« 夏休みの思い出など | トップページ | イシバチャンネル第四十七弾 »

2014年8月18日 (月)

メタモル出版さんから「石破茂 非公認後援会」が出版されました。

 事務局です

 メタモル出版さんから「石破茂 非公認後援会」 がリリースされました。

 是非ご一読ください


Hikounin_2

|

« 夏休みの思い出など | トップページ | イシバチャンネル第四十七弾 »

コメント

若っ!!
私はとある理由からAmazonとは距離を置いていますので、こちらで買わせていただきます(笑)
http://honto.jp/netstore/pd-book_26322722.html
奥様からのコメントとか、興味津津です。

ということで、ゲル幹事長は今年の8月15日には鳥取の護国神社に参拝なさったのでしょうか。

ところで、先の総裁選の際、幹事長が明確に否定なさったことを未だに持ち出して煽っている人がいるようです。
https://twitter.com/kaminoishi/status/500935055003246593

自民党分断を狙う勢力なんでしょうかね┐(´ー`)┌

投稿: hinomoto | 2014年8月19日 (火) 03時40分

石破さん
早速、注文しました。到着が楽しみです。安倍某のお友達や手下ではない「お仲間」の顔振れに接するのが楽しみです。
我儘なことですが(笑)、次期政権を支える智的で健全なブレーン候補に溢れていることを願います。

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月19日 (火) 13時30分

先日の月例経済報告で、4―6月期のGDPが、マイナス6.8減と報告されました。おそらく、政府の予想はマイナス4%位と想定していたものと思われます。これは、あきらかに予想を上回る悪い数字であり、消費税増税は、データどおり経済を冷え込ませる悪いものということが、再認識されたものです。

今の日本で一番で重要なことは、消費税増税だと思います。 消費税増税をすると経済成長が止まってしまいますので、すごく重要な問題です。消費税増税をすると、あたかも税収が上がるようなことを言っている人がいますが、税収が上がることなど、ありえません。理由は子供でもわかる簡単なものです。

①消費が下がると税収は、必ず下がります。
②消費税増税をすると、その分、国民は消費を控えます。実際、国民もそう言っています。過去のデータをみても、もれなく消費が冷え込み税収が下がります。

なんとなく消費税増税と言っている人達は、消費が下がると税収が下がるという基本的なことも知らない人達です。この人達が共通しているのは「金融緩和をしたら、とんでもないことになる」と平気でウソを言い続けていた人達です。日本の将来のためにも、そろそろ、消費税増税をしても税収は、上がらないということを確定すべき時ですね。

別に日本経済は、消費税増税などの経済を冷やす余計なことはしないで、金融緩和と財政出動をすれば、経済成長を続けて税収が上がり続けますので、悩む理由がありません。くれぐれも、アベノミクスを妨害する消費税増税はしないことです。

せっかく、金融緩和と財政出動というアベノミクスで、いい感じで税収が上がり始めたので、余計なことはしないことです。

安倍総理は、どこかの機関に洗脳は、されていないませんので、消費税増税をすると大きく消費が冷え込むという認識は出来ています。さすがに、消費税増税はしないものと思われます。

投稿: 東京都民 | 2014年8月19日 (火) 15時44分

一瞬、昭和中期の映画俳優かと思いましたw
今は貫禄ありますが、お若い頃は随分ナイスガイだったのですね。

韓国の朴さんは、相変わらず世界を巻き込んで日本を攻撃し、日本に歩み寄りを求めるだけですね。
自ら歩み寄る気持ちは皆無。
ま、「千年経っても恨みは忘れない。」と言って、大々的に反日キャンペーンをしてきた相手ですから、どうしようもないです。
韓国民が、未来志向の別の指導者を選ぶのを、心を開いて静かに待つしかないでしょう。

消費税に関しては、対外的な体面に囚われず柔軟に対応してほしいですね。
円安水準の安定化には成功したものの、国内の生産が活性化するには時間が掛かるでしょう。
大手企業への供給を担う国内中小企業の経営状況が改善されないうちは、本当の意味での経済政策の成功とは言えないように思います。
大手は仕入れを従来価格に抑えたまま円安を利用して海外に売れば増収増益しますが、中小企業は逆に円安と消費税増税による材料高騰を価格に転嫁し辛いため、苦しんでいるのではないでしょうか。

投稿: maaat | 2014年8月20日 (水) 10時28分

http://news.ameba.jp/20140819-312/
また、このジャーナリストのツイートで終わることなく、民主党の有田芳生議員までもが、元航空幕僚長・田母神俊雄氏と被害者と思しき男性のツーショット写真をリツイートしたことで、さらに男性の状況を深刻なものとすることに。田母神氏によると、この画像はファンサービスの一環だったようで、「彼との写真は私が何千人かと撮った写真の一枚」とのことだが、田母神氏は海外でもその存在を知られているだけに、件のジャーナリストのみならず、有田議員についても、「なぜこのタイミングでそんなことをするのか」「日本人が首を切られて喜んでるような奴が国会議員とか狂ってる」「有田芳生がISISのツイッターを自慢げにリツイートしてるけど何考えてんの?」と激 しい批判が殺到している。


こういう人物が、我が国の国会議員であることに戦慄を覚えます。
秋の国会の冒頭で、有田議員に辞職勧告を。

投稿: 本因坊 | 2014年8月20日 (水) 19時07分

写真は若いときの石破さんですね。(笑)
私もぜひ一読したいものです。
ところで現在も韓国が、慰安婦や歴史問題等で我が日本を執拗に問い詰めており、
「日本は歴史を直視せよ」
といった毒舌も散見されます。
しかしながら国際法的に完全に解決されてる(日韓基本条約で)というのが現実ですよね?
近代国家たる条件として、国際条約を遵守する、というのが前提にあるので、韓国こそ日韓条約を直視せねばならないのではないですか?
私はそう思うのですが、石破さんはこうした問題についてどう考えていますか?

投稿: hakutaka | 2014年8月20日 (水) 22時27分

石破先生

な・なんと可愛いらしい表紙を選ばれたんでしょう。さすが30年来の石破先生ファンが書かれた本です!愛を感じます。フレッシュな笑顔で爽快感がありますね。この猛暑時のリリースにピッタリな感じ。

石破先生は今年、充実した夏休みを過ごされましたか?今回のように予めブログは更新しませんと決めるのは石破先生にとって大変珍しいことですね。良いことだと思います。充分に休息されないと消耗しちゃうし、石破先生が消耗されたら日本が大変なことになります!

聞かれてないけど私の夏休みの思い出は・・・国会見学をしてまいりました。もちろん衆議院です。館内は超暑くて見学者の皆さんは汗だくでした。伊藤博文先生の銅像を見て、石破先生を銅像にするならどんなポーズがいいかな??など想いを巡らせながら歩きました。でやっぱり銅像はマイクを持って演説しているお姿が良いかなと思いました。そして幹事長室を見つけましたよ。石破先生は普段ここにいらっしゃるのかと思うと感慨深かったです。そして見学の後は先日石破派の会合が開かれたという北海道・赤坂見附店へ行きました。入ってすぐに色紙のサインたあったので近づいて見たら・・細川たかしでした(笑)

まだまだ暑いですがまもなく9月ですね。今年は石破先生にとってどんな転機が訪れるのしょうか。昨年とは違って穏やかでない予感が・・・どんな9月になろうとも応援しておりますよ石破先生。

投稿: 春霞 | 2014年8月20日 (水) 22時46分

【広島県の激甚災害】

 死者27名を数える土石流による災害があったと報道されている。そのさなかにおける気象庁の警報が適切だったのかと問題にする記事がありました。そう云えば、台風の直接的な豪雨とは違うような報道があり、中継するところもなかったのではないかと思います。現場の町村行政責任者の認識がどうであったのかが問題になるのかと思っていましたが、気象庁に向けた批判に集中するのはよくわかりませんね。レーダーによる雨雲とかの解析に失敗でもしていたのなら、現場自治体の判断とかが問題になると思うのですが、死者の数に恐れをなして責任逃れの議論でも起きているのかと疑いますね。台風11号の接近が刻々と報じられる中で注目を浴びていたのは、三重県である。
 ここに関しては重点的に何度も警戒警報の発令があり、その解除もかなり遅れたころになるまで報道がなかったような印象を持っています。その時に広島県の話が出てきていたのだろうかと、振り返ってみて不思議に思いますね。台風の進路の方向に三重県が想定されていたのではないかと思いますが、四国もそれに次ぐ頻度で警報が発令されていたように思います。ところが、広島県の土石災害は、かなり遅れて報道されたのはなぜなのか? そこに疑問が湧きますね。当該地区の自治体の責任者からの声も、台風が去ってからのような印象があります。土石被害が甚大な地区から声が上がって、10人を超える死者があるという報道が起きてからですね。誰がその地区を注目していたのかという事です。レーダーだけでは見えない災害という事なのかもわかりません。
 目立ちたいだけの民主党は、広島のこの災害報告を受けて安倍総理を批判しているようですが、死者の数の多さに驚いてから批判を始めたという印象があります。地元民の声とかではないところに民主党の付け焼刃が見え隠れしますね。責任感の乏しい連中はいつも後になって大騒ぎします。彼等の政権は、実際に起きていたメルトダウンを2か月放置していた事実があるので、彼等がこういう危機管理に向いていない連中であることは国民が承知しているので、相手にする必要すらありません。しかし、この土砂災害は、じっくり調査する必要がありますね。最悪の条件が重なり合った疑いがありますね。降雨量そのものの数字だけで説明がつくものかどうか慎重に調べることが必要ですね。地域の地形的な構造とか付近の川の状況とか道路の寸断があったというような報告もかなり後で出ていますので、その地域は、県の防災担当者の関心が低かったことが予想されますね。危険を示すデーターの数値に間違いがあったのかもわかりませんね。判断するべき人の判断を狂わすような数字が誤って出ていたのかもわかりません。気象庁だけを責めることで問題の解決を急ぐと、次への蓄積とはなりませんね。慎重すぎるほど警戒警報出しまくりの三重県で何もなく、台風通過後に広島で大量の死者を出した今回の災害は、落とし穴に落ち込んだような気分になりますね。どこが間違っていたのか? 犠牲者の霊に報いるためにも徹底的に調査していただきたいです。何かの見落としがあったという発見の報告と改善案がすぐに出て来るとは思いませんが、念入りに調査していただきたいです。

