« 「三四郎」など | トップページ | 夏休みの思い出など »

2014年8月 1日 (金)

「関係者」「周辺」「側近」…など

 石破 茂 です。

 何ともう八月となりました。
 齢を重ねるに従って、子どもの頃の夏休みのことが懐かしく思い出されます。
 鳥取で小学校、中学校時代を過ごした私は、七月終わりから八月はじめにかけて浦富(うらどめ)海岸の民宿に泊まりこんで朝から夕方まで水泳三昧、水母が出始める八月中頃からは県西部の大山(だいせん)で山登りに興じておりました。
 お祭り、花火大会などの行事が終わり、秋風が立つようになってからは毎日が地獄のような日々。特に読書感想文、たまってしまった絵日記、そして自由研究が難敵で、「何で課題図書は毎年こんなにつまらないのだ!」「毎日絵が描けるような面白い出来事があるはずがないだろう!」などとぶつぶつ言いながら、何とか八月三十一日の夜遅くに仕上げたものでした。同世代の方には同じ思いをされた方もあろうかと思います。

 
 「関係者」「周辺」「側近」…これらはどのように違うのでしょうか?そして一体誰のことなのでしょうか?
 内閣改造をめぐって今週は出所不明の情報が飛び交いました。
 今回の内閣改造・自民党役員人事が取り沙汰され始めたのは随分と早くて、確か四月ごろからではなかったかと思います。
 自民党の役員任期は一年と決まっており、これと連動して内閣改造が行われるのが通例ですし、その時期が大体九月前後であることもいつものことなのですが、不思議なもので「改造」「改選」という活字が登場した途端に微妙な雰囲気が醸成されます。
 今は安定政権であるために政局ネタ(政策ネタではありません)に乏しいもので、一紙が何か書くと一斉に各紙が後追いする状況ですが、「関係者」「側近」「周辺」からの情報が乏しいせいか、コピぺではないかと思うほどにどれも同工異曲の内容となっていて、独自性に欠けること夥しい。朝刊を開く度に「ふーん」「へーえ」とは思うものの、本当のことなど今の時期にわかろうはずもありません。
 あまり心煩わされることなく、日々の職務に精励したいと思っております。

 安全保障法制について雑誌「正論」九月号に掲載されている色摩力夫(しかま・りきお)元駐チリ大使の論考「自衛隊の『警察行動』では国家は守れない」は一読の価値ありです。ご興味のある方は、同氏の「国際連合という神話」(PHP新書)も是非お読みください。
 片山杜秀氏の「未完のファシズム 持たざる国日本の運命」(新潮選書)をお勧めくださった方があり、これも週末に読んでみたいと思っています。

 土曜日は自民党愛媛県連大会(松山市)。
 日曜日は自民党豊田市支部定期大会(愛知県豊田市)、谷公一衆院議員の時局講演会(兵庫県豊岡市)。
 月曜日は関芳弘衆院議員の政経セミナー(神戸市)でそれぞれ講演の予定です。
 
 ここ数日あまり体調が芳しくないのですが、何とか乗り切っていかなくてはなりません。
 皆様お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 「三四郎」など | トップページ | 夏休みの思い出など »

コメント

 石破さん 事務局の皆さんお疲れさまです。


 有りもしない事案を報道し、我が国に謂われのない侮辱を受ける原因を作り上げた売国奴朝日新聞。
 新彊ウイグル自治区の騒乱を単にテロと報道する各マスコミ。テロではなく侵略者中国に対するパルチザンと称するべきでしょう。


 マスコミ(マスゴミ)の捏造記事など気にされず、国家国民のため邁進されますようお願いします。

 岩見の岩牡蠣など召し上がり精をつけて酷暑を乗り切って下さい。

投稿: 心神搭載しなの | 2014年8月 1日 (金) 13時25分

夏休みですかぁ子供がいないので忘れていましたが先生のぶつぶつ言いながら仕上げる所が偉い、大臣になった訳です。幼稚園も脱走した猫ですが仙台の田舎に行き昼間に花火をして小さな山を燃やして爺さんに酷く怒られ夜通し外に出された猫でした。夏休みの宿題も爺さんに手伝ってもらったら全部間違いで家族中大笑いでした。脱走と反抗癖は中々治りませんが米国で反抗せず素直に言う事を聞くと世の中上手く行くと実感し多少素直になりましたが汚名を着せられたり喧嘩を売られると企業とは言え一蹴します。脱走せずとも外に放り出されますが知識、金、安い家賃と防衛策を練ってますので強気です。とはいえ限界を迎える前に何とかしないといけません。自然に帰れと言われなくてもそれに近い生活ですが普通に基地賛成、沖縄島嶼防衛、反原発生活です。なぜなら基地の隣に住み、離島、それに電気はほとんど使わず低コストだからです。不便な生活ですが離島や過疎地に住むのも悪くないと思いますね。スマホ無くても死にませんからね。

投稿: 脱走猫 | 2014年8月 1日 (金) 13時46分

石破さん  ≪右脳+左脳=広く深く永い構え?≫
ご紹介戴いた片山杜秀さんの著書「未完のファシズム 持たざる国日本の運命」を早速注文しました。到着が楽しみです。楽しみの一つは、63年生まれ(当年51歳、同書出版時49歳)で脂の乗った若手であること、左脳を恃んだ政治学者であることだけではなく同時に右脳を恃んだ音楽評論家の看板を掲げておられること、右脳と左脳が生む広く深く永い構えでどんな優れた主張を紡ぎ出しておられるのかなどに強い興味を惹かれました。この著書もほかの著書(例えば「国の死に方」)も命名が刺激的で鋭く群れることによる温さや凡庸さがない。実際に読んでみて本当のところはどうなんでしょうか、楽しみです。

酷暑の時季に突入したこの数日ご体調不芳の由、ご自愛戴き大過なく乗り切られますよう念じます。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 1日 (金) 14時46分

根も葉もない噂は心身ともに疲れてしまいますね。ですが、真実を知ることができ、安心しました。
猛暑のおり、どうかお体にはご留意ください。
m(_ _)m

投稿: 一ファン一意見 | 2014年8月 1日 (金) 15時27分

先生どうかお体を大事になさってくださいいいい(ρ_;)
石破先生は日本の国益にかなう方です。
日本の為にと無理せず休みを取ってください。
しかしマスコミには辟易しますね。
今はネットが普及し昔ほどマスコミが我が物顔で世論誘導出来なくなりましたが…

あと先生
前にもお伝えしましたが~
「結婚して子供を1人作るたびに健康保険、市県民税金を1割減。最大10人で10割減。さらに所得税も減額しちゃうよ!(夫婦は一生涯適用。子供は成人したら減税から除外)」
法案をお願いします。
今刷ってる赤字国債は死に銭。
しかしこの法案は生き銭です。
増えた子供たち増えた日本国民により税収は増えます。
こういう将来に繋がる国債発行をお願いいたします!
正しく頑張る日本と日本国民と先生に神の祝福あれーばんざーい!

投稿: 日本を愛する日本人 | 2014年8月 1日 (金) 15時50分

ご多忙の中ブログのアップ有り難うございます。スタッフの皆様にも感謝です。

暑さ本番の盛夏、くれぐれも御身お大切になさってください。

「内閣改造」・「改造人事」のニュースがこれでもかというようにメディアを賑わせています。様々な事情などなど・・もあるのでしょうが、いずれの方であっても、また、如何なる職においても、「日本国のため」私心を捨てて精進なさると信頼しております。
少しの慢心・言葉の軽さが大きな禍となってしまうことは改めて石破さんに申し上げることではありませんが、今一度、自民党の皆様には心していただきたいと思います。

先日テレビを観ておりましたら、「林業」に携わる志を持った若い方が増えているとの事。とてもうれしいニュースだと感じました。「農業」・「漁業」・「林業」などは製造業などと並んで大切な日本の要です。若い方が志易いような様々な工夫・補助などで日本を元気にしていっていただきたいと思います。地方の暮らしやすさ・地方ならではの魅力も少子化対策の大きな力となるのではないでしょうか?

暑さ負けなどなさいませんようにお元気にお過ごしくださいませ。応援しております。

投稿: 露草 | 2014年8月 1日 (金) 17時00分

石破さん体調大丈夫ですか?
暑いし忙しいしで大変だと思いますが、どうか休息もとってくださいね
それと定期的に健康診断、人間ドッグも受けてください
内閣改造で大臣交代とか本当に必要なのかと思ってしまいます
不満が鬱積していると甘利大臣が発言していましたが、その「不満」とは自民党内であって国民ではないのですよね
それと「関係者」「側近」「周辺」って便利な言葉であって半分は作り話なんじゃないかと個人的には思っています。
名前が出せないなら記事にするなと言いたいです
それと某地方番組では連日、兵庫県議会の政務活動費の追及がされていて実名を出させて頂きますが切手の大量購入が原、岩谷、梶谷議員で岩谷議員は領収書のコピーと和菓子大量購入、加茂議員は政務活動費で夫婦観光旅行で政務活動費は全額奥さんにあげていたと元秘書が証言しています
事務局のチェックも甘いし兵庫県知事も大したコメントもなく全員自民党ですがどうなってるのって思います
地方分権と言われますがルールとチェックは厳しくしないと税金がムダに使われ放題だと思います
それと都議会自民党の幹事長に女性議員が就任しましたが、このタイミングなのもなんだかなと言う気がします
女性の社会進出に関しても何でもかんでも女性を役職につけるのも何か違う気がします(なんて言ったらフェミ団体に怒られるんだろうな)

投稿: ひまわり | 2014年8月 1日 (金) 19時44分


石破先生の厳しい顔に統一選挙にかける意気込みを感じました。
選挙は戦いですね。残念ながら鹿児島自民党は先生達の人気にぶら下がっているだけです。

ブログやツイッターを丹念に見れば懸命に頑張る地方議員が発掘できるのではないでしょうか。
組織票といいますが、実際は現自民党の幹部に対する期待と実績にに支えられているだけでは?
どうか、頑張っている若手議員を他の党にとられません様に。

そして、意外にも鹿児島は他の党が伸びるかもしれません。
15万票ものリコール票を獲得した自民党の県知事の存在は今後の鹿児島県での自民党支持に影を落とすに違いありません。
不鮮明なお金の流れや県民の意に沿わない無理な事業計画はないでしょうか。
他県でも同じようにかつて民主党に議席を取られた政治家さんたちが頑張る若手政治家の存在をつぶしてはいないでしょうか。選挙はお金がかかるといいますが、米国と日本では少し様相が異なるかもしれません。どうぞこれからの自民党を支える若手の育成にも力を注いでください。
頑張る石破先生に対していやなことを書いてしまったかもしれませんが、これからの自民党を心配して書かずには居れませんでした。
文章には人柄が現れるものですね。
都知事選でも石破先生の最後の応援の言葉が勝因になったと思っています。

