« お盆など | トップページ | 大田市場・二十世紀梨セレモニー »

2016年8月19日 (金)

お初盆ご挨拶など

 石破 茂 です。
 九年ぶりの少しだけ自分の自由になる時間を得て、お初盆のお宅を廻らせていただくことが出来ました。
 昭和59年夏に衆院議員を志した際、売り物といえば亡父の名前と実績のみで、自分自身はなんらとるに足らない者であったにも拘らず、その時以来私を30余年にもわたって応援して下さった方がこの一年間に随分とお亡くなりになっており、お世話になったことを心よりお礼申し上げ、公務のためにご葬儀にもお通夜にも伺えなかったことを深くお詫びしてまいりました。
 中でも、鳥取県庁の関係者(亡父の後継の知事が現職の衆院議員となっておられました)の方々や、当選3回までは中選挙区であったため(鳥取全県区・定数4)、出身地から遠く、同級生も親戚もほとんど居らず、地元の代議士が圧倒的に強かった県西部地域において支えて下さった方々のご苦労は並大抵のものではなかったと思います。
 お線香をあげ、ご遺族の皆様とお話をしながら、来し方を振り返り、本当に有り難い思いがしたことでした。

 8月はいつも日中戦争(正式な宣戦布告が無かったため「事変」とも称しますが)、太平洋戦争について改めて考えさせられます。
 猪瀬直樹氏の「昭和16年夏の敗戦 日本人はなぜ戦争をしたか」や、阿川弘之氏の一連の著作「山本五十六」「井上成美」「米内光政」を読み返すのはとても充実した時間でしたし、有馬哲夫氏の「歴史問題の正解」(新潮選書)からも多くの示唆を受けました。
 映画ではDVDで「連合艦隊」(昭和56年・東宝)、「日本の一番長い日」(昭和42年・東宝)を久しぶりに全編通して観ることが出来ました。どちらもお勧めです。「カサブランカ」も久しぶりに観ましたが、ハンフリー・ボガードの格好よさとイングリッド・バーグマンの美しさ、随所に散りばめられた台詞の素晴らしさに改めて感動するとともに、これが1942年の製作であることに改めて驚きを感じました。

 お勧め下さる方があって、「シン・ゴジラ」も映画館で観る機会があったのですが、何故ゴジラの襲来に対して自衛隊に防衛出動が下令されるのか、どうにも理解が出来ませんでした。いくらゴジラが圧倒的な破壊力を有していても、あくまで天変地異的な現象なのであって、「国または国に準ずる組織による我が国に対する急迫不正の武力攻撃」ではないのですから、害獣駆除として災害派遣で対処するのが法的には妥当なはずなのですが、「災害派遣では武器の使用も武力の行使も出来ない」というのが主な反論の論拠のようです。「警察力をもってしては対応困難な場合」に適用される「治安出動」ではどうなのか、という論点もありそうです。

 なんだか「夏休みの日記」的な文章になってしまいました。ご容赦ください。
 小学生の頃、「夏の友」(同世代で覚えていらっしゃる方もおありかと思います)なる夏休み用のドリルは早々と仕上げたのですが、絵日記と読書感想文だけはどうにも苦手でした。8月も末となって、「毎日そんなに面白い出来事があるわけないだろう」などと悪態をつきながら絵日記をでっち上げたこと、「あらすじを書くのではなくて感想を書きなさい!」と当時中学教師であった次姉に叱られながら感想文を書くのに悪戦苦闘した日々のことを懐かしく思い出します。

 週末20日土曜日は自民党宮崎県連の政経セミナーで講演のため、宮崎市まで参ります(13時・メディキット県民文化センター・宮崎市船塚)。
 残暑厳しき折、ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« お盆など | トップページ | 大田市場・二十世紀梨セレモニー »

コメント

お疲れサマー!

投稿: mr | 2016年8月19日 (金) 20時05分

日本国の為頑張って頂きたい。

投稿: 倉町 賢治 | 2016年8月19日 (金) 20時45分

石破先生、こんばんは☺
一言のみ。シンゴジラ、新生石破公約にぜひ、加えていただきたいですね。
私は、漢字検定も英検もかなり、上級ですが、防衛や、経済なんて、とんちんかんです。
シンゴジラに例えて、いただければ、ついていけそうです。
老母も、小池さんみたいに気取った女、大嫌いと言ってたのに、気づいたら、グリーンのオフキンで応援してる。
政治家は、国民の代表なんだから、とにかく、分かりやすく、身近な、公約を考えていただきたいです❗

投稿: なこ | 2016年8月19日 (金) 21時29分

暑い中を初盆のご供養に廻られて頭が下がります。

リオ五輪で美しい君が代が流れるのを聞いていると、
まるで日本はこのまま今の政権と共に沈む夕日のようで、
胸が締め付けられます。

どうぞくれぐれもご無理なさらず、
ご健勝をお祈りいたします。

投稿: なーめ | 2016年8月19日 (金) 22時08分

宣誓布告しなかったから事変というのは本当ですね、そして満州も事変なんですよね。山本五十六の映画を観たいと思っていたのですが見付らず、永遠の零を観ましたがある人の批評で靖国で会おうという文言が入っていなかったので反戦映画だったとあり不思議な感じがしました。それに併せて清水幾太郎の核武装論に関する本も探していますが未だ手に入らず仕舞いです。日本歴史の中でも戦争前後や明治維新前後は一番力を入れて物を読んだつもりですが未だ知らない事は沢山あり手に入らない本も結構あったりして歯痒い感じもしますが読んでない本も沢山あるのでその気にならないと読まないというのも本当の所です。モンテスキューの様に塔に隠居し世界の事に思いを馳せ、何かを纏めてみたい気もありますが何時も下世話事に振り回される修行の足りない自分しか描けない様です。石波少年ですら異なる新聞を読んでいますが物臭な私はニュースを観て考えも纏めずサッと書いてしまいます。何ともお粗末!反省?は大してしませんが向上しない原因でしょうか?!

投稿: 忍者 | 2016年8月19日 (金) 22時08分

   シンゴジラだけではなく、例えば竹島奪還のシナリオや北方領土、尖閣に武装漁民が上陸し軍艦が警護を理由に占領されたらどうするのか、という具体的なシュミレーションを政治発言云々無しに具体的な軍備を比較し語って貰いたいが防衛大臣も自衛隊幕僚長もそんな親切な事はしてくれない。日本の戦闘能力や他国の能力を本当に把握している人に現実的で具体的なぶつかり合うシナリオを事細かに聞いてみたいと思うが何時も私見やえこひいきがあり、冷静で現実味のあるのはどこかにあるのだろうか?まぁこれも勉強不足で何か不安定な事実に基付いている。

投稿: 忍者 | 2016年8月19日 (金) 22時17分

意味不明です

投稿: ゆゆ | 2016年8月20日 (土) 01時15分

   戦争に於いて一般市民を虐殺するのが当り前で軍隊同士が戦う様になったのはここ百年位というのを聞いてあれっと思わされた。日本の歴史では壬申の乱以降、兵士対兵士の戦いで一般市民は巻き込まないのが通例となっているだけでなく、歴史の端々で戦火が広がらない様に京都を避けたり、合戦の場を住民の住む所を避けてぶつかり合う事がしばしばあった。それだけでなく、お互いに名乗り合い、話し合いで合戦が回避される事もあったので欧米からすると笑いの対象にもなるがある意味現代的なやり方を取り入れていた。そういう観点とは逆に観ると欧米や中国の歴史は戦争=略奪=奴隷という過酷な物で中国の主張が欧米でも利用され宣伝される意味が良く分るし、ある意味共通の概念として日本のやり方や虐殺をしない方が異常で常識が逆転しているのだ。そういう違いは欧米や中国の城と堀の中で暮す市民も同じだ。日本の城の中に市民はいないし、その周りに住んでいる。つまり市民が殿様を打倒するという感覚が無い。だから天皇陛下も城壁で守られたり国民を敵対しする事はしない。日本は同じ様な概念が全国に広がっているので国民を従属させようという体制にはなっていない。多分、日本が韓国や台湾を併合した時も似た様な概念に基付き他国を従えた為に日本と同じ環境を与えようとし、日本人と同じ様に出世出来たのだろう。しかしこういう視点も全て歪められ日本人は何となく変だと感じながら何が悪いのか分っていない人が多い。確かにこういう観点から見ると原爆投下も理解出来るし戦後の防諜戦での中国や欧米の日本叩きもスッキリ来る。嘘も千回言えば本当になるとは中韓が使う言葉だが騙されても一時的というのも真実である。真実は語らずとも自ら発すというのも真実だろう。

投稿: 忍者 | 2016年8月20日 (土) 04時38分

>災害派遣
 38豪雪の際は、災害派遣で、融雪目的で火炎放射器が使用されたかと思うのですが。自衛隊法83条を見ても、武器使用、武力行使が「出来ない」訳ではないかと。

 それ以上に、常々疑問なのが。「武器」というと、一般的には、銃砲刀剣などを指すのでしょうが。そういう意味では武器に当たらない、民生用の車両や油圧機器なども、使いようによっては、攻撃や威嚇に使えるわけで。シン・ゴジラでも、列車のアレは一般輸送機器と産業火薬の組み合わせですよね。
 武器使用とか、武器禁輸という言葉を使うときには、武器の意味をよく考えるべきだと思うのです。砲弾はあるけど燃料の無い戦車と、燃料は満タンだけど砲弾が無い戦車では、どちらが怖いですかね?

