« 不適切発言など | トップページ | 問責の意味 »

2011年12月 9日 (金)

国会閉会

 石破 茂 です。

 国会は今日で閉会となりました。
 一川・山岡両大臣の問責も可決され、彼らが自発的に辞任するか、小規模の改造を行うか、あるいは考えにくいことではありますが罷免するか、とにかくこの問題を決着させない限り国会審議は進まず、法案の成立も見込めないのですから、政権側の立場にすれば閉会もやむを得ない選択なのかもしれません。
 一川氏も山岡氏も、国家の独立と国民の生命財産を守るべき防衛相、国家公安委員長兼消費者担当相としては極めて不適格で、問責は当然のことでした。
 「党利党略に明け暮れるより法案成立を優先せよ」とのご批判が当然予想されますが、明日起こるかも知れない非常事態の際、彼らが大臣の任にあってよいはずもなく、総理が任命責任を素直に認め、交代させればよかっただけのことです。
 何でもいいから大臣になりたかったといわれる山岡氏はともかく、一川氏は専門とする農林水産大臣ならまだ適任であったかもしれません。気の毒と言えば気の毒ではあります。
 なんでも「とにかく小沢グループの参議院から一川を入閣させろ」との要請があり、前任の北沢氏が一川氏を強く推したとか。小沢系の輿石氏と、輿石氏と反目する北沢氏の両方の顔を立てた結果だ、との解説がまことしやかに伝えられていますが、防衛トップの人事をそのようなことで決めたとすれば、総理の見識を疑わざるを得ません。このような馬鹿らしい事情で国政が停滞するようなことだけは、二度としないで貰いたいものです。

 一昨日、勉強会が発足いたしました。名称は「さわらび会」。
 名称の出典は万葉集 巻八 1418番 
「石(いわ)ばしる 垂水(たるみ)の上のさわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも(志貴皇子)」
 岩をほとばしる滝のほとりの早蕨が萌え出る春になったのだなあ、という意であり、今から始まる清新さのある歌で、「早蕨」に新しい時代の扉を託す、というのが命名者の橘代議士の解説でした。
 マスコミは「石破派結成か」とか「来年九月の総裁選挙出馬に向けた足場固めとみられる」などと書きますが、各分野に優れた知見を持つ議員が集まり、互いの考えを述べあい、真実を見つけることこそ、この会の第一目的です。
 「誰がやるか」以前に「何をやるか」を明確にし、それを互いに共有しなくてはなりません。総理・総裁というものはあくまで「何かを成し遂げるための手段」なのであって、なること自体が目的なのではありません。
 
 憲法、外交、安全保障について私なりの考えはある程度確定的なものを持ってはいますが、このブログのコメント欄でも多くのご意見があるように、財政、金融、貿易、税制、社会保障などの課題について私なりの考えを発してきてはいるものの「これだ」というものを未だに固め切れていません。
 これらの課題はそれぞれが単体として存在するのではなく、すべてがワン・パッケージなのであり、それだけに取り纏めは極めて困難な作業です。
 たとえば「経済成長と財政再建の両立」というのはスローガン的にはよいのですが、この二つの課題は二律背反的な要素を含んでいます。すなわち経済が成長すれば金利が上がり、膨大な国債残高では国債費がかさんで財政再建が困難になる、という懸念がどうしても生じます。これを両立させるための方策とタイミングが重要です。
 年明けからこの勉強会は本格的に動き出します。使命感と責任感を持って臨みたいと思っております。

 消費税率アップの議論が年内に纏まるのかどうか、全く予断を許しません。野田総理もここにきて「年内を目途に」とややトーンダウンしており、一体どうなるのか。
 論点は「増税か否か」ではなく「現下の経済にとって最も望ましい税制とは何か」ということのはずなのですが。とにかく「問題先送り」「責任転嫁」「スローガン絶叫主義」という民主党政治の悪弊も改めて貰いたいものです。

 「この人民ありてこの政治あるなり」(福澤諭吉)というのは確かに真理ではありますが、それは政治が国民に対して真実を語り、それでもなお理解されなかった場合の話であって、最初から「どうせ国民にはわからないのだから」とばかりに迎合的・ポピュリズム的な姿勢をとるのであれば、政治はその存在意義がありません。
 同時に、誠に世間受けしないことを十分承知の上で敢えて申し上げますが、「人民が主権者であるならば、自分がもし国家の立場に立ったらどうするかということを絶えず考えなければならない」「ああしてくれ、こうしてくれ、とばかり言うのは決して主権者ではなく、臣下臣民、家来の立場である」(田中美知太郎・「日本人と国家」)ということもまた一面の真理ではあるのでしょう。
 政治と国民の間には、信頼関係と共に一定の緊張関係がなくてはならないと考えます。

 週末は十日土曜日が自民党綾部支部政経懇談会で講演(午前11時45分・ホテル綾部・綾部市味方町)、自民党福知山支部で講演(午後四時・マリアージュ福知山・福知山市駅南)、その後舞鶴地区有志との懇談会。
 日曜日は地元の諸会合に出席します。

日に日に慌ただしくなります。お体ご自愛の上お過ごしくださいませ。

|

« 不適切発言など | トップページ | 問責の意味 »

コメント

石破先生

益々寒くなってまいりました。是非体調を崩されませんようにお気をつけください。
私はといえばプライムニュースを見逃してしまい、石破先生ファンとしては残念でなりません。(涙)

さわらびの会の報道を伺い、先生の仰るようにワンパッケージで考えるべきであると私も思いますので、これを各々の専門的知識に明るい議員の集まりにより研究していくのは正に政治の在り方として理想的だと思いました。
従来までは様々な障壁により実現できなかったのだと思いますが、この第一歩を踏み出したのはさすが石破先生!と感服致しました。

石破先生が主査で会が実施されるのであれば、より具体的で多くの国民が理解し納得できる成果が提示されると思いますので、一国民としても大変心強いです。


消費者相、防衛相がトンデモナイのは当然としても、消費税増税の理由が二転三転と言うより既に七転八倒であることは、この内閣が「何をやるか」ではなく「いかに玉虫色に見せてボロを見せないようにするか」に始終している代表例です。
このような不誠実な内閣には一刻も早く壇上から去って頂きたいと心底思います。

まともな答弁が可能なのが玄葉大臣しかおらず、しかも玄葉大臣も自らの手腕と異なる部分へのフォローに追われて可哀想に見えました。
いっそまだ民主党政権が続くなら、玄葉内閣くらいでないとマトモに答弁できないのではないかとすら思えてしまいます。

個人的には早く自民党政権になって欲しいですが、その前には必ず今までの総括と、ガバナンスを確立し、「新しい自民党とはこのような政党なのだ」と多くの国民に認知される必要があるかと思います。
このような観点からも、さわらびの会には大きな期待を勝手ながらさせて頂きたく思います。

また政権交代実現の折には、個人的には麻生内閣からの続きをやっていただきたい思いもありますが、石破先生のリーダーシップのもとで国政を推進していただきたく思います(石破先生が命を削りすぎるのではないかとの心配もありますけれども)。

投稿: ぱなとりん | 2011年12月 9日 (金) 22時10分

国会閉会お疲れさまでした。毎週、講演会お疲れさまです。有言実行の先生にいつも期待しております。自民党でなければ日本は腐った国家になりるような気がします…。自衛隊の皆様も福島原発の件で最前線で危険な仕事を国民の為にしています。どこかのお偉い議員さんは自衛隊経費削減されている事に腹がたってなりません。ではではこれからますます寒くなりますのでお身体ご自愛下さいますよう遠い九州の地より願うばかりです。

投稿: 矢野直実 | 2011年12月10日 (土) 00時01分

石破先生こんばんは。勉強会の発足おめでとうございます。
国家運営には信頼関係と緊張関係、不可欠ですね。欧州の債務問題は、だらしない公務員によるだらしない行政運営で信頼関係と緊張関係が崩れ、脱税など規律が劣化したことが根本原因ではないでしょうか。
日本で言うと、先生が出演された翌日のプライムニュースで、みんなの党の渡辺代表がおっしゃっていましたが、社会保障費は、増税でなく、社会保険料未納額12兆円を税金並みに徴収強化して賄う(規律を正す)という方法は妥当です。
民主党にTPP外交は無理がありますが、仮にTPP参加を認める条件はどうしますか?例えば、コメの関税は生産者相対取引価格程度の250円/kgは最低でも必要だと思いますがいかがでしょうか?
なお、独立国としては本来「関税自主権」は必要であり、TPPに参加しないに越したことはありません。

投稿: NAG | 2011年12月10日 (土) 00時04分

石破先生へ


ニート対策を早急にお願いします。
ご参考までに、もしお時間があれば「Yahoo!ニュースのコメント欄」をご覧いただきたいのです。

人気フィギュアスケート選手のご母堂様が48歳という若さでご逝去された記事に対して、悪意に満ちたコメントを寄せている人が複数います。
その人たちがどんな人物か気になり、投稿記録を閲覧してみたところ、ほぼ1分おきに悪口を投稿。人の死を悼むどころか、堂々と「良かった(笑)」「ざまあみろ」という内容で見るに耐えませんでした。

朝から晩まで投稿していることから、社会生活に適応できないニートの可能性が高いと判断しました。

ある程度の心の病を抱えた人たちであることは承知しています。
しかし、身体にやむを得ない事情を抱えているわけでもないのに納税・就労しない国民を減らす対策を、早急にお願いしたいのです。

こんな悲しい思いをするくらいなら、表現の自由も個人情報保護法もないほうがいいです。
人の痛みのわからない人は、真の意味で幸せにはなりません。

投稿: ゆずりあい | 2011年12月10日 (土) 00時54分

石破先生

一川・山岡両大臣については最初から、なぜ?の疑問符がつくような人事でありましたので
一刻も早く辞めて頂きたいです。
先生のおっしゃるように、今、有事が起こった際、
こんな両大臣に日本の運命、国民の命を預けたくはないのです。
同感です。
環境影響評価書の提出と引き替えとの噂もありますが、
駆け引きなんぞしている場合ではありません。
中国が怖いんです。


環境影響評価書に関連して、
田中・前沖縄防衛局長の不適切発言ですが、
これはちゃんと裏をとっているのでしょうか?
今更遅いですが、
報道したのが偏見報道で有名な沖縄マスコミ
琉球新報であり、
同席した他社については、きっちり聞いた人間がいないような状態
しかもオフレコ、
そして本人は「犯す」という言葉など使っていない 
と、言っているのに
簡単に更迭、停職などしても良いのか?
環境影響評価書が関わっているだけに
なんらかの意図、裏があってもおかしくないです。
とても不自然です。
かつて、クビを切られた親日家のメア氏の発言も
本人は否定しており
オフレコのその場に沖縄のマスコミがいた。

これも、何らかの意図を感じます。

こういう、日本の安全保障に関わる重要人物をそんなに簡単に切って良いのでしょうか?

報道が全てでは無いことは、
故中川昭一氏の件を見ても明らかです。

一川防衛相が不適任なのは当然ですが、
そのために、
安全保障に関わる事項が暗礁に乗り上げては意味がありません。

不適切発言の件は政争の具にしないでもっと深く調査して欲しかったです。

彼にも家族がいて、生活があるのですよ。


それにしても、小沢氏はいつまで古くさい政治屋をやっているつもりなのか。
彼を国会議員として求めている人が今どれくらいいるのか。
彼は選挙に強い。
なぜなら、お金もさながら、
彼のグループは左傾の組織がたんまりついてますから。
彼のグループで大臣適齢期の人物と言えば左傾の人間しかいない。
そんな売国思想の人間に国を預けたくないです。

出席すること自体が誉れである
ブータン国王のパーティーに欠席し、
友人のパーティーに出るなぞ
まさに、自分のことしか考えない
力や金にしかひれ伏すことのできない
下品で民度の低い国家軽視の売国人間です。
こんな人、国の代表であってほしくない。
国の品格が下がる。


投稿: mike310mi | 2011年12月10日 (土) 01時37分

石破先生

勉強会「さわらび会」応援します。
安全保障や憲法改正について強い意見を発することができる議員さんが増えることを心から希望します。

憲法についてですが、
改正は議員の2/3が必要ですが、
廃止については過半数で可能だという話をききました。
あらかじめ改正案を作成し、
一旦過半数で憲法を廃止した後、
改正案を新憲法として可決するということは可能でしょうか?
事実上の憲法改正になりますが。


財政について、成長率と金利率の心配をされていますが、
成長が金利の上昇を上回れば良いわけで
そこまで持っていくのが政治家の手腕だと私は思います。
無責任で言っているのではありません。
私も一生懸命考えています。

石破先生のおっしゃる理論は財務省の考えそのものです。
財務省は成長の考えが基本的にありません。
むしろデフレを好みます。
金利が引くく、相対的に札の価値が上がりますから。
そして、消費税を好むのは「安定収入」だからです。
それにまんまとのってしまっては
日本国として先はありません。

金利の心配をして、
だからといって、成長しないほうが良いと思っているのですか?
そんなのありえません。
国民は成長しない国を望んでなんかいません。


税と社会保障の一体改革なんて言葉
まやかしです。
いくら税金をとっても成長しなければ
いずれ社会保障は破綻します。
自分の時だけ良ければの考えならば
しばらくは税金で賄えるかも知れませんが
トータルの税収は減り、国債発行が増えれば意味がありません。
量的緩和も含めて
インフレを推奨している専門家も招いて
中立の立場でもう一度、
経済成長と財政について考えて欲しいです。

安全保障にも関わる問題です。

お願いします。

ドイツは今、戦後最大級の成長率で好景気だそうです。
ユーロ安を背景に車や車関係の輸出が絶好調なんだとか。
日本も、円高さえ解消できれば
輸出が好調になり
企業が持ち直します。
車の税金だけ下げるなんてこざかしいことやらないで、
輸出全体を盛り上げて下さい。

消費税アップについても、
こんな疲弊しているときに絶対止めて欲しい。
そういう議論自体が景気を冷やしていることに早く気づいて欲しい。
景気の「気」は気分の「気」です。
不安をあおれば、それだけ財布の紐は堅くなります。

消費税アップ賛成反対の数値が半々くらいになったそうです。
賛成派が一時期より下がりました。

これは、
家計が前より苦しくなった
年金年寄り優遇が解消されていない
皆保険の年寄り優遇が解消されていない
国会議員国家公務員の削減をしていない

要するに何もしないで消費税の話だけ勝手に勧めるなという
国民からのメッセージです。

そういえば、今国会議員、国家公務員のボーナス上がったそうですね。

投稿: mike310mi | 2011年12月10日 (土) 02時12分

石破さん、こんにちは。

安全保障・防衛に関してですが、私は、極力今の憲法9条の理念を踏襲すべきと思っています。
平和憲法のお陰で勝ち得ている信用も多いと思います。1条で天皇が日本国の象徴とされていますが、9条(の理念)も日本国の象徴みたいなものだと思います。
それにより、日本が無意識的に勝ち得ている信用(特に途上国・貧困国からの信用)も多いのはないでしょうか。

石破さんは何かの是非を論じる場合、「メリットは何で、デメリットは何なのか。それをきちんと考えていくことが大事」と、仰っていました。TPP交渉参加するかどうかのときにも同じようなことを仰っていたと思います。

しかし、安全保障や防衛になると「大国はどこでも軍隊を保持している」とか「(日本はアメリカに守ってもらうが、逆の場合日本はアメリカを守らないということに関して)そのような二国間関係はどこにもない」とか、何故かメリット・デメリットの分析からは離れ、どこか‘メンツ’を重んじてるような発言になります。メリットばかりで、デメリットなど一言も出てきません。
主義主張とはそういうものなのかもしれませんが、その主義主張自体、客観的な分析に基づいたものなのでしょうか。

憲法を改正し、たとえば他の大国並みの軍事力を保持し、集団的自衛権も認めた場合(もしくはそれ以上も認めた場合)、きっと外交や安全保障面でのメリットも沢山あるのでしょう。
しかし必ずデメリットも発生すると思いますし、そのデメリットは相当に大きいものだと思います。

(中・韓にとって懸念事項になることは間違いないでしょうが、以下ではとりあえずそれは置いておきます)

現在日本が世界から好意的に見られている理由の一つに、徹底した善意の提供があるんだと思います。そして日本からの善意をすんなり素直に善意と受け取ってもらえる背景として、平和憲法があるのではないでしょうか。

