« イシバチャンネル第十七弾 | トップページ | 予算成立、震災から一年 »

2012年3月 2日 (金)

予算審議など

 石破 茂 です。

 もう三月にもなろうというのに、一昨日の東京は雪模様となりました。
 国会は予算委員会の来年度予算審議に概ねの目途がつき、審議は来週末若しくは再来週初めには参議院に舞台を移します。
 外務、運輸、環境などいくつかの委員会で筆頭理事を勤めてきたのですが、初めての予算委員会筆頭理事、ましてや野党の立場での仕事は何かと勝手が違って、戸惑うこと、うまく運ばないことが多い日々が続いています。

 本来与党の立場は、とにかく頭を低くして野党に審議促進をお願いし、野党各党の国会対策委員会に日参するのが仕事のはずなのですが、今の民主党には国家を運営する責任感や当事者意識が薄いのか、いまだに野党気分でいるのか、あまりそのような場面が無く、国会対策委員会レベルで物事が進まないために、現場をお預かりしていて困惑することが多かったな、というのが正直な感想です。
 完全に尽くされたとはいえませんが、近年にない長時間審議を通じて、政府提出予算の問題点も明らかになってきました。参議院審議の後は国民のご判断にお任せする他はありません。

 これだけ大きく報道されて極秘も何もあったものではないという気がしますが、野田総理と谷垣総裁との「会談」報道が大きな波紋を広げています。
 実際この目で見たわけではありませんから真偽のほどはわかりませんが、総理と野党第一党の党首が会談すること自体は何ら不自然なことではなく、むしろ大いにやるべきですし、税と社会保障、TPP、普天間基地移設問題など、膠着状態にある国の重要課題につき忌憚のない意見を交わし、一致点を見出す努力はすべきです。
 民主党は党内融和を最優先させ、自民党は解散を声高に叫び、結果として何も決まらないまま時だけが過ぎていく状況だからこそ、どちらも支持を失いつつあるのです。

 社会保障の改革も経済の再生もほとんど語られていないために、「ただ増税路線まっしぐら」という評価になっています。
 社会保障は「『医療、年金、介護はそもそも保険である』という本質に立ち返り、リスクが回避できた人に対する給付は抑制し、本当に困った人に手厚くする」「所得再配分機能を再生させる」「抑制のインセンティブを設ける」ということをきちんと言わなければ、それこそ大増税は避けられませんし、そのようなことが長続きするはずもありません。
 経済再生はエルピーダの破綻を直視し、反面教師とすべきです。「何を作るか」を政府が決めるべきではありませんし、過度な介入は結果として経済を疲弊させます。政府は規制緩和、税制改革、自由貿易推進など環境整備に徹すべきなのです。需要サイドを強化してもデフレは解消されることはなく、その場凌ぎに終わるのであり、供給サイドの改革を進めると同時に外需を高め、それによって内需も喚起する政策を進めていくべきだと考えています。
 重要課題に意見の一致を見たら、なるべく早急に判断を国民に仰ぐべきこともまた当然であり、政治家の勝手な都合で解散総選挙を怖れてはなりません。

 震災・大津波・原発事故からもうすぐ一年、週末は宮城・岩手の被災地を訪れます。
 三日土曜日は多賀城市で市長他と意見交換(午後二時・多賀城市役所)、七ヶ浜町長他と意見交換(午後三時・七ヶ浜町役場)、伊藤信太郎前代議士塩釜後援会設立総会・同祝賀会(午後四時半・グランドパレス塩釜・塩釜市尾島町)。
 四日土曜日はフジテレビ震災一周年特集番組収録(午前九時・三陸鉄道野田玉川駅、午前十時・久慈車両基地、午前十一時北リアス線乗車)という日程です。
 なお、午前六時(一部地域は別時間)よりTBS系で時事事放談が放映されます(藤井元財務大臣との対談)。

 皆様、お元気で週末をお過ごしくださいませ。

|

« イシバチャンネル第十七弾 | トップページ | 予算成立、震災から一年 »

コメント

石破さま
プライムニュース家族で拝見しました。明るいネクタイ、よくお似合いです。渋い色が多かった気がしましたが、明るい方がお似合いです!国防についてのお話が一番聞きたかったので、なるほどー!と 皆で納得しながら、見ていました。だまだ寒いですので、お体気をつけて、頑張ってください!応援しています!

投稿: ミミ | 2012年3月 2日 (金) 22時46分

石破先生おつかれさまです
 今話題の極秘会談ですが報道によれば解散や消費税についてやり取りが行われたそうで結局は意見は一致せず終わったそうですがよくわかりませんね。
初め聞いた時は驚きましたがそういうものがあってもいいだろうとは思います。ただやり方が他のやり方がなかったのかなとどうせばれるのなら堂々とやった方が良かったように思います。報道によれば会談で谷垣さんは解散後でないと消費税には協力できないとこれまで通りの事を主張したそうでなにか批判されるようなことは行ってないと思います。しかし極秘に会ったということで会談自体が否定され非難されております。これなら会わない方がよかったでしょう。誰がリークしたのか会談が決裂した腹いせにやったのかと勘ぐりたくもなりますがそこが明らかになることはないでしょうね。
 石破先生の書いておられるように両者の意見交換はあってもいいとは思います。しかしこの件でトップ同士が会って話をするというのはとても困難になったと思います。もっと下のレベルでやればよいのではと思いましたが今回のブログにあるように民主党の幹部が仕事をしないのならそれは無理でしょうね。

投稿: koha | 2012年3月 2日 (金) 23時19分

こんばんは。毎日お疲れ様です。政治に対して荒い言葉を使わず語る自信が無かったので自重していましたが、気になる部分が有ったので一点だけ

≫総理と野党第一党の党首が会談すること自体は何ら不自然なことではなく、むしろ大いにやるべきですし

石破さんに他意は無いのでしょうが、虫の息である今の民主党なら原発大臣や不信任案否決茶番劇やこどもの為の手当の時のように延命と保身の為だけに自民党も道連れにしようと必ず抱き着いてくるでしょうし
マスコミは「石破『与野党(無条件増税)協議を支持。話し合い解散待望か』」等と煽ってくるかも分かりません。

世間にはまだ自民党に対する偏った不信感も根強く、一歩間違えれば潰れるのは簡単です。その時はほぼ確実に日本も一蓮托生。釈迦に説法かもしれませんが、足元を掬われないよう言動にはくれぐれも注意してください。

投稿: 磯沈 | 2012年3月 2日 (金) 23時36分

石破様、いつも時間が許す限りテレビなど拝聴させて頂いております。
さて、今通常国会を見て本当にこの国がどこへ行くのか漂流するのはいつまでか不安で仕方ありません。芦田修正を存じないそんな馬鹿な答弁が許されるのでしょうか、国防の基本方針においても今まで語られていない。そのようなことで日本という国は世界の大波を航海できるのでしょうか。
政治改革5増5減が言われていますが、裏を返せば東京一極集中で過疎化が止まらないということでないでしょうか。
平成という時代は何か大正・昭和の初期のような雰囲気と思うのは私だけでしょうか。
国、地方含めこれは私にできるという政策通がなくなったように思います。
石破様の防衛・安全保障についてはいつも脱帽します。ぜひこの国の羅針盤が今年こそできてほしいものです。

投稿: 政権奪還 | 2012年3月 2日 (金) 23時43分

河村市長が窮地に立たされています。どうして、国民のために真実を言う人を日本は叩くのですか?産経以外の新聞・メディアは本当に売国ですね!サイテーです。叩いている人は真の日本人ではない場合がありますが。。異常です、この国は。南京大虐殺などなかった。20万人しかいない人口で、どうして30万人も殺せるのですか?しかも、日本軍の治安がよくで、翌年には人口が増えています。被害調査をしたルイス・S・C・スマイスは南京の人口は25万人であったと述べています。確実に増えているではないですか!慰安婦問題だって、韓国の済州新聞で「従軍慰安婦は捏造だった」と報道しているのですよ。しかも、韓国軍はベトナム戦争でも慰安婦達を連行しています。それなのに、ベトナムの民間人を30万人も無差別に強姦・虐殺し、3万人近く混血児をつくっています。日本は強制的に連行した事実を何一つありません。混血児もいません。それなのに何兆円も賠償金を支援金という形で韓国に支払っています。そのお金を全てネコババしたのは韓国政府です。日本は、これ以上、中国や韓国の大嘘に騙される必要はありません!堂々と抗議して下さい。妥協するから、相手がつけ上がるのです。朝鮮系企業も調子に乗っているみたいですね。どこかの企業が対馬に韓国資本で発電所を造って、日本に高く電力を売りつけようとしていると噂ですが、本当ですか?とんでもない企業ですね!売国議員が天下りでもしているのでしょうか?先生、民主になってから、やたらとどこかの企業のみ優遇を受けているような気がします。前総理ともべたべたでしたよね。徹底的に調査し、これ以上、国民の税金が不当に半島に流れないよう、注意して下さい!

投稿: マナベ | 2012年3月 3日 (土) 02時55分

石破さん
【とにかく頭を低くして】
流石に私が敬愛する石破さんらしいご認識ですね。

植物も動物も須らく「熟し」が足りないものは全てが、「とにかく頭(ず)を」高くするもののようです。心の豊かさに欠ける者は、肩を怒らせ人を圧し退けたがるもののようです。また、心に歪みを抱える者は傲慢や不遜が滲み出るもののようです。
以上は、必ずしも民主党議員だけではない。
先日偶々参加した自民党本部の委員会で見掛けた自民党議員、特に古参議員達を目の当たりにして想い出したものです。

彼らに囲まれている石破さんは大変だなあ!とも。
ご自愛下さいませ。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 3日 (土) 08時48分

南京攻略戦を南京大虐殺に捏造した元凶朝日新聞
朝鮮人慰安婦を従軍慰安婦に捏造した元凶朝日新聞
靖国参拝を中韓の政治カードになるよう働き続けた元凶朝日新聞

どうしてこのような新聞屋が未だに存在しているのでしょうか?
報道テロリストに関しての刑罰は存在しているのですか?
無いならさっさと作って、このキチガイサヨク新聞社を黙らせてください

投稿: お縄一牢 | 2012年3月 3日 (土) 08時57分

変える、ではなくて近代はどんどんどんどん変わってきている。勝手に。
だから、一番大事なのは、特に、ある程度年齢のいった大人は、変わることによってあちこちで起こるトラブルや危機をどのように乗り越えるかということのほうを議論するすること。

変える、のではなくて、変わることによって起こる混乱をどう乗り越えるか。

これを考えなくてはいけない。変えるなとは言わないが、どのタイミングでどの政策を打つか、というのは、それこそ、政治家のセンスで見極めるべきだ。

「へぇ、変わるんだぁ。」という、わくわく感で、雰囲気に流されるままに、ポーンとぶっ壊して、それから再構築するまでに、失業する人や自殺する人、家族が離散してしまう人も少なからずいる。そういった人のことも考えないで、自分たちの頭の中だけで軽く考えて、ペラペラと口が回る。失敗した時のリスクも責任も考えない。
改革者()と呼ばれる者はそれぞれ自分たちが一番すごい、とか考えているんだろう。

いったいお前らはどんな学問をしてきたんだ、どんな想像力があるんだ、どんな危機に陥ったことがあるんだ。

誰とは言わないが。

そんなような、今の日本の現状を突き詰めて考えない、議論と思考に耐えられない政治屋供の、なんと多いことか。
おつむの空洞化している議員その他、生ゴミと呼ぶべき汚物を議会に挙げる、有権者と称する(私も含めて)劣化下等生物は、その少ない脳みそで、心の底から、重く、深く、反省しなければならない。

石破先生は好きですが。
党内の弛んでる人達や、自称与党の廃棄物供には厳しく対処・処分していただきたい。

TPP参加と増税はいただけない。
高校の公民の教科書レベルでも、デフレ下で増税したら消費が落ち込みデフレが一層進んでしまうのは明らかです。
「どうしてもお金が足りないんだー。増税しなければ破綻が待ってるー。」など、増税か破綻か、で語る、極めてバリエーションの乏しい単細胞の議員は、次の選挙でなんとしても消さなければなりません。
自民党もそういった候補者を立てぬよう。

