« イシバチャンネル第七十四弾 | トップページ | 言論の自由など »

2017年4月21日 (金)

引き続き朝鮮半島情勢など

 石破 茂 です。
 半島情勢が緊迫しつつあるため、このテーマでのテレビ出演が増えています。毎回違う話も出来ないので、番組ごとに少しずつ表現を変えているのですが、安全保障問題を少しでもわかりやすく話すのはなかなか難しいものです。
 米国の発するメッセージは、北朝鮮に向けてというより、北朝鮮を緩衝地帯として維持しておきたい中国に対して向けられたものであることは言うまでもありません。
 北朝鮮が戦闘状態になれば、中朝同盟の一方の当事国である中国は関わり合いを持たざるを得ないでしょうし、北朝鮮難民が大量に流入して朝鮮民族独立行動などを起こされてはたまらない。北朝鮮崩壊後、米国の影響下にある統一朝鮮が誕生し、それと直接国境を接する事態になるのも避けたい。そのような思惑で中国が北朝鮮を支えている間に、時間は北朝鮮に有利に働き、とうとう事態はここまで来てしまったのだから、中国が北朝鮮の体制を変更する責任を負うべきであるし、中国がそれをやらないのなら、アメリカが実力を行使してでも体制を変更する。これはそれなりに論理の通ったものであり、北朝鮮を中国の影響下にある「よりましな体制とする」ことをも許容する可能性を含むものと考えるべきでしょう。
 このことは随分と以前からアメリカの当局者たちに対して私が申し上げてきたことではあるのですが、当時彼らはあまり芳しい反応を示しませんでした。
 日本としても、日米同盟の範囲内で圧力をかけるとともに、万が一の事態で被害が及ばないためのミサイル防衛や国民避難・保護、我が国に未だ潜伏していると思われる北朝鮮の工作員による破壊活動の未然防止、難民対策等々を怠りなく講じておくことは当然です。日豪2プラス2で来日中のオーストラリアのビショップ外相、ペイン国防相(どちらも女性)との昨朝の意見交換会でも、この点は意見が一致いたしました。

 先日発売となった拙著「日本列島創生論 地方は国家の希望なり」(新潮新書)はおかげさまで2刷となりました。お買い上げいただいた方、お読み頂いた方、誠に有り難うございます。ご指摘やご批判を頂ければ幸いです。

 週末は、22日土曜日が八頭町立八頭中学校国会見学で挨拶(午前9時・国会内)、富山県総合デザインセンター訪問(午後1時・富山県高岡市)、(株)能作創業100年記念ならびに新社屋竣工式典・工場見学・懇親会(午後1時半・同社・富山県高岡市)、ネット配信番組「みのもんたのよるバズ!」出演(午後9時・テレビ朝日。「朝ズバ!」ではなく「よるバズ!」です)。
 23日日曜日は「時事放談」出演(午前6時・TBS系列・収録)、「ビートたけしのTVタックル」出演(正午・テレビ朝日系列・収録)、鳥取市立鳥取東中学校国会見学(午後3時・国会内)という比較的余裕のある日程で、有り難いことです。
 24日午後11時15分からのテレビ朝日系列「橋下×羽鳥の番組」にも出演予定です。
 
 毎年のことですが、4月・5月の連休前後は、国会見学のシーズンでもあります。私たちが中学生の頃はバスで京阪神方面に行くのが定番でしたが、今は飛行機で東京というのが主流のようです。世の中随分と変わったのですね。
 初当選以来、できるだけ事務所のスタッフや国会職員に任せることなく自分で挨拶するように心がけています。私自身政治家の家に育ちましたが、父親以外の国会議員を直に見ることは極めて稀でした。中学生たちが国会の仕組みや役割、日本や地域の課題などを直接議員本人から聞くことには、政治を身近に感じる観点からも意味があることと思っています。
 
 都心は風の強い日が多かった1週間でした。4月も下旬、皆様お元気でお過ごしくださいませ。
 

|

« イシバチャンネル第七十四弾 | トップページ | 言論の自由など »

コメント

お疲れさまです。

投稿: mr | 2017年4月21日 (金) 19時52分

防衛大臣復活期待してます!!

投稿: 馬場 賢浩 | 2017年4月21日 (金) 20時24分

石破様こんばんは。北朝鮮とアメリカの間に緊張が続いています。北朝鮮が核実験をするか否かが今後のポイントになりそうです。もし、実験を行うなら最悪のシナリオになる気がしてなりません。普通の感覚の持ち主ならアメリカを恐れて実験中止となるはずなのですが、金総書記は何を考えているのでしょうか?北朝鮮が核を放棄することを祈ります。

投稿: hitomugi | 2017年4月21日 (金) 21時07分

石破さんは、ポスト安倍の候補にならないのでしょうか。派閥が幅を利かせているから無理なのでしょうか。
全く、気配がないので見送るのでしょうか。

投稿: 戸田鐵雄 | 2017年4月21日 (金) 23時39分

石破さんが先日テレビにでていらした際、「石破さんの話、すごくわかりやすくて納得できるものが多いし、信頼できるわ~」と小学5年の娘に何気なく話したら、娘が「私もそう思う。石破さん好きだわ~」と申しており、びっくりしました(@_@)小学生にもわかる、石破さんの凄さ!

投稿: 直美 | 2017年4月22日 (土) 05時41分

石破閣下

 ポンコツモデラーのポンコツコメントです。
 朝鮮半島クライシスで考えておいて頂きたい事柄は、半島はこれまでもこれからも、大陸から見れば日本へのステッピングボードであり、日本から見れば大陸への足がかりだということです。半島自体すべてが緩衝地帯です。誰のための緩衝地帯といえば日本のためのものです。誰のためのものでもありません。太平洋戦争に勝利したため、いやがうえにもアメリカが背負い込んだ勝利ゆえの負の遺産、なぜ日本から無理してまで背負い込んだのか、満州問題の扱いをしくじった結果といえばそれまでですが。
 日本をターゲットにする決心をいずれかの国(主にロシアやまさかの中国)がしない以上、半島クライシスは起きません。しかしアメリカがふたたびしくじって・・・(起きないか)。そのときは日本は覚悟を決めなくてはならなくなります。邦人を半島から避難させるという問題ではありません。全面戦争に発展する可能性があり、日本も戦争当事国になるでしょう。
 平和というのははかないものです。戦後の長きに亘る日本の不戦は奇跡に近いのではないでしょうか。それもこれもオーバーキル兵器(核兵器など)の登場により大国どうしの戦争が起き難くなったからです。もし、中小国がこれら核兵器を保持したのならどんな国同士の戦争でもスーパーオーバーキルが容易に発生してしまいます。まさにこのことを防ぐための核拡散防止です。
 本当に日本を狙っている国があるとすれば、それはロシアでしょう。根っこの分かり難い国(どこに根源があるのか、ロシア正教なのか?)です。東方を帰属させて自ら東方の根源になろうという思想がどこからきているのか不明です。(アラスカは違っていたのでアメリカに売り払ってしまいました)
 いまここにある世界的危機。イスラエルクライシスどころか極東クライシスまで同時進行とはとんでもない事態です。危機のガス抜きで安定回復してほしいものです。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2017年4月22日 (土) 07時46分

日本の潜水艦世界一ですね。

投稿: 関野岳夫 | 2017年4月22日 (土) 09時16分

米国の発言や行動が中国への物であるという意見には賛成ですね。そして皮肉な事に北朝鮮が米国を中国の喉元に居座る口実を与えてしまっただけでなく、韓国配備のTHAADと併せれば中国の核やミサイルも丸裸になり、結局の所、中国は米空母を中国付近から追い払う事が出来ないという事実を露呈してしまっている。中国向けに南シナ海で航行の自由と言っていたレベルではなく、中国艦船が米軍艦船を追い掛け回すどころか出て来る事も出来ず、遼寧どころか空母の姿さえ見えしないし、潜水艦も出て来れない。台湾が遼寧にスクランブルをかけて遼寧から戦闘機が出て来れなかったのも、海南島に爆撃機を飛ばした時に中国戦闘機がスクランブルをかけられなかったのも実力が無く、実行支配していない事を示している。尖閣沖で中国船が沈没した時も海保が助け中国が実行支配していない事を世界に晒したのと同じだ。幾らプロパガンダを永遠にやり続け、嘘を垂れ流した所で事実一つで崩壊してしまう。やはり現実はそう甘くないのだ。運用出来る空母を十隻以上運用して来た国と今から空母を作り、今から核実験をやり、核弾頭に載せるとか言っている国とは実力の差がある。米国にとっては口実が必要なだけで何時でも叩く事が出来るが周辺国への影響を考えて慎重にしているだけである。そこを考慮しなければ今でも叩き潰せるだろう。米国を舐めてはいけないし日本が一番その恐ろしさを身に染みて分っているはずだ。

