« 予算委員会質疑を終えて | トップページ | 2月4日 »

2011年2月 2日 (水)

質疑の感想、続き。

 石破 茂 です。
 昨日の予算委員会の質疑で感じたことをもう少し続けて書きます。

 私が「何とも言いようのない徒労感」を感じたのは、総理をはじめとする政府の諸君が「とにかく何とか委員会を乗り切ればいい」としか考えていないことがありありと伝わってきたからです。
 わけの分からない答弁が目立つのは、時間を消化することばかり考えていて、熟議、というスローガンとは裏腹に、議論をしようという気が全くないからなのです。
 
 このようなやり方が罷り通るのは、衆議院予算委員会のルールに問題があるからだと考えます。
 衆議院の予算委員会で「質問者の持ち時間一時間」というのは「質問と答弁を併せた時間が一時間」ということでこれを「往復一時間方式」と言います。
 不覚にも閣僚になって初めて知ったのですが、参議院で「持ち時間一時間」というのは「質問の時間だけで一時間」ということで、これを「片道一時間方式」と言います。つまり、衆議院では極端な話、答弁者がどうでもいい話を延々としていれば、質問者の時間はあっという間に無くなってしまうのに対し、参議院ではこのやり方が通用せず、いくら意味のない答弁を延々としても全体の質疑時間が延びるだけなのです。
 衆議院予算委員会で質問者が「総理はきちんと問いに答えろ!」と苛立ったり、「時間がありませんので次の質問に移ります」などと、なんとなく追及不十分の印象を与えてしまうのはこの所為です。

 国会の質疑で与えられた時間は政府のものでも質問者のものでもなく、主権者である国民のものなのに、今の政府の閣僚たちには全くその意識は無く、本来中立公平であらねばならない委員長はあの有様です。
 私が答弁者であった頃はまず結論を述べ、そのあとその理由を述べるように心がけていたつもりなのですが(もっとも「答弁が長い」とお叱りを時々頂いておりましたが…)。
 政府にとっては有難いことではありませんが、衆議院予算委員会も参議院の片道方式を採用すれば、いかに政府が不誠実でも、もう少し内容のある質疑ができるように思います。

 新聞は「追及が甘い」「審議を止められなかった」などと無責任に批判しますが、政府が逃げの姿勢に徹し、委員長がこれとグルであればどうにもなりません。
 判断は、国会中継やネット録画を見ている方々がすればいいことであり、その数は着実に増えていると確信しています。
 民主党が酷いことはもう多くの人が分かっているのであり、批判よりも「自民党ならこうする」というビジョンを具体的に示すことこそが解散に追い込む近道なのだとつくづく思います。

 与謝野大臣の答弁は、見ていてとても悲しい気持ちになりました。
 自民党を除名になったことでケジメはついている、いい仕事をすることで有権者に責任を取りたい、と答弁されましたが、一昨年の選挙で自民党公認を受ける際「公認を受けた者として、任期中党の移動をしないことを誓約する。これに反した場合は議員を辞職する」との誓約書を提出したことをどう考えておられるのか。
 この誓約書は公認を受けた者すべてが総裁あてに提出しているものですが、「いい仕事をすれば許される」というなら誓約など何の意味も持ちません。
 こんなことは言いたくはありませんが、税金を原資とする政党助成金から支給された公認料も本来自民党に返還すべきものであり、これを与謝野氏が会派入りした民主党の不当利得と言わずして何というのか。
 与謝野氏が直筆でサインし、花押を記されたこの誓約書を大きく拡大してパネルにして示さなかったこと(ご丁寧にも、この誓約書には「この誓約に反した場合はこの誓約書を公表されても構いません」と書かれています)、公認料に言及しなかったことは、自民党の良識、若しくは惻隠の情の発露というべきものでしょう。
 稲田朋美議員がいみじくも指摘した通り、「信なくば立たず。どんなに正しいことを言っても、信用の無い人が言うのなら意味がない」ということです。
 
 与謝野大臣は本当は議員辞職をしてケジメをつけたかったのではないでしょうか。
 甘い、と言われるかもしれませんが私は与謝野氏の人格をまだ信じたいのです。
 しかし、衆議院で三分の二の議席を得て、与野党逆転状態の参議院で否決された法案の再議決の夢を捨てきれない民主党がこれを阻止したのではないかと思っています。そうだとすれば、どこまでも志が低く、情けない人たちです。

 質疑をご覧になってのご意見、ご感想、ご叱正、有り難うございます。
 例によって例の如く、朝日新聞の評価は極めて低かったようですが、むしろ名誉なことだと思うべきなのかもしれません。
 開き直るつもりはないのですが、なにしろ防衛庁長官当時に防衛庁改革として防衛参事官制度廃止を提唱した時、「やはり文官統制が必要だ」という社説を書いた新聞社ですからね…。
 「文民統制」の誤植ではないかと目を疑いましたが、読んでみると本当に官僚が自衛隊を統制することが正しいと信じているらしいことがわかって、愕然としたことをよく覚えています。
 日頃言論の自由や表現の自由を声高に唱えている新聞社が、防衛事務次官通達の違憲性についての議論を詳報しないことこそが彼らの偽善性・欺瞞性を見事に物語っているように思えてなりません。

|

« 予算委員会質疑を終えて | トップページ | 2月4日 »

コメント

「追及が甘い」と新聞を読みましたが、私は、動画で衆院予算委(石破さんのところ)を見ましたので、そんなことはない、とわかっていました。

応援しています!
(これから、記者会見の動画、拝見しますね(o・ω・)ノ))

投稿: mrmr | 2011年2月 2日 (水) 19時36分

お疲れ様です。
ホント、衆院予算委員会も参議院と同じルールにした方が良さそうですね。

ハマグリ委員長は今日もまたひどかったですねえ。

「惻隠の情」について書いておられますが、自民党さんのそういう「上品なやり方」は残念ながら民主党には通用しないのかもしれません。(お隣のあの国々のようなメンタリティを持つ方々ですし)
自民党さんも時には敢えて「あくどい」やり方をするのもアリではないか、とも思いますが。

「アカピーからの評価が低いのは名誉なこと」というのは同感です!!
韓国や中国がそもそも問題視していなかった「従軍慰安婦(=高給売春婦)」や「首相の靖国神社参拝」をわざわざ問題化したのもあの方々ですからねえ。売国マスコミは日本に必要ないですよ。とっとと中国や韓国や北朝鮮に移り住んで、そこで幸せにお暮らしになれば良いのです。

投稿: 観音寺 | 2011年2月 2日 (水) 19時38分

こんばんは。

政治には何の関心もなかったのですが、元旦に石破さんと一緒に写真を撮影をしていただいてからこのブログを半年ぐらい前の記事から遡って読みはじめました。

地元の数少ない有名人と写真が撮れたという浅はかな理由だけで石破さん、自民党を支持していましたが、最近政治に関わるニュースを理解すればするほど自民党を支持するようになりました。

昨年の記事を見る限り鳥取、東京だけでなく全国各地で活動されているようで、しかもその一つ一つの活動に対する手抜きのない準備など相当多忙だと思いますが、時間があればブログの更新楽しみにしています。

拙い文章ですいません、18歳です(笑)

お体には気をつけて下さい!

投稿: ヤマハ | 2011年2月 2日 (水) 20時08分

昨日の予算委員会を最初から終わりまで全てを拝聴いたしました。
本国会の予算委員会での自民党の質問がこれまでの「政治とカネの問題」に終始するのではと心配しておりましたが、石破議員を始め皆さんの堂々とした論戦を聞き、安堵したのと自民党への信頼が深まりました。
民主党の閣僚は、本日の質疑が語るとおり現状では政権担当能力は有りません。
国民の多くはどの党がこれからの日本の舵取りを任せるか判断しようとしていると思います。
通常国会では正々堂々とした論戦に期待をしています。
そして、本当の意味での保守2大政党制への政界再編成に将来の夢を託します。

投稿: 高本芳昭 | 2011年2月 2日 (水) 20時09分

衆議院の「片道一時間方式」に賛成です。

ネットで国会を拝見していますが、閣僚の方々が日本語を話しているところまでは理解できるのですが、どこをどう聞けば質問の答えがあるのさっぱりわかりません。何を言っているか理解できないことも…。
関係の無い思い出話で質問者の大事な時間が消費されるのは、本当に腹立たしく思います。
「熟議」という言葉の意味を知らずに使っているとしか思えません。
有意義な議論がおこなえる国会になる事を、願ってやみません。

投稿: 道産子 | 2011年2月 2日 (水) 20時44分

石破先生 本日の予算委員会 ご苦労様でした。テレビで見ておりましたが、大学の先生が小中学生に「政治の理念・手法」等につき
諭すように論理を展開しておりましたが、長きにわたり、無責任の野党育ちの現政府首脳
には先生の「意」とすることを果たして何処まで理解できたことやら、民主党は菅総理をはじめ、全く資質に欠けた寄せ集め集団である。だから亀井氏・与謝野氏等になりふり構わず、助けを求めている。哀れなことよ

投稿: 金井 信夫 | 2011年2月 2日 (水) 20時47分

少しお聞きしたい事があり書き込みさせていただきます。

京都府宇治市のウトロの韓国政府及び韓国人私有地に公営住宅を建設すると報道がありました。

外国人私有地に日本国民の税金が投入される事に違和感がありますが見解をお聞かせ下さい。

これからもご活躍楽しみにしています。

投稿: yosimura | 2011年2月 2日 (水) 20時50分

 某動画サイトで、今回の予算委員会の国会中継を生まれて初めて見ました。そして新聞その他報道機関の報道が、国会でやり取りされる膨大な議論の、ほんの一握りに過ぎないことを知りました。

 私がそうであったように、国会中継を見る人は増えているのではないでしょうか。

 憲法の議論、すごく勉強になりました。
 どこぞの本の受け売りですが、あんな内閣じゃ、憲法が生きながらに殺されているようなものです。
 徹底的に追求する姿勢の石破先生を応援します。

 これからも頑張ってくださいscissors

投稿: いぶ | 2011年2月 2日 (水) 20時56分

違う話題なのですが…
自民党が日航から献金を業績悪くなってからも、今でも受けてるって本当ですか?

道義的に問題は、生じ無いのですか?

やはり自民党は、前と同じですか?

民主党・自民党も根本的には、無知な集団なのですか?

石破さんは、大変素晴らしい方だと思いますが、他の議員は、所詮昔ながらの利権に群がる、集団なのでしょうか?

自民党時代に、始末を付けられ無い領土問題・年金問題・税金問題・公共工事問題・拉致問題を解決できるんでしょうか?

政治家では無くパフォーマンスをして、人気取りをしているだけですか?

国民は、どうしたら良いんでしょう?

民主党も自民党も他の他党も駄目…

投稿: 猫やん | 2011年2月 2日 (水) 21時11分

毎年米軍の倍くらい値段でアメリカの兵器を買って50年間でいくら?毎年米軍に使ったお金はいくら? この総額を公表してから日米安保条約をどうしたらいい??国民に聞いてほしい。
駐日米軍は日本を守る為になんかしたか。米軍いなかったらどこの国から攻めてくる?

