« 水月会地方セミナーなど | トップページ | 防災専門組織の創設など »

2016年11月25日 (金)

駆けつけ警護など

 石破 茂 です。
 今週22日火曜日には外国人特派員協会で、24日木曜日には東大・早大・慶大合同授業で講演・講義の後にかなりの時間をかけて質疑応答が行われました。国内のマスコミとは当然立場の相違もあるのでしょうが、政局関連の質問などは一切なく、政策に絞った簡にして要を得た質問が続いて、とても緊張感に満ちた有意義な時間でした。国内マスコミがすべて悪いとも思いませんし、外国マスコミにも酷いものは多々あるのでしょうが、政局ネタに偏った質問ばかりされているといい加減うんざりしてしまいます。

 自衛隊に新たに付与された任務である「駆けつけ警護」について世論は否定的な意見が多いようですが、海外において同胞が(これに限るものではありませんが)危難に遭遇している時に、自衛隊が駆けつけなくて一体何処の国が駆けつけてくれるというのでしょう?
 防衛庁長官在任時、イラク・サマーワに自衛隊を派遣した際、近隣に展開している他国の部隊がゲリラやテロリストに襲われても自衛隊は助けに行けないのに(これは憲法第9条にいう「国際紛争」ではないので憲法問題では全くなく、あくまで政策判断でした)、「自衛隊が襲われたらどうか助けに来て貰いたい」と英国やオランダの国防大臣に依頼に行った時の何とも言えない気持ちは今でも鮮明に覚えていますが、他国の部隊どころか自国民すら駆けつけて警護が出来ないというのは一体どういうことなのか。
 従来、防衛法的には「自己保存」ではない「危険に自ら接近する任務遂行型」は認められないとの見解でしたが、これが国際法の慣習や常識と大きく乖離していることは明らかでした。軍隊の機能は基本的に対外的に作用するものであるが故に、従うべきは国際法や国際慣習であることは当然のことなのですが、これがほとんど理解されていないことに強い危惧を感じています。

 今週の政策集団「水月会」の定例勉強会は若狭勝衆院議員による「テロ戦争に勝ち抜くために至急とりかかるべきこととは」という講演で、テロ対策立法の必要性と緊要性を改めて痛感させられました。これを内閣提出法案としてではなく、議員立法で次の通常国会で成立させるには幾多の困難が予想されますが、なんとしても実現のために努力したいと思っております。

 今週目を通した本の中では、藻谷浩介氏と観光カリスマである山田桂一郎氏の討論集「観光立国の正体」(新潮新書)をとても面白く読みました。いつもながら実証的かつエッジの効いた主張には共感するところが多くあります。

 週末は26日土曜日が西野一北九州市議会議員政経セミナー(午後1時・リーガロイヤル小倉)、津田公治福岡県議会議員政経フォーラム(午後3時・北九州八幡ロイヤルホテル)、自民党戸畑支部講演会(午後4時半・飛幡八幡宮戸畑祇園会館)、上野照弘北九州市議会議員政経セミナー(午後6時・うえの後援会事務所)でそれぞれ講演。
 27日日曜日は北國新聞主催昼食会(正午・ANAホリディ・イン金沢スカイ)、北國新聞政経懇話会で講演(午後1時・同所)、という日程となっております。

 24日金曜日は東京都心では観測史上初の11月の積雪(降雪としては34年ぶり)となりました。日本海側に育った私には、東京に出てきた頃、ほんの少しの雪で交通機関が麻痺するなどの大混乱となる東京という街がとても不思議に映ったものでした。もうあれは44年も前のことになるのですね。
 秋らしい日々もないままにいきなり冬になってしまい、あまり体調が優れない日々が続いています。
 皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« 水月会地方セミナーなど | トップページ | 防災専門組織の創設など »

コメント

石破さん、お疲れ様です。

防衛庁長官在任時~他国の部隊どころか自国民すら駆けつけて警護が出来ないというのは一体どういうことなのか。

日本人の誰一人として犠牲者を出したくない、巻き込まれたくない、という日本国民の主張。御国を助けることは出来ませんが、日本国民は助けてくださいなんてむしのよすぎる主張はやはり私も強い違和感を感じます。勿論、誰も犠牲者を出したくないのは当然ですが、助けるにも助けられるにも誰かの命の危険が伴いますよね。自分さえ良ければ、では通りませんし。ただ、そこで巻き込まれて戦争に発展しないかという危惧はあります。見て見ぬふりで触らぬ神に祟りなしの日本国。これで良いのでしょうか?と思います。今の日本社会を見渡しても見て見ぬふり、触らぬ神に祟りなし、ですよ。誰かのために必死になれる人は少ない。人と関わっていてもそう感じることが多いです。残念な事ですね。自分も反省しつついつも考えさせられるテーマです。石破さんはそこに直面されているお立場なのですから心労も計り知れないものでしょう。涙が出ます。
体調が著しくないようで心配です。悪化する前に御休みください。私は思いきって御休みされる事を望んでいますよ。溜まりに溜まった疲労は数日では絶対に取れません。私は15年以上休んでいても疲れています。つまり鬱や統合失調、または体が発病してしまったら遅いのです。そうなる前にこまめに御休みくださいませ。
ではまたお邪魔致します。コメント出来て幸せです。固定ルータバンサイ( ✋`ิิω`ิิิ )✋‼失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2016年11月25日 (金) 19時40分

お疲れさまです。

投稿: mr | 2016年11月25日 (金) 20時47分

同胞を救えたくてどうする、という気持ちは分かりますし、しかればこれがゴールであってはならないと考えます。
つまり実際に事態が発生すればそれに政府・自衛隊として対処すべきか、どう対処すべきかを決定し遂行する。成功すれば誇らしいことですが、万が一失敗すればきちんと責任を取り、どちらにしても次に活かせるよう分析する。
海外で何かがあるたびに自己責任論が唱えられますが、それを逃げにしてはいけません(もちろん民主主義なので、世論がそういうのならそれでいいのでしょうが)し、なになにが不備だったからという逃げも法整備し命を与えた以上ないと刻んでいただきたいです。

投稿: 桐ヶ谷 | 2016年11月25日 (金) 20時58分

石破先生

おはようございます。
体調がすぐれない、とのこと大丈夫ですか?

私、昨日弁護士の先生とお話しさせていただきました。
鳥取県弁護士会会長さん。
どんなすばらしい方なのか?いい方をご紹介いただいたと、嬉しく思っておりました。

お会いしてみると、
生活保護の相談があまりに多く、自分が生活保護になりそうだ、都合が悪くなると覚えていないだと!そんなことで勝てると思ってるのか?、ろくに調べもしないで頼むなんて、身体の病気もだけど他に問題があるんじゃないの?、結局、家賃が払えなくなって、みんな引っ越ししてる、皺寄せはみんな大家さんなどの民間が背負ってるんだ、鳥取市は返還返還で基本的な生活が送れない額しか支給しない、恨むなら鳥取市を恨めなど、あまりの恐怖に途中からよく覚えていませんが、激しい口調で、相談に来た私と子供にまくし立て、帰って行かれました。

弁護士の先生が生活保護になりそうとは、鳥取市はどうなっているんでしょうか?

生活保護を受けているのに、返還金で保護費を減らされ、家賃が払えない、食べることにも苦労し、病院に行く交通費もない、生活出来なくなり自己破産するのは私だけじゃないことが昨日わかりました。

弁護士の先生からは、収入が全て返還となる生活保護のしくみのため、働いても返還金が増えるだけ。
生活保護から自立したかったら、一気に保護費を上回る収入をもらえる就職をし、保護から自立してから、少しずつ返還金を払っていくしか方法はない、とアドバイスいただきました。
まずは、今の障害者作業施設で、治療をしながら社会生活にも慣れ、私が心身ともに安定し、子供が中学生になったら、一気に一般就労し、生活保護から自立しようと、目標が明確になりました。

私の弟は、子供を妊娠中のクリスマスイヴに自殺しました。
よく流産しなかった、と無事生まれてきた時はもちろん、子供は生まれた時から私が精神的に
不安定だったにも関わらず、日々すくすく育っていることに、支えてくださる皆さまに大変感謝しています。

命日まで1ヶ月を切りました。
一昨日、やはりこの時期記念日反応から不安定になるため、病院で薬も増やしてもらいました。
もらっていた頓服薬を飲んでから、弁護士会館に行ったので、昨日の弁護士の先生に激しい口調での攻撃も、あまりの怖さに虐待する父を思い出し、少し泣いてしまいましたが、これまでのようにパニック発作を起こし救急搬送されることもなく、自殺行為に走こともなく、一晩越えることが出来ました。
自分でも回復を確認でき、少し自信がつきました。
今年の命日は、子供と穏やかにクリスマスイヴを迎えられたらいいなと思っています。

精神的障害は目に見えないため、心ない言葉を受けることもたくさんあります。
ですが、私達母子を理解し支援してくださる学校関係者の皆さま、障害者作業施設の皆さま方に感謝しながら、子供の日々の成長を見守りたいと思っています。

東京は雪でしたね。
先生も書いていらっしゃいましたが、ちょっとの雪で転倒する友達が多く、雪道の歩き方を指導したことを思い出しました。

急に寒くなりましたので、先生くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
私は最近は子供が好きな親がにのお味噌汁を作り、鳥取の冬ならではの味を堪能しております!

投稿: 下村範子 | 2016年11月26日 (土) 05時35分

石破様、おはようございます。日本の自衛隊が、海外でテロや暴力集団によって脅かされているまじめに働いている人々に信頼を受けていることは素晴らしいことだと思いました。警護することはとても難しい任務だと思います。なぜなら、攻撃よりも守りの方が難しいからです。日本は、現憲法では守ることしかできませんので、守る訓練をじっかり普段からしていればイザといった時に役に立つと思います。

投稿: hitomugi | 2016年11月26日 (土) 08時23分

石破閣下

お疲れ様です。

 ポンコツモデラーのポンコツな考えを投稿します。
 「軍」にはいくつかの種類があります。国など公の武力と私的武力(私兵)がありますが、日本人には陛下の武力(官軍)こそ「軍隊」なのであって政府軍では物足りないと感じているはずです。そして、自衛隊は官軍ではありません。自衛官は日本国の特別公務員で、平等な日本国民の一員です。官軍兵士ではありません。
 自衛隊に新たに付与された任務である「駆けつけ警護」は政府の武力をどのように運用するかということで、憲法とかを云々するとすれは、全世界人民の「平和的生存権」確認違反を言うことになるはずのものです。
 日本国憲法は憲法規範を越えて、崇高な理念とその実現を誓った宣誓のような性格をもつことは、一読していただけれは納得していただけると思います。
 全世界人民の「平和的生存権」を「駆けつけ警護」が損なうものであれば、これは断じて許されるべきではありませんが、事態ごとに確認して違反する事案か検証して実施する案件ではと理解されるべきと考えられます。
 そもそも、公の武力と陛下の武力とを分けて考えているのでしょうか。私はいまだに独立した帝国陸・海軍の降伏文書を見たことがありません。せいぜい日本政府の一部として降伏に立ち会ったぐらいの扱いです。ましてや、陛下の降伏を独立した文章で明らかにしたものなどあるのでしょうか、終戦時に連合国は、日本国政府に陛下を連合国総司令官に隷属させよという要求をしましたが、日本国政府は拒否して制限下に置くという回避策を講じて対処し、それで通してしまいました。ついでに軍隊の扱いもドイツやイタリアと違いウヤムヤになりました。(そうでなければ軍の降伏内容を明確にした文章があるはず)
 脱線しました、もとに戻します。「平和的生存権」という世界初の、そしてこれから明文化されるべき権利と義務を「駆けつけ警護」を機会に明らかにしていくことが日本国憲法を守り、育てていくことだと信じています。自衛官の日本国国民としての守られるべき権利・義務の内容と、相対することとなる世界人民も含めて理念の実現を堅持したいと思います。日本国憲法は日本国民の不断の努力により守り、育てられるものだからです。国際法や国際習慣があり難しいところはもちろんですが、陛下の平和を祈る願いが通じると信じ憲法学徒は意見しました。乱筆乱文お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年11月26日 (土) 09時15分

