« 尖閣諸島沖事案映像流出について | トップページ | 臨時国会も終盤 »

2010年11月19日 (金)

週末日程、「暴力装置」発言

 石破 茂 です。
 またまた週末となりました。
 十一月も半ばを過ぎ、あっという間に今年も終わるかと思うと、何とも言えない焦燥感にかられます。

 今日はこれから自民党長野県連の政経パーティで講演(午後五時・長野市県町・ホテル国際21)。
 20日土曜日はアーバンユースネット(自民党系都市若手地方議員の会)勉強会で講演(午後四時・札幌市中央区大通西・札幌後楽園ホテル)。
 21日日曜日は慶応義塾大学三田祭(午前十一時・慶大三田キャンパス西校舎)と東京大学駒場祭(十二時半・東大駒場キャンパスコミュニケーションプラザ)で講演の後、地元鳥取市議会議員の当選祝い挨拶回り。
 22日月曜日は北九州市で講演(午後三時・ステーションホテル小倉)。
 23日火曜日勤労感謝の日は自民党岐阜県連政経パーティで講演(午前十一時・岐阜市六条南・岐阜産業会館)という日程です。
 学園祭は一般の方々もご入場いただけるようですので、お時間がもしあればお越しくださいませ。
 
 日程を少しセーブせよ、と事務所がご注意をいただいておりますが、これでも相当にお断りしているようなのです。お呼びがかかるうちが花なのだ、と思う他はありません。
 ただ、落ち着いて物事を考える暇がないと、仕事の質がどんどん劣化することは私自身がよく承知しており、ご注意をよく受け止めて少しでも質の高い仕事をするべく、心掛けなくてはならないと思っております。                              
 今週月曜日の衆議院本会議における補正予算組み替え動議の提案理由説明の原稿を載せておきます。
 これは委員会でのディベートとは異なり、一方的な演説ですので、論理の組み立てをやや無視した相当怒りモード全開の内容となっております。ご批判、ご叱正を賜りますよう。
(一番最後にリンクがあります)


 「自衛隊という暴力装置」という仙谷長官の発言が問題となっています。
 一部報道にもありますとおり、私自身、昨年三月の朝日新聞でのシンポジウムで「国家の定義というのは警察と軍隊という暴力装置を合法的に所有するというのが国家の一つの定義(原文のまま)」と述べております。
 原典はマックス・ウエーバーの「職業としての政治」なのですが、外国語による著作を引用するときは、原文にあたらないと、訳語のニュアンスで誤解を招きかねないので、これからもっと私も注意しなくてはなりません(ウエーバーの著作には他にも「装置」という訳語が多く出てきます)。

 私の発言はあくまで政治学上の定義を引用したうえで、「何故北朝鮮で、あのようなテロ行為が起こるのか」を論じたものであり、国会において、自衛隊を、名指ししたものではありません。
 しかし、政治の側が、「ことに臨んでは身の危険を顧みず」国を守る責務を黙々と果たす方々に対する敬意を示しつつ、わが国における「自衛隊とは何か」を正面から論じてこなかったこと自体が、大きな問題なのだと思っています。


「last.doc」をダウンロード

|

« 尖閣諸島沖事案映像流出について | トップページ | 臨時国会も終盤 »

コメント

私も暴力装置という意味を知っていましたが、やはり「暴力」という国語辞書上の用法が一人歩きしたせいで、
政治学上の意味合いまでご存知の方は少ないですから、誤解なさる方が多かったというのが批判される要因だったんでしょう。
官房長官も説明をなされば良かったかもしれませんが、なかなかああいう場で学術用語を解説というわけにも行きませんしね。
言葉の選択というのは難しいものですね。

投稿: 阿武隈 | 2010年11月19日 (金) 20時54分

自民が悪い
官僚が悪い
検察が悪い
秘書が悪い
ママが悪い
沖縄が悪い
米国が悪い
宮崎が悪い
消費税が悪い
マスコミが悪い
沖縄地検が悪い
海保が悪い
野党が悪い
国民が悪い

民主党は悪くない(キリッ


…日本はいつから独裁国家になったのでしたっけ?


日々お忙しいとは存じますが、どうぞご自愛の程。何卒

投稿: 民主語録 | 2010年11月19日 (金) 21時09分

「暴力装置」についての石破先生の見解ですが、やはり流石ですね。
政治学や社会学の基本ですものね。
しかし、残念ながら、自民党の総裁を含む議員の方々の中には、むやみやたらに暴力装置という言葉だけを捉えて、発言の真意を問い質すことなく批判をしているような方もいらっしゃいますが、その点についてはどのようにお考えでしょうか?

投稿: Louis | 2010年11月19日 (金) 22時11分

石破先生 激務ごくろうさまです。

檄文!読ませていただきました。書かれている、ひとつひとつにウンウンと頷いたしだいです。

民主党は、あらゆることを鍋に入れて煮込み料理を作ってる感がします。
材料・具の違いなど顧みずひたすら、量が多ければよい、辛いと言われれば甘味料をぶっこみ、
砂糖が品切れになるとアメ玉さえ放り込もうとしてるようです。
如何せん、下味の不味さは救いようがなさそうですが。

自民党の政策は、物事の優先順位・軽重の判断がしっかりなされていて安心できます。

国を守る。
法の下の平等を守る
そして
暮らしを守る

うれしくなります。ちからいっぱい、応援させていただきます。

投稿: 麦島 | 2010年11月19日 (金) 22時31分

せんごくさんの発言の由来が何だったのかが興味深いですね。レーニンあたりではないかと思っているのですが。

投稿: いまい | 2010年11月19日 (金) 22時43分

こんばんは毎日毎日お疲れ様です。
尖閣問題の本質は、中国人船長を釈放したことです。メディアが例によって問題のすり替えをしていますが、枝葉です。本質をきっちり追求してください。
問責決議の話、この政権には自分から辞任する閣僚は絶対にいません。なぜなら、恥じる、ということを知らないから。矜持もなく矛盾もへっちゃら。服を着替えるように言葉をもてあそぶ連中ですから。解散も当分期待できないでしょう。
仙谷官房長官は、プライドの固まりのようです。気に入らないと、どんなことをしてでもやっつけようとします。単なる棒を振り回していたものが、だんだんと釘をうった棒になり、凄惨なリンチも平気、そんなことを彷彿とされるような御仁です。
週末ごとに数千人にまで膨らんだ一般国民の反中国デモ、打倒菅内閣デモが弾圧されることになるかもしれません。国民も今はおとなしく整然とデモをしていますが、状況が打開できないとなると、力が必要と考えるようになるでしょう。
国民は怒りが爆発しそうになっていますよ。

投稿: dora | 2010年11月19日 (金) 22時47分

現官房長官の発言は由々しき問題だと思います。旧社会党出身でもあり、もともと自衛隊・日米安保に否定的な人物が官房長官になっていること自体が国益を損なっているのではないでしょうか。さきの尖閣諸島沖漁船衝突事件もしかり、危機管理自体が危機に直面していないでしょうか。

投稿: くまさん | 2010年11月19日 (金) 22時49分

マックス・ウエーバーの「暴力装置」というよりは、仙谷官房長官の場合は、左翼的思想によって、本来の意味から書き換えられたものではありませんか? 勿論、憶測はいけませんが、絶対使用すべき場面ではありませんでした。多くの人が傷付き、悲しんだのは間違いありません。やはり許されない発言であることは言うまでもないでしょう。また北澤防衛大臣もやり過ぎです。言論統制、弾圧と非難されるのは当然のこと。こういったことがまかり通っていたら、景気回復、雇用促進などと言ったところで全く無意味。国民の人権さえ危うくなりそうなのですから。相変わらずお忙しそうで、石破さんが大変過ぎるというのが正直な印象ですが、それと同時に、石破さんが全国津々浦々回って、一人でも多くの日本人の目を覚まして欲しいとも思ってしまいます。

投稿: ぬこしろう | 2010年11月19日 (金) 22時56分

>「自衛隊という暴力装置」という仙谷長官の発言


つまり、仙谷長官は「憲法9条を撤廃して自衛隊を通常の軍隊にランクアップさせ、さらに敵基地攻撃を可能にする大幅な軍備増強、併せて核兵器を保有する」とでも仰りたいのでしょうか?

いえ、そんな殊勝な考えなどお持ちでない事は良く存じていますが、「暴言装置」としての仙谷長官にご自身の発言の意味を良く考えて頂きたく存じますので(笑)

投稿: 自民党支持者 | 2010年11月19日 (金) 22時56分

石破茂様

あの暴力装置という言葉で、怒りを抱くのは、教養が足りないからです。
失言の多い仙谷氏だから、なんでも失言というのは誤りで、いっそのこと、この発言に怒りを抱いている野党議員を全員集めて、石破様が講義してはいかがでしょう?
あの発言に問題があったとするのなら、自衛隊を軍隊といったことであり、暴力装置という部分ではありません。
自民党が万年野党でいたいのなら、ああいう攻勢の仕方もいいでしょう。
しかし、自民党が暴力装置でない自衛隊とはいかなるものなのか、示す必要があります。
石破茂様が、代表質問という名の講義をされるのはいつも楽しみにしていますが、先に党内を講義したほうがよいのかもしれないと勘ぐってしまします。

投稿: 匿名希望 | 2010年11月19日 (金) 22時59分

57才の平凡人です。

石破さんのご意見は「警察軍隊・・・暴力装置」であり仙谷官房長官は自衛隊を“暴力装置”と言ったので石破さんの警察軍隊と主語の定義が違うと思います。

私は仙谷官房長官が自衛隊=軍隊と認識して発言しているので仙谷長官自身が論理的破綻していると思いました。

政治家も体が資本です。ご自愛して職務を勤めて頂くようお願い致します。

投稿: shagiri | 2010年11月19日 (金) 23時21分

お疲れ様です。

仙谷長官の「暴力装置」発言について知った時、「そう言えばどこかで石破先生もそういう表現を使っておられたな」と思ったのですが、自衛隊を指したものでなかったことがはっきりして安心しました。
それに関して(小沢氏とニコ動の件と同じく)謙虚にコメントしておられる先生、ステキですheart01

投稿: 観音寺 | 2010年11月20日 (土) 00時03分

こんばんは、ハニ~石破さん。

仙谷氏が言うところの「暴力装置」の意味は、社会主義学生運動で骨の髄まで刷りこんだ「自衛隊は悪」が基本ですものね~。政治学ではなく彼の思想ですから、性質が悪い。謝罪したふりだけして、おなかの中ではアッカンベーしてるって判っちゃう。弁護士とは思えないほど言葉の大切さを理解していない人ですね。この類の人は、その言葉によって失敗します。良き言葉には良き結果、悪しき言葉には悪しき結果がついて来るのが道理。そのうち、イヤと言うほど思い知る時がくるかと。言霊の畏さを知らないな~。
ところで、APECの警備情報が、世界で少なくとも13ヶ国に漏洩しちゃってることはご存知かと拝察。トミ子さんの責任はいかがなります??公安のトップですもん。「私の責任ではなく、直接情報管理をしていた担当者の責任」なんて言えませんよね~。わ~い、ワクワク。

武器輸出緩和、及びトマホークとアークライトのお話、大変興味深く拝聴しました。面白かったと言ったら叱られるかしらん?「実践で使っていない武器なんか売れない」の一言には、わっはっはと笑ってしまいました。言葉を選びながら、説明して下さるハニ~石破さんを見ながら、幸せな1時間を過ごした私です♪

このブログに貴重なご意見を書き込んでくださる石破ファンに一言。
「何とかして下さい!!」ではなくて、今、私達が何を考え、何ができるか...それが大事ですよ~!!! 「ハニ~石破さんがとっても素敵~♪」とお友達に話すことからでもOK。私はこの手でハニ~ファンを増やしています。

機会があれば、菅氏のおでこスイッチにコツンと一発10t頭突きをかましたい今日この頃。

ご自愛一番です。

追伸:
「河内の石破ファン」さん、私も元気を頂いています。ありがとう!!

投稿: ぱこ | 2010年11月20日 (土) 00時06分

ご多忙のようで、大変お疲れ様です。

さて例の「暴力装置」発言ですが、個人的にはここまで大騒ぎするほどの失言ではないと思います。

政権末期の閣僚が少し不適切、あるいは不穏当な発言をすると、鬼の首でも取ったかのごとく騒ぎ立てて責め立てる。

自民党時代にも良くあったことですが、ただ私としてはこのようないわゆる「言葉狩り」のような手法でもって批判の道具にするのはいかがなものかと思います。

マスコミならともかく、国民が政治家に求める議論とはそういった議論ではないと思いますし、何よりそういった手法は民主党が好んで使った手法でもあるからです。

ただウェーバー云々以前に国会の答弁で「暴力装置」という一般人が聞けば明らかに不穏当と感じる表現を使ったのは配慮と思慮が足りなかったと言わざるを得ないでしょう。

ただし、自民党には冷静に現政権の失政の追及を行ってもらいたいと思います。
感情だけで的外れな批判をするような事があれば、国民は「民主党と同レベルか…」と感じてしまうと思います。

投稿: unknown | 2010年11月20日 (土) 00時46分

 先生、お疲れ様です。
 相変わらず忙しいみたいですねー

 暴力装置の件ですが、仙石が「石破先生も表現した」とか物議をかもし出していますが、今日、先生が述べられているとおり気にすることはないと思います。

 仙石もいよいよ限界に来ているのでしょう。管内閣はもう終わりだと思います。
 法務大臣しかり、官房長官しかり、総理大臣さえも、最近の不謹慎極まる発言の多さに国民も相当あきれ果てていますし、見切っている人も増えているのではないでしょうか?
 民主党がいかに人材不足かと言うことが露呈しています。不謹慎覚悟で書かせていただくと、ある意味では小沢氏の方が「政治」に関して言えば、運営する能力があったのだと思います。

 民主党は自ら提言した約束を何一つまともに実現する能力がないことを露呈させた。自助能力のない政党は消えていくしかないでしょうね。地方選挙で民主がことごとく敗れている事実を彼等はどんな感想を持っているのでしょう。
 来年の統一地方選挙が楽しみです。
 「民主」を名乗るだけで当選できないパターンが多く出てくるでしょう。
 
 東京には動きが見えませんが、大阪や名古屋では第3の政党が大きく躍進しそうな様子です。このあたりの存在とはうまく関わるようにして欲しいです。既存政党への怒りがどのように選挙で表現されるのかわかりませんが、関わり方を間違うと自民党も埋没します。
 能力は高いのですから、底力を見せて頑張って欲しいですね。女性議員も増やして、もっと時代にあった政党にしていって下さい。
 応援してます。

投稿: うえおか | 2010年11月20日 (土) 00時54分

本来「健全な精神は健全な体にこそ宿れば良いのになぁ」という賢者の言葉が翻訳の課程か意図的な物だったか、どさくさのうちに「健全な精神は健全な体に宿る」という真逆の意味に日本で引用される様になってしまった様に、今回の『暴力装置』という訳語を学識に明るくない一般人も視聴する国会の答弁に用いるという事事態が、既に国民の目線に立っていない事の表れですし、適切でない引用は言葉事態がいらぬ誤解を招いたり感情をわざわざ逆なでしたりする道具と成りかねない。官房長官の給料を受け取る立場の人ならば、使う言葉に誤りが無いのが本来常識だと思うし、やはり答弁で人権侵害とも取れる発言は、配慮に欠けるとしか言いようが無いと思う。

投稿: おかむ | 2010年11月20日 (土) 02時39分

こんにちは。
お忙しい中大変だとは思いますが、くれぐれもご自愛ください。

仙谷官房長官の「暴力装置」という言葉は国会中継で見ていましたが、私はそういう側面もあるかなという感想だけでした。

言葉そのものは乱暴ですが、武器を携帯する権限を与えられている以上、国民に向けられる危険性を排除するために文民統制は必要だと思います。
官房長官はその説明をしたかったように思われます。

私は個々の自衛官への政治的な発言を排除することは無理だと考えていますので、今回のような来賓の発言を排除したところで事情は変わらないと思います。
なので事務次官通達には反対です。

むしろ閉鎖されることによって、地域とのふれあいが無くなる事のほうがデメリットが大きいと考えています。
地域交流で培われた信頼が無くなること、一方的に情報を遮断されることによって負のイメージが広がることの方が危険だと思っています。

今回は言葉尻を捉えられて糾弾されましたが、文民統制するために今回の処置(来賓者の事前チェック)が妥当かどうかを議論して欲しかったと思ってます。
今の自衛隊がこのぐらいの批判を耳にしたところで任務を遂行する上で何の問題にもならないことを証明する議論があっても良かったかなと思います。

その上で自衛隊のトップである総理大臣には政治に責任感を持ってもらいたいと追求して頂きたい。
トップがバタバタしてるから今回は過剰な対応をしてしまったように思えてしかたがない。

以上、また長文になってしまいました。すみません。

投稿: とんちゃん | 2010年11月20日 (土) 06時53分

一点ご質問させていただきたいのですが、
自衛隊、警察、海上保安庁は暴力装置ではないという認識で問題無いのでしょうか?

