« 9/22(土)は盛岡と仙台、福島で街頭、夜はカフェスタ生放送第2弾! | トップページ | 沖縄県と福岡県にお伺いしました! »

2012年9月22日 (土)

9/22(土)16:50~福島の街頭の場所が福島駅(中合デパート前)に変更になりました!

 事務局です。

本日(9/22)16:50~ 福島県で予定していた街頭演説の会場が変更になりました!

AXC(アックス)ビル(旧ニュー福ビル)前 →福島駅(中合デパート前)です。


その他は今のところ予定通りです。

14:35~ 街頭演説(全候補) *宮城県・東二番丁藤崎ファーストタワー館前(旧佐々重ビル前)
16:50~ 街頭演説(全候補) *福島県・AXC(アックス)ビル(旧ニュー福ビル)前

21:00~ カフェスタ【生放送】第2弾!! *築地魚河岸三代目・生田よしかつさん、平将明衆議院議員


よろしくおねがいします!!


|

« 9/22(土)は盛岡と仙台、福島で街頭、夜はカフェスタ生放送第2弾! | トップページ | 沖縄県と福岡県にお伺いしました! »

コメント

「今回の暴動でハッキリと分かった事は、中国人の大多数はまともな人間。」とかバカげた人もいるようだが、中国全土で百万人を超える暴動、略奪、放火を繰り返して警察が取り締まりもしないのが「殆どがまとも」とか、日本人の感覚では「アホ」としか言いようがありません。これだから朝鮮人は「人間じゃない」と言われるんです。一体この人はどこの国に住んでいるのですかね?
ここは日本です。「デモ」が起きてもプラカードを掲げて行進するだけ、の国です。(些少なトラブルはわかりませんが)韓国の「デモ」は路上に鶏や豚を殺し日本国旗の上にその首を乗せて「日本人を殺せ!」と叫ぶ狂気の「デモ(笑)」。
更に中国はこういった卑屈で残虐な「デモ」はあまり見られないが、彼らのデモはデモでは留まらない。その先には暴動があり、虐殺があり、最終的には革命があります。中国はまさにこれの繰り返しで歴史を作ってきました。今回も見てもわかる通り、「デモ」ではなく「暴動」「強盗」でしかありません。
真の民衆によるデモ活動は天安門以来ありません。今回もデモを主導したのは公安です。天安門では死体の山を必死で隠し、日本でもNKHは協力して報道を捏造しました。所詮は共産国家、信用に足る国ではありません。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1998860

これは今中国の工作で何度も削除された安倍さんのインドでの演説を書起こした動画です。一度石破さんも御覧になる事をお勧めします。(本当は書起こそうと思いましたが文字数が多過ぎるので)
これを聞いたインドの会議場はスタンディングオベーションが起こったそうです。
過去から現代に至る豊かな知識と将来への展望、我が国の相手国への願望、様々な思いが汲み取られこれを聞いて奮い立たない国はないでしょう。石破さんも大変な弁士でありますが、例えるなら石破さんは弁護士のように相手を納得させるタイプ、安倍さんは国益は主張するが、常に愛情が溢れていて優雅に力強く伝達するタイプです。
石破さんのように説得するではなしに、共感してもらう、と言った感じでしょうか。

「優雅」とか「配慮」と言った事を理解できない国では彼は「極右」と言われるが、日本人の感覚では「当たり前の事を言っているだけ」です。教育基本法改正時にも中韓は批判しましたが、そもそも我が国の教育に他国が口を挟むことは許されない。こんなことは当たり前の事なのです。
反日教育(洗脳)を幼少期から行う国が何が「人道」だと言うのだ?
こういうおかしい国以外からは安倍さんは歴代総理の中でも高い評価を受けています。特にアジア圏には辞職後もミャンマーへ出掛けたり積極的に足を運び中国包囲網を形成するにはこれほど適役はいないでしょう。逆に中国の恫喝には「イージス艦を出してでも防衛する」と宣言、「弱きを助け、強きを挫く」これこそが武士道でしょう。石破さんは親米であるが仮に戦争に突入するしかない状況に陥ったら決断できますか?私は出来ないと思います。
残念ながら中国に抗議は言えても、いよいよ武力行使に出てきた場合、治安出動が掛けられますか?海保ではなく海自を出す、となれば周囲から大変な妨害圧力が掛かるは必至。それを押し切らねば何も行動できません。戦後日本の1番弱い部分です。
自衛隊の方々は治安出動が掛かれば命懸けで戦うでしょう。しかしそれを決断する政治家が決断力がなく口だけ、なのがこの国の最大の欠点です。

