« 憲法審査会など | トップページ | 森本防衛大臣への質疑など »

2012年6月 8日 (金)

寛仁親王殿下薨去など

 石破 茂 です。

 寬仁親王殿下が薨去されました。
 殿下は1970年、「トモさんのえげれす留学」という本を著され、中学生だった私はとても面白く拝読したことをよく覚えております。産経新聞主催の「国民の自衛官」表彰式典にもお出ましを頂き、恐懼しながらもとても有り難かったことが思い出されます。心より皆様とともに哀悼の誠を捧げます。

 民間人の防衛相登用と文民統制について様々なご意見を頂き、私の発言と伝えられている、もしくは部分だけ切り取って放映されていることに対してはご批判八割、賛同二割といった印象です。
 新聞もテレビも「野党から批判の声が挙がっている」ということだけを伝えたいのですから、私が「森本大臣の人格識見は高く評価する」「今後は今まで停滞していた防衛政策を一気に前に進めたい」と言ったこともすべてカットされています。テレビや新聞の報道ぶりとはいつもそんなもので、私も十分にそれを承知の上でインタビューに応じているのですから、真意が伝わっていない、などというつもりは全くありません。

 「防衛大臣をはじめとする政務三役に民間人は登用できるか」というテーマはここ十年近く、私が最も悩んできたテーマのひとつです。「見識のない国会議員より見識ある民間人の方が良い」と明快に割り切れれば何も悩む必要などないのですが、ことはそれほど単純なものではないと思っています。

 憲法第68条は「国務大臣の過半数は国会議員から選ばれなければならない」と定めており、これは議院内閣制を徹底させるために設けられた要件であると解されています(なお、この「過半数」という規定は議院内閣制の本旨からすれば不徹底なものであり、本来全員が国会議員であるべきこと、就中、首班指名において衆議院の優越が定められていることからすれば衆議院議員であるべきことが期待されているとの見解があります)。
 従って、防衛大臣が民間人であることは憲法に抵触しないことは明らかです。
 それでは何故、(警察予備隊ではなく)保安庁以来、この組織の長は一人の例外もなく一種の不文律的に国会議員であったのか、というのが私の長年の問題意識でした。
 文民統制、というからには当然のことながら統制の主体と客体が存在します。客体は事務次官、統合幕僚長以下の自衛隊員です。所謂背広組である文官も、自衛隊員である以上統制の客体なのであり、「文官統制」などということはあり得ません。では主体は誰なのか、と言えば防衛庁以来、それは国会議員を予定して防衛法制は作られていると解さざるを得ません。
 自衛隊法は「内閣総理大臣は内閣を代表して自衛隊の最高指揮監督権を有する」(第7条)「防衛大臣は自衛隊の隊務を統括する」(第8条)と定め、防衛省設置法は「防衛省の長は防衛大臣とする」と定めています。最高の指揮監督権は内閣総理大臣個人にあるのではなく、運用(軍令)についての権限(統帥権)があるわけでもありません。

 いずれにせよ、この問題はそう簡単なものではないことは事実です。しかし、前任の二人に比べて、はるかにまともな議論ができることもまた確かであり、今度は我々自民党の見識が問われるとの思いで臨んでまいります。

 昨日と本日、十日投票日の沖縄県議会議員選挙の応援遊説に出張いたしましたため、今回は十分な意見を記すことができませんでした。
 仲井真知事与党が何としても過半数を確保せねばならない重要な選挙です。何卒ご寛容下さいませ。

 週末、九日土曜日は来週火曜日の予算委員会質問の作成に充てる予定です。
 十日日曜日は馳浩代議士の政経セミナーで講演とパネルディスカッションを行います(午後一時半・金沢東急エクセルホテル・金沢市香林坊)。

 お元気で週末をお過ごしくださいませ。

|

« 憲法審査会など | トップページ | 森本防衛大臣への質疑など »

コメント

こんばんはwink
イシバ先生のお言葉はいつもわかりやすいですね。
素直に入ります。
皇族の方は、ただただありがたいのです。理由や理屈じゃないんです。

また、防衛大臣はもとより、大臣はありがたくないとダメなんです。命をかけるお仕事だから。
たかが、OLでも、上司の価値は見ています。仕事ができるのか以外に、自分にメリットがあるか。
森本先生は関西人なので、テレビの解説を拝聴しておりますが、OLのハシクレとして、少ししか期間がなく、自分の会社生活にメリットなさそうなら、すごく一生懸命頑張るかな???
ま、今よりはましか…
ハタチのやんちゃ青年とお話する機会がありました。
こんな鼻ピアス君でも、イシバ先生を知っているんですね。
次の総理になってほしいです。お得意じゃなさそうですが、マスコミさんもうまく使って、私たちのために、ご自愛ください。

投稿: なこ | 2012年6月 8日 (金) 20時35分

経済の専門家は、
テレビなどにもよく出ていたり
輝くほどの経歴があれば
その知見に安心感があり
国民へのウケや、説得力があるため
経済に関与する省庁に
民間人(学者)を登用することは、自然好ましいだろうと思います。

これが、防衛省にも言えるのか?

極論を言えば
軍隊・国防を司る省庁の大臣が
国民の負託を得ていないのは
気持ちが悪い。

なにせ、「軍隊」を預かり
「国防」を司るのですからね。

でも、現在の規定上は
別に民間人でもよく
国民に対しての説得力がある
(全国的に知られていない政治家より、よく知られた学者であれば、安心するでしょうし)
なので、今回は仕方が無いでしょう。

ですが、

この国民への分かりやすさ
納得感のために
民間人を登用した首相の見識は
大いに問題があるだろうと

曲がりなりにも
「軍隊」と「国防」を司る組織の”長”たる人間が、国民の負託を得ていないのは、大きな違和感があり、かつ、国民へのアピールとして、防衛大臣のポストを使ったことが、見え見えであること、これが問題です。

今後、この事例が
禍根となる可能性もあるでしょう。

防衛大臣のポストが、ある意味、
国民への信頼感を得るために使われる
ことは、厳に慎まなければならないと思います。(残念ながら、森本さんは、パンダ的な効果を期待されているし、国会対策としてもですし、総理は、したたかですねぇ)

なので私は
森本大臣が民間人だから不適当!
とは申しません。
森本さんを
政権安定のためのパンダにした
総理の根性が、

ゆ る せ な い!!

という感じです。(もしかすると、すぐ解散となれば、森本さん、殆ど仕事ができませんし、、浜田さんの時も、何もできず、忸怩たるものがあったでしょうし。。)

21日の会期末。
もう、野田さんはダメです。
(いろんな意味です。)
解散に
追い込める状態です。

民主党を、いよいよ
延命させる必要はありません。

雨が続き、今日は暑く、、
お体、お気をつけください。。

投稿: 29歳改め30歳 | 2012年6月 8日 (金) 20時40分

初めてコメントいたします。

内閣改造についての報道各社の「石破茂議員のコメント」とされる内容に強い違和感を感じておりました。
先生のお言葉を直に受け取れる機会があることを大変有難く思います。
ご多忙のこととは存じますが、
どうかこのまま情報の発信を続けていただきますようお願いいたします。

私は鳥取県出身です。
いつも先生のご動向を拝見しております。
先生は鳥取の誇りです。

投稿: kenji | 2012年6月 8日 (金) 21時14分

現在防衛大臣は国会、沖縄、米国の説得と調整いう仕事が求められているのにそれを民間の方にしていただくのはいかがなものかと感じます。
また、これまでの政治の失敗の尻拭いを民間人に押し付ける形になってしまったのも議会政治として問題です。文民統制は、自衛隊の自己完結性、終身雇用、特殊技能といった共同体化しやすい組織特性から、自衛隊が共同体化する事を防ぐ為に、共同体の外にいる人間を置いて、組織に揺らぎを与える為に必要なものだと思います。それを最も担保できるのが政治家の防衛大臣就任だと思います。国民の付託がありますからね。
森本大臣は共同体の外に居る人物なのかが問われますね。
それにしても民主党内は水と油が一緒になって天ぷらを揚げようとしているような状態で無茶苦茶ですね。

投稿: ピョン吉 | 2012年6月 8日 (金) 21時29分

石破さんがブログで民間人防衛相の問題で弁明された日に野田首相は原発再稼働要請の記者会見。
申し訳ないけれど今日は野田さんのことを大いに見直しました。

野田さんがこれから先このようにしっかりとしたリーダーシップを発揮するようになったら、自民党にとって手強い相手になるかも知れません。
しかしある意味それは相手にとって不足なしとも言えるわけで、両党の切磋琢磨はこの国にとってもいいことだと私は思います。

投稿: 鈴木@千葉東葛 | 2012年6月 8日 (金) 21時37分

石破さま、御教示、誠にありがとうございました。衷心より感謝申し上げます。

投稿: ねこ | 2012年6月 8日 (金) 21時49分

先生、お疲れ様です。

先生の真意とは違う報道。
これ、マスコミの悪いところだと思います。

しかし、1つのコメントを見て安易に政治家を批判する国民にも問題があると思います。

確かに批判するのは簡単です。
が、そんなことを繰り返してもあまり意味がないと思います。

現に自民党が悪いと批判して政権交代した挙げ句、現在の政治停滞があるわけですから。

むしろ、多少の意見の相違や些細なお金の問題に目くじらを立てず、政治家をもう少し信じることが必要だと思います。

国民の信頼なくして政治家が良い仕事をするとは思えません。

投稿: 小林 | 2012年6月 8日 (金) 22時02分

日本は独特の文化により経済的にも発展を遂げだ。
我が国は、東西文化の橋渡しになるべき国であり、世界もそれを期待している。
しかるに、我が民族は、思考力と表現力に乏しい。

英語は、自分の考えを伝える言葉である。内容がある。正確に伝わっているかが問題になる。
日本語は、相手に考えを委ねる言葉である。内容がない。どう見られるか (考えられるか) が問題である。

日本人が英米流の高等教育を習得できれば、自己の考え方を全世界に伝えることが可能になる。
ただし、フィリピン流の英語の普及では、我々は12歳の大人のメンタリィティを脱することはできない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年6月 9日 (土) 04時25分

石破先生、お疲れ様です。

森本氏の防衛相起用は、まさに「石破対策」(笑)だと思いますね、私は。
もっと言えば、総理の「あなたたち自民党は前大臣を無能呼ばわりしたのだから、今度は優秀な人を任命しましたよ、文句ないですよね」というメッセージにも受け取れます。

民間人の防衛相起用については何ら問題ないと私は思います。
>憲法第68条は「国務大臣の過半数は国会議員から選ばれなければならない」と定めており
これは言い換えれば、過半数に満たない数の民間人を閣僚に据えることが可能なわけですから、それだけ内閣総理大臣には裁量の自由、他の国務大臣より強い権限が与えられていると解釈されないでしょうか?
議院内閣制を徹底させるために設けられた要件であるとは必ずしも思いません。私個人的には。そして、実際の防衛出動は総理が決断することでありますから、文民統制からも外れることはなく、心配ないと思っております。

ただ、石破さんにお願いしたいことは、今は平時ではありませんから、あまりこうした不毛な議論になるであろうこと(憲法に抵触しないため)に時間を費やさず、現実に差し迫った朝鮮半島情勢、沖縄を中心とした島嶼防衛のあり方・基地問題、中国の軍備増強・最近の領海侵犯に対する懸念、今後のF35の導入計画(次期中期防の策定にも関わることだと思いますが)等について突っ込んだ議論を望んでおります。
「さすが石破さんだ」と国民に思われるよう頑張って欲しいと思いますし、期待しております。

