« TPPに思う | トップページ | イシバチャンネル第十三弾「石破茂セミナー2011(後期)~震災後の日本~」 »

2011年11月 7日 (月)

予算委員会スタート

 石破 茂 です。
 今日から予算委員会が始まりました。
 明日、明後日午前と総理と全閣僚入りの基本的質疑(NHK中継あり)、明後日午後が財務大臣と要求閣僚入りの一般質疑(中継なし)、10日に締めくくり総括質疑と採決という予定になっていますが、歳入法案の3党協議次第では変更もあり得ます。
 私は明後日午後の質疑に80分立つ予定です。テレビ入りは新政調会長や若手議員の役回りですので、私の質疑につきましてご関心をいただける方はインターネット中継などをご利用くださいませ。

 TPPについて、多くのご意見を頂き有り難うございます。
 もっと批判的なご意見が多いかな、と思っておりましたが、冷静なコメントも多く寄せられたことに感謝いたしております。
 医療、保険、ISD(S)条項などについてのご懸念が多いことも承知いたしました。これらにつきましては近日中に整理して私なりの考えを申し上げます。
 農業だけに矮小化するつもりもありませんし、農業について論じることが矮小化になるとも思いません。
 何卒ご了承くださいませ。

|

« TPPに思う | トップページ | イシバチャンネル第十三弾「石破茂セミナー2011(後期)~震災後の日本~」 »

コメント

お疲れ様です。

先日、山本一太先生が講演で
「石破さんは『(石破先生のモノマネをしつつ)私は予算委には立たない。若手にチャンスを与えたい』と言っておられた」
とおっしゃってましたが、結局お立ちになるのですね。楽しみにしております!

投稿: hinomoto | 2011年11月 7日 (月) 20時17分

予算委員会お疲れ様です。

> もっと批判的なご意見が多いかな、と思っておりましたが
> 冷静なコメントも多く

批判的な意見が圧倒的でしょう?肯定論が冷静なコメントと仰るのは如何なものでしょうか?

情弱な人や金が儲かれば何でもいいというグローバリズム信者、あるいは市場原理主義者以外、中学生レベルの思考ができれば反対でしょうね。国民の多くは金儲けよりも大事なものがあると知っています。

農政もそうですが、既得損益や利権構造の破壊はTPPによって成されるものではありません。政財官の意思で変えていくものです。そこを勘違いしている者が多すぎますね。

今の政治家にはいい加減にしてもらいたい。民主はもちろんですが、何より悪は過去の自民であり今の自民です。公明や共産などはもっての他ですが、このままいけば国のための政治ができる政党も議員も見つかりません。

たとえ本人が国のためと思っていても、知識と知恵が足りなさ過ぎてお笑い種です。TPPの肯定論者などその極みでしょうね。何より大切なのは国であり国民の生活です。間違っても一部の者の豊かな生活、一企業の利益などではありません。

今回のTPP問題は今後の日本を考える上でとても重要な分岐点となります。くれぐれも冷静に未来の日本人の子孫のために当たり前のご判断を下されますようお願いいたします。

投稿: れん | 2011年11月 7日 (月) 21時48分

はじめまして。
毎日お疲れさまです。

最近本当に毎日が不安で仕方ないです。
外交は最悪、震災の対策は進まない、普天間問題、違法献金、小沢被告の問題…
挙げたらキリがないぐらいです。
こんなに問題だらけなのに、まだ野田政権を支持している人がいるなんて信じられません。
大人は何をしているんでしょうか。
未成年の私でさえ時間があれば予算委員会や国会を見ているのに(最近は受験勉強で見れていませんが…)、選挙権を持つ大人はメディアにいいように扱われています。
民主党に投票した人はどう責任を取るつもりなんでしょうか…。
今の大人に最近の若者は、なんて言う資格はありません。
こっちが言いたいぐらいです。

これから日本はどうなっていくんでしょうか?
このまま中国やロシアに乗っ取られていくんでしょうか…本当に不安です。
日本が大好きだから、海外に移住なんて考えたくありません。
自民党時代にも色々あったけれど、あの頃は本当に平和でした。
早く政権交代をしてド素人だらけの野田内閣を終わらせてほしいです。

これから寒くなりそうですし、体調を崩さないよう気を付けてください。
本当に応援してます。
乱文失礼いたしました。

投稿: れい | 2011年11月 7日 (月) 22時38分

TPPに関して、ここのコメント欄の反対派はおおむねアメリカ陰謀論者が多いようです。

米国がISD条項を使って、日本をはめ込もうとしているという意見が多いようですが、
ISD条項はご存知の通り、法整備が未整備な途上国に対し不当な制度変更などで不利益が発生しないような保険として存在する項目です。

IDSは日本もすでに20以上の国々との貿易協定で締結しており、特殊なものではありません。

IDSが毒薬の例としてカナダの例が挙げられていますが、これはカナダが危険性が低く規制する必要のない化学物質に規制を掛けたために訴訟となっただけで、この敗訴はカナダ側も納得しているはずです。

IDS条項を米国と結べば、今後はスーパー301のような不当な法律により日本製品を排除することができなくなるので、むしろ日本に有利な条項だと考えています。

投稿: むむむ | 2011年11月 7日 (月) 23時45分

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/9/buBpYJO3Vro

このリンクはちゃんねる桜と言うネット放送での討論会の動画ですが、TPPが理解出来ていない方、特に詳しく知りたい方にはお勧めします。一般新聞等では絶対に流れない真のTPPの正体を分析しています。3時間もあるので長いですが。1時間だけでもかなり理解出来るかと思います。

韓国が締結したFTAもそうですが、アメリカは他にもカナダやメキシコなど複数のFTAも結んでいます。そしてそれらでは既に多数のトラブルが発生しています。
カナダの例ではアメリカの石油会社が使用しているMMTというガソリン添加物がカナダでは神経性毒物に指定されているため、輸入を禁止処分にした。このアメリカ企業が
国債仲裁所(実質はアメリカの利権を守るための仲裁所です)に提訴。
ここでカナダ政府に対し3億5000億ドルもの
違約金の支払いを命じる判決を出したのです。当然アメリカの一企業に政府が税金で支払えるわけもなく、泣く泣く輸入を許可しました。この様にTPPでもアメリカの司法判断で一方的に裁かれる可能性が高い。

日本製品の信用はその厳密なルールに根幹があるわけですが、TPPはそれを完全に破壊せよ、と言う政治圧力が内包されている。
この事が1番重要なのに、国会議員もマスコミも誰も議論に上げません。

カリフォルニア米は確かに安いし、レベルも上がっていて味も悪くない。しかし残留農薬は日本の基準とは段違いのレベルで
今のままでは販売不可です。
しかしTPPに参加する、と言う事はこの
規制も解除させられる可能性が極めて高い。日本の果物が高いのは味の追求の為に
手間隙と肥料など経費も遥かに掛かっているからでもあります。
メロンを美味しくするには1本の木に何個もなるのを間引いて1個しか実を付けない。
だから高いのです。
農薬を使わずに育てるには何十年もの研究と様々な手間が掛かっているわけです。
それを知らない人が勝手に「輸入品が安く入るからいいじゃないか」と市場を壊してしまう事は許されない事だと思う。

農業だけでも大問題ですが、それが21項目に渡り金融、医療、各種サービスなど多方面で全面改悪されるわけです。
その損失たるやいかほどになるか、見当も付きません。推進する人でその点について責任を取れる人がいますか?

政府の金銭感覚は呆れるばかり。
日本単独で市場介入してどうこうなるレベルではないと経済学者は口は揃えているのに、10月31日に円高阻止に介入した時、
75円から78円に3円安に振れましたが、
この時に介入に投じた金額はナント7兆5千億円だそうです。これ1日ですよ?
TPPの経済効果が10年で2.7兆円といわれるのに1日で7兆5千億。で、3円動いただけ。
こんな事やる政府が「復興費が足りないから増税」とか噴飯物です。

仮に日銀が30兆円も流通量を増やせば円高は確実に止まります。しかもこの金は工事等に使えば経済活動により名目GDPは増加し、流通して国民の財布に入り、最後は国庫に税金で帰ってきます。
日銀の白河総裁は円の信任性が落ちる、と言いますがそんなわけがありません。
デフレとは実体以上に信任性が高すぎる、状態なのですから。

農家の保護に関しては私の提言としては、
高齢者(世間では定年の老人)ばかりなのですから、いっそ政府が田畑をレンタルして国営農場を経営してはどうでしょうか?
無論売りたい方は売って貰ってもいい。
税制優遇などで残りの人生に困らないよう
配慮してあげるべきです。
確実に世界規模で食料危機が来るのは時間の問題ですので、(2050年には人口100億人になると言われている)国営農園を確保し自給率を引き上げる国策を取るべきです。
この為に10兆や20兆紙幣発行して使っても将来のためですから、何も問題ありません。官庁舎作る金があったら経済活動になる投資をしなければ日本の未来はありませんよ?

投稿: 磯部 | 2011年11月 8日 (火) 02時08分

石破先生、アメリカは24項目から70項目の規制緩和を要求して来ました。
これでもTPP交渉に参加すべきと意見は変わりませんか?

投稿: s | 2011年11月 8日 (火) 03時24分

いつも拝読させて頂いております。
現行、一番日本にTPP加入して欲しくないのは領土侵犯しているかの国々だという気がするのですが。
そういう意味でも民主が交渉役ではTPPは退くも地獄進むも地獄。
アメリカと中国で日本への輸出品目は重なる部分が多いでしょ。
毒餃子やSHARPに起こった事を忘れられない身としてはアメリカと経済圏として対中スクラムを組んでおく事は必要な事だと思います。
米だけでなく日本の農作物は世界に誇れますよね。
ブラジルに移民した人達が南米で柿や梨を育てたので、ポルトガルじゃ柿も長十郎も日本名のままで売られています。
ワシントンでは1パック10$でも日本の苺(あまおうでした)は入荷の度に飛ぶように売れていました。
最近では生花も美しく長持ちするので高くても望まれていますね。
第三産業においても例えば物流のノウハウとサービスの質は世界一です。
一極集中、目標達成に向ける日本人の能力は目を見張るものがあります。
スタートで出遅れている分初期は苦しんでも制約の中で新しい発想や組み合わせを生み出す事に日本人は長けていると思うのですが……。
しかし現行の交渉役は民主党政権ですからね……彼等が平成の日米修好条約にしてしまいそうで、厳しいですね確かに。

投稿: 鎧豆腐 | 2011年11月 8日 (火) 05時07分

こんにちわ
国会審議、中継があっても見れない時は録画しているのですが、それを見るのも大変な時は結局見ずも多いですw先生の次回の質疑はネットで見させて頂きます。

河野太郎さんのブログを見て、「あいたたた~申し訳ない」と、厚生年金加入者の会社員の方々に頭の下がる思いです。私も過去に未納もあり、生活の大変な時に免除を受けていて、実際払えるようになってからも、「払う意味があるのか?」と、そのまま放置していました。数年前にそれが間違っていた事に気づき、過去に遡って全て支払いたいと役所に言いましたが、時効で10年しか支払う事は出来ず、ごめんなさいで10年だけ遡りコツコツ払っています。ですから私には、僅かでも年金を貰う資格など無いと、自己責任でやれるよう覚悟もしています。2年ほど前から京都の歯医者に通っているのですが、そこで手術をし、高額医療で治療費を受けられると聞きましたが、そう言う理由で申し訳なく、高額医療として受けられる治療費の返還請求はしていません。

何が言いたいかと言うと、辛くとも真面目に頑張って働いている人達が報われる社会であって欲しいと、それだけです。
裏でどんな汚い事があるかもわからないのに、勝ち組とか負け組とか、単純な言葉で、人を見る事の無い、職種や肩書きや収入の差だけで動く事の無い世の中であって欲しいと願っています。

私は30前後からアレルギーが出始め、食べ物はもちろん薬によってでも出ます。
ですから、薬に関しても、わかってる慣れた薬で無いとやばいと気を付けています。
歯医者ではジェネリックが多く、アレルギー申告はしたのですが、手術の際、飲んだ抗生剤が原因で、手術後半から胃痛腹痛を感じ始め途中でトイレに行かせてもらい、帰りは地下鉄や新幹線の駅のトイレで1時間以上こもったりで、蕁麻疹と胃痛腹痛に苦しみ、迎えに来てもらってた新大阪駅まで大変でした。食中毒では無いので下痢をするわけでもなく、胃や腸までが蕁麻疹で腫れて痛みが伴います。
帰ってからは、手術の局部麻酔も切れ、それも含め辛い一夜でしたww(笑)

これも何を言いたいかと言うと、tppでジェネリック扱いが今より増えた場合、どんどん変わる、そして増える薬の名前を覚えるのも大変な中、医療従事者が果たして全ての薬の成分まで理解できるのか?
その事も、私やアレルギーを持っている人達の不安でもあると思います。