TPPについては中野剛志先生、東谷暁先生、藤井聡先生、三橋貴明先生、柴山桂太先生あたりを参考にすれば参加するという選択などあり得ません。あと、もうすぐ米韓FTAも発効するようですので、その動きにも注目すべきです。15日でしたっけ。

最近の動画で面白いものというと、

「今後の日本国家はどうあるべきか」1〜4

2月22日参議院/藤井聡参考人招致

が勉強になりました。
お忙しいかと思いますが民主党議員が質問してる無駄な時間に見ていただけたら、と思います。

もはや、政治不信ではなく、政治憎悪となりつつあります。一刻も早く、この、不誠実極まる、民主党的政治を葬ってください。(激怒)

投稿: すいはん | 2012年3月 3日 (土) 11時08分

極秘も何もあったもんじゃないのは同感ですね。
国会が膠着状態の中で、事態打開のために与党と野党の党首が会うことは問題ないと思います。
何もかもオープンにすればいいとも思いませんし。

経済再生に関して、ちょっと私には難しすぎてよくわからないのですが、規制緩和に関して言えば、最近の投資会社の詐欺的破綻事件で厚生年金基金の担当者が「政府の管理が甘い」云々とおっしゃっているのを見ると、規制緩和というものも良し悪しだなと思わざるを得ません。
以前あった建築構造設計偽装事件も合わせて考えると、規制緩和というものを錦の御旗を掲げるように謳っていいものか、疑問を感じます。

それと合わせて「過度な介入の否定」「税制改革」「自由貿易推進」を謳われておられますが、先生のHPにある「政策概要」の「改革の痛み総点検」と整合性は取れるのでしょうか?

投稿: 鈴木@千葉東葛 | 2012年3月 3日 (土) 11時41分

石破さん
引用【需要サイドを強化してもデフレは解消されることはなく‥、
供給サイドの改革を進めると同時に外需を高め、それによって内需も喚起する政策を進めていくべき】
石破さんには珍しい経済産業論でのご主張に敬意を表します。
デフレの原因として屡々指摘されている「需給ギャップ」の大枠は全く正しいと思います。石破さんの「需要サイドvs供給サイド」もその大枠に収まっていて正しいものだと拝読しました。

一方で私見では、一般的な論説は、需給の「量的なギャップ」でその大枠を埋めてその量的ギャップをデフレの主たる原因だとするので、対策を間違えているのだと思います。真の原因ではない量的ギャップを埋めようとするから、自公時代の公共土木工事への巨額の資金投入で無駄に血税をどぶに捨てる結果に終わった。結果としてデフレが15-6年の長きに亘り続いている。

寧ろ、日本のデフレは「需給ギャップ」のうち「質的なギャップ」が大きな災いを齎していると思っています。
例えば、グローバル化時代の国家の特質の変化。
日本経済は20世紀的な少品種大量生産体制に依ってアメリカを凌駕し大成功を収めた。然し、今やその20世紀的な少品種大量生産体制は嘗てのNIESや今のBRICS特に中国に席巻され、日本は21世紀的で先端的な産業構造を造り出さず(創り出せず)行方を喪い彷徨い20年を喪い30年を喪おうとしている。此処に解消されるべき「需給ギャップ」があると。
因みに、アメリカも同じ状況にある。日独の成長で20世的産業体制から追い出されてIT産業と金融産業に国家経済の再生を求めたが、2000-01年のITバブルによって金融立国の「一本足」に追い遣られた挙句’08年の金融破綻で構想が破綻した。一部にはアップル社の大成功などの例はあるけれど、国家としては今も行方を捜して彷徨っている。

更に、上記にも深く関連しますが、世界の人々の価値観の変化。
ブータンのGNH(GrossNationalHappiness)は緻密な国家指標には耐えないと思いますが、先進世界で大きな関心を集めている。その背景には、世界の人々が20世紀的なモノのよりも文化性(美しいこと、楽しいこと、心地よいこと)により大きな価値を見出している実態があるのではないかと。此処に解消されるべき「需給ギャップ」があると。

‥続く
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 3日 (土) 11時54分

石破さん   ‥続き
【「何を作るか」を政府が決めるべきではありません‥】
【過度な介入は結果として経済を疲弊させます】
全く至当なご主張だと思います。
経済産業は民間企業がプレーヤーであって、政治や政府が「何を作るか」を政府が決めて仕舞ったり【過度な介入】をして仕舞っては、間違いの元だと。まあ、「過剰」は須らく間違いですね。

然し、政治や政府にも「コーチ」の役は演じるべきだと思う。
経済や産業は国家と国民生活の最大関心事の一つであって、政治や政府は経済産業に「深く」関与するべきだと思います。特に21世紀的な経済産業構造への進化の為には膨大な投資リスクが不可避であって、民間企業に委ねるだけではそのリスクは断じて背負いきれません(※注)。【政府は規制緩和、税制改革、自由貿易推進など環境整備に徹すべきなのです】は、今の政府が一部戦略で真逆に突っ走っている現状に照らしても、全く正しいと思います。然し、其れだけでは、「正しいことの全てではない」と思います。
  (※注)だからと言って、ヒトモノカネ情報技術の全ての経営資源を分厚く持っている今の大企業の過去現在の挑戦心の欠如や「へたれ」や臆病さを免罪するものではない。

21世紀は重要事であればあるだけ、「走りながら考える」ことが不可欠で肝心な時代だと。「政府が決める」のではなく、政治と経済が同走し共に考える、走りながらその道が間違っているまたはBestではないことが解れば直ちにことを改めることが肝心な時代だと思います。
孔子は此れをこそ「君子豹変」と云ったのだと。
また曰く「過ちては、改むるに憚ること勿れ」。
また曰く「過ちを改めざる、これを過ちという」と。

長駄文と僭越の段、ご容赦下さい。
ご自愛の上、ご活躍あることを念じています。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 3日 (土) 11時57分

社会保障が保険であり、再分配制度である、は本質ですよね。

本当に「社会保障の改革も経済の再生もほとんど語られていない」でしょうか。
実際は語られていても報道されないだけじゃ…
報道の受け手である自分たち国民が、数秒で善悪を割り切れる位のニュースのみ
求めていることが原因に思えてなりません。
最近は、小沢さんのあのマニフェストも、「どうせ簡単な解決が方法が欲しいんでしょ」
といった国民の理解に対する絶望が底流あるように思え、怖いです。
まあ、インターネットで個人の発信を知ることができる時代になり、考えの多様化は
保たれていると思いますが。

そこでなんですが、やっぱりデフレ解消には需要を重視、という説明の方が納得するんですが、
「需要サイドを強化してもデフレは~内需も喚起する政策を~」というのを理解するのに
何かよい本などはないでしょうか。また、ブログでふれていただければ幸いです。

投稿: 社会保障から経済成長? | 2012年3月 3日 (土) 12時58分

真相もさることながら、当事者である首相と野党第一党の党首が共に否定している事柄がいとも簡単にマスコミに漏れてしまう事態、これこそが現代日本の病巣の一つなのでは?それよりも名古屋市長の発言を政府がどう認識し、今後の対中外交にどう役立てて行くかの方が重要であると思います。当時南京にいた方も少なくなっているでしょうし。南京事件と従軍慰安婦問題については「沈黙は金」の格言が通用しない相手であることをお忘れなきよう。

投稿: kktf | 2012年3月 3日 (土) 13時28分

石破さん
日経【小沢氏、話し合い解散を牽制 極秘会談に不快感‥
「日本の現状では安定した政権がどうしても必要だ。そのための方策を考えなければいけない」と述べ政界再編の可能性に言及した】
この脈絡で政界再編に言及した小沢さんは、真に正しいと思います。

元々人目を避けることが不可能なホテルオークラでの会談が、極秘になる訳はないのだし、口裏を合わせて「会っていない」と否定するのも滑稽なお話ですが、民主党政権誕生の最大の立役者である小沢さんを全く無視する野田さんの遣り口に焦りと拙さが明らかですね。小沢さんが不快を露わにするのも「宜なる哉」という処。

然し、政界再編に言及した小沢さんが、今更!その中心に座り「新たな選挙互助会」を造るなら、其れが真に間違いだと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 3日 (土) 14時03分

自民党の憲法改正原案を拝見しました。
率直によい内容であると感じました。
これは主権国家としてあるべき姿を当然のように明文化したものであります。
9条問題についてはデリケートな問題である故、多くの反対や異論もあろうかと思います。
しかし、自衛権は、「自然権」として個人が有する当然の権利です。
この権利が後国家的権利として承継されることは当然の節理であると考えます。
当然の権利を当然のように明文化したことに何の非難がありましょう。
戦後、我が国の平和を維持してきたのは紙の上の平和憲法ではありません。
自衛隊と米軍の抑止力です。
いくら憲法で戦力の不保持を唄ったところでそれが現実です。
むしろ、それが「自然」なことなのであり、自然を否定した現状の規定が「不自然」なのであると思います。
しかし、権力が暴走すれば過去の失敗の繰り返しであります。
故に、いかにして抑制と均衡を図るのか、そのための「統治制度」を見出すことこそが政治の重要な役目であると思います。

改憲には多くの困難があると思います。
多くの反対意見があると思います。
しかし、国民に示した自民党改憲原案こそが自民党の国家ビジョンとしての基盤であります。
制憲権(改正権)は国民にあります。
これを支持する国民の一人として、この基盤がけしてぶれることがないことを願います。
改憲案にある「日本国民は、誇り高いわが国を維持し、成長させ、継承する」という崇高な民主主義国家の樹立を期待しています。

投稿: sakurai | 2012年3月 3日 (土) 18時17分

はじめまして。大賀祐二と申します。

> 午前六時(一部地域は別時間)よりTBS系で時事事放談が放映されます(藤井元財務大臣との対談)

 関西では、東京より速く、5:30から放映されています。毎週ビデオで撮って観ていますので、拝見させていただきます。
 藤井氏との対談は、去年の9月以来ですね。実力者のお二方でどのようなお話になるのか、楽しみです。

 ところで、別件で恐縮ですが、今津寛衆院議員の北方領土に関する質問主意書に対する閣議決定された答弁書で、平成22年の8月10日に閣議決定した答弁書で「不法に占拠」としていたものを、今回は変更し、"不法占拠"の言葉を、竹島同様に使わないことにしたとの報道に接しました。
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120302/plc12030214250012-n1.htm

 未だ、外務省のホームページでは、竹島同様に「不法占拠」の言葉は使用されていますね。

 プーチン首相が、「日ソ共同宣言」の話を持ち出したニュースもありましたが、この大切な時に、民主党政府は気が狂ったのでしょうか。
 貴党の「領土に関する特命委員会」などでご意見を集約いただき、しかるべき国会の場で、厳しく糾弾いただけます様、お願いいたします。
 既に対策の手は打たれている事とは存じますが、是非とも追及と是正の実現をお願いいたします。

投稿: 大賀祐二 | 2012年3月 3日 (土) 21時28分

本日付産経新聞朝刊に、自民党の憲法改正原案が載っていました。主だった新設条文のみの記載ですが、夜勤明けの回らぬ頭で幾度か読み返しております。
改正原案が明文化された事で、自民党の目指す憲法改正が漸くに現実味を帯びて響きました。
これまでに石破さんが私達国民に示し、伝えてきた『何をすべきか』の根幹に概ね沿ったものと思います。
これより更なる議論・検討が進められていく事も踏まえ、一有権者として自民党憲法改正原案を支持します。

