« 11/25北海道日程 | トップページ | イシバチャンネル第二十七弾 »

2012年11月26日 (月)

11/26 茨城日程

 事務局です。

本日(11/26)は、
18:30~ 茨城7区支部「ながおか桂子 国政報告会」(結城市民文化センター)にお伺いします。


|

« 11/25北海道日程 | トップページ | イシバチャンネル第二十七弾 »

コメント

やはり、自民党もTPPとか賛成なのですか?おいらたち近所のおばさんとかおばーちゃんからお米頂いて居ります。ビンボーはクタバレバ良いのですか?皆を信じておりましたよ。今でも信じております、戦後日本を助けてくれた自民党に感謝致しております、もう一度戦ってください\(^o^)/。

投稿: mayumi | 2012年11月26日 (月) 12時16分

石破先生、事務局の皆さん、いつもお疲れ様です。
石破先生の街頭演説を拝聴させて頂きたいのですが、大阪にはいつ起こしになられますか?
もし街頭演説のスケジュールがお決まりでしたら教えて頂けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿: 大阪のおばちゃん | 2012年11月26日 (月) 13時00分

追記

お忙しい中、度々失礼します。
先程の街頭演説のスケジュールなんですが、日時・場所を教えて頂けましたら大変嬉しいです。
関西で拝聴できる範囲は、回らせて頂きます。
石破先生、事務局の皆さん、一雨ごとに寒さが厳しくなって参りましたので、どうかくれぐれもご自愛下さいませ。

投稿: 大阪のおばちゃん | 2012年11月26日 (月) 13時10分

石破さん  ≪メスではなく、鉈釿であるべきだ≫
121122経済同友会【政権公約に基づく活発な政策論争を望む http://goo.gl/eegVX 】
成長戦略の手順や統治機構の改革を強調される長谷川代表幹事は、何日も乍ら広深永な大局観が素晴らしいと思います。国家にせよ企業にせよ、「経営者とは斯くあるべし」だと。「日本に残された時間は少ない」という危機感も表明されている。

10:40辺りで石破さんとの意見交換振りに就いて長谷川さんがコメントされています。「省庁設置法変更の煩雑さ」を挙げて弁明?されたのは、一面で「精緻な石破さんらしい」姿勢だなあと。同時に、この精緻さは「石破茂総理誕生」の大きな阻害要因だと思います。
やや過去のコメントの繰り返しですが、国家危機の中で然も残り時間が少ない状況で、望ましい政治主導や善き統治機構改革を実行するには、手にするべき武器は「精緻なメスではなく、やや乱暴さは否めないが鉈釿であるべきだ」と。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年11月26日 (月) 13時10分

先人の知恵を活かさずして、何の歴史でしょうか。
かの福沢諭吉先生のお言葉は後世に残されているのに、国を動かす立場に居る誰一人としてこの言葉を実践しようとしない。

<福沢諭吉の正論>
日本の不幸は中国と朝鮮半島だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

(中略)

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。

ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

(『脱亜論』明治18年(1885年)3月16日)


誰だって戦争はしたくない。
叶うのなら、誰しもが手を取り合い、尊敬し合い、笑いあう関係でいたい。
だが、それを拒んでいるのは隣国である。
自国のプライドと生計を保つ為だけに、言い掛かりを言い続ける事何年になるでしょうか。
これから地球存亡の危機に瀕するまで、日本にたかる気でしょうか?

理性があるからこそ、かの国とは距離を保ち、先生の仰るとおり国際法に則った距離で接するべきです。
彼らとは地球滅亡のその時まで、分かり合える日が来ることはないと断言できる。
こちらが差し伸べた手にツバを吐いたのは、向こうなのだから。

投稿: トンテキ | 2012年11月26日 (月) 13時44分

石破さん  ≪公約(案)への感想≫
1121付け自民党選挙公約(案)→ http://goo.gl/EsoI3 
以下は「公約(案)」段階の故に出て来る疑問なのかも知れませんので、意見と云うよりは ≪感想≫です。日本政治が馴染んできた選挙公約またはマニフェストに共通する部分でもある。

①国家観やビジョンが示されていない。
真に「画竜点睛を欠いている」と思います。
「公約は選挙向けに作成するものだ」という考え方で、仮に国家観やビジョンを示さないとするならばそれは間違いだと思います。
トップダウン式で向こう4年間の政治執行の中で追求する「(例えば)10年先の国家像やビジョン」を切り返しを厭わずに宣言してこそ公約であり、その宣言があってこそ公約の全体構造に筋目が通り個別政策に大局観が生まれその位置付けが明確になる。国家観やビジョンが示されてこそ、個別政策レベルでの変更を革面ではなく虎変や豹変だと説明できることになると。
霞が関流のボトムアップ式に各種の戦略や個別政策を羅列する手法の弊害は、屡々指摘されている筈なのですが。