石破さんには、現在の平和憲法があることにより享受されてきたメリットまできちんと分析して欲しいです。平和憲法があることも、実は防衛に役立っているのかもしれません。

投稿: 海 | 2011年12月10日 (土) 03時13分

 さわらび会のご結成おめでとうございます。会のご発展をお祈りします。これまで日本が歩んできた方向を変えてくれる、そのような大きな力になってくれればと期待します。
 現在の日本はこれまでの自民党の国益観がもたらしたと思います。多くの政治家から聞く「国益」は国の経済的利益を第一とし、その根底にあるべきはずの領土、国民の誇りがないがしろにされているように思います。中国の反日教育を許し、韓国では日本大使館の前に従軍慰安婦の像を許し、竹島で譲歩し、北方領土についてはなすすべも無いのは経済的利益を至上とする思想のせいではないでしょうか。領土、国民の誇りを根底とする思想を有し、毅然とした姿勢を世界に示すことのできる日本をさわらび会に期待します。

投稿: 石井晴彦 | 2011年12月10日 (土) 05時07分

石破先生。お疲れさまです

>「経済成長と財政再建の両立」というのはスローガン的にはよいのですが、この二つの課題は二律背反的な要素を含んでいます。

含んでいません。経済成長すれば増収になり財政再建します。

>「これだ」というものを未だに固め切れていません。

固めきれないのであれば経済・財政等の分野については語らないのも一つの手だと思いますね。石破先生は安全保障、防衛等を専門にして頂いた方が国民の為でもあり石破先生の為でもあります。国会議員を25年やってきて自分の考えが「まだ固まり切れてない」とか言うのは有権者を侮辱しています。

政治家なんぞオールマイティに活躍してもらわなくて結構なので自分の得意分野で力を発揮してもらいたい。
万が一、石破先生が財務or経産大臣にでもなったらどうなるのか…、考えただけでもゾッとします。。。

投稿: ひろ | 2011年12月10日 (土) 09時06分

敬愛する石破先生。来年度予算編成についてお願いです。まず、3年前まで83兆円だった国家予算が現在92兆円余り。無駄な予算は削ってください。

① 社会保障費 29兆円→22兆円にす    る。
 1.医療費を小学生以上一律3割負担。   【将来、5割負担が見えてるのに、70   歳代以上の、1割負担の 人口が多す   ぎる。将来、とんでもない世代間格差   がみえているから】
 2.70歳以上の年金額を減額。【将来、年   金の税金負担に限界がみえ、年金額が   減り、支給開始年齢が68歳程度には   なりそう。世代間格差の是正の為】
 3.生活保護費の見直し。
 4.子ども手当て2兆9千億を従前の児童   手当にもどす。(まだ、2歳~15歳   まで1万円は多すぎる。控除でごまか   しているが…)
 5. 高校生350万人に毎月1万円プレゼ   ント廃止。
② 公共事業費等 6兆円→5兆円にする。
 1.無駄な道路整備は不要。約20%カッ   ト。
③ 文教費 6兆円→4兆5千億円
 1.全国の小中学校教員に対する給与補助   費1兆5千億円はカット。
④ 地方交付税交付金 17兆円→申し訳ない  けど14兆円にする。
 1.5兆円の警察・消防費の内、救急車使   用1回2000円徴収。
 2.2兆円のゴミ処理費を民間へ
⑤ 経済協力費【ODA】
 1.お金より人で貢献したい。
以上で、数年前の約80兆円の予算まで削減可能。

一方、税収は、2055年には、高齢者が国民の40%以上に達するため、国税三税【所得税・法人税・消費税】を比較的財産を多く持つ、高齢者中心の課税方式に変えなくてはいけない。企業の約250兆円の内部留保にも課税。大企業より中小企業のほうが、法人税が高いのは明らかにおかしい。いくつかの脱税業界にも公平に、課税する。(脱税の為に、税理士がこの国では、存在するのかと勘違いするほどだ)公務員約296万人の人件費約27兆円も…全国の数万人の議員にボーナスを渡す意味がわからない。

とにかく、諦めは、すべての可能性をゼロにする。
                    最後に、大変言いにくい事を書きます。原発除染問題です。人の住まない地域が多い米ソの大国が始めた原発を、海底地震が頻発する太平洋プレート(糸魚川・静岡構造線以東)側に原発を造り、今回の惨状を招いています。除染は、放射性物質を今後数十年以上出し続ける福島県沿岸部周辺にとって、黄砂の中で洗車するようなものです。政治は、将来にわたり、地域住民の命・生活を保証しなければいけない。言いにくいですが、住居移転も含め(行政の集団移転は決定を遅らせるだけ)地域住民の生命・生活可能な職業紹介を急ぐのが先決と考えています。(奈良・十津川村が北海道・新十津川町に集団移転した前例もあります。地域住民の方には、無責任な発言、本当にごめんなさい。)

投稿: 豊嶋 孝  | 2011年12月10日 (土) 10時45分

石破先生お疲れ様です。
なんの法案も通さずさっさと民主党政権は国会を閉じて
しまいました。無責任過ぎます。
税と社会補償とか言い国民の信を問う事なく消費税を
上げようとしてます。
党内の意見はバラバラ、この政権は一体何をしたいのか
長期のビジュンが見えません。
医療と介護と年金は別かと思うのはおかしな考え方でしょうか?
介護の仕組みも要約、不足なl事がわかりながら微調整が出来るところ迄きているのに、これをまた、見直す事とか
馬鹿な政策をしようとしている民主党政権
民主党政権は、既存の仕組みをただ、官僚に言われるままに自分たちでは、纏める事できずにいる。
早く!おん党は民主党政権に解散となる問題を見つけて下さい。 後はマスコミの取り扱い方です。マスコミは殆ど自民党下げです。この事は異常です。
民主党政権に勝つ手法を見つけて下さい。
此の儘では、国防、危機管理もない今の日本国では日本が
失くなります。
先生!よろしくお願い申し上げます。
寒きおりどうぞお身体をご自愛下さいませ。


投稿: いちご | 2011年12月10日 (土) 12時24分

政局のどさくさに紛れ、テレビのニュースに流れる事無く、原子力4協定が承認されました。全会一致の様ですが、石破さんはどの様にお考えなのですか?

私の考えは、明確に反対です。
3.11以後、原発に関して使用する際の「地元」という言葉の持つ意味合いは確実に変り、政府が原発防災地域を半径30キロに拡大した時点で、いわゆる「稼動に必要な同意」が必要な地域を、政府自らが拡げたと言っても良いのではないかと思っています。米国でも放射性物質が検出され、もはや自国だけ、他国だからと言う問題では無いのは明白であると感じます。
お金、技術、経済を理由に賛成や理解の意を示す考えがありますが、今後、除染、廃炉等の技術開発や、関連する業務での雇用等の需要は相当量増える事が予想されます。しかし、これも政府の政策次第であるとも感じますが。
原発建設の可否を決めるのは各国それぞれの話ですが、売るか否かを決めるのは日本国の話。
「ニーズがあるから売る」と言うのは、今現在全く収束する兆しも見えない事故が進行中の国としては考え方が違うのではないかと感じます。モラル等と言うと、反対意見とは話が噛み合わないので言いませんが、事故原因も明確に分っていない時点で他国に売るなどは、賛同する根拠が全く見えません。
運用や補修への協力を長期間求められる事もメリットと判断している様な報道も見かけます。玄葉さんだったかは、あくまでも該当国の責任等と言っていた様ですが、正気ですかと言いたい。
ゼロベースでの議論を基本問題委員会等で進めている最中に。
これとそれを一緒くたにしない、と言われるかもしれませんが、シンプルに考えたいですね。
今や、推進派の発言内容の矛盾は明確です。これを世界へ拡げる様な愚を、日本人としては犯して貰いたくは無い。これが、私の考えです。
石破さん、どうお考えでしょうか?

もう一点
先日の文科省の審査会の結果の被災者への慰謝料。誰が見ても「?」な金額でした。
ただ私の考えは、その結果を出したのは、法律関係の先生が8割の委員会でした。中には、政治家と区別が付かない様なお考えの方もいるのかも知れませんが、出された結果は、学者が線引きする部分を決め引いた結果に過ぎません。本来その線引きをするのは誰なのか?また、その線引きに対しての説明をするのも、頭を下げる義務を負うのも誰なのか?
私は、「政治家とは…」といつもお話になる石破さんのお話に、非常に説得力を感じています。
先日仮釈放された鈴木宗雄さんの会見も、人間的な力を強く感じました。

全く、政治家の声が聞こえません。政局ばかりがなり響いています。
石破さんのお考えをお聞きしたくコメントさせて頂きました。

投稿: 鈴木美樹雄 | 2011年12月10日 (土) 13時24分

ネットを探してみると、
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/11/eos_0430.html

この方のスピーチを発見しました。

<スピーチ抜粋>
いよいよ春を迎えつつあるシカゴに参りまして、皆様からの温かい歓迎を頂いております今の私の気持ちを日本の和歌に求めてみました。

 「石走る(いわばしる)/垂水(たるみ)の上の/さわらびの/萌え出づる(もえいづる)春に/なりにけるかも」

~略~

この和歌は、万葉集という8世紀に編纂された歌集にある、志貴皇子(しきのみこ)というその頃の日本のプリンスの歌であります。この歌のように、長い冬を耐えていた日本も、21世紀に向けて再び力強く芽を出そうとしているのであります。

<抜粋終わり>

春にむけ
冬の間は お仲間と
知力気力を
蓄えるとき。

※橘さんは、家持と縁のある高岡からの人、和歌を取り上げる活動は、とても良いことだと思います。。

寒さ、冷たさ
厳しくなりましたが
石破さんも、どうぞご自愛くださいませ。

投稿: 29歳改め30歳 | 2011年12月10日 (土) 14時41分

今必要かつ、しなければならないことは量的金融緩和しか無いと思いますがどうですか?これで景気回復、円高解消ともに解決すると思います。

投稿: 後條秀志 | 2011年12月10日 (土) 15時21分

お疲れ様です。
地元選出の1回生議員が「さわらび会」に参加しているのをテレビでチラッと見て安心しました。畑違いから当選された方ですが、石破さんの元で勉強されることを嬉しく思います。マスコミのことは無視して(党内のやっかみも?)日本の将来像のための政策勉強会を開かれ、今後の政策に生かされることを期待しています。

ところで世間受けしない話のことですが、政治と国民の一定の緊張関係は必要というのはそのとおりなのでしょう。
では、政治家と特定団体や支持者の間に一定の緊張関係はあるのでしょうか?
以前、大手の建設・電気業界に勤めていましたが、選挙前になるとゼネコンやサブコンと一緒に議員や秘書さんが入れ替わり立ち代わり訪ねてきて握手をしたり、名刺を置いていったりしていました。どこで調べたのか下請会社から「私どもは○○さんを推薦しています」とハガキがきたり。今思えば、随分べったりな関係なんだなと思いますし、配慮もしたんだろうなと思ったりします。

政治家は昔は尊敬され、この人たちに任せておけば大丈夫という時代だったかも知れません。しかし、時代も変わり国民も自分達で情報を取りに行く事もでき、元官僚やテレビからも様々な情報があふれるようになってきた今、口先だけの政治家を信用できなくなってきたのも事実です。
国民が政治家に「あれしてくれ、これしてくれ」と言う様になったのは、政治家が昔から「あれもします、これもします。だから○○党を」という背景はなかったでしょうか?どちらも依存症です。この関係をなくすためには、政治家は国民や既得権益の反発を恐れず、真実を語り、削減・負担するところは皆で痛みわけをするということだと思います。その代わり本当に支援が必要な方には全世代で支援する。「選挙があるから負担話を言えない」なんていうのは国民を無視した自己保身以外の何者でもないですよ。

自民党は民主党のマニフェスト(とりわけ財源)を批判しますが、自民党が増税を言い出したのはここ数年の話ですし、消費税アップが必要なのはもっと前から分かっていたのではないでしょうか?様々な問題の先送りをしてきたのは自民党も同じで、相手の批判するだけで生産性があるのかと思ってしまいます。民主党が消費税をマニフェストに掲げなかったのは事実で、民主党の増税への屁理屈にも腹は立ちますが、そのレベルで自民党が民主党批判をしていることにも腹が立ちます。そんなに消費税を掲げて選挙をしたことが偉いの?と。党にしたら議席を失うかもしれない大変な決断なんでしょうが、有権者にすればなんでもっと広い視野で国の事、国民のことを考えられないのと・・・。これで自民党の支持率が何で上がらないのかと悩む自民党には呆れます、正直。

自民党が本当の意味で有権者の支持を得られて与党に返り咲くのは、民主党の批判ではなく、自分達が多少の負担をしても努力をすれば安心して暮らせるという政策を打ち出し、実行する時です。それを自民党全体として分かっているのかどうか怪しいですが。
今の国会議員は、懸命にお仕事をされている方がほとんどでしょうが、「社会保障制度を政争の具にするな!」とだけは声を大きくして言いたいですね。

投稿: マミー | 2011年12月10日 (土) 17時12分

【国民を舐めている12月9日の国会閉会】

 やらなければならないことが山積しているように思いますが、公務員ボーナスの支給日に国会閉会を強行した民主党政権の姿がある。どこが『国民生活第一』なのか? 最終日に2人の閣僚が問責決議を可決された意味を重く受け止めるべきである。この政権は国民の信頼がない。民主党には、2009年に掲げた選挙公約の看板は全部なくなった。何も実現する能力もなければ、その撤回を強いられても責任すら取る政治家が一人もいないということだ。憲政史上最悪の無能内閣と云うべきである。掲げた看板がない状態で新年を迎えるのに3週間以上の猶予が必要だと言っているようなもんだ。
 ユーロが破綻寸前にある。独逸のメルケル首相はユーロ条約改正を言い出していましたが英国が反対を唱えたことで、新たな枠組みでの新条約に移行するしかない状況にいます。独逸だけがユーロを支えている現状であります。しかし、欧州安定化メカニズムの拡充に反対を表明しているのは独逸である。独逸のメルケル首相は条約の改正から始めないと進めようがないと言う立場であったが、10時間以上の時間をかけた会議の結論は、国益重視の立場を各国が主張することに終わったと云うことなのでしょう。ユーロは、新たな展開に向かうことになりますが、危機は加速するだけですね。時間の猶予が、どれぐらいあるのかよくわかりませんが、欧州全体が破綻に向かっていることは間違いありませんね。独逸が、文句を言いながらも、ここから逃げ出さないだけでも立派なことですが、共倒れになる危険はあります。独逸の過去から、この国を警戒する周辺国もいるようですが、独逸が抜ければその瞬間に破綻するということが明らかなので、各国は慎重な姿勢でいるのだと思います。英国は思っていた通りの行動でした。キャメロン首相は金融街シテイを守るために反対したと言う意味の発言をしているようですが、独逸の下に並びたくないと言う意志もあったのではないかと思います。
 新たな危機対策として、12月10日のプルムバーグによると『欧州連合(EU)各国首脳は9日、ユーロ圏の新たな条約で財政規律強化を図ることに決定。国際通貨基金(IMF)に2000億ユーロ(約20兆8000億円)を拠出し、恒久的救済の枠組みである欧州安定化メカニズム(ESM)の設立を前倒しすることに合意した。ユーロ圏での将来の救済で債券保有者の損失負担条項の内容も緩和した。』とあります。しかし、この程度の対応でイタリアやスペインポルトガルの救済が出来るわけがありません。欧州の金融関係者の別の記事では2兆ユーロの資金が最低でも必要だと言われているそうです。この開きを考えればかなり難しい状況にあると思います。12月の中過ぎには、雇用貿易等々のデーターが出始めます。それで、何か起きるような気がします。好転する材料は何もありません。欧州全体の貿易規模も縮小しています。日本と反対の状況にあるのでインフレが加速するようになれば、本当にどうなるかわかりません。我が国政府はそういう危機的状況にある世界を見ながら国会を閉会してしまいました。デフレや円高も終息できない無能なまま新年を迎える馬鹿です。ボーナスのない世帯は増えていますね。中間所得層を増やすと言った野田総理はどこ見ているのでしょうか? 

