« 参議院選挙など | トップページ | 有権者との「物語」共有など »

2016年7月22日 (金)

「物語を創る」ことなど

 石破 茂 です。
 選挙も終わり、永田町・霞が関には静寂に包まれたような雰囲気がありますが、実は水面下で補正予算の編成などの作業が不眠不休で行われております。
 新聞の政治面(「政局面」と言う方が正しいかも知れませんが)には閑ネタのような人事の憶測記事が載っていますが、この季節、いつもながら煩わしいことです。任ある間は、与えられた任務に全力を尽くす。それ以外にありません。

 週末は久しぶりに地元に帰り、いくつかの夏祭りや納涼大会をハシゴする予定です。
 ここ数年、ずっとそのような機会はありませんでしたし、今後もそうは多くないのかもしれませんが、先日の参議院選挙で鳥取県に帰った際に「テレビでは見るけれど、石破さん本人には初めて会った」と仰る方がかなり居られて、少なからずショックを受けました。
 麻生内閣の農林水産大臣在任中に行われた政権交代選挙の前は、週末可能な限り選挙区に帰って懸命に地域を歩いたのですが、もうあれから7年も経ってしまいました。

 議員の原点はやはり自分の選挙区なのであり、そこに於いて一人一人の有権者との間にどれだけ「物語」を創れるかが極めて重要です。「自分の家まで来た」「目を真っ直ぐに見て握手した」「お祭りで一緒に酒を飲んだ」「一緒にカラオケを歌った」などということの積み重ねはとても大事ですし、そんなことはくだらない、と言うような人はそもそも議員になどなるべきではありません。「政治家は次の時代を考え、政治屋は次の選挙を考える」という相克を乗り越えるためには、これしかありません。
 小選挙区制であるが故に、単に総理の人気や政権への追い風で議席を得た議員は、一度逆風になるとバタバタ落選しますが、このような積み重ねを持った議員は相当の逆風でも議席を維持できる場合が多く、そのような議員を増やさない限り、政党はポピュリズムに堕し、やがて国を誤ることになります。猪瀬氏にも、舛添氏にも、そのような物語を創る暇(いとま)が無かったことがあのような退陣を招いた一因であったようにも思われます。
 「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられた民主主義以外のすべての政治体制を除けば」と言うチャーチルの遺した言葉は、政治家に対しても、主権者たる有権者に対しても向けられたものなのでしょう。

 天皇陛下の御意思については、畏れ多くも陛下ご自身から何らのご表明が無い以上、コメントは厳に差し控えるべきものと思います。いくつかの大臣在任中に、陛下のお側に居られる光栄に浴したのですが、あれほどまでにひたすら日本国と日本国民、そして世界のことをお考えの方はおられません。亡父が先帝陛下のことを「人間石破二朗としてこれほど誇りうる方はおられない」と言っていたそうですが、私も全く同じ気持ちです。

 今日はある雑誌の企画で、国際政治学者の三浦瑠麗さんと対談してきたのですが、とても幅広い視点で論じられる方で、多くの示唆を受けたことでした。ご関心のある方は著書「日本に絶望している人のための政治入門」(文春新書)をご一読ください。

 7月も20日を過ぎたというのに、東京はまだ梅雨明けもせず、不順な天候が続いています。別にどこにも遊びに行けるわけではないのですが、本格的な夏が来てほしいような気もいたします。
 皆様、熱中症などにお気をつけられ、良い週末をお過ごしくださいませ。

|

« 参議院選挙など | トップページ | 有権者との「物語」共有など »

コメント

素晴らしい地元愛です石破さんが総理になるまで応援し続けます!
自民が好きとかでは無く、涼しい顔で戦艦が好き軍事ヲタクですとか言う
石破さんの人柄が好きです、あの一つ言っておきますが同性愛者ではありませんよ
他意はないですから
石破さんのような人が政治の頂点に言って欲しいと心から思っております
そしてプラモデルも沢山作ってくださいませ。
そんな普通で面白く真面目な話しをするときは眼光鋭い石破さんを、ずっと応援していきたいと思ってます
健康には気を付けて政治をしてください。

投稿: 敦郁 | 2016年7月22日 (金) 20時23分

はじめてお便り差し上げます。

石破さんはとてもいい笑顔をなさっていると思います。
国会にて先の「立法府の長」発言を、きちんと聞いていらっしゃったのは、画像に映る多数の国会議員の中で、石破さんだけでした。
小沢に騙された?ことがいつまでもいわれるようですが
2012年自民党総裁選で石破さんが選ばれていた方が
よかったのかもしれません。

ご健勝をお祈りいたします。

投稿: なーめ | 2016年7月22日 (金) 23時20分

「物語をつくる」
興味深く読ませていただきました。
今日、(0時を回ったので昨日になりますが)
下の娘が18歳になりました。
先日の参院選では投票権がなかったのですが、娘なりに選挙には関心を持っているようです。

何年か前、娘を助手席に乗せて車を運転していたところ、交差点に立って街頭演説中の議員の方の前を通りました。
通り過ぎる一瞬、娘が手を振ると満面の笑みで手を振り返してくれました。
それだけのことなのですが、娘はずっと覚えています。
幼稚園や、中学校での運動会にも握手をして回られていました。民進党の議員の方です。

私はずっと自民党を支持していますが、その方にも頑張って欲しいと応援しています。

そういう、自分でもあまり意識していない小さな思いを石破さんが理解して下さってることが嬉しかったのでコメントさせていただきました。

お忙しい毎日をお過ごしの事と思いますが、お身体に気をつけて。

投稿: 中川 | 2016年7月23日 (土) 01時09分

石破先生は、政治家に必要なことは、「真心をもって真実を語ること」だと常々おっしゃっています。そこで、小池氏、増田氏を、①真心が感じられるか、②真実を語っているかという点について勝手に採点してみました。①小池氏はウソをついたり、記憶にないと言って逃げたり、トランプはもっと酷いこと言っていると言って正当化しようとするなど誠実さに欠けます。かわいそうアピールの度が過ぎており、「相手はパラシュートをたくさん着けている」、「相手は軍艦に乗っている」などとムキになって誇張し過ぎる点もいただけません。よって、小池氏は0点とします。増田氏は、ある程度真心が感じられますので、80点とします。②小池氏は、冒頭解散、満員電車をなくす等、耳障りは良いができそうにないことを言っているので0点とします。増田氏は、「東京だけが豊かになることはできない、地方が衰退すれば東京も衰退する。」と都民にとって耳の痛いことをキチンと言っている。また、小池氏が言う満員電車の解消や待機児童問題、直下型地震対策は根底に人口過密問題があることから、東京一極集中是正に理解のある増田氏しかできないと考える。よって、増田氏を100点とします。合計0対180で増田氏の勝ちとさせていただきます。

投稿: 真心をもって真実を語る | 2016年7月23日 (土) 01時55分

【無責任にしか見えない野党4党】

 東京都知事選挙は後半の折り返しに差し掛かっている。投票日まで10日もない。
 ネット掲示板に評論家の着込みを転載している人がいた。それを読んで衝撃を受けました。元ネタは池田信夫氏のツイッター辺りの発言だと思います。
『池田信夫

ステージ4というのは末期癌で、大腸癌の場合は5年生存率は15%、手術して17.9%とされている。鳥越氏が手術したのは11年前だというから、この17.9%の中に入っているわけだが、他に3ヶ所も転移してり、5年生存率は肺癌が11.6%、肝臓癌が19.9%だから、鳥越氏が生存しているのはほとんど奇 蹟だ。

