« 憲法改正、与謝野先生ご逝去など | トップページ | 憲法改正試案など »

2017年6月 2日 (金)

国家戦略特区追記など

 石破 茂 です。
 加計学園の今治市への獣医学部新設問題について、少し追記します。
 前回の本欄において、平成27年6月30日閣議決定の「日本再興戦略」改訂2015において示された4条件を転記しました。
 つまり政府としては、、
①感染症対策や生物化学兵器に対する対応などの「新たなニーズ」が明らかであること。
②それが現在存在する国公立・私立の獣医学部や獣医学科では対応が困難であること。
③特区として開設を希望し、提案する主体が「このようにして従来の獣医学科とは異なる教育を行う」というカリキュラム内容や、それを行うに相応しい教授陣などの陣容を具体的に示すこと。
④現在不足が深刻化している牛や馬、豚などの「産業用動物」の治療に従事する獣医の供給の改善に資すること。
以上4点について判断すればよいわけです。
 ①は主に厚生労働省が、②と③は文部科学省が、④は農林水産省がそれぞれの専門的知見から当事者の主張を聞いて意見を述べ、これらをもとに国家戦略特区認定に権限を有する内閣府が、その責任において判断したことなのでしょう。これらについて適正に行われたという説明を、具体的な根拠の提示と共に果たせばよいだけのことです。国家戦略特区は一部の地域のみの利益に資するのではなく、全国的にその利益が及ばなくてはならないのですから、これも当然検証されているものと考えられます。

 現時点では愛媛県今治市への設置が国家戦略特区として認められた段階にしか過ぎず、現在、文部科学省が大学設置審議会にこの開学について諮問中であり、最終的には審議会からの答申を受けて文部科学大臣が判断することになります。
 いわゆる忖度があったとか、なかったとか、前川氏が事務次官を辞めた後に政府の対応を批判するとはけしからんとか、ましてや出会い系バーに行っていたなどということは、重要ではあっても事の本質そのものではありません。竹下亘自民党国対委員長が前川氏の証人喚問について「政治の本質とかかわりがない」と述べたことはそういう意味だと私は理解しています。

 一昨日、若狭勝衆議院議員が自民党に離党届を提出し、水月会を退会致しました。検事出身らしく、正義感に富んだ、法律家としても優れた人であるだけに、とても残念です。
 テロ等準備罪の成立後も、その運用には細心の注意が必要ですし、この法律だけでテロ対策が完璧なわけではなく、今後更なる立法も必要になるのかもしれません。もっと彼の知見を自民党の中で生かしてほしかったと切に思います。
 政治家の行動や決断は、その政治信条、実現したい政策・法律、所属する党の姿勢、選挙区の事情などが複雑に絡み合っており、当然すべての方のご理解を得られるものではありません。しかし、若狭議員が私利私欲や打算を主たる行動原理として動いていないことは確かであり、今後とも政治家として、人として語らいは続けていきたいと思っております。

 週末は、6月3日土曜日が日本青年会議所中国地区鳥取ブロック協議会「鳥取をよくするシンポジウム」でパネルディスカッションと質疑応答(午前10時・夢みなとタワー・鳥取県境港市)、小里泰弘衆議院議員「地方創生を語る国政報告会」で講演とその後の懇親会(午後6時・ホテルオートリ・鹿児島県薩摩川内市)。
 6月4日日曜日は陸上自衛隊部隊新設予定地視察(午前10時40分・鹿児島県奄美市名瀬大熊)、奄美市関係者との昼食懇談会(正午・ホテルビッグマリン奄美)、政策集団水月会鹿児島セミナー第Ⅰ部にて講演(午後6時・城山観光ホテル・鹿児島市)、第2部懇親会(午後7時・同)という日程です。

 今週の都心は真夏のような天候が続きました。皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« 憲法改正、与謝野先生ご逝去など | トップページ | 憲法改正試案など »