投稿: 旗 | 2014年8月20日 (水) 22時52分

石破さん かっこいい~爽やか~

ところで次から次へと災害が起きますね。
広島県で大変な土砂災害が起きましたが避難している方への薬や救援物資などの政府の素早い支援をお願いします。
体育館に避難されてる方などはクーラーがなくて大変だそうです。
停電断水の地域もあると思いますがよろしくお願いします

投稿: ひまわり | 2014年8月20日 (水) 23時28分


石破さん、
事務局の皆様、
お疲れ様です(`ヘ´)ゞ


『非公認後援会』
ネーミングが
良いですね~note
非公認ではあるけれど
愛で支えるみたいな感じなのかな~…?


私もメンバーに加えて
頂きたいですね(^ー^)
エヘヘheart01


只今、
ワールドグランプリ
バレーボール女子の試合が
行われています。
(フジテレビ地上デジタル)


銅メダルを獲得した
スタメン選手は少なくなり、控えだった選手や
若手選手が入って
来ました。


眞鍋政義監督は
アタッカーでメンバーを固め、
攻撃性を高めると共に
セッターや守備なども
オールマイティーにこなし、
担うという
"ファイブリッド6"を
戦術に掲げました。


国際試合に不慣れな
若手選手も高さや雰囲気に慣れてきた感が。
20日のロシア戦は見事に
3-1で勝利sign01


  ロシア   日本
1. 25 - 22
2. 20 - 25
3. 21 - 25
4. 17 - 25


170cm代の多い日本チームが
190cm代の多いロシアに
勝利するという、
感動的な試合でした。


相手の高さに動じない
強気、技、
丁寧で粘り強いバレーを
披露。


強豪ロシアに勝つなんて
感無量です…。


次はトルコ戦です。
世界ランク1位のブラジルを
破った恐ろしいチーム。
高さもパワーもスピードも
あります。


是非とも頑張って
勝利して頂きたい
ですrocksign01


多忙極まる石破さんに
御報告まで(^ー^)


御体に気を付けて
頑張って下さいsign01
rock(`ヘ´)ゞキリリsign01


P.S
テレビでニュースは拝見
しておりますが、
次の総裁選で…とか
色々耳にします。


それが正しい報道なのか分かりませんし、
安倍さんがどんな腹の内なのかも存じませんが、ただ、石破さんが
周りの思惑に巻き込まれ困惑されているのではと心配です。


大変ですね、本当に。


私はいつでも石破さんの味方ですから。
(`ヘ´)ゞsign01


では
またお邪魔します。


失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2014年8月21日 (木) 02時44分

【対応を誤ると、第2の歴史教科書虚報事件の再現になりますね】

 米国で開かれたシンポジウムで韓国の駐米大使が、戦場売春婦の強制連行について、その根拠の一切を明らかにしないまま『強制連行は十分な証拠がある』という発言を繰り返し行ったそうである。韓国政府が独自の調査を行ったという報告は今にいたるも元売春婦の『証言』だけであり、その証言の内容もクリスマス休暇にジープに載せられて基地に動員されたというような時代背景と状況が混乱したものであったことが断片的に知られているが、それが、検証に耐える十分な証拠なのかは今に至るも証言と称する中身が非公開にされているので、一般人の判断を仰ぐこともできないものではないかと思います。文書として残るのは、朝日新聞社がでっち上げで書いた記事と狂人の著作。これ以外の物が他にあるなら、この駐米大使は、その主張の根拠を明らかにする義務があると思いますね。朝日新聞の記事の罪の重さは計り知れないものがあるという事です。記事の内容を裏付ける事実がなかったと明白に日本語で認めた記事を公表しても、日本語を解しない愚かな韓国駐米大使は、自身の論拠となる証拠を提示することがありません。記者の質問に対しては、対立が続く日韓関係の修復には「日本の指導者による行動」が不可欠だと指摘したそうです。曖昧なままの政治的判断での決着を急がせるような答えですね。証拠も出さずに、日韓関係の修復を図れと上から目線でぶち上げているわけです。こういう態度だから、彼等を信用することができないという事に気が付いていませんね。残念な連中である。

 済州島の新聞社には、狂人の著作がもとで朝日の記事が出たときにそういう話が、この狭い島であったのなら大変な騒ぎになっていたはずだと当時の島の新聞記者が調査をして事実無根であるという報告を記事にしていたと櫻井よし子氏が、随分前からYOUTOBEなどで動画で述べられていました。そういう自国の新聞記者の手になる否定記事には目もくれずに朝日新聞のでっち上げ記事をありがたがる韓国政府の対応は、この国が調査能力や検証能力もない無能国家であるという印象を強く抱かせることになっています。今回朝日新聞は、事実無根のでっち上げを記事にしていたという事実は認めましたが、それは日本語だけがわかる国内向けの訂正記事である。世界には、その事実を知っていただく必要があると、今回の韓国駐米大使の発言を見て強く思いました。強制連行の事実がない。この意味することは、国家がこういうことをやっていないという事です。戦場売春婦の存在は、あっても、最初から営利を求めて動く業者がいたという事以外にかんがえようがなく、それは、戦後、GHQによる売春婦に対する事情聴取があった事実とその報告文にある内容と相違ないことが明らかになっています。米国政府が管理するGHQの文書に書かれた事実と相違があるならそれは新たな証拠の発見という事が言えますが、韓国大使の云うような十分な証拠が既にあるとは言えなくなってしまった今、朝日新聞が訂正記事を広く世界に配信する必要が改めて問われますね。後手後手にしたいのは我が国の名誉を回復する気がないという他ありませんね。これは、明らかなテロ活動です。政治的な責任が重い事件と言っても過言ではありません。無能な韓国を煽ってここまで愚かな国家だと宣伝する意図があったという事になってしまいますね。韓国はあほな国という認識は日を追うごとに多くの国民が感じていることですが、そのマイナスイメージが回復不能に至るまで彼等のイメージを貶めることにつながることに朝日新聞は気が付かないのだろうかという疑問もわきます。日韓国交断交に向かわす狙いがあるのだろうか?
 それならそうとはっきり紙面で主張すればいいのに、それをしない。日韓国交断交は、今や我が国民の希望になりつつありますね。まともな会話ができない国と『友好』の振りを続けることに嫌気がさしてきた人々が多くなっているように思います。国交断交が目的だというなら、朝日新聞のやり方は、常軌を逸していますが、国民の願望を先取りした形と言えなくもありません。そのために手段を選ばず、日本国民を卑劣漢に仕立てたのでしょうか? キチガイのようなでっち上げをして嫌悪感を相手に起こさせ、実はウソでしたと30年以上かけてから言い出せば、両国国民の感情は揺るぐことのない嫌悪感で満たされますね。無能な韓国政府嘘にすがる韓国政府。金をたかる材料と謝罪の要求を延々と続ける韓国政府。恩を仇で返す人非人の韓国政府。そういう国に大使館を置く必要がどこにあるのか?  我が国国民はじっくり考えますね。そして、教科書虚報事件を思い出します。あれも嘘の記事が発端で韓国政府が何も独自調査もしないまま煽られて我が国政府に対して謝罪せよの大合唱でした。愚かな当時の首相は謝罪しました。しかし、侵略を進出と書き換えをしたという教科書などどこにも存在していなかったという事実が発覚します。それが解っても、韓国政府の対応はどうでした? この駐米大使のようでしたね。嘘記事が事実であると強情に主張していました。今と変わるところがありません。当時は韓国政府に御注進に及んだ新聞社が、虚報だったと解った後になっても謝罪すらしていません。これは今に至るも謝罪していませんね。曖昧なまま時間の経過に埋もれさせたような形です。
 今回のこの問題は、米国市民や欧州市民国家まで巻き込んだ騒動に至っています。虚報であったことについての責任を取らせる必要が絶対にありますね。同じ間違いをさせてはいけません。謝罪は世界に向けてやらさなければいけませんね。彼等の義務ですそして廃刊までもっていく必要がありますね。自主廃業が望ましい姿だと思いますが、彼等はそれをやらんでしょ。破壊活動防止法違反のような罪状で起訴するぐらいの事をやらないと30年間受けた非難から来る精神的苦痛は晴れることがないように思います。時間の経過とともに彼等を憎む気持ちが強くなっていくことを押さえる努力が必要になりますね。廃業させるしかないのが、解決方法じゃないかと思いますね。それは、言論の自由を侵すという事に見えるかもわかりませんが、あの連中がのさばることがどれほど苦痛に思っているか。国民にアンケートでもとれば、答えが出てくると思いますね。朝日新聞毎日新聞東京新聞中日新聞北海道新聞西日本新聞は、我が国国民の公共の敵です。テロ集団ですね。首魁は朝日新聞です。

投稿: 旗 | 2014年8月21日 (木) 08時00分

ブログへのアップありがとうございます

すごいインパクトのある本ですね。
先生を支援されている地元の支援者の熱い思いがギュッと詰まっている感じがします。
若いときもかっこいいですね。(´∀`=)

投稿: くま | 2014年8月21日 (木) 18時44分

素朴な疑問ですが、何で今出版されたんですか?

