« 似顔絵の誕生日ケーキを頂きました。 | トップページ | 建国記念の日など »

2014年2月 7日 (金)

誕生日など

 石破 茂 です。
 さる四日には、多くの方々から誕生日のお祝いのメール、お手紙などを頂戴し、厚く御礼申し上げます。

 57歳、というのは厚生労働省の資料によれば「中年期」(45~64歳)、看護用語辞典によれば「壮年期」(40~64歳)に分類されるようです。そうか、64歳まで「中年」もしくは「壮年」なのだ!と何となく嬉しくなったりもしますが、随分と年を重ねたものだ、というのが偽らざる実感です。
 政界には「50・60鼻たれ小僧、70になって一人前、80になって迎えが来たら、10年早いと追い返せ」という言葉があると以前聞かされました(安田財閥の創始者・安田善次郎氏の言葉がオリジナルらしく、いろいろなバージョンがあるようです)。これもまたいかがなものかと内心思わないでもありませんが、とにかくお元気な先輩各位が多く居られることは事実です。
 他人様のことはともかくとして、自分自身は徒に齢を重ねるばかりで、内容がそれに伴っていないことに反省しきりです。

 25年度補正予算も成立し、26年度補正予算の審議に入ります。補正と本予算を併せて15か月予算と位置付けており、早期成立、早期執行に向けて努力して参ります。

 昨日は現職の病気辞任に伴う山口県知事選挙が告示され、小雪舞う山口市での出陣式に行って参りました。
 その後羽田から蒲田に直行して都知事選挙の街頭演説、今日は北区王子、十条、足立区北千住で街頭演説を行いました。とにかく今年一番の寒気襲来とかで、お越しいただいた皆様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

 明日は都知事選最終日。正午から立川駅北口で三多摩地区の、午後三時から浅草雷門で23区の締めくくり演説会が開催され、私も党本部を代表して参加致します。
 多くのご意見、ご批判を頂戴して参りましたが、これらも踏まえて今後の対応にあたって参ります。

 2月15日に、拙著「日本人のための『集団的自衛権』入門」が新潮新書より発売されます。内容には当然賛否両論あることとは存じますが、ご高評いただければ幸いです。

 雪も降り、首都圏は恐ろしく寒い週末となりそうです。何卒ご自愛くださいませ。

|

« 似顔絵の誕生日ケーキを頂きました。 | トップページ | 建国記念の日など »

コメント

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
早く本、拝見したいです(^-^)

投稿: yu | 2014年2月 7日 (金) 19時34分

石破さん ≪日本政界は今も江戸-大正期か?(笑)≫
相も変わらぬ東奔西走の中、ブログご更新有り難うございます。

引用【これもまたいかがなものか】
この石破さんの構えが、大国の21世紀を背負う政治家には必須だと思います。「裸の王様」にはない構えですね(笑)。
江戸-大正期の安田善次郎氏は称賛に値こそすれ決して咎はない。然し、21世紀も十年以上を経ても未だに「50・60鼻たれ小僧、‥10年早いと追い返せ」と嘯いている日本の政界人には、DogYear時代の時間の流れの凄まじい速さを(尻を蹴り上げ、政界から追い出してでも(笑))教えて差し上げなければなりますまい。
然もなければ、何日までも日本政治に老害政治が続く。何日までも世界標準の世代交代も新陳代謝も起こらない。時代に合致した時代感覚も変貌のスピード観も江戸-大正期の古いままで終わって仕舞う。古いことや年老いていること自体が悪いことではなく、十分に価値を生む分野もあるのだが、分野に依るし謙虚さも要る(笑)。

今後暫くは冷蔵庫に押し込まれたような極寒の日和だそうです。
石破さんにはご自愛の上ご健勝とご健闘を祈念致します。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年2月 7日 (金) 20時00分