コメント

政治の本質の具体的な事は判りませんが、
本質でないからほっといて良いと石破さんも考えてるとしたら、やはり石破も自民党品質不良議員だったか。となりますよ。全国の石破ファンはがっかりするでしょう。
①既に80億相当を加計にくれてやったのでしょ。その金で造成もしている。これから決めるとはどういうことでしょう。
②本質でないから、違法でないからほっといてよい(高市、稲田、菅)という自民党の文化が理解不能。
道徳的、社会通念的、常識としておかしいから国民は怒っている。
③小生の税金を使って安倍あきえのやりたい放題。あきえごときが政治に口をだす。政治家でもないのに。いさめる人もいない。
石破さんは変だなと思わない。
こんなことで次の総理を狙えるのか。
皆が賛成したらその件は実行しない。という経営者がいたが、今の自民党は100%安倍の言いなり。皆クローンか。次の選挙では
半数われになることを祈っています(安倍アキエではないが)。
特に自民党の品質不良議員は落選するよう祈ってます。
でも、自民党をこれから引っ張っていけるのは石破さんしかいないと思って応援している。前回は党内クローン議員の選挙で負けたが、それなら次回は党員サポータの票を全部採れ。
品質不良議員など相手にしなくて良い。
兎に角、頑張ってほしい。日本をトランプアメリカにしては駄目だ。がんばってください。一国民として出来る事は支援させていただいています。

投稿: 小林 | 2017年6月 2日 (金) 18時01分

まずいですね・・・。
このままだと小池さんが勝っても利を得るのは都民ファーストの会こと公明党、
ということになりそうです。

思えば安保法制も骨抜きにされ、憲法も追加改定で自主憲法制定の志を失い、ライバルの共産党を狙ってテロ等準備罪が成立し・・・。

誰がリーダーシップを取っているかは誰の目にも明らかですよこれ。

どうしよう?

投稿: きました | 2017年6月 2日 (金) 20時04分

お疲れ様です。

投稿: mr | 2017年6月 2日 (金) 20時13分

石破先生、日々の活動お疲れ様です。

さて、ニュースで政府がLINEと提携してマイナンバーカードの普及を目指すと見ましたが…

はっきり言って危険です!LINEは韓国の企業です!

政府関係者は有名人のLINEの流出事件をご存じないのですか?
LINEのセキュリティーの脆弱性を知らないのですか?

何よりLINEの内容と個人情報を韓国政府の諜報部が傍受してると言う事実を知らないのですか?

なぜこのような危険な企業と提携して
マイナンバーと言う重要な個人情報を危険に晒すのか疑問です!

止めるなら今しかありません!
ぜひ今一度LINEを調べた上でご検討下さい。


投稿: 田中健一郎 | 2017年6月 2日 (金) 20時21分

冒頭から閑話休題、ぺこり、ニッコリ

  ≪政治家の本分!?≫
日経【小池知事の離党届 自民、当面保留する方針 https://goo.gl/nDdFGY 】
あはは、どんどんどんどん‥白日に曝される「お嗤い草」。
I.「決められない」のはどっちや?
①起承転結を順序立てて歩んでいる小池女史
②進退伺いも離党届も保留する「安倍ボス猿と二階老猿と下村下僕猿の自民党」

II.診方を変えれば、「政治家の本分」はどっちや?
①小池女史が固執する正統派の道筋
②愚かな猿が得意な「政局的&政治的な計算と打算」

III.更に言えば、肝心なのは、
♪正しく決める政治♪なのであって、【私情に駆られて暴走するだけの”決める政治”】に意味はない‥どころか「有害政治」でしかないのだ。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 2日 (金) 20時35分

