« 駆けつけ警護など | トップページ | イシバチャンネル第七十弾 »

2016年12月 2日 (金)

防災専門組織の創設など

 石破 茂 です。
 今週木曜日の水月会勉強会は外部講師として軍事アナリストの小川和久氏をお招きし、日米同盟についての講演をお聞きしました。観念論や一般論に堕することの無い、実証的な同氏の所論にはいつも大いに啓発されます。
 
 トランプ氏の当選からひと月が経過し、月刊論壇誌に多くの論説が掲載されるようになりました。移動の機内や車中でざっと目を通した限りでは、潮匡人氏(「正論」1月号)、佐伯啓思氏(「月刊日本」12月号)の論考に(全てではありませんが)納得させられるものがありました。
 
 「集団的自衛権の思想史 憲法九条と日米安保は何を論じたのか」(篠田英朗著・風行社刊)は実にクリアな論理が展開されている好著と思います。東京外国語大学教授である篠田氏は「国家主権という思想 国際立憲主義への軌跡」でサントリー学芸賞を受けた気鋭の学者ですが、久しぶりにこういう極めて真っ当な論に接してとても嬉しく思いました。「いちばんよくわかる集団的自衛権」(佐瀬昌盛著・海竜社刊)と併せて是非御一読くださいませ。

 30日水曜日に神戸市で開催された神戸新聞社主催の講演会では、同社が主唱している「防災省の設置」がテーマのひとつとして与えられました。
 熊本震災発災後に私が記者会見でこれをとり上げたところ、政府からは「既に関係副大臣会議において『直ちに設置する必要性はない』との結論が出ている」という誠に素っ気ない反応が返ってきたのですが、改めてこの副大臣会議のレポート(抄)の該当部分を読んでみると、
「日本版FEMA(米国連邦危機管理庁)のような統一的な危機管理官庁の創設など、中央省庁レベルでの抜本的な組織体制の見直しについては、現段階では積極的な必要性は直ちには見出しがたい」
「危機管理対応は不断の見直しと改善が不可欠であり、今後とも取り組みの進捗状況や成果を検証しながら、組織体制の見直しも排除することなく必要な対策の検討と実践を図り、より良い危機管理体制を目指していく」
とありました。まさしく霞が関官僚文学の精華・極致というべき文章で、感心するやら呆れるやら、要は「絶対にやらないわけではないが、当面やるつもりはない」ということが委曲を尽くしてあちらこちらに配意しながら書いてあり、政治家はまずこんな文章を書きません。
 こんな文章が書けるようになることも優秀な官僚の要件なのでしょうが、このような文化を政治が変えていかなければ、我が国は本当の困難に逢着するように思われてなりません。それが積極的であれ、消極的であれ、権限争いが絡んだ途端に機能停止してしまうのが官僚機構の特性で、迷惑するのは国民です。
 米国は連邦国家であるが故に、FEMA自体が強い権限を持っているわけではなく、その高い専門性によって必要な役割を果たしているのであり、「有用な組織であれば権限が弱くとも機能するが、無能な組織が権限を持つほど怖いことはない」ということを考えなくてはなりません。
 日本の危機管理体制は、地域によってその能力にばらつきが大きいのが難点で、担当する各地域の職員を統一して教育し、組織相互に共通性のある通信・救援などの機材を揃えることなどを任務とする組織の創設は、可能かつ必要なのではないでしょうか。

 週末は本日2日金曜日が(株)光和電工創業50周年記念式典(午後6時・ホテルニューオータニ鳥取)、どんどろけの会クリスマスパーティ(午後7時・ホテルモナーク鳥取)。
 3日土曜日は富樫博之衆議院議員女性部「美心倶楽部」で講演(午前11時半・秋田ビューホテル)、自民党秋田1区支部若手経済人の会で講演(午後1時半・秋田キャッスルホテル)、「緊Q国会 世界の名案」出演(午後2時55分~・テレビ朝日系列・収録)。
 4日日曜日が在職30周年「石破茂を囲む会」(午前10時半・米子ワシントンプラザ、午後1時半・倉吉シティホテル、午後4時半・ホテルニューオータニ鳥取)、鳥取商工会議所会頭ら経済人との懇談会(午後7時・鳥取市内)、という日程です。
 
 街にはクリスマスのミネーションが輝き、華やかで楽しそうな雰囲気が溢れているように見えます。
 かつて銀行に勤めていた頃の12月は、ボーナス獲得や年末の資金繰りなどに追われて恐ろしく多忙でしたし、議員になってからは予算案編成や税制改正などで休む暇もありませんでした。楽しい12月などとは全く無縁の日々がずっと続いていますが、同じように過ごしてこられた方々もきっと多いのでしょうね。
 前にも書いたと思うのですが、クリスマスの物語の中ではО・ヘンリーの短編「賢者の贈り物」(О・ヘンリー短編集・新潮文庫)という話が一番好きで、この季節になると無性に読み返したくなります。
 
 先週末に崩した体調がなかなか元に戻りません。ちゃんと休む暇もないまま、風邪薬や栄養剤で誤魔化しつつ、いつの間にかなんとなく治ってしまうというのはあまりよくありませんね。そのようなわけで、思考回路が機能しないままに、ご紹介のみが多い記述になりましたことをご容赦くださいませ。
 皆様ご自愛の上、ご健勝にて師走をお過ごしください。

201602q

「緊Q国会 世界の名案」の収録の様子です。

|

« 駆けつけ警護など | トップページ | イシバチャンネル第七十弾 »

コメント

休眠預金の活用…eye

NPOに使うのは反対〜rockpout

東日本大震災の時、なんだか解らないNPOが何億円も使ってましたよねぇ…
第一、世界中から集まった支援金の行方って…一体どうなったのか…

疑惑gawk

はっきりわかりやすい所に使って下さいm(__)m

保育園学校関連とか、介護福祉士とか、国民の福祉に関わる施設ではなく、仕事の従事者に直接利益となるようにするとか

投稿: まな | 2016年12月 2日 (金) 14時08分

オリンピック会場問題…

小池さんの事、イロイロ報道されていますが…

結局、最初の計画案に落ち着かざる得ない状況みたいですね…coldsweats02
でも、話し合いを表に出したし、建設費もかなり減らせた…confident
基本予算+利権で何倍にも膨れ上がった建設費に異議をとなえたのは…すごい…happy01
ガチガチの根回しに、よくぞ一人で立ち向かったと思います…good
連日、各メディアが取り上げ…オリンピックへの関心を浸透させた功績はあると思います…

投稿: まな | 2016年12月 2日 (金) 15時39分

体調がお悪いのに‥有り難うございます!西洋医学は病の発症時に効果がありますが、東洋医学はそれのみならず、発症の抑制にも価値を置いています。肝心なのは日頃の自己治癒力、免疫力の涵養かとw。一刻も早いご回復を念じます。
西洋発祥のものは、恰も刑事被害があって漸く登場する警察に似ていなくもない。
      ≪成功体験があるとないとでは‥≫
毎日【小池都知事:「現状維持は衰退だ」 議会改革促す https://goo.gl/kuONxC 】
⇒小池知事には頑張って欲しいですね。石破さんのサポートがあれば流れが変わるかも!!w 都政に限らず、日本の政治史にも稀有なことに(!)、小池知事は構えも健全だし、ご主張もほゞ全てが理知的で道理にも論理にも適っているのですから。
彼女に頑張ってもらうためにも、都民に限らず全国の市民が(安倍Monkeyに釣り上げられた庶民大衆には望むべくもないが)、些末な小異を捨てて大局に適う大同に着き、小池知事にエールを贈って欲しいものです。
成功体験がないと、須らく人は成長できないし脱皮できないし目線が下向きになる存在ですからね。抵抗勢力や既得権益の壁が分厚いので生易しいことではないが、小池都政には、人々がその成功体験を味わえるチャンスがある。

大前研一さんのこれも(↓)小池さんに対するエールですw。
【先日、状況をよく知らないIOCに少なくとも2750億円は削減可能と指摘されたらしい。みっともない話です。豊洲もこの問題も小池都知事の判断は「経営者の意思決定」ではないと私は思います。今後の小池都知事の政策についても、正直雲行きが怪しくなってきたと感じます】

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 2日 (金) 19時37分

お疲れさまでした~

投稿: mr | 2016年12月 2日 (金) 19時45分

▀▅▀▅高密度軸索高度ミエリン化促進教育▀▅▀▅
脳内の軸索(ニューロン間通信ケーブル)ネットワークの形成は、幼児期に完了します。そのネットワーク機能の高速化がミエリン化であり、それは、得られた情報を人との相互作用を用いた反復で醸成することにより促進され、成人までに完了します。ただし、ミエリン化強度は、年齢とともに減衰します。したがって、幼児期に高密度軸索ネットワーク形成を、その後成人までそれをミエリン化で増強すれば、高度な頭脳情報処理能力、語彙力、表現力、創造性を持つ優秀な人材を育成できます。その高密度軸索形成には、幼児期の素読が、ミエリン化には、その後の相互作用学習が最適です。

記憶学習は創造性の阻害要因だと思われてきましたが、創造性には、豊富な知識と高度な脳の情報処理能力が必要条件であることが、判明してきました。その条件としてふさわしいのが、上記の幼児期の素読と相互作用学習の実践で、それらを最も有効的に励行しているのが、最優秀民族と見られているユダヤ人です。

ユダヤ人は、以下のような幼児期の記憶学習的な素読教育を行い、高密度軸索ネットワーク形成を行っています。

3歳:読み書きを習う
4歳:モーゼ五書(トーラー)の暗唱(素読)が始まる
5歳:預言書と聖文学、タルムード(ユダヤ学の総合体系
全集)を学び始める
(日本人の子供がひらがなを習い始める頃、ユダヤ人の子供は大抵の文書が読める。)

