« 水産講演、ユニバーサル社会形成推進法など | トップページ | イシバチャンネル第七十三弾 »

2017年3月10日 (金)

北朝鮮ミサイル発射など

 石破 茂 です。
 今般の北朝鮮のミサイル発射については、突然「新たな段階に入った」ものではありません。北朝鮮を中国と西側の緩衝地帯と位置づけ、当面の現状維持をよしとしている間に、時間は北朝鮮に有利に働き、今日の状況となりました。
 ロフテッド軌道で発射された場合の高速落下、多数集中発射、潜水艦からの発射、米国本土までの到達(在日米軍でもハワイでもグアムでも本質は変わりません)、それらの技術は着々と進歩しつつありますが、どのように、いつまでに、これらに対応するのかは一にかかって政治の責任です。
 すべてを国会の場で議論できるものではありませんが、巡航ミサイル、弾道ミサイル、新たな迎撃システムなどの導入の可否について徹底的な議論を行い、結論を得なくてはなりません。防衛力の造成には多大の時間と費用が掛かるのであり、乗用車やトラックを買うようなわけにはいかないことも十分に留意が必要です。
 かつて小泉内閣で、鴻池防災相(当時)が「日本がミサイル攻撃を受けたら、北朝鮮を火の海にする」というような意味の発言を委員会で行った際、当時防衛庁長官であった私は「他に手段が無い場合、策源地攻撃は法理的に否定されないが、自衛隊には現状そのような能力は与えられていない。基地の所在もわからず、空中給油能力も十分ではないままに作戦を命ずることはできない。今後、自衛隊に策源地攻撃能力を与えるかどうかは政治の判断である」との旨を答弁し、あれから15年が経ちました。
 7日火曜日に日本プレスセンターで行われた安全保障についてのパネルディスカッションに杉山外務事務次官、黒江防衛事務次官らと共にパネラーとして参加したのですが、なお課題の多いことを痛感させられたことでした。

 韓国の憲法裁判所による朴槿恵大統領の罷免は、我が国のみならずアジア・太平洋地域の平和と安全に多大な影響を与えます。60日以内に行われる大統領選挙では非保守系の候補者が当選する可能性が極めて高いと見られており、親北朝鮮政権の誕生が懸念されます。この点に関しても我が国において、中国が強く反対するTHAADミサイルの韓国配備を含む、北東アジア地域全体のミサイル防衛の実効性向上につき、精緻な議論をしていかなくてはなりません。

 私はテレビを見る時間がほとんど無いのですが、世の中は森友学園の話題で持ちきりのようです。本件は国の独立や平和には関係のない事案であり、この案件で国政が混乱することも、政府・与党が疑惑を持たれることも避けなくてはなりません。国民に「逃げの姿勢」と受けとられることのないよう、野党に指摘されるまでもなく、徹底解明する責務を有していると考えます。

 週末は、11日土曜日が自民党鳥取県連憲法改正推進本部主催「憲法改正を考える県民大会」での基調講演(午後1時半・米子産業体育館)。
 12日日曜日が第7期岡山市民大学in福山で講演。
 両日とも前後に関係者や地域の方々との会食・懇談会等が予定されています。

 党本部の指示により、各都道府県連に憲法改正推進本部が設置されましたので、鳥取県連としては広く県民に対して憲法改正の必要性をご説明し、それぞれのご意見を聞いて世論を喚起したいと思っております。地道な努力なくして憲法改正など到底出来るものではありません。
 国家主権が無い占領下において作られたものであるために、独立を守る組織たる「軍隊」についてのみならず、「国家」に関わる規定が決定的に欠けていることについてはよくご理解を頂きたく、更に努力を重ねたいと思っています。当日は東日本大震災・大津波・原発事故から6年、会は黙祷から始めます。

 先月27日に衆院で予算が通過しましたため、今週は気分的に少し余裕も出来ましたが、月曜日に高知県で全国の地方創生に携わる大学関係者の会で講演、水曜日に静岡県で地元金融機関主催の講演会など移動の多い一週間でした。
 各地に出向く度に、自分の知らない地域、知らない方々や物事があまりに多いことに気付かされます。

 先週末いわき市に向かう途中に臨時停車した水戸の偕楽園では梅が満開でした。もう桜の季節となるのですね。皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。
 

|

« 水産講演、ユニバーサル社会形成推進法など | トップページ | イシバチャンネル第七十三弾 »

コメント

国防について、先生のおっしゃるとおりだと思います。精緻な議論が必要です。血を流すとかそんな観念的な話しではなく、具体的にどのようなオプションを用意するかが肝要です。ミサイル着弾に備えた避難/防災も考えないと。

投稿: funkybass | 2017年3月10日 (金) 20時00分

おつかれさまです。

投稿: mr | 2017年3月10日 (金) 20時00分

石破先生、お疲れ様です🍵
東日本大震災からもう6年になりましたね。
こんな時期に森友学園問題ばかり報道されて嫌になりました。大した事案ではないと私は思うのですが、バッシング好きの国民性はどうにも止まりません。
北朝鮮の指導者は計算ずくでミサイル作戦を仕掛けていると思いますが、日本の政権が弱体化

投稿: キイロイトリ | 2017年3月10日 (金) 20時41分

選挙民も10人十色で、色々な考え方や支持政党の違いは有っても、物事には規範や、倫理観、合理性が重要なことは、変わらぬ共通的な価値観。過日のメディアによる、次の国政総選挙の実施時期に係る、A首相と側近の思惑を巡るを報道を見て、???これって選挙民を軽んじているのでは?と、疑問や違和感を感じた。

常識的には解散も不自然ではない今の時期に総選挙を行えば、改憲発議に必要な議席数の3分の2を、数十議席下回るのはほぼ確実と言うのが、大方の見方らしい。そのため解散時期を相当期間ずらして先に憲法改正を発議し、その後に選挙を行ってA首相の再選出と、20年代までの超長期政権を目論んでいるとの話。党利党略の事例は掃いて捨てる程あるが、それに私利私欲をプラスと言っても、決して過言ではない思惑。これが果たして妥当な民主主義、或いは民意の正しい反映と言えるやり方か?。こんなレベルの話が、普通にまかり通る政治家の世界。私は部分的な憲法改正、加憲は必要との立場だが、選挙民をもてあそぶんじゃない、好い加減にしろ!!! そんな感じがしてならない。

これに良く似た話が、A首相令婦人の「公人か私人か」と、建前を巡って決着の付かない議論。多くの庶民たちの普通の捉え方は、令婦人に色々なお願いをするのは、どうひいき目に見ても、A首相に直接繋がるブランドが有する、直接的間接的な影響力に期待して利を得たり、又目的を達したいとの思惑だと、みんな分かっている。公人か私人かの議論は問題のすり替え。利権に群がったり、権力や虎の威を借りて、利用しようと企む輩が沢山居る。公私に関係なく結果的に、その手助けの旗振り役を果たしたか否かが、今問われている。

これを裁判例に置き換えてみれば、振る舞いが結果に影響を及ぼしたか否かが争点で、因果関係の有無が問われると言う話。公人か私人かは、飽くまで建前でしかない。令婦人には特定の思惑無しと仮定しても、望む望まぬに拘わらず、A首相の影響力が波及する可能性の有る立場だと、世間からは見られると言うこと。その自覚の希薄さが結果的に今回の様な批判や、疑念を生んだことは明白であり、問題の本質を論じてこそ意味が有る。不毛な混乱や疑惑を避けるために、A首相令婦人は自身の立場を自覚し、もっと慎重に行動することが必要。

A首相や取り巻きは、政権へのダメージや憲法改正発議への影響を恐れて、早期に幕引きを図る作戦の様だ。しかし、国民が知りたいのは真実であり、与党、野党は関係無い。約70%以上の人達が、参考人招致すべきと回答している事実は、紛れもないその民意の表れ。物事の道理に反しているとの疑念を、払拭せよ言う至極まともで健全な反応。森友学園の問題に「臭い物には蓋をする」様な対応は、政治への信頼に係る問題でもあることを、賢明な石破さんは分かって居られると思う。


投稿: 晴耕雨読生 | 2017年3月10日 (金) 21時06分

憲法改正して自衛隊についての詳細(そしたら自衛隊と呼ぶ必要もなくなり日本軍となるわけですが)を書き込むか、自衛隊をなくすかの二つに一つだと思います
そして自衛隊をなくしていいなんて考える国民は一人もいないでしょう
それと、日本には正式に首都や言語が決まってないとよく言われますが、憲法改正にしたがってそういったことも明記されるんでしょうか?
それともそういった明記は必要ないとお考えですか?

投稿: しお | 2017年3月10日 (金) 23時50分

THAADや他のミサイル防衛システムには導入しても限界がある。北朝鮮が移動式発射台を使い複数でミサイルと撃って来たが多分、迎撃出来ない可能性の方が高い。弾道ミサイルでも発射する基地が分かり、燃料注入が衛星から確認出来て迎撃態勢を整えて向い撃てば迎撃出来るが潜水艦や移動式からの発射だと難しいだろう。日本には音響で潜水艦を捜索する船があるが迎撃よりも潜水艦を探知し、危険除去する方が余程確率が高いかもしれない。それと同じ論理でミサイル基地が分かっているならその基地を叩いた方が余程迎撃より確実に被害が及ぶ可能性は減る。様々なシュミレーションがあり、どんなにやっても失敗するプログラムがあると聞いたが北朝鮮や中国に対して何の被害も無く、こちら都合の良い結果が得られる訳でもない。しかし国民が無知で潔癖すぎると少しの失敗や被害も許さないと非現実的な事が独り歩きしてしまい、誰も死なないとか何の被害が無い事が当たり前の様に議論されてしまう。野党の政治利用には持って来いだろうが余りに常識外れな議論は止めてもらいたい物だ。スーダンのPKO撤退も誰かが亡くなりでもしたら、それこそ野党は喜んで責任を取れ、辞任しろと攻め込んでくるだろうが自衛隊の活動とは生死を常に孕んでいるのであって死者が出ないのは幸運な位に思わないと出す事も出来なくなる。木を見て森を見ないのは日本人の専売特許だがこういう過ちは犯さない様にしないといけない。

