« 政策ビラより:自民党が生まれ変わることこそ、日本再生への唯一の道。 | トップページ | メディアの皆様との懇談 »

2012年9月11日 (火)

政策ビラより:私は勇気と真心をもって真実を語り続けることで、国民から信頼される政治を、全身全霊を尽くして実現させます。

 事務局です。

 政策ビラ(その2)よりご挨拶や政策を転載いたします。

Ishiba2_3


◇外交・安全保障を立て直す! 
  ~あらゆる体制を整備し、真の独立主権国家へ
◇経済を立て直す! 
  ~戦後最大の経済危機を克服し、たしかな成長軌道へ
◇社会保障を立て直す! 
  ~社会保障の総点検で、温かくて公平な社会へ
◇政治・行政を立て直す! 
  ~「決められる政治」「国民に奉仕する機能的な政府」へ 
◇地域を立て直す! 
  ~経済再生と雇用回復で、個性と活力ある地域へ
◇自民党を立て直す! 
  ~国民から信頼され、共感される自民党へ

行政改革

* 国の省庁の再編と、国・都道府県・市町村の重複行政の解消を進めます。

* 過去の規制緩和の効果を検証し、その結果を踏まえ、真に国民のためになる規制の見直しを進めます。

* 公務員給与の議論の中で必要なのは、「その給与に見合った仕事をしているか否か」という視点です。一律平等ではなく、真に国民のために働く者が評価される人事システムの確立を目指します。


政治改革~決められない政治からの脱却

* 党綱領がなく、政党としての体をなしていない今の与党が「決められない政治」に陥った過ちを、決して繰り返してはなりません。

* 選挙制度の如何にかかわらず、少なくとも「理念に基づいた政界再編」と「政党基本法の制定」の2つは政治改革に不可欠です。

* 政界再編については、次期衆院総選挙後に、自民党を中核として、自民党の国家観、新しい綱領や政策の基本的考え方を共有できる議員を自民党に迎え入れる形の実現を目指します。

* 政党は、納税者である国民に対して義務を果たさなければなりません。綱領制定のほか、党首の選び方、意思決定のシステムの規定、経理の公開の義務づけなどを内容とする政党基本法を制定します。

* 国会の与野党攻防から発生する「決められない政治」とも決別します。

* 総理の国会による拘束の緩和、副大臣制度の活用などにより、閣僚の国会対応の過度の負担を軽減し、国益のために働かせるとともに、国会を本来の政治家同士の議論の場とします。

* 予算と予算関連法案の関係を整理し、予算と財源をワンセットで扱うルールを確立します。

* 国民の感覚とかけ離れた政治、劇場型政治、未熟な政治から脱却します。

むすびに

 私は、できる限り多く、自分の言葉で正直に国民に語りかけたいと思います。このため、街頭演説や記者会見、メディア出演などを最大限活用します。
 国民を信じない政治家が国民から信用されることなどありえません。私は勇気と真心をもって真実を語り続けることで、国民から信頼される政治を、全身全霊を尽くして実現させます。


Seisaku_3


憲法

* 現実を見据え、独立主権国家にふさわしい日本国憲法をつくります。

* 憲法は、主権者である国民が決めるもの。改正発議要件を緩和します。

* 国防軍を明記し、緊急事態条項を設けます。

* 国会改革を推進し、機能的な国会を実現します。


外交・安全保障

* 国家主権は、領土、国民、統治機構から成り立っています。この三つは、決して他国に指一本触れさせてはなりません。国家の役割は、国の独立、国民の生命・身体・財産を守ることです。

* 集団的自衛権の行使を可能とし、文民統制を強化し、国全体で安全保障に取り組む「国家安全保障基本法」を制定します。

* 国家安全保障会議の創設、情報機能の強化を実現するとともに、自衛隊の任務に領土保全と邦人救出を加えます。

* 「日本でできることは日本がやる」との考えに基づき、互いの役割分担を見直すことにより日米同盟を深化させて抑止力を向上させるとともに、法と正義による世界秩序を確立します。

* 予備役の質・量の充実など、自衛隊のあるべき姿を再検討します。


エネルギー・環境

* 当面、再生可能エネルギーを最大限導入し、省エネを最大限促進しながら、その導入可能量を見極めます。

* 原子力の安全性は、専門知識のない政治家が原子力行政の混乱を招かぬよう、原子力規制委員会の専門的判断に委ねることとし、原発の再稼働についても、同委員会の安全性の判断に従いつつ、状況を見極めます。