投稿: 忍者 | 2017年4月22日 (土) 09時49分

   フランスではルペン率いる国民戦線が勝利するかどうか注目が集まっている。地方都市では国民戦線が勝利してから治安が回復し減税や移民受け入れ拒否を鮮明にして他の地方との違いを出している。この選挙の行方が日本にとってどう捉えたら良いかというと日本も以前は財政難から中国だろうが資金投資や買収を受け入れる姿勢を見せ、共産党の思惑等意識しないかの如く振舞って来た。しかし日本だけでなく他国への威嚇行為が警戒感をうみ、奄美大島の様に大型客船拒否を打ち出す地方自治体も出て来た。日本人は防衛意識が薄い、信じ易い気質と戦後の戦争罪悪感に苛まれ拒否出来ないでいたが少しずつ意志を表す人や地方が出てきている。そしてフランスで国民戦線が勝利すればフランス人がフランスの文化や国境、安全や主権を守る事の何が悪いのかというメッセージが日本でも理解されて来るだろう。なぜ移民に国境を開放し安全を脅かし、日本文化を破壊しにやってくる人を受け入れなければならないのだろう。日本の仏像を盗み、神社仏閣に油を撒き、小便をする外国人をなぜ寛容に許さなければならないのか理解不能である。そして正当な事を言うと極右とかヘイトだの言われるが彼等が日本の悪口や破壊行為には至っては非常に寛容で何でも許し、日本人が死んでも同情も無いのである。これを不自然と言わず、何と言おうか?そしてこれはフランスだけでなく、米国でもオランダでもイギリスでも起っている。

投稿: 忍者 | 2017年4月22日 (土) 10時19分

   再び≪誰>>>何≫
引用【彼らはあまり芳しい反応を示さない】
その芳しくない反応の原因は、【彼ら】の所為ばかりではないでしょう。北朝鮮と云う独裁国家を今後どう処遇するか? 地方創生戦略に今後どう道筋を付けるか? また石破幹事長時代のあの熱心な一年生議員教育の帰趨も然り‥だと思います。
石破さんのそれらの処遇案やご見解やが如何に真っ当であり、広く深く永い視座からのご提言であっても、結局は、石破さんが組織のトップ(自民党の総裁、政治機構の総理)に就かなければ、即ち、政治権力を握らなければ、その結果は、あるいは【彼らはあまり芳しい反応を示さない】仕儀、あるいは「戦略から外されて、金融万能のリフレ派が形ばかりの看板を掲げる」仕儀になる。「言っていれば済む市民」なら、その仕儀も受け入れざるを得ないが‥。

企業経営でも、また国家経営に於いても、戦略や政策の選択も、その実行の程度も、また組織文化や経営文化の出来不出来も、トップの資質や能力の如何に依って決まる。崩れた(腐った?)組織を建て直すには、また荒れ地に立派な組織を建てるには、古い経営トップの首を挿げ替え、経営陣が馴れ(狎れ?)親しんだ「文化と云う名の慣行」を刷新することが最初の重要な一手になる。
東電改革然り、東芝改革然り、経団連然り、霞が関の官僚組織然り、規制の総棚卸然り‥これらは全て、その最初の一手を全く指さない(または的外れな手しか指せない)悪例ばかりですが(哀笑)。おぉ!安倍Monkey内閣を忘れちゃいけない!!w

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月22日 (土) 11時55分

    ≪連想ゲーム≫
TIME100:Yuriko Koike as Pioneer http://ti.me/2oWMOAc 
小池百合子さんは日本の「地方の知事に過ぎない」とは言え、世界を視野に頑張っておられますからね、慶ばしい限りです。広深永や品格では、シンキロウの「遺言」に露れたものとはレベルが違う。
ざっと見渡した限りでは、日本人ではお一人だけの選出。100人中に一人だけ。寂しい限りですねえ。世界の目には、「狭く暗い井の中の罔い蛙」は全く魅力がない存在ではないんですよ。安倍Monkeyなんかは全くの論外、テーブルにも載せないでしょうね。

来年には、石破さんもこの栄誉を狙われませんか?勿論、目的でも目標でもなく、単に結果に付いて来る「付録」の位置付けとしてです(ニッコリ)。
日本は世界の経済大国ですから、その総理(とそれを狙う真っ当な有力政治家も)なら十分に外形的な資格はある。政治関係者が選出されるのは、政治トップに限る訳ではないようです。トランプで言えばその娘も入っているし戦略参謀も入っているのですから、石破さんに蓋然性は十二分にある。
仮に、残念ながら、安倍Monkeyを権力の座から引き摺り下ろした実績は“未だし”であっても、それに肉薄する力量(鋭い論理的メスと大きな土俵の横綱相撲)を世界に見せ付ければ選出は確実でしょう。特に世界で潮流になりつつあるUltra-NationalistやPopulistが、政治のLeaderの座から一人消えるのですから、平和を希求する世界も大歓迎する。特に報道の自由の危機に大きな警鐘を鳴らして来たFCCJなら悦んで推挙してくれるでしょう。
井の中の蛙然とした自民党で、安倍のボス猿に屈膝している議員連中を相手に呻吟しておられるよりは、そんな議員集団に「大喝」を入れ刮目させる効き目も期待できる。政治的な主義主張を投げ捨ててでも、単に空気を読んで野合も厭わず靡いて来る連中が相手なら、この手の「付録(=世界的注目!)」が余程に活路を切り拓く力になるかも知れません。
安倍Monkey一味が「日本は素晴らしい!」と騒ぎ燥(はしゃ)いでいるネタとは比較にならない程に、広く深く永い実質が詰まってます。まあ、それも国際基準ですが…。
石破さんご自身が喜びを表わにはされれないと思いますがw、お父上もご家族や石破茂事務所の人たちも大喜びされると思います。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月22日 (土) 12時21分

国会議員だけでなく、本物を観るという事は非常に大事でネット社会に浸かっている人達は情報を調べるだけで現実を知っていると勘違いしてしまう。国会議員の演説も危機感の差し迫った状況で国民から熱狂的な支持を受け、その必至の思いの中での演説はその場の雰囲気だけでなく、その状況に至る迄の切迫感と相まって心に深く刺さるのであり、家の中で周りに誰も居ず、一人で冷静に冷めている時とは明らかに違うのである。日本バッシングで米国へ行ってやろうと思い留学したがNYでは保守的な州と違い、雰囲気は険悪ではなかった。拍子抜けした反面、テレビでは旧日本軍によるプロパガンダが流されていて気を引き締めた記憶がある。現実とのギャップと言うのは常に起り、実際に行って観ないと分らない事も多い。ダリの記憶の固守というカマンベールチーズがグニャリと垂れ下がった絵画も印象から勝手に大きい画と思い込んでいたが近代美術館で観た時は余りの小ささに驚いた。絵画は写真で観ると嫌いで実際に本物を観て好きになった物も沢山ある。日本の刀や仏像も写真ではその雰囲気と威厳、崇高さは伝わらない。京都や奈良はあそこに行き、水と空気を感じ静寂に包まれてこそ、より仏閣も生えるのであって写真だけで行った気になってはいけない。若い人達と話をすると知識はあって分った事の様に言うが実際に何かをしたりやったりした経験があるかというと部屋に引籠もりゲームをして外には興味が無いとか危ないからやらないと言うのだ。友人には危ないと言われても米軍基地から左翼デモ、ハーレムからカルト集団迄取敢えず行って見て危険度を自らの身を持って体験し乗り越えながら知る事が望ましい。理論や知識だけでなく、その経験を経て肉付けが出来るのであって経験も体験も怖い思いも無くして知った気になってはいけない。そういう意味で議員が若い子に会うだけでも非常に有意義である。議員には議員の迫力があるし、言葉にも選挙や闘いから来る気迫が伝わる物である。議員こそ日本の未来の為にドンドン若い人に会い、日本に対する思いを伝えて欲しい物だ。

投稿: 忍者 | 2017年4月22日 (土) 16時35分

何時も読ませて頂き有難う御座います。

投稿: 中森 勝 | 2017年4月22日 (土) 20時23分

中華圏で行くのか?それとも日本を取り戻すつもりで肚を括るのか?国民の多くは石破さんをそういう目で見ていると思います。旗の色をそろそろ出す時期ではないでしょうか?

投稿: kktf | 2017年4月22日 (土) 21時43分

昨年の日露首脳会談は、いまだに記憶に新しいところですが、プーチン大統領の記者会見の中に、(アメリカが沖縄に駐留している状態とパラレルで)ロシアはウラジオストクに軍を配備しているといったコンテクストがありました。ウラジオストクのロシア軍は、在日駐留米軍と同じ程に、日本の安全保障へ効果を有しているのだと言わんばかりの説明になっているのですが、韓国が竹島に対している現況をみれば、在日米軍の存在が、韓国軍の日本本土への干渉を抑えているとの論理も可能なわけで、北と南のどちらか一方へ肩入れするよりも、一つの朝鮮半島という視座に日本はあらざるを得ないのかもしれません。北朝鮮を存続国として、朝鮮半島が統一される場合に、地政学的に、アメリカが主張する体制に北朝鮮が変質するとは考えにくいのですから、ロシア主導で統一されても、アメリカが納得する体制が構築されることを条件とする程度の積極的関与に、アメリカは留まるのかもしれません?そういうシナリオであると、アメリカの日本に対する位置づけが、今後どうなるのか気になりますね。

投稿: ぱす | 2017年4月23日 (日) 00時36分

ミャンマーで東京本社の中国企業が堂々と「日本製」として商品を販売し盛況とのこと。現地の人は「日本製」と信じ購入しているようだ。

自民党はこれに対し何か行動する必要があると考えるだろうか?

