« 北海道5区補選、災害対処など | トップページ | イシバチャンネル第六十五弾 »

2016年5月13日 (金)

訪米など

 石破 茂 です。
 8日日曜日夜、二泊三日の米国出張から帰国しました。
 DMO、CCRC、FEMAの視察、連邦住宅庁長官との会談、民主・共和両党関係者との夕食会、マディソン・スクエア・ガーデンの視察など、どれも極めて有意義なものでした。

 中でもワシントンDC郊外にあるCCRC、RIDERWOODには強い衝撃を受けました。
 東京ディズニーランドほどの広さにコミュニティが展開し、2千人の高齢者が入居、1200人のスタッフが働いているのですが、そのすべてが心から幸せそう、楽しそうな様子で、残念ながら我が国にはほとんど見られない光景でした。
 日本人の入居女性6名の方と懇談したのですが、そのうちのお一人が、「ここはまさに天国だ。毎日やることが沢山あって、楽しくて、忙しくてたまらない。もし天寿満ちて天国なるところに召されたとしても、必ずここへ戻ってきたい」と述べられ、そこにいた全員が深く頷いておられたのには心から驚きましたし、入居しておられる方にそう言って頂けるスタッフが生き生きとしているのもまた当然なのだと思ったことでした。
 勿論医療・介護のシステムも日本とは異なりますし、恐らく一番違っているのは所有していた住宅の価値が年数を経ても下がらないばかりか、むしろ上がる場合もあるという住宅事情なのだと思います。住宅が恒久材ではなく耐久消費財化していることによる日本人の不幸は、こんなところにも如実に現れているように思われます。

 ニューヨークの駅の真上に建っているマディソン・スクエア・ガーデンもまた大きな驚きでした。スポーツやライブエンターテイメントを一大産業にするというのはまさしくこういうことなのだと圧倒される思いでした。
 一方東京にはこのような施設は皆無に等しく、運営のノウハウも遠く及ばないように思われます。この二つについてはまた日を改めて記したいと思います。

 11日水曜日には政策集団「水月会」の昼食セミナーを開催させて頂き、おかげさまで盛会のうちに終えることが出来ました。誠に有り難うございました。
 当日国会の関係で30分だけ講演をしたのですが、翌日の朝刊各紙には全く違うトーンでの記事が載っており、かなり驚きました。それぞれの社が「このトーンで行こう」と予め決めたうえで書いているのでしょうか。

 本日はこれからパーティでの挨拶が二つあり、その後夜行特急で帰郷いたしますため、中途半端な記載で申し訳なく思います。

 週末は14日土曜日が自民党県連街頭演説会(午前9時半・鳥取駅前)、自民党鳥取県連総務会(午前10時半・白兎会館)、自民党鳥取県連大会記念講演・第61回県連定期大会(12時半・同)。
 15日日曜日は自民党山形県連大会で講演・懇親パーティ(午前11時半・パレスグランデール)、自民党山形県連街頭演説会(午後1時半・山交ビル前)、慶大先端生命科学研究所視察(午後3時半・鶴岡市)、スパイバー(株)視察(午後4時10分・同)、その後YBC山形放送取材、山形県連街頭演説会(午後4時半・ショッピングセンターS-MALL・鶴岡市錦町)、という日程です。

 考えてみれば米国から帰国してまだ五日しか経っていないのですね。
 今週は法案審議や水月会セミナーなどに加えて多数の講演やパーティで忙殺されて誠に慌ただしい一週間で、急に暑くなったせいもあってかあまり体調の良くない日々でした。
 週末は少しだけ余裕のありそうな日程ですので、何とか回復に努めたいと思っています。
 皆様、お元気でお過ごしくださいませ。

|

« 北海道5区補選、災害対処など | トップページ | イシバチャンネル第六十五弾 »

コメント

石破先生、お仕事毎日お疲れ様です。
私は今、母の介護の真っ最中です。
自宅で要介護5の母を、ほとんど私一人で看ています。
もうすぐ介護保険の更新で要介護4になりそうです。
仕事は辞めました。
でも幸い家業があるので暮らせていけます。
週に2回の訪問看護師さん、週に2回デイサービスに行き、月に1回かかりつけ医の診察を受けています。
介護というととても大変で…というイメージがあります。
そして大変であれば大変であるほど介護の現場を映す番組の視聴率は上がり介護ブログもアクセス数があるそうです。
けれど、我が家の場合は母に認知症がないのでなんとかなってますscissors
そりゃ大変な日もあるけどなんとかなってますscissors
私が高齢者になる頃には安楽死が認められて自分で死ぬのを決められる日本になっていればいいなと思います。
介護というのは気遣いと体力が要るんです。
そして主介護者が倒れたら最後なんです。
私は健康に気をつけて老いて行く予定ですが、前期、後期高齢者になるまで生きられたら、自分の死ぬ日は自分で決めたいと思うんです。
「権利」ってあんまり言いたくないけど「死ぬ権利」は欲しいです。
病院でも自宅でもいい、薬で眠るように死にたいです。
そして知り合いや気の合う仲間に「私は先に行ってるからね、皆はゆっくりおいでよ、また飲もうよ!」なんて言って死にたいです。
そういう日が日本には来るかなー。
本気でそう思います。
そういう国にしてほしいです。


投稿: 石破先生の一ファン | 2016年5月13日 (金) 23時07分

今から25年ほど前、英語訓練のため1カ月ほどニューヨーク州近郊のキリスト教団体のキャンプ場行ったことがあります。マディソン・スクエア・ガーデンなだおは懐かしい響きがします。その当時は、良き時代のアメリカだと誰かが語っていました。2001年以降は、アメリカはテロとの戦いに入り、警備が厳しくなりました。石破先生の文章からは、ワシントンDC周辺の医療や介護施設は素晴らしいように感じました。私が行ったキャンプ場でも3カ月の休暇をアメリカのクリスチャンが共同生活し、一日2回の礼拝とバンクェット、パーティーが毎日もたれ、天国のような日々でした。私も食器洗いをして、子供たちと会話しながら英語を学んだ記憶があります。まずは、共同体が本当の兄弟姉妹のように愛し合う環境になる必要があると思いました。石破先生も疲労がおたまりではないかと察しますが、お体にお気を付けください。

投稿: hitomugi | 2016年5月13日 (金) 23時50分

日本の建築物が木造である事は、樹木は苗木を育てて材木とし、尽きる事がない緑の山林と水源を保障し、自然環境を保全し、自然界の生き物と人々が生きて行ける事を意味します。人間は自然の中で生きて行き、自然の恵みとして農産・畜産・水産があると思います。人間は機械ではないのですから、機械の中では人間は狂ってしまいます。人間も地球が産んだ生き物です。自然と生き物に囲まれた人間は幸せと思います。永遠ではない、しかし終わりなく続く生命と思います。生命は限りがあり、限りがありません。次の生命が育って行きます。

投稿: 島谷淳子 | 2016年5月14日 (土) 00時25分

石破さん、今週もお疲れさまでした。
帰国した後、夏のような日差しに驚かれたのではないですか。

今月の記事の中にあるRIDERWOODに住んでおられる方の以下の発言にハッとさせられましたのでまた投稿させていただきます。

「毎日やることが沢山あって・・・(中略)忙しくてたまらない。・・・(後略)」

わたしは今実家に帰って育児をしています。
父は2年前に他界したので、実家では母と弟が暮らしています。パートを退職し父に先立たれた母は、孫が産まれるまでは何に対しても前ほど興味が持てず、気力も沸いてこないと言っておりました。

ですがわたしが(母から見ての)孫を連れて帰ってからは体力的には辛そうですが、毎日楽しそうに見えます。
先日は、自分が会社に勤めていた頃の夢を見たと言っておりました。

漠然とした言葉にはなりますが、「生きがい」ってそう言うものなのかなぁ・・・と感じた出来事でした。
(わたしも実際自分の子供から全幅の信頼を受けていることを体感したことで自分の役割に気付きました。それからは毎日が充実しています。)

もう1点、今回のブログで気になったのは水月会についてです。
石破さんも書かれている通り、水月会についての新聞記事にはわたしも違和感を覚えました。
たしか某大手の紙面には
 ・人数は~人しか集まらなかった
 ・影響力不足を懸念
という趣旨のことが書かれていたように思います。