投稿: 旗 | 2011年12月10日 (土) 19時36分

日本人は熱しやすく冷めやすい、と申します。
もはやTPPなどなかったかの様に話題に上らなくなってきました。しかし民主売国党は決して諦めることはありません。
日本人なら反対が多ければ「もう一度考え直してみよう」と考えて踏みとどまるもの。
しかし朝鮮人は違います。自分の間違いを認めたら負けだ、と考えるのです。

 「TPP問題」について、現在までに9125人(男性6527人、女性2598人)から回答がありました=表参照。

 「TPP交渉参加は日本に利益をもたらすか」については「NO」が87%に達しました。「交渉参加をしても不利になった場合は離脱できると思うか」は「思わない」が89%と大多数を占め、「政府の説明は十分か」については「NO」が94%と圧倒的大差をつけました。
(1)TPP交渉参加は日本に利益をもたらすか
13%←YES NO→87%
(2)交渉参加をしても不利になった場合は離脱できると思うか
11%←YES NO→89%
(3)政府の説明は十分か
6%←YES NO→94%
   (産経新聞アンケートより抜粋)
いい加減日本国民は利口なので気がついています。いかにメリットが皆無であるかに。気が付かないのは左翼主義者、マスゴミと経団連、そして政治家だけです。

自民党も迷走している間に野田は勝手に海外で次々と公約を発信し、国際公約にしてしまおうと画策しています。
国際公約してしまえば村山発言のように、
後から取り下げることも困難になり、今後数十年、数百年の禍根を残すことになりかねません。

明らかに国益に反する韓国スワップなど度重なる韓国優遇行為は外患誘致罪に該当し死刑にすべきです。  

投稿: 磯部 | 2011年12月10日 (土) 19時53分

ゆきんこ 様| 2011年12月 8日 (木) 21時23分
 鈍重です。私は広島県在住ですが、54歳で沢田という福島上級公務員がいたとしたら、私の同級生です。その他先輩や後輩の、福島県人とは信頼関係を持ち、善良さには敬服しています。
 復興や賠償の遅れは、野党の追及のせいのように誤解されていませんか?7月に東電に代わって、自主避難者にも補償ができる法律を、野党の努力で成立させ、内閣がこの法律を無視して出し惜しみしていることを、おそらくご存じないのだと思います。
 ネットを使える環境なら、福島県の森まさ子議員や佐藤正久議員の、半年間の質疑を見て下さい。3月下旬から、政府の対応があまりにも遅いと、訴え続けていた事実は確認できます。
 やっと菅直人が辞めたのに、「福島の復興は日本の復興」と、キャッチフレーズと行動が正反対なのは、野田政権の行動であり、野党議員を含めた国会議員がそれを批判しています。
 政権交代前の1日あたりの国債発行は800億円でしたが、「コンクリートから人へ」と叫び、毎日1200億円です。復興や社会保障に興味が無いのに、増税には執着しています。沖縄の方々が、政権交代前に「差別」という言葉を封印してきたのに、昨年6月以降に解禁したのはなぜでしょうか。
 福島県民で、民主に投票した人に、責任はないのですか?私は被害者支援に積極的です。せっぱ詰まったとしても、政府が不動の中で、批難する相手が違います。

投稿: 鈍重 | 2011年12月11日 (日) 07時23分

石破さん
【「誰がやるか」以前に「何をやるか」を明確にし‥】の論点予て私とは平行線のままですが、此処へ来て「多少の一致点」も観えて来ました。
相互に一貫性と整合性を持って、【憲法、外交、安全保障‥、財政、金融、貿易、税制、社会保障などのすべてがワン・パッケージ】の政策群を創り出す頭脳働きは、確かに「何をやるか」を明確にする作業であるに違いない。
真に、予て必須だと叫ばれてきた「国家の将来像」を彫り出す作業でもある。
同時に、お気には召さないでしょうが、真に「戦後政治の大掃除」でもある。
こう考えれば、「何をやるか」は、通常の政策的な「何か」とは比較にならない位に重要性を増す。
(前述の「多少の一致点」は此処まで(笑)。)

石破さんはその真摯さと謙虚さを以って【誰がやるか<何をやるか】の不等式を主張して、「その時機」を待っておられるのでしょう。
然し、後世に「鳴くまで待つ」と称された徳川家康は、単なる真摯や謙虚は持ち合わせず、表面では「待つ」振りをして底流では「鳴かせる」為の戦術を繰り出し、時に「Xしてしまえ!」と叫んで大業を成し遂げた偉人です。

要は、ワン・パッケージの政策群にせよ国家の将来像にせよ、其れらを彫り出す作業が困難であればある程に、 「さわらび会」には「待つ」「鳴かせる」時に「Xしてしまえ!」と指揮する≪頭領≫が不可欠なんだと。
日本の政治を「雁行形態」に擬えれば、大きな全体の雁群の先頭雁Aは不可欠な存在であり、その後ろには中小の雁群があり夫々に先頭雁BCD‥が配置されている。Aはその知見の大きさと成熟度の深さに於いて、断じてBCD‥を以って換えることはできない。勿論、Aはスーパーマンではないし、国家の全ての分野を熟知している筈もない。従って、雁群の飛行の最中にも、AはBCDと協議し智慧を借りて正しい方向を目指して飛び続ける。然し、勇気と叡智を持って決断する責務を負うべきは、唯一人なのだと。雁が、小田原評定を避け踊るだけの会議を避けるには、此れが唯一有効な飛行形態だと訓えてくれている。

現時点が「何をやるか」を彫り出す時機だと定義しても、在るべきは【誰がやるか<何をやるか】という優劣の不等式ではなく、等式【誰がやるか=何をやるか】によって同時並行に同等に存在するべきだと考えます。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月11日 (日) 11時36分

私は福翁ではないのでわからないのですが、「この人民ありてこの政治あるなり」というのはそんな限定的な適用ではなく、普遍的なものだと思いますけれど。

勉強会を立ち上げられたということで、大いに期待しております。
「政策」を重視されるのであれば、早急に「試案」なり「骨子」を発表して欲しいです。
もしも政権を奪取したら待ったなしですから、是非スピード感を持ってやっていただきたい。
「取り纏めは極めて困難な作業」というのは実感だと思われますけれど、野田さんを含む歴代の総理も同じような困難な作業をされているわけですから、言い訳にはなりません。

何だか文句ばかりみたいになってしまいましたが、これも石破先生への期待の裏返しだと思ってお許しいただければ幸いです。

投稿: 鈴木@千葉東葛 | 2011年12月11日 (日) 11時51分

石破先生勉強会発足おめでとうございます。

石破先生には将来総理として日本をひっぱていただききたいと思っていますので、勉強会の成果期待しております。

先生は今回政治と国民ということも書かれていますが、私は現在の政治の混迷はまず小選挙区にあるのではないかと思っています。

小選挙区である以上、大衆迎合的な政策を政治家は出さざる得ません。小選挙区が選挙制度として成立するのは先生の言うとおり、国民の大多数が国家の立場にたって物事を考える、そういう国民からなる国家しかないと思います。

以前の中選挙区的な選挙制度の検討も、現在の大衆迎合的な政治を脱却出来る一つの選択肢に思えますが、先生はいかがお考えですか。

投稿: ラッキーパパ | 2011年12月11日 (日) 11時54分

石破先生、お疲れ様です!!
復興庁前倒し?

何から何まで遅いですよね!

問責大臣も、辞めないんでしょうか?

年明けに内閣改造で、平岡、ゴミ山と4人を入れ替えてお茶を濁して、通常国会に臨むつもりでしょう!

どうにも成りませんね?

予算と引換に、解散総選挙に最低持ち込んでください!!

輩政治は、もうウンザリ!
法治国家として、疑惑野郎は落選させて法できっちり、小菅へ!

石破先生、頑張ってください!!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年12月11日 (日) 17時56分

【米国のステルス機が、イランの手に落ちて】

 12月4日にイランの上空で操縦不能になったステルス偵察機があったそうです。それと同じ機が、イラン当局の手で映像公開され、ロシアとシナがそれに興味を示し、機体の調査について協力を申し出ているそうです。米国政府は、公開された映像の機体についてのコメントは避けながらも、小浜大統領はイランの核開発に関連して「いかなる選択肢も排除しない。あらゆる可能性を検討しているということだ」と述べ、軍事攻撃の選択肢も排除しない考えをあらためて表明したそうです。奪還作戦も計画されたそうですが、リスクが大きいと予想されるため断念したと言う話もあるそうです。最新鋭の無人機の技術が、ロシアとシナに流れることになれば、米国の軍事的優位がダメージを受けることになりますね。どうなるか解りませんが、イランは先に英国大使館襲撃事件を起こし、国際社会から非難されていますので、そのイランの誘いにシナとロシアが簡単に乗るとも思えませんが、この2カ国だけは世界の常識が通用しない連中なので、米国の期待を裏切る可能性は高いと思います。また、無人機の使用でアフガンでは大きな非難が起きているという事実もあります。米国内でも非難する人々がいるそうです。このままシナとロシアに技術が流れることも覚悟するしかないかも解りません。
 米国は欧州の金融危機にIMFの資金拠出を拒否するコメントを出しました。ユーロ側の覚悟が思っていた以上に内容のない結論をしたからだといわれています。現状ではIMFの資金の拠出があっても焼け石に水のような効果しか期待できないと言われています。米国が見限れば欧州発の恐慌は避けられない事態になるかも解りません。最低でも2兆ユーロの資金が必要なのに、欧州は2000億ユーロの資金で間に合わせようとしているようです。時間の猶予がどれほどあるのかよく解りませんが、年内に独逸に覚悟を求めるような状況が出てくるような気がしますね。逃げるわけにはいかないのは独逸だけです。英国は逃亡してしまいました。恐慌を防ぐには独逸国民の判断にかかっていると思います。東アジアの成長を引っ張っていたシナからの輸出が、ここ3ヶ月連続して低迷しているのは欧州全体の市場が縮小していることに他なりません。東アジアの成長も来年度は暗いものになるでしょう。日本だけが増税を打ち出している意味は、この状況を認識していないからではないかと思います。日本だけが別の方角を見ているのは異様な気がします。
 イランの対応とかで、戦争と云う事態になれば、金が回ります。中東での戦火がどれほどの経済効果があるのか、計算している国もあると思いますが、表に出ることがないと思います。経済が低迷すると戦争になった歴史が20世紀にありますが、今の状況はそれに向かっているような気がします。誤解が起きれば大変な事になりそうな2012年ですね。我が国は、デフレと円高を終息し、原発事故の終息を急がないといけません。そのためには馬鹿な政権を倒すことがもっとも必要になると思います。どういう状況になるか見えない世界が2012年ではないかと思います。民主党では乗り切ることは不可能です。党内融和を優先して馬鹿な大臣を庇う政権に未来を託すのは自殺行為です。

投稿: 旗 | 2011年12月11日 (日) 20時10分

「さわらび会」発足おめでとうございます。必ず日本国のために資する会になると信じています。石破先生のリーダーシップを存分に発揮され、政治の表舞台でも活躍される人材を多く輩出してください。
私の目に狂いがなければ、もう少し自信を持ってどっしりとした態度を身につければ、土下座など絶対してはいけません。御党の片山さつき氏は必ず将来の日本を背負って立てる逸材です。「さわらび会」に入っているのならば、しっかり育てていただきたいと思います。入っていなければ無理にでも加入させてください。陣笠議員で終わらせては絶対にいけません。

投稿: ヒロ50 | 2011年12月11日 (日) 20時51分

石破先生お疲れさまです。
先生のおっしゃるとおり、日本国民全員がが俯瞰して考え国家の事を強く願えば不平不満は生まれず、この国を憂い、この国を想うことでしょう。
けれど人には関心があります。
自分以外の関心は人により様々だと思います。
これは人の器うんぬんではなく、今の現状仕方ないことだと思います。
すべて仕方ないで済ませれば、現在の我が国の抱える借入金も仕方ないですんでしまいますので、仕方ないは逃げ道程度と理解しております。
先生のおっしる事は正論だと思いますが、正論が世論と結びつくとは思いません。
前述したように、人はそれぞれの関心を持っているからにほかなりません。
我が国は民主主義でありますから、主権者である国民が増税を反対すれば、それはイコール反対になります。私自身増税は望んではおりません。
まずは無断省き事が重要と考えますが、各省庁の無駄省いて2兆程にはなるのでしょうか。
もしも仮に2兆円程になるとしたら、麻生内閣での給付金と同じ金額ですが、国民1人あたり一万五千円でしょうか。
けれど、これで消費税率10%あげなきゃいけないところ、9%で済む事になります。
国家公務員・地方公務員の給与、退職金を削減すれば今より増税は仕方ないものと国民も感じる事でしょう。
けれど消費税率をあげた場合、公務員も消費者ですので当然消費税を払うことになります。
公務員は安定・高給だから仕方ないと言う考えも一理あると思います。
けれど同じ日本国民であることに相違ありません。
しかし、まずは公務員から、それから増税という順序で国民の手本となっていただきたいと思い、私としましては無駄を省き、公務員の給与削減と考えております。
我が国の抱える問題は多々あります。
無論、我が国のみならず世界各国が問題を抱えております。
グローバル社会において、他の国の問題は時間差がありますが我が国の問題にもなります。
また我が国の問題は他の国々の問題にもなります。
「世界の中の日本」世界で今以上に確固たる地位の確立も国会議員の使命だと思っております。
今年もあとわずかですが、石破先生にはお身体に気をつけていただき、この国の未来の為に頑張っていただきたいと思います。

戯言ばかりで申し訳ありませんでした。
失礼いたします。

投稿: 池田 | 2011年12月11日 (日) 23時33分

【欧州の田舎の独裁体制も変化するのか?】

 ロシアのプーチン支配が崩れるような兆しがあります。10日におきたデモは、ロシアと云う国名になって久々の大規模なデモではないかと思います。これも、アラブの春からの影響があるのかも解りません。直接のきっかけは、下院議員選挙での不正が、ネットでの映像暴露などで広がったことにあります。ネットで呼びかけられたデモは、予想を超える人数が参加。モスクワで5万人のデモ行進があったと伝えられています。ソビエト崩壊後の世界になって、エリツイン時代にもなかった規模ではないかと思います。米国政府のクリントン国務長官も関心があるのか、この件ではロシア政府を批判していました。不正がまかり通るようでは信頼されないと述べていますね。内政干渉丸出しの発言ですが、米国なら言うでしょう。我が国政府は何も言いませんね。北方領土へ不法入国したロシア大統領へ直接抗議もしたのかどうかさえ、ニュースになっていない扱いでしたから、この件で野田総理が発言することはないと思います。国益と関係ないと言い出しそうですが、こういうときに一言コメントを公表しておくのも外交上有益なことに繋がることも無いとは言えません。しかし、民主党は外交をよくわかっていないようなので気がつかないと思います。無能な連中です。それはさておき、欧州の都会は、経済破綻寸前です。そして欧州の田舎は体制の危機ですね。ロシアは2008年の金融危機では新興財閥等がまともに打撃を受け、原油の急落などもあり、2009年は1999年以来初の経済成長がマイナスになったそうですが、この度のギリシャに端を発したユーロ危機にはユーロと縁が無かったおかげで、直接の影響はないようです。これがもしかすると、ロシア浮上のチャンスになるかも解りません。それがあるから米国は民主化が遅れていると批判発言をして、出鼻を挫く狙いがあったのかも解りませんね。ユーロが、ロシアに頼ることはないと思いますが、破綻を目前にすれば何がどうなるか誰にも予想はつきません。ロシア下院選挙の不正のニュースは欧州にも流れていると思いますが、どこの政府も論評する余裕がないのか沈黙しています。そういうこともロシアは注視しているでしょう。野望を持った国です。20世紀の2度の世界大戦にも参戦国として名を残す国です。ロシアの動きは注意したほうがいいと思います。

投稿: 旗 | 2011年12月12日 (月) 03時11分

石破先生、おつかれさまです。

勉強会、僭越ですが、とてもよいことだと思います。
「経済成長と財政再建の両立」については、国民の中でも意見が分かれるところです。
「両立させるための方策とタイミングが重要」というのはまったくそのとおりであり、ポイントだと考えます。
石破先生はじめとする自民党の先生方には、財政・金融政策について裏付けのある意見を自信をもって発していただきたい。「政府は財務省の言うなりだ」「いやそうではない」というようなやりとりは空虚であり、いつまでも続けて欲しくありません。