 従来、地方に生まれ、そのまま地方に住んでいる人は、おそらく新幹線や高速道路などの高速輸送インフラが自分のところに来ると、首都圏などの大都市部から多くの人が訪れ、街が潤い、発展するだろうということを信じてきたのだと私は思います。しかし、よく考えてみると、残念ながらこれは錯覚であることがわかります。
 
 たとえば、大都市Aと地方都市Bの間に新幹線が開通したとする。
鉄道の特性として、A→B,B→Aの輸送力は常にほぼ同じであるから、AからBへの移動客がBからAへの移動客を大幅に上回ることは、まず考えられない。
高速輸送により人の移動サイクルが速くなるので、地方都市Bには開通前より時間あたりの訪問客が増え、Bにおける消費が増えるので確かに経済効果は生まれる。Aも同様。
しかし、大都市Aは地方Bより格段にコンテンツが充実しているため、やはりAにおける消費はBにおける消費を上回り、A・Bに在住する人の所得が同程度と仮定すると、長期的にはBからAに富が移動する。したがって、Bは経済的に衰退する。Aは発展する。Bの衰退を食い止めるには、A以外の訪問客を常に取り込み、消費させなければならない。サイクルが速くなる分、Bの衰退は開通前より加速する。
 
 以上、単純に考えた場合ですが、私はこれがいわゆる「ストロー効果」の本質ではないかと思っております。実際に近年の日本で起こった現象です。したがって、今、地方が重点的に取り組むことはインフラ整備ではなく、訪問客をより多く取り込むための、都市部にはない地方ならではのコンテンツ充実だと思います。

投稿: 中年鉄道ファン | 2014年2月 7日 (金) 21時56分


石破さん、
お疲れ様です(^ー^)note


良い年の重ね方を
されていると
思いますよsign01(^∀^)


人生は学びですね。
学問だけではなく、
様々な学びが
ありますよね。


いつの日か石ころが
磨かれてダイヤモンドに
なって終われたら
良いな…(^ω^)
なんて思いつつ、
生きるって難しい
ですね。


今日は大寒波の予報。
防寒して、お風邪を
引かれないように
なさって下さいねsign01


では、
またお邪魔します。


寒い中、
選挙応援
お疲れ様でした。


失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2014年2月 8日 (土) 03時29分

昨年末の靖国神社参拝で時代の扉を抉じ開けようとした安倍政権の今後に大いに期待していますが、与党幹事長たる石破さんの役割も益々重要になってくると思います。党内の老害勢力に怯むことなく、マスコミの論調に一喜一憂することなく今後とも毅然とした行動を宜しくお願いします。
ソチ五輪が開幕したその日にハイジャック未遂事件が発生したとの由、平和の祭典が平和裏に終了するよう願っています。

投稿: kktf | 2014年2月 8日 (土) 07時16分

石破さん  ≪中庸や本来の保守の構え≫
ドラッカーさん【変革が常態となったからこそ、基礎や基盤を堅固にしなければならない http://goo.gl/psOvb1 】
このドラッカーさんのご託宣は、マネジメント論から発して真に中庸や「本来の保守」に通じていると思いますね。変化が激しく時間の流れが速いDogYear時代であるからこそ、目先の動きに振り回されてはならない。広深永に熟考を重ねて基本的な構えを鍛錬しどっしりと腰を据える資質を備えた「横綱」であるべきだと(笑)。

庶民(特に老人)に向けては、最近流行りの愚かな言説におめおめと惑わされて、おれおれ詐欺や様々な金融詐欺に騙されてはならないと(笑)。今更乍ら、過去現在の老歪政治を繰り返して来た老歪自民党は勿論、経済の好循環や核汚染のUnderControlなど言葉を安売りしている今の安倍政権も、明らかに「本来の保守」ではない。

追伸:今日の東京は雪景色。石破さんは都知事選で街頭に立たれるのでしょう。十分にお気を付け下さい。明日の投票率が上がらず、組織票が結果を支配することが心配です。この国の政治が益々歪むのではないか?そんなことがないことを心の底から祈ります。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年2月 8日 (土) 10時10分