投稿: 忍者 | 2017年3月11日 (土) 06時20分

石破閣下

ポンコツモデラーのポンコツコメントです。
弾道弾の射爆高度を話題にされていて、驚きとすこしうれしい感覚です。この件でもう少しコメントさせてください。かつてのソ連では、戦略ロケット軍が装備する弾道兵器の射程は1000キロを下回るものは無く、その程度の射程兵器の装備はソビエト地上軍(陸軍のこと)に配備され、方面軍ごとに部隊が展開していました。
 ところで一方、核軍縮は、射程が500キロ以上の兵器を中距離弾道弾として廃止を進めることになりました。ここで兵器と書いたのは、射程が500キロを越えるものが弾道弾に限られないからです。湾岸戦争でも最近のロシア軍でも射程が2000キロを越える巡航ミサイルがあり、中距離軍縮ではアメリカのW80型核弾道(300キロトンクラス)を装備する巡航ミサイルと2000発の核弾頭が廃棄されてもいます。この弾頭の大きさは直径で50センチぐらいで、高純度プルトニウムを使用しているためアメリカ以外に同等品を生産したという話は伝わっていません。
 ソビエト極東戦域軍がいずれかの国と戦争となったときの図上演習(アメリカが商業的に販売した、CIA監修とか・・ホント?)で、核弾道弾の使用は制限が多すぎて(使用時のリスクが大きすぎる)使いにくく、せいぜい反撃を受けて劣勢になったときのエクスチェンジ運用(相撃ちでお互い消滅)ぐらいしか用途がなかった記憶が・・・
 この手の攻撃では、発射を探知されないことが前提なので、巡航ミサイルのような兵器は使用はしますが、まるで鐘や太鼓を鳴らすような弾道弾では不向きなだけでなく、反撃の口実を与えるリスクが大きい使いにくい(トホホ)兵器です。
 映像栄えがよく、某国の国内向けの効果はあるとしても、周辺国に警戒心が増すだけでデメリットですし、日本から見れば自国防衛の意志をそのつど確認する効果はあるかもしれません。W80のような核兵器を北朝鮮が開発しないよう手を打つことは、迎撃システムに頼るのと同様に大切なことと考えます。
乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2017年3月11日 (土) 08時51分

【 たとえば、】


> 少女像撤去しようとする日本の動向「容認できない」=米下院外交委員長
聯合ニュース 3/8(水) 11:22配信

【ロサンゼルス聯合ニュース】米下院のロイス外交委員長(共和党、カリフォルニア州)は7日、

「日本政府がグレンデール市の『平和の少女像』を撤去しようとする試みは慰安婦の存在を否定するもので、容認できない」と主張した。


 カリフォルニア州グレンデール市の市立公園前に立つ 旧日本軍慰安婦の被害者を象徴する少女像前で行われた

韓国と中国、日本の市民団体による集会で、補佐官がロイス氏の書簡を代読した。


 ロイス氏は「少女像は第2次世界大戦当時、アジア太平洋地域で日本軍に連れ去られ、

踏みにじられた数万人余りの韓国、中国、フィリピン女性の性奴隷の逆境を代弁する重要な記念物」と強調した。


--


このロイス 下院外交委員長とやらは、スキャンダルで 失脚するなり、信頼性が 低下する也の


報復の工作を わが国は できないものですかね?


こういう日米同盟を毀損する行為を 我が政府は見過ごすのですか?


こういう事の済み重ねが、今の混乱状態を創出した 根源の一つだと思いますが。

投稿: ぴっぽー | 2017年3月11日 (土) 12時04分

石破さんが防衛大臣だったらどれ程心強かったかと残念でなりません。

投稿: J | 2017年3月11日 (土) 14時49分

石破様、こんにちは。本日は、東日本大震災が起こって丸6年経った日です。この地震で起こった福島第一原発の事故の解決の糸口さえ見えない昨今、この問題を解決することこそ、日本を取り戻すための第一歩ではなかろうかと考えます。放射能は目に見えないため、何が起こっているのかを把握するのは難しいですが、この問題を解決することは、将来の宇宙開発にも大きく前進をもたらしますし、将来、日本が宇宙開発などの分野でルードしていくきっかけになるかもしれません。「災い転じて福となす」になるかもしれません。この災いを福となす日本に大いに期待したいです。北朝鮮の問題は、他国に任せてぜひ、東日本大震災の復興を大きく前進させていただきたいと思います。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2017年3月11日 (土) 15時05分

新たな段階に入ったかどうかは移動式をどう捉えるか、別に防衛省や大臣が言ったからとか言わなくても新たな段階には相手は勝手に入るのであって見解の相違を指摘した所で認識度合いの違いとなる。統計を見る限り、新たな段階は尖閣に船をぶつけて来た時に始まっているのであり、急増する数の進入に対処出来ないでいる。そしてミサイルもこちら側が潜水艦からのミサイル発射を確認出来なくても相手がそうしたのであれば勝手にレベルを上げて来ているのであって、こちらの分析が遅ければ対応が遅れると言う事だ。PAC3も離島や港の小さい島では持ち込みすら出来ず、防衛する出来ないし、汽水が浅ければ入る事も出来ない。民間の船を活用するという事であるがそれにも輸送の限界がある。又北朝鮮ではなく、中国や露はこれらの技術を持っているのであり、未だ防衛体制は充分ではないし全て守る事は出来ないというのが現実的な見方だろう。厳しい現実を認識して初めて議論も前に進むのであり、議論の為の議論は避けないといけない。

投稿: 忍者 | 2017年3月11日 (土) 15時05分

本欄でも侮りの対象である韓国でさえ、THAADを配備した。
日本はそれ以下です。ミサイル攻撃やコマンドの上陸に備えた避難訓練すらやっていない。

以前に北が台風の虚を衝き大量の潜水艦を発進させて韓国を後方から取り囲んだ事件がありましたが、
潜水艦は常に捕捉出来るわけではなく、衝突は38度線で起きるわけではない。

まずは避難訓練です。今の防衛大臣は死んだ人ばかり有難がってますが、生きてる人を守るほうが大事です。

投稿: きました | 2017年3月11日 (土) 15時33分

  1/2 ≪「無知に無知」百景≫
先週のブログで石破さんのこの一文が重要なご示唆があると気付きましたので、遅場瀬ながら、強調の意味を含めて反応致します。
引用【中国や韓国をただ罵倒することが保守なのだとは思いません】  ⇒これは、「保守云々」の遥か以前のレベルで、「上質な人としての見識や嗜み」として論じたいところです。石破さんの真意もその辺りにあるのではないか?(ニッコリ)
あの櫻井(“よしこ”に非ずw)一味のヘイトスピーチにも脅迫や誹謗中傷などヘイトの深浅も切り口も様々あるが、その【罵倒】もヘイトスピーチに当る。貴奴らは日本人を名乗っているが、上質な日本人を知らない。同時に中国や韓国を全く何も知らないのでしょう。パック旅行で大都市の表通りをバスの窓から表面を撫でて知った積りになって錯覚しているのです。そんなもので14億人や5千万人の国民とその人々から成る国家を「知った」ことになんかなる道理がない。真に文字通り「知ったか振り」。地方(田舎)には行ったこともない、徒歩で露地を歩いたこともない。要は彼の地の人々の生活風景に触れたこともない。仮令通訳を介したものであっても彼らと会話した経験もない。それらが「ないこと」に認識もない。相手が「自分と同じ人間」であること拒否している“狭く暗い井の中の罔い蛙”です。「歪んだ私情」に駆られて暴走し罵倒しているだけでしょう。
その点ではあの籠池と通じる。少しはレベルは違っても、「無知に無知」な安倍のボス猿一味(高村細田菅高市稲田山谷有村丸川下村世耕加藤萩生田礒崎衛藤百田櫻井日本会議神社本庁日本遺族会など)とも通底している。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月12日 (日) 10時06分

  2/2 ≪「無知に無知」百景≫
中国は人口が凡そ14億人。庶民大衆、特に地方の農民は貧しい。数字にも表れている。経済的には極貧と言ってよい。経済が沿岸部を中心に急成長(急膨張とも言う)しただけだから、経済成長果実のトリクルダウンは未だ未だ先の話の状態にある。ネット環境はない。尖った情報は統制されている。「無知に無知」の環境を強いられている。然し、「中国人」を視野を拡げ広深永に眺めれば、世界中に散らばっている数千万人規模の「華僑」も含まれる。日本の「嘗ての大企業」も彼らの智慧と経営力で破綻を免れている。台湾然り、S’pore然り、インドネシア・マレーシアの経済人然り。
また、表通りを闊歩する一団は別にして、韓国の路地裏の庶民大衆は未だ未だ貧しい。韓国料理屋で「美味しいキムチ」を無料で提供するのが当たり前だと云う「価値と価格の関係が崩壊した伝統」もその一因だろうが、限度を超えた競争社会とその結果としての格差社会がその歪みを告発している。
彼らの眼には広い世界は全く映っていない。「反日」の叫びは、政治の誘導もあって、時機として、そんな人々の口から迸っているのだろう。
然し、中韓のそんな庶民大衆が「反日、日本批判」を叫んだからと言って、経済が永く停滞しているとは言え、豊かな日本に住む「それなりに豊かさを享受している人々」、抑制が強まっているとは言え「それなりに自由な情報に接することができる人々」が、彼らを諭す構えがないままに、中韓の貧しい人たちのレベルに降りて行ってどうするの?または、「傲慢な上から目線」で、ぐちゃぐちゃネチネチと批判を繰り返して何の意味があるの?って、感じですね。

「狭く暗い井の中の罔い蛙」は、単に永田町や地方の“政治屋”を表現する言葉ではない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月12日 (日) 10時08分

【北朝鮮によるミサイル発射報道】

 東アジアの緊張を高めてしまう効果がこの蛮行にはあると思うのですが6カ国協議の当事国にその差がある。それは以前から指摘されていることなので驚くことではないと思う人も多いと思いますが、関心の持ち方が中途半端なところがあるので何時の間にか、北朝鮮のミサイルに鈍感になっている政治家を見ることになる。