また民進党などは、医師の診断書を取ったのか。 』

 癌患者のステージ4が他人事のように思えないのは、私の亡父も癌で命を落としているからだ。亡くなる2年半前に、入院していた日赤病院の主治医に呼ばれ、ステージ4と呼ばれる段階にあるという説明を受けた。父の癌は、72歳頃にポリープの発見から始まり。内視鏡の操作で取り除くことができるようになっていたので、開腹手術などもなく15年以上検査だけで危険がないという診断が続いていた。しかし、胃の外側のカメラが全く映らない辺りに癌があり、それが大きくなっていると解ったのが無くなる3年半ぐらい前であった。その時は新しい薬の認可とかの話があった時期でもあり、効果が期待できるという話が盛んになっていた。それが1年経過して、父には全く効果がないと解り、ステージ4だと云う説明に至ったのである。カメラに映らない部分に癌が出来てしまうと発見した時には手遅れになってしまうという事が多いそうだ。発見から3年半後に命を落としたことになる。ステージ4という説明に嘘はなかった。
 そのレベルに都知事候補者がいるというのは無責任な話ではないのか?
 本人は任期の全うができると主張しているらしいが、この病気はコントロールができないという大きな問題がある。彼を推薦した野党4党は診断書を見たのかという事を池田氏は問い掛けておられるようだが、健康上の問題もまさに、政党が推薦をする材料としての人物調査の項目に当然のように調査するべき事項の一つではありませんか?
 特にこの候補者の場合は、自ら癌患者であると公言しているわけである。そういう人物が、任期の途中で仕事が出来なくなって緊急入院に至り、そのまま死亡してしまったら、また選挙という事になってしまうのではありませんか?
 まあ、世の中には、不測の事故とか事件とか災害で命を奪われることがあるので、この候補者の例は問題にならないというような考えがあるのなら、それを公式に表明するべきである。
 癌患者を推薦するという事は、有権者に対する責任を放棄していることと変わりがないように思いますね。都民の税金で入院生活をさせるつもりかという抗議さえ起きかねない話だ。政治家の健康問題は非常に重要な話である。危機管理の点から見ても、真剣に検討されるべき話ではありませんか?
 元癌患者で今は健康を回復しているという報道もあったが、ステージ4にいる患者なら話は全く違ってしまいますね。その認識は野党4党の健康な政治家には理解がないのか?

 愚かな政党が4つもある。これは非常に恐ろしい話である。無責任と云う通り一遍の非難では済みませんね。人物評価の甘さは、過去のスキャンダルを調査していなかったばかりか、将来の健康上のリスクも調査していないという事実が明らかではないのか。

 彼等はホントウに政治家の集団なのか?? 疑いますね。

投稿: 旗 | 2016年7月23日 (土) 02時21分

   政治家にとって民主主義程最悪な政治体制は無い。政治闘争をせざるを得ない政治家にとって独裁恐怖政治程、権力行使、又は弾圧に適している政治体制は無い。しかし民衆を弾圧し反発を招き、クーデターや革命が起これば国民程、恐ろしい権力者もいない。民主主義と共和制は高度な能力を持った政治家と理性のある民衆によってしか成り立たず、世界中の多くの国では失敗している。その中で日本の天皇制と日本国民の権力のバランスは世界屈指のお手本となるべき民主主義の教本の様な成功例であろう。これ程、国民を弾圧せず、国民に感謝し、国民の為を思う権力者や象徴とは言え、国家の最高位にいる天皇や王族は他にいないと言っても過言ではない。日本国民の為に犠牲になる事を厭わず、命を捨て、財産を返還し、心身を酷使して国に尽くし国民に尽くす天皇陛下を誰が反旗を翻そうと思うだろうか?誰もそう思う前に陛下の前にひれ伏してしまう。仏法とはそのその人の振る舞いにあるべき候というが陛下には仏や神が宿っている。そして貧乏でも東日本大震災でお握りに感謝した日本国民にも仏や神が宿っている。そしてこういう権力者と民衆ならば理想とする民主国家を達成する事も不可能ではない。

投稿: 永劫回帰 | 2016年7月23日 (土) 10時35分

石破大臣殿

お早うございます!!。
当地関西は、17日に梅雨明け宣言が出されて以来、連日猛暑となり朝早くから熊蝉のうねりのような蝉しぐれです。
大臣におかれましては選挙が終りほっとする間も無く多忙なご様子に、大変お疲れ様であります。
小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。

参議院選挙が終り、総理は早々と夏休みを取り経団連会長等と一緒に軽井沢にてゴルフを楽しみながら鋭気を養っています。そして巷では早速内閣改造の人事案が取り座沙汰されています。そのような状況の折り、谷垣幹事長の自転車事故による入院も伝えられ、幹事長職への再任は危ぶまれているようですが、現職与党幹部は如何に身を大切にしなければならないものかと云う典型例のようです。

8月初旬には新閣僚を発表するとの予定ですが、石破大臣に取りまして総理より何等打診も無い侭の人事であれば、本当にご自身の身を処す今後の方向をこの際検討されるべきものと勘考致します。前回の衆議院総選挙後であればいざ知らず、今更閣外などはとても容認出来るものではありません。

さて次に、石破大臣も少し触れられておられますが、天皇陛下の生前御退位の件に関して述べて見たいと存じます。

今上天皇に於かれましては、先の昭和天皇のご意志を引き継ぎ、先の大戦によって戦場の犠牲となった兵士のみならず、多くの民間人の犠牲者をも悼み、ご自身の贖罪のように多くの公式行事、メモリアル行事に参列されています。そして事ある毎に平和の尊さを述べられ、国民が如何に幸せに暮らせるかを心から願っておられます。例年の平和記念式典、直近では少し前のサイパン島万歳クリフでの慰霊訪問、去年のパラオ、ぺリュー島慰霊のご訪問、そして今年では熊本地震の被災者への慰問など、両陛下ともお年を召され少し背と肩を丸められての慰霊訪問、ご慰問される御姿、そして航空便による不便さもモノとせず、ヘリコプターを利用されての慰霊訪問、ご慰問などを拝していて、国民としてそのお優しさに涙が溢れる程であります。

82歳となられた現在、他国の王室、元首と比較して見ても2倍以上も公務をこなされています。しかし、これまでに前立腺がん、心臓手術などの大きな病気も経験され、ご自身が象徴天皇としての公務に差し障りが出始めていると御認識され始めているようです。皇太子殿下も56歳になられ、少しでも早くご退位なさりたいとのご心情は痛い程理解出来ます。しかし生前退位の法律は無く、天皇は国事行為(法律の改正)には参加せずとの象徴天皇としての憲法上の事もわきまえて居られ、ご自身自ら宮内庁を通じて要請をされる事はありません。その辺りをNHK職員が宮内庁の正式発表ではなく、ご様子と心情を忖度すると云う方法で世間に伝えたものと想われます。

先の小泉政権の時の皇位継承問題なども先送りのままになって居り、その事も含め、出来るだけ早急に陛下のご意向を忖度し、宮内庁を中心に皇室典範の改正が望まれます。
何よりも陛下のご健康を第一優先として、考慮すべきものと思います。
皇室典範の改正が数年も掛るものであれば、憲法改正により正式な皇室典範が決定するまでの、限定的法解釈でも良いのでは?と考えます。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年7月23日 (土) 12時29分

天皇陛下好きです。超好き。

民主主義についてはええと・・・野党共闘で計らずも二大政党制の道筋が見えてきたように思います。
これが議会制民主主義の見えざる手なのかもしれない。

投稿: きました | 2016年7月24日 (日) 04時43分

「物語を創る」に全く同感です。前東京都知事のお二人もまさにこの点の欠如があったと考えられます。ところで国際政治学者の三浦瑠麗先生との対談をされてきたとのことですが小生も三浦先生の考え方並びに論理だった弁舌が大好きな一人です。早速、著書を購入し、拝読いたします。
石破先生の益々のご活躍を祈念いたします。

投稿: 和田高明 | 2016年7月24日 (日) 15時27分

都会で知名度の高さを背景に当選された方は、辞めさせられる時もあっという間な気がします。

愛される性格、失敗しても憎まれないキャラクターは天性のものなのでしょうが、日々の信頼関係は地道な努力の積み重ねですね。

でも、好きかどうかは他人が決めることなので、失敗しても許してもらえる人になりたいです。

投稿: くま | 2016年7月24日 (日) 16時50分

石破さん、お疲れ様です。
水面下では補正予算の作業が不眠不休で行われているのですね。大変お疲れ様です。夏祭りや納涼大会、良いですね~(ಠ👄.ಠ)‼私も石破さんに付いてハシゴしたいです。やっぱり支持というものは仕事がちゃんと出来るだけでは駄目なんですよね。最後は人間性だと私も思います。でも私は石破さんのような本物の支持が得られなかった人間です。沢山の人の裏切りや悪意で大変傷つきました。ですが、それは私がそれだけの人間であったと反省し、恥じております。誠意をもって更に人と向き合うように頑張ります。石破さんに鳥取砂丘に連れていって頂くことや、カラオケに行ったりお花見に行ったりしたいという夢はいまだみていますのでいつか宜しくお願い致します(笑)贅沢な夢だと思いつつ。
話は変わりますが、石破さんはバービー人形のようなお人形さんと縁はありますか?ファッションデザイナーの女性の方が作った服を着たバービー人形らしき姿が沢山見えるのですが。違うかなぁ…?石破さんとそのデザイナーさんは同級生かお友達の関係に思うのですが。心当たりは御座いますか?違っていましたら申し訳ありません。
私の方は母が背骨の圧迫骨折で只今寝たきり状態です。勿論家事全般は私が担当になりました。心療内科の先生に『暴力で私の髪をごっそり引き抜いた父の為にご飯を作ったり、洗濯したりするのは腸煮えくり返ります』と愚痴りましたら黙って頷いておられました。『頑張れ』とか『親の為だから当たり前』みたいな事は一切仰らないんです。流石、院長先生です(笑)精神を病んだ人間は頑張って頑張って病気になっていますのでね。辛い時に肯定してくれるって救いだな、としみじみ感じます。私も肯定して受けとめる事が出来る強い人間になりたいと思いますね。特に相手が辛い時には。『手抜きをここで覚えましょう。手を抜くというのは難しいんですよ。』と院長は仰っていましたが、石破さんにも御伝えしておきますね(笑)
では、今週も御体に気を付けて御過ごし下さいませ。頑張りすぎないで下さいね。あとは夏祭りや納涼大会楽しんで来て下さい‼
失礼致します(ಠへಠ)ゞキリリ‼

