« 田中美智太郎氏、選挙制度など | トップページ | 4月6日の様子 »

2013年4月 5日 (金)

緊急是正法など

 石破 茂 です。
 昨年11月16日の解散に併せて議員立法によって成立した緊急是正法(所謂0増5減)に基づき、区割り画定委員会より新たな区割り案が総理大臣に答申され、12日にもこれが法案として閣議決定される運びとなっています。
 これによって、小選挙区制度となって以来初めて一票の較差が2倍を切り、「一人が2票分の価値を持つ票を持ってはいけない」という憲法上の要請が満たされることとなります。一昨年の最高裁の違憲判決にようやく応えることとなるこの法案は1日でも早く成立をさせなくてはなりません。

 昨日の与野党幹事長会談においても「1.998倍などという較差は、すぐに2倍を超えてしまう」「そもそも原則は1対1であるべきだ」「定数削減や抜本改革とセットでなければ駄目だ」などと野党側から異論が続出し、「法案の審議入りをするのも反対だ」という雰囲気。
 裁判所が求めているのはあくまで較差の是正であるのに対し、定数の削減や選挙制度の改革は政治論の問題で、全く別の問題であるにも拘らず、これらを意図的に混同させて議論を引き延ばした結果が今日の違憲状態です。

 最高裁の判決が出てから直ちに自民党はこの課題に取り組み、最も早く違憲状態を解消するための最小限の案である0増5減案を提示し、昨年の党首討論において当時の野田総理は「較差是正が最優先であり、民主党はこの自民党案を丸呑みする」と明言したはずなのに、解散を怖れた民主党内の勢力が「消費税を上げるには身を切る定数削減が必要だ、選挙制度も変えるべきだ」などと言い出して引き延ばしを図ったのが明らかな事実です。
 物事の順序はあくまで憲法上の要請が最優先なのは明らかなのに、いかにも一般受けしそうな、しかし調整が極めて困難な課題を一緒にしてしまい、まるで国会全体が較差是正を懈怠しているかのごとき印象を持たれてしまうことは実に迷惑なことです。

 定数削減も約束ですから実行しなくてはなりません。しかし、突き詰めれば「国民の代表は何人が適正なのか」「国民の代表は少なければ少ないほどよいのか」という問題に逢着するはずです。
 多くの方に「国会議員はろくな仕事をしていない」という先入観があるのでしょうが、本当にそうなのでしょうか。少なくとも自民党の多くの議員たちは、朝早くから夜遅くまで、土日も休日もなく働いているという自負を持っています。
 それぞれがご自身の選挙区の議員を見て、「このような者は必要ない」とご判断なさった結果なのでしょうか。
 すべての方が満足する選挙制度などこの世の中に存在しません。
 大政党に有利な結果が出るのが、民意の集約をその目的とする小選挙区であり、その補正作用を比例区が果たすとの考えに基づき小選挙区と比例区を並立させているのであって、小選挙区も減らせというのはこの制度自体の見直しが必要となり、膨大な議論を要します。
 それを今国会中に、というのはあまりにも乱暴な話であって、だからこそ自民党と公明党の案は今国会中という期限を念頭に置いた実現可能なものとなっているのです。

 岩手県をはじめとする参院選挙の調整も大難題で、今週はこれにも多くの時間を費やしてしまいました。
 「一難去ってまた一難」と言いますが、「一難も去らないうちにまた一難」といった感じです。
 「選挙に勝てないから党を移る」という考えだけはどうしても私には理解が出来ません。私がかつて新進党を離党した時、どの調査を見ても自民党候補には勝てるとの結果が出ていました。しかし「集団的自衛権は認めない」「消費税は3パーセントに据え置く」との公約を見た時、このような公約を掲げて選挙に勝ったとしてもそれに何の意味があるのか、と思い離党を決意し、轟轟たる非難を浴びながら無所属で戦いました。
 人それぞれの考えがあるでしょうが、私自身はそうありたいと願ってきましたし、今までそうしてきたつもりです。

 明日は沖縄と東京、明後日は奈良、兵庫と廻ります。
 いつの日かあれでよかったのだと思える日が来るといいなと思いますが、報いを求めて生きてはいけないのでしょうね。

 皆様お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 田中美智太郎氏、選挙制度など | トップページ | 4月6日の様子 »

コメント

国民は、一票の格差には無関心なのです。
違憲とされた方は残念に思います。
民主党の時には騒がなかったのに悔しいです。

投稿: 凛愛 | 2013年4月 5日 (金) 19時33分

最新の人口統計を当てはめると、0増5減案で既に2倍以上の格差地域が複数あると報道しています。
こんな小手先で選挙の度にちょこちょこ区割りをいじるような選挙制度はきっぱりやめて、みんなの党の全国比例をたたき台に議論したらどうでしょうか。

古い自民党時代にまき散らした災いの種を、民主党がせっせと水やりして成長させ、今度はそれを新しい自民党が刈り取る。
今度まく種は、幸いの種でお願いします。

投稿: コロン | 2013年4月 5日 (金) 20時01分

お疲れさまでした!

投稿: mrmr | 2013年4月 5日 (金) 20時22分

石破先生heart04大変お疲れさまでございました!
こちら新潟~今 梅が満開となっておりまっす~
岩手県の参院選挙の調整とは
民主の前復興相平野参議員の件ですね
自民が支援するとか
小泉進次郎議員がこれには懸念を抱いてますが~
生き残りのために右往左往では納得です
ホント他の先生方のブログ拝見していて思うことは
どなたもチョー多忙なのですね
ヒマな議員などおりませんsign01
先生は尚のことチョーの10倍もお忙しいお身体です
血圧upでは~
などと心配してますがー御自愛下さいねlovely
ではご機嫌遊ばせ~ゲル様のファンより~heart02

投稿: ともぴ~ | 2013年4月 5日 (金) 20時59分

まず0増5減、であることは明らかで野党はただ自民党を困らせたいため、としか思えません。  
このような野党に投票する人がいることもまた困ったものです。 
しかし多くの国民は石破幹事長の考えがもっともだ、と思っているのではないでしょうか。 

投稿: 森田秀樹 | 2013年4月 5日 (金) 21時37分

お疲れ様です。

>それぞれがご自身の選挙区の議員を見て、「このような者は必要ない」とご判断なさった結果なのでしょうか。

いやいや、「マスコミの偏向報道を鵜呑みにした結果」だと思いますよ。
ゲル幹事長はわざとおっしゃっているのかもしれませんが。

ホントに日本のマスゴミはどうしようもない。
いやいや、そんなことを言っていたらそこで止まってしまいますので、安倍政権下でどんどん改革を進めていただきたいです。

「議員定数削減」が本当に国益になるとは思えないし、単なる「ガス抜き」でしかないのではないでしょうか。

ところで、BSの加藤浩次氏が司会の番組拝見しました。
普段は見られないゲル幹事長の側面が見られて良かったです(幹事長は若干、不機嫌になっておられた?!)

「自分が人前で何か買ったらそれについて色々言われるのが気になる」とのことですが、そこまで繊細な感覚をお持ちでありながらよく長年、政治家を続けてこられたと思います(これ、褒めてます!)

投稿: hinomoto | 2013年4月 5日 (金) 22時09分

>多くの方に「国会議員はろくな仕事をしていない」という先入観があるのでしょう
>自民党の多くの議員たちは、朝早くから夜遅くまで、土日も休日もなく働いているという自負を持っています。

 素人が生意気ですが、ろくな仕事をしていないというより、結果が伴っていないと私は思いますね。自民党に限らずですが。したがって、議員の数が多すぎる、税金の無駄だ、議員数を減らせという声が出てくるのは国民感覚として自然だと思います。たとえば、プロ野球選手だっていくら朝から晩まで頑張って練習してますと言っても、結果が出せなければ戦力外通告ですから、これと同じではないでしょうか。民間企業でも使えなければリストラの対象となる時代、大変失礼ですが考えが甘いようにも思えます。誤解して欲しくないのですが、議員の人に対して、何も休み無く働けなどと国民の誰も言ってないと思いますし、むしろきちんと休むのも仕事のうちで、それが出来なければ、仕事量が多すぎるか効率が悪いか能力がないかですから、自分たちで改善するよう努力して欲しいものです。
 また、国会議員は立法府の人間であるとはいえ、新しく法律を考え作ればいいというもんじゃないと思います。私は法律の専門家ではなく精通しているわけではありませんが、この国にどんな法律があるかぐらいは自分のPCにリストを作って入れています。そのリストの分類は自己流ですが、運輸・国土・税金・医療保険・刑事訴訟・警察・経済・行政・刑法・金融・国会政党選挙・外事・環境衛生・工業所有・災害・裁判・資格・社会保障・商工業・商法・証券・条約・審議会・地方自治・中小企業・動物・農林水産・文化・民法・保険・貿易・民事訴訟・労働・通信・戦争・食品・資源エネルギと実に多岐にわたり、こんなにいっぱい法律で国民をがんじがらめにしてどうするんだという思いがいつもあります。ですので新規立法だけでなく、時代にそぐわなくなった法律の抜本改正・廃止、あるいは複数の関連法の一本化を積極的にやり、もっと行政サービスや企業活動の効率が上がり、ビジネスチャンスが増えるよう発想を改め、自分で自分の首を絞めないようお願いしたいと思っています。たとえばまた鉄道の話ですが、鉄道営業法や軌道法などの古い法律がありますよね。こういうのはもう抜本的に改める必要があると思っていますが。
 私は、議員の皆さんが日頃何を考え行動しているのか、いま一つ伝わってこないように感じています。したがって選挙制度の話は、一票の較差を是正したところでどうせ政治は変わらないのだから(発想が変わっていないため)、0増5減先行でもなんでもどうでも良いよ、というテレビのインタビューにあった人の気持ちを私も理解できなくはありません。無責任ですが正直に言って現在こう思っております。