「クールジャパン」を推進する安倍政権はこのような商品を「日本製で間違いない!東京に本社を置き法人税を支払うなら日本を名乗るのは全く問題ない‼️実質は100%外国資本企業でも書類形式が整っていれば日本企業と認定するしかないし我々が推進することはドンドン外資企業を日本流入させることが日本経済にとって素晴らしい!」と容認している…?

つまり「日本製」と名乗る権利を法人税納付と引き換えにしている?赤字法人だったら…

「日本製」の持つ信用性の低下を歓迎する政権を自民党であるからと石破議員は支え続けるのですか?

投稿: 日本製 | 2017年4月23日 (日) 12時49分

ゲル先生お疲れ様です。
少し前に体調を崩しておられたようですが、今はすっかり回復されたのでしょうか。

さて、北朝鮮情勢も更に緊迫してきましたね。
(とは言っても、日本にミサイルが飛んでくる等のことが起こるのはある程度先になりそうですが、備えるに越したことはありませんね)

昨日の「よるバズ」見ました。
9時頃にアクセスしたら既にゲル先生の出演パートが始まっていたので、CMの間にタイムシフト登録をしておいて(これ、便利な機能ですね)さっき改めてその前の部分を見ました。

この番組も含めてゲル先生はあちこちで「日本にも地下シェルターが必要」という話をしておられますが、まずは「既にある地下街に工事を施して、いざとなったらシェルターとしても機能するようにする」のはいかがでしょう。
これに関しては青山繁晴参議院議員がアイデアを持っておられるようですので、一度お話しになってはいかがでしょう。

まあ、シェルターができることが決まったとしても、実現するのはもう少し先のことでしょうから、今は国民一人一人が内閣府のマニュアルを読んで備えておくことが大切ですねsign03
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html

こういうマニュアルに関して、新聞は最近ようやく報道するようになりましたが、私の知る限りではテレビで取り上げられているのを見たことがありません。
ゲル先生、今後テレビ出演される際には
「国民の皆様も是非備えを」
という呼びかけと共にこのマニュアルをご紹介くださいませんか。

投稿: hinomoto | 2017年4月23日 (日) 17時01分

北朝鮮へ外遊に行った日本売国奴国会議員(閣僚)が帰国する時、随行員を北朝鮮工作員と交換して入国させないように厳格な検査は行われてきたのでしょうか?

不法入国防止はどのくらい出来ているのでしょうか?不法滞在者をどのくらいの期間で対処出来ているのでしょうか?

今現在、特に外務省、防衛省の中に売国奴がいるなんてことはありませんよね?

防衛大臣であった石破議員なら「『スパイ天国日本』を放置してきた自民党が日本を滅ぼした」なんて事態が起こらないように既に対応してますよね…

投稿: スパイ天国日本 | 2017年4月23日 (日) 20時13分

【東アジアの危機がどのような形で現れるのか?】
 米国海軍カールビンソンが不手際があったかのような報道が見られたようだが、北朝鮮唯一の潜水艦の行方が判明したからというような事情があったのかもわかりませんね。目的地とは逆の方向に向かっていたことがばれて言い訳する理由もないままなんでか解らないとボケるのが怪しい。
 それはともかく、時事通信の記事の意図が怪しい『オーストラリア訪問中のペンス米副大統領は22日、シドニーで記者会見し、北朝鮮情勢の緊迫化を受けて朝鮮半島近海に向かっている米原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群が、数日中に日本海に到着すると明らかにした。』

 副大統領が報道官レベルの仕事をする意味がよく解りませんね。メンツの国なら李克強首相がわざわざ表明をするような作業になってしまいます。ありえないという意味でも米国はメンツの国ではありませんがそれなりの職域を大事にする国でもあります。聊か面妖な報道記事があったと思う人はいたと思います。米国がカールビンソンの行方をかなり真剣に考えていることがわかるようにしたいという事ではありませんか?

 25日も怪しいわけですが今月いっぱいだけで済む問題とも思えません。露西亜も国境に兵を集結しているようですね。ロイターにありました。
『[モスクワ 21日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は21日、同国軍が北朝鮮との国境に向けて装備や部隊を移動させているとの一部報道について、コメントを拒否した。』
 シナ帝国はかなり前から国境付近に兵が張り付いているという話があるようです。その数が増えているのかどうかという事が問題になると思いますが、怖くて誰も訊ねませんね。
 彼等の場合は我々と異なる意図があるかもわかりません。そこも怖いです。

 ただ、北朝鮮の事情は先代との違いがあるので、中露の思惑もはっきりしませんね。
 先代は1994年7月に権力の承継があって反対勢力の粛清のあと。2000年㋄にはシナ帝国の江沢民と首脳会談を自分の方から持ち掛けるなど、その後、韓国の金大中7月にプーチン大統領と立て続けに会談をやっているのですね。何か意図があると感じさせるように見えます。2002年には小泉総理とも会談をやって、日本人拉致を認めている。
 ある方向に向きかけていたような体制になりつつあったのではないかと思いますが、金正容が権力を承継したのが2011年12月それからほぼ6年になりますが、外国の要人で会ったのはシナ帝国の連絡要員(官僚だとおもいます)の王家瑞とシナ帝国の副首相の李源潮そして、2015年になって政治局員ナンバー5の劉雲山の3人だけらしい。シナ以外の外国要人との会談がない。これを指して、米国の元国務次官のシャーマン氏などは『金正日氏は、我々と交渉をする気があったが、彼の息子は全くその気がないのかもわかりません』と述べていますね。自国民の中の役職のある官僚に君臨していることが国家元首の身分を安泰にしていると錯覚をしているだけなのかもわかりません。
 2010年に金正日のお供をして北京参拝をして今は牢獄にいるとされている周永康に会っているらしい。当然、江沢民と会っている可能性も考えられますね。シナ帝国内にいる北朝鮮擁護派というのは江沢民派と被る処があるらしいのは、そう云うシナ帝国内の権力闘争と重なっているのではないかと思いますね。北朝鮮を斬ればシナ帝国の分裂があるのかもわかりません。
 江沢民派もかなりしぶとい抵抗勢力の様なので行方はわかりませんね。

投稿: 旗 | 2017年4月23日 (日) 21時26分

【1か月半の時間の無駄があった。】

 北朝鮮のミサイル発射の失敗があってから、北朝鮮の動向に関心を寄せる人が増えてきた。それでも外交的解決を願う人が世論調査では、反日の毎日のデーターであるが64%なのだそうだ。本格的な戦争がもしかすると始まるかも知れないこの時期に・・・である。

 この笑い話のような他人事のような感覚は目が覚めているのかと尋ねたい気分である。

 もしかして、憲法9条が守ってくれていると思っているのだろうか?

 大変だと気が付いている人もおられる。在韓邦人などは運を天に任せるより他ない。

  民進党が彼等を殺したという事になるのだろう。
 その認識だけは、はっきり持っていただきたいものだ。

投稿: 旗 | 2017年4月23日 (日) 21時56分

中学生は今の日本をどんな風にみているのでしょうか?

今週末はたくさんテレビ出ますね📺

楽しみにしてます。

投稿: くま | 2017年4月23日 (日) 23時03分

今回の重婚議員とか、いくら自民党が人数集めしても資格のない人間を意味ないと思います。
一期目はキャリアのある政治家につかせて勉強させるとかして下さい。

あと、大臣の中にも何も知らない人間が居座っているからどうにかして下さい。
テロ対策や防衛の話をしてるのを見てると、日本の将来が不安です。

あと、役職は降りても議員は続ける人が沢山いますが、そんな人達も1度辞めさせた方がいいと思います。

投稿: 洋子 | 2017年4月24日 (月) 04時09分

うるま市市長選で自公推薦の現職島袋が勝利した。これで翁長が推薦した候補は3連敗でオール沖縄を嘘を垂れ流す彼の支持層が全くオール沖縄で無い事が明確に示されているのでは無いだろうか。オール沖縄なのになぜ票が分裂し負けるのか?オール沖縄等言われ出した時から無かった嘘だ。翁長が応援や県が推薦すると負ける構図がハッキリした事で次回から来るなと言われる事だろう。この流れで県知事も辞めて貰おう、再選は無いと思え!

