてもらって、庶民が気が遠くなるような子供手当を受けても「母とは年に1回しか話してない」・・・なんて、親不孝者でしょう。昨日の答弁を見て、泣いたのは安子さんだと思います。

芥川の「杜氏春」を思い出しました。
もし安子さんが国会で答弁しても「知らなかった」と総理が言い続けるなら、神様はどんな判断を鳩山総理に下すのでしょうか?

投稿: 万葉 | 2010年2月13日 (土) 15時20分

石破先生、こんばんは。

大変お忙しい中、こまめにブログを更新して下さり、本当にありがとうございます。
どうぞ、ご無理のないようにして下さいね。

さて、ゲン○イの記事についてですが、相変わらず「これぞゲンダ○!」といった記事でしたね。
彼らはあの様な記事を書いて恥ずかしくないのでしょうか?
何より、先生の優しい笑顔を見た事がないのでしょうか?
可哀相な人たちだなぁと思います。


ところで、個所付けの問題ですが、先日日経新聞で『道路整備予算、民主要望で配分に格差 10年度、鳥取20%増』との記事が出ていました。
鳥取の他にも、福井・京都などが増額となっているとのことですが、これは7月の参院選を強く意識したものであると考えざるをえません。

国民を見事に欺いたマニフェストと同様、
民主党…いや、小沢幹事長は、選挙に勝つためであれば本当に何でもするのですね。実に腹立たしい。


「権力を弄んだ者は必ずその報いを受ける」


石破先生、心から応援しております。

投稿: サッカー大好き関西人 | 2010年2月13日 (土) 21時25分

こんばんは

石破さんの動画を拝見させて頂きました

政治家特有の言葉の誤魔化しや
綺麗事の連呼等も無く
政治の事について勉強不足の私にでも
答弁の軸と言うものが理解できる
自然と尊敬の念に至る程の物でした

後、この様な事を言う政治家
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9529734
を抱える今の政権に対して
これからも断固たる追求をお願い致します

この文章(特に最後)は本件
このブログの内容に適切で無いと
判断された場合は管理者の方
お手数ですがコメントの削除
をお願い申し上げます

石破さん、管理者の方
コメントをご覧の皆様
お目汚し失礼しました

投稿: ニコニコ視聴者 | 2010年2月14日 (日) 01時21分

石破先生
国会での質疑を拝見しました。理路整然とした先生の質疑、素晴らしかったです。それに対する支離滅裂な民主党の答弁。きちんと憲法も理解できていない史上最悪の政権だと思います。日本ではNHKは国会中継していないのでしょうか。これ程ひどい答弁を観れば国民の多くは目が覚めると思います。もし中継されていないのであれば残念でしかたがありまえせん。石破先生、応援しています!頑張って下さい。そして日本を解体する裏マニフェスト闇法案満載の民主党を打倒して政権を奪回して下さい! 

投稿: アメリカからも応援しています! | 2010年2月14日 (日) 11時42分

先日の国会での質疑は、大変面白く、緊張感を持って拝見しました。
巨額の脱税する人が、税金を取るトップ(首相)の座に就いてはいけません。
憲法・法律を重視しない政党(民主党)が政権に就いてはいけません。
まだまだ、鳩山政権・民主党への支持率が高すぎますが、民主党を政界から引退させるべく、一層のご健闘を願っています。
鳥取県西部に在住する者より。

投稿: とおる | 2010年2月14日 (日) 22時26分

200Q様へ、
これから対案を考えるからといって、辺野古案を凍結するのは、国際ルールに反しています。対案が無いのであれば、すでにある約束を守ることが、日本政府の正しい態度だと、オバマ大統領に外交のイロハを教えてもらっていたではありませんか。直後の「トラストミー」は、辺野古に決着という意味です。翌日の「辺野古に決めていない」という発言は、鳩山総理の首脳外交の行き止まりではないでしょうか。

名護市長選は、官房長官の「斟酌不要」発言に激怒しました。世論調査は、いつも私の意見と無関係です。感想を語るには、相槌を打ちながらでなければ無理です。県議会の動向は、沖縄に限らず興味がありません。

5月に辺野古を超える合意が出来たら、沖縄県民と一緒に大喜びします。この点で、Q様のご期待に添えていないかもしれません。それほどの知恵者が、首相補佐官にいるとすれば、心強いことです。