 我が国に於いては豊中の国有地の問題がこれに優先するテーマなのかと思うほど真剣に考えているように見えない民進党がいる。ミサイルが我が国のどこかに着弾してから考えるというなら、それを公表しておくべきである。彼等の意見を参考にしなくて済む分だけ、検討する時間を浪費することから免れる。民進党は安全保障問題に関心がないのであれば公表しておくべきだ。彼等も安全保障の問題で党の分裂を避けることができるじゃないか。批判する事だけのポジションを守りたいだけなんだろ。
 それはともかく、韓国もまた当事国でありながら関心がない。大統領の弾劾問題を最優先で報道していた。万が一の事態が起きれば。李承晩よりも最悪の展開が起きそうである。韓国軍を指揮するはずの最高司令官が不在としか言いようがない。
 4基の発射があったのだが最初の報道では3基と報道しており、外信の情報を以て訂正する姿である。やる気というものがないとしか言いようがない。大統領の弾劾の事ばかり四六時中記事にしている。

 大統領代行職にある政治家が北朝鮮のミサイルに言及した会見を行ったのは米国大統領との電話会談を10分間行ったという記事1度きりあるだけである。国民に向けた会見はない。そこでは『「北の核・ミサイルの脅威は韓米両国への直接的脅威であり、強力な韓米同盟を通じ抑止力と対応態勢を強化しながら北の野望を砕かなければならない」と述べた。それに対して米国大統領は「米政府は韓国の立場を100%支持し、今後も支持を続ける」とした上で、「ミサイルによる挑発への対応など北朝鮮関連の問題について、今後行われる両国間の高官交流などを機に協議を深め、連携をさらに緊密にしていきたい」と語った。』
これ以降国防当局の記事と情報部関係の記事が散見するだけで。具体的な取り組みとか呼びかけがない。やる気がないのかもわかりませんね。
 そしてロシアもまた安保理に対して北朝鮮に向けた制裁を実行していることは間違いがないと進捗報告を出しているぐらいである。制裁を主導する立場にはないような冷静な報告である。
 米国はこの問題でどのような行動を見せるのか注目されている。ロイターなどには北爆があるのかもわからないと見る記事があった。しかし、米国はこの地で何が得られるのかわかりにくいものがある。シナ帝国との交戦権というようなものがあるとすれば南シナ海よりもこちらに注目したほうが確実でる。  
 昔、マッカーサーもここでは悩んだことがある。その悩みをトランプ大統領が共有することがあれば、状況は大きく変わるだろう。
 
 問題はメンツの大国シナ帝国なのだが、彼等は石炭の輸出停止を含む過去にはない経済的な制裁を本気になって発動したと言っている。其れでどのような効果があるのかよく解らないうえに、その本気の制裁が何時まで継続するのかについても具体的な記述がない。
 シナ帝国が後押しをしているという事実が、歴史的にも、この問題の初めから附いているのでどの程度彼等の言葉に信頼があるのかよく解りません。今回のミサイル発射問題がシナ帝国で全国人民代表大会(全人代)開催中に行われという事実に驚かされる。
 まるで1964年の東京オリンピック開催中にシナ帝国が行った水爆実験ほどのインパクトがあると思うのだが、それに対して石炭の禁輸で済むのが不思議である。その程度のものなのか? メンツの国のメンツが泥まみれではないのか?
 シナ帝国は、東アジアに緊張をもたらすことでなにかを得ようとしているのだろう。北朝鮮をやりたい放題に放置しておくことで彼等なりの計算、或は博打のような投機的目的があるとしか思えない。それは、シナ帝国が乗り出す時期を伺う事で自治政府の版図を拡大させる狙いがあるのだろうとは思うが、それは同時に地球上での友好国の数を減らすことにつながるという計算を忘れないとできることではない。
 5月になるまで韓国には責任ある指導者がない。これはシナ帝国にはどのように見えているのか? しかも、北朝鮮を礼賛する候補者が1番人気であるらしい。根拠を見つけることが難しいのですがシナ帝国の工作員もこれに関与がないとは言えないような気がしますね。2015年反日軍事パレードに参加した唯一の西側首脳である。その本人が弾劾され大統領ではなくなったというのにコメントもない。利用価値がなくなればあっさりと捨てるのがシナ帝国流である。アルバニア決議で有名になったアルバニアと同じである。
 利用価値がなくなれば見捨てる外交政策なのだ。
 北朝鮮は韓国を手に入れる為の投資である。身も蓋もない冷徹な外交政策がシナ帝国にはある。
 我が国の野党である民進党は彼等を支援するためにミサイル発射には関心がないのかもわかりませんね。

  民進党は安全保障問題に関心がない。それには理由がある事なのだろう。この時期にシナ人の政治家を党首にした意味が明らかになるような気がする。

投稿: 旗 | 2017年3月12日 (日) 17時24分

【統治能力とは何かについて考えさせる民族】

 韓国の大統領が弾劾裁判によって罷免された。いきなり只の人になったわけである。1948年の建国から2017年の3月まで任期の全うを見る大統領が少数派なのに驚く。初代は不正選挙がばれて亡命し、亡命先で亡くなる。2代目はクーデターの勃発があって失職。軍政を経て3代目が長期政権を担う事になるが軍人の独裁政治家である。任期の全うもなく暗殺で失職。4代目が臨時代行職として1年職にあるも軍事クーデターのさらなる勃発によって失職する。以降は、民主手続きによって選出された大統領の登場となるが親類縁者の汚職事件の発覚により、退任後の逮捕起訴がほぼ常態化する。そして、今回3代目の娘という背景があって選挙によって選出された大統領でありながら、汚職事件があったという事で弾劾裁判となり任期の途上にあって失職する。
 韓国の制度の中に何か問題があるのかもわかりませんね。大統領の権限の広大さとか強力な処がもしかすると命取りになってしまっているのかもわかりません。まあ、国民の民度にも大きな問題を抱えているという人もおられます。
 それはともかく、3代目の暗殺された大統領は公式には日本訪問がなかった人である。18年も長期政権でありながら日本に滞在した時期も士官学校とかに在学していたこともあるので、滞在時間は長いという事もある。しかし、大統領としての公式訪問が終になかった人である。そして、その娘の方の大統領も、国会議員時代に竹島に不法入国をした時間があるようだが日本への公式訪問が終になかった人となってしまった。
 我が国から見れば、真面目に自国の将来を考え外交に取り組んだ人は金大中氏と全斗煥氏ぐらいではないだろうかと思ってしまいますね。まあ、このお二人も何かと香ばしい話題の持ち主であることは否めません。しかし、弾劾で任期途中で失職することもなく、任期満了後に自殺することもなかった人である。全斗煥氏は、死刑判決を受け、叙勲を剥奪され、全財産を没収された人であるが長生きをして祖国を離れることがない。彼はそのような目に遭っても愛国心だけで生き延びておられるのかもわかりませんね。
 3代目の娘の前大統領はこれから全斗煥氏のような扱いが待っているのだと思います。彼女はそれに耐えられるのだろうか?

 韓国では誰が最高指導者になっても失敗するような気がする。それは彼等自身が発見して改善しなければならない問題ですね。そして、嘘をつくのはやめたほうがいいと言ってあげることですね。でっち上げで近隣に迷惑をかけるなという事です。

  彼等とは関わりたくないですね。それが本音です。

投稿: 旗 | 2017年3月12日 (日) 19時29分

【東アジアの安定が崩れるのかもわかりませんね。】

 韓国の大統領が失職して只の人になった。これは、5月までこの状態が続くことになるらしい。北朝鮮やシナ帝国から見て、千載一遇のチャンスの到来にみえているのかもわかりませんね。
 ロイターにそれを告げているような記事があった。
『[ソウル 10日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は10日、韓国の朴槿恵大統領が「一般の犯罪者」として捜査を受けることになったと報道、同大統領の罷免決定を伝えた。
 北朝鮮の国営メディアは、海外のニュースを数日遅れで伝えることが多く、決定直後の報道は異例。
 同通信は「『大統領』の任期は1年以上残っていたが、失職した。今後、一般の犯罪者として捜査を受ける」と伝えた。』

 大統領の犯罪の中身について報道されているのかどうか不明である。しかし、当日に国民に向けた報道があったという点についてロイターは驚いているようだ。
 何か大きなチャンスがあると国民に向けているようである。こういう異例の報道というのは注意しないといけませんね。
 これから5月まで韓国は最高責任者はいないという事でもある。形式上の代行職に就任している人はいるがそういう人の下で兵士が動くのかという事も気にしないといけませんね。

 前の朝鮮戦争はその勃発が6月だった。5月は季節的にも人の動きが活発になる時期でもある。北朝鮮の兵士は空きっ腹を抱えている人々が大半らしい。ヤフーとかに流れた画像はごまかす意図があるのかもわからないが、まともに歩けない兵士もまた数多く存在するのかもわかりません。しかし、5月なら他の月に比べてマシなのかもわかりませんね。ミサイルだけの戦闘で終わるとは思えません。陸軍歩兵の登場があって、戦闘らしい戦闘になるのではありませんか?