投稿: 忍者 | 2017年4月24日 (月) 04時33分

現職の防衛大臣でもない石破さんに皆が意見を求める気持ちが分かります(._.)
ひとつひとつ丁寧にわかり易く説明して下さるその姿勢も、多くの人々から支持される理由の一つだと思います

この緊迫した状態はいつまで続くのでしょう…
拉致問題が今後どうなるのかとても気になります

投稿: 一ファン一意見 | 2017年4月24日 (月) 08時31分

   ≪労働者、経営者に夫々の課題≫
日経【ロボット代替 日本は5割、主要国最大 https://goo.gl/lyUPBR
これは、日本の経済社会をTurnAroundさせるには、避けて通れない深刻な問題ですね。「主要国最大」の結果も意外ではない。社会が挙って分厚く育てるべき「経済的&智的な中間層」が壊滅するかも知れません。
ロボット産業に従事する人たちは頭脳働きが鍛えられ所得も潤うが、絶対的多数である他領域の人たち、特に「手働き足働きが得意な、即ち智慧働きができない人達」はロボット代替によって職を喪う。従って彼らは生活の基盤を喪う。アルバイトなど非正規社員に多いだろうが、ビジネスマンの意識がないまま仕事も給料も上から下りて来ると云う不心得なサラリーマン正規社員にも少なくない。
将来的にロボットがAIを備え自己学習ができるようになると、中途半端で生半可な初歩的な智慧働きの人々が職を喪う。「上に政策あれば、下に対策あり」を実践できる逞しさや智慧があれば好いんですけどね。そんな人たちは、例外はあるにしても、端から非正規社員の立場に甘んじてはいないでしょう。

以上は、労働者に向けた警告ですが、同時に企業経営者が企業の持続可能性を高め存続を請い願うなら、社員の「人間の智慧働き」を活性化させ、独自の価値創りに挑むことが肝心になる。
ロボットが生み出す価値は「大量生産による画一的な価値」、「没個性的な価値」、即ち、低い価値の製品(“多様な嗜好に適う個性的な商品”の反語)に過ぎまい。それは、新興国や発展途上国に対する価格競争“戦術”に過ぎまい。
要は、ロボット代替に依って効率経営(と云う美名策)を排除する必要はないが、経済大国の特に大企業の経営トップなら、そこに安住せずに、同時並行で、手が空いた社員を安直に解雇するのではなく、彼らに21世紀的な“商品創り”、それに適う頭脳働きとより高度の手足働き(技能)を習得するビジネスチャンスを創るのが「経営トップの“責務”」だと思います。その頭脳働きには「消費者の意向を“忖度w”する」ことも含まれる。その辺りに「先進国経済の罠」を突破するカギがある気がします。
(注)その“忖度”は普通の経営用語では、気配りとか目配りと言われるものですが‥。マニュアル化されていない「真正の“お・も・て・な・し”心」も然り。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月24日 (月) 10時47分

   ≪NHKの「忖度」スペシャル≫
4/23 BS1スペシャル「欲望の民主主義」https://goo.gl/AYKRfr 
TV番組が取り組む課題としては困難で深遠で、NHKの意欲的な姿勢を評価すべきなのですが、全体として纏まりがない、多くの叡智が点として垂れ流されるだけで、鳥瞰する面としての安定感や全体観がない。この番組に触発されて、「懐疑的な“かも知れない運転”」に舵を切り、学び始める人達が増えればいいのですが。
この種の難しい議論は、右から左に流れて行くTVやラジオではなく、文字にして反復熟読玩味できるツールが適切だと思いました。
同時に、TVやラジオは、本来的にプロパガンダには最適のツールなのだとも。一部のエンタメもプロパガンダに利用されている。

抜粋
①【それは「万人の万人に対する闘争」か?】
②【今 理性が崩れようとしている?】
③【社会に居場所を見つけられない】
④【すべてを破壊したかっただけだ闘争の世界】
⑤【希望はどこに?】
⑥【民主主義は真実を得る方法でも嘘つきを暴く方法でもない。
答えは 哲学にしかない】
⇒世界の社会政治思想の大きな絵図にこの番組を重ね合わせると、今の民主主義の設計で、遣り残した部分が浮き彫りになると思います。その最大の特色は「一票の不平等」に想いが及ばなかったことだと思う。仮に想いが及んでいたとしても等閑視したこと。まあ、数世紀前の暴虐政治に席巻されていた時代の思想設計ですから、当時の叡智にしてみれば、「一票の不平等」などの問題は、将来の人類への宿題として先送りすることで足りたのでしょう。
社会に居場所を創ることが経世済民を標榜する政治の責務なんですが、今の現実は逆に居場所を奪っても素知らぬ振りをしている。
希望も好いが、理想を忘れては、また理想のためのFightingSpiritsを失っちゃあ、仮に希望を描けても画餅に帰す。
⑥は哲学者の我田引水の感はあるが、まあ、その通りなのでしょう。「民主主義(思想も制度も)」は偉大な社会的価値を齎したが、日本の平和憲法と同じく、金科玉条の如くまた神聖にして不可侵な存在として神棚に飾っておくのは間違いなのだと。

(蛇の足)このNKHは危機の対象をトランプとルペンなど海外に絞っている。足元にあり4年以上も先行している安倍晋三を外している。籾井は退いたが、NHKの「忖度」に変わりはないらしい。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月24日 (月) 11時36分

石破先生

お早う御座います!!。
連日政務に講演にと多忙を極められ、又今回の朝鮮半島の緊迫した情勢について、防衛問題の大家としてテレビ出演などの激務をこなされ、大変おつかれさまであります。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者です。
先日のイシバチャンネル第74弾に於いても拙論を述べさせて頂きましたが、今回も同じ「朝鮮半島情勢について」拙論を述べさせて頂きます。

先日の北朝鮮によるミサイル発射失敗後も、相変わらず朝鮮半島情勢についてアメリカ・中国・ロシア・韓国・日本の間に緊迫した空気に包まれています。今度は4月25日金日成生誕105周年に、北朝鮮による核実験が行われそうな様子を察知していて、その時「あらゆる手段の選択肢もあり、アメリカを試すべきではない」との強硬な声明を北朝鮮に対して発しているアメリカが、その場合先制攻撃に出るか否やの更なる緊張が関係国に高まっています。そして米韓合同演習終了後、今度は日米合同演習の為アメリカ海軍と我が国海上自衛隊が集結しつつあります。勿論これらの合同演習は北朝鮮に対する軍事的示威行動にもなるものです。

その間北朝鮮の動向は我が国のジャーナリストを招き、国内の日系住民に会わせたり、日本人の遺骨埋葬墓地を紹介したりしています。又、金正日前主席の専属料理人と言われていた藤本健二氏を招待の上、金正恩委員長は歓待しているとのニュースも流れています。そしてその場で、日本国内での北朝鮮と自身の評判を克明に聴いていたそうであります。その中で、決してアメリカとの戦争は望んでいないとも伝えられています。先般の「核戦争には核戦争で応ずる」としながら、情報戦の常套手段として硬軟交えた方法とは言え、何らかの和平的手段をも模索しているシグナルの一つではないでしょうか?

朝鮮半島に於ける関係各国の思惑を此処で整理してみれば、北朝鮮はアメリカの先制攻撃による体制崩壊を恐れ、石破先生も指摘されていますように、中国は北朝鮮が崩壊する事による難民の流出と、緩衝地帯の無くなる事への恐れであり、ロシアにとっても同様なのです。そして我が国日本は北朝鮮によるミサイル攻撃の対象となっている事であり、韓国も北朝鮮が直接軍事行動へ出る恐怖を抱いているのです。
このような中で、アメリカは軍事的圧力も加えながらも、「北朝鮮の体制崩壊が目的ではなく体制はこのままでも良く、核開発とミサイルによる示威行為を断念させる事が目的である」としています。

「窮鼠猫を噛む」の喩えもありますように、軍事的圧力ばかりが問題の平和的解決には決してならず、軍事的抑止力の競争は相互に更なる軍拡競争となり、むしろ戦争の暴発をも誘発する危険が大なのであります。
そこで小生が提案致したい事は、各国為政者による先ず血の滲むようは平和的外交を展開して頂きたいものと願います。比較的友好な外交関係が保たれていて、思惑も合致する中・露による北朝鮮への圧力と平和的説得であり、拉致問題も抱え比較的北朝鮮も接触を望んでいる我が国日本が、北朝鮮とアメリカとの仲介の役割を担えば良いものと考えます。更に中国への我が国のメッセージは、比較的友好な関係にあるロシアに仲介を望めば良いのではと考えます。

又、北朝鮮は現在でも国連に加盟をして居り、この際国連安保理により「南北朝鮮は休戦ではなく停戦と、戦争終結」に向けての話し合いの席につかせ、戦争終結への向けて努力を行うべきと考えます。
とに角「追い詰めて牙を剥かせる事ばかりではなく、大人しくさせる事を目的」とすべきであります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年4月24日 (月) 13時56分

頑張って下さい。応援しています。

投稿: 西村黄裕 | 2017年4月24日 (月) 16時35分

【記念日だから、兵器を動かすと思わせることも政治の力である】
 
 北朝鮮にあっては先軍政治と呼ばれる考え方の中にそういう概念があったのではありませんか?
 命中精度がどの程度のものかわからないミサイルと、弾頭に搭載されたものが爆弾ではなく核兵器かも解らないと思わせることも彼等にあっては政治力となっていますね。それに翻弄されて仮に講和会談があったとして、出された条件とかがあったとして、その条件を飲ますという事が政治的な勝利になるわけですから、その兵器の精度を含めた一切が政治の道具になっているわけです。軍事と政治が異なる等と云うようなことをぼんやり考えている人はいないと思いますが、政治と経済は別の次元のもののように考えてる馬鹿な人が韓国にもいるようなので、彼等の立場が政治的な危機にあると理解していないのかもわかりません。

 厄介な連中です。自分達だけで、統一国家も作ることができない連中です。周囲を巻き込んで自分達だけの主張を通そうとする行為もまた迷惑以外ありません、それが共産主義社会の生き方だと思い込むバカな反日日本人もある程度存在し、そう云う連中が『リアルな脅威』とはっきり言わない連中と被ります。
 我が国にはどれほど反日の政治家がいるのか、この騒動ではっきりするのではないかと思いますね。政治家の仕事は敵国の行動を褒めることではありません。自国民の生命財産を守るためにあらゆる手段方法を考え実行することにある。

 それがはっきり国民の目に写る時を迎えたのではありませんか?