薬で何か重大な問題があった時、ジェネリックの場合、患者も医者も、扱っている製薬会社に問い合わせても、ジェネリックの会社は「成分は大手の○○製薬会社ですので私どもはわかりません。そちらに仰って下さい」 大手は「作っているのは私どもの会社のモノでは無いのでジェネリックに仰って下さい」と言うのが現状だと、聞いています。
そう言う不備のあるまま、財政問題が理由でジェネリックを国は進めています。
何事もない人からしたらどうでもよい事ですが、実際余計なモノが混ざってないかとか、アレルギーのある私などからしたら命取りで、風邪などで内科にかかる時でも高額と言われていても出来るだけ慣れた薬を服用しています。

そんな事なども踏まえたうえで、tppを進めるなら進めるで、慎重に進めて頂きたいと思っています。
頑張って下さい。

それから、安倍元総理が家族会での講演で今回の件を間違ってると言って下さったようですね。出来れば党内の金北朝鮮テロリスト万歳派に強く抗議して頂きたい思います。安倍元総理にももっと頑張って頂きたいです。

投稿: 大阪の女性 | 2011年11月 8日 (火) 07時38分

TPPの問題についてどこまで視野をもって意見してるかと言ったら一部の決まり文句や流行癖のような部分が多いでしょう。少なからず繋がる部分があると思うのですが大学の商学でこんな授業がありました。ある賑わう商店街があり大手百貨店が駅前にできようとすると専門店の方々が猛反対をして郊外の高速道路近くに建つ事となった。しかし結果的にはそっちに人が集まるようになり商店街はさびれやがてシャッター商店街になったという。中途半端な先入観や常識的な考えは単に視野がせまいだけなのではないか。視野をどこまでも延々と広げる事が良い答なのでしょうが、失敗から沢山学べる事ならむしろ失敗した方が良い時もありますでしょうが。TPPは難しい問題でしょうが政治家が日本の税金の使い方を失敗して許し難きものはいくつかありますね。失敗したつけを全国民にまわして呑気な人達を人間として正常かどうか疑わしくなります。まして道路など確信犯でしょうにさらに厳しい規律のない政治家に支持率など上がるはずもないでしょう。テレビなどもない江戸時代新撰組があれだけ支持されたのも厳しい規律がありそういった向上心が人から人へ素直に伝わりやすかったのでしょう。実効性が難しい今の制度にも問題あるかもしれませんがもっと人の中身が成長できる社会であってもらいたいものです。

投稿: 玉川 | 2011年11月 8日 (火) 08時39分

石破議員
>医療、保険、ISD(S)条項などについてのご懸念が多いことも承知いたしました。これらにつきましては近日中に整理して私なりの考えを申し上げます。

遅すぎます。

投稿: タマ | 2011年11月 8日 (火) 09時10分

石破先生
前回の記事のコメント欄は予想通り?というか辛辣なコメントが多かったですね。
「まずは農業について述べる」という趣旨で仰っているのに「農業以外が云々」と言いたい放題するのは、人の話を聞く姿勢の無い方々なのか、新聞社や業界の工作員なのか。そんな疑問を持ってしまいました。

TPPについては、交渉の糊しろがどれくらいあるのかを国民が知らないのが議論を建設的なものにできない最大の問題かと思います。
既にある条項をそのまま批准するとどうなるのか、どれだけの条項をどこまで飲め、どこまで飲めないのか。
私個人は官僚のネゴシエーションスキルに疑問は持っておりませんが、やはり指揮官である現政権の理念や姿勢が問題だと思っています。
鳩山政権、菅政権の明らかな革命政権よりも、何も明かさない政権だけにタチが悪いと思います。

現政権のままTPPへの交渉参加は、石破先生と同意見で、反対せざるを得ません。
現政権のままTPPへの交渉参加を行うことは、どなたかが仰っていたような、下手すれば盲腸で自費200万円支払いの社会・・もありえるんじゃないかとすら思えます。

郵政民営化の際も郵便貯金・簡保は狙われたと思いますが、それを必死に阻止した方々がいらっしゃったとの認識です。
しかし現政権にそれは期待できないような気がします。


ちなみに・・半分勝手な妄想の範囲ですが・・
恐らく、菅総理が「平成の開国」と述べてから随分時間が経ってからTPP反対論が加熱してきているわけですが、時既に遅く、既に政府はTPP参加推進をまい進して準備万端状態と考えています。
だとすると、この遅すぎる反対論加熱は、「国民の多くが反対」「TPP交渉決裂」をカードにしてオバマ政権に迫る交渉術なのか?・・とも思ったり・・考えすぎですかね。汗

投稿: ぱなとりん | 2011年11月 8日 (火) 09時44分

石破先生 おはようございます。 お忙しいなか いつも読んで頂いて ありがとうございます。国会予算委をみています。民主党にはannoyannoy 平岡大臣のannoy 一般人も見ています。こんな人がannoy 国民目線に なりなさい。茂木議員に ハッキリした態度を取れと言われて慌ててるannoy休みなので 見ていますが やはり一刻も早く自民党政権にsign03普天間問題も時間ばかりかかってるannoy 突っ込まれたら勉強しますとばかりbomb ペーパーをみないで ハッキリ自分の考えを言えよって感じが します。
今日から立冬snowお身体気をつけてくださ~いheart01heart01heart01 早く日本国建て直しをsign03

投稿: pappy | 2011年11月 8日 (火) 10時40分

TPPに関してだけは、石破先生にはがっかりしました。
今日本は危機的な状況にあると思います。
アメリカは70項目もの対日要望書を提示。郵政、医療、金融、保険、政府調達、
医薬品、食品の安全基準、などなど 日本が交渉に参加したあと、規制緩和を求めてくる、いや 日本の交渉参加の条件と位置づけている。つまりTPP参加で日本は丸呑みせよ です。
私はアメリカは同盟国として大切だと思います。でも協定はまず国益を第一。
そして相互利益であるべきだと思います。TPPにおいてアメリカに相互利益の精神はまったくみあたりません。
関税自主権をなくしてしまうこのような売国てきなTPPに 日本人は危機感を持っています。
在留邦人(米国)ですが、現地ニュースを見てもいてもオバマに その精神があるように見えません。
石破先生がTPP参加に反対してくれなかったことを 残念に思います。

投稿: テリー | 2011年11月 8日 (火) 10時55分

7兆5千億円、円高の問題に投資された問題を難儀されておられますが、仮に今日(私はレート取引しませんので何円水準か詳しくはありませんが)決して7兆5千億円は溝に捨てられた訳ではなく世界の情勢によりどちらに転ぶか分かりませんが手数料さえ払えばその時のレートに従い返ってくるのは分かりきった事であり、どういう訳かギリシャ問題なども解決しないので世界の資本家は円に頼っているのです。この資本家達も大半は愚かな者で円高が進行してから資本を円に変えているような者は結果的に円が危ない風潮や1000兆円の国債が返せないなど事件が起こればバブルが弾けるが如く大損します。日本人にとっては成長著しい国家、(私はウォンは今後高くなると思うのですが)日本円に潰れない程度買っておいてバブルが弾け、相手国が成長している瞬間に換金すればこれは錬金術のように儲かる訳だし、7兆5千億円の投資で僅かに三円しか変わらないと言われますがこの三円で輸出企業は少しも助からないと言われますか?私は日本が抱えている国債を考えれば現状は輸出企業は三円取引で助かり、またバブルを弾かせず長期的にひこずるやり方でどんどん海外のアホな投資家が円買いをして円高になればバブルが起きて換金すれば日本国はボロ儲けで損をするのは海外の後に続いた投資家です。最初に投資した人物はお金を守れるでしょうが…なんせ私は頭がお花畑の人間側ですので、まぁ磯部様にはよく伝わらないだろうと分かりつつ長文を書かせて頂きました。磯部様もお花畑の人間相手に腹を立てる必然もありませんね。

投稿: お花畑の脳みその幸獅慈から磯部様へ | 2011年11月 8日 (火) 11時41分

民主党支持者です。
石破議員はTPPの議論に参加すべき、という見解を示されております。
私はTPP反対です。しかし、石破議員を見放そうという考えはありません。民主党支持者でありながら、石破議員にはいい思いをさせていただいているからです。民主党議員の誰もが持ち合わせていない優れた資質をお持ちだからです。
私が評価したいのは、ここでは賛成・反対の議論がなされていることです。改めて石破議員の大きさを感じます。
戦前は力を持つ側が日の丸、君が代、天皇陛下という抑圧装置を用いて世論を一定方向に誘導し、国民もそれに乗ってしまいました。最近でも我々国民が小泉元総理に80%を超える支持率を与え、日本の国のありかたをアメリカに委ねるような政治を許しました。その結果日本は疲弊し格差も拡大して、日本社会独自の長所が失われました。TPPにおいて我々は郵政民営化の時のような熱狂に陥ってはなりません。TPPに賛成の人には日本の社会、文化や国益を守る具体的な提案をしていただきたいし、反対の人には外圧によらない政治改革や行政改革を追及していただきたい。
世論を一定方向に誘導する動きや熱狂には注意を払わなければなりません。ひとりひとりが自ら情報を得て自ら決めることが大切です。戦前の轍を踏まないために。ここにこられている皆さん。今一度、石破議員のご見解をお読みになったらどうでしょうか。

投稿: hesomaru | 2011年11月 8日 (火) 12時05分

石破さん  長駄文、ご容赦下さい。
≪TPPは非常に高度の国家戦略 その2≫

直近では嘗ての郵政民営化の場合と同様、TPPに「アメリカの陰謀」という形容が屡々為されている。
米国は歴史的に胡散臭い「陰謀」に支配された時期もあったが、此れを「戦略」と表現すれば、半面では正しい認識だと思います。アメリカは国際政治の荒波を、冷戦時代には二極の一方を担い冷戦後は相対的な弱体化に苦悩しながら唯一の超大国を張って来た歴史を持っている。また、元々の狩猟民族性を更に20世紀的に磨き上げて来たのですから、獲物の行動パターンを知り其れに応じて仕掛けを施し逃げ道を塞ぐ戦略は、当り前の思考だと。国益を背負って国際政治の舞台では当然の思考だと。但し、最近はネオコン流を含めて少しやり過ぎだったという自省もアメリカ国内で起こっているようです。

残る半面では日本は、アメリカや他国の「戦略」に恐れ慄いて、国家の命運を賭けて正々堂々の闘いを避けたり、“昭和16年夏の敗戦”の如くその命運を現場の成り行きに任せて来た。「国家戦略の無い日本に問題あり」と正しく認識されるべきだと思います。例えば、当時の状況では吉田ドクトリンは正しい戦略だったが、その後の日本の経済的繁栄と大国化の流れの中で其れに替わる国家戦略を日本政治は永く創らなかった。
此の明確な「戦略の欠如」こそが、20世紀日本の三流政治を造り、「悪賢いモグラ」を生み、対米追従外交という議論の余地はあっても大局的には正しい無様を生んだのだと。日本の政治もそろそろ21世紀化して、取り敢えず二流に格上げして欲しいものです。

重ねて、TPPは≪非常に高度の国家戦略≫に課された試金石だと。
アメリカは、胡散臭い陰謀ではなく、公明正大に(勿論程度問題ですが)国家戦略としてTPPに向き合うのか。
日本は、アジアの大国として地域の利害や秩序も視野に入れつつ、国家戦略的にTPPに向き合うことが出来るのか。
私の此処での問題意識は、一つAmongOthersには中国への対応です。
米国の一部が「対中包囲網だ」と公言するTPPは、日本は明確に否定する必要がある。其れだけではなく、そのTPPに反対している中国に対して、日本は明確な戦略的なメッセージと行動が不可欠だろうと。
日本は未来永劫中国とは隣国なのであって、米国とは全く事情が異なる。
日本は、古代から中国文化に通じて同時に近代には西欧文化や価値観に通じている、唯一の大国です。米中間には頭脳の理解は可能でも皮膚感覚レベルの文化的理解は皆無だろうと。「日米中正三角形」論は愚かだったが、日本には米中の陰謀闘争の間で果たすべきまた果たし得る重要な役割がある筈だと。
【今のTPP一本遣り? 複数のバイ? バイandマルチ? 要は中国をどうするか?】が、今真に考えられるべき戦略要素だと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 8日 (火) 12時21分

今回のTPPに限らずアメリカとISD締結したFTAでも大変な問題が続出しており、何より最大の問題はTPPは自由競争の促進や市場開放が目的ではない、と最初からオバマ大統領は発言しているにも拘らず推進派は「単なる経済問題」と誤魔化そうとしている。

これは市場原理に則る経済運動ではありません。経済問題で解決できない国家主権を米政府が介入するための手法の一つなのです。紛争を解決するのに相手国は自国の法律で判断することが許されません。
アメリカの判事がアメリカの議長が裁定するわけです。しかも米韓では韓国側から訴えることも許されない。
TPPでは政府検討案を読む限り、協議で変更を希望する、となっているがはっきり言って「無理」です。既に期限はとっくに切れていて、今からルール策定に参加など不可能だし、した所で絶対にアメリカは認めません。ここが1番重要であり目的なのですから。

それに政府が試算した「10年間で2.7兆円」と言うのも大嘘です。そもそも輸出の内訳を見れば自動車など売り上げの大きな部門は既に現地で生産しており、関税撤廃となんの関係もありません。
しかも政府試算は2001年度の現在よりも遥かに為替レートもマシだった時の数値で計算されており今のレートでやり直せば経済効果は0どころかマイナスの可能性さえあります。

