« キーワードは「自立」 | トップページ | イシバチャンネル特別篇「フォーラム「こう進める!地方創生~北海道への提言と課題~」」 »

2014年11月21日 (金)

解散など

 石破 茂 です。

 ひと月前には私も含めてほとんどの人が予想もしていなかった解散・総選挙となりました。これにより多くの法案が廃案となってしまいましたが、本日参議院本会議において地方創生法案が成立したのがせめてもの救いです。全国各地において皆様には大変なお世話様になりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 解散のタイミングや大義名分について様々な議論がありますが、解散権者である総理が決断されたのですから、我々は誠心誠意有権者と向き合い、審判を受ける以外にはありません。
 幹事長であった前回選挙において、投票終了と共にすべての自民党新人候補者に対して「当選が決まった瞬間から次の選挙は始まっている。一挙手一投足、常に全身全霊をもって有権者に接することを心掛けられたい」とのメールを発信しましたが、まさしくその成果が問われるのだと思います。
 当選すれば皆様のお蔭、落選すれば己の不徳の致すところ、選挙とはそういうものだと思っています。候補者自身が限界まで努めずして、誰も本気になってはくれませんし、応援に行く際も、一人一人の有権者に真剣に訴えなければ行く意味はないと思っています。

 私自身はこの選挙を「日本創生・地方創生」を訴える選挙にしたいと思っております。
 新しい経済政策(いわゆるアベノミクス)の是非を問う選挙と位置付けておりますが、大企業もなく、株を保有している資産家もおらず、賃金上昇が十分ではないような地方においては、消費税率アップや円安によるガソリン・燃油・輸入資材等の高騰が、都市部よりも厳しい形で生活を脅かしていることを我々はよく認識しなくてはなりません。
 「だからアベノミクスは失敗だった」ということではありません。アベノミクスの先に、ローカル経済に適合した全く別の形の「ローカル版アベノミクス」を提示するということについて、信を問わなくてはなりません。
 日本を取り巻く内外の情勢が一変しているのに、従来のシステムを根本的に変えることなく、ここまで改革を先延ばししてきたのは、明らかに我々の責任です。
 円高になれば日本が潰れると大騒ぎし、円安になればなったでまた日本が潰れると大騒ぎするのはどう考えても異様です。食料もエネルギーも、その大半を海外に依存してきたためにこのようになってしまったのであり、今までそれを当然のこと、あるいはやむを得ないこととしてこの解決に正面から向き合ってこなかったことを反省しなくてはなりません。
 食料もエネルギーも、農山漁村にはその資源が無限に存在しています。今まで困難と思われてきたことが、技術の進歩と、熱意と創意工夫に富んだ人材によって可能となるものと私は信じております。

 今回の選挙も、可能な限り自民党・公明党の同志諸兄姉の支援に全国を廻りたいと思っております。お近くに参りました際には、どうかよろしくお願い申し上げます。

|

« キーワードは「自立」 | トップページ | イシバチャンネル特別篇「フォーラム「こう進める!地方創生~北海道への提言と課題~」」 »

コメント

お疲れさま!

がんばってください

投稿: mr | 2014年11月21日 (金) 19時47分

選挙の結果、日本創生・地方創生が腰折れせぬことを切に願います。 今回も厳しい選挙になるかとは存じますが、どうかお元気でご活躍くださいませ。

投稿: 61 | 2014年11月21日 (金) 20時06分

自民党にしか日本は任せられません。石破さん・安倍さん・谷垣さんのコンビとてもいいです。一番安心できます。石破さんのまじめで熱心なところがとても尊敬できます。家族皆、石破さん日本創生地方創生大変ですが頑張って下さい。何としても自民党に勝ってもらわなければなりません。何があっても自民党に政権をとってもらわないと民主党が政権を取っていた時のクラゲのような政権は日本にはいりますん。頑張れ頑張れ石破さん
頑張れ頑張れ石破さん

投稿: 北村賀子 | 2014年11月21日 (金) 21時08分

石破先生

ひさしぶりの投稿になります。
石破先生と自民党を信じて日本の進み方を見てまいりましたが、どうしても今回の解散は胸がつかえて仕方ありません。多くの方がそうでしょうが、安倍さんに裏切られた気がしてなりません。なぜ今数百億円もかけて選挙をする必要があるのか。どこかの大学教授は「言われているほど物価は高くなっていない。スーパーなどは財布の紐が固くなることを想定して企業努力により値段を下げているから」と言っておられました。スーパーにはあまり行かない男陣は値下げ感を感じられないコンビニでの買い物が多く、以前より出費が増えていることを実感しています。1回の買い物で数円の差がちりも積もって負担に感じている私たちが、自民党が勝つに決まっているバカげた選挙に数百億円もかけられたら正直頭にきてしまいます。
自民党にとって代われる政党は今はないので自民党は勝つと思いますが、驚く程の投票率の低さで国民は頭にきていることの意思表示をするのではないかと思います。
先生のブログを拝読して、先生はやはりちゃんとわかっていらっしゃることを確認できて大変安心いたしました。

投稿: 小宮 | 2014年11月21日 (金) 21時56分

 アベノミクスの信を問うと言うのであれば世論調査でもやればいい。選挙をやるより安上がりだろう。
 同じ700億使うなら東北や貧困に苦しむ人たちに使ったらいいのに。その辺の金銭感覚が皆無だから財政再建などはるかかなたに遠のくのだ。「財政再建の旗は降ろさない」と言うが言うばかりで全然具体的行動が伴っていない。せんのなら言うな!議員定数削減などしないなら約束するな!それらのことが全部政治不信に繋がって真の景気回復などの道筋がつかないのだ。
 何かよーやっとるやんかみたいなことがないのである。アベノミクスなども確かに景気上げの数値は上がっているのだがそれは所詮カンフル剤のせいで真の景気回復ではない。そのことは国民がみんな感じているのである。だから不安に思うのだ。たとえば真に日本の製品技術が海外でバンバン売れて役に立っているみたいなことが感じられないのだ。カンフル剤でいくら景気をよくしても安心できようはずがないだろう。
 石破さんには総理になってもらいたい。人柄がその行動や言動から安倍より信頼できるからである。

投稿: つぶやき | 2014年11月21日 (金) 22時07分

綺麗事を並べて国民無視解散で、700億円の税金の無駄遣い!
無意味な解散!
衆参議員を、150人以上減らせ!
ばら蒔き公共事業を止めろ!
無意味な大多数の独立、特殊法人の廃止!
国会議員の報酬1000万円削減!
通信費廃止!
政党交付金廃止!

日本の議員は世界一無駄遣いだ!
誰がこれらの税金を払っているのか考えろ!
無駄遣い議員は努力無し、能無し!
税金泥棒の確信犯と言える!

投稿: 国民 | 2014年11月21日 (金) 22時15分

先生heart04
こんばんは。
イシバ先生が、幹事長なら、張り切ったんですがね。どうもテンション上がらないんです。
なんか、広島災害時のゴルフと小渕さんの公認が、許せないんです。今回だけは次世代の党に入れようかと思いながら、それなら行かない方がましかな…とか。
自身が迷っている以上、他人様にオススメするのもどうかと。幼稚な意見であることは、承知しております。
さて、気分を取り直して「地方創生」ですね。私事ですが、1か月間に、グアム、タイのバンコク、鳥取の温泉と大阪に住む私の日常は多忙でした。バカンス、仕事、叔父の法要。
・海外バカンス&出張。円安に悲鳴!
1時間100ドルのエステ。1時期より150%UP。こちらもテンション上がりませんね。
・20年ぶりに行ったバンコク!
やばい。日本は追い抜かれている!発展の速度が負けすぎ。どこに行っても、お手洗いがきれいで交通機関だってピッカピカ。日本は世界に誇る先進国だと自負してたのでびっくりしました。私が女子大生だったころは、日本は最先端国で、どこの国からも憧れの目で見られました。職業柄、海外によく出ますが、それでもバンコクはびっくりしました。日本人は、何が秀でているんだろう。。私のようなバカ女が遊びほうけてる間になんだこりゃ…
・地方といえば鳥取の温泉。ちょこちょこと単価のあがる工夫をされてました。「野花」のスイーツとか。当分は国内でゆっくりしよう。。。今年三十路に突入の親戚の女性が、適齢期の男がいないと、従姉妹が、親の介護施設の順番待ちが大変だとそれぞれ、嘆いてました。1日や2日で劇的に解決する問題ではないですね。支離滅裂ですが、総理が解散権があるといわれても、何のためにクリスマス前のテンション上がる時期にこんなことされるのか、軍師官兵衛の最終回変更してまでやる選挙ですか???
自民党員でイシバファンの私でもなんだかな。。。って感じですwink

投稿: なこ | 2014年11月21日 (金) 22時24分

石破さん、

ともあれ選挙、がんばってください。自民党が選挙で良い結果を出すために二つお願いしたいです。

1)政治家に話を聞いてもらいたくて会いに来るような国民は政治家から見れば自分の利害関係を政治家に訴える有権者に見えるかも知れません。しかし実際には大多数の日本国民は日常的に世界屈指の経済を維持している職業人、組織人です。すなわち、自民党を含め政治の世界と比べて比較にならないほど厳しく、きれいごとではなく、屁理屈など通らない、個人のエゴなどふっとばされるような秩序の世界に生きています。だからこそ日本は経済大国なのです。人間関係ではなく秩序の世界です。そんな日本国民から見て実は政治の世界の一番の弱点は「目的のために本当に一丸となって我を捨ててがんばる」ことができず、「それぞれが”俺が俺が”の感覚で自分の主張をしてるだけ」という甘さです。自民党にも随所にこれが見える。政治家は、自分は国会議員なのだから偉いのだから、自分の意見をどこまでも通していいのだと思うでしょう。これは完全に間違いです。実際には国会議員も組織人です。組織の秩序なしには、何も大きな仕事は出来ないのが当たり前なんです。日本国民は大変優秀な組織人なので、政治家の組織人としての甘さは簡単に見抜き、まさにそこを軽蔑します。この点ぜひ気をつけていただきたい。

