« 大田市場・二十世紀梨セレモニー | トップページ | 城崎温泉、養父市特区など »

2016年8月26日 (金)

シン・ゴジラなど

 石破 茂です。

 現在ヒット中の映画「シン・ゴジラ」についてのコメントを求める取材がここのところやたらと多くて、やや困惑しています。先回の当欄で「いかに圧倒的な破壊力を持つゴジラとはいえ、あくまでも天変地異的な現象に対して、国または国に準ずる組織を対象とする防衛出動が自衛隊に下令されることには違和感を覚える」と書いただけなのですが、これがこんなに反響を呼ぶとは思いませんでした。
「お前はそんなことばかり考えているのか!」というお叱りには恐れ入るばかりですが、勿論私も朝から晩までゴジラへの対応を考えているほど暇ではありません。しかし、このような極限事例について考えることは、一般的な法律の思考回路を錬成する意味において有意義なものだと思っています。自衛権の行使である「武力の行使」と警察権の行使である「武器の使用」とは明確に異なります。「警察比例の原則」が厳格に適用される警察権の行使である限り、戦車や戦闘機や護衛艦が強力な火器を使ってもそれは「武器の使用」なのであり、対象が自然現象で、自衛隊が災害派遣においてこれを除去するのに用いられる限り「道具の使用」(法的に確立された用語ではありませんが)として評価されると考えています。

 何だか理屈をこねくり回しているようで恐縮ですが、防衛法の基本が理解されないままに国会で防衛法制議論が重ねられていることにはかねてから強い危機感を感じていますし、自衛隊の行動と権限を定める自衛隊法が出来ることのみを列挙したポジティブ・リストであるだけにその思いはなおさら強いのです。
 ゴジラ襲来よりも可能性が高いのは北朝鮮のミサイル発射であり、外国等による領土・領海・領空侵犯でしょう。領土や領海の侵犯に対しては警察や海上保安庁が対応し、能力的に不足する場合には自衛隊が治安出動や海上警備行動で警察権の行使として対応する、という現在の法制は本当にこれで万全なのでしょうか。侵されているのが国家主権で、侵している主体が外国勢力の場合には自衛権で対応するのが国際的な常識のはずです。それでも領土や領海侵犯に対しては警察や海上保安庁が一義的に対応しますが、領空侵犯の場合は「航空警察」「航空保安庁」が存在しないため、いきなり航空自衛隊が自衛隊法の「領空侵犯措置」で対応することになります。これも警察権の行使として整理されていますが、本当にこれで十分な抑止力が働くのか、早急な検証と法整備が必要と考えています。

 グレーゾーン法制とこれに関連する法整備が安保・平和法制でもほとんど等閑視されてしまった背景には、防衛法制に対する理解不足・無関心と、またこれを議論すること自体を批判し、揶揄する雰囲気があると思われます。昭和53年に「いざとなったら超法規」ということを戒め、有事法制整備の必要性を訴えて金丸信防衛庁長官に解任された栗栖弘臣統合幕僚会議議長(故人)の時代と本質的にはあまり変わっていないのかもしれません。
 この問題につき中川八洋・筑波大名誉教授は「領域侵犯」と題する論文(平成11年・日本政治文化研究所研究紀要)で精緻な論考の中にもほとんど罵倒に近い言葉で政府の姿勢を論難しておられますが、久々にこれを読み返してみて、教授独特の過激な表現はともかくとしてそのお気持ちがわからないでもありません。
 中国船の尖閣海域における行動、北朝鮮の潜水艦発射型ミサイルの発射など、不穏な情勢が常態化・顕在化しつつあります。「ああ、またか」と日本国民の反応が鈍くなってしまうことが一番恐ろしいことであり、更なる努力の必要性を痛感している昨今です。

 週末は本日26日夕刻に地元へ帰って二つの祝賀会に出席した後、翌27日土曜日朝に一旦帰京、自民党千葉市連合支部平成28年度総会で講演(11時・京成ホテル)、城崎温泉観光関係の方々との懇談(19時半・兵庫県豊岡市)、28日日曜日は「長野すけなりの政界キーパーソンに聞く」出演(午前8時45分・ラジオ日本系・収録)、養父市国家戦略特区関係者との懇談ならびに視察(午前10時~午後1時・やぶファーム・やぶの農家・山陽アムナック・古民家『大屋大杉』等)、谷公一衆議院議員時局講演会で講演(午後2時・ホテルKOSHIO・豊岡市)という日程です。閣僚在任中から入っていた予定もあり、変更も出来ず、相変わらずあまり余裕のない日々が続いております。

 来週後半はもう9月なのですね。随分と以前にも書きましたが、夏の終わりになると昭和47年に38歳で早逝した芥川賞作家・柏原兵三の「夏休みの絵」、これを短編化した「短い夏」を読み返したくなりますし、大島渚監督の映画「夏の妹」(栗田ひろみ主演・昭和47年・日本ATG配給)も見てみたくなります。いささか懐古趣味的ですが。
 鳥取県名産の20世紀梨が店頭に並ぶ頃ともなりました。昨日朝、太田市場での販促セレモニーにも出席してきたのですが、我々鳥取に育った者は、梨といえば豊水や幸水などの甘い赤梨よりも、爽やかな酸味があり、見た目も美しい青梨の20世紀梨を思い浮かべます。今年の出来はとても良いようですので、是非ご賞味くださいませ。
 残暑厳しき折、皆様お元気でお過ごしください。


|

« 大田市場・二十世紀梨セレモニー | トップページ | 城崎温泉、養父市特区など »

コメント

でも、こうゆう非常事態に対する動きはある程度明確にしておく必要ないですか?
社◎党の更年期おばさんは、何時までも、どこまでいっても「話合い、話し合い」。
今や、ボタン、ポチッの時代です。悠長な事言ってられません。ある程度の有事の想定はやっていいのではないでしょうか

お隣、鬼太郎の街のベタ踏み坂のふもとの住人より

投稿: kadkad3 | 2016年8月26日 (金) 19時34分

お疲れさまです~

投稿: mr | 2016年8月26日 (金) 19時54分

これ以上税金の無駄図解をするようならBIの導入を検討すべきです。

投稿: 伊藤芳朗 | 2016年8月26日 (金) 20時50分

避難所生活ですけど、学校給食を提供してはどうか。不妊治療に休暇制度を設けた方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年8月26日 (金) 21時21分

石破閣下

お疲れ様です。
「シン・ゴジラ」発言は閣下独特な言い回しと理解されるべきと存じます。くどいのが特徴のモデラーらしくもう少し意見を表明させてください。警察法71条の緊急事態において警察力では解決できない事態の発生にさいし、行使される国権のあり方として最終的形態が「国家緊急権」ですが(治安出動・防衛出動・戒厳など)わが国に実効性のある法令の整備など皆無に等しく専門家はおかしなことに話題を避けているように思えます。「超法規的措置」は日本国以外の地で行使するものだったような気が・・それが根拠に国内活動としての「防衛出動」・・(え)・「東京」て外国なの・・てな映画に対する「ユーモア」として閣下の発言なのに・・・あきれるのも道理と理解しています。(思い込みでしたらすみません)法令の及ぶ範囲・管轄権が施政下において効力を持つので、国内法の管轄権外の地において行使されうる強制力は特別な法令となります。かつて中立地帯法という法令が日本にもあり、諸外国では国境警備隊がその法令の実施者ですが、戦前日本では陸・海軍がその任務を兼務していました。今の日本にはそれさえありません。法令の援用により緊急避難措置で各種危険任務をさばいているのが実態です。いかにも危険極まりない法整備状態といえるでしょう。見方を変えて、自衛隊はわが国にだけに存在する自衛隊という「軍隊」と理解してはどうでしょうか。あるアメリカの政治スポークスマンが世界の警察が米軍なら世界の憲兵が自衛隊だと言ったとか言わなかったとか、全軍が警察権を行使する「敵」ではなく「戦争犯罪」を相手にする国際武装警察だ!ぐらいの超飛躍した内容の映画をだれか製作すればもっと楽しくツッコミを入れられるのに・・
 話は変わりますが、広島・長崎・福島原子力発電所という3度の核危機を克服した我が国民には恐れるものなどあるのでしょうか。核の後遺症は長く苦しく続くものですが挫折するようなヤワな国民ではありません。もっと自信を持ち明るい未来に向け確実な生き方こそ日本国民に相応しいと信じます。郷里三河は戦国武士の意気があり、長岡藩藩主牧野氏は三河武士で山本五十六を生み出しています。(私自身は海軍嫌いですが)朝廷にたいする忠義のためなぜか官軍との戦いを選んだことを知る人は今は知らず、人知れず忠義を尽くす国民を屈服させることなどなん人にも不可能です。閣下は指導者を支えるのが向いていると良く発言されますが、そのような人にはさらに同じような忠義の人が集まります。「石破軍団」のますますの精強化をうれしく思います。誤字・乱文おゆるしください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年8月26日 (金) 21時38分

シンゴジラもカエルの楽園も読んでいませんがラジオ番組での危機に対しても行動出来ない政治家を批判している様でその政治家の発言に嵌ってしまったと言うのが趣旨の様だ。しかし本当の脅威や危機に直面すると逆に発言をしないのが政治家であり、どうでも良い事を騒ぐの政治家であると言う事実は信頼するに値する。当たり障りの無い文言を繰り返すというのが本当の危機に対する発言で政治家は多分、ここで失態を演じる訳にもいかない為に慎重になるのだろう。嘗て日本赤軍のテロに身代金を払い、生命は地球より重いと尤もらしい事を発言して国際社会から相当な非難を浴びた。中国船が海保に体当たりした仙石元官房長官も自衛隊を暴力装置と発言して鬼の首を取ったりとドヤ顔をしたが歴史に残る大失態発言を残してくれた。たしかに自民党が連発続きで辞任して行き、そのドミノ状態を止める為にタイミングこそ良かったが記者ごときを相手にあなたと違うんですとムキになった福田元総理も中国の嫌がる事は言わないと気味の悪い発言を残した。しかし石波氏の発言はこれ等には全く及ばない。ゴジラに踏み潰される訳も無く、その辺は無難に対処している。イデオンというアニメでは武器を使う物同士、互いに滅びるという悲しい結末だが、地球を救う為に太陽に突っ込んで犠牲になるアトムも悲しい結末だ。そしてゴジラという虚構の中での現実を描き、現実の中でのゴジラの様な理屈の通用しない国が相手になった時、お互いに滅びるのか、世界の為に犠牲になるのか、それともお互いに生き延びる道を探るのかが政治家の本当の仕事だろう。どの道を選ぶかは政治家の知恵にかかっている。

