« 昭和女子大での講演など | トップページ | 国連憲章など »

2015年7月10日 (金)

特区法案成立など

 石破 茂 です。
 地方創生関連の国家戦略特区法改正案は、本日の参議院本会議で可決され、今国会に提出した私の所掌する法律案はすべて成立致しました。
 尽力いただいた関係委員会、国対をはじめとする皆様、政府のスタッフの皆様に心より感謝いたします。
 

 この7月7日で議員生活30年目となりました。
 昭和61年、中曽根内閣の「死んだふり解散」と言われた衆・参同時選挙で、7月6日投票、翌7月7日開票という変則的な日程でした。
 当時私は29歳、まだ中選挙区制度下で得票は56534票、鳥取全権区での当選者4名中最下位という「疑似落選体験」を味わいました。上位3人の当選が決まり、残る一議席をめぐって自民党の私、社会党の武部氏、公明党の熊谷氏の3人でデッドヒートが展開され、ようやく午後2時過ぎに当確が出た時の感激は今も忘れません。
 先帝陛下の崩御、リクルート事件に端を発する政治不信の高まりに伴う激しい政治改革議論、竹下・宇野・海部と目まぐるしく変わった政権、消費税の導入と、様々なことがあった当選一回の頃が、遠い過去のようにも、つい昨日のことのようにも思い出されます。

 参議院の一票の格差について、鳥取・島根、徳島・高知を合区する案が具体化しつつあります。
 日本国憲法上、衆議院と参議院に異なる位置づけはなされておらず、第43条に「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」と定められているだけですが、最高裁判決などに鑑みれば、両院ともに格差は二倍以内、というのが憲法上の要請でしょう。
 米国やスペインの例がよく採り上げられますが、国家の成り立ちや憲法上の位置づけが異なるため単純に比較することは困難ですし、我が国においては「選挙制度や権能が酷似している二つの院が存在していることをどのように考えるか」という議論を決して避けてはならないと思います。

 二十年以上前、政治改革や選挙制度を議論していた時に、「国会議員の定数削減と地方分権は一体で進めなくてはならない。外交、防衛、通貨、財政、教育の基本以外の分権を徹底することにより、地方の発展は地方の権能において図られるべき」ということを党でも国会でも訴えた覚えがありますが、未だそれが明確な形とはなっていません。
 権限とともに財源も当然委譲しなくてはならないのですが、税源の偏在や交付税制度の在り方など困難な問題があり、議論の進捗がはかばかしくないというのが実態で、今奇しくも地方創生とともに分権担当相でもある私に課せられた課題は重大です。

 40年以上前、小学生6年生の社会科の試験で、「国会議員Aは、ある法案の採決に当たり悩んでいる。その法案は日本全体のためにはなるが、彼の選挙区には不利益となるものである。国会議員Aのとるべき投票行動について論ぜよ」という問題が出されました。
 そのとき、「国会議員は全国民の代表者なのだから、たとえ選挙区の利益に反しても当然賛成すべき、というのが正解なのだろうけれど、この議員は選挙区で厳しい立場におかれるだろうな」と思ったものでした。
 たとえば「参議院は地域並びに職能の代表者によって組織する」のような形で憲法を改正する、といった議論にも、正面から取り組むべきでしょう。その際には、衆議院との権能の違いも明確にすべきです。
 「議論には時間がかかるし、自民党は衆・参両院とも改正発議に必要な三分の二の議席を持っていないのだから、どうせ無理に決まっている」と最初から諦めてしまうのは敗北主義というものではないでしょうか。

 いずれにせよ、「今回は4県の合区と幾県かの定数増減だけでなんとか済ませ、根本的な議論は先送りにしよう」という姿勢は決して取るべきではありません。選挙区や政党の利害を超えて民主主義と国家の在り方を真剣に考えている議員は他党にも少なからずいるはずであって、この議論は自民党こそがリードすべきものと考えます。

 「明治日本の産業革命遺産」の登録については、いずれ回を改めて論じたいと思います。
 ここまでの議論は外務省を中心に進められてきましたが、指定された以降の所掌は内閣府となり、この担当大臣も私となっております。ジャーナリスティックな議論ではなく、ことの本質をよく見極めたいと思っております。

 本日夕刻、19日午後9よりTBS系で放映される「ナポレオンの村」の披露試写会に行って参りました。この原作本「ローマ法王に米を食べさせた男」(高野誠鮮著・講談社新書)は、実に痛快で面白い本でした。あっという間に読めるものですが、お勧めです。

 週末は、11日土曜日が稚内市長、商工会議所会頭をはじめとする皆様との懇談会、自衛隊稚内分屯基地訪問、北海道グラウンドワーク「地方創生を語る会」で講演・パネルディスカッション、宗谷管内市町村長との意見交換会、稚内市内視察、市長村長・地方議員・経済人との交流会(稚内市内)。1600から「地方創生でニッポンが変わる」(テレビ東京系、収録)の放映があります。
 12日日曜日はおといねっぷ美術工芸高校視察(音威子府村)、夕張市内を市役所はじめ10か所視察、市長・経済人・農協関係者との懇談会(夕張市内)、という日程です。

 都心は梅雨の晴れ間の覗いた一日でした。
 台風接近中の地域の皆様、お気をつけてお過ごしくださいませ。

|

« 昭和女子大での講演など | トップページ | 国連憲章など »

コメント

お疲れさまです~

投稿: mr | 2015年7月10日 (金) 19時38分

政治に疎くて1票の格差が学校で習った3倍を超えているのは最近ようやく知りました。

こういうのが国政をダメにしてきた地方選挙の典型例ですね。
文句あるならどこぞの知事さまみたいに
地方自治で活躍して下さいと。

投稿: 鳩山肉夫 | 2015年7月10日 (金) 21時55分

 参議院の一票の格差是正は待ったなしです。合区のことですが、仲が良くないところと強引に一緒になるのは、当事者が相当嫌がると私は思います。国民の幸せのために議会制民主主義があると思いますから、本末転倒になってしまっては駄目ですね。
 鳥取選挙区の場合、島根と一緒になるのは嫌でしょう(笑)。そこで提案なのですが、鳥取は岡山、島根は広島選挙区と合区するような案は考えられないでしょうか。なぜなら、岡山県と鳥取県は東京で共同アンテナショップを出店しているように協力関係が既に出来ていて仲は悪くないし、地理的な結びつきも深いと思うのです。参議院は3年毎の半数改選ですから、両県連で話し合い交互に候補者を立てるか、あるいは3回に2回は岡山から、1回は鳥取から(人口比を考慮に入れて)候補者を擁立するという工夫はできないでしょうか? 鳥取と島根は同じ山陰だから一緒になれというのは、ちょっと乱暴な発想で、さすがに気の毒だと私は思いますね。
 また、島根は広島(定数2)と合区して毎回両県から1人ずつ候補者を立てるか、ここも人口比を考慮して3回に1回島根から1人立てるなどという手があるかもしれません。同様に、四国のほうも頭を捻れば地元が受け入れ可能な妥協案はあるのではないでしょうか。なお、勝手な意見と思われればお許し下さい。ただの素人提案です。
 
 鉄道趣味をやっていると地方の「空気」を吸えるのが大きな利点です。現地へ行って見ないと解らないことは多いですね。今週末の石破大臣は道北訪問ですか。稚内、音威子府と言えば廃止された国鉄天北線を思い出します。廃線跡を巡る観光DMVに乗って、有名な音威子府駅の美味しい駅そばをまた食べたいという妄想が広がります。かつて天北線には、途中に「寿(ことぶき)」という縁起の良い名前の仮乗降場がありました。地方創生の種はどこにもありますね。

投稿: 特急おおとり | 2015年7月10日 (金) 22時15分

石破さん、お疲れ様です。

>40年以上前、小学生6年生の社会科の試験で、「国会議員Aは、ある法案の採決に当たり悩んでいる。その法案は日本全体のためにはなるが、彼の選挙区には不利益となるものである。国会議員Aのとるべき投票行動について論ぜよ」という問題が出されました。
 そのとき、「国会議員は全国民の代表者なのだから、たとえ選挙区の利益に反しても当然賛成すべき、というのが正解なのだろうけれど、この議員は選挙区で厳しい立場におかれるだろうな」と思ったものでした。
 たとえば「参議院は地域並びに職能の代表者によって組織する」のような形で憲法を改正する、といった議論にも、正面から取り組むべきでしょう。その際には、衆議院との権能の違いも明確にすべきです。
 「議論には時間がかかるし、自民党は衆・参両院とも改正発議に必要な三分の二の議席を持っていないのだから、どうせ無理に決まっている」と最初から諦めてしまうのは敗北主義というものではないでしょうか。

私は、平成12年から精神科に通院しておりますが、内外での治療でも下痢が止まらず
精神科へ紹介されました。私は一度死んだ人間です。独り暮らしの際に職場の虐めに悩み抜いて自殺を決意し、死に場所を探していた時に母が連れ戻しに来ました。それからも自殺未遂は数回ありました。希望は絶たれていて、逃げ場が無かったのです。
そんな経験を経て、0.0001程の薄皮が剥がれるような治療と12時間の死んだように眠る睡眠、安心できる環境…生活費…お金の心配の排除などの生活を重ねて、明るい私に戻れたのです。嘔吐したら、胃の粘膜が剥がれたのか透明のゼリー状の塊が出てきた際には、もうこれ以上は無理だと生きるのを諦めましたけどね。そんな私が出来る事は、精神疾患は地獄の苦しみであり、自死を選ぶほどの病であると伝える事なんですね。日本ではまだまだ理解が得られていません。ですが、私独りの発言が力を持たなくとも、発信しなければ何も変わらない。理解される可能性は無くなってしまいます。私が出来る事は発信し続ける事なんですね。他にも生活困窮者の方々、被災地の方々の支援も願っています。現実問題としてどこから資金援助を集めるか、はありますが命に関わる事であり、優先するべき問題であると考えております。
石破さんは御自身のすべき仕事がありますのでこのような意見を御伝えするのは大変辛いのですが、私なりの心情を正直に申し上げさせて頂きました。県や市が動かない為、地獄のような日々を送っている方々の為に私からの発信です。御体に気を付けてお過ごし下さい。では、失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2015年7月11日 (土) 04時02分

各自治体の職員ですけど、手話出来る職員に、手話バッチを着けさせて、解りやすくして欲しい!

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月11日 (土) 06時05分

私は鳥取県民です。先日、民主党の榛葉議員が一票の格差にかこつけて甲子園の一校の格差を話されました。
政治家の皆さんは、地方が大事だと仰いますが、鳥取の端(例えば若桜町や智頭町)と島根の端を同じにして良いものでしょうか?八頭と津和野が対戦となった時に球場や関係者などの応援旅費などを考慮しているのでしょうか?
榛葉議員は何気ない一言かもしれませんが、地方の地域が見えていないことを伺わせる一言だと思います。
私は1人(参議院は三年毎の任期六年なので二人ですが)が、津和野と若桜を抱えて同じ様に働くのは難しいと思います。
法の下の平等は大事だと思いますが、それを守る為なら田舎は犠牲になるべきでしょうか?

投稿: n | 2015年7月11日 (土) 06時18分

やはりそういう態度か。クソッタレだな…おっと失礼。国立競技場の話だ。麻生さんの発言さ。『前の政権下で決まった話だから知らん!』…まさに無責任。建設強行の理由にはならないだろ。あの震災の時、よってたかって民主党を叩きまくってたが、『原発を推進したのは自民党だから、俺の知ったことではない』と民主党が言ったか?!まったく麻生さんってのは頭は良いかも知れんが、人間がクソッタレだよな。

投稿: カバチタレ | 2015年7月11日 (土) 07時56分

岩手の中2男子自殺事件でイジメが認定された。さぁ、ここからだ。学校を責めたり、教員を責めたい気持ちもわかるが『加害者』が一番責められるべきだ。『加害者』は責任をどう取るのか。マスコミも責任をしっかり取らせるべく、徹底的に追求してほしい。追記…イジメの報告が無い学校より、イジメを発見し即対応できた学校の方が評価される世の中であってほしいと思う。

投稿: カバチタレ | 2015年7月11日 (土) 08時10分

司法からはこれ以上にはいろいろ言われないような徹底的な改革が望ましいですが、身を切る改革となれば困難多しですね。  北海道は少しは涼しいかもですが、ほんとにご多忙ですね。  ご健康にはくれぐれもご注意くださいませ。

投稿: 61 | 2015年7月11日 (土) 08時49分

一票の格差問題

人口密集地で数万票取っても落選…地方で数千票で当選!
不公平ですか?
「世界が100人の村だったら」って話ありますよね…割合によると思います。都会で数万票で落選した人は、地方に行っても数千票も取れずに落選すると思います。頭のいい人が集まって、割合が理解出来ていないところが不思議…
複数県を一つの選挙区にして一人の代表を選ぶ?
代表者のいない県が出来ると言う事ですよね…こっちの方がよっぽど不公平だと思いませんか?
例えば…国連の代表を選ぶにあたり、アジアから〇〇人…北朝鮮+韓国+日本を一地域として代表を一人出してくださいって言われたら…誰が選ばれても異議なしと言う訳にはいかない。各々の地域には特色があり歴史がある。

投稿: まな | 2015年7月11日 (土) 08時57分

どんな仕事にでも共通すると思うのですが、困り果てた時や迷いに迷った時ほど「原点に戻る」と道を切り開くことができるようです。
参議院のあり方についてそろそろその時期に来ているのではないでしょうか?
良識の府には程遠い現状を大きく変えない限り、今其処にある諸々の危機への対応が一歩も二歩も遅れてしまうように感じます。

投稿: kktf | 2015年7月11日 (土) 09時25分

今日は北海道にいらっしゃるようですが、私は札幌の中島公園で安保法制反対のデモに行きます。でも、実は石破さんの隠れファンなのです。すべての考えに納得できなくても、理路整然と日本の国のために考え、発言されている姿には大変好感をもっております。しかしながら、今回の国会の特別委員会ではご担当外だったので一度も発言されておられず、またその方がよかったのかもしれません。中谷防衛大臣の答弁も大変だったとおもいます。皆様の本音はどこにあるのでしょう。とんでもなく頭の悪区、倫理観にかけた首相をトップにそえられたこのつけは自民党、しいては国民に跳ね返ります。私はどこの政党も支持すると言いませんが、でも今一番政治のかじ取りをして欲しいと思っている方は石破さんです。そんな人結構私のまわりにもいます。ぜひ、自民党の中で今回の法案を一度チャラにして、安倍総理を退陣させ、自民党を立て直すか、別の党を立てるとか何かされることを願っています。

投稿: Northernlight | 2015年7月11日 (土) 11時30分

先生お疲れさまです。
吉田松陰先生は『百年の時は一瞬である。君達はどうかいたずらに時を過ごすことのないように』と言われました。
人間は必ず死にます。
その短い命が尽きる間に正しい事、成すべき事をして同胞たる日本民族の笑顔や安心をもたらしたいですね。
さて中国が東シナ海でガス田開発と称して「中国の軍事拠点」を作ってますね。
アメリカと日本。
二つの柱が世界を支え安定と調和をもたらす二柱論者の俺はアメリカと共に中国経済、バブルを破壊し内乱、混乱をひきおこしたいですね。
そうしたら中国は戦争所じゃない。
無理して日本やベトナムに攻めたら西からは仲が最悪に悪いインドが、内部からは習の敵対派閥や胡錦濤一派にウイグルやチベットを初め貧民や国民党支持者などいろんな項羽と劉邦が出てきます。
したら北からはロシアも必ず来る。
南はベトナム、フィリピン、シンガポール、東は日本、アメリカ。
中国は勝てません。
そもそも中国=共産党なのに今は分裂してますしね。

とりあえず安保改正すべきです。
「安保改正で戦争になるって理屈なら警察や消防署があっても戦争になるじゃないですか。なぜ日本領の治安を守ったら戦争になるのか?」
反日勢力や中国共産党の日本支部にはそう答えたら良いですよ。
奴らの理屈がおかしいんだから「逆に戦争になる理由と戦争になる国を教えてください」と聞いて…とにかくバカは疲れさせたら良いんです。
だって「自国の治安を向上させたら戦争になる!授業で道徳を入れたら戦争になる!」って連合赤軍の亡霊…左翼の理屈が意味不明だもん
奴らだってわかってない
ほっとケ~キcake
総理、麻生さん、先生頑張ってください!

