« 領域警備、日米安保など | トップページ | 熊本地震、鶴巻温泉「陣屋」など »

2016年4月 8日 (金)

航空自衛隊機事故など

 石破 茂 です。

 鹿屋市での航空自衛隊機の事故はとても悲しく、いたましいものでした。殉職された航空自衛官諸官の祖国に対するこれまでのご功績に心から敬意を表し、御霊の安らかならんことを切に祈ります。
 自衛隊航空機の搭乗員には、華やかな一方で常に死と隣り合わせの一面があります。今回の事故機は入間基地の飛行点検隊に配備されている、U-125飛行点検機という一般にはあまりその存在を知られていない機体ですが、花形とされる戦闘機などを飛ばすだけではなく、多くの隊員たちが裏方として日夜懸命に働いています。杉山隆男氏の「兵士に聞け」「兵士を見よ」などの一連の「兵士シリーズ」は自衛隊や自衛官、そしてその家族の心情を理解するうえでの必読書であると思います。御一読をお勧めいたします。 

 この国会における予算委員会では、待機児童問題とともに奨学金の在り方が大きなテーマとなりました。
 奨学金のほとんどが給付型ではなく貸与型なのは、我が国の他は先進国ではアイスランドだけなのだそうで、とても意外に思ったことでした。貸与型で返済を求める所以は、次の世代の人々が奨学金を受ける原資とするため、ということなのだそうですが、それだけなのでしょうか。国立大学の授業料の決め方も、私立大学との格差是正のみがその本質ではないように思われます。
 母が国語、二人の姉もそれぞれ英語と歴史の教師であったにもかかわらず、私は文教畑にはまったく不案内なのですが、この分野にはどうにもよく理解できないことが多くて自分の不勉強を恥じるばかりです。
 地方創生や新たな日本の国創りは最終的には人づくり、教育問題に帰着するのだろうと思います。国務大臣としてはまったくの所管外ではありますが、基本的な問題について文教関係者の話をよく聞き、関係書籍を通読するなど、この際よく学んでおきたいと思います。

 衆議院の定数是正について、0増6減や「アダムス方式の導入」など議論が進捗しつつあります。
 国務大臣在任中はなかなか党内の議論に参加しにくいのですが、憲法が定める法の下の平等の要請から、一票の格差が二倍以内に収められるべきことに異論はないものの、現実問題として地方の衰退と東京への一極集中は、議員の数と決して無関係ではありません。
 だからこそ地方分権を進めるべきだ、というのはその通りですし、道州制を導入すべきだ、との考えも傾聴に値するものですが(どちらも私が担当大臣です)、いずれにせよ憲法に何らかの規定は必要と思われます。イタリアなどはその例ですが、これもさらに深く研究する必要があると考えております。

 週末は、9日土曜日が福岡資麿参議院議員(内閣府副大臣)講演会「佐賀発!地方創生」で講演(15時・佐賀市文化会館)、佐賀市内における街づくり視察(17時・佐賀市呉服元町)、県内市町村長との夕食懇談会(18時・マリターレ創世)、佐賀県知事・県内首長との地方創生に関する意見交換会(18時45分・同)。
 10日日曜日は小松精練(株)炭素繊維施設ファブリック・ラボラトリー視察・役員との懇談(14時・能美市 同社)、日本自動車博物館視察(15時40分・小松市)、自民党小松支部政経セミナーで講演(17時30分・小松市民センター)、馳文科大臣・石川県知事・小松市長・地元選出議員・県議との夕食懇談会(18時45分・小松市内)という日程です。

 都心の桜は昨日の雨でかなり散ってしまいました。今年もお花見は移動中の車窓からのみで、とても残念でした。
 この時期にはふと、「風」の歌う「ささやかなこの人生」を思い出します。我々の世代は学生時代に伊勢正三さんの歌をよく聴いていたものですが、今も全く古さを感じさせない魅力的な作品が多いように思います。

 皆様、お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 領域警備、日米安保など | トップページ | 熊本地震、鶴巻温泉「陣屋」など »

コメント

自衛隊の激務も金貸しまがいの奨学金も若い方々にもっと優しく! と年寄りの自分は願います。 年上やのにお若い石破先生、これからもお元気でご活躍くださいませ。願

投稿: 61 | 2016年4月 8日 (金) 19時02分

知事大盤振る舞い海外大名行列、
公有施設を外国に優先貸与、
多くの非難を受けながらも
リコールには十分な人数が集まらないもの。
そんなカネに回るのも潤沢な税収が有り余っているからでしょう。
少しでも個人・法人のふるさと納税で
必要だけど資金が足りない自治体を良識で選んで
税収を移転させたいです。

投稿: お肉 | 2016年4月 8日 (金) 19時31分

お疲れさまです

投稿: mr | 2016年4月 8日 (金) 20時05分

◇◆健全野党育成◆◇
与野党が切磋琢磨して止揚するのが、政治の理想形です
が、現在の日本では非常に困難です。その理由は、国民
のための国益を重視する与党に対し、野党の主流が、地
球市民信仰信者(広義のコミンテルン史観信奉者)だから
です。この野党勢力は、国益を犠牲にしても構わないと
思っています。(例:この勢力の元首相の「日本は日本人
だけのものではない」発言)そのため、与党との議論が噛
み合っていません。

この野党勢力およびその支持勢力の国益無視ぶりは、以
下の事例から明らかです。
1) 安保法制に反対で、事実上の外患誘致近平応援団であ
る。

2) マイナス金利政策開始後の外的要因による円高、株安
が進行し始めたころ、この勢力の有力支持者の朝日新聞
では、株価下落の度に拍手がわいた。

3) 合流新党結成時に、政党交付金目当てに反道義的手段
を用いた。浅尾議員の交付金返納の良心的要求は、拒否
された。

4) 日本人へのヘイトスピーチ的表現(地球市民の真骨頂)
の保育園落選ブログを持ち出した。この表現のため、割
れ窓効果による犯罪発生率上昇が懸念される。

5) この勢力議員の質問の国会中継が、ほとんどトリビア
知識クイズ番組となっている。貴重な国会運営時間の浪
費である。(例:「環境の日はいつか」の質問)

6) 首相の睡眠障害を祈願し、非人道的である。

7) 新党政調会長が、資金疑惑の釈明で秘書の不正の説明
をし、秘書責任で逃げ切ろうとしている。

8) 公開されているTPP条文に対する議論が本筋なのに、
地球市民野党はさぼって十分読んでおらず、それをごま
かして交渉過程の議論をしようとしている。これは参院
選目当てのスタンドプレーでしかない不毛な行動でもあ
る。

このような有害野党勢力を減退させ、おおさか維新(政策
的問題点はあるが)のようなよりましな勢力育成を実施す
ることが、日本政治正常化のための最優先事項です。

投稿: 観測者 | 2016年4月 8日 (金) 20時41分

 奨学金をもらって大学を出ても、卒業後、奨学金を返すだけの給料をもらえない人が多いことをよく聞きます。大学を卒業しても、生活していくだけの給料がもらえない問題はよく聞きます。日本の社会が、おかしいのか、本人の努力不足かは分かりませんが、そのような問題は日本だけではないような気がいたします。どこの国でも若者が、生活できないとの話はよく耳にします。すべての若者に当てはまるのではないと思いますが、若者が社会に出ても安心して生活できる国づくりがなされていくことを期待いたします。