* これらの見極めを慎重に行ったうえで、将来の原子力エネルギーのあり方につき、核燃料サイクルの是非を含め最終的判断を行います。

* 海洋資源開発・蓄電技術開発を重点的に進めることなどにより、エネルギーの安定供給と将来の資源大国化を目指します。

* エネルギー情勢の変化も踏まえ、世界最先端の日本の環境技術を総動員して、現実的な温暖化対策の目標達成に全力を挙げるとともに、地球規模の低炭素社会づくりを目指すなど、環境対策を推進します。


経済成長

* デフレ・円高からの脱却と産業空洞化対策に最優先で取り組みます。

* 30兆円に及ぶデフレギャップを埋める有効需要の創出と、2014年4月からの消費税率引き上げの影響緩和のための、即効性ある景気刺激策を組み合わせます。

* 立法化も含め、政府の財政政策と日銀の金融政策との連携を強化します。

* 法人税の引き下げ(20%台)、企業結合審査の迅速化、研究開発・設備投資促進税制、成長分野への集中投資の促進や特区制度の抜本的強化など、国内の企業活動を容易にして産業空洞化を防止し、世界の優良企業を日本に呼び込みます。

* 国益にかなう自由貿易協定や経済連携協定の締結を促進します。

* 海外で得た投資収益が国内の投資や雇用に直結するような資金還流対策を強化し、海外投資による成長エンジンも動かします。

* 将来の産業化につながる政府の研究開発促進体制の抜本的見直しを行い、司令塔機能を強化します。

* 女性力(=「なでしこ力」)による経済成長を実現するための環境づくりに取り組みます。

* 日本の優れたモノづくり技術の着実な伝承など、人材の育成・確保を図ります。

* 中小企業の事業承継をしやすくするとともに、個人保証をつけなくても済む金融慣行の創設に力を入れます。

* 新規起業者や中小企業の経営支援を強化し、商店街を再生します。


地方分権・地域活性化

* 「より質の高い行政サービスを国民に提供する」という本来の目的にかなう、真に国民のための地方分権を強力に推進します。

* 地方議会や地方公共団体の権限を強化するとともに、地域経済の活性化や地域雇用の確保を目的とする特別交付金を創設します。

* 地方の若者の多くが故郷を離れて都会で就職しなければならない現状の打破を目指します。このため、少子高齢化時代のいわば成長産業である福祉分野、すなわち医療、介護分野の従事者の処遇改善を図ります。

* 農協の理念に基づき、地域の担い手としての農協のあり方を強化します。


農林水産

* 食料自給力の考え方を基礎とする食料安全保障を確立します。

* 洪水防止機能や貯水機能など、農林水産業の持つ多面的機能を適切に評価して施策に反映させます。

* 農林水産業の経営体を強化し、農商工連携などで産物の付加価値を高めるとともに、新規就業から事業承継までライフワークとしての農林水産業を応援します。

* 水産物の消費拡大のため、浜と消費地を結ぶサプライチェーンを強化します。


財政再建

* 次世代につけをまわさないためにも、国民の安心や財政の機動性の回復を通じ経済成長を加速するためにも、財政再建はとても重要です。

* 財政再建には、消費税率引き上げを含めた税制改正と、適度な経済成長の両方が必要です。この問題には、打ち出の小槌も魔法の杖も存在しません。

* 厳しさを増す世界経済や我が国の情勢変化をふまえ、自民党の政権奪還後、速やかに財政再建の目標を再検討し、適切な目標により計画的に財政を再建します。


社会保障

* 自助自立のための環境づくり、家族や地域に代表される共助の絆の新たな結びなおし、効果的に集中した公助の仕組みづくりを目指します。

* この基本的考え方を踏まえ、三党合意に基づき、社会保障と税の一体改革を推進します。消費税は社会保障にしか使いません。

* 消費税への軽減税率の導入を目指します。

* 政権交代後、急激に肥大化した生活保護予算について、セーフティネット機能は確保しつつ見直すなど、正直者が報われる社会保障のための総点検を行います。

* 高齢者はもちろん、若者も安心できる社会保障を実現します。


復興と事前防災

* 今後とも党を挙げて東日本大震災の被災地の復興に最優先で取り組みます。

* 今後10年以内の発生を覚悟すべき巨大首都直下地震や南海トラフ地震の発生前に相当規模の予算を投じれば(=事前防災)、その経済的被害を軽減し、かつ何よりも、多くの国民の生命を救うことができます。