その後、12歳でトーラー(千ページ以上)はほとんど暗記しており、その際、ユダヤ人独特のハブルータと呼ばれる相互作用学習で、脳内ネットワークのミエリン化が進展します。この教育で、人口1170万人(世界人口の約0.2%)のユダヤ人が、ノーベル賞の22%(170人以上)、フィールズ賞の27%(14人)の受賞を占めています。一方日本人はノーベル賞が約20人、フィールズ賞が3人という、残念な状況です。このように理数系能力が日本人のそれの百倍のユダヤ人は、アメリカのCEOの約20%、アイビーリーグ学生の約20%(特に最優秀レベルはほとんど)を占めています。この民族には、以下のような有名人がいます

クシュナー
ザッカーバーグ(Facebook)
ジャネット・イエレン
セルゲイ・ブリン(Google)
ラリー・ペイジ(Google)
ポール・A・ボルカー
グリーンスパン
バーナンキ
アインシュタイン(相対論)
フォン・ノイマン(数学、量子論)
ボーア(量子論)
オッペンハイマー(物理)
ファインマン(場の量子論)
シュレーディンガー(量子論)
ジュリアン・シュウィンガー(場の量子論、繰り込み理論)
ウィッテン(M理論)
ペレルマン(ポアンカレ予想)
エロン・リンデンシュトラウス(量子エルゴード予想)
サルコジ(母方がユダヤ人)
フロイト
カフカ
サミュエルソン
ドラッカー
ジョージ・ソロス
ヤコビ
プリゴジン
スピルバーグ
ハリソン・フォード
・・・

投稿: 観測者 | 2016年12月 2日 (金) 23時36分

東日本大震災で菅元総理がアタフタしどう対処して良いのか混乱している中、米軍は日本に空母を送り、原発での放射能対応迄準備が整っていました。国の最高指揮官がどうして良いのか分からない。以前にも阪神淡路大震災でも自衛隊をどう使って良いのか分からず、余計死傷者が出ました。この巨大地震があっても未だただちに設置する必要が無いと言っている官僚は学歴こそ高いだろうが何もしないで責任逃れの無能高額給料取りだろう。韓国を見習うな!

投稿: 忍者 | 2016年12月 3日 (土) 05時26分

石破先生お疲れ様です🍵
あまり御体調が優れない御様子でとても心配です。
風邪と思っていても肺炎になっていたりすることもありますし、どうかお気をつけください。
私もたかが風邪と甘くみていたら、一週間も入院させられたりもしました。お医者の診断が必要な時もあります。
お忙しいので大変でしょうが、健康管理もお仕事のひとつですし、どうかお大事になさってください🐤

投稿: キイロイトリ | 2016年12月 3日 (土) 11時17分

石破様おはようございます。トランプ氏が大統領になった場合、日米同盟を守ってくださるのか疑問です。突然、日米同盟破棄とすると宣言しかねません。自国の安全は自国でするのが良いような気がいたします。

投稿: hitomugi | 2016年12月 3日 (土) 11時30分

北方領土で終戦から一週間もしないで露軍が攻めて来て露人も住み始める経験を書いた記事を読んでみましたが数百人の島民に対し3倍の兵士で簡単に制圧されたそうです。与那国の人口が1600人以下ですから5千の人民解放軍兵士で制圧出来る計算です。銃も持たない住民を制圧するのはもっと少ない数で出来るでしょうね。防衛に関しても災害対策に関しても必要であるが今は差し迫った危機が無い為、設置する必要は認められないという事は無いという事です。米陸軍サバイバル全書では装備、訓練、経験だけでは充分ではない。最後にはそれプラス生きようとする鉄の決意があって生き残る事が出来るとある。北方領土の人達も戦前の日本人も負けようが主権を示す為、ギリギリ迄闘い生き残ろうと頑張ったからこそ今日がある。失敗の本質と言う本がある様だが主権独立を果たした事を失敗とみるか、生き残った事を失敗と見るかである。本当の失敗は絶滅しこの世から抹殺され主権を剥奪されその民族が過去の歴史としていたという事実になってから失敗と言える。インカもカメハメハもチベットもウィグルも現代の地図には無い。軍隊が弱く、備えが無いと博物館入りする。

投稿: 忍者 | 2016年12月 3日 (土) 12時02分

    ≪水月会の裾野を拡げる策を!≫
①朝日【小泉氏に農林族の壁 全農改革、https://goo.gl/nLTFQs 農業の危機を突破するスタートだ。改革を諦めない】
②毎日【小池知事 東京五輪見直し https://goo.gl/zLm5Dy 大山鳴動してネズミ一匹?大きな黒い頭のネズミが一杯!】
⇒嘗て自民党総裁選で石破さん支持を公言しあるいは推薦したお二人が、今や夫々の持ち場で、「社会制度の改革と社会上層部の浄化」に挑み頑張っておられますね。
守旧派や既得権益の分厚い壁を打ち壊す改革とは、一人や二人の頑張りでは走破できる筈はないのであって、今回彼らが踏み出した貴重な一歩二歩を今後も継続し積み重ねて行くしかない。
然し、彼らのその頑張りも、あるいは既得権者の分厚い壁に阻まれ、あるいは狭く狭浅短なメディアや評論家の質問やコメントに苦しんでおられる。外目には恰も多勢に無勢、孤軍奮闘の態です。そんな改革派が、いつの間にか(?)守旧派や既得権益の勢いに押し流され(圧し潰され?)、今のヘタレた日本が出来上がったと云う想いが否めない‥と言う以上にその想いが強い。

守旧派や思考停止した有象無象は、例えば日本会議や農協や土建族のような「暗愚な組織団体」の旗の下に乗り集まり易々とスクラムを組み分厚い層を成す。が、他方の改革派は群れを成すことを厭うのか、頑張っている誰かの旗の下に結集することが少なくなかなか改革勢力を結集できない。「俺は俺で頑張るから、お前はお前で頑張れ!」と云う淡白なでは、自ら「改革の勢いを分断し弱体化させている」と云う無残な結果を招いていると言えなくもない。
個々の改革努力を更に大きな成果に結び付けるには、そんな「分断された改革勢力」を包み込み結集する大きな力が欠かせないと痛感します。そんな「大きな力」は、自民党内で(注)ポスト安倍を狙える位置にあり、広く深く永い視座と真摯さを備えた「国政の有力議員」が担うのが最も有意であり即効性があると思う。然も、結集のその受け皿には既に「水月会」が用意されている。
特にその即効性は、「残り時間が限られている日本」には取り分け重要な要素だと思う。

(蛇足の注)民進党など今の野党に期待することは時間とエネルギーの無駄だと。彼らを批判することは、安倍Monkeyを勢い付かせる結果になっている。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 3日 (土) 16時24分

   続編≪水月会の裾野を拡げる策≫
朝日【三反園知事、川内原発再開巡り改めて容認姿勢 https://goo.gl/nJwcnu 原発を稼働させるさせないの権限ない】
恰も「県外移設の狼煙を上げた鳩ポッポ」の図。権限がないならそれを自分に与える発想に何故ならないんですかねえ。
最大の公約を反故にするのに、勇敢と言うか‥極めて発想が貧困ですね。土俵が小さ過ぎると言うか‥自ら小さくしているのではないか。
三反園某に対する単なる批判ではなく(批判だけで終わるのは勿体ない)、温かく厳しいエールを贈るのですが、この権限云々は核発電ムラの洗脳の成果でもあるのでしょうろうが、政治家LawMakerが既存の法律や規則に縛られちゃ役目を果たせない。また、県知事Governorが自ら求める正義を諦めて、GovernabilityやGovernance権限を放棄しちゃその座にいる資格はない。智慧を絞り出せ!視野を拡げよ!風呂敷を拡げよ!土俵を拡げよ! 「水月会に智慧と加勢を求めよ!!(ニッコリ)」

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 3日 (土) 16時45分

   人が政治家から受ける印象と言うのは実はマチマチで小池都知事の改革をカッコいいし既成組織と闘っていると思う人も居れば常識や組織が分らない裏切り者と言う人もいる。橋元議員発言を強気の改革者と見る人も居れば傲慢な差別発言論者という人もいる。トランプ次期大統領を恥ずかしい白人至上主義者という人も居れば彼を救世主で職業政治家には出来ない政治をすると期待する人もいる。沖縄高江反対派を若者は恥ずかしいから止めてくれ、日本防衛も考えずに森伐採で反対するのは矛盾していると言う人も居れば孫や子供達に戦争の無い世界を受け継ぐ為に闘っているおじいちゃん達という人もいる。意見や印象や主張は必ずしも一方から他方でもなく、多角的な意見もあり収斂されていない事も多々ある。そしてこれ等のバラつきは世代間や経験、知識や視点の違いでも変ってくる。同じ人が矛盾する意見を持つ事も可能だし整合性がある場合もあれば、全く矛盾に気付かず矛盾を抱えている場合もある。多分、一番の矛盾と意見の対立が激しくなりそうなのはやはり天皇陛下の発言と法律との整合性、又自衛隊と法律の整合性だろう。北方領土も竹島も尖閣も矛盾を孕み、他国との意見のぶつかり合いがある。様々な問題をどう収斂して行き争いを回避しながらお互いの利益をどう組み入れて納得させられるかが政治の役割だろう。

投稿: 忍者 | 2016年12月 3日 (土) 17時08分

台湾の選挙で威嚇の為、中国がミサイル撃ち介入しようとした時米は空母差し向けて黙らせた。その後の経済発展に伴い、自信を付けて来た中国は米哨戒機に曲芸飛行し接触、戦闘機パイロットは死に哨戒機は海南島に緊急着陸した。その後人質を返す、返さないで舌戦となった。シリアでのオバマ大統領の弱腰戦略が中国の海洋進出拡大に援護する形になってしまった。安倍総理の70年談話で台湾、中国、韓国と文言を入れたが今回トランプが台湾総統に電話会談をし台湾を見放していない印象を強めた。英国もフィリピン海域での中国の軍事拡大は歓迎しておらず、タイフーンでの軍事演習参加となった。フィリピンに介入するなら台湾に介入するぞ!というメッセージは強烈だ。

投稿: 忍者 | 2016年12月 3日 (土) 21時25分

石破先生

おはようございます。
先日のブログでご紹介いただいた、未来につなげる地方創生を、市立図書館にリクエストして、ようやく手元に届きました。
ゆっくり読ませていただきたいと思っています。
ありがとうございます。