投稿: キャンディーママ | 2014年8月 1日 (金) 22時34分

石破さん、次の総裁選では期待してます。是非、総理大臣に就任して頂き日本国民を幸せへ導いて下さい。本当に石破総理大臣を待ってます。

投稿: 裕幸 | 2014年8月 1日 (金) 23時04分

田村厚労大臣が人材派遣大手パソナの東京、港区にある接待所に出入りして、派遣労働会社の所管大臣なので更迭されるだろうとの予想は、インターネットのブレインストーミングの機会で早くから出ていますので、同様に現職閣僚で同所に出入りしていた防衛大臣と、世論も内閣改造の行方で注視していると思います。非正規雇用の賃金は、職業安定法の有料職業紹介所に対しては手数料率に上限が設けられている一方で、派遣労働法の派遣会社にはマージン率に上限は無く、逆に、安倍政権になって、派遣労働の質を理由に派遣会社が登録労働者に教育を行うことが盛り込まれました。教育費用の項目で会社の取るマージンを高くする(登録労働者の立場からすればピンハネですが)ことを行政が推進したわけですねぇ。パソナ社のその接待所には現職の文科事務次官も出入りしていたと、ネットで指摘されています。国会ではNHK中継が無い会でその件で質問があったそうですが、NHK「国会中継」の会では共産党も質問せず、日教組が文科省に恩でもあるのかと憶測させます。不思議と民放の報道番組も採り上げず、自民党だけが猛暑の中、サクサクと内閣改造人事の作業を進められているだろう状況には、(テレビ局に対して)笑いがこみあげてきます。

投稿: ぱす | 2014年8月 2日 (土) 00時15分


石破さん、
お疲れ様ですsign01


体調、芳しくないの
ですね。心配です。
私もずっとお腹を壊していまして、体調もあまり良くないです。


御互いに気を付けながら乗り切りましょう。


石破さんの子供の頃の
夏休みの様子を
拝読して意外でした。
毎日、宿題をこなし
予習や復習まで
されていたというイメージがあります。


読書感想文や溜まった
絵日記、自由研究…
分かります(笑)sign01
私は他の教科も丸残り
でしたが(笑)


石破さんは31日には
仕上げていたようですが私は間に合わない事は
しばしば
ございましたよ。


そんな子供時代を
過ごしたせいか、
反省をし、
期日までに課題をこなすという事を守るように
なり、教員免許を
取得出来ましたのは
自堕落な子供時代を
過ごしたせいで
しょうね(笑)


まあ、無駄では
無かったと(爆)sign01


高校にでもなれば、
課題の期日を
守れなければ、進級
出来ないですからね。
そうゆうのでちゃんと
軌道修正されて行くのでしょう。


石破さんの子供の頃の
夏休みの様子、
楽しかったですnote
笑いました(≧∇≦)sign01


では、御互いに
体調に気を付けて
夏を乗り切りましょうsign01

では、失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2014年8月 2日 (土) 02時35分

石破先生コメント久しぶりになります。暑いですね、カレーをたくさん食べて!頑張って下さい。

相変わらず、難しいお話しはともかく〜私も経験あります〜あります、、、はい。やれ宿題やら感想文やら〜でも流石ですね、石破先生はちゃんとやったんですから。

私は、全ての課題を終了するのには、、、9月いっぱいかかりました(笑)〜

ちょっと昔を思い出しました。

まだまだ暑いですが、お体にお気をつけられて頑張って下さい。

としさんっさん(>_<)\より

投稿: としさんっさん(_)\ | 2014年8月 2日 (土) 06時55分

拉致問題の進展を祈っています。まだ真相がはっきりしない段階でのロシアへの追加制裁ってどうなんでしょうか?69年目の8月。大事な日々になりそうですが、覚醒しつつある戦後日本人を信頼して未来への先導をどうかよろしくお願いします。

投稿: kktf | 2014年8月 2日 (土) 08時38分

 関係者、周辺、側近などという言い方は、情報源の秘匿かそもそもの捏造かどちらかでしょう。「事情通」と言う場合もあります。
 
・側近とは、その人物に常に寄り添い支える立場の人(例:秘書、SP、官房長官など)
・周辺とは、その人物の取り巻き(例:同じ派閥やグループ所属議員など)
・関係者とは、その人物とは立場上一線を画すが関わりのある人(例:党員、後援会、あるいは仕事上付き合いがある人で政治家の場合は官僚など)
・事情通とは、潜りの評論家、ライターなど(笑)。

 私は大体このようなイメージを持っております。実際このような使い分けがあるのかは知りません(笑)。
 こういう報道記事の目的は、その対象者への揺さぶり、世論誘導、あるいは世論の反応を探るためではないでしょうか。また、ネタがない場合の穴埋め記事として単に読者の興味を惹くだけが目的ということもあるでしょう。記者は何も書かないと言うわけにはいかないわけですから。しかし、信用できない報道でもあえてそれに乗ってみるという手もあり、読者が逆にうまく利用すればいいのだと私は思います。「どうでもいい」と言って切り捨ててしまうと考える機会を自ら放棄することになる。
 ですから、私の勝手な願望では石破幹事長には続投か無役かを選んでいただき(笑)、安保担当相は中谷さんならいいと思います。今後の地方選挙は党本部の推薦候補では厳しいと思いますので幹事長がどうなるかは注目ですね。

投稿: 特急おおとり | 2014年8月 2日 (土) 09時38分

書いておられることはごもっともですが内閣改造・役員人事となりますと石破先生のことが最も気になりますのも事実でございます。汗  この季節ご体調がすぐれないのはやむを得ませんがくれぐれもご自愛くださいませ。

投稿: 61 | 2014年8月 2日 (土) 09時43分

平素は国政にご尽力いただきました感謝申し上げます。
夏の暑い時期に土曜,日曜もなくお仕事されるとのこと,大変ですがお身体ご自愛ください。
若人は今夏休みですが,最近多くの宿題,課題を抱え大変らしいです。私の娘も高校3年ですが,受験で毎日大変です。
創造的,思考的学力が向上することを願っております。

投稿: 前田康則 | 2014年8月 2日 (土) 10時30分

毎日、お疲れ様です。
体調おもわしくないとのこと、普通の人以上にお働きになっていらっしゃいますから、仕方ないにしても、くれぐれもお体、御自愛くださいませ。

子供時代の思い出、楽しく読ませていただきました。


またのブログ、楽しみにしております。


よね拝

投稿: よね | 2014年8月 2日 (土) 16時23分

石破さん  ≪ここ数日の体調不芳の原因?≫
産経【永田町語録http://goo.gl/mQH7QL‥石破幹事長:政党のために日本があるのではない。難しい問題を避けてきたのではないか。自民党は回避せずに答えを出し、一時は受けないことでも語り掛ける勇気と責任を持つ】
この石破さんのご存念には一言一句異論を差し挟む余地はないと愚考いたします。キッパリ!惚れ直す想いです(ニッコリ!)。

真しく、政党(自民党)のためではなく日本国と日本国民のためにこそ政治があるからこそ、政治家は国民のお蔭で生活を営んでいるし国民の敬意を集める存在になれるのですよね。
また、真しく、戦後以来の自民党政治は、間違いなく「難しい問題を避けてきた!」(注)と思います。愚見では、憲法改正の困難を忌避し字句解釈を弄して憲法内に自衛隊に居場所を与えた所業、日米地位協定の規定を人道に適うものに改定する努力を怠ってきた所業など、極めて安易で罪深い不作為です。その政治の不作為の所為で、霞が関に悪賢いモグラが跋扈し日本人の伝統的な規範意識が崩れたのだと。
 (注)斯く断言し反省がなければ、問題解決の一歩が踏み出せない。
また、真しく、広深永に国益を増進することを専門とする政治家なればこそ、国民には耳に痛いことも理解し辛いことも語り掛け理解を得る構えが欠かせないのですよね。

然し、哀しい哉、この正しいご主張と現実の政治や政治家には大きな乖離がある。石破さんが「泥田の鶴」同然に孤軍奮闘され正しい政治を追求し真摯な政治(家)を目指しておられても強い説得力は持ち得まい。特に、「歪みを厭わず私情に突き進み暴走を続けている安倍某」をボスとして担ぐ立場におられる限り、組織の論理としてこんな正しい政治が行われる道理がない。
このご発言がどの政策の脈絡で発せられたのか不知ですが、集団的自衛権にせよ特定秘密保護法にせよ、安倍お友達&手下政権の政策の多くが「一時は受けない」のではないのが重大問題です。根本の細部が歪んでいるのですから「永劫に受けるべからざる」政策だと断じます。説明の稚拙の問題でも説明量の問題でもない。安倍某を担ぐ限り、勇気ではなく蛮勇とも云うべく、石破さんの優れた個性を損ないます。
その心の軋轢が、「ここ数日の体調不芳」に現れているのではないですか?(この推測は、一寸「暴走」かも知れません(笑))

以上、要は来年の総裁選で間違いなく見事(!)ボスになって下さいと云う期待です(ニッコリ!)。勿論、「政党(自民党)のためではなく日本国と日本国民のために」。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 2日 (土) 18時35分

安全保障のことですが、日本人でこういう目に会っている人はいないんですかね?。

http://www.google.co.jp/gwt/x?gl=JP&source=s&u=http://www.epochtimes.jp/jp/2014/07/html/d14892.html&hl=ja-JP&ei=wrncU5PrKMKDkQXuxYCIDg&wsc=tb&ct=pg1&whp=30

投稿: ありがとう | 2014年8月 2日 (土) 19時17分

石破茂様
こんばんは愛媛県にようこそおいでくださいました。テレビのニュースで愛媛県入りを知りました。原発再開を要請していただきありがとうございます。実は、私も賛成意見です!これからも石破様の活躍を期待しております。

投稿: 須賀登喜子 | 2014年8月 2日 (土) 23時58分

激務お疲れ様です。

ある意味で自民党の内紛を煽るような人事のニュースについては、いつもマスコミ報道を信用していない、ネット上で保守を自認する方々がこぞって信用し、嬉々として安倍総理賞賛、及び石破批判に繋げていっているようですね。