投稿: 前田 | 2010年11月20日 (土) 07時11分

石破先生、おはようございます。
今週末もハードスケジュールですね。
本当にお休みをしてください。

娘に「慶応か駒場に行こう」と誘ってみたら、「人がいっぱいすぎて講堂に入れないよ」と言われてしまいました。


閣僚の浅はかな言動ばかりが目立った一週間でしたが、本当に行きあたりばったりの組閣人事なんだなと強く感じました。

石破先生、日本はどうなるのでしょう。
本当に危惧しています。

投稿: まちゅん | 2010年11月20日 (土) 07時13分

深い見識と冷静に議論を重ねようとする姿勢にいつも感心しております。
ただ一点、石破議員は世論調査というものに対してどのような姿勢でおられるのでしょうか。理由説明の冒頭で、政府・与党への国民のまなざしを述べるに、世論調査の数字を挙げておられますが、これについては石破議員らしからぬ印象を受けます
お体ご自愛いただき、日本の子供達に明るい未来を示してください。

投稿: samma | 2010年11月20日 (土) 07時17分

テレビで仙石さんの答弁を聞いていました。自衛隊を暴力装置呼ばわりするとは、なんてことなんでしょ…といいたいところなのですが、この言葉はネット上で

1) 日本の自衛隊について否定的に説明するための用語として用いられた経緯がある。
2) 一方、シビリアンコントロールの重要性について議論するための論拠にもなりえる。

という単純でない意味合いを持っていることが1日程度で広まりました。一方テレビでは「自衛隊は暴力…」のように切り取られて終わりです。(実際こういうフリップを見ました)

故に、視聴者(有権者といってもいいですが)の一部は、この言葉をどう使うかによって、政治家の自衛隊に関する認識を計っています。そもそも、用語を知らないということは考えたことがないということでしょうから。

これが明日の選挙に影響を与えることはないと思います。しかし10年単位で見ると不信感のもとになるのではないでしょうか。国会は日本の議論空間の模範であるべきとは思われませんか。私は(政治家のみなさんに期待し過ぎなのかもしれませんが)もっと本質的な議論を期待します。国の成り立ちや維持に関する基本的な議論を、単なる言葉狩りの道具にしてはなりません。

投稿: hidezumi | 2010年11月20日 (土) 08時06分

はじめまして、静岡の河村と申します。
先日の予算委員会での石破茂氏の質問は、菅、仙石が脂汗を流してたじたじとする様が痛快でした。
久々に本物の政治家を拝見したという思いで、感動し、コメントさせていただきました。
暴力装置の件でネットを調べているうちに、石破氏のブログにたどりつきました。
今後ともどうぞご活躍下さいますようお祈り申し上げます。

投稿: 河村隆夫 | 2010年11月20日 (土) 08時46分

石破先生、民主党政権を叩き潰してください。
全日本人を完全に侮辱しています。ムチャクチャな政治で生活に影響がでています。
一刻も早く解散総選挙を御願いいたします。
そして石破先生は総理大臣になってください。
宜しく御願いします。

投稿: 岡部雅樹 | 2010年11月20日 (土) 09時38分

石破氏は不誠実だと感じます。結論、自衛隊が"暴力装置"であるか否かハッキリとさせてない。
ハッキリと自衛隊を含む軍隊及び警察機構は、"暴力装置"(Gewalt Apparat)です!と言えばいいのに。

投稿: nose_megumi3636 | 2010年11月20日 (土) 11時14分

「暴力装置」呼ばわりした自衛隊に、暴力ふるって恫喝しちゃう議員がいる民主党。何て素敵な暴力組織でしょうか。

「いや、我々は実力組織なのら~」とか思ってるんですかね。確かに、日本人の不利になる政策を実行する実力だけは備えてますが…

投稿: てつ | 2010年11月20日 (土) 11時31分

暴力装置発言について。

石破さんの著書の中に「国家という存在は、国の独立や社会の秩序を守るために、暴力装置を合法的に独占・所有しています。それが国家のひとつの定義だろうと。暴力装置というのは、すなわち軍隊と警察です。日本では自衛隊と警察、それに海上保安庁も含まれます。」という記述があります。

これは自衛隊も暴力装置と言っているのではないのでしょうか?詳細がわかりづらいので、わかりやすくご説明いただけると幸いです。

あたご事件のときの石破さんの対応は非常に好感触でした。その石破さんが自衛隊に対し簡単に社会学用語を当てはめるとは思えません。説明をお願いいたします。

投稿: saka | 2010年11月20日 (土) 11時37分

ご参考まで。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4049.html
より、
・ウェーバーは「軍は暴力装置」とは述べていない
・「暴力装置」という言葉を使用したのは、マックス・ウェーバーではなく、レーニン

投稿: とおる | 2010年11月20日 (土) 12時02分

放送大学の「国政政治」のテキスト(P37)をはじめ、大学等の国際関係論ではマックス・ウエーバーの定義が使われています。
全員ではないでしょうけど、中には外交官や政治家を目指す方も学びます。
今回の問題は、解釈ということより「暴力装置」は軍人を侮辱する言葉ということが問題になっている。
学ぶ側は、混乱しないかと心配しています。
これをきっかけに議論が尽くされていくと信じたいです。

投稿: 質問です。 | 2010年11月20日 (土) 12時40分

石破先生、あなたの言い分は全く正当だと思います。
ただ説明としては、(本質的すぎて)一般の国民にはちょっと伝わりにくいかと思います。先方はおそらくわかっていて、大衆を扇る意図で話していることだと思うので、もう少し簡単に切り返されたらどうですか?
こちらは「軍隊」と言っているわけで、向こうは「自衛隊」と言っている。「長官にとって、自衛隊と軍隊は同じだという認識ですか?」という切り返しで十分伝わるんじゃないかな、と思いました。(これは結局のところ、先生がおっしゃっている通り、自衛隊とは何か、という議論に通じる話ですが)
一会社員ですが、日々災害救助や国際貢献をしてくれており、有事の際に国を守ってくれる自衛隊に対しての発言に憤りを感じています。また、石破先生のまったく違った文脈での発言を引き合いに出す悪あがきぶりにも、あきれています。
都合のため、学園祭にはいけないのですが、先生のご活躍を陰ながら応援しています。失礼しました。

投稿: Koji | 2010年11月20日 (土) 13時42分

私も最初はM.ウェーバーの『職業としての政治』に出てきたゲバルトと解釈しておりましたが、どうやらレーニンが無理やり踏襲したものを仙石氏が「ふしゅう」したものではという意見もあるようです。私の装置としてのゲバルトの解釈は社会規範が混乱状態のアノミーな状況(現在の日本みたいに)において一般集団がそれぞれ独立したゲバルトでもって闘争するのは無駄にエントロピーを消費するだけだから、国家装置としてのゲバルトで国民をあるべきところ(安心)に方向づけようとするものだと思うんです。つまり、平和ですよね。しかし、仙石氏は暴力に血なまぐさい香りをかいでいるのではないでしょうか。ただの馬鹿だとしか思えません。なんとかしていただけないでしょうか。とは言っても、暖簾に腕押し。国会という言論の場において、彼らは言葉を持たないようなので。悲しくてしようがありません。

投稿: +9 | 2010年11月20日 (土) 13時53分

石破茂様

調べてみたのですが、どう調べても「自衛隊という暴力装置」という言葉に問題はありません。
ただの学術用語のようです。
石破先生が注意する必要などありません。
むしろ、この言葉を学術用語だと知らない他の自民党議員のほうが問題です。

投稿: 匿名希望 | 2010年11月20日 (土) 14時40分

民主党菅政権は、尖閣問題等々で我が国の舵取りができない政権として国民の信頼を失い、仙谷官房長官をはじめとする多くの閣僚の失言、方言、資質等の問題で、巷では「菅政権はどうにもならない内閣。早期退場していただきたい」といった話が日常の挨拶がわりに出るようになった。
 柳田法相辞任は時間の問題であろうし、仙谷・馬淵大臣の不信任、問責は当然問われることになるであろう。

 石破さんが忙しくあちこちに呼ばれているということは、民主党政権があまり長くもたないだろう。解散総選挙もありうるということかなと思っております。
 民主党を支持している人でも、「仙谷さんがテレビに映るたびに、支持者が減っていくような気がする。」と言う人が本当にいるのです。

 石破さん、自民党の支持率があまり伸びません(総裁がよくないと言う人もある)が、自民党が政権を取ったら我が国をどのように導くのかのアピールが不足しております。先ず第一に憲法論議を起こすことだと思います。我が国の憲法は占領軍により押し付けられた憲法であり、60年も経た訳で、憲法の改正又は自主憲法を制定するための国民の意識調査を実施することです。併せて、我が国の領土、国民は我が国自らが守るため、自衛隊の強化と集団的自衛権の確立をしていただきたいと思います。第二には教育です。教育の充実と正しい歴史認識、道徳意識の向上が必要と思います。
 まだまだいろいろあり、とても書きつくせませんのでやめます。「お呼びがかかるうちが花なのだと思う」と記されていますが、体が元気であってこそです。我が国の将来のためには石破さんに奔走していただきたいのですが、あまり無理されませんように。自分の体は自分できちっと守ってください。

投稿: 今ジン | 2010年11月20日 (土) 15時46分

仙谷氏の暴言に石破さんが引き合いに出されているのが残念でなりません。
内容は違っても同じ言葉を使ってる為、単純な人は同類と判断してしまうでしょうから。
石破さんのお話を聞いてるといつも「政治家は言い回し一つにも気を使わないといけないから大変だなぁ」と感心しています。
一方、柳田氏の様な何も考えていない政治家(?)もいるから不思議なものです。

先日実際に会えたのに、お忙しい中で足を止めさせる勇気がなくて声をかけれませんでした・・・crying
死ぬほど後悔していますdown

投稿: painas | 2010年11月20日 (土) 16時10分

scissors大丈夫です。
仙谷氏{左翼・弁当運び担当}
の用語とは、根幹が違う事は、
承知しておりますのでkaraoke

国防と弱体の意味位・・内容が違います。

ご自愛下さい。心身共に
「打倒!民主!」にheart01
注いで下さい。多くの国民の願いです。

投稿: 憂国子 | 2010年11月20日 (土) 16時46分

石破議員殿
言葉は、(ごく一部の言葉を除いて)発せられる状況、発した人で意味合いが変わると思います。暴力装置という言葉も、石破議員から聞けば何も違和感は感じません。

時代錯誤のおじさんも一般人なら笑い話ですが、官房長官なら話は別です。一刻も早く民主党もろとも退場して頂きたい。
応援してます。頑張って下さい。
以上

投稿: BET | 2010年11月20日 (土) 17時30分

暴力装置として機能しかねない力を保持した自衛隊が、暴力とならないための文民統制ですが、民主党の松崎哲久議員はこれを理解していないようですね。
暴力行為や暴言の有無はさておき、当日片側通行の規則を破らせたことは事実なようです。
直接の上司でもない、一政治家の要請に従い、許可も無しに規則を反古にした隊員がいたということは、文民統制の否定なのですが。

投稿: 諸星たお | 2010年11月20日 (土) 18時05分

石波さんの発言は何ら問題ないと思いますし、また自衛隊が物理力行使の権限を付与された暴力装置であることも明確であると思います。
問題は暴力装置だからどうなのかというその後の論理展開だとおもうのですが、(党を問わず)国会ではどうでもいい言葉狩りに躍起になっている状況に絶句しています。
政治家の皆さんは自身のレベルの低さに自覚的になったほうがいいと思います。

投稿: BMB | 2010年11月20日 (土) 18時15分

毎日お忙しい中ありがとうございます。

私は北九州に在んでいます。
石破さんがいらっしゃるとこちらのブログで確認して、すぐ詳細を調べました。
残念ながら後援会に入っていないと入場出来ないとの事で、諦めました。
後援会に入っていなくても日本の今後を憂い、自民党(一部の俗議員を除きますが)を応援している気持ちは同じなのにな、と考えます。
広く知られるべきだからこそ、石破さんも時間を惜しんで方々へ飛んで活動されている、と私は勝手に思っています。逆に関心を持っている人を遠ざける様な形になっているのでは、と感じざるを得ません。
会費の対価であるとしたら、それは内容が素晴らしくても、単なるパフォーマンスに過ぎないと私は考えます。
支持率がどこも極端に低い中、戦略的には既に支持されている支援者を大事にするのは勿論ですが、無党派層に強く訴えかけるのが大事だと、素人考えながら思っております。
致し方ない部分も多々あるでしょうが、今回のような集会の性質を見ると、内向きなのだな。と感じざるを得ません。
せめて入場料を出せば立ち見で入れる位の措置があればまた違うんですが。

今の年齢的な人口分布だと微妙かもわかりませんが、ネットがあって当たり前の世代が中心になれば、地方巡業を
交通費・(移動)時間を掛けてやるよりも、ブログで予告してネットのリアルタイム配信で時事問題について語る等の手法が良いかもしれません。
石破さんのように魅力があって、方々から引っ張りだこになる様な方は特に、効率が良いと思います。

無茶苦茶長くなってしまいました。申し訳ありません。
体調を崩されないようにお祈りしています。

投稿: 九州在住24才さん | 2010年11月20日 (土) 18時23分

 管政権の、嘘で固めた隠ぺいが混乱を生んでいます。彼らの選挙のために、国民が犠牲にされました。私は、彼らの次の選挙への不安に同情しません。
 普天間が5月決着だった鳩山も、口蹄疫が拡大した外遊直後の赤松も、鳩山退陣を決めた輿石も、彼らはまず選挙を口にしました。参院選で負けた管は小沢を恐れ、消費税を撤回し8月の景気暴落を無視し、盆から長期休暇と海外旅行で概算要求直前の政策調査会ですら閑古鳥でした。鳩山別荘での「気合いだ!気合いだ!」絶唱をから骨肉の代表選にうつつを抜かし、尖閣事件さえ放置しました。
 奥さまから、何一つ実行していない内閣と言われ「先送り一掃内閣」と宣言、スローガンだけといわれ「有言実行内閣」と命名したのでしょう。10月中旬の予算委員会での彼の発言に納得します。「新たな組閣で、いよいよ本格始動。これからは成果を出すだけ」と、横柄な馬淵の大臣としての判断、自衛隊の政治利用を当然と考える北澤、朝鮮学校への税金投入を国益と信じる高木、パンツ丸出しの蓮舫、横着で茶化すだけの柳田、公安機密の漏えいに無関心な岡崎。まさにアクセル全開です。
 下品で嘘つきの仙谷悪代官が、怪しい学者のカルトにはまっているバカ殿管を仕切っています。今の異常に高い内閣支持率が、日本人の鈍感さと心配しています。