投稿: たか | 2011年2月 2日 (水) 21時19分

昨日の質疑、お疲れ様でした。
テレビでは少しばかり話題に上がった小沢さんや与謝野さんの追及場面ばかりが報道され、政策のやりとりはほとんど報道されずじまい。マスコミの意図は何なのか・・・。昼間に国会中継が見られない人の為に正しい情報を提供するのがメディアの役割だと思うのですが。
与謝野さんはバッジが自身のモチベーションを保つために必要だと仰っていましたが冗談じゃないです。肩書きにこだわってていい仕事はできないと思います。
朝日新聞などは民主党の応援団だと思っています。この新聞が今日本で一番読まれていると思うとゾッとしますが。
ところで自民党内部も大丈夫ですか?
谷垣さんが政府を解散総選挙させることが出来なければ谷垣さんの責任を追及するという発言も党内で出ていたようですが。
もしそうなれば、民主党と同じ穴のムジナですよ。

投稿: マミー | 2011年2月 2日 (水) 21時21分

第4の権力

民主党は完全に論理破綻しています。
それをさりげなく擁護している新聞を見ると必死だなと感じます。

報道は国民の知る権利に寄与するもの。
民主主義国家には欠かせないもの。
と一般論では言いますが。
今の我が国(外国もか・・・)の報道の在り方は正しいのでしょうか。
こんな事、私が感じる遥か前から先生は感じているのだろうとは思いますが。

三権は、憲法という鎖によって互いに抑制と均衡を図っています。
第4の権力を抑制する機関はないのでしょうか。

最近、報道の暴力が目につくことが少なくないと感じています。

投稿: sakura | 2011年2月 2日 (水) 21時36分

石破さん
初めて投稿します。40才の会社員です。
予算委員会、興味深く拝見させていただきました。
私はあなたの考えに賛同します。
あなたの言葉には説得力がある。私はビジネスの世界に身を置く者ですが、常々こう思っています。曰く「考えるから書ける、書けるから説得できるのだ」と。
その点あなたの言葉や文章には誰よりも考え抜いた跡が窺えます。
一方、連日誰のどのような質問に対してもとってつけたような謝罪と逆ギレに終始するあの総理大臣は一体なんなのでしょう。正直言って見るに堪えません。
与野党協議をと言いつつ、同じ質問に対して自民党やみんなの党に対する逆ギレ答弁と法案成立のためのターゲットにしているであろう公明党に対する平身低頭答弁の差を見ていると、最早みっともないを通り越して“あわれ”になってきます。
以下、長くなりそうなので簡潔に菅さんの大いなる間違いを3つ挙げておきます。
第一に、「最小不幸社会」を目指したこと。人の不幸を最小になど国民の立場から見れば大きなお世話です。資本主義国家のトップがこんなもの目指してどうするのでしょうか、全く理解に苦しみます。蛇足ですが私は生まれてこの方いわゆる「金持ち」になったことはありませんが、自分を不幸と思ったこともありません。
第二に、「与謝野さん」。理由は石破さんはじめ皆さんのおっしゃる通りです。
第三に「子供手当て」の効果に関する答弁。少子化の防止に役立つ?国民をみくびらないでいただきたい。こんなカネが欲しくて子供をつくる、あるいは鳩山さんではありませんが子供つくるのやめるのやめた国民がいると本気で思っているのでしょうか?このままいけば私の子は春からは2万円いただけるそうです。しかし、仮に今後政権を担うであろう石破さんが子供手当ては廃止すると言えば、私はやせ我慢します。消費税も民主党みたいな使途でなければやせ我慢します。日本人は目的のためにやせ我慢をできる民族なのです。

これがわからない菅さんは、やはりどこかで捻じ曲がってしまったようです。

石破さん、日本の将来をみんなが託しています。陰ながら応援しますのでよろしくお願い致します。

投稿: 望月 | 2011年2月 2日 (水) 21時39分

石破先生

予算委員会の内容を拝見いたしました。石破先生のまっすぐ筋の通った意見と、現政権の見苦しい言い訳の数々との対比が非常に印象的でした。特に枝野官房長官の防衛省の事務次官通達に対する答弁、余りの無茶苦茶ぶり、棒読みぶりにテレビで見ていてほとほと呆れ返ってしまいました。明らかに間違えている事を、自己流の勝手な解釈・考え方でごり押しし、反省をしない。このような民主党の体質が象徴されていた答弁で有ったと思います。
石破先生が仰っていた通り、何が正しいのかを判断するという事は極めて難しいことです。であればこそ、明確な間違いがあるのならばそれを正す。当たり前であり最も重要な事ですが、彼らにはそれがわからないようです。国民からの風で政権をとった彼らは批判されることを極端に恐れます。だからこのような基本的な事もわからず、目先の自己保身に走るのでしょう。それが自分たちへの信頼をさらに落とすことになるとも知らず。衆議院の任期の後2年余り、この体質を持った政権が続くのかと思うとこれほど恐ろしい事は有りません。一刻も早い衆議院の解散にむけて、自民党をはじめとする野党の方々にはますます頑張って頂きたい、切実に思います。

>朝日新聞の評価は極めて低かったようですが、むしろ名誉なことだと思うべきなのかもしれません
この一文を読んで思わず爆笑してしまいました。仰るとおりですね。あそこに誉められるなんてろくなもんじゃねぇ!と私も思います。しかし、この北朝鮮や中国、韓国の代弁者のような新聞が、マスコミの中でも大きな立場として存在し、そしてその論調を正しいと思って購読している人間が未だに大勢いることに、この国のなにか構造的な不幸が有る気がします。この構造から脱却するには、我々一人一人が石破先生の仰っていたように、何が正しくて何がおかしいのかという事を、しっかりと自分の頭で考える事が重要なのではないかと考えます。非常に基本的な事なんですがね。

長文かつ乱筆で大変失礼いたしました。国会はまだまだ続きますが、くれぐれもお体にはお気をつけて乗り切ってください。私を含め、国民は石破先生の御活躍に大いに期待しております!頑張って下さい!

投稿: Ryo | 2011年2月 2日 (水) 21時55分

石破先生、引き続きお疲れ様でございます。衆議院と参議院の質問方式にそのような違いがあったなどとは知りませんでした。 先生の怒りは是非、参議院議員の西田昌司さんに託していただいて。石破先生は今までどおり「国民にとって分かり易い説明を 丁寧に 聞き取り易い声で」というのを心掛けて下さい。
 我々としましては、1月29日に行われたデモ活動のようなものをもっと計画していきたいと考えており、明治維新の時ではありませんが菅内閣に無血開城を求めていく運動を引き続き行おうと思っております。彼等が「石にかじりついてでも政権の座にしがみつく」と言うのであれば、石ごと吹き飛ばしてやるまでです。
 先生もかなり精神的にお疲れのようですが、どうぞご自愛下さいますよう。

投稿: 責任野党 | 2011年2月 2日 (水) 21時59分

お疲れ様でした。予算委員会拝見しました。自分はまだまだ、勉強すべきことがあるのだなあと思うと同時に、いくらなんでも、この与党って・・・。

カレーは太ります。御身お大事に。

投稿: まい | 2011年2月 2日 (水) 22時02分

石破さん、御疲れ様です。

衆議院での答弁がその様なシステムになっていたとは、初めて知りました。
いずれは(そう遠くないでしょう)与党に戻られるとは思いますが、その時には政治に関わる不条理・不合理なシステムの改正を是非とも行って頂きたい。

マスコミに関しても何とかして欲しいことは数多あるのですが、そこは難しいのでしょうね…

投稿: KOTA | 2011年2月 2日 (水) 22時03分

石破さんの予算委員会でのご奮闘、拝見致しました。有り難うございました。

     奇策「褒め殺し」
石破さんの「何とも言いようのない徒労感」は、私も共有していた所為でしょうか、質疑の最中にも手に取るように解りました。
外野乍らに考えますに、その原因は「カエルにXX」(※注)を地で行く相手の未熟と不誠実な態度も然りでしょうが、同時に追及側の「強い手詰まり感」が苛立ちを呼んでいるのではないか?
   (※注) 菅政権与党民主党の特質「井の中の蛙」に引っ掛けてます(笑)。
こう考えると、素人考えながら、次の一手は「奇策」になるのではないか?
例えば、昔流行った「褒め殺し」。大きな風船で空中高く舞い上がらせておいて、地上に激突させ精神的ダメージを与える。蛙ではないので効くかも。
政治家と雖も今の菅さんのように一筋の藁(与謝野さんに続く藁)でも掴みたい者達は簡単に舞い上がるだろう、効果は大きいだろうと。

褒めている最中は「徒労感」から解放されるかも知れません。
まあ、代わりに「信義に悖る」とか「誠実さに欠ける」とか忸怩たる感情を生むでしょうが、其処は「彼らが一刻も早く退場することが、国益のため」と割り切れませんか?
草々

蛇足:早晩訪れる次回選挙では、「駄目さ比べ」はご容赦下さいませ、是非。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2011年2月 2日 (水) 22時05分

私は与謝野さんを尊敬してただけに、『モチベーション』発言は大変ショックでした。

色々大人の事情があるにせよ、他に言葉がなかったのかと。

石破さんがおっしゃる通りだったら良いな、と思っています。

総理が発言しない、もしくはさせないのは、総理に能力が無いのを証明してるように見えますし、

総理ご自身も枝野さんにしても、質問の答えになってない回答ばかりで、ホントに優秀な大学出た人達なのかしら。とさえ思ってしまうのはヒガミでしょうね(笑)

将来医療に携わる者として勉強するにつれ、本当に医療が必要な人や、これは誤解を招くかもしれませんが、価値のある延命治療が出来ずに死んでゆく人の事を知る度に悲しくなります。

働き盛りの40歳が受けられない治療を、90歳や生活保護者、母子家庭が受けられることに、おやっ?と思うなんて、医療者失格でしょうか。

最小不幸社会なんてイヤな言葉です。本当に必要なのは最小不平等社会だと思います。

石破さん頑張ってください。日本人が生き生きと働く日本にしてください。

投稿: 大学生 | 2011年2月 2日 (水) 22時14分

石破さんの質疑に感動し、
先日はじめてコメントさせて頂きました。

石破さんのブログアップの知らせを受け、確認しようと繋いだら…「!!」
沢山の「日本人」の声。
またまた嬉しくなりました。

私の周りでは、なかなか聞けない意見が
出てくる、出てくる♪

どんな言葉を羅列しても、
解釈は、人それぞれ。。。

賢い人は山ほど居るが、
「志ある人」にはナカナカ出会えず。

日本は、魂のこもった
美しい言葉を持つ国だと
学んだけれど、
今の私は、言葉を信用しない。

やはり、
人は人を見る目を養わなくては…

「失望」する前に「希望」を持つ事の
大切さを、思い出しました。

…とは、云いながら、
顔の見えない皆様。
ありがとうございました。

「集団」や「組織」は、あまり好まないケド、
『烏合の衆』でなければ、
それもありかと。

石破さんと、近い誕生日。

誕生日前に、気付けたことに…
皆様に感謝。

寒い日が まだまだ 続きます。
くれぐれも
健康に、留意下さい。


投稿: 北九州市民の一人 | 2011年2月 2日 (水) 22時22分

日本のマスコミは報道の役目の道を外れています。
外道です。
衆議院議長が自分の意見をとくとくと述べています。
外道です。
外道がまかり通る日本は、「日本人」、には不幸です。

投稿: 0子 | 2011年2月 2日 (水) 22時27分

石破さんお疲れ様ですhappy01
昨日の質問、ニコニコ動画で拝見いたしました。
その場しのぎの、何を言ってるのか分からない中身のない、酷い答弁でしたsweat01

しかし、事実を報道しないマスコミにもいい加減うんざりします。でも、石破さんのおっしゃる通り、国会中継やネットで、しっかり観ている国民は増えていると思いますヨ!!

私は麻生政権まで、まんまとマスコミのネガティブキャンペーンに騙されて『自民党ヒドイな〜』って思っていた国民の一人です。。。素晴らしい実績があったのに。。。今ではすごい反省と後悔をしてます。私の様に『もうマスコミには騙されないぞ!良い悪いの区別は自分で判断するんだ』と思ってる人が今熱心に国会中継を見、ネットで情報を得ています。
そしてその事が自民党にとっても良い風になりつつある、と思います。
政策を具体的に、分かりやすく説明されている石破さんを、自民党の皆さんを今はとても応援してます!!是非1日も早く民主党政権を終わらせてください。

投稿: ミキ | 2011年2月 2日 (水) 22時41分

拝啓

まず、「一生涯プロ市民活動家」の補助金ばらまき発想による「成長戦略」もどきにはあきれ果てて開いた口がふさがりません。

ま、ヲバカもういいでしょう、まともに答弁できないのもどうせ目だけ開けて頭が寝ているだけなのですから「頓珍菅直人」の面目躍如でしょう。
その取り巻きも空転させることが目的化してそれ以外の事は考え無いで「言ってン突破」してしまえとのことだと思います(あの玄葉でさえなんじゃありゃ?)。

一次補正予算を次年度に繰り込んで抱き合わせでは、はっきり言ってあと今年三期だけでなく来年二期まで確実に経済は絶望的でしょう。
これじゃ確実に企業は逃げ出すわね。

だとしたら二三年度予算執行が1,2ヶ月遅れてでも今月中にあそこは倒すしか道はない(亀ちゃんと平沼じさまの救国内閣案が挙がっては居ますが、亀ちゃんを舐めすぎでしょう。)。

与謝野氏は・・・・・何故にマニフェスト見直しを迫るのはあまりにも惨い」とおっしゃたのか。裏で何があったのかの情報がないので我々国民端末レベルには解りかねますが、何かしらの条件的な「ピース」が関わっているとしか思えません。
もう少し様子見をするべきではないかと愚考いたします。

愛知&名古屋の「コンビ村村」が当選(しかし相変わらず何で新聞テレビは県連独自推薦の候補を中央からの正規候補だと嘘情報をこれでもかと流すのか?)して小沢問題と同時着火すれば民主の内部抗争が激化し投じたいが瓦解に向かうことを切に願うばかりです。