投稿: hitomugi | 2016年4月 8日 (金) 21時08分

父親は元自衛官で昔靖国神社や護衛艦にも乗船していたと聞きましたが物心ついた頃には辞めていたので憧れと共に恐ろく厳しい父親というイメージが出来ていました。親戚にも警察官がいてやはり現役時代は厳しいイメージがあります。その家族や親せきと言えども常に緊張を抱えて生活するのは当たり前で任務だけでなく、責任の重い仕事だけに事故や何かを覚悟しないといけないのは家族も同じです。それとは別に以前は今ほど自衛隊には国民の理解も無く、軍隊アレルギーが蔓延していたので余計厳しい状況下で働いていたと想像出来ます。最近では自衛隊への理解も少しずつ広まり、彼らの誠実な活動もあり国民に歓迎されるに至って来ているのでこの様な事故は大変残念ですし、彼らがあってこその日本の安全があると感謝しています。ご冥福をお祈り致します。

投稿: 忍者 | 2016年4月 9日 (土) 05時47分

国創りは人つくりなのですが、人を教育する教員が国家に忠誠を尽くさない、国旗掲揚を拒む、国家を謳わないだけでなく、共産党員が多く中韓礼賛で本当に日本人が出来るのだろうか?勿論、国家が教育を支配すれば国家を優先した過去の繰り返しをする可能性があるし、国家を批判するだけの思考回路も育たない。しかし教育の低下やモラルの低下は教育界の不能と機能不全が引き起こした当然の結果で改革が必要だ。何でも反対する事は理性的とは言えず、何が必要で何が良いのか悪いのか、時代に合うのか合わないのか、将来にどういう物が必要でどうするのかを判断する事を教えるのが教育であり、個人だけでなく、社会や地域、日本と世界に何が役立つかを考え、判断出来る様にするのが教育だ。安倍政権や自民党の言う事は何でも駄目だ、自動的に批判している様では考えていると言うより反応している。反対派はそんな反応しか出来ず、理性的に取捨選択しないので有権者もイマイチ育たない。教育界と反対派のお粗末で稚拙な言論や行動が一部の幼稚な国民を作り上げてしまう。

投稿: 忍者 | 2016年4月 9日 (土) 06時05分

広島宣言は核保有とウランやプルトニウムの量を明確にする事でコントロールする仕組みを作ろうとするだけでなく、核兵器を使用するという事を知って貰う為に爆心地を訪問して貰い安易に核兵器を使用する事が無い様に促す試みだ。理論的にはアインシュタインが提唱した様に世界中の軍隊も核兵器も国連の様な国際機関が一元管理し一国では戦争を仕掛けられない様にする方が望ましいがどの国も自国の利害と他国への不信は乗り越え難く今日に至っている。核は無い方が良いに決まっていると言いたいが核の無い時代に世界大戦が二度も起こり、核が配備されてから冷戦と言う神経戦ともいうべき、戦争があったが日本はそのおかげで戦争に至っていない。皮肉な事だが核が抑止力になっているのも否定出来ない現実がある。

投稿: 忍者 | 2016年4月 9日 (土) 06時27分

石破さん ブログのご更新有り難うございます!
鹿屋市の自衛隊機事故で「非常に残念で無念」と紋切り型の言葉を並べただけで自らの言葉で痛切な心情を吐露しなかった(できなかった?)中谷某にこそ「兵士に聞け」「兵士を見よ」などの「兵士シリーズ」を繰り返し熟読し、豊かで広深永な心を養って欲しいものです。そんな豊かな心は紋切り型であることを潔しとせず「自分の言葉」を生み出すのだから。
まあ、係長クラスは饒舌な営業トークで自分の言葉で食言詭弁強弁(有態には全てが嘘)を垂れ流していますが。

閑話休題  ≪六十而耳順≫
行天豊雄さん【①円安は見掛けの利益をもたらすが産業の本当の国際競争力を強めない ②産業は時間は掛っても相場変動に左右されない構造に変って行かなければならないhttp://goo.gl/XAUmgl 】
これもまた行天さんの広深永で素晴らしい産業論、事業経営論であり為替論だと思います。
心の歪んだ安倍一味も臆病風に吹かれている大企業トップも、心を素直にして、良く聞け!と強く言いたいですね。論語の「六十而耳順」は単に知識として知っているだけ、また神棚に飾るだけではなく、実践しかつ成果を出すことに意義があると訓えているのだと。
但し、心や構えの歪みは、「耳順」だけでは治る道理はない。今の重職を即刻に辞して、「吾十有五而志于学、三十而立…」から人生を遣り直すしかあるまい。「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」のだ。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月 9日 (土) 10時24分

石破さん ≪パナマ文書ではなくTaxHaven(TH)≫
①NYT:‘The Panama Papers’Sprawling Web of Corruption
http://nyti.ms/1Sz4uWs
②日経【パナマ文書、なぜ波紋 http://goo.gl/A6mk1r 】
これら二つの記事はTHの問題を矮小化していると思いますね。
NYTはTHではなくパナマ文書の側に引っ張られているし、日経事は初心者向けなので止むを得ない面もありますが、日経自体の狭浅短さも原因しているだろう。
THは歴史的に、小国の国家戦略に加えて、世界中のずば抜けた頭脳(必ずしも褒め言葉ではない)を持つグローバル企業の経営層と会計税務専門家が加担して生み落とされた経緯がある。世界の政治権力者や麻薬業者などの「金の亡者」を吸い寄せるのは当たり前でもある。従来の二重課税対策は作戦レベルの彌縫策に過ぎないから、THの拡散と悪用の蔓延を止められる道理もなかった。
そんな彼らの汚い尻を拭わされているのが、結局は「富の極端な偏在と貧富格差拡大を強いられる一般市民大衆であり、また歳入の減少を通じた財政逼迫を強いられる先進大国(注)なのだ」と云う現実を厳しく指摘するべきなのです。
(注)日本財政逼迫の主たる原因は他にあるが。

民間の富と国家の富に関する今の歪んだ構図には持続可能性はない。人類に与えられた選択肢は、貴重な社会的公正や社会正義と云う価値(GlobalCommonsの一つ)が破壊される状況を放置するか、抜本改革を施し悪循環を断ち切るしかない。人類に智慧と的確な洞察力があるなら、後者の道しかないだろう。
先進大国が文字通り戦略的に、それら小国とのWin-Winの構図を成すべく智慧を絞ることが欠かせまい。Win-Winは日本流に言えば「お互い様」の精神だが、欧米流には「GlobalCommonsの防衛と増進」の精神にも通じる。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月 9日 (土) 10時25分

いい加減タックスヘイブンを使った税逃れを、規制できないんですかね。
せっかくTPPで協定を結ぶんだから、TPP域外への租税回避行動には重税を掛けるくらい出来そうですが

地方創生をいうなら、ふるさと納税の控除の限界を東京だけ4割にするとかしたらどうでしょう
舛添都知事もお金の使い道に困って、都の土地を無料で国立競技場に貸し出したり、外国の学校のために都の土地を提供したりしています