個人的にはデフレ、国債金利も底辺にある今こそ、政府が未来に向けて積極的な投資を行うことで需要を創出すべきであり、需要の増大こそが総税収の増加、財政再建につながるものと考えます。
(バブル崩壊後からなのでしょうか、私にはよく分かりませんが)公共事業は「特定利権が」、「既得権益が」と言うようなことがさかんに言われ、削減こそ正義であるというような雰囲気ができてしまっているように思います。
無駄は無くすが、削減した分は将来の成長に資する分野に振り向ける(当然東日本の復興も含まれます)と、そういうことが必要だと考えます。

投稿: ねぎたま | 2011年12月12日 (月) 08時14分

石波先生毎日おつかれさまです。

観光産業について、述べさせていただきます。

小泉政権のころから、時の政権は観光立国のために、頑張っていますが、現在1年間で海外から観光客は、約850万人弱。逆に日本から海外に観光などの流出は、約1800万人もいます。これじゃ、外貨獲得どころか流出するばかり。


もちろん、原因のひとつに、円高・日本の物価高・日本語しか通じない…などが考えられます。しかし、それより、極東の島国という、地理的位置が悪すぎる。日本から陸続きで、次の国に観光に行けない島国という、決定的に不利な条件が現実としてあります。さらに、今回の原発事故。

もちろん、近い将来、経済力をつけている、中国など近隣諸国からの観光客で、2000万人くらいにはなるでしょうけど、それでもトントンです。


それより、国内経済を良くする一つの重要な要素は、日本人が自国の観光をもっと積極的になる施策を、官民一体となり実行することです。その為に、JR各社もここは、一体となり(これが大変困難なのですが)、新幹線こだまも乗車できる全国周遊券や、寝台列車の改良による、全国周遊。さらに、日本の秘境、薩摩硫黄島・島の中に多数の湖(池ですが…)を持つ南大東島など、穴場のPRに積極的に取り組み、リタイアした熟年層にお金を遣ってもらう施策を打ちたいですね。


いずれにしても、経済の原則は農林水産業→鉱工業→サービス業に変化していきます。雇用の為にも、観光は有力な施策であるのは論を待ちません。

投稿: 豊嶋 孝  | 2011年12月12日 (月) 09時29分

民主党支持者です。
「あのさ、本棚を見ればその人が判るって言うけどさ、今はスマホにどんなアプリを入れてるかでその人が判る時代なんだよ」
「部長、その話きょう2回目です」
「ズ--(超高速スクロール)」
これをパロって
「あのさ、本棚を見ればその人が判るって言うけどさ、今は内閣にどんな人物を入れてるかで総理大臣が判る時代なんだよ」
「総裁、その話きょう2回目です」
先般の問責決議で貴重な時間を費やしたこと、民主党支持者としてお詫びいたします。一川某は当然なんですが、野田氏は農水省官僚出身の一川氏がTPP反対派の中心人物になることを恐れて、不慣れな防衛相のポストを押し付けて力をそいだのかもしれません。さらに野田氏が更迭を見送ったのは、「実力がないのに大臣ポストを要求すると、こうなりますよ」という大臣病患者向けメッセージなのではないか。山岡氏任命は「毒をもって毒を制する」という意向(?)があったのかもしれません。マルチはややこしいですから。
閣僚によって野田氏が評価され、支持率となって表れている。それも困るが、私は民主党政権下で蔑ろにされた海上保安庁、自衛隊、沖縄検察庁のモラル、モラールの低下を極めて危惧する。
民主党は政権運営の実績がないのですから、自民党のマネをしての閣僚の首の挿げ替えはやるべきでなかった。外相は岡田氏、国交相は前原氏のまま、防衛相は難しかっただろうが北澤氏に続けさせるべきであった。菅氏も悪いが野田氏も悪い。私利私欲、党利党略だから。誰のための政治なのか。
思うに、旧ソ連のグロムイコ外相はすごかった。30年近く勤め上げたのだから、馬力だけでも驚嘆に値する。外交べたの我が国であれば、なおさら閣僚としてそれこそ適材適所を長期的展望にたって任命し働いてもらうべきではなかったか。
日本ではジョブズが育たないが、グロムイコもキッシンジャーも育っていない。
あと自民党では石破議員は別格として、防衛相として小池氏が出色でしたが極めて短期だったのは惜しまれた。小池氏こそ大いに生かして欲しい。コンドリーザ・ライスやヒラリー・クリントンに決して負けていない。自民党は、舛添氏を失ったように小池氏を失ってはならない。

投稿: hesomaru | 2011年12月12日 (月) 10時30分

日本放送、聞きました。本当に早く政権奪還しなくては、官僚のいうまま、素人の民主党ではこの日本はガタガタになります。復興は進まず、TPP,増税に軸を置き、国防、沖縄問題など蔑にしているように見えます。デフレ下の増税はもってのほかです。東北に経済特区を作って、TPPを推し進めようとしているようですが、TPPの中身をみれば、参加すべきではありません。この点が石破さんの考えと私は違います。三橋さん、中野さん、藤井さんたちの本を読むと、増税、TPPの危険性がわかります。石破さんはとても尊敬してますが、その点を、今一度、ご検討ください。来年こそ政権奪還、期待してます。

投稿: dekoppi | 2011年12月12日 (月) 12時56分

石破先生、お疲れ様です!!
野ダルマ、ショックでしょうね!

楽しみにしていた、中国、アメリカへの旅行が中止で!!

用件伺いに来るルートセールスマンに、会う時間が無駄!と判断されたのでしょう!

この3年で、日本は嘘つき・無能国家と世界に刷り込まれた結果でしょう!

何とかしましょう!

投稿: 浅草の支持者 | 2011年12月12日 (月) 13時25分

民主党の前原政調会長が良い事を言ってます、一度お会いになっては如何でしょうか、今野党だ与党だと言っている時ではありません、日本再生の為ぜひお願い致します。

投稿: 山崎 郁郎 | 2011年12月12日 (月) 16時34分

本日のブログを拝読して、ケネディ大統領の選挙での演説? デベートでの発言? を思い出しました。

大略「国民は政府が何をしてくれるかを考えてるのではなく、自分が合衆国のために何ができるかを考えて欲しい」

というものでした。

我々も協力を惜しまないつもりです。なんとしても政権奪取を!

投稿: u_sky | 2011年12月12日 (月) 16時48分

こんにちわ
@政治と国民の間には、信頼関係と共に一定の緊張関係がなくてはならない

全くもって同感です。
政治家の側からも、国民の側からもですが、私自身、かなりなあなあと、苛立ったコメントをしていますが、これは本来望む形では無く、私自身は、政治家に対して信頼と共に尊敬できる対象でありたいと願っています。
が、過去の金権政治や、今ではそれにプラスして、官僚や政治家や役所の体たらくを見ていると、「何なんだ?こいつ等は・・・」と、怒りしか感じません。
芸人や有名人など「どうでもいい何でもかんでもの人達」が、国を司る知識も信念も無いまま、ただ選挙で勝つ事だけを考え、国会での政局の為だけの動員として政治家になっている現状に、悲しみと怒りと恐怖を感じるばかりです。

「さわらび会」・・・いい名前ですね。
日本人として、心がほっこりとします。
民主党や社民党、共産党など、いい加減な既存政党にうんざりしまくりで、自民党にもがっかりしていますが、最後の砦「さわらび会」に期待したいと思います。

国家国民の命、財産、主権を守る為、故渡辺美智雄氏の言葉「政治を変える事の出来る30人の確信犯達」の誕生を心から期待し、「どうでもいい何でもかんでも」の保身と金しか考えない政治家達が、将来世代を苦しめる事の無いよう宜しくお願い致します。
この会には、河野太郎さんも出席との事で、大きな期待をしています。個人的には大好きな三原じゅんこさんも参加していて、「命」の重みを考え、大切にするよい勉強会になると思っています。
そして、近い将来、いつでも、単独でも、この勉強会のメンバーだけでも日本国家国民のための政治が出来るような会にして頂きたく願います。


「拉致被害者数人の命くらいで北朝鮮に抗議できるか」てきな発言をした金北朝鮮テロリスト万歳派の外道の辻本や、社民党、民主党、共産党など気違い政党など日本から消えて欲しいです。


余談ですが、鈴木宗男氏の別荘からの出所祝いパーティ・・・テレビで見ていて「異様」でしたね。社民党福島みずほ元消費者担当大臣でしたか?達も参加していているのには驚きでしたが、鈴木氏に土下座する政治家なんかもいたりして、「異様」以外何も感じませんでした。
犯罪を犯しても、罪を償った鈴木氏に対して、別に嫌いな政治家ではありませんでしたが、このパーティは「異様」で気持ち悪く、気分が悪くなりました。
これが日本の政治家達です。

先生、政治家の出所パーティと暴力団の出所パーティが、今回同じに見えた私自身が「異常」なのでしょうか?

どうか私が生きていない50年後の日本に向けて、将来世代が安心して暮らせる政治をどうかお願い致します。
「さわらび会」頑張って下さい。

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月12日 (月) 17時25分

一川防衛大臣は農家出身ですから、農林水産大臣が適任という石破先生の考えに同感です。TPPについて一川氏はどうお考えなのか。自民党が復権した場合でも、農林水産大臣に任命される方には、重要な試金石であると思います。

一川防衛大臣は適材適所ではなかった、国会で指摘されても更迭すら出来なかった。任命責任は今でも野田総理にあると思います。民主党内の派閥の力関係、それを国家運営より優先させた人事。自民党がそうならないよう党規を改めるなど、大規模な党内改革を行い、国民の支持を得る努力を継続してほしいです。

投稿: 稲雪 | 2011年12月12日 (月) 18時10分

石破先生 いつもありがとうございます。
『さわらびの会』おめでとうございます 宜しくお願いします。先日ショックを石破先生プライムニュース出演されてたのにdown見れなくてdown いちかわ防衛大臣annoyなぜ この人は自分で辞めないのでしょうかおかしくないこんな人に日本国を任せられません。日本国として大変恥ずかしいannoy 野田総理にもannoy南スーダンの問題も…時間が 無いのに 安住大臣にもannoyなぜ防衛費を削減なんでしょうか もう本当に民主党は嫌です。先生早く日本国建て直しをsign03sign03 寒く厳しくなってきます。お身体 大切に気をつけて~heart01heart01heart01 私達は いつも先生を応援しています。自衛隊を日本国を宜しくお願いいたします

投稿: pappy | 2011年12月12日 (月) 20時55分

石破さん
某若手起業家の優れた対比【優秀な奴vs凄い奴】
極めて秀逸な対比だと思います。

彼の感性を私の世代に合わせて20-30年(齢)引き上げると、「賢いCleverだけvs賢明Wise」、「狭く浅く短いvs広く深く永い」に置き換えられると思う。
「優秀な奴」は、霞が関にも大手町にも、今の日本にも比較的多勢いる。中央官僚も大企業のサラリーマン社長も「非常に優秀」だと思いますが、全く「凄くない」。「日本の喪われた20年」の原因の一つ。また、特にアメリカの金融資本主義の幻想である泡に未だに乗っている金融関係者は「飛び切り付きで優秀」だと思います。

「優秀な奴」は、狭い論理や理屈を捏ね回して周囲との違いを衒う。「凄い奴」は、広く道理や歴史に依って判断し、ブレーンに「優秀な奴」を抱えて使いこなす。
然しまあ、逆に「優秀な奴」が自らの優秀さの長所を知り足らざるを弁えて、「凄い奴」を抱えて使いこなすという図式もあって好いと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月12日 (月) 21時32分

石破先生 今日もご活躍のことと存じます。
さわらび会立上げ 期待して 見させて頂きます。 プログ コメント 拝見しました。いろいろな意見があり、先生からご覧になると分かっていないと思われるのも多いいでしょうが、良く理解してあげて下さい。老婆心ながら失礼とは思いますが申上げます。
 TPP 自分にはどうあるべきか判断できません。当初は漠然と参加は日本発展のためには必要と考えていましたが、いろいろな意見を聞くと問題ありと思うようになった今日このころです。
 野田総理が国民の幸福を考えないわけは無いと思います。それがあれだけTPP参加を積極的に進めているのは、参加が国民の幸福になるからと信じているからだと思います。しかし、今朝のNHkのテレビを見て私は参加に一層不安を感じてきました。
 先生は党利党略を抜きにしてどうお考えですか、(党利党略を抜きにしてというのは無理かな)お伺いしたく思います。
 年末 益々ご多忙になられると思いますが、呉れ呉れもお体を大切に、且つ ご活躍お祈りいたします
 
 貧しいが故の反自民反権力、左派より人間
 であったが、近年に至り 石破茂 ファンなった者鳥取市在住者 
 

投稿: 前田 | 2011年12月12日 (月) 23時19分

中国を悪く写す映像が最近、報道として多く流れているように思えます。

例えば交通事故が起きたのに見て見ぬふりを写す映像、

例えば昨日の番組でしたが翡翠がバブルのように高騰し買いあさる中国人の映像、

特に前者の方は中国に設置された監視カメラと思われる映像であり、日本人が中国の道路に報道カメラを設置する理由はありません。

後者の場合は下手をすれば出演した中国人は上層部に抹殺されてもおかしくないでしょう。そんな中国の弱点を中国人が堂々と見せる理由が分かりません。

私には中国はワザと自分達は未熟な映像を流しているように感じられ、又日本政府は内情が悪いものだからそうゆうバカ中国の映像を流して、国民にかりそめの安心をあたえているに過ぎないように思えます。

そもそも日本の国会議員にハッカー攻撃の出来る力を持つ国が真に愚かな姿をさらけ出す筈がありません。明らかに合意の上でのデマだと私は思います。

私はこの中国の脅威に対抗するのに反韓感情を抱いていては共に対抗しようにも出来ず蹂躙される頃はアメリカも力で及ばないと思います。

磯部様の方策では中国は労する事なく日本と韓国を分断し、北朝鮮をまずは接収しと中国の視点で見た時には実に痛快ではありませんか?

磯部様が私を激しく執拗に在日朝鮮人と貶めるからには貴方は、磯部と語った中国のスパイではないのですか?

それならばTPPに激しく反対するのも納得出来ますし、日韓関係を悪化させたい趣旨の内容を語りまた、日本人であるならば今までの私に対する非礼に謝罪の一言があってもおかしくはないが貴殿は全くもって別の角度より入られている。

日韓が親睦を深めるのに何の問題がありますか?問題に思うのはそれを快く思わない国籍だからではないのですか?

そんな国家の筆頭として思い浮かぶのは東アジアの権益をわがものにしようとする中国人としか思えません。また貴殿は韓国とロシアには触れましたが中国には皆無といって良い程、触れていない。

私は日本の立場で考えるなら中国を無視した発言は出来ないと心得るが、以前、磯部様と激論をされた図書殿が見ておられたら印象をお聞かせください。

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月13日 (火) 00時35分

 石破先生、お疲れ様です!!

 今回の石破先生のコメントとは余り関係ないのかもしれませんが、今月の16日に航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)にF35(ライトニングⅡ)を選定する方針を固めたと聞きました。

 あくまで噂なのですが、この国の防衛に関わる重要な選定を野田総理はど素人の一川防衛大臣に事実上の丸投げをしているらしいです。
 F35の性能が高いであろうという事は解っているつもりですが、素人のこの人が財務省相手に満足のいく説明をして、調達費用を獲れるのか心配でなりません。

 大震災後のこの時期に新型機4機の為に500億円もの大金を出せるか!と言われそうで・・・
 けれど最近は中国がいろいろきな臭い動きをしていたり、北朝鮮もいろいろ動きが活発化しているので余計心配です。

 もし、この次期主力機選定が最悪お流れにでもなったら大変です。

 普天間の事と言い、一川防衛相といい、民主党は国の防衛力と言うものを軽視している気がしてなりません。


 石破先生のこれからの活躍を応援しています。

 頑張ってください!!