投稿: lyrics&front | 2016年7月24日 (日) 21時49分

【東京都知事選挙 今昔】

 東京都知事には、なぜか? 高齢者が多いという印象がある。鈴木俊一氏という100歳近くまで生きた人がいて、その人は、80歳を過ぎてなお、前転宙返りをするほど体力に優れた人だという事があって、人を驚かせたという話があったそうだ。今から約30年ぐらい前の話である。私事ではあるが当時、勤めていた会社の関係で東京都民になっていたことがあり、その時の知事が鈴木氏であった。元気な老人という印象もあって、この人は年齢に関係なく行動できる超人ではないかと思ったものでした。そういう事があるので、東京都民は、年齢にこだわりがないのかもわかりませんね。

 しかし、今回のマスゴミ出身の候補者の場合は、年齢にふさわしい老化があるように見えますね。もしかすると認知症なのかと思ってしまいます。表情が不気味である。認知症の初期はあのような不気味な表情から始まるのではないかと心配します。発言にも誤解を受けやすい表現があり、時間の認識も少し変ですね。YOUTOBEに登場した動画を見る限りの話ですが、痴呆症の状態になって夜になると徘徊していた亡き祖母の姿と変わるところはないように見えます。
 怪しいのは、出る選挙を間違えているような政見表明にある。非核化都市宣言、脱原発、アベノミクス批判、参議院選挙の野党系候補者の政見を掲げている。これは東京都知事選挙であるという認識が欠落しているのではないだろうか?
 本人は、真面目にそれを訴えているのは動画を見てもよく解るが、都民の政治という言葉を口にしていることとの関連がしっくりこない。
 東京都の問題とは何かについての理解がないのかもわかりませんね。
 彼は、知事という仕事を誤解しているのかもわかりませんね。政治家としての経験がゼロでも勤まる仕事なのだろうか?
 都民はそこをどのように見ているのかという事が重要になってくるような気がしますね。鈴木俊一氏などは、東龍太郎都知事の許の副知事として都政を見ておられた経験がある旧内務官僚出身の政治家である。東京都知事には他に青島幸男という参議院議員を務めた経験のある放送作家もいたし、国会議員を務めた経験の長い作家の石原慎太郎氏や、その石原氏の許で副知事をやっておられた作家の猪瀬直樹氏や参議院議員をやっていた舛添要一氏など、それなりに公職の経験があって都知事になられたという流れがある。
 野党統一候補の例は美濃部亮吉氏がある。彼は学者から官僚になって、知事選挙に出た人だ。彼は都政の混乱と、住みにくい街づくりに貢献した。排ガス公害に拍車をかけるような政策や、数百億円にもなる都の税収を削減するような公営ギャンブルの廃止に邁進したことで知られている。旧社会党と共産党の統一候補で選挙に臨んだ人である。今回の老人候補者は美濃部氏になりたいのかもわかりませんね。反社会的な政策を掲げれば大変なことになるが、表面上は都民の暮らし最優先という事を公約にして、『一人でも反対があれば、そこに橋は作らない』という政策を掲げることができる。青島氏などは、都市博覧会の中止が公約であったし、これ以外の事は何も口にしていなかったような印象が強い。彼はその中止を実行しただけで、4年居座り、2期目は目指さなかった。
 東京都知事には不思議な人が登場することがある。しかし、今までは頭脳明晰で健康な人が続いていたという事でもある。
 マスゴミ出身の公人としての経験もない、癌患者であることを表明する人が立候補している。しかも、もしかすると認知症の心配まであるのかもわかりません。
 前職の舛添氏は、辞任前に弁護士を立てて一連の公費の無駄使い疑惑の弁明に努めていたが今回のこの候補者の場合は過去の婦女暴行未遂事件の暴露があったので、弁護士を立てて自身の説明責任を曖昧にしてしまっている。こういう行動をとることは、認知症に見られる人がする行動ではないが、公人という意識が全くないという人でもあるという証明になっている。
 倫理観の問題なのか病人特有の問題なのか? わけがわかりません。
 今回の都知事選挙は、戦後の総決算を見るような選挙が東京で起きてるように思いますね。
 
 自民党の問題は、都連を支配するボスを排除できるのかどうかである。こういう時代錯誤のような支配がこれからも続くかどうかを占う大きな選挙だと思いますね。

投稿: 旗 | 2016年7月24日 (日) 23時36分

小池氏が都知事選挙に立候補した理由について、都議会と対決するため等といった小池氏の(男気ある?)言い分を真に受けているのは小池支持者だけで、その他の国民は、どうせ都知事の権力に目が眩んだだけだろうと胡散臭く思っていた。そして、今日のテレビ番組「バン記者」において、後者の考えが大方正しいことが明らかになった。小池氏は、「都議会と対決しますか?」との問いに、対決しないと答え、司会者らを幾分驚かせたのである。小池氏一歩リードの世論調査を受け、当選後のことを考え現実路線に軌道修正し始めたと思われる。これで、主要3候補の政策は似たり寄ったりになった。小池氏曰く「崖から飛び降りるような大変な覚悟」とは何のための覚悟なのか?同じような政策ならわざわざ党を割らなくても増田氏に譲れば良かったではないかということになる。そもそも、小池氏からは、崖から飛び降りるほどの覚悟をアピールするわりに、以前から都議会改革に熱心だったというような話が全く伝わってこない。また、仮にその事に以前から熱心だったとしたら、都政に首を突っ込んで国政の仕事はちゃんとやってたのかという疑問が残る。いずれにしても胡散臭いのである。

投稿: ジャンヌダルクですか? | 2016年7月25日 (月) 02時27分

【東京都知事選挙での野党4党の立場が問題になりそうだ】

 7月23日の野党4党が推薦する候補者の活動がニュースになった記事があった。

 (スポーツ報知7月23日(土)19時1分配信)
 『東京都知事選(31日投開票)に野党統一候補として出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が23日、都内で待機児童問題に悩む母親や、保育事故で子供を亡くした両親らとの懇談会を行った。』この記事は何を伝えたいのかと言えば、候補者の認識が相当ズレていることを指摘する内容になっている。記事の後半は、この懇談会に参加した人に向けた候補者の発言で始まる。
『鳥越氏の方から参加者に「私は都立の保育園を作りたいという気持ちがあるんですが、それについてどう思いますか」と質問したが、母親らは「正直、それは話題性でしかないと思う。それを実現するために都で人材を育てていく暇があったら、今あるものを拡充して、まともに機能できるようにしてほしい」。さらに「都の保育施設という意味では、すでに認証保育所というものがある。新たに作らなくても、それを見直すことができるのでは」との意見も出て、“勉強不足”を露呈する場面も見られた。』とあるが、問題は、都知事という立場の認識にもかかわることで、この候補者は簡単に都立保育園の設立を口にしていますが、都ができることは保育園を直接管理運営することではないという認識がない事に驚かされますね。なぜ直接管理運営ができないのかと云えば、広域自治体としての都には最初からそういう住民サービスを直接実施する権限がない事こともあって、人材もない。仮に法律の改正をやって都立保育園というものを設立するとしても、その事業を1から始めることになり大変な作業と莫大な費用が発生します。
 都ができることは何かといえば、傘下の区や市に金を渡して保育園の運営をやって戴くことしかないわけで、それに発生する法律上の規制の緩和ぐらいしかありませんね。
 長年マスゴミ業界にいながらそういうレベルの話も認識がないというのは非常にお粗末な印象を与えることになりますね。彼は、マスゴミで飯を食っていながら何をしていたのかという事である。
 他にも、同じ23日の街頭演説で『介護離職』という言葉を間違った意味で認識していることが発覚していますね。
 