今週末は、先生は鳥取にいらっしゃるとのこと。
鳥取は、かなり寒くなりました。
私達は子供の学校のお友達のおじいさまが作られた、見事な葉付き大根をいただいたり、支えてくださる皆さまのご好意に感謝し、暖かい気持ちで過ごさせていただいています。
若い頃は宅配で地方から野菜を取り寄せていましたが、鳥取では生産者名が書かれた安心安全新鮮な取れたて野菜が安く手に入ります。
また、海の幸も豊富で、びっくりするくらい安く、ママ友や同僚から、どこの何が安くて美味しい!料理法など情報を聞き、料理するのもとても楽しいです。
鳥取が地元ではない私達にとっては、鳥取の観光地を訪れることも楽しみの一つで、観光気分で、日帰り入浴出来る温泉に行ったり、名物や特産品を購入するのも、楽しいです。

地震の際、ボランティアセンターには、会社は休暇を取ったからしばらく大丈夫ですと、頼もしいお言葉で男性が登録に来られていたり、高校生ですとおっしゃった学生さんはお父様とボランティアに参加されていました。
子供も、まずは自分の身を守る、力が余っていたら困っている人を助けましょうと学校で教わったと、迎えに行った帰りの車の中で、話してくれました。
小学1年生のわが子があの地震の直後に、こういう気持ちを持ってくれているんだということに大変感激し、学校関係者の皆さまの日々のご指導には大変感謝しています。


石破先生には、私のような弱者の声にも耳を傾けてくださり、大変感謝しています。
私達のおかれた現状は厳しいですが、日々前向きに取り組めるのも、こちらに投稿させていただく機会を作ってくださった石破先生のおかげだと思っています。
ありがとうございます。
私の震災直後に書いたつたないコメントが、国会議員である石破先生のブログに公開され、大変感激し、前向きに生きる勇気をいただきました。
ありがとうございます。


体調が優れないご様子。
心配しています。
ますます寒くなり、また移動の機内や車内は乾燥も伴いますので、体調を崩しやすくなります。
お体、ご自愛くださいませ。

クリスマスイルミネーション。
美しいがゆえに、より悲しみを誘います。
ですが、毎年少しずつではありますが、私の傷は癒え、遺された者として精一杯生きる力も蘇ってきました。
他に全く身寄りのない私達母子二人をここまで支えてくださった、鳥取県岡山県の関係者の皆さまには、大変感謝しております。

ありがとうございました。

投稿: 下村範子 | 2016年12月 4日 (日) 07時23分

石破閣下

お疲れ様です

 ポンコツモデラーのポンコツ投稿です。
 防災組織立ち上げの件ですが、8月の投稿で記したことですが、役所(自衛隊を含む)から建設的な提案は出せない仕組みがあり、政治の力で実現するしかないですよ。というのが現場(役所の)からの声でした。構想を練って上からの指示でないと実現は無理ということです。
 法令の整備を受けて、可能最小限の変更(仕事の変化をきたさないように)を行うというのがその仕組みです。巨大化した官僚・役所組織の(日本に限らない)習性だといえます。
 また、権限を奪われることは、役人としての(軍人としても)死を意味するものです。役人が懸命になって権限を死守すのは自然の流れで(権限を奪われてピストル自決したドイツ空軍大将イエショネクなどが例)強固なものです。
 役所原理(権限死守と奪い合い)をうまく利用した実現方法を検討して、上からの実施を企図しなくてはならない事案だと考えます。政治的な検討チームを立ち上げ措置を具体的に立案することをお考えいただきたく希望します。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2016年12月 4日 (日) 09時11分

石破さん、お疲れ様です。
防災省、地震などの自然災害が多い我が国にはあった方が良いですね。震災で1週間近く交通機関が麻痺して支援物資が届けられないといった状況が無くなると思いますし、本当に必要なものを支援できるのではないかと。防災といったピンポイントで色んな対策を考えていただけると、被災した最悪な状況になった場合、国民は大変助かると思いますので。是非実現させていただきたいです。
石破さんのお立場でも中々通らない事が多いのだと改めて考えさせられました。以前お話しされたジェット機の件でもそうでしたね。日本製の物でないと、という事で流れたと。日本政府はもっとスピーディーに的確なトラブル解決が出来ないものかと感じる時がありますが、やはりそういった最悪の際の対応策が練れていないのかもしれませんね。
石破さんの権力以上の権力が実際ある訳ですし、反面国民からは全てを叶えられるお立場であると思われ、通らないと冷酷だと思われてしまう。
石破さんも辛いお立場ですね。私はそういった現状も理解しつつ、コメントをしていきたいと思います。失礼の無いよう努めると肝に銘じたいと思います。
体調がまだ著しくないようですね。心配です。石破さんにとって12月は本当に楽しいどころではないようで。私もイベント時は父が癇癪で暴れたりといった人生でした。楽しい思い出、あまりないですよ。
では御体に気を付けて下さいね。
石破さんの御苦労がいつか報われますように。失礼致します。

投稿: lyrics&front | 2016年12月 4日 (日) 19時28分

お疲れ様です。
これから寒くなるというのに、無理しないでくださいね。

投稿: くま | 2016年12月 4日 (日) 19時56分

【防災担当責任とは何か?】
 
 災害の発生に備えることやその災害が発生してからの規模の調査や対応の方法について指示を出す責任を負う役所というのは、これまでの考え方から踏み込んだものがあるように思います。それは大規模な事故が発生した時なども応用が利く体制でないと話になりませんね。大規模な事故かどうかは発生時点ではだれにもわからないが小さな火事の発生が巨大な火災となった例は過去にもある。例えば昭和51年10月に起きた酒田大火災などは、映画館のボイラー室で起きた失火事故であった。当日の天候は強風であったため瞬く間に燃え広がり1774軒の家屋が焼失するという大災害となった。木造家屋の密集した地域なのだろうと思うが消火活動に不備があったのかもわかりませんね。消防士が一人死亡しているそうだ。
 消火活動の全体の指揮を執る人がどういう立場の人であったのかよく解りません。火災の状況について記録がありますね。WIKIに書かれた被害拡大を防ぐ為に法務局酒田市局長のとった行動が記載されています。
『山形地方法務局酒田支局にも延焼危険が生じたため、数万冊に及ぶ各種登記簿の搬出が計画され、陸上自衛隊隊員30名が派遣されたが、時間的物理的に搬出不可能と判断された。そのため酒田支局長は独断で、最悪の場合事務所棟を破壊し登記簿等の保管庫を守ることを決意し、伝手を頼ってショベルカーを手配し、陸自隊員も破壊準備にあたった。その後山形地方法務局長とも電話連絡が取れ、局長からも登記簿防衛が最優先、最悪の場合庁舎破壊を許可する旨口頭での了解を得たが、火の向きが変わり延焼は免れた。』
 自衛隊の派遣の要請が何時からあったのか? 誰が要請祖たのかについての詳細等はありませんが、大規模火災における消火活動全体の指揮を執る部署が明確に無いことが解りますね。防災に備えるという専門部署の創設は、こういう処もまた考えないといけませんね。また、自然災害だけが相手ではありませんね。

 韓国で起きた旅客船沈没事故は、韓国の大統領の辞任に至る原因の一つになりそうですね。あれは人災の塊のような事故なんですが、救助のシステムを持ち合わせていない処が大きな原因とも言えそうです。
 韓国は哨戒艇沈没事件の後になって大型の救難専用の船を作り旅客船沈没事故の時になぜそれを使わなかったのか不思議に思っていたのですが。この救難船は海軍の船なのですな。当時のこの船の状況がよく解らないこともありますが、無能の塊のような海洋警察の要請が届かなかったのかもわかりません。役所の壁のような問題があったのかもわかりません。
 韓国は米国や我が国からの救助の申し出をはねつけていたようなので、自国の海軍が動いたのかと思っていましたが事故の発生の発覚から沈没まで無能でさらなる有名になった韓国海洋警察が仕切っていたようです。事故があった海域に一番近くにいたのは韓国海軍が米軍と演習を行っていたことが今でははっきり分かっています。なぜ、海軍の艦艇を急襲させなかったのだろう?
 結局、300名以上の死者行方不明者を出して、船の引き上げも未だに済むことがない。
 
 我が国でも海難事故は基本的には海上保安庁の責任ですが事故の大きさとかを考える人の判断というものもまた必要になる気がしますね。手に負えなくなるという事はどういうことかを知っておく必要があるという事ではないかと思いますね。
 海上自衛隊に要請ができる体制もまた日頃からの交流がないと難しい問題になりますね。防災専門の役所の役割がこういう処に生かされることになるような気がします。
 自国で起きた失敗例から学ぶことも必要ですが、世界中で起きた失敗例からも学ぶ組織こそ、防災担当責任を持った役所の仕事ではないかと思いますね。そういう研究を生かすことが災害から生き延びる国になる努力の在り方ではないかと思います。

 これは必要だと思いますね。

投稿: 旗 | 2016年12月 4日 (日) 23時36分

降って沸いたように報道される『IR推進法案』通称カジノ法案。
この件で、貴方のお仲間である前原氏が、TBSで良い仕事をされておられましたね。元中国大使のお顔が真っ赤でしたよ。
事実に基づく批判ならいくらでもやれば良いが、時系列を無視し己の思惑(ご商売?)に違えるという理由だけで批判するのは如何なモノでしょうかね。
世界では…と言いつつ、中国から見た世界観だけ。中国でどんなトラップに嵌まったのか、誰(何)が人質だったのか、又はどんなイデオロギーを持ち、自ら進んでどんな悪さ(賄賂)をしたのかは知りませんが、『己だけが正論』のように発言されますね。あのご仁は一体何様のおつもりなのでしょうか?全く心に響きませんが…。
TBSにしてみれば、元大使という肩書きを持った都合の良い政権批判要員なのでしょうけどね…。
あのご仁は、いつまで安保闘争をされているのでしょうか?(笑)

