« イシバチャンネル第六十七弾 | トップページ | 父命日、加藤元幹事長ご逝去など »

2016年9月 9日 (金)

いすみ市、幌加内町など

 石破 茂 です。

 6日火曜日にテレビ朝日の「橋下×羽鳥の番組」なる、バラエティなのか報道なのかよくわからない番組の収録がありました(放映は12日月曜日午後11時15分)。2時間の収録でしたが、実際にオンエアされるのは40分くらいのものだと思われます。2時間のほとんどは橋下前大阪市長と私との、バラエティとはおよそ程遠い硬い内容のやり取りでしたが、これをどのようにバラエティらしく編集するのでしょうか。

 今から27年も前、当選1回生の頃に「朝まで生テレビ!」に出始めて以来、テレビには随分と出演してきました。勿論生放送は生放送なりの、収録は収録なりの多大なリスクを承知の上ですが、いつも「どのように話せば解ってもらえるのか」という試行錯誤の連続です。
 当選同期の畏友 故・新井将敬代議士が自死の前日、本会議場で隣席であった私に「メディアに受けようとしてどんどんと発言が過激になってしまった。持ち上げるだけ持ち上げて、その後に落とすだけ落とすのが報道のやり方であることをもっと知るべきだった。お前も気を付けろよ」と遺言のように言っていたことをいつも思い出し、自戒してはいるのですが。
 安全保障や地方創生、農林水産などはそれなりに理解しているつもりですが、外交などのテーマからはしばらく遠ざかっていたため、ここ数年の論説を可能な限り読んで理解するのがかなり大変で、結局睡眠時間を削る他はありません。世の中には自分の知らないことがなんと多くあることか、いつも思い知らされます。

 4日日曜日に開催した政策グループ「水月会」の研修会はフェルドマン博士の講演など、とても充実した内容でした。かつて渡辺美智雄先生が「確信犯が20人いれば世の中は変わる」と仰っていたことを思い出します。
 「自民一強」は、人口や財政、社会保障の持続可能性の回復、安全保障の法制や装備・人員の整備など、今やらなくては日本の将来が危ういことに対して、たとえ強い批判があってもその解を見出すためにあるものです。
 1868年の明治維新以来、日本人は半世紀に一度、「グレート・リセット」を行って国家を再生・発展させてきた、との見方があります。再来年は明治維新から150年。1968年の明治100年以降、日本はグレート・リセットを怠ってきたのではないでしょうか。己の責任を痛感しつつ、今こそもう一度それが必要な時であると考えています。
 研修会では私も40分ほど話し、その8割を政策論に割いたのですが、報道は「石破氏 総裁選に意欲」というものばかりで、どうせそんなものだとわかってはいるものの、とても残念な思いがしたことでした。
 健全な民主主義は健全な報道があってこそ成り立つものなのですが、政局偏重の報道ぶりには危惧の念を感じずにはいられません。

 現時点で直近の詳細な状況はわかりませんが、北朝鮮の度重なる核実験については、その意図、就中金正恩体制移行後のそれを多角的に、詳細・精密に分析しなくてはなりません。北朝鮮は「瀬戸際外交」を企図するというより、アメリカの大統領選を睨んで冷徹に核抑止力の保持を志向している可能性も決して否定できません。
 この春36年ぶりに行われた労働党大会、その後の最高会議における憲法改正の意味、中国の北朝鮮に対する対応と同じく隣国で核実験を行ったパキスタンに対する対応との類似点など、論ずべき点は多々あります。

 先週末は千葉県いすみ市、今週水曜日・木曜日には北海道幌加内町に行って参りました。
 派手ではなくとも、今地元にある魅力を最大限に生かし、発信していくという地方創生の理念に共感し、呼応して頂いている自治体や民間の方々は確実に多くなりつつあることを実感しています。
 いすみ市の鉄道を生かしたまちづくり、幌加内町の町立高校の独自の教育(そば打ちが必修科目)による人づくりなど、それぞれの地域の素晴らしさに大きな感動を覚えた1週間でした。

 週末は、10日土曜日が自民党「とちぎ未来塾」中央研修会で講演(午前10時・党本部)。
 11日日曜日は「今枝宗一郎衆院議員を育てる会」「同君の自民党国土建設委員長就任祝賀会」で講演・挨拶(午後6時・ゲストハウス プリエール・愛知県豊川市)という日程です。

 夏はいつもあっという間に過ぎ去ってしまい、気がつけばもう秋の中にいるというのが昭和54年の就職以来37年間ずっと続いていますが、今更ながらに自分のオンとオフの切り替えの下手さ加減が嫌になります。いつも書く「待て暫し。やがて汝もまた憩わん」(ゲーテ)というのは本当かな…。

 9月も半ば近くになりましたが、残暑厳しい日々が続きます。皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

Dsc_2352

|

« イシバチャンネル第六十七弾 | トップページ | 父命日、加藤元幹事長ご逝去など »

コメント

お疲れさまでした~

投稿: mr | 2016年9月 9日 (金) 20時38分

    メディアが政治家を持ち上げて落とすと言うのは当り前で舞い上がる政治家に甘さがある為に同情の余地がありませんね。政策無能集団の民党も持ち上げられて地獄に堕ちましたが実力が無いだけに当然の結果であり落選しようと解党しようと国民からすれば仕事をしない議員を雇う必要は無いと一蹴されても仕方が無い。残酷ですか?政治と国民が良好な状態にあり政治体制が機能しているならばそうも受け取れますが国民を弾圧しようと思えば出来るのであまり同情する必要は無いでしょう。民主の村と言われる民衆から選ばれた村長が共産党に拘束され判決が出たがあの様な政治体制だと国民への言論の自由への弾圧だけでなく、法的根拠も人権も無いに等しい。国家が国民を搾取しようと思えば北朝鮮の様に強制収容所に送り奴隷労働させる事も国家であるがゆえ出来る。勿論、日本の政治体制はその様な状況に無いし国民と政治が良好な関係にあると言って良い。しかしだからと言ってメディアが政治家にとって批判や持ち上げて落とす事をしないと考える政治家がいたとしたらあまりに甘過ぎる。政治は殺されない言論による戦争であるという事だ。甘い考えは自らを滅ぼす。

投稿: 忍者 | 2016年9月 9日 (金) 20時38分

グレートリセットと言う現代的な言い方はともあれ、戦国時代から徳川幕藩体制、その後、280年に渡る官僚政治からの社会の停滞からの改革、明治維新からの国家形成は間違いなく日本にとって転換期であり変らなければいけない現実があったのだと思います。戦後の自民党60年体制が崩れ、選択肢を作るべく民主党政権が生れましたがあまりの稚拙さにより失敗し現在に到りますが、自民党内での改革も完全ではないにしろ進み、後は弊害と規制緩和をどう本気でやるかに日本の将来がかかっています。しがらみにしがみ付こうとしても国民からは都政を見ても分る様に支持されませんし、嘗ての成功を捨て新たな組み立てが必要なのにも関わらず、変る事が出来ない人達が利権と権力を振るいますが国民は改革する人を標榜します。橋元、東国原、小池と県の危機に対して改革を訴えた人が国民に迎え入れられたのは当然の結果でしょう。何らかの破綻があるまで改革出来ないのはその国民や政治家が問題を放って置いている証拠でやらざるを得なくなって始めて誰かがやると政治決断をする事が多いのではないでしょうか。人も国家もいかなる組織も問題を解決せず、何もしないという選択は楽であり危険が伴わず、誰かが何時かやるだろうと惰性にながされている事なかれ主義に他ならない。さて日本のグレートリセットに於いて誰が本気で日本を将来の為に変える政治的意思があるのか試されるのが今現在の政治状況である。少なくとも安倍総理は見事な外交を展開し、防衛費を増額し、周辺国を非難、又は関係改善し物事を前進させようとしている。正直に言えば、総裁の任期がどうのというより、日本にとってそれが良いのかどうか、腐敗や癒着、独裁体制に陥らない事に注視すべきで政治が安定し発展するなら例外もしかりというのが国民の考えだろう。

投稿: 永劫回帰 | 2016年9月 9日 (金) 21時40分

石破閣下

お疲れ様です

フェイスブックの写真登録が出来ずオロオロするばかりのポンコツモデラーですがコメントさせてください。北朝鮮の核弾頭ですが、原水爆の起爆装置には大まかに2種類あったと思います。ひとつはレンズと呼ばれる特殊な爆薬の集合体を使うものと、レーザー起爆方法がありどちらも高度な設計・製造・素材技術がなくては無理なもので、弾頭化する小型化は驚くほどの高度な科学・生産技術が必要なものばかりです。ロケットごとき比較にならないというだけではありません。核弾頭製造に必要なウラン235・プルトニュウム239の抽出・不純物排除と中性子による自己崩壊による無力化防止(核分裂が84回連続しないと核爆発にならず、純度・不純プルトニュウムの混在による臨界連鎖の中断)など基礎技術問題が突然解決できた謎、さらにこのような工業生産に必要な安定した膨大な電力供給が可能となったと思える事態、北朝鮮の経済が安定しているのではという謎、あばれまくる中国でさえお手上げとは・・・これは本当に謎でしょうか? 
 参謀要領(ドイツ参謀の)を要約すれば以下の手順で判断します。1、状況判断 2、企図 3、措置 4、効果/追加の打撃 と分析と実施します。正確な状況判断なしに作戦など立案できず、まずは参謀本部2部が徹底調査が大前提なのは実は旧軍でも同じです。なにか重大な見落としがあるのでは?もし北朝鮮がいま無ければどのような極東情勢であるのかは論じることがまるで禁句のよう・・・(論じるのが恐ろしい?)シミュレーション上ではこれで北朝鮮は中国や極東ロシアの主要拠点を射程にすべて収めたことになり、周囲のすべてを敵に回すことになんのためらいを持たないのはナゼ?
 今回はナゼ・ナゼばかりで申し訳ありません。唯一の回答は無いと思いますが簡単にナゼを納得しないことが参謀の心得です。あるべき参謀の姿とは敵も味方にする心得で事態に望むこと(シュパイデルだったかな?)です。
11日には我が郷土にいらして下さるのですね。ありがとうございます。郷土愛の思い込みも多かろうと思いますが、ここ三河は天下の雄を決する因縁の地です。閣下がいまこの地を訪れるのはそれは何かの予感を感じざるをえません。誤字・乱文お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年9月 9日 (金) 21時55分

世界銀行によると、2015年の一年間で中国に於ける魚介類消費量は、世界全体の35%を占めているそうです。今後も増加が予想され、14年後の2030年には43%に達する見込みだといいます。〈ネットニュースより〉
石破先生、日本各地の養殖産業をもっと活性化させ、また様々な稚魚等の海への放流を増やして、日本の海産物資源を恒久的に確保してゆく努力が必要だと思います。

投稿: hiroyuki hasegawa | 2016年9月10日 (土) 03時18分

橋下徹さんとのテレビ対談、放送を楽しみにしてます。
私は徹さんと同い年なので、政治家として期待していたのですが‥‥
石破先生ほど才能に恵まれた方はまれなのかもしれません。
お話も文章も説得力があって、いつもすごいなあと思います。
ここの常連コメンテーターの方々の文章もすごいですね。
ミニ政治塾みたいで、すっかりはまってしまいました🐤

投稿: キイロイトリ | 2016年9月10日 (土) 10時09分

水月会HP&TV第一回古川禎久さん http://goo.gl/X2CmyZ 
これは非常に上等な番組企画だと思う。平将明さんの進行も好い。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月10日 (土) 17時04分

石破先生お疲れ様です
メディアは油断ならぬ存在ですが自分の存在や考え方を広く伝えるにはなくてはならない存在ですね。かくいう私もテレビで理路整然と話す先生のお姿を拝見しファンになりました。
最近そのメディアに先生は総裁任期延長否定派の筆頭格とされていますが私は総裁任期延長は賛成です。やはり二期六年は諸外国の指導者の任期と比べても短いと思います。日本の将来のためもっと長い目で政権を運営していただきたいという思いがあります。
現状総裁任期延長は安倍政権の延命と受け取られていますがそんな簡単に再選できるでしょうか?アベノミクスですがその時また道半ばなんて言ってもさすがに通用いたしません。もし経済を成長軌道に乗せ日本経済が大きく生まれ変わり発展するならやはりその手腕は評価されるべきで国民からもっとやってほしいとなるでしょう。
ポスト安倍を伺う方々は総裁選で堂々と安倍さんとやるくらいの気概を持っていただきたいです。私は総理は四年二期の八年ないし九年はやってほしいです。そういう意味で総裁任期延長は賛成です。
総裁任期延長反対を唱えるなら決して私欲で言っているわけではないとその時はお話を聞きたいです。現状石破先生はどちらか明言されていないと私は思っておりますので周りとのしがらみもありますでしょうがより良いお考えを聞かせていただけるよう待っております。

投稿: koha | 2016年9月10日 (土) 23時36分

いすみ市へお越し頂きありがとうございました。いすみ鉄道(い鉄)は心からお楽しみ頂けたと思います。木戸泉の古酒はいかがだったでしょうか?い鉄にはレストラン列車のみならず、居酒屋列車というのもございます。疲れたときの心の癒し鉄道です。東京から1時間です。またお越しください。石破さんを期待している人が沢山います。頑張ってください。
ところで、国会に超党派のローカル鉄道議員連盟というのはないのでしょうか?

