« 加憲案など | トップページ | イシバチャンネル特別篇「石破茂外伝2」 »

2017年5月19日 (金)

ICBMなど

 石破 茂 です。
 連休中の安倍総裁の憲法第9条「加憲」発言に加えて、14日日曜日早朝には北朝鮮のロフテッド軌道によると思われる「新型」ミサイル発射があり、今週はいつにもまして慌ただしい日々が続きました。
 ミサイル防衛については「ロフテッド軌道」「コールド・ローンチによる発射」「装軌式TEL(テル。電話ではなく、輸送起立発射機のこと)」「SM-3ブロック2A迎撃ミサイル」等々、一般の方々には馴染のない専門用語が飛び交い、これに法律用語が加わりますので、テレビなどでなるべくご理解いただけるように話すのはかなり難しいことで、わかりやすく話すように努めるあまり正確性を欠くことがあってもなりませんし、それなりに苦労の連続です。
 着弾精度に劣るロフテッド軌道で発射したことには、ロフテッドそれ自体に意味があるのではなく、長距離を飛翔させる能力を示す意図があったのかも知れませんが、いずれにせよ技術が確実に進化しつつあることだけは事実です。

 ここで我々はもう一度、ICBM(大陸間弾道弾)という兵器の持つ意味を考えてみなくてはなりません。
 人工衛星もICBMも原理は同じものですが、射程1万キロのICBMは、長距離を飛翔した後に大気圏に時速マッハ24で再突入し、その時の表面温度は摂氏7000度にもなります。これに耐えて正確な角度で弾頭を落下させるためには相当に高度な技術を必要とするのであって、未だ北朝鮮はその技術を会得していないものと思われます(ちなみに米国・旧ソ連ともに、核爆発とICBMの実験は何度も行ってきましたし、米国は今もICBMのテストを頻繁に行っていますが、両者を組み合わせた実験は一度も行われていません)。
 つまり、米国は未だ北朝鮮のICBMの脅威には直面しておらず、北朝鮮が韓国を攻撃する際にはロケット砲や地対地ミサイルなどで十二分に事足り、我が国はノドンなどのIRBM(中距離弾道弾)の射程にかなり以前から国土のほぼ全域が入っている、というのが現状です。日本、米国、韓国の三か国が緊密に連携して、という表現が常套句のように使われ、それは確かにその通りなのですが、三か国の置かれた状況は全く異なるのですから、それぞれの脅威認識の相違を念頭に置いたうえでの協議でなければ、一致した対応が困難になりかねないことを危惧しています。
 米国まで届くICBMを保有し、体制の保障などの要求をのませるのが北朝鮮の狙いだと考えられますが、これは「この子の命が惜しければ言うことを聞け」という誘拐犯の手法と何ら変わらず、絶対に認められるものではありません。

 いつも申し上げることですが、拡大抑止もミサイル防衛システムも決して万能ではありません。これらに加えて国民保護や民間防衛のシステムを構築しなければならないのですが、我が国の人口あたりの核シェルターの普及率は、スイスの100%、ノルウェーの98%、アメリカの82%、イギリスの67%、シンガポールの54%などに比べて三桁少ない0・02%というのが現状です。この数字はNPO法人日本核シェルター協会の資料によるものですが、「やりっぱなしの行政・頼りっぱなしの民間・全然無関心の市民」という地方創生が失敗する際の原則は、安全保障でも当てはまるようにも思われます。

 憲法第9条の議論がにわかに活発になりつつありますが、「集団的自衛権行使の範囲」や「専守防衛の意義」が大きな論点になるはずです。集団的自衛権についてはすでに何度も言及しているので繰り返しませんが、専守防衛についてもこの際徹底した議論が必要です。
 専守防衛とは「相手から武力攻撃を受けた時にはじめて防衛力を行使し、その態様も自衛のための必要最小限にとどめ、また、保持する防衛力も自衛のための必要最小限度に限るなど、憲法の精神にのっとった受動的な防衛戦略の姿勢をいう」(防衛白書)と説明され、私自身も何度か国会でそのように答弁してきましたが、これがあらゆる防衛戦略の中で最も難しいものであることがどこまで国民に理解されているのでしょうか。
 専守防衛は基本的に国土が戦場になることを想定しているいわゆる「籠城戦」的な戦略ですが、これが成功するためには「強い国民の意思」「堅固な守りの体制」「十分な兵糧・弾薬・人員」「国土の縦深性」「味方来援の確実性」の5つの要素が必要となります(野口裕之氏の所論による)。専守防衛に徹するなら、この確保に全力を注がなければならないのであって、ただひたすらにこれを唱えていればよいというものではありません。
 「決して他国の脅威とならない」とのフレーズもよく使われますが、脅威とは意図と能力の掛け算の積なのであって、決して他国を侵略しないという国民の強い意志があればその積は零なのであり、能力向上を怠ってよいことには決してなりません。

 14日日曜日に訪問した福岡県うきは市の取り組みには、とても勇気づけられました。他の地域からうきは市に移住した方々が「本当にここはよいまちだ」と口々に言われていた姿がとても印象的で、RESAS(リーサス)システム(地域経済分析システム)を率先して活用してこられた高木典雄市長をはじめとする皆様の真摯な姿勢に心から敬意を表します。
 敬愛する岡山県真庭市の太田昇市長が再選されました。27年の合計特殊出生率が全国トップレベルの2.21に達するなど確実に成果をあげておられます。市長は「まだ緒についた段階」と言っておられますが、全国各地で着実に地方創生を実践しておられる市町村長さんにお会いできることはとても嬉しいことです。

 週末は、20日土曜日が公益社団法人オイスカ(The Organization for Industrial, Spiritual and Cultural Advancement)「名取市民の森平成29年度植樹祭 海岸林再生プロジェクト10か年計画」開会式でオイスカ活動促進議員連盟会長として挨拶、植樹(午前9時・宮城県名取市市有林)、その後徳島県市町村長との意見交換会(午後4時・徳島グランヴィリオホテル)、福山守衆議院議員地方創生フォーラムにて講演(午後5時・同)、祝賀懇親会(午後6時・同)。
 21日日曜日は自民党埼玉県衆議院第12選挙区支部大会にて講演(午後4時・熊谷流通センター組合会館)、同懇親会(午後5時半・熊谷市内)、という日程です。

 5月も後半となりました。時々爽やかな初夏の日和となり、ほんのつかの間の楽しさを感じることもあった一週間でした。
 もうすぐ梅雨入り、荒井由実の「雨の街を」(1973年)が似合う季節となりますね。
 皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« 加憲案など | トップページ | イシバチャンネル特別篇「石破茂外伝2」 »

コメント

前略、
迂闊なことに、以下のコメントの投稿先の板を間違えちゃいました。“石破総理”のお目に触れないのは残念ですので(w)、お騒がせしますが、此処に再度、同文を投稿させて戴きます、ぺこり。

   1/2≪派閥も経営理念の公表を≫
風薫る爽やかな五月の日和に誘われて‥爽やかな話題を一齣(くさり)(笑)。
企業だけではなく(注1)、それを派閥と呼ぼうが、政策集団と呼ぼうが、仮令小所帯であれ、大所帯なら尚更、、全ての経営体は、公的な存在なのだから、、経営理念の公表が欠かせまい。政党で言えば「綱領」がそれに当たる。
「水月会」も間違いなく一つの経営体ですから、国家経営の理念策定と公表が欠かせないと考えます。歴史的にも、旧来の派閥が思い付きもしなかったパーティ形式である「昼間、酒なし、バフェなし、カレーだけ」に挑まれる水月会にこそ相応しい。他の「古く黴臭い派閥」との明確な差別化戦略を可視化できる(注2)。

(蛇の足)例えば、それは霞が関の無謬を担保するものではない。逆に全ての“黴臭い慣習”を質実共に創造的破壊を促すための経営理念を指す。事務方トップが短期間で入れ替わるとは言え、否、屡々入れ替わるからこそ、政治権力の一端を担う霞が関官僚組織にこの種の理念が要るだろう。
(注1)周知のとおり、企業、特に上場企業は取引所が課す上場要件をクリアするために作成し公表している。然し、サラリーマン社長の場合、「仏作って魂入れず」の態にあり、経営トップの理念(if any)が場当たり的で組織に徹底されず、中間層に有害な解釈と忖度が跋扈する。電通の如く、経営トップ向けの鬼十則を入社二年目の若者に強要する破目にも陥っている。
(注2)自民党の他の派閥にそんな理念があるのか?古く罔い野合集団に、そんな現代的で道理に適う経営理念が存在する道理がない!尤も5/9第二回は普通のパーティ形式に戻されたので、尚更、大きな意義があるw。

一介の市民に過ぎないことを顧みず‥、無謀にもw、下記の通り、一部に水月会のキーワードを転用しつつ私案・試案を描いてみましたw。その細部には全く拘りませんが、僭越ながら、その大きな骨格は是非ともご採用を期待し、ご策定と公表を希望致します。勿論、「最終的な決定」は石破代表の役割です。掲げられたその「経営理念」は、微修正は当たり前ですが、そっくりそのまま政権構想に繋げることも自然の流れです。

―――――記―――――
①国家経営ビジョン(国家観):世界で「尊敬され、平和で、豊かな日本」を創る! (含意:単なる“目指す”に非ず。安倍Monkeyが荒らした後の今の日本にそんな余裕はない)
②現状認識:「国難の10年」 、「礎となる10年」
③ミッション:経世済民の政治と経済運営を成す。
(含意:字句的には、「経世会」の流れを盛り込む)

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月19日 (金) 19時17分

   2/2≪派閥も経営理念の公表を≫
④国家経営戦略:自律し自立した「独立国家の経営」を成す。
(含意:戦後は様々な理由で天の時を得ず。人財不足も災いした)
㋑経世:SmartPowerを掲げる(=HardPower+SoftPower)
㋺済民:技術Innovationと発想Innovationを経て(※)、ビジネスInnovationを経て、広く社会・文化Innovationを成す。
目標地点は経済的にも智的にも分厚い中間層を復活させること。
(※含意:地方創生事業を典型例として、技術Innovationが初手ではないビジネス領域も多く存在する)

⑤戦術:
㋑経世:SoftPowerを主軸とし、全方位で友好国を成す。旧来の友国との絆を大切にしつつ、特に近隣国との友好に最大価値を置く。
(含意:喧嘩腰で構えないw。歴史の修正に暴走しないw)
㋺済民:L型経済の創生とG型経済の再生。持続的好循環を成す。
補足:政権が、様々な分野で、思索と実践※の両面で智的集積の核となる。かつ、「文民たる政治家」は、それら机上の叡智を現実※に合致するように仕立て直し実践し※、成果を挙げる責務(“責任”に非ず)を負う。※三現(現場現物現実)主義の原点である。

⑥作戦:永田町&霞が関を「清新な人財」の集積地と成す。
その雰囲気(気!)を嵐の如く大手町や日本橋にも及ぼす。
㋑ “石破総理”ブレーン(市民に見える狭い範囲の人財)候補:
冨山和彦さん東郷和彦さん丹羽宇一郎さん行天豊雄さん小林喜光さん原丈人さん(特に“公益資本主義”)藻谷浩介さん。地方創生には星野佳路さん、
㋺小池百合子さんとの連携、即ち、巨大地方と中央の連携。
その縁(よすが)はある。利用しない手はない。例えば、若狭勝さん曰く「首都決戦の結果次第では国政の流れも変わるかもしれない」https://goo.gl/5RYppa 
㋩SmartPowerを掲げる以上、外国人は異例でも、Joseph Nyeさんをアドバイザー程度として側に置く手もある。
補足:大国の経世済民を支えるブレーン(頭脳働き)とは言え、文殊の智慧を紡ぎ出すに必要な数は足りているかも知れません。まあ、多々益々便ずとも言いますので、石破政権の玄関先や庭先に列を作らせておくのも一法か。
経済や産業の現場を知らない経済≪学者≫は座敷に招く意味はいない。玄関先や庭先に列を作らせておくに限る(注3)。また、此処では女性が入って来ない(注3)。現時点で高い身分にも素晴らしい女性がおられるのは周知のことですが、もっと現場近くで活躍して戴くと云うことかも知れません。愚者の狭さの所為か。