厳寒の中、皆さま風邪などひかれませんように。

投稿: 61 | 2014年2月 8日 (土) 10時52分

あなた方の目標、手段など信念を貫いてください。

投稿: 柵木充義 | 2014年2月 8日 (土) 19時04分

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。バースデーケーキの似顔絵、似ていてびっくりしました。どうか、よい一年となりますように。
石破さんが仰っていた、靖国に関する本を購入しました。じっくり読んでみようと思います。
石破さんのご著書も楽しみにしております。

投稿: 名無しの権兵衛 | 2014年2月 8日 (土) 19時30分

お誕生日おめでとうございます。


外国との関係について情報が錯綜しておりますが、私は「経済経済に
相応の責任がある日本が今後どうあるのか?」という命題に全ては
帰着すると考え、政治を見ております。

例えば集団的自衛権について、民放日曜の番組でよくTVで見かける
方が「第一次世界大戦で各国が戦争に入る要因になった」と仰っ
ておられました。時系列を錯誤したとんでもデタラメです。
なぜこの世代の方達はこういう恥ずかしい人達ばかりなのかと残念
に思うとともに、この20年以上の間、日本が停滞した理由がよく分
かります。
短期的には、現在とこれからに合った日本の求められる姿、長期的
にはその時の後人達が状況に対応できる手段、チェック機能の制度
設計が必要だと私も考えます。
明治の元勲達が大二次大戦までを読みきれなかったように、これか
らの世界はどうなるか分かりません。
現政権と自民党には最適な結論をリードして頂きたいと存じます。

投稿: 宮城県出身 | 2014年2月 9日 (日) 08時58分

石破さん、お誕生日おめでとうございます。安田財閥の幕末から今日までの歴史を伺うと実は、戦前と戦後では戦い方がちがうんです。連合軍の財閥解体で経営者一族は安田財閥の経営から一旦は離れながらも文化的な部分でたたかっていたんですね。実は、団塊の世代や新人類世代のごく初期1969年中学生や小学生高学年だった方々は、1969年の安田財閥の出来事でびっくりしたことがありましたし、それをしっかりとみましたね、安田講堂が炎上しようと安田一族の女は言われなきバッシングとたたかっていた。昨日の早朝NHKラジオのある番組では、クレジット上はその方のご夫君が作曲された曲、BackintheUSSRが流れてました。オリンピックもありますが、石破さんもその安田一族の女性のようにバッシングに耐えてください。実は、その女性のご夫君ではなくわたしはたいこ叩きの人が好きです!

投稿: 小金井市民 | 2014年2月 9日 (日) 15時38分

石破先生、事務局の皆様、こんにちは。

今、ますぞえ候補の当選確実のニュースを見ております。ほっとしました。よく勝って下さったというのが正直な本音です。

先生、本当にありがとうございました。

投稿: 有権者 | 2014年2月 9日 (日) 20時27分

お誕生日の話題で「57歳」の分類について言及されるのがいかにもゲル幹事長らしいですsmile

都知事選、舛添氏の圧勝でしたね。
結果に関しては「自民党東京都連及び(ゲル幹事長を始めとする)自民党本部の読み勝ち」といったところでしょうか。

舛添氏は有能な方である半面、色々と危うい点が噂されていますので、都議会の自民党の先生方にしっかり手綱を引き締めていただきたいです。

舛添氏の金銭的な問題に関する情報も目にしましたが、くれぐれも猪瀬知事に続いて「カネの問題で辞任」などということのなきよう願っております。

投稿: hinomoto | 2014年2月10日 (月) 02時11分

「国防」など、出版から月日を経た書籍は、ネット上で無料公開してはどうでしょうか?
政治家の著書をお金出して買うのは支持者だけのように思います。

投稿: smatsu | 2014年2月10日 (月) 16時59分

石破さん  再び≪「昭和16年夏の敗戦」≫
日経【自民、百田長谷川両NHK経営委員の衆院招致を拒否‥NHKの招致は会長と経営委員長、夫々の代理に限定すべきだと提案
http://s.nikkei.com/1bN20T8 】
此れが時機的に日本政治に対する危惧が国内は勿論海外にも呼び起こしていない平時の原則論ならそれで好いし何の問題もない。衆院招致の目的がNHKの経営計画についての事務的な議論なら何の問題もない。