投稿: 北島・50歳・神奈川県 | 2012年6月 9日 (土) 05時52分

石破様、久しぶりにコメントを書かせて戴きます。ブログの方は度々覗いて拝読させていただいて居ります。

>寬仁親王殿下が薨去されました。
「ひげの殿下」と親しまれておられた方が他界されましたことは大変悲しい事ですね。
心からお悔やみ申し上げます。

さて、石破さんのタイトルとはちょっと外れますがイギリスでは先週末のQueen's Diamond Jubilee式典が無事に終了できた事はとても喜ばしい事でした。

大掛かりな式典Queen's Diamond Jubilee(エリザベス女王の即位60周年記念)の催しが土曜日から火曜日まで四日間にわたってイギリス全土に繰り広げられました。 とは言え、我々地方に住んでいるものにとっては大きな式典はテレビやネットを通じてしか観れないのは残念ですが、イギリス中がこのエリザベス女王の即位60周年を皆で祝えたことに関しては国民の’絆、愛国心’が強く感じられました。 どうしてこんなにイギリス人は一致団結、協力できる国民なのだろうか? ユニオンジャックの国旗があちこちに掲げられていた事、又お店にはお祝いのグッズが沢山売られていた事、かなり以前から周到な計画を練って繰り広げられた特別な記念式典であったことなのです。
しかし60年もの間、ロイヤルファミリーの中心ともいえる女王としての時には過酷な任務を続けてこられた事に関しては、いくら左翼的感覚(王室批判派)の国民が若干いたとしても、王室をサポートしょうとする国民の方が圧倒的に多いのだと思います。93歳に成ろうとしている殿下のフィリップ王子と共に86歳のエリザベス女王が元気でこの時を迎えられたことは何にもまして輝かしく、イギリス人にとっての’誇り’と言えるものだと思います。(BBC等のメディアは四日間充分と言うほどの放送を流し、国を挙げてのお祝いをした。)
フィリップ殿下はこの式典の最中に体に支障をきたし、入院されたのですが、それでもエリザベス女王は最後まで元気に激務をこなされました。 

国の違いは有れど時折感じるのですが、日本の皇室もイギリスの王室と同じ位に’日本の象徴’でなければ成らないと私は強く思っています。
イギリスのRoyal Familyが国民の中に割と自然な形で浸透しているのを見ると微笑ましく感じます。

日本のメディアは何だか…?と思います。
石破さんの仰ったこと(自民党議員も含め)の大切な部分をカットしているそうですが、そのような記事しか読まない人たちにはどんなに国の為に真剣に考えている事でも真意が伝わらないですね。
 
メディアの操作によるものでしょうか、天皇ご夫妻、皇太子ご夫妻の皇室ファミリーを敬う国民の心、愛国心を持つ心を激減させているように感じるのです。 ここで見ていると、何となく切ない気持ちに駆られる事があります。
もっともっと国民の中に浸透しても良いのでは…と感じます。
’日本の象徴’であられる皇室は、日本の国旗と共に大切なものであると後世に引き継いで行って欲しいと強く願っています。

どうぞ御身体ご自愛ください。
応援して居ります。

投稿: 原田 | 2012年6月 9日 (土) 06時59分

丹羽中国大使の発言について
「官から民へ」の号令の下で様々な改革が進められてきましたが、何でもかんでもそれが正しいわけではありません。
民の視点は経済界の利益が主眼であって、必ずしも国家・国民の利益に結びつくものではありません。官は国家・国民の利益のために利潤に関係なく赤字であってもやらなくてはならない施策を行うので、企業の損益を基に活動する民とは基本的に違うのです。そこから「合成の誤謬」が発生します。
典型的な例が3.11の福島原発です。実は安全性の観点から15mの堤防の必要性は議論されていたのですが、千年に一度の震災に対応する施設は営利感覚では不必要なのです。東電はそのようにして「15m堤防」を却下しました。勿論、その裏にある国家の基本的インフラを一企業に委ねたことの責任は当然国にあります。
今回の丹羽大使の件も全く一緒です。伊藤忠の丹羽は国益を考える視点を持てない、あくまで企業利益追求の民間人なのです。マクロな国益の視点を持てない人物を大使に任命した責任は大きいと思います。
「尖閣諸島」周辺海域には、海底油田の推定埋蔵量が1千億バレルを超えるという世界第2の石油埋蔵国イラクとほぼ同じの7千兆円という目の眩(くら)むような額に相当するとされる国益があります。企業利益の為に強盗目的の中国にあたかも所有権があるような発言をする者が大使であってはならないことは当然のことです。即刻罷免すべきです。

投稿: ヒロ50 | 2012年6月 9日 (土) 09時23分

 今回の書かれた内容に何か強い意見があるわけでなく、「ああ、そういうものなのかあ」、と、内容をなぞるだけで精一杯なのですが、自衛隊法第7条の解釈について気になりました。「内閣を代表して」と書いてあると、確かに「個人的な思いつき」のようなものは「指揮監督権」に含まれない気がします。でも、急な時には内閣に含まれる誰か一人にでも話しておけば大丈夫、と解釈できるように思え、結局「個人的な思いつき」に近いものでも大丈夫に思えます。法律の解釈から考えると、「内閣を代表して」と書いてあるのとないのでは、大きな違いなのでしょうか。もし、何か石破さんの考えや推薦図書などがありましたら、ブログで触れていただけるとうれしいです。

投稿: 社会保障から経済成長?! | 2012年6月 9日 (土) 10時07分

石破さん
激務を圧してブログご更新を戴き、有り難うございます。

 再び≪ガバナビリティvsガバナンスvsコンプライアンス≫
引用【民間人の防衛相登用と文民統制について‥「森本大臣の人格識見は高く評価する」、「今後は今まで停滞していた防衛政策を一気に前に進めたい」‥「見識のない国会議員より見識ある民間人の方が良い」
この問題はそう単純簡単なものではない】
石破さんのご見解に全く同感です。ご見識の深さに今更乍ら改めて敬意を表する次第です。

然し、又しても僭越ながら!(笑)今回の人事への評価は、石破さんと私とでは結果は同じでも道筋は異なります。
森本さんの見識や健全性など個人の資質(ガバナビリティ)という最も根源的な絶対レベルでは問題はないと判断できる。民主党政権下での防衛相の資質としては断トツだという相対論には国家にとって大きな意味はなく、絶対基準をクリアーしていることが重要だと。

一方で、組織統治の理念(ガバナンス)のレベルでは、災害援助という平和的機能だけを担う組織であれば民間人でも問題にはならない。嘗ての竹中平蔵さんの経済金融分野は真にその分野に該当した。
然し、「国家公認の暴力組織」の起動スイッチをオンにする決定の国家的重責の一端を担うには、候補者個人の資質問題を超えて国家的な資格要件を備えることが欠かせない、即ち「机上の優れた知見英知」だけではなく「暴力現場に立つ政治家」たることが不可欠な資格要件だと思います。
換言すれば、国会で屡々云われる「正統性Legitimacy」には多くの場合異議を挟む私ですが、「国家主権や領土や国民の生命財産」を対外的に暴力的手段を以って防衛する責務を担うこの防衛相ポストにはこの「正統性」が不可欠だと。

既往の憲法や法律やルールを順守するという視座(コンプライアンス)からは、石破さんのこのブログで略々尽くされていると思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月 9日 (土) 11時23分

マスコミというのは“言いっぱなし”で責任をとらないものですから、仕方ありませんね。それも、民主主義社会には必要な存在なのだと思います。私も森本大臣の見識を高く評価しています。もちろん、防衛大臣のような要職は国会議員であるほうがよいことは確かです。しかし前任者があまりにもひどすぎました。森本大臣には期待したいと思います。それにしても、民主党には石破さんのような信頼に足る防衛問題の専門家はいないのでしょうか。長島さんなどではダメだったのでしょうか。確かに民主党は数ばかり多くて信頼に足る政治家は少ないのも事実です。それと、仲井眞知事には同情します。彼も苦渋の決断で普天間飛行場の辺野古への移設に同意していたのでしょう。それが、何の考えも無い鳩山元総理に、ひっかき回されてしまいました。本当に同情します。信頼に足る政府ができれば、日本の発展は間違いないと思うのですが。石破さん、期待しています。

投稿: 匿名 | 2012年6月 9日 (土) 11時50分

石破さん  日経記事2題≪自民党は不変!?≫
①所得・相続増税の議論、自民が先送り要求へ http://p.tl/D4lN 
②丹羽大使の更迭、自民が要求へ 尖閣購入批判でhttp://p.tl/JiGW
自民党が再び偏頗な党利党略に蠢き始めている。此れらの要求姿勢に国家国益の視点がない点は3年前以前と全く変わらない。

②に関しては、私が経営者としての丹羽宇一郎さんを高い敬意を持っている所為かも知れませんが、対中外交を遠大な視野で眺めれば今回の丹羽発言が正しいと思う。日中共に国内だけに通用する「固有の領土論」を展開し交渉がデッドロックに乗り上げている時に、国際的には何ら解決策にならず寧ろ相手国を挑発するだけの国内対処を採ることは、事態を悪化させ問題解決を遠退かせる結果に終わるだけだと。
尖閣の土地買い上げはタカ派石原某の真骨頂たる挑発であって、その徹底振りには一目置くとしても、問題の解決から遠ざかる。
まあ、最大の「罪」は、何らの外交的戦術作戦を繰り出せない民主党政権に在るのだが。

自民党が党利党略ではなく国益に視座を置くなら、丹羽大使への対応は「更迭の要求」ではなく「尖閣の領土問題を先送り」に回帰することだと思います。先送りするべきは、①所得・相続増税ではない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月 9日 (土) 12時04分

石破さん  ≪「責任を取れる範囲」を超える判断≫
日経【野田首相、大飯再稼働、「国民生活守るための判断」http://p.tl/jqtv‥国民の生活を守るために再稼働すべきだというのが私の判断だ】
SB孫正義さんには批判も多いようですが、彼の判断能力は高く評価されるべきだと。例えば、彼の5/30付ツイート http://p.tl/uzmz の「責任を取れる範囲」という捉え方が素晴らしい。

私見では、福島の核発電事故後の安全性を担保するべき「あのストレステストST」が、核発電ムラ人がテスト問題を作成し、核発電ムラ人が回答し、核発電ムラ人が採点評価する一人三役の瞞し(まやかし)に過ぎない、Go!サインがでるのは当り前だと。
また、福島の事故を多分に「東電のヒューマンエラーHEによる人災」だと認識していますが、STは設備の安全性だけを検証しており、電力各社のHEの排除を全く担保していない(と観える)。STの結果は、核発電のリスクを「責任を取れる範囲」に抑え込んではいないと考えるべきだと。

一国の総理大臣(宰相)は、国家の命運や国民の生命にさえも巨大な影響を与える立場であって、彼が担い背負うべきは、人間が造り出した「法律」が与え要求する「権限」や「責任」ではなく、より大きな存在である「自然(法)」が与え要求する「資質」や「責務」だと思っています。
この「権限vs資質」「責任vs責務」の対置は、過日別板で申し上げた「コンプライアンスvsガバナンス」に通じており、更にそのガバナンスはその深遠部に於いて、法律や制度のレベルを超えて「ガバナビリティ=本人(此処では総理および与党)の資質能力」を厳しく問うていると。

武田信玄曰く「人は石垣、人は城」と。
即ち、唯一肝心なのは「人」だと。その人が崩れていては、如何に立派に見える石垣も城も、「張りぼて、張り子の虎」に過ぎない。
今の日本は、その肝心の「人、特に身分高き者」が政官財学報の多方面で崩れていると思います。
「大人(おとな)を大人(たいじん)に変身させる」ことこそが重要だと。其れには、今更、単なる「教育」では有り得ない!
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月 9日 (土) 12時48分

