« 東日本大震災5周年追悼式など | トップページ | 政府機関の地方移転など »

2016年3月18日 (金)

危機管理能力など

 石破 茂 です。
 今週は衆・参両院本会議、衆議院地方創生特別委員会、参議院予算委員会、内閣委員会、地方・消費者問題に関する特別委員会など、国会審議に追われた日々でした。

 衆議院の委員会における原稿取り違えは、あるべからざる、かつ、ありうべからざることで、誠に申し訳なく思っております。
 内閣府には5人の大臣がいるのですが、大臣官房は5つではなく1つしか無いことに加え、その時々の懸案対処のために多くの官庁から出向の形で人を集めているので、どうしても事務処理が対応困難になりがちであるという構造的な問題を抱えてはいます。が、そんなことは言い訳にもなりません。
 事務方において何重にもチェックがされているはずの原稿が間違っていることなどあり得ない、という思い込みがあったのですが、これも一種の「安全神話」でした。
 長く大臣を務めていて、こんな経験は初めてですが、自分の危機管理能力不足を反省しております。
 
 イージス艦の事故の際も経験したのですが、こんな時に接してくれる人の人柄が垣間見えるようにも思います。与野党・官民を問わず、本当に有り難い方々が多くいて下さることに、心より感謝しております。
 国会審議自体は真摯で傾聴に値する質疑も多く、委員長、理事、委員各位に深く敬意を表します。
 残りの法案審議に万全を期して衆議院を通過させていただき、参議院における審議が行われるべく努めて参ります。

 週末は19日土曜日が鳥取都市計画道路 滝山・桜谷線開通式(午前10時)、自民党街頭演説会(午前11時・岩倉サンマート前、午前11時45分・サンマート南店前、12時半・トスク吉成店前)、石破後援会湖南地区国政報告会(午後1時半・ウェルネス因幡路)、八頭郡後援会国政報告会(午後3時半・郡家中央公民館)、自民党三朝支部総会(午後6時半・プランナールみささ)。
 20日日曜日はスズキ・鈴木会長との意見交換会、若桜鉄道ラッピング列車披露式典(以上八頭町)、自民党浜坂・中ノ郷支部総会(午前11時・浜坂公民館)、親族の集まりである「盤山会」総会(同・しいたけ会館)、鳥取大学「知の拠点大学による地方創生推進事業キックオフシンポジウム」で講演(午後1時半・鳥取大学)、自民党街頭演説会(午後3時・JR青谷駅前、午後4時・JR浜村駅前、午後4時50分・鹿野商工会前)。
 21日春分の日は自民党熊本県連との昼食会、蒲島郁夫熊本県知事候補個人演説会(午後1時半・熊本市民会館)という日程です。

 今日の都心は春を感じさせる暖かな日和です。明日から三連休の方もおられると存じます。
 皆様、お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 東日本大震災5周年追悼式など | トップページ | 政府機関の地方移転など »

コメント

お疲れさま~

投稿: mr | 2016年3月18日 (金) 19時44分


石破さん、お疲れ様です。
ドンマイです✊(´ω`)✊‼

投稿: lyrics&front | 2016年3月18日 (金) 22時01分

石破先生、お疲れ様です。上記の文章を読んでいて、絶対、安全だと思っても、安全ではないことに気づかれてよかったのではないかと思いました。これが、有事や非常事態ではなく、ある意味では、「災い転じて福となる」になるかもしれないと感じました。人には、誰しも間違いや過ちがあると思います。ただ、その過ちを今後の薬にするかしないかは、本人の反省や修正にかかっていると思います。間違いは反省して、今後、気を引き締めていくことこそ、最善な歩みではないかと思います。一つのミスを、その後の妙手で挽回すればよいのではないかと思います。今後の石破先生に期待いたします。

投稿: hitomugi | 2016年3月18日 (金) 22時24分

尖閣諸島が日本の領土と記述された教科書が選定された事に中国が何時もの如く抗議している。日本にとってのシーレーンである南西沙諸島を軍事要塞化し戦闘機だけでなく、ミサイルも配備を進める中国だが日本にとってはエネルギー政策に重大な影響がある原油が米国から輸出された。米国産原油は40年ぶりとなり、その影響もあり原油価格は下落している。シェールオイルだけでなく、原油も輸出を解禁した米国だが値段が下がったとは言え、米国の復活を予感させそうな良いニュースだ。中東の混乱が収まらず、戦前は6割もの原油を米国から輸入していた日本だが別のシーレーンが出来る事は日本にとって非常に重要だ。レアアースを中国が意図的に禁輸しWTO違反を犯しても日本叩きに奔走する中国だが日本がレアアースの輸入を多角化した事で中国工場の一部は倒産に追い込まれた。自業自得だが共産独裁国家なのでシーレーンを封鎖したり、通行に対し税金を法外に要求し出す事も想定出来る。それを考えると同盟国である米国からの原油確保は心強い。シェールガスの掘削コストが高い為、原油価格下落で倒産したり苦しんでいる様だが安いエネルギー供給は日本や消費者にとっては朗報なので頑張って貰いたい。

投稿: 忍者 | 2016年3月19日 (土) 04時33分

原稿の取違いや失言等々緩んでいる、奢っている様々な批判があると思いますが長年の不満の塊を抱えている有権者は大目に見るというのが現在の行為だろう。なぜか?民進党に政権を渡すつもりは全く無いのだから、バンソーコーや読めない漢字等々で倒れた第一次安倍政権を繰り返す訳には行かないのは国民なら誰でも知っている。他国の代弁者達は知らないが民進党が政権奪取はあり得ません!トランプが日本の首相にでもなった方が未だましだ。失言?暴言、失言、批判を書いている読者は自由に書かせてくれる石派氏を許すだろう。

投稿: 忍者 | 2016年3月19日 (土) 04時43分

1978・4・4 という数字を見てすぐ分かる人は相当なファンだろう。私達普通の女の子に戻ります!と後楽園で解散コンサートを行ったキャンディーズ メモリーズ For Freedom というのがあるらしい。別に宣伝するつもりもないが石派氏は買ったのだろうか?と気になる。今は浮れた発言は控えるだろうがこっそり買って自身の危機管理をして欲しいと思う次第です。

投稿: 忍者 | 2016年3月19日 (土) 05時50分

石破 茂 地方創生担当大臣 殿

お世話になります。
神奈川県相模原市在住の石井純と申します。
何卒宜しくお願いいたします。

計算された因果関係はどこにでも存在するもだと感じました。石破大臣が元気をよびさます様な次期国家戦略的発想のご提案有です。

庶民的なレベルでの発想で恐縮なのですが、現在懸念される日本国家の事情のなかで物価の下落による,財政危機が重要なポイントと窺っております。
また、この事情は多分に世界経済と比例している事情とも窺えます。

現在世界経済は安価コストの追及による経済の萎縮状態にありIMFから緊急声明などから
世界経済の危機と考えるべきだと思います。

アベノミクス政策での大胆な金融緩和では、世界経済の低迷による事情から結果の先送りを余儀なくせまられてると思われます。

そこで、今自民党に検討していただきたい
ご提案があります。(著作権登録申請中)

その提案は、仮称割増買い商法とした発想で
このシステムを使えば簡単に物価のコントロールが行えて、新たな財源にもなる提案です。

twitterサイトで数日前に三原じゅん子議員に提案有と返信させていただいていますが、
その後は・・・

今回のご提案、仮称割増買い商法についてはtwitterサイト
Jwipo2@majitaki323より投稿してますので15-10-25~15-12-21までの投稿を参考にしていただければと思います。

だだしtwitterは日記としたもですので、
くれぐれもご気分を悪くされないようお願いいたします。

また、公開されていないご提案等もありますので詳しいお話を一度聞いていただきたく、
ご連絡をさしあげましたしだいです。

個人的には、低迷する世界経済に歯止めをかける。発信は日本から・・・

大胆な発言で大変恐縮ですが、
何卒宜しくお願い申しあげます。
ご連絡お待ちしております。

神奈川県相模原市在住
石井純

投稿: 石井純 | 2016年3月19日 (土) 08時06分

石破さん 今週の週末は大変でしたね。お疲れ様です!!そんな中で、ブログのご更新、有り難うございます。
     ≪各種の文学≫
引用【これも一種の「安全神話」でした】
今の石破さんには自戒の念が強いので、こう云う真摯なご認識になるのでしょう。確かに、表見的にはそのようにも見えます。

が、少し深掘りすれば実際には全然違う姿が露れると思います。間違いの原因を「責任の所在が不明な安全神話」に落として仕舞っては、再発防止はできません。
そもそも、巷間で言われている「厄災を齎した安全神話」は歪んだ政治家や霞が関などの悪賢いモグラ(核発電事件の場合は核発電ムラ住人)が悪しき意図を映したものが多い。それらは、思考停止せず、危機管理のアンテナを張り巡らせて、永田町文学とか霞が関文学とか市ヶ谷文学とか大手町文学に分類して焼却処分するに限る。
今回の石破さんの事態の再発防止には、矢張り、日経【法案誤読再発防止チーム 内閣府が設置http://goo.gl/UfNDn7】の方向性が正しいと思います。但し、安倍-菅一味が遣ることですから本気度も細部に住まわせるのが神か悪魔(ガス抜き、彌縫策)かも自明です。