投稿: 忍者 | 2016年8月26日 (金) 22時13分

   あ~またかと慣れてしまう事の方が怖いというのは本当だし、常態化しているという事は相手の国民への刷り込みが効いているという事だ。そしてそのさいたる発言が山本議員の竹島位あげれば良いじゃないですか、とかヤク何とかさんが国何かどこが統治しようと構わない漫画さえ書ければそれでいいという無責任な物だ。こんな発言をする日本人が戦争で日本を必至に守ろうとして死んだ者達の孫達だと思うと情けない!こんなやつ等がノウノウと発言し成功を収め、批判している国が日本だから出来ると言うのにその感謝も無い。こんな馬鹿な発言をするからシリアの記者に日本に言論の自由があり、だからあんたの様な人が発言出来る、もし総理が独裁者ならあなたは処刑され、家族は独房に入れられ姿を消すだろう。北朝鮮や中国に行って批判して来い!日中友好連盟の理事でさえ逮捕!大した理由も無く拘束されている。批判=逮捕!そして北朝鮮でキム書記長を批判し居眠りしたチャンソンテクは処刑だ!批判=処刑!これが独裁国家の現実であり、批判しても記者会見し禿ても髪が生えて来る程優しくは無い。

投稿: 忍者 | 2016年8月26日 (金) 22時33分

20世紀梨は本当に美味しいですね💕
毎年この季節を楽しみにしています。
鳥取県にまだ行ったことがないのが残念です。
できれば移住してみたいです。
石破先生に会えるかもしれない🐤


投稿: キイロイトリ | 2016年8月26日 (金) 22時49分

◇◆最新兵器技術研究開発◆◇
北鮮と漢族の核脅威への対抗処置、特にミサイル防衛が
急務の日本です。そんな中、最近よく近未来的兵器の報
道があります。例えば、レールガンやイスラエルの自動
運転装甲車などがあります。(圧倒的科学力で、数的優位
な周辺に負けないイスラエルは、見習うべきです。)現状
の日本は、核武装か前述のようなパラダイムシフト的最
新兵器の研究開発が、その運命の臨界的重要性を持ちま
す。現実的には、後者が妥当です。例えば、以下のエネ
ルギビーム兵器としてのレーザーが考慮されるべきです。

レーザー兵器実用化に必要な課題として、以下のものが
ある。
1) 大気中伝播中の減衰拡散抑制
この分野では、天体観測望遠鏡技術である適応制御光学
が必須。

2) エネルギーの高出力ビームへの変換
世界最高出力レーザーはLawrence Livermoreのもので、
レーザー核融合が目的であり、数十億分の一秒で500TWの
出力がある。(全米消費電力の平均は1TW)これを反射衛星
で照準制御すれば、地表のあらゆる場所が攻撃可能な強
力な兵器になる。重力波検出可能な超高度のアメリカの
技術ならば可能。

3) ビームの持続時間維持

4) 小型化
小型軽量化されれば小銃に取って代わる。100KWレーザー
が実用可能。(10KWでも十分)

現状:
1) THEL(戦術高エネルギーレーザー)
アメリカとイスラエル共同開発の対飛翔体迎撃用で、実
験段階では成功。10Km以内なら撃墜可能。ミサイルに比
べ低コスト。

2) YAL-1
航空機用レーザーで、軽量なので従来の機関砲に取って
代わる可能性あり。ミサイル迎撃可能。

日本にもLawrence Livermore、Los Alamosのように内部
に軍事技術研究部門を持つ研究機関および大学(教育も含
めた)が必要です。特に、Los Alamosの規模とレベルには
畏怖の念を抱かざるを得ません。また、理数科教育の重
要性も認識すべきです。

投稿: 観測者 | 2016年8月26日 (金) 23時58分

農協による韓国産の肥料購入に小泉氏と石破氏が関与しているというTwitterをみました。
食材はできるだけ国産の物を選び購入していますが、肥料まで記載しているスーパーはありません。
食材について政治家より一般人のほうがナーバスです。
日常の不安材料を増やさないで欲しいです。
安いからという理由だそうですが、多少高くても外国の土水空気で育った物を避けたい人の選択の自由を奪わないでください。

投稿: いふし | 2016年8月27日 (土) 00時07分

石破閣下

お疲れ様です。
先ほどのコメントに瑕疵がありましたので訂正させてください。「超法規的措置」はテロ活動等に対して発動する法令で、国外・国内にまたがる措置でも発動します。ゴジラをテロと判断しての映画内の言質として「ナンセンスユーモア」と理解すべきでした。法令としての根拠法の無い適応基準が難しく私自身理解できていませんでした。不勉強をお詫びして訂正いたします。誤字・乱文お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年8月27日 (土) 09時15分

小学校4年から6年を対象に、放課後クラブを実施してはどうか。小学校の校庭と保育園と幼稚園の園庭を毎日午後6時迄開放してはどうか。組体操を全面的に廃止にするのは、反対だ。高さ制限を設ける等して、対策を図った方がいいと思う。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年8月27日 (土) 10時13分

岸田外務大臣は日本国民のために何かしたか?
長くダラダラと何度も同じ問題を日中韓会談するだけで、時間と税金を使っているだけで日本国民の実利になることをしましたか?

水月会は、岸田外務大臣の行動をどう評価しますか?もし、自分が外務大臣なら日本国民の利益のためどう行動をするかを考えたとき、安部政権と違いはありますか?違いがあるなら日本国民のために主張、進言すべきとおもいませんでしたか?
「安部政権だから何も言わないが、水月会が絡んだ政権なら言う」とのスタンスですか?その場合は他と変わらない自己保身政治家であり「日本のために政治家になった」のではなく派閥の利益のための政治活動をする今までの自民党組織の一つに過ぎないと思われても仕方がありません。

軍艦島のありもしない朝鮮人強制労働を事実認定した外務省に何か言いましたか?
慰安婦問題で更なる日本国民血税の支出決定した安部政権に納得したのですか?

本来は大使館周辺でのデモや嫌がらせは、韓国政府が黙認してきたが失礼きわまりない国際違反であり、慰安婦像撤去をさせない韓国国民は世界で「国際法を理解せず、別の方法で訴えることを考えない愚民」「国際違反をしながら私は悪くないと被害者ぶる慰安婦像の悲劇」と題して、今での経緯と根拠、他国に対して同じことをやったらどうなるのかを政治家がネットにあげる最低の行動もしない。
日韓会談で日本国民、韓国国民にむけて日本外務大臣が「いい加減日本大使館前で行われている国際違反を止めるよう言っているが、韓国政府は韓国国民が日本に対して国際違反を続けることが韓国国民の愛国であるとしてるので政府は黙認せざるを得ないと言うばかり」「韓国政府は韓国国民の総意なら国際違反を支持する立場。今まで努力すると言いながら言い訳ばかりで国際違反を直ちに止める行動を一度もしてこなかった。確かに今までも日韓基本条約でも慰安婦問題での蒸し返しする国だ。安保理を無視し、都合が悪くなると支援を求める北朝鮮と同じ民族であることを思い出させる」とマスコミで報道すればよいこと。簡単な事なのに今までしてこなかったのは「日本国民のためでなく韓国のために自民党が政治をしてきたから」です。世耕議員はサラッと竹島について物足りない内容をネット配信した後、深く韓国の嘘や非道を世界に訴えるかと思いきや次の一手はなかった。自民党議員はあれで日本国民が満足したとの考えでしたか。

中国韓国北朝鮮とかかわらないで下さい。最低限の関わりの方が日本国民は幸せです。中国韓国北朝鮮が考えの違いを受け入れることが出来るようになってから少しずつ様子を見ながら付き合うので十分です。

日韓議連の幹事である石破議員は日本のために日韓議連に名を連ねていると信じたいのですが、石破議員が何故日韓議連にいるのかどんな具体的な活動をし発言しているのか…

投稿: KK | 2016年8月27日 (土) 17時50分

出来のいい梨とはどんな梨ですか?