投稿: 吉法師 | 2016年12月 5日 (月) 14時37分

大統領選挙でかなりな中国批判をしていたが口先外交は止りそうに無い。中国製品に重税を課けるぞ、大統領就任初日に為替介入国と認定する、勝手に南シナ海に軍事拠点を作り、聞きもしないと華やかだ。しかし政治家たるもの言うだけでは足りない。実行し何かしらの結果を残してこそ評価される。オバマもシリアに対し化学兵器を使ったらそれなりの・・・でも何もしなければ面子丸潰れだ。核兵器廃絶のプラハ演説は素晴らしいが結果は大した進展が無い。北朝鮮は何時も日米を火の海にして戦争すると脅しをかけるが韓国への砲撃と軍艦を沈没させただけだ。とは言え、中国にお伺いを立てないと何も話せないとか、中国様の嫌がる事は何も言えませんとか言う政治家よりかはましだが高飛車に出てからの交渉がどうなるか注目される。親分この際ですから中国を叩いて下せぇ~何も出来ない日本も情け無いが仕方が無い。

投稿: 忍者 | 2016年12月 5日 (月) 18時53分

朝日-石破さん【カジノ:シンガポールSGP見るまで否定的だったが‥ https://goo.gl/59yM3G ①SGPのように極めて統制色の強い国家で可能だったことが日本において可能なのか ②懸念が現実にならないよう法案成立までも成立した後も責任を持たねばならない】
歴史的にも文化的にも違いが大きい海外の成功事例に学ぶことは大切なことですが、その制度をそのまま国内に持ち込んで同様の成功を期待するのは無邪気を通り越して、無策あるいは愚の骨頂でしょうね。
SGPは中国人(正しくは華僑)の国です。同じく小さな島国ではあっても、日本人とは違い、彼らは「上に政策あれば、下に対策あり」を実践する伝統を持つ人たちです。人口5百万人余りのサイズは統治も行き届く。口の悪い日本人は、地理的な狭さや強い統制色を含めて「箱庭」と呼んで息苦しさを強調するが、そんな環境下でも彼らは活き活きと活動し、智慧を出し、一人当りGDPでは日本の遥か上にいる。人々の逞しさが違うのです。
また、マカオや韓国が犯した失敗と社会的悪影響に、口先だけの空約束で糊塗するのではなく、広深永に学ぶ構えが欠かせまい。要は、此処でも広く深く永い視座や見識や智慧が欠かせない。
安倍Monkeyに牛耳られた今の自民党と、その安倍猿軍団に屈膝している公明党、猿軍団に迎合する維新の会が決定することに、そんな広深永さや見識がある道理がない。キッパリ!
そもそも、見識や教養や規範やGovernabilityに欠けて、「私情に駆られて暴走するだけ」なら“人の姿をした猿”にでもできる。

政治権力者や身分高き者など、人々から“未来決定権”と云う重い責務(単なる法律上の“責任”に非ず)を負託されている者には、未開の第三の道を切り拓くことも肝心だが、時機に「遣らない決断」も高度の見識であり叡智だと思います。足るを知る。

(蛇の足)以下は愚者の直観FastThikingですが‥、
過去何回も廃案になったこのカジノ法案の成立を急ぐ安倍の性急さ拙速さは、トランプ勝利の直後に非公式会談に臨んだ安倍猿の拙速さと通底している。会談の以前またはその場でトランプ本人に言われたんですよ、「カジノ解禁を急いでくれ。カジノ経営で大成功した俺がその秘訣を指南してやるからさ。俺のコンサルティング料は高いが、お前の懐を潤す策も教えてやるし、お前の成長戦略成功への一歩だ!と国民を騙せば、安いもんだろ」とね。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 5日 (月) 18時59分

▀▅▀▅成長戦略としての効率的抑止力増強▀▅▀▅
日本の喫緊の課題は、防衛力整備とデフレ脱却です。そ
の同時最適解が、最先端防衛技術研究開発への投資です。
この技術は、民生技術への波及効果が大であり、この投
資の産業的意義もあり、成長戦略になります。ただし、
WGIPに憑依された国民の多数派が納得できるものとして、
適用範囲を、防衛的抑止力分野に限定せざるを得ません。
なお、敵対する国がある限り、たとえそれからの攻撃の
確率が低くても、抑止力は必要で、さもなければ、攻撃
されたらひとたまりもありません。

漢族の対米軍A2/AD(Anti-Access/Area Denial)環境の整
備は、有事の際の米軍の日本防衛を躊躇させるのに十分
なほど、充実しつつあります。例えば、DF-21Dなどの第
一撃回避のため、米軍空母は小笠原-グアム-サイパン線
以西から撤退せざるを得ない状況です。したがって、米
軍はこの状況の打破がない限り、本気で日本防衛はして
くれません。逆に、日本が対漢族A2/ADの役割分担すれば、
米軍のASB(Air Sea Battle)構想に合致し状況改善となり、
米軍の本気度が上がります。そのための日本の支出を求
めているのが、トランプ発言の真意かも知れません。

ASBは抑止目的のためのもので、その一環の日本のA2/AD
構築は防衛的抑止力分野にあり、国民は納得できそうで
す。よって、そのための技術研究開発への投資を検討す
べきです。その内容例として、以下のものがあります。

1) 電子サイバー部隊創設
A2/ADの対象領域は、陸、海、空、宇宙、サイバー空間で
あり、それらの有機的な連携のための中核が
C4ISR(Command, Control, Communication, Computer,
Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)シス
テムである。それを管轄する、自衛隊中心で各省庁連携
の電子サイバー部隊創設が必要である。これは、すでに
アメリカにあり、台湾も検討中である。漢族軍では、戦
略支援軍と呼ばれるものがある。

2) 対ミサイル迎撃体制
2010年に米軍は、弾道ミサイル飽和攻撃に対し迎撃ミサ
イル防衛は無力だと表明し、すでに戦略が方向転換し、 
レールガン、レーザー兵器、マイクロ波兵器実用化に注
力している。また、ロシアは敵の監視能力無力化のA2/AD
バブルを実戦配備している。一方、日本にあるPAC-3は仰
角を考えると、防御範囲が60Kmもなく、全土をカバーで
きない。それどころか命中確率も100%でもない。また、
THAAD導入の噂もあるが、これら迎撃ミサイルは外国製で
高価なので、国内需要喚起の効果がないので、国産技術
のレールガン、レーザー兵器(特に自由電子レーザー)、
マイクロ波兵器の研究開発への投資の方がよい。ただし、
これらの実用化までのつなぎとして、比較的廉価な地上
配備型イージスシステムも検討すべきである。

3) 東シナ海制海権の確保
潜水艦の機動力向上により水中支配を確立すれば、漢族
海軍力への抑止力が増強される。その結果、いざと言う
時の海軍力だよりの海上民兵の活動抑制も可能となる。
よって、原子力潜水艦配備が必要であり、そのため、東
芝開発中の新型小型炉4Sの実用化を支援すべき。また、
新たに重武装海上警察を設置し、国境警備隊的な任務を
与え東シナ海に配備すれば、海上民兵対策は完璧になる。

投稿: 観測者 | 2016年12月 5日 (月) 21時18分

石破先生

今晩は!!
先週の寒さも一段落して、当地の昨日今日は日中の気温も17℃もある小春日和でした。
先生に於かれましては、日頃の政務に加え週末の殆どUFOの出現のような地方講演へと回り多忙を極められ大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
先生の行動範囲は広く、調べてみて驚くばかりです。
12月2日(金)・・夕方より地元鳥取県にて 二ヶ所
12月3日(土)・・秋田県にて二ヶ所、午後3時過ぎ東京?
12月4日(日)・・地元鳥取県にて三ヶ所と 言う過密スケジュールです。

さて本日は①防災省設置、②国会運営、③トランプ次期大統領について、拙論を述べてみたいと存じます。

1、「防災省」設置について
過日の当ブログへも石破先生の「防災省」設置について大変賛同との趣旨を述べましたが、先の阪神淡路大震災、5年前の東北大震災、今年の熊本地震、鳥取県中部地震とその間隔は詰まりながら発生しています。ここ近年地球規模のマグマ活動の時期に入っているとも言われ、東海、東南海地震の近い事も述べられている現在、各自治体による防災訓練は日毎に現実味を帯びて来ています。しかしながら、地方においては高齢化が進み、避難計画にも不備が出ているとも言われています。全国の行政単位で見れば必要性は認めながらも、その防災体制には大変ばらつきがある事が現状です。

現安倍内閣には経産大臣、沖縄北方担当大臣、震災復興大臣、一億総活躍担当大臣、オリンピック担当大臣その他、普段はどのような職務なのか殆ど国民にはその仕事ぶりが見えて来ていない部門があります。特にいつも不思議な担当に、殆ど菅官房長官が窓口になっている感のある、沖縄・北方担当大臣などはスキャンダル報道の種になるばかりであり、不要ではないか?とさえ思うばかりです。それであれば、緊急課題として「防災省」の設置を是非実現の上、発災前の組織だてられた防災訓練、発災後の避難の指揮命令系統の確立と警察、自衛隊による救難活動のシステム的確立などを急ぐべきであります。更に、嘗て小生が提案致しました発災前の備えとして全国に拠点を指定の上、医師と医薬品、緊急食糧などを搭載した大型ヘリによる待機も是非考慮すべきであると考えます。

2、「国会運営」について
先日の衆議院によるIR法案(カジノ法案)も驚くべき短時間の審議により、強引に採決の上衆議院を通過させました。又先般衆議院にて強行採決に及び、本日より参議院の委員会にて審議中のTPP法案、そして過日の年金改革法案(所謂年金カット法案)などなど、連続の強行採決続きの国会審議運営であります。国民が疑問に思っている野党からの質疑にはまともに応えず、数を頼りの問答無用の審議採決は、議会制民主主義の終焉とも思える代物であります。
小生がいつも述べています、疑義と提案があれば国会審議中であっても与党政権は修正案を提示の上、野党にも示し審議すべきではないであろうか?いつも「対案を」と求めていながら、その言葉はその場を取り繕うためだけの印象に見える事は何故でしょう!!
その間世論調査によれば、TPPに於いて全国では概ね賛成数は反対数上回っているものの、地方に於いては不安を払拭出来て居らず、80%以上が反対であります。地方の反対数が圧倒的に多いい事を勘案すれば、地方への(特に農業従事者への)TPP法案の説明と浸透が不足なのです。そして年金カット法案法案は60%が反対でありその数は年齢が上になればなるほど多いいのです。そして先日のカジノ法案では約60%が反対とあります。
このようにして、各法案は与党政権の駆け足審議の為、充分国民への説明をなして居らず、民意は「置いてけぼり」の連続なのであります。小生はこのままでは、野党も含め衆参両院の国会審議は不要の長物となり果てはしないかと、とても不安に苛まれます。この驕りの代償は多大なる事が何故与党政権には理解出来ないのでしょう!!?