 彼の発言は『介護士が低賃金で結婚できないから仕事を辞める」
「これを何と言うか皆さんご存知ですね 介護離職です!」 』

 さすがにこれは問題だという事で、ネットのいくつかのブロクではこの発言があった動画を張り付けて、間違っているという指摘をしています。
 『介護離職』とは身近な方の介護を行うために、現在行っているお仕事を退職してしまうことです。そうすることで収入が減って大変な生活になってしまう事があります。こういう事態にならないように厚生労働省は、介護休暇制度や介護休業の制度を設けて支援する体制を作っているそうです。その根本的な用語の意味を誤解しているのか知らずにそう思い込んでいるのか解りませんが、明らかに、この候補者は間違った認識のまま聴衆に向かって発言をしているのが解ります。彼は、50年以上マスゴミの世界で活動していたと自分から述べていますが、その実態は、社会で起きる現実的な実際の問題については無知に近い認識しかないのだろうと思いますね。観念的な安全保障の問題や核兵器の問題や脱原発などに見られるような机上での論争的な空論で政治が動くものだと思っているのかもわかりませんね。それは、都民が日々生活するうえで何かの役に立つ話なのだろうか?
 日米安保の問題なども、大きく見れば都民の生活とは無縁ではありません。沖縄に基地があることで、或は、横田に米軍基地があることで都民の暮らしの安全は、どこかでつながっていると語ることができる。或は、都民が、横田にいる米軍のおかげでシナ帝国や北朝鮮のミサイルの標的にされていると不安を語る事になるという事もあるかもわかりません。しかし、都民の日々の生活で発生する介護の問題などの方が、はるかに身に迫ってくる問題だと思いますね。それの認識というか知識レベルが悲惨な人であれば、それは都民にとって災難になりかねませんね。介護離職の発言はすぐに問題になったようです。まるで何も解っていない老人でしかないと批判する人も出てきていますね。

 問題は、知事の役割とは何かについて、彼に尋ねる人が今に至るも誰もいないようです。彼に何ができるのかについて語るはずの応援弁士は、自分の所属政党の自慢話を展開しているだけで、彼にどのような能力があるのかについて語る人は一人もいませんね。そして、彼は東京都知事という職業をどう理解しているのか聞き出す人もいません。今回の選挙では、その答えを聞き出すことが、選挙戦後半の大きなカギになるような気がしますね。
 知事の仕事の中身は、憲法改正を批判することではない。それが解っていない人が就任するような仕事ではありませんね。残念な人を推薦した野党4党の責任は重大である。女性スキャンダルだけではありませんね。都政に対する重大な認識のズレが都民の暮らしを台無しにしてしまう危険がある。民進党の岡田や共産党の志位は、何を考えてこの恍惚線上にいる老人を推薦したのか説明する義務がありますね。公人の経験がゼロの無責任な老人を担いだことは議員辞職に匹敵する大失態ではありませんか!

 党内で問題にならないなら国会で問題にしないといけませんね。

投稿: 旗 | 2016年7月25日 (月) 04時49分

議員の原点は自分の選挙区であり、有権者一人一人といかに物語を作るかによると言われる石波氏の原点はやはりどんどろけ?なのでしょうか?議員が原点を持ち、何があるか分らない政局に於いて最後に信用出来るのは家族と本当に支援してくれる有権者だろう。その支持者をいかに裏切らず、何かあっても説明し納得してもらう事が大事でそこから逃げていては決して支援される事は無いだろう。角栄氏が牢獄の中から有罪になっても当選したのは支援者に利益を存分に与えていたからだろう。それが腐敗や癒着といわれる事もあれば、談合と言われたり、保護主義と言われる事もあるだろうがそれでも地元を裏切らないというのが政治家としての本分なのだろう。しかしその利益が国と地方で対立していない内はそれでも良いが沖縄の様に国防、中国共産系との工作となると話は違う。オール沖縄という標語は自公だけでなく、離島も含め自衛隊や基地移転を賛成している時点で崩壊している。たしかに地元の基地反対派も一部にはいるが若者も含めみっともないから止めて欲しいという人もいる。若者にとっては米軍基地は敵ではなく、働く場所であり、収入を多く得る手段であり、国際交流し外国に出る脚ががりになる重要な場所でもある。沖縄県民は他県との繋がりが海によって断絶される為、外国である米軍や本土からの移住者、又本土に働きに行って触発されないと狭い中での井の中の蛙状態になる。そして米軍を追い出し、本土の人間を敵視すればする程、蛙状態になるのは明らかだし県民にとって良い訳にはならない。愚民状態にしたいのなら話は別だが議員は時には地元の支持者に反して説得し井の中の蛙状態から脱出する手立てを探り、誘導する事も大事だ。日本の発展は鎖国から解放し犠牲を払いながら産業革命と民主化、国際化を進めた結果に他ならない。世界の潮流と地元との共存を計りながら更なる発展に向けて慎重に規制と緩和を推進しないといけない。そして防衛を犠牲にして自主性と主権、発展等はあり得ない。未だ自国兵力で自らを守れない日本が中露、北、敵意剥きだしの韓国から米国無しに防衛するのは難しい。そして幾ら地元の要望とは言え、県外米軍撤退は現時点ではあり得ない。

投稿: 永劫回帰 | 2016年7月25日 (月) 10時45分

石破さん、お疲れ様です!今週は2度目の投稿でして御忙しいのに申し訳ありません。

石破さんが地元に帰省されるようなので学生時代の甘くてほろ苦い想い出なんぞを思い出して頂けたら。慶応時代とか…?凄く良い曲なので御紹介しますね。では。

田村英里子『涙の半分』
Cover
https://youtu.be/ggY7m6rHKaw

田村英里子さん御本人は歌っておりませんがフルで入っていますのでお勧めです。⚠泣かないで下さいね~(笑)!

投稿: lyrics&front | 2016年7月25日 (月) 22時48分

石破さん、お疲れ様です。
ポケモンGOというスマホゲームが世界中で大流行しています。これから、どのくらいこの状況が続くか不明ですが、日本では、全体的にまだ始まったばかりです。
麻生副総理がとても興味深い意見を言われていました。ポケモンGOによって、今まで、どんな優れた精神科医も治せなかった、ひきこもり、ニート、おタクが、いとも簡単に家から飛び出し、外をかけずり回っている。これは驚くべきことである。というようなお話でした。
また、アメリカ国務省の報道官が記者会見をしている際、1人の記者がスマホで、ポケモンGOの画面を見ていて、注意されると思いきや、「どう?捕まえられた?」さすがユーモアのセンスがハンパじゃないなと思いました。
そこで、おそらく石破さんはまだやっておられないと思いますが、やってみると、なかなか奥の深いゲームです。GPSを使用しているようです。各所にタワーのような名所旧跡が写真入りで載っており、そこへ行くと、いろいろなグッズを取れるのですが、自分の身の回りにこれほどいろいろな名所旧跡があるのかと思い知らされます。
よく東京都でも都バスの無料化パスを高齢者の皆さんに配っていますが、あれはとても老人福祉資金の節約に大いに貢献しているということです。無料だとバスに乗って歩き出す。結果的に足腰が丈夫になるということです。
ポケモンGO の経済的効果はまだはかり知れませんが、すでに街のお菓子屋さんで客が来るようになったという方もおり、まんざらでもなさそうです。鳥取砂丘でも一部自由化して、エリアを設けてやっているようです。交通障害とかもあり、安全に注意が必要ですが、画面見っぱなしでなくても出来るゲームであり、これから一時的なブームか長く続いていくのか見極めたいです。巷の話題でした。

投稿: 遊びびと | 2016年7月26日 (火) 01時39分

【日本プロ野球は野球協約の実効を示すことができるのだろうか?】

 1か月ほど前の6月28日最高裁は読売巨人軍が文春に対して申し立てをしていた名誉棄損の裁判で、巨人軍側からの上告を棄却する判決を下し、高裁での判決が確定することになった。文春側の勝訴が確定したという事である。その結果、読売巨人軍は反社会的勢力に1億円の金を供与していたという事実が確定してしまったことになる。これは野球協約第180条に違反することがはっきりしたという内容になり、それによって読売巨人軍がプロ野球界から追放されることになるのではないかと思います。