自称保守の方々が自民党内紛疑惑をここまで喜ぶことに少なくない違和感を禁じ得ませんが、手柄は全て安倍総理の尽力。失敗は全て自民党&石破幹事長の責任と言わんばかりの彼らにとっては、中長期的な国の行く末よりもごく短期的な安倍総理のご活躍が大切なのでしょうね。

内閣も自民党も、こういった無責任すぎる声(野党勢力は無責任どころか論外ですが)に惑わされることなく頑張って頂きたく思います。

投稿: どりる | 2014年8月 3日 (日) 01時50分

おはよう(*^_^*)
周辺…春香クリスティーナ
幹部…干物たち
側近…暇な一年議員
ではないでしょうか

不思議な大衆週刊誌も民主主義ですからね
あはは

がんばってください。

投稿: 須賀三春 | 2014年8月 3日 (日) 08時00分

 色摩力夫さんの「自衛隊の『警察行動』では国家は守れない」を読みました。警察と自衛隊の違いについての理解が深まりました。国連憲章での集団的自衛権と、一般国際法での自衛権の違いというのも新しく知りました。
 本来ならこうしたものを、もう一度、批判的に読み、考えることが必要だと思うのですが、時間的に無理です。信頼する政治家の推薦するものを読んで、理解することだけで精一杯です。議論が迷走する、トンでもない報道がされる、などという記事も「正論」では連なっていましたが、代議士にとっての有権者、マスコミにとっての視聴者・購読者の実力を考えるとマシなんではないでしょうか。

投稿: 社会保障から経済成長?! | 2014年8月 3日 (日) 11時27分

石破さん、こんにちは。

大変お忙しい中、毎週のようにブログを書いて下さり、本当にありがとうございます。

コメントさせて頂くのは久方ぶりとなってしまいましたが、毎回必ず読ませて頂いております。

それにしても、くだらない政局ネタの妄想にはこりごりしますね。

>あまり心煩わされることなく、日々の職務に精励したいと思っております。

と語られる、誠実な石破さんを心から信頼しております。

体調があまりよろしくないとのこと、毎日お忙しくされていてなかなか心身を休める時間がないと思いますが、
是非お身体を大切になさって下さいね。

P.S. 石破さんの絵日記、見てみたいです。笑

投稿: サッカー大好き関西人 | 2014年8月 3日 (日) 16時14分

カジリュウスケの議と黄昏流星群を並行させて、読み進んでいます!!
もう少し夢の旅をしています
石ファンさんに今の季節のような向日葵の花が咲きますように

投稿: 伊藤祐樹 | 2014年8月 3日 (日) 17時46分

今、日本中で舛添リコール運動が展開されていますね。日本中の国民が激怒しています。都知事で舞い上がっているのか、外交の真似事をして、反日国にペコペコ頭を下げてくるバカ。世界中で日本を罵倒している韓国に、日本の評価を聞いてきて、日本は低い評価であったと報告するバカ。地震もないのに倒壊し、全て技術をパクることしか出来ない韓国を絶賛し、日本を批判する舛添。こんな無能なバカに東京を任してはおけません!東京を放射能まみれだと世界中で宣伝し、どこよりも東京オリンピックを妨害した韓国。その韓国のオリンピックを都民の税金を使って支援し、日本の地下鉄技術を流そうとしている舛添。都民だけでなく、日本中の国民が許しません!韓国は、世界中で日本を罵倒し、そのせいでアメリカに住む日本人は韓国人から酷い暴力を受け、また子供達は学校に行けなくなっています。全て韓国の大嘘慰安婦のせいです!さらに、靖国を始め、日本の神社に馬事雑言の落書きをし、日本人が書いた絵巻の上から『日本人死ね』と落書きをしている韓国。こんなバカ国家に、日本人の血税や技術を流すことは絶対に許さない!先生、このバカを何とかして下さい!!
このバカがこんなことをするため、バカ韓国はますますつけあがり、韓国人がたくさん来て、共産党と一緒になって、反安倍政権のデモをやっていました。300人以下しかいないのに、3000人と書き、しかもほとんどが韓国人。もう、こんな反日国の韓国人なんか入国禁止にして下さい!酷い落書きばかりをして、日本の文化を汚すか、盗むか、放火するか。。等、犯罪しかしません!
菅直人が安倍総理をまた非難していますね。菅直人は、国民に真実を隠して多くの国民を被曝させ、北朝鮮関係団体に国民の税金を6250万円も流し、拉致の実行犯を擁護し、在日韓国人から献金をもらっていて証拠を隠した売国奴。死刑に値する犯罪者です。日本中からバカ呼ばわりされている1人です。
でも、日本国民が選ぶ政治家で、無能なバカ部門は3人になりました。無能なバカ、反日、真の日本人ではないという共通する3人のバカ。
鳩山、菅直人、そして舛添です。こんな奴、早く引きずり降ろすべきです!舛添は、日本中から激怒されていると知ると、全てその責任を安倍総理のせいにし、安倍総理を批判しろと責任逃れをする卑怯者。サイテーな奴です!!
舛添だけは許さない!先生、これ以上、日本人の血税や技術を韓国なんかに流れないよう厳重に注意して下さい!!!

投稿: 和也 | 2014年8月 3日 (日) 23時39分

【何が起きるのかよくわからない今年の後半】

 シナで大きな地震があったという報道があり、それとは別にシナの政治局にいる公安トップと言われていたあの周永康氏の失脚が決定的になったという報道もあり、シナは、権力闘争の泥沼の深みに嵌まったように思いますね。周氏の失脚の詳細が記事になっているのは、なんと、ニューヨークタイムズなんですよ。決定的な証言が、周氏の長男によるものだそうです。この長男が習氏の汚職の中心人物なんですが、彼の暗躍の下で1兆5千億円とも噂される蓄財の全容が判明したと報じています。腐敗高官の追求はこれで終わらないという記事が新華社に掲載されたのが7月30日。このNYTの記事が、7月31日。何か怪しい雰囲気がありますね。周氏のボスは江沢民ですね。そこまでやるという事なのかもわかりません。周氏が江沢民に見捨てられたのは、周氏の前妻が江沢民の親族で、その前妻を交通事故に見せかけて殺害したという事があったという噂があり、江沢民はそれを信じなかったらしい。しかし、周氏の長男がそれを証言したことで江沢民も彼を見捨てることに至ったという事のようです。ちなみに周永康氏は、テレビタレントの女性と結婚するために前妻を殺害したと言われています。その前妻との間には2人の息子がいて、周氏の蓄財の中心的活躍をやったのが、今回当局に自白をした長男であり、周氏と絶交状態にある次男は、当局の訊問さえ受けなかったという事のようです。かなり詳細な状況を記事にしているのは驚きますね。シナ当局の習近平側のリークがなければ記事にできないような内容です。臓器売買の罪も周氏に負わせるような内容が書かれています。これについては、胡錦濤政権も深く関与しているという記事が他のメデアにあるので、何とも言いようがありませんね。ともかく臓器売買の事実がNYTのようなメデアの記事になったのは、画期的な出来事ではないかと思いますね。周永康氏が勝手にやったことだと言い繕う事があったとしても、シナ政府当局がそれに深く関与していたという事実が消えるわけではありません。

 この腐った政府は、習近平体制になったからと言っても何も変わることがありません。と云うのは、周永康氏が、1兆5千億円不正に蓄財したという事が表になるだけで、習近平氏の8兆円の金がバージン諸島にある事実が変わることがないという事です。この8兆円の蓄財を伝えたのもNYTであったことを思うと彼等の間に何があるのかよくわかりませんね。この8兆円も誰かがリークしなければ記事にならなかったのだろうと推測します。それはともかく、習近平体制と云うのは、今までにない独裁体制を目指しているのかもわかりません。彼を押さえる者がないとするなら、シナで内戦が起きることになるような気もします。シナ各地で暴動が増えているようなのですが、習近平体制との軋轢がどういうものなのかよくわかりません。習氏は、フランシスフォード・コッポラ監督のゴッドファーザーという映画の大ファンだという話があるようです。彼はこの映画のDVDを繰り返し何度も見てあの登場人物の考え方や行動に強いあこがれを抱いているという話があるようです。歴代のシナ国家主席のエピソードとして、異例の注目を集めるのは、彼の行動と重なって見えるところがあるからではないかと思いますね。陰謀と暴力が好きな性格と見ていいのかもわかりません。周氏の長男を陥落させるのにかなり危険な拷問をやったらしいと噂されているようです。
 習近平氏は、歴代でも異色な部類の独裁政治家になるかもわかりませんね。悪い意味で危険な政治家と見たほうがいいような気がします。政権発足から1年半が過ぎて、足下の問題に触れることよりも領土拡大方向と内部の権力基盤の拡充に力を注ぐさまは異常な執着があるような印象を受けますね。権力闘争に勝ったから今の地位があるのに、その基盤の拡充にのめりこむのは何か目的があるのだろうと思います。

 ウイグルで行っている大量虐殺が表に出ることがあるとすれば、習近平体制の終わりを告げる時ではないかと思いますね。彼は、敵を沢山作っています。シナにあっては本当に珍しいタイプの政治家ではないかと思います。地震が起き、その対応に追われるのは、前政権と同じで、それが続くという事が、天変地異も政治の現れと解する儒教の精神があるとするなら、不吉な政権が続くことでシナ人は不安を抱くのではないかと思います。昔のシナの皇帝は、大きな地震などの災害があると改元をして人心の一新を図ることをしたそうですが、(我が国でも江戸時代以前はそういうことをやっていました。)元号を捨てているので何もできませんね。災害救援活動の呼びかけをやれば、彼等の考えることを窺い知ることができると思いますね。人道支援の呼びかけに応じる気が習近平にあるのかどうか?  数日のうちに判明するでしょう。シナが闇の帝国のままでいるのは周辺国にとっては脅威です。