投稿: 急行あしずり | 2016年8月27日 (土) 19時52分

NHK思い出のメロディー見ています…

ほんと懐かしい歌が満載…昔の画像も流れ、当時気付かなかった事を発見したり…老齢化社会を実感したり…泣きたいような…何かが迫り来るような…

投稿: まな | 2016年8月27日 (土) 20時35分

先週のシン・ゴジラの内容は、実にらしいと言いますか、こういう表現でユーモアを発揮されるんだなと面白く読ませて頂きました。真に受けて怒る人もいるのですね。

真面目は結構ですが、ユーモア1つ言えない政治家に柔軟な発想なんて出来るわけもないと思うのですけれど。

投稿: 吉井宏典 | 2016年8月27日 (土) 20時52分

怪物は言い知れない恐怖の象徴などとよく言われます。これを見定め、戦って勝つために、人は知恵を絞らなければならないです。

あ、別件ですが母子家庭の貧困(物理的・精神的な)がちょっとニュースでした。
私は「お寺おやつクラブ」というのにちょっと注目していますが、
http://www.higan.net/bizplan/2014/07/oyatsu-club-report.html
貧困という怪物は実在します。
おいしい梨も満足に食べられないような親子が居る。

平均所得の半分の家庭は皆貧困、みたいな理屈はないなって思いますけど、地域創生の中で救われなければならない人は多いです。

投稿: きました | 2016年8月28日 (日) 08時42分

中国が尖閣諸島の実質有効支配を確立するために、戦争行為すれすれのあららゆる量的物理手段を用いて、日本側の対抗が難しい状況を作りだそうと意図していることは、かなり明確に見て取れる。TV番組などによれば、海上保安庁の法的権限は領海警備のみであり、中国民兵などが強硬上陸しても、領土警備は権限外で取り締まる法的根拠が無いとのこと。

こんな好い加減な間の抜けた話は、只々呆れるだけで全く理解が出来ない。国会議員諸氏は一体何をしているのか。選挙対策ための公共事業の分捕り合戦や、オリンピック投資の利権還元にうつつを抜かす前に、やるべきことが有るだろうと言いたい。相手側が自衛隊を土俵に引きずり込み、ガッツンと一発食らわす機会を伺っている?…かも知れないのに短期、長期の対応策は、ちゃんと準備出来ているのか。少子化対策にしてもしかり、国会議員の危機意識が希薄なことが、何にも増して一番の問題だと思う。

米国次期大統領候補のトランプ氏の様な特異な考え方の人物が登場し、支持率40%近くを獲得する様な時代に在って、やはり目先ではなく10年20年先を見据えた経営が出来る国のリーダーの出現と、激変に備えるための長期的なポリシーや対応策が望まれる。米国に安全保障を委ねる原則は、恐らく今後も堅持されるだろうが、激変し得る事態に備えて対策を立案実行することは、国民の安全安心に繋がる。

国力や人口の縮小を考えた場合、通常兵器の大量保有や、米国の核に依存し過ぎない究極的な自衛手段こそ、今後検討すべき重要課題ではないだろうか。その実現には相当な時間が掛かるとしても、長期的に開発整備を進める必要が有るのでは。例えば核兵器や通常の大型重兵器で攻撃された場合でも、日本が被害を受ける前に反撃をして、一瞬に破壊無力化する様な超近代兵器を確保することには意義が有る。戦争は絶対に望まないが故に、相手が手出しを躊躇する様な状況を作りだすことこそ、理想の専守防衛手段、抑止力に他ならないのではないか。

投稿: 晴耕雨読生 | 2016年8月28日 (日) 10時22分

  ≪真っ平御免蒙りやす≫
引用【有事法制整備の必要性を訴えて金丸信防衛庁長官に解任された栗栖弘臣統合幕僚会議議長(故人)】
この栗栖さんの見識の高さ広さ深さ永さに最大限の敬意を表します。
同時にその私の構えが来栖さんを解任しその見識を封殺した金丸某の古さ狭さ浅さ短かさを糾弾するのは、当然の道理に適った帰結でもある。
まあ、然し、制服組のトップが、有事法制の早期整備を促す目的とは言え、ことの大小や深刻さを特定せずに「第一線部隊指揮官が超法規的行動に出ることはあり得るhttp://goo.gl/t9WP73 」と公言しちゃあ拙いでしょうね。
同様に、蛸壺の住人である制服組(当然、個人により例外はある)も然ることながら、文民文官が備えるべき「人文系の広く深く永い見識も人類の深い叡智(!)」もなく、無智無恥にも文民統制や文官統制の大原則の旗を降ろしても平気の平左を決め込める安倍Monkey(と防衛大臣は中谷某。官房長菅に至っては「問題なし」だとさ)には、「いざとなったら超法規」なんてやられるのは、真っ平御免蒙りやす。とは言え、現実には、「いざとなったら憲法違反」をやられちゃってますけどね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月28日 (日) 10時39分

FT:GPIF hit by $52bn quarterly loss http://goo.gl/Tgq3hS GPIF says strong yen caused stocks to tumble
失敗するにも理由はある。やらねばならないこと、やった方が好いことなどに不作為を極め込むにも理由は当たり前に転がっている。肝心なのは、コトを改めること、厳しく自らを変えること、然もなくば再発防止なんてできる道理がない。況や風任せじゃあね。
このGPIFの大損(都合10兆円)などアベノミクス破綻の証拠が公表されたその瞬間、主犯たる安倍Monkeyはその騒ぎ(批判?)を逃れて、遠くアフリカの地に逃れて、彼の地で、我々の乏しい蓄えをばら撒く。戦略的発想もなく(対中に対峙する狭浅短さが極まる作戦はあるらしい)、威勢が好いだけの、嘘を吐く。
今の社会が荒れている原因の一端は、この猿のノーコン(no-competence)に帰す。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月28日 (日) 10時58分

関口宏のサンデーモーニング見ています…

核兵器廃絶の賛否についての国際会議で日本が棄権した事についてコメンテーターが意見を述べていました…中でも「…国会の中で核兵器を持つ事を容認する動きがある…一部ですよ!…極一部だと思いますが…」って言っていました。
コメンテーターのあなた!!不安の種蒔きしましたね!「日本が核保有に向かっている!」なんて風評が広まったとしたら、その始まりが、あなたである事を覚えておきます。

投稿: まな | 2016年8月28日 (日) 11時07分

   ≪史上最悪の日銀総裁≫
日経【日銀黒田総裁「マイナス金利、資金需要を刺激」 http://goo.gl/01uvMh 利下げの限界までには「まだかなり距離がある」と述べ、必要に応じてマイナス金利を深掘りする考えを強く滲ませた】
⇒日銀就任当初の「史上最悪の日銀総裁になる?」は莫たる懸念だったが、3年余を経て、今やQQE、マイナス金利の「底なし泥沼」から足が抜けなくなって、逆に自ら嵌り込む積りのようだ。経済に無知、財政に無関心な猿はアフリカで金をばら撒き中。
金融政策が孤軍奮闘するだけでは「史上最悪の日銀総裁」が現実味を帯びる。その先には「夕張市の過去10年と現在(↓)」の数十倍規模の悲惨が待ち構えている。勿論、世界経済にも金融界にも大打撃となる。
NHK:現クロ http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/2274/index.html

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月28日 (日) 13時25分

この時期に同時に安倍政権下の外務省、財務省、文科省が日本国民には何の実益をももたらさずに中韓と手を組むとは

中国の尖閣諸島での振る舞いを「言葉」だけの抗議で済まし「交流が大切」???

慰安婦問題が進展したし経済協力は必要だと、通貨スワップ再開協議を決定し満面の笑みで写真に収まる日本財務大臣…情けない…慰安婦問題は既に日韓基本条約で解決済みで慰安婦像は韓国が国際法違反をし続けている状態。どこをもって「進展?」
自民党は米国と無限スワップしている日本が韓国と通貨スワップすれば得られる具体的な経済メリットを日本国民が納できる説明を麻生大臣に説明させるべきでは?韓国ではなく日本国民の利益が何かを。納得できる説明もないようなら自民党からますます日本国民は見切りをつけるでしょうね。馬鹿にしていると感じるでしょう。
日本では嘘を大声で叫ばなくなると「えらい❗」違反行為をしなくなったら「ご褒美あげよう❗」と対応するのが正しいと?

日本人の認識では嘘をつくのは悪いこと、違反行為をすべきでないとの認識が常識だと思ったが、安倍政権ではマイナス(非行)から0(普通)になると褒められるべきなのだから「まずは悪い事をしなさい」と促しているのか?

石破議員は自民党の一員として、先日の北朝鮮のミサイルを迎撃準備もできていなかった(=日本を守れない状態である)ことに軍事専門政治家として元防衛大臣として今どのような行動をしているのですか?


投稿: KK | 2016年8月28日 (日) 15時32分

【リオ五輪の引継動画に移っていた安倍総理の腕時計】

 安倍総理が登場する動画に、大写しで時計の時刻の表示があって、それがオメガであることまで解るほどはっきり写っていたことが記事になっています。やはり、これを気にする人がいたのかと思いましたね。私も、あのような演出でいいのかなと疑問に思いましたが、オメガはIOCの公式スポンサーの地位にある事が背景にあると思いました。セイコーやシチズンは御呼びではなかったのか?
 まあ、どうでもいいような事になるのかも解りませんが、気にする人はいるわけで、国産の時計を総理が身に着けないのかと言い出す人も中にはおられるかもわかりませんね。しかし、安倍総理はセイコーの時計も愛用されているという話もあり、グランドセイコーを身に着けた写真が予算委員会等の映像にしっかり写っている画像もあるようです。
 カレンダー表示のある視認性の良い3針は、すっきりしていいものだと思います。
 若い人は、こういう問題というか、腕時計に関心がないと思いますね。腕時計に敏感に反応するのは、50歳以上の年齢層だと思います、
 ゼンマイを巻いて動かす手巻き式の時計も、復刻版の生産などがあって、意外と人気があるらしいのですが、それを身に着けている若い人に出会うのは稀ですね。手巻き式の腕時計はクオーツ式あるいは電波式に比べて、明らかに正確さに欠けるという事があるのは事実のようです。しかし、1分1秒を争うような生活をやっている人は最初からそういう時計を身に着けることもないと思いますね。
 手巻きの機械式腕時計は、大きく狂うという事はありません。優雅な気分にさせてくれますね。ラジオの時報に時刻をあわせ、ゼンマイを巻く作業に気持ちを落ち着かせる作用があるような気がします。

 オメガは日本人には人気がありますね。ロレックスに次いで人気のある時計ではないかと思います。私もヤフオクで手に入れたオメガを何個か持っていますが、愛着が湧いてきますね。1960年代から1970年代に製造されたものが、技術的にも最高ですね。つまりクオーツ式が主流になる直前の製品群です。日本のメーカーのものもこの年代が輝いて見えますね。まあ、個人の好みの問題です。

 しかし、政治家の腕時計は文句をつけられますね。シナ帝国でも、小さくはない問題としてたまに記事になったりしますね。あちらは、役人の給料では到底購入できるはずがないスイス製の超高級腕時計が問題になるようです。シナ国産の腕時計は、失礼ながら、あまり良いという評価は聞きませんね。そういう事情もあると思いますね。