(注3)「右端の猿の政権」は、奥の院に、三田(浜田本田岩田)に、また高市稲田山谷有村丸川(修行中)などに居場所を与えた。隠し部屋では、櫻井よしこなどが猿の尻を持ち上げています。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月19日 (金) 19時20分

    ≪米国隷従の日本への皮肉 2題≫
安倍Monkey一味に蹂躙されているとは言え、日本は、今は(!)、未だ(!)、世界の大国ですから、「“石破総理”なら、日本丸の船頭として‥」、海外の広深永な声に耳目を傾けることも欠かせまい。その一例として2題。

彼らは、嘗て日本軍に蹂躙された苦しい恥辱の歴史を乗り越えて、そんな日本への拘りを捨てて、アジアの叡智が「アジアの価値観」を以って、今の「世界中の主流」を切って捨てている(一寸言い過ぎですがw)。
同じアジア人として痛快でもあり、「米国隷従しか方策のない日本(注)」には明確で痛烈な皮肉でもある。
(注)その日本の仲の右翼・極左が、己の悪行に拘り、歴史の改修に挑んでいる。その「秀逸vs醜悪」の対比が非常に興味深い。

①Kishore Mahbubaniさんの貴重で秀逸な近現代の世界観:
"Asian Perspective on Western Narrative"と題するべきか。
https://goo.gl/9EezMe Paradoxically while the North Korean regime is behaving erratically, it is not behaving irrationally.
②NBR:そのMahbubaniさんに触発されたYen-Ling Changさんの、貴重で秀逸な「近未来の朝鮮半島論」:朝鮮半島の再統一論: https://japanforum.nbr.org/scripts/wa.exe?A2=ind1705&L=LIST&F=&S=&P=40770 
My guess, though, is that so long as it could be satisfied with ironclad assurance that US troops would not cross the 38th parallel, China could live with reunification even under South Korea. But given the example of NATO expansion into eastern Europe, indeed to the very borders of Russia despite what Gorbachev understood to be American promise not to do so, verbal or even paper commitment by the US wouldn't be worth much to the Chinese. Therefore, the minimum Chinese condition for reunification would probably be a neutral united Korea, which, however, would not have to be as Ms. Dreyer says, a "Korea that would behave as Beijing wants it to."

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月19日 (金) 19時22分

お疲れ様です。
加計学園の問題がにわかに広がっておりますが、石破先生はこの問題をどのように見ておられるのか是非教えてください。

投稿: 名無し | 2017年5月19日 (金) 19時25分

お疲れ様です。

投稿: mr | 2017年5月19日 (金) 19時54分

石破様、こんばんは。核シェルターの普及率を見て驚きました。日本は、核に対して全く無防備であることが分かりました。経済力一点、国民の生活一点ばかり考えてきたつけではないかと思います。非常事態に対する認識が甘いと考えられます。これまでも日米同盟は一年更新で来ていますが、それは、明らかに自国の経済力を強めようとするだけ、自国の生活の豊かさだけを求めた甘えではないかと思います。今後は、非常事態をいくつも想定して、国家防衛をできるような国づくりをしていただきたいと願います。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2017年5月19日 (金) 22時28分

多くは書きません。
日本の核シェルター保有率が低いのは国民が国家を頼り過ぎというのであれば、大多数の国民がシェルターを購入できるよう、経済環境構築や格差の是正、官僚や議員の優遇制度廃止等を責任を持って取り組み結果を出すべきです。
また国民の多くは、防衛の為に予算を出すなとは考えていません。
むしろ説明責任を果さず日本の武器商人の利益向上とアメリカの武器産業活性化に邁進する姿に疑念を持っていると思います、心ある反対派は。
加えて、有事の際の対応は色々と言ってますが、戦争にならないための外交努力など全く行っていないと同じなのではないでしょうか。
行ているのであれば具体的に説明して欲しいですが、安倍総理の地球儀俯瞰外交とは、税金を使い税金をばら撒いて安倍夫妻が海外旅行をしているだけではないのですか。
いずれにせよ、石破議員には多少なりとも期待をしておりましたが、この記事でそれは誤りであり、石破議員は自己保身しか頭に無い事が理解できました。

投稿: サクラ日記 | 2017年5月19日 (金) 22時59分

はじめまして。こんばんは。
都内に住む中年です。

毎回興味深く拝見しております。
国防のスペシャリストと謳われる石破さんの言葉の説得力は、どこぞの国の総理大臣のそれとはレベルが違いますね。私は今の自民党が好きではありません。重要な法案の採決が強行される事しばしば。諸悪の根源は、私たち市民の無関心にあると自覚しますが、そこを都合良く利用しているようにしか見えません。今日も…もう昨日ですね、ひとつ衆議院を通過しました。ある意味これは無関心な国民を上手にコントロールできていると言えるのでしょう。でも、何とも言えない不安ばかりが募っていきます。
石破さんにはもう少し大きな声で発信していただきたいと思います。石破さんに対して『戦争が好きで顔が怖い人』という印象しか持っていなかった私ですが、様々な問題に対するお考えに滲む説得力は、石破さんが地方創生大臣になられた頃から感じております。
今の自民党には恐怖を感じますが、野党各党の頼りなさには更に強い恐怖を感じます。政治のことはよくわかりませんが、物事というのは拮抗して、徐々にあるべき方向に進んでいいき、着地点にはより多くの納得と安心が約束されるものであって欲しいと思います。
どうか自民党内にメスを入れてください。私たちの心を納得させてください。よろしくお願いします。

私はずっとこの感覚で生きています。故人、山口瞳さんの言葉です。
「人を傷つけたり殺したりすることが厭で、そのために亡びてしまった国家があったということで充分ではないか」「もし、こういう(非武装の)国を攻め滅ぼそうとする国が存在するならば、そういう世界は生きるに価しないと考える」

散文駄文にて失礼しました。

投稿: 石塚ひろみ | 2017年5月20日 (土) 03時03分

核シェルターにまるで無関心の庶民って…。

石破さんは、テレビで15年前からミサイルが…と言ってましたが、世界がこれだけ核が危険だからシェルターをなんて言ってましたか?

私は広島県民として話し合いで平和な世界を…と訴えたし、政治家の水面下でミサイルの実験なんて知りませんでした。

前もって、分かる場所でシェルター作れとかならまだしも、原発の避難経路も後回しで再稼働したり、政治家だって無茶苦茶じゃないですか。

自民党は自分じゃ満足に発言出来ない法務大臣を続けさせるし、やり方が汚いです。


シェルターの話を、いつどこで民間に説明したか、各ニュース番組で説明してまわって下さい。

投稿: 洋子 | 2017年5月20日 (土) 04時55分

石破閣下

 ポンコツモデラーのポンコツコメントです。
ICBMがタイトルとはビックリです。おそらくたいていの場合なんのことか理解できないのではないでしょうか。大陸間弾道弾は原則として、北極圏をはさんで米ロが打ち合う核戦争の手段の一つです。そのほかには潜水艦から発射するSLBMとか、爆撃機から落としたりミサイルで打ち出したりします。ひそかに持ち込む(一般の船舶や旅客機、場合に拠っては列車)ということもあるので、全面核戦争のすべての手段ではありませんが・・・、
 ロケット・ミサイル(飛び道具)の映像は、インパクトがあるのでプロパガンダに利用され易く、印象戦略の典型です。熱核兵器の開発を放棄させるということから目を逸らすのが目的では。
 通常破壊威力によるロケット攻撃は、全面戦争の手段としてはほぼ無力というのが過去の戦争での事実です。上を向いている間にコソット持ち込まれドカンとやられない様に地味な活動もしていますから、心配はいりませんが・・・
 専守防衛とは前進防御から考えられた概念ではなかったかと思います。つまり、ドイツをイギリスから守るためにフランスを攻略してドーバー海峡のカレーからノルマンジーの海岸で迎え撃つ、戦場はフランスでドイツは無事というような戦略。自国で自国防御とはあくまで国境から敵を入れないという戦略ではないでしょか。「戦争で奪われた国土を奪い返すのは、国権の発動になるので禁じられている」、というツッコミを入れる人がいないのは(学生はゼミでする)まさかそんな事態は発生しないと思い込んでいるからでは無いでしょうか。
 日本は平和です。「今日本は戦争になっていると仮定して答えよ」なんていうのは・・・乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2017年5月20日 (土) 09時05分

石破さん、こんにちは。
中東の今のひどい状況を見れば、いかに親密な同盟国アメリカの安全保障があるとしても、この東アジア圏内は、一度戦争になったら、メチャクチャになるのは目に見えています。また、爆弾は誤爆というのがすごく多くて、中東でも味方や民間人の上でさく裂して、多数の死傷者が出ていることは、明らかな事実です。理論的に物事をおっしゃるのは分かりますが、現実というか実際は、中東の今の状況を見る方がよほど正確な事実を見せつけています。
テロ等準備罪についての法律、森友学園、加計学園の疑惑、自民党が力を得ると、また汚職というか好き勝手にやりはじめるのですね。安倍さんの周辺には、イエスマンしかいない。野党も頑張っているが、力が弱い。天皇陛下を全日空機に乗せて、自分は政府専用機を自家用ジェットのように使う総理の横暴。皇居での昼食会で、天皇の真隣りに座る総理。天皇の真隣りに座って良いのは、皇后だけです。無礼講なんてことはあり得ないのです。破廉恥な行動を平気でする独裁政権は、早く退陣して欲しい。そう思うのであります。
政治家と国民の意思の疎通がなく、その社会の政治意識の解離が甚だしい時、信用と真実と発展を失うのです。中曽根さん、もう出てこないでください。隠居して欲しいです。国会議員も定年制設けて欲しいです。最近は省庁もおかしくなってきました。極めて危ない状況で驕れる者はひさしからず。となるに違いないです。

投稿: 湿度計 | 2017年5月20日 (土) 09時05分

中距離弾道弾が日本内にあるという事自体、本来なら専制攻撃や策敵攻撃に関する法案が出され、通ってもおかしく無かったのですが国民の防衛意識の欠如と政治決断がなされなかった結果が今に至っている。本来核兵器を含む如何なるミサイルも最後に出す物であって、喫緊の脅威は普通に届くミサイルである。そういう意味からすると人口4分の1が38度線近くにあり、大統領府もある韓国の国家設計は非常に不味いと言わざるを得ない。中距離どころか大砲でも届くだろうという距離だが無計画と防衛体制の欠如とは恐ろしい物である。日本も撃たれる訳は無いと問題を無いかの様に法整備もして来なかったがもうかなり限界に近いし、やらないと自滅の道が口を開けて待っている。

