« 東京の初雪など | トップページ | イシバチャンネル第十六弾 »

2012年1月28日 (土)

施政方針演説など

 石破 茂 です。
 さる二十四日に行なわれた野田総理の施政方針演説に対する谷垣総裁の代表質問が昨日行われました。全体的に対決姿勢を鮮明にし、公約違反の民主党に消費税増税を含む税と社会保障の一体改革を国民に問う資格は無いと断罪し、解散・総選挙を迫るものでした。

 野田総理の施政方針演説は、政権発足時の低姿勢は影も形もなく、「正心誠意」という言葉も一度も使われず、ひたすら消費税増税の必要性を説き、それに応ずることが野党の責任であるとの主張でした。
 福田総理の「与野党が話し合い、国政を動かすことが政治の責任」、麻生総理の「消費税を含む税制抜本改革を行うため2011年度までに必要な法制上の措置を講じる」との発言を引用し、自民党は過去言ってきたことを守るべきだと強調したのにはいささか驚きました。
 福田内閣、麻生内閣両内閣に籍を置いた私はあの時に民主党がこれらの提案に対し誠に冷淡で、歯牙にもかけない姿勢で反対したことが鮮明に記憶に残っています。そのことについての反省や謝罪があった上で自民党に歩み寄りを迫るのならともかく、これでは我々として「貴方にそのようなことを言われる筋合いはない」「貴方だけには言われたくない」と反応せざるを得ません。

 昨年政権発足時のままに、低姿勢を維持し、「あの時の民主党の対応は間違っていた。率直にお詫びする。だから国家国民の為知恵と力を貸して貰いたい」と言えば自民党の対応は随分と違っていたはずなのですが、一体これはどうしたことなのでしょうか。
 景気対策や複数税率などの逆進性緩和策、若年層を豊かにすることによって高齢者を支える社会を築くための方策、公務員総人件費20%削減に向けた道筋などを一切示さないままに、ひたすら消費増税だけを説く姿は「自己陶酔的」とも映ります。陶酔するのは勝手ですが、このまま与野党の対決色だけが強まれば、それこそ「何も決まらず、何も進まず」という状態が続き、国民の不信が高まるだけです。
 野田氏本人は本来そのような人ではなかったはずなのですが、内閣総理大臣という職責の持つ魔力は、人をこのように変えてしまうものなのかもしれません。

 田中直紀防衛大臣の任命についても同じ感じがしてなりません。一川大臣任命の際の過ちを認めず、性懲りもなく経験のない者を防衛の責任者に任じて「これが最強の布陣だ」と言い放つ姿勢にはとても恐ろしいものを感じます。

 自民党はこれにどう対応すべきか、かなり苦慮します。
 国民を欺き、政権を盗った民主党に増税を語る資格は無く、直ちに解散して信を問え、というのは理屈としてはその通りなのですが、国民がこの自民党の訴えに強く共感しないのは「なにも好きで民主党に票を投じたわけではない。自民党の国民を軽視した姿勢に嫌気がさして一度代わってもらいたいと思ったのだ。自民党はどう変わったのか、自民党ならどうするのかをはっきりと示せ」と思っているからなのではないでしょうか。
 衆議院の任期満了まであと一年半しかなく、その間に自民党の変わった姿を示さなければ、たとえ比較第一党となり、政権を担当しても不安定な政権運営が続かざるを得ません。ほとんど同時期に半数の改選を迎える参議院で安定多数が取れる確たる見込みも乏しく、政権復帰後の絵姿がどうにも描けないのです。

 政権与党は国家運営についての第一義的な責任を負っているのですから、たとえ格好が悪かろうと非は率直に認めて謝罪し、野党に協力を乞うべきでしょう。現時点ではまだ日程の協議中ですが、恐らく来週から始まるであろう予算委員会において、野田総理の誠実かつ真摯な対応を期待してやみません。

 週末は地元日程となります。
 28日土曜日が公明党新春の集い(午前11時・鳥取市白兎会館、午後6時・倉吉シティホテル)、日本海新聞社主催:日本海政経懇話会特別例会での講演(午後1時・ホテルニューオータニ鳥取、午後4時・日本海新聞中部本社)。
 29日日曜日はTBS時事放談出演(収録、放映は午前6時、一部地域は別時間)、日本海政経懇話会講演(午後5時・米子全日空ホテル)、残余の時間は諸会合の出席や予算委員会の質問準備に充てたいと思っております。

 寒い日が続きます。ご自愛の上、週末をお過ごしくださいませ。

|

« 東京の初雪など | トップページ | イシバチャンネル第十六弾 »

コメント

消費税増税を提案したのは福田元総理、麻生元総理であり、情勢も刻々と変わり自民党内で更なる上案があれば野田総理に応じられない事。

また野田総理が福田元総理らの発言を引用し、自民党への歩み寄りを望むなら自民党のメンツの立つように泥鰌内閣で何故いないのか?仮にも野党第一党であるので軽々しく見てもらいたくはない。

また野田政権が真に国民に支持をされているならまだしも支持されていなければ野党としての義務を優先し、民意を汲み取る事が第一である。

とでも反論されておけば怠惰な民主政権にあとは同じレベルで合わせておけば問題はないと思います。

投稿: 幸獅慈 | 2012年1月28日 (土) 16時44分

【事故調査・検証委員会の怪】

昨年末に出された中間報告書の存在は一体何を根拠に書かれたものなのかを検証する必要が出てきたことになりませんか? 原子力災害対策本部を含む15の会議、対策本部に議事録がない事実が判明しました。と言うことは記憶が頼りの検証ですね。菅が検証委員会の設置に熱心だったのは、記憶任せの報告書の完成が目的だったからではないかと思います。これは捏造ではありませんが非常に捏造に近い情報操作が出来ますね。今のところ、この東日本大震災関係の会議の議事録が問題になっていますが、他の部署、例えば文科省に設置された朝鮮人学校の授業料無償化の目的のために設置された有識者会議等にも、議事録があるのか無いのか問題になっていませんが、一度追及された方がいいと思います。災害対策関連だけが議事録の無い例外とは思えませんね。他の省庁が主催する会議関係も議事録が無ければ、一貫した姿勢と云うことになりますよ。民主党政権発足の最初から野田総理は財務省の副大臣そして大臣でした。財務省主催の会議で議事録が一つもない可能性はありますね。彼は政権内に常駐し続けた唯一の閣僚と云ってもよい人です。今、原子力災害対策本部の議事録が問題になっています。それについてのコメントは岡田副総理は大騒ぎしていますが野田総理は沈黙していますね。財務省も同じではないですか? 一度追及された方がいいと思います。災害対策本部が例外ではないと思いますよ。

投稿: 旗 | 2012年1月28日 (土) 16時46分

いやいや石破さん、自民党員以外の国民にとっては、自民党への「反省や謝罪」なんてどうでも良いのですよ。
(国民への謝罪ならともかくね)

増税が、日本のために必要であるなら、より良い形で実行されるように協力すべきです。

もしかして、石破さん自身は協力したいが、自民党内をまとめるために、野田総理に謝罪して欲しい、みたいなことなんですかね?

投稿: まつ | 2012年1月28日 (土) 17時15分

石破さん
長文ブログのご更新、有り難うございました。
【野田氏本人は本来そのような人ではなかったはずなのですが】
今回の肝は此れだと拝読しました。私には無要の観点だと思えますが、石破さんの優しさでしょうか?

≪本来の自分vs現実の自分≫の対峙対立は、万人が例外なく抱える相克だと思います。然し、市井の人でも彼我の差異を縮めるまたは広げない努力をするのが、健全で強い人間だと思います。特に政治家、その中でも特に大国の宰相の重い責務を自ら望んで勝ち獲った者が、その差異を広げっ放しにして強弁と偽りを繰り返す姿には、一片の酌量の余地もないと思います。
例えば、政治主導を謳った者が官僚組織の操り人形になっている。「戦後政治の大掃除」を謳った者が平成政治の愚かさを撒き散らしている。枚挙は困難を伴う位に多岐多数に亘ります。
執濃いですがこの脈絡でも、健全で真摯で有能な≪誰かが遣る≫ことが肝心であって、≪何を遣るか≫は遣る人の健全さ真摯能力に拠ると。今や、マニフェストなど口先の≪何を遣る!≫という政策宣言は、その人物によって唾棄もされ信頼もされる。

また、この国の再生を託し難い自民党の無様は、今更の話です。
「善き政局」、特に「さわらび会」が主導する「善き政局」と「善き政界再編」(※注)と「善き政権交代」に期待する私は、その自民党に拘る石破さんの悩みには一線を画します。
その拘りは石破さんの優しさでしょうが、それだけではないとも思いますが。

蛇足:亀井某その他の動きは、私のいう「善き政局」ではありません。私のいう「善き政局」「善き政界再編」は、今の政党の枠組みの中で分散している「健全な見識と英知」を糾合し、小異を捨て大同に付く再編を指します。
戦前の大政翼賛会に擬しても良し、愚菅の「一定期間の独裁」に擬しても良し。姿形は重要ではない。動機が健全であって、善き結果成果が期待できるなら、その道に挑戦して戴きたいものです。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2012年1月28日 (土) 17時34分

どこ向いて政治をしてるのか明確でないところでしょう。
廃藩置県から150年。
高度な情報や交通インフラが整ったにも関わらず、
国や自治体関係者は既得権にしがみつき、民間は血や汗を流し
続けている状況下でデフレ下にも関わらず増税を叫ぶ
永田町に地方から反旗を翻した弁護士に最後の望みを
かけているのです。

自民が民主がではなく、為政者VS一般国民だから政党支持率も
上がらないのが正直なところじゃないでしょうか?

政党支持していない国民の単純な意見です。

投稿: マイスター | 2012年1月28日 (土) 17時36分

 谷垣総裁の主張は正鵠を得ていますが、マスコミでは「マニフェスト違反と自民党が反対」と、55年体制の野党並みの扱われ、増税を言う資格がない、という肝心なところが伝わりません。また、消費税だけではなく、税制全体を変えて、支出も抑えるために、日本のグランドデザインも必要、ということが忘れ去られる可能性があります。民主党はあらゆる分野で、自分たちが握りつぶした自民党の政策を採用して、自民党に協調をせまるでしょう。
 いっそ、安倍、福田、麻生といった人たちに先頭に立ってもらって、民主党に対決し、国民に説明してもらえないでしょうか。新しい自民党って、別に年齢や過去の経歴には関係なく、個人の資質で評価することでもあるのではないでしょうか。イメージだけで政権をとっても結局何もできないですよ。

投稿: 社会保障から経済成長? | 2012年1月28日 (土) 18時25分

私は先生の大ファンでいつも応援しております、先生こそお体にお気をつけて頑張って下さい!!

投稿: 世田谷区の歯医者 | 2012年1月28日 (土) 18時55分

お説ごもっともですが、謝罪だの誠意だの行ってるうちに破綻するのではないでしょうか。おそらく先進国の今日の経済情勢においては先進国の政治体制*議会制民主義や2大正当性は的確なな解決策を提示し、実行できる物ではないかもしれません。

投稿: DTD | 2012年1月28日 (土) 18時59分

1月24日、野田総理の施政方針演説がなされました。素人考えですが、企業の仕事始めと同じように、遅くとも1月7日や8日ぐらいには、国会を開会すべきではないでしょうか。原発事故の復旧、東日本の復興、日本が抱える諸問題は、一日も早い対応が求められております。いつもと国会開会の日程が変わらないのは、緩慢に思えるのは私だけでしょうか。

さて、消費税の増税論が演説の中心でしたが、日本が今、方針を定めるべきはエネルギー政策だと思います。つまり、原発は世界に先駆けて止めるのか、安全性を高めて継続するのか、その議論が中途半端です。円高や中国や韓国製品の台頭に苦しむ日本の産業にとって、製造コストの削減、つまり電気代が下がる事は朗報です。しかし、そのような国の政策や電力会社の対応は、未だないようなので電気代を改善する政策が必要ではないかと思います。

原発から自然エネルギーへと転換する事、国内の電気代を安くする事、海外へ売電する事。例えば、この3つを柱とした政策を立案するなど、まず足元をしっかり固める事だと思います。

石破先生が述べておられる、自民党への国民の思いはその通りではないかと思います。ただ、もっと厳しい事を申し上げますと、国民は原発を推進した自民党政権や地方自治体、電力会社に対して怒りを覚えています。そのことを、きちんと理解、反省、謝罪が出来ていないと、自民党は変わってないと思われてしまいます。

野田政権はダメだ→それにいちいち対応する谷垣さんもダメだ

というメディアの流れにも気をつけて欲しいと思います。これは、質疑応答で野田総理のこれこれは(例えばTPPや消費税増税)どう思うか、しか問わない事に起因します。その質疑に報道の時間が割かれている限り、自民党独自の政策立案については、なかなか国民に伝わりません。

野田政権が立案→谷垣自民党が否定→野田政権が立案→谷垣自民党が否定

これでは、野田さん頑張ってるな、谷垣さんは無責任だという流れになってしまいます。

谷垣自民党が立案→野田政権が受諾→谷垣自民党が立案→野田政権が受諾
「野田総理、谷垣総裁のこの提案をどう思われますか?」
といった質疑が多くならないと、自民党が攻勢にあるとは言いがたいです。

結局、ダメ出しばかりでは、自民党は野田政権に足をひっぱられるだけではないかと思います。自民党は時間や労力を日本の為に費やすべきであり、民主党政権のやろうとしている事にとらわれてはならないと思います。保守政治としてこれをやると柱を明確にして、国民や政府に訴えることが大切ではないかと思います。

マニフェストを軽視した民主党に抗議する意味も込めて、今、次期選挙のマニフェスト試作版を国民に配布しても良いと思います。なぜなら、民主党は今、マニフェストの配布はできない状況です。そこで、今マニフェスト試作版を配布して、国民から自由な賛否意見を募っておきます。そして、国民の意見に配慮した改正マニフェストを作成し、次期選挙に挑んではどうか。