自衛隊は他国に助けて貰うが他国を助ける義務が無いというのでは同盟として信頼関係は築けません。日本のガラパゴス平和憲法は世界の基準や慣例を無視して理想だけが一人歩きしますが米国核兵器の傘に守られ米軍への恩恵も感謝薄しでイマイチ理解もしているとは言い難い面があります。この無責任さは防衛を他国任せで経済のみを発展させてきた我が国の責任でもありますし、軍国主義否定という教育のせいもあり、未だ洗脳から解けていない人達が沢山います。しかし世界情勢も現実も刻々と変り、平和憲法不変と他国任せの防衛夢想論は段々崩れかけていますし一部の日本人は国際社会で軍を動かす事で世界平和の均衡をより良い方向に日本が主導し活動すべきであると思っているし東南アジアだけでなく、欧米諸国も日本が責任を持って自衛隊を展開する事を望んでいる。日米の軍隊が動かなければフィリピンやベトナム、モンゴルやインド、タイやミャンマー、チベットからウィグル迄中国の思う様に覇権が拡大し日本にもその影響が及ぶだろう。インドネシア、韓国、サモア等の国々が中国漁船を爆破し米国で中国人の有名大学拒否や独逸でも中国人惨殺は理由が無い訳では無い。傍若無人で国際法を無視し、他国へ土足で入り込み荒すその姿は人々に嫌悪感を催わせる。そして最悪なのが共産党一党独裁と言う何事も己が正しく他国の事は一切聞き入れない姿勢と傲慢さだ。こんな事をしているので米比暴君でもいいから押し返せ、そして日本にも期待が高まってしまう。個人的にはこの機会に軍備を強化して日本の領海に入って来れない位威圧しろと思うが弱腰曖昧戦略を取っていると付け入られる。石波氏の提案は現実的だろうが維新も他の人々ももっと強硬派が控えている。現実に対応すれば軍備拡大になるだろうが望むところだ。

投稿: 忍者 | 2016年11月26日 (土) 10時59分

あれだけ反日告げ口外交で盛り上がり、宗主国様に擦寄り、日本を超えたと騒いでいた朴韓国だがトランプや黒人への差別暴動よりデモの参加者が多い印象だ。これに比べたらプロ市民による高江ヘリパッド反対等の数は雀の涙で若者より韓国や中国の反対派の方が多いんじゃないのか思わせる程だ。新聞では韓国のデモについて日本も韓国の民主主義を見習えという馬鹿げた記事もあるが言論の自由を弾圧し農民も逮捕され、事故があっても大統領は雲隠れし、政経癒着体質の国しか作っていないのに何を見習えというのだろうか?もしあちらに見習うとしたら国民の反対にも関わらず、ダンマリを決め込み、傲慢にも辞めずしがみ付く執着心だろうか?

投稿: 忍者 | 2016年11月26日 (土) 18時41分

この度のトランプ大統領の選挙演説で日本は、同盟国に守ってもらっても自国はもちろん同盟国すら守れない実態がアメリカ国民はじめ世界の人々に知れ渡りました。
自分勝手、意気地なしなど、日本は常識のない国民の集まりと判断されました。
これでは世界に信頼してもらえません。
これを機会に自分のことは自分でできるような環境づくりを早めないと、グローバル社会での企業の活躍もなくなってしまいます。急いでください。

投稿: イタオカ フジオ | 2016年11月26日 (土) 22時36分

石破さんのファンと自負しています。
今、政府で大学で勉強したくても経済的理由で行けない人に奨学金の支給の審議をしていますが非課税家庭のみとの方針の事ですが、私の娘(46歳)母子家庭で高校生2名がおります。一生懸命頑張っていますが、大学入試のめどが立っていません。月収15万で多少の税金を払っているため奨学金ば出ない様ですが-家賃50.000.-残り10万で生活をしています。毎月不足で私ども年金生活に借りに来ています。どうしたら大学に行けるのか、検討がつきません。行かせてやりたいが、どうしようもなく途方に暮れています。非課税でなく最低収入で検討出来ないでしょうか。石波さんに頑張って頂けないでしょうか。国の事は一人ではどうにもならないでしょうがお願い致します。石波1ファンとしてお願い致します。

投稿: 鮎川正男 | 2016年11月27日 (日) 11時03分

【カストロ前国家評議会議長が逝去された】

 カストロ前国家評議会議長という方は、我が国と、昭和の時代から見て、もしかすると唯一の友好関係にある社会主義国家の元首ではないかと思います。

 昭和天皇陛下が崩御された時に喪に服された人でもある。この点もまた他の社会主義国家の中にあっては特別な位置にカストロ前国家評議会議長はおられたように思います。私などはこれを以て友好関係にある国の行動というものは、こういう事の積み重ねがあるのだと思っていますので、カストロ前国家評議会議長のご冥福を祈らずにはおれません。
 亡くなられる前に米国政府との間に和解があって、小浜大統領と会談されたことも良かったと思います。2003年には、広島訪問されたこともあった人で、核兵器のない世界の構築を呼びかけた人でもある。年齢から考えてもやがてこういう日が訪れることが解っていましたが、寂しい思いがいたしますね。
 反米であるという事は悪いことではない。世界中に戦争をばらまいていた国でもあったのだから、トランプ氏の登場でそれが無くなる方向に向かうのかもわかりません。小浜大統領は弔意を表明されましたが。トランプ氏は『残忍な独裁者が死去した』と言ってのけたそうだ。
 時事通信にその記事がある。
『ワシントン時事】トランプ次期米大統領は26日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長死去を受けた声明の中で、「60年近くにわたり国民を抑圧してきた残忍な独裁者が死去した」と前議長を批判した。』

 トランプ氏の世界観はまだ何も解っていない人なのかもわかりませんね。キューバがなぜ社会主義の国に向かわねばならなかったのかについて米国の責任がどれほど重いのかについての理解が丸でない。米国の資本家の行動が野放しにされていたという事実と向き合わないと今のカリブ海の動きは理解できないのではありませんか? 
反米は米国のまいた種が原因である。南米の少なくない国々が麻薬の生産国家になっているのも世界最大の麻薬消費国である米国がそばにあるからだ。マトモな貿易で周辺諸国と友好な関係が持てないのは、米国の責任である。その自覚がないから次期大統領も認識がないのである。

 困った人である。そういう面が発言の中に現れるので、心配する人が絶えないように思います。

 フィデル・カストロ前国家評議会議長は、社会主義国家の中にあっても平衡感覚に優れた人であった。シナ帝国や北朝鮮などを見れば身内に経済繁栄策を優先しているのが丸解りである。真面目に国家運営に取り組むことが難しいのはどこの国でも同じである。彼の複数の子息は誰一人、政治的な立場に身を置く人がない。こういう人は、誠に得難い人材であったと思いますね。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 旗 | 2016年11月27日 (日) 13時01分

お疲れ様です。
合同授業の時はイシバくんスタンプ話題になりましたか❓ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ラインでも水月会の公式アカウントできればいいな。

投稿: くま | 2016年11月27日 (日) 18時11分

      ≪長く遠いい棘道≫
経済同友会【Japan 2.0: 最適化社会に向けて
https://goo.gl/eGjOnf 】
書き物にすると、霞が関の悪賢いモグラとか経団連の頭が固まった書きものと変わりはないと錯覚しますが、予て厳しい目で日本の現状を捉え危機に厳しい警鐘を打ち鳴らしておられる小林喜光代表以下の経済同友会の面々が書かれたものと考えると、景色が全然違ってくる。
大局的になんと挑戦的で、広く深く永い、心地よいVisionであることか!!と感動的でもある。この感動の源泉を考えると、「この経済同友会と云うフラットな組織が掲げる崇高なVisionの広深永さ vs あの経団連の古く重厚(!)な官僚組織の作文Visionの狭浅短さ」の対比に行き着く。「誰>何」でもある。

残念なのは、AmongOthers、経済同友会と雖も小さな組織に過ぎず、そのVisionの実践には安倍Monkey軍団とは無縁では有り得ない。また、臆病風に吹かれている経団連企業とも無縁では有り得ない。
日本が【Japan 2.0】や「Industry 4.0」実現するには、道のりは長く遠いい棘道である。残された時間は少ないのに!である。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月27日 (日) 19時06分

【警視庁の捜査ミスがあって】

 今年の7月に、既に起訴された刑事事件の裁判について地検は取り下げをしたそうだ。その理由と起訴取り下げに至った経過についての記事が朝日と毎日の両紙にあった。それらを読み比べてみてもまだ不明な点はある。
 7月の裁判についての記事がなぜ? 11月の今になって記事になる意味が、よく解らない。警視庁から謝罪があるという事を弁護士を通して聞かされ、それを朝日と毎日の両紙のみに取材させたのだろうか?
 その情報のリーク元がどこなのかについては不明なままである。それはさておき記事は
『2014年に東京都八王子市で起きた傷害事件で男性2人が誤って逮捕、起訴された問題で、警視庁は25日、2人に面会して直接謝罪した。誤認逮捕の理由を「初動捜査や犯人特定の捜査に不十分な点があった」などと説明したうえで、真犯人が映っているとみられる映像の存在を把握しながら、担当者間の引き継ぎミスで内容を確認していなかったと明かした。・・・・事件では、犯人が逃走に使ったとされるタクシーのドライブレコーダーの存在を起訴後に弁護人が確認。誤認逮捕、起訴を裏付ける決定打となった。・・・・113日勾留された男性(47)は謝罪を受けた後、「心境としては複雑で一言二言では言葉にできない」、98日勾留された男性(39)は「今回の件で家庭が崩壊寸前だった。気が晴れたとも、納得できたとも言えない」と話した。牛田喬允(たかまさ)弁護士ら代理人2人は「偏りなく事実を見ようという姿勢で捜査に当たることが最も大切ではないか」とコメントした。』

 非常にお粗末な内容がこの事件の捜査にあったという事がよく解ります。ドライブレコーダーを再生していれば、この2人の人は膨大な時間を奪われることさえなかった。考えられないほど杜撰な脳みそが捜査員の頭にぎっしり詰まっていたという事である。

 問題のドライブレコーダーに何が記録されていたのかというと毎日の記事の後半にありますね。
『・・・・・犯人が逃走に使ったとされるタクシーのドライブレコーダーに、2人が使えない言語で会話する3人組の男が映っていることを弁護側が確認。東京地検立川支部が7月、「捜査が不十分だった」として起訴を取り消す異例の対応を取り、裁判が打ち切られた。』誤認逮捕された人は中国語を知らない人で話すこともできませんね。よくまあ、こんな簡単に明らかにできることを棚の上にあげて、犯人に違いないと妄想し、起訴まで持って行ったもんだ。アホにもほどがあると言わねばなりませんね。捜査の初期の段階ではタクシー会社からこの問題となるドライブレコーダーの提供を受けていたのに、再生するパスワードとかの操作に無知な人であったのかその辺りの説明が不明なままなんですが、なぜか? タクシー会社に返却していたようです。弁護士が探しまくって起訴に至る頃に見つけて、タクシー会社からの話では、警視庁は『これはいらない』と言って返してきたという事になっていたようです。

 冤罪を作るつもりでいたのかもわかりません。2014年の事件です。当時の担当捜査員の言葉を、はっきり再現できるかどうかわかりませんね。その後の捜査に全く生かされることがなかったドライブレコーダーですよ。怖い話です。

 問題は、こうなったのは無知が原因なのか? 捜査員同士のコミニュケーション不足が原因なのか何も解っていないことにありますね。検察庁もドライブレコーダーの存在を気に留めてなかったから起訴をしたのだろうと思います。これもまた責めないと問題の再発をやりそうで怖いです。

 いつからこういう処の役人は機械の性能とか用途に暗くなったのだろう? 今でもダイヤル式の電話を使っているのだろうか?
 ドローン等を犯罪捜査に役立てようというような発想が彼等の中から湧いて出ることが期待できるのだろうか?