 

 

投稿: シュウ禅 | 2011年12月13日 (火) 08時35分

石破さん
12/12日経【生活保護、働く能力があるのに職業訓練を受けない人停止 厚労省検討】
性善説に立つ社会制度を悪用する輩を排除するのは、当然の道理だと思う。

然し現実には、その「当然の道理」が、官僚や木っ端役人の歪んだ精神が造る「狭く浅いマニュアル」で運用されて仕舞い、社会の現場では有機的な生活が感情の無い無機質に蹂躙されて、乱暴極まりない事態になるのだろう、未熟政治の常として。

通常の政策レベルでは、正しく「何をやるか?」は健全な精神には自明であって、肝心なのは「誰がやるか?」だと。
健全な政治があれば、自ずから「悪賢いモグラ」「歪んだモグラ」を根っ子から退治できると。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月13日 (火) 17時15分

石破さん
S.ジョブズさん【アップル社再建の妙薬は、費用を削減することではない。現在の苦境から抜け出す斬新な方法を編み出すことだ】

野田某へ!
「”日本経済再生”の妙薬は、”肥満した官僚経費を削減しつつ、同時に”現在の苦境から抜け出す斬新な方法を編み出すことだ」。
同じく貧乏な財布を嘆いている国家と国民が乏しいカネを奪い合うことは、「妙薬」でも何でもない。単に、財務官僚の直線的で短絡した「塗り薬」でしかない。「見たくもない患部」を糊塗はしてくれるが、国家の体質改善の「妙薬」には断じてならない。

此の観点では、曲線を組み合わせる複雑な「石破茂流ワン・パッケージ」が「妙薬」を創り出す「正しい道筋」だと思います。
然し、今はその「正しい道筋」が、S.ジョブズ流の「斬新な方法」と「妙薬」を生み出すのか?「成果」は今は未知ですが、期待は持てると。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月13日 (火) 18時57分

田中美知太郎氏の文章を抜粋しておられましたが、確かに様々な掲示板のネットユーザーの主張や今のマスコミの報道を見る限り、他力本願な部分が我々にはありますね。ああしろこうしろ、文句ばかりでそれじゃあお前はこの国のためになにをするのか?以前石破さんがブログで子ども手当について書いたものを真似てしまいますが、人を育てるのは国ではなく、人であると。それを日本国民の中で理解しているのはどのくらいなのかな?全部国にやってもらおうとしているような気がしてなりません。こんなこと、マスコミの前で言ったらバッシングになりそうですが(笑)。

さわらび会、発足おめでとうございます。ひらがなとは斬新です。今後の活動に注目しています。

投稿: リーゼント | 2011年12月13日 (火) 21時58分

石破先生


消費増税の1割、社会保障以外に想定 政権、民主に資料
http://www.asahi.com/politics/update/1208/TKY201112070765.html

年金の国庫負担維持法が成立=復興債で財源確保
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111207-00000056-jij-pol


こうやって、いつの間にか税金の用途が変わっていく。
日本の財政の使い道は全く持って不透明
信用できない。

政府なんてウソばっかり。

私は、円高不況下において
なんの成長戦略もなく増税ばかり叫ぶのは
断じて間違っていると考えますが

あえて、増税に対して意見を述べさせていただくなら
金を国民から徴収するなら
まず国民との信頼関係を築くのが大前提でしょう。

信頼関係のない相手に金を出すなんてことはあり得ません。

こんな風に、用途が変わるなら
もっと大々的に国民に伝える努力をするべきだし
使い道を説明しないのであれば
国民からお金を取るべきではありません。


投稿: mike310mi | 2011年12月13日 (火) 22時45分

石破さん
今日、G.J.Ikenberryさんの講演を聴きました。主題は、自身の新著”Liberal Leviathan http://press.princeton.edu/titles/9410.html”。

米国国際戦略の研究者としては、20世紀の独壇場に固執しがちな米国の情緒の中では、開明的Open過ぎると思いますが、米国の主導性に”Relativeさ”とBiでもMutiでもなく単なる“Lateralism”が欠かせないと強調しておられた。即ち、BRICsが興隆する21世紀には、米国を「唯一絶対の存在Power」ではなく「相対的な存在」と位置付けていた。非常に印象的でした。

この開明的な考え方の先にこそ、米国が人間的な謙虚さを取り戻し(嘗て持っていたとして)、傲慢と強欲を抑え込んでこそ、世界に「21世紀の地平」が広がると思います。結果として、日本に金銭を含めて諸々の負担増加を齎すことになるが、其れこそが21世紀の世界の秩序であり新しい世界の新しいルールだと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月13日 (火) 23時28分

最低最悪企業、東電を潰せ


それだけだ

投稿: 東電娘 | 2011年12月14日 (水) 00時09分

石破先生

「人民が主権者であるならば、自分がもし国家の立場に立ったらどうするかということを絶えず考えなければならない」「ああしてくれ、こうしてくれ、とばかり言うのは決して主権者ではなく、臣下臣民、家来の立場である」

おっしゃるとおりです。
国民は国家に依存し、国家は国民に依存している
お互いがお互いに「欲しい欲しい」言っている。
国民は政治に関心が無く
政治とは何か理解しない。
政府は国民を馬鹿にし、説明せず勝手に勧める。
信頼関係の崩壊


これが今の日本です。

政治が悪いのは国民の無関心のなれの果てです。

ただ、何故国民が無関心なのか、
そもそも論を考えねばなりません。

元を正せば
私は教育だと思いますよ。
そもそも、教育が、政治、国益を守る事について考える機会を持たせていません。

未だ、憲法九条が日本を守ってくれているなどと
現実離れしている国民が大多数をしめるのも
学校の社会の授業でそう教わったからです。
まじめできれい事が好きな日本人は
頑なにそれを信じています。

そして、政治の基本である
国防、外交、経済のうち、
国防については憲法九条の鶴の一声で終わり
一切考える機会が無い。
それに加え、
自虐史観の教科書
日本はアジアの嫌われ者と印象づけるような内容。
実際は、日本を嫌い、
日本は悪い国だと思っているのは
反日教育の韓国と中国だけです。

事実が定かでない
南京大虐殺や慰安婦問題「侵略」戦争を
堂々と載せる教科書。

日本は悪い国だから武器を持って守ってはいけないと
言わんばかりの教え方

こんな教育では売国思想の人間や
国防を考えること自体を嫌悪する国民が多いのは無理がありません。

それ=政治への嫌悪や無関心に他ならないのでは無いでしょうか?


自由民主党は憲法改正を信条として結党したと聞いています。
憲法改正をしたいなら
自衛権を行使したいなら
まずは、そういう意識が高まるよう
意識改革をするしかありません。


それはやはり、教育だと思います。

憲法九条が必要という人がいても構いません。
米軍いらないという人がいても構いません。
しかし、それなら、有事の際、どう対応するべきなのか
自分なりの「国防観」は持っておくべきだと思います。
それを話し合ったり、
考える機会は教育の一環として作るべきです。

子供が国防意識を持てば
親も共有します。

そうやって国民の意識を徐々に変えていく事が大切だと思います。

国防観が根底にあって、初めて、
確たる外交や経済の政策を打ち出せるのだと思います。

それが国の大枠です。


それが政治であり、
責任ある投票行動につながると考えます。


他国は、大統領選や首相選の時、海外に対して強く出ます。
国防、外交、経済全てに置いて外に向けて強く発信します。
そして、それを国民は評価します。

しかし、日本の政治家はそれをしません。

してもあまり票につながらないのでしょう。
それよりも、国内のお金の問題、
バラマキの方が票が取れるのでしょう。
これでは良いリーダーを戴くことは難しいでしょうね。

せめて、領土問題に強く出ることが票に直結するような、
そんな当たり前の国にしたい。

投稿: mike310mi | 2011年12月14日 (水) 00時35分

お疲れ様です。非常に内容の深い正面からの良い議論になる話かと思います。見る人の何人が考えさせれるのかはわからないですが。私も含め政治に関して素人集団の発言が飛び交中真っ向から会話のできる政治家は数少ないのではないでしょうか。本来は政治家にとってはそれがごく標準レベルでなければ国の発展など望めるはずもなく、ほとんどの現代人は先代の日本人達が発展させてきた文明や様々な法や制度の仕組みをただあぐらをかいて使っているため、自分達の中身がその人達の高みと同等だと錯覚しているにすぎない。実際の自分のレベルの低さを理解する機会がないと偉そうに思いこみだけでものを言う輩もいる。またゼロから始めさせれば理解させられるもののそうもいかない。石破議員の今回の内容にピンともこない人達は多いのではないでしょうか。良くも悪くも石破議員は人気がありカリスマ性が強い存在となっており、変な話人々を扇動したり黒い物も白と思わせることのできる力をお持ちになってます。利用できるもの(人気)は利用してでもこの国を良き方向にもっていき人生最期の日まで戦って(向上して)ほしいものです。応援してます

投稿: 玉川 | 2011年12月14日 (水) 08時03分

磯部様が韓国を嫌う理由は今はおいておきます。
今や中国は人口は10億人を超えた大国です。しかも空母を抱えて日本の尖閣領有権ならず、東南アジア諸国も武力を背景に海域を脅かしています。
私は日本は地球温暖化対策の先駆けとし又1000兆円の国債を抱えています。私は巨大な中国に対抗するには牛刀は使う必要性に疑問視の湧く軍備で平和に暮らし、且つ大国に飲み込まれないように小国同士が手を取り合うのは自然な行いと思いますが磯部様は対中国にどうお考えでしょうか?服従という屈辱的な回答はなしにしてもらいたいものです。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月14日 (水) 11時18分

スマホに何を入れているかが重要でその叡智を自由自在に様々な場面で使いこなす事は二の次ですか。

スマホの叡智を使いこなしていれば日本政府は随分お粗末な社会ではないでしょうか?

投稿: 幸獅慈 | 2011年12月14日 (水) 11時24分

石破先生

「さわらび会」発足おめでとうございます。shine
志貴皇子のこの歌、私も大好きです。heart02

ほとばしる峻鮮な水しぶきsweat01に若い力を感じますねclub

派生歌の
「さわらびの 萌いずる春になりぬれば 
  野辺の霞もたなびきにけり」源実朝

のように そのうち皆がたなびいて政界の
大きな力になることを祈念いたしますup

参院の問責を受けた方々、職責を全うしないでいただきたいですねpout
先生の言われる通り、政治の停滞ですよ。
国会をいくら閉店にしたって世の中は動いているのですから。

韓国と中国が領海でトラブルを起こしていますが、いつ日本が同じような状態になるともかぎりませんwave
いえ、この問題だってこじれれば、日本近海の紛争に発展もしかねません。
外務省はもちろんですが、防衛省が情報を集め臨機応変に対応しなければならないのですが、「防衛問題の素人」の一川大臣に臨機応変ができるでしょうか?
山岡大臣にいたっては、言い方悪いですけど泥棒に金庫番dollarさせてるみたいです。
さらに悪いですが、あの方の政治家としての
素の部分に気分が悪くなります。

かつて三宅雪子議員が国会内で転んだとき
「あの美人でかわいい 雪子ちゃんが・・」
とにやけ顔で自民党議員に文句を言った時には 顔を蹴飛ばしたくなりましたannoy

とにかくこの2人に限らず民主党の人材不足は
極まっています。
政策を議論するというより前に、政策の作り方知ってますか?さらには言葉の意味ご存知ですか?から始めなければならない人たちから選ばれた大臣ですから、政治が停滞するのは もう自明の理でしょう。annoy

先生の率いる自民党が政権を取られて、未来に希望flairの持てる生活が早く戻ってきてほしいです。happy01


投稿: ブナ | 2011年12月14日 (水) 11時49分

石破しげる様

未だに復興庁も実現出来ず、民主党政権は復興する気がないのでは。あまりに政治がだらしなさすぎます。
一川、山岡両大臣は当然辞任、野田総理は任命責任をとるべきだと思います。

関東大震災後の後藤新平のように復興に集中する体制を早く作って下さい。
勉強会「さわらび会」、応援します。日本を再生して下さい。
熱い思いをもった素晴らしい先生方に大いに期待しております。
石破さん頑張って下さい。

投稿: 東京都 主婦 | 2011年12月14日 (水) 19時56分


「経済成長と財政再建の両立」が二律背反的な要素を含んでいる?
意味が分かりません
家計でも企業でも、収入が上がれば余裕が出るのは当然じゃないですか
もし「国は違う」なんてことをいうのであれば、それは国を常識的な会計に照らし合わせなければ国際的な信用どころか国内からも信用されませんよ。

まさか政治家や官僚は本気で「国の会計は家庭や企業と違う」と思ってるんじゃないでしょうね?
バブルが崩壊してからいまだに不景気と言われ続けている中で、増税しか打ち出さないのはそういうことですか?

それと自民党の方が民主党のことを「責任転嫁」と言ってるのを見ると、私はいつも「どのツラ下げて言ってる!」と思ってしまいます。
民主党が言ったことを守らないのにはウンザリしてますが、自民党だって似たようなものですよ。
厚労省が13年度から企業に65歳まで再雇用義務化と言い出したそうですが、これだって結局のところ自分たちが食いつぶして年金払えなくなったから企業や国民に負担を押し付けてるだけですよね?
年金食いつぶした時の与党や厚労省、社保庁は責任とったんですか?
これだって企業や国民に責任を押し付けてるだけじゃないですか。
民主党に責任転嫁と言う前に責任とってください。

もう年末で国民はボーナスが下がった、もらえないって人が増えている中で、国会議員様と国家公務員様はボーナスアップでしたっけ?

ボーナス増額出来る状況ですか?


橋本市長ならどうするんでしょうね

投稿:     | 2011年12月14日 (水) 21時10分

【説明不足が命取りになる】

野田内閣の、藤村官房長官は、韓国にある日本大使館前に、韓国が売春婦の銅像を建立することに抗議をしたと云う。しかし、韓国はその抗議に耳を傾けることもなく、銅像の建立を阻止もせず許可したと報道されています。藤村官房長官は抗議はしているらしいが、その抗議に中身がありません。根拠を示し、その売春婦の主張がでっち上げであることを云わないために、抗議の体裁すらないのが実態です。抗議をするからにはその理由を説明する必要がある。そこを省略して『止めろ』だけを言っても説得力はありません。朝日新聞の植村記者の記事に端を発したでっち上げは、米国下院議会で根拠を示す証拠もないまま旧軍の蛮行と決め付けられ、戦後になって韓国軍や国連軍が同様の行為をやった事実を隠してまで旧軍の蛮行のみを俎上に載せる振る舞いは許されるものではありません。そういうことを例示して抗議するべきであったと思いますが無知なまま、説明もなく抗議をしていただけですね。あの戦場売春婦の問題は、当時は合法的な商売であったという事実を無視しては話になりません。旧陸軍で少尉任官歴が最長の小野田寛郎元少尉も、慰安婦と呼ばず、売春婦と呼んでおられます。軍による強制的な連行は一切なかったと明言しておられます。彼等はそれを商売としてやっていたことであり、その対価は各々兵士や軍属、将校等々の軍人が値切ることなく支払っている。当時にあってはそれが合法的な商売の一つの形態であったと言っておられます。日本はこの件についてなんら疾しいことはしていないとまで断言しておられます。そして、その売春婦は数の上では日本人女性のほうが圧倒的に多かったということも忘れてはならない事実です。そういう事実も藤村長官は知らないようです。
 この件は謝罪の値打ちもないことである。彼等の募集記事が今もネットで見ることが出来ます。そして、朝鮮人はこの商売をシナが王朝であった頃から、当時にあってはシナに出稼ぎまでして商売をやっていたようです。現在にあっては米国に出張して組織的に摘発されている事実も毎年のように報道されています。そういうことから、伝統的にこの商売に精通している老舗国家と言っても過言ではありません。それをネタにして集ろうとしていると云うのが実情ではないですか。終戦後の引き上げ船で彼等が最大の金満家であったという話もあります。日本人兵士は、支払いでもめることがなかったという事実を主張すればいい。藤村官房長官の意味不明な抗議より、朝鮮人の胸に響く言葉になるのではないですか。こういう問題も外交に弱い民主党の姿があります。こういう抗議をしていながら李大統領の訪日に影響がないと言い出す始末です。アホに何を言っても無駄なことですが、当時の事実について無知である両国首脳が、この問題を論じ合うことも出来ない状況にあることだけは理解できますね。朝日新聞の植村記者は、この記事の根拠を示せと多くの人々から糾弾されて逃亡しました。朝日新聞社も、この問題について追跡記事を出していません。捏造で世論を煽るのは戦前から一貫した姿です。彼等の存在は世界の平和の脅威ですね。反日を貫くのであれば証拠を明示して主張すればいい。捏造で国を貶めるのが彼等の常套手段です。捏造を許してはならないですね。

投稿: 旗 | 2011年12月14日 (水) 22時20分

はやぶさ後継機の予算削減が報じられたことに関して、JAXAの川口淳一郎教授が出されたメッセージを読みました。この国の政治の有様に対する絶望感、怒りが伝わってきて、心を揺さぶられました。

 口蹄疫に苦しむ宮崎に多くの人々が心を寄せ苦しみを共有しようとしていた時に、はやぶさの成功がどれほどの希望を与えてくれたことか。官民協力の賜物です。技術者の英知と危機回避の策を施した慎重さが事業を成功に導いたのであり、これこそ昨今の政治には見られないことだと思わずにはいられません。今回の削減は事実上の事業中止です。

 私は、日本の強みを生かし弱みをカバーする国家戦略と、そのための短・中・長期の目標を設定し得るのは、野党になった自民党だけだと、この2年間期待し続けてきました。石破さんの「さわらび会」発足は朗報ですが、賛否入り乱れて最良の合意を得る会であってほしいと思います。党内議論を活性化させ、成果が無ければどうか次へ進んでください。

 TPPに関してですが、賛成か反対かを自民党が明らかにすることに何の意味があるのでしょうか。国会で承認を与えるラインをどう設定するのか、最低限守らなければならないものは何かを明確にして、交渉に臨む政府に突き付けるべきではありませんか。支持率とかマスコミとか、信頼できないものに惑わされないで、凛とした姿勢を見せていただきたいと思います。

投稿: 専業主婦Y | 2011年12月14日 (水) 23時55分

石破先生
お疲れ様です!