投稿: 旗 | 2016年8月28日 (日) 23時59分

御多忙でも企画した方への配慮は大切にされるんですね。

20世紀梨という名前、実は明治時代につけられたんだそうです。つい最近かと思っておりました。

次の時代へ残したいという昔の人の願いが込めらた特産品なんですね。

投稿: くま | 2016年8月29日 (月) 00時03分

【ゴジラは、その誕生から考えれば国内問題のような気がする】

 ゴジラが誕生して国内で暴れる姿が絵になるのは、銀座にゴジラが登場した時ではないだろうか?
ゴジラの身長は1954年当時の作品では銀座和光のビルを少し超えるほどの高さの設定があったと思う。当時はそれより高いビルも少なかったので、ゴジラの身長が50メートルでも、大きな脅威であったのだ。
 ゴジラはその作品がシリーズ化され大型怪獣と格闘することが使命になってから急激に成長することになる。キングギドラ等々と戦う頃には身長は100メートルほどの巨大怪獣になっていたような気がする。そして、身長50メートルの時代から、ゴジラの相手は各地にある猟友会の対象ではなく、警察の対象でもなく、いきなり自衛隊の対象になったのは、考えてみれば不思議な話である。
 ゴジラはその登場が小笠原諸島の付近の海域とされ、我が国の領海内で誕生したという設定になっている。場所の特定はない。水爆実験が絡んでいるという事が背景になっている。そして、なぜか?? 東京を目指すのだ。このいい加減なストーリーの展開は無責任であるが、どこからも問題にならなかった。そしていきなり自衛隊である。此れもまた問題にする事がなかった。娯楽映画であるからだと思う。ドキュメンタリー作品ではないという了解があったのだろう。自衛隊が出動することに反対する勢力が、映画の画面にあったのかという事でもありますね。そのような場面はない。60年安保が迫っていた時期でもあるのに、ゴジラが登場し、他の怪獣も、どのようないきさつからかゴジラほどの説明もないまま発生して、ゴジラと戦う事になって、その煽りで人間への被害が発生するかもわからなくなった時に登場するのが国連軍ではなく、自衛隊だけという事なのだ。集団的自衛権がなかったという事かもわかりませんね。ともかく、いろんな意味でもっともらしい出鱈目がそこでは起きていたような気がしますね。真面目に考えるほうが馬鹿なのかもわかりません。しかし、今は、そこの辺りもまじめに考えなくてはなりませんね。ゴジラの存在は架空であっても、自衛隊を動かすという事や、領域を侵犯される状況とか、そこに生活している国民の生命や財産を、どのようにして守るのかという事を考えていかないといけませんね。法律上の整備がどうなっているのかという事でもあります。

 ゴジラは、昭和29年生まれの61歳である。老境になって、やっと彼を退治することの法的意味が問題になったという事だ。大変な怪獣である。

投稿: 旗 | 2016年8月29日 (月) 01時13分

良く詐欺師や宗教に洗脳され何か悪い事をされても彼らは良い人達だと言って現実を受け入れられない人達がいる。何度も裏切られているにも関わらず、以前と違う行動が出来ない人達だ。日本が通過スワップを再開しようとし慰安婦に謝罪だけでなく、拠出金10億円をだし、また近い将来裏切られても同情の余地は無い。そうなれば政策の失敗である。しかしここで単純に批判し喚き散らすのも又、稚拙と言える。なぜなら日本側は国際的に正しい事をしているが向こう側が不誠実に日韓合意を無視して発言、又は中国や北朝鮮寄りに行動すれば国際社会で恥をかくのは目に見えて向こう側だからだ。北朝鮮が弾道ミサイルを日本海側のEEZに着弾させて安保理が非難を出しているのに日本だけでなく、同盟国側の防衛を無視して反日運動をやれば頭がオカシイ国と思われる。でもそうなる過程に於いては日本側が洗脳された被害者の行動を取らざるを得ないのが悲惨な所で国民は半ばお人よしの政府の決断に怒るより、韓国が日本を裏切る事を待つより他に無い。不快な我慢を強いられるがそれは国民が下した判断ではなく、二階幹事長以下の親韓派の圧力が相当効いていると言う事だ。そして自民党内の細かい事は知らないが二階の権力や幅広い根回しと政治力を見るにつけ、石波総理が遠退いていくだけでなく、彼の存在感がいかに大きいのか思い知らされて不愉快になる位だ。安倍総理が毒を持って毒を制するのか、それとも毒にやられ頭の洗脳が解けない馬鹿な世間知らずかは今後の経緯と行動を見ないとどちらとも言えない。勿論、毒を持って毒を制する方を期待したいがそれには国内からの反発も抑えつつ、党内も又抑えないと枡添の様なレッテルが貼られ引き摺り下される口実が出来るが総理はそこまで馬鹿では無いだろう。しかし議員だけでなく、国民も一億総懺悔洗脳が解けていない人達を大量に見るにつけ、何度騙されても謝罪し続けるのは不思議ではない。

投稿: 忍者 | 2016年8月29日 (月) 04時43分

インドネシアのスシ水産大臣が中国の公船や軍艦に守られ違法操業している漁船を230隻拿捕し、そして爆破した。国家が軍艦を使い泥棒を守っていると憤りをあらわにしたが日本も本来はこの位怒っても当然だがメディアも含め、政治家も中国様には大して言えない様で情けない。珊瑚略奪でも船や略奪した珊瑚を返す始末で罰則金を上げただけで又やってくるだろう。赤サンゴは一枚数百万以上するもので将に一攫千金で珊瑚が育つ迄十年以上かかるのに一気に略奪される有様だ。日本の漁協も含め大切に海域を守り育てたのに中国の底引き網で荒されるだけでなく、略奪されて何もしない。数隻の拿捕や罰金で終り、数千万の利益になればやったもん勝ちだ。ほとんどの船は逃げているので利益を上げ味をシメた船長もいるだろう。北朝鮮ですら中国違法漁船を拿捕し厳しい処置になるし、韓国も拿捕だけでなく、時には射殺する騒ぎにもなり蟹取り合戦は冗談では済まないのが現状だ。そう政治判断!竹島の不法占拠を許し、尖閣で違法漁船操業させているのも政治判断だ。海保に体当たりし船長を中国へ引き渡し、那覇地方裁判所に外交判断させ、政治判断としなかった愚策も政治判断だ。不正を許し正義を行わない政治家と政府が一部の国民の判断を狂わせ、精神疾患とも思える異常犯罪を引き起こすのも愚策による政治判断の混乱や弱腰外交が原因と言えなくも無い。政治家が正しい判断をしないで不正や腐敗を許せば国が乱れるのは当り前だ。世界中を見渡しても不正や腐敗、汚職の多い政府程、国民が荒れ、反乱や暴動、略奪だけでなく、テロも横行する。大半の日本国民は冷静に事を構えていて対処しているが何時までも政治家が国民に頼る訳にも行かないし何時かは正しい政治判断をしないといけない。

投稿: 忍者 | 2016年8月29日 (月) 07時25分

拝啓 石破茂先生
 
 先生の見識を常日頃尊敬申し上げている者です。きょうは2点、耳障りかとも思いますが私見を簡潔に記します。

①「お初盆」「シン・ゴジラなど」拝読しましたが、安保・平和法制に関して、かって安倍内閣の一員としてまた政権政党の一員としての責任と自覚が若干欠けているように伺えることを懸念いたしました。あまりに「評論家的」と感じとった人もいたのではないでしょうか。また「日本国民の反応が鈍くなってしまう」のは国民ばかりのせいとは限りません。「政治家に起因する」こと大(だい)だと思うのです。”らしからぬ上から目線”と誤解されぬようくれぐれもお願いする次第です。

②総裁任期延長論に関しての発言も慎重に言葉を選択してほしいと思います。私個人はポスト安倍の第一人者として先生を認識しています故、その点で最近の先生の発言を杞憂しています。
 28日のラジオ番組「なぜ今、任期延長論なのか」の発言は曲解されます。国民も識ある者も大半が「今なぜ?」と感じていますが寅さん流に言えば「先生がそれを言ってちゃオシマイよ」です。トップになるのは実力だけではなく時の運と人の目です。閣外でも今も重職であられます。「時は必ず来ます」、軽軽な発言と無縁な先生であり続けられることを切に願うばかりです。
 以上 失礼を顧みず述べさせていただきました。ご容赦ください。
   北九州在住 Y・K (島根県出身)

投稿: 吉原和文 | 2016年8月29日 (月) 08時17分

   ≪お天道様に顔向けできない≫
毎日【もんじゅ:十年で6千億円 政府試算、廃炉含め検討 http://goo.gl/SAqNQV 】
正義や倫理など人文系の叡智に欠けた文民が政治権力者など高い身分に就き、それらの広深永さには無縁の「蛸壺専門家=狭く暗い井の中の罔い蛙」が吐く狭浅短な専門的見解に押し切られ盲従していると、こういう無様な姿を延々と曝す結果になる。人類の歴史的叡智である文民統制がドブに捨てられている。
安倍Monkey一味を権力の座から引き摺り下ろすだけではなく、核発電ムラや霞が関の悪賢いモグラの無謬性神話を打っ壊さないとね。全てが後手、後手、後手、後手に回る。
それもこれも一言で言えば英断がない。お天道様に顔向けできない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月29日 (月) 09時14分

 恋あり、涙あり、CGありのハリウッド映画を見慣れている人には、ほろっとするところがほとんどなくて、会議ばかりのこの映画はつらいものだったのではないでしょうか。

 この映画を政治問題化(??)するのはたやすいが、海外で興行収入を得ようとするのは、ちょっと厳しいかな。

 政治家だって、聞かれても困りますよね。

投稿: 映画? | 2016年8月29日 (月) 12時52分

石破先生

お早うございます!!。
連日35℃~37℃もあり残暑厳しき当地ですが、それでもここ数日朝晩はかなりの涼しさを覚える候となりました。
先生におかれましては全国にわたる講演、地元イベント支援への参加、メディア出演など相変わらず多忙を極められ、大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
我が家へも田舎鳥取の親戚より梨が3函も送られて来ました。鳥取県限定生産品の「なつひめ」と「新甘泉」です。現在ではこの品種も含め、他にすべてで12品種もあると云いますから驚きです。