 貴重な時間を無駄に浪費した民進党議員などは論外ですね。 

投稿: 旗 | 2017年4月25日 (火) 03時55分

フランスでは左翼政権が強いというイメージがあるがそれでも交互に左右が政権を担って来た様でたまに軍事行動も辞さない政権がある。米英仏の場合、左翼が政権を執っても安全保障や領土に関しては譲らず、結構強い軍事行動に出る。日本の民主党政権が米軍との軍事演習を中国迎合から止めたのとは大違いだ。その辺の成熟度と責任感への意識が全く違うのだろう。それは好き嫌いは別にしてEUという巨大な経済圏を作り上げた所にも表れている。日本もアセアンがあるが未だに特亜諸国とは政治的解決は出来そうに無い。ただ間違っていけないのはEUは移民を自由に移動させる事で内部からの安全を犠牲にした事実だ。多様性を求めるの賛成だが国境が他国から丸裸になる様ではいけないし、現実にテロが起り、テロリストが外国に逃げ、裁いたり拘束する事さえ困難となるとシステム自体に抜け穴が沢山あると言えるし、主権だけでなく領土を守る為の自主性も奪われるとなると余り良い制度とは言えなくなる。成熟した政治体制のある所では既成組織からの停滞を打破しようとする動きが必ず起る。米英仏は主権や安全の回復、既成政党からの行き詰まりから解決を見出そうとする動きが出て来た事に変わりは無い。選挙に勝とうが負けようが問題を解決しようとしないとしっぺ返し喰らう事は間違い無いだろう。決選投票が行われるがフランスが離脱をすればEU自体が崩壊に向うがフランスは英国程、冷酷な計算は出来ないだろう。

投稿: 忍者 | 2017年4月25日 (火) 07時46分

 自由民主党国防部会で日本の領海つまり竹島付近や台湾に近い尖閣付近での他国による資源調査や掘削が行われ、国際機関にも報告を行っている。そしてその資金源には米国も支援をしていて事実上の実行支配に日本側が何もせずに形だけの抗議だけに終わっているので日本政府に問題があるという回答だった。尖閣は日本側が実行支配してスクランブルをかけ、中国船や戦闘機を追い払うが竹島に関しては何もしていない。李承晩ラインを引かれ日本漁民が殺され、拘束や拿捕されても海保に手を出すなと政治判断した名残が未だに残っている証拠である。一部の国会議員が竹島に行こうとしたり、領海をハッキリ決める活動を通して抗議しているが国民に伝わっているとは言い難い。戦後日本が戦争の罪意識で特亜に何も言えず、竹島だけでなく実効支配を許している現実は日本国民の防衛意識の薄弱さに見事に反映され諦めている。それももっと進んだ形で表しているのが山本や福島の様な全く北朝鮮の工作員の様な国会議員等である。しかし日本も少しずつ変わりつつある。国際社会で主導権を握り、助言したり、カールビンソンと共同訓練に参加しそのまま、有事の後方支援にまわる可能性も出て来た事は非常に嬉しい限りだ。勿論、自主的に拉致被害者を奪還し、竹島を奪い取り、敵地攻撃が出来ればそれに越した事は無いが未だ実力が足りていないし、憲法上も装備的にもやれる訳ではない。悲観する事なかれ、やれる事をやり、出来る所迄進むしかない。そして日本は少しずつ変わりつつある。騒がず、応援しようではないか。

投稿: 忍者 | 2017年4月25日 (火) 10時21分

   テロ等準備罪で民主党議員の中には法案成立後、亡命しなければいけないと国会で語っているが、国民の安全やテロを防ぐ為ではなく、自らが捕まらない為に法案に反対しているのか?共産党も社民党も将に自らの為に法案に反対しイメージ戦略で嘘や不安を煽っているが国民の安全等どうでもいいとしか思えない。世界で11ヶ国しか非加盟国が無いのに日本はその中に入っている。なぜそういう経緯になったかは以前に廃案になった事実があるだろうが野党がそれに手を貸したのは間違い無いし、その思想の背景には北朝鮮や中国工作が蠢いている事も間違いない。中国や北朝鮮の工作員が暗躍するスパイ天国日本に活動し易い場を提供し、治安を悪化させてその先にテロや政府転覆や革命を描いていたとしても何の不思議は無いしそうなって欲しいと願うのが左翼という物だ。日本自治区と東海自治区、日本分断を目指して頑張ろう!というのが彼等のテロ等準備罪法案を阻止して廃案にする目的だ。要は彼ら自身や彼等の組織の為、共産思想や習、ジョンウンの為だ。そんな野党が幾らプロパガンダで国民が逮捕されるとほざいても支持率が上がらず下る一方だ。翁長も普天間基地移設を阻止する為に反対行動に邁進しているが彼の好きな選挙結果による民意は無視か?都合の良い時だけ民意だの、オール沖縄と言うが負けた選挙結果には謙虚に受け入れる事が出来ない。国民が支持しない背景は受け入れず、ごり押ししても自滅への道をひた走るだけだが自滅するのはどうぞご自由に壊滅迄突っ走ってくれ!

投稿: 忍者 | 2017年4月25日 (火) 13時28分

   在日特権と犯罪という本があるがデータに基付いて在日朝鮮人や在日中国人の犯罪が日本人の数倍ある事が示されている。手に入れば読んでみたいがテロ等準備罪も含め朝鮮、中国系の政治団体が廃案や阻止に一生懸命動いているのが分る気がする。日本人は犠牲になっても一切気にせず、在日の為にそれこそ必至で頑張っているのが野党連中だ。未だ朝鮮や中国が出身議員が地位向上を目指して働きかけるのは分らなくないが日本生まれの議員が一生懸命日本人が脅かされる手伝いをするのを理解するのは難しい。彼等が日本人を憎んでもそうか!で終わるが日本人が日本人に敵対すると何でだ?と思う。現場で働いて来た著者なので現実を描いているので楽しみである。事実を基に本当の姿を描いてもらいたいと思うが数少ないのが現状だ。誰も危ない所に行きたくないのは分るが現状を知らないと対策も立てられない。

投稿: 忍者 | 2017年4月25日 (火) 14時17分

   ≪身分高き者が負う責務(新渡戸稲造さん)≫
①毎日【日本郵政:赤字転落へ 社長ら報酬の一部返上方針
https://goo.gl/EPcL7S 】
社長(や総理)など身分高き者にとって「責務(底の浅い“責任”に非ず)」である的確に適切に下すべき経営判断を、間違えた経営陣にとって、役員報酬の一部返上なんか、なんの意味があるんでしょうね??お優しい‥と言うか生温い。
その程度の軽い(無意味な)措置では、将来に向けてその重い責務を果たすに、「ことを改めるに、遅過ぎることはない」と云う厳しい覚悟if anyを迫ることにはなるまい。
②長門正貢 Wiki≪2016年4月1日付で、西室泰三日本郵政社長の病気による退任に伴い…後任の日本郵政取締役兼代表執行役社長に就任した≫
⇒この長門某も然りながら…寧ろ、時期的には、西室泰三翁も社長としてこの買収の経営判断に深く関わっていた(主導していた!?)と断言できるのだが、その西室翁は、東芝など多くの重職に続いて、杖を突きつつ、此処でも「上手く譴責を免れた」と悦んでいるのだろう(か?)。
天皇陛下の生前退位の重大な課題にも、有識者のトップでありながら、高邁で広深永な方向性を紡ぎ出しているとは毛頭診えないが‥、CloseWatcherではあっても外部の外野の所為なのか??外野の所為にできるそんな証拠も因果関係も全くないが‥(哀笑)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月25日 (火) 15時45分

  ≪孫子・始計篇に曰く≫
【兵は詭道。故に能くして之に能くせざるを示し、用ひて之に用ひざるを示し、近くして之に遠きを示し、遠くして之に近きを示す】
日本伝統に倣って言えば「大きな土俵vs小さな土俵」。