投稿: 日本を愛する日本人 | 2015年7月12日 (日) 08時53分

お忙しい中、ブログのアップ有り難うございます。スタッフの皆様にも感謝です。
蒸し暑さが厳しいですね。くれぐれもご自愛くださいね。

「産業革命遺産」の登録は、喜ばしい半面、将来の世代が苦しむのではないかと多くの国民が危惧しているのではないかと思います。
「強制性」を巡る議論は、単なる文言を遥かに超えて利用され・独り歩きし、「日本という国」に対する印象操作に使われる可能性(現に欧米の多くの新聞は<強制労働>と同一視をする論調です)を残念ながら持っているのではないでしょうか?

「日本ってこんな国だったんだ」・「アウシュビッツと同じだなんて・・」といった悪意のない誤解を導くような韓国のプロパガンダにどう立ち向かうのか・・ハード・ソフト両面からしっかりと考えていかなければ日本はとてつもない大きなダメージを受けるのではないかと思います。所管が内閣府に移ったとの事、「日本を取り戻す」政府一丸となって日本の名誉がいささかも傷つけられることのないようにしていただきたいと思います。

暑さに負けずご活躍ください。応援しております。

投稿: 露草 | 2015年7月12日 (日) 11時12分

先生の所掌する法律案はすべて成立のこと、お疲れ様でした。先生のことですから、資料なども、しっかり揃えて、きちんと筋のとおった説明をなさったはずで、順調に成立したのは、その結果ではないでしょうか。

参議院の合区問題ですが、現状では、合区そのものに反対するよりも、合区の背景にあるポリシーや原則のようなものを明確にさせておくことのほうが大切かなと思います。

たとえば「人口比と議員定数は一致すべき」というポリシーなら、東京の5人区も、横浜の4人区も、分割して小選挙にするか、中選挙区はやめて、いっそ大選挙区制にしなくては、筋が通りません。

安保法制の問題もそうですが、背景にあるポリシーや原則が、明確でも明晰でもないから、護憲派ばかりか改憲派の方たちも怒ってるわけですね。

ただ、現在の社会は、民主主義が成立した時代よりもさらに複雑になっていて、あるポリシーや原則をつらぬこうとすると、異論や反論が山ほど噴出してきてしまいます。極端な話、民主主義に対する疑念や失望感まで出てきてしまうわけですからやっかいです。

この局面では、単に反対するだけでなく、将来の布石になるような、議論の芽を残しておくことが重要なのかなと愚行しております。

投稿: 通りすがりの狐 | 2015年7月12日 (日) 12時48分

法案成立及び議員生活30年目おめでとうございますfuji

「一票の格差」ですが、これは元々、いわゆる「人権派弁護士」の方々が(暇に任せて?)言い出したことなんでしたっけ。
「一票の格差問題」で実際に困っている人っているのか、甚だ疑問です。
「一票の格差問題」を「解決」しようとしたら都市部の議員さんばかりが増えてしまい、「地方の声」が反映されなくなっていってかえって弊害が生じるのでは。
特に参議院はアメリカの上院と同様「一都道府県につき一名の議員(二名でもいいと思いますが)」というように固定してしまって良いのではと思いますが・・・
今回、出ている案のような「鳥取県と島根県が一つの選挙区」って何だかおかしいです。

ところで、とあるブログ記事でゲル大臣の写真がネタとして取り上げられているのですが。(真ん中あたり)
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12049471164.html

国会でのゲル大臣のこういう「顔芸」になごませていただいておりますsmile
(ところでこの画像、大臣のお名前の字が間違えていますねw)

投稿: hinomoto | 2015年7月12日 (日) 14時14分

  世界文化遺産登録でやっと一息と思いきや、又もや韓国が松下村塾が伊藤博文と関係があるとして非難を強めている。テロリストを非難する事無く擁護し一国の首相、それも初代首相を殺害し反省も無く非難だけするとは何たる事かと腹立たしい。便乗世界文化遺産登録も恥ずかしいがそんな事は感謝すら当然なく、外交的に勝ちというので信用すら出来ない。北朝鮮がよく瀬戸際外交をやるが朝鮮人特有の手法なのか、賛成すると急反対と
いう事は信用する訳には全く行かない。外交的な約束事も締結すらやるべきではないと思う程、信用が出来ない状態になって来ている。中国も国内法を急に替える事で信用出来ないが韓国も段々その域に入ってきている。

投稿: 忍者 | 2015年7月12日 (日) 17時37分

【改革は、続かなくてはならない】

 制度の改変作業に終わりがないように思いますね。260年続いた幕藩体制が終わりを告げたのは、1867年の大政奉還、王政復古の大号令が起きたときとされるが、それは通過点であり、明治は、45年もかけて人々の意識を改革するのに要したのではないかと思います。
 幕藩体制を続けることが苦しいという理解を持っていた人々の数は、大塩平八郎が檄文を撒いて蹶起した1837年より始まると見るなら、王政復古の大号令までに要した時間は、30年もかかったことであり、人々の意識が変わったと普通に語られるようになるには、それから45年という事になると思いますね。75年の時間が必要になったような気がします。大塩平八郎は、幕府の役人であり、彼は幕府転覆をはかったように見えますが、そういう意思は蹶起の際に上奏した檄文のなかにはなく、豪商による米の買い占めを糺し、役人の腐敗を改め、ただただ官庫にあるコメを窮民に解放しろと言っているだけである。そのうえで、暴動を起こしたのは、陽明学者である彼の個性であり、これがないと幕府は変わらないと思ったからだろうと思います。しかし、これは大きなきっかけになり、幕藩体制を揺るがす事件になってしまいますね。この檄文は、日本中にばらまかれ、反幕府の宣伝に利用されます。
 体制が変わるという流れは、侍の廃業という形がはっきり謳われることになります。明治維新政府ではっきりそれを言った人は大村益次郎という事になりますが、彼は国民皆兵をやらないと近代的な軍隊を作れないという危機感があったので、当然、全人口の5%ほどの数しかない侍だけに頼っていては意味がないと考え徴兵制度を戊辰戦争の頃から口にしていたそうだ。それが原因で、暗殺されたようなもんで、恨みを買ったように思いますね。国民皆兵のための軍隊の創生に反対した勢力というのは、なにも非暴力の平和主義者であったということではなく、これまで続いていた身分制度に関わる国民の意識が大きな抵抗になっていたとしか思えません。これが不満の種にまで成長し、爆発するのが、西南戦争をはじめとする士族の反乱です。国内で唯一起きた内戦は、国民の意識を大きく変える事件になりますね。不満を背負って西郷隆盛は自刃しますね。これも通過点で終わるのは、国民皆兵の体制が成ったからです。それが、日清日露の戦争で成就するように見えます。そこで止めたことが、我が国の転落の始まりであったように思いますね。
 そこからも、改革を続けていかなければならなかったし、その方向についても考え抜くことが必要であったように思いますね。大正デモクラシイとは何かという事を見直すことがあの当時の日本に必要なことではなかったのかという気がしています。明治産業革命と云える状況を推進することと大陸に植民地の野望を持つことが身の丈に合った展望なのかどうかという事で、そこを真面目に考えたのかどうかわかりませんね。どこで間違ったのかと思う時に、政治家はどこを見ていたのかという事が気になりますね。明治という時代は、成功した例なので、同じ様にやればいいという事であったと思いますが、時代の変化を読むことに失敗したようにも思えます。
 軍が失敗した出来事にシベリア出兵という事件があります。露西亜で革命が起き、その状況の混乱に漬け込むような形で我が国を含む5か国が軍隊を派遣した事件です。その中でも我が国は突出して大量の陸軍兵を派遣し、各国が連隊程度の派兵なのに、なんと7万3千人を派兵してしまいます。しかも、各国政府軍は、半年ほどの駐留なのに、日本の陸軍は、5年間も居座ります。これは異常な事態で、軍事費もバカにならない拠出となっていたと思いますが、政府は態度をあらためることもなく、各国政府から、日本はロシア領内に領土的な野心があるのかと疑われることになってしまいます。結局、何も得ることがないまま、巨額の出費をして、全滅をした部隊も出るほど戦死者を出した意味が当時も今もよく解らないままになっている。シベリアに出兵する意味は、ソビエトという国を承認していたところがどこにもなかったからできたことであり、そこの行動自体には責められる点も少ないことなのですが、いったいどういう考えがあって大軍を派遣したのかよく解りません。そして、これを反省するという事もないまま大正時代が終わってしまい、昭和の軍国社会が出来上がっていきますね。
 どこかで踏みとどまって考えることがやはり必要なことではないかと思いますね。改革を進める勢力の中に、邪心のある者が入り込むと。改革そのものが失敗するという事があるのかもわかりません。
 明治維新の偉大さは、不平等条約の撤廃運動に見るように外務省でさえ真剣に仕事をやっていたという印象が強い。大正になってから、どこで歯車が可笑しくなったのかその政治的な責任を負うべき連中というのは、何者なのか、

 ある時点から、昭和20年の破滅に向かっているように思いますね。しかし、それも通過点なのかもわかりません。難しい問題です。

投稿: 旗 | 2015年7月12日 (日) 19時08分

石破さん ≪今や総理になるべく政治家になった?≫
議員生活30年目に突入された由、おめでとうございます。石破さんご自身にとっては勿論のこと、日本にとっても国民にとっても慶ばしい限りです。

まあ、今までは有力政治家とか自民党幹部とか閣僚の一角でしたから、即ち他の政治権力者の舞台を支えて来られたのであって、これからの期間が石破さんの政治家としての本当の舞台作りが始まる時期だと思いますね。まさか、今の日本の惨状を内閣の内部と云う近場で目の当たりにされて、未だに「総理総裁になるために政治家になったのではない」などと仰らないで下さいね。

秋の自民党総裁選に関して、昨日のTVで‥田勢康弘さんが「石破さんは出るべきだ(と思う)」、田原総一朗某と後藤謙次某が野田聖子さん(国政議員の連続性を無視すれば“政治家歴29年目”)を推してました。予て後の二人の発言には眉に唾を付けて聴いているのですが、あの老境晩節にあっても未だに評論家癖が直(治)らないようです。まあ、私も野田さん個人には、彼女の健全な構えやその信念を通す剛さには期待する処は大ですが、「安倍の次ではない」と確信しています。
元々財政的にも経済的にも社会的にも危機にあったこの国を一層崖っ淵に追い込んだ安倍、また元々残り時間の少なかった日本の持ち時間の相当部分をドブに捨てた安倍の後継に、「野田さんを安倍の次に推す」のは全然!全く!完全に!順序が違う。
ドラッカーさんの言を持ち出すまでもなく、そんな今の日本でトップ人事の間違いは、間違いなく命取りになる。それは取りも直さず、石破さんが過去二年あまりに亘り尽力されている地方創生の成果が、画餅とは言わないが、道途上で灰燼に帰す愚行です。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月12日 (日) 21時24分

徳島と高知との合区の事は[寝耳に水]です。徳島県人にとり高知は見知らぬ県であり、特徴も何も知らない。何故、縁の無い高知との合区であるのか納得がいかない。⇒ 誰が決定したのか、その経緯すら知らないのである。どういう経緯で、どういう理由で、そのような決定をしたのか明らかにすべきであり、明らかにする義務があるのではないでしょうか。県民に知らされる事なく、県民生活を左右するような事が決められて行く政治システムや社会システム、また報道関係者による知らせる義務と国民の知る権利に関わる事ではないのでしょうか?

投稿: 島谷淳子 | 2015年7月12日 (日) 22時01分

[寝耳に水]のハナシに虚を突かれたが、虚実を取り混ぜた政治話しを余儀なくされている現状を思い出した次第である。[月にはウサギが住み、ウサギが餅つきをしている] [竹取り物語では、月からの迎えがあり月へと還ったかぐや姫の物語]と[かぐや姫は結婚をイヤがり求婚してくる公達に無理難題を課し、求婚を退けていく]。 どちらが本当?