投稿: 旗 | 2014年8月 4日 (月) 02時43分

【政権の安定を不満に思う人々がいる】

 「関係者」「周辺」「側近」と呼ばれるのは、政権の安定にあって自らの立場を不遇と思い込む人々の存在ではないかと思います。内閣改造の声が、春頃より散発的に表れるようになったのは、役にありつきたい無役の議員の声があるのだろうと思います。あるいは、ただただ大臣になりたいだけの病気を患っている無能な議員がいるのだろうと思いますね。現職閣僚のだれかを指して、あいつであの大臣なら俺ならもっと巧くやれるなどと妄想している人もいるのではないですか? そういう人々がメデアにリークする時に使う呼び名が「関係者」となり、「周辺」にいる訳知り顔の議員であったり、「側近」と自ら吹聴して売り込む輩の事ではないかと推察いたします。彼等はそういう呼び名を与えるよりも「病人」と呼んだ方がいいですね。重篤な症状を発症した病人です。手遅れになってしまっているのに気が付かないエボラ熱の患者と変わるところがない。隔離して相手にしない方がいいと思います。それはともかく、政権の安定があるという事と周辺有事の危機があるかもわからないという事が、並立したかのように見える非常に珍しい状況ながら、その事実こそが、今を語る重要な事態にあると思います。内閣支持率が40%台にあるのは、どっちかというと集団的自衛権という問題を検討した内閣という視点で見れば、国民の支持が高いと見たほうがいいですね。1990年代や2000年代初期では、議論もできなかったと思います。議題にこれがあればそれだけで内閣は退陣する事態に至ったのではないですか? 時代が変わっているという事は、シナ帝国の横暴が、誰の目にもはっきり見えているという事と無縁ではありません。それに対峙する必要があると思ったことが国民の多数から支持を受けている結果になったという事だろうと思います。シナ帝国だけでなく、愚かな韓国の政治家の動向も国民の目を覚醒させる結果に至っています。隣国なのだから「友好」と言い続けてきた人々は、無茶苦茶を言い出してきたその隣国に何も言わない姿がありました。いいようにカモにされるという状況があったことで『友好』の意味を考える人々が増えたのは間違いありませんね。河野洋平などは、未だに反省がありません。彼は言われるがままの相手の主張に対してまともに考えるという行為すら放棄したような無能者です。売国奴と言われる意味について未だにその理解がない。手遅れな人々がいることで、我が国が危ないという事が国民に知られるようになったと思います。

 我が国の未来は、我が国国民が決めるという当たり前のことを主張する必要があります。少子高齢化が続けば大変なことになると騒ぐ前に、幕末当時の人口を思い出せばよい。あれから比べてもはるかに多い人口があるという事実に注目して新たに国家の中興を求めるほどの勢いを見出す努力が必要な気がします。それが、何かについて我々はまだ気が付いていないだけで、始まっているかもわかりません。我が国が斃れることなく2千年も続いてきた事実を、誇りに思い評価するなら、我が国民の力を信じることも未来につながる力になると思いますね。

 その旗振り役が、石破さんの時代となるのはもうすぐの事ですが、迷うことなく国を後代に伝えていただきたいものです。頑張ってください。

投稿: 旗 | 2014年8月 4日 (月) 03時40分

石破さん  ≪前夜ですね≫
産経【安倍首相が石破氏に持つ「7年越しの恨み」 http://goo.gl/GKDozW 】
石破さんの周辺では騒ぎになっているのでしょうが、この記事は様々な意味で非常に興味深い。これは歪んだメディアが待ち望んだ政局論の捏造を含み、危機に瀕したこの国の明日を憂えることもなく、笛と太鼓で空騒ぎしているのだと読める。然し、捏造であり空騒ぎだとしても、この記事の端々に安倍某が小人でしかないことや歪みと嫉妬や恨みの醜さを生々しく喝破していると思います。
メディアがどんなから騒ぎをしようとも、また安倍某がどんなに醜く歪んいようとも、この国にとって肝心なのは石破さんが来年の総裁選で勝利を勝ち取られることだけだと思います。
石破さんが勝利され総裁総理就任が実現されれば、メディアの歪みも徐々にでしょうが正される。安倍某やそのお友達&手下政権の悪しき行状を批判する必要もなくなる。この国と国民の将来に小さな期待が灯る。
但し、その一事を以って、将来に大きな期待が生まれ深刻な憂いや心配が消え去るほど、この国の危機的状況は生易しいものではないことは付言されるべきでしょうね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 4日 (月) 09時05分

掲載文をよませてもらい、小生も小学時代の夏休みを懐かしく思いだしました。
戦中生まれで厳しい戦時中の記憶が無いため、極めて恵まれた時代を生かされていることに感謝しております。これまでの人生を振り返ると奇跡の連続で今日があるように思います。集団的自衛権は責任ある政治家なら率先して確立すべきことであり、中国の実態からは目をそむけてはならない緊急の課題です。平和ぼけした無責任な批判にひるむことなく堂々と日本の尊厳を守ってほしいと願っています。

投稿: 森 泰治 | 2014年8月 4日 (月) 10時10分

石破さん ≪今後は石破さんに一層熱いエールを≫
引用【「関係者」「周辺」「側近」…これらはどのように違うのでしょうか?そして一体誰のことなのでしょうか?】
この疑問の提示こそが石破さんらしい真摯な構え方だと思います。国会で30年近く(?)正しく真摯な政治家を張ってこられた石破さんにその身元が分っておられない訳がないのに。

嘗て「清濁併せ呑む」と公言(今や暴言)した党人派が優勢だった自民党では、権力者を「関係者」「周辺」「側近」が取り巻き陰に日向に政策推進してきた。彼らは有態に云えば国家国民の視座には「有象無象」なのであって、顔はない、健全な思想もない、国益に適う価値観もない、我田引水の利益誘導しかない集団だと分っている。「一体誰のこと?」と問い詰めても彼らが手を挙げる訳がない。少数の仕掛け人(フィクサー)を覗けば、彼らの手足人は「私は誰」かも分っていない。フィクサーが歪みを隠しつつ、綺麗ごとを並べ食言を吐き、「関係者」「周辺」「側近」を唆し手足に使ってきたのでしょう。
昔のフィクサーは一部が暴露されていますが、現代のフィクサーは政治の外野には詳らかではありませんが、一部は大手町・有楽町の大メディアの看板を掲げ、一部は九段界隈に生息し、最も頑強で固陋な集団は永田町・平河町辺りを闊歩していると目星が付いている。
石破総理総裁が誕生した暁には、国内の強敵は軟弱野党でも小蠅の如く五月蠅い「関係者」「周辺」「側近」でもなく、フィクサーと闇で通じる自民党内部にいるのだと思います。安倍某の“お友達&手下”達も少なからずその類に入る。「類は類を呼ぶ」のですから。
こう考えると、石破総理総裁の誕生を待望する身としても、外野乍らに身が引き締まる思いです。今後は石破さんに一層熱いエールを贈らねば!!キッパリ!(ニッコリ!)
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 4日 (月) 13時07分

石破幹事長殿

八月に入り、早くも法師蝉の鳴き声も聞こえる時候となりました。
この天候不順の酷暑の中、縁の下の支えとして東奔西走され、大変お疲れさまです!!
小生は同郷、鳥取県出身の者であります。

又、本日提言をさせて戴きますが、いつものように自分の言葉で記述の為、丁寧語の省略となる事をご容赦下さい。

過日、8月1日(金)午後10時からのNHKスペシャル「特定秘密保護法」についてのテレビ放映を見た。概して同法の骨子となる所を淡々と説明していて、大変分かりやすく感じた。又、アメリカ版NSC法の歴史と経過、問題点、我が国の今年より施行に伴う内容整備と問題点なども比較しながら説明されていて、大変有意義な番組となっていた。

日本版NSC法の「特定秘密保護法」の内容は
外交、防衛、スパイ活動、テロ防止を中心としたものであり、近代国家としての情報の取り扱いについての意義と同法施行について、内容の未決定部分の整備と問題点提起などもあった。
概ね1944年、アメリカのルーズベルト大統領時代に施行された内容に則ったものであるが、約70年の歴史を持つ先進国アメリカのNSC法による同法の内容も問題点が沢山あった。
国民の知る権利が国家によって大幅に規制された事の是正、又、イラク戦争当時ブッシュ大統領により大幅に増えた特定秘密内容の管理の為、民間団体へもその管理が委託され、膨大な経費負担となった事などである。

昨年末、日本版NSC法による「特定秘密保護法」制定にあたっては、多くの有識者、国民の間から国家による「国民の知る権利」を大幅に奪う情報統制であるとして猛烈な反対が起こった中、国会審議は衆参合わせて22時間と言う極端に短い審議のみでの制定であった。
大変な反対デモがあり、法律制定後静かになった国会周辺を安部総理は見て「嵐は去った」と呟いたことは有名である。

先に述べた「外交、防衛、スパイ活動、テロ防止」を目的とした担当する公務員の守秘義務のみならず、特定秘密を無理やり探り出し公開しようとする民間人も10年の懲役対象となる事などである。しかも、特定秘密保護の為には担当公務員のみならず、その「おそれ」のある民間人においても、家族構成、学歴、職業、年収、過去の犯歴、精神疾患などの病歴、飲酒、嗜好などのあらゆる個人情報と思想信条も警察庁の要望により実施される事になった。
そしてこの「特定秘密保護法指定」と管理について、閣内に各省庁の次官級以上からなる監視団体を設置するものとしているが、身内が身内を監視出来るものであろうか?大変疑問である。

NSC法先進国のアメリカにおいては、正しい国民の知る権利を守る手段として、政府から全く独立した摘発の権限を持つ第三者による「監視機関」を設置しているようである。
それに対して担当の森大臣は、日本では「内部通報制度」を設ける予定であり、問題はないとしている。しかし、我が国においては、殆どの一部上場企業が実施している、コンプライアンス(企業倫理)委員会において、内部通報制度を設けているものの、殆ど機能していない事を知るべきであろう。
人事権が所属会社に帰属するものであるように、各省庁においても同様であり、告発通報者は必ず特定出来るものなのである。

閑話休題・・・
今回のこの記述の為、戦前の治安維持法と特高警察の活動をつぶさに調べてみた。
表現は柔かく不当勾留、暴力的自白強要などはないものと想われるが、国家による国民の知る権利、表現の自由などを未然に規制するその骨組みとなる所を比較してみて、底辺に流れる政府の強い意志を感じて、驚いている次第である。
国民は何時、誰が、何の為に自己の思想信条を洗われているのか分からない不安を覚えるのである。呼吸さえ苦しく覚えるほどの戦前の司法による探索となれば、堪ったものではない。

戦後の日本社会はスパイ活動の天国とも言われ、近代国家として世界各国と情報交換を行いながら、国家の安全と平和を守る為には秘密保護法はある程度止むを得ないものの、せめてNSC先進国のアメリカ並みの第三者による『独立監視機関の設置』は『絶対不可欠』であろう。

先のNHKの番組の中でも、アメリカの同法監視機関の元メンバーが語っていた言葉に「国の安全と平和を守る為には、政府と国民の相互信頼が欠かせません」とあったが、まったくその通りである。