投稿: 田井秀明 | 2016年9月10日 (土) 23時39分

石破様、お疲れ様です。世界の状況が少しずつ変化していることを感じます。確信犯とは信念、理念に基づいた犯罪でしょうが、宗教改革者や革命家などを意味するように解釈しました。信念や理念を持って貫く人生とは大きな犠牲が入りますし、並大抵の人ではできないことだと思います。私も、網走市でキリスト教会を0からつくる仕事に12年間携わっていますが、はた目から見るともの好きなように思われるかもしれません。しかし、それには自分に与えられた使命というものを感じて貫いてやっています。人生を夢を持って歩むことは幸せだと思っている昨今です。

投稿: hitomugi | 2016年9月10日 (土) 23時59分

各種スポーツイベントに参加した場合、商品券や健康グッズに交換できる「健康ポイント」を付与する事業を始めてはどうか。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年9月11日 (日) 08時45分

北朝鮮のミサイル発射、核実験などに対し、世界中から非難の声が上がっています
このミサイル発射、潜水艦からのミサイル発射、また核開発について、少なからず、ロシアの影がちらついているように見えるのですが、どう思われますか?
北朝鮮がこんなに急に技術の進歩ができるとは考え難く、様々な技術をロシアから買ったものと思われます。ミサイル発射のできる潜水艦はロシアの中古潜水艦です。
安倍政権は、今、ロシアとの様々な協力を進めようとしていますが、このような影でとんでもないことをしているロシアと技術や経済の交流をして大丈夫なのか、心配です。
結局、日本にとって大損害になるのではないかと危惧しております。

投稿: ブリーチ | 2016年9月11日 (日) 08時51分

   ≪ちょっと喉に閊えたので‥≫
引用【「自民一強」は‥今やらなくては日本の将来が危ういことに対して、たとえ強い批判があってもその解を見出すためにあるもの】
⇒この一文が示す石破さんのご主張は額面取りにとれば、全く同感です。真っ当で多様な熟議を担うべき野党が今のように軟弱さや未熟さ(一部には歪みもある)を曝しているのですから、ご主張に異議を差し挟む余地はない。キッパリ!
然し、今の日本の政治が民主主義に照らして望ましいものか??の観点で診れば全く違う景色になる。外形的には「自民一強」だが、正しくは「安倍晋三自民の一強」であり、更にその内実や細部(神も悪魔も棲むのが細部)は「安倍晋三一強の自民」です。その所為で、自民党の中に≪真っ当で多様な熟議≫がない。容易に棄損される民主主義の政治が、安易に棄損されている。そこが大問題であり、この国が抱える深刻な問題群(so many serious problems)の病巣なんです。
まあ、以上のことどもは、今や、待望久しい石破さんが、水月会を基盤にして、「安倍晋三一強の自民」に挑んでおられるので多言無用なのですが。ちょっと喉に閊えましたので、愚見を付言させて戴きましたw。

(蛇の足)従来の愚コメントで多用してきた「安倍Monkey」の表現は、この石破さんのブログでは使用を止めました。安倍→Abe→Ape→Monkeyと変遷しそれなりに道理に適う表現だと云う確信はありますが、人間に引き当てるには如何にも言葉が汚く、従来「黒塗り・伏字」と但し書きしても、自分が穢れる気分が払拭できないのですw。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月11日 (日) 11時04分

【レーガン大統領暗殺未遂事件の犯人が、精神病院を退院するそうだ。】

 時事通信にその記事があった。(時事通信 9月11日(日)6時8分配信)

『ワシントン時事】1981年にレーガン米大統領(当時)を銃撃する暗殺未遂事件を起こしたものの、精神障害を理由に無罪判決を受けたジョン・ヒンクリー氏(61)が10日、長年入院していた精神科病院を退院した。』

 彼の犯行については、冤罪の余地がない犯行であるのは明白で、かつ政治家の暗殺未遂事件について議論されるような黒幕の存在を疑わせるような証拠などが、どこを探しても出てこなかったことも明白であったそうだ。そしてその犯行動機が非常に特異であったので。事件そのものの裁判では『無罪』になったので、それもまた大きく世界を驚かす結果になった。そして、精神病が原因で犯罪を起こした人は、米国に於いても、精神病院に措置入院という手続きが取られ、仮退院の許可を得るまでに長い時間がかかり、その間彼の私物に犯行の動機となった女優の情報を記した資料の発見などがあって、彼の扱いに変化があったような時期もあるらしい。基本的には、精神病院との関係が途切れることがなかったようだ。そして、この記事にあるように、ようやく退院が認められたという事のようである。この間、レーガン大統領は故人となっており、大統領を銃撃から防ぐ事態になって重傷を負ったジェームズ・ブレイディ報道官は2014年に事件の時の怪我が原因で73歳で亡くなっておられるそうだ。つまり、この事件で生き残っている重要な当事者は、加害者であるこのヒンクリーだけなのかもわかりませんね。35年の年月がここにあるわけです。

 この事件があったことで、JFKの事件の解釈が、解らくなったという人もおられますね。政治的な陰謀を企む勢力だけではなく、普通の精神状態ではない個人がもしかすると、という事もあるわけで、それがないと云えるほど証拠の提示がどこにもありません。注目を引くために犯罪を犯すという人も昔からいるわけで、それが精神的に可笑しい人だけの特権なのかどうかもよく解りませんね。検察官の主張は、彼のやった行為は刑事事件として見るなら健全であるとでもいうような主張をしていたそうだ。つまり、計画的に女優の気を引くことが目的で、女優に向けた犯行予告をやっているという点や、大統領の行動を綿密に調査した上で、犯行に及んでいる点。そして、この犯行は前任のカーター大統領の時から計画の発案と実行があったという点に於いて、つまり大統領なら誰でもよかったという点ですね。等々を見れば犯行動機の異様さがあるけれども、犯行に寄せる執着は常習的に盗みを繰り返したりするような常人の犯罪者と変わらない精神状態があるという判断ですね。
 しかし、犯行動機がやはり異常性を示す(女優の気を引くために一国の元首を暗殺する)と云う点に拘るわけなのだろうと思います。今ならこれはどのように評価されるのだろうかという疑問がありますね。
  
 今回の退院は、35年も監視下にあれば安全な男になっているという判断なのだろうか?
 或は、61歳になれば犯罪は起こさないと判断したのだろうか?
 この事件は犯人の精神状態が問題とされて犯人の無罪になったが、それなら、JFKの弟RFKを暗殺したサーハンサーハンという名前の正体不明の人物は今も獄中にある。あれはどうなのかという話が出てくることがない。彼もまた犯行動機がよく解らないし、犯行の瞬間も覚えていないという謎の人物である。裁判では、パレスチナ問題が関係するというような政治的な発言が大きな注目を浴びた事件のようである。そういう動機が暗殺事件の動機になるのかという事である。
 米国では、過去にリンカーン大統領を暗殺した俳優もまた、『歴史に名を残したい』という意味の発言があったように個人的な欲求がどこか犯行の動機に結びつく処がある。その意味では、サーハンの動機は異常であり。ヒンクリーの動機が正常に見えてくる。そして、その動機を含めてその一切が不明になっているのが、JFK暗殺事件ではありませんか?
 米国は、レーガン大統領暗殺未遂事件から何も学んでいませんね。例えば、この事件では銃器の取り締まりについても大きな問題提起となったのに、ジェームズ・ブレイディ報道官の名前を冠したブレイディ法の成立すらできずに終わったことでも有名ですね。米国は、銃器ひとつ満足に取り締まることもできない社会なのですよ。この35年間に銃器で殺された人の数は気にならないのだろうか?

 異常なのは、ヒンクリーではなく米国社会かもわかりませんね。

投稿: 旗 | 2016年9月11日 (日) 16時28分

【今から27年も前、当選1回生の頃に「朝まで生テレビ!」に出始めて以来、テレビには随分と出演してきました。】

 石破さんは、超ベテランのテレビタレントという人なのかもわかりませんね。業界の駆け出しよりは詳しい立場にあるような気がします。そういう石破さんでも、この業界は何を企んでいるのかよく解らない処があると率直に述べておられます。40分の番組に2時間以上も拘束するのは悪魔の仕業である。同じような感想は笑犬楼筒井康隆氏も、ネットで公表しておられる日記に不安と不満をそれとなく書いておられますね。彼の場合は、80歳を超えて仕事がある事に喜びを感じておられるようであからさまな不満が出てくることではありませんが、残り少なくなったと感じておられる生きてる時間について不安があるようだ。無駄な時間を使いたくないという思いがあるのだろう。
 そう云う意味でも、40分の番組に2時間以上の拘束があるのは、悪魔のなせる業としか思えませんね。時間を惜しむ人から見れば才能のないデレクターが無駄に会話をさせて使える部分を引き出そうとしているだけなのかもわかりません。能力のない人の下にいる番組の不幸と云う事なのか、政治的な失言を待っているだけのアンチなのか判断のわかれるところです。
 彼等は、基本的に注目されればそれでよいと云う立場なので、視聴率のことしか頭にない。政治家の時間を無駄にすることなど気に留めるはずがない。朝までテレビという番組も、最初の頃は、それなりに番組の存在に意味もあったのだろうと思いますが、全く見なくなったのは、やらせのような誘導を感じる場面があったことでシラケたのが原因ですね。大まかな台本のようなものがあるのだろうと思い、テレビ自体を見ることが無くなったので、関心もないですね。

 テレビは傍若無人な人がその采配を握って運営をしているのだろうと思います。彼等は、自分には才能があると思い込んでいる人々の群れである。相手にするほどの価値があるのかどうか疑問ですね。傲慢な人々が、世論を作っているとうぬぼれているように見えます。
 やらせは今もあって、NHK等は今も手を変え品を変え、国民を騙そうと躍起になっている。彼等は信頼するに値しない人々である。貧困女子高生のような例は今後も出てきますよ。
 捏造しても恥じることがない。耳が聞こえる普通の作曲家では注目を集めることがないという事実ですわ。嘘を洗練するだけの業界と思ったほうがいいのかもわかりません。