ソ・ギョンドク教授、日本の謝罪を引き出す新しい広告を準備中
http://japanese.joins.com/article/374/153374.html

海外に向けて捏造で日本を貶める情報戦を仕掛ける韓国は北朝鮮より有害な国です。
もはや友好関係を築くことは不可能な韓国外交を見直し、制裁を考慮した断固たる措置をお願いします。

投稿: お縄一牢 | 2012年6月 9日 (土) 13時11分

【防衛大臣の資格】

 石破さんの意見に賛成です。
『いずれにせよ、この問題はそう簡単なものではないことは事実です。しかし、前任の二人に比べて、はるかにまともな議論ができることもまた確かであり、今度は我々自民党の見識が問われるとの思いで臨んでまいります。』この文にある前任2人よりはるかにまともな大臣の誕生の意味を考え、そして、民主党政権が終焉を迎えているこの時期における役割は何かと考える時、森本氏の起用は、役所の立て直しにあるような気がします。2年半を超える時間で無茶苦茶にされた役所はかなり多くあると思います。外務省などは一度解体して、再構築をした方がいいのではないかと思います。防衛省においても同じ印象を受けますが、森本氏の起用でまともな役所に向かうことが出来るのではないかと思います。彼の役割は役所の工事ですね。民主党国会議員に適任が無いと云うことを認めたうえでの決断があったのかも解りません。自民党の気を引くことが狙いであったと云う人もいるようですが、森本大臣が乗り出すことで普天間基地問題の解決が出来ると思っている人は少ないのではないですか? 彼の仕事は役所の立て直しだと思います。空気の入換えと云ってもよい。澱んだ空気が充満した防衛省の窓を開け、新鮮な空気に入れ換えるだけでも、その効果は大きいと思います。民主党政権の沈没はすぐそこにある。その後を見据えた策定を考えておかないと無茶苦茶にされた役所のままでは国家の運営は難しいままになってしまいますね。財務省などは、政治家を操ればなんとでもなると思っている節があり、省益優先の姿勢を崩すことがありません。防衛省のトップが責任ある立場を自覚する人になったことは嬉しい誤算と言うしかありません。解散までの短い時間ながら森本大臣の果たす役割は大きいものがあると思います。

投稿: 旗 | 2012年6月 9日 (土) 13時35分

【河本準一が世界デビュー!】
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4676.html


●米「ウォール・ストリート・ジャーナル」が日本のお笑い芸人などによる生活保護不正受給問題を掲載!
1日半が経過しても“Most Popular In Asia”(アジアで最も人気のある記事)となっている。


このWSJ記事には、河本準一が190万円の時計を購入したこと、
高級クラブで豪勢に飲んでいたこと、
河本の釈明記者会見での内容の他、
片山さつき議員のコメント、
日本の生活保護制度の状況などについても掲載されている。

アメリカ東部時間の6月7日午後2時に掲載された河本準一の記事は、
1日半が経過した今現在もWSJアジアで最も注目を浴びる記事となっている。
要するに、世界から見れば、河本準一とその母親、吉本興業などがしていた税金の組織的搾取は大犯罪なのだ。

コメントには「在日朝鮮人」「パチンコ」「吉本興業とTV」梶原問題も。


詳細はこちらをどうぞ。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4676.html

投稿: 生活保護は吉本の福利厚生なのですか? | 2012年6月10日 (日) 03時10分

★ 日本を黙らせ謝罪させる衝撃の広告を準備中である!日本に最後の一撃を与えてやる!
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/a9797e6e95e1e35a1881c6400dde389a?fm=rss


ソ・ギョンドク教授、日本の謝罪を引き出す新しい広告を準備中[06/08]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1339116999/

最近、ニューヨークタイムズに日本軍慰安婦関連全面広告を出したソ・ギョンドク誠信女子大客員教授(38)。
広告には、ドイツのウィリー・ブラント元首相が1971年にポーランドの戦争犠牲者碑石の前でひざまずいて謝罪する場面と、
「覚えてますか」(DO YOU REMEMBER?)という言葉が入っている。

ソ教授は「誠意を持って謝罪するドイツの姿勢を見習えと飛ばした直撃弾だった」とし
「次の広告では日本に‘最後の一撃’を加えようとキム・ジャンフン氏と議論中」と述べた。
10日午前7時40分に放送されるJTBC時事トークショー「シン・イェリ&カン・チャンホの直撃トーク-私は誰」の録画でだ。

ソ教授は05年、ニューヨークタイムズに自費を投入し、初めて独島(ドクト、日本名・竹島)広告を出したのをきっかけに「韓国広報専門家1号」となった。
その後、「ごめんね、独島」というドキュメンタリー映画制作当時、歌手キム・ジャンフン氏と縁を結び、
キム・ジャンフン氏の後援で独島・東海(トンヘ、日本名・日本海)・慰安婦問題まで全方向に広報活動を繰り広げてきた。

また韓国の広報を越えて、今後、韓中、韓日の若者が中心になって3カ国間の和解と協力を引き出すキャンペーンを繰り広げたいという希望も表した。

投稿: むかむか | 2012年6月10日 (日) 04時16分

> いずれにせよ、この問題はそう簡単なものではないことは事実です。

総選挙の結果にかかわらず、モリモッチには次期内閣でも続投していただけばいい。
そのうえで、来夏の参議院選挙に(時の政権党から)全国区で出馬してもらう。

投稿: 浜野 芋太 | 2012年6月10日 (日) 11時58分

尖閣にしても、河本の生活保護不正受給にしても、どんなにマスコミが売国でも、もはや国民が許しません!!在日や中韓の捏造に負けないで、日本国を国民の手で守りましょう!!先生、力を貸して下さい!!
先生、この件、どう思いますか?
三重県は民主の岡田の地元です。こんな日本国民を嘘で騙す写真展を許すなんて、どこまで売国なんだ!!日本兵の100倍の高給取りであった売春婦を日本のせいにするなら、日本人を4000人以上虐殺した朝鮮進駐軍の罪、竹島で罪もない日本の漁民44人も虐殺し、竹島を奪った韓国軍、ベトナムで罪もない民間人30万人を無差別に毒ガスや銃乱射で虐殺し、混血児を3万人以上もつくった韓国軍の写真展もするべきではないですか??
みなさん、徹底的に抗議し、日本を世界中で罵倒する韓国や売国在日や朝鮮民主党を日本から追い出しましょう!!


「従軍慰安婦写真展」
日時:2012年6月10日(日)
14:00~16:30
場所:四日市市市民交流会館 第3会議室 
主催:重重~安世鴻 日本軍「慰安婦」写真展実行委員会
〒510-0093
 三重県四日市市本町9番8号
 四日市市市民交流会館 本町プラザ受付
 電話番号 059-354-8600
 

投稿: どこまで売国!!許すまじ!! | 2012年6月10日 (日) 12時26分

たくさんの日本人が虐殺され、日本の領土を奪われたうえ、世界中で日本を貶める活動を展開し、嘘ばかり言って日本を罵倒する韓国に何故、70兆円近い支援をしてきたのですか?あんな国、建国たった60年で3回も経済危機を起こすくらい経済音痴の国。派手な生活を送り、自分の立場が悪くなると、とたんに発狂し、銃乱射して他人を虐殺する異常。。日本の国旗を切り裂いて、日本の国鳥のクビを切り落とす異常な反日国に、これ以上、国民の血税を流してはいけない!!在日に対する生活保護もです!!河本は毎晩飲み歩いて、高級車に乗り、高給マンションに住み、贅沢なハワイ旅行をしているくせに、母、姉、叔母2人、嫁の母まで生活保護。総額約1億円。絶対に許さない!!全額返済し、二度とテレビに出るべきではない!!国民に悪影響です!!本当にこの人、日本人?親族で騙すやり口が日本人とは思えない!!徹底的に不正を暴くべきです!もう、国民は許せません!擁護するマスコミは国民の敵だ!!

また、売国・民主の岡田の地元:三重県四日市で従軍慰安婦の写真展が行われます。どこまで売国!!慰安婦なんて、日本の陸軍大将なみの高給取りであったことが米軍レポートの慰安婦の通帳や貯金で明らかになっています。3年間のソウル大学の調査でも強制的連行はひとつもなかった。しかも、混血児もひとりもいません。それに比べて、ベトナムで韓国人が30万も強姦・虐殺した民間人との間には、親のいない混血児が3万人近くいます。こちらは徹底した証拠があります。無差別に女、子供を虐殺した韓国人。未だに世界第一位の性犯罪国家の韓国。よくもヌケヌケと慰安婦問題を出したものだ!自分達は朝鮮戦争でもベトナム戦争でも数個中隊の莫大な慰安婦を連れて行っておいて、さらに民間人を強姦・虐殺しているくせに、自分達の罪を全て日本兵のせいにしているのです。本当に国家あげて嘘つき国家!!韓国なんかに支援なんか金輪際、する必要なんかありません!在日の特権も廃止し、生活保護なんかやる必要ありません!国民の貴重な血税です!日本国内で、このような反日活動、許してはいけません!!

こんなことを許す売国・民主の岡田は日本人ではない!!

「従軍慰安婦写真展」
日時:2012年6月10日(日)
14:00~16:30
場所:三重県四日市市市民交流会館 第3会議室 
 
主催:重重~安世鴻 日本軍「慰安婦」写真展実行委員会
 

投稿: 反日写真展を許す売国民主党!! | 2012年6月10日 (日) 12時55分

先生、今や国民は売国・民主に日本を潰されないよう、立ち上がっていますよ!在日生活保護の横暴を初めて国民のために曝露し、闘ってくれている片山議員、尖閣を取り戻そうと必死な石原都知事、そして竹島のために命をはっている先生達のことを国民はちゃんと見ています!それに比べて、日本人を拉致した実行犯を擁護し、関係団体に6000万円以上も寄付していた共犯者の菅直人、無能のせいで多くの国民を被爆させ放射能被害を拡大させた菅直人、在日とつるみ献金をもらって日本国民を愚弄し続けた菅直人、こいつが何故、未だに国会議員をやっているのか!!死刑でもいいくらいです。同胞の朝鮮系企業の社長と組み、太陽光利権を打ち出し、厚労省の住基ネットワークやメガヘルツなど元民主議員を天下りさせて、やりたい放題。元人民解放軍の怪しい企業の部品を使い、「日本海を世界から抹殺する」とCMを流す反日企業で有名な韓国企業に日本人の大事な個人情報を管理させるのですか?もう、許せません!!

おまけに、日本兵の100倍の高給取りであった売春婦の写真展を民主・岡田の地元で開催??どこまで売国なんですか!!韓国軍は数個中隊の慰安婦を連れて行きながら、ベトナムで罪もない民間人を30万人も無差別に強姦・虐殺し、3万人以上の混血児をつくっています。莫大な証拠もあります。さらに日本国内では4000人以上の日本人を虐殺し、首相官邸まで朝鮮人達は襲いました。竹島では罪もない漁民44人を虐殺し、日本の大事な領土を不法占拠しています。こんな国に、今まで日本人の血税で70兆円近く支援もしてきたのはおかしいです!!もう、国民は許せません!!日本から助けてもらって成り立っているくせに、世界中で日本を罵倒する韓国。そして、反日活動を手引きする在日や朝鮮民主党。もう、許せません!!先生、国民を守って下さい!!