まあ、然し、朝日までもが、石破さんをこの松島や不勉強を公言した林如きと同じ括りで扱う乱暴さが許せない!(ニッコリ)。
朝日【松島元法相、審議中に読書・携帯 ネット上で批判「態度が酷すぎ http://www.asahi.com/articles/DA3S12263473.html 】
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月19日 (土) 11時20分

石破さん ≪市民にも危機管理能力と危機感知能力を≫
報道ステ【ワイマール憲法の教訓 http://goo.gl/tBGM8q 】
石破さんがご覧になったかどうかは不知ですが、この特集番組は様々な観点で力作でした。
テレ朝の幹部も番組スタッフも特に古館さんも官邸からの自粛圧力に抵抗して、制作を決定し報道にまで漕ぎ着けた。古館さんが何度も「相談し協議した成果だ」と強調していましたから、尚更、その高い矜持が胸に浸みました。
まあ、古館さんがこの3月で降板するのが決まっていますから、安倍一味は一時的な特集でもあるし、「国民が直ぐに忘れる」という信条も手伝って、「お目こぼし」をしただけなのでしょうが。
この番組が鳴らした警鐘には頭では解ってはいても、視角や聴覚を通して見せ付けられると、頭の中の鐘が共鳴して危機感が募ります。健全なメディアの重要性を実感することもできました。安倍一味が主要メディアを統制したい「欲望」も改めて実感できた。

この番組の核心は、真に、今回のブログの標題である「危機管理能力」、その前の「危機感知能力」が市民にも厳しく問われている!と云う点にあると思います。即ち、「市民は決して思考停止してはいけない。市民は狭浅短な視座に安住してもいけない。常に視座を広く深く永く、危機のアンテナを広く深く永く展げることが欠かせないのだ!」だと。
換言すれば、市民が摘除するべきは権力の中心にいる「悪い奴」だけではなく、加えて、今はその制度的手段が弱いのですが、その悪愚者に屈膝し盲従する「ジャーナリストやメディア人や有識者知識人を名乗る連中」も含まれる。「彼らの根絶!」は現実には無理なのですが、理想を高く掲げなければ最初の一歩の勢いが弱まるし方向も間違い兼ねない(笑)。然もなければ、金科玉条に掲げる「法の支配」(安倍が世界に喧伝し、中国に迫っているもの)自体が、市民の期待と信頼を裏切り、民主主義の基本を破壊する。歴史の事実としてのヒットラー然り、洞察の海に浮き上がる安倍一味然り(注)。
(注)蛇の足:例えば、AmongManyOthers、実質的な戦争法制を「平和のための安保法制」と言い包める安倍一味。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月19日 (土) 12時11分

2012年10月にキャンベル国務次官補(当時)がヒラリークリントン前国務長官宛に「日本と中国」と題するメールを送り、その内容が先月アメリカ国務省より公開されたと2月14日の「NHKニュース7」で採り上げていました。NHKによれば、メールで国務次官補は「日本と中国は長引く摩擦が地域の安定を損なうとわかっているのに様々な要因によって態度を硬化させていると指摘、その上で、緊張を緩和する働きかけを強めることを提案」だそうで、テレビ画面にメール当該個所の原文が映され we would need to strike quickly とありました。助動詞wouldを仮定法過去を表すとすると、willの過去形として過去の習慣を表す用法ではなく、unreal or improbable present and future situationsに解釈することになります。極端に言えば助動詞wouldは 現在の否定の意味か過去の肯定の意味か、どちらなのか英書講読では判断を求められるということでしょう。仮定法過去で解釈すると、急いで緊張緩和に向けて動くべきではないと、国務次官補が国務長官に忠信したという事実になる?英文法の参考書を見ると仮定法過去のwouldの現在の肯定用例も有り、話し手をannoy悩ますキャラ的行動に対して肯定を表すのに使う様です。英語英文科の人に解説は譲りたいのですが。主語weをアメリカ国民と捉えれば、民主党(米)の立場からすればオバマ大統領の任期を考えて、共和党だと緊張緩和の働きかけをやりかねないなという懸念の意味をこめたと解釈出来ないことはありませんが…♪花は咲く♪のループ化に陥る事態は避けたいと祈るばかりです…

投稿: ぱす | 2016年3月19日 (土) 19時16分

砂の保育園を作って東京の待機児童をまとめて面倒みませんか。鳥取県は森の幼稚園の野外保育が有名ですが、せっかく日本一のスナバがあるのですから、そこで野外保育を運営したらどうですか。元々、保育園にはスナバがつきものですし、鳥取のスナバであれば、ケガをする心配もまず有りません。匿名のアイデアですが、国会で是非取り上げてください。乱暴な言い方もしていませんしね。

投稿: 砂の保育園 | 2016年3月20日 (日) 02時47分

自治体の民間人活用、
良い話しのようなニュースですが
東京などでも見る限り、
結局死ぬまで安泰の公務員のアリバイ作りの為に
民間のノウハウをタダや安く提供させこれみよがしに使い捨てるだけ。
役所や外郭団体の寄付集めも同じ、
定年までのアリバイ作りの為のムシの良い話しで馬鹿らしくてやってられないです。

民間企業は営利を目的として利潤を追求するためにあります。
相応の対価も払わないのにサービスは受けるべきではないです。

投稿: お肉 | 2016年3月20日 (日) 15時47分

石破さん
日経【裁判所が全部決めている(編集委員坂本英二)http://goo.gl/jCb1Op 政治が役割を十分に果たさないため司法の出番が増えている】
⇒これは鋭さがあって的確な善い記事ですね。政治報道で最近は歪みが増しつつあり、経済報道では狭浅短さ続いている日経にも、偶にこの手の善い記事が載ることがあります。3Kや読売の読み方は頭から否定していれば済むのですが、日経は読み方が難しい。頭の体操には好いですけどね(ニッコリ)。

そもそも、最高裁の統治行為論にも如何なる状況にも適合するという普遍性はないのだから、政治が愚者に乗っ取られている今の日本では、その原則に例外創りに挑むのは当然の経営手段だと思います。【経営の要諦は例外の上手な運営にあり】なのだから。
然し、最高裁とは云え狭浅短なコンプライアンスに縛られている裁判官に、広深永なガバナビリティが不可欠なそんな経営の要諦を為すことが出来るのか??と云う大きな不安は残る。

身分の高い文官文民に愚者が3年間も居座り続けると、悪循環を止めることは容易ではない。然し、止めなければならない。「容易じゃない、難しい」などと戯言を言っている暇はこの国にはない。この国は既に「危機管理能力」を云々する段階は過ぎて、「危機脱出能力」が肝心になっているのでしょう。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月20日 (日) 15時53分

自分は原稿の取り違えは、誰かの悪意によってと思ってしまいました。
自分の取越し苦労なら良いのですが?
敵は外だけに居るのでは無いかもです。
ともあれ、国治を担っておられるので
ご用心を!

投稿: ミナミタツユキ | 2016年3月20日 (日) 17時19分


石破さん ≪武田節「人は石垣、人は城‥」2題≫
世間的にはきっかけはないのですが私なりのきっかけがあり、標題を軸にして以下の愚見を2点認めました。
①5世紀前を生きた武田信玄公が、軍事に於いてさえもより肝心なのは石垣や城ではなく「人だ!」と喝破して、「人は石垣、人は城‥」と謳った。その5世紀を経て、Joseph Nyeさんが安保や国際関係に於けるSoftPowerを重視しSmartPowerを求めよ(!)と称揚しておられる。
然るに、安倍一味(注1)は在りもしない(かも知れない)危機を騒ぎ立て、20世紀以前の軍事HardPowerにどっぷりと依存している。この観点では安倍Ape一味は「同じ穴の貉」に過ぎない。安倍一味の脳味噌は、Joseph Nyeさんは勿論、武田信玄公にも大きく劣後していると断じざるを得ない、キッパリ!
(注1)例えば、AmongManyOthers、高村菅高市稲田山谷有村下村世耕加藤萩生田礒崎衛藤百田櫻井日本会議日本遺族会など。無邪気な中谷もその一味に加盟したらしい。

②また、民主党政権下の事業仕分けも結局は「石垣や城」を攻めただけで、肝心の「人」(官僚)を野放しにした。結果、政治家や知識人が延々と「モグラ叩き」を遊ぶ(または遊ばれた?)に等しい淋しく乏しい結末になった。その原因は民主党の未熟もあるが、制度設計が不適切だったことにもあると思う。
そもそも、構想日本の加藤秀樹さんが編み出した「事業仕分け」の設計(注2)は、対象が地方自治体など素直な役所職員が対象だからそれなりに機能したのであって、「飛び切り賢いが、悪賢さも飛び切りの霞が関のモグラ達」にそのまま適用したのですから、看板の架け替えや攻手の足元の切り崩しなどが横行するのは当たり前でもあった。
この愚見は結果論や後出しジャンケンではありません。事業仕分けが華やかに行われていた最中に、当の加藤秀樹さんに直接警鐘を鳴らしたのですが、「モグラ叩きは必要だ」(そりゃあ仰る通りだ!狭浅短だけど(ニッコリ))の返事があり諦めました。
(注2)自民党の当時のムダボが頼ったのもこの設計でした。今の事業レビュー(?)は公開度が低いので不知、但し、それ故にこそ構想日本バージョンよりも一層後退しているに違いない。注目度が低いから批判もされない。