 そして、もう一点、未だに容疑者の自供だけで起訴するというやり方が変わっていないことも判明しました。94日や113日勾留させれば自供に追い込む自信があったという事なのだろう。近代的な刑事事件の捜査とか法に則った捜査というものが彼等の頭の中にあるのかどうか疑いますね。

 残念な人々である。

投稿: 旗 | 2016年11月27日 (日) 20時02分

▀▅▀▅ワンワールド系が支配のメディア▀▅▀▅
ワンワールド指向のグローバリズムには、新自由主義と
お花畑地球市民主義の2種類あり、どちらも偽善で非民主
的です。特に後者は、反安保法制、反原発や反基地の運
動で分かるように、立憲主義と言いながら順法精神がな
く、現実逃避的で、暴力的で、非寛容です。Brexitの時
もアメリカ大統領選の時も、マスメディアは双方の意味
で、グローバリズム礼賛の報道をし、反グローバリズム
をさんざんコケにしてました。これらの結果から言える
のは、マスメディア対民主主義の戦いで民主主義が勝利
したことです。日本のマスメディアも、巨視的には、お
花畑地球市民のワンワールド指向勢力に支配されていま
す。その証拠例は、安保法案審議時期の偏向報道です。

今、お花畑地球市民のワンワールド指向勢力の最優先課
題が、CO2削減と言うプロパガンダ洗脳です。日本では、
NHK筆頭のメディアの洗脳で、CO2排出温暖化原因説に反
論できない雰囲気で充満しており、そのように発言する
ことが、PCに抵触するかのごとく偏見で見られます。そ
のため、以下のような報道は地上波の放送では、一切あ
りません。

・ツバルでの、海岸浸食でなぎ倒されたヤシの木々、庭
先から溢れ出る水でプール状になった映像は、温暖化印
象操作の最たる例である。もともと、満潮時に海水が噴
き出すマングローブ林を埋め立てた土地なので、このよ
うな現象は当たり前で、気候変動とは無関係である。ツ
バルの温暖化被害主張には、環境問題に熱心なオースト
ラリアの弁護士団の入れ知恵の疑惑がある。

・北極海の氷が溶けてホッキョクグマが絶滅すると扇動
して、温暖化印象操作が行われているが、頭数は2万5千
で安定しているのが、実情である。

・太陽活動の弱体化により、太陽風が弱まり、地球の周
りの宇宙線排除量が減少し、地球への宇宙線照射量が増
加し、霧箱の原理で凝結核が増加し、雲の発生が増加し、
地上への太陽光輻射量が減少し、地球は寒冷化する。事
実、樹木の炭素の放射性同位元素の量で推定される太陽
活動が弱かった時期のロンドンや江戸では、テムズ川や
隅田川が結氷した。逆に、太陽活動が活発だった平安時
代には、温暖だった。この証拠として、「源氏物語」や
「枕草子」の中の当時の京都の気候に関する記述に、温
暖であったことをしのばせる内容が散見される。太陽活
動が弱体期に入っていると言うのが、太陽研究者のコン
センサスであり、それによると地球は寒冷化する可能性
がある。このことは、2015年の英国王立天文学会でも発
表された。

・極地で採取された過去の氷からの推定などの各種方法
で、過去4千年の地球気温が推定できる。それによると過
去500年は低温期であり、その前はかなり温暖なトレンド
だった。現在、地球気温はそのトレンドに接近している
だけで、特に高温になってはいない。

温暖化より、食料生産がた落ちの寒冷化の方が深刻であ
り、そっちの対策の検討が必要です。

投稿: 観測者 | 2016年11月27日 (日) 20時56分

体調回復に必要な物は休息と体にあった食べ物とポジティブシンキングです。
そのために必要なのは周りの手助けで、おおいに周りに頼ってください。
それがみんなのためになります。
ご自愛ください

投稿: いふし | 2016年11月28日 (月) 01時39分

石破先生こんにちは。

臨時国会の会期延長について。
民進党の野田元総理大臣、
「なんでそんなに急ぐのかわからない」
ニュースに一部に流れました。
実際、なんでそんなに遅いのか、こっちがわからないのが、率直な感想です。
議論が大切なのは、よくわかります。
ただ、延々と議論が空回りして、何も決まらない、決めて来なかった暗黒の時代はもういやです!

一部の意見ですが、その当時の民主党信じてIR推進を予算注ぎこんで計画たててきたそうです。それが、今の対応は何事か!と怒っているとのことです。
(その当時、民主党が出してきたものに対して、自民党は了承したと記憶しています。その後、民主党内でなぜか立ち消え…。)

自民党政権なら、キッチリと決めてくれると信じています。
臨時国会、しっかり頑張ってください!
宜しくお願いします。

投稿: かつしんじろう | 2016年11月28日 (月) 08時59分

TPP…

蓮舫さん、鬼の形相で安部さんに質問されていましたが…
民進党が言うと、何か批判の為の批判にしか聞こえなくて…
ホントに日本の為になるのは何なのか…
TPPがダメになると、中国主導に経済が回って行くとか…それって、日本にとって…どうなの?

今は、とにかく日本の事を協力して盛り上げて、落ち着いたら また、好きにバトルしてくださいm(__)m

投稿: まな | 2016年11月28日 (月) 10時25分

   ≪天皇陛下の御心 vs国際法や国際慣習≫
引用①【駆けつけ警護について世論は否定的な意見が多いようですが‥≪中段省略≫‥他国の部隊どころか自国民すら駆けつけて警護が出来ないのは一体どういうことなのか】
⇒残念ながら、このご主張のままでは、論理性では格段かつ上質に武装されてはいるものの、あの「私情に駆られて暴走するだけの安倍Monkey」の愚かな言い分と何ら変わりがない。未だに、安倍Monkeyからの差別化の意図が封印されてもいる。
その原因は単なる言葉不足‥と言うよりも、意図されたものでしょうが、「善いとこ取り」であって、「負の側面」に言及がない所為でしょう。国民の理解を得やすいように、複雑な事案から複雑な側面を隠し、単純化(美化か?)されている。
例えば、石破さんが常に「天皇陛下の御心」を大切に想われることは日本の伝統的価値(注)を大切にする構えに他ならず、「真正の保守」(注)に当ると思います。他方で、蛇足ですが、今の政治が象徴に過ぎないお立場の御心にぴったりと寄り添い付き随うことは、無責任政治に堕すものだとも思います。
然し、愚見ではSmartPowerの一翼であるSoftPowerの中核に外交が位置付けられるが、石破さんのご発言の多く(?)は「勿論、外交は重要だが‥」の一言で、何ら過去現在に亘る外務省の問題や課題の提示もなく終わり(要は深掘りがない)、日本の軍事HardPowerの現状が抱える問題点や課題が懇切丁寧に広く永く深掘りされている。その軍事HardPowerに偏った「石破次期総理」の構えは、「天皇陛下の御心」に寄り添っているものか?「真正の保守」の構えに適うのか?多いに疑問が残る。
(注)これらは、巷間、特に神社本庁-日本会議らが言う「伝統、保守」とは真逆のもの、広さ深さ永さを備えたものです。

引用②【軍隊の機能は基本的に対外的に作用するものであるが故に、従うべきは国際法や国際慣習であることは当然】
⇒更に言えば、日本がこの【国際法や国際慣習】に従うことは重要だが、それだけでは安倍Monkey軍団が主張する「普通の国」に成り下がる。
この国が「普通の国に成り下がる」ことは「天皇陛下の御心」に寄り添うものなのだろうか?天皇陛下は過去への強い反省と慚愧に立って、「人を殺し殺される戦争」に対して強い忌避感を隠してはおられない。その強い忌避感こそが今の憲法の根本的価値であり、立憲精神だと思う。「占領中に米国から押し付けられた憲法」云々と云う神社本庁-日本会議ら一派の主張にはその戦争に対する忌避感がない。彼らに支えられて政治屋の職を得ている安倍Monkey一味にもない。

敢えて言えば、日本のあの惨敗戦の歴史や立憲精神やその後に築かれた精神性は、【国際法や国際慣習】に沿いつつも、同時にその【国際法や国際慣習】から離れよ!第三の道を行け!と求めているのだと思う。それが天皇陛下の御心にぴったりと適うと思う。要は、人真似ではなく、広く深く永い智慧を絞り出せ!と。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月28日 (月) 11時18分

石破先生

お早う御座います!!。
日々に寒さが募り、木枯しも吹き荒れて周囲はすっかり冬めいた光景となりました。
先生に於かれましては日々の政務は勿論、週末の地方講演へと多忙を極められ、本当にお疲れ様です。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。

1、先ず先日の石破先生の外国特派員協会での会見と質疑応答の録画をつぶさに拝見致しました。政治家「石破茂」の高いレベルの見識と、真摯な政治姿勢には改めて感動致しました。
その中で特筆すべき小生の認識の内容としましては
①集団的自衛権の行使は憲法9条の解釈とは何ら関係なく、国家安全保障基本法の政策の一つであり、この辺りが安倍総理の認識と見解の異なるところである。
②天皇陛下の生前退位は憲法改正問題ではなく、皇室典範改正という法律問題であり、国会による法律改正によって解決出来る。
③ロシアとの北方領土問題は、不凍港の海域を昔から望んで居り、簡単な事ではない。返還交渉は安易な妥協は行わず長い目で行い、4島一括返還の基本を譲るべきではない。
④TPP合意について、アメリカ合衆国は昔より、多国間協議は苦手としている・・等々でありました。
以上の内容の中身につきましては異論のある箇所もある事ながら、その事は後日述べるとしましても、これ程先生の持論をじっくりお伺いする機会があった事は、大変有意義でありました。

2、PKO活動「駆けつけ警護」について
我が国の国連PKO活動において、先の安保法制
改正により武器使用も伴う新しい任務が付与され、所謂「駆けつけ警護」が可能となりました。そして稲田防衛大臣のこの度の発令により、新しい部隊が南スーダンに着任しました。PKO活動五原則に基づいても政府軍と反政府軍との間に戦闘はなく、治安は落着きを見せているとしています。しかし政府軍による発砲によって現地住民には未だに多大な死者の被害が発生しています。わが国の政府はこれは戦闘行為ではないとしています。そして撤退などは、自衛隊の現地司令官による状況判断に拠る事になるものの、わが国自衛隊の士気は高く、相当粘って他国派遣PKO部隊の支援を行う事は充分あり得ると考えられます。又、自衛隊員の状況判断の誤認により、現地住民への発砲と死者が出た場合、そして起訴されるに至った場合などの条件整備は、しっかり整っているのでしょうか?勿論自衛隊員自身の死傷の補償、通常の補償では済まないものと思います。
先の安保法制改正に当たって、これらの条件整備の国会審議もなく、数多の内容を含む法案を怒号の中で強行採決を行い、その後の法案整備は我々の間には見えて来て居りません。
更に小生は国連PKO活動に於いては、国連において参加各国からなる統一的な条件整備も必要であると提案するものであります。

3、「TPPの国会審議について」
過日、トランプ氏がアメリカ次期大統領として勝利のニュースが伝わり、テレビの農家へのインタビューがありました。ある農家の人は「これでTPPは廃案になり、ひと安心である」と顔を綻ばせている光景を目にしました。
国会審議では野党の質問による、SBS米の輸入システムの農水省への不信感は払拭されておらず、豚肉、牛肉の肥育薬品の注射、遺伝子組み換えなどの輸入食品の安全性の不安も払拭されないまま、又もや衆議院の独裁与党により、強行採決されてしまいました。
ところが、それと同時に次期アメリカ大統領に就任するトランプ氏により、「就任時にはTPP合意から離脱する」との声明発表がありました。そして参議院のTPP委員会では民進党の蓮舫代表より「次期アメリカ大統領はTPP合意より離脱との意志表示を行っているのに、何故審議を継続して採決の必要があるのか?」と問い質していました。小生は農産品も含む自由貿易の将来への拡大と条件整備は有用であるとしても、農家そのものが十分に理解と納得を行って居らず、その後の農家保護と育成支援施策が明確に示されない現状では、拙速にTPPは進めるべきではないと述べて来ました。TPPは政権与党と野党の政争の道具ではなく、農家の将来、引いては農家自身が納得しなければ絶対成功しない地方創成へも密接にリンクしているのです。

以上のように、現安倍政権は野党の質問は国民の不安の現れでもある事を汲み取ろうともせず、何事も拙速に過ぎる政権運営を行い、民意から乖離して行く事甚だしいと言わざるを得ません。安倍政権は、日本は将来何処へ行こうとしているのか?と不安が募りばかりです。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年11月28日 (月) 14時25分

 色々な列車名で投稿させて貰っている、しがない中年鉄道ファンです。 
 昨今は、テレビのワイドショーならまだしも、より専門的なはずの新聞やネット記事までもが、正確に物事を伝えているとは言い難いですね。
 また鉄道の話で恐縮ですが、JR北海道がローカル線を「単独では維持できない」と公表したことの意味は、「これらの路線について、第一種鉄道事業者としての鉄道経営は取り止めたい」ということだろうと思います。ですから、この形態に捉われなければ、JRの意向に沿った解決策はあるはずです。
 私は、選択肢は次の3つだと考えます。
(1)対象のローカル線の施設を他の事業者に譲渡あるいは売却して、その事業者が鉄道経営を引き継ぐ。
(2)対象のローカル線を上下分離方式に切り替え、第二種及び第三種鉄道事業者が鉄道経営を引き継ぐ。
(3)鉄道そのものを廃止して、バス転換する。
 それぞれの選択肢を考えてみると、(1)は「そんな北海道の田舎の路線を引き継ぐ事業者なんて居ないだろう」と思いがちですが、可能性ゼロでしょうか? よそ者目線で需要喚起は不可能だろうか? 何しろ、東武鉄道が北海道で走っていたSLを引き取って運行しようとしている時代です。
(2)は、石破さんの地元の若桜鉄道が公有民営方式第一号であることは有名ですが、長距離の北海道の路線では、地元負担が重過ぎて線路の保有維持管理は困難でしょうから、先日も投稿しましたが、下の部分をJR北海道(第三種鉄道事業)、上の部分(第二種)を新規に立ち上げる鉄道会社か他の鉄道事業者で運営する「北海道型上下分離方式」は有効だと考えます。
(3)は、札沼線(学園都市線)の末端区間、留萌本線、根室本線(富良野-新得間)がバス転換候補に上がっていますが、札沼線や留萌本線は貴重な盲腸線であるので、廃止の前に需要喚起が本当にできないかよく考えたいものです。例えば、駅名票などを一定期間(例えば年単位)入れ替えて、「思い出の廃止国鉄ローカル線」を演出してみてはどうでしょうか。若者にとって国鉄時代は夢であり、日本一の赤字ローカル線と言われた美幸線など、北海道の各地で廃止された盲腸線を擬似的に再現してみるのは面白いでしょう。私は、飲食店に「日替わり定食」があるのなら、鉄道に「年替わりローカル線」があってもいいと思います(笑)。札沼線は秘境駅(豊ヶ岡)もあって札幌から割合近く、ローカル線入門的要素がバッチリです。また、根室本線不通区間の復旧は先日国による支援が報道されましたが、DMVを走らせてみるのも一案で、高倉健さん主演映画「鉄道員」のロケ地として有名な幾寅駅も、もっと需要の喚起は出来ると思います。
 私のような素人が生意気ですが、とにかく問題が分からずに解決策が浮かぶはずはないわけで、人々がこのように考え方を整理できれば、自ずと解決の道筋が見えてくると思います。