そのような広報活動が、メディアの自民党のマニフェスト試作版について報道を促し、国民へと自民党の政策が伝わっていく流れになるのではと思いました。

投稿: 明雪 | 2012年1月28日 (土) 19時31分

いつも活躍を見ております。また大変期待しています。残念ながら今の状態では期待はずれです。確かに以前の民主党はひどいものでした。でも自民党も同じ事をしているではないですか。これでは石破様についていけません。私はこの状態を打破できるのは石破様しかいないと信じています。是非国民のために行動を起こしてください。一歩でも前に進むにはどうするべきか、それをできるのは石破様をおいていません。日本にはリーダーを国民が直接選ぶことができないのが残念です。もう自民党の老害はたくさんです。行動力があり高い見識を持っている。石破様なら必ずできるとしんじています。行動を起こしてください。野田、谷垣殿両名には任せられません。このままでは駄目であるのは皆が思っていることです。強いリーダーが必要です。是非行動を起こしてください。強くお願いします。今皆を引っ張って行ってくれる人を皆が待ち望んでいます。是非ご決断を!きたいしております。

投稿: 杉山誠 | 2012年1月28日 (土) 19時35分

石破先生 お忙しいなか いつもブログ更新ありがとうございます。初日tv中継をみてました~ 野田総理最後の あがきみたいでしたね~早く解散を願っています。1日も早く自民党政権をsign03sign03 佐藤まさひさ議員のブログも読ませて頂いてます。先生自衛隊を守ってください 海兵隊特殊部隊人質救出をみました。凄い涙でました~自国民救出の為に~すごいです 竹島‥尖閣諸島‥北方領土‥どうなっていくのでしょうか今回 防衛大臣大丈夫でしょうか これからの我が国の防衛は 纏まりが なくて申し訳ありません ありがとうございました。今週節分ですね まだまだ寒い日が~どうかには気をつけてheart01heart01

投稿: pappy | 2012年1月28日 (土) 20時17分

民主党の二枚舌には呆れますが、自民党には反対するばかりでは無く懐の深い大人の対応を望んでおります

投稿: きゃろ | 2012年1月28日 (土) 20時45分

石破先生


イシバチャンネル拝見しました。

いつも、メッセージありがとうございます。

石破先生は、今年の危機をテレビでも訴えていらっしゃいます。
私も今年は本当に要注意だと思っています。
オバマ氏も、中東を引き上げ、軍事予算は削っても太平洋の警戒は強化している。

日本の動きを見るより、
アメリカを見た方が分かりやすいです。

しかし、そこまでヤバイと感じているのに、
なぜ、衆院選は来年まで待てとおっしゃるのか?

今、出せる妙案が自民党には無いのですか?
谷垣総裁は空元気??

今、妙案が無い事自体、
正直、危機感あるのか?
やる気あるのか?
と、思うのですが。

先生のおっしゃるように
キムジョンウン氏が短期間にトップになるには
今まで以上の軍事的パフォーマンスが必要。
更に、軍事内部の権力争いによる
軍事アピールがあるであろうことは容易に想像ができ、
それが一番向きやすいのが南へ。
そして日本海、日本です。

中国においては、
まずは台湾。
その次は尖閣、沖縄本島。
さらには本州へ。

まさかの想像ではなく、
中国の計画にはっきり入っている。

こんな状況で一年半。
一年半も
外交、国防に関心が無く、
危機感の無い政府与党に任せるのは大変危険です。

自民党は、党としてもっと危機感を持って早急に方向性を示して対応してほしい。
世界のスピードは速いです。

もっと、老獪に、世論を味方につけるよう、
マスコミへの見せ方なども研究した方が良いと思います。

そして、財政再建、福祉のためにまずやるのは
円安へ誘導する量的緩和。
それによるインフレと経済成長と増収。

増税しても経済も財政状況も改善することは無いでしょう。

投稿: mike310mi | 2012年1月28日 (土) 21時30分

「政権を盗った」ついに言っちゃいましたね!

先生の「解散」についてのお考えは小泉親子と近いんですねえ。

「マスコミの自民党叩き、民主党持ち上げはおかしい」
「マスコミが叩くんだから自民党はマトモなんだろう」
と気付いている人が少しずつ増えているのも事実ですよ~。特にネットをやっている人達は。

「ネットをやっていなくて主な情報源はTV」という人達にそれをどう伝えて行くかが今後重要になってくると思われます。

投稿: hinomoto | 2012年1月28日 (土) 22時09分

初めてコメントさせて頂きます。

石破さんのブログを拝見するきっかけになったのは「ひるおび」です。


私は島根出身ですので石破さんはいつも注目してます。


今日の民主党のていたらくには私も一票を投じた者として残念に思っています。
石破さんがおっしゃる通り「自民党よりどんだけ出来るか民主党やってみい!」とチャンスを与えてみたい気持ちで票を入れました。

野田総理はラッカーじゃないですけど「真摯」な態度で国民や野党に対応して頂きたい所ですが、、、良く解りますが権力を持った時点で虚勢張ったり等、人は流される生き物なのでしょうか。


石破さんは私のような素人から失礼ですが、地に足が着いた政治家だと思ってます。


石破さんおっしゃる通り、「先ず民主党として国民・野党に謝罪」そして「自民党としての国家の最高の再建策」を大々的に自民党からいち早く発信して頂きたいです。


石破さんが自民党の総裁になれば!と願うばかりですが。

投稿: 多々納 | 2012年1月28日 (土) 22時10分

石破先生おつかれさまです
 野田首相ですが政権に協力しない野党が悪いと一生懸命世論を誘導しようとされているんでしょうね。マスコミなんかも消費税上げについて自民党もゴネてないで協力するべきと言っておりますしなんとか批判の矛先を自民党へ向かわせたいのでしょう。戦うリーダーを演じだしたということは選挙が近いのかもしれませんね。
 自民党ですが今の政権に消費税をやる正統性はないと主張する谷垣総裁が正しく安易に協議に乗ることが正しいとは思えません。しかし世論調査などでは協議には参加するべきという意見が多く大変苦慮されているんだろうと思います。まずどうして参加できないのかしっかりと主張するべきです。マスコミは味方してくれません。その中で意見を発信するのは非常に難しいかと思います。自民党の議員さんが直接ネットやテレビ出演などで言っていくしかないかと思います。
 協議についてですが今民主党と談合して消費税上げについて邁進していくことがはたして国民の支持を取り戻していくことに繋がるでしょうか。私はそうは思えません。
仮に民主党が率直に国民に謝罪して自民党が協議に参加することになったとしてもただ民主党といっしょになって消費税を上げるだけでは何の存在感も示せません。民主党と談合して消費税を上げたと陰口を叩かれるのが関の山です。協議をやるなら消費税上げについての合意はあくまで選挙を経てからとしその中で自民党の意見を発信していくことが重要かと思います。
協議に参加しようがしまいが自民党はどう消費税を上げるのか上げたらどんなことに使うのかそしてどうよくなるのかそれを発信することが重要なのではないでしょうか。消費税が上がって何がよくなるの?民主党との違いは?そういう疑問を持った方は多いかと思います。次の選挙は消費税が話題の中心になるかと思います。そういう疑問に答えるような発信を積極的にやることが国民の支持を得ていくことになるのではないかと思います。

投稿: koha | 2012年1月29日 (日) 00時01分

原発議事録なし!
ああやっと出たか・・・と思いきや後日の新聞には震災10会議の議事録もなし!と・・・
野田総理を始め現政権の閣僚は菅内閣の残党も多く、関係閣僚は問責に、そして引き継いだ内閣は不信任に価するのではないか…と思います。

前代未聞の大失態、、、しかし本当に失態なのか?この件に罰則規定が無いことを報道で知り、なるほど、当時の官房長官は弁護士がウリ…、あえて作成しなかったのでは?などと勘ぐってしまいます。1つではなく10もの会議の議事録が無いなど、意図的な指示がおりない限り官僚が作らないはずがないこと…ではありませんか?

尖閣問題での対処やSPEEDIの情報公開を怠った…などなど、民主党のあきれた隠ぺい体質を見せつけられれば、そのような疑いをもつのは自然の流れです。

この報道はニュースではトップに新聞では一面に大きく扱われるべき大問題であるのに…中途半端な時間帯や紙面に扱われている事も疑問です。これも民主党応援団のマスコミ…と勘ぐられても仕方がない。

密約文書の公開は政権交代の成果!と嬉々として語った当時の外務大臣が今回の問題では「忙しくて」「人手がなく」と、のたまう。不祥事を起こした民間企業の代表が同じことを言おうものなら、即刻「辞めろ」と叩かれるようなセリフです。民主党で「最も誠意がある」「堅物」との評判が高い?副総理までが・・・もう救いようがない政権です。

日本は文書を残す文化であり、先人の記録には、いかに学ぶべきことが多くあったか…をあらためて認識した1000年に一度の大震災ではなかったのか!それを思い知ったはずの政権が現世のみならず後世の人々のためにも、その貴重な記録を作成しなかったことは今を生きる日本人として震えるほどの怒りを感じています。

国民の多くは政権への遠慮?がちな報道でこの大問題を気づいていないと思います。どうか国会での厳しい追及をお願いいたします。

原発をはじめ震災にかかわる情報は国民の関心事であり、国会にてこのデタラメな民主党政権の体質を晒し「自民よりマシ」「自民との違いがわからん」などと思う「いまだ詐欺にあっても自分を信じたい」有権者の目を覚まさせてください。

ノーアウト満塁なのに点が入らない・・・自民党支持者は忸怩たる思いで過ごしています。今国会は、この問題を始め、年金制度の違いなど…民主党との違いを真っ向勝負で戦い、逆転勝利をめざしてください。

投稿: 政権奪還 | 2012年1月29日 (日) 00時16分

 石破さん、お疲れ様です。
 民主党にこの国の舵を取る力のないことは震災前から多くの国民が気づいていることだと思います。しかしそれに対峙すべき自民党にも、国民は同じように懐疑的な感情を抱いています。そんな中で谷垣総裁は声高に解散総選挙を訴えておられますが、ここへきて、選挙というのは国民にとってどういった意味を持つのでしょう。
 平成二十一年の衆議院解散総選挙。あのときの有権者は、平たく言ってしまえば自分の周りしか見えておらず、我欲に突き動かされて民主党に票を投じたのだと思っています。民主党の目玉政策となった子ども手当や高速道路、公立高校の無償化諸々、「明日の自分」の利益になりそうなものを眼前に突きつけられた人々は、それ以前にあるべき教育や国防、医療といった「日本の根幹」を守るべき政策について思いを巡らせることがなかったのではないかと思っています。
 そして昨年の大震災を経て、有権者はどう変わったのでしょう。人々は何を見て票を投じる先を選ぶでしょう。確かにあの押し寄せる津波の映像をみて、瓦解してゆく原子力発電所をみて、政府の遅れに遅れた対応をみて、多くの国民は自らに問い直す機会を持ったと思います。今この国には何が必要か、と。しかしそれでも、この期間で有権者がそんなに大人になったとは思えません。石破さんは常々、「政治というのは誰がやるかではなく、何をやるかである」と主張されていますね。その見解には賛成です。しかし率直に申し上げて、今の有権者はまず「誰がやるか」で気持ちを引きつけなければ「何をやるか」を注視するに至らないのだと思います。スマートフォンの回線が数時間パンクしただけで総務省から高校生まで大騒ぎする世の中です(みんなが言う「絆」って携帯の回線のことなんでしょうか)。誰かが一度、高いところからパチンと手を打って、「目を覚ませ」と一喝しなければ始まらないのではないでしょうか。
 それが出来るのは、いったい誰ですか。

投稿: 上星 | 2012年1月29日 (日) 01時50分

いつも拝見させて頂いてます。先週の日記は石破さんの心情が伺える素敵な内容でしたが文章から何かお疲れのように感じております。くれぐれもお体にお気をつけ下さい。ここで石破さんに提案なのですが自民党はこれまで野党の間に作っていた内政・外交に関する政策を議員立法して、民主党の議員にも賛成派を作って、自民党主導で超党派で来年の衆議院の任期までに多くを成立させたら支持率が着実に上がると思います。これらを定例の会見でも発表すると共に石破さんが以前日記でおっしゃられたように政権奪還後の谷垣内閣の政権運営を段階的に発表していくのも有効ですし、自民党の政策に賛成する民主党も含めた超党派議員による議連を作って、結論が出たものについては予算委員会で野田内閣に提言し、賛否を問う方法に変えてみてはどうでしょうか?素人の意見ですが是非参考にしてみて下さい。長くなってすみません。

投稿: 未来 | 2012年1月29日 (日) 01時51分

石破先生、お疲れ様です!!
残念ながら民主党と代わり映えがしない。と判断されている様ですね!

来年の任期まで準備期間ですか?

増税だけ民主党にやらせて、自民党が政権奪回しても被災地復興が日本復興に変わり日本身売り政権に成るのでは無いでしょうか?

野田に真摯な対応を期待してる様ですが、絶対に無理でしょうね!

NECが1万人のリストラをします。

日本はNEC以下!

日本は国家公務員を大量解雇して出直すべき!

選挙の意味は、民主党も自民党も国民は評価していなくとも、認めたくない議員が大量に居る以上、今こそこの人にと投票に行くのも踏まえての選挙です!!

日本は沈没ですね!

来年の8月までに!

沈没した日本に対して準備しても手遅れでは?

