« 谷洋一先生のご葬儀など | トップページ | セミナー御礼 »

2011年11月 1日 (火)

イシバチャンネル第十二弾「政調会長退任」

事務局です。

イシバチャンネルの動画でアップロードしました。


是非ご覧ください。

|

« 谷洋一先生のご葬儀など | トップページ | セミナー御礼 »

コメント

石破さん   【何をやるか?vs誰がやるか?】
昨晩の「カレーの会」でのご熱弁、今更乍ら感じ入りました!多謝。

その場でも【何をやるか?vs誰がやるか?】について、何回も言及されたのには不思議な感じを受けました。何故、そんなに拘っておられるのか?と。
まあ、勝手な想像を拡げれば、石破さんが拘られるのだから相当の理由がある訳で、その理由は党内の政策論争の中にあるのだろうとは想像が付く。改革派である石破さんの主張が今の自民党の主流派と一致する訳はないのだから、石破さんが推し決定をみない【何をやるか】が重要になると。

然し、私見では自民党内の政策論争も、口先だけの民主党政権の所為で国益の毀損が広がっているのも、所詮は「彼らが主導権を握っている」ことにこそ弊害の根因がある。
心に歪みのある固陋な輩や口先だけの未熟者が正しく≪此れをやる≫といっても、其れは単なるポピュリズムでしかなかったり、志と覚悟に欠け実行されないまま反故になる事例は山程見せられてきた。
私見では重要度の不等号は引き続き≪何をやるか?<誰がやるか?≫に向いている。実体のある人間である【誰】の人間性は反故に出来ない部分があるが、実体のない観念的な【何】は状況により不定見に全てが反故にされる惧れがある。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 1日 (火) 11時25分

韓国の評論家 金満哲の言葉

http://satehate.exblog.jp/16844910/


「同胞韓国人は嘘つきばかりである。
私はそのことが恥かしく、情けない。

「韓国は独力で近代化を成し遂げた」だって? 
馬鹿を云うな。
韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。 
馬鹿馬鹿しい。同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。
ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本に憧れ、日本人になろうとしたのだ。

「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。 
誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。

「漢河(ハンガン)の奇蹟」だって!笑わせる。 
日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で成し遂げられたものだ。
これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろう。

「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。 
一体、併合前の朝鮮半島のどこに「文化」なるものがあったのか。
併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。

現在の韓国の姿、まさに他人により作られた砂の楼閣だ。
虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。

このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」
などとほらを吹いて自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。
これが恥でなくてなんであろうか。」

投稿: TPPも朝鮮支援も反対!! | 2011年11月 1日 (火) 13時50分

石破先生

めっちゃ、久しぶりですね~。
もう、やらないのかと思っていましたよ
イシバチャンネル

私は、石破先生を始め、安全保障についてしっかりとした理念をお持ちの方が多い自民党には
早く政権を奪還して欲しいと思っている。
石破先生の国会質疑も素晴らしいと感じるし
無責任民主党とは格が違うと思っている。

しかし、一つ、もの凄くガッカリした出来事がある。

石破先生にはあまり関係ないかも知れないが

大阪知事選挙
自民党大阪府連の倉田氏支援の動きである。


まず、橋下氏が任期途中で知事を辞めることについて、
自民党の議員は激しく批判し、
議会を止めてまで体を張って阻止した。
途中で辞めるのは無責任だということだ。
しかし、倉田氏は今年の春に池田市市長の再当選を果たし
まだ半年くらいしか経っていない。
それを放り投げての立候補だ。
倉田氏に対しての批判は無いのか?


橋下氏は少なくとも市長に鞍替えすることに対して
ハッキリとした目標、理由を掲げている。
倉田氏はなぜ知事になりたいのか
知事になって具体的に何をしたいのかを明確にしていない。
誰が市長になってもうまくやっていく
つまり知事職で居続けることが一番の目的にしか見えない。
石破先生の信念にも合わない行動だ。

橋下氏は、「独裁だ」「権力を手に入れたいだけだ」などと言われるが、
彼は、手段として知事や市長という任を選んでいるだけでその地位には何の執着も無いのは一連の動作を見ていればよく分かる。

それと、例え地方のリーダーであろうと、大都市のリーダーなんだから、
最低限、自分から手を挙げて立候補するのが筋だろう。
まわりに持ち上げて貰えないと立候補しないなんていっている人間の責任感など信用出来ない。
まだ、自ら手を挙げた中山氏のほうが適任だ。