水月会という集団に対するわたし個人の認識は以下のようなものです。
 ・党規に則り派閥という形をとってはいるが、政策について深く議論するための会
 ・上記の目的を持った会のため人数の多寡は関係ない
 (むしろ人数だけ多くて政策についての議論が多くなるようでは本末転倒)

石破さんは後進への経験や知識の伝達の場として水月会を立ち上げられたのかなぁと勝手に深読みして嬉しく思っております。以前は人に任せることが苦手で、全部ご自分で抱え込んでおられるようなところが書籍や発言等に見られたので心配しておりました。

また機会があれば、石破さんが同志と認めた方々をブログ等で紹介してくださいね。
(舞立さんは以前立候補された時このブログで紹介がありましたね。)

そういえば、ダウンタウンの番組に出演された時、現総理とは95%やりたい事が同じなんだという話題になっていましたね。
その時、番組側のタレントさんが5%も違うというのは大きな違いじゃないんですか?という趣旨の発言をされたのに対して石破さんは95%も同じ=すごいことだと返しておられました。

その発言を聞いて、わたしが信頼を置いている石破さんが納得して総理を支えているのであれば、わたしもまた安倍さんがやろうとしている事を少しぐらいは信じてもいいのかなと思いました。

余談ですが、坂上さんの不意打ちにもペースを崩さない石破さん、お茶目で素敵でした。

もし石破さんが道を踏み外すようなことがあれば、石破さんを支持したわたしにも責任があります。その時は周囲に与えた影響に対して自分の果たすべき責任は果たすつもりです。
石破さんはお体に気をつけて、信じる道を進んでください。陰ながら応援させていただきます。

投稿: 通りすがりの子育て世代 | 2016年5月14日 (土) 05時15分

くだらないです。

投稿: ぺぺ | 2016年5月14日 (土) 06時56分

広島は謝罪を求めず、オバマ大統領を迎える。大統領も謝罪を求められない様に布石を打ち、何度も政府高官が謝罪は必要無く、核廃絶に向けた未来志向メッセージと念を押している。そしてこの歴史的広島訪問に合わせ安倍総理もオバマ大統領と最大限にインパクトの強い写真や映像を検討しているだろう。そして日米同盟の強固な姿を印象つけるだけでなく、韓国に対しても原爆投下という人類史上最も悲惨な事実でも、敢て未来志向を受け入れ謝罪を求めない遺族や日本人との普遍的価値に対する考え方の違いを鮮明に浮き彫りにするだろう。

投稿: 忍者 | 2016年5月14日 (土) 08時20分

石破さん、こんにちは。
 自民党には継続して政権を担ってほしいと思いますが、まだまだ自民党にも問題があると思います。最近、続いた議員による不適切な行為、失言問題もあります。また、桝添さんのような人を支援したことも問題です。
 例えば、鳩山元総理の政治家としての資質の問題は、みんな分かっていたはずです。にもかかわらず、民主党は鳩山さんを代表にして総理にしてしまった。桝添さんに政治家としての資質がないことは自民党の皆さんにはわかっていたはずだと思います。にもかかわらず自民党は桝添さんを支援しました。桝添さんの下でのオリンピック・パラリンピックなど悪夢です。私は自民党には永田町の論理ではなく国民目線で判断をしていってほしいと思います。
 健康に気を付けて頑張ってください。

投稿: 群馬の応援者 | 2016年5月14日 (土) 08時38分

   今台湾で衝撃の強制拉致が大問題になっている。ケニアで台湾国籍の強制送還される人達が台湾ではなく、中国に強制的に移送、国家拉致状態になっている。中国はケニアに多額の資金援助をしていてその見返りとして台湾人国籍を持つ不法滞在や国外退去処分になった人達を対象に中国に送り込んでいる。人権も主権介入も中国国内問題と国家安全法を乱用し台湾主権を侵しても何のその何時もの如く、国内問題だと一蹴するのだろう。この様な主権侵害は比の台湾人国外退去者や強制送還者達にも起っていて、比の主権を無視し中国へ完全拉致を達成している事実がある。こうなると台湾人はどこへ行こうが何かの犯罪で国外退去処置となれば中国が介入し経済支援や国力の弱い国は中国の要求や軍事的衝突を恐れてこれ等の人達を引き渡してしまう可能性がかなり濃厚になって来た。小沢が天皇陛下謁見をルールを曲げて行い、英国女王が爆買いと原発提供に吊られて謁見したが結局、無礼だったと発言した様に強引に傲慢にルールを捻じ曲げる強制的なやり方に世界が憤慨するのも近いかもしれない。

投稿: 忍者 | 2016年5月14日 (土) 14時22分

さて、マスコミがさんざん叩いて世間から嘘つき詐欺師、犯罪者呼ばわりされた小保方さんのSTAP細胞の件ですが、
STAP細胞は無かったと決定付け沈静化したら、アメリカがSTAP細胞を発表するだろうと、
私はこのコメント欄でも何度も訴えてたことが現実化してきたようです。
これは莫大な利権と特許が絡む話、日本ごときに発見されては困るわけです。

彼女が見え透いた嘘をついて世界に大々的に発信する理由がわからない、
日本は何十兆円にもなる夢のような金のなる木を、国を挙げてバッシングして切り捨てたのです。
日本の小娘ごときに莫大な利権を握らせては困るアメリカの意図に
まんまと日本のマスコミが乗せられて小保方さんを犯罪者扱い、日本はそれに乗って切り捨てたのです。

これは、日航ジャンボ123便のトロンOS技術者全員死亡と同じ匂いがします。
違いますか?

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる
Business Journal 5月14日(土)6時1分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci&p=1

ハーバード大がSTAP特許出願に審査請求:日本でも実体審査開始
栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
2016年5月9日 11時20分配信

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kuriharakiyoshi/20160509-00057492/

投稿: 匿名女子 | 2016年5月14日 (土) 16時25分

石破さんに期待しているものです。
米国出張お疲れさまでした。
ブログについお願いがあります。
文章は短めにし、写真を載せるといい思います。
米国や地元、山形もいいのですが、石破さんには是非熊本県にも足を運んで頂きたいと思います。
ご活躍を期待しています。

投稿: 浅野紘臣 | 2016年5月14日 (土) 18時56分

◇◆人口侵略の実情◆◇
現在、着実に漢族による人口侵略が、日本全国で進行中
です。日本人の弱みに付け込み、企業、土地、商店街、
マンション、旅館などが、漢族により買収されています。
これらを日本人の手に取り戻すのは、非常に困難です。
素朴な地方自治体には、チャイナタウンづくりをだしに
する地方創生の名のもとに、漢族の悪魔のささやきによ
る人口侵略の触手が伸びています。

英国やオーストラリアでは、土地は王有地で、所有権は
私的に持てず、使用権のみあります。それに対し、日本
は人口侵略に対し鈍感で無防備です。日本も理想的には、
現代版班田収授法を施行し、土地を公有地化するか、所
有権の制限を法制化すべきです。

以下は、有本氏達の解説です。
https://youtu.be/xRvtck2mLAk?t=4095
https://youtu.be/nVRnoOYjwFk?t=445
https://youtu.be/x91G7hduKtE?t=417

投稿: 観測者 | 2016年5月14日 (土) 19時05分

いつもブログ更新ありがとうとざいます。

きつい書き込みになりますが、あらかじめ謝罪させていただきたいと思います。

舛添要一東京都知事のあきれ果てる税金への金銭感覚、都知事候補として推薦、公認した当時の担当者たる石破さんは、このことに対してどのような所感をもっておられますか?