東京では雪模様とありましたが、私の町では微かな梅の香が寒風に混じる頃になりました。
今年の桜花は…東日本にとって、一段と優しく咲いて欲しいと願わずにおれません。

投稿: 浪花在住一看護師 | 2012年3月 3日 (土) 23時27分

松浦晋也さんの「エルピーダは蘇った」の第五章には、坂本幸雄さんの優れた見識などについて記述されてます。

就寝前の三十分程度に目を通しておいて損はないとは思います。

投稿: 山口健二 | 2012年3月 4日 (日) 00時04分

極秘会談よりも、今、国家として外交上、大きな問題となっていることを何故、政府は無視するのですか?先生、河村市長が窮地に立たされています。この国はおかしいです!国家として真実を伝えようとした人に対して、国は「名古屋だけで解決しろ」というのは、あまりにも無責任すぎる!どこまでバカなのでしょうか、今の政府は!国会議員が歴史を勉強していないことが大きな問題です!やはり、日本の歴史を正しく国民にも教育し、国家間や愛国心をきちんと育てる教育が必要です。ギャーギャーうるさい韓国や中国なんか無視して、自民復活の時には教育から徹底してやり直して下さい!今、日本は本当に危機です。自衛隊やアメリカ軍の基地周辺は中韓にことごとく買収されてきていますよ。森林もそうです。対馬なども本当に危ないです。朝鮮系企業が発電所を韓国資本で建てて、日本に電力を高い値段で売ろうとしていると噂になっていますが、本当でしょうか?特に、対馬市は以前にも竹島遊覧船のため韓国に補助金を出していると報道されていましたが、こんな売国ぶり、信じられません!!沖縄の不動産は中国に行って、土地を購入してくださいとセミナーを開いているとテレビで言っていました。こんな売国を平気でする日本が本当に危ないです。厳重に取り締まる必要があります。政治家は見て見ぬふりですか?放置すべき問題ではありません。消費税なんかより、本当は重要な案件です。さらに、菅直人の時のように元民主議員が天下りしている一部の企業と癒着し政治力を使って一社だけに利益をもたらそうとするやり方も許せません!日本は本当にこのままでは、知らない間に侵略されてしまいます。さらに無実の罪で永遠と謝罪させられ、賠償金を代々取られ続けますよ!本当は、日本人のほうが韓国から残虐に強姦・虐殺されているし、中国からも通州事件など残虐に殺害されていて、真実は隠されたまま、永遠と無実の罪を背負わされ続けるのですか?そんなことでは、国は崩壊します。河村市長を国全体で擁護し、国民のためと思って助けてあげて下さい!河村市長への対応を政治家がどうするのか、国民はちゃんと見ていますよ。

投稿: 日本危機! | 2012年3月 4日 (日) 03時02分

石破先生。時事放談を見ました。少し頬がこけているようにお見受けしましたが…体調は大丈夫でしょうか?

先生の話は聞きやすく、分かりやすい内容で、アタマの悪い自分にも理解出来るので助かっています。

しかしあれだけデカデカと記事になっている党首会談の事実を何故谷垣さんは認めないのでしょうか?あんなに顔色を変え、ムキになって否定する姿は滑稽です。政治に関して嘘はつきものだと言うのは自分も理解してますが、あれだけ【バレバレ】な状態での誤魔化しは子供に対してもよい影響を与えないと思います。自民党の支持があがらないのもこういった自滅的なものがある様な気がします。

後小沢さんに勝ちたいが為に自民党に抱きつく野田さんに助け船は出さないでください。

石破さんのような心ある方々にしか期待出来ないのです。国家のためにと言われる言葉を信じております。

投稿: Y.FUNAYAMA | 2012年3月 4日 (日) 06時38分

谷垣総裁と野田氏が会談したようですが、もし解散を話し合ったのだとしたら、谷垣さんは、やはりよほどの間抜けな人物としか思えません。野田氏は消費税増税を何としても通したいので、自民党を利用して実現し、小沢の反対を突破する作戦でしょう。谷垣さんを最も利用し易い人と見ているのではないでしょうか。自民党は、まだ政権を奪い返すだけの力をつけていないのに、焦って選挙に打って出たら、敗北することが目に見えて確かなことのように思えて、残念です。

投稿: 藤木 潔 | 2012年3月 4日 (日) 16時13分

「需要サイドを強化してもデフレは解消されることはなく、その場凌ぎに終わるのであり、供給サイドの改革を進めると同時に外需を高め、それによって内需も喚起する政策を進めていくべきだと考えています。」
エルピーダの破綻と混同されておられませんか?エルピーダの失敗は多くの専門家の統一意見としてフラッシュメモリへの転換に踏み切れなかった戦略ミス。政府の失敗と言うよりも坂本社長に近未来を見据える目がなかっただけです。

デフレ社会に於いて政府が需要を作らなければ絶対に民間投資は増えません。
経済を知ってる人間であれば常識の話です。以前の自民党時代のように官僚の利権確保のための公共工事や官民癒着構造であってはならないが、需要を政府が支出しなければ経済復活は失敗します。

逆に言えば金利が低い今しか政府支出をするチャンスはない、と思います。
1997年から緊縮財政一直線で日本経済を疲弊させたのとまた同じ轍を踏むつもりですか?インフレは民間の投資が増えて緩やかに移行するのがベストですが、デフレ下で民間投資が増えるのを期待するのは余りに愚策と言わざるを得ない。

元々日本車は世界220ヶ国以上に出荷しています。
しかし極端な円高でどこの国も買わないのではなく、「買えない」のですよ。
片やウォン安、元安で安価なそこそこの車をバンバン出荷し、片や同じ車の価格が海外ではどんどん跳ね上がる。こんな状況下で売れるはずがない。

焦った企業はどんどん海外へ進出し技術もどんどん流出する。極端な円高の前で民間企業は努力しても追いつかないのが現状です。こんな時に財政出動を掛けられない政府などいりません。円相場を単独で操作するのは殆ど無意味です。円の信任性が異常に高いと白河総裁は喜んでいるかも知れませんが、これは明らかに実態が伴わない為替操作をされての結果でしょう。

ならば復興債で50兆位どーんと出せば良いのです。さすがに事態を重く見た投機筋は円買いは出来ず国際信用は落ちる。
しかし円安になれば輸出産業は復活するし、公共事業が増えれば関連企業も復活します。雇用が確保されれば税収も増える。そもそも今の日本に80円なんてのが不釣合い過ぎです。せいぜい120円位が妥当ではないか?

デフレには政府が公共事業を行うのは常識なのですが、これをしない理由がさっぱりわかりません。労働世代が貧困であって税収が増えるわけがないでしょう?
消費税をどれだけ上げても無駄です。
単年度で増えても翌年には逆に減少するでしょう。消費が抑えられるからです。
300万の車を購入して30万円の税金なんて誰も払いませんよ。

それで不足したらまた「増税」になるに決まってます。そうなればもう誰も車を買う人はいなくなる。内需がこれ以上減少したら公務員給与なんて逆さに振っても出ませんよ。
企業は一斉に逃げ出すし、会社を残して海外へ転居してる社長もたくさんいます。政治がどこを向いているのかさっぱり見えない現状では彼らを責める事は出来ない。政府は政策を打つ前に企業に歯止めを掛けて置くと同時に、充分に理解を求める必要性があると思います。企業買収等の法規制を厳しくしてプール資金を投資に回してもらう様に願いもすべきです。
元々は金融緩和をやった小泉政権のツケですから。


投稿: 磯部 | 2012年3月 4日 (日) 17時53分

石破先生
毎日の公務本当にご苦労様です。
先生の国会の質疑はできる限り目を通してます。 先日の自衛隊の証などは胸が熱くなるものがありました。
 いま解散→選挙の風が吹きはじめた感もあり、自民党も改憲についてより真剣に取り組み始められたように見受けられます。 あくまで私感ですが、大阪市長率いる維新が憲法改正などを打ち出した影響を受けられたように思えます。 自分は自民とか民主とかの看板で一票を投じるつもりはないです。 自民党には国民を納得、安心させる政策を打ち出し、成就していただきたいと願ってます。 
 正直言って今の状態では維新に心傾くところです、いまの国会では地方の細かなところまで手が届いてないというのを実感するからというのも理由の一つです。
 自民党には多くの経験があり、それは維新にはない魅力です、また自分は個人的に石破先生に心魅かれているものです。 毎日激務で大変だとおもいますが、頑張ってください。

投稿: 一般人 | 2012年3月 4日 (日) 20時14分

石破先生 いつも ありがとうございます。ブログ更新ありがとうございます。昨日 自衛隊音楽祭note行ってきました~ 素晴らしいですconfident感激sign03感謝sign03自衛隊の皆様 ありがとうございましたnote先生が出演されてましたtv時事放談も見させて頂きました~happy01 先生倒れないようにheart01heart01heart01 お身体きをつけて

投稿: pappy | 2012年3月 4日 (日) 22時25分

橋下は公明党とつながっている。そして前原のカミさんは層化信者。
そして両者とも在日朝鮮人に対する自虐史観で特別視している。

つまり橋下維新の会を仲介として民主党と公明党、そして維新の会
とみんなの連立により民主党が政権を維持することもあり得る。
つまり自・公・民・み・の大連立になろうが民主・維新の会・公・みの連立になろうが
どっちに転んでも政権のキーマンになるのは公明党。
つまり日本の未来はどういう組み合わせに転ぼうが
在日外国人参政権法案や二重国籍法案の成立に一歩近づくわけで
日本の将来は真っ暗なんじゃないでしょうか、石破先生!?

投稿: コピペ | 2012年3月 4日 (日) 23時00分

お疲れ様です。
石破さん、「痛み分け」という言葉ほど便利な言葉はないですね。
野田総理が「原発事故は皆が安全神話に浸っており、個人の責任ではない、皆で痛みを分かち合わないと」と言ったとか言わないとか。
安全神話は、国民が作ったのか、原発の危険性を自ら調べなかった無知な国民が悪いと言っているのか。

政治家は結果責任と言いながら、国民が不利益を被った時に、責任を取ったことがありますか?
(国民が政治家を選んだのだから、不利益があったとしても、そんなの知らないよ。と政治家の理屈を言われそうですが)
経産省、安全保安院、安全委員会、御用学者、政治家。
この人達の何を信用するのですか?がれきの広域処理が広がりを見せないのも、国が信用できないからという背景もあると思います。
国会議員は、地元にダムや新幹線を誘致すれば、諸手をあげてバンザイ、がれき受け入れはダンマリですか?
不思議な光景に思えてなりません。
何でもかんでも、最終的には「国の責任、痛み分け」で国民に増税する一方で、議員歳費や公務員給料削減(やっと成立)もなかなかやらず、採決時には、造反や欠席が出る始末。いくら何でも酷くありませんか?

今後発生するであろう国内外の賠償に充てるべく、OB含め身を切る改革を言う政党や議員はいないのでしょうか?
賠償請求が起きた時に考え、また「痛み分け」をすればいいとでも思うのでしょうか?

国会議員のいう責任とは、一般国民と同じレベルでいいのですか?