投稿: 島谷淳子 | 2015年7月12日 (日) 22時26分

議員生活30年、大変お疲れさまです。

地方が抱えている問題は多いですが、これからも国民の声を国会に届けてください。

投稿: くま | 2015年7月12日 (日) 22時31分

御嶽山の捜索が再開とのこと。あの広い範囲を、しかも火山灰が降り積もり、雪によりぬかるんだあの広い範囲を、時に雨が降りぬかるむあの広い範囲をどうやって捜索するのでしょうか?金属探知機等を使ってでしょうか?自衛隊・警察・消防等の人達には頭が下がりますね。///登山者に位置情報装置(GPS機能付き?)を必ず持たせるように義務化したらどうなのかな?

投稿: 村井啓介 | 2015年7月12日 (日) 23時38分

2歳児未満ですけど、紙オムツ購入券を配布した方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月13日 (月) 04時03分

石破さん  ≪また一つ増えた≫
NHK【首相、国際法学者は賛成が多いhttp://goo.gl/TSXldH 】
この安倍発言も菅某の「賛成の憲法学者がたくさん」と同じ妄想から発せられたんでしょうね。
然も深刻なのは、この妄想には、自国の最高規範である憲法を軽んじ国際法を優先し重視すると云う「本末転倒」の構えがあり、大国としては有るまじき愚かで無知で無恥な構えがあることですね。

その本末転倒は、安倍某が追い求めている「(戦争を厭わない)普通の国」と根っ子で繋がっている、安倍を「私情に駆られて暴走するだけ」と評する証しがまた一つ増えたことを意味します。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月13日 (月) 10時42分

都会の一万票と田舎の一千票、しかし、当落結果に不公平感はない…か。うん、俺も同感ですわ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月13日 (月) 11時50分

岩手県いじめ問題ですが、証言者に対して圧力が掛けられているとか。警察は、政治は何をしているのか。こんなことが放置されて、地方に進出する企業が増えるでしょうか?これを放置して、地方再生と称して金をばらまくだけなら、がっかりです。

投稿: BET2 | 2015年7月13日 (月) 12時22分

石破大臣殿

お早うございます!!。
急激な暑さ到来の中、連日の国会審議並び、週末の地方講演などをこなされ、大変お疲れ様であります。
小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。

先ず、石破大臣所掌の地方創生関連法案の参議院通過はお疲れ様でありました。おめでとうございます!!。

先日、7月初旬に田舎鳥取へ所要があり帰省して来ました。ひとつ大変ショックな事に隣の町の30年も続いた港の花火大会が、居住者の高齢化に伴い世話をする人が居なくなり、今年から中止になったと発表されました。
夏休みに田舎へ行った子供達が毎年大変楽しみにしていた事を想い、寂しくなりました。

石破大臣の29歳の時、昭和61年辛くも当選を果たしとの記述がありましたが、その当時選挙を争われた社会党の武部 文氏の娘が小生の高校の同級生に居りました。武部氏はその後引退をしましたね。

参議院の一票の格差が違憲状態との指摘を受け、試行錯誤の上鳥取県と島根県、高知県と徳島県の合区の提案がなされ、2県で一人づつとの答申が出ました。参議院は衆議院とは違い、識者の府との認識を持って居り、その地域の代表ではないとは思いながらも1県に最低一人は必要ではないか?と思うものです。

選挙の合区を図るのであれば、行政単位を道州制にすれば一票の格差を少しでも改正出来るのでは?とも思います。
どう考えて議員一人当りの得票数の違いがそのまま、一票の権利の格差につながるものとは思われません。その事より、都会に集中している人口比により指標作成の上、むしろ定数を削減し、議員報酬の総費用を減らすべきです。この事は衆議院に措いても同じではないでしょうか?この違憲状態の解消には、与党である政府の責任に措いて出来るだけ火急的に、眼に見える改正を進める必要があります。

次に、現在衆議院に措いて審議されている集団的自衛権行使容認も含めた安保法制ですが、この中旬16日には委員会の裁決を行うと言われています。国民の皆様には充分説明を尽くしますと安倍総理自ら表明しながら、以前から指摘している事に何故これほどNHKによる国会中継が少ないのでしょう?国会中継は一週間に一度しかなく、我々国民には新聞、テレビニュースなどの報道により、内容が断片的にしか伝わって来ません。
このような状況にあって、安倍総理による安保法制解説の自民党単独の個人動画が配信され、途中まで見ていましたが馬鹿らしくなって止めてしまいました。全く国会答弁と同じ事の繰り返しだからです。

丁寧に説明を尽くすとは、国会の審議の様子をつぶさに国民の前に見せる事ではないでしょうか?国民の前に見せれば、何か不都合でもあるのか?と勘ぐってしまいます。
審議の論点を国民には見せないと言う事は、愚民政策の極みと言うべきです。

日々国会の周辺にて安保法制反対のデモが増え、国民の80%近くが政府提案に反対の意を示している中、先日7月10日の国会審議に措いて維新の党より対案が示され、同党の提案者から説明がなされました。

即ち、
①自衛隊の出動は我が国が他国から侵害された場合のみの専守防衛に徹する
②我が国の領土・領空・領海が侵害の危険にさらされる周辺危機緊急事態法を制定の上、その場合のみ自衛隊を出動させる
③我が国以外の国際平和維持活動は国連決議に基づく要請があった場合のみ、自衛隊派遣を行うなどである。
この内容は概ね小生がこれまで提案して来た内容に沿ったものと言え、現実に即した内容であると思えるのです。

従来の政府提案の「新3要件」は、時の政府の判断と言う不確定要素に頼る所が多く、この辺りが国民の不安とする要因なのです。
唯、維新の提案には自衛隊をはっきり憲法の中に国防軍と位置づけ、規定するものとしている所が今一つ検討を要する所です。
軍として憲法に位置づけをすれば自衛隊とは全く性格が異なり、軍法会議などにより、命令違反の場合の統率も必要となり、将来的には徴兵なども議論されることになりそうなのです。

国民の大部分は現在の国際状況に鑑み、自国の防衛はこのままで良いと思っていないものの、政府提案には歯止めが感じられず、不安要素が多い為に反対なのです。
現在の政府の集団的自衛権行使容認と自衛隊法改正の安保法制がこのまま通り成立する事になれば、諸外国からも好戦的な日本の対外姿勢と見られ、更に緊張を高める事になりそうです。更にこのままでは自衛隊員の人員不足にも繋がり、ひいては将来の徴兵制の議論につながる不安要素も否定出来ないところでしょう。

そもそも、現在政府提案の安保法制は憲法を勝手に解釈しており、憲法第十章第97条「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」との規定に反して居り、行政府の長たる総理大臣が憲法改正も無いまま、この法案を発議する行為そのものが憲法違反であると断定するものであります。
多くの先輩議員、憲法学者、歴代の元内閣法制局長官、及び元最高裁判事などの憲法違反との指摘を無視するつもりでしょうか?

ここは、先に述べた維新の党の対案も考慮の上、内容を修正吟味のうえ再提案すべきものと考えます。
近い将来の18歳以上の選挙権行使も決定しており、今回の政府の安保法案反対デモには若い世代も増えていて、いつまでも国民の視点に立った議論がなされなければ、国民の政治不信、否、政権への不信は募るばかりです。
小生は政治の不安定は経済的不安定にもつながり、そうなれば地方創生もままならないものであると思っています。

石破大臣の現実的でリベラルな政治姿勢に惹かれ、応援しているものであります。
暑さ厳しい折柄、どうか充分健康には注意されご活躍されますよう願っております。

投稿: 桑本栄太郎 | 2015年7月13日 (月) 14時18分

石破先生

 先生所轄の全法案成立おめでとうございます。
また、議員生活30年おめでとうございます。
先生の初当選からのことは「どんどろけの会」編集の本で読みました。
元学生運動のリーダーの方や幅広い職業の方が応援してくださったのは、若い時から先生に備わったカリスマ性からでしょうか?
それとも どうしても応援したくなるようなオーラを持った先生ならではなのでしょうか?

これからもお体を大切になさって、国の舵取りをよろしくお願いします。

投稿: ブナの森 | 2015年7月13日 (月) 14時48分

  米国を見ていると様々な示唆がある。最近で言えば黒人差別等による暴動、又それに付随する警察の正当防衛に関する法律の改定で銃の発砲による防護が強化されそれが人種差別と受け取られかねない過剰防衛を生んでいる。又同姓結婚を認める最高裁の判決だが未だ多くの宗教的保守の州では反発による暴力沙汰も予想される。又先祖に奴隷経営者がいたかどうかの過去の蒸し返してもなぜか盛んになり人種間暴動に拍車をかけている。そしてオバマ大統領の独善的な強行法案行使と警察の軍隊化は民主主義を謳った米国とは思えない逆行現象で民主党による共産化の様な状況を呈している。キューバとの国交正常化は歓迎したいが米国がかなり左翼化しているのは日本人としてはどうなるか懸念している。多分将来中国人大統領でも出るのではないかと危惧しているが思い過ごしだと良いことを祈るばかりだ。移民問題や人種間も抗争も多い米国なので日本が学ぶ事は非常に多い。在日韓国、中国人だけでなく周りは敵だらけの日本なのでその辺は冷静に見て行きたいところだ。

投稿: 忍者 | 2015年7月13日 (月) 14時57分

石破さん  ≪読後の感想 2題≫
ご紹介戴いた「地方消滅と東京老化」を読了しました。増田さんの論の広深永さや真摯さには舌を巻きつつも驚きはありません。以下は余談ですが世間の口に悪い向きには3Kと称される産経にも河合さんのようなご仁がおられるのだと新発見した次第です。産経の経営陣にしてもれば、世間からの悪しき風評を抑えるためのバランサーと云う位置付けのご仁かも知れません。産経の所属でなければ、もっと社会への訴求力を勝ち得られたのではなかろうかと思いました。
余談は然て措いて、増田河合両氏が期待され追求される地方創生論は問題の深刻さと広がりの大きさなどの点で、現実の地方創生とのギャップが大き過ぎますね。彼らにはその問題解決のためには「石破さんの地方創生」にしか期待できないと云う悲痛な現実認識もあるのでしょう。このギャップが石破さんのヤル気を駆り立てる要素にもなっているが、同時に安倍をボスに担ぐ一閣僚に過ぎないと云う現実に苛立ちを募らせておられるのではないかとお見舞い申し上げます。安倍一味の政治の下では、彼らが求める数十年-百年掛りの地方創生も日本社会の構造的再構築も全く無理な話だと残念な想いで読了しました。

ご紹介戴いたお返しに、フランスの歴史学者・人類学者エマニュエル・トッド著「“ドイツ帝国”が世界を破滅させる 日本人への警告」を紹介申し上げます。
この日本語の書名はジャーナリスティックで戴けませんが、この世界観は日本人知識人の論説では全くと言えるほどお目に掛れない鋭さと広深永さを備えていて、非常に刺激的で弛緩しがちな脳髄を揺さぶられます。まあ、ロシアのプーチンへの私の誤解は正すとしても褒め過ぎと云う傾向は否めませんが‥(ニッコリ)。
特に文中で紹介されている「支配者たちのデモクラシー」(P.V.デン・ベルグ)の主張が白眉かも知れません。要は、最近(と云っても百年のレンジですが)の民主主義は国民や市民特に弱者のための制度ではなくなっており、「支配者たちによる、支配者のためのデモクラシー」の傾向が強まっていると。その歴史的典型例はアパルトヘイト時代の南アフリカ共和国で行われていた「白人による、白人のためのデモクラシー」だそうです。
そう言われてみると、今の安倍政治下での日本のデモクラシーもこのご託宣の好例なのかも知れません。神社本庁や靖国神社など旧態以前たる精神で構成される「日本会議」とそれに連なる戦前戦中の支配層や右翼的な闇勢力が、安倍一味を傀儡(操り人形?)に仕立てた「旧支配者たちによるデモクラシー」と理解すれば、多くの疑問が解ける気がします。予ての苛立ちが一層強く巨大に成長しております。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月13日 (月) 16時16分

集団的自衛権

マスコミは反対が国民の意見だって言うムードを盛り上げようと、情報番組からニュースから「反対、反対、絶対反対!」って朝から晩までまくし立てています。中国の動向、韓国/北朝鮮、世界のニュースを見ると何がホントに必要なのかサッパリ見当がつきません。根っからの民主党支持者はどうかわかりませんが、先回の政権交替のトラウマから脱却出来ない今、民主党が騒げば騒ぐほど信用出来ないcoldsweats02coldsweats02…期待が大きかった分、落胆も大きい…

投稿: まな | 2015年7月13日 (月) 17時37分

国立競技場

上限1300億円が申し込み条件だったんなら、それを越えたら条件を満たさない訳だから却下して他のデザインにしたらいいのでは…第一、建設費が2倍ってどういう事か…公共事業だから、一儲けしようと言う輩が俺も俺もと加わっていると思いますけど…公共事業は一般の工事より割高ですからねぇ…払う方も人の金(税金)だし…貰う方も少しでも吊り上げる算段だから…

投稿: まな | 2015年7月13日 (月) 17時59分

被災地や老人の多い場所は放っておいて、東京や観光地ばかり綺麗にして、無理矢理集団自衛権を通そうと自民党だけ突っ走るのは北朝鮮と同じじゃないですか?
国民の声も聞かず、さも総理に笑顔を向ける人が沢山いるような被災地だけ映し、笑顔を向けてる映像は北朝鮮にそっくりです。

反対でデモをしている人達の前で、いかに正しいか説明する位の事をやってから話を進めてください。

投稿: 西村 | 2015年7月13日 (月) 18時23分

夏の高校野球ですけど、3イリングごとに、グランド整備をして、水分補給させた方がいいと思う。保育園児ですけど、プールに入る場合、ひんやり帽子をかぶせた方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月13日 (月) 18時24分

遅れましたが、
議員生活30周年おめでとうございます❗

投稿: lyrics&front | 2015年7月13日 (月) 19時05分

もちろん国会議員Aは反対に票を投ずるべき。

全体のために個を犠牲にすることはあってはならないですw

投稿: きました | 2015年7月13日 (月) 19時37分

◇◆大パニック外務省◆◇
世界文化遺産登録問題の経緯は、某危機管理専門家によ
ると、以下のとおりです。

1. 国際的にはアウシュビッツという語には特別な意味が
あり、委員会本番で利用できれば、それを使った印象操
作は南朝鮮のロビー活動に非常に有利に働き、委員会で
全会一致にならなかった場合の決選投票で日本の申請が
否決されると、南朝鮮は読んでいた。しかし、ドイツと
の外相会談で、その語の引用の不可を言い渡され、議長
国ドイツの丸め込みに失敗し愕然とした南朝鮮は、一旦
その引用を断念した。(NATO指揮権を持つアメリカの、防
衛上の必要性からの要請として、日韓摩擦回避の圧力が
ドイツにあり、上記対応に出た。)