 石破さんはそういう色に染まらないで頑張っていただきたいですね。(この部分は、太田裕美の『木綿のハンカチーフ』の心境ですね)

投稿: 旗 | 2016年9月11日 (日) 17時05分

   ≪ご希望通りに襲い掛かって来る道理はない≫
9/7公開Video:Junichiro Koizumi : establishing “the Operation Tomodachi Victims Foundation”https://youtu.be/woTHTPUqjNM 
【安倍晋三のUnderControl!発言に関する質問に:あれは嘘だよ。よくあんなことが言えるよね】
⇒日本の市民も庶民大衆も国民は全員がこの小泉節を堪能するべきですね。笑いあり涙あり。どんな芸人が誘う笑いより上等です。安倍晋三や核発電ムラの悪辣さが如何なく暴露されている。
就中、「私は専門家の言うことよりも、自分の常識を信じる」と云う件りは真理であり、痛快でもある。但し、相当に練磨された上等な人物に限定されるが。然もないと、安倍晋三の如く、私情に駆られて暴走する無様を曝し、国家や国民を深刻な危機と危険に露す。
【外交などのテーマからはしばらく遠ざかっていた】と仰る外交戦略も然りながら、石破さんの核発電に対する基本姿勢は如何なりや?
世界情勢も、日本国内の諸課題も、シンゴリラも、石破さんのご希望の順序通りに襲い掛かって来る道理はない(キッパリ)というお話です。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月11日 (日) 18時18分

【豊洲盛り土問題の行方】

 東京都が抱える山ほどある問題のうちの一つであるが、その影響は各方面に波及することがあるので、小池知事による緊急記者会見があったようだ。
 築地市場の移転先に挙がっている豊洲の地下の盛り土が、都がこれまで公表して情報公開してきた事実とは異なる可能性があるという話である。豊洲は以前の所有者が、東京ガスであったという事で、そこではベンゼンなどの有害化学物質の使用があったとされている処である。これ自体は早くからわかっていた事実なので、都は、土壌の入れ替えをすれば安全の確保が可能であるとして、そこで850億円ほどの金を使って、土壌入れ替えを行ってきたという立場であったようだ。しかし、豊洲にある建物の地下はどうなのかという事が問題になり、染み出た水が汚染されているのではないかという話が持ち上がって、急遽、前任者の話した関係部局の話を確認する必要に迫られたそうである。
 都がこれまで行ってきた話とつじつまの合わないことが浮かび上がってきているという事から、確証となるものは未確認であるが、怪しいという疑いが浮かんでいるらしい。担当者も、土壌入れ替えが確実に全域に及んだのかについては自信がないらしい。実に大変な事態が出てきたようだ。
 なぜ大変なことかと云えば、大阪には具体的な実例がある。天満で三菱地所や三菱マテリアルが明治時代より所有していた5ヘクタールほどの土地があり、それは銅の精錬などを行ってきた工場の跡地なのであるが、開発して高層マンションを分譲するという事になった際に、どの程度土壌の入れ替えをしたのかよく解らないが、購入者にはその説明がないまま高層マンションの分譲をやってしまったことで、宅建業法違反事件となってしまった。事件発覚は、平成5年頃だったような気がするが、行政の処分が決定したのは、平成18年である。この重大な告知違反事件について、期間を定めたとは言え、宅建業法史上画期的な業務停止の処分があった。
 大阪には、他にも、これは大阪市も巻き込む事件となったユニバーサルスタジオジャパンの土壌問題というのがある、今やアジアのテーマパークとして、東京デイズニーランドと人気を2分する施設であるが、あの広大な敷地は昔、住友金属の銅の精錬所があった工場跡地である。当然、ここも土壌の入れ替え工事をどの程度の規模でやったのかについて問題になった。この問題は、出資した側に大阪市が関与しているので、どういうわけかわからないが、いつの間にか問題自体がかき消されていったような記憶しかない。
 ネットで検索したところ、『USJでは、現在ジュラシックパークがある場所に7万㎥程度の住友金属の廃棄物処分場があり、そこが一番汚染されていました。ここでは基準値以上の汚染土壌を掘り出し、駐車場の下に埋め込んでいます。』との記述が出てくる程度で、三菱地所の高層マンションほどの大きな問題となるような認識がないのかもわかりません。
 こういう例のように重大な事態が後になって押し寄せてくる問題でもあります。今のうちに解決がなされないと、重金属を含む汚染水が市場の施設からにじみ出れば、廃業に追い込まれる業者が大量に発生することになります。三菱のようなわけにはいかない事態が発生しますね。

 都市部に今も残る広大な土地というのは、このような過去を持つ工場の跡地とか、施設の跡地ぐらいしかないような気がします。環境に与える影響というか、そこに住めば、考えられない様な被害が発生する可能性があります。
 東京に広大な土地が比較的多く残っているのは、大名屋敷跡が多くあったという史実によりますね。しかし、それも戦後はなくなり、東京ガスの跡地というような用途が何であったのか心配しないと使えない敷地が目につくようになっているのではないかと思います。
 

 築地からの移転は、時代の波なのかもわかりませんね。
 ついでに言えば築地の朝日新聞もどこか他の支局、例えば、大気汚染を報道するなら、今が旬の北京支局辺りに本社を移したほうがいいような気がしますね。そうすれば、そこにいる中の人も、外から朝日を見る人も、喜ぶ人は多いのではないだろうか?

投稿: 旗 | 2016年9月11日 (日) 19時28分

石破さんは時間をさいて勉強されている政治家

なのでテレビ番組の時でも質問にも余裕に答え

ていらっしゃるように見えます。

石破さんを支援する人達がたくさん増えたらいい

のにと思います。

投稿: くま | 2016年9月11日 (日) 19時52分


石破さん、お疲れ様です(ಠ👄.ಠ)

大臣を退任されても相変わらず多忙な日々のようですね。大臣の際の公務がまだ残っておられるようですし。ですが読書の御時間が少し増えたようなので沢山の情報を整理出来るのは良かったなぁと思っております。私の方はまたまた困った状況でして。ですが頑張りますよ~✊(ಠ👄.ಠ)頑張り時ですし両親のお友達の方々に支えられつつ…感謝をしながら毎日を過ごしております。詳細はAmebaブログのビデオレターで簡単に御話ししております故、もしも御時間がございましたら覗いてみて下さいませ。

http://s.ameblo.jp/lyric-and-front/entry-12194066342.html

オンとオフの切り換えはわたくしも凄く下手です。結局は『真面目』なんですよね。よくそう言われるんです。いつも見えない所でも努力されている石破さんらしいですが、トラップに引っ掛からない程度に羽目を外して下さい(笑)東国原さんとか笑えますけど。

お花見、いつか御一緒させて下さいね。鳥取砂丘も(笑)
では、失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2016年9月11日 (日) 20時10分

やーい。身から出た錆です(ごめんなさい。でも荒川強啓さんは喜んでたに違いない)。
あ、アナウンサーでは安住紳一郎さんが個人的に贔屓です。
羽鳥さんはあの番組だとあんまり存在感が無い感じがする。

加藤紘一先生がお亡くなりになられましたが、加藤の乱ってどういうものだったのでしょうか?
谷垣さんは元気なのかなぁ。

投稿: きました | 2016年9月11日 (日) 20時26分

橋下さんと羽鳥さんの番組、面白いのでよく観ています。
12日の放送も必ず観させていただきますね(*^_^*)
稲田さんも良いですが、個人的にはやはり防衛大臣は石破さんにやって頂きたかったです。。

投稿: 一ファン一意見 | 2016年9月11日 (日) 23時54分

【北朝鮮の核実験】

 重陽の節句にあった核実験は、リオで開催中のパラリンピックを無視したような蛮行であり、1964年に東京オリンピックの開催中にあったシナ帝国の核実験を思い起こさせる蛮行でもある。シナ帝国外務省は、強く抗議するとの声明を公表しているようだが、北朝鮮が宗主国の真似をしたと言えば、どう答えるつもりなのか興味がありますね。
 ロイターの記事は
『[北京 9日 ロイター] - 中国外務省は9日、北朝鮮の核実験に断固反対するとの声明を発表した。状況を悪化させる行為を控えるよう強く求めた。
 中国は朝鮮半島非核化の目標を堅持するとし、問題解決に向けて6カ国協議を活用することを支持すると表明した。』

 この記事に書かれていることは、抗議はするが、制裁については何も触れていないという事実である。東京オリンピック開催中の核実験についても制裁がなかったという事を思い出さないといけませんね。彼等は北朝鮮にだけ制裁を求めることができると思っているのか疑問ですね。朝鮮半島における政治家の発言と行動が随分前からピントが外れまくりなのは、そこに東京オリンピック開催期間中に核実験を強行したシナ政府に対して50年以上経過した今に至るも謝罪どころか、説明も求めてきたことがないという背景があるからだと思いますよ。北朝鮮に向かって何が云えるのか不明ですね。
 シナ帝国から見れば核兵器保有国が同盟国の中から誕生して喜んでいるのが実情ではありませんか? パキスタンという国を見れば、シナ帝国が今も友好国として重きを置き、つながりを維持していることが解りますね。シナ産の潜水艦の購入まで検討しているという話もある。友好関係にある国に技術的な援助をしてきた疑いがありますね。北朝鮮については旧ソ連という可能性もあるが、核実験が続いてきた時期を見るなら、シナ帝国の了解、或は黙認に近い合意があったと見たほうがいいのではないかと推測しますね。笑いの取れないボケ役ばかりの漫才の様な非難声明は、国際社会を甘く見ているように思えてきます。彼等は、やはり、米国の出方を見て威嚇しているのだろうと思いますね。シナ帝国が背後にいなければ出来ることではありません。

 重陽の節句は、彼等にとっては建国記念日と重なっている。9.11の2日前と言う事もまた効果を意識したものかもわかりませんね。
 シナ帝国のどのクラスの勢力が背後にいるのか興味がありますね。
 
 シナ帝国にしてみれば、中央の政治局員トップ3が、2014年から2015年にかけて韓国を訪問し朴大統領と会談を重ね、陣営に引きずり込むことに成功したと思っていたのではありませんか? それがサードの配置を巡って元の木阿弥のようになる寸前であるという事も、北朝鮮を焚き付ける要因に見えますね。
 韓国は何が狙いなのかわかりません。韓国の破滅を目指す外交姿勢が、この場合大きな問題ですね。韓国は自分達だけでコントロールできない問題に首を突っ込み無責任な振る舞いをすることで存在をアピールしたいという願望があるようです。今回はそういう一連の外交姿勢を伴う行動や発言などが、すべて彼等の予想を裏切る形になっているのは笑い話では済まないものがありますね。
 韓国経済もまた、海運業の分野から深刻な破綻が始まっています。やけくそ状態になっているのは朝鮮半島のどっちの側なのかという事を見極める必要がありますね。北朝鮮による核実験のタイミングは韓国の経済の動きと無縁であるのだろうかと怪しむ必要がありますね。普通の状態にあっても隣国が核実験を引き起こすとなれば株式市場や為替に影響があります。それだけではない深刻な海運業界の破綻があると思われている最中にこれが起きるとなれば破綻の加速という事態に至るのではありませんか?
 南シナ海の問題で、韓国政府はハーグの判決が下りた今に至るも明確にシナ帝国への批判をしたことがない。しかし、サードの設置については決定したと表明している。あやふやな立場のまま乗り切ることができると考えているようだ。シナ帝国は、6カ国協議の活用を支持すると声明で述べているが、6カ国協議があってないような状態に陥って10年ぐらいになるような印象を受けますね。2005年の核実験が原因で開催されなくなったように思います。今更それを復活させることができるのだろうか? 振出しに戻って1から同じ話を始めたいのか?