今までも、注射器の使い回し、アスベストを使い続けた結果の賠償なども皆で痛み分け。
責任を取らない国にとって、国民は便利な財布とでも思っているのでしょうか。(国=国民の前に、加害当事者がいて然るべき)
いい加減、口先だけで政治は結果責任と言わず、結果責任に対して、自ら手本を示していただきたいものです。

長文のうえ、感情的な部分もありますが、今思っていること、感じていることを素直に書かせて頂きました。不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。

投稿: マミ― | 2012年3月 5日 (月) 00時31分

石破議員 こんにちは

【需要サイドを強化してもデフレは解消されることはなく、その場凌ぎに終わるのであり、供給サイドの改革を進めると同時に外需を高め、それによって内需も喚起する政策を進めていくべきだと考えています。】

おっしゃっている意味がわかりません。
デフレ期における需給ギャップとは、
「供給が多すぎて、需要が少ない」
状態です。
質とか量とかの問題では全くありません(そういうコメントの方がいらっしゃいますが…)
この「デフレ期の需給ギャップ」を解決する方法は、論理的に考えて二つしかない、というのは誰にでもわかると思います。すなわち
「供給を減らす」か
「需要を増やす」か。

石破議員がおっしゃる「供給サイドの改革を進める」というのは、つまるところ、(日本の製造業の)「供給を減らす」ということになりますよ?
資源も何もない日本という国の力の源泉は製造力(金型などのいわばローテクから、他国の追随を許さないハイテクまで)かと考えます…それが「改革」(?)で削られればどうなってしまうか…。
量じゃなくて質を変えていくんだよ、とかって言う人がいらっしゃいますが、モノを作ったことのない愚者の弁です。
数をこなしていって、初めて物事(製造含む)はブラッシュアップされていきます。成果物も、工程も、関わる人間たちも。
あくまで量をこなした「結果」として、質が変わっていくのであって、質だけを変えようとするとすぐにボロが出ます…。

【外需を高め、それによって内需も喚起する政策を進めていくべきだと考えています。】
とおっしゃっていますが、石破議員のお言葉とも思えない…あまりにイメージだけな言葉…。
(国会議員の先生方の中では、少なくとも思考能力はトップクラスと思える石破議員だからこそ言いますが)
論理的に、「外需を高めることが、どのように内需を喚起していくこと」につながるでしょうか?
例えばどのような分野が?
どの規模の企業が?
それに満たない企業の従業員と家族はどうなる?

外需が内需を喚起した例として、どの事象を頭に描いておられるのか、私にはよくわかりません。
というかそんなことより、普通に、内需を喚起する政策やって欲しい…と思うのは私だけでしょうか。
こういうとよく、
「日本は少子高齢化だから内需はこれ以上伸びない」だの
「若者はお金を使わなくなった」だの
言う人たちが必ず出てきます…そして言ってる方々はみなさん、50代より上の年代…。

ずっとデフレで給料も年々下がり、てか正社員じゃない若者がかなり多いんだからお金使えるわけないだろう!
と思いますがね…。
少子高齢化だと需要が伸びない? 欧米諸国も少子高齢化だけど、ふつーにここ十数年需要伸びてきてますけど?
だいたい、少子高齢化だと需要が伸びない、ってのは何を元に言ってるの?
その論の根拠となっているデータは何?
俺、今までそんなの一度も見たことないんだよね…どこの国の政府が何年にまとめたデータなの? 教えてよ、ねぇ?

といった感じの素朴な意見が周りで湧きあがっていますが…。
少子高齢化というのは、人間の歴史として正しい方向に進んでいると私は考えています。
コンピュータ、ロボット技術などの発展はそれを埋めるために進んできていると考えます。
OECD諸国まで人口が増えたら、それこそほんとに、食料をめぐっての戦争が起きますよ。

内需を喚起してください。
未だに、公共事業は悪だ、ということを言ってる人もいるようですが…橋も道路も、永久に使えるわけではありません。1960年代~70年代の高度経済成長期に造られた日本の橋、道路はそろそろ更新時期です。(財政面の理由で更新しなかったアメリカの橋が以前落ちましたが、日本ではそんなことしないでくださいね)
東北の復興をするだけでも、ものすごい内需を喚起することになります。
確実に名目GDPを上げる(=需給ギャップが解消される)方法が、いくらでも目の前に転がっているのですから…それをやってください!
構造改革?税となんとかの改革?財政再建?
すいません、そういった「インフレ期にやるべき政策」は、デフレを脱してインフレ率が5%とか7%になってからやってください!

じゃないと、また日本国民の自殺者が増えますよ?
政治家の方々は経済動向で自殺されたりはしないのでしょうけど…。

消費税上がると、消費者の自殺じゃなくて、中小企業経営者・従業員の自殺が増えるんですよねぇ…消費税増税を売価に反映させられなくて自分たちで被るしかなくなって、結局利益がなくなっちゃって。

そういうの、わからないんでしょうねぇ…。

投稿: 落合 | 2012年3月 5日 (月) 12時08分

今、体調を崩すような事は回避しておいた方が良いでしょう。

維新の会は、疑問のあるところも多いのですが、tppに肯定的なところが民意を反映していて良いとは思います。

自民党がtppに関して否定的な議員を含んでいる現実を見れば、少数の有志を率いて橋下君のところと合流する事も選択肢の一つかも知れません。ベーシックインカムだとか普天間の事に関しては 、維新の会の八朔には問題がありますが、そこのところを変える事などを条件に合流すると云う選択肢はあるでしょう。

維新の会には安全保障の専門家がいないのならば、石破さんが担当する事で良いでしょう。やはり、政治家は専門分野で力を発揮する事がベストですよ!適材適所!なんでもかんでもやっていてはリソースの浪費ですよ!石破さんは安全保障のスペシャリストとして活躍する事がベストですよ!
体調を回復して、ベストの選択肢をとられれば、と思います。現在の自民党は何事につけ消極的で脆弱ですよ、早く離脱しておいた方がベストです!三橋達は自説に固執していて変化に対応しようと云う態度を放棄しているから、やがて、国民から見離されますよ。

投稿: 山口健二 | 2012年3月 5日 (月) 12時10分

まだ未確認情報ですがどうやら閣僚級以下の人たちが自民党と頻繁に会合を重ねて大連立に向けて動き出している、との情報がありました。

維新の会は公明党との連立がほぼ決まりだそうで、どうも左翼なんてレベルでなく外国のスパイが暗躍している感じがします。
今の若い世代には絵空事の様に感じるかも知れませんが、20世紀中期には売国奴の巣窟だったのです、この国は。

ただ成長期に於いては海外の技術を取り入れるのは悪い事ではなかった。実際に今の韓国、中国はかつての日本が歩んで来た道をトレースしているようなもの。
しかし中国は歴史上選挙が行われた事は一度もない国です。常に誰かが独裁、あるいは戦国時代を繰り返した国家であるので国民も不満を持っていても口には出せません。現在中国バブルの崩壊が叫ばれていますが、私は日本のようにはならない、と考えています。なぜなら相談して何も決められないこの国の政治家と違って、逆らえば投獄してでも推進する国家であるからです。政策に失敗すれば政局に戻る事すら許されません。

うっかり他国に情報を漏らしたり不適切な発言をすれば最悪死が待っています。
彼らは南京虐殺がプロパガンダだと知っていても絶対に否定はしません。もしそんな事を口に出せば無事では済まないでしょう。日本の政治家とは覚悟が違います。

この国ではスパイ活動をやっても捕まりません。世界最先端技術がある国なのにありえない事です。民主党は私は間違いなく何割かはスパイが紛れている、と考えています。
管なんてまさに安保闘争時代の遺物のままだし、団塊世代は左翼ばかりです。
石破さんは違う、と思ってきましたが、どうも最近は「民主と変わらないんじゃないか?」と思えてきました。

知識量とか政治理念をお持ちなのは充分理解していますし、同レベルで語るのは失礼ではあります。ですが結果論で比較すれば
殆ど変わりはないのです。
TPP賛成、増税賛成、東電解体反対、公務員給与削減法案妥協、朝鮮学校無償化反対せず・・・数えれば枚挙に暇がありませんが、言ってる事とやってる事が乖離していませんか?

で、先の連立が濃厚になったのは民主党がアメリカ寄りに移行してきた、事が原因だと私は推測しています。最初は親中国であった民主党と親米の自民党では相容れないのは当然。
しかし最近民主党は政権の迷走と中国の度重なる非協力体制に反旗を翻したように見える。基地問題もあって最近は急激に親米に歩み寄っている以上自民党も政権に復帰するチャンスと見ているのでは?

石破さんも盛んにブログでコメントしておられた様に民主支持が落ちても自民も上がらない、この事に危機感を抱いてる議員は連立にすがりたい気持ちは強いでしょう。
維新の会や石原新党などの第3勢力が大勝ちする可能性も危機感を煽っているかと思います。

本当にこの国を良くしよう、と言う愛国者は政治家にはいないんでしょうかねぇ?
よく憲法の改正には3分の2の議決がいる、と言いますが破棄すればいいだけです。破棄して本当の日本国憲法を制定するには2分の一の議決でできるはずです。
なぜ「改正」なんですか?
元々GHQから押し付けられた日本人が考えた憲法でもないのに。

南京虐殺にしても遺骨を調べれば銃創や弾丸もあるでしょうから、日本軍の物か、なんてすぐにわかるし、数だって年代だって簡単に確認できます。
本当に国を守る意思があるなら、中国に対して「調査を受け入れないのなら一切の謝罪も必要とは思わない。」と宣言すればいいんです。日本の外交が世界からバカにされるのは自国益を相手に要求しないからです。外交とは互いの利益を主張してから歩み寄るものです。

投稿: 磯部 | 2012年3月 5日 (月) 12時43分

毎日、お疲れのこととお察し申し上げます。
いったい、この美しい国は、どこへ向かっているのかと、強く感じずいられない日々が、もう、だいぶ続いています。今のあのバカさ加減には、うんざりです。
特に、震災後の官房長官殿の発表が、あまりにもいい加減で、腹がたってしょうがありません。適当なことを言っておきながら、またや、某大臣になっていらっしゃる、どう考えてもおかしいでしょう。亡くなられた方々や原発で避難生活をされている方々の考えたら、非を認め、辞職されてもしかるべきだと。
しゃあしゃあと何を言っておられるのか、報告を受けないからわからない、なんて言っているのが
それで大丈夫なのでしょうか。
1日でも早く、精通されている石破先生のお力で、素晴らしい日本にしていただきたいと。

投稿: はやぶさ | 2012年3月 5日 (月) 21時31分

秘密の会談だの、橋下氏の活躍だのと
ニュースはそんな事ばかりですが
『人権侵害救済法案』が閣議決定か?
と言う最も重大な事が全くもって取り上げられないのは何故なのでしょうか?
日本が本当の意味で終わってしまう様な事なのに、この事については何も議論がないのはどうしてでしょうか。産経新聞が取り上げただけですよね。こんなに大変な事なのに。
別の話題で盛り上がっている中、ひっそりと重大な事が決まってしまいそうでとても恐ろしいです。

投稿: もくれん | 2012年3月 5日 (月) 21時47分

http://www.youtube.com/watch?v=hGL9fygTrHI&feature=related

マスコミに騙されない為の講座①~⑧まであります。これも三橋氏の講義の動画ですが某左翼主義者の推奨する人と違い非常に説得力があります。特に⑥の後半から質問に答える形式になりますが、殆どの質問者も素晴らしい質問をしていて、いわゆる御用学者、経済学者がなぜ現在の状況で役に立たないのか?等わかりやすく解説しており是非御覧下さい。

私も経済の本を読んでいて「現在と全く噛み合わないな。」と感じていたので三橋氏の分析は物凄く納得できます。
数字で相対的に見れば一目瞭然なのです。
漫然と「なぜ現代と経済学は合わないのか?」と思っていましたが、氏の言われる「経済学の殆どはインフレ下で形成されたものだからデフレに適合した論がない。」と言うのは目から鱗が落ちた思いです。
1本が13分程度なので時間がある人は全部、ない人は6,7,8だけでも見るといいと思います。石破さんにも是非お勧めします。

投稿: 磯部 | 2012年3月 6日 (火) 01時55分

http://gendai.net/articles/view/syakai/135434
カルフ・ヴァン・ウォルフレン氏の発言。
TPPは日本を追い込むアメリカの罠、日本のデフォルトは有り得ない等々三橋氏と全く同じ主張です。日本の無知な左翼学者より遥かに信用できる。

投稿: 磯部 | 2012年3月 6日 (火) 08時36分

石破さん
K.V.ウォルフレンさん【もう経済復活は無理なのか http://gendai.net/articles/view/syakai/135434  ‥罠に陥らないために‥新しい思考を取り入れることが必須です】
予ねてのウォルフレンさんの通り、此れが卓見だと思います。