自民党は、民主党が「反自民」以外なんの理念もなく政権を取ったことについて
今でも批判をしている。
私も同感だ。
しかし、この、大阪府連の倉田氏支援は二年前の民主党とどこが違うのか?
どう見ても、「反維新」という理由で倉田氏を支援しているようにしか見えない。

維新の会の中には評判の悪い連中もいるし
政策全てに賛同はしない。
しかし、少なくとも党として政策はキチンとまとめ上げている。


このことは、石破先生には直接は関係ないかも知れない。
だから、府連のほうにもメールを出した。

しかし、自民党の古い体質や国民を馬鹿にしたような態度
倉田氏支援の中に、そういう「変わっていない」というものが多く入っている。
これが自民党の本体だと思うと本当に幻滅だ。

だから政局ばかりやっていると言われるんだよ。

石破先生のことは応援するが、
自民党への支持は躊躇する。

投稿: mike310mi | 2011年11月 1日 (火) 14時47分

内輪もめか何かで執行部から外されたのかと心配していましたがメッセージを聞いて少し安心しました。正直なところ、谷垣さんより発信力や話の内容に説得力もあるので自民党総裁には石破さんが良いと思っています。今は次期総裁、次期総理大臣としての研究期間(充填時間)と受け止めましたが、今後ともご活躍を期待しています。

投稿: いしだ | 2011年11月 1日 (火) 17時20分

アップされて間もなく拝見してたんですが、感想をお伝えしそびれておりました。
かわいいheart02

投稿: hinomoto | 2011年11月 1日 (火) 20時20分

こんにちわ
本当に、先生の仰るような政治が行われる事を心から願っています。

今日の公明党の斎藤鉄夫氏の野田氏への言葉じゃないですが、「共同作業。共に。」とか、30年近くも前から結婚式の司会や挨拶でしょっちゅう使われる言葉の繰り返しで、ご自身の言葉や意思が見えず(そんなモノないのかもしれませんがw)結婚式の挨拶に呼ばれて答弁してるのじゃないのですから、総理である以上、何をしたいのか日本をどうしたいのか語れよとw
野田氏は日本の総理ですよね?総理である?野田氏の存在が薄すぎて、国家、政府があるのかさえ私にはみえません。
バカじゃないのか?としか思えない厚生大臣、お軽い財務大臣、玄場氏や前原氏など国民無視の独裁発言で意味不明ですww

前原氏は、先生が親しく思っていらっしゃる方で、私もどちらかと言えば好意的でしたが、今は何だかぞっとします。
政治家としてお軽いのではないか?本人の意識の無いまま、あちこちで弱みを作っていて、日本国民の為の政治をするのに身動き出来なくなっているのではないか?
自衛隊を侮辱し、拉致被害者の命を「数人の命ぐらい」で平気で見捨てる発言をし、民主党に入党した、日本の政治家として許せない外道の辻本などと組んでます。外道の辻本が前原政調会長の19人目でしたか?の副会長に任命など、苦笑するばかりです。

前に朝生で、共産党の穀田さんに「与党になったらわかるのよ~変わるのよ~」とかバカにしたように言葉で、腕をべたべたして、穀田さんに「触るな!」と、確か、言われていました。場末の安モンのホステスじゃあるまいし、あれが大阪の女達かと思われるだけでムカつきますw他の人の話を聞きたくても、おばさん根性丸出して、うざくて討論にもなりゃしなくて、他の方の意見も最後まで聞けませんでした。こんな人物が前原氏を頼って民主党に入党して今の肩書きを貰ったのも、いったいどんな義理があり、二人はどんな関係なんだろう?と、、、金朝鮮総連とも関係がありそうで、何だか気持ち悪いです。先生の発言から受けるイメージの前原氏は、もう私の中にはいません。
前原氏は、身から出たしがらみに囚われて、身動きが出来ないのではないでしょうか?
こんな政治家達が日本を仕切っているのは不安です。
先生、どうか結果で、私達国民を不安から取り除いて下さい。
ここは日本です。日本人が安心して住める国であるべきです。
原発問題もうやむやになる不安もあります。
原発の輸出をするくらいなら、武器の輸出の方が良いのでは?と私は思いますww