さて本日は先ず、映画「シン・ゴジラ」に事寄せて述べられています警察権行使の範囲と限界、自衛隊による自衛権行使の為の憲法上の規制などについて拙論を述べてみたいと存じます。
先ず、憲法第2章「戦争の放棄」、及び②項の戦力の不保持と交戦権の否認についてですが、小生は「戦争の定義」と「自衛権行使の定義」について述べてみたいと思います。

「戦争」とは一国の独立した国が主権を持った他国と戦う事を意味し、時には自国内から他国へも出かけて行き戦いを行います。
従って勝利したあかつきには他国を支配下に置き、他国の主権と武力を排除します。
それに対して「自衛権の行使」とは自国の領土、領空、領海が他国から侵害され、自国民の、身体、生命、財産などが侵害された時、又はされそうな時に武力を使用して守る事を意味します。

従って国連憲章第51条にも認められています自衛権の行使は国際法上認められているのです。しかしながら、国連憲章でも認められていますこの自衛権の行使は国連安保理の和平へ向けての決議が行われ、必要な措置が取られた時には終止しなければならないのです。
現在日本にあります自衛隊はあくまで我が国自衛の為の武力を持った組織であり、自ずと警察権を持った組織とは違いがあります。
警察権とはわが国の国内において、法秩序が侵害された時に行う国内向けの組織であると認識しております。
このあたりの解釈が国会において不毛とも思える論争になっているのです。

小生は憲法を改正すまでもなく一部改訂により、何れかに付加項目を作り、自衛隊はあくまで我が国の自衛の為の組織であると憲法で認めた上で考えるべきとも思います。
他国から見て、日本は平和を希求する憲法を有しながらも、チョッカイを出せば痛い目に会うとの認識させれば良いものと考えます。
しかし、先ほど一国の主権を持った他国からの侵害と述べましたが、独立国家とは言えない国際的テロリズムに対しては、現在の警察権では対応が不可能であり、自衛隊の対応も可能とするなどでもあります。
このように現憲法下でもきっちり国民に対して説明を行えば良いものを、野党は詰めが甘く、政府は充分説明を行わず法制定を急ぐばかりでした。

現在南スーダンにおいて所謂「駆けつけ警護など」に向けて「稲田はねっかえり防衛大臣」により進められていますが、先の集団的自衛権行使も含めた安保法制の改正と実施は、内容を良く精査すれば、全く現憲法と整合性を欠き、今一度見直しを行い詳細まで詰める必要が絶対あるものと思われます。
このあたりの詰めがまったく行われず、強引に裁決実施された安保法案改正の進め方が、憲法改正、又付加の案も国民から信頼されない所以であります。

さて、次に今上天皇の御退位の御意向会見から早くも一ヶ月が経過しました。今上天皇は先の昭和天皇のご意思を引き継がれ、自らの贖罪の如く現憲法下での象徴天皇とは如何にあるべきかを模索され、憲法で定められた国事行為以外も国政に関する以外の事において、国民の心の拠り所となるべく務められて居られます。先の戦争で亡くなった犠牲者への慰霊、遺族への慰問、現在の国内で起こった地震、水害などの犠牲者を悼み、被災者への慰問などを精力的に行われていて、その御姿を拝する時は涙を禁じ得ない程であります。しかし、その御意向を述べられた記者会見の後、政府はすぐ動けば天皇は国政に関せずとの憲法違反になる恐れありとして、政府としての具体的動きは全く見られません。
そのような中、先日、二階幹事長の小泉政権の時以来保留となっている女性天皇などを、現代の世界的女性の指導者の潮流に鑑み容認すべきであるとの言及が報道によってなされました。そしてその翌日には菅官房長官により、わが国に連綿と伝わる男系天皇の制度は守るべきとの発言も聞かれました。
今上天皇の天皇誕生日など、事ある毎に述べられています内容はいつも憲法を守り、皇室の存続を図る為には、象徴としての天皇とは如何にあるべきかと常に考えていますと述べられています。又、皇太子殿下もいつもお誕生日の談話では現憲法に即し、如何にあるべきかを模索していると述べられています。
このように、いつも談話にて述べられています事を忖度します時、今上天皇及び皇太子殿下は現政権の将来に懸念されているのではないかと常に思えてなりません。
先に述べました二階幹事長、菅官房長官の政権内首脳の不一致友」思える単片的な談話が不用意に漏れ伝えられる事は、今上天皇の宸襟を悩ませることに繋がらないかと大変懸念をするものであります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年8月29日 (月) 14時40分

日本は、諸外国に比べて、最低賃金があまりにも低い感じする。何で、各都道府県で賃金が違うのでしょうか。最低賃金を全国統一した方がいいと思います。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年8月29日 (月) 17時07分

石破さんちゃんとシン・ゴジラの意図をくみ取られたでしょうか?
石破さんの意見笑われてしまってますよ
https://youtu.be/bCpyncic_n0

投稿: さくら | 2016年8月29日 (月) 23時48分

【政権の延長を望む者は独裁政権の始まりでしかない】

 現政権は、最初の未消化のような政権を含めれば、既に3選にある。これは、自民党政権にあっては異例中の異例とまで言われた佐藤栄作氏の4選に迫る位置にある。佐藤政権は独裁政治の一歩手前のような状態であった。
 その状態を再現したいと望む勢力が自民党執行部にいるのだろう。二階俊博がその首魁ではないかと思いますね。谷垣氏が入院していることをいいことにして、そう云う方向にもっていこうとしているのだと思います。小沢の腰巾着時代からやっている事はこういう事ばかりの人なのだ。彼を幹事長に起用した安倍氏もまたそれを期待していたのだと思いますね。

 長州人は権力志向が旺盛なことで知られる。明治以降の歴代政治家を見れば長州人による国家の私物化が酷いのが解る。それが我が国の歴史のように見られているから問題になるのだ。
 特に戦後における岸一族の権力の私物化はひどい。4選目の総裁が安倍氏の大叔父であるという事実もまた重視する必要がある。安倍氏も同じことを考えているのだろう。そして、4選と呼ばれることを避けるために任期延長でごまかすか、あるいは、4選の上に、任期延長を重ねて超長期政権を目指している事なのかもわかりません。どっちにしろ独裁政権の延長につながることに於いては間違いのない処である。

 厚かましいと言えばいいのかもわかりませんが、厚顔でないと勤まらないのが二階俊博という政治家である。彼がいる事で我が国はどれほど国益を失う事になるのか? 国民は考える必要がある。
 効果のない団体送迎バスの外交を考えて実行した愚かな人である。シナ帝国の一般国民にアピールすることがなかった。それで日中平和と呼ぶ政治なのかという事だ。このピント外れの団体旅行斡旋業者のような政治家は、東シナ海にあるガス田を経済産業大臣時代に既にシナに差し出している。江沢民の像を国内に建立しようとしていた頃の話である。そして、いま権力の独占事業に参加しようとして総裁任期のルール変更に乗り出しているのだ。

 二階俊博の存在は我が国の癌である。彼のような人が最悪を呼ぶのではないか。

 権力を私物化してはいけませんね。それが解っていない人が幹事長をやっている。非常に恐ろしい事である。

投稿: 旗 | 2016年8月30日 (火) 00時55分

【小泉進次郎氏の主張する意味について】

 読売新聞他にも記事があった、
『自民党の小泉進次郎農林部会長は25日、都内で講演し、党執行部が安倍晋三首相の党総裁任期延長を検討する方針を示していることに関し「なぜ今議論するのか、率直に言って分からない」と、疑問を呈した。
 首相の総裁任期は18年9月だが、進次郎氏は「2年後(の任期満了時)に(党内が)どうなっているかなんて、だれにも分からない」と指摘。「仮に議論の場ができるとしたら、なぜ今なのか説明してほしい」と執行部側に求めた。』

 執行部側にと云うより、二階俊博に、というのが正解なんだろうと思いますね。権力の私物化というか、暴走が始まりつつあるという危惧を小泉氏も感じておられるのではないかと思います。二階俊博はこういう事しか考えない愚かな政治家である。彼を幹事長に起用した安倍氏もまた、残念な方向に向かっているのだろう。

 その背景にあるのは功名心なのかもわかりませんね。堕落の始まりがあるような気がしますね。リオからの引き継は、4年も先の話である。それを自分がやりたいと思うようになったのだろうか?
 任期延長の理由とは何か? ただ権力を手放したくないというのであれば、それは間違っているのだという事である。権力を握った側は、いつも正しいという自信があるようだが、それは妄想である。ルールに則った行動が求められるという事こそ、重要なのだ。それの理解がない人が支持されるはずがない。こういう当たり前のことが解らなくなれば、それは独裁政治の始まりである。

投稿: 旗 | 2016年8月30日 (火) 01時18分

 梨でも他の食べ物でも、消費者は「美味しいものを食べたい」のではなく「美味しく食べたい」のだと思います。両者は意味が全然違う。なぜなら、人によって味覚は違うし、体調や気分やシチュエーションによっても「美味しく感じる」時は様々であるから。味については、幸水が好きな人がいれば、二十世紀梨が好きな人もいれば、銘柄はどうでもいいという人もいるのでしょう。
 ですから、例えば生産者が二十世紀梨を消費者に買ってほしいと思うならば、「こうすれば二十世紀梨を美味しく食べられますよ」という提案をすればいいことになる。生意気ですが、それが知恵というものだと思います。
 石破さんの発言にいちいち揚げ足をとってケチをつけたり地方を批判したいのではなく、間違った思い込みや誤解がないだろうかと思って書いているのですが。要するに言いたいことは、「やり方を変えればもっと需要を開拓できるのにもったいないですね」です。