投稿: DF50 | 2013年4月 5日 (金) 22時33分

幹事長 石破先生 お忙しい毎日の中 ブログ更新ありがとうございますす(*^_^*)

毎週 金曜日 楽しみに 待っていま~すsmileいつも ありがとう ございます♪ヽ(´▽`)/
明日は 大荒れの予報です
・・春の嵐typhoonrainどうか 気をつけて・・・また 近いうちに お話し聞けますよ~に happy01heart04
お身体気をつけて 倒れないでくださいネheart04

投稿: KURO | 2013年4月 5日 (金) 22時51分

申し訳ありません゚・(≧д≦)・・。。
石破議員が居てくださってよかったな(+ ̄ー ̄)と思っている方は沢山居るのに対して・・・

国会での「貴方の時間ではない、国民の時間なのです。」と言う石破議員の言葉を覚えています。
民主党政権下で可決された0増5減を実行しないならその審議にかけた時間はなんなのですか。
先行で何故だめなのか。

平野議員の支援などするわけないと信じていました。しかし選挙における幹事長のご苦労は計りしれません。これ以上幹事長の時間を奪わないで欲しいと擦り寄ってくる方達にいつも思います。

悪天候と予想されています。ご無事で(人><。)

投稿: 野武士 | 2013年4月 6日 (土) 00時43分


石破さん、
こんばんは~(^ー^)note
お疲れ様ですsign01


分かりますよ。
報われる事を期待して
頑張るより、
今、出来る事を
頑張るだけ…
でしょうか。


人生報われない事が
多いですから、
期待せず
ガンバルンバsign01
ですかね~。


でも石破さんを
評価されてる方は
たっくさんいらっしゃいます(^∀^)sign01
御自身の信じる道を
進んで下さい。


あ、関係のない
話題で申し訳ないの
ですが、私、
愛煙家なんで、
タバコの値上げは
勘弁でございます。
禁煙出来なくて
辛いですぅ~sweat01


体に悪いから
値上げして止めさせる
方向になるのは
分かりますけども、
愛煙家でない方は
タバコの依存度の高さ
なんか分かる訳
ないですよ~sign01


そもそも何故、
タバコを販売したのか
理解出来ません。
体に悪いのなら
最初から売らないで
欲しいですよね~。


禁煙するつもりは
ありませんsign01(キッパリ)


値上げ反対sign01


今日は
MY LITTLE LOVERの
『Man&Women』という
曲をお勧め致します。


恋愛の曲ですけど
報われないのは
あなただけじゃないし
私だけじゃない、と
歌っています(^ー^)


頑張りましょうねsign01


では御体に
気を付けて。


失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2013年4月 6日 (土) 01時35分

石破先生、こんにちは。

憲法上の要請が満たされる見通しがついたことで、少しほっとしております。心の中で毎日、自民党の皆様への御礼を申し上げ、ご活躍をご祈念申し上げております。普天間問題もまた前進したとのニュースを耳にしました。日々日本が良くなり、昨日より今日、今日より明日と、確かに明るい将来への道を拓いていることが実感できます。

「ジミンガー」なる変な言葉を誕生させ、逃げと言い訳を繰り返した前政権と、その前政権から莫大な負の遺産を継承し、それでも責任政党として日々成果を上げ続ける現自民党政権。ひと括りになど、出来ようがありません。前政権の総理大臣について「自民党総理総裁と同じ職種とは思えない」との書き込みをネット上で見かけました。本当にその通りだと思います。

今月は当地でも選挙がありますため、少しずつ動きが出てきたように見受けられます。今日はまだ政党を掲げた幟をもった方にはお会いできませんでしたが、自民党候補者と思しき方に車から目礼して通りました。車から手を振れない時の応援用に、衆院選でいただいた小冊子を運転席から提示できるよう準備していますが、まだ使用する機会はありません。

居住地周辺では、衆院選で落選した反対党候補者のポスターが、いまだにピカピカに手入れされ、枚数が日々増えているように見えるのは…錯覚?だと思いたいです。昨年12月の衆院選で、朝夕2度も手を振られた時には、本当に縁起が悪いのでお祓い代わりに自民党小冊子をもう一度読み直しました。また地方選挙におきましても、自宅近くに夜遅くまで活動している反対党の選挙事務所があり、目にするだけでも健康に悪いので、塩をまく代わりに毎日自民党政権の進捗をみることにしています。

本当は、最も霊験あらたかな厄除け反対党除け、健康と安全運転のお守りは、安倍総裁と石破先生の横型ポスターだと思っております。自分の車の中にポスターを掲示したいところですが、まだ自重しております。大人気のゆるきゃらグッズならば、車に掲示しても許されるかと、購入できる機会を待っています。

週末はあいにくのお天気のようです。少しでも快適なご出張となりますように。応援しています。


投稿: 有権者 | 2013年4月 6日 (土) 02時09分

過去に石破先生が書かれたブログ記事を拝読し、初めてコメント差し上げます。
その記事では故・中川昭一先生の厳命を受けて徹夜でプラモデルを制作し、それをチャリティーオークションへ出品したエピソードについて触れられていました。政治家の横の繋がりは希薄だと勝手ながらに想像をしていたので、大変驚きました。
それとともに、石破先生がプラモデル、特にミリタリーもののプラモを愛好なさっているという事実は初耳でした(有名なのかもしれませんが…)。差し支えなければ、ブログ等で作品を拝見してみたいです。どんな作品があるのか、T-4は作られたのか、などと想像を巡らせてしまいます。

お体にお気をつけて。今後も活躍を期待しております。

投稿: TAKA | 2013年4月 6日 (土) 02時56分

【夢想するだけの政治家集団 民主党】

 違憲状態にある公職選挙法の是正は、民意に叶うことを盛り込むことではない。1票に格差が生じていて、この地域の1票は他の地域の2票に相当するという事があれば、誰が見ても変だといいます。これの是正は人口を見て、配分や線引きするだけで収まる話なのに、余計な思惑を絡めて複雑に処理する必要があると言い出す辺りに、決められない政治を続ける勢力が存在している。最高裁の判決が出るまでに簡単に是正できなかったのは政治の怠慢があった。時間をかければいいものができるはずだと普通は思うが、それができるのは、能力を持った人がやればできる話であることに注意する必要がある。例えば、公党の理念を掲げる作業一つとっても民主党にあっては結局のところ、時間の浪費でしかなかった。彼等は今も綱領が決められない。盛り込む言葉の削除と訂正ばかりをやり続けている。そもそも、順序すら変なのだが、それにも気がついていないようだ。綱領作成を政権から下野したあとでやっている。結党した時から烏合の衆と呼ばれていたのは、綱領がなかったからだ。決められなかったという事情がある。そして今も決められない。いつまでも先延ばしするのが政治だと彼等は思っていると解釈したほうがいい。そういう連中である。時間の大切さが理解できない。納期は何のためにあるのかわかっていない。夢想するだけの異様な世界観が彼等にはある。それでも、あれをやりたいこれをやりたいと言う。無能で無責任なのは、時間の概念が常人と異なるからだと思う。納期のない作業こそ政治だと思い込んでいるのだろう。これではいつまでたっても経済の回復がないし、国民の安全と安心は達成されることがない。