この辺の指摘をした賛成派の人の話を聞いた事は一度もありません。
賛成派の人の思考は恐らくは全く無知の人を除けば、参加しないと世界から相手にされなくなる、とかアジアとの取引が出来なくなる、とかの被害妄想に取りつかれているやうに思われます。
そんな事は絶対にありません。
なぜ今回の参加国が日本以外はこういっては失礼だが弱小国ばかりだと思います?
過去の経緯から大国を複数入れると、不利益があった場合、連携して脱退したり反対されるからです。
度々失礼だが今回参加国でアメリカに逆らえる国など一つもありません。
日本は最初から「NO」と宣言すればオバマの任期切れに間に合わなくなり諦めるでしょう。

・経済効果はほぼない。
・協議に参加して脱退は許されない。
・リスクとしては書ききれない程多い。
・過去FTAでアメリカは多額の賠償をせしめ てる。
・アメリカ以外日本経済に影響を与える国 はない。
・名前自体から嘘ばかり(環太平洋?)
・関税の利権は国家の主権と=だと理解し てない人が多い。

これで賛成する人は売国主義者以外存在するとは考え難いのですが・・・・
相手が韓国や中国なら即「朝鮮人だな」となりますが、アメリカ相手だと日本人は本当に頭が弱い人が多いですからね。
アメリカがいかに残虐で非常で卑劣な国なのかを知らない人が多い。
私は愛国者だがアメリカは同盟国としては信用に足る相手だと理解している。
しかし決して油断してはならない相手だと言う事を忘れてはならない。
近代世界の戦争の大半はアメリカが引き起こした経済戦争が発端だと言う事を。

投稿: 磯部 | 2011年11月 8日 (火) 12時33分

石破先生のことですから、農業に矮小化するつもりは無いと言うのは本当の事だと思います。
しかし、既に農業以外の事について語られて居ないことに対する不信感が争点となっている時期に、農業の事についてのみ語る内容のコンテンツを掲げるのは、この問題について詳しくないと言う事を暗に示す結果となっております。
IDS条項について語っているコメントもございますが、これが逆に米国に対して適用されたケースがあるのであれば、良いカウンターとなると思いますが、そういう事例を出す賛成派の方もおられず不信感を募らせるばかりです。
感想や理念ではなく、信頼おけるデータを元にした、メリット・デメリットについて冷静に示して頂ける事を期待しております。

投稿: zzz029 | 2011年11月 8日 (火) 13時30分

石破さんのTPPについての農業の考え方は明確であり納得させられる部分も多々ありました。

しかし、私はTPPの本当の問題は工業だと思っております。
TPPに参加しても工業製品の輸出は伸びない上、雇用がアメリカに奪われると言われています。

それは現地(アメリカ)に工場があり、アメリカ人はアメリカの工場で作られた製品(例えばTOYOTAのプリウスなど)を買います。
つまり、日本の工場で作られた車などの工業製品はアメリカには売れません。
すなわち、期待したより輸出は増えないということです。

では日本ではどうかと言えば、日本は内需で経済を回していますが、関税がなくなることで海外製品や逆輸入という形で海外産の工業製品が入ってくるので、日本の雇用が奪われデフレが進むのではないでしょうか。
オバマ大統領はもともとTPPをアメリカの雇用対策と位置づけており、アメリカへの輸出に期待するべきではないともご丁寧におっしゃっています。
TOYOTAやHONDAの自動車がアメリカ産になってしまい、今まで守られてきた日本産の国内需要が無くなってしまう恐れがあります。

関税というのは主権であり、ある意味経済の国境とも言えます。
安全保障に詳しい石破さんなら国境の大切さを実感して頂けると信じています。

投稿: Kimy | 2011年11月 8日 (火) 16時32分

自民党稲田朋美議員のコメント
そのとうりだと思います。一度目をとうされるといいと思います。
韓国は今FTA批准で国会はおおあれです

投稿: 栗 | 2011年11月 8日 (火) 18時10分

石破しげる様

やっぱり、民主党は誰が代表でもまとまらない。
意見が違う人が同じ政党にいるのはおかしい。割るべきです。
菅も然り、野田にしても、党内さえまとまらないのにしゃあしゃあと世界に発信しようとする空気の読めなさ。
大事な領土問題は抗議もせず放置。
国民不在の政治はもうたくさんです。
民主党議員は自民党に政権を渡さない事にこだわっているのでしょうが、それは国民が決める事だと思います。
一日も早い解散総選挙を望みます。
明日の予算委員会頑張って下さい。

投稿: 東京都 主婦 | 2011年11月 8日 (火) 19時16分

石破先生お疲れ様です。

TPP
項目24から70項目に増えましたね〜

TPPに何故参加反対なのか?

参加しなければ内容教えてやらないよ!と言って隠し嘘をつく!からです。

こんな事言う子は子供間でも嫌われます!し相手にされません!

医療も郵便も電波も私達の生活に関する全てに本当は関わってくるのに農業だけ!と騙す政府とマスコミ!

牛丼が安く食べられるよ?

でも失業者増えて食品添加物入った食品しか食べれないから病気になったけど医療費払えないから死ぬしかありませんね〜


これが未来の日本ですよ!

何故

日本の政治家はアメリカに付くのか中国に付くのかしか考えないんですか?

日本から発しないんですか?
グローバル?

TPP参加国に中国もロシアもインドも居ませんが(笑)

TPPなんてアメリカの植民地政策でしょ?

どこか一国だけが幸せなんて可笑しいです!
本当のパートナーシップって互いがお互いを幸せにするもんじゃないですか?

友達ってアメリカは言うけど言う通りにしないと報復するぞ!は友達に言う言葉じゃない!

アメリカの言う事を聞かないなら守って貰えない?
本当に守って貰える保障なんて無い幻想を捨ててとっとと日本が日本を守れる憲法に変えて下さい!

最近また中国漁船が日本の領海に無断で入って来ましたね!

もうアメポチも嫌だし
中国や韓国やロシアに舐められるのも嫌です!

TPPのような不条理な条件を飲まなければ守られない日本なんて日本の為に死んでいった御先祖様に申し訳が立たないしこれからの子供たちがあまりにも可哀想です!


先生は如何思われますか?

投稿: お花畑からの生還者 | 2011年11月 8日 (火) 19時32分

石破様

>もっと批判的なご意見が多いかな、と思っておりましたが、冷静なコメントも多く寄せられたことに感謝いたしております。

10月28日の石原都知事会見では、石破さんと逆で、「賛成派がもっと頭を冷やしたほうが良い」と言っていますが、全く同感です。
ゲノムの問題にしても石原知事のほうが深い洞察力を持っているように思いましたが、これからISD条項を検討するなど、本当に遅すぎます。
石破さん、真剣に考えてものを言っているのですか?

賛成議員はよく勉強しないでイメージ・抽象論で発言しているというのがよくわかりました。

投稿: ひで | 2011年11月 8日 (火) 20時26分

石破様

>もっと批判的なご意見が多いかな、と思っておりましたが、冷静なコメントも多く寄せられたことに感謝いたしております。

10月28日の石原都知事会見では、石破さんと逆で、「TPP反対。賛成派はもっと頭を冷やしたほうが良い」と言っていますが、全く同感です。
ゲノムの問題にしても石原知事のほうが深い洞察力を持っているように思いましたが、これからISD条項を検討するなど、本当に遅すぎます。
石破さん、真剣に考えてものを言っているのですか?

賛成議員はよく勉強しないでイメージ・抽象論で発言しているというのがよくわかりました。
石破さんを過大評価していたようです。

投稿: ひろ | 2011年11月 8日 (火) 20時37分


石破さんの明日の質疑楽しみにしています。
 自民党のスタンスとしては、TPPに絶
対反対!ではないが、現時点において政府の説明不足により、メリット、デメリットが明らかでない事。また、例外無き関税撤廃の参加交渉を熟慮しないで短期間で決めていいのか?という内容で良いのですか。

 高村さんがBSフジにて発言されていました。私は、インドも中国も入らない「アジアの成長を取り込む」と玄葉大臣が言っても説得力が無いし、「バスに乗り遅れるな」みたいなミスリードを発信する報道機関や経済界、学者、文化人の世論誘導は、日本人を愚弄した物言いです。

 米国追従の「日米経済調和対話」なる名前を変えた米国要求をいつまで聞き続けるのですかねぇ。そして日米安全保障論に話しをすり替えるのもどうかと思います。谷内さんなんかは、典型的な方ですね。

 日経・CSIS・・・シンクタンクのサイトにTPP推進論を掲げる方が、ズラリ並んでいました。石破さんの名もありました。

 私は日本主導で、インド・中国を取り込んで別のものをやるべきだと思いますが。

投稿: kayo | 2011年11月 8日 (火) 20時50分

まずはイデオロギーに囚われず、チャンネル桜のTPP討論をご覧になってください。

情報を持つ者が勝ち、持たざる者が負ける。

TPPに反対する人々が提示している危険性を正面から見据え、それに答えてください。
私達は、あなたを国民の代表として選び国政の場へ送り出しました。
どうか、お願いします。

http://www.youtube.com/watch?v=buBpYJO3Vro

投稿: はち | 2011年11月 8日 (火) 21時29分

「衆議院予算委員会質疑」?


日本の衆議院予算委員会質疑はその題名のように、国会議員が予算についてを日本国民の為になるのかその主旨内容金額の正当妥当性を議論しているものでないなら、改題するか、あるいは本当に予算について関連のある議論(質問)をした方が良い。

それと、いちいち閣僚が質疑応答のために、椅子から立ち上がり前に出てきたり引っ込んだりする時間が勿体無い。椅子にマイク(机でも)をセットすればすぐに答えらる。


質問にしっかり答えない姿をみて日本の若者が育ってしまう。これから日本を背負っていく若者が「日本政治家は人間性レベル(品性)が低い」と失望しないためにも真摯な質問と真摯な答弁をして下さい。

投稿: KK | 2011年11月 8日 (火) 22時34分

円高対策に安住大臣が約8兆円を使った。(前財務大臣現野田総理は4兆円を既に使っている)
根本解決でなく一時的対処療法。

韓国為替スワップの為に5兆円プールしている。

そんなお金があったのなら、3月の時点ですぐに東北のために復興財源として使う事ができたんじゃないか!!復興予算増税しなくてもあったではないか!円高対策のお金まだまだありそうではないか!


何故追及しないのですか?

投稿: KK | 2011年11月 8日 (火) 23時14分

別の視点からTPP成立した場合の利点と欠点も探って情報交換の輪を作り、例えば南米のある国のケースなどを検証してみて、その国にとっての障害物を参考にしあうのは当然の話だと思います。万が一、最大の加盟国のアメリカに懸念のある国が多数あればTPPの決着を先に伸ばせ、その間に民主党から自民党へ政権移行などというシナリオも描けるかもしれません。そうなると結局は自分で決めたいであろう民主党の野田内閣が阻止してくるかもしれません。まぁ阻止する気配があれば民主党にとって何らかの利益配分を隠し持っているに過ぎないでしょうから、調べて追求し、多少牛歩戦術を使わせてもらえばその間に民主党はタイムリミットで政権交代が図れるかもしれませんね。ちょっと安楽的過ぎでしょうか?