3、「トランプ次期アメリカ大統領について」
次期アメリカ大統領のトランプ氏の政権構想が次々に発表され、その間各国首脳と電話会談を行い、着々と次期政権の足掛かりを固めています。しかしながら、北朝鮮との電話会談ではアメリカ訪問へも誘い、台湾総統へも秋波を送り、その言動の根底にあるもは見えて来ておりません。更にオバマ政権が進めて来た「オバマケア」、「TPP」、対海外テロ対策など悉く反対の政策を打ち出し、任期終了間際のオバマ現代大統領も強い懸念を持って批難を繰り返しています。トランプ氏は有態に言えば、どの国の首脳へもジャブの連続であり、その反応を見て今後の政策決定の判断材料へとしたいようです。吾が国のTPP法案を決定の上、アメリカトランプ氏の背中を後押しなど思い上がりも甚だしいと言わざるを得ません。相互信頼とか友好も、その真意図る事が現段階では不可能のようであります。
このような現状では、吾が国の当方より友好を疑いもせず、何かを持ち掛けるようなことは厳に慎むべきであります。トランプ氏はとてつもないビジネスライクの人物のように想えてなりません。加えて、世界各国に民族主義手的な政権の台頭が芽生えており、今後の世界秩序への再編成まで起こり得る機運が見えて来ます。

石破先生におかれましては、何事も政治家としての将来の実現をお望みのご意向をお持ちであれば、人は生身であり、くれぐれもご健康にはご注意の程を、応援致している者の一人として切望致します。ご自愛くださいませ!!。

投稿: 桑本栄太郎 | 2016年12月 5日 (月) 22時00分

 安倍総理の真珠湾訪問は以前から囁かれてはいたがタイミングが良いかもしれない。トランプ次期大統領が真珠湾で数千人亡くなったと発言を受けたものでもあるし日米同盟をトランプになっても揺らがない様に先に釘を刺して置く意味合いもあろう。それだけでなく、世界にこれ程の強い同盟は無いと露のみならず、模範例として示していく事で意義も出よう。日韓合意破棄を朴退陣で噂されているが通貨スワップを含め、そうならない様に働きかけている。拉致問題を含め、北方も被害にあたっている本当の保守派は納得出来ない事が多いだろう。直接的被害の無い観念保守なら譲歩出来る事でも交渉や政府に働きかけている人々は違うので真珠湾訪問も大東亜共栄圏の正当性を信じている人だけでなく、コアな保守派にはそれなりの反発があるかもしれない。こういう保守派の人達から似非保守とか未だ分っていないと言われても仕方が無いが我々の世代では戦争は過去になっている。そしてこの世代の極左が多いのも戦争を体験した事も非常に多く影響しているのだろう。だから相当上の世代は譲らないし主張も止めない。彼らは彼等の信じる事を訴えかけるしかないだろう。お互いが間違っているとは言えないが時代が変化している事は確かだ。対応の仕方や影響力がお互いのやり方で変ってくる。この様な事は自民党内だけでなく、他の政党内でも確実に起る事で党内不和になりかねないし時に対立が深まれば分裂も招きかねない。しかし日本外交も積極的に仕掛ける側に変ってきていて評価出来る。

投稿: 忍者 | 2016年12月 6日 (火) 06時20分

野党の皆さま…

安部さんが真珠湾攻撃で亡くなった兵士の慰霊に行くとか…
安部さんから戦後の決着をきっちりつけて貰いましょう…
安部さん以外に、この問題を解決できる人はいない。重荷を持っていてタイムリー(戦後70年)
今を逃すと、時間も経ち過ぎるし、重荷を持って事にあたる人材が現れるかどうか…

野党の皆さま、皆さまの中に、安部さん以上に重荷を感じている方は、いますか?…

投稿: まな | 2016年12月 6日 (火) 18時34分

予て真摯で的確なコメントを投げられるご仁の【殆どUFOの出現のような‥】には笑っちゃいました。座布団を5枚差し上げて下さい(ニッコリ)。

   1/2 ≪好循環スイッチには押す順序がある≫
引用【統一的な危機管理官庁の創設‥①現段階では積極的な必要性は直ちには見出しがたい、②‥‥(長い省略w)必要な対策の検討と実践を図り、より良い危機管理体制を目指していく】
(原典:1503政府の危機管理組織の在り方について(最終報告)https://goo.gl/VymS1w )
⇒この脈絡で言えることは、この国を建て直すには、「石破総理大臣の誕生」が第一歩だと言うお話ですね。それが最初に押すべき「第一の好循環スイッチ」だと。全ては其処から始まる!w
最初のスイッチ(誰?)を正しく押せば、真摯や見識や叡智が湧き上がり、第二第三以降に押すべき正しいスイッチ(何?)は自ずから浮き上がって来る。好循環は斯くして連鎖する!w

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 6日 (火) 21時22分

   2/2 ≪好循環スイッチ‥≫
この官僚の作文は、ご指摘の通り【まさしく霞が関官僚文学の精華・極致】ですが、彼らは「狭く暗い井戸(縦割りの省庁)」の中で作文技能を鍛えその成果を誇っている部分もあるので、(真摯故に窓際に押し遣られた人たちを除けば)、本流に棹差す官僚(悪賢いモグラ!)には自浄能力は期待できない。そんな連中の古く永い習性を云々しても、改革も変革もなんにも始まらない。あの前例主義に逃げ込む習性もある。
寧ろ、それらの習性以上に、国家と国民にとって深刻なのは、この官僚作文に何ら異議を唱えることもせず(できず?)、政府の正式回答とした当時の副大臣連中のXXやYYも然ることながら、それにも増して、今回の石破さんの生々しいご提言に対して【誠に素っ気ない反応】を返した今の政府の、就中自民党政治家(政治屋?)の、更に就中トップに立つ安倍ボス猿の、「怠慢と不作為と不見識」の結果と言うべきなのでしょう。

安倍Monkeyは、ある部分では口先では綺麗ごと(有態には“係長レベルの嘘”。例えば、(最優先課題!全力で!など)を吐きつつ、実態は官僚に丸投げている。私情(岸爺の洗脳?宿題?と云う説もある)に係わる部分だけは、道理も論理も理屈も霞が関文学もそっち除けで、私情に駆られて暴走するだけです。
⇒これが私が貴奴を「安倍Monkey、猿」と呼ぶ所以ですが、それに限る訳ではありません。

本論の危機管理に戻れば、その要諦は「危機発生の防止」に始まり其処に尽きる(Wiki https://goo.gl/t3B2r9 危機管理を泥縄の事後処理で捉えるのは基本的には誤りである)。卑近には、警察現場の「被害が未だ発生していない」と云う態度をいつまでも放置するも警察幹部も愚の骨頂です。
言葉に本来の求める意味を与えるのなら、危機管理CrisisControleではなく、「危機経営CrisisManagement」とするべきでしょうね。Controleは下っ端の役人でも賄えると錯覚されているのが不都合の元であって、Managementと言えば自ずから下っ端の出る幕はなくなり経営幹部が矢面に立つことになる。
まあ、霞が関文学の言い逃れをShutOutできれば!ですが‥。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 6日 (火) 21時23分

    ≪責務怠慢、不作為、醜態、醜悪≫
朝日【陸自PKO、弔慰金9千万円に増額 駆けつけ警護付与でhttps://goo.gl/iWa8MS 稲田朋美「勤務環境や任務の特質性を総合的に勘案した。リスク増減の観点で行ったものではない」
⇒この「女猿」の思考回路は完全に狂っている。
憲法上に自衛隊(員)の居場所を明記しないまま、彼らに殺しand/or殺されるリスクを冒す場面に送り出す。そんな彼らには、いずれの結果(殺or死)にも「誇り、充実などポジティブな意義」を抱ける道理がない。
己の責務怠慢と不作為に目を瞑って、「多寡がカネ」で帳尻を合わせられると錯覚し、身分高き者の醜態を晒している。嘘に嘘を重ね更に嘘を重ねていれば、この醜態を恥ずかし気もなく露す破目になる。
普通に思考できる人間なら当たり前に気付き禁忌する「醜態、醜悪」なのだが‥、そもそも、あのコスプレと網タイツ趣味、加えてヒール靴で閲兵のセンス‥だから、気付ける道理がない。
「女猿」以外に適切な呼び方があるのでしょうか?(ない!!)

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 6日 (火) 21時36分

【統合型リゾート(IR)整備推進法案とは、これの運用自体が博打のようなもの】

 我が国では、パチンコ屋の隆盛の歴史があって、パチンコ屋の集まる処には犯罪があると言われてきた。パチンコ屋の組合団体は、警察の天下り先にもなっていたり、北朝鮮の核開発の資金とかにもなっているという噂もある。また、民進党自民党と超党派の政治献金供給先にもなっていたりする。そして、我が国のギャンブル依存症の原因の大半がこれに関係しているのは明白な事実である。
 今、政府が後押しをして与党が纏めた新たな犯罪の温床になるかも知れない統合型リゾート(IR)整備推進法案は、その将来の姿について誰が責任を持つのかよく解らない。
 この業界の参入は我が国にあっては新規の事業であり、世界には既に、その事業内容についての見本になるような地域はあるが、後発の我が国がそのように事業の遂行が理想通りに成るのかどうかわからないという点も怖い話として指摘されている。
 法に則る公営事業というからには、国営の鉄火場の誕生という事である。品格とかに拘ってきた我が政府がなりふり構わぬ姿を表に出してやることなのだろうか?
 