然し、現実には日本は右寄りだとか近隣外交で喧嘩腰だとか海外諸国に危惧を呼び起こしている。同盟国米国には失望さえさせた局面もある。今はこの原則が適用されるべき平時ではない。
また、招致対象の二名がした発言の歪みは、国内で強い批判を呼んでおり海外にも危惧の念を強めているのであって、国会が事務的に処理すべき事案でもない。
即ち、「経営の要諦は例外の上手な運営にある」のであって、善き経営のためには例外的な運営が当たり前だと思います。

但し、老歪自民党には経営要諦を知る資質も能力もない(!)という絶望的な現状に、一瞬とは云え立ち竦む。
今の安倍政権と自民党は、3年続いた未熟歪民主党政権よりは‘まし’だと「駄目さ競争」に勝って自画自賛しているに相違ない。「日本に残された時間」の少なさや、日本が抱え込んでいる様々な危機を甘く見積もり多寡を括っているに相違ない。
石破さんが最近はとんと口にされなくなったのが気懸りだが、今は肝に銘じておられる(筈の)「昭和16年夏の敗戦」の再来の危機でもある。「駄目さ競争」を競っていれば当たり前の結果ですね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年2月11日 (火) 18時38分

ATD-X 心神はどうなっているのですか?楽しみでたまりません。今年観れるとか。

投稿: 西里 宗人 | 2014年2月12日 (水) 00時27分

皆さんは舛添さん当選を賛えておられますが私はその前に、自民党に人材がいなくなった事に危惧を抱きます。何故自民党を除名された人、更に新党を結成しこれも事実上失敗している人を推薦する必要が有るのですか。
まさにそれは自民党に人材がいない事を証明したようなものです。石破さんは人を育てるお力と能力をお持ちの方と受け止めています。是非自民党に多くの人材の育成をお願いしたいものです。
しかし今の政調会長では人を潰してしまうかも知れませんね。

投稿: 橋本 脩二 | 2014年2月12日 (水) 15時47分

石破さん    ≪他山の石≫
ForAffairs: Egypt ;Worse Than Mubarak http://fam.ag/1j0Qjtn
うむむ。読み進む程に息苦しくなる記事です。エジプトの国内問題だけではなく、中近東の力の均衡や(不)安定にも悪影響を与えるだろうし、世界も無縁ではいられないでしょうね。
学ぶべきは、破壊だけが突っ走ると、一層深刻な事態を招くことがあると云うことでしょうか。今更破壊の対象が愚かだったと論っても意味はない。今のエジプトの人達には、「破壊は、創造のイメージと‘対’で存在していて初めて意味を持つ」などと云っても仕方がないが、未来に向けて彼らにも我々にも重要な「他山の石」だと肝に銘じるべきでしょうね。

その「他山の石」を国内的に読み解けば、今の日本で暴走を続けている「裸の王様」に対処するにも、「破壊と創造」は対を成している必要があることにある。但し、「走りながら考える」ための智慧と覚悟があれば、準備万端ではなくても「創造のイメージ」があれば足りる。その創造の中心には、聴くに心地よい政策など「何?」ではなく、真摯で健全な「誰?」を据えていれば十分でありベターだと思います。
然も、仮にその真摯で健全なご仁が【齢を重ねるばかりで、内容がそれに伴っていないことに反省しきりです】などと準備不足を吐露していても(笑)、真摯であり健全であれば(虎変は無理でも)豹変できるしそれで足りるのであって何ら問題はない。
先の東京都知事選ではそんな真摯で健全なご仁が立ち上がられたのに、都民の選択は別の候補者に偏った結果になって仕舞ったことは残念でした。都知事選は求められるべき破壊ではなく「悪しき助長」でした。最悪の選択ではなかったと喜んでいる場合ではない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年2月13日 (木) 11時58分