投稿: 幸獅慈 | 2011年11月 8日 (火) 23時23分

山岡賢次の苗字ロンダリングが凄い


山岡賢次は在日である。彼の通名は「金子賢二」
昭和18年4月25日生まれで、安田生命の保険外交員の時に山岡邸に出入りしはじめ、
世間慣れしていない山岡荘八夫人の歓心を買い、言葉巧みに秘書に潜り込んだ。

そしていつの間にか一人娘の長女・秀江にいいより、やがて結婚に成功する
成りすまし在日のパターン通り、養子縁組

山岡荘八の本名、藤野姓を名乗り「藤野賢二」となるがほどなく「藤野賢次」と改名。
これにて「金子賢二」は完全に消滅。

山岡荘八は、名作「徳川家康(26巻)」の完結は昭和42年であったが晩年は健康が優れず昭和53年9月に逝去。
それを待ち受けたかのように、今度は「藤野賢次」を「山岡賢次」に変え
自分が山岡荘八の血のつながった息子のように装って参院選挙に打って出た。

利益をもたらす相手にこびるのが得意な人間で今は小沢の提灯もち。


この男の実父の名は「金子武吉」。
そしてこの男の本名は正真正銘「金子賢二」である。
そこから 「金子賢二」→「佐藤賢二」→「藤野賢二」→「山岡賢次」と名前が変遷している。
こんなにも名前を変更しているのは、はっきりと「異常」である。


朝鮮人が帰化して、国籍と本名をどんどんロンダリングした
日本で一番糞な政治家。

朝鮮人が国家公安委員長なんて外国じゃ暴動が起こるレベル。

「CIAにアルカイダが紛れ込んでるようなもん」

投稿: マルチ山岡こと金子=金 | 2011年11月 8日 (火) 23時40分

国民の安心と安全を守るための規制は、まさに日本人自らが決めるものであり、個別の問題において互恵的に熟慮した後に相手方に理解を求めるべき法整備です。 24部会にも渡る分野において包括的に規制の完全撤廃を目標に歩みを進める協定に参加することは、このように拙速に表明できるはずのないことです。 非公開に審理を委ねるISD条項を備えたこの協定が、限られた受益者や、まして外国資本の利益にしたがって、我が国特有の文化・環境・風習と築き上げてきた法律を「アメリカ化」します。 「アメリカ企業の、アメリカ企業による、アメリカ企業のための協定」なのですから。 政府は自ら「閉鎖的な日本」を宣伝しています。 国民を守る規制を悪者だと言っているのですね。 日本国内のTPP論議を、海外がどのように見ているのでしょうか。「自虐史観を植え付けられて来た人々の、自虐史観を植え付けられて来た人々による、自虐史観を植え付けられて来た人々のための国家」だと、世界中が認識しているでしょう。 そして、そんなことはない!と思っていても、喧伝するマスコミや日本人を背中から降ろそうとしている大企業、口先だけのポピュリズム政治家を見ていたら、見渡せば我々が道徳教育の中で憧れてきた偉人は、今やどこにも居ない。 「かわいそうな日本」という本が出てベストセラーになりそうなくらいネタが満載な今日このごろです。 協定には「国民のために参加などできない!」と、軽く蹴飛ばすことが誇りある日本の姿勢だと信じたい。 そしてTPPなどに無駄な時間と税金を浪費せず、一刻も早く誇りあるグランドデザインを示し、東北の復興を進めていただきたい。

投稿: 鬼の平蔵 | 2011年11月 8日 (火) 23時56分

石破先生

今頃農業以外の分野を取り上げるとは、政治家として恥ずかしいです。

石原知事を見習ってください。

投稿: ひろ | 2011年11月 9日 (水) 00時10分

ブログ拝見致しました。

現時点で明らかになっている情報や状況をもとに推進派・慎重派の意見を見れば、推進派の考えに甘さや利己心を感じざるえません。TPPは農業だけでなく、他の分野でも非常に問題点の多い協定だと考えます。国益を鑑みても、世界情勢を鑑みても、TPPに参加して獲得できるであろう利益よりもリスクやデメリットが遥かに大きいでしょう。国会を無視し、国際会議で拙速なTPP参加表明など全くもってあり得ないことで、卑怯なことです。

確かに農業政策の改善は必要だと思われますが、石破議員の考え方と一致しません。日本は人口減少の傾向を続けますが、世界的に人口は増加しているのです。ということは、世界は長期的に食料危機に直面するのではないですか?食料争奪戦になる可能性も否定できません。日本はまず、“ブランド農産物”輸出を考えるよりまず食料自給率100%を目指して農業改革すべきじゃありませんか。国として、国民に安心で安全な食を保証していかなくてはいけないはずです。国民の健康を守る為に食は大変重要な問題なのです。

TPPに参加すれば、農薬・添加物・遺伝子組み換え表示の変更も提案されるだろうと明らかになっています。日本政府にその主張を拒否できるなどと全く期待できません。他国と協力して反対すると言われる方がいますが、そこに根拠や可能性を見ることができません。アメリカの主張が通れば、日本の基準や表示が変わる可能性があるのです。それで日本人の食の安全が担保されますか?
推進派は“ブランド農産品”と声高に言いますが、いったいどうやってその“ブランド”が出来たのかといえば、農家の努力、日本の厳しい基準があってこそではないでしょうか。また、原発事故以前ではそのような高価な日本産農産物が一部で人気があったのは確かですが、果たして原発事故以降はどうなのでしょう。同じか、またはそれ以上の需要があるのですか?さらにTPP加盟の9カ国のどこにそのような“ブランド農産物”の需要が見れますか?どこに輸出して、どれほどの利益が見込まれるのでしょう。日本国民の食の安全を犠牲にしてまでの利益があるのか疑問です。先日BSE牛肉の安全基準緩和のニュースが報じられました。このようなことではTPP交渉で日本が大幅譲歩させられるだろうことが目に見えています。推進派は“攻めの農業”などとスローガンを並べますが、国のやるべきこと、政治家がすべきことは、国民の健康と財産を守ることでしょう。安心・安全な食の確保は重要な問題です。農業政策の改善とTPPとは切り離して論じるべきです。
 
これまでに多くの方が指摘されているように、TPPには農業の問題だけでなく、医療・保険・金融・労働など重要な懸念事項があり、どれをとってもリスクが高すぎます。今回は、石破議員が農業に特化して書かれていたので私も農業に関しての考えを書かせてもらいました。

鳥取選出の政治家には失望され続けてきたので、どうかもう一度しっかりと日本の国益、国民の幸せを考え、熟慮されて頂きたいと思います。

いつまでも外国のやり方が良しで日本は遅れているという考え方は見直すべきです。福沢諭吉も言っているように。


投稿: いと | 2011年11月 9日 (水) 01時30分

石破先生、お疲れ様です!!
阿呆無大臣の公設秘書、政務官での給料?2重取りの件での返答が制度だからとか、自民党時代も有ったはずとか、金権政党だから入る金には、敏感に反応し、法の抜け穴を探して、私腹を肥やす!!だけの話ですよ!

該当月の公設秘書費は、その支給以外頂いて居ない!と言ってましたが、後任の公設秘書は、公設ボランティア?

他の大臣も同じ様に、政権取ったら、鈍感!

いや〜政権政党おいしい!
馬鹿らしい。突っ込みも甘い!!

ニヤニヤ笑ってましたよ、輩が!!

舐められてますね、丁寧な言葉使いで!!

歴史が判断するらしいですよ!

無能な3人の民主党総理が日本を駄目にした!と!

石破先生、本当に助けてください!!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年11月 9日 (水) 03時02分

石破先生  こんばんは
お疲れさまです。

TPPについて できるだけニュートラルに考えようと
最近は 賛成派もしくは推進派の意見をよく聞き見るようにしてきました。
 そうすればそうするほど 抽象的だったり 「TPP参加」から「国益になる」への過程がすっとんでたり
納得する論には出会いません。
 先日もネットで討論会があり 賛成反対 侃々諤々でしたが
会場から「TPPのメリットとはなんですか」と質問があった途端
賛成派の人は黙ってしまい しばらく沈黙の後「そこが難しいとこなんですよね・・」 ずっこけてしまいました。
 石破先生のTV出演も拝見しました。
 「協議に参加しないという選択肢はない」と 「締結には議会の承認が必要なのだから だめなら否決すればいいだけの事」
の主旨をおっしゃっていました。
 もしそうなら それはそれでよい事なのですが
 一番の当事者とも言える 玄葉外相は「いったん協議に参加してから 抜けるというのは 簡単にできることではない」と発言されています。
 どっちなのでしょう。

結局 裏にあるのは 具体的に説明もできないまま
「アジアの成長を日本の成長に」等の
スローガンをかかげて 実は緊迫度の強まる 日本を取り巻く環境下で
アメリカとなんとか良い関係を保ちたい という日米関係の修復なのでしょうか。
 なら 百歩譲って 理屈が通らなくもないですが とても効果的とは思えません。 というか 自国を自分で守る姿勢も見せないで ありえません。
 野田総理は 政権維持を民意ではなく
アメリカに支えられようとしているんでしょうか。

 東北の復興も遅れています。
同情やセンチメンタリズムからではなく
 東北のいまの状況を見るにつけ
危機感のようなものを感じます。
 世界中で 常に災害が起こります。
 それは自然のなせる業で完全に防ぐ事はできませんが
 その後の対応に その国の国力や民度や政府の姿勢の違いを強く感じます。
 あれだけの震災で 原発事故もあり 世界も見ていると思います。
 いざという時 その人の本性が見えると言いますが 
 国も同じではないでしょうか。

 言い方は悪いですが 苦難に耐える国民を置き去りに
 満足な説明もないまま 消費税だのTPPだの 外国で約束してくる等  客観的に見ても とても立派な国とはいえません。

 そこから脱却するためにも政権交代が起こり 私もそれを 一日も早くと願っていますが
 その時のことを思っても 石破先生の TPPへのより深い見解をお伺いしたいと思います。

 
  
 

投稿: M.K | 2011年11月 9日 (水) 03時11分

まず私は体を病んでいて数十年闘病生活をしています。

だいたい10年位の期間のデータで大学生活を除くと、最近ではGREEちょっと前は別のサイトのグループ層ですが携帯ゲームにハマってしまっている人間は今の政治問題を考えようという考えが相当深刻に離れているように思われました。携帯はほとんどの若者が持っています。特にグループを形成している者には何を言ってもTPPの是非すら関心がありません。だいたい20代〜40代後半まで二割を除いてほぼ無気力です。私もこの意識改革の妙薬はとても思いつきません。


丁度、参政権も持っていていい子供いる世代でしょうが、あまりがっかりきてしまい、私もリアルにヘコんでしまい、外国籍を得る事を真剣に考えてしまうようになりました。


このままでは将来的に政治家は給料を国民にカットされる反面、あまりに無関心な国民を束ねばならず、また不平不満も全て受け入れる、そんなとっぴな事を進んで行っても若年層を中心に関心の無さをひしひしと感じる政治環境であれば政治家は大変に不幸な職と思われます。


私のデータ収集に偏りがある事を祈りますが徒党を組むゲームでは徒党命に変わっていくようです。まともに政治に関心を維持しているのが二割程の世の中、悲しいですが亡国の憂いを見て悔しがる者より政治家を暗殺しようとする者がでる方が自然な流れに見えました。

闘病生活で故郷を東京に改めて私生活を送って調べたデータがこれでは悲しいです。


誰か否定出来る情報を求めます。悲しくて文章が書けませんし自分も意欲低下しているのが否定出来ず悔しい限りです。

投稿: 幸獅慈=あきらめがついてしまいました。 | 2011年11月 9日 (水) 03時45分

【村上誠一郎議員の質疑】

我々の聞きたかったことを纏めて訊いて頂いたという感じです。原発事故が終息しない。新たに核分裂が起きているという事態が先日公表されたばかりである。後手後手の対応を未だに繰り返しているのは、政府に危機管理能力が決定的に抜けているからではないか。初動対応のお粗末さが今もある。年内終息と前政権から言っていたことも、工程票の訂正を迫られているような事態になっています。司令塔と呼べるものが無かった初動対応と云うしかないわけです。官房長官にいた枝野氏は「ただちに影響はない」発言の数を数えて答弁していましたが、誰もそういう数を尋ねたのではない。この勘違い答弁で出てくる背景こそが、民主党の愚かさを示す証拠であると思います。村上議員はこの件についての質疑は、これが3回目であると思います。誰がこの事故の中心になって対応してきたのか?
 これに答える人物が、政府にいないという事実は実に重いものがあります。責任を持って対応するべき役職はあるように見えますが事態の認識が無かったということと、このあとどうなるかについての時間の経過を描く人が政権内にいなかったということではないですか。無能と無責任が民主党政権にあったということです。こういう事故は、コントロールできないと被害の拡大を招くだけです。細野氏のような文系の人がなにもわからぬまま原発担当大臣に居座ることの無意味さを、答弁から知ることは国民に絶望を見せるだけですね。彼はこの事故の最初から見ているだけの人で、冷却水が海水に切り替わったことに根拠も無いまま異を唱え、騒いだ人だと言われている。そして、東電本社に、菅前総理の名代として居座り、東電の監視をしていた人である。メルトダウンの意味も理解できないまま、5月になって、「認識が甘かった」と発言した。司令塔でもなんでもない使い走りの人なのだ。そういう人が大臣である。これで事故の終息が出来ると思う政権は責任を放棄したのも同じではないか。村上議員は、それを問題にしておられるのに、政府は勘違いしていますね。だから、議員は何度も「答えになっていません」と言っておられたのだと思います。理化学的な反応を正直にする事故に対して文系の人間が、その認識すら出来ないまま張り付いても意味が無いということが政府に解っていないということです。汚染水の放流を決定した人間が誰であったのかを国会で最初に官僚から聞きだしたのも村上議員である。政権に居座る無能で無責任な人脈がこの事故の終息を遅らせている。野田総理はそれに気がついていませんね。誰もそれを注意しない。村上議員はそれを心配しておられます。事故処理のコントロールができる人間を選び、その人に権限を与えてあたらせるという基本的な対応を、すぐにやらないと、大変なことになるような気がします。1号機と3号機は内部がまだよくわかっていません。4号機の燃料貯蔵プールが不安です。細野氏では不安ですね。

投稿: 旗 | 2011年11月 9日 (水) 05時17分

石破先生、お疲れ様です!!
追記

復興増税償還25年?

暫定税率の様に名前を変えて恒久増税になる?

財務省は、シナリオ通りですか?

疲弊するのは国民だけ!

宜しくないですよ、今の日本の政治!!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年11月 9日 (水) 05時27分

はじめまして
お疲れ様です。私もTPP反対です。

 自由化という言葉に縛られてしまっている、議員の方が散見されるのですが、そもそもこれ以上の自由化で一体何を望んでいるか分かりません。

 既に日本の農産品の関税率は低すぎて、自給率を保てない状況にきているのではないでしょうか?