これに関連して、小渕氏が選挙に出るそうです。選挙区の文化からして、出たら当選するでしょう。しかしこれは日本全体では小渕が自民党の足を引っ張るという行為です。大多数の日本国民は、自民党より自分を大切にする小渕が、ましてや日本の役に立てるわけなどないと知っています。常識です。小渕氏の自民党公認は阻止してください。あたりまえのことです。

2)ちまたで「正社員vs非正規社員」の枠組みで議論される事が多い。これはまちがいです。正しい枠組みは「正社員+非正規社員vs大量失業」です。今の日本では非正規その他、生活に不満を持つ多くの有権者がいます。どのような働き方であれ、なんとか大量失業の発生を阻止し、できるだけ給与が上がる政策をやっているのだと言う事を正面から訴えて欲しいと思います。小泉政権の時もそうでしたが、安倍政権でもその政策によって苦しい生活をさせられると思っている多くの人たちには、しかしその政策がなかったら多くは失業していたという現実を正面からつきつけるべきです。

以上、ご参考いただければ幸いです。

石破さん、すべてを捨てて、自民党政権、安倍長期政権実現のために最善を尽くしてください。日本国民は秩序をこそ理解します。目的のために我を捨てられる事こそ日本人の強みです。菅官房長官のご努力を多くの日本国民が理解しているのはまさにそれが理由です。

投稿: 福岡 | 2014年11月21日 (金) 22時35分

今夜の青年館はとっても楽しかったです。
広島から参加した甲斐が十二分にありました。
お疲れさま、そして、どうもありがとうございました。

投稿: 肥和野 茂 | 2014年11月21日 (金) 23時12分

いよいよ解散ですね。 
応援演説で日本全国津々浦々巡る、目まぐるしい日々が始まるのですね、ぜひぜひ!ご自愛ください 
 
先生、今TVのインタビューを拝見しました。自民党的には勿論アベノミクスなんでしょう。勝負どころには一本にまとまる自民党ですものね。 
けれどインタビューでの先生のお言葉!集団的自衛権にも、自らメスを入れていましたね。 
でも、また無理が生じる様に思います。 
第一次世界大戦から100年ほど第二次世界大戦から70年に入るんですよね2度の大戦にお隣の大国との戦いも。。。 
先生!日本は負けたのですよね? 
無条件降伏。。 
講話に持ち込めなかった、時点で負けていたような気がしてなりません。 
 
先生は戦時下の中で戦った方々の生の体験などは幾らほど聞いたのでしょうか? 
 
私はほぼ皆無です、残念でなりません。 
私は今四十代です。あの大戦の終戦から70年に突入しようとしている平成、その年に生まれてる先輩方で70歳終戦で10歳だと、80歳 当たり前ですが、学徒兵だと。。。勿論図書館に行けば 色々な本達が、語ってくれますが、そこから先は、個人個人の妄想力になるでしょう。 
今思えばと感じる方や、歴史と捉えて感じる方、色々な感じ方はあると思います。 私たちは平和な国に生まれました、けれど世界には、銃弾、大砲、無人機による攻撃の中で、今も産声を上げる子供も、神様の試練なのか、運命なのかは、わかりません、 
でも、私も先生も何の因果か、日本国に、生まれ、PCを前に、タイピングさせてもらっています。本当に有難い事ですね、 
また話がまとまらない様になってきましたが、先生!やはり自衛隊があるなら、国防軍でも構いませんが、憲法は変えるべきです、憲法を、争点にも上げてください欲しいです。今のやり方では、無理がありすぎます。純粋な年齢になればなるほど、政治に興味がなくなるのは、ある意味必然の事なんだと思ってしまいます。しっかりと、ごまかさず、曖昧な言葉じゃなく、しっかりと、改正も含めて選挙で戦って下さい。候補者の名前なんて連呼しないで、ちゃんと政策を語って、全国を飛び回ってください。 
 
それでも、自民党はアベノミクスを焦点に選挙を戦うんでしょう。。。 
 
けれど、争点は国民一人一人が決めれるような時代になればとも思っています。 
 
外務省、防衛省だけなら秘密保護法も納得できますが。公安。。? 
 
スノーデン容疑者は、いい人なんですかね?悪い人なんですか? 
 
ネット社会の中の情報保護なんてもんは、皆無なんでしょうね、第三者は身内だと・・・ 
うーーーん すみません、またまた何を言いたいのか伝える事が出来ませんでした。すみません。 
 
先生の目に、この乱文が目につくことを願いつつ、この辺で失礼いたします。 
 
お近くに来ることがあれば、応援演説を拝見させてもらいます。 

 
重ね重ねになりますが。睡眠を少しでも多めにとりつつ、ご自愛下さい。

投稿: 永澤幸司 | 2014年11月22日 (土) 01時05分

今回の選挙では、選挙区は自民党の候補に、比例は次世代に入れようと思っています。選挙区は「自民党以外の選択肢がない」「とはいえ、おそらくその候補は当選するので、より保守系のまともな候補が立候補するならそちら」、比例は「小渕優子氏をこの時期に公認し、意味のない都市外交とやらを推進し、都民の血税を浪費している舛添を推して、東京都民を裏切った、大勝して驕っているような政党、公明党等と組んでいるような政党は、根本的に信用出来ない」からです。
直近の内閣改造も、地方再生に向けた取組みが本格化するという期待があったのに、結局はポストが欲しいだけの人間にポストを与えただけですよね。経済政策も、民主党という無能者の集まり(あんなのが政党交付金を得ていて、所属議員が税金を食んでいることと自体が信じられません)よりはマシですが、正直なところ、積極的に評価は出来ません。
選挙で信を問うのはいいですが、私なりに「浮かれた」自民党には厳しく対応したいと思います。

投稿: たけさん | 2014年11月22日 (土) 04時34分

石破先生
消費増税を断行するのだから、官僚の天下り先である不要な独立行政法人を次々、廃止して行って下さい。独立行政法人種苗管理センターなどは農林省の天下り団体で、無駄な組織ですよ。国家国民に何ら益するものはありません。こういう天下り団体に貴重な税金を投入しないでください。

投稿: 生粋の道産子 | 2014年11月22日 (土) 08時10分

解散ですね!

人として、教養、人格共に質の高い方にたって欲しいものです


石破氏がいるからこそ、不本意ではありますが、自民党へ投票致します

まさかの最低投票率なら民意の反映した政治ではなくなると言う事を一番に恐れています


雇用する側に社会保険加入の義務化をぜひお願い申し上げます

週、40時間ではなく30時間でよいのでは?


アベノミクスが実態経済とかけ離れている事が浮き彫りになった結果を踏まえてのGNPマイナス1.6でした

マイナス成長は予測の範囲でしたよ


スーパーに毎日買い物にいけば肌で感じます

当方の住まいは所謂住宅街で貧困層が多い地域ではありませんが、いくつかのスーパーで買い物してると不景気をすごく感じます


年金など免除制度を利用する人が多いわけですから、雇用者が一部負担する事で必然的に支払う者が増えるわけです


人を雇用する者は社会的責任など雇用主としての義務や責任があるはずです


脱税紛いの、経費計上や法人向けの生命保険加入で損金処理したり


弱者ってなんでしょう?
病気や怪我や障害の為に働けない人は当然ですが
ワーキングプアも入りますよ

健康体で生活保護に頼る母子はもはや、勝ち組です

経済弱者や学歴や学ぶ機会がないもの


都会の年寄りは何かしてもらう事しか考えてない人が大勢います


働いている方もいますが、生活が苦しいといいながら趣味や宗教活動に毎日時間を割いている

働けばよいのにと思います

田舎は高齢でありながら未だに農業などに従事する方も沢山います


高齢化社会な上に恐ろしく長生きとなった日本人

65歳から働かずその後20年から30年に渡り暮らして行くんですよ?

破綻して当然です

介護の現場が、恒久的な人材不足です

施設を立派にしたり増やしたりしたところで人材が不足しているのです

需要がありながら、中身は空っぽ

今の安部政権とよくにた構図です

シルバー人材センターをもっと活用すべきです

一日3時間でも構わないじゃないですか

そうやって日本人同士支えあう世の中にしないと
飲食業などもそうです
万年人で不足

非正規雇用をおきたいなら、年金受給者がよいのではないですか?

消費税が上がる分を節約するのは年金暮らしなら当然です

消費税が上がる分は稼ごうとはならないものでしょうか?