投稿: 浅草の支持者 | 2012年1月29日 (日) 03時18分

野田総理の態度について

 態度、豹変の理由は明確です。
 中国の外務省と一緒で
 党外ではなく、党内に配慮した
 態度と認識しては。

 野田政権についてですが
 単純に考えて
 消費税 増税にまで
 たどり着くことなく、
 解散・総選挙を迎えることでしょう。

 消費税増税や公務員給与削減に
 反対の「連合」や公務員の組合である
 自治労出身である、興石氏が
 幹事長である政権で、

 野放図に支出を増やすことが
 お得意(国労訴訟の和解案など
 将来に禍根を残すこと必定)の民主党に

 公務員給与などの行政支出の
 削減を計るとの案が通るはずもありません。

 ところでついに、日本が貿易赤字国に転落
 しましたね。民主党はこの件で
 何の見解も出していませんが。

 理由は原発を止めたことによるところが
 大きいです。

 自民党は、原発に反対ですか・反対ですか?
 原発を止めることによる、失われるものの
 大きさは、民主党には認識できないよう
 です。(例 工場立地条件悪化による
 技術・雇用の流出等)

 また、枝野通産大臣は自分が弁護士の時は
 薬害エイズなどで、どう考えても問えない
 国の責任について言及していましたが

 自分が管理する側になった途端、
 放射性物質が入ったマンションの件について
 東電にツケを廻すかの発言・・・

 まあ、枝野氏の発言のあるかないかで
 東京電力の株が上下するので
 枝野氏の原稿を書いている方は

 インサイダーをやればさぞ
 儲かることでしょう。

 あと、日本の国民性と2大政党制は
 合わないような気がします。

 日本でもっとも長く続いた幕府制とは
 ・仮の政府で
 ・最も土地等の権力を有するものが
  (鎌倉:北条、室町:足利、江戸:徳川)
 ・独断的な意思決定を行う
 という、自民党の派閥による
 意思決定に近く、このの方が
 日本国民としては
 効率的な結果が得られる気がします。

 話題変わりますが、日の丸・君が代に
 反対する政党とは
 手を組まない方がいいですよ。

 哲学者のロックの言葉で
 「人は人に狼」との言がありますが

 日本人が日本人だから妥協できる部分として
 (狼にならずにすむ点として)
 日の丸・君が代をともに信奉することは
 非常に大切であるかと。

 それがなければ、連合赤軍の
 リンチ事件が社会でいつ起きても
 おかしくなくなるのですから。

 では、風邪などお召しにならぬよう
 民主党を解散に追い込んでください。

 


 

投稿: あかあか | 2012年1月29日 (日) 03時22分

白兎会館行きたかったです。。。もっとちゃんとブログをチェックしておけばよかったorz

投稿: 井上寛之 | 2012年1月29日 (日) 03時57分

解散して自民党が政権を奪回してからが、忙しい大変な時期になるかも知れないので、ペース配分に気をつけて、疲労がたまらないように注意する事が重要でしょう。

クーリエジャポンと云う月刊誌に(最新号は発売されたばかり)脳に関しての特集が記載されてますが、どの記事も秀逸です。決断疲れに関しての記事には、重要な決断は午前中に行え、とか、ブレインストーミングは時代遅れのやり方であり逆ブレインストーミングと云うゼネラルエレクトリックの手法の方が正しいと云う事など、素晴らしい記事が満載ですから、自民党の代議士は全員、今月号を購入して熟読した方が、長期的観点から良いでしょう。

投稿: 山口健二 | 2012年1月29日 (日) 06時05分

山陰から応援しています

ずっと自民党を応援してきました
自民党にこの国を任せたいとも思っていました

しかし昨今の自民の足の引っ張り方を見ていると幼稚にさえ思います
責任を問うのはもうやめませんか
残念ながら今の自民党には政権を取り返し何をしたいのかが全く見えません

私は小学校に勤務しています
社会科で国会の学習をした際に
「なんであんな災害があったのに失言ばかり取り上げるのですか?」「僕らが国会に行って話したい」と小学生が歎いていました


これが国民の声です

大臣の仕事が任せられないならやり方を教えてあげればいいでしょう


もう批判は聞きたくありません
未来の日本のために譲ってください

投稿: しどり | 2012年1月29日 (日) 06時49分

自民党という枠からちょっとだけはみ出た見方をしてみてはどうでしょうか?折角今は無役の立場にいらっしゃるのですから。

投稿: kktf | 2012年1月29日 (日) 06時55分

小賢しい国民への対応。全くご苦労に存じます。誰が政権をとってもメディアの煽動、それに続く国民の無知に翻弄されてこの国の将来に希望を持てないのは私だけではないと思いますが。就中、国防の問題は重要なこと。今の民主党などでは話しになりません。どうか頑張っていただきたいと思います。

投稿: 堀江敏雄 | 2012年1月29日 (日) 08時10分

・韓国には「親日罪」があります。過去において、日本のことを良く言ったと判断されれば、その子孫たちは現在において財産を没収されるという刑罰があります。
・韓国憲法には「反日精神」が記されています。日本人が韓国で選挙権を得るためには「反日活動家」にならないといけません。
韓国は、徹底した反日教育既により、既に反日の国民ばかりになっていると思います。このままでは、韓国はそう遠くない将来、日本に攻めて来るかも知れません。既に、文化的には、韓国のコンテンツを日本に・世界に売り込み、日本のコンテンツを世界的に貶める「文化的侵略」が始まっているように思います。
日本の国益の観点から、日本政府として公式に、韓国のこうした姿勢について抗議したことがありますか?内政干渉と言われようとも、この点は韓国に猛抗議して世界的にも「歪んだ韓国」を知らしめて行くべきではありませんか?

投稿: 田中一 | 2012年1月29日 (日) 09時18分

おはようございます。毎度のことですが、代表質問ですら自民党の今後の国家運営の理想像が示されず、ただ、解散総選挙をとなえるMr解散総選挙の党首質問なんかもう聞きあきました。民主党の幼稚さは、ご承知のとおりですが、自民党の政策を取り入れるとマニフェスト違反だと声高に唱え、解散総選挙と一つ覚えみたいに唱えるのは、いかがと思います。敵失を指摘するのみでは、自民党の政策がはっきりしないどころか50数年政権を握ってきた財産はどこに行ったのでしょうか。

投稿: 安齋史郎 | 2012年1月29日 (日) 10時12分

日本のマスコミは、TPPや増税に関しては朝日から産経まで推進一色で、しかも新聞テレビ業界には見返りに免税措置の密約があるとの噂。何かの記事で、身勝手なナベツネの自分たちの業界だけは消費税免税しろとの主張があったり、本当にマスコミの無責任とご都合主義には呆れ果て、信用できない御用報道機関だらけで吐き気がするほどです。

自民党が変わらないから解散を主張しにくいとのことですが、使い物にならないマスゴミのせいで、年金制度や食料品の消費税率はどうなるのかとか内容がまったく分からないまま消費税の税率や実施時期だけが先行決定されていることに非常に危惧を覚えます。

やはりここは議論を一旦クリアにするためにも解散に追い込んで頂きたい。自民党の従来からの主張であった、増税の前にまず財政出動でデフレ脱却・景気回復をするという主張の具体策や、自民党の考える一体改革のポイントをキチンと列挙し掲げて選挙に臨んでいただきたいと思います。

でなければ国民不在の、マスコミと結託した民主党のなし崩し的居直り政治の暴走は止められないのではないでしょうか。また、過去の反省ばかりが反省ではなく、こういった混迷の時期に民主党のデタラメ政治を糺し、国民に進路を明確に示して政治を先導するということも、過去の自民党からの脱却、ひいては国民の自民党への新しい信が生まれる重要な方策なのではないでしょうか。

投稿: ましゅ麻呂 | 2012年1月29日 (日) 10時13分

私は公務員宿舎で成人と少しまで育ちました。子供ながらどの家庭も質素な生活と記憶してます。だいぶ昔ですが。
現状の国難、少子高齢化などに伴い国家公務員の給与削減議論がされてます。期限付きでの数字ではなく人事院勧告を実行し、後は天下り禁止、退職金や共済年金の査定率改定の方法もあると思います。
野田さんが言うと消費税増税のアピールに聞こえますが、公務員の仕事は多分野あり急がず議論をしていただきたいです。
さして仕事もしてないくせに優遇されてるとの批判もわかりますが、公務員でもどの職業でも努力して仕事につき、さらに努力して昇進や報酬を上げてる人も多くおられるのでしょう。

投稿: MAKO | 2012年1月29日 (日) 11時14分

消費税増税で石破先生 に質問 があります。
公営ギャンブルや宝くじには『寺銭』が天引きされているのに『パチンコ屋』の貸し玉料には税金をかけないのでしょうか。公営ギャンブル並みの課税ならパチンコ玉が一個4円5円。スロット一枚が20円25円です。 更に換金(違法だと思うのですが)のさいも25%の課税をすれば、一萬円使ってチャラで一萬換金した人間は1日で五千円納税してくれます。この課税案んを提出すれば、賛否によってパチンコ業界・北朝鮮がどの政党・政治家て結びついているかも分かりやすいのですか。

投稿: 謙虚堂狷介 | 2012年1月29日 (日) 11時17分

民主党支持者です。
原発が全面可動停止に追い込まれ、政府が原発事故収束に努めかつ来夏の電力制限令回避に向けて努力している一方で、まだこんなことがネットに。

原発利権がまだ忘れられない自民党は、『エネルギー政策合同会議』を立ち上げた。
平たくいうと、『原発推進友の会』だ!
メンバーは、
甘利明(元経産相)、細田博之(元官房長官)、西村康稔、野田穀、森英介、高市早苗、佐藤ゆかり、加納時男(議員引退)!
加納時男は現東電顧問であり、ネットではA級戦犯といわれてる。
自民党は電力会社から金を貰い、立地自治体に補助金を出す制度を作って来た。
騙されるな!
本当に悪い自民党の議員が、また原発利権をもとめ、政権を狙っている。


国益が大きく損なわれたのに、こんなことをやっているようじゃ。私でさえ(?)次回総選挙での自民党勝利に不安をいだきます。
原発を停止してもやることは一杯あります。高速増殖炉対応、使用済み核燃料の処理、汚染除去技術確立の科学技術的な分野、エネルギー資源確保や太平洋へ放射能汚染水を漏えいの国際政治分野、パチンコ店の新規認可停止の法的分野など。

投稿: hesomaru | 2012年1月29日 (日) 12時16分

お疲れ様です。議事録作成もせず、ひたすら無責任体質にひた走りの野田政権。以前コメントに書いた記憶がありますが、アラブの春に見られるような、反政府勢力行動がまだない日本は平和ボケしていると民主党政権も見ているのでしょうか?否これは非常に国民を甘く見ている所大ですね。所信表明でも何か舐めて掛かった演説が気になります。法律違反の議事録未作成は忙しかったではなく、責任回避の苦肉の策にしか見えない。自民党政権時代にこのような 法律違反はありましたか?私は余り記憶にないですね。徹底的に追求して下さい。国民の財産や知る権利を何とも思わない政権に即刻退陣させる様訴え掛けて下さい。

投稿: 畠山敏三 | 2012年1月29日 (日) 13時40分

低所得者に一万ばらまくって話は愚の骨頂です。

誰が言い出したのか知りませんが、全くもって噴飯もの。

そんなバカな事よりもはやぶさ後継機プロジェクトに金を回すべき。

もう、どうにもならないくらい頭の悪い民主党とは、事前協議もへったくれもあったものではない。

解散に追い込みましょう。あまりの体たらくに呆れるばかりです。

もうたくさんだ、民主党の馬鹿な議員は辞めてしまえ、と叫びたいです。

投稿: 山口健二 | 2012年1月29日 (日) 14時13分

先生、国民は解散総選挙を希望してます。民主党に希望を持てません。28日の富士山付近の地震で噴火の可能性も出てきました。民主党政権での災害は避けたいです。
自民党頑張ってください。
一日も早く政権交代願います。

投稿: 木原 | 2012年1月29日 (日) 14時18分

今後の日本の民主主義の維持の為にも断固、解散すべきです。もしこのまま民主党政権を存続させれば、もう選挙の意味が無くなってしまいます。選挙に勝つ為ならいくら嘘をついてもかまわない、政権を取った後に「やっぱり無理でした」ですむとしたら国民は一体、どうやって政治家を選べばいいんでしょう?それでなくとも昨今の大阪の新市長さんの誕生以降、日本全体に〝独裁制もいいかも?″という変な空気が生まれてしまいました。日本は空気が全てを決める国です、これ以上この変な空気が大きくならないうちに解散して民主主義を守って下さい。

投稿: ありがとう | 2012年1月29日 (日) 14時40分

施政方針演説に関して、石破先生のおっしゃる通りだと思いますね。
民主党には反省とか謙虚といった言葉がないのかと疑いざるを得ません。
これでは谷垣さんだって歩み寄れないでしょう。

投稿: 鈴木@千葉東葛 | 2012年1月29日 (日) 15時25分

増税は間違いですよね?
増税は間違った政策であり、まったく必要のない政策です。
あたかも増税が必要であるかのような嘘で善良な国民をだます詐欺師が政治家であり、日本の官僚なのです。

投稿: 本田 | 2012年1月29日 (日) 19時13分

今まで色々とニートでも出来る政治参加をしていましたが…私などもはや価値もないと判断に至りました。外国人と結婚すれば国籍も変わるでしょう。なので日本の国益と思われる発言をし、後々に日本を敵に回した事を考えると、策を論じられません。また学問・納税・勤労を怠り、また国家機関に一時的にも電話がかからない仕組みがあれば非国民です。もはや私を支えるものが無い今、国政の為を思い論じあう事は間違いです。

幸い最近は石破ブログ内も昔の体質とは変わったようです。それに満足です。

投稿: 日本人辞めます、幸獅慈 | 2012年1月29日 (日) 22時41分

ブログの内容とは全然関係ありませんが、アメリカヴァージニア州の教科書で日本海が東海と表記される事が可決されたそうです。アメリカ在住の韓国人団体がロビー活動をした事でこのような事になったという話もありますが、例によって民主党は抗議もしないんでしょうから自民党はしっかりこれに抗議するよう声を上げていって頂きたい。よろしくお願いします。

投稿: BKD | 2012年1月30日 (月) 00時35分

【スーダンで武装勢力による襲撃事件】
産経のネット記事に

「スーダン南部の南コルドファン州で28日午後、現地で道路整備を行っている中国国有企業の拠点が反政府武装勢力の襲撃を受け、中国人スタッフ20人余りが拉致された。新華社が29日伝えた。襲撃したのは南スーダン与党、スーダン人民解放運動(SPLM)系の武装勢力。武装勢力メンバーはスーダン政府軍と交戦後に「中国人労働者29人を拘束した」と認め、「労働者らは無事で、安全な場所に移動させた」と話しているという。」

 我が国政府の情報収集能力が試されることになるのではないかと思いますね。南スーザンにPKO活動の為に派遣する自衛隊が、巻き込まれることになる可能性があると思います。分離独立して間もない南スーザンは、安全な国ではないと思います。情報収集能力が命を守る武器になりますね。そのための要員とかも必要になってくると思います。工兵隊だけで行動させると大変なことになるような気がします。現地の人を雇う必要もでてくると思いますね。出来れば、今からでも遅くはないので、派遣の延期を表明されるのがいいような気もしています。アフリカは植民地の宗主国になった欧州の軍隊も手を焼いています。米軍も、ソマリアから撤退した事実もあります。国連中心主義の民主党は何を妄想しているのかわかりませんね。情報収集をもっと進めてから派遣されたほうがいいのではないですか? あるいは携帯する武器の強化を決めてからでも遅くはないと思います。丸腰に近い姿で出すことだけは止めて欲しいですね。南北スーザンの状況はどうなっているのか? 我が国のマスゴミで、ここに支局を置いているところはひとつもないと思います。関心が薄い地域は、価値がないと言うような状態ではマスゴミの存在価値など無いに等しいです。心配ですね。

投稿: 旗 | 2012年1月30日 (月) 03時01分

石破先生、お疲れ様です!!
財源試算

想定通り試算しない!