こんな人物を公認、推薦した責任は感じておられるのですか?そもそも、舛添都知事がお金に対して汚いことは、前々から散々指摘されてきたことです。

京都3区の不倫育児休暇で辞職した宮崎衆議院議員も同様です。ネットで調べれば不倫も今回が初めてではなく、以前は加藤紘一氏の地盤をついだものの、不倫のため娘さんとの婚姻を解消され追放された経歴があるとか、

一般的な感覚で言えば、こういう誠実さやモラルの欠如している人間を、なぜ自民党は公認し続けるのですか?ということです。

乙武氏にしても、沖縄から出馬予定の元スピードの今井氏にしてもそうです。乙武氏は5人との不倫関係を暴露されて、公認されないことに、今井氏は交際相手が未成年を風俗で働かせていたという事件で逮捕された経歴もあり、

相手は相手、今井さんは今井さんといえば通り一辺倒の筋はつくのでしょうが、どういった倫理観の持ち主なのか疑いを持ちたくなります。

発言も180度変わって、戦争法案反対と以前ツイートしていたのが、公認されてから、安全保障に必要な正しい法案だと、明らかに言わされている感が明々白々です。

あきらかに国民を馬鹿にしてますよね?

もし、正当な理由があって、このような人たちを公認、推薦しているのならば、ちゃんと説明なさってください。少なくとも僕には自民党の人を選んだり見る目が到底、理解できません。

舛添都知事は家族旅行を政治活動への経費として会計計上している疑惑を報じられましたね。

例のごとく、会計責任者の間違いで、私は関係ないようなことを言って、お金を返金した。訂正した。と言って、乗り切ろうとしています。

都議会の自民党、公明党も含めてこんなものを追及もせず、容認し続けるのですか?自浄能力はないのですか?

金と利権にまみれた腐った自民党から、何も変わってないじゃないですか?国民を馬鹿にしているんですか?

しれっとこのまま舛添都知事が知事を続けるようなことを容認するようなら、本当に、自民党も公明党も終わりですね。今後、一切、きれいごと言わないでください。

規制緩和、構造改革ばかり進めて、具体的には民泊の解禁など、すでにタワーマンションやオートロックのマンションで、どんちゃん騒ぎしてごみを放置したり、大声を出したり、住民に対して迷惑をかけている事例が多々あるようなのですが、

自民党を応援する大企業や資本家がやれと言えばなんでも規制緩和して都合のいいように、利益誘導しつづけるのですか?それを改革だ!とか言いながら。

馬鹿じゃない国民はさすがに気付いてますよ。改革と言いながら、既得権益者に都合のいい政策ばかりを打って、日本を破壊している自民党の本性に。

民進党、共産党は中国、韓国への売国集団であるから投票できないというのは、既にだいぶ認知されたことではないかと思います。

そこへ、保守をかかげる安部自民党が登場したわけですが、保守は保守でも、既得権益保守で、偽装保守だということを最近は本当に思い知らされています。

それでも、消去法的に自民党しか選択の余地がないので、仕方なく投票していた人たちも、いい加減、国民をなめ腐って馬鹿にしている自民党に投票することに憤りと屈辱、やるせなさを感じて、投票所へ行かなくなるという現象が今、静かに起こっているのではないでしょうか?

京都3区の投票率を石破さんはどう考えますか?一票の格差の問題よりも、この低投票率の問題について対処すべきではないでしょうか?

参議院選挙は投票に行くのを自分ももうやめようかと、真剣に悩んでいます。行かなければ、共産党や公明党に利するだけだとわかっていますが、自民党に投票することも屈辱です。

アベノミクスは完全に失敗、金融政策だけにおぼれ、デフレ状態で消費増税をして経済は傾いたまま結局、2年たってもインフレ目標達成できず、

一部の上級国民である公務員様や、大企業にお勤めの方々を除いて、一般国民に与えられたアベノミクスの恩恵は、食料品などの物価上昇による実質賃金の低下と、マイナス金利による預金金利のさらなる低下、何かいいことがあったのか、デフレのころのほうがまだものを安く買えてましだったのではないだろうかと、最近はそんな風にさえ考えます。

政治には本当に絶望です。何も期待できないという気にしかなりません。自分のことは自分でなんとかできることを尽くして、生活を守り仕事を守り、節約して生きていかねばと、そんな思いにしかなりません。

個人的にはオリンピックなど迷惑だからやめてほしいです。なんのメリットも感じません。

なんで薬物や賭博に汚染された金まみれのスポーツ選手を応援して、押し売りの感動を得なければならないのか・・・。

オリンピック誘致のためにIOCの関係者に2億円の賄賂などという話もフランスの報道機関から告発されましたね。エンブレム問題といい、いったい何なんですか・・・と言いたくなります。

今回のエンブレムも競技場を建設する竹中工務店のお抱えのデザイナーのデザインするエンブレムに決まったそうですね。芋づる式に全てつながっていて感心します。

全てはネット上で得ている情報なので、間違っている部分もあるかもしれませんが、少なくとも、肯定的な情報があるのならば、逆に、発信してもっと広めていただきたいです。

政治や他人、社会に何も期待してはいけない。自分でなんとかしていかなければと改めて感じています。

石破さんにできることは限られていて、そんなことを私に言われても困るという内容ばかりだというのもわかります。

自民党を肯定できるような何かを少しでも示してほしいです。ちょっと、いろいろとひいき目に見ても限界です。

新聞配達員 白鳥 卓也

投稿: 白鳥卓也 | 2016年5月14日 (土) 19時20分

石破さんは、ブルトレ等が好きで、新幹線はあまり好きでは無いかもしれないですが、いつの日か、新潟~新発田~村上~あつみ温泉~鶴岡~酒田~羽後本荘~秋田(~鷹ノ巣~大館~弘前~青森)間の新幹線(「日本海羽越新幹線?」)を。フル規格「=複線高架式新幹線専用線(?)」が無理なら、「単線高架式新幹線専用線(村上~鶴岡間や酒田~羽後本荘間などは複線高架式?)」///建設コストはフル規格より下がりますか?。

投稿: 村井啓介 | 2016年5月14日 (土) 19時45分

たしかにマディソンSQGDの下に地下鉄があり、タイムズSQとブロードウェイにも地下鉄だけでなく、バスも通っています。それだけでなく、エンパイアステート、国連も直ぐ駅の近くにあり碁盤目の目の住所と同じく誰にでも番号で分るシステムです。それだけでなく、パスを使えば地下鉄だけでなく、バスも乗り放題ですし、メトロポリタン美術館や近代美術館も年間パスで毎日行けるだけでなく、学生は本物を前に写生したり勉強する事も可能で本物のレンブラントやピカソを観に毎日通いましたが結構年配の人がいて日本との芸術や国際社会の縮図を毎日当り前の様にしているNewyorkerとの差を歴然と感じざるを得ませんでした。勿論、日本の様に安全ではありませんし、時には銃乱射何て事もありますが住めば慣れた物で危険があれば避ける術も身についてきます。911で貿易センター近くに行ったり夜ハーレムにジャズを聴きに危険を冒して行った事がありますが全神経が動物の様に過敏になるのでそういう時の方が危険に会いません。嘉手納基地周辺も地元の人は危ないとか怖いとか言いますが外国を思わせるので住むと中々刺激が有って神経が研ぎ澄まされます。楽しいのが呆け防止なのか、危険なのが呆け防止なのか分りませんがあまり快適で住み易過ぎると何も出来ずボケそうで私には合いません。とは言え、平和ボケした日本人の感覚では言っている意味が分らない人が多いのでは無いでしょうか?