 綺麗な鉄火場の経営とは何か? 

 冗談はやめてほしいものだ。パチンコ屋を壊滅するぐらいの事をやってほしいのに新たな犯罪の場の提供をやるとはどういうことか。残念な人々である。

 こういう事で金儲けをしたいと考えるのはヤクザと変わりませんね。
 自民党はこれでお終いかもわかりません。人間のクズが量産される場所を国が提供するとは・・・・世も末である。

投稿: 旗 | 2016年12月 7日 (水) 01時24分

【自民党東京都連の衰退が始まりそうだ】

 読売新聞の記事を見て驚いた。
『自民党東京都連は6日、都知事選で小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区議7人を除名とした。 来年夏の東京都議選をにらみ、小池氏と都連の対立が深まる展開となり、党本部は頭を悩ませている。』

 大阪と同じ道を歩むことになりますね。来年の選挙は勢力図の書き換えが始まりますね。
 都連の人々の頭にあるのはメンツとか言う訳の解らない認知障害の病のような症状がまだ治っていないから起きたのかもわかりませんね。先のことなど考えていないのだろう。

 ともかく、地方ボスの時代が終焉を迎えつつある中で、抵抗しているという姿を都民に見せているという事が云えます。

 大変な事態を作っているのは誰なのか?

 無責任な決定をすればどうなるのか?

 人材のない自民党と呼ばれるかもわかりませんね。残念なことです。

投稿: 旗 | 2016年12月 7日 (水) 02時42分

昔は日本の総理大臣が変わっても世界では誰だっけ?えっ?!変わったの?というのが一般的でコロコロ変わり過ぎだと言われた物だ。それが世界の指導者に先駆けて次期大統領に会って世界に注目され、今度は真珠湾を訪問するが米国での評価は凄ぶる高い。プーチンとの会談でも結果が約束されている訳ではないし、リスク満載だが挑戦している所が政治家という物だ。幾ら実績があろうとも経歴が凄かろうとリスクを取りにいかないヒラリーが落選したのはそれなりに意味がある。政治家は保身に走ると国民の心に何も響かない言葉しか発する事が出来ない。自らの進退や結果が分からないからこそ、国民も期待し支持するのだ。石派氏も期待しているだけに保身に走り安全パイに甘んじる事が無い事を願いたい。

投稿: 忍者 | 2016年12月 7日 (水) 05時35分

   ≪米国人、人類、日本人≫
TruthOut:James Mattis:: I Experienced His Attack on Fallujah Firsthand https://goo.gl/3NPhnb
“Mattis Is a War Criminal”とは解り易い。実体験に則して真実を暴くのだから鋭さもある。強い危機感と良心の痛みと怒りがそれらを可能にする。一部とはいえ、米国人にはそんな良心が息衝いている。
それでも、米国人は‥、人類は‥、未だに戦争犯罪人を野放しにするどころか表舞台に立つのを阻止できない。時機に劣化や悪化を企図する悪魔が露れる所為もあるが、人類は未だ未だ叡智や見識や良心を鍛える余地を広く残している。
ファルージャFallujahと云う地名を聞き目にしても、悍(おぞ)ましさや背筋が凍る想いを持てない人たちには、その危機感も鋭さも痛みも十全には感得できない。仮令、その地名を知っておりあの大虐殺事件を知っておりそれらの一部を感得できても、この筆者のそれらには遠く及ばないのは当たり前だが、然し、真摯な想像力や直観力はその隔たりを少しは狭めてくれるのだが‥。

この脈絡では、多くの日本人は更に次元が低い。七十数年を経ても、自国民に限っても、3百万人を超える人々を殺されても、自国の戦争大罪人を自らの手で処断できずにいる。乱暴で粗雑だとは言え、戦勝国が行った戦争犯罪の処断の全てが誤りだと、「彼らは死して神になった」と嘯いている一団が勢いを増している。その一団は神社本庁や日本会議を後ろ盾にする一団と重なっている。今や日本は、あの戦争をあるいは美化しあるいは様々な残虐行為をなかったものとする不埒者(歴史修正主義者)が表舞台に立つのを阻止できないでいる。政治権力とその周辺の座から引き摺り下ろすことができないでいる。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 7日 (水) 13時02分

     ≪米国人、日本人≫
WSJ:The Economy’s Hidden Problem https://goo.gl/fhAb80
⇒この“We’re Out of Big Ideas”は、愚説「先進国経済の罠(または成熟経済の罠)」の別の側面を言い当てている。あのBoldな米国でさえこの問題に遭遇しているらしい。それでも、米国にはその問題を認識し強く警鐘を鳴らしている集団がいるのは幸いです。

ヘタレ日本の政治犯や経済犯たちは、その当たり前の危機感さえなく、生温い湯で茹で蛙に堕している。国家にはあるまじき「下山論」を容認する雰囲気が消えない中で、また藁の矢がトリクルダウンを齎すと云う妄想が蔓延る中で、その問題(言葉はどうでも好いが、要は先進国経済の罠)に警鐘を鳴らす経済TurnAround論は不運にして目にも耳にもしたことがない。
その最大の被害者は、財政破綻の被害者と同じく、今の若者であり子供たちなのだが‥。「絶望の国の幸福な若者たち」は望みが絶たれた状況に幸福を見出した若者を描いたが、彼らは日々の生活の経済的困窮や悲惨が連続すると云う現実に対処できるのだろうか?
一部には「足るを知る」ための精神的豊かさを開拓できる聡明な一団もいるだろうから、それはそれで第三の道として善しとできるが‥、逆に、今現在の社会でさえルサンチマンを吐きヘイトを叫ぶ者たちは更に愚かさを増し社会を乱すだろう。
ありふれた表現ですが、矢張り、人は「恒産も恒心もある社会(“中間層”と言い換えても好い)」を追究するべきなのだと思う。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 7日 (水) 13時10分

戦艦アリゾナ近くに元兵士は日本に原爆を落としているので日本に謝罪を求めれば切りが無いと発言している。さすが兵士だ、お互いに戦争を闘ったのであり、奇襲攻撃だの大量虐殺だの非難しても仕方が無いのを分っている。戦争とは非道、残虐な物であり、地獄業火の様に残酷の限りを尽くす。何時までも恨みを残していても切りが無い。どこかで和解し歩み寄り、前に進みお互いを許す事を学ばないといけない。日米同盟はその模範であり、世界中でも類稀な最悪の戦禍をお互いに出したにも関わらず最上級の同盟に移行しようとしている。この兵士はそれを分っている。

投稿: 忍者 | 2016年12月 7日 (水) 13時26分

『7人の侍(笑)』が浪人になりましたね。
政治信条が本当にあるなら、身上書で都議連幹部を徹底的に批判し、自民党都議連の改革を訴えた後、『どう訴えても変わらない』と自ら辞めれば良ったモノを…。身上書の提出を拒否した時点で、来年の都議選を睨んだパフォーマンスにしか見えなくなりましたね。
7人中3人は、自民党の公認でありながら区議選ですら下位当選らしいですね。ココで目立たないと次回の区議選すら危うい?結局保身?結局売名?という疑念を既に持たれているのですよ。
都民を嘗めていますね。
こんな政治の素人連中を、風見鶏の小池知事がいつまでも抱えているのかは疑問ですね。『利用してポイッ(小沢式)』でしょう。
小池知事は解っているが、収賄側(都議連幹部&都官僚)がいるという事は、贈賄側で利益を得た数少なくない都民がいるという事実を、この区議等は理解していないのですよ。悪事を見つけても、全方位で『敵』は作らない、己が優位に政治活動をする為のネタにする、都民を心情的に味方に付ける、という判断が出来ないのですよ。
で、頼みの若狭議員はどう動くのでしょうかね?(笑)言葉を失っているようでしたが…。
意地でも新党結成ですかぁ?政治塾に優秀な方でもおられたのでしょうかね?維新が東京を掻き回すようですよ。国政議員が若狭氏だけで大丈夫なのでしょうかね。
貴方は鳥取選出、無関係ですよね?

投稿: 吉法師 | 2016年12月 7日 (水) 16時39分

天皇生前退位…

有識者会議で公務軽減って言っていますが…

それも有るかもしれませんが…

本来の役目が思うように果たせないcoldsweats02って事が一番の気掛かりな点なのでは…

本来の役目って、よくは解りませんが、国民の平安、五穀豊穣、国の安泰などなど…日々祈る事…あと、国、国民に関わる祈願の様々な祭儀…

ず〜っと前、昭和天皇の側近が書かれた本を読みました。内容は日々の会話でした。その中で印象に残ったのは、天皇は日々、国民一人一人の為に平等に祈っていられる…球の真ん中で祈っているから取り囲む外径(国民)までの距離は一定、分け隔てなく平に思いをかけている…だから、災害があると、いち早く駆け付け見舞って下さる。

日々、人の為に祈るって大変…

投稿: まな | 2016年12月 7日 (水) 17時22分

経済と言うと聞こえは良いが一昔前はお金の事を話すと意地汚いとかさもしいとか言われた物だ。あまり金の事を言うと低俗な人間と思われる。しかし現代社会のあって金が無くては生きて行けず、金の為に仕事をして金の為に死んで行く人もいる。大人になると綺麗事は嫌なのでストレートに表現するが経済に絡む悪行は多々ある。軍産複合体のみならず、戦争からギャンブルやカジノ、売春から人身売買に麻薬産業迄全て金が絡んでいる。全てを悪いと言った所で根絶は難しいし出来ない。カジノだろうが麻薬だろうが政府が介入しコントロールして適切に運営すれば良いと思っている。そしてその金で高い税金を課して人の為、良い事の為に使えば良いと思うが反対する人も多いだろう。経済成長の裏に自然破壊があった様に綺麗事では発展出来ない。原発無くして経済発展も無かったし核兵器無くして国も守られなかったがその事実を無視して綺麗事でこれは駄目、あれは駄目と言う人は天国に住むしかないだろう。