石破閣下

ポンコツモデラーのポンコツコメントです。
送信操作ミスなのか先週のコメントが掲載されていませんでした。再送信はせずに別の角度からコメントしたいと思います。(最近話題の加計学園問題はワイドショウに任せておけばよいでしょう)
 戦争の諸法令の中で重要なものは、はじめた戦争をいかにして終えるかということです。つまり、戦争の始まり方はいろいろなパターンがあるでしょうけど、しかしだからと言って適当な終わらせ方がある訳では無いと言う事です。
 たとえは、飛んできたミサイルを打ち落としましたので「終わり」とはなりませんし終わらせてはいけません。格別に被害がなかったので非難だけで済ますというのは問題外です。賠償金、国家権利の譲歩や取得、領土・領海・領空の割譲を含んだ条約・調印が取り交わされるのでなくてはなりません。このような国家権利の追求を行う交渉が実施される準備が日本に整備されているのでしょうか。あるいはそんな国家権力は日本にはないので最初から考えていないとすれば、その理由や現状を国民に説明し、理解を得なければいけません。あたかも権限があるかのような振る舞いが(現政権)あるように見られます。
 なぜ、このようなことをという人もいますが、忘れないで貰いたいのはわが国は敗戦国であり、戦勝国により敗戦国の軍隊には正式な階級としての大将(陸、海、空)を置くこと認めていません。戦争終結のための条約調印には大将の署名サインが必要なのが国際ルールです。結果として敗戦国の軍隊には戦争はできないようにしたのです。(4っ星の将官が自衛隊にはいるではないかという人もいるかと思いますが、正式な階級ではありません。自称大将もしくは儀礼上の大将です。ロシア軍が大将なのに元帥の階級章を使用しているみたいなものです。)
 すこし長くなったので首相の戦争終結交渉全権についての疑問については省略(たぶん整備されていない・・・調べても片鱗さえ見つけることが出来ないので)しようと思います。
 水月会のメンバーが減ったのは残念なことです。つくづく国難が続いていると思います。乱文・乱筆お許しください。
 

投稿: 野村嘉則 | 2017年6月 2日 (金) 21時04分

歴史秘話ヒストリア・・・

今回は、徳川綱吉「生類憐れみの令」・・・戦国時代が終わってかなりたっていたが、まだまだ、殺伐とした世の中だつたらしい、人々が命あるもの全てに分け隔てなく優しい思いを持てたなら平和な世の中になるであろう・・・との思いから始められた事なのに、綱吉の生真面目な性格と役人の勝手な忖度からだんだん違った方向に
向かっていく・・・なんか、今の世の中に似ているような!
そんななか1707年11月?
関東に巨大地震😱
その上、富士山🗻が大噴火😱😱
国の礎?は民と言う初心に戻った綱吉は、動物愛護に使っていた予算を復興と民のためにつかって復興につとめた。
1709年63歳でなくなった。

今抱えている国内問題、国外問題、予想される巨大地震、災害、本当にそっくり
何てタイムリーな・・・番組内容 おもしろかった
再放送があります。総理大臣室でみんなで見たらいかがでしょう・・・

投稿: まな | 2017年6月 2日 (金) 21時23分

 最近の石破さんの、マスコミでの取り上げられ方はよいです。大臣や党3役の頃は、「こんな奥歯に物が挟まったような物言いが必要なら、総理大臣になっても大したことはできないだろう」と心配でした。今は、是々非々で発言する姿が報道されています。安倍一強ともいわれる状況下でのドン・キホーテのような扱いですが、これ、郵政民営化を唱えて奇人扱いされていた、総理大臣になる前の小泉純一郎さんを思い出させます。石破さんも、ご自身の考えを実現するためには、今は、有権者が嫌がることでも、正しいこと、必要なこと、はどんどん意見表明すべきだと思います。「選挙への影響を考えず正しいことを発言する」石破茂にどうしても総理総裁になってほしいというタイミングが、必ずくると思います。無理に数合わせてで総理大臣になっても何もできないのではないでしょうか。

投稿: 社会保障から経済成長?! | 2017年6月 2日 (金) 21時32分

石破先生、お疲れ様です🍵
若狭先生のお気持ちはよく理解できます。
昨年の参議院選挙前の党首討論の頃から、私は過去の総理の辞任会見の動画を繰り返し見ていました。
はがゆい気持ちは官房長官もおありでしょうに。
総理ご夫妻のSNS使用は制限した方がいいと思います。「いいね」を気軽にするのはトラブルの元です🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年6月 2日 (金) 22時29分

   事務次官が面識がある癖に総理の意向と全く逆の仕事をする事で不満をぶちまける。そしてメディアも含め、問題の本質を言わない。獣医だけでなく、専門分野も世界的に見て少ない日本には理由がある。文科省が規制緩和をせずに大学や研究機関に認可を与えない問題がある。認可を与えなければ研究だけでなく、専門性も遅れるのは当たり前で人手不足に陥っているが規制緩和をしようとしない。獣医が増えると競争が起り、利益や分配が減る為に癒着構造があり認可しようとしない。これから生物化学兵器やその他の専門化がもっと必要になるが未だに既得権益確保の為に規制緩和しようとしない。日本にはその様な既得権益に守られて競争や市場原理に身を委ねない所が沢山ある。中には競争ではなく、国が守るべき物もあるが何を守り、何は必要で規制緩和すべきが合理的な判断や説明が不十分であり、決めるにしても決めないにしても合理性や戦略性が余り見えてこない。そして批判は総理が過去に関係していたという下らないスキャンダル方式を取る。これでは国は良い方向に変わらない。

