« 予算委雑感、芦田修正など | トップページ | 審議を通じて思う »

2012年2月17日 (金)

質疑を終えて(旧条約など)

 石破 茂 です。
 
 予算委員会での久しぶりのテレビ入り質問が終わりました。
 田中防衛大臣を相手に質問を組み立てるのは実にしんどい作業です。やっていて虚しいことこの上ないのですが、自民党なら何をやるかを明確に示したうえで、何か少しでも生産的な議論となるよう、心がけたつもりですが、判断は皆様方にお任せいたします。

 本日の議論では、今年で発効60周年となるサンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約(旧)を基調テーマとして使いました。
 宮沢俊義教授や佐藤功教授の教科書を久々に読み返し、私が心から尊敬し、いろいろなお教えを頂いている佐瀬昌盛教授の「集団的自衛権 論争のために」(PHP新書)も随分と参考に致しました。
 佐瀬先生の本は現在では絶版になっているようですが、何度読んでも新鮮かつスリリングな味わいのある名著です。簡単な本ではありませんが、ご一読をお勧めいたします。

 それにしても、予算委員会筆頭理事がこんなに時間的に拘束される仕事であるとは知りませんでした。
 朝8時の野党理事懇談会から始まり、理事会、9時から午後5時までの委員会にずっと座っているのは容易なことではありません。
 「内職」と称する資料読みをしていると委員会の進行が分からなくなってしまうのでそれも全く出来ず、こんなことなら閣僚席に座っていた時の方が楽だったのではないかとまで思ってしまいます。
 何事も経験、と割り切る他はありません。

 週末18日土曜日は山口俊一代議士の新年互礼会で時局講演(午後2時・阿波観光ホテル・徳島市一番町)。
 19日日曜日は地元で自民党鳥取県第一選挙区支部役員会(午前11時・ホテルモナーク)、鳥取大学附属小学校同窓会(午後一時・白兎会館)、八頭町郡家地区後援会(午後2時・郡家公会堂)、自民党東郷支部新年会(午後4時・河本魚店)、湯梨浜町上浅津地区後援会(午後6時・上浅津集会所)という日程です。

 寒さ・豪雪が続きます。お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 予算委雑感、芦田修正など | トップページ | 審議を通じて思う »

コメント

お疲れさまでした!

雪になりましたね。
ご自愛ください^^

投稿: mrmr | 2012年2月17日 (金) 21時04分

石破さん
【新鮮かつスリリングな味わいのある】とお薦めの≪佐瀬昌盛教授の「集団的自衛権 論争のために」(PHP新書)≫を、早速注文しました(中古本です)。到着が楽しみです。

処で、私は予ねてワクワクすること、刺激されること、Motivateされることが好きだとは解っていましたが、今回「スリリングな味わい」を厭っていないことを知りました。
老爺には、一寸危険かも知れない(笑)。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月17日 (金) 21時09分

本日の予算委員会における石破議員の質疑の一部始終を視聴しました。能足りん「田中」氏を相手の質疑は、不謹慎ではありますが、漫才でも見るかの如くで、おかしなものでした。自民党が政権についた暁にはこうする、という明確な政策論を開陳されたことは、さすが石破先生でした。このような明確なメッセージを事あるごとに国民に発信していくことが、国民の自民党への信頼感を醸成していくことになると考えます。頑張ってください。

投稿: 藤木  潔 | 2012年2月17日 (金) 21時15分


お疲れ様です。
昼飯時に少し見るつもりが最後まで聞き入ってしまいました。
お身体に気をつけてください。応援してます。


F35の話、またの機会にと最後に仰っていましたが、楽しみにしています(笑)

投稿: Kei | 2012年2月17日 (金) 21時35分

大変お疲れ様です。
予算委員会、大変良かったです!!

予算委理事は大臣などとは別な意味で大変なんですねえcoldsweats01

佐瀬昌盛先生と言えば産経新聞に時々、コラムを書いておられたような。
お勧めのご本、図書館などで探してみますねbook

投稿: hinomoto | 2012年2月17日 (金) 21時54分

石破先生

 こんばんは。HALです。
前のブログコメント欄にも思いのたけを書いたのですが、今日の質疑は、心に訴えるものがありました。
数回見て、議論の内容をよく咀嚼しようと思っています。

筆頭理事、大変な職務だとは思うのですが。
石破さんを応援する身としては、いつも画面の端にお姿が見えて、ちょっと嬉しいのです、ふふふふふ(*゚ー゚*)

投稿: HAL | 2012年2月17日 (金) 23時25分

田中先生はある意味卑怯だよ。だって話が通じない宇宙人みたいだもん。そりゃ石破先生お辛いでしょう。先生心中お察しします。

投稿: シン | 2012年2月17日 (金) 23時46分

連日のハードスケジュールお疲れ様です。

30台の会社員です。

震災からもうすぐで1年が経とうとしています。

被災された方々の一日も早い本当の意味での復興を切に願っております。

街や物の復興も遅々として進まず、今回の震災被害の深刻さに愕然とするばかりです。

本当の意味での復興とは、物理的な事以上に、被災された方々の受けた心の痛みや悲しみ・・・それらは決して消える事は無いと思いますが、なんとか前を向いて行ける様になる事だと思います。

震災以降いつも考えている事があります。

普段私達が何気なく生活している基盤となっている尊い事柄。

当たり前過ぎてそのありがたさに気付いていない事。

それは「安心」「安全」「安定」という事だと思います。

人々が平和に生きていくために保全されるべきこの3つの事が最近ゆらいで来ていると本気で思っています。

そもそも「安心」「安全」「安定」とは何かという事を最近ずっと考えています。

以下に私が思うこれらを書きたいと思います。

「安全」とは・・・

・防衛としての安全(他国に侵略されないという事 戦争をしないという事)
・天災・人災に対しての安全(災害や犯罪、事故事件に対しての対策)
・食糧の安全(食糧安全保障含めた飢えへの対策)

「安心」とは・・・

・健康・医療の確保(皆が等しく公正な医療を受けられるという事)
・居住環境の確保(風雨や暑さ寒さから守られるという事)
・コミュニティーの確保(何かあった時に他の誰かに助けて貰えるまたは助け合えるという事)

「安定」とは・・・

・安定した収入(安定した雇用環境があるという事)
・安定したインフラ(生活の基盤が整備されているという事)
・安定した教育環境(人が人として生きるために必要な事柄を学べる環境があるという事)

これらには優先順位があって、まず「安全」の確保が最優先です。そしてその次が「安心」、そしてこの「安心」「安全」を継続させるために「安定」が必要になってくると思います。

1年前の震災で、これらの多くが崩れてしまいました。

震災から一年経った今でもそれらのいくつかはまだ被災地では確保されていません。

震災以外でも尖閣諸島や普天間基地の問題、TPPについて等でこれらに対する危機感の薄さを自覚する事が多くあります。

一度壊れてしまった物が中々修復出来ないという状況・・・これはそれらを保持していく力が今の日本には無いという事を意味するのでは無いかと思います。

特に私の世代やそれより若い世代には、私も含めて危機感という物が決定的に欠如していると思います。

全ての物が生まれた時には既に揃っていて、それが揺るぎないと何の根拠も無く思ってしまう・・・

だから政治に対して無知で社会に対して無関心でいられる・・・

これってスッゴク楽で無責任で他力本願な行き方です。

普段当たり前になっている「安全」「安心」「安定」を如何に確保し継続的に保持しうるか・・・

それについて、政治はどうするべきかの意見をちゃんと一人一人持っているか・・・

私は今一度これらの事について本当に真剣に一人一人が考えて行かなければいけないと思っています。

政治が悪いだの、景気が悪いだの、人のせいにせずに、一人一人がきちんとした考えをもって行動する。
そうする事で政治や社会は自ずと変わって来る・・・これが国民主権の国家です。

今の政治がだらしないのは一人一人の国民の責任に他ならないと思うのです。

震災で多くの方々が様々な物を失い、それに全く対応しきれていない日本の国の力をまざまざと見せつけられ、1年経った今もその状況が続いている・・・

この事から我々は大きな事を学ぶべきだし、襟を正すべきです。

そうでなければ、次の国難が訪れた時に本当に日本は沈没してしまうかもしれないと思うのです。

繰り返しになりますが、震災にあわれた方々の一日も早い本当の意味での復興が訪れる事を切に願うと共に、それを実現しうる、また今後起こるであろう国難に耐えうる国とするために一人一人が何をすべきかを真剣に考えるべきだと自戒を込めて強く感じています。

上記の視点でしっかりと今後の先生のご活躍を見させて頂きたいと思います。
長文失礼致しました。

投稿: ヘタレ | 2012年2月18日 (土) 00時08分

今日(昨日ですね!)の質疑おつかれさまでした。相手が幼すぎてせっかくの時間がもったいなくて気の毒でした。国家の最高機関での返答とは思えないレベルの発言しかできない田中大臣には辟易いたします。危機意識のないことこのうえない。やはり、野田氏の任命責任は重いものがありますね。
しかし、自民党には今のこの野党の時期でしかできないことがこと防衛に関してはありそうな気もいたします。おバカっぷりがあまりにも酷い民主党がいかに浅知恵であるかをビシビシ巧みに叩いてくださいね。
どうぞお身体をご自愛なさって日本の未来のためにお仕事なさってくださいね。
期待しています。

投稿: りんりん | 2012年2月18日 (土) 00時50分

 すこし、言葉ジリ弱くなられましたね。

 体調お気を付けてください。応援して

 おります。

投稿: gamigaim | 2012年2月18日 (土) 02時19分

私は石破さんの大ファンです。いつも陰ながら応援しています。

今日の国会の質疑を見て、石破さんに大変感動致しました。尊敬の念も一層高まりました。
ただ、質疑の内容以外のことで大変恐縮ではありますが、どうしても一言申し上げたいことがあり、ここにコメントしてよいものか悩みましたが、他にどの方法で申し上げたら石破さんへ届く可能性があるのかわからなかったため、ここにコメント致しますことご容赦下さい。


今日の国会の質疑はTV中継されていますので、アップで御姿も映りますし、もう少し身だしなみを気にかけて頂けたら…と、石破さんの大ファンなだけに、今日の中継を見て悲しく思いました。


今日の質疑の際、石破さんのスーツの肩や襟にフケがたくさん落ちているのがとても目立っていました。体調が悪かったり、ストレスからもフケは出てしまうと聞きます。しかし、あまりにも目立っていましたので、悲しく思いました。本当に石破さんの大ファンだからこそ、TVに映る以上、清潔感には少しでも気にかけて頂けたら、嬉しく思います。

まだまだ寒さが続きますので、くれぐれも御体御自愛されて下さい。今後も石破さんを応援し続けます。

乱文で、拙い文章で、本当に申し訳ありませんでした。


投稿: 福岡県 26歳 女性 | 2012年2月18日 (土) 02時24分

本日の質疑を拝見しました。たいへん緊張感のある、内容の濃いやりとりだったと思います。

自衛隊に関して、政府はいわゆる芦田修正を根拠にしていない、とのことなのですが、何度聞いてもよく分かりませんでした。簡単に言うと「芦田修正があろうとなかろうと、そもそも自衛のための実力行使は憲法も禁じていない。よって必要最小限度にとどまる限り自衛隊は合憲なのだ」ということなのでしょうか。

でも、その解釈に立つと、マッカーサー草案で「自衛も含む一切の戦争を放棄する」と書かれていたこととの整合性は、どう説明すればよいのでしょうか。マッカーサーや一時期の吉田茂は、明らかに自衛権をも否定した「無抵抗主義」に立脚していますよね。(それは国際連合が機能することが前提だったのでしょうけど、現実は米ソ冷戦によってそうならなかった)

草案段階では禁じられていた自衛権が、施行された実際の憲法典では禁じられていない、とするならば、どの時点で、どうやって「自衛権」が認められるに至ったのか。

芦田修正の説を採用すれば明快に説明できますが、今の政府見解に立つとそこの部分の説明は極めて難しくなると思います。

もっとも、内閣法制局というのはそもそも法文のみを解釈対象とし、その立法過程に踏み込んだ判断は示さないものなのでしょうけど。

投稿: 山川草一郎 | 2012年2月18日 (土) 02時26分

石破先生、お疲れ様です!!
久しぶりに勇姿を拝見しました!