まあ、予ての愚見である「誰>>>何」に通じていますね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月20日 (日) 17時22分

四国は、関東の利根川(鬼怒川)に次いで大河であり急流である[吉野川]、[四万十川]を抱え込み、1夏に台風の上陸が3個はある。→暴風と大雨による惨禍が絶える事がない地です。この四国において、気象情報を無視する者はいない。暴風雨により生鮮野菜や魚は手に入れる事は不可能になる。交通機関もマヒする。→絶えず川の氾濫や浸水被害に襲われている四国である。しかし、最近の台風や暴風雨、突風、竜巻は異常である。→気流の乱れに原因がある。日射の強さによる気流の乱れと雨水などの蒸発による上昇気流により、熱い乾いた空気と湿った熱い空気がぶつかり乱気流を生み出している。この問題は気象の定点観測を増やす事により解決するでしょう。地震も地殻変動を予測さすような波動を観測する事によりある程度の予兆が観測できるでしょう。日本の危機管理は、自然災害を防ぐための観測と防護にあると思います。自然災害に遭わないよう避難する事も大事です。→外国の武力による災害など、恐るべき自然災害と比べると…

投稿: 島谷淳子 | 2016年3月20日 (日) 22時44分

   防衛大学での幹部拒否が昨年の二倍となっているが民間に行き、安全保障等が原因とも言われるが別に選択の自由で志が無いのに自衛隊に入っても持たないだろう。軍隊でも海保でも警察でも精神が弱く、志が低ければ鬱や自殺に追い込まれる。人を助ける仕事は自分をかまっていてはやっていけないし、金や名誉が欲しいなら民間に行けば良い。誰でも出来る仕事ではない。今年は自殺者数も25000人を下回った。民主党政権下自殺対策をやっていたが大した効果は無く、プロパガンダ用のアピールばかり目立ったが結果は何時もの如く大して出ない。戦争でも無いのに数万人が自殺するのは以上だがサリン事件辺りから言われ始めた記憶がある。カルト宗教やキチガイ染みた漫画を見ると世相が荒れているのが分るし、狂った人間は増えているのも犯罪の残虐性を見れば分る。これから外国人も増え、犯罪も麻薬や人身売買と激しさと悪質性も増してくる事だろう。心身ともに強くないととてもじゃないが出来る仕事じゃないので辞めたければさっさと辞める事だ。政治家もそうだが金が欲しけりゃ民間に行けと言いたい。

投稿: 忍者 | 2016年3月20日 (日) 22時47分

石破大臣殿

お早うございます!!。
日毎に気温も上がり、世の中は19日土曜日から3連休として春を満喫する期待となって来ました。
連日の政務、国会審議、又この3連休も地方での講演、演説会など多忙を極められ大変お疲れ様です。
小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。

冒頭に述べられました、委員会での法案趣旨説明の取り違えについては、他の政権閣僚であればいざ知らず、応援致しております石破大臣ですので、小生に取りましても青天の霹靂の思いでした。石破大臣のこれまでの真摯で丁寧な国会答弁、又野党時代の質問の名演説の数々を知っているだけに、大変ショックを覚えました。他の大臣とは違い、すべて法案趣旨説明を熟知されていて、今回の法案趣旨説明に措いても事前に確認されていて、読み進むうちに何故気付かれなかったのであろうか?と思いました。ディベートの達人とも言われる石破大臣でも、やはり人の子、間違いもあるのだと改めて思い、自身の落胆を慰めました。

さて、そのような中、小生に強力な印象を与えましたアメリカのノーベル賞受賞の経済学者、コロンビア大学のスティグリッツ教授の安倍内閣への提言の感想を述べて見たいと存じます。

1、スティグリッツ教授の提言主旨
現代の地球規模的な政治の混乱の主な原因は、『格差是正』を求める潮流が世界的に広がっている為であると想っていましたが、スティグリッツ教授もその事を言明しています。
社会正義の実現、格差の是正、地球環境の保全保護、平和主義の追及等の視点からの提言であります。
勤勉で努力を惜しまない日本国民は過去の数度にわたるあらゆる困難を乗り越えて来たが、現在の状況から日本に於いても即ち「経済格差の是正」、「教育格差の是正」などがあげられる。又、子育て家庭への支援、年金受給者(低所得者)への支援などが緊急の課題であり、企業減税は投資を行う企業へ投資減税などの形で行う。又、地球環境へ考慮する企業へ減税、その為の内部留保金の給与への還元、投資への提言、または課税などがあげられた。
そして何よりもその財源としては、先ず消費増税の廃止を行い消費を喚起する事。そうすれば消費が伸び、結果として税収は増える事。又、企業の環境保全の為への「炭素税」導入などがあげられた。消費増税の延期、又は廃止などの提言は本田内閣官房参与も提唱しており、何の事は無い、一介の全くこれらの事に素人の小生の嘗て当ブログでの提言そのままではないのか?と驚いた次第です。

安倍総理はこのスティグリッツ教授の提言を受け、平成28年4月の消費増税の再延期、又、その事への国民の支持を取り付ける為に、一昨年の年末に行ったのと同様、衆議院解散も視野に入れ、昨今衆参同時選挙も話題になっています。
あれほど東日本大震災、及びリーマンショック級の出来事が無ければ、「平成28年4月には再増税を絶対に実施する」としていたのにでです。

小生は当時から半年先の世界経済の情勢も不透明であるのに、どうして1年半も先の事が言い切れるのか?と強い疑問を持っていましたが、結果として「それ見た事か?」との様相になって来ました。安倍総理の提唱して来たアベノミクスは中途半端な結果となり、経済のトリクルダウンの方策は結果として失敗と言わざるを得ないのではないでしょうか?
やはり圧倒的に多いい国内企業99%の中小企業者への経営不安、圧倒的に多いい低所得者への生活不安解消が先ず優先課題とされ、格差是正の政策が示されなければ、与党自民党の将来は絶対無いものと断言します。
格差是正の潮流はあらゆる世界、あらゆる階層の人間としての根本的な要求と云う事を為政者は踏まえるべきであります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年3月21日 (月) 13時20分

 若桜鉄道のラッピング列車は、スズキの大型バイク「隼」と隼駅を見事にマッチさせた素晴らしいアイディアですね。自分の愛車と同じイラストが描かれた列車と並走するというのは興奮するものでしょう。山田社長さんはさすがです(笑)。やはり、ローカル線には「今だけ、ここだけ、あなただけ」の三要素がバッチリあって、知恵を絞れば人を呼ぶことが可能ということが証明されたと思います。
 ところで、今や地方の人にとっての最大の移動の足は、鉄道でもバスでもなく軽自動車です。大臣ならご存知かと思いますが、鳥取県は全四輪車保有台数のうち5割以上が軽だそうです。しかし、このようなクルマ社会にあって地方を訪れた際に意外に困るのは駐車(輪)場探しで、主要な観光地の近辺や街中のパーキングは料金がかさみ、時間が読めないと迂闊に利用できません。必然的にコンビニや大型スーパーなどで駐車することになってしまう。ですから、鉄道のローカル線の無人駅前のスペースを活用して、鉄道利用客や入場券購入客に無料あるいは低料金の駐車(輪)場を提供して、パークアンドライドを推進するようにすればもっと集客は可能かと思います。特に、原付以上の中・大型バイクは安心して停められる場所が少ないですね。

投稿: 急行だいせん | 2016年3月21日 (月) 17時17分

お疲れ様です。


イージス艦の時も今回も、背景をしっかりと分析されたうえで様々な人からの意見に耳を傾けていらっしゃるところが真摯だなと感じます。

今週もお仕事頑張ってください。

投稿: くま | 2016年3月21日 (月) 23時01分

 正確には忘れたが橋本が安倍総理に対し凄い手腕だと評した事がある。たしかに第一次安倍政権では小泉元首相の印象が強烈過ぎて印象が薄く、美しい国という標語も何がしたいのか伝わらず、脇の甘さもあり閣僚辞任劇で退陣に追い込まれた。しかし普通の政治家であればそれで終り、テレビにでも出て憂さ晴らして批判するだけだろうが彼は違った。野党に下野し思考を嵩ね、チャンスを待ち野田氏との党首討論で復活と期待から株価が上昇した。その後の選挙での結果や外交での中韓を除いた包囲網は100年前からの日本の伝統外交復活を思わせる程の見事な俯瞰した彼にしか出来ないやり方だった。政治家はやはり物事を深く、伝統という過去を踏まえつつ未来に向けても布石を打つ知恵と冷静さが必要だ。中国覇権拡大に伴う外交だけでなく、危機管理にも対応して見事な対応だった。それに比べるとトランプ氏は敏速だが一回限りのアウトサイダーなのだろう。政治には関心があり何時も出馬すると言いながら一蹴し責任を放棄して来たがここに来てチャンスと見たのだろう。米国で不満や怒りが渦巻いているのは私が米国にいた十数年前も変らないが誰も何もして来なかった。コロンバイン銃乱射だけでなく、FBIビルを車ごと爆破しテロがあったがそれからもテロを防いだのもあったが911を引き起こしてしまった。日本はサリン事件から目立ったテロは無い様に思うが米国よりかは危機管理が出来ているのかもしれない。石波氏が政治家として総理の様に失敗を糧にして大物に変貌するのか、もう変貌してしまったのか分らないが日本の未来を見るともう一段上に成長するには何が必要でどうなのか、明確には言えないがこれこそ、神のみぞ知るだろう。