投稿: 忍者 | 2017年6月 2日 (金) 23時51分

【正直、あまり興味がないのですが・・】

閣議決定の4条件と照らし合わせて、相当であること。

これが、確認できれば この件は終わりでしょ。

この議論の 本質が何なのか さっぱり見えないコトの方が、

むしろ、問題です。

獣医学科は 私は必要だと思います。

であれば、それが トップダウンだろうが、ボトムアップであろうが、

必要が 適切に満たされれば いいわけで。

官邸からのトップダウンが けしからんと。

なぜ、けしからんのですか?


常識外れの 不可解な金品の授受でも あるのですか?

トップダウンの 何が けしからんのか 説明して欲しいですね


そんなこと言ってたら、明治維新は 成功してないですよ

大政奉還後、半ば強引に富国強兵を トップダウンで進めた結果、

一部の財官の癒着は弊害として 出ましたが、

近代日本の礎を築いたのは 事実でしょうからね

それに、ボトムアップが 常に正しいとも 私は思いませんがね。


件の マスメディアに着目されてる 前川さんにしても、

この方、結局 何が 言いたいんですか?

私から言わせれば、例えば 地方の中小ゼネコンの社長の跡取りがおらず、娘の婿養子に 地方の県会議員の親族を 婿養子とし、

そのコネで 地方の工事発注を受け、その金で 毎晩飲み歩いて 遊んで暮らしてる 代々の社長さん事例より マシだと思いますが・・

投稿: ぴっぽー | 2017年6月 2日 (金) 23時56分

石破様、こんばんは。上記の記事を読んで感じることは、国家が今、生物化学兵器に対する対策を始めていることが分かりました。また、テロなどの国家転覆に対する対策をしていることが分かりました。このことは、国家の治安を強化するために必要なことかもしれません。近隣諸国が、生物化学兵器を用いたテロや戦争を起こすかもしれない状況が報道されている中、準備や対策が必要となっているのかもしれません。勇気をもって一歩踏み出すことが勝利につながることもあります。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2017年6月 3日 (土) 00時26分

若狭議員だけでなく、小池議員、又石派さんも大臣籍を断り水月会を作る。単独でそれなりに動くには実力と自信が無いと出来ない。勿論、民主主義はそれなりのグループになり固まらないと力には成り難いし、多数が権力を持つのは当たり前である。だから水月会も政策だけでなく、志を同じくする者は集まってくるし、小池新党にしても似た様な物で勢力を形作らないと潰されるか発言した所で影響力が及ばない。人が集まれば似た様な考えや行動、目的に応じて離散集合する。共産党とくっ付いたのは良いが離党する議員が相次いでいて歯止めが掛らない。節操も無くあちらこちらに風任せに動く議員がいるが最近では有権者も信念の無い議員には票を入れない傾向が出てきている。汚職や不正をしても又選挙に出れば受かるという時代は終わりを告げようとしているし、暇な人が増えネットで過去を調べられる様になると過去の言動やら行動の矛盾を突かれ、票に繋がらなくなる事もある。監視は政府側だけでなく、国民の側からも行われ何とも住み難い時代になる事請け合いである。