投稿: 鈍重 | 2010年11月20日 (土) 21時12分

「暴力装置」発言についてですが、官房長官の発言が公になり、ネットやマスコミで叩かれているのを見て、正直「何故だろう?」と感じました。

理由については、「警察と軍隊は暴力装置」という認識が私自身にもあったためです。

先日のsengoku38さんではありませんが、国民の為に働いているという認識があれば、何と呼ばれようとも構わないような気がします。(少なくとも私は気になりません)

もちろん、自国の国民に対して銃口を向ける他国の軍隊とは別物、と(石破先生のように)考えて発言していただけたならば、非常によかったのでしょうが…

#####################
ニュースやニコ生見てます!応援してます!
「農政が専門、それ以外は趣味」とか、何の冗談ですかw
明らかに専門でやってる(はずの)人以上に何でも知ってるじゃないですか!
とりあえず、非常にお忙しいようなのでお体にお気をつけて><ノシ

投稿: 自衛官 | 2010年11月20日 (土) 21時32分

石破先生、そう思うのでしたら今からでも国防、安全保障、憲法、自衛隊等等についてしっかり議論してください。今までそれらのことについて触れないようにしてきたのは自民党ではないですか。安倍政権の時にやっと正面から憲法改正を持ち出してくれたことに希望をもったことを覚えています。だから私は今でも安倍さんを支持しております。その他の政権では経済や雇用のことばかりで、国民の生命や本当の意味での国の存亡について真剣に取り組んでくれたことありましたか?軍事力の裏づけのない外交なんてないのではないでしょうか?せめて領海侵犯をした中国人船長を圧力に負けて釈放しなくてはならないような、攻撃力が無いために周辺国から舐められてしまうような国ではなく、堂々とした国にしてください。

投稿: モモ | 2010年11月20日 (土) 21時58分

解釈改憲と言う違憲状態で、軍隊(自衛隊)を保有し続けることには無理があります。

良識ある国民から成る法治国家ならば解決せねばなりません。

改憲派(自衛隊合憲化)の方々はなぜか日本の過去の侵略戦争を美化しようとするし、護憲派は自衛隊廃止に躊躇しているかに見えます。

結局、現状のぬるま湯は居心地が良いわけですが、政治家の皆さんの、現実を見据えた冷静な議論を期待しております。

投稿: 銭湯のお客 | 2010年11月20日 (土) 22時05分

民主党の学生気分のような政治に辟易している、石破先生と同年代の者です。

今回の、仙谷さんの暴力装置発言、果たして本来のウ゛ェーバーの定義付けに添った発言だったのでしょうか?


と、考えたのは、仙谷さんが、あの場で発言を撤回・謝罪したことからです。

ウ゛ェーバーの語を引用したのであれば、丸川議員の追及に対して、その旨丁寧に説明すれば済んだこと。

仙谷さんは、本来の意味を理解してないのでは?

『暴力装置』という言葉だけがインプットされていたから、釈明出来ず、謝罪・撤回したように思えてしまいます。

谷垣総裁・佐々淳行さんがおっしゃったように、全学連のお弁当調達係をやっていた仙谷さんや左翼活動をされていた方々は、『暴力装置』という語句を頻発されていたようですから、私共も、『暴力装置』という言葉は、左翼用語になってしまったな、と感じておりました。

仙谷さんのあの発言は、悪意を含んでいるように受け止められました。

投稿: 齋藤由美子 | 2010年11月20日 (土) 22時26分

先生おつかれさまです
菅政権はもう終わるのかなと思わせるようなボロボロな感じですね。暴力装置という言葉政治学では結構出てくる用語ですね。後期高齢者の時と同じでそう呼ばれた方はいい気分はしないでしょうから政治家は言葉には気をつけなければいけないんでしょうね。
酷いのは法相の放言です。あんなふざけた人が法相やってるのが考えられません。石破先生とのやり取りでもこの人本当はわかってないんじゃないかと思うようなとこがありましたがどうやらそうだったのではないでしょうか。例の二つの言葉発言も酷いですが法相をやってくれと言われた時についての言葉も相当酷いです。総理の任命責任も強く問われていい話です。法相の話によれば総理は適材適所で人を選んでたわけではないようですね。一体どういう基準で大臣を選んだのか気になるところです。
あの党には法相にふさわしい人間がいなかったのでしょうか。なんであの党で小沢氏が担がれてんだろうって思っていたのですがあの党には小沢氏くらいしか政治が出来る人間がいないんでしょうね。だから頼りにされる。そして裏にいるのが好きだった本人が問題を抱えていながらも表に出ざるをえなかったのもそういうことなんでしょう。まああの方もいまさら何かできるとも思いませんが。
リンク先の文読ませていただきました。私たちの怒りもこめられていていいと思います。私が言ってやりたい言葉ばかりです。これからも怒りモード全開の姿勢でやっちゃってください。
今この国はど素人集団のへたくそ運転でめちゃくちゃになりかけています。これが民主党の限界でしょう。彼らが運転に慣れる日がいつか来るのかは知りませんがその間この国は着々と落ちていくことでしょう。残念ながら菅首相は石にかじりついてもやるそうですし選挙でどういう結果がでるのかもわかりません。小沢氏はいつ選挙があるかわからんと言っているそうですが何があっても次で民主党政権を終わらせられるように自民党が今一度国民に信頼される政党になれるようがんばってください。応援しております

投稿: koha | 2010年11月20日 (土) 22時35分

ご多忙ご疲労について、ご本人が【私自身がよく承知しており、‥】と仰られては余人は何も申し上げる余地はない。然し、一般の凡人が失礼を顧みず、此れを最後にして申し上げたい。
石破さんの現在までの全ては「本舞台」に立つ為のリハーサルに過ぎない、目先の壁一枚を打ち破れば、漸く「本舞台の主役」を張る目処が付いている、その重要な時期を目前にして万一にも緩急あれば、ご本人も「無念」を超えて適切な言葉もないのでは? 同時に毀損された国益が癒されないまま行方が定まらずに漂って仕舞う。【お呼びがかかるうちが花】とお洒落をされるのは、一寸違うかな?と。ゆめゆめご油断なきように!!と念じます。

扨て、「補正予算組み替え動議」について、【ご批判、ご叱正を賜りますよう】と謙虚にもご招請があるので、無遠慮に前回の板でのコメントを下記に再録させて戴きます(笑)。
-----記-----
石破さんのこの演説は、「良い」ではなく「本当に凄い!」です(笑)。
欲を承知で掻けば、望むらくは動議の脈絡を超えて、演説の脈絡で「暗に」ではなく明確に「民主党よ!国益のために政権の座を降りるべきだ!」と宣言して欲しかった。石破さんの品格が邪魔して、無理かもしれないが。
【(民主党にも)良識ある諸君はきっといる‥と私は信じている】石破さん、格好良過ぎ!(笑) 然も、此れで「善き政界再編」への布石が打たれている(笑)。
此処まで的確で尖んがった演説をされる石破さんがお疲れになるのは、十分以上に理解できます!
草々

投稿: 小倉摯門 | 2010年11月20日 (土) 22時50分

こんにちは。

「暴力装置」は学術用語だということで、その意味合いで使うならば何も問題はないと思いますね。仙谷氏には早く辞めてもらいたいですが、「暴力装置」発言については、そういう使い方をしたのなら問題ないと思います。

昨今、やけに失言が取りざたされていますがマスコミの報道を鵜呑みにせずに本当に問題なのかどうか見極める姿勢が大切だと考えます。

投稿: ポリマー | 2010年11月20日 (土) 22時58分

民主党の仙石の失言や管総理は仙石の操り人形のような感じといい。
左寄りの集団政党に国を任せていたら大変な事になると思う、石破さんに立ち上がって貰い民主党を蹴散らして貰いたい。
ロシアや中国や韓国に昔戦争で日本が勝っているのに何故、下手に出るのか理解不能です。
自分には納得出来ないです。
後は自民党も少し変わる必要が有ると思います、芸能人やらを人気取りに使い議員にするのは、どうかと思います、民主党と同じになってしまうからです、真面目な政党を目指すなら少し考えた方が。
後は麻生さんは解散総選挙の時期を間違えたと思います。
民主党は責任も取らず政権を維持してる状態です。
それに自衛隊員が可哀相だと思います、国を守ってくれている方々に対し失礼極まり無い、自衛隊の方々の前で土下座して謝罪すべきです、仙石が居なくなっても替わりは居ますが自衛隊の方々は居なくなっては困ります。
そもそも尖閣事件の映像は国民に見る権利が有った物を隠した仙石に罪が有る

投稿: 田中裕樹 | 2010年11月20日 (土) 23時48分

石破会長お疲れ様です

自衛隊がアフガンに勉強と称して、手当無しで派遣と聞いたのですが、
これは本当なんでしょうか!?
米軍も何人も亡くなっている地に、手当無しで送られるなんて心配です。


民主党は、日本の自衛隊を縮小させようとしているのでしょうか?

また尖閣諸島に中国船が現れたようですし、
ここで自衛隊が減ってもらっては……

投稿: ミユ | 2010年11月21日 (日) 01時20分

今回の「暴力装置」騒ぎは、左右のイデオロギー対立軸に被さるかたちで「アカデミズム対ポピュリズム」の対立軸が交差していて、どなたがどういうご発言をされるかを非常に興味深く拝見しております。

石破議員の本記事には誠実さとバランス感覚を感じました。石破議員は本記事の最後を「政治の側が、『ことに臨んでは身の危険を顧みず』国を守る責務を黙々と果たす方々に対する敬意を示しつつ、わが国における『自衛隊とは何か』を正面から論じてこなかったこと自体が、大きな問題なのだと思っています。」という言葉で結ばれております。

「ことに臨んでは身の危険を顧みず」「自衛隊とは何か」という部分を「」で囲んで強調されていることに対して、そこに込められた深い思いが伝わってきました。

私は仙谷氏や民主党を政治的に支持する立場はとっていませんが、この件に関して言えば、仙谷氏が2005年に早稲田大学大隅塾で語られた講演録 http://y-sengoku.com/06/05/051003.html を読み、今回の騒動で、仙谷氏と自民党議員諸氏のイデオロギー軸での立ち位置が、アカデミズム対ポピュリズムの対立軸の影響で、転倒してしまっているのではと感じています。仙石氏は「私の感覚では、良いか悪いかは別として自衛隊の存在を国民の8割くらいが認めているのではないでしょうか。確かに暴力装置としての大変な実力部隊が存在し、法的に言えば自衛隊法や防衛庁設置法でもって定めているのです。それならば、これが違憲の法律だと言わないのならば、憲法に自衛隊が存在することの根拠を書かないというのは、憲法論としても法律論としても如何なものかというのが本当は論点の核心にならなければいけない。しかしながらそれは殆ど素通りをして、憲法の文言を変えて自衛隊を憲法上の存在とすることによって軍国主義化するとか、そうでないとか、戦争をすることになるか否かという議論ばかりが現在まで延々と続けられてきた」と言っています。これは、これまで保守が言ってきたことであり、今回も保守が言わねばならなかったことでは無いでしょうか。

今回の件では、仙谷氏の国会発言を引き金にして上記の大隅塾での発言を引き出すような国会論戦を期待したかったところです。

投稿: みのべー | 2010年11月21日 (日) 01時39分

子供手当てのために扶養控除がなくなり年収1千万円程度以上の世帯が増税になる可能性が高いようです。

年収1千万円程度で給与所得者が上流ですか?そんなことはないでしょう。その程度の年収では中産階級です。

中産階級に増税を行い、疲弊させて民主党は格差社会を助長させたいのでしょうか?

投稿: qwerty | 2010年11月21日 (日) 07時10分

NEWSポストセブンに下記雉が掲載されいますが、確認されたでしょうか?
『中国 尖閣諸島へ来年6月「800隻大船団で上陸」計画が進行中』
これは民間人が進めていると書かれています。
政府はこれにどう対応するのでしょうか?

竹島の占領、北方領土の占領に習い、中国が同じことしてきたらどう対処するのでしょうか?

こんな事を許せば、戦争やむ得ずという国民感情に発展しかねません。

一刻もはやいご対応を!

投稿: 郡田謙一 | 2010年11月21日 (日) 09時19分


こんにちは


民主に批判的な私でさえ
単なる言葉狩りだと思っています


物事の本質をつく石破さんには
信頼される自民党になるためにやらなければならないことを期待します


体には気をつけてください

投稿: 無党派なべさん | 2010年11月21日 (日) 09時33分

 拝啓、石破先生。
 今回の「暴力装置」発言について、私なりの感想を述べさせて頂きたいと思います。
 まず、物にたとえるのは良くない、と考えます。何かに例えると、例えた物に対する別の意味合いが付随してしまうからです。それが分析をする上で新たな視点を生むための良い影響となる場合もありますが、物事の本質から外れてしまう恐れもあるからです。だからこそ「たとえ話はいらない」という返答が議論の場ではしばしば発生いたします。そして、本題が例えた物のイメージに固定されてしまう恐れもあります。
 そして、もう一つに「暴力」というよりも「装置」という言葉が気になります。仕事をする上で、個人的な感情を抜きにして、いわゆる法に基づき粛々と職務を全うする必要があり、いわば仕事においては人は機械、装置のごとく完全でなければなりませんが、全てにおいて無感情であってよいものか。ましてや警察や軍隊が人間的感情や倫理観がなくてよいのか。国家として装置であるべきなのかもしれませんが、民間の者にとっては恐るべき存在になりかねないからです(攻撃対象となるような悪いことをしなければ良いだけなのですがw)。
 稚拙な論理を申し上げましたが、結論的に何が言いたいのかと申しますと、石波先生も仙谷長官と同様に、そのような言葉を使うべきではなかったのでは無いでしょうか、ということです。どちらかが悪くて良いわけではない、程度の違いはありますが、どちらも適切ではなかったのでは、と思います。当時として、石波先生に批難が及ばなかったのは、仰るとおり自衛隊を指して例えたものではなかったから、とは考えますが。
 しかし、いずれにせよ例え話であり、言葉の使い方の問題であり、この件はほどほどにして、政治家の皆さんはもっとどうにかして欲しい本題に取りかかって頂きたいというのが、正直な気持ちです。
 では季節も政治も外交も厳しい折、より一層のご自愛をお祈りいたします。敬具

投稿: 大阪に住む者 | 2010年11月21日 (日) 10時27分

いつも、お仕事お疲れ様です。

衆議院本会議を最前列で傍聴させて頂きました。

あの演説、やはりお怒りでいらしたんですね。

石破議員の演説は今回傍聴させて頂いた中で最も簡潔で、聞きいていてよく理解できました。

少なくとも僕の中には色々と伝わってきました。

あの日の会議の民主党の野次と言い、
一部大臣の聞いている態度には見ていて腹が立ちました。(何人か寝ている人もいましたし。)

大臣としての自覚がなさすぎます。

それに、菅総理(いや、仙谷総理ですかね?)の政権運営は日本国民として見ていられません。

本当に日本の壊れる音がしてます。

自民党も政権交代で、目が覚めたと思います。
次回の選挙では勝って頂き、是非とも日本を良い方向に導いていってください。

これからも頑張ってください。応援しています。

くれぐれもお体には気おつけて。

投稿: kodaijapan | 2010年11月21日 (日) 12時45分

石破さん自民党の派閥は今どうなっているのでしょうか?また政権奪還したら復活ですか? 野党に下って、自民党にも色んな議員がいるなぁと思いながら国会中継みていますが、最近も『脱税総理』『粗大ゴミ』発言で物議を醸している棚橋議員ですが、確かに下品で思慮に欠ける面もあり、部下にもつと使いにくいかもしれませんが、言っている事は正論ですよね。ああいう人物は仮にまた大臣になっても裏と表を使うような人物に見えませんし、責任転化するような卑怯な人にも見えません。私の贔屓のひきたおしでしょうか?ああいう人物こそマスコミに登場させてマスコミ自身を攻撃させてはいかがでしょうか? まさに『暴力装置』をシビリアンコントロールしては?