朝日:なぜ沖縄ばかり…辺野古埋め立て強行 https://goo.gl/FnVltA 
⇒【なぜ沖縄ばかりに…基地を押しつけるのか!】と云う至極尤もな不条理と疑念が解を得るには、【やむをえない】と云う消極ではなくて、愚昧な安倍一味とは違う高い次元で、積極的に【普天間を動かす手段は”もう”辺野古しかない】と発想を転換すること、軌道を変更すること、肚を括ることが、あるべき解への新たな第一歩になる、Otherwise Non、と考えます。
即ち、辺野古移転で安倍一味に恩を着せて、その見返りに、端的な事例として岩国に米軍基地の大移動を要求すれば(注1)、解への道が拓けるかも知れない。
少なくとも、愚かな安倍Monkeyの「片手落ちの猿芝居」(注2)を告発できる。日本国民に対して、「明日は我が身だと心得よ!」と云う警告にもなる。
然もなければ、折角頑張って耐えてきた翁長知事以下の沖縄全体(地方自治=地方民主主義、県民の想いなどの全体)として、遣られっ放しの敗北感しか残るまい。心気一転は常に欠かせないのだ。

(注1)普天間は例外だが、面積の数値では如何に広大だとは言え、安倍-菅が騒いでいる「未開のジャングル」を解放されても、沖縄の経済や沖縄の人々の生活には殆どなんの意味もない。
(注2)この「片手落ちの猿芝居(意図的な不作為、怠慢)」に関する限り、安倍Monkeyに限る謂れは全くない。時々の政権トップにより濃淡の違いはあるが、自民党の歴代政権に当て嵌まる。とは言え、安倍Monkeyの「猿芝居(意図的不作為、怠慢)」が最も醜悪だが。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月25日 (火) 15時57分

石破先生、お疲れ様です🍵
「グッディ」拝見しました💚わかりやすいお話で少し安心しました。国民に対して誠実にお話くださる今のお立場の方が良いのかしらとも思いました。総理というお立場があんなにも難しく、総理夫人さえも攻撃対象になる現状を考えると、気軽に「総理になってください」とは言えなくなりました🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年4月25日 (火) 19時43分

これはまぁ石破さんには関係ないと言えばないんですが、、、自民党も箍が緩みまくってますね。
野党がミンシンみたいなウスラバカしかいないのである意味仕方がないのかもしれまんせんが、だからと言って今村みたいなどうしようないのを閣僚に入れんなよと思うのですが。

投稿: nh | 2017年4月25日 (火) 21時26分

失言・・・

ホント、大変ですね・・・
言葉足らずだと、あげあしとりの格好の餌食・・・何度も何度も痛い目にあっているのに・・・失言気味の人は、人前で講演したり出来ませんね。『俺、ヤバイ!』って感じたら、何と言われても、秘書がまとめた原稿を棒読みしたほうが良いですね。
いちいち騒ぎになって、見ている方が嫌になります。責任を取らない人達が、任命責任の追及・・・? 責任を取らない人が、せっかく落選したのに、比例代表で当選・・・そこんとこハッキリしてからにして下さい。

投稿: まな | 2017年4月25日 (火) 23時33分

【欧州と東アジアにできた分断国家の行方】

 ほぼ同じ時期に独逸は東西に分断され、朝鮮半島は南北に分断された。しかし、軍事的な力による併合を目指さなかった処と、そこにシナ帝国がいなかったという事が決定的に良い方向に作用して対話で再統一が成った処がある。ソ連の崩壊だけが、ドイツの再統一のバネになったということですね。シナ帝国の関与がなかったという事がどれほど素晴らしいことかと思ってしまいます。
 それはさておいても、ドイツは再統一のために戦争をしなかった。罵り合ったり壁を構築したりと騒々しいことはありましたが戦争をすることがなかった。そして東西ドイツは政治的に安定した政権が続いたという事が大きな意味があります。北朝鮮は来年で建国70年ですが国家元首は僅かに3人。しかも世襲である。彼ら3人は同じことしかやってこなかった。軍事予算の膨張ですね。これが安定した政権と云えるのか大きな疑問ですね。
 韓国もまた初代から亡命する大統領や逮捕起訴される大統領。珍しく任期満了したかと思えば自殺する人までいる。これも安定した政権の運営があると云えるのか大きな疑問です。
 欧州の分断国家にはこういう事がなかった。東ドイツはソ連の優等生と呼ばれるほど彼等の中では、それなりの経済成長があった国である。つまりソ連のような国家運営をしていることが失敗だったという事にはなる。北朝鮮は強力な軍隊こそが国の基本だと基地外の様な目標を掲げたまま家伝のように申し送りすることが国家の基本になったように見えます。
 韓国は、これも大統領の職務とは何かわからないまま出たとこ勝負の成り行き任せで国家は運営するものだと信じているようだ。国民にばれなければ何でもできるのが大統領と思い込んでいる。大統領に行方不明の時間があるのは問題だと騒ぎ出したのは旅客船沈没事故の当日の7時間を問題にした事からである。初代の李承晩は朝鮮戦勃発の1950年から停戦となった1953年の間の所在が今も解っていない日の方が多いのだそうだ。前線基地の物資横領事件などには関与していたことがばれている。しかし、具体的にどこで何をやっていたのか云わない。1950年の7月頃には釜山にいたことは解っているらしい。そこで釜山陥落に備えて我が国政府に向けて韓国臨時政府ができる場所の提供を求めていたらしい。この戦争が起きるまでは日本侵攻作戦構想を練っていた男なのだ。この厚かましい恥知らずの男が元祖反日と呼ばれている。

 それからマッカサーの反抗が始まると再び地下に潜り1953年まで所在不明になる。どこに隠れていたのか本人も言わなかったそうだ。周囲の誰も訊ねることがなかったからだと言われている。米軍にも記録がない。行方不明のままであったとされているのだそうだ。約2年間その所在が分からなかった大統領がいるのに最近の7時間に限って追及することが正義になっているらしい。変な国民である。
 南も北も初代の国家元首から変だと思うしかない。それが朝鮮半島の運命を決定したのではないか?
 彼等は話し合いで何かを決めるというのができない。一度正式に決めたことでも覆しにかかってくる。日韓合意という言葉の意味がわかっていないのがその証拠である。

 朝鮮半島はどうなろうが知ったことではないと云う意思を周辺の4カ国がはっきり伝えるべき時期に来ていると思いますね。甘やかしすぎた結果が今を作っていると認識するべきですね。ドイツが再統一するほどの値打ちもない。殺しあうなら殺しあえと言うべきである。邪魔になる核兵器とミサイルだけを完全に破壊しておくという事です。それが米国シナ帝国露西亜そして我が国の責任ですね。

投稿: 旗 | 2017年4月26日 (水) 04時00分

   ≪撤回とお詫び≫
愚者の前々稿【天皇陛下の生前退位の重大な課題にも、有識者のトップでありながら】
西室翁に関するこの記述は私の記憶違いに基づくものでした。この部分を取り消したいと思います。お詫びしたいと思います。
(蛇足)日本(語)ではいつから≪…したいと思っただけ≫で、撤回が行われ、詫びを入れたことになったのでしょうかね?(哀笑)

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月26日 (水) 08時00分

   ≪人間の情がない≫
あの今村と云う人は、右端の役目しかも5役も務めていると(↓)、「人間の情」を失って仕舞うと云う典型ですね。
①日本会議国会議員懇談会
②神道政治連盟国会議員懇談会
③みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
④創生「日本」
⑤日本の前途と歴史教育を考える議員の会

「人間の情」と云えば、賢父安倍晋太郎さんから「ない」と断じられた安倍晋三は、それら全てのトップに座している(大嗤)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月26日 (水) 09時05分

復興大臣・・・

やっぱ、最初から地元の人から大臣になってもらえばよかったね!宮城とか福島とか・・・

投稿: まな | 2017年4月26日 (水) 12時35分

    ≪鴨下一郎さん≫
朝日【年金受給開始70歳後も選択肢に https://goo.gl/svxwWZ 】
今を去る数年前、軟弱と歪みが極まった民主党政権が、鳴らしていた「今の年金制度は破綻している」と云う真っ当な警鐘に対して、繰り返し、ネチネチと追い詰め、挙句に「破綻していない」と撤回させたのが、厚労畑であり、水月会の重鎮であり、石破さんの側近(?)たる鴨下一郎さんなんです。
あの時期には既に愚見では、あの当時の党利党略とは言え、「真面目そうな顔して、現実を無視して、軟弱政権(とは言え)をして、“綺麗ごと”に同調させる、酷い論議をする人だなあ!」と驚いていました。
数年後の「この記事の現実」が、鴨下さんの履歴や評価に「汚点」とはならないのが(それを望んでいる訳ではないがw)、永田町の魔訶不可思議ですね。彼も「この程度の歪メディアと国民」に救われているのですね。
石破さんも金融のご経験がお持ちだからお分かりでしょうが、真っ当な再建策のない闇雲な「リスケジュール、条件変更」は、「破綻!」なんです。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月26日 (水) 16時09分