しかし6月まで民主党案ができないというのはただの引き延ばし工作以外でもないし、瓦解して雲散霧消になれば「実はあのときに出来ていれば我々はこうしたああした」と言い訳に終始するのが見えていつまで経ってもうざったい存在になるでしょうが。

お休みなさい。

投稿: yama | 2011年2月 2日 (水) 23時15分

石破議員、こんにちは。
「国会の質疑で与えられた時間は政府のものでも質問者のものでもなく、主権者である国民のもの」
衆議院予算委員会での議員のこのお言葉に感動しました。
しかし、そのお言葉の意味には「往復1時間ルール」を悪用し逃げを打つ民主党への牽制球でもあったのですね。
こんな事を予算委員会で言わねばならない事は実は物凄く悲しい事だと理解しました。

我々日本国民はあんな卑劣な連中に諸手を挙げて政権をくれてやったという事ですよね。
自分達の愚かさに眩暈がするほどの悲しみと絶望感を覚えます。

我々日本人は「衆愚」であったと襟を正すべきであると痛感しました。
そして「自由民主主義国家の主権者」の理想の姿である「スマートモブズ(賢き民)」に少しでも近づけるとう努力するべきだと思います。

投稿: 平作 | 2011年2月 2日 (水) 23時25分

朝日新聞については、おっしゃる通りだと思います。日頃、日本の政治以外のことでも、あまりにも偏った記事が多いのに怒りを感じつつ、critical readingの訓練のつもりで読んでいます。

情報を受け取る側は、それを発信した者のに騙され、操られないように、よくよく気をつけなくてはなりませんね。

投稿: yoko | 2011年2月 2日 (水) 23時27分

こんにちわ
忙しくて今国会もまだ見ていませんが、NHKや、朝日新聞や朝日系のどこかに偏った報道ぶりには辟易しています。
私は長く日経新聞をとっていますが、朝日新聞系と言う事で、最近ではそれを近所に知られるのも恥ずかしく新聞をゴミ置き場に持っていく時、誰にも会わない事を祈っています(笑)
で、ネットニュースもあるので、去年12月から新聞を読まなくても私の生活に差障りがあるかどうか知りたくて、殆ど読まないようにしましたが、何の不自由もない事を知り、今月一杯で取るのをやめる事にしました。
これで、くだらない記者の余計な先入観なく正しく日本を見る事が出来そうです。
日経は企業の情報を知りたくて取っていたのですが、朝日系だし、今ではそれも、企業に金を貰って都合のいい事を書いているのかも知れないと考えるようになり、うんざりしています。
23時からの日経系?WBSも殆ど欠かさず見ていましたが、今は全くと言っていいほど見ていません。
現在では報道人として仕事にプライドを持ったり信念のある人もいないような気もしてきています。
テレビ局や新聞社の報道人なんて金と権力で動くだけのくだらない人間の集まりとしか思えなくなっています。

あちこち見てましたが、ほんとに朝日新聞って、最低ですよね。
母のとこで、去年から産経を取り始めたので、暫くそれだけで充分です。
長い事無駄な金を使ったと勉強しました。


私事の母の引っ越しも終わり、今月末には落ち着きそうです。
今はまだたまにの真夜中の2時3時の呼び出しも、空きの出た同じマンション内に越したので楽になります。
3世代同居住宅はまだまだ土地が高くて無理でしたが、なんとかそれに似た便利さで母も私も嬉しく思っています。
年始に予定してなかった車の故障での買い替えなども含め、私にとってはかなりの出費で懐が淋しくなって一抹の不安がありますので、思う様にはいきませんが、コツコツ頑張って少しでも応援できる事は応援したいと思っています。
ですから先生、日本のためにこんなくだらない茶番政府を早く終わらせて、政権奪還とその後の日本の運営をどうかよろしくお願いします。

投稿: 女性 | 2011年2月 2日 (水) 23時33分

chick国会中継をテレビにて見ています。
何時ものことながら石破さんは説得力が有りしかも国民にも分かりやすくて、与党に文句を言わせないほど迫力を感じています。
人気ブログランキングで投票を作りました。
矢張り石破さんに期待する人が多いような気がします。
今現在の自民党総裁が石破さんだったらどんなに良い状況が生まれたかと思うと残念です。
これからも応援してゆきますので、頑張ってください。scissors

投稿: jun | 2011年2月 2日 (水) 23時33分

毎日の先生のご活躍に感謝しております。私は限りなく無理に近い法案があると思っています。それの筆頭は公務員の給与カットです。自民党が経営側に甘いと同様に公務員とて労働者です。バックに組合を持つ政党にそんな勇気があるのでしょうか。出来たら大したものです。そして一番やり易いのは法人税です。企業は税金を払いたくたいから年度内に利益を使ってしまい赤字計上します。殆ど影響のない税金です。影響の少ない部分に着手したなんてさすが民主党です。

投稿: とうがらしみそ | 2011年2月 3日 (木) 00時01分

こんばんは。
現在、政府の現状を公平に伝えず、民主党に誘導された、という怨みつらみもあってか、ほとんどの国民はマスコミを全く信用していません。
ここ一年の傾向ですが、国民はネットで動画投稿サイトから生の情報を仕入れるようになりました。同時にTVを見ない人が劇的に増えています。
メディアが全く当てにならないことが2年前の衆院選で明らかになったからです。
国民もバカではありません。いくら民主党やメディアが工作しようが、ネットというツールを通じてすぐさま真実を見抜くでしょう。そして真実は掲示板を通して伝えられ、偏向報道をしたメディアは吊るし上げられます。そのため、解約または不買運動も時たま起こります。

現在、日本人は政治に今まで以上に関心を持ち始めています。そして真実を必死に見極めようとしています。そのため、メディアだけの情報は決して信用しないでしょう。その裏には2年前にメディアの躍動を信じてしまったせいで現在の悲惨な結果を招いていることにあります。
小手先の工作ではそうそう騙されないだろうと思います。
中でもTBS,朝日系列は国民の中でも不信度がかなり高いです。特に朝日系列の信用は失墜していると言っても過言ではないと思います。
NHKも日本国内のデモを何故報道しないのか、左翼のデモは報道するくせに、と報道の中立性が阻害されていることに強い不満と怒りを抱き、ネットを利用しだす方々が急激に増加しています。

もう民主党は終わりです。話になりません。同時に彼らが何を言っても国民には届きません。言うこと全てが嘘に聞こえるからです。
案が作れない与党には与党の資格はありません。
横柄で公平性に欠ける委員長に委員長の資格はありません。
理念も何もないトップにトップの資格はありません。
国民の票を無視して席を移した議員に議員の資格はありません。
言論封殺する大臣に大臣の資格はありません。
言ったことに責任を持たないトップにトップの資格はありません。
解散権がないのなら、首相に問責を出してください。

彼らは国民のプライドをどれだけ傷つけているか分かっていません。国民をどれだけ馬鹿にしているか分かっていません。国民には現与党に対する怨みつらみが蔓延しています。
私にはもう分かりません。なぜここまで卑劣なことができるのか、私には全く分かりません。もう理解が出来ないのです。
まともなモラルを持った人間のやることとは思えません。普通の人間の感性ではあのような不道徳な行動に理解に苦しむのです。何もかもが無茶苦茶です。一種の狂気を感じます。もはや絶句です。

民主党がどんなに取り繕おうが、メディアがどんなに政権維持に加担しようが、国民は見ています。その工作の過程さえも見透かしています。
国民は民主党の悪事を全て見ています。メディアが報道しないのなら生のソースをネットを通じて確認するでしょう。上手く騙すことなど、隠すことなど、もはや不可能です。


私は国会の不条理をぜひ正して頂きたいと思っております。国会の不条理は国民への不条理そのものです。

投稿: K.H | 2011年2月 3日 (木) 00時01分

石破先生こんにちわ

先生の国会質問をみていると、希望がわいてきます

今回怒りを感じてみていましたが、石破先生も本当に怒りを感じてくれているのですね

しかし許せないのはマスコミです

今までも散々変更報道だらけでしたが今回NHKですら真実を伝えない始末・・・

国会中継を生で流してるだけましですけどね・・・

しかしいまやもうマスコミがいくら擁護しようがもうごまかしが聞かない状態です

本当に倒閣デモが起こってもおかしくないLVだと思います

与党案もないのに審議ができるか!
当たり前ですよね

それでもそんなことには触れないマスコミ

負けないでください。あなたがいるからまだ政治に希望が持てる

そして倒れないでください。真の政治家としてあなたが倒れたらおしまいです

私は正直自民党も信用しきってはいませんが、麻生内閣で行った景気対策など見識を改めています

しかし国会審議くらいみんなもっと見てもいいと思うんですけどねえ・・・

政治に関心を持つ人も増えてきましたが、まだ無責任にTVのいうことを受け入れる人もいます

国民にも政治への責任はあります

いずれにせよ民主党は民主主義を完全に否定しているとしか思えません

多分自分たちの状況をわかってて、任期満了後ぼろぼろになるのがわかってるから、そして自分たちがやってきたことが同じことをやられることに恐怖があるからやたら強気なんでしょうが・・・

国政を政権闘争に変えてしまった民主党は党ですらありえない

そこだけは確かだと思います

投稿: ちぇりぃ | 2011年2月 3日 (木) 00時28分

速報です。伝えておきます。

中井蛤は予算委員会中に携帯をイジっていたようです。

こんなのおかしいです。狂っています!小学生でも分かることですよ?なぜです?
ここまでして居座るのはおかしいです。問責は出せませんか?
何もかもが狂いきっています。委員長は子供以下なのですか?信じられません。絶句です。

もう自民党は民主党と審議しなくて結構です。話になりません。
衆院委員長を解任させるまで審議しなくて構いません。聞く耳を持たないのなら、討議する意味がありますか?ありません。
国民もこのような不徳な委員会なぞ望んでいません。国民はこのような不徳な国会は望んでいません。
国会は民主党員の時間ではありません!!


審議拒否してください。討議に全くなりません。何もかもが無駄です。もはや与党は全く理解が出来ません。熟議の国会なんて嘘っぱちは国民も既に見透かしています。
与党が何と言おうと国民は悪事を見抜いています。私達はもうだまされません。

投稿: K.H | 2011年2月 3日 (木) 00時36分

若さ故(年齢ではなく)、
恐れを知らずに、言葉を乱列。

年重ね…学びを忘れて、
意見を云わず。

日本の国の先人が、
築き上げた平穏な日々。

利息で繋ぐ、平らな日々を、
今の平和と勘違い。
目先の闇に、視界を奪われ
心も瞑って夢心地。

これは、ホント、私の話。
あれ!? 私…
支持政党は、自民だけれケド
気付かぬウチに、政権交代?