投稿: 暴力大臣 | 2010年11月21日 (日) 12時50分

テレビ見てたら、次期総理大臣に誰が相応しいかの調査に先生が4位で谷垣さんは10位でした。
谷垣さんは東大出の弁護士で毛並みもいいかもしれませんが総理大臣としての存在感には?マークが付きます。総裁選で河野、西村が相手では勝つのは当たり前ですけど…。来年の国会を見据えたら、党内がまた揉めない内に名誉総裁に自ら引けば名は残るとおもいますが。
リーダーはやはり胆力が一番必要ですよね。
次に政権奪還したときにていたらくだったら自民党はほんと分裂消滅ですよ。 当選回数よりも実力優先でないとこの日本は再浮上できません。

投稿: おせっかい | 2010年11月21日 (日) 13時15分

うわ、石破さん今長野にいらっしゃるんですか!!
応援に行きたいですね・・・・

投稿: 長野県民 | 2010年11月21日 (日) 14時13分

先生!自民党はいったい何してますか?もっと突っ込むべき時ではないですか?尖閣問題でも自民党はおとなしすぎます。指をくわえて見てるだけですか?物足りません!誠に申し訳ありませんが谷垣さんではインパクトが無いので、石破先生御願いできませんか。民主政権が今の状況でも終わらないのなら、自民党の力不足という見方もあります、宜しく御願いいたします。

投稿: 岡部雅樹 | 2010年11月21日 (日) 14時21分

柳田大臣が法務大臣の資質がないと事実上の罷免になりそうです。みんなの党の江田憲司氏が日本記者クラブで橋本総理大臣の秘書官の時の金融危機の際、大蔵省が銀行の不良債権がいくらあるかさえ把握できていなかったと述べています。(支店長が隠すため各行の頭取さえ把握できていなかったそうです)
そもそも大蔵省は東大法学部が主流なわけですが、四年間法律とか行政学を学んだものが金融や財政をやるのがわかりません。現在であれば経済学部はもちろん商学部、理学部、工学部、はたまた哲学の分野まで含有した省庁だと思いますが。柳田大臣の資質で考えさせられました。

投稿: ミスマッチ | 2010年11月21日 (日) 14時32分

石破さん、ハードな日程ですね。びっくりしました。お体大切に。

「暴力装置」、この言葉をどんな人がどのように使うかで、暴言に変わるかがよくわかりました。レーニンの「国家と革命」の訳語として登場してから、使われるにようなったのでしょうか?

「わが国における『自衛隊とは何か』を正面から論じてこなかったこと自体が、大きな問題」という意見に同意します。

投稿: 春日井さぼてん | 2010年11月21日 (日) 14時33分

予算委員会他の諸委員会の映像が録画とは言え自由に見ることができる環境があるのは素晴らしいことだと思います。インターネットの功績ですね。閣僚はウソをつけなくなりました。しかし、そのために、責任逃れの答弁が増えたのでしょうか? 明確に答えない。質問とは違うことを答えている閣僚の多さに呆れます。質問の意味がわかっていないのか? わかっていて惚けているのか? これを放置しておけば、デタラメなことがまかり通るようになる気がします。18日にあった参院予算委員会で林芳正氏が、岡崎大臣に緊急経済対策の要求予算に警察車両の事があったそうです。緊急経済対策の目的に、これがあるのはどういうことかと尋ねられていました。「観光地に配備する」というのが岡崎大臣の答弁でした。「?」ですよ。景気対策の費用計上目的と観光地がどういう理由で登場するのかよくわかりません。林議員は、重ねて質問しました。同じ答えしか返ってきません。この大臣の首の上部にあるのは宮城特産の味噌でも詰まっているのかと思いましたよ。質問の答えをはぐらかそうとして答えたのかと思いましたが、林議員が何度聞いても同じことしか言いません。本気で緊急経済対策に効果があると思い込んでおられるのか? あるいは、部下の官僚に言い含められたのか? どちらかでしょう。全国の観光地を訪れる外国からの観光客に不測の事態があれば問題になるので警察車両の数を増やして備えたいと言う趣旨です。車両を購入することでどれだけの効果があるのかの数値的説明もなく、ひたすら観光地の安全を強調なさるのだ。自動車産業界に貢献するのはわかるが、緊急を要する対策と言う目的があって、当たらずと言えども遠からずでは、経済政策と呼べないでしょ。林議員は特別難しい議論をしているわけではなく、この費用の目的と効果を真摯にお尋ねなっていたが、答えが最後まで得られることがなかった。岡崎大臣は経済担当の人ではないが、予算要求が、政府内で議論されずに要求項目に載ったと言うことなのでしょうか? 残念な内容だと思います。こういう細かい話はマスゴミには載りません。本当に緊急を要するために消費される予算なのかについて説明する記事はあるが、ここまでの話が載ることはない。残念な人が、この内閣には多いと思います。政権内にいる当事者と言う自覚が無いのかもわかりませんね。少なくとも閣議でも問題ならなかったと言うことでしょ。逼迫した財政状況にあって緊急課題となっているのに細目まで周知していないということではないですか。これでは政権と呼べない。本当に残念な人々の集団です。柳田大臣の失言を認め、罷免するか本人辞任か、大臣の首と引き換えに、予算を通そうと民主党は考えているようですが、審議内容についても、しっかり問い詰めて、役立つものにして頂きたいです。石破さんの更なる頑張りを期待いたします。

投稿: 旗 | 2010年11月21日 (日) 17時18分

軍隊など国家権力は使い方を間違えれば確かに暴力になりかねないと思うので暴力装置なのかとも思うのですが、権力を単に暴力と言ってしまうと大変、違和感を感じてしまいます。あるサイトに警察や軍が暴力装置なら国家自体も暴力装置のような気がすると尋ねたら、はいそうですと答えが返ってきました。ですが犯人逮捕など、証拠に基づく正当なものであれば決して暴力だとは思いませんし、私は自衛権も国際法上、正当であれば暴力との非難を受けるものではないと思うのですが間違いなのでしょうか?学問上、いかなる場合でも暴力だと言われれば、そうなのかもしれませんが、そうなれば法も秩序も関係なくなってしまう気がします。学問上と現実の暴力装置は同義なのでしょうか?教えてください。お願いします。

投稿: 知りたい | 2010年11月21日 (日) 17時36分

毎日のお仕事お疲れ様です。インフルエンザのシーズンですので、忙しいと充実もしますが、疲れを忘れて免疫力を落とさないようにお体を御自愛下さい。
暴力装置発言に対しましては、過ぎる力は、守護にも暴力にも成りうるからこそ、その力を理解しない人が扱うべきではないと思います。命を民に預けて守る力であって、無知な独裁者の武器集団にあらずだと思います。長い自民党の政権の間、秩序は守られ、より良く機能する道を模索していたはずです。防衛のトップを御経験された石破さんなら、政権をとっただけで浮かれた今の政府が何も理解していない事が分かるはずです。防衛だけじゃないです、経済も、工業も、農業も、ダメだったから、責任とって辞めます。お手上げですなんて事になってからじゃ私達の生活は破綻します。このままでは、末期なのは政権ではなく国民の生活です。日々ニュースを見るたび、失望感が沸き上がってきます。

投稿: おーちゃん | 2010年11月21日 (日) 18時18分

いつもご活躍感謝です。

民主党、フジTVで支持率18%、自民30%と今朝言ってました。
首相がコロコロ変わるのは良くないなどと
民主擁護の発言もありますが、能力の無い首相がずっと居座れば日本は崩壊しますよね。
もし麻生政権が続いていれば、ここまで日本は国益を失う事は無かったのでは?

一度やらせてみては?などと日本の政治をお試し期間みたいに扱った結果が
この有様です。
枕を高くして眠れるのは何時か?
外国人参政権、人権擁護法案、
これらがどうなるのか。
とても不安です。
石破議員、自民党の皆さんに是非阻止して
貰いたいです。

衆議院解散。それしか望む事はないです。
どうか一日も早く政権を取り戻し
日本を立て直してください。
そして我々の血税を無駄にしないでください。
バラまきはもう止めさせて!


投稿: 杉の木 | 2010年11月21日 (日) 19時27分

本日、慶応大学三田祭で講演を聴くことができました。
「国家」とは、「集団自衛」とは、「なぜ日本は米軍基地をおいているか」など、基本的に必要な知識を有難うございます。

愛国心と右翼の違いがわからない人が増えています。
すべては知識の不足からからと思いますので、まずは領土問題の経緯をきちんと学習するつもりです。

御多忙にも関わらず、お腹の底から出ている声、パワーに驚きました。
明日も国会での活躍、期待しております。

投稿: みかん | 2010年11月21日 (日) 21時07分

かばちをたれんなよ

投稿: さいごう | 2010年11月22日 (月) 00時23分

謹啓 私は札幌市在住の48歳の男性会社員です。
「現職」官房長官のよりにもよって「国会答弁での」妄言には、(私の故郷の神戸が大震災に襲われた際の献身的活動以来の)自衛隊ファンの一人といたしまして、臓腑が煮えくり返る想いでおります。
はっきり申しまして、法務大臣の私的な放言などよりも、こちらの方が余程大問題かつ悪質です。
私は石破議員と異なり、従前の政府見解通りに「自衛隊は軍隊ではない」と考えております。仮に自衛隊が軍隊なら、日本には特別裁判所としての軍事裁判所がなければなりませんし、何よりも憲法第9条第2項違反により自衛隊を解散するか或いは憲法の方を改正しなければならなくなります。だからこそ、裁判所は「統治行為論」なるものを持ち出して、自衛隊の合憲・違憲判断を避けているのです。弁護士であるにもかかわらず、この程度の初歩的な法理論を無視して自分の都合の良いように法律を歪曲する官房長官の姿勢は、「法律ヤクザ」以外の何物でもありません。
週明けの国会では、是非とも石破議員が質問に立ち、ご自身の私的な発言を「悪用」されたご立場で官房長官と対峙していただけますようお願い申し上げます。
敬具

投稿: 岩崎紳 | 2010年11月22日 (月) 03時56分

石破議員
「暴力装置」と言う言葉を聞いたときは、その言葉の存在を知らなかったので驚きました。
でも、軍事評論家佐藤守さんのブログにコメント(http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20101120)で無知な私は教えられました。
実際に自衛隊で日本を守っておられた方の言葉はやはり重みのあるものだと思いました。
佐藤さんは『それが与野党立場が逆転した今、この発言で国会は揉めている。いかに我が国では、軍事問題が「言葉の遊びに過ぎないか」、「自衛隊が政争の具(清掃具?)でしかないか」がわかろうというものである。』のように石破議員と似たようなことをおっしゃってます。

石破議員がシンポジウムで「暴力装置」という言葉を使っても、そこに参加していたパネリストたちは何も問題視しなかったそうですね。つまり、そこにいた方々は「暴力装置」と言う言葉がどこからどのように出て来たのかという知識を持っていたのです。
私がちょっと気になるのは、あの仙谷さんが「暴力装置」発言をしたときの予算委員会で、自民党の議員方が全員この言葉を知っていたのだろうかということです。「今なんて言ったの?」って言ってた議員さんもいましたね。私みたいにはじめて聞いた議員さんもいたんじゃないですか? 自民党で私と同じレベルの政治家なんてだめですよ。

訳語は難しいですね。最初に訳した人は「暴力装置」なんて言葉じゃなくて、もう少しいい言葉にすれば良かったのにと思ってます。

さて、菅政権の支持率も落ち、解散総選挙をやるんだかやらないんだか知りませんが、自民党は受けて立つだけの準備は整いましたか?
参院選挙の時、選挙公約が発表された時、私はこちらに「外国人参政権、夫婦別姓に反対」は明記されているけど「人権擁護法案反対となぜ明記しないのか」と書きました。別に答えは期待してませんでしたけど。
今回、もし衆議院解散総選挙になったら、公約に「人権擁護法案反対」の一項目は明記されるのでしょうか?
尖閣、北方、失言等の嵐の中に埋もれさせないでください。

投稿: タマ | 2010年11月22日 (月) 08時26分

>やることなすことすべてが杜撰であり、無責任である。
>民主党には政権担当能力がない


確かにその通りです。

視点、気概、国の安全保障、外交始めあらゆる分野に対しての基本的知識、未来への方向性を持たない。
いつもいつもその場限りの日和見政権だと思えます。

国民の顔色を見ながら、その場しのぎでものを言うことで、返って国民の信頼を失っていく。

国民は確固とした自信を持って、日本という国を支えてほしいと思っているのに、この政権は「国民の顔色、選挙の勝利」という指針がなかったら何を中心にして、この国を支えていこうとするのでしょう。


選挙で勝つことは、本当に「とっかかり」でしかありません。要は選挙が終わってその先なのに、民主党はそれを「まったく知らずに」政権与党の立場に立ってしまったとしか思えないのが本当に残念でため息が出ます。

これも次の新しい政権が生まれるための反動の時期なのかもしれません。

国民にとっても、何が大切なのか学ぶ機会であったと思います。

石破さん、
お忙しいスケジュールですが、心も体もお大事になさってください。

まったくゆとりのない状況では、選ぶべきものもわからなくなるものです。

投稿: カシイヨシコ | 2010年11月22日 (月) 09時37分

「暴力装置」という言葉を石破さんが先に発言されていたことを知り、驚きました。
ということは、仙谷さんは石破さんへのあてつけで、そう言ったのですね。
そうだとしても、「自衛隊」と明言した仙谷発言は許せません。
各国の復興支援や災害救助に派遣されている方々やその家族に対する侮辱です。
私の息子も、自衛官としてインド洋でも仕事をしてきました。
あの発言を聞いた時、「息子が、暴力装置の部品だというの?」と、とても不快で、憤慨しました。
石破さんの発言と仙谷さんの発言の違いを明らかにして、仙谷発言を追及してください。口先だけで謝罪して無罪放免は納得できません。仙谷さんの立場で言うべき言葉であるはずがありません。
それに比べたら、法相の発言は、個人の愚かさを露呈したに過ぎず、何ら憤慨に値するものではなく、にもかかわらず辞任となるのなら、仙谷さんも当然辞任すべきだと思います。ぜひよろしくお願いします。

投稿: 松浜 春美 | 2010年11月22日 (月) 10時17分

11月20日に大阪で行われた尖閣諸島糾弾デモに参加しました。
集まったのが3300人で、ご年配の方、子ども連れのママさんパパさん、また、想像以上に若者が多かったです。参加理由を尋ねますと「今までデモなんてしたことなかったけれど、やむにやまれず参加した」「とにかく声を挙げないといけない」などが主で、右翼でも左翼でもない、ただ現状に相当な危機感を覚えている市井の人々が集まったデモという印象でした。
無数の日の丸をはためかせ、抗議の声を挙げながら御堂筋を行進していると、沿道から飛び入りで参加される方、拍手をしてくださる方もいらっしゃり、工事現場の職人さん、デート中のカップル、サラリーマン、買い物帰りのおばさま、レゲエ頭の若者など様々な方が応援してくださり、本当に多くの方が私たちと思いを共有しているように感じました。このままでは日本が危ない。日本は日本人の手で守り、未来へと受け継いでいなければならないと。
そういった国民の政権に対する強い怒りや焦燥感を受け止め、石破さんは国民に選ばれた方なのですから、なすべきことをなさってください。尖閣デモ主催の田母神さんは、好き勝手を言える立場となりすっかり人気者ですが、政治家として、票にならない軍事を担い、国を支え続けている石破さんをこそ私は信じています。
大変にお疲れなのは痛いほど伝わりますが、あえて「走り続けよ」と申します。
憲法改正も夢じゃない。これからが、石破さんの本領を発揮する時です。
あえて総理大臣にはならず、内閣を支える立場として永くご活躍くださいね。
追伸
組み替え動議の演説は惚れなおしました。

