« 生源寺先生など | トップページ | 国会閉会 »

2011年12月 2日 (金)

不適切発言など

 石破 茂 です。

 本当に今年もあとひと月、年齢を経るにつれて時の流れが速くなるように感じられるのは何故でしょうか。一説によると「幼い頃は体験するあらゆる物事がすべて新しく、人間の頭脳の中で理解する作業に相当の時間を要するが、年齢を経るにつれてそれが既知のものとして短時間で処理されるため、時間の経過速度が短く感じられる」のだそうです。どの記事で読んだのか忘れてしまいましたが、そう言われればそうであるような、わかったような、わからないような…いずれにせよ、年の瀬に感じる何とも言えない焦燥感は今年も全く同様です。

 田中那覇防衛局長(当時)の発言は、普天間基地移設問題の前進を決定的に損なうものでした。
 発言内容の不適切さは改めて指摘するまでもありませんが、なぜあのような人物を那覇局長に抜擢したのか、防衛省中枢の倫理観や使命感、そして緊張感が恐ろしく弛緩していると思わざるを得ません。
 政権交代後、防衛に全く見識のない人物を防衛大臣に任命し、それをいいことに官僚たちがこれに阿り、阿諛追従してきたからこのようなことが起こるのです。
 局長を更迭すればそれで済むというものではありませんし、政務三役ではなく事務次官が謝罪に赴くとは一体どういう考えなのか。責任が取れる立場ではない官僚が行ってもどうにもなりません。「栄誉と賞賛は現場に与えられ、あらゆる責任は政治がとる」という当然のことが前二代政権においては全く分かっていませんでしたが、野田総理も全く同類です。
 2001年、私が防衛庁副長官当時、沖縄において自衛官が暴行事件を起こしたことがありましたが、翌日私は沖縄に飛び、あらゆる関係者に謝罪しました。イージス艦と漁船の衝突事故の際も、当日は副大臣が、翌日は大臣であった私が現地に行き、関係の方々に謝罪し、その後すぐに福田総理も謝罪に千葉を訪れました。別に我々が立派なわけではなく、これが極めて当然の対応なのです。
 総理の女房役の藤村官房長官に至っては「事務方が起こした問題だから事務方のトップである事務次官が行った」と述べたそうですが、この人も全くわかっていません。民主党や政府内部に総理にものが言える人がいないとすれば、これは由々しき問題です。最近野田総理を「意外としたたか」「大化けするかもしれない」などと評価する向きが散見されるようになりましたが、逆に私の中での総理に対する評価は失望感が増すばかりです。防衛大臣の問責は当然ですが、このような人物を任命した総理の責任こそ厳しく問うていかなくてはなりません。 本日一川大臣が訪沖したようですが、遅きに失したと言う他はありません。

 一昨日の党首討論はかなり厳しい評価がなされています。谷垣総裁の質問は、演説が多く、総理を追い詰めるには至らなかったというものですが、ことほど左様にディベートは難しい。
 一番の問題は、自民党内において、消費税やTPPなどの課題に、結論とは言わないまでも一定の方向性が見出だせていないことにあります。
 自民党は昨年の参議院選挙で消費税の10%への引き上げを公約に掲げて選挙を戦ったのですから、あとは実施時期や複数税率の導入の是非、中央と地方の配分などを詰めておくべきでしたし、TPPも総理が参加の方針を事実上表明した以上、交渉方針や農林水産業に対する支援のあり方、ASEAN+3との関係などを質し、政府の認識不足ぶりを炙り出すべきだったのではないでしょうか。
 「民主党の出方を見てから」というやり方が自民党に対する支持率の停滞を招いている大きな原因なのであり、これについては二年政調会長を務めた私も責任の多くを負わねばなりませんが、トップリーダーの決断には一種の強引さや非情さも求められるのだと改めて思わされたことでした。
 
 大阪W選挙の結果は、橋下氏のキャラクターもさることながら、自民・民主をはじめとする既成政党への強烈な不信感の表れであったと受け止めるべきです。
 殊更に「1地方の選挙結果にしか過ぎない」というような等閑視を決め込んではなりません。
 
 12月1日木曜日は私の友人である総務官僚が客員教授を務めている東大教養学部のゼミナールで「政治改革と選挙制度」をテーマにお話しして参りました。活発な質疑もあり、こちらも随分と啓発される有意義な時間でしたが、「政治を変えるために若者は何をすればよいのか」というストレートな問いには正直返答に窮しました。一般的にシニア層は投票率が高く、若い世代は低いと言われており、「若い世代が投票に積極的に行ってほしい」という以外にうまい回答が見つかりませんでした。

 投票行動そのものにも、求められるべき点が多くあるように思います。
 これはまた回を改めて論じたいのですが、田中美知太郎氏の著作「人間であること」(昭和59年・文芸春秋刊)におさめられた「日本人と国家」という講演録は誠に示唆に富むものです。

 週末は3日土曜日が「釧路の未来を考える会」で講演(午後5時半・釧路プリンスホテル・釧路市幸町)。
 4日日曜日は各種会合に出席の他は、溜まりに溜まってしまった資料の整理に充てたいと思っています。
 急に寒くなりました。お体に気を付けて週末をお過ごしくださいませ。

|

« 生源寺先生など | トップページ | 国会閉会 »

コメント

若者にTPPをひとつ一考させる簡単な方法があります。

TPPが賛成となれば吉野家の牛丼は関税が撤廃され、庶民の味方が更に安くなる可能性があるでしょう。ほとんどがアメリカ産の中身なのですから…。

逆に同時にTPPで受ける医療や農家の打撃も牛丼とともに噛み締めてもらう必要性があります。まぁ外国産が安全か疑問が残るという事が全てにおいてメインじゃないでしょうか?

ここに書き込む一握りの民意だけでなく、より大勢の人に石破先生ら政治家はその多くの民意を汲み取ってほしいと思います。

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月 2日 (金) 23時14分

石破先生こんばんは。
民主党の失策・茶番劇はあまりに幼稚すぎて失笑にしかならず、逆に攻めづらいですね。
話題からは脱線しますが、最近気付いたことを3点書かせていただきます。

◆震災で犠牲になった方々の供養がきちんとできていない気がします。
1年の区切りなどで、改めて国を挙げて供養する機会は設けられないでしょうか。
また、被災各地に慰霊碑を建てる段取りをしていただきたいです。

◆復興財源は、全国民公平負担が原則だと思います。
公務員給与削減、社会保障費削減、消費税増税は欧州で行われているように財政再建の手段です。
今の民主党政権は、どさくさまぎれにこれらと震災復興財源とを混同していますが、高齢者医療負担金の健保組合への押し付けと同様の「取りやすい所から取る不公平」をこれ以上許すと日本の規律が持ちません。住民税並み一律負担の震災復興税を創設することはできませんか。

◆先日細野氏が高速増殖炉もんじゅを視察し、廃炉の可能性を示唆する発言があり、疑問を抱きました。
永続可能なエネルギー資源は、再生可能エネルギーと高速増殖炉による核燃料サイクルだけだと言われており、そう遠くない将来のために、他の原発は一定の年数経過後に順次廃炉とする一方、存在意義が大きい高速増殖炉の技術確立に力を注ぐべきだと思いますがいかがでしょうか。

投稿: NAG | 2011年12月 3日 (土) 00時05分

こんにちは

石破さんの見解はいつも共感を得られる場合が多いのですが、決定的な違いがありまして「石破さんにはそれを実現かつ実行していただかないと」という部分です。
それこそTPPの問題にしたって、党のスタンスが定まってなければどんなディベート上手が出たって勝てませんよ。いつになったら自民党の態度は決まるんですか?

何よりも国民が不幸です。国会で実りある審議が行われませんから。自民党が賛成でも、または仮に反対でも態度を決めて審議に望めば、賛成の場合は前向きに個別の問題を議論できますし、反対でもTPPの問題点を突きつけることによって検討するべきポイントがあきらかになったりします。いわゆる55年体制の時代にはままありました。何でも反対社会党のツッコミにも有効な部分があり、よりよい修正がなされたりもしました。ところが今の自民党はそれすら出来てないですよ。うう。谷垣さんは解散云々をおっしゃってますが、TPPに対する党の態度すら決まってない政党の長がなにを言うか、という気がします。なんか果てしなく「民主と自民のダメ合戦」が続いていくんでしょうか。

あと、既成政党に対する不信感、なんてもう10年以上言われ続けた言葉はそろそろ封印していただけませんか。
個人的には橋下氏はきわめて危険な気がします。民主主義の根幹を揺るがしかねない。おそらくそういう感じを持つ大阪市民・府民は多いんじゃないでしょうか。
しかしながらそれでも彼に期待せざるを得ない、という悲鳴の結実があの大勝につながったような気がします。
もともと自民が府知事に担ぎ出した橋下氏を阻止するために自民・民主・共産が平松氏を推したのを見て私はワイマール共和国末期を思い出し、平松ヒンデンブルクの勝利を願いましたがかないませんでした。どころか、パーペンもどきが早速動き出しました。彼の理念は自民党の思想と合致してますか?私は著しく異なってると思うんですけどね。

話が逸れました。なんだかんだ言いながらも党首討論の場に「賛成」の立場を明確にして臨めた野田「民主党党首」は、まだマシですよ。
誰よりマシかは私の口からは言えません。

石破さん、本当に頑張って下さいね。

投稿: 現実的 | 2011年12月 3日 (土) 00時14分

これはなかなか上物の女衣ですな、ありがたく頂く事としましょう。これで私が戦わない大義名分がまた新たに一つ加わりましたな。司馬イ仲達の真似事で私に争いの芽を摘めるのであれば私はそれに順従すれば良いだけの事。


掲載されるなり好きになさるが良かろう、石破茂ブログでキャッチボールが成立していない事が分かっただけで十分な戦果です。残念ではありますがこれが現実です。

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月 3日 (土) 00時53分

お疲れ様です。

「年齢を経るにつれて時の流れが速くなる」、なるほどそういう説が・・・

しかし民主党政権の相変わらずの素人振りには困ったもんですね。

先日の党首討論、関西TVの「スーパーニュースアンカー」ではおそらくTV報道ではほぼ唯一、野田総理の方に批判的でした。
青山氏が「表面上はそれらしく演技しつつ肝心なことは言っていない」と言ってました。

でも、ほとんどのTVニュースはジミンガーな論調だったようですねthink

しかし大阪、これからどうなるのやら。
自民党大阪府連も色々考えないといけませんね。これは党本部も巻き込んでの問題かな。

投稿: hinomoto | 2011年12月 3日 (土) 01時20分

石破さん、過去に幾度かコメント致しました。
久しぶりにお邪魔致します。

民主党の無能さを上げ連ねても、事態は解決致しません。
石破さんが考える以上に、心ある日本国民は彼らの無能ぶりを理解しています。

でもどうして自民党の支持が上がらないのか・・・。
それは貴党が、民主党の様子を見ながら意見を披露するためでも、
日本国民が焦燥感に駆られているわけでも無く、
大変失礼ながら、現自民党が無能だからです。

先日のイシバチャンネルを何度も拝見致しました。

TPP問題に反対の声を挙げている人々は、米国を悪者呼ばわりしていません。
むしろ、自国の国益を守るための彼らの外交能力を考えれば、
腑抜けな日本政府よりは、敬意すら感じます。

TPP問題は、日本の交渉能力の問題ではありません。
TPP問題とは、経済主権の侵犯問題です。

そして石破さんが仰るように、もし日本の交渉能力を信じたとしても、
実質的な交渉のテーブルがすでにないという実態の中で、
いったいどんな交渉が出来るとお考えなのでしょうか。

そしてまた、TPPに参加することによる日本の国益とはなんなのでしょうか。
石破さんのお嫌いな感情論ではなく、
理論と数字で、我々日本国民に説明できるのでしょうか。


日本の経済状況を踏まえてコメントなさっていましたが、再度失礼ながら、
石破さんの経済に対する知識は、
全く不足していると存じます。

日本通貨の信認とはなんなのでしょうか。
ある日突然、赤字国債により、
日本が破綻するとはどんな状況で、
どのようなロジックでそうなるのでしょうか。
石破さんは、論理的に具体的な数字で説明ができますか。

橋元政権下から絶えず繰り返されている財政再建政策とは、
プラス成長(インフレ)時の施策であり、
デフレ下でもがく日本経済への経済成長政策とは真逆なやり方なのです。

麻生内閣ではそのことに気づき、財政出動を実施しようとした矢先に、
情報の歪とマスコミの煽動により、
政権交代というとんでもない状況に陥ってしまい、「コンクリートから人へ」というインチキなスローガンで、
日本のデフレ不況をますます悪化させています。

石破さんのお嫌いな感情論や思い込みは捨て、
日本の現状を論理的に数字で分析し考察することからお始めいただけませんか。

企業や国民の預貯金残高は豊富なのに、
経済市場へは流動しない・・・。
日本は世界一の対外債権国である。
また、国民が持つ供給能力も世界一。
長期金利は最低水準をキープし続けている。
台風や地震に対応しなければならない国家的な需要は数十兆円規模で存在する。
円は世界的に信任度が高く、円高傾向は益々続いていく。

デフレ下の普通の政策である、「財政出動」と「金融緩和」の両輪を実施し、
政府の公共インフラ整備により、内需活動にスイッチを入れろ・・・と、
言わばアダム・スミスが説いた、
”神の見えざる手”が示しているのではないのでしょうか。

貴党には素晴らしい国会議員がいらっしゃいます。
麻生太郎さん、安倍晋三さん、そして参議院議員の西田昌三さんです。

彼らと日本の国益について、
石破さんは話し合われていらしゃいますか。

投稿: ビキ | 2011年12月 3日 (土) 01時20分

こんばんは、石破さん。今回からスマートフォンでの書き込みになります。慣れない作業ゆえ、所々読みにくいところがあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

先日の党首討論は、ニュースで見ただけですが、谷垣総裁は結局何を言いたいのかわからず仕舞いでした。一つ一つの質問が長すぎて、しかもそれが自民党でも結論が出せていない案件でしたから、野田総理の反撃はあって当然でしょう。普天間に関する問題だけでも追及はできたはずです。消費税だって自民党の増税プランを電波にのせてアピールできたはずです。こういうところで存在感を発揮できないのであれば、民主党との違いを大きくする事は難しい・・・

大阪の選挙に関しては、メディアの異常性を再認識しました。どこもかしこも橋下氏を持ち上げるようなものばかり。まるで橋下氏は善で、対立するものは悪という印象です。過激なフレーズに大衆は弱いですが、その人間は本当に大衆のために動くのか。非常に疑問です。おそらく橋下氏が悪どい事をしでかしても、メディアは小さい事だとしてあまり扱わないでしょう。現に独裁発言やクソ~をつけた批判を誰も咎めず、許してしまっている。これ、他の人が言ったらバッシングですよ。メディアはこれからも橋下氏を持ち上げ、対立する者を糾弾すると思います。どうか気をつけてください。特に自民党は標的にされやすいですから・・・

投稿: リーゼント | 2011年12月 3日 (土) 01時24分

政治や組織を知らない素人が政権を握っている以上、外交も防衛も安心できません。そんな素人にTPP問題など交渉できるはずがありません。TPPの中身を議論する以前の問題です。もう国民は我慢ができません。韓国人からの数十万円の献金と引き替えに血税を5兆円以上も韓国に上納する売国奴は絶対に許せません!この政権は震災時の避難指示もろくに行えず、嘘ばかりついて多くの国民を被爆させました。都合の悪い事実には報道規制や言論弾圧を図り、国会でも平気で嘘をつきます。民主党では法治国家が機能しません。捜査対象の人物を公安委員長や法務相、総理にするくらいですから。菅直人など、日本人ではなく、韓国人のサポーターによって選ばれた総理で、日本国民は未だに納得していません。人類始まって以来の至上最低の政権でした。民主党になってからの電波法を無視した韓流ゴリ押し・韓国製品の押しつけもひどく、韓国に言いように振り回され、竹島での嫌がらせもエスカレートしています。NHKは鬱陵島に行こうとした自民党議員を「火種」だとテロップを出しました。今年の紅白は復興中心がテーマだと言いながら、震災の弱みを狙って竹島で散々挑発行為を働いた韓国の歌手を3組も出場させると発表しました。しかも「竹島は我が領土」と歌う生粋の反日歌手を紅白に出場させるなんて異常です。島根や東北の人々はどう思うでしょうか?国民をバカにしすぎています!国家がしっかりしていれば、こんなこと許されるはずがありません。この国は異常事態です。韓国に媚びを売り、竹島や対馬を韓国の言いようにされても対抗措置もとれないバカ政権では国は滅びます。こんなことでTPP交渉など絶対に無理です!!せめて、自民党政権に戻ってから参加するべきです!!

投稿: 鈴木太郎(匿名) | 2011年12月 3日 (土) 03時23分

こんばんは、石破さん。

一川防衛大臣?あの人はダメですね。顔が緩んでいて知性も何の気概も感じません。人を顔で判断することが良いことかは分かりませんが、とにかく顔がダメです。

野田総理全体の賛否はともかく、あの一川という人を防衛大臣にしたことは問題だと思います。しかも未だに素人が防衛大臣であることを良しとしているみたいですし、あきれるばかりです。

財務大臣をやるなら財務に、法務大臣をやるなら法務に、農水大臣をやるなら農水に詳しくなければならないのと同じように、防衛大臣をやるなら防衛に関して詳しくなければならないのは当たり前のことで、素人では困ります。民主党議員の中には信じられないことを平気で言う人がたくさんいます。

しかし、しかしです。自民党を応援する気にもなれないのです。

一票の格差、財政の逼迫、農政・・・自民党時代にきっちりやっておくべきだった問題が、ここに来ていよいよ顕在化しています。これらは決して民主党ではなく、自民党の問題です。自民党内に自浄作用と本気の意味でのプロ意識があれば、こんなことにはなっていません。一体何故こんなことになるのか。

憲法改正も同じです。さっさとやってしまえば良かったのです。いきなり9条の問題から入るから議論がややこしくなるわけで、まずは1~8条及び9条は据え置きにしてでも、‘自分達の手で憲法を改正した’という実績を作るべきだと思うのです。そうすることで憲法改正へのアレルギーを徐々に無くすことが出来ます。それを優先すべきです。ほんの少しの改正でも良いのです。とにかく憲法改正の実績を作ることが何より先決だと思います。


最近の自民党に関しての見解は、石破さんの仰るとおりかもしれません。民主党がやることに対してどう対処するかではなく、とにかく「今、自民党が政権を獲ったらどう国を運営していくのか」をハッキリさせておくべきだと思います。あとはその方針に従って民主党に対応すれば良いだけですから。とにかくTPPに関しては民主党以上に党内が纏まっていないことを露呈してしまいましたからね。他人の心配より自分の心配をした方が良さそうです。


話がとびとびになりましたが、こんな感じです。

投稿: 海 | 2011年12月 3日 (土) 03時50分

「橋下氏のキャラクター」という表現の仕方をされる識者の方が散見されるのがいつも気になっているのですが、こういう言い方を一方的にするのを大変申し訳なく思うのですが、石破先生がこういう表現をされたことに残念さを感じました。

どうも「橋下のキャラクター」云々の表現される方は共通して、橋下像に判断を下すまでの情報取得元の比率として、書物を通してよりもテレビメディアを通していることが多いように思います。

自分が多分に橋下市長寄りであるという自覚はありますが、できうる限り客観的に努めて判断するに、彼の実際の討論を見れば「橋下のキャラクター」などという言葉が生まれる余地はないように思います。
客観的に、フェアにものごとを見つめて追求し、その下に自分のささいな主観を添えつけて相手に問いを投げかけるのが彼のスタイルであり、政治家像という俎上においてはおおよそ個性といえるものは持ち合わせていないでしょう。

いい意味にしろ悪い意味にしろ、「キャラクター」などという表現を彼に付与してしまうのは、彼にとっても世の中にとっても不幸だろうと思っています。

私に勝手に求められるなど余計なお世話であろうかと存じますが、私の中では石破先生と橋下徹市長は同じラインにいる誠実でフェアであろうと務めている政治家だと思っています。
ある政治判断についてのものごとを両天秤にかけるとき、損をする一方の勢力にはっきりとその損の負担を追求する勇気がある点については特に似た者同士だと思っています。

人それぞれ合う合わないがあるでしょうが、いつか石破先生と橋下市長の二人が、政治活動においてコネクトする日が来ることを祈っています。

投稿: 常磐 | 2011年12月 3日 (土) 05時58分

民主党が言う「協力」とか「協議」は全て責任を負いたくないがための詭弁です。

自民党がそれに乗っかる必要もないし、案を与党より先に出す必要もありません。
与党のやることに問題はないかを確認するのが野党の仕事ですから、先に動く必要はないんですよ。
簡単に騙されないでください。

総選挙の時、しっかりと自民党の主張をすれば良いのであって今どうこう言うことは重要ではありません。

谷垣総裁への逆質問なんか完全に民主党が出来てないことをそのまま尋ねただけじゃないですか。
嫌なこと(増税など)は自民党にも責任を負わせて、次の総選挙に臨もうというのが見え見えです。

TPPに関してはそもそも総理の立場が明確ではありません。
農業はどうするのかISD条項はどうするのか。
全く答えがないではないですか。
それで賛成か反対かなんていうことを断言できる人の方が不安です。
本来ならばそういう点をしっかり指摘して総理に明確な答えを求めるべきでした。