祇園精舎の鐘の音…

大きな戦が始まる前に
自分の中の改革を。

存在自体を無視される
国家の姿を想像すると、
足音聞こえて、恐ろしい。

石破さんの云う通り!
小さな党の垣根を越えて、
行くべき道を示すべき。

お天とさんは、見てるから。


投稿: 北九州市民の一人 | 2011年2月 3日 (木) 00時40分

angryお怒りご尤もです。

1時間が相手には、何十時間に
感じるのでしょう~clock
何が、飛び出すか判らないし、
答えられる人材も資質も能力もない。

そこで「中井氏」が、Time Keeper
で、時間配分で助っ人役なのでしょう~sign02

与謝野さんも「無知」と気付いた位
想定外の「無知」だったのでしょう~!
確かに「残念な方ですねannoy
政治家人生を間違えた1人に、次はないでしょう。選挙民への冒涜ですね。

それから「朝日」に、叩かれた事は
逆に「本物」の証crownです。

偽者を捏造し・脚色し・賛美が、朝日道
ですからsign01
ぜぇ~んぜぇ~ん・気にしない様に。

何より、私の周りは「GFC」で、いっぱい
老若男女の家の母は75強ですが、
一回の石破センセの説明でTPPを理解flair・頑固な相方(旦那も)
「ぉお~石破さん・いいねぇ~」
「みんな、タジタジじゃない」と・・cat借りてきた猫状態だと。

あッ・それから、彼等の志は、バッジで
幅効かし、多方面で乱用でしょうsign01 
気にせず、正道を歩んで下さい。
論客議員育成もお願いします。
「GFC」=「ゲル・ファン・クラブ」ですshine
心身お疲れのご様子、ご自愛をheart


投稿: 憂国子 | 2011年2月 3日 (木) 02時08分

今の日本では、マスコミの力が一番強いです。日本ではマスコミが何かわ書けば、政府といえどもそれに従う傾向にあります。全ての人たちがマスコミという力によって支配されてしまっているのです。我々は低俗な力によって動かされているのです。朝日に至っては嘘を作り上げています。あの珊瑚礁を壊した捏造事件の様にです。傷付けられた珊瑚を見せ、こんな酷いことをする人がいる、と報じたのが、実は写真を撮った記者自身が珊瑚を壊していたという、とんでもない話でした。左翼とはそういうものです。

投稿: 健二 | 2011年2月 3日 (木) 02時20分

ネットで先生の演説を拝見して、今回生まれて初めて国会TV中継を観ました。(録画までしたんですよ!)着実に増えてますとも、少なくともここに1人。

投稿: 前多 香 | 2011年2月 3日 (木) 02時52分

石破先生こんばんわ。昨日もコメントをさせて頂いたのですが、字数が多すぎたせいで、尻切れトンボになってしまったようです。昨日は『最小不幸社会』という理念について批判させて頂いのですが、言いたかった事だけ書かせて下さい。それは国民が望んでいるのは『幸福』であるということです。そして、その礎を築くことが政府の役割であると。大地さえしっかりとしていれば、人間は自主的に幸せを掴む力をもっているはずです。
どうか国民が『幸福』になれる土台を作って下さい。

投稿: Yukita | 2011年2月 3日 (木) 03時10分

いつもニコニコ動画で石破先生の国会質問を拝見し、感銘を受けている者です。

与謝野氏の誓約書は国会で公表して下さるべきだったと思います。一有権者としては、
裁判所に訴えて頂いても良いくらいの気持ちです。
よろしくお願い申し上げます。

また、あのような逃げ答弁に徹する事が解っている以上、
例えば明らかに年次改革要望書を遥かに凌ぐ、米国資本による日本市場の乗っ取り計画であるTPP一点に絞って、全ての関連業種に於ける具体的な試算などの数字を求め、こちらからも提示して阻止して頂きたいと切望申し上げます。

投稿: 津田泰孝 | 2011年2月 3日 (木) 03時11分

初めまして。

初のコメントを書かせて頂きます。

民主党に政権が代り日本の閉塞感が
母子家庭の経済状況を
ここまで悪くしてくれたので
怒りと憤りの気持ちで
初めて民主党と日本を考えました。

テレビでお見かけする
石破さんの柔らかい物腰と
政策や政治の流れや外交のお話を聞たびに自民党と言う党が
身近に感じられるようになりました。

国会も観るようになりました。

民主党の答弁の質の悪さは
政治を覗きかけの私でもわかります。

子供も民主党の高校無償化と子供手当てはいらない
ママは貰ってなくても私を育てて高校にも通わせてくれてた
最後の2年少々無償化の高校でも
高校に行けなかった子たちからすると
子供手当てですら恩恵がない
すごく不公平だと思う。と・・・・

長いくだらない答弁しか返してこない
民主党の大臣方には
うんざりされてるとお察しできます。
がどうかこの日本の税やお金の使われ方をしっかりと見極めて追求して
健全な子供たちからも支持されるような
予算を組んでください。
応援しております。
長い駄文で申し訳ありません。

寒さが続きますしインフルエンザも流行中

また豪雪で被災されてる方々
山の噴火で避難生活を余儀なくされてる
皆さんへ何も出来ませんが
心から無事を祈っております。

長々とお邪魔しました。

投稿: 一市民です | 2011年2月 3日 (木) 03時53分

連投すみません。本日の題材についても触れさせていただきたくて。
最近日本でも社内の公用語を英語にしている企業があります。その理由としては、もちろん企業のグローバル化に対応する為テクニックとしての必須であるという事。しかしもう一つ推測出来、意外にこちらのほうが有用であると思われるのが、英語を使う事で、その人の考えや責任を明確にしやすい。会議などでは、話しが手っ取り早い。のではないか…
英語は文法的に 『誰が・結論・理由』 という流れで喋らざる負えません。
その点日本語は、言い回しをいくらでも長くして、結論というよりニュアンスを醸し『察してね』といわんばかり結論を相手に委ね、いつの間にか終わってしまう。それは、相手を直接的に傷つけないなど日本人ならではの思いやりとして、いい面もありますが、ビジネスや国会答弁には向いていないはず。
答えを煙に撒いたり、好きなだけ時間伸ばしができてしまう。
もちろん、石破先生が仰られる様に、ビジネスや政治の場では、日本語で、結論→理由の話し方をするのが当然なはずです。しかし、何故か日本語でその様な正しい言い方をすれば、直接的だの、断定的だの批判される。
そんなこと恐れずに堂々と自分の意見を主張すればいいのに…(今の与党には主張すらないのですよね)あまりにも、まどろこしい言い方をされるならば、極端な話し、与党の皆さんに英語で答弁をして頂いたらどうでしょうか?(笑)

投稿: Yukita | 2011年2月 3日 (木) 03時55分

 与謝野氏が、議員辞職しない理由は民主党の三分の二と関係があると思います。ど素人の仙谷氏に、財政再建の邪魔をさせたくないと考えても、不思議ではありません。泥をかぶる気でいることは了としたいと思います。
 「病気を治すために、痛いけど注射しますよ」というお医者様と、「苦しかったね。楽にしてあげるよ。ちょっとだけ痛いからね」というお医者様、患者にはどちらがいいですか。自民党の閣僚だったころから、私は与謝野氏が前者のように感じられて仕方がありませんでした。石破議員は後者のように感じられます。
 与謝野氏が「民主党は政権を担当する能力があるふりをするのに、七転八倒してきた」と捨て台詞を残して内閣を去る日は、遠くない気がしています。きれいな税制の設計図と布石を残して、彼は次の選挙に出ないと思います。

投稿: 鈍重 | 2011年2月 3日 (木) 04時26分

いつもお疲れ様です。いつもニコニコ動画で見ています。これからも体調にはくれぐれもお気をつけて、がんばってください。我々国民もあきらめません。

投稿: ちけし | 2011年2月 3日 (木) 07時36分

所謂「大マスコミ」は日本にとって害悪でしかないと
本気で思っています。

はっきりいって政権交代は失敗でした。にも関わらず、
マスコミは決してそれを認める事はなく、未だ自民=悪、
民主=善という図式で記事を書き、国民を煽っています。

本来なら「解散総選挙せよ」と言うべきです。なぜ野党に
民主党政権を支えさせようとするのか。国民に我慢しろと
言うのか。マスコミの傲慢な態度には辟易します。

どうか一刻も早く解散総選挙に持ち込んで下さい。

投稿: 日経225 | 2011年2月 3日 (木) 09時01分

いつもお疲れ様です。
先日の国会を見させて頂きました。

民主党の答弁は下手なコントより楽しいですね。(日本国民として情けなく、涙が出ます)
①ジミンガー
②ジミンモー
③00月までに結論を―
④ある意味―
⑤記憶にございません。orわかりません

民主党の答弁はこんな感じでしょうかね?
いやはやよく政治家になれたものです。
政治家と言えば、よく勉強して日本をよりよくしていくために、身を削ってまでも働く人達と認識していましたが、どうやら健忘症や厚顔無恥でもなれる職種なんだと軽蔑してしまいます。
もちろん、石破先生をはじめ多くの先生方はそうではありませんが、現与党の方達はあまりにも酷過ぎです。

さて、予算案の質疑ですが各党共に様々な案を出して議論をしようと言ってますが与党は案を全く出して来ませんね。
答弁を聞いていたら全くの白紙だという事がよくわかりました。
しかも、「予算を作るところから一緒に協議しましょう」ですからね。
なんの為の与党なのか!と小一時間問い詰めたいです。
予算を一緒に作るって連立政権じゃないですか?何を考えてるんでしょうね?

さて、おそらく与党は我々国民を盾におしてくると思います。「予算案が通らなかったら国民に迷惑がかかる」とでも言うのでしょう。当然のごとくメディアも野党が協議に応じない、と言ったレッテル貼りをしてくると思います。
しかし先生方には、いい加減な予算案は絶対に通さないようにお願いいたします。

他にも言いたい事が多くありますが今回はこの辺で失礼いたします。
最後になりますが、先生をはじめ自民党の方々には期待しています。
これからも頑張ってくださいね。

投稿: ピクシー | 2011年2月 3日 (木) 09時22分

先日の国会中継、拝見しました。
石破議員のお話は非常に分かりやすく、
ぜひ早期に自民党が与党に復帰してほしいと強く思う質疑でした。
ただ、一点どうしても分からないことがあります。
キャピタルフライトの危険性ですが国内でお金が回ればその危険性は低いのではないかと思います。
また、円建てによって国債が購入されている以上、
それほど破綻の心配はないのではと思いますが、どうなのでしょうか。
石破議員のご見解をお聞きしたいです。

投稿: sy | 2011年2月 3日 (木) 11時01分

石破先生お疲れ様です
辞職して民間大臣ならば理解出来ますが、与謝野議員の行為は民主主義の前提を否定する大問題だと思います
容認する民主党も恥知らずで国政を馬鹿にしすぎです

投稿: きゃろ | 2011年2月 3日 (木) 11時14分

 私も、「自民党デー」の衆議院予算委員会をテレビの前でしっかりと拝聴いたしました。
 石破さんのおっしゃるとおりで、菅総理等多くの閣僚ははぐらかしや詭弁に終始し、予算委員会を何とか切り抜ければよしとする逃げの姿勢が前面に出ていて、熟議など全くできない真剣みのない答弁が繰り返され、本当にイライラのつのる予算委員会でした。

 石破さん、国会中継を視聴した人々の多くは、民主党政権の終焉が近いとを感じた筈です。民主党政権がこのまま続くことは我が国「日本」を駄目にしてしまうことになります。任期いっぱい民主党政権が続けば、我が国は立ち直れないのではと不安でいっぱいです。
 最早いかなる手段を持ってでも、現政権を打倒し解散総選挙に持ち込んでください。多くの国民もマスメディアの論調に疑問をもつようになりました。石破茂の手腕に期待するものです。

 
 

投稿: 今ジン | 2011年2月 3日 (木) 11時31分

大阪の西村です 一日早いですが54回目の誕生日 おめでとうございます 節分がおわり石破 赤鬼が粛清の棍棒を 民主に振りかざす時節がやってきましたね お誕生日の前後に予算委員会での質疑が多いですね 去年は確か お誕生日の翌日だったと思います 予算委員会での石破先生の雄姿は皆さんがお話をされているので改めて述べることは致しませんがさみしそうな感じされていたのは再度ネットで確認して感じ取ることができました。政治家 国会議員という商売(といっては失礼ですが)本当に
突き付ければ命を削る職業だと思います
本当に真心を持って正直に国民に阿ることなく
国家を語るという政治家にたいして上記の言葉は当てはまると思います 民主党がどうのこうの言うのはもはやあほらしい 自民党として
人材発掘をさらに進めて なるほどという政策をまとめていかれるよう御期待申し上げます
母親には毎年花を送っているのですが私の妹が先生の翌日5日誕生日ですので妹にも初めて花束くらい送ってやろうかなっって思っている兄貴です 

投稿: 西村 宏之 | 2011年2月 3日 (木) 12時14分

石破先生、こんにちは。
毎日、お疲れ様です。

衆議院と参議院の違い、初めてしりました。
なるほど、そういうことだったのか・・・。

国会中継は全部を観ることはできませんが、なるべく観ています。

与謝野大臣は・・・・私には失望でしかありません。
信念が見えません。
 
今、信念が見える方は多くはありません。
残念ながら。


朝日新聞は・・・・笑うしかありませんよ。
何故、皆が読むのかわかりません。
比較対象としては非常に面白い新聞ですが・・・・・。


先生、非常にお疲れの様子。
インフルエンザも大流行してます。
どうか、お体に気をつけてください。

今の日本を救えるのは石破先生しかいらっしゃらないのですから。

投稿: まちゅん | 2011年2月 3日 (木) 13時27分

自民党政権下で作ったルールが今、自分達の首を絞めてるという事でしょうか。
「立場変われば言う事変わる」
などという言葉(私は大嫌いです)がありますが、今の与野党の攻防を見てると、まさにその言葉がピッタリときます。
「与党にとって都合がいい」と数の力でルールを決めてると今回の様な政権交代が起こるとキツイものですね。
ルール作りに関わっていない若手まで苦汁を嘗めるハメになっているのが気の毒でなりません。
ご都合主義の現政権下では片道方式は採用されそうにありませんが
「どうせもうすぐ野党に戻るんだから、採用しておいた方がいいんじゃないの?」
と提案だけはしてみたらどうでしょうかbleah