投稿: 急行あしずり | 2016年8月30日 (火) 12時00分

    ≪国政の有力政治家も≫
東京【築地市場移転を延期 小池知事表明へ http://goo.gl/dbqMhE 】
「善い方向への変化」の予感がしますね。
「戦略の過ちは、作戦レベルは言うに及ばず、如何に優れた戦術でも正せる道理がない」の原則はあるのだが、【経営の要諦は例外の上手な運営にあり】と云う名言もある。大局や戦略自体を挿げ替えなくても、細部に仕掛けられた悪魔を追い出し、代わりに神にお住まい戴くなら、「ことを改めるに、遅過ぎることはない」のだ。
然し、須らく、善い方向を打ち出すことにも勇気がいるが、それを実践し、実現し、更に成功させるには、腕力も智力も半端なく要る。大小様々な異見の群れ(歪みの酷い個別最適論、無邪気な部分最適論、従来路線に乗っかるだけの思考停止した論など)が立ち塞がる。
小池知事の孤軍奮闘だけではどうにもなるまい。彼女の周辺に、そんな腕力と智力の持ち主が、おっとり刀でも好いから、駆け参じて欲しいものです。大きな課題はこの築地だけではなく、五輪の設備費や運営費など更に巨大な懸案も待ち構えているのだから、国政の有力政治家が、表には出れなくても、陰に時機に陽に、サポートして欲しいものです。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月30日 (火) 12時39分

小池都知事が築地移転に関して土壌調査を終えていないにも関わらず、計画を進め工事が始まったという事で延期する事を示唆したようだ。これだけではなく、どういう具体的な理由で建設費が膨らんだのか、明確になってもいないにも関わらず、業者にとって使い難い程、狭く実際に働く人達の事を考えて設計されたのか疑わしい程、不具合が多い。それに加えて、膨らんでいる建設費に訳の分らない不正授与が発覚する可能性も非常に高いし、何らかの上乗せが発覚する匂いがプンプンする。しかしオリンピィクに加え、日程上延期出来ないと公言してきただけに何らかの不正隠しが見付ると言えなくも無い。確かにオリンピィク施設建設と連動して工程が遅れるかもしれないが東京都民が納得しない工事や不具合を何の説明も無く、無理に進めても反発を招くだけだろう。そして不正や水増しした所をドンドン明るみに出して無駄と出来ないと宣伝されている事をやり、駄目な所を正して貰いたい。それが出来てこそ、都民や国民も納得しより一体して応援出来るという物だ。リオでの国民不支持も不正や汚職が招いた腐敗が原因であり、経済格差も含め恩恵が一部の特定的な特権階級にだけ流れているとすれば都民は納得しないだろう。ドンドン情報開示していけば国民は都知事の側に付くしそれを背景に古い体制と都政の闇を改革して頂きたい。

投稿: 忍者 | 2016年8月30日 (火) 12時57分

   ≪大きな土俵 vs 小さな土俵≫
愚前稿引用【「戦略の過ちは、作戦レベルは言うに及ばず、如何に優れた戦術でも正せる道理がない」の原則はあるのだが、【経営の要諦は例外の上手な運営にあり】と云う名言もある。大局や戦略自体を挿げ替えなくても、細部に仕掛けられた悪魔を追い出し、代わりに神にお住まい戴くなら、「ことを改めるに、遅過ぎることはない」のだ】
この趣旨は、煎じ詰めれば、「大きな土俵に立つ」ことに行き着く。
眼前の問題が大きいほど、問題解決が困難であればあるほど、大きな土俵に立たなければ、事態を紛糾させるだけに終わり、コトを改めることはできない、肝心の問題解決には近付けない。
この謂いは、普天間返還と対になっている辺野古移設にも、その余波で惹き起こされている高江の騒ぎにも、当て嵌まるだろう。今は、政治権力者に智見も智慧も愛もないから、「議論の土俵が小さ過ぎる」。
愚説を繰り返せば、単に私情に駆られて暴走するだけの安倍猿では、「大きな土俵」に乗れはしない。故に、【事態を紛糾させるだけに終わり、コトを改めることはできない、肝心の問題解決には近付けない】。従って、【逆らう者に、問答無用!と、札束で引っ叩き、国家暴力組織の腕力で、捻じ伏せる「強姦スタイル」】しか持ち合わせがない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月30日 (火) 13時35分

石破先生

お早うございます!!。
昨日の台風の余波の雨もすっかり上がり、当地は朝から爽やかに晴れてかなり涼しくなって来ました。先生におかれましては、いつもわが国の将来を憂い国政に真摯に取り組まれていて大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
今朝は昨日の小生の記述が長くなりましたので、本日別件を此処に述べさせて頂きたく投稿致しました。

さて先日、年金積立管理運用独立行政法人機構(GPIF)の(以下GPIF)本年28年4月~6月の運用実績が発表されました。それによりますと、すでに時価換算において5兆円以上もマイナスになったとの発表です。昨年27年度の通年運用実績は-5兆3千億、収益率は対前年比率-3、8%と云うものです。年金運用総資産は139兆8千億円あり、運用の一割以下の為年金支給額には影響はないとも発表されました。先年GPIFの株式投資比率を25%から50%へ引き上げる事に関して、当時民主党の細野豪志議員より、「国民から預かった年金資産をリスクの高い株式投資への割合を上げる事への強い懸念と反対表明が、国会にて鋭く追及してされていた事が、昨日の事のように鮮明に思い出されます。

此処で平成26年度高齢化社会の政府白書によれば、65歳以上の年金受給者への平均支給金額は303万円と云われ、月額に直せば20万強が平均であると云われています。その割合は全年金受給者の7割であるとも違う資料にて見た記憶があります。この金額は夫婦二人世帯において税金を申告する場合、収入控除額、扶養控除を勘案すれば、社会保険料などを差し引けば生活保護給付金を受ける世帯に限りなく近づくほどの低所得と云わざるを得ません。
振り返って小生の場合を考慮します時、65歳より年金受給を開始していますが、毎年目減りするばかりです受給を開始した時より現在では5万円(二ヶ月で)も減っています。更に物価上昇により支給額を考慮するという制度は廃止され、マクロ経済スライドの導入により、年金支給額を抑制しようとする政策では今後益々受給金額は目減りを続ける事になります。

GPIFの運用赤字が4月~6月の四半期3ヶ月において、-5兆円の規模とは年金受給者にとって容易ならざる事態であり、怒り心頭の心情であります。その金額をいとも簡単に容認するのであればこの金額があれば、消費税率の引き上げは無くて済み、マクロ経済スライドの導入も不要であり、子育て世帯への支援、介護離職などへの支援なども容易に可能ではありませんか?。厚労大臣はいつも「株式運用にはアップダウンは付きものであり、もっと長いスパンで考えて頂ければ良いのでは」と言うばかりです。

要するに小生の怒りは、『年金支給とは国から老後の支援を受けているものではなく、国民が就業していた時に老後の為に国に預けている資金』であり、その基本的な事を忘れて貰っては困るという事なのであります。平均受給金額といっても高齢化につれ、生命保険料負担金、医療費は増大するばかりなのが現実であります。
本年度以降、団塊世代の年金受給者が益々増大する事を考慮すれば、益々憤りと不満が蓄積され、政治の政策に敏感なこの世代の自民党不支持層が更に増えるのではないでしょうか?

いつも国民の生活と国の将来を真摯に憂い、政治に打ち込まれています石破先生の一時も早く、その時の実現を心から切望し、応援致して居る次第であります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年8月30日 (火) 13時56分

 8/30 読売新聞朝刊に石破さんの記事が載っていました。石破さんがよく言われる勇気と真心を持って真実を語る、ということも少し触れられていました。
 しかし、その裏の記事を見ましたか。配偶者控除見直しへ、という記事です。
 最初に、「103万円の壁」があるので年末はパートのやりくりが難しくなる、という意見が入ります。壁のある配偶者控除を、夫婦控除のような働き方にかかわらず控除を受けられるものにすれば、働くのを調整する人が減って、パートやりくりが楽になりそうですが、そのことは後の方に切り離されています。その文が出るまでに、配偶者控除は、1500万人の税負担が軽くしている、という文が入ります。そして、企業が出す家族手当は103万円を超えるかどうかで決まっています、という脅しのような文が続きます。結局、増税になるのは配偶者控除を受けている高所得世帯だけのようです。でも、どれだけの人がこの文章を読んでそうした印象を持てたでしょうか。多くの人は、「増税になるんだ」と感じたのではないでしょうか。
 この横に囲み記事があります。社会保険料の「130万の壁」について言及しています。妻の収入が130万以下だと、保険料を「負担する必要はなく」、130万以上になると妻本人の社会保険料の「負担が発生し、手取り収入が減る」とあります。しかも次に今年10月からのパート労働への厚生年金の適応拡大を引き合いに出して、10月からは106万以上でも厚生年金に入ることになると書いています。一体、この文章を読んで、「第3号から第2号の被保険者になるから、「2階部分」の年金をもらう権利ができる」、「保険料の半分は会社が払ってくれる仕組みだから、お得感がある」、などと考える人がどれだけいるでしょう。
 延期になった消費税の軽減税率で、新聞に軽減税率が適応されるように徹底的に報道したように、保険料を払わなくてすむように世論を誘導するような記事を書くのは理解できます。GM のような大企業でも医療保険で傾くわけですから。でもそうなら、自分たちは社会の公器で、国民のために報道している、というような振る舞いはやめてほしいです。大体、10月からの厚生年金の適応拡大も直前になって、「月額7.8万円以上」から「月額8.8万円以上」になって、対象が減ったのではないですか。よく、農業や医療の岩盤規制、とかいいますが、規制はすべて悪なのでしょうか。職業倫理が食物や医療ほど高くないものでお金を儲け、それを使って強力なロビー活動ができる企業に対抗する側面があるのではないでしょうか。
 石破さん、意識が高い人ほどこうした報道を読み込んでいるでしょう。こうした人に真実を語って理解してもらえるのでしょうか。2009年夏を思い出します。あの時、どれだけ正しいことを訴えた候補者がウソによって落選していったか。別に自民党だってウソに近い「公約違反」はあったと思います。でもあれほど選挙前からウソ、無理だといえる「マニフェスト」を掲げ、その後、堂々と「無理でした」と認め、選挙の有効性も気にせず、政治を棄損したのは、あの時限りです。今回の記事は、それと同じくらいの悪い影響があると思います。