韓国の悪行には怒り心頭でもうマジで我慢の限界です!
他国の文化を盗み、嘘の歴史で起源説を主張し、慰安婦=売春婦が被害者面で金を集る詐欺民族!契約に基づいたれっきとした売春婦!韓国が主張している事は全くの出鱈目だと、何故日本の政府や政治家はもっともっと強く抗議をしないのですか?あまりの甘さに苛立ちがおさまりません!
岡崎トミ子は、さぞかし喜んでいることでしょうね。あからさまに反日活動をしている議員を処罰できないような国だから朝鮮人が付け上がるんですよ。
民主党と朝鮮人は同じ穴のムジナ。売国政権から早く自民党政権に戻ってほしいと心の底から思います。

投稿: こころ | 2011年12月15日 (木) 02時35分

幸獅慈さん
なかなか面白い発言ですが私の書き込みを見てシナ人だと思われたなら日本語の勉強をし直した方が良い。
私は人種差別には大反対だが反日国でありメリットのない国と付き合うのは危険だと、国民の大半が思っている当たり前の事を言ったまで。

つい先日も韓国の日本大使館前に慰安婦の像をわざわざ見せ付けるように建立し、反日感情を煽りましたね?
こんな国と付き合う必要などない。
私がこの結論に達するまで様々なBBSや民団の掲示板などで情報を集め「本当に批判は正しいのか?」と検証しました。
しかし!どの角度から見ても擁護する材料がないのが現実です。

国家間で見れば明らかに中国やロシアの方が歩み寄りを見せており、韓国は一度として日本側に配慮した事例がない。
(もしあるなら提示してみて下さい)
貴方の様に日本の国会議員のサイトでわざわざ売国政策を書き込んだりしているのと一緒にしないで頂きたい。

韓国政府はアジア危機の時の借款も未だ一円も返還しておりません。あの時IMFに資金を拠出して韓国を救ったのはほぼ全額日本の支援ですが、韓国政府は感謝の意さえ唱えておらず、韓国国民は知りもしない。
こんな国がまともな国ですか?

日本人である私は当然世界の平和を願っているし、飢餓で苦しむアフリカなどへの支援は大いにすべきだと思っている。
しかし日本から数十年に渡り支援を受けていて経済発展を遂げておきながら、成長した結果を「奇跡」だと称して決して日本の支援だと国民に伝えないどころか、国民に
洗脳教育を施して反日精神を植え付ける様な国と付き合ってメリットなどどこにあると言うのです?

もし立場が逆であったならば20世紀中に戦争になっていたでしょうね。戦後保証など
とっくの昔に終わっているのに、戦後70年を経て未だ『謝罪しろ』『金払え』などと
言っている国が世界のどこにありますか?
中国は「謝れ」とは言っても金を出せとは言いませんし、ロシアは最初から謝罪など求めてもいない。戦争とはそういうものだと理解しているからです。

韓国は日本が植民地支配した、と言うが
根本的に「植民地支配」とはどういうものか勉強し直して来なさい、と私なら言ってやります。
日本の併合が植民地化だと言うなら、欧米諸国のは人間扱いさえしていません。
屠殺場の牛とでも言うべきでしょうね。
その位違いがあります。

まして戦争に参加もしていない朝鮮人が戦後「戦勝国」を名乗り日本国内で暴れまわった過去、そして現在も凶悪犯罪の温床となっている在日朝鮮人が憎まれるのは当たり前の話です。

言っておくがこれは私個人の意見ではない。
歴史や文化を冒涜し続ける韓国人は世界中で
嫌悪されている。
歴史を良く知る人ならば北よりも南の方が
日本にとって害悪だと理解しています。
行動を改めねば韓国に未来はないと思いますよ。

投稿: 磯部 | 2011年12月15日 (木) 13時53分

石破 茂さま、こんにちは。

「さわらび会」いい名称ですね。待っていました!
それぞれが持ち得る限りの優れた知見を出し、議論し、真実をみつけるのだ、と。
そして、憲法、外交、安全保障その他諸々の課題はパッケージで考えるのだ、と。
誰もがその必要性を感じながら、手を出せずにいた「思いを共有する仲間」の会ではないかと期待をし、応援し、気持ちを託したいと思います。

石破さんはTV,雑誌、そしてブログで「誰が」ではなくて「何をやるか」だといつも仰っています。綱領の具現化を挙げられてことですし、今となっては「誰が」ということがより大切になってきてはいませんか。やはり、「誰が」ですよおー。
政治は誰かがやってくれるもの、という潜在的な意識を今も持ち続けている人は決して少なくないと感じています。私も昨年の今頃まではそんなもんでした。
でも、石破さんのブログを拝見するようになってから、恥ずかしい自分に気付きました。ものを考えるという自覚が欠如していたのです。一人ひとりが考えることを面倒くさがらずにすることから始めなければ、と教えていただきました。
「さわらび会」が熟成され、よき参謀役が育っていくことを願っています。

体調管理は怠りないように!

投稿: sirousagi | 2011年12月15日 (木) 13時55分

先生、韓国人から献金もらって民団や総連の言いなりの政党では、日本の国益は守られません!大事なことを国民に一切説明もなく、海外で勝手に公約するなんて、異常です!報道規制や言論弾圧も著しく、こんな極左の恐怖政治をする政党は絶対に許せません!!散々、竹島で嫌がらせをする反日の韓国の経済危機には5兆3700億円もの大金をふたつ返事で上納するくせに、国民には増税。ろくな避難指示も出せず、大事な情報を隠して、多くの国民を被爆させたくせに、罪の意識も全くない!復興予算は何ヶ月もかかって被災者を放置したくせに、朝鮮図書の返還や通過スワップの拡大には速攻でしたよね。でも、もうこれ以上、売国を許すわけにはいかない!こんな「震災を祝う」と言った反日国に石油備蓄基地を造るなんてとんでもない!民主は、日本を売る気ですか!国民は絶対に反対します!韓国に移転した日本企業は、移った途端、すぐに電気代を6.6%も値上げさせられました。本当に詐欺国家です!それに、民主党になってからの在日や韓国の暴れぶりは本当にひどい!!フランスやベルギーのジャパンエキスポでは、大量の韓国人が乗り込んできて、日本製品をどかし、韓国製品を並べて、韓国の音楽をガンガンかけ、悪質な妨害をしているそうです!現地の人々からも苦情続出です!本当にキチガイ国家ですね、この国は!日本も慰安婦問題に「解決済み」というだけではなく、「日本は莫大な資産の放棄と支援金と称した補償金を支払い、韓国政府は慰安婦や北朝鮮の分まで受け取ったのに、ビタ一文、慰安婦には支払わなかったのだから、慰安婦は韓国政府に請求し、韓国政府からもらうべきだ!」と言うべきです!また、朝鮮進駐軍による日本人への暴行・虐殺による被害者が4000人以上いること、竹島で韓国に殺された罪もない漁民が44人もいること、これらに対する謝罪と賠償を日本は訴えるべきです!!
また、今、真実を隠された国民が一番心配しているのは、日本人の住民情報や顧客情報が韓国に筒抜けになる危険性があるということです。ある企業がデータセンターを韓国に移転させ、何故か、日本企業が管理せず、反日で有名な韓国の企業に任せるというのだから異常です!株式が日本より韓国企業の方が上回っているのだから、日本人の情報が韓国に言いように利用されてしまいます。この企業は先日も1000万件の情報流出をさせた会社で、情報流出では常習です。おまけに、「竹島」CMや「世界から日本海を抹殺する」という反日のCMを流しています。こんな危ない会社に大事な顧客情報を任せるなんて、信用できない!そのような不信な危ない企業に、厚労省は何故、管理ネットワークシステムを入札させたのですか?民主党になってから、前総理と同じく親密の関係のようなので、すごく心配です!今度のプラチナバンドの割り当ても政治力を使って、この危なくて信用できない企業になるのではないかとの情報が飛び交っています!本当に心配です!先生、日本人の大事な情報が売られないためにも、絶対に阻止して下さい!!もう、国民は我慢がならない!韓国の言いなりで、TPPも何も言えず、無能な野田では日本が売られるだけです!先生、朝鮮民主党では本当に売国すぎて、頼りにならない!国民は民主党にはもう一切信用してません。どうか、先生、有志を集めて、日本を救って下さい!!

投稿: ワダ | 2011年12月15日 (木) 19時03分

私は、このどじょう内閣は、社会保障と税制の一体改革で国民の信を問う覚悟をもって、臨んでいると見ています。震災復興関連予算は終ったのですから、今後は24年度予算とその財源となる消費税が焦点となります。どじょうが泥沼に潜って、顔を出したら、自民党も消費税10%だから、民主党と同じではないの・・と言われては、自民党のバカさが証明されることになります。民主党のマニュフェストが破綻しており、国民との約束が破られているのですから、信を問わねばなりません。ただ悲しいことに自民党も小泉劇場で同じことをしているので、非難はできません。それだけに、石破先生の国づくりビジョンで3月解散に追い込んで欲しいのです。選挙が無い限り日本の再生はありません。頑張ってください。三朝町から応援しています。合掌。

投稿: 山本邦彦(法名 邦道) | 2011年12月15日 (木) 20時24分

幸獅慈さんへ
私が韓国を嫌う理由はまだ反映されてませんが書きましたので対中国だけ述べておきます。
現段階では在日米軍がある限りは直接侵攻は考え難い。台湾を併合した後に東シナ海からディーゼル潜水艦と巡洋艦とミサイル艦による侵攻は充分考えられる。が、空母と原潜を保持している以上、1番メインルートは南シナ海に基地を作り、水深充分の太平洋側からの侵攻でアメリカを牽制することが当面の目的になると考えられます。

中国はアメリカを叩くのではなく、アジアの支配圏から追い出す事を目的としているはず。従ってグアムまで撤退させた上で、
アジア支配圏を確固たるものにしたならば
軍事侵攻は最終段階だろうと思う。
戦争は攻める側は3倍の戦力があってやっと五分だと言う。いかに中国が軍事強化してアメリカが衰退したとしても3倍の戦力を持つなど不可能だろう。従って中国が描いているのは北はロシア南はオーストラリアまでの平定だと思う。

となれば中国を包囲するには台湾の軍事侵攻を食い止める事と、ベトナムら南シナ海に面する国とインドとの連携で中国を包囲する条約締結が必須だと思う。
あるいは日本が核を配備して牽制するか、だ。既にインドは中国に向けて核をセットしているし、東から日本と挟み撃ちにすれば中国も何も出来ないだろう。

いずれのケースを想定しても核配備は必須であり石破さんの言う抑止効果だけで抑えられる状況ではない事は間違いない。
そうでなければ米軍が出て行かないことを祈るだけだが、時間の問題で撤退するだろうな・・・

投稿: 磯部 | 2011年12月15日 (木) 20時24分

今日、藤村官房長官を訪ね、従軍慰安婦像建立につき日韓首脳会談で取り上げるべきことを伝えられたことを知りました。この問題を両国間の政治的問題として、きちんと対処すべきことを正しい形で取り上げられたことに敬意を表します。韓国の政治的姿勢を外交という国家間の問題として正しく取り扱うかどうかを見る重要な局面だと思います。一時の感情に走り徒に騒ぐだけでは解決は遠いと思います。それを首脳会談で取り上げることが野田首相の国民に対する責務です。今まで野田首相が「大人の姿勢」を言い訳にしていますが、何の解決にもなっていません。是非とも国益を見据えて正しく対処して欲しいと思います。        

投稿: 佐藤昭 | 2011年12月15日 (木) 20時32分

こんにちは。
まずはさわらび会の結成、おめでとうございます。
現在の自民党の知的怠惰は情けなさを通り越しています。石破さんがおっしゃるようにそれぞれの課題はワン・パッケージで捉えられるべきであるにもかかわらず、それが出来てないがゆえにTPPのような問題に「賛成とも反対とも言えない自民党」がずっと続いているわけです。この状況を打破するさわらび会であってほしいですね。
あと、一見上記の意見と矛盾するようですが、天下国家を広い視野で論じる、という耳当たりの良い言葉でごまかした空論を語る集団にはならないで下さいね。現在の国の課題は、税や財政や社会保障やエネルギーやTPPの問題であって、石破さんがお好きそうな憲法改正問題なんかはどうでもいいです(笑)。どうでもいい、というと語弊があるならば、優先順位は大変低い。もっと言うと、そんな論議をしてる場合じゃないです。石破さん的には、巡り合わせが運が悪くて残念だとは思いますが。

リアルポリティカーが揃う勉強会でありますように。

投稿: 現実的 | 2011年12月15日 (木) 21時28分

磯部様は12月14日の発言でデモに参加し若者の考えを伺うような発言をされています。

一方で辛獅子呼ばわりし私には政治参加権が無いと言われました。私が百歩譲って成人した日本人では無いとしましょう。しかしながらデモにわざわざ参加する程のしかも若者の考えを伺う程の人物が日本の中等教育で習うレベルの参政権という言葉が自然と出てこないものでしょうか?私は大検から大学へ行きましたが参政権など知らねば大検は受からないと思います。また日本の憲法9条など中学生以下でも予備知識として社会・公民(科目名が変わっていたらすいません)習う事はありますが一応憲法などは大学で初めて受講しました。

私が中国人のスパイでないかと質問をした所それは巧妙に相手せず、またやはり私に対しては在日であろうがなかろうがその事に対する非礼には関心をおかず、デモを率先しかなりのデータ提供をしておられますが何故かは私には聞いた事の無い政治参加権という言葉を使われる。また明日には分かるでしょうが今まで磯部様の考えでどのように中国に領海侵犯をさせず東アジア・東南アジアで一つの脅威の空母に対して具体的に韓国人といがみ合っていれば中国は労する事なく北朝鮮へ人道支援を名目に接収し国土僅かでも大きくし力をつけるかもしれない。

明白で納得いく回答が一般的な日本人に得られなければ幾ら日本籍でも磯部様は中国に身を捧げた反逆者だ。私は一般的な日本人とつけましたので…まぁ少しずつあぶり出してさしあげよう。

投稿: 幸獅慈の追求 | 2011年12月15日 (木) 21時40分

石破先生、お疲れ様です。何かとフラストレーションを溜まらせてくれる民主党政権、何か一つでもスキッとさせてくれる政策の結果を見ないまま国民は不満、不安、不信、不公正を募らせるのみ。ドジョウは殺気を感じれば泥の中に潜り、やり過ごしに終始する。先生には安来節じゃないですがドジョウ掬いをお願いします。泥沼の日本を再生して下さい。もう待ったなしです!