「従軍慰安婦写真展」
日時:2012年6月10日(日)
14:00~16:30
場所:四日市市市民交流会館 第3会議室
主催:重重~安世鴻 日本軍「慰安婦」写真展実行委員会

四日市市市民交流会館(本町プラザ)
〒510-0093
 三重県四日市市本町9番8号
 四日市市市民交流会館 本町プラザ受付
 電話番号 059-354-8600

投稿: 民主・岡田の地元で捏造慰安婦写真展! | 2012年6月10日 (日) 13時22分

【国会事故調の報告から】

『首相官邸の対応については「頻繁に(現場)介入を繰り返し、指揮命令系統を混乱させた」と指摘。事故現場に直接問い合わせるなど、過剰な介入があったとの認識を示した。』

 当時にあって、誰も止めることが出来なかった官邸の対応について、今になって批判をしていると云うことだ。国の最高責任者の暴発を止めることが出来ないのは、今後において大きな課題になると思いますが、実際問題として、そこまでの改善策が提示できるのかは何とも言えませんね。頭のいかれた政治家は外形的に、その職に就任するまで本人も含めて誰にも解りません。ナチスドイツのヒトラーでさえも最高権力者に就任するまでは、危険分子と見る人は少数派でしたし、それを阻止することも出来なかったということです。菅直人の暴発は外国人からの献金問題の発覚があったので、それを誤魔化したい気持ちが、震災の混乱を招くことで自身の保身を図る目的と重なり、利用できると判断したのではないかと思います。あのとき地震が無ければ、菅政権は4月あるいは5月には退陣を考えざるを得ない状況になっていたものと思います。混乱は、21の委員会と対策本部の乱立に現れています。誰が見ても彼が何を考えているのか説明できる人はいないでしょう。外国人献金の問題は半年後になって蒸し返されましたが、原発事故の対応の遅れや突然思いついたように言いだした浜岡原発の停止要請、経済産業大臣も知らされること無く突然言い出したストレステストの話。混乱を招くことで政権の延命を図る意図があったと思いますね。彼は狂人です。狂人を総理にしたことで、無用の混乱が起きたと云うことです。外国人の献金問題は何も解決していませんね。どうするつもりなのでしょう? 警察検察も動きません。これは菅氏のことだけでなく前原氏や他の人々についても問題になった話ですよ。野田現総理も同じ問題を抱えています。解決したとは誰も思っていません。政治と金の問題は、長年のテーマですね。これから先も、このテーマで無駄な時間を潰すつもりなのでしょうか? 政争の道具としての役割を持たせ続けることは国民への裏切り行為ではないですか。政治資金規正法に則り証拠を明らかにして、政治家の資格を問う資格審査のレベルに置いておく必要がこれからも必要ですが、政争の道具にしては国民不在の政治闘争だけになってしまいますね。政治資金規正法を厳格に守るには調査権、必要ならば逮捕権を持った専門の捜査官を設置して、法の適正な執行が出来るようにしておく必要があります。現行の政治資金規正法はザル法だと思われていますね。だから不正が発覚しても平気な顔で大臣席に座ることが出来るのだと思います。
 菅氏は、震災で適切な対応を取ることが無かった。それは能力だけの問題ではなく、発覚した政治資金のスキャンダルをもみ消す動機もあったと見た方がいいと思いますよ。混乱が長引けば自身の問題等忘れてもらえると思ったのではないですか。そしてそれはほぼ成功しつつあります。『市民の会』を巡る寄付金問題も解決には至っていませんね。しかし、誰も口にしません。これでいいのですか? 北朝鮮の影が背後にあるのに口をつぐんでいるのはおかしいことだと思っている国民は多いと思います。政治資金規正法の改正を本気でやるなら政治家の資格審査と云う項目について、しっかりした理念が必要になりますね。なぜ、外国人からの献金がダメなのか、反社会的集団からの献金がダメなのか、国民にしっかり説明できる内容になっていないといつまでたっても違反しても平気な馬鹿議員が輩出することになります。政党法の創設も必要です。党是もない烏合の衆に政権を握らせたことを反省するべきです。国民の反省が必要ですね。

投稿: 旗 | 2012年6月10日 (日) 15時38分

尖閣の買取募金が10億円を超え都税の投入は最小限あるいは1円も不要になるかも知れない状況になりました。しかしなぜ都知事が自治体でありながらこんな事をしなければならないのか?これは自民も民主も批判ではなく反省すべきです。

今から遡る事35年前トウ小平が来日し「先覚問題を棚上げしましょう」と次世代へ持ち越す事に日本が合意したことから今日まで引き摺っているからです。当時の中国には急速に躍進する日本に対抗など出来るはずもなく、何の領土問題がない尖閣をあたかも「領土問題紛争中である」として先延ばしをした。
外務省は嬉々としたであろうが、本心で1番喜んだのは中国である。あそこで日本が外交圧力で確定させておけばそもそもこんな問題は起きていないからである。

その後も日本は全く事勿れ主義を通し、中国の軍事力増強に対して「平和憲法で守られているから戦争にならない」と馬鹿な風潮が日本に根付いてしまった。これを国民に洗脳したのは自民党と官僚である。日米安保と地位協定で国内論争が荒れるため思想を植え付けて平和ボケを狙ったのです。

今日日本はもうロシアにも中国にも勝てません。武力制圧してきたら抗う事さえも米軍に頼るしかない。しかし米軍は中国に強行はできません。よってアメリカは日本政府に対して「諦めなさい」と言うでしょう。
これが現実なのです。戦闘行為すら起きずに占領されます。核を持たない国は核の恫喝に抗う事などできない。こんな事は軍事を知ってる人間ならば常識です。しかし日本政府は
この「常識」すら目を瞑り「核議論」自体をタブー視してきた。米ソ冷戦時代に各々数万発の核兵器を保持した背景で中国は1960代にはすでに核開発をし覇権主義を明確にしています。日本よりも親密な同盟国イギリスはアメリカが核開発を止めたが、この軍事同盟なる絵空事で国民を守れない、と判断したサッチャーは平然と核開発を行います。

核の恫喝の前では同盟など役に立ちません。
自国は自国で守る、という堅い決意のない国のために戦ってくれる国などあるはずがない。中国側は1990年日本が不況に陥った瞬間からこの「棚上げ」はとっくに下ろしている。それまで脆弱だった軍事力は今や当時の20倍以上。日本どころかアメリカに急速に迫る勢いです。造船日本は今や中国にとって代わられ空母含めて今も日米に完勝するだけの戦力を整えています。

自民時代はそれこそ外務省の事勿れ主義を自民も徹底していましたが、この所国民の意識が変わってきました。民主党が中国や韓国に土下座外交をやめて対抗路線に変わりつつあるのも国民意識が背景にあるからだと思われます。この点自民党よりも動ける、と言う点では民主党の方が上です。自民は利権付けで何も動けなかった歴史があり現職も高齢議員は相変わらず事勿れ主義者ばかりなのが最大の欠点です。官僚主導しか出来ない自民党では防衛を任せるのは無理です。

仮に新憲法を発布して軍に昇格しても、防衛相が関与するならばやはり何も変わりません。軍と政治は別枠で動けるようにしなければ軍人は戦えない。東京湾に核ミサイルを搭載した原潜が来て恫喝してきたらどうしますか?横浜港に揚陸艦が突如来たらどうしますか?やれ「対話で」とか「実被害がない以上抗議を」とか言い争う間に占領されます(笑)。だからポジティブリストによる単独行動が許されるのが軍隊なのです。

中国は1973年にベトナムから米軍が撤退すると翌年には西沙諸島をベトナムから軍事占領しています。そして1987年には南沙諸島を。
1992年にフィリピンから米軍が撤退すると翌年には「領海法」を制定して全ての南シナ海の諸島を領土である、と宣言。こうして何十年も掛けて弱い国をジワジワと占領してきています。そして今では日本さえも「恐れる必要なし」と判断した、と言う事です。
米軍が沖縄から撤退したら直ちに大兵力で以って沖縄本島ごと占領に来るでしょう。
そして政府は何も出来ません。内部はスパイによって情報を操作され戦う意識のない「防衛省の背広組」が足を引っ張る。
普通の国なら軍の上層部が判断して対抗しますが日本の自衛隊はそれさえも認めていない。「やっても良いリスト」に緊急時の戦闘行為は具体的にしるされていないから。(相手がどう来るか分からない以上当たり前ですが)
省庁からの判断を待ってる間に全滅しますよ。本来ならば経済よりも何よりも軍事は政府の最重要課題なのです。まして隣国に核保有国だらけの稀有な我が国では。
軍需産業が殆どない先進国も稀有であり異常ですが、核開発能力があり隣国は核を数百発も日本にセットしているのに、未だ核保有を議論したがらない異常性。自民党はもっと鮮明に保守色を打ちださない限り、浮遊票は取り込めず惨敗の可能性すらあります。
その意味でも石原知事が尖閣を買う、と宣言したのは大きい。これで石原新党への関心度が大きく上昇したはずです。

投稿: 磯部 | 2012年6月10日 (日) 16時38分

まあ一部の某氏よりは一見まともだが相変わらず左翼者が連投して吼えているのが少々気にはなります。マスゴミや経済学者が多用する言葉として「ガバナンス」「コンプライアンス」など横文字崇拝が一部コメントにも見受けられます。テレビなどで見る「自称コメンテーター」なるどこの馬の骨かもわからぬ人も多用しますね。頭の悪い証拠だ、とさえ私は思ってしまいます。世界の言語には簡素なハングル語から難解な日本語まで多種多様あり英語はその中間ほどでしょうか。

ハングルは同音同義語がありすぎて前後の文章を見ないと意味が全く理解できない言葉が沢山あります。これは逆に言えば覚え難さとも関連しており、外国人がまず困難な言語として日本語を挙げるのは当然だと思われます。日本人でも本当に読み書きまで習得している方は極一部ですからね。これらを使い出したのは新聞テレビと言ったメディアが最初だと思いますが、特別便利だとも思えませんが、単なるカッコ付けだけか、それとも日本語を使いたくない在日だからなのか。
そうでなきゃ言葉の意味を理解していない馬鹿が言葉を使ってみたいだけの自慰行為でしょうか。コンプライアンスなどと言うよりも一言「遵守」と言うだけで済みます。
和製英語はその簡素化のために取り入れられ今では事実上日本語と化していますが、経営の書を読むと羅列されるこれらの言語は私には好きになれないし、多用されると利口な人には見えないのである。

マスゴミは本来左翼である。これは当たり前で元々朝日の例を見るまでもなく、政府の方針には逆らい叩く事で読者を引き付ける狙いがある。そして戦後ではGHQの手先となってありもしないでっち上げに加担してきた朝日新聞の様な売国奴の巣窟になっているのも事実である。政党でも在日朝鮮人の息の掛かった公明党や社会党(現社民党)の様な売国政党政党が戦後日本を韓国や中国を手引きしてきたのも現在ネット上では完全に明白になっている。(あの有名な南京虐殺の資料館を作ったのは実は日本の共産党である)

今話題の慰安婦問題だって元々朝日新聞がでっち上げたもので、戦争終結時にはそもそもそんな言葉すらなかった。普通の国ならば事実無根の戯言を政府はすぐさま否定するものだが、占領下はともかく戦後70年政府は未だ否定していない。これは自民党の大罪である。河野談話の際にも調査結果では「証拠は何もなかった」のに、なぜか勝手に発表してしまった挙句、以降の政権は一度も否定しなかった。