* 事前防災はトータルで見れば財政負担を軽減する効果を持つこともきちんと説明し、国民の理解を得て「国民の命を守る対策」を強力に推進します。

* 防災のための避難路の整備、道路インフラの維持・更新等のための基金を創設します。


教育・科学技術

* 教育基本法の理念に基づき、質実な国民を育成します。

* 教育行政への民意の反映を強化し、教員の政治的中立を徹底します。

* 幼児教育無償化など、教育支援を充実し、いじめ・児童虐待対策を徹底します。

* ゆとり教育からの脱却を進め、英語(外国語)教育の充実を図ります。

* 政府の研究開発投資予算を確保し、競争的資金を大幅に拡充するなど、科学技術の振興と技術革新の推進を図ります。


---

政策ビラPFDファイル

表面(PDFをダウンロード

裏面(PDFをダウンロード

|

« 政策ビラより:自民党が生まれ変わることこそ、日本再生への唯一の道。 | トップページ | メディアの皆様との懇談 »

コメント

かねてより石破議員の登場を期待していた者で、今回の総裁選挙出馬は嬉しい限りと喜んでおります。何としても当選し、次の総選挙で自民党が勝利して政権を奪還し、真に日本の再建をして頂きたいと念願します。そこで、石破議員にお願い、あるいは意見を申し上げます。国防と外交政策にに関しては全く不安を持ちませんが、20年余りの長きにわたり低迷し、むしろ衰退の一途を辿りつつある経済の再建について、石破議員がどのような政策を考えて実行されるかということに、少々の不安を持っております。経済の低迷、むしろ著しい衰退が、韓国・中国から軽侮される原因と考えますし、米国の信頼を損なっている主因かもしれないと考えます。どうか、自民党総裁に、そして総理大臣に就任されましたら、経済の再建にも大いなるご尽力をお願いいたします。ご自愛なさりながら、お励みください。

投稿: 藤木  潔 | 2012年9月11日 (火) 15時07分

石破先生 頑張ってください。

石破先生はもとより、橋下某などに政権を渡さないことを切に願っています。

今こそ自民党が一致団結する時です。

投稿: 中年不良少年 | 2012年9月11日 (火) 17時26分

原発事故の対応についてのお考えも明記いただきたいです。
除せんや、がれき処理、そして被災地の方の保養、農林水産の観点から見る食の安全性など…。現在の拡散させる政策から、封じ込め、健康被害ができる限る少なく抑えられる政策への転換を強く望みます。
0歳、3歳の子どもを持つ親としては、この子達が元気に成長してほしい。そしてそれを支える大人もやはり健康でありたい。
当たり前の平和で健康な日常を取り戻すためには、食べて応援ではいけない気がするのです。現状を目をそむけず見つめて、本当の意味で被災地が復興されますように。
強く強く願います。今だからこそ、石破さんに今一度考えていただきたいです、これからの日本を託したいから…。

投稿: 二児の母 | 2012年9月11日 (火) 18時10分

総裁選がんばって下さい
昔、旅先で偶然先生と行き会い握手したことがあります
先生は『がんばります』とおっしゃっていました

選挙の時期でもないのに、丁寧に接していただき、あれ以来応援しています

景気対策、領土問題はもちろんですが、もうひとつ…、最近、地方分権や道州制が叫ばれてますが、そういう議論が具体的に起こった場合、地方分権が各地方の中心にある政令指定都市だけを潤すような制度にはしないようにお願いします
大都市のない地方(地域)が無視されるようなことのないようにお願いします

どんな過疎地域にも人が住み、その土地ならではの文化や悩みを持っています
マイノリティの意見が反映されることを願います

よろしくお願いします

投稿: たろう | 2012年9月11日 (火) 18時13分

石破さま
お疲れの事とお察しいたしますが、ぜひ頑張ってくださいね!国民は期待してます!息抜きもできる男の条件ですから、しっかり休んで日本のために頑張ってください!普通の主婦ですが、前も書きましたが、五省の文言大好きです!石破さんの清い精神とぴったりだー!と勝手に思ってます!頑張ってください!お身体ご自愛くださいませ!