 民主党の細野幹事長は突然5月15日を主権回復の日と制定しようと言い出した。主権回復の日は先月13日に4月28日とすることで閣議決定された。そして、政府主催の式典を執行すると官房長官が宣言している。その時には何も言わずに、突然、民主党の立場だけを強調するために嫌がらせのような発言を繰り出す。この細野氏の言葉が民主党の総意を代表するものではないはずである。この5月15日の件については両院議員総会も開かれていない。細野氏個人の思い付きと言っても良い。彼の発言は『4月28日の歴史をどう見るかということでは、自民党とはスタンスは違うが、日本が主権を回復したこと自体は前向きに評価しているので、式典には党を代表して出席したい。その上で、もう一つの提案がある。4月28日は真に日本が独立した日なのか、疑問がある。独立することができなかった人がいる。奄美、小笠原、沖縄のみなさん。本土復帰したときが本当の意味で日本が独立した日だ。昭和47年5月15日、沖縄本土復帰の日を、4月28日と同じように政府として式典をする。それを「主権回復の日」としてしっかり定めることを提案したい。(衆院予算委員会で)』朝日新聞に記事としてある。これを読む限り民主党からの提案という体裁をとっているようだが、独断に近いものがあるのではないか? そして本土復帰した日の扱いを異様な解釈で沖縄を持ち上げるために利用しようとしているように見えます。『本土復帰』の扱いは慎重にされるのが望ましいと彼に言ってやる人がいなかったのだろうが、『北方領土』『竹島』も本土復帰の対象になる領土である。他国の実効支配を受けている状態から自国民が実効支配の回復をするまでは本土復帰の対象となる領土に変わりがない。そういうことへの配慮がこの発言にないのは、政治家としての能力を疑いますね。本土復帰を終えたものとそうでないものが混在している現状が今もあるという認識が欠落している。主権回復の日を4月28日に求めたことの意味が領土だけを見たことでないことを彼は理解できないのだろう。北方領土の主権回復がなればそれもまた主権回復の日にするつもりか? 竹島の回復も同じだということになる。それをどういう方法でやるのかについても提案がないなら、夢想するだけの政治である。民主党の浅智慧には救いがない。体裁ばかりを口にする。決められない政治家が、夢を語るだけでは国は持たない。民主党が国民の為を思うなら、政治の世界から退場して欲しい。彼等が、そこにいるだけで不快である。

投稿: 旗 | 2013年4月 6日 (土) 03時40分

震災後早や三年目に入りました。戦後という言葉を何かにつけ多用し続けるマスコミに踊らされ続ける日本国民、という構図を転換させるには?色々あるでしょうが、勝負の七月がすべてなのでは?その一戦の指揮官に期待するのみです。

投稿: kktf | 2013年4月 6日 (土) 07時11分

石破さんの説明は自分の信念が一貫しているので、いつも明確で解りやすい。この度の定数是正についても早急に対応することで司法判断との溝を埋めなければなりません。更に、決められない政治から脱却して国民の信頼を回復することが第一です。大きな選挙制度改革は有識者会議でじっくりやればよいと思います。

投稿: 山田立美 | 2013年4月 6日 (土) 09時37分

「報酬を求めて生きて良いんです」
修行僧じゃぁ無いんですから。何も報酬無しでモチベーション挙げようなんて、かなり難しいと思います。所詮この世は理不尽なもの。真の公平なんてことは、何処にもないのですから。苦難の後にはご褒美が待っていると信じて頑張るしかないと思います。
応援してます\(^o^)/

投稿: りんだ | 2013年4月 6日 (土) 13時01分

有権者として投票所で用紙にお名前を書かせて貰い票を投じて「ろくな仕事をしてない」とは、さすがに思わないでしょうが、候補者の所属政党で他選挙区をみると(何いってんの?)と思うことが有ります。今週4月2日衆議院予算委員会で山本幸三議員が交換方程式で質問されてました。要旨は、MV=Py、但、M貨幣ストック、V貨幣回転速度、P物価水準、y実質GDPで、等式の自然対数を取ると掛け算は足し算になるのでlnM+lnV=lnP+lnyになります。自然対数は関数電卓にも機能が有ります。次に微分します。dlnM/dt+dlnV/dt=dlnP/dt+dlny/dt、但、t時間。自然対数を微分すると自然対数にする前の数の成長率が得られるので、貨幣供給成長率+貨幣回転速度増加率=インフレ率+実質経済成長率に表せます。実質経済成長率を移項すると、貨幣供給成長率+貨幣回転速度増加率-実質経済成長率=インフレ率と表現可能です。アベノミックスは大幅な金融緩和でデフレから脱却し、インフレに持っていくことなのに実質経済成長はマイナス要因です。実質経済成長は生産性上昇によるもので、その結果、供給過剰になります。それを補うためにも一層の金融緩和が必要です、といった要旨であったと記憶します。NHKで中継してました。問題は交換方程式に生産性上昇という生産技術変化は織り込まれていないということです。また、同日のNHKニュースセブンで金融緩和は賃金上昇と雇用増になると解説してくれているのに、実質GDPの増加で財、サービスの生産が増え、雇用が増加しフローの所得が増えてしまうと、インフレターゲットにはマイナスになる。自民党としての金融緩和の狙いは、あくまでもストック資産が値上がりすることに限定される、という意味にしか受け取れないのですが?

投稿: ぱす | 2013年4月 6日 (土) 17時36分

石破先生こんばんわ。

補正予算・日銀の同意人事が終わって一段落かと思いきや、0増5減法案の取り扱いと息つく島もないとはこのことでしょうか。
それだけ安倍政権が発足以来矢継ぎ早に政策を実行に移している証でもあると思います。

仰っている通り、司法が求めているのは格差是正であって定数削減ではないですね。他の野党はこの点を何か勘違いしているように見受けられます。
自民党案の比例削減はこれまでは何か分かりにくいと思っていましたが、先週に石破先生が出演されていた日曜討論での説明を聞くと「なるほど!」と感心しました。こういった国民にとって分かりにくい制度をしっかりと説明して理解を求める能力が特に政治家には求められていると思います。

投稿: 大阪市民 | 2013年4月 6日 (土) 20時19分

雨の前にと胸の高さまである西洋野菜の花芽を収穫していましたら、一点違う緑色が目に入り(._.)虫かい?とよく見たら雨蛙でした。背の高い位置の葉と葉の間の茎にしっかりとしがみついていました。雨の前でしたので、本能で今日の悪天候に備え高い所に避難して本日は外出を控えているようです。訪問先の気象状況は大丈夫でしょうか。

今回の内容には哀しみが滲んでいるようで気がかりです。

当選挙区は新人の方で国会議員として何をされているのか伝わっては来ません。
派閥ではなく自民大学校に置いて(決して石破大学校では無く)政治家の所作と成すべきことを叩き込まれて居る過程にあると思っています。

今回の自民党案を見た時、今国会の成立を目指したのだな、とすぐさま感じました。
諸手を挙げて賛成は出来ませんが、自民党の本気度は解りました。
まさか民主が0増5減に抵抗するとは思わず・・比例50減で民主消滅の誘惑には揺らいでしまいます。
細野若頭が(幹事長?(`◇´*))頑張れば頑張る程解党の日は近いと専らの評判です。石破幹事長を徒労感に苛まれさせるのは勘弁して欲しい所ですが。

石破幹事長が蒔いた種は人知れず芽を出しています。
私も農作業の傍らで国防軍や民主の暴挙について小出しに蒔いてみています。
少なくとも私は石破幹事長の自給力という種から芽吹いたと。
そのような人が少なからず居ることを忘れないで下さい。

投稿: 野武士 | 2013年4月 6日 (土) 20時47分

必要がないと思う議員に投票する選挙民はいません。政治家が全部ダメだとも思っていません。
国民の為を思う政治と、国民の顔色を伺う政治は見ていれば解ります。
国民に受けのいい人気取りだけの政治家はちゃんと嗅ぎ分けたいですね。
不破先生にはますますの活躍を期待しています。

投稿: 佐藤清 | 2013年4月 7日 (日) 00時40分

石破さんへ
報いを求めちゃいけないなんて・・・悲しすぎます!国会議員だから仕方ないといえば仕方ないお考えなのでしょうか・・・?報いを求めない人なんていないですよ(ノ_・,)人間はやっぱり神様じゃないんですもの!BSも拝見しましたが、お疲れのご様子でした・・・。石破さんくらい国民に身を削ってらっしゃる人はそうそういないと思っています。プライベートの時間はほぼないとは思いますが、 プライベートの時間を有意義に使えるのはできる男の証です!!ゆっくり休んでください!!いいお仕事のために!ピンクのネクタイ、やっぱり素敵ですよ!、

投稿: ミミ | 2013年4月 7日 (日) 01時04分

石破さん 事務局の皆さんお疲れさまです。


民主党が何を言っても駄目なのは国民の大多数はわかっています。

①聞こえの良いことばかりアピールし、沖縄の皆さんに多大な期待を持たせ、結果今日までの混乱をもたらした。
②出来もしない事を勝手に国連で話し日本の手枷足枷にした
③犯罪者を裁判なしに釈放し帰国させ、結果今日の領海侵犯事案の常態化を誘導
④震災対応0点
⑤原発事故初動ミスにより多数の被爆者が発生⇒多数の国民に対する傷害罪ではないか 主犯は菅直人共犯者は千石と枝野
⑥陛下の御都合を無視し他国要人を接見
⑦東北除染はピンハネの横行・労働者をたこ部屋に詰め込み結果作業員不足
⑧復興全く進まず
⑨石破さんお話の通りの有言不実行


今更ながら、この三年間日本はフリーズ状態でしたね。民主党議員全てが犯罪者と言っても寡言ではない。
今の民主党議員全てに『腹を切れ』と言いたい

売国民主党など相手にせず信念のままに国家国民のため突き進んで下さい。


オマケ
ローカルネタですが我が山陰の鉄道です。『山陰新幹線』

夢のようなお話ですね。高速化は必要ですが、費用対効果の点では残念ながら駄目ですね。ならば電化…これまた、現在の電力の安定供給を考えますと駄目ですね。我が山陰の鉄道は急勾配にカーブが多いのはご承知の通りです。西部伯備線を走る特急やくも(381系)は振り子電車ですが、数度の改良をしたものの耐用年数が来てます。機種変更が空自C1に先を越されましたね
やくもを電力供給の事を考慮し振り子式ディーゼル特急車両 に更新しませんかね