投稿: まきの | 2016年8月20日 (土) 06時18分

   ≪実体経済の根幹≫
これは(→)NBRメンバーが紹介していた記事 http://goo.gl/tQjHaX 。
初めて訪問したサイトですが、記事も示唆に富むとは言え(余談:最近は“Stuid”の語が目立ち、興味深い)、白眉はこの(↓)副題だと思う。100年前の賢人Eugen von Böhm-Bawerk語録の引用ですが、素晴らしい。一世紀を経て、人類はごちゃごちゃと枝葉末節を論い、実体経済のこの根幹を忘却(埋葬?)しているらしい。キーワードはValueとSatisfy(またはSatisfaction)。最近の企業経営者が重視する商品価格や株価でも企業利益でもない(注)。また、主役は経営トップであって一介の幹部でも現場責任者でもない。
“Value does not come out of the workshop, but out of the wants that goods satisfy”

(注)実体経済(国民生活を含む)に無知であることに無知(即ち無恥)な安倍Monkeyや経済ブレーン三田(浜田本田岩田)にも、その株価や企業利益や賃金を重視している。肝心のValueとSatisfy(またはSatisfaction)が全く視野にない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月20日 (土) 10時06分

石破せんせが突然訪ねてきたらびっくりするだろうなぁ。

バイデン副大統領の報道で幣原首相の名前が出てきてて、結構みんな勉強はしてるのだなぁと意外に感じた今日このごろです。

幣原さんが武装放棄を憲法に定めたのは、核兵器の時代だから通常の武装に意味がないという発想であり、当時核兵器を保有していたのはアメリカのみであったことに由来する・・・と、
私は思うのですがどうなのだろう。

投稿: きました | 2016年8月20日 (土) 10時43分

石破閣下

お休みの期間もお疲れ様でした
取り付け番号を間違えた模型のようなアレといった意見ですが、第2次大戦についての意見をお聞きください。東京裁判の確定訴因1は1928年よりの戦争謀議などでした。パリ不戦条約違反(日本は締結国)といいますが、同年ロコソフスキー(後のソ連邦元帥)が騎兵旅団を指揮して満州に攻めてきています。翌年には蒋介石も攻めてきています。31年の満州事変の前のことです。サンフランシスコ条約の第8条で日本の戦争責任の範囲を1939年9月1日以後だったはずなので、さすがに今このことが話題になることはありません。(パール判事はえらい)かえすがえす戦争とは卑しいものです。亡き祖父が日本軍は世界一強いとよく言っていやそうですが、なぜと聞くと他国の軍隊は敵に勝つことが目的だが、我が陸軍は戦争に勝ち、以後の争いは無くなるのだ、だから世界最強なのだという回答が帰ってきたそうです。アメリカを含め多くの国が戦争に勝利したはずです。でも戦争・テロは収まりません。いっそ相手を絶滅させようかと開発した兵器もあるのでは・・・(敵に勝つこと考えるとつまらない兵器を作りだすものです)戦争はいやしいとどれだけの人が主張するでしょうか、戦争を体験(日中戦争からシベリア捕虜を経験した祖父)した人の意見が生かされると良いと思いますが、無理な気がします。300万以上と言われる戦争犠牲者を考え、太平洋戦争を考えることに賛成します。
 さて話題を変えて、「シン・ゴジラ」の自衛隊への防衛出動の下命ですが、ただストーリイ構成監督がアホなだけです。災害には人災と天災を含むと仮定すれば、「ゴジラ」が原水爆実験により発生した人災だとしても「災害」に認定してよいのではないでしょうか。自衛隊が強力は攻撃力を行使するからだとしても「人」「人にかかわる組織」に対する暴力でなければ暴力装置としての行為ではなく、工事現場のダイナマイトと同じ扱いとして「不発弾」処理と同等と仮定すれば、共に防衛出動という考えは出ないと思います。ただし、「ゴジラ」が明確な主権侵害の意図を持って襲来したと飛躍したストーリイにすれば、人類への自然界からの復讐(映画サイドが考えていそう)を印象付けようとすればありうる映画構成かも・・・(そこまでは考え過ぎ)さらに「治安出動」の件は・・・「オウム地下鉄サリン事件」でさえ発令しなかったのは「治安出動」の完全な解除が不能(解除のための具体的な法令化がされておらず、発令は国家解体の危険がある)だった2・26事件の前例もあり、危険過ぎます。いかに「治安出動」せずに対処するかを考えた30余年前を思い出し少し熱くなりました。自然の猛威には真摯にこれを受け止め助け合い・乗り越える方策の検討を希望します。
 つい熱くなり申し訳ありません、誤字・乱文お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年8月20日 (土) 10時51分

石破先生の夏休みはとても地味なのですね。
ゴルフや旅行などなさるのかと思ってました。
9年ぶりのお休みというのも驚きです。
小泉政権の後はずっと大変だったのですね。
今も後が大変になりそうな感じはしますが。
東京オリンピックまでは大丈夫でしょうか🐤

投稿: キイロイトリ | 2016年8月20日 (土) 13時19分

77歳の国際ジャーナリスト(塾出身)です。久しぶり、自由の身になっての夏休み、いろいろ考えを巡らされることもあろうかと思います。一日も早く充電をすませ、また新たな発想でこの国の行く末に大胆な発想と発言をされることを、心より願っております。
とにかくも、大胆な諸般の構造改革を進めなければなりません。時間がないのです。ご奮闘を祈ります。

投稿: 内田忠男 | 2016年8月20日 (土) 15時44分

ゲル先生、大臣のおつとめお疲れ様でした。

お伝えしたいことは色々あるのですが、ちょっと気になる噂があったもので至急コメントさせていただきます。

これは福岡行橋市議の小坪先生のブログ記事なんですが。
https://samurai20.jp/2016/08/ja/
こちらのコメント欄に

>(JAが韓国産の肥料を一括輸入する決定をしたのは)とある情報(未確定)によると、“総理候補”と目される方(?)がJAに推したとか…

とあり、更にそのコメントへの返信では、名前こそ出さないもののそれがゲル先生なのでは?という疑念が持たれています。

事実であれば、そのような「日本の農産物の安全性」への信頼が揺らぐようなことをなぜ推進なさるのか、ちゃんとご説明ください。
事実でないのならはっきり否定してください。

投稿: hinomoto | 2016年8月20日 (土) 17時37分

石波さんも良くお考えの上でのご意見でしょうから、それについてもの申すことは出来ませんが、ゴジラのような超巨大生物による国土、国民への攻撃と言うとらえ方をすれば、「防衛」せざるを得ないのではないか、通常の治安を司る警察力では人が蚊に刺された程度、たかがしれている
指揮、判断を誤れば人災になりかねない懸案ではないかと思うのだが
とにかく、夏休みの良い宿題と思う映画でした

投稿: 英ちゃん | 2016年8月20日 (土) 19時48分

NHKは過去から現在まで個人に対する誹謗中傷を行ってきたが、しかしその点を指摘しても一切認めようとはしない、事実は明らかなのにその罪が放送法適用されないからと言って逃げを打っている。彼らの行為は犯罪だと思うのだが誰も咎めだてし無いのはなぜか、昔「帰って来た酔っ払い」で腹を立てさせられたのを覚えている、又山川静夫の破廉恥な放送も記憶に有り、また磯村氏の「ちょっと気障ですが」と言った阿保くさいセリフもあった、福島敦子の視聴者に対する中傷もあった、又日テレで放送していた森田一義の犯罪行為も記憶している、しかし現在NHKはブラタモリと言った放送を視聴者の神経を逆なでする形で行っている、奴はギネスに登録されてさぞご満悦であろう、数え上げれ場きりがなくもう憤りを通り越して怒り心頭である、小野文恵と宮本隆もやってはいけない放送を行っていた、彼らは私の個人情報を皆放送で世間にばらまいているのである、それだけではない私の開いた心眼に対して目つぶしを行ったのである、奴らをこれ以上のさばらせてはいけない。今までの被害に対する損害賠償をしたいのだが早急に対策をとっていただきたい、森田健作ではお話に為らないので、下らぬ放送業界の是正を石破氏にお願いしたい。

投稿: 伊藤芳朗 | 2016年8月20日 (土) 22時16分

石破さん、あなたが政界にデビューした頃からのサポーターです。日本国を憂う考え方、そして何よりも貴殿のブレ無い国防の理念に敬意を覚えます。次の政権リーダーとして羽ばたいて下さい!

投稿: 久保忠昭 | 2016年8月21日 (日) 00時59分

日々、お疲れ様です。やや休養が取れたようで良かったですね。
ところで、ハンフリー・ボガードではなく、Humphrey Bogart ハンフリー・ボガートと、最後の“ト”に濁点はつかないので、一応、指摘させて頂きますね。
さて、本当は、地方創生担当大臣を続けて、参議院の合区解消の為に、改憲論議をリードして欲しかったと感じております。
一票の格差という錦の御旗の前に、過疎化が進む地域が顧みられなくなる弊害は無視されておりますからね。
各地の代表を人口の多寡に関わらず選出するというのは諸外国にも見られる事で、一極集中のリスク解消、国土保全、それに連なる地方創生にもリンクする事案で、参議院についての改憲論議は、為にする論議ではなく、凄く深い意義があると感じております。
ついでに、衆参の選挙が、戦後から1年半未満に一回あるというのも、如何なものかとも感じております。せめて2年に一回くらいにして欲しいなぁとは思います。
あと、自民総裁任期は、石破さんがなられた時の事も考え、3期9年はあってしかるべきと思います。
安倍内閣が2021年まで続いた後、石破内閣が更に9年と安定して運営出来れば、横たわる国難に、腰を据えて取り組めるのは、石破さんご自身も、一理あるとお感じにはならないでしょうか?
民主党政権、その前の自民のコロコロ変わった政権もですが、まともな党内論議ではなく、政局、内ゲバが一番政権にとって致命的であり、国情が不安定になる元です。
石破さんは、素晴らしい政治家だとは思います。ただ、失礼ながら、過去の言動により、一抹の不安があるのも事実。次の総裁選挙に出馬されるのは当然ではありますが、くれぐれも内ゲバの様にならない事だけは願っております。

投稿: quetzal924 | 2016年8月21日 (日) 08時10分

 俗に言うネガティブキャンペーンで何処まで行けるのか興味があったがさすがのトランプ節でも有権者を騙し続ける事は出来ない様な状況だ。今やヒスパニック系米国人や中国系、韓国系も数多くいる米国でこれ等の票を無視して勝つ事は難しい。ましてや黒人票を取り込まないで勝つ何て不可能に近い。白人が6割と言われる所でも6割全てを固める事は無理だし、共和党だけでなく、かなり上院議員も彼への票を拒んだり、拒否してヒラリーに投票すると公言する始末で共和党を纏めるどころかバラバラにしたようだ。今回の黒人に対する演説でも黒人票を固めるどころか侮辱したと非難される始末で白人男性に対する同じ手法を使っても支持には回らないで反発した様だ。この辺の雑な演説が黒人だけでなく、ヒスパニック系、アジア系にも届いていない原因だろう。皮肉な事に中国共産党だけはトランプなら理念無き素人で金を投げつければなびくと思っている様で支持している様だがヒラリーもシッカリ中国から献金と票を貰いながら厳しい事を言うので嫌気が差した様だ。トランプ候補なら交渉に対し他の問題をぶつけ、相手に譲歩や吞ませる戦略を取れば事足りる。日本に無理な交渉を挑めば米国に取って無理な事をぶつけて、互いに譲歩する所で折り合いを探るしかない。しかし交渉も馬鹿な官僚がやれば、相手の難癖にビビルだけで主導権を握られる。相手にしない位の強気で行くしかないだろう。その前に彼が大統領になる可能性は現時点ではかなり低い。それに彼の批判は情報が古いし飽きてきたのも明らかでウルトラCがない限り無理だろう。ましてや一対一の討論会では具体性に欠けていたり矛盾を突かれるので生き残るのはより難しい。