投稿: ミミ | 2012年9月11日 (火) 23時10分

こんにちは。

【韓国が対馬も我が領土だと主張しています。】

対馬の現状をニュースで知り、愕然としました。街中にはハングル文字の看板がいたる所にあり、スーパーや市場ではやりたい放題のマナー知らずの者や土地、建物1棟(民宿)を560万円で購入した韓国人、対馬でも土地、建物を買い漁っているようです。
重要な基地周辺の土地も韓国企業に買い漁られています。
島民も大変迷惑していて、韓国人はお断りと表示している店もありました。
もっと日本人観光客を対馬に呼べるように早く手を打たなければ、第2の竹島にされてしまいかねませんし、対馬の島民が可哀想でなりません。
対馬の市長にも韓国人に媚びる方針を転換し、国内観光客の需要を増すようなPRや方法はあると思います。
手法が安易で手っ取り早く稼げるから、韓国人を観光客として上陸させているが、韓国人は【対馬は我が領土だ】と確信して韓国に帰っている。
領土問題の火種を日本人が捲いている様なものです。

投稿: 帝都大阪 | 2012年9月12日 (水) 01時13分

デフレ脱却!!
経済もいい方向になりましたね(*゚▽゚*)

地方分権は安倍さんもいいといってますが
自治基本条例が次々成立している現状から
正直怖いです。

投稿: mimi | 2012年9月12日 (水) 01時16分

石破さんが総理になる事を確信しております!

韓国、中国に負けないでください!
強くしたたかな外交をお願いします!

原発は、いずれはゼロにしてください。
地震大国には無理なエネルギーです。

産める環境作りを取り組まないと子供達が生まれません。子供達が生まれないと日本は良くなりません。『母』『子』に優しい国作りをお願いします。

とにかく、民主党、維新に負けないでください!

投稿: 主婦 | 2012年9月12日 (水) 02時46分

私は鳥取県民ではありませんが、
防衛庁長官の時に「この方こそ」と思い
総理大臣になってくれればと思い続けてきました。
石破先生なら、防衛にしろ生活にしろ
この国を守ってくれると信じています。

自民党総裁出馬のニュースを視て
「やっと出てきてくれたか」と、希望の光を感じています。

自民党にも他政党にも
期待も信頼も無くしておりましたが
石破先生が総理大臣になっていただけるなら
自民党支持したいと思います。
どうか頑張っていただきたいです。

投稿: 仙台の一主婦 | 2012年9月12日 (水) 09時38分

この国難の時代には石破先生が必要です。
民主党政権時の3年間で日本は疲弊しています。
是非日本に為に頑張ってください。
応援しています。

投稿: 作新学院卒業生 | 2012年9月12日 (水) 09時40分

こんにちは。

さっそくですが、政策について、

少子化対策については、どのようなご見解なのでしょうか?

日本の適正人口を何人と考えるかはともかく、現在の年間出生数~100万人との数字からすれば、普通の国の人口ピラミッド、平均寿命を持つ国で言えば、日本は、現状既に、総人口~6000万~7000万人規模の国であり、決して多すぎる人口とも思えず、さらに、現在、出生数が減って~6000万~7000万人規模以下に進んでいるのが現状です。

政策の最初の方に並べられた、国の安全保障あるいは経済もつまるところ人口と深く関係のある課題であって、人口問題をおろそかにしていては、いかなる安全保障政策、いかなる経済政策も絵に描いた餅に過ぎなくなるということはないでしょうか?( 日本銀行の主張の当否は分かりませんが、日銀も人口減少を日本経済の不調の原因のひとつに挙げているのではないでしょうか?。 実際、財政再建も人口が多い方が楽に進むと思われますが )

また、最近、各国が日本に対して高圧的な対応してきているのも、日本の人口減少に歯止めがかかっていないことを( 将来的な国力の衰退に歯止めがかからないことを )見てということも一因なのではないでしょうか?

いずれせよ、繰り返しになりますが、少子化対策および教育対策の抜けた、安全保障、外交、経済政策は、短期的にはともかく、少なくとも長期的、10年、20年のスパンでは、その基盤、「原動力」を欠いた、なんの物質的な裏付けのない実現不可能な政策に過ぎなくなるということはないでしょうか?