空虚では有りませんか?

言葉を巧みに被せる事に終始していた同期生を目の前にして?

信念を肌で感じましたか?
適材適所?不退転の決意?
何も答えない婿殿に日本の国防は大丈夫ですか?

3党合意を無視する政府に当事者がいますが役が変わると合意は反故になるのですか?

新任早々に勝手な解釈をするゴミ山は年金を解決出来ますか?

数学脳を持った人が居ないと感じていますが、如何でしょうか?

オキナワとフクシマは、日本の外国ですか?

真っ当な石破先生の質問に対して返答から上記の様な疑問しか浮かんできません!

政治と金の集中審議のターゲットは、一人でしょうか?2人、閣僚から豚が逃がしましたから!

楽しみです!!

投稿: 浅草の支持者 | 2012年2月18日 (土) 03時12分

 先日賀露のカニフェスタで握手してもらえて感動しました。
 予算委員会での田中大臣への質疑は田中大臣があまりにも袋叩きだったので少し可哀想と思いました。
 大臣という要職がたった1ヶ月で優秀な答弁ができるようになれるとは思わないからです。
 アメリカとかで「就任後100日は叩かない」みたいなのがありますが、日本でもそういう空気が欲しいと思います。
 特に石破先生のようなスペシャリストであれば知識を分けてあげるとか助け舟をこっそり出してあげるとかしたらいいのにな。って思います。
 今度鳥取で市民とふれあう機会があれば是非行きたいと思っています。
 お疲れの出ませんように。

投稿: 諸葛苺 | 2012年2月18日 (土) 05時48分

やっぱり凄くお疲れになる役なのですね。

予算委員会を見てればいつも石破さんのお姿がチラチラ映ってくれるheart04ので、個人的には嬉しいのですが・・・coldsweats01
残念ながら石破茂という政治家の、大事な時間を費やしても惜しくない程の議論が行われてるわけでもなく、見ていて切なくなります。
こんなどーでもいい話(と言っては怒られてしまうかも知れませんが)やるのに石破茂を座らせておくのはもったいない!もっと他の事に時間を使って頂きたい・・・といつも思ってしまいますweep
(カメラアングル上、うかうか気も抜けない席でしょうしeye

ホントに・・・もったいないですdowndowndown

鳩山、菅、野田氏・・・
石破さんの熱い思いは全く伝わってないみたいですね。
逃げ道を作った発言ばかりで、どこが「真摯」なのかとannoy

投稿: painas | 2012年2月18日 (土) 06時28分

石破先生の存在は私達の希望の星です。先生は抜群な人気と実力を兼ね備えた貴重な存在ですので、他の議員から邪魔されたり潰されたりすることも多く悔しい思いをされることも多いのではと思います。徳川家康のように黙って時期を待ち、江戸幕府のように安定した日本を作って頂けることを願っています(*^o^*)

投稿: めるも | 2012年2月18日 (土) 09時57分

石破先生の存在は私達の希望の星です。先生は抜群な人気と実力を兼ね備えた貴重な存在ですので、他の議員から邪魔されたり潰されたりすることも多く悔しい思いをされることも多いのではと思います。徳川家康のように黙って時期を待ち、江戸幕府のように安定した日本を作って頂けることを願っています(*^o^*)

投稿: めるも | 2012年2月18日 (土) 09時57分

国会審議拝見しました。

「震災から学んだもの3点を挙げて下さい」
という先生の質問に対し、防衛大臣の、官僚答弁棒読みのうえ見当違いな回答にはため息が出ました。
職場の皆もなぜこの人が防衛大臣をやっているのかという意見が大半でした。
正直、かわいそうな気もするのですが、国民の生命に直接関わるような審議に追求の手を休めてもらいたくありません。
総理には早く決断してもらいたいと思います。

今回の討論を見て、国家の根底をどのように考えるべきなのか、という先生の強い信念がテレビ越しに伝わってきました。
国家の三要素と呼ばれる「領土」「人」「権力」今回の討論は、まさしく、この根底部分に関わるものであったと思います。
逆に言えば、我が国はいくら豊かになったとはいえ、国家の基礎となる部分が確立していないのだと感じました。
これまで平和に過ごせてきたのは米国の影響であることに間違いありません。
国家が国民を守らない(守れない)国家の体制など正しいはずがありません。

国家の基礎法たる憲法が保護しているのは国民の基本的人権にあるわけですが、これらの要素から導かれるものこそが主権であると思います。
私は日本という国が好きです。
私は、現在の憲法が米国の押しつけ憲法といわれながらも実は好きなのです。
世界中多くの国において飢餓、貧困、人権侵害などの問題があり、人が人として持つべき権利さえ与えられない国があるなか、日本国はこれを与えてくれます。

憲法典は国民と国家との契約書であるはずです。
現在の契約内容は概ね納得できるのですが、一部分だけ納得できない内容があります。
それは「9条」です。
この内容は主権を著しく制限(ほとんど放棄)し、すなわち、国民を守ることを放棄しているようにしか見えません。
これは契約違反です。

それにしても滑稽なのが、与野党の審議を聞いていて(共産党は置いておき)多くの人が、「国軍」の必要性を明確に認識しておきながら、腫れものにさわっているような感覚を感じてしまいます。(デリケートな問題であることは充分承知しています。)
「昔の兵隊さんでいうところの」などの表現を見ると、今も昔も本質は変わらず、自衛隊の本質は国軍です、国軍は必要なのです、と感じてしまいます。

私には、日本国という巨大な相手にこれを変える力がありません。
私一人の意思では小さいものですが、同じ考え(近い考え)を持つ一人でも多くの国民の意思が石破先生の元に行き、改善されるよう切に願うところであります。
「普通の国の形」に・・・・

投稿: sakurai | 2012年2月18日 (土) 10時11分

十数年前から、先生の普通なお考えに期待をしており、尊敬いたしております。
先生が噛み砕いて質問なさっても、素人議員さんが大臣である限り議論にはなりませんね。
私たちは、今ここ日本に先生がおられる事に安堵しております。頑張って下さい。

投稿: 谷川 孝三 | 2012年2月18日 (土) 16時20分

生活保護制度の欠陥について

 生活保護は
 自分が住んで
 いるところとは
 別の住所で
 通帳を作り、全財産を
 そこに移せば
 だれでも
 受給可能な状態に
 なるとの話を
 聞きました。
 
 あまり、民主党や銀行は
 この問題を解決する
 気がないようです。

 いっそのこと、生活保護
 受給者に総背番号制の
 導入を提案しては?

 国民の義務たる、納税が
 できないのですから
 (公民権停止はやりすぎ
 でしょうから)当然、
 より不正に対して
 監視を強めるべき
 対象かと。

それにしても、民主党の
経営者についての無知には
頭がさがります。

きっと、無職の人 100人が
あつまれば、誰がトップでも
黒字の会社ができると
考えているのでしょう。

パートタイム労働者の件、
円高対策の件、対応を見るたび
その思いを強くします。

あと、民主党の閣僚が
やらかした後のコメントの
最後にある皮肉
(自民党時代からやっていた等)

全部、仙石フレーバーを
感じるのはわたしだけでしょうか?

では、インフルにはお気をつけて
解散・総選挙に向けて
がんばってください。

投稿: あかあか | 2012年2月18日 (土) 17時14分

先生、昨日の委員会お疲れ様でした。改めて日本国憲法が時流に合わず、又極めて脆弱な政権与党と共に、他国へ与える印象を軽く、悪く言えば舐められる最悪の状況にあると、先生の質疑で納得出来高出来た感があります。危機的状況に近いこの国であると緊張感が伝わって来ました。沖縄の米軍基地の存在意義一つにとっても何故今の状況にあるか、更にクリアになったと思います。今後の政権与党にはやはり日本国民の生命財産等を確固たる防衛理念の基に憲法改正の再構築をして欲しい。売国奴政権を一掃するのが次回の衆院選でもあると思います。時間は有る ようで有りません。先生が訴え掛けるしか無いのかなと思いますが。

投稿: 畠山敏三 | 2012年2月18日 (土) 19時44分

委員会等での議員の質問、発言には正直ガッカリです。相手があれだからと言う理由での内容には解る気もしますが、建設的な議論を求めます。今の自民には失望です。
解散要求しかしない総裁、親父の顔色を伺う幹事長では頼りない…
議員の世代が長老を蹴落とさないと駄目ですよ。悲しいけどそれがきっかけで民主も変わるでしょ。あの党には自浄能力ないので…

投稿: ミヤガワ | 2012年2月18日 (土) 19時52分

こんばんは。
自民党が与党から転落してしばらくたちますが、
自民党の党是は何か?
何の為に合併したのか?
を考えて原点回帰すべきだと思います。
今の自民党、野党時代の民主党と同じ。
自民党全議員、全党員で今少し、
自民党の党是と何で合併したのか?を真剣に考えて欲しいです。

投稿: パグ犬 | 2012年2月18日 (土) 20時53分

お疲れ様です。

田中防衛大臣との質疑、拝聴しました。

どうも【ぬかに釘】【のれんに腕押し】みたいです。

田中大臣の発言で
『。。。と聞いております』
のフレーズが鼻(耳)について仕方ありません。
自主性の無さを感じずにはいられませんでした。

投稿: シンプル ライフ | 2012年2月18日 (土) 21時58分

こんにちわ
@自民党なら何をやるかを明確に示したうえで
無知な私でさえ、何が問題で何を議論しているのか少しは理解出来て良かったと思っています。

国会で政府に対して自民党は対案を示しながら、何がダメなのか厳しく追及し、自民党の意見を提示し議論して頂きたいと願います。
ダラダラと難しい言葉を並べたり自我自賛にテンポも無く何をしゃべっているのかわからない質問や、適当な誤魔化しや応えられない状態の答弁などだるいだけです。