これは「あった事を証明できなければなかった事とする」と言う歴史学に完全に逆らう常識を疑わざるを得ない行動である。
今回のペイズリーパークの慰安婦像撤去にしても市長側は「なかった事を証明せよ」と言ってきたそうな。この市長は馬鹿か痴呆なのではないか?歴史上「なかった」事を証明できた者は一人も存在しない。まさか市長とも在ろう者がここまで朝鮮人レベルの阿呆だとは流石に思いませんでした(笑)。
抗議するなら市ではなく外交問題として大統領にまで上げるべきでしょう。仮に日本の立場をアメリカに置き換えればアメリカは自国の名誉のためにあらゆる方法で圧力を掛け撤回させるでしょう。それが本当の外交と言うものです。
何でも外務省は「桜を寄贈する」とか『整備費を負担する」とか進言したそうな・・・正に日本の恥晒しです。なぜ抗議に行くはずが貢物を持ってお願いするの?こんな連中に税金払うのは御免なんですけど・・・

投稿: 磯部 | 2012年6月11日 (月) 14時33分

【対中外交は失敗している】

この欄にはいろんな考えを持つ人がおられます。

 「私が経営者としての丹羽宇一郎さんを高い敬意を持っている所為かも知れませんが、対中外交を遠大な視野で眺めれば今回の丹羽発言が正しいと思う。」

遠大な視野で見れば、日中国交回復以来のこの40年間は我が国の譲歩だけでしかない。友好と言う概念がどういうものなのかの説明をこの発言者はするべきでないかと思います。
 2010年に起きた尖閣沖事件も2005年の日本大使館に向けられた狼藉も、解決がありません。破壊された日本大使館の修繕費用は請求を行っても還ってきていませんね。また、破壊された海上保安庁の巡視船の修理代も請求は起こしたようですが、返事が無いままのようです。国交とは何かを考え、シナ政府とどういう付き合い方をしていくのがベストなのか見直すことも必要ですね。「遠大な視野」とはなんですか? 
 我が国とシナは隣国にありながら政府間の正式な交渉が始まったのは19世紀になってからです。150年ほどです。理解が足りなかったことも原因になると思いますが、シナは内乱状態の方が長かったと云うことも原因と言えます。今のシナ政府は安定しているのかどうかは何とも言えませんね。繰り返し言いますが「遠大な視野」とはなんですか?
 我が国にあっては自国の安全と安心が脅かされることが無い限り、冷静な対応で付き合っていくしかない国だと云う認識を持ち続けることだと思います。シナ政府は必ず内乱がおきます。言語の統一が無い国家の必然ではないかと思います。我が国とシナは異なる国であると云う認識が無いと国益にかなった付き合いが出来るものではありませんね。丹羽大使の発言は充分更迭に値するものです。彼の存在は国を貶める効果があります。「遠大な視野」は、大きな勘違いがその根底にあるように思いますね。外務省の意識を喚起する意味でも丹羽氏の更迭は避けられないと思います。

投稿: 旗 | 2012年6月11日 (月) 16時57分

殿下大好きでした。
国民の身近におられた方でした。

大阪の通り魔について、ヤケクソになる気持ちは分かると
ツィッターやネットで若者がその気持ちを吐露していた。
しごとや暮らしの事で自暴自棄になっていると答えた人がこんなにもいるというのが本当に怖かった。また必ずでますよ!こんな環境では。人を殺して自分も死ぬか生活が行き詰まったら犯罪に走ると答えた人、相当多くいたんです。
先生かなりまずい状況です。

仕事もおカネも無かったら。こうするしかないと若者は簡単に言う時代です。【討論番組で通り魔の気持ちが分かるとアンケートで答えた若者の割合4割強!】

投稿: 自分も生活苦 | 2012年6月11日 (月) 17時12分

以前に自衛軍や防衛軍にしようという発言があったと思います。国を守る戦いを軍隊扱いにしては統帥権を一人で握る事になり、防戦を理由に自由にできてしまいます。それこそ国家を滅ぼすのがメインで挑発行為を行い、それで周辺国を滅ぼすという「兵は国家の大事なり」互いに存亡を懸ける大事を一人で行えます。日本国は侵略はしないと憲法で銘打っている以上は統帥権が存在しなくとも複数人が話し合い、防衛方針を定め、気がついた者は例え「わらじと下駄を履き違えていても槍を手に取りいち早く先陣をきり早い情報を得た最前線の自衛隊の情報があれば国は守るだけなら容易いと思います。

投稿: 山田幸慈 | 2012年6月11日 (月) 21時09分

先生、生活保護の不正を正した片山議員がつらい目にあっています。テレビ番組に1人で出演させ、売国奴達が袋叩きにしています。先生、ぜひ片山議員を守って下さい。特に、ざこばのバカは、政治音痴のくせに政治番組に出てえらそうに片山先生に「河本を見せしめにしたのか」とほざきます。国民の血税を1億円も騙し取っていた不正受給者を見せしめにするのはあたり前ではないか!こいつは本当に大バカです。それに、これは国民が望んだことです。片山先生を責めるのはお門違いです。悪質な不正受給者を2人も出した吉本は徹底的に調べるべきです!河本は、国民の血税を1億円も騙し取り、自分達は高給車を乗り回して贅沢三昧の生活を送っていたくせに、母、姉、叔母2人、嫁の母まで別世帯に住まわせ、親族全体で悪質に生活保護をもらい続けてきた河本が何故、未だにテレビに堂々と出ているのですか?全額返済させ、テレビ出演を辞めさせるべきではないですか!日本は悪質な犯罪者でも朝鮮系や在日だと異常に擁護しますね。菅直人の拉致実行犯の関係団体への6000万円もの寄付、在日からの献金、国民を避難させずに被爆させた罪、何故裁かれないのですか??在日達は通名をつかって犯罪し放題、民団が支持母体の民主のせいで、生活保護だって、在日はもらい放題。。もう、許せません!!国会議員が韓国で反日活動をやっていたり、日本人を拉致した犯人側に寄付したり、民主党は朝鮮半島のためだけに働き、日本を不幸にする売国政党です!!民主のせいで、韓国は調子に乗っています。また韓国の大統領が日本に戦時補償を求めていますね。どこまで、あの国は卑しい民族・国家なのでしょう。自分達はベトナム戦争で罪もない民間人を30万人も無差別に強姦・虐殺し、3万人以上の混血児を残しておいて、どの面下げて、日本に言うのでしょうか。しかも、慰安婦は日本兵の100倍の高給取りであったことが米軍レポートでも明らかになっています。しかも、募集制で当時の募集広告も証拠に残っています。朝鮮半島では1000人近い日本女性を強姦し、命からがら逃げ帰った日本女性が博多の二日市保養所で麻酔なしで堕胎手術を受けました。500人以上は性病にかかりました。日本国内では朝鮮進駐軍に4000人以上の日本人が強姦・虐殺されました。竹島では罪もない漁民が44人も不法侵入した韓国軍に虐殺されました。これらの残虐行為を韓国は一切、謝罪も賠償もしていない。それなのに、莫大に稼いだ慰安婦に「補償をよこせ」と未だに言っているのです。頭がおかしいとしか思えません。しかも、日本から受け取った莫大な補償金を慰安婦に払わず、全て韓国政府がネコババしておいて、よく言えたものです。国家をあげて、インチキ詐欺国家です。こんな国に、これ以上、貴重な血税をあげてはならない!!世界で日本を罵倒する反日国を許してはならない!あんな国、経済危機なら今すぐ潰れてしまえばいいのです。贅沢三昧して、弱った時だけ、日本に泣きついてくる卑怯者!それを手引きする民主党も売国奴です。岡田の地元で慰安婦の写真展。信じられない、売国!!市民の会の菅直人も裁かれるべきです!拉致犯人側に血税を6000万円も支援していたなんて、共犯者ではないか!民主党そのものを日本から追放し、反日勢力を潰しましょう!!
国民ももう我慢の限界です!!

投稿: 売国・民主のせいで在日・韓国が暴れ放題。 | 2012年6月11日 (月) 23時53分

http://www.youtube.com/watch?v=cDlcqG2qOMo&feature=relmfu
この動画はチャンネル桜と言う私設放送メディアの対談ですが、極めて正論を肩っておられるので、時間のある方はぜひ見て頂きたいと思います。3時間の対談ですが最後の1時間の半ば以降の部分が1番核心部分ですので、時間がない方は中盤からだけでも。

現在中国の侵攻は日米の引き剥がしから始まっています。都合が良い事に民主政権は米軍が普天間からグアムへ主力を下げることを「歓迎する」と記載してサインしています。
これはつまり「事実上日本を米中の境界線にする」と言う事です。朝鮮半島に於ける38度線ですね。果たして今の政権はこの事に気が付いているのでしょうか?

石破さんはかつてテレビで「尖閣に中国軍が来たら防衛できるか?」と聞かれ即座に「NO」と答えられました。これは邪推ですが、石破さんはこの事態をもう知っていたのではないですか?つまり「尖閣を獲りに来ても米軍は助けてくれない」と。

現段階で中国は原潜を1隻しか保持しておらず、核のバランスはアメリカ優位になっています。しかし現在完成直前の南シナ海の基地が完成すればここを拠点として充分な深度がある南シナ海から潜行してアメリカ本土に恫喝ができるようになる。そうなれば全くの=となりアメリカは決して中国に高圧的態度が取れなくなる。そうなれば日米安保など有名無実になるのは必定で、日本単独となれば軍事行動に対して日本の敗北は確実になります。

もし日米安保をこの先も堅持したいのであれば、核配備を含めて武装強化及び米軍に対して同盟国として共に戦う、という姿勢を明確に示す必要がある。そうでなければ既に中国と裏で取引しているアメリカが日本を裏切る可能性すらあります。(というより大です)
今年に入ってグアム沖や沖縄の600km沖に中国の軍艦が出て演習をやっても米軍が停止させなかった理由がわからない。公海とは言え沖ノ鳥島沖でも演習しています。

アメリカは既に日本を見限っているのではないでしょうか?長年同盟を組んできたが現在の沖縄の基地問題で「米軍は出て行け」と地元の反対運動、それに加担する民主政権に対して逆に「裏切られた」と怒り心頭な気がします。私が沖縄司令官ならとっくに安保破棄を大統領に進言してます。米軍の立場で言えば日本が攻められても中国と和睦して、沖縄は中国領に、本土の東半分を米領に、と分割統治すれば良い話ですから。

日本は自国防衛を考えていない。
米軍に協力しない。
核武装もしないで戦う気もない。
スパイ防止法もないので情報はザル。

こんな国に自国兵士の危険を省みず共同作戦行動が取れますか?私が司令官なら無理です。経済でも既に中国のほうが重要視されている上、何より仲間から足を掬われる可能性がある国と同盟など結べるはずがありません。
もはや猶予はありません。すぐにアメリカに対して核保有の話を持ちかけるべきです。それだけで中国は大いに警戒しけん制してくるでしょう。同時にアメリカは日本がやる気を出した事を評価しアジアの市場に意欲を出し協力体制を強化しよう、と考えるはずです。
今の時代単独防衛のために際限なく軍拡をするなど愚の骨頂ですが、他国と連携して同盟を堅持する必要性はますます高くなっていると思います。その場合のパートナー選びが重要ですが、欧米とは手を組めますが、中韓とは到底不可能です。(というか反日国家と提携しようとする民主党が異常なだけです)
しかし同盟である以上、こちらも同様のリスクは負う、という覚悟も必要なのです。
私は日本を守るためなら死ぬことも恐れませんし、そういった人がこの国にはまだまだ大勢いると信じています。

投稿: 磯部 | 2012年6月12日 (火) 03時52分

連投は避けたかったのですが、石破さんはじめ自民党方々、日本人の普通の人もぜひ読んで頂きたい記事があったので一読願えれば、と思い貼らせて頂きます。

http://ime.nu/www.history.gr.jp/~nanking/moriou.html

内容は南京虐殺と言うのがいかなる虚構であったのかを南京攻略戦の元部隊長の方が暴いた内容になっており、講演会の議事録を本にまとめたものです。「本当に日記など書ける状態だったのか?」とか「当時の証言した者達の日付からも明らかにありえない偽証の数々」など全くのでっち上げである事と東京裁判がいかにメチャクチャな物であったか、など当事者の立場から書き残されています。
私も様々なサイトや本を読みましたがここを読むだけで「南京虐殺本」の殆どの疑問点が解説されているので他を読む必要がない、と思える程客観的見聞と自身の体験談から細かく分析されています。「放火4000件と言うが私は1ヶ月の間火事を1件も見ていない」とか当事者しか知りえない場面が多々あり、いかに虚構であったかが如実にわかるのであります。

投稿: 磯部 | 2012年6月12日 (火) 08時20分

今の日本の国会議員の存在って?


