« イシバチャンネル第四十九弾 | トップページ | お知らせ »

2014年11月28日 (金)

解散後など

 石破 茂 です。
 解散から一週間。突然の解散であったため、候補者たちは挨拶回り、事務所探し、ポスター撮影、政見放送制作、スタッフ確保などに忙殺されているようです。
 この週末から動きが本格化し、投票日前日まで全国遊説が続きます。告示を来週火曜日に控え、国会周辺は議事堂も、議員会館も閑散としてきました。前議員たちも、秘書さんたちもほとんどが選挙区入りしているのでしょう、閉めてしまった事務所も多く、食堂もガラガラ状態です。

 ここ何回か、解散後も公務や党務、東京近隣の応援などで在京の時間が多いのですが、なんだかとても妙な気分です。
 期数が少なかったころのように、解散後直ちに選挙区へ帰って、告示までは一軒一軒回って、自らマイクを持って広報車を走らせ、聴衆が誰も居なくても街頭演説を繰り返す。あのような丁寧な運動を本来するべきですし、私自身今もそうしたくてたまらないのですが、なかなかそうもいきません。
 これも留守を預かってくれている家族やスタッフ、「地元のことは私らがちゃんとやるけえ(やるので)、国の仕事や他の人の応援をしっかりやりんさいよ(やりなさいよ)」と言って下さる、有り難い鳥取の後援者の皆様のお蔭です。本当に心から感謝しております。

 一昨年暮れの総選挙、昨年の参院選挙に続く今回の総選挙で、二年の間に三回の国政選挙を国民にお願いすることになりました。
 一昨年に政権交代を果たし、昨年に衆参の捩れを解消して、「今後三年間は国政選挙の無い『黄金の三年間』を安倍首相は手に入れた」とマスコミはこぞって書いていました。そして「今回の解散に大義は無い」と批判しているマスコミの多くは、政府が集団的自衛権の行使を限定的に容認した際に、「このような重大な変更をするなら国民に信を問うべきだ」と主張していたとも記憶します。

 しかしながら世論に疑問の声があるのであればなおさら、解散の意義を有権者に丁寧に説明するのは我々政権与党を構成する一人一人の責任です。
 アベノミクスの重要な要素である「大胆な金融緩和」は「健全な財政の持続可能性」が前提条件なのであり、消費税率引き上げの先送りとこれをどう整合させるのか、社会保障の改革をどのように行うのかを、すべての責任を総裁や党執行部に押し付けることなく、候補者は自分の言葉で述べなくてはなりません。
 社会保障の多くは保険で成り立っており、リスクを回避した人にまで手当てが及ぶのはもはや保険ではなく贈与の世界であって、財政の悪化は避けられません。自民党が野党時代に改定した党綱領で示した「自助・共助・公助のバランスのとれた国を目指す」というのはそういう意味であったと私は思います。
 多くの議論があることはよく承知をしていますが、先日、ある私の講演後の質疑応答で、子沢山で長寿の町である鹿児島県徳之島・伊仙町の町長さんが語っておられた「高齢者対策の費用の一部を子育て対策に廻すことを率直に語り、多くの町民が理解してくれた」との言葉の深さと重さに、深い感銘を受けたことでした。

 国政選挙はあらゆる政策につき国民に信を問うのであり、候補者は外交や安全保障についても、きちんと自分の言葉で語るべきです。その研鑽をこの二年、どれほど積んできたかも問われます。
 前回の総選挙直後から感じていることですが、小選挙区制度の特性により、自民党は小選挙区において、43%の得票率で約8割の議席を得、全国平均の投票率が全国で約60%であったことを勘案すると、全有権者の四分の一の支持しか受けていないというのが実態です。我々はこのことを等閑視すべきではありません。
 いかにして投票率を上げ、我が党の得票率を伸ばすか。困難な状況の中で、この目標に向けて努力を重ねていきたいと思っております。

 今週の週刊文春に漫画家・瀧波ユカリ女史と私との「オヤジかるた発売記念異色対談」なるものが掲載されています。どうもよくわからない世界ですが、「可愛いオヤジ代表」と言われても…なんだかなあ…という感じです。世の中いろいろ、ですね。

 来週火曜日より選挙に入りますので、本欄の更新時期が不定期となりますことをご容赦ください。
 週末は29日土曜日が栃木県と宮城県、30日日曜日は埼玉県各地を回ります。

 師走も間近、急に寒さが増してきました。皆様お元気でお過ごしくださいませ。

|

« イシバチャンネル第四十九弾 | トップページ | お知らせ »

コメント

お疲れさまです。

がんばってください!