それと、永住権のない外国人に生活保護はいりませんよ

病気時に一時的な保護はいるでしょうが

後は戦争や天災など政治的混乱など自国で保護の難しいも難民です
自国の人間を保護出来ない国家などあり得ませんから

フードバンクの活用も考えていただきたい

大阪や東京はは腐るほど飲食店があるんですよ

まさに腐って毎日大量に捨てているのです

産業廃棄物として、お金かけてすてるわけです

地方地方で支えあう仕組みが必要です

選挙前に定数削減もやるべきでした

議員が多すぎます

市議や府議など普段はひまなんでしょう

だから政務費で夫婦旅行に何度も行けるし、腐った話ししか聞こえてきません


先進国の中でも、議員の年収は高いし人数も多い

旧自民党はもういらないのです

石破さん、もう前にでましょうよ!

いつまで待てばよいのでしょうか?

あなた様の国会発言での本気を今はYouTubeでしかみれないのは残念です


どんなに取り繕っても、人となりや裏や腹黒さは滲み出ます

抽象的な言葉の羅列は誤魔化しなんですよ

もどかしくて仕方ないです

頭のいいだけでなく、人格でも秀でているあなた様を国政の指導者として切望しております

どうぞお体に気を付けて、選挙が本番ではありません


選挙が終わってからが本番なんです

勝つことより大事なのは投票率です

より多くの人が投票に向かうよう、私なりに回りに働きかけます

自民党に石破氏ありと

まわりは誰も安部総理など望んでいなかったのに

もしも自民党が票を減らすならそれは安部氏にノーを突きつけています

それでは、私達の未来の為に、宜しくお願い致します。


それと女性に気を付けて優秀な方も多々いますが、女性で議員になる者の中には権力志向や見栄やプライドの強い者が多いのも事実です


小渕氏にみられるように皇族と同じブランドの何十万のスーツが必要ですか?

権力もそうですが、金銭に対する執着が強い者も相応しくありませんよ

参議院議員なら橋本氏や三原氏もです

女性の見た目ほどあてにならないものはありませんよ

どうぞお気をつけて

あなた様が上に立つとき必ずや足を引っ張る存在となるでしょう

女であっても一度は恫喝すべき輩と思われます

投稿: ちえぞう | 2014年11月22日 (土) 08時14分

「日本を取り巻く内外の情勢が一変しているのに・・・」の件り、正しくその通りですね。国会議員は国民の代表者ですから、それは我々有権者に向けてのご指摘だとも思います。「二年間の実績を問う」のではなく、時代の変化を的確に捉えてこれから立ち向かう十年を託すに相応しい自民党へと脱皮してくれますよう祈っています。投票率が少し心配ではありますが。

投稿: kktf | 2014年11月22日 (土) 08時58分

石破茂様
ブログ拝見いたしました。石破先生が仰る通り、日本の農業や畜産に漁業に海産物などなど、外国生産に頼り輸入に頼る事になったのか、いわゆる価格激化がそうした訳ですよね。

地方では大型商業施設が多角化し、大手スーパーや家電量販店、ホームセンターにコンビニなどができ、各市町の商店街を一掃してしまいました。そうして恩恵を受けたのは、そうした大型商業施設に参入した企業だけでした。
確かに消費者も低価格と言う面では恩恵を受けましたが、それも行き過ぎると大量生産に大量消費をしないと利益に結び着かなくなった。生産拠点を海外に移し、生産コストダウンを計れば国内労働者の失業率が増え、消費に陰りが帯びてくるのは当たり前で、全てが輸入に頼らなければならなくなるのは分かっていたこと。

日本のデフレ脱却には、国内生産国内消費と質の高い日本生産品の海外輸出にあろうかと思います。
中国をとって言うなれば、コストを抑え質より生産性を重視した企業が進出し、中国での生産に践みきった。確かにコストを抑え大量に生産し消費は増えましたが、その結果大きな利益を手にしたのは中国でしょう。そこに目をつけたのが海外投資家で、中国に大量の投資マネーが集まった。
日本の誇り高き技術も奪われ、中国独自の技術による商品として他国に輸出、中国都市部での話しとは言っても、資本を手にした中国の勢いは経済大国に止まらず、衰えるどころか余波は農村漁村にも普及し、中国全土にこれから資本は回り栄えて行くと予想され、既に波及しています。

日本のデフレはまだまだ続くでしょう。それは石破先生もご承知のはず。そこを脱却するには、コストは係っても国内で生産し、安定した生産基盤の立て直しを図ること、農業や漁業に林業にしても国内での生産、国内での消費を定着させる。

農業で言うならば、農業が栄えると農家のみでなく、土壌開発や国土開発に区画整備に繋がる。生産物の加工工場などの設備投資により、関連した資材建材機器などの国内消費に繋がる。土木や建築業者にも波及は及ぶ。そうして働いた方々が、毎日食べる野菜や穀物などの消費を支える。
たったこれだけの事で内需の拡大、デフレの脱却、消費が増えれば消費税も8%のままでも、十分財源として成り立ちます。

海外からの関税引き下げや、輸入化自由交渉も大いに妥協すればいいでしょう。日本の生産技術や日本の質の安全性は世界一、であるならばそこを重視して選び消費するのは消費者であり、国民である訳ですから海外生産物は従来通り、日本に無い物に特化した物だけの消費となるでしょうから、恐れるに足りません。

アベノミクスは経済の立て直しとしては企業の安定雇用の拡大としてますが、消費需要の無い社会では過剰生産しても物あまりが発するだけで、消費の拡大にはつながりません。

石破先生の云う地域および地方版のアベノミクスに、是非取り組んでいただき『生産と消費』の立て直しに尽力戴きたいと思います。

投稿: 椎葉聖智 | 2014年11月22日 (土) 13時35分

■年末解散
こんにちわ、解散にビックリ仰天の市民です。今夏に青山さんでしたか年末解散もあり得るとかテレビで言ってた事を思い出しました。僕は消費増税には以前から反対でした、デフレ脱却を主張していた総理ですがアクセルを踏んでやっと離陸しようとする航空機にブレーキを掛ければどうなるか普通は解ると思うんですけどね。これで折角の加速の為のアフターバーナーによる燃料が無駄になりました。98年、橋本さんのミスも見ているだろうにどうして?の思いです。しかし円安のお陰で企業の国内回帰の希望も持てるようになりました。ここ数年中韓による日本攻撃でしたが日銀砲による緩和で中韓軍のふらつきが目立ち休戦願望が見えてきたのは朗報です。米のシェールガス革命での成功で来年以降125円程度で安定し結果東アジアは平安を取り戻すと確信しています。ただ中国シャドーバンキング問題での突発的混乱にはまだまだ要注意ですね。

投稿: zxcv | 2014年11月22日 (土) 14時01分

今回の選挙では前回の総裁選では圧倒的な強みを見せた石破さん、こんどは地方創生の意味からも鳥取の選挙区でも圧倒的な強みを出して欲しいと願っています。
これをテコに自民党内での発言力を今迄以上に発揮されるよう願っています。
安倍独裁政権は時代遅れです。

投稿: 橋本 脩二 | 2014年11月22日 (土) 16時51分

石破先生、今晩は。
全ての日本国民と日本の未来の為に、どうかこれからも頑張って下さい。
応援しています!!

投稿: 一ファン一意見 | 2014年11月22日 (土) 18時16分

こんばんは。
 この世の中に絶対的な正義など存在しません。また、絶対的に正しい経済政策などというものも存在しません。アベノミクスにも確かに問題はあるのでしょう。しかし、株価は2倍になり失業率は低下し倒産件数は減少しました。もし、「アベノミクスはダメだ。」というのであれば、野党は具体的な対案を出すべきです。他人の批判だけすることほど簡単なことはありません。普天間飛行場問題も同じです。「辺野古への移設反対!」を叫ぶのは簡単ですが、そういう人たちから具体的で実現可能な対案を聞いたことがありません。マスコミからは「一強多弱ではダメだ。」という意見が聞かれます。しかし、政権担当能力の無い、ただ批判だけが得意の政党が伸長するよりは一強多弱のほうが、まだましです。解散があろうとなかろうと、とにかく、あと数年は自民党に安定的に政権運営をしてもらわなければ困ります。石破さんたち与党の健闘を祈ります。とにかく、健康に気をつけてがんばってください。今さら言っても仕方ないのですが、選挙をやるんだったら石破さんを幹事長にしておけばよかったのになあと思います。すみません。それを今言っても仕方ないですね。

投稿: 群馬の応援者 | 2014年11月22日 (土) 18時55分

石破さん、
お疲れ様です。


ローカル版アベノミクス、
そうですね。その通り
だと私も思います。
都市部とローカルは違い、
車を使わないと生活
出来ない、または漁村
では船を動かさなければならない訳で、
ローカルのお陰で都市部は
助けられているのです
から大切な大切な課題
ですね。


日本の自給自足を実現
させる為に、
強い働きがないでしょうか。『日本の自給自足に向けてこうします』
という決定です。
強い意志が必要ですね。お任せ姿勢ではいつまでも問題は解決しない気が致しますし、国民は本気で動かないように
思います。


選挙では応援活動で
また大変でしょうけど、御会い出来ましたら
お話をじっくり伺い、
自分なりの経験と交えて独自の目線で考えたいと思います。


寒くなりましたので
御体に気を付けて
下さい。しっかり防寒
して下さいね。


では、
またお邪魔します。
鳥取砂丘へ連れていって頂く夢はまだまだ
御預けですね(笑)