 また、日本は韓国などより、貿易依存度は低いと聞きます。東京在住ですが、私の周りで海外相手の企業などはあまりありませんし、あったとしても、収益のメインとするまでにはなっていないことが多いのです。

 日本は、もう自由化などはセーブしてもよく、エネルギーや資源、食料の自給率を高めることで、内需だけでも回るようになるのではないでしょうか?

 エネルギーについては、原発の他にも海洋資源、メタンハイドレートなどの話を良く聞きます。
 
 なにもわざわざ、肉食獣が跋扈している、国際社会で勝負をかけ、弱者を守れないような日本をする必要はないのではないと思います。

 そういった観点で、何も分からない中、TPPに前のめりになっておられる人たちについては、もう少し冷静になり、単なるご自分の経験則だけで自由化ならなんでもよいなどとならないようお願いしたいところです。

それでは、失礼致しいました。

投稿: 柳 | 2011年11月 9日 (水) 05時32分

韓国へのスワップもそうですが、大事な案件に限って十分な説明がありません。


日頃、一円の違いで車を走らせてスーパーに行くくせに数千万の家は下調べもせずに買うようなものです。


投稿: 松濤 | 2011年11月 9日 (水) 06時12分

http://diamond.jp/articles/-/14765?page=2

極左ダイヤモンドオンラインの記事ですが、
反対派の意見を根も葉もないでっち上げと
決め付けた上で、「政府は~~だと言っている」と誤魔化しの答弁記事で占めている。
すでに保険やサービスへのルール変更の可能性が極めて大きい事はわかっているのに、記事を読むと「可能性はあるがこれから議論して拒否すればいい」と言ったお花畑理論である。
バカではなかろうか?未だかつてアメリカに対して日本の議員が面と向かって「NO」と言った事があるとでも思っているのか?

そもそも経済効果が殆ど見込めないTPPに
そんなリスクを負う必要性があるとでも言うのか?
『野村証券の川崎研一氏の試算によれば、貿易自由化によるわが国の実質GDPの押し上げ効果は、ASEAN+3が1.04%、日中韓FTAが0.74%、TPPが0.54%となっている。』

0.54%?
およそ2.7兆円は「10年間」のGDP増加ですが?この記事は明らかに誤認させるように
「10年」の部分を削除している。
そもそもこの試算はGDP500兆だった頃円がまだ100円前後だった頃の試算なはず。
私の考えでは限りなく0円に近くなる、と
推定している。
それどころか現在のペースで円高が
続けばマイナスになる公算も高い。
日銀が大量の増刷で量的緩和策を打たない限りは円高は止まるとは思えない。
安住はアホだから介入するぞ、と宣言してやるから投資家はその動きに連動して売買して利ざやでぼろ儲けだ。
瞬間的に円安に振れても再び買い戻されて
円高は続く。その背景は明確に円の不足があるからだ。

マスゴミは呑気にTPP賛成などと言っているが、市場開放の波は当然報道にも押し寄せてくる。日本のメディアは国民にそっぽ向かれて来ている。今アメリカのテレビ局や
新聞が来たらシェアを食われるのは避けられないだろうし、そうなるように米政府は
提言してくるだろう。記者クラブなんぞ解体される可能性もおおいにありえる。
まああんなものは無くなった方がいいけどね。

何度も言うが自由競争ではない。
今回は政治圧力のほうが問題なのだ。
賛成派が唱える「嫌なら拒否すればいい」
と言うのはせめて韓国や中国政府に歴史の捏造を止めろ!くらい言えてから語ってもらいたいものだ。
中韓如きに文句も言えないような政治家が
アメリカ様に楯突ける訳がないだろう。

投稿: 磯部 | 2011年11月 9日 (水) 07時22分

石原都知事が日本の首相で


企業経営と学校長経験がある和民の渡邊氏が日本の財政建て直しと官僚の意識改革を


石破議員が国防に


小泉純一郎氏が日本の外交を

してくれたらなぁ~

投稿: KK | 2011年11月 9日 (水) 09時03分

TPP慎重派反対派は、もしTPPに日本が入るとこんな不利益がありますよ、ということを色んな情報をもとに具体的に言ってくれるのに、TPP賛成派は実際に参加したら日本は何をするのか、ということをなぜ誰も具体的に言ってくれないのでしょうか。
まさかノープランで交渉のテーブルに着くつもりなのですか?

投稿: 相馬 | 2011年11月 9日 (水) 10時12分

石破さん 閑話休題≪日本経済の六重苦≫
11/9日経【永守重信氏の経営者ブログ:発想転換し、海外進出後押しを】

大企業経営者の中では予てから強い挑戦姿勢を示される稀有な存在である永守さんにして、今の六重苦の状況では、国内雇用の確保に心を砕きつつも企業の存続を最優先して海外展開を戦略戦術の主軸に据えられることは止むを得ないのだと思い知らされます。
その一方で、「企業が海外で稼ぎ、その利益で国内社会に還元する」という企業人の尊いご主張が、国家の政策になって仕舞っては、其れは嘗てのアメリカが海外アウトソーシングで国内の製造業を弱体化させた大失敗を日本が繰り返すことになると懸念します。アメリカは今その失地挽回に躍起になっているが、決っして順調とは言い難い。
同様に、昨今日本の一部で言われ始めている「GDPからGNPへ」という議論は、「有機的な雇用から、無機的な所得(カネ)へ」という誤った流れを作るのではないかと。
日本は国家経済戦略として、21世紀的な高付加価値産業Product産業の育成を一日も早く実行に移すべきだと。私見では、経産省の≪八ヶ岳構造≫が非常に参考になる。
須らく物事は、先ずは一歩を踏み出さねば、何も始まらない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 9日 (水) 11時31分

突然ですが、産業としての農業、あるいは国の政策としての位置付けについてどのようにお考えでしょうか?

中国やインドではインフレが起き、韓国ではスタグフレーションと呼ばれるものが起きています。日本では言わずもがなデフレです。

ご見識とは思いますが、あえて説明させて頂きますと、インフレとは給料が上がり、物価が下がる。デフレとは給料が下がり、物価が下がる。ではスタグフレーションとは?給料が下がり、物価が上がる。
バランスの問題はあるにせよ、概要はこのようなものでいいと思います。

それぞれが深刻のように見えますが、この中でも中国やインドのインフレは全く問題がないように思います。

何故か?それは中国もインドも内需によって農業の収入が上がり、結果として全体の収入が上がっているということだからです。

逆に韓国のスタグフレーションはこの中で最も深刻です。それは、内需によって伸びるはずの収入が輸入品によって賄われ、農業が廃れつつある結果だからです。

この場合何が起きているかというと、サムスン、LG、自動車産業といった外需に寄った分野では多いに収入が上がっているけど、農業はFTAによって収入が下がっている。

分かり難いかもしれませんので、産業の三角形を想像してください。この三角形、たとえば低所得者たる農業を底辺に据え、大企業あるいは大手資本の高所得者を頂点に据えたとします。

インドや中国では現状、底辺が広く支えられ頂点も高くあり、全体的に大きく伸びているように思います。
しかし韓国のように、頂点はどんどん伸びていても底辺も細くなっていけばこの三角形はどうなるでしょうか?

結論から申しますと、この三角形は非常に不安定になります。
すなわち三角形の頂点が鋭くなればなるほど、その頂点を追走する者は少なくなり、限られた人間しか登れなくなります。
またこの形はとても倒れやすく、頂点が倒れたときの反動が大きくなります。

今この形になっているのが、まさに韓国です。

つまり、収益が少なく底辺たる産業だからこそ、基盤となりうる産業なのです。

実際GDP上位の国々は農業に力がありますし、そのことは農業輸出に力を入れようとしているアメリカの姿勢からも明らかだと思います。

様々な問題を抱える日本の農業ですが、だからといってどうか軽んじないようにお願い致します。

投稿: k.s | 2011年11月 9日 (水) 13時32分

TPPは難しいですね。

産業は発展するだろうけれど医療、保険は荒らされるかもしれない。

反対に産業が衰退すれば今の医療制度も成り立たない、日本の経済が崩壊状態になれば否応なしに外国流を受け入れなければならなくなりますし、難しいです。
過去、大店法もアメリカの要望でできたと言われますが、結果アメリカの小売りが日本で成功したとは言えませんし緩和でかならずしもアメリカ流が定着するわけではないと思います。

選ぶのは日本人本人なのですから、アメリカが参入できる見込みがない部分にはそこまで要求してこない可能性もあるかと思います。
アメリカも日本から反発を食らって不買運動となることも痛手なのですから、バランスは考えるのではないでしょうか。


一方で日本が経済大国から転落して金で物を言う力が落ちてくれば、今回以上にアメリカがつけこんでくる可能性があるんじゃないかとも思ってしまいます。

日本にとって一番怖いのはアメリカの怒りを買うことなのではないでしょうかね。

言い方は悪いですが自民党時代はアメリカのわりには日本優遇で、今後一転して日本に不利な法律をわざと制定したり日本外しを露骨にやってくる可能性もあるのでは?

友達に例えると日本は残念ながら金持ちだから相手にされるだけで、金がなくなれば用なし、スネ夫のように金て珍しい新商品を買いそれで人を引き付けておくような金で求心力を得る立ち位置だとは思います。

アメリカジャイアンと仲間になるためには貢がなければならない運命なのでしょうね。

お金を注ぎ込んで友達になってもらっている状態ではありますし、それを維持できるのも産業、経済があってこそでもあるでしょうし。


これから世界皆新興国に近い時代も来るでしょうし、良好な関係を作っておくためにも開放したというイメージは作っておきたいのかもしれませんね。


とても難しい判断だとは思います。

投稿: ブサカワ三郎 | 2011年11月 9日 (水) 14時14分

石破先生

本日 予算委員会の質疑を拝見しました。

ほんとうに 私が政府に聞きたかった事を
次から次へと質問され
大変にうれしく おおげさではなく感激いたしました。
ありがとうございました。

先生は国民の代表なのだと思いました。

誰もが疑問な素朴とも思える まず知りたい質問も多く 今までどうしてなかったのかと 不思議です。


これからも どうかご自愛いただき
ご活躍下さいますよう よろしくお願いいたします。

 

投稿: M.K | 2011年11月 9日 (水) 15時40分

今日の石破さんの質疑を観て、恐ろしくなりました。
経産大臣の枝野さんはISD条項を全く理解してないじゃないですか!コレばっかりは勉強不足で片付けられる問題じゃない、こんな無勉強な人間がマトモに交渉できるわけがない。
このままだと幕末に結ばれた不平等条約をまたアメリカに結ばされますよ。
民主になって胃が痛くなってばかりだけど今回ばかりは冷や汗が出ました。
 

投稿: ぴろ | 2011年11月 9日 (水) 15時50分

国会お疲れ様でした。
本日拝聴致しておりました。
今日こそは、政権交代をした事に本当に残念に
感じた事はないかと思いました。
国防、農業改革案、これらは、安全保障の原点かと
民主党政権では、TPP,交渉も国防も不安です。
兎に角、民主党政権を解散に持ち込んで行く方法を
考えて下さい。時間がないように感じてます。
寒さが増してきますので、お身体をご自愛下さいませ。
先生の質疑に感動をしました。ありがとうございます。
ちまたは賛成派と言う方が多いのでしたが安心しました
いちご

投稿: いちご | 2011年11月 9日 (水) 16時05分

石破先生もご承知のように、わが国は、昭和29年ごろからの、高度経済成長政策の流れの中で、農業については関税や、補助金による保護や、農作物の価格保証により、一定の経営を保証してきました。

しかし、このような農業政策による国費の圧迫や、WTOの加盟による農産物の貿易自由化などで、大きな影響を受けている事も事実です。

特に本州以南の小規模経営農家では、農業で一家を支えることは困難で、農家の重要な働き手がサラリーマンなどになり、農業は副業化せざるを得なくなりました。

当然、省力化のため、小規模ながら、機械化が進み、農家は、高額な農業機械のローン返済に苦しむことになる。

一例として、稲作農家の場合、1haあたり、諸経費を差し引けば、収入は約60万円程度。これじゃ、生活は困難で、都市部の工場労働者になったわけです。(実は、これが工場労働者不足に悩んでいた政府の作戦だったのかもしれないが…。)

もちろん日本農業も付加価値をつけた畜産・園芸・花卉・果樹栽培も増加しています。

コメについても、冷涼な北海道でも、ゆめぴりかなど、本州の品種に負けない品種改良は、めざましい。

前述したとおり、日本の自然環境は、気温・降水量(豊富な水資源)・土壌(落葉樹による腐植土)ともに農業に最適といっていいでしょう。

土地価格と、平坦な耕地不足を除けば…。

しかし、今後、さらなる規制緩和により、農家以外のやる気のある人や企業にも農地を取得できる法改正が必要です。宅地転用・脱税・資産隠しが、できないよう付帯条項をつけて。