投稿: 忍者 | 2016年8月21日 (日) 09時15分

警察の武力ごときでは全然対応できない被害が激増している最中に法的にどうのこうの言っててそれで良いのか?ってな疑問があるんですけど。

それと政治活動の定義よろしく

投稿: nh | 2016年8月21日 (日) 09時34分

Nスペ【沖縄 空白の1年~“基地の島”はこうして生まれた http://goo.gl/aUzpQH 】
籾井や長谷川三千子を経営層に押し付けられたNHKとしては果敢で良い番組でした、と慎ましく表することはできる。が、然し、問題の掘り下げが浅い。番組編成の構えが狭く浅く短い。バランスが悪い。
現在に至る沖縄の根本問題は占領下の日本やその下位にある沖縄にはない。沖縄の空白は多寡が一年と云う一瞬ではない。
根本問題は、いみじくもナレーターが最後の数秒に発した通り、「戦後71年を経ても、沖縄の状況が何故、寸毫も変わっていないか?」にある。占領を解かれた後の日本政治が引き摺って来た怠惰や怠慢がその元凶なのだ。
その怠惰と怠慢は、狭浅短が極まる言い訳が着いているが、世界情勢が一度ならず何度も(東西冷戦の出来と消滅、中国の台頭など)激変を繰り返して来たにも不拘、自衛隊に憲法上の居場所を与えなかった(放置してきた)原因でもある。沖縄にのみ過重な基地負担を強いて来た(放置してきた)原因でもある。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月21日 (日) 10時49分

毎日【安倍、核先制不使用反対の報道を否定 http://goo.gl/D3am9X
やりとりは全くなかった。どうしてこんな報道になるのか分からない】
≪一事が万事≫。安倍Monkeyは息を吐くように嘘を吐く猿。 その嘘を疑うこともなく何ら検証することもなく唯々垂れ流し大本営広報機関に堕した歪メディア。
その政治権力者たる猿が日本(猿の惑星)の報道自由度が世界第72位であることの最大の元凶だが、政治権力に屈膝した大手メディア経営者、卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)サラリーマンジャーナリスト、猿に迎合し神輿に担ぎ説を枉げる有識者・知識人と云われる連中など‥が延々と列をなす。
その挙句に生まれるのは、増長する政治権力、棄損される正義、腐乱する公序良俗。繰り返される愚かな歴史。喪われる美しい国。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月21日 (日) 10時50分

【リオデジャネイロ五輪】

 この大会は、我が国にとって、オリンピック歴代最多のメダルを獲得することになったようだ。JOCの予測は14個の金メダルという目標があったそうだが、12個に終わったのは予測の範囲内の誤差のようなものである。8個ある銀メダルの中に金メダルに変わっていた可能性があったものが2個ほどあったという事ではないか? 或は、予想外の結果で終わり、普段の実力が発揮できないまま初戦敗退或は予選敗退に終わった競技に期待外れを求めることがあるのかもわかりませんね。
 ともかく、次回大会(東京オリンピック)につながる期待だけは大きく膨れ上がることになりそうです。
 銀メダルの数や銅メダルの数の多さに改めて注目が行くのかもわかりません。21個の銅メダルというのは、我が国にあっては、これも歴代最多の数である。これは、悔しい思いをした数という事にもなるわけで、金メダルを追いかける人の数でもある。次回への楽しみが、ここにあります。また望外のメダルという点も強調しておく必要があります。陸上男子400mリレーで起きた奇跡のような銀メダルは、メンバーに誰一人9秒台の走者がなくても、37秒台のタイムをはじき出したという事実に驚かされます。彼等の目標は、おそらく常識的に考えて、銅メダルにあったと思います。ジャマイカの次に米国が躍り出ると予測したはずで、その次に位置するシナ帝国にさえ勝てば、3位は確実に手にすることができると思ったのではないだろうか? それが確実にできると確信したのは、予選で、アジア新記録を出したことにあると思いますね。その段階でシナ帝国チームは我が国チームの視界から消えたと思います。決勝でやることは米国チームに勝てなくても、その次を死守することが銅メダルを手にできる道だと確信したのではないですか?  結果は周知の通りとなり、我が国チームに銀メダルが舞い降りた。予想外の活躍もまた冷静な計算があったような気がしますね。このチームの活躍は、各種メデアの記事によると今年の3月ぐらいからバトンの受け渡しの練習を繰り返し行ってきたとある。スポーツ報知の記事の中にジャマイカのボルト選手が我が国チームの銀メダルについて
 『銀の日本チームが3月からリレーの合宿を重ねてきた成果が実った話を聞くと、驚いた様子で「われわれと比べて練習量が断然に豊富だ」と苦笑い。「彼らに脱帽だよ。チームとして銀メダルを勝ち取った」と賛辞を惜しまなかった。』
 いや、これはボルト選手でなくても驚く話です。普通に考えても、リレー競技のために約半年前から合宿するもんなのですかね? 驚きますよ。それは3位狙いを確実にするための努力という事ですか?
 この予想外の銀メダルには本当に驚きました。此れとは異なりますが、レスリング女子の吉田選手の銀メダルもまた、予想外であったので、大きなショックを受けましたね。
 我が国の参加した競技種目の中で、レスリング女子の勢いは目を見張るものがある。これはコーチ陣や監督などの不断の努力があるかもわかりませんね。2004年以来崩れることがない。嘗ての無敵を誇った体操男子の勢いがレスリング女子にある。それはメダルの数に現れていますね。体操男子もまた、栄光の時代から、のたうち回るほどの苦しむ期間を経て、ようやく立て直しに成功するようになりましたね。レスリング女子もまた、そう云う時代に入っていくことになるかもわかりません。それはバレーボール女子とかにも、同じことが現在進行形で起きている事実である。バレーボール男子などは沈没して久しい。何が問題なのかも見つけられないままではないのか? 過去の栄光の重さに苦しんでいる。あらゆる競技にこういう問題が起こり得ることに注意をする必要があるという事で、しかし、それを防ぐことがほぼできませんね。不断の努力は口で言う事は易く、実行が難しい問題です。水泳競技についても古橋広之進選手がおられた時代は我が国の黄金時代でありましたが。過去の栄光と呼ばれるようになり、もがき苦しんで。最近になってようやく金メダルを取る選手が表れるようになったという印象を受けます。なにか解りませんが、指導する側に問題があったと思いますね。それが解らなかったから不振の時代があったのではありませんか? 
 柔道とかも、そうだと思いますね。答えを見つけることもできない不振は指導者に問題があると思いますね。勢いがある競技との違いは何かということですね。
 サッカー女子を見ればよく解ります。高ころびにこけるとは、あのような惨状を指す。その原因もまた不明なままではないのかと思いますね。

 我が国のプレイヤーの実力は銅メダルの数に見るように勢いのある人々が多いのだ。東京オリンピックが我が国の歴史に残る大会になるのは、陸上男子400mリレーのような用意周到さが必要ですね。その先に金メダルがある。
 そう云う展開を期待したいです。

投稿: 旗 | 2016年8月21日 (日) 14時06分

美しい日本を取り戻すと第一次政権で言った時、東京生れの人間にとってはハァ?何を惚けた事を言っているんだろうと正直思いました。しかし時が流れ、興味は変り、日本だけでなく沖縄の自然、又海に囲まれた環境を違った観点から見て見ると美しい日本が存在しそれだけでなく、この日本を日本人に受け継ぐだけでなく、観光資源としてのポテンシャルの高さを改めて認識し、都会生れの私が呆けていたと反省しなければならなくなった。沖縄だけではなく、東京も都会の近くに海や川、高低の違いこそあれ、山もあり、やんばるだけでなく、高尾山も有名で外国人や観光客が訪れ、地元の人達の憩いの場になっているのは言う迄もありません。勿論、沖縄は東京や京都程の数十ヶ所に及ぶ観光施設や有名所があっても弱いし、それを凌ぐ程ではない。ダイビングや釣りだけでなく、マリンスポーツで長期滞在が増えていけばもっと県に収入になる。しかし欧米から見るとどうしても自然産業資源として見るとグレイトバリアリーフやNZ、南米の南極の氷河に目が行ってしまい、やはり弱いというのが現状だ。しかし世の中には必ずマニアックな人達がいて人知れず有名になる前に堪能するつわものもいる。日本は四季折々の変化だけでなく、宣伝ではなく其れを経験するには住んだり、言語を話さないと理解出来ない壁がある。日本人として東京に生れたが東京だけでなく、日本各地、そして沖縄でも再発見する事が多々あるし、見方や視点を変えると違う表情が見えてくる事も結構ある。そう考えると日本の観光資源というのは未だ沢山あり、欧米にも知られていない事があるはずだ。勿論、ビザが緩和された経済成長著しいアジア各国は言う迄も無い。

投稿: 永劫回帰 | 2016年8月21日 (日) 14時33分

今の自民党ただただの自民党
骨のある自民党誇りある日本
これから安心平和の日本
頑張れ石破さん目指せ総理大臣!