 東アジアは、態度を決めかねているバカな国がいるために大変な事態になりますね。例えば、日韓スワップはこれで、つまり北朝鮮のこの核実験で危険な信号が灯ったと言えます。破綻する国の通貨とスワップ協定など結べませんよ。慎重に検討したけど無理ですという回答を早い段階で出しておくべきですね。
 制裁に武力行使を求める声が挙がっても不思議ではない状態にあります。、ミサイル発射基地の粉砕とか、製造工場の破壊などに限定することになると思いますが、これを速やかに検討する段階にあると思いますね。リアルに危険な独裁国家がそこにあります。

投稿: 旗 | 2016年9月12日 (月) 02時18分

最近市議会と言う物を傍聴致しましたが、そのいい加減さに嫌気がさし途中で帰宅しました、私が見た限り細かいことをわざわざ時間をかけて政治にゆだねるとは愚の骨頂のように思えました。国会は傍聴して居ないので何とも言えませんが、一見て十を知る事の出来る人ならば、そのくだらなさは容易に理解できるでしょう。私は森田健作のような人が知事になった所以が分かる気がします、政治とは経済を優先すべきで権力の象徴としての国会では意味がないと思います。安倍さんがもし国会の長で市長のように振る舞っていたとしたら辞めて頂きたい。それはご想像にお任せします。

投稿: 伊藤芳朗 | 2016年9月12日 (月) 04時56分

   ≪真反対≫
丹羽宇一郎さん【うそをつくな、平和を愛せ http://goo.gl/PDSnuo 】
簡にして明。この丹羽さんの一文に、「美しい国日本、平和を愛する美しい日本人の心」の神髄が盛り沢山に挙げられています。石破さんを想起させる(かな?)。
暗に簡にして明。名指しはされていないが、この一言一句の全ての真反対に立つ安倍晋三を指しておられる。息を吐くように嘘を吐き、危機を煽り殺人兵器の輸出を推進し戦争を愛している。
私がThumbsUpしている丹羽さんと、ThumbsDownしている安倍晋三ですから当たり前の行間読みですけどね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月12日 (月) 09時30分

今年の二十世紀梨、すごく美味しかったです😋
例年より実が大きくて甘さも濃い感じでした💕
まだの方はぜひご賞味ください🐤

投稿: キイロイトリ | 2016年9月12日 (月) 13時09分

キハ58(28?)をバックにしても満面の笑顔。お気持ちを最大限に理解します。

投稿: 国防読者 | 2016年9月12日 (月) 18時20分

オンエアみました。
石破さんは何だか良い人なんだなと、何となく感じました。フワッとしていてすみません。頑張ってください。

投稿: takatoshi | 2016年9月13日 (火) 00時16分

石破先生


橋下×羽鳥、テレビ観させて頂きました。(ちなみに毎週みてます(笑))

私は石破先生も橋下さんも現実的な政治家で好きなので、興味津々で観させて頂きました。

簡単な言葉で失礼ですが大変勉強になりましたし、もう少し観ていたかったです。

自民党の有力政治家の方々も、政治的アピールと言う意味ではなく、たまにはあのような政治番組に出演して欲しいです。

国民も自民党と野党の差が理解できると思うのですが…。

またメディアに出演してください。楽しみに待ってます。

投稿: 哲郎 | 2016年9月13日 (火) 00時29分

久しぶりに書かせていただきます。自民党は好きではなく、いままでアンチ自民でありましたが、その中でなぜか石破さんだけはファンであります。TV番組今観終わったところです。1)始めにお出になるということを知って、たまたまチャネルがそのままで、思わずワーッと喜びました。2)杉村氏が怖い怖いと言っていますが、ちっとも、笑うお顔はとてもチャーミングですよ。3)日本の防衛についての説明、わかりやすかったです。私はピース9に入っていますが、この憲法9条を盾にして、防衛はできると思っています。それでなくても今の国連との条約では日本は先制攻撃、侵略はできないわけですから。といっても国連はなんもあてにならないですけどね。4)ヒラリークリントンは中国と密接すぎるので、彼女が大統領にはなれない状況になり日本にとってよかったと思います。5)これは公表されないとおもいますので言いますが、安倍さんの顔はうんざりです。多くのAnti-自民党の人でも石破さんの登場を待っています。激務でしょうが健康に留意され、体力、知力、精神力を鍛えてその時に備えられてくださいますよう陰ながら応援しております。

投稿: 大竹 葉子 | 2016年9月13日 (火) 00時31分

写真はいすみ市でのご様子でしょうか。
やはり鉄道を前にされると少年っぽくてかわいらしい雰囲気になられますねheart02

「橋下×羽鳥の番組」見ました。
タイゾー氏をバッサバッサと斬る様子にスカッとしましたsmile

ゲル先生って中国人ゲスト(多分、中国共産党の工作員?)に対してもけっこう強いんですね!さすがです。

それにしても橋下氏、あの番組を足掛かりにして政界復帰を狙ってますよね、確実に。
また大阪が引っ掻き回されるのかな?
まあ、私は一応大阪在住ですが、最近の選挙結果で「もう勝手にせい」という気分になってますし、大阪の県民性とも個人的に相性が悪いということを悟りましたので、大阪が更に住みにくくなる前に他県への引っ越しを考えております。

投稿: hinomoto | 2016年9月13日 (火) 02時51分

少子化問題…

また5ヶ月の女の子が母親の手によって殺されてしまいましたね…子育てに自信の持てない親が沢山います…原因は、経済的・精神的など様々…努力しても授からない人も沢山いるのに…
子供は国の宝!
国民の意識を統一して子供たちを育てあげたい

投稿: まな | 2016年9月13日 (火) 07時05分

女子高生には優しい石波氏も杉村議員はビビリまくりで頑張れと言うエールを送っているが防衛に関しては何時もと違う迫力をかもし出していた。北朝鮮の核実験に関して精度が上がり何時でも正確に落とせるぞという恫喝外交を展開しているのは見る人が見れば分る。そして韓国にマッハで飛べる爆撃機を韓国上空に飛ばし展開している米国も何時でも北朝鮮政府を壊滅出来るぞとメッセージを送っている事は間違いない。キムジョンイル政権時もイラクが簡単にやられフセイン大統領が拘束される映像が流れたが世界の独裁者は震え上がったに違いない。民主主義と言う体制や法律が軍事行動に抑制をかけるが本気でやろうと思えば出来るぞという実力を行使する事は時には必要だ。残念ながら日本は先制攻撃は出来ないが今回米国が爆撃機を韓国上空に飛ばしたというのは核先制不使用を否定したに等しく、日本のみならず、同盟国に安心感をもたらすメッセージも含まれていて、又露や中国にも米国を舐めるなと牽制していると見て良い。議員や国も時には気概を見せないと舐められるので優しいが怖いという印象は実は大事だ。

投稿: 忍者 | 2016年9月13日 (火) 08時17分

   政治漫画好きな石波氏が宇宙船艦ヤマトは好きなのはやはり我々の世代ですね。少し若いですが昔の漫画を思い起こしてみるとウルトラマンや戦隊物、あしたのジョーでも世界に出て行く才能、努力型根性漫画が多かった様に思います。最近の漫画についていけない私ですが女性がヒーローになったり、精神が病んでいる漫画が多い様な気がしますが女性が強くなり男性の女性化が進んでいるのを見ると時代を反映しているのでしょう。集団的自衛権や憲法改正が漫画になっていると知りませんでしたが潜水艦と核を抑止に使いながら日本独立でしたかね、欧米と対抗していく漫画ありましたが未だ途中でウル覚えですがこれ等の漫画を読んでも面白いかもしれません。

投稿: 忍者 | 2016年9月13日 (火) 09時58分

  ≪いくつかの悪循環、その根っ子にある病巣≫
引用【「メディアに受けようとしてどんどんと発言が過激になってしまった。持ち上げるだけ持ち上げて、その後に落とすだけ落とすのが報道のやり方である】
斯く石破さんに忠告された新井将敬さんは、20年近く前の当時から、こんな不条理なことにまで、ご苦労を強いられておられたんですね。あの最期も悲惨でしたが、美しい国としての日本もそこに住まう日本人も、本当に貴重で優れた人財を喪いました。勿体ないことです。
然し、20年の年月を経ても、そんな悪しき状況は、特に日本の有力(とされる)メディアの多くは、濃淡に大きな違いはあっても、未だに殆ど改善されていない。メディア経営トップが、真正のJournalismを蔑ろにして、代わりに好い加減なデータである視聴率や発行部数に拘って広告費を払ってくれる大企業に迎合する悪しき歪んだ営業マンに成り下がっている所為でしょうね。ここに一つの経済的悪循環がある。
また、上等で智性を備えた政治権力者ならご法度である「情報統制、Journalismへの容喙」に恥ずかし気もなく手を染める輩が政治権力を握っており、メディア経営トップが、真正のJournalismを蔑ろにして、その政治権力者に屈膝して歪んだ情報を垂れ流している所為もあるでしょうね。ここにも一つの政治的悪循環がある。

それらに通底するのは規範の崩れであり、その産物である悪循環だと思う。それらの根っ子にある病巣は、敢えて今の日本に限定して言えば、政治権力者集団の歪んだ構えにある。何故なら、古今東西を歴史的に診て、身分高き者が創り出す規範に適う政治やその産物である好循環は稀有であり例外的でありその波及は多くの場合難航し遅々とする。が、逆に悪循環は数え切れない多数に上りその悪影響は素早くかつ広く深く及ぶのだから。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月13日 (火) 10時46分

    再び≪SoftPowerの重要性≫
昨夜の「石破X橋下TV」を拝見しました。感想は様々ありますが、一点だけ申し上げると‥、
石破さんは何度か「外交は大切だ」と仰りながらも、その言葉が言葉だけのままさらっと流れ去って、自衛隊の軍事HardPowerの諸課題が熱心に語られていた。即ち、北朝鮮や中国からの脅威に対応する外交には、「日米同盟しかないの?」、また「日本が米国から見捨てられないための日米外交しかないの?」と強く危惧しました。これも、石破さんが、引用【外交などのテーマからはしばらく遠ざかっていた】所為なのかな?と思ったことでした。
同時に、私のこの思いは楽観的なのかな?と云う予感が捨てきれない。大国日本の総理大臣の重責を担うご仁は、右も左も、保守もリベラルも併せ持つ「中庸」の構えが欠かせないのと同じく、20世紀的な軍事HardPowerの素養も21世紀的で智的な(単なる“知的”に非ず)SoftPowerの素質も併せ持つことが欠かせないと確信している。
斯くSoftPowerを重要視してこそ、嘗て某女史に伏魔殿(注)と呼ばれた外務省、即ち日本外交の総本山が抱えている「歴史的な歪みや力不足など様々な問題群」が浮上して来る。然らざれば否、過去と同じ過ちを繰り返す。
(注)彼女が伏魔殿と呼んだ理由背景と、私のそれらが同じである理由はない。恐らく、一部は重なりつつ、一部は異なっているだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月13日 (火) 10時47分

蓮舫さん二重国籍問題shock

日本は台湾を国として認めていないので、例え台湾国籍があったとしても、二重国籍にはあたらない!…蓮舫さんの弁護士談。…と調査結果は、二重国籍shock
今、放棄中です。と笑顔の蓮舫さん…
もし、政府の大臣にそんな問題が浮上した場合、鬼の形相で連日追及(退臣するまで…)する蓮舫さんが目に見えるようです。