「罠Trap」が流行り言葉になっていますが、此処では国家戦略と略々同義だと思います。
日本の「井の中の蛙」同士の争いならいざ知らず、荒れた大海を生き抜いてきた大国との交渉事は、須らく自国の国益の視座で自前の国家戦略を造り出さなければ、相手の国家戦略に取り込まれるのは「当たり前の話」。また、TPPがアメリカの国家戦略であることは予ねて明確であって、アメリカが自国に都合の好い「アメリカ版TPP」を主張していることも、今更の話でもある。
ウォルフレンさんの指摘も「当たり前の話」「今更の話」だと思うのですが、其れさえもが卓見だと観えて仕舞う点で、日本の表舞台にある論壇の状況は寂しい限りです(哀笑)。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 6日 (火) 14時04分

【鉄の女の映画が公開されるそうだ】
 英国憲政史上初の女性の首相の映画がその本人の存命中に米国で製作され名女優メリル・ストリープが主演を務めているそうです。英国には彼女以降女性の首相の誕生は無いようですが、ドイツなどではメルケル首相が女性政治家として活躍されています。米国ではテレビドラマ等に既に女性大統領の登場があり、「24」というTV番組等では黒人大統領の誕生と女性大統領の誕生が現実世界に先行にしてあったように、そのうち女性大統領の誕生があるかも解りません。我が国にあっては既に900年以上も前に女性の権力者の誕生がありました。武家政権が誕生してその存亡の危機を迎えた時に彼女の働きがその危機の克服になったことは驚くべき出来事であったと思います。世に北条政子と伝えられる女性は位階はありますが官職の無い女性で、強いて言うなら初代征夷大将軍源頼朝の後家さんと云う立場でしかない人です。政治の表舞台に立つことが普通ではありえないことが、この時起きたとしか言いようがありません。頼朝が落馬事故を起こして、その後落命。長男が安愚な為に暗殺され、長女次女の2人の娘は政治の道具のように使われたことが原因で病になり落命。彼女が一番可愛がっていた次男も政争に巻き込まれて暗殺されてしまいます。このとき62歳だったそうです。その前年、朝廷から従2位の位階を叙任しています。その時に源朝臣政子と名乗ったと思われます。状況の似た例に、はるかに時代は下りますが豊臣秀吉の後家の高台院は、やはり叙任の際、豊臣朝臣吉子と名乗っていることから、政子もまた同じではないかと推察します。それはさておき、従2位は大納言相当の位階にあります。鎌倉で彼女の上位にある者はいませんが、それで鎌倉武士集団に号令をかける地位にあるとは思えません。しかし、承久3年に起きた後鳥羽上皇の蜂起に際し、武家政権の危機を認識し「故右大将(頼朝)の恩は山よりも高く、海よりも深い、逆臣の讒言により不義の宣旨が下された。秀康、胤義(上皇の近臣)を討って、三代将軍(実朝)の遺跡を全うせよ。ただし、院に参じたい者は直ちに申し出て参じるがよい」と、武士集団の前に立って演説をした姿は、まさしく「鉄の女」ではなかったかと思います。動揺していた武士団がこれで覚悟を決め、20万余の軍団となって京都に攻めのぼり勝利した。戦後の処理を弟の執権義時と共にあたり、武家政権の危機の回避に成功しました。彼女がいなければその後の武家政権700年の歴史は変わっていたかも解りませんね。女性政治家の力とは何なのかを考えるとき、北条政子のことが頭に浮かびます。彼女が政治家として活動した期間は62歳から69歳の7年間ほどでしかないようです。69歳で彼女は薨去いたします。四代将軍を摂関家から求めたことも、その発案は政子にあったそうです。どういう教育を受けて育った人かは全く解っていませんが、真面目で誠実な人柄の女性であったようですね。鉄の女のように、危機に際して敢然と主張し実行する様は彼女が希代の政治家であった事実を伝えています。我が国に彼女のような女性政治家の誕生はこの先においても登場するのではないかと期待します。民主党政権を終わらすことが国民の悲願になっています。呪われた馬鹿政権を早く終わらせて、国の未来を拓く女性政治家の登場を待ちたいものです。

投稿: 旗 | 2012年3月 6日 (火) 14時57分

石破さん
日経【竹中平蔵慶大教授:エルピーダとAIJ、問われる国の役割‥これら2社の事案は、政府が何をやるべきか、何をやるべきでないかについての重要な問題提起と言える】
竹中さんのこの指摘は正しいと思います。

然し現実には、その主体である政府を構成する≪誰か≫が未熟者や悪賢いモグラであって、必要な資質(=ガバナビリティ)が欠如した状態を放置したままでは、「無いものねだり」に終わる。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年3月 6日 (火) 19時04分

石破先生 連日お疲れ様です。

1970年代までは、少なくとも大韓民国より、国力が優位にあった北朝鮮は、盟友のソ連邦崩壊以後、重油供給停止・先軍政治等で、経済的・政治的に逼迫・孤立しています。

冷静にみても、北朝鮮の国土は、大陸の東岸に位置し、北半球においては、偏西風の影響で、冬季を中心に、大陸からの【陸は温まりやすく冷えやすい】寒冷な風により、同緯度の、ヨーロッパに比べ、はるかに寒冷です。

したがって、土壌も劣悪・農業できる降水量も不足しています。

その上、生産性の低い、集団農場制をひいていては、国家崩壊は時間の問題です。

寒冷な、大陸東岸に位置し、冷帯以北で国土が小さく、普通の国家として成立している国はありません。【有用資源が大量に産出可能なら別ですが…】

石破先生の適切な、政治的判断を望みます。

投稿: 豊嶋 孝 | 2012年3月 6日 (火) 19時57分

お疲れ様です。
震災から1年経ちます。
各議員は、どのようにお考えでしょうか?
1年経っても被災地は瓦礫の山、
被災者が頑張って少しずつ復興を頑張っている状態、
極端かもしれないけど、国会議員は震災復興より、選挙の事の方が大切なのではないですか?
日本は、今回の大震災を1年経っても復興の青写真すら作れない情けない国なのですか?
皆さん考えて下さい。
今回の大震災で、日本の約1/4が機能してないんです。
国の1/4が機能してないのに、日本の経済再生?ふざけた事を言わないで下さい!
失礼かも知れませんが谷垣さんは、日本の事より、自民党の政権奪回しか頭に無いような気がします!
何故、担当大臣は与党からしか選出されないのか?何故、俗に言う派閥的なバランスを気にして、担当大臣を選出するのか?
そんな事ばかりしているから1年経ってもロクに復興出来ないのではないでしょうか!?
復興庁?全く機能してないと同じですよね!
国民の代表である国会議員が大勢集まって何やっているんですか!?
党や派閥を超えて日本の事を、日本の未来を真剣に考えて下さい!

投稿: 濱田 | 2012年3月 6日 (火) 22時09分

石破さん、声の大きい少数派のネットユーザーのコメントの相手をする必要はありませんよ。彼らは山積する国内の問題の原因を、「外国の陰謀」だとか「朝鮮人、中国人」に求めて思考放棄しています。こういう人たち含めた全国民を相手にする政治家の皆さんには頭が下がります。三橋とかいう眉唾エセ学者が持て囃されるのもネットだけです。
確かに、中国、ロシアは日本の脅威ですが、現実を見て彼らと上手く付き合っていく必要があるのは石破さんもよくご存じだと思います。常に現実を見据えて、真に日本の為になる政策を考えて頂ければと思っています。

投稿: asd | 2012年3月 6日 (火) 22時48分

お疲れ様です。
石破さんは、「話し合い解散」には賛成ですか?それとも反対ですか?
過去にも話し合い解散はあったようですが、今回は国民に影響の大きい消費税増税を談合し、「国民に有無を言わせないようにしたい」のか、「自民党は解散しか頭にないのか」と勘繰りたくなります。

話し合い解散をするとなれば、国民が納得できる理由が必要ですし、議員定数削減もせずに選挙をするつもりなんでしょうか?
予算委員会などで、野党が民主党に「信を問え!」と言っていますが、一有権者からすると、現議員が国民から信用されるのが先だと思います。

橋下市長が支持される理由。
1)無理と言われることでも言い続け、実際やってみる2)批判をされても、徹底調査をし、職場・職員の意識改革をする。
3)天下りや赤字事業の民営化含め、徹底見直し。
などなど。
あと、何より大きいのは発信力とスピード感なんです。国政が遅々として進まないように見えるので、惹かれるのも当然です。

最近、国会議員が橋下市長と番組で討論をしているのを見て思うのは、普段の現場を知る市長の提案・意見を、議員が検討し、特定地域からでも実行すれば、今までのような制度の手詰まり感が薄らぐと感じます。

例えば、生活保護。不正受給や過剰診療などに切り込みたくても厚労省などが壁になっているのなら、国会議員が動くしかないのでしょう。
自民党もPJを立ち上げたようですが、早く改革しないと本来必要のない給付がされ続けます。全国で同じような問題を抱えているのですから、先送りは許されないと思います。

橋下さんは、提案力・発信力・実行力もありますが、維新自体はまだまだ未成熟。国政にでて大量当選するとまた混乱する可能性があり、危惧するところです。
当たり前のことながら、自民党の政策・実行力は確かなのですから、会見などで維新を見下すような言動は慎んだ方がいいと思います。
国会議員が思っている以上に、国民は言動をよく見ていますよ。

投稿: マミ― | 2012年3月 6日 (火) 23時27分

以下は、陛下の手術に関する、京都の某「日 本 共 産 党 大 学」の学生が集まる掲示板での、
ア カ 学 生 or ア カ 教職員の暴言です。

「心臓にメ ス 刺さってパ ァ 〜 ンを期待してたのにw」
「天 皇死んだら、京都中の花火買い集めて、鴨川で花火大会しようぜ」
「天 皇死んだら花火したらあかんって、法律のどこにかいてあるんや?」
「北朝鮮の世襲を批判するなら、天 皇も何百世代に渡る世襲のバカ息子だろ」
「天 皇退院したら、代わりに雅 子と愛 子を精 神 病 院に入院させたらええねんw」

これらは恐ろしいことに、朝鮮人ではなく日本生まれの日本人???が書いているものです。
「共 産 党 大 学」の左翼洗脳教育の恐ろしさを、身にしみて感じます。
こんな反 日 ア カ 大 学に、日本人の血税から、私学助成・付属高校無償化をする必要など、
あるのでしょうか?

投稿: コピペ | 2012年3月 6日 (火) 23時32分

お尋ねします。震災からまもなく1年が過ぎようとしていますが、国民からの善意の募金はどうなっているのでしょうか?

巨額な募金が集まったのに、全くと言っていい程、何に幾ら遣われたのか国民に回答が無い国に対して、不信感、そして怒りがこみ上げています。実際本当に被災地、被災者に使用しているのですか。
国民はどんどん家計が苦しくなっていても、助け合いの気持ちで少しづつでも支援出来ればという気持ちで募金しているのです。
我が家は、4才と8才の息子が出掛ける時は、必ず自分達の財布を持って行き、募金箱を見つける度『ママ一緒に募金しょう』ってお年玉から募金していました。

税金や消費税を上げるばかりではなく、上げたり集めたお金の使用目的、使用した金額を明確にして下さい。

後これ以上、国家公務員の給料カット止めれないですか?毎年毎年カットされるので生活できません。
一般の会社は定年が60才なのに、自衛隊なので定年が53才だし!しかも再就職無しが現状。子供達が成人してないsweat01
公務員の退職金が高いと騒がれていますが、退職金は毎月給料で、長期&短期と言う事柄で13~15万引かれているので、実質毎月自分達の給料から積み立てられているのを、国民は知らないと思います!