くだらねえ!

1年半こんな事を繰返し、その後の選挙など興味が沸かない!

国民無視の御都合政治は許せない!

報道2001

民主党21%自民党18%

信憑性は有りませんが、だから勝てない!とは思いませんが、民主党も自民党も指示されてない!と言う事に成りますね!

やれば勝てる時にやらないと勝てない!
結果、来年の8月は勝てない!

と思わないのでしょうか?

投稿: 浅草の支持者 | 2012年1月30日 (月) 03時41分

こんにちわ
自民党の元総理お二人の言葉を引用する前に、謝罪すべきだと言うのは、“たかじんのそこまで言って委員会”の、いつも頼もしい三宅さんも同じ事を仰ってました。その上で自民党も協力すべきだと言うのは私も同じです。

低所得者には1万円バラマキとか寝ぼけた票取りのバカげた案など、何を根拠に低所得者を選んで、消費税を上げた税率のどこまでが一万円で、それをいつまで実地するのか意味不明ですが、無能集団の付け焼刃の保身の無能政策では本気で耳を傾ける気すら起きませんw

人が生きていくのに必ず必要な、スーパーなどの安価な食料品や衣料品、一定量までの水道代や光熱費などの消費税を上げなければ、低所得者への負担軽減になるのではないでしょうか?

本当の貧困家庭では、こういったモノや医療費が大切な問題なのであり、今でも節約しています。

低所得者の何を根拠に“貧困”として一まとめに考えているのか私にはよくわかりません。

ただ、消費税は全て、年金や社会保障に使われるべきだと私は考えていますので、今の嘘と隠蔽ばかりの民主政権では全く透明感が無く、この政権下での消費税引き上げは、反対です。
民主政権が勝手に約束してきた韓国や他国への支援金のために上げるのでは?とか、年金や社会保障費以外の目的に使われ、結局将来世代の負担は減るどころか増えるばかりではないか?と、子供達の将来を考えると、避けては通れない問題だと理解していますが、今の私の頭は賛成できなくなってしまい複雑です。

とにかく早く“少しでも信頼できる”政治家のもとでの政治を求めています。
田中氏への問責は粛々と実行して下さい。
今年は何が起こるかわかりません。
日本国家国民の事を考えて下さるなら、防衛大臣には、しっかりした人材をお願いしたいです。

頑張って下さい。

投稿: 大阪の女性 | 2012年1月30日 (月) 05時01分

中国がアフリカ連合本部ビルを153億円で建設し、更に今後三年で72億円の無償援助をするとのこと。


日本は中国に援助なんてしてませんよね。対中ODA削減といいながらアジア開発銀行を通じて対中ODA強化(5000億円)をしていませんか?「他国に援助できる中国に血税UPしてまでお金をあげる馬鹿な日本」と言われるようなことはしていませんよね


日本(血税) → 中国(軍備強化・資源獲得戦略的援助) →アフリカ(親中へ)

をさせるために中国にお金を渡す日本政府は売国人だ。


日本(血税) → アフリカ(親日)


のODAをやるなら資源獲得のための国益だ。知っていて放置している政府外務省は中国のためにいるのか?(田中真紀子夫妻でさらに補強か?)米国・欧州は既に対中援助打ち切りなのに…本当に日本の政治家は自国に自虐三流政治をし、中国韓国米国に一流下僕外交をする民度だけは高いと思われている意味不明な国。


省官僚は政策結果に責任を持たせる身分にすべき。ましてや責任もとらない議員は国益のために働いてるなんて信じられないから要らない。予算について国民に必ず賛否を問うシステムが最良(安心)だ。

投稿: 脱 馬鹿な日本人 | 2012年1月30日 (月) 08時24分

石破さん
日経【東電改革、自助努力の限界  編集委員小平龍四郎】
この論説の結語≪東電が「3.11」前の状態に戻れないことは確かだ≫は其れ自体は正しいが、文中に鏤(ちりば)められている各種の発想や手段が「東電改革」が本来持つべきダイナミズムに欠けている。言葉遊びではないが、改革は改善とは次元の違う動きであり、改善は自助努力で推進できるが、改革は多くの場合自助努力では途中で破綻するか中途半端に終わるものであり、他力による強い推進力を必要とする。特に、巨大な人災事故を惹き起しその後の供給責任を軽視した東電は、現場の一部は兎も角として健全であるべき経営層の組織文化が崩れて仕舞っている。そのような東電に「自助努力による改革」は二重の意味で間違っている。

本当に「東電改革」をやる気なら(そして、其れが日本が21世紀化を果たす不可欠な視覚だが)、東電という組織を破綻処理して、経営者を入れ替え経営文化を刷新することこそ遣るべきことなのだと。軌道修正するにも、今からでも遅くはないのだが‥。
未熟で志も覚悟も浅い民主党政権には、端から無いものねだりでしかない。

須らく「無いものねだり」は時間とエネルギーの無駄であって、政権与党を後退させることしか、東電改革もこの国の再生もない。
≪誰≫が最も重要だと。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2012年1月30日 (月) 09時42分

石破先生

野田総理の演説における麻生総理の演説引用は、奇策というより悪質そのものでしたね。
更に言いたいのは、野田総理はどっち向いて仕事してんだ?!と。国民じゃなく自民党の方を向いて仕事しているようにしか見えません。

今年にせよ来年にせよ、解散総選挙を行えば民主党の惨敗は誰が見ても明らかであり、それなのに総選挙後の消費税増税の向けて必死なのが何より滑稽です。

こんな不誠実な内閣には一刻も早く辞職していただき、玄葉政権や亀井政権等で運営していただくのが良いと思います。

消費税を増税したところで、果たして予定していた税収があるのでしょうか。
橋本政権時と同じく、予想を大幅に下回る税収となって、更にこのデフレですから、にっちもさっちもいかなくなるのは目に見えています。
既に生活保護者が大量に出ているのが何よりの査証です。

投稿: ぱなとりん | 2012年1月30日 (月) 09時47分

国会議員は各都道府県議員の代表が兼任すればいいのでは?

国民代表=県民代表=市民代表

市民と国民の意見が違うとおかしいでしょ

閣僚選挙だけやれば大幅な歳費削減になります。例えば石破氏が得意専門分野の政策を掲げ防衛大臣に立候補→候補者が生テレビ討論番組にて政策や資質を知る→投票数No.1が大臣に就任する。政策や予算については施行前に必ず国民投票を実施し了承を得る。


官僚制度は廃止し代わりに、各大臣が政策実現のため専門家や側近を選んで配置。大臣が失脚したり政策失敗なら責任をとって一緒に辞める。

逼迫財政のためやってみませんか?その前に自ら景気浮揚させていたほうがいいですよ。就職先が見つけられるように。本当は国民のために既に景気浮揚させていないといけないんですけど、自分たちの身に関係無いと日本の政治家はやってくれませんもんね(民間人は前触れもなくリストラされていますけどね)。与党になってはじめて野党の時の姿勢が反省できるように、議員も今一度議員を捨てて庶民に戻って働いてみて下さい。

石破氏は防衛大臣当確間違いなしです!

石原都知事(もっと早く若いうちになって欲しかった)が総理大臣で国を守ってくれることを希望

投稿: KK | 2012年1月30日 (月) 10時30分

いよいよ解散が見えてきました。
詐欺フェスト・・野田総理はわずか2年前私の地元でもある船橋駅前で「書いてある事は何がなんでもやる、書いてない事はやらない、それがマニフェストなんです。」こう街頭演説で発言していました。舌の根も乾かないうちに180度変わってしまいましたね(笑)。

石破さんのような真面目な方からすれば不可思議で理解不能だと思います。しかし民主の顔を重ねれば理解は容易いかと思います。鳩山、菅、そして尖閣事件での仙谷の小学生でもわかりそうな嘘を平然と国民に発表する厚顔無恥な態度。
彼らは嘘を空気を吐くように平然と吐くのです。

マニフェスト破り?そんなものこれっぽちも気にもしていませんよ?一体マニフェストのどこに韓国スワップ枠の拡大とか書いてあるんでしょうか?

正直駄目さ比べでもかまわない、民主政権だけは何がなんでも引き摺り下ろすのが正解です。石破さんは不本意でしょうが、自らのエゴで国民生活を破壊するのはやめて頂きたいのです。あと1年半もあれば離反している民主議員も復帰して利権を蝕むように集結するでしょう。

選挙に消費税増税を掲げるのならば増税の言い訳は10倍はしなければならない、と理解した上で選挙を戦って下さい。
人は都合の悪い事は理解しようとはしません。例えそれがやむなし、と理解してはいても納得するのには時間が掛かる。
それに「何時までに」と言うのも辞めたほうがいい。駆け込み需要の後に必ず反動が来ますから。今の日本にその反動を耐えられる体力があるかは疑問です。

私ならば「まずデフレの脱却を」をスローガンに選挙を戦い、公共事業の必要性を何度も説明した上で不正を徹底的に正して成長路線を機軸にし、その後増税の流れで推進します。年5%の成長を20年続ければ負債は完済できますし、途中で何かあれば完済をする必要もありません。円建てで融通している強みなのですから。経済を理解しているならばこれは常識の範疇です。

PS.前原氏はたった一つだけ良い事をしました。アメリカで「武器輸出を緩和する。」と宣言したことです。日本は過去愚かな宣言ばかりしてきました。その際たるものが村山談話や河野談話、核3原則などですが、(こういった事は宣言してはいけません)、切れるカードをじわじわと見せて行くのは悪い事ではない。
中国などは日本の科学技術力を過剰なほど理解しているので、この発言以後強行策を控えるようになってきました。
簡単な話です。日本がその気になれば何時でも核を保有できる能力を有しているし、
兵器開発もできる。その事をよく理解しているから対応に慎重に成らざるを得ないと考えたのです。

これも一つの抑止力の手法です。
中国が武力で来るならこちらも対抗するしかないぞ、と制御するわけです。しかもアメリカでやる、と云う事は米軍との連携を強化するために宣言した、とも取れるから
これは中国には「米軍も動くぞ」と宣言したかに映ったでしょう。こういった狡猾な手法は自民党も見習うべきです。

「軍隊は持ちません。」「戦いません」
「核は持ちません。」なんて言ってたら好き放題やられるだけです。
軍事力の背景なくして何が外交など出来るものですか。韓国や中国に歩み寄る必要はありません。が、日本にはアジアの親日国が多数います。それらの国に外交面は相談し助けてもらうのも一つの手法としてはいいでしょう。我が国の外交はベトナムにもタイにもインドネシアにも劣りますから。

投稿: 磯部 | 2012年1月30日 (月) 11時12分

初めまして、石破先生と同世代の一主婦です。
民主党政権からは被災地の復興や原発問題より消費税増税が聞こえてくるばかりで残念です。自民党時代以上に官僚主導の民主党政権ですね。復興に関しても関東大震災時の後藤新平のようなリーダーも政府に不在(同郷の小沢一郎氏は何をしていたのでしょう。恥ずかしいかぎりです)原発も隠し事ばかりで国民ばかりか海外からの信用も失い、その上、原発を海外に売り込もうとしている政府にはうんざりです。外交も及び腰、防衛もアメリカが怖くて抑止力としての核も持てない。日本の将来は不安だらけです。もう日本の政治の仕組みを大きく変える時が来ている、いえ一日も早く変えないと間に合わない。石破先生にはその中心になり、自民党に縛られずに超党派で活躍していただきたいです。

投稿: N.N | 2012年1月30日 (月) 14時20分

私の街には駅に若年ホームレスがいますがそういう方がこれ以上増えないような政策をお願いします

投稿: yosh | 2012年1月30日 (月) 14時44分

自民党は王道で筋を通した対応をすれば良いのです。日本国国民はそんなにバカではありません。「一度やらせろ」と民主党がかつて言ってました。国民は見てます。

投稿: た~さん | 2012年1月30日 (月) 15時11分

石破先生

お疲れ様です。

民主党の隠蔽体質
統制体系は酷すぎる。

もちろん国益上内々で処理する案件はどこの国にもあることで、
それは承知します。

しかし、スピーディー情報の隠蔽から
その後の原発、放射性物質汚染に関する情報
先頃出てきた、会議の議事録
年金抜本改革にかかる費用など。

これは、出さないと行けないし
出さないと、選挙で何を規準に判断すれば良いのか?