投稿: Kimy | 2011年12月 3日 (土) 06時00分

【へまばかりの民主党政権】
 防衛局長の発言が問題になって、局長の辞任で、幕を閉じようとしたところ、政務3役の謝罪がないことで、問題をこじらせる結果になり、防衛大臣の言い間違いとも言えるような発言(自衛官による少女暴行事件を『少女乱交事件』と呼んだと言われています)もあり、急遽沖縄に出向いて謝罪する事になったようです。藤村官房長官は事務方が起こした問題なので・・・と言うような認識を持っていたそうですが、国民から見れば政府が引き起こした失言問題にしか見えませんが、そのピントの外れた対応が、火に油を注ぐようになったとも言えますね。お粗末な連中です。ただ、問題の発端の失言は、新聞記者を集めて居酒屋で酒を飲みながらのオフレコ発言のようなものであったそうですが、それを採り上げたのは琉球新報の記事だけであったそうですね。その記者は意図的に発言を曲解した疑いはありますが、他の記者が問題にしなかった辺りに、政治的な世論操作の意図があったと思います。注意の足らなかったことが防衛局長にあったと思います。別に防衛局長を擁護するわけではありませんが、居酒屋での発言と云うことでさえ、大きく採り上げる勢力がいることに注意するべきですね。沖縄にいるマスゴミは全部反日反米です。これは間違いのないことで、東日本大震災の米軍による救援活動でさえも批判記事しか掲載していません。反米反日の牙城ですよ。それはさておき、文部科学省も学校給食の件で失態を犯していますね。
 『中川文部科学相は2日、閣議後の記者会見で、学校給食の食材の放射線検査に関し文科省が出した文書について「説明に誤解があった」と述べ、放射性セシウムが1キロ・グラム当たり40ベクレル超の食材は使わない趣旨とした副大臣や担当課の見解を訂正した。』これは読売新聞のネット記事です。11月30日に17都県の教育委員会宛に通達した文書を僅か2日で撤回して訂正していると言うことです。この謝罪に追われているのは事務方のようですね。森裕子副大臣が1日午後の記者会見で、40ベクレルを上回る食材は給食で使わないようにとの方針を示したのかと問われ、「そのように考えていただいて結構」と発言したことが、訂正の元になっています。現場の混乱を煽るような発言があったと言うことです。この件については厚生労働省に事前の話もなく根拠のない独断のような形で話が進められていたこともあるようです。民主党政権はこういうことの繰り返しですよ。政権発足からこれで何度目でしょう。彼等の基本は無責任と言うことですね。責任の所在が政府にあっても、事務方と政務3役の間に境界を設けて責任が見えにくくなっていますね。尖閣沖事件がこれでした。あれは誰一人未だに責任を取っていません。外交とは無関係の那覇地検の検事の発言で強制的に幕を下ろさせましたが、問題は今も続いています。巡視船の損害賠償も終わっていません。統治能力が毀損したままです。野田総理もそうですが彼等は能力以上の仕事に就いていると云うしかないですね。その職に対応できていませんよ。誰かがそれをはっきり言わないと国は大変なことになります。無能と言われるのは、その能力がないからです。それは勉強すれば身につくという問題じゃないですね。同じ間違いを繰り返しているのはなぜかと考えればわかります。馬鹿なんですよ。だから、勉強しても身につかない。そういうことです。 政権を返上するしか他に道はありませんね。

投稿: 旗 | 2011年12月 3日 (土) 06時28分

石破先生 おはようございます。いつも お忙しいなかブログ更新ありがとうございますhappy01
今朝 tvみのもんたさんの番組の中で 不適切発言が取り上げられてましたが 私は新聞記者マスコミメディアは真実を報道すべきだと思います。言葉に出して言う以上 責任をもちましょう。もう民主党にはannoy 野田総理任命責任をsign03 いちかわ防衛大臣の謝罪の言葉には心が ないと思います。石破先生 1日も早く日本国建て直しをsign03南スーダンの問題は時間が迫ってきています。自衛隊を守ってください。宜しくお願いいたします。読んで頂いてありがとうございます先生には気をつけてheart01heart01heart01

投稿: pappy | 2011年12月 3日 (土) 07時11分

いつもこのブログを拝見しております、某大学法学部4年の者です。

自民党、民主党だからと言うわけではなく、現政権においては天皇陛下政治利用から始まり、本件に至るまで、看過ならぬものが目に鮮やかすぎて居たたまれません。

石破さんの熱い論説、論戦に心底共感致しております。
私も頑張りますが、石破さんも頑張って下さい。
目標は石破さんのような人間です。

投稿: 坂口 | 2011年12月 3日 (土) 07時34分

「見識も無い防衛大臣」
お疲れ様です。
確かに国の根幹に関わる軍事力という最高責任者とは思えない発言が目につきます。民主党の与党としての経験不足もありと思いますが戦後本来の軍隊を自衛隊と称し中途半端な存在のまま放置してきたつけでもあると思いますがどうでしょう?。戦後65年が過ぎました、米の戦略もありますが何時までも米に頼った組織でよいとは思えません、いい加減走攻守、三拍子のとれた"当たり前な組織"に改めるべきです。その為には第一に憲法改正があるかと思います。是非普通の国になるべくその努力を政治家にお願いしたい。これは単に軍事力、防衛力だけの問題ではなく現在の片肺機能でしかない事が経済、外交、などあらゆる場面で影響を落としている思うからです。TPPにしても単に通商問題ではなく日米同盟という軍事面での側面があると主張される政治家もおられますがある面その通りでしょう。しかしその通りであっても普通な組織基盤か片肺組織基盤によるかに依ってその交渉事も有利にも不利にも成り得るのが現実ではないでしょうか。一刻も早く普通なまともな国家体制になることを望んでおります。
話は変わりますが防空問題で所謂FSX問題です。F22が駄目になりF35も開発遅れから現実問題として不可でしょう、ならばタイフーンかSホーネットか決断を急ぐべきではないでしょうか、ステルスに拘る専門家も多いですが逆にステルスを破る最新レーダー開発も急進しているのも事実でしょう、第5世代に拘り過ぎて現実を無視し防空の穴を作るような事があってはいけません。今思えばF2を予定通り数を調達しておけばと悔やまれますが先見の無い最高責任者を置いてしまうとこうなるの見本のようで残念ですね。どちらにしましてもダラダラ伸ばすのではなく一刻も早く決断すべき事項であり見識のある石破さんにはその辺の追及を是非お願いしたいものです。

投稿: 5963 | 2011年12月 3日 (土) 08時41分

【勘違いをしている政府】

『東日本大震災の直後に深刻な石油不足に陥ったことを受け、緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画を 経済産業省が立てていることが2日分かった。
エネルギーの確保は安全保障につながる問題だけに、外国で備蓄するのは異例の試みだ。 11月に経産省資源エネルギー庁が韓国知識経済省に非公式に申し入れ、了承を得た。』この記事は朝日新聞のネット記事である。我が国の領土を不法占拠している韓国を友好国と勘違いしている政府の姿がある。先に参院の外務委員会で佐藤議員が玄葉外相に質疑した中で、韓国が竹島を不法占拠していることに触れ、玄葉大臣は、これを『局所的な些細な問題』と発言したことがある。佐藤議員はこの発言に噛み付いた。私もこの発言には驚愕したが、どこのメデアも大きく採り上げるところがひとつもなかった。韓国は友好国ではない。これをはっきりさせないと、竹島の問題は未来永劫解決しないだろう。曖昧なままで友好国の扱いをしているから、問題の解決が進展しないのである。この件については自民党内にも勘違いしている馬鹿な議員の存在がある。領土を不法占拠されているのに友好国と言うのは間違いだとはっきり言わねばならない。韓国は侵略国家である。
 
 11月の末にネットで、オーストラリア人を名乗る人物が韓国のフィギアスケート選手をIOCの委員に推挙しようと言う署名を集めるHPが立ち上がったそうだ。しかし、その詳細を調べた人が現れ、そのオーストラリア人というのは真っ赤な嘘で、韓国人が成りすましていたことが判明したそうだ。事実が判明してからそのサイトは閉鎖されたようであるが、我が国の巨大掲示板は、そのサイトが立った時点で朝鮮人の成りすましだろうと言う声が圧倒的に多かった。事実はその通りだった。韓国人はこのような連中であるという一つの証拠のような事件である。彼等は善意の顔をして嘘を言っている場合がある。また、1997年に金融破綻をした際にも、世界に向けて公表していた外貨準備高がデタラメの数字であったことが発覚していた。こういう嘘を平気でして来た韓国のような前例があるから、ユーロに加盟したギリシャがデタラメな数字を並べてユーロ加盟に成功したのである。国家的に嘘をつくのも平気な国である。今回経済産業省がこういう企てをした背景について調査していただきたいものだ。韓国は友好国ではない。その認識を持たない馬鹿な役所が蔓延するのは怖いことである。島根県は竹島の件で悔しい思いをしている。北方領土も竹島のことがあるから話の進展がない。日本海側に石油を備蓄する施設が必要であるなら、作ればいいのだ。その建設に要する費用で、内需の拡大になるだろう。外国の領土内に自国の石油の備蓄施設を作ると言う馬鹿な政府は一刻も早く潰すべきである。売国奴の民主党政権では、国家は多くのものを失うだろう 。残念なことだ。

投稿: 旗 | 2011年12月 3日 (土) 10時07分

トップリーダーの決断云々はこれからも貴方について廻ります、くれぐれも覚悟の程を決めてください。

投稿: 山崎 郁郎 | 2011年12月 3日 (土) 10時27分

【琉球新報の記事で】

 やはり、琉球新報の抜け駆け記事であったと言う話が、田原総一郎氏の指摘で表に出てきたようです。防衛局長のオフレコ発言を記事にしたのが琉球新報1社だけと云う点に疑問を持たれ、参加したという他9社の新聞記者のうち信頼できるところから直接話を聞いたと言うコメントが日経新聞にコラムで出てきました。琉球新報の掟破りの記者のおかげで防衛局長の更迭です。ルール無視をした側が英雄のように持ち上げられているようですね。田原氏はこれを『マスゴミの劣化』と表現されています。私は、やはり、琉球新報などの沖縄のマスゴミは反日反米であるからやったことだと思っています。彼等は政治的動機を優先していますね。沖縄のマスゴミは政治的な問題を煽ることがいつも根底にあります。東日本大震災での米軍の救援活動について日本のメデアで、ここだけが文句タラタラ状態でした。東北の人は怒っていますね。人道的働きさえも否定するのが沖縄のマスゴミです。彼等に何を言っても無駄なのだと思います。田原氏のコメントさえも否定する記事が出てくるのは時間の問題ですよ。卑怯な連中です。

投稿: 旗 | 2011年12月 3日 (土) 10時37分

TPP賛成派の方は本当にTPPが日本の国益になると考えて賛成しているのでしょうか?

>TPPも総理が参加の方針を事実上表明した以上、

一方的な決めつけかもしれませんが、ブログ内の上記の言い方を見ても、先生が心の底から100%賛成されているようには思えません。消極的賛成に思えます。逆に反対派の人には明確な反対理由があるように思えます。自分も大反対ですが、確たる理由があり大反対しております。大勢の方がここでも反対意見を書いてらっしゃり、自分の意見と同様ですのでここではあえて繰り返しません。簡単に言えば、ハイリスクでローリターン(ノーリターン)だからです。

自民党内部でも半分以上が反対されていると聞いております。失礼ながら、自民党の支持率が上がらないのは、少数の賛成派の方が抽象的な精神論、農業問題に矮小化した理論を個々に繰り返しているからではないでしょうか?

自分の周りにも数ヶ月前には「開国だ」だの「バスだ」だの「農業を甘やかしてはいけない」だのテレビや民主党が誘導するとおりの賛成意見を述べる人が多々おりました。ですが、今ではほとんどおりません。テレビだけを見ている人は今でも賛成しているでしょうが、ネットなどを閲覧する人は8割9割が反対しているようです。なぜだと思われますか?
自分はテレビや新聞が偏向報道しているからに他ならないからだと思います。

福島の牛も大切です。福島や被災地の人も大切です。彼らの復興への意欲を萎えさせるうようなことは絶対にしていただきたくありません!!
彼らの主要な産業は第一次産業なのですから。

お願いします。私は先生が民主党に少なからずいる日本より外国の利益を先に考えるような人ではないと信じています。
アメリカの顔色を伺うのではなく、日本の国益を考えてください。先生はそういうことのできるかただと信じ、ここに投稿させていただきました。

これからもお元気でご活躍をお祈りしております。失礼いたします。

投稿: 山田 | 2011年12月 3日 (土) 10時46分

最近のNHK番組では、携帯メールでハングルの絵文字を使うのが日本の若者にブームだと伝えているものや紅白歌合戦に韓国人歌手を複数出演させる予定とかしていますが、まず常識的に考えて携帯メールでハングルの絵文字を使うのがブームというのは捏造番組でしょう。また、紅白に出る韓流スターについては間違いなく韓国暴力団が関係しています。日本のタレントは、暴力団排除条例に関連して芸能界の浄化という観点から芸能界を追放されています。韓国の暴力団は適用外ということなのでしょうか。
NHKは公共放送ということで、テレビのある家庭から強制的に受信料を徴収して番組制作や安定的な職員の給与(高給な)等の経営をしています。東電と同じく独占的な競争のない立場にあります。
では、公共放送とは何なのでしょうか。法律に基づいて国民から強制的に受信料を徴収することのできる意義は一体何なのでしょうか。NHKの放送している韓国歴史ドラマについては、全く時代考証も衣装考証もない捏造ドラマで洗脳目的のものと学者からは指摘されています。
国民からすれば、反日を国是とし日本を敵国としている韓国のものにへつらい、ブームを捏造し、日本国民を洗脳しようとする行為は、特に我が国の青少年に悪影響のある極めて憂慮すべき犯罪行為であると認識し、私たちの支払った受信料で放送することは、とても公共放送とは認めがたく許せないものです。
JRや郵政の民営化をしましたが、なぜNHKの民営化をしないのか不思議です。公共放送とよぶにふさわしい日本国・日本国民に有益な存在になっていないNHKを民営化し国民のお金で賄うことを保証している法律を改正するべきだと思います。もしくは国民が受信料を支払うにふさわしい公共性を有する内容かをきちんと国の責任で監督するべきだと思います。
国民においても年々生活が苦しくなってきているので、意味のないNHKの受信料は廃止して、国民の負担の軽減を図るべきだと思います。
片山さつき氏が頑張っておられるが、自民党一丸となって国家に有害なものを排除されるようお願いします。

投稿: ヒロ50 | 2011年12月 3日 (土) 13時09分

石破先生:

>一番の問題は、自民党内において、消費税やTPPなどの課題に、結論とは言わないまでも一定の方向性が見出だせていないことにあります。

本当に方向性を見出せていなかったのですか…。
私のような政治のド素人が外から見ていてもよく分からないだけで、自民党の中はなんだかんだ言ってまとまっているのではないかと期待していました。
本当にがっかりです。

自民党の強みは、長年与党であったことによる現実的な政策立案・実行能力なのではないでしょうか。
それが、野党になった途端に民主党に対する反対勢力に成り下がってしまっては、文字通り自殺行為です。
この期に及んでまだ党内がまとまっていないなどというのは、とんでもないことです。
「これだけしっかりしていれば今すぐにでも政権を任せられそうだ。任せたい」と人に感じさせるような、一貫した国家観とそこから演繹された緻密な個別政策を掲げ、他者に対するアンチテーゼの主張者ではなく、超然と一本立ちしている政党になっていただくのが私の願いです。
そうならなければ、心ある有権者の支持など得られないのではないでしょうか。
すなわち、政権奪還などおよそ不可能なのではないでしょうか。
そして残念ながら、石破先生のお話をうかがうに、今の自民党はまだそのような政党にはなれていないようですね。

私は、新聞やテレビで「谷垣氏は攻めきれていないとの声が党内からも」云々といった表現を見聞きすると、いつも違和感を感じます。
攻めることが目的なのですか?
あるいは、うまく攻められていないとして、その原因は攻め方が下手な点にあるのですか?
むしろ、自らの足元を充分に固めることなく民主党を攻めることに集中・熱中してしまっているからこそ、かえって上手に攻められていないのではないのですか?

また生意気なことを申し上げてしまい、すみません。

引き続き石破先生を応援しています。

投稿: matu | 2011年12月 3日 (土) 13時15分

若い世代が選挙に興味を持たない、と言うのはこれまで日本が裕福な国であったが故です。私が20代だった頃働けば金になる時代でしたので、政局など興味もなく日々稼いでは車を買い趣味に講じていて、ある意味それは国の運営が上手く行っていた証でもあるわけです。

では、現在はどうでしょう?
日本のテレビやマスコミは一切報道しませんが、毎週のように各地で抗議デモが起きています。ネットを見ればデモの告知がいつも行われ、石破さんも良くご存知の田母神氏が率いる「頑張れ日本行動委員会」主催のデモでは数千人規模の大型デモが頻繁に行われています。これをどう解釈されますか?

私は究極的に言えば貧乏であるから、だと思います。90年代からずっと学校を卒業しても正社員になれないまま20代、30代を過ごしてしまった方が社会には溢れています。彼らはワーキングプアと呼ばれ日々生きていくだけで彼らにすれば政治なんて憎悪の対象でしかないわけです。
やっとの思いで正社員になれたとしても、
度重なる人権費カットでボーナスは出ないわ、サービス残業は増えるわで、蓄積した鬱憤をデモと言う形で爆発させているのではありませんか?

社会が不安定になれば国が揺らぐのは世界の常識で我が国が高度成長期のアドバンテージがなかったらとっくに革命が起きていたでしょうね。ニートなどは彼らの父親の世代が金持ちだから存在するのであって、私は殆ど政府の責任でもあると思います。父親世代はバブル期の恩恵に預かり家を買い結婚して幸せな家庭を築いているのに、自分は大学卒業しても就職が出来ずに
将来は真っ暗で自暴自棄になり現実社会を捨ててしまっているわけです。
これは過去の話ではなく現在進行形の事であり、政治は何ら受け皿になっておりません。そのエネルギーの向かう方向がデモであり、政治批判なわけです。

私は彼らより石破さんに近い年齢ですが、
デモに何度も参加して身近で感じて来ました。そして貴方方が上から目線で語る理想と現実のギャップを理解しようと努めました。TPPに関しても政治家よりも彼らの方がずっと良く理解しています。
ネットで世界の情報がリアルタイムで入手出来ますから頭の良い人は英語圏だろうが中国だろうが情報を入手してそれをネットを介して全国に共有しています。

これまで政治家が意図的に政略的にひた隠してきた事も最早誤魔化すのは不可能である、と理解することです。
自民党時代から韓国と馴れ合い(というか言いなり)をしてきた事もいまや知らない者はいません。韓流などと言うマヤカシを電通と言う一企業が暗躍して作り出している事を知らない者もいません。
だからテレビ離れが進むのです。
テレビ離れが進めば当然CMを提供していた企業も離れて行きそれは経済縮小を助長します。マクロ視点で見ればこれも政治が悪いのです。

日本は安全基準や食品法などは世界有数の厳しさでありながら、外国のスパイ活動にはこんなに甘い国もありません。
先進国でスパイ防止法もなければ領海侵犯で逮捕も出来ない国など他にあるでしょうか?アメリカは仕方ないとしても、韓国や中国が平気で我が国の教科書問題や靖国参拝などで内政干渉をしてくるのに、政治家は誰一人毅然と抗議一つしない。
これでは政治家なんて不用、と切り捨てるのも当たり前だと思います。

在日朝鮮人は声はデカイがわずか60万人です。在日中国人は年々増加しているが100万人程度です。1億2000万人以上が住むこの国でなぜ彼らを特別優遇しなければならないのか?自国民が疲弊している昨今、怒りが彼らに向かうのは当然で、朝鮮人の血縁が政府与党にいる現状日本人の我慢も限界に達しようとしています。

震災後、遅々として進まない復興に反して韓国の通貨スワップなど突如ニュースで飛び込んできて怒らない国民がいますか?

沖縄で基地反対のデモを起し、政治を掻き乱してるのは在日朝鮮人と中国人が大半です。ご存知でしたか?

麻生氏は「韓流がブーム」だと発言しているが実態はドラマなど視聴率1桁以下ばかり、KARAはデビュー作が最大ヒットだがそれでも23万枚と日本では普通の新人の小ヒットレベル。少女時代はそれ以下です。本来ならば紅白に出られるレべルではない。それが「日本を席捲」とか「韓流に夢中」とかバカじゃないの?と醒めた目で
この発言を笑っています。

議員の先生はもう少し国内を見て下さい。
グローバル化を叫んだ小泉、竹中路線が何を生んだかを。
外圧に屈するしか出来ない我が国の政治がグローバル化などと煽った結果が今の社会なのです。国内産業を省みず海外から外貨獲得を焦る余り失策の連続、それが経済の空洞化を呼び若年層の貧困化を呼び、それが少子化にも発展しているのだと理解しなければなりません。

こんな無能な政治家ばかりの我が国ですが、民間企業は極めて優秀です。
20年も低迷している政治の中でギリシャショックやサブプライムと言った世界恐慌の中で必死で生き延びてきたのですから。
とにかく今政治がすべき事は明白なのです。TPP参加?そんな瑣末な事ではない。

円高対策とデフレ対策、そして復興事業、エネルギー対策が最優先課題です。

たったこれだけが出来ないバカ総理があれこれ手を出すんじゃない!