投稿: 忍者 | 2016年12月 7日 (水) 19時12分

FA18が墜落した様だ、パイロットは脱出した模様で自衛隊が捜索している。早く見付ると良いが夜になっているのですぐには見付らないかもしれない。
   お金と暇がある人達がいる様で高級列車の旅の売れ行きが良い様だ。羨ましい限りだが数泊で百万以上するから日本にも金持ちは存在する。子供の時、ランボルギーニを見て衝撃を受けたが最近では若者でも乗っている人達がいる程だ。石波さんがプラモを作るのも一つには装備の事を知るという目的もあると動画で言っていたが、それ以外にも個人的には持てない物を持つという事もあるだろう。軍艦も電車も個人で買う事は出来ないがスケールダウンしたプラモなら所有する事が出来る。石波チャンネルで何時も後ろに本が沢山あるが何時もタイトル等興味深く見ている。欲しい本もあるが値段が高い物もあり、買うまではいかないかもしれない。勿論、プラモデルだけでなく、人は政治家や有名人に自らの出来ない夢や希望を託す事もあるだろう。誰を総理大臣にするという程、熱い人間ではないがその人が時代に合い、視野に入ってくるなら応援もしよう。嘘をつけとは言わないが政治家はやはり有権者の希望を壊さないで欲しいものだ。

投稿: 忍者 | 2016年12月 7日 (水) 23時14分

【視野の狭い環境にいる野党党首】

 カジノと労働時間、そして、おまけのように共産党が持ち出した南スーダン、他に考えることがないのかというのが感想である。
 我が国の置かれた立場について考えることも経済問題の行方を探るカギになる問題が多くある。
 米国や欧州では指導者の交代が続いているのであるが、指導者の考え方が変わるだけで劇的な変化が起きることがある点に注意を払う政治家が我が国にはいないようだ。例えば、英国の国民投票の行方を問題にする人がいなかったし、イタリアで行われた国民投票の結果を受けてイタリアの首相が辞意を表明したというニュースがあったが、そう云うものに関心がないのだろうか?
 これらは韓国で起きている自業自得の茶番劇のような大統領排斥運動とは次元の異なる政変である。変化が起きていることに敏感であってほしいのだが、カジノと労働時間の事を考えるだけで国民の関心を引き付けることになっていると思っているのなら、それは世界の動きから目を逸らせようとしている陰謀ではないか?
 民進党が馬鹿を晒すのは自民党と密約でも結んでいるのかと疑われても仕方がない。
 米国の次期大統領が台湾総統に電話をかけたという話に敏感にならない事は危険である。
 米国がロックフェラーの大番頭キッシンジャーの斡旋でシナ帝国と正式に国交を回復してから非公式であっても米国大統領が台湾の指導者と会談を持つという事はタブーのような扱いになっていたはずである。案の定シナ帝国は米国政府に警告を突きつけてきたではないか。こういう事態の進展があったというようなことは、我が国の安全保障政策に無関係だと云えなくなっている。野党の党首から、特に台湾人(シナ帝国人)を最近までやっていた蓮舫代表などは真剣に考える立場にあるのではないのか?
 なぜこのような動きを封印してカジノとか労働時間の問題ばかりだけに貴重な時間を費やすのだろう? 安全保障の問題こそ、生きるか死ぬかの問題ではないか。政治家の役割は、まさにこのために国民に雇われているとさえ云える問題である。
 重要な問題について党首同士が忌憚なく意見をぶつけ合うのが党首討論の趣旨だと思っていたのですが、罵り合うだけで所要時間が来てしまったのは残念でしかたがない。
 蓮舫氏は自らの出自を生かす場面をそこで議論すれば戦争を回避するための有意義な議論が出来たのではないかと思いますね。まあ日本人になって間がないので日本人の気持ちがまだわかっておられないのかもわかりません。
 民進党はせっかくこういう経歴を持つ人を代表に選らんだのだから、台湾の置かれた立場についてや、今回のトランプ氏と蔡英文総統との電話会談についてしっかり説明が出来るぐらいになっていただきたいものだ。
 世界の中の日本の立場について、それが討論の対象にならないようではいつまでたっても井の中の蛙の様な状況から抜け出すことがない。

 政治家の資質の問題なのだろうか?

投稿: 旗 | 2016年12月 8日 (木) 00時56分

【党首討論で】

 民進党の蓮舫代表はカジノを推進したのは政府であると妄想して、安倍総理を責めていたようであるが、これは党首討論の舞台である。政府の責任として追及するから逃げられたのであって、自民党総裁の責任を追及すべき論戦に持って行かねばならなかったのに、そこに気が付いていませんね。
 党首討論という言葉の意味が理解できない日本人だと思いました。
 法案審議に動いていたのは与党です。当然、党首として自民党総裁の役割があって指示があったとするなら、党としての論戦もまた違ったものになるはずである。実際は党の運営は幹事長任せではあっても、建前上、安倍総裁の指示で動いているという立場に変わりがない、そこが理解できないような蓮舫代表の話しぶりが気になります。解っていないのではという印象を受けますね。実際の党首討論という事になれば、二階幹事長を呼び出して論戦をしたほうがいいのかもわからないが、それでは党首討論にはならないと云う事もある。
 例えば、蓮舫代表「総理自らが成長産業の大きな目玉になるとおっしゃっているんです。なぜ成長産業につながるのか教えて下さい」

 総裁に向けて言うべきところなのに、総理なんですね。自民党議員と公明党議員があの委員会で決めたという事は事実なのですから、やはり問うべきは安倍総裁なんです。
 安倍総理に問うという姿勢なので、政府答弁のような答えしか返ってこないのですね。せっかく党首討論が、無駄になってしまっていますね。だから、最後が罵り合うような応酬に終わったように思います。

 民進党は前からあほだバカだと言われ続けているのは、そういう処のこだわりに欠けた対応があるのだろうと思います。安倍総裁は総理としての答えと総裁としての答えを使い分けていましたね。通して見てれば解りますね。
 蓮舫代表は冷静さがない。自滅していますね。さらに、あほだバカだと言われるのではないかと思います。野党の党首という役割は、この人には荷が重いのではないかと思ってしまいます。

 カジノ法案は自民党公明党の与党が勝ち取った法案である。批判を向けるなら政府ではない。そこに注意を払って質問しないと党首討論の態をなさないのではありませんか。
 自民党総裁の役割は何かについて野党はもっと勉強してほしいものだ。

 残念な人たちである。

投稿: 旗 | 2016年12月 8日 (木) 01時51分

【1月になれば米国大統領になることが解っている人がやった事】

 ロイターに記事があった。
『[ワシントン 5日 ロイター] - ドナルド・トランプ次期米大統領は先週、台湾の蔡英文総統と電話会談し、中国に対する強硬姿勢を示唆したが、貿易や北朝鮮といった問題をめぐり、中国から譲歩を引き出すための危険な賭けをどこまで推し進めるのかは定かではない。』

 ロイターもまた、この危険な振る舞いについて関心があるようだ。米中が国交を回復して以来台湾の指導者と米国の指導者が会談を持つという事がなかった。それに挑戦するような出来事があったと見ているのだ。
 早速、シナ帝国から返事があった。記事に書いてある。
『中国政府は外交ルートを通じて米国政府に抗議。来年1月に退陣するオバマ政権は、長年かけて共和、民主両党による政権が慎重に築き上げてきた対中関係の進展を損ないかねないと警告した。』

 トランプ氏がシナ帝国に揺さぶりをかけているだけなのかどうかは、来年になればはっきりすることである。シナ帝国がどのような答えを返すかも今は解らない。ロイターの記事の後半には
『ニクソン大統領の歴史的訪中(1972年)の際に通訳を務めた元米外交官のチャス・フリーマン氏によれば、中国当局者は現在、トランプ氏の大統領としての意図がどのようなものとなるのか静観しているのだという。
「彼ら(中国)はトランプ氏を侮辱したくもなければ、同氏と感情的に対立したくもないと考えている」と同氏は指摘。「トランプ氏に対し、『疑わしきは罰せず』というのが当初の反応だろう。同氏が自分のしていることの重大さを理解しておらず、周囲の人たちに操られている可能性もあると」と語った。』

 昔、レーガン大統領がソ連を指して『悪の帝国』と呼んだように、シナ帝国を指してなんと呼ぶのか注意を払う事になるかもわかりませんね。

 ただでは済まない嵐の起きる前触れのような出来事のような気がします。この電話会談にはビックリしました。

投稿: 旗 | 2016年12月 8日 (木) 02時13分

石破先生こんにちは。
やっとIR推進法案もあと一息のところまで来ました。
日本にカジノがないおかげで、どれだけ危険なめにあっていることか…。

あの、女性党首、
「2番じゃダメなんですか?」
とか、自分のお考えを述べられた有名なお方ですよね。言論の自由はありますから、お認めいたします。

海外のIRでゲーム経験してきた方なら、一発で常識はずれだとわかるはずです。
ふつうのPOKERなら、エースとキングなら、同じ役の場合、エースのほうが上位なのでエースの勝ち。
プロジェクトチーム組んで、世界最高水準目指している技術者に失礼だと思いますが。

海外に普通にCASINOがあるのですから、日本にもなくてはならないでしょう。また、そうあるべきだと思います。

新聞社説によると、ギャンブルは悪であり、勤労の美徳を害するもので、違法行為、犯罪を助長するもので…。延々とカジノの場合だけ差別的に取り上げる始末。
あれれ…。
競馬ってギャンブルでしたよね。
東京新聞杯
日経賞
毎日王冠
毎日杯
読売マイラーズカップ
日刊スポーツ杯
東京スポーツ杯
朝日杯2歳ステークス
NHK杯
天皇賞
…。
週末になったら、新聞が売店に山のように積まれていますよ。