投稿: 忍者 | 2016年3月21日 (月) 23時01分

石破先生

先週の国会での原稿取り違えの件では、石破先生のお気持ちを察すると胸が痛みます。一部メディアでは、漢字の読み間違えなどと違い問題だ!と取り上げていたところもあり相変わらずネガティブな事柄を取り上げるの好きだなぁ・・・と思いました。私はそもそも問題という存在は存在しないと考えています。その問題とやらに向き合うとほとんどが雲散霧消して、解決すべきことが残されていて、それを片付ければおしまい~の事が多いと思っています。

今年は桜が開花している日数が長いそうですよ。石破先生もお花見などできると良いですね!でも急に花見などされたら、どうしちゃったんだろう?と心配になるかも・・

今週もお身体に気を付けて頑張ってくださいませ。応援しております。

投稿: 春霞 | 2016年3月21日 (月) 23時27分

【経済政策上の責任は、民間にあるように見える事について】


 行政の最高責任者が内閣総理大臣にあるのは憲法に書かれている通りであり、異論を持つ人はないと思います。米国でも行政上の最高責任者は大統領にあるわけで、その基本的なシステムは似てる部分もあるようです。しかし、経済政策上の責任を負う立場となると、経済産業大臣が見ている範囲には最初から大きな限定があり、国家の財政上の責任が財務省にあっても、税収に限界があるように、その責任にも限界があるように見えますね。
 例えば」国家の政策金利の決定は中央銀行総裁の判断が求められているのが自由主義経済の国家では普通の約束事のようになっています。米国もまた、それは連邦準備制度理事会議長に決定権があるとされているようです。
 この政策金利を決定する立場にいる人というのは、国民から選挙で選ばれたというような人ではありません。それなりの学識や経験を重視された環境の中から、力量と経験が豊富な立場の人々から推薦され、何らかの政治的なバックがあって、その職に就任する慣例になっています。そして、それは政府から独立した立場であることが求められています。そういう立場にある集団は誰のために責任を持って職務に邁進しているのかよく解らない面がありますが、(国内銀行の頭取たちを見ているだけなのかという意味です)広く、国家に対する忠誠があると解されているので、疑う事がないのだろうと思います。政府の立場にはないのに政府を含む国家に忠誠を尽くすとはどういうことなのか? これはこれで考え出せば深く悩み始める問題になりますので、棚に上げておきます。ともかく、経済政策上の責任の一端を中央銀行総裁は持っているという事です。景気の判断に敏感になっているのは、その表れですね。そのために金利をどうするのかという事から始まって、景気回復のために何をすればいいのかという提案や発言、振興策への助言などもやっておられる。それは米国でも同じで連邦準備制度理事会は、その活動の中身に於いては我が国の日本銀行総裁と大きな差がない。米国の場合は、世界の経済の動向まで見て判断するという事があるので条件的にはより厳しい立場にあるのかもわかりません。米国政府が、『中央銀行』という形式をとらずに『連邦準備制度』という形に拘っているのも、政府から独立した立場を強調する意味があるようです。直接のきっかけは、1907年恐慌と呼ばれる米国にとっては建国後最大の経済的な暴落を経験した出来事があって、各地の銀行が倒産したとことで国内銀行を監督する中央の銀行監督機関が必要になったことですね。この恐慌の経験によって、国際金融の世界で生きていくために必要な組織だという認識が広がったようです。初期のFRB議長には、国内銀行の経営を経験した人とか、判事をやっていた人や、沿岸警備隊の士官をやっていた人もいるようです。

 しかし、金融機関の総元締めの仕事が米国政府の発言力の向上と共により重視されるようになり、第2次大戦後には、大学の経済学部の学者やFRBの生え抜きの人物などが目立つようになってきます。もちろん学識や見識が重視される事には違いがないのですが、環境としてはユダヤ人派閥でもあるのかと思うぐらい、人種的な偏重が見られますね。意図的なものではないと思いますが、歴代をそういう人々で固めれば、意図的ではないと言っても信頼が揺らぐのではないかと思います。彼等は米国をどこかへ向かわせようとしているのかと疑う人も出てくるのではないかと思いますね。
 FRB議長の職は選挙で選ばれるというものではない。しかし、米国のかなり重要な政策を決定する立場にある。真面目なだけではわからないという微妙な政治的姿勢とかまで、問題になることはないのだろうか? 

 我が国では、黒田総裁の前任者が何か政治的な主張を持っておられたように見えた時期があって、問題視されたことがある。政治的に独立した職務に就任しているという事と、政治的立場を表に出す出さないは別の問題です。それを混同しているような処が見受けられたような気がしていましたが、退任してみれば、それが何だったのかよく解らないままになってしまいました。政治家以上の責任を押し付けられることに抵抗していたのかもわかりませんね。しかし、彼は学者だったので、その抵抗の仕方が人々の理解を得ることがなかったような印象を受けます。学者は、責任の重さを理解していない処があるのかもわかりません。今の黒田総裁は学者というより官僚であった時期の方が長かった人らしいので、責任の重みを理解しているのだろうと思いますね。
 
 我が国及び、米国はともに中央銀行総裁のような経済政策上重要な立場に、民間人を登用している事になる。そして経済政策のほぼ重要な政策決定には、採用試験でその立場に就任した官僚による提言提案忠告助言勧告の重視がある。政治家の責任は、最終判断にあるのだろうと思いますが、経済政策で巧く行くのか失敗するのかは、米国のこの100年ぐらいを見ても、或は、我が国の戦後70年を見ても、出たとこ勝負の成り行き任せの様な印象が強いですね。

 経済政策の分野はまだ、人間のコントロールが及ぶものではないと見ているのかもわかりませんね。人の動向に敏感な政治家が、いつまでたっても、経済政策から前兆の様なほころびを見つけることが遅いのは、人任せの分野がある事によるのか? 或は、無知とかの能力的な問題が根本にあるのかよく解りませんね。

 人間は経験から学ぶことが必要であると理解していても、実際の処は、めんどくさいのか何か邪魔をするのか? 学ぶことがない。シナ経済は。我が国の失われた10年の間に膨張した経済活動を走ってきた国である。我が国以上の規模で不動産バブルがはじけて、経済政策の破綻を迎えようとしている。ジョージソロスなどは、この破綻の先に『「中国経済が悪化すれば、第三次世界大戦が起きる可能性がある」と発言』している。
 戦争は、いつの場合にあっても、景気浮揚の最高の道具である。米国は、その到来を待っているのだろうか? トランプ氏の対抗馬のように見られているクリントン氏は、シナ帝国と対峙する意向があるのかもわかりませんね。
 トランプ氏は、在外米軍の撤収を口にし、メキシコとの間に頑丈な国境線を構築するような提言もしておられる。米国は、国内政治に専念するべきだという主張を明確に述べておられるわけで、その意味で、戦争を宛てにしない経済政策を目指しているのかもわかりません。政治家の真価が問われるのは、おそらく、この1年ほどの時間なのだろうと思います。

 我が国は、何がしたいのか? 野党があれではとても心配ですね。しっかりしていただきたいものだと思います。トランプ氏の方がもしかすると平和主義者なのかもわかりません。それも、あと1年で答えが出るのだと思います。
 

 まあ、これから先は、現実的な視点で我が国の立場を主張するようになっていくのかもわかりませんね。自主憲法の制定に至れば、平和主義の原則は条文として残しておくのがいいのかもわかりませんね。そして、難民を受け入れる義務はないという事もまた条文に入れておかないと反日主義者に利用されてしまいます。
ジョージソロスも日本に向けた提言で『この荒涼たる世界秩序において、日本はキー・プレイヤーとなってはならない。』と主張していますね。いろんな理由を述べておられるようで。現在の立場が安定したものとは言えないのが原因だと言っていますね。シナと米国の関係とかが頭にあるのだろうと思います。争いに巻き込まれて立場を見失ってしまう事はいい結果をもたらさないようです。

 そう云う事から見ても、それまでに自主憲法の制定で世界に立場を明らかにしておく必要がありますね。我が国の未来もまた国民が決めるものです。

  三叉神経痛の時期が到来しました。季節は春ですが、気分は冬です。夏までなんとか頑張りたいですね。

投稿: 旗 | 2016年3月22日 (火) 00時30分

大阪府阪南市の保育所幼稚園閉鎖、ヤマダデンキ跡地に建設問題。
(非常に交通量が多いので事故の危険。感染症の危険。等)
子供達の未来が心配でコメントさせて頂きました。
お忙しいお身体、どうかご自愛ください。