「民主党を選んだ国民」の民度が低下しているのでは無く、長く政権を担ってきた自民党の古い体質や政治家としてのレベルの低下が、「民主党を選ばせた」本当の理由です。
皆さんお分かりだとは思いますがw

今自民党は、“長く政権を担ってきた野党”なのですから、他の野党と同じレベルで「反対反対」ばかり言っても国民は冷めるばかりです。
批判ばかりで無く、しっかり自民党の対案を示しながら、国民の前で、国会で、政府の政策に対して何がダメなのか?
疑問のあるところを厳しく追及し議論して頂きたいです。
でないと、何度も同じ事が繰り返されます。

大阪維新の会に対しても、必要以上に意識して、批判したりなびいたり恐れたり、うんざりです。
長く国政を担ってきた政策のプロはプロらしく堂々として、今多くの国民が何を考え何を望んでいるのか?国民の主権や命や財産を守る為にどうするべきか?民主主義国家としての政策を打ちだして支持を得て頂きたいと思います。

国政を担う政治家達が、民意を得た地方知事市長に対して批判するのでなく、どっしりとして、協力すべき事は協力し、出来ない事は何故出来ないのか具体的に示しながら、しっかり議論するべきです。
民意から外れて、地方首長もですが国政の政治家が間違っている事もあるのですから。
それだけの事です。

そして、何故あれだけの民意を得たのか考えず、ただ「民意の低下」と政治家がまとめてしまう程、国民をバカにすることはありません。
自民党は自分達が選ばれない理由をまともに考えた事はあるのか?と思うばかりです。
自民党政権下での私が生きてきた小さな世界ですら、薄汚い事は沢山ありますよ。
多くの国民がそれに気付いているから自民党は選ばれなかったんだと私は考えています。
民主党に変わったらもっと酷くかった、だから、さらに無党派層が増えているのではないでしょうか?

それを自民党の議員が自覚し反省し、地方の意見にも耳を傾け「新しく国政を考える」必要があるのではないでしょうか?

いつまでも古い体質古い政治に執着していても国民はついていきません。

これからの国会は、自民党もしっかり対案を出し、政府に対して厳しく議論し、国民の前で如何に自民党が優れているのかを発信して頂きたいと願います。

ま、私からすれば「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」じゃありませんが、これだけ長い事国政を担ってきたのですから、与党自民党というだけでバカでもガキでも自然と学び、他党より優れていて当り前なんじゃね?と思っていますけどねwww
いつも失礼な事ばかりでごめんなさい。w

先生、頑張って下さい!

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月18日 (土) 23時42分

豪雪地方の方々には怪我や事故のないよう願っております。

ポスターはさておき、党内からも批判がでてる谷垣総裁、シャドウキャビネットで満足されてるとは思いませんが、頼りなさ感をはねのけ近々ある党首討論では明確な発信と攻めを期待します。

昨年ですか、天皇陛下は109名の認証をされたとのこと、政治の不安定さのご心労もあるとお察し致します。
憲法改正、防衛の強化も現政権では進まないですよね。

投稿: MAKO | 2012年2月19日 (日) 13時19分

知人の録画でじっくり拝見しました。沖縄県民ばかりではなく全国民に対して「なぜ沖縄なのか?」を覚悟を持って説明するよう首相に迫った場面は圧巻でしたね。拍手あるのみでした。

投稿: kktf | 2012年2月19日 (日) 14時47分

初めてコメントさせていただきます
充分に勉強されたうえで質問をされる姿勢を以前から尊敬しておりました
週末もお忙しそうですがお体に気を付けて頑張ってください

投稿: あーちゃん | 2012年2月19日 (日) 16時24分

石破先生 お疲れ様です。

相変わらず新年会が多いですね。国政をあずかる国会議員は、新年会などの挨拶廻りを規制する法律を、議員立法で提案されてはいかがでしょう。【もちろん与党になってから提案しないと廃案になりますが…。】

さて、先生は与党時代、あの問題大臣が続出した農林水産大臣を引き受け、見事に農水行政を治められました。

そこで、しつこくお願いします。10万平方キロにも及ぶ、スギ・ヒノキ・マツの人工林伐採の件です。

ようやく伐採期を迎えた、わが国の森林資源に、今、切る人がいません。世界3位の森林率のわが国で、世話をする人間がいないのです。【高齢者を中心にわずか5万人以下】

ドイツの林業従事者は約130万人。自動車業界よりも多いです。GDPの約5%を売り上げる重要な産業です。オーストリアも貿易黒字の約50%を林業で稼いでいます。フィンランドに至っては2004年まで国内最大の輸出産業でした。

又、世界的な傾向として、水資源保護・土壌保護・国土保全などで各国とも、森林伐採には消極的です。

特に、中国の建築用材不足は、わが国林業にとり朗報です。

もっとハッキリ言えば、国土保全・国民の安全保障から考えても、林業の衰退は、避けなくてはいけない。その為の、法整備が必要です。

すでに、伐採後、再植林しない放棄林が3万haを越えています。林野庁・森林組合改革も含め、先生に是非ご一考いただきたいのです。

補助金頼みの、後ろ向きの施策ではダメです。

わが国の林業は再生の可能性があります。【計画的伐採で、国土保全は可能です】

国土の66%が荒廃するのを放置してはいけないと考えます。

投稿: 豊嶋 孝 | 2012年2月19日 (日) 17時55分

石破さん  ≪黴の生えた経済学者達≫
日頃は欧米シンクタンク研究員を招聘して世界視野で国家安全保障を刺激的に論じている日本国際問題研究所(JIIA)が、先日は珍しく日本の経済問題に関するシンポジウム(座長:伊藤隆敏東大教授)を日本の学者達を弁士にして主催してくれたので、参加してきました。

結果、矢張り「生き物である経済」を知らない、「机上に横たわる死んだ経済学」しか知らない「黴の生えた経済学者」の論は、全く面白くない。彼らの視座も主張も、巷間に溢れている論旨を【なぞる】だけで、研究成果と称する「聞き飽きた論旨」を長時間聞かされることに、耐えられなかった。

「面白くない」、「刺激に欠ける」、「ワクワクしない」、「論旨が飛躍しない」のが「日本人の本質だ」と言って仕舞えば其れまでですが、「茹で蛙」に国家の将来を委ねることは断じて出来ない。
茹で蛙の延長線上には間違いなく、日本の「昭和16年夏の敗戦」ならぬ「平成24年晩冬の破滅」が潜んでいるに違いない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月19日 (日) 18時19分

石破先生

質疑お疲れ様でした。
正直、難しいという印象ですが、
辺野古移設に対して命を賭した方々においては、
本当に頭がさがります。
この話を聞くたびに、鳩某は戦後最大の大罪を犯したと言わざるを得ない。

再登板して話をまたややこしくする前に
さっさと隠居して欲しい。

話が難しいのは、石破先生のせいというよりも
憲法の文章が日本語として大変分かりづらく文章として成立してないからだと思います。
この文章は一般人でもすっと入るように直すべきだと思います。


<<海兵隊のグァム移転について>>


ですが、
この問題を普天間の固定化の観点からしかマスコミで報じていませんが
本当の問題はそこではありません。

海兵隊がグァムに引いたのは、
中国のミサイル精度があがり
基地が標的になるのを防ぐためです。

これを解説しているテレビは多いのですが、
なぜ、これをサラッと流すのか私には理解不能。

中国のミサイルが沖縄を捉えているのです。

このことに皆さんはゾッとしないのでしょうか?
私は背筋が凍ります。
そして、これをスルーして
普天間の固定化しか言わない国民にゾッとします。


アメリカ兵はグァムに引けますが、
沖縄は動かせません。
アメリカ兵が引いた穴を自衛隊で埋めるという話は無いのでしょうか?


本当の意味で、

沖縄を、
日本を守る

という事をよくよく突き詰めればならない。

沖縄の守りを薄くせずに
沖縄の負担をできるだけ減らす。

ただ、軍事に置いて
どこに配備するかと言う場所の問題は非常に重要で、
この、当たり前のことを広く国民に、
そして沖縄県民にご理解していただかねばなりません。
そういう意味では沖縄に基地ゼロというのは現実的では無い。

野田総理においてはこれを説明し、理解をいただくということを
それこそ命を賭してでもやっていただきたい。


有事は明日来るかも知れない。

おっしゃる通りです。

自衛隊の増員、と配備
防衛費の増強
法律の整備

どれも早く、真剣に取り組んで欲しい問題なのに
国会は平和ボケしていて大変遅い。

これが普通だと思っているのか国会議員。


絶対に反対が起こると思いますが
徴兵制というわけではなくても
若い人にある一定期間自衛隊で体験させるということはできないだろうか?

日本人は、国防に対する意識が弱すぎる。

本当は、教育に置いて、国家防衛について議論し、考えさせるべきですが、
自衛隊体験という実体験も併せて考えて欲しいです。

自衛隊のことを番犬かなにかのように思っている国会議員、国民がいる。

国の為に命をかけるというのは尊敬されるべき職であるのに、
こんな失礼な話はありません。

自衛隊が力を発揮できるように法を整備をする。
せめてこれくらいはして欲しいです。


投稿: mike310mi | 2012年2月19日 (日) 18時20分

ちょっと遅れましたが国会での石破さんの質問ネットで見ました。最初こそ「防衛大臣」に答えてもらおうとしたが、すぐに諦めて「副大臣」と変更されましたね。見ていて田中防衛相が気の毒に見えました。まあ擁護する気は全くありませんが。実力不足を感じたなら辞めれば済む問題ですからね。日本のためにもまともに質疑に応答も出来ない能無しに国を任せる事など出来るはずもない。野田の任命責任は重い。

ただ見ていて思ったのは憲法を半世紀も変えようとしなかったのは自民党なのに、
民主に責任を押し付けてるように聞こえたのと、話の内容が高度だったので殆どの視聴者には石破さんが民主に叱咤してるように映り、「お前ら(自民党)が言うのか?」と思われたかも知れません。
なにしろ世間の大半は日本国憲法はGHQが押し付けたものだと云う事を知りません。

昔、自衛隊問題が取り上げられた時に、「自衛隊は憲法にもない」「憲法にないから軍ではない」と随分解釈で揉めていたのを覚えています。何しろ9条と完全に矛盾していますからね。私はまだ学生で憲法を読んでは不思議に思ったものです。

今でこそ核武装の必要性などを口に出して論議出来ますが、昔は左翼が強くて「核」はタブー視されていました。
しかしいい加減目を覚ますべきなのです。
日米安保がある、と言っても私は常々「本当に日本が攻撃されたらアメリカは反撃してくれるのか?」と思っていました。
これってあまり知られていませんが、「日本が侵略されたら米軍が即参戦する」とはどこにも書いてないんですよね。
議会の承認を以って・・とありますから、万が一議会が「参戦はやめよう」と決議したら安保破棄されて終わり。