投稿: 大阪の女性 | 2011年11月 1日 (火) 21時08分

民主党支持者です。
といっても、支持できる部分が尽きてきましたが。
「イシバチャンネル」拝見いたしました。真摯かつ冷静な語りかけで聴く者を熱くする、まさに「軍事を知り平和を語ることのできる」稀有な政治家の面目躍如です。私が打たれたのは、内容は言うまでもなく、私がここで書き込んだ拙い文章を石破議員がご多忙にかかわらず読んでくださっていることが言葉の端々から窺えることです。私はいつも決まった書き出しですが、「石破議員。ご多忙なら読み飛ばして」ぐらいのつもりで書いていたので、申し訳ない気持ちです。

投稿: hesomaru | 2011年11月 1日 (火) 23時42分

石破さん
日経【「復興庁」権限・拠点で溝 法案、与野党の修正協議へ】
野田某が主張する「私自らリーダーシップを発揮できる体制だ。縦割りを排除して被災自治体の要望にワンストップで対応‥」の理念は、石破さん達がこの法案作成の中に盛り込んだ理念であり、正しい。
然し、彼が造ろうとしている復興庁の組織では、今の東北の惨禍の状況下にあっても尚自らの権益保護を優先する「悪賢いモグラ」の入れ知恵に安易に乗って「間違った二重行政排除の体制」を造って仕舞う。此れでは、間違いが行われ国家の混迷が続き、其の理念が実現されないのは明白です。
今更乍ら、野田政権を含む民主党政権の理念と組織の間に大きな齟齬がある。「悪賢いモグラ」に国政を牛耳られる民主党政権の未熟や歪みを、改めて露呈している。

くどいですが、私見ではこの大きな構図の中でも、重要性の不等記号は断じて≪何をやるか?<誰がやるか?≫を向いていることを示している。
仮に、石破政権であれば、このような間違った国家運営はは起こらないし、国家が貴重な時間を無駄に喪って仕舞う事態も起こらない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 2日 (水) 09時38分

石破さん  連投、御免なさい。
河野太郎さんのブログ:天下りロンダリング http://t.co/KTMqyaLQ 
改革派河野さんは予て正しい視角から正しい指摘を繰り返しておられるが、
「悪賢いモグラ」の其れら悪業を一つ一つ叩いていても埒は明かない。「モグラ叩き」は叩き手の溜飲を下げるだけ、観客の見せ掛けの気分をすっきりさせて喝采を得るだけに過ぎない。「悪賢いモグラ」を叩いても、国家の問題は断じて解決されません。

彼奴等は叩かれる度に、地下に潜っては新たな悪行を繰り出して来る。其のことは、既に崩れた官僚組織の崩れた文化が造って来た歴史と数多の事例が訓えている。(悪)賢い彼らは、未熟で歪んだ政治には「生温い官僚文化」の反国家的な悪の根因を除去する志と覚悟に欠け問題を解決できないことを見越している。要は、政治が舐められている。

未熟政権が口先で立派気に「何をやる!」「政治主導で国家を立ち直らせる!」と叫んでも、結局は反故になるだけだと解っている。
くどくて恐縮ですが、此の脈絡でも重要性の不等記号は【何をやるか?<誰がやるか?】を向いている。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 2日 (水) 12時17分

石破さん
日経【山田前農相、TPP交渉参加で「若い議員の中には離党を覚悟している人もいる」】
非常に結構なことだと思います。
野田政権が交渉に参加して、若手民主党議員が大量に離党して、野田政権が崩壊し、与党民主党が瓦解すれば、民主党のTPP交渉が白紙に戻る。
其れだけではなく、「善き政界再編」が始まる。
山田某がその流れを造り出す力量は無いので「初秋の夢」と帰すのでしょうが、まあ、儚くても山田某の活躍を祈ることにします。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 2日 (水) 15時35分

こんにちは、直接選挙云々言っていた海と申します。

石破チャンネルを拝見いたしました。

石破さん、議員だからとか自民党だからとかではなく、一人の人として尊敬します。頭脳明晰、そしてそれ以上に国民に対して真摯な姿勢は、普通の国民から見ればとても好印象だと思います。

ただ一点疑問なのですが、石破さんは、憲法9条は一体何を禁じた法だとお思いなのでしょうか?「あれもこれも憲法9条には違反していない」とのことですが、それでは他国との違いはどこにあるのですか?石破さんの動画を見るとその辺りについては全く触れていないのでそれも明確にして頂けかないと不安が残ります。9条の範囲内でどこまでが可能なのか、そして他国と違い何が出来ないのか。