投稿: 忍者 | 2016年5月15日 (日) 11時12分

【反米のつもりが、トランプ氏と共闘することになってしまっている】

 日テレのニュースに『復帰44年「基地のない沖縄」目指す集会』があったと報道されているそうだ。
 トランプ氏と共闘するような内容のコメントがあるのかとネットでそのニュースを見たが、米国共和党公認の大統領候補者の主張に触れる内容がどこにもないのに驚いた。
 トランプ氏に頑張ってもらうだけで、沖縄は基地のない街を取り戻せるのだが、誰もそれを口にしない。なぜなんだ??
 米国の大統領候補者を応援するのが嫌ならそれを言えばいいのにその話もない。彼等のいう基地のない沖縄を実現することに於いて非常に確度の高い現実的な行動力を発揮してもらえる主張が、相手国の大統領候補者の口から既に出ていることを知らないのだろうか? もしそうであるなら、日テレは、今、米国で起きている大統領選挙の話をしてあげて、沖縄県民の願いが実現することを教えてあげればいいのに、そして、デモに参加した彼等から、その感想を聞き出してニュースにすればいいのではないかと思うが、それもない。不思議な話である。

 米軍基地の撤退を政見としてはっきり口にして主張している大統領選挙の候補者がいるのである。沖縄県民の願い通りではないのか? 本土の国民も沖縄県民がトランプ氏をどのように見ているのか関心がある。報道機関の仕事はこれではないのか?
 黙っていても相手の方から軍事基地を撤退すると言ってくれているのである。これほど好都合な展開があるのにそのことに触れることがない。我が国のメデアは報道の自由度が世界から見て第72位に落ちていると言われているらしいが、タイムリーなニュースを『報道しない自由』の基準に合わせて、沈黙することがあるので、信頼されなくなったという事ではないのかと思いますね。トランプ氏の意図がなんであれ、米軍基地の撤退を実現すると言っているわけだから、沖縄県民がそれを知らないという事はないと思いますね。このデモは、トランプ氏を応援するデモなのかと思ってしまいます。
 復帰45年の来年はトランプ氏の大統領就任の年でもある可能性が高い。沖縄県民の大願成就は実現する可能性が高くなっている。彼等は、基地のない街を手に入れて、その後をどうするのか考えないといけませんね。
 自衛隊はあそこで大規模な基地を展開するほどの装備や人員を持っていませんよ。対シナ帝国の最前線に沖縄は陥ることになる。沖縄県民は生き残るために何ができるのか、知恵を振り絞って考えることになりますね。

 米軍基地撤退はトランプ氏の言う通りになるだろう。変革が始まります。

投稿: 旗 | 2016年5月15日 (日) 22時10分

天国よりもここにいたい、そんなことをおっしゃる日本の高齢者にお会いしたことがありません。
たくさんの高齢者が豊かな人生を送れるよう、日本版CCRCの充実が期待されますね。

ご多忙ななかでのアメリカご訪問お疲れ様でした。
地元へは飛行機ではなく電車で帰られるのですか?
ご回復をお祈りいたします。

投稿: くま | 2016年5月15日 (日) 22時46分

【東京都知事の責任】

 ネット掲示板で炎上中である。公私混同が激しいというのが、この知事の場合際立っているのかどうかよくわかりません。公金をして家族旅行の費用を処理した疑いを持たれ週刊誌に一部始終が暴露された。その前には、高額の外国訪問費用の問題がある。そしてその前には、韓国のためにだけ都の所有する土地に韓国人学校を建設するという話があった。あの話は中止になったという話ではない様なので、水面下では計画が練られているのかもわかりませんね。この知事の登場は前任者の政治資金の扱いの不備が原因で交代させられた様ないきさつがある。しかし、金額は小さいが、またしても政治とカネの問題である。今、炎上しているのは、ネットオークションで落札した代金を支払った金が政治資金処理され政治資金収支報告書に登場しているのではないかという疑惑だ。
 彼の娘さんが着用している服が、どういう経路で、どのような金を使って知事の元に届き、娘さんが着用することになったのかという話が問題になっているそうだ。

 政治家のすることか? 他にやることがないのかと言いたいレベルの話が、この知事の場合登場するので大変である。

 自民党公認の知事候補者が知事になったという経過があるので、責任問題が発生しますね。知らん顔ができません。後任の人選とかも考えないといけない事態に至るかもわかりません。税金を使って大名旅行する人が、身の回りの家族旅行や生活用品まで公金を宛てる。

 公私混同は我が国の国民が最も嫌がる行為の一つである。権力者の横暴が目に見える形で表現されるという事もある。東京都には他府県の住人からも抗議の電話やメールが殺到しているらしい。兵庫県の議員や、元官僚の議員候補者が、政治とカネの問題で逮捕され、兵庫県の議員の人などは裁判で懲役刑の言い渡しまで受けている。(控訴したのかどうかまで知りません)舛添氏の場合も、これらの例と変わるところがない。より悪質だと言えなくもない。逮捕起訴されることを望みますね。

 自民党は、これに懲りて清廉なだけの人を候補にするという事がないように望みたいですね。
 清廉さだけが売りの政治家は、考えるという能力に期待が持てない。三木武夫等を見ればいい。彼などは時間の無駄しかしない人であった。現役の例で言えば、民進党の代表なども、言ってみれば能力のない清廉さが売りの政治家の代表のような人です。そういう人は何をやるにしても倍以上の時間が異常にかかります。そのような人を候補にしないようにお願いしたいです。熱ものに懲りて膾を吹くと見透かされることも、慎まないといけませんね。有為の人材は得難いものです。それを大急ぎで探すのは難しい事かもわかりませんね。 

 

投稿: 旗 | 2016年5月15日 (日) 23時17分

【保守と革新】

 この言葉は、約50年ぐらい前の我が国の政治の世界では、自民党と旧社会党を指して示す言葉のようにあほみたいに使われていたものですが、その旧社会党が革新と呼ばれながらただの一度も革新的な意味の政策を国民に提示をした事がないまま、支持を失い零細政党まで落ちぶれていったのは皮肉と云うしかありません。
 護憲を掲げる革新派とはいったい何者かというのが有権者を混乱させる結果に至ったのですが、彼等は最後までというか今でこそ『革新』を名乗ることはなくなりましたが気が付いていないままではないかと思いますね。

 保守政党が常に自主憲法の制定や改憲を主張する。それこそが国民に対する責任であると解っていたのだろうと思います。護憲は現状を変えたくないという主張ですね。何も変わらない、何も変えたくない。しかし、国際情勢というものは変わっていきます。現行憲法でやってくというより国民がどうなろうが憲法を守るという考え方しかない処に非常に無責任な主張が隠れていることに気が付きます。変えようとする勢力に対しては批判しかできなくなります。変えようとする勢力に向けて自分達の案を出すこともできないのは護憲があるためです。憲法を守るという範囲から逸脱することが最初からない、結局批判でしか応じる術がない。保守的な思考なんですな。『革新』は何のための革新なのかと言う基本がない訳で、革新政党と呼ばれる政党の誕生は日本国憲法が制定されてから雨後の筍のように湧いて出てきた政党なので、ありがたみというか自分たちの力で勝ち取ったというものではないのです。同時期にシナ大陸ではまさに保守勢力と革新勢力のせめぎあいがあって、シナ共産党は革新勢力の大本のように思われていたので、彼等がシナ大陸を占拠した事実もあって、世の中の動きはこうあるべきだと勘違いする人々が東アジアで発生したことも原因ではないかと思います。しかし、我が国にあっては革新の革新たる所以が棚から牡丹餅のようにもたらされた事情があって、それが根っことなって戦後が始まったようなもんです。

 その棚ボタの革新は、何も生み出すことがないとはっきりしたのは高度成長後です。所得の倍増政策や国土の改造計画などは保守政党からの提案ですね。革新派は何をしたか? 反対反対何でも反対。今と変わりませんね。それで戦後を過ごしてきたわけです。
 
 時代が変わり、シナ帝国や朝鮮労働党と近いところにいた人々は、それらの国で環境破壊が始まっても何も言いません。シナ帝国などは人が住めなくなる地域が確実に広がってきていますが、警告とか助言とかやってあげたこともないのではありませんか? それは北朝鮮が日本海をミサイルの残骸で汚染しまくっていることについて注意をするというような事がなかった。しかし、彼等の『友党』なのだと主張してきた。日本人を拉致していたことも最初はでっち上げを言うのかと息巻いていながら、彼等に正面から尋ねることもしなかった。これは、言ってみれば彼等なりに解釈する処の日本国憲法の前文の精神なんですな、周囲の国はそのような悪いことをする国がないと…思い込んでいたのだろうか?
 それはさておき、保守と革新の解釈は、今にあっても普通の国の政治の世界では有効な概念ではないかと思います。我が国の政治家が、独自の概念で歪めてしまっていたことについて、この先に於いて問題になると思いますね。
 
 パナマ文書の流出による公表があって、共産党の政権を握っている国の特別な立場にいる人々が、国民を裏切るような租税回避をやっていたことが、そのうち白日の下に暴かれる日が来ると思いますね。彼等は、その日が来ても革新勢力と名乗っていられるのかどうか興味がありますね。昔からある独裁政治が本来あるべき姿なんだと軍隊を背にしてシナ帝国の皇帝が国民に向かって説明というか演説する日が来るのかもわかりません。最初の頃は革命だったけど今は違うと言い出すのは時間の問題のような気がします。金より他に信じる物がない国家と云うのは、旧ソ連がそうであったような道をたどるのではないかと思いますね。そして、何度も興っては衰退する数多くの王朝の一つになるような気がします。シナ帝国を革新勢力と呼ぶ人は今もいるのだろうか?  謎ですね。