2. その場合の票読みでは、決選投票で日本の申請が受諾
されると分かり、一転南朝鮮が軟化し、日韓外相会談で
日本の申請に協力すると約束した。

3. 南朝鮮の「約5万8千人が強制徴用され約100人死
亡」の主張に対し、外務省の対応は、反論ではなく、
1853年から1910年に限定した期間に利用あるいは稼動が
開始された点を主張した。つまり直接的な主張の応酬を
避け、穏便に事を運ぼうとした。しかし、委員会本番で
突然南朝鮮が、遠賀川水源地ポンプ室が1911年以降に稼
動と指摘したため、日本現地組が大パニックとなった。

4. 日本代表団のパニックぶりを見て、これは行けると
思った南朝鮮は、「軍艦島は東洋のアウシュビッツ
だ。」と吹聴して参加委員国にロビー活動を行った。そ
れを見た日本現地組は、これでは決選投票で負けると思
い込み、さらにパニック状態になり、本省に訓令を求め
た。ただし、外務省はそれまでの状況は把握していたが、
外交を主導する官邸に反感があり疎遠となりコミュニ
ケーション不足が常態化していたので、官邸への状況の
逐次説明がなかった。

5. この時点で、本省もパニック状態になり、初めて官邸
に指示を仰ぐことになった。しかし、突然この告知を受
け取った官邸も、十分熟考する時間がなく、抽象的訓令
「登録されないという最悪の結果は避けよ」がやっと
だった。ただし、真意は「妥協せず票固めをしろ。」で
あった。

6. さらに南朝鮮は軟化のトラップとして、ILO条約での
用語forced laborにこだわらないが、同等の表現でもい
いと提案してきた。また、外務省と現地組は官邸からの
指示を独自解釈し、官邸の意に反した妥協策を選択した。
その結果、独断で、”forced to work”, “against
their will”, “victim”などの文言を含む発言に至っ
た。ただし、その中身を外相は把握していたが、首相は
そうではなかった。

最初から強制性のうそを指摘する戦略をとれば、このよ
うな破綻は防げました。それにしても、硬軟交えた波状
攻撃でグダグダになった外務省の稚拙さには、不快感を
覚えます。

ところで、
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/e5/c077cc12df544d1758e33a98ce75f835.jpg
のように、手柄を上げ勝ち誇っているかのようなこの人
は、大失態を犯したという自覚があるのでしょうか。

投稿: 観測者 | 2015年7月13日 (月) 20時45分

石破さん、お疲れ様です🎵
今回のお勧めの曲は
Mr.Childrenの『口笛』という曲です。

ミスチルの中で一番好きな曲かも。
こんな風に愛されてみたいかな。

Mr.Children 口笛
https://youtu.be/ZqHgMP_3DG0

投稿: lyrics&front | 2015年7月14日 (火) 02時09分

登下校時間ですけど、警備員を配置して、子供の防犯対策強化した方がいいと思う。公園にも、防犯カメラ設置した方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月14日 (火) 02時51分

認知症行方不明者を防ぐ為に、GPS機能付きが付いたものを持たせる事を義務付けた方がいいと思う。高校に、介護士資格認定講座を取り入れた方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月14日 (火) 02時56分

空き店舗を活用して、平日夜に月1回無料のライブを開催してはどうか?仕事帰りの疲れを癒すのにいいかなぁと思います。タイトルは、ちょっと寄り道ライブ!

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月14日 (火) 04時11分

民主党の悪口が多いな。でもね、要は自民党の負の遺産が手に負えなかったって事でしょ。先ずは自民党をしっかり見てみましょうよ。また負の遺産を増やそうとしてますよ。さぁ、解散か国民投票でハッキリさせましょうや。

投稿: カバチタレ | 2015年7月14日 (火) 11時40分

誰が見ても疑問だらけの安保法案。止めておけ。

誰が見ても疑問だらけの国立競技場。止めておけ。

誰が見ても疑問だらけのTPP。止めておけ。

誰が見ても疑問だらけのマイナンバー。止めておけ。

誰が見ても疑問だらけの合区。止めておけ。

どうしてもヤりたきゃ解散しろ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月14日 (火) 12時53分

国立競技場

日本には著名な建築家が大勢いて…その人が手掛けた建築物自体が観光資源になりうるのに…なんかもったいないですよね。こんな風にもめてからでは引き受ける方も引き受けづらい…決定権のあるトップが建築物に少しでも興味あるかないかで大きく分かれますよね。スペインはガウディの建築物数点が世界遺産で代表的観光資源になっていますよね。
中国のメイン会場「鳥の巣」は、オリンピック後、思ったほど利用されなくて建設費が経済の足を引っ張っているんだって…国立競技場はオリンピック後の利用を視野に、日本らしさが集約された…細やかな設備、ハイテク、安全、風流、清潔…あとなんですかねぇ…まぁ、これからいちからだと時間的にまいあわないって言ってましたが…それにしても、2500億円が無駄にならないように…人の金だと思って、気前がいいね!が本心ですが…

投稿: まな | 2015年7月14日 (火) 13時13分

石破さん  ≪素晴らしいご発言!≫
朝日:石破氏 安保法案審議についてhttp://goo.gl/7fTSAv 
引用①【国民理解が進んできたと言い切る自信がない。衆院採決がどうなるか分からない状況でもまだまだ努力しなければならない】
石破さんがこの安倍流の戦争法案に慎重であるのは昨年8月の内閣改造人事の顛末を思い出せば当たり前ですよね。安倍からしつこく打診された安保担当相を固辞したのだから、石破さんの本心は安倍の戦争法案には「反対」なんですよね。まあ、直截に「反対!」と言わない(言えない)ところに、市民としては苛立ちますけどね。
まあ、石破さんは「天の時<地の利<人の和」を見極めることも欠かせない立場にあるとは解っていますけどね(ニッコリ)。

引用②【‥参院審議がある。法案成立まで、総理や担当大臣に任せておけばいいということじゃなく、自分の選挙区できちんと説明出来ているか、我が党の議員は心しなければならない】
この石破さんの発言は明らかに、平場の自民党議員に対して箝口令(TV番組やインタビューで「余計なことを言うんじゃない!」。「約束しているなら取り消せ!」)を出した安倍自民党執行部に対する痛烈な批判ですね。自民党の議員たちが安倍の下僕ではなく国民の民主主義下の代理人なら、石破さんの要求は当たり前の行動であり責務だと確信します。素晴らしい!!!

蛇足:この石破発言を受けて、「政治家なら(この戦争法案の衆院採決を)止めるべきだ」と言っています。何日まで経っても彼は成長も成熟もありません。そんなことだから安倍某に駄目さ競争を仕掛けられて敗けるんですが、其処にも気付きがない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月14日 (火) 15時51分

イジメweep

イジメは子供の世界ばかりではない。警察、JR、自衛隊…時々自殺されたニュースがありましたよね。それと今時のパワハラと言われる行為もイジメと言えばイジメと言えるんじゃ…イジメは犯罪です。暴力、恐喝…イジメって十分重い言葉かもしれませんが、処理方法のイメージは「話し合い、注意、隠蔽」 刑罰はありません。
あんなにひどい事をしておきながら…悪い事をすれば罰が与えられる。うまく逃げられると思ったら大間違い!を徹底して貰いたい。…でも、
…人間生活って全て繋がっていますね。
罰を重くして、イジメの抑止力にする…
軍備を備えて、国防の抑止力にする…
何がいいのか…
ホント結論がだせない。わからない。

投稿: まな | 2015年7月14日 (火) 15時56分

石場さん、お疲れ様です。

止めましょう、安保法制。
党内に止める(取り下げる)進言が出来る勇気のある人間はいないのか?
自民党は、そんな政党だったのか・・・

考え直しましょう、新国立競技場。
なぜ壊したのか残念でならない。
更に議論の余地があったのではないか。
今の技術を持って改修できたのではないか。

良くお考え頂きたい。
苦言を失礼しました。

投稿: MSMS | 2015年7月14日 (火) 16時16分

  石波氏が安保法制において国民の理解が進んだとは言えないと発言し野党はそれを梃子に採決するのはけしからんと言いたいのだろう。たしかに安倍政権の閣僚以下発言を慎重にして努力を尽くして説明し理解を得る事は重要だ。しかし今現在の日本の世論は安倍政権に反対する為の世論であり幾ら説明しても一般論も通り越し無理解の域に住み、何時までも戦争する国とか徴兵制とか無知も甚だしいだけでなく低レベルで安全保障の議論の域にすら入っていない。日本全国の国会議員が安全保障に於いて共通認識を確立しどちらの側が政権を取ろうが安全保障、国際条約は責任を持って果たすというのが各国の姿勢だが日本はそんな基本も無く悪戯に逆の議論に持ち込めば民主主義と勘違いしている。国民の安全と領土の保障も責任も持たない議員の発言がどれ程危険か認識もせず、勝手に他国に行き発言し政府見解とは真逆の国家の安定と混乱を来たす発言を平気でする。それも無責任に掻き回すし責任も問われない。鳩山元総理の最低でも県外もそうだし、クリミアに行き勝手に要人に会うのも二重外交だし、中国でも尖閣を盗られても仕方が無いとか、目にあまる発言が多い。彼の発言で日米同盟がギクシャクした時期もあるし、中国を助ける様なドル基軸通貨の変更も中国の元を示唆したとしか受け取れない無責任なものだ。こういう国会議員や左翼の安全保障に無知な人達に幾ら説明しても帰ってくる答えは戦争する国にする安倍政権に反対するしか返ってこない。残念ながらまともな議論をしない人達を相手に真面目にやっても無駄だ。韓国の反日政策と同じで理解等得られる訳も無い。十年時間を費やしても無駄。小川氏が答弁で安全保障に於いて幾ら準備しても時期を逸してしまえば国民の安全を守る事は出来ない、しかし安倍政権はその仕事を今しているというのが真実だろう。自衛隊を国民が理解したか?日米同盟を国民が理解しただろうか?長い間誰も理解すらしなかったのが現状だろう。国民を守るこれこそが議員や日本人の責務だがどれだけの人が本当に理解しているだろう?

投稿: 忍者 | 2015年7月14日 (火) 17時09分

先生、本当に自民党は野党のときを経て変わったのでしょうか。私は少なからず期待していました。ただ、この頃の自民党、内閣の言動等を見るにつけ悲しくなってきます。日本をとりまく環境は大変な時代。だからこそ行うことは、国民にくどいと言われるまでの説明が必要。
しかし、おかしいことには待ったをかける勇気と決断をもってほしいと思うこの頃です。

投稿: うめ | 2015年7月14日 (火) 17時09分

イジメ加害者追求の手をゆるめちゃダメだ!徹底的に調べて責任を取らせろ!!

投稿: カバチタレ | 2015年7月14日 (火) 18時57分

はじめまして。高校三年の女子です。
このブログの内容とは関係ないのですが、安保法制で色々と思うところがありコメントしました。勉強不足で考えが未熟なところが多々あると思いますが、読んでいただければ幸いです。

石破さんが「国民の理解が進んでいるとは言えない」と発言したこと、強行採決に反対する意見が自民党内部から出たという意味では意義のあることで、嬉しく思います。
しかし、石破さん以外でも安倍さんのやり方をよく思っていない人は自民党内部でも沢山いるだろうに、ここまで来てしまったと思うと非常に残念です。
今からでは遅いのかもしれませんが、党内部の石破さんと同様の考えの議員とも協力して、この暴走を何とかして止めて下さることを願っています。

それと「国民の理解が進んでいるとは言えない」ということですが、あんな子供のケンカのような、揚げ足取りのような国会中継を見ても、理解が進むはずがないですし、
そもそも合憲か違憲かの判断が分かれている問題を「合憲だから合憲だ」というような説明しかせず、「違憲」と判断している人が大勢いる問題を日本のトップである内閣総理大臣が推し進めていること自体おかしいのではないでしょうか。
このような状況を見て、色んな人の考えを国民なりに理解した結果があの世論調査の数字だと思います。

言い方は悪いですが、もし戦争になっても、その頃には安倍さんは亡くなっているからどうなってもいいかもしれないけれど、その時代に生きているのは私たち若い世代です。
何か公開されていない問題がある(?)からなのか、アメリカで演説したから急ぐのか何なのか知りませんが、とても「日本国民の代表」としての、国民の声に耳を傾けた政治のやり方には思えません。

長くなりましたが、いくら制限を設けているといっても、その内容に曖昧さが残る限り、そこからジワジワ解釈が拡大されていくのは目に見えています。こういう大きい問題に関わらず何だってそうだと思います。この法案がいずれ戦争につながるのではないかという不安があり、戦争をしたくないだけです。色々と立場もあり大変だと思いますが、国民のために頑張って下さい。応援しています。

投稿: S | 2015年7月14日 (火) 22時12分

安倍首相の背中を背後から撃つその卑劣な
やり方に怒りを憶える。あなたがここまで
卑劣で陰湿な政治家だったとは・・・・・。
この安保法制の混乱で安倍首相が退陣に追い
こまれることを期待しているんでしょ。あなたが自民党内で嫌われている理由が今回よく
分った。

投稿: 石川圭介 | 2015年7月14日 (火) 22時19分

「政治家の仕事はただ一つ


勇気と真心をもって真実を語ることだけだ」

僭越ながら申し上げます。

石破大臣も皆さまも、今「仕事」ができていますか。

この国の未来を決める力を持っている責任をどうか忘れないでください。

投稿: パンダ | 2015年7月14日 (火) 23時10分

【15日に採決をしてもいいのか?】

 国会の審議が佳境を迎え、安保関連法案の採決が15日に行われることになっているらしい。反対する勢力は、民主党等共産党などであるらしいが、彼等は最初からこの審議に参加することもなかった連中なので、彼等の話を聞くことの意味がない。しかし、世論は慎重である。理解を得られたと言い切るには無理があるのは反日メデアの世論調査の数字だけではないような気もする。これでいいのかという不安がある。時間をかければタイミングを逃すと思う人もいるようだが、私などは、関連法案という小細工をやめ、憲法改正の正論を貫いてほしかったと思うので、この法案が、のちに足を引っ張ることにならないかという心配がある。
 法の整備は、必要である。しかし、法の運用面での不安は、憲法との関係が付きまとうので、具体的な事象が実際に起きたときにならないと、裁判所の判断が得られない。難しい問題である。法律ができたという事だけで、問題は起きません。それは何時の場合も、何か具体的な出来事が起きたときになってから、問題になるからです。そういう理解を国民がしているのかどうかなのですが、それが、この場合における不安になっているような気がします。
 