投稿: あまとらちゃん | 2016年8月21日 (日) 14時47分

【これまでのトランプ氏とは違う発言が飛び出したようだ】

 思い付きを口にして周囲から喝采を受けていた頭の悪そうな大統領選挙候補者であった人が、『発言の数々を後悔している』と言い出したそうだ。
 もしかすると、米国に近いうちに超大型ハリケーンが何十個も襲来する前触れではないかと思ってしまいますね。時事通信に記事があった。
『【ワシントン時事】米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は18日、ノースカロライナ州で開いた集会で演説し、自身がこれまで失言してきたことを認め、「後悔している」と語った。
 数々の暴言で論議を呼んだトランプ氏だが、公に反省の弁を述べるのは珍しい。』
 そして、この記事が出た同じ日に選挙対策本部の責任者を更迭するのである。
その記事は、ロイターにあった。
『[ワシントン 19日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は19日、同氏の陣営の選挙対策責任者などを務めてきたポール・マナフォート氏の辞任を発表した。
 トランプ氏は声明で「マナフォート氏は今朝陣営からの辞意を表明し、私は承諾した」と語った。』そして、その理由となる出来事が21日に記事になった。これは産経である。
『【ワシントン=加納宏幸】ロシアのプーチン大統領による反米路線が米大統領選に影を落としている。プーチン氏を「力強い指導者」と呼ぶ共和党候補の不動産王、ドナルド・トランプ氏(70)の選対本部長、ポール・マナフォート氏は、親露派だったウクライナのヤヌコビッチ前政権から巨額の現金を受け取った疑惑が浮上し、19日に辞任した。』
 外国人勢力からの金がトランプ氏の選挙資金に紛れ込んでいるという疑惑が発覚したようだ。そして、AFPにある21日付けの記事を読むことになる。
『【AFP=時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は20日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の所有企業の抱える負債総額が少なくとも6億5000万ドル(約650億円)に上り、出馬に当たって当局に提出した個人資産報告書の記載の2倍以上に膨れ上がっていると報じた。』
 彼は世上謂われるほど潤沢な資金で選挙戦を戦っているようではないと思われますね。金持ちなのは間違いないが、のるかそるかの位置にあるのかもわかりません、彼にとっても選挙戦を乗り切り、大統領になることで苦境から逃れる手段になっているのかもわかりませんね。やはり金の問題とは実に大きな原因と云えますね。
 我が国にも昔、オレンジ共済という詐欺まがいのシステムを作って破綻寸前に参議院議員になった人は、潤沢な資金が背後にあると豪語していたそうだった。しかし、実態は火の車であったことが解り、しかも、刑事事件になるほどの悪行であったことも暴露され、彼を頼った小澤氏他の評判まで道連れにしたが、張本人だけが政界から消えた。あのような事態が、これから米国で始まることになるのかもわかりませんね。化けの皮がはがれて失速すれば、誰も相手にされなくなるという事に於いては日米とも差がない状況ですね。
 驚いた事があるとすれば、彼のような人が『後悔する』事があると言い出したことですね。我が国の民主党にいた元首相は、未だに反省をしていない人なので、その意味ではトランプ氏を超えた存在ですね。まあ、どうでもいいことです。

 どっちにしろ金に関するスキャンダルの暴露は政治家にとって大きな致命傷になりますね。 クリントン氏の陣営にもシナ帝国がらみの金の噂があって、その捜査をFBIが行っているという話があったのですが、その後の展開が不明です。
 トランプ氏の場合はロシアがらみの金という点が、クリントン氏と敵対する構図にもつながっていて興味がありますね。共に外国の勢力からの金で米国大統領選挙の行方に影響を及ぼすことがあれば、米国民が何を思うのか? そっちに興味が湧いてきます。

 前にも書きましたが、米国大統領選挙は長いテレビドラマを見ているような気分にさせてくれますね。ストーリーの展開すら予断を許さない。下手な脚本家より面白いドラマである。
 リアルなドラマという事も、この場合大きな要素になっているのだろうと思いますね。飽きさせない展開は秀逸である。我が国の放送作家にはこのレベルの話を作り出す能力もないのだろう。テレビが衰退に向かうのは必然である。

 米国のテレビドラマにはこれに迫るような話が大量にある。彼等の能力が優れているのは、現実の大統領選挙を視聴しているからではないのだろうか? 
 大変な状況の中に彼等は生活しているということでもありますね。

投稿: 旗 | 2016年8月21日 (日) 16時47分

充実した夏休みだったようですね。
まだまだ酷暑が続きますのでご自愛ください。

投稿: くま | 2016年8月21日 (日) 21時19分

【話題を提供することが増えた英国】

 EUからの離脱という話は、既定の事実であるがその実効は2019年頃にならないとはっきり表れることにはならないそうだ。ロイター他が英国政府の高官の発言として報道している。あの国民投票は何だったのか? という事にもなるが、今までのEUとの関係を清算するまでにかかる時間が発生するので、2019年という事になるというような訳の解らない話になっているのだそうだ。
 危機の先延ばしなのかもわかりませんね。その論拠が解るように説明された記事がないので何もわかりません。
 それはともかく、ロイターには、その英国の海軍の衰退に心を痛める記者がいるようだ。コラム記事に『最強を誇った英国海軍「凋落」の教訓』と題する記事が、8月15日から掲載され続けている。英海軍が緊縮財政の煽りで、予算削減の実行が始まり、主な装備の撤廃や退役時期を前倒しにしたような装備の撤廃が続いていることは知られていた。しかし、新たな航空母艦の建造も進められており、過渡期における空白状態が発生しているだけなのかと思っていましたが、ロイターの記者にはそういう事には見えず、凋落が始まって、取り返しのつかない処に英海軍は立ち尽くしているように見えるのだそうだ。

 記事の出だしが『かつて世界最強と謳われた英海軍だが、それも今は昔だ。米国をはじめとする同盟国にとっては、これはゆゆしき問題である。』となっている。大げさな書き出しで関心を引くことが目的なのかもわかりませんが、読み進むにつれて、英国政府の「やり過ぎ」が垣間見えてきますね。

 英海軍は、ハリアーと呼ばれる海軍のジェット戦闘機を退役させたのは2010年の事であるが、それより前にジェット戦闘機を艦載する予定の次期航空母艦の建造を公表していたので、過渡的な措置のように見られていましたが、その航空母艦はいつの間にかヘリ搭載母艦となってしまっているようです。搭載予定のF-35の完成が大幅に遅れているという事情があって、こういうことになったのだと思いますが、空母の仕様もまた大きく変更されているようです。完成時期も当初の予定から外れていますね。今では、2020年の完成を目指した作業になっているらしい。当然、2番艦空母のプリンス・オブ・ウェールズは、これも2016年完成予定であったらしいが、大きく狂い2023年頃になるのかもわかりませんね。そういう事情で、英海軍には今、ジェット戦闘機がない。

 そして様々な理由で退役させた軍艦の数が多いので、2016年現在保有する艦艇数が89隻しかないと記事にしています。つまり艦艇数の削減はそのまま兵員の削減にもつながる事なので英海軍の総員は2000年当時39000名もいたそうだが、今は、29000名ほどになっていると書いています。海軍の兵士を作るのは陸軍兵を作り出すより手間とカネがかかるので、1万人の削減は大変な事態を引き起こす恐れがありますね。しかも、航空兵力の削減もあるので海軍にジェット戦闘機が戻っても、パイロットの確保に悩むことになりそうです。
 これが、どこに影響をするのかというのが大きな問題になります。ロイターはそこまで具体的には書いてませんが、仮に、第2次フォークランド紛争なるものが発生したとしても、今の英国には領土奪還を行う気力があったとしても、実行が伴わないことになりますね。原潜だけでアルゼンチンと戦うのかという事です。
 英海軍も軍縮をやり過ぎたという自覚があるようです。しかし、元に戻るには兵員の確保だけで5年以上かかるのではないですか?
 確かに、ロイターが云うように、これは大きな教訓ですね。

投稿: 旗 | 2016年8月21日 (日) 21時42分

 米国に居た頃、米議員が日本の核保持について討論や日本は核を持っているとか、いや核は持っていないが作る技術はあるとか日本では聞けない話が一杯あり、さすがオープンな米国と関心したものだ。十数年が流れ、日本に帰ってきてから始めて核武装論や独立論を聞いたのは田母神演説だったが話が日本の政治で出たという事で未だ早い話だという感じはしたが何かの布石で無い事も無い。なぜならオフショア政策により米軍が財政難を理由に後退しているから、何時までも米軍が日本にいるか担保出来無いというのがそれだ。しかし国境や国を大幅に変更する様な国対国の全面戦争は起り難いだろう。とは言え、露、中国、北朝鮮と核兵器を持ち反日政策だけでなく、共産国家は恫喝外交を止める訳も無く、核の傘の後ろ盾が無ければ外交上も経済交渉も軍事的優位を楯に脅かしながら国際法を無視して優位に進めようとするだろう。そんな中でのトランプが日本に核を持たせて北と対抗させろとか、バイデン副大統領も日本なら核を一日で作れるとか数千発作るウランやプルトニウムがあり可能だとか発言が相次いでいる。その流れでのハリス長官との会談で米国先制核不使用についての発言の有無だ。今日の時点で総理は会談での核についての話は無かったと否定した。北朝鮮の中長期ミサイルが秋田沖に着弾したのを受けて誰かがもっともらしい事を記事にしたのかもしれない。勿論、核を持つのは非核3原則やNPT批准している日本では考え難いのは承知している。しかし北朝鮮だけでなく、中国も潜水艦に核兵器を積んでいるとの憶測もあり、尖閣だけでなく、太平洋側に抜けて攻撃される可能性も無い訳では無い。そして経済発展を続ける中国が覇権拡大を止める気配どころか、国際法を守る姿勢も全く無い。朝鮮半島も近い将来何らかの動きがあるだろう。日本人も韓国の北朝鮮寄りでの反日政策にも相当警戒感が出ていて観光だけでなく、企業も投資や進出を控えているし妥当だろう。日本は私が死んでも隣国には中国、露、南北朝鮮が必ずいて過去の仕返しをしようと手薬煉を撒いて待ち構えている。外交とは常にそういう物だし、世界大戦といえども二千年以上あった歴史の数十年に過ぎない。拡大解釈のし過ぎは国を滅ぼす。必要な選択肢は何時でも残しておくというのが本音だろうが言わないのも実は本音なのだ。

投稿: 永劫回帰 | 2016年8月22日 (月) 09時48分

3K【主張:総裁任期延長 成果あっての話 http://goo.gl/L2E96I 】
この主張(3Kの社説)へのコメントが「3Kが先走った議論を戒めている」と好意的に評しているが、3Kは先走った議論が党内に反発を生み任期延長が阻害される事態を恐れている。そのための戒めだろう。

愚見では3Kは冷静な構えを仮装しつつ、従来通り、安倍猿の汚れた尻を持ち上げている。過去3年半の安倍猿の治世で挙げた悪辣の数々(注)に目を凝らせば、今後2年間に「国家的また国民的成果」を期待できる道理が一切ない。今更だが3Kは心の曇りも構えの歪みも酷い。
(注)悪辣の数々:国防安保で岸爺に課された宿題に駆られて暴走し日本を軍事の20世紀に引き戻しただけだ。経済政策でiは息を吐くように嘘を吐き、蒙昧な国民を釣り上げ、我田引水の党勢拡大を果たしただけだ。「国家的また国民的成果」と呼ぶに値するものはなにもない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月22日 (月) 10時48分