やはり選挙を見据えてでしょうか。

福島原発の汚染水は、氷の壁では無理でしたね。
最初から予算がかかっても確実な方法は選べなかったんですか?

オリンピックまでに汚染水問題は解決しないでしょう。でも、大丈夫と言い続けるんでしょう?

歴代の政治家、官僚は嘘で塗り固められてるのを知ってる人は沢山います。
慰問をしても直さなきゃ意味がないんですよ。


もう国民を騙すのはいい加減にしてください。

投稿: 西村 | 2014年8月22日 (金) 03時48分


石破さん、
大丈夫ですか?


無理なさらないで
下さいね。


投稿: lyrics&front | 2014年8月23日 (土) 01時24分

 石破さん 事務局の皆さんお疲れさまです。


 広島土砂災害…被災者の皆さんには謹んでお見舞い申し上げます。
 地方自治体には治山事業は荷が重すぎることがハッキリしました。治山事業は国の直轄にされますようにお願いします。

 集団的自衛権で、高村副総裁は半島由来の宗教団体の傀儡政党との安易な妥協をされました。沖縄知事選を睨んでの対応と推測しますが、国土防衛において曖昧な且つ安易な妥協は許されません。
 
 『邪心を持たせない』
 『付け込まれるスキを作らない』 

 『攻めるためでなく万が一への備え』

 Going Isiba's Way!


非公認後援会の西部有志部員は石破さんを支持します。

投稿: 心神搭載しなの | 2014年8月23日 (土) 09時34分

石破さんお疲れ様です
広島の土砂災害で避難所に人が殺到して収容人数オーバーだという記事を見ました。
広島市まで車で数十分の場所ですし何とか他の安全な地域で避難所を確保できないのでしょうか?こういう時に県営市営住宅の空き部屋なども利用できたらいいのにと思います。
とにかく真夏ですし長期の避難所生活になりそうなので今のうちから準備しておいたほうがいいと思います。
こういうことは与野党問わず国や自治体が連携してやってもらいたいです。
それと福知山のほうの災害も忘れないで欲しいと思います。
福知山も大変だとテレビで言ってました。

投稿: ひまわり | 2014年8月23日 (土) 13時20分

石破幹事長殿

お早うございます!!
小生は同郷、鳥取県出身の者です。
短いお盆帰省ながら、小生も8月13日~16日迄深夜の名神高速~中国道~鳥取道~山陰道と車で走り帰省して来ました。

今回田舎へ帰ってみて、つくづく農村の高齢化と過疎化が進み、危機的状況であると痛感しました。農業規模が小さく、農業だけでは生活が出来ず何かしらの勤めに出ざるを得ないからです。そして若者の殆どが都会へと出てしまっています。また故郷に残っていましても家に高齢者を抱えていますと、家を空けるわけにもいかず病院は遠くて若い人が付き添い、1日仕事になる場合が多いいようです。小生の実家の村は110軒もあり田舎でも大きい集落ですが、空き家もかなりあり老人の一人住まいもかなりあります。霊峰大山と日本海のどちらへも近く、山紫水明なる故郷の崩壊の危険です。地域、県の行政の問題と云うより、国家の抜本的改革が必要です。つまり、農業問題は過疎問題にも繋がり、過疎問題は人口減少問題、社会システムの崩壊につながり、ひいては地方の崩壊となります。以前にも提言致しましたが、早急に仕事の創生を考え、地元に人口を引き留める方策が国家事業として必要であります。

今朝の新聞にてこの自民党の9月の人事において、石破幹事長は安保担当相を固辞されており、無役になられるかも知れないと記載されていました。
『結論から申しますと、大賛成です』
元々石破幹事長は国家安全保障基本法制定の推進者の一人であり、去年の参議院選挙の大勝後、急に安倍総理が集団的自衛権行使容認論議を提議しその後、拙速とも思える展開となりましたが、石破幹事長はこの問題は目先の事ではなく、じっくり国民へ向けて政府の方針を説明すべきである。その為の法整備も必要であり、いつまでに決着を見るとの拙速に事を急ぐべきではないとされていました。その為、安倍総理の強い指示のもと、公明党を含めた閣議決定の会合においても、自身は心安からずではと感じて居りました。
又、与党内に措いて最終合意の閣議決定内容も、公明党の認識では個別的自衛権の延長戦上にある極めて必要最小限度と云うかなり限定的なものであり、自民党の思いとは相入れないものであるとの事。齟齬のあるこのままでは、国会において野党から追求されれば、理論的に整合性を持たないだけにボロが出る事は必定であると以前申し上げました。
小生は集団的自衛権行使を全く否定するものではなく、憲法解釈と云う姑息な手段によらず堂々と憲法改正論議を進め、正当なる手段によって憲法改正後であれば、世界の平和貢献に向けて、国連の平和維持軍へも参加しても良いと考えています。勿論、いつも提言をしておりますように、国連機能向上へ向けて国連そのものの改正が必要であり、その事を日本として世界へ向けて同時に発信して頂きたいとも強く願うものであります。

又、今秋来年の消費税再値上げの論議となれば、公明党は軽減税率導入を厳格に求めて来る事は眼に見えています。集団的自衛権において譲ったかたちとなった公明党が軽減税率の導入の提言が入れられなければ、連立を組む云われも無くなり、国民の支持を大きく損ねる事になるため連立離脱の方向へと進む事も充分予想されます。そうなれば又もや、与野党の捻じれです。いつまでも与党として衆参の議員数の絶大なる驕りは、翳りを見せる事となりましょう。
来年の統一地方選挙にも不利となる流れは眼に見えていると云えます。

石破幹事長の行く末を応援する者としましては、「真に何が必要であり、今何をなすべきで、何をなすべきではない」かを熟考して下さい。勿論、国民にとって何が重要であるかとい視点からであることは言う間でもない事です。「山高水長」との諺がありますが、為政者が志を高くすれば、国民と云う水は大河となって良い方向へ流れます。又、「水はよく舟を浮かべ、よく舟を沈める」との諺もあるように、如何なる場合でも国民目線を一番にとお考え下さい。富貴を望まず、沈思黙考する事も一法であります。

残暑が厳しく暑さが身に応える折柄、充分身体を労りご活躍下さい。

投稿: 桑本栄太郎 | 2014年8月23日 (土) 14時32分

いやー表紙の先生が実にかわいらしい!
素晴らしい!

さて、先生。
桝添が「在日朝鮮人がヘイトスピーチと感じたら逮捕できる法案を作れ!ヘイトスピーチが無くならないなら東京オリンピックを中止する!」
とオリンピックを人質に脅していますね。
先生ぜひおっしゃってください。
「悪口を言われて許せないなら名誉毀損で訴えなさい。それが法律です。一方が差別と感じたら、もう一方を逮捕できる。そんな独裁国家のような法案は民主主義国家では成立も行使も出来ない」と。
差別をヘイトスピーチに変えただけで本質は人権擁護法案ですよね(笑)

平沢先生におっしゃってください。
「東京オリンピックを勝手に桝添1人が強行したら、それすなわちIOC、都民、日本国民、世界を敵に回すことです。やれるもんならやらせてみせましょう」と

てか桝添は政党助成金を借金返済に使った。
これは法律違反です。
これをふれまわれば桝添は破滅ですよ。
在日朝鮮人と朝生で告白した桝添さんは足元が明るいうちに改心して都民のために働いてもらいたいものですね。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2014年8月23日 (土) 15時05分

 
 私が感じた、「石破自民党幹事長が「安保担当を固辞する」第一の訳  」


石破自民党幹事長が安部首相からの「防衛大臣兼安保法制問題特命大臣」の就任依頼を、「安部政権と安保問題の考え方の違いが自信にあるため、閣僚として発言できない」といった理由で、固辞しています。

 私は、政治家が、本心以外の内容を口にださないなどということは、有り得ず、二枚舌、三枚舌のを使っていく中で、どうしても、譲ることのできない信念の部分で、ハッキリ言うとか、妥協しないとか、けむに巻くとかすることで、鋭く対立する意見の棲み分けを、円滑に、あるいは徹底して、行えるところに、各議員先生の能力評価がされるものと思っています。
 特に、トップでなく、次席、幹事長、あるいは、安保担当大臣などの場合、本来、自説を曲げても、トップの意向に従って、円滑に物事を運ばなければならないことは、石破氏も重々承知していると思います。

 つまり、安保法制の話だけなら、石破氏は何のためらいもなかったと思えます。

 では何があるか?
 