投稿: 野洲びと | 2010年11月22日 (月) 13時04分

= そろそろ 政権交代の準備 =
民主党政権は今後も続くと失望していましたが、おもったより早く崩壊するかもしれないですね。
石破先生含め保守の方々はそろそろ、政権交代の準備が必要なのではないでしょうか?
問題は、コアとなる(リーダーとして御輿に乗る)ような 「保守としてのアイコン的存在」がまだいないことです。 一部世論調査では相変わらず「小沢待望論」があります。
怖いことです。 無知な庶民は彼が何をするか分かっていない。勝手にカリスマ性を作り上げている。今が正念場です。

投稿: 南 | 2010年11月22日 (月) 14時43分

失礼ながら申し上げます。

片山総務大臣は鳥取県知事の中、見事な小さな政治を行った有能な人材と思います。たまたま民主党に民間として内閣に採用されましたが民主党の本来の毒でもなくそれはまた別の狭まれた政治を行う人物であり、今の政権が倒れるのは一向に構いませんがある程度有能な人物まで除外するのは国益に反すると思います。

どうか石破先生のお力で片山総務大臣を自民党に引き抜き彼を国の為に役に立つ位置につけてください。

投稿: 幸獅慈 | 2010年11月22日 (月) 16時02分

「ディベート能力開発講座」企画ありがとうございます。
自民党議員の論戦力アップはもちろんですが
石破さんの負担軽減を願っていますhappy01

投稿: painas | 2010年11月22日 (月) 16時04分

石破先生、こんにちは。

毎日の激務お疲れ様です。

民主党という党が暴力に思えてしかたがありません。
ネットのニュースでは、内部割れもしているようです。
もっと割れてもらわないと…と個人的には思っております。

早く政権交代すればいいんです。
本気ではない政治家は、今すぐに辞めていただきたいです。
だって、それこそ税金の無駄遣いですから。

一つ、思うことがあるのですが。

税金は教育に随分使われています。
私は、教科書以外は税金の世話にはならずに学校を卒業しました。

何故、小中高等学校を民営化しないのでしょう…。
NTTもJRも郵便局も民営化しました。
学校を民営化し、遠くて通えないのならば、通信制にし、週に数回の授業にする、そして落第する生徒は落第という選択もあり、或いは国が考えた職に就く、そういう風には…ならないでしょうか。

こんなことを書いたら暴力的でしょうか…。

学歴至上主義の日本は、私個人的には終わっていると思います。

いつも変なコメントでごめんなさい。
でも、石破先生なら、私のようなコメントも見て考えてくださるのではないか、と思うのです。

風邪が流行っているようです。
くれぐれもご自愛くださいませ。

投稿: 石破先生の一ファン | 2010年11月22日 (月) 16時37分

こんにちは、お忙しい中ご苦労様です。
暴力装置という言葉について一言、言いたいです。マックスウェーバーが言った言葉ということですがマックスウェーバーが暴力装置という言葉を使った時の周りの状況、環境と国会での答弁という状況、環境を考えますと誤解をされないためにも使用してはいけないと思います。権力者も人間
だし暴力装置も人間が関わります。独裁国家なら軍隊もそういう見方をしやすいでしょうけれども、現在の民主主義国家では違和感、高慢な感じがします。石破議員は
絶対使わないでください。では失礼します。

投稿: えふし | 2010年11月22日 (月) 18時00分

軍事力は国家にとっての暴力装置であることは自明だと思いますが・・・これが問題発言となるとは、国会議員の素養に疑問を持ちます。

投稿: f_k | 2010年11月22日 (月) 19時32分

 慶應義塾大学での講演、伺いました。
 開始直前、ホールの前で先生をお見かけしました。
 見た瞬間、消耗していらっしゃるなと感じました。
 文字通り身を粉にして働いていらっしゃると感じました。今働くのを止めたらすぐに燃え尽きてしまわれそうで、迂闊に休むことを勧められないような印象を受けました。

 講演は、まるで特別講義を聞いているような気分になりました。これで勉強不足だと仰るなら、日本人の9割は勉強不足ということになるのではないかと思えるほど。
 リアリズムの世界に生きることが大事との言葉、私も同意します。
 ネット上で政治を語る者は多いです。しかし、嫌中、嫌韓、嫌民主といった、感情に振り回されるがままの発言も多く見受けられます。こういった発言が、先生が話してくださった、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時のような、分析を軽視した精神論だけの無謀な行動につながるのではないかといささか危惧しておりました。
 しかし、先生の講演を聞き、少なくとも先生は、感情に流されず理性を以って判断ができる方だと感じました。ともすれば感情や空気に流されやすい日本人です。せめてリーダーだけでも理知的に決断を下せなければ、日本は滅びます。
 そして私も、理性と感情のバランスをうまく取ることができるように、精進しようと思いました(笑)。

投稿: 喜多七海 | 2010年11月22日 (月) 20時00分

なんか変な議論ですね

自衛隊も暴力装置です

石破さんもご自分の著書
『軍事を語らずして平和をかたるな』15ページに

暴力装置とういうは、軍隊と警察です。

日本では自衛隊と警察、それに海上保安庁も含まれます。(原文のまま)
と書いておられます。

用語を正しく理解して、もっと議論を深めてもらい、自衛隊のあり方を語るべきだ

投稿: 田中 | 2010年11月22日 (月) 20時05分

石破議員、どうか早く、日本を、国民を助けてください。
菅政権民主党では議論が前進せず、近隣諸国から信用を落とし、挙げ句の果てには中国、ロシアからは舐められた態度をとられる始末です。極左仙谷官房長官の暴走にも拍車がかかっています。
国民の我慢も限界に来ています。これが国民の本音です。よろしくお願い致します。

投稿: 保守 | 2010年11月22日 (月) 20時43分

石破様 初めまして。
34歳の男です。大阪で専門職に従事しております。

今回の件、私自身は、騒ぎに違和感を感じていました。
「確かに暴力装置という言葉は刺激的かもしれないが、自衛隊が国家権力の暴力装置なのは自明のことであって、国民としては、このことを前提にして、どのようにこの暴力装置を使用すべきなのかを議論しなければならないのであり、国民はその議論をしないまま、単に言葉から受ける印象だけで怒っているだけに過ぎない。それは自衛隊員の方に汚れ仕事を押しつけているのと同じだ。」
「自衛隊の方々は、有事になれば、国民のために命を懸けることになる。人を殺すこともあれば殺されることもある。
『実力組織』などという言葉では、その本質を見誤る。
そちらの方が、命を懸けている自衛隊員によほど失礼ではなかろうか。」
と感じていたからです。

ですので、自民党の方の反応には失望しました。
自民党議員の方のブログを見ても、単に暴力装置との言葉だけを捉え、非難し、自衛隊員に失礼だと言っているだけ。
情けない、つまらない奴ばかりだ、
バカじゃねーの、総理もそんなこと注意すんな、そう思っていました。

そんな中、このブログで石破さんの意見を読み、安心した次第です。
似た考え方をしている人がいた、私の考えが変だというわけではなかったのだ、と。
(似た考えと思ったのは、私の思いです。ひょっとしたら石破さんの考えとは異なるのかもしれません。その場合は何卒ご容赦ください。)

報道を見ていると、自衛隊員の方でも、今回の官房長官の発言に憤ったとおっしゃっている方がいるそうなので、「逆に自衛隊員の方に失礼だ」という私の考えは、適切ではないのかもしれません。

これを機に、国家が抱える暴力装置である自衛隊と警察がどのように運用されるべきか、という真摯な議論がなされることを祈念しています。

投稿: 健太 | 2010年11月22日 (月) 21時55分

石破さん、菅内閣の倒閣運動、政権交替運動の烽火をぜひ挙げてください。
中国船長の突如釈放以降、ロシア大統領の北方領土訪問と日ソ協定無視発言に対する対応、APECでの菅の稚拙な振る舞い、仙石のvideo非公開と日中密約の秘匿、柳田仙石の相次ぐ確信犯的発言、北澤の自衛隊員の言論封殺まで続く言動にはあきれ果てる。
19歳時の学生運動に走った社会主義市民運動家、左翼思想に被れた法学徒が大人にならないまま、首相、官房長官になって、国政を操っていること自体 国辱であることがAPEC横浜総会での各国元首の菅と相対する態度に明白だった。 日本国の世界における存在をこれ以上低落させないためにも是非倒閣の烽火を挙げてください。

投稿: 声無き声 | 2010年11月22日 (月) 22時48分

 国際条約は両国の合意なので、一方の国民だけで他方の国民に変更を押し付けることはできません。昨年11月、オバマ大統領は鳩山に基本的な仕組みを教えていました。鳩山は、万能な力を手にしたという錯覚から、自分の選挙公約を優先させました。民主党は、憲法に違反する権力の行使をしてはならないことすら知りません。「憲法の有権解釈は誰がするのか」と聞かれて、「総理の意思に反した法制局長官は、罷免する」と答えました(2月5日)。天皇陛下を政治利用して、たしなめる宮内庁長官に「官僚ごときが生意気だ。辞めてから言え」とすごみ、陛下のご意思を勝手に忖度する政権交代でした。
 尖閣問題でも、外交は内閣が行うと憲法に書いてあるので、海保は官邸に逮捕の許可を求めたのです。9月7日の、午後十時過ぎに、事実上の指揮権は発動されています。その6時間も前に、海保の判断で報道各社に犯行現場の写真は送られ、速報が流れました。誰でもネットで確認できます。当初海保は、ビデオの公開が必要だと判断していた証拠です。ビデオの非公開は仙谷の暴走です。誤った外交判断で国益を損じたのです。
 船長開放の報道を見て怒りに体が震え、すぐに彼は史上初の外患罪(他国の軍隊に、日本を攻めさせる手引きをする罪で、有罪なら死刑しかない刑法で一番重い罪)だと、このブログに投稿しました。国会を法廷のように弄び、刑事訴訟法で国際海洋条約も憲法も捻じ曲げ、未だに内閣はそれに気付いていません。だから「歴史が評価する」などと口走るのです。憲法よりも条約よりも閣議決定を優先し、国民や国会に情報を隠蔽し、官僚が命令に困り果てています。自衛官に民間人の言論弾圧を指示し、公務員の政治的中立を奪って、民主政権への服従を監視し、法治国家を壊しています。
 補正予算は必要ですが、転覆する船の上でバーベキューを焼いても無意味です。船を沈没させないことです。今の政権は無知で畏れを知らない嘘つきで、国民が困るのは必然です。憲法と言論で国政から駆除しなければ、日々事態は悪化します。権力に酔った民主党にも、憲法違反が国民に支持されないことを、理解できる議員はいるはずです。

投稿: 鈍重 | 2010年11月23日 (火) 01時45分

石破先生
先ほど某巨大掲示板で、公明党の山口代表が韓国の李大統領に対して、外国人の地方参政権付与に対する公明党の意思を改めて表したとの記事がありました。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/11/22/0400000000AJP20101122003800882.HTML

自民党はこの公明党と政権与党になれるなら、手を組むのでしょうか。票稼ぎ、政権維持のためだけの連立を内包した政権運営は、民主党と大差なく国民の支持は得にくいのではないかと思います。

自民党には新しく生まれ変わっていただき、真の保守政党となっていただきたいと思います。

投稿: 普通人 | 2010年11月23日 (火) 01時55分

マスコミがまた国会で国民生活を考えて、補正予算を早く通過させよとさも判ったような論調ですが、全くもって不見識、不道徳としか思えません。国民って誰の事でしょうか?民主党になってからの外交、経済無策によってどれ程の経済利益、国家利益が失われたでしょうか?
その失政を行った民主政権を倒すのが最優先ではないですか。
昨日、某左翼新聞系テレビ局の朝番組表でTコメンテーターが柳田氏は辞める必要がないと言っていましたが、不見識、不道徳の極みです。国会という意味が判っていない、基本が判っていないから頓珍漢なコメントをして、反省もない。 自民党はもっとマスコミと対峙すべきである。そのなかで本当のマスコミの在り方が見えてくる。行司役のマスコミがその役を果たしていないのが大問題である。

投稿: 桑原則之 | 2010年11月23日 (火) 09時34分

いつも日本の為に有り難うございます。

私は無党派層です。
日々、どこの政権が日本国の為に強い意思で政治をするのかを見ています。

ですから、連立など一切考えず、自民党の強い保守の気持ちで戦って欲しいのです!
今こそ、日本を正しい道に導いてくれる政党を無党派層は希望してると思います!

自民党としての強い自信を持って下さい!
日本と日本国民の為にどうぞ、どうぞ、宜しくお願い致します!

投稿: EMIKO | 2010年11月23日 (火) 11時56分

>私の発言はあくまで政治学上の定義を引用したうえで、「何故北朝鮮で、あのようなテロ行為が起こるのか」を論じたものであり、国会において、自衛隊を、名指ししたものではありません。

「国会」においてではありませんが、過去著作の対談において「自衛隊」も暴力装置にふくめていたことがあったという指摘があります。先日からインターネットの一部で話題になっています。
私は確認しておりませんが、仙谷発言が行われる前から引用されている以上、後付で捏造した文章という可能性は限りなく低いと思います。しかし引用ミスの可能性がないとはいえませんし、ここは明確なコメントがほしいところです。

http://afv.la.coocan.jp/index.php/2010/07/%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/
>国家という存在は、国の独立や社会の秩序を守るために、暴力装置を合法的に独占・所有しています。それが国家のひとつの定義だろうと。暴力装置というのは、すなわち軍隊と警察です。日本では自衛隊と警察、それに海上保安庁も含まれます。

また、元自衛官であり自民党議員でもある佐藤正久氏は、国会外で用いることをも問題視しております。つまり上記の著作のように国会外で用いることすら自衛隊への感謝や尊厳を無視することと主張しているわけです。
自民党として、何らかの統一見解をまとめておくべきではないでしょうか。

http://twitter.com/SatoMasahisa/status/6623429407023104
>今日の委員会での仙谷官房長官、今後「国会内では(自衛隊は)暴力装置」という言葉を使わないと答弁。則ち国会外では使うとの意思。反省の気持ちはないようだ。彼は自衛隊に感謝や尊敬の念はないから暴力装置発言が出るのだろう。防衛大綱取り纏めの官房長官としては不適だ

投稿: 魚畜 | 2010年11月23日 (火) 13時38分

相変わらず、お忙しいようですね。
これから寒くなりますから体には気をつけてくださいね。
菅政権・民主党はグダグダで自民党としては問責を連発して追い込みたいとの考えをお持ちの議員が多いようですね。
しかし、優先順位はそれがいちばんなのでしょうか?私の目には、国民の生活は置き去りで政局ばかりに終始している自民党はみっともないとしかいいようがありません。こんな政局話にばかりに熱心な政党に日本を託すことができるのでしょうか?
民主党と同じレベル。国民が政治に無関心になるのは政治家の責任も大きいと思いますよ。先週支持率が民主・自民も低いというお話でしたが、現状では当然の事だと思います。自民党も揚げ足取りばかりに終始せず、頭を冷やして日本のあるべき姿を示してください。それが自民党が支持を得られる唯一の手段だと思います。