投稿: 阪南市民 | 2016年3月22日 (火) 00時36分

【妄想する国家を相手に外交政策が立てられるのか?】

 韓国の中央日報の記事にあった。
『日本に略奪されたと考えられてきた「原州法泉寺址智光国師塔」(国宝101号)基壇部の獅子像が国立中央博物館の収蔵庫に保管されていたことが確認された。

景福宮(キョンボックン)国立古宮博物館の境内にある智光国師塔は9回以上も場所を移しながら塔自体がかなり破損した状態だ。今月から全面解体・補修作業に入り、2019年までに保存処理する計画だ。

文化財庁の関係者は「国立文化財研究所が智光国師塔の解体と復元を控えて昨年、文献調査をする過程で獅子像が保存処理され、国立中央博物館の収蔵庫にあることを確認した」と明らかにした。

博物館は韓国戦争(朝鮮戦争)以降、盗難の危険と安全を考慮して収蔵庫に保管したと推定されると明らかにした。しかし文化財庁の関係者は「博物館から連絡を受けることができず、獅子像がどこにあるのか分からなかった」と述べた。』

 この記事では、『日本に略奪されたと考えられてきた「原州法泉寺址智光国師塔」(国宝101号)』と書かれているが、中央日報以外の韓国紙では、『日帝に略奪された事は間違いない』と、過去に於いて、はっきり、そのように主張する韓国政府の役人もいた事が知られている話なのだ。そう云う記事があった事実を誤魔化す意図がこの中央日報の記事にはある。『考えられていた』という表現はまだ穏やかな方である。しかし、そう言う主張をしてきた人々がいたことに対する日本への謝罪はどこにもない。それは、悪かったことは自分達の責任ではないと妄想するからであり、日本相手に謝罪するのはどのようなことがあってもやりたくないという意思が働くからでもあるのだろう。

 だから、旧日本軍によって強制連行された売春婦が、20万人という妄想が事実になってしまい、『日本軍の手によってトラックに乗せられて野原でガソリンを撒かれて生きたまま焼き殺された少女』が、いつどこでどのような理由があって、その事件が起きたのかという記録もない。その何もないいい加減な処から映画を妄想で制作し、とんでもない鬼畜の様なシーンが作られ『この映画は事実をもとに作られた』という説明文が添えられることになる。

 でっちあげで、歴史を語り、保管した記録を残さなかったので、自分達の手で収納した先を失念していながら、それを日本によって略奪されたので行方が分からなくなったと記事にする国なのだ。そして、あしざまに証拠もなしに盗人と言募ってきたことへの謝罪もする気がない。礼節というものを解しない野蛮人だと思うしかない。彼等はまともな人間ではないと思った方がいいのではないか?
 
 紛失物の話は他にもある。戦後、連合国軍最高司令官のマッカーサーが併合する前の朝鮮時代の国璽が、我が国で保管されている事を知り、それを李承晩大統領に面談した際に送り届けたことがあったらしい。我が国からマッカーサー元帥にそれを届けたという記録は残っている。そして、連合国軍が司令官の名で韓国に送ったという記録もはっきり残っている。しかし、1990年代のある日、平和になって久しい大韓民国になって朝鮮時代の国璽は何一つ現存していないことが判明したそうだ。しかし、この件では日本のせいにする事ができなかった。返還に至る記録が残っていたからである。
 そして、この時期には他にも紛失したものが発覚した。なんと!大韓民国の憲法原本が紛失してしまっているという事実もほぼ同時期ぐらいに発覚したことで、朝鮮日報の新聞記事になった。憲法原本の紛失は、普通には考えられないほど杜撰極まる管理事情を露呈した衝撃的な出来事でありながら、誰も心配する人がいなかったらしい。憲法については、既に原本の内容がコピーされていたので、原本を辿る必要がないと言うのが理由なのだそうだ。この考え方ではこの民族には古典というものが残らない話になるように思いますね。紙に書かれたものであるが故にその貴重な資料を伝えていこうとする情熱がないのかもわかりません。原本に使われた紙や、書かれた文字のインクの色とかも歴史を伝える貴重な価値がある。そういうものに関心がないのだろう。
 とにかく、なんでもなくしてしまう文化、物を粗末にする文化というのは、彼等の伝統のようだ。文化を破壊する文化というべきなのかもわかりません。彼等はそれを恥じてはいないようなのだ。

 やはり価値観が異なるのだろう。共通の認識がないという状態で対話が可能なのか?
 事実に基くものがない話をでっち上げて事実だと主張するのは普通の国では頭がいかれていると思うが、彼等はそれが正しいことだと思っているようだ。

 先の国宝は我が国に存在した事実がない、事実としてないものは記録にない、記録にないのに、隠したと言われ続ければ、ウソをついていると主張していることと同じである、我が国政府は、今回の韓国の紛失物の発見に関して抗議するとかの行動はしないのだろうか?

 嘘を改めさせないから、売春婦の丸焼き事件のでっち上げをやったのではないのか?

 当時にあっては貴重なガソリンと貴重な軍用トラックである。そういう貴重品に売春婦を乗せるはずがない。それを言えば差別になるのか?  しかし、そう云う反論をして、その事件は具体的に朝鮮国内のどこの村で、被害者の名前は誰で、いつ起きたのか? 日本軍側の部隊は誰なのかについて説明を求める必要がある。

 彼等との対話は常に記録に残しておかないとでっちあげを食らうということだ。最初から相手にしない方がいい。

 大使の引き上げとかを考えて実行に移す時が来ているのではありませんか?

投稿: 旗 | 2016年3月22日 (火) 02時53分

   米国は移民流入とアメリカンドリームで世界を牽引してきた。そしてEUも関税障壁を撤廃する事で日米への経済的優位に対抗するだけでなく、世界大戦の反省から戦争防止策も含め統合を進めてきた。しかしこれ等の国の様々な統計を見て見ると中々理想と現実が乖離して来たのが分る。日本はどんなに他国に非難されようと移民政策には慎重だったが現在の結果を見ていくと正しかったかもしれない。やはり移民を認める時は優秀で日本でやっていけるだけの経済力があり、日本文化や日本語を学ぶ意欲がある人間で無いと暮らしていくのは難しい。他国は大量に移民を入れる事でその国々の町が出来るがその国の母国語を話すかと言えば話さない人達が多い。そして折角欧米に居ても高い文化を学ぶどころか本国と似た様な町を作ってしまい、犯罪も横行する。警察がコントロールして管理している内は良いが汚職が蔓延し犯罪が野放しになってくると犯罪者の方が金と武器に物を言わせて警察組織を圧倒する。そしてこの裏には麻薬組織やテロ集団、人身売買組織が大量の金と武器で支配する。こうなると警察では対処出来ない。最近米国で警察が軍隊並みの装備や訓練が相次いでいたが多分犯罪組織やテロ予備軍が多くいる現われだろう。統計の細かい数字や内容は忘れたが米国の犯罪や家庭内暴力、子供の貧困等々、もう米国は一流どころかどう見ても二流工業国という衝撃的な統計だった。宇宙や航空、軍事産業では米国は抜きに出ているが国民の質や生活の内容ではとても一流国とは言えない結果だった。移民を大量に入れたのは良いが多くなり過ぎると質が落ちるのではないか?外国で日本人社会にいて日本語を使っている人達は英語や欧米文化を学ぶ意欲が低い、日本の生活や食事、外国語の壁を乗り越えられずホームシックから日本人と生活や言葉を共有するがこれでは外国に居る意味が無い。ケビンメーア氏は米軍人には珍しく祭りに参加したり日本語や文化にも興味を示したが政治や討論にも参加出来る程、日本語の知識がある。しかしあのレベルに行く米国人はあまり多くない。米国が日本より優れている、興味が無い又は漢字が障害となり、これ等の意識が働いて日本語を学ぶ必要は無くなってしまう。基地の中や米国軍人と付き合うだけなら英語で足りるからだ。日本も東南アジアから留学生を含め外国人労働者を受け入れているが彼らの日本語能力は高いし意欲もある。やはり移民を受け入れるなら日本に興味がある人達だろう。最近では日本人でも新聞は読めず、政治経済も分らない若い人がいるが外国人の方が余程意欲があるかもしれない。

投稿: 忍者 | 2016年3月22日 (火) 08時48分

石破さん、こんにちは。
 最近、自民党自ら野党やマスコミの攻撃材料を与えてしまっていますね。野党が無責任ですから参議院選挙で自民党が負けることはないと思いますが、近ごろの自民党の不祥事は好ましいことではないと思います。
 石破さんの件は石破さんの責任を問うのは酷かと思いますが、松島さんの行為は、ちょっと問題ですね。彼女の気持ちもわからないではないのですが、完全にふてくされてしまってますね。子供ではないんですから、彼女には気持ちを切り替えて国家・国民のために頑張ってほしいものです。そうすれば、誰かが、きっと見ていてくれますよ。
 石破さん、健康に気を付けて頑張ってください。やっぱり、幹事長には石破さんに復帰してほしいです。

投稿: 匿名 | 2016年3月22日 (火) 12時48分

【ベルギーで起きた多発テロ】

 空港と地下鉄で自爆テロの容疑が濃い爆発があったそうだ。空港で起きたほうは、警官による職務質問が発端になっているという情報がある。そこで起きた爆発が自爆テロという疑いがもたれているらしい。ベルギー当局の検察官の発表である。地下鉄の方は詳細が不明であるが、ここでも13名ほどの死者があるという事のようである。爆発が起きたという情報がある。しかし、状況を含めて詳細が不明だ。