投稿: いちろう | 2016年4月 9日 (土) 22時36分

「一年の謀は穀物を植えるにあり。十年の謀は木を植えるにあり。百年の謀は人を植えるにあり。」
教育は百年の計である、と新島襄(by大河ドラマ「八重の桜」)も言っていたらしい。

でもこれ、出典が中国の諺なので儒学否定派の襄さんにしては珍しい事を言っています。
それにこの言い方だと、百年先を重んじて一年先を軽んじる人も居そうな気がする。

「一国を維持するは、決して二、三英雄の力に非ず。実に一国を組織する教育あり、智識あり、品行ある人民の力に拠らざる可からず。」
こっちのほうが本気を感じます。

投稿: きました | 2016年4月10日 (日) 06時20分

   ミャンマーのアウン・サン・スー・チー政権が政治犯や拘留されていた学生運動化69人を釈放し民主化への第一歩を進めた。軍事政権化で彼女も逮捕、自宅軟禁されたがさすがに彼女を何らかの理由で殺害する事は出来なかった。軍事政権化の改革なので議会での議席は法律で過半数以上は軍事政権側となっているらしく本物の民主化ではないが限定的に認め、彼女が改革を進めていくのが期待される。モン族だけでなく、国内で武装勢力が各地にあり、民主化推進側との交渉で武装解除、又は和平に向けた交渉をし国内を一つに纏められるかが今後の課題となるだろう。軍事政権下なのに投資が流入し軟化した背景には経済発展を許さないと他のアジアに置いて行かれるという危機感があるのかもしれない。経済が失速したとは言え、インドネシアだけでなく、タイやベトナムも投資だけでなく、経済発展が著しいのでこの機会を逃さず、民主化と合せ、改革すれば投資をもっと呼び込めるだろう。その為のスー・チー氏でもあるし、彼女を旗頭に国内が一致し経済発展する事を期待したい。

投稿: 忍者 | 2016年4月10日 (日) 06時31分

民進党…

江田さんが民進党としてテレビ出演していました。
民主党は結局、選挙の為数合わせに落ち着きましたね…話しの内容、民進党に期待をかけている皆さん聞きましたか?
安保も日米同盟も皆さんの期待には答えませんよ!!
なのにそこら辺はメディアには明言せず…
デモの先頭に立ち
冷静になってリーダーを選んで下さいね…

民主党政権で『基地は国外』『日米同盟云々…』『高速道路無料化』『ガソリン料金の安定』『特殊法人の解体』『天下り撲滅』色々わかりやすい約束…どうなったでしょう…

投稿: まな | 2016年4月10日 (日) 08時46分

   租税回避地と言われるタックスヘイブンだが英国ロンドン金融特区がモデルとなっていた事から以前キャメロン首相や王室等も疑われていた。税金を課す側が税金逃れをするというのは珍しくなく昔から様々な手法を駆使して税金を逃れている。金融特区や法人税引き下げの場合なら政府が世界から投資を呼び込む為の政策としてやり外国も含め税金を徴収している為に問題は無い。しかし税金逃れを目的に企業の本社や政治家の資産を隠す為には租税回避地が利用される。今回のパナマ文章は税金逃れの一部でしかないが、その一部だけでもアイスランド首相が辞任し、キャメロン首相も疑われている。中国習親族の名前もあり、序列10位以内が数人いるので中国では検索自体検閲対象となりアクセス出来ない。プーチンの名前も当然の如く入っているが何時もの如く米国の陰謀だと言っている。共産国家こそ私有財産を隠し汚職や賄賂で表に出せない金が多いので秘密口座を利用するのが当り前だろう。米国でも中国の資産隠しや親族による資産移転だけでなく、愛人村や財産隠しや移転は米国だけでなく、欧米諸国に広がっているが今回の租税回避は共産国だけでなく、主要な欧米諸国だけでなく、主要企業も相当な数が入っているだろうから相当深刻な衝撃を秘めている。スイス銀行がナチス資産を持っていたのと同様にケイマン諸島やバージン諸島の口座、その他の租税回避地の口座が公開されたり、ハッキングされれば世界は大混乱に陥るだろう。貧乏人は住民税を払わなくても政府が取り立てに来て資産を凍結や差し押さえにくるが鳩山が株式売却で税金逃れをしても5年も放っておく始末だ、小沢の土地売買に関する5億も課税対象になっていないし、政治家がボケットに一億の小切手を入れたと証言されても対象にならなかった。政治家だけでなく、企業もあの手この手で税金逃れをやるが庶民は何重に税金を取られても回避する方法がほとんど無い。愛国心を税金に例えたら国民が多く、儲けている人程税金逃れが多いかもしれない。皮肉な事に世の中はそういう風に出来ている。

投稿: 忍者 | 2016年4月10日 (日) 13時55分

石破茂地方創生担当大臣今晩わ(^◇^)自分は石川県野々市市に住んでいるペンネームたつやです。今日は石川県小松自動車博物館視察お疲れ様でした。石川県小松自動車博物館視察終了後玄関前で一緒にショット写真ありがとうございましたm(__)m今後も体調に気をつけてお仕事頑張ってください。石川県野々市市より応援してます。

投稿: たつや | 2016年4月10日 (日) 19時02分

若い人たちの就職等の足枷とならないような制度が理想ですね。でも現実は違います‼︎💢
石破さんのように、苦労を重ねても努力し続ける大人が増えないと、若い人たちの苦しみは減らないです😖

投稿: くま | 2016年4月10日 (日) 22時13分

【脱税と節税の間にある境界とは何か?】


 パナマ文書を巡って世界中で問題になっていることは、結局その境界というものはあるのかという事と、その境界を構築する上でなんでパナマの法律事務所の手を借りて信託に関する契約書などの文書を作成し、しかも原則非公開なのか? という事ではないのだろうか。その問いに答えられなくなったからアイスランドの首相の辞任があり、英国のキャメロン首相の小出しの答えに疑問がさらに膨らむという循環を繰り返すことになったように思います。

 キャメロン首相は、最初は亡き父の関与があったと認めただけで自身は無関係だと突っぱねていましたが、妻の相続問題からやがてそれは、亡き父親の財産を税金回避が目的で妻に相続させた疑いが生じていると指摘され、彼はその回答に窮しているという報道がBBCにあります。おそらく、月曜日には首相官邸前で市民のデモが発生するのではないかと思いますね。サッカー協会他の疑惑から見れば金額的には大きなものではありません。
 しかし、これは英国市民の感情を揺さぶることになるかもわかりませんね。なぜなら、隠そうとしたという流れがあります。こういう展開があると収まりませんね。根拠のない予想ですが、キャメロン氏は辞任するかもわかりませんね。そこがロシアやシナ帝国との違いですね。我が国でもその文書から企業の名前が判明しているそうです。彼等がどのような弁明をするのか見てみたいですね。ネット掲示板は炎上中です。
 節税対策と脱税は異なると思います。税金回避が目的なんだと思いますが、なんで? パナマにペーパーカンパニーを使って契約文書を交わす必要があるのかという事ですね。しかも外部に知られたくない対応がそこにある。脱税が目的と言う事ではないかと思う人々が普通に出てきますね。彼等にきちんと説明ができるのかという事です。