石破先生

残暑お見舞い申し上げます!!。
久しぶりに少し人並み?(失礼)のお盆休暇を過ごされ、何よりです。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
小生も12日~16日まで帰省していまして、叔父の見舞い、親戚のお盆参りへと回って来ました。訪れると家の主は居らず、他の親戚へお盆参りを行えばそこで出会ったりと、それぞれが大忙しです。しかしこのようにして普段は疎遠がちになる親戚筋と会い、旧縁を温める日本の習慣はとても良いものだと思った事でした。

ある親戚では農家3人で法人化を行い10町歩ほど水田を共同耕作管理していると聞きました。地方創生の事業は自治体の広報他で見聞していて、その方向性は良く知っているものの、直接営農者との接触は殆どないと言います。更に政府のTPP交渉の件についても農家の大半は政府の方針に、やはりこれまで経緯により、大変不信感を持っている人が多いいとも聞きました。
石破先生の大変なご努力とご尽力により、農業だけの問題ではないものの、人口減少などと相まって地方の衰退を深く憂慮され、全国の自治体と国の双方による地方創生の案は、かなり進捗を見せていて、今や点から線へと広がりを見せています。しかしながら農業従事者自身までの広がりはまだ程遠いいようにどうしても感じられます。農業ばかりではなくやはりどの事業においても、事業の従事者自身が危機感を持ち、自ら変革を行っていかなけば大変な事になり地方創生は掛け声だけに終わってしまいます。更にエンジンをふかす為には、新聞、テレビなどの媒体による国民への強力な露出PRが必要であると考えます。かなり以前にも提言しましたが、2チャンネルなどにより一週間に一回でも30分ほど全国の地方創生への取り組み紹介番組を是非実現して頂きますよう切に願います。全国へも紹介されれば、やる気の創造にもなり他の事業者、自治体へも大変参考になると思うからであります。

次に、この残暑の厳しい中、少しだけ爽やかな涼風を感じる話題が二つありました。
その一つは今回の参議院選挙で行われました自民党案による一票の格差是正の為として10増10減案による、鳥取県と島根県、徳島県と高知県の合区制ですが、さすがに低投票率と地元の不満が噴出していて、自民党内でも次回から合区制の廃止に向けて検討に入ったと新聞で目にしました。それはそうでしょう!!。人口比率による選出代議士の数の制定であれば、今回合区制となった4県以外にも今後合区制になりそうな予備県が全国にかなりあるからであります。以前に提案致しましたが代議員による議会制民主主義の精神にのっとれば1県に最低一人は当然と云うべきであります。

二つ目に「農家自身の経営によるレストラン出店」が可能になりそうだとの事です。従来農家自身がレストランを出店することは規制されていて出来なかったものの、今回の規制緩和により可能の成るという事です。政府が良く奨励していますように、わが国の農産物は安全で美味しいものであれば、その生産者が安全で美味しい食材を使ってレストランを出店すれば、やはり野菜と云えども採れたてが一番美味しいのは当たり前であり、価格も安く提供出来ます。著名なシェフが調理を行い、山紫水明の景色を愛でながらの田舎での食事などを想えば、今から嬉しくわくわくしているほどであります。
小生も田舎へ帰りますと、道の駅東郷、新しく出来ました琴浦物産館などを休憩と実態見学も兼ねて良く利用しています。野菜、海産物などは新鮮で美味しそうなものが、大都市圏の3~4割は安く購入出来ます。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年8月22日 (月) 11時28分

   左藤議員が尖閣での対応が海保や警察、移民局と自衛隊という様に緊密に連携しそれだけでなく、北朝鮮のミサイルに関しても米軍との普段からの情報交換と連携で以前とは違うレベルで情報共有をしているという話だった。これは政府が仕事をしているという証で民主党政権下では防衛に関する情報も最重要機密に関しては政権を信用していない防衛省側から全て開示した訳では無いという話を聞いた。そして官邸も外国公人であればパスを配り捲り相当な情報漏洩があったと聞いている。そもそも他国に機密情報を伝えても議員が罰則条項も無い事自体異常であり、防衛省側が信用しないのも当然の処置と言える。そして中国は国際法を無視して正当性を主張する時に戦前の日本が使った様なマネをする。中国は欧米の列強から略奪行為を受け、列強は中国から国益を奪い、其れを守る為に自衛処置として第一列島線、第二列島線と自国領土とし、侵略を阻止するという物だ。それだけに留まらず、アジアの中国化はアジア共同体の様な欧米から守る為にという口実を使い、周辺諸国を共産化していく。その共産化の犠牲になったのがチィベットやウィグルであり、ブータンは国土の2割を奪われ、拡大膨張政策はフィリピンやインド、ベトナムや日本迄及んでいる。モンゴルや露は言うに及ばす、米国への弱体化やサイバー攻撃も止める事は無い。中国の一貫した拡大は米国選挙や中国での人民代での交代劇を睨んで加速する事は間違い無い。日本が参院選で勝利し長期安定政権に入ったのは胸を撫で下ろす所だが米国はより後退し民進野党政権になったら?と思うとゾッとする。

投稿: 忍者 | 2016年8月22日 (月) 11時45分

   井上選手が柔道着をプラジルに送り支援したがファベーラと言われる貧困地域で麻薬が横行する銃撃戦だけでなく、死亡率も非常に高い地域だ。南米の麻薬組織による殺害は非常に深刻で知事が暗殺されたり、警察も金で汚職蔓延状態でまともに機能していない。似た様な状況はフィリピンにもあるのだろうが麻薬撲滅に動き出した大統領が国連からの非難を受けて脱退すると言い出した。正しい事をやる事で犯罪者を逃がすのか、不正があっても犯罪者を撲滅するのかはその国に任せるしかない。麻薬犯罪を放って置けばテロ組織の資金源となり政府転覆される可能性も増してくる。とは言え、警察による処刑が良いとも言い難いのが難しい所だ。今回柔道で金メダルを取ったブラジル選手は子供達の夢や希望となるだろう。そして彼女は柔道のおかげで道を踏み外さずに済んだと言って東京オリンピィクでも優勝したいと語った。金メダルでもこういう選手に負ければ取ってくれて有難うと言えるし、その国で柔道を志し日本文化に触れ、犯罪の手に染まらない人生が送れる選択肢が増えるなら大歓迎だ。悪いエネルギーを何かに打ち込む事により昇華させるというのは正しい選択だろう。

投稿: 忍者 | 2016年8月22日 (月) 12時03分

オリンピック/シリア…

オリンピック、素晴らしい活躍でしたね…明るい気持ちになりました。
方やシリア…爆撃から助けだされ、何かに腰掛けさせられた4歳位の女の子が、額を拭った自分の手をみて、血だらけなのに驚いた様子の画像を見ました。
なんとも言えない…
今の時代、戦争をやっている人の気持ちがわからない…何か別の手立てはないものか…

投稿: まな | 2016年8月22日 (月) 18時52分

シンゴジラでもまさにその法解釈で揉めているシーンがありましたよ。ただ、さっさと出動命令が下せない我が国のシステムに問題があるのであり、そこに着目していただけると助かります。せっかくの震災パロディ映画なのですから。

投稿: 田中ひろし | 2016年8月22日 (月) 20時59分

◇◆金融版漢族間接侵略◆◇
ブロックチェーンとは、P2P(peer-to-peer)型システム技
術で、これにより各ノードが作業証明能力を持つ分散型
データ管理システムが構築されます。この系では、特定
のノードが支配的ではなく、全ノードが対等なので、全
系破壊以外システム崩壊がなく安定的です。これに、以
下の通貨条件のための機能を実装し付与したものが、
FinTechにおけるデジタル通貨(仮想通貨)です。
・価値の単位の定義(為替)
・債務と債権の記録システム
・譲渡性(P2P型)
従来通貨に関し、現在でも銀行の舞台裏では、行員によ
る紙ベース煩雑処理作業が多量ですが、仮想通貨導入で
の自動化により、それが除去され、大量の行員リストラ
が予想されます。

仮想通貨は利用手数料なしであり、AI利用の金利設定最
適化も可能なので、従来通貨と複数の仮想通貨が競争状
態となり、効率性で有利な仮想通貨の流通が、指数関数
的に増大します。そうなると、中央銀行の金融政策が打
撃を受けます。また、P2P型取引には安全性が重要で、楕
円暗号などで暗号化された取引が実行され、当局監視が
困難となり、タックスヘイブン以上に不透明化が起こり、
脱税の温床となりかねません。これらの問題回避のため、
仮想通貨は当局の管理下に置くのが妥当です。ただし、
アメリカではその管理がFRB株主のJPモルガンに委託さ
れているようです。しかし、日本では従来通貨向けオン
ラインシステム従事の大手SIベンダーの既得権益に配慮
し、仮想通貨管理の予定はないそうです。

三菱東京UFJの株の約25%は、BlackRock、State Street,
BNY Mellonなどの外資系が占めています。ここで、
BlackRockは運用資産総額約500兆円の国際資産運用会社、
State Streetは預かり資産約3000兆円の信託銀行ですが、
これらは委託代理人であり、実際の株所有者は匿名性に
より特定困難です。かなりの漢族が含まれている可能性
があります。他の邦銀も同様であり、金融分野でも漢族
の間接侵略が進行中です。

このような状況にも拘わらず、三菱東京UFJが仮想通貨の
MUFGコインを発行するようです。つまり、そこが当局管
理外の通貨発行権を持つことになります。これは、通貨
発行権まで漢族を含む外国に依存することになり、安全
保障上かなり問題です。その上、MUFGコイン自体もJPモ
ルガンのブロックチェーンの日本語化したライセンス下
にあります。

投稿: 観測者 | 2016年8月22日 (月) 22時54分

パラリンピックがNHKで放送されないのは、おかしいと思う。障害者を差別しているにしか思えない。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年8月23日 (火) 07時44分

日本には早急に解決しないといけない問題が山積しているのに、映画の中のゴジラの襲来に対して自衛隊に防衛出動についての言及ですか?いかにも、今の日本の馬鹿な政治家の典型のような文章で、可笑しく拝読しました。襲来と言えば、今朝も台風の襲来で水没した乗用車の中から水死した人が発見されたそうですが、どうして、風水害のたびにそういう事故が相次ぐのでしょうか?東日本大震災でも多くの人が、そうしたことで亡くなられたようですが、車体は水没しても、車の中にいる人が水死しない方法はないのでしょうかね。そういう対策を促すのが政治家の仕事だと思いますが、「国民の生命・財産を守るのは政治家の仕事」などと口では偉そうに言うのに、やっていることは、シンゴジについての考察。全く、呆れます。