私は、悪いとは言っておりません。
むしろ、ないほうが世界から見たらおかしなことだと言いたいのです。

以前、日本に英国のエジンバラ公がいらっしゃいました。
「日本に競馬場はあるのか?競馬場に行きたい!」
担当された方は、苦労なさったと思います。
東京競馬場にご案内。
エスコートされたのは、天皇陛下、美智子様。
その日のメインレースは
「神無月特別」
でしたが…。
名称が、変わりました。
「エジンバラ公御来場記念」
勝ったのは、的場均ジョッキーでした。

たしか、カジノ反対の民進党議員のなかに競走馬の馬主さんいましたよね。
いや、悪いとは言っておりません。
馬事文化に貢献されている方だと拝察します。
まあ、一番にゴールしなきゃ1着賞金も、タイトルも取れませんから、「一番じゃないとダメ」ですよね。
いや、おそらく、わかっていてそんな意地悪な質問を、日々研究を重ねている方に説明責任投げるのですから、いかがなものかと思いますよ。

私は、たばこは健康に悪いので吸いません。
お酒は、百薬の長と言いますから、飲みます。
車は酔っ払い運転、居眠り運転しそうなので、運転免許自体取っておりませんし、運転などもってのほか、しません。
ギャンブルは、知的欲求とボケ防止の観点からやります。
こういうことは、個人の主義主張それぞれが責任を負うべきものですから、公明党の自主投票という判断もありだと思います。

実施にあたっては、きちんと法整備が必要になります。
禁酒法とか、まちがって出来たらシカゴになってしまいますし。
交通事故があるから、車を禁止するなどということもあってはなりません。
もう、時代の要求がそこまで来ているということだと思います。インターネット社会になりましたから…。本来、リアルカジノが先にあるべきなのに、違法?オンラインカジノがカード決済でできてしまうのは異様です。

世界標準に合わせるべく、IR推進法案がようやく出てきてほっとしております。

いや、それに反対する民進党とはなんなんでしょうか。
困ったものです。

きちんとした法整備を願っております!

石破先生!

自由民主党、宜しくお願いします!


投稿: かつしんじろう | 2016年12月 8日 (木) 07時32分

毎日【NHK次期会長に上田氏 「実務家」に難題 政治との距離感 https://goo.gl/wUJ1aU 会長人事には政治の影が付き纏う】
⇒まあ、これ自体はNHKに限らず、全てのメディアやジャーナリズムの宿命ですね。NHKはその根源に於いて政治の容喙を受け易いからこそ、真摯で賢明な経営トップが必要であり重要になる。
仮に真摯な政治権力者なら(そんなことがあり得るのか?)、その卑しい欲望を抑えられるが、安倍ボス猿とその下男下女にはそんな高尚なことはできないしその気もない。
仮に真摯な経営トップなら政治の容喙を上手に拒否できるが、籾井は嬉々として屈膝し迎合した。安倍Monkeyの下男になった。
上田さんに期待しエールを贈るが、安倍Monkeyが政治権力者である限り楽観は禁物。人は虎変豹変もすれば革面もする。人の本性や貴賤を見極めるまでは監視は欠かせない。NHK受信料の支払い再開もそれまでは控えるに若くはない。

投稿: 小倉摯門 | 2016年12月 8日 (木) 09時51分

 真珠湾で75周年記念式典があった。撃沈された戦艦ミズーリの上に記念館があるがそこを総理が訪れた事は無い。元兵士も日本の総理大臣が訪問する事を歓迎し期待しているがやはり嘗ての敵が友人になった今を語っていた。日本人が正月にハワイに行く事は多いが真珠湾は行く人が多いとは思わない。観光施設やアラモアナには行くが真珠湾に足をとめ、歴史に思いを馳せる人は少ないかもしれない。しかし今回の訪問で日本人が真珠湾や記念館に行く事が増えるだろう。ハワイを好きな日本人は多いが知事も日系で親しみをあるので更なる観光客増加が見込めるだろう。それに逆を行く様な反日暴動と覇権拡大、嘘のプロパガンダを撒き散らし南京記念館に来てくれと謝罪しろと言う共産国だが願い下げだ。総理は勿論、観光としても大気汚染に偽食材、ぼったくりに写真を撮ったら拘束なんて堪らない。両親は中国に一度言ったがハワイは十数回は行っているだろう。結果が物語っているが観光は楽しむ所で謝罪や責められてビクビクしながら行く所ではない。米国人は日本人を許した為に日本人も彼らを責めないしその逆もしかりだ。同盟が信頼関係により相互に働くが中国との関係は常に一方通行で奪うばかりで信頼関係等築けない。

投稿: 忍者 | 2016年12月 8日 (木) 10時26分

都議会…

揚げ足取りの極み…shock
国会では、民進党の常套手段!
なのに…自民党は何をやっているのかangry
資料の準備ができなければ、有権者(都民)にわかりやすい回答はできない…
揚げ足取りをしているより、問題点を言わざるえない状況に持ち込む質疑のやり方がスマートだし好感度アップだと思います
自民党なんだから…与党なんだから…醜態は見せないでほしい。

投稿: まな | 2016年12月 8日 (木) 11時10分

>>まさしく霞が関官僚文学の精華・極致というべき文章で、感心するやら呆れるやら、要は「絶対にやらないわけではないが、当面やるつもりはない」ということが委曲を尽くしてあちらこちらに配意しながら書いてあり、政治家はまずこんな文章を書きません。
 こんな文章が書けるようになることも優秀な官僚の要件なのでしょうが、このような文化を政治が変えていかなければ、我が国は本当の困難に逢着するように思われてなりません。それが積極的であれ、消極的であれ、権限争いが絡んだ途端に機能停止してしまうのが官僚機構の特性で、迷惑するのは国民です。

それならば、官僚の評価軸を政治家が、政治力をもって変えればいいだけの話ではありませんか。「防災・減災に貢献した官僚ほど出世できる」という具合に。
 官僚だって人間です。自分が評価されるかどうかも分からないのに、わざわざ新しい組織を立ち上げる などという労力も時間もかかることを好んで行うわけがないでしょう。
「過去と他人は変えられない。今ここから始まる未来と自分は変えられる」
 心理学者 アルフレッド アドラーの言葉です。
官僚云々いう前に、官僚に動いてもらうにはご自身に何ができるか考えるのが先決ではないでしょうか。
 私自身も、民主主義国の一主権者として、このように、与党政治家に意見を述べることを行っているのです。

投稿: 責任野党 | 2016年12月 8日 (木) 21時20分

【プーチン大統領来日を正式発表があった】

 読売新聞に記事があった。
『外務省は8日、ロシアのプーチン大統領が実務訪問賓客として15、16日に来日すると正式に発表した。』

 記事に実務訪問賓客とあるように公式訪問ではあるが、国賓ではないという扱いである。
 戦前に於いては、革命前のロシア皇太子の訪問が唯一の国賓待遇ではなかったかと思います。大津事件と云うおまけまでついて大変なことになりました。以後、国賓での待遇がないと思います。今回の来日も公式訪問と云う事が特筆される程度の扱いで期間中に皇族と会見をするという事もなければ、どれほど間違っても、天皇陛下が会われるという事もない扱いです。
 とはいっても、プーチン大統領閣下を正式にお迎えすることに変わりがない。北方領土の問題もこの来日の話が持ち上がったころは過熱気味に、2島の返還になってもやむを得ないとか、4島でないと話にならんなどと訳も分からず騒ぎ立てる人もおられたようですが、いつの間にか領土問題はどこかに追いやられた印象を受けます。
 信頼関係を醸造することが必要なのだと言い出す人が10月頃より出てきていますね。自信がないのかもわかりません。
 経済協力関係から始めようという意向なのかと思います。

 トランプ次期米国大統領は、なぜか?
 このプーチン大統領を持ち上げている人なので、日米同盟に影響が出ることも考えにくいのかもわかりません。ロシアもまたトランプ氏が選挙を制覇したことで議会が拍手した等と云う話まであったそうです。お互いが相手に対して根拠のない妄想を抱いている可能性があるのかもわかりません。夢から覚めた時の反動が怖いような気もします。
 ロシアは、契約が守れるのかどうかという事が大きなポイントですね。これは我が国だけではなく、近隣にある国々に対しても信用がないので、同じ間違いを繰り返すことがないようにしたいものです。問題は、支持率の異常に高いプーチン大統領が、いなくなった後のことを考えることだと思いますね。それこそが両国間の基本条約に向けた交流が可能なのかという事です。
 直ちに条約というような話に向かうとは思えません。共同声明で何が話題になるのか? 経済活動だけなのか? 安全保障上の取り決めとかが話になるのか?
 合意できる事項に限りがあって、それにも条件が付いて、その上、次回の会談日程が決まるという事になれば大成功だと思いますね。
 油断をして向こうから外れるような関係にならないようにしたいものです。

 まあ、これはシナ帝国を取り囲む包囲作戦の途上にあると思えば、いいのだろうと思います。
 

投稿: 旗 | 2016年12月 9日 (金) 01時11分

IR推進法案に反対します。
推進派の中に、パチンコ業界から献金を受け取っている不貞な政治家がいるようですから…。
よくもまぁ堂々と、推進派として活動しますよ。恥知らずですよ。今現在判明しているのは3人。こいつ等はゴミですよ、ゴミ。『IR』ではなく、『カジノ』のみに焦点が合っているように見えるンですよ。雇用の創出なんて関係ない、己の懐具合だけなのですよ。そうとしか見えないのですよ。
しかもあの○族が絡む。また絡んでくる。必ず失敗します。断言します。法則ですから…。
しかしまぁ何が悲しくて、あの○族の『シノギ』に大切な国の予算を使わなければならないのですかね?しかも『博打』に…。
いい加減にして頂きたいッ!
換金方法他、全てに於て不透明なパチンコ営業に反対、即刻禁止せよッ!パチンコ業界に関わる政治家は即刻辞職せよッ! 博打のCMなんぞ流すなッ!
なんて声を張り上げても
貴方へは届かないンですよね…。
うっかり受け取る方でしたね…。

投稿: 吉法師 | 2016年12月 9日 (金) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64572058

この記事へのトラックバック一覧です: 防災専門組織の創設など:

« 駆けつけ警護など | トップページ | イシバチャンネル第七十弾 »