投稿: 忍者 | 2017年6月 3日 (土) 13時55分

石破閣下

ポンコツモデラーのポンコツコメントです
購読新聞の中日朝刊を読み、その2面右上に「別系統の特別裁禁止」の記事があり新聞記事と自民改憲草案に対しての感想を述べたいと思います。まず第一に新聞記事に対してです。草案には「審判所を置く」とあり裁判所へ不服の申し立てができます。これは司法権の侵害とならないのですから、別系統という表題は、草案の趣旨・意味するところから大きく逸脱しています。裁判所に申し立てできる審判所は行政機関であり、軍事刑法に従う軍法会議にはまったく当たりません。自民改憲草案の立案者がまるで無知であるかのような記事は、反対に新聞社が法律的無見識であるように思われます。
 憲法76条は軍律会議(軍法会議とは違う)の設置を認めないものを含むものです。軍律会議とは軍が自らの判断で一般自国民・敵性国民・敵国の国民・国籍不明の国民を死刑を含む処罰を実施する(軍律会議の審判員は司法当事者を含まなくても良い)機関でありこれが「別系統の特別裁」にあたると考え、禁止していると判断します。(軍律会議を知らなかったり、誤解している方も多いと思います。)
 自民改憲草案についてですが、「上訴する権利は、保障されなければならない」とは保障されない案件を前提にしていそうであり、裁判所に上訴しても、検察による捜査権の制限を課すならばこれも意味をなさないし、審判所を置いても、すべてこの裁定を不服として一般裁判所に上訴してしまえば何のための審判所なのか目的と機能に沿わないのではないでょうか。
 自ら週に一回のコメントということにしていますが、調子にのって2回目をしました。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2017年6月 4日 (日) 07時34分

前川前事務次官は貧困女性調査の為と都合の良いインタビューを朝日系テレビで語っていた。しかし実際は加計学園問題が出る前に辞めさせられていた。なぜなら内偵捜査で某店を張り込みして、写真等と撮られていた。そして調べてみると事務次官が何度も出入りしていたというのが実体のようだ。つまりは身から出た錆を逆恨みして問題があるかの様に朝日を組んででっち上げていると考えても何の不思議は無い。そして総理が言う様に事務次官クラスであれば総理に話をする事は出来るし、もし彼の言う様に上司に気を使ったにしてもその上司を通して言う事は出来る。テレビに出てシャアーシャアーと朝日に出る位の厚かましさがある男だ、信憑性が極めて薄い。普通、本当にメッセージを伝えたい場合、読売や産経等保守系に出て発信する。籠池も前川も胡散臭い総理利用がプンプンする輩である。

投稿: 忍者 | 2017年6月 4日 (日) 09時25分

竹下亘自民党国対委員長が前川氏の証人喚問について「政治の本質とかかわりがない」と述べたことの意味がよくわかりました。

投稿: 中尾幸司 | 2017年6月 4日 (日) 10時29分

改めまして、激務とお苛立ちの中を押してのブログご更新、有り難うございます。安倍Monkey政権も既に発足して5年を過ぎ、今までの「下水溝で隠して来た悪事」がぼろぼろ表面化しており、腹立たしい。そんな中では、東京都に固有の現象とは言え、また「未だ鍔迫り合い」も行われていない段階だとは言え、小池知事と若狭勝さんの動きが爽やかで、将来に期待が生まれ、救われる想いを強くしています。
おお、内部告発に踏み切られた前川喜平さんも忘れちゃいけない!(ニッコリ)

   ≪猿、「誰>>>何」≫その1
朝日【政府答弁書、統幕長発言「政治的行為に該当せず」  https://goo.gl/d4lJfR 】
制服組トップの河野克俊統幕長が「ありがたい」と歓迎したことは、トップたるその重い立場が背負っている重い責務として、当たり前のことだと思いますけどね。
改悪ならまだしも、憲法改正にさえ反対する「左側の平和ボケ」たる批判者は、「憲法上に居場所がない自衛隊員」の遣り場のない心情や、そんな彼らを「紛争地or戦地に送る、殺し殺される舞台に送り込む」命令を下すことの苛酷さを、知るべきなのです。ヒステリックな批判は常に論議を混乱させ、その意に反して政治権力者に突け込む機会を与える。「全ては両刃の剣だ」と知るべきなのです。
但し、‥と言うよりも、狭浅短さから齎されるそのヒステリックな批判の当然の帰結として、安倍晋三の猿一味が牛耳る政府が、卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)言い草や言い逃れなどを繰り返させて仕舞う。真に悪循環。
その挙句に、靖国参拝の詭弁(公人vs私人)で味を占めた猿真似で、今回もまた、【個人としての見解を述べたもの】が垂れ流される結果に終わって仕舞う。
そのヒステリーが、安倍猿一味の「口先だけ、教養も見識もない、人間の心が籠らない、“第9条の加憲”」が「改悪であること」を追求できない原因になっている。
このケースを煎じ詰めれば、政権側にも批判側にも、「誰>>>何」を見極めることが重要であることに帰着すると考えます。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 4日 (日) 12時33分