投稿: まな | 2016年9月13日 (火) 12時47分

豊洲市場問題…

誰かが判子を押さなければ、全てが進ま無いのが役所…責任者は明確だと思いますが…
悪い奴は公にしないと体質は改善されない。

投稿: まな | 2016年9月13日 (火) 13時08分

   ≪「鰐の口」現象は何処にでも起こり得る≫
FT:Management Lessons http://goo.gl/7GpW0U For mountaineering and workplace teams, co-operation may be a dangerous symptom of groupthink
⇒非常に興味深いですねえ。GroupThinkingやCo-operatingは嘗ての日本の驚異的な経済成長の源泉として世界が大称賛した価値なのですが、今やケチョンケチョンに叩かれている。逆に、欧米流の個人主義的な行動基準の深化が称揚されている。
また、GroupThinkingやCo-operatingが弊害だと鳴らすのは、欧米では足許の軽い症状や未来のリスクに対する警鐘になるのだが、日本では過去に負った重い症状に対する反省や慚愧と云う違いがある。然も、日本のその反省や慚愧は黒川清さんなど一部の叡智人が発信するに止まり、肝心の政治権力の周辺に巣食う者たちや経済界の要人や知識人を自称する連中など政官財学報各界の身分高き者達には殆ど拡散しない。その違いは放置すれば、時間の経過とともに「鰐の口」の如く大きく広がる宿命にあるのに!である。

より普遍的に言えば、国家や企業など全ての組織は、ボスが規範意識を喪い構えを歪め、加えてその部下などの組織メンバーが思考停止し切磋琢磨を放棄してボスに屈膝して仕舞えば、あの東電の如く、自ずから遠くの逞しい他者から適切な「打落水狗」の扱いを受ける仕儀になる。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月13日 (火) 14時30分

蓮舫氏の「台湾籍が残っていました」会見では

選挙の際に「台湾から帰化」としていたことは経歴詐称で選挙違反ではないか、過去の雑誌等に掲載された蓮舫氏の発言の矛盾についてマスコミが一切質問しない

何の茶番劇をみせているの?他人に厳しい蓮舫氏が会見の取材条件に自分に甘い対応をマスコミに強要したのか?そうでないなら日本のマスコミは何処の国のために存在しているのか?

嘘をついていたのに笑いながらの会見に対し批判なし。「男が泣くな」は性差別だと叩かない。もしこれが「自民党議員」だったら?直ぐに大問題として連日報道したのでは?

蓮舫氏が民進党党首になったら
日本国籍取得以降「赤いパスポートになったのが嫌だった」「在日の中国国籍」「華人として」「台湾籍」との公言しておきながら選挙では「台湾から帰化」と嘘をついていたことを「記憶違いであった」とやり過ごそうとする人間に政権を任せようと考えるわけがない
自分自身のことを語ることでさえ二転三転する人を民進党は党首に相応しいと選ぶ。その程度の集団。民進党内からは蓮舫氏の発言のブレを「(事実は違うが)気持ちはうまれたときから日本人だから」で過去の矛盾発言に触れもしない。民主党から立候補したのに「台湾から帰化」の経歴詐称に対し批判する声さえ出ない。民進党が日本人のための政党だと信じられるか?仲間の都合の悪いことは追及しない政党をに公平公正を期待できるか?
蓮舫氏の経歴詐称を質したことを「差別だ」と論点をすり替える民進党が、国の大事に適切な英断なんか出来るはずがない。

台湾当局に蓮舫氏に対し今まで在外台湾人に対し発送する書類を出したことはあるか確認すべき。また、台湾人として蓮舫氏が台湾当局に書類を提出したり権利行使していないかも。議員になった以降に1つでも確認できれば、「台湾籍を保持していた認識がないというのは明らかな嘘」「何故意図的に嘘をついてまで隠す必要があったのか?」
徹底的に追及すべきです。石破議員が防衛大臣の時に把握していなかったということですよね。国会議員に二重国籍の人物がいたことを…
帰化したスパイなら把握し行動を監視するしかないと思いますが当時議員の二重国籍を放置しているのはスパイを堂々と日本国民の税金で政治活動させていたということですよね。
日本国籍であっても「他国のために日本議員になった者」かどうかが問題なのですが、
国会議員の素性も把握しきれていない日本政府が最大の問題です。


投稿: KK | 2016年9月13日 (火) 18時06分

石破先生

今日は!!。
日中はまだ残暑の厳しい時もあるとはいえ、日毎に空気が澄み、朝晩はさすがに涼しくなって来ました。
いつも多忙を極められ、リベラルで国民への誠実な政治に腐心され大変お疲れ様であります。小生は大臣と同郷、鳥取県出身の者であります。

さて、本日は先ず最初に北朝鮮によるミサイル発射と連続する核実験について拙論を述べてみたいと存じます。
北朝鮮による我が国の近海へのミサイル発射と核実験について我が国は厳重なる強い抗議を行い、米韓とも連携の上対北朝鮮への制裁を強める検討を行っています。国連においても強い非難宣言が出され、アメリカは韓国と連携して爆撃機の待機出動とまで考えています。
北朝鮮による瀬戸際外交は、いつまで続くとの目途がないまま、特に我が国日本と韓国はここに来て日毎に緊張感を高めています。

従来北朝鮮はアメリカとの一対一の協議を強く望み、アメリカは過去に柔軟なる対話の上核開発の断念を約束させ、その見返りに大幅な対北支援を約束し実行しようとしました。しかしこれは北朝鮮による一方的な約束破りの結果となり、アメリカのその時の政権は議会より強く責任を追及されました。その結果その後、北朝鮮より何度も一対一の協議を望まれても、アメリカは中国、ロシア、日本、韓国それに北朝鮮のすべて入った6ヶ国協議以外には応ずる気配はありませんでした。

では北朝鮮は何故、一対一の協議を強く望んでいたかと言えば、北朝鮮はアメリカの軍事侵攻が大変脅威の為、アメリカ自身による北朝鮮への国家護持と不可侵の言質、それに対する相当の支援との引き換えに核開発を再度断念する方向であったもの推察されます。

現在のアメリカのオバマ政権は比較的穏健ながら、過去のアメリカは国際社会における保安官のごとく、正義と秩序はわが手にあるかの如く振る舞い、核保有を中心とした軍事力によって担って来ました。過去のベトナム戦争の発端となったトンキン湾爆撃とベトナム戦争の北爆、中南米グレナダ侵攻、イラクのクウェー侵攻に対する湾岸戦争、アフガン侵攻、そして直近ではイラク戦争などであります。
中にはイラク戦争のように後日全くのでっち上げであったと判明した戦争発端もありました。

何れにしても経済と軍事大国のアメリカには、いくらでも国際世論を操作出来、正義の御旗は「我にある」として展開を実施して来ました。その過去のアメリカの海外他国への軍事侵攻の経緯を当然知っている北朝鮮は、再度ここで言えば、まさに「恐怖の相手」なのです。過去にはフィリピンのマルコス政権の崩壊と新政権樹立なども手を染めて来ました。
一対一の協議にアメリカが応ずる気配さえもなく、それならばと「瀬戸際戦略」により時間稼ぎを行い、その間にミサイルと核開発による自国保護の為と言う名目で、核武装を行おうとして来たものと考えられます。

とある報道内容によれば、北朝鮮の先代金正日の元専属調理人であった藤本健二氏(仮名)と金正恩はやはり知己であり、時々北朝鮮に招待され食事なども一緒に摂っていると聞いています。その時々の話の内容によれば、北朝鮮自身も戦争などに発展する事は望んで居らず、少しでも制裁解除により政権の維持と国力の回復を望んでいるようであり、日本での北朝鮮への評判も大変気にしているとも聞いています。
そして、その一方では、アメリカが軍事侵攻を行って勝利を得ても、現状の「北朝鮮では何も得るものがなく、むしろ失うものが多いいから」との理由により、アメリカの軍事侵攻は無いものと「高を括っている」のではないか?とも思われます。

嘗て、2013年中国の習近平氏が政権発足と同時に一番にアメリカを訪問を行い、オバマ大統領と会談しました。その内容はソ連崩壊後の世界の政治・経済・平和の秩序は中国とアメリカが両翼を担い、それによって安定を図ろうというものでした。現在の中国は未だに自国の覇権主義による対外政策を進めて居り、北朝鮮問題については今こそ、大国の責任を担うよう6ヶ国協議再開を念頭に中国に迫り、北朝鮮へも参加を実現させる時であります。

北朝鮮の金正恩は厳しい内部統制と粛清により、自身の権力保持と国家安定を図ろうとしていますが、折しも今回発生した豪雨水害により、数百名の犠牲者と10万人による避難者が出ていて、国際社会に緊急支援を要請しています。国連を中心とした取り組みは勿論必要ながら、「目には目を歯に歯を」の疑惑と不信感の相互連鎖ばかりではなく」、人道的見地からの協議を行うべく、6ヶ国首脳は考慮すべき時であるものと愚考致します。
北朝鮮は自国民を貧困と飢餓に晒しながら、恐怖政治によって政権を保つ非人道的な国家であり、国際社会より非難受けて当然であります。しかし、今冷静な眼で見るとき先ず、いつ暴発するかも知れない核とミサイル実験を先ず中断させる事を念頭に置くべきであります。

アメリカのオバマ大統領は過日の核ミサイル先制不使用のサインを議会から猛烈に反対され、我が国もアメリカに先制不使用に反対を表明しました。その結果断念しましたが、人類はいつまでこのような愚かな行為を続けるつもりなのでしょう!!。

次に固い話ばかりでしたので、多忙な石破先生に少しでもゆとりと参考になればと思い、書籍を推薦をさせて頂きます。
本の名前は宮城谷昌光氏著「楽毅」であります。
宮城谷昌光氏の作品は古代中国の宰相であった「孟嘗君」「長耳」「晏子」などの宰相論に関する著書が多く、大変勇気と知恵と情熱が湧くものです。特に「燕」の将軍であった「楽毅」は感動のあまり、人生観を変えられるほどの名著であります。

今回は長文になり、大変失礼致しました。


投稿: 桑本栄太郎 | 2016年9月13日 (火) 18時50分

番組拝見しました。
自民支持ではないですが、昔からの石破ファンです。
任せて戴けるなら、北方領土は10年で取り返してお見せしますが。

安全保障問題も然る事ながら、
日本が抱える一番の問題は、少子化ですね。
2世代(60年)毎に人口が半分になる。
そんな国家の行く末を放置していたら、確実に民族が滅亡します。
移民論者もいますが、良くて移民だけの国に擦り替わるだけで、
日本民族の減少が止まらなければ無意味です。

少子化対策の代名詞のように子育て支援(待機児童の解消)が言われてますが、
結婚したら待機児童になろうが構わず子供を作るから待機児童になる訳です。
子育て支援は少子化対策にはなりません。
0歳で当たり前のように保育所に入れるのもどうかと思います。
待機児童はほぼ東京都だけの問題であり、
それより遥かに問題なのが東京都の未婚問題です。
東京都は出生率が全国最低にも関わらず、転入超過のため人口は減っていません。
折角転入しても、その半数が未婚のままで生涯を終えようとしています。
どうして未婚問題が発生するのか。
どうすれば解決するのか。
既に答えは出ていますが、それを実行に移す手だてがありません。
未婚問題は、アンケートで関心のある政策にも上がって来ません。

『未婚でいるのは個人の自由だから仕方ない』

この程度にしか思われていないのが現実です。
未婚問題の解決こそが少子化問題を完全解決する唯一の方策であり、
少子化問題が社会保障を含むあらゆる問題の解決を困難にしている事実に
目を背ける議論がまかり通っています。