投稿: 旗 | 2016年5月16日 (月) 01時45分

石破さん  ≪思考停止しては大損する≫
引用【住宅が恒久材ではなく耐久消費財化している‥日本】
此処で石破さんは住宅の建物を指しておられる筈ですが(土地は恒久不滅と信じられている)、その現象も認識も単なる住宅取引に関する不動産業界の慣行に過ぎないのであって、何らの経済合理性も価値に関する道理もないものだと思います。否、寧ろ、逆にそんな合理性や道理を無視し裏切っていさえいると思います。
建物を丁寧に保守や手入れをしてまた部分的な建て替えで「勿体ない精神」を発揮する場を奪っているかも知れません。

端的には、新築後凡そ十年経った住宅建物は、売買される場合、不動産業者によって価格(“価値”に非ず)がゼロとして査定され商談が進む。特記するべきは、その建物が未だ居住可能、従って住宅建物としての価値が残っているのに!!です。一つの切り口として会計ルールは30-40年の耐用年数が決められその間に減価償却が行われているのに!!です。売却すると一気に全額を償却させられる。売り手も買い手も不合理であるとも道理に反しているとも意識せずにその慣行を羊のように大人しく受け入れている。
新築した売り手は明らかに損をし、買い手は明らかに得をする仕掛けになっている。まあ、中古物件を購入し一定期間居住後に売却するなら損得が相殺されてチャラになりますけどね。

この業界慣行は、大昔の建設省(内務省時代?)が中古住宅の価格を下げ買い易くするため、以って政策的に住宅取引の活性化を狙ったことの反映かも知れません。不動産業界も一軒当たりの取引単価が下がり手数料収入も下がるが取引物件数が増えれば御の字です。
最近は不動産業界も流石に外国人向けには合理的な慣行に改善を迫られているようですが、日本人向けには未だに「賃貸契約の更新料、礼金」など訳の分からない名目でカネの遣り取りが生き残っている。日本にはそんな合理性のない取引慣行が身近なここにもそこにも残っています。

日本では思考停止して唯々諾々と慣行に乗せられていると、気付かぬうちに大損させられて仕舞います。懐疑的な「かも知れない運転」が日本では不可欠だと思います。
(蛇の足)まあ、安倍Ape政治には、それ(懐疑)では足りないで、頭から否定するのが至当だと思いますけどね。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月16日 (月) 15時59分

  ところで、アメリカの大統領選挙についてはどうだったでしょうか。
 このままだとかなりの確率でトランプ大統領になると思います。状況が、日本の2009年夏の選挙と酷似しているからです。あの時も民主党のマニフェストは酷かったので、自民党は組みやすし、とはじめ思ったかもしれませんが、有権者はこれまで以外の政治家、とうことだけを求めていたのです。アメリカ大統領がるーぴーと言われ、「考えたらできませんでした」と言うのは見たくないです。多分、アメリカの国益が棄損された分だけ、中国が台頭するのでしょう。

投稿: 社会保障から経済成長? | 2016年5月16日 (月) 20時18分

【米国と英国との関係が変わるのか?】

 ロイター他のニュース記事にあった。
『[ロンドン 16日 ロイター] - 米大統領選で共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏は、自身が大統領に選出された場合、キャメロン英首相と良好な関係が築ける可能性は低いと述べた。』
 
 米国の政治家にあって、こういう型破りな発言をする人物は、例が無いような気がする。とはいっても、これは英国政府を指して言った発言ではなく、キャメロン首相とそりが合わないという意味なのだろうと思います。キャメロン氏のコメントは、このロイターの記事にはないが、おそらく、同じ内容になって反ってくる可能性がありますね。と言っても来年になってトランプ氏が大統領に就任することが確実になれば、国家同士の首脳会談がないままの同盟国という状況が出現するわけで、両国は過去に例がない関係になってしまうような気がします。その前に英国ロンドン市長は、イスラム教徒の人が選挙の結果主任することが決まり、ロンドン市長が米国を訪問するという行為自体がもしかすると問題になってしまう可能性すらある。しかし、彼は例外というものはあると言って、カーン新ロンドン市長の入国に制限を設けることはないと発言したそうだ。
AFPにその記事がある。
『【5月10日 AFP】米大統領選で共和党の候補指名獲得を確実にした不動産王のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、大統領になればイスラム教徒の入国を禁止すると主張していたが、英ロンドン(London)の市長にイスラム教徒のサディク・カーン(Sadiq Khan)氏が就任したことを受け、「常に例外はある」として同氏の米訪問を拒まない意向を示した。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)のインタビューで語った。』

 まあ、気分は大統領になってしまっているのだろうと思いますね。こういう気性の人と良好な関係を構築するのはかなり難しいような気がします。自分の気持ちを抑え込む努力が足りないとケンカになるのではないかと思いますね。来年以降の米国との外交関係が西側諸国の首脳に苦行を強いることになるかもわかりませんね。大変なことです。で、こういう人がプーチン大統領とどのような対話ができるのかについても、興味があります。あるいはシナ帝国の習主席とも対話ができるのかについても関心を呼ぶのではないかと思います。
 根拠となるような情報はありませんが、彼等3人が首脳鼎談というような機会があったとするなら、おそらくその場の空気は、19世紀に戻ったような世界が表れるような気がしてしまいます。世界史的に見れば200年遅れの覇権国家のシナ帝国と独自の国家像を追求するだけの米国とロシア。暗黒の未来が待っているのではないですか? 

 我が国は生存をかけた外交を展開していかねばなりませんね。大変なことです。
  まあ、すごろくで言うなら、世界は振出しに戻るという事なのかもわかりませんね。

投稿: 旗 | 2016年5月16日 (月) 23時34分

【東京オリンピックは、電通のおかげで潰れてしまうかもわからない】

 英国のガーディアンと言う新聞社が東京オリンピック招致の際に賄賂が役員に支払われ候補都市の決定に寄与した疑いがあると報じたそうだ。その記事には、関係者の見取り図がHP上に描かれており関係者の間を取り持つ企業名がしっかり記載されているのだが、
 我が国の新聞にはなぜか? 肝心のその著名な企業名がわざと削除された見取り図となって紹介されている。
 ネットでガーディアンのHPを辿ることすら簡単にできる時代に、わざと肝心な固有名詞を削除すれば隠蔽工作に加担しているのかと疑われるのに、それは気にならないのだろうか? 
 電通は、我が国のマスゴミを支配下に置いている事実を強調していることにもなる。バカな業界だ。だから信頼されなくなっているという事に気が付かないのだろう。自分の首を絞める愚かな連中である。それはともかく、電通はこの国家イベントに深く関与していることがよく解る。エンブレムの問題でもそうだ。彼等はいったい何を企んでいるのだろう。気味が悪いとしか思えませんね。彼等が関与する処は腐敗のにほいがする。こういう利権にまみれた金儲けしか考えない汚れた連中をいつまで使うのか? 
 情けない事だと思わないと国家の品格まで貶めることになりはしないかと心配してしまいますね。電通は不気味な会社である。まともな連中とは思えませんね。東京オリンピックを辞退することになるかもわかりません。人事の選定に不覚を取ったという事だ。電通は、我が国の癌企業である。滅んでほしい。

投稿: 旗 | 2016年5月17日 (火) 01時23分

石破大臣殿

お早うございます!!。
4月末より5月にかけての地方への講演、視察、又短期間のうちの訪米と少しも休むことなく活動され、大変お疲れ様でした。
小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。
米国訪問の報告としてDMO、CRCCについてのの記述がありましたが地方創生の一環として吾が国に於いても地方への人口移住政策の参考になるものがあればとの視察かと思いました。本日はその事と、熊本地震のその後について述べてみたいと存じます。