投稿: 社会保障から経済成長?! | 2016年8月30日 (火) 21時33分

石破先生

映画を通して、いろいろ考えさせられるのは、その人達の生き方や考え方で、千差万別だと思います。

単純におもしろかったでも良いですし、あそこはちょっとなぁ…でも良いし…。

私は、軍事に精通している政治家の方々であれば、ゴジラを通して日本の自衛隊やその法令について、率直な感想等がある方が自然だと思います。

私のレベルでは、面白かった…この程度です(笑)


まだ暑さも続きますが、お体に気をつけてください。

投稿: 哲郎 | 2016年8月30日 (火) 23時06分

石破さま

ゴジラについての石破発言をあちらこちらの報道でお見かけしますが(笑)、やはり石破さまのゴジラ発言には注目が集まりますね(*^_^*)
わたくしも石破さまと同じ意見です。
ゴジラに防衛出動適用は無理だと思います。
災害派遣の害獣駆除の規模の大きなもの(笑)としか捉えられません(^_^)
警察権の範囲内とはいえ、攻撃の規模は相手の力との均衡性が問われるわけですし、もし防衛出動なら、攻撃を排除するだけですから殲滅しちゃうのは駄目でしょ?(笑)
防衛出動にしたら、攻撃を排除するのはゴジラを追い返すまでの規模になりかねません。
そんなことしていたら、ゴジラの炎でやられちゃうかもしれないし、また来るかもしれません∑(゚Д゚)
害獣駆除だから殲滅を目的にできるんですもの。
我が国の防衛は、殲滅することが目的ではなくて攻撃を排除するだけですから(^_^)
そんな自衛隊さんたちが大好きですo(^_^)o

投稿: uru | 2016年8月30日 (火) 23時41分

【日本国憲法第53条】

 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない

 内閣の仕事を書いた条文である。毎日新聞の記事に、これに反する出来事が報道されていたので驚いた。(毎日新聞 8月30日(火)21時23分配信)
 『自民党の二階俊博幹事長は30日、臨時国会の召集日を9月26日としたと明らかにした。党本部で記者団に述べた。
 二階氏は30日午後に突然幹事長室を出て記者団を集め、「心配をかけていた国会召集は26日ということで党内、官邸との間で合意に達した。これが正式な発表であります」と述べた。臨時国会の召集は法的には内閣の決定事項。官房長官が記者会見で明かすのが通例で、二階氏のいいぶりは異例だ。』

 政権与党とはいえ、越権行為ではないのかと思うが、厚顔で有名なこの政治家には、そういう事は関係ないと思っているのかもわかりませんね。こういうことを許していいのだろうか?

 内閣が二階氏の発表と異なる話を言い出せば、どうなるのかという問題がここにある。今は、そういう事がないと思っているから、横紙破りのようなこういう越権行為がまかり通っているという判断になり、新聞の記事になったのだろう。しかし、本来的な意味を考えれば、二階氏のやった事は憲法違反行為だと言われても仕方がない。内閣の一員でもない立場の者が、臨時国会の召集日を決定したと言っているわけである。ふざけるなという声が挙がってもおかしくない話である。

 二階氏は一介の政党の幹事長という立場でしかない。彼が、憲法第53条の『総議員の四分の一以上の要求があれば』の要求を取りまとめる立場にあるのなら、それを提示して、内閣に要求するという内容の記者会見になると思うが、そう云うものもない。だから、勝手に何の根拠もなく、公然と臨時国会の召集日を決定したとほざいているわけである。

 内閣の上に与党幹事長がいると国民に告げているようなもんである。こういう無礼というか傲慢な政治を自民党は行うようになった。国民の支持があるとうぬぼれているからではないのか?
 こういうことを続けていると、再び下野することになる。傲慢な政治家にはそれが解っていないのだろう。二階俊博は失礼な男である。

投稿: 旗 | 2016年8月31日 (水) 01時16分

【民進党が抱える混迷】

 代表選挙の話が出たのは、東京都知事選挙の敗北がはっきりしてからであった。参議院選挙でも敗北していたのであるが、誤魔化して勝ったなどと言い繕っていたことが事態を悪化させた。それが、臨時国会の召集日の決定にも影響していたと思いますね。それで、根拠はありませんが、おそらく、民進党は二階に頼み込んだのかもわかりませんね。政府は早くから9月13日頃という日を口にしていたような記事があった。
 東京都知事選挙後の自民党都連の責任問題の終息とか、改造内閣の発表等々を考えても、9月半ばまでに臨時国会を という日程が自然に調整されるように見えていたはずです。それが、9月26日になったのは、民進党代表選挙が大きな原因ではないかと思います。他に何かありますか??
 そして、民進党は政府にそれを陳情するわけにはいかないので、二階に頼ったのではないか?
 そういう事が出来るのは独裁政治家二階俊博の手腕にあると民進党が頼りにしたように見えますね。

 だから、二階が憲法違反のような臨時国会日程の期日決定記者会見を行ったのではないですか?
 自民党の暴走に手を貸す民進党がここにある。これで正常な国会運営が期待できるのだろうか?

 当の民進党の代表選挙は、毎日新聞の記事によると『2位じゃダメなのか?』という発言で有名になった蓮舫氏と永田メール事件他で有名な前原氏が立候補して争う事になったのだそうだ。どちらも『旧民主党のエース』である。民進党になった意味が解らない。人材難が今もある。変わり映えのしない席替えをこれからも続けるのだろう。それのために、臨時国会の召集が遅れるのであれば迷惑な話である。

 二階は、民進党に何を要求したのだろう。

 それが関心を呼ぶのではありませんか?

投稿: 旗 | 2016年8月31日 (水) 02時11分

   ♪♪自民総務に石破さん♪♪
東京【自民党を支えている地方の党員の意見を代弁したい】
朝日【私たちは国民を代表する立場で、政府と緊張関係をもつことが民主主義のためには大事だ】
⇒決然たる芳しい香りが行間から伝わってきますねえ。閣僚であった頃の「予定調和。煮え切らない発言と構え」とは大きく趣を異にしている!国家と国民としては誠に慶ばしい。
このご発言に対する私の想いは全て封じ込めて‥、今月末の更新で私の自民党党員歴が4年目に入ります(笑)。そもそも、嫌いな自民党に入党した動機は、昨年の総裁選で石破さんに投票するためでした。が、それが肩透かしを食らって、その目論見が地に這う結果になった。斯くなる上は、あと2年党員を続ける予定としました。命があればですけどね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月31日 (水) 08時05分

Bloomberg:Japan In a Bind as Total Debt Tops 600% of GDP http://bloom.bg/2c32DO6 “he discussed the issue of Japan’s solvency and whether its problems might ultimately destabilize the nation and the global monetary system. He painted a tail-risk scenario”
今は幾つ目かの小さな小石が投げられ小さな小波が立っているに過ぎない。が、然し、一朝目覚めて世界を眺めると‥‥‥‥

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月31日 (水) 11時03分

映画について意見をしただけでですか?
大変でしたね(>_<)

自民党政権があと何年先まで続くか…?
それは誰にも判らない事だと思いますが、せめて東京五輪まで今の体制を維持して欲しいと強く願っております。(出来ればその先もずっと!)
リオ五輪閉会式でのパフォーマンス、とても素晴らしかったです!!

投稿: 一ファン一意見 | 2016年8月31日 (水) 13時52分

石破先生初めまして。
この話題で、初めて見させて頂きました。

でも、こうして現行法に問題があるという認識が皆に伝われば良いと私は考えております。
解説、有難うございました。

投稿: 大阪明人 | 2016年8月31日 (水) 18時59分

Bloomberg:Japan In a Bind as Total Debt Tops 600% of GDP http://bloom.bg/2c32DO6 “he discussed the issue of Japan’s solvency and whether its problems might ultimately destabilize the nation and the global monetary system. He painted a tail-risk scenario”
今は幾つ目かの小さな小石が投げられ小さな小波が立っているに過ぎない。が、然し、一朝目覚めて世界を眺めると‥‥‥‥
スティーブ・ジョブズ曰く【もし今日が人生最後の日だとしたら、今日しようとしていることを私はしたいだろうか?】


投稿: 小倉摯門 | 2016年8月31日 (水) 20時14分

今日(8/31)は小池百合子デーでした。
東京都には近くに、日本には(猿の向こう)遥か遠くに、希望の光が観えた気がします。錯覚でなければ好いんですけどね。
①築地市場移転の延期発表@都庁   http://goo.gl/AavLCz
②世界に向けた施政方針広報@FCCJ http://goo.gl/9BErwk 

投稿: 小倉摯門 | 2016年8月31日 (水) 21時32分

なるほど、ゴジラを無理に「日本に武力攻撃を加えてくる者」と見なして「防衛出動」による「武器」使用、武力行使によって駆除するのではなく、あくまで「災害」と見なしてその被害を抑えるために「道具」として装備品を使用するのであれば、災害派遣の範疇で自衛隊は必要な対処が可能ということなんですね

たしかにそれなら部隊展開のための土地借用なども同じ「災害対策」の名目で可能でしょうし、陣地構築も洪水時の堤防工事や土嚢構築と同じ話

実は今回の記事がネット上で民進党の枝野氏の発言と比較されて話題になっていたので、一度読ませていただこうと覗かせていただいた次第です
大方はどちらも一緒くたに批判している書き込みでしたが、実際に拝読させていただいてかなり違いがあるようにも感じました

ただ、映画の中で防衛出動となったのにはその方がそこに至るまでの法的、世論のハードルも
高くなって登場人物の葛藤が描きやすく、ストーリーを盛り上げられるという面もあるのではないでしょうか?
それと、石破さんの想定を実際に巨大不明生物が出現、上陸した場合に実行するのもおそらく映画内での防衛出動発令以上に批判や横槍が入りそうな気もいたします
「災害対策と言いながら武力行使している」とか