投稿: 磯部 | 2011年12月 3日 (土) 13時31分

東大教養部ゼミで学生から「政治を変えるために若者は何をすべきか」という質問が出たことを伝えておられますが、その疑問は学生のみならず私たち年配者にとっても同じ悩みというか問題意識を持っています。
 「この国民にこの政治家」と言われます。そのとおりだと思います。まず政治家には政治家だから知ることのできる情報も多くあるでしょう。全てとは言いませんが可能な限りの情報開示を国民に向けて行う(実際に議員はこのようなブログやら会合やら街頭演説やらで積極的に実行されていることは素晴らしいと思っています)ことが まず第一歩ではないでしょうか。情報を得れば国民は己の問題として嫌でも考えます。考えることが己の知性を高めることになりひいては国民の政治家の選択ももっとまっとうなものになるのではないでしょうか。
政治を変えるためには誰を政治家として選ぶのかということだと思います。
結局 選挙に行くという議員と同じ結論になりました。

投稿: 岡崎 亮三 | 2011年12月 3日 (土) 15時48分

今日12月3日釧路で講演していただけると知り現場の仕事が終わりしだいぜひ石破先生のお話しを聞きに行きたいと思っております!是非お話しを聞いて自分なりにいろいろ勉強したいので釧路は寒い日が続いております、お忙しいお体だと思いますが体調を崩さぬようこれからの政治活動頑張って下さい!応援してます!

投稿: 釧路っ子 | 2011年12月 3日 (土) 16時27分

石破先生、毎日、日本国のためにお疲れ様です。

先月、公式には、世界人口が70億人突破したそうです。

しかし、現実には、中国人(戸籍を持たないヘイハイズや華僑・華人を含む)とインド人(印僑を含む)で、公式には、約26億人だが、非公式(正確には)では、28億人は越えているようです。実に、世界人口の、35%以上が、この2国で占められるわけです。

この2国をはじめ、南アフリカ共和国も含めたBRICS・5ヶ国を中心とする、新興国の躍進は、同時に、先進国の衰退を意味しています。

なぜなら、先進国の発展は、途上国の貧困のうえに成立していた側面があるからです。

産業は、第一次産業→第二次産業→第三次産業と移行します。

わが国の将来(2050年には80歳前後が一番人口の多い世代になる)を考えた時、財政の健全化に、一刻も早く政治は舵を斬らなくてはいけないでしょう。

つまり、労働人口が減少するのに、今だ国税の中心は、所得税・法人税・消費税です。これじゃ、税金の再分配はおろか、税収に伸びしろは見込めない。

当たり前ですが、公務員の人員削減・賃金削減~小学生以上の保険料一律3割負担・年金の世代間格差是正~救急車の有料化。

場合によっては、資産課税(二重課税にならない方法はある・あくまで、子どもの世代への財産移行を促す政策として)・高額所得者の税率アップ(海外に資金が逃げても現行法で回収可能)まで聖域なき課税方式の改革が必要だと思っています。

一方、経済成長には、アジア市場を国内市場化する戦略~武器輸出三原則(本来、武器輸出不可ではない)の見直しに至るまで、高付加価値型の、スポット経済戦略が必要だと考えています。

いずれにしても(円高など無関係に)、FA・OAにより、早晩、国内労働人口は減少します。政治は一刻も早いスポット経済戦略を打ちだしていただきたい。

石破先生と、林 芳正先生に期待する者です。

投稿: 豊嶋 孝  | 2011年12月 3日 (土) 17時03分

日本政府が沖縄を今でも捨て石ぐらいにしか思っていないことが再認識された「どうせ金をやれば貧乏なんだから基地を受け入れるしかないんだから沖縄は」
沖縄県民はこんな政府と今後どう向き合うのか。国を頼らなくてもやっていける経済力?結局国の補助金に頼らざるをえないのでは?
権利を主張するなら義務を果たさねばならない。国民からみれば、健康保険や国民年金、税金納付率が全国一悪いのでは、義務は果たさず権利ばかりを主張しているにすぎない。沖縄自身が「雇用がない」なんて甘えてないで県独自で創出し、国に依存する体質をかえる努力が見えなくては共感する日本人はいないのでは?「沖縄?ろくに税金も払ってないのに補助金だけあげてもねぇ。あっ米軍基地で負担してるからあげないと!本土に基地移転したら嫌だもんねぇ」が現状では?基地負担がなくなったら補助金だけもらえるなんて甘いことがあるはずはない。世界のうちなーんちゅ(ブラジルやハワイの移民)ともっと太いパイプをもち、県観光課が琉球文化の拡大を大々的に始めたら?ブータン国王のような誠実な方を各都市に派遣し「あの人がいるなら沖縄に行ってみたい」と観光誘致をしては?
また、国内英語留学村をつくっては?

投稿: KK | 2011年12月 3日 (土) 17時24分

石破先生、お疲れ様です!!
財務副大臣→財務大臣→総理大臣

2年間で破綻・破綻と刷り込まれて、財務省忠犬野田!

鳩山以下→糞菅以下→野ダルマ

財務省を向いてお座りして尻尾を目一杯降っている犬には、沖縄・福島しいては日本の事など二の次でしょう。

馬鹿な奴等の尻尾を一つ切っても何も変わりませんよ!

山岡一川、問責?野田も出すべきでしょう!!

任命責任は?

民主党政治の下らない展開を次の選挙まで、やらせるつもりですか?

自民党に期待して書いてるつもりはありません。石破先生、宜しくお願いします!!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年12月 3日 (土) 18時40分

石破さん  【年の瀬に感じる何とも言えない焦燥感は?】

年齢を重ねる程に一年が短く感じられるのは普遍的な現実であって、科学的分析は兎も角として(無意味ではないが、大きな意味はない)、また此処何回か私ののコメントが辛口で挑発的になって、僭越かつ恐縮ですが‥、
【年の瀬に感じる何とも言えない焦燥感は今年も全く同様です】というご心情が、分析されるに大きな意味があるのではないか?と。

外野が無断で(笑)分析させて戴けば‥、石破さんの私的な「計」は兎も角、
石破さんの「焦燥感」を生んでいる原因は、
石破さんが描く「国家百年の計」の歩みが鈍(のろ)いことにあり、
更にその超長期計画の一環をなす「一年の計」でさえも現政権が停滞させまたは逆走していることに原因があるのは、明白です。(多分(笑)。)

私見では、更にその原因群の深みにある「根因」が、
石破さんが信条とされる「国家の安寧とと一億二千万人の国民の幸せを同時に実現する!」という強い志と覚悟が、
裏腹にもその志と覚悟に劣る人物または歪んだ事象に価値を置く人物と彼らが率いる組織に、実質的に「裏切られている」ことが根因だとと思う。

以下は、此処で屡々述べた自説の繰り返しになりますので省略。
此れからは寒さが本物になります、ご健勝とご活躍を心から念じます。
草々

PS:予て念願の「奥様との旅行」は、一日も早くお済ませ下さいませ(笑)。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 3日 (土) 18時57分

先ほど釧路での講演を拝聴させていただきました。先生のお考えがビンビン響き、あっという間の一時間でした。時間があれば「維新の会について、どうお考えですか?」と直接お尋ねしたかったのですが、残念です。
「牛乳の南北戦争」お話の中で、一点だけ。北海道の牛乳は釧路港と日立港を結ぶ船によって、毎日本州へ送られています。釧根地区で米や麦や甜菜は採れませんが、釧路の港を通して多くの一次産品が日本各地へ送られていますので、TPPの影響はとても大きいと思います。釧根地区には高速道路が通っていません。今後港が立派になったとしても、内陸のネットワークがこのままではついていかないのです。あるシンクタンクの試算では、2035年に釧路の人口は今の半分以下になるというものがあります。この地で暮らすものとして、この地が将来忘れ去られた地になるのでは、という強烈な危機感を持っています。先生が今日おっしゃった通り、地域として未来図を描き、発信していけるよう、何か行動を起こしていきたい。そう思える先生のお話でした。今日は元気をいただきありがとうございました。最後に時節柄、益々ご自愛くださいます様お祈りしております。

投稿: 一釧路市民 | 2011年12月 3日 (土) 20時16分

航空自衛隊小松基地では10月はじめからF15戦闘機が飛ぶことが出来ていないと言う事ですが、
日本国の防衛上日々の訓練は重要です。野党の自民党からの飛行訓練復活の抗議がないのはおかしいのではありませんか。
直ちに訓練を再開してください。

石破議員は、「CSIS」と言うフォーラムによく参加され、
震災後発足した「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の上級アドバイザーと言う事ですが、
このメンバーに玄葉外務大臣、政治フォーラムには前原政策調査会長、小泉進次郎議員がメンバーですが、
このCSISとは具体的にどの様な組織ですか。
前原氏は親米派ですね、そして石破議員も。
私は石破議員を信用できません。
一見超保守派に見えますが、実は単に超親米派なだけの方なのではないでしょうか。

投稿: 小夜子 | 2011年12月 3日 (土) 21時12分

本当に不適切発言があったのか?それをまず確認すべきなのではないでしょうか。報じているのが、某国のプロパガンダ機関のような紙なのですから。仮にねつ造ということがわかれば、それに乗ってしまった野党が足を掬われることになります。

投稿: 木村 | 2011年12月 4日 (日) 00時24分

こんにちは。

ブログに書かれているスケジュールでは休みなく飛び回っておられるご様子。
休暇は取られましたか?

テレビでもっと姿を拝見したいのですが、お体の方を大事にしてくださいね。

さて、「政治を変えるためには若者が何をすればよいか?」

私も学生の頃から選挙に行ってましたが、候補者の何を知って投票していたのでしょうか?
今考えると恥ずかしながら知名度や党のイメージでしか決断する情報がなく、考えの甘い一票でした。

しかし投票に行き続けることで、今回は何を決め手にしよう、候補者は何を言っていたか、自分は政治に何を期待しているのか、というように考え方が変化してきました。

石破さんのおっしゃるように「選挙に行って」みて選挙に参加することで、政治を考えるきっかけになると思います。

しかし市民の声はなかなか届きませんね…。

投稿: ゆきこ | 2011年12月 4日 (日) 01時14分

中南米共同体が発足しました。

これでもアメリカ頼みでいてはいずれは高圧外交で思いやり予算の増額など逆らえなくなる一方だと思います。韓国とて同様でしょう。朝鮮人に至っては南北分断のまま、金正日が死に北朝鮮は中国に吸収されたとておかしくありません。

日本・韓国・北朝鮮が争うことなく民族や思想の衝突があろうとも一大勢力となれば日本は核の脅威が無くなり、韓国は争っていた同朋と統一され、北朝鮮も同朋より援助を受けられます。

これでもまだ少ないでしょうが呉越同舟まとまればアメリカ・中国・ロシアの大国も軽視は出来ない存在になります。

いつまでも朝鮮人を卑下し、アメリカに高圧外交される事あれば、ちょっと中国とロシアに寄るぞとおどかしてやればよいではありませんか?

日本人と朝鮮人が争い罵り合えば、この小国はいずれは大国の好きなようにされるでしょう。

おそらくは磯部様ら複数の反対論者が反論されるでしょうがTPPも勝手にアメリカが決めるから反対し、韓国人は売春が伝統で犯罪者も多い為に受け入れない。

そのうち北朝鮮は金正日が死ねば中国軍が人道支援を名目に占領し、近隣諸国に良い規模の友は無くなります。

アフリカから大豆を輸入されるそうですが最も人口爆発の最先端をいく国々が金をやるから食糧を差し出せといって自分達の食糧を差し出すとは思えません。

私は磯部様らの考えでは日本国は滅びの一途をたどると思いますのであなた方とは国籍が違う事は間違いありません。これは事実ですね。別に政治参加権などが無いのならば法治国家の恥を各国に宣伝する旅行でもしましょうか。

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月 4日 (日) 02時29分

民主党の問題点について

 民主党は野党が長かったためか、
 法・制度の改廃を行う際、

 原理原則から考えるのではなく
 結果として弱者となる人の

 立場を代弁するのみで
 反対と唱えてきた。

 で、法制度をみずから考えて
 動こうにも、原理原則を理解
 できていないため、
 (物事を星の動きに例えれば、
 「地動説」で考えるべきところを
 「天動説」で考えると非常に複雑な
 動きとなるようなもの)

 時間が無為に過ぎてゆき

 次回の総選挙を迎えそうな
 状況である。

 石破様におきましては
 総理になられたあかつきには

 自党のみならず、野党首脳についても
 制度の原理原則の共通認識を図りつつ

 国会においては、与党・野党
 それぞれの立場の妥協点を図る場とし
 有効な国家の意思決定を実施して
 いただきたく。

投稿: あかあか | 2011年12月 4日 (日) 03時33分

最近の政治からは、危機管理意識や自国民を守るという意識がなくなった様に感じます。
例の発言もさることながら、経済産業省が非常時の備蓄原油を韓国に置くのを決めたと聞き、呆れて、失望と怒りを感じています。貴重なライフラインを他国に預ける危険性に恐怖すら感じます。野党はこれに同意されたのでしょうか。だとしたらその説明は、なされたのでしょうか。
これ以上、国民の意識を逆なですると、いつかどこかで爆発しかねない様に思えます。

投稿: 一市民 | 2011年12月 4日 (日) 05時31分

こんにちわ
@「政治を変えるために若者は何をすればよいのか」

「怒らなければ世の中は変わらない」
「日本の若者よ もっと怒れ」
これは、田原総一郎さんの言葉です。

私も全く同感です。
人前で「怒る」と言う行為がインテリジェンスな人間のする事じゃないと、「さも自分が特別の人間のような錯覚で、常に冷静に分析ばかりをして物事を語るだけ」という、今の官僚や政治家達のような、ただの頭でっかちの若者が増えたのでしょうか?

若者の旺盛な“感性”を大切にして、若者の旺盛な“行動力”を大切にして、「おかしい事はおかしい。変えたい事は変えたい」と、大きな声で訴えるべきだと、私は思います。

福島にしても、「怒らない」から政府や政治家や官僚達や東電になめられ、口先だけの「謝罪」や「頑張りますので皆さんも頑張って下さい」と言われ続け、未だに復興庁もできないまま、まだまだ復興が進まないのではないでしょうか?
「もっと怒れ!激しく怒れ!」怒って追いつめなくては、拉致問題と同じく、気が付いたら数十年も経って、原発事故被災者や被災地の人達の多くが老齢で亡くなって文句を言う人間がいなくなった・・・て事になります。
これでは過去の日本政治と何ら変わりません。
世界を見ていて、日本も大変な時代を迎える筈なのに、今までのようなそんな姑息な誤魔化しでうまく回る時代でもありません。

今更のように除染を始めても、土中に沁み込んだ放射性物質除去がどれほど除去できるのか考えた時、除染が可能なら良いですが、それが限りなく不可能であるなら、一定の場所の除染作業をはっきりと諦め、そこに住んでいた住人には他府県での土地や家、仕事に生活、可能な限り孤立しないように集落移動で、出来るだけの補償をすべきだと考えます。
福島原発周辺や子供達が住むのに除去が不可能な汚染された土地は、地質調査をし、粘土質なら、ドームのように囲い、そこへ汚染物質を運ぶとか考えないと、無駄な金と時間ばかりが過ぎて、結局中途半端な結果で終わるのではないでしょうか?

原発事故は、いつでも考えられたありえた人災です。
自然災害ではありません。
原発被災者に、これによって受けた精神的経済的肉体的補償は、今、生きている時に速やかに行われるべきだと思います。
韓国スワップや海外odaなど合わせたら、気前よく数十兆円を超える支援金など約束している場合かと?
震災で大変なのですから、数年は大きな海外支援は避けるべきではないでしょうか?

一般国民の増税の前にさっさと完全に「身をきれ」とw
ちびちびちびちび辛気臭い事やってんじゃねえよと。
重い負担として、将来世代の若者達の身に降りかけてんじゃねえよと。

政治を変えるためには、一般国民は怒れと。
若者はもっと怒れと。

私はそう言ってあげたいです。

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月 4日 (日) 05時36分

自民党こそ適材適所ではないのではないですか?
先生のように納得のいく政策を掲げ発信している議員の方々が自民党にはいらっしゃいます
残念ながら現執行部にはそう思える議員がいらっしゃいません
民主党がこれだけ支持率落としているのに自民党が支持されない理由をもっと危機感を持ってほしいのです
日本の将来への危機感です
まとまらないのなら民主党と一緒です

話がそれて申し訳ないのですが、昨日ネットニュースで、政府は緊急時の石油の備蓄を韓国に依頼し承諾された
年内に具体的な話し合いはじめる云々
今朝の読売には燃料備蓄の記事に「韓国に」とは一言もなかったのでどこまで話が進んでいるのかわかりませんが
これをどう思われますか?
ウォンで原油を買えない韓国へのクリスマスプレゼントに思えてなりません

投稿: ポォロリ | 2011年12月 4日 (日) 05時58分

石破議員殿
防衛省はたるんでいる。
日本のマスコミはオフレコ破りで定評があるのに、緊張感もなく発言し、その内容も品性下劣。

また、アホがトップに来たら、それを教育して上手く使いこなすのが仕事なのに、素人のまま放置。

多分、アメリカ軍との関係が心地よくて、日本に目を向ける気になれないのでしょう。大震災支援で支持が上がって背広組が慢心したか?

民主党を見ていて思うのは、指導者、リーダー、主人になったことがない人たちの集まりだなということです。そういうのが上に来たら、仕える人たちはだらけます。軍事部門は命を懸けているだけに特に反動や影響が心配です。今回の事例はそれを伺わせます。

早く政権復帰して石破さんが最高指揮官として防衛省、自衛隊に覇気を取り戻して下さい。
以上

投稿: BET2 | 2011年12月 4日 (日) 08時01分

石破先生

今年もあと少しだなんて何だか実感がわかないです。

さて、不適切発言ですが。
これは本当にそのような発言があったのでしょうか?
一次ソースが新聞社1社の記者の伝聞だけというのが個人的には疑わしいと思っています。当の局長本人はそのような発言は無かったと本件を否定しており、記者であるなら、発言があった証拠を提示しなければいけません。
なぜなら、「発言しなかった」ことを証明することは悪魔の証明だからです。
事実ではないのだとしたら、これを追求することは堀江メール追及と変わらないのではないでしょうか。
本人に直接的に事実確認を行った上で、記者にエビデンスを提示させるべきです。


最近のマスコミの報道内容には大きな疑問を抱かざるを得ません。
以前は森元総理の「神の国」・「ウソを付いても良い」発言、近年では麻生元総理の「働くしか脳が無い」発言など、その部分だけ聞いたら不謹慎であるかのような一部分を切り出して糾弾する手口でしたが、最近では言ってないことであっても言葉の一部や身振りの一部を勝手に解釈して捏造して吊るし上げるのですから。

鉢路元経産相の「放射能付けたぞ」発言、長妻元厚労相の「君たちが拾え」発言など、かなり疑わしいものばかりです。

官僚が「この政治家は気に入らない!」と判断すればマスコミと結託して情報操作して葬り去るシステムのわけですけれども、最近の捏造っぷりはさすがに度を超えていませんかね。

我々日本人は先の大戦で何を反省したのか全くわかりませんね。

松本サリン事件の当時被疑者にして被害者である河野氏を見てもわかるように、マスコミは既に人権を蹂躙する「暴力」そのものと化しています。
戦時中に「反戦」の思想であった人物の人権も河野氏のように蹂躙されたのだと思います。

先の大戦を反省するのであれば、憲法9条云々よりも、まずこういった情報操作・世論誘導を行うマスコミという「暴力」を監視する仕組みの構築こそ、第一に行うべき改革だと思います。
ただし、行政による監視ではなく、国民による監視を行うシステムを取り入れるべきです。

本件、民主党が政権を取ったこともそうですが、我が国の行政が誤った方向に向かう大きなリスクであり、既に顕在化していませんか?

こういったことからも、
「政治を変えるために若者がすべき事」は、単に【積極的に選挙に行けば良い】のではなく、【どのような人物に投票すべきかをマスコミ情報だけでなくインターネット等を使ってしっかり調べる】というのが正しいのではないでしょうか。

マスコミが煽った世論誘導にまんまと乗って、投票した人物がどんな人物なのか・投票した政党がどんな政党なのか知らない状態である事というのが我が国の選挙における最大の問題点であり、かつ顕在化したリスク要因の1つなのではないでしょうか。

このことからも
「世論誘導を行うマスコミに対して一般人を含めた有識者等がリアルタイムに意見を言えるような仕組み」
や、
「その人物・政党がどのような経歴や性質をもったものであるのかを公平に判断できるような情報提供の仕組み」
の構築が第一だと断言します。


また・・谷垣総裁の党首討論ですが。

以前、「茶番」のエントリーにて、

>>国会答弁を拝見する限り、(自民党の)交渉力は・・うーん・・

と書かせていただきました。
今回の感想も同様でしたので根拠もここで記載させていたできます。
野田総理の答弁戦略は
「決定的な事は何も語らない。例え誠意が無いと言われようが、のらりくらり表面的な回答を行い追求は徹底的にスルー・回避する。他者への責任分散によって責任追及を回避する。」
であることは明らかです。

ヒトコトで言えば「徹底的に語らない」です。

なのに、これまたby Nameで申し訳ありませんが、山本一太議員などは総理から直接的な回答を得ることに一生懸命になっていました。
「徹底的に語らない」戦略に対して「徹底的に語りなさい」戦術を用いて勝ち目はありますか?