 これは、関係する企業が多すぎることから、政権を揺るがす事態に至るような気がしますね。『調査する』と言い直す必要がありますね。残念では済まないと思います。これで多くの企業の脱税がばれて国民から批判が起き、その企業がつぶれることはないと思っているようなら重症ですね。これは破壊力を伴った自爆テロのようなもんですね。

 国税当局は調査をすると言っているようですが、それと政府の対応が異なっているという事になるのは可笑しい話ですね。政権はこの問題で選挙に負けるかもわかりません。それぐらい破壊力のある大問題だと思います。

投稿: 旗 | 2016年4月11日 (月) 05時42分

【メデアが年齢を表示しないことがある】


 米国の共和党大統領候補のトランプ氏は(69)という表示がいつもと言ってもいいぐらい出てきますが、なんでか? ヒラリークリントン氏には年齢を示す表示がない。公人なら女性であっても年齢表示するべきだと主張しているようなメデアにあっても、クリントン氏の場合はスルーしていることがある。クリントン氏はそのおかげで若いと思われているらしい。2~3人ほどの知人にクリントン氏の年齢を知っているかと尋ねると、60歳代と答える場合でも62~3歳ぐらいかと云う。中には50歳代の後半と言い出す人もいた。

 女性に年齢を聞くのは失礼なのかもしれないが、公人にあっては年齢もまた重要な情報である。健康状態などを知る上でも必要になりますね。なぜ? 隠すのか?

 民主党候補者の印象を操作する目的があるのかもわかりませんね。民主党の候補者には他にもサンダース氏という人がいてこの人は73歳なのだそうだ。明らかに老人と言ってもいい年齢である。しかし、候補者選びの戦いでは健闘されておられるようだ。

 クリントン氏は1947年生まれである。そして、トランプ氏は1946年生まれである。1歳しか違わない。つまり、68歳と69歳の選挙戦なのだ。そこから見えてくるのは、米国にあっても戦後世代が、力を握っている状況にあるという事なのかもわかりませんね。
 68歳と69歳では、はっきり言って、若くはありません。老人世代の人である。そういう認識は米国民にあるのだろうか?
 小浜大統領は1961年生まれで、54歳である。ここから一気に10年以上老け込むことが解っていますね。米国の老化は急激に訪れる。その辺りも注意をしておく必要があるような気がします。

投稿: 旗 | 2016年4月11日 (月) 06時28分

メルトダウンのマニュアル…

東京電力がメルトダウンのマニュアルが存在し、メルトダウンを早急に判断できれば、事故から4日の内には、処置作業ができていた…と発表した…って、私の周りでは、津波の映像をリアルタイムで見ながら『あー、メルトダウンが始まった!絶対メルトダウンになっている』…って言っていました。ニュースでは否定と言うか、触れていなかったので、『へぇー?』って思っていました。
やっぱり、菅さんの『知ったかぶり』でいらない指示を出した事が現場の冷静な判断を狂わせたんですねangry
メルトダウンの結果どうなるのか、私はわかりませんが、私の周りは選挙の関係もあるせいか、発電所の視察やピーアール館に行く機会が多いので原発の理解が深い…知らない事の弊害…必要以上の不安や差別

投稿: まな | 2016年4月12日 (火) 05時34分

【G7外相会談の幕開けに広島訪問】

 サミットを意識したイメージ作りが目的なんだろうと思います。ケリー長官が記者会見で『平和記念公園を初めて訪れた米国務長官となったことについて「非常に大きな名誉だと感じたとともに、感極まるものだったことを個人レベルで表明したい」と述べた。また、平和記念資料館(原爆資料館)について「驚異的」で「人間としてのすべての感受性を揺さぶられる衝撃的な展示だった」と語った。さらに今回、広島を訪問したことでどんなメッセージを発信したいかと尋ねられると「すべての人が広島を訪れるべきだ」と述べた。』という感想を述べたことに注目が集まっているようです。これがあったから、さあ明日から核兵器廃絶だ。等と呑気なことを言わないのが政治家なんだろうと思いますね。パフオーマンスとしては成功です。サミットが平和を希求する会合なんだと主張することに成功したわけで、ここで採り上げられる予定の南シナ海でのシナ帝国の蛮行が改めて大きく見えるという効果もありますね。政治の流れというものです。
 シナ帝国は、こういうことがあっても矛を収める事がない。しかし、彼等の動きがこの世の平和を乱す癌になっていると印象付ける。そういう効果を狙ってやっていることだと思います。これでシナ帝国が反省をするなら安上がりである。しかし、その後を見据えた会合であってほしいですね。

 それはともかく、パナマ文書の扱いもまた問題になるという噂もあります。租税回避が目立っているというだけでなく、脱税の域に達していると思っている政府も多くなっているという事だろうと思います。不公平を目に見えるとことから治していかないと大変なことになると思っている人も。どこの政府にもおられるようです。今回のパナマ文書には、なぜか? 独逸関連の企業名や政治家の名前が登場していませんね。これは意図的に公表を遅らせているのではないかと思われているようです。何がこのあとに出てくるのか興味がありますね。流出した量が半端なく膨大なことも解っているので楽しみはとっておかれているのかもわかりません。サミットまでに独逸関連の情報の開示があるのかどうかですね。というか、英国のキャメロン首相がサミットに参加できるのかどうかも怪しくなってきたと言い出す人がネットで見かけられます。キャメロン首相が参加できなくなれば嫌でもパナマ文章をテーマに採り上げないとかっこが付きませんね。その意味でも、今回のサミットは注目が集まるような気がします。

 警備警察当局にとっては大変な時期の到来となります。何も起きなければそれだけで大成功という事になります。
  大変なことです。

投稿: 旗 | 2016年4月12日 (火) 06時26分

農業は、高齢者だけでなく若い人にも負担が大きい。高齢者でも操作しやすく、安全性をしっかり確保したロボットを開発して欲しいです。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年4月12日 (火) 09時10分

石破さん ≪‪#“安倍”自民党以外で‬!≫
郷原信郎さん【甘利問題、強制捜査着手を決断した検察 https://goo.gl/IpHB3M TPP関連法案の国会審議が始まろうとしている時期、7月に衆参同時選挙が行われる可能性も取り沙汰されている時期の強制捜査着手は政治的な影響は大きい】
⇒郷原さんの鋭く厳しい構えは日本の知識層の中では稀有な存在として輝きを放っている。ご承知の通り、郷原さんは法曹人でありながら「コンプライアンスの狭浅短さ」を強調しておられることからも、その鋭さも厳しさも広く深く永い視座も十分に窺い知れる。
水面下で現在進行形の事案に限っても、その矛先はこの甘利事件だけを向いている訳ではないが、この甘利事件に関して、予て衆議院予算委員会公聴会で公然と「狭いストライクゾーンのど真ん中のストライク」と指摘され、斡旋利得処罰法違反等による刑事事件の捜査の対象とすべきだと糾弾されてきた。
今また、郷原さんが示唆される【刑法の「斡旋収賄」に該当する可能性】が蓋然性に発展し、現実になることを強く期待したいものです。甘利個人の刑事処分で終わることなく、飽くまで安倍政権を追い落とすことが肝心だが。特捜が狙う【大きな政治的影響】が真にそこにあることを期待したい。