 例えば、新しい犯罪が起きたときに馬鹿なメデアがどんなふうに騒いだのかを示す具体的な事件があります。
 松本サリン事件というものがあった。長野県松本市の官庁街の辺りにサリンがまかれた事件の事である。今では、それがオム真理教の犯行であることが明らかになっているのだが、発生当初に疑われたのは、農薬を居宅に保管していたとされた個人の犯行であるかのように長野県警が発表し、それにメデアが飛びつきニュースになった。冤罪事件が起きたわけですが、長野県警は、神奈川県警とは違い宗教団体に注目することがこれまでなく、犯行があった時にそこに誰がいたのかについても何の知識もなかったようである。警察組織全体に特定宗教団体の情報が共有されていなかったという事があったのかもわかりませんが、偶然その犯行現場の近くに住んでいた人の居宅に農薬があったというだけで、怪しいと長野県警が判断したわけで、それにメデアが飛びついたことは今になってもよく解らない部分があります。サリンという化学兵器にもなる毒薬が、史上初めて散布された事件であると言う事も、この事件を捜査する長野県警の能力を試すことになってしまったという事情もある。
 また、問題の宗教団体の活動他についての情報は、長野県警よりもTBSとかのメデアの方が熟知していたわけで、彼等の中から、あの団体が怪しいという声が一切出てこなかったことが今の時点で振り返って見ても不思議な気がしますね。
 具体的な事件が起きても、頓珍漢な反応を起こす連中がいるという事が、この事件で明らかになったような印象を持ちます。個人の居宅からサリンの発見はなかった。あたりまえの話である。しかし、長野県警は農薬があったという事だけで冤罪に走ろうとしていたし、馬鹿なメデアは、それを応援していた。この冤罪事件が、はっきり冤罪と解ったのは、翌年になってからである。地下鉄サリン事件が起きてから、宗教団体が捜査の対象になったことで、松本サリン事件がようやく正しく捜査されるようになったのだ。
 バカな警察とバカなメデアは、これで反省したのかというと何もしていないのが実情ではありませんか?

 そう云う怖い反応が、国民にあるのではないかと私は思っています。新しい法律ができるだけで世の中が次の日から変わるというものではありません。何か具体的な事件が起きたときに、法がどういう作用をするのかを見ることで世の中が変わるという事になるのですが、それを正しく認識しているのかどうかがまだ足りない状況にあるような気がします。周知するという事も必要でありますが、こういう法整備をしなければならない状況に至っているという認識も足りていないのではないかと思うからです。
 我が国のメデアは『報道しない自由』があることで有名です。東アジアの状況はどうなっているのか国民は知っているのだろうか? 南シナ海で何が起きているのか知っているのだろうか?
 国民がどのように認識しているのかの度合いが、本当に解らないことに不安がありますね。国会議員も同じではないかと思ってしまいます。
 尖閣諸島にシナ帝国の強襲艦が乗り上げることになって、何もできないことが解り、そこで初めて気が付くのではないかと思います。そうなってから、採決すればいいと思っている国民がいるのではないかと思いますね。
 まあ、そうなってから採決してもいいのではないかと私も思います。間違いに気が付くという事も、戦後70年効果がもたらしたものだと思います。長野県警を責めることができなかった国民です。仕方ないですね。

投稿: 旗 | 2015年7月15日 (水) 01時24分

この度、安保法案が成立しそうな勢いに不安が募ります。近隣諸国の脅威は感じていますが法案が成立すれば抑止力になるどころか反対に刺激してしまうのではと案じています。
中国が刺激されればバックにロシアがいます。北朝鮮を刺激すれば今の金正恩体制では、何をしでかすか分かりません。 憲法9条は平和を守って行く上で人類に取って普遍的な憲法になりうるものだと誇りに思ってきました。

私自身は戦争体験はありませんが 古今東西、人間の歴史は戦争の歴史です。宗教戦争なんて本末転倒だと思っています。 戦争から得られるものは悲劇と絶望でしかありません。子供達や孫に負の遺産を残してはいけません。

病で娘に先立たれ子供を喪う悲しみは嫌と言うほど味わいました。若い命が戦争で失われる事があってはなりません。戦争の経験がなくても自民党、公明党の皆さんもそれは理解出来るのではないでしょうか?

短な所から考えてみても兄弟喧嘩 夫婦喧嘩 友達同士でも些細な事から始まり殺人事件にまで発展します。 国対国も同じでしょう。ISが日本を敵視する様になった経緯を見ても安部総理の言動に刺激された事から始まりました。

中国も日本が尖閣諸島を国有化した事で反日感情を刺激する結果になりました。(野田政権) それに輪をかけ安部総理の靖国神社参拝が反日感情に拍車を掛けたと思います。

同盟国であるアメリカの後方支援をすれば宣戦布告したと受け取られもっとも短な日本も攻撃の対象になります。

もはやアメリカは世界の警察ではなくなりました。兵士の数も減らすとありました。日本の有事の際、助けてくれると言う保証はありません。

アメリカは戦後もベトナム戦争 イラク戦争等で自国民共々敵国の多くの人々の命を奪う結果を生み出しました。それで何を得たのでしょうか?

戦争は人格まで破壊します。机上の論理では考えられない事態になり得ます。 中国とロシア アメリカと日本とが対立する構図になるのではないかと怖れます。

国民の安部政権に対する支持率が落ちた事をNHKも報道しています。国民の反対を押し切ってまで法案を早々に成立させようとするのは 何故なのでしょうか?

審議は尽くされてはいません。憲法改正もせずに集団的自衛権を行使する事には断固反対です。 自民党 公明党の議員の中には安保法案に反対の方も多いのではないかと推察します。

皆さん政治屋でなく一人の政治家として自身に問いかけ熟慮の上、本音で採決に臨んで欲しいと願って止みません。安部総理の野望に屈しないで下さい。造反議員が出てくれればその方達は、勇気ある者として国民に信頼されると思います。

日本会議のメンバーで固めた政権は独裁政権です。

石破さん頑張って下さい。貴方は安部総理と互角に渡り合える方です。
集団的自衛権の必要性があるなら国防に詳しい貴方から国民に分かりやすく説明して欲しいと思っています。

私も貴方の本を読み集団的自衛権についてもっと勉強したいと思っています。

投稿: マルタミキ | 2015年7月15日 (水) 01時24分

これだけ日本の危機が迫っている今。石破大臣が、ストップをかけるとは・・・。ショックを受けました。失望しました。この美しい日本を失いたくありません。フィリッピンやベトナムの危機を見れば、日本に何が起こるかわかります。偽善者で煽りに乗る日本人も多いですが、賢い日本人も多いです。賢い日本人に向かって 語りかけて下さい。

投稿: situbou | 2015年7月15日 (水) 01時35分

この度、安保法案が成立しそうな勢いに不安が募ります。近隣諸国の脅威は感じていますが法案が成立すれば抑止力になるどころか反対に刺激してしまうのではと案じています。
中国が刺激されればバックにロシアがいます。北朝鮮を刺激すれば今の金正恩体制では、何をしでかすか分かりません。 憲法9条は平和を守って行く上で人類に取って普遍的な憲法になりうるものだと誇りに思ってきました。

私自身は戦争体験はありませんが 古今東西、人間の歴史は戦争の歴史です。宗教戦争なんて本末転倒だと思っています。 戦争から得られるものは悲劇と絶望でしかありません。子供達や孫に負の遺産を残してはいけません。

病で娘に先立たれ子供を喪う悲しみは嫌と言うほど味わいました。若い命が戦争で失われる事があってはなりません。戦争の経験がなくても自民党、公明党の皆さんもそれは理解出来るのではないでしょうか?

短な所から考えてみても兄弟喧嘩 夫婦喧嘩 友達同士でも些細な事から始まり殺人事件にまで発展します。 国対国も同じでしょう。ISが日本を敵視する様になった経緯を見ても安部総理の言動に刺激された事から始まりました。

中国も日本が尖閣諸島を国有化した事で反日感情を刺激する結果になりました。(野田政権) それに輪をかけ安部総理の靖国神社参拝が反日感情に拍車を掛けたと思います。

同盟国であるアメリカの後方支援をすれば宣戦布告したと受け取られもっとも短な日本も攻撃の対象になります。

もはやアメリカは世界の警察ではなくなりました。兵士の数も減らすとありました。日本の有事の際、助けてくれると言う保証はありません。

アメリカは戦後もベトナム戦争 イラク戦争等で自国民共々敵国の多くの人々の命を奪う結果を生み出しました。それで何を得たのでしょうか?

戦争は人格まで破壊します。机上の論理では考えられない事態になり得ます。 中国とロシア アメリカと日本とが対立する構図になるのではないかと怖れます。

国民の安部政権に対する支持率が落ちた事をNHKも報道しています。国民の反対を押し切ってまで法案を早々に成立させようとするのは 何故なのでしょうか?

審議は尽くされてはいません。憲法改正もせずに集団的自衛権を行使する事には断固反対です。 自民党 公明党の議員の中には安保法案に反対の方も多いのではないかと推察します。

皆さん政治屋でなく一人の政治家として自身に問いかけ熟慮の上、本音で採決に臨んで欲しいと願って止みません。安部総理の野望に屈しないで下さい。造反議員が出てくれればその方達は、勇気ある者として国民に信頼されると思います。

日本会議のメンバーで固めた政権は独裁政権です。

石破さん頑張って下さい。貴方には安部総理と互角に渡り合える方です。
集団的自衛権の必要性があるなら国防に詳しい貴方から国民に分かりやすく説明して欲しいと思っています。

私も貴方の本を読み集団的自衛権についてもっと勉強したいと思っています。

投稿: マルタミキ | 2015年7月15日 (水) 01時37分

お疲れ様です。

今回、自民党の中にいながら、集団自衛権に対して反対の意見を述べて下さってありがとうございます。

皆、権力に負けてNOを言う人はいないと思っていましたが、国民の声を受け止めてくれて本当に嬉しかったです。

ずっと広島にいるので、戦争の話を年配の方々に聞いてきました。
沖縄では、撃たれないように軍隊が私服を着て、一般人が沢山犠牲になったのも知りました。
絶対、隙をついて争いになるのはわかってるのに。

民意を尊重して下さって感謝します。

投稿: 西村 | 2015年7月15日 (水) 04時17分

ホテルや旅館ですけど、ロボットがフロントで、お出迎えしてはどうか?

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月15日 (水) 06時36分

安保法案

野党のみなさんsign03国民が理解していないpout!って理由で採決を欠席されるとか…
国会中継見てます…とびとびですが、って言うのも質問者が代わっても同じ質問で進展がないからthinkしかも、揚げ足取ろうとか陥れようとかするばかりで、『問題点を国民に解りやすく明確に導き出す』方向の質問内容でない!審議を長引かせているのは、与党と言うより野党の方だsign03公のマスコミに叫びたいpunchangryannoy
国民の思いを代弁するなら…それで給料貰っているなら…ちゃんと話し合いをして下さい。国民は揚げ足取りや陥れは望んでいません。日本が良くなってほしいだけ…

投稿: まな | 2015年7月15日 (水) 09時17分

石破議員の感じたことを発言しただけなのに、それを責める人は何を批判しているのだろう?

人が考えること感じることをコントロールしようと?「こう言わねばならぬ、こんな発言しては駄目だ」というのは石破議員の人権を尊重していないのでは?

もし、石破議員を信頼していたのに裏切られたとか失望したのなら「離れていけば」よいだけだ。「この人はこのような考えの人なのだ。私とは違うな。」と。期待値が大きかった人ほど落胆は大きくなるがそれは仕方がないことだ。
石破議員のすべての行動が自分と同じであって欲しいという思いから「何故自分と違う行動をするのか?」と批判するのはチョット…石破議員の発言のせいで法案が通りにくくなるなんて濡れ衣です。

与謝野晶子「君死にたまうことなかれ」あの時代によくこの言葉を残したなと思います。本人が思うこと感じることを誰も制限できない。世論調査結果(国民80%理解していない)をみたかぎり「理解が広がっているとは言い切れない」というのはおかしなことだろうか?「理解は広がっている」といった方がおかしな人ではないか?そもそも世論調査の規模や回答者に疑問はあるかもしれないが、出された数字から石破議員の発言は至極真っ当だ。

批判するなら「与党として日本を護るために必要な法案だと国民に理解させる行動をしてこなかったこと」です。野党が反対しても必要性を理解した国民が世論調査で賛成多数であれば問題は発生しない。国民に向けマスメディア、全国自民党議員の説明行脚を通じどのくらい説明してきたのでしょう?