②起承転結がない:
問題の解決や課題の解消を目指す場合、辿るべき道筋は須らく起承転結が基本になる。
然るに、この公約(案)は、起(現状認識)も承(原因分析、根因の探究)も転(広深永な問題解決策群の探究)も、事前の智的作業の過程が示されず、いきなり「結」だけを提示している。
まあ、過去の事務作業手順に倣ったのが実態なのでしょうが、安倍総裁が自慢する「過去3年間練りに練った」ものならば、真に起承転の過程を踏んでいて然るべきだと。その重要な途中過程が、その全てを明らかにすることは非現実的だとしても、全く示されていない。
此れを換言すれば、未熟歪民主党後の3年余りを経て、有権者は「羹に懲りて膾を吹く」如き猜疑状態にあるが、この公約の作成過程は民主党のマニフェストの作成過程と部分的に近似しているのではないか。「石破政調会長」ならばこの欠陥は避けられたのではないかと。

③(言葉は兎も角)「戦後政治の大掃除」は遣らない?:
「戦後政治の大掃除」に該当するのが「XI.政治・行政・党改革」ですが、第XI項という後順位の位置付け、内容的にも永く聞き飽きたものの羅列と見えなくもない。
未熟歪民主党程には「悪賢いモグラ」に遣られることはないという自負が自民党にはあるのかも知れない。然し、仮にその自負が正しいものであれば、「3年余前」以前に「霞が関の悪賢いモグラ」が既に永田町の根っ子を握っていた事実と大きな齟齬(事実誤認?)があると云わざるを得ない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2012年11月26日 (月) 14時15分

某掲示板から転載

(ここから)
韓国が「慰安婦問題」を直接関係もない
米国など欧米先進国で騒ぎ立てるのは
その大きな目的が「日本のイメージダウン」であり
ディスカウント・ジャパン運動の一環だからだ
「慰安婦問題」は日本叩きのためリベラル派の
共感を勝ち取るのにお手ごろなネタなのだ

根底にあるのは韓国人の豊かな日本
高品質な日本ブランド商品・製品
好感度の高い「日本人への嫉妬」である
韓国人は日本ブランドと日本人のイメージが
大きくダウンするまで執拗に続けるだろう

「慰安婦問題」は日本が何度謝罪しても賠償しても
援助しても解決しないし終わる問題ではない
韓国は絶対に日本の友好国になりえない
日本は韓国の嫉妬にこれ以上気を使う必要は無い
韓国とは断交し、韓国人には冷酷に接すること
それが唯一の対処法だ

(ここまで)

私も同意せざるを得ない書き込み内容です。
あの国の行動は、自身のプライドを補完する為だけでなく、日本を貶める事に重きを置いているは明らか。
国民の不満の捌け口に活用してる面もあるでしょう。
一種の経済戦争であり、イメージ戦略でもあり、政府の自己保身行動でもあり、国民不満のガス抜きでもある。

何かに付けて対立を扇ぎ、何かに付けて日本と見比べ比較し、何かに付けて自分達が凄いと喚き散らす。
下品この上ない。

日本は断固として、慰安婦問題は確たる証拠のない出来事である事と、日韓基本条約の存在を韓国市民、および世界に知らしめる必要がある。
それでもまだ難癖をつけるのなら、韓国が抱くライタイハン問題などに対する解決に、日本が積極的に関わる位は言うべきでしょう。
下品この上ない事ではあるが、ベトナムと協力してでも、あの国の口をふさがねば、日本は未来永劫ストーカーに付きまとわれる事になるだろう。

投稿: 虎 | 2012年11月26日 (月) 14時48分

【自分の方から言い出した党首討論を拒否する野田総理】

 朝日の記事である。
『民主党は26日、野田佳彦首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁の党首討論について、12月4日の総選挙公示までに東京都内のホテルで開くよう文書で申し入れた。両党共催の形式で安倍氏が求めるインターネットの「ニコニコ動画」での討論は拒否する方針。』