投稿: mr | 2014年11月28日 (金) 20時54分

12月1日に石崎徹君の応援に来ていただくようでありがとうございます。
是非、先生にはこれからも頑張っていただきたいと思っています。
本当に、これからの日本を心配している一般庶民ですが、石破先生なら私が言いたいことわかってもらえると思っております。

投稿: 飯塚 芳英 | 2014年11月28日 (金) 20時57分

 鳩山邦夫先生のパーテイでは、ご挨拶が出来ずに失礼いたしました。懸命に石破茂先生をお探ししましたが、お会いできず残念に存じておりました。                                           間もなく選挙戦に入りますがご健闘賜りたいと存じます。選挙が終わり次第一度大臣室をお伺いいたしたく存じます。ご健康にご留意賜りたくお願い申し上げます。敬具 WWW.JISHINYOCHI.HTML

投稿: 佐々木勝朗 | 2014年11月28日 (金) 20時59分

可愛いオヤジ、頑張ってくださいね。

投稿: Yumiko Kuramochi | 2014年11月28日 (金) 22時11分

石破先生の仰る通りです。この二年間でどれだけそれ以前に政治が停滞していたか、又自民党でしか政治が進められないかよくわかる二年間でありました。
私は絶対自民党や石破先生や安部総理を応援しています。
御体調にはどうかお気を付けになられて、自民盤石の議席数の伸びる事を心からお祈り致します。

投稿: 渡邊正次 | 2014年11月28日 (金) 22時24分


石破さん、
お疲れ様です。


鳥取の後援者の方々は
温かいですね。
石破さんが信頼されて
いる御人柄であるから
こそなのでしょうが。
御家族も、強く支えて
下さっているのですね。素敵です。


石破さんはかわいいオヤジなんですかね(笑)
確かにかわいいですが、
オヤジとは思えない
ですね。
感性が若葉のように
若々しく美しく柔軟で
ありながら、
知識・教養は並外れて
いるという(笑)


私が惹かれるタイプは
見た目はバラバラなの
ですが、共通点は心や魂が美しいか、ですね。
少年のようでありながら心を十分に学んだ
大人の男性。


人間は汚れを吸収して
他人を傷付け、貶め、
裏切り、それが平気で
出来るようになるタイプと経験した汚れを削ぎ
落として、自分が受けてきた痛みや悲しみを他人に決して味合わせない
ように心掛けるタイプに
分かれますね。


人生は修行であると
私は思っていまして、
地位や名誉、金は
あの世には持って
いけませんので、死んで残るは磨いてきた"魂"
だけが自分の宝になると考えています。


まぁ、修行僧みたいな
方が好きです(笑)
心や魂を学ぶ事が人生
だと考える人。


石破さんは理想の
男性です。本当に
素敵です。


選挙応援、頑張って
下さい。風邪を引かないように防寒しっかり
お願い致します。


では、
またお邪魔しますね。


失礼致します。


投稿: lyrics&front | 2014年11月29日 (土) 02時31分

今回も厳しい選挙戦ですが、お元気でご活躍くださいませ。

投稿: 61 | 2014年11月29日 (土) 11時30分

白人警官による黒人少年射殺事件から

少子化で将来的に労働力不足が見込まれる為移民を大幅に受け入れるって案があるとか…受け入れてしばらくは平安な日々と思いますが、何年、何十年と経つ内にアメリカやウクライナ、中国・イタリア 、もう解決したけどイギリスみたいに多民族国家ならではの問題が起きて来るのでは?
ここは、少子化問題に真剣に向き合って自国民を増やす方法を考えた方が良いと思います。移民の受け入れに抵抗感があるのって了見が狭いんでしょうか…でも、結局「ルーツは〇〇国」って母国への思いは消せるものではない。消せない思いは何かのきっかけで溢れる。
とーい将来「差別」が無くなればいいけど

投稿: まな | 2014年11月29日 (土) 16時51分

今回も自民が圧勝することを願います。
他の党には国政は任せられません(絶対に)