投稿: 畠山敏三 | 2011年12月15日 (木) 21時48分

種子島に火縄銃が伝わった当時は戦乱の世の中で狩猟用の道具が武器として日本では浸透していきました。

大戦も冷戦も終わり、二心なくば東アジア・東南アジアに核兵器を所有している可能性があるのは中国・北朝鮮・沖縄の米軍基地に隠し持たれているかもしれませんが(笑)日本・韓国・東南アジアは核兵器は保有しておりません。

つまりは幾ら国力がついたからといってわざわざ他国の中古空母を利用目的を偽り購入し建造し、周辺諸国にいらない緊張を走らせる必要は全くない上にわざわざ日本がこの財政難の中、10兆円も捻出し中国に合わせて武器を持てば、それは益々中国に空母を使用させる自国を守る為などという名目を与える必要性などないのです。

それを全面に主張するのは外交努力を怠り、国民に無用な増税を行う中国の為にあつらった人物でしかありません。

投稿: 幸獅慈の中国の空母について | 2011年12月15日 (木) 22時11分

つーか政治家は結局税金ばかり吸い取る。お前もそうだろ?まじ考えない。後国会中継見てて、寝てるやつに税金払ってたり、谷亮子の化粧品のお金月五万ってなんだよ。それに定年過ぎていつまでじいさんおるんや。まじ最低な政治家の集まりの日本。最低最悪

投稿: はじめ | 2011年12月15日 (木) 22時18分

石破さん
日経【石原氏、来秋の総裁選に意欲 「谷垣氏不出馬なら」】
こういう姿勢はサラリーマン根性丸出しだと思います、組織の決定に従うだけです。ボスの仰せのままに動きますと。其処には、「自分」が、社会システムの破綻や経済の衰退など現実の危機から、国家と国民を救済するという剛い理念がない。国家経営のトップに立つ者が備えるべき「燃えるような志と覚悟と熱さ」がない。

仮に、来年解散総選挙があっても、今の政党枠組みに変更がなく、「善き政界再編」も「政界の世代交代」も起こらず、更に悪いことに時の自民党総裁が谷垣さんや石原某では、残念ながら此の国は終わりますね。
国民が再び「駄目さ競争の選挙」を強いられる程度のことは、瑣末なことに過ぎない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月16日 (金) 02時32分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111215/k10014664951000.html


野党の仕事は、ひたすら与党の批判をし、邪魔をする事もその一つですが、今ある領土問題や歴史認識は、自民党時代の禍根ですよね。

自民党はいつの間に過去の総括をして、党内浄化をし、自分達が棚上げした問題に対して、民主党を批判できるようになったんですか?
自民党が野党に下野して、いわゆる右派の人達が、ネット世論に迎合し、すり寄る姿は、見ていて反吐がでます。


12月8日に、22歳の青年が、石川県の護国神社で自決された事は、ご存知ですよね。

自民党の悪政による犠牲者が、一人出てしまったという事ですよ。

占領憲法に絶望を抱いた、若干22歳の青年が、他を巻き込む事もなく、日本国憲法無効を訴えて、この寒い冬の最中、腹と喉を斬り、一人亡くなったのです。


自民党の結党の理念は、憲法改正だったはずと知っています。

政権与党にありながら、何十年間もその事に手をつけず、利権をむさぼり、アメリカに尻尾を振って、改憲に対して見て見ぬふりをして、ひたすら売国一途の政治をしてきた結果が、12月8日の無念の事件を生んだのです。

石破先生を始め、自民党の皆さん方、自分達の悪政に責任がとれますか?

自決された青年に対して責任がとれますか?

今後、第2・第3の犠牲者がでないとも限りません。その時はどう責任をとるつもりですか?


西田昌司先生の働きかけで、ようやく憲法審査会が、機能し始めたようですが、一部単なるガス抜きでやってるような方もいますよね。

自民党がこの事に、命懸けで取り組まない以上は、党としての価値は全くありませんね。それこそ、アメリカを向いているか、朝鮮を向いているかの違いだけで、自民党も民主党も同じ穴の狢です。

この度のような青年は、もう出してはいけません。今後、党として、占領憲法無効を訴えて、改憲に力を注いで下さい。
それとも、改憲などは、票に結びつかないので、無視しますか?

期待しています。一部 言葉が乱れた事はお詫びします。


◆占領憲法に体当たりした自決・・・清水澄博士の碑の前で・・・
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=yoshimizushrine&id=61605415

投稿: 占領憲法無効論者 | 2011年12月16日 (金) 02時45分

こんにちわ
維新の会の今井豊のテポドン発言、、「早速かよ」って、がっかりでしたねw
本当に緊張感のない政治家が多すぎます。
大阪市民も府民も橋下改革でこれから大変な時です。
維新のメンバーが選挙の余韻に浸って、いつまでも調子乗ってる場合じゃないだろとw

橋下さん以外、私は良く知らないので、維新と言うより、橋下さんの改革に期待しているわけですが、それを実行するにあたって、早速こんな失言で調子に乗っていると、改革実現どころが、国民がうんざりしている民主党や既存政党と「同じじゃないか」と思う日も近いような気もします。

橋下さんには、過去の全ての既存政党の政治家に出来なかった、朝鮮学校とテロリストの金北朝鮮総連との、国民の税金が投入されている補助金などの闇のお金の流れを、府でしっかり調査して頂けるかも?と、期待もしていたのですが、そこまでの男では無かったようですね。
今までも誰もやってこなかったのですから、がっかりですが、しかたありません。

知らないまま府知事に投票はしましたが、もしかしたら過去の政治家達と大して変わらない、殆ど保身だけの事無かれ主義者かもしれませんが、まだ始まったばかりだし、様々な勢力が邪魔しているのかも知れないと、多くの事を望むには、今井豊氏のようなお軽い民主党議員のような政治家も多そうで、選挙に勝つために「何でもかんでも」の政治家が維新に何人いるのかわからない状況では、今のところ見守るしかありません。

朝鮮学校の写真を外すとかなど、嘘ばかりの朝鮮学校教員関連で、補助金貰ったら、すぐ元に戻せる表面的な事など、何の意味があるのか私にはわかりません。

数十年も放っておかれた拉致被害者の人生や命を本気で考えて下さり、その解決のために、国内でも出来る調査を速やかに実行させる政治家は、日本にいるのでしょうか?

今更の話で哀しいばかりですが、朝鮮学校への補助金などが、金北朝鮮テロリスト達に渡っているかどうかくらい厳しく調査し、もしそうであるなら、朝鮮学校に一切の税金を入れるべきではないと思います。
その日本国民の税金は、罪も無い貧しい北朝鮮人民達を苦しめ餓死させ、核兵器やミサイル開発や一部の金テロリスト万歳人民達の懐に入っているのではないでしょうか?
過去から現在に至るまで、様々な日本の支援金が結局、金北朝鮮テロリスト達の長期政権を支え、多くの拉致被害者をうみだし、今もなお多くの人民を苦しめ餓死させ、そして殺しています。

過去の政治家達も、形ばかりで何もしようとしない今の政治家達も大いに反省すべきです。

自民党では、衆院選に向けて、山崎拓金北朝鮮テロリスト万歳元議員を推薦するかどうか迷ってるって本当ですか?
衛藤征士郎70歳の金北朝鮮テロリストとの国交正常化を推進する本家本元の左派のご老体ではないですかwww
「迷う」意味がわからないですww
同連盟の石原幹事長もご推薦なのでしょうか?
いくら尖閣に自衛隊常駐などと言っても、こんな似非保守政治家達がいる以上、長期政権で今までやってこなかった事を、今更本気でやる覚悟はあるのかと疑っていますw

石原幹事長は、何がしたいのでしょうか?
領土を守る為に、尖閣に自衛隊を常駐させると勇ましい事を言いながら、一方では、主権を侵した金北朝鮮テロリスト達と仲良く国交正常化を目指す議員であるという・・・私には非常に判りにくいです。
石原幹事長に対して、数年前まで「都知事は嫌いだけど息子はよろしいね♪」って思ってたのですが、今は全く逆になってしまいましたww
こんなクソな金北朝鮮テロリストと仲良く国交正常化したい連盟の議員なんて、「何がやりたいねんw日本どうするつもりやねんw」と、はっきり言ってすっごいショックでしたw

自分は何がやりたいのか、どういう政治家なのか、はっきり国民に知らせて頂きたいです。

領土を守るという事は、「日本国家国民の命、財産、主権」を守るという民主主義の基本姿勢があるのであり、それには主権を侵された日本人拉致問題も、防衛も、セットで考えるべき問題ではないでしょうか。

国政を司る政治家達がはっきりしっかりしないから、地方知事達も金北朝鮮テロリスト達と中途半端な事無かれ対応をするのではないでしょうか。

「先生、何とかしてください。」としか、本当にもう呆れて言えない事ばかりですww

投稿: 大阪の女性 | 2011年12月16日 (金) 03時08分

代表選は分裂を避けるためにバランスのとれた人が選ばれると良いですね。

投稿: (^-^) | 2011年12月16日 (金) 04時30分

【我が国領海内で違法操業を繰り返す韓国漁船がある】

黄海で、シナ漁船と韓国が喧嘩状態にあって、産経は韓国と連携を取ってシナに立ち向かえ等と寝惚けたことを言っているようですが、韓国漁船が、我が国領海内で何度も仕掛けた網が発見され違法操業を繰り返し甚大な被害を我が国漁民に与え続けている状況があり、これが改まったことがない。そのような状況に目を瞑るような主張をする産経はフジテレビの系列にあると正しく白状しているようなもんである。韓国は友好国ではない。友好国とは言えない連中と連携を結ぶのはキチガイのすることである。我が国は韓国漁船を領海から排除し、シナ漁船を領海から排除することが正しい。二正面の争いになるがこれは我が国の主張を通すためにはやむをえない選択である。シナと韓国はその民度が極めて低い。法の順守を言っても改まらないのは、シナと韓国の政府に原因がある。彼はいつも反日である。学校教育の場から反日教育をやっているので何を言っても改めない。国策で反日なのだと云うことだ。我が国にある日韓友好議連とか日中友好議連はなんの役にも立たない無駄な組織である。巨大掲示板などで極東アジアの三馬鹿国家と言われ続けているのはシナ・韓国・北朝鮮である。彼等との友好はないと思って付き合うことだ。馬鹿に何を言っても改善しない。距離を置いて付き合うことだ。その覚悟があったのは江戸時代までであるが、その意味をもう一度見直しすればよい。反日教育を続ける国とどういう友好が出来るのか? 外交能力がないと言われて久しいのは周辺国家に何も言えない姿があるからだ。反日教育を続けてなおODA予算を汲み金を援助するあほと、彼等は思っているだろう。国民を拉致されても反撃も出来ない馬鹿と彼等は思っていることだろう。マスゴミがシナや朝鮮人に支配されても排除も出来ない馬鹿と思われていることだと思います。極東の三馬鹿国家と付き合うためには、戦略を練って臨むべきである。彼等のウソを暴いていくことも必要になってきます。スパイ活動やネット犯罪を許してきた政府の姿勢を変えていかないと国民の怒りは彼等に向かうことになりますね。反日マスゴミと電通に対する怒りは既に起きています。覚醒した国民が増えていけば普通の国になると思いますが、怒りを抑えられなくなるほどに高まれば、新たな心配も出てくる恐れもあります。在日の特別永住許可の廃止を含めた政策転換も、これから考えなくてはならないと思います。異文化との共存は不可能です。彼等は我が国の皇室と縁のない連中です。皇室を敬うこともないでしょう。それだけで共存共栄が不可能だと解りそうなもんですがキチガイマスゴミと民主党は寝惚けたことを言っています。欧州でさえ異文化との共生は不可能だと悟り、移民政策の失敗を認めています。日本は日本人のものです。日章旗を誰に遠慮することなく振り回すことが出来る場所は、ここしかありません。その意味を考え、確認し、そして、この国を守っていくのは日本人の務めです。周辺の馬鹿国家との付き合い方も考えていく必要はありますね。

投稿: 旗 | 2011年12月16日 (金) 10時33分

石破さん
日経【社説:成長への目配りを忘れるな‥野田首相は現在の新成長戦略を練り直した「日本再生戦略」を纏めると公約した】
日経の論旨が的を外し鈍っていることは横に置いて‥、
野田某のこの公約には、小学生の頃に「やるぞ!」といって勉強の計画を作っては反故にした繰り返しを思い出す。戦略や計画は実行することにこそ意味があるのであって、机上の戦略には何の意味もない。この野田某に限らず民主党の歴代宰相共のやることは、真に「児戯」に過ぎまい。

私見では、昨年経産省の「戦略五分野の八ヶ岳構造」を含めた経済成長戦略という立派なものが既にある。仮に、此れより立派な戦略が出来上がるとしても、此の間何ら行動を起こさないならば、そのこと自体が真に大きな間違いであって、真に「児戯」に過ぎまい。机上の作業にはカネも掛からないし自らに火の子が降り掛かるリスクもない。行動し成果を求めるには、カネも掛かるし大きな政治的経済的なリスクも背負うことになる。
そのリスクを恐れて机上論に終始したいのなら、政権与党のトップの座を自ら降りるべきなのだと。国家と国民には致命的に大きな迷惑だと。

平時には小田原評定や踊る会議も大きな無駄というだけで国家の危機を深めることは無いとも言える。然し、現在日本が置かれている内憂外患の一大危機時には、机上の完璧を求めるのではなく仮令70点の出来栄えであっても、兎に角行動に移し一歩を踏み出すことだと。計画の完成度を挙げることも、成果を求めて走りながら考え改善することが肝心だと思います。無責任な批判はあっても、「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」のですから。
まあ、物事には「天の時<地の利<人の和」(孟子)が常に働きますので準備も不可欠ですが、僭越ながら石破さんの 「さわらび会」にも上記は当て嵌まる部分があると。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月16日 (金) 12時50分

今の国会議員たちで、日本は良くなったか?

与党野党内紛だけダラダラつづけてるだけで何にも進めずに今年を終える。
韓国に経済保証を与えただけで日本国内には何の保証もしない。

石原都知事が震災を「テンバツ」と言ったが、日本政治体たらくに対してのテンバツなら今の政治家では再度天災がきてしまう。

結果や言動に責任を持たない政治家は最低三年選挙にでられないようにしなくては、鳩山のような人が再選してしまう。北海道の人は本当に鳩山を政治家として適した人間だと再選させているのか?次再選したら沖縄の北海道を見る眼は確実に悪くなる。
選ぶ基準を本来に戻しませんか?
地元出身だから大企業や政治家の息子だから(権力やお金を持っている)→この人は国民のために働いてくれる人物だろうか?
また鳩山が議員になったら日本の政治(北海道民の政治家観?)にテンバツを


投稿: KK | 2011年12月16日 (金) 13時45分

問責を受けた人が国会議員を続け、議員報酬をもらい続けるのはいかがなものか?

総理が適材適所の人事をしたが、政治家資質がないとして問責が可決されたのだから大臣どころか国会議員職をも辞めさせるべき。
このくらいしないと国会議員の資質や発言内容の質が下がり続けてしまう。
少々の言葉づかいでの問責はあるはずがなく、施策や重要発言、資質での問責であるなら可決されたら潔く去るべき。国会議員から能力なしとノーを突きつけられたのだから。
民主党は次期選挙で一川、山岡の二人を民主党として立たせるのか?
自民党も間違っても杉○たいぞうを擁立しないように!