投稿: マミー | 2010年11月23日 (火) 15時31分

石波様
今回の件とはちと違うのですが、沖縄の問題です。かなり過激な発想ですが、沖縄は日本敗戦後アメリカ領でありました。昨今の沖縄県民の基地反対を見るに付け寒気がします。何とかせねばなりません。そこで沖縄をアメリカ領に戻すという案です。もちろんアメリカとは裏取引しておいての話ですが、それを脅しに使うのです。まともではありません。でも、今はまともが通じないのです。尖閣諸島は沖縄県石垣島に属するのでしたね。沖縄がアメリカ領となれば、中国はアメリカに対して領土問題だと申し入れなければならなくなります。日本対中国からアメリカ対中国という図式になります。沖縄県民を黙らせ、中国を黙らせる一方法かと思うのです。もちろんこんな案がまともであるはずはありません。でも何かこういうところにヒントは隠されていないでしょうか。こんなことを考えるほど今の日本はせっぱ詰まっているということです。次回の衆議院選挙は国会議員が問われるのではなく、国民自身が問われる選挙になるのではないでしょうか。是が非でも石波先生には頑張って貰わなければなりません。期待しています。ご自愛も程を。

投稿: 鶴ちゃん | 2010年11月23日 (火) 16時03分

失言うんぬんよりもこの1年でやってきた事で現政権は当然批判されるべきだと思いますが、自民党側の質問の仕方にもやはり疑問を感じます。

今の国会では補正予算の内容についての討論がほとんどされていません。倒閣は分かりますが、失言への批判に終始するのは楽な方向に逃げているようにも見えます。

最近の自民党や公明党の活動は解散総選挙を見越した選挙対策が主で、背景にある思想や理念は別にしてもやっている事は民主党と変わらないなというのが正直な感想です。

日中関係、日露関係など今後ますます日本の状況が厳しくなる中で、それを乗り越えていく内容のある政党が今のところ見当たりません。

投稿: 浅井永一朗 | 2010年11月23日 (火) 16時17分

石破先生お疲れ様です。
菅総理は本日の北朝鮮と韓国の銃撃戦を報道で知ったとか抜かしたそうですね
国のトップがこんなに無能だとは、血管が切れそうです
これ以上国内外に日本の恥を晒して欲しく無いです

投稿: きゃろ | 2010年11月23日 (火) 19時56分

石破様
黄海で、南北朝鮮の軍事衝突があったという報道がありました。哨戒艇攻撃事件の解決も未だにないところに来て、一方的な砲撃があったような報道ですね。真相と言うものは時間が経てば見えてくるものですが、極東アジアは、平和と言える状況にないことが、これでまた証明されたと見る人は多いと思います。北朝鮮は先に、核査察他の目的で、訪問した米国政府高官に「核弾頭がある」という話しをしたそうです。北朝鮮は、博打に打って出ているのではないかと思います。今回の砲撃を受け、南北赤十字会談は無期限の延期になったと言う報道もあります。当然、我が国も、朝鮮学校授業料の無償化問題等も、反対の方向に動くことは必至ですね。高木文部科学大臣は、この問題と無関係と言い出すと思いますが、戦争を平気で行おうとする民族教育がその根底にあるので、我が国の税金投入の理由は、これでなくなったと思います。戦争を引き起こせば、どういう影響があるのかを北朝鮮に関係のある在日諸団体に知ってもらうことが必要になってくると思います。軍事優先の政治は、必ず失敗すると言うことを、世界は、北朝鮮を擁護するシナ政府と北朝鮮に教えてやるべきですね。北朝鮮と言う国は1948年の建国以降62年の時間が経過していますが、その間、この国を率いていたリーダーは2人だけです。金父子だけなんですよね。政治家の資質を問う国民は、その口を封じ込められてきたのかどうかよくわかりませんが、超独裁国家の国民が、我慢しているのは謎としか言いようがありません。この国を見て思うことは、政治家の責任は実に重いものがあるということです。国民の生命財産を守り、自由を享受し、平和な状態を維持することや、飢餓や貧困を減らす努力をすること。これらを任せるに足る政治家を公正な選挙で選ぶ事ができる社会であること。そういうことが、北朝鮮にあっては、ひとつとしてそれが出来ない国なんですよ。軍事的冒険主義を捨てない国の存在は、経済を脅かします。極東アジア諸国への投資も冷え込むのではないでしょうか。我が国も、無縁とは言えない地理的な距離に位置しますし、現に拉致された国民の解放が進んでいません。外部から何を言っても聞く耳を持たない馬鹿な国を、国際社会はどうするのでしょうか? 政権担当能力がない民主党政権が居座っているので、不安は増すばかりです。石破さんの更なる頑張りを切に期待いたします。

投稿: 旗 | 2010年11月23日 (火) 20時20分

予想通り、北朝鮮が後継者固めの示威行動に出ましたね。

まさに「北朝鮮は暴力装置そのもの」と断ぜざるを得ない、許されざる暴挙でしょう。

このような情勢下にも拘わらず、わが国の与党民主党は、何と「朝鮮学校を無償化」するつもりです。

民主党は、間接的に北朝鮮へ軍事資金を援助したいのでしょうか?

投稿: 自民党支持者 | 2010年11月23日 (火) 20時24分

ずっと自民党を応援しています。これからも支持していきたいので、投稿します。
このところ、自民党の支持が民主党を上回る世論調査が増えてきたのは自民党に政権を担ってもらいたいという期待のあらわれだと思います。
もう野党としての行動よりも、いつでも政権与党に取って変われるように準備してもらいたいです。
柳田法相を追い詰めたのは当然としても、仙谷官房長官や馬淵国土交通相の問責は補正予算の後にしていただきたいと思います。
せっかく期待が高まってきたものが失われかねないことを心配しています。

投稿: 河合 | 2010年11月23日 (火) 21時53分

石破様

社会学の素養のない多くの国民にとって、『暴力装置』という言葉はなじみのないものです。私もその一人でした。

だからこそ、暴力装置という言葉の意味を正しく国民に説明することが必要なのではないですか?民主党はそれをせず、ただ謝罪をして撤回をすることで事態を終局させようとしましたが失敗しました。では、自民党は暴力装置という言葉を取り上げて民主党を叩けばいいのでしょうか?結局その行為は(社会学の素養すらない自民党議員。「暴力装置」という言葉を使った政調会長を抱えた自民党。)として党に返ってくる行為だと考えます。

仙石氏のいう「暴力装置」と石破様のいう「暴力装置」の違いなど、多くの国民にとってはわからない、同じ「暴力装置」という言葉なのです。

一般的な社会学の立場で、暴力装置の存在の意義と文民統制の重要性を説き、民主党への貸しとすることが一番良いのだと思います。…自民党としてはもはや手遅れですが。石破様にはそれでもあと一言踏み込んで欲しいものです。それは今後につながることだと思います。

投稿: こばやし | 2010年11月23日 (火) 22時23分

北朝鮮の突然の砲火。これは隣国としてとても軽視出来ない問題です。

韓国は軍人だけでなく民間人まで死者がでています。自衛隊派遣も検討して北朝鮮の根っこから折らなければならない問題です。

もう外交の通用する相手ではないでしょう。

投稿: 幸獅慈 | 2010年11月23日 (火) 23時29分

 石破先生お疲れ様でございます。

 私は石破先生が暴力装置という言葉を使ってもそれは、諸外国の軍隊や自衛隊の事を熟知した上で、より良い運用の話やシビリアンコントロールの話をなさる意味で用いるのだと思います。

 仙石さんが暴力装置という言葉を使うと自衛隊に対しても旧日本軍と同様の嫌悪感のような響きがあり、自衛隊を遠ざけたいという印象を受けますが、正義なき力は暴力と考えると、これからはもっと政治家が自衛隊を理解した上で正義の元に運用する事が大事なのではないかと思います。

 尖閣諸島沖での漁船衝突事件の対応について、政府は正しい対応だったと言い張りますが、閣僚経験も殆どない方ばかりの経験不足内閣が、時の制裁も待たずに何故、正しかったと判断できるのか不思議でなりません。

 民主党もマスコミも野党が補正予算を通さないことを批判していますが、そんなに大事なら何故代表選挙などしたのでしょうか、民主党代表選挙を優先した結果、補正予算提出も遅れて、尖閣事件も問題が悪化したとしか思えません。

 民主党の山岡さんは普天間基地、小沢さんに続いて柳田さんの問題についても国民生活に関係のない話だと言っておりましたが、金をばらまけば国民は目をつぶると言ってるように聞こえます。

 長々と勝手な意見を失礼しました、石破先生はイージス艦と漁船衝突事故の時も、本当に真摯な対応をなさっており責任逃れの民主党政権とは大きな違いだと思います。

投稿: タナカ | 2010年11月24日 (水) 00時03分

こんにちわ
昨日23日は、大阪市中央公会堂で行われた青山繁春さんの拉致被害者の救出講演会に初めて参加しました。
ここ何年も、母の介護や忙しさにかまけて殆ど人と接する事も無かったのですが、たまたま数年ぶりで逢った友人と、近くの美容室の店長にも、「めぐみさん以外は拉致なんて無くて、自ら望んで行った」とか「めぐみさんはもう死んでるのに寄付金目当てで活動を続けてるんじゃないか」とか、別の話では「アメリカのテロはアメリカ政府が起こしたもの」とか、バラエティ感覚のテレビ番組や、無責任な有名人の話やブログやジャーナリストの言葉をまともに信じて影響受けている事にショックを感じたからです。
このような考えの国民がいる事を先生方は御承知でしたか?
経済に関しては、「戦争になって日本が崩壊すれば又戦後のように成長する。」とか言う若者達のいる事も。

私も、朝鮮総連さまさまの、日教組や左派政治家や金だけを追及する企業やいい加減なマスコミ報道の影響を受けて育った一人でしたが、民主政権になって言いようの無い不安から、少し社会に目を向けた結果、信じていた平和な日本という国家が、どれほど薄い氷の上に建てられているのかという事に気付きました。

私は、日本人である事の誇りや、この国で何が起きているのか正しい情報を知らされず、そのためにどうするべきか考える事を封印してきた社会や日教組の圧力に屈した教師達を今は恨んでいます。

「日本国民の命、領土、財産を守る」という責任を負わなければならない政治家達が、与野党ともども、朝鮮総連や金や権力の為に封印してきた「拉致問題の解決」を今こそ強く求めます。
アメリカとの同盟はとても大切ですが、アメリカが日本の領土や国民の命を守るわけはなく、日本国民が自国の日本を守るのに、アメリカも全力で協力すると言うだけの話です。

日本の為に国民が何をするべきか?
憲法9条の改正を多くの国民が認め、防衛力を高め、侵略や、自国の国民の誘拐を認めず、阻止し、救出できるようにする。
何故改正する事が必要なのか?日本国民の主権、命や領土や財産を守るためだと言う事を正しく説明する必要があります。
それをすぐにでも始めなければ間に合いません。時間はありません。

先生、どうして先生方は、長きに渡りこんな大切な事を放置してきたのですか?
なぜ、拉致問題を、もっと国民に知らせてくれなかったのですか?
なぜ、国の命令で、学校でもこの問題を大きく取り上げる事をしてこなかったのですか?
もしかしたら、拉致されたのは私の家族だったかもしれないのに。

国民の命を守る…そんな口ばかりの政治家はいらない。
「めぐみさんは死んだのに寄付金目当ての活動なのか。もう解決したんだ、北朝鮮と国交正常化しろ」とか…論外です。
拉致されなかったら、日本にいたら、本来なら親元で幸せな人生を生きているんです。
北の情報を知りすぎて返せないだけで、今もめぐみさんは生きています。私は、それを信じて子供との再会のために活動している被害者家族の皆さんのためにも急いで憲法9条の改正をして、準備を整え、2012年に唯一のチャンスが来た時には、私達日本国民の手で拉致被害者を救出する事ができるよう頑張りたいです。

拉致された一部の日本国民を見捨てて、誰が幸せを感じるのでしょうか?
明日は我が子が被害者になるかもしれないのです。
1995年、1997年にも拉致された疑いの高い事件も初めて聞きました。
ショックでした。

北朝鮮内部はかなり揺れているとか聞いた後での北朝鮮の韓国への砲撃事件…

日本で食べる事に困らず平和に暮らしている北朝鮮の人達は、祖国で飢え死にしている同胞が、ここ数年で数百万人いるのを知ってて、ブクブク太ったこの独裁者達に何も感じないのでしょうか?もしかしたら、飢えた農民や餓死した人民は自分や家族だったかもしれないと、心を痛める事はないのでしょうか?
せめて安全な日本で、祖国の飢えた弱い同胞達のために闘おうと、民主化の運動をしようと、なぜ立ち上がらないのか私には理解出来ません。
私でさえ、ガリガリに痩せて飢えた北の人達をみると涙がでそうです。

日本もそうですが、国とはなんですか?
誰のものなのですか?
なんのためにあるのですか?

先生、日本の主権を守る為にもどうか拉致問題を解決させるべく行動に出て下さい。
憲法9条の改正を急いで下さい。どうかお願いします。

ps 夕方5時前の関西テレビ8チャンのアンカーの毎水曜は青山さんが出演します。どうか皆さん今日24日のアンカーの青山さん、これだけは見て下さい。お願いします。


投稿: 女性 | 2010年11月24日 (水) 00時51分

石破先生

21日に行われた慶大、東大の講演会に参加させて頂きました。先生の母校慶大では900名、東大では200名ほどいらしたでしょうか?原稿など一切ご覧にならず、またお座りにならないままの講演、心身共にお疲れになることと存じます。石破先生自身がこのブログで、少々お疲れになっているとおっしゃっていましたが、そのような気配はまったくなく、エネルギッシュな講演でした。質疑の時間を設けて頂いたにも関わらず緊張して質問出来ませんでした・・・東大会場を出られた後に思い切って声をかけさせて頂きましたが「いつも応援しています」くらいしかお伝え出来ず再び撃沈weepこの無策・無能ぶりは民主党と一緒!?crying帰路の井の頭線でドアに頭つきをしてしまいました。夜には予報にはない雨で、慣れない追っかけをした後には走る元気もなく再々撃沈wobblyしかし石破先生、本当にスケジュールが厳しいですね。こんな大変な思いをなさってまでも私達にご講演下さり、誠にありがとうございました。石破先生ファンが新たに増えたこと間違いないですね!

投稿: 春霞 | 2010年11月24日 (水) 01時21分

先生、何度もごめんなさいm(__)m
北朝鮮の拉致問題や韓国への砲撃を考えたら眠れません。ビールなんか飲みすぎてしまって感情が高ぶってしまいましたw
缶ビール500mを2~3本程なんですが…w

近年、表向きは日本の繁栄の名目の為に健全なナショナリズムさえ封印して、政治家や企業やマコミや教育が行った日本を囲む驚異の真実を嘘で固めた結果が今の日本です。
独自で国を守る事も出来ない、拉致被害者を救出する事も、新たなる悲劇に対応する事もできず、北朝鮮の韓国への砲撃を目の当たりにして、日本にどんな影響があるかオロオロするだけで、防衛戦力も無いこんな日本です。

我が子やこれから生まれる新しい命の為の学校や道路や建物などのインフラはもう災害にも耐えられないモノが一杯で朽ちてきています。
今の若者達に残されたものは、900兆円以上の借金と多くの高齢者を支える保険や年金、劣化した建物や道路を修復したくとも世界的な不景気で税収もままならず、危険との背中合わせのインフラ…自然破壊しての温暖化での脅威、農作物の問題
そして、放置してきた拉致や領土問題、弱い防衛力…
50年後、100年後、日本から脱出出来ない一般庶民のレベルの私達の子供達にどうすれば未来に希望を持たせる事が出来るのでしょうか?