長くなりましたが最後にもう一つ
我が山陰を走る『ゲゲゲの鬼太郎列車5両』と『名探偵コナン列車2両』を連結して、東北の被災地へ派遣できませんか
被災地の皆さん特に子供たちに一時でも喜んでもらえると思います。
関係者へ提案してみて下さい
実現の際は石破さんが車掌さんですよ


投稿: 心神 | 2013年4月 7日 (日) 01時05分

拝読致しました。
本当に、本当に、胸が透くような正論だと思います。

しかしどうして、石破さんの正論と通底するような言説がテレビやラジオや新聞などの増すメディアから聞こえてこないのか……。
その原因というかメカニズムのようなものはだいたい理解しているつもりですが、怒りとか呆れとかを通り越して、もはや寂しい限りです。
本来の意味でのジャーナリズムはもう、発信者と直に繋がることのできるネットにしか残っていないのかもしれません。石破さんや他の政治家の方々が直に発信している情報に触れられる今の状況に、ひたすら感謝です。

>  いつの日かあれでよかったのだと思える日が来るといいなと思いますが、報いを求めて生きてはいけないのでしょうね。

私なぞの言葉は何の力もないと重々承知の上ですが、筋を通して正論を語る石破さんに何の報いもないということは絶対にないかと。
お辛いことも多いかと思いますが、迷うことなく信じたとおりに真っ直ぐ進んで下さい。少なくとも私は、今回のブログの記事について「正義は我にあり!」と豪語してもいいくらい正論だと思います。

……しかし本当に、いつになったらうちの国のマスメディアは政治についてまともに語ってくれるようになるんでしょうか。
石破さんのブログのコメント欄でこんなことを言っても詮無いことですが、私ごとき一市民の目ですらも批判のための批判に堕していく一方だとしか見えなくて、そろそろ自浄作用を働かせて欲しいと思うんですけども……難しいんでしょうかね。今更すぎて。

投稿: 黒胡椒 | 2013年4月 7日 (日) 02時37分

石破先生
いつの日かあれでよかったのだと思える日・・・・
これを誰しもが望んでいる事ですね。
このブログは大切ですね。石破先生のブログでの説明で、初めて選挙制度の主旨が分かりました。「大政党に有利な結果が出るが、民意の集約をその目的とする小選挙区であり、その補正作用を比例区」・・・どうもマスコミは意図的に作為的に情報を切り出して報道するので、発言者の真意とか主旨が正確に伝わりません。その点、インターネットは、発言者の主旨が正確に伝わるので、素晴らしいですね。
こういった選挙区の設計主旨を国民に理解させてから、選挙制度の本質を明確にして議論・施行すべき事案であるハズなのに、増税の対価として身を切る覚悟の意思表示として議員定数削減をせよ何て、国民から生じた自然発生的要求ではありません。正直、覚悟だとかやる気だとかはどうでもよくて、国民が求めているのは良い結果なのであります。やる気があって結果が出せない人物とやる気はないが結果を出せる人物では、誰しもが後者を選びます。所詮、やる気や覚悟なんて消えたり、生じたりと、後でどうにでも変化するものなので、そこには何の保証もありません。結果そのものが幸福の保証であり、増税の対価として身を切る覚悟の生贄として議員定数削減の方策を考え出したのは元野田首相を陰で操っていた財務省官僚の浅はかな考えなのであります。これが東大出身官僚の愚劣さであると言えるわけです。国民は増税の対価としての生贄を求めている分けではなく、国民が求めているのは、1000兆円を超えるまでに国家負債が膨らんでしまったのですから、これを効果的に緩和・改善すべき、実効的な国家財政の支出抑制をしてくださいという事なのであります。
ですので、税収40兆円のうち、地方国家公務員人件費で消える支出が27兆円もある分けですから、抑制すべき支出は地方国家公務員人件費であります。いくら官僚や地方職員が真面目に一生懸命働いているからと言って、地方国家公務員人件費削減に目を伏せる分けには行きません。結果が大切という事は、現実生じた事象として1000兆円を超える国家負債が生じたという結果がある分けですから、地方国家公務員がどんなにまじめであろうが、やる気があろうが、能力があろうが、生じた結果に責任を取らせなければならないということです。公務員が何と不満を漏らそうが、トップダウン的に地方国家公務員人件費を半減させて断行することがどうしても必要です。地方国家公務員人件費を半減させるだけで、年間13.5兆円も支出が抑制できるのですから、それと比較したら議員定数削減なんて微々たる金額で、効果的な支出効果はほとんど得られません。
ところが官僚達が起こした行動は、マスコミを利用して生活保護費の不正受給に国民の関心を向けさせ、僅か3兆円ちょっとの生活保護費に削減を実行しようとしたことです。不正受給なんて僅か0.3%に過ぎません。その換算金額は、地方国家公務員人件費と比較すると非常に少額です。地方国家公務員人件費削減を伏せ、そんな弱者の支援費用の削減実施を強行するのは、もはや社会正義が保たれていない証です。官僚、公務員に信頼が置けない所は、自分たちの都合の悪い事項(公務員人件費削減、公務員優遇年金制度の廃止、天下り防止等)を伏せ、社会的弱者の予算削減や増税対価の生贄(議員定数削減)の提出といった「臭いものに蓋」といった姿勢です。国民はこういった官僚・公務員達の信用の置けない行為に対して怒り、不信を抱いている分けです。
これらに対して国会議員が官僚・公務員達の信用の置けない悪行に助長するような行動、発言をするから政治不信が生じているのです。大切なのは、結果であり、結果に対して責任を取ると言う事です。やる気やスローガンや笑顔はもう、要りません。数値、データーで発言して下さい。今、いくら税収があって、幾ら負債があって、そのうち支出が幾らで、支出のうち主な費用項目は何か、何の費用を削減するのが金額的に効果があるのか、こういった数値、データーを何度も引用して、公平に公正に判断して、その上で実効的な効果的な施策があるべきです。
公平・公正な数値を出さずして、身を切る覚悟なんて曖昧なフレーズは、もう、うんざりです。
そういう意味で、民主党は今後、国民から排斥されるでしょう。どんなにまじめであろうが、言い分があろうが結果が出せなかった分けですから。そういう意味で、結果が出せないのであれば、自民党と言えども、石破先生と言えども、安倍首相と言えども、排斥の対象に成らざるを得なくなりますので、ご注意ください。
そういった意味で総括的にお話ししますと、日本人には、もはや、現在の国難に対処するための時間的余裕はなく、最後のチャンスとして、もう、自民党に賭けるしかないのであります。従って、今度の参議院選挙には国民一丸となって自民党を圧勝させる必要があります。国民は学びました。ねじれ国会が良くないことを。ねじれ国会が自分たちの生活に悪影響を及ぼすことを。国民は、学びました。何度も首相を変えると良くないことを。国民は決意いたしました。今度こそは、あらゆる障壁を取り除いて、政治を前に進ませるべき事を。国民は決意いたしました。結果を出せなかった民主党を排斥し、潰すことで、政治家に結果責任の重みと恐怖心を与えることを。

投稿: 生粋の道産子 | 2013年4月 7日 (日) 12時38分

某掲示板での書き込みで、以下のようなコメントがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【【東京】「朝鮮学校への差別だ」 防犯ブザー配布中止に400件以上の抗議の電話★2】

      ↓
なぁお前ら、知ってるか?
外国人学校保護者補助金ってのがあるんだよ。
自治体によって様々なんだけどな、要は外国人学校に通ってる児童の保護者に
お金をあげますよって制度なんだわ
子供手当だとか、高校無償化とは別だぜ?
江戸川区とかだと、朝鮮学校に通ってる児童がいると、月に16000円ぐらい
支給されんだよ、勿論、税金からな。

こんな制度なんて在日特権以外の何物でもないわけ。
でも知らない奴がほとんどだろ?
で、だ。町田市はこの制度を平成5年に廃止してる。
全国的に見ても稀な例なんだぜ?
埼玉の鴻巣市とかは廃止しようとしたら、今回同様散々な抗議を受けて
廃止を撤回しちゃったぐらいw
この外国人学校保護者補助金を復活させようとしたのが
>>1に出てくる「朝鮮学校を支える町田市民の会」の瀬戸英治
キリスト教会の牧師をやってる奴なんだけどね、まぁこの教会がすごいすごい
何でか部落解放だとか、朝鮮人差別撤廃だとか、いろいろやってる
お仲間も三文字だらけw