投稿: 忍者 | 2017年5月20日 (土) 10時18分

   専門家でない人でも防衛の事を少し学べば今迄の視点が180度変わる事は体験上分っていますが積極的に考えないと駄目ですね。9条、9条と連呼してこれが防衛だと思い込んでいる人も数多くいる訳ですが9条が宗教になっているとそれが守ってくれると言う錯覚に陥る様です。ある意味、自己催眠の様に何の備えも無くても守られると思い込みたくて仕方が無い。大分、9条ユートピアにも変化が見られますがそれも皮肉な事に中国船と反日暴動で目が覚めた様にも思われます。ICBMというと現実味がありませんが中国船200隻小笠原諸島沖、サンゴ略奪というと脅威にも感じますし、もし武装していたら?と想像するだけで恐ろしくもなります。日本人が朝鮮や漢民族の図々しさと厚かましさを学んだ事は大いに収穫であり、日本人の防衛意識を呼び覚ますには充分でした。以前は憲法改正何て、この防衛意識薄弱の平和ボケ集団に出来るのか?と思いましたが何年も暴言を吐き、友人や周りにも危機を言い続け、反対派潰しに奔走している内に同じ様な人が沢山いたのでしょうね、明かに変わって来ました。民進党の答弁は時に下らな過ぎて聞くに堪えませんが逆に議員は大変だと同情する様にもなりました。そしてこの程度の低い議員を選んだのは国民の責任だと思わざるを得ません。学園スキャンダルが流行ですか?一昔前の三文ドラマみたいですが日本に限らず、米国もホワイトハウスサスペンスに入りそうです。

投稿: 忍者 | 2017年5月20日 (土) 10時41分

   欧米ではなぜかサバイバルに関連した映画やドラマ、又実際にもサバイバル道具や方法が数多く出回っています。日本ではサバイバルというよりかはストレス解消の為の自然体験という方が主流です。この違いは何かというと危機意識と自立心の違いです。日本では災害があると政府が直ぐに動き、救助され、捜索され、少しでも人が亡くなれば政府が非難されます。ところが欧米ではもっと厳しく、市民や素人であろうと不備があれば叩かれますし、知識不足や間違った選択をしてもそこを突かれます。政府よりも個人が叩かれる事も多いので装備だけでなく、知識も持ち合わせて動くの欧米人の中では常識になっています。そしてそれだけでなく、政府に迷惑をかけずに自力で何とかするという自立心も手伝い政府による介入を嫌がる人もいる程です。政府や公的機関に頼らず、何とかするという姿勢が彼等の防衛意識の高さや自立心にも繋がっている訳です。だから個人的に自立心の無い人は防衛意識に疎いのは当たり前で他人任せな訳です。やりっぱなし行政、頼りっぱなしの民間、無関心の市民とは非常に的を得ています。そして現実を言うと危機を煽っていると言いますし、被害や死者が出れば、政府は何をやっていると非難する訳です。だから本当に危機が迫っている時は彼等を無視して事を進める事です。今は目前の脅威があるので無視して良い時ですし、国民の支持がそれを示しています。

投稿: 忍者 | 2017年5月20日 (土) 10時55分

全く、そその通り芯を貫いてください。

投稿: 名越聖恵 | 2017年5月20日 (土) 17時05分

石破先生
先日の大田区の平議員の政治報告会でお顔を
拝見しお話を伺いました。
自民党の中で国防のベテランとして、また
国を過去のような戦争による廃墟に戻す事が
無きようお導きください。
79歳の戦争を知る塾員の一人として心から
応援致します。 益々のご活躍を祈念いたします。  大田区)鈴木一兄(いっけい)

投稿: 鈴木一兄 | 2017年5月20日 (土) 17時25分

   米露軍拡を知っている世代には核脅威だけでなく、シェルターや核着弾後どう生き延びるか本だけでなく、映画や映像で観た事がある。最近は動画で両国の人達が様々な物を上げていてその国の人となりを見る事が出来る。そしてそれを観ている限り、どちらの陣営も悪い悪魔の様には見えない。北方4島だけでなく、露は手付かずの自然が結構残っているのではないかと思われる所がある。余り開発の手が入っておらず、人も素朴な感じで生活自体がサバイバルな感じがする。それだけに昔の知恵が沢山あり、日本人も嘗てはこの様に住んで生活していたはずだが余りにも便利になり過ぎた。不必要な戦争や間違った悪意で敵を作る事は避けたいが情報の分析を誤ると悪い方向に事が進む。沖縄でも人柄が良い人達は沢山いるが間違った情報で反米、反日運動だけに興じていると本土との分断だけでなく、他国に支配される呻きに会う。そして嘗て恩納村には核ミサイル跡地がありそれは中国に向いていた。外国に居たから分るが良い人達も状況が変わり、政治的な事になると豹変する。個人的に付き合うには良い人でも対他国や政治的な思想となると敵としか思えなくなる人達もいる。世の中は話し合いで解決がつかなければ裁判になり、裁判で折り合いがつかなければ紛争になる。これ程単純ではないが時間軸が長いだけで同じ事を繰り返しているのが歴史である。北がICBMを使う前に米国は叩くだろうが回避するだけの賢明さと誠実さがあるとは思えない。露の様に経済破綻に導けるのか、内部崩壊を誘発出来るのか分らないがICBMを使うより良いに決まっている。もし使う事があれば相手が反撃出来ない程、無能力化しないと次はソオルと東京が危なくなる。

投稿: 忍者 | 2017年5月20日 (土) 19時35分

 憲法改正を、拙速に進めるべきではないという意見が少なくないように感じます。改めて書くまでもなく、憲法改正は国会で発議をし、国民投票の賛成多数によって初めて実現するものでありますから、その理念は「憲法改正については、国民自身がその是非を判断することですよ、憲法は国民の手で変えるものですよ」というものでしょう。言い換えれば、国民が政治家になったつもりで改憲の是非を考えればいいことで、何も後ろ向きになる必要はないはずです。自分自身が判断することを「拙速にやるな」というのはおかしいわけですから、憲法改正の手続きや理念を理解していない人が相当居るということになるのではないでしょうか。生意気な意見でしょうか。

以下、先日の投稿より少し自民党案を生かした9条の改正私案です。

9条:日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。(草案通り)
(2)前項の目的を達するため、自衛権の発動を目的としない陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。自衛権の発動によらない国の交戦権は、これを認めない。
9条の2:我が国の平和と独立並びに国民の安全を確保するため、自衛権の発動に備えた内閣総理大臣を最高指揮官とする自衛隊を保持する。(以上私案)

 以下、(2)項から(5)項まで、草案の「国防軍」を「自衛隊」に置き換える。

 このようにすると、フレキシブルな自衛権の発動が可能になりませんか? 素人の拙案をお許しください。

投稿: 中年鉄道ファン | 2017年5月20日 (土) 20時08分

【信頼を失って5年になる民進党】

 2012年まで政権を握っていた政党であるが世論を敵に回して政権を維持することが出来なくなり政党の名前まで変えた。しかし、それでも信頼を回復するどころか底なしの泥沼に沈んでしまう政党になってしまった。
 『共謀罪』の創設を葬るためにやらねばならないことは世論を味方につける事であったのだ。しかし、森友問題で辻元議員の背後問題となるようなブーメラン隠蔽工作が発覚し、加計(かけ)学園問題では民進党の支援団体のような反日の朝日新聞社の捏造疑惑まで発生して世論を味方にするどころか敵の数を増やしてしまう結果になっている。
 その間の事情が反日の毎日の記事にあった。
 『「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日の衆院法務委員会で採決され、民進、共産、自由、社民の野党4党は猛反発した。4党は答弁が不安定な金田勝年法相に引き続き照準を定める戦略だが、改正案への世論の反対は思うように広がらず、攻勢の糸口がつかめていない。このため学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の問題で予算委員会の集中審議を要求するなど、安倍政権に揺さぶりをかけようと懸命だ。【樋口淳也、真野敏幸】』
 視点がずれているのはこういう法案は世論の反対があるものだという思い込みである。そこから検証する必要があるし、その反対を呼びかけるのだが、なぜかスカタンな事しかできなかった政治家の集団である民進党に信頼がどの程度あるのかと自問しなかったことが問題のような気がする。
 
 思えば尖閣沖シナ漁船特攻事件の対応が総てであったような気がする。せめてあれだけでも毅然とした対応が取れていたなら、世論が匙を投げるところまでは至らなかったような気がする。シナ帝国との国交を重視するあまり、国民に向けては情報の遮断隠蔽封印を平気で行い、外務省の対応がないまま検察官を交渉役にして逃げきろうとした。その上、その間に発生した建設会社の駐在員の拉致監禁事件の解決が全くできないままノーベル平和賞の受賞者がシナ帝国の監獄に収監されている人だと解り、そのこととほぼ同時くらいにに権駐在員の解放があったことも、国民の信頼を失う出来事になった。何をやらせてもダメな政権であるという認識が国民に共有されて政権を維持することが出来なくなったのである。
 共謀罪を葬るために世論に呼び掛けても誰もついてこない下地があったのだ。党首の国籍の問題の方が森友問題よりも重大ではないかと思われている為に耳を傾ける人が少ない。逆に、もしかすると自民党に貢献するために問題を逸らせるような活動をしているのかと思ってしまいますね。山尾議員の政治資金問題も何も解決されていない。彼女が質問席に立つたびに政治資金問題の解決があったのかとネット掲示板では必ずその文句が出てくるので、議論の対象がそっちになってしまう事の方が多い。自民党を勢いつかせているのは議員の数の問題ではなく、追及する立場の民進党に問題が多すぎることが原因ではないかと思う世論になっている。この状況は、いったい誰が考えだしたのか?
 シナのスパイを大臣室に自由に出入りさせていたという問題とか、韓国に向けた国書を宅配便の様なもので返送されても厳重な対応が取れなかったこと等、民主党が政権を握るだけで株価は3倍になると言っていたのに簡単に3分の一に下がってしまった事実に、そのスカタンぶりが発揮されたようだ。マスゴミはその真実を隠蔽することしかやってこなかったが、市場は嘘をつかないものだ。
 より選りの出来の悪い人物ばかりを集めて政党を作っていたなど今更云えるわけがない。誰も責任を取らないまま野党第1党だとほざいているのが実情である。しかも共産党と共闘して立場がより悪くなっていることに気が付いていない。

 共産党と共闘するような政党に世論が協賛するのかどうかアホでも解る事ではないか?
 大阪で民進党に名前が変わる前の民主党が維新憎しのために自民党共産党の連合で共闘を結び選挙を迎え維新だけが党勢を伸ばした。市会では民主党の議席はゼロになり府議会では僅かに一つである。世論を味方にすることが出来なかったわけである。そこから何も学んでいないようだ。都議会選挙でも同じことが繰り返されることになるだろう。
 世論を味方にできない政党というべきか世論を敵に回すのが巧いというべきか判断に迷う処である。
 マスゴミを利用すれば何とかなるという考え方を捨てたほうがいいですね。彼等は既に国中の信頼を失った異能の集団である。NHK等はそのうち廃棄処分されるだろう。そういう処に頼らない政治を始める方がいいような気がしますね。マスゴミ出身の議員はそれだけで信用されない時代になっています。
 嘘をつかないことですね。これは自民党もそうですが、先を考えずにその場限りのとんでもない発言とか出ますね。それが嘘になってしまう。只の正直者では政治家に向いていませんね。そこが難しい職業です。自覚のない人はこの職業に就くべきではないですね。
 国民の安全安心を最優先するという信念が試される職業ですね。マスゴミにいた人には無理です。自分をかっこよく見せることしか頭にない。判断能力にも欠陥がありますね。先が見えないような場面で簡単に決定をしてしまい取り返しのつかないことが起きると逃げますね。それが信頼を失う事と認識することがない、民進党はブーメランが多すぎるのはなぜなのか?  党内で議論したほうがいいですね。手遅れですが・・・。

 

投稿: 旗 | 2017年5月21日 (日) 22時26分

【北朝鮮の犯行?】

 ネットに読売新聞の記事の転載だという内容の記事があった。
『【ワシントン=大木聖馬】米上院国土安全保障・政府問題委員会は10日、サイバー攻撃に関する公聴会を開き、出席した米大手情報セキュリティー会社「シマンテック」の幹部、ジェフ・グリーン氏は、北朝鮮がバングラデシュの銀行にサイバー攻撃を仕掛けて、8100万ドル(約92億円)を盗んだとの分析を明らかにした。