石破さん、こんばんは。
 私は軍事力だけで平和と安全が守れるとは思っていません。しかし、今の世界では平和と安全を守るのに軍事力が必要なことも事実です。中国とロシアと中東諸国が成熟した民主主義国家になるまでは、この地球に本当の平和は訪れないと思います。野党やマスコミが足を引っ張る中で、自民党政権が防衛力の整備に努力してきたことを高く評価します。
 それにしても、最近の議員や閣僚の不祥事、失言は目に余ります。国会議員も人間ですから、完全無欠さを求めはしません。しかし、最近の不倫騒動や暴言には本当に呆れてしまいます。なんで、あんなことができるんでしょうか。まったく理解に苦しみます。「気のゆるみ」とかいう問題ではないような気がします。そもそも、問題ある人物が国会議員や閣僚になってしまったと言われても仕方ありません。民進党が、昔の社会党みたいになってしまったので自民党は安泰ですが、やっぱり気を引き締めて頑張ってほしいと思います。
 それでは、健康に気をつけて頑張ってください。

投稿: 群馬の応援者 | 2017年4月26日 (水) 19時26分

   韓国に独立門というのがある。日本に帰化した石平は日清戦争後、李王朝は独立を果たしたが結局日本に併合された。つまり李王朝の為に日本と清が戦う嵌めになったのはあの国は何時も他国を戦争に引き込む事で強い側につくと言うのである。確かに韓国人は何時も自分たちは他国に攻められると被害者意識を表に出すが実の所、自分達で問題を解決出来ず他国や周りを引き込むというのである。確かにそう言われてみると北朝鮮傀儡政権発足時は露が関わり、李王朝末期では日本と清、そして借金を日本に支払わせ、国内を整備してから米国や中国、露や日本が関わり未だに自らで統一や問題を解決しようとしない。そして事大主義丸出しは百年前と変わらず、日本が強いと思う時には日本に金を無心し、米国が勢いがあれば米国に、そして中国が上昇してくれば軍事パレードでも出る始末だ。蝙蝠外交とは良く言った物である。中国はなぜ南北朝鮮を属国にして支配しなかったのかと言うと大変面倒な民族だと言うのだ。そして中国人からみると日本は良く40年近く南北朝鮮を併合支配出来た物だという話である。個人的には関わりたくない国だし誰もが嫌いになる要素満載で彼等の為に責任を負いたいとは思わない。日本人にも相当な物好きはいるが御免被りたいし、そっちの問題は勝手に解決してくれ。関わると千年の難癖が尾ひれを長くしてストーカーの様に金を無心されるのであっちに行って欲しいが隣にいる不幸が何時も付き纏う。

投稿: 忍者 | 2017年4月26日 (水) 21時03分

【神奈川県民の財産である棟方志功の原画の行方について続報があった】

 4月17日に神奈川県が厳重に保管管理していたはずの我が国が世界に誇る芸術家の作品がカラーコピーにすり替えられていたことが発覚した事件について、続報があった。
 何より大事なことは事件の発覚と同時に警察が動かなかったことなのであるが、それについての釈明があったことに注目したい。ヤフーに掲載された記事によると
 『棟方作品の被害届を巡っては、県は今月17日にも同署に相談していたが、購入時に本物だったという証しなどの確認を求められ、改めて「当時、棟方志功本人から職員が直接受け取った」と説明するなどして受理された。』

 つまり、17日には被害届が突き返されていたという事だ。本物がすり替えられたのか本物がすり替えられたという嘘を被害届することによって、持っていたのは本物だったと主張したいのかと神奈川県警は判断したのかも分かりません。
 本物だったと証明するものを持ってこいと言ったのはそういう事情だろうと推察します。そしてその証明書がないということが解ったので、1週間かかったのである。県に勤務していた職員が棟方志功本人からもらい受けていたという事実を知るまで1週間も要したのである。

 この版画家は昭和50年にお亡くなりになっておられる。いまから42年前のことになる。仮に、その当時18歳であったとしても60歳になる職員と言う事になる。高校出たての職員に棟方志向の版画を受け取りに行けとは言わないだろう。次に、この作品が製作された年代が問題になる。晩年の作品であるらしいが正確な年代は不明だ。神奈川県の言い訳は
版画家本人に会って受領したので証明書はないが本物であることも間違いがないという事だそうだ。退職した元職員を探しまくって証言させたのかもわかりませんね。神奈川県警はそれを受けて、被害届の受領となったようだ。やる気がないのかもわかりませんね。3年以上前に発生した盗難事件です。
 仮に、誰が当時どこの椅子に座っていたのかというような細部にわたる証言が要求される事態になれば、誰も覚えていないという事になりますね。3年前に起きたのか? 棟方氏から受領して間もなく起きたのか? どちらとも言えないわけです。
 神奈川県は美術品の管理では過去に似たようなすり替えをやられており、その事件も未解決なのだそうだ。それも記事になっています。美術品の管理をする能力に大きな問題があるのかも解りませんね。また、本物の美術品を証明するにしても、いつまでも元職員に頼ってばかりで大丈夫なのかという問題もある。大きな不安ではありませんか?? 
 絵画の世界は鑑定証などが要求される世界ではありませんか? この様な神奈川県方式では世界中から相手にされなくなるような気がします。県民の財産に対する意識が欠けていますね、他人事のような扱いが目につきます。2度ある事は3度あるなどと申します。神奈川県が所有する美術品は三度同じ犯行が起きるのではないですか?

投稿: 旗 | 2017年4月26日 (水) 23時28分

【マリオン・アンヌ・ペリーヌ・ル・ペン氏の情報収集能力はまともである】

 25日にルペン候補の発言が我が国で注目されることがあった。我が国の反日で超有名なTBSが取材を申し込んだらしい。ところが、あっさりと取材を拒否されたそうだ。その理由が『日本人は好きだが、日本のマスゴミが大嫌いだ』とのことである。この発言の文言で怪しいのは日本のマスゴミと一括りしたのかどうかである。殺人ほう助までやったTBSの令名が轟いていることがあるならはっきりと書くべきではないかと思う。嫌われる理由がより明確になるではないか!
 マスゴミもまた説明責任を普通に果たす時代にきていると思う。朝日がやったような捏造が赦されるような時代ではない。その辺りをぼかしているのかと思ってしまいますね。
それはさておき。ルペン候補は、我が国に関する正しい情報を得ておられるようだ。
 間違いなく、すべての日本人とマスゴミの考え方が異なると知っておられる。捏造報道を繰り返してきた成果がここに現れてしまったのではないですか?

 我が国のマスゴミは国際的に見ても信用されなくなっているという一つの例ですね。

投稿: 旗 | 2017年4月27日 (木) 02時37分

     再び≪「誰>>>何」≫
日経【二階、今村氏辞任でマスコミ批判 https://goo.gl/Qh0Ik3 】
マスコミが真正の(=その名に足る)ジャーナリズムを体していれば、政治権力を批判するのは当たり前なんですけどね。
真正の(=その名に足る)政治権力なら(“石破総理”のように!)様々な批判を真摯に受け止めて身を処すのが当たり前の構えなんですけどね。軽薄にこんな反撃をするこの二階が幹事長をやっている今の自民党には堕落し歪みを増すしかないでしょうね。

まあ、マスコミが「深刻とは言え単なる“失言=何”」を論うだけだから、こんな次元の低い反撃を誘って仕舞うのだと思います。
表層の「何」ではなく、その失言や失態(直近では重婚の真似事w)をやった「張本人(誰)の資質や能力」の欠落を暴けば、グウの音も出せまいに‥。

投稿: 小倉摯門 | 2017年4月27日 (木) 09時20分

ハリス司令官は公聴会でキムジョンウンを屈服させたのではなく、核や弾道ミサイルを放棄し正気を取り戻して欲しいと語ったが恐怖に駆られた男にメッセージは伝わるだろうか?核を持ち、長距離弾道ミサイルを持つ事が自らを守ると信じている彼はそれだけが生き残る道だと思っている。敵対しなければ攻撃されないし様々な問題を解決する方向でやりさえすれば支援が受けられるがそういう考えに転換出来ない。王朝文化は力で粛清し自ら生き残る為に血縁関係の者も殺害する。イスラム国やボコハラムもどの時代に生きているのか?と思える程、考え方が中世で止っているが未だ中国のほうがまともに見えてくる程だ。空母だけでなく、原子力潜水艦もプサン入りし何時でも攻撃出来る態勢は出来ている。昔露向けに核実験を良く行ったが珍しく長距離弾道ミサイルを発射して映像を公開してみせた。考えを改めよ、さもなくば撃つぞ!どんな馬鹿でもシリアに巡行ミサイルを撃ち、アフガニスタンに非核爆風爆弾を落とし見せしめが分らない訳がない。中国も石油供給停止に動き出しつつあるようで北朝鮮では配給がストップしている様だが中国系メディアなのでただのアピールだけかもしれない。行き場を本気で無くせば持久戦になり、後は交渉するか暴発するかのどちらかになる。しかし攻撃態勢が整い、その兆候を見せれば一気に叩かれるしソオルや東京にミサイルが飛ばない様に千発近い軍事目標に撃ち込まれる可能性が高く、攻撃能力を如何に無力化出来るが鍵になるだろう。移動式も言われているが海岸で砲撃した後、衛星でどのに行くのか追跡されているはずで攻撃対象として追尾しているだろう。軍人ならどの場所から攻撃が可能か弾き出すはずだ。砲撃が届く半径と距離や地理的要因も大事だしどこからでも撃てる訳ではないだろうからおのずと限られてくる。衛星や制空権を支配している方が有利なのは現代では当たり前で後は何時降伏し交渉するのか、それとも地上戦になり泥沼化するのかどうかだろう。