 昭和25年の時も誰も予想もしない形でそれが始まったそうだ。始まって2日後にソウルは陥落している。橋を燃やして逃げたという話が韓国軍の総てを表しています。

 北朝鮮の指導者は狂人ではないかと思われている。これもまた北朝鮮の軍にとっては有利に働く背景になるような気がしますね。何をするのかわからないという点に於いて・・・。

 前回と違うのはロシアは北朝鮮の味方ではないだろうと思う点と、もしかするとメンツの国も義勇軍を出すことがないかもわからないという点ですね。

 規模の小さな戦闘で核兵器の使用をチラつかせるという作戦ですね。
 北朝鮮にしてみれば現実的な行動はこれしかないのではありませんか? 
 10万人もいる特殊部隊の登場ですね。韓国内の都市を制圧して要求するという事になるのかもわかりません。
 問題は兄をも暗殺し、自国政府の高官を100人以上も粛正する狂人の行動にありますね。
 今回のロイターの記事に何かの意図を感じさせるような気がします。ただ、この記事は、北朝鮮の指導者は朴大統領の犯したような馬鹿な間違いはしないと自慢したいだけなのかもわかりません。

投稿: 旗 | 2017年3月12日 (日) 21時41分

北朝鮮のミサイル問題や拉致も含め、日本に居ると限定される事が多く全てのオプションが話されている訳でもないし、様々な選択肢を模索する様な議論は余りされない。政府もメディアも世論が変な方向に行ったり、段階的にそのレベルに達していないと議論として分けて話合う事すら避けている印象がある。つまりは誘導型で少しの反対意見があるのみで限定された中で捏ね繰り回している。良くコップの中を掻き回していると揶揄されるのも似た様な物だろう。日本に制約があるのを理解して話ている場合は良いが限定されているのを分らず、日本が何でも出来ると勘違いしているなら大きな間違いだ。寧ろ日本は独自で出来ない事が多いし他国との協調や干渉が何時も付きまとう。それだけでなく、日本国内からの反政府運動や反与党勢力もあるので簡単にはいかない。拉致問題や北朝鮮のミサイル発射をどうするかを考えると必ずこの壁に行き当たるし出来る事が如何に少なく、無力感が出てしまう。拉致被害者家族が北との交渉や経済制裁解除を申し出た様な事を聞いたが打開する為に苦肉の策なのだろう。米ロ中との関係に於いて日本が出来る事となると更にオプションが狭まるが細かい日本人が隙を見付けられるか手腕が問われるかもしれない。そして防衛から見れば協力しない韓国情勢を考えながらやらないといけないのでより複雑になる。どう解決出来るのか出来ずに混乱必至なのかこれから先に答えが出る事だろう。

投稿: 忍者 | 2017年3月13日 (月) 06時44分

   全人代で見せ掛けの民主主義風な様相を示しているが要は独裁国家が色濃く反映した作り物に過ぎない。その証拠に人権活動家を含め処罰を強化していくとしている。中国人であれば香港や台湾、人権問題や重要で共産党のやり方に反発したり警戒するだろう。日本から見て中国が人民を締め付ける事で中国人が拡散しない、人口移動が日本に無制限に流れて来ないという現実は日本の都合からすると悪い事では無いという逆説に至り何とも複雑な心境だ。在日外国人で一番多いのが中国人で韓国や台湾、フィリピンの人達の数は全然届かない。今でも中国人が多いのだからこれ以上混乱して日本に流れて来たら困るというのが正直な所だ。変な犠牲の上に立つ不思議な全人代である。

投稿: 忍者 | 2017年3月13日 (月) 07時02分

    中国も東シナ海で戦闘機、公船らが宮古沖を通過し模擬訓練らしき物を日本の海域で行った。北朝鮮の同時ミサイル発射と併せて日米側もカールビンソンと自衛隊護衛艦のさみだれとさざなみとの通信連携を含めた訓練をした。日米が東シナ海沖で共同訓練をする事は珍しいが中国に配慮せず、ドンドンやって貰いたい。そうすれば中国公船や潜水艦が来ても情報を提供してくれるだけになるので逆に有り難い。中国最新鋭戦闘機も配備したとの事だが噂では墜落した映像が流れている。どこまで本当か分らないが形状やエンジン排気口を見る限りではF22に及ぶとは言い難い。そしてインドもインドが生産した空母を就航させたがこれも中国への牽制が狙いだ。どの国も中国の海洋進出には警戒を表し、行動に出て来ている。中国がもっと強気に出れば日米はもっと戦力を投入する事になるだろう。勝てない試合はしない事だ。

投稿: 忍者 | 2017年3月13日 (月) 07時20分

   ≪思考が飛躍した先に‥≫
朝日【天皇退位、特例法を民進が容認へhttps://goo.gl/USMZjx 】
情けないことですが、今更、あの民進党がどう考えようが、判断の正否にも、この懸案の行方にも全く関係がない。
‥と云うことで、記事とは全く違う切り口のコメントですが‥w、
天皇陛下のあのお言葉を切っ掛けにして、日本国民の中にある天皇皇后両陛下に対する尊崇や畏敬の念の強さが浮き彫りになった。
その流れで、真正のメディアやジャーナリストが国民に対して繰り返し訴求すれば善いのに!と思う。
即ち、「昭和天皇があることが出来して以降、また今上天皇皇后両陛下がご即位以降、断じて靖国参拝をなさらず誇示しておられる理由は何なのか?」と。
その問いは、引っ繰り返せば、そのまま「安倍Monkey一味を初め多くの国会議員が、大挙してぞろぞろと、靖国に参拝し、参拝せずとも時機に公職名を用いて真榊を奉納するのは何故なのか?」に直結する。それはそのまま、安倍一味の歪みを糾弾する。

その問いは、更に引っ繰り返せば、「石破さんが永らく靖国参拝を忌避しておられるのは、先の“必敗の戦争”に突入した愚行やその後の日本政治の歪んだ部分の歴史をきっちりとそして正しく認識して、矜持を掲げて政治に邁進しておられることに他ならない」ことを訴求できるのに!!(ニッコリ)

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月13日 (月) 09時11分

コメントを途中で投稿してしまい、ごめんなさい😅
これからはTwitterでフォローします🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年3月13日 (月) 11時10分

『私のヤジは良いが、お前のヤジは認めない』
『私のヘイトは良いが、お前のヘイトは認めない』
『私の特定政治家への非難(陰口)は良いが、お前の政治家への直接批判は浅はかで感情的』
『多様な思想心情信仰を認めろ、でもお前の思想心情信仰は絶対に認めない』
『私の権利を認めろ、でも義務や責任、違法行為は大目に見ろ』
『世界基準を知れ、その世界は私が決めるのだ、その世界がその都度変わっても挙げ足を取るな』
『戦争反対、その為なら暴力も辞さない、目を瞑れ』
『原発反対、でも電気料金の値上げはするな停電するな、節電も嫌だ、電力会社が負担しろ』
『PKO反対、でも派遣を決めたのが私だと言う事は隠せ』
『日本死ね、でも私の仲間である事は全力で隠せ、あくまで市民だ』
『市民だ市民だ市民様だ、でも日本人かどうかは問うな』
『A級戦犯?B級?C級?、いつまでもA級の罪が一番深そうにしろ、分祀要求のカードが使えなくなる』
『日本だけでは出来ない、A級戦犯の名誉回復はギリギリ迄伏せておけ、私や仲間の左派、中韓にとって都合が悪くなる』
『日本は寛容性を持て、中韓のサンドバッグになれ、でも米には意見しろ』
『ドイツを見習え、でも補償内容は絶対に出すな』
『地上の楽園…、私がそんな事言いましたっけ?』

こんな奴等が保守を語る。日本会議は批判するが、左派系暴力集団には目を背ける。
保守であろうが、左派革新であろうが、自国に対して『愛国心』がある事が前提の筈。あるのでしょうか?
あくまで『市民』の感想ですけど…。

投稿: 吉法師 | 2017年3月13日 (月) 11時51分

   ≪鉄は熱いうちに打て!≫
菅野完さん【森友学園問題、籠池泰典氏 緊急独占インタビュー動画 https://hbol.jp/133139 平成17年前後、まだ衆院選出馬前の稲田朋美が、籠池氏の弁護士を務めていたことを告白】
⇒おおぉ!取り敢えず、菅野さんには最大限の敬意を表するに足る「大スクープ」ですね。
価値の高い情報が飛び出したが、これでさえ菅野さんが仰るように「籠池インタビュー(編集後でも25分)」の極く一部に過ぎない。この稲田云々自体は全体の中では些末な一片に過ぎない。
「鉄は熱いうちに打て!」、このインタビューを多数回にシリーズ化して、世間にその内容を発信して、一刻も早く、安倍Monkeyとの関わりが暴露されて、安倍を権力の座から引き摺り下ろすことに繋げたいものです。
事柄の性質と、甚大な影響を蒙るであろう集団の特質を考えると、一連の事実を喋る気になった籠池某には少なくとも全てをカメラの前で喋り終えるまでは!! またその発言(告発)を世間に発信することに挑む菅野完さんには末永く!! 生命身体の無事を祈る。

他の大手メディアの似非ジャーナリストらが地団駄踏んで悔しがる無様な姿を想像するだに愉快だ。今からでも、二番煎じの報道でも遅くはないよ。「ことを改めるに、遅過ぎることは決してない」のだ。今暫くは「組織の意向に埋没してれば、生命身体の危険はないから、平和で呑気で好いよね!」と皮肉を吐くのは慎んでおく。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月13日 (月) 12時13分

   ≪経済構造の進化≫
日経:脱石油の解探す旅 サウジ国王https://goo.gl/SMqzkS 】
⇒日本政府が「サウジの投資環境創り」に専念して適切に対応すれば、これは日本経済には20世紀的な技術とビジネスでも、大きなチャンスなんですけどねぇ。サウジは中東の地政学的にも盟主なので、安倍のボス猿が変な気を起こして、嘗ての愚行に懲りもせずに、ISへの対抗心やSyriaの同類国王を念頭に、のこのこと軍事HardPowerビジネスに触手を延ばさなければ好いのですが‥。
経済構造で言えば、プーチンのロシアも地下資源(石油やガスだけに頼ってはいないが)に頼り過ぎている単純構造にある。「Modernization!」の掛け声だけは永く叫ばれているが、軍事産業を除けば、一向に成果が上がっていない。プーチンの発想が19世紀の所為でしょうが。安倍ボス猿の発想も同じレベルだから、「21世紀的な日露関係創り」は進まない。進む道理がない。

まあ、視野を広げて、経済構造の進化と云う重要な切り口で考えてみる。未だに20世紀的なCommodity産業中心の構造から抜け出せない、「先進経済の罠」に気付きもできない日本の為政者や行政は勿論、その主役たる経済人、その総本山である経団連があの無様を曝しているのでは、サウジやロシアに期待されそんなチャンスを与えられるのも時間の問題ですね。数年や十年程度の間ならそんな期待はされても、早晩(Yes or Noの問題ではなく、Whenの問題として)、米国や新興国にその座を奪われるに違いない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月13日 (月) 14時44分