防戦に与する安倍-菅一味が「(Accountabilityの本来の意味を換骨奪胎した訳語)説明責任」を錦の御旗に掲げているが、相も変わら食言詭弁強弁(有態には全てが欺瞞)であり、政治家のカネ問題を相も変わらず先送りする歪んだ意図が透けている。特捜が標的にしてきた巨悪としてはカネの規模では小粒だが、そもそも小人だから致し方がない。然し、民主主義の棄損や社会破壊の程度を基準に測れば、安倍一味の痴的(“智的”の対極)罪悪は巨悪に値する。

一方の野党はと目を向ければ‥
日経【民進、くすぶる山尾氏問題 http://goo.gl/S0W94g 】
⇒甘利問題と山尾問題は根っ子の腐敗の程度(深さも広がりも)が全然違うんだから、「甘利氏の問題を追及し辛くなった」と報じられた民進党の中堅議員は未熟者に止まらず、愚か者でさえある。与党議員だけではなく野党としても未熟を晒し、安倍一味を利している。ったく。
今の安倍の暴走政治を止めるためには、単に「‪#‎とりあえず自民党以外で‬!」では肌理が粗すぎるのであって、今の政治を矯正するには「‪#‎≪安倍Ape≫自民党以外で‬!」に絞るべきですね。‬‬
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月12日 (火) 09時45分

   ケリー国務長官の前向きな発言や積極的な行動には逆に日本側の方が驚かされた様だが原爆投下は第二次世界大戦を終結させる為に必要だったと言う強い米国人の主張に反し各国首脳も見るべきだと言う日本側の主張も取り入れる形でオバマ大統領の広島訪問もかなり現実味が出て来た様に思う。戦争も核兵器も全面的な廃絶して欲しいという願いはあっても未だ核兵器が世界の均衡を保つ現実を見ると強力な武器がある方が戦争拡大はし難いという矛盾した原理が働いている事自体残念だが人間の歴史とは戦争で歴史で人類や国を全て廃絶出来る様になる迄自国の利益と権力を追求したのが人間の本性でお互いに絶滅する現実を前にして始めて核を減らそうと言う試みと古い核を廃棄しようと言う現実的な側面が交差して現代に到っている。米国の核廃絶や核を減らそうと言う試みも露崩壊とコスト面でのメリット、又米国での高速核兵器への転換と無人核攻撃爆撃機への実験だけでなく実用化も含め進んでいるのでオバマ大統領のプラハでの演説に繋がったと見ている。米国の前向きな発言の裏には核関連開発で米国が一歩抜きに出ていてその優位性を先手を打つ形で核をコントロールしているという現実がある。別にそれが悪いとは言わないし核だけでなく、軍事的に優位性がある限り米国は世界に責任を持つと言う意思表示である。中露が世界を支配するより米国や日本が主導して世界を牽引する方を選ぶ。核廃絶運動も含めて同時に米国の軍事政策に賛成するという矛盾は共産化の横暴より欧米の横暴の方がましだという事だ。勿論、核が無くなり戦争が無くなる方が良いが歴史上滅多に無いし日本が300年近く戦争が無く、70年間戦後に戦争に巻き込まれていない方が珍しい。日本程原爆投下、平和、放射能被害にあった国は無いが、しかし日本は不死鳥の如く常に灰から立ち上がり世界を驚かせた。日米の理性がオバマ大統領を呼び世界を良い方向に向わせる事を期待したい。

投稿: 忍者 | 2016年4月12日 (火) 10時45分

   韓国記者の核武装論は北朝鮮にやられる前に先制攻撃し北の核より多く核を打ち込めば勝てると言う未だ、中国毛沢東時代の核武装論を持ち出している。そして韓国核武装が言論の自由だけでなく、独立を確保する手段であると言う事だが韓国の様な小さな国は核攻撃数発で国が無くなるしお互いの放射能被害が甚大で生き残れない。そういう前提は考慮されていない所がいかにも38度線付近に人口の4分の1を住まわせる韓国だ。北も南も核兵器を持つだけの思考回路と核戦争を回避する為の核というギリギリの駆引きをやるには単純過ぎる。一方的に世論が流れ易く、情緒法で国を仕切る様ではまともな判断は出来まい。そんな国核を持たせたらそれこそ、すぐに恫喝外交と全面戦争に突入する。

投稿: 忍者 | 2016年4月12日 (火) 13時26分

石破大臣殿

お早うございます!!。
あれほど待っていました桜前線も北上を続け、桜吹雪から残花への季節となりました。
大臣におかれましては連日の政務に、国会審議に、又、週末の地方講演、地方創生関連の視察へと相変わらずの多忙を極められ大変お疲れ様であります。
小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日は二つの事柄について述べて見たいと存じます。

1、「18歳以上の未成年有権者の政治意識」 
この夏の参議院選挙より18歳以上の未成年者へも投票権が与えられる事になり、先日、意識調査のアンケートの結果が発表されました。それによれば、60%が政治には強い関心を持ち投票には行くと答えた。又、同じく60%が現在の日本の政治には自分たちの為の将来への希望が持てないと答え、57%が憲法改正には反対と答え、70%が憲法9条の改正には反対と答えたと云う。
自身の若い頃の意識を考えても、やはり若い世代は政治に関しては純粋に考えていて、政治は自分たちの将来の為にあるものと意識づけている事が窺えるのです。

新聞、テレビ、ラジオなどのメディアは公平公正に現在の政治情勢を正しく伝える義務があり、国や教育の現場では未成年有権者が正しい判断基準を持つべく、啓蒙して行く必要があるものと強く考えます。この年代の人口は少ないものの、将来の国家のリーダーをも出現する可能性もあり、時代と政治的変遷は何時の世においても若者から始っているからであります。若い世代が夢を抱く政治体系が望まれる所以であります。

2、TPP関連国会審議について
彼の甘利経済再生担当大臣が長期間にわたりアメリカのフロマン代表と協議を重ね、中身については秘密裡であった為、交渉経過は明らかにされ無かったものの、かなり難航している事を匂わせていたTPP交渉も漸く合意を見ました。そしてこの度、国会承認の為の審議となりました。日本にあるのは技術力と勤勉な国民性と経済力のみであり、狭い国土、資源の少なさなどの条件の下、所謂アメリカの持てる国と持たざる吾が国との交渉は根本的に無理がある事は事前に分かっており、何処まで守れるか?であり、妥協点を巡っての腹の探り合いであろうと云う事が交渉難航から推察されていました。
交渉以前から「聖域なき関税撤廃には応じられない」として来た吾が国政府と「例外なき関税撤廃などはあり得ない」としていたアメリカ側との意識のずれをそのままにしての交渉でありました。更に主用農産品5品目は聖域とした国会決議をもありながら、結果としてはこの5品目についても将来的には開放するとしてその71%が関税撤廃と言う結果になりました。
日本の農産品は安全で美味しく、充分輸出品目として将来は14兆円規模まで拡大出来ると農家へはバラ色の未来のみを語り、反対に競争力により敗北となり減産となる事への説明は殆どされず、関税撤廃になるまでの農業経営者への段階的育成計画など具体的な事は語られる事は無かった。農業分野において減産保障政策は将来的に農業者への本当の保護にはならないと知っていても、TPPへの体制が整わず、国内農業経営者にとって未来が望めなければ農業の次世代への人口も更に減り、地方の人口減少も更に拡大となる事は必至であります。更に吾が国の農業生産量が減れば、地球規模の気候変動ににより自給率の低い吾が国の食糧難も予想されるのです。
この様な背景の下でTPP交渉の合意内容の結果のみを、途中経過は相手国もあり外交の事であるからとして黒塗りの資料のみしか質問の野党議員へは渡さず、何を持って審議せよと言うのでしょう?野党委員は現在審議拒否として委員会は中断の儘でありますが、野党のみではなくその後ろに居る国民の知る権利も無視と言う事が、政権内部では何故理解出来ないのであろうか?合意の結果のみを是非とするなど委員会開催の意味がなく、引いては議会運営の無視と言う与党政権の数の暴力であります。
こんな馬鹿げた政権運営がまかり通って良い筈は絶対あり得ないのです。