日本国は、民主主義国です。
それは、政府が方向性を示し
国民が選挙で判断する。
自己責任で。

決めるのは政府じゃない。
国民だ。

今の政治は、何を勘違いしているのか
自分たちはお上で国民という下僕を管理し
生活できるようにお金を恵んでやるのが仕事だと思っている。
とにかく偉そうで上から目線だ。


国民に情報を流すと混乱する
とか、
国民のお金を集めて政府が何に配るかを決める。
政府が国民の生活を管理する。

という、完全な管理社会。統制国家です。

マスコミの大増税偏見報道も酷すぎる。

無駄を省けば増税しても良いという風潮。

基本的に、無駄を省くのと増税は関係ない。

経済成長や量的緩和の話など
何時間討論しても殆ど出てこない。


資本主義、民主主義社会なのに異常と言わざるを得ない。


日本は、民主主義国家です。
自分の運命は自己責任で自分が決めるべきで
政府が国民の生活を管理する権利は無い。

政府は国民を全く信用していない。
だから、国民に何も情報を伝えないで政府が決める、
いや、決めてあげる、恵んでやる
みたいな形になっている。


国民と政府の信頼関係は、
今までで最悪だ。

そんな信頼の無い政府に金を預ける気は無い。


 

投稿: mike310mi | 2012年1月30日 (月) 15時38分

民主党支持者です。
...ですが、議事録を作成しなかった(ひょっとして、作成したがあまり○○なので廃棄した?)のは投票した者としてお詫びいたします。全く想像を絶する世界です。
菅直人は「自分の評価は後世に譲りたい」とのたまいましたが、後世まで待たなくとも評価は決まりました。まさに軽蔑の一言です。菅直人も鳩山由紀夫と同様社会人としてのリテラシがなかったことになります。一度でも彼に票を投じた者として不明を恥じます。
その上でなぜ私が自民党支持に至りそうで至らないか、書き続けたく存じます。
最近の国会での代表質問を視聴しての感想です。
私は過去に申し上げましたように外国人参政権付与に反対ですし、また学会員でもありません。
ただ代表質問については、自民党議員より公明党議員の方を高く評価します。特に山口代表は質問内容の切れ味が谷垣総裁より上です。「歴史の空白を生んだ」という主張は民主党に致命傷を与えました。議事録を今から作り直すのは至難の技ですし、多額の血税がムダに投入されるのは明白です。公明党のほか、みんなの党の各議員も切り口が新しく傾聴の価値があるものです。ただ私は安倍政権時に怖い思いをしているので、参院廃止だけは賛成しかねます。みんなの党はその後外国人参政権に反対の立場を打ち出しましたので、注目しています。
それから私は民主党支持者であっても、選挙制度はみんなの党が主張する全国比例代表制に賛成です。この制度であれば一票の格差は発生しない、獲得投票数が議席に正比例する、死票は少ない、少数政党にも票が入るので価値観多様な時代に対応できる、国内の人口流動があっても手直しの必要がない、という長所があります。短所として無所属議員への処遇がありますが、個人的な意見としては現小選挙区制の欠点を補ってなおかつ余りあると思います。みんなの党も対応を考えているようですし。自民党は小選挙区制の手直しだけで済ませるようですが、経済変化や災害とかで国内の人口動態は変化するのが当たり前です。小選挙区制は欠陥制度だと思えませんか。

自民党は代表質問に新鮮さがない。また参院はヤジがうるさい。
それでも選挙には勝てるでしょう。そうすれば外交・防衛は安心できます。本当はそれだけで十分満足すべきでしょう。しかし、日本国憲法で得た国民主権と基本的人権を返上するつもりは私にはありません。

投稿: hesomaru | 2012年1月30日 (月) 15時42分

谷垣さんの話では、未来の日本図が描かれていない気がします。民主党は年金など全部ひっくり返してゼロから作り直すみたいですが、それでは私たちの世代はどう準備すればいいのかわからなくなってしまいます。(うちは自営のため国民年金基金にて老後の準備をしているのですか、これもどうなるのかまったくわかりません)これに対し今までの年金制度を確実なものにする修正案を自民党は持っているのでしょうか。少ない人口で国家を維持するビジョンはありますか。また、近隣諸国との国土問題を解決する策はあるのですか。日本の歴史的財産である天皇制を維持する仕組みを作る準備はありますか。後の世代が安全かつ安心できる資源の確保のためにどう行動するかビジョンありますか?もっと日本の未来のビジョンをはっきりと国民に教えてください。絵空事ばかりの民主党のような虚言ではなく、自民党の知恵と経験からくる確かなものを示してください。それができなければどの政党でも同じです。

投稿: いふじ | 2012年1月30日 (月) 15時50分

石破先生

最近ちらほらと聞くのが日銀法の改正です。

これをやらないと、日銀のやることに政府が関与できない。

この円高デフレに対する日銀の対応は酷すぎる。

アメリカ、FRBがこのほどインフレ率2%の目標を設定した。

これにて、日本の円高は益々進むんじゃないですか?
これで何もしないなら、いない方がマシです。

自民党はまず、日銀法改定を提案し、
円高是正、経済成長を訴えて欲しい。

取る方の議論ばっかりしてないで、
増やす方の議論もしてください。


今の政府与党、一番のガンは輿石氏です。
あの人は、こんな国難の時に
まだ、党内調整とか
長年議員をやっているのに役がないのは可哀想とか
国益とは関係のない狭い了見で
国の大切な人事を決めている。

さすが、日教組のドンて感じ。

国益より自分の仲間を大切にするような
小さい器の人間は即刻引退すべし。

投稿: mike310mi | 2012年1月30日 (月) 16時04分

石破先生

何度もすみません。

自民党がヘタだと思うのは、

自民党に謝れ

ということを全面に出してしまっていること。

どうせ謝れというのなら、

国民に謝れ

と、大きく言うべき。

そして、解散を叫ぶなら

方針を提案するのは政府だが
決めるのは国民である。
これが選挙の意味であり、
国民主権国家である。

日本は、政府が何でも決めて良いという管理社会であってはならない。


と、いうべき。

言っているかもしれないが、
自民党の恨みつらみが強く出てしまい、
大変な悪印象です。


もう一度、民主主義の意味、
自民党の原点を見つめ直してください。


投稿: mike310mi | 2012年1月30日 (月) 16時13分

野田首相はやはり力がなかったことが明らかになり、民主党には元々力がなかったことが国民の目に明らかになりました。さりとて石破さんが慨嘆しておられるように、今自民党が政権党であったら解決する力を正しく行使できるでしょうか?私にはそうは思えません。戦後の困難を克服してきた自民党ならと思いたいのですが、現実に立ちふさがっている財政赤字の規模と税収の凋落を見るととても今の自民党にもその力がないことは明らかです。                                                                    単に政権交代を叫ぶのではなく、今国会議員として立っておられる皆さんには、本当にどうすべきなのかを腹を割って国家国民のために自らの命を懸けて対策を立て実行可能ならしめる必要があると思います。既に破綻してしまった国家財政を如何にして立て直すべきなのか、今こそ国会議員も官僚も地方公務員もそして国民も心を一つにして難局を乗り切る努力が必要です。その義務を果たすことのできない国会議員には今すぐに辞めてもらいたいとも思っています。                                                       無党派層が圧倒的に多いのは、皆さんのそうした命を懸ける姿勢が見えないからだと思います。さもなくばギリシャやポルトガル、イタリアの苦しみの比ではありません。全国民の生命と財産を一気に犠牲にしてしまうことでしょう。石破さん、私はそれをリードできる可能性を持っている国会議員はそう多くはいないと思いますが、石破さんはその可能性を持っている一人であると信じています。是非、立ち上がってください。決して自民党のためにではなく、国家、国民のために。お願いします。   

投稿: 佐藤昭 | 2012年1月30日 (月) 16時59分

重複のコメントを送り申し訳ありませんでした。
「原発議事録なし…」を書いた者です。
いつも先生のブログ、そして皆様のコメントを拝見するだけでした。「議事録」の件で、あまりのひどさに怒り心頭…初めてコメントを試みたのですが、手順がわからず、、、なかなかコメント欄に表示されないのを見て、「正しく送られていないのだろう」と勘違いし、何度も投稿してしまいました。
決して嫌がらせの類ではありません!本日重複しているのを見て「どひゃー」でした。
先生、そして先生のブログやコメント欄を読んでいらっしゃる皆様「ごめんなさい」です。自分のコメントを自分が読むのは初めての体験でドキドキでした。これからも時々コメントさせていただくかも…で、よろしくお願いいたします。

投稿: 政権奪還 | 2012年1月30日 (月) 23時54分

お疲れ様です。
低所得者の基準はどうなるのでしょう?
生活保護の方とか低年金や無年金の方ですか?
というのも、増税時に1万円支給や低年金者に年金加算するという案が政府から出ています。
生活保護は大切な制度ですが、国民年金より高い上、様々なものが無料でサ―ビスが受けられます。
生活保護と紙一重の状態で頑張って家賃や医療費・税金を払っている人とどちらが弱者なのでしょうか。

生活保護が手厚すぎて居心地がよくなったり、不正受給が増えたりする懸念はないのでしょうか?
生活保護制度には、支え手である納税者の視点が欠けていると思います。

もっと分からないのは低年金の加算です。こんなことがまかり通るならもう年金を払いたくありません。
テレビで、ある高齢女性が「年金が4万円しかない。国がくれるなら欲しい。そうしないと貯金を崩さないといけないから」だそうですよ。
低所得だからといって貯金がないとは限らないのにこれではバラマキです。高齢者が優遇されすぎて、現役や将来世代のことが考えられなくなっているような気がします。負担増の話になると「死ねというのか!」って言いますしね。
増税の前には、高所得の方や資産家には年金辞退、医療費や介護費用が1割負担の方は2割にして、財政支援が必要な方には給付をする、年金・医療・介護を受ける方は年金を辞退して医療・介護に絞るなど工夫をしないと増税幅はキリがないです。

もっと分からないのは、年金の第3号制度です。時代の流れで、専業主婦でも扶養範囲内で働いて所得がある人が山ほどいるのに、なぜ年金保険料を払ってもらわないのでしょうか?旦那様が奥さんの分を払っているわけではなく、共働きや独身者に支えられているのだとすれば不公平にはなりませんか?
これからますます高齢化が進むのにこのままの制度でいいのですか?

他の制度や仕組みもそうですが、時代とともに変えて来なかったツケを払わされているような気がします。今までの反省をして、皆で痛み分けをしないともうあとはないと思います。

投稿: マミ― | 2012年1月31日 (火) 01時43分

石破さん、はじめまして。京都の大学に通っている大学生です。
私は大学生になるまで政治に全く興味を持っていませんでした。テレビを見てなんとなく自民党より民主党の方が良いと思っていた程度でした。そんな私が政治に興味を持ちだしたきっかけは、政権交代直後、2009年の石破さんの予算委員会をニコニコ動画で偶然視聴したことでした。こんなに素晴らしい政治家が自民党にいるのか、そしてこんなに民主党はこんなにもダメなのか、とそれまでの自分の無知を恥じるとともに、それ以来石破さんの大ファンになりました。
私は昔の自民党の悪かった時代について知りません。ですので初めて国会中継で石破さんの質疑で感動して以来、自民党を支持するようになりました。それは、石破さんが自民党の幹部(政調会長)であったからです。しかし、きっかけは石破さんでしたが、他の自民党の議員の方々にも興味をもつようになり、自民党という政党を支持するようになりました。
さて、ここ最近はネット上では石破さんを支持する人が一時期に比べて少なくなってきているように思えます。私も実はその一人です。TPPや経済の見解についての批判が目立ちますが、私が一つあげたいこととして、谷垣さんが定めた「解散を求める」という方針に異を唱えるような発言と、最近放送されたニュース探究ラジオ Digにおいて「自民党は変わっていない」という発言にひどくがっかりしました。
石破さんはかつてマスコミに谷垣さんについて聞かれた時、谷垣さんの人柄の良さとともに、選んだ自分たちがお支えしなければいけない趣旨を答えておられました。
自民党を客観的に分析し批判することはとても大切なことだと思います。しかし石破さんは学者ではありません。自民党の政治家であります。政調会長を降りても、谷垣さんをサポートすることを忘れてはいけません。それは国民に発することではありません。自民党に僅かな希望を感じていた支持者をがっかりさせることになります。それこそ悪さ比べになってしまいます。石破さんに僭越ながらお尋ねしたいのは、具体的に自民党のどこが変わっていないかということです。石破さんはずっと国会で言ってこられました。「物事は突き詰めて考えないといけない。」全くそのとおりだと思います。変わっていないとメディアで発信するのであれば、どこがどう変わっていないのか、空気やイメージにとらわれない言い方をなさらないと、その発言でどんどん自民党の支持者を減らしていくことになってしまいます。

政権交代後、自民党の幹部として自民党を変えることに懸命に取り組んできた石破さんだからこそ、また総選挙が近づいてきたからこそ、さらに最近メディアに精力的に出られているからこそ、石破さん自らが国民に対して「自民党は変わった!谷垣さんを見てください!」という主張を声を大にしてするべきです。私は先に書いているように、過去の自民党は知りません。しかしだからこそ自分の知っている自民党は素晴らしい政党です。それは仮に過去の自民党が悪かったのであれば、良い自民党に変わったということではないでしょうか。そしてその新生自民党の代表的な存在・きっかけとなった存在は、石破さんだと私は思います。
有権者の評価が厳しい原因は、私は自民党の広報不足が全てであると思います。どんなに素晴らしい政策を掲げてもそれを知ってもらわないと、「自民党は野党で何もしていない。昔と全然変わらない。大震災の時も民主党に協力するべきだったのに。」と全く的はずれな意見を国民がいだいてしまいます。

ぜひとも石破さん自ら、勇気と真心を持って、自民党は変わったということを主張してください。それは結局、国政への不信感から、次の選挙で国政を狙う大阪維新の会に大半は流れるであろう無党派層の票が少しでも自民党に入ることになり、自民党を真に再生させることとなると思います。

長文失礼致しました。お身体にお気をつけて、頑張ってください。

投稿: 橋下徹と石破茂が大好きな大阪人 | 2012年1月31日 (火) 03時29分

石破先生、お疲れ様です!!
議事録が作成されなかった事は遺憾!

政治家が遺憾と言う言葉を使う事を禁止しませんか?
拉致されようが、国土を侵犯されようが法律違反の議事録が無作成であろうが、違反献金を貰おうが、遺憾!極めて遺憾!

今後このような事が無い様に終始徹底する様に指示を出した!

結果でしか、行動出来ない様な内閣を任期までやらせるのですよね?

もう、応答が読める、無能な豚を見たくない!