 核ミサイル開発を続ける北朝鮮は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁や米国などの独自制裁で経済的に困窮する中、外国の金融機関にサイバー攻撃し、外貨を獲得している可能性がある。
 グリーン氏は北朝鮮のサイバー攻撃について、「金融面での不正行為は、これまで99%が(個人による)犯罪だった。国家が関わる主要銀行への攻撃は初めて見た」と指摘し、北朝鮮がバングラデシュ以外に対してもサイバー攻撃を仕掛けているとの認識を示した。』

 米国政府が主催する公聴会というのも無条件でその内容が真実だというつもりはない。韓国が主張する売春婦の強制連行や20万人という説が出てくる発端もこういう公聴会から始まった。ただ問題をでっち上げるために行っている活動かもわからないという事である。
 北朝鮮の活動にはこのバングラデッシュ以外にもソニーに向けられたサイバー活動(金正容暗殺をテーマにした映画製作の話があった)とか、(これについてはFBIも北朝鮮の関与をかなり疑っているという話がある)2009年に発生した韓国政府に向けられた大量メール事件(これは犯行形態から北朝鮮ですと白状しているような犯行と言われていたそうだ。)軍事目的の範囲が広くなっていることに注目されているそうだ。そして、北朝鮮のハッカー集団というかハッカー部隊の実力もまたあるのだと思う。しかし、個人の犯罪の分野に国家が成りすまして実行する点が異様な国家という云う印象を拡散しているように見える。
 バングラデシュの銀行から奪った92億円はミサイルとかの材料になっていたのかどうかという事である。経済制裁の締め付けがハッカー犯罪の増加という事になれば『北朝鮮がそれをやっている』という認識が定着することになる。先週末に発生した大規模な身代金要求型のウイルステロもまた北朝鮮の関与があると言われるのはそのような疑いを増やしてきたという事が背景になっている。

 経済制裁とウイルステロが明白になれば北朝鮮を締め出す方向に世界は考え始めるかもわかりませんね。今の処情報セキュリテイソフト分野の専門家や各国情報機関の人々からの証言だけしかありません。コードの特定やその証明に至る証拠が出てきたときに大変な事態が起きるような気はしますね。
 背後にシナ帝国のサイバー部隊の関与があるのだろうと思います。シナ帝国もまたこの分野では独自の部隊の育成を図っている事で有名になってしまいました。(上海にその本部がある事まで知られているそうだ)
 北朝鮮の師匠としてサイバーテロ活動を拡大させてきたのかどうかが話題になるような気がしますね。あらゆる面でシナ帝国は北朝鮮の育ての親である。サイバーテロだけは関与がないとか言えない気がしますね。

投稿: 旗 | 2017年5月22日 (月) 02時04分

【1964年の東京オリンピックの開催期間中にシナ帝国は核実験を強行した事実】

 この人類の平和の祭典を踏みにじる行為をやってのけたことについての反省や謝罪の言葉が今に至るもない。それに対して我が国の国会議員は、『北京オリンピックを支援する国会議員の会】を立ち上げて応援したのだが、これは日中友好の役に立つことがあったのか?

 共謀罪の創設に関して自民党の土屋議員がこれに関連するような発言があったようだ。
 19日の審議で出た発言である。
『この日の審議では、自民党の土屋正忠氏が「東京五輪を狙ったテロの動きなどを当然予想しなければならない」などと必要性を強調。民進党の逢坂誠二氏は「論点は山積している。生煮えの状態で採決するのは断じて認められない」と採決に反対し、「一般人も捜査対象になるのではないか」と懸念を示した。』

 2度目があるかも知れないという話なのか? シナ帝国によるテロ活動若しくは核実験の強行とかが考えられるのであれば、これに対する備えもまた重要になってくるわけである。しかし、この土屋議員もまた『北京オリンピックを支援する議員の会』に名前を連ねていた人である。1964年当時も今もシナ帝国がオリンピックで何をしていたのか知っているはずである。それに備えよという人がどのような気持ちで『北京オリンピックを支援する議員の会』にはいられたのか謎としか言いようがない。

 東京オリンピックがシナ帝国による核実験で汚されないようにとはっきり言うべきではないか。誰もそれを訊かないままだから、次もやるかも知れない。
 野蛮な政府であるという認識はこの場合重要な事実です。今からでも遅くはないと思う。次にはそういうことはやめてくれと外交ルートを通じて正式に言っておくことですね。聞いてないよと云わせないことも重要です。

投稿: 旗 | 2017年5月22日 (月) 02時36分

お疲れ様です。
青森で山菜採りをしていた方が野生のクマに襲われたそうです。
木の実が足りないため、農作物への羨ましさと人への好奇心から山から降りて来てたのでしょうか。

でも、クマ自身も生息地を抜け出すと反撃に会う可能性があるということを学習したと思います。

今週もお仕事頑張ってください。


投稿: くま | 2017年5月22日 (月) 05時16分

改めまして、激務の中でのブログのご更新、有り難うございます!
折角、風薫る、草木が生き生きと背伸びする日和だと言うのに、猿一味に牛耳られた日本政治の世界は、日に日にその無様さの度が増し、怒りに震えている。
そんな今、例の「“石破総理”なら、どう考え、どう行動されますか?」と云う問いを発する前に、下記の問いが肝心になっている。
―――――記―――――
ポスト安倍を狙われる石破さんは、安倍晋三を権力の座から引き摺り下ろすために、どう考え、どう行動されますか?

   ≪保守の構えvs右翼の天皇ロボット論≫
毎日【一部の退位議論に 天皇陛下:ショック 宮内庁幹部生き方否定 https://goo.gl/pLjg95 
【安倍晋三‥平川祐弘‥渡部昇一ら”保守系”の専門家 ①天皇家は続くことと祈ることに意味 ②被災地訪問を縮小し、宮中祭祀だけを続ければ退位の必要はない】
⇒彼らの言動を日頃から診ていれば、これらは何ら驚く主張ではない。貴奴らを一括りにする軸を挙げるなら、日本人を云々する前に、「人間としての情がない」で括るのが妥当だと。
また、貴奴らは人間たる天皇に対して、己の意のままに動かしても意に介する必要を感じない天皇ロボット論者だと。
愚見では、そもそも、「真正の保守」とは日本の歴史や伝統を尊ぶ。潔く、現実を受け入れ、過ちは素直に反省もする。その亀の象徴として天皇陛下を戴き畏れる構えに発する。
従って、この記事に登場した輩らの背後には「国家基本問題研究所、従って櫻井よしこの霊」が取り憑いているのであって、「真正の保守」とは似ても似つかぬ「右翼または極右」だと断言できる。彼らには、「天皇陛下への畏れ」が欠片もない。
(蛇の足)今時のヤクザが刺青を纏わず背広姿で本性を擬す如く、今時の「右翼・極右」は、街宣車を連ね大音量で街中を騒がせる不逞の輩だけではない。
彼らは被災地慰問を挙げているが、貴奴らが言う「縮小するべき公務リスト」の筆頭には、先の戦争で無残に散り命を奪われた「平場の兵隊たち、真の英霊たち」への慰霊の旅が挙がっているに相違ない。彼らは全滅を玉砕などと無残な死を美化してきたこと、敗戦の歴史を修正するのに務めてきた。天皇陛下のそれらの事跡は、そのご意思に係わりなく、その裏側で、貴奴らの思想的な歪みや精神的腐敗を糾弾する結果になっているのだ。A級戦犯を合祀した靖国の参拝を忌避しておられることにも読み取れる。

(蛇の足)思考停止した庶民大衆には、天皇陛下のご公務にある、そんな深い裏側を読み解く能力に欠けている。多くの国内メディアもそんなことはどこも誰も報道しない。愚見が、特に日本では、「下からの改革」ではなく、「上からの改革・変革」を求める所以でもある。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月22日 (月) 10時22分

石破さん らしい論理的な説明 恐れ入ります。
「専守防衛とは(中略)これがあらゆる防衛戦略の中で最も難しいものであることが どこまで国民に理解されているのでしょうか。
 専守防衛は 基本的に国土が戦場になることを想定している いわゆる「籠城戦」的な戦略ですが、(中略)
 「決して他国の脅威とならない」とのフレーズもよく使われますが、脅威とは意図と能力の掛け算の積なのであって、決して他国を侵略しないという国民の強い意志があればその積は零なのであり、能力向上を怠ってよいことには決してなりません。」
この説明からも 導かれる 道理は 只一つ。
始めから、国土、国民に犠牲を強いることを前提とする ”専守防衛”とは、古今東西の有史以来 ”アホ”が取る 戦略である。
この様に 単純明快に 結論付けられますね
故に、”専守防衛”という虚構を前提にした、憲法含めた 各種安保法案の類は 実質的に”論外”であると。国民の血税を投入した 貴重な国会の場で、虚構の”専守防衛”議論で お茶を濁すのは即刻、止めて頂きたい。
時間と金の浪費も 甚だしい。
「時は金なり」
南シナ海、朝鮮情勢に 右往左往する 今の日本を見ると、「時は金なり」だなと 思います。米軍頼みだと 思いますが、10年後も、20年後も 米軍が健在で、且つ、日米安保が保たれている 保障は、どこにもありませんよ

投稿: ぴっぽー | 2017年5月22日 (月) 10時22分

  ≪皮肉に非ず。焦りであり怒りです≫
石破さんがこのブログ板でご指摘の通り、「経世」の重要要素である国家の防衛や独立の堅持のためには、時代遅れであっても軍事HardPowerの強化や備えは「20世紀以前の抑止力。必要悪」として欠かせないのですが‥、
そのままでは、それだけでは、歴史が訓える通り、軍拡競争の深みに嵌る。「不測の事態、小さな小石」が戦争に拡大する事例は枚挙に暇がない。
他方で、21世紀の今は、問題の発生を未然に防ぐ、悲惨な事態を予め回避するための力として叡智と智慧のSoftPowerがある。そのSoftPowerに関しては、過去「それも大切なことだ。が‥」の一言で済ませて脇に置く国防論が多い。‥と云うか、政治家にも評論家専門家にもそんな国防論しか≪殆ど≫目にしない。

「猿に牛耳られた政府」のお陰様で(その美辞の陰で!)、SoftPowerの重要な一端を担う「外交系のモグラら」は未だに外交力や交渉技能を磨きもせず、錆びつかせたまま、「伏魔殿」で温々と日々の時間と税金をドブに捨てている。まあ、肝心の政治がSoftPowerに、そしてその統合形たるSmartPowerにも無理解で無関心であるという事情があるにもせよ!だが、「軍需産業の活性化に拠る経済再生戦略」と云う噂に真実味を増す。
「経世」がその前時代的な醜態を曝しているのだから、「猿に牛耳られた政府」の下では、「済民」の現場である社会でその主体であり享受者である国民が、活き活きと日々の生活を楽しめる道理がない。済民の脈絡で、愚見が大きな価値を与えている「中間層、特に智的にも経済的にも豊かな中間層」が痩せ細りつつある。

(蛇の足)SoftPowerは言葉としては米国に生まれ、Joseph Nyeさんが政治の実践の場に持ち込まれた概念だが、米国にもその伝統はありとしても、寧ろ、21世紀の時代には、憲法で平和主義を掲げ不戦を貫いてきた日本にこそ深掘りと実践が期待されている「新種のPower」なのだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月22日 (月) 10時24分

有事外交かぁ。

戦争が起これば政権が持たない、という状況ならそれも可能だと思います。
しかし中国やアメリカが今の野党が政権交代を成しうる、社会主義政権が出来る恐れがあると思わない限り、そういう外交は出来ないかなと。

ここで無責任に野党がんばれと言うのもどうかと思いますが、
外交の具くらいにはなれる勢力であってほしい。

投稿: きました | 2017年5月22日 (月) 12時51分

安倍はおれの真心に対して
泥を塗りまくる恥知らずのバカと
俺の中では確定した。
だからといって石破が勝てるとは限らない。
より卑怯で悪人にならなければ
絶対に勝てん。

森友学園や家計学園の腐敗こと
俺でさえずいぶん前に知っていたから
政治家は美しく生きろとたしなめたが無視。

途中からブログではなく直接メールで
支援してやったが無条件で下に見ているので
行間を読んだり真の意味さえ理解できない。
知性の無さというか傲慢さのみが
前面に出て日本に悪影響が出るだろう。
トランプとの握手見たか?
感情を押し殺せず顔に出す幼稚さに
俺は戦慄を覚えた。器ではなかった。

そろそろ変わってもらうべきだろ。
そうはおもわないか?