TPP交渉(環太平洋経済協力協定)に措いて、安倍総理の指導的立場をものにしたいがための、前のめりの政策とも国民には受け止められるのです。農業従事者は自身の将来と後継問題も絡み、その行方を固唾を吞んで見守っているのであります。決して政争の道具にしてはならず、合意内容について政府として自信があるのであれば、何故資料提出の上正々と審議に臨み、場合によっては修正協議へも応ずる事が何故出来ないでしょうか?
どうも現与党政権は数を頼み、国会運営が強引に過ぎて居り、国会軽視であり引いては国民への説明を十分果たせていないのではと大変憤りさえ覚えます。

TPPそのものに絶対反対するものではないものの、現政権はどのような政策に措いても国民への不安、疑問を解消しまいまま強引に何事も進めてしまい、このままでは燎原に火が広がる如く政権への不信感が募るのではないでしょうか?
甘利大臣の不祥事を初め、これまでの政府閣僚の能力不足、自民党議員の失言、不祥事などがつづき、衆参ダブル選挙の是非も報じられる折柄、本当に選挙は大丈夫でしょうか?

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年4月12日 (火) 17時14分

NHKの「NEWS CHECK11」(4/12放送)を視ていると自衛隊護衛艦109がベトナムカムラン湾に寄港したが、それは、中国の南沙諸島や西沙諸島ヘの展開を牽制する意味もありそうで、インドのアメリカとの軍事協力強化とフィリピンと併せて日本を含む5か国で中国を包囲する旨のキャスターによる解説がありました。当該キャスターは続けて、しかし、中国は人口が多いので、大消費地であり、中国包囲で牽制する5か国も「本音」は(輸出で)中国と仲良くしたいと断じ、「本音」のフレーズを繰り返しました。NHKキャスターの論に従うと、安全保障の重要性は認めるが、民間企業の利益と貿易が優先されてしかるべきだ!になり、そういう方向で世論形成されてよいのだろうか?\=$テレ東じゃあるまいし$=\と思いましたが…

投稿: ぱす | 2016年4月13日 (水) 00時09分

石破さん  ≪安倍政治は専横政治だ!≫
日経【TPP審議停滞、石原経財相「一日も早く国会が正常化することを期待」 http://goo.gl/Aw3d3u 】
TPP審議の混乱ぶりにこの石原愚息の発言を重ねて眺めると、予て巷間で屡々見受ける「この会議は意味がないから止めて仕舞え!」と云う未熟な台詞を思い出します。
一方の会議を招集する側が、議題に関する情報を必要十分かつ事前に伝達しないで会議の開催と参加を促しても、有意義な審議が出来る道理はないし、有意な会議になる道理もない。そもそも、今回のTTP審議も先の平和法制と云う名の戦争法制審議と同じ手口であり、問題の多様さ複雑さ影響の大きさに比べて予定される審議期間が短すぎる。然も、安倍流の思惑「私が総理大臣だ。仮令私情に駆られた暴走でも“決められる政治”を完遂するのだ!」が繰り出されている。要は民主主義政治の根本に対する思慮も配慮もない。それは会議とか審議を構成しない。日本の国民も知識人も自民党内の国家を憂う叡智ある政治家も、もっと声高に鋭く「安倍政治は専横政治だ!」と糾弾するべきだと思います。

他方で会議に参加する側は威勢は好いのだが、会議の本質や目的を理解せず、何ら準備もなく惰性で参加するから空虚な会議になる。
このTPP審議での民進党は其処まで堕落してはいないのだが、交渉経緯の公表に拘り過ぎている。そんな狭浅短さの帰結として「外交交渉は全てを公表できる性質のものではない」と云う一面で真っ当さを含んでいる食言詭弁強弁を突破できない。そもそも、合意事項の細部に神が住まわれ悪魔も棲むのだから、その細部の行間や余白や裏面(要は、彌縫策の綺麗ごとや文章化されていないこと)を読み込み追及することが野党の見識であり智慧の筈です。
外交交渉の経緯から安倍-甘利一味の歪みや狭浅短さを掘り起こそうと云う魂胆は浅はか過ぎると思いますね。まあ、黒塗りの文書を野党に送り付ける愚劣な神経に比べれば浅はかな魂胆は可愛いとも言えるが、目糞にも鼻糞にも可愛さがある道理がない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月13日 (水) 10時10分

地方創生、とは言っても一握りのところ以外
予算もノウハウも無い、無い無い尽くしのところもあるでしょう。

春は引っ越しのシーズン、もう時期は過ぎたでしょうけど、
転入してから1か月役所で中古の自転車を無料で貸し出すというのはどうでしょう、
車があれば不便はないでしょうが、無いと歩いて近所を見て回るのも大変だし遠くまでいけないもの。
処分品の自転車など余っているところも少なくないと思います。
新規の買い揃えで地域の消費につながるかもしれません。
大きな予算が無くても出来ること。

投稿: お肉 | 2016年4月13日 (水) 11時03分

   パナマ文章で日本企業も列挙されているが主要産業のほとんどじゃん!法人税下げるより、パナマに税金かけた方がよっぽど税金取れるわね。ガセも含め3500兆円の税金逃れと言われているが真相は?マーシャルやケーマン諸島の方がデカイのでこれ等も合わせたら世界各地の国家予算は簡単に超えそうな衝撃的な事実が出るだろう。もしこれ等が本当だったら世界金融危機とか茶番か?!戦争も創り出された物にさえ思えてくる。

投稿: 忍者 | 2016年4月13日 (水) 12時23分

石破さん  ≪青木率を下げる≫
北海道5区池田まきさんの演説 http://goo.gl/xMIagy 
健全な心の叫びや強い覚悟は聴く者の心に訴えますね。安倍Ape一味が得意な食言詭弁強弁(有態には全てが嘘。猿真似)と好対照をなしている。日本の名も身分もない人たちにも未だこんなに魅力的なご仁、特に女性が息衝いていることに救われる想いがする。彼女に政治の舞台に上がる機会を与えるべきだと思います。
北海道5区の人たちの良識や見識のレベルが問われます。