投稿: とおる2010 | 2012年9月12日 (水) 12時23分

石破さん  ≪有為な人財≫
日経【丹羽中国大使、交代を決定‥首相官邸や外相の後ろ盾がない同氏を外務官僚は軽んじたhttp://goo.gl/rpbMY 】
今更乍ら、未熟歪政権が又しても有為な人財を辛酸の山に放り出した挙句に悲嘆の海に突き落としたというお話。深い覚悟のない未熟歪政権の下では政治主導も幻想でしかなく政治任用は生かせない。

私見では、丹羽大使の尖閣買い上げ問題への警鐘は、FTという場が極めて不都合であったとは云え、真に孫子の「知彼知己、百戰不殆」を目指した非常に貴重なものでした。政府の買い上げが具体化して中国の反発が厳しくなる中で行われるこの更迭?人事は、再び外交系「悪賢いモグラ」の手を借りて日本を「不知彼不知己、毎戰必殆」の淵に追い込むに違いない。
今更、責任論を積み上げても国家の問題は解決されないが、過去を反省する材料にはなる。この日中の外交的危機を招いた責任は、未熟歪政権や悪賢いモグラだけにあるのではなく、あの広深永な警告に対して厳しく更迭を迫った狭浅短な自民党議員達にも間違いなくあったと。

石破さんのこのブログ標題のコミットメントは、国民に対するご自身の行動規範に止まらず、同時に現実に≪国民から信頼される政治を、全身全霊を尽くして実現させる≫覚悟と資質を持った人財を、最悪の場合にも「遠退けない」、望むらくは狭く浅く短い批判に抗して「獅子奮迅の活躍を後押しする」ことも含まれるべきだと思います。
そのような人財は、今の日本の政官財学報界には極めて稀有な存在なのですから。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年9月12日 (水) 13時09分

まったくもってその通り!
石破さんしかいない!!
外交、防衛、経済などなど仕事は山積みですがきっちりカタをつけてください。

(民主党のように組閣でがっかりするような人を選ばず最強の布陣でお願いします)

投稿: シンプルライフ | 2012年9月12日 (水) 15時46分

マスコミ報道では総裁選の党内不和の部分のみが大々的に取り上げられ不快な印象しか受けませんが、雨降って国益に資する地が固まるのであれば無問題だと思います。存分にどうぞ
石破さんは福沢諭吉先生の脱亜論をご存知ですか?概ね『お隣りの国々にはどれだけ情けをかけても、最終的には欺かれ、身ぐるみ剥がされ、蹂躙され、八つ裂きにされ、無惨な晒し物にされてしまうだけなので潔く諦め単独or欧米その他と組んで自立すべし』という話だと理解しています。
自民党には小泉政権時代に劣らぬよう、戦局を冷静に分析して掌握し、的確に敵と味方の区別を付け…切らなければならない身銭は切る、断つべき悪習は断つ、と逃げずに堂々と適切な言葉で主張し、今ある材料で獲得可能な範囲で最善に近い結果をもぎ取れる党になって頂きたい。
国民が変わらなければ進まない問題も多々ある事は重々痛感していますが、それには優秀な船頭ときっかけが必要不可欠です。よろしくお願いします

投稿: 磯沈 | 2012年9月12日 (水) 16時30分

こんなこと言っていいのか恐縮なのですが・・・
9条を守ったまま、防衛を強化してしなやかな外交をしていくことは不可能でしょうか?
また、原発をゼロにすることは不可能でしょうか?
私は、正直なところ、今どの政党の誰を信頼していいのかわからないでいます。
でも、他の誰より石破さんに期待しています。
9条を変えないでいられるだろうか、原発をなくしてくれるだろうか、それだけ不安でいます。

こんな記事、公開しなくていいですので。
ただ、どうしてもこの不安をお伝えしたかったのです。失礼しました。

投稿: 子育て中の主婦 | 2012年9月12日 (水) 17時00分

エネルギー、環境問題に関して、なぜ日本は有望な日本近海の海底資源「メタンハイドレート」を開発しないのでしょうか?

そろいも揃って「禁句」のように触れないようにしていますが、日本の未来のためにしがらみのない石破さんに期待します。

何よりも、人類が手におえない原子力よりはるかに安全だと思いますが・・・比較するべくもなく。

投稿: 榊原 | 2012年9月12日 (水) 17時46分

石破先生おつかれさまです。お忙しいなかブログ更新ありがとうございます政策ビラ読ませて頂きました~私達は応援していますtvニュースアンカー青山さんから聞いたこと日露首脳会議でのこと①野田総理は 国後にロシア大統領が2回上陸したことには触れない何故②プーチンさんと握手しながら12月に訪露の約束解散は 日本維新の会=本日立ち上げですが外交は…外交安保心配です。先日の公開討論会で 質問を受けても答えられない自分達の意見は無いの民主党にはannoyannoyばかりですdown。でも嬉しいことも海洋エネルギー資源促進開発日本海連合が 9月8日に設立されたそうです。先生 絶対に総理に なってsign03 日本国を建て直しをsign03宜しくお願いします いつも纏まらなくて 申し訳有りません 私達は応援してま~すheart01