投稿: 名無しさん | 2017年5月22日 (月) 15時19分

ロフテッド軌道とか難しい話は僕もよく知らないけど、今回宇宙ステーションよりも相当高く上げて、宇宙空間から落としてきたわけだから、専門家が懸念していたことを実験してきたわけですよね。北朝鮮のミサイル技術も相当上がってきたと言う証拠でしょうね。今回のミサイルは、今自衛隊が保有しているSM3やPAC3では迎撃が不可能で日米共同開発しているSM3ブロック2Aがかろうじて迎撃できると言うことですから、新型のSM3が配備されるまで、ロフテッド軌道で攻撃されたら日本はお手上げ状態だと思います。やはり日本も発射台を直接攻撃する敵基地攻撃能力も保有するべきで、米国が最近開発した発射機等の移動目標も迎撃可能になったトマホーク巡航ミサイルを日本も買って保有するべきだと思いますよ。核ミサイルを東京や大阪に落とされたら、人口の半分は犠牲になるわけですから、敵基地攻撃能力がどうして今必要か、政府や自民防衛族議員中心に、多くの国民に理解してもらえるように詳しく説明して、敵基地攻撃能力も急いで保有するべきです。

投稿: みつたか | 2017年5月22日 (月) 17時28分

【日本政府も、対抗して 6000人くらい 国内に巣食う チャイニーズを 強制送還すべきでしょ!!!】

> スパイ容疑日本人6人、中国で今も拘束 3月に温泉調査
中国の山東省と海南省で3月末、日本人男性計6人が中国の国家安全当局に拘束されたことが12日、明らかになった。日本政府によると、拘束は今も続いている。具体的な容疑は不明だが、スパイ行為など国家の安全を害したとの疑いを持たれているとみられる。
(略)
by 朝日新聞
やられたら、やりかえさんかい!!
そういう根性が 必要と思いますね

投稿: ぴっぽー | 2017年5月22日 (月) 20時37分

というか、個人毎に 核シェルター持つのって
非効率だよね
一部の金持ちは ともかくとしてね
戦前の防空壕と同じ発想で、
地域毎に、核シェルターと呼ぶか 防空壕と呼ぶかは ともかく、そういうシェルターを 地域毎、組織毎に 設置、運営すべきでしょ。
で、平時は そこを 保育所とかにして 活用すれば いいんだよ
欧米が 核シェルター持ってるから 日本も持たなければいけない。という論理は 浅はか過ぎますね
如何ですか?
つーかさ、核シェルターというか、地下都市 建設するくらいの勢いで やったら って感じだけどね
地下鉄とか そのまんま 臨時の核シェルターとして 転用可能だろうし。前向きな議論にマインドを替えて 議論をしたらどうですか?新たなビジネスチャンス、コミュニティの創設にも つながりそうだしね

投稿: ぴっぽー | 2017年5月22日 (月) 20時44分

【憲法改正が姑息な形に終われば後世に大きな憂いを残すことになる】
 
 安倍総理は土壇場になって功名心を求めるようになって来たのかも解りませんね。70年近く誰もできなかった憲法改正を最初にやり遂げた首相という意味で名前が残りますね。そのためには美味しい処だけの改正になったのかもわかりません。草案にある第100条の改正規定についてはどのような発言があるのかわかりませんが、これは草案通りなら改正手続きのハードルが低くなったのだから、後に続く責任者がやればよいとでも考えているのかどうかですね。まあ、これはこれで無責任な考え方と言えます。第9条の内容を変えずに追加の条文で整合性を持たせるのはかなり難しいような気がします。矛盾のほころびが拡大するかもわかりません。
 平成24年改正草案はたたき台であるにしても。これまでの矛盾を解消する狙いもあったはずです。第2章が『戦争放棄』から『安全保障』と変えた狙いもあるわけで、それと改正前の第9条のままでは悩みますね。

それはさておき 加計学園問題では、またしても民進党のブーメランがさく裂したそうです。四国選出の民進党の議員の方から学校誘致の陳情が起きていたという事実が発覚し、玉木議員の学校誘致に反対があった等と云うのは捏造話ではないかと指摘があるようですね。そして日テレとの関係や、獣医の組合からの献金の暴露とか、身内に獣医師がいる事により利権の擁護のような活動が背景にあるとまでネットで話題になってしまっています。

 嘘をつくにも、すぐにばれるようでは話になりませんね。
 これとは別に新たな抵抗として国連の名前を持ち出せば形成を変えられるという目論見ですね。戦場売春婦問題でも出たパターンです。反日勢力ではなくても、何も考えていないひとは簡単に利用されるのかもわかりませんね。国連に勤めている人は、プライドだけは異常に高い人が大量におられるような印象があります。騙されやすいと言う事にもなりますね。菅官房長官は抗議すると記者会見で仰ってました。余計な仕事が増えます。

 共謀罪が衆議院本会議を通過すれば、どこかに亡命すると言っていた民主党議員。

 楽しみですね。

投稿: 旗 | 2017年5月23日 (火) 02時04分

   死を意識すると生を生きられる。生老病死は貧富や人種、性別に関わりなく平等に訪れ、逃れる事が出来ない。元世界MOTOGP王者ニッキーヘイデンが昨日亡くなった。ところが彼が亡くなった原因は自転車で車との接触で昏睡状態だったが回復はしなかった。自転車事故と言うと谷垣元総裁を思い出すが容態は良くなったのだろうか?死は理不尽だが必ず訪れる物である。CAMUSやグレースケリーだけでなく、ダイアナ元妃、ジェームスディーンも車による事故死だった。中東和平交渉をしていたラビーン元首相の死も衝撃的だった。超保守的なユダヤ人に暗殺されたが中東が混沌に陥る幕開けになった。この人が生きていたら歴史は変わっていたかもしれないと思う人は沢山いる。伊藤博文も坂本龍馬も生きていたら日本にどういう影響を与えたのだろうか?将門が鬼門となる様に日本では信長を祭る神社もある。ドイツでも極右政党がナチスの物を使ったり、わが闘争売れ行きは好調の様だが国の為に闘った先祖を悪く言うのはどうかという意見も出始めている様である。ロンドンではテロで19人が亡くなっている様で実は日常でも何が起るか分らない。バイクや車の事故、911テロで貿易センターに勤めていた友人もいたし、ヘロインを大量に投与して若いのに亡くなった友人もいる。死は何時、どこでどういう形で自らに訪れるか分らない。北朝鮮のミサイルだけでなく、事故や病気になるかもしれない。彼はやり残した事もあろうが世界チャンピオンにはなった。死が訪れる迄生を無駄にしない様に生きないといけない。そしてそれが過去に死んだ人達に対する尊崇の念を示す事になる。冥福を祈りたい。

投稿: 忍者 | 2017年5月23日 (火) 10時20分

    再び≪Compliance vs Governability≫
人は色々な顔を持っています。時機に応じて虎変も豹変も革面もしますから一概には言えないんですが、この本(↓)を書かれた郷原信郎さんは「智見に溢れた美男子」です。
【Compliance法令遵守が日本を滅ぼすhttps://goo.gl/wunCjz 】。

予ての愚見の繰り返しですが、Complianceは「既存の人定法(法令)がお天道様の道理に照らして、恥ずかしくないのか?」と云う疑問や懸念をキッパリと否定できてこそ、その存在が社会的に意味を持つ。現実の人定法はそんなに理想的にできている訳でもなく、その政治権力者や行政官による実施が道理に沿って行われている訳でもない。
そんな不備を抱える法令と実施が存在している現実の中で、形式的なComplianceが度を越して強要され過ぎると‥、
①政治権力に不都合な情報が世間に公表される機会を奪う(注)。
②また、それは「勇気ある内部告発」を封止する力として働く。
③また、国民の「真実を知る権利」を奪う。
④挙句に、最悪の場合、民主主義を死滅させますからね。
「人間未満の猿」が政治権力者なら、民主主義を死滅させる目的を持って、愚作下策の猿芝居を繰り返す。
(注)そもそも人類の永い歴史に学べば、政治権力は不都合な情報を隠蔽する誘惑に駆られる存在でありその力を与えられてもいる。
また、“石破総理”はその誘惑に抗い切る強いGovernabilityを備えておられるか?と云う課題には強い関心がある。その解がYesなら、安倍岸田との権力闘争の大きな対立軸になる。優位に立てる。
「一票の不平等がなければ!」ですけどね。

そもそも、国家が民主主義を標榜するなら、AmongOthers、重視するべきは形式的で一律に強要する(=例外を許さない)Complianceではなく、「仮に高い身分を与えられた者達のGovernability(資質と能力と見識の総和)」を見極めることだと。原則に対する「優れた例外」を容認することが経営の要諦のなのだから。
今はその政治権力者が「卑やしく(卑怯卑劣卑屈)、反省のない猿」なのだから、その高い身分を剥奪するのが、国民市民の責務であり、そのGovernabilityが強要されるべきなのだと。
その高い身分を与える権限と剥奪する権限の両方が揃って初めて、民主主義の根幹を満たすことになる。与えるだけの現状は、政治権力者が「好い人だろう」と云う「楽観的な“だろう運転”」の陥穽に嵌っている。「一票の不平等」が立ちはだかりますますけどね。

換言すれば、政治権力者がComplianceを重視し過ぎると人は思考停止・思考不能に追い込まれる。然し、国民ン市民の一部でも優れたGovernabilityを備えていれば、思考停止の空気を切り裂き、「灰色の脳細胞を真っ赤にし活性化させる空気」が生まれ、政治の悪循環をTurnAroundさせられる‥とも言える。
繰り返しになりますが、「下からの変革」よりは、「上がする変革」の方が間違いなく速く早く確実に成果が上がりますが‥。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月23日 (火) 14時38分

再び、≪ポスト安倍を狙われる石破さんは、安倍晋三を権力の座から引き摺り下ろすために、どう考え、どう行動されますか?≫

毎日【疑惑続々!森友と加計を繋いだアッキー https://goo.gl/Wu1o95 】
今更のことながら、猿夫婦には、瓜田不納履、李下不正冠と云う高尚さも聡明さもない。要は「人間的な情」がないから理解もない。亭主猿も女房猿も「私情に駆られて暴走する愚劣さ」しかない。
特に政治権力者たる亭主猿には、孫子の知彼知己百戰不殆、不知彼不知己毎戰必殆、不戰而屈人之兵善之善者也の弁えが欠片さえもない。故に、中国にも北朝鮮にも喧嘩腰を構えるだけ。SoftPowerの一つである外交で問題を事前に消滅させるという発想がない。

そんな安倍Monkeyを支える自民党の議員に、国会議員を張る資格はない。そんな自民党議員を支持する国民にも、一票を投じる資格はない。今の野党は語るにも足りない。
だから、この国を悪循環の泥沼からTurnAroundさせるには「そんな自民党議員」(注)以外の自民党議員を探し出し、支持し、安倍Monkeyを権力の座から引き摺り下ろすしか、道は拓けないのだ。