当然アメリカは世界から非難されますが、そんな事どうでもいい。日本が滅びることに変わりはないのだから。中米露が手を組めば誰も非難できません。

では安保を含め日本が安全に維持し続けるのはどうすればいいのか?
これはもう経済力の復活と自力防衛力を保持するしかない。経済が落ちた国は領土が狙われます。これはもう歴史が物語っている。国内政治の腐敗や統制が取れなくなった国は崩壊します。それは過去殆どの場合軍事力による占領です。今の時代殆どの国が軍事制圧を認めないため国連軍が動いたりして大事にならないが、日本程の経済大国が統制が取れなくなれば一斉に狙われるのは必至。震災後などに領海侵犯や領空侵犯が跳ね上がるのは治安の崩壊や国内で反政府活動が活発になるのを狙っているからです。田中大臣では狙われるでしょうね(笑)。

昨年末、アメリカは軍事費の大幅削減とそれに伴う艦隊の削減を決定しました。
世界で唯一10万トン級の原子力空母を持つ米軍は12隻から一気に半減する事を決定しました。そして今年早々オーストラリアに海兵隊を駐屯する、と発表。日本では1500名の海兵隊を移動・・・これら一連の流れから世界の防衛から米軍が撤退して行くのがはっきりわかります。
恐らく近い将来安保を破棄して米軍は日本から撤退する可能性が高い。原潜の潜航路は恐らくは南シナ海経由ですからその為にオーストラリア沖で警戒するのでしょう。
日本と韓国は見捨てられるかも知れません。このまま中国が軍事費を増加していけば近い将来アメリカを抜くでしょう。
技術的に追い付くのは簡単ではないが、最近は模擬戦闘でも米軍機は負けっ放しですからかなり危険ではあります。
中国の殲20はまだまだでしょうがロシアのT-50はF-22を超えた、と発言しています。
日本はジェットエンジン技術が課題ですが、戦闘機開発を始めるべきです。
正直F-35は信用できる性能だとは私は思いません。

投稿: 磯部 | 2012年2月19日 (日) 19時59分

皆さん、19日のNHK日曜討論をご覧になりましたか。
おいら、亀井亜紀子姫のご発言に対して腰をぬかしました。

消費税増税案について曰く…「大綱の中に書かれていることは、実現不可能だと分かっているから賛成した。どうせ実現しないんだから黙認しろという(亀井静香)代表の指示があった」とのこと。

あわわ(;゜0゜)σ言っちゃったよ、姫。

一同失笑。

呆れ果てる茂木さんに対して、前原さんが謝罪するという珍プレーは、もはや放送事故レベルでした。

続けて前原さんは、「どうせ実現できないから閣議決定に賛成したというなら論理矛盾だ、それだったら反対すべきだ」静かにぶちギレ。

メチャクチャ。

もう、面白ければ何でもいいのかよ( ̄▽ ̄;)。

投稿: 田中泰男 | 2012年2月19日 (日) 22時20分

石破さん
日経【消費増税「必要」59%、政府案反対49% 本社調査】
この結果を出した世論に、拍手喝采! 

【XX「必要」59%、政府案反対49%】のXXは、消費増税だけではない、TPP然り、沖縄の基地負担解消然り、一票の格差解消然り。 

漸く?世論が観るべきものが観えて来た?!? 
今後の政治展開が、面白くなるかも知れない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月19日 (日) 22時21分

石破先生


長くて申し訳ありませんが、重要な問題なので、
是非、最後までお読み下さい。


女性、女系宮家について「早急に」議論すると総理

こんなのとんでもない話です。

2600年以上続いた万世一系の天皇家が終わってしまう。


天皇家について一市民が軽々しく意見を述べるのは大変おそれおおいことですが
天皇家をお守りするためあえて申し上げる。

まず、そもそも天皇家とは何か?
という所を分からないで意見を述べてはいけない。
女系、女性天皇に賛成の方は
恐らく、皇室をぶっ壊そうなんて考えている人ではなく
皇室がなくならないための決断
という方が多いと思う。(そう信じたい)

しかし、何を重んじれば良いのか分からない。
気持ちは分かります。

まず、<<天皇家とは?>>


・天皇家とは、血筋そのものである。
・その血筋とは初代、神武天皇の血筋である。
・男系男子はその血筋を確実に受け継いでいる。
・遺伝子で言うと、女子はXXなのに対し、男子はXY。
男系男子は確実に男系のYの染色体があるということ。Y=神武天皇の遺伝子
・よって、男系男子が正当である。

・女系天皇になった時点で神武天皇血筋が途絶える。=2600年の天皇家の終わり。
・女性天皇は議論のあるところだが、女系天皇へのステップになる危険性があるのでかなり慎重になるべき。


<<皇室が途絶えないための対処>>

・旧宮家の復活
・女性皇族が旧宮家の男性と結婚する。

旧宮家は、戦後GHQにより解体されました。
皇室で無くなって60年も経ってはいくらなんでも天皇は無理では?
と、思われる方も多いようですが、
宮家が解体されたからといって、
普通の民間人と同じように過ごされているようでは無いようです。


人様のブログですが、
とても分かりやすく説明してあります。
↓↓
http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11134145272.html

青山繁治氏の解説もあり、
秀逸です。


世界最古 天皇家の血筋は、日本よりむしろ海外で重んじられていると思います。

戦後教育により無神論者大国となった日本人にはピンと来ないでしょうが
キリスト教カトリックの最高司教、ローマ法王の一言で
世界が、各国のリーダーが動くと言われています。
ローマ法王の立場は各国の元首、王族よりも上です。
天皇はそのローマ法王と並ぶかそれより上の立場です。

つまり、最上位ということです。

これは、日本の世界的立場に大きな影響を与えています。
神武天皇の血筋を受け継ぐ天皇家とは
日本そのものです。

日本一の参拝者数を誇る明治神宮には
明治天皇がお祭りされており
東京に結界を張り、
日本を守護して下さっています。

天皇陛下は、日本神道の最高司祭であり、
後崩御されると日本の守護神になられます。

天皇陛下とは本当に尊いのです。

その、天皇の血筋が途絶えたとき
それは日本が終わるときと覚悟しなければなりません。

この事態を国民、国会議員は重く受け止めるべきで
天皇家については、決して現代の常識や庶民感覚、個人の勝手な解釈で軽々しく決めてはいけない。
民主主義の原理からは外さなければならない。
国民の民意を聞くことは意味が無いし、
ましてや、皇族の方々の希望をお聞きしないなんてこと、あってはならない。


天皇家のことは、俗世間とは別格であると言うことを全日本人が認識するべきである。

教育で教えない日教組は本当に腐っている。
日本の歴史教育って無い方がマシです。


石破先生、
どうか、天皇家を守って下さい。
お願いします。


投稿: mike310mi | 2012年2月20日 (月) 01時41分

先生!昨日の新聞折り込みにニッポン放送の広告が入っており、朝5時からの「高嶋ひでたけの朝ラジ」という番組の水曜コメンテーターに石破先生の名前と写真が入っていました。ご出演なさるのですね?差支えなければ水曜の何時くらいからお出になる予定なのかこちらのブログでお教えいただけると嬉しいです。起きて必ず拝聴いたします。

投稿: 小宮 | 2012年2月20日 (月) 11時41分

石破先生

質疑をインターネットで拝見させていただきました!
始終一貫して理路整然と説明し、政権が是非検討すると約束した件、さすがは石破先生だと感服致しました。これは野党でなければできない、かつ石破先生でなければできない質問でしたね。
このような生産的議論を目の当たりにして、1国民として大変嬉しく思います。
#防衛大臣、官房長官の的を外した回答は少し耳障りでしたけれども。

予算委員会筆頭理事の大変さは、この記事を読まない限り知りえませんでした。
あまりご無理をなされないようにしてくださいね。

佐瀬昌盛教授の「集団的自衛権 論争のために」も是非入手したいと思います。

投稿: ぱなとりん | 2012年2月20日 (月) 11時46分

石破さん  ≪「貿易立国から投資立国へ」は間違いです≫
日経【貿易赤字転落、投資で稼ぐ体制急務】
この日経記事を含めて、学会や経済界にも「貿易立国から投資立国へ」という言説が流行っていますが、個別企業なら兎も角、国家経済と国民生活の視座で観るとこの言説は「完全に!間違っている!」と思っています。

‘90年代のアメリカがアウトソーシングと称して国内製造業の空洞化を放置し投資立国を目指し、加えてWallStreetが浸透させた株主主義(会社は株主のもの)や株式時価総額主義と市場至上主義を放置した結果が、’08年の金融危機と投資立国構想の破綻を齎した。今Obama大統領は国内製造業の再興と中間層の強化に、(苦戦中とはいえ)明確に舵を切っている。「貿易立国から投資立国へ」は、米国の失敗と同じ轍を踏む。

まあ、程度問題と云う面もある。成熟した経済大国が20世紀型の国家経済モデルで新興国の急追を受けて、国家の産業構造を21世紀化する大きな流れの中で、一部に投資収益に依存するモデルを取り入れることも健全な進化だと思います。
然し、仮に国家として経済戦略を「貿易立国から投資立国へ」と舵を切って仕舞っては、利益だけが目的の会社と資本家はそれで生き残れるでしょうが、国内雇用は減り失業者が膨れ上がり、多くの国民の生活は成り立たなくなる。分厚く育てるべき中間層が逆に消滅し、富裕層と貧困層に二極化して仕舞います。

端的にP/L(損益計算書)でいえば、製造業の製造原価に占める人件費の殆ど(製造部門の全て、設計や製造管理の殆ど)は貿易立国であれば国内で支払われ国民の所得を構成しますが、投資立国はその全てが国内から海外に移転して仕舞う。真に国内の空洞化です。従来の産業空洞化は企業レベルでの戦略戦術で進められて来ましたが、国家が投資立国を標榜して推し進めることは間違いであるだけではなく、国家国民としては有害でもあると。
日本は経済大国であり同時に一億人を超える人口大国でもあるのですから、「ものづくり」で苦戦している、苦しいからと言って、現実から逃げても出来ることと出来ないことは有るのだと。
机上論では現実の問題は、断じて解消されないと。

今の未熟政権では、何を仕出かすか知れたものではない。
「貿易立国から投資立国へ」を謳う経済成長戦略を打ち出す「かも知れない」。そんな事態も「想定内」に入れなければいけないと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月20日 (月) 12時00分

石破様


政治家はリレー選手であり、バトンを受け取った瞬間から全力疾走で走り抜けなければ、冷厳な世界に飲み込まれ、国家の存亡に関わると言うのに、走れない走者を選び、いまだに、暖かい目で見て、などと言っている国民が、私は物凄く恐ろしい。


なにが出来るかが分からないので、申し訳ないのですが、応援しています。

投稿: K.T.C. | 2012年2月20日 (月) 14時29分

石破さん
日経【「宇宙太陽光発電」‥’50年までに商用化】
気宇壮大な国家計画ですね。此れは夢ではなくて、幻想でしょう。幻想といえば、世界の中で日本だけが進めてきた結果、20兆円?のカネをどぶに捨てる失敗が見えつつある核燃料の再処理サイクルの幻想を想い出します。