投稿: pappy | 2012年9月12日 (水) 18時39分

お疲れ様です。

本来であれば
「総裁選などやってる場合じゃないだろう」
といいたいところですが、あるものはしょうがありません。

他の総裁候補を見れば自民党の人材も枯渇しかかっているなぁと思っちゃいますから・・・・

すでにご存じかと推察いたしますが
またしても、韓国大統領が問題発言をしたようです

李大統領が9日のクリントン米国務長官との会談で「日本が極右主義に進んでいる。東北アジアの平和のため日本が極右的な態度を捨てなければならない」

どうやらいままで自民党が放置していた竹島問題を積極的に扱おうとしていることが
極右だといっているのです。

自国の国民がオリンピックという平和の祭典で何をしたか
全く反省がありません

石破先生が総裁になられた時には
竹島に関するかつての自民党の政策を反省し 「グローバルコリア」を唱え儒教をおもんじながら、隣国に全く敬意を払わない国に毅然とした態度をお取りになるよう
切に希望します

投稿: 石川浩一 | 2012年9月12日 (水) 20時46分

代替エネルギーについて
太陽光、風力発電のみならずマグネシュウムを利用したエネルギーの研究もなされています。
CSの番組で東京工業大学の矢部教授の研究を拝見しいたく感動しました。

すでにご存じかもしれませんが、このような革新的な技術を政治家の方は取り上げていただきたいと思います。

hpで研究内容見られます。
かねてより石破先生の発言には注目していました。総理になって頂きたいと期待しています。

投稿: 林 さよ子 | 2012年9月12日 (水) 23時48分

竹島や尖閣に関して、どの様な対処をするつもりなのかお聞かせ願いたいです。
特に竹島は自民党が政権政党時代から、ずっと韓国により不法占拠されています。
この韓国による竹島の不法占拠に関し、どの様に対処をするつもりなのでしょうか?
自衛隊…国防軍を動かしてでも、竹島を取り返す覚悟は、おありになりますか?

投稿: You | 2012年9月13日 (木) 10時40分

若者も安心できる社会保障を…とありますが、具体的にはどの様にお考えなのでしょうか?
私は現在うつ病のため、働けない状態にありますが、年金も生活保護も貰えず、収入が全くありません。
年金は、うつ病の初診日時点であまり収入が無く、保険料を支払う余裕がなかったため未納となっています。
当時、保険料の免除を申請しましたが、家族に収入があったため保険料の免除は受けられず、そのため現在障害年金は受けられません。
生活保護は、現在一緒に暮らしている母親に収入があるため、当然受けられません。
生活自体は母親の扶養に入り、何とかなっていますが、やはり経済的な理由で肝心のうつ病の治療がまともにできません。
母親へ負担をかけている現状は大変心苦しく、一刻も早くうつ病を治し社会復帰を果たしたいのですが、その足がかりがありません。
もうどうしたら良いか分かりません。
石破さんが総理になれたら、何か変わりますか?

投稿: You | 2012年9月13日 (木) 11時06分

支持し、応援いたします。

投稿: 浪花一看護師 | 2012年9月13日 (木) 15時16分

石破議員 こんにちは

総裁選ご出馬、おめでとうございます。
政策ビラを拝見いたしました。
石破議員の経済政策面に関しては、(いつものように)全く支持できません
(経済政策面に関しては、TPP以外は安倍元総理の政策が、あまりにも完璧です…)
が…その他の憲法、外交・安全保障、エネルギー、復興と事前防災に関しては全く同感です。
総裁、その後総理になった暁には、ぜひ実行していただきたいと思います。
(頑張ってください、とか、応援してます、といった類の事は今更書きません。
言われ飽きてるでしょうし、石破議員は、どんな場合でも言ったことは全力で取り組まれる方だと思っていますので、すでに、十分頑張られているでしょう?(笑))

総裁選、必ず決戦投票までもつれると思います。恐らく、石破議員と石原議員の決選投票に…。
そうなったら、条件次第で林陣営と安倍陣営の票は取り込むことができます。
林議員は、政策的にも考え的にも石破議員と大きな違いは無いと思います。
安倍議員には、「TPP以外の経済政策はおたくのをやりますから協力してください」と言えばOKかと
ええ、私的にはそれで完璧です…すいません(笑)