いまだに「戦争法案」という偽レッテルを簡単に剥がせない自民党の政治力不足…これこそが問題です。9条を維持できる前提は「諸国を信じる」ことだが、それが揺らいでいる現状があると問題提起する事から始まるのが本来の筋だ。自国に危機がある。しかし今は「米軍に加担するため」の法案としか視られていない。ハッキリ「米軍は日本を護ることに実際は消極的だ」と現状を知らせるべき。今のままでは「日本のため」とは理解されませんよ。

投稿: KK | 2015年7月15日 (水) 11時06分

野党を揚げ足取りと批判する前に、与党のヤり方も乱暴だろが。結局、国会質疑を消化試合くらいにしか思ってないんだから。そもそも、キチッと説明できない、説明しない与党が悪いんだろ?野党だって、質疑を消化試合にされたら、そりゃ揚げ足取りと言われようが何だろうが、むしろ悪者になってでも抵抗するわな。批判の順番を間違ってるよ。だいいち、野党批判なら直接野党に言いなよ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月15日 (水) 11時16分

  オバマ大統領は任期終盤に来てキューバと国交を結び、イランと核問題で合意、オサマの殺害や同性愛結婚や銃規制と地味ながら成果を上げている。TPPや北朝鮮問題も進展すれば結構実務家としても業績も積み上がって来るし、ヒラリー氏のやる仕事も目立つ物が少なくなるが次の大統領選にどう影響するか今後の動向が気になる所だ。彼女はオバマ氏より右寄りな印象だがTPPには慎重な発言をしたがヒックリ返す事はしないだろう。テロは欧米でも散発的に起るものの世界戦争に比べれば被害は少ない。これからの社会は外に対する敵よりは内部からのテロやクーデターを警戒する時期に入ったかもしれない。日本が226事件だけでなく、韓国大統領を日本から拉致された経験がある。他にも倒閣はあるだろうがこれらの動きを日本内部で未然に防ぐ事に全力を尽くして貰いたい。言論の自由を守りながらテロや内部崩壊を止めないといけない。北朝鮮が崩壊したりすると朝鮮半島が混乱し難民が日本に押し寄せてくる、それに乗じて中国が日本の領土に手を出したり、難民が来られる可能性が十分にある。その為の安全保障法制の整備なのだが平和ボケした日本人はそんな事も想定せずに戦争する国なるとか馬鹿げた事を言っている。オバマ大統領がアジア政策により一層成果を上げて任期を終えるのか、次の大統領が北方領土、北朝鮮問題を解決するのか分らないがアジアは解決が難しい地域でもあるので予断を許さない。勿論、中東はグチャグチャで解決したとは言い難いが局部的な成果だろう。

投稿: 忍者 | 2015年7月15日 (水) 11時37分

結果的に強行だよな。特別委員会も消化試合だよな。衆議院本会議も消化試合だよな。きっと参議院本会議も消化試合だろう。野党批判もわからんでもないが、やっぱり本質的には野党より与党に問題があるんだよなぁ。イエスマンばかりの腐れ与党を信頼なんかできるかよ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月15日 (水) 12時38分

安全保証関連法案

すごく、ザワザワした中での可決でしたね。国がいい方向に向かうといいですね。今時、日本が先頭に立って戦争に向かうなんて事、絶対無いって信じます。ただ、朝鮮戦争もベトナム戦争も民主主義と社会主義の代理戦争だって聞きました。話しの流れで、そんな戦争に巻き込まれ無いよう気をつけて貰いたい。韓国を見れば解りますが、話し合って約束しても簡単に手の平をかえす…それとも迂闊な日本を最初から騙すつもりだったのか…そんな国もたたある。日本は凛として日本の良さを発揮してもらいたい。

投稿: まな | 2015年7月15日 (水) 12時45分

心配してます

韓国が対馬の仏像一体をやっと返却するとか
これに対する政府関係者の発言が恐い
「感謝する。歓迎する。ありがたい。」とか言いそうで…

「国際社会の一員であると自覚があれば当然のこと。やっと世界常識に沿う行動をしたか。もう一体も速やかに返還すべき。韓国がますます非常識であると言われかねませんよ。」くらいいって欲しいものです。自民党には多数の日韓議員連盟に所属していますよね。石破議員も日韓議員連盟のメンバーですよね。

日韓議員連盟は日本人のためにどのような活動をし国益に繋げてきましたか?ただの政治家同士のサークル活動だから日本国益のため活動はしていないということですか?韓国だけの利益だけを考えるサークルですか?日本で外国人参政権を認める努力をすると約束するのは何故ですか?まさか「日韓議員連盟」のおかげで仏像返還の成果があったとか?

いづれにせよ仏像返還は利益でなく不当な仕打ちが解消されただけのことです。(そもそも日韓議員連盟がキチンと機能していたなら仏像返還はとっくに為されていた筈です)自民党議員もそう認識しているといいのですが…「韓国に感謝し何かしらお返しをしなければ」とする自民党議員が多数いそうで…心配してます(日本国益が損なわれることをしないか)


投稿: KK | 2015年7月15日 (水) 12時58分

石破様 お疲れさまです。

安保法案は、マスコミなどもちゃんと中身を報道しないし、
戦争法案とレッテル貼る人々は、この法案の本当の中身を知ろうともしないのが現状です。
中国は絶対せめてこないという前提で反対しています。危機感をもう少し何らかの形で知らせた方がよいのかなと思います。

国立競技場は、このまますすめると来年は政権とれないと思います。
無駄な箱もの作りの悪いイメージが再来してしまいます。
 自民党支持も反対している方が多いように思います。シンプルな形にして半額以下にしてほしいです。
また公約である議員削減に着手しないと本当に自民は支持されなくなります。
民主党には任せられないので自民党が国民の要望に答えてがんばってほしいです。

投稿: ニャン | 2015年7月15日 (水) 14時11分

石破さん  ≪中庸を備え健全で先進的な安保法案≫
朝日【石破氏 安保関連法案の採決強行にhttp://goo.gl/kF5TTn 
「安保関連法案が必要だ」という声があることも忘れてはいけない】 ⇒真に然り、ご指摘的の通りだと思います。

愚かさ極まる安倍一味に政治権力の座を許しているから、彼等の下策愚策の当然の手段として強行採決に及んだだけだと思います。
また、七十数年前の日本の特殊な状況下で施行された憲法に手を加えず、時代と国際状況の変化にも不拘、自衛隊に憲法上の居場所を与えず、憲法の行間と裏面に無理矢理押し込んできた限界と咎が露見するのは当たり前でした。その露見はYes or Noではなく、Whenの問題だったのだと確信しています。
政治権力者が狭浅短愚歪な安倍ではなく、広深永聡明真摯なご仁であれば、強行採決なんか全く必要のない、平和裏に採決され得る「中庸を備え健全で先進的な安保法案」があるのは間違いがない。日本国民全般はそれが理解出来ないほど愚かではありませんよ。

今日(7/15)は安倍一味の愚民政策失敗がスタートした日として、歴史に残りますね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月15日 (水) 20時18分

何故、NHKは、安保関連法案の審議を中継しないのでしょうか?本当に、ふざけているよ!

投稿: 江ヶ崎護 | 2015年7月15日 (水) 23時30分

安保反対デモは日本人じゃない奴らばかりでしたよ。

てかまた自民党の中の売国奴とバァカが「永住外国人への地方参政権、日本側も法整備に努力することを表明 日韓・韓日議連合同総会」やらかしましたね。
努力?バカか?
外国人に投票権、参戦権を与えるのは明確な憲法違反だしアジアのアウシュビッツ世界遺産なんかかすむくらいとんでもない愚行ですよ
地方だろうが外国人参戦権なんか認めたらチベットやウイグルと同じ作戦
すなわち
【北海道の人口540万人】外国人参戦権が成立すると中国政府が北海道に移住した中国国民の税金や兵役を免除すると発表。結果、北海道は日本人540万人、中国人2030万人に。ある日、住民投票で日本からの独立を宣言。親ロシア派がクリミアに侵攻するように北海省が宣戦布告。事態の収集と称して中国侵攻、南京大虐殺のかわりに東京大虐殺する。

なんで外務省のバァカと言い自民党の一部の売国バァカと言いろくでもない事ばかりやるんでしょう?
害悪・無知・無能にも程がある
テストの点数は良かったかも知れない。強欲さは人一倍かも知れない。
しかし大人の考え、かけひき、怖さがなく幼稚でバカで無能で犬より騙されやすい
コイツら一体なんなんですか?
はっきり言って中国や韓国の政治家は少なくもバカじゃないし、かけひきや戦略、嘘も平気でつくなりふり構わない姿勢がある
なぜ日本のエリートや指導者層は幼稚園児みたいなんだ?
日本国民は勤勉で誠実なのに民草を守るべく立場の人間が私利私欲で自己利益しかないバァカばかりだ
先生、外国人参戦権を止めてください
推進派には「もし日本が中国に占領されたら君らが真っ先にライフルで頭吹っ飛ばされるよ。一つは日本国民の不満、怒りを和らげて仇をとってやった、我々はみなさんの理解者だよと恩を売るため。二つ目は恐怖を植え付けるため。」
銃殺の理由なんか外務省のバカと違って中国はいくらでももっともらしく言うでしょう
彼らは日本の多くの役人や政治家より賢く、したたかで、有能ですから
先生どうか日本と日本人を守ってください。

投稿: 日本を愛する日本人 | 2015年7月15日 (水) 23時59分

石破大臣、怒りがこみ上げてきて首相官邸に次の様な意見を送りました。石破大臣何とか安部総理の暴走を止めてください。

首相官邸へのメール

余りにも強引なやり方に一国民として失望しました。アメリカで誰の許可もなく集団的自衛権行使の約束をしてきたのでご自分の面子の為、国民を無視して強行採決ですか?余りの権力の暴走に唖然とします。

ここまで国民が反対しているのに無視して違憲である法案を通そうとする行為は独裁政権以外の何物でもありません。閣僚19の内15人が日本会議のメンバーとは異常な政府です。おとなしかった日本の若者も立ち上がりました。私も元気だったらデモに参加したい気持ちで一杯です。
現政権は、乱暴なやり方で法案を可決してしまいました。民主主義の精神は何処に行ったのでしょうか?数だけで押し通す様な問題ではありません。謙虚さに欠ける傲慢なやり方はいつかしっぺ返しが来るでしょう。安部総理は一体どんな野望を抱いているのでしょうか?全く理解出来ません。戦争を出来る国にして何処が美しい日本と言えるのでしょうか。

栄える者は滅びます。世の常です。

特別保護法案成立の意味がよく分かりました。
全てその法案で全てを秘密裏に集団的自衛権を行使する事を目的とする物だった事が伺えます。先日の国会の提出書類の黒塗りに現れています。

NHKもこの大事な採決に至る過程を放映しませんでした。他の番組も特別番組を放映するかと思っていましたが国家権力で押さえ込んでいる事が伺えます。

公明党も地に堕ちたものです。そんなに権力にすがりたいものでしょうか?山口代表も意見が変わり自民党の言いなりとは情けない政党です。

公明党の支持者はこの法案に反対の方が多いそうです。公明党はどうして違憲は違憲と言う勇気ある発言ができないのでしょうか?毅然とした態度が取れない政党は次期選挙で痛い目にあうと思います。

自民党にしても次回選挙で大きな損失を被る事になる事は目に見えています。政府の締め付けで自分の意見も言えない腰抜けの議員ばかりだという事が分かりました。やはり保身第一 国民は二の次三の次。全くかやの外です。

国民を舐めるのはやめていただきたいと思います。国民の為とはよく言えたものです。戦死者でも出たらどの様な責任を取られるのでしょうか?

このツケは大きいと思います。

石破大臣に正当な方法で国民が納得できる様な法案にして頂きたいと思います。

投稿: マルタミキ | 2015年7月16日 (木) 00時02分

【安保関連法案採決が無事に終了して】

 委員会の異様な喧騒は予想されたことであり、これがあって、無能な国会議員がどれだけいたのかという事を知ることになったというだけの話です。
 対案を出さずに文句ばかり言っていた連中なので、話を聞く意味がないのは、彼等が審議に応じる姿がなかったことに通じる。残念な人々である。審議時間も決して短いとは言えないもので、産経新聞の記事によれば、審議時間が正確に測られた議会の記録から見ても、歴代4位にあるそうだ。それほど慎重に審議をやったという事にも見えるわけですが、プラカードを掲げて審議の妨害を率先して行っていた連中は、強行採決と勝手に決めつけるだけのようです。日本語が通じない連中が、国会議員になっていたという事であれば大きな問題ですね。彼等の日本語能力を検定することが、今後の国会運営に必要なことになるのではないか?
 心配の種が増えていくもんだ。

 それはともかく、対案も出さずに廃案にすると言っていた民主党の岡田代表であるが、彼が何を考えているのかわからない事の方が恐ろしいのであって、何も考えていないのであれば、国会議員を続ける意味がないのではないか? 彼は、「議論すればするほど反対する国民が増える中で、こういう暴挙に出た。国民の意見に耳を傾けず、国民の意見を恐れて採決するというのは政権政党として全く恥ずかしい」 とコメントしたらしい。これが本当であるなら、文句しか言わないままで国会議員を続けることがよほど恥ずかしいことだと思わないのかと尋ねてみたいですね。
 野党は国民から何を求められていたのかについてよく考えるべきではないのか?
 文句を言うだけなら評論家ではないか、評論家に税金が原資になっている金を与えるほど国民は馬鹿ではない。対案を出して堂々と与党と渡り合えという事ではないのか。そこを忘れてプラカードを掲げる連中を煽ることしかしないのは国民を裏切る行為である。
 民主党は、しっかりしなかったから政権の座から降ろされたのだ。まだそれが解っていないようだ。
 ともかく、衆議院の通過はこれで成り、参議院でも同じことが続くわけです。
 参議院に於いても、民主党が同じことしかできないようであれば、彼等の存在は、本当に意味がないものになってしまいますね。不健全なバカな野党しか国民は持つことがない。これが国民にとって、大きな不幸ではないですか。
 ともかく、安全保障の問題に民主党は反対しか言えない馬鹿な政党である。だから頼りにならないのだ。それが解らないから、岡田が党の代表になっていられるのだ。
 本来なら、憲法改正を言うのは、野党の仕事である。野党であるが故の存在はこういう処にある。それが理解できていない。残念な政党であり、政治家である。

投稿: 旗 | 2015年7月16日 (木) 00時36分

【政治的発言を繰り返し主張する職能集団】

 東京弁護士会の会長が『安保関連法案に反対』という声明を出したとTBSが動画付の記事を配信した。今回は日弁連の姿がない。ないのは、職能集団である日弁連の会長が政治的発言を繰り返すことに異議を唱え、現役の弁護士から提訴されているからだろうと思いますね。7月1日にその提訴があったと報道されています。だから、日弁連の会長の声明がないのかと思います。提訴理由も記事になっていたので記しますと、
 『日弁連や弁護士会による特定の政治的な主張は「弁護士自治とは全く無縁な『目的外行為』であり違法だ』
 弁護士法で弁護士は日弁連と弁護士会への強制加入が義務づけられているうえ、文書は正規の機関決議を経たものではない。
そのため、文章を作成して発信する権限は日弁連や京都弁護士会にはない。
 日弁連は特定の意見を表明する政治団体になっている。
 主張したいならば強制加入の団体ではなく、賛同者を集めて任意団体を作ってやるべきだ。

 論拠が明確なので、日弁連の会長さんも慌てて今回の声明は、取り止めになったのだろうと推測いたします。しかし、東京弁護士会は、平気なようだ。歴代の会長を担ぎ上げて声明を盛り込むことにしたのだそうだ。所属弁護士から提訴されたらどうするのだろう?