 ベルギーでは3月18日にパリ襲撃事件に関与したと目される容疑者が逮捕されたばかりである。だから、それへの報復ではないかという話もCNN他が憶測で記事にしている。つまり根拠がある話なのかよく解っていないという事なのだろう。混乱は、今もあり、EUの本部がある場所から遠くない処でもあるため、心理的な衝撃も大きいのではないかと思われますね。EUが狙われたという事ではないようですが、EU本部職員にも待機命令が出たとBBCなどは伝えています。

 こういう状況は、選挙運動にも少なからず影響が出るように思います、米国大統領選挙の事です。トランプ氏の主張が広く受け入れられていくのではないかと観測する人が早速、ネットでも話題にしていますね。米国メデアはトランプ氏を指して『孤立主義』という批判を展開しているようですが、こういう多発テロが起きれば、人々の見方に変化が生まれてきますね。孤立化ではなく、距離を置いて注視する姿勢という言い方が出てくるのは時間の問題ですね。平和主義を貫くにもいろんなやり方があるのではないかと思います。それが、トランプ氏の場合、独特なスタイルに見えるということだろうと思います、あの髪型のように真似ができないスタイルというのは、これからの米国を象徴するようにも見えてきます。
 米国は、2001年に起きたテロ事件を今も引きずっています。ベルギーのテロ事件について、どういう評価が起きるのか注目する必要がありますね。

 当然、米国の警戒態勢のレベルも自動的に上げられているのではないかと思います。この混乱の終息にはかなりの時間が必要になると思いますね。5月のサミットにも影響が出て来るような気がします。
  我が国の警備警察の情報収集能力が試されるのではないかと思います。大変なことです。

投稿: 旗 | 2016年3月22日 (火) 23時19分

振り込み詐欺防止条例案を制定して欲しいです。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年3月23日 (水) 07時59分

石破さん  ≪ビットコイン物語2題≫
①3/4日経【ビットコインを「貨幣」に認定 閣議決定 http://goo.gl/YeMEFX 】
⇒この閣議決定は、「本来無価値なもの、実体のないもの(=仮想)」に金銭的価格を付けるものであって、バブル発生の仕組みそのものだと思いますけどね。経済にも国民生活にも「無知であることに無知」(即ち無恥)安倍一味は、「貨幣の何たるか」さえも承知せずに(それ以外には考えられない)、「貨幣に認定」する愚挙を犯した。
重要なプレーヤーである発行体(日銀)も流通業者(銀行)も、その信用や信頼には何も公的に担保されていない。実体的に誰も貨幣事件(“事故”に非ず)の責務を負わない(負えない)仕組みになっている。彌縫策でしかない規制の屋上屋を幾重に重ねても、根っ子に温存された腐敗はそれらの全てを掻い潜り、食い破り、早晩、表面(=日常の経済や生活)さえも食い荒らす。
「戦略の間違いは、戦術や作戦では正せない」のが道理。

②3/22ニューズウィーク【ビットコインに投資家の支持 http://goo.gl/bYqYyr 
ほらみろ!言わんこっちゃない!(一寸感情的になっているw)。
ビットコインは大昔のチューリップ球根と同じくバブルの元なんですよ。そもそも、価値のないものに金銭的欲望が市場(私情?)価格を付ければバブルは発生するし、どんどん膨張する。
愚かな安倍一味に率いられる日本政府は、そのビットコインを貨幣として公認した。細かい部分は違いますが、大きく捉えれば、カジノ法案を成立させるのと全く同じ構図です、即ち「社会を乱し歪めても無関心でいられる(即ち愛がない)発想」だと思います。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月23日 (水) 09時11分

石破さん  ≪「あるかも知れない運転」≫
日経【児童相談所、保護せず男子生徒自殺http://goo.gl/Pe0bw6
対応に間違いはなかったが、自殺‥】
「危機に直面している子供の命を預かる重責」を担う責任者に、こんな卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)言い逃れを許している限りこの種の事件に終わりはないと思いますね。
危機察知能力がなければ、全ての潜在的自殺を防げません。公安が自動車教習所で教えていた訓えを、児童相談所にも校長や教職員にも全員に徹底的に教え込むべきですね。洞察的に「“自殺の危険があるかも知れない”、“苛めがあるかも知れないを基本とせよ”」、即ち楽観的な「自殺も苛めも “ないだろう運転”は駄目だ!」と。冒頭の言い訳は今がその駄目状態だと白状している。

呑気に【対応に間違いはなかった】などと詭弁強弁を吐いていないで、「間違いがあったから自殺を招いた」と認識して、そこから再発防錆の健闘を始めろ!心底から深刻に受け止めろ!馬鹿者奴!と言うべきでしょう。言葉は汚いが、尻を蹴飛ばす程度のことは不可欠な状況でしょうね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月23日 (水) 09時40分

   ベルギーでのテロは地下鉄と空港で起りEU本部やNATO本部に近かった。バリでの容疑者逮捕が数日前に流れたが100人以上拘束したのに未だテロを起こす実行犯とそれを遂行する能力が炙り出された形だ。地下鉄サリン事件があり、伊勢志摩サミットを控え、オリンピィクもある事からテロを日本で絶対に起こしてはいけない。パリやチェニジアもテロ後観光産業が低迷し日本人だけでなく多くの人達が心ならずも敬遠する形になってしまっている。EUの理念を揺るがし、米大統領選にも影響を与えるだろう。日本に防衛費を100%払わせないのかと批判も出ている様だが日本は日本のテロ対策と防衛強化をすべきだ。今こそ、本当の危機管理能力が試される時だろう。

投稿: 忍者 | 2016年3月23日 (水) 11時40分

◇◆財政健全化◆◇
世界の常識では、財政状況の指標は債務残高の対名目GDP
比です。この指標は第ゼロ近似的に、名目金利、プライ
マリーバランス(PB)、名目GDPを独立変数とする関数です。
(その他の要素は考慮されても摂動程度です。)よって、
財政改善とは債務残高対名目GDP比の低下です。そのため、
PBの正負にかかわらず、名目金利と名目GDPの調整で財
政改善可能となる解があります。具体的には、PB変動を
十分小に保ち、名目金利 < 名目GDP伸び率にすれば、PB
が負でも債務残高対名目GDP比低下となり、財政改善にな
ります。

現状では、日銀のQQEなどで名目金利が十分低いので、財
政出動と減税による需要創生でインフレ率適正化をしデ
フレ脱却となれば、名目GDPが十分上昇し、財政健全化が
達成されます。さらに副産物として、3,4年でPBも正に
なります。逆にPB正を目的にすると、名目GDP上昇が阻
害され、財政健全化が困難になります。

このように財政健全化には、基準指標として名目GDPを単
位とする相対的な描像が必要です。貨幣経済において、
経済状態は、それが属す集合の元ですが、基準指標を単
位とする相対的な描像での元として意味があります。
よって、状態の絶体評価は意味がありません。例えば、
マネーストックや名目GDPを基準指標とすれば、それらに
関し正規化(スケール変換)された経済状態が等価ならば、
その集合内で異なる元でも同一視できます。つまり、こ
の等価関係を同値関係として集合を同値類に類別して得
られた商集合の元が、経済状態として意味があります。

なお、以上のように経済学でもスケール変換(繰り込み変
換)や繰り込み群の概念が本質かも知れません。実際、経
済物理という分野があるそうです。かつて、ヒルベルト
が「物理学は物理学者には難しすぎる」と言ったようで
すが、「経済学は経済学者には難しすぎる」かも知れま
せん。

投稿: 観測者 | 2016年3月23日 (水) 19時10分

【児童虐待防止法の制定は昭和8年である】

 我が国には、児童虐待の現実を憂いた人が、戦前にあって既に社会問題として捉えられており、法の整備を持って児童の救済に尽力した人がいた。昭和8年の制定は、旧幕臣であった原胤昭の児童救済活動をその嚆矢とする。時機を見れば昭和になって経済恐慌が起きた時期と重なるのは偶然の事ではない。社会の貧困が猖獗を極める時期と重なっていることに注目をする必要があるのだ。
 原胤昭は南町奉行与力であった佐久間長興の息子で、同じく南町奉行与力であった原胤保(母親の実家の当主)の養子となって代を継ぎ与力の職を襲名する為の見習いをやっていたようだが、幕府が瓦解して東京府職員として出仕していたそうだ。しかし、旧幕臣であったことが待遇に於いて問題があったのかもわかりませんが、そこをやめ、社会運動に身を投じていくようになります。自由民権運動などの活動から逮捕されたりしたことが契機になり、監獄の待遇に問題があることを知り待遇改善の運動を起こすに至ります。その中で児童虐待の現実を知り、これは大変なことだという危機感を持って取り組むようになりますね。そして、児童虐待防止法の制定に取り組むようになったようです。