   ≪猿、「誰>>>何」≫その2
アマゾン:山口敬之の著書へのカスタマーレビュー
①総理:https://goo.gl/KPJ6qR 
②暗闘:https://goo.gl/tHzbo7 
⇒いずれのカスタマーレビューも、詩織さんの告発(5/29)を境にして、評価が一変している。痛烈な書き込みもある。
それ以前のコメントの多く(”全て”に非ず)が、「安倍Monkey一味から小銭を配られて書き込んだネトウヨ」のものとも想像できるが‥、それ以降には、ヨイショ・コメントがゼロであることも‥その激変ぶりが面白い。
一つの情報で判断や評価が変わることは、当たり前でもあり健全なことでもある。逆に、変わらないこと、菅女房猿の如く「新情報を無視すること」、「問題ない、支障ない、批判は当たらない」とするのは愚かさの証左でもある。

そもそも、誰かの本や論説を読むにせよ、誰かの話を聞くにせよ、
特にその内容(何)に感動した場合には、その「誰か」の本性を知ること見抜くことが肝心なのです。
この山口敬之の場合も、今回の強姦事件で、本性を見抜くまでもなく、丁稚猿であることを知ることが容易になったに過ぎない。予てから安倍晋三に迎合し阿っていたのだから、また一部市民からは強い批判や顰蹙を浴びていたのだから、その卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)本性は見抜くことはできた。逆に言えば、その卑しさ故に嘘を並べて、安倍晋三を素晴らしい人物に描くことができたのだろう。
今回は山口敬之が自ら墓穴を掘ったから好かったものの、今も今後もこの手合いは出没するから、「誰>>>何」の原則を胸にまた座右に置いて感想や意見を紡ぐことが益々重要になる。
その弁えがあり、そのように構えれば、例えば、急に(いきなり)ゼロにはならなくてもバカバカしい<おれおれ詐欺≫に引っ掛る被害者が少なくなる。然すれば、詐欺側がリスクとコストが共に割り込んで、早晩、被害ゼロになるだろう。まあ、詐欺師は別の詐偽を考案するだろうが‥、旨味は減殺される。これが好循環w。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 4日 (日) 12時34分

加計学園問題の政府の対応について
戦略区特区の仕組みや詳細はわかりませんが、きちっとした調査もせず、怪文書だ、前川氏の個人攻撃だと、最近の菅さんの対応や、一国の総理大臣が直接の追求を避けるがことく一方通行のラジオで反論するなど、対応のいい加減さには腹が煮え繰り返る思いです。
自民党の中で、ノーをノーと言えるのは石破さんしかいないのでは?共謀罪法案この件があるからなのか、会期の延長もせず、数の論理で押しきるつもりなのかと危惧しています。何とかしてください。よろしくお願いいたします

投稿: 中村聡 | 2017年6月 4日 (日) 13時38分

加計学園問題について:最近の政府の対応を見ると何をバタバタ?問題がなければ真摯な対応を行うべきではないでしょうか。納得出来る説明もせず個人攻撃など対応を見ると 臭いものにはフタをしておこうとの思いに見えてしまいますね! 政権与党の自民党にしても 何の行動も私達には見えず 開かれた党との印象は残念ながら消滅しています。 又、与党大臣、副大臣、議員の幻滅する話、行動を見るに付けこのままでは支持層の低下も始まるのでは?  初めて自民党の若手に投票して裏切られ(新規上場株問題) 又、この問題等から「ええ加減にしろ」との思いがフツフツと湧き上がる今日この頃です(笑)

投稿: 堀 真次 | 2017年6月 4日 (日) 13時40分

よく分かりませんが住みやすい日本 余りにも事件 事故の無い明るい未来にしてください。

投稿: 秋田 賢次 | 2017年6月 4日 (日) 15時50分

的確、解りやすい説明で感銘致します。
昨今は、マスメディアが少しの事でも大きく取り上げ旬の芸能人が挙ってコメントしているのを見ていると事の真髄からどんどんズレていき感情論、挙げ足取りにしか見えずそこまで騒ぐ事なのか?と疑問に思う事ばかりです。私達にはもっと真摯に捉えなければならない事が山程有るはずなのにも拘わらず下世話な週刊誌ネタに踊らされている様に思えてなりません…どうか日本の為にこれからも御尽力くださる事切に願っております。