石破さん  ≪今更、申し上げても?(哀笑)≫
ご紹介戴いた「日本人のための『集団的自衛権』入門」を注文しました。到着が楽しみです(ニッコリ!)。
「日本人のための」と銘打っておられるのだから、当然に「石破さんの『集団的自衛権』」であって、最近国会やメディアで徘徊している安倍某や彼のお友達や手下たちの歪んだ『集団的自衛権』の亡霊とは対極にある広深永で健全で正しいご主張だと期待します。
「入門」と銘打つ以上、尚更、偏りなく中庸の立場で語って戴くことが不可欠だと確信します。
まあ、脱稿された今、申し上げても仕方ないのですが‥(哀笑)。

追伸:此処でのコメントが急激に減っていますね。
国家が経済面でも安全保障面でも平和維持の面でも危機に突進している今、公共放送の健全性を保つべき委員会と健全性を執行するべきマネジメントに歪んだ思想の持ち主が送り込まれた今、特に懸念されるべき現象だと思います。其れらの歪みと危機の病根は明らかなのに!!
「諦めてはいけない!」と東北の人達や最近では五輪選手が訓えてくれているんですがねぇ。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年2月13日 (木) 16時24分

過日維新の会中山議員が提案された慰安婦問題における河野洋平の証人喚問を何故自民党は拒否したのか。?

韓国の主張が嘘である事、またNHK新会長の会見で朝日、毎日記者が愚劣な質問を行いあえて騒動に仕立てた事を見ても解決を避けては通れない問題です。

ありもしないこの問題でどれだけ日本国は国益を韓国や中国に毀損されているのか。

産経の報道ですでに河野談話があまりにも韓国側からの介入により譲歩しすぎた結果のものでありとても日本として認めてはならないものだったことが暴露されています。

当時の金泳三韓国大統領は日本側が譲歩し謝罪することによってその後一切解決という発言がありながらいまだにこのようなことが続いている。

明らかに韓国は日本の敵である事は間違いありません。そのような国とは国交断絶を願いたいが、その前にこのような事態を招きながらのうのうとしている河野洋平を証人喚問するべきではないか。

そしてこのような捏造を広めた朝日新聞社の責任者と当時の弁護士福島瑞穂も証人喚問するべきでありましょう。

自民党の善処を求めるものであります。

投稿: 一有権者 | 2014年2月13日 (木) 19時31分

 3月末を13年度末とすると、13年度は統計を取り始めて、年度換算の最初の経常赤字となる可能性が拡大している。
 原発再稼働をしないだけで、年間3兆円以上の資本が海外に流出している。政府、電力会社も対米交渉を通じて、米国の安いシェールガスを輸入する手はずを整えているが、それがくるのが17年度からで、これからの2~3年のエネルギー政策が無策であってはならない。
 原発を稼働させていても、また将来の稼働のための停止・管理をしていても、周辺の耐震設備や防潮堤の設備が同じであれば、安全性に関しては、違いは、殆ど無いと言われており、建設後40年間の耐用年数を考慮にいれても、何故、「無理に停止を強要しているのか疑問ではあるが」そこは、事故リスクに対して住民感情を重視する、日本は民主社会ということであろう。
 でも、一部、経済界で、今後の景気動向に疑問符が付けられ、株価が下落し、為替も円安スピードが停滞し、今年度消費税施行後の消費腰折れさえ懸念される状況で、財政規律を弛緩させず、少しでも、経常収支の赤字幅を大きくしないためには、早期の再稼働も、政府検討の対象かもしれない、と思う。

投稿: 匿名希望 カラオケ好き | 2014年2月15日 (土) 04時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/59087877

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日など:

« 似顔絵の誕生日ケーキを頂きました。 | トップページ | 建国記念の日など »