与謝野氏の「モチベーション」発言だけは腑に落ちませんでした。
「鴨下さんもこんな役まわり嫌だろうな~」
とも思いましたし・・・。ゼィゼィしてる姿がまた何とも痛々しくて切なくなりました。
(石破さんの切なさとは比べものにならないでしょうが)
石破さんの想いが伝わって、スッキリしてくれるといいのですがdespair

こうして色々と説明してくれる石破さんが大好きですnote

投稿: painas | 2011年2月 3日 (木) 13時29分

与謝野に甘すぎ。さすが麻生政権時代閣僚でありながら麻生さんを裏切って麻生降ろしに加わった同志ですね。見ていてヘドが出ます。
与謝野がどういうつもりであろうと民主党のやつらに何を言われようと、自民党やたちあがれ日本支持者を裏切ったのは事実。議員辞職するつもりならとっくにしてるだろ。しかも裏切りはこれが初めてじゃない。なのにアンタ、何言ってんの?それじゃまるで、ジミンガーしか言えない民主党と一緒で、ミンシュガーって民主党のせいにしてるように見えます。アンタみたいなのがいるから自民党支持率上がらないんだよ。自民党支持者として恥ずかしい限り。

投稿: ちか | 2011年2月 3日 (木) 14時09分

石破先生

初めまして。動画で国会答弁を拝見させていただき、感銘を受けた者です。石破先生の質疑,大変素晴らしいものでした。民主党の方々は判り兼ねますが、私達国民には確かに届いています。

今回の質疑において、反省すべきは国会の方々だけではなく、安易な判断をし投票をしてしまった私達国民にも非があると考えております。石破先生が仰った「ダメ比べ」という言葉が痛く突き刺さりました。

私達も国会の方々に全てを任せるようなことはせず、法について学び、適切な観点から政治を見定めなければならない。今回それに気付けたことが私にとって大きな収穫であったと感じております。

雇用問題や噴火による被害者への支援等々、やるべきことは沢山あります。
是非その方々達へ一刻も早い対応をしていただきたいものです。若い世代が我が国に対して失望感を抱いてしまうことこそ、避けなければならない。

これからも応援しますし、私自身も努力していきます。皆で世の中を変えていきましょう。

投稿: いっき | 2011年2月 3日 (木) 14時43分

石破先生
連日の国会でのご活躍、御苦労さまです。
先生のブログを見て、フト私の高校時代を
思い出してしまいました。
高校の授業中、教科の先生が一生懸命教えているのに、不肖私はなんとか話を横に逸らして、1時間を乗り切ろうとしてたなぁ・・と。
その結果の今の私ですが(笑)、民主党はまるっきり同じじゃんと・・・
石破先生の話を聞いて、ちゃんと答えないと今度の定期テスト(選挙)赤点、落第確実ですね。

憂国子様 カレーでは過分なお言葉をありがとうございました。
私も「GFC」に入れてください。

さてTPPですが、母親という目線で言わせてください。子供にはそれぞれ性格、個性が
あります。外交的で力が強い子もいれば、ルールを守らないずるい子、明るい子、真面目でコツコツやる子もいます。
同じ遊び(TPP)をしようと誘われてますが
うちの子は「性格的」に無理です。
無理して入ってもいじめれれます。

この性格的にという比喩は日本人の気質、産業構造、環境、農業というものへの考え方など大きく言えば 日本民族の成り立ちにかかわる民族性と言っても過言ではないと思います。
例えば農業はただ単に植物を植えるという
アメリカ式大規模農業ではなく、弥生時代から続く神への捧げものを作る産業だった
歴史があります。
能登半島の棚田の美しさはご存じだと思いますが、そこで働く方々は大変な労働だと思います。
棚田はTPPで米が自由化され安い米が入ってきたとき、あのような非効率的な農業は必要ないと日本人は考えるでしょうか。

少なくても私は、日本の水田が持つ日本の環境や日本人の心への役割を考えていきたいです。
生意気な意見で申し訳ありませんでした。
先生のますますのご活躍を期待いたします。


投稿: ブナの森 | 2011年2月 3日 (木) 14時51分

お恥ずかしながら『片道一時間』はじめて知り、「なんでこんなあからさまな時間稼ぎめいたこと言ってんだろ?」という違和感が拭えました。
中継を見てマスゴミのコメントに左右されず自分で考察する上で、こういった知識は大事と思うだけにありがとうございます。
ほんとつくづく「なんでマスコミはこういった事をちゃんと伝えないんだろ?」と思います。

それにしても朝日の(新聞だけではなく、TVも)「解散解散と言うな」「大人の対応を…」といった民主党擁護的な報道(本来こういうのは報道と言わないですよね)には、もうウンザリです。

投稿: toshibow | 2011年2月 3日 (木) 15時39分

初めまして、お疲れ様です。
石破さん!早く日本を治して下さい。
先ずは民主党に早く降りてもらって下さい。
日本再建には石破さんが必要です。
憲法改正等々、やらなければならない事はヤマズミでお忙しいとは思いますが、宜しくお願いします。
石破さんや安倍さんの様な、日本人として常識のある方々による、日本国の為の政治に期待しています。

元自衛官より

投稿: nagai.masa | 2011年2月 3日 (木) 15時40分

久しぶりに予算委員会を生中継で見ました。与野党の攻防は政権交代しても見た目、代わり映えがしませんね!政治にあまり関心がない人が見たらそう感じたことでしょう。「政権交代しても、総理大臣に誰がなろうが政治は変わらない」と大半の日本国民が思っています。テレビでニュースをみても本質に迫った解説がなされません。産経新聞以外のマスコミ各社の幹部は総じてかっての全共闘出身者で占められているとか(仙石さんの仲間?)でも最近は視聴者もそれに気が付き始め、あまりテレビニュースを見なくなってきています。石破さんもあまりバラエティ番組に出過ぎると足元をすくわれますよ。

投稿: 江府の兄 | 2011年2月 3日 (木) 15時57分

石破さん
この石破さんのブログでは数少ない経済問題、数少ない故に敢えて‥。

2/3の日経電子版【新日鉄と住金、12年度メドに経営統合】
先のNEC/Lenovoの提携も同様だが、縮小均衡して企業の生き残りだけを謀る。まあ、無策で死を待つだけよりはBetterだが本物の経営者が遣ることではない。
本物の経営者を標榜し希望するなら、世界規模で有力な新産業の事業化に挑戦し事業拡大し雇用創造を謀るべきだ。付加価値が低く価格しか競争要素の無いCommodity事業を脱出して、高付加価値で突き抜けた高度の技術技能を必須とするProduct事業を産み出すべきだ。

日本が先行している(とされる)環境/新エネルギー関連事業は真にその「世界規模で有力な新産業」に該当している。然しながら、企業の現実は研究室の技術開発投資を遣るだけで永い間果敢な事業化投資に挑戦していない。其の結果、先進他国成長経済諸国に追い上げられて、折角のProduct事業が日を追うごとにCommodity事業に変質している。研究室で他国に先行することに国家的な意味はない。実際の世界市場で先行し過去と現在の投資資金を回収してこそ大きな国家経済的意義が生れるのだが‥。
直ちに胆力を込めて動けば、先行者利得の防衛維持が未だ間に合う筈だが‥。

我が国の経済が20年を喪い15年以上に亘ってデフレから脱却できない理由の一つがAmongOthers、真にこの大企業経営者達の挑戦心の無さ保身の欲望にあるという私見に繋がる。其の結果、国内産業の空洞化と付加価値の低下喪失を招き国内雇用の減少と低賃金化を招いている。

国家戦略としての「経済成長戦略」が必須であり、その可及的速やかな実行が必須になることに繋がる。
この脈絡でも、「駄目な政治」が国益を毀損している。

向春、寒さが続きます。ご健勝にご自愛のほどを念願しています。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2011年2月 3日 (木) 16時30分

石破さん、こんにちは。

楽しみにしていたご質疑、感じ入りました。そうまでして、と思われるほどの丁寧なレクチャーを提供なさってましたね。
ブログで漏らされた「何とも言いようのない徒労感、、、」、重たく感じました。
与党の一連の答弁を聞くも、何を答えようとしているのか全くつかめない、明らかに答弁になっていない。同じ言葉をならべたてただけで平気でいられる神経が理解不能です。
しかし、彼らにあの椅子を与えるべく一票を投じた国民が多いということを思えば、
今更ながらにわれわれの責任は重いと言うことでしょう。自分の目、耳を懸命に働かせるのを怠れば、明るい未来は望み薄です。
国会議員の矜持はどこにあるのか、自分のそれはどこに忘れてきたのか、もともとなかったのかと問いたいところです。
そして、我々もそれぞれの矜持というものを失ってはならないと思います。

ご自身の豊富な引き出しの中身を惜しげもなく出して、我々にわかって欲しいと信念と情熱をもって語りかけてくださる、その語り口が大好きです。(あの手振りも)
差し迫った難題を乗り切ることができますように、これからもお力を発揮なされますよう、お願い致します。

先日の”石破カレー”凄く美味しかったです!(あの時は恥ずかしくてお礼の言葉が出なかったことを後悔しています)

どうか、どうかお体をお大切になさってくださいませ。

投稿: sirousagi | 2011年2月 3日 (木) 16時40分

石破先生、お疲れ様です。
予算委員の委員長の乱暴な国会運営もそうですが、閣僚の方々の不誠実な答弁や与党議員の意味不明な拍手を見ていると、熟議の国会なんて嘘だったと思ってしまいました。
審議できる環境づくりさえ怠ってるような人たちによく対応されてると思います。

しかし多くの人々に国会の現状を伝えたい半面、知れば政治不信を広げかねないような内容なのが悲しいです。

投稿: クマン | 2011年2月 3日 (木) 17時32分

連投、尚且つ長文の段、御免なさい。
ブナの森さん2月 3日 (木) 14時51分の非常に真摯なご主張に触発されて。
石破さんの表現「農業政策vs地域政策」を換えただけかもしれませんが。

農業には全くの門外漢ですが、私見では特に極めて有機的な日本農業は(その対極にはアメリカの無機的な大規模農業をイメージ)経済的側面に加えて、強く文化的側面を持っていると。TPP交渉の中ではこれらの一方でも損なうことは国益に関わるが故に、非常に困難であり国家戦略レベルで総合的に考えることが必須になる。国内の関係者の覚悟ある姿勢を前提にしてこれらの両立が満足されなければ、TPP不参加を決断することも排除する強さと剛さが必須になる。
其れ故に、未熟な民主党が進めるTPPは「門前払い」することになる。

一方で、日本農業は経済的側面と文化的側面を、覚悟を持って切り離して議論する必要がある、現在の巷間の議論はこの二つを峻別せず一緒くたにして情緒的なものが多い。
先ず、経済的には、種々の多岐に亘る固陋な要因から農業経営は21世紀的では全くないだろう。農業家が心血を注ぐが生産だけに勤しみ、事業企画や販売や金融を他者に全面的に委ねてきたことも一つの原因だろう。但し、農業家にその責を押し付けるのは間違いであって、経営指導の名目で旧態依然たる非効率な農業を強いてきたまたルール化してきた者達が厳しくその責を追及されるべきだろう。その責任負担は、システム改革を通じて存在が排除される形を取ることになるだろうと。例えば、曲がったキュウリが消費者の意向を無視して、何故に廃棄されなければならないのか、また何故に日本の優れた農産物が海外に市場を求めることをして来なかったのか。
この部分では、現代の経済合理的な経営手法は日本農業の進化に大いに役立つだろう。例外は積極的に受け入れつつ、原則論としては農地の集約や大規模化は21世紀には必然でもあるだろう。大企業経営者某氏の秀逸な経営論(趣旨)「善き経営とは、原則論の中に上手く例外を配置することだ」が大切だと。此れが出来て初めてリーダーになる。小人は前例主義などに染まって例外を拒絶する。

他方で、農業の文化的側面は田畑などの風景景観や農家の生活振りや風習伝統などは日本人のアイデンティティに直結する心象風景として心に深く刻まれている。その貴重さたるや多言を要さない。
然し、文化には時代が如何に移り変わろうとも「変わってはならない」部分があるが、同時に文化と雖も時代と共に「捨てるべき部分」もある。この峻別は、無機的な経済合理性が行い得る処では全くない。アメリカではそれを遣って来たのだろうが、日本では遣るべきではない。
こう考えると、経済的課題であるTPPは経済問題だけではなく、日本人に文化的な思考と嗜好の「深化の決断」を迫っていると言えるだろう。この「深化」が十分な深さを備えれば、他のTPP参加国も「例外」として日本に固有の条件を認める筈だ、その程度の賢明さは持っている筈だ。石破さんが国会で主張されたように、TPPといえども全てに一律一括条件を適用するような柔軟性に欠ける対応ではない筈だ。
(最後の脈絡では、「筈」を多用しているが、交渉が始まっていない様子が解らない以上、致し方ない(笑)。)
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2011年2月 3日 (木) 19時50分

 毎日お疲れ様です。初めてブログを拝見させていただきました。
 胸がスカットしましたsun
 一刻も早く現在のおかしな政党から日本を救ってください。このままでは近いうちに日本国(民)が民主と共倒れ・・・になるのでは?