まあ、永田町に身を置くと様々な魔の手に毒されることは間違いがないが、そんなものを跳ね除けて逞しく初心を貫いて欲しいものです。その点でも、彼女にはPDCAと同様の考え方で、大きな舞台に上る機会を与えたいものです。
安倍政権の青木率を下げることは、今の日本には絶対的に欠かせませんから。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月13日 (水) 12時55分

学校の教育費を軽減して欲しいです。食品ロス削減に力を入れて欲しいです。若者の投票率向上の為に、政策が解り易く書かれている月刊マガジンを作って、各学校に配布してはどうか。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年4月13日 (水) 20時32分

【NHKが性病の蔓延を採り上げていた】

 本日のラジオの放送で梅毒の感染者が急増しているというニュースがあった。世界的に見てもここ数年増加傾向にあることは知られていたそうですが、我が国にあってもそのグローバル化があったという事のようです。主に男性の同性愛者による急増は先進国の間で共通した現象として知られているのだそうです。
 そして、それとは別に20歳代前半の女性の患者が急増してるのが我が国にあって注目する点となっているようです。
 国立感染症研究所は、4月8日付けの報告で詳細に記していますね。背景とかまで追求することはないので、勝手に推測することになりますが、これはもしかすると女性の貧困という問題と関係するのではないかと思ってしまいます。この病気は潜伏期間もあるのですぐには感染に気が付くというようではありません。しかし、第2期目以降の症状は顕著に体に現れることが知られています。その時期に治療をすれば治癒可能な病気であります。しかし、貧しい女性は治療の機会を治療費の事とかを考えてしまい、逃すことがあるのではないかと思いますね。そして2度の目の潜伏期を迎え治った気になり病原菌をばらまき、第3期の症状の到来を迎えます。この時期になると症状の改善は絶望的になりますね。破壊された細胞が元に戻らなくなります。また先天梅毒の問題も発生することになります。梅毒を罹患したまま妊娠すると胎児が梅毒を感染するという問題です。その悲惨な例が国立感染症研究所の報告でも『2015年第1週~第38週までの先天梅毒の暫定報告数は11例であった(2015年10月8日集計暫定値)。』とある。
 こういう警告が発せられてしまうのは社会の貧困が背景にあり、詳しく言えば女性の貧困が、問題になりそうな気がするのだが、NHKもそこまで気が回らないのかもわかりませんね。不潔な病気という云う側面があるので清潔でないと気が収まらない人々から見れば関係のない世界に見えるのかもわかりません。しかし、それが実際に起きているのが現実の社会であると思いますね。関心を持たなくなっているのだろうという事も考えられます。衛生観念が問題になるだけでは解決がしないと思いますね。貧困が背景にあるという事だと思います。

 これは女性の社会進出から話を始めるという問題ではなく、大学の学費に見られるような社会進出以前の段階から機会は均等ではないという事が問題にならないと可笑しいような気はします。それだけではないと思いますが、例えば
 『高卒女子』がどこかの会社の正社員に採用される機会というのは非常に少ないものだそうで、その正社員の給与もまた親元を離れるようなことがあれば自炊しても生活できるのかどうか危ない状況にあるという現実なのだそうです。そこからどのようにして生きていくのかという問題もまた、女性の貧困に関心が少ない社会を見ることになりますね。世の中には恵まれた人もいるが、そうでない人の方が多いと言う現実もある。風俗店でアルバイト等々云う人が実際にいるのも事実である。女性がそのような業界に頼らずに生活できるような社会というのは、大学の学費レベルからの改善がないと実現しないのではないかと思いますね。4年間で国立大学の学費ですら320万円を超える現実では女性の社会進出など冗談にしか聞こえません。

 米国民主党のサンダース候補は『すべての公立大学の学費をゼロにする』という公約を掲げているそうだ。此れもまたクリントン氏を追撃する主張になっているのかもわかりませんね。まあ、財源はどうするの? という事がこの場合もまた問題になると思います。しかし、その姿勢が好感を持って迎えられているのではないですか?

 我が国のような国は、人の頭脳が国を支える資源のようなものである。それの開拓に金を惜しんではならないような気はしますね。大学の学費は限りなくゼロに近づける努力が必要だと思います。女性の頭脳もまた同じように有効な資源としての活用が求められるのではないか?
 女性の貧困は、それの逆行としか思えませんね。貧困が故にその頭脳が失われるようなことがあってはならないと思います。

投稿: 旗 | 2016年4月14日 (木) 03時19分

   オバマ大統領がここに来て最後の攻勢をかけている。原爆心地への訪問もそうだがイスラム国がここに来て防戦一方で前進も拡大も一部を除いては見られず、シリアだけでなく、イラクでもかなり包囲している様だ。動けばやられるという事でISの首謀者は最後を覚悟しないといけないと発言した。オサマもフセインもカダフィも皆悲惨な最期を遂げ、独裁者でも安らかに眠りについた者は大国以外に無く、ムッソリーニは広場で逆さずり、ヒトラーは自殺と瓦礫の中でも火葬だ。キムジョンウンは威勢の良い全面戦争とは裏腹に次は自らが危ないと震え上がっている事だろう。中国への後ろ盾も自ら断ち切ってしまったので交渉の窓口が無いし、資源を止めれば暴発する可能性もある。非核化するという条件で韓国と統一を目指し、交渉した方が良いと思うが核防衛に頼り過ぎる思考回路は恐ろしくて手放せないのだろう。幾ら捏造の歴史や国家を作っても金や資源、食料は誤魔化せないしどうしようもない。そんな国が軍備を肥大化させてもいずれは財政負担と工業の硬直化で国が立ち行かなくなる。貧乏な国が先進国や資本を持った国を非難中傷するのは勝手だが結局の所、彼らも資源や金、食料や土地を分捕りたいだけで豊かに暮したいが為に紛争や戦争に突入する。虐げられた者が支配者となると虐げるという矛盾した構図はISだけでなく、中国も北朝鮮も変わらない。

投稿: 忍者 | 2016年4月14日 (木) 10時10分

石破さん  再び≪細部にこそ神は住み悪魔も棲む≫
朝日【NHK「日曜討論」で自民党憲法改正草案12条を巡り激しいやりとりがあった http://goo.gl/DhQyHx 】
石破さんが変なところで変に引き合いに出されていますがw、
高村老は安倍に自民党副総裁の座を与えられた頃から(?)、例えば集団的自衛権論議で砂川判決を援用したり、今回は「(単に)言葉を置き換えただけ」と強弁してみたり、構えの歪みや論理の劣化が酷くなってます。身分高き者の老害は国家の道を過まらせる。

基本情報:自民党憲法改正草案(上段)/現行憲法(下段)の対比表 https://goo.gl/M385FE 
そもそも、現行憲法第12条は、先ず国民の自由と権利を保障したうえで、国民の義務と責任を規定している。
対する草案は逆に、(国民の責務)と強い見出しを打ち、公益や公の秩序の最上位(“ねばならない”)に置いている。国民の自由と権利に与えられていた最上位の価値を奪い、制限する余地を規定している。然も、細かな字句は兎も角、草案/現行憲法ともにその前段の規定は逆読みすれば、「政治権力者は、国民のその不断の努力を妨げてはならない」と規定しているのだが、草案第11条は基本的人権の享有を静態的規定を残しただけで、現行の「妨げられない」の動態的文言を削除した。即ち、将来、「基本的人権が妨げられる事態」が発生する余地を密かに埋め込んでいる。
そもそも、実質的に憲法の“改悪”を企図した書き物を「憲法“改正”草案」と云う表題を付した構えにも詐欺的意図が埋め込まれている。以前、愚見として「この草案の言葉使いが美しくない」とコメントしましたが、今や、安倍Ape政権が誕生して3年を経て、「歪んだ構えから美しい言葉が紡ぎ出される道理がない」と断言できる、キッパリ!