今回…政策全般を見させていただいて、また、改めてネット上にある石破議員の国会質疑、インタビュー、討論(?)などの動画を見つけられる限り全て見てみました。
その上でふと感じたことがあります。誤解を恐れずに言うならば、
「石破議員は、根本の部分では、日本の力、日本人の力を『まだ』信じていないのかもしれない…」
ということです。
(言うまでもないことですが、決して議員のネガティブキャンペーンをはっているわけではありません)
あるいは、とても慎重なればこそ、十重二十重の策を準備されているからなのだろうか、と。
一番それを強く感じたのは、政策ビラ『経済成長』の欄で、
『デフレギャップを埋める有効需要の創出~即効性ある景気刺激策を~』と書いていらっしゃりながら
『~世界の優良企業を日本に呼び込みます』
『海外投資による成長エンジンも動かします』(これは海外投資家・企業からの投資、と受け取りました)

「日本人も、日本企業も、日本の国そのものも、自力で成長できるポテンシャルを持っているんだから、わざわざ外国の草刈り場にしなくてもいいのに。ただ単に、デフレ脱却と円高を抜けだすだけで蘇るのに」
と私は思っています。
海外からの投資の割合が増えて、「日本人にとっていいこと」など何一つありません。
「日経が言うには、」世界でも存在感を増しトップの決断力の速さで向かうところ敵なし、のサムスンや現代といった韓国企業ですが、株主の6割は外資(多くはアメリカ)です。株主が外資だろうが国内の個人・機関だろうが、株式会社というのは株主が認めない行動を取ることはできないのですが、さすがに株主の過半が外資となると韓国国内向けよりもアメリカの方を向いて会社を運営するのは仕方のないことかと思います。結果、韓国人従業員は置き去りにされ、給料は安いのに国内向け製品価格は海外販売価格よりもはるかに高い、という韓国人にとって不幸なことになっています…。
物価が日本と同じなのに給料が半分以下とか…
かつては日本同様に各家庭の貯蓄額の高かった韓国の人たちですが、IMF介入以来がらりと変わり、OECD諸国でも家庭の借金額が最大となっています…。
国を代表する大企業たちが、国民の方を向いていないのですから当然の結果ではあるのですが。
外国人投資家の割合が多くなりすぎれば国民に良い事はない…当たり前のことです、だからこそ、かつての日本の政治家・官僚たちは、航空、放送などの外国人持ち株比率を20%未満と明確に規定したのでしょう?
私企業は海外からの投資割合に規制はありませんが…日本人としては、日本人の方を見て、モノ作りをし、サービスを提供する企業であってほしいです。

外国人投資家の割合が増えた場合に、さらに問題となるのは、何か事が起こった時に国レベルでのキャピタルフライト(投資資金の国外脱出)が起こってしまう、ということです。(キャピタルフライトが起こらないのは、世界中でもただ一国…基軸通貨を発行している米国だけだと思います)
米韓FTAで逃げ道を防ぎ、アップルやデュポンといった米国企業が、今まさに韓国からキャッシュを絞り上げようとしています。予定外に、韓国が日本を怒らせてしまったために、搾りきる前にキャピタルフライトが起きては困るためか、ムーディーズが韓国国債の格上げを行いました…「まだまだ韓国は大丈夫だよ~」と、投資家が逃げ出さないように布石を打っているかのような絶妙なタイミングです。
外国からの投資は、現地の人々にとってはあまりにも脆いです…いつ逃げ出すかわからない投資資金、それを元に経営を行わなければならない企業経営者はとても難しいと思います。無論例外的に、バフェット氏の様な、20年~30年はそのまま投資を行うというレアケースもありますが…そこまでの炯眼な投資家なら、現状の日本企業にもすでに投資を行っています。

国がしっかりしていればキャピタルフライトは起こらない、という人がいますが…投資家の心理をもう少し勉強すべきでしょう。投資家全員が、20年30年といったスパンで投資を行うのなら別ですが、アメリカのファンド、投資銀行に代表されるように、利益がでなくなりそうになればさっさと売り払って資金を引き揚げるのが現在の主流です。
(米国のファンド、投資銀行が2010年~2011年6月までで、中国の数百億円規模の不動産を全て売り払って全撤退したのは分かりやすい例かと思います。ようやく今頃になって、「中国のバブルがあーだこーだ」言ってるのを、彼らはきっと嘲笑っていることでしょう…)