投稿: 特急おおとり | 2016年11月28日 (月) 16時48分

    1/2 ≪待望の“石破さんの経済産業論”≫
再び石破さんのFCCJ講演 https://goo.gl/VCljJg 36m55s~
待望の“石破さんの経済産業論”のご提示は、「次期総理候補」としてFCCJに登壇されたのですから、その広深永さが誠に慶ばしい。
冒頭から余談ですが、世界のジャーナリストがその貴重なご主張をパスして、質問が安保や外交など石破さんのお得意分野に集中していた所為で、その経済論の深層深部が披露されるに至らず、即ち≪欺瞞アベノミクス≫の暴露が果たせず、残念なことでした。世界が持つ石破さんへのイメージをチェンジしたいところです。まあ、全ては一歩一歩の積み重ねです。継続が力なり!

此処での本論の経済産業論にコメントすれば、過去と現在の絶望的な経済状況の根因を頭では捉えつつ、一の矢を“頭痛薬”、二の矢を“栄養剤、ユンケル”と評された広深永さには同感しつつ、それはアベノミクスの落第宣告に他ならず、その諧謔にニヤリッと笑わせて戴きました。然し、時間的制約は間違いなくあったのですが、残念ながら、それに続けて肝心要のアベノミクス三の矢が空砲でしかなかったことに言及がなかったことは、安倍Monkeyとの差別化が生温いまま終わって仕舞った。
肝心の石破さんのあの場での経済成長戦略について‥愚見では、
①“潜在成長力”と云うキーワードを使われたのは適切だと思いますが、規制改革(と言うより既存規制の総棚卸し、在庫の入れ替え)や産業構造改革(と言うより進化)などヘタレ経済が抱える問題解決の具体策としては曖昧模糊で意味不明ではないかか。
②QQE出口への道筋を。政府・日銀の慎重な議論“だけ”に期待し委ねられた点で、深掘りが不足ではないか。
まあ、残り時間は稀ないが、全ては一歩一歩の積み重ねです。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月28日 (月) 19時38分

    2/2 ≪石破さんの経済産業論≫
特に、愚見とのざらつきが大きく強いのがこの(↓)部分です。
③L型経済の振興を挙げられたことは的確だと思いますし、地方創生の観点では理解もしますが、G型経済に言及がなかった点は真に片手落ちでしょう。日本経済のTurnAroundに挑戦するのに、G型経済で等閑視するのは真に狭く浅く短い視座だと申し上げざるを得ない。
例えば、内閣府 https://goo.gl/eGQspH のコラム2-3(黄色塗潰し部分)も【海外生産拠点の補完的な役割を果たす本社機能】を指摘している。机上のマクロ経済論や机上の統計論では、日本のGDP総額に占める輸出貿易(G型経済の一つの形態)の比率は十数%に過ぎないとされている(侮っている?)が、経済の現場から眺めれば「GDP計算には全く加算されないG型経済活動も雇用機会もあり、一定の家計を維持している現実があるのです。然も、その経済活動の対象市場は世界市場であり、その人財は先端的な技術を駆使して先端的な価値創りで世界市場に伍して戦っている逞しい人たちでもある。
日本経済が二十数年を喪い続けているヘタレの根因を叩き出し排除するには並大抵の困難さでも苦労でもない。L型経済とG型経済がバラバラに再生に動いていて成し遂げられるほど生易しいものではない。キッパリ!
夫々の分野の重職が、夫々に智慧を出し続け、夫々に挑戦し続け、好循環を目指してこそ、そして循環し続けてこそ、その「好循環」の成果は、無限大です。然らざれば否!!キッパリ!
然も、深刻にも、【日本に残された時間は長くはない】。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月28日 (月) 19時39分

たぶん駆け付け警護というと「ブラックホーク・ダウン」のような情景が浮かぶ人も多いのではないかなと。

勿論、武力介入と平和維持活動は違うといえば話は終わりなのですが、
「戦闘行為」論争で分かる通り、首相も停戦合意の理解があやふやっぽいんですよね。
防衛・外務の各大臣もPKOの意義を訴える好機をみすみす逃したというか、何と言うか・・・。

あ、外国人特派員協会のインタビュー読みました。

投稿: きました | 2016年11月28日 (月) 20時06分

良くプロファイリングはいけない、ヘイトに当るとメディア等でも言われる事ですがそもそも事実も無く、言われるにはそれなりの経験則や擦り込みがある。例えば、外国人がわさびが多くて差別されたという記事を見るが最後に必ず、特亜の人達に行きつく。チャンハンが靖国神社を爆破したがテロ行為を爆音事件と表現するとこれもなぜか特亜に行きつく。何が背景にあるのかと言えば、中韓という国に対しては大きな問題やなるべく事が拡大しない様に配慮が働いているが日本人が彼らに何かをすると問題より大袈裟に日本だけが非常に悪いかの様に報道する偏向がある。こういう偏向報道は日本だけでなく、米国にもある。今でも米国に行けば、日本の軍国主義を宣伝しリメンバーパールハバーと何度でも目にするがドイツや日本が叩かれる事には誰もヘイトスピーチとは声すら聞こえない。パレスチナやチベット人が差別されてもメディアは中国やイスラエルに配慮して事実があっても騒ぐ事はなく、ダンマリを決め込む。そして今や経済発展を遂げたにも関わらず、都合の悪い時は発展途上国面する中国だが国際法は無視しても自らの海外での人権問題には余念が無いが自国の人権弾圧にはすぐに抗議して言論弾圧に忙しい。上げれば切りが無いが毎日特亜特例を見ているのでほとんどの人達は又、どうせ特亜だろと思ってしまう。つまり頻度が高いので事実をイチイチ確認する手間が省けてくるので発言や読む側もそうなっていく。トランプが黒人や移民に対しての攻撃はそういう毎日の擦り込みと事実と頻度の多さが政治勢力となって支持さえる迄に至っている。フランスやドイツでも極右政党が政権を奪還するか言われているがその背景には偏向報道だけでなく、無能な政党が長年に渡り何も対策を打たないで何もしなかった背景がある事を無視してはならない。なぜなら問題解決しない限り、何と呼ばれようと不満が解消されないからだ。ヘイトだと逆差別を行っても問題は無くならないで過激になるか無視され躍進を許すだけだろう。

投稿: 忍者 | 2016年11月29日 (火) 03時44分

東大に慶應、近大に千葉大、少し前には早稲田。これが何なのか、ご存じですよね?
なかなか名前が出てこない容疑者。マスコミの報道ではなく、本人のSNSから身元(国籍)がバレる容疑者。
日本の政治家は、何故犯罪者に配慮しているのか?何故『特永』などという胡散臭い制度を残すのか?何故更に優遇するのか?何故犯罪の温床となる通名を許すのか?
いい加減にして下さいよ。
という愚痴を溢しても、貴方は何にもしないのでしょうね。
国民の生命や財産や尊厳よりも、政争に忙しいンですよね?分かります分かります分かります・・・

投稿: 吉法師 | 2016年11月29日 (火) 10時58分

PKO云々よりも、国内の治安を何とかして下さいよ。
来日外国人による国別犯罪件数が発表されました。1位ベトナム、2位中国、3位・・・。増えているようですね。で、在日外国人は?誰に配慮しているのでしょうか?
陰湿なイジメによる自殺。年寄りを狙った詐欺。女性を泥酔させての集団暴行と強姦。金持ちや特定有資格者を狙った詐欺と脅迫による強奪。不正に取得した口座によるマネーロンダリング。神社仏閣など文化財への器物損壊行動。
貴方々は、一体何をしているのですか?警察任せですか?捕まえても捕まえても…ではないのですか?やはり訳の分からない壁があるのですか?
いい加減にして下さいよ。
貴方には期待していないが…。

投稿: 吉法師 | 2016年11月29日 (火) 13時15分

豊洲…

最近、豊洲の問題…情報番組に出ませんよねぇ…

豊洲に行くのに、橋を渡りましたよねぇ?…って事は水路があるんですよねぇ
ボート会場、豊洲にして、豊洲市場の建物をお土産売り場とかレストランとかカプセルホテルにしては…宿泊所不足も解消できるのでは…
って言っても、今日の午後からの会議で決まっちゃうんですよねぇ…coldsweats01

オリンピック!
日本の事だから、かならず大成功になると思います。
とにかく、
景気が上向く事が大事ですね。何だかんだ言っても、バブルの頃は世間の空気がハッピーだった。バブル崩壊の痛手を経験した今(未経験の数の方が多くなりましたかねぇ)、改めててバブルが到来したら今度は失敗しないように、浮かれないで国を立て直しましょう…

投稿: まな | 2016年11月29日 (火) 15時30分

日中国交かが叫ばれた頃、中ソは第三次世界大戦にでもなるかという程、国境線で緊張が高まっていたがその為の緩和策という事でも無いだろうが日米が国交を回復し経済支援の基回避された現実がある。そして露との国境線は今も静かな闘いが続いているだけでなく、モンゴルや北朝鮮、ウィグル、インド、チベットやブータン、ベトナムにフィリピンと中国拡大政策に警戒感が色濃く表れている。日本を含めこれ等の国に対して中国に取って一番安価で領土や富を略奪出来る手段は何だろうか?人口である。14億と言う人口を他国に送り込んで中華思想や共産思想を広めるだけでなく、その国の領土や資源、富や法律まで歪めていく。この人口兵器はゆっくり目立った事は行わないので他国も許し易い、労働力不足と言う口実のもと国民も説得し易い。しかし中国の人口を受け入れた国は犯罪が横行するだけでなく、スパイが暗躍し富は中国に送金と言う形で吸い上げられる。そしてその国の弱体化を徐々に進めていく内に中国共産党による国家資本が投入される。その時の人口が票や資金でその国を左右する程で無ければ問題にもならないだろうが米国を見ても分る様に最近ではヒラリーに流れた中国系献金だけでなく、中国系票や議員達が議会や法律を彼ら寄りに変えていく。インドネシアやフィリピンでは地元の人達より中国人がビジネスでの登用は優遇され給料も高く支払われる。ウィグルやチベットに到ってはもっと酷い。安い労働しか彼らには回って来ないし完全に支配され犯罪者扱いされる。国により対策と金を上手く使い侵食していく。そして露でも中国人による町が人口の20%以上を占めて露人も焦りを感じている。世界各地に広がる中国人口兵器は上手く機能している。奄美は中国客船による寄航を断ったがチェジュ島は港から観光施設まで中国に侵食されている。その内、中国系軍港が出来るかもしれない。そして中韓経済連携を進めた朴が反日政策も使えず求心力を失い、政権が倒れそうだが北や中国による政権が樹立しないとも言えない。それ位、韓国は左翼化し北朝鮮の工作員だけでなく、議員達横行していて統一されて中国の地方都市になってもおかしくない。兎に角、日本は中国、露、北朝鮮と言うやっかいな隣国を従えている。

投稿: 忍者 | 2016年11月29日 (火) 15時42分

    再び≪Japan is never ever Abe!≫
三浦瑠麗さん【http://lullymiura.hatenadiary.jp/ 結語:日本にできることは、責任ある安全保障政策を追求し、国際的な経済秩序を積極的に提案し、必要な経済改革を自らやってのけることです。当たり前のことを当たり前にやればいいのです】
⇒全体として、非常に的確で鋭い刺激に溢れた論説、そして日本には痛い(エッジが立った!)国際政治経済論だと思います。
特に上記の引用部分に愚コメントを付すなら、≪あっはっは~!≫と大笑いした上で、≪ご指摘が正しいことは十分に解りますが、今の安倍支配下の日本(注1)では、「言うは易く、行われることはない!」≫と云うところです。
(注1)この現状認識は、Japan is never ever Abe!の
根本認識から発している。