 私は、前回の自民党党首選挙で、党員票を断トツで取った石破氏の、党員への訴えが、他の議員と違う点があったと思えます。それは、公務にあずかり、国民の将来、生活、人生に責任を持つべき党や政権の重責にある人には、国民の痛みとそれを思う自身らの痛みを理解し、自ら達の失敗、汚点に対して、真正面から国民に詫び、問題があれば厳しく律していくことを習慣価できるか否かという点だと思います。

 つまり、来年の統一地方選挙、再来年の総選挙に対して当たる、自民党の幹事長としての素養が、自身ほど責任の持てる、人材が居ないと感じているのではないでしょうか?

 確かに、適応スピードが速く、何にも怠り無い、官僚的な能力が、石破氏より長けている人は、数人いるかもしれませんが、それが、余りに、、手抜かり無く、必要最小限で、頭を本心から下げることが無く、まさに官僚然としていて、それで、人の心を、選挙民の心をつかむことができるか、といった問題に立ち入った場合、実績が味方することもあるかもしれませんが、敢えて、選挙大敗への道を歩むようなことは、我慢がならないのではないでしょうか。

 それで、幹事長職を抜けるという前提を示されても、最後まで、近未来の自民党の選挙結果に責任を感じる余り、進んで、その責任から逃れる人事には徹底抗戦するのではないでしょうか?

投稿: カラオケ好き | 2014年8月23日 (土) 17時51分

とても残念です

幹事長を継続されるようですが
それでは私は支持をしません

トップの指示にしっかり従い
その役目を果たした者こそ
次のステップに上がることができ
次のステップにて支持されるでしょう

もし今のままステップを上っても
支持は得られないでしょう

国民は幹事長として不適である
そう認識しています
選挙に弱い!

結果が悪くて継続される
民主党と何が違いますか?

我々国民もバカではありません

身を粉にして役割を果たした後には
必ず支持をします

仕事場は幹事長ではない
適材適所

国民の多くはごねている独りよがりの人と
認識していることを考慮ください

投稿: すず | 2014年8月23日 (土) 21時26分

石破さんヽ(´▽`)/
今朝のテレビで見ましたが、政策上やこれまでのご自分の政治活動から、安保の仕事を懸念されている旨、拝見しました。
でも、この戦後最大の安保改定には石破さんしかいませんよ。誰よりも深く長く研究と勉強を重ねてきていらっしゃる方でないと、まかせられません。にわか議員、にわか勉強の人ではダメです。首相さえその考えには甘さがあります。
たいへんでしょうが、石破さん、やってください。私たちもできるかぎり応援します!

投稿: 応援します! | 2014年8月24日 (日) 08時59分

新聞に出た石破さんが「安全保障制担当相を辞退されたとの事で、大変良かったと思います。これを受けたら安倍さんの思うままになり石破さんのカラーを変色されてしまいます
安倍さんと石破さんの国家間の違いを新聞は上げていますが、石破さんの言われる「国家安全保障基本法」を制定してから集団的自衛権に取り組む姿勢は大賛成です。
本来憲法の解釈を変えるのではなく憲法を改正してからが正道と思いますが、これを待つと日本の安全保障は保てません。
従って邪道では有りますが石破さんの方法が現実的で有り国民の納得も今よりは理解を得られると考えます。
伏魔殿の政界では、石破さんの主張を通すには大変なエネルギーが必要と思いますが頑張って下さい。心より石破さんの活躍に期待をしています。
安倍政権になってから日本の民主主義は崩されています。一政権でこれは横暴そのもので
私は安倍さんの早期退陣を願っていますが、それには支持率が下がる必要が有ります。
国民はここを良く考慮して欲しいと願うばかりです。

投稿: 橋本 脩二 | 2014年8月24日 (日) 11時00分

 こんにちはー。

 いま知ったのですが、御著書を出版されたそうで、おめでとう御座います(^^vv

 で、さっそくアマゾンで検索してみたら、なんと一時的に在庫切れの状態になっていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

 大好評のようですね♪

 非公認後援会が活躍する話、非公認で活躍している、ふなっしーのような存在でしょうか?(笑)

投稿: 尊野ジョーイ | 2014年8月24日 (日) 17時26分

石破茂さんの本、予約注文しました、
静養の旅、楽しい旅になりましたか
そのあと、石破茂さんが判断したことだから…見守っています、
リュウスケも黄昏も、進んでいます、すこしずつでも、
自分の人生の旅の乗り鉄は北斗星号になりました、
石破茂さんや石破茂ファンさん、どうか、御自愛ください。

投稿: 伊藤祐樹 | 2014年8月24日 (日) 17時49分

【自分で何も調べずに批判する人が韓国と米国及び国内に大量にいた件について】

 戦場売春婦の問題は、朝日新聞が虚報を流し、それを利用した人々が大量にいたことが原因になっている。問題の中身の調査をやった形跡がないのは、JBプレスと言うネット記事に小森義久氏が、米国で議論の中身を調査して、彼等の言辞がすべて朝日の記事からの引用にもとずくものであり、独自の調査をやった人に出会ったことがないと発言していることが明らかになっているようだ。米国独自の調査報告書である戦後直後に行ったGHQの報告書を提示する人が米国下院議員にいなかったという事のようである。
 自国政府の報告書を信用せず、反日が目的のテロ新聞の記事に飛びつき、非難決議までやった米国下院議員168名は、その頭脳が腐っているか、脳みそとは違うものが収まっている連中と言わねばなりませんね。自分で調べることがないのに偉そうに批判を繰り返す人々と云うのは政治的な思惑だけで、他者の非難をやっている愚かな連中です。彼等の政府を構成する国会議員が、それ以上の能力を保持していない事実に注目する必要がありますね。

 朝日はその訂正を国際版では未だやっておらず、英字での訂正記事が掲載されているものは、国際版ではないという指摘があります。どこまで姑息で卑怯な連中なのかは、未だに謝罪の言葉がない事実を重く見る必要があります。

 韓国政府についても、前にも書いたが、済州島で強制連行事件は一つも発生していなかったという記事が韓国人記者の手によって記事にされていながら、そちらには見向きもせず、朝日新聞の記事を根拠に我が国を非難する姿があった。そのうえ、20万人というこれはどこにその論拠があるのか不明な数字さえ掲げて、我が国に向けた脅迫的非難をしてきた。
 毎日北海道東京中日西日本日経新聞は、強制連行が許せないという論陣であったが、いつの間にか女性の人権問題だと論理をすり替えるようになってきたのは、毎日新聞が、随分早くから、女性の人権問題という主張に切り替えたことと時期が似ている。狂人の創作を隠し通すことができないと感じていたからだと思いますね。彼等も済州島で独自の調査をした形跡はない。しかし、櫻井よしこ氏の主張やほかの指摘から、捏造された事件であるという認識があったものと思います。それを正直に白状しない辺りに、こいつらも、朝日新聞と変わらぬ反日姿勢を続ける意図があるという事だと思いますね。新聞記者のくせに調査もせずに記事を書く。これは職務の腐敗ではありませんか?
 
 米国を代表する国会下院議員なのに、独自の調査権も持っていながらそれを行使することなく反日新聞社の記事だけを頼りに国会決議を挙げてしまう連中と言うのは、戦争でもやりたいのかと疑いますね。彼等は非常に杜撰な連中である。信用を失墜する行為であるという自覚が今もないのは、哀れな気がします。我が国外務省は、米国国務省にどういう働きかけをしているのか、どこも伝えるところがありませんが、これは日米の重要な会談テーマになりますよ。米国下院議員の質を嘆いているという事で採り上げて、我が国に向けられた不当な非難決議の撤回をやってもらう必要がありますね。この決議が生き残ることがあれば、我が国国内の反米勢力の成長につながるのは間違いがありません。日米同盟の破綻は、あるとすればそれは米国政府が招いた結果だという事です。あの議決当時から多くの人々がそれは大きな間違いであると言っていたのに、誰も省みる人がいなかった事実を重く見たほうがいい。彼等の中にある反日勢力は、当時もあって今もあり、そして未来にもあり続けることは間違いない。そういう連中はこれから先も朝日新聞のようなそれなりの質がのあると思われているメデアがでっち上げの記事を載せれば、批判することなく、自分で調べるという事もせず、我が国批判のネタにして繰り返しゆすりを強要するだろうと思いますね。そういう連中とは対話が無理なことを知っておく必要があります。距離を置いて外交を進めることの必要を痛感しますね。

 愚かだという自覚もない頭の悪い国会議員は我が国にも大量にいる。彼等もまた朝日新聞の記事に騙されたと言い出すかもわかりませんね。自分達で調べることもせずに、批判する側に立ちたいから嘘に縋り付く。訂正記事が出てから、この問題で批判してきた連中が沈黙していますね。何もなかったような顔で生きています。そういう連中の名前を国民は知っておく必要がある。国会議員は調査権がある。そのために税金を使う事もできます。それをしたこともない連中が批判していたことを忘れてはいけませんね。卑怯者のたまり場と化した政党が我が国にある。そういう事です。