 早く日本再建をお願いします。

      1975年2月4日生より。

投稿: msdf-OB35 | 2011年2月 3日 (木) 20時13分

時事通信の記事を見て驚いた。
桜井充財務副大臣は3日の記者会見で、社会保障と税の一体改革に伴い、民主党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)が掲げた「最低保障年金」案に強い批判が出ていることに関し、「公約は当時ごく一部の人が中心になって作った。作った人たちが
出てきて、きちんと説明してもらいたいというのが偽らざる気持ちだ」と述べた。また、菅直人首相が2日の国会審議で最低保障年金に必要な財源を具体的に示せず、公約修正を示唆したことについても、「アバウトな数字すら出せなかったので驚いている。せめて制度設計した時に(財源となる)消費税で何%になるか数字を出すべきだった」と語った。
責任転嫁を公に語ったのである。批判噴出のマニフェストは、作った人に責任があると言っているのだ。こんな無茶苦茶な話が、政治の世界に流れるようでは、日本の政治はいつまでたっても五流と言われ続けるだろう。党内で議論をした末に発表した公約じゃないと言っているのだ。自民党ほかが、ことあるごとに与党案を求めても、与党案が出せないのは、こういうシステムがあるのかも知れない。ごく一部の政策立案者が、民主党の頭脳となって動いているということか。これでは党内議論の出てくる余地が最初からないわけだ。最初から独裁体制なのだろう。「民主党」となよく名前を選んだもんだ。朝鮮半島にある国も民主主義人民共和国と名乗っているが、同じことをしているわけだよ。名前だけの「民主」。実態は独裁。これで国民を騙していたわけだ。政権を続ける意味はすでに無いも同然。解散して国民に信を問い、直ちに民主党を解党させたほうが良い。最初から選挙互助会。政党と名乗るのは詐欺だという事です。こんな馬鹿な話は、前代未聞だ。呆れました。

投稿: 旗 | 2011年2月 3日 (木) 20時23分

予算委員会本当におつかれさまでした。どんなにか臨む為の力が必要だったことと頭がさ下がります。与謝野氏が、前原氏がしっかり目をすえて前に乗り出し うんうん、と頷いていたことを私は見逃しませんでした。だれがどう批判したとしても先生の右にでる人はいません。国民というもうひとつの家族のためにもお願いします。

投稿: 多度の野鳥 | 2011年2月 3日 (木) 20時51分

恥ずかしながら、予算委員会のルールを存じませんでした。この度、時間制限のあり方を読み、
「なるほど、それであんな答弁の仕方か」
と少し納得させられました。

民主党がその場凌ぎのことしかしようとしないのは、鳩山前首相の頃から変わりませんね。
中には、志を持った方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく、いやはや、今の民主政権には、そのいい加減さに100点を差し上げたいくらいです。
菅総理は特にグダグダもいいところですね。
次から次へとウソが暴露されてきていますし。

菅総理ー。

総理の座って、そんなに欲しいものなのでしょうか?
総理の椅子に座るだけなら誰でも出来ますよ。

日本という我々の国に対して何の責任も持たない男は、さっさと消えてしまって欲しい、本心からそう願う、一主婦であります。

投稿: みり | 2011年2月 3日 (木) 20時56分

お疲れさまでした
予算委員会LIVEで見ました。石破議員の質問はいつもどおりすばらしかった。
1日中、TVに向かってずっと暴言をはいていました。
1.予算委員長はひどい。交代させて欲しい
2.稲田議員はちょっと弱かった。つくづく質疑応答というのは非常にむづかしいものだと思いました。
3.柴山議員質問内容はよかったが、15億円の件で本人が署名捺印しているのに、もっと鋭く突っ込んでもらいたかった。テレビを見ている国民にもっとアピ-ルしてほしかった。藤井副官房長官の「知らないものは知らない」の答弁はすごい。

投稿: miwako | 2011年2月 3日 (木) 21時28分

石破先生、こんばんは。
ほんっとうにお疲れ様です。

石破先生は質問の際、ほとんどの場合
相手が「YESかNOか」で答えられるように、分かりやすく話しているのに、答弁者が、ぐだらぐだら関係ない話をしているのは

「この人たちはどうしようもなく頭が悪いのか?」

と思っていたのですが、そういう「質問方式」のせいだったのですね。

先生が「我々は、無闇に反対するだけではなく、我々ならこうするというヴィジョンを示す」との旨の発言をされ、パネルにてご説明されてもいましたが、アレそのままパクられた上
「民主党案」とかになってしまわないか心配です。

民主党にサポートの手を差し伸べても
改善はされません。
一刻も早く、ぶっ潰して葬り去るしかないと思います。

よろしくお願いします。

投稿: があてぃ | 2011年2月 3日 (木) 21時44分

石破さん、こんばんは。

 いつも本当にありがとうございます。楽しみにしていました予算委員会の質疑を拝見し、感じ入りました。
政府与党の答弁を聞きながら、この人は何を答えようとしているのか、何も答えられないのか、全くつかめない状態。誰も明らかに答弁になっていないではありませんか。同じ言葉を並べ立てているだけで平気でいられる神経が理解不能です。
 
 しかし、彼らにあの椅子を与えたのは多くの国民の投じた一票なのです。
今更ながらに、事の重大さに気がついた人も、これからは、我々は己の目、耳を駆使して責任ある国民に恥じない選択をしなければならないと痛感しているのではないでしょうか。

 国会議員の矜持はどこにあるのか、人としての矜持はないのか、と問うてみたいです。そして、我々もそれぞれが自分の胸に
確認しなければならないと思います。

 そうまでして、と思うほど細かく丁寧にレクチャーされていましたね。(猫に小判にならなければいいのですが)
石破さんがご自分の豊富な引き出しの中を惜しげもなく開いて、何とか私たちにわかって欲しいと思っていらっしゃる情熱が伝わってきます。暖かくも、自信に満ちた語り口が大好きです。

 差し迫った難題を乗り切るべく、これからもお力を発揮してください。
ブログでもらされた「何とも言いようのない徒労感、、、」重く感じます。
お体が気がかりです。どうか、どうかお大切になさってくださいませ。

 先日の”石破カレー”とっても美味しかったです。あの時は恥ずかしくてお礼の言葉が出なかったことを後悔しています。ごちそうさまでした。

 少し早いですが、
   お誕生日、おめでとうございます!

投稿: sirousagi | 2011年2月 3日 (木) 23時07分

また大相撲の八百長問題が発生しております。あれだけ利益を出している組織に特別な待遇する必要があるのかなとも感じます。八百長とは言いませんが不思議な勝負はありました。元横綱の某力士が千秋楽にて寄り切りをうっちゃられて左足が出ているのに同体で取り直しと言う相撲がありました。勝負審判に助けられた一番でした。横綱に優勝してもらわないと困る場所だったんだと思いました。プロの試合と言うのは真剣勝負だけでは通用しない世界なんでしょうね。

投稿: とうがらしみそ | 2011年2月 3日 (木) 23時40分

お誕生日おめでとう御座います。家族団欒でbirthdaypartybirthdayが出来ましたでしょうか。疲労を取る間もなく、徒労に心労に苦労に…愚弄な輩を相手にお疲れ様です。国会中継は見ている私も疲れました。河内の石破ファンです。国会審議が1番真実がわかると思ってましたが、今回は疲れて質疑者が気の毒でなりませんでした。このブログ投稿者の方と同じ気持ちです。よくわかったのは、私が与謝野さんに対する尊敬心が無くなった事。民主政権が続いてるだけでもショックの毎日なのに、与謝野さんの変節にダブルショック。的外れ答弁は時間稼ぎやったんや。時間の浪費が平気で行われてる間に自然災害で、暗闇に押し潰されそうな方々がいてるんやannoy最少不幸を願う人には、わからんのでしょうね。一国の総理なら、誰一人不幸にさせてなるものかsign01の心がなくてどうするのですかannoy何処にいても、幸せを共有出来る事を願うのが国のトップの姿ではないですか。あれしきで国会議員が勤まるなら、国の為にと命を削る覚悟で国会議員になられた方や、命を捧げた方が浮かばれません。中川さんの敵を取って下さい。明るい私の元気が失せるのは、我が家我が地域の大損出ですアツカマシイcoldsweats02自治会役員は多忙やで。①に解散②に解散③④が無くて⑤解散shockしかない。

投稿: 河内の石破ファン | 2011年2月 4日 (金) 00時14分

仕事から帰って来たら、可能な限り衆議院TVで委員会を閲覧しています。報道を鵜呑みにはしません。事実をしっかり認識し、家族とも、友人とも、職場の同僚とも共有できるよう努めます。それが僕たち国民の責任だと確信しています。

投稿: 七瀬祥 | 2011年2月 4日 (金) 00時17分

石破先生

お誕生日
おめでとうございます☆

菅総理の熱望する「不条理を正す政治」を実現する為に、先ずは民主党を政権から引きずり落としましょう!!

国会の質疑の不条理なシステムには驚きましたが、その短い時間の中での、
石破先生のお話には胸を打たれました。

心より応援しております。

投稿: 桜餅 | 2011年2月 4日 (金) 00時18分

石破先生

直近の予算委員会の質疑、インターネットのアーカイブにて拝見いたしました。

熟議の国会とは名ばかりの運営方針及び与党の答弁にうんざりしております。

いつもは冷静に理を以って議論を尽くす石破先生には珍しく、感情的になられた場面がありました。
中でも、自衛官に対する通達の撤回を求めた際の
「そんなに自衛官が信用できないのか」との一喝に心を動かされました。

大多数の国民の意見を代弁していただきましてありがとうございました。

報道ではあいも変わらず、大相撲の八百長や韓国のアイドルの去就といったことが主に取り上げられており今国会に関する情報の少なさに嘆息しております。

さてまだまだ寒さは衰えませんがお体にはご自愛のほどを


末尾になりますが、お誕生日おめでとうございます!

投稿: 織田 | 2011年2月 4日 (金) 00時29分

石破先生、お誕生日おめでとうございます(^O^)
これからも応援しています!

投稿: とある高校生 | 2011年2月 4日 (金) 00時43分

石破様
お誕生日おめでとうこざいます。

連投となり、皆様すみません。

私も同年代です。30年世代。
思えば良い時代に生まれ育ったものだと思います。
戦争の惨禍にも遭わず。とりわけひもじい思いもせず。 着る物もお古や、繕いがあっても恥ずかしく無く。 昔気質の老人が居り。近所付き合いもあり。 正義の味方が子供の手本でした。

今は厳しい時代となり、子供から老人まで生きにくくなりました。


よきをとり あしきをすてて 外国に おとらぬくにと なすよしもがな


子供の頃、祖母からこの御製を知りました。

悪しきをもとった、誤ちを正して。 より良い日本であってほしいです。

貴重なブログに誠に無礼な事を記し、ご容赦願います。

お祝いを申し上げたかったので。皆様もすみません。

大変な激務だと存知ます。どうかお体だけは大切に。

投稿: なにはあられ | 2011年2月 4日 (金) 00時48分

民主党は相撲協会のコメントしてましたが、小沢の事で人の事を言ってる場合じゃないです。生産性の無い事ばかり言って脱線しまくりです。
法案は殆ど先の話で任期を伸ばしてくれれば良い事ありますよ的な事ばかりしてます。先生のおっしゃる通り質問の返事も短く、内容を理解してないようで自分の見解も無いのでしょうか?あいまいな返事も多く返事の内容を質問するありさまです。