 職能集団としての立場にある会は、弁護士以外にも司法書士とか税理士とかもあるのですが、政府の打ち出す政策などに敏感に反応するのは弁護士会だけという印象が強い。何か特権があるのかと思っていましたが、違法行為であったのかという事がはっきりしたことで、順法精神のない職能集団という姿が晴れて明確になったような気がします。彼等は無法地帯を職能集団内に勝手に拡大させていたようだ。この裁判の行方も注目したいです。
 日弁連は、シナ帝国の人権問題などに声明を出したことがあるのかと調べた人がいたようで、そういう方向の声明が皆無なのは不思議だと言う感想がありました。当然チベットやウイグル方面の人権問題も含めての話です。そしてノーベル平和賞を受賞したシナ帝国の獄中にいる人権活動家の事についても日弁連は何かをしたのかについて調査した人がネットにいるようです。それも何もしていないという結論があるそうです。
 反日活動の拠点にされておられたのであるなら大きな問題ですね。政府の政策についてのみ反対声明が出る活動とは何なのか? 
 東京弁護士会も注目を集めたいだけなのかも解りませんね。所属弁護士の総意があるという事なのでしょうか?

投稿: 旗 | 2015年7月16日 (木) 01時19分

加害者の出版物刊行で、2次被害を受けない様にする為に、法整備して欲しいです。

投稿: 岩波初美 | 2015年7月16日 (木) 03時05分

世間の反応やマスコミの報道を一過性の悪乗りバカ騒ぎだと思ってるなら自民党も支持者も終わってるよ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月16日 (木) 06時21分

法案可決通過のようで。
まずはおめでとうございます。

ミサイルや核爆弾が東京上空で炸裂するまえに、法整備お願いします。
我々の一般生活。
日常生活。
破綻のリスクが最小になるように、法整備されていると思いたいです。

決まっていないリスクというものは、一番危ないと私は思います。

ここまできたら、一度決めてください。
決まったら、国民に説明してください。
国民のほとんどは、私ふくめて専門家ではありません。ただあやふやに不安なだけで、日々過ごしております。

もしも、重大な欠点があれば、民意によって次の選挙でひっくりかえるはずです。
当然、自民党にはそれまでの間、説明責任があると思います。
国会の議論議論議論もありますが、大きな道筋はなんとなく国民にも理解されつつあると思います。

決まったものが何なのか。
法律にうとい末端のわれわれにも教えてほしいと思います。
A案、B案、C案。
延々と決まらない某党の政権はこりごりです。3つ覚えて比べるのは私には無理です。
信じて託すしかありません。
決まったら、教えてください。

それも、ミサイル飛んで来る前にお願いします。

末筆ながら、石破先生がいらっしゃる自民党を信じております。

投稿: かつしんじろう | 2015年7月16日 (木) 09時12分

菅官房長官の仏像返還に関する発言を聞いて安心しました。久し振りに安心しました。

民主党のパフォーマンス…
プラカード?ビラ?を持って騒ぎ立てる…
TVに写ることを計算したただの学芸会「私は頑張っている」アピール…TVインタビューでの自己満足のドヤ顔

恥ずかしい…反対するだけで対案もなくキチンとした議論もせずに騒ぐだけ…本来の日本のための仕事もせずに目立つことが最終目的であるため品も中身もないパフォーマンスだけをしに会議に来て日当をもらえる民主党…
これが日本の国会議員…

これが大人?これが日本の国会議員?国会議員の仕事ってこんなことなの?だから某民主党議員が仕事は「簡単」と発言したなんて話がでてくるのか?

日本の子供も呆れますよ。日本の為に真摯に仕事もせず日本国益に何にもならない醜態パフォーマンスをさらすなんて…中国・韓国・北朝鮮を喜ばせる民主党…在日の為の民主党…日本人のために活動した成果は何がある?埋蔵金は幾らでもあるとか最低でも県外だとか夢を見させたあと奈落の底に落としてきたことに謝罪も反省もせずに言葉のアゲアシばかりとって批判する民主党…これが民主党の政治活動…

自民党も最近は怪しい動きもあり不安です。自己の信念に基づいた日本人のために必要な活動を地道に誠実にしている議員は有権者の揺るぎない信頼を築き上げているはずだから、どんな逆境でも支持されます。そういう芯のある議員を地方で育てて下さい。「物事の本質を突き詰めて考える」→「日本国民に理解しやすく本質を伝える」→「日本の現状を正負隠さず伝える」「自己の信念に基づいた日本人のための対策案を説明する」→「それにより予想されるリスクと利益を一覧にして判断してもらう」→「再度、問題の本質を認識してもらい日本にとって最良の選択をしてもらう(支持を確保する)」

そんな誠実な政治家であれば党がどこであろうと国民の支持は集まります。選挙前だけのパフォーマンスでなく普段から真摯に仕事をする人を育てて下さい。

投稿: KK | 2015年7月16日 (木) 10時40分

石破さん ≪安倍一味の政治 2題≫
①戦争法制:安倍一味が起こした今の混乱状態を理解するには、平和ボケにも二通りあると考えれば整理が付く。
今までは「左端の平和ボケ」。それではいくら何でも拙いと云う認識から憲法の裏面(表面ではない。行間でもない)に自衛隊を潜ませてきた。その結果、海外向けには軍隊、国内向けには非軍隊と云う訳の解らない奇天烈な説明にならない説明に終始して来た。
二つ目は安倍一味が現在仕掛けているの「右端の平和ボケ」。21世紀的なソフトパワーやスマートパワーなどと云う複雑な概念を理解する能力もなく、威勢だけは好い20世紀以前のハードパワー頼みで思考停止したままの有象無象、私情に駆られて暴走するだけの有象無象が罹っている病。
即ち、今はまたしても左端から右端に暴走している。日本の庶民大衆は09年の選挙で極端に走って失敗し苦い経験に学んだが、今回は与党国会議員らが極端に走り国家の道を誤るのでしょうかねえ。
また、そもそも、政治に「狭浅短で視野狭窄のボケ」を持ち込むこと自体が間違いなのです。須らく世事には、「賢明さや寛容さを備えた広く深く永い視座の中庸」にこそ解があるのだと思います。

②朝日【新国立、2千億円未満に減額検討http://goo.gl/yOAB2U
彼ら(安倍森下村など)は全く理解できてませんね。能力がないのか?構えが歪んでいるのか?両方でしょうね、きっと。
市民や叡智が要求しているのは値切りや値引きではない。その品物を代えろと要求しているのです。彼らが甘い蜜に溺れているその商売を止(や)めろ!!という声さえあることにも蓋をしている。
安倍一味にとってこの新国立に支出する税金は、神輿の担ぎ手や上記の有象無象に配る撒き餌(カネ)の「成る木」でしょうね。場所が場所だけに、明治神宮-神社本庁-靖国神社-日本会議-街宣車の有象無象-背広のヤクザなどに播く餌(カネ)の「成る木」。

安倍一味の政治を論じると人が悪くなっちゃいます。とほほのほ。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月16日 (木) 11時13分

石破さん  ≪弱々しい羊≫
朝日【TBSの安保法案アンケート、自民(棚橋泰文幹事長代理)が回答拒否を指示 衆参両院の自民党議員402人に送付回答議員は5人 http://goo.gl/gtCf7l 】
⇒自民党執行部の遣ることは酷いですねえ。同時に、普段は威勢がよく態度のでかい自民党議員もこの肝心の時機にだらしがない。思考停止して弱々しい羊に成り下がっている。
TBSは回答者5名の回答内容と氏名を明かすべきですね。回答内容が健全で広深永であるなら、敬意を添える手はある。発表された場合、その中に石破さんの名前はあるのでしょうか?(ニッコリ)
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月16日 (木) 12時10分

全国で起こっている安保法案反対デモがデタラメだとでも言うのか?何を言ってんだか…バァカ?誰を見ている?何を聞いている?ほんと、最近自民党の支持者ってガラ悪いよな。輩ばっかだ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月16日 (木) 12時26分

ダメージコントロールだか何だか知らんが、新国立競技場問題を隠れ蓑にして強行採決や安保問題に対する国民の関心を逸らして誤魔化そうなんて、情けなくて卑怯で薄汚いヤり方だよなぁ?こんなんで他党を批判できるのか?!

投稿: カバチタレ | 2015年7月16日 (木) 12時46分

図書館利用者向けに、無料託児サービスして欲しいです。

投稿: 岩本隆 | 2015年7月16日 (木) 14時34分

中国は安倍総理が理想に酔っていると安全保障法制可決に対してコメントを出したが中国は実力も伴わないのに世界の海やサイバー空間や宇宙まで支配出来るとファンタジーの様な事を常に言う。共産主義の理想すら実現出来ず私有財産も溜め込み汚職の総合デパートを世界にばら撒きながら未だ独裁にしがみついている国に言われる筋合いは無い。民意を無視した安倍政権と理解が進まないというが国民が無知で勉強不足で知りもしないのに反対する愚行を自ら露呈し中国や反日勢力に加担しているのが恐怖に獲り付かれて冷静に見えなくなっている洞窟に住む狂人の様になっている。もう少し具体的な事実を積み上げる練習でもしてから反対して欲しいが戦争が怖いだけの無知で反対された人達を民意とは到底賛成し難い。

投稿: 忍者 | 2015年7月16日 (木) 14時34分

安藤忠雄氏もトンチンカンな事を言いますな。ゼネコンが儲けを度外視すれば?なんて…結局は下請けが痛め付けられて経済危機が起こるだけじゃん。だいたい、誰のための、何のための競技場なんだ?って話。東京オリンピックって建築オリンピックか何かか?名称は森喜朗遺跡?森喜朗記念陸上競技場?だったっけ?んなゴミ箱に何千億も使うより選手に使えよ!って話。そもそも論だわなぁ…。

投稿: カバチタレ | 2015年7月16日 (木) 14時55分

  今回の法案成立に対して米国政府は日米同盟関係強化を歓迎すると共に国民の反対があり理解を得られていない事に対しては批判もしなかった。さすが民主主義や二台政党を何度もこなして来た国です、原則を守りながら国際的に同意した約束を優先する上手い表現だ。日本の野党や中国政府の都合の良い批判で反対一辺倒とは次元が違う。両方に配慮しながら国対国を促進する方向に発言し、他は見守る姿勢を示し安易に圧力を加えず、又米国の国益にも少し配慮しながら上手く織り交ぜている。政治は相反する勢力のお互いの利益を守りながら納得出来うるギリギリの線を提示し妥協出来る様に発言する物だが上手く様々な面を織り込んでいる。つまり対応が大人で冷静だという事だ。ギャーギャー騒ぎまくり戦争反対と国会でプラカードを持って中継に映ろうとする社民や民主党議員とはレベルが違う。日本の野党ももう少し勉強してまともな議論を出来る様に国民も選ぶ時には考えないといけない。なぜなら無知な議員は国民の反映なのだから。

投稿: 忍者 | 2015年7月16日 (木) 15時02分

石破さん  ≪当たり前に正しい予想図≫
朝日【安保法制、地方議会の声 http://goo.gl/XiUNNn ‥朝日新聞の調査では、全国で331の地方議会が意見書を可決、うち反対が144議会、賛成が6議会、慎重が181議会】
ふむ。賛成議会が2%未満しかない‥と云うか‥ないに等しい。

9月の自民党総裁選の党員投票では前回以上の大差で「広深永さの勝利」、次回は一発で「安倍丸の転覆沈没!」を決めたいですね。広深永に考えれば当たり前に正しい予想図でしょう。
まあ、未だ確実ではないこの予想図を確実にするためにも、日本国民に向かって声を張り上げて叫びたいですね、これ以上、安倍一味にバカにされるんじゃあない。舐められるんじゃない!と。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2015年7月16日 (木) 15時33分

石破先生

台風11号接近の中、集団的自衛権の大嵐の第一幕が終了しましたね。
いつの間にか?先生は法案反対のお立場になってしまいましたが、実際はどうなのでしょう。

いろいろな論評を見ていると法案に反対の人は迫りくる中国の脅威に対して無頓着であると書かれています。石垣島とか小笠原など実際に中国の武力?の矢面にたった地の方々は安堵されているとか。

私もこの法案はこれからの日本に必要なものだと考えていますので、衆議院を通過してホッとしました。政府には私たちが知らない危険情報が日夜入ってきているのではないか、そのためこの法律を是が非でも通さなければならなかったのではないかと思います。
もちろん、憲法改正して今の世界の現状にあった憲法を作る方が良いと思いますが、そこまで悠長に待っていられない事情があったのではないでしょうか?

横道ですが、万一憲法が改正されたら、今まで護憲派と言われた人たちは何派と呼ばれるのでしょうね。改憲派か元憲派か破憲派か・・破憲の品格が必要になりますね。

話はすごく飛びますが、ネアンデルタール人のDNAが解析されて現在のホモサピエンスとの
混血があったようですね。
でもネアンデルタールの歴史は残されていません。なぜホモサピエンスより脳の容量が多い彼らが絶滅してしまったのでしょうか?