私は、現実問題として軍事力が必要であることを、全く否定しません。それでも、平和憲法の理念そのものは、絶対に捨ててはならないと思います。

過去(そして現在も)に紛争を繰り広げてきた地域から見れば、「アメリカに守られてるからそんな理想を言えるんだ」「四方を海に囲まれた島国だからだ」「人種や宗教の対立がほとんどないからだ」と思われるでしょう。それは紛れもない事実です。

しかし、20世紀前半を除き、この国は本当に平和でした。上記に挙げたような理由もあるでしょうが、地震・津波・火山・台風などなど自然災害が多く、嫌でもお互い協力し合っていかなければならなかったという理由があったのだと思います。その中で日本人は日本人らしさを形成してきたのではないでしょうか。他国の人達があまり持ち得ていない優れた価値観が、この国にはあるのではないでしょうか。

先進国の中で、これほど平和な国は他にはないでしょう。日本は、日本の歴史の中で築いてきた平和の理念を、他国にどんどん輸出していくべきだと思います。笑われようと馬鹿にされようと、その努力は惜しむべきではありません。それこそが日本に与えられている使命であり、日本にしか出来ないことでもあると思います。

日本の一人よがりになってはいけませんが、日本には日本の良いところがあり、日本にしか出来ないことがあるはずです。その証拠に日本に来た外国人でそのまま日本に留まる人がいることは、その一つの証ではないでしょうか。

世界情勢に神経を尖らせ世界からの要請に耳を傾けることは重要ですが、日本だからこそ出来ることを、もっと突き詰めて考えて伸ばしていくべきだと思います。

PS.民主党政権を追い込んで解散総選挙なんて狙わない方が良いです。自民党に対する心証が悪くなります。あと2年弱、じっくりと自浄してください。今総選挙をやってたとえ自民党が勝ったとしても、グダグダになるだけです。相変わらず保守を掲げ、最低限の改革さえできないと思います。一票の格差、議員削減、地方への権限委譲・・・多少強引でも良いからとにかく動かしてみるべきであって、いつまでも議論ばかりでは意味がありません。
その点、野田さんのじわりじわりと進めていく感は嫌いではありません。国民もメディアも、政治家への評価は、結果に対してすべきです。あまり事前にどうこうケチをつけるべきではないと思います(取り返しのつかないことは別)。
影響が大きいところへの事前の説明は必要ですが、いちいち合意をとっていては何も進みません。どんなに正しいことを言っていても、必ずしも賛成が多いとは限りません。
民主党にケチをつけるより、自浄に努めた方が、結果としては政権奪還に繋がりますし、その後も安定した政権運営が出来ると思います。今は野党としてできることに専念してください。どんなに民主党を批判しても、その民主党ごときに負けたのは他でもない自民党なわけですから。

では、今後ますますご活躍なさることを願っております(もちろん心と体の健康を守ることが第一です)。

投稿: 海 | 2011年11月 2日 (水) 16時57分

初めて書き込みします、こんばんは。

まず、なぜ今、石破先生のホムペを検索したのかを簡単に説明します。

きっかけは、本日十一月二日のNHKクローズアップ現代を観ての事

自民党の政調会長の幼稚さ、更には谷垣総裁の幼稚さにいたたまれず石破先生のホムペを検索し一言申し上げたかったからです。


民主党早期解散やら総選挙で国民の真意を問うだのくだらないでしょ?

東北三県(私は九州の熊本人、私からすれば東北地方全て)の早期復興が願いであり、政権云々に、今、
興味はない。

国会中継をラジオで聞いていれば、ましてや、今夜の政調会長(自民党)の発言を聞いていれば、
恥ずかしくなる。

なぜなら、その実、震災復興を遅らせているのは自民党ではないのか?と思えるからです。


超党派議員での靖国参拝が出来て、なぜ、思案に暮れる国民の為に手を繋がないのか!

一年数ヶ月後の選挙、国民の真意を問うと自民党総裁が明言した選挙、はたしてこの幼稚な考えで自民党は票が取れると思っているのか!