日本は経済大国なのですから、国家の経営には苦境の中であっても身を縮め過ぎて近視眼になるのは厳禁です。然し、遠くを見過ぎて遠視になって像を結べなくなるのは愚かなことだと。経営の視角は広く深く永いことが不可欠ですが、須らく物事には時機に応じて「程度」があるのであって、永ければ良いという話ではないと。
「へたれ経済」の国家と国民には、世界的パラダイムシフトの真っ只中で今後5年10年をどう生き残るか?が重要であって、其れだけでも十分に困難なことだと。

商用化の40年間のことは、カネを使うなら最先端技術の情報収集と蓄積と其れらを理解する頭脳を養う「程度」で足りる。
DogYearの時代は「走りながら考える」時代であって、カネを使うには時機(天の時<地の利<人の和)がある。今は、その時機が到来したときの瞬発力(走るパワーとスピード)と的確な方向を洞察する資質を涵養しておけば足りる。

此れは、時代感覚の無さが作っているプロジェクトではないかと。同時に、核発電ムラならぬ、宇宙発電ムラ?電事連ムラが作っている「税金の引き出し口」ではないかと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月20日 (月) 16時06分

民主党支持者です。
Q:「なぜ沖縄なのか?」
A:「近くに原発がないので」

悪い冗談でした。すみません。
石破議員と防衛相の議論を子供たちは見てどう思っただろうか。せめて「リーダーとはかくあるべし」ということを学ぶきっかけ(または反面教師)にしていただければと思います。
石破議員が質問または答弁される衆院予算委員会は子供(小学校高学年以上)に見せたい番組と申せます。逆に参院予算委員会は子供に見せたくない番組の最右翼です。蓮舫氏が国会で写真撮ったの撮らないとか、ヤジがすごいし、議論の場のお手本にならない。
軍事について第一人者である石破議員は、ただ隊員のことだけでなくいわゆる兵站(という言葉は使われなかったが)についてもきめ細かく質問されておられました。是非とも、子供たちに見ていただきかったです。
先の大戦で日本が負けたのは兵隊が弱かったのではありません。軍上層部(いわゆる官僚です)が無能または権力欲で大局を判断できず、戦略が稚拙で兵站も構築できなかったからです。連合軍との戦闘による戦死者数より南方の島々での餓死者の方がはるかに多かったはずです(ネットでは餓死6割とか)。
私がしつこく安倍政権を批判するのは、この後に及んでなお、強い兵隊を作ることのみに執着しているからです。精神論だけで強力な軍を手に入れることができないのが、まだわからないのか。
お隣中国でも先の大戦の死者数より、毛沢東の「大躍進政策」「文化大革命」の死者数の方がはるかに多い。日本も中国のことを笑えません。敵よりも自国の官僚の方が怖い!。
天皇制についてですが、私は左巻きで申し上げるに適任ではありません。それでも申し上げたいのは、現憲法で「国の象徴」であられる以上、議論の場から一般国民を排除してはならない。言い換えれば、天皇家を国民抑圧の道具にしてはならないということです。

民主党支持者ですが、先日の審議は総理、官房長官、財務相、外相が石破議員の前に枕を並べて討ち死にしたかに見えました。優れたリーダーを生むためには教育基本法だけでない、社会全体で育てる仕組みを生み出さねばならないと思います。

投稿: hesomaru | 2012年2月20日 (月) 20時23分

石破さん
日経【橋下大阪市長、赤字バスの補助金停止へ】
取り敢えず、この橋下さんの経営判断が正しいと思います。

バス会社に選って赤字の原因は区々なのだから、先ずは大枠で19-20世紀の温い感覚を遮断して、次に21世紀的な経営の健全さが認められれば個別に「例外」を創るのが経営の要諦です。須らく、「例外」は洞察に長けた経営力だけが生み出す価値だから。
過去の国政政治家には、この洞察力と突破力がなかった。

橋下さんに其の21世紀的例外を創る資質があるかどうか!?
此れが彼の今後の課題だと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月20日 (月) 20時40分

17日の質疑ラジオで聞き、本日インターネットで再度見ました、なかなか鋭い指摘をされていて勉強になりました。ところで、自衛隊航空学生の合格者が海上要員は例年通りの採用ですけど航空要員は例年の半数です、東日本大震災の影響で松島基地のF2練習機が津波で全滅した為に訓練が出来ないからだそうですが、次期FXがF35に決定したのに、将来パイロット不足が生じる事は確実です、この状態がしばらく続くそうです、日本の防空の危機です、是非ともそんな事にならないように今からでも、本来の採用枠に戻らないのでしょうか。

投稿: 宇藤 敬 (ウトウ ケイ) | 2012年2月20日 (月) 20時45分

石破 先生

ご教示いただいた、
佐瀬昌盛2001「集団的自衛権 論争のために」PHP研究所
大学図書館(慶應義塾大学)にありました。

予算委員会質疑で指摘された若手確保について、主要大学秋入学のギャップタームの活用をご提案できないでしょうか。

投稿: 福田 | 2012年2月21日 (火) 11時01分

まず始めに、先日の書き込みで空母12隻と書いてしまったが現在は10隻でした、訂正しておきます。これを「8隻にする」、と言う情報と「6隻にする」と言う情報があるのだがどちらが本当なのだろう?まあ中国の情勢を考えれば日本から引くのはもう少し後になるでしょうが。
中国は今沖縄と土地を買い漁っているようです。米軍基地の監視にも日本人をバイトで雇って撮影している、とか。

これらを放置する事はますますアメリカの信用失墜につながります。基地周辺の警備はもっと厳密にすべきです。日本がF-22を売ってもらえないのはやはり信用の問題でしょう。議会で輸出を禁止したのは確かですが過去我が国は特例的に優先されてきたはず。軍事同盟国に売らない、と言うのは
まさに信用されていない証拠です。
石破さんがいかに民主党を叱咤し民主の防衛大臣が取り繕ろうともアメリカは最早民主党と対話をするつもりはないでしょう。

事此処に至っては信用回復には真に信用される体制を作って初めて信頼できる同盟国の地位を確保できるかと思います。
すなわち憲法を改正し、自衛隊の戦力を増強し、核保有もすべきです。
軍縮を決めている米軍は恐らく核開発を反対はしない。中露は反対するでしょうが無視すればいい。元々軍備は他国の顔色を伺ってするようなものではないのだから。

平和を維持するには相応の軍事力は必須。
相手が戦力を投入してきたら「こっちは対話で応戦するぞ」では話になりません。
歴史上一方的に攻められてる状態で停戦になった例など聞いた事もありません。
相手と互角の戦いが出来てこそ対話の機会が生まれ手打ちが出来るのです。戦争を完全に回避する事は不可能と言ってもいい。
日本近海には膨大な海洋資源があり、虎視眈々と狙われています。

圧倒的な軍事力を米軍が保持している限り、周辺国も迂闊には動けないが、もし撤退となれば核を持たない我が国は成す術もない。既に北、中、露の核ミサイルは日本に照準を合わせています。このスイッチを押させないためには米軍を盾にするか、
自国で報復能力を保持して抑止する以外に方法はありません。

投稿: 磯部 | 2012年2月21日 (火) 19時13分

石破茂様

動物達を助けて下さい。。。

今国会で動物愛護管理法の改定が予定されています。

私の考えでは、
”動物実験”がもっとも凄惨な虐待と虐殺と思います。
現行法では、どこで・どのような動物が・どのような実験で・どの位の数が使用されているか把握すらできません。

最低でも、実験施設の登録制と3Rの原則を導入を実現して頂きたいのです。
 (3Rの原則とは)
   苦痛の軽減  Refinement
   使用数の削減 Reduction
   代替法の活用 Replacement
    
本規制は、業界からの反対で前回改正時にも実現されませんでした。
国民は動物実験の実態を知ることすらできなのです。

今回こそは、何としてでも実現して頂きたいです。
動物愛護法の改正は、動物達の救済のみならず、日本人の心が問われる問題と思います。

思いやりの心は、あらゆる問題の解決に資すると思います。。。

投稿: 小沢輝美 | 2012年2月21日 (火) 20時59分

石破先生、お疲れ様です。
あまり田中大臣に突っ込むと、「オタクが素人を問い詰めている」と世間には受け取られるような気がします。「そんなこと言ってるから駄目なんだ」とお叱りを受けそうですが。
私が危惧しているのは、憲法をこのまま改正せずに安全保障基本法などを制定すると、「これでよし、もう憲法改正は諦めよう」的な空気が蔓延するのではないかということです。法的に自衛隊は軍隊ではないけれども(自衛隊法に出てくる「軍隊」の記述はすべてアメリカ合衆国軍隊、外国軍、駐留軍ですね)、軍隊に匹敵する能力は持っているのですから、あくまでも日本の政治家としては憲法改正に執念を燃やすべきではないでしょうか?
あと、もっと自民党には経済の建て直しについて真剣な討論を求めます。貿易収支が赤字に転落しましたからいよいよ深刻だと思います。
先生のご活躍をこれからも期待しております。

投稿: 北島・50歳 | 2012年2月21日 (火) 22時45分

人権救済法案と外国人参政権は断固反対です。
これらの法案に意欲を示した今度の小川さんは法に基づいて仕事するんでしょうか?
大臣を受けたからにはと思いますが、ふと、疑問に。

石原都知事が憲法を破棄とまで言われましたが、国会の質疑を聞くにつれ、無知な私にも改正の必要性が理解できてきました。

投稿: MAKO | 2012年2月21日 (火) 23時52分

石破先生

昨日、女性、女系天皇についてコメントさせていただいたものですが、
文章的に可笑しい感じのする部分があるので
付け加えというのか、訂正させて下さい。

「天皇家とは、神武天皇のお血筋を継ぐもので
男系男子ということそのものが神武天皇のお血筋(=神武天皇のY染色体)の証明なので
男系男子が正当だ。」

と、主張しておきながら、

「女性天皇はかなり慎重になるべき。」

という、ちょっと支離滅裂な内容になってしまいました。


私が言いたいのは、

戦後GHQによって解体させられた旧宮家を復活させる、
神武天皇のお血筋を受け継ぐ旧宮家の男性と女性皇族の方がご結婚される
(旧宮家の方々は、解体されても一般人と同じような生活はなさっていないそうです)

ということを先に考えるのが筋だということです。

少なくとも、まだ、旧宮家に男性がいらっしゃる今の時点で女性天皇を誕生させるべきでは無いと思います。

また、女性宮家の話は女系宮家の話へのとっかかりの可能性もあり、
神武天皇のお血筋が途絶える危険性があるので大変危険です。

ただ、女性天皇を否定してしまうと、先々旧宮家も含め男子がいらっしゃらなかった場合
天皇制そのものが無くなってしまうので
余地としては残しておかなければならないと思います。