そういう人たちが騒いでいるんだな、ってのを心に留め置いてくれると
一町田市民として幸い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
異常です。
まず、ブザーが配られないと知ったら、普通の日本人なら、文句を言う前に自費で購入しますよね。
そんなに高いものじゃないし、質にこだわらなければ100円ショップでも売ってる物だし。
その後で不平不満があるなら、然るべき所に訴えるでしょう。
それなのに、外国人である在日の人って、存在しない権利だけを声高に叫び、自分達の地位向上のために日本社会の混乱を助長するようなことばかりを主張する。
しかも、必ずといっていいほど、徒党を組んで畳み掛けるように攻めてくる。
在日の特権ばかりを認めていくと、その内日本人の方が肩身の狭い世界になりそうですね。
某国は、移民のせいで元々の自国民系統の人種の方が少数派になりそうだというでは無いですか。
日本もそういうことにならないか心配です。

投稿: 名無し | 2013年4月 7日 (日) 14時02分

連投すみません。
「なるほど」と思わせられる意見がありましたので、こちらも転載します。
一部、分かり易いように表現を替えていますが、内容は替えていません。

     ↓
(ここから)
Twitterとかみると、騒いでいる、というか悲しんでる在日が結構いるね。
でもね、いつまでも被害者然としてるんじゃなくて
何かできることないの?
数々の特権・補助貰っておきながら、アレよこせ~、コレよこせ~ばっかり。
行政を批判する前に、ことの発端になってる北朝鮮政府や将軍様を
批判するのが筋なんじゃないの?
在外日本人なら、まず自国の政府を批判するだろうし、そのような対応を取らせてしまった自分たちを恥じ入ると思う。
もういい加減日本人は疲れたんだよ…。
(ここまで)

まさにその通り。
コレも日本が、甘い顔をし続けてきた結果です。
人権と言う名の下に、本来外国人であるはずの彼らに対して、ありえない特権を与えてきたから、彼らは付け上がってきている。
日本人に対する逆差別をしてきたからこそ、日本人も怒り始めている。
日本に住んでるなら、日本人と同じ感性を持ち、大人しく暮らしてればまだよいのに、彼らはどの国に住んでも、その国ではなく自分達の祖国の考えを尊重する。

アメリカの韓国系の人たちだって、アメリカに住みながら、なぜか韓国人と言う民族を持ち上げ、徒党を組んで日本を排除しようとしている。
生粋のアメリカ人からすれば、異常でしょう?
アメリカの国籍を持つなら、アメリカ人らしく生きるのが当然でしょう。
日本で通名を名乗り、日本の数々の恩恵を受けてるなら、控えめに生きるのが当然でしょう?
それをせずに、権利だけを求め、日本人を叩くのなら、もはや議論の余地は無いと思います。

投稿: 名無し | 2013年4月 7日 (日) 14時40分

幹事長 石破先生 こんにちは~ happy01

今日は 兵庫~奈良]smileおつかれさまです(*^^*)
お天気どうだったでしょうかsign02 雨も止んだのですが・・・風が強くて┐(´д`)┌typhoon昨日はthunder雷もbearing
先生 いつもありがとうございますheart02お身体気をつけて倒れないでくださいネheart04

投稿: KURO | 2013年4月 7日 (日) 18時18分

石破先生こんにちは。お疲れ様です。先週の川崎と桜木町での街頭演説のお手伝いをさせて頂きました。大変寒い中ありがとうございました。そして4月3日の自民党本部での政治大学校の研修にも参加致しました。たくさんお話を聞けて良かったです。でも、いつか機会があればゆる~い話も先生としてみたいです。(プラモデルとかヤマトとか・・・)まだ寒暖の差が激しいのでお身体には気を付けて下さいね。

投稿: 岩澤さとみ | 2013年4月 7日 (日) 19時57分

はじめまして。名古屋に住んでいる者です。
「国難」拝読させていただきました。突き詰めて物事を考える必要性を学ぶなど、大変勉強になりました。ありがとうございます。

私は定数削減について、ある程度は理解できます。国会議員の数が多いのではないかと感じることがあるからです。国会でも質問は限られた時間の中でしかできないことなのに、他党の方で必要ないお喋り程度のことを質問なさる方もいらっしゃるのは事実。これでは必要ないと感じる方がいらっしゃっても仕方ない部分はあると思います。
ですが、定数削減をすると地方の声が国会に届かない恐れがあります。過疎化の進む村にお邪魔した際に感じました。議員を減らすことは本当に良いことなのだろうか?と感じました。どこで線引きをすればいいかが難しい問題だと思います。

さて、名古屋では市長選があります。大変厳しい状況です。是非応援よろしくお願いいたします。少しぶらりとしていただくだけでも幸いです。そして、いつかお会いさせていただく日を楽しみにしております。

投稿: とある名古屋市民 | 2013年4月 8日 (月) 00時44分

お疲れ様です。
一票の較差についてですが、私も議員定数削減や選挙制度改革とはまた別に考えるべき問題であるものと思います。
憲法上の要請であるからというのもありますが、一票の較差の問題というのは、日本のこれまでの発展の仕方が、それだけバランスの悪い不均衡なものであったという点に問題の本質があるわけですし。

違憲状態という判断が司法によって下されている以上は、まずはできるだけ早く、その状態を解消することが大事ではありますが、東京や一部の大都市と地方との間の大き過ぎる利便性の格差の縮小や、地方の雇用創出がなされないまま、地方からの人の流失・大都市への人の流入の流れが続いていたら、いくら区割りを変更したところで、きりがありませんし、昨年の衆院選でも、東京都の小選挙区数は東北6県の小選挙区数の合計と同数の25あり、すなわち現状でも東京都選出の議員を1とするなら、東北は広い6県からやっと、たったひとりの議員を選出できるという状況でしたのに、憲法上の要請に従った一票の較差の是正を、ただ単に『選挙区の区割りの問題』ということだけで終わりにしては、それは大都市の視点のみで国政が論じられてしまうことを招くことになりかねず、それはそれで『法の下の平等』に反するものと思います。
国会議員は国のことを考えるのが仕事なのだから地域性は関係ないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、国は一部の大都市だけで成り立っているわけでは決して無く、2年前の東日本大震災の経験からもわかりますように、地方の存在があって大都市の暮らしも成り立っているという面もあるのですから、各地方の視点からも国のことを考えること、それはなにも、その地方地方に暮らす人のためというだけではなく国全体にとっても大事なことではないかと思います。
物事は立っている場所によって、景色やその見え方というのが違ってくるものですし。

そもそも、生活の利便性の格差によって生じている人口の偏りのために投票価値が相対的に低くなってしまっているのが不平等だということですが、最大2倍の較差とは言っても、だからと言って、ふたつの小選挙区で投票ができる人が存在しているわけでもないですし、大都市の選挙区の有権者の方々も、皆さん、ちゃんと小選挙区で1名の国会議員選出に関われる権利があるのですから、投票権の価値が相対的にみたら同じとは言えないにしても、だからといってアンフェアな選挙であるのか私には疑問です。
少なくとも自分の投票権の価値を高めたいというのであるのならば、人口の少ない地方へ逆に移り住むということも禁じられているわけではないのですし。
何かを得たいと望むのであるのなら何かを引き換えとしなくてはいけないのは当然のことですし、平等や不平等というのは、ある一部の事柄についてだけを持ち出してどうこう言うのではなく、その他の様々な面をも考え合わせてトータルで果たしてどうなのかと考えないと、それこそフェアではないように思います。

批判の矛先というものについても誰に対して向けるべきであるのかをよくよく考えなくてはいけないと未熟ながらも常々、考えております。
国会議員の方々の中に、仮にろくな仕事をしていない人物が実際にいたとしても、それはそうした人物、個人個人が責められるべきであり、議員の方々全てをひとまとめにして批判するのは筋違いと言うものですし、石破さんたちのように、いつも朝早くから夜遅くまで、自分の時間も持てないほどに頑張ってくださっている方々に「こんなに頑張っているのに」という気持ちを抱せてしまっているのだとしたなら、それは国にとっても大変マイナスなことだと思います。
一部の人を見て、その人が属する集団の全員をひとまとめに批判したなら、その集団内で真面目に頑張ってらっしゃる方々までも腐らせ潰してしまうことになってしまうやもしれません。

投稿: 村上正人 | 2013年4月 8日 (月) 01時35分

石破先生 お疲れ様です。陽気がよくなり、春らしくなってきました。同時に来るべき参議院選に向けてますますお忙しいこととお察しします。ここで沖縄のことや、日銀のこと、選挙制度の件、また休み中も総理は東北に行ったり、休む間もなく動いておられます。また、北朝鮮の不穏な状況など我が国をとりまくこの極東アジアの国際環境は予断を許さぬ状況にあると感じます。日本にあるアメリカ軍の基地特に人口密集地に当然準備済みであると思いますが、パトリオットの配備をご検討して頂きたいです。また、TPPのことで、政府や自民党では対策本部を立ち上げていますが、実際影響をこうむる企業にはまだ準備とか学習が進んでいない面もあるのではと思ってます。もしTPPに入った場合、企業の会計などの開示や株式など、実際の経済活動で裁判になったりして多額の賠償を請求されたりすることもないとは言えません。政府機関だけでなく、企業にも準備と言うか勉強を促してほしいと思います。いろいろ忙中大変なことと思いますがお身体をお労りになり引き続きご尽力お願いいたします。

投稿: ぷーたろう | 2013年4月 8日 (月) 09時19分

石破先生

都内では桜の木に青葉が茂ってまいりました。
桜吹雪も良いですが、青葉もまた生命力に溢れており良いと思います。
少しでも石破先生の癒しになれば良いのですけれども。


さて、石破先生の憤りについて全く同感でございます。
違憲状態の迅速な解消と、議員定数の見直しは全く別問題です。
これを巧みに混同させる行為は、「違憲幇助」にしか見えません。

国民の代表は何人が適切なのか、についても、相当に時間を要する議論のはずだと思います。
また、国難時と平時では人数が異なるべきなのではないかという議論も必要に思えます。
国の運営を任せた「国民の代表」なのに、「国民が身銭を切る前に、国会が身銭を切れ」・・という意味が解りません。
「国が云々」というのを、自分とは全く関係ない事柄に捉えている人が余りに多すぎると思います。

「国民」は国を構成する要素なのに。

国会議員を減らせ!=国民の意見を聞かなくてもOK!