失礼致します。


投稿: lyrics&front | 2014年11月23日 (日) 02時49分


《追伸》
長野県北部の震度6弱の地震が心配です。


これから日本で大規模な地震は起こるでしょう
から、
迅速な対策・対応等、
各自でも政府でも最悪な状況を考えて備えな
ければなりませんね。


今まで以上に危機感を
持ちましょう。

投稿: lyrics&front | 2014年11月23日 (日) 03時13分

昨晩のNHKテレビの討論番組を観てますと茂木選対委員長が非正規雇用の増加は止まり「非正規から正規が増えている」と野党に反論されていました。しかし、非正規以上に深刻に思えるのは、労働者災害補償保険法第3条の「労働者」に該当しない請負(個人事業主扱)ではないでしょうか。アルバイトをいくつか経験しているうちに、例えば家庭教師センターへの登録で、意外と簡単に陥り易い?大学生間の人付き合いで先輩がバイトを吹聴し、友釣り的に『奴は労働嫌いで自営主義だ!』の烙印を押され、以降正規雇用の就職話がパッタリなくなる文化は無いか?あるいは社会学者の鈴木涼美女史が論じられる、社会的に搾取されるアダルトビデオ女優の問題。AV女優の多くが請負契約で労災非適用なことが男社会による搾取といったマルクス主義流課題設定に短絡してはいないか?数年前に他のネットで「バッキー事件」が物議を醸しました。労働基準法非適用の個人事業主のAV女優の方が女優を嬲者にするビデオを制作し易い?憶測ですが…一方、警察が野外露出アダルトビデオ制作を取り締まる際に職業安定法の有害職業紹介禁止又は労働者派遣法の有害労働派遣禁止を使う…女優の所属事務所がそもそも厚労大臣から認可を受けていたでしょうか?バッキー事件ではAV制作会社の経営者が副業(本業?)のスポーツ企画会社で辻恵衆院議員(当時)を顧問弁護士としていて辻氏は衆院法務委員だった。撮影中に怪我をした女優が泣き寝入りさせられたのではないかと他のネットで叩かれていましたが。インフォーマルセクターを一つのローカル産業と捉える議論は出来ませんか?衆院選挙では有権者は政党も当然ですが、候補者個人の活動も参考にする必要があると思います。

投稿: ぱす | 2014年11月23日 (日) 03時19分

石破先生、お疲れ様です。
まだまだ勉強不足の私ですが、失礼乍ら久々に辛口コメントさせて頂きます。
今回の選挙、イマイチ納得いかないです。
どなたかもコメントで書かれてたように、国民の信を問うなら、確かに世論調査で十分だと思います。消費税増税を先延ばしするのに何故、700億円もの血税使って選挙するのか意味がわかりません。自民党になってから良くなったのは、外交と株価の上昇だけじゃないかと思うのですが⁈
それも一部の富裕層だけって感じがします。
我々は、民主党の時と比べ、大して変わってないって言うより8%になり生活がキツくなりました。
また外交も良くなったと言っても、諸外国にバカにされるような発言失言が無くなったぐらいですか⁈まだ、中国や韓国にもなめられてますがw
私が感じてるのは、700億もかけて選挙中だけ全身全霊で頑張られても、いざ蓋を開けたらまたか‼︎って感じなんですよね。
選挙費用を税金を使わず、国会議員方々の報酬を削って選挙されるなら我々も真剣に耳を傾けますが、今年は政務活動費が私用に使われてたのがあちらこちらで発覚しただけに、また選挙で我々の血税をムダにされるんですか⁈って腹が立ってる人も沢山いらっしゃると思いますよ‼︎
我々庶民は結果を出せなければ、首になるか減給ですし、会社の経費も政務活動費みたいな甘い形ではなく後払いで、どこに何の為に使ったかを明確に報告してから返金してもらう方法です。
私は、石破先生の大ファンではありますが、自民党には本当に残念です。
今回の選挙は「冷やかな選挙」になると思います。
久しぶりにコメントさせて頂いたにも関わらず、数々の無礼な言葉お許し下さい。
石破先生が大阪に選挙演説にお越しの際は、また拝聴させて頂きます。
時節柄より一層ご自愛下さいませ。


投稿: 大阪のおばちゃん | 2014年11月23日 (日) 05時11分

石破さん   ≪問われるべきは構えと成果≫
文中【当選すれば皆様のお蔭、落選すれば己の不徳の致すところ】
議員(候補者)にはこの構えこそが正しいし肝心だと思います。真摯さや謙虚さを磨くことに繋がる。
然し、一般的な経営論の視座から眺めれば、それは「議員(候補者)の正しい構え」を論じるに過ぎないのであって、与党自民党を一つの国家経営主体と云う側面に着目すれば、その組織人が受ける評価は経営トップの資質と成果の如何に大きく左右され決定されるのだと思います。
例えば、過酷な核発電事故を引き起こした東電の真摯で真面目な一般社員でさえも、経営トップが採った構えの歪みや視野の狭浅短の所為で時に罵倒さえ受け常に冷たい視線に曝される不条理な事態に引き込まれもする。現に、5年前の大風が吹いた自民党大敗の選挙では、折角石破さんが育てておられたムダボ・チームの若手政治家が多く落選の憂き目を見た。

来月の選挙で課題に挙げるべきは、過去2年間、①安倍自民党が採った構えが正しかったか歪みがなかったか、②ビジョンや戦略が世界と国内の大局を正しく踏まえていたか、③仮にそのビジョンや戦略が正しいとして戦術や作戦に悪魔は仕込まれていなかったか?という権力執行の構えの是否が問われるべきであり、
同時に、④安倍政治が様々な分野で十分に国益を増幅したのかなど肝心の成果が問われるべきなのだと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年11月23日 (日) 08時58分

石破さん  ≪当然の結果なんですがね≫
日経【アベノミクス批判、異なる方向感 http://goo.gl/huQPj6 】
日経は衆院選の争点を安倍某の意向を裏書して、重要だが狭隘なアベノミクスの成否に絞り込んでいる。元々歪みからは多少は免れている筈だった日経のこの選挙報道姿勢は、歪んでおり由々しいことだと思います。
また、先刻未熟歪だとは分っていても、折角復活のチャンスを与えられた野党も安倍某の用意した狭隘な土俵に乗り小さな相撲に挑もうとしている。情けない話です。

今回の選挙が安倍某の目論見のまま特定秘密、集団的自衛権、TPP、靖国、歴史問題などを視野から外せば、日本政治は再び愚昧政治を繰り返すことになる。
国家の誇りも国民の生活も無残な結果を迎えることになると重大かつ深刻に懸念しています。歪んだ政治権力者と本来ならそれと厳しく対峙するべき第一(第四?)権力者が結託して仕舞えば、当然の結果なんですがね。
また、知識人(と云われる人達)が思考停止に陥り「沈黙の螺旋」に安住して仕舞えば、当然の結果なんですがね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年11月23日 (日) 09時00分

今後地方から、人口が減少していくとの報道がありましたが、地方に高齢者施設を多数建設し、都市部の単身高齢者を補助金持参で移動させ、温泉施設やレストランを併設し、地方の雇用を増やすというのは、いかがですか?

投稿: ヨシハラ | 2014年11月23日 (日) 09時38分

解散総選挙となりました。勿論鳥取県人として一生懸命石破・赤沢先生を支持し応援します。政策については沢山意見がありますが一つだけお願いがあります。「青少年が夢と希望に溢れる国づくり」を正面に据えてください。金も大事ですが、人間としての生き方の方を優先すべきです。しかも場当たり的な泥縄方式ではなく、将来を見据えた国づくりで、その為には、今の青少年が夢の持てる、自分の希望・目標が実現できると感じることのできる国づくりです。今、若者たちは「生活保護でも生きることができればそれでも良い」と感じています。悲しいではありませんか。私は故末次一郎先生の薫陶を受けて「我づくりを積みあげて社会づくり国づくり」の運動を続けてきました。現在も青少年育成運動を続けています。支援の必要な子どもたちを支援する「こども支援法」もそれなりに重要ですが、普通の子ども達、普通の青少年が、もっと生きることに夢と希望をもち、自分の活躍できる場所が「ここにある」と確信の持てる国づくりを要望します。その為に、次代を担う青少年の未来がもっと輝く国づくりを政策の第1に上げて下さるよう切にお願いします。・・合掌・・

投稿: 山本邦彦(法名邦道) | 2014年11月23日 (日) 10時32分

 お疲れ様です。
 いわゆるアベノミクスについては、成功とか失敗とかではなく、旧来型の財政出動が効果をもたらさなかった、成長戦略が不発のまま今日に来ている、ということではないですか? そこへ消費税増税が追い討ちをかけ、消費が落ち込み、景気が後退してしまったのが現実でしょう。消費税増税の影響を甘く見ていたのだと思います。これを失敗という言い方もあるかもしれませんが。
 大手自動車メーカーなどの輸出大企業は業績が回復しましたが、それは円安のためであり、自動車の販売台数は全体としては前年比割れが現実です。したがって、どう考えても景気は悪くなっています。大企業の正社員や正規公務員のみ賃金が上がり、非正規労働者は上がっても微々たるもので、大多数の中小企業、自営業などに就いている人はむしろ実質賃金が低下し、生活が苦しくなっている。
 したがって、多くの国民が思っていることは、とりあえず来年の消費税増税停止は評価するが、しかしこれからどのような景気対策を打つのか注目したいということではないでしょうか。
 たとえば、ガソリン税や軽油引取税の減税(時限的でも)、失業給付の増額など、即効性のある対策を打たないと、これからしばらくは消費の回復はあまり望めないだろうと私は思います。