民進党党大会…蓮舫さん

原発0は、2030年代→2030年!→原発0を目指して選挙公約をまとめていく・・・トーンダウン
同じ党でも考え方はそれぞれ、数がなければ法案はとうせないし、数あわせで考えの違うメンバーが集まっても公約が統一出来ない。

投稿: まな | 2017年3月13日 (月) 17時48分

石破先生

お早う御座います!!。
寒暖定まらぬ気温差の激しい日々の中、先生に於かれましては政務に講演に、又週末にも地方講演など多忙な激務をこなされ、大変お疲れ様です。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。

先ほどの週末講演の中で、3月11日に米子にて憲法改正への基調講演をされ、「改正憲法には自衛隊も明記すべき」と述べられたと新聞報道に載っていました。この事は後程拙論を述べさせて頂く所存であります。

さて本日は1、森友学園への国有地不正払下げ疑惑問題、2、北朝鮮のミサイル発射問題、などについて言及致したく存知ます。
1、森友学園疑惑問題について
参議院国会委員会に於いて、激しく野党より追求されているこの問題は参考人招致を求めているにも係わらず、与党議員運営委員長は民間人を理由に、むげに否定しています。しかし森友学園の籠池理事長側、政府側の理財局長の説明など、どちらが真実を隠しているのか?益々不透明な深さの疑惑地獄へ落ち込んでいます。そうしている間に、森友学園が学校開設の申請を取り下げたり、補助を受ける国へ、私学開設申請の為の大阪府へと3通の金額の違う契約書が出された事が判明したりと、益々理解に苦しむ事ばかりです。そして籠池理事長はビデオ会見にて「昭恵夫人への今回の依頼などは何もありません。又、十年前に会っただけと述べられている方が居りますが、2~3年前に会っている事を忘れたのでしょうか?とかげの尻尾切りですよ!、又しつこく迫るなどと言われている方が居りますが、そんな事実はありません。私は電話番号など知りません。」と如何にも総理初め、政府高官との面識がありながら、今回の事案への繋がりを否定しています。しかも、大阪府私学審議会への開校申請認可が拒否となりそうになり、学校開設の申請を自ら取り下げて居ながら、夫婦ともにこやかにメディアの取材に応ずるなど益々不可解であり、疑問が深まるばかりの言動であります。籠池理事長の経歴疑惑など、世の中の眼が少しづつ個人問題へとなる事は、とても納得の行く事ではありません。

余談ながら、この森友学園の一連の流れの報道の中で、稲田はねっ返り防衛大臣は「教育勅語の内容は必ずしも全て悪いと私は思っておりません。」と驚くべき歴史認識不足の発言です。総理大臣、外務大臣と同様防衛大臣の職務は対外的な顔となる事も度々あり、とてもこの職務に値する資質は全くありません。北朝鮮のミサイル発射問題、南スーダンのPKO派遣問題など難問を抱えて居り、早く解任すべきであります。

また本題に戻りますが、安倍総理他、政府高官などへの献金、金銭の授受は不透明ながら、その事実はなくても政権トップからの「口利き」があった事は明白であり、政府高官も金銭的な事が無ければ「口利き」は証明する事は不可能の為、「しらを切っている」としか思えません。その為に政府与党側は参考人招致を拒否しているのだと思わざるを得ないのであります。この問題は「総理案件」として「出来るだけ利便を!」との上層部からの「口利き」がなければ、とてもこの森友学園のこれまでの流れは説明出来ず、国民は到底納得出来る筈がありません。

世論調査によれば(読売)国民の75%が疑惑に納得して居らず、政権与党支持者の69%の人も納得していないと発表されています。因みに、自民党支持層は39%と多く、安倍政権支持層は50%(5%減)ながら、反対に42%が支持政党なしと答えていて、政治に無関心な有権者層が多いい事へも驚くばかりの事です。政治に無関心な国民?政治に諦めの国民?が増えれば、亡国の兆しと言うべきであります。

少し横道に反れましたが、森友学園の開校申請が取り下げられ、近畿財務局が買い戻しを行う事になれば、現状回復が原則ですので、学校建設を終えた森友学園は解体もしなければならず、大変な損失を蒙る事になる訳です。
政権与党は国民の疑惑に応える為にも、証人招致をいち早く実施の上、少しでも早く疑惑解明を行うべきであります。

2、北朝鮮のミサイル発射問題
先般北朝鮮より、日本海の秋田県側の排他的経済水域へ固形燃料によるミサイルが3発も同時に打ち込まれました。
勿論いつもと同様、わが国日本へは事前通告は全くありませんでした。わが国は危険極まりない行為であるとして即抗議を行い、国連へも通告しました。
北朝鮮は韓国と米軍のTAAD配備の米韓合同演習へ抗議する為であり、在日米軍基地と施設を狙うものであると発表しました。同時に3発が発射される光景が何度もテレビ映像によって映されましたが、背筋がぞっとするほどのリアルな恐怖感を覚えました。今のわが国日本へ向けて同時発射されれば、とても防げないであろうとこの時は確信致しました。

北朝鮮のミサイル開発と発射実験については、かなり以前小生は北朝鮮は6ヶ国協議ではなく、アメリカと単独協議を望んでいてその理由は、アメリカの北朝鮮への軍事侵攻からの恐怖の為であり、軍事侵攻はないとの先ずアメリカから言質を取る為であると論じました。アメリカオバマ政権は過去に大幅な譲歩をしましたが、裏切られ、その後絶対単独協議へは応じませんでした。そして小生が当時論じた事には、中国が北朝鮮への6ヵ国協議へ応ずるようもう少し働きかけるよう、アメリカを中心に説得するべきであると述べました。そしてその後何も働きかけは無く、その間に北朝鮮はミサイル開発と核保有が自国の安全を守る為であるとして、研究と試験発射を続け、現在に至ったのです。トランプ新大統領はこの事にオバマ前政権が何もせず、不作為によるせいであると強く非難しています。

そして問題であるのは、トランプ新大統領は「強いアメリカ」を政策に掲げて居り、今回の北朝鮮の標的が在日米軍基地を叩く目的と分かれば、アメリカ、韓国、日本と連携の上、北朝鮮への軍事侵攻も視野へ入れるのではないか?との強い懸念が現実味を帯びて来た事なのです。そのような事態となれば、わが国日本は先年の安保改定もあり、集団的自衛権の発動を迫られれば否応なく応ずる事になるのでは?と強く不安を抱く者です。その為、わが国日本が早急に手を打つ事は、中国、ロシアとも連携の上、アメリカトランプ大統領の暴走にブレーキを掛けるべく方策を採る事です。それ故、ロシアはともかく、もう少し中国との協調路線も探るべきなのです。当然の条件として、北朝鮮からの不測の事態に備え、吾が国の日本海沿岸にアメリカの原子力空母、更に核ミサイル搭載の原子力潜水艦の警戒配備も要請すべきです。吾が国には点在する在日米軍基地のみならず、40数基も原発があり、これを標的にされれば眼も当てられない惨状となります。何れにしましても、隣国韓国があのような政情不安であれば、日、米、韓三国のみによる連携は困難であり、朝鮮半島は厳しい緊張の中にあって、わが国は各国に自制を促す事に全神経を注ぐべきであります。
このような情勢であるが故に、稲田はねっ返り防衛大臣では心許なく、解任の上出来れば未だ中谷議員などが良いのではとも思います。

さて少し長くなりましたが、当初述べました憲法改正についてであります。
自民党の憲法改正草案は谷垣総裁の時に作られ、当時谷垣総裁も「これはまだ叩き台であり、最終草案ではありません」と述べていました。小生も現憲法をそのままと言う事ではなく、時代に即して加憲によって改正すべきであるとの意見を持っています。
しかしながら、現憲法の掲げる戦争放棄と平和主義は絶対維持しながら、第9条の②項を書き換え自衛隊を明記します。
①但し、わが国の独立と尊厳を守る為、他国より領土・領空・領海、国民の身体・生命・財産が侵害される場合は、これ等を守る為の自衛隊の戦力はこれを有する。
②海外への自衛隊の派遣は国連安保理決議があった場合のみとし、国会決議に依るとする。
などであります。少し長くなりました事はご容赦下さいますよう、お願い申し上げます。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年3月13日 (月) 18時02分

教育勅語により道義立国を目指す。中身は省くが唯物史観の共産左翼思想からすればモラルは悪者であり、ぶち壊す対象だ。勅語とは陛下の御言葉であり、左翼からすれば破壊するに相応しい。共産革命に於いては常に権威となる物を破壊するのが常で親を裏切り、家族制だけでなく、社会のあらゆる仕組みを破壊し作り直そうとする。伝統から王族迄何でも壊し、共産思想と入れ替えを目論むのだ。戦後彼らは皇太子に向かって税金泥棒と罵り、国民と平等という名目の元に権威失墜を狙った。小沢が習に慣習を破り無理やり会わせたのも権威や慣習を毀損する為だ。彼らは様々な形で天皇制のみならず、地位を貶めようと画策する。正直に言えば、皇室典範改正も権威失墜や外来勢力をどう入れ込むか画策していると思っている。だから彼らの言う事は信用出来ない。あの手この手で日本のみならず、天皇制を破壊したくて仕方がない奴らなのだ。国民も賢くないと奴らに騙される。森友学園は問題にしても朝鮮学校は税金を入れろと国会で言う程、矛盾を犯しても何の反省も無いし、北の総書記を讃えるのは許すが天皇陛下の言葉は駄目だとするとあちらの人間としか思えない。

投稿: 忍者 | 2017年3月13日 (月) 22時51分

森友学園が日本国内の平和に関係ない、とは私は思いません。私は大阪市内に住む、小学生の子を持つ者です。昨年あたりから公立校でも右傾化を感じます。わが家は夫婦とも札幌出身の転勤族で東京・名古屋と住みました。現在の大阪の小学校で子どもが「北海道出身だよ」と言ったところ、「アイヌ人か?」と聞かれたそうです。わが家では国籍や人種など気にせず友達付き合いする様に育ててきました。(もちろん文化や民俗的風習の違いは認識しています。)ただ、個人の人格とは関係無しにいきなりその様な質問をしてくる意図は何だろう、そして自然と子供にそうさせてしまう社会の風潮とは、と、只ならぬ閉塞感と圧力を感じずにはいられません。