(注)「そんな自民党議員」の典型、AmongManyOthers
毎日【大西議員「深くお詫び」 https://goo.gl/RsQTAM 】
⇒失言も度重なれば、単なる失言事件に止まる道理がない。
主権者を張る普通の市民なら、本人の資質レベル、歪みレベル、性根の腐り具合に着目して、反省して評価を改めるべきなのだが‥、
未だに、この大西丁稚猿の本性を知ろうともせずに、眠りこけている人たち(特に選挙区 東京16区(江戸川区))に訴えたい:
此の猿は、数十年前の戦争の平場で無残に死んで逝った「真の英霊」も、昭和天皇の慚愧も今上陛下の御心でさえも蔑ろにして、A級戦犯が合祀された靖国参拝を推奨する ≪極右3会(↓)≫ に加担する愚者であり愚か者なんだよ!と。
①日本会議国会議員懇談会
②神道政治連盟国会議員懇談会
③みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
大西猿が希む通りに、4役を得て安倍Monkey軍団の重鎮に座すためには、≪創生「日本」≫のメンバーシップが要るのだが、安倍猿軍団にも流石に≪この愚猿の受け入れ≫には躊躇があるらしい。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月23日 (火) 14時40分

石破「韓国の慰安婦には納得するまで謝罪しなければならない」

日本人慰安婦や朝鮮から引き揚げの際にうけた日本人女性の人権には一度たりとも言及しない石破議員は「日本人女性<韓国人」という序列を信条としていると確信した

石破「併合は国際上認められていたが、朝鮮から文化、歴史、言語を奪うことだから問題だった」

本当に日本が朝鮮から文化歴史言語を奪い悲惨な目にあわせたと?日本が向上させた教育、インフラ、衛生、農業、人口などは全否定ですね。

「日本人女性の被害は無かったと同じ、何故なら過去の日本人が朝鮮からすべてを奪ってしまったから、韓国人だけが被害者であり、日本人慰安婦はただの自発的売春婦であり敗戦後一般女性がレイプされたのは戦争時にはよくあることで取り上げるに値しない」との考えか…

「絶対に石破氏を日本人の首相にしてはいけない」

石破氏は是非韓国へ行き慰安婦像と自称日本人による強制連行された元慰安婦のまえで納得するまで土下座して来てください‼️自分で考えている慰安婦問題解決方法を何故自らは実践していないのか?そして韓国で「靖国神社はA級戦犯が祀られているかぎり私は参拝しない❗️」と宣言し韓国国民が納得できる謝罪を為し遂げてくるべきでは?韓国国民は石破氏を良心的日本人として見とめてくれるでしょう。

「日本人女性は絶対石破氏に日本を委せてはいけない」


投稿: 石破「韓国には納得するまで謝罪」 | 2017年5月23日 (火) 16時58分

TOCでは組織犯罪の資金源を断つ為に187ヶ国が加盟していて日本がそれに入っていない事自体が異常な事だ。私見だがこういう裏には必ず中国や親中派工作が蠢いていて常に廃案やレッテル貼り、市民が拘束され言論やプライバシーが奪われると恐怖を煽るが実は共産国家が日常的にやっている事だ。日本で起きない事を日本で起きるかの様に騒ぎ、中国や北朝鮮で起きる事を告発、報道せず、スルーする。日本人が11人罪も何をしたかの具体的な事も報道せずに拘束され、CIAでは12人以上も殺害されたとの報道も出ている。中国による政治的圧力が凄まじい物があって台湾をWTOに参加させないとか、ダライラマが日本や米国に行けない様にするとか、様々な圧力を露骨にかけて来る。日本の参加がこれだけ遅れたのは親中派の配慮が確実に効いていて、それに加えて民進と共産がキチガイの様に騒ぎ捲くるのも同じ構図だと見て良い。朝鮮総連も北朝鮮に資金援助をしていて組織としてテロ国家支援との癒着と資金の流れ、そして日本での北工作員のテロ準備が計画されれば法律執行が適応されるだろう。パチンコ業界だけでなく、闇金や暴力団組織、人身売買だけでなく臓器や女性や子供の拉致関係の流れも資金の流れ解明により摘発が期待される。こんな団体と個人が関係している?有り得ない!だから野党批判が実に馬鹿げていて審議時間の無駄、税金の無駄使い、同じ論法の繰り返しにレッテル貼りで民主主義の原則に則り国民が決めた支持された議員の数で賛成多数の可決を決める。当たり前のことだ。何が悪い?

投稿: 忍者 | 2017年5月23日 (火) 17時00分

石破先生

お早う御座います!!。
5月もまだ後半と言うのに、日毎に気温が上がり、所によっては早くも35℃を越える猛暑日となり、この夏の酷暑を想わせる日々が続いています。
先生に於かれましてはそのような中、毎日の政務に又週末には地方へと講演に飛び回られ、大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日は・・・
①テロ等準備罪(以下共謀罪)
②安倍総理の関与疑惑
③北朝鮮のミサイル発射について拙論を述べさせて頂きます。

1、テロ等準備罪(以下共謀罪)
先日、5月18日の衆議院法務委員会に於いて、テロ等準備罪が強行採決され、衆議院本会議に回される事にになりました。金田法務大臣は予算委員会では「成案が得られれば皆様にお示し出来る」と言いながら、いざ法務委員会での審議となれば答えられず、見かねた与党法務委員長が法務官僚に答弁させる異例な措置を採りました。野党は委員長解任と法務大臣の資質に欠けるとして、金田法務大臣の辞任を求めました。しかし、数で勝る与党はそのどちらも拒否を行いました。そして維新の党は、取り調べの可視化を求めるとして賛成しながら可視化は今後の課題とされ、維新の党は体よく利用された感じがあります。取り調べの可視化と言っても、最初は警察の任意取り調べであり、そこで強制的に自白させられれば、容疑者として逮捕拘束の取り調べを受ける事になるのです。一般国民は一度容疑を掛けられれば、自ら無罪を証明する事は、至難の技なのです。では、共謀罪の何が論争点となっているかと言えば、構成要件が不明確の侭であり、一般市民は対象とはならないと言いながら、その『恐れ』がある場合はその限りではないとしています。人は誰でも生まれた時から犯罪者ではなく、何を持って恐れのある対象者と為すのでしょうか?我が国の刑法は罪刑法定主義と言われる近代法であり、恐れとは内視的な曖昧な表現であり、対象者が公安の恣意的な要素に委ねられる事になれば、個人の尊厳をも損ねる基本的人権にも係って来るのです。法務大臣でも答弁出来ないような法律を、何を持って国民は支持納得できると言えるのでしよう?又もや強行裁決により通し、衆議院本会議へと回しました。

2、安倍総理の関与疑惑について
先般の森友学園問題もその後、籠池理事長側、財務省側からも次々に真相が出て来て居り、益々総理の関与疑惑が深まる中、今度は国家戦略特区に総理自らが係わる加計学園岡山理科大獣医学部を愛媛県今治市に開校する事になりました。この加計学園の加計孝太郎氏と安倍総理は入魂の仲であり、毎年年に数回もゴルフに行ったり、食事を共にすると言います。国のトップである総理大臣であれば、「李下に冠を正さず瓜田に靴を入れず」がモットーのはずであり、国家戦略特区と言う大きな国の事業であれば、国民は何ら疑念を抱かないと思ったのであろうか?財務省もその是非により反対し、日本獣医師会も反対した計画を総理案件として強引に進めた事は想像に難くない事です。このように安倍総理のこの近年は、政治を思うようにしかも強引に進める事が多く、最早独裁者の様相を呈して来ました。このような事案が続けば国民は益々政治不信に陥り、嫌気がさしてしまう事になりかねません。そうなれば地方創生、少子高齢化問題、なども含め子供達への未来をどうして築けると言うのでしょう?

3、北朝鮮のミサイル発射について
一昨日の5月21日も、その前の5月14日も一週間ごとに北朝鮮はミサイルを発射しています。先々週は失敗とも言われ、先週の21日は大成功であったと金正恩委員長の写真と共に喜びの表情が発表されました。2日ほど前の新聞にはアメリカティラーソン国務長官の談話として「北朝鮮の体制は保証する、その変わり核開発の中止を」と再度発表していて、小生は近く米朝二国間の対話交渉が秘密裏に進められているのでは?と推測しています。北朝鮮はその実施までに交渉を出来るだけ有利に進める為(ミサイルの距離と制御において)の、花火ではないかと推測しています。とに角行動に於いて予測不可能な米朝が和平への手探りでも進める兆しがあれば、韓国・日本、中国・ロシアも和平に向けて積極的に後押しを行う必要があります。

いつもながら大変僭越な拙論をご容赦下さいませ!!。日毎に暑くなる折柄、体調には充分気を付けられ、ご活躍のほどを期待致してります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年5月23日 (火) 17時25分

【我が国のマスゴミは英国で起きた爆弾テロ事件を「コンサート会場爆発事件」と表現する】

 コンサート会場で爆発したと云うのは事実ではあるが爆弾を使って起きたテロ事件という表現を使いたくないのだろう。本日の衆議院本会議での議題を気にしているのかもわからないが、テロ等準備罪の法案成立に反対する野党が、テロ事件を支援しているような印象を与えることを気にして、英国での事件の名称まで今流行りの忖度的な扱いになったものと思われる。爆弾テロ事件を支援する野党ではかっこ悪いからだ。衆議院本会議が開く前日に爆弾テロ事件が起きるとは誰も予想もしていなかったことである。
 
 テロに反対するからこそ、この法案の必要性が確かになり、これの法案成立に反対するとはどのような犯罪志向を持った野蛮人なのかと思われる。民進党他にとっても逆風のようなタイミングで発生した事件である。世の中は上手くいかない事の方が多いのだと思いますね。
 それはともかく、AFPやロイターもイスラムテロとは書かなかった。自信がない場所であったのだ。ここは英国では過激な独立闘争が19世紀より起きていた地域でもある。アイルランド独立運動で有名になっている場所で約10年ほど前にもマンチエスターでは爆弾事件があった。
 一時期に比べれば闘争の勢いも下火になっているのかどうかよく解りませんが、思い出したように爆弾事件が起きますね。だから、どこの組織の犯行なのかわからないので、警察の調査待ちになっていたと思います。23日の遅くになってAFPがイスラム系組織の犯行だという記事を出しました。
『【AFP=時事】(更新)英中部マンチェスター(Manchester)のコンサート会場で発生した爆発事件で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は23日、犯行を認める声明を出した。(AFP=時事)』
 犯行声明があったという記事です。しかし、ここは欧米で起きた爆弾事件なら根拠もないのに自分達の犯行だと言い出す傾向があるので、間違っているかもわかりません。IRAの犯行かもわかりません。何とも言えませんね。
 22名の人がお亡くなりになりました。会場を警備する処に何か落度があったのだと思いますね。手荷物検査などは我が国以上に厳重だという話を聞いたことがあるので内部の手引き、或は何日も前から会場内に爆弾を隠していたとか? というような組織的計画的な犯行かもわかりませんね。まさに衆議院本会議で可決した『テロ等準備罪』が実行された結果ではないかと思います。

 この事件についていえば民進党他の政治家のコメントがどこにもない。安倍総理のコメントはあの反日の朝日ですら掲載するのを見たが民進党の蓮舫代表のコメントがありませんね。これもまたテロ等準備に支援する側に民進党はいる事を示す意図があるのではないかと思ってしまいます。

 反社会的であり、公共の敵としての政党に民主党はなりたいのだろうか?