公務員が公僕ならば、政治家も公僕足るべきである。


乱文、失言、失礼。

投稿: 樋口新二郎 | 2011年11月 2日 (水) 20時55分

【何をやるか】
石破先生、生のお声をありがたく拝聴致しました。

冒頭にありました、「何をやるか」、そして自民党が変わったという姿勢を見せる、その通りだと思います。

しかしながら、民主がこれだけ、我が国を壊してしまったからと言って、それならやっぱり自民にやってもらうか、などと、そんな軽々しい政権交代であってはなりません。
麻生内閣が不人気で、マスゴミに踊らされた愚かな国民が、じゃあ民主にやらせてみよう式と何ら変わらない政権交代は、二度とあってはなりません。

軽薄で愚かな国民が、マスゴミに踊らされることは、いつの時代でもあり得ることですが、自民党が変わったと、そういう姿勢を国民に理解させる、支持して貰える、そういう力強いメッセージを、自民党議員は共有し合っていただきたと思います。

議員一人ひとりの理念はそれぞれあるでしょう。派閥もあります、それらの弊害を全て取り払うことは難しいですが、自民党を立て直す一つの目標は、全ての所属議員が一つの共通項目として一致団結して欲しいと思います。

今、多くの国民が求めているのは、民主政権の愚策を批判する自民党ではありません。
強い外交を発揮した国家の立て直しと、生活の安定です。
外交については言うまでも無く中韓ロの問題ですが、特に中韓に対しては、二度と土下座謝罪外交は止めていただきたいと、多くの国民が望んでいます。ねつ造や歪曲を正そうともせず、どれほど彼らに金を払えば気が済むのですか。弱腰外交を続ける限り、永久に搾り取られます。インドをはじめ東南アジアは全て中国を嫌っています。日本のリーダーシップで中国をけん制することは充分可能ですから、先ずは、尖閣に分遣隊のような、或いは訓練施設を早急に構築すべきと思います。
そして、今ある繁栄の礎となった英霊の靖国へ、天皇陛下も、総理も閣僚も、堂々と参拝できる日を、多くの国民は心待ちにしているのではありませんか。最初に参拝中止のきっかけを作った○○氏は、後々の中国外交に重大な禍根を残してしまいました。中国への謝罪外交ではなく、国民へ謝罪すべきことです。

生活の安定については、やはり景気雇用対策・年金・介護・医療は特に重要です。

増税に関しても、安易で稚拙であってはなりません。宗教法人や放送局など、優遇税制の抜本的見直しによって、不公平感を少しでも緩和する方向性や、議員・公務員の削減と、天下りの防止や特法への不正な支出の洗い出しなど、国民が納得し喜べる対策を打ち出すことは、できないのでしょうか。先生が仰る「何をやるか」をハッキリと示せる自民党であって欲しいと願っています。セミナーお疲れ様です。機会があれば、と思いますが・・。秋も深まって参ります。インフルエンザ等、どうかご自愛ください。応援する小市民より


投稿: 愛国24 | 2011年11月 2日 (水) 22時40分

先生、スタッフの皆様、こんばんはwink

週末に動画を見つけて、何度も何度も見ました。
動画に手をふる私を家族は呆れ返っています。
先生、応援しています、がんばってください!と動画に語っています。
関西でパーティーがあればな…

さて、ネットも多少は見ますが、ニュースはテレビが中心のミーハー意見二つです。

一つめ、大阪の市長選。
一週間前は、絶対変わらなきゃ大阪と橋下さんモードだったのが、平松さん派のチラシを見て、心に迷いが。水道代が上がるのと、都構想の中身をみて愕然。いいことなさそう…
週刊誌の見出しで決定。

二つ目はTPP。話題のフジテレビの朝番組の中野氏の意見を出勤前にみて、遅刻しそうに。農家のおじさんがかわいそう…位の意見から一転。私の保険は貯金は年金にまで影響するの?
絶対にいやだ。真面目にこつこつ貯めたのに。交渉に入るだけと言われても交渉能力などない民主党じゃ無理。国益なんて理解もできていないのに無理でしょう。