確かに誠意ある質疑としてはまず、相手の直接的な誠意ある回答を期待するものであるべきだと思いますが、相手が誠意ある回答をしない場合は、別のオプションを用意しておきその姿勢を追求するスタイルに変える等の戦略が必要です。

判りきった先方戦略に対して、成果が出せないと判りきった戦術をもってぶつかっても、そりゃあダメでしょう。

今回の谷垣総裁については、それを知ってか知らずでか演説スタイルに変えたわけですけれども、効果はあまり無かったかなと個人的には思います。

投稿: ぱなとりん | 2011年12月 4日 (日) 11時36分

緊急時の石油、韓国で備蓄 経産省が計画 2011年12月3日朝日新聞ニュースより
東日本大震災の直後に深刻な石油不足に陥ったことを受け、緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画を経済産業省が立てていることが2日分かった。エネルギーの確保は安全保障につながる問題だけに、外国で備蓄するのは異例の試みだ。
 11月に経産省資源エネルギー庁が韓国知識経済省に非公式に申し入れ、了承を得た。具体的な方法は、早ければ年内に話し合いを始める。震災では、東北地方で道路網が寸断され、石油製品の供給が途絶えた。この反省から経産省が備蓄のあり方を見直していた。
 韓国で備蓄するのは、貯蔵施設が少ない日本海側で災害が起きた際に備えるため。施設の多い太平洋側から山を越えて運ぶより、韓国から船を使った方がスムーズに対応できると判断した。韓国南東部の釜山などが候補地となっている。
 災害時には原油ではなく石油製品が必要になるが、現在、国内の備蓄172日分の大部分が原油で、ガソリンや灯油といった石油製品は44日分しかない。このため韓国での備蓄は石油製品を想定している。

という記事がありました。
なぜ同盟国でも友好国でもない反日国家の韓国なのですか。タンク代を支払い、しかも緊急時にはタンクは空っぽという事態もありえます。韓国では下の記事のように前例がありますからね。本音は韓国に日本の石油製品をプレゼントしたいということですか。きちんと国会で問いただしてください。お願いします。

記事入力 : 2010/09/15
韓国の石油会社、政府の「備蓄油」を使い放題 1年近く返さないケースも
 韓国の石油会社が、非常事態や石油危機などに備えて貯蔵している政府の「備蓄油」を、自社のもの同然に抜き取って 使っていることが明らかになった。
 国会予算決算特別委員会の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)議員(ハンナラ党)は14日、韓国石油公社から受け取った 資料によると、SKやGSカルテックス、現代オイルバンクなどの石油会社が、政府の備蓄油を借りたまま、 最長1年近く返さなかったことが分かった。
現行の備蓄油の運用基準では、借りた備蓄油は60日以内に返すことになっている。 なお、石油公社は備蓄油を貸すに当たり、賃借料を受け取っており、その収入は昨年199億ウォン(約14億2600万円)に達した。
 SKエナジーは2008年10月8日、軽油1億リットルを借り、356日後の昨年9月28日に返した。 また、現代オイルバンクも08年6月11日に灯油11万リットルを借り、287日後の昨年3月24日に返した。 GSカルテックスは、05年に1591万リットルの軽油を238日間借りた。 04年6月には、SKが京畿道九里市の備蓄油タンクにあった灯油47万リットルを全部借り、在庫がゼロになる事態となった。 SKは145日後にこれを全部返したが、その間備蓄油タンクは空になっていた。また同年には、備蓄油タンクにあった
軽油712万リットルを、石油会社4社が全部借り、このタンクは約8カ月も空になった。これについて李議員は、 「非常事態に備えるための備蓄油のタンクが8カ月も空になっていたというのは、常識的に考えて納得できない」と指摘した。
 これに対し石油公社側は、「備蓄している石油製品の品質規格に合わせるため、石油会社に古くなった石油を貸し出し、 新しい石油を受け取ることもある。石油会社に甘い汁を吸わせているわけではない」と釈明した。 趙義俊記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

投稿: ヒロ50 | 2011年12月 4日 (日) 19時14分

【野田総理は国の成長の手順を妄想で乗り切ろうとしている】

 京都で開催されたILOの会議で演説されたそうである。その中で少子高齢化のモデル国家になるためには持続可能な社会保障制度の確立が必要だと述べ、そのためには高度成長期時代を支えた中間所得層の復活が必要になってくると述べています。こういう風に述べることは簡単であるが、中間所得層が復活するためには質のよい「雇用」が前提条件であり、しかもその数が勢いのある膨大な雇用数で無ければ絵に描いた餅に終わります。成長戦略の絵も描けない無能政権はどうやって中間所得層を開拓し、育て、社会保障制度の維持に繋がることが出来るほど磐石な態勢に持っていくのか? そこが一番知りたい重要な問題であるのに、肝心なところは素通りしていました。消費税を上げることが中間所得層の復活に繋がるのか? TPPへの参加が中間所得層の復活に繋がるのか? 先月来より、この2つのことしか言わないので、それらとこの演説に登場する中間所得層の復活との関係が不明なままである。雇用の創出なくして、中間層の誕生がない。しかも、季節的な要因やこれから迎える欧州発の恐慌にびくともしない対応ができる雇用とは何か? 知りたいものである。出来もしないことをさらりと言ってのけるのは鳩山以来続いている。いい加減にしてほしい。『これが出来たらいいな』と云う妄想を誰も聞きたくないのだ。妄想ではない実現するための確実な手順を国民は知りたがっている。それを提言するのが政権を担う者の義務ではないか!

 『この制度を維持するには中間層が復活して欲しい。』 馬鹿でも言えるセリフと同じである。その中間層の復活の為に何をどうしてどうするかが、重要な問題ではないのか!
 馬鹿な民主党の妄想は聞き飽きた。

投稿: 旗 | 2011年12月 4日 (日) 19時34分

ぼんくら民主がまたやらかしました。

今度は韓国に緊急時の石油備蓄!!
通過スワップ5.4兆円プレゼントの次は石油の援助!
ウォン安すぎて輸入が面倒なので、最も信用の高い通過・円で石油を貢いでやる。

緊急時のためなら、親日的で地震の少ない英、独、蘭あたりでやるのが筋だと思うのですが・・・
震災の時も韓国からはろくな援助が届いていません。それどころかどさくさに竹島の宿泊施設を着工しています。

石油を備蓄したければ、歴史捏造・竹島問題等を解決してからです。
問題解決が無理ならば経済制裁すべきです。
できれば国交断絶がベターです。
そして日本国内にいる生保の朝鮮人、凶悪犯歴のある朝鮮人は下等朝鮮人と認定し、本国に強制送還すべきです。

震災・緊急時にかこつけて、朝鮮にまでばらまきをする売国行為は死罪に相当します。
野田は朝鮮の総理です。

投稿: Y.K | 2011年12月 4日 (日) 20時29分

経産省の官僚はどこの国の人?

災害時のために石油備蓄を韓国に?

経産省は韓国にお金を献上したくて仕方がないらしい。管理料や土地使用料名目で毎年の献上金を恒常的なものに確定したいのか?
「ロシアに対して北方領土(日本領土)に備蓄の交渉」ならまだ返還に向けた交渉を含むと理解できるが、なぜ他国の韓国の地に石油を備蓄なのか?
「災害時、日本海側に山を越えての石油運搬が困難だから」韓国に必要?この理由では納得できないのは私だけか?

投稿: KK | 2011年12月 4日 (日) 20時45分

「栄誉と賞賛は現場に与えられ、あらゆる責任は政治がとる」?
自民党はそんな事してたんですか?

だから不要な公務員住宅とかを必要以上に税金で作ってたんですか?

プリンスホテルで公演されるのも結構ですが、もっと国民に近いところで公園を行なって、直接国民の意見を聞いた方が良いのではないでしょうか?

直接国民の声を聞かないからGDPを上げる政策じゃなく消費税を上げる事しか思いつかないんだと思いますよ。

大昔に「唯一の善政は減税」と言う言葉があるそうですが、その言葉で言うと自民党も民主党も悪政しかしてないって事になりますね。
もっとしっかり善政してくださいませ

投稿:     | 2011年12月 4日 (日) 21時28分

現在、12/4の22:39です。教育テレビの原発特集番組で語ってますが、放射性物質による水質汚染や土壌汚染を規定し規制する法律条文がなにひとつないということです。

 議員の選挙区のある鳥取県の隣の島根県には原発がありますが、なにかあった時に鳥取県も被害受けますね。その時に条文なくて困るのは、議員の地元の人たちです。

 議員立法でいいからちゃんと法律作って下さい。
 足下に火がついてからじゃ遅いですよ。

投稿: とおりすがりの | 2011年12月 4日 (日) 22時43分

先日釧路での講演大変ご苦労さまでございした!夢の国や不景気なのにバブルなど大変勉強になりました!何故ギリシャと同じ借金があるのに円が買われるのか何故円が安全通貨であるのか、市場の流れを見ていて納得いく話しでありました。
後国防についても日本の周りに日本の領土を狙う国がある以上先生の言っている事は正論だと思っております!ただ他力本願的な人と平和ボケした人に理解させるのわ大変だと思いますが頑張っていただきたいと思っております!
早く外国人参政権や反日活動をした元国家公安委員長の岡崎氏がいる民主党から先生のいる自民党に政権が変わるの切に思います。

投稿: 2。26 5.15 | 2011年12月 4日 (日) 23時00分

お疲れ様です。

石破さんをはじめとする政治家の皆様にお願いしたい事、乱暴な言い方をすれば「言いたい事」と言うか。
現在の総理大臣である野田さんや前総理の菅さん、総理大臣以外にも石破さんをはじめとする大変多くの政治家の方が今の日本の状況を、少なくとも良いとは思っていないと思います。なのになぜ状況が変わらないのか。
わかりやすく言えば「頑張って一生懸命やったけど出来なかった」って事ですよね?
言い方を変えれば「結果」を出せないと言う事です。
「これをやるんだ」や「こうしていこうと思う」では無く、「これが出来た」や「次はこれだ!」と言う話をお聞きする機会がとても少ない様に思います。
きっと詳しい方にわかるレベルでは大小色々な事があるのでしょう。
ただ私のような一般人でも変化を感じ取れるようにして(もちろん良い方に)頂く事が皆様の仕事の目的ではありませんか?

政治家の人数が多いとか、なになに費をなになにに遣ったとか、、、

もちろん良い事ではないのかもしれませんが今じゃなくて良いでしょ!!

なんて思ってしまいます。

もちろん反対意見もあると思いますが、個人的には「国や世界がうまくいっていれば、多少の事は目を瞑る」的な感じです。

政治献金、天下り、無駄使い等々・・・
これらの犯人捜しよりしなければいけない事ありませんか?

これらをやって良い「結果」が出るのですか?

もう一度皆様の本来の役割を考え直して頂ければ幸いです。

投稿: ぶいしゃ | 2011年12月 4日 (日) 23時05分

久しぶりにコメントしております。
私はTPPに反対、この不況下に景気対策もせず大増税にも反対、我が家は生活していけません。
自民党も内輪もめしている場合ではなく、不適切な大臣は一川氏以外にも山岡、安住、小宮山氏、、、多すぎで詰めが甘いのではと思っています。

それをさておき今日は被災地の瓦礫についてどうにかならないものかと思い、コメントしています。
被災地の瓦礫があまりに膨大なため放射能汚染されていない岩手、宮城の瓦礫は各県が分担して処理するのではないのですか?
しかし汚染されていないにもかかわらず住民の理解が得られないとの事でほとんど処理が進んでおりません。
積極的なのは石原都知事くらいです。
先日は佐賀県、武雄市に瓦礫を受け入れるなとの脅迫がありました。。。

わが兵庫県でも阪神の震災の時に助けてもらっているにもかかわらず、すべての市町が拒否しています。
自治体に対して受け入れ要請していますが、「放射性物質に汚染された災害廃棄物について住民の理解が得られない」「国の説明待ち」という判で押したような回答で、要は進んで受け入れるつもりはありませんという事のようでした。
個人ではどうにもなりません。

被災地の瓦礫は濡れた木材等を山のように積み上げているため、中で発酵し、熱が発生して火災の恐れがあり地元の方はビクビクしています。
太いパイプのようなものが突っ込んであり、そこから熱やガスを逃がしていますが長期にわたると大変です。

どうにかならないでしょうか?
いつから日本人は自分さえ良ければ被災地はどうなってもいいと思うようになったのでしょうか。

野田総理の頭の中には復興の文字はありません。
復興庁を来年の3月11日までには、など、バカにしているのですか。

自治体に対して真摯に説明するとか、例えば岩手、宮城に大規模な処理施設を作るとか対策を立てて欲しいのに、答弁の中身は全くなく、誠実ぶりっこはいい加減にやめていただきたいと思っております。

また野党も早期に政府を追い込んで東北の人達をこれ以上苦しめないで下さい。
期待しております。

投稿: ちか兵庫 | 2011年12月 5日 (月) 00時15分

選挙の開票回収今までの時間全否定される怖さ。


東京都知事が日本国頂点を目指す。


投稿: 安藤尚 | 2011年12月 5日 (月) 00時30分

政治を変えるために若者が。。。に関してですが、現状では、投票、個人献金、ボランティア、勉強会を開き政治家を呼ぶ(かつて加藤紘一先生が全国行脚をした時は、そのような熱気がありました)などあると思います。少なくとも小選挙区を維持するなら、地元の党員が候補者を選んで、自分たちの代表という意識を持てるようにすべきです。

また個人献金ですが、若者の資産はお金ではなく、行動力であったり、成長が著しい分野における専門知識、などだと思います。政治側で個人献金以外に、こういった若者の資産を積極的取り込む努力はないのでしょうか?出来れば税金も、人によってはお金でなくて専門知識を提供する事で支払えたなら、双方メリットが大きいと思うのですが。

あと制度として変わるべきは大卒一斉採用と、履歴に空白がない方が良いとされる習慣です。大学出て会社に入るまでの間とか、ある程度働いて転職するまでに空いた隙間の時間とか、一生の中で若い時期に時間的に余裕が持ってあれば、もっと政治への関わりを増やせるのではないでしょうか。裁判員制度も参考になるかもしれません。

投稿: ひとし | 2011年12月 5日 (月) 07時58分

石破さん
時事【野田首相、一川防衛相更迭を拒否 「これまで以上に襟を正し、職責を果たしてほしい」】
一川某にその「資質」があるなら、就任時の素人発言を含めて端から「あんな愚かな国会発言」はしていない。

任命責任は、他人の「資質」を見抜く能力を持つ者が担うべきなのだと。この虚しい願いは見当違いだと。仮に野田某が「一川某にその資質なし」と承知の上で、防衛相を任命し今此処で虚しい願いを重ねているなら、其れは単なる「任命責任」という綺麗事ではなく、「国家国民に対する裏切り」に他ならない。
今更乍ら、野田某が大好きな民主党は政権というチームを組むに足る人財が質と量(頭数)の両面で決定的に不足していることが、2年前の選挙の直後に露呈したのだから、彼らが政権の座にあること自体が「国家国民に対する裏切り」に他ならない。

国家と国民が未来の暗さに悄然としている時機に、この低次元の騒動と彼らが政権から引き摺り下ろされない現実に、激しい怒りを覚えます。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 5日 (月) 10時44分

こんにちわ
今、国会中継を見ています。
2年前から現在に至る民主政権の総理閣僚は酷過ぎますね。
嫌悪感以外感じません。
私自身10歳くらい老けた気持ちです。疲れ果てています。
これが日本政治なのでしょうか。

「今見ている若手の自公の政治家達が頑張っている。」これだけに期待するしかありませんが、しがらみのないしっかりした能力のある若手の保守政治家達と、新たな保守政策政党の誕生を願うばかりです。

山岡や一川や平岡達・・・閣僚どころか政治家を辞めて欲しい。
ドジョウも腐った泥の中で腐ってますね。
野田の顔を見るだけでイライラします。
こんな閣僚達を当選させるなど、よっぽど何か美味しい恩恵を受けられる国民も多いのでしょうね。
うんざりです。

各党にいるまともな保守政治家達と頑張って新党結成をお願いしたいです。
日本の未来は若者達のモノです。
日本で言うなら10%の政治家官僚役人天国天下り、労組自治労既得権益などの犠牲になってきた90%の一般国民の為の政治をお願いします。
こんな状況での消費税増税は、私は大反対に変わりました。
正すべき事を正して、やるべき事をやってからでないと到底増税に納得出来ません。
こんな状況のまま消費税をあげても、絶対将来世代の為にはなりません。
ズル賢い人達の収入や立場を守るだけです。
本当に頭にきています。

どうか若者達の為の政治をお願いします。
先生、頑張って下さい。

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月 5日 (月) 10時58分

小夜子さん
「一見超保守派に見えますが、実は単に超親米派なだけの方なのではないでしょうか。」

その通りです。石破さんは保守とは言えません。親米派なのは確実ですが。彼は部分的にではあるが民主党と近い部分がある。
馬渕や前原と共通部分が多いのです。
菅や鳩のように韓国の影響下ではないが、利権や既得権益には毒されています。
ただ売国奴とは思えないし実直な方ではあると思う。自民党の保守と言えば西田議員、稲田議員など明確に韓国や中国に組する者を批判し、尖閣周辺に自衛隊を配備すべき、と提言する人であります。しかし
政治手腕か実務能力があるならば私は多少は目を瞑る選択もありかな?とは思う。

辛獅子さん
貴方はもう少し自分が敵国の人間である事を自覚して書き込んで下さい。
貴方が持論を展開するのは自由だが、ここは仮にも日本の国会議員のブログです。
韓国の議員ではありません。

7月に行われた33カ国による『世界で最も良い影響を与える国は?』というアンケートで日本は第2位でしたが、1位はEUだったので国で言えば実質1位です。
この時、50%を越える反対票があったのは、EUは0(当然です国じゃないですから)、日本は2カ国だけ。すなわち韓国と中国です。31カ国が「良い」ほうに投じました。逆に韓国は「悪い」方が過半数を遥かに超え「無関心」と合わせると8割を超えます。お隣の中国でさえ70%以上が「嫌い」と言う結果が出ています。
この国と手を結んで日本にどれだけ利益があると言うのでしょう?

はっきり言えば韓国に肩入れするのは日本くらいなもの。アメリカは独立時に引き受けた手前やむなくと言った所でしょう。
北に関与する中国と同じ立場ですから。
経済的にはウォン安で安価な商品が入るのでFTAは盛んですが、こんなもの何時までも続くわけではない。EUが崩壊すれば韓国経済は崩壊する可能性が大。
ドイツが脱退を表明したらEUは終わりでしょうね。

投稿: 磯部 | 2011年12月 5日 (月) 11時52分

自由民主党幹事政調総務こう言うの一切やって無い返り咲きを狙う

投稿: 自由民主党幹事政調総務こう言うの一切やって無い返り咲きを狙う | 2011年12月 5日 (月) 12時02分

幸獅慈と言う人は理解されてないようだが、国益的にも民度の点でも日本と朝鮮半島が手を携えるなど有り得ない。

そんなことを政府が画策すれば確実にクーデターに発展します。何時までも国民がおとなしいとは思わない事です。国内にアルカイダなどテロ組織も入り込んでいますし彼らと手を組む者も現れるやも知れません。今の警察に対処など不可能ですよ?

さっさとスパイ防止法の制定をし、憲法を改憲し自衛隊は軍に昇格し軍事費も上げるべきです。本来軍事費は先に福祉を決めて
人権費を引いて・・・なんて残った額内で決める、なんてものではありません。
そんな国は世界でも我が国だけです。

世界の常識として国防費はGDPの最低2%、強国になると5%以上を投入しています。
我が国は1%枠などと言う間抜けが制定したラインがあるため人権費だけで殆ど消えてしまい、経済規模に見合わない軍事力しかありません。(それでもアジアでは最強レベルではありますが)
いかにMDが優れていても迎撃率が100%になることはないし、いよいよとなれば先制攻撃は最大の防御です。

弾道弾を迎撃するミサイルの開発もいいですがもっと手っ取り早いのは発射台にセットされている間に先制攻撃で潰す誘導ミサイルを開発するほうが遥かに安全性は高い。世界トップレベルのロケット技術があるのだからこれを活かさない手はありません。石破さんは専門なのであえて言う必要はありませんが、日本が核を持たない限り中国の侵略は止まりません。
これは全国民が知っておくべきです。

投稿: 磯部 | 2011年12月 5日 (月) 12時21分

小倉摯門12月 5日 (月) 10時44分の続き。
時事【山岡消費者相は「適任」と野田首相=衆院予算委で集中審議】
いやはや、何をか言わんや。絶望に言葉もない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 5日 (月) 13時30分

<韓国が経産省の「韓国に緊急時用石油を備蓄」非公式申し入れを了承。早ければ年内に具体的話し合いを

石破議員は報道される前に知っていましたか?