私の意見に目を通していただき、コメントまでいただいき、ありがとうございました。ご健康をお祈りします。ご自愛ください。

投稿: 鈍重 | 2010年2月15日 (月) 00時24分

石破先生お疲れさまです。
僕は風邪で1週間ほど寝込んでしまいました。
先生もお体にはどうか気をつけてください。
さて話は変わりますが、民主党は外国人参政権を成立させようとしていますよね。
しかし外国人の政治介入は憲法15条に完全に違反しており日本の根幹・統治形態を脅かす犯罪行為です。
検察は小沢一郎、鳩山由紀夫の両氏に対して“外国人参政権は憲法違反であり内乱罪や外患誘致罪に当たる恐れがあると伝えた上で真偽を確かめるべく事情聴取”すべきではないでしょうか。
これには”国民に民主党がやろうとしている外国人参政権を伝える”意味合いもあります。
なんせテレビ局は買収されてんのか知らないが報道しませんからね。
NHKですら外国人参政権の国会中継はやらない腐りっぷり。
ほとんどの国民は知らないのです。
外国人参政権で事情聴取すれば国民はNO!を突きつけます。
先生どうか自民党議員の方々や検察に小沢一郎の事情聴取をするようお伝えください。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2010年2月15日 (月) 07時29分

石破先生の日頃のご活躍に敬意を表しています。
自民党が再生するには未来に対するビジョンが必要です。
その再生案に対しアイデアを送りたいのですがメールを返信していただければと思っています。
私のことは:キーワード検索
岩渕健一・日本環境技術・愛地球賞でわかります。
岩渕

投稿: 岩渕健一 | 2010年2月15日 (月) 07時53分

2月14日に鳩山首相が官邸に一般の国民を呼んでこの国の現状を聞くという場を催したと伺いました。
私は鳩山代表に問いたいです。

 『あなたは本当に日本をどこに向かわせるおつもりですか?
あなたは「“国”というものがよくわからない」とおっしゃるとおり、自分が何をしたいのか本当におわかりになっていないものと思われます。
私は予想します。民主党政権が続けば、あなたが望む望まないに関わらず千年後、あなたは“偉人”として名を遺しているか、日本をいう国を“消滅”させているでしょう。
前者であれば、“日本に苛烈な全体主義を牽く独裁者に崇められる者”として、後者であれば“日本を他国の一地方”に貶めさせ、本の歴史を“断絶”させて。
理由を述べます。
民主党が“人権保護法”“外国人参政権法”を制定させたいと思っています。この法令が民主党の手で施行された場合、現在の民主党の行動様式から、将来想定される最悪の例は“政治家の「人権保護という名の下による」特権の温存”と“日本に悪意を持つ「周辺国民」による政治参加”です。
あなたが“他人の善意しか信じない聖人君子”であった場合、独裁者にとっては、日本に改革をもたらした正に“偉人”です。これで日本の経済さえ立て直せば、あなたは“ワイマール憲法を破棄したヒトラー並のカリスマ性”を持つことができます。後者であれば、日本という“地方”を“自国に獲得”させた“何も考えていないただのお人よし”です。歴史を振り返ればナチスとの融和政策により当時のチェコスロバキアのズデーデン地方を割譲したことより、罪が重いことになるでしょう。チェコスロバキアはその後“戦争によりやむなくナチスに併合”されますが、日本は“内部から食い破られるように、戦いもせずに併合”されるからです。
あなたの行動からは露ほども感じないのですが、あなたが“本当の策士”であるならば、前者後者ともに現在このもくろみは“成功”しています。今の日本で“選挙以外の方法で政権をひっくり返そう”としようとする者は、行政刷新大臣にあなたが任命した“枝野幸夫氏というあなたの身内以外”誰もいません。
政治家は“言葉が命”です。“発言の仕方”により“ここまで解釈さてしまう”のです。“政治家の言葉がいかに重いか、責任がどれだけ重いか”、これでおわかりになっていただけたでしょうか?
でもきっとあなたのことです。この文章を仮に読んだとしても、“明日にはきっと忘れていること”とでしょう。
それだけが悔しいです。』