しかし、今の段階でどうこう言う問題ではなく、
少なくとも、反日デモに参加していた議員を法務大臣に据えるような政権与党内での議論は大変危険です。

反日の恨みで2600年続く世界的に誇れる天皇家を潰されないようにどうか、お守り下さい。

投稿: mike310mi | 2012年2月22日 (水) 01時13分

おはようございます。今日は竹島の日です。
自民党の時代から
放置されてきた事に、真剣に取り組んで欲しい。

そして、
アメリカに増設される慰安婦の碑。
日系人の人権を守っていただきたい。

北海道地方の森林が、外国人資本により、買収されている事。
名古屋市一等地 三千坪。
新潟市中心街 五千坪。中国が土地を保有している。
池袋の華人は、二年前から日本の政界を目指す動きにいる事。

帰化申請や数次ビザを、早急に慎重に考えて欲しい。

韓直人推薦のハク・シンクン:在日の地位向上〓(地位と言う言葉自体が、人間を下位・上位とする思想)

〔多文化共生推進の背後関係]
少数派外国人を巻き込む多数の在日のネットワーク。
・移民1000万人計画
・人権救済法案機関の創設

仕分けされない
男女共同参画10兆円の血税。

アイヌ民族党結成
(“国税の不正受給”を問題ないとする、当事者や、アイヌ利権に群がる人々)

偽同和のようにしないで放置せずにいただきたい。

投稿: にお | 2012年2月22日 (水) 04時52分

石破さん
以下は「さわらび会」メンバーでもあり経済畑の自民党若手として私が注目している平将明さん @TAIRAMASAAKIのツイート
【実質インフレターゲット導入で、達成できない時には中央銀行総裁が説明する責務を負う。金融緩和しても、銀行でお金が滞留するか、国債を買うだけだとの意見もある。私は金融機関に預貸率の目標数値を課すことを提案している。達成できない場合に罰則はないが、頭取が説明する責務を負うという内容】
「説明する責務」という新しい概念に挑戦する姿勢が素晴らしい。

然し、責任と責務では重さが違うと思います。
「責任」はコンプライアンスやガバナンスのレイヤーで説明や論理を問うので、粗にして野にして卑でもある輩達の言い逃れを許して仕舞う。より重い「責務」はより深層のレイヤーで道理や品格や資質=ガバナビリティを問うものなので、粗野卑を逃がさない。
要は、責務を負わせるのは正しいと思いますが、その対象が「説明」では軽過ぎる。説明責任の語源であるAccountabilityは、理屈の塊である会計ルールに理屈として沿っているか否か?でしかない。粗野卑の輩を逃して仕舞うのは道理だと思う。
「責任」ではなく「責務」を問うのが正しい。その場合、責務を追及する側には「健全さと強さ」が絶対的に欠かせない要件になる。また、「俎板の上の本人の資質」や「そのポストとの適合性」を問うことになり、責務追及の結果は自ずから「解任(更迭)するか否か」を迫るものになる。
「責務」ではなく「責任」のレベルでものごとを済まして仕舞うと、粗野卑者や悪賢いモグラが蔓延り世の中が乱れる。

素晴らしい石破さんに連なる河野太郎さんも平将明さんも素晴らしい。斎藤健さんも素晴らしい。遠山清彦さん(公明・衆院)も素晴らしい。
少数の素晴らしい人達が、政党の枠に縛られて多党に分散して、夫々に力量を削がれている。結果として今の日本は、国家と国民が沈下を続けて喘いでいる。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月22日 (水) 13時30分

石破さん  ≪理念を否定された時に‥≫
今日の予算委員会で八ッ場ダム再開決定について、豊田潤多郎さんが放った政治理念レベルの追及を、野田さんは民主党の歴代国交相4名の検証手続きを論じて追及を逸らせた。
此の答弁は、或る意味で(野田某の全人格を表するのではないの意)卑怯で上手な答弁だったと思います。
政治家が領域とする理念の追及に対しては同様に理念からの答弁が当然のことであって、悪賢いモグラが得意とする手続きのレベルで答弁して仕舞っては理念が置き去りにされて仕舞う。現実に八ッ場ダムは中止の理念を置き去りにして、マニフェスト違反の批判を引き摺ったまま、中途半端に再開手続きが進んでいる。

やや大袈裟ですが、有権者がこの答弁を「卑怯」と捉えるか、「上手」と捉えるかに依って、国民の民度(国民の意識の成熟度)が決まる、同時にこの国の先行きが決まると思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月22日 (水) 17時57分

最近はコメントが重いものが多いようですね。皆さんの頑張りが石破茂議員にとっての良き判断材料になり政治家として最善が尽くされる事を願っております。また陛下の手術も良好で何よりの事です。

私には地元の政治家さんに今は何一つ陳情する事なくただ黙って行方を見守っています。谷垣先生が派手で無いとか問題はあるようですが鶏のように吠えれば五月蝿い類に比べれば幾分はましかと思います。私にはお考えがあるでしょうし、それに口を挟む立場ではありません。雄弁をして成功しない人より、期待こそ無い者が思いもよらない頑張りを見せる方が日本政治は例え結果が伴わなくともマシだと思います。当然ながら結果は伴って欲しいですが…。まぁ大変な御仕事なので…。

投稿: 幸獅慈 | 2012年2月22日 (水) 20時37分

石破先生

産経2/21
法相、人権救済法案提出に意欲 外国人参政権付与も
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120221/stt12022122200013-n1.htm

例えば、沖縄に、外国人参政権が認められたら米軍基地はどうなるのか?
日本の防衛はどうなるのか?

少し考えたらどれだけ危険なことか分かるはず。
これに、橋下市長が勧めている道州制、地方分権が進めば
どれだけ国が他国にとられやすくなるか。
日本国が戦争せず、合法的にとりやすくなります。
日本のしくみどころか、
いつの間にか、日本の統治が別の国に変わってました
なんて事が当然あり得る話です。

民主党、いい加減止めて欲しい。
民団の支援はそんなに魅力的なんでしょうか?
民主党というのは、本当に、国益より党益しか考えてないゲスの集団です。

公明党も民団記念式典で
外国人参政権案を出すから支援よろしくと挨拶してますね。↓

産経11/18
鳩山氏ら外国人参政権早期成立を「約束」 民団記念式典
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111118/stt11111819300008-n1.htm


もう、いい加減、売国の公明党とは縁をお切りになったらいかがですか?
私は、自民党がブレだしたのは、
公明党と組んでからだとつくづく感じています。

本当に、親米でも、親中でもなく、
真の国益を追求した、親日の政治家が増えることを切に願っています。

投稿: mike310mi | 2012年2月23日 (木) 01時50分

石破 先生

自衛隊隊員の若手不足を解決するために、入隊経験のある大学生には、国家公務員総合職の合格及び採用について、優先枠を設定したらいかがでしょうか。
先生のご活躍をお祈りいたします。

投稿: 福田 | 2012年2月23日 (木) 07時13分

衆議院落選互助会かつ、霞ヶ関の天上がり?共済組合である参議院は不要です。

私設秘書も雇わず、公設秘書も、親族・友人。これじゃ、満足な政治活動はムリです。

国会議員ほど、同業で、実力に格差が大きい職種はありません。実力のある参議院議員は、衆議院に行けばよいだけのこと。

国会も基本は、通年国会にしたほうが良い。かつての与党自民党のように、朝8時から部会で学習し、その後委員会で議論するのが国会議員の本来の仕事でしょう。

夜間の地元からの陳情や、高級料亭で政党交付金という税金を遣い、気持ちの悪い離合集散論議は不要です。

野党からの議員立法は、どんなに内容が優れていても必ず廃案になる、日本の政党政治に危機感を持ちます。

投稿: 豊嶋 孝 | 2012年2月23日 (木) 08時45分

石破さん
【やっていて虚しいことこの上ないのですが、自民党なら何をやるかを明確に示したうえで、何か少しでも生産的な議論となるよう、心がけたつもりですが、判断は皆様方にお任せいたします】
心の底から「本当にお疲れ様です!」「有り難うございます」と申し上げます。

流石に私の【判断】を申し上げることはできませんが、以下は所感として申し上げさせて戴けば‥
あの場での石破さんの上位の戦略戦術が、作戦との間で齟齬があったのだと思います。作戦として【自民党なら何をやるかを明確に示した】ことは順当で的確なことだと思いますが、「あの防衛大臣殿」や未熟で歪んだ政権を相手にして【何か少しでも生産的な議論となる】と期待されたことが無謀というか「無いものねだり」だったと。石破さんご自身も予め【やっていて虚しいことこの上ない】事態になることは予見されていた筈だと。

私見の繰り返しですが、あの場での有るべき戦略は「民主党を政権与党の座から引き摺り下ろすこと」であり、有るべき戦術は‥、
「あの防衛大臣殿」に根本的に資質に欠けていることと防衛相を受け続けていることを糾弾すること、
更に、資質に欠けた人物の閣僚任命を繰り返し、その解任を繰り返しても尚「適材適所」を強弁し続ける野田さんには大国の命運を背負う宰相には資質が欠けていること、
要は何れも既に明らかになっている点を強調し、国家の視点で無用な意地や見栄を捨てることを迫り説得することだったと思います。

石破さんには苦手な戦術だとは承知していますが、非常時の戦略はダイナミックさが欠かせない、同時に非常時の戦術作戦は平時の姿勢を裏切ってでも「平時の感覚では乱暴にも品格に欠ける」と観えることも欠かせないと思います。品位を保ち上品な言動では、非常事態を切り抜けることは出来ないと思います。上記の私見の戦略は共有されているのであって、戦略を実現させるには得手不得手は投げ捨てて、真に「君子は豹変する」ものだと思います。

石破さんには「解散までに必要な準備がある」ことは承知ですが、この脈絡で、古代ローマのものだとされる次の訓えが非常に示唆的だと思います。
“Make haste slowly”(仮訳:迅速に!同時に慎重に!)