「細部にこそ神は住み悪魔も棲む」の訓えは正しいのだが、然し、政治権力者が私情に駆られて暴走し、かつその一味の構えの歪みが酷い場合には、単に懐疑ではなく「細部には神は住まず、悪魔しか棲まない」と否定に構えるに若くはない。それは憲法論議に限らない。アベノミクス(の失敗)然り、トリクルダウン(の不発)然り、社会政策(の歪み)然り(注)、外交政策(の右旋回)然り、安保法制(戦争法制)然り。「誰>>>何」に通底する。
(注)例えば、昨夜のNHK「クローズアップ現代」が採り上げた“成熟産業から成長産業への 失業なき労働移動”の欺瞞然り。そもそも、成長産業が希薄なのに“失業なき労働移動”が可能である道理がない。竹中平蔵の我田引水に安倍が加担したに過ぎまい。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月14日 (木) 13時39分

◇◆2019年憲法改正◆◇
現在、日本では生産年齢人口比率が低下しています。ま
た、高技術力で産業の国際競争力もあります。その結果、
人手不足が進行中で、失業率が3%台前半で、このままだ
と、自然失業率と思われる2.3%に到達可能です。この状
況は、高度成長期以来です。その例として、中京圏では、
人手不足が深刻で、特に若年層で顕著となり、人材の奪
い合いが生じています。また、正社員数が2015年に26万
人増加しました。これらの現象から、賃金上昇基調モー
ドへの移行が予想され、事実、その兆候として、金属労
協の中小企業のベースアップが、大企業のそれを上回り
ました。

賃金上昇期待が出てきたので、あとは需要が拡大すれば、
経済の好循環が実現され、デフレ脱却が可能になります。
そのためにも、リフレ政策に加え減税と財政出動を実施
すべきで、そうすれば、数年の継続で経済状況もかなり
改善され、内閣支持率も上昇します。ただし、好況が実
感できない状況のため、最新の世論調査では支持率が低
下しています。さらに、共産党が、200の衆院小選挙区で
立候補見送りかつ野党統一候補支援の意向を示していま
す。(本音は資金難からのようですが)よって、今年衆院
解散で選挙となると、折角の3分の2の占有率を割り込む
危険性があります。逆に、前述の経済運営を続け、実感
できる好況になれば、任期満了の2018年にはその危険性
がかなり低下します。また、その頃までには、健全野党
との選挙協力の準備が整います。よって、今年の解散を
見送り、衆院の現有勢力を温存すべきです。

今年解散がなければ、お花畑野党は肩透かしをくらい、
腰砕けとなります。参院選単独でも、この勢力が過半数
を得ることはあり得ず、当分選挙なしとなります。そう
なると、今は合流と参院選モードの高揚感がありますが、
江田氏のような爆弾や、山尾氏への蓮舫氏らの嫉妬を抱
えた、選挙互助会で政策バラバラの民進党は、空中分解
の可能性が発生します。その結果、今年の参院選での改
憲勢力の3分の2確保が失敗でも、2019年にはその達成
可能性が高くなります。

仮に今年国会の改憲発議が通っても、国民投票で否決の
可能性が大です。しかし、2019年までには、漢族と北鮮
の敵対行為継続で国民の国防意識が上がり、9条改正気運
が高まります。ただし、その啓蒙活動も必要です。その
とき、改憲の最大の好機となります。

なお、ここで問題なのは、消費税増税凍結あるいは減税
とした場合、衆院解散なしをどう説明するかです。

投稿: 観測者 | 2016年4月14日 (木) 22時11分

石破さん  ≪係長クラスの営業トーク≫
大前研一さんメルマガ【政府の訪日外国人数目標:2020年に4000万人、30年に6000万人に‥政府は数字を「言うだけ」ですから簡単だが、‥不可能な数字です。まず何よりも宿泊インフラが足りない。移動用のバスも調達できない。通訳案内士の数も足りません】

⇒安倍一味の規制緩和は全てが彌縫策ですね。掲げた目的のためには闇雲に暴走するだけだから、広く深く永い視座で政策パッケージを組むことがない。予想される副作用に眼を閉じ四猿(真実を見ざる、聞かざる、言わざる、言わさざる)に徹する。歪んだ思考停止に徹している。社会が乱れ平穏な生活が棄損されるのが道理です。

例えば、ホテル容積率の緩和、無資格通訳案内の解禁、ビザ発給要件の緩和、民泊の活用‥などは、反面でリスク増大を容認する無思慮な彌縫策です。政策の連続性がない。今までの規制の考え方にどんな根拠があったの?それらの考え方をドブに捨てる広深永な理由や根拠はなんなの?などに関して説明もない。
安倍一味は、対中国外交に限らず全ての政策に於いて、お得意の「私情に駆られて暴走している」だけです。ポピュリズムは「係長クラスの無責任で歪んだ営業トーク」でこそ拡散される。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月15日 (金) 11時35分

石破さん ≪‪#‎とりあえず≪安倍≫自民党以外で‬!≫
Bloomberg: Japan Inc. Profits Head for Biggest Drop Abe-Era on Yen Gain http://bloom.bg/1NoQsVF
⇒アベノミクスは日本の価値創り力を鍛える発想が皆無で、単に金銭的利益を膨らませる発想しかないのから、為替が巻き戻した今、当たり前の結果であり今更の話。端から経済の持続可能性も好循環もトリクルダウンもある道理がない。
安倍が経済(国民生活を含む)の仕組みに無知であることに無知(即ち無恥)な政治権力者だと云う証しです。安倍Apeは愚昧なポピュリストです。

従って、日本の市民は勿論、庶民大衆に至るまで、安倍Apeの経済政策や社会政策などの愚昧なポピュリズムに釣り上げられて、選挙で「安倍Ape自民党」に投票してはいけないのだと思います。
つまり、今の野党は軟弱だから、「‪#‎とりあえず自民党以外で‬!」では2009年の失敗を繰り返すから、「‪#‎とりあえず≪安倍≫自民党以外で‬!」を基本にして投票に臨むべきなのだと。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年4月15日 (金) 12時19分

応援しています。

投稿: 日本共産党大嫌い | 2016年4月23日 (土) 22時50分

地震の被害で全国から救援者が集まってますが「腹が減っては戦ができぬ」と言うように二次災害を防ぐためにも現場で活躍してる人には被災者以上に食事の提供は必要かもしれませんね。
救援物資も全国の共通化しデータベース化することで集配センターを経由せずに直接現場に届けられると思います。

投稿: (^-^) | 2016年4月25日 (月) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/63457277

この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊機事故など:

« 領域警備、日米安保など | トップページ | 熊本地震、鶴巻温泉「陣屋」など »