 まあ、具体的な事務の流れがどこで起きているのかについては、どこもこれを伝えるメデアがないので、何がどうなっているのかさっぱりわかりません。最高裁の判決というか、高裁の判決の確定を持って、直ちに野球協約の手続きが始まるという事にはなっていないようですね。しかし、不祥事続きのプロ野球界に於いては、一つの球団が球界から追われるとなれば、激震が起きるような騒ぎには違いないわけで、それが何もないかのように静かなのは不気味な印象を受けてしまいます。
 この名誉棄損裁判も根っこにあるのは女性スキャンダルなわけで、巨人軍の超有名選手が監督になってからも続いていた出来事がゆすりのネタにされていたという事である。恐喝を起こした側は、暴力団関係者であるという事が週刊誌のネタとして取り上げられ、それを認めてしまうと野球協約違反になるという事につながるので、巨人軍の方ではそういう認識がなかったと否定して、名誉にかかわる問題だというのが争点になっていたようだ。しかし、最高裁は高裁判決の支持に回り文春の言い分を認めることにしたわけである。最高裁まで争っても文春が勝ったという意義は非常に大きいものがありますね。それは東京都知事選挙の立候補者が同じく名誉棄損で刑事事件にしようとしている事実があります。此れにも影響がないとは言えませんね。
 それはともかく、巨人軍は、どうなってしまうのか心配ですね。誰も心配しないのだろうか? 愚かな不倫から始まった恐喝事件のおかげで、プロ野球界の名門チームが消滅するかもわかりませんね。個人のプライバシーにかかわる話ではあったが、球団がバックアップして裁判になったといういきさつがある。反社会的勢力に渡った金は返ってくるわけでもなく、反社会的勢力(暴力団)に金が動いたという事実が大きくのしかかってくる問題になってしまっていますね。
 球団が動いたということは、当然、読売新聞社のナベツネと呼ばれる人も知っているわけで、彼が巨人軍の終焉を見ることになるのかもわかりませんね。大変なことが始まるのではないですか?
 野球協約が正しく実効すれば・・・という事ですけどね。

投稿: 旗 | 2016年7月26日 (火) 02時30分

男気、勇気、度胸があるのは、むしろ石原伸晃さんを始めとする自民党東京都議連の方々である。知名度の高い小池氏に乗ってしまえば当選確実のところ、敢えて、ほぼ無名の増田氏を推薦して自ら茨の道を選んだのだから。この選択は大英断である。小池氏は人気は高いが、大嫌いだという人も多い。東京オリンピックを東京だけでなく日本全体で一体となって盛り上げなければならないのに、そのリーダーが、人間性に問題があってかなりの割合の国民から嫌悪感を持たれているようではダメなのである。まず、この点で、人気は無いが嫌われているわけでもない増田氏の方が都知事にふさわしい。また、増田氏はその他の道府県の実情にも理解がありそうで、政府が進める地方創生の流れにも合っている。一方、小池氏は、自民党の広報担当であったり、地方創生大臣と近い関係でありながら、増田氏について、「東京一極集中の是正を主張していた人が都知事になろうとするのは矛盾だ。」などと言って牽制した。自分のことは棚に上げて、当選するために都民の利己的要求にすりよったのである。当選確実だが反地方創生へ立場を変えた小池氏ではなく、敢えて地方創生フレンドリーな候補者を立てた自民党東京都議連こそ、男気、勇気、度胸があるのである。

投稿: 地方創生 | 2016年7月26日 (火) 11時37分

戦後最悪の殺傷事件に発展した容疑者が議員会館に手紙を預けていて抹殺するとか犯行後どうなるかとかかなり事態を予想して声明文の様な形で書いている。秋葉原の殺傷事件でもネットに犯行直前に書き込みがあり、会社を解雇された事への恨みを書き込んで絶望していた。今回も会社を解雇され恨みがあった様で奴等という表現で書いている。日本だけでなく、これ等の犯行前には結構手紙やネットの書き込みだけでなく、警察当局にも警告や予告される事が多い。同じ次元で述べるのも難があるが911テロも事前には報告が上がっていた。独逸で多発しているテロや事件も事前に言われている事だが政治家を含め黙認する為に警告があろうとも動かない。政治家にも様々なスタンスがあり、防衛や防災、犯罪に対して全く危機感の無い政治家もいれば、危機に対し直ぐに反応し対応する政治家もいる。そして行政の側や前線で働く人達は政治家が支持しないと動けないケースもある。自衛隊だけでなく、海保や警察も政治家が動くなと命令し、法律に不備があれば犯罪行為が目の前で行なわれていても動く事が出来ない。今回では容疑者は大麻を使用していたが医者が個人情報保護の為に警察に通報する義務も無いし、警察も使用後の大麻では逮捕出来ない。覚せい剤の場合なら陽性反応で逮捕出来るが大麻では出来ない。しかし彼が錯乱したとは思わないがかなり計画的に犯行を決行しているし、明確な殺意を持って次々に殺害している。警察や他の行政機関が法律上動けない事に対して批判が行く事は少ない。つまりこれらの機関の者が仮にわざと動かなかったにしても証明出来ない明確な意図が無いと文句も言えない状態となる。そして時にはこれ等の不備を直してくれという政治家へのメッセージとして犯行を許す事も無いとは言えない。なぜなら世間や政治家に非難の矛先が行かないと政治家は動かないからだ。そして悪い事に死人が出ないと動かないと言われる所以もそこにある。自衛官が死なないと平和憲法は変らないと言われるのは誰もリスクを負わないという事だろう。どの国にも蔓延し恒常化している犯罪や差別、問題があるが最悪に悪化し、人々が気付き非難の嵐が起きないと中々物事は変らない。そして介護問題だけでなく、銃乱射も黒人と白人の差別問題も移民によるテロも歴史問題と言われる民族問題も政治家だけでなく、国民も政治家も怒り、現状を変えようとしないと何時までも変わらない。そして変らなければ何度でも似た様な犯罪行為は行なわれる。

投稿: 忍者 | 2016年7月26日 (火) 23時33分

【相模原障碍者施設襲撃事件】

 突然の凶行が訳の解らない狂人の手で行われたというしかない事件が神奈川県下の障碍者施設で発生したそうだ。昼のラジオのニュースで知って驚きました。その続報が帰宅後のネットでニュースになっています。
 実行犯の植松容疑者は、今年の㋁、衆議院議長の公邸に手紙を持って訪れたのだそうだ。その手紙には犯罪の実行を予告する内容があったのだそうだ。
 新しいタイプの狂人なのかもわかりません。
 弱い者が集団でいる場所に向かって殺戮を始める犯罪者は過去に大阪教育大学付属池田小学校を襲撃した犯人の例がある。あの犯人の場合は犯行の予告もなく突然の凶行が起きて児童が殺戮された。
 今回は、2月に犯罪の予告を国の機関の一つである衆議院議長の許へ告知を行っている点が、大きく目を引く行動になっています。なぜ? 衆議院議長なのか? この訳の解らなさにも加害者には理由のある行為なのかもわかりませんね。或は、狂人の狂人たる振る舞いなのだろうか?
 そして、手紙の内容が警察に知らされ、精神を病んでいるという判断があって措置入院となっていたようだが、それが、どういうわけか不明なまま3月には娑婆に解放されてしまっている。それからの空白の4か月が経過した今になって、手紙の内容に忠実というしかない凶行の実行があった。 警察及び精神病院の関係者に落ち度があったのかもわかりませんね。この加害者は手紙に書いた計画の実行をした事は、その内容を事前に知っていた関係者の措置入院解除の判断に重大な瑕疵があったのではないかと疑います。つまり、こういうことをするとは思えないとでもいうような甘い認識が、今回の凶行の実行を放置したと思われますね。