投稿: 旗 | 2014年8月24日 (日) 19時00分

【裏切る人々】
 何か明確な意思をもって根拠を示さず敵対的な行動に移すと、向けられた相手は裏切られたように思いますね。我が国の歴史上有名な裏切りと目される事件に、本能寺の変と呼ばれる事件があります。
 あれは、今に至るもその解明作業が続いているようで、今の時代にあって仮にその事件の動機なりが解明されたところで、どういう事になるのかよくわかりませんが、歴史上の謎のままにしておくのが嫌な人々がいるのは確かなようです。
 明智光秀個人の独断で、あれをやるには、不明な点が多すぎて、他に黒幕がいるのではないかといろいろ根拠を並べて自説の展開を図る人もいるようです。しかし、説得力に欠ける点とか、それを補う証拠となるような資料が具体的に提示がない。あるいは乏しいために賛成を得るのが難しいようです。あの事件に直接関与した光秀旗下の武将の手になる日記の類もなく、本城惣右衛門という侍大将が、晩年90歳近くなってから書き留めた文が、残っているだけで、内容については書かれた人物の年齢から記憶違いとかもあるのではないかと思われ、重要な位置を占める資料になっているのかどうかよくわかりません。信長右筆の職にあった太田牛一が書いたとされる信長公記は、信長の生涯を描いた資料として有名ではありますが、あの肝心の事件については、詳しく書いているのかどうかよくわかりません。しかし、あの書物の中にある光秀の家来の名前の中に我が家の祖先の一人があるのは、驚きました。その名前は、祖父が曽祖父から聞いていたようです。直系ではないという話なのですが、信長公記が、広く知られるのは明治以降の話なので、それを見て、そこにある名前に気が付いたのかどうかよくわかりません。祖父は高等小学校しか出ていないので、おそらく信長公記という書物を見ることがなかったように思います。明治38年に亡くなった曾祖父にその知識があったのかどうかはよくわかりません。我が家の先祖の一人が明智光秀の家来であったという事実はほぼ確かなようです。足利家の家僕のような職を鎌倉幕府ができる前からやっていたという伝承もあり、足利家は、どっちかと言うと昔から、貧乏な侍の棟梁であったので、我が家が貰ったものは、家紋だけだという話になっているようです。それと明智家の家来になった家との関係がよく解っていませんが、あの本能寺の変が起きたとき我が家の本家は貧乏公方と呼ばれた足利義昭の傍にいたらしいです。それを強調するのは、やはり裏切りに加勢した家と呼ばれるのが嫌であったからではないかと思いますね。我が家は、幕末を経て今に至るも足利氏より拝領した紋を使っています。おそらく、元からあった紋を捨てたのではないかと思いますね。我が家に伝わるのは、一族に明智光秀の家来になった者がいるというくらいで、彼の手になる文書の類は何もありません。家系図さえも、江戸年間の最期の方の火事で焼失したという話なので、どの代の兄弟からそちらに奉公に出たのかも解っていませんね。やはり、それでもあの事件に直接関与した者がいるので、何か残しておいてくれたらよかったような気がします。その家来になった一族も山崎の合戦で父子共に亡くなっているらしいです。
  そういうことがあって、あの本能寺の変には格別の興味を持つことになり資料となるものや、それを調べている人のサイトなどを見ることがあります。事件が起きる前と事件が起きた後では、光秀の行動に差がありすぎて不思議な印象を受けますね。彼は親戚となっていた有力な大名家の一つである細川家に裏切られます。他にも頼みにした有力な大名である筒井順慶に裏切られていますね。彼は根廻しの巧みさでのし上がったような武将でありながら、事件後の行動はその片鱗すら感じさせることなく失敗しています。事件の衝撃の大きさを見て彼から去る人々が何を思ったのか想像がつきます。本当に彼個人が、考え抜いて実行に移したのか大きな疑問です。この事件があって、羽柴秀吉が、大きな博打に打って出たような行動が起きますね。あの行動の機敏なことは、本人も解っていてやったことなのかどうか非常に怪しい印象を受けます。光秀は当時54歳。秀吉は、45歳。この年齢の差が何か大きな意味があるように思えてきます。天生10年6月2日。この時点で日本中にいる大名の行動が今ではある程度明らかになっているようです。それは、天生10年6月13日まで、その行動の詳細を記すことが可能になっているらしいですね。僅か、2週間ほどの間に、我が国の勢力図が大幅に書き換えられ、戦国時代に戻ることなく逆に統一の方向に大きく前進した。この原点にあの裏切りの事件があります。劇的な変化を振りかえることが当時の人にあったのかどうかわかりませんが、これほど急激に政治的権力の移動が起きたのは、稀なことではないかと思います。織田家の陪臣の地位に過ぎなかった羽柴秀吉が、3年後の天正13年7月に関白になります。豊臣氏の政権は、秀吉の死後関ヶ原の合戦までとするなら16年続いたことになりますね。これは立派な長期政権ではないかと思います。江戸幕府がこれより長いのは、システムの構築に成功していたからできたことで、個人商店のような豊臣政権が、法人組織に失敗したからという事もできるわけです。それらのきっかけが、この本能寺の変にあるとするなら、何か恐ろしい企てを目論んだ頭の良い黒幕がいたのではないかと言い出す人が出てくるのも無理はありませんね。謎の多い事件として、今もあるのは、その後の流れが手際よく進んでいるように見えることから来るような気がもします。あの事件にかかわりを持った人が何も言わなかったのは、裏切りはやはり恥ずべき出来事だという認識があったからだと思いますね。そこが、少し残念な気もします。それは、何か秘密があって、それを隠しているように見えるからです。

投稿: 旗 | 2014年8月24日 (日) 23時26分

【ISIS国の成り立ちで、】
 米国のヘーゲル国防長官は、ISIS国について国防総省で記者会見し、彼等について『イスラム国に関し長官は、野蛮な思想と極めて豊富な資金、高度な軍事力を併せ持っていると指摘し「単なるテロ組織ではない」と強調』したそうである。その発言内容のうち、『高度な軍事力』については、米国にその責任の全部があると指摘する人がいる。ISIS国が持つ軍事装備の全部が米国製であるらしい。それはどこから入手したのかと言うとイラク軍からである。イラク軍は、先に戦争に負けてから米軍の駐留を受け、そこで、中東最強の軍隊を持つ予定にあったようだ。政権を握ったマリク首相は、旧南ベトナムのグエンカオキと同じ人物と思ったほうがいいらしい。国防大臣を兼務した上に軍に投入した人材は縁故で固め腐敗を促進するような政策を展開したようだ。ISIS国の攻撃が起きるやいや、イラク軍は下級兵士が戦線を離脱し将校は職場放棄に陥ったという報道がある。そして戦わずしてイラク軍はISIS国の軍門に下り手つかずのまま軍の装備はそっくり移行したらしい。それを主張するのは、今の処、JPブレスの記者だけなのだが、彼の指摘する内容が、ヘーゲル長官の記者会見の言葉になっている。腐敗した軍が持っていた高度の兵器がISIS国の手にあるわけだそうだ。だから、ヘーゲル長官の先の言葉に結びつく。米国は、いま、100回近くの空爆をイラクで展開中である。軍事行動に超が付くほど慎重なあの大統領が空爆を許可したことに注意を払う必要がある。米国は、自分たちのやった尻拭いを展開中である。マリク政権を後押ししたのはほかならぬ米国政府であり、軍の腐敗を黙認したのも米国である。そしてその結果そこにできたイラク軍が、イスラム国に対して何一つ抵抗しないまま武器を全部提供してしまったことに対して責任を感じているから、空爆を展開しているのだろうと思います。ISIS国がどのような武器を持っているのか米国は知っていると思いますね。普通の武器だけなのかどうかが、今回大きな問題になると思います。もしかすると、今回に関しては、CIAが調査しなくても大量破壊兵器と呼ばれるものがあるのかもわかりませんね。だから、ヘーゲル長官が慌てふためいている? と見る人もいますね。リビアでシリアでウクライナで軍事行動の封印をやった小浜大統領がためらいもなく空爆を展開していることに注目する必要がありますね。これを我が国のメデアは報道しませんね。どういう武器をISIS国が保有しているのか?恐ろしいことが起きるのではないかという不安がありますね。米国はあそこを第2の南ベトナムのようにしてしまっていたという事です。大変な事態が起きようとしているのではないですか? 

投稿: 旗 | 2014年8月25日 (月) 03時19分

石破さん ≪我が田に水を引いているかも?(ニッコリ)≫
日経【石破氏 外堀埋まる http://s.nikkei.com/1tpsWPX ‥幹事長の交代が固まり、安保法制担当相への就任を受諾するか無役になるかの選択を迫られている】
この無記名の日経記事は外堀が埋まったとか迫られているとか、小人の書物の如く切羽詰った雰囲気を醸し出そうとしていますね。

この書き手に色々と教えてやりたい気分です(哀笑)。
例えば、大国の総理の重責に就こうと云うご仁には、どんな状況にも泰然と構え自若として機を期し決断を下すものだと。
また、「人事は断ったことはない」のは過去の信念(生き様?)によるものであって、そもそも何事にも「初め」はあるのだと。総理に就くのも初めてなのだから、安倍人事を拒否するのもその初めの一歩だと。総理就任ともなれば、全てが初めて尽くめなのであって、(安倍某が出来なかった)大人君子がやる虎変豹変に驚くなよ(!)と。

末尾で石破氏周辺の「突き放したような声」を紹介して“石破組”の亀裂を示唆するなど、安倍某に迎合しその意を後押しする歪んだ目論見(謀)があるのかも知れませんね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月25日 (月) 11時07分