投稿: 忍者 | 2017年4月27日 (木) 09時27分

【報道の自由度が72位というらしい】

 各国との相対評価のようであるが、72位という数字の意味を受け止めるのは国民ではなくマスゴミなのではないだろうか?
 昨年も72位だったそうだ。我が国は2010年には11位にいたらしい。それと今の生活にどこか差があるという意味があるから、ここまで下がったという事のようだが、実感している人がいるのだろうか?
 政府が国民に真実を知らせないことがあったと言えば尖閣沖のシナ漁船特攻事件の映像を当時の民主党政権が権力をかさにきて封印したことぐらいだろう。それに対して我が国のマスゴミは、強く結束して抵抗反対運動を起こすという事もなかったではないか。
 当時の仙谷官房長官の言われるがまま朝日毎日読売日経産経東京北海道中日神奈川他などはひれ伏していたではないか。あれから報道の自由度が転落したというなら、政府に迎合したマスゴミに責任のある話だと思う。

 東アジア関係のニュースにはなぜか? 報道しない自由とかあるのではないかと批判の対象になっていたのも我が国のマスゴミの姿勢に問題があると言われていたような気がする。他には、捏造する自由とかもあって、事実にない事をあったかのようにニュースにしていたこともあった。マスゴミの姿勢に問題がある事が72位に転がり落ちた原因ではないかと認識しているのだが、それはまちがいなのだろうか? どこか間違っているなら教えていただきたいものだ。
 特に。11位から転落した原因が非常に気になる。あの尖閣沖事件のビデオの扱いが原因であるなら、そこをはっきりして欲しいものだ。なんで民主党政権に反対運動が起きなかったのかという事である。せっかく逮捕したシナ人を検察官が釈放している。外交問題になるはずなのに外務省が動かず、検察官に国の代表をさせたことも我が国のマスゴミは批判運動を展開しなかった。反権力と反日の違いがその時、出鱈目な基準で動いていることがばれた時でもある。マスゴミが信用されなくなっているのに、報道の自由度が72位なのはマスゴミ自身の問題ではないだろうか?
 こういう業界の仕事は日々の積み重ねで信頼を得る仕事だと思うが、その信頼は訂正文だけで得られるものだと思っているのだろうか? 大きな勘違いをした人々が業界を作っているという事になる。72位の意味について各紙各社が思う処を公表してほしいものだ。 正義は常に自分達にあると思うなら、それを国民に示すがよい。そうすれば来年の報道の自由度は99位となって返ってくるだろう、

投稿: 旗 | 2017年4月28日 (金) 04時04分

【我が国のマスゴミの典型的な例】

 『ソウル中心部にある在韓国日本大使館の近くに、日本の植民地支配下にあった朝鮮半島から徴用された労働者の像を設置する計画があることが27日、明らかになった。韓国の市民団体が、すでにある慰安婦を象徴する「少女像」の横に建てることを目指している。実際に設置されれば、日韓の外交問題に発展しそうだ。』

 これはヤフーに掲載されたニュースであるが、どこからの典拠なのかと見ればあの朝日新聞なのである。かれらはこのニュースを掲載することで内心喜んでいるのだろう。
 記事の後半を見ればそれがよく解る。

『朝鮮半島出身の徴用工に関する賠償をめぐっては、日本政府だけではなく、韓国政府も、1965年の日韓請求権協定で解決されたと確認している。
 一方、日本大使館近くの「少女像」をめぐっては、外交関係に関するウィーン条約で規定する「公館の威厳の侵害」に関わるとして、日本政府は移転を要求してきた。2015年末の慰安婦問題の日韓合意では、韓国政府が適切に解決されるよう努力することが確認された。こうした中で労働者像が新たに大使館近くに設けられれば、日本政府の反発は必至で、日韓関係がさらに悪化しかねない。』

 悪化する方向に導きたいような書き方ではないだろうか。煽っているとしか思えませんね。まあ、この件については朝日は関係ないと言いたいから、このような書き方になるのだろうが、売春婦像の原因をでっち上げたのは朝日である。20万人の強制連行などという事実無根がまかり通って、日韓合意に至ってしまった。朝日新聞社の罪は未来永劫消えることがない。
 我が国のマスゴミが国民から信用を失った大きな原因でもある。同業他社批判がほとんどない我が国の特異性を逆手にとって、捏造記事を掲載した。裏付けになる証拠がない。

 今度は徴用工という事か。国交断交を願っているのはもしかすると朝日新聞なのかもわかりませんね。何が狙いなのかよく解りません。『KYは誰か』のKYのように、今に至る謎を作りたいだけなのかもわかりません。

 朝日新聞という反日カルト集団に対しては破防法の適用を真剣に考えたほうがいいかもわかりません。これによって報道の自由度が149位になったとしてもやむを得ないですね。国民は賛成するでしょう。

投稿: 旗 | 2017年4月28日 (金) 06時13分

石破先生


当たり前のことかも知れませんが、北朝鮮=キム氏=独裁者…

マスコミや政治家、コメンテーターの方々が、北朝鮮と発言するのが、何か違和感を感じてしまいます。

キム氏が一番恐れるものはなんでしょう?それは北朝鮮が崩壊し、自分自身が命を狙われることで、独裁者の宿命と言う末路だと思います。

歴史にひもとき、北朝鮮の崩壊を想像するのであれば…

(1) 日本と同じく敗戦国となり政権崩壊。

(2) クーデタによる政権交代。

(3) キム氏の亡命による政権交代。

(2)については親族を死刑にする等…、確率が低くなりました。個人的には北朝鮮人民が国の将来を憂いで決起してくれれば…と従前から思っていました。

(3)については、ロシア、中国が受け入れるだろうか…。

現実的には(1)により→(3)、もう北朝鮮に時間を与えることにアメリカ(もしくは日本も)は反対しているし、日本人も覚悟を決める時期、判断を下すべきではないでしょうか?

例えば、一発の核兵器、もしくは砲弾でも、北朝鮮から西側諸国に着弾した場合、現行の北朝鮮の未来ありません。

仮に、今の北朝鮮体制で今後も推移したとしても、同じことの繰り返しだと思うのは、もう十分承知したと思います。

アジアの歴史の転換期かも知れません。

恐いけど、人類の歴史をみたいと思いますm(__)m

石破先生もお力を発揮してください。

投稿: 哲郎 | 2017年4月28日 (金) 16時36分

日本列島創生論拝読致しました。

地域主権・国は外交

地方のポテンシャルは高い。第一次産業のイノベーション
ふるさと創生資金のような地方自治体が独自の発想で、
有効に使える資金が必要。

ただ、中央官庁の役人の
地方への出向については、必ずしも、有効とは思えない。
なぜなら、地方にきて、キックバックしているだけ。

優秀な霞ヶ関の役人のはずだが。

地方に必要なのは、正確な情報と金

著書に、地域・地方自治体・は、地域の実情を把握しいる。

投稿: 渡邉 浩二 | 2017年5月 8日 (月) 08時03分

石破先生

メディアの情報戦略、今や、単刀直入に情報戦略だと思います。

情報が錯綜する中、正確な情報収集&情報発信
国民は、メディアの情報を、如何に正確に読み取るか。

最後に、元は、自由民主党で、志が同じ同士がいる。

その中に、素晴らしい政治家がいる。
今こそ、同士の集結の時。

タイミングを詠む。


投稿: Kent | 2017年5月 9日 (火) 21時48分

一日でもはやく彼をおろしてください。もう、日本は終わってるが。日本人がいなくなってるのだから。y市南区永田南1-19にいます。すぎはらです。ここが裏製負。加害者の893、正負、ない庁、間らが集まってすみだした。議員が誰も動かないから。野党も全然うごかず。数万人の日本人がつぶされ、代わりに893どーわ、半島人中国人ら水面下がすんでる。まさおじけんもこの指示だろう。北の工作員も家族ごといっぱい住んでる。純日本人の私葉にげおくれた。じりきではむりだ。たすけだしてほしい。しょうこはある。ghq,yata,fm,irumi,so-mu,do-wa,sioni,ksatu,全部がsuga,abの直轄893.i会ら。誰もこないのでにやにやしてる。連休に書類がいきかった。みんな高笑いしながら。はなし氏が20年前から全部知ってる。abのそばにいたのでびっくり。かれ親子が始めた。この黄緑はなにちーむだ?国会議員が893にぎゅうじられてる家族一族やられ、替え玉がのっとり、情報院となってる。こkは来た工作員も何人もいる。日本人日本国つぶしのじょうほういんだ。

投稿: かくさん | 2017年5月12日 (金) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65179119

この記事へのトラックバック一覧です: 引き続き朝鮮半島情勢など:

« イシバチャンネル第七十四弾 | トップページ | 言論の自由など »