僭越非礼の段、改めてご容赦下さいませ。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月23日 (木) 12時14分

石破さん
日経【野田首相、デフレ理由「需要不足と期待物価上昇率の低下」】 
20年近く続くデフレに、学者が得意とするこんな表面的理由を挙げているから、デフレ脱却は夢のまた夢です。世界的なパラダイムシフトを認識せず、古い20世紀型の国家産業モデルでは先進大国が生きては行けないことをとを与件としないのでは、経済成長戦略の中身は見なくても空虚なことが明らかです。見掛けは立派な「仏」でも魂が込められることはない。

お粗末なのは、野田某や政権与党や政治そのものもその責務として無罪放免ではないが、寧ろ経済を主戦場とする経済界や学界などでデフレでもぬくぬくとしておれる愚かな「身分高き者達」です。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年2月23日 (木) 13時19分

こんにちわ
昨日今日の国会の在り方は、疑問点など理解しやすく良いですね。
政府閣僚達は、自分達が政権を担う与党である事をしっかり自覚し、凝り固まった頭で聞くのでは無く、誠実に野党の疑問や案にもっともっと耳を傾け、勉強するべきだと思います。
自民党はもちろん、公明党や他党、民主党内の政治家にも斬新な意見や優れた部分もあります。

野党時代の計算上の公約に縛られ拘る事無く、政権を担って理解した現実の様々な問題の解決に、それこそ言葉ばかりでなく本当に真摯な姿勢で議論すべきだと思います。

もう3年近くもなるのですから、いい加減省庁官僚に助けられながらのド素人政治家ぶりは勘弁して頂きたいものです。
ご自分の頭で考える能力がかけているなら、政権を担うべきではありません。

日銀の総裁にしても、自民党時代に自民党が推薦する人材に対して、ことごとく“反対反対”を繰り返し、民主党の推薦の今の総裁になったのですから、円高にしても民主党はしっかり責任を共有し、誠実な態度で自民党の中川氏の質問に応えるべきだったと思います。

地味で地道で大変な事でしょうが、自民党は優れた政策で国民の前で発信し、民主閣僚達が間違った方向で頑張らないようにしっかり議論し発信して下さい。

私はすぐにでも必要だと考えている消費税増税は、反対だとの言葉の多い?低所得者や貧困者のためにこそ必要な社会保障制度維持なのでは?と思ったりしています。w

お金に余裕のある方々は、社会保障の財源が少なくなって、国民が医療費6割とか7割負担とかでもさほど困らないようにも思います。
それより、金持ちほど、金持ちが買う高価なモノに消費税が課せられた時に負担する増税分の方が高いから増税反対と言う声も多いのでは?とトンチンカンな事も考えたりしています。w

中川氏のお話を聞いていて、消費税を増税しても、国民が払った分を事業者が滞納していてはあまり意味もありません。
前から問題になっている消費税の必要性の意味ですが、滞納金額の多さには驚きましたwww

私達は、滞納している事業者の収入のために消費税を支払っているのでは無く、現社会保障の維持、将来世代の年金や社会保障の為に、生活の大変な中、支払うのであって、消費税増税の時にはしっかりとその回収が出来るようなシステムを作って頂けない事には理解も得られないのではないでしょうか?
違反者には厳しく罰則も加えないと、これまでのように“ざる”のごとく、事業者達に国民の税金が流れてしまいます。

消費税は、経営不振の個々の業者を、個々の国民が消費税で助ける形のモノでは無く、助けるべき必要な業者への対策は国や地方が別の税金でするモノだと思っています。

オンラインのレジにして、決められた事は守り、消費税の回収は“正しく”行われないと、数十年後に本当に社会保障制度は潰れるのではないでしょうか?と思ったりしています。

社会保障は、消費税や“頑張って働く国民”の税などで賄われていると言う事を、それぞれの議員や国民が理解し、これからどうすべきか国会で国民の前でどんどん議論して、より良い政策を選んで決定して頂きたいと思います。

頑張ってください。

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月23日 (木) 13時21分

●緊急拡散《筑紫の亡霊が「みの虫」に取り憑いた》

【水間条項―国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。
『「反日」包囲網の正体』(発売開始)】

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-723.html

~~~
中国国内では、河村市長にたいする批判一辺倒ではなく、
「中国政府が南京大虐殺30万人を言うのであれば、南京市がドンドン開発されていても、
30万人の遺骨がぜんぜん出てこないでは無いか。30万人の遺骨はどこにあるのか」など、
質問形式の批判が渦巻いているとのことです。

~~~
けさ、TBSみのもんた「朝ズバ!」で、河村名古屋市長の発言に対して、
「南京で虐殺があったことは、膨大な資料が実際にあるんですから。
公人がこのような発言をするのは問題ですね。」と
コメンテーターと一緒にみのが発言していましたが、
公人であるからこそ、発言に意義があると思います。

~~~
皆様方が、TBSに抗議の電話をされるときにお願いしたいことは、
「南京大虐殺を示す膨大な資料があるそうなので、
TBSとしてその資料の中から一番重要なものを一点教えてください、
明日また電話しますので、その時まで明らかにしておいてください」
との文言を、必ずいれていただければ、回答に窮することになりますので、
宜しくお願い致します。

~~~
※河村市長へ激励のメッセージをお願い致します。
これからの政治活動は、抗議一辺倒ではなく、
政治家が決断しての国益発言には、
感謝のFAXとメールを送信することが大事ですので、
河村市長があっと驚くほどのメールとFAXが届くことを願っています。

★名古屋市意見募集URL

shimin-no-koe@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp

★「河村市長室 直通ファクス」052-972-4105 


投稿: あたりまえの愛国発言はリンチ状態の | 2012年2月23日 (木) 13時48分

何度もすみません。
午後からの自民党の議員さんが、「日本には資源が無い」と、何度も仰ってましたが、国民に誤ったメッセージを送る事になると思ってしまいました。
海外からの資源確保に力を入れなければならないとの事でしょうが、なら、円高の今はチャンスですし、しばらく円高を望んでいるのかな?と思っていますが、円高対策をしろと議論した後で聞くと、、、
これからも原発を推進したいから、原発が無くなれば“資源が無い”“資源を買わなければならない”と遠まわしに言っているようにも聞こえます。

東京や他の地域の方々はご存じかどうか知りませんが、関西では、100年分のメタンハイドレートが、日本海や尖閣周辺にあるという情報が流れています。

尖閣周辺の資源は世界も認めていて、中国も随分前から尖閣の領土領海と資源を奪えるチャンスを窺っており、日本海側は独研の青山さん達の調査では多く存在しているらしく、向う側では“日本海”を“東海”だと世界に発信している韓国が竹島周辺のメタンハイドレートの取り出しをアメリカと共同開発しています。

日本海側は海底上や海底土中浅くに帯状に固まってあるようで、太平洋側より大量で、コストも少なく取り出せそうです。
同じ税金なら、そちらに使った方が成果も早いのではないでしょうか?
それよりも時間をかける事で、又どこかの団体が国民の血税で儲かるようにしているのでしょうか?

自民党議員の方は、それを知らないで“日本は資源が無い”と発言したのなら無能さに呆れるばかりでもっと勉強すべきだし、知ってて誤ったメッセージを国会で国民に発信したのなら最低で、「原発推進派か?」と思ってしまいます。

もっともっとの省エネ技術や自然エネルギーもこれからどんどん普及させるもので、もしかしたら電力は今は足りない現状なのか?それとも足りるのか?と考えた時、足りないなら原発も今の現状では数基は必要かも?と考える事もありますが、そこには常に緊張感のある自衛隊などの基地を置いて頂きたいし、減原発から脱原発で他のエネルギー開発をすべきだと私は思いますが、“日本は資源が無い”と発言するなど、福島の現状を見ていて、明日は我が身かもと思っている国民からしたら、自民党はやっぱり原発利権から離れられないで何も変わらないんだな・・・と思わせるばかりです。

中国も韓国も狙っている、「日本には100年分程のメタンハイドレートという資源があるのだ」と大きな声で何故発信しないのでしょうか?
100年分の取り出しはすぐには不可能でも急げば、数年で30年分位は取り出せるのではないでしょうか?
それを使いながら省エネ技術や地熱や太陽光など様々な自然エネルギーなどの普及を進め、メタンハイドレートも、もし余れば高値で他国へ売れるのではないでしょうか?www

「日本には資源がある」事を知っている子供達もいます。
政治家は都合の良い事しか見えないのでしょうか?
もちろんそこに魚がいるわけですから、それこそ漁場や漁業に大きな影響を与えないかも急いで調査する必要はありますが、原発の大きなリスクと比べたら小さなものではないでしょうか?

民主党の誤魔化しにもうんざりですが、自民党の誤魔化しにもうんざりです。
いつまでも変われない体質は何とかならないでしょうか?

良心派の政策通も多いですが、自民党に限らず民主党も他党もですが、原発利権にしがみつく政治家や官僚は、国民のための政治を考えろよと。

こんな発信を国会でしていると、せっかくの自民党の他の優れた対案や政策や議論の発信も褪せてしまいます。
自民党は保守なのですから、日本海や尖閣周辺のメタンハイドレートの資源掘削を始めるという事が、ここは日本の領海や領土だということを発信するメッセージにもなる事だと理解しているとも思いますが、何故発信しないのか考えてしまいます。w
利権にまみれた保守政党も、中国韓国にびびってる保守政党も要りません。

自民党内で、様々な、特に今国民が大きく注目しているいくつかの政策に関しては、早々に意見をまとめて一つにならないと、政治や政治家に信頼が持たれないまま、同じ選挙が繰り返されるだけではないでしょうか?

原発利権にしがみつくのでは無く、これからは“日本にも資源がある!”と、国民に発信して頂きたいですね。ww

先生、頑張って下さい!

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月23日 (木) 16時33分

こんにちは、早速ですが石破先生は宮澤俊義を尊敬される人でしたか、石破先生の自虐史観がどこからきているのか、最近考えてたんですが、やはりその辺りなのですね、宮澤俊義などを尊敬していると言う事は確信犯ですね、戦後最大の敗戦利得者の一人を尊敬するとか、石破先生どういう意味だかわかりますか?敗戦利得者に対して敗戦損害者がいるとするなら、それは天皇陛下をはじめ、御皇室の方々ですよ、宮澤俊義を尊敬するだけならまだしも、石破先生もしっかりアメリカ隷属路線という敗戦利得者の中にいる以上、○賊の一人だと言わざるを得ませんね、宮澤俊義の八月革命説などとっくに でっち上げと実証されているものにしがみついて、日本の歴史を辱めるのはやめていただきたい。とはいえ、あくまで要望です。


石原都知事が先日、現行憲法を『破棄』せよと仰ってましたね、正確には『破棄』ではありませんね、『無効確認』です。『破棄』であれば自主憲法制定の道しかなく、それは立派な革命容認思想ですね、石原都知事は単に言葉を間違えたのだと思います、本当に覚悟があるのなら、議論にのぼる事を期待しますが、その際は、護憲派と改正派の方々は、占領憲法がいかに『有効であるか』を実証してください、法理論的に、実はまだ誰も出来てません、そんなはずはありませんよね、無効と有効がどちらも存在しないなどありません、おまけに護憲派と改正派は、無効論に対しても論破できません、こんないい加減な連中が国会議員など笑止千万!宮澤俊義のような国賊を尊敬するなど、お笑いでしかありません、田中防衛大臣を馬鹿にしてる場合ではありませんよ。
乱文失礼しました。

投稿: ギネスビア | 2012年2月23日 (木) 18時34分

 石破先生の地元・鳥取は、寒さと豪雪が続くことでしょう。

 毎回の記事に於いて必ず郷土を憂う心が伝わってきます。

 数年前、郡家・若桜から智頭へ抜け、吹雪の鳥取から岡山方向へ走ったことがあります。志戸坂峠を抜けた瞬間、雪がやみ、太陽の光が差し込んでいたことを思い出しました。その時に、日本の先人たちが「山陰・山陽」「裏日本・表日本」と表現したことの的確さを感じた次第です。

 裏日本という表現を山陰出身者である先生は好かないようですが、裏を返せばいかに郷土を大切にしていることか。寒い中でも地元に帰り話を聞く先生の姿に、政治家の神髄を見た気が致します。

 東京でふんぞり返っている政治家たち、というテレビの作り上げた印象は何処の政治家たちなのでしょう(笑)

 これからも応援申し上げます。

追記:

 白兎会館の前のアーケードは、かなり取り壊しが進んでいますね。鉄骨造りの無骨な雁木造は風情が有ったのですが…。昭和のものでは、若桜宿のカリヤ通りのような保存は出来ないものかとしみじみ。

投稿: dpll_ | 2012年2月23日 (木) 22時30分

もうすっかり忘れ去られたようなTPP。しかし
初回交渉から賛成派の根拠の中心である「守るべき物は除外項目にすればいい」は完全に砕け散った。http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012022300383
アメリカ側は「全品目を対象としなければ参加させない。」と言っています。
これは喜ぶべきで即座に「それでは残念ですが辞退します。」と返答すべきです。
元々民主党が嘘で国民を騙して参加を強制しようとするのは経産相と財務省が操っているのでしょう。縦割り社会の官僚は省庁ごとに覇権争いをしています。国民を除外して自分達の利権のみで行動するのが官僚です。最初に出てきた時点で、「除外は認めない」なんて分っていた事のはずです。
私でもわかりましたから。優秀な(はずの)官僚がわからなかったわけがありません。政治家でもかなり騙されてた人がいますが、まあ教師の官僚が騙してるのだから仕方がないですね。

18年にも及ぶデフレの放置によるデフレギャップは正直どれだけあるのかは誰にもわかりません。私の推定では100兆円以上でしょう。つまり日銀が目標とするインフレ率1%は簡単にはできないと云う事。
そうなると容易には円安に振れませんから
TPPなど参加してもメリットはない。
むしろ安い輸入品が大量に流入することで
デフレが加速する可能性の方が高い。
つまり日銀のインフレ策の足を引っ張り失敗する恐れもあると云う事。

自民党が真の保守政党ならばこんなものに参加してはいけない。はっきり言って「百害あって一利なし」です。

投稿: 磯部 | 2012年2月23日 (木) 22時36分

こんにちわ
国会議員の選挙違憲状態放置って本当ですか!?
さいってーーーーーーー!!
法を作る国会議員が何やってるんですか!?
国民をバカにするのもいい加減にして頂きたいです!

公明党もいい加減にしろや。
仮にも与党として政権を担ってきたんだろうがと。

自民党は何やってるんですか!?
政権与党である民主党の罪は重すぎますが、全ての国会議員は法を作る国会議員の資格もありません!
全員やめてしまえ!
違法行為で警察につかまって一度臭い飯でも食ってこいやと。

最低です。
信じられません。
先生は何をしているんですか?

私は、、法は守るべきだと思っている私達は、保身ばかりの既存の政治家の腐った姿勢は許せないと怒り一杯です。
政治家ほど、道徳観も倫理観もない生き物はいませんねw

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月23日 (木) 22時36分

何度もきつい言葉ばかりで申し訳ないですが、
既存の政治家の姿勢に頭に来ているところで、定例記者会見で民主党前原氏の産経新聞の記者の出席を拒否したニュースを見て爆発です!

産経新聞に限らず他社でも、ペンの暴力は昔からあった事で、新聞だけでなくテレビやあらゆるところでそれはあり、マスコミの報道には疑問があるのは確かですが、それを利用して民主党が政権を取ったのも事実で、自分達に有利な時は批判せず利用したのに、この態度は何なのかと。
それも一社だけがターゲットでは、権力の横暴ではないのかと。
自民党の故中川氏の時も、それを利用して追いつめて死に至らしめたのは民主党等ではないかと。
ペンの暴力などと言葉にしても与党政治家である以上覚悟の上で、書かれない様身を正して行くべき事が、前原氏は外国人献金や脱法会社や暴力団関係者からの献金など、「知らなかった」と言えば、すべて許される腐った政治家の一人ではないかと。
平成の脱税王の異名をとる鳩山や国民の税金を我がモノのように使い拉致加害者支援していた腐れ外道の菅までいる民主政権の政治家である以上、何をいまさら上から目線で特定新聞社の記者を追い出しているのかと。

権力の座につくと、国民の意思無視の独裁政治への心が大きくなるものなのですね。w

子供の頃、どれだけの苦労をしたのか知りませんが、それ以上に大変な境遇にあっても懸命に頑張っている国民も一杯います。
上から目線で何やってんだろうと。
金権政治の小沢氏と変わらないですね。ww

私も前は真っ直ぐに見えた前原氏に好感を持っていましたが、今は自分の能力の限界を感じて焦っているようにしか見えません。

本当に、既存の政治家は何を考え何をしているのでしょうか?
失望ばかりです。

投稿: 大阪の女性 | 2012年2月23日 (木) 23時53分

膨大な資料と闘うのは理系の人は大変です。党内のマンネリ化を防ぐために定期的に移動があるのでしょうか?演説のネタがあれば良いのですが形式的な事だと疲れますね

投稿: (^-^) | 2012年2月24日 (金) 05時59分

1755年以降のポルトガルがたどった道を、今、まさに日本が辿ろうとしているそうですよ。

それを防ぐ為には、直ちに日銀のインフレターゲットを中止する以外に道はありますまい。

そもそも、こうなった元はといえば、素人に財務相を任じた野田総理の責任問題でもあり、また、いつまでも頑なにtpp反対を唱える「自らを変革出来ない自民党」の責任問題でもあるでしょう。

tpp反対論者とは直ちに決別するべき天の時ではないでしょうか?tppに反対している自民党を飛び出す決断が、国を破滅から救う為には必要でしょう。

河蟹国家日本

http://www.ne.jp/asahi/yikai/class/index.htm

投稿: 山口健二 | 2012年2月24日 (金) 07時25分

山口健二さんへ
1755年ポルトガルはリスボン地震のことですね?また相変わらずの左翼思想でお笑いです。
当時のポルトガルと日本では国家の基盤も環境も国民性も何もかも違う。全く参考にもなりません。左翼リベラリストは何かと言うと全く関連性のない過去の例を持ち出して、「こうなると危険だ」と言い始める。バカらしくて話になりません。250年前と現代で同じ事が起きたとして同じ結果になるとでも本気で思うのですか?

例えばたとえは悪いが広島に再び原爆が投下された、と仮定して現在の広島市に当時と全く同じ人口配置で住んでいた、と仮定して同じ結果になりますか?
なるわけがありません。現在の建物の遮蔽性は当時の建物とは比べ物にならないし、放射能の影響もわかっていて早急に対策が取られます。被害は半分以下でしょうね。
10分の1かも知れません。
今回の震災だって他の国なら最初の地震だけで被害は数万人以上でしょう。
これは日本が培ってきた耐震技術と国民性のお陰です。

経済にしてもそう、まともな政策をきちんとやれば同じ失敗は繰り返さずに済むのです。貴方のような国家解体を目論む左翼主義者が常に足を引っ張るのでなかなか正常化しないだけでね。
TPPで仮にアメリカ医療制度が日本に入ってきたとしたらどうなるか?
少なくとも年間数万人あるいは数十万人死者が増えます。

アメリカでは州毎に全然違いますが総じて医療費はとんでもなく高価で、NYで盲腸の手術を受ければ実に7万ドルも掛かって、しかも入院は1日だけです。80円換算で560万円です。日本で保険を使えば6万円台程度です。こんな国にしたいですか?

今時左翼主義者なんて在日とコミンテルンの手先くらいなものだと思いたいものです。日本人はそこまでバカではないと。
国を大事している石破さんのブログになぜ
共産党信者のような人物が参加しているのかが理解に苦しみますね。懐柔できるとでも思ってるんでしょうか?

投稿: 磯部 | 2012年2月24日 (金) 14時13分

石破様

【原子力規制庁について】

こんな事を申し上げては悪いのですが、環境省は弱い官庁です。

しかも、その外局ともなれば、最弱と言われても仕方がありません。

大蔵、外務、通産と言う強い官庁を表す言葉がありますが、その中の経済産業省(通産省)でも、菅直人リスクにより大事故を引き起こしてしまったのに、環境省の外局のような所に規制庁を作ったら、原子力行政は終わります。

ずっと懸念しておりましたが、現実味を帯びる一方です。

しかも、課長級以上は片道切符とか。

政治と切り放して、強い権限を持つ独立機関であるなら兎も角も、強い所から最弱の所へ片道切符など、しかも政治が無知無能無策等々で引き起こした事故の尻拭いの為になど、優秀な人材をなんだと思っているのですか?

御本人達もさる事ながら、国家の為に、絶対になりません。

いまだに、事故調査中です。

無知で不勉強で軽弾みな民主党の暴走を、どうか阻止してください。

お願いします。

投稿: K.T.C. | 2012年2月24日 (金) 14時18分

大阪の女性様へ


余計なお節介ですが、『法』というものを勘違いなされています、『法』は国会議員にはつくれません、『法』を現在の人間がつくるなど、不可能です、もし出来るなら一旦過去(2672年間)を完璧に断絶しなければなりません、つまり日本を破壊しなければなりません、まぁそういう事を企んでいる人もどきも存在しますがね。
法とは我々の祖先から永年にわたって継承してきた道徳・慣習・伝統・文化などの不文法(文字に表していない規範)の事です。
大阪の女性様が仰っているのは、『法律』だと思います。法律とは国会や各議会のような特定の人間によって組織される機関によって制定される規範のことです。
あくまで、『法』に従って細かい規律・規範を成分化(文字に表したもの)したものです、これなら現在の民主党のような知的レベルの低い国賊集団でも、官僚などの力を借りれば『法律』をつくる事は可能です。

あえて順序をつけるなら日本では


國體>法(憲法)>>一般条約>>法律


てな感じですね


因みに、日本には現在 『日本国憲法』なるものがありますが、これは『憲法』ではなく、『講和条約』なのです、国民がこれを『憲法』と思わされているのは、日本会議をはじめとする、一部の国賊集団が『利』を得るために、私たちを騙しているのです。それを証拠に『日本国憲法』なるものは我が国の國體を全く反映してません、日本がこれだけ他国から、侵害をうけるのも『日本国憲法』なるものが、講和条約だからです、拉致問題も領土(問題)も全く解決できないのは、そういう事ですね。むしろ解決する気などサラサラありません、茶番ですよ茶番。キチガイと思われるかも知れませんが、生憎事実です。よく考えてみましょう。

失礼致しました

投稿: ギネスビア | 2012年2月24日 (金) 15時46分

石破先生 おつかれさまです。いつも ありがとうございます。議事録がないとのニュースを聞いて 本当は あるけれど 知られては いけないのが あるのですね…今の この政権こわいものが あると思います。国会中継をみていても怒りですannoy早く建て直しをお願い致します また明日から寒さ戻るみたいで~すきをつけてくださ~いheart01penguinheart01

投稿: pappy | 2012年2月24日 (金) 16時21分

総理の沖縄訪問はなんだったのでしょうか?鳩山と同じく沖縄県民を怒らせただけでした。県民も対応の悪さと、その晩の2、3回の地震で寝れなかったのではないでしょうか?

投稿: (^-^) | 2012年3月 2日 (金) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/54009156

この記事へのトラックバック一覧です: 質疑を終えて(旧条約など):

« 予算委雑感、芦田修正など | トップページ | 審議を通じて思う »