次に、生命工学の農業への応用をして諸外国と対抗すること。これは、日本人の望むところでしょう。

さらに国民のニーズに合致した高品質かつ、安全性の高い農作物を生産することは、同時に、海外市場でも求められていることです。

2050年には、世界人口は、確実に90億人を突破するでしょう。

これらの人々が、確実に口を開いて待っていてくれる産業・それが農業なのです。こんな展望の開けている産業は、まずないです。

この大きく、確実な消費力を背景に、日本農業が世界に進出できる絶好のチャンスだと思っています。

諦めは、すべての可能性をゼロにします。

私は、先生の農業・防衛などの諸政策に、ほとんど全く同意できます。ご活躍を心から願っています。

投稿: 豊嶋 孝  | 2011年11月 9日 (水) 16時23分

本日(9日)の予算委員会での質問を見ていました。
事前通告無しとはいえ、枝野経済産業相のISD条項の答弁には呆れてしまいました。(トンチンカンな答弁で、これから交渉しようとしている人とは思えません)

投稿: とおる | 2011年11月 9日 (水) 17時34分

石破さん
TPP反対を唱える人達の要素を忖度するに‥、
19-20世紀の快適さを引き摺って、21世紀の今の時代に求めている。
米国のみならず世界各国が鎬を削り切磋琢磨する状況を知ろうとしない、
パラダイムシフトの世界では、立ち止まることは後退だという認識が無い、
日本には世界に通用する資源が人財と智慧しかないのだという認識が無い、
江戸末期同様「門戸を開く、新時代への対応はしない」安易な反対、
日本文化本来の質実剛健を無視し、今のチャラチャラ文化の延長で考える、
日本の先端的な経済産業界の技術的優位を実感できていない、
その技術的優位をカネに換える「挑戦心と智慧の欠如」が日本の経済産業に災している実態が認識できていない、

以上を俯瞰するに‥、
時代錯誤、未成熟なもの既得権者の意図的なものが混在している。
21世紀世界の現実への無知、未熟と既得権者の意図的なものが混在している、
日本(人)に対する不信と自信喪失、政治経済界トップの「負の業績」です。

更に私見に従って纏めれば‥、
21世紀は、走りながら賢明に考える時代だと。
其の為には、先ず決然として一歩を踏み出すべきだと。
一方で、予期と違う事態には、「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」として決然と軌道を微調整するべき時代なのだと。
其れ故に、未熟な政権与党が経済大国を運営し続けることは、国家国民に厄災を齎すだけでしかない。
其れ故に、「善き政変」、「善き政界再編」、「政官財の世代交代」が重要だと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年11月 9日 (水) 19時17分

石破先生

お疲れ様です。

YouTubeで予算委員会での質疑を、拝見しました。

私達庶民がTPPに抱く不安・疑問、暴走独裁の野田総理への怒りを踏まえて、論理的に熱く与党に切り込んで下さって、ありがとうございました。

TPPへの自民党のスタンスが解って安心しましたし、参加表明ありきで国民を騙す事だけに全力を尽くす、民主党執行部の酷さが鮮明でした。

石破先生の質疑が放送されないなんて、日本国民の利益を損なっています(笑)

石破先生と自民党を、応援しております。

投稿: 桜餅 | 2011年11月 9日 (水) 19時20分

【東北で遺棄された家畜の命】

 本日の石破さんの質疑から、思ったことですが、民主党政権が、命ある動物たちの命を見殺しをすることが、これで2回目となる。命を守りたいと言った鳩山は、口からでまかせを言っていたことが、またしても証明された。彼等は、共にこの地球に生きる生命への理解が無い。原発事故で避難を余儀なくされるのは、そこに住むすべての命であるはずだ。全部の救済は無理でも、ノアの箱舟のように可能な限りの努力をすることが人に課せられた義務である。縁のある命はもっと大事にされなければならない。我が家には1匹の猫がいる。この猫が我が家に来ることになったのは偶然である。片手に乗るほどに小さかった命は縁があって我が家に来たとしか思えない。当時は失業して間もない頃で、生活上の余裕はなかったが元気を出す原動力になってくれた。やがて職を得て、今がある。私はこの子猫に救われたような気がします。それから23年。猫は老いたが、まだまだ元気です。縁があって我が家に来ることになった命を大事にしたいと思っています。宮崎で殺された牛や、東北で飢え死にした家畜が哀れでなりません。鹿野農水大臣がなんとかすると言って頂いたことで、期待したいですね。人を優先と云うのは、方便である。宮崎で殺した命の数だけでも助けてあげることが出来たのではないか? 民主党は命の重さを知るべきである。民主党は人間の血が通っていないのかと思っていましたが、本当に鹿野大臣の言葉に期待したいですね。

投稿: 旗 | 2011年11月 9日 (水) 19時32分

石破先生、お疲れ様です。

ブログや、ネットの動画などで、先生のご発言や、ご活躍をいつも見聞させていただき、大変勉強させていただいております。

先ほども、11月9日の予算委員会の石破先生の質疑を拝見させていただきました。

私は、石破先生がTTPには参加すべきであるという、ブログを拝見しまして、石破先生のお考えが、今一つわかりませんでした。

そもそもTTPというものがどういったものであるか、国民に向けられた情報があまりにも少なく、また抽象的で、私が情報のよりどころとしますのも、主にネット配信のニュースや、動画での有識者の開設などの解説によるところからが、そのほとんどです。

私は、先の衆議院選挙で民主党の候補者に一票を投じました。しかし、今現在、そのことを深く反省し後悔しています。

その当時は民主党が売国政党であるという事実を知らず、また、民主党の言っていた、耳当たりのよい数々の政策をうのみにしていたからです。

しかし、民主党が政権となり2年が過ぎ、本当にひどい嘘つき政党だと憤りを感じています。

現在はテレビは見ず、自分で情報を集め、それらを見比べて検証して、考え自分の意見とするよう努めています。そういった努力をもっと早くすべきだったと思うし、

また、多くの国民もマスコミに情報、己の考え方をゆだねるのでなく、自分で情報を求め、自分の頭で考えることが、とても必要なことではないかと感じています。

話を戻しますが、石破先生のTTP参加賛成のお考えは、農政改革するためのきっかけとしてのTTPをうまく利用するような考え方のようにお見受けされました。

このままでは日本の農業は駄目だと、農地の荒廃、後継者不足、高齢化、本当に経営努力されている専業農家への国の支援や、

自給力を維持するための農地の保全、維持、そして農業者の確保、育成。

予算委員会の質疑では、医療、金融などについてTTP参加によって、日本国の皆保険制度などへの懸念を先生が表明され、

しっかりと国としての、何と何を守り、これらはゆずれないものだという意思表示がなされないのに、うやむやに参加だけを表明しようとする、現政府の姿勢を厳しく正されたことは、

さすが石破先生だと、聞いていてほっとしました。

ただ、気がかりなのは参加を表明し交渉に参加することは、即ち、条約に加盟することを前提にするものが国際政治上の常識であるという話しを動画等で言われていたので、

そもそも、参加すること自体が、既に駄目なことなのではという懸念があります。

ルールは日本が参加する前にできあがっており、日本が交渉に参加する時点で、できあがったものを受け入れるしかないのだという、意見も聞きます。

本当にこれから参加して、日本の意見をアメリカに伝え、それらを両国が納得いく形で受け止め合い、TTPが国益にかなうものなのか、今現在、知り得る情報の中では、私自身は、TTPに参加するメリットがとうていわからない状態でいます。

日本の農業が破壊され、医療制度が破壊され、労働環境が悪化など、TTP反対派の意見を聞く限りでは、とうていメリットがあるどころか、デメリットしかないように思います。

石破先生はTTPに参加することのメリットはどのようにお考えですか?

沖縄の普天間問題での日本政府の対応によってアメリカ政府を振り回したことへの償いのような意味での、アメリカへの信頼回復のための布石のような考えでの参加なら、絶対許せません。そのように感じられてしまいます。

この国のゆくえがとても不安です。私は非正規雇用の吹けば飛ぶような生活基盤の上に生きている30の低学歴の者です。

私自身の人生としてこのままでいいとは思っていません、仕事をしながら勉強をして単純労働ではなくて、自分の能力を生かし考えて判断できる仕事、あるいは行動、そして人生を歩んでゆきたいと考えています。

どこの政党がいいのか、正直わかりません。しかし、石破先生は信じるに値する人だと感じました。これからも、先生のご発言等、見聞きさせていただき勉強させていただきたいと思っています。

政治家は大変な激務だと思います、お身体に気をつけて、石破先生にしかできないお仕事を頑張ってください。

社会の名もない者の一人として、応援しています。長文失礼しました。

いつもありがとうございます。

投稿: 白鳥 | 2011年11月 9日 (水) 19時40分

イシバ先生、こんばんはwink
先生が、関西テレビで新党の動きをされていると報道されていました。
それが、自民党も民主党もダメだからの希望の光なんだと。
好意的な報道は、珍しいかも知れませんし、簡単には行かないかも知れません。

テーマ、タイトル、タイミング…
領土と食の安全保障を成し遂げてほしい。もちろん景気とかありますが、安心して暮らすには、まずは衣食住ですから。
今そんな当たり前のことすらおかしくなっているから。

がんばった日本人が報われる日本を…

ミーハーはすぐ影響されます。タイミングはまだかも知れませんが、勝手に党名を考えときます。

日本の法律では無理なのかも知れませんが、党名は、新規党員の公募。
比較的若い支持層になるだろうから、党費はネット会員は年間二千円。郵送会員は三千円。

妄想ですみません。

投稿: なこ | 2011年11月 9日 (水) 21時29分

こんにちわ
今日の関西テレビのアンカーでの青山氏のコーナーでのお話はとても興味深く、いい加減うんざりしまくりの既存政党への日本政治に、一筋の希望を感じる事が出来ました。
腐った政治家や官僚があまりにも多い中で、日本が本当に大きく変われるのかどうか、無知な私などにはわかりませんが、そして、先生にプレッシャーを掛けているわけではありませんが、子供達の将来を考えると期待せざるえません。

今回の増税期間25年にしても、青山氏は話されていました。

先生が自民党の代議士でいらっしゃるので、言いにくい事でしたが、この件について私は、自民党が言ってた建設国債60年など、これから30年以内に東南海沖大地震が来ると言われている事だけを考えても、その時の復興の金はどうするつもりなんだろう?と、しかも世界恐慌の不安が高まっている中で、「今」の自分達の生活の事だけかい?と長過ぎる返済期間を疑問に思っていました。
子供のいない人はいざ知らず、私には子供もいるし、孫も抱きたいです。
その子供達の将来も考えて、みんなの党の無駄削減など、今やれる事を先にやってから、それでも足りない分を短期増税でしろよと思っています。

60年前に作った道路にしても、阪神大震災など、大災害の影響下でも無事な道路はあったのか?とw
60年のインフラと言っても、作ったらそれで終わりではなく、点検や修理など維持費で、しかもそこに薄汚い利権もからみ、どれだけの税金が60年の間に投入されると思っているのか?とw
それ以前に、そのインフラは本当に60年持つモノなのか?と(失笑)

そんな事わかっているくせに、誰もその事に触れず、全て先送りにしてきた結果が今の借金でもあるのではないでしょうか?

温暖化の影響もあるのでしょうが、地球のリズムも含め、これから起こる地球規模での様々な影響を想定すべきだと思います。
無駄を失くし、大切な税金を最大限価値のあるモノに活用して頂きたいです。

アメリカなどのように、投資投資で「高級住宅に住み、キレイなモノを身につけて、美味しい物を食べ、世界は自分が動かしている」と酔いしれる人達がリーマンショックなど今回のような事態を巻き起こし、責任もとらないままで、身体を使って汗をかきながら必死に自分の生活を守っている人達がそのとばっちりを受け尻拭いをする・・・そんな日本にはなって欲しくありません。
と、いっても日本バブル崩壊は、それでしたがwww

とにかく一度、日本政治や省庁などリセットして頂きたいです。


それから、たまたま見た片山さつきさんのツイッターで、竹島領土問題と今回の拉致被害者情報を韓国政府が取引で使おうとしているとか???
本当なら信じられないですwwwww(怒)
最低な国です。というか、最低な政府ですwww
こんな韓国政府に5兆円以上もの国民の税金が使われるなんて(呆)
多くの私達日本国民がどんな思いで拉致問題を見ているのか。
韓国人も拉致されているはずなのに、同じ問題でも痛みは随分と違うモノなんですね(失笑)
自国でも韓国人の拉致問題に取り組んでいる韓国の方々は違うと信じていますが、、、
ま、日本にも金日正北朝鮮テロリスト万歳党や万歳派がいるのですから、韓国政府に舐められても、仕方がないと言えば仕方がないのでしょうか?
悔しいです。
文化も違う他国の批判はあまりしたくありませんが、逆にもしこれが日本なら、人として、「クソ政府が」と言っていますw

先生、頑張って下さい。

投稿: 大阪の女性 | 2011年11月 9日 (水) 22時04分

はじめまして!
今日の衆議院TV、見ました・・

私は、福島の動物、20キロ~30キロ圏内の、残されたペット達に餌を与えに行ったり、ブログで福島の牛さんの現状などを書いている者です・・

昨日の吉野議員に続き、今日の石破さんの圏内の動物に対する想いを聞いて泣きながら聞き、お2人に感謝しています・・

3月から、ずーっと民主には、動物救済を、訴え続けてきました・・
来る日も来る日も、圏内で餓死させられる子の事ばかり考えています・・

今月も餌を大量に持って自宅から6時間以上かけて福島へ行きます・・

石破さんの訴えは私達動物救済を願う方々の、まさに代弁者でした・・

涙を流しながら聞きました・・
あの、血も通ってない、民主の大臣達の答弁には、怒りがつのります。

私は民主応援派でした。
しかし、こんなにも命を粗末にする民主には、もう任せられません!!