重複質問や無駄な喋りを交えた質問をし本質的議論せずに時間が来たら質問や回答が中途半端でも終わらせてしまい「質問させてくれて有難うございました」なんて引き下がる茶番劇を晒す国会議員。「国」を中途半端な議論の上で成り立たせることに違和感のない国会議員は必要ない。演説する場でなく、議論する場であることを自覚してない国会は時間と税金の無駄だと感じた。海外メディアや日本の子供たちに恥ずかしくて見せられない。人材不足。人材が宝。日本人として誇れる日本国会議員は…。石コロばかり?原石?日本の石を日本人の宝として誇れる日が早急に来てほしい。

投稿: 憂国民 | 2012年6月12日 (火) 08時20分

「消費税免税事業者の存在」「消費税の事業者滞納金額」「消費税率UPによる還付金増大」の「現実問題」を無視して消費税賛成の立場をとるのは政治家としてどうかと言われてしまいます。石破議員は国民を説得できる材料はお持ちですか?名目税収は増えるが即滞納額になり、輸出大企業の還付金が増大するだけでは?対策なくば、今でも回収できない消費税滞納額を増やす愚策だ。現在ある消費税問題の解決策なしでの増税は、財政の傷をさらに深くするだけです。


「政治家って経営者じゃないからしょうがない」なら財務省経産省は成功した経営者をおくべき。素人にまかせて日本を滅ぼすな!経済の活性化なんていいますが、具現化できる策を経営を知らない政治家が考案(公共事業以外)できると思ってますか?できないのに消費税上げると容易く言って欲しくないです。
石破議員は対策あっての消費税賛成なんですよね?

投稿: 経済成長は誰が? | 2012年6月12日 (火) 09時17分

きょう、石破さんの国会質問を聴かせていただきました。私は、今の段階での消費税の増税に反対です。引き上げるなら軽減税率の採用は絶対に必要だと思います。ただ、石破さんが消費税の増税の必要性を説くとき、意見は違っても傾聴に値する議論だと思います。なぜなら、石破さんの言葉は私の心に届くからです。覚悟のない言葉は、たとえ正しいことを言っていても心には届きません。同じ「消費税の税率引き上げ」でも、野田さんの言葉は心に響かず、石破さんの言葉は心に触れます。どんなん政策を打ち出すかも重要ですが、まず信頼のある政治家が語ることが重要だと思います。「信頼」というものは意見の相違を超えると思います。ギリシャのニュースを見ていて、問題が解決しないのは政府に国民の信頼が無いからだと感じました。また、尖閣ビデオの公開も中国の1等書記官の問題も石破さんが総理になられたら正しく対処してくれると信じています。尖閣ビデオについては、一刻も早く公開してほしいと思います。

投稿: 匿名 | 2012年6月12日 (火) 11時55分

石破さん
某氏コメント引用【「遠大な視野」とはなんですか?】

ご指名はないが、私のコメントを引用戴いたのだろう(多分)と推測し、また良いご指摘を戴いたと思い、私の前稿6月 9日 (土) 12時04分を補足致します。

私が意図した「遠大な視野」は、過去の諸々を直視しつつも、「将来に向けた遠大な視野」を指します。
「将来に向けた遠大な視野」で懸案の尖閣問題を眺めれば、その当面の解決策は、前稿の通り≪「尖閣の領土問題を先送り」に回帰することだと思います≫。同じく「先送り」と云っても、「善き先送り」と「悪しき先送り」がある。「悪しき先送り」は容易だが、「善き先送り」には広深永の視座が不可欠であり未熟歪政権には出来ることではない。’72年「棚上げ」を持ち出した周恩来首相も此れを暗黙に引き取った田中角栄首相も、「遠大な視野」を備えた偉人だと思っています。

また、領土問題は、何日の世にも大きく激しい国民的感情を呼び覚ます。歴史的には、戦争就中戦勝国が領界を決定したということもある。尖閣も真にその経過を辿っている。平和裏に重要な領土問題の決着を期待することは、非常に困難ないし非現実的なことだと思います。真に、「無いものねだり」だと。まあ然し、重要な領土問題である以上、決着が付くまでは自分の主張を貫くのは当然です。然し、冷静に遠大にと。現政権の未熟歪は、この「冷静、遠大」は又しても「無いものねだり」になる。考えて観れば、我が国政府が未熟歪政権でなく世界に普通の「健全で強い政権」であれば、中国も此処まで執拗にちょっかいを出して来ていないかも知れない。

また、丹羽大使の発言に関しては‥:
孫子を引き合いに出すまでもなく、“交渉相手“を知り己を知らねば、百の交渉は危うい。丹羽さんは中国の内情を最もよく知り得る立場に在るのであって、その立場からの「石原作戦の批判発言=国内への警鐘」は排除されるべきではない、引き取られ政府内部で比較衡量されるべきだと思います。
私の嘗てのコメント≪誰が?+何を?+如何に?≫に照らせば、
≪誰が?≫は、私には問題はない。
≪何を?≫も、現場の大使の情報発信としてまた視野の遠大さに問題はない。
但し、≪+如何に?≫は、発信の場がWSJのインタビューというのでは、真に「不適切の極み」だったと思います。
此の故を以って、自民党が「丹羽大使更迭」を迫るのは、過剰反応だと確信する次第です。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月12日 (火) 12時11分

【シナ帝国とは】

 シリアで起きている自国民虐殺政権の処遇について、国連安保理は、ロシアとシナの反対がある為人命の救出作業やシリアのサダト政権の排除すら先の見えない状況にある。シナ帝国は自国民虐殺をやる政権の擁護に熱心である。ロシアでさえ、サダト政権の排除には反対をしていないが、シナは、それについても反対を称える唯一の帝国である。ここが拒否権を示すため国連は動きが取れないのが現状です。シナは200万人虐殺をやったポルポト政権の理解者であり、支援国であった。ポルポト政権の犯罪を裁く国際法廷が遅れに遅れたのはシナ帝国が強引に反対の姿勢を崩さなかったからである。ポルポト政権の犯罪がばれたのはベトナムがこの地域で解放戦線を展開したからである。それが出来たのはベトナムはシナの要求通りに動かない独立国家であったと云うことが背景にある。領有権を巡る南沙諸島の問題のこともあるが、対等な立場での国交が、シナとベトナムの間に無かった為に中越戦争が起きたと云うこともある。シナの言い分は「懲罰的な戦争」と言っていた。ベトナムはシナ帝国の言うことを聞かないので懲らしめてやったと云う姿勢なのだ。シナ帝国の主の思考は秦の始皇帝以来進歩が無いのかも解りませんね。彼等と対等な立場でものを言うことが出来無いのは彼等自身にとってもいいことが一つもないのに、上下関係を基本に国交を求めてきます。シナとロシア、シナと北朝鮮の関係も詳しく見れば対等な関係が無いと思います。ポルポト政権もまた、その国交の内情はシナが指導的立場に立った展開ではなかったかと推察いたします。シナは自国民を殺すことさえ躊躇することがありません。それは大躍進文化大革命天安門事件と、連綿と続いている事件の数々に見ることが出来ます。シナ帝国は皇帝の治める国です。その皇帝の変わりはいくらでも湧いて出てくる国です。彼等にとって、その繰り返しが歴史になっています。内乱が起き、政権が転覆し次の王朝が誕生します。政権を握る人々から見ると自国民はただの人質ですね。国民の安心安全よりも政権を握った人々の幸福の追求が先にあります。彼等はこれだけの為に今も生きています。そして現政権が転覆するまでが、一つの時代です。

投稿: 旗 | 2012年6月12日 (火) 12時31分

石破さん  ≪日本経済の根因?の一つ≫
日経【ICTサミット:M.イェッター日本IBM社長発言 http://p.tl/P80g ‥技術力軽視は危険、日本が世界で競争力を取り戻す上で技術が重要な役割を果たす】
20年以上を喪いつつある「へたれ経済」とはいえ、日本の大企業経営者達も流石に技術力を重視し重要性も認識していると思います。彼ら自身もそう主張するでしょうし確信している筈です。その観点では、この貴重な忠告は、表面だけを読む限りは空振りに終わる。

但し、特に此の場面のように競争状態にある者同士の外交辞令が行き交う場面での忠告は、須らく重要なポイントはその行間や裏側にある。
日本産業界は永年特許件数など「研究所技術」は積み上げて技術力重視の姿勢を表して来たが、「市場技術」に仕立て鍛えてはこなかった。マクロ経済にとってもミクロ経済にとっても肝心の「事業構造の転換」や「新市場の創造」や「資金回収と利益獲得と雇用機会の創出」に繋がる諸々の挑戦を怠って来た(不作為?)と思います。

結局は、「技術力軽視の危険な経営」を遣って来たし遣っていると。
此の観点では、行間または裏側で!(笑)、この忠告は極めて貴重だと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月12日 (火) 13時22分

王室や皇室は廃止すべきだと思います。
天皇・皇族だって同じ人間なのに、公務を担うというレールがしかれ、自分の考えを自由に述べる権利、職業選択の自由、プライバシー、海外に移住する自由など、国民が当たり前にもっている自由もないというのはかわいそうです。
戦前まであった華族・士族も廃止されたんだから、取り残された世襲的階級制度である皇室制度を廃止して、日本もギリシャとかフランスとか台湾みたいな国民が大統領を選ぶ共和国になったほうがよいと強く信じております。
もちろんイギリスの王制にも反対です。『英国王のスピーチ』のジョージ6世は本人はイヤだったのに国王になったという世襲制では避けられない運命になったので、かわいそう、こんな制度早く撤廃されてほしいと思いました。

投稿: すぐる | 2012年6月12日 (火) 19時22分

丹羽氏の発言に関して。
氏の発言は当然問題ですが、なんとなく外務省が変な入れ知恵してた気がします。

大使のポストを民間人に取られて、前々から姑息なことして丹羽氏の足を引っ張っていたようだし。

そんなこともあって、すっかり赴任当初のやる気はなくなり、丹羽氏は前から大使を辞めたいみたいな話が流れていたような気がします。

結局大使を変えたところで、外務官僚に問題がある限り、根本的な解決にはならないのではないでしょうか?

それにしても、なんで外務官僚は弱腰なのばかりなんでしょう?
交渉の場で、キチンと国益を考えているんでしょうかね?