韓国スワップ然り、こんな大事なことを国民の了承をえないまま公式に進めるやり方を止めさせてください。
民主党政権が税金を使う時には、韓国にあげてしまわないようチェックできるように、国民に了承を得なければならないよう仕組みをかえて下さい。

投稿: KK | 2011年12月 5日 (月) 17時30分

総理大臣も各大臣も、国民直接投票で決めたい!
いくら政治家でも全てに精通した人なんていないと思う。得意な専門分野で活躍してもらうほうが効率的。例えば外務大臣に立候補する政治家が三人いたらその政策をテレビで討論し、投票結果でランキングされる。一位が着任後に政治的不正が(失言や資質でなくあくまでも政策遂行の不正)あった時は次点がくりあがる。
首相が任命責任で辞めることはなく政治空白が最小限になる。(但し首相が素晴らしい才能のある指揮者でなくてはならないが、日本に現れる?)また、政治家の質を劣化させぬよう2年毎にテレビで政策の再検討や進捗具合、成果を国民に報告し審判が下されるようし(批判合戦でなく)日本国民も政治責任を負うようにし国民レベルをアップできる体制にしてほしい。

投稿: KK | 2011年12月 5日 (月) 17時44分

石破先生 いつもありがとうございます。お忙しいなかブログ更新ありがとうございます。本日のいちかわ防衛大臣にannoy annoybomb責任を取って辞任するべきsign03 自分の身を守だけの人に日本国を任せられませんsign03 自分から部下の責任を私でも重大差わかります。すぐに お詫びをし責任取りますね防衛大臣早く辞任をsign03 休みなのでブログを読ませて頂いてビックリとannoybombなぜ竹島領土問題も片付かないのに韓国に石油備蓄なんですか 野田総理もウンザリannoy 日本国を守れるのでしょうか 先生どうか早く日本国建て直しをsign03 お願いいたします。
明日から 気温downdownには気をつけて 倒れませんようにheart01heart01heart01 いつも応援していますhappy01纏まらなくて ごめんなさい。読んで頂いてありがとうございますhappy01

投稿: pappy | 2011年12月 5日 (月) 17時54分

こんにちわ
6日に「朝鮮王朝儀軌」を空輸で渡すとかw
政権を取ると日本国民の財産も税金も勝手にやり放題ですね。
無能外務省も、国民の財産や税金など相手に山ほど渡すばかりでないと外交が出来ないのですね(失笑)

韓国にある日本の書物や盗まれた書物の返還はどうなっているのでしょうか?
返還請求をしているのでしょうか?
竹島はどうなっているのでしょうか?
この書物の見返りに国際裁判に応じる約束でもしたのでしょうか?
一方的に貢いで何のための土下座外交でしょうか?

当り前の事ですが1205冊のコピーはとっているでしょうか?
これは日本国民の財産でした。

この図書が日本にあったと事、そして歴史を知る上で国民がいつでも閲覧できるように、コピーでも残すのが当たり前ですが、この愚かなアホ政権アホ外務省では、そんな当たり前の事もやっていないようなバカじゃないかと下衆の勘ぐりまでしてしまいますww

こんな政権いい加減早く終わらせて下さい。
日本国民の命や財産や主権より、韓国中国様サマの売国民主党など消えて欲しいです。

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月 5日 (月) 18時15分

こんばんはwink
若者が選挙に行く…
素敵ですね。

四十超えた私も選挙に行くようになったのは最近です。イシバ先生のフアンになったことと民主党が大嫌いだから行くようになりました。

よく年金が下がるとか消費税が上がる感想を聞くのに、巣鴨のおばあちゃんに聞きますね。
そりゃ、嫌ですよね。百円でも自分のお金が減るのは嫌だsign02

が、仮に、おばあちゃんの年金を月五千円下げてくれたら、おばあちゃんのフリーターの孫が、正社員になれるよ!
って提案したら、おばあちゃん、孫の両親、孫の四票ゲットです!

その前にしないといけないことはたくさんありますが同じ増税をするなら、前にある楽しいことを提案してほしいなwink

投稿: なこ | 2011年12月 5日 (月) 22時02分

石破さん ≪リクエスト≫【自民党本部駐車場敷地の国有地借用問題】
此の問題が、今日の予算委員会で論点になった。民主党村越某の追及は、家康の大阪城攻め宜しく外堀を埋めるのに忙しく「まだろっこしい」ものでしたが、その核心は外目には極めて常識的で真っ当だったと思います。

この質疑の間、小池女史(必ずしも敬称ではありません)の隣に席をとられた石破さんの表情が、TVでは何やら異議を差し挟まれているように観えました。何を仰っておられたのか?非常に興味があり、次回ブログにお考えをご開陳戴けると幸いです。

私見では「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」。今は「戦後政治の大掃除」の時期であり過去の不都合な諸々は適時適切に改めるのが善い。
此の問題が表面化して1-2カ月が経つ。此の間、自民党は唯々頬被りして身を伏せていれば嵐が行き過ぎると、愚かにも信じている如くに観える。
現在の民主党執行部が、過去の「常識的な公正に悖る」所業を自ら正す動きをしないのなら、自民党は未熟民主党に対抗することも批判することも適うまい。否、適うべきではない。支持率が一層下落するのは当り前だと。

今のままでは、石破さんが繰り返された「数多の言葉」に拘らず、有権者は次回総選挙でも又しても「駄目さ競争選挙」を押し付けられる。然も、其の結果再度の政権交代が起こったとしても(今のままではそうなる)、国家の再生にも国民生活の安寧の回復にも「希望の灯り」は点らないと考えざるを得ない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 5日 (月) 22時56分

政治家の不適切発言、金を巡る問題には心底うんざりさせられます。が、世界を見渡してもこの様な事例が無い国は存在していないはずです。不適切発言の追求をするために、国民は議員を選び国会に送り出しているのではないと思います。個人レベルの問題は違うところで議論してもらって、議員は国の将来を検討することに心血を注いでもらいたいと切に願います。

コメント欄には被災地への配慮を求める声が多く中には慰霊碑を立てろだのなんてものもあります。石破先生にはどうか小さな情に流されず常に大局をみて行動していただきたいです。国が何から何まで面倒を見て金を出す田中角栄的な政策が現在の日本を作りました。これは紛れもない事実で、途方も無い累積債務がのしかかっています。被災者の方々には心から同情します。が、あまりに大きすぎて想像もできないような借金をいかにして返済していくか、将来世代のこともどうかお考えいただいて、現実的な行動をとっていただきたいと思います。

TPP参加は当然です。農業の生産性向上と国内需要の拡大はもちろん今後日本の生命線となる海外輸出においても外せない条約です。巷では「幸福度指標」なるまやかしが幅を効かそうとしていますが、古来より「衣食足りて礼節を知る」と言います。天然資源が無く、大きな人口を抱える日本はブータンにはなれません。円高対策をはじめとする経済政策の推進で成長率を底上げすることが何より喫緊の課題です。若者が夢を持って暮らせるような日本の為に、どうかご尽力ください。

投稿: 彰人 | 2011年12月 5日 (月) 23時49分

したたかな政党の防衛相「職責を全うしたい」、首相も擁護発言とはよくも恥ずかしくもなく言えるものです。
資質が問われ、責任が取れない大人たち、教育上・道徳上よろしくないですね。
党首討論は短い時間ながら的確に追い込みきれなかったと思います。倒閣デモも各地で起きて(なぜか報道はされず)、体たらくへの多くの『民意』を討論に交えて欲しかったです。

投稿: MAKO | 2011年12月 6日 (火) 00時07分

「政治を変えるために若者は何をすればいいのか」
それは、若い世代が選挙に行くことも重要ですが、それで政治は変わりますか?
到底信じられません。
高齢者寄りだった政策が若い世代にも配慮したものにはなるかもしれませんが…。
投票するとしても定年もなく、選挙に強かったり、影響力が大きいという理由で同じ候補者をいつまでも擁立したり、若い世代に投票したいと思っても政治家になるための最低限の知識があるのか疑わしい人を党が公認する。
また政治家が選挙前後で豹変する。選挙では「国民のため」と言いつつ、当選すれば永田町理論で、信念もなく自己保身。
これで日本の政治は変わりますか?
政党も如何に議席をとるかに一生懸命。
もちろん目先のばらまきに飛び付く有権者にも問題があるのは間違いないですが。

政治が良くなるかどうかは当選した議員の気持ちひとつ。有権者は見守ることしかできません。今回のようにブログにコメントしたり、ツイッタ―で意見や思いをのべたり程度はしますが。

一川大臣は辞任して当然の状態なのに永田町理論で、国の防衛より党内融和優先。
こんなことでいいのでしょうか?
安倍政権以降、ねじれが続き、何かあればすぐ政局。与党になることが目的化した二大政党にはうんざり。ねじれはどこの国にもあるのに、どうして日本はこうも物事が前に進まないのか…。
国民そっちのけの証拠ですね、きっと。

投稿: マミ― | 2011年12月 6日 (火) 00時57分

防衛相に関しては、「ただ単に大臣のクビのすげ替えだけでは沖縄の問題を解決する事には繋がらない」と思いますな。野田pmの言う通りに、失言の分をカバーする働きを期待する方が筋が良いと思いますな。

沖縄県民に対して、もうそろそろ、国も県知事も、厳しく迫って行くべき時期ではないでしょうか?

政治家の失言なんて日本では、日常的なものであり、失言した分は「行動で挽回する」ようにしなければならないと思いますな。また、事あるたびに失言等を巡って騒ぎ立てる沖縄県民には、断固とした強い姿勢で臨む事が必要です。大臣が知事に会いに行っても、たったの八分で追い返すと云う事は、一体、どういうつもりなのか理解しようがありません。知事も、沖縄県民に対して甘すぎるのです。沖縄県民に対しては厳しく臨む事が必要であり、大臣の問責は問題の本質をついていないように考えられます。
キッシンジャー博士の仰る通りに「政治家の仕事は行動する事だ!」ですから、失言は行動で挽回させる機会を与えるべきです。行動するなら許してあげれば良い話でしょう。

ま、それはともかく、もっと重要な事について。
はやぶさⅡの予算が危機的状況にあり、これは由々しき事態です。

はやぶさ関係の本が多数出回っておりますが、川口pmの仰る通りで、はやぶさは日本の産業に大きな貢献をしてます!

また、日本の産業界の未来は、自動車や複写機メーカーには関係ないものと考えられます!

はやぶさのような未知の世界を切り開くプロジェクトが世界の未来を担うのです!

鉄鋼や造船や繊維などの産業が衰退していったように、近い内に、自動車や複写機のような産業も必ず衰退するでしょう。

新しい産業の興隆のトリガーとなるのが、はやぶさのような深宇宙探査プロジェクトです!

投稿: 山口健二 | 2011年12月 6日 (火) 01時18分

石破議員殿
山岡、一川がさらし者になっていますが、これは小沢派への見せしめでしょうか。適当なところで首を取って終わりにして、もっと大事な議論を始めて下さい。

このまま財政悪化すると、高齢層と若年層の対立が起こりかねません。公的には有権者数の多い高齢層の意見が通りますが、活力は若年層にありますので、社会が不安定になります。今の高齢層はバブル期に社会で指導的役割にいた世代と思われ、尊敬されていません。
日本は国内が安定しているのが強みです。日本の為に早期に分裂の芽を摘み取って下さい。
以上

投稿: BET2 | 2011年12月 6日 (火) 06時45分

民主党は米国・小沢氏に配慮して、国民・沖縄県民には配慮しない。

野田内閣は東北復興には財源確保ができてないと出せないと何か月も出し渋るが、韓国経済協力には国民の知らぬ間に迅速に税金を投入を決める。
自民党は国民を顧みず、政権奪回(落選議員救出や利権復活)のため批判ばかりで建設的な国会議論をしない。「政権奪回(選挙で勝ち議員職維持)」が最終目的で、日本をよくするために政治活動をしていない。

東北復興や辺野古基地移設問題が進展していないのに、国民は議員報酬支払いをしなければならないのか?民間企業なら契約不履行で損害賠償請求もの。成果も出さず内紛しているだけだ。
失言や政治家資質を追及するために議員に国政を委ねているのではない。国を良くするために働いてない議員なんていらない。
「野田内閣は本当に政権運営駄目ですね」の後に「国益のために助けてあげます。国民の皆さん。これは野田内閣ですが実現されるのは自民党案です。」とアピールすれば支持もあがるし、政策も実現する。自民党は何故チャンスを活かさない?

投稿: KK | 2011年12月 6日 (火) 09時45分

【ただただ無能な内閣】

 一川防衛大臣は、辞任の否定を繰り返すしか能がない状態で責任の重さを自覚しているように見えませんね。そのことは、本人も気がついていないようです。野田総理の擁護発言は本人に変な自信を与えているように見えます。この内閣の問題点は、先のブータン国王の来賓歓迎晩餐会で、顕著になりました。この一川氏を含む4人の閣僚が晩餐会を欠席した事実にあります。外交は内閣の専権事項であると憲法にも明記されています。外務省だけが外交に責任を負うのではない。内閣が外交に責任を負うと記されている。それを蔑にした所業であるが、欠席の連絡を受けた者がそれを許可したのではないか?
 その許可をしたものは官房長官もしくは総理ではないのか? 4人の欠席が礼を欠く行為と言う認識が無かったとすれば、個々の閣僚が示し合わせて、そろって共同で欠席したとも考えられますが、そこまで堕ちた政治家集団とも思われませんので、内閣が黙認もしくは許可をした点を重く見ることが重要になってくるように思います。この内閣は外交を軽く見ているとみた方が正解ですね。
もしそうであるなら、我が国の名誉を守るために倒閣運動を起こす必要があります。4人の閣僚の欠席を黙認したのか? あるいは、許可を与えたのか? そのいずれにせよ内閣の判断がそこに顕れている事実は疑いの無いところですよ。彼等がそこにいることだけで日本の名誉は棄損されていると見るべき事態です。一川大臣はブータン国王の名前も知らずに国王に手紙を出すと国会で答弁しました。本当に手紙を出したのかどうか解っていません。他の3人の閣僚はなんと言っているのかよく解っていません。そして肝心の内閣の姿勢が、はっきり見えてきませんね。4人の閣僚が欠席した意味は重いですよ。20名ほどの大臣の内の4名です。2割の閣僚が外交に無関心であると表明しています。これを質すことが自民党の役割ではないですか。事の重大さに気ついて頂きたいものです。過ぎたことではありませんよ。内閣を構成する閣僚の2割が外交に責任を持たないのです。憲法違反ですね。

投稿: 旗 | 2011年12月 6日 (火) 09時58分

自民党の猛攻に小沢一郎氏は疑われる事はありますが彼にとって致命的な罪は出てきていません。これは自民党の追求不足か小沢一郎氏の自作自演の政治汚職を腹黒いという知名度を利用して引退を考えているように思えます。時代遅れの政治家だと半分は思いますが行き場の失った彼を自民党が採用し人材を少しでも確保するのは無い手では無いと思います。私は小沢一郎氏にあった事もありませんので長く議員で語らった方が判断されてください。

投稿: 不適切発言かも | 2011年12月 6日 (火) 10時15分

石破先生 おつかれさまです。今tv国会中継を見ています。いちかわ防衛大臣を見てましたが 磯崎議員質問されてる時 寝てましたよdown質問されても ぐらぐらだしannoy 本当に防衛を任せられませんbombなぜ責任を取れないのでしょうか 国民は真実を知る権利が ありますsign03 野田総理 もういい加減に してくださいannoyこの防衛大臣では南スーダンに参加するのは難しいと思いますが……私だけでしょうか 読んで頂いてありがとうございます 国会中継は勉強に なります。ありがとうございます。先生 お体大切にhappy01応援していますheart01heart01heart01 早く 自民党政権で日本国建て直しをsign03

投稿: pappy | 2011年12月 6日 (火) 16時41分

プライムニュースみました。

メール内容僕らが思ってる内容とはかけ離れた内容でした。

あんな番組でなくて良いと思いますよ。
捏造もいいところです。

投稿: ウラカミ | 2011年12月 6日 (火) 21時57分

石破先生、こんばんは。
今晩、テレビで先生のお話を拝聴いたしました。
国会での石破先生の質疑も釘付けになって拝聴いたしました。
国民はしっかり見ています。
プロパガンダの著しい昨今のマスメディアの中にあっても
先生の真のメッセージはしっかり伝わっています。
一緒になってたたかって見ています。
どうぞお身体を大切に頑張られてください。
応援しています。
一国民より

投稿: Myko | 2011年12月 6日 (火) 22時47分

【参議院の質疑で】

 外務委員会の佐藤議員の質疑を録画で拝見しました。普天間基地を巡る迷走は底なし沼に陥ったような印象を受けますね。民主党は機能不全に陥っていると思います。もう何を言ってもこの問題で進展を見せることがないような気がします。話し合いの扉を壊しているのは民主党の側にありますね。役所もコントロールできない姿を晒すことで、国民の信頼を求めることが不可能です。野田総理は未だに沖縄県に行くことがありません。やはり、彼の中では重要度が低いのではないですか? そして、11月の末頃より、東北の復旧復興の声がありませんね。不退転の決意と言う声が上がったのは『社会保障と税の一体化』のための枕詞になっており、復興のためや、普天間基地ではありませんね。福島原発も先が見えていません。今月で終息できるのかさえ疑問ですね。人材難の民主党。仕事をこなすことができる人間がいないという意味です。よくぞこれだけ無能で不見識の人間が集まったものだ。普天間基地問題で鳩山が辞任した時、彼を民主党から除名しないと話が前に進まないと思いますね。除名もせずに党の最高顧問に推戴していますね。これは国民、特に沖縄県民に誤解を与えますよ。それもわからない民主党が、普天間基地を論じても説得力がありません。菅前総理も、野田総理も、前原氏や玄葉氏も、そのことに気がつきそうなものなのに、それが出来ない。ここまで問題を拗れさせた張本人を最高顧問にしていることが、今、政権が苦しむ姿になっています。だから、鳩山は「私は日米関係をぐちゃぐちゃにしていない」と平気で言い出すのである。彼等の優先順位は党内融和である。鳩山のような平成の脱税王でも党内に勢力がある。彼の金が目当てとしか見えない連中でも、数十人集まるから勢力になる。党内融和を最優先にしている側から見れば日米同盟よりも鳩山を最高顧問に戴くほうが重要なのだ。非常にわかりやすい政権であるが、政治の世界でこれほど重要度の低いものを安全保障上の軍事同盟よりも優先する判断と言うのは明らかにキチガイじみている。しかし、民主党にあってはこれが常識なのだろう。国民は彼等の愚かな判断に殺されるようなものである。鳩山は自分は悪くないと思っている。だから、議員の辞職もしないし、次回の選挙にも出ると言っている。民主党は、組織として、鳩山の総理辞任までは出来たが議員辞職までは出来なかった。これは交渉能力の限界ではないのか? 鳩山を最高顧問にするという意味は普天間基地問題と無関係としたいのかもわからないが、大きな誤解を世に与えている。これがわからない以上、彼等は何をやっても信頼を得ることがないだろう。そして、対外的な交渉能力にも欠陥を露呈することになるだろう。民主党が愚かなのは、ここにあると思いますね。例えば、竹島が韓国に不法占拠されていても、玄葉外相が「些細な局地的な問題」と言い繕うのは、鳩山を処分できない民主党の姿とダブります。整合性の取れない姿を晒したまま、曖昧さの中に逃げ込んでいます。なにが大事なのか? 主張も出来ない馬鹿政党は、国民の支持を失うばかりでしょう。自民党にも言えることですが曖昧な姿を晒したままでは正面と向かい合うことが起きた場合、リーダーシップを発揮できなくなりますね。それが大阪ダブル選挙で起きたような気がします。無党派層は既成政党の曖昧なその場しのぎの発言に飽きたのではないですか? はっきりさせないと、民主党と共倒れになりますね。大変なことです。大阪維新の会は目的が絞られていることもありますが守備範囲は非常に狭いと言うことも利点になっています。彼等の頭には安全保障問題など最初からありません。年金問題とか、税の問題もありません。だからわかりやすい主張をはっきり述べることが出来ます。この勢力が、この先どのような成長を見せることになるか解りませんが、民主党がそうであったように頭を打つ時期が来るのではないですか? その時に、どういう頑張りを見せることができるかでその後の支持が変わりますね。どちらにせよ優柔不断な姿勢を見せていると国民は離れていきますね。野田内閣の問題を抱えた閣僚が6人も抜けるようなことになれば民主党政権は消滅に向かうような気がします。それが年内に起きるかも解りません。6人の内の3人は、年内に辞任するかも解りませんね。自民党は今の内にしっかりしてください。大阪で起きたことの反省は必要ですね。

投稿: 旗 | 2011年12月 6日 (火) 23時00分

護衛艦と漁船の衝突事故は海自の無罪になりませんでしたか?ま、そのことは置いといて。
詳細がまだ解らない内から『ウチの者が悪かった』では命を懸けて国家国民を護る覚悟を有する方々に対して余りに非礼ではないですか・・・。 
先生の自衛隊に対する認識は少し不透明な部分を感じます。
『戦争を始めるのも政治なら終わらせるも政治』です。ゆめゆめお忘れなく。
TPPについては解り易い所をかい摘まめば、道路標識や公文書、役所の応対や議会など全て英語でやりたいですか?
アメリカは今や企業国家です。民衆を省みることはありません。

投稿: 小耳 | 2011年12月 7日 (水) 02時02分

ひさしぶりの書き込みです。親父の会葬では大変お世話になり 改めて御礼を申し上げます 昨日のBSフジ プライムニュースでは 久々に心振るえました。やはりこの石破という男を昔から応援していて良かった。私の目には狂いはなかったと確信しました。政策にはTPP 消費税 はじめ様々な異論 反論 などあって当然ですが責任をもって 石破派を立ち上げる談は感動しました。最期までとことん 応援申し上げますので 頑張ってくださいませ。

投稿: 西村 宏之 | 2011年12月 7日 (水) 10時02分

石破さん  ≪勝手に工程表を描いてみました≫
自民党の元気印平将明さんのツイート【どこの会合に行っても、自民党はもっと世代交代をしろ!と言われる】
これを言わないのは、自民党に限らず民間大企業でも、老害を巻き散らず本人達とそこに寄生している取り巻きだけだと思います。