投稿: 特急おおとり | 2014年11月23日 (日) 12時41分

石破先生、お疲れ様です。

景気を良くするための手っ取り早い方法。効果的なものは住宅ローン減税適用の幅を広げることではないでしょうか。つまり20~25年前に住宅を購入した家庭にまで適用する。住宅ローンは通常35年で組まれます。20~25年前に購入した家庭はローン支払い期間の残りが10~15年。子供は学生であり、一番お金が必要な時期です。そういう家庭が楽になれば、消費も喚起されます。財源の問題はありますが、即効性のある景気対策かと私は思います。適用期間は3~5年くらいでも構いません。それでも十分効果はあると考えます。

話は変わりますが、小笠原で起きた中国漁船による密漁事件。あれは戦争時の参考になると思いませんか?つまり大量に一気に敵が攻めて来た時、自衛隊も在日米軍も対応出来ない、ということです。一つ一つの兵器や隊員の士気が上回っていても、敵の数が多ければ対処出来ず、本土、特に首都への攻撃を可能にさせてしまいます。小笠原で起きた密漁事件は、まさに日本の弱さを露呈しました。自衛隊や海上保安庁をもっと強い組織にしなければ、安全保障上の問題が今後必ず出てくると私は思います。護衛艦や巡視船を数隻増やしたところで、それで十分と言えるでしょうか?燃費が良く、音が静かで敵に発見されにくい潜水艦も結構ですが、やはり原子力潜水艦、そして無人偵察・爆撃機、国産のステルス戦闘機などの早期配備をするべきです。私の理想はさらに核武装です。

討論番組を拝見しましたが、相変わらず野党は無責任な発言のオンパレード。聞こえのいい言葉ばかりです。民主党の方が番組で仰っていたことは、政権を取る前の選挙戦で仰っていた事と同じ事を言っていました。自分たちが政権を取った時に出来なかったことを、番組内でまた『こうやるべきだ!』と仰っているんですよ(笑)おかしいですよね。有権者が再び騙されないことを祈ります。

投稿: 井上 | 2014年11月23日 (日) 14時06分

石破様!

勝ちましょう!!

勝たねばならないのです。
野党ではダメなんですから

投稿: ハルヒ | 2014年11月23日 (日) 17時13分

石破さん   ≪無い物強請り?!≫
【よく安倍さんは民主党の批判をされるが、ファクトに基づいた批判はあまりない http://goo.gl/1IX5VH 】
この臆病さが支配する枝野節には迫力も説得力もない。思考が停止した、単なる言葉の羅列に過ぎまい。野党暮らしに狎れた彼らには思考停止が気にならないらしい。戦略(と云うと大袈裟ですが)思考がない、彼らには精々が部長職がする戦術思考、有態には課長職が担う作戦思考しかない。野党には致命的な欠陥だと思います。

枝野某が今後の日本政治を背負って立つ大人(たいじん)を目指すなら(蛇足:不可能とは言えないが容易なことではない)、元民主党政権に対する安倍某のその批判に対しては、「新旧政権の駄目さを競っているだけだ!現在の日本では何ら議論する価値がない!」と切り捨てるべきだと思います。同時に、その返す刀で、①安倍某は日本に残された貴重な時間から2年間を掠め取りドブに捨てた、②民主党政権は3年間をドブに捨てたが日銀を巻き込んでまでの無残な財政危機は招かなかった、と切り付ければ余程に喝采を得られるのだが。此れさえも、今の日本政治には「無い物強請り」になるらしい。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年11月23日 (日) 19時22分

何故に小泉進次郎氏が、万歳しなかったのか?
小泉氏は東北大震災が不十分で選挙資金を復興にあてるべきだと思考したのだとおもいます。

ですが、復興は東北大震災だけではないのですよ…。 少し残念です

投稿: ハルヒ | 2014年11月23日 (日) 21時54分

【次世代の党は人材がいないようだ】

 解散が決まる前に、次世代の党の最高顧問であった石原慎太郎氏は、『引退を表明』していたはずだが、党内の説得で、前言を翻すことになったようだ。その理由は党の事情によるものだという記事が産経にあった。石原氏に勝る知名度を持った人物がいないという事らしい。80歳を超える人を選挙運動に引きずり込むのは虐待以外の何物でもない。老人虐待の姿こそ、党の凋落に結びつくことに気が付かないのは、まさに有能な人材がそこにいないと表明していることに他ならない。残念な野党の姿がここにある。我が国の政界は異常者の群れになっているのかもわかりませんね。石原氏が立候補すれば、落選するだけにとどまらず、次世代の党は全国で凋落することになるだろう。沖縄で起きたことの意味に気が付かないのは政界にいる人々だけではないのか? この一般国民とは、ずれまくった感覚が日本を危くさせているのではありませんか。
 国会議員は名誉職ではないという事を自覚するなら、82歳の老人を引き摺り込むことの愚かさに気が付くべきである。しかも、自ら限界だと言った人を『説得して』立候補させるというのはキチガイのすることではありませんか? 非常に残念な気がします。次世代の党は、自爆するつもりでやったことと思うしかありませんね。まともな神経を持った人物が一人もいないという印象を持ちます。
 石原氏も問題である。既に老境にあるという自覚を持っておられながら、そそのかされて党を救うために立ってくれと言われたらしいが、そういう言葉にコロリと参るのは、耄碌した証拠である。老害ということがどういうことかと気が付く前に、看板名の『次世代』を継がせる教育をおろそかにしていたことに気が付くべきである。『老人世代の党』と名前を変えたらどうか? 老境にある人々の票を狙った行動が、石原氏の立候補にあるなら、その目的と合致した党名に変えるべきである。老人虐待の意味は、石原氏の選挙運動中の死亡にあるとしか思えない。仮にそういう事が起きれば、弔い合戦のような気分を作り上げて選挙戦を有利にしたいという思惑があると思いますね。

 30歳台の人でも選挙戦は、過酷な運動であるらしい。私はそういう運動に興味はないが、それに携わった人から聞いたことがある。80歳を超える人が、そこに座っているだけで済むようなものではない。石原氏などは、あの演説が当然のように注目される。彼の話を聞きに人は集まるだろう。それが、連日続く。同じ党の立候補者の応援にまで駆り出されることもあるだろう。彼からあの演説を奪う事ができないし、石原氏の話を聞きたい人は当然のように押しかけるだろう。70歳を超えると、どういう人でも肉体の酷使に耐えられるものではありません。
 政治家の進退は自分で決めるのもであるが、命を懸けた選挙運動はするべきではありませんね。後味の悪いものしか残りません。
 82歳の石原氏が、なぜ立候補する気になったのかと思い、もしかすると、現存する唯一の大勲位、中曽根康弘氏の事があるのかと思いますね。
 2003年、中曽根氏は、小泉純一郎氏から引退を勧告され、最初は反対したそうだが、応じることになったそうだ。その時、85歳です。中曽根氏は、今も健在で、多くの友人知人世界の指導者が没故する中にあって、96歳の現世にある。石原氏から見れば、まだ3年あると、勝手に解釈しているのかもわかりませんね。中曽根氏のような例外を基準に考えているのかもわかりません。
 石原慎太郎氏が、今月、最初に引退を口にしたのは、中曽根氏と同じ年の2003年に引退を表明した塩川正十郎氏の事があるのかもわかりませんね。その時、塩爺は、82歳でした。引退勧告を受けて一度は抵抗した中曽根氏も、塩爺が、応諾したのを見て引退することになります。それを石原氏も知っています。だから、82歳が彼の中においては一つの目安になっていたのかもわかりませんね。それが、党の説得で覆される。大きなストレスになるかもわかりませんね。老人虐待の政党に未来を託す有権者はいないと思いますよ。それを勘違いしている。恐ろしい出来事ではないかと思います。

投稿: 旗 | 2014年11月24日 (月) 02時04分

こんばんは
昨日テレビで野党の方々が議員定数削減が実現できなかったのは、いくら案を出しても全く動かなかった石破幹事長のせいだといっていました。
石破氏の考えを教えてください。
小渕氏は相変わらず地元民のための政治をしたいようです。野党も政治ごっこと議員としての地位の死守のために立候補しているようにしかみえません。
石破先生も候補者が支持率があるかないかではなくどこをむいて政治をしたいのか見極めて応援してください。政治家の意識改革こそが今必要に思います。

投稿: いふし | 2014年11月24日 (月) 03時35分

【『パークランド』という映画】

 2013年に公開された映画である(我が国では今年の6月に公開された)が、今年の11月にDVDになって発売された。サブタイトルがあって『ケネデイ暗殺、真実の4日間』とされている。これが公開された2013年は、ケネデイ暗殺50年の年である。米国では、この謎の多い暗殺事件を今も詮索する勢力があるのだろう。1963年11月22日からの4日間を再現しようとした試みの一つである。そこにあるのは、ザプルーダーフィルムと呼ばれる28秒足らずの暗殺現場を撮影した8ミリフィルムを採り上げ、時系列に忠実に沿って追いかける構成になっている。米国憲政史上4例目の暗殺事件で、こういう暗殺現場が記録された例は初めての事であるが、このフィルムがあっても、加害者の特定に結びつくことがないのは、米国人の多くが、ウオーレン委員会が提出した未公開の報告書の結論に不満があるという事なのだろうと思いますね。報告書の中身は未公開ではあるが、結論だけは公表されているという事も考えてみれば不思議な話で、具体的に何がどうなのかという事がよくわかりません。
 