大臣も述べられていますように、アメリカと吾が国とでは医療、介護のシステムの違いは勿論、年金支払いと受給システムの違いがあり受給額の違いもあって、生活レベルで言えば吾が国と物価の違いなどもあり必ずしも現状両国の事情下では比較が難しいかと思います。
CCRC(リタイア後ケア付き生活共同体集合住宅)は吾が国の介護老人ホーム、医療型老人ホームではなく、リタイヤ後の老夫婦が双方とも健康なまま、その後の人生を営む生活共同体であり、不動産売買の対象ともなる付加価値を生むものであります。日本国内とは大変事情が異なるようです。
一般的に退職後の年金は贅沢さえしなければ暮らせるほどが理想とされているものの、吾が日本では収入が300万未満の年金受給者が圧倒的に多く、その上持ち家ではなく賃貸住宅に入居などであれば、生活は困窮を来すほどの年金制度であります。しかも自営業者の国民年金のみの受給であれば、更に生活も困難を来しているのが現状であります。
吾が国の年金支給対象年齢の者が、どれほどこのアメリカのCCRCの住宅を購入出来る可能性があるのでしょう?。とは言え、年金支給よりかなり前の家族形成の終了すると見込まれる40歳代後半から50歳代に掛けて、将来的に入居を予定すれば、建設費用も安く出来、販売価格も安くなると思われる地方都市においては可能であるとも想われます。従って、ライフサイクルごとの途中に於いて国、民間双方にて国民へ提案を行って行けば可能であるとも思われます。
「不安の無い長生き可能な老後」とは、住居の不安、収入の不安、医療環境の不安を解消する事のみではなく、個々人がそれぞれ生きる社会に在って、「生甲斐」と云う存在価値が認められる事でもあります。その意味で大臣が言及されました、アメリカのケア付き共同集合住宅での老後生活の方法は魅力的ではあります。

次に先日、熊本地震に於いてその後の被災者の生活の事であります。新聞報道にて知りましたが、生活保護受給者が被災の支援金を受け取ればそれが収入と見なされ、生活保護費が打ち切られる為、被災支援金申請を躊躇っていると言います。とんでもない行政の怠慢と云うべき事かと驚いている次第であります。
被災支援金は一時的な物であり、生活保護費はその個人が働けない為の生活支援が目的であり、根本的に違うものです。総理を初め政府首脳は被災者の救済をと思っていても、現場の行政では法律に縛られ被災者の救済の立場に立っていないのが現状であります。昨日のニュースでは、震災義援金の受け取りを銀行が未済の為の没収としないよう指示が出されていましたが、政府首脳や他の国民の思いが現場では全く乖離してしまっている事が大問題なのです。又、多くの被災者の方が震災後一ヶ月経過し、住居の再建、事業の再建など復興に向けて前進しようと思っても、被災認定作業が大幅に遅れ、その結果罹災証明書の発行も更に時間がかかり復興への妨げになっていると見聞しています。
今回の熊本地震は余震の期間が長引き、復興への着手が遅れているとはいえ、東北から支援に来た関係者も、東北大震災の復興の為の教訓が全く生かされていないと驚いているそうです。
「被災者の方の苦しみに寄り添って支援を行って行きます」と云いながら、総理自身さえ「激甚災害認定」を4月25日に閣議決定を行い、そして現在その為の補正予算案を国会に提出し、審議中と云う「対応の遅さ」であります。
そして更に、来年4月の消費税10%への再値上げ実施は総理の言う「リーマンショックと東北大震災のような災害が無ければ」としていた条件について、何度も訊ねられても全く言及せず、参議院選挙の結果を見てその後8月にでも再増税回避の国民へのを問うとして衆議院解散も行うのでは?と推測していますが如何でしょう?

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年5月17日 (火) 13時26分

水月会のセミナー、参加しました。
前から2列目、しかもど真ん中の席だったので、石破さんの熱量がビシビシ伝わってきて終始圧倒されていました。
過去に他のイベントで石破さんのお話を聞く機会はあったものの、初めてああいった趣旨の会に参加しまして、いろんな意味で勉強になり、面白かったです。
石破さんがお話しの中で言っていた「CCRCについての勉強会」、興味あります。
ぜひ実施をお願いいたします!

投稿: イシバシスト | 2016年5月17日 (火) 18時37分

石破さん  ≪秀逸な著書の行間を読めば‥≫
(元国会事故調査委員会委員長)黒川清さん著「規制の虜」 http://goo.gl/6n2dQg 
序文冒頭引用【志が低く責任感がない。自分たちの問題であるにもかかわらず他人事のようなことばかり言う。普段は威張っているのに、困難に遭うと我が身かわいさからすぐ逃げる。これが日本の中枢にいる「リーダーたち」だ。政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。日本人は全体として優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことか‥。福一事故(注)から5年が過ぎた今、私は、改めてこの思いを強くしている】
(注)黒川さんは「事故」と言われるが、その真意は「事件」であるに違いない。この引用部分の全体が「意図的な不作為を含めて、リーダーの人為的な事件だった」と云う証言になっている。

①【福一事故から5年が過ぎた今、改めてこの思いを強くしている】 ⇒国会事故調査委員会の報告書発表は2012年7月5日であり、安倍第二次政権が発足したのは2012年12月26日である。
黒川さんが【この思いを強く】された期間はその5年間の後半部分に相違なく、その期間はそのままそっくり安倍の治世と重なる。
黒川さんは明示的には言及されないが、またそれだけではないのは勿論だが、安倍Apeを思い描いてこの一文を書かれたに相違ない。
②【国民にとってなんと不幸なことか‥】のその不幸は、ここに書き連ねられた現実に、気付きのないまたは気付けない人たちには更に一層過酷なものとして襲い掛かるでしょうね。不幸の不意打ちを喰らう、なんの備えも覚悟もなく不幸に襲われれば、筆舌では尽せない惨状が広がるに違いありません。
③また、黒川さんはこの序文では「“そんなリーダー”を神輿に担ぎ提灯を点ける知識人・ジャーナリスト(と云われる連中)」に就いて明示的には言及されていないが、貴奴らに対する強い不快感や遣り切れなさが行間にくっきりと浮き彫りにされている。

④この秀逸な黒川節の流れの中で此処に書くのもバカバカしいのですが、情報が増えるに従って、舛添の愚かさや卑しさ(卑怯卑劣卑屈))が一層明確になっている。確信的に貴奴への投票を忌避したとは言え、都民としては腹が煮え繰り返っている。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月17日 (火) 18時55分

石破さん  ≪ポロッに二度ガックリ≫
石破さんもあの場におられたのでご承知のことですが、昨日(5/16)の衆議院予算委員会で安倍が「私は立法府の長であります」とご丁寧に二度に亘って発言してたんですね。今更のことで驚きはしませんが、呆れ果てました。ガックリ
これは失言ではなく安倍の本音が出たのだと思います。ポロッ

それにしても、この事実を大手メディアは一切報じていないんです。今更のことで驚きはしませんが、呆れ果てました。笑い話にもできないし笑い飛ばすこともできない程、日本の大手メディアは頭が硬直(凍結?)し政治権力に屈膝している。ガックリ
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月17日 (火) 22時16分

【電通を国会に呼べと民進党の枝野が言っているようだ】

 ヤフーのネット記事やフジTVのニュースにもあった。
 『民進党の枝野幹事長は「電通にも、相当の金を招致委員会は払っているはずですから、その金で、どんな仕事をしたのか。これは、場合によっては、電通の担当者に、国会に来ていただくような話だと思っています」と述べた。』

 そして、森元首相はTBSのニュース番組で
『大会経費が大幅に増えることが指摘されている問題について、「最初から(経費算定の)計画に無理があった」と強調した。そして、五輪招致にまつわる不正送金疑惑については、「コンサルタントにお願いすることはたくさんあると思う」とした上で、「組織委員会は(招致が)決まってから受け継いだ。前のプロセスについては申し上げるべきではない」と述べるにとどめた。 』

 この2つの政治家の発言から、オリンピック招致問題から、今に至るまで一貫して携わってきた集団があるとすれば、それは電通をおいて他にないわけです。彼等はその全容を知っているというか、金に絡む話しの全部を仕掛けて利益を得ようとしている集団である。彼等の目的は巨額に膨らむ金を手にすることにあるわけで、それを最初から絵に描いて行動していると言っても過言ではありませんね。そしてそのためには手段を択ばない狡猾さを発揮しています。彼等は東京オリンピックを最初から食い物にしているように見えます。