民間企業は兎も角として、「自民党世代交代」の工程表を描いてみる。
中核メンバーは、総理の役職を担いうる方々数名、
世界の中で将来の日本を担う芽を持つ中堅若手十数人、
そうではなくても志と覚悟を持つ中堅若手数十名。
此れだけでは、知見や経験の分厚い在庫に懸念なしとしないし、既成勢力に志の高さにも拘らず嘗ての「青年将校の謀反」に貶められる懸念があるので、「世界の中の日本」に視角を持つ重鎮数名の参画が不可欠でもある。
第二第三グループは中堅若手に組成させれば好いが、「重鎮数名」の参画には石破さんを中心にした第一グループが当たることになる。

スケジュール感は、外野には極めて考え難いこと乍ら、今の国家の悲惨な状況や適格な重鎮殿の齢などを考え合わせれば、「来年の自民党総裁選挙まで」。何れにせよ急ぐ必要がある。急ぎ過ぎてはいけないが、果断にスタートを早く手順を迅速に進めることはできる。

と、此処まで描いて来て、適格な重鎮は自民党にしかおられないが、矢張り自民党単独の改革では、手駒(失礼!)が足りないと実感します。
矢張り、健全な自民党議員が中核になって、「善き政局」と「善き政界再編」を経て「政界の世代交代」に至るのが、国家にはベストに違いない。
実際には、「今の現実」と「そのベスト」との間の何処かを模索して続けて戴くことになるのでしょうが。
野球と違って、政治には一発逆転ホームランは無いのですから。
21世紀は「走りながら考える」時代だと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 7日 (水) 11時50分

石破先生の対韓論をお願いいたします。
対韓論とは、日本の韓国に対する政治のあり方です。
昨今の、政府の対応は素人目でも友好の名の下、卑屈になっているように見えます。自民党が国会で追及されておりましたが、外国人の献金といった問題もあり、韓国との蜜月は氷山の一角なのかと疑わしいです。

原発事故では、ホウ素を韓国が提供してくれました。
その件について謝意と金銭で、応えるべきだと思います。
そもそも、韓国では備蓄しているのに、日本には備蓄が少なかった事、それ自体、国家の危機管理能力の差が問われますが。

韓国とは、常に竹島問題が重要課題としてあります。
軍事的に占拠しつつ、開発を加速させており、日本の議員を立ち入らせないなど、実効支配の既成事実化を図っています。

石油備蓄庫の話もあるようですが、
6日、朝鮮由来図書1200冊の引渡しがなされました。
合計で1205冊ですが、未来志向の対等な友好関係の構築であれば、相応の日本の文書や竹島の半分を引き渡すなど、韓国側が日本にすべき行動、譲渡がなければおかしいですし、日本側が無条件なのも、相互の友好としておかしな話です。

多くの日本人が、韓流ブームやKポップなどで韓国に好意を感じてはいます。しかし、そのような中、強行に竹島の実効支配を進める韓国を、将来の戦略的パートナーとして認めれるはずがありません。

日本は、憲法上、軍事的に竹島から韓国軍を追い払う事は出来ませんから、外交によらなければならないのですが、その際、経済産業省が獅子身中の虫になると懸念されます。
韓国との友好、経済交流、確かに大切です。
しかし、日本としての主権を譲歩や先延ばしにして豊かになっても、それは物乞いとさして変わらない行為になるのではないでしょうか。

経済産業省は、日本の産業振興の為に働いているわけですが、それ以前に、一人の日本人であるはずです。
日本人としての誇り、日本の主権、それを無視したTPPや日中韓連携は良くないのではないでしょうか。
NHKで「坂の上の雲」が放送されており、週末楽しみに見ているのですが、当時の日本は立場や役職が違ってもよくまとまっていたからこそ、強かったのではないでしょうか。

経済力が日本の外交力でもありますので、経済産業省と外務省の連携は大切ですが、外務省が遅れているのか、経済産業省が前のめりなのか、二人三脚では歩調をあわせなくては、一方が急いても転び先に進めなくなります。

外務省と経済産業省、この連携が今後の日本の外交交渉を進める上で、大切になってくると思います。

投稿: 稲雪 | 2011年12月 7日 (水) 12時54分

石破先生

 ご無沙汰しておりました・・・
と言いましても、一方的ですけどcoldsweats01
秋の仕事が忙しい時期だったのですが、先生のブログは必ず拝見していました。
先生の方が私より何十倍もお忙しいのに、キチンとわれわれに向かって発信していただいていることに感激していました。confident

先生はTPP参加に前向きのご意見をお持ちのことですが、私は基本的には反対です。
でも、この欄にお書きの諸先輩方のように
しっかりとした 意見はもっているわけではないのですが、なんとなく日本の形態にあった農業が浸食されることにより、文化の衰退をまねくような気がするのです。horse

しかし 先生が言われるなら信じてもよいかなという気にもなります。
これは先生個人の政治家としての魅力というか信念のなせる業かと・・heart

TPP参加は国論を二分しているようですが、民主党の人たちのいうことだったら、私は人が信じられないので反対を貫きます。pout
中には良識人もいるのでしょうが、過去あのような総理を排出した党人ですから。

先生どうかTPP参加にご賛成の立場でしたら、
参加することでどのくらいメリットがあるという主張よりも、参加によってこのようなデメリットがあると個々に正直に示したうえで、しかし政治としてこのような対策や対処方を考え、実行していくつもりだという強い
リーダーシップを示してください。

反対の人々も納得させられる政治家は石破先生をおいて他にいないと思います。

最後にお体を大切になさってくださいねheart04club


 

投稿: ブナの森 | 2011年12月 7日 (水) 13時10分

石破先生

すみません。
言いたかった意見を忘れて再度の投稿になってしまいました。

「はやぶさ2」piscesの予算が無くなると知りました。
あんなに国民を元気づけたのに、このことに関して自民党の科学に興味のある方はいらっしゃらないのですか?annoy

復興予算は確かに十分必要なことですけど、
将来の科学や未来の日本の発展も必要なことではないでしょうか。wrench

このごろの日本の進みようが、将来よりも今現実ばかりおってるような気がしてなりません。だから時々つまんなく感じます。think

たしかに現実政策は急務であることはわかっています。でも今 自民党は野党なら将来の子供たちの夢shineや日本の未来を担う子供たちの教育bookも見据えた提言を示して、与党との差を示すのも一つの手段なのではないでしょうか。

どこかに「ハヤブサ2」を実現させる会などないもんかなぁ。sagittarius


投稿: ブナ | 2011年12月 7日 (水) 13時25分

【橋下市長の解りやすい行動】

大阪市の副市長に、横浜市長をやっておられた中田氏を起用する考えを表明されたそうだ。市議会の承認を待って任命するそうである。大阪維新の会の主張に賛同されている首長経験者を副市長にという考えは、大阪都構想を本気で進める意思があると云うことを内外に示す効果もありますね。中田氏も乗り気であることが伝えられています。政策の実現に向けて周到に動く様は、口先だけではないと云うことだと思います。また、大阪府立大学と大阪市立大学の統合に向けた協議も始まるようです。大学等は二重行政の弊害にはなっていないように思いますが、一つの象徴的な意味もあるような気もします。大阪市と大阪府の垣根を外した姿を見せる意味が、ここにあるのではないかと思います。大阪の変革を見るのは楽しみです。ひとりの市長の誕生が、市民に押されて改革の旗手となる。政治の形が変われば、人の流れも変わるような気がします。活性化が必要なのはやはり地方からですね。次の一手が打てる政治家ほど頼もしい者はいない。それに期待したいです。

投稿: 旗 | 2011年12月 7日 (水) 13時52分

http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/393/956b5b1ba645b36262dc313983343586.html

「橋下市長が中田元横浜市長に副市長を打診」
橋下さんが中田が市長時代から仲がよかったのは知っているが、この選択はない。
何しろ彼はスキャンダルで失脚した、と報道されているが実際は実務能力にも大きな問題点が多数ある。もっとはっきり言うなら彼は帰化朝鮮人である。「口だけ番長」なのである。当然ながら地方参政権大賛成者でもある。無論法的には帰化していれば日本人だが、正直日本の帰化は特に朝鮮人や中国人には甘過ぎる。

彼らは圧倒的に犯罪率が高く反日思想を持っている。韓国のBBSでも読めば1秒でわかるが韓国で日本を擁護する意見など100人に一つくらいしかない。
「北朝鮮が攻めて来たらどうしますか?」
「日本と戦います」
本気でこんな事を言う国です。

日本の文化、日本の女性が好きな人は多いが「文化は好きだが日本人は嫌い」
「日本女性はレイプしても捕まらない」
「日本女性はAV女優と同じ行為をしても
平気。韓国女性にはできない。」
こんなのが極当たり前に大多数なのが現実。ちなみに中国はこんなに酷くはない。
しかしやはり「文化は好きだが日本人は嫌い」と言う意見が圧倒的です。

彼らの根底には「日本鬼子」の思想が根強く永遠に受け継がれるかも知れません。
いい加減政府も反日家を帰化認可するのは止めましょう。最低限国に忠誠を誓える人だけにしてもらいたいものです。
日本で犯罪を起す人は中国人が1位で2位が韓国人。しかし中国人は大半が窃盗や小犯罪が多く、凶悪犯(特にレイプ絡み)となると韓国人の独壇場です。
彼らは日本人を人と思っていないので、
どんな残酷な殺人でも平気で行います。
しかも帰化していなくても通名のせいで
日本人名で報道されるケースが殆どで、
在日の巣である民団掲示板には「逮捕されたら日本人名を名乗るように」と指示されています。

拉致だって元を正せば政府が悪いのです。
在日朝鮮人をはっきりと区別して周囲の人がわかるようにしていれば1度事件になれば
その後は2度と起きません。
まして拉致など日頃から警戒されていれば彼らも行動に移す事は出来なかったはずです。日本人と区別が出来ない、暗躍する土台を作ったのは政府の責任です。

彼らは口を開けば「戦争で日本が蹂躙した」と言うが在日朝鮮人は「戦後」の日本に於いて10年にも渡り日本全国で「朝鮮進駐軍」として強姦強盗やり放題でした。
しかも戦後逮捕した犯罪者の強制帰国には応じず、そのまま日本で在日になって永住権を得ています。
戦争は人を狂わせます。ロシアは第2次大戦で戦火で焼かれた都市で強姦を繰り返しパリでは数十万人が犠牲になっています。
アメリカだってイラクでは戦闘ヘリからゲームでも楽しむように素手の民間人を上空から殺して遊んでいた。
ベトナム戦争では韓国軍は村を襲撃しては
強姦を繰り返しその時の妊娠した被害者だけでも数万人に上り、レイプだけなら実害は数十倍でしょう。

しかし在日は「戦後」なのです。「戦時中」ではありません。戦後の焼け野原で残されたのは老人女性子供ばかりで抵抗力もないのを良い事に善良な日本人を殺害して
モノを奪い、武器の携帯を許されなかった警察官さえ犠牲になりました。
残念だが自民党には彼らを否定する勇気がなかった。まあ60年代までは日本の左翼勢力が非常に強い背景があったのでそれは
批判するつもりはないが、一体何時まで
優遇措置を続けるつもりですかね?
「特別永住権」を世代を超越して継続する、なんてキチガイ沙汰です。

今更韓国や中国の捏造歴史観を変えさせるのは不可能でしょう。だとすれば退去してもらうしかない。日本はこんな狭い国土にも係わらず世界有数の発展を遂げたのは、
他人をいたわり慈しむ道徳観が根底にあるからです。如何にしたら使用者が使いやすいか?と言った他者の事を考えた製品作り
主眼に於いて製品を作りそれが世界に評価されたのです。

しかし彼らには日本に対する憎しみはあっても道徳観は全くありません。
ここの書き込みを読むだけで反日者が誰であるかはすぐわかると思います。
韓国は武力で日本に対抗は出来ません。
内部からじわじわ浸潤して食い散らかして行きます。電通を通じてマスゴミは既に
支配されており、政治も民主党は復興そっちのけで在任中に韓国支援策を次々繰りだしています。
民団みたいな税金も払わない連中がビルを各地に所有している事を政府も地方自治体
も容認しているのが実体です。
民団関係、パチンコ、新興宗教に徴税を課すだけで復興費など全額簡単に出ます。
まあ石破さんもパチンコ関係から献金受け取ってますから無理でしょうがね。

第2次大戦前と後では日本人の精神は変わった、と言う人もいるが私はそれほど変わらないと思う。他人の為に怒り行動する、その精神は他国人には理解不能だと思う。
帰化認可するかどうかの判定には天皇陛下の写真に敬礼して忠誠を誓ってもらう踏み絵を実施すべきです。

投稿: 磯部 | 2011年12月 7日 (水) 14時46分

石破先生、お疲れ様です!!
毎度お馴染みの空中戦ですね!

知らない!記憶に無い!貰ってない!法律を遵守して処理している!マルチは合法!政治家個々の判断なので調査は必要無い!

民主党議員は、何をしても良いんでしょう!

襟を正して職責を全うする?

襟を立てる首がねえのに?
一川・山岡の問責は当たり前ですが、野田を放置ですか?
問責・不信任出しましょう!

財務省忠犬野田を早急に追い込んでください!!

宜しくお願いします!!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年12月 7日 (水) 14時55分

石破さん
自民党の元気印某氏のツイート【石破茂先生の勉強会。「さわらび会」と命名。出典は万葉集巻八 1418番 「石ばしる 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも(志貴皇子)」です】
「さわらび会」、石破さんらしい日本的な趣とウェットな感じのネーミングで良いですね。今の国家の難局に立ち向かうには激しさも必要ですが、此の「船出時だけ」は激しさも荒々しさも胸の高鳴りも全て胸に納めて、穏やかに平かにという処でしょうか?

大いに期待しています。一日も早く「太く長い巨わらび」に成れ!!と。
益々ご自愛のうえ、益々のご活躍を念じます。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 7日 (水) 17時34分

こんにちわ
先生、もうね。東電の補償問題には呆れ果てるばかりです。
8万円・・・8万円ですよ。
ガキのお年玉じゃあるまいし、今時貰ったお年玉を合わせたらそれ以上の金額もらってる小学生も多くいるんじゃないでしょうか?

東電・・・原発被災者をなめてんじゃねえよとw
8万円・・・妊婦や子供は40万円w
舐めてんのかとw
最低でも二桁違うだろうとw

8万円を毎月一生涯補償なら何とかわかりますが・・・賠償金って何なんでしょうか?
自分達の給料や年金を8万円にしてから言えよと。
もう、東電を国有化して、原発は失くして、どうしても必要なら、要塞のようにして、周りには自衛隊基地を置いて、全国で2基か3基位で緊急電力とし自然エネルギーの技術が発達するまで残し、発送電分離での電力の自由化を進め、足りない分は原子力発電の電力を国から買い取る形にするべきではないでしょうか?
もし、温暖化や地球リズムでの気候変動や地震、津波、テロなどで、万が一、2度目の悲劇があった時、もう将来世代に未来はありません。
今なら人生80年90年時代と言われていますが、将来世代は人生30年40年時代に戻すのでしょうか?
しかも金がないです。
こんな事を私達の世代が勝手に決めて良いのでしょうか?
原発輸出にしても、韓国などへの原発部品輸出にしても、何かあった時、日本が訴えられたらどうするのでしょうか?
今回の図書引き渡しでの韓国の姿勢を見ていても到底信用できる国ではありません。

これは、将来世代が重く背負う事になりかねない問題です。

私達が私達の時代を豊かに過ごすために都合良く進めているだけの愚かな政策だと思います。
福島原発事故を起こしたあとも、原発輸出や原発推進企業は、今後は全て自己責任でやるべき問題で、今回のように国民に負担させるべきではありません。
こんな事をしていたら、国民の1000兆超えの借金も、何かあるたびに負担させて、あっという間に2千兆超えになると思います。

私からしたらこんな大きな事故を起こしても、まだグダグダ言ってる電力会社、大手企業や政治家、役人、原発誘致の県には、嫌悪感を感じるだけで、「今後は何かあれば全て自己責任で対処しろよ」と言いたいです。
これは多くの若い世代が感じているのではないかとも思います。
先生や私のような、長生きしても後30年か40年生きるだけの世代だけがヨロシク過ごせたらいいじゃないかと、そんな考えは捨てるべきです。
これから50年以上この日本で生きる若者達の事を考えた政策をお願いします。
東電は潰すべきです。
今でさえ、国民の税金を数十兆円入れる状態です。
東電は、原発被災地の国民の生活が元には戻らないのを、涙をのんで、ある程度納得していただく状態での出来るだけの補償をすべきです。
そして2度とこのような事が起きないよう、今後は原発を扱いたい企業が全ての責任を追うべきで、自治体が金欲しさに納得して許可を下ろした場合、逆に何かあった時に、その事で他県に被害を広げた場合、許可をして金を貰った住民達が、財産没収してでも補償する覚悟も持つべきです。

そして私達は、原発での電力は拒否すべきで、自然災害などで電力供給が追い付けない場合は、国の緊急用の(私達全ての国民の責任の元での)原発から電力供給を受けるようにすべきです。
その為にも、脱原発に向かって頑張る企業に国民の税金を投入し支援すべきだと思います。

たった8万の保証金など、舐めたマネをする東電など早く潰してしまうべきです。
本当に、失笑させてくれます。
高級クラブで二人で座って1時間いてもボトルさえ下ろせないクソな値段です。
こんな原発被災者をバカにするような東電に対して、自民党も怒るべきです。

東電の現幹部や過去の幹部達、原子力保安院などに対して、警察の調査は入っているのでしょうか?
一般国民は、若者達は、何故もっと怒らないのでしょうか?
明日は我が身です。
決して他人事に思う事なかれです。
このおかしな日本政治や企業との癒着などに対して、子供のいらっしゃる国民達は我が子の未来の為に、我が子の友達の為に、我が子と同じような将来世代の為に、特に怒るべきだと、私は思います。

そして、まずは、国家公務員の給料下げもなく(現場で働くの自衛隊や消防隊、警察など除く)、一般国民の所得税増税に対して、絶対に反対し、怒るべきです。
この現状での増税に対しては、自民党もいい加減な態度で増税賛成はすべきではありません。
そろそろ、真剣に、本気で、頑張る国民を応援して頂きたいです。

先生、一部の頑張る政治家は別として、このまま腐った自民党にいらっしゃるのでしょうか?
時間が無いのは先生が一番良くご存じの筈です。
次期衆院選、私は心から期待したい党に入れたいです。
今のままの腐った自民党には入れたくありません。先生がいらっしゃるなら、ダメさ比べでいれるしかありませんが不本意です。
かといって、子供達の為にも、売国民主党や、韓国や北朝鮮、中国などを大切にして、保身や金や個人的思想の為に、日本崩壊を望んでいるような売国党も絶対入れる事も出来ません。
心から応援できる・・・そんな日本国家国民の為の安心出来る日本の政党が無いのが残念です。

先生、何とかして下さい。
お願いします。


投稿: 女性 | 2011年12月 7日 (水) 18時43分

石破派発足か!?というニュースを拝見しました。先生を応援している私としては、総裁選もにらみ、先生には大いにがんばっていただきたい!期待しています!! ただ先生、今からTPP参加はtoo lateです。農業改革はもちろん急務です。が、野田政権ではTPP交渉は無理です。

投稿: ゆなお | 2011年12月 7日 (水) 20時42分

磯部様は軍事費に国庫を費やして、更にTPPに反対を唱えて、大豆やトウモロコシなどをアフリカから輸入されるのですね。

ではどうぞ、そちらの考えを主張し石破議員の耳に入り、将来的に日本の政策となれば宜しいですね。

私は磯部様とは赤の他人なので我が道を歩ませて頂きます。相容れない者同士の議論を続けるよりこの議論より目を見張る政策を唱える人物が現れた方が更に至上で望ましい。

あと磯部様は勝手に韓国籍だの政治参加権が無いだの言われていますが、そのような誹謗中傷は誰であれ改めて頂きたいと思いますがこれ如何に?疑われるのであれば石破茂ブログを管理している人に尋ね確かに鳥取市に籍のある人物の行いだと聞いてみられるが宜しい。個人情報を特定出来ない広い範囲できかれるが宜しい。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月 7日 (水) 21時24分

復興債を年金に充てちゃおう、みたいな訳分からない法律に両手をあげて賛成しちゃうの、やめませんか。大阪の選挙と言い、何だかんだ民主党と仲良いですよね、自公共に。

投稿: テツ | 2011年12月 8日 (木) 01時39分

いろんな食べ物から、放射性物質が検出されています。
日本人のほとんどは、おそらく既に体内被曝をしているのでしょう。
私は西日本の住人ですが、スーパーなどでも福島周辺の野菜が入荷されたりしています。日本国中そうなんでしょう。
私自身、安い弁当を食べたりします。
その弁当には、安く買いたたかれた福島あたりの農産物を使っていることだろうと思います。

4月27日に旧の基準で少しでも怪しい農作物は全量政府が買い取ることで、汚染された農作物が流通にまわらないようにすべきと提言させていただきましたが、財政が厳しいからという理由でしょうか、おおごとにするのが嫌だからでしょうか、「食べて福島を支える」などと言う愚かなスローガンで、止めることが出来たはずの放射能汚染が広く国民に拡大してしまいました。