投稿: 山田 | 2017年3月14日 (火) 00時41分

【欧州の大統領選挙と言えば直近にあるのがフランスの大統領選挙である】

 何かと大変な欧州にあって支持率が5%のオランド大統領の後継を決める選挙である。仏蘭西の政界は何が問題になっているのかと言えば政治腐敗なのだそうだ。ロイターに記事があった。
 『政治腐敗はフランスでは珍しくない。そして、政治というゲームの勝者、あるいはそれに近い立場にある政治家であれば、法的な処罰を受けないことも日常茶飯事だ。
 だが、2017年の仏大統領選挙は、長年にわたり税金を個人や政党のために流用するという、半ば貴族主義的ともいえる国民軽視に対して、画期的な反乱を引き起こす契機となるかもしれない。』

 それが大きな問題になっているのには訳があると、この記事は述べている。そして具体例を挙げながら、政治家の姿勢を問題にしている。
 有力候補の一人フランソワ・フィヨン氏は妻を多年にわたり議員秘書として雇用していたが、勤務実態はほとんどなかった模様だと週刊誌にすっぱ抜かれ多年にわたる議員秘書としての給与を不正に受け取っていたと指摘された。続けて、その容疑はフィヨン氏の子ども2人も巻き込み、家族に支払われたとみられる給与金額は総額100万ユーロ(1億2000万円)近くに膨らんだ。
 
悪しき政治腐敗はジスカールデスタン時代までさかのぼることができるのだそうだ。
 伝統のある話なのだと強調しているのだと思いますね。ジスカールデスタン氏は、中央アフリカ共和国大統領から高額のダイヤモンドを贈られていたことを黙っていたことがあったらしい。しかし、メデアがそれを暴き、ジスカールデスタン氏はそのダイヤモンドを売却して得た金を全額慈善団体に寄付することになったという話がある。
 相撲が大好きな大統領で我が国では特に有名なジャック・シラク大統領にもカネにまつわる話があって、彼は公金を横領した疑いがかけられたそうである。大統領になる前のパリ市長時代の話であるそうだ。裁判で負けて執行猶予付きの判決が下りたそうである。政治家にまつわる金に絡んだ腐敗は絶つことができないとロイターの記事は書いていますね。そして、こういうスキャンダルを追い求めるように探し回るのが仏蘭西のメデアなのだそうだ。メデアと政治家の戦いも国によって異なるのが面白い。我が国は政治家個人に焦点を充てているものもあるが全体を見れば基本的スタンスは『反日』なんですね。米国は個人攻撃だけです。仏蘭西は政治腐敗の摘発なんですな。

 基本は煽るという事に於いて同じなんです。『反日』では最近売れ行きが悪いと思うのですが、彼等は倒産覚悟でやっているようだ。まあどうでもいいことです。

 政治腐敗との戦いは読者に受けると思いますね。シナ帝国から見れば規模が小さい話だと思います。最初に書いた有力候補の一人は、非難をものともせず選挙運動から降りていません。こういう心臓の強さが支持を集めることになるのかもわかりませんね。
 テロとの戦いの他に政治腐敗との戦いがある。そして、最有力候補になってしまったマリーヌ・ルペン氏が、仮に大統領になれば今度はEUとの戦いが始まりますね。

 大変なことです。

 

投稿: 旗 | 2017年3月14日 (火) 02時33分

英語できないのに首相になったら恥かきますよー

投稿: o | 2017年3月14日 (火) 07時00分

   ≪邪魔とは“邪な悪魔”だw≫
予て秀逸な書き込みをされている方のコメントに、引用【「改正憲法には自衛隊も明記すべき」と述べられたと新聞報道に載っていました】とありました。
素人の私が仕掛けた網には掛らない情報ですが‥などという些末なことは然て措いてw、石破さんのこのご発言を大歓迎致します!!
それが行われてこそ、「“改正”憲法」を名乗るに相応しい。

愚見の繰り返しですが、「自衛隊を憲法に明記すること」、即ち、国家国民のために生命も投げ出す覚悟を固めて行動する彼ら自衛隊員に、「憲法上に居場所を室礼えること」は、彼らに命令を下す立場の政治家として当たり前の礼儀です。一旦緩急あった場合にカネでご遺族の頭を撫でるなどという発想が姑息に過ぎる。なにかの記念日に、壇上に立ち、行進する自衛隊員を閲兵し、祝辞や謝辞を口走っても、そんなものは聴く者の耳には入らないし、心に届く道理がない。それが、人には当たり前の「お天道様の道理」ですからね。猿一味にはその道理が解らない‥と云うレベルを超えて、そんな道理が邪魔に相違ない。そんな邪で歪んだ悪魔の思考が、威勢が好いだけの「国防軍」なんて言葉をあの憲法“改悪”草案に書き込ませたのだと思う。
今話題の或るフリージャーナリストの数か月前の言、「あの憲法草案の文字や書式などのPCシステムが、日本会議のシステムと同じだ」の真偽は分らないが、全く箸にも棒にも掛からないとも思えない(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月14日 (火) 11時11分

   ≪スペシャリストvsジェネラリスト≫
岩本沙弓さん【トランプ政権が掲げる「国境税」とは何か 】
岩本さんはいつも真面目で卓越した金融財政経済論をものされる方なので、雑駁な私には議論を混ぜっ返すことしかできないのですが‥、これもスペシャリストに対するジェネラリストの宿命かw。
前編:https://goo.gl/A64Hvh
消費税は、その名前の通り「消費に課ける税」ですからね。消費税を名乗りつつ、国内消費と輸出との均衡を図るには、日本が「輸出先国内での消費に課税する権限」を獲得すれば足りる(ニッコリ)。まあ、机上の空論ですけど‥w。狭義の付加価値税に制度設計を遣り直しますか‥。いずれにせよ、安倍Monkeyの「右寄りのお頭」、かつ「経済無知に無知なお頭」ではなにもできませんね。
後編:https://goo.gl/7xs6FO
岩本さんの論点からやゝ外れるのですが(やゝ?今更?w)‥、限られた頭数の政治家や官僚が支配する“財布=国庫”に、国民の税金を集中して(ちゅうちゅう吸い上げられてw)、再配分によって国民生活の均衡を図ると云う発想が、既に根底から崩れている気がする。国庫に入る税金は、国防や警察や最低限の社会保障など最小限の分野に抑えるのが善いと思う。
代わりに、適正な所得分配は、多数の経済人や生活者の手に委ねて、現に経済活動や生活の現場で行われている「当初配分(宮本太郎さん)」を是正し進化を推し進める。それは同時に「労働価値のFairTrade」を推進することにも繋がる。まあ、経済の現場での「労働価値の適正評価や適正配分」が課題になるが、政治屋や官僚の遣りたい放題に任せている現状よりは余程にマシではないか?(ニッコリ)
国庫の財布を小さくすると、膨大な政府債務の解消、即ち財政危機からの脱出シナリオが非現実性を増すので‥今の日本では無理ですが‥。とほほのほです。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月14日 (火) 11時12分

   ≪連想ゲームw≫
日経【稲田、出廷否定せず 森友民事訴訟 https://goo.gl/wV2qZD 】
石破さん似の稀勢の里が横綱になって頑張っている所為だけではないのですがw、大相撲が迫力満点で面白いですねえ。
八百長騒ぎに巻き込まれていた時機の大相撲とは別物のようです。
その連想で‥、迫力と言えば、都議会の百条委員会での証人尋問も証言も、緊張感が漲っていて迫力たっぷりでした。まあ、証人を尋問するには、日頃の弛みを白状した議員もいましたが‥。彼らはあの場を檜舞台だと錯覚したのかも知れませんが、今年の選挙ではお白州に座る破目に遭わせたいものです(ニッコリ)。
その連想で‥日本の国権の最高機関の情けない現状を考えると‥、安倍のボス猿や稲田の下女猿らが、「息を吐くように嘘を吐き続けても」、一切お咎めがない場に狎り下がっている。そんな今の国会を、常時、百条委員会や百条本会議の場、要は「百条国会」にしたいものです。然すれば、選挙目当てに吐かれる「常在戦場」と云う言葉が、立候補するにも国会議員に成っても、「尊い訓え」になるに違いない。国会の品質の浄化に繋がるかも知れません。
質問側は「下手に尋問に立ったら酷い目に遭わされる」(微笑)
答弁側は、「下手に閣僚になったりしたら命取りになる」(嗤)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月14日 (火) 12時04分

森友学園・・・

平地に戻して返却だから、いまさらですが。
土をふるいにかけていましたね。
学校にはかなり駐車場がありますよねぇ・・・
ふるいにかけた土は運び出さなくても駐車場部分に埋め戻してアスファルトにすればいいんじゃ・・・別に有害物質じゃないらしいし・・・
校舎の下は強度の関係で地盤改良したとか、
グランドとか土が出ているところは、土の入れ換えが必要だけど、アスファルトやコンクリートの下になる所は、ふるいにかけて、埋め戻してもいいのでは・・・
志はわかるような気もしますが、行き過ぎのほうが目立つ・・・中国韓国の反日映像を苦々しく思っても、同じようにしたら駄目って事が、よーくわかった事件です。

投稿: まな | 2017年3月15日 (水) 00時40分

【東芝の失敗】

 東芝が、なんで大変な事態になっているのかについて、ようやく私のようなレベルの人間でも解る時がやって来た。時計の針を2006年まで1度戻して、2011年の大震災で起きたことを見直せば、東芝の犯した失策の原因が見えてきますね。原子力事業は右肩上がりのまま続くものではなかったのだ。あの震災の教訓が7000億円の負債になったと見れば2006年でウエスチングハウス社を買い取るときに投じた6400億円が、失敗であったと2011年には気がつく。それを隠蔽して6年経過したというのが実情ではないのか?
 経営者の判断ミスというには実に恐ろしい時間の流れがそこにある。2011年に大地震が発生していなければ優良企業のままの東芝が今もあったと云えるのかもわかりませんね。
 世界の原子力政策を一変させる破壊力があの地震にあったのだ。地震後の6年間のどの時期にそれに気が付いていたのか知りたいものだ。