石破さん 又しても長駄文、ご容赦下さい。

  ≪被選挙人情報についての提案≫
121221付(衆院選直後)WSJ【安倍晋三氏の世界観:過去10年の発言を振り返る http://goo.gl/AA2Uot 】
一年半以上前のこの記事を読み返すと、安倍政治の歪みや狭浅短さが赤裸々に報じられており、市民がつぶさに彼のこの正体を掴んでいたなら今の歪んだ日本政治や一層乱された日本社会が予見できたと残念でなりません。まあ、この記事が世に出た段階では、国民が選択する唯一の機会たる選挙の制度的な意味では既に勝負が着いていたので、真に「後の祭り」ですが。
記事の各項目ごとに愚見を描けば‥
①中国との領有権問題に関して「この問題に外交交渉の余地などありません」(2013/1)
  ⇒何事によらず海外との紛争は一義的にも二義的にも外交交渉で解決に当たるのが21世紀の人類の智慧であって、昨年1月の真新しい発言でこの「人類の崇高な智慧」を完全に否定している。
②従軍慰安婦問題に関して「かつての定義である強制性について、それを裏付けるものや証拠がなかったのは事実だ」
  ⇒従軍慰安婦が発生するのは戦争と云う異常な事態に伴う現象であって、問題の核心は戦争自体にあるの。「日本軍の強制があったかどうか」は二次的三次的なポイントであって問題の矮小化に他ならない。簡単に云えば、「戦争がなければ従軍慰安婦もない」のだと。
③日本人戦犯問題に関して「いわゆるA級戦犯と言われる方々は(連合国による)東京裁判において戦争犯罪人として裁かれたわけだが、国内法的には戦争犯罪人ではない」(2006/10)
  ⇒安倍お友達&手下政権を支持する人たちのうち「右側に立つ人たち」が得意とする狭浅短な論を鸚鵡返ししているだけですね。
以前にもコメント投稿していますが、「此の安倍某は真っ赤な嘘を吐いている」と断じます。国内法では戦争大罪人を容疑者のまま放置しているだけであって、放置しているその張本人が安倍政権であり嘗て連綿と続いた自民党政権だと。その不作為の罪は日本人の規範意識を乱している。特にこの不作為は極めて重い罪なのだと。
(中略)
④核兵器に関して「憲法上は原子爆弾だって問題はない。小型であれば」(2002/6)
  ⇒十数年前の若い頃とは云え、若気の至りでは済まされない驚くばかりの軽薄さだと思います。憲法の深遠な精神を無視し表面的な字句だけを捏ね回し屁理屈で繋ぎ合わせるのは、法治国家の政治家としては愚の骨頂であり危険極まりない。こんな構えだから法律の細部に悪魔を仕込む暴挙を厭わないし私情に駆られ暴走することにもなる。

経験の少ない政治家なら兎も角、少なくとも「政権の中枢を狙うような中古参政治家」にはこの種の発言録を全てのメディアが報道するよう選挙制度として法的に義務付けることを提案します。
まあ、新人と古参の間が不平等だと云う空疎な反対が猛烈に出されるのは必定ですが、脆弱な民主主義を守り逞しく育てるには平板な平等ではなく公平さや更に高みにあり複雑な公正さこそが大切なのだと思います。大局論と実質論を以ってすれば実現可能だと。
然すれば、民主主義の理想に近付くことはあっても、今の悲惨な民主主義政治が更に一層悲惨になる事態は心配しなくても好くなると。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月25日 (月) 11時10分

石破さんお疲れ様です
石破さんの人事で新聞の紙面で色々書かれていますがどれも事実ではないようです。
某番組で言っていましたがメディアは内閣人事が大好きなんだそうです(笑)
一番最初にリークしたのがやっぱり朝日新聞であの新聞は揉めさせるのが大好き日本が大嫌いな新聞ですから信用してはいけません。
それを真に受けてお互いの側近が疑心暗鬼になり加熱してるようだと言っていました
政治家はもうこれ以上マスコミに騙されないでもらいたいです。
せっかく自民党が与党に返り咲いたのにまた人事でごたごたしていては国民にまた不信感を与えると思います。
政治家の方は一体国民の税金で何をしてるのか本当に疑問に思います。
正直国民にとって内閣改造なんて何の為にやるのかがそもそも疑問なんですから

投稿: ひまわり | 2014年8月25日 (月) 13時26分

近く内閣と自民党役員改正で近いうち石破さんは安倍総理に会われるようです、ご自身のイズムを貫いて欲しいと願うばかりです。
石破さんのお考えもしくは洞察力は過去のテレビの討論会などでお聞きし大変納得の出来る筋の通ったものと受け止めています。
出来れば次世代の総理候補と言われている小泉進次郎議員と肩を組む事が出来れば石破さんの政策も勧め易いと考えますが如何でしょうか、これからは党に縛られる事なく持論を展開されると新聞に記されていましたが是非そのようにされて欲しいと願う者です。
必要悪では有りますが良い派閥が有る事が自民党を成長させるし国家にもプラスになると思われますので石破カラーを変色する事なく強力に推し進めて欲しいと願うものです。
昨今は民主党を始め野党は責任がなく日本の政界は外国の諸国から笑われてしまうと思えます。
自民党は民主党政権を引き継いでからも外交に失敗しており日本を取り巻く情勢は一層厳しくなっていると思われます。
新年度予算の概算要求は過去最大との事で各省庁と大臣は財政再建は頭の中にないようで
大きな問題と言えます。
今の経済情勢では来年度の消費税増税は困難と思われ更に赤字国債を増やすつもりか無責任この上ないと強く感じます。
やはりこの辺も石破さんの出番です、頑張って下さい、日本の為に国民の為に、そして世界の為に。

投稿: 橋本 脩二 | 2014年8月25日 (月) 15時51分

表紙のお写真、晴らしいですね!!happy01

広島市の土砂災害でマスコミが殺到し、コンビニの食料が買い占められ、付近住民が困っているとの情報を耳にしました。これは事実でしょうか?だとすれば何とかならないものでしょうか?> <

投稿: 一ファン一意見 | 2014年8月25日 (月) 16時30分

ずいぶんお若い写真をもってきましたね。smile

安保担当相の件、ニュースで見ました。

 辞退されたとのこと、他に石破さん以上の適任はいないと思っていたので、少し驚きました。
同時に、人が集まるところ派閥はやっぱりあるのだなと残念に感じました。

 真実がどこにあるのか、外野からはわかりませんが、今後メデイアは、安倍政権の対立軸として石破さんを描くことになるでしょう。

 政治家が国家利益より、自己の利益を優先し、派閥抗争
に明け暮れていると国民に思われたら自民党は終わりです。そして、民主党の混乱した政治を経験した日本にもそれに耐える余裕はおそらくありません。

 極端な考え方だとは思いますが、ここまで旧来の派閥抗争的な動きがなかった分残念です。そして、まさか石破さんからそのような動きがでてしまうとは・・・。国益と自らの政治的利益を天秤にかけたとき、国益を選択される方だと信じておりますが、今は外形的にそうは見えない状態になっているように思います。

投稿: mt-3edc4rfv | 2014年8月25日 (月) 19時02分

石破先生はじめまして、安保相お断り残念ですけど・・・今の政治家では貴方しかいないと思ってます。でも、すごく気持ちわかります。考え一緒じゃないとできないですよね。
この辺がそこいらの政治家とちがうところですね。でも、残念だな~もう、中国と戦闘モードに入ってますからね

投稿: 斉藤 | 2014年8月25日 (月) 19時13分

石破さん、石破さんの人生のための自民党、日本国なのではなく、日本国のための自民党、自民党のための石破茂であることを忘れないで下さい。何十年に一度あるかないかの日本の安全保障の枠組みの進化の機会がスムーズに進むには、自民党が総裁のもと秩序を持って一丸にならないと難しいのではないですか?次期総裁選などどうでもいい話です。そういうモチベーションがないと政治家は国のために働けないのでしょうか。今の日本で石破さんが一番安保相にふさわしいのはあまりにも明白です。政局絡みで石破さんを利用したい人たちにまどわされないで下さい。ご自身の今後の事にまどわされないで下さい。日本のための道具に徹して欲しい。

投稿: 福岡 | 2014年8月26日 (火) 01時28分

安全保障制担当相を辞退されたとの事を評価します。


意図しない事、覚悟のならぬ事に説明責任を負う立場に甘んじるのではないかと危惧しておりました


ご陽気なテレビの裏で日本に何が起きているのか

国民が周知する頃には、後戻り出来ない事態になっているのでしょうね


損な役割を党の為に引き受けるのではないかとヒヤヒヤしておりました


国民に国家に良かれと言う思いで決断するのであり、党の為に生きるのではありませんからね


党の人間すべてが、同じ考えに至れば、間違いを犯した時に自浄能力を持たぬ党になってしまう


もう、政権交代は懲り懲りですからね


前回とはうってかわり、安倍総理にも一定の覚悟やリーダーシップは感じますが気持ちは感じられない


何度も言いますが、年寄りにおもねる政策はもういいです


せいぜい、この先10年から15年くらいの生活しか見えてないでしょうから

私は50代ですが、自助努力、自己責任、捨て石、若しくは踏み台でいいと思っています


70まで働けと言われれば働きますし、厚生年金の所得代替率もかなり下がってますし、介護に関しても、お金があっても充分なサービスは受けられないかも知れない


今の年寄りほど手厚くはないでしょう


それでも構わないと思っています


介護にならぬよう、節制もしますし


我慢の世代です


若い人や子供にきちんとした日本を引き継ぐ責任はあると思いますよ


高度成長期やバブルも知らない


若い時の苦労や貧困は希望や先の見通しがあるから頑張れます


どのような国になって行くのか、40年、50年先は

今の、政治家もその頃には大半はいないはず


今の年寄りだって、楽しい時を過ごしてきたはず

女性の社会進出?笑わせないでくださいよ!