投稿: みわ | 2012年3月 7日 (水) 00時54分

石破先生

予算委員会筆頭理事のお勤め、本当にお疲れ様です。
その中でのブログ更新やコメントのお目通し、ありがとうございます。
かなり御多忙かと思いますが、お身体に気をつけて乗り切ってください。

「密談」についてですが、今回特別に行われたことだという訳ではないだろうに、何故今回だけ特段に「密談」という単語を使って報道されたか、こういった恣意的なマスコミの内容いただけないと思います。

仰ることごもっともであり、過度な介入は結果として経済を疲弊させる点もごもっともなのですが、「何をつくるか」はビジョンに則ってある程度政府が決めていく必要があるように思いますし、好景気を生み出す背景にはこのような政策も大きかったと思います。

例えば、故田中角栄先生の「道路と新幹線で日本列島の大動脈をつくるんだ」という路線は私は素晴らしい思います。
また、森喜朗先生の「IT革命」によるNTTの回線開放を中心とした施策も、私は素晴らしいと思います。
いずれも「地方の格差を埋めるための社会基盤の構築」が基本にあったと思います。

例えば、東北に巨大貨物船が停泊できるハブ港を建設するとか、高速道路や電波を開放するとか、等の施策はあって然るべきだと思います。

仰るように「この会社には資金投入する」等は介入し過ぎだとは思います。

投稿: ぱなとりん | 2012年3月 7日 (水) 12時36分

asdさん  
貴方のような左翼主義者は一体何を考えているのか正直理解に苦しむ。恐らくは日本人じゃないのだろうけど。あるいは団塊世代のクズか。
この時代に「ネットユーザーを無視しろ」とか時代錯誤にも程がある。かつてはテレビと新聞が情報の発信源であったが、いまやネットユーザーの方が多いのが現実。アカの時代はとっくに終焉しているのです。
なぜ民主主義の日本に来て必死で国家解体を叫ぶのか?全く頭がイカレてるとしか思えない。

『彼らは山積する国内の問題の原因を、「外国の陰謀」だとか「朝鮮人、中国人」に求めて思考放棄しています。』

また適当なことを。
少なくとも私はここを読んでそんな人間は一人もいませんでした。一体貴方は誰の書き込みを読んだのですか?まさか私、とか言わないでしょうね?だとしたら一度病院で検査を受けた方がいいでしょう。

TPPではっきりした事の一つで売国奴は決まり文句の様に「レッテル貼りをして罵倒する。」と言う行動が見られます。
「ネトウヨ」とか「思考停止」とかね。
それともう一つ、正当な反論が出来ないので(賛成する理由がない)「開国」だとか「グローバル」とかの言葉で逃げる。
思考停止してるのはどちらでしょうかねぇ?三橋氏を否定するならそれを否定するデータを提示してから言ってもらいたいものですね(笑)。これまで彼を否定しうる数値を提示出来た学者は一人もいませんが。そもそも彼は学者ではないですし。

学者がいかに役に立たないかは現実を見れば一目瞭然でしょう。実社会で経済を動かしているのは経済学者ではありませんよ?
もちろんコラムニストでもありません。
そんな怪しい職業を私は信用しません。
彼は「経済評論家」と紹介されますが、本当は中小企業診断士が本職です。
この職業は経済学者など比較にもならない程実社会とにらみ合っている職業と言えるでしょう。債務分析に於いて経済学者が勝てるわけないじゃないですか、こちらが本物のプロですから。

学者は言葉遊び・・はちょっと失礼なので言論で相手を説得させようとする。当然ですが実務をやっていないので現実にそぐわないケースが多々ある。対して職業柄三橋氏は全て印象論ではなく数値の解析で評価する。だから誰一人として反論が出来ない。もし彼の債務分析で「おかしい」と言う箇所があったなら具体的に反論して下さい。

左翼者は具体的な意見を求められると何も言えなくなる、と言う特徴がある。
彼らは印象論で原理を捻じ曲げて解釈するからです。整合性が取れない理屈を無理やり歪曲するから論理が破綻する。
貴方が三橋氏を「デタラメだ」と言うなら私以外にも全国に何万人もいる彼の理解者が納得できる具体的な例を提示して批判して下さい。

私は日本人として当たり前の事しか言っていないし、妄信的な右翼でもない。
中国、ロシアと喧嘩しろ、などと一度も口にしたこともない。まあネットの書き込み等では良く見掛けるがそんな事をここで取り上げる貴方の見識を疑います。
まるで我が国に寄生虫のようにたかる某国家の工作員では?と思わずにはいられません。

韓国と付き合うのは正直理解に苦しむけどね。はっきり言って日本にメリットがない。反日で無ければ隣国であるのは受け入れるしかない事実であるので付き合うしかないが・・・。アメリカ政府に「日本を仮想敵国に入れろ」と申請する国家となぜ付き合わなければならないのか?
正直狂ってるとしか思えませんね。

ロシアに関しては私は「2島返還でよい」派なので少数派かも知れません。もしアメリカの要求通り4島に固辞すれば100年経っても帰って来ないでしょうね。それよりも親日派のプーチンの任期中に「引き分け」で終結させるのがベスト。

中国は手を切れ、なんて人は見た事ないのですが居ましたっけね?中華思想は非常に危険ですが現実社会を見れば切れない事は小学生だって理解してますよ。
その上で付き合って行くには核武装や軍事力の増強でパワーバランスを保つ事が必須になります。米軍に頼らない独自軍事力は避けて通れない道です。ラプター(F22)が100機もあれば当面心配はなかったがライトニング(F35)では制空権の把握が出来るとは思えない。やはり最終抑止力である核配備は必須であると結論付けるしかありません。何もしないで無事に交易が出来るなどとボケた考えで付き合ってはいけない国な事は国民の殆どが理解しています。

投稿: 磯部 | 2012年3月 7日 (水) 13時29分

「隣国と仲良く」というが「仲良く」の意味が国によって違う
日本人にとって仲良くは「お互いが対等な立場で尊重しあって」と思うが日本政府は「自国民より相手国の利益を第一に(従属)」がそうらしい。


韓国人や中国人の「日本と仲良く」という意味は「常に韓国中国に逆らわず我々にとって優位に扱う事が日本と付き合う前提条件」になっている。(米国も?)


そんな国にすりよっている馬鹿な政府を持つ日本人は哀しく情けない。諦めが先にたってしまう。


いつか菅前首相の発言の通り尖閣諸島を中国に差し出す時には、せめて中国の「尖閣諸島は古来から中国のもの」の「古来」とはいつのことを指しているのか政治家や学者、マスコミはツッコミを入れるべき。何かあるごとに中国四千年の歴史を連発する中国。その返答で遡る時代(清王朝からとか)によっては、世界世論から「中国は馬鹿だ」が吹き荒れるかもしれないのに。欧州でそんな発言通用しない。尖閣諸島差し出した日本政府は「平和的に解決した」と発言し「侵略されて喜ぶ馬鹿」と示すことになるが…

中国と同じ「古来から」戦略?で北方領土は日本にもどせるかな?もしかして民主党は中国に仲介してもらう腹づもりか

投稿: 脱 馬鹿な日本人 | 2012年3月 7日 (水) 14時23分

民主党支持者です。
 テレビのJNNとNNNで野田内閣の支持率があがっているとのこと。民主党支持者から見ても想像を絶する現象です。 
ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120304-00000037-nnn-pol
 ひょっとして先日の新憲法草案が影響したのでは、というのは私の考え。私には安倍政権時の恐怖がよみがえってきましたから。
 一方、毎日新聞では下がっているので、こちらの結果が頷けます。
 
 お話変わって、フジサンケイグループです。
 産経新聞は私にとって「第二自由新報」でほとんど読みません。一方でフジテレビはよく見ます。今は韓流重視でウヨの皆様から叩かれていますが、私は報道関係は割合良心的だと思います。特に「プライムニュース」は反町氏の頑張りもあって、問題点の掘り下げがよくなされていると思います。
 3月1日(木)では石破議員と佐瀬防大名誉教授が防衛問題で密度の濃い討論をされておられました。本来なら国会で議論されるべき事柄ですが、防衛相が素人なのでできないわけですから民主党支持者としてお詫びします。野田総理は斯くの如き人事で「適材適所」とか「最強内閣」とか強弁しているから、国民の不信感を招いています。したがって「税と年金福祉の一体改革」なんか信用されないのは当たり前です。
 当番組では私が以前書き込んだ憲法の見解について、石破議員はピシリと否定されておられました。当然でした。「占領下=国家主権がない」したがって「主権のない時に制定された憲法は自主憲法でない」という論理は、私は受け入れます。それならば日本に主権が戻ってきたときに、「内容はほぼそのままに」日本国憲法を日本政府が制定し直すべきでした。そうすれば自主憲法が形式上誕生しました。戦争で疲弊した国民は受け入れたはずです。でも実際は、自主憲法制定という名のもとに「大日本帝国憲法」と変わりない改憲案を議論の出発点として出すから、議論が進まないのです。
 同じプライムニュースで3月6日は御党の小野寺氏と民主党の増子、階両氏が出演され、震災被災地復興の議論がされていました。心が暗くなったのは、日本の優秀な官僚が被災地を復興する気がなく、現状復旧で糊塗しようとする過ちを再度犯そうとしていることがわかったからです。かつて阪神淡路大震災で神戸港を復興することを自民党政権で図り堺屋太一氏も尽力されました。しかし現実には現状復帰でとどまり、結果としてアジアのハブ港の地位を釜山に奪われました。仙台や石巻も同じ道を辿ろうとしています。今の国交相は民主党支持者の私からみても全く支持できない人物です。もちろん選任した財務省事務次官のロボット氏が悪いのですが。

投稿: hesomaru | 2012年3月 7日 (水) 17時22分

他国特に中国韓国ロシアとの外交では毅然とした態度と客観的な事実や科学的根拠を述べた上で交渉してください。


他国を宥めるために、国民の誇りや利益を無視し国民の許しもなく日本政府として「謝罪や妥協、血税を差し出す」のはやめさせて下さい。


日本にとって不利益あるいは科学的根拠のない事実を他国に吹き込む運動や発言がなされた時は、すぐに科学的根拠を具体的に示しながら冷静だが大きな声で反論抗議を日本政府として行って下さい。世界に住む日本人が肩身の狭い思いをし他国から差別を受け続けます。黙ったり弱い声は「自分の非を認めた」と受け取られます。


国内政治も、外交も、安全(防衛)もガタガタ。日本を危険にさらしているのは何千万円も血税を貰っている国会議員と悲しいことに選んだ国民自身です。
日本を駄目にする国会議員を国民がリコールできる仕組みをつくってほしい。できないなら支持率が50%をきる閣僚は自動的にクビに。官僚の作った台詞を読むだけの閣僚が他国の猛者と渡り合えるわけないと国民でもわかる。日本人の安全より議員保身のため罷めさせられない状況を放置し、いづれ悲劇を招くことのないように変えなくては。

投稿: 脱 馬鹿な日本人 | 2012年3月 7日 (水) 17時51分

橋下君の八朔には、雇用の流動化が含まれています。これは、日本の産業界を活性化する為には絶好に必要です。こういうところは維新の会の良いところです。

投稿: 山口健二 | 2012年3月 7日 (水) 18時30分

福島の原発の労働者の話です。酷い話です。監査を入れてアトックスと云う会社の経営陣を逮捕した方が良いでしょう。タイベックスも着用させずに原発作業をさせているような会社は指名停止で排除して、経営陣は豚箱行きにするべきでしょう!こういう種類のコスト削減は懲罰ものですよ!


http://fukushima20110311.blog.fc2.com/?no=54&ul=5f5e657f75dffd94&mode=m

このまま原発作業を人間でやっていては処理出来なくなる事が目に見えております。

人ではなくて、ロボットを開発して、単純な事から順次ロボットにやらせないとダメですね。日本の全産業から、また世界からも最優秀のソフトウェアエンジニアを集めて、原発作業用にいろいろと開発しないと大変な事になりますね。

トヨタ自動車なんかスポーツ車を開発している場合ではなく、自動車システムを開発しているソフトウェアエンジニアを大人数供出するべきでしょう。今までさんざん、自動車会社は国の補助金を享受してきたのだから、今度は国に奉公しなければならないと思いますよ。

国内では千葉大のfuRoや川崎重工が優れています。

また、海外に目をむければ、Boston Dynamicsと云う超一流ロボットメーカーが存在している訳ですから、原発作業用にこちらから要求仕様を提出して開発を依頼して、いろいろと購入するべきでしょう。人間に作業をさせても費用はかかるし、被爆者が出るし、問題だらけです。

Boston Dynamicsに順次発注する事によって、原発作業の無人化を強力に推進するべきです!東電だけに責任を押し付ける国のやり方は間違いです!国が直接、アメリカに頭を下げて、Boston Dynamicsへの戦略的発注を責任もって実行するべきでしょう!