 この映画を製作したのはトムハンクスとゲオリーゴーツマンである。トムハンクスはあの俳優のトムハンクスの事であり、映画には息子も登場させている。ゲイリーゴーツマンは、『羊たちの沈黙』をプロデイースしたことで知られる映画業界の著名な制作者である。監督は、ピーターランデスマンという人で、この作品が初めての人のようで経歴他一切の事は謎というしかない。
 1963年の出来事というのは、まだその痕跡を見つけるのが容易な時代なのかもわかりません。犯行現場の状況も『保存されていたのか?』と思うほど、景観上の変化はなく、教科書ビルも当時の姿を保っているそうだ。あのザプルーダーフィルムの撮影に役立った小高い丘にあるコンクリートで出来た台もそのままである。50年経っても何も変わらなかったのかどうかは、フィルムにある景観と比べれば一目でわかりますね。ダラス市も、あの事件があった現場という事の意識が強くあるのかもわかりません。姿の変わらない犯行現場というのは不気味ではありますが、この事件に興味を持つ人々をひきつける大きな動機にもなりますね。
 映画は、当時の再現に主力を置かれ、犯行に関する新説が得にあるわけではなく、オズワルドの単独犯行なのかどうかは状況から判断するのは難しいと言っているだけのようです。
 映画のタイトルの『パークランド』というのは、ケネデイ大統領が担ぎ込まれた病院の名前で、彼が滞在したのは、長く見ても1時間半ほどの時間でしかない。瀕死の状態にあって、死亡の宣告を受けるために担ぎ込まれたように見えるのは、あのフイルムの映像があるからだ。頭蓋骨が吹っ飛んだように見える映像は、今見ても迫力があるので、あの損傷を受けた肉体が、回復するにはどういう処置をすればいいのか現在でも難しいような気がしますね。それでも、懸命になって病院のスタッフが取り組んだ姿が映像化されて世界に知られることになったのは、もしかするとこの映画が初めてではないかと思います。あのしっかり者の看護婦の姿に好感を持ちました。彼女がいなければ、この病院の医療活動は破綻をしていたのではないかと思うほど、要所要所での行動の確かさに驚かされます。当時を忠実に再現したという事が本当なら、マーシャゲイハーデンが演じたあの看護婦こそ、称賛されるべき存在ではないかと思いますね。それはともかく、オズワルドが射殺された事で、オズワルドに殺されたと思われている警官も含めると、4日間のうちに3人が殺されたという事になります。謎の多い事件の謎が、何も解明されないまま、米国はそれを引きずっているように見えますね。この後に続くのは、弟のロバートケネデイの事や、キング牧師の事件である。米国は闇を抱えたまま今もあるように見えますね。要人警護が必須の国というのは、政治家になり手がない社会のように見えますが、どうもそうでもないような印象も受けます。

 レーガン大統領に暗殺未遂事件が起きたとき、加害者は女優の気を引くためにやったという事が裁判で明らかにされ、これはこれで大きな衝撃を世界に与えたように思います。ある勢力が背後にいて政治的な陰謀がそこにあると期待した人々が大きな失望に見舞われたことは、レーガン大統領暗殺未遂事件の存在が大きいと思います。JFKのこの事件は、その後の展開などから、これは陰謀があったと思う人々は、レーガン大統領暗殺未遂事件をどう評価しているのかよくわかりませんね。こっちはキチガイの犯行で、あっちは陰謀があったと断定するには、謎が多すぎるような気がします。口封じが成功したから謎が残ったのでしょうか? 米国は、ウオーレン委員会の報告書が公開される2039年になっても、納得する人がどれだけいることになるのかわかりませんね。闇が消えることがないのは大きな不安を抱え込むだけです。
 米国社会は、銃で殺される人が後を絶たないのに、銃の所有を制限するだけでしかない。これをこのまま続けるという事は、要人警護の大変な国だという事です。米国人は、これから先もこのままでいいと思っているのだろうか?

投稿: 旗 | 2014年11月24日 (月) 09時40分

選挙に向けてお忙しさが増すことと思います。くれぐれもお身体大切になさってください。

わが街の近くでも石破先生のお声を聞くことが出来ることを楽しみにしております。

強い日本の国造りのために自民党の大勝を祈り願っています。

先生もスタッフの皆様も、寒さに向けて・忙しさに向けて、大切にお元気でお過ごしください。

投稿: 露草 | 2014年11月24日 (月) 10時50分

私は選挙では、政党ではなく候補者個人を見て投票したいと思っています。

どの政党にも妙な考え方を持っている議員がいらっしゃるようなので。

例.日韓議員連盟所属の議員
(最近、韓国で外国人の地方参政権実現の声明を出した等)

参考ページ:山田宏議員のFacebook
https://www.facebook.com/yamadahiroshi.page

投稿: k | 2014年11月24日 (月) 11時46分

 安倍総理は、時々「こびり付いたデフレマインド」という言い方をされます。このデフレマインドの本質をよく見極めないとデフレからの脱却はできず、円安コスト上昇による物価が上がれば消費が回復しないままスタグフレーションに突入してしまうと思います。
 ではデフレマインドの本質は何か。私は、「雇用形態の多様化による労働者間の軋轢の増大が原因によって起きる需給ギャップ」ではないかと考えています。
 すなわち、非正規労働者が若者のみならず中高年にも多くなって来た現状において、企業団体の中では相互不信を生み、生産効率が落ち、一見表情は穏やかに見えても実は相当ストレスを抱えている労働者が多いのではないかと思います。ですので、最近はちょっとした事でキレる人が少なくないこととも符合する。
 なぜこうなるかと言えば、自分の経験からも自信を持って言えますが、前記の雇用形態の違いを良く理解していない人が多いのです。
 ・社員と従業員の違い
 ・無期雇用と有期雇用契約との違い
 ・派遣労働者の立場への理解
これらを労働者が良く分かっていないと必ずトラブルが起きるものであり、企業も頭を悩ませているのが実情ではないでしょうか。
 考えられる雇用形態は、
 ・正社員(無期雇用社員、フルタイム)
 ・契約社員(有期雇用社員、雇用条件は労使双方の合意の上で決定)
 ・パート社員(無期雇用社員、パートタイム)
 ・契約従業員(有期雇用、雇用条件は双方の合意の上、社員ではない)
 ・パート従業員(有期雇用、パートタイム、社員ではない)
 ・アルバイト従業員(日雇い、勤務時間は双方の合意、社員ではない)
 ・派遣労働者(派遣元会社の契約社員または契約従業員)
なお、アルバイト社員はあり得ない。
 社員は、会社の教育研修などを受け経営方針や理念を理解し、事業の発展に努める義務を負い、従業員は社員ではないので教育などはなく、契約業務を坦々とこなし社員をサポートする立場である。ですから社員には業績や勤続年数に応じた賞与や退職金が支給されるが、従業員には原則支給されない。(支給する会社は良心的、でも社員より小額)
なお、団体は社員→職員と読み替える。
 
 私はもう昔の終身雇用時代には戻れないと思います。ですから、このようにきちんと考え方を整理して、国が雇用形態の違いを理解するよう企業団体に周知しなければ成長軌道には乗らないだろうと考えております。私は、今回のGDP速報値発表以前に、政府関係者の見方が甘いと思うとここのコメントに書かせてもらいました。実際その通りになった。

投稿: 特急おおとり | 2014年11月24日 (月) 11時49分

石破さん  閑話休題、
  ≪小林秀雄対談集から抜粋≫
①歴史に就いて(昭和50年)
・小林:(唯単に)調べただけだよ。
・今日出海:そう、調べたんだ。それを(歴史学者たちは)学問だと思っている。
・小林:歴史学となれば考えなくてはね。調べると考えるとでは全然違うことだ。「歴史を考える」とは歴史に親身に交わることなんだ。「調べる」というのはこれとは反対の意味合いの言葉で、対象を遠ざかって見ると云う言葉だ。
⇒この会話で、今更ながら、孔子の「学而不思則罔 思而不学則殆」(論語)の正しさを痛烈に思い知りました。架空の箴言ではないのだと。また、大衆や市民に対する訓えだけではなかったのだと。

②歴史に就いて(昭和54年)
・河上徹太郎:彼(仏ポール・ヴァレリー)は言うのだ。近頃の歴史家は(歴史の)海じゃなく、海の泡沫ばかり見ていると。
・小林:その歴史に中に僕らはとっぷりと入って、泳いでいるわけだろう。上手く泳ぐ、上手に泳げると自負しているが、実は海(の浮力)に泳がせてもらっていることを忘れている。
⇒ヴァレリーが言いう泡沫とは例えば歴史上の事件や事象を指すのだろう。安倍が靖国を参拝する私情も、慰安婦問題を検証する作業も、河野談話を見直すの継続するのと云う議論も、単に「歴史の泡沫を、あるいは我流で思い込み、または調べるだけ(上手に泳ぐだけ)」であって、「考える」ことをしていない。罔いし殆ないことだと思います。

日本の最近の学界や言論界即ち一般に知識人・有識者と云われる人達は、この対談後凡そ40年を経て一層、歴史に限らず全ての研究課題に対しても、「狭浅短に調べるだけの泳ぎ方」を鍛えて、「広深永に考えない泳ぎ方」で社会を泳いでいるように観える。社会に考える習慣が薄く弱くなるのも宜なる哉という哀しさが湧き上がります。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年11月24日 (月) 12時20分