 この法律があっても児童虐待の数が減らなかった事を憂いていますね。彼はクリスチャンでもありました。それはともかく、貧困と児童虐待の間に関連があるのは憂うべき問題であります。児童虐待を防止するする。あるいは、虐待を受けている児童を救済するための関係機関の働きは。何年も前から問題になっているのに、死者が出てから騒ぐという事が幾度も繰り返されるばかりですね。
 児童相談所の設置にも、大変な努力があって。2006年には、全国の政令指定都市には設置があり専門の資格を持った職員の待機があり、警察の協力を要請して虐待されている児童の救済に漕ぎつけるところまで法律の改正他の努力があったはずである。しかし、肝心の職員の意識が無能なのか怠慢が原因なのか不明ながら。『後悔している』『反省している』という言葉を述べるだけに終わっているのは頼りにならない実態を広く知らせることになっています。
 児童相談所に配属される職員には、適任ではない人が配属されているらしいという噂が絶えないのも、背景にありますね。その実態を公表することがないのも。そういう噂を放置させているように見えてしまいます。本当か嘘かわかりませんが、市民税関係の仕事を長年やって来た人が人事移動の結果、突然、児童相談所職員になったと云うようなことが昔は普通にあったらしい。そういう事が役所の世界では簡単に発生するので、児童相談所の行動力に期待する人はいなかった時期が続いたように言われます。今もそうなのか? 
 児童相談所で失態が続くのは、能力のない人を、そこに配属させているのではないかと疑う事から始めないといけませんね。相模原市の児童相談所だけが問題なのかも解りませんが、他も同じようなことが起きないようにしておく必要があると思います。

 これが起きて気になるのは、児童虐待防止法にある条文を見て気が付いたことです。

 『児童虐待の定義
同法第2条において、18歳に満たないものを児童とし、保護者が行う以下の行為を「児童虐待」と定義している。
1.身体への暴行
2.児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること
3.心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置
4.保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること
5.著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

 児童虐待の早期発見努力
同法第5条において、学校・病院等の教職員・医師・保健師・弁護士等は、児童虐待に関して早期発見に努めなければならないとしている。

 これを見て思ったのは、広島の町立中学校で起きた進路指導を発端とする児童虐待事件の事である。この事件は、保護すべき立場にある学校教職員が率先して、無辜の中学生を根拠のない資料で万引き犯にしたて、それをもとに進路指導と称して、学校推薦の拒絶を伝え、中学生を自殺に追い込んだという事件と見ることができるのだ。児童虐待が教育の場で教職員の手で行われていたという事実に驚愕してしまいます。
 
 『児童虐待に対する強制調査
同法第9条において、都道府県知事は、出頭を求め、また必要に応じて自宅へ立ち入り調査を行うことが出来ると定める。保護者がこれらを拒否する場合、裁判所の許可状(令状)を得て、臨検・捜索(強制捜査)を行うことが出来るとされている。』

 この法に則れば、広島県知事は、この県下にある問題の町立中学校に対して、児童虐待の容疑で強制捜査をおこなうことができるのではないのか? しかし、今に至るも広島県がこの事件について動いたと云う話は聞かない。何が間違っているのかの判断が、当事者には解っていないのかもわかりませんね。虐待する親や、虐待をする教職員という存在は昔からある。そのような人から子供の命を救済するという考え方は戦前から既にあるのに、その法律が健全に運用されることがないのは大きな問題だと思いますね。法があってもその運用に躊躇するのは、何か別に問題があると考える勢力がいるからだろう。子供の命より優先する事情に配慮する愚かな人が問題ではないのか? 法があっても、巧く機能しないのは能力の問題である。残念な人がそこにいるだけで最悪を見るのだと思います。

 いつも問題になるのは、どのような場合でも当事者がどういう認識を持って臨み、どのような判断を下しているのかだと思いますね。中学校の校長は、言い訳ばかりして間違った指導をしていた事実を誤魔化そうとしているし、児童相談所の所長は、済んでしまったことの中身をもう一度調べてみたいなどと呑気な言い訳で済まそうとしている。当事者適格に欠ける人事が、そこにあると思ってしまいます。能力の問題なのだろうか?

投稿: 旗 | 2016年3月24日 (木) 01時24分

空港や駅などの警備体制を見直した方がいいと思う。アダムス方式を早期に導入して欲しいです。カラオケ大会で地方の演歌歌手を招いてはどうか。小中一貫教育を拡充した方がいいと思う。中学部活動のですけど、外部人材を積極的に活用した方がいいと思う。小学校高学年ですけど、一部教科担任制を導入してはどうか。ICT教育を推進した方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年3月24日 (木) 07時51分

消費税増税に関して8%に上げるときは大いに反対しました。
製造業の収益増加のための円安で輸入品価格が上昇し、消費税増税のダブルパンチで消費が冷え込むのが目に見えていたからです。
資源の少ない日本において国内消費の大部分が輸入品に頼ってるわけですから。

ところで、次回の10%への増税に関してエコノミストの一部は反対してるようですが、僕は8%の時のような影響は少ないと考えます。
消費者として消費税上げて欲しくない気持ちはありますが、現在は消費のボトムラインにありますので、10%になったところで消費マインドはあまり変わらない。

それより、円高局面にシフトして輸入品が安くなる方が効果的です。
現在の110円/$が90円/$になるだけで
20%減税になりますから2%の増税なんて消し飛びます。

デフレと円安の板挟みになってる輸入を生業としてる企業が元気になりますので、消費環境が活性化するのではないかと。

何より10%という消費税は税込計算がやりやすい。

貿易黒字は赤字に転落するかもしれませんが、すでに豊かな日本の場合、貿易収支は貿易摩擦を生まないためにも長期的にトントンがベストかと。

また、外国人観光客が少なくなるかもしれませんが、今はちょっと多すぎな気もしますし、それによる宿泊料金の異常高騰で円安メリットが無いにもかかわらず観光客が減らないのは、安い旅費が魅力のすべてではない証拠でしょう。

円相場は100~110円を中心に緩やかに円安と円高を繰り返すのが良いと思いますね。

大企業は円安による内部保留をため込んでますから、以前の円高時代を乗り越えてきた大企業は少々の円高局面は問題ない。
それより、消費マインドに火をつける方が先な気がします。

投稿: maaat | 2016年3月24日 (木) 08時52分

商業施設に投票所を設置して欲しいです。投票率アップへ、高校と大学に啓発用のトイレットペーパーを配布してはどうか。マイナンバーカードを使って、商店街をポイントで買い物が出来るようにして欲しいです。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年3月24日 (木) 09時17分

   ベルギーでのテロを口実にトランプの水責めより酷い拷問をすべきだという発言はさすがに容認される様に思えない。米国なら何でもOK, 無法地帯の独裁国家ではない。不満や怒りに対しての煽動的発言はあるにしろ、誰にでも良心はある。やって良い事とこれはマズイと思う一線は人それぞれ違うだろうがやはりある。シリアの化学兵器使用もそうだし、首切り強姦国家のISも現代では受け入れ難い。日本も戦国時代には首をぶら下げ褒賞を貰う為に化粧を施す仕事さえあったが
日本の伝統と言って復活させたらアホか!と一蹴されるだろう。ヒトラーに人権はあるのか?テロリストにも人権はあるのか?と言われれば彼らにも人権はあるが裁判をすれば証拠等出何処や経緯は軍の機密上公表出来無い事が多い。そうなると無罪になったりもする。過去には虐殺した実行犯が大した刑も課されなかった過去もある。とは言え、彼も予備選での勝利で浮かれていると自らの発言が災いとなり矛盾をつかれ、中間層に支持が広がらない可能性もある。始めは娯楽として楽しんでいた有権者やメディアも本気で大統領としての適性を判断していくと墓穴を掘るのも難しく無い。テロリストが武器を所持し合法的に殺害するのは良いが、捕まった捕虜を軍服を着ていない戦闘員扱いも無い人を拷問し人間扱いしないなら北朝鮮や中国と大して変わりはしない。敵や悪事を排除をするが憎悪や恐怖から拷問殺害、処刑は先進国の人間としては受け入れ難い。

投稿: 忍者 | 2016年3月24日 (木) 11時03分

石破さん   ≪多言無用≫
朝日-社説【省庁移転 骨太の理念が見えない http://goo.gl/PhElu0 
残念なのは、特に大きな権限を持つ府省本体が、移転候補にあがらなかったことだ。地方側に誘致の動きもなかった】
石破さんには失礼に亘るであろうことを繰り返しますが、ぺこり、そもそも、安倍や菅や麻生にとって地方創生事業はアベノミクスの失敗を糊塗するための駆け込み寺に過ぎないのだから、端からやる気もないのだから、「骨太の理念が見えない」のではない。そもそも、ないんです。ある筈もない。ある道理もない。
朝日は全般的には政権批判に頑張っているのですが、この社説を筆頭に未だ未だ生温いですね。

一部のメディアが報道していましたが、「人生設計に地方勤務なんか全く想定していない」と言い放った霞が関官僚たち(悪賢いモグラ達)が、勝手に描いたその人生設計を優先して、地方創生相たる石破さんたちが創ろうとした流れの邪魔をしているのでしょう。
この国の政治の深刻な病巣を放置している限り、この国も国民も明るい未来を描くことはできないし、早晩、描く気にもならなくなるかも知れません。
勿論、多言無用、その病巣を取り除く責務を負いながらその責務を放棄している主犯は、安倍-菅-麻生一味なのだが。