その為には、全国の電気料金を大幅に引き上げて発注費用を確保するべきです!大幅に電気料金を引き上げておけば電力需要を抑え込めますから、停電のリスクも減らせる筈です!全国の電気料金を大幅に引き上げましょう!福島の収束の為に必要です!痛みは全国民、全産業がシェアするべきです!

投稿: 山口健二 | 2012年3月 7日 (水) 18時32分

中国当局への抗議を意図したチベット人の焼身自殺のニュースが流れました。学生時代「フランシーヌの場合」という歌がありましたが、ふっとあの頃の世界情勢を思い出しました。焼身自殺とはよくよくのことです。
確かに日中友好は大切です。が、五族協和を唱える中国の現実を我々日本人がどれだけ認識できているか、については甚だ心許ないのが実態だと思います。
その昔、日中国交回復以前に当時の毛沢東主席がフランスのポンピドー大統領に言ったとされる「中国人は多過ぎるので、アメリカの核攻撃で千万単位で死者が出ても結構」という主旨の暴言や、今回河村市長が思わず口にした南京事件のことなど、漢民族ならではの思考回路に因る民族性への認識を改めて喚起するよう政治家に求めることはやはり無理なんでしょうか?
間違いなく時代の転換点にある今、石破さんを始めとする心ある政治家の方々には従来にも増して熟慮と断行を願いたいものです。

投稿: kktf | 2012年3月 7日 (水) 18時55分

◆多文化共生◆
地方から、いずれは国へ法案までもっていく流れを作りたいようですね。
子ども達や学生に
文化交流と、多民族の文化の共生と言う名前で、推進を図る人達の不自然な背後関係。
2012.2. 17~
「ともだち展」
南北コリアと日本の子どもの交流
http://t.co/24V8gXP3
◆多文化共生の中心◆在日コリアン
http://kangaerukai.net/undou.htm

【男女共同参画社会基本法がつくられたのは↓↓↓】
国家解体論者によるもの、(※野中広務.堂本暁子.土井ラインの談合)

【洗脳:日本は遅れている】
国連公務員工作員は家庭・伝統文化破壊・さまざま干渉を行う事が出来る。

等々、大きく取り扱れない問題には政治家も触れずに、いるようですが
【男女共同参画】
見直しの時期のようですが、予算も人件費も大幅に削減していただきたい。

投稿: にお | 2012年3月 7日 (水) 21時12分

【呆れる】
http://d.hatena.ne.jp/ironsand/mobile?date=20110205
★人権侵害救済は一体誰の為だけに、ありますか?

【外国人参政権】
定住外国人に参政権の地方参政権を求める意見書を全会一致で平成16年3月採択したが……。
【静岡県議会:2010年3月19日・慎重に対応する意見を可決】

※“反対の意見書”とは出来なかった経緯にリンクも出来ます。
↓↓
【静岡県の地方自治体における参政権に関する動向・まとめ】
※是非検索下さい。

この中に
大韓民国静岡県本部
や、静岡・コリア友好議員連盟の伊東伊佐美会長(自民)の発言も見れます。

★今年3月
静岡県牧之原市
(自治基本条例)は市民の市政への直接参加を定めたものだか、市民には外国人も含まれる解釈ができ懸念されている。
“反対の意見書”は
静岡県は作れない過去がある。
【鳥取県八頭郡八頭町:18才以上の永住外国人も参政権を求めている?】
こんな活動ばかりしている在日のネットワークはよほど時間もお金もあるのでしょう。

そして、大問題
★【人権侵害救済法】被災者追悼よりも、何よりも先の3月13日が大事な民主党と同じにならないようにお願い致します。

投稿: にお | 2012年3月 7日 (水) 22時17分

国内の問題を朝鮮人や中国人のせいにしている人なんていません。国内の問題と外交問題はどちらを重視すべきかという天秤にかけるものではありません。どちらも大事なのです。中国やロシア、韓国と上手くやっていくために、相手側のやっているおかしなことまで目をつむればいいというものではありません。実際に、中韓には捏造歴史や靖国問題を相手に強引な外交を迫られたり、米国軍や自衛隊基地周辺の土地を買収されたりしているのも事実です。これは、安全保障上、大問題です。対馬なんて、ハングルだらけで、本当にひどい現状です。自民党議員も訪問されていますから、その現状は知っているはずです。そして、日本が今まで捏造歴史を背負わされてきたことも事実です。それに対して、客観的証拠と真実を訴えることは国家として重要なのです。韓国は国家を挙げて、国際裁判所のあるバーグを除いた世界各地で、慰安婦問題を挙げて日本の悪口を言っていることは事実です。日本が対抗して事実ではないと主張し続けることが大事です。国内問題が重要だからと言って無視できる問題ではありません。経済面では、IT企業などで実際に企業活動をしていた三橋氏の言う理論には納得できる節が多々あるもの事実です。三橋氏のプログはユーザーの間で一番評価されています。多くの国民が三橋氏に賛同していることにも目を向けて下さい。世界でこれだけ関税を開いてきた日本がTPPで得るものは本当にあるのでしょうか。医師会が大反対してる理由も納得できるものがあります。でも、何よりも国民に言わずに姑息に交渉しようとした卑怯な民主党のやり方が一番問題です。元民主党議員が天下りしている企業は、実際に厚労省の住基データ管理の入札やプラチナバンドまで獲得しています。これは、本当に偶然だと思いますか?前の総理とは太陽光利権でブイブイ言わせて、全国民からひんしゅくを買っていました。こんな政商を許していていいのでしょうか。民主党になってから、あからさまにひどいような気がします。そして、今度はユーザーや企業のデータセンターを韓国に移転し、それを「世界から日本海を抹殺する」とCMを流す反日企業に管理させようとしているなんて、おかしいです。戸籍など住民の貴重な情報は本当に大丈夫なのでしょうか。以前、在日には通話料を無料にし、日本人には倍額請求していたことが週間誌に暴露されたこともあり、非常に不安です。
先生、国内案件とともに、外交、安全保障も大事な問題です。そして、それは上手く付き合おうとすることばかり考えて媚びるのではなく、国益を重視して下さい。目先の利益のために、真実ではない捏造歴史を国民に押しつけて、これ以上、無実の罪を永遠と背負わせるのは、もうやめて下さい。強い日本を再生できるよう、ご尽力願います。

投稿: 日本の周りは敵だらけ | 2012年3月 8日 (木) 00時31分

【鉄の女その後・・・】
頼朝と築いた家庭が、頼朝の死後、ひとり残らず死滅し、その死の様も尋常ならざる暗殺であったこと等、普通なら立ち直ることも出来ないのような深い悲しみの淵にあって、そこから這い上がってこれたのは強靭な精神力があったものと思います。そして承久の変で執権義時と共に武家政権の危機を救い、安泰な晩年かと思われましたが、義時が急死し、義時の後妻が幕府の混乱を招く企てを起こします。68歳の尼将軍は、義時の長男泰時と弟時房を呼び、泰時を3代執権に任命し、時房を連署に任命する人事を行い、義時の後妻の陰謀の対処にあたらせます。これが尼将軍の最期の仕事になります。そして、翌年彼女は薨去します。彼女の任命した3代執権泰時は、御成敗式目の制定に尽力した中心人物です。奈良時代にあった律令の制定は、文化の進んだシナからの輸入のコピーであり、漢文で作られた規範となっていましたが、御成敗式目は漢文が読めない武士でも読めるような文章になっており、51条からなる成文法の制定は、後世に大きな影響をもたらす画期的な法典の誕生です。武家の法典と云う意味だけではなく、その誕生に至る経緯を見れば日本人独自の力で作られた自主憲法であることがよく解ります。鎌倉幕府の偉大な点は、御成敗式目の制定と、泰時のひ孫相模太郎北条時宗の活躍の2点にあると思います。国としての自覚が、鎌倉幕府にあったと云うことだと思いますね。
国としての自覚を国民に呼びかけ、自主憲法の制定なくして日本の再生は無い。時代に沿った憲法の制定を進めることが肝要です。御成敗式目は、その制定にあたり「これにもれたる事候はゞ、追うて記し加へらるべきにて候」として、元より追加法の必要性を示唆しています。時代に沿った法の編纂があってこそ、生きた法典としての価値があることを泰時自ら制定にあたって述べているそうです。現在の我が国は制定以来60年を超え、時代にそぐわないままの憲法を改正することも出来ないまま時間だけが経過しています。鎌倉時代の武士たちに笑われてしまうような有様ですね。残念なことです。

投稿: 旗 | 2012年3月 8日 (木) 13時46分

民主党支持者です。
 すみません。間違いがありました。
「税と社会保障の一体改革」でした。

 一昨年の防衛事務次官通達を言論の自由の侵害として追及する自民党議員(世耕氏や片山氏)を拝見して、自民党も基本的人権を保障するようになった、自民党も変わった、と思うようになりました。同じ頃民主党の松崎某が自衛隊敷地内で愚かなふるまいをしていたことも問題になっていたので、なおさらでした。
 しかし、新憲法草案に裏切られた気がいたします。
 自民党には「さわらび会」のほかに、「さいこう会」なるグループがあるようです。
 思うに、かつての原子力村を「再興」しようとしているグループです。日本は福島県の面積に等しい「領土」を失いました。戦争をしかけても外交交渉に努力しても、この領土を取り返すことは数十年できません。また海も失いました。枝野氏は放射能は海水で薄められると言明してますが嘘です。魚の体内に濃縮されます。水俣病がそうでした。御用学者は海水中の有機水銀は水に薄められるとして農薬説をでっちあげました。水俣病被害者側が長年の苦闘ののち、有機水銀濃縮説を証明しました。歴史に学ぶべきです。
「さいこう会」。この期に及んで、という気持ちです。

投稿: hesomaru改め もともと関西 | 2012年3月 8日 (木) 21時17分

石破さんお疲れ様です。

他にも話にあげていらっしゃいますが、
【人権侵害救済法】
の話が前々から気になっていました。
信用できないマスコミは、もちろん話題には取り上げません。

人権、人権、人権…一見、聞こえはいいんですが…正直、私個人は好きな言葉ではありません。
何にでも人権という言葉だけで片づけるのはおかしいと思いますし、
【人権侵害救済法】なる法案も調べてみると、胡散臭さに充ちているように思えて仕方ありません。

救済という言葉は使われていますが、どうやら日本国民が守られる法案ではないようです。日本国なのに日本人を守るための法案ではない…とても理解し難いことですし、絶対に許せません。

この法案が通るのではないか、と不安に感じている国民は多いです。
マスコミが報じないため知らない国民もいますが、日本国民は皆、他人事であってはならないと強く感じています。

国のために、これからも頑張ってください。心から応援しております。

投稿: 愛国心 | 2012年3月 8日 (木) 23時29分

『小説・震災後』(文庫版)を読みました。
福井晴敏氏の著作は、映画化された2作品しか読了しておりませんが、その時に感じた身に迫る様な畏怖を…また改めて突き付けられた思いです。
然し乍、この畏怖を唯々と受け取り、痛みにとどまってはいけないとも考えています。
石破さんは、『次の世代に何を残していかなければならないか』を多岐に渡り、尚且つ具体的・現実的に考え、実現する責務を担うべきは自分の世代であると仰っています。
それは、私達や私達の子ども達が受け継いでいくべきもので、受け継ぐ者もまた、その自責をもたなければなりません。
未来は見せてもらうだけではなく、自らが見たいと希み、自らが進んでいき、受け継ぐ力を持つ努力をしなければならない。
そして、そこには夢物語などではない『希望』と、実生活を営む強さがなければならない。
長い読書感想文の様になってしまい、申し訳ありません。
ですが、石破さんが真実を直視する知識を持ちたいと御自分を律する厳しさに、到らずとも私達国民にも、努力や自助を求めて頂きたいと思っています。

投稿: 浪花在住一看護師 | 2012年3月 8日 (木) 23時48分

石破先生

お疲れ様です。

全ての国会議員に言いたい。

そろそろ、「そもそも論」をしてくれませんか?