鳥取県湯梨浜町にて22日に「選挙区が変わるのでご挨拶に・・お世話になりました」という声が、遠くから聞こえてきました。何と石破大臣の声でしたので驚いて道へ向かい、僅かに手をふると「ありがとうございます」の声が。

日本の将来を真剣に考えていただいている数少ない方だと思っていますが、「候補者自身が限界まで努めずして」との言葉どおり、何事にもポーズではなく、情熱を込めてお取り組みになられていることを感じました。
国政に選挙の全国の動静にと多忙な先生が国元とは言え、この時期にこのような事柄で挨拶に回られていることを見ても、「皆様のおかげで」の姿勢を常に大切にされていると思いました。
お話の仕方もスピードや抑揚まで考えて、どうしたら相手に伝わりやすいかを大切にされていると聞きましたが、走り去る声はそれを実感させるものでした。
どうか真摯な姿勢で政治に携わる方々を、先生にはたくさん育てていただきたいと思います。国の将来について真剣に考える人が増えれば知恵は相乗効果を生み、きっと日本の行く末に良い方向性が導かれると考えます。
私は自分の仕事を「もう少し真剣に取り組まなくては」と、静岡の自宅へ戻り思っております。
何人かの政治家のお話を聞きましたが、先生からは瞬間でこのようなことを感じ、他の方からは感じませんでした。

投稿: 静岡住人 | 2014年11月24日 (月) 13時01分

石破さん、こんにちは。
いよいよ選挙になりましたね。長期政権を維持する上でうまいタイミングだと思います。政局優先な感じがしないでもないところが、ちと気に入らない肝しますけど。。
大局的に見て国民の利益になれば良いのですけどね。

円安に振ったアベノミクスは間違いではないと思います。おっしゃるように海外からの輸入に頼った経済では、国内生産がジリ貧ですからね。
国内生産の競争力をつけるには、品質面の差別化では追いつかなくなってましたから、円安にして、輸入品と国産品の価格差を縮めしかないですね。

ただ、円安による物価上昇分は本来なら税収を押し上げるはずでしたが、消費増税によるダブルパンチが消費者の買い控えを生み、ブレーキをかけてしまった感じがします。

政権交代時のお約束でしたし、外国からの圧力もあったのかもしれませんが、日本人の価値感をよく理解して判断すべきだったと思います。
僕は日本人には消費税は体質的に馴染まないと、ずっと思っているひとりです。

上げてしまった消費税を下げることは無理でしょうから、急激な円安と消費増税のダブルパンチで疲弊してしまった輸入関連産業や消費者を救済すべく、ここらで円高局面もありかなと思いますね。

投稿: maaat | 2014年11月24日 (月) 13時53分

石破さんを応援するものです。

画面を通して話されることがとてもわかりやすく、きついことからも逃げることなく、ご自身が普段からよくよく深く考えられ本当に政治に真っ向から取り組んでおられる様が伝わってきて嬉しいやら有難いやらを感じずにはいられません。

石破さんは人の批判をしつこくされない、そこも好きです。

今回の選挙はおバカなマスコミの格好の餌食になっててちょっと悲しい気がします。

自民党の支持率を落とした原因の人をまさか公認することは有りませんよね。
求める方も求める方ですが、党が公認するというなら私もちょっと考えます。
女性はこういうの嫌いですよ。
完全に黒と解っているのに身をひかない、当然休むべきと思います。
あたりまえのことをあたりまえに、どうぞ石破さんの解りやすい明瞭で闇のない政治、たとえ失敗してもついていこうと思わせる勇気ある言動。

国民の納得のいく人選でお願いします。
小渕さんの公認はたとえ一人とおったとしても沢山の国民の心が離れていくこと間違いありません。

投稿: こもれび | 2014年11月24日 (月) 14時17分

アベノミクス

よくわからないんですが…政府が大手企業が商売しやすい環境を整えて…大手企業が従業員にいっぱい給料を支給して…従業員が買い物をいっぱいして…消費税が政府に戻る!!ってサイクルですよねぇ?
何処でサイクルが止まっているのか…
大手企業が従業員にいっぱい給料支給ってところですよねぇ…アベノミクスが失敗だって言いますが、環境整えてるのに、その次をちゃんと進めて貰わないと…そこんところ指摘する情報番組もコメンテーターもいませんが、やっぱスポンサー叩きになるからでしょうか…政府は叩いても自分に実害がないからでしょうか?

投稿: まな | 2014年11月24日 (月) 18時43分

長野県北部地震(白馬村等)。お見舞い申し上げます。災害(3.11や御嶽山噴火等)が起きる度に、自衛隊警察消防等は毎回救助救出活動を行います。頭が下がります。自衛隊警察消防等反対を唱える共産党・社民党・民主党左巻きには政治は任せられませんね。災害救助が滞り大変なことになりかねない。金権政治の権化・生活の党しかり。社会の不安定化をもたらす危険性(=国内が大混乱して雇用を喪い、国民生活がボロボロになりかねない。)のある維新の党しかり。自民党と次世代の党(と民主党中道派?のごくごくほんの一部)に頑張って頂きたい。自民党は、【軍師、黒田官兵衛・竹中半兵衛】のような知恵ある【侍=武士=武家(=戦国武将・藩主・旗本・藩士・郷士等々)】等で、数を絞り込み固めていかないと、何時までも無駄使い(=を改善して子育て等の必要なところにきちんと投入。)は無くならない。トヨタ・次世代自動車。その国内外展開に対する側面支援や他分野への応用など。国内市場を守りつつ(=既存事業者の雇用等を守りつつ、且つ新産業雇用を創出等)、海外市場を獲りに行き(場合によっては国内に引っ張り込み)、世界を変える。国家としての統一性・安定性等(=生産)をとりながら、国内の中小含む企業・国民へのエネルギー等の「供給及び消費=流通・卸売り・小売り・消費」を如何に半永久的に安定化(=価格の乱高下に悩まないように可能。)させるか等etc,etc,etc。自民党にしか出来ない。谷垣先生・甘利先生等の戦略家・知略家=武家の先生方がその戦術戦略を練られるものと期待しております。地方は戦略家・知略家の武家の流れの人達がどれだけ目覚めるか?(NHK「さきどり↑・片山の千恵子殿(=福澤家)」の番組で取り上げるかな?)

投稿: 村井啓介 | 2014年11月24日 (月) 19時06分

マスコミでは、大義なき解散などと言われていますが、僕はそうは思いません。
安倍総理は、消費税増税を18ヶ月延期する事を決断しましたが、18カ月後更に延期することはなく、景気条項を削除するとおっしゃってました。
安倍総理の会見でも言ってましたが、経済は生き物です。
つまり、18ヶ月後に景気が良くなっている事など、分かりません。
やはり、景気条項はつけるべきじゃないでしょうか?
この決断が本当にいいのか、国民の意見を聞くのは、大切だと思います。
また、安倍政権は、たくさんの国論を二分する政策を実行してきました。
マスコミは、散々国民の意見を聞けと行ってきたのに、いざ解散となったら、大義がないと言って、矛盾してると思います。
選挙のお金が無駄という話もありますが、選挙がない国になったら、独裁国家になってしまいます。

投稿: よっし~ | 2014年11月24日 (月) 21時00分

水素社会の到来。いよいよですかね。それ自体は良いことと個人的に思いますが、ただ、ゆくゆくは輸入になるんでしょうかね?価格が安定的でしかもある程度安くなり、国民も中小企業も広く安定的に恩恵を受ければ良いですが…。新エネルギー源だけは国家が半永久的安定的に低価格で生産(=その為に大学等と共同で技術開発等)した方が良かったのかな?と思いますが。エネルギーは国家や広く国民の基本・根本ですから。或いは、地方創成の一つとか?自民党の今回?の政権公約はどのような内容かな?いずれにせよ、既存事業者等を守りつつ、且つ新エネルギー・新産業・雇用を創出してバランスをとり、広く国民や中小企業に安定的に恩恵が行き届けば良いですが。日本で開発された(?)新エネルギーが、【日本国家=日本国民(=特に生活の苦しい高齢者)=日本企業(特に中小企業)】にとって、【本当の意味での恩恵】になれば良いですが…。もしそうならないとしたならば、大企業のみが恩恵を受けるとするならば、国民・有権者、特に高齢者の有権者は気がついた方が良いかもしれないかな?

投稿: 村井啓介 | 2014年11月24日 (月) 21時22分

こんばんは。
「真・政治力」を拝読しました。石破さんの政策にブレはありませんね。ただ、安倍さんの施策には同意しかねます。解散にも反対です。

投稿: ポンコツスクーター | 2014年11月24日 (月) 21時27分

石破さんのブログなので、本来書くべきではないですが、あえて書きますね。次世代の党の平沼さん(武家・旧岡山藩士)や石原慎太郎さんは、本当に日本国家=日本国民(=特に、生活の苦しい高齢者や若者)=日本中小企業のことを考えていらっしゃるかな?もしそうなら、水素エネルギーの国家による半永久的で安定的で安価な生産が可能だとしたならば(=大学研究機関や技術者等が真実を知っている)、国民や無数の中小企業の為、国家が生産を行うべきと思いますが…。次世代の党・平沼さんはどうお考えでしょうか?日本国家=日本国民=日本企業(=特に数多く存在する中小企業群)だと自分は考えますが、平沼さんはどのようにお考えでしょうか?