投稿: KK | 2011年12月16日 (金) 14時12分

石破さん  ≪物事の順序など≫ 長駄文、ご容赦下さい。
引用【「経済成長と財政再建の両立」‥この二つの課題は二律背反的な要素を含んでいます。すなわち経済が成長すれば金利が上がり、‥財政再建が困難になる‥。これを両立させるための方策とタイミングが重要です。】

この前段部分だけを捉えて厳しい異論が提起されていますが、まあ、実践的な此の場に教科書的な論旨を持ち出せば、経済を知っている向きからは異論が出るのは止むを得ないことだと思います。

私が嘗て新規市場の創出を含む新事業の立ち上げに取り組んだ際の心覚えの一つが、「税金の心配は実際に儲かってからで良い。今は、事業を立ち上げ設けることに専念するんだ!」でした。物事の順序でしょうか。
机上の理屈や学者の論とは違い、経済も「あるべき政治」も同様に「生き物」なのであって、将来の展開を「知識」として蓄えることは重要なことですが、知識を超えて予め先の先まで「心配」して行動を起こさない、起こすタイミングが遅れる、スピードが遅くなることは、「角を矯めて、牛を殺す」の仕儀に似ると。同様の間違いが「日銀の量的緩和や国債引き受けは、将来ハイパーインフレを惹き起す」も喧伝されている。学者ではない日銀が此の台詞を吐くに至っては、真に国家の不都合だと。
「生き物」である経済は千変万化するのであって、予定通りの手筈と順序で進むことは断じてない。経営とは「予想外の連続」に如何に適時適切に対処するか?を要諦としている。
過剰な消極論や悲観論は臆病に通じる。時に卑怯にも通じる。所詮は「悲観は情緒、楽観は意志(仏アラン)」であって、教科書の臆病な知識で武装するのではなく、21世紀は意思を以って楽観論に果敢に挑戦する時代だと。

今の日本経済の根因は十数年続く深刻なデフレにこそあり、デフレ脱却が最優先課題だと。
其の為には、経済成長戦略を実行すること、
その為には、日本経済と産業の構造改革が不可欠だと、
その為には、経済的成熟国たる日本は、デフレの主因でもある20世紀的なCommodity経済を脱却して、早急に高付加価値のProduct経済に移行することが不可欠だと、
その為には、微温湯に浸かっている特に大企業経営者達にProduct市場の創設を含めた新規商品投資に果敢に挑戦させることが不可欠だと、
その為には、元に戻って、経済成長戦略の「推進行動」が不可欠だと。
以上の過程を経て、漸く戦略と政策が「ワンパッケージ」となり輪が繋がって、好循環が生まれる。金利の上昇やハイパーインフレや税金の心配は、この好循環が起動してからやっても決して遅くはない。

以下は予ての持論の繰り返しですが‥、21世紀は、「走りながら考える時代」だと、また、同時にワンパッケージで「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」とする強い覚悟も不可欠だと確信しています。

重ね重ねの僭越な申しよう、意のある処をご賢察戴きまして、ご笑納戴ければ真に幸いです。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2011年12月16日 (金) 14時14分

日韓首脳会談でも韓国日本大使館前の少女像についての抗議、本当にお願いします。
私達日本人はなぜここまであの国の行動に黙っていなくてはならないのでしょうか。これからも応援しています!!日本の為に頑張って下さい!

投稿: meiko | 2011年12月16日 (金) 17時08分

幸獅慈さんへ
参加権と言ったのは貴方には理解出来なかったのかも知れないが、「参政権」と区別をする意味なんだがね。「参政権」には地方と国政参加権がある。ただ日本の法律は基本的に限定的解釈がなされているので広義で捉えると、例えば党員になる事は違憲ではない、とかボランティアならば政党支援してもよい、とかと言った
民主党がやっているようなダークゾーンが出来るわけです。

私が言う「参加権」とはこれらも全てひっくるめて「政治は国民のものだ」と言っているわけです。
他国人が口を挟むことは一切許さない。
当たり前の事です。韓国の政治に日本人国籍のものが参加出来ますか?

ついでに言えば「磯部」と言う姓は日本古来の名前で在日がこれを名乗ってる例は一度も聞いた事もありません。
在日が付ける名前は大抵一定の法則があります。まあ詳しく書くと長くなるので検索して調べて下さい。

投稿: 磯部 | 2011年12月16日 (金) 17時10分

2月15日記載に二文ありましたので先ずは後述から反論させて頂きます。

中国とアメリカの地理的関係に日本海を挟み朝鮮半島と日本(大きな島)また南側はより小さな島国があります。

中国が経済的に力をつけアメリカと戦争を起こすと仮にしましょう。また沖縄にあるかサイパンまで引っ込むか調整が図られていますが本土とは遠く離れた場所にアメリカ最大の基地があります。
日本とアメリカが同盟関係ではありますがもしも米中で戦争が起こり、日本本土より核兵器を撃つ事が予測されるならば中国は牛刀を持ってこれを先んじて攻撃を仕掛けて当然です。勿論核兵器やミサイルを民間人が防ぐ術はありません。しかしながら日本が領海の防備だけならば何も牛刀を使う事はなく、力戦隊により日本を占領をしアメリカが負けてしまうと中国にとっては無傷に近ければそれ程植民地支配をしたがるでしょう。

どちらも日本にとってはよくは無いシナリオですが植民地支配(無傷に近い形で占領された方が)日本人は多く生き残る可能性が高いし、現状は消費税を上げる議論をしている位なので防衛費を削減する事が有益であり核兵器を新たに作る費用の方がもったいないです。
また中国も分かってはいると思いますがアメリカ本土とは8000キロ以上離れていて本土制圧より、東南アジアやインド・イラク・ロシアなど後顧の憂いを断たねばなりません。一方としてアメリカは中国の真裏に位置するヨーロッパ諸国の味方を取り付ける事は容易い状況下であり、長期戦になれば中国は西側のイラクなどがイギリス軍に歯が立たずまた、南よりオーストラリア軍と如何に13億人人口がいても決断すればとても自国がただでは済まない戦いへと発展し、日本や朝鮮半島を攻略したところで再建し軍事基地にするのにも時間がかかり、そのような国家の存亡を賭ける戦いをしてまでアメリカと争うとは思えません。

よって日本は真っ先にミサイルが撃たれ滅びる可能性と中国が反撃に合い滅びる可能性もほぼイコールといって良いと思えます。

わかりきった大戦ならば日本は別に挑発行動する事もないし、増税し軍事費を作る位ならば、軍事費は減らし、国債や減税に充ててしかるべきだと思います。

ただスエズ運河周辺の誤りを犯した海賊を取り締まる予算は残しても良いとは思います。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月17日 (土) 03時11分

さて今度は対韓国との問題ですね。

確かにに韓国とは日本は最もいさかいが多くて当然でしょう。何せ近隣国の中でも最も近い位置に接しており中国が皇帝制度だった時代より共に洛陽まで使者を送り、記録的にも中国の方の歴史を見て邪馬台国の位置を考える、また朝鮮半島も対中国と対倭に考えをめぐらさねばならず、攻めるに容易く、守るに難しい地理なので外交も苦労するでしょうし、今回の一件も相互間にとって望ましくないと分かれば撤去は早期に行われるでしょう。対してロシアと中国が何をしたかと言えば、ロシアは60年以上、大戦時の条約を破り、プーチンはスターリンの陰に隠れていますがプーチン大統領と彼が政権を握れば北方四島の返還並びに南樺太などの空白地化を行って大戦時にスターリンがかすめ取った領土を返還して欲しいものです。最も親日ならば終戦記念日が8月15日と定まっている筈ですがおかしいですねぇ。

また中国に関しても韓国同様に最も近い文化を持った国として1500年以上の歴史が語れ、皇帝制度の間は日本は属国扱いであり、先に近代化し植民地の欲しかった日本人にとって標的にされてもあの時代ならば文句はいえませんし、また日本が敗戦後の毛沢東は賠償金の請求を確かしなかったと記憶しております。このあたりは流石ですね。

しかし時代は流れ近年は沖縄で拘束されていた、船長ごときを英雄扱いし、日本でも大学の学問として出てくる孔子の教えを反するがごとく自分達で古代の偉人に対して、真に不名誉な孔子平和賞などというものを作り、ノーベル平和賞の担当国のノルウェーでしたかスウェーデンでしたか国交を断絶し、ただ要人飛行機で帰還した船長を祭り上げています。

私は大学で孔子思想を選択していた為、大変憤りを覚えました。今は担当の教授とは連絡は出来ませんが私より先生の方が憤りを覚えるが孔子の教えを忠実に守られた事と思います。


さてロシアにしろ中国にしろ大国なくせにろくな事をしていませんね。

韓国に至っては本当に北朝鮮と統合され同一民族の同化されて欲しいと思います。例えレイプしている日本兵士の銅像が残っても日本人は撤去はして欲しいとは思いますが韓国人が記録を敢えて残して、日本人とこれから将来敵国として付き合うのかは私は政治は考えられても石破先生を応援するだけで議員でもありませんしお任せするしかありません。


さて磯部様へ、貴殿の中国とロシアが何か貢献したかと言われた述べましたが大国の癖にろくな事は未だに対日本にはしていません。韓国に対しては事実もありますし竹島の領有権絡みでの事でしょうし、二大大国と同様に扱うべきかは疑問です。


ほとんど論破しましたが磯部様が中国人スパイでないかは疑問ですね。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月17日 (土) 04時04分

幸獅慈さん
貴方は朝鮮人でなければ左翼思想家という可能性もありますが、時々意味が通じない日本語を
書かれることから日本人ではない、と判断しています。外国人の書く文章は変に形式ばっていたり、平仮名の活用が微妙にずれていたりする事がある。流暢な日本語は自然に読めるのですが貴方の文はどことなく読み辛い。

ちなみに貴方の問いに最初の返答で答えていないのは単に中国のスパイ云々・・・のコメントが掲載される前に送信したからで、その後掲載後の更に返答している。

それ以前の問題として私のコメントのどこに中国や韓国のスパイなどと言うバカげた発想が出るのでしょう?全く大笑いです。
中国人で日本のファンダメンタルズから「日本経済は大丈夫」とか日本に人権問題など存在しないから「人権擁護法案など不要」と説くスパイが居たらそれは随分親日派なスパイですね(笑)。

投稿: 磯部 | 2011年12月19日 (月) 12時49分

私は政治参加権という言葉は耳にした事が無いので検索しましたが政治参加という言葉ではヒットしますがやはりメジャーな言葉ではありません。

また磯部という苗字に関して自負されても、それが日本古来の苗字はさておき、それで日本人の目線からどうすれば国政がよくなるかという点については明らかに中国には利がある為の日本の政治政策をとられている事は再三に渡り述べられています。これをスパイと言わずして何というべきか!!

また多数のデモに参加する割には参政権という憲法に記載された言葉を何故に若者に対して使えないのか、いろいろ追求に値する点は多々あります。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月19日 (月) 18時43分

何故、私が中国のスパイと断定しているかというと軍事10兆円かけるで簡単に決まりました。これを日本が行えば中国は堂々と軍備増強が出来ます。なのでロシア系でも磯部様が批判する韓国系でも有り得ない。

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月21日 (水) 00時59分

幸獅慈さん
貴方は全く抑止力と言うものがわかっていない。核保持は戦争を起す道具ではない。
戦争を起させない道具なのです。

貴方が核の威力をどれだけ理解出来ているか見当が付きますが、現在の核ミサイルで日本があっという間に滅びる、なんて幻想を抱いているなら大きな間違いです。
近海に原潜が潜んでいて至近距離から発射されたならともかく現在設置された発射台からのミサイルは大半が打ち落とせます。
一般的に中距離ミサイルでも発射台にセットして発射までに最低でも1時間以上弾道弾ならば丸1日は掛かる。

監視衛星で各施設を常に監視しているのは
この準備に入った瞬間に迎撃体勢を取り報復攻撃に移るためです。
つまりミサイルを発射する時点で相手はすでにその反撃に移っている、と云う事。
更にイージス艦のレーダーシステムは一度に多数のミサイル迎撃が可能であり、日本沿岸にはパトリオットもあります。
戦略核ミサイルは搭載可能な大きさも限定されていて、中国がロシア程大型の核を保持しているという話は聞いた事もありません。原潜を潜ませるのは迎撃の時間を与えない意味が大きい。
最近の核爆弾の放射能は原発のものとは違い短期間で消滅するものが主流で1週間で半減します。
これらを合わせれば核と言えど簡単に殲滅する事など出来ない、と云う事です。

無論首都圏に落とされるのはどこの国だって耐えられるわけが無い。それは中国の様な広大な国であっても同じ。
殲滅できなければ必ず報復が来る、と考えれば互いに手が出せない、これが抑止力です。

それとアメリカの戦力を考えれば中国が追いつくなんてまず有り得ない。そもそも兵器開発は常にアメリカが最先端ですから。
現在は世界に拡散している戦力を今後国内近海に集結しつつある。全集結した戦力は
全世界が束になっても勝てるかどうか、と言う戦力です。核の保有数も1万発ある、と言われ世界の主要都市を全て壊滅できる能力を保持している。何よりMDでアメリカ以上に発達した国もない以上殲滅戦になれば相打ちか勝利以外ないでしょう。

貴方はなぜ日本人で知識のある人間ほど韓国が嫌いかがわかっていない。
隣国だから?全然違います。
貴方のように幼少からデタラメな他国を恨むような洗脳教育を平気で行う狂人国家だと知っているからですよ。

反日教育なら中国も同じだが、中国人は
私が見て来た人間や掲示板などから見ても
自分達の教育がおかしい事を理解している人間は結構多い。ただ共産党下で批判できないだけで潜在親日派も数億人はいる。

しかし韓国人はどうか?
洗脳狂育は同じでも成人になってからの
思想が全く違い自分達の非を全く認めないのが朝鮮人です。貴方が言ってる歴史自体根幹から間違っています。
私は依然反日韓国人3人と討論をしたが、
彼らの歴史は余りにデタラメで韓国政府が
教えている捏造歴史観をそのまま変える気もなかったので説得を諦めました。

証拠がない物は嘘を100万回並べても真実にはなりません。

こんな当たり前の事が理解出来ないのです。

「私は政治参加権という言葉は耳にした事が無いので検索しましたが政治参加という言葉ではヒットしますがやはりメジャーな言葉ではありません。」

うん、当然でしょうね。造語というか単に省略した言葉ですから。
「政治に参加する資格と権利」と言う所を
まとめて参加権にしたのですから。
貴方が日本人ならコレ位は理解できるはずです。造語と言うのは日本語では良くありますから。真の意味で日本語を理解できていなければ出てこない。外国人には
ちょっと難解だったかな?


「ほとんど論破しましたが」

韓国人はいつも使うフレーズです(笑)。
貴方の言葉のどこに論破したと言える部分があるのですか?いきなりロシアや中国はろくな事をしてない、とか言われても「???」としか思えませんが?
いつ私がロシアや中国の肩を持ったのです?「韓国よりはマシ」と言うだけで
欧米や台湾とは比べられませんよ。

ロシアは日本よりも激しい人口減少や産業不況で日本に軍事行動を起こす可能性は極めて低い。北海道での民間交流の親密度などから協調路線は可能、と言うだけ。

中国は大国思想で危険な国家ではあるが、
経済的に重要な拠点である事とBBS等で判断する限り若い世代は反日思想はどんどんなくなっている。

何も変わらないのは韓国だけ、と云う事。

投稿: 磯部 | 2011年12月21日 (水) 17時41分

核兵器に対して核兵器をもって抑止し、均衡を保つ。まぁ軍事を語る以前の問題を省いてそこに至っている時点であなたは猪武者です。


孫子には相手の企みを破る事が最善策であり、敵の城を攻めるのは下策である。また兵は国の大事で戦えば国の存亡を賭けなければならない。また戦争は外交努力により極力、取り除きあくまでも最終手段として用いるのが戦争である。


中国人のスパイである、磯部様はわざわざ日本に武器を保たせようとしている。そして日韓の小国同士の中を引き剥がすように工作している。


あと造語の件ですが参政権は憲法ではありませんでしたが中学校で普通に習う用語ですので、日本人ならデモの若者に正しい言葉を教えて欲しいものですね。


また中等教育は義務教育なので相当な馬鹿か外国人ならば普通は日本の教育を習いませんので知りません。この事をもってすれば磯部様は中等教育も体得されていない馬鹿かもしくは他国の出身者故にこのような当たり前の事を知らないと結論に至ります。磯部様は参政権が当たり前に(科目名が変わったので現在の正式科目名は知りません)社会・公民の教科書で習う事を知らないならば教科書を買って読み返されるが良いでしょう。勝手に造語を作ってしまわれてはどう若者に指摘を受けて言いながされているか、そのデモは滑稽なんでしょうね。因みに何の馬鹿のデモなんですか?

投稿: 幸獅慈から磯部様へ | 2011年12月23日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/53443448

この記事へのトラックバック一覧です: 国会閉会:

« 不適切発言など | トップページ | 問責の意味 »