 6400億円もかけてウエスチングハウス社を購入しなかった他の原発企業は安泰なのである。ただあの地震以降は原発のコストの問題に悩まされ続けることは解っている。廃炉のことまで考えなければならなくなったからだ。それまでも廃炉のことは考えた予算があったが、そんなものが簡単に吹き飛ぶほどの安全な形での廃炉を考えねばならなくなったという意味である。原子力発電事業はこれまで以上に莫大なコストが発生する事業になってしまった。
 東芝は原子力事業についてはGE等と比べれば駆け出しのレベルにあったと思われる。ウエスチング社を買い取った目的にこの事業を強化させる狙いもあったと思われますね。
 6400億円の買い物をしたという意識は重いものがある。なかなか、簡単には捨てられないものだ。
 しかし、あの地震のおかげで業界の風向きが大きく変わった。子会社が負債を膨らませていた原因は知りませんが、原子力発電所は落ち目の産業になる兆しがあったという事ではないのか?
 廃炉のコスト高が目に見える一番の影響だと思いますが人々の意識からこれは危険だという認定が大きくなれば、考え方にも影響があると思いますね。

 メモリーとかを作っている部門は何も悪いことしていないのに失業の事態を迎える。こんなバカな話はありません。
 2006年当時の経営責任者は何一つ悪いことがなかったのかと問えば、難しい話ですが、あのような地震に耐える原発を業界として考えておかねばならなかったという事は云えそうです。
 如何なる状態であろうが冷却用の予備電源は1秒たりとも停止させることがない。本当にただこれだけでも守られていたら、状況は大きく変わっていたのではないですか?

 どのような状態に陥っても不安を感じさせない設備でなければならなかったわけです。
 それは地震が起きる前にも考えられていたと思いますが甘かったと言う事ですね。

 東芝はそのために滅ぶのではないですか。

 残念な話です。

投稿: 旗 | 2017年3月15日 (水) 03時57分

石破さん、おはようございます
稲田防衛大臣、とんでもない人物ですね。ちょっと油断してると、とんでもないことになりそうですね。安倍総理の言いなりです。安倍総理の喜ぶことなら何でも言う、やるという感じです。 安倍総理、トップダウンで防衛をやろうとしているんでしょうか?防衛大臣はそんなに簡単なものではありません。自衛隊が5月で南スーダン撤退を決めました。撤退するときは、非常に気をつけなければなりません。撤退するときというのは、実際3倍の勢力がいるとききます。後ろから攻められたら、ひとたまりもありません。慎重の上に慎重な行動が必要です。稲田さんはくせ者ですね。防衛大臣は、首相が命令しても、やるべきでないことは断れる人でなければいけません。国民の生命を守るという意識のある方でないといけません。

投稿: オカメザクラ | 2017年3月15日 (水) 05時09分

▅▀▅▀原子力潜水艦保有▀▅▀▅
対弾道ミサイル用陸上配備型イージスシステムを設置し
ても、それらは対潜水艦用ではないので、北鮮のSLBM実
用化が現実味を帯びている今、潜水艦対策の重要性が増
しています。その最有力な策が原子力潜水艦保有で、最
低4隻必要のようです。しかし、完全仕様のものはアメリ
カからの供与はほぼ不可能で、自主開発には時間がかか
りすぎます。そこで、発電部分に東芝の液体ナトリウム
を冷却材とする新型小型炉4Sのようなものを利用する、
通常動力の電池潜水艦が、コストと開発期間に関し有望
です。

4Sは、簡単に緊急停止でき、装填されている核燃料が少
量で、安全基準の目安の敷地境界距離が半径20メートル
のようで、安全性が高いそうです。

投稿: 観測者 | 2017年3月15日 (水) 18時12分

 列車名で投稿している中年鉄道ファンです。
 3月6日に北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、射程を1000km(西日本が入る)に延長したスカッドER(Extended Range)と見られるそうですね。軍事ジャーナリストの小川和久さんによれば、岩国・佐世保在日米軍基地を標的としたとか。
このような弾道ミサイルが、石破さんの言うロフテッド軌道を取るならば、現在のSM-3やPAC3での迎撃が困難になるため、今年度の防衛関連予算の弾道ミサイル対応関連経費1872億円(概算要求ベース)のうち、BMD用能力向上型迎撃ミサイル(SM-3ブロックⅡA)の共同開発・取得、能力向上型迎撃ミサイル(PAC-3MSE)の導入経費などが盛り込まれている・・という理解でよろしいでしょうか?
このほか、今年度の防衛予算は、グローバルホーク、V-22、F-35A、AAV7などの新装備の取得でも注目され、私としては本来このあたりの議論を聞きたいところですが、現在の国会はそれどころではないようです。自民党安全保障調査会顧問の石破さんとしてはどのような見解をお持ちでしょうか。

投稿: 特急宗谷 | 2017年3月15日 (水) 19時36分

【トランプ大統領が空母が好きな件についてロイターは警告をしているようだ】

 3月15日付けの特別レポートと言う記事にその詳細を見ることができる。
3月9日に出した記事をもとに説明がされています。
『[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は2日、国防支出の増額計画を自画自賛する演説の舞台として、建造に130億ドル(約1兆5000億円)を費やした米海軍の最新鋭航空母艦「ジェラルド・R・フォード」の甲板を選んだ。
 トランプ大統領は、史上最も高額な軍艦となる最新世代の「フォード級空母」が、今後も米軍事力の海外投入における主役だと述べた。「近い将来、これをもっと増やしていく」。トランプ大統領は熱心に聞き入る海軍将兵らにそう語り、最新型の空母は非常に大型で堅牢に作られているため、どんな攻撃にも耐えると断言した。』

 この認識が時代遅れになりつつあることは空母が潜水艦からの攻撃やミサイルからの攻撃に弱いという実態を演習などで知っている人々の間では危険な認識ではないかと思われていますね。ロイターもその点を中心に記事を進めています。

 『2015年にフロリダ沖で行なわれた戦闘演習で、フランスの小型原子力潜水艦「サフィール」が、幾重もの防御網をすり抜け、米空母「セオドア・ルーズベルト」及び護衛艦艇の半数を「撃沈」した。他の海軍演習でも、ディーゼル電気推進の旧式潜水艦でさえ空母に勝利している。
 1980年代初頭以来、現実の戦闘をシミュレートすることを意図した、いわゆる「フリープレー(無制限)」の軍事演習において、米国や英国の空母は少なくとも14回は撃沈している、と複数のシンクタンクや、各国海軍、メディア報道は指摘する。米海軍は演習の報告書を機密指定しているため、正確な合計は不明だ。』
『防衛アナリストで韓国の慶煕大学教授でもあるロジャー・トンプソン氏は、中国、ロシア、イランを含む米国の仮想敵国が近年開発している強力な対艦兵器群により、空母の脆弱性は高まっているという。こうした新たな兵器としては、中国の「東風21」のような地上配備型の対艦弾道ミサイルなどがある。射程距離は1100マイル(1770キロ)、音速の10倍で飛行するとされている。またロシアと中国の一部の潜水艦は、遠方から精密誘導巡航ミサイルを一斉発射することができ、空母艦隊の対ミサイル防衛網を圧倒する可能性がある。』
『2015年、ランド・コーポレーションによる報告書「米国水上艦艇に対する中国の脅威」では、武力衝突が発生した場合、「米軍の空母にとってのリスクは大きく、それは増大しつつある」と結論づけた。

「一片の疑いもなく、空母は単なる標的にすぎない」。1966年から1986年まで米国防長官の下で働き、国防アナリストとして米軍の兵器調達について批判的なピエール・スプレー氏はそう断言する。』

 これに対する反論のような空母擁護論も採り上げていますが建造費の高騰化を前にしては説得力も大したものではありません。しかも、トランプ大統領が演説をしたジェラルド・R・フォードには欠陥があって3年以上前に進水させながらその欠陥のために、未だに就航させることがないので、実戦配備の計画もないのだそうだ。韓国がドイツから購入した潜水艦を分解して再組み立てに失敗したと噂される潜水艦の博物館と用途に於いては同じ扱いである。それをもう一隻作ると言う事であれば役に立たない超高額の空母を量産するのかという誤解を受けそうでもある。

 前任の海軍長官も、この件については率直な感想を述べていますね。
 『1月に退任したレイ・メイバス前海軍長官は、「ジェラルド・R・フォード」について、「このように艦艇を建造するなという典型例だ」とロイターとのインタビューで語った。「失敗するかもしれない要素がすべて失敗している」』
 同じ間違いが続いてほしくないという意味だろう。ハイテク装備に欠陥があるという事のようである。
この高額空母の存在は
『空母1隻の建造費用で、仮想敵国は空母攻撃用の対艦ミサイルを1227発配備できるという。』という事も考えなければならない問題ではないかという指摘もある。これは、『「同額の投資で、敵国はわが国の空母よりもはるかに多数のミサイルを製造可能で、それによってこちらの防御能力を圧倒できる」』単純に見ればそういう事になる。

 空母にとってやはり天敵の様な脅威と言えば潜水艦が搭載する魚雷である。

『最も近代的な魚雷は、艦艇を直撃することを目的としていない。その代わりに、敵艦の直下で爆発するようプログラムされている。これによって海中に気泡が生じ、敵艦が宙に浮いて海面に落下し、艦体が破壊される。
  過去数十年、近代的な魚雷に対する効果的な防衛方法を海軍が開発していないという批判もある。国防総省の運用試験評価室による2016年の報告では、最近海軍が大きな進歩を遂げたものの、システムには依然として重大な欠陥があると述べている。』
『・・・・世界全体では、230隻以上のディーゼル潜水艦が使用されている。中国は83隻、ロシアは19隻を保有している。』

 空母に期待するのは愚かなことではないかと警告する記事になっていますね。
 まあ、私などはジェラルド・R・フォードが、何の役にも立っていないことに驚いたのですが、トランプ大統領の関心がそっちに行かなかったのは意外ですね。
  ろくでなしの空母ですね。驚きました。