  残念な話である。

投稿: 旗 | 2017年5月24日 (水) 00時54分

以前にも書きましたが、首都機能そのものを核シェルターに納める、首都機能移転構想、どうぞ具体的に検討をおすすめください。理想的な場所が首都圏のすぐ近くにあります。技術的にも、経済効果を考えても直ちに実現可能です。誰が言い出しっぺになるか、それだけが問題です。
それが出来るのはこの国に於いて、石破さんしかいません。どうぞよろしく御願いします。北が暴発すれば、首都圏が襲われるのは既に既定の事実です。原発への攻撃も避けら得ないでしょう。避難するしかないのです。出来ることは安全な場所で、先ず、国家機能を維持、継続するという究極のBCPだけです。

投稿: かも | 2017年5月24日 (水) 07時10分

【もうすぐ梅雨入り】
石破さんに張り合う積りは毛頭ありませんが(本当ですw)、この季節に聴くには、私は小椋佳さんの「六月の雨」が好きです(ニッコリ)。
https://www.youtube.com/watch?v=KpEA3C9S4mE

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月24日 (水) 10時55分

【高度な軍事機密『原子力潜水艦二隻を朝鮮半島沖に派遣した』とフィリピン大統領に簡単に電話で漏らすトランプ大統領】

 ロイターの記事を見て驚いた。
『[マニラ 24日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領がフィリピンのドゥテルテ大統領に対し、原子力潜水艦二隻を朝鮮半島沖に派遣したという情報を漏らしていたと報じた。
 4月29日に行われた電話会談の要旨として同紙が報じたところでは、トランプ氏は「(朝鮮半島沖に)原子力潜水艦二隻を配置している。使用したいわけではないが」などとドゥテルテ氏に話した。
 この報道はフィリピン外務省で回覧された会談要旨に基づくものだという。』

 フィリピン外務省では、電話でうちの大統領に話しするぐらいだから機密を要する情報という認識がない。せいぜい、今から何が起きても驚かないようにというぐらいの扱いが回覧板に掲載されたと見るべきなんでしょうな。我が国の政府はこのような事実を知っていたかもわかりません。フィリピン政府とは近来稀に見る友好関係になっているので米比首脳電話会談の要旨を教えてもらえる関係になっていたとすれば、GWの期間に非情な緊張感があったような印象を受けます。原潜が2隻北朝鮮の界隈に近づくという意味は、あとは宣戦の布告を待つだけのような状態と見られますね。

 フィリピンは日本海から見れば距離があるので戦争という実感がないかもわかりませんが大変な緊張感がその要旨説明文にあったわけです。

 トランプ大統領にしてみれば空母の方が強力な威嚇になると思い込んでいるのかもわかりません。この大統領は何がどうなっているのかよく解らない理解力があるようだとしか思えませんね。ロシアへ機密情報を漏洩した疑いもまた、彼の理解力では機密のレベルに於いて、大きな誤解若しくは勘違い若しくは無知があって起きたのかもわかりませんね。
 
 なんで現場から遠く離れたフィリピン大統領にこのような重大な軍事機密を漏らすのだろう? まるで政権を握っていた頃の民進党の政治家を見るようだ。
 不安で仕方がありませんね。

  米国は大統領を変えたほうがいいですね。副大統領の昇格を期待したいです。大変なことにならないうちに、交代をしないとあらゆる方面で手遅れになりそうな気がします。

投稿: 旗 | 2017年5月25日 (木) 01時51分

 韓国人に何も言えない腰抜け腑抜けの偽日本人 韓国人のペット石破さん!あんたがこれほど腰抜けの役立たずだとは思わなかった!なんで [韓国人が納得するまで謝罪すべきだと石破氏が発言]の記事に抗議しない? 売国奴石破君。君は 韓国人の血が流れてるのかな?

韓国紙の東亜日報(電子版)は23日、自民党の石破茂前地方創生担当相が慰安婦問題をめぐる平成27年の日韓合意に関し「(韓国で)納得を得るまで(日本は)謝罪するしかない」と述べたとするインタビュー記事を掲載した。
記事は、石破氏が日韓合意に反する発言をしたと受け取られかねないが、石破氏は24日、産経新聞の取材に「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない

投稿: 山崎 | 2017年5月25日 (木) 11時19分

韓国人の飼い犬石破!お前 日本人になり済まして 将来 総理になったら 韓国に謝罪しまくるんだろ?寄生虫!蛆虫 め!日本から出て行け!

投稿: 日本人になりすまし石破 | 2017年5月25日 (木) 11時26分

またですか?またマスコミに利用されるのですか?存在感が無いからですか?この手の事を度々やりますよね?
わざとですよね?
しかも今回は、韓国のマスコミ…。
どう捻曲げるかも想像しての発言ですよね?どう悪用するかも認識しての発言ですよね?以前の発言で、日本国内外の韓国人からの批判がありましたが、それを薄めたかったのですか?慰安婦問題に再交渉(タカり)の口実を与えるおつもりですか?流石、韓国人から献金を受け取る方です。天晴れですよ。
もう、
『そういう意図はなかった』
等とは言えないですよ。イヤイヤ、言わないで下さいね。言えば、相当なマヌケですよ。
イヤイヤ、ただただ安倍政権の足を引っ張りたいだけでしたね。

そろそろ自民党を辞められたら如何ですか?以前から貴方が口にする『わが党』には違和感がありましたので、盟友の前原議員と、政権交代も可能な二大政党性を目指されたら如何ですか?民進党も内部がガタガタしているようですし、再編の核になれるかも知れませんよ。
お勧めします。

投稿: 吉法師 | 2017年5月25日 (木) 12時26分

朝鮮人と戦った事で戦犯になった軍人などいませんよう?
戦ってないんだから当然ですけど。

靖国に行けば愛国者とかやっすい考え方です。桜井誠でもそう言ってます。
石破先生は私的参拝四原則なるもののために、
陛下が靖国に参らせ給わぬことを憂いて自ら参拝しないのです。

そんな事より与謝野先生がお亡くなりになられました。
愉快な人だった。

投稿: きました | 2017年5月25日 (木) 13時24分

     ≪次回ブログへの期待≫
明日のブログご更新には、与謝野さん逝去が語られることは容易に想像できますが、加計学園スキャンダルを論点の一つとして、森友学園スキャンダルも視野にいれて、“石破総理”のお考えとご対処振りをご開陳されることを期待致します。
特に加計は、石破さんの地方創生戦略の流れを悪用されたと云う腹立たしい側面がありますからね。
広深永に考えれば、これらスキャンダルは、安倍ボス猿の個人的原因と共に、環境的にも国会が安倍一強多弱、自民党も安倍一強(“多弱”とは言わないw)の状況に起因している側面がある。

愚見では、この種のスキャンダル(「忌まわしい現象」(注))は、政治が安倍Monkeyに牛耳られ、政治手続きが枉げられ、またその猿が行政を屈膝させ(面従腹背もあろうが)、過剰に忖度させる(阿吽に強いる)、行政手続きを枉げさせ、が故に生じる。
これらスキャンダルの性質として、“石破総理”の下では起こらないことは自明であって、それ故に、安倍晋三との明確な対立軸にもなる。黙して語らないであろう岸田との差別化にもなる。
3Kや読売は取り上げないでしょうが、朝日、毎日のほか真正のジャーナリズムを標榜するメディアが採り上げ、広く世間に情宣してくれる期待もある。

(注)その「忌まわしさ」は、日韓の政治的近代化の歴史とレベルを考えれば、韓国の朴槿恵・スキャンダルにも劣る。逆転している点にある。然も、朴槿恵は騙されたと云う側面が否定できないが、安倍Monkeyも昭恵も喜んで「お友達に、便宜を謀り、利益供与している」。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月25日 (木) 13時51分

   久し振りに≪世代交代、新陳代謝≫
経産官僚若手30人の提言集:「不安な個人、立ちすくむ国家」
①現物: https://goo.gl/cXk7rp 
抜粋:イ)どんな人生の最期を迎えたいですか?
ロ)古い価値観と固着化した輝かしき制度の束をどう変えていくか
ハ)この数年が勝負 (「国難の10年」 「礎となる10年」か?w)
ニ)これを解決していくのが日本に課せられた歴史的使命であり
挑戦しがいのある課題ではないか
②日経:https://goo.gl/m9G6qE 高齢者が「支える側」に。

⇒提言の冒頭で今の時代が日本に挑んでいる課題や抱える問題の全体像を俯瞰している点で、今後の政治の道筋に想いを馳せると、非常に興味深い提言ですね。他方で、その俯瞰図の中から高齢化など社会問題ないし国内問題(謂わば済民)に収斂している点で、この提言は狭さが否めないが、変革や改革の幕を抉じ開けるものとしては浅く短い訳ではない。第二幕として、夫々の提言を深掘りして欲しいものです。

政治家や官僚がMonkey集団ではなく、公人公僕としてその責務たる「国家や国民の行く末」を最優先課題として確っかりと見据えていれば、考えているなら、この提言自体は当たり前のものであり真っ当な政策の方向性だと思う。逆に言えば‥中略‥、この提言にも大きな期待を持たざるを得ない(哀笑)。
例えば、社会の高齢化の傾向は今後もペースダウンしつつも進昂するのであって、広深永な視座から斯く「耳に心地良くない真実であっても、勇気と真心をもって真実」(w)を語る姿が頼もしい。

同時に、霞が関の世代交代や新陳代謝が喫緊の重要課題ということでもある。霞が関の官僚組織に「生き残っている健全な精神の持ち主」を、早急に表舞台に抜擢する必要を感じます。
安倍Monkey軍団はこんな「当たり前で真っ当な政策の方向性」には強権を発動し蓋をして数日も経ずに、埃塗れにさせられる恐れが大きい。
組織の意識改革ひいては世代交代や新陳代謝を行う手立ての一つとして、「弱火で銀杏を炒る如く組織を刺激し続けること」は愚者が座右の銘とする経営の要諦ですが、その要諦を永らく捨て置いてきて仕舞った今、「組織の癌を摘除する、あるいは強火で焼き尽くす」と云う強行手段も要ると思う。破壊の後に創造する「種」があることもこの提言は示唆している。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月25日 (木) 13時52分

石破先生、お疲れ様です🍵
Twitter等々と比べると、こちらでコメントなさる方々の礼儀正しさに感動します。いかに現政権に不満があろうとも、批判の対象となる方々の人権も考慮しなくてはいけません。もはや次の政権について考える時期に来ているのですから、過度の政権批判は慎むべきだろうと思います。

投稿: キイロイトリ | 2017年5月25日 (木) 15時28分

家計学園の理事長は、安倍総理の親戚だという話を聞きましたが。岸元総理のお妾さんの子どもの子どもということで、岸さんの孫らしいとか。安倍さんとはいとこにあたるとか。本当ですか?
文科省の役人を辞めさせて、読売新聞の第1面に、週刊誌に載せるような、その役人の醜聞を公けにして、読売新聞も安倍晋三新聞と名前を変えたらどうですかね。
サンケイ新聞ニュースも、石破さんのことを、自民党で孤立してるなどという、バカげた報道をしているし、今、新聞やテレビの報道をそのまま信じる国民なんて、いないのです。
かつて、岸政権の時、安保問題でデモ隊が国会議事堂に乱入したことがあったとか。乱入することはいいことではありません。しかし、岸総理は、自衛隊を出動させて、場合によっては、発砲しても鎮圧しろということを言ったそうです。その時、時の防衛庁長官が、とんでもないと岸総理の命令を拒否したとか。もし、発砲していれば、日本の平和文化は根底から崩れていたと思います。血の何曜日、とかいう我が国の政治史にとんでもない汚点を残していたでしょう。安倍さんのやり方を見ていると、岸さんを神様のように崇拝しているのではないでしょうか。いろいろな法律は、過去を根ざしているのではなく、未来に向けて作ろうとしているということを、我々国民は気づくべくであります。

投稿: 紫陽花暖簾 | 2017年5月25日 (木) 16時38分

     ≪次回ブログへの期待≫補足
今回の加計スキャンダルで注目するべきは、「明かな悪人面の萩生田」が俎板に載せられることなんです。今までは、泥の底に隠れて舞台回しに下劣なお頭を働かせてきたドブ鼠が!!ね!
前川さんに国会で証言されてしまっては、ドブ鼠は生きては逝けませんからね。
Wiki:https://goo.gl/Zx9llf  ♪♪極右6役♪♪とは絶滅種ですね。
①日本の前途と歴史教育を考える議員の会
②日本会議国会議員懇談会(事務局長)
③創生「日本」
④みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
⑤平和を願い‥靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会
⑥神道政治連盟国会議員懇談会

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月25日 (木) 16時50分

【東亜日報にハメられたのですかね?】

 ネット掲示板に石破さんのスレが立っていました。それによると東亜日報のインタビューを受けその中で『それでも納得を得るまで謝罪し続けるしかないだろう。』という文言が大きな注目を集めているようです。その中の文には天皇陛下に対して決して使うはずのない『日王』という言葉が登場するので、これは石破さんの発言じゃないだろうと確信しましましたが、インタビュー記事という体裁を装った捏造ではないかと思っています。
 東亜日報のこの記事は日本語版にはありません。韓国向けの紙面だけに登場するようです。前後のやり取りから見てもかなり大きな省略があるように思います。朝日新聞が2014年に捏造した任天堂の故岩田社長のインタビュー記事を思わせるような紙面のような気がしますね。東亜のこの記者は石破さんと会われたことは間違いないにしても会話のやり取りに怪しい改編があるのではないだろうか?