保守主義の泰斗であるエドマンド・バーク名言集(抜粋)
‥この名言の全てが安倍を寸分の狂いもなく指し示している。
①悪い連中が結託するとき、善人たちは団結せねばならない。
②変革の手段を持たない国家は自己保存の手段も持たない。
③All that is necessary for evil to succeed, is for good men to do nothing
④偽善者は素晴らしい約束をする、約束を守る気がないからである。費用も掛からず、(“愚かな”はhidden)想像力以外に何の苦労も要らない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月24日 (木) 11時18分

2016 3月21日
船橋オートレース
最終日
とうとう老舗船橋が廃止になりました。

残念です。

寺銭30%とか、べらぼうに高かったですから。

投稿: かつしんじろう | 2016年3月24日 (木) 11時53分

総活躍?無理だろ。待機児童だけではない。要介護者も行き場がない。在宅では介護で働けない。だいたいこういう話題で反対意見を言う奴等は金持ちか、家族を持とうとしないちゃらんぽらんか、賢い振りをしてる子供だけだ。

投稿: カバチタレ | 2016年3月24日 (木) 18時18分

言論の自由は線引きが難しい。昔チャタレー夫人映画や翻訳が言論の自由の範囲内かどうか裁判があった。それだけではなく、サドの翻訳が同じ論点で裁判になるだけでなく、彼本人は投獄され原稿が燃やされたりしたので原稿を牢屋の隙間に隠し、二百年後に見付り話題にもなった。彼の文章の過激さは現代でも国よっては翻訳も許されないだろう。似た様な事はインターネットでもあり他国で日本にいる時と同じ様に批判文を政府に対し出せば逮捕されたり、弾圧もされる。産経ソウル支局長逮捕だけでなく、インドネシアで中国人と結婚すると家庭が崩壊すると書いて裁判で実刑が出ている。事実を書いただけとしているが他国ではその事実を書く事自体が不味いのはジャーナリストが逮捕、弾圧、報道の自由が無い事を見れば分かるだろうがプロで無いとその辺がイマイチ疎い。何が建設的な批判で何がただの中傷なのかある程度線引きが無いと逮捕!なんて事になる。

投稿: 忍者 | 2016年3月25日 (金) 06時18分

石破さん    ≪煎じ詰めれば≫
大前研一さん【若者の給料をあげても日本の景気は回復しない:
安倍首相など政府が期待するのは、「給料を上げる→使うお金が増える→景気が回復」という回転ですが、そもそもこの考え方が根本的に外れています。今の日本でお金が余っているのは高齢者であって勤労所得者ではない。勤労所得者の給料を2%程度上げてみても、ギリギリの生活を送っている層ですから消費に回ることはほとんどないでしょう。安倍首相にしても、そのアドバイザーにしても、この点を理解していないのか、ずっと的外れです】
⇒大前さんの考えが「常に的確」ではないのだとは思いますが、この部分(特に“安倍もアドバイザーもずっと的外れ”の部分)は真に的を射ており正しいと思います。が、言い方が未だ生温い。

政治が規制改革を放り出したのだから、また企業経営者が事業構造の転換(その総体としての経済産業構造の転換)に挑んでいないのだから、企業が「稼ぐ力」を強化できる道理がない。付加価値の高い21世紀的なProduct事業に進化できる道理もない。過去3年間の企業収益の改善に貢献したのは、一に懸って、一の矢の「副作用である円安効果」に過ぎない。一の矢の狙いであった「資金需要の掘り起こし」、その要因となる「経済活動の活性化や新規の事業投資や設備投資の活性化」は一切ないと言えるほど成果がない。
円安効果は市場が決めるのであって、それ故に効果が消えるのは、Yes or Noの問題ではなくWhenの問題であって、現実に既に@10/$以上の効果が消えている(広深永に考えれば正常なレンジに戻ったのだが‥)。
姑息な安倍が要求した姑息な賃上げ要求が、定着する道理はそもそもない。安倍が落胆を表明したらしいが、「力強いベア結果」なんか起こる道理もない。要は、アベノミクスが経済の好循環を起こせる道理はそもそもなかったんです。

以上を煎じ詰めれば、実体経済に無知であることに無知、更に卑やしく(卑怯卑劣卑屈な)姑息、加えて政治的計算と打算が得意で、私情に駆られて暴走するだけの安倍一味には、この国の経済を復活させることなんか端からできなかったんです。柄不足(柄じゃあない)には当たり前の結果です。
但し、財政が崖っ淵にあるとは言え、未だ転落した訳ではない。財政が破綻するまでには、僅かながらも時間は残されている。例外的に「遅過ぎることはある」とは言え、「ことを改めるに遅過ぎることは決してない」と信じて、政治と経済の根本(要は“先ずは人”)をTurnAroudさせるに若くはあるまい。

蛇の足:今、TVの国会中継で、自民党青木某の質問に答えて、安倍が盛んに「道路建設、国土強靭化、空港建設」の必要性を訴えている。日本だけは、未だに、19-20世紀なのだろう。ったく。
前回の繰り返しですが、エドマンド・バーク曰く【変革の手段を持たない国家は、自己保存の手段も持たない】。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月25日 (金) 09時57分

石破先生

 去年の春、福島県三春町に旅し、桜の苗木を買ってきて庭に植えました。
私の腰ほどの高さだった木が、この春に身長ほどに伸び 2~3りんの桜のつぼみがついています。今年は福島の春を共有できそうでうれしです。

先生の国会での現行読み違いはニュースで見ましたが、マスコミがしつこく報道してましたね。事前に目を通していなかったことは、迂闊だったかも知れませんが、同時にぶっつけ本番でも答弁できるんだなぁとちょっぴり感心しました。
私など発表の前ではドキドキで原稿を何度もチェックして読み返ししますから。

でも 最近のマスコミや反対勢力は鵜目鷹の目で自民党関係者のゴシップやスキャンダルを暴きたてるようなきがします。
憲法改正を何としても阻止したい、そのためには自民党議員を1人でも少なく、1票でも少なくと必死なんだと考えます。

世間はマスコミに踊らされ、そんな自民党を おごっているとか驕慢だとか批判し、いつ何時それが 怒涛に代わるかもしれません。大衆は時に雰囲気に惑わされる危険もあります。過去に民主党が政権を取ったときみたいに。

また民進党とかの勢力に変わったら 日本は終わりですよ。
どうか 有意義な手を打ってください。

投稿: ブナの森 | 2016年3月25日 (金) 12時25分

   ネットは使い方を間違うとISリクルートに行き着きトルコでテロに参加したいと短絡的な結論に到るが上手く使えば世界中の意見や主張を閲覧出来るだけでなく、自分より頭の良い人達が疑問に思う事を上手く動画やブログに纏めてくれている。その主張が全て真実や正しいとは言えないし誰もがそうならないが情報として観るには都合が良い。ジョンオリバーというトークショウホストが米国で生産されている食料の40%は廃棄されている事実を紹介しているが又、面白可笑しく皮肉を交えて言っている。ふなっしーも彼の番組に取り上げられ観たが中々面白かったが英語を理解出来ないと駄目なのが難点ではあるが英語の勉強にもなるので観て貰いたい。勿論これ以外にもトランプを批判していたり移民問題や核兵器がいかに管理が杜撰か警鐘もならしていて本当に面白い。そして様々な問題の裏には企業や政治家の利害が絡んでいて問題を解決出来ない様に世の中が動いているのが分る。

投稿: 忍者 | 2016年3月25日 (金) 15時34分

石破さん  ≪人事の難しさ、面白さ≫
引用【20日(日)はスズキ・鈴木会長との意見交換会】での石破さんなりの成果を洩して戴けると嬉しいです。
なにせ、愚見では鈴木会長は、その経営資質や能力を基準にして、日本の大企業4千社、即ち日本の大企業経営トップ4千人の頂点に座す十数人のお一人だと思っていますから。鈴木さんの訓えは、此のブログに集う略々全ての人たちにも貴重な訓えになるに違いない。

成功譚だけではなく、企業や派閥の長としての「人の育て方、纏め方」、就中鈴木会長の場合には「後継者の育て方」の失敗譚からくる訓えが非常に価値の高い話だと思います。
そんなお話になってはいないのでしょうけどね(ニッコリ)。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年3月25日 (金) 16時52分

阪南市への今年度の補助金白紙にしてください。
園児630人は無謀過ぎます。

投稿: 阪南市民 | 2016年3月25日 (金) 17時16分

四月になり入社シーズンに突入しましたが希望した会社に入れた方は少ないと思います。独身者などの身軽な間は定期的に転職を誘導させて社会勉強を積極的にさせる方が良いかもしれませんね。業績の悪い会社から波みに乗っている会社に誘導することで社会の調和もとれます。ただし育成に時間がかかる職種・個性を発揮する開発職種・個人情報を扱う職種などは不向きですが、労働者の循環型社会をつくる事で子育てが落ち着いた人も安心して再チャレンジできると思います。

投稿: (^-^) | 2016年4月 1日 (金) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/63362874

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理能力など:

« 東日本大震災5周年追悼式など | トップページ | 政府機関の地方移転など »