鳩山代表に本当に読んでほしいです。

投稿: 清水 義久 | 2010年2月15日 (月) 13時16分

日本に
絶えて民主の
なかりせば

たみのこころは
のどけからまし

投稿: K.M. | 2010年2月15日 (月) 16時42分

石破先生
ソフトウェア開発において、早い段階で発見したバグ(欠陥)は早く修正すれば大したコストはかかりません。発見する事が遅れたり、長い間放置された場合は比較にならないほど莫大な修正コストを要します。
去年、事業仕分けにおいて、民主党は誰の目からも明らかなバグを作り込みました。
そのバグを知りながら修正せずに、第二回目の事業仕分けをやり始めています。
ソフトウェア開発プロジェクトでこのようなマネジメントを行えば例外なくプロジェクトは破綻してデスマーチ(death march死の行進)化します。
今、民主党は失地回復に焦る気持ちが先走って、事業仕分けの第二回を始めておりますが、必ずデスマーチ化します。
きちんと丁寧に彼らのやっている事のバグを検出して、理路整然と追求して、修正要求していけば、必ず火に油を注いだ状況に民主党を追い詰める事が出来るものと自分は考えております。
お身体を壊されないようになさって、バシバシ攻め込んでいかれると宜しいかと思います。

投稿: 山口健二 | 2010年2月15日 (月) 20時07分

無駄な公共投資をやめて
子ども手当てに反対な石破さんに
がっかりしました
精神錯乱してる?

投稿: 竹中 | 2010年2月15日 (月) 23時49分

先日の石破先生の国会質疑をネットで拝見しました、軍事も農政も先生の得意分野で、総理以下閣僚はまともな答弁が出来ず、赤子の手をひねるようでしたね、総理は泣きそうになっていた様にも見えました。TVで先生のお姿を拝見するのを楽しみにしております。


さて、本国会で提出が検討されている「人権侵害救済法案」ですが、石破先生は賛成であるとの情報が一部ネットで流れて居ります。
左翼教師による自衛官・警官の子供への苛めは問題ではありますが(※)、数々の問題を抱えるこの法案が通れば、日本人差別法案となることは必定でしょう。
先生はこの法案についてどの様な考えをお持ちでしょうか?

※博士の独り言 (外部リンク)
産経新聞 10月21日朝刊掲載の記事、佐々氏の実体験が書かれています。皆さんもご一読くだされば幸いです。
>国を内側から弱体化する日教組の諸悪
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1963.html

投稿: Anns | 2010年2月16日 (火) 02時13分

田村氏がおかれた立場と離党への経緯と意見について、石破先生の立ち位置から見た発言、なるほどーと思いながら読ませて頂きました。

田村氏のブログや日経へのインタビューを読んで、新しい日本のスタイルを模索してゆく上で必要な能力のある方なんじゃないかと感じました。アクティブな方のようなので、民主党で満足できなければ、また飛び出すこともあるかと思います。

その時に、選択肢として目を向けられるような「新しい自民党」、新しく入ってくる才能を生かせる自民党になっているといいなと願っています。

話題変えます。

民主党に飼いならされたマスコミの言う事など失笑しながら見ています。
他人の容貌を利用した非難は嫌われるものですが、それくらいしか攻撃材料がないところに石破先生のすごさがあるってことです。

本当に、素晴らしいと思います。

春に向けて、体調を崩しやすい季節がやってきますので、お体には気をつけて下さいね。

投稿: ふかかぎ | 2010年2月16日 (火) 12時50分

先般の予算委員会で石破先生が本題に入る前に提出要求を迫られていた箇所付け資料。
向うが提出をこばむわけですね。本来これが、国会前に流れること自体が問題なのに、しかも自党の県連に流していたということはあまりにも、なんでもありというか節操ないとしかいいようがない。
しかも、石破先生のいる手ごわい選挙区に対し、より多く予算を付けて民主批判をやわらげ、且つ民主党のおかげで多くの予算をつけさせて頂いたと見える、みえみえの予算配分。
おそらくそう追求しても決してそんなことはないというに違いないし、たくさん付けてやったののなにを文句をいうのかという態度であろう。
ちなみに仮配分の昨年要求時からの増加率(読売新聞2月16日朝刊)
鳥取県 36.47%
京都府 33.33%
福井県 30.0 %
与党の立場を生かしてその力を誇示しようとしているのが見え見えである。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年2月16日 (火) 19時30分