今の日本丸の舵を操っている政治権力者が、安保政策は私情に駆られて暴走するだけの安倍Monkeyであり、経済政策は無知に無知で無恥な安倍ボス猿であり、日本人には当たり前のことが認識できない安倍晋三なのですから、それはそもそも無理な要求です。一部の市民にしか認識されていないのですが、そもそも、Japan is never ever Abe!なのですから。

優れた学者の机上論とは云え、石破さんにはこの三浦節の着眼点や考え方、即ちこの鋭くエッジの立った論説の全体を通して(注2)、多くの点で同感される部分があるのだろう、また政治の現場の真ん中に立って【当たり前のことを当たり前にやる】勇気と奮起を催促されたと理解されるに違いないと想像しました。
(注2)要は、起承転結の道筋を真っ当で真摯な構えで
確っかり踏み固めて進めば、その論は自ずから鋭くエッジ
の立った論になる。逆に、予定調和(GroupThinkingの
一種)など鈍らで刺激のない論は、その道筋を省略したり
横道に逃げ込んだりする所為だろう。また真摯さに欠け
視座が狭浅短である所為でもあるだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月29日 (火) 16時52分

オリンピック会場問題…

うちの近くに町を上げて作った、かなりちゃんとした野球場があります。設計がよかったのか、工事がよかったのか、水捌けがすごくよく、朝方雨が降っても試合時間にはいい感じになります…なのに、客席数がたりず、大きな大会には使えません(T_T)

近隣のそうでもないフェンスで囲って工事の足場みたいな客席のところが大会会場の一つに入っていたりすると、何か納得できない…

よく解らないんですが…水泳会場、20000席を15000席に減らして経費削減するとか…
後で、我が町の野球場みたいにならないように…

公共工事の経費って何か信用できないんですよねぇ…みんな、高めに見積もっている気がして…
見積もりが通れば、今度は使い切る為にさほど必要じゃないものにまでお金を使う…そんなイメージが拭えませんよねぇ…

投稿: まな | 2016年11月29日 (火) 18時38分

千年の恨みと言いつつ日韓合意し百回の謝罪としながら日韓合意を破棄するであろう政府間での約束ですら守る事が出来ない意志の弱い事大政権が漸く終りそうだ。最初から反日外交を展開し中国に擦寄り、日本の記者を牢屋に入れて迄日韓外交を無碍にして様々な事故対応も出来ずに追い込まれた朴は一体何をしたかったのだろう?!中国の軍事パレードに出たのは良いが米国のミサイル防衛を受け入れたら今度は中国から韓流排斥と観光客キャンセルに蟹強奪の嵐だ。米国への信用失墜だけでなく、日本からも信用を失い嫌われ、韓国国民からも嫌われて辞任する始末だ。国民の多くは欧米だけでなく、日本にも逃亡し、なかには安倍政権の災害対策を賞賛して羨む始末で何がしたいのか何時もながら良く分らない混乱政権だった。総理談話と日韓合意で政治的に反日にも転じられず、日本から現政権の自助努力を強いられる始末だがやはり政経癒着と縁故主義で墓穴を掘ったようだ。政権末期に縁故汚職で首が回らず、牢屋行きや自殺、暗殺は歴史の事実で死なずに退陣出来るだけでも進歩と言えるかもしれない。王朝の焼き直しはこれからも続きそうだがさっさと北と統一でもするかして片をつけて欲しい物だ。日本は露との経済協力に忙しくなれば韓国や北も日本から支援等期待する程出無いので勝手にやってくれ!

投稿: 忍者 | 2016年11月29日 (火) 22時57分

   石波さんにも一定のファンがいる様に政治家にも一定の支持者や支援団体がある。右翼左翼問わず、それなりの支持者や支援団体が存在し両陣営共に非難中傷には事欠かない。ただの個人的な主観で上げている書き込みだが左翼の連中からは引籠もりのネトウヨだと思われている事だろう。そして残念な事に私は左翼に詳しく様々な団体も個人も知っているが悉く失望させられた経験があり、左翼に期待も未練も全く無い。別に期待していた訳では無いが軍事政権や戦争の反省からか、ただ政府側の事を単純に受け入れるだけでは駄目だろうと若気に思った物だが回り道をして両陣営の事が分ってくると物事がハッキリ見えてくる。迷いは無くなり、間違っていたにしても修正が効く。勿論、世界の全ての事に精通する事は難しいがある程度の目途はついてくる。保守派議員が左翼に叩かれ、日々学ぶ様に、左翼議員も右翼系議員からやられ学んでいく。しかし時に嫌悪感が過ぎると片方だけにしか学ぶ事が出来ず、お互いに理解する事が無い事もあり得る。多分、過度な中韓嫌いは学びたくない現われだろうが嫌悪感が消える迄に時間がかかるだろう。そして無理に好きになろうとも思わない。神のみぞ知るという様に自然に任せ放っておく。しかし政治家はこんな呑気な事は出来ないし結果を求められるので常に闘いを強いられる。気楽に暴言を吐いていられるので政治家からしてみれば良い身分だろう。政治家は国民の意見とは言え、素人の発言をどう思っているのだろう?アホが何にも分ってないな!とは言えないだろうがイライラしないで聞いていられる忍耐力は敬服する。

投稿: 忍者 | 2016年11月29日 (火) 23時49分

【欧州が大変なことになっているようだ】

 AFPの記事を見て驚いた。
『【11月29日 AFP】欧州連合(EU)と世界保健機関(WHO)は29日、欧州におけるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者のおよそ7人に1人が、自分の感染に気付いていないとする報告を発表した。
 ・・・・ECDCの統計はEU加盟28か国に、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーを加えたデータに基づいている。ECDCによるとこれらの国々で確認されたHIV感染者の約半分にあたる47%が、感染後期になって診断されている。これは感染から診断・報告までに平均約4年かかっている計算になるという。
 HIVの感染経路として最も多いのは男性同士の性交渉で全体の42%にあたり、感染経路として長年、唯一増加傾向にある。次いで異性間の性交渉による感染が32%、麻薬使用による感染が4%と続いている。
 WHOによると2015年に欧州内で報告されたHIV感染者数は、過去最高だった前年の14万2000人を更新し、15万3407人に上った。(c)AFP』

 無自覚なHIV感染者が野放しになっていて感染後期に症状が現れて初めて重大さに気が付くという事態なのだそうだ。EUの総人口は、英国の離脱は今の処将来的な実現を待つだけなので、英国の人口も含めてカウントされているので約5億人である。毎年ここから14万人を超える感染者が発生しているという事である。

 我が国は人口1億2千万で年間約1500人のベースなので、仮に日本の人口が5億人であれば6250名ほどとなるはずなのに、はるかに多い14万人である。
 治療薬の開発が進み、効果があると言われている薬の登場もあるそうだが、無自覚のまま治療する機会を失う事で、病気自体が慢性化したり、延命措置的な効果しかなかったりすることもあるそうだ。どんな病気でもそうだが。早期発見が予後の経過に大きな影響があるという事である。また無自覚なまま野放し状態になって菌を撒き散らかすという事もあるので、この14万人という数字が大きくなることがあっても減ることがない。実際の処、記事にもあるように、2014年の14万人という数字が2015年には15万人と史上空前の増加を見ていることも確かなようです。

 この病気の発症が遅れたのは個人差もあるようですが、長い潜伏期間の存在ですね。個人差があって4年から10年と大きな幅がある。症状が出ないことで自覚がない人々が気が付くころには感染後期になっているという事のようです。
 欧州はまだ真面目に報告をしている方だと思いますが、シナ帝国は過去に長い間、根拠もないのに社会主義国ではこういう病気は関係ないと言って報告をしてこなかったことがある。しかし、最近は報告するようになってきたそうだ。その数字に信頼があるのかどうかは誰にも判断できません。
 世界保健機関(WHO)の発表では2014年に中国で報告された新規HIV感染者は10万4千人だそうです。2010年頃の数字があって、それによると74万人という数字が感染者総数なのだと言われたそうです。それと比べてみるとこの2014年の単年報告数が異常に大きいことが解ります。この10万4千人という数字は、欧州が14万人という数字を提示した後で話題になったシナ帝国の数字であることに注意しないといけませんね。
 人口14億人で10万人の感染者しか発生していないと言いたいのだろうと思います。こういう処にも何を考えているのかよく解りませんがメンツがあるのだろうと思いますね。しかし、これで年間10万人以上の発生があったという事が解り、今までの報告数字に疑問が持たれているようです。
 非情な勢いでシナ帝国では感染者が増えてきていると見たほうがいいようです。大気汚染による癌患者の発生も、シナ帝国は隠していると言われていますね。癌村の存在は今では世界に知れ渡っているようです。健康を求めて逃げ出すシナ人を止めることが難しくなっているという事もシナ経済の凋落と深い関係があるように見えますね。

 世界エイズデイは12月1日である。シナ政府が正直な数字を報告することを願いたいものだ。


投稿: 旗 | 2016年11月30日 (水) 02時01分

新潟や青森で、鳥インフルエンザが発症しました。多大な被害です。
この前に半島の某国での流行があり、ネットでは必ず日本、とりわけ某国との友好を掲げる地域での発症・流行は避けられない、との噂がありました。
その通りになりました。
半島の某国での流行を報道しなかった能無しのマスコミ。流行地域からの入国を制限しなかった無責任な政府。
なぁ~にが『渡り鳥が運んだ』なのでしょう?いつまで無責任で能天気なコメントを垂れ流す気なのでしょう?
宮崎での悲劇は何故起きたのでしょうか?検証結果は?紛失したモノは?
この後突如『○牛』というブランド牛を立ち上げた某国。
いい加減にして下さいよ。
友好地域と言えば・・・、
次は鳥取かも知れませんよ。
大袈裟に注意するに越した事はありませんよ。

投稿: 吉法師 | 2016年11月30日 (水) 09時21分

石破さん、おはようございます
在日米海兵隊のツイッターに、沖縄の子どもたちの3人に1人が貧困状態である。そして、沖縄子ども食堂を昨年12月から開始し、1日も欠かさず、現在まで無料で食事を子どもたちに提供しているという映像を載せています。これは、日本政府や沖縄県は認識されているんでしょうか?
とても気になるんですけど。毎日、食事の提供を受け、そこで宿題などもやって、放課後の時間帯を過ごしていると聞き、米軍に感謝はしますが、しかし、日本人のことは日本でできるなら、日本でやって欲しい、沖縄県でやって欲しい気がしないでもありません。ぜひ、 在日米海兵隊のツイッターのツイートの記事と映像を見て頂きたいです。

投稿: ハイビスカス | 2016年11月30日 (水) 09時35分

 米国に嫁いでいる娘(フィラデルフィア住)が一時帰国中の十月、十一月に大統領選があり、十一月八日のスーパーチュウズデイは大変な興奮でした。ペンシルバニア州でトランプ氏が勝ったことで彼女の落胆は大変でした。オバマケアの廃止に彼女は大変失望していました。トランプ氏支持の白人労働者やオバマケアの恩恵に預かっている彼らは早晩失望するのではと予測しています。
 財政出動で一時的に仕事は増えるでしょうが、何れ行き詰るのでしょう。トランプ氏支持者たちはそのとき反トランプにまわるでしょうから、一期四年が限界でしょう。

 日本にとって黒船トランプで、これまでもそうですが、外圧で目覚める日本人ですが、今回の黒船トランプで、経済・国防・外交・貿易等々自己確認の良い機会になりました。

 秋田県のため、日本のために頑張っている富樫総務大臣政務官の政治家としての成長を日々目にし、水月会のますますの進展を祈願しています。

投稿: 加藤 幹郎 | 2016年11月30日 (水) 10時28分

    ≪エッジが立った警告!≫
丹羽宇一郎さん【何のための企業再編か https://goo.gl/R4sdum 
怖いものは一人で渡っても皆で渡っても怖いのです】
⇒経営論のこの一文の奥底、即ち丹羽さんの真意は、「その怖さを(麻薬で?)麻痺させても問題解決にはならない。邪道だ!」と云う警告なのでしょう。予定調和をなぞるだけで生温く茹で上がった大企業トップに対する「鋭くエッジが立った警告」だと。
①泥船は何艘寄せ集めても大きな泥船になるに過ぎない。
②臆病者や智慧のない経営者では、事業の図体がでかくなるだけで、企業や事業が若々しく逞しく賢明に変貌できる道理はない。
要は、「泥船と臆病な船長(船主も?)は捨てて、果敢Boldな船長と新しい時代感覚を備えた船主の下で、大海に出ても確っかりと安定的に巡航速度を維持し前進できるハイブリッドな高速船を建造しなさいよ」という箴言でしょうね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年11月30日 (水) 13時08分