とまれ、このように特定秘密保護法実施にあたっては、内容整備に多くの問題点を含んでおり、国民の日常生活においても不安をきたす重要事項を、拙速に先ず「法律制定ありき」の安部政権の政治姿勢に大変憂慮するものである。
「信無くば立たず」であり、「水は良く舟を浮かべ、良く沈める」との挌言を忘れてはなるまい。


投稿: 桑本栄太郎 | 2014年8月 4日 (月) 20時16分

最近投稿を読んでみると猫より詳しい人、怒っている人がいて頼もしい限りである。こういう人がドンドン増えて厚い層を形成していけると又違った地平が広がるのではないかと期待をもっている。基本猫は楽観主義者なので人は善意で賛成、反対すると思っている。しかし人間には善意だけでは越えられない構造的状況が良い判断をさせない場合がある。その幾つかが共産主義であり宗教独裁国家だ。総理は地震支援を申し出た、こういう支援は共産と言えどもすべきだし助けるのは反対しない。しかし金だけの支援は駄目だ何に使われるのか信用出来ない。その辺がラインなのだろう。何でもかんでも反対だけする狂猫になるつもりはない。

投稿: 脱走猫 | 2014年8月 4日 (月) 20時41分

石破さん   ≪A.Posenさんのご託宣≫
WSJ:Adam Posen on Japan’s Recovery: Going Right, Just Not Going Well http://on.wsj.com/1qTDxVq 
随分と楽観論が前面に出たPosenさんのご託宣で安倍某も喜んでいるに違いありませんが、様々な条件や伏線が施されていることに「裸の王様」も“お友達&手下”も気付かないでしょうね。
例えば、質問者のRightは「正しい」を意図したものだが、Posenさんの心はそれに加えて「右」も含意されたと観てこそ、Just Not Going Wellが一層ピッタリくるしこのご託宣の重みが増す。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 5日 (火) 09時33分


石破さん、
お疲れ様です。


体調は
いかがでしょうか?
ニュースでお顔を拝見
しましたが、心配です。

投稿: lyrics&front | 2014年8月 5日 (火) 20時16分

【朝日新聞の罪の重さ、NHKの暴走】

 大きなニュースが、2つもあった。一つは朝日新聞のいわゆる戦場売春婦の報道についての説明記事が、1991年の報道以来、23年ぶりに、裏付け調査なしに狂人の云うがままの内容を記事にしていたと白状したという内容の記事があります。この記事のおかげで23年年間の間に、駐韓国日本大使館の前には売春婦の銅像が建立され米国下院議会においてはいわれなき我が国非難の決議が起き、国連の人権問題の資料にさえ採用されているという経緯もある。また、米国の都市で、戦場売春婦の銅像の建立があり、根拠のない差別を日系米国人が、韓国系住民から受けることがありました。早い段階で、狂人の著作の内容が根拠のない出鱈目に基づいた内容であると論破されていながら、23年もたたないとその訂正をやらない反日目的の新聞社の姿勢があったので、混乱が続いたという事です。これは我が国国民だけが受ける非難でだけでなく、歴史を直視すると言いながら、記録文献などの歴史的資料の一切もなく、語るべき歴史の検証すら自国で行う能力もない韓国民が、日本の新聞社が良心の証と報じた内容を誤解するに至ったことや、それを受けて調子に乗って、根拠のない話をもとに政府の官房長官の職にあった反日が目的の愚かな政治家に政府の公式コメント出させるもとになったことは、痛恨の極みと云うしかありませんね。一新聞社の愚かな振る舞いは両国国民に甚大な影響を与え続けたことは間違いのないところです。

 記事ひとつの重みをこの新聞社はどのように理解しているのかよくわからないところに大きな危険があります。沖縄近海のサンゴ礁に傷をつけて誰がやったのか? と言いたげなでっち上げの記事を公表したことで社長の首が飛んだ。あれは、公表してから1か月で、その正体がばれたので、社長の首一つで済んだとも云える。今回は23年だ。会社の廃業を検討していると思いたいくらいである。彼等にはそれぐらいの責任を感じていただく必要がある。反日志向のある河野洋平を炙り出したことを功績にしたいのかという事だ。

 メデアの責任はどういうものか? 『裏付け調査のない記事を書いてましたすみません』で済むのは、その記事の発行後、速やかに行うのが当たり前の姿ではないのか?
 23年が速やかな対応なのかという事や朝日が当時鵜呑みにした狂人の死後14年になって初めて訂正するのは何か別な意図でもあるのかと疑いを持ってしまいますね。この新聞社の責任は重い。

 もう一つNHKの取材がもとで有能な研究者が自殺に追い込まれたのではないかと疑う事案がある。NHKはSTAP細胞研究についての執拗な調査や取材を続けていたことで有名になっている。あの耳が聞こえる作曲家を採り上げたスペシャル番組で、この研究成果の疑惑を採り上げ研究員を追い込んでいたことが明らかになっている。NHKは、なぜか? この23年間その根拠が不明な戦場売春婦の疑惑を採り上げたことがない。河野洋平の放談が、根拠もない話ではないかという疑惑が持ち挙がっても、微動だにしなかった。国際的に大きな問題になっても動いた形跡がない。しかし、我が国の未来のともしびになるかもわからない大きな研究テーマに疑惑があると知るや、異常な情熱で、執拗に取材を開始し、研究員に外傷を負わせることも平気な対応を見せ、とうとう研究員のパートナーを自殺に追いやった。これはいったい何を考えているのだろうか? 耳が聞こえる事がばれた作曲家の話につては、訂正もされていないままいまにいたっているし、その後は放置されたままである。しかし、疑惑があると言う段階の研究については執拗に糾弾を続ける。このダブルスタンダートの根底に何があるのか?
 非常に怪しい印象を受けますね。戦場売春婦の疑惑には耳も課さず、耳が聞こえる作曲には5年も寄り添てでっち上げのPV番組を拵える。国民の金で運営している放送局のやることか?
 反日が目的としてあり。国民を裏切ることに情熱を傾ける姿は、狂人がそこにいるという事に他ならなない。妄想で話を作りそれに沿って番組や記事を垂れ流しているのが実態ではないのか。彼等を糾弾しなければ、いけませんね。こういう被害は糺すことがないと、いつまでも手を変え品を変えて出てきます。邪な功名心がそうさせるのか、反日故に、何をやっても許されると妄想しているのかそのあたりの検証も必要になってきます。都合のいい事実だけしか追わなくなれば、出鱈目の世界がそこに出現することになります。耳が聞こえる作曲家は、そうじゃないかという疑いがあったのかもわかりません。しかし、このでっち上げの話を続けさせるためにあの番組を作ったのかもわかりません。都合のいい事実だけで作られた番組をNHKは未だに謝罪もしていません。なのに、疑惑が証明の途上にあるだけの、将来ある研究者を自殺に追いやった。

 彼等を裁くことができませんね。メデアは、嘘をついても平気な顔をしている。その嘘の影響力を見て笑っているのだろう。実に不快な連中です。我が国にあって非常に残念なことは、我が国には有能なジャーナリストがいないという事実です。河野放談にかみついて20年以上、河野洋平に直接取材をしたジャーナリストが一人として現れることがなかった。それは紛れもない事実ですよ。

投稿: 旗 | 2014年8月 5日 (火) 21時24分

石破さん、こんばんは。
 内閣改造によって石破さんは望んだわけではないと思いますが渦中の人になってしまいましたね。私は絶対に石破幹事長に続投してほしいと思いますが、どんな任務であれ総理から授かったものであれば全力で引き受けてほしいと思います。内閣に入るのは不本意かもしれませんが、石破さんが内閣に入るということも私たち国民にとっては大きな利益になります。私は政治家ではないので、こんなふうに考えてしまうのですが、政治の世界では甘い考えなのでしょうか?
 話は違いますが、朝日新聞が従軍慰安婦についての記事を一部訂正したとのことです。私は慰安婦問題について深く勉強したわけではありませんが、どうも不確かな証言や証拠によって日本軍による組織的関与が国際社会の中で既成事実化されてしまったようです。朝日新聞や一部のメディア、そして自民党の河野洋平氏の責任は重いと思います。今さら一部訂正しても私たちが受けた損害は取り返しがつきませんが、一部でも訂正したことは評価します。ただ、これで済む話ではありません。今後、事実関係は明らかにしてほしいと思います。
 猛暑の日々が続きますが健康に気をつけてがんばってください。

投稿: 匿名 | 2014年8月 5日 (火) 21時53分

最近暗いニュースが続いていますが色々考えさせられます
海外でもエボラ出血熱が止められないみたいで日本も大丈夫なのかと心配になります
少し前に韓国で鳥インフルエンザに口蹄疫発生の記事を見ました
それと朝日新聞がようやく慰安婦の捏造記事を認めましたね
強制連行が間違いだったなんて今頃訂正されてもそれで済む話なのかと!
既に国際問題ですよ!
朝日新聞の責任は重大であると思います
朝日の記事のせいで「河野談話」を出すはめになりどれだけ国益を失ったことか
「強制連行された20万人の性奴隷」の慰安婦像も建っていますし、それで日本人が苛められたりしてるわけです
朝日新聞は国内で訂正は当然ですが国連や海外にもきちんと訂正しにいってもらわないと責任を果たしたことになりません
どうか国会で証人喚問をお願いしたいです
それでは暑い日が続きますがどうぞご自愛なさってください

投稿: ひまわり | 2014年8月 5日 (火) 23時05分

石破氏、朝日関係者の国会招致に言及 慰安婦問題で
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140805/stt14080519220009-n1.htm

やるやる詐欺でちょこっとガス抜きってのはもうイイ加減飽き飽きしているんですよ、石破さん。
当然これはやるべきこと(まぁ朝日は逃げまくるでしょうが)なんでぜひ実現させて欲しい。ところでなんで河野洋平は見逃しているんですか?確か前例がないとか木っ端公務員なみの言い訳をしてましたよね、自民党は。
身内にはとことん甘く外部に対しては厳しい…なんてフザケタ事はやめていただきたい。

投稿: nh | 2014年8月 5日 (火) 23時21分

マスコミの取材なんか受けなければいい話ではないでしょうか
どうせ嘘の情報だと知ってて、彼らもわざと質問してるのだし、無駄にしか思えません
それで体調を崩すなんて馬鹿馬鹿しい話でしょう

朝日新聞について、ずいぶんとお優しいんですね
慰安婦に関しては自民党もグルであるところが多々あるので、突っ込みづらいのでしょうかね
少なくとも朝日新聞の捏造によって、被害を受けた人々に謝罪と賠償が必要かと思いますが
なぜ国家として請求するという一言が言えないのでしょう

都合が悪いことでもあるんですか?