安倍政権時は自民党の支持率が低く、戦後保守の怪物退治は不可能でした。河野談話の撤回も出来なかった。安倍さんはそれを恥じて今度は「撤回する」と言っています。石破さんはこれまでは支持してきましたがどう思われますか?
証拠が無ければ常識的に被告は有罪にはなりません。それを何でもいいから「有罪」という判決が先にありき、で始まるのが中国や韓国の裁判なのですかね?呆れた国です。それを「なかった」と証明できない、と発表したのがあの談話です。こんな下らない暴言を何十年引き摺るつもりなのか?優柔不断な態度は国際関係をおかしくします。いい加減外務省の判断基準から脱却することです。残念だがこれまでの石破さんの行動は外務省の言いなりにしか見えません。(発言は除く)
まあこれまでは演説以外活躍の場が表面に出る機会も少なく、具体的に何を行ったのか、を私はあまり知りません。自衛隊を視察したとか田母神氏を辞職まではいかないが処分した、くらいしか。これからは経済では成長戦略、外交に於いては世界へ向けてプロパガンダを打ち消す声明など行動も必要です。スパイ防止法も早々に制定しなければなりません。経済が動けば産業スパイの活動も活発になりますし。そういった多方面の実務能力が石破さんは未知数なので不安は隠せません。政治はヒューマニズムでは判断を誤ります。しかし外交に於いては人間的なつながりも重要なのです。

TPP推進をすれば米国の「ご機嫌取り」は出来るでしょう。しかしそれは対等の立場ではなく事実上の属国です。相手のルールを遵守しない場合は他国の法律を変更できる、なんてバカな条約は主権国家が到底受け入れられるものではない。
今回の尖閣問題で中国はレアアースの供給など経済制裁を掛ける、と現在検討中です。これに対して他国へ支援して供給をするのか、あるいは使用しない方向へ持っていくのか?安倍さんほど外国にパイプがない石破さんに他国から融通してもらう政策は取れるのだろうか。未知数過ぎて疑問が多いのです。

投稿: 磯部 | 2012年9月22日 (土) 15時48分

総裁選挙、自信を持って頑張ってください。家族全員で応援しています。”国難”まわしよみしてます!

投稿: maria | 2012年9月22日 (土) 15時54分

カフェスタ(赤澤さんver)を見ましたが、時間の関係か、議論するというより、石破さん、宇野さんが持論を其々が話すような形になって、うまく噛み合っていなかった(かみ合わせなかった)印象があります。若者層への訴えとして、宇野氏にオファーした気持ちは分かりますが・・ややミスキャストだったかもです、(石破・宇野両氏、終盤キョトンだったのでw)

とはいえ、
石破さんの弱点として
昨日の宇野氏のような考え方の
若い人らを説得せしめる論説や、彼らの考えに対する一定の理解の素地が無いと、郵政選挙で彼らが動いたわけで、彼らを次の選挙で動かすことができない。。。ということをご認識いただければと思います。

蒲田の演説も見ました
(どちらもyoutubeです。)
経済・財政政策系の話は、経済の知らない人に分かってもらうように話すと、経済をよく知っている人からすれば、物足りなく、石破は、経済オンチだと揶揄される展開のようで・・・。
圧倒的に国民は、経済の難しい話よりは、実感的な話のほうがよいとは思いますが・・・これは、国民をやや馬鹿にした(どうせ難しい話は分かるまい、、)驕りが発生するので、
経済的のテクニカルな話も、演説のスパイスとして、ちょいと見せるぐらいがいいのではないかと思います。
石破陣営の、経済・財政系のブレーンは誰か分かりませんが、いろんな学派、主義主張を加味しつつ、石破流の見識を明らかにしていただければと存じます。※やはり、著名な大学教授やそこそこまともな経済評論家や証券会社OB、官僚などなど、テクニカルな話をしても、ワイドショーで自説をぶっていられる人間に(わかりやすくテクニカルな話ができる人に)、一度どのように話せばよいか、アドバイスを受けることで、実感的で民衆に伝わる話すると共に、極めてテクニカル話を出して、本質を突いた認識が石破にはあるのだ!訴える必要性がありましょう。