投稿: おおくぼゆういち | 2016年8月23日 (火) 10時27分

FT:The Crisis in Anglo-American Democracy http://goo.gl/GD5V1S 
”Well-functioning democracies need a credible opposition to hold the government to account”
このRachmanは思想的にはAnglo-Americaの住人だから止むを得ないが、米国Trumpと英国Corbynの野党トップしか視野に入れていない。
が、然し、民主主義や政治的公正さを問題にするなら日本の姿はもっと無惨だ。
政治権力者が猿であり、民主主義や憲法の精神を完全に無視しても、与党自民党議員は猿に屈膝して全く抵抗を示さない。与党公明党は序盤で異議は挟むが最終的には済し崩しに変節を繰り返している。数多の野党に至っては軟弱で自壊する党あり、猿に迎合する党あり。♪♪あれも無惨、これも無惨♪♪
Rachmanが日本の無惨を活写しなくても、日本の真正のジャーナリストが一人くらいは勇気を奮って、あの猿軍団を激しく糾弾し告発し続けないものか?!自民党内に雌伏している少数の智的で健全な政治家をその言説を以って強力にサポートして欲しいのです。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月23日 (火) 11時43分

石破先生

お早うございます!!。
窓から見える青空に白い雲がぽっかり浮かび、見た目には秋の到来ながら連日36℃を越える猛暑日が続いています。
この残暑の最中、石破先生には大変ご多忙を極められ、お疲れ様でありあります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。

先ず、本日はわが国日本の核兵器使用禁止に
関する態度表明に大変不満と懸念を表するものであります。

先の平成12年にも核兵器を非合法化とする国際会議では日本は拒否表明を行い、松井広島市長はその理由を求めて強く抗議を行いました。又、今回スイスジュネーブにおいて開催されています国連核兵器禁止作業部会において、我が国の佐野軍縮大使は核兵器使用禁止の賛成、反対どちらも行わず多くの賛成がある中で、態度表明を棄権しました。大半の核保有国が参加しておらず、禁止に向けての準備が整っておらず、段階を踏んで行うべきであるというのがその理由のようであります。
更に先日、安倍総理はハリス米軍太平洋司令官との会談に際し、「核の先制不使用表明」は現在の北朝鮮を中心とした軍事的危機に対する米軍の抑止力とならない為、行わないようアメリカ側へ要請したと伝えられています。
安倍総理はこの発言はないものとして否定していますが、この事はマスコミにより詳細に
伝えられておらず真実はどうでしょか?

先の平成12年の核兵器非合法化宣言拒否と云い、今回の佐野軍縮大使による核兵器禁止への投票の棄権との流れから見れば、自ずと誰でもわが国政府の核兵器に対するスタンスが見えて来るというものです。更に安倍総理は化学兵器、生物兵器、小型の核兵器であれば憲法も否定していないと発言が漏れ聞こえています。
世界で唯一核被爆国でありながら、核兵器非合法化拒否、核兵器禁止への投票では棄権、そしてこの総理の核兵器先制不使用への反対をアメリカへの要請など、凡そ現在の平和憲法への挑戦とも思える安倍政権の危険度は計り知れないものがあります。
このあたりが東南アジアを中心とした諸外国から右傾化政権と云われる所以なのであります。
わが国の「持たず、造らず、持ち込ませず」の非核三原則は、まさに風前の灯状態であります。

核兵器の先制不使用禁止に反対という事は、核兵器の先制攻撃も容認する事ともなり、核兵器使用そのものが人道に対する罪であり、相手がどのような国であっても先制攻撃には全く正義はなく、世の終りでなのであります。そのような事態の出来(しゅったい)など想像出来ますでしょうか?

何故このような事がマスコミによって詳細に報道されないのでしょう?安倍総理の「核兵器先制不使用への反対とアメリカへの要請は向こうのアメリカから、安倍総理への懸念事項として伝わって来ているのです。
わが国の情報公開度は下から数えた方が早いと云われる程であり、政権によって情報が統制されているのでは?と危険さえ感ずるほどです。
このような安倍政権の状況下においての憲法改正論議はとてもではなく、国民の一人としては「断固反対」するものであります。

『真の独立国家とは軍事力の優位においてのみなされるものではなく、世界各国との信頼と協調と云う信義』も必要なのであります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年8月23日 (火) 13時54分

石破さんの「シン・ゴジラ」への言及を拝見致し、突然の此方からの投稿失礼致します。明日8/24(水)ニュース番組「モーニングCROSS」(朝7時~TOKYO MX1【地上波9ch】)にて田上嘉一弁護士が、『映画「シン・ゴジラ」にみる緊急事態法制について』お話しされる予定です。既に田上弁護士は、此方のテーマで寄稿もされその際、石破さんが以前2007.12.20( 出典 産経新聞)にも、映画ゴジラでの自衛隊出動の法的根拠に関しお話された記事についてふれていらっしゃいます。石破さんほどの方ですから、御多忙の極みかと存じますが、もし少しでも御興味がおありであれば是非御覧くださいませ。私個人の事情により、匿名性の高いニックネームでの投稿となりますこの御無礼を御詫び致すとともに、石破さんの御健勝と御多幸を心より祈念しております。

投稿: M.Okachan | 2016年8月23日 (火) 20時40分

【蓮舫 『ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思いました。』】

 この1行だけを見れば同居していた相手が不倫でもして同居を解消したような女性の会見のように見えます。しかし、これは政党の役員をしている国会議員の記者会見なのだ。
 23日に、民進党の代表選挙に立候補を予定している蓮舫氏の言葉である。日本外国特派員協会での記者会見であった。
 政治家は、政党の代表者を決めて活動を共にすることになるのだろうと思うが、「つまらない男」を担いで国会活動をしてきたという告白なのだろうか? 
 民進党は何を狙って、このつまらない男を代表にしていたのかよく解らない。今になって、文句を言う意味も解せないのであるが、わざわざ、外国人記者を集めて会見するほどの内容なのか? そこが問題になるような発言である。他にも、論拠も挙げないまま妄想だけで、民進党が「批判しかしない、政権の問題しか言わない政党だと言われているが、まったく違う」と云う自論を述べるくだりがある。全く違うというのは本人の感想でしかない。全く違うという判断になるような事例の提示がなかった。そして、民進党の評価というものは内部にいる当事者が決めることではないと思うが、彼女にはそれが理解できないのかもわかりませんね。つまらない男の下で政策論争もないまま1年半過ごしてきたのではないのか?
 党の最高責任者であるつまらない男は、対案を一度も掲げたことがなく、反対反対又反対でやり過ごしてきたことを承知している立場にあったはずである。
 参議院選挙のポスターにもあった『まず3分の2をとらせないこと』の意味を惚けて満足な説明もせずに逃亡した記者会見があった。あれに抗議を唱える議員や反論を起こす議員がいたのか? 自浄能力さえない政党だと見透かされているだけではないのか? 政権批判しかできない無能者集団と認めることから始めないと、健全な野党と認める国民はいないような気がしますね。
 
 話題作りだけは熱心なのは解る。早速、今上陛下のお言葉を採り上げ『国会で議論してこなかったことを「不作為」と述べ、自戒を込めて「非常に猛省しなければいけない」と語った。
 「超高齢化に対する制度は立法府で議論してきた。ただ、皇室においての超高齢化に制度として、どう対応していけばいいのかを考えてこなかったのは、立法府の不作為だ」と指摘した。』
 関心があるのは解る内容になっているが、国会議員としての反省と、その反省に立ったうえで何をどうするのかについての提言がない。やはりここでも独自の提案も出せないのが民進党の限界ではないのか? 立法府の怠慢があるなら、憲法の改正がないと反省をした事にはならないと思いますが、それについては述べることがない。
 民進党の姑息な一面がここに現れていますね。話題になるネタをかかげながら、踏み込んだ提案を避ける。憲法改正と云うような党内での議論が必要になるようなテーマだと解っていても、代表選で公約するとまでは言う事がない。それをすれば投票する人がいなくなると恐れているのだろう。国民は、民進党の本気が知りたいはずである。
 蓮舫氏が憲法改正を掲げ代表選に立候補すれば民進党の本気が伝わることになる。岡田をつまらない男と正直に評価する以上の効果が得られるはずである。
 
 これもまた皇室の政治利用という批判の材料にされる可能性もある。民進党は反日政党だと思われている。それは彼等が、皇室を政治的に利用する姿勢があからさま過ぎるからである。小沢一郎氏が、旧民主党にいたときにはっきりしたことでもある。あれからこの政党は反省をしたという話を聞かないので、不安がある。憲法改正のためだけに皇室を利用するという事があってはならない。憲法の全部が改正の対象になるという姿勢が必要である。それも、民進党は明確にする必要がある。いいとこ取りしか言わないのは旧民主党時代から問題があった。
 思い込みが激しいという問題もある。妄想で政治を語るという悪癖もある。永田メール事件のメンバーが今も平気な顔で説明をすることもないまま国会議員を続けていられるのはなぜなのか?
 東京電力の社長にメルトダウンという言葉を使うなという指示があったのかなかったのかについて、5年経っても認めようとしないのはなぜなのか?
 民進党は非常に重要な部分についての説明から逃げたままではないのか?
  
 蓮舫氏が、民進党の代表になれば、民進党の闇が晴れるのか? そこが大きな問題ですね。

投稿: 旗 | 2016年8月24日 (水) 00時31分

【蓮舫氏には説明責任があると思う件について】


 済んでしまった東京都知事選挙のことであるが、彼女が立候補するのではないかとの噂があった。
 しかし、否定するコメントがどこかのメデアにあっただけで、その理由は、よく解らない。
 今回の記者会見は、民進党の代表選挙があるという事で行われたのだという事である。東京都知事選挙に於ける民進党の対応がどうであったのかについて。東京の選挙区の議員として蓮舫氏にも責任があると思うのだが、残念なことに記者会見でその話がなかった。
 彼女はあの76歳の老人をどう見ていたのだろう?
 それと、岡田代表の行動とかも批判されるべき対応だと思うが、何も言わなかった。そして、これは野党連合をかけて戦った選挙であった。特に、民進党は参議院選挙からの共産党との共闘姿勢をどう見ているのかという事についての話もなかった。 岡田を指して、つまらない男という意味が、この共産党との共闘を意味するのであれば、それを言うべきタイミングがこれではないのか?
 或は、彼女もまた共産党との共闘があるべき姿というのであれば、それはそれで言葉に出すべきである。その時点で、民進党とは、どういう政党なのかを国民に理解してもらえることになる。
 旗手を鮮明にしろ! と云う事だ。民進党は岡田の代で滅んでいる。独裁政党を目指す民進党という事になる。

 大阪の自民党は、共産党と選挙協力をするほど愚かな人がいる、それが当たり前のようになっているのが民進党である。残念な政治家が蔓延しているのだろうか?