投稿: (^-^) | 2011年2月 4日 (金) 03時58分

 石破先生…同じテーマで2回記事を書くことから、先の審議の徒労感の大きさがうかがえて痛ましい限りです。

 私は与謝野先生が好きでした。
民主党の小沢先生と友人であることで、ネットでは信じられるのかと疑う声も聞いたことがありましたが、それでもあの方の立ち居振る舞いや多趣味なところをかっこいいと思っていました。
ネットユーザーの一部からは敬意をこめて「よさのん」と呼ばれていたくらい、ファンがいたのです。
今でも「よさのんは自ら火種になって民主党にいったのだ」という人がいるほどです。
 でも、あの方はもう前までの「よさのん」ではありません。
「与謝野さん」です。
もし火種になったという説が正しかったとしても、いえ、だとしたらなおさら、「よさのん」とは呼んではいけない気がするのです。
苦しそうな息をして答弁なさる与謝野さんや、それに関する記事を見ると、本当に涙が出てきます。
あんな与謝野さんはもう見たくありません…
今の内閣は政策的にも問題が山積していますが、どうか、「よさのん」を愛していた人のために、そして与謝野さん本人のためにも、解散を実現してください。

 文章を打ちながらまた泣けてきました。
目の腫れをとって明日のテストに向けて就寝します。
 草々

投稿: はやまる | 2011年2月 4日 (金) 04時00分

石破さん
お誕生日おめでとうございますbirthday


よい1日をお過ごしくださいhappy01heart04

投稿: painas | 2011年2月 4日 (金) 05時51分

石破政調会長の心境、お察し致します。

民主党政権の答弁は、「いついつまでに」「検討中」「情報収集中」といったコメントが多すぎ、議論にならないという印象です。

自民党の質問に立たれる議員の方々には、その点を予測した上で「これまで何回どのような検討会議がひらかれましたか?」「どの程度情報が集まっていますか?」「政府案の取りまとめの責任は誰ですか?」といった(あるいみ幼稚ではありますが)具体的に答えられないと、民主党政権の無能さ・無策さがより明確になるような質問を、取り入れて行くと効果的なのでは、と感じました。

投稿: 横山 貴章 | 2011年2月 4日 (金) 06時35分

9日の党首討論、是非夜のゴールデンタイムでやって頂きたいです。社会人がじっくり国会中継を見ることができるのはやはり夜です。
ニュース番組の編集が入ったわずかな報道では伝わりません。
それと30分では短すぎます。最低でも1時間はやらないと入り口だけで終わってしまいます。
菅の訳の分からない言い訳で時間を取られるのが勿体無い。それがとても残念です。国対で検討して頂きたいとおもいます。

投稿: ryuu | 2011年2月 4日 (金) 08時15分

石破先生 お疲れ様です!
劣化激しく腐った民主党には自分たちの愚考がわからないのでしょうか?
その場しのぎのウソやごまかし言い訳…こんな恥知らずの与党など早く引きずり降ろして,まともな 日本の政治を取り戻しましょう!

石破先生応援してます!!
自民党頑張れ~!

投稿: キョウちゃん | 2011年2月 4日 (金) 09時17分

石破先生

お誕生日おめでとうございます!
先生にとって素晴らしい年になりますよう、
お祈りしております☆
これからもお身体には十分気をつけて、
いつまでもカッコイイ石破先生でいてくださいね♪

私は石破先生を心から敬愛しています。
石破先生の言葉は、いつも理路整然としていて、なおかつ気品が溢れていて、胸に響きます。
テレビでお見かけするたびにドキッとします。
これは恋でしょうか(笑)
叶わぬ恋ですが、石破先生と同じ時代を生きているだけでも幸せです。
これからもずっとずっと応援しています!

すてきな一日をお過ごしくださいませheart03

投稿: sally | 2011年2月 4日 (金) 09時55分

お誕生日おめでとうございます

まっすぐな人には闇の中にも光が昇る
憐れみに富み、情け深く、正しい光が。

主に従う人はとこしえに揺らぐことがない。
彼はとこしえに記憶される。
            
            詩編112より

投稿: yoko | 2011年2月 4日 (金) 10時20分

石破先生。

誕生日おめでとうございます♪

これから、ますます大変な状況になってくると思いますが、応援しています。

本当に、現内閣に対しては、早急に手を打たないと、取り返しのつかなくなるような気がしてなりません!

このままだと、日本がもちません!!

投稿: smile・N | 2011年2月 4日 (金) 10時22分

東京偏向・中韓礼賛・地方蔑視・国民白痴化のマスゴミを何とかしない限り、日本に明日はないと思います

政策ワークショップの際は、一般の人を押しのけてた横暴なマスゴミを見て、一部の勇敢なおばさま方が「ルール守りなさいよ、マスゴミ!」と叫んでくれたのはなかなか爽快でした。

彼らの外道ぶりに気付く人も徐々に多くなってきていると思います。


石破さんは純粋だから、「透明性があれば」とか「論理の通った政策があれば…」自民は生まれ変わると思っているかも知れませんが
今の日本では、マスゴミが「黒」と言えば、たとえ本来は「白」であろうが、世論の判断は「黒」になってしまうと思います。
(昔の小沢一郎の言葉を使うなら『国民は疑うことを知らないバカなので』)

だから、我々にもばれないように、密かにマスゴミ対策案も検討してくれればと思います。

投稿: 閃ノ介 | 2011年2月 4日 (金) 10時39分

ネット録画で予算委員会、拝見しました。石破先生の質問は非常に分かりやすく、賛否は別にして、いつも勉強になります。残念なのは、政府側の答弁が分かりにくいことです。一国民としては、猶予のあまりない危機的状況においては、与野党を超えて議論を尽くして頂く事を望んでいますが、政府の答弁を聞くにうまく行きそうにないですね。一刻も早く解散総選挙に辿りつけますよう応援しております。

投稿: funahashi | 2011年2月 4日 (金) 11時09分

xmas
「男の年輪、今日また1つ
 お誕生日 おめでとうbirthday

「天職を全うされたし、心身をお大事に
 飛躍の歳で、ありますようにfuji

投稿: 憂国子 | 2011年2月 4日 (金) 11時37分

石破先生、お誕生日おめでとうございます。
この1年が石破先生にとって、素敵な1年でありますように!

投稿: まちゅん | 2011年2月 4日 (金) 11時58分

今週は、馴れ合い漫才のような質疑で始まった1月31日を除けば、民主党満身創痍の4日間と云う印象があるが、追及の手はこれからである。今国会予算委員会で目立つことは、政府が出した予算の中身について与党民主党議員の無知があるようだ。マニフェストの中身と政府予算の乖離がそれを雄弁に物語っている。消費税の増税に封印をしてきたのは民主党である。社会保障費用の財源を他に求めると謳っていた公約の重みを無視して、消費税に飛びつこうと画策するのは、順序を無視した蛮行である。消費税に頼らないと財政の逼迫が止むことはないのは、10年ぐらい前から何度も議論のテーマになって来ていたが、自民、民主共に、無駄の削減を徹底してからの話だと繰り返し言ってきた。それが未だに実現しないのは会計検査院が公表する数字を見れば、公務員に無駄を削減しようという気がまるでないから、実現不可能なのだ。無駄の削減は大事なことであるが、徹底できない現実を認めなければ、議論はいつまでも停滞したままである。そして消費税を口にすれば選挙で負けるという現実もある。こっちの方が怖いから、無駄の削減を唱え続けている方が、選挙対策上、不利な立場に立つことはないという打算もあるのだろう。こういう姑息な姿勢が、失われた10年、失われた20年の背後にある。勇気を持って踏み込むことがなかった政治家集団が、結果として、国の衰退を座視してきたのではないだろうか。国民の責任も重い。消費税に触れてほしくないという意識がある。8月31日まで宿題に手をつけなかった小学生のような心理状態が国民にあるということだろう。いつまでに、その問題と向かい合わねば、どうなるのか? その指針すらなかったが、民主党が財源のない子供手当を国の制度にしたおかげで、国の衰退がはっきりと目に見えるようになった。本当に危ない。今の日本に伸びしろは残っていない。耐えられる力は現状にはない。今、真剣に手を入れなければならないのは消費税の増税である。これしか、もう金を得る手段がないというところに追い込まれていることを、政治家は、はっきりと国民に告げるべきである。同時に、公務員給与の3割削減も必要だ。ギリシャと云う国は昨年破産寸前にいた。あの国は自国の公務員の数さえ把握していなかった。公務員給与の削減をやろうとして、ストライキが起き、全土がマヒ状態に陥った。国が潰れる寸前になっても、公務員は平気でストライキをすることが、あれでわかった。民間会社が人員削減するのは企業の生き残りが第一義に優先されるからであるが、ギリシャの公務員は、国がどうなろうが自分達の給与と雇用が最優先であるという。傍から見れば、国が破綻すれば公務員の給与もゼロになるということに頭が働かない。なんとかなると思っているからだろ。我が国の公務員の給与が世界の中で突出して高いらしい。そういう事実を報道しないし、国会で数字を出して説明した議員も一人もいない。これでは公務員の給与削減の議論を始めることすらできない。彼等の給与の話は聖域ではない。公務員の処遇を真剣に考えなければ、国民は彼等を敵視するようになるだろう。地方都市に行けば、高給取りは役人だけである。この現実が怖い。

投稿: 旗 | 2011年2月 4日 (金) 13時01分

石破先生 お疲れ様です
前から疑問に感じていたのですが民主党が追い詰められた状況になるとなぜか相撲叩きが始まりますよね? しかも連日のように知りたくも聞きたくもない韓国歌手の情報をテレビ局は流しますよね?私の周りでは韓流テレビ離れがどんどん増え続けています,しかも民主党になってから゛韓国さま~“という報道がヒドすぎて気持ち悪い!! 民主党ってどこの国の政党ですか???

投稿: キョウちゃん | 2011年2月 4日 (金) 13時08分

石破さん、こんにちはっsign01happy02

『新聞は「追及が甘い」「審議を止められなかった」などと無責任に批判しますが、政府が逃げの姿勢に徹し、委員長がこれとグルであればどうにもなりません。』
と書かれておられますが、全くその通りです!!

「総理に答弁お願いします」って言ってんのに、別の奴を指名するケータイいじってた中井ハマグリ。

分けの分からない、はぐらかし答弁を長々と繰り返すバ菅。

その、バ菅のアホな答弁にいちいち盛大な拍手を送る、民主バカ議員。

拍手をしたバカ議員に、石破さんが「なぜ、ここで拍手をするのか分からない」と言ったのに対して、
「明快だから!」と答えてた武正公一に言いたい。
「菅の言った事、全部理解できてんなら、あんたが国民に分かるように説明してよannoy」…ってねw


私も、参院予算委の『片道一時間方式』に両院とも統一したら良いと思います。

『片道一時間方式』とか知らなかった…。
石破さんのブログは、新聞やテレビなどの情報源で知り得ない事を丁寧に教えてくださっているので、すっごく勉強になりますhappy01

一つ疑問に思うのですが、なぜ、『片道一時間方式』の参院予算委はテレビ中継される事が少ないのでしょうか???

バ菅が、はぐらかし答弁できない、参院予算委を国民が見た方が良いのではないでしょうか???

もちろん、衆院予算委も絶対、映して欲しいですよwink
だって、石破さん出てるからlovelyheart04

P.S.