TPP亡国論だったかの人々は
もてはやされている風ですが・・・
経済の話は、
経済学を真正面で勉強してきた人からアドバイスを受けるべきで、
歴史学や、土木学の専門家が、経済風の話をして、偉そうにしているのはよくありません。またそーいう人たちの論説に一定の理解はしても、経済系の演説で、↑の人々の話を引用すると、経済系の話に詳しい人々には、見抜かれますので、ご注意のほどを。


塩野七生さんの”ローマ人の物語”の中で、

経済人ならば政治を理解しないでも成功できるが、政治家は絶対に経済がわかっていなければならない、という一事である。(14巻-P125)

という一説があります。

投稿: 29歳改め30歳 | 2012年9月22日 (土) 16時50分

私の<石破議員に対する>ネガティブなコメントを承認してくださり、有難うございます。
その<フェア>なお人柄は素晴らしいと思います。
ですが、<経済政策>について大きな疑問点がございます。

石破議員は<週プレニュース>http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/01/8908/
で以下のように仰っています。
『TPPに参加しても農業は潰れません。付加価値を上げ、コストを下げれば、世界一おいしい日本のお米は世界に売れるんです。』

東北の被災地は未だそうした“競争のスタートライン”にさえ立てる状況ではありません、特に福島では。

 7月12日の国会で笠井亮議員から次のような発言がありました。
「除染が必要な農地は12万haだが、畑そのうち除染計画があるのが僅か2735haしかなく、除染が終わっているのはわずか2ha。どうして1年4ヶ月も過ぎて~。」
(国会会議録検索システム 平成24年 7月12日 予算委員会より)

日本国内でさえ「~の食品から基準値を超える値が~」と言われている状況で、本当に世界で売れていくでしょうか?

<TPPに参加すること>は<被災地の方々の為になる>とお考えですか?
そしてそもそもTPPは農業だけの問題ではありません。

また上記のインタビューでこうも仰っていますね。
『消費税は行革と並行して一刻も早く上げるべきです。
通常は景気が悪ければ財政出動で公共事業をやり、金利を下げるのが常套手段ですが、今はカネもなければ金利も最低でどちらも使えない。~』

民主党政権は為替介入で16兆4220億円使っています。野田政権発足以来、諸外国に対して約束した資金提供の総額は14兆3333億円です。(<国会会議録検索システム> 「政府短期証券」、「資金提供」と検索)

日本にカネはあります。何故だかそれを「出させることができない」のです。
「金利も最低~」ということは、<低い利率で資金調達できる>ということです。
日本は海外からすれば最も羨ましがられる立場です。

石破議員の経済に関する主張は東大のI籐M重教授の主張そっくりです。
それが心配です。

投稿: 3saka | 2012年9月22日 (土) 17時42分

いつも応援しております。
今日は福島駅にてご多用の中足を止められ、わが子へのお声掛けありがとうございました。またカメラ撮影ありがとうございました。私は舞い上がり身内・知人に今日のことを知らせました。批判的な方はいませんでしたが、「パフォーマンス?」という方がいましたが私はしっかりこの目で見ました。
 わが子の頭をゆっくりと目を合わせ撫でてくださいました。

わが子はあとで「だれ?」と聞いてきました。

その後真剣に先生のことを話している自分がいました。

わが子はまだ5歳です。

でも、「だからかな…」と思いました。

ひとこと、視座が違います。

マスコミを利用して上手くさまざまな視点で論ずる政治屋さんよりも目線の幅を感じます。

わたしは今日の「急がなくてはいけない状況」にゆっくりとわが子の頭を撫でてくれた
先生に改めて「この人」と認識し、「次の世代はわが子」と思いました。

投稿: この人以外誰がいる→うちの子供 | 2012年9月22日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/55716713

この記事へのトラックバック一覧です: 9/22(土)16:50~福島の街頭の場所が福島駅(中合デパート前)に変更になりました!:

« 9/22(土)は盛岡と仙台、福島で街頭、夜はカフェスタ生放送第2弾! | トップページ | 沖縄県と福岡県にお伺いしました! »