 厳重な抗議をやっておかれた方がいいような気がしますね。東亜日報東京支社は朝日新聞本社と同じ建物にある会社なので用心するべきではなかったかと思います。捏造の指南役には不自由する環境にはありません。何より彼等韓国人は捏造のベテランではないかとさえ思います。
 記事の読みおこしをされないまま掲載されていたのであれば訴訟をしたほうがいいような気がしますね。日本語版に掲載しない処に彼等の後ろめたさ若しくは捏造発覚を誤魔化す意図が感じられますね。

 しかし、残念な気がします。
 経験上知ったうえでのことですが、韓国人を信用すると大変な目に遭いますね。その相手がマスゴミ業界人なら、さらに酷い目に遭うのではないか?
 
 日韓合意が成っているのに、その原則を崩すような仮定の話に石破さんが応じるわけがない。そこにも疑惑を感じます。
 改めて蒸し返すような話になった辺りに彼等の陰謀があるではないですか?

 マスゴミ業界は人を陥れることしか頭にないような人ばかりです。相手にするなとは言えませんが、用心された方がいいような気がします。
 特に韓国人は嘘を平気でつきます。本当に用心しないといけませんね。

投稿: 旗 | 2017年5月25日 (木) 21時12分

【東亜日報の陰謀】

 韓国人向けの記事の内容と異なる主張を石破さんが総理になった時に出してくれば、彼等の間から『日本人は嘘をついた』と言うつもりなんだろうなと思いますね。かなり時間をかけた陰謀がこの記事にはあるような気がします。これは誰の差し金なのか?
 政治の世界の恐ろしさがというか、日韓断交に向けた策略なのかな? とも思います。
 東亜日報に訂正させることが必要なのかどうか? これも考え込んでしまいます。捏造記事が原因で石破さんの考え方を嫌韓に変えてしまうのが狙いなのかとも思ってしまいます。日本語版に掲載しない意図が何なのか?

 それはともかく、ネットにある嫌韓系サイトの主だったものに、この記事が転載されていますね。拡散中なんだろうと思います。コメントも辛辣なものが多いので、心配ですね。
 よもやこういう形でハメられるとは残念でなりませんね。息するように嘘をつく韓国人。

 彼等との友好は諦めたほうがいいですよ。相手にしないことが何よりですね。監視を続ける必要はあります。

 本当に笑ってしまうのは
朝日新聞 朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
東亜日報 東亜日報 〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2

  反日兄弟ですな。どっちが兄なのかは問題ではなく・・・。

投稿: 旗 | 2017年5月25日 (木) 22時13分

【政権降ろしのためにでっち上げ報道を繰り返すマスゴミと、それに乗っかる民進党、今、そこにある危機】

 さもしい人々の群れがそこにある。違法性がない事実を、違法容疑があるかのように連日騒ぎ立てるあほな連中が、世論の支持を得ようと蠢いているようだ。あの手この手で騒ぐようだが、ではどこに、どのような法律違反があるのかと言えば、はっきり言うが、何もない。加計問題に関する各種論点をまとめたブロク他をあたって見ても法律違反を指摘するものがない。民進党はただただ騒いで政権を引き摺り下ろすことしか考えていないだけなのだ。そもそも、彼等の身内の議員が獣医学部を持った学校誘致に乗り出していたという事実がある事も明らかになっている。
 アホな民進党と呼ばれるだけのことがあるという事だ。朝日新聞社ほかは政権にいちゃもんを着けて世論の支持を得たいのだろうが、捏造とでっち上げの前科があるのでそれが難しい作業である。まともな思考が既にできないようだ。
 どうやらテロ準備罪を潰すために策動しているのが目的らしい。そしてその先にあるのは憲法改正阻止なのだろう。他に何かあるのか?

 結局、彼等の目的は『反日』という事なのだ。でっち上げで世論を動かすというのは犯罪ではないのか?
 公安が乗り出すまでやって、報道の自由が奪われたと叫び、人権が奪われたと叫んで、反日主義者の思い通りになるように変えることを企んでいるのだろう。
 危険な兆候が出てくるように思いますね。天下りの責任を取らされた文部科学省の前次官が、それに関わりを持ったのは偶然ではありませんね。個人的な逆恨みから生じた遺恨まで彼等は利用しようとしている。

 アホな民進党にしてみれば夢よもう一度のつもりなのかも知れないが彼等がやることは破滅しかない。

 なぜ今になってなりふり構ずの行動に出ているのか? 根拠になるものと言えばシナ帝国がしきりに勧めるAIIBの勧誘があるのだろう。我が国のマスゴミもこれしか言わなくなった。AIIBの現状分析を備に解説することが無くなった。加盟国が増えたなら、我が国を宛てにしなくてもいいはずなのに勧誘攻勢が収まらない。その理由は不明なままである。そして、我が国の邦人を新たに6名拉致監禁したという事件がある。これは人質にされたとしか思えない。
 シナ帝国は揺さぶりをかけているようだ。北朝鮮の行動もまた、根拠は不明ながら、その一環であると思う。
 他に何かあるだろうか?

 これら一連の騒動は人為的な策略が元になっている。違法性のない政争で安倍政権を追い落とし、シナの言うがままに取り込むことが究極の目的なのだろう。民進党の代表がシナ人である意味の重要性がそこにあるような気がする。森友で失敗して懲りずに同じ手を使う処にシナ人の性格が表れているような気がする。

 憲法を改正させないことはシナ帝国の利益になる。それにつながるのが今出ている問題ではないか。政府はしっかり対応して彼等を我が国から追い出すぐらいの活躍をしていただきたいものだ。いま、そこにあるのが我が国の危機である。

投稿: 旗 | 2017年5月26日 (金) 00時58分

    ≪東亜日報、誰>>>何≫
理由は不知ですが、急に、斜めに構えて素直じゃないコメントが増えてますが‥、石破さんに世間の注目が集まるのは慶ばしいw。

扨て、読売を私的広報媒体に利用した安倍晋三、その安倍に裏切られても未だに安倍を神輿に担ぎ続けている3Kには今更行き場がないから退けないのでしょう。その3K系列が、以前からそうなんですが、新たに東亜日報が掲載した石破さんのインタビュー記事を真に受けて、頓珍漢な批判を重ねていますね。
然し、石破さんの為人(ひととなり)や真正保守の政治的構えがそれなりに解っていれば(注)、東亜日報や3Kの記事にある世論誘導(有態には嘘)の箇所は、「あゝ、此処は情報操作があるね」と心得ることができる。
特に「関係が複雑な海外」のメディアなら、自身の発言が誤報されることは覚悟しなければならない。一々に騒ぐ必要もないと思います。また、3Kの偏向は今更の話なので騒いでも全く意味がないので、表現は違いますが、石破さんの「今は騒がせておく。彼らが気付かなくても、時間が解決してくれる」と云う泰然の構えに全く同感です。
(注)まあ、私も政治に深い関心を持ったのがビジネス第一線をリタイアして以降ですから、胸を張っては言えないんですが‥w。

その脈絡で話は飛びますが‥、身分高き人たちの「誰?」を見切ることは一朝一夕に叶うことではないが、「一票の不平等」に支配される民主主義下において、市民有権者は、政治権力批判と同時並行で、「政治権力を委ねたいご仁(候補)」を、数年を掛けてでもCloseWatchして、「それなりに「誰?」かを理解する」ための努力は欠かせないと思いますね。然もないと、国家や国民の行く末を「単なる風」に委ねると云う大間違いを続けることになる。
時機に異論や辛口のコメントを打っ突けることもその理解を拡げ深めることに資す(ニッコリ)。

これを逆に言えば、「政治権力を委ねたいご仁」には、可及的多数の市民有権者に対して、数年の期間を掛けてCloseWatchされるための選挙戦術(作戦?)が要ると云うことなのでしょう。自民党が安倍一強の悲惨な状態にある今は、特にその必要背が増す。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月26日 (金) 17時11分

   ≪加計スキャンダル‥前川次官って“誰?”3題≫
①朝日【前川文科省前次官「気は優しくて力持ちの文科省に」全職員へメール https://goo.gl/WKcRgj 】
後輩たちに対するこんなに秀逸な惜別と激励の文章が、行間と裏面に秘められた強い慚愧の念と共に、記事が公になっていたんですね。珠玉は時間を経て光を放つらしい。逆に、真っ黒い輝きは、一瞬だけに抑え込んで、可及的速やかに消し去るのが「市民の市民たる所以」なのだろう。

②【黒を白と】言わされているのは文科省の現役の関係官僚。
他方で、前川次官以下の官僚は【赤信号を青信号だ】と言わされたのです(きっちりと使い分けられているのが凄い!)。
然も、前川次官ら言わされただけではなく、学部新設に同意もさせられた。これを真に「慚愧に堪えない。忸怩たる想い」と言う。
然も、常識的には、事務次官などがその重職を辞した場合には「職務上知り得た情報を秘す(所謂、守秘義務)」と云う誓約を出している筈なんです。メディアは(未だ?)報じないが、市民は、「前川さんのこの内部告発は、その宣誓違反を追及されるリスクを乗り越えて行われている」と重く捉える必要があるのでしょう。

③余談:前川次官が辞任する破目になった「天下り斡旋」の問題も、数多ある古く新しい問題の一つです。問題の根因を狭く浅く短い視座でしか診ないから、問題解決策が場当たり的の彌縫策を繰り返して来たに過ぎない。
一般的に言って、「天下り」にもWin(社会)-Win(受入れ先)-Win(本人)のケースはあるからヒステリックに「撲滅!!」をヒステリックに叫ぶことには賛成できません。「権力の私物化」がLose-Win-Winの悪しき天下りを生んでおり、LWWのケースが多いから社会的な大問題なのでしょう。
官僚組織が心を入れ替えて、組織を挙げて、「若手の時代から、週十年後に、転出した民間企業でも通用できる人財材を育成する」覚悟とシステムを持てば、WWWのケースが増えるでしょう。
過去、そんなことは表立っては、誰も言わなかったし何もやらなかった。故に、「鼬ごっこ、モグラ叩き」を遊んでいたのだと(哀)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年5月26日 (金) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65301778

この記事へのトラックバック一覧です: ICBMなど:

« 加憲案など | トップページ | イシバチャンネル特別篇「石破茂外伝2」 »