今日の石破さんのお言葉にどれだけ救われたことか・・

どうかどうか福島を、動物を、まだ残されてるペットを見捨てないでください・・

私達は、あの子達の為ならどんな事をしてでも救います

どうか・・全匹、全頭の救出を、1人の人間の想いとして、お力をお貸しください・・

機械的な民主に目を光らせて、安楽死なんかに頼らないよう怒鳴ってください

民主は安楽死さえさせれば、いい。
位にしか思っていない非情な人達です。

投稿: 愛ちゃん | 2011年11月 9日 (水) 22時24分

日本のGDPの8割は国内需要によるところです。これがTPPで自由化されると言う事は、つまり国産の物やサービスが売れなくなる可能性があると言う事ですよね。それってつまり日本人の仕事が減るという事じゃないでしょうか?どんなに安く物が売られていても、収入がなければ買えません。GDPの40%以上を輸出で賄っている韓国と一緒に論じられるのもおかしなものです。TPP賛成の方って、TPP参加しても自分の仕事だけは無くならないとでも思っているんでしょうか?

投稿: Y.T. | 2011年11月 9日 (水) 23時05分

TPPは出来るなら参加して欲しくない。
一番気になるのは病院にかかる時の保健がどのようにかわるのか?
もしかしたら、変わらないかも知れない。
参加交渉表明して無理と思った時撤退する事出来ますか?
テーブルにつかなければ、何も解らないし撤退する事出来るなら参加交渉表明してもいいと思う。
何より被災地の事を思うと政治空白は作りたくない

投稿: ユー☆ | 2011年11月 9日 (水) 23時39分

概算要求が99兆円なんて、とりあえず主張できるものは要求しておけと言わんばかりの数字ですね。

少子高齢化、労働人口の減少、社会保障費の増加を考えるだけでも、今後、日本の税収の増加は見込めず
日本の行政はコンパクト化、ダウンサイジング化せざるを得ないと考えます。
行政の役割は外交、防衛、社会保障などの最低限にし、あとは出来るだけ民間に移管していくしかないでしょう。

その為には規制緩和を進め、省庁の権限を減らして民間に仕事を増やす。
そうすれば雇用も増えてGDPの上昇、税収の増加に繋がっていくのでは無いでしょうか?

TPPの参加にしても、実際のところは入って見ないと分からない。
いろんな人が自分の立場で試算をしているけど、ホントのところは分からない現実だと聞きます。
TPP加入を機会に、これをテコにして規制緩和、省庁の権限の緩和を進められばと思いますが
労働団体や業界団体、既得権益の代表、資本主義反対者までいる民主党では期待出来そうにありませんが。

投稿: 伊藤 | 2011年11月10日 (木) 00時10分

幸獅慈さんへ
現在のレートは1ドル77円です。
3円安くなったから助かった企業もある?
あのですね、日本の輸出取り引きがどれだけの規模かご存知ですか?手元に古い資料しかなかったので正確な数字は検索して下さい。
2005年度で全GDPの12%、約70兆円です。
これ1年間ですよ?1日で7兆5千億投資する意味ありますか?そして現在もう既に戻りつつあります。しかもドルが上がる材料が全くない。ユーロも私個人はもう終わりだと見放している。円が下がる要素がないのです。
そして通貨の流通量はドルもユーロもギリシャショック以前の2から3倍に激増している。現在まだ一気に戻ってないのは恐らく
韓国のスワップ枠を拡大した事で投資家の
触手が頃合を見計らっていると思われます。何しろ日本政府が下手すればデフォルトして紙屑になるかも知れないウォンを大量に交換する、と言うのだから。
私が投資家なら怖くて買えません(笑)。
例えるなら20億円の利益を輸出産業に出させるために税金を7兆円投入した、とでも考えて見て下さい。これを国会審議もなしに
独断先行で行動してしまった。

その一方で震災復興は1次、2次補正合わせて6兆円出すのに半年も費やして、しかも年金まで取り崩したのですよ?
しかも3次補正は経済の常識を覆すデフレ下での増税で賄う、とかほざいたわけです。

分りやすく例えるなら貴方のご家族が命に係わる病気になった、として生活費を使わねばならなくなったとします。
子供が三度の食事も出来ずに我慢してる最中、隣のご主人が生活費を全部博打ですってしまってお金を貸してくれ、と言うので
サラ金でお金を借りて股貸しで貸したようなものです。
この場合博打をやった隣人の性格が直らない限り、幾ら貸したとしてもいずれは破綻します。同じ事なのです。
円高の元を正さねば対処療法で良くはなりません。

投稿: 磯部 | 2011年11月10日 (木) 00時46分

河内の石破ファンです。月日が経つのは早いですね。神無月から霜月、そして師走へ向け慌ただしい。何か毎日が師走のように忙しい私、元気いっぱいup生を満喫してます。ところで皆の衆(笑)、少し冷静になりませんか?o(^-^)o。笑ってる場合じゃないと怒られそう…怖っ。TPP?どうしたものか。正直わかりません。情報が少ないし信頼出来ない与党、国会での物言わ猿総理に付き合う暇もない。でも、「不幸」な人を作る訳にもいかないし、この世から『悲惨』の二文字はあってはならない。よって、少しでもお役にたてればと、地域や町会の用事に明け暮れています。大阪も知事市長まで維新の会に任されへんし、エラいこっちゃです。この二年余りホント不安の毎日、闇雲に時が過ぎ、一票の重みを反省しないとね。学びたいとblogを読んでたら気が滅入る。MOTTAINAIなぁ、驚くほど遥かに私なんぞより賢い人ばかりなのに…悲しいわ。楽しみに読ませて頂いた方々のコメも減って寂しい限り。皆さぁーん元気?術後2度目の冬、生きるとは戦いです。有意義な1日をおくらなソンソン被災地の方に申し訳ないですよね。早く倍返しの幸せを送ってもらわねば。来年2月下旬、北京語言大学へ2年間、息子が留学します。生中国を見て来て欲しいです。百聞は一見にしかず。

投稿: 河内の石破ファン | 2011年11月10日 (木) 01時00分

TPP参加表明は「出来レース」だったのですね。 財務省と管さんのプロパガンダにマスコミが乗り、既定路線の中で弄ばれたようです。 野田さんの10%増税公約も既定路線だとすると、なるほど財務省のやりそうなことです。 震災直後、読売新聞を皮切りに各社参加ありきを報道したのも、自民党内で「まず参加ありき」を耳にする違和感も説明がつきます。 民主の歴代総理は思いつきで大変な政策を発表するのだと思っていましたが、管さんと野田さんは財務省主導の確信犯だったのですね。 ナベツネさんと政権の他に自民党のどなたあたりまで知っていたのでしょうか? またもや国民は騙されました。 さて自民党ですが、密室談合によって次のシナリオにページをすすめます。 国会を誘導し、割れる民主党を増税法案と引き換えに解散に追い込む。 求心力を失っている自民も民主も割れて新保守党が結成される。 二大政党がなくなり超党派で平成の大連立政権が誕生する。 面白いシナリオですが、混迷はしばらく続きそうですね。 せめて東北の復興だけはちゃんとやってくださいね。 尖閣・竹島に怒り、フジテレビに立ち上がった連中は厳しい目で見ていますよ。 国内で大規模デモが興るのも時間の問題だとおもいます。 ガス抜きの手法が間違っていませんか? 国民にもガス抜きさせてください。

投稿: 鬼の平蔵 | 2011年11月10日 (木) 02時44分

こんにちわ 連投ごめんなさい。
今、ネットで拝見しました。
山岡氏って、本当にくそですね。
色々ありましたが、中井氏がとてもまともで誠実な政治家に見えてしまいますww

拝見していて、震災後の都知事の言葉を思い出しました。
「天罰」・・・これは今の腐った政治家達や役人の暴走を許している私達国民への言葉のような思いが致しました。

いつまでも国民への誠実な心や説明を惜しむ事の無い優しく強い信念をもった「総理」になって下さい。

投稿: 大阪の女性 | 2011年11月10日 (木) 05時30分

先日の予算委員会で警戒区域の家畜についての質疑を拝見しました。血の通った、国民目線・被災者目線でのご発言に感動しました。ありがとうございました。
家畜に関しては殺処分前提でまったく救助の手が差し伸べられておらず、やっと石破先生の質疑によって大きく動き出すのではと期待しておりますが、警戒区域内のペットについても家畜同様危機的状況です。

環境省と県とで一斉保護をはじめていますが、何千頭と置き去りにされ放浪している犬や猫を、数人の職員が入ったところで全頭保護は不可能です。
室内に残されたペットは餓死や共食いなどで絶命しています。

<画像閲覧注意!衝撃映像です>
http://blog-imgs-42.fc2.com/b/a/n/banbihouse/DSC06209s.jpg
http://blog-imgs-42.fc2.com/b/a/n/banbihouse/DSC06210s.jpg
http://blog-imgs-42.fc2.com/b/a/n/banbihouse/DSC06206s.jpg
http://blog-imgs-42.fc2.com/b/a/n/banbihouse/DSC06245s.jpg

どうか、ペットの救出についても家畜同様、残されたすべての犬や猫たちを、冬が来る前に救っていただきたいのです。今、警戒区域内で生きているのは、飼い主さんが室内に閉じこめず放したペットのみ。そして、ボランティアが法を犯し警察に捕まってまで、必死に給餌給水に回っているからなのです。
あるいは虫などを捕食してなんとか生き延びているためみんなガリガリです。それすら冬が来ればなくなり、雪に閉ざされればボランティアも通えなくなります。
飢えと渇きに苦しみながら、寒さに凍えながら餓死か凍死を待つなんて、許されることではありません。飼い主はみんな数日で帰れると強制的にペットを置いて避難させられ、そのまま入れなくなっているのです。住む場所を取り上げられ、古里を立ち入り禁止のゴーストタウンにされ、さらに家族同様のペットを救えなかったと、被災者に追い打ちをかけないでください。ペットを殺してしまったと自信を責めさいなんでいる方がどれだけいるかご存知ですか? 今ならまだ救える命があります。
そして、それらを救うためには、一日数頭のポーズだけの捕獲では絶対に無理です。動物愛護団体やボランティアなど、民間の協力を得れば、本当の一斉捕獲が可能です。彼らは喜んで無償で協力するはずですし、犬や猫の扱いにもなれています。どうか、こちらも合わせて国会で取り上げていただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: KH | 2011年11月10日 (木) 07時24分

石破先生、昨日の国会中継見ました。素晴らしかったです。
昨日インターネットの番組でTPP賛成派と反対派に分かれてじっくり討論していましたが、やはりどれだけ賛成派の意見を聞いても、最終的には反対派が増え、結局9割近くが反対になります。
内容を知れば知るほど反対が増えるのは紛れもない事実なんです。
議論が尽くされてないから理解が得られないのではなく、元々不平等で筋が悪い法案なんです。
すでに参加している国がアメリカが入ってきたことにより、困った状態になっているのは、ニュージーランドのジェーンケルシー教授が報告しています。
もちろん先生もご存知でしょうが。
とにかく、民主党の議員ですら七割慎重反対、みんなの党以外のほとんどの先生も反対、国民もよく知らない人と反対派で多数をしめるようなものにむりやり参加表明するなら、民主主義の危機です。
いつから日本は独裁政権に変わったのでしょうかね。
失礼ながら日本は、官僚・政治家より国民の方が知的レベルの低い国ではありません。レベルは変わりません。
どうぞよろしくお願いします

投稿: 森 | 2011年11月10日 (木) 07時35分

石破先生、昨日は予算委員会お疲れ様でした。
ISD条項にも取り上げて頂いてありがとうございます。
質問受けた枝野氏は、ISD条項について全く理解していないのではないでしょうか。
とても驚きました。
菅政権でも今も政権の中枢にいる立場で、このことを知らなかったのだとしたら、もうこの政権は終わらせないといけないと思います。

投稿: あわわ | 2011年11月10日 (木) 09時05分

石破先生の質疑、拝聴させていただきました。
石破先生の魂の叫びが聞こえたようで、感動致しました。
しかしながら、石破先生の質問内容が的確で素晴らしいにも関わらず、質問内容にピーンとこない閣僚が多いようでひどく落胆し、この国は大丈夫かと不安にも思いました。

やはり現政権にTPP交渉させることは難しいと感じざるを得ません。
特に・・個人的には、厚労省、経産省、、本当に大丈夫か?これ以上引けない!という一線の覚悟を持たずして「適宜」などと甘いことを言ってると交渉になんてならないと思いますけれども・・。