 手紙の内容についてはフジテレビのニュース番組の動画がヤフーで視聴可能になっていたことで知ることになりました。それを見て思ったのは、計画を立て、それを遂行する能力のある狂人ですね。大麻などの薬物反応があったというような情報もありますが、加害者の独特の人格が、この犯罪を構成しているのではないかと思いますね。そして、池田小学校襲撃事件の犯人との違いは、自分の利益のために犯行を行うのではないと強調している処ですね。殺害する対象に向けられた感情は憎悪なのかどうかは不明ですが抹殺しなければならないと断定している辺りは、池田小学校襲撃犯宅間守と同じですね。彼の場合は今回とは違って憎悪の対象になっていたようです。そして、共通しているのはどちらも公務員であったという事ですね。宅間守は伊丹市職員でした。彼のような子供の頃から自己中心的な傲慢な考えの持ち主がなぜ公務員になれたのか不思議でならないのですが、伊丹市はパヨク系の市長などが続いた独特の市政があったので、社民党系の市議の引きがあって職員に採用されたのではないかという疑惑が今もあるようです。つまり、左巻き系の市議会議員達の中の誰があの宅間守を職員にしたのか謎とされているようだ。
 それはともかく、今回の犯行動機が基地外丸出しの加害者を障碍者施設の職員に採用した人物、これが問題になると思いますね。
 公務員の世界は、我が国は少し変な人が多いような印象を持ってしまいますね。
 池田小学校襲撃事件でも犯人の宅間守が伊丹市職員をやっていたという事実は長い間秘密のようにされていたような印象がある。宅間守は高校を中退して航空自衛隊に入隊し未成年者の家出少女を淫行したことで自衛隊を懲戒になり、職業を転々としていたそうだ。29歳で伊丹市の職員に採用されるまで前科6犯の猛者であったらしい。恐喝や婦女暴行の犯罪者であったそうだ。そう云う男が29歳になって伊丹市職員に採用されたのは大きな謎というしかない。公務員になってからも犯罪の記録は増えるのである。池田小学校襲撃までに宅間は前科13犯と言われている。伊丹市職員時代に作った記録が7件あるという事だ。彼はその犯罪によって懲戒されたというわけではなかったから何度も婦女暴行や恐喝事件ような犯罪を繰り返していた様なのだ。今回の障碍者施設襲撃事件の植松容疑者の過去は今の処なにも解っていませんが、彼の独特の人格から犯罪の形態が異なるだけで何か記録に残るものが発覚するかもわかりませんね。

 我が国の公務員は、その身分が手厚く保護されている。よほどのことがない限り、懲戒されることがない。今回の植松容疑者も何が理由かわからないが自分の方から辞職しているそうである。
 公務員の実態についてもう少し真剣に見直しをしたほうがいいと思いますよ。あの池田小学校襲撃犯の宅間守が伊丹市職員を勤めていたという事実を知ったのは死刑の執行後でしたが、驚きましたね。地方自治体は犯罪者を養成しているのかと思いましたよ。今回もまた、公務員をやっていた男による大量殺戮事件です。何かわかりませんが、我が国の公務員の世界は異常者を養成しているような不気味さを感じますね。

投稿: 旗 | 2016年7月27日 (水) 01時31分

【東京都知事選挙の候補者の中に】

  注目が集まっているとマスゴミが勝手に判断する3人の候補者の動向は記事になるが、ネットの世界ではNHKが決して採り上げることがない候補者に注目が集まっているらしい。
 NHKの政見放送で『NHKをぶっ壊せ!』と8回も叫び、最初から最後までNHKの批判を展開した立花孝志氏の事である。彼をネットで知ってから7年ぐらいになると思うが、ネットでは有名な人なのだ。船橋市議をやっておられたことも知っている。
 元NHKの職員である。NKHを批判するきっかけはどうも文春が絡んでいるような話があるらしいが詳しくは知りません。NHKにとってみれば内部資料を流出させた不良職員という位置に彼はいるらしい。それがどういう資料なのかわかりませんね。しかし、そう云う事があったので敵意が芽生え現在に至るという事のようだ。今回の彼の主張はただ一つ、『NHKをぶっ壊せ!』である。これは都市博覧会の中止を掲げて、これより他の話を一切しなかった青島幸男のやり方ですね。青島氏はそのやり方で知事になった。立花氏も、ひょっとすると当選するかもわかりません。3500億円もする社屋の建て替えをやめさせようとしている。その金は国民から搾り取った受信料で建設されるからだ。その必要がどこにあるんだと立花氏は吠えている。
まさしく彼の言う通りである。一人あたりの職員の給料が1800万を超える企業が自分でその金を稼いだわけではないのに、国民に集る姿勢のまま社屋の建て替えを強行しようとしている。ふざけるな! と立花氏は言っているのだ。彼に同意する東京の有権者は少なくはない。ゴリ押しされてはたまらない。立花氏は危機感を持って東京都民に訴えておられるのだ。
 『NHKをぶっ壊せ!』 彼はそれを笑顔で言っておられる。そして拳を小さく挙げる。
 政見放送は動画で、ネットでも見ることができるのだ。立花氏の健闘を祈りたいです。
 供託金の没収対象にならなければ、それだけでNHKは震え上がることになると思いますね。

 それはともかく、橋下氏がまた吠えておられるようだ。鳥越候補が離島での消費税の税率を緩和すると言い出していると噛みついている。その記事があった。(産経新聞 7月26日(火)11時42分配信)
『東京都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=が25日に東京・伊豆大島で演説した際、「消費税は大島は5%に。私が国に働きかける」などと有権者らに向かって発言したことについて、元大阪市長の橋下徹氏(47)が同日深夜、自身のツイッターで「こんな演説を許していたらもう選挙は成り立たない」などと痛烈に批判した。』

  これはひょっとすると公職選挙法違反にもなるんじゃないかと思いますね。離島の有権者に対して利益供与しているという扱いになりませんか? 税金を安く収めていいですよと国税の徴収を代行する立場に当たる職に就く者が、税の緩和をやるには私が当選すればという条件なのですよと言っているようにも見えます。立派な買収ですね。票を具体的な金額の連動を伴う数字の明示をして条件付きながら購入するという意思表示をしているわけです。選挙管理委員会は鳥越氏に警告する必要がありますね。買収してはいけませんと・・・。
 それはともかく、やっている事が姑息なところまで野党連合は追い詰められているという事でしょうか? 候補者の選択の間違いを未だに認めない愚かな連中は、何をやっても相手にされなくなっているようにしか見えませんね。

 ともかく、鳥越氏の得票数より立花氏の得票数が上位になれば凄いことが起きるような気がします。頑張ってほしいものです。

投稿: 旗 | 2016年7月27日 (水) 03時19分

一昔前の市議選や都知事、県議選では考えられないが人々がこれ等の選挙に関心を示している様に見える。というより国政の問題を市議や都議、県議レベルでも取り上げて有権者を誘導している政治家が結構いる。何時からこの流れが出来て来たのか分らないが東国原が行政の危機を訴えて当選し全国を回り、宮崎をアピールした辺りからか、知事が全国レベルで活動する姿が出来上がって来た様だ。勿論、以前にも単発的に地方の知事が中央で活躍する事はあったが改革という面を取り入れながら中央を動かそうとする構図は最近な気がする。名古屋の河村市長や橋元も行政改革を進める事で市民の関心を喚起し、時に問題が国政を絡むような議題も挑戦して来ている。道州制は地方創生も次元こそ違え、それらの流れの口火となる発火点の役目をしたのは言う迄も無い。そして前政権からの改革を訴える候補は挑戦という意味に於いて都民や県民に闘う姿勢をアピールする為に受け入れられ易い。本来なら国政や組織からの改革が言われるのが望ましいがやはり隣り合わせの人々を敵に回し闘うのは相当な気概と本気度が無いと無理なのだろう。最近の選挙では組織票を当てにせず、受かる議員が増えて来た。無党派と呼ばれる浮動票が以前は風に流され、左に右に流れていたが最近では問題の本質や先の流れを見て投票する様に組織の思惑では動かない人達が増えて来ている。組織票に勝てる訳は無いという常識を覆し受かる議員が増えてくると仕事をせずとも当選すれば良いという議員が落選する破目になる。少しは有権者も人や行動、政策の良し悪しや自国や他国の為かという様な判断材料を見極めて投票行動する様に変ってきている。もうそろそろ名前を連呼し覚えて貰うだけの恥ずかしい選挙や立場を明らかにせず、無所属で騙す様な選挙は終焉を迎えるかもしれない。有権者に余暇という時間が出来、多少精査するツールが増えて来た事により判断基準が厳しくなって来たような気がする。市議や都議で誰が立ち、選挙があっかかも知らない時代は終りを告げ、国民が政治に口を出し意見する時代が到来しているのかもしれない。

投稿: 忍者 | 2016年7月27日 (水) 09時07分

「透破が死ぬときは信用を無くした時だ。」というのは、大河ドラマ真田丸に登場する、真田家家臣の忍び、出浦昌介の名台詞。政治家も同じではないでしょうか。小池氏の言うことを信じているのは、今や、よっぽど騙されやすいお人好しだけです。以前から、発言にウソや矛盾、過剰な表現の多い人でしたが、『バイキング』での生放送中のウソは、小池氏がペテン師であることを証明するのに十分なものでした。小池氏は、このままいけば勢いで都知事になってしまうのでしょうが、信用を失った都知事に何ができるというのでしょうか?身体検査真っ黒の人が何か改革しようとしてもやぶ蛇になるだけです。