石破さん、お誕生日おめでとうございま~~すsign03happy02heart02

水瓶座のB型なんだ、私との愛称は…sign02
と、考えてしまうアルテマでしたーcoldsweats01

投稿: アルテマ | 2011年2月 4日 (金) 13時35分

お誕生日おめでとうございますbirthday

お体ご自愛くださいbottle

投稿: とりわさ | 2011年2月 4日 (金) 14時02分

石破先生 お誕生日おめでとうございますbirthdayhappy01

投稿: pappy | 2011年2月 4日 (金) 14時15分

とても遅くなってしまったのですが・・・coldsweats01
河内の石破ファンさん、1月18日の『伊達直人と菅直人』のコメント欄で、
私の名前をあげていただき、ありがとうございましたlovelyheart04

河内の石破ファンさんをはじめ、
ここにコメントされている皆様から、学ぶ事はとても多く、いつも励まされていますsign03


投稿: アルテマ | 2011年2月 4日 (金) 15時37分

石破先生 お誕生日おめでとうございますbirthdayhappy01

投稿: pappy | 2011年2月 4日 (金) 17時33分

石破先生
初めてコメントさせていただきます。匿名で申し訳ありません。
 私は生命科学系の研究者です。自民党政権時代の「ポスドク1万人計画」のあおりを受けて、博士の学位取得後17年経っても未だに定職に着けないポスドクです。
 自民党政権の、あまりにも大企業の経営者寄りの政策に失望し、また政権末期の野党と見まがうばかりの足の引っ張り合いを見て、先の衆院選では民主党に投票した典型的な浮動票です。しかし、支持政党がないからこそ、政治家の方一人一人の理念や理想をしっかり見極めたいと思っております。
 石破先生が農水大臣をされていたときに、農水系研究所に勤務する友人の研究者から勧められて、農水省のHPに掲載されていた石破先生のコメントを拝見し、「自民党にもこんなに理路整然とした政治家の方がいらっしゃるのか」と衝撃を受けました。一時は石破先生の選挙区に住民票を移すことも考えました。さすがに諸事情あり実行することがかないませんでしたが、その代わりに、石破先生の国会質問やテレビ出演などはできる限り拝見しております。
 熱い思いで投票した民主党がいざ政権を取ってみると、結果は石破先生がコメントに書かれている通りです。自民党にしても民主党にしても、またその他の野党にしても、国会議員の先生方の一体何人が日本の現在・将来に理想と理念・情熱をお持ちなのか。。。国会中継を見ていても、ただ批判するだけだったり、大物政治家の太鼓持ちなだけのように見える人が何と多いことか。。。私の属する業界では、批判するだけで何も提案しないということはあり得ません。日本国の国民として情けない思いです。
 石破先生のように理念と情熱をお持ちになり、論理的な思考で政策を立てることができる政治家の方が育ってくれることを切に願っております。
 石破先生、頑張ってください。また、どうか質の高い政治家の育成にもお力を注いでください。石破先生のような政治家の方が増えたら、私は熱狂的な自民党支持者になれると思うのです。

投稿: だんちゃん | 2011年2月 4日 (金) 17時38分

誕生日おめでとうございますbirthday

投稿: さくら | 2011年2月 4日 (金) 18時46分

がんばってください。
石破さんのいってることは
筋が通っていて納得できます。

これから日本の政治は
経済対策
社会保障(増税)
安保理(領土問題)
の3本の対策をしなければなりません。

大変だと思いますが、
がんばってください。

私は日本が好きなので
これ以上変な風になってほしくないです。

※これからちゃんとみますんで
 国会中継見ます。 

よろしくお願いします。

以上です。

投稿: ココ | 2011年2月 4日 (金) 18時48分

石破先生、お誕生日おめでとうございます。
これからもずっと応援していますから、あまり無理なさらず、体に気をつけて下さい。

今日も、民主党があまりにもダーティなので、怒りと悲しみで血管が切れそうになりました。

民主党は、総連つながりとか、カクマルつながりとか当たり前なんですね。
枝野ファミリー財団、藤井15億円、国会虚偽答弁OK、菅の温首相会談内容の嘘、
ニュースでは報じらない恐ろしい事実。
玄葉の発言も酷すぎました。
中井委員長は、明らかにわざと速記を止めず時間稼ぎしていますね。
何故衆院が片道方式で無いのか、前から不思議だったのですが、石破先生も理由は知らないのですか?

投稿: 不安です | 2011年2月 4日 (金) 18時48分

お誕生日おめでとうございますsign03
暖かくなってきましたが、お風邪を召されませぬようご自愛くださいshine

投稿: なっさん | 2011年2月 4日 (金) 18時54分

石破先生~お誕生日おめでとうございマ~スbirthday

投稿: 小柴 きょう子 | 2011年2月 4日 (金) 19時09分

初めてコメントさせていただきます。

言論統制事件、これ私の知る限りテレビは全く報じてません。
枝野氏の献金問題もです。

私にはどうもマスコミが民主党政権にとって都合の悪いニュースは
極力報じないようにしているように見えて仕方がありません。
自民党政権時の報道のあり方と全く違うんです。
仮に政権復帰することがあっても、また異常といえる自民党バッシング
(特に保守政治家)が繰り返されるだけで、憲法改正なんて永遠に出来ないと思います。
マスコミ対策なんとなならないものでしょうか?

投稿: 宗像 | 2011年2月 4日 (金) 19時36分

石破様、

昨年はお誕生日の日にちを大分過ぎてからBirthdayを知りましたが、今朝皆様のコメントを拝見し、’今なら間に合う!’と思い早速メッセージをお贈りします。

To Ishihasan,
Thank you for your big effort for leading us, and the sharing of your wisdom.
Hope your day is as special as you are.

Happy birthday!

今年一年、激務お疲れ様でした。
いつも思いますが、一人の力は小さいと思います。良い意味での影響を与えてくれる人の力が強くなっていけば少しづつ国の方向性が見えてくるものと思っています。
民主党の政策そしてそれに期待している人達が全て悪いとは言えない事も有ります。 何故ならば、人間は夫々に試行錯誤しながら自分の中では良いと思って考えている訳ですから。 それでも長い眼で見た時にそれが、その時だけ良ければと言う見解であれば早い時点で進路(針路)を変更しなければなりません(それが今の民主党の立場)。

全てが正しいを求める事事態不可能でありながらも総合判断をすればやはり時代の波に乗ることが求められていると強く思っています。’今なら間に合う!’を、国全体で考えられるようになれば、少しでも国民に希望が持てるようになるのではないでしょうか。
いつまでもお互いの意地を通す事は国の衰退を促進する物だと考えています。
よって国会質疑は必ずしも政策を基本(国民重視)として考えて欲しいと思っています。

何となく漠然とした書き方になってしまいました。

どうぞ御身体ご自愛ください。

投稿: 原田 | 2011年2月 4日 (金) 20時06分

先生の国会での質疑、ネットでですが拝見しております。
先生の真摯な言葉や、日本を思う気持ち、映像からびしびしと伝わってまいります。
特に現与党の政治家の方に、この危機の時代、国民を一体何処につれてゆくのか、
国家の舵を切る重さを、胸に手を当て、責任を持ち発言、行動するよう、ご指導してあげて下さい。

あと、先生を見ていると、山本長官と重なり、何か運命を感じてしまいます。
この例えは、全く悪い意味ではなく、国家の危機に対し体を張り、命を狙われながらも、不戦を主張し、
一方で連合艦隊長官として航空隊の猛烈な訓練を行うという、大きな矛盾を持ちながら、
最善を尽くた先人を思ってしまいます。
最後のは、吾輩の思いすごしであるので、すみません。
今後も応援していきますので、どうぞお体に気をつけ、頑張ってください。(*^-^)

投稿: crow3 | 2011年2月 4日 (金) 21時57分

度々失礼します。
こんな分析をしているブログがありますが、なかなか鋭いと思います。
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-509.html

投稿: 観音寺 | 2011年2月 5日 (土) 17時30分

石破さん
これ以上もう与謝野さんを責めるのはかわいそうです。
 菅(与)党 (野)党に(謝)り 与謝野さん

投稿: 黒モン | 2011年2月 6日 (日) 20時31分

まことにごもっともな意見だとは思うんですが、

総理をはじめとする政府の諸君が「とにかく何とか委員会を乗り切ればいい」としか考えていないことがありありと伝わってきたからです。

このようなことは、自民党政権の時にもよく感じました。
なのでどうして自民党が政権にあるときに「衆議院予算委員会のルール」を変更されなかったのかが残念です。
もちろん、再び政権に戻られた場合には変更していただけますよね。期待しています。

投稿: 現実的 | 2011年2月 7日 (月) 23時46分

民主党は国賊であり売国奴であり日本人の敵であると国民はもう理解したはずです。
石破さんの話は判り易く国民の心へ届いています。

ただ心配なのは野党である間に自民党がいかに過去の「膿」を吐き出す事が出来るか?
過去を反省し揺ぎ無い保守として纏り堂々たる姿にて復活できるであろうか?
民主党が破壊した日本を取り戻すべく中・韓とは距離を置き過去に認めてしまった談話などを撤回できるのか?

まだまだ心配事は沢山あるのですが野党になって気づく事は多いはず。生まれ変わるチャンスです。
しかし国民の政治への目覚めによって過去のような自民では納得しません。

応援と期待をしています。頑張ってください。

投稿: 本日は晴天なり | 2011年2月 8日 (火) 18時37分

誕生日は過ぎましたが解散総選挙のプレゼントが無かったのは残念です(T_T)

投稿: (^-^) | 2011年2月 9日 (水) 16時07分

石破先生
初めてコメントさせていただきます。
予算委員会の質疑をYouTubeで観させて頂きました。
民主党が無能な政党だと2009年の総選挙前から分っていましたがここまで酷いとは呆れてものが言えません。

基本政策である
・経済
・外交
・安全保障
に対して全く柱がなく場当たり的に運営をしていて本当にこの国は大丈夫なのか?
ここままでは本当に日本が滅亡してしまうと思わざる負えないです。
酷い国会運営を行う民主党政権を一刻でも早く解散させてください。
ここままでは日本の未来が無いです。


応援と期待をしていますので頑張ってください。


投稿: sfuji | 2011年2月10日 (木) 00時40分

石破先生
こんばんわ。

日本経済を良くするために、昨今、色々と議論しているところではありますが、なぜ日銀若しくは政府は、円を発行して、1ドル110円位の日本経済が安定して成長できると思える値に調整しないのでしょうか。
この過剰な円高のまま、進めば、当然、日本製品は、売れにくいし、工場は、海外に移ってしまい、雇用は減るし、まさに、悪循環の税収減の原点であるとしか思えません。
小泉政権時代に協調介入による円安で、好況が続いたという実績があります。現在は、協調介入はできませんので、円の発行しかありません。
おそらく、過剰な円高にもかかわらず、これだけ持ちこたえている日本なので、ある程度の円安になれば、劇的な経済回復が考えられます。
ぜひ、賢明な石破先生なら、理解していただけると思います。
よろしくお願いします。

投稿: 東京都民 | 2011年2月11日 (金) 22時43分

質問時間の問題は、例えば「質疑の中継をテレビでご覧になっている方々、往復1時間形式というのをご存知でしょうか」とシステムについての説明をしてから、

「今の首相の返答時間は〇〇分でした。これは、私の質問時間がこの分だけ削られたことを表します。本来〇分程度で答えられる質問と想定していたのですが、時間が足りないので次の質問に移らせて頂きます。もし追及が甘いと映りましたら申し訳ございません」などと、

国民に語りかけては頂けませんでしょうか。それも、ダラダラ答弁を受ける度に。ルール的にも、まあ短く済ませれば大丈夫ですよね。ブログで書く以上の効果が期待できると思います。

投稿: てつ | 2011年2月13日 (日) 15時11分

はじめて投稿します。
私は与謝野氏が管政権に入られたことには矛盾を感じません。誹謗中傷を覚悟で国民のために最後の仕事をしたいという氏の使命感と信念に共感しています。財政再建は一刻の猶予もない問題です。不毛な政争をいつまでも繰り返している場合ではありません。本当に急がないと取り返しがつかなくなるのではないでしょうか?与野党の批判合戦はうんざりです。そして誓約書うんぬんはくだらな過ぎます。比例であろうと小選挙区であろうと国会議員の政治行動は自信の信念と良心にのみ従うものではないでしょうか?法的拘束力もない(債権的効力しかないという意味ですが)誓約書など予算委員会に持ち出して与謝野氏の上げ足をとる暇があるのなら、なぜ自民党の側から税と社会保障改革について与野党協議をリードしないのでしょうか?政府・民主党案がないのなら自民党案をベースに話をしようといえばいいではないですか。一義的な責任が与党にあるのは当然ですが、自民党の態度も野党時代の民主党同様に映り、失望を禁じえません。

投稿: 仙台太郎 | 2011年2月16日 (水) 01時23分

【民主党入リ・与謝野議員】
繰り返し石破さんのブログを読ませていただき.不明点は有りながらも政治を真面目に考え.主権者として極小的な立場でも様々に考える機会を得れる事に感謝をしております。
●以前に与謝野議員は.与にも野にも謝ると言う事を.有る記事で読んだ事が有りますが.社会保障と税の一体化を今も粛々と勧めておられるのでしょうか。。。? 全く御自身のどのような良心をもとに.只モチベーション維持のための議員バッチに拘り.どれ程の良き仕事をされるのでしょうか?
●自民党と支持者を裏切る.けじめ無き愚かな行為は人間として理解も尊敬も出来ない印象です。
議員辞職され与謝野晶子お婆様を見習いベストセラー作家として.売れる.面白い書籍作りに関わり文字.書籍離れをくい止めるべくご尽力いだきたいものだと感じる昨今です。
〇発災害より67日が過ぎ.世界からの支援に感謝し被災地の復旧を祈り.自分を見つめて学ぶ日々。

投稿: 都しょう子 | 2011年5月17日 (火) 13時29分

で、最近はコレですから。

【国会】与野党の時間配分見直し議論→そもそも議席数に応じた配分をしないことは問題ではないのかという議論 - Togetterまとめ

tps://togetter.com/li/1165300

投稿: ポポイ | 2017年10月29日 (日) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/50757526

この記事へのトラックバック一覧です: 質疑の感想、続き。:

« 予算委員会質疑を終えて | トップページ | 2月4日 »