 それはともかく、高額な金を使って作った空母が最貧国の北朝鮮ですら持っているとされるようなディーゼル潜水艦の1発の魚雷に撃沈されるという事になれば最悪ですね。これ以上の最悪はあるのか悩みますよ。そのような事態だけは避けてほしいものです。

投稿: 旗 | 2017年3月16日 (木) 05時22分

    ≪言葉が汚くて済みません、ぺこり 2題≫
①チャンネル桜【椿原泰夫 https://youtu.be/SKCP-tmbmWY 】
反吐を抑え、怒りも抑え、目を瞑り、耳を塞いでも…見聞きするべきYouTubeです。
これはH22(2010)/11/4の動画です。時機的には自民党が野に下り、石破さんが自民党政調会長を退任(9月)の直後、12月の総裁選に向けて安倍Monkeyが下水の泥に塗れて、高村(?)以下の細田菅高市稲田山谷有村丸川下村世耕加藤萩生田礒崎衛藤百田櫻井日本会議神社本庁など安倍一味のドブ鼠が、悪企みを仕込んでいた時期ですね。
この老人は暗い下水溝の泥から這い出した罔い右翼。安倍Monkey一味に解き放たれたドブ鼠。今話題の稲田下女猿の親父です。
右翼チャンネル桜の主宰水島某は「この親ありあの子ありの‥」と紹介したが、健全な市民の感覚では、一般世間に登場した時系列を加味すれば、「あの下女猿にこそこのドブ鼠」と言うべきですね。

②毎日【森友学園の園児虐待:保護者ら大阪府に調査・指導申し入れ https://goo.gl/FCsxRt 】
まあ、ご両親のお気持ちは十二分に解るし、蔑ろにできる道理はないが‥それはそれ。籠池個人やあの愚妻の騒動は、健全な市民の調査活動とTVバラエティ番組の「社会的制裁」に任せておけばよい。大阪府行政の懲罰や制裁が、この切り口でも、日本維新の会の新旧知事にも及べば尚善し。
他方で、国家として、また国民としては、この森友学園事件で厳しく糾弾し、矯すべきは、国家の政治と行政の歪みだ、キッパリ!
政治で言えば、アッキー事件は本番前の下手な前座に過ぎず、維新の会議員や稲田下女猿も標的だが、討つべき本能寺の敵は安倍ボス猿だ。国民は、決して、間違ってはいけない。問題を矮小化され、脇道に誘導されてもいけない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月16日 (木) 14時20分

   ≪政治的“強姦”事件≫
朝日【辺野古移設、沖縄県が新たな訴訟へ 国の判断へ対抗 https://goo.gl/4kyXHP 国は「岩礁破砕許可は不要」と判断。翁長知事は「長年の水産庁の見解が‥恣意的に変更された」と批判】
⇒国と地方の政治同士が裁判沙汰に塗れること自体、異常ですね。
私は大学での時間配分(w)では、主として水上の体育会系科目を学び、課外で屋内で法律を学んだのですが(ニッコリ)、法科の最大の学びは、皮肉なことに【裁判で問題解決を期待するのは、最も愚かなことだ】でした(哀笑)。その理由は【法律や裁判は、“問題が解決された”と錯覚させる国家システム】だからだそうです。
まあ、然し、現実には、一方の当事者が愚か者であり歪み者であれば、裁判に解決を求めざるを得ないと云う現実がありますけどね。
それ故に、その「愚かであり歪み者」とは“一切の接触を断つ”ことが肝心なのだと。稲田の下女猿は、ここ数日の間、その貴重な訓えを痛感しているに違いない。その訓えは、愚見の「誰>>>何」を支える基盤になっている(微笑)。
より大きな土俵に立っているべき国政の政治家(政治屋?)が小さな土俵に立つしか能がないから‥、その程度の小さな資質しかないから‥、石原愚父のように既定の路線しかない(この道しかない!)と思い込み、「経世済民の政治」の価値を貶めているのだと思いますけどね。
そんな小さな資質や能力しかない政治屋が如何に「丁寧な説明」を尽くしても、相手の納得を得られる道理がない。問題が解決される道理もない。中央の強大な政治権力を乱暴に振り回して、地方の自治や民主主義を“強姦”して屈服させているに過ぎない。
要は、安倍政治は、此処でも「弱い者虐め」です。キッパリ!

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月16日 (木) 14時21分

空母が役立たずと言われているにも関わらず、米中は空母建設合戦に興じている。露は空母建設競争に負け、財政難が冷戦を終わらしたと言われているがこの競争は資金が尽きた方が負けるのは分っているのに頭に血が上り、止められず、引けないのである。中国も露の様に空母を作らずに来たが大国病という病に冒されてから空母が欲しくて仕方が無くなった。そしてインドや米国でも空母を建設するとなると余計対抗意識も煽られる事になる。本気で戦争をするなら最新鋭潜水艦と対艦ミサイルの方が余程安くつくが世界に力を誇示したいという欲求の方が上回り、空母建設に走るのだろう。とは言え、日米はずっと防衛費を減らしてきた所で増額に転じているので未だマシであるが中国は防衛費を増やす一方で経済破綻も国内問題を抑える為にも空母が優先順位的に高いとは思えないがその計算が出来ない程、熱に浮かされている。全人代でも反対意見を全く許さない姿勢を示したが冷静な計算の元に国を運営しているとは言い難い。歴史は繰り返すのか中国共産党だけが例外となり得るのか、日本は冷静に北や中国を見ながら浮かれない事だ。

投稿: 忍者 | 2017年3月16日 (木) 14時46分

北朝鮮の核ミサイルが飛んできても、すべて無能にしてしまう防衛システムが今の日本には確立されていないのでしょうか、レールガンのような低コストで、核ミサイルが飛んできてもすべて撃ち落としてしまう、そんな防衛システムの開発を国民は望んでいます。

投稿: 野ケ山悦郎 | 2017年3月16日 (木) 16時58分

【突然の成り行き任せで証人喚問】

 これには驚いた。何が何だかわからないというのが感想である。読売に記事があった。

『自民、民進両党は16日夜、学校法人「森友学園」の理事長を退任する意向を表明した籠池泰典氏について、23日に衆参両院の予算委員会で証人喚問する方針で一致した。』

 喚問する側の人選が問題になるような気がする。自慢話しかしたことがない人を出すと時間の無駄である。それによって、政権の今後が決まると思う。しかし、こういう事態にまでになるとは予想もつかないことが起きる政治の世界の習いとは言え、予想もつかない結果が待っているような気がしますね。

 小学校の名前に政治家の名をしつこく要求していた事実があるので、その要求の意味を考えると、金の動きと矛盾はしませんね。

 容疑だけならなんとでも云えるわけですが、喚問する人選を間違う事がないようにしないと、国民からバカにされますね。説教を始めるような人と自慢話を始める人だけはだめですね。23日に開催という事は余裕がありませんね。具体的な証拠資料とか集める時間が無いような気がしますね。今あるホラ話だけで喚問ができるのだろうか?

  野党にあるのは功名心だけなので心配ですね。真実を追求するのが目的ではありません。でっち上げの様な話をさせない事ですね。与党にもそれができるのかどうか疑問ですね。なんか失敗するような気がします。

 大変なことです。

投稿: 旗 | 2017年3月17日 (金) 01時27分

こんにちは。

最近のいわゆる森友の問題について。

これ、冤罪ですよね?
せいぜいが手続きのミスではないでしょうか。

テレビの報道や一部のネットの議論を見ていて、冤罪ってこう生まれるのか、こうやって無実の人が追い込まれて行くのかと背筋が寒くなる思いでいます。

先日は公党の党首が根拠も無く加計学園の実名を出し、まるで犯罪行為があったのごとく詰問していました。安倍総理が激怒していましたが、当然のことと感じました。

この活動の中心にいるのは無責任な一部の野党です。また、マスコミも無責任に煽っています。残念ながら、一部のネット世論も同調しています。

しかし、このような無実の人を陥れるようなことを許してはなりません。

自民党は絶対に無責任に事態を煽った野党とマスコミに責任を取らせてください

石破先生は安倍政権とは距離を置いておられますが、不正は許ささない方だと感じていますのでコメントさせていただきました。

乱文失礼いたしました

投稿: mt3edc4rfv | 2017年3月17日 (金) 08時16分

    ≪焼き(夜気w)が廻る≫
毎日【森友:昭恵が百万円の寄付否定 https://goo.gl/ScQeMn 】
毎日などは、菅の嘘(でなければ過剰な誤訳)を真に受けてなんの留保もなく「寄付否定」と報じているが、奇妙な話です。
現金受渡し云々の時期は15年9月、即ち、多寡が一年半前のことですよ。痴呆症なら知らず、記憶にない訳がない。然も、ことは端下金ではなく、百万円と云う金額だ。巨額とは言わないが‥、気安く、領収書も貰わずに、手土産に渡す金額ではない。
昭恵のその愚かな弁明は、中途半端であり言い逃れに過ぎまい。己の言動を否定したことにはならない。否定するなら、「渡していない、キッパリ!」と言う筈だ。
「重責を担う公人」と「ちゃらちゃらできる私人」との間にきっちりとした区別を付けないから、こんな処でも襤褸を出すのですよ。
伝聞の形で世間に公式に発表した菅下僕猿のお頭も、そろそろ焼き(夜気w)が廻って来たのなら、衆院解散して、ゆっくり寝れば好い。永田町文学の上手からも、「泥水」が漏れ始めているのか?

投稿: 小倉摯門 | 2017年3月17日 (金) 13時12分

世界平和の為に『世界団結祭』をやってくれると嬉しいです。あくまでもお祭りで順位を決めたりしない!※言葉が違えども各国の代表が踊り、歌声、音楽を披露する祭典!実現すればオリンピックとは違うお祭りになり、世界平和に近付くかも知れません。各国の歌は字幕で表示します。人と人とを繋げる心の祭典です!※あくまでも個人的な案です。頑張れ、日本、北朝鮮、アメリカ合衆国、全世界、世界平和。

投稿: 杉田邦晃 | 2017年4月14日 (金) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/64996568

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ミサイル発射など:

« 水産講演、ユニバーサル社会形成推進法など | トップページ | イシバチャンネル第七十三弾 »