投稿: まだわかんねぇのか! | 2016年7月27日 (水) 09時50分

介護施設と障害者施設も、夜勤スタッフがあまりいない。2度と相模原市障害者施設で殺人事件のような事が、起きないように対策を図ってもらいたい。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年7月27日 (水) 12時34分

国際司法裁判所での判決は中国側全面敗訴の内容で彼等の主張する歴史的根拠は一切認められなかった。ASEANでは中国や判決内容も盛込めず、ラオスやカンボジアへの中国の裏工作が効いた為、共同声明すら出せない状態だ。中国の二国間交渉は強力で韓国はTHARRDミサイル防衛システムを導入した懲罰としてAIIB副総裁の座を追い出され、数兆円の金だけ持ち逃げされる事態に発展した。そしてミサイル防衛を止めよと名指しで命令している。ラオスやカンボジアも中国からの援助を餌に脅しをかけられている。一歩間違えばフィリピンでさえも金に靡き、裁判で勝ちながらも強く出れない可能性も排除出来ない。軍事的には実行支配されているフィリピンの島々を拠点に軍事活動を強化するのは目に見えている。そして最近米軍が6月に爆撃機を北朝鮮付近で飛ばし、訓練をしていた模様だ。夫クリントン時代にも爆撃寸前迄事態が発展したがクリントン夫人にしろ、トランプにしろ爆撃が行われる可能性は否定出来無いかもしれない。朝鮮半島が有事になれば南シナ海や東シナ海で海軍を動かして日米を相手にする事が難しくなる。総理が安保法制時に米軍を護衛して日本人を救出する、又小池氏も難民が押し寄せるのを何とか対処しないといけないと発言した背景にはオリンピィク前に動くかもしれないという示唆でもある。中国はいかなる警告も受け入れないだろう。天安門事件後日本が経済支援し北朝鮮が爆撃を回避しながら米国に支援され騙しながら核開発を進め、いずれの国も大した制裁も受けずに軍事力をドンドン向上させたのを黙認したツケは何時か支払わないといけない。軍事統制権移譲も延期される事は難しいかもしれない。朝鮮半島が泥沼の有事になるのか話合いで統一するのか、中北朝鮮国境で事態が起こるのか、南北38度線付近から始まるのか分らないが砲撃は何度もソウル付近で起きている。日本にとってこの隣国が紛争を起す可能性を拡大させている今、少なからず、日本企業が撤退し、安保法制を整備し、準備と警告を日本人に発したのは間違いではあるまい。

投稿: 永劫回帰 | 2016年7月27日 (水) 12時41分

27日未明に、相模原の障害者施設において、まれに見る凶悪事件が発生しました。このような事件の犯人は、憎んでも憎みたりないような人物であり、人命を虫けら以下にしか思っていない人です。また、衆議院議長の大島氏に手紙を持ってきたという、どういう意図かはかり知れませんが、それを実行したということは、狂人でありながら、ある意味冷静な面も持っているという、複雑怪奇な犯人です。今、ネットで投稿する人が多い中で、このようなあえて手紙で通知するなど、自分の名前を書いているとはいえ、相手を油断させたのかもしれません。公安に当然、要注意とされたとは思いますが、性質上公表できないですね。こうした事を考えていくと、いかにこうした凶行から国民を守るかという事が急務になります。大阪教育大附属小学校での事件、秋葉原歩行者天国での事件などわが国にもこうしたおぞましい犯罪史があります。先に目黒で高齢の婦人が襲われたバラバラ殺人がありました。
まず、大事な事は、鍵を必ずかけておく、施錠を忘れないようにしておく、という事です。ちょっと出るときも施錠する、ここから入ってこないだろうというマンションなど上の階の窓も施錠する。窓ガラスは割れても入れないように強化ビニールを貼り付ける。
街にも、いろいろな公共施設や学校などでも門は必ず閉める。防犯ビデオの設置を増やす。道路でも何か大きなイベントがあるときは、トラックのような大きな警察車両でバリケードをつくり、容易に車で進入させないようにする。場合によっては、特殊車両で、攻撃に対処する。これくらいやらないと、テロなどに対処できないかもしれません。また、国民にもあまり人混みにはいかない、人混みには注意していく、怪しい人物がいたら通報するという事を知らしめることも必要かと思います。とにかく、この相模原の事件の犯人については、礼儀正しい明るいなどと評価する人もいます。しかし、多くの人はおかしな人物だと感じていたそうです。今、介護福祉施設で働く人が不足しているため、簡単に採用してしまう傾向があるようですが、介護施設、幼児の施設などの採用については、改めて試験や精神鑑定の調査を盛り込むなど、厚生労働省で至急やってほしいと思います。とにかく、我が国にいたバングラデシュ人が、先般のテロ事件に加わっていたということで、従来、親日的とされた外国人にも気をつけなければならないということが言えると思います。

投稿: セキュリティーマン | 2016年7月27日 (水) 15時58分

ポケモンGO をやっている人たちの映像は、どこかに転送されていると聞きましたが、本当でしょうか。ナンティアック?社とかいう会社が、CIAに関係する会社で、世界中の情報が流れていると。もし本当だったら、映像情報が流れているということですね。グーグルでやってるのであり得る話ですよね。この辺、日本でもよく調べてほしい気がします。

投稿: ミッション | 2016年7月27日 (水) 20時39分

参院選の後の静けさ。
果たしてそれでいいのでしょうか?

本日テレビで子宮けいがんワクチンの副作用で苦しむ娘さん達が訴えていましたね。

危険な"子宮頸がんワクチン"を推進した自民党の三原じゅん子氏の対応はどうでしょうか?彼女は今回も参院選に出馬して議員となりましたね。

巷やネットではかなりな事を書かれていますね。彼女自身の発言もおかしいし。

子宮けいがんワクチンが原因であると根拠はないと仰るが、現に苦しんでいる娘さん達を前にして、若い貴重な青春を苦しさと痛みで過ごす彼女達を全力で助けたいとは思わないのか?

ご自身は整形を繰り返し、美しくなり人生を謳歌していらっしゃるようですが、人として若い彼女達を助けたいとは思わないようで、質問に対してくだらない答弁ばかり。頭が悪いとか知識がないとかそんな事を責めているのではないんです。若い彼女達をなんとかして助けたい。そんな熱いを思いは彼女からはみじんも感じません。

なかなかみてくれる病院なくて通院に片道3時間かかる病院でやっとみてもらえたと言ってましたよ。

石破氏にもお嬢さんがいるから親御さんの必死に訴える気持ちわかりますよね。

御嬢さんにワクチンは接種させましたか?

なんとか彼女達を救済する努力を三原氏は先頭に立って行う義務はありますよ。薬害なら、尚更です。

普通の生活がしたいと言ってました。
胸が痛いです。

投稿: ちえぞう | 2016年7月27日 (水) 23時38分

   日中友好幹部の日本人4人が行方不明になっている。多分、拘束されている模様だが情報が開示されない共産国に於いては逮捕されても何が容疑なのかもハッキリしない。何時ものスパイ容疑という物だろうが空港で記念撮影をしてもスパイ容疑になる国だ、国際司法裁判の判決やアセアンでの交渉を有利の持っていく為の圧力だろう。経済統計も出鱈目、レアアースも禁輸する、反日暴動も思うがままの中国でAIIB参加とか統合何てあり得ない。共産独裁の意のままで何でも決まる国になぜ主導権を渡そうとするのか理解に苦しむ。逮捕は知らない内にやってくる、逮捕は共産国家の常套手段だ。大気汚染に水質汚染、ボッタくりに偽物料理でもてなされ、挙句の果てには逮捕だ!誰がこんな国に行くか!