先生、教えて下さい。

山本一太さんが、北の砲撃事件をこの政権で対応できるのか?とか気楽な事をいっているけど、自民党なら大丈夫なんですか?
今、日本の根幹が問われているんです。
他党の事ではないのです。党間の問題ではないのです。
今までの、日本国民の健全なナショナリズムを否定して、冷静に賢く経済だけを考えてきた結果が、北朝鮮に拉致されて悲しみのどん底に陥れている被害者家族に何もできない日本国家があるんです。
日本が平和だと感じてきた私達は、この被害者達やその家族達の苦しみに目を瞑り知らないふりをして踏みつけてきたその上に立っているおぞましいモノなのではありませんか?
日本を囲む国々は穏やかな安心した国ではないのはわかっていたのではありませんか?
何の罪もない韓国の人々を突然恐怖に陥れた恐ろしい北朝鮮独裁者が隣にいるではありませんか。
その国を擁護するのが軍事大国の中国ではありませんか。

日本人の優しさ、強さ、誇り、賢さ、それを「ナショナリズムはいけない」という都合のいい言葉を使って否定して利用してきた結果が「中国の属国」「北朝鮮ばんざい反日おk」「圧力に屈する拉致された日本の子供達も放置する何もできない誇りもない」という屈辱だけのどうにもならない日本を作ったのではありませんか?

自衛防衛のためにもっと軍事力を大きくし、憲法9条も改正し民主主義の国として国民も様々な正しい情報をうるさいくらい知る事ができていたら、そしてその問題の重さを拉致被害者家族と同じように考えて備える事が出来ていたら、今回の件でも慌てる事はなかったのではないですか?

与野党含めた過去の政治家達も今の民主党も腐っています。
でも今更言ってもしかたが無い事です。

これからどんな日本であるかが大事なのです。
先生、頭の悪い私には日本の様々な問題を見て来なかった自分を責めるしかできません。でも責めるだけでは自分が潰れてしまうので、今からでも出来る事があるときはやらなければと思います。先週の尖閣の国民主権をうたった大阪デモは、行けなかったけど、拉致講演は参加できました。日本国民として参加すべきは出来るだけ参加します。

先生方は、日本の政治家として、日本国の為にどうあるべきか考えて下さい。
信念と誇りを持って本当にお願いしますm(__)m<おやすみなさい

投稿: 女性 | 2010年11月24日 (水) 05時56分

一部のアンケートに、予算審議を最優先にとのご意見がありました。私もそう思います。が、それは従来の場合で今回は話は別。こんな考えの影の総理にはきちんとケジメを付けて貰わないと審議とも何とも無いでしょう。もっとも国の根幹に関わる事だと思います。

投稿: とうがらしみそ | 2010年11月24日 (水) 08時35分

こんにちは。早速ですが、「last.doc」は文書のセキュリティがされてないようですので、お名前も入っておりますし、用心された方がよろしいかと思います。

投稿: pop | 2010年11月24日 (水) 08時37分

経団連が、課税ベースがどうのこうのと、国民新党の亀○○香氏のようにグダグダ言っておりますが、まことにけしからん話です。

日本の産業の競争力を高めるために、法人税減税が必要と言っておりますが、これは詭弁にしか過ぎません。

日本の産業の競争力は個人個人の組み込みソフトウェアエンジニアの創造力に依存しているのであり、決して経団連企業の収益力に依存してはいないのです。甚だ、不見識な話です。

以前、日本の銀行が、能力的に国際レベルからはるかに低い水準にまで堕落した、と言われた時期がありましたが、現在の経団連企業の経営陣の脳みその中身が、現在の変化の激しい国際情勢に対応するレベルには届いていないという事が言えるでしょう。

経団連企業の中には、キヤノンのように、職務発明を認めない企業があります。このような企業は最早、「化石」としか言いようがありません。「個人の自由」の束縛以外の何ものでもなく、また、アメリカでは、「許されざる企業のエゴ」ということになります。このような閉鎖性が、イノベーションの障害となるのです。

本当にイノベーティブな企業ならば、研究開発優遇税制の有無にかかわらずに、戦略を策定して研究開発を実行するものです。戦略策定能力が低いから、グダグダ文句を言っているのです。

経団連は、法人税減税で確保した資金的余裕を、中国に研究開発拠点を築いたり、中国にソフトウェア開発のアウトソーシングを大量増発したりして、中国の技術力を高めるつもりでいるのです。そうして、高めた技術力は、軍事転用されていくでしょう。経団連が言う「日中関係という国益?」のせいで、日米韓台の国民、将兵は凄まじい生命の危険にさらされるわけです。日米関係という国益が失われるというわけです。

そういうリスクを冒してまでも、自己のビジネスの便宜を図ってもらうために、今まで隠れたところでいろいろな中国の地元の関係者に渡した「賄賂」、「技術漏えい」という先行投資を回収したいのでしょう。たったそれだけの理由で、中国市場からの撤退を拒否して、中国に大規模な追加投資をしようとしているのです。

今回の北朝鮮の韓国に対する攻撃にしても、最近、中国が北朝鮮に対して大規模な投資をして援助している事と、まったく関係がないわけではないでしょう。

野口悠紀雄博士が主張してあるように、法人税は「付加価値」を課税ベースに据えるのが正論です!

経団連は、あきらかに、米国とその同盟国の安全保障を害しております!

投稿: 山口健二 | 2010年11月24日 (水) 09時02分

22日夜の日経電子版「法相更迭、民主が演じた無責任リレー」曰く【柳田法相更迭は、漸く輿石某のお許しが出たから】と。
唖然!とさせられた。
ゾンビが蠢いで、政権が巣穴に引っ込んで、国政を騒がせ国益に害を成している。
現政権が蒙る害は全く頓着しないが。
早く、「次」へ行かなければ。


投稿: 小倉摯門 | 2010年11月24日 (水) 09時15分

ハニ~石破さん、投稿者の皆様coldsweats02河内の石破ファンです。ハニ~は元気が出ますね(笑)文才の欠けている私に成り代わって、応援団の皆様がコメントして下さり、それを読んで「ホンマや!その通り」「なるほど ナルホド」とうなずいてます。私事で恐縮ですが、20日午前に刺し歯2本が完成upまさに歯2ぃ~です。夜に地域祭があり、ギリギリsafesweat01 chorusの一員で歌い、「貧乏と病気を悠々と乗越え、生きる楽しみ」と題し、お話しもさせて頂きました。笑いあり涙ありはご想像におまかせ。幸せは自分で描き行動で掴み取るものと思う私は、政治も生活も人任せは致しません。アカンもんはアカンと言い切ります。ただ、政治家でないので石破さんや心ある政治家にお願いして、地域や友人には私が直接訴えます。自分で何をするかは心得てます。息子が真剣に今の世界状勢、民主政権に国民に自分自らに思う事があると、こう言いました。「民主政権に不安はある。しかし日本の裏側の国でもっと大変に苦労している人がいる。あ~日本は危機管理が甘く鈍感。平和ボケdownだから鈍感後手後手外交、経済を招いている。自分も常に問題意識をもって出来る事をしないと惨事の経験を無駄に先人が築き上げた平和を浪費してるのでは?」と。努力なしの平和はない!ドキンheart03

投稿: 河内の石破ファン | 2010年11月24日 (水) 10時38分

石破先生、いつもお疲れさまです。

今回の北朝鮮の行動は断じて許されるものではありませんが、
政府の北朝鮮に対するコメントとして、
蓮舫行政刷新担当相は「到底許されるべき行為ではない。挑発的行為というのは
 わが国のみならず北東アジアの平和と安全を失墜させている」と言いました。

「挑発的行為」と言うのなら、わが国に対する中国船の衝突事件にたいして、何故、このぐらい強く非難しないのでしょうか?

また、仮に、現在、韓国軍が占拠しておりますが、竹島に北朝鮮軍が攻撃してきたら、竹島の防衛に関しては、わが国の領土であるのなら、自衛隊が防衛すべきだと思いますが・・・

最低限、この2点について、予算委員会で取り上げていただけないでしょうか。

投稿: やっちゃん | 2010年11月24日 (水) 15時11分

こんな時に?ではなく、こんな時だからこそ、言葉の暴力装置仙谷官房長官には即刻お辞め戴きたい!

投稿: ぬこしろう | 2010年11月24日 (水) 15時17分

こんな状況の中、岡崎トミ子が公安庁のセキュリティーIDカードを無造作に配っている、といううわさをネット上で見ました。
また、民主党の幹部が、北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ。公明党は問責に、より慎重になるのではないか」と期待感を示した、という報道もあります。
あまりにもあまりで酷すぎる事態です。
岡崎の件も神風発言も徹底的に追及してほしいです。

投稿: 日本 太郎 | 2010年11月24日 (水) 16時41分

石破議員


危機管理能力皆無の政党が政権を握っている国で暮らすのは、かなりの恐怖です。

投稿: タマ | 2010年11月24日 (水) 17時52分

北の砲撃が「民主党にとって神風」だと発言した民主党幹部がいるとの報道に怒りを通り越して情けなくなりました。自国周辺の非常事態で問責決議が先送りになった事を喜べる神経が分かりませんannoyこの政府ではどんな危機的状況が起こっても、国民の生命を守る事より自己保身を一番に考えて行動するのでしょうね。
こんな時こそ石破先生が防衛大臣だったら…と考えてしまいます。

投稿: ぴっかり | 2010年11月24日 (水) 18時30分

正直に言ってしまうと、いやしくも政治を志す人間ならばマックス・ウエーバーくらいは知っていて欲しいです。
「暴力装置」という言葉、知らない人にはおどろおどろしく響くかもしれませんが、知ってる人にはなんでもない言葉です。ちょうど、仙谷発言が出る一週間くらい前に朝日新聞で佐藤 優氏も普通に使ってましたし。
もう少し実のあるやりとりを国会では期待したいですね。

投稿: 現実的 | 2010年11月24日 (水) 18時44分

自民党の先生方は菅・仙石の無能ぶりを嫌というほど見てきたのではありませんか。だのに何故、仙石の問責決議をひっこめるのですか。
どう転んでいくのかわからないこの状況下で、仙石・菅の茶番を容認する余裕などないはずです。
即刻、まともな政治家にとって代わるべきであると考えます。

投稿: you | 2010年11月24日 (水) 21時48分

こんにちわ、失礼は承知ですが
今回の自民党の問責決議案とは、どう言った理由で提案されたものだったのですか?
尖閣問題や様々な日本の根幹に関わる大切な問題だからこそ、国民のために提出されるものではなかったのですか?
妥協して、提出される事に何の意味があるのですか?
「この政権の下では日本の国益が損なわれるだけである」と、信念を持って国民の為に提出しようとしたのではないのですか?
今回の件で再度同じ理由でそれを露呈した菅政権に歩み寄る必要が何故あったのですか?
国民生活を考えるという理由なら、初めからさっさと補正を通してから提出すれば良いものを、その前に出さなければと考えていたのは、危機管理に欠けたこの政権が続く事が国民のために良くないと考えていたからではなかったのですか?

朝鮮半島で大変な事が起こっているけど、今日本が攻撃されたわけではないのです。
もし長くこの政権が続いたらと考えている国民の恐ろしさを、自民党の方々は理解しているのでしょうか?
一部の国民から非難されてもいいじゃないですか。
信念を貫いて下さい。
国民国益の為に正しい事をしようと考えていたのではないのですか?
問責決議案を予算を通す前に出す理由はなんだったのか?
民主党に妥協した自民党に対して理解しがたいです。
予算が通った後で提出して、こんな茶番のような民主政権を終わらせる事が本当にできるのですか?
公明党もそうです。
何を恐れているのですか?
地方選挙ですか?そんなものは、日本はどうあるべきか政党の信念や行動でついてくるものではないのですか?

今回信念を貫いているのは、問責決議案を予算を通す前に提出する予定のみんなの党だけではないですか?
今、国民にとって何が大切なのか、将来の国民にとって何が大切なのか、考えて下さい。
妥協するときは妥協する必要もあるかもしれないけど、それは今回だったのですか?
新しい自民党に期待しているのに、何を弱気になっているのか私はすっきりしていません。
何故予算を通す前に提出すると決めていたものが、しかも今回のような日本の根幹に関わる出来事でのお粗末な官邸の対応が再度あっての事の後なのにわかりません。

こんな政権が続いたら、拉致被害者救出のために国民の安全の為に必要な憲法9条改正すら消えてしまいます。
又放置するのですか?国民を誰が守るのですか?
これは日本国民の主権に関わる問題です。
私には、この政権は日本国民に悪意があるのか、本当にただのバカの集まりなのかどちらかわかりません。
それにスリ寄ろうとしている政党も消えて欲しいと願っています。
先生、何故、自民党がこんな事で妥協したのか、説明をして下さい。
納得できません。
新しい自民党に政治家としての確固とした信念と誇りはあるのですか?
谷垣総裁の事を非難した事はありませんが、今回の件で、民主党とナアナアの派閥の力で信念を曲げたのなら、新しい自民党に期待している国民への裏切りだし、その総裁としてふさわしく無いと私は思います。

投稿: 女性 | 2010年11月24日 (水) 22時51分

谷口総裁→谷垣総裁のまちがいです。自民党総裁なので続けての投稿で訂正します。ごめんなさい。

投稿: 女性 | 2010年11月24日 (水) 23時02分

先生の政治理念に共感してます。
お願いしたい事は一つだけです。

あの総理を兼務している官房長官の問責を、政治の駆け引きに利用しないで下さい。
準有事の今、あの官房長官では日本を守れません。
この非常時に日本は総理大臣がいないんです。
先生が先頭にたち、日本の領土と国民の生命財産を守って下さい。
私の本音は解散総選挙をしてもらいたい。
私のまわりで、前回民主党に投票した友人の八割は後悔しています。

私は自由民主党も好きではありませんが、先生がいらっしゃる限り支持します。
民主党の危機管理の甘さと、無策ぶりに怒り心頭なので、話しが繰り返しになったり意味不明の所がありましたらすみません。


投稿: 笠 康博 | 2010年11月25日 (木) 00時28分

官邸で
 記者「総理、北朝鮮の行動は?」
 総理「許し難い蛮行だ。強く非難する」
 記者「政府の今後の対応は」
 総理「日米韓で緊密に連携します。中国にも強く求めます」
公邸で
 奥様「あなた、いつもの神風よ」
 総理「小沢より、楽に悪口言えるよ」
 奥様「あなた、中国苦手でしょ」
 総理「米韓の口真似を、元気な声で言うんだよ」
なんか、本当にありそうで怖いです。
>河内の石破ファン様
 教科書以外にも、たくさんの税金を誰もが教育で受けています。また、教育の民営化は無謀です。お年寄りに介護が、患者に医療が必要なように、子供には教育が必要です。子供手当は、一律子育てご褒美金で、民主党が政権奪取の道具にしました。子供に必要なのは、将来の大きな夢と責任感です。世界中の文字の読めない多くの子供を、文字の読めない大人にしてはいけません。教育の出発点ではないでしょうか。
>健太様、魚畜様、その他多くの皆さま
 経年変化を老化現象と呼ばれると、暗い気持ちになります。翻訳者が「暴力装置」を「武力の背景」とか訳してくれていれば分かりやすかったと思います。夜中に若者集団が近所で花火をやっていたら、警察呼びます。与那国を、警官二人拳銃2丁で守るのは、無防備すぎる気もしますが。退役自衛官を役場に勤めてもらって、偵察隊のバイクと装備を回してもらえば、安上がりです。島民から「軍曹」「少佐」「中将」などと呼ばれ、勝手に昇進できます。島嶼部防衛も現実的な一歩からですよね。

投稿: 鈍重 | 2010年11月25日 (木) 02時20分

石破先生、毎日お疲れさまです(^o^)
ある方のブログを読ませて頂いて冷静に検証すべきだと思ったのですが、今回の北朝鮮の韓国砲撃について確認したいことがあります。
もしかして、この軍事境界線付近で米・韓が軍事演習をすることがあったのでしょうか?これが北朝鮮からは挑発と映るというのです。
また、北朝鮮はいきなり砲撃したのではなく警告してから砲撃したとか。
北朝鮮を非難するのは簡単ですが、どうやって平和的解決をすべきか?ただ、韓国、アメリカの主張を指示すればいいのか?日本と韓国との間も竹島問題があります。
互いが主張する領土付近で軍事演習が行われたら、どこの国でも平静ではいられないと思います。この点について是非とも検証して頂きたいです。
お忙しいと思いますが、お身体気をつけてくださいね。

投稿: さつまおごじょ | 2010年11月25日 (木) 05時02分

民主党幹部から「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」との発言があった様ですね。

朝鮮半島をどう思うかは別にして、この発言だけは許せません。
発言者特定と断固追究して頂きたいです。
人が死んでいるのに・・・・

ご自愛ください。
期待しています。

投稿: ほげ | 2010年11月25日 (木) 09時02分

「ある方のブログ」と根拠をぼかし、

一応警告したんだからみたいなこと書いてる方がいますが…

だから韓国にも自業自得な部分があるとでも言いたいのかな。こういう方は口癖のように「悪いと決め付けるのは慎重に」と言って先延ばしを図りますが。ちょっとばかし、どうかしてますね。

投稿: てつ | 2010年11月25日 (木) 12時27分

選挙権をもってからずっと先生を支持させてもらっています。

中国・ロシア・北朝鮮・韓国
日本の周囲の国の脅威

独立国家として
日本領土・日本国民を守るためには

憲法改正
軍事力強化
核武装

が必要だと強く感じます。


強い日本にしてください!