普天間移設問題の件
また、鳩山内閣が徘徊をはじめ出しました。
なんの根拠もなきがごとくグアムがいいだの、キャンプシュワブだの各党が好きかってなことをいい、平野官房長官も自分の案を持ち寄って、また鳩山総理も自分の考えもあるが今言う時期ではないとか、そんな場合ではないであろう。
まるで会社の慰安旅行の行き先でも考えているかのような。
鳩山総理ときたらこの記者取材に笑いながら『いまはいえませーん』的な態度で対応している。ほんとは何も考えていないくせに。(防衛白書少し読みましたの程度)今の時期ほんとに自分がどこにするのか決めているのであればそれについて皆に精査の指示を出し、アメリカとの調整準備に専念しなければならない時期であろうが。
あっちにいい顔、こっちにいい顔してここまでかわしてきたが、だんだん期限はせまってくる。『ベストを追い求めるがあまりにワーストだけが残った』と先生が言われたがほんとは『ベスト』などおそれおおい、ほんとは『思いつき』と書き換えたほうが的確かも。あと3ヶ月。
しかし私達が身内のブログでいくら唱えいても自己満足に終わってしまいはしないか。鳩山内閣にこういう声を届けれないのか。
しかしたぶんぬかに釘であろうか。
やはり先生に頑張って頂きこの前のように国会で論破してほしい。そしてそれを国会中継等で、多くの国民にしらしめてほしい。国会中継もっと再放送なり見える時間帯を増やしてほしい。
PS
あの方はちょっと勘違いをしていると思う。内閣支持率が下がってきたのは政治とかねの問題で自分にも責任があると。
実はそんなことよりも一番の原因は長としての存在感・指導力が全く欠如しており、もうあの方に日本をまかせておけないと皆が思い出したということを。

投稿: 因幡の白兎 | 2010年2月16日 (火) 23時07分


初めまして。

私は、石破先生が以前から大好きです…

国会で、また拝見出来るのを楽しみに待っています。


いつも見ています…


29歳 東京

投稿: 真知子 | 2010年2月16日 (火) 23時45分

どうか日本を強い国にしてください 中国に好き勝手言われ尻尾振ってる民主党には我慢できません これから応援していきます

投稿: てる | 2010年2月17日 (水) 04時09分

石破さん。 板違いで申し訳ないんだが、「金元工作員、めぐみさんと会った 昨年5月、日本政府に証言」の話なんだ! おかしいよ。 なんとかしてくれ! 拉致問題っていうのがそもそも間違い。 問題っていえば双方に責任の所在があるとの意味でしょ。 これは拉致問題じゃなくて、誘拐事件。拉致事件でしょ! 北朝鮮の知恵おくれの金っていう馬鹿野郎がしかけた誘拐事件! 武力でも制裁でも何でも使って取り返しにいくべきでしょ。 さんざん援助、支援と言う名の身代金ばっかうばわれて、人が帰ってこないじゃないか。 何のための自衛隊って言う名の軍隊だよ! 誘拐事件だぜ! それも沢山の人の! のうのうとお茶飲みながら会合なんてしてる場合か? 誘拐犯と握手して松茸もらって喜んで。 おかしいでしょ! なんでその場で誘拐犯をぶん殴んないんだ。 殺してでも取り返してこいよ!!! 

投稿: NEWS250 | 2010年2月17日 (水) 12時22分

石破先生を応援しておりますが、一部マスコミの情報によれば、タレントを次の参議院選挙に擁立するそうですが、そういうことはやめていただきたく思っております。

被選挙権は性別、職種等に関係なく全ての「日本国民」に与えられたものであるため、タレントはダメだというのは間違っていると思いますが、今我が国がおかれている状況を鑑みたときに、政治に対して全く経験のない人気取りで当選したど素人に、その職務を果たすことができるとは到底思えません。

われわれの税金から国会議員のとても高額な歳費が払われています。歳費が高いのは、我が国のために優秀な人材が政治を志すようにという意味があるのであれば、職務を遂行するのに必要な知識が必要だと思います。これは、一般企業、公務員に関係なく、入るときには必ず試験が課せられます。従いまして、候補擁立に当たっては職務遂行に必要となる程度の知識があるか、試験を行って選定していただきたいと思います。

それから、民主党の子供手当や公共事業の個所付けは「日本国餌付け政策」に他なりません。こんなばかばかしい政策が「国民の選択」なんて理由でまかり通ってしまうことに失望しています。

投稿: いち国民 | 2010年2月17日 (水) 19時11分

田村氏の民主党入り、新聞を読んで率直に田村氏の政治理念を疑ってしまいました。民主党の政策が、異様でなければ分かりますが、民主党に入るということは、民主党の政治理念、政策に賛同するということで、数か月前にテレビで高速無料化や子供手当に反対していたのが嘘のようです。
 