投稿: 浅草の支持者 | 2012年1月31日 (火) 03時55分

石破様、いつもお疲れ様です。
民主党と言う政党は、本当に厄介な政党ですね。同じ政治家で長い間政治に携わってきた人達でしょうに、殆んど日本国に関しての勉強もせず、ただひたすら、長年政権を担ってきた自民党憎しがここまで来ると、’国や国民を守る’と言う本来の良識政治から、感情だけが走り、兎に角自民党を壊してしまうのだ!何が何でも民主党で政権を盗ってしまおう!と言う魂胆が見え見えです。
その為には嘘でも、国民との約束した政策を変えようとも何でもありです。
自民党議員をバラバラにしてしまおうと言う魂胆に見えます。

私はここまで来たら、民主党の底意地の悪さ、小沢、鳩山、菅、野田、その人達に纏わりついている閣僚や議員など全てが言い方は悪いですが’魔物’のように見えて溜まりません。

日本に色んな災害が続出しているのも、根拠は有りませんが、民主党政権が続く限り止まらないような気がします。
日本はそんな国では有りませんでした。
国民もそこまで苦しむ事は有りませんでした。善良な国民が、蝕まれていく姿を観ているようで、いてもたってもいられません。

どうすれば良いか…それにはもう良識的な人達が増える以外答えが無いような気がします。
国民の良識がどうしても必要です。
民主党では、本当に日本が壊れてしまう!
’過ぎたるは及ばざるが如し’にならないように願うのみです。
冷静にならないと見えるものを見失う可能性があります。コメント欄に書かれている沢山の方達も、もう少し落ち着いて下さい。
いるかどうか分かりませんが、もし神様の存在があるのならば神様は、ちゃんと良識的な人達の味方になる筈です。

完全に、自民党憎しだけを大きく膨らませてしまった。 良い事柄が陰になるようでは日本は北朝鮮と同じくなりますよ!と言いたいです。野田政権は、まるで国民無視の独裁政治をしている様に感じられるように成って来ました。

投稿: 原田 | 2012年1月31日 (火) 04時12分

ジャパンブランドの商標を徹底しましょう。
韓国の現代自動車はアメリカに住む妹の話では日本メーカーと間違われているそうです。
同様にサムスンもそうです。意図的に日本の富士山や着物、ロゴなどを使用し日本をイメージさせる戦略をやっていますから。
妹は友人からよく相談されたそうです。

そこで提案ですが経産省発行のmade in japanのロゴを全ての車や家電製品などにつけるのです。これで韓国や中国の偽ブランドを淘汰します。
安価な製品しか売れない国ではともかく欧州やロシアやアメリカなどは日本製はブランド力が高く、誰の目にもはっきりわかるロゴを政府公認で発行するのはブランドイメージを大幅に向上させます。

このロゴですが例えば文字の背景にスカシ彫りで日の丸を入れるとかすれば、多分世界中で若者が「これは純正の日本製なんだぜ」と自慢している姿が浮かぶと思います。日本製品はそのくらいのブランド力はあるんですよ。ただアピールが弱すぎるから殆どの国の人は見分けられません。
だから現代はホンダのエンブレムとそっくりに作って騙して販売しているし、ジーンズや玩具に至るまで類似製品をパクられまくり状態です。

投稿: 磯部 | 2012年1月31日 (火) 04時46分

最近とくに政治家の方々の発言が薄っぺらいものに感じてしかたがありません
個々にお会いしてお話をさせていただいた際には素晴らしい考えの持ち主もたくさんいらっしゃるのに何故国政の場においてはその考えが反映されないのでしょう
諦めたくはありませんが一抹のさみしさは禁じえません

投稿: ごんた | 2012年1月31日 (火) 09時12分

こんにちわ
町村氏・・・流石に頼もしく思えました。

本当に民主党って、議論議論と先送りばかりで何を議論してるのかさっぱりわかりません。
いつまで議論するつもりなのか?日本国家が無くなるまでか?死ぬまでか?いったいいつになったらまともな政策が出てくるのか意味不明ですww

ほんとうに小学生に語ってるように何度も説明しても理解出来ない民主党議員達には消えて欲しいですw

人として、ただのバカじゃないのか?と思っています。

昨日までの見逃したのは録画していたのを見ていましたが、中曽根氏達も内容は悪くないのですが、聴いていてだるいだけで、眠くなり早送りで適当に聴いてました。「一体皆さん何を朗読発表会しているのか・・・」という印象でしたが、一方的に質問して、一方的に答弁する形なのでこれはこれで仕方ないのかもしれませんw

「責任」と言う言葉の重みを知らない民主党ですので、無能のお軽い無責任な対応や政策ばかりですが、今日の町村氏では、自民党ならこうする、こう進めて行くのだろうなと言う事が少しわかります。

地道ですが、そして、呆れるほど何も出来ない民主党に対して苛立ちもあるでしょうが、どうか自民党はめげずに、今は責任野党として追及すべきはしっかり追及し、教える事はしっかり教えて、民主党議員達には、政治家には「責任」というの重みがあると言う事を思い知らせて頂きたいと願います。


投稿: 大阪の女性 | 2012年1月31日 (火) 11時28分

石破先生 おつかれさまです。今日は休みでしたので 朝から国会中継をみてます。佐藤正久議員の質疑に田中防衛大臣は答えが 出来ていませんannoybomb民主党議員は自衛隊をどう思っていますか佐藤正久議員の言葉を自衛隊員を思ってくれておられます。嬉しくて涙が出て来ました。 言いたいことを言ってもらって ありがとうございますこの防衛大臣で 日本国を自衛隊員を守れるのかこれから 大きな災害が発生したとき自衛隊員を削減して どうするのか いつも議員はカンペをみて棒読みdowndown 自民党政権をsign03 自衛隊を守ってください。尖閣諸島問題は どうなってる田中防衛大臣annoyannoy
纏まりがなく ごめんなさいいつも 応援しておりますheart01heart01heart01

投稿: pappy | 2012年1月31日 (火) 14時03分

石破さん  ≪挑戦=志と覚悟と熱さ≫
日経【JFEとIHI、造船事業統合10月に 中韓勢に対抗】
この種のM&Aも戦略や覚悟があれば俄かに否定されるべきではないが、言葉はきつが「負け犬同士」がM&Aで一つになっても所詮「図体の大きい負け犬」を造るだけです。肝心なのは勝ち犬に変身することです。其のためには的確な戦略とそれを遂行する覚悟と挑戦心が不可欠だ。彼らにそのような硬いものがあるか?の答が、【コスト削減などを通じて巻き返す】という台詞に示されている。「コスト削減」は日本経済がバブル崩壊以降20年を喪う期間を通じて一貫して採用してきた経営手段です。日本経済が縮小均衡を目指して失敗し国内の雇用機会を縮減させて沈滞から脱出できない主たる原因の一つです。其れは同時に、グローバル経済の下でASEANや中国などの新興国にコスト競争を挑む間違いを犯すことでもある。「喪われた20年」の道筋を30年に向けて、又しても一歩を進めている。

21世紀の最先端のプロダクト事業開発に挑戦せずに19-20世紀的な「温いコモディティ事業」に拘って、「コスト削減」という平板な作戦で生き残りだけを狙うのでは、真に「図体の大きい負け犬」を造るだけです。覚悟もなければ挑戦心もない。19-20世紀型に甘んじる温るい事業も企業も、21世紀の時代は生き抜くことは適わない時代なのだと未だに解っていない。または、頭では解っていても、挑戦に踏み出す志と覚悟と熱さがない。
経営者が勝ち犬への変身に挑戦するために必要な経営資源は、事業の現場には基礎技術も応用技術も其れらを組み合わせたノウハウも山と抱えているのですが‥、勿体ないことです。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2012年1月31日 (火) 14時14分

石破先生
民主党は、理念も何もないまま、
暴走してるようにしかみえません。
石破先生、
ストレスたまるとおもいますが、
がんばって。
応援しています!

投稿: く〜ちゃん | 2012年1月31日 (火) 14時15分

先生 びっくりですbomb田中防衛大臣大丈夫ですか自衛隊員は もう南スーザンに行ってるのですよ。自衛隊員を守ってsign03皆自衛隊は日本国を守ってる任命あれば危険な所にも命をかけてます。どうか守ってくださいもう野田総理民主党annoybomb

投稿: pappy | 2012年1月31日 (火) 14時20分

議事録関係の騒ぎについて

この問題は阪神大震災の時代にまでさかのぼる事が出来るそうで。(唖然)

可能な限り、他の全ての議論を一時的に中断して、現在の全ての省庁(防衛省を除く)における内部資料を直ちにデジタルデータ化(スキャナーで読みとるなど)する為の措置を立法するべきでしょう。


官僚任せにすれば情報隠滅する可能性が高いから、ひと月かふた月の期間(防衛省を除く)全ての省庁の官僚を停職にする必要があります。勿論、給料は支払われません。岡田副総理は官僚に議事録作成を命じるそうですが、議事録作成だけならば良いにしても、過去の内部資料の整理まで官僚にやらせるようなやり方では生ぬるいと考えられます。こういう事は第三者にやらせないと官僚のやる事だから必ず都合の悪い資料を隠滅しますよ!

現在都内における失業者を数十万人規模で大量に雇って(期間を最短にするためにも可能な限り大人数が好ましい)三交代勤務でデジタルデータ化を緊急に進めるべきではないでしょうか?スキャナーを大量に用意しなければならないでしょうが。

もとはと言えば、公的に記録を残さなかった官僚に全ての責任がありますから、デジタルデータ化に要する人件費や機材費や光熱費などの一切の費用は全て、官僚の賃金や退職金から拠出する必要があります。

税と社会保障の改革に関する議論を一時的に中断して(半日くらい)、官僚停職及びデジタルデータ化失業者三交代活用法案を緊急に議決してから、税と社会保障の改革の議論を再開するべきでしょう。

なお軍事に関する事は秘匿する必要があるために、防衛省に関しては、自衛官から人員を選抜してデジタルデータ化を行い、近い将来に設けられるであろう秘密会が参照し易い形で保存すると良いと考えられます。

投稿: 山口健二 | 2012年1月31日 (火) 17時10分

それから、省庁に対しての監査にかかる一切の費用に関しても、官僚の賃金や退職金から全て拠出するべきです。

投稿: 山口健二 | 2012年1月31日 (火) 17時26分

尊敬する石破先生!

国会とは何ですか?

与野党で欠点を批判しあい、国政を進めない事ですか?中にはまだ国会で寝ている議員もいましたが(国会中継で)

これで年間何千万という給料がもらえる議員ってちょろい商売ではないですか!
失業率が改善できない国民に、政治家という職業は、ただ文句言うだけ、国会で寝ていても給料もらえてちょろい仕事だよ!って薦めたいくらいです!

例えがひどい内容で申し訳ありませんでしたが、今更民主党の事をどこが悪い、野田総理がどうのこうのって書いてどーなるんですか?

言われずとも今の前に進まない政治、被災地置き去り、景気・円高・雇用・年金・福祉対策進展なし!マニフェスト破りも国民はわかってます!

で、どうするんですか?石破先生!自民党は、「解散解散!」ばかり言うのですか?

国会って何なのか、初心に返って頂きたいです。

討論の場で、与党案があり、反対するものはそれに対する対案がある。修正案を協議し、まとまらないこともあるでしょう、そこは妥協案としてまとめ、国民の生活の為に政治を前に進め、妥協案の結果を見てまた国民の為に与党案からスタートする!

政策を立案し論議するプロが国会には必要で、民主党が、自民党が・・どっちかが要らないという意味ではありません。反する論議であっても実のある政治家が国会にいて欲しい!

このままだと、財政・年金・医療福祉は崩壊、景気・円高も回復せず、歴史から見てあの時誰がこのような事をしたからこうなった・・・
野田総理も含め、国の為に働かず文句ばかり言った自民党なども日本崩壊の責任を歴史的にみて取らされるでしょう。
責任逃れが上手な政治家ですが、これまでの自民党政権で残した良い政策もあれば、汚点もあるでしょう。

自民党は、石破先生はこれからどうするんでしょうか?

今の国会で言えば、「試算出してだせ」という公明党の意見は正しいと思いますが、民主党が試算を出さなくても、自民党が先に案を出して議論をリードし、やっぱり政権担当能力が民主党にはない!としていくのが対処の仕方ではないかと思いますが如何でしょうか?
それがないのであれば、民主党も自民党もどちらも変わりません!

小沢さんがどーだとか、連立がどーだとか、そうではなく国民、とりわけ被災地に目を向けて下さい、イメージしやすいでしょ!国民は困ってます!
国民の為に仕事を、仕事とは何か、解散ばかりいうのではなく、野党はだらしない与党の案に対し、反対するのであれば対案を出して議論し、最終的には国民の生活の為に妥協案で進めて欲しい!

石破先生には期待しています!

頑張って下さい!


投稿: FFD | 2012年1月31日 (火) 17時33分

解散前に少しでもポイントを獲得する為に、与野党が激しく「競争」して官僚を撃滅するべきです。政治にもフェアで激しく健康的な競争が必要です!

中央省庁の官僚をどれだけ叩き潰せるか、の競争を与野党で行うべき天の時ですよ!ネガティブキャンペーンなんかは止めて、中央省庁の官僚、特に財務省を徹底的に絨毯爆撃するべきですよ!

それが、国民の信頼を回復する為に最も有効な戦略ですよ!