投稿: 小林 | 2012年6月12日 (火) 21時58分

寛仁親王殿下のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そして久し振りの予算委員会、お疲れ様でした!
森本大臣とのディープな防衛論議、聞き応えありました。
願わくば、森本大臣が与那国への自衛隊配備に関して積極的に動いて下さると良いのですが。

投稿: hinomoto | 2012年6月13日 (水) 01時37分

石破先生

昨日の予算委員会拝見致しました。
森本大臣の国会デビュー、緊張されていましたね・・・国会、それもあの至近距離で石破先生に質問されるのですから緊張するはずだわ~

見識のある森本大臣ですが、な~んか心に響かなかったです。それに比べて石破先生はやはり素晴らしいですね!言葉選び、話し方、さすが25年も選ばれ続ける政治家は違うなぁと改めて思いました。

↓以下は今朝の産経ニュースのコピペです↓

 田中直紀前防衛相には安保・防衛の基礎知識を問うクイズを続け、いじめ抜いた石破氏だったが、今やすっかり「生徒役」。米国の海空軍一体運用構想「エアシーバトル(空海戦闘)」をめぐり、森本氏が「米国防総省の正式な戦略概念に採用されるに至っていない」と分かりやすく教授すると、石破氏は「初めて聞きました」と脱帽した。

↑コピペ終わり↑

なんで石破先生が生徒役なのか?!と朝からイラついてしまいます。でもメディアなんてこんなものでしょうかね。

石破先生、いつも日本のためにありがとうございます。今日も一日お元気でshine

投稿: 春霞 | 2012年6月13日 (水) 08時33分

昨日、石破先生と森本防衛長官との国会質疑を見ました。素晴らしい質疑で見入ってしまい感銘を受けました。(想像するにお互い尊敬しあう者どうしだったんでしょうか)私は42歳で若い時から時間のあるとき国会質疑を見ていますが、恐らく初めてと言っていいくらい感動しました。
お互い、国政を担う防衛専門プロ同士、議論のガチンコ、罵倒等もなく冷静沈着、素晴らしいです。
成り上がりで、努力もなく、くだらない質問ばかり、罵倒や感情的になりすぎているに議員に、つめのあかでもせんじて、飲ませてやってください。
国民は、皆みているんだぞぅぅぅ!!!
私は新潟市在住ですが、私の選挙区にも、先生のような素晴らしい議員が出て来ないのかなぁと思う時があります。それならいつでも投票するのに、残念でなりません。
(昨日の素晴らしい質疑をみて、それを伝えたく、初めてカキコミしました。これからも応援します。あと民主党を批難しませんが、森本先生も短命内閣でかわいそうだと感じました。私が言うのも失礼ですが、素晴らしい人なのに…)

投稿: 哲郎 | 2012年6月13日 (水) 11時56分

<伊勢神宮>英訳は「Shinto Temple」に?  (毎日新聞6月12日(火)14時2分配信)
20年に1度の式年遷宮を来秋に控え、三重県伊勢市の伊勢神宮の事務をつかさどる神宮司庁(同市)が、
「Shrine」などと従来訳してきた神宮の英語名称を「Shinto Temple」に変更する検討を始めたことが分かった。
多くの英和・和英辞典は神社をshrine、寺をtempleとし、中学校でも最初にこう習う。
違和感を持つ人も出そうだが、神宮司庁は「外国人に神宮、神道を分かりやすく説明するための検討。
専門家の意見を聞きたい」としている。


(感想)
これには驚きました。
明治時代には、神社と寺院を分ける神仏分離令が政府の命令で出されました。
明治天皇が今回のニュースをお聞きになれば、なんと仰せになられるでしょうか。
それも本家本元の伊勢神宮内部からの検討意見としてです。
伊勢神宮関係者の発言のニュアンスが、本当に正しく報道されているのでしょうか?

もしこれが採用されれば、10年後には海外では「Ise Temple」(伊勢寺院)が一般には流通し、
50年後には海外に合わせて伊勢神宮の日本語名称も変更などという恐ろしいことに成らないかと懸念します。
名称に関することは、100年単位の視点を持つことが重要だと感じます。
現実に日本海の英語表記は、海外では問題にされています。

このような懸念因子を現代の人間が造って良いのでしょうか?
2千年以上も伝統を保持して来た過去の神官たちは、どう思われるのでしょうか?
もしこれが一般企業ならば、先に内部の調査検討委員会を設けて、慎重に「内部」全体の意見をまとめてから発表され、
それから外部の識者の意見を聞くべき重大な問題だと思います。

近年に日本文化の崩壊が危惧されていますが、伊勢神宮でもこのような意見が出るとは深刻かも知れません。
外国人の友人は、日本人の大きな勘違いは、自国の文化を外国に合わせて破壊することを交流だと思っていないか?と言います。
わざわざ高い金を使って京都や奈良に行くのは、ハンバーガーを食うために行くのでは無いと言います。
その初めて見る日本の伝統文化への違和感や不自由をも楽しみに行くのだと言います。
その刺激が無いならば、行く価値が無いのです。
外国人が真に望んでいることと、日本人が配慮する内容が違うわけです。

報道記事にある、“神宮の英語名称を「Shinto Temple」に変更”。
つまり、神宮=Shinto Temple=神道寺院、です。
このような話が出るだけでも、伊勢神宮の伝統と日本国の歴史に関わる報道だと思います。

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandouより引用。

投稿: 真実の歴史、伝統文化、ご皇室をお守りしたいです | 2012年6月13日 (水) 14時48分

石破先生おつかれさまです。今日の国会中継勉強に なりました~pencil 消費増税も大切だけどeyeやはり 私は領土問題だと思います。東京都知事が言われてます我が国領土尖閣諸島を国が守らなければ ならないのに丹羽中国大使の言葉 発言は許せません。更迭させてください。なぜ中国に厳しく言えないの海底資源を守るべきです。青山さんが頑張っておられます。政府が何故やらないのでしょうかこのままで日本国は 大丈夫 我が国尖閣諸島,竹島も守ってください纏まらなくて すいません

投稿: pappy | 2012年6月13日 (水) 17時22分

なにやら「尖閣問題を先送り」とか言ってる左翼者もいますが、侵略者は待ってはくれません。先送りの結果どうなったか?
支那は日本からの支援金を使い軍事先進国から兵器を買い漁り、それを自国で流用して軍事産業を育てアフリカなどへ兵器を輸出しています。またその技術で軍拡を大いに行い、当時の数十倍と言う戦力と核兵器を手中に収めて、日本や周辺国の軍事占領に乗り出しています。

飼い犬に手を咬まれた、どころではなく、子犬だと思ってライオンを育ててしまった、と言う位の間抜けな話です。

すぐるさんへ
日本が世界で一目置かれているのは実は経済などよりも皇室の役割によるところが大きかったりするのですよ?現在世界で「エンペラー(皇帝)」と呼ばれる人物は3名しかおりません。イギリス女王、ローマ法王、そして天皇陛下です。この3方には米国大統領だって頭を下げます。民間人と同じ感覚でモノを言ってはいけません。総理など廃止しても日本は磐石ですが、天皇家が無くなれば2流国に成り下がるかも知れない、それくらい重要なのです。

投稿: 磯部 | 2012年6月13日 (水) 21時28分

石破 茂様
予算委員会質疑、お疲れ様でした。
いつもながらの石破カラーに聞き入ってしまいました。惚れている弱みでしょうか(?)あれもこれも腑に落ちた、といったところです。(只、寛仁殿下の薨去に際しての発言は左手の位置がチョット。。。普段はあのスタイルが大好きな私ですが)
新防衛大臣の森本氏とはTV番組で何度もご一緒されていて、お互いに尊重し合える関係だろうと思っておりましたので、「反対する野党」のメディアの姿勢に「?」となったのですが、石破さんのブログを嬉しく読みました。案の定、格段にまともな議論ができて、聞き応えのある内容だったと思います。良い方向へ向かうといいですね。
難題山積のこの現状を大胆且つ緻密に運営できる人物の登場が待たれます。自民党が中心の政界再編が行なわれ、そのCOREには石破さんの姿があって欲しいものです。
昨年の震災の於ける外国の方々からいただいた賛辞は一体、何だったのでしょうか。ガレキの処理を拒絶する多くの自治体には”恥”というものを
知ってくださいと申し上げたい、と強く思う私は間違っているのでしょうか?涙が出てきます。
不順な天候が続きますので、お体にはくれぐれもお気をつけになってくださいませ。
無理かとは思うのですが、時間をみつけられて、あじさいの青やピンクにいっとき目を休められてはいかがでしょうか。
応援しております。

投稿: sirousagi改め田邉 | 2012年6月13日 (水) 22時21分

【沖縄の人は皇室の廃止を考えられるようだ】

この欄に皇室の廃止を述べられている人がいるようですが、沖縄在住の方のようで、ペンネームをクリックするとその方のホームページが開き、プロフィールに沖縄在住との記載がありました。我が国に編入されて250年ほどの事なので、皇室の存在の意味をよく理解されておられないように思いますね。残念なことです。沖縄にも王朝はあったようですが、その子孫の方々の処遇がよくなかったせいかも解りません。明治になって時の政府が尚氏一族の方々を東京へほぼ強制的に住まいを定めるようにした為に、沖縄の人々との仲を裂くような結果となり、王室としての役割を果たすことが無くなったと云ういきさつもあります。これはこれで、残念なことです。
 我が国が東アジアにあって他とは違うと云う立場をもたらすものが、皇室の存在にあります。存在することが政治的な立場を主張しています。政治的な実権の行使は建武の中興を最後に行うことはありません。国を纏める上での役割は重いものがあります。その都度選挙で選ぶ大統領等は実に面倒な存在で、争いのもとになりますが、文化的な背景を背負った世襲であることは、国民の理解の上に立つ形としては優れた点が多いのではないかと思います。皇室の方々が辞めたいと言えば仕方のないことですが、そうなると我が国の国柄も変わっていくことになり、当然憲法も変えなくてはなりません。皇室王室の存在は一度廃止をしてしまうと復することができませんね。3000年続いたエチオピアの王朝も廃止をしてから混乱が続いています。皇室のありがたみは国民の理解の上に立っています。政治の混乱を避けるもとにもなっています。今いる我等はそれを伝えて行くことが後世への義務ではないかと思います。我が国が我が国である為に必要な存在であると私は思います。

投稿: 旗 | 2012年6月14日 (木) 09時43分

ロシアと中国がシリアの虐殺を「内政干渉」としてシリア国民を見殺しにする採決を容認する国連安保理。
国連の存在意義は常任理事国の国益のためだけにあり、その他の国はミカジメ料を払っているだけなのか?
日本が国連に所属する意味(国益)はあるのか?
国連はもともと日本を敵としてできた組織では?シリアの例から、日本が北朝鮮中国韓国に侵略されて国民が虐殺されても国連が助けるはずがない(国連組織の成り立ち・常任理事国に中国ロシアの存在)。日本国民の血税を高い掛け捨て保険代だけ払い続けている常任理事国のATM。情けない。


米国と日本政府が中国の北朝鮮へのミサイル運搬車輌の輸出事実を把握しながらスルーした件より、米国と日本政府が日本国民を守る気がないのは明らかだ。米中貿易が日米の2.6倍。米国が中国へ配慮するの国益上当たり前。日本政府外交はいまだに米国の犬。日本国民より米国政府に忠実。
石破議員が日本を守る政治家で日本国民が一番信頼安心できる誇れる「日本人代表サムライ」であると世界に広く知られる日がくるのを願っています。
また売国奴が外交外遊に出ます。バラマキ無きよう釘を刺して下さい。

投稿: 憂国民 | 2012年6月14日 (木) 10時37分

東京電力は破綻させ国有化のうえ、有能な技術者を外国流出防止及び責任を果たさせるために公務員として拘束すべき。海外で大金もらい日本技術を衰退させ自分だけ責任を逃れ裕福な生活をしようなんて許されない。

国有化すれば資産売却や金食い無能経営首脳陣は一掃できる。専門知識のない人は有害→例:菅直人・田中直樹。企業を支えていた下の人間に残す首脳陣がいるか訊いてみたら良い。首脳陣がいなくても仕事に支障はないはずだ。(服役させることもできる。電力会社の人に責任をとらせることは韓国でさえやってる)(資産は外国への売却転売禁止・ソフトバンクのような売国企業への販売も禁止)首脳陣への給料支払いが今は無いないとしても権限を持つ存在事態が害。田中元防衛大臣が「お金要らないから大臣でいさせて」と居座っている状態が今の東京電力。