  野党連合とは大政翼賛会の政治である。そのことに気が付いた野党の政治家が一人もいなかった。残念なことです。

投稿: 旗 | 2016年8月24日 (水) 02時31分

    ≪宿題≫
引用【自分自身はなんらとるに足らない者であったにも拘らず、その時以来‥応援して下さった方‥中でも、鳥取県庁の関係者‥県西部地域の‥方々のご苦労は並大抵のものではなかったと思います】
仮の話です、僭越ながら、私がその奇特な方々の一人であり、私の墓前で、石破さんに【公務のためにご葬儀にもお通夜にも伺えなかったことを深くお詫び】されても、違和感が残りますね。
♪態々のお越しもお気遣いも有り難い。でもね、そんだけか?なにか大きな勘違いしとりゃあせんか♪と叫ぶと思います。♪どうせ詫びてくれるなら、もっと大きい宿題があるじゃろ♪と。
改めて読み返された「昭和16年夏の敗戦」も「山本五十六」「井上成美」「米内光政」も、その中心主題は、「健全なご仁が国家のトップに立たないと、また(今日的に言えば)愚かなボスを担いでいては、真摯で誠実で高い志は裏切られ、反故にされ失意の底に沈められる」にあるのだと思います。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月24日 (水) 10時34分

石破先生

お早うございます!!。
昨日、8月23日の小生の記述に誤りがありました。お詫びを申し上げ,訂正させて頂きます。

『先の平成12年』にも核兵器を非合法化とする国際会議では日本は拒否表明を行い、松井広島市長はその理由を求めて強く抗議を行いました。

正しくは
『先の2012年』にも云々・・・」であります。お詫びして訂正させて頂きます。
尚、文中同じ誤りがあります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年8月24日 (水) 12時04分

総理がリオでマリオで次期オリンピィクPRしている時、米国は型の違う爆撃機を飛ばしF35Bの配備も早く導入する事を発表し暗に中国を牽制していたが本来は日本がやらなければいけない仕事だ。勿論、日本も防衛費増額だけでなく、ヘリ空母だけでなくミサイル配備も急いでいて漸く米国がなぜ日本は防衛費を削減するのかという非難が聞こえなくなって来る様になった次第だ。日本のギリギリの所で踏み止まった感じだが選挙に惨敗したり政権下野したら本当に大変な事になる所だった。さすがの国民もそこ迄平和ボケしていないのか、様々な声が反映し出して来たのだろう。周りの人達も民主党政権下とは全く違った意見の人達が増えて声高に共産、社民を押す人が隠れる始末だ。高江ヘリパットでの抵抗や吉永小百合を使い同情を煽る程度しか出来ないし、民進代表選も全く興味無しの無策集団で何がしたいのか、共産と共闘しても取り込まれるばっかりで何の得にもならないのにどうする事も出来ない蟻地獄状態に陥っている。とは言え、無能集団でいてくれたおかげであの苦しい捻れ政権や法案の通らない国会に戻らなくて良いのは幸いだ。230隻以上の中国船と公船や武装船に民兵をのせて威嚇行為だけでなく、実際に上陸も近いのではと思わせる事もあったが公船が中国人を助けず、見捨てたという事は領海での活動ではないという事を白日の下に晒した様な物だ。そう実行支配は日本がしていて、沈没した中国人を助けたのも海保であり、自衛隊が出て行くには少し猶予があるという事だ。そして中国の人民代選が控える中、習も必ず実績をアピールする為に何らかの行動を起すだろう。そして最悪の場合、尖閣中国人上陸し中国国旗を掲げ、国際社会に放映するという物だろう。日本は奪還作戦を想定しているが防諜戦に長けている中国は衝突を嫌う日本の隙を狙い、世界の世論を自らの方へ持っていこうとする。つまり中国の領土を奪いに来る日本という宣伝を世界中にばら撒くだろう。その為の中国大量漁船の領海侵犯の効果があるという物だ。兎に角、日本は尖閣に誰も上陸させない事だ。そうでなければ、日本の領土を示す国旗や建造物を建て日本の領土と主張することだ。しかしどの政治家も腰が引けているのは言うまでも無い。

投稿: 忍者 | 2016年8月24日 (水) 17時24分

 国政選挙における一票の格差是正により合区対象となった県では「地方の声が届かなくなる」と主張し、鳥取県などが該当したわけであるが、ではその「地方の声」とは一体何なのだろうか?という素朴な疑問が沸いてくる。
 例えば、山陰地方には5つの空港があるが、どれだけの人が知っているだろうか。鳥取県は鳥取砂丘コナン空港と米子鬼太郎空港、島根県は出雲縁結び空港と萩・石見空港、そして兵庫県のコウノトリ但馬空港である。いずれも羽田からの直行便あるいは乗継便が飛んでいる。石破さんが言うように鳥取・島根両県は端から端まで東京・名古屋間に匹敵するほどの距離があるが、東京名古屋間に5つもの空港はない。
 つまり、折角交通インフラを整備しても「地方の声が届かない」という不満を述べるならば、それは「私たちにはこれらを生かす知恵がない」と言っているに等しいと思うのである。知恵がないから、今度は「山陰新幹線を作ろう」と主張し、その先頭に立っているのが山陰新幹線を実現する国会議員の会会長の石破茂議員であるが、知恵がない人が何人集まっても知恵は生まれないのであるから、私は山陰新幹線を作って山陰地方が発展すると考えるのは幻想だと思うのである。
 「解決策がわからないのではない。問題がわかっていないのだ」という名言があるが、その通りだと私は思う。

投稿: コナン | 2016年8月24日 (水) 20時10分

マルケスの人口論だけでなく、人口が国に与える影響は思っているより大きい。石波氏の演説で人口の推移が数年後、どう減る、数十年後半減するという事が言われていたが今現在では出生率は少し上がっているが安心出来るレベルではない。人口の推移がどうなっていたかというのがその国の状態を表す事が多いので人口が増えた韓国で日本統治下での虐殺や強制労働等問題の信憑性がイマイチなのは人口が増加し、教育水準だけでなく、所得水準も上がった点にある。つまり日本が植民地化して搾取したという論拠が崩れるだけでなく、南北朝鮮だけでなく、台湾や他の東南アジア所得でもその様な傾向や独立、又は教育水準の上昇が見れれば中韓の言う主張を根底から覆す事になるからである。これだけを研究するだけで本が書けそうな気がするが専門家に任せよう。そして人口統計上では中国の国力も今がピークでこれから一人っ子政策の弊害が2030年を境に出てくる様だ。それが正しいかは別にして中国も今迄の強気姿勢を修正せざるを得ない時が必ず来る。ここで問題なのが日本の人口だが欧米を見ると国力=人口が多いではない。つまり日本より半分の人口でも能力開発をしっかりやれば国力を維持出来るという物だが楽観過ぎる見解だろうか?とは言え、アジア人は欧米人に比べて保守的な傾向が強いし、リスクテイクが少ないのはそれだけ、危険回避能力が高いが故に、リスクも少数の人しか取らないという結果が出ている。そしてそれが共産国家になるともっと少ないという事だ。それは将来の発展の障害になり、欧米との比較が成り立たない事を意味する。という事はもっと人口が必要でその中から優秀な人が育つ事を意味している。そうなると日本の国力を維持するにはどの位人口が必要と算出出来るのだろう。しかし人口を増やすには女性に賛同を得てアリストファネスの戦争反対性の拒否という構図を乗り越えないといけない。社民党が仁王立ちに9条堅持し、戦争反対、女性差別反対、保守家族制度反対を訴えをどう覆すかが人口を増やす鍵になるだろう。

投稿: 永劫回帰 | 2016年8月24日 (水) 21時05分

【NHKを解体しよう】

 子供の貧困を採り上げるニュースがあったのだそうだ。その内容を巡ってネットで炎上を続けている。
「捏造だ!」 「またヤラセか?」「公共の電波で嘘の垂れ流しをしている。」「ところで、あの耳が聞こえるのが解った自称耳が聞こえない作曲家を持ち上げてきた例の事件と変わらんことをまたやってるね」
「年収1800万円の人から見れば、周囲は貧困やで、しゃあないわ」

 このような反応があるようだがNHKは何を考えているのか解らない。公共の電波を使って異様なニュースを流したと思われているようだ。政治的な意図がある番組なのだろうか?

 あの作曲家の件はNHKが謝罪をしたという話を聞いたことがない。他にもヤラセ番組の度が過ぎてほぼ強制的に廃番に追い詰められた『クローズアップ現代』とかの件についても国民に謝罪をしたという事もない。
 彼等は謝罪ができない人々なのである。台湾の人々を怒らせた番組もあった。国民の怒りを買う番組はかなりの数になっているのではないか? しかし、未だに謝罪をしたことがない。
 衛星はやぶさの帰還中継をするチャンスがあったのに、完全無視をやり、そのことで国民から怒りをぶつけられても謝罪をしたことがない。
 彼等は一貫した姿勢を崩すことがない。国民の怒りを買う事が楽しいのではないかと思ってしまう。反日こそが事業理念なのだろう。国民から金を搾取して、国民の嫌がる番組を作り或は国民の希望する企画を無視する。それが彼等の生きがいになっているのだろう。そして超高給取りの生活を追求する。職員の平均年収が1800万円だ。国民から分捕る受信料の賜である。彼等を増長させてきたものは何かについて。国民は深く反省し、彼等の組織を解体して新たに気象報道だけの番組しか発信することがない放送局を作るべきである。
 そうすれば受信料も現行の10%未満ほどで済むような体制ができるのではないか?
 新しい社屋も必要ない。NHKは、その使命を根本から変えるべきである。

  簡単に言えば、今あるNHKは潰してほしい。必要ない。そういう事だ。存在そのものが不快である。

投稿: 旗 | 2016年8月24日 (水) 23時34分

防衛大臣も歴任した石破茂氏が映画「シン・ゴジラ」に対し「ゴジラの襲来に対して自衛隊に防衛出動が下令されるのか、どうにも理解が出来ませんでした」とお伺いしました。


その理由は防衛出動の要件、「国または国に準ずる組織による我が国に対する急迫不正の武力攻撃」の「国または国に準ずる組織」にゴジラが該当しないからだそうですね。


しかし、これを現実の世界に置き換えたみると、もし、仮に日本が正体不明の敵から攻撃を受けたとしても「国または国に準ずる組織」と確認が取れない限り防衛出動命が下令されないということになってしまいます。

今のご時世、敵が丁寧に宣戦布告や犯行声明を出してくれるとは限らないのにそんな悠長なことでいいのでしょうか?