なんで、それをやるのか、
そもそも、どうしてそう言う話になるのか、
その「原点」に還って
もう一度全ての事をゼロベースで考え直して欲しい。

そうしないと、

何も進まないし
何も決まらないし
正しい答えが出てきません。


総理と谷垣氏の密談なんて大騒ぎするほどのことではない。
党首討論を見ましたが、全然引き込まれないし
焦点がずれている。
党首討論が「ダメ」だった。
ただそれだけの話です。

ただ、事前協議とこの密談の差はなんなのか分からないのですが。
私は、何でも三党で決めてしまう事前協議は
民意に反する行為と思っています。
石破先生も三党の事前協議には否定的だったと思いますが
これは良しなんですね?
何が違うのか、教えて欲しいです。

増税について、
なんでマスコミも多くの党も増税ばかり言うのか、
どうしても理解出来ないのです。

・デフレ下の増税は、増収にならない。
・震災後の増税は非常識。
・年金国債は将来の増税を既に当て込んでいる。
・今回の増税は、若者の為ではなく、
今の年金制度と、今の高齢者への支払いを守るために行われる。
・高額預金者の多くは年寄りである。
・年寄りはお金を使わない。
・どんなに節約しても年間10万円以上の増税になる。
・子供手当は増税で相殺される。
・低所得でも消費活動がどうしても活発にならざるを得ない若者の負担が著しい。
・非正規社員の若者の多くは、自分の年金は払えず、将来年金を受け取れないが、
今の高齢者の年金は消費税で払い続ける。

・企業側からすると、
 消費税の滞納率は約50%。
 最も滞納が多い税金であると言われている。
 

結論。
消費税を増税すると
金はあるが使わない高齢者にお金を回し
若者の負担が著しいため、
経済がもっと停滞する。

企業の消費税滞納率もしくは倒産が増える。

ちょっと挙げただけでも今の消費税増税がどれだけいびつかが分かる。


それでも、増税法案を通すのでしょうか?


エルピーダの破綻を聞いたとき、
えらいこっちゃ!!
と、思いました。


会社側の対応にも問題があったのかも知れませんが、
一番の理由はやはり円高デフレを放置した政府の責任です。

年度末は、倒産や自殺がどっと増えます。

年度末というのは、
政府の一年間の「成果」がそのまま出ているんだ

と言うことを肝に銘じて頂きたいです。

今年はどうなるのか、
それが怖いです。

どうか、これ以上、「びっくりニュース」が出てきませんよう、切に願います。

投稿: mike310mi | 2012年3月 9日 (金) 01時35分

石破先生

人権侵害救済法案&外国人参政権

産経新聞がしばしば取り上げていますが

両案が、3月中に閣議決定されるという噂が流れています。
かなり危機感を持っています。

人権侵害救済法案は
誰の人権を救済するのか
誰が救済するのか
どういう時に救済するのか

そういう大切なところが大変曖昧なのに
人権救済委員会?の権限だけは庁並に強く
独立性が保たれるんだとか。
そして、小川法務相は、
ここに外国人が入ることも否定していない。

これが成立すれば、
まずはネットの言論統制が始まる。
(もう、少しずつ、始まっているようですが)

そして、外国人参政権が認められれば
日本は戦争せずに乗っ取ることができる。

こんな法案絶対に通してはなりません。
松原先生にはお願いのメールを出しましたが
他に、どうすれば通らないのか分かりません。

自民党では、署名活動など、やられてないのでしょうか?

投稿: mike310mi | 2012年3月 9日 (金) 01時51分

野田も管も鳩山も小沢の顔色を見ながら動いているので総理と総裁の会談も話が進みませんね。会談の決裂が演技で小沢を追い詰める作戦なら良いのですが、選挙の事を考えると難しいのでしょう。

投稿: (^-^) | 2012年3月 9日 (金) 03時57分

人権侵害救済法と外国人参政権
人権侵害の救済とはどんなものか具体的に国民に伝えてますか?働く気のない働かない日本人(日本国籍を取得し税金を払ったこともない外国人)や通名を許可され都合により日本人になる在日人に生活保護を支払うために、生活保護より少ない稼ぎから血税を盗られる生粋日本人を救済するための法案なら賛成ですが違うんですよね。それとも在日朝鮮人に対する優遇措置を全ての外国人に適用するというのか?


参政権がほしい人は帰化し日本の三大義務を果たした上で選挙権を得ればすむのでは?世界に住んでいる日本人が、その居住国で参政権を付与されている事実があればその国の人が日本で参政権が得られるか議論の余地はあるとおもいますが、中国や韓国で日本人が参政権あり得ますか?親日家を弾圧する国ですよ。


内容が日本人の権利・国益を損ねないと国民に理解させてからの法案成立でなく、いつの間にか法案成立なら一番信頼している政治家石破議員にさえも絶望するしかありません。そのようなことが起こらないことを願っています。

投稿: 脱 馬鹿な日本人 | 2012年3月 9日 (金) 12時40分

帰化した外国人に対する生活保護支出割合を調べてください。生活保護目当ての帰化はありませんか?


帰化の基準(勤務実績・日本教育・犯罪履歴・反日運動有無)を厳しくしてください。帰化したあと他国で犯罪を犯したら「日本人の犯罪」になり日本の民度を下げることになります。またスパイが日本人として土地や情報、株式、資源を購入し活動しやすくなります。


日本で通名を使わせないでください。犯罪の温床になります。

生活保護を貰う人で健康な人は一定の社会奉仕(労働)を行わせて下さい。バイト代より多い金額を貰え、自由な時間がある生活保護は勤労意欲を喪失させ就業に結び付きません。就活に響かない時間に、官が民に委託している事業(清掃等)で社会奉仕(労働)したら対価として支給するシステムが良いと思います。委託費の歳費も減り一石二鳥です。

社会保障費が多いなら生活保護を減らし、就労人口を増やして税金を納めてもらうようにしたほうが良い。若い独身者には海外青年協力隊で海外社会奉仕で活躍して貰うこともできるし、母子家庭の人には自分の家で子供を預かる保育ママにすれば良い。働いて納税の義務を果たしている人より、生活保護を頼りに働かない人を手厚くす

投稿: 脱 馬鹿な日本人 | 2012年3月 9日 (金) 13時32分

今TVで「自衛隊だけが撮った0311」という番組を見てまして、改めて自衛隊の方々の使命感に感動しております。

俺たちが救わなければ守らなければ…これだけの強い使命感をもつ国会議員は、はたしてどれくらいいるのでいるのでしょうか。

投稿: MAKO | 2012年3月 9日 (金) 21時53分

お疲れ様です。

なぜ、多くの専門家が言っている適切な量の日銀国債買取(金融緩和)をしたら、適切なインフレを飛び越えて、いきなり超インフレになる極端な話になるのか、よくわかりません。世界一、デフレ期間が長く効率的で、質の高い供給過多(デフレギャップ)の日本では、おこりえません。適切なインフレ、適切な円値(120円程度)になるだけです。
今、必要なのは、消費税増税ではなく、デフレ脱却であり、デフレ対策である、通貨発行(日銀国債買取)で、円高解消か円安気味の追い風をつくり、株高、輸出増により、名目GDPを増やすこと。
公共事業を削減すると経済が失速して、税収が、ガクッと減少することからもわかるとおり、公共工事と消費・投資は連動しています。まずは、財政出動(公共事業)をして、経済を活性化して、消費・投資増につながります。
この2つの相乗効果で、円高とデフレは脱却できます。
消費税増税は、名目GDPが、5%以上が3年続く等の過剰消費・投資を抑える時に、行う政策の1つで、デフレ期には、一番、行ってはいけないものです。97年同様に、さらに、税収が減ります。
日本のデフレの原因は、日銀による長年の円高放置で、(特にリーマンショック以降の異常な円高放置はひどかった)リーマンショック以降の世界各国(欧米英中韓等)が、デフレ対策として、
大量の通貨供給をしたのに対して、日本だけ、ほとんど通貨発行していないため、自民党の山本議員が言っているとおり、相対的に日本の通貨量が少ないことになってしまい、超円高となったものです。
しかし、日銀もやっと動きだし、インフレ目標の日銀国債買取(通貨発行)により、円高解消・デフレ脱却に動きだしました。しかし、世界的にみても、10兆円追加のみでは、あまりにも少なすぎるのは、あきらかです。早急で大幅な追加通貨供給をよろしくお願いします。

投稿: 日本経済良好 | 2012年3月10日 (土) 18時09分

手当ては生活保護など生死に関わる状態の人以外に支給するとキリがないですね。年金も両親の平均寿命-20歳から支給すれば公平になりそうです。
景気が良くなれば解決しそうですが、紙幣を5%増やしても貯めるだけで変化は少ないと思いますが、100倍1000倍と増やせばハイパーインフレになり、中間点が難しいですね。今、インフレになっても民主党の給料比率が増えるだけなので現状維持が好ましいですね。

投稿: (^-^) | 2012年3月16日 (金) 05時08分

(^-^) さん
ハイパーインフレとは通年で13000倍以上通貨の価値が落ちることを指します。
仮に1000倍刷ったとしてもハイパーインフレにはなりません。はっきり言えばただの欺瞞、嘘です。過去なった例としてドイツは第一次大戦の敗戦によりイギリスなどから途方もない額の賠償を請求され(結構当時も非難された)なんと43億倍発行しました。まさに紙幣は紙切れとなり物々交換の時代になりました。そしてそこへ登場したのがヒトラーです。彼はわずか4年でドイツをイギリスのGDPを抜くまでに成長させました。今でもドイツには彼を讃える勢力が存在するし、英雄扱いの人も多い。

あと経済に現状維持はないです。デフレかインフレどちらかにしかなりません。理想は緩やかなインフレ傾向が望ましい。
正常な状態とは緩やかにデフレとインフレが交互に来る状態です。

投稿: 磯部 | 2012年3月17日 (土) 06時33分

今の防衛大臣はかなりひどいですね。
僕は前回、前々回、民主党に入れた一人です。民主党の唱える幻想と嘘に騙されてしまったと後悔しています。
小沢さんが幹事長になり、全ての意見を自分のところに集めたのは、民主党議員は大半が何もわからない素人集団だったからかな?と思います。
ロシア、中国、韓国といろいろな問題があって、全て満足に処理しきれていない。
とても不満です!
勝手だと思いますが、新生自民党として、国民の選択ミスで生じた大きな損失を石破さん筆頭に取り戻して欲しいと思います!がんばってください。

投稿: 山中 | 2012年3月17日 (土) 07時02分

[引用文です]ケーガンによる定義では月率50%を越える物価上昇をハイパーインフレーションとする。

投稿: (^-^) | 2012年3月21日 (水) 01時38分

磯辺君へ
インフレーション (inflation) は、経済学においてモノやサービスの全体の物価が持続的に上昇する経済現象で、紙幣を増やす〓インフレでは無いですよ。
自分が100倍と書いたのは1.5^12≒130となりますが、実際には流通紙幣が130倍になる前に紙幣の流動性がUPするので物価が急上昇します。
30円で買えたビックリマンコチョコが翌月には45円になり、更に翌月には1.5倍になる状態が続けば販売店は賞味期限ギリギリまで出し惜しみを始め品薄になり、更に値上がりする負のスパイラルが加速する訳です

投稿: (^-^) | 2012年3月23日 (金) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/54124748

この記事へのトラックバック一覧です: 予算審議など:

« イシバチャンネル第十七弾 | トップページ | 予算成立、震災から一年 »