投稿: 村井啓介 | 2014年11月24日 (月) 23時42分

国会お疲れ様でした。

前回とは違って政策への理解を訴える選挙になるんですね。(幹事長をされていたときの新人議員暗記カードが印象的でした)
各政党もいろんな訴えをしてきますからよく考えたいと思います。
消費税増税による社会保障の充実も大切なことですが日本のいいところをもっと次の世代や世界に知ってもらえるような政策がもっと増えればいいと思います。
これから御多忙かと存じますがご自愛ください。

投稿: くま | 2014年11月25日 (火) 14時59分

【米国で起きている暴動】
 武器を持たない黒人の青年を射殺した警官の事件が、不起訴になったという事が、暴動の大きな原因になっているそうだ。米国内の170の都市で抗議行動があると外信メデアは伝えています。毎日新聞のネットの記事では、たまたま来日中のロサンゼルス市長の話として『米カリフォルニア州ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長が26日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、米ミズーリ州で黒人青年を射殺した白人警官の不起訴を受け抗議デモが拡大していることについて「実際に(事件で)何があったのか誰も分からないところが問題だ」と指摘した』という記事があります。CNN他の報道を見ても、この市長の云う通りで、具体的に何があったのかという事が誰も解らないというしかない。丸腰の黒人青年が警官に銃殺されたという事実だけが残る事件ですね。しかも、その黒人の遺体は5時間近く現場で放置され続けたという事も事実として報道されていますね。事件後の現地の警察の対応のお粗末さが、批判を拡大させることに繋がっているような印象もあります。どっちにしろ、これは長引くのではないかと思います。米国の司法制度がよくわからいという事もありますが、(我が国にはない)大陪審が不起訴にした事で、暴動が起きると予想されていたのではないかと思います。しかし、あえてそっちを選んだ意味が不明ですね。連邦政府は、連邦犯罪として起訴することもできるとか言っているようですが、連邦犯罪についての規定があるので、それが条件に適うのかどうかを判断することから始めないとおかしいことになるので、慎重になるように思いますね。連邦犯罪として判断された場合は、現地の警察署も訴追の対象になる可能性があるようです。そこまでやるのかな? という疑問もあるので、米国民の多くは期待していないような声もあるようですね。

 ロサンゼルス市などは、過去に黒人を虐待した警官の事件があって、抗議行動をコントロールできないまま、53人もの死者を出す暴動を発生させてしまった苦い経験があるだけに、冒頭にある市長の言葉は重いものがありますね。警官が銃を持っているという点だけは、我が国も同様であります。しかし、米国は普通の市民も銃を持っているという点が大きく異なります。そういう状況にあって、銃の運用基準に違いがあるのかもわかりませんね。我が国の場合、よほどのことがないと発砲することがないのは、威嚇発砲だけでも大変な批判が起きることがあるので、慎重になっているのかもわかりません。米国のそのあたりの状況はよくわかりませんが、懐から何かを出すそぶりを見せるだけでも発砲されることがあるようなので、隙を見せると殺されるほど銃がそこらじゅうにあるという認識が定着しているのだと思います。根本的な社会の姿勢が、無用の殺人を呼ぶことになってしまっているところに大きな病があるという人がいなくなっています。治安の悪さは、警察官の対応にもあるわけで、鶏が先か卵が先かの論争になります。
 これに関連して、勝手な判断なりますが、もしかすると、我が国の若者が米国留学に積極的にならなくなったのは、そういう処に不安があるからではないのかなという気もします。それはともかく、治安維持を目的に警官は配備されるわけですが、警官の教育がどうなっているのかまでは誰も解りませんね。この黒人青年を射殺した警官のインタビューがCNNにありましたが、まるでチンピラのような印象を抱かせる人なので驚きます。人を射殺しても後悔していないと断言する辺りに性格の粗暴さや教養のなさが溢れていて、何とも残念な人が銃を持ってパトロールしているのだなと不安を覚えますね。このインタビューは、暴動の拡大になるような気がしますね。小浜大統領も暴動の鎮静化に向けた呼びかけをやっておられるようですが、その効果はあまりないようですね。まあ、それより国防長官の後継者の人事で頭はいっぱいなんだろうと思います。銃の扱いを巡る騒動が根本にある事に気が付いてほしいものです。殴り合い程度で済めば暴動は起きなかったという事です。前にも書いたことがありますが、警官の教育に失敗してるという事ですね。

投稿: 旗 | 2014年11月27日 (木) 05時49分

【米国の銃】

 ミズリー州で起きている抗議行動のさなかに、オハイオ州クリープランドで、今月の22日、黒人の12歳の少年が、おもちゃの銃を振り回しているところを通報され、白人警官によって、射殺されるという痛ましい事件があったそうだ。その映像が、26日に公開されたことで、ネットに動画が拡散し、世界中が知ることになったようです。パトカーで現場に到着した警官は、ドアを開けて約2秒後には、引き金を引いた映像となっており、AFPの記事にあるような手を挙げろと3回声を出して警告したと主張する警官の言葉が記事になっているようですが、動画を見る限り、それは引き金を引いた後になって言っているのかもわかりませんね。無警告で発砲した疑いを抱かせるような印象を受けます。また、警官は、その少年が20歳代に見えたそうです。映像を見ても20歳代と見えるようには思われませんが、殺気立った人から見れば、そう見えることがあるのかもわかりません。おもちゃの銃を本物と誤解する先入観があったとしか思えませんね。事件の起きたタイミングも最悪としか言いようがありません。ミズリー州の事件にガソリンを投下するような出来事のように思います。12歳の少年と言う事実が大きく扇情的に報道されることになれば、大変な事態になってしまうようで心配ですね。銃の存在が、ここでも取り返しのつかない事態を引き起こす事になったのは、警官の過剰とも思える反応がそこにあるように思います。公共の場で銃を振り回しているとなれば、制圧することを最優先に求められているのかもわかりませんね。車のドアを開けて2秒以内に引き金を引くという行為が手順になっているのであれば、おもちゃの銃であるかどうかは別の問題ですね。2秒ほどの時間しかなければ、誰何する必要もないわけで、容疑者の手にあるものが銃の形態をとどめていればそれで十分なわけです。迅速に行動するのは、我が身を守るためでもありますね。結果についての責任は、これも別の問題なわけです。相手の命を奪ってから銃の捜査に向かうわけで、プラスチック性のおもちゃの銃は持てばすぐに玩具だと簡単に判明するわけで、そこで初めて間違ったことをしたと気が付くことになります。しかし、警官の職務としては適切であったとか言うのでしょうね。こういうことを何度も繰り返してきても、改めることがないまま、また同じ間違いが起きますね。

 27日には、オクラホマ州タスラという街で、赤ん坊のおむつを取り替えていた母親が、3歳の息子に銃殺されるという事件があったようです。この3歳の子供は、居間のソファの下にあったセミオートの実弾が装てんされたままの銃を見つけ、発砲したと言われていますね。安全装置を解除したのか解除されたままだったのか? そのあたりの説明がないのでわかりませんが、同じ部屋にいた母親の頭部に銃弾が当たったそうである。そして母親は死亡したそうだ。こういう事件は、前にも書いたが米国では年間平均して20件ぐらいは発生しているらしい。そのうちの半数は死亡事故になっているそうである。幼い子供がいる家庭で起きる悲惨な事件である。銃の管理がずさんであれば、必ず起きるようですね。学齢期にある子供が銃の所在を知ってしまい、学校に持ち込んで自慢するようなことも起きたり、その銃で仲の悪い子供を殺してしまう事も起きることがあるようです。この3歳児の発砲事件は、我が国のメデアにはまだ報道がないようですが、ネットにありました。
 
 米国人は、銃のおかげで大きなストレスを抱えているように思います。市民生活は、銃の扱い一つで、内戦状態に陥ることが容易な状況にあるように見えますね。彼等は、病んでいるのではありませんか? 人種差別が根底にあるというより、銃がそこらじゅうにあるおかげで、こういう状態になっているんじゃないかと思います。銃がなければ、殴り合いで終わっていると思います。殴り合いでも死ぬことはありますが、銃があるよりましな状況ではないかと思いますね。バージニア工科大学で起きた32人の虐殺事件は、銃の脅威を最大限に発揮した事件だと思いますよ。あの事件で解ったことは、銃を手にした狂人を止めることはできませんね。誰からも注目されない孤独な頭のイカレタ狂人が、突然銃を手にして32人殺害し、23人に重傷を負わせ、そして自殺する。この事件は、狂人の手に銃があるとこういう事になるという見本のような事件である。銃がなければ、たとえ狂人でも32人も殴り殺すことはできません。逆にその32人から殴り殺されることになると思いますよ。銃があったから32人が殺されたわけです。
 銃を所持することでストレスが大きくなるのではないだろうか? そして何の解決にもならない方向に自分を追い込むことになったとしか思えませんね。あの事件は、被疑者死亡なので裁判すら開かれていませんね。事件に占める銃の役割を指弾することもない。加害者は気が狂った朝鮮人で片付けられているだけです。米国における銃の存在は、自国民を苦しめていることに気が付かないといつまでたっても悲惨な事件事故は無くなりませんね。赤ん坊のお鞭を取り替えている最中に、自分の3歳になる息子の撃った銃弾で命を落とす母親がいる。そういう事故があっても米国人は目を覚まさない。残念な国ですね。

投稿: 旗 | 2014年11月28日 (金) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/60689810

この記事へのトラックバック一覧です: 解散など:

« キーワードは「自立」 | トップページ | イシバチャンネル特別篇「フォーラム「こう進める!地方創生~北海道への提言と課題~」」 »