橋本聖子氏のあの姿でしょうか?


三原じゅんこ氏のように離婚した後、子供をつくらず、政治に打ち込む姿でしょうか?


共働きでないと、人並みの生活を維持出来ないだけの事


父親の稼ぎで家も建ち、学校にもやれたわけです

パートくらいはしてもね

子供を育てるのは、保育士ですか?ベビーシッターですか?


学校から帰った子供の顔をみて、子供の様子に気付き、四季折々の行事もこなし、冠婚葬祭もこなし


今時の母親がお月見をし、ススキを飾りなどする家庭がどれだけあるかわかりますか?


幼児期に園での行事だからするだけで、節目、節目の日本の行事はすたれてますよ


母親にそんな余裕がありません


情操教育までは、先生に頼めませんよ


女性の社会進出はけっこうですが、子供を育てるのは誰ですか?


保育士やベビーシッターですか?


小中学生に親は必要ありませんか?高校生に親は必要ありませんか?


子供が帰る頃には家にいて顔をみてやるのが親だとは思いませんか?


10代の殺人や自殺が多いですよね


虐められてもなかなか気づかない


一緒にお風呂に入ってたら気づきますよ


そんな時間すら親はないんです


母親が仕事に家事に追われたらそうなりますよね

核家族化であり、隣近所との付き合いする時間もなく、PTAすら参加しない、出来ない


誰とどんな風に遊んでるのかもわからない


企業は人、国家も人ではないんですかね!?


終身雇用が崩れたあたりから、愛社精神はなくなり、安心して働く事が安心して暮らせるになるのでは


生活保護のほうがましとか、刑務所に入るほうがましなんて国がありますか?


内閣改造の目玉に多数の女性の入閣を予定しているようですが


だからなんなんでしょう?


国の基礎を作っているのは母親ですよ!


人を生み、育てる事を疎かにしていると、大変な事になると安倍氏はわからないのでしょうか?


今、10代の子供が30年後は自分の主治医かも知れないし、毎日買い物に行く店員かも知れないし、介護士や役所の職員かも知れないし


身の回りの様々な労働の担い手ですよ


いいんですか?情操教育きちんとしておかなくても大丈夫ですか?


入閣して大臣のポストにありつく事が国を作る事ではない


お金があるからではなく、環境があるからではなく、きちんと育てる者が側にいるから、人は育つのですよ


女性が真に社会進出するならば、人と言う応援がいりますよ


保育士、祖父母、地域、等々


安倍総理のように子供がいらっしゃらない方でも、自分がどのように育ったかを思い起こせばわかるはず


志しある方は励めばよいでしょう


子供がまともに育たなければ、国は機能不全になります


移民を大量に受け入れるしか労働力は確保できませんよ


私達の老後をささえる、国を支える者の地位や生活の安定は!?


そうなれば日本は日本でなくなり、日本と言う箱になるのみです


貧困の為に恵まれない環境にいる子供は国が我々が何らかの方法や支援で育てるしかないのです


少子化と言われながら、何故死ななければならない子供がいるのか、行方の知れない子供がいるのか?障害や病気に苦しむ子供が多いのか?


川崎病やアトピーやアレルギー多いですよね


これからの10年、20年取り繕ったところで対して意味はありませんよ


30年後泣くのは、今の40代ですから

投稿: ちえぞう | 2014年8月26日 (火) 01時32分

【シリアの現政権は消滅する可能性が高いような気がする】

 2011年より続く内戦が、イスラム国の勢力による攻撃で、近いうちにシリアのサダト政権が消滅を迎えるかもわかりません。イスラム国は、今現在過激派集団としてハマスやヒズボラなどと変わらないテロ組織のような目で見られていたように思いますが、イラク軍を消滅に追い込んだことで米国の注目を浴びるようになり、空爆の標的にされています。しかしながら、しぶとく反撃を行い、捉えられていた米国人メデア関係者の断首をネットで強行するなど、反米の意気盛んなことを世界に発信するようになっています。この動画の配信で、米国人の殺害を実行したのは英国人ではないかという疑いまで起きているところに、イスラム国の構成員の内情がおぼろげながらわかってきた事実があるようです。米国の調査によると現在のイスラム国の構成員は、約1万7千人ぐらいいるらしい。そのうち欧州他から最近になって参加した人々が急激に増えているという現実があるらしいです。そして、彼等はイスラム教スンニー派が支配の中枢を占めていることが明らかになっており、それは主にシリアやイラクのスンニー派の人々が多数構成員として参加しているという事実があるようです。そのことから、スンニー派の勢力が強いシリアは、彼等の構成員の供給元になっていると思われているようです。

 シリアの内情はかなり複雑になっているようです。サダト大統領一派は、スンニー派ではなく極少数のアラウィー派に属しているため、スンニー派から見れば虐殺の対象になっているらしいです。イスラム国は、現にイラク国内でスンニー派ー以外のイスラム教徒を平気で虐殺していました。だから、サダト大統領はイスラム国を攻撃するならどこの国とも協力するという声明を公表しています。自分たちの生存が確実に脅かされていることを承知しているためになりふり構わぬ協力を外部に求め始めているように見えますね。
 先日、シリアの内戦で既に19万人が死亡しているという国連の発表がありました。米国はシリアの空爆を検討しているというニュースもありますが、これはサダト政権を狙ったものではなく、シリア領内にいるイスラム国の構成員を攻撃するために検討しているという意味なのだそうです。イスラム教徒間の争いはかなりすさまじい流血を伴う事態にいつも発展してしまうようです。宗派間の争いに寛容の精神を発揮することがないので、少数派の信者は、生存をかけた生活を強いられているような印象があります。サダト大統領の出身部族のアルウィー派と言うのは、調べてみるまで知らなかったのですが、シリアでも極少数の勢力しかないそうなので、彼の政権が斃れることがあると、おそらく死が待っているとしか思えない状況になると思い込んでいるため、生き残るために多数派の反政府勢力(スンニー派)を押さえているのではないかと思いますね。それが、3年続いて、今新たなテロ勢力がシリア国内で活動を起こしているという事のようです。このイスラム国は、シーア派の反政府勢力とも敵対しているそうで、『彼等はサダト大統領よりも酷いことを平気でする連中だ』と恐れられているようです。比較的穏健なスンニー派の人々も彼等を非難し始めているようなので、シリアの内戦は三つ巴の宗派戦争のような状況にあるような気がします。そして、イランはシーア派の拠点です。ここもまたイスラム国の脅威にさらされているという自覚を、おそらく持っていると思いますので、イランが米国や欧米と対話を始めた動機がこういう事が背景としてあるのではないかと思いますね。

 米国が肩入れしてきたイラクは、テロ組織に乗っ取られる寸前にあるのかもわかりませんね。強力な軍隊の中身はイラクから鹵獲した米国製の軍装備だけでなく、欧米から流れ込んできた訓練されたスンニー派の原理主義者(彼等はアルカイダとも仲が悪いそうです)が多数兵士として動いているからではないかと思います。ヘーゲル長官の記者会見は、彼がこの連中を恐れていることがよくわかる内容になっています。シリアを目指す意図は明白ですね。イスラエルが近い。イスラム国の目的がどこにあるのかを知るうえで、シリアを制圧することに本気になっているように見えます。

19万人の死者を出したサダト政権を欧米は助けるのでしょうか? かなり難しい判断が起きると思いますね。そしてそれはロシアの動きも絡んできます。ウクライナの問題を抱えているロシアがシリアを助けるために動くのは難しいですね。しかし、軍港の問題もある。クリミヤ半島ではロシアは軍港のために工作活動をやったと思います。シリアではそれは通用しませんね。ここは独裁国家だからもっともらしく見える選挙が通用する国ではありません。しかも内戦中です。露西亜が動けなければ、サダト政権はイスラム国によって消滅されるように思いますね。大変な戦争に成長していくのではないかと心配です。

投稿: 旗 | 2014年8月26日 (火) 07時40分

 人事に関する報道の信憑性はともかく、安全保障は石破さんの長年のライフワークですから、安保担当相として閣内入りしてこれまでとの主張を変えると、国会で野党から「閣内不一致ではないか」「あなたが過去に主張していたこととは違う。二枚舌ではないか」などと追求されることは必至ですね。したがって、担当相の固辞は理解できます。
 かといって、このまま幹事長続投というのは、滋賀県知事選挙の敗北など多数の国会議員を動員しただけに、責任を取らなければ党内に不満が鬱積するだろうと思いますし、また無役では党内にしこりが残ることになり、安倍総理は悩ましいところではないでしょうか。
 ですから、素人の生意気な意見をお許しいただきたいのですが、私は地方創生担当相(兼幹事長補佐など)に石破さんが就任する手もあると思います。これなら役職は変わっても安倍内閣を支える姿勢に変わりは無いことはアピールできますし、無用な党内対立を避けられるのではないでしょうか。ローカルアベノミクスは中身が肝心ですが、今国民が注目し、地方の人が期待している重要な仕事だと私は思います。