投稿: 山口健二 | 2012年1月31日 (火) 17時40分

 遅まきながら『国防』を読みました。小難しそうな国防を易しく丁寧に解説しているだけでなく、国の在り方まで考えさせられる一冊で、とてもいい時間と知識を得ることができました。
 「父が『零式戦闘機』(吉村昭著)を買ってくれました」との記述がありました。どんなに波瀾に満ちた出来事も冷静な目で克明に描写する吉村昭氏が大好きで、読書好きとはいえない私にしては数多くの作品を読みました。また、二十年以上前ですが、アルバイト先で運良く吉村昭氏の講演を拝聴する機会があり、興奮したことを今も鮮明に憶えています。しかし、そんな私でも『零式戦闘機』(吉村昭著)は読んでいません。何故かと言えば、それはつまらない理由で『零式戦闘機』(柳田邦男著)を先に読んで感動し、その感動と混ざってしまわないように手が出せなかったからです。
 『零式戦闘機』(柳田邦男著)は堀越二郎を中心とする技師の物語であり、世界の名機であるゼロ戦の開発の苦闘が描かれています。エンジンの選定をどうするのか。スピードと旋回性の両立という問題をいかに克服するのか。スピードが速いが故に起こる翼の耐久性の問題、操縦性の問題。あらゆる問題に解決策を見出し、当時の日本の技術における最高の機体を作り上げました。しかしそれは万能という意味ではなく、防御力を犠牲にしなければ成り立たないもので、技術だけではなく日本人の気質にも強い影響を受けて設計されています。逆に言えば、ゼロ戦がアメリカで開発され正式採用されていたならば、決して名機とはなっていなかったのではないでしょうか。つまりゼロ戦は日本人が操縦し、日本という地域にあってこその名機だったと私は思っています。
 戦闘機は何の為に存在するか。それは日本、アメリカ等の国による違いはありません。ただ敵機を撃墜する為だけです。その目的の為だけに国の全ての知恵、技術、思想、国力などを注ぎ込み集約させていますが、平時には単に空を飛んでいる姿しか私たちは見ることができません。しかし、『事に臨んでは…』一戦一戦の勝敗を決め、戦局に影響し、国家の存亡をも左右します。空を飛ぶ現在の戦闘機を仰ぎ見ても胸が高鳴るのは、殺人兵器だからではないのです。
 ところで、人が造り上げるものであれば戦闘機ですら明確に目的がありますが、政治が目的とするものは何でしょうか。「国民の生命と財産を守る」「平和と独立を守る」「国体の護持」と思い浮かべたのですが、少し物足りない気がします。よくよく考えて出した私の答えは「国を永続させること」です。つまり、1億3000万人の国民はもちろんのこと、未来に日本人として生を受ける何十億、何百億人の子孫に責任を持つことではないでしょうか。「未来の子供たちの為に」と言うことなのですが、その言葉は世界平和や環境保護が想起され、少しニュアンスが違ってしまいそうです。
 民主主義はベストではないがベターな政治システムですよね。大衆迎合という危険性を内包しています。一票を握る現国民に重きを置かざるを得ないのが、ベストとなれない理由であると思います。
 国会議員である石破さんは政治の目的は何だとお考えになられていますか。機会があれば是非教えて頂きたいです。

投稿: 安東 | 2012年1月31日 (火) 20時37分

tppに反対する事が何故ナンセンスかについて(農業を見た場合)

中国と云う国の宇宙開発の歴史をたどれば、初期の内はとんでもない災害(ロケットが村を住民もろともぶっ飛ばしたり)をもたらす失敗が頻発していたが、やがて、順調に技術レベルが上がって来ていて、一部の分野においてはもう既に日本よりも高いレベルに到達してます。

また、軍事に関しては、潜水艦では、十年前は米軍の対潜ヘリだったかに追い回されるレベルだったのが、米空母の目前で海面に浮上する程のレベルに到達しています。

農業に関しては、現在は農薬だとかいろいろとひどいものを日本に輸出していますが、近い将来においては、日本の現在の農産物と同等のレベルの安全性に到達する事がかなり高い確率で見込まれます。

要するに、tppに参加しない場合でも五年もすれば、「安くて美味しくて安全な中国産農産物」がごく当たり前に大量に日本国内に入って来る事はほぼ間違いないでしょう。

これが、現実だと考えられます。

だから、今、tppに加入しない場合でも、五年もすれば、強力な保護政策でもとらない限り、中国産農産物が日本市場を圧倒して占拠する事が予測されます。

このまま、惰性に従っていれば、国内の農家は殆ど全滅するものと考えられます。むしろ、tppに参加する事により、オーストラリアなどに土地を購入して農業をやって日本市場に売り込むようにすれば、多くの農家も生き残れますよ。それが正しいやり方とは考えられますよ。

投稿: 山口健二 | 2012年1月31日 (火) 23時30分

日本は長い期間重大な過ちを犯して来た。

それは、殆どの国民が、経済の事だけを異常に重視して生きて来た事。

国家が国家として存続する為に必要な要素は、経済だけではありません。科学とか、国防の堅固さだとか、テクノロジーだとか、国民が希望に満ちているかとか、国民が夢や目標を持っているかとか、未知の分野に切り込んでいく意欲を十分に持っているかとか、競争に積極的に参加する意欲を十分に持っているかとか、たくさんある筈。

しかし、バブル崩壊後二十年間ずっと、殆ど経済の事しか国民の頭の中には無かった。これが今日の重大な危機を招いた原因。

バランスが悪かったのです。

全ての物事を金銭的価値で置き換えて考える悪い癖を日本人の多くが身に付けてしまった事が、今日の危機の最大の原因ですよ。

経団連の価値観が決定的に国民の価値観に悪い影響を及ぼしたと考えられます。
田中大臣も、素人ならば素人なりに使命感責任感をもってやってくれれば良いものを、殆どそういったやる気を感じません。スーダン現地の状況は悪化しているのに、それではいけない!
田中大臣は、厳しい使命感を持つことがどうしても出来ないのであれば、長島補佐官に大臣の地位を早急に譲る義務があります。あやふやしている場合ではなく、自分には防衛相の任務を遂行する能力がないと分かったならば、直ちに、長島総理大臣補佐官に防衛相の地位を譲らなければならない。

と云う話です。

投稿: 山口健二 | 2012年2月 1日 (水) 01時22分

こんにちわ
今、録画してた午後からの参院自民党の国会中継を見ていました。
何度変わっても多くの民主閣僚達の無能と嘘と隠蔽といい加減さには、参院自民党の議員の方々も、疲れますよね。
ビールを飲みながら一服していた私もどっと疲れが増しましたw

その中でTPPに関して出ていましたが、自民党の仰るような状態なら、TPPは今更やるべきでは無いのではないでしょうか?
本来私は賛成派でしたが、このまま進めると“ただのアメリカ追従のTPP”になりそうに感じます。

誤解の無いように言いますが、私はアメリカが大好きです。
万が一、今、かろうじて保たれている世界のバランスが壊れ、この平和が失われて、究極の選択になった時、中国の属国か?アメリカの属国か?となれば、私は迷わず、民主主義国家のアメリカを選びます。

ですが、それとは別に、今現在の政策として、TPPには大きなリスクを感じます。
参加前に決まった事が変えられないのなら、そしてどんな状況なのか情報もとれない状態のまま、日本が協議に参加した時に日本の方針を伝えて通す事は出来るのでしょうか?

失礼ですが、国民皆保険などの日本独自の制度は護られると仰っていた事は、「ただアメリカの“良心”に期待しているだけのまさかの甘い考えでは・・・???」と、本当に失礼ながらそんな疑問も少し感じてしまいました。
それぞれが国益を考える世界経済に“良心”なんて無いのは良くご存じの先生方に失礼な事でごめんなさい。

ですが“何もわからない”というのは不安です。
推進派の先生や河野さんや小泉進次郎さん達は、独自の方法で情報収集は出来ているのでしょうか?
この前河野さんがアメリカにいらしたようですが、今協議中の参加国のTPPの現在の進行状況は把握出来ているから、日本の利益にもなると推進なさるのでしょうか?

国会を見ていても、無能の民主政権では、何がどうなっているのか漠然としすぎで、抽象的で“内容が無く”全くわかりません。
又、何か大事な情報を隠蔽して勝手に進めているのではないかと疑っています。
ま、全ての事においてですがwww

多くの国民が不安に感じている毒素条項に関して、他国はどう判断しているのか?今どんな状況なのか?推進派の方々にはわかりやすく説明をお願いしたいと思っています。

日本がリードできる政策を、世界に提言できる時代になれるよう、政治家や官僚や企業の皆様には腹を据えて頑張って頂きたいと願うばかりです。

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月 1日 (水) 02時01分

石破先生 毎日おつかれさまです。

アメリカ海兵隊が日本国に駐留する理由もわからない人物が、防衛大臣とは、恐れ入りました。

若い私でも知っているのに…。

防衛大臣という職務は、近隣諸国にあたえる影響が大きいだけに、首相の任命責任は大きい。同じ日本人として、恥ずかしいです。

話は変わりますが、先生は農水大臣の経験者です。私は、以前、林業は今、千載一遇のチャンスと書きました。このことは前述してますので省略します。

今日は水産業について少し言いたいです。

日本漁業は、一口に言ってしまえば、乱獲による漁獲量減少・円高による安い魚介類輸入・日本人の魚離れ・A重油の一時期価格高騰・初期投資額が高すぎるなど、問題も多いです。

衰退産業として、国会でもあまり議論されてないようですが、今後の対応次第では、成長産業に転換可能です。

もちろん先進国を中心に、健康志向により、肉食から魚食にシフトする傾向もありますが、何より、非公式【ヘイハイズを含んだ人口】には15億人以上いる中国人が、川魚中心から海で獲れる魚の美味しさがわかり始めていること…。これは、日本漁業にとり朗報です。

養殖・栽培技術・冷凍技術・解凍技術も進歩しています。

ここは、成熟した魚を計画的に漁獲して輸出につなげていただきたい。

広大な排他的経済水域を持つわが国は、やり方次第で、成長産業になりうると考えます。蛇足ですが、学校給食も地元の魚をもっと使いましょう。

投稿: 豊嶋 孝 | 2012年2月 1日 (水) 06時17分

【田中防衛大臣には荷が重すぎる】

見ていて気の毒な印象を受けるのは私だけではないと思います。参院予算委員会での事実誤認の答弁や陳謝の連発は、この職にあることが、国の為にも本人の為にも、よくない結果をもたらすことになるように思います。適材適所の意味を民主党は、国民の持つ概念とは違った意味で解釈している可能性がある。日本語が理解できていない政権与党は、国民との意思の疎通に重大な欠陥があると云うしかありません。防衛大臣の更迭を求めることが、緊急の課題ですね。安全保障の重要な職責にある立場の者に空白が出来てはなりません。田中大臣がその職にあるだけで空白状態にあることと変わりません。これはある意味、国家の危機です。野田総理の任命責任は、その自覚の無いところが大きな問題です。総理の問責決議をした方がいいですね。この内閣は想定外の出来の悪さが問題です。

投稿: 旗 | 2012年2月 1日 (水) 09時19分

石破さん
日経【(永守重信氏の経営者ブログ)政治家は歴史が評価する大仕事を http://goo.gl/BPM3p 】
私は標題の「歴史が評価する大仕事」を実践する経営者として永守さんに、同時に実践する政治家として石破さんに大きな敬意と期待を表する者です。政治家に限らず特に大企業経営者がその歴史的大仕事に挑戦するべきことには全く同感、否、寧ろ社会貢献の視角ではそれは彼らの「中核的責務」だと思います。

然し各論レベルで、此処での永守論には異論あり。
私は永守さん同様09年の衆院選で「政権交代が‥日本を変えてくれると期待して」民主党に投票した口ですが、その直後から一貫して大反省時に後悔し続けている。須らく物事は多面的で複雑なのであって、先の普天間然り、TPP然り、税と社会福祉の一体改革然り、消費増税然り、野田政権に限らず未熟で歪んだ民主党のやる事は全て「看板と中身」「目的と手段」「手段の順序」に大きな齟齬と間違いがある。その齟齬と間違いがある限り、野田流消費増税は永守さんご期待の「美しい看板」どおりの結果は齎さないと。
税率は上がるが税収は下がり、財政再建は遠退くだけだと。某氏の名句「増税より増税収」に反している。
須らく「無いものねだり」は時間とエネルギーを無駄にし、停滞を加速する。

今の政治状況で「歴史が評価する大仕事」を挙げれば、最大の事績は石破さんの信念である「駄目さ競争の選挙からの脱却」と「善き政権交代」でしょう。そのための準備である「善き政界再編」も歴史が評価する大仕事に違いない。
「善き政局」などを経て、国家国民が「善き誰か」を得れば、政策的な「歴史が評価する大仕事」は自ずから続々と生み出されるに違いないと。
草々

投稿: 小倉 摯門 | 2012年2月 1日 (水) 10時33分

石破先生

谷垣総裁の質疑答弁を録画で見ました。
感想ですが・・谷垣総裁の仰る事は国民目線で言えば尤もであり仰るとおりなのですが、質疑内容としてはイマイチだったかと思います。
あんな質問をすれば野田総理からどんな回答がされるか想像に難くありませんし、回答内容も全く予想通りでした。

もう野田総理の不誠実さは十二分に判っているので、総理の答弁時間中はもうお腹いっぱいな感じでした。。こんな詭弁がまかり通っているようでは世も末ですね。

投稿: ぱなとりん | 2012年2月 1日 (水) 11時13分

石破先生、お疲れ様です!!
13時43分

玄葉 斉藤議員の発言に、バカ!と口が動いたのがテレビで写りましたが・・

民主党、最高です!!

最高にくだらない!