ネットワークビジネスへの件も、やはり山岡議員は消費者相大臣に適任とは程遠いとしか思えません。
そもそもネットワークビジネスは、石破先生もご存知の通り、要するに、
「私はアナタから不当なお金を搾取します。アナタは同じ仕組みでアナタの知り合いから不当なお金をジャンジャン搾取すればいい。」
が根幹です。

魅力的な説明の製品や複雑な報酬システムは、要はこの本質をオブラートに包むためのものに過ぎません。

ですので必然的に製品価格は適性価格ではなくなります。これをいかに適性価格相当の良い製品であるかに見せる所がポイントになってきます。

これのどこが健全なビジネスでしょうか。

山岡議員はこのことにはシラを切りとおしましたが、確信犯でやっているのだとしたら、大臣の前に、議員であることすら疑わしいと思います。

代替エネルギーとかの話をする前に、3現主義に基づき、被災地(人も動物も建物も経済も土も)救済を一刻も早く急いで欲しいと思いますが、現政権はどうもピントがズレているとしか思えません。

特に名指しは失礼を承知で言えば、枝野大臣などの、口だけが達者で内容も無く、全く建設的でない答弁を聞いていると「被災地をどう考えているんだ!?」と疑わしくなってきます。

元弁護士の肩書きを持つ候補者に対するイメージは個人的に低下する一方です。

投稿: ぱなとりん | 2011年11月10日 (木) 09時47分

日本の雇用を守るため自由貿易を推進するFTA/
EPAに参加することは必要です。
アメリカが中心となって推進するTPPなのか?あるいは中国が進めるASEAN+3がいいのか?を熟考しなければならないと思います。(2国間でのFTAもありますが、世界の潮流は多国間
協定のように思えるので敢えて選択肢を2つとします)
私は日本が今後とも世界で発言力を維持するためにはTPP参加がベターな選択だと思います。

投稿: 岡崎 亮三 | 2011年11月10日 (木) 10時14分

石破議員
11月9日のニュースアンカーを見ました。
石破議員が政界再編に向けて動いているとか。そしてそのお仲間の中にあの前原さんがいるのですね。これで納得しました。なぜ、石破議員が口先だけの前原さんの責任を追及しないのか。「カラオケ仲間」はそんなに大切なのかととても不思議に思ってましたが、すっきりしました。
「外国人参政権」「人権擁護法案」に対して反対と言いつつも、今ひとつ力が感じられなかったのも、TPP参加に賛成するのも、前原さんと意見が違ってはまずかったのですね。石破議員の本質がやっと私にもわかったような気がします。

投稿: タマ | 2011年11月10日 (木) 10時16分

国会質疑の様子、TV中継で拝見しました。
被災地の動物の命が見捨てられていくのを見て見ぬふりをするのはとても辛いです。
私たち一般市民に出来るのは、20キロ圏内に立ち入ることの出来る方々に物資を渡したり寄付をすることくらいです。
石破先生が国会で声をあげてくださって、心からうれしかったです。
涙が出ました。
本当にありがとうございました。
これからも先生を応援しております。

投稿: 北川てるみ | 2011年11月10日 (木) 10時45分

初めてコメントします.いつもブログを興味深く拝見しております.

先生の農政改革に対する意欲には敬服しておりますが,何よりも冷静さを持って事に取り組んで頂きたいと思います.

日本農業に関して,これまで何十年にもわたって保護してきたが,規模拡大等の改善が何ら見られない.だから市場開放すべきだ,というのは,きわめて安直な発想で,論理の飛躍だと思っております.

問題はこれまでの農業保護政策のあり方にあるのであって,農業保護自体をなくすことではないはず.国境措置を維持しつつ競争原理を導入すること,規模拡大を促すことは当然できるのであって,そうした方向をもっと考えて行くべきではないでしょうか.アメリカの農業政策も,納税者負担型ではないでしょう.また,EUの直接支払いが本当に機能しているかも疑問です.そして何より,米国やEUと,東アジアの日本では,農業構造が全く異なります.そうした検証なしに安易に市場開放をする愚だけはやめて頂きたいです.

石破先生がよく言及なさる,生源寺先生の著作をもう少しきちんと読み込んで,本当に意味のある農政改革を行って頂きたいと心より願っています.宜しくお願いします.

投稿: 鳥取出身のK.O. | 2011年11月10日 (木) 13時14分

アメリカの本当の目的はTPP参加の裏に隠してあると思います(>_____<)

投稿: めるも | 2011年11月10日 (木) 15時03分

投資し救われた企業は少ないでしょう。

しかしながら円高もいずれはバブルショックが起き他国のドルやウォンなどの水準が高くなれば政府は大儲け出来るじゃないですか。ゆっくりゆっくり、この訳の分からないバブルが破裂しないように他国の紙幣を取得するのは錬金術だと思いますよ。当然ながらこのシナリオで儲けがでないという回答はやめてくださいね。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年11月10日 (木) 17時15分

こんなに狭い視野しか持てない議員が多いと、この国は大丈夫かいなと思ってしまう。
近視眼的な論理に翻弄され過ぎ!
経済問題と民族問題をごった煮したら第二次大戦と同じ結果になることが何故分からないのか!
ゴミ議員をどうにかしてください!

投稿: 三丸子 | 2011年11月10日 (木) 19時15分

TPPに関しては、石破さんの意見に同意です。
医療分野での格差の懸念ですが、医学を医療として捉えると、対策が後手になります。
医学の分野は治療だけではありません。
予防医学という分野があります。
例えば、健康診断や人間ドックがこの分野です。

これ、現在も保険適用外の原則自費です。自治体で補助してる部分もありますが…。

医療費が心配なら、医療の世話にならない健康なからだ作りをすれば良い。

薬品会社のケミカル薬品や、医療機器会社の医療機器の需要を作る為に、アメリカの医学では、この『消費物品の些少な予防医学』の分野は立ち遅れています。
が、日本の予防医学はそんなことはありません。

これには、もちろん安全な食品は必要不可欠です。

このように、日本が本来持ってるチカラを今一度掘り起こしてみれば、TPPで日本がアメリカの属国になることはありません。

但し、それは民主党政権では決して為し得ません。

先ずは自民党の政権奪還です。

頑張ってください。

投稿: 千葉県民 | 2011年11月10日 (木) 22時39分

TPPは反対派が7割ですから少数派の参加派の意見が通せるはずはありません。そこをごり押ししようとする野田総理はもはや独裁者です。日本国憲法では日本は独裁政権ではないはずです。無理に意見を通すと憲法違反ではないのでしょうか?

投稿: めるも | 2011年11月11日 (金) 00時30分

TPPは各地で百姓一揆的な事が起こってますが、農界と産業界の代理冷戦状態です。
日本は原料を買い製品を売る事で外貨を稼いでいるので反対すると国益が損なわれます。
ライブドアは韓国企業に買収された為、来年から消えるそうですがサービス業の対策も強化するべきです。

投稿: (^-^) | 2011年11月11日 (金) 02時55分

石破先生、お疲れ様です!!
国民の顔を見ず、福島は復興せず、ハワイへ海外旅行です!!

3次補正通り、不信任、問責決議案、出しませんか?
財務省の犬にいつまで、政権を任せて要られるのでしょうか?

暴動起きないでしょうね?
平和過ぎですね、日本!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年11月11日 (金) 21時14分

幸獅慈さんへ
まず現在の日本の状況から説明が必要なようです。現在の日本の円高は「異常事態」なのです。本来為替レートはその通貨の信用度に比例し上下します。これは株と全く同じで人気が上がれば投資家は一斉に買いに走るため高騰します。アメリカの経済がダメだとなるとドルも下落する。それが正常です。
では現在の日本はどうですか?
株は相変わらず低調で日経も回復基調さえ見えません。国民の所得低下から来年度の景気回復もまず有り得ない。
震災の補正予算は通ったものの財源は短期国債の償還でGDP増大計画すらない。
どこをどう見ても戦後最悪な状況です。
ただし国債は国内で殆ど全て買い付けており対外黒字は世界最高レベルです。

わかりますか?つまりは生産力があり、
お金も困っていない。物は溢れているのに
販売先がない、そんな状態なわけです。
つまりは「政治力」に全てが掛かっているのです。資金がなくては有効な事業投資も出来ません。原資がなければ開発も出来ません。それら全てがあっても正しい政策がなければアドバンテージは消滅して行くだけです。それがまさにこの円高対策に投じた資金なのです。円高の要因を掴んだ上での投資ならば何も文句はない。
それは必ず後に帰順してくるから。
残念ながら官僚は民間経験がないせいだろうが損益計算が全く出来ない。
これまでの失策で失った金額は軽く数百兆円にはなるでしょう。
ウォンにしろドルにしろ、「高騰すれば」なんて理屈は意味がない。
何時何時までにどれだけの利ざやが期待できる、と言う説明がなければ投資などしてはいけない。当たり前の事です。
税金は政治家の金ではありません。

ついでに言えばこの円高は虚構の産物とも言うべきもので、下落したら最後破綻へまっしぐらです。
ただし円をバンバン増刷して公共投資などで経済活性化する途中段階で下落したのなら話は別。それは虚構から実体経済の変貌ですからむしろ輸出が伸びて良い結果になる。ドルはアメリカが戦争やればまた上がるでしょうね。多分またやりますよ、あそこは。

投稿: 磯部 | 2011年11月12日 (土) 04時45分

先日の質疑‘警戒区域内の動物について’感動しました。弱い物や小さいもの・声をあげられない者を守ろう、そして命を大切にしていこうという思想が国民に根差せばあらゆる虐待もいじめも無くなっていくと思います。
それに比べ枝野さんや農水省大臣の血の通わないロボットの様な答弁。とても日本を任せられないと思いました。

投稿: 梅子 | 2011年11月13日 (日) 19時03分

TPP交渉を野田氏がごまかしの言葉で始めた。
自民党の佐藤ゆかり先生ほかの追求質問は感銘を受け国益がよく理解できました。

どう考えても日本を不利に導き回復不能に落としいれる可能性があるきがします。

国民の意識あるものは石破先生たちがどう今後対処なさるか注視しているはずです。

アメリカに不興を買おうと参加は降りるべきとは思われませんか?

Isd、ラチェット条項でしたかこれは特に怖いと思いました。
韓国のにのまえで悲惨なことにうなるとおもわれませんか?

投稿: 自民党支持者 | 2011年11月14日 (月) 02時20分

この異常的な円高でただ困るだけか、それとも利用して一儲けを考えるか…。

すぐすぐにドルもユーロも回復しないでしょうが極度の円高が百年続くとは私には到底思えません。

なのでじわじわ他国で有望な通貨を安いうちに買い、また円高なので更に沢山買え、日本が世界的にギリシャショック以上に危ない通貨であると周知になれば海外の資本家は大損しまた日本事態になんの責任もなく堂々と海外通貨を日本円に戻せば良いではありませんか。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年11月14日 (月) 16時32分

日本がギリシャ以上に危険な国なる?
その時はもう回復も何も完全に終焉していますよ。現在日本は対外的には世界最大の純資産保有国です。対外債務300兆に対して貸付は550兆もありますから。
政府は国民に1000兆もの債務がありますが、全て円建てなので債務不履行になる可能性は0です。

つまり円安になるとしたらそれは完全に企業が海外逃亡して国内が空洞化して生産力も全て喪失した状態になった場合です。
(現状での話で対策を打った場合は変わります)完全に国として終わっています。


その前に他国が破綻する可能性のほうが何倍も高いって事を忘れてませんか?
既にギリシャ、イタリアなどは有名ですが
EUで健全なのはドイツくらいなもの。
早晩解体することになるでしょう。
韓国も極めて危険。過去に2度破綻寸前で
日本政府がIMFに資金提供して助けていますが、今度はもう助ける原資がありません。まあ民主党ですから国民を犠牲にしても助ける可能性もありえますが(笑)。

アメリカは戦争でもしなければ債務不履行に陥る可能性もあるし、そうなれば相手が巨大過ぎて債権放棄以外にないでしょう。
そうなる前に戦争しますよ、あの国は。

結局日本が円安にするには自国で信任性を落とすように仕向けなければ海外の情勢不安からありえないわけです。
日本の場合低年齢世代が金を持っていない事が消費活動の妨げになっているのだから、大量にマネタリーベースを増大させればいい。私の試算では100兆を200兆まで上げても毎年10兆づつ、にすれば年3~5%以内のインフレ率で推移する、と考えている。日銀が言う「ハイパーインフレ」など起こらない。これだけ増やしても世界の流通量から見ればわずか数%増えるだけですから。それだけ世界の通貨流通量が多すぎるのですよ、今は。
円安対策に市場介入して無駄に散らすくらいなら若年層にばら撒くほうが何十倍もマシです。それは消費活動に向きますから。

投稿: 磯部 | 2011年11月17日 (木) 12時44分

産業界はTPPを歓迎ムードですが、アメリカの自動車会社も小型車に力を入れているようです。反日感情を上手く利用してトヨタの類似車を韓国で生産してるようです。

投稿: (^-^) | 2011年11月18日 (金) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/53187724

この記事へのトラックバック一覧です: 予算委員会スタート:

« TPPに思う | トップページ | イシバチャンネル第十三弾「石破茂セミナー2011(後期)~震災後の日本~」 »