投稿: 鳥取県民 | 2010年11月25日 (木) 12時33分

暴力装置という発言はそのような背景があったのですか。私も職業柄(医者ではありませんが)医学の本を読むのですが、外国の日本語に訳した本は表現が確かにニュアンスが違ったりしますね。しかし、それをそのまま発言するとは・・・。政治家は言葉が仕事の道具なのに、仙谷さんは物事深く考えないタイプなのでしょうかね・・・。要領も大事ですが、深く考えることはもっと大事だと私は思いますし、なんでもその感覚で全てがうまくいくはずないと、理解してはいるのでしょうか・・・?そういう人に国の舵取りはして欲しくないですね。

投稿: yamadatarou | 2010年11月25日 (木) 13時13分

石破 様

韓国砲撃事件の報道が、余りにも韓国側に片寄り過ぎているような懸念を抱きます。

挑発行為があったと、北朝鮮の国連大使の発言もまんざら嘘とは思えませんが…?

と言っても、同じ民族間の内輪もめに、わざわざ日本が出しゃばる必要もなし、と存じます。

それより、中国漁船が我が国の領海を侵犯し、こともあろうに海保船に激突した実力行為の件は他人事で、韓国が攻撃されれば、緊急会議を召集し、世界に向けて声明を出す素早さ。

いったい、管政府はどこの国の政府なのか?

石破さん、そう思われませんか!?

投稿: ビキ | 2010年11月25日 (木) 13時14分

自衛隊を暴力装置と言って、なにが悪いんでしょうか。石破さんも、「国家における暴力装置が軍隊で、日本においては自衛隊である」と発言されていますし、仙石さんと石破さんとで意図が違うのかどうかは分かりませんが、とくに悪意のある言葉だとは思いません。
野党は、言葉尻をとらえて批判するのではなく、もっと本質的な議論をしてもらいたいものです。

投稿: なつ | 2010年11月25日 (木) 16時28分

石破さん 日々お疲れ様です。

尖閣でゴタゴタして間もないのに 今度は将軍家が悪さをしましたね 民間人も犠牲に

対岸の火事ではないと思います。このどさくさに紛れて、漁民に化けた人民解放軍が尖閣に上陸しはしないですか

管と仙石では事態を悪化させるだけです。早く、暫定救国(憂国)内閣を


海上自衛隊の〔22DDH〕の早期建造・配備と
航空自衛隊の〔心神〕の正規配備


『備えあれば憂いなし』です


投稿: 日本人 | 2010年11月26日 (金) 00時03分

http://img.yonhapnews.co.kr/Basic/Article/JP/20101125/20101125173140_bodyfile.bmp

鳩山前首相が北砲撃犠牲兵弔問「議会で措置協議中」
【城南25日聯合ニュース】日本の鳩山由紀夫前首相は25日午後、京畿道・城南の国軍首都病院合同弔問所を訪れ、
北朝鮮による延坪島砲撃で死亡した韓国兵士2人の冥福を祈った。

 霊前に献花した鳩山前首相は、韓国兵が犠牲になったと聞き一刻も早く弔問に来たかったと話し、韓国政府への支持と協力の姿勢を示した。
日本国民も民間人まで犠牲になったことに大変胸を痛めていると伝えたほか、衆議院・参議院とも議会で、今回の事件を受けての対北朝鮮措置を協議していると説明した。

 鳩山前首相は、ソウル市内で開かれる在日本大韓民国民団(民団)幹部の会議(25~26日)に出席するため訪韓した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2010/11/25/0200000000AJP20101125003300882.HTML

自衛隊殉職隊員追悼式
2 歴代総理大臣の出席状況
(4)平成 7年10月28日    村 山 総理
(5)平成 8年10月26日    橋 本 総理
(6)平成 9年10月25日    橋 本 総理
(7)平成10年10月31日    小 渕 総理
(8)平成11年10月30日    小 渕 総理
(9)平成12年10月28日     森  総理
(10)平成13年10月27日    小 泉 総理
(11)平成14年10月19日    小 泉 総理
(12)平成15年10月25日    小 泉 総理
(13) 平成16年11月 6日    小 泉 総理
(14) 平成17年10月29日    小 泉 総理
(15) 平成18年10月28日    安 倍 総理
(16) 平成19年10月27日    福 田 総理
(17) 平成20年10月18日    麻 生 総理
(18) 平成21年10月24日    平 野 官房長官(鳩山総理代理)
http://twsa.idv.tw/j/press/news/2010/10/22e.html

投稿: 何か外せなかった理由があった? | 2010年11月26日 (金) 00時07分

平成21年10月24日タイ訪問1日目 -日本ASEAN首脳会議ほか-平成21年10月24日(現地時間)、
ASEAN(東南アジア諸国連合)関連首脳会議出席のためタイのホアヒンを訪れている鳩山総理は、
ASEAN10カ国首脳との日ASEAN首脳...

投稿: 見切り発車でしたようです | 2010年11月26日 (金) 00時13分

石破先生こんばんは。

きょうは三島由紀夫さんの命日だったのでシンポジウムを聴きに行きました。
もともとファンの人が集う場所だから仕方ないのですが、自殺してしまったとはいえ三島さんも森田さんも自衛官を切りつけた犯罪者なのだからあんまり信奉しすぎるのはどうかなあと思います。
でも、二人とも気の毒な人だったと思います。

そして登壇者の方に「(日本人は)爆弾一発落とされないと気付かないというが、どうしてもそう思ってしまう」という人がいてやれやれと思いました。
爆弾一発落とされて気が付いて反撃したとしても、そん時に真っ先に死ぬのは自衛隊の人でしょうが。

それから、もし現代に三島さんのような人が表れて蜂起を促したら?という話に
「田母神さんを追い出すような組織にそんな根性あるわけない」
みたいなことを言っててびっくりしました。
あーむかつく。
まるでクーデターが起きるのをあおっているようです。
北朝鮮の砲撃と尖閣での事件が同じものだというお話も出ました。
戦争が起きるのを期待してるんでしょうか?
そして、そういう勇ましいお話に、まばらですが力強い拍手が起きていてイヤな感じでした。
三島さんは芸術家として素晴らしい人だけど、こういうふうに扱われるのはなんだかかわいそうです。

あすは問責決議案を出されるとのこと、ものすごくお忙しいと思いますが、どうかご安全に。

投稿: 桐生浅葱 | 2010年11月26日 (金) 01時30分

石破氏は不誠実だと感じます。結論、自衛隊が"暴力装置"であるか否かハッキリとさせてない。
ハッキリと自衛隊を含む軍隊及び警察機構は、"暴力装置"(Gewalt Apparat)です!と言えばいいのに

こんなコメントがありましたがこの人は単純過ぎです。そもそも「暴力」と言う言葉には「統率された力」は該当しません。
軍と言うのは統率された「実行部隊」であり、暴れるだけのものではありません。
警察の仕事には犯人逮捕もありますが、同じ位犯罪防止の仕事もあります。
それを混同して「暴力」と言うのは全く見当違いです。自衛隊も災害救助がむしろメインであり軍事力としては今の所ほぼ機能しておりません。実力行使能力を有している=暴力装置などと言葉を吐き違えている、としか思えません。そもそもこれは訳がおかしい、と私は思います。

投稿: 磯部道博 | 2010年11月26日 (金) 06時18分

>>さつまおこじょさん
今年7月に米韓で合同演習をしております。
この際に境界線より内側の海に流れ弾が飛んでいるそうです。今回はそれに対する報復だ、と云う事です。
でもさすがにやり過ぎだ、とは思いますが。

投稿: 磯部道博 | 2010年11月26日 (金) 06時21分

売国総理大臣・菅直人が
「官邸と公邸は繋がっている」って暴露したみたいですね


これ、国家機密事項でしょう?
普通に「逮捕」されるレベルでしょう?

国の最高責任者が堂々と国家機密をバラしているなんて笑えない冗談ですが
毎度毎度の売国行為にさ、いささか慣れてしまいました…


それと、自民の追及が甘くないですか?私は、あなた方のトップ・谷垣総裁はどうも信用なりません。

投稿: tak | 2010年11月26日 (金) 08時16分

明治維新は、我が国の歴史にあって、一つの政権交代の姿を示す出来事でありますが、政権交代に至るまでの姿ばかりが脚光を浴び、志半ばで斃れた坂本竜馬等々がテレビドラマになっています。しかし、政権交代の真実は、政権を獲得してからの苦難にあると思います。だがそれは視聴率が取れないのかどうか知らないが、ドラマになることはありませんね。本当の苦難は日の当らないところにあるように思います。明治新政府も、当初の姿は、天皇親政の基、太政官制であった。内閣組織に至るまで20年。議会と憲法が出来るまで22年の時間を要している。政権獲得直後において、不平を持つ勢力や、反対する勢力の排除等々に、時間を費やすことがあったり、政権基盤の財政上の問題があったりで、順風満帆な姿は、どこにもなかったのが実情です。我が国の歴史には、明治維新以外にも政権交代の出来事があり、わずか2年で崩壊した建武の中興と呼ばれる出来事もあります。時代的な背景や民衆の意識も大きく違う出来事であり、対比するには大きな無理もあると思いますが、政権の中核にいた人々の心構えや基本姿勢だけを取り上げると、成功例と失敗例の違いが見えてくるように思います。明治維新にあって建武の中興にないものがあります。明治政府の基本姿勢を示した文章が、この政権の基になっています。「五箇条の御誓文」ですね。万機公論に決すべしで始まる5カ条の文は、現在にもなおその影響を見ることができるしっかりした方針ですね。基本理念と呼んでもいい。しかし、建武にはこういうものはない。それに比肩するものとして梅松論に、後醍醐帝の言葉が伝えられています。「朕が新義は未来の先例たるべし」この言葉は、新政権の心意気を示す言葉とされていますが、場当たり的な実際の政権運営をその言葉と共に実行したことで、政権に協力した多くの有力な人々を離反させ崩壊をもたらすことになった原因ではないかと思います。基本理念なき政権交代は、政権の維持を困難にさせるのではないでしょうか。民主党政権もまた、「朕が新義は未来の先例たるべし」とのたまうような鳩山氏の軽はずみな発言の数々で、政権協力する人々の心を離反させたように思います。リーダーの資質がこれほど問われる総理と言う人も過去に例がないぐらい珍しい存在です。計画性のない民主党の政策の数々も、まるで梅松論の世界を見ているような民主党政権と言うしかないですね。理想と妄想を混同したとした思えない現実感の無さは、悪夢でしかない。現実に生活している国民の苦悩が理解できない人々ではないかと思います。政治家の責任の重さを理解するなら明治維新後の明治新政府の苦悩を勉強された方がいい。西郷隆盛他を政府から追放しなければならなかったことも、民主党には理解できないのではないでしょうか。政権交代を為したのに、2年で崩壊した建武は、民主党そのものである。

投稿: 旗 | 2010年11月26日 (金) 11時27分

》磯部さん
情報ありがとうございます(^o^)
私もビギさんと一緒で韓国側に偏った報道ばかり目がつき懸念してます。
同じ民族間の争いに巻き込まれるのはバカらしい。
韓国は竹島を実行支配してるくせに、何てしたたかなのかと思うんです。
北朝鮮も訳のわからない国ですが、公平に検証しないと北朝鮮の日本敵視が増長され、拉致問題の解決が遠ざかりませんか?
本当に北朝鮮が100%非があると言えるなら拉致問題は切り離して毅然と非難すればいい。
本当に日本のための対応をよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: さつまおごじょ | 2010年11月26日 (金) 20時32分

『国家という存在は、国の独立や社会の秩序を守るために、暴力装置を合法的に独占・所有しています。それが国家のひとつの定義だろうと。暴力装置というのは、すなわち軍隊と警察です。日本では自衛隊と警察、それに海上保安庁も含まれます。』

これは石破氏の発言です。(自衛隊=暴力装置)とハッキリ言っています。
このブログの内容はウソですね。

投稿: ネットマン | 2010年11月27日 (土) 06時34分

石破さんともあろう人が,堂々と正論を述べず,いいわけじみたことをおっしゃっていることに失望しました。
自衛隊や警察が「暴力」でないのなら,さらにいうと国家が「暴力装置」でないのなら,どのように犯罪者や他国からの暴力から,国民を守ることができるのでしょうか?
堂々と正論を述べていただきたいものです。

投稿: MM | 2010年11月27日 (土) 16時10分

自民と大連立って本気での発言ですか
もうびっくりしてがっかりして、信じられなくて
しかも石破先生からそんな言葉を聞くとは?
真意はどこにあるのか、小沢排除ならオッケーとは、どういう意味なのでしょうか
管内閣をなぜ連立までして支えるのか
理解できません

投稿: ヒロ | 2010年12月 9日 (木) 13時59分

>管内閣をなぜ連立までして支えるのか
有事の際に一時的に連立を組むことはあり得ます。
何でも反対では今の時代通用しませんよ。
(WW2時代のイギリスなど)

投稿: JSF | 2011年4月 8日 (金) 13時10分

発言だけでなく確かあなたが書いた本にも載っていたようですが…

投稿: 勘萎音 | 2011年5月24日 (火) 11時13分

辞書で「暴力」の定義を調べればわかることですが、不当に使う腕力。合法性や正当性を欠いた物理的な強制力・・・が暴力です。

反対に不当でない(理不尽でない)正当性のある強制力は「武力」と表現します。

自衛隊をに別の呼び方があるならば「武力集団」もしくは「平和維持軍」が適切でしょう。

暴力装置で僕が最初に連想したイメージは、
乱暴で騒がしい箱に入った機械でした。

自衛隊は、心を持った人間の集まりであり機械ではありません。

また、国民より尊敬されて然るべき人々です。

変な呼称をつけて彼らを侮辱する事は、対外勢力に利するだけで国民の利益に反します。

仙石氏は対外勢力に既に洗脳されていると考えてよいと思います。

投稿: 岡 | 2011年9月 2日 (金) 23時51分

「暴力装置」について四の五の難癖付けてる方は、有斐閣の社会学小辞典でも読まれると良いですよ。

仙谷氏の思想について知りたいなら、彼のホームページを見に行くと宜しい。
ホームページ内の検索が可能になっていますから、「暴力装置」などで検索されたら如何か。

投稿: ポポイ | 2011年11月12日 (土) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/50073923

この記事へのトラックバック一覧です: 週末日程、「暴力装置」発言:

« 尖閣諸島沖事案映像流出について | トップページ | 臨時国会も終盤 »