『法人税の引き下げ~日本に呼び込みます』
なぜ、海外の企業は、日本をスルーして香港やシンガポールに行くのか? 市場規模としては日本の方が圧倒的に大きいのに…
英語の問題? 円高が理由?
などと言ってるうちは永久に問題解決はしませんよね。
私が以前勤めていた外資系企業は本社がドイツで、日本にもシンガポールにも現地法人がありました。
市場規模は日本の方が大きかったのですが、アジアのヘッドクオーターはシンガポールに置かれていました。
英語の問題ではありません。日本でも社員の過半はTOEIC900点オーバー(私の様な例外もいましたが…)でしたし。
違いは、税制でした。
法人税の税率もですが、それ以上に社にとって大きかったのは、いわゆる「交際費」でした。
日本では交際費の控除限度額は400万円です(基本、交際費は原則損金不算入)
一方のシンガポールにおいては、全額損金算入が可能です…
1億だろうが10億だろうが…利得を獲得するために必要とされる交際費は全額損金算入が可能であり、「資本的支出でない」こと、「所得を得ることを目的としている」こと、「現実に支出されている」ことを満たす限りにおいて、項目にとらわれず全額損金算入が認められます。
これは企業規模に関わらずあまりにも大きな違いです…。営業面からみた場合、日本を選択する理由が全くありません。一回の契約で数十億円、数百億円といった契約をとってくるのですから…年間数億円程度の交際費で契約が取れるのなら、何の問題もありません…でも日本だとこの交際費が…となるわけですね。
本社機能をシンガポールに置いて、日本は市場としてのみ使わせてもらう…多国籍企業としては理想的でしょう?

誰だって…できれば税金は払いたくありません。
選べるのなら…自分たちに利益の多い国を選びますよ…企業だろうが個人だろうが。


『国民を信じない政治家が国民から信用されることなどありえません。』
総理になれば、石破議員が日本国民を率いることになります。
自分がトップになって政治を行う国、自分が率いる日本人を、心の底から信じてください。
この3年、真逆の人たちがこの国のトップにいました。
日本の成長を信じることができない人々。日本は、日本人はもう復活できないんだと思っている人々。
そんな人たちに国の政治を任せたくはありません。
この日本人を、日本の底力を、政治家が信じなくて誰が信じるんですか。
国のトップが信じなくて誰が信じるんですか。
石破議員なら、少なくとも日本や日本人の事は好きでいてくれるのではないかな、と思っています。
だからこそ、多くの方がこの総裁選でも支持しているのだと思います。

言いたい放題、聞きたくもないと思われることを述べさせていただきましたが、(くどいですが)経済面以外は応援しておりますので、総裁選、心残りの無いよう戦い抜いてください。

投稿: 落合 | 2012年9月13日 (木) 20時15分

話に早速矛盾が、ある。自民党は、投資で資金を増やすと言っているのに、円高対策とか、言っているが、まずその矛盾を知りたい。円高だから、投資で利益を出しやすいのではないでしょうか?

投稿: 名無し | 2012年9月15日 (土) 04時04分

石破先生
素晴らしい!流石!

投稿: 生粋の道産子 | 2012年9月15日 (土) 06時56分

私は勇気と真心をもって真実を語り続けることで、国民から信頼される政治を………言葉だけっすね財政負担もなにもないただやるだけの『竹島の日』の式典すらできないで何が勇気?自民党政権できる前に公約をあきらめて信頼ってなに?真実は竹島が韓国のものってことですか?
石破さんも言葉遊びが好きな政治家だったんですね残念です
はやく選挙無効判決が出て区割りして選挙してください
経済が良くなってもプライドのない政党には
憲法改正もなにもさせられません

投稿: 健 | 2012年12月21日 (金) 23時48分

真摯に事実を訴える、と対策を持たない者は信任を得れずに政権はありません。野党との政策論争をさけ自民党内で内密に決めてしまう勢力の台頭があるようですね。攪乱する必要がありますが、石破先生は苦手でしょうね。また、ネコだましのような手法を使う政治は信頼されないでしょう。困難な時期です。心配ないよ、と強い相手を味方に引き込もうとするでしょうね。画策しネコだましを連発している…。

投稿: 島谷淳子 | 2017年11月 5日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/55630875

この記事へのトラックバック一覧です: 政策ビラより:私は勇気と真心をもって真実を語り続けることで、国民から信頼される政治を、全身全霊を尽くして実現させます。:

« 政策ビラより:自民党が生まれ変わることこそ、日本再生への唯一の道。 | トップページ | メディアの皆様との懇談 »