投稿: 忍者 | 2016年7月28日 (木) 06時21分

安倍と次の総裁選で対決する気があるなら小池氏の応援演説して下さい!
在日参政権賛成の売国奴増田を落選させよ

投稿: イルカ | 2016年7月29日 (金) 01時07分

【相模原19人殺害事件の続報より】

 事件発生時の様子が記事になっていました。
産経に記事があった。
『県警津久井署捜査本部の捜査が進むにつれ、発生当時の施設内の詳細な動きが明らかになってきた。障害の程度が軽い入居者が、緊縛されていた職員の結束バンドをはさみで切断して救出。この職員が無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って外部に救出を求めていた。入居者に話しかけ、反応を確認し重度の障害者から次々と刺していった植松聖容疑者。わずか約45分間の凶行で、施設内は大混乱に陥っていた。』

 この数行の記事を読むだけで疑問点が出てきますね。結束バンドで拘束された人々5人。無抵抗だったのかとか、異常事態が発生しているのに、警察よりも先に非番の職員を呼び出し、ラインを使っている点など、この施設では、緊急時の体制がこういう手順になっているのだろうか?  危機感がまるで無いような印象を受けますね。
 同じ記事より
『夜勤の職員8人のうち5人を結束バンドで拘束。夜勤の女性職員から園のほぼ全ての扉を開けられる鍵を奪い、抵抗できないような複数の障害がある重複障害者の居場所も聞き出した。』
『捜査関係者によると、最初の通報につながった連絡は、「すぐ来て、やばい」という夜勤職員から非番職員へのLINEメッセージだった。』

 警察への通報が、禁止されていたのだろうかという疑問が浮かんできますね。どういう事なんだろう? ラインを使って外部の誰かに伝えて、その人が警察に通報したという事のようですが、それだけでも10分ほどむだにしているのではないかと思います。『やばい』のは、この職員の脳味噌と行動じゃないのか? と思いますね。緊急事態という認識があっても迅速な行動に結びつかないのは、訓練がされていないという印象を受けます。あるいは、この犯人を知っていたから、とっさの行動が出来なかったのかもわかりませんね。
 ラインを使う意味が全く訳が分かりません。それを説明する記述もありませんね。
そして、
 『メッセージを受け取った非番職員が折り返しに電話をかけると、夜勤職員は小声で「大変なことが起きている」とだけ答えた。非番の男性が2時38分、園で何かが起こっていると110番通報した。』

 警察官が施設に到着したのは、3時過ぎですね。直接警察に通報しなかったのはなぜなんだろう?
  警備体制というものがまるでない施設というのも珍しいという印象を受けます。なのに、夜勤職員が常駐している。しかし、手順になるようなマニュアルのようなものがない。ラインを使って外部に連絡を取りそこから警察に通報してもらうシステムになっていたのか?
 変なシステムである。

 事件の全容が不明な点が多い中にあって、当日の状況が解明されていけば、このような施設の問題点が明らかになるような気がしますね。福祉施設という処は何か独特の感性を持った職員が、一般的ではない行動をとっているような印象を受けますね。例えば、数年来批判の対象になっている児童相談所などは、役に立たない職員が常駐しているという印象がある。なんか公務員の世界というのは感覚に於いて、我々と異なった人が多数派を占めているのではないかと思ってしまいます。
 緊急事態なのに、ワンクッション於いて警察へ通報するというのは、普通じゃないですね。理由があるなら説明が欲しい処である。
 緊急事態への備えというものは訓練されていないと体が動かないという事がある。その点から見ても、この施設は何もやっていなかったのではないか? 
 問題の多い職場なのかもわかりませんね。
 

投稿: 旗 | 2016年7月29日 (金) 02時56分

有権者との間に物語を作るという発言で思い出したのがメディアで語られるイメージと本物の人柄とのギャップだ。そのギャップが激しく開き、真逆の印象を深く与えれば与える程、有権者の心を掌握し心を動かす。クリントン元大統領は最初の選挙戦で共和党がスキャンダルのオンパレードだけでなく、日本との貿易摩擦を背景に日本叩きにも奔走していた。日本人としては最初のイメージは悪い事を刷り込まれ米国の地にいるので風当たりはキツイだろうと予想していた。米国にもどの国と同じ様に差別もあり、外国人に対する厳しさは現実にある。しかし民主党政権下だった事もあり、外国人への風当たりは緩やかだった現実があった。それを肌で感じながらクリントンの演説を聴いた事があるが彼の気さくさと大統領でも偉ぶらない低姿勢、それなのに威厳と幅広い知識を駆使して原稿もなしに数時間平気で演説をする彼の姿には度肝を抜かれた。政治家が原稿を棒読みするのが当り前だった日本と比べて縦横無尽に自由に話す姿は党派や主張、国籍を超えて相手の心を掴む要素が完璧に備えていた。この時、始めて政治家の言葉による演説の凄さを感じた。プロパガンダに塗り固められたイメージを激しい言葉や穏やかで論理的な明晰な頭脳で打破し人の心を引っ繰り返せる凄さがある天才がいるものだと関心してしまった。石波大臣も安倍総理も演説を聞いた事はあるが残念ながら応援演説だったので動画で見れる様な良い場面でないのが残念だが二人共熱を帯びると早口になる傾向がある。そして共産、社民の演説はどちらかというと何時もと同じ演説で型通りで詰まらない。政治家に会い、じかに演説や話を聞ける機会があれば、聞いた方が良い。進次郎も小渕も演説を聴いたが逆風の沖縄でおじさん、おばさんを魅了していたのは言うまでもない。

投稿: 永劫回帰 | 2016年7月29日 (金) 07時42分

女性初の大統領候補となり受諾演説中のヒラリー候補だがより強い結束を一緒に成し遂げようと呼びかけた。その前にオバマ大統領も米国は前から偉大な国である、一人の指導者によって偉大になる必要は無いと暗に批判した。米国の分断はブッシュVSゴア大統領選から明確になり、憎悪と怒りが国に緊張をもたらして来た。皮肉な事に第二次世界大戦後、核兵器使用により世界が二分化されたがある意味、統合された世界が構築された。ベルリンの壁と露共産主義崩壊で世界がバラバラになり始めた。欧州もEUで統合を目指し、アジアもアセアンで協力するもテロや核実験、国際法無視により一部が分離する方向に進む中、移民や民主化運動により様々な動きが起きた。米国は今迄移民や多民族国家として繁栄しその理想の基に国を作り上げて来た。しかしどの大陸も理想の実現より負担が多く富を求めて来る人達はあとを断つ事は無いがどの国にも財源にも富にも限界がある。ギリシャもプラジルも公務員に給料さえ支払えず、国の機能が停止するだけでなく、無責任に放棄している。米国で債務不履行が起こり、政府が何度か閉鎖される事態が起った。さて米国は人種を超えて協力するもっと成熟した国に導く事が出来るだろうか?年老いた白人男性達が演説をこき下ろす会話をレストランで聞いたが彼らを納得させる事は出来なかった様だ。オバマも米国を一つにしようとしたがその作業は小さく、分り難い。最低賃金を引き上げ、銃による規制を強化し、低所得者に医療保険取得を増やしても成果としては見え難い。そしてそれらが成功すればする程、成功した白人は税金を納め、感謝されず差別していると罵られる事に腹を立てるだろう。後4年彼らがその不満を我慢出来るのか?それとも白人社会優位になり、黒人が不平等と思っている社会の不満に我慢出来るのか?どうなるのか、その国で生活しその怒りや不満を体感しないと判断はし難い。黒人は白人警官を襲撃しその怒りは以前より深刻化している。そして黒人の成功により白人が社会で焦りや不満が増大しているのも深刻化している。今この二つの不満や怒りを解消する具体的な手立ては無い。分裂にしろ統合にしろ解決は見えない中で大統領候補が二人に絞られてきた。そしてどちらの候補が大統領になっても日本の厳しさは一層増すだけで楽になる事は決して無い。

投稿: 永劫回帰 | 2016年7月29日 (金) 14時50分

見たか聞いたか!
新しい物語が始まります。

今こそ石破先生にお願いがあります。
小池さん若狭さん笹川先生の党からの除名を 是 非 と も 押し留めて下さい。
っていうかクビにするなら都連の会長殿も無事ではすまないぞ。おうおう。

おときたさんも野口さんも多分小池さんが離さないと思うけど声かけちゃえ。
そして増田さんにはきっと地方創生の後を託すことが出来ます。

きっと出番です。なにとぞ!

投稿: きました | 2016年7月31日 (日) 22時59分

今現在日本をささえている安倍内閣をささえないで、どうやって日本の役に立ちますか。以前も安保法案担当を拒否しましたね。今回も安倍政権をささえることを拒否しましたか。 
  
自分を捨てられる人こそ日本のリーダーになってほしい。石破さんにはがっかりしました。もうこれでおしまいですね。

投稿: わ | 2016年8月 2日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/63951101

この記事へのトラックバック一覧です: 「物語を創る」ことなど:

« 参議院選挙など | トップページ | 有権者との「物語」共有など »