東電へ資金貸付でなく、送電の権利を国が買い民間へ売却・貸付等したら電力自由化は今頃促進されていたのでは?東京電力や株主を破綻させない正当性や国民のメリットを明確に伝えて下さい。選挙前です。(本来は選挙は関係ないが)石破議員は身内保身から国民<東電であると叩かれることを危惧しております。

投稿: 今のところ石破議員押し | 2012年6月14日 (木) 11時44分

石破さん
DOL高橋洋一さん【国会公聴会 私が述べた消費税増税反対の10大理由 http://diamond.jp/articles/-/20026】
予て「増税(率)よりも増税収」を主張されている高橋さんは、流石に此の論説でも網羅的で的確で秀逸だと思います。

他に先駆けて筆頭の課題として【①デフレの解消】を挙げている点。
【名目成長率を高くすることが重要】の的確さも然ること乍ら、此の「名目経済」に埋め込まれた含意が素晴らしい。現在と近未来の経済はデフレ下にあるのですから、経済統計も経済論議も(勿論、戦略も政策も)、その主軸を「名目」、従軸を「実質」に置くべきだと。
インフレ時代の「主軸:実質、従軸:名目」の「眼鏡」でデフレ経済を眺めれば、事態を見誤り対策を間違えるのは必然でもあると思います。

‥とはいえ、この高橋論も「完全」ではない。まあ、須らく世事に「完全=満点」を求めることは明らかに間違いですが。
彼の持論である【②財政再建の必要性が乏しいこと】と其れに関連する【⑨資産売却・埋蔵金が先】は、「狭い正しさ」に止まっている。
⑨の主張に従って「無駄・非効率・行政の本義に悖る資産」の売却をやることは真に正しいが、「かんぽの宿」売却に見た如く、間違いなく含み損を表面化させる。この含み損の表面化は間違いなく正しいことであって、世間的には大騒ぎになるとしても、国家的には大きな問題には該当しない。同時に、国家の深刻な問題を解消もしないと。
国家財政の「ストックの異常(GDPの2倍の債務)」を一時的に緩和はしても、「フローの異常(年度予算の半分が借金)」を解消する訳では断じてない。
財務省が有為な経済成長戦略に思いが至らず増税収を断念して?財政再建だけを掲げて消費税の増税率に突っ走るのは短絡が過ぎているが、とは云え【②財政再建の必要性が乏しい】という認識も歪んでいると思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月14日 (木) 11時53分

私は以前から石破さんには絶対に総理大臣になってほしいと思っています。消費税に対する考え方は私とは違います。しかし、それでも石破さんは信頼のできる政治家です。無責任な政治家の「消費税反対」という言葉よりも、石破さんの消費税引き上げ論のほうが、よっぽど信頼が持てます。ただ、石破さんは総理の靖国参拝に反対していると聞いたのですが、それは本当でしょうか。だとすれば、とても残念です。私は先の戦争は間違った戦争であり、中国への侵略だったと思います。多くの罪のない人々が犠牲になった悲惨な戦争でした。靖国神社には、その悲惨な戦争に導いた指導者たちも祀られています。しかし、そこには国家のために若い命をささげた罪のない多くの人たちも祀られています。その人たちを見捨てることなど絶対に許されないことだと思います。総理になった政治家こそ靖国神社に参拝すべきと思います。それは決して戦争を美化することではないと思います。熱帯のジャングルで地獄のような戦争で命を落とし、戦争が終われば総理に見捨てられたら、そんな悲しいことがあるでしょうか。

投稿: 匿名 | 2012年6月14日 (木) 13時02分

マスコミの扱いは兎も角として、国防意識に目覚めた多くの国民が東京都に寄せた寄付金の意味とその予想外の額を石破さんはどう受け止め、今後尖閣問題にどう取り組もうとされていますか?日本国の宰相を目指す人物の動向をこれまで以上に注視しています。頑張ってください。
ところで「指導者の心得るべきこと」という単行本が出版されましたが、もうお読みになりましたか?国難の時代は益々良くない方向に進んでいるように感じています。この期に及んでも消費増税一直線に突き進む野田首相、なんとかならないものでしょうか?

投稿: kktf | 2012年6月14日 (木) 16時39分

石破さん
日経【米軍オスプレイ機墜落 5人負傷、フロリダで訓練中】
関係者は泣くに泣けない、無関係者は笑うに笑えないお話ですね。

現実は、時として意表を突く「デザイン力」を発揮する。
未熟歪政権が決定することは、「方向音痴」が殆どの場合(現実には“全て”ということは有り得ないので)間違った方向の決定をするのと同じなのでしょう。彼らの運命と云うか宿命なのかも知れません。
彼らの決定に従わされる国家と国民は、彼らの運命宿命に付き合わされるのは堪ったものではない。
元々「堪る」必然性もない、と言い切るのは無理がありますが(笑)、彼らを政権与党にした代償としては、「余りにも巨大」ですね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月14日 (木) 17時50分

石破先生、お疲れ様です。先日の国会質疑は良かったです。ちょっと感動しました。
オスプレイの話が出ましたが、日本時間の今朝墜落事故が発生したとか。残念です。V22は自衛隊にも導入してはどうかと私は思いますが石破さんはどう思われますか?
今回の質疑は馳議員に時間を譲ったためか、石破さんの時間が短いように感じました。もっと見たかったです。また次の機会を期待しています。

投稿: 北島・50歳・神奈川県 | 2012年6月14日 (木) 21時51分

石破先生、お疲れ様です!!
鹿野と会ってますね、野田!

中国スパイの件から守りますから!証人喚問など受けないですよ!だから宜しく!
嘘を吐いている時は、口が尖るので解りやすいですよね、馬鹿総理!


自公が協議にどんな形にしても賛成をした時には、是非新党を立ち上げて選挙に望んで下さい!!

民自公には、絶対に入れません!

来年の8月でしょうが・・
石破先生、決断を!!

投稿: 浅草の支持者 | 2012年6月15日 (金) 02時31分

殿下の事は残念ですが人間なのでいつかは死にます。アルコール依存症の…です。と自己紹介をしていたのは覚えていましたが突然のことでしたね。

投稿: (^-^) | 2012年6月15日 (金) 05時15分

【<スペイン国債>欧州債券市場で売られる 利回り7%台】

 欧州の金融危機が目前に迫っていると云うことである。東証株価もバブル崩壊以降の最安値を記録したと云う報道もあった。株価が急降下すれば政治家は景気対策を口にするのが普通であったが、今は増税のことしか言わない。異常な感覚に支配されているのではないかと思い心配です。民主党政権は終に景気対策のための経済政策を口にすることが無いまま政権の終焉を迎えることになるが、自民党はそれに引き摺られるように増税に邁進していると見られている。橋本政権の教訓はどこにいったのか?
 愚かな行動を見せると政権復帰の目は永遠になくなる。そのことに気がついて欲しいものだ。欧州の危機は恐慌に繋がる。その認識が無いまま増税に踊らされているようでは、自民党もおしまいである。消費税増税は今論議するべき時ではない。向こう3年間は封印しないといけないのではないか。景気対策の重要性を認識しないまま、財務省の官僚に操られていることは国家の崩壊に繋がる。恐慌が起きた時に増税すればどうなるのか?  まだこれをやった国はどこにもない。それがやりたいのか?
 大変なことになります。

投稿: 旗 | 2012年6月15日 (金) 08時56分

無駄を削り正しつつ景気を向上させて国民生活の安定をはかるが、大前提。税を課せてもよい分野もまだあるのでは?

解散総選挙が日本を再生し元気になる一歩でしょう。

投稿: MAKO | 2012年6月15日 (金) 09時38分

私は、自民党が全てを棚上げし改革も置き去りにして修正協議に合意するとは思いたくありません。修正協議に合意するなら必ず改革への道筋も示してくれるものと信じています。私たちには自民党の内部の議論はわかりません。このブログで、自民党の立場、石破さんの見解をぜひ伝えてください。ただ単に増税だけを先行させる合意ではないことの説明を待っています。

投稿: 匿名 | 2012年6月15日 (金) 09時53分

石破さん
日経【脳死男児の心臓、10歳未満の女児へ移植手術開始http://s.nikkei.com/Maoz4L】
この件に関して、日本のメディアは軽薄を含めて様々に報じています。
私は此の件を、現実の「人間の生と死vs生物の生と死」と捉えます。

この捉え方は、当然に6歳児には到底無理な課題ですが‥、あの深遠なメッセージを発せられたご両親には、この対置が念頭にあった(筈だ)と思うのです。我が子の「生物の生と死」を選ぶのではなく、他者の子の「人間の生と死」という厳しく暖かい選択がなされたと。
三者夫々に、幸いあれ!&合掌!

一般の日本人は明らかに賢明のレベルを維持している!!
健全さを喪い賢明さを喪った日本人も少なくはないが。
特に、健全で賢明であるべき「身分高き者」に於いて。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年6月15日 (金) 18時48分

増税路線まっしぐら決定しましたね。原発も再稼働決定ですね。
今日から日本は何処へ行くのでしょうか?
◎電力利権に負けて国民を苦しめるばかりですね。今まで北陸はスマトラ地震の返しが必ずあったと思います。中越地震の時もスマトラは津波ですし、今年もスマトラは震度8で北陸は震度1でした。北陸に原発再稼働はあってはならない地域だと思います。
◎電力会社天下りの企業年金だけで月に70万円や年に7億8億なんて話が事実なら有り得ません。
来月からの電力買い上げ価格もこれまでの5倍の買い取り価格になる理由が原発利権の移動が見え見えです。発電の燃料費が減るから5倍に上る理由が無いです。毎月、天下り企業年金名簿を新聞紙面で発表して下さい。
◎増税は景気が上向けば自然増収になるのではないでしょうか?
増税よりも国家公務員の子供まで相続される共済年金の廃止やその費用の20兆円と言われる予備費の没収が先だと思います。公務員の給料は他国でもしているように税収比例制度導入にして下さい。
◎官僚が世界中に税金をバラマキ、私利私欲に走り、国民を苦しめるばかりの日本。今の官僚はバブルのまま生きてます。国立大授業料が5万円の時代人達が現在11倍の55万円の生活の何を理解してるのか?理解してないから社会保険料や国保や上げれる物は何もかも値上げして、公務員達は社宅住いで居住費がかからないけど、国民は自費です。
◎様々な所から取り過ぎです。基礎控除は居住費を含めた150万円程にしないと生活が出来ません。
◎今、日本が好きなのは、在日生活保護者だけかしら?
◎石破さん、どうか日本を叩き直して下さい。どうか宜しくお願いします。

投稿: rn | 2012年6月16日 (土) 12時34分

民主党政権も日が沈みかけているのに、民主党の敵陣地に入った人は大変ですね。政権交代直後に裏返って入った人もいますが、これからは大変ですね。
小沢党は消費税を反対して、国民に良い顔をしてますが、解散総選挙は増税可決からは早い程有利になります。人の噂も75日と言いますが75日以内に解散総選挙へ協力するのでしょうか?

投稿: (^-^) | 2012年6月23日 (土) 05時10分

生活保護でも車が持てるそうですが、四人以下の世帯は軽四までとして、ナンバープレートも生活保護専用のピンク色に区別してはどうでしょうか?

投稿: (^-^) | 2012年6月29日 (金) 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/54912129

この記事へのトラックバック一覧です: 寛仁親王殿下薨去など:

« 憲法審査会など | トップページ | 森本防衛大臣への質疑など »