TPPで農産物を輸出などと言っていますが、放射能入りの農作物を喜んで買う人などいないでしょう。
今や、日本産の農作物は汚染農作物扱いをされるのでしょう。

先生は防衛にも詳しいはずですが、汚染農作物の対策は、みっともない兵力の逐次投入そのものです。
最初に対策予算を組まなかった。
それが故に、将来の国民の医療費負担が増えますし、何より、大勢の国民が苦しみます。
東日本に限らず、癌などの発病率が上がると思います。
三笠フーズの事件でカビの生えた米を流通にまわしたが故に、汚染米が流通した地域の西日本では肝臓癌が増えていることは先生はご承知のはずです。

もちろん裁判になれば、汚染米を食わずとも、放射能に汚染された食物を食わずとも癌にはなると言うことで、政府の責任は否定されるのでしょう。
でも国民は、政府や政治家の食への対応がダメだったので、癌になったと思うことでしょう。

悲観的に過ぎる意見かもしれませんが、私自身は、政府や政治家のせいで、日本国中に放射能の汚染が広がったとしか考えられないでしょう。
残念です。

投稿: ツンデレ | 2011年12月 8日 (木) 02時13分

石破議員

民主党を潰して下さい。
明らかに日本は衰退、破滅に向かっています。

今、多種多様に渡り問題が多発していますが、
国民はやはり、原発収束が一番の問題だと思っています。
しかし、東電と民主党は先手を打てず、その場しのぎの工事で誤魔化しています。
九ヶ月も経っているのに、次の余震や津波対策は仮の防波堤のまま、首都壊滅に成りうる四号機プールの耐震性は疑わしい。
地下水対策の遮水壁工事も間に合わず、汚染水を海に流すという暴挙に出ようとしています。

今は原発収束しなければ全てにおいて未来がありません。
自民党から原発収束専門の議員を任命して下さい。東電と原子力委員会、保安員、細野大臣がやっている事を確認し追及し、最善の対処法で工程を進める様、強く進言や提言してくれる人が必要なのです。
自民党には優秀な人材がいます。
日本の中にも優秀な学者や専門家がいます。
国民は原発収束を心底望んでいるのです。
この望みを自民党がやらずして、次の選挙も、日本の未来も語れません。
石破議員の娘さんが東電勤務だとか議員が東電の株主だとか議員本人の素質を否定している人達もいますが、そんな事を跳ね返して行動して下さると信じています。
どうか、早急に原発収束の為に自民党から専門的に動いてくれる議員を出して下さい。
時間がありません。

よろしくお願い致します。

投稿: 未来 | 2011年12月 8日 (木) 09時41分

石破先生

コメントし忘れたため追記です。

>> 大阪W選挙の結果は、橋下氏のキャラクターもさることながら、自民・民主をはじめとする既成政党への強烈な不信感の表れであったと受け止めるべきです。

私個人としては橋下氏の政策には賛成しかねる部分もあり、だからといって平松氏にも賛成できません。
橋下氏の「大阪都構想」について、はたしてどれだけの府民、市民が理解して投票したのでしょうか?
恐らく殆ど理解されていないのではないかと思います。

それはさておき、自民党はなぜ平松氏を推薦したのでしょうか。
また、橋下氏が当選した後に、橋下氏への擦り寄りも報道されていますが事実でしょうか。

だとすれば、自民党とは何なのだ?と多くの住民が思っても仕方ないと思います。

綱領を更新して2年経過しようとしていますが、一体自民党内ガバナンスはどうなっているのかということです。
「1.我が党は常に進歩を目指す保守政党である」

平松氏は保守なのですか?
勇気を持って真実を語った結果が、「平松氏を応援したが橋下氏が当選したので大阪都構想に擦り寄る」のですか?

既成政党という言葉からは「かつての自民党への不信」と感じ取れましたが、「新しい自民党も違わないのでは」という不信感そのものだと思います。

端的に言えば、
・平松氏を支持した理由は何でしょうか?
・自民党は大阪府・大阪市はどうあるべきと考えているのでしょうか?
→所詮、住民の生活よりも自らの票なんじゃないの?
に尽きると思います。

鳥取県のご出身であり国政のご担当である石破先生にこの回答を求めるわけではありませんが、少なくとも「自民党のガバナンスはどうなっているのだ?」という問いはさせていただきたいと思います。

投稿: ぱなとりん | 2011年12月 8日 (木) 10時22分

石破先生、いつも見させていただいております。
突然ですが、先月に日本の領土保全の為に
「鳥島(通称:備前鳥島)」を年内のうちに
視察すると仰られていましたが、その後
どのような計画になっておりますでしょうか。

あの島は韓国が文句をつけて岩だと言ってきて
いますが、日本のEEZを確保する上で重要な
島であると認識しています。

ぜひとも早急に石破先生には御視察頂き、
波の侵食を受けないよう、大切な島を
保全していただきたく思いコメントいたしました。

記事とは関係の薄いコメントで申し訳
ありません。ただ、島の重要度の割りに
国民の認知度が低い気がしたので、先生の
御視察によって関心が広まればと思い
コメントさせていただきました。

先生どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ino | 2011年12月 8日 (木) 11時04分

石破さん  閑話休題≪組織文化≫
日経【外国人党員認めず 民主党検討委‥既に外国人の党員サポーターの党代表選挙投票権廃止の方針】
喩えていえば、毒素の濃い土壌で育った樹が表舞台に出て批判に曝されたからといって、「汚れた枝葉」を切り捨て取り繕っても、「根幹の汚れ」や「毒素が染みついた組織文化」が除去される道理も綺麗な花が咲く道理もない。

汚れた文化の組織は消え去るべきだ。組織文化の善し悪しを決定することこそが経営者(幹部)の最大の責務であって、それに失敗した経営者は馘首されるのが相当だと。東電然り、霞が関の「悪賢いモグラ」然り。オリンパスは大分に趣が異なりますが。

一旦は組織は消え去っても、一念発起する健全な人達を抜擢して新しい組織を造り同様の責務を与えれば、世代交代が実現され、組織文化も一新される。
まあ、一新された文化が健全で善良になるとは限らないが、其処は「取るべきリスク」であり、挑戦し続ける他はないと。

以上のことは民主党だけではなく、一部は自民党にも当て嵌まっている。
草々


投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 8日 (木) 11時22分

恐怖 の法案。
人権侵害救済法案について、法務省が問い合せが余りにも多い為、ホームページに説明を掲載した。次の通常国会で出す予定。公明が賛成して強行採決される可能性が高い。
とにかく3条委員会にして、最初は小さく産んで、後から大きくする狙いのようです。
5年後の見直しで、権限強化させるのでしょう。知らない人は、調べてみるといいですよ。
言論統制に繋がる可能性が余りにも高い、一般の日本人が弾圧されかねない法案。

投稿: コピペです。 | 2011年12月 8日 (木) 12時13分

石破先生こんばんは。今某番組で先生の姿を見かけまして、ブログを探して辿り着きました。

唐突、且、場違いなコメントかもしれませんが石破先生を信用して敢えて書き込ませて頂きます。

私は福島県福島市に住んでいまして、勤務先は伊達市になります。通勤して目に付くのは、大手銀行や大型スーパーの撤退です。そして小さな八百屋、魚屋、肉屋さんはどんどん閉店していく。私の近所は県内でも有数の「梨」の産地ですが、目に付くのは自分で散水機を使い樹木に水をかける農家の方。国も自治体も何も教えてくれませんし助けてくれません。これが福島の「現実」です。今の国会議員の中にこの「現実」を知っている人がどれ程いるのでしょうか?町はどんどん寂しくなっています。

そして目に見えない差別、風評被害。福島の物は食べない、売らない、持ち込まない。非核三原則に似てると思いません?先日、首都高を走っている時に妙に車間距離を空けられました。放射能を避けようとでもしていたのか?また、都内の宿泊施設で予約を断られたこともあります。

震災から既に半年以上も経っているのに除染活動はほとんど進展もありませんし、地域の雇用促進も賠償問題もそっちのけ、国民のほとんどはこの震災を忘れてやれTPPだの、なんたら大臣の任命責任、解散総選挙、ウンザリです。

誰が大臣になってもいいんですよ、どの政党が与党になろうが構いません。福島県民は「日本の政治」「国の震災に対する対応」というものに対してほとんど諦めムードです。遅々延々と問題を引き伸ばしていればいずれ沈静化するだろう、自分たちで何とかするだろう、そんな悪意すら感ぜずにはいられない今日この頃です。

何とか出来ないから困ってるんですよ、だから企業が撤退したりお店が閉店したり農家が作物を捨てたりするんです。この現状を何とかして下さい。

投稿: ゆきんこ | 2011年12月 8日 (木) 21時23分

【参院外務委員会から】

 ベトナム・ヨルダンの2カ国に原発輸出、また、韓国との間に我が国の原発技術の供与についての協定を結ぶそうである。脱原発依存を表明したのは民主党政権である。その政権が他国には『優秀なる我が国の原子力』の輸出ですか?
未だ事故の検証作業も終えていない時期にあって売り込みと技術の流出に余念がない民主党と云うべきですね。特に韓国に向けての原子力関連技術の供与についての協定は唐突過ぎて笑えないものがあります。猪口議員の説明では、玄葉外務大臣より先に韓国の大使が知っていたとも思える件がありました。それを否定できないような玄葉外相の歯切れの悪い答弁もありました。また、佐藤議員から竹島のこともそうですが、朝鮮王朝関連本を贈ったことに対する礼もないような国に、なぜ、そのような技術まで伝える必要があるのかと云う質問には、答えになっていない誤魔化しがありました。韓国は友好国ではありませんよ。猪口議員から朝鮮半島の非核化と云う問題の観点からも、そのような技術の供与は、朝鮮半島情勢を考えればその協定に違反する内容になってしまうという面も指摘されています。敵対している北朝鮮辺りから、違反を教唆したと言われかねない扱いになるのではないですか? 韓国人は自らを振り返って反省をすると云うことがありません。『悪いのは他人のせい』で今までやってきた連中です。朝鮮半島の非核化の協定に触れるという事態になれば、悪いのは日本と云うことにされますね。そういうことも考えずに韓国がらみになると周囲が見えなくなるのは異様な印象を与えます。我が国のマスゴミが朝鮮人に支配されて久しいので、この問題がニュースになることがありません。ベトナムとヨルダンのことだけニュースにされるでしょう。竹島を言わなくなった民主党政府に何を言っても無駄なのでしょうか? 民主党は国民を騙して日本をどこへ持っていくつもりなのか?
 
 大阪維新の会の敵対勢力が先のダブル選挙で明らかになった時、民主党や日教組、大阪市職員労組、毎日新聞読売新聞MBSなどが著名ですが、その中に民団と朝鮮総連が入っていました。生活保護受給者の多くに在日朝鮮人が含まれている事実があるからだと思われます。朝鮮総連については知事在任中より朝鮮学校への助成金の支出を止めたりしていましたから、敵対していることはわかっています。大阪市の生活保護世帯が全国でダントツなのはそこに在日朝鮮人の受給者の占める割合が高いからだと言われています。橋下氏は、その有り方も見直すと明言していましたので、民団の攻撃対象にされ、脅迫まで受けていたそうです。仮に、在日に参政権を付与していたら、橋下市長の誕生は、かなり危なかったかも解りません。橋下氏に期待をする日本人は、彼が在日の人々を注意して見ていると思うからでしょう。これから先はわかりませんが、橋下氏は早速、政府に向けて、現状では4分の一を負担している生活保護制度の地方負担分をなくし、国が制度の全部について責任を持つように提言されているようです。在日問題も当然からんでくることなので、民主党政権はどういう回答をするか興味はありますね。生活保護制度は国の制度です。生活保護費用の負担が国の財政を大きく圧迫しています。しかし、経済成長戦略を描くことがない民主党政権の責任がありますね。TPPで失業者が増えればもっと悲惨な事になります。そして、在日の特別永住許可は国の政策でもあります。100%の責任を求められることは間違いのないことですね。これも消費税で賄うつもりでしょうか? 大阪市への回答を他の自治体も注目していることだと思います。政府を揺さぶるのが上手いとしか言いようがありません。財政の健全化を目指せば支出項目の適正に目を向けるのは当然の行いです。それが在日の利権であっても見直すという人が他の政治家は口にしません。それを口にして本気でやるという人は彼が初めてではないかと思います。どうなるか解りませんが期待したいですね。

投稿: 旗 | 2011年12月 9日 (金) 00時53分

橋下選挙(大阪占拠?)対応について


  今さらの話題ですが

  民主党、自民党の対応は
  非常に失礼な言い方ですが・・・

  ぶりぶりざえもん以下ですね・・・
  残念ながら。

  民主党も日教組や公務員労組が
  支持団体にいるなら、
  主義主張からすれば、
  徹底抗戦すべきでしょうに。

  国旗国歌の話や行政のスリム化に
  反対することがどれほど
  現実とずれているのか、
  認識できるチャンスでしょうに。

  ああ、かわいそう平松さん。

投稿: あかあか | 2011年12月 9日 (金) 02時28分

楽しい時は早く時間がたち反対の時はやや長く感じます。小沢は人一倍長く感じてるのではないでしょうか?鈴木元議員が仮釈保された時も駆け付けてましたが、次は自分と聞きたい事が沢山有ったのでしょうか?

投稿: (^-^) | 2011年12月 9日 (金) 04時09分

北朝鮮映画の著作権無断使用の最高裁で国交が無いので保護する必要が無いと結論に至りましたが…。

対北朝鮮では相手も国交が無いからと著作権を無視してくるでしょうが日本のジブリ映画などが流れた日には国内が崩壊するでしょう…

一見、二審の24万円の賠償請求を棄却したのは成功のように見えますが…
日本国の最高裁が下した判断を利用して、パクり大国の中国が国交を無くせば著作権を無視出来るのという問題に発展しないでしょうか?

また台湾とは国交がありませんから著作権の無断利用が横行すれば24万の賠償額で手を打つべきではなかったのかと思います。万が一にも台湾に著作権の乱用を防ぐにはどうするのか非常に興味深い問題だと思いました。

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月 9日 (金) 07時45分

こんにちわ
政府中国へ誓約書提出「脱北者、公館に連れ込まず」
これは一体なんでしょうか!?気違いか?(怒)
人の命をなんと考えているのでしょうか?
これが命の重さも感じない民主政権の正体です。

脱北者は、北朝鮮に戻され酷い拷問に遭い殆どが殺されるか過酷な強制労働が強いられます。

それがわかってて、チベット、ウイグルの惨殺、誘拐、迫害を繰り返している中国の言いなりになるなど、無能なゆえに土下座外交で、今その時だけの形をつくろいながら、「権力の座」を必死で守る為に、「非人道的な事は許さない多くの今の日本人の誇り」を地に落とす事を、よくやれるものだと反吐がでまくりです。

@無能なら辞めろ、もう何もするな。
@これ以上、日本国民の日本人としての心や誇りを地に落とすな。
@民主党のお前らだけが腐れ外道になっておけ。
@原発被災者もわざとゆっくり放置して苦しめているのか。
@地獄へ落ちろ。
そんな憎しみだけです。

さすが、金北朝鮮テロリスト万歳、中国万歳、韓国万歳、の売国民主政党、売国民主政権ですね。

これらの国からの要請命令の売国行為は、いつも勝手に決めて早いですが、今までのこれらの国への愛着、関係を考えたら、福島原発被災者達や被災地への復興などは、そりゃ遅い筈ですわ。

菅始め、腐れ外道達の拉致加害者支援と言い、韓国や海外にいかに多くの日本国民の税金を渡すかしか考えておらず、日本国民はそのために我慢し続けろと、海外への支援金とは問題にならないほどケチって金を出しません。

国民の金ばかりか、日本人の誇りも命もボロボロです。

外国人献金など外国人や暴力団やテロリスト達とのズブズブの関係の、何故こんな政党が日本に存在するのか?
選挙で勝たせた、全て、小沢一郎が目論んだ事でしょうか?
クソですね。

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月 9日 (金) 10時54分

石破さん
DOL財部誠一さん【欧州危機が他人事ではないhttp://p.tl/gF1k
‥枝野経産大臣自らが経済成長の必要性を否定していました。それでいて、雇用拡大は必要だと言うのだから仰天した】

未熟政権与党の頓珍漢な認識と発言は今更の話であって、評論の価値もない。頓珍漢と思考停止に支配されて柔軟性に欠けた頭脳が政権与党の座にあるのだから、単なる政策論議は此の国を救えないのは明らかだと。有名評論家も全くピントを外している。

「善き政局」「善き政界再編」「政官財の世代交代」が肝心だと。「さわらび会」がその舞台回しを強烈に進めて戴きますように!と念じます。蒸し返しますが、今は「政策論の何を?」よりも「誰がやるか?」が肝心だと。

厳しい寒さになってきました。呉々もご自愛戴きますように。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月 9日 (金) 12時23分

 鈍重です。国会で原発事故の調査委員会ができたことは、高く評価をします。ただし、事実解明には有害です。官房機密費の使い道が、管伸子夫人に偏っていたことや、3月12日午前6時の首相の原発視察を誰が命令したのか、それが前日18時半でった事が、立証できるとはとても思えません。
 そのために東京電力に、ベントを禁止し、水素爆発を引き起こす直前に、菅総理が昼寝をしていたという事実も、政治的中立を政治を理由に、もみ消してしまうでしょう。
 私は既に、管夫人の官房機密費の私物化と、菅元総理の横着が、数十万人の帰る家を奪ったと指摘しています。菅元総理が、当初の1週間に、どれほど怠慢であったか、分刻みで彼の行動を把握しています。彼に情報が上がっていないのは事実です。危機管理センターから、1時間でトンズラしたのですから。
 私は自民党支持者ではありません。昔から公明支持者です。人を不幸にする勢力には、いかなる意味でも妥協しません。
 私に事実誤認があるとお考えの方は、是非反論下さい。事実誤認はしていません。 

投稿: 鈍重 | 2011年12月 9日 (金) 13時18分

幸獅慈さんへ
正直言って貴方が在日か2重国籍者か、なんてわかりません。ただし鳥取に居住があるからと言って朝鮮人でない証明には全くなりませんがね。

なぜそんな事をしたか?と言えば無知な日本人はともかく大半の日本人はそれだけ韓国、在日に対して怒ってる事を読んでいる石破さんに理解してもらいたいからです。
KーPOPが大人気とかマスゴミの報道を信じてる人もいるようですが、あんなもん大嘘です。この前新記録達成!と騒いでたKARAのアルバムは数字を見ればたった27万枚です。日本のアーチストなら桁が違うのはわかりますよね?
韓流ドラマの平均視聴率は4%にも満たない。

こんな情報操作を韓国と言う国は国家戦略としてやっている。それを真に受けている(石破さん含め)国会議員が多数いるので
目を覚まさせる意味で私は右翼を気取っている。

日本が今しなければならないのは輸出に目を向けるのではなく、国内のデフレギャップを埋めること。石破さんは経済は余り強くないと思っているのでここでは余り書いていないが、他ではもっぱら経済討論をやってます。TPPなど私に言わせれば正気の沙汰ではない。ほぼ同じ内容と思われる米韓FTAを見て「参加したい」なんて人間がいるだろうか?
いたらそいつは頭がおかしいか売国奴以外に有り得ない。
アメリカ企業は韓国を訴えることは出来るが、韓国企業はアメリカを訴えられない、
こんな不平等条約を結んで怒らない国民がいるはずがない。
TPPはハルノートにも匹敵する降伏通達と言えるのではないだろうか?
そして参加して得るものはなにもない。
実際に賛成者で参加してどんなメリットがあるのか理解出来ている者は一人もいないだろう。

投稿: 磯部 | 2011年12月 9日 (金) 13時58分

石破先生こんにちは。
福島県いわき市在住の20代のものです。
ブログ 著書等、大変興味深く読ませていただき勉強させて頂いております。

政治のことなど あまりわかりませんが、一個人、一県民の意見としてお目通し戴ければ幸いです。


今回の原発事故、事件について
なにより 女子供の健康被害をしっかり把握してください。
海にしろ、山にしろ、人にしろ、物にしろ、だめなものはだめと言ってください。


 個人の判断にまかせている現状をどうお考えですか?
 家族がバラバラにならざるを得ない状況についてどうお考えですか?
 諦める老人、何も知らない子供、過敏になっていく母親についてどうお考えですか?
 流通しないだけで、汚染されているかもしれない物を食べている人がたくさんいることをどうお考えですか?
 現状が把握できていないのに 復興 とはどのようにすれば良いのでしょうか?
 もう帰れない人に 仮設 はおかしいと思いませんか?
 確実に 仮設住宅で亡くなる方がいると思いますが 仮設住宅での孤独死についてどうお考えですか?お墓も仮設 するのでしょうか?
 日本のため、子孫のために生きたご先祖様のお墓についてどうお考えですか?


誰が悪いかなどということにはもう 興味はありません。
安心して家族が生活でき、今後の見通しを建てる上で ただ知りたいです。

 きりがありませんが、一つだけお答え戴ければ嬉しいです。


今の福島県は正常ですか?異常ですか?


若輩者の駄文にお付き合い下さいましてありがとうございます。
応援しています。
石破先生 頑張って下さい!