石破先生お疲れ様です🍵
ホワイトクリスマスを待たずに雪が降りましたね⛄
ブラックフライデーとかも始まりましたね🍤
先生のセミナーに参加したいと思いつつも、持病が悪化してかなわぬ夢という感じです🐤
天皇陛下も狭心症がおありだそうですが、こんな急な寒さでは大丈夫とは思えません。
本当にお気の毒です🌿

投稿: キイロイトリ | 2016年11月30日 (水) 14時25分

共産国と言ってもキューバは共産思想を基に革命を起こしたのではないので他の共産国家に比べると遥かにまともで教育された人達だ。米国経済制裁で医者よりもタクシー観光の方が儲かるという不思議な国だがカストロは他の共産国とは違い自国民を虐殺しなかった。軍事クーデターから共産国家へ移行した事が効を奏したし、彼の性格もかなり影響したのではないだろうか。米国に暗殺されたチェゲバラも他国の政府軍とは闘ったが貧しい人達には優しかったし、ラテン系の乗りで明るい性格だった。カストロ議長も良く国連総会で米国を悪魔呼ばわりし問義を醸したが実の所、大した軍事行動は行っていない。露からの核兵器持込でキューバ危機こそあったが米露の方が余程、紛争や政府転覆に関わっている。北欧やキューバの様に左翼主義も小国であれば機能するし、適度な自由が認められれば社会保障を含め、教育はされるし悪くは無い。ただ渡航の自由や思想の自由となるとやはり問題になるだろうが考えない人達には関係無いかもしれない。どちらの陣営にしろ程ほどな位が上手く行く。

投稿: 忍者 | 2016年11月30日 (水) 14時44分

▀▅▀▅漢族人脈の主要国権力層への侵透▀▅▀▅
以下の例のように、漢族の主要国の権力層との人脈形成
が、日本人とは比較にならないほど進展しています。

・トランプ周辺への侵透
メディア王マードックの前妻の漢族女性Wendi Dengは、
イバンカ夫妻と親密であり、彼女がイバンカのソーシャ
ルメディア記事に載ることがよくある。また、マードッ
クを通じてのクシュナーと英国元首相ブレアの仲介もあ
り、英政界とユダヤ人社会にも関係を持つ。イバンカの
長女のベビーシッターは漢族で、北京語教育の養育係で
もある。これはWendi Dengの工作の可能性がある。

・ユダヤ人社会への侵透
漢族とユダヤ人社会の親密さの最もいい例が、親漢族派
のキッシンジャーである。その他、Wendi Dengを介する
クシュナーとの関係や、フェースブック創設者のザッ
カーバーグの漢族妻もいい例である。トランプはクシュ
ナーを通じ、かなりユダヤ人社会とのしがらみがありそ
うで、キッシンジャーとの面会を考えると、トランプが
AIIB参加などの親漢族政策を打ち出しかねない。

・ロシア政界への侵透
満州の漢族人口が1億以上で、シベリアの人口が約600万
程度なので、人口圧力はかなり高く、すでにシベリアは、
漢族の人的かつ経済的影響力が侵透している。よって、
漢族依存のシベリア利権が存在し、既得権益化して、そ
れに依存する親漢族ロシア人も多数いる。彼らは、漢族
の意向に従って、対日強硬路線を取らざるを得ず、北方
領土問題解決の障害になっている。その例として、シベ
リア研究のロシアの某シンクタンクのアナリストが、ロ
シア政権の意向の説明の講演で、漢族の対日歴史観の代
弁を行い、内容は近平と全く同じ主張だった、と言うこ
とが挙げられる。さらに、Wendi Dengは、プーチンとは
顔見知りである。

・オーストラリア政界への侵透
ターンブル首相の息子は、漢族共産党党員の娘と結婚し
ている。また、ラッド元首相は、流暢な北京語を話し、
漢族政府関係者と会談する時は北京語で話すこともある。
長女の夫は、香港出身の漢族である。

以上のように、うかうかていると、日本抜きの米露中
の日本包囲網ができます。

投稿: 観測者 | 2016年11月30日 (水) 19時08分

【国民が寄せる政治家への支持】

 民主主義国家で選挙によって最高責任者を投票数によって決める国にあっては、国民の支持で成り立つ政権というものがあるわけで、国内の各種メデアはその時々に於いて政権の支持率がどうなっているのかについて報道する。
 総選挙の直後に成立した政権は、それは直接選挙で得たばれた大統領であろうが、議会制民主主義の手続きに則って選ばれた首相であろうが、国民の支持は高い。あたりまえの話である。それが時間とともに変遷するのも世の習いである。
 国民の過半数が任期期間中高支持を続けるというのは普通は起こり得ないものであるが、ロシアのプーチン大統領のように常に80%以上の支持をキープしたままの人も存在する。これはもしかするとロシアに登場した史上初のアイドルの様なもので、政治家に寄せる支持とは別のものであるかもわかりません。何か変な熱狂がこの国にはあると考えたほうがいいような気がします。
 民主国家となって日が浅いという事情が。このようなアイドルの誕生に至らせたのかもわかりませんね。
 ここはさておいて、普通の民主国家では大体選挙直後には約60%を超える支持があり、徐々に低下していき。次の総選挙まで、或は任期の終了時には40%を割り込み、批判の矢面になって追われるように政権の座から降りる事になりますね。
 政権の維持運営とは、かくも難しい試練のような時間が費やされます。なぜこうなるのかについては様々な理由があって、当事者も解っているのだろうと思いますが何をやっても上手くならないという事もあり、能力の問題なのか? ほかに責任があるのか? 運が悪いのか?
 悩むことになりますね。

 フランスと韓国で4%の支持率しかない大統領が表れたようである。フランスのオランド大統領は就任直後は65%ほどの数字であった人なのだ。だが、国民に約束した雇用対策の失敗と経済政策の失敗、そして機密漏えい疑惑など、他の要素も絡んで、4%の支持率に至っているのだそうだ。そして、韓国の大統領もまた、これは状況が異なりますが、いまは、支持率4%なのだそうだ。オランド大楼量が支持率を下げ始めたのは2012年からです。朴大統領は今年の9月までは40%以上をうろうろしていたように思います。10月の後半になって急激に数字が変わったという事なので、オランド大統領とは全く状況が違います。しかし、今は同じ数字ですね。

 この4%と言う数字は、我が国の首相には例がない、あの森元首相でも5%はあった。1%の違いというのは、こういう低レベル支持率になると大きな意味が生じるような気がしますね。
 まだ、国民の5%の支持がある。
 まだ、国民の4%の支持がある。

 大きな違いに見えてくるから不思議です。大統領個人の能力が支持を集めるのではないと思うのですが、当事者にその認識があるのかどうか不明ですね。簡単に云えば有能な閣僚を集める事ができないと政権運営に失敗するという事だと思います。
 大統領は何をするかと言えば話を聞いて判断し、命令する。その判断に責任があるわけで、大統領が走り回って動くという事が政権運営ではないわけですね。人事の配置でほぼ決まるという事で、あとは、経済環境の運ですね。巡り合わせというか、自然災害の発生などは運のようなもので、それが経済環境に影響を及ぼすこともあれば、国民の団結を呼ぶことに繋がって巧く行くようなこともありますね。この場合でも閣僚の人選は上手くいっていると効果は目に見えて跳ね返ってきます。
 
 4%をはじき出したオランド大統領に起死回生の秘策とかはないと思いますね。経済政策等々とは別に、私生活の内容が報道されたり暴露本が出たりと大変な生活を送っている事なども支持率を下げる背景にあるのかもわかりません。
 複雑な性格の人のようですね。歴代の大統領の支持率をさらに下回る数字というのは、問題が多すぎて対応できないのだろうという印象を受けますね。
 フランスは、今、右派の政党の人気が高まっているという報道があります。難民問題が大きな社会問題となって久しいという状況があって、解決する目途というか、フランス国民が望んでいる姿が見えてこないという事が大きな不満になっているようですね。テロとの戦いという事も国民にとっては負担になっているかもわかりません。
 米国の大統領が引き籠りを表明するようなトランプ氏になったことで、右派政党が刺激を受けて大きな勢力に成長するかもわかりませんね。

 来年は、世界的に激動の年になるような気がしますね。独逸のメルケル首相の支持率も嘗てのような勢いはないようですね。英国もEUから離脱し、金の流れも変わりますね。
 支持率の低い指導者の登場が続けば、大変な事になりそうです。民主国家は政策の変更が容易である。国民の要求に応える指導者というものは得難いものだと気が付くまでそれが続くのだろう。

 あらゆるニーズに応える能力を持った指導者というものは存在しないと思います。それが解った時に国民はどうするのか?  謎ですね。

投稿: 旗 | 2016年12月 1日 (木) 01時46分

中国…

この間、池上彰さんの番組で『サラミスライス戦略』って言うのが紹介されました…
中国がやっている手法です。
ちょとした岩礁に「漁民の遭難に備えて」とか言って犬小屋程度の何かをたて…少しの間に増築をし…気づけば滑走路のある軍事施設へ変貌shock

尖閣諸島に漁船が出没するようになり…台数が増え…軍の船だか巡視船だか一緒に来るようになり…
最初は領海ぎりぎりを数分…次は領海侵犯で数十分…その次は、島と島の間を通り抜け…
サラミを薄〜くスライスして盗み食い…相手が気づいた時には半分以上食べられていたcoldsweats02みたいな…

既成事実を積み重ねて相手が状況になれ無関心になる時を、虎視眈々と狙っているんだってshock

まず、マスコミは慣れては、いけないangry
漁船から始まって段々エスカレートしているのに、記事は段々小さくなっているshock

特に朝日新聞は、慰安婦の捏造記事や靖国神社の参拝を問題視的に書き立て、中国韓国から付け込まれる種を蒔いたんだから、尖閣諸島への領海侵犯は詳細にでかでかとお願いしますm(__)m

投稿: まな | 2016年12月 1日 (木) 03時01分

あまり体調がすぐれない状態が続いているとのこと、お忙しいとはおもいますが、無理なさらないよう、どうぞご自愛下さい。

投稿: 近藤 雅之 | 2016年12月 1日 (木) 03時18分

    天皇陛下の特例法をめぐり、議論の対立が活発化しような雰囲気だ。今迄表立って議論して来なかったという事実が国民への論点だけでなく、理解も阻害したがそれに加えて現代の価値観を伝統や皇室という特別で唯一無二の陛下に当て嵌めるべきかどうかで真っ二つに割れてくる。天皇陛下は象徴とは誰でも習う事だが、天皇陛下に人間としての人権はあるのか?天皇陛下しか出来ない摂政という政に変りを認めるのか?皇室典範改定の裏には天皇陛下という地位を低下させる文言を入れようとする勢力がある事も理解している。とは言え、天皇陛下の御気持も分るし汲んであげたいと誰でも思うだろう。しかし気持ちが分る事をやってあげれば単純に良いという問題でもない。天皇陛下にしか出来ない政は仕方が無いが天皇陛下ではなく、他の皇族であれば出来る仕事であれば負担は軽減して欲しい。陛下が長く御存命するという事は国が安定する事にも繋がる。人権や男女平等という概念は欧米や現代の概念でそれを単純に天皇陛下と言う地位に当て嵌める訳にはいかない。それらを超越するからこその天皇陛下であるというのも事実である。難しい議論だろうが政争の具にする事無く、国会でも審議して貰いたいものだ。

投稿: 忍者 | 2016年12月 1日 (木) 06時01分

人の振る舞いにて候とは深い言葉である。人に偏見や差別意識、間違った認識や意見を持つ機会と言うのは誰にでもある。子供の時は単純に戦闘機や軍艦、鉄道や車と何とかオタクと言う人達と同じ様に好きになるが教育やその時の状況による雰囲気と言うのは戦前の日本に対する評価はすこぶる酷いものだった。そして他の日本人から朝鮮人や中国人に対する差別発言を聞くと憤慨したものだがそれも日本が戦前に悪い事をしたという刷り込みに寄るものだ。しかし状況も認識も歳と共に変っていく。過去の自分と決別するかの様に軍事に興味を持ち、天皇陛下を再評価し神社だけでなく、中韓の人達の評価も180度転換する。この根底に何があったかと言えば、震災は勿論の事、実を言えば、自衛隊員、天皇陛下、又中韓政府による振る舞いの違いが思想を転換させていく。嘗て批判的だった人達は地味に説明もせず、行動で誠実に事を示していくが嘗て擁護した人達は日本が幾ら支援しようが理解しようとしようが感謝も無ければ未だ足りないと無心してくる。行動は言葉より重い。自らの誤りを認め考えだけでなく、行動も逆にしなければいけない時が来た。そしてそう思ったら素直に間違いを認め行動しなければ自らに嘘をつく事になる。そして今現在も自らが間違っていてもやるべき事はやる必要がある。例え、それにより人に非難されようともだ。そして先人達は非難されようとも常に信じる道を貫いたからこそ評価される。そう考えると日本人の戦後の歩みは正しかった様だ。隣国の大統領は自らには責任が無いと言って助言を求めた人達も自らの進退も自ら決めず他人事の様だ。支援をして貰っても日本人が勝手にやった事だ、迷惑に押し付けられただけだと言う。そしてこういう事実にこそ、人の振る舞いが凝縮している。