と主張したいのでしょうか。また、

国会議員の給料を減らせ!=もっと無能な人が国会議員になるべきだ!

と主張したいのでしょうか。

会議中の居眠りがよく持ち出されますが、人間なのですから、それは居眠りする事だってあると思いますよ。

むしろ眠くなるような議論が問題ですし、そのような答弁をする議員を選出してしまった国民は恥じるべきです。
あるいは居眠りを引き起こす連徹を強いているかもしれない状況を憂えて、もっと国会議員を増やして負荷を低減すべきだ!と感じるべきなのではないでしょうか。

マスコミが取り上げた「国会議員は寝ていれば高給!」みたいなイメージは非常に事実と異なっており、悪質と言わざるを得ません。

投稿: ぱなとりん | 2013年4月 8日 (月) 10時52分

石破さん  再び≪僭越を顧みず、雑感3題≫
引き続く激務の中でブログのご更新、有り難うございます。然も、ご丁寧で真摯さが溢れる内容に改めて頭が下がります。

【「選挙に勝てないから党を移る」という考えだけはどうしても私には理解が出来ません】
同じく「党を移る」という行動について、その表層現象だけに囚われてその目的や政治的視座(構え)の差異に着目しない評価は、間違いである以上に不条理なことだと思います。当時の石破さんはその不条理と無理解を耐え忍んで来られたのですね。
また、一部の政党を指して「選挙互助会」と揶揄する他党の政治家が少なくありませんが、揶揄している当の彼らにはこの石破さんの深い確信と覚悟があるのだろうか?と常々ネガティブな推測をもって聞いています。まあ、政治家や国民の多く(“全てではない”を含意)が成熟が不足している状態で「民主主義」を標榜している以上は已むを得ない現象なのでしょうね。

以下は又しても(笑)僭越を顧みず申し上げますが、深い感慨(悩み?)に浸っておられる石破さんの言葉不足なのだと確信しますが、
【いつの日かあれでよかったのだと思える日が来るといいなと思います】は、「間違いだ」と思います。正しくは「あの時機(とき)のあの状況では、あれでよかったのだ」と時機と状況を限定してこそ「あの判断」がよかったことになると思います。時が移り状況が変われば、「その時機のその状況に従って、ベストの判断は変わる」のが必然なのだから。時機を限定し状況を限定してこそ、過度な固着や執着を排して適切に虎変し豹変する視座を生むことが出来るのだと思います。

【報いを求めて生きてはいけないのでしょうね】
石破さんの真摯さが極まる言葉だと思い頭が下がりますが、元々完璧な存在ではない人間である以上、「報いを求めて生きる」ことは宿命であり活力の源泉Motivatorに他ならないと思います。字句は似ていますが、人は「報いを求めずには生きてはいけない(行けない)」と(笑)。肝心なのは「内心で報いを求める」ことだと。慎み忌避するべきは、巷間に屡々見受けられる「過剰な報いを要求する」姿勢だと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2013年4月 8日 (月) 11時00分

石破先生

 土日は通過した低気圧typhoonがもたらした大荒れの天気rainでしたが、先生のお仕事に差し支えはありませんでしたか?
列車bullettrainや飛行機airplaneは予定通り運行されたでしょうかdownwardrightupwardleft
風雨の中のご移動sweat01rundash、ご苦労様です。sad

雨と強風の影響で散った桜の花びらcherryblossomが地上で風紋、流紋を描いて、桜色の渚yachtみたいになっていましたconfident

0増5減法案、民主党がまたもや民主党らしさを全開にして屁理屈つけてますがannoy
石破先生、先生がテレビpcなどで丁寧に説明されている姿は必ず国民に理解されます。gawkshine
応援していますscissors
頑張ってください。heart04happy01
4月は疲れchairがたまりやすいと聞きます。
お体を大切にご活躍ください。cake

投稿: ブナの森 | 2013年4月 8日 (月) 11時41分

まぁぶっちゃけると、国民の大半が0増5減に関しては、関心はないと思う。
勿論、違法であるというのなら是正されるべきだとは思うが、どこかの政党がギャーギャー騒ぐほどのことかと言うのが、正直な所です。
是正された所で、再度投票があっても自民圧勝の構図は変わることはないだろうし(今のところは、ね)。
むしろ再選挙になったとしても、その莫大な選挙資金がまた税金からもっていかれるだけで、無駄としか思えない。
結果は変わらないと誰もが知ってるのだし。

そもそも民主時代に取り組みもしなかったくせに、あいも変わらず野党にあれば与党批判しかしないという体たらくぶりに、民主自体が要らないという考えを持つ人もかなり多いですね。

そもそも、民主時代に改悪した事象と言うものは、多分にあると聞きます。
それらをいちいち公開し、民主政権時代に行われた「間違った行政」を市民に開示していくべきでは?
私が知る限りでも、民主の行った改革と言う名の「特定団体への便宜」は、売国の名に相応しい事ばかりです。
それを知らずに今後民主に投票するかもしれない人がいるということは、恐怖でしかない。
民主が日本人に優しい事なんて、殆どしてない気がする。

「前政権が何をしたか」を知る権利も、政府がソレを公開する義務も存在すると思いますが、如何でしょうか?

投稿: 名無し | 2013年4月 8日 (月) 14時26分

石破さん  ≪高市政調会長 2題≫
以下は非生産的で無用の個人攻撃が趣旨では全くありません。「少しの間違いも許されない政治」に間違いのタネを生まないか?国会での無用のドタバタ劇のネタにならないか?を懸念するものです。

①4/7東京新聞【公明、高市氏に不快感‥自民党の高市政調会長が憲法改正を軸に政界再編を進めるべきだと発言したことに対し「内閣支持率が高いからといって、はしゃぎすぎだ」 http://goo.gl/2mm5j 】
政界再編の必要性は私も予て確信していますが、重大な切り口とは云いながら「憲法改正だけ」を切り口にして政界再編を云々するのは如何にも軽薄過ぎると思います。まあ、彼女が“はしゃぐ”のは元々”その資質十分のお方“なのだから、今更の話だと思いますね。
然し、「今更の話」とは云いながら、彼女は与党の政調会長の重職にあるのだから厳しい批判の矢面に立たされるべきだと思います。
哀しい哉、愚見では、彼女がその批判を契機に深く反省し広深永さを獲得するのか?というネガティブな想定が払拭できないが。

②4/8NHK【高市政調会長:法人税の実効税率について「中国は25%、シンガポールは17%‥日本企業が国内に本社機能や工場を置き、雇用を生み出すためには、法人税率の引き下げは何としても実行しなければならない。20%台にすべき http://goo.gl/rPzSV 】
同じ政策が主張されるにしても、発言者の視座が国家と国民に据えられているか?広深永か?狭浅短か?によって、聴き手にとっては主張内容に対する信頼度が斯くも「雲泥の差」と云える程に激変することも致し方ない。
「神も悪魔も細部に宿る」のであり、「誰>何」なのだから。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2013年4月 8日 (月) 17時43分

そりゃあ野党は0増5減だけでは納得しませんよ(笑)
参院選でTPPを争点にできない以上、選挙改革位しか違いを示せませんからね。
それに「民主党が不誠実だ」みたいな事をしきりにおっしゃってますが、あんな終わった党などどうでもよくないですか?
どうせ再可決するんでしょ?
それに消費税増税を三党合意しておきながら、“消費税増税は公約違反”との理由で提出された不信任案に賛成した自民党も不誠実さでは負けてないと思いますよ。
安倍もそうですが、与党の立場で前政権をとやかくいうのは感心しませんね。
国会を見てると言い訳にしか聞こえませんよ。
第一、民主党が与党時代自民党政権を批判した時に「与党の自覚が無い」と自民党は批判してたじゃ無いですか(笑)