それと蛇足ですが女性大臣の相次ぐ辞任は納得できません。
確かに任命権者としての責任はあると思いますが、辞めて責任は取れません!!!
職務を全うしてこそ責任が取れると思います。
大人の政党として、変なマスコミや一部の世論に踊らされること無く、
真にこの国の行く末を安心して暮らせるように導いてほしいものです。

投稿: 辰 | 2014年11月30日 (日) 10時05分

【師走】
 2014年の12月が国政選挙になるとは、11月を迎えて後半になるまで、誰一人予想もしていなかったことではないかと思いますね。安倍総理が、想定していたとも思えません。しかし、一寸先は闇の世界であることを世に知らしめることになったのは間違いがないことであります。
先月、俳優の高倉健さんがお亡くなりになったという事を聞き、彼の出演した映画を改めてみることがありました。シナ政府の報道官が、異様なコメントで高倉健さんを悼む談話を公表したことで、彼がシナで破格の扱いを受ける俳優であることを知り感慨深いものがありますね。ともかく、新幹線大爆破と八甲田山、そして47人の刺客の3作は、DVDが我が家にあります。
 47人の刺客は、我が国にあっては、何度も繰り返し取り上げられる演劇で、映画になったものだけでも100本近くあるのではないかと思います。忠臣蔵は、廃れることがありませんね。視点を変えた物語なども小説他で発表され、テレビドラマになることなどもありますが、この元禄に起きた刃傷事件の謎が今に至るも解明されることがないので、大きな魅力になっているような気もします。高倉健が主演をしたこの47人の刺客も、そこに視点が置かれています。劇中、何度も内匠頭は、なぜ吉良少将を切りつけたのかという言葉が出て、高倉健演ずる大石は悩みますね。内匠頭の奥さんであった揺泉院からも、殿はなんで吉良義央に切りかかったのかと問われ、沈黙してしまいます。彼自身がその答えを探ろうとしてよくわからないままになっているわけで、これは、吉良邸討ち入りの口上書にも、はっきり書かれている事実です。何が理由なのかわからないと答えています。しかし、討ち入りはやったわけで、討ち入りの最中に吉良義央を追い詰め、西村晃演じる吉良上野介が、『内匠頭が切り付けに来た理由をわしは知っている。それを知りたくないか?』と言い出すシーンがあります。それに対して高倉健は『知りとうない』と言って吉良を斬り倒しますね。いまさら知って何になると言いたげな対応です。目的は、吉良上野介の首を挙げることしかないわけで、刃傷沙汰の原因を首をとる寸前に知ったところで意味がありません。『知りとうない』というセリフと共に刀を振り下ろす姿は、この映画の圧巻である。このシーンのために映画があるとさえ思いますね。高倉健の演技は、どっちかというとセリフが少ない。表情や動きで表現することの方が多いような印象があります。だから、『知りとうない』が光って見えます。
 実際の処、浅野長矩の引き起こした刃傷事件は、その理由が誰も解っていませんし、即日切腹があったために、重要な立場の家臣が面談する機会もなかったことで、一切が闇に消えてしまったように思います。目付の役人の記録にも詳細がありませんね。謎は今も解明されていません。まあ、それが重要な問題ではないところが、この事件のテーマから外れてきたような印象さえ受けますね。大石内蔵助のリーダーシップをテーマに見る人が増えているのだろうと思います。老人虐待の事件なのですが、そう云う人はいませんね。物語として完結している面が高いので今も人気があると思います。日本人の生き方に影響を及ぼした事件です。高倉健が大石内蔵助を演じたのはこれだけのようですが、優れた俳優であるという評価を高める作品になっています。

 ご冥福を祈念します。

投稿: 旗 | 2014年12月 1日 (月) 07時02分

大阪の西村です 関西経済同友会での来年8日の御講演楽しみにしております。大阪の選挙区の応援 一区13区も厳しい選挙区です 是非お力をお貸しくださいませ。先日 日銀のNさんと会食しましたが地方金融担当として石破先生にレクチャーしたと言ってました(笑)ではまた近いうちに

投稿: 西村 宏之 | 2014年12月 1日 (月) 11時04分

石破さん  ≪早く政治のトップに立って下さいよう!≫
①文中【前回の総選挙直後から感じていること‥(安倍政権は)全有権者の四分の一の支持しか受けていないというのが実態です】
総選挙に臨んでも尚、この現実を改めて噛み締める石破さんの真摯さや広く深く永い構えに惚れちゃうんですよねえ。石破さん、早く速く安倍某に代わって政治のトップに立って下さいよう!!