ということで一般ミーハー女の一票は、ワンキャッチで大きく変わるということがお伝えしたくて。いい意見がかけずすみません。

投稿: なこ | 2011年11月 3日 (木) 00時29分

石破先生、ご無沙汰しております。
政調会長を辞任されてからTVでもあまりお顔を拝見できませんので、少し寂しく思っておりましたが、とてもお元気そうで嬉しく思っています。
国内は今、TPPで議論が二つに分かれていますが、私は基本的にTPPには反対です。農業や他の分野での日本の制度がどうなるのか、も不安の一因ですが、石破先生の仰る通り、民主党政権が交渉を担うことに一番の不安を覚えております。民主党が果たして国益を考えた行動をこの2年間したことがあるでしょうか? 普天間問題を皮切りに尖閣衝突事件の問題、領土問題では相変わらず、不法占拠とは絶対に言わない体質です。こんな党にTPPなどの高レベルな交渉ができるんでしょうか?日本の国益を本気で守るつもりはあるんでしょうか?前面敗北が待っているようで怖いのです。是非交渉内容の漏れのない開示を要求し、国民に知らせ、国益にそぐわない場合は勇気を持って野党の皆さんにも国会での批准を阻止して頂きたいです。この場合の日米関係の亀裂は計り知れないものがあるのでしょうが、譲れないところは譲れない姿勢で臨んで頂きたいです。願わくば、もう民主党には下野して頂いて、自民党主導で交渉してもらいたいです。(あ、その前に交渉参加には反対ですが) 外交のプロがやらなくては駄目です。取り返しの付かなくなる前にお願いします、日本を救って下さい。
野田総理は実行力があるだけに、菅よりも醜いのでは、と最近思い始めております。

石破先生のご活躍、今後も応援しております。充電期間を経て、ますますパワーアップした先生を期待しております。総理大臣は目的の手段としてなるものだ、そう、先生、先生の目的を果たすためにも近い将来、総理大臣になられることを願っています。お体に気をつけて。 大阪より

投稿: yuruyuru | 2011年11月 3日 (木) 12時41分

個人的には、野田内閣は菅内閣以下だと思っています。
菅前総理は何がやりたい!というのは少しは見えたのですけれども、野田総理については何も見えません。

先日の小渕議員に対する答弁もヒドすぎました。

小渕議員 「どのようにして国民の信頼を回復するのか。」
首相 「信頼を回復していく。」

小渕議員 「いつ沖縄訪問を行うのか。適切な時期とかではなく、APECの前なのか後なのか。それで意味合いが大きく異なるのでハッキリ答えてほしい。」
首相 「適切な時期に訪問する。」


首相の発言と小渕議員の発言を引っくり返した方が会話がシックリくるという。
これは禅問答ですか?と。

なぜにここまで不誠実な答弁ができるのか甚だ理解できませんが、更に理解できないのは首相の答弁に対して会場から拍手喝さいが起こることです。

日本語コミュニケーション能力すら疑わしい多くの人物が国会議員になっているということでしょうか。

確かに、国民IDのパネラー答弁の時も意見交換を拝見させていただきましたが、玄葉議員と石破先生以外にまともな日本語をお話している議員がおらず、かなり落胆したのを覚えています。


選んだのは国民だ、というお話かもしれませんけれども、もっと優秀かどうかを見分けることができるよう、システムを変えてほしいです。

特に森内閣が進めたIT革命において、素晴らしい技術革新が興ったのですから、それを活用しない手はないと思います。

投稿: ぱなとりん | 2011年11月 3日 (木) 13時25分

「海外から指摘される原発の危険性の現状」


今回は情報提供のみですが、一度ご覧いただけると嬉しいです。
原発は今の人類の手には余る技術だと思います。http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-963.html

投稿: カシイヨシコ | 2011年11月 3日 (木) 13時28分

石破先生 いつも ありがとうございます。 昨日 tvニュースアンカー青山さんの話を聞いて知らなかった事が… 恥ずかしいdownチベットからダライ・ラマ様訪日されてました。話を聞いていて中国の酷いことannoyなぜ取り上げないのでしょうか 青山さんが言われてましたマスコミメディアは何故報道をされないのかannoy民主党はヒドすぎます。国民をどう思ってるのでしょうかまたビックリしたのは韓国が竹島に事務所annoyなぜ日本国領土に上陸annoyスーダンに自衛隊を派遣も 凄く心配です。先生早く日本国建て直しsign03自民党政権をhappy01宜しく お願いいたします。いつも 纏まらなくてそして最後まで読んで頂いて 感謝です。confidentありがとうございます。いつも応援していますheart01heart01heart01