投稿: いちろう | 2014年8月 6日 (水) 01時57分

【殺人放送局に金を払う必要がない。NHKを解体したほうがいい】

 前にも書きましたが。我が家にはテレビがない。我が国のテレビ番組が嘘ばかり垂れ流すので15年以上前に捨てた。当時にあってもいろんな嘘番組があったが、格別印象に残っているのは、NHKの『クローズアップ現代』という番組である。韓国の企業の名前をわざと冠したように見えるこの番組が、捏造がばれる前の黄禹錫氏の業績をたたえる放送を行った。韓国最高科学者第1号だという称号まであるとたたえ、ノーベル賞候補にいると最大級の賛辞を寄せる放送を国谷裕子がやっていた。その後ほどなくして、彼の業績の中身が捏造によるでっち上げと判明する。その事実を受け、NHKはどうしたか? 沈黙で答えた。今に至るも黄禹錫の研究に関するでっち上げの詳細を検証する番組を放送したことがないし、あの番組の中身についての謝罪を含めた説明の一切がない。NHKは、それ以降、悪質なでっち上げを平気で行っているようだ。テレビがないので、リアルタイムでその捏造番組を見ることはなくなったが、ネットの掲示板などを見ると相変わらず捏造を繰り返し続けていることがわかる。耳の聞こえない作曲家のためにスペシャル番組でゴールデンタイムにPVのような番組を制作し放送したことは記憶に新しい。この作曲家の耳は聞こえるという事実が広く知られるような後になっても、NHKは謝罪もしなければ、社内的に糾弾があったのかどうかの説明もなく平然と営業を続けている。しかし、今回は、あろうことか、未だ疑惑の域から抜け出すことがない確定されていない研究内容にケチをつけ、異常なほど執拗に関係者を追廻し、これもまたスペシャル番組の制作をやってゴールデンタイムで研究者の学者としての生命を奪うような番組を垂れ流した。これによって、この研究のパートナーとして活躍されていた有能な先駆的役割を担っておられた人が死に追いつめられることになりました。でっち上げを認めた韓国の黄禹錫は、このような糾弾番組の餌食になることがなく、現在も生きて何の研究かよくわかりませんが、今も学者としての活動をしているらしい。彼は、無事に生かされているのである。しかるに、NHKは、その異常とも思える歪んだ情熱で一人の研究者の命を奪い。自殺へ向かわせたという事実に対して彼等のHPでにあるのは、『STAP細胞の論文は、小保方晴子研究ユニットリーダーが行った実験を元に、笹井副センター長が、執筆を指導する形でまとめられていて理化学研究所の調査委員会は、笹井副センター長に不正行為はなかったもののデータの正当性と正確性などについて自ら確認することなく論文を投稿していてその責任は重大だと指摘していました。』という事で済まそうとしている。自分たちが何をやったのかについての自省もない。韓国の研究者のでっち上げについては赤恥をかかされたにもかかわらず反省番組すらなかったことを思うと、未だこの研究の疑惑の解明がない時点で執拗に人格を貶めるほどの異様な報道姿勢は問題ではないかと思いますね。彼等は、相手が日本人ならこういう態度に出るのではないですか? 反日主義者がNHKに棲んでいると思ったほうがいいのではないかと思いますね。

 あるいは、でっち上げをしてまでゆがめる報道とでっち上げが発覚してから沈黙する姿勢や、未だ疑惑以上の結果が見えない研究に対する報道姿勢の、これらの違いの根底にあるのは、反日だけではなく、妄想で膨らませた話から自分達にとって都合のいい話だけを取り出し番組にしてしまうという非常にいい加減な態度が見えてきます。耳が聞こえない作曲家に5年以上も寄り添っていて、なお彼は本当に耳が聞こえないと主張する番組制作者の存在は、彼等が、真実というものが自分にって都合のいい部分の集大成であると白状していることに他なりません。耳が聞こえないふりをしていると告発した人は彼をよく知る立場にいた人です。嘘をつくことに嫌悪感を持つ人であったという事かもわかりません。自分にとって都合のいいことだけを見て生きていることに嫌気をさしたのかもわかりませんね。そういう告発者の声がありながら、ニュース番組で流すだけで、あのNHKでっちあげスペシャルに一言も触れずに終わり、でっち上げがあったという事実から目を背ける姿勢を続けるのは、今回の放送とは対応が逆でありながら根底にある考え方が一緒であることに驚かされます。自分達にとって都合のいい事実だけの追求と、自分たちが妄想する筋書にもっていく姿勢ですね。嘘を隠すためには嘘となる事実に目を向けない。嘘があると妄想したなら、根拠を見つけるためだけが目的であっても徹底的に追及していけば相手の不備や取材する記者の暴力的な要求に応えない姿勢なども放送することで彼等の人格攻撃なども絡めて研究者生命の抹殺までもっていくという筋書きがあったのではないかと思います。

 非人間的な精神を持った連中を公共放送の仕事に就かせるような間違ったことをしていいはずがない。彼等に自浄能力がないことは、黄禹錫の番組以降の時間の経過が証明しています。彼等に天気予報や災害報道以外の仕事をさせてなりませんね。残念な連中しかいない放送局です。

 我が国にはジャーナリストがなぜ生まれないのか? NHKを見ればその答えになっています。

投稿: 旗 | 2014年8月 6日 (水) 06時00分

広島平和祈念

総理の靖国参拝は即日世界に発信されるのに、広島や長崎、沖縄の平和祈念式典の様子は世界に発信されているんでしょうか?戦争に対してのこりごり感がよーく表れています。中国、韓国のバッシングを上回る平和へのアプローチを世界に向けて発信してもらいたい。

投稿: まな | 2014年8月 6日 (水) 08時40分

メディアも批判の矛先が完全に間違っていて機能してませんね。大泣きした議員こそ追い詰められてしかるべきですが小保方さんの様に科学で地道に頑張った人や笹井氏の様な人を自殺に追い込んでしまいました。日本の歪さ表面化した瞬間でしたね。表現の自由を擁護してきましたが報道規制やガイドラインが必要なのかもしれませんね、国益に反するのは良くて国益に資する物は報道しないのも変と言えば変です。まぁ戦争とて国益になり得る時がありますから何とも判断は難しいですが下らん週刊誌や嘘報道は規制されても大して不味いとも思いません。しかし本の出版自由が侵されたりするのはマズイですね、本来政府もどんな極秘事項であれ公開はしなくても歴史の資料として永遠に保存すべきですが原発事故後も記録を破棄したのは本当に愚行でした。国の恥じでしょうが記録を残さない事により検証や反省が出来る手掛かりが無くなりました。あんな状況を再現出来る訳も無く本当に貴重な資料を失いました。過去にも何度もあるのでしょうが戦後もGHQは日本の資料を破棄したり軍資料も破棄しました、これも愚行でした。しかし誰も止められる訳でもなく反省もなく間違いを繰り返すのでしょう。外国や田舎に住んで良い事は報道や下らんメディアから解放される事でもあります。喧騒から距離を置くこれも実は大事です。

投稿: 脱走猫 | 2014年8月 6日 (水) 09時09分

石破さん ≪NHK批判のコメントに便乗して‥2題≫
①朝日【http://goo.gl/aWnK0m‥NHK籾井会長 ①幼いころから「一言多かった」  ②(なぜ、NHKの会長職を引き受けようと思ったのか?と問われ)「男意気に感じてというようなもの」】 
このご仁は先日は同様の問いに「男の本懐」、今回は「男、意気に‥」と言った。異様ともいえる「男」への執着があるようです。歌舞伎役者の「見栄」を切っている積りなのでしょう。「分(不相応)」とか「柄(不足)」の感覚が全くないのでは、少なくとも「高い身分を与えらる男」には該当しないと断言できると思います。男には迷惑なご仁です。

②公共放送の重要責務であり看板番組である筈の「ニュース9」が最近は(籾井会長が就任後?)増々空疎と云うか空虚と云うかニュースの中身が薄く的外れになっているのが気に懸る。大越メインキャスターの表情が冴えず彼自身の中での葛藤が読み取れる。昨日の報道たるや、国内政治はほんの付け足しに過ぎず海外情勢や国内の災害や事故や事件と天気予報とスポーツに終始した。
同じく看板番組である「クローズアップ現代」の国谷女史も、菅官房長官の取り巻きの例の一件以来、突込みの冴えも鋭さも喪われている。
今のNHK会長は彼らだけではなく日本国民にも迷惑なご仁です。

NHKの彼らの有意な資質や能力が削がれてしまう図式は、もっと過酷な形で理研における昨年来のSTAP細胞論文の検証調査の過程や昨日の自殺にも通じているのではないか。斯く仮説を立てると、夫々の組織トップの資質不足や歪みも然ることながら、国家最高責任者の資質不足や歪みも洞察するべきだと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年8月 6日 (水) 11時00分

先生お疲れ様です。
先生の仰る通り、朝日新聞および植村隆氏の証人喚問は当たり前の事ですよね。
事実関係の確認をしないで来たら日韓関係、日中関係が最悪になった訳です。
日本は昔から相手に気を使いニコニコし譲歩する外交戦略でした。
その結果が大東亜戦争・中国、韓国との関係悪化・従軍慰安婦や南京大虐殺のねつ造です。

先生はニコニコ動画をご覧になられるでしょうか?
「フランスの方が描いた慰安婦の真実」
で検索するとフランス人の方が従軍慰安婦の嘘をわかりやすく説明しています。

また従軍慰安婦の証人もつじつまが合いません。

従軍慰安婦の証言を証拠として韓国政府ホームページに記載。
その一部
<慰安婦の発言>
■へりに乗せられた→当時の日本軍は持っていません
■ブーツで蹴られた→当時の日本軍は採用していません
■クリスマス休暇は忙しくて大変だった→当時の日本にクリスマスなんてありません。クリスマスという言葉さえ使っていません
確定済みの事実
 ↓
<韓国軍慰安婦とは>
1945年から1990年にかけて韓国軍ならびに在韓米軍によって組織された慰安婦のこと。
朝鮮戦争時に北朝鮮の女性兵士や女性ゲリラの捕虜のほか北朝鮮・中国側の協力者と判断されたり逃げ遅れた朝鮮人女性が韓国軍の強制的な連行によって慰安婦にされた。


私はこれからも陰ながら先生を応援しております。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2014年8月 6日 (水) 12時15分