日本を正しい道へと導くのは、絶対民主党の筈がない。

投稿: 工藤 | 2010年2月17日 (水) 19時49分

「コンクリートから人へ」などと歴史好きと
建設業界が無知さに眉をひそめていたら
あっさり選挙のために手のひらを返したようですね。
サンジャポでも民主党女性議員が「小沢さんは選挙に強いから」。
選挙に強いなら汚いことする人でもお構いなしなんだと思いました。
鳩山首相の風見鶏ぶりも嫌気がさします。
石破さんお体に気をつけてくださいね。
民主党には失笑を通り越して
開いた口が塞がりません。

投稿: ひすい | 2010年2月17日 (水) 23時21分

初めまして、石破さんのおかげで政治に興味を持ちました。私は10月で20歳になりますので、ちゃんと地元の候補者を調べて投票したいと思います。

投稿: えり | 2010年2月17日 (水) 23時37分

共産党が、株式配当の課税率アップ、企業内部留保の縮小を主張しています。どちらも、低所得者層受けを狙った物で、確実に株価を押し下げます。自民党の皆さん、貧しいからこそ株式を保有している人間がいることを、共産党に教えてやって下さい。私は非正規雇用で昼と夜、別々の会社で働いていますが、年収は200万円ぐらいしかありません。厚生年金も退職金もありません。だから、少ない所得を配当金で補ったり、退職金の代わりになる物を形成するために、爪に火をともすような生活をしながら、少しずつ株式を買っています。共産党は、株は金持ちがするものだと決めつけていますが、株式市場は、敗者復活の機会を与えてくれる貴重な場所ですから、絶対に毀損させないで下さい。

投稿: 資本主義 | 2010年2月18日 (木) 01時43分

石破先生
鳩耳ドットコムというものが、一つの大きなバグ(欠陥)だと思います。
このような事がまかり通るような事になれば、密告社会になります。

投稿: 山口健二 | 2010年2月18日 (木) 06時29分

政調会長へ
赤沢議員の質疑中断は、失敗でした。彼の頭脳がある程度論理的であることは分かりますが、自信過剰の穴に落ちました。

仮に私が官房長官の援護に入り、反論したら、完膚なきまでに彼の浅はかさを論証します。

彼らが引き起こした遺憾な情報漏えいについて、秘密と考えていなかった大臣のもとで、伝書鳩の役回りだったのか、誰かに渡る莫大の利権を確信しての行為だったかなどで、当然処分の内容も異なる。だから議員の話を聞いたうえでと言っている。引き起こした結果の軽重を議論しているときに、処分の日程のみを聞く態度は、処分するものの心の痛みと責任が理解できていないのではないか。と私なら突っ込みます。

委員長と委員会には謝罪し、事を収めるべきです。閣僚の答弁に強い嫌悪感を持ちながら、追及を楽しみにしていた者からの苦言とお伝えください。

投稿: 鈍重 | 2010年2月18日 (木) 08時37分

『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持されるものではない」と訓示した陸上自衛隊幹部を防衛大臣が処分した件について、「(幹部は)当たり前のことを言ったまで」と発言なさったようで、
私も不思議に思っていたことを代弁してくださって、胸がすく思いでした。
まったく、今の政府の説明は、わからんです。
国民と意識が乖離しすぎています。
教えて欲しいことに答えてくれないし、争点のすり替えが甚だしすぎる。口を開ければ言い訳と誤魔化しばかり、追い詰められると過去の政権に責任転嫁。それでいて、我々は誠意をもって答えていると……もうあきれて、まともに耳を傾ける気にもならない。
この人たちは、日本語が不自由なのかと思ってしまいます。

投稿: ふつーの主婦 | 2010年2月18日 (木) 10時07分

こんにちは、(ハニ~)石破さん。

在日外国人に対する子供手当は、就労・留学関係なく、滞在期間がたとえ1年未満であっても、母国に残してきた彼らの子供全てに「申請ベース」でばら撒かれると小耳にはさみましたが・・・これって、本当ですか?例えば、フィリピンから働きに来ている女性が「5人の子供が母国にいます」と書面を提出しさえすれば、年間156万円を受給できるということですよね? あれ?? その原資って、もしかしなくても私たちが納めている税金ですか? うわ~、事実だったら勘弁です。一体、真実はどうなっているのか、是非とも教えてください。

子供手当は人間を劣化させると考えている私としては、「まっとうな人がまっとうな生活ができる社会」を望んでいるだけなんですけど。「私は弱者なんだっ」と先に叫んだ人が勝ち社会って、とっても歪です。
納得いかないなぁ。

現政府は、この国をどうしたいんでしょうね?