投稿: pappy | 2011年11月 3日 (木) 19時57分

 久しぶりにコメントします。
相変わらず石破議員は話すことがわかりやすく、私のような若輩者には本当にありがたいです。
 2年以上政調会長を続けた人がいない、というのは石破議員がそれを踏襲する理由としては弱いと思いますが、谷垣総裁のご判断ならそれは間違いはないのでしょう。
(それ以前に、個人的には後にもっと活躍するために今はお休みしていただきたいので結果オーライですが…)
 自民党は、変わっていると思います。
私の知見は乏しく、また支持者としてのひいき目もあるのかもしれませんが。
しかし失礼ながらそれが伝わりにくい状態にあると思います。
原因は簡単、メディアへの露出があっても、そこに印象操作が加わることです。
参考に動画をあげておきます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15932042
タイトルは「TPP議論について大手新聞社の捏造が酷すぎる件」。
もちろんこれも、反メディアのバイアスが多少なりともかかっていますが、比較的中立的なものです。
 このような事態の対策として考えられるのは、印象操作の1つ1つに反抗すること、生放送に出ることくらいしか考えつかないのですが…。

投稿: はやまる | 2011年11月 3日 (木) 22時58分

石破議員

こんばんは。以前JNSCの会合でお目にかかったHALです。
久々のイシバチャンネル更新! 嬉しいです。
いつもながら、真摯な語りかけに安堵することしばしば。政治家の持つ言葉の重みを感じさせられました。
思えば、内閣の一員として仕事をされ、休む間もなく政調会長。お休みのない4年間だったと思います。
選挙に大敗した後、野党・自民党を引っ張っていらしたのは石破議員だと個人的には思っております。さぞかしお疲れになったことでしょう。
とはいえ、つかの間の休息でないと国民の一人としてとても困るのですが。

政調会長の任を終え、これからは一人の議員として発信してくださることに期待しております。
早晩民主党内閣が倒れた時こそ、石破議員の出番。その時を心待ちに、一票を握りしめてお待ちしております。

投稿: HAL | 2011年11月 4日 (金) 18時25分

 先生、お疲れ様です
 イシバチャンネルはもっと回数を増やすべきだと思いました。ブログも良いですけど視覚的効果ははかり知れませんよ。
 例えば支持者からの質問に答えるコーナーとか石波先生と前首相経験者との対談。 他では注目されない石波先生と若手議員の対談とか、ここをベースにして配信するのは党にとっても有用だと思います。
 自民党のホームページは見ないけど石波先生や河野議員や片山議員のブログは見る・・・というような人が多いと思ってます。それらの注目される個人同士が協力し合って情報を配信することを検討して欲しいと思います。まだ早いでしょうけど選挙対策にもなると思いますよ。
 なぜなら個性的で経験値の多い今の自民党議員の方がタレント多いからです。嘘つき民主党議員に比べるとはるかにマシな存在です
 そうすれば極端に偏ったテレビ放送よりもおもしろいものが議員・党としての配信ソースとして作り出されるように思うのですがいかがですか?

 次の選挙まで我が国が持つとは信じがたいですが、生きている限りは先生達を応援していきたいと思ってます。

 

投稿: うえおか | 2011年11月 5日 (土) 09時59分

消えた年金の件
長嶋厚生大臣の更迭以降、民主も自民もこの問題には当たらず障らずのスタンス、
それが国民から目線では懐疑的に見えるんですよね、官報か何かで毎年公開されているのかも?知れませんが、、、、
開闢以来の年金の収支決算と使途明細を公開して貰いたいとと思います。現在は確かに少子高齢化で機構の維持は容易でないことは推察できますが、、、、昭和60年頃までの社会保険庁の乱脈運用が今日の破たんの原因の一つでは?と疑っています。問題が明確になれば国の責任が問われることになるかも知れませんが堂々と正道を行ってもらいたと思います。無駄遣いは年金機構だけではなく霞が関の全役所にあると思います。高学歴の人達が非生産的な毎日に現を抜かしている様では
ギリシャやイタリアになるのは直ぐそこです。何からてをつけるべきか?断定できませんが少なくとも役に立たない国会議員を1/3くらいまでに削減することから初めて下さい。
とりとめない意見ですがお願い事項が多すぎてうまく整理出来ませんでした。乱筆乱文はご容赦下さいませ。

投稿: 脇本公男 | 2011年11月 7日 (月) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/53043370

この記事へのトラックバック一覧です: イシバチャンネル第十二弾「政調会長退任」:

« 谷洋一先生のご葬儀など | トップページ | セミナー御礼 »