投稿: 忍者 | 2016年12月 1日 (木) 07時24分

11月30日が秋篠宮様、12月1日が愛子様のお誕生日…愛子様confident皇太子様と雅子様のどちらにも似た綺麗な大人に成長されていてびっくりしました。皇室感があふれ出ていますよねぇ…
中学3年生になられたとか…
もちろん、うちの近所の中学校とは全違うと思いますが…同級生が愛子様って、想像がつきません。
愛子様がお疲れになるのも理解できるような気もします…少しですけどね
皇室に否定的な父兄も中には、いると思うし…

絶対、幸せになってもらいたい…

愛子様の幸せは、日本が平和だって証のきがする…

投稿: まな | 2016年12月 1日 (木) 12時54分

石破先生

お早う御座います!!。
本日より愈々12月に入りました。
木々の紅葉、黄葉は殆ど落葉となり、すっかり冬ざれの様相となってまいりました。
石破先生に於かれましては、日々の政務に又週末の地方講演にと激務をこなされ、大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日の投稿は、今週二度目となりますが余りの怒り心頭の国会運営に、自公与党政権に苦言を述べたく再度投稿させて頂きます。

過日、年金改正法案(野党によれば年金カット法案)が野党欠席のまま、又もや強行採決の上衆議院を通過しました。
人口減少が叫ばれる昨今、「将来世代に亘るまで持続可能な年金制度維持の為には止むを得ない措置である」、との塩崎厚労大臣、安倍総理の説明ながら、2004年(平成16年)には「100年安心の年金制度改革」として実施したばかりであります。色々な理由の中に団塊世代の年金受給者が増えていて、支える若い世代の年金払込の負担が大きくなっている。更に将来人口減少が大きく見込まれるなどの理由です。

しかし良く考えてみれば、受給資格者人口の年毎の試算と受給総額の傾向など、人口構成率の推移から予測する事が厚労省の事務官の職務であり、社会保障としての年金負担額の増大は急に始まった事ではありません。
殆どの年金受給生活者の受給額は年300万円以内であり、更に65歳以上の独り暮らしの老人の半分は、生活保護受給予備軍であるとも言われています。

以前にも当欄にて述べましたが、国民年金は資格を得る為皆保険であり、厚生年金は雇用企業と給与生活者が半分づつ応分の掛け金を払い込み、将来へ備える為に国へ預けたものであります。従って国からの無償受給金ではありません。その為、GPIfによる株式投資の損失数兆円など平気な発表に怒りを覚えるのです。
更に、現在厚労省に於いて増え続ける医療費の抑制手段として、窓口での高額医療支払い金額の引き上げ、後期高齢者の一割負担の廃止、介護医療の等級による医療補助の見直しなどを閣議決定により進めています。

国民の、しかも低収入者である年代層より絞り取るような種々の政策は、政治とはとても言えるものではありません。しかも雇用の原職者であれば、ボーナス、又は業績の向上に於いて収入は増える事があるものの、年金生活者は増える要素は何も無く、生活の不安が募るばかりであります。このような政策は昔の悪代官の所業と同じではありませんか?

その一方では殆どひと握りの大企業による内部留保金がさらに増え、360兆円にも到達するとの見通しも発表されています。
民間企業の内部留保金は、税金を国へ納付後の使途保留金であり、国がその使途を強制する事は不可能ながら、アベノミクスの低迷と消費の低迷がこれほど続き、国民の生活に直接しわ寄せが来ている昨今、内部留保金のそのままの現状維持とは罪悪と同じものと言わざるをえません。以前にも述べましたが、従業員への給与、投資へも回さない同一企業の数年にもわたる内部留保金へは、一部課税すべきであると述べて来ました。
なぜなら、その利益は社会より得たものであり、社会へ還元することは企業としての社会的な責任と言えるものなのです。360兆円もあれば、その1%でも3、6兆円にもなり社会保障費への充分な手当てとなるものであります。

石破先生に於かれましては、超多忙の連続によりお疲れがたまっているようですが、くれぐれもご自愛頂き、ご健康の維持には充分ご留意くださいますよう、心から願って居ります。睡眠時間の確保は必ず取れますように、ご計画をお見直し下さいよう!!。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年12月 1日 (木) 13時37分

   北方領土に住んでいた元住民がデモ行進した。日本の場合、原爆を投下され負けを認めてから動けない日本の状況に応じて北方領土は収奪された。正確な時期や細かいデータは把握していないが8月15日から二週間後に日本への侵攻が開始された様に記憶している。多分、元住民もその辺りを境にして逃げてきたのだろう。極東先端部では日本陸軍が露を止めるべく闘っていたが物資も届かない中、食い止めるだけでも大変だった事だろう。良く考えると日本人は原爆が投下されても天皇陛下が玉音放送をしなければ闘っていた可能性が高かった。米軍も本土上陸で闘うより原爆投下の方が降伏の見込みが早いだろうというのが米兵犠牲との計算からも割り出された結果だった。沖縄戦の甚大な死傷者数がそれを裏付ける様に露との交渉でも米国に焦りがあったのは否めない。日本人はその当時、米露に占領されながら日本を捨てる国民がいなかったのは驚嘆に値する。渡航の自由が無いだろうが逃げようと思えば朝鮮半島に逃げる事も出来ただろう。現代では難民として国を捨てる人達が多いが最後まで国を守ろうとする事がどれ程難しいか考えさせられる。韓国李承晩は軍指揮官なのに日本に逃げた。その伝統はセウォル号の船長に引き継がれ朴も似た様な事をしている。日本国民は最後まで国の為に闘おうとしたが様々な帝国軍人も敵に捕らえられるより名誉の自害を選び、負けるギリギリ迄闘った。そして天皇陛下も国民の為に戦争責任を訴えたがその行動がマッカーサーの心を変えた。北方領土には太平洋に出る露軍事基地があるので簡単には返さないだろう。露安全保障の重要拠点や潜水艦の航路もある為、渡せないというのが本音だしこれには対米、対日、対中国への防衛線にもなり解決の糸口が何か分らない。しかし負けても最後迄闘った先人達の様にこれ等の住民も負けないだろう。いかに不利になろうとも闘い続けるのが大和魂というものだ。

投稿: 忍者 | 2016年12月 1日 (木) 14時58分

  1/2≪優vs劣、広深永vs狭浅短≫
引用【藻谷浩介さん山田桂一郎さん‥実証的かつエッジの効いた主張】(Who is Yamada-san?→ https://goo.gl/eK1mdl )
このお二人は今や天命を知る齢を超え、これまでの挑戦の成果もあって、智力にも気力にも溢れて「素晴らしい人財」ですね。
山田さんは数多の事業を成功に導いた智者なので三現(現場現物現実)に精通されているのは当然であり、また藻谷さんはバックグラウンドが金融マンでありながら、無節操な予定調和の群れに加わらず(加われず?)、一匹狼的に経済産業の三現に精通を得た例外的な智者ですので、共に【実証的でエッジが効いている】と仰る石破さんこのご評価は至当なものだと思います。彼らに共感し学ばれる石破さんの真摯さが極めて鮮明になっている。

準備万端と云う訳ではないが、その石破さんの実像は、
①「デフレは貨幣現象だ!」と軽薄さを曝した挙句に(注1)、実体経済の黒子でしかない金融の刺激策に頼る安倍晋三、
②国民資産たる財政資金を使って19-20世紀的な土建事業の振興(土建業者救済?)に拘り続けるしか能がない安倍晋三、
③肝心要の旧三の矢をドブにして、実体経済の三現に立つこともなく全く無関心を化装する安倍Monkey(注2)の醜態、
の間の「優vs劣、広深永vs狭浅短」の差異を鮮明にしている。

(注1)然も、その経済論で師事した浜田某がその言を既に間違いだと認め取り消したにも不拘、安倍晋三は取り消していない。
(注2)国民生活を含む実体経済に無知であることに無知、即ち無恥なのだから止むを得ないのかな?繰り返し内閣総理大臣を自称する経済大国の舵取り人が、そのレベルで済むのかな?

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 1日 (木) 18時51分

     ≪添え書きが‥≫
平将明氏インタビュー【次は石破さんのお面をつけた千人でクラブイベントを開催しますhttps://goo.gl/WWTZJt 】
⇒好いですねえ。自由で闊達で柔軟で‥。
その一方で、私の灰色の脳細胞、特にその左半分が、「政治には、自由で闊達で柔軟で‥だけでは、サブカルチャーに飲み込まれちゃう。不自由の壁を打ち破る堅さや固さが欠かせない!」と叫んでいるw。
その両方の要素を取り込んで、夫々を発展させる手が、「一部のLINEスタンプに(“全て”である必要は毛頭ない)、石破さんなりのメッセージを添え書きすること」なんですけど‥。
一ラベル@¥200にできるかも知れません(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 1日 (木) 20時12分

福島からの転校生をイジメた、どうしようもない横浜の親子。
それをあたかも学校や教育委員会の責任にする阿保のマスコミ。TVでも阿保の芸能人が吠えている。
己の子供の教育を、どれだけ人任せにするつもりなのでしょうかね?
『困っている人には優しく』
『弱い者イジメはするな』
こんな当たり前の教育を、保護者がせずに誰がするというのでしょうかね?加害者を徹底的に非難せず、教育者側を叩く。これでイジメは無くなると思っているのでしょうか?
イジメをするような奴等は最近、周到で陰湿。少年法も平気で悪用する。そんな奴等を相手に何の権限も許されない教師に解決させるのは苛酷ですよ。熱心な教師が安易にプライバシーに踏み込めば逆に、モンスター化した保護者から怒鳴られる。土下座さえ強要される。
イジメは犯罪として、教師に【関与させない】仕組みを作る時期にある気がしますね。阿保のマスコミが言う
経済格差が…、家庭環境が…、
関係ありませんよ。イジメをする奴等が悪いだけですよ。少年法の見直しも含め、早急に対処して欲しいですね。
ただ何とな~く、凶悪なイジメが起こる地域は、権利しか教えない○翼の強い地域のような…。

投稿: 吉法師 | 2016年12月 1日 (木) 20時13分

【警察の職務の拡大と能力の問題について】

 産経新聞の記事を見て考え込んでしまいます。
『犯罪捜査で行う電話や電子メールの傍受対象が拡大される改正通信傍受法の一部が、1日に施行される。国会で5月に成立した検察と警察の取り調べの録音・録画(可視化)の義務付けや司法取引の導入などを盛り込んだ刑事司法改革関連法のうちの1本。詐欺や窃盗が傍受の対象に加わり、巨額の被害が続く振り込め詐欺グループや、組織化された窃盗団の実態解明などが期待される。』

 通信傍受の範囲を広げようという趣旨の法律の改正が5月にあって、その施行が、12月1日から始まったという内容の記事である。先にドライブレコーダーの再生という簡単な操作ができない事が原因で無実の市民を100日以上も勾留し検察を巻き込んで起訴までやってしまった事件があった。能力がついていけるのかどうか不安がないのだろうか?