そしてこういう金儲けの仕方をどこで覚えたのかと言えば、2002年の日韓ワールドカップの周知活動を含めた大会全般の行動から学んだのではないかと思いますね。我が国の単独開催という前提で動いていた活動を,共催という形に強引にごり押ししたのは電通の成田である。それはそうしないと開催権が手に入らないというデマを流させたのではないかと言われているそうだ。今では、賄賂のたまり場としてFBI他からの強制捜査が入り既に10人ほど逮捕されているFIFAの中枢に、当時話をできるのは電通だけだと言われていたそうだ。あれをもう一度調査をし直せば、今回の不正送金のような話がごろごろと出て来るかもわかりませんね。
 大会そのものも韓国の不正ジャッジなどがあって、後味の悪い大会になりました。その後、電通の成田は韓国政府からサッカーワールドカップなどの功績に対して勲章を貰っています。

 あれがあるので、今回の不正送金の話が、フランスの検察が主張する収賄容疑はあるとみなされても反論する証拠の提供ができるのかどうか不明ですね。不正な手段でオリンピックの開催権を得たとすれば、開催を辞退することになります。サッカーワールドカップは大会招致の話に疑念が持たれるような時代ではなかったという幸運があっただけと思いますね。FIFAの腐敗はそれより以前からあったようですが、FBIなどが注目したのは、最近のようです。IOCも。FIFAと同じような容疑をかけられているとすれば、まさに逃げることは難しいような気がします。ワールドカップでもそうですが、電通は金儲けのために平気で不正に手を染める会社なのだと思います。今回は真っ黒ですね。例のコンサルタントの会社は、会社と呼べるような代物ではありませんね。金を受け取った直後には登記の抹消があったという事実が発覚しているようです。ネットに追跡した人がいてブロクに書いてありました。現地の写真などや、ガーデイアン紙へ取材してまでしてブロクに書いています。これは16日に予算委員会で答弁した人々の面目は丸潰れですね、電通の担当者を呼んで証人喚問したほうがいいですね。
 彼等は、メデアの支配をやることで権力を手に入れたと錯覚しているのではないですか?

 傲慢な会社である。エンブレムなども利権目的で動いていたことがばれていますね。オリンピックの予算は膨らむばかりである。それが電通の狙いなんですよ。ふくらまして頂戴する。プロイラーの鶏のように我が国を見ているのが電通です。太らして頂戴するというのが彼等の狙いですな。その為には手段を択ばない。今回の場合我が国がオリンピックを開催する権利を得るという大前提があります。それから不正を行っている疑いがある。そして、それに最初から関与しているのが電通である。利権の元になるオリンピック開催権をなんとしてでも取得する必要がある。巨額に膨らます利益を得るために・・・だから不正に手を染めたのではないですか?

 サッカーワールドカップでも同じことをやっていた疑いがここにあります。FIFAなどは、オリンピックより腐敗していただろうと思いますね。そしてこういう組織のメンバーはどこも同じぐらい腐った連中がいると知っていたんじゃないかと思いますね。電通は我が国の癌ですよ。こんな連中を潰さないと後悔することになります。経済ヤクザです。

投稿: 旗 | 2016年5月18日 (水) 03時35分

石破先生、いつも激務お疲れ様です。
トランプ氏の批判お見事でした。
舛添都知事辞めさせていただきたいです。

ところで先日に水月会出席させていただきました。大阪から一支持者として場違いの所へ来てしまったと思いました。私(同年代)の友人は鳥取県人で医師でクラシック音楽を通じて知り合いました。鳥取の人は人がいい人が多いようですね。私は持病があり(何か行事があると調子が悪くなり行けなくなります)、93歳の母もいます。それを克服しました。石破先生のお陰でございます。

昭和61年七夕選挙はよく覚えております。当時の友人はある政治家の地元事務所、大阪で秘書でした。あのとき鳥取で初当選なさったのが今思えば石破先生でございます。あれから30年ですね。その年の9月父は膵臓がんで逝きました。

こんな政治家が日本にいらしたのだと、私くしは日本に生まれてよかったと思っております。これからは石破先生の益々のご活躍を生きがいに過ごして参りたいと存じます。

(最後に私のメールを受け付けてくださった事務局の吉村様に感謝申し上げます。PCの調子が悪く、数通送ってしまった事は恥ずかしいばかりでございます)

投稿: 潤子 | 2016年5月18日 (水) 12時02分

   米国人と話をしているとトランプ派が多いが日米関係に関しては関税をかけてやる!米軍を撤退させる!北と日本を闘わせて日本にも核を持たせても構わないと発言している。米国発のTPPもあれだけの激しい交渉をしてから後に反故?何て馬鹿げた事が出来るのか?SACO合意だけでなく、辺野古移転に関する合意も十数年に渡り交渉して来た物を反故に出来るのか?日本はドイツや韓国より防衛費を米国に支払っているが撤退した軍隊の雇用を米国内で創出し国内で維持費だけでなく、恩給も含め賄えるのか?そしてNPT核不拡散条約等を批准し推進している平和憲法を持った日本にどう核兵器を認めるだけの正当性があるのか全く疑問だが彼は根拠も政策も財源も何も示していない。自らの納税記録も示せないのに大風呂敷を広げて何が本当に出来るのか全く信用性が無いし、実績も言葉に値しない。パナマ文章だけでなく、たぶん彼の名前もある可能性もあるだろうが移民の奥さんを何度も貰い、移民を否定する矛盾する手法を使うのだろうか?オバマ大統領の言っている様に現実の社会でエンターテイメントではない。おまえはクビだとテレビで叫ぶだけなら視聴率も取れるだろうが大統領の支持率はそんなに甘くない。劇場化したメディアを使い喧嘩を周りに売りながら人気を保ってきたが他国や貿易、法律が絡んでくると相当な覚悟がないと立ち行かなくなるし、政治的にも持たない。彼なら許される茶番もかなり過ぎた感じがあるし討論会になれば具体案を示さない荒さが露呈してくるだろう。とはいえ、クリントンはサンダースに苦戦している。又サンダースは思ったより支持者の熱狂振りが凄い。そして彼の財政負担政策も相当の支持があるという事は米国も相当左寄りになってきている証拠だ。国民が相当国の介入を支持しているという事はそれだけ個人による成功が出来ない現実があるのだろう。誰が大統領になっても不満を背景とした支持で大統領を勝ち取る結果になり、日本に取っては厳しい現実となるので対応をどんどん打っていかないといけないだろう。

投稿: 忍者 | 2016年5月18日 (水) 13時45分

【大統領になった気分のトランプ氏の発言より】

 ロイターの記事によると
『5月17日、マンハッタンのトランプタワーで行われたロイターとのインタビューに答えて、北朝鮮の核開発を阻止するため、金正恩朝鮮労働党委員長と会談することに前向きな姿勢を示した。・・・トランプ氏は、北朝鮮対策について詳細には触れなかったが、金氏と会談すれば、米国の北朝鮮政策が大きく転換することになると強調。
 「私は彼(金氏)と話をするだろう。彼と話すことに何の異存もない」と述べた』と あります。

 同じ内容の記事が韓国の中央日報ではロイターの記事からの引用だとしながら
『ロイター通信のインタビューで、「彼(金正恩)と対話をする考えであり、対話にはいかなる問題もない」と答えた。しかしトランプ氏は具体的に何をどう対話するかについては説明しなかった。トランプ氏はその間、金正恩委員長を「狂人(maniac)」に例えて非難してきた。対話に言及したのは今回が初めてだ。』

 ロイターの記事には存在しない文言を付け加えて、読者に印象を操作するような記事になっています。これは報道の在り方から見ても、新聞社が望む価値を押し付ける誘導になってしまっているんじゃないかと思いますね。韓国としてはトランプ氏が、大統領になったとして、韓国の存在を無視した形で会談が行われるのではないかという心配があるのかもわかりません。対話ができるという発言自体が米国の大統領候補者の口から出てくることに驚きがあるようにも見えます。トランプ氏は楽天的な性格の人なのかどうか解っていませんが、あまり深く考えるような人ではないことはこれまでの発言等々から知られていますね。大変なことが起きるというのは間違いなさそうです。