投稿: 磐城与太郎 | 2011年12月 9日 (金) 14時50分

【参議院本会議で】

 一川防衛大臣の問責決議案が出され彼を擁護する民主党議員の演説がありました。本心から一川氏を擁護しているように見えますが、聞いていて奇異な印象を受ける内容であったと思います。手の込んだ罰ゲームなのでしょうか? 「素人だから」発言は公式の発言ではないと徳永議員は主張されていました。その意味で言うなら防衛局長の発言も居酒屋での非公式発言であり、彼を懲戒処分に付する意味が問われます。整合性の無い論理を振りかざして擁護の意見にならないことに気がつかないのだろうか? 本当に気がついていないのならこの徳永議員の国会議員としての認識も問題がありますね。宮中晩さん会の欠席も擁護していたようですが、一川氏の人格、性格が擁護の理由になるとは驚きでしかありません。晩餐会に欠席したことで同僚議員の政治資金パーテイに出席するのは同僚議員の気持ちを優先したからだと云う「優しさ」が基調になっているのだそうだ。外交行事よりも身内のパーテイを優先するのは無役の国会議員なら批判されることではありませんが、大臣がそれでもいいと云う理由にするのは、大きな間違いをしているように普通は思いますが彼等(民主党議員109名)は思わないようです。これは、政権与党を構成する議員の姿に相応しくない認識ですね。これを問題にしないといけませんね。野田総理の任命責任は同時に問題されることになります。こういう認識の民主党議員の中にあっては党内で任命責任が話題になることがないのも、納得のいく環境にあると解りました。政党全体が、狂っていると云うことです。狂人の作った政党に狂人以外がいないと云うことです。政治家の発言と行動には責任がついて回ります。言葉一つで不利益を被る立場の人が発生したり、金や人が動くことになります。議員の資格は国民の信託を受けた立場ですが民主党にあってはその認識が無いようです。ステータスと勘違いしている人が政党を構成しているようで怖いです。無責任な政権政党と呼ばねばなりません。本当に一日も早く、この連中を引きずり降ろさないと、我が国は沈没します。

投稿: 旗 | 2011年12月 9日 (金) 15時42分

石破先生 おつかれさまです。先生 今帰ってきてtvからビックリannoyなぜ辞めさせないのですか野田総理がわかりませsign03 なぜいちかわ大臣も こんなに問題も起こしてるのに 責任を取らないの国民の声は反映されないの恥ずかしくないのでしょうかannoybomb質疑応答の時も寝ていたしannoybomb私達の回りも いちかわ大臣にはannoyと共に このような人が大臣annoy防衛も素人だからと言う大臣この人に 日本国を守れますかもう本当に不安です。これからも民主党だて思うと暗くなります 石破先生 どうか日本国建て直しをsign03どうか どうか宜しく お願いいたします。いつも応援していますheart01heart01heart01いつも読んで頂いてありがとうございます

投稿: pappy | 2011年12月 9日 (金) 19時23分

■橋下さんが評価されるのはこれからだとは思いますが、橋下さんが育った環境も大きいのではないでしょうか。

政策を実行したところで、親族等に打撃を与えることが少ないのではないでしょうかね。

だから突き進むみたいな?

自民党はとくに育ちの良い方が多く、野球で言うとエースばかり、四番バッターばかりというチーム構成でバランスはよくないのではないかと思います。

政治家は経営者の子供、資産家の子供、官僚、政治家の子供などですよね。

そういう育ちの人はいわゆるお利巧さんで反抗しませんし、改革で親族に迷惑をかけてしまうということもあり躊躇することも多いのではないでしょうかね。

まあ政治家はチヤホヤされる存在なので得たものを失いたくないという気持ちはあるでしょう。


いっそのこと○○担当とか、個別に専念した方が組織としてはうまくいくのではないかと思ってしまいます。

しかし政治家になった以上、将来首相の座を狙うでしょうし、政治政策全般を勉強しなければいけないという思いもあるかとは思います。

■若者の投票率の低さでは、投票に行こうと思うほど政治がいまいちわからない、自分達の置かれている範囲外の社会を知らない、という理由もあるのではないかと思います。

アメリカなど海外ではボランティア活動もも務付けられているとききますが、日本ではそういうこともなく経験もないでしょうし自分の生活範囲のことしか興味がない感じですかね。

被災地を例に挙げると、現地に行った人とテレビで見ただけの人とでは捉え方も、政治に求めることにも温度差が出てくるというものではないかと思います。

また勉強して知識豊富で政治にも関心が高いはずの人はむしろ将来は安泰なので、政治に無関心なのでしょう。

丸川タマヨさんとか。。。

教育にも問題があるのではないかとも思ってしまいます。

早いうちにもっと生活に身近な医療や法律、政治なども教えていいんじゃないかとも思ってしまいますが。


■自殺予防について

自殺者3万人以下にしたいそうですが、日本の自殺者が多い理由は、転職が難しい、仕事が辞められない、原因から離れられないのが大きいのではないでしょうか。

うつ病の人の話を聞くと、早いうちに仕事を辞めていればよかった、辞めなかったからうつ病が長引いたという話も聞いたことがあります。


■マスメディアのネガティブ中心の報道も問題ですよね。

NHKやテレ東などが最近は成功者の話をしていますが、だいたいが実際以上にお先真っ暗報道でおもしろがっています。

国民が失望してく姿を見て楽しんでいるのでしょう。

■NHKでテロ特集をしていた際にアメリカで低所得者にはフードカードが支給されると言っておりましたが、消費税増税もこのようなシステムを使うとより簡単なのではないですか?

コストがかかりますか?


投稿: ブサカワ三郎 | 2011年12月10日 (土) 02時46分

石破さん、若い世代に何をすればいいか?と聞かれて回答に窮した、とありますが、はっきり言えば「現在若者に出来ることはありません」。言い換えれば生活に追われるだけで余力がない、と言うべきしょうか。私はデモ等に参加し中から様々な年代層の声を拾っていますが、若者は本当にお金がないのです。バブル期を経験した方は恐らく20代で車を買い、家を建てた人もいるでしょう。
しかし1980年以降に生まれた人はそういった好景気を経験していません。
日本は世界で稀な経済大国で数字を見れば、この小さな島国では考えも付かない経済成長を遂げてきました。
人口が1億人以上で一人当たりGDPが4万ドルを超える国は世界でもアメリカと日本しかありません。

しかし若年層は貴方方と違い格差社会の底辺に蠢いています。小泉政権が犯した格差容認政治は非正規社員が4割に達する状況を生み、一方でずっと政府から庇護されてきた大企業は史上最高の資金プールを蓄えています。

租税負担率から見れば消費税は公平な税などではありません。財務省の欺瞞に騙されている人があまりにも多い。
欧州の高税負担率の国でも食料品に至るまで高額の税率を掛けている国などありません。あちらでは「物品税」であり消費税ではありませんよ。

確かに10%は私も否定する程の税率だとは思わない。しかし!最低限生活必需品の増税はやってはいけない。
そしてタイミングが全てです。
デフレ下に増税とか経済の初歩すら知らない財務省など解体すべきです。

格差を作り出したのは政府の失策であり、
その責任を国民に押し付けるな!と私は言いたい。「若者がなにができるのか?」と尋ねられた事について貴方は「自分達の失策で若者を貧困世代にしてしまった。何とかしなければ」と考えられましたか?
その質問の裏には自民党に対する皮肉も混じっていると私は思います。
若者が幸せならば「政治について何ができるか?」なんて質問はそもそも出ないのです。その様な質問が来た事自体が若者が苦しんでいるシグナルだと理解して下さい。

世界の経済史を紐解いて構造改革なくして増税で成功した例は皆無だと言ってもいい。
しかし官僚システムに頼り切ってる限り改革など不可能でしょう。もし政権奪取が出来たならば民間登用で経済対策委員会を立ち上げて国家成長戦略を立てる必要があります。その際には必ず官僚を外さねばいけません。今回の人事院の動きを見れば誰だってわかると思いますが、彼らは国を良くするよりも自分達の利権の確保の比重の方が圧倒的に上なのです。
来年度は悪評高い公務員宿舎を8万人分も用意する必要がある、としれっと予算を提出してきます。(ちなみに今年度は2万人余りです)

本当に民間企業がいかに優秀であってもこの官僚がいる限り、日本の衰退は止まりません。小沢擁護の人がいることを不思議に思う人もいるかも知れませんが、彼は官僚に毒されていない点だけは石破さんよりも上です。(無論それ以外は論外ですが)


本当に頭が良い人は難しい言葉をわかりやすく他人に伝えます。官僚は官僚言葉という意味不明な特殊言語で伝達します。
白とも黒ともわからない答弁をする事が頭が良いのだと本気で思っているのです。
その根底にやはり差別意識と利権に対する拘りがあるのです。学生上がりの官僚に
経済危機は救えません。
その官僚にすら頭が上がらない総理に「政治主導」の政治など出来ようはずもない。
公務員は国民の為に僕として働く、この基本を再認識させねば日本の将来は真っ暗です。

投稿: 磯部 | 2011年12月14日 (水) 06時35分

石破さん

先日コメントしたつもりでしたが、見当たりませんでした。
再度、コメントさせて頂きます。
申し訳ありませんが、私の見落としの場合は、ご容赦下さい。

政局のどさくさに紛れ、テレビのニュースに流れる事無く、原子力4協定が承認されましたね。全会一致の様ですが、石破さんはどの様にお考えなのですか?

私の考えは、明確に反対です。
3.11以後、原発に関して使用する際の「地元」という言葉の持つ意味合いは確実に変り、政府が原発防災地域を半径30キロに拡大した時点で、いわゆる「稼動に必要な同意」が必要な地域を、政府自らが拡げたと言っても良いのではないでしょうか。米国でも放射性物質が検出され、もはや自国だけ、他国だからと言う問題では無いのは明白であると感じます。
お金、技術、経済を理由に賛成や理解の意を示す考えがありますが、今後、除染、廃炉等の技術開発や、関連する業務での雇用等の需要は相当量増える事が予想されます。しかし、これも政府の政策次第であるとも感じますが。
原発建設の可否を決めるのは各国それぞれの話ですが、売るか否かを決めるのは日本国の話。
「ニーズがあるから売る」と言うのは、今現在全く収束する兆しも見えない事故が進行中の国としては考え方が違うのではないかと感じます。モラル等と言うと、反対意見とは話が噛み合わないので言いませんが、事故原因も明確に分っていない時点で他国に売るなどは、賛同する根拠が全く見えません。
運用や補修への協力を長期間求められる事もメリットと判断している様な報道も見かけます。玄葉さんだったかは、あくまでも該当国の責任等と言っていた様ですが、正気ですかと言いたい。
ゼロベースでの議論を基本問題委員会等で進めている最中に。
これとそれを一緒くたにしない、と言われるかもしれませんが、シンプルに考えたいですね。
今や、推進派の発言内容の矛盾は明確です。これを世界へ拡げる様な愚を、日本人としては犯して貰いたくは無い。これが、私の考えです。
石破さん、どうお考えでしょうか?

もう一点
先日の文科省の審査会の結果の被災者への慰謝料。誰が見ても「?」な金額でした。
ただ私の考えは、その結果を出したのは、法律関係の先生が8割の委員会でした。中には、政治家と区別が付かない様なお考えの方もいるのかも知れませんが、出された結果は、学者が線引きする部分を決め引いた結果に過ぎません。本来その線引きをするのは誰なのか?
また、その線引きに対しての説明をするのも、頭を下げる義務を負うのも誰なのか?

私は、「政治家とは…」といつもお話になる石破さんのお話に、非常に説得力を感じています。
先日仮釈放された鈴木宗雄さんの会見も、人間的な力を強く感じました。
政治家とは、如何なる理念理想を持てども、人を感動させられない人、これは政治家とは言えないのではないかと感じます。
石破さんは、数少ない政治家である、と私は思っています。

現状、私の耳には、全く政治家の声が聞こえません。政局ばかりが、なり響いています。
石破さんのお考えをお聞きしたくコメントさせて頂きました。

投稿: 鈴木美樹雄 | 2011年12月14日 (水) 09時45分

鈴木美樹雄さま
>> 先日コメントしたつもりでしたが、見当たりませんでした

12月9日の「国会閉会」のエントリーに対するコメントとして掲載されておりますよ。

いずれにしても石破先生の記事に対するコメントではないような・・(その他大勢の方にも言えますが)。

投稿: ぱなとりん | 2011年12月15日 (木) 17時21分

日本はヨーロッパから比べると消費税が安いと言われますが電気代は二倍ぐらいです。タバコも1000円前後の所があるそうですが日本でタバコ税を急に上げると第二のタバコや第三のタバコができるのでしょうか?
ビールは第三のビールがありますがTPPであまり美味しくない第三のビールが大量に輸出されれば日本のビールのイメージが悪くなります。

投稿: (^-^) | 2011年12月16日 (金) 04時45分

石破先生

先生は、今の政治の問題や考え方について

政治がうまく機能していないのは
構造の問題が多分にある。

政治は、誰がやるか ではなく 何をやるかである。

といつもおっしゃいます。

私もその通りだと思います。

そして、それを実現しようと情熱を燃やし命を削っている人間がいます。

それが橋下次期市長です。

もう、橋下氏についてのコメントはうんざりかも知れませんが、
志は通じるところが絶対にあるので
是非読んでいただきたいです。


橋下さんのそもそもの志望動機は
自分の7人の子供を始めとし、
日本の子供達を守りたい
良い暮らしを送って欲しい。

これにつきます。

そのためには破産寸前の大阪を再生させないといけない。

ゆとり教育では世界の競争に勝てない。
だから生きていく力をつけたい。


大阪を再生させるには、まずは人物金を集めて稼ぐ。
とりわけ大阪は生活保護者の負担が多く、
弱い人間を支えるには金がいる。
だから稼ぐ。
そのために関空を中心としたインフラ整備や特区構想。
コストの面で事業統合しなければならない。
交通整備は府が市内を通りたくても
市が、自分とこは必要ないと判断したら通して貰えない。
コスト削減で水道事業など統合したいのにうまくいかない。

要するに、構造の問題で成長戦略が建てられないんです。
だから都構想という大枠を打ち出したんです。

教育も、今の構造では父兄や現場の意見が反映されていない。
とりわけ大阪は学力が低い。
だから切磋琢磨で知恵を絞って
世界の競争でも負けない人材をつくる学校にしたい。
だから教育改革をする。


そして、独裁といわれていますが
彼ほど住民の意見を聞いている人はいないと思います。

勝手に何でもすすめていると言われていますが、
市民の批判が多ければ比較的早めに撤回します。

ダメなら選挙で落としてくれ。

これが彼の口癖です。

彼のやり方は、現場に権限とお金を落とし、
市民の意見を聞きながら基礎自治を運営する。
だから、市民も真剣に自分たちの長を選ばないと沈む時は長と一緒に沈む。

ある意味自己責任で厳しいです。

でも、これが民主主義の本当の姿です。


要するに、彼の理念は

大阪再生

そのためには

都市競争に勝てる大阪をつくる。
子供に生きる力をつけさせる。
成長して稼いだ金で福祉をする。


手段として

都構想
教育改革

現場に権限と責任を持たせる。
市民にも政治に参加してもらう。

という構造改革です。


とてもハッキリしていて分かりやすい。


これぞ、政治家です。


彼の一番の勝因は、

メッセージを分かりやすく発信している。
そして、突破力、行動力。

これに付きますね。

支持していない人もこれは認めると思います。


彼は、就任前から時間を惜しんで市役所の詰めて動いています。

今はお休みしていますが
ツイッターを見れば彼がどれだけ大阪に対して命を削っているのかよくわかる。
睡眠時間を惜しんで常にメッセージも発しています。

難しいこともありますが、
一生懸命やっていることだけは伝わってくる。

一般府民の私でも、これだけの説明が出来るくらいメッセージが浸透しているんです。


このスピード感、意志の強さと言い切る責任。
言い切るにはそれを裏付ける勉強が必要です。
彼は、きちんとチームを作って勉強しています。

だから、議論も強いんです。

これを見ると、本当に、国政、国会議員が色あせて見えますね。
亀の歩みと、いかに自分の支持団体、組織、利権しか見ていないか。

彼は大きな支持団体はいません。
だから、選挙は、一般市民、それも若い人頼みです。

彼の勝因は、若い人に正しく危機感を持たせ、
選挙に行かせたことです。


投票結果は、6割4割で圧勝に見えませんが、

大阪市は、組織団体の強いところで
市職員やその家族、OBだけで50万人はいると言われています。
それに加え、地域振興会。
大阪市民の7割が加盟している自治会ですが、
市長の集票マシーンと言われている組織です。
ここに、大阪市は、お金を入れています。
普通は自治会費を市民から取るところを
今年の4月から全面大阪市負担になりました。
(以前は半額です)

こういう情勢の中で6割とったんです。
事実上の圧勝でしょう。


平松氏が、どんなに「大阪市は良い街や」
と、言っても、きれい事ですまないような状態だった。
だから市民が動いた。

そういうことです。

石破先生が言われるように
「キャラクター」で入れた人も多いかもしれませんが、
その一言では済まないものがあることは分かって欲しいです。

自民党は、
都構想の勉強会を立ち上げたそうですが
「ポーズ」で終わらないようにして欲しいですね。

事実上、今の国は、地域が頑張るのを思いっきり足を引っ張っている状態です。

それだけは本当に止めてください。

大阪の人は橋下さんに一筋の希望をみています。
これは本当に大事なことで、
そういう希望だけで府民は力が湧いてくるんです。
私も、国には失望感とイライラでいっぱいですが、
これからの大阪にワクワクしています。

政治とは、本来そういうものではないでしょうか?

政治とは、何でもかんでも保護したり、救済することではなく、
国民が自立して生活できるよう道筋を経て、
整備することだと思いますよ。


都構想について、勉強したいなら少なくとも橋下さんのツイッターはチェックするべきだと思います。

長々と申し訳ありません。

投稿: mike310mi | 2011年12月16日 (金) 18時27分

考え方に賛成です。

消費税を上げれば直接的生活保護者を苦しめる事になります。

タバコ税は違うという考え方もあるとはありますが禁煙化があまりに進み過ぎ日本でタバコを買う人が少なくなればタバコ税から賄う借金返済の目処も薄くなるかと思います。タバコ税を引き下げる訳ではありません。何の借金だったか出てきませんがその返済が完了してから大きくタバコ税については見直す方が良いと思います。

私は世界一高い法人税を上げてもまだ良いと思います。彼等は生活が安定しているだろうから同じく国民全体にかかる消費税支払いプラスαの形になり、こちらの方が妥当だと思います。

投稿: 幸獅慈から(^-^)様へ | 2011年12月17日 (土) 01時06分

タバコ税や酒税、どちらも税をかけて当たり前の部類だと思いますがTPP参入となれば関税のかからない外国勢に押し切られる形もあるかもしれません。しかしタバコや酒などは奨励出来るものでは決してありません。TPP参入した際にはこの事に関して論議し、日本の方針としては麻薬までは行かなくとも大量に飲酒などすれば体に害のあるものは、各国税制を設けていてそれを狂わす行いは控えようじゃないかと呼びかけるべきです。

投稿: 幸獅慈の追記 | 2011年12月17日 (土) 01時16分

お疲れ様です。
松原議員は名目成長率5%が増税の条件と仰っておりましたが、自民党も、具体的な増税の条件を決めてもよいかと思います。デフレ下での増税は、経済学的にも歴史的にも税収減になるのでありえないので、基本路線は、名目GDP成長率、インフレ率5%あたりかと思います。これなら、増税賛成、反対両方の人の落とし所としては良いかと思います。(一部、実質GDP成長率という話がありますが、あくまで名目GDPであって、実質GDPと税収の関係は、ほとんどありません)

経済成長(デフレ脱却)と財政規律の両方という中途半端な政策では、経済成長はできません。まずは、デフレ脱却に集中することです。資本経済において、インフレとデフレを繰り返すのは、当たり前のことで、何か、「需要がないから、経済成長しないとか、少子化だから経済成長しない」というのは嘘で、普通の基本的なデフレ対策をすれば、デフレ脱却は、そんなに難しいことでは、ありません。デフレが脱却できれば、自然と税収があがっていきます。
そもそも、経済とは、物・サービスの供給力と通貨の量(価値)はイコールなので、超円高が続く限り、デフレも続きます。当たり前の話しですが、要するに、どんなに頑張っても通貨の価値(量)より、経済は大きくなれないのです。逆にいうと円高が進めば、経済も縮小していくということです。
何故、超円高かというと、欧米の経済不振により円に流れているのではなく、欧米が大量に通貨発行(金融緩和)したのに対して、日本の金融緩和が、あまりにも少ないためです。

今日本に必要なのは、普通の基本的なデフレ対策で、金融緩和と財政出動のセットです。過去には片方だけ実施してデフレ脱却に近づいたことはあるのですが、金融緩和と緊縮財政とか、増税と財政出動等、中途半端な実施のため、脱却できなかったものです。
これを言うと、決まって、超インフレになると定期的に大騒ぎする人がでてくるのですが、現在の日本は、毎年経常黒字 日本人による国債保有 対外純資産世界一 貯蓄超過国 国債利率最低 超円高 外貨準備世界2位 供給過多 世界一債権国なので、超インフレを起こしたくても、おこせません。適度なインフレになるだけです。
金融緩和は、おそらく100兆円程度(具体的な数字は、経済に詳しい三橋先生等と決めて頂く)の日銀国債引受で、円高は是正されます。あと財政出動(公共工事等)により、建設国債を使いますが、GDPが増えるので、税収も増えます。とにかく、名目GDPと税収は、ほぼイコールなので、名目GDPを増やさないことには、税収はあがりません。この2つの相乗効果により、経済が活性化して、お金が回転しだし、経済が成長しだします。

投稿: 頑張れ日本 | 2011年12月18日 (日) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/53388763

この記事へのトラックバック一覧です: 不適切発言など:

« 生源寺先生など | トップページ | 国会閉会 »