 野田総理は、先に、いつでもどこででもいいと言っていたが、突然、条件を付け、拒否の姿勢を見せているようである。その理由がなんとも情けない限りである。野田総理側がつけた条件は、『進行役を主要新聞社の論説委員など「中立な方」とし、テーマを内政、外交・安保などとした。安住淳幹事長代行は26日の記者会見で「ニコニコ動画」での開催については「政治的な別の意図があると思う」として、受け入れない考えを示した。』
 つまり、いつでもどこででもと云う発言は嘘であったと言うことだ。何度もウソをつく総理の姿がここにある。そして、主要新聞社の論説委員などの『中立的な方』に進行役を任せると言い出している。中立的な人を捜すだけで10年ぐらいかかりそうな業界ではないか? 端から実現の不能なる条件を提示して党首討論の先延ばしを図っているとしか思えませんね。どこに中立的な立場の論説委員がいるのか? 恐ろしい事を思いつく馬鹿である。彼等の言うところの主要新聞社とは何かを質す必要もあるが、この業界にあっては中立的な立場の人は食べていけない分野である。安住氏は、反日のNHKに長く在籍した人だから解りそうなものである。彼の言うところの中立とは説明を要する言葉でもある。彼がどのような立場でそれを言うのか興味はある。人選だけで10年ぐらいかかってしまうような条件提示は党首討論の意義を失わせますね。真面目な国民は怒りますよ。民主党は、また言い訳をして先延ばしを企んでいると・・・。残念な人々である。

投稿: 旗 | 2012年11月26日 (月) 16時09分

石破先生、ご苦労様です。

民主党相手の解散問題への決着がつきました。相手が政党以前の実態だっただけに、本来のまともな議論ができていないありさまに、国民のあたま沸点突破しました。
民主党が「原点に返る」とのたまっておりましたから、うそつきマニフェストに返るのかと思っておりましたが、本体の民主党は、党の公認を受けるには…なる誓約書を出すべし!とやったようです。これも、石破先生が、理路整然と民主党を論破した結果による国民への謝罪と誠意ではないでしょうか。個人的には「いまさら何だよ!」と怒りたかったですが、石破先生「望ましい方向」旨の発言があり、世論は各党の政策品評会に移りつつあるようです。
こう言っていられるのも「解散」があったからです。ひとまずご苦労様でした。国民の大多数は喜んでいるはずです。

さて、またまたよからぬ頼みごとのお金が、マスコミに流れているようで、カジノ推進による経済活性化の話や、パチンコの脱法換金疑惑の話は棚上げのようです。
(維新が言い出しそうですが。)

カジノが皆無な分、日本勢は弱いです。東京市場の外国人比率は約7割。名目GDPは?????ならば株価は?????それなら運用されている年金資金は?????民主党が無策だった分、どのくらい欠損が出ているのか、実態が明らかにされておりません。

年金どうなるのでしょうか。
消費税増税できるような体力つけるまで、名目GDP改善させなければなりません。
直近、景気後退入り。

民主党の経済オンチのおかげで運用負けすぎで、もはや修復不可能か。(維新は、そこまで覚悟しているようで、積み立て方式言い出しました。)

選挙後どうなるのでしょうか。
民主論外。
自民躍進。
維新躍進。
個人的予測です。
まともな国政政党は「自由民主党」だけ。
維新は、地方で実績があるものの国政に実績がない。それでもあれだけのことやってます。そのスピード感で国政やってほしいと思います。しかしながら、調整役は自民党でないと恐ろしいことになりますよ。

まずは選挙に勝ってください。
(CASINO反対の方には票はいれませんが。)

宜しくお願いいたします。

投稿: かつしんじろう | 2012年11月26日 (月) 16時11分

石破先生、お疲れ様です。

先生の演説を聞いて、厳しいことを言ってくれとのことなので来ました(笑)

先生の経済の話を聞いて、先生が財政再建派なのは分かります。

消費税増税を匂わす発言もされてますしね。

僕が言いたいのは、安倍総裁と足並みを揃えてほしいということです。

安倍総裁は財政再建よりも、デフレ脱却を最優先に掲げておられます。

安倍総裁と幹事長の主張が違えば、民主党、マスゴミの餌食になります。

先生の経済理念が財政再建であっても、安倍総裁の主張に合わせるべきです。

先生は安倍総裁の部下なのですから。

と、厳しく意見させていただきます(笑)

よろしくお願いします。

投稿: 石橋ゲル | 2012年11月26日 (月) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/56194889

この記事へのトラックバック一覧です: 11/26 茨城日程:

« 11/25北海道日程 | トップページ | イシバチャンネル第二十七弾 »