 問題は、朝鮮半島や沖縄から米軍基地を撤退させてから、会談を開催するのか、撤退前のある時期に会談を設けるのかで状況が変わりますね。それが関心を呼ぶことになるのですが、ロイターは、そこまで親切に質問してくれていませんので悩むことになります。東アジアに米軍基地がなくても北朝鮮の三代目との会談が可能か? 場所の問題も含めて気になる話です。
 北朝鮮の指導者は過去に現職の米国大統領と会談をしたことがない。元大統領とならある。
その違いの大きさが理解できることがあれば、これまでとは違った効果が起きるのか興味がありますね。まあ、どういう結果になっても驚かないようにしておく必要がありますね。

 どこで会談を設定するかとなれば、ひょっとすると日本でという事になるかもわかりません。相手国の領土にどちらかが入国してという事は難しいのではないかと思ってしまいますね。信頼関係というものがどっちにもないわけです。韓国でというわけにもいかないでしょう。そうなると欧州のどこかとか、日本でという事かもわかりませんね。我が国とは外交関係はないという事もありますから、東欧州の米朝共に外交関係がある国のどこかという事になりますか?
 それはさておき、クリントン氏側の記事というのは非常に少ないですね。米国メデアは悔しい思いでトランプ氏の優勢を認めつつあるという事かもわかりませんね。新しく決まったロンドン市長への対応の話さえ、まだ一候補者の立場でしかないのに、かなり大げさに記事にしているメデアが目立ちます。無視することができないのだろうと思いますね。我が国は、トランプ氏が大統領になるかもわからないという前提で考えないといけませんね。好みの問題を論じるわけにはいけないという事ですね。

 自主憲法の制定を考えて行動に移す時期かもわかりません。

投稿: 旗 | 2016年5月19日 (木) 03時08分

石破さん  ≪19-20世紀 vs 21世紀≫
日経【オバマ氏、核使用で「道義的責任」言及へ  http://goo.gl/Cr2rxy ①核兵器を使用した唯一の国として「(嘗ての米国の)道義的責任」に言及する ②米国内の肯定論を踏まえ原爆投下について謝罪しない】
⇒まあ、未だ事前情報に過ぎないのですが、何と素晴らしく、広深永で、普遍的で、21世紀的な、内容であることよ!!
歴史を広深永に直視すれば、国内の強く罔い批判を乗り越えて、自ずから、非人道的な部分に、自国の道義的責任に言及するとことになる。但し、戦争の罪はそんな小さな部分だけでは終わらない。
広深永に構えれば、そもそも身の程を知らず無謀にも「残忍の連続である戦争」を仕掛けた日本に対して謝罪する必要なんかない。
オバマ大統領の広深永で普遍的な高みに立てば、日経が言う米国世論云々は偏狭であり頓珍漢な見立てだと判る。

安倍を筆頭に歴史の修正に挑む日本国内の有象無象には、「恥を知れ!」と叫びたい衝動に駆られます。外交辞令は兎も角、安倍が、オバマ大統領の本心では毛嫌いされていることが好く解る。19-20世紀的な私情と21世紀の叡智の違いと言って仕舞えばそれだけの話なんですが‥、日本が余りにも可哀想で勿体ない。
まあ、今更「恥を知れ!」と叫んでもそもそも無智で無智なのだから無理な話。‥なので、別の外科的手立てが要る。
このオバマ大統領の声明が智的な外圧として、安倍の甘言に釣り上げられている庶民大衆に覚醒を齎せば善いのですが‥。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月19日 (木) 12時39分

   最悪のタイミングで米軍属が沖縄県民女性を殺害した。オバマ大統領が来る事は誰もが知っていたはずだが元軍属の男も殺害や犯行を躊躇わすきっかけにはならなかった。参院選挙だけでなく、基地問題で揺れる沖縄で婦女暴行だけでなく、殺害すればどういう結果になるのか分っているはずだがどうなるのか何も考えないのだろう。オバマ大統領も被爆者や日本国民と友好ムードの中で対話するという雰囲気は吹き飛び、警戒感が漂う結果を招いてしまった。小泉元総理が友達作戦で被爆した米兵に涙している映像が流れたがオバマ大統領は銃乱射への遺族の様に日本人に同情するだろうか?今回の殺害への謝罪を求められたりすれば、流れ的に原爆への謝罪へと話が流れかねない雰囲気が出来る。さて公式訪問は今回は見送り?米国も日本政府もどう対応するのか、様子を見て行きたい。

投稿: 忍者 | 2016年5月19日 (木) 22時55分

石破さん  ≪文芸春秋6月号≫
この記事中、櫻井よしこや安倍洋子の寄稿は綺麗ごとの羅列で、その腐臭と歪みに鼻も目も曲がりましたが‥、
一方で、「特集 強欲資本主義と決別せよ」が興味深い。特にムヒカ前大統領の言葉の一つ一つが深い示唆に満ちている。逆に、パナマ文書に着眼した2件の寄稿は予定調和の狭さ浅さ短かさが目立って、刺激も示唆もない。この特集に原丈人さんが「公益資本主義」を寄稿されれば、ムヒカ節との共演になり最高でしたが‥。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月20日 (金) 10時48分

石破さん ≪「私は立法府の長」発言≫その2
世の中には知的で観察眼の鋭い方がおられて心強い限りです。
ネットで発信され話題になっています、趣旨【あの安倍の「私は立法府の長」発言の現場を具に観察して、安倍発言に閣僚席で「うん??!」と瞬時に反応されたのは石破さんだけだった!流石石破さんだ!】と(ニッコリ)。
衆院の映像(↓)を確認すると、確かに間違いない。河野大臣は細かな作業に没頭中。麻生副総理に至っては微動だにせず瞑想中w。
http://goo.gl/tlMfO4 (経過時間2時間33分から)
その転瞬「ふううむ(↓)」と云う風情を醸し出した石破さんの胸中を推し量るのも興味深い作業です。
同時に、全く想定外の発言だった所為でしょう、あの切れ味鋭く才気煥発な山尾女史もこの愚かな発言に反応も突っ込みもできなかった。今は地団駄踏んで悔しがり次回の質問に逞しい腕を擦っていることでしょう。楽しみです。

安倍Ape一味は発言撤回、速記録削除するのでしょうが、愚かな発言の事実も安倍Apeの本性も消えはしない。
草々

投稿: 小倉摯門 | 2016年5月20日 (金) 10時50分

   台湾総統に選ばれた蔡英文が就任したが習は台湾独立のいかなる動きも認めないと発言し政治的、経済的、軍事的にも圧力をかけていくと脅している。日本への反日暴動で日本企業が暴動により破壊されたり、商社役員が急に拘束されたり、レアアースを禁輸し圧力をかけてくるだけでなく、観光客が予約を急にキャンセルしたり支払いを踏み倒したりしたのは記憶に新しいが一党独裁国家なのでビザを発給しなければ何時でも来なくなる。台湾でも同じく中国観光客が激減するだけでなく、外国退去命令を出された台湾人が中国へ移送、拉致されたのはその一環の圧力だろう。石原が米国へ行くらしいが中国崩壊論をなぜ言うかと問われて嫌いだからと言ったがせめて独裁国家と言って欲しかった。ジョージソロスも中国経済がリーマンショック前の米国に酷似していると警告を鳴らしているが中国共産主義の経済崩壊により一党独裁体制が変わらざるを得なくなるのを期待するのは私だけではないようだ。

投稿: 忍者 | 2016年5月20日 (金) 15時10分

貴方が遠からず自民党の明日を担われることは 誰もが思う所でしょう。然し 戦後70年からの脱却 がやっと始まった今、 貴党内で党を割る様な胎動を 私達は感じたくありません。此の国のため国政の舵に、貴方も そっと手を添えていて下さい。あと1、2期もすれば、舵は貴方の手にすんなりと委ねられるに違いありますまい、私はそう思ってます。

投稿: 熊田 馨 | 2016年8月22日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/63623861

この記事へのトラックバック一覧です: 訪米など:

« 北海道5区補選、災害対処など | トップページ | イシバチャンネル第六十五弾 »