投稿: reserve | 2016年8月31日 (水) 22時37分

◇◆MUFGコインの日本円への挑戦◆◇
金融庁は資金決済法を改正し、ビットコイン方式の仮想
通貨を商品ではなく「貨幣」と定義する方針を2月に公表
しました。仮想通貨が貨幣と認定されれば、日本におけ
るその購入、売却に係る消費税が非課税となる可能性が
高くなり、より一層、従来型通貨と対等性が増し、普及
に弾みがつきます。さらに、仮想通貨発行者が債権の返
済としてその仮想通貨の利用を認めれば、それは法定通
貨となり、日本円などの従来型通貨と完全に競合するこ
とになります。

このような法定通貨に日本で最初になるのが、以下の理
由で、MUFGコインだと予想できます。(MUFG:三菱UFJ
フィナンシャルグループ)

1) MUFGが、ビットコイン管理決済プラットフォーム提供
のコインベース社(アメリカ)に出資する。この既存イン
フラをMUFGコイン流通に利用するらしい。MUFGコインの
普及速度が高くなる。預金口座数から、この仮想通貨利
用者数は約4000万で、日本円利用者数にオーダー的に匹
敵する。

2) 預金量172兆円なので、法定通貨としての信用は十分
ある。

MUFGだけではなく、他都市銀行とGoogleも仮想通貨運営
に参入するとみられ、日本は、日本円を含めた複数通貨
が流通することになります。仮想通貨の強みは、AIを利
用した通貨供給量のリアルタイム物価適合制御が可能で、
インフレとデフレを回避でき、安定性があることです。
そのため、量的緩和や積極財政政策などのインフレ政策
をとると、日本円の価値低下が起こり、仮想通貨へのシ
フトが加速し、さらなる円下落となります。したがって、
円と仮想通貨が競合すると、インフレ政策がとられにく
くなり、緊縮財政指向になり、経済成長的には問題が生
じます。

なお、ブロックチェーンは、トランザクション集合、
hash値、nonce値を属性に持つブロックからなるチェーン
です。ブロック内トランザクション集合には、coinbase
の名を持つ唯一のトランザクションがあり、コインベー
ス社の社名の由来です。また、ビットコインでは、大量
計算資源を用いて、SHA-265などのような暗号学的ハッ
シュ関数で閾値以下のhash値の生成に成功すると、その
鍵(nonce値)を採掘(マイニング)したことになり、採掘さ
れたhash値とnonce値とcoinbaseからなるブロックを生
成できます。この場合、採掘者(マイナー)は大量計算資
源の代償として、coinbaseを通じて報酬のビットコイン
が与えられます。

投稿: 観測者 | 2016年8月31日 (水) 23時39分

【ブラジル連邦共和国大統領が議会によって罷免されることになったそうだ】

 9月1日の大きなニュースではないかと思いますね。かねてより、問題になっていた史上初の女性大統領の弾劾裁判の行方が、上院議員の理解を得ることに至らなかったことが採決によって明らかになったという事のようだ。
 大統領としての職務は弾劾開始の決定のあった㋄12日より停止されていたそうである。今回の採決は罷免をするのかどうかの最終判断のような採決であったそうだ。ルセフ前大統領は、2011年1月に就任し、1期の任期を終え、2期目の大統領として就任したのが2015年1月1日という事になると思うのだが、その任期は2018年の年末まであったと思う。2年半以上の任期を残して去ることになった。リオ五輪の開会式及び閉会式にその姿がなかった。職務の停止があったからだと思いますね。
 ここに至る原因は国家財政の粉飾にあると報道されています。証拠が隠しきれない状態であったのだろうと推測するしかありませんね。我が国のメデアは、詳細を報道することがなかったので、問題が大きくなってからニュースになっていたという印象しかありませんね。

 この大統領は今年の春に米国の雑誌社が世界に影響を及ぼす女性100人と言う特集が組まれた時に上位にランクされた人である。その頃には、実は危機が迫っていたという事なのかもわかりません。
 背景にあるのは選挙資金を確保する為に巨額の賄賂を政府系石油会社に要求する動きがあって、それが暴露されたことが大きな原因のようですね。他にもあるのかもわかりません。サッカーワールドカップの招致や、オリンピックの招致もまた巨額の賄賂が動いやことがばれています。それに関与していると疑われていることも数ある原因の一つのように思われていますね。そして、この国では高速鉄道導入の話があって、フランスシナ帝国そして日本などが入札を競ったという話もありました。シナ帝国に高速鉄道を建設する権利が下りた様に見えたことも、背後に賄賂が動いているという事が疑惑のネタにされ、唐突に高速鉄道の話が白紙になったと云ういきさつもあります。ネタには困らない国です。そういう事が積み重なって弾劾されるに至ったのではないかと思いますね。

 ブラジルは大きな負債を背負う事になるとオリンピックが開催される前からニュースになっていました。その責任がルセフ前大統領にあるのでしょうか?  今の段階ではすべての責任は個人にあるというような雰囲気になっているようです。冷静になるには時間が必要ではないかと思いますね。しかし、全く責任がないとまでは言えないことは確かですね。

 国家の指導者がその責任を問われる事例が目につく時代になっているのではないでしょうか? 
 この10年ぐらいの間に起きたことです。例えば、アラブ諸国に於いてエジプトリビア等では国家指導者がその地位を群衆によって引き摺り下ろされています。
 そして、今年、英国でも、国民投票の結果を見て、指導者の交代があっけなく変わってしまいました。国民の支持を失うという事が、実に簡単に起きているような印象を受けますね。ドイツでは、あのメルケル首相の支持率が今年になってから急激に低迷しているという話になっています。
 それぞれに、個々の事情というものがあって、同じように扱うわけにはいかないと思います。ブラジルで起きている罷免の原因は英国辺りとは全く異なることは明らかです。しかし、民主的な決着の仕方が採用されていますね。トルコではそれができないのであのような暴力が起きたのかもわかりません。

 それはさておき、国民が求める変化がいつも正しいとは限らないという事例として英国があるような気がします。
 あの国民投票は望みもしない経済の混乱を呼ぶことになると言われていますね。それは英国だけではなく、影響する先が広大である。国民が間違っているという時は、やはりその責任を国民が負うべきだと思いますね。それは国民投票がどのように行われるのかについて知らねばならない事だと思います。英国政府は、国民投票の結果を尊重して。首相の交代をしたということです。それは、経済的な不利益を被る覚悟を国民にも求めているという事ではないですか?
 いつも正しい事ばかりではないという現実を、知るのは難しいと思いますが、政治家は責任を持って説明を尽くすという責任があると思います。

 我が国の戦後は吉田茂を首相にした結果今があるという事だ。片山某とかの言うがままになっていれば今の生活はなかったであろうと考えますね。その時々の判断がまた今を作っているという事にもなる。しかし、これから先の将来に於いてはどうなるのか誰にもわかりません。政治的な思想とかが国民の生活に影響を及ぼすような時代ではなくなるだろうと思いますが、宗教的な問題とかが幅を広げていくような世界になるのかもわかりませんね。そうなれば政治思想を問題にした時代よりも窮屈な世界が始まるようになるかもわかりません。

 人工知能の研究が進んでいるのは、国家指導者というのは誰がなってもその欠陥を克服するのは難しいという事があって、それなら賄賂とかを要求することがない人工知能に統治させてみたほうがいいと思う勢力があるという話があるそうだ。どこまで真面目な話なのかわかりませんが、SF小説などの世界には1950年代辺りからあった話です。
 今回のブラジルのようなことがあれば、そう云う方向に向かうことも容易になりますね。国家元首を人工知能に任せるという時代は、将来的にあるかもわかりませんね。例えば、米国の次期大統領が大きなスカタンをすれば一気に加速しそうな話です。

投稿: 旗 | 2016年9月 1日 (木) 04時53分

FT:Fundraising drive underlines Clinton’s reliance on wealthy backers http://goo.gl/ia8ITw
この脈絡でMs.ClinntonとTrumpとを対比しても、その対比は所詮「水面下の駄目さ競争」になるのだから大した意味はないと思います。寧ろ、ここでClintonと比較するなら、同じ民主党のSandersと比較してこそ意味があるし、Sandersの広さ深さ永さや秀逸さも、Clintonの弱点も浮かび上がる。同時に、Clintonに反省させ自戒を(序にあのメール問題での“並外れた不用意さ”にも)強いる力にもなる。彼女がその自戒を拒否するかも知れないが、その時は米国も世界も不幸に襲われる時だ。
その時機に、日本で未だ安倍Monkeyが政治権力の座にあれば、この国は内憂と外患にの所為で酷い不幸に苛まれるだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月 1日 (木) 09時45分

ブルムバーグ【日銀保有の長期国債の償却負担8.7兆円にhttp://bloom.bg/2c4DqCP マイナス金利政策の導入以降、日銀が額面を大幅に上回る価格で長期国債を購入していることを受けて、将来の償却負担が急拡大している】
⇒そもそも、日銀は「金融機関に対するLender Of Last Resort(最後の駆け込み寺)」である。即ち、経済活動の血管である「金融システムの守り神」である。日銀に過剰な(“大胆な”を遥かに超えている)QQEEEEを強制してその財務を棄損させて、中央銀行の持続可能性に傷をつけて、その国家的に重大な責務を誰が担うんじゃ!!ったく。
そもそも、国家の財政状態を劣化させても知らん顔の猿が、この国のボスの座に座っておるんだが‥。
情けないのう。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月 1日 (木) 11時15分

【ニュージランド沖でM7.2の地震があったらしい】

 2011年2月にクライストチャーチで地震があったことを思い出しますね。それから1か月後に起きた巨大地震。

 まあ関連があるのかどうかについて、当時も解らなかったのですが、不安がありますね。

 何も起きなければいいのですが、
今回の地震については津波の心配はないという気象庁の見解が公表されています。
 被害の報告等々の報道は今の段階ではなにもニュースになっていませんね。つい先ほどラジオのニュースで知ったばかりです。

 今年は何か、不安ですね。

投稿: 旗 | 2016年9月 2日 (金) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64113964

この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラなど:

« 大田市場・二十世紀梨セレモニー | トップページ | 城崎温泉、養父市特区など »