②文中【国政選挙は“あらゆる政策”につき国民に信を問うのであり】
全く同感です。そうなんですよ!危機にあるこの国の今後4年間を主導する政治与党を選ぶ重大な選挙なんですから、当たり前なんです。
然るに、今の歪んだ権力者安倍某は、余の政策は全て背後に隠そうと謀り、「アベノミクス選挙」と云う狭隘な選挙に貶めようとしている。
非力で弱小な野党は薄々その謀(はかりごと)に気付いてはいても、その非力さの所為で“あらゆる政策”の歪みに挑む智力も体力もない。このままでは安倍某の謀は奏功するかも知れませんね。
まあ、然し、未だ投票まで2週間ありますからね。市民はネットと云う情報ツールを手に入れましたからね、結果は未だ判りません。国家の先行きを憂える市民は、「悲観は情緒、楽観は意志(仏アラン)」を胸に「走りながら考える」しかありません。
愚論が期待する選挙結果は、自公の「数的には辛勝で過半数維持(例えば一議席だけ)、同時に心理的には惨敗」です。自民党議員の間に「安倍では駄目だ!」と云う危機感が嵐の如く吹き荒れると、この国の先行きにも辛勝の目が生まれるかも知れません。勿論、ご本人には無断なんですが、来年の総裁選での安倍馘首、石破さん台頭を狙っているのです。石破さん、早く速く安倍某に代わって政治のトップに立って下さいよう!!
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年12月 1日 (月) 11時08分

ブログのアップありがとうございます。

先生のように閣僚の方は選挙区外での応援が中心になるんですね。

生活は、自ら働いて自らの生活を支え、自らの健康は自ら維持するという「自助」が基本と書いてありました。確かにそうだと思います。

雇用がたくさん生まれるような政策を支持したいと思います。

選挙中は雑誌の記事にありました先生のかわいいところを活かして頑張ってくださいね。(≧∇≦)

投稿: くま | 2014年12月 1日 (月) 21時41分

石破さん  ≪W.Churchill卿が正しい!?≫
言論NPO12/3公表【有識者300人が見た安倍政権(5点満点≪100点換算≫)http://goo.gl/IgEHPh :
①「首相としての資質」は2.7点(54点)、
②「主要政策課題38項目の実績」は1.8点(36点)】
有識者の評価は完全に「落第!」の烙印を赤々と押しています。
有識者を対象とした調査結果と、国民(大衆と市民の集団)を対象とした調査結果との違いに愕然としますね。

W.Churchill卿が喝破された、「民主主義は未来に向けては最悪の統治形態だ!」の正しさを如実に示しているのかも知れません。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2014年12月 4日 (木) 19時30分

中国の尖閣諸島に対する対応が、APEC以降大きく変わっています。領土問題が存在すると言わせられ、中国の術中にまんまとはまったと考える。今後、どのように対応すべきとお考えですか?

投稿: slumdunk | 2014年12月19日 (金) 19時57分

石破さん ≪12月4日19:30付け愚考の補足≫
改めてこの愚考を読み返すと、先日の衆院選挙はアベノミクス選挙と云う「小さな土俵」を設定した安倍某の作戦が成功した、野党は挙って安保戦略に関連する集団的自衛権や特定秘密保護や近隣外交など重要政策を含む「大きな土俵」を設定しなかった。また、未熟な野党の準備不足に乗じた。国民もアベノミクスの成果に対し苦し紛れの「儚い期待」を繋いだ。W.Churchill卿の名言を逆手に取って、「今の日本の民主主義制度」を悪用し完膚なきまでに貶めたものだと痛感いたします。哀しい哉、「敵ながら天晴だ!」などと言っている暇は、断じて市民にはない。一市民として、悔しさに地団駄を踏む想いですね。

投稿: 小倉摯門 | 2014年12月19日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/60727954

この記事へのトラックバック一覧です: 解散後など:

« イシバチャンネル第四十九弾 | トップページ | お知らせ »