投稿: 浅草の支持者 | 2012年2月 1日 (水) 13時50分

お疲れ様です。
石破さん、国として広報できるかどうか分からないのですが、最近高齢の方があり得ない利率の投資話に何百万も何千万も出資してだまし取られるという報道が続いています。オレオレ詐欺や新手の詐欺も横行しているようです。
例えば「騙されないで!」と新聞やテレビなどで流せないのでしょうか。
せっかく貯めたお金を騙されるなんてもったいない。

詐欺にあうぐらいなら、医療費などをもっと負担してもらったり、同じ世代で助け合うなり、少しでも消費に使うなりしてくれればどんなに有り難いかと思いますが。

話は変わりますが、今日の予算委員会の録画を見たのですが、介護保険料の負担を40歳以下にまで求めたら怒りますよ。ただでさえ世代間格差が言われているなか、あまりにも給付と負担のバランスが崩れると、誰も払ってくれなくなりますよ。
今後の選挙は、一票の格差だけでなく、投票年齢の偏りを直さないといけないと思います。
成人をしていない子を持つ親には子供の人数分の投票券を与えるとか。
日本の将来を次の世代に託す気があるのなら、もうそろそろ若者〜中高年の意見が反映されるような選挙や政治をしてください。

投稿: マミ― | 2012年2月 1日 (水) 20時51分

こんにちは。

私は、石破さんを支持する立場のものではありますが、正直自民党への期待は薄れかけています。というか、私と同じように感じている人は多いのでは。
また、さすがに石破さんの自己反省の弁にも飽きてきました。
「なにも好きで民主党に票を投じたわけではない。自民党の国民を軽視した姿勢に嫌気がさして一度代わってもらいたいと思ったのだ。自民党はどう変わったのか、自民党ならどうするのかをはっきりと示せ」
まさしくその通りですが、はっきりどころか微塵も示せてないですよね。もっとも国民にわかりやすく自民党の変化を示せるのは「元首相の以降の選挙での公認はしない。院政・長老支配からの脱却」なのですが、新聞をみると未だに某元首相がしたり顔で政局を語ったり、また別の某首相は、先進国でこの50年、否、戦後まで期間を延長してもまともな先進国では例のない「国政選挙で勝ったことのない首相の再登板」を目指して派閥活動をしたりしている。
ちなみに私は国政選挙云々は別にしても、一度国民から不信任された首相(大統領でもいいのですが)が再びその座についた例を知りません。不勉強で申し訳ないですが。ただ、民主主義のルールからもありえないことだとは言っておきます。
本題に戻りますが、いくらお飾りの改革委員会をつくって提言させても、党にそういう気持ちがないのならなんの意味もありません。やめたらどうですか。やらない改革案を出させても仕方ないでしょ(笑)。
TPPの問題にしたって、消費税増税の話にしたって「党内が混乱する状況を避けるために、党内討論もされない」状況がずっと続いてますよね。増税は避けられなくても、デフレ下の現在はどうかみたいな建設的議論も聞いたことがない。情けないです。
しっかりして下さい。

投稿: 現実的 | 2012年2月 1日 (水) 23時25分

ニューズウィークから

http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/02/post-393.php

なるほどなflairとは思いましたsnow

投稿: 山口健二 | 2012年2月 2日 (木) 00時04分

石破先生、お疲れ様です!!
まだ、見守りますか?

シロアリに魂を売った豚を?

投稿: 浅草の支持者 | 2012年2月 2日 (木) 02時20分

石破議員殿
連続する沖縄防衛局長の不祥事を見て、基地移転問題の本質が初めて見えた気がします。
防衛省は沖縄をバカにしている。でなければ、あんな人間的レベルの低い者を派遣するはずがない。発言、行動、マスコミ対応、面談態度、上部組織との調整手腕など、どれをとっても民間企業の役職者では考えられないお粗末さ。沖縄が今までどれだけ我慢してきたのか、想像するだけで暗澹たる思いになります。
あんな連中が幹部になっているということは、自民党も石破議員も今まで防衛省を甘やかしてきたのではないか?
石破議員の本件に関する見解をお伺いしたく、お忙しいとは思いますが、ご検討をお願いします。
以上

投稿: BET2 | 2012年2月 2日 (木) 07時21分

石破先生、初めまして、よろしくお願いいたします。

私は今の体たらくしている民主党に代わって、自民党に政権を奪還してもらいたいのですが、しかし自民党が平成5年8月4日、宮沢喜一内閣の時に出した河野談話の白紙撤回を求めます。
それと平成7年8月15日に自社さ連立内閣で出された村山談話を自民党は容認しましたよね。
こういった自虐史観、加害史観を日本国民に洗脳し続けているのは、日本人にとってよろしくないのではないかと懸念します。
「村山談話を支持したのは間違いでした」と認めて国民に謝罪するべきです。

日本政府が中国や韓国の反発を恐れて、教科書修正に応じたり、日本のリーダーである総理大臣が8月15日に靖国神社に公式参拝が出来なかったり、従軍慰安婦、強制連行、植民地支配を事実と認めのは、いかがなものかと思います。

竹島奪還、北方四島の返還、北朝鮮拉致被害者を取り戻す事もやるべきでしょう。。

自民党が純正たる保守政党として再出発を考えておられるのなら、今の谷垣総裁のようなお考えの方が党首では駄目でしょうし、今の自民党には右派、左派と政治思想や理念が違う議員が混在しており、保守政党とは呼べません。

外国人参政権、人権擁護法案、夫婦別姓、女性宮家創設を阻止していただきたい。

今秋に自民党総裁選が始まるので、そこで石破先生が総裁に立候補して、自民党が保守としてのスタンスを内外に示していただきたく思います。

谷垣総裁は出来ればご自身が総裁任期中までに、内閣不信任案をつきつけて解散・総選挙に追い込み、選挙に勝ち民主政権に引導を渡し、総理大臣になりたいのだと思います。
谷垣総理の誕生によって一体、日本の何が変わるんでしょうか?

自民党の末期は酷いものでしたよ
選挙対策の為に、野党の反発を恐れて仲間の閣僚を引きずり降ろしたり、党内の派閥争いといった事が国民の目に明らかでした。
自民党がどれだけ国民を失望させたのか、「自民党が駄目だから民主党に政権を任せてみようではないか」となったんですよね。

左派の方々には自民党から出ていってもらいましょう。
純正たる保守政党・自民党に期待したく思います。

生まれ変わらなかったら何のための政権奪還したのか意味が無いのです。

今、保守政党といえるのは国民新党とたちあがれ日本だけですよ。
3月までに自民・民主から70名ほどを誘ってるみたいですが、自民党は一体、どうするんですか?

純正たる保守政党を目指すなら、むしろ自民党が今からでも攻勢に出て、たちあがれ、国民新と話し合い併合し、民主100名以上いる右派を離党させ、自民党に加える(復帰させる)べきだと思いませんか?
そうすれば民主政権なんて来月にも無くなり自民が政権与党に返り咲く事は出来るんじゃないでしょうか。?
保守政党に売国的思考の左派なんて不要ですし、保守の足を引っ張るだけです。

リベラル、左翼ばかりの今の日本はいずれ沈没する事でしょう。
天皇制廃止を考えてる国会議員がいる事にゾッとします。
国民が「日本人で良かった」と民族と国に誇りを持てる強い日本に戻すべきです。

投稿: 邪馬台国 | 2012年2月 2日 (木) 11時39分

今晩は… 皆さんの書いていらっしゃる文が?プロ過ぎて私は恥ずかしい限りですが! 新潟県は大雪で、増税も復興も、忘れてます。 石破氏に泣きついても、仕方ないのですが(笑)失礼しました。 予算委員会め雑用しながら、視聴しましたが、(笑)ました!田中直樹氏!恥ずかしい!新潟県人として恥ずかしい!残念

投稿: ハルヒ | 2012年2月 2日 (木) 20時52分

自民党は今後消費税を10%まで上げると公約して選挙を迎えましたが、今のような金融危機が起これば現状維持のままだったと思います。
民主党は消費税を上げる公約をしていませんが、最近盛んに上げるための屁理屈を言っています。子供手当てに続く最低年金保障はバラマキの何物でもありません。不景気を利用した年金を払えない低所得者層の票集めでしょうか?

投稿: (^-^) | 2012年2月 3日 (金) 03時44分

谷垣総裁が民主党のマニュフェスト違反を理由に、声高に解散を迫るのは、全く理解できません。果たして過去の自民党政治が、選挙公約を真面目に守り、実行して来たと言える資格があるのでしょうか。
こんな主張は不毛であり、国民に希望や安心をもたらすとは、とても思えません。私達が聞きたいのは、この国の将来をどの様に考え、生活の安定と安心を、どの様に成し遂げて行くかであり、真摯で不退転の姿勢と決意を、示して貰うことです。
現状の閉塞感や不安感、巨額の財政赤字は、バブル崩壊直前から現在に至る迄の、政治政策や経済政策に、大いに問題があった(=自民党政治)ことは、疑い様がありません。
今必要なのは、政治の変化や大胆な改革を進められる「政治家」であり、目先の票や金のために、既得権益の擁護に奔走し、色目ばかり使う、国益を省みない「政治屋」ではありません。
アメリカで上場申請をしたフェイスブックの創業者は、現在30才前後の若者で、僅か8年程でNTTと同じ資産価値の企業を、育て上げました。過去を振り返ればマイクロソフトしかり、例は幾つもあります。アメリカに出来て、何故日本には出現しないのか。政治家は国民の代表として、こんな素朴な疑問に、明解に答えられるだろうか。
今後これを政治的課題として、更には国民的な課題として大いに議論し、何らかの方向付けが出来れば、希望への一歩となるのではないでしょうか。

投稿: seizan | 2012年2月 3日 (金) 10時36分

どうせ答えられないだろうってことで陰険な質問してるが多いですよね。

客観的に国会中継見たことありますか?

国民の税金を使ってやる内容でしょうか?

外国諸国に胸張って見せられる内容ですか?

いくら民主党が無知無能であったとしても、国民の税金使ってやる内容ではないと思いますけど、いかがでしょうか?

無様な国会中継晒しているのは民主党の性だけではなく、野党が無意味・非建設的な質問に無駄なこだわっていることも原因でしょう。
そろそろ国民の信用を得るような国会運営を野党としても心がけた方が良いのではないでしょうか?
もう無駄でしょうけどね。


ちなみに私は民主党も、自民党も消えてなくなればイイと思っています

投稿:     | 2012年2月 3日 (金) 11時02分

石破先生

美しい国日本
中福祉中負担
最小不幸社会

これらは、時の総理大臣が「日本丸」を動かすとき目指すべき目的地を定めたものです。
(一部、最低なものもありますが、一応目標です)

野田氏はなんと言ったか?

私はそういうことは言わない。
国民が好きに決めればよい。

そう言った内容の発言をされました。

つまり、彼は、「日本丸」の運転をするのに「行き先」を決めなかったのです。

それが今の「迷走」「行き詰まり」の根元です。

船に穴があいたから修理する。
荷物が重いから捨てる。
船員が争っていては船が進まないから平等に扱う。
燃料が足りないから運賃を改めて回収する。


では、そういう事をやった先、どこへいくのですか?

彼にはそれが一切ありません。


一体、彼は何のために、何をやりたくて総理大臣になったのでしょう。
彼の、政治家としての理念、国家観が分からない。
恐らく、誰にも伝わっていない。
だから、大臣も、官僚も動きようが無いのでしょう。


大阪と比べて良いか分かりませんが
府職員、市職員は、住民にとても評判が悪かった。
怠慢なのに高給取り。
市職員は特に、越権行為で職員組合やりたい放題、人事にも口を出す、
逮捕者多数出。

こんなやつら、いくらトップが変わっても働かないだろう。
そう思っていました。

しかし、今は、橋下市長の下で、市長本人も大誤算の大変優秀な仕事ぶりを発揮しているそうです。

要するに、官僚が国民のために動くかどうかは時のリーダーによる。

そう言うことなんだと思います。

今、官僚がもの凄い暴走しています。
予算も要求し放題、
自公政権で通らなかったものもどさくさに紛れて通そうとしています。


これは、やはり、リーダーが官僚を掌握する器量が無いのでしょう。

大事になる前に、さっさと選挙したほうが国の為だと思います。

しっかりした理念、国家観を持ったリーダーをいただきたいものです。

投稿: mike310mi | 2012年2月 4日 (土) 02時13分

民主党の樽床伸二、自民党の田野瀬良太郎両幹事長代行らが1月30日夜、都内で会談し、その席で「代1党から首相を代2党から副総理を」という話しがされたそうですが事実でしょうか?自民党は現政権の基本政策を認めるという事になると思いますが、そのように捉えて結構なのでしょうか?私はこの状況を打開できる可能性を持っているのは自民党だと思っておりましたが、もしこのような事が実現したのなら自民党支持を辞めさせていただきます。そして日本という国家を諦めます。石波さん自身はどのようにお考えなのか是非お伺いしたいと思います

投稿: 柴田広行 | 2012年2月 5日 (日) 19時01分

まさしく、石破先生がおっしゃるように、今現在の自民・民主には次期政権を託せるほどの国民の信頼を得られるのは、非常に難しいでしょう。 どんなに素晴らしい政策を掲げようとも、どんなに意外な人物をトップリーダーとして立てようとも、忌まわしい利害なき国民の票の多くを獲得することは、至難の技であると感じられます。 このままでは、企画政党とも言える維新の会に政権を奪われることも、まんざら夢物語ではないような気がして止みません。 やはり、国民の信頼を得られるべきなのは、この混迷政治の中で「国民のため」一本槍を貫き通している政治家の方々だと思います。 正しいことを述べ、間違いを間違いであると正面から大きな声で語ってきた政治家。 万が一、党派を越えてそうした政治家の先生方が新党を立ち上げたなら、私は間違いなく国民はその舟に乗ろうとすると思うし、その時こそ、何十年とかけて荒廃してきた我が日本国の政治というものは飛躍的に強く正しいものとなり、元来勤勉な国民は未来を強く信じられるようになり、生産力やマーケット力が再び甦り世界のトップリーダーとなる可能性は十分にあると思います。 それを、是非とも石破先生にやっていただきたい。 そして、出来

投稿: 米澤 | 2012年2月 7日 (火) 19時26分

岡山のコンビナートでトンネル崩落事故が発生してますが、太平洋戦争の時の水島空襲の影響ではないでしょうか?もしも給油等で停泊した軍艦を標的に落とされた爆弾が的を外れ川底で爆発したため、川底の岩が衝撃波でもろくなっていたのでしょうか?

投稿: (^-^) | 2012年2月10日 (金) 04時50分

先日、福島第二原発の格納容器が立ち入り公開されてましたが、今回の地震に耐えた安全証明ができたと思います。
各地で復興のメドがたってますが、後は時間が解決するでしょう。被災者も春夏秋冬が過ぎ一通りの備品は集まり、もう大きな心配は無いと思います。政府の方も復興を理由に政策が進まないなどと言えなくなります。

投稿: (^-^) | 2012年2月10日 (金) 05時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/53844174

この記事へのトラックバック一覧です: 施政方針演説など:

« 東京の初雪など | トップページ | イシバチャンネル第十六弾 »