『未婚問題が諸悪の根源である』

この1点の解決だけを目指して全力で突き進まねばなりません。
未婚という莫大な数の人生負け組を放置したら、この国は確実に滅びます。
詳細はHPを御覧戴きたく思います。
これが自分の仕事です。どうか仕事をさせてください。

投稿: 軍師 | 2016年9月13日 (火) 19時40分

   ≪マスコミのもう一つの顔≫
経済同友会【小林喜光代表幹事定例記者会見http://goo.gl/ICukKm 
Q(記者):日本は個別企業は優れているが‥≪以下省略≫
A(小林): 個別企業でさえ遅れている。‥≪以下省略≫】
⇒図らずも、これは真にボケとツッコミが入れ替わった漫才ですね。
この新聞記者の不勉強ぶりが一刀両断にされていて、皮肉に大笑いできる。まあ、電子部品など極めて例外的で希少な分野に優れた個別企業があるのは事実だが、総体的に実体経済のヘタレの状況も大企業経営者の資質能力の有無や程度も全く理解されていない。日本経済が嵌っている「先進国経済の罠」にも全く思い至っていない。
逆に言えば、小林喜光代表が例外的で希少な「優れた経営者」ということなんですが‥。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月13日 (火) 21時03分

◇◆外国人による内政干渉◆◇
Robert Feldman氏の主な政策は、以下の通りです。
これらが実現されると、日本は周回遅れで、欧米の惨状に突入します。また、日
本の第四次産業革命の阻害要因にもまります。

・海外で「日本移民学校」を設置し、卒業生に日本への
移民権を認める
・金銭解決などを含む解雇規制の緩和、合理化
・労働ビザの緩和
・医療、介護、農業の分野などへの積極的な移民受け入れ
・チーム医療実施のための外国人看護士等の受入れ
・ホスピス、介護施設での海外労働者受け入れ
・外国人ベビーシッター、保育士に関する規制の地方管
轄化
・高齢者の自己負担率の引上げ
・アメリカの退役軍人健康庁の制度に合わせた医療の自
己負担率の導入
・文科省の教育管轄を特区に移管する
・株式会社等による農地所有
・農協への独占禁止法の適用
・農地への不動産信託の導入
・法人の農地保有
・発送電分離
・国家戦略特区推進のため特区担当部局への関係各省、
自治体の人事権付与
・外国法規に基づく教育・金融・法律・医療機関等の認可

投稿: 観測者 | 2016年9月13日 (火) 23時19分

【民進党の反日志向が、代表選挙で発覚した】

 この政党は国家の基本的な法の認識に欠ける処があたりまえの様に偏在しているのではないのかという疑いを抱きますね。蓮舫議員の国籍問題の報道と彼女の発言の変遷、それと民進党他の議員の発言を見れば、彼等の国家観が一般国民とは大きく異なっているような印象を受けますね。
 蓮舫議員は、芸能人であったので、彼女の発言がメデアの記録に残っている事があって、現在の彼女の発言と矛盾する内容も今回大きく採り上げる処があります。台湾国籍の問題が発覚したのは代表選に登場したからという印象を受けますが、以前から怪しいと思われていたことは、ネットで検索すれば簡単に解る。
 彼女は、はっきり言えば、ウソをついていたという事しか言えませんね、釈明する言葉の一つ一つがすぐばれる嘘となって返ってくるのはなぜなんだ? というのが正直な感想である。
 特に1993年に朝日新聞の記事になっている言葉『在日中国人としての・・・・』には、呆れてしまいますね。こういうはっきりとした発言をしていた過去を今になってどのように否定できるのか? 普通は悩みますよ。
 『赤いパスポートの色が嫌だ』とかも記録に残っている。嘘をついていたという認識があって、終に開き直りの発言をするに至ったのが、毎日新聞の13日の記事である。
 『民進党の蓮舫代表代行は13日、台湾籍が残っていたことを明らかにし、「混乱を招いたことをおわびしたい」と陳謝した。「違法性はない」と重ねて強調した』 

 違法性はないというのは本人が決めることではない。これさえも、異様な認識にある人が国会議員に就任していることに愕然とします。彼女は、この仕事に就くべきではなかった人である。
 同じ記事より
『インターネット上などで「二重国籍」が指摘された後、蓮舫氏の発言は二転三転した。当初は「生まれたときから日本人だ」と述べていたが、その後、日本国籍取得は17歳のときだったと修正。「生まれ育った日本でずっと日本人でありたいという思いで言った」と苦しい釈明に追われた。』
 思い込みだけで仕事をしていますと言っているだけなのかもわかりませんね。あるいは、意図的に誤魔化しているだけなのか? その判断の根拠が捏造にある。思い違いというのは誰にでもあると思うが、重要な部分の認識というのは大きく狂うものではない。しかし、この人の場合は、一つのでたらめが大きく成長してしまう処に怖さがある。

 国会議員の資格要件としての日本国籍を有することが、2重国籍であっても罰則規定がない。この様な国籍条項というのもいい加減な規定ではある。問題は、発覚してから考えるという姿勢が我が国の考え方なのかもわかりませんが、これではいつまでたっても『備えがないので憂うことばかりの社会』になってしまいますね。
 
 問題は何かといえば、本人にあるわけで、自分の立場についての自覚がなかったからこうなったと思いますね。彼女の父親がシナ人であったという事実を誰も責めているわけではない。そのことを無理に採り上げて問題をすり替えようとしている共産党の小池書記局長の発言などもメデアは採り上げていたが、これは問題をすり替えようとしていること自体が大きな政治的陰謀ですらある。彼等は根っからの独裁政党であると告白しているようなもんだ。ただ単に頭の悪い共産党という事ではない。
 重ねて言うが、問題は、蓮舫議員が台湾国に関して捏造してきたことや、『在日中国人として…』と発言してきた事実と、どのように向き合っているのかという事。そして、今になって大慌てで台湾国籍を放棄する手続きをやらねばならなくなった事実が、同じ人物の中で変遷してきた時間があったという事を説明する義務が、公人としての政治家の義務として説明しなければいけないように思いますね。
 19歳の時の発言は責任がないと主張するかもわかりませんが、その時ははっきり台湾国籍を持ったシナ人という認識があった時の発言である。ところが、今は『日本人だ』と主張する。何か目的があってそのように主張しているのかという疑いが新たに発生しますね。その疑いは、政治家では許されないのではありませんか? スパイかもわからないという疑いですね。

 旧民主党の党員になるには国籍条項がなかったと言われ、外国人が大量に入党していたという噂があった。そういう外国人が党の代表を決める選挙に投票をしていたという疑いがあって、それが噂になっていたことがある。つまり、外国人参政権を認めていた違法政党という事なんですが、それを公然とやっていたと噂されていた。彼等が政権を握れば外国人の意向に従う首相が誕生する可能性があると指摘されていた話です。旧民主党の国家観は『基本が、世界市民』なんですよ。お花畑の楽園が常に頭にある。だから日本国民からは信頼されていない。それにまだ気が付いていない処があって、それが今回の代表選挙ではっきりしたと言えますね。反日主義者の野党でやっていくという方針に変わりがない様だ。2重国籍問題の回避の仕方は、『本人がいう処の違法性はない』で終わらせようとしている処に現れていますね。

 民進党は、『世界市民』のための政党で日本人はそれに従っていればいいという事なのだと思いますよ。

 彼等に政権を任せて見えてきたものはこれだと思いますね。異常者の集団である。

投稿: 旗 | 2016年9月14日 (水) 00時48分

【公儀隠密の偉大な足跡】

 江戸幕府には創業の最初から伊賀者甲賀者と呼ばれる奥向きの諜報活動をやっていた部署があったらしい。家康が本能寺の変が起きた際、たまたま堺にいたので襲撃を受ける可能性があって、国許へ大急ぎで戻る必要があった。その時、三重の山中を走破して逃げる途中に頼りになったのが伊賀者甲賀者と呼ばれる忍者集団であった。家康が江戸で幕府を開く際に彼等に諜報活動を手伝わせたことが忍者の始まりであったが、8代吉宗の頃には機能的に衰えていたそうだ。そこでまた、吉宗が紀州藩で使っていた諜報活動集団を江戸に連れてきたのが『お庭番』と呼ばれる奥向きのスパイ活動をする集団である。お庭番にいる侍は御家人のような扱いでありながらお目見えができるという特異な身分にあったそうだ。この中から旗本に取り立てられた家ものちに出て来るが吉宗時代にあっては他の御家人と変わらなかったようだ。お庭番の指図を受ける者は隠密と呼ばれた。

 普通に考えて隠密と呼ばれるような人は名前が歴史に残るものではないが、例外がある。世界地図にその名も残るマミヤ海峡の発見者間宮林蔵のことである。彼はもともと農民の出身である。最初に仕えた侍が村上島之丞と言う作事方の仕事をする旗本で土木工事をやっていたところで雇われ能力を見込まれたのがきっかけだそうだ。その後、あの日本地図で有名な伊能忠敬に従う事になり国後択捉ほかの測量に随行し、伊能が行っていない樺太方面の測量を任されるに至ったことが探検活動になったようである。
 しかし、肝心なのは、間宮が北海道の測量に最初から伊能忠敬に従ってついていったのではなく、幕府勘定方にいた村垣定行の命令を受けて伊能忠敬の一行に合流したことである。村垣定行とはお庭番の侍である。吉宗が紀州から連れてきた26家の一つの家であった。その部下である間宮とは公儀隠密の事である。彼等の目的は、伊能忠敬の仕事を幕府が疑っていたというわけではなく北海道周辺とその北に何があるかを見届けさせることが村垣の狙いであったと思いますね。この時期は、対ロシアとの交渉とかに備える問題が起きる直前の様な状況があったと思いますね。
 ちなみに村垣定行の孫は、外国奉行となって咸臨丸に乗船して米国まで行った村垣淡路守範正である。お庭番から旗本になった数少ない例ですね。幕府の枢機に関与する能力があったわけですね。職務の内容が重視される時代になっていたという事かもわかりません。情報将校の時代ですね。
 間宮林蔵の活動は、公儀隠密としての活動でもあったという事ですね。のちに長崎でシーボルト事件が起きるきっかけを作ったのも公儀隠密間宮林蔵の密告があったからだと言われていますね。彼ものちに旗本に取り立てられていたのではないかと思いますね。彼には実子がいなかったようですが養子に家を継がせています。安政2年に樺太を巡察した旗本の間宮孝順という侍は彼の養子だそうだ。この養子の間宮さんは明治24年まで生きておられたそうだ。

 間宮林蔵はロシア人が乱暴狼藉を働く姿を目撃した人でもある。そういう事もあって樺太よりも北にどのような民族が住んでいるのかとか、地形はどうなっているのかについて大きな興味を抱くようになっていたそうだ。ロシア人の勢力がどこに及ぶのかについても大きな関心があったという事だと思いますね。
 彼は命を的に諜報活動にのめり込んだ最初の日本人ではないかと思いますね。樺太等の探検に向かう前に墓を作っていたという話があります。覚悟して向かったという事ではないかと思いますね。

 公儀隠密間宮林蔵の足跡は、驚くべき距離にあります。樺太が島であると確認してから海峡を渡り黒竜江に至り、アムール川領域にある村まで探検したらしい。それらを記録して幕府に提出していたそうだ。鎖国政策にあってそのような掟破りが出来たのも、彼が公儀隠密であったという証拠である。彼のような立場の者でしかできなかったことではあるが、それをやってのける能力もなければできることではありませんね。間宮林蔵は偉大な隠密ですね。

投稿: 旗 | 2016年9月14日 (水) 02時25分

正直 現在の国会体制 首相には腑に落ちないところが多く 与党にも不信感でしたが 僅かな時間のテレビ録画放送で ファンになりました。

投稿: 小楠あゆみ | 2016年9月14日 (水) 02時57分

WSJ: U.S. household incomes surged 5.2% in 2015 http://on.wsj.com/2cthAKv
・・だそうです。羨ましいですねえ。特に今の安倍Monkey治世下で貧困に苦しんでいる人たちには希望を持ちようがないから過酷なことです。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月14日 (水) 09時25分


長いのは1回にして貰えませんか?
ここはアナタのブログじゃありません。
読む気がしません。
他の人にも迷惑です。

投稿: 軍師 | 2016年9月14日 (水) 10時56分

   北朝鮮が核実験を行い、尖閣諸島に公船が来ている時に二重国籍を問われても何が問題ですか?の様な顔をして台湾籍があるのに誤魔化す議員を総理大臣候補として信用しますか?あり得ないでしょう。安全保障も日本より中国の論調で話しになりませんね。中国や北のスパイという方が説得力ありますけどね。菅も岡田も鳩山も向こうのスパイの様な口振りですし、献金も外国勢力から流れてますからね。民進自体、民団組織の代弁者だろ?信用出来ない!