今 外国人参政権の問題で自民党の中にも賛成の人がいて、もし成立したらじわじわと外国人が日本の国を動かすようになって、そのうち混血が進むことにより、日本の歴史が改竄されてそのうち、大化の改新も、源頼朝も織田信長も坂本竜馬も忘れ去られ、残るのは倭寇と秀吉の大陸侵攻と南京大虐殺だけになるのではと恐れています。

これは杞憂なのでしょうか。
それとも 今国のかじ取りを誤るとこのような近未来が待っているのでしょうか。

投稿: ブナの森 | 2015年7月16日 (木) 15時37分

銃をチラつかせる事が抑止力だと言うなら、核をチラつかせているのと何も変わらないじゃないか。だいたい、日本を守るためと言うなら、尖閣や竹島、北方の事までハッキリと名言しなきゃ腰砕けの論理だろ。だから、戦争と直結するという議論が生まれるんだ。綺麗事で済まないというなら答弁でも綺麗事はやめなよ。野党に『代替案を示せ』と言うのも単なる逃げだ。『いま、慌てて憲法解釈を変える必要はない』というのが民主・共産などの基本スタンスなんだろ?解釈を変える前提だから議論が堂々巡りしちゃうし、反発もするんだろ。それを反対するだけの無能野党と簡単に批判するのは乱暴としか言えないぞ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月16日 (木) 17時35分

いしば様

いつも、いしばさんに直接関係無いような事ばかり書き込みしてすみません。いしばさんのブログほどアクションの早いブログはありません。テレビの情報番組やニュースを見ていると、誰か政治関係者に物申したくなりますpout…総理官邸はご意見コーナーがありますが一方通行(読んで貰えたかどうか…疑問)テレビ局も各政党/議員さんも同様…活動報告のみで書き込みコーナーのないブログが多い。
いしばさんのブログは、次の日にはアクションして貰えて、さらっとでも目を通して貰えた感があります。アクションはあるが書き込んでから10日も2週間もたってからでは…ねぇ(^^ゞ
いしばさん、お忙しいとは思いますが…いしばさんが一番、物申しやすいので…よろしくお願いします。

投稿: まな | 2015年7月16日 (木) 19時55分

国会お疲れさまです。

安保法案は竹島や尖閣諸島なども含めて問題解決への進展を期待したいです。

ところで公務員のボーナスの考え方って一般企業と大きく異なります。
利益もないのにボーナスはありえません。
こんなに借金まみれの国に対してボーナスを要求すること自体おかしい話です。
何故ボーナスがあるのでしょう?
まずは国の借金を無くしてからとする事で無駄が省かれ、きっと早くなくなるような気がします。
公務員に対する票を維持したいのでしょうけれど、国が潰れてしまっては本末転倒です。

国の経済指標のあり方を考え直すことは出来ないのでしょうか?
基準とされる企業は業績のいい企業であり、そこを基準とされると生活が苦しい人が追い込まれていきます。
貧困層が増えている現状では、基準を下げなくては一部の余裕のある層に対してだけ配慮された国の運営となります。
生活貧困者が増えるにつれ、犯罪やテロなど今後増える一方となり
大きい事件がいつ起きてもおかしくないのは新幹線の事件で予想出来るのではないでしょうか。
構ってくれないという理由で子どもを4人も亡くす放火をした父親の事件もあり、
突発的に行動してしまう今の国民の精神的弱さを否定出来ないはずです。
新幹線で焼身自殺でどれだけの人間が迷惑をかけるとか考えられないのは余裕のある層には理解出来ないのでしょうけれど、
あの年代ですらやってしまうなら今後は少しずつ増える気がして怖いです。
正直、私も生活が苦しくなる一方ですが、
最近の事件にレイオフなどの環境悪化に耐えられない人が増えていて、
過去の常識は通用しないと感じています。

国民皆保険制度については利用する際はジェネリック医薬品が適用出来るものはジェネリックだけにし、
それ以外の薬には自由診療を適用してコストの削減をすべきでしょう。
破綻するのが目に見えている現状では抑えるべき所を抑えずしてどうするのか。

また東日本大震災の復興の遅れや対応の不備などによる問題が表面化していますが、
限りある国の予算を考慮すると今後、同様な災害などへの対策をすべきではないでしょうか。
例えば、全壊に近いエリアの早期復興は諦め、
近い或いは似た環境の過疎化地域への統合などを推し進める法律の制定が必要になると考えます。
例えば復興を当面停止する代わりに災害前に設定された資産価値の70%にて政府が買い取る、
或いは、指定過疎地域の空き家屋への転入での相殺などでライフラインを最低限の復旧で納め、
その買い取った場所でソーラー発電など発電や原発から出る廃棄物の最終処分場としての運用などする等活用出来る。
そして転入によって人口が増えた地域に復興予算を入れて地域の活性に使う方が予算を集中出来て短期間に効果を上げられます。

これ以上の国の借金は消費税を上げる一方では国民の生活をダメにするだけ。
5年後、10年後の成立として法律の整備をすべきではないでしょうか。
出来ること、出来ない事をハッキリさせる事から逃げる余裕はもう国にはないのだから。

余談ですが、東北地方は山に囲まれている事もあり、
また、日本は自転車産業もそれなりの力を持っているので
ツール・ド・東北のようなものを開いて復興支援を兼ねた観光事業をしてはいかがでしょう。

投稿: るびぃのパパ | 2015年7月16日 (木) 22時58分

石破茂さま、ご無沙汰してました。
台風直撃です。
避難所開設したメールを見たのですが、雨風が強くて行けそうにないのが現状です。
もう少し早めのメールが良いです。風が強くて、外の大きな物音で目が覚めてしまい、心配してます。氾濫水域を越えたり、停電したりしているようですが、笠岡市は今のところは無事です。満潮時が不安ですね。

孤立しそうで怖いです

投稿: 岡山県笠岡市のもも | 2015年7月17日 (金) 02時00分

元閣僚の方々が、60年前の話をしていました。
あの時の総理は、ちゃんと下準備など整えて法整備をされたそうで、今は何も考えない暴走だと、今回の決定に反対されてました。

そして麻生大臣は
「昔のデモは凄かったが、今は何もない。」
と、まるで他国みたいに手榴弾でも投げろと挑発する発言をされました。

今まで憲法があったからこそ、武器も何もないデモなのに、今は裏で何でも作れる時代だから、あの発言に気付いた人の中には何をしでかすか分からない人も出てくるでしょう。

将来、日本の中で争いが起こる一歩を踏み出したかもしれません。

投稿: 西村 | 2015年7月17日 (金) 05時29分

石破大臣、初めまして。
私は北海道在住の20代男性でございます。
以前より石破さんは、発言等々で、物事を客観的に見れている方と思っています。
ですので、おそらくこれから私の主張は理解していただけると思い投稿いたします。

内容は安保法案のことでございます。
本当は山ほど言いたいことがありますが、長文になりそうなので、他の人があまり意見をされていないことをお伝えいたします。

それは、新聞・TVなどのメディアについてです。
私は北海道出身ですので、地方新聞の北海道新聞を読んでいるのですが、またこれがとんでもなく非道いことになっています。
というのは、あまりにも法案に対しての反対姿勢が鮮明なのです。

例えば、本日17日の朝刊での事ですが、若者の法案に対する感想などが10人分掲載されていたのですが、結論から言いますと
「賛成意見1人、中間1人、反対8人」
ということになっていたんですよ。
反対率8割って...んなアホな...。

法案反対を論じることは、報道の自由から考えれば悪くないとは思いますが、ここまで来てしまうと偏向報道極まりないとしか言いようがありません。
これでは、「今世論は反対しかいません」という風に、一般世論に対して洗脳をしているとしか思えません。
しかもターゲットが、社会情勢など何も分からない人が多い若者なのだから、完全に洗脳されてしまいますよ、そりゃ。
その他も、TBSの「ニュース23」などが顕著ですが、法案賛成を支持している人がまったく報道されていないのです(軍事に詳しい人はわりあい賛成してるのがまだ救い...)

更に、始末の悪い事がもう一つ。
ここからはあくまで個人的な感想なんですが、反対を叫んでいる人たちの意見を聞いてみても、これっぽちも内容が無いんです。
事実、「総理は単に戦争がしたいんだ」とか言った同志社大学の某女性教授だったり、「首相は憲法解釈変更第1号の栄誉が欲しいんだ」といった引退されたジブリ監督だとか、自ら総理に対して妄想をし、それに対して批判してるって...頭おかしすぎます。(正確にこう言った訳では無いですが、ニュアンスはおおよそこの様子です)。
おまけに、様々な事柄に対して反対する際には、理由と対策・対案を論じなければいけないはずなのに、反対している人たちにはそれがまったく皆無なのです。


ですので、国民への説明をするのも必要ですが、メディアに対しての是正も考えてはいかがでしょうか。
具体的には、BPOに訴えたり(個人的にこの後するつもりです)、第三者である海外の人にアピールしたり(外国特派等々)はいかがでしょうか。まあ、「報道への圧力だー」とメディアが駄々をこねる可能性はあるでしょうけど...。
しかしこのままいくと、連合赤軍時代の再来(もしくはそれ以上)になりかねません。

大変ご多忙ではあると思いますが、国の未来に向けて善処していただければと思います。

長文失礼いたしました。

投稿: Candy☆ | 2015年7月17日 (金) 16時09分

石破大臣様

お疲れ様です。

国立競技場建設問題白紙になりました。これは…『感じ悪い…』ではないです。

失礼ながらも…
自民党やるじゃん(^▽^)ノ

きっと国民も賛同してくれると思います。

あと…阿部総理の発言で、ラグビーには間に合わないとのことでしたが、日本のゼネコン、こんな時に底力を発揮してほしいです。期待してます!

失礼しましたm(__)m

投稿: 哲郎 | 2015年7月17日 (金) 16時10分

ほんと、自民党って…無責任な輩ばっかだよねぇ。本当に驚くばかりだ。毎日、怒りと冷や汗が止まらねーよ。

投稿: カバチタレ | 2015年7月17日 (金) 16時14分

新国立競技場、2020年春完成?ラグビーワールドカップはどうするの?プレ大会はどうするの?本当に工期は50ヶ月もかかるのか?政府お得意の公共事業換算じゃねぇの?それこそ“有識者”の皆さんは、はるかに短い期間で建築可能だと言ってまっせ?

投稿: カバチタレ | 2015年7月17日 (金) 17時03分

世論調査ですけど、電話で答えている人達は、投票に行っているのかな?いつも思います。電話だけでなく、全世帯の有権者に手紙を配って、答えてもらった方がいいと思います。

投稿: 渡辺亮太 | 2015年7月17日 (金) 19時29分

【司法取引制度を導入するという考えが法務省にあるようだ】

 具体的な動きがあるような無いような印象があるので、問題点がはっきりとしているわけではありません。しかし、ネットには、宮崎県弁護士会が、意見書をだして、明確に反対するという表明をされているので、法務省では、国民にどのような説明をしているのかよく解りませんが、大きな問題になりつつあるような印象を受けますね。既に、一部の裁判では、これが実際に援用されているのかと疑うような事例があり、郷原信朗弁護士が弁護士として担当する事件で、検察はおかしい動きをしているという指摘をされておられるようだ。事件というのは、美濃加茂市長の汚職容疑事件の事である。これは地裁では既に無罪判決が出ているのですが、検察は控訴しており、具体的な証拠が一切ない事件でありながら、冤罪事件になる寸前まで行った経過があるようです。検察がいう処の証拠は、別の巨額脱税事件の容疑者の供述だけなんですが、それを根拠に市長を逮捕起訴したことで知られています、収賄の現場供述の矛盾とかもあって、どこから見ても、検察が証拠として採用した脱税事件の容疑者の供述に無理があることが裁判で明らかになり、地裁は無罪を言い渡します。

 問題は、なぜ、巨額脱税容疑者の供述に飛びついたのかという事のようです。どうも、司法取引のような打ち合わせが検察と容疑者の間にあったのかもわからないと、郷原弁護士は疑っていますね。求刑する罪の重さを少しでも和らげてもらえるためにでっち上げをしたのかもわからないと疑っていますね。根拠がない話なので、郷原弁護士もそれ以上の踏み込んだ話はブロクでも開陳していません。ただ、市長を陥れる『証言』がどのように出てきたのかについて、実に怪しい動きがあるとだけ記していますね。そして、我が国にはいまだにない司法取引制度の弊害を暗示するような裁判にもなってしまっていることを憂いています。
 冤罪が発生しやすいのはこういう処にあるわけで、何かの罪で逮捕された犯罪容疑者が、自分の罪を軽くするために検察に『秘密の暴露』を申し出ることになる。それが司法取引制度の大枠となる説明です。これによって手に入れた証拠が正しい内容のものばかりであるなら、それを補完する意味の裏付けのある証拠が必要になるはずですが、美濃加茂市長事件では、それが一つもありません。犯罪容疑者の『証言』だけが唯一の検察の証拠なんですよ。だから、この裁判は検察の敗北に終わった。しかし、諦めきれない検察は、控訴したそうです。
 検察庁は、今や国民の生活とは乖離した業務を行う恐ろしい役所の一つである。でっち上げた証拠を使って厚生労働省の女性課長が有罪にされる寸前までいった事件があったように、証拠の改ざんや入手した証拠物件に押印されたはんこを一方的に『お前がついた』と脅迫を繰り返す役所だとばれたからでもある。あれがばれてから検察は国民に謝罪したが、事件の詳細は今もよく解らない部分があるので、検察庁全体がどのように反省しているのかよく解らないままである。そして、美濃加茂市長の汚職容疑事件の顛末を見れば、追い込められた市役所の課長が自殺していることがあったりするので、彼等は、人の命をどのように見ているのか謎の役所でもある。

 容疑者への尋問の可視化が問題になるのは、昔からやってきたことが今も続いているという事があって、容疑者の供述だけが証拠で冤罪を大量に発生させてきた過去から何も学んでいないことが続いているからでもある。バブルがはじけて、大手の銀行の役員が不正融資を行っていたと目された事件が摘発されていた頃も、銀行一筋の真面目な老人が自殺に追い込まれることがあった。それも検察がやったことであるが、彼等は誰も反省したことがない。キチガイのような検察官がいるという事があの金融事件が摘発されたことで、有名になった。あの体質と容疑者の自供以外の証拠を自力で見つける能力がない無能が、今も検察庁を支配しているのだろうと思いますね。そういう処に、司法取引制度を正式にやってもいいという事になれば、冤罪事件の量産化が始まるのではありませんか?
 大きな不安を持つ国民がいないのでしょうか? 安保関連法案より国民の生活に密接に関与した問題ですよ。メデアも沈黙しているところが非常に怪しいという印象を持ちます。我が国の警察とメデアは松本サリン事件で冤罪を作りかけた実績がある。実に頼りない連中である。その上、証拠でっち上げの検察が参加協力することになれば、闇の世界が出来上がるような気がしてしまいますね。無能が闇を作るという事について考えないと本当に恐ろしい世の中になってしまいますね。
 不安です。

投稿: 旗 | 2015年7月21日 (火) 00時09分

古民家で田舎暮らしを、体験させた方がいいと思います。

投稿: 岩波初美 | 2015年7月22日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/61868162

この記事へのトラックバック一覧です: 特区法案成立など:

« 昭和女子大での講演など | トップページ | 国連憲章など »