投稿: 匿名 | 2013年4月 8日 (月) 19時42分

石破さん  ≪経済団体‥今更の話なのですが≫
日経【就活4月繰り下げ ①米倉経団連会長「学生に動揺を与えないか。中小企業の採用にどんな影響を与えるか。よく考えるべきだ」と懸念。 ②長谷川経済同友会代表幹事「我々の主張を後押しする話だ」と歓迎】
此の記事は、どちらの発言が㋑より広深永な視座にたっているか、②国家国民全体の利益をより深く考えているか、を改めて白日の下に曝す興味深いお話ですね。

「米倉某vs長谷川さん」という個人の資質レベルで対置することも意味なしとしませんが、今更の話なのですが「経団連vs同友会」の歴史的な存在意義や現在的な存在意義を対置させ、更には夫々の中核メンバ―企業の「組織文化の新しさ(古さ)」を対置させれば、このお話は一層興味深くなるでしょう。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2013年4月 8日 (月) 20時28分

0増5減の案は、あくまでも対処療法に過ぎない認識であるため、早急に成立後も、憲法上の一票の価値をどの程度まで平等にしていくか、原則一票の価値に差がないような選挙区割りを作るにはどうすればいいかを、きちんと再度議論していってください。
選挙区割りについて半年から1年で成果が出ることを期待します。
別に国会議員を減らす必要はそこまで感じません。まともな議員さんが増えていただければ幸いです。

投稿: 超猫好き | 2013年4月 8日 (月) 20時49分

先生お疲れ様です。
中国からの投稿で、久しぶりになります。2月に中国の企業に就職し、今、寧波という港町に住んでいます。日本語教育の仕事をしています。恐怖をいだきながら途中した2月は右も左もわからず、大変苦労をいたしました。上海から汽車で移動しようやく、今の町に落ち着きました。毎日中国の学生さん達と接しています。この町ではとても日本語がブームです。特に日本のアニメの人気が凄まじく、アニメを見て日本語を覚えた学生さん達がたくさんいます。とても熱心に日本語を勉強しています。そしてみんな日本が大好きです。こちらのテレビでは例の島の問題の報道はあまり流れてなくて、どうして日本はあんなに報道されているのかギャップがあります。日本へ留学をする学生も少なくありません。とてもいい子たちが日本へ憧れてこれから何人も勉強をしに向かいます。どうか暖かく迎えてあげてください。僕はこの2ヶ月間中国へ来て、来る前の心配や恐怖が今消えています。とてもいい国です。そしてとてもいい人たちが住んでいます。食べ物やお酒もおいしいところです。日本人と同じ考え方や価値観をもっています。どうか先生!お互いの国の状況を精査し、交流を行っていくほうがいいです。文化の違いはあります。そこには歴史や考え方の違いがあり、それはすぐに打ち解けていけるものだと思っています。きれいごとを書いてしまっているように思いますが、自分で確かめてきた事実でもあります。それでは先生お体に気をつけて中国から応援しております。

投稿: がんばれ自民党 | 2013年4月 8日 (月) 22時12分

【4年7ヶ月ぶりの数字】

 東証の株価が13192円を告げた。この数字に戻るのに4年7ヶ月を要した。民主党ができなかった数字でもある。景気の波が上がるのは、このあとに何が起きるかにもよるのだろうが、確実に政権を歓迎する市場の姿が読み取れますね。気を引き締めて頑張ってください。まだまだ先のある政権です。円高も98円まで回復しましたが、100円を超えないと本物ではありません。株価は15000円台まで進むと思う人がボツボツ出てきたそうです。日経新聞に韓国がG20で円安進行を採り上げるべきという指摘があると記者から小渕財務副大臣に質問され、『「デフレ不況から脱却するために金融緩和をしている」 「もし説明が必要であれば、しっかりそういう方向性だということを説明していけばよろしいかと思う」と述べた。』と云う記事がありました。質問した記者の名前は不明扱いです。韓国経済のことを心配する日本人記者がいると言いたいのなら名前を書くはずです。反日の日本人記者だから名前を不明にしているということかと思いますね。デフレ不況の克服はなったわけではありません。未だ途上にある。賃金の上昇がなかった20年間と言っても過言ではなく、賃金が20年前に並べば回復が始まったと言える。それまでは不況ということです。韓国は意図的に円高をしてきた経緯がある。高値で買った円が今も莫大な額を抱えているはずである。それを吐き出すこともできない愚かな国だ。損切りをやれば崩壊することぐらいは彼等も理解しているのだろう。そういう連中を気にかける必要はどこにもない。
 日本再生は日本国の国民の問題だ。我国もやり方を間違えれば潰れる可能性もある。デフレ克服は死活問題であるということです。参院選挙に向けた戦いはすでに始まっていますね。頑張ってください。

投稿: 旗 | 2013年4月 9日 (火) 00時56分

【メキシコ大使館は永田町にある】

 安倍総理は我が国のメデアがどこも取り上げない首脳会談なので、残念に思いツイッターで広報しておられました。メキシコ合衆国大統領閣下を歓迎されるのは、その歴史的経緯に友好以外の何ものでもない事実があるからです。明治21年に締結した修好通商条約は、我国にとっては史上最初の平等条約であります。明治天皇陛下はたいへんお喜びになり、メキシコ大使館の場所を希望通りにすると仰られ、今もある。それが東京都千代田区永田町の地にある。世界中でこの国の大使館だけが永田町にある。明治天皇陛下の喜びが今も伝わります。このことはもっと広めて頂いたほうがいいですね。我国の友好の表し方は、今も昔も変わりがありません。我国とメキシコ合衆国との友好関係が末永く続くことを祈念いたします。

投稿: 旗 | 2013年4月 9日 (火) 01時44分

石破さん  再び≪「仮に高い身分を与えられた政治家」≫
定数削減に関して、「国民の代表は少なければ少ないほどよい」は真に暴論に違いない。そんな暴論を以って大衆に迎合して視聴率を稼いでいる“みのもんた風”の言説を出発点にして、反論を試みること自体が視座が低過ぎると思います。議論が水面を脱することがなく、結果として全く非生産的な議論にしかならないと思います。日本が経済大国であり成熟度は兎も角も民主主義先進国なのですから、夫々の専門分野に深い経験がありグローバルな視野で広深永な智慧を紡ぎだせる政治家が必要なのは自明であって、相応の人数が不可欠だと思います。
また、「国民の代表は何人が適正なのか」には、政治の外野には「相応の人数」としか云えませんが、同時に「適切な人数」に着目すれば政治の専門家にも断定的には言い切れないのだと思います。所詮、PDCAの試行錯誤を繰り返し、欠点を埋め新たなアイディアを取り入れて時々の状況により合致した「ベターな解」を模索し続けるしかないのでしょう。真に今が、その「ベターな解を模索し決定する好機」にある。

此の好機に政治の外野が個人的に強調したいのは、政治家の数は模索し続ける「変数」で好いが、政治家の「質」は経済大国であり民主主義先進国の看板に相応しい優れた人財であることが絶対的に必要だと思います。政治家の「質」が国会議員の「数=多寡」を決定するシステムが機能すれば(例えば、「足切り」制度(笑))、今の政治は格段に善くなるに違いない。同時に、只今現在の国会議員の人数は相当数減るのではないか。例えば、本来なら国家の為に自らの誇りや矜持を競う場である選挙を自らの生活の為の就職活動と錯覚している連中は、足切りでも何でも落選させるべきだと。

国会議員の皆さんは「仮にも、高い身分を与えられた人達」なのだから、高い資質を持ち常にその資質を磨きその一挙手一投足も発言の一言一言が国民に範を垂れる人財であって欲しいものです。

まあ、以上は理想論なのですが、民主党政権の酷さは別格としても、それ以前の日本政治を含めて現実が余りに酷過ぎる。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2013年4月 9日 (火) 19時39分

石破さん、お疲れ様です。
幹事長の任にも多少慣れてきた頃でしょうか。

私は、一票の格差問題を軽く扱う風潮に尋常じゃない苛立ちを感じます。やれ人口過密地帯と過疎地帯の調整だの、投票率が異なれば結局1票の価値に違いが生じるだの、再度選挙をやっても自民が勝つだの、てんで論点違いの意見が散見されてビックリします。これは日本人が憲法を遵守するかどうかの問題であり、この点、日本人の民主主義に対する認識の甘さが露呈してウンザリします。これも教育の問題なんでしょうかね。

人口過密地帯と過疎地帯の問題も、きちんと選挙をした上で正面から対処していくべきでしょう。第一次産業や医療・介護などの問題ならともかく、憲法改正や外交・安保やマクロ経済などの問題などにまで過疎地の票を重んじる意味が理解できません。

日本人が憲法を軽んじるのも、9条問題のせいでしょうかね。常に9条と自衛隊の活動が護憲か違憲かというギリギリの綱渡りをしてきたので、他の条文に対する遵守意識も欠けているのでしょうか。いざ有事が起こった際、国民主権や基本的人権の尊重までなし崩し的に(そして必要以上に)否定されていかないものかと非常に心配しています。そういう意味では、自民党の憲法改正案のような緊急事態条項の明記があった方が良いと思います。