朝日新聞が今さらやっと虚偽、捏造を認めましたね。
しかし強制連行はなかったが、慰安婦問題の本質はそこじゃないと開き直り責任転嫁。
虚偽、捏造への謝罪は一切してません。
朝日が従軍慰安婦という造語を創り出し、朝日の捏造記事に韓国が呼応して世界にばら撒いた罪について謝罪はありません。
検証も証拠もないまま16回にも渡って吉田虚偽証言を特集した朝日は、報道機関を剥奪すて潰すべきです。
この新聞社は反日社是の確信犯ですよ。
以下、朝日記事の解説つきで詳細に見られます。

(辛坊治郎TV解説、詳細動画あり)

朝日新聞 慰安婦報道撤回 (14.08.05)
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-2543.html
「強制連行」の根幹は根底から崩れた。

投稿: 匿名女子 | 2014年8月 6日 (水) 15時08分

石破先生、こんにちは。

この一世紀近く、日本はいわゆる組織における官僚制の逆機能に悩まされてきたように思います。
軍、行政、メディア、私企業、組合など国民の幸福のため、優秀な人材が集まった組織にも関わらず、結果的に国民個人に不幸をもたらした例は大小枚挙に暇がありません。
組織はヒト・モノ・カネを集め、動かすために大義・目的を掲げるわけですが、いつからかカネを集めるために仕事や目的が作られる。はたまた正しい目的のために作られた組織なのだから過誤は絶対無い、認めないというおかしな体質を持つ事もある。果ては災厄を引き起こし、その隙を外国から利用され、日本自身の首を絞める事もある・・・。
結局日本人は何をやってるんだろうという思いが致します。
これからの時代にはその反省が活かされてほしいと切に願います。

投稿: 宮城出身 30代 | 2014年8月 6日 (水) 15時39分

石破先生

久しぶりにコメントさせていただきます。
朝日新聞の慰安婦問題誤報の件、国会で追及すべきじゃないですか?

投稿: 安永 | 2014年8月 6日 (水) 18時23分

以下コピペですが、激しく同意です。

そもそも従軍慰安婦問題の本質は強制性が有ったのか無かったのかの一点だったはず。
所が今般の記事での朝日の主張は「女性の自由を剥奪し尊厳を傷つけた事が問題の本質」と語っている。
正に見事なまでのすり替えで自己弁護も甚だしい限り。
朝日新聞は一度嘘をついたことでそのあとも嘘をつき続けないと正当性が保てない。
これは韓国と全く同じ状況に陥っている。
要するに反日にならざるを得ないと言うこと。
もう犯罪、刑事処罰を朝日新聞へ!

投稿: 国会証人喚問は当たり前! | 2014年8月 6日 (水) 18時27分

石破茂さん自身がどうしたいのかに尽きる。集団的自衛権の国民理解がない現状で誰がやねんって事。

適任者がいないでしょ。

投稿: 神斎藤正博 | 2014年8月 6日 (水) 18時31分

体調、お大事に。
今の日本国家にとって
無くてはならない人なので
最後まで使命を全うしてください。
宜しくお願いいたします。

投稿: 辰 | 2014年8月 6日 (水) 18時37分

石破先生、事務局の方々お疲れさまです。


夏休みの宿題をきちんと仕上げられたか、仕上げられなかったかは日頃の仕事ぶりを見れば分かると昔校長先生が終業式の日に言われていたのを思い出しました。今思えば部下である先生達のことだったんだなぁと。

連日新聞等で内閣の組織編成についての報道がされております。
そのような状況であっても職務を淡々とこなしていきたいという姿勢には、学生の時から生真面目に課題をきちんと仕上げることが当たり前だった先生の性格が現れていると思います。

投稿: くま | 2014年8月 6日 (水) 20時30分

お疲れ様です。体調はいかがでしょうか。くれぐれもお大事になさってください。

幹事長は「夏休みの宿題は最後の数日で仕上げる派」だったんですねw
マスコミが報道する「関係者」「周辺」「側近」って「実在しない」場合も少なからずあるのかもしれませんねえ。

さて、朝日新聞が「慰安婦報道」の一部の誤りを認めた(ただし言い訳ばかりで謝罪なしの)件でのゲル幹事長のコメント、さすがって感じです。自民党さんは朝日新聞の偏向報道に散々、足を引っ張られましたもんねえ。「積年の怒り」のようなものが伝わってきました!静かに怒るゲル先生、ホントこわ~い(いい意味で)
今日のプライムニュースでの「朝日新聞がクオリティーペーパーかどうかはともかく」には思わず拍手を送ってしまいましたsmile
朝日新聞関係者の国会招致、是非やっていただきたいです。特に植村隆・元記者!!
国会招致に関して一部マスコミが「報道の自由を損なう」の何のと言っているようですが、籾井NHK会長もあれだけ国会に呼ばれておられましたが、そのことによってNHKは報道の自由を損なわれたんでしょうかね。会長の業務には少なからず支障をきたしたと思いますが、報道の自由には何の影響もなかったと思います。

投稿: hinomoto | 2014年8月 7日 (木) 00時57分

イギリスロンドン塔

セラミック製のポピーの赤い花で埋め尽くされた…ってニュースをみました。第一次世界大戦で戦死した戦士の追悼の為で、皇太子夫妻を含め12万本が植えられ、10(?)月の追悼式に向け88万本が植えられるらしい…ロンドン塔は戦地に向かう戦士がここから出発日した所らしい…
日本にも在りますよね…こんな場所…ただただ静かに追悼したい気持ちは、イギリスも日本も変わらないと思うのに…日本は追悼に行くと近隣国が大騒ぎ…悲しいweep

投稿: まな | 2014年8月 7日 (木) 07時18分

中国、韓国のお葬式ってsign02

事故や地震、災害で多くの犠牲者が出ました…って言うニュースを見ますが、お葬式とかお悔やみのイメージが全くできません。仏教は中国を通って日本に来たのに今の中国に仏教の心を見いだせない。高い精神性を感じさせない。お葬式ってどんな感じなんだろう…っていつも思う。外国人との交流会があったら是非参加して先祖供養の事なんか聞いてみたい。

投稿: まな | 2014年8月 7日 (木) 07時40分

米国の中国化が進んでいる。ウイグルでは自由に外で談笑したり政治論議は出来ない、治安部隊に監視され今はひげをはやしているだけでも拘束の対象になる。昔ポルポトが眼鏡をかけている者をインテリと称して拘束したのを思いだす。沖縄でも中国化は進んでいて中国を批判すると必ず友人から注意しろと言われる。名護付近なら辺野古容認は表では話が出来ない、暴力を振るわれるようだ。米海軍作戦部長グリーナート提督さえも中国軍と対抗する戦術を質問され中国を刺激するので発言を控えたというのだ。どこかで聞いた言葉だが日本が何時も使う大人対応、中国配慮だ。次は米も中国の嫌がる事は言わないとでも言い出すのだろうか?米国が島嶼防衛訓練を持ち掛けた時日本は中国を刺激したくないと言って断ったが安倍総理になってから漸く防衛費を増額し潜水艦、水陸両用装備、オスプレイ配備も含め訓練も奄美で行い逆にやっていると表に出すようになった。米国は日本の駄目な所は見習わないで貰いたい。中国は強い国とは闘わない口だけ国家なので強気で行けばいい。そしてもし外洋に出て来て攻撃があれば叩けばいい。所詮大陸国家、英国や日本、米とは違う。

投稿: 脱走猫 | 2014年8月 7日 (木) 13時15分

 また寄せてもらいました。
 九州は、雨が多く、こうも湿気がひどいと困るなあ、というこのごろで、夏という実感がありません。

 さて。
 自民党は原発をベース電源とする立場だと思います。であれば、火力発電も併用するとしても、電気自動車は環境負荷が低い。燃料電池なのか普通の電池なのかは、日本の気温ではあまり問題にならない。
 しかし、普通の電気自動車は売れてない。
 うっかり途中で電池が切れたら困るから。
 安心と安全は別次元、とするならば、実際に使ってみれば、ガソリンよりいいのを体験した人が、一定数、でてこないと普及はしない。
 費用と使い勝手と技術を考えれば、電気原付バイクに慣れた若い人が増えれば、彼らが大人になれば、電気自動車を買うだろう。
 ほとんど、カルロスゴーンに書くべき内容なのですけど。
 おそらく、珍しさなどではなく、明確に、コストベネフィットがいいことが保障されないと、始まらない。つまり、閾値があることでしょう。それは、環境整備なので、政府としてできることがあれば、考慮しては、どうでしょうか。

 メキシコとは、麻薬撲滅で共闘しては、いかがでしょうか。
 メキシコは、ぼくの考えでは、非常に重要な国です。
 新たに、先進国になる可能性がある国は、ベトナムと、メキシコではないか、と思います。
 特にメキシコは、大国になる可能性があると思っています。

 慰安婦の問題は、広い問題で、そういう解決が望ましいのではと思います。
 ゲームのつもりで引きずると、大変なことになるように思います。

 最後に。自民党の幹事長は、激務だな、と思いましたが。石破さんだから、ではないかと思い直しました。ある程度、眠ることも、仕事ではないでしょうか。(笑)


 
 

投稿: 遠藤宏一 | 2014年8月 7日 (木) 18時43分

石破様、阿部総理、いつも応援しています。(美しい日本を)信念を貫いて下さい!