投稿: 忍者 | 2016年9月14日 (水) 13時54分

石破先生

 ご無沙汰しておりました。
先生は大臣を辞任された夏休みにも関わらず、お忙しい日々を送られていらっしゃるようですね。
私も巣立っていった子供たちが つぎつぎ帰省したりで仕事や趣味もやりながら忙しい日々を過ごしました。

娘の一人がアフリカの某国に赴任しており、自分が培った技術で人々に貢献する仕事をしています。たまたま南シナ海での中国の活動のテレビを見ているとき、中国はアフリカの人たちに嫌われていると言っていました。

私はアフリカ諸国は中国から多量の援助を受け、親中国なのではと思っていましたが、援助を受け入れる政府と国民の意識は違っているようですね。
日本人は日本人でありながら常に先ずその国、その地方の人々の得になるように動き、ます。例えば 単にモノを売りつけるより、そのものを作れるように技術を教える。
さらに そのために日本政府にも掛け合ったり援助を申請したり、働きかける。

対して中国は すべて自国の利益を目的とした行動しかとらないように現地の人々の目に映っているようです。
それはそれで弱肉強食の世界だから 日本のようにお人よしでは生きていかれない、損ばかりしてるともとられますが(インドネシアでの新幹線売り込み時のように)長い間に人間の信用というものは蓄積していきますよね。

そんな風にみると蓮舫議員の問題は二重国籍という法律論よりも、日本のことを考えた政治をしているのだろうかという 疑問がどうしても出てきます。
中国は民族の遺伝子として長い間宗主国でしたから、自国(中国)のために属国、夷国、蕃国が貢献するのは当たり前的な見方を当然としてますから、その中国に対して哀愁を感じ ある意味無防備な蓮舫議員が日本国家の危機の時、どのような行動をとるか 不安に感じます。

この不安な感情を持ち、不信感を強める方は多いと思います。
ただでさえ、ジャーナリズムはねつ造とウソを当たり前のように垂れ流すまでになっていますから、不問になるのでしょうか。

例えば 地震の不安があれば防災グッズをそろえるとか、耐震設備を整えるとかしますよね。
政治家が自国を裏切るかもしれないという不安にはどうしたらよいのですか?なにを準備したらよいのですか?
ただでさえ 尖閣 沖縄でヒタヒタとせまる覇権国家 中国の影に漠然とした不安を感じるこの頃ですから。

蓮舫議員はその言葉で自分は日本の国のことを考えて政治をしてきたと言ってますが、それまでの言動や、政府を詰る激しさなどみるとどこまで本当だろうかと疑います。
自民党がこの問題をあまり取り上げないのもなぜかわかりません。

さて娘は短い一時帰国の合間にも様々な技術方法を日本の各地から仕入れ身に着けまたアフリカに発っていきました。

最後になりましたが旗さまの間宮林蔵に関するご考察には大変興味を掻き立てられました。ありがとうございました。

投稿: ブナの森 | 2016年9月14日 (水) 14時12分

   日中双方で嫌いと答えた人達が7割から8割に上る様でお互いに良い印象は持っていないが日本人は中国へは行かず、投資は減り、尖閣に対しても強硬に物を言う人達が増えた。政治家が他国を批判する時に良い印象を長い間刷り込まれた場合、批判されてもその国に留学したりその国の商品を買ったりして大した弊害は無い。そしてその中にはその国に住んでみたり何かを学べると勉強したりする契機になる。しかしその国に対する印象が悪いと思っていると政治家がその国を批判した時、同調してしまう。つまり心で嫌いと思っているのでどんなに良い印象を刷り込もうとしても嘘だろう、政治的な戦略だろうと受け入れを拒否されている状態だからだ。私に中国や韓国がいかに素晴らしく日本より優れ、文化を日本に教えたと上から言う人達はいるが其れを踏まえた上でも全然好きにならない。約束を守らず、嘘を言い、人権を無視して他国を威圧し、金を無心する国を誰が尊敬出来るのだろうか?私の方が騙されている、日本が悪いという人もいるが現実に起っている事が見えないのか?と質問するとダンマリを決め込むのでは理解は得られない。二重国籍で総理候補になろうとする人が雑な説明と幕引きを図ろうとしても又誤魔化しやお決まりのダンマリかと思ってしまう。民進党は都合が悪くなると説明無しにダンマリを決め込む中国共産党と良く似ている。日本共産党に取り込まれる前からその兆候アリアリだったが独裁色が段々強くなってきている証拠だろう。

投稿: 忍者 | 2016年9月14日 (水) 15時24分

いぬ、ネコの寿命が延びたという話題を聞きました。
これは、一部の愛玩犬や、愛玩猫の話であって、いまだに日本では、保健所のガス室おくりになっている、犬や猫がいかに多いことか
また、ペットショップでの売れ残りのペットたちの末路、実にかわいそうというか哀れであると思います
確かに、動物は日本の法律では、モノなのですが
日本もぜひドイツのペット政策に学んでほしいと思います。ドイツは、犬や猫に対して、非常に厳格な規定を設けています
生類憐みの令を復活しろとは言いませんが、ペットの扱いについて、正しい方向を向いて、厚生労働省で決めて頂きたいと思います

投稿: ハチ公 | 2016年9月14日 (水) 16時51分

人間ドックの助成制度を拡充して欲しいです。低所得者向けの家賃を補助した方がいいと思う。学習支援事業を拡充した方がいいと思う。補聴器を購入した場合補助した方がいいと思う。学校施設の防災力強化して欲しいです。

投稿: 江ヶ崎護 | 2016年9月14日 (水) 20時22分

貴党

地方議員は全国各地で不正、不良、暴言のオンパレード。

都知事選では「逆らえば一族郎党処罰」とおよそ民主主義国家の政権与党とは思えぬ独裁っぷり。

幹事長殿は「田中首相の冤罪を晴らすための本をアメリカで出版」などと、課題満載の国政とは無関係のトンチンカン。

尖閣周辺領海に侵入されても、ミサイル打ちこまれても、核開発されても「イカン、イカン、イカン」

ゆるみきってたるみきった与党議員様の頭と腹には、汚職とくすねた政活費がたんまりたまってるのか?

もう一度下野されよ。
もういらん。

投稿: もういいです・・・ | 2016年9月15日 (木) 00時23分

菊竹清訓氏設計の出雲大社の旧社務所(以下、旧社務所という)がイコモスより、保全すべきとの要望を受けたそうです。イコモスといえば、世界遺産登録の可否に大きな影響力を持つ組織ですが、この事は、鳥取県の観光にとって好機ではないでしょうか。米子市の皆生温泉にある東光園も菊竹氏の設計でかなり大きな建物なので、イコモスに調査してもらえば、きっと高い評価が与えられると思います。世界遺産の日本の暫定リストに登録されていない物件(旧社務所)をイコモスが評価するというのは初耳ですが、こういう事もあるとわかったのだから、日本の文化庁をすっ飛ばして直接イコモスに評価してもらってはいかがでしょうか。三徳山もそうなのですが、まず、イコモスに高く評価されれば、文化庁の姿勢も変わって暫定リスト入りの道が開けるのではないでしょうか。鳥取県が、何年か後に世界遺産がない唯一の都道府県になってしまわないか心配で投稿しました。

投稿: 旧社務所と東光園と三徳山 | 2016年9月15日 (木) 04時14分

わたしは、石破さんの話し方、説明の仕方、すきですよ。理解できない内容のときはいつもより、耳を傾けてききます。丁寧にはなしてるとことか、なにがあってもどっしり、構えてる感じがゆるぎなーく良いです。ブログとかTwitterを見つけてみることにしました。私はTwitter、Facebookとかしませんが、いろんなコとに興味ある。石破さん期待してますよー!

投稿: Chi-chan | 2016年9月15日 (木) 07時22分

豊洲問題…

設計に基づいて工事するわけだから、最終的に書類に判子を押した人が責任者でしょangry
ここ10年以内話なんだから書類調べればすぐ解る話を毎日毎日的外れコメントをする。情報番組って…
問題碗をけむにまきたいのか…

投稿: まな | 2016年9月15日 (木) 07時29分

   ≪石原慎太郎の本質の一面が暴かれた≫
D.スポーツ【石原慎太郎「だまされた」 https://goo.gl/k99z5Y 】
県知事を務めた経験があるだけの芸人東国原某が絶句しようがどうでも好い。問題は、石原愚父が、小泉元首相が核発電推進で吐き捨てた台詞を真似したに過ぎないこと、他人の台詞を無断借用して局面を糊塗する卑やしさ(卑怯卑劣卑屈)にあると思う。
現職知事時代に、週2日程度の執務でこと足りると多寡を括った「あのタカピーな態度」で、都の幹部や職員と信頼関係が出来上がっていたと錯覚している。真っ当なジャーナリズムで広く深く永く構えたメディアなら、「その信頼関係がなければ「騙される」のは当たり前のはなしであり、騙されたのは大組織のトップたるお前の怠慢が原因だよ」と批判し糾弾するべきだと思う。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月15日 (木) 09時02分

12日の放送観ました(*^_^*)
杉村さんは完全に“タレントさん”になってしまいましたが😊石破さんとのやり取りが面白かったです。
人気取りの為に出来もしないことをホイホイ語る政治家はよく見ますが、石破さんのように数十年先の日本の未来のことを真剣に考えて議論される政治家はほぼいないと思っております。
低姿勢で言葉を慎重に選んで語られる橋下さんの姿も印象的でした。
コメント欄の質を下げたくないのであまりコメントしないようにと心掛けているのですが…ダメですね😥
すみません。

投稿: 一ファン一意見 | 2016年9月15日 (木) 09時07分

   ≪問題は一般論ではなく個別論なんです≫
毎日【蓮舫氏:「台湾籍残っていた」会見で陳謝「二重国籍」問題 https://goo.gl/RFVKSb ①「私の記憶の不正確さ‥をお詫びしたい」と陳謝 ②これからも日本のために働きたい】
⇒基本的に、こんな枝葉末節な些末事はこれで一件落着すれば善いと思いますけどね。日本の政治家が日本国籍であることは一般的には重大な要件だが、実質的または個別的には蓮舫女史の今までの政治的な構えや働き方から判断して、歪み等に特段の危惧は抱かない。