石破氏の言う「治安出動」で万全の対処が可能なら問題は無いのですが、どうみても「我が国に対する急迫不正の武力攻撃」なのに「国または国に準ずる組織」の確認がとれないというだけで万全の備えがなされず、安全対策が後手にまわってしまっては本当に馬鹿げています。


また、映画の中で官房長官が「早く国民を安心させるべきです」と総理に進言するシーンがありましたが、もし現実世界で正体不明の敵が「我が国に対する急迫不正の武力攻撃」を加えてきた場合、多くの国民が不安に感じているはずです。そんな時に「治安出動」を出すよりも、より強い「防衛出動」を出して国民を少しでも安心させることの方が大切ではないでしょうか。


残念ながら石破氏は法律運用の細かい所を気にしずぎて、国民の命を守り不安を取り除くという観点が欠けています。


もっと言えば「シン・ゴジラ」という映画は防衛出動がどうのとか治安出動がどうのというレベルの話ではありません。問われているのは日本の危機管理能力そのものです。


映画の中でもゴジラに対して自衛隊を出動させる法的根拠は何かと議論される場面で、「そんなこと言っている場合か!どうみても自衛隊しか対処できないだろう」というシーンがあります。ゴジラ第二形態が東京に現れて海に帰るまで約2時間、議論をしている間にも多くの被害が出たことでしょう。


これは現実の日本においても同じことが言えます。くだらない議論で僅かでも対応が遅れることは許されません。


しかし、現行法のままで本当に有事に対応できるのでしょうか?


例えば、防衛出動と言っても現状のままでは交戦規程が曖昧で運用に不安があります。航空自衛隊の領空侵犯措置も事実上、こちらが撃墜されなければ対抗手段がとれません。


現在の日本のシステムのままで本当に大丈夫なのか?


不備があるとすれば憲法なのか、自衛隊法なのか?行政なのか?国民の意識なのか?
ゴジラをただの怪獣映画と笑うのは簡単です。

しかし、ゴジラ級の国難が来る可能性が0%ではない限り、備えだけは万全にしなければなりません。

投稿: 水沼宏隆 | 2016年8月25日 (木) 00時47分

【ななつ星】

 JR九州のななつ星が、第1回日本サービス大賞を受賞していたそうだ。ここのブロクでは3月頃ななつ星の話題で盛り上がっていたことを思い出しますね。
 日本サービス大賞は経済産業省が主催の我が国国内のサービスを広く顕彰する制度として、今年から設けられたのだそうだ。6月にその授賞式があったと書いてある。メデアで報道があったのかどうかも知らなかったのですが、ななつ星はその大賞を受賞するのに相応しい内容を備えていると思います。
 最初の第1回目にななつ星を選んだことで、来年以降の選考は、かなりしんどいものになるかもわかりませんね。これと比べて遜色のないサービスがあるのだろうか?

 まあ、それはともかく、これは、鉄道を愛する者にとって喜ばしいものです。
 ヤフーの8月18日付けのコラム記事に『ななつ星の乗客はなぜ出発前から泣いてしまうのか』という一文があり、その中に日本サービス大賞の話が出ていたので知ることが出来ました。ななつ星の乗客は出発前から泣いているのだそうだ。感激するにもほどがある。もう少し冷静であって然るべきだ。申し込んでも当たらない人々にとっては、羨ましい涙である。

 それはともかく、サービスの形について、考えるという事が我が国の産業の中心にありますね。そういう方向性が定着しているという事だろうと思います。
 こういう処にも、平和な世の中が続いていくという前提がないと、このようなサービスが続くこともありません。平和の尊さを忘れてはいけませんね。
 

投稿: 旗 | 2016年8月25日 (木) 01時31分

災害情報をFMで発信してはどうか。高校の教科書ですけど、無償で提供してはどうか。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年8月25日 (木) 07時45分

3K【空売りファンドが遂に日本初上陸 http://goo.gl/ePlAUh 】
今はこの空売りの狙い目は日本株になっているが、狙い目の基準は、「歪みの全て、IntegrityやAccountabilityが欠落した市場商品の全て」だから、全ての規律が欠落した日本国債に向かわない道理はない。
目端の利く有能な市場関係者には、今は♪わかっちゃいるけど いえないの~♪だけだろう。時機が未だ満ちていないと云う事情もある。この種の手法は「秘を以って善と成す」と云うTradeOffが避けられない。急いではいけない、大漁は寝て待て、未だはもうなりと。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月25日 (木) 13時37分

日経-丹羽宇一郎さん【AMEGOISM http://goo.gl/TcXHr6 】
「Onedarism」の項を参照。「雨乞い」には数百メーターの視野の長さが要るが、「お強請り」なら1-2メーターで済む。
それにしても、丹羽さんも見るからに歳を重ねておられますねえ、
‥複雑で様々な余韻‥

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月25日 (木) 18時34分

【訳が分からない殺人事件が起きていた】

 埼玉県東松山市の河川敷で発見された16歳の少年の遺体は、殺人事件の被害に遭ったという報道があり、彼を殺した加害者もまた少年であることが判明している。まあ、普通に付き合いがあった少年同士のトラブルが原因となった事件かなと思うのですが、報道された記事を読んで訳が分かりませんね。
 日テレの報道では
 『埼玉県東松山市の河川敷で、16歳の少年の遺体が見つかった事件で、知人の16歳の少年が殺人の疑いで逮捕された。2人は、今月に知り合ってから、行動を共にするようになったという。』
『井上さん(殺害された少年)の友人によると、井上さんと逮捕された少年は、別の少年を通じて、今月17日に知り合ったという。この別の少年と逮捕された少年は、地元の同じ不良グループに入っていた。』

 つまり、8月17日に知り合って、8月22日から23日の午前中のうちに殺害され、8月23日午後8時15分ころ、偶然、河川敷を通りがかった男性が、下半身などが埋まった状態の遺体を見つけたことで発覚した事件と云う事です。知り合って1週間もたたないうちに殺害されているわけですね。この犯行には共犯もいるようで、25日には犯行に加担した別の少年が4名新たに逮捕されているようです。主犯の個性が、この犯罪の大きな問題なのかもわかりませんが、他人を支配するという欲求が強いのかもわかりませんね。不良グループの存在が、この犯罪の原因なのかもわかりません。街のチンピラという事のようですが、彼等なりの上下関係をはっきりさせた組織という意識があって、そこでの『支配』が犯行の動機になっているようにも見えます。暴力で支配するという事なのだろうと思いますね。そして、その暴力の加減を誤ったのかもわかりません。

 おそらく主犯の少年のコメントが、近い内に記事になって『殺すつもりはなかった』という言葉が出てくるのではないかと思われますね。
 知り合って短期間で殺される環境がそこにある。地域社会の問題と見るのかどうかですね。川崎であった13歳の少年が殺された事件も同じような背景を見るようです。
 ボスになりたいだけの頭の悪い愚か者とリーダーになる人の違いは、非常に大きな開きがあります。
 シナ帝国の歴史にはこの様な不良グループの中から、シナ帝国の皇帝が誕生することもあるので、一概に不良グループが愚か者の溜り場と決めつけることにはならない気もします。しかし、その資質に天と地ほどの大きな違いがあるのだろう。
 この主犯の少年は『東松山署は親に付き添われて出頭してきた少年から事情を聴いていましたが、容疑が固まったとして殺人容疑で逮捕したということです。』とあるように逃げずに自首している。そのことから、暴力の加減を誤ったという事に気が付いていたのではないかと推測しますね。そして、加害者の親は『少年法』が守ってくれると思ったのではないかと推測しますね。

 暴力で支配する不良グループは、やがて暴力団になるか? 過激派のテロ集団になるか?
 暴力が、その集団の根っこにある。日本赤軍や日本共産党なども、創成期はこのような形であったと思われますね。暴力で始まる組織の恐ろしさの原型がこの事件にあるように思います。
 独裁で何事も決定する組織は、基本がこれですね。人権など考えることがない。シナ共産党や朝鮮労働党が人権に関心がないのも、創成期以来の伝統である。政治犯収容所や臓器密売が横行した背景になっている。その基本中の基本が暴力による支配なのだと思いますね。人間はそういう支配から決別しないといけませんね。

 

投稿: 旗 | 2016年8月26日 (金) 05時35分

  ≪茹で蛙≫
Forbes:World's Most Innovative Companies http://goo.gl/4ajApg 
呆れはしても、今更何の驚きはない。経済大国の日本の企業トップは17位の楽天。古く旧い大企業のお友達集団である経団連を、嫌い、脱退し、創設した新経済連盟の中核企業である。
逆の意味で、経団連系企業は呆れもしないし驚きもないだろう。狭く暗い井の中の罔い蛙、加えて茹で蛙だからね。AnimalSpiritsを除いて経営資源の全てを分厚く在庫しているのに、経営トップが大きな個室と多くの秘書に囲まれて≪経営事務≫に明け暮れているからね。
経済が停滞するのも、デフレの泥沼に塗れたままなのも、国民に低所得者や貧困層が増え続けるのも、財政危機が緩和されるどころかますます泥沼に沈み込むのも、当たり前ですよね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月26日 (金) 08時10分

    ≪貴方たち≫
東京新聞:【沖縄振興140億円減 http://goo.gl/umhIWw 】
酷いですねえ。露骨ですねえ。卑やしい(卑怯卑劣卑屈)ですねえ。
あれだけ様々な顔が口を揃えて3千億円の維持を仄めかしていたのにねえ。これが智慧のない、愛のない安倍猿軍団の喧嘩の手口なんですよ。逆らう者に問答無用!と札束で引っ叩き捻じ伏せる「強姦スタイル」。
次の犠牲者は「貴方たち」だよ。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月26日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64082341

この記事へのトラックバック一覧です: お初盆ご挨拶など:

« お盆など | トップページ | 大田市場・二十世紀梨セレモニー »