投稿: デルピエロ | 2014年8月 7日 (木) 22時15分

歴史の改竄

取材する人物の発言を裏付けも取らずそのまま文書にしてしまうと後で訂正するのが難しい…誰に取材すべきか慎重に吟味しないと歴史が変えられてしまう

私の住む所も数十年前に地元の歴史研究者が地域の歩みを書いたが歴史書が出版された。すぐに地域の年寄りから異議が出されたが、訂正はされず、数年後出版者が亡くなり、異議を申し立てた年寄りも亡くなった…出版物は残り続ける。この本も代々この地域に住んで居た人ではなく、親の代に住みはじめた人物への取材によるものだ。
また、ある郷土玩具の由来について同じ人物の所に新聞だテレビだ情報誌だ…取材のたびに内容が変化している。取材する人も取材前にサラっとでもネットで検索してみれば前にどのように発言しているかわかるのに…歴史が取材される人物の願望やいろいろな思いによって変えられるのは嫌だ。

投稿: まな | 2014年8月 7日 (木) 22時23分

石破様

内閣改造等マスコミで騒がれていますが、ぜひ意図を誤解されないように目的を明確にして、しっかり日本を、安倍政権を支えてください。いつもの石破さんどおり、役に立てることがあるならば何でもやるとの立場を堅持して下さい。政治はある意味神聖な仕事だと思います。政治家の目的は日本のために働くことであり、総理大臣になることでは断じてありません。この点、一分の甘えもエゴも許されません。ところで朝日新聞の国会への招致、大賛成です!なんとか実現して頂きたいと思います。世界に誤解を広め、浸透させてしまった責任を日本国民に対してどうとるのか、その損害をどうやってリカバリーするつもりなのか、国民の代表たる国会で朝日新聞に聞いて欲しい。また、朝日は外国人記者クラブで海外メディアに対してその過ちを説明して欲しいです。猛暑の折、カレーはカツカレーでは胃にこたえるかもしれません。コロッケカレーぐらいがいいかもしれません。いろんな意味で暑い夏、何とか乗り切ってください。

投稿: 福岡 | 2014年8月 7日 (木) 23時49分

ふるさと納税

税収のランキングで東京都が1位、鳥取が最下位だとか…東京は人口が多いからね!
でも、人口の大半は地方出身者ですよねflair
そこで、所得税は出身地に納税するのにしたらいいのではないでしょうか!そしたら東京だけ断トツって事がなくなるのでは…住んでいる地域には住民税、固定資産税、消費税、自動車税など他にもいっぱい納税できるし…

投稿: まな | 2014年8月 8日 (金) 12時50分

未だに徴兵制で若者を脅すプロパガンダがある様ですが無知の裏返しです。大陸の様な国家であれば国境が長く守る人や陸軍も数が必要になるので徴兵制になります。しかし日本は海があり島嶼から制空圏、制海権を奪いそこから離島や本国に侵入を図るので海軍や空軍を使う為知能の高い隊員が必要です。その為に志願制になり優秀な人が要ります。徴兵制が敷かれたりするのは戦争中兵員が足りなくなったりすればあり得ますが平時ではしないでしょう。これに加え集団的自衛権も実は昔から行使しています。戦後機雷除去も行なって隊員も亡くなっていますしイラクでの給油も武力一体化ですしそれよりも米軍基地がありその提供自体が武力との一体化です。反対派の意見がいかに虚しい無駄な抵抗で本質から外れ本当の脅威に向き合っていないか分ります。その証拠に中国や北が攻撃や侵略してきたらどう対処するのか?と聞くと話合いだの外交だの言います。外交すら機能しないので武力行使して来ているのに話合いと来ます。相手は話合いの間戦力をもっと有利に配備する時間を貰ったと解釈します。つまりドンドン不利になります。こうなるといかに現実離れな理論を言っているか分ります。イスラエルとハマス、ウクライナと露を見ても外交、話合いが通用しないで軍が有利に駒を進めます。中国のチベット、ウイグル、西沙南沙諸島侵略も同じです、既成事実を作りドンドン前に進めて来ます。話合い?竹島で実行支配している韓国が話合いに応じますか?しません、実行支配を強化するだけです。現実の世界は軍が動かします。日本だって尖閣で中国と話合いしますか?総理も尖閣話合い前提では会わないと言っています。なぜか?日本が実行支配しているのに話合いで相手に有利に駒を進めさせる理由が無いからです。実行支配していればそこは日本の領土です。話合う議題は無いのが日本の主張です。徴兵制も集団的自衛権も左翼やマスコミがいかにおかしく猫パンチ喰らわすだけです。

投稿: 脱走猫 | 2014年8月 8日 (金) 19時40分

自民党議員さんは全力で安倍総理をバックアップしてください。安倍総理を背中から撃つようなことは止めてください。安倍総理は着実に日本を取り戻しております。

投稿: 但馬平八郎 | 2014年8月 9日 (土) 12時19分

最近、中国人が日本の土地を買収を行っていますが、このままじゃ日本は中華人民共和国になってしまうような気がします。特に、防衛関連施設なや、国家重要機関の近隣の土地を購入されるのは、日本国民として大変危機感を憶えます。日本を何とかして下さい。

投稿: 河野 | 2014年8月12日 (火) 00時08分

すべては国益。私利私欲を脱して

「安倍は悪、石破は善」という価値観でコメントを書かれている方が多いのですが、海外から今の日本を見ますと、安倍首相の巧みな行動力に驚かされると同時に、内閣の安定した働きに、今までにはない頼もしさを感じていました。

日本のメディア及び石破さんの側近議員の方々は、石破さんを総理総裁にすぐに担ぎ出そうという動きのようですが、今はまだ安倍総理のもとで踏ん張って欲しいと思います。そして願わくば、日本国民にあなたがどれくらい外交に長けているのかを見せて欲しい。私利私欲を脱し、安保法制に全霊を傾け、外交面でもう少し輝けば、おのずと石破さんの時代は来ます。日本と日本国民のために仕事をしてください。

投稿: 海外在住者 | 2014年8月12日 (火) 15時41分

 いつも大変お疲れ様です。
今回の安倍内閣改造に伴い石破さんを幹事長から更迭して安全保障担当大臣にする事を安倍さは考えているようですが、集団的自衛権も多くの国民が反対している中での今回の安倍さんの手法は煙たい人に嫌われ役を押し付けるやり方は断じて許せません。
これは正に独裁手法で総理の権限を利用して好き勝手に物事を進めている独裁者と同等に思えます。
集団的自衛権は本来は憲法を改正するのが順当な手法と思いますが、今の情勢では国民は憲法改正に同意するとは思えず、す
ると他国との軍事的な格差が生じ日本の外交にも大きく影響をするし軍事的には大きく遅れを取る事になります。
しかし憲法の解釈で事を成就する仕方は民主国家には馴染みません。
石破さんの言われる通り安全保障に関する法整備を行いそれから集団的自衛権の検討に進むべきで、その石破さんを幹事長から更迭などとんでも無い事です。
大臣を引き受けなければ無役になると言われていますがテレビ討論等に積極的に出られて石破さんの考えを国民に訴えるべきで国民はきっと理解されると思えますし次の総裁選挙に勝てる土壌を構築して安倍さんを下ろす必要が有ります。
秘密保護法の時も国民に説明が足りなかったと安倍さんは反省の弁を述べていましたが、その後説明をしたとは言えません、このその場限りの逃げ口上で事を済まそうとする事こそ国民を愚弄するものと言わざるを得ません
景気も第三の矢は多分挫折すると思いますが
経済の実態を国民に解り易く説明をする事も必要です。消費税を3%上げて給与はそれを下回る昇給では消費が増える道理は無く株価の調整で見せかけの景気感の雰囲気を作る様は一国の総理の行う手法では有りません。
まだまだ申し上げたい事は沢山有りますが、何れにしても安倍内閣では国民を豊かにする事は出来ず外交も孤立化の様相さえ考えられます。
財政再建も具体的に健全化策を示さず赤字国債は増えるばかりで安倍さんは日本を破綻させる気かと言いたい。
国民の支持率が急速に低下していくと見ていますが、そろそろ安倍さんの垢が表面化すると受け止めています。
石破さんの踏ん張りが日本を良くして行くと考えます。
大変な事と思いますが奮闘を期待し次世代を生きる若者たちにも希望の灯をともして下さい、お願い致します。

投稿: 橋本 脩二 | 2014年8月24日 (日) 15時41分

吉田清治⇒朝日新聞⇒韓国挺体協により捏造された慰安婦プロバガンダでは、下記の碑文のように、

朝鮮半島の女性を強制連行して性奴隷にした、という嘘の行為の主体を、

THE ARMED FORCES OF
THE GOVERNMENT OF IMPERIAL JAPAN,

と刻まれています。

これは皇室を愚弄するプロバガンダです。

石破先生、どのように対応されますか?


慰安婦の碑の碑文

IN MEMORY
OF THE MORE THAN 200,000
WOMEN AND GIRLS WHO WERE
ABDUCTED BY THE ARMED FORCES OF
THE GOVERNMENT OF IMPERIAL JAPAN,
1930's - 1945
KNOWN AS "COMFORT WOMEN,"
THEY ENDURED HUMAN RIGHTS
VIOLATIONS THAT NO PEOPLES SHOULD
LEAVE UNRECOGNIZED.
LET US NEVER FORGET THE HORRORS
OF CRIMES AGAINST HUMANITY.


DEDICATED ON OCTOBER 23, 2010
COUNTY OF BERGEN,
COUNTY EXECUTIVE
THE BOARD OF CHOSEN FREEHOLDERS,
AND THE BOROUGH OF PALISADES PARK

翻訳

日本帝国政府軍によるものと考えられている
200,000人以上の婦女子を記念して。
1930年代~1945年
それは「慰安婦」として知られています。
誰も気付かずに去るべきではない人権侵害を
彼女たちは耐え忍びました。
人間性に反した犯罪の恐怖を
決して忘れさせないでください。


2010年10月23日 建立
バーゲン郡
郡長
郡議会
パリセイズ・パーク自治町

投稿: ディヤングルタ | 2014年8月26日 (火) 02時43分

石破代議士の話し方は頼もしいです。
ゆっくり、落ち着いて、舌禍を招かないように言葉を選んで話すのは他の政治家、代議士にも見習ってほしいと思います。

なんせ、日本の政治家は、発言に重みがない。すぐに「あの発言は取り消します」という。政治家が一旦口から出した言葉の責任は付き纏うということを気にしてほしい。

まあ、次期安倍内閣に入閣されるのか、”一兵卒”になられるのか判りませんが、新聞・テレビが何と報道しようと応援しております。

老婆心ながら、身辺での不祥事には十分注意して政治活動を行ってください。
ご活躍を祈念しております。

投稿: みやもと | 2014年8月29日 (金) 13時24分

 安倍内閣が、2012年12月の発足以来、閣僚が一人も交代しない政権日数で戦後最長を更新している。と、2014年8月末に報道された。
 さすが安倍首相、妥当な人事を行われたものです。“閣僚の失言”報道を聞かないってのが嬉しい。

 石破幹事長との昼食会談を演出し、党内有力者間の亀裂修復(亀裂なんてない)を見せ付ける。

 副総理以下、重要閣僚は続投を早々と表明。内閣の基本戦略を変えないことを内外に人事で、におわせる。

 諸外国訪問も歴代有数の数だそうで、ご苦労さまです。親戚や町内会と同じで、“付合い”ってのが大事だからね。たまに一緒に食事したり酒飲んだりするだけで、人(国)付合いが円滑になるなら、安いもんだ。

 おっと、ここは石破幹事長のWebサイトだった。安倍総理を褒めすぎたかな。

今日は、安倍総理を褒めて終わり。

投稿: みやもと | 2014年8月30日 (土) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/60077847

この記事へのトラックバック一覧です: 「関係者」「周辺」「側近」…など:

« 「三四郎」など | トップページ | 夏休みの思い出など »