最後になりましたが、以上長々と申し上げましたとおり、0増5減を先行処理するのは当然のことであります。

ありがとうございました。

投稿: 海 | 2013年4月 9日 (火) 23時54分

石破先生、こんにちは。

議員定数につきましては、削減よりもリコール制度を入れたほうが良いように思われました。
国会で憲法クイズをした人のように、視聴者が恥ずかしくて聞くに堪えない質疑をする人、あるいは前政権の総理3名のように、国民の信任を得ているとは言い難い状況になってもリコール請求ができないケースがあります。このような場合は、まずその選挙区の有権者がリコールできる制度、そしてその選挙区の人がリコールしないならば、全国の有権者が代わってリコールできる制度があってもよいのではと思いました。

もちろん投票権を持つ側にも、地元選出議員の活動を見ていく責任があります。地元がリコールせずに、全国の有権者からリコールされた場合は、欠員のまま、その地域からは次の選挙まで代わりの議員を選出できないようにすれば、投票する側も無関心にはならないかと思います。
合わせて、投票率が著しく低い選挙区は、選挙無効でその地域からは国会議員を出せないとすれば、もう少し投票率は上がるのではないかと思います。議員さんへの要求をするなら、当然国民も相応の責任を果たすべきだと思いました。


投稿: 有権者 | 2013年4月10日 (水) 06時06分

石破さん
以下は、言葉遊びのようで恐縮ですが、珍しく石破さんへの異論です。まあ、偶には異論も云わないとバランスが悪い(笑)。

      ≪肝心なのは「質>量」≫
引用【少なくとも自民党の多くの議員たちは、朝早くから夜遅くまで、土日も休日もなく働いているという自負を持っています】
「時間の量」で云えば、このような議員達は石破さん周辺には密度が濃いのでしょうが、所詮は自民党にも「多く」であって「殆ど」でも況や「全て」ではない。野党を観れば「少ない」に違いない。民主党は与党時代にも未熟歪が治らず不勉強な輩が多かった。

また、「朝早くから夜遅くまで、土日も休日もなく働いている」こと自体は素晴らしいことのように聞こえます。然し、経営の視点で冷徹に云えば、身分なき民間ビジネスマンでさえ「一生懸命に働くことは当り前のこと」だと思います。事業経営者や政治家など、仮にも「高い身分を与えられた人達」なら、時間の質、仕事の質で評価を求めるべきだと思います。「使命=何のために頑張っている?」と「成果=その頑張りの成果が出ているのか?」が肝心だと。
肝心なのは使った時間の「量」ではなく使った時間の「質」だと思います。高い質を実現するためには、多くの量が必要になるのは必然でもあると。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2013年4月10日 (水) 10時14分

 一票の較差の是正は、憲法上の要請が2倍以内であるから、まずは0増5減法案を早く成立させ違憲状態を解消すべき、という主張もわからなくはありませんが、果たしてこれが選挙制度や定数削減と別に論じるべきなのか、あるいは無関係なのか、よくよく考えると私は疑問に思います。
 そもそも、較差是正を困難にしている理由はなんなのか考えた時、今回も報道によれば岩手県の自民党候補者調整で一悶着あったように(民主離党の平野前復興相か県連の推す田中氏か)、都道府県単位で選挙の支援体制ができている事情があると思うのです。この岩手県は一つの例で参議院ですが。したがって、較差是正のための区割りの変更作業だけを制度と別に考えると、そこに地方の思惑が絡み調整が現実的に困難で、これが国民が求める較差是正がなかなか進まない理由になっていると考えます。ですので諸々の制度改革をセットで考えないと、結局とりあえず違憲状態は脱したとしても較差が残ったままになり、これがまた国民の政治不信を助長させるのではないでしょうか。だからといって、衆議院の0増5減先行に反対ではありませんが、私は野党の主張も一理あると思っています。
 それよりも、この較差の是正問題を地域性などという詭弁で否定するかのような人が少なくないのは私も非常に腹が立ちますね。こういう人は都市部に住む人が皆便利で快適な生活をしてるとでも思っているのでしょうか?開かずの踏切が長年解消されず、先日も神奈川県で鉄道踏切事故があり多数の人に影響を与えました。皆遅くまで働き、クタクタになって満員電車で通勤をしている現状を知らないのでしょうか?平気な顔をして現状を知らないくせに地域エゴ丸出しの意見を言うのはいい加減やめていただきたいと思います。国会は多数決で法案が採決され、今年度の補正予算審議でも参議院で1票差で可決というほど微妙なものですから、民意を歪める較差が本来あっていいはずはありません。とにかく、特定の地域を優先する理由は国政レベルの話ではないはずです。
 都市部の競争で歯を食いしばって働く人を馬鹿にするな!田舎者のエゴはやめろ!国会議員を地方への利益誘導装置にし、国益を損ねているのはあんたたち田舎者だ!いい加減自覚しろ!と私は言いたいですね。
 

投稿: DF50 | 2013年4月10日 (水) 21時18分

初めて投稿させていただきます。

常々、石破さんの考えには深く賛同し、石破さんこそ時期首相になるべき方だと思っております。

国会議員の定数削減について、
私もいたずらに国会議員の定数を削減すること自体を目的にすべきとは思っていませんし、
おそらく、ほぼすべての議員の方が、昼夜・休日問わず、急がしく働いているのだろうと想像しています。
しかし、無駄な仕事を減らす努力をしていますでしょうか。
地元の後援会の御用聞きに必要以上に時間を使っていませんでしょうか?
議会にすべての議員が出席する必要があるのでしょうか?
無駄な仕事、削減できる仕事がきっと沢山あるはずです。

お金の使い方も同じです。
収入には限りがあり、やるべきことは沢山ある、それは理解できますが、
無駄を削減する検討をしていますでしょうか。
無駄な工事をやめる、規模を削減する、優先順位をつけて段階的に行う、
日々の経費を削減する(出張費を抑制する、交際費を削減する、等)、
いくらでもやるべきことはあると思います。
企業はもう何年も(何十年も?)、毎年「経費前年比10%減」のような厳しい目標を立て、
それをいかに達成するか、そこに苦労しています。
そして実際毎年最適化しているはずです。
なぜ国家予算だけが毎年のようにふくれ上がっているのでしょうか?
ちなみに、ニュースで、会議のシーンで毎回飲み物が出されているのを見ると、
それすら削減すべきと思ってしまいます。(もしくは逆に企業から広告費を取る)

「人が必要」「お金が必要」そこから始まってしまうと、それを裏付ける説明を探してしまい、
結局削減に結びつかない気がします。

人・お金ともに、定期的に「何%削減」という目標を立て、それを実現するために何をすべきか、
ということを考える、発想を変えるべきだと思います。

投稿: 30代会社員 | 2013年4月11日 (木) 01時20分

振り込め詐欺より悪質で被害も大きい犯罪

『京都府の80代の女性が、認知症が改善し成年後見を取り消された直後に、外国債券の取引を勧誘され損害を受けたとして、岡三証券(東京)に約982万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁が約660万円の支払いを同社に命じていたことが16日までに分かった。判決は2月22日付で確定した。』日経新聞より引用

そもそも80代の高齢者に外国債券をすすめ、一千万円以上の損害を与えるのは異常です。以前にも岡三証券の京都支店は視覚障害者の顧客に多額の損害を与え訴えられています。

岡三証券は裁判になったケース以外にも高齢者に多額の外国債券を販売して多額の損害を出しています。

お年寄りに外債や分配型投信をはめ込んで回転売買させる・・・振り込め詐欺より悪質です。

AIJの時と同じで金融庁は無能、不作為に証券会社の悪行を見逃しています。

石破先生何とかしてください!

投稿: 5.10.6 | 2013年4月11日 (木) 10時40分

バラエティー番組に出ている元国会議員を視ていると楽そうに見えるのかもしれませんが選挙があっての議員なので理解してもらいたいですね。歌手は歌うだけ、運転手はドライブしてるだけなどと思っている人もいますが働いて始めてわかる苦労ですね。

投稿: (^-^) | 2013年4月12日 (金) 06時34分

石破先生お疲れ様です。
先日、AKBの高橋みなみさんと党本部で対談されたというニュースを見ました。驚きました。対談は良しとしても、神聖な党本部にグラビアではしたない恰好を披露されているアイドルを招き入れるとはどういうことでしょうか。
テレビ局主催の対談だったそうですが、それならばテレビ局で行えば良くないですか?今後は党本部に入れるなんてことはしないで頂きたいです。マイナスイメージの方が強いです。

党員として意見させていただきました。
失礼いたしました。

投稿: 佐藤杏奈 | 2013年4月12日 (金) 15時02分

北朝鮮問題も懸案事項ですが、ごく一部の在日の方の犯罪も問題ですね。反社会勢力から金持ち情報を聞き、貴金属強盗をし、反社会勢力の息のかかっている企業に売り捌き報酬を貰うシステムもあるそうです。欲しい物を反社会勢力を使って仕入れる業者も問題ですが、金塊も株のような管理が必要かもしれませんね。

投稿: (^-^) | 2013年4月19日 (金) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/57111187

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急是正法など:

« 田中美智太郎氏、選挙制度など | トップページ | 4月6日の様子 »