 機器の扱いの問題であるが、そう云う方面の教育とかは成っているのかどうか心配である。法の拡充のことも大事な話だと思うが現場でその機器が使えているのかどうかについて誰が責任を持つというのだろう? 操作を間違う事があれば記録したものが消滅するという怖さもある。
 またこれとは別に証拠の保存という事も大事な話になるのだが、記録した媒体にもよるが劣化するという事がある。それをどのように防ぐのかについても、責任の所在を含めて確実なものにしておかないといけないように思います。
 紙に書いた筆跡などはほぼ永久と思えるぐらいの保存ができるのだそうですが、映像や音声についてはどうなるのだろう。電話による音声が唯一の証拠となるような事件であれば、機器の操作の手違いで簡単には削除されないような保存とか、コピーを取る際のルールとかも決めておかないとこういう記録は後からでっち上げることも可能な技術なので心配は膨らんでいくばかりである。
 我が国の警察官検察官は真面目であるという定評があるが、証拠をでっち上げた事件と云うのも少ない数ですが存在する。厚生労働省の女性課長が巻き込まれた事件とか鹿児島県で起きた選挙違反でっち上げ事件などが簡単に浮かんできますね。

 通信傍受の範囲を広げるというのは裁判所の令状なしに通信の傍受をしてもかまわないという意味だろうと解釈しますね。その内容は記事の後半にあります。
『通信傍受は、犯罪捜査のために犯行グループの犯罪に関連する電話や電子メールなどを捜査機関が傍受するもの。数人の共謀が疑われる場合など、いくつかの要件を満たした場合に実施される。
 これまで対象となっていた罪は薬物関連犯罪▽銃器関連犯罪▽集団密航▽組織的殺人-の4類型。改正法ではいずれも組織性が疑われる殺人▽誘拐▽詐欺▽窃盗▽爆発物使用-など9類型が追加された。』

 法の拡充によって治安が守られるのであれば歓迎すべきことである。しかし、警察官の能力がそれに追いついているのかという不安を払拭するものがない。ドライブレコーダーも使えない警察官という実話があって、被害を受けた市民がいたというのは迷惑な話である。誰が責任を以て情報機器を扱える警察官にするのかという事である。

 現実に起きた事件の処理を見て国民は不安を覚えるのだという事を理解してほしいものだ。

 

投稿: 旗 | 2016年12月 2日 (金) 02時54分

パクチョンヒ元大統領の生家が放火され、犯人と思われる男が逮捕された。朴大統領の支持層の厚い地区でも800件を超える火事があったが多分、放火と見られる。千年の恨みは日本だけでなく、暗殺された父親にも彼女にも向けられた様だ。以前桜井よし子がデモの様子を見てくださいと言うので見たら暴徒化した学生が数十人も火炎瓶を持ち続々に放火したり、あちらの警察に向けて火炎瓶は投げるわ、棒でぶん殴るわ、車から店迄火を点けまくっていた。戦後日本でも警察が在日韓国人に襲撃され、ヤクザを含め自衛隊強化に繋がった様な話を聞いた事があるが生れていないので経緯は分らないが調べれば出てくるだろう。しかし変な国である。米系韓国人は本国に対する愛国心が強い割りに韓国には帰らない。米系中国人は同属同士で固まるので米国社会に入ろうとあまりしない。日本が嫌いで反日教育と旭日旗を見ただけで発狂するのに日本に来て表現の自由やビジネスを大いに利用し日本人の振りをしながら日本人を嫌っている。日本人や米国人は相手が嫌いだと思えば放って置くし離れていく。フィリピンから米軍が離れた様に日本人も観光や彼らから距離を置いた。ヘル朝鮮と言う標語があったが今将に地獄の業火が広がろうとしている。そしてその裏には北朝鮮の工作員や共産党が地獄の口を開けて待っている。

投稿: 忍者 | 2016年12月 2日 (金) 03時42分

今、気になること
1、ロシアとの外交問題、本当に信頼できる相手なのだろうか。安倍さんは何を約束したのだろうか

2、アメリカ大統領がトランプになったこと。安全保障の問題など。安倍さんは、TPPがなんとかなると思ってる、大いなる誤算。トランプはそんな甘い人間ではない

3、オリパラ会場問題、造るのがどうのこうの言ってるのではなく、なんで金額が2倍、3倍と推移してしまうのか。いまだに過去のやり方でやれるほど未来は甘くはない。明朗会計であってほしい

4、野党が腑抜けになってること、しっかりとした見識を持ってるとは言い難い。持ってるのは共産党くらいであろうか。民進党、明治維新の彰義隊みたいだ

5、駆けつけ警護?今、日本はアフリカの他国の紛争に関与しているヒマはない。すぐに自衛隊を帰還させて、わが国土の防衛任務にあたらせよ。わが国の武器弾薬は限られている

6、貧困の方が多い。地方と都市圏の実情が理解されていない。安倍さんはどう思われるか。トランプバブルが弾けた時、とんでもないことが起きる。注意しなければならない

投稿: モリタ | 2016年12月 2日 (金) 04時19分

     ≪添え書きがあると‥≫
平将明氏インタビュー【次は石破さんのお面をつけた千人でクラブイベントを開催しますhttps://goo.gl/WWTZJt 】
⇒好いですねえ。自由で闊達で柔軟で‥。
その一方で、私の灰色の脳細胞、特にその左半分が、「政治には、自由で闊達で柔軟で‥だけでは、サブカルチャーに飲み込まれちゃう。不自由の壁を打ち破る堅さや固さが欠かせない!」と叫んでいるw。
以前も同じコメントをしましたが、その両方の要素を取り込んで、夫々を発展させる手が、「一部のLINEスタンプに(“全て”である必要は毛頭ない)、石破さんなりのメッセージを添え書きすること」なんですけど‥。経済的には一ラベル@¥200にの価値、政治社会的には数倍の価値を産むかも知れません(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 2日 (金) 08時23分

  2/2≪優vs劣、広深永vs狭浅短‥豪胆さ≫
一方で、一般的に言って(両氏を云々するのではない)、三現(現場現物現実)に精通する場合には、ともすると、知識と論理を精緻に組み立てて主張や結論を得る「遅い思考SlowThinking」に陥り易い傾向がある。その思考は視野狭窄NarrowThinkingに陥る傾向もある。
そのSlow/NarrowThinkingを得意とするのが、AmongOthers、各界の専門家・有識者然り。文官に対する制服組然り。歪みを加味すれば、「永田町・霞が関・大手町」文学の作者らも然り。
そんな世情であればこそ、政治家、事業経営者など文民たる身分高き者には、①見識や教養に溢れた豊かな経験と、②複雑な世情を射抜き解を見通す直観に、裏付けられた「素早い思考FastThinking」が齎す豪胆さの重要性が増すのだが‥、
今の日本では、国家経営のほゞ全ての重要課題を有識者会議と云う名のSlow/NarrowThinkingに露払いをさせて、挙句に、それらの結論も方向性もほゞ全てを、「愚かな私情」の足下に屈服させて暴走するだけの「猿の政治手法」が罷り通っている。
この国は、美しの国ならぬ、「猿の国」の入り口に立っている。
ポスト安倍を担う政治権力者は、その入り口からTurnAroundできる豪胆さを備えているのだろか??!!

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 2日 (金) 09時29分

   NYの米国人はNYは米国では無いと言う。東京にいて東京は日本ではないと思った事は無いが米国人に言わせるとそれ程、外国から来た人達の比率が高いという事だ。NYにいた時に米国人の友人はいたが革新的な考えやゲイの人達が比較的多い。保守的な子もいたがNYが嫌いになり田舎のテキサスやオクラハマ等に引っ越してしまった。実は沖縄の方が地方から軍に入隊した人が多く、保守的な人達やキリスト教布教等で来ているので革新に会った事が無い。日本も米国も保守的な人達はどちらかと言えば地方にいる。都市部にいる人達は革新系が多い。だから沖縄に来てからの方が本当の米国人に会っているかもしれない。そしてトランプ派が白人、黒人を問わず支持しているのでNYとは明らかに違う。そもそも日本でもNYでも外国人は仕事や自由な思想を求めて都市部に行くし、田舎で外国人が歩いていれば非常に目立つので何かの関係機関を通じて行かないと変に思われる。本土の人間が地方に入って行っても様々聞かれる事があるし、警戒される。世界でも日本でも地方と都市部、保守と革新をどう動かし、お互いに接触や均衡を図っているか計算されていない様で計算されている。地方から都市部に出ないで留まれば考えは限られるだろうし、都市部に出れば革新的な考えを吹き込まれるだろう。そして都市部で生まれ育った人達が地方に移住すれば伝統や日本古来の考え方や風習に出会う事だろう。お互いに合わなければ元に戻るし違う物を学ぼうとすれば門戸は開いている。NYは日本に比べるとやはり進んでいるが日本もその流れが出来つつある。

投稿: 忍者 | 2016年12月 2日 (金) 10時55分

今年の流行語大賞のトップ10に
『保育園落ちた日本死ね』
が入りました。その授賞式に民進党の山尾議員が出席し、授与しました。
こんなのを選ぶ人間も人間なら、嬉しそうに出席する人間も人間…、同じ穴の狢なのですかね?
保育園に入園出来ない幼児を持つ保護者がいるのは確かでしょう。しかしそれを自治体ではなく、日本(国)の責任にするのはどういう意図があったのでしょうかね?
『日本死ね』という書き込みは本当に日本人なのか?山尾陣営の自作自演ではないのか?という疑惑の検証もなく選ばれる薄気味悪さ。
選考委員に外国人を入れる、偏ったイデオロギーを持ち、一般人とはかけ離れた感覚の人間(その内の一人は辞退)を入れる。山尾議員に至っては、国会議員でありながら、『日本死ね』というマイナスで汚ならしい言葉の授賞を、あんなに嬉しそうに授与できる。本当に不気味…。
ガソリンプリカ疑惑の説明責任を果たさないその議員を、授賞式に出席させる(株)ユーキャン自体も、ブラック企業の代名詞である某広告代理店の影響を多大に受けている企業。
五輪エンブレムの選考と同じ構造。
五歳の子供の命を奪った東京デザインウィークと同じ構造。
国の中に変なのが蔓延っていますよ。放っておくのですか?

今週も講演でお忙しいンでしたね。大切なのは政局でしたね。

投稿: 吉法師 | 2016年12月 2日 (金) 14時24分

石破茂様

いつもblog等拝見させて頂いてます。
石破先生の考え方、人間性は素晴らしく、ずっと応援しています。

香川県在住の40代母子家庭の母です。
昨年、息子が群馬県での鑑定競技全国大会で石破先生のお話を聞けたと喜んで帰ってきました。
私が政治に関心があり、家でよく息子と話をするので、石破先生の事もよく知っていて、お母さんが好きなのわかったと言っていました。
今年初めての選挙も自民党に投票すると張り切って行きました。
実はこっそり私の為に写真を撮ってくれていました。学校の先生に内緒で。

息子共々、次期総理には是非なって頂きたいと思ってます。
以前は福田康夫先生を応援していた時に総理になられ自民党香川支部にポスターを頂きに行きました。
石破先生のポスターはどちらかで頂くことできないでしょうか?
無理を承知の上のお願いです。
ご返事頂けたら幸いです。
       佐伯 かすみ

投稿: 佐伯かすみ | 2016年12月10日 (土) 11時33分

日本が表明していると考える話です。
必ずしも以下解釈だけではないと思いますが、このように捉える方もおられるかとも思います。
石破さんは政権与党におられます。
だからこそ問いたいです。

核兵器禁止条約反対
↑核兵器保有国の傘下で守ってもらわないと不安という考え。もはや核兵器なしでは世界平和は保てない。
もし発射されたら発射仕返す構え。
だからこそ発射するわけはない。

もし保有国の発射が連鎖したら人類滅亡。
↑みんな死ぬなら仕方ない。責任は発射した国。
僕らは巻き込まれた被害者だ。死ぬときはみんな一緒。人間1人だけでは生きていけない。

南スーダン武器禁輸反対
↑賛成したら敵として見なされる。反対すれば敵として見られないから、例え兵器を持っていても攻撃されるわけはない。自衛隊は心配だから近くに来て見学してるだけだから。
↑でもとばっちり来たらもちろんやり返す。
→だからもしものために、安全を確保するためにもっと武装して安心しよう。

まあでも外国の事だから、遠くだから関係ないですよね?
自衛隊ってまあ外国から見れば、当然兵隊ですからしょうがないですよね?
日本人で良かった良かった。

、、、、、、ってなれません。
なぜ、核兵器禁止条約反対で核廃絶が実行できるのか?
なぜ、武器禁輸反対で自衛隊の安全が確保できるのか?
風が吹いて桶屋が儲かるほど、壮大ではないロジカルな説明を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿: 山岡秀和 | 2016年12月21日 (水) 23時51分

ブログ内容と直接関係しないことで恐縮ですが、尖閣について首相または首相に近い筋として、中国の公船や便宜兵が尖閣に上陸したら、防衛発動を発令し領土を即時奪回する方針であると発表することは出来ないのでしょうか?
それによってキッカケを作ったのは中国側であると言え、国際世論を味方につけることが可能になると思うのです。
中国に抗議文を出しても何も効果は期待出来ません。国際的な情報戦では残念ながら中国の資金力に勝てるとも思えません。
また、中国を「刺激したくない」とし、予防的な行動を慎んできた日本の戦略は効果がなかったとしか思えません。

投稿: MM | 2016年12月23日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64542304

この記事へのトラックバック一覧です: 駆けつけ警護など:

« 水月会地方セミナーなど | トップページ | 防災専門組織の創設など »