投稿: 特急おおとり | 2014年8月26日 (火) 09時04分

安保法制担当大臣の件は、どういう結論を出されるにせよ、日本にとって良い結論となることを願います。他国に付け入られる隙を与えないよう、ご判断をお願いします。

投稿: BET2 | 2014年8月26日 (火) 17時51分

何度もすみません
日本のあちこちで大災害で困ってる人がたくさんいるのに政治家が人事で揉めてる姿を果たして国民はどう見ますか?
総理の座につきたい為に揉めているのでしたら本当にがっかりです。
自民党が与党に返り咲いてまだ少ししかたっていないのにやっぱり変わってないのだと思いました。
自分たちの出世のことしか考えていない庶民感覚とは全くかけ離れた人たちなんだと
自民党内で足の引っ張り合いをやってどうするのかと非常に残念でなりません

投稿: ひまわり | 2014年8月26日 (火) 21時40分

石破幹事長。

今回の安保相、ぜひ受けていただきたいです。

派閥がどうこうは一般市民の私には分りかねますが、国民の支持は少なくとも高まると思いますよ。

尽力されれば、おのずと次期総裁選。靡くものが・・・

残念です。

投稿: クワトロ大尉 | 2014年8月26日 (火) 22時11分

福島県民です。

石破さんが幹事長でなかったら、知事選で自民党には入れません

投稿: takahasi | 2014年8月27日 (水) 01時46分

【米軍の行動】
 ロイターの記事によると米軍は、シリア領内でイスラム国相手に軍事行動を起こすことを検討しているらしい。『デンプシー米統合参謀本部議長の報道官を務めるエド・トーマス大佐は、同組織への対応策として複数の選択肢が検討されているが、周辺地域や欧州各国とも連携する必要があると強調。「デンプシー議長はイラク、シリアの双方で、空爆を含め様々な軍事的手段を検討している」と語った。』

 空爆だけの展開をイラク国内で展開しているが、効果がないという判断があるのかもわかりません。そしてここでも空爆を試みることを含め、シリア領内にイスラム国の中枢があるとみて、地上部隊の投入なども検討しているのかもわかりませんね。これは、シリアの現政権を助けるようなことにもつながるので慎重になっているようにも思います。アサド大統領(先に書いた文ではサダト大統領と誤って書き連ねていました訂正しておきます)を助けてもこの内戦の解決にはならないという事も承知していると思いますが、アサドよりも、イスラム国のほうが残忍で狂暴であり、イスラエルに向けた侵攻があると思われるため、優先順位を上げているのではないかと思いますね。イスラエルが行っている虐殺が続いているうちにイスラム国は介入に乗り出す意向があるのではないかと思います。そうなる前に何とかしたいというのが、米軍の意向だと思います。これについて小浜大統領の発言とかが記事にないのは、米軍の意向と米国政府の考えが異なっていることがあるのかもわかりません。
 ガザの虐殺を止めさせるのは、イスラム国のような気がします。しかし、それをやることがあれば、戦域はさらに拡大することになり収拾がつかなくなる恐れがありますね。難しい問題です。米軍の介入があるのかどうか何も決まっていませんが、米軍が、シリア領内で軍を動かせば、ロシアもウクライナに兵を進める可能性がありますね。

 露西亜の外相はシリアが気になるようで、『西側諸国やアラブ諸国に対し、シリアのイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」との戦いに向け、同国のアサド大統領と連携していくよう促した。』と言う声明を唐突に発しています。シリアの現政権の行方が軍港に深くかかわっているから出た声明です。同時に目前のウクライナの事があるので、ロシアはシリアに軍を差し向けることが難しいと言っているようにも見えます。この地域を巡る動きが、大きな焦点になりますね。シリアのアサド政権が何時まで保つのか。行方が大変気になりますね。ここが崩れると戦線はイスラエルに飛び火し、欧州へ拡大する恐れもあるからです。9月が山ではないですか?

投稿: 旗 | 2014年8月27日 (水) 06時07分

正直気持ち悪い。
イエスマンの出した本をマンセーとは。

石破さんには期待していましたが、首相の器でないことはここ数ヶ月でわかりました。
桝添の公認など幹事長としても、役立たずです
終わってます。

日本のために野に下って庭で盆栽でもいじってください

投稿: 石太郎 | 2014年8月27日 (水) 08時50分

まあ、いろいろありますね。

でも、石破先生のまめで真面目な政治はテレビから伝わってきます。

私としては、先生が安倍内閣になんらかの形で入閣していただきたいと思っております。

先生のお若い時の写真、キャンデーズの追っかけ隊だったんですね。
ネットで知りました。

投稿: superluminal | 2014年8月27日 (水) 20時19分

イシバ先生、スタッフの皆様、ファイトwinkです。
イシバオタクの私も、毎日、大忙しです。
仕事も家事も忙しいし、テレビの自民党人事の解説、電車のおじさんの読んでる新聞ののぞき見、気になってしかたありません。
私にできることなど何もないのだけど…
さて、お盆に三朝温泉に行きました。お墓参りのついでに、ちょっと、いやかなり贅沢に。
せっかくの記念の花火大会が台風で中止だったのだけど、美人の湯だからいいか…
さて、その鳥取から、三つの伝言。みな、親しみを込めて呼び捨てなので、そのままでwink
一つ、我が家の菩提寺の和尚様から。うちのような小さな寺にもイシバが、自民党の議員の葬式に着たことがあるんだよ。若くてシュッとしてて、今でいうイケメンだったよ。私は警察官だと思ってたんだよ。
私は、自慢の先生との写真を出しませんでした。
この方にとって、イケメンの先生との思い出を大切にして欲しくて…
二つめ、鳥取の介護施設にいる叔母より。
痴呆で自身の息子が思い出せない時も多いのですが、自身によく似た顔立ちの姪の私、教育勅語、私の携帯に保存している先生の写真はわかるのです。
イシバはええ奴だ…と写真を見るたびつぶやくのです。昔、お目にかかったことがあったのでしょうか?
三つ目は、鳥取出身の女子大生。
頼まれ事を聞いて上げたお礼がしたいと言われ気をつかわないでってお断りしたら、後にメールが、入りました。
じゃあ、お言葉に甘えますが、次の初めての選挙、イシバさんに入れますheart04
いや、それ、いいので、梨でも貰っておけばよかった…
大きなお世話でしょうが、私や周りの人は、なんとか楽しく生きてます、お野菜が、無茶苦茶高いことを除けばwink
一人でも多くの日本国民が、真面目に生きれば幸せになれる国にしてください!

投稿: なこ | 2014年8月27日 (水) 23時06分

何か勘違いしている人がいます。
まず本については
「先生が書いた本ではない。」
「一般人が先生の事を書いた本に過ぎない。」
「先生に都合の良い偏向的な内容しか書けないなら新聞や週刊誌はどうなる?従軍慰安婦でっち上げなど向こうのが偏向的かつねつ造だらけじゃないか」
です。

また役職に着く着かないかは本人が決める事。
基本的人権ですね。
先生だって引き受けるかどうか決めるのは先生の権利であり基本的人権です。

総理大臣については日本国と日本人のために働き神にも人にも喜ばれる正しい人間がなれば良いだけの事。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2014年8月28日 (木) 22時36分

この度の安全保障法制担当相の辞退は正しいと思います。
次期衆院議員選挙まで軟弱な安倍政権を支えることが石破先生のお仕事ですね 国民はあなた様の思いは判ってますよ、父親譲りの思慮深い先生のことですから安心していられます、焦らないでくださいその日が来るまで。

投稿: Mrkazuichi | 2014年8月30日 (土) 15時44分

石破先生を知れば知るほど日本国民のために働いているのだ と 思うようになりました。  集団的自衛権、憲法改正に反対の私でしたが 先生からそれらの中身についての説明を聞けば聞くほど日本を守る為に改正をしなければ日本国を守れない事が解りだしてきました。(思慮深い石破さんですから国民を裏切らないと信じています)。

投稿: Mrkazuichi | 2014年8月31日 (日) 23時45分

今の石破さんの方が好きです(ルックス)。
話し方が落ち着いていて、感情的にならない石破さんが好きです(^^)
応援しています。

投稿: Erina | 2014年9月 4日 (木) 23時51分

石破さん地方創生相に就任おめでとうございます。地方創生に期待いたします。今の日本には頑張れない若者が多く日本の将来が心配です。日本の将来を託せる若者を育てる事に今の大人たちの努力が足りなかったと思います。自立して頑張れる若者を育てるには地方を活用しては如何でしょうか、日本には季節が有り地方での体験学習を小中高学生は早くから親元を離れて勉強と勤労に従事し又は修学旅行又は夏休み冬休みを利用して体験して見ては如何でしょうか、働く喜びと自立した頑張れる人間になれるとともに地方に活性化が芽生えると思えるのですが?豊かな海や土地が有り体験学習のための宿泊設備には地元の年寄りが居る家などは良いと思いますが、若者を育て地方に若者が来て年寄りと交流が出来る。過疎化した地方を若い力で活性化出来るよう地方創生相のお力でお願いいたします。
以上69才の思い。


投稿: 岩渕 征太郎 | 2014年9月 5日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/60172744

この記事へのトラックバック一覧です: メタモル出版さんから「石破茂 非公認後援会」が出版されました。:

« 夏休みの思い出など | トップページ | イシバチャンネル第四十七弾 »