他方で、政治家たる彼女の根っ子に別の病巣をがある、彼女と日本の将来のために敢えて言えば、特に敗北し地に塗れた場合にこそ素直になるべきです。例えば、上記引用の発言も、「①記憶の不正確→迂闊だった ②お詫びしたい→お詫びする」と率直に言うべきですよ。民主党政権当時も閣僚として(当時ここにもコメントした記憶がありますが
)、明らかに霞が関官僚が得意で特異な言い回しを多用して論点を曖昧にし論旨を摩り替えていた。事務所経費問題を起こしたのも、ファッション雑誌に国会内部を提供したのも極めて迂闊な話であって、真摯に反省することもなく食言詭弁強弁(有態には全てが嘘)で局面を糊塗してきた。成長がないんです。人は強い反省がなければ、同じ間違いや迂闊な判断を繰り返すのは当たり前であり、成長も成熟もできる道理がない。
野党の幹部が、古い自民党議員や特に今の安倍一味の真似をして、言葉を弄し弄ぶのは卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)所業であって、民進党にとっても日本政治にとっても宜しくない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月15日 (木) 10時12分

   ≪劇薬を処方するならば≫
JosephStiglitz:Better Economic Plan for Japan https://goo.gl/tqk32L Shinzo Abe has taken a very different approach”
Stiglitz先生のこの指摘は、今更のはなしであり、当たり前に正しい。
が、然し、古今東西に未曽有の財政危機に対して出された処方箋は、永久債にせよ無利子債にせよ、いずれも未曽有の危機なるが故に浮上する方策であって、従って机上の方策であり、他に処方された実績が少ない(ないとは言わないまでも)劇薬である。
三流の経済学者擬き(もどき)の処方箋なら知らず、世界に一流の叡智が出す処方箋なら、警告として、「机上の方策である。処方の実績は稀ない劇薬である。効き目を引き出すには広深永な智慧も工夫も不可欠だ」と対処するべきだよ。安倍軍団に舵を握られている日本に対して出す処方箋なら尚更だ。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月15日 (木) 10時43分

   ≪所得の当初配分≫
日経【下請け圧迫改善を 賃上げへ環境整備https://goo.gl/xzRaBr 】
この方向は「所得の当初配分の是正と適正化」と云う大きな土俵に立てば様々な分野に応用できるのだが、小さな土俵に立つしか能がないこの安倍晋三政権には「再配分方式の破綻」(その認識もないだろう)への彌縫策だから、こせこせと細部をほじくるしか能がない。
更に言えば、「賃上げ」にしか着眼がないから、「当初配分の原資を増やす、企業の稼ぐ力を強く太くする」と云う発想がない。その発想がないから、「先進国経済の罠」に気付く道理もない。アベノミクス三の矢が藁の矢に過ぎず、仮に弓から放たれたのだとしても、的に届かず泥に塗れたのも宜なる哉。

投稿: 小倉摯門 | 2016年9月15日 (木) 11時54分

豊洲問題…

情報番組を見ていると、2008年くらいの会議の時点で役所側には地下空間が計画されていたかんがある。専門家側は、盛り土が必須と言う意見は変わらず…その都度、役所側の提示は却下…最終的に地下空間の問題は会議では話し合わなくなり空中消滅…なのに今、現実には地下空間が存在する
水がwaveザブザブ…
経緯を聞かれた役所は記憶にありません。
当時の資料を調べなければわかりません…

さっさと調べろやangry…って言いたい

投稿: まな | 2016年9月15日 (木) 14時09分

蓮舫氏が民進党党首になりいろいろな報道番組に出ている。

水月会のメンバーは、テレビ局側の質問に対して「的確に返答することは基本」を徹底させてください。そしていつの日か水月会女性メンバーが討論などによばれた時に視聴者から「余計な話しをして質問に答えない人だ。やはり〇〇は…」なんて思われないようにしてください。

「ありもしない16兆円財源があると嘘をついた。私は仕分けをして分かっていました。」と今頃言う神経が蓮舫氏が誠実でないことを物語っている。仕分けパフォーマンスする前に、政権にあったあの時に「16兆円ありませんでした。民主党は嘘をつきました。すみません。」とはっきりと真実を言わず国民には謝罪せずダンマリをしていた蓮舫氏。

今の二重国籍を隠し「帰化した」と嘘をついて議員になり、バレると「意味がわかりません」「記憶が…」「手続きしたからもうこの問題は終わり」と逃げる。政権時も今もなんら変わっていない。「二重国籍でご心配をかけた」という謝罪ではなく自身が意図的に二重国籍を隠した「経歴詐称」について謝る時が数年後にあるだろうか?「初選挙当時は帰化と国籍取得を混合していた」などと更に嘘を重ねるのか?
二階氏や菅官房長官は「経歴詐称」も問題とはしないようだ。国民をだましても国会議員になったからには「お仲間」だし、自民党も今までわからなかったんだから今さら中韓に人気があり三期も務めた蓮舫氏を批判できない。むしろ「今まで自民党は何をしていたんだ」と言わ
れかねないからて見過ごすおつもりなんでしょうか?水月会も同様にお考えでしょうか?過去には蓋をし今後だけを議論するのが前向きと考えますか?

「経歴詐称で当選した人に議員資格があると思いますか?」蓮舫氏にシンプルな質問をするメディアが今だない。
資格なしと回答→蓮舫氏自身は辞職すべし
意図的でない場合資格ありと回答→過去の公言で黒→資格なし
どうして蓮舫氏はマスコミや自民党からも守られているのでしょう?
不思議です。


投稿: KK | 2016年9月15日 (木) 23時18分

著名な政治家で、自信のブログのコメントを公開している人は、他に知りません。
誹謗中傷とも思える批判まで公開されているのは、勇気がいる事です。

コメントは、何でも話題になっている事を書けばいいというものじゃない。
豊洲は東京都の問題で、石破さんには無関係です。
自民党執行部への不満も、出来れば勘弁して欲しい。
当たり前の事ですが、元の記事や番組の内容に関係した話題をベースにすべきです。
あまり節操が無いコメントが増えると、コメント禁止にされてしまうのを心配しています。
目に余る場合は、議員に代って私がお相手をする事になるかも知れませんよ。
現在、まじめに仕官先を探していますので、しばらくここにお邪魔させて戴く事にします。

投稿: 軍師 | 2016年9月16日 (金) 01時31分

【アルツハイマー病についての記事がロイターにあった】

 この病気は、今では知らない人がいないほど有名な進行性の認知障害であるが、原因はいろんな説があって特定できていませんね。そして、何よりも怖いのが、WIKIにも書かれているが
 
 『現在のところ、進行を止めたり、回復する治療法は存在していない。』

 これですね。治らないという事です。世界中の科学者や医者が懸命に研究を続けているようですが、治らないまま命を落とす結果になっているようです。あの米国のレーガン大統領も罹患したと云われていますね。地位とか生活状況とかに関係なく、罹ってしまう病気であるらしい。当然、予防法はない。生活習慣における危険因子などは注目を集めるようになっているようですが、果たして効果のある改善策というものがあるのかどうかもわかりませんね。
 例えば魚を毎日食べる人は肉ばかり食べている人に比べてこの病気にかかる可能性は低いというような話があります。データーなどもあって信頼性があるとか言われているようです。しかし、根本的に何が原因でこういう症状に至るのかまでは解っていません。
 ロイターの記事によると
『[14日 ロイター] - 大気汚染物質に含まれる鉱物「マグネタイト(磁鉄鉱)」の微細な粒子が、人間の脳組織から初めて見つかり、大気汚染とアルツハイマー病に何らかの因果関係がある可能性を指摘する研究結果が発表された。
 磁鉄鉱は磁気を帯びた有毒な鉱物で、神経変性疾患との関連性が長い間疑われてきた。
 研究チームは、大気汚染が深刻なメキシコ市と英マンチェスターの住民37人から採取した脳組織から直径5ナノメートル未満の磁鉄鉱の粒子を発見。脳内で自然に形成されるものとは明らかに形状が異なっていたという。
 研究を行った英ランカスター大学のバーバラ・メイハー教授は「これら磁鉄鉱の非常に特徴的な形態や分布から考えて、粒子が分解されていないことがわかる。つまり、大気中にあった時と同じ形態で、脳内にあるということだ」と指摘。
「磁鉄鉱は脳にはとても危険な鉱物であるため、人間の脳から検出されたことは新発見であり、極めて重要だ」と語った。

同教授の研究チームは、この粒子とアルツハイマー病に明確な因果関係があるとは主張していないが、その可能性を含めたさらなる調査が重要と考えている。』

 まだはっきりとは言えないが最重要容疑を受ける参考人レベルの位置にこの大気汚染物資があると述べているようです。この可能性の問題について、裏付けになるとすれば。世界で発生している10万人あたりの発生頻度を色分けした世界地図があるのですが、これを見ると工業化されていないアフリカなどは、他に比べて極端に低いという事実があります。
 また、大気汚染の原因以外に鉄鉱石などの鉱物資源が豊富に採れるという地域もまた、このマグネタイト(磁鉄鉱)の量産につながっている疑いがあるのじゃないかと思いますね。豪州で患者の発生頻度が高いというのは。鉱山が関係しているのかな等と思いますね。ともかく、まだ何も確定した話ではありませんが、このマグネタイト(磁鉄鉱)原因説は有望な仮説ではないかと思いますね。こういう病気の克服は、原因の特定から始めないと手の打ちようがありません。
 1910年に独逸の精神科医アルツハイマーによって病気の特定があって100年以上になります。しかし、未だに進行を抑える治療法すらないのは原因が解っていないからですね。
 無数にある仮設の一つになってしまうのかもわかりませんが、原因の特定に近づくことになるかもわかりません。

 命尽きるまで意識と記憶ははっきりしておきたいものだと願う人にとっては、大変な病気です。ボケたほうが楽な晩年を過ごせると思う人もおられるかもわかりません。
 私は、そう云うのは嫌ですね。死ぬまで意識と記憶は明瞭でありたいものです。

 それはさておき、これが原因という事であれば、シナ帝国等は大量のアルツハイマー病患者を発生させることになりはしないかと、他国の事ではありますが。心配ですね。

投稿: 旗 | 2016年9月16日 (金) 02時56分

船出から疑問が残る結果なのに手腕に期待と来るからメディアは信用出来ない。説明も誤魔化し、嘘の報告ですか。自民党議員がやったら大騒ぎで辞任しろだの解散しろだの騒ぎ捲る癖に何事も無かった様に笑って誤魔化しても国民は騙せません。政策も何かまともな事言いました?全然耳にも入らない。まぁ聞くだけ時間の無駄ですけどね。小池知事の説明は納得が行くか論理的ですがこの人、国民を納得、信頼させるのは無理ですね。時代の流れに乗って女性を無理矢理挿げ替えた所で国民の信頼は得られませんし、その発想自体が信頼を失っている証拠です。台湾の民進党もアウンサンスーチーもメルケルもクリントンも皆闘って存在感を示すが彼女は何したの?パフォーマンス仕分けと自衛隊削減しか頭に浮かんでこない。

投稿: 忍者 | 2016年9月16日 (金) 06時55分

豊洲問題…石原さん編

石原さんの記者会見に問題転換しようとしていますが…
石原さんは、専門家では無いので、どう考えても誰かの聞き伝えでしょう…
マスコミがおもしろ可笑しく騒ぎ立てているうちに、証拠が隠滅され、都民が変な噂を刷り込まれ、問題がいやむやにされるshock
役所は沢山の企業から設計案が寄せられ、入札が行われ、各課長の印判が押され、一般ではわからない手順を踏んで着工している訳だから、役所の資料を速やかに押収して、専門家に検証して貰ったほうが、問題がややこしくならないのでは…

投稿: まな | 2016年9月16日 (金) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64180480

この記事へのトラックバック一覧です: いすみ市、幌加内町など:

« イシバチャンネル第六十七弾 | トップページ | 父命日、加藤元幹事長ご逝去など »