投稿: ぱこ | 2010年2月18日 (木) 21時35分

石破様

問題が多すぎる民主党政権ですので、多くの大問題の陰で、医療費アップに続き、官僚人事迄ひっそりと変更されようとしています。
否、現時点では、既に変更されたかもしれません。

色々と幼稚で無知とも言える政権の為、いまだに官僚達が体を壊しながら、国会待機を余儀なくされているにもかかわらず、政権は官僚をバッシングしながら、官僚達が作った答弁書を、政治主導と言いながら、丸読みする状態です。
勿論、国民の前でだけ、良い格好をしたら、後は、官僚の助言、進言など全く無視でしょう。
政府一元化で、ますます自分達の都合の良いように、好き勝手をやるのでしょう。


トヨタもあちこちで血祭りにあげられています。

日本を牽引する大企業や官僚をここまでにしてしまって、本当に、よいのでしょうか。

私は、何もできない。
悔しいです。

投稿: K.M. | 2010年2月19日 (金) 12時22分

石破様 お疲れ様です。石破さんの南県より書き込みをしてます。テレビ討論を見ていて民主の先生方が言われる言葉でムカッとくるベスト3 1、自民党には言われたくない。(マニフェストをことごとく結果的に破った民主党には我々国民はお前からその言葉ききたくない。と思っています。)

2、沖縄基地問題について 与党は今になって基地移転場所を探しているが (社民党は県外 国外と主張してるが 何年反対していたか?移転場所をも探さず騒いでいただけなのか?)

3、岡山県は片山先生より姫井さんを選びました 誠に恥ずかしい話ですが。国民はフレッシュで曇りのない民主党の候補者を選びましたが 民主党に入るなり 全く逆の小沢の言いなりになり 国民の希望 要望 期待を裏切っている。)

乱文で申し訳ありません 石破さん頑張ってください。安心して討論を見れるのは石破さんが No.ワン!です。体調管理に気をつけて頑張って下さい。

投稿: おかやま | 2010年2月22日 (月) 10時24分

鳩山さんの自民党攻撃はひどいものでした。一方的に自民党を悪者と決め付け政府を攻撃してる姿は決して見良いものでは有りません。大事な議案をそっちのけにしてなにをしているのか、なんていつも思っていました。
それが今は、逆転してしまって、一番手こずっているのは、鳩山総理自身ではないかとおもいます。
民主党の態度に腹を立てていた私ですが、逆転した現在、何故かあれ程いやな思いをしていた与党いじめ、を自民党がやっているのをみて逆に応援したくなります。
いけないいけないと自分をせめています。
お互いに喧嘩のない国会にしてほしいですね。
内閣支持率が急速に落ちています。次の選挙で政権を取り戻したら、今度こそ国民に信頼される政治を行なってください。
報道では自民党の結束は弱いようですね。
これでは、参院選挙で勝利しても頼りになる政治はきません。石破さん確りしてください。期待しています。

投稿: 西川友二 | 2010年2月22日 (月) 16時21分

石破さん、かっこいい!(〃▽〃)
(ミーハーですいません。つい言いたくて…)

私が聞きたいのも、石破氏が質疑したまんまです。嫌味だなんてとんでもありません!しかも好きですし。逆に新聞をバホ(馬鹿と阿呆の造語)がっ!って思います。

やはり政治家は並大抵のものではないですね。人気取りは結局見る目を曇らせ腐敗への一歩だと思いますし、中途半端もいけない 石破氏の貫きならずっと応援します!

投稿: 安藤美恵 | 2010年2月24日 (水) 21時42分

普天間とトヨタ
 信じてといった後の、ジャパンバッシング
、あそこまでやられたら誰でも言いたくなりますよね、スエーデンの飲み屋でたまたま座ったご婦人が知り合いだったから、仕事の話しときました。はた迷惑な話、国同士の話をそんなところでやる外交感覚、日本人じゃない宇宙人、は外では通用しないでしょう。拉致問題で12月言うだけ、脱税して時効で逃れ、政治家ゆえ寄付もママならず、労働奉仕ですかね。政治って何、生前贈与の隠れ蓑。

投稿: tahara ひろし | 2010年2月24日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/47531580

この記事へのトラックバック一覧です: 田村参議院議員のことなど:

« 予算委の質問を終えて | トップページ | 長崎出張 »