投稿: 須藤雅美 | 2017年6月 4日 (日) 16時18分

   ≪猿、「誰>>>何」≫その3
引用【テロ等準備罪の成立後もその運用には細心の注意が必要‥】
⇒真に御意!一般論としても、真に「誰>>>何」の文脈で、この部分は如何に強調しても強調し過ぎることはない、キッパリ!w
特に、今や「その誰(複数)」が、政治権力に座す「誰ら」が右翼と極右が混然としており(注1)、そのトップが安倍のボス猿であり、補佐役が女房猿、下僕下女猿、丁稚猿であり、有象無象‥と云う乱暴な(注2)集合体なのですから、“石破総理”が目指されるような♪♪肌理細やかで道理に適う運用♪♪は期待できる道理がない。絶望的だと判断します。
蛇足の(注1)智的なリベラルではないこと、中庸を基軸とする“真正の保守”でもないことは明白である。
具体名を繰り返せば、高村細田菅高市稲田山谷有村丸川下村世耕加藤萩生田礒崎衛藤西田古谷今村百田櫻井日本会議神社本庁など安倍一味
(注2)前川喜平さん曰く【プロセス(補足:即ち運用)が乱暴だった】から借用

上述の判断は真っ当だと思いつつ、言葉使いが♪乱暴♪であることは承知しております(微笑)。その上で、肝心なのは、“石破総理”として、冒頭【細心の注意が必要】と論理や道理を説かれて、ことが足りているのかどうか?!だと。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 4日 (日) 18時05分

特区に関して。沖縄医療特区ですが。
国家戦略特別区域高度医療提供事業として、豊見城中央病院の提案した、自閉症などの発達の問題の脳外科的治療としての「軽度三角頭蓋の頭蓋形成手術」が認定されましたが、日本児童青年精神医学会へ倫理的問題への疑義と当該手術への見解について照会され、7月19日に当医学会から声明が発表されました。声明文では、自閉症と三角頭蓋の関連性の医学的証明がなされていない事や三角頭蓋の手術が自閉症をはじめとする発達障害の治療に有効であるという証明が公認されていない事などより、本事業認定の撤回を表明しています。

上記の流れにより、頭蓋骨が繋がる疾患による児童の治療の道が実質的に絶たれました。
これは、この手術を提唱した下地武義医師の功績を横取り?あるいは否定することで成り立つ外部医療組織の外圧によるものです。

わが子は、この手術により、一滴も出なかった汗が出て、代謝改善することで、様々な発達障害的症状も改善しました。

倫理面が邪魔をして、世界的に議論のある手術でありますが、
下地医師が「自閉症が治る」としているわけではなく、高い脳圧による全身の機構改善を目的としている手術であるにも関わらず、また、手術適応患児を厳密に精査しているにも関わらず、実際に当該患児を診察したわけでもない精神科学会や小児科学会が、ヘルシンキ条約を盾にやたらと反対声明を声高に叫び続けています。

実際にこの頭蓋骨が繋がるという疾患を治療できる病院が世界的にも少ない為に、下地医師の下には世界中から患者がやってきます。

日本においては、小泉内閣の時に、参議院にて、審議され、この手術の適応が4歳まで、倫理委員会を経て、という条件が付加された経緯があるのですが、わが子のように、5歳を過ぎて激しい発作を起こして初めて確認された頭蓋骨の癒合患者は、治療の道筋を絶たれてしまいます。

各種医療団体の、利権などのために、治るはずの疾患が、倫理だの何だのの為に諦めなくてはならないものになるのは、納得いきません。

世界中から、患者が頼りにできる、唯一の医師であり、手術でした。

特区として石破先生が判を押して実行準備が整ったはずのこの大切な医療分野を、利益重視の医療団体の圧力によって変更させられる事は、納得できることではありません。

頭蓋骨が繋がる事により現れる症状は様々ですが、重度の線訂正疾患の患児はQOLが上がり、看病する家族も楽になる。軽度の患児では、完全に定型発達児になることも可能です。

申請が、外圧により取り下げられたのは、申請側にとっては、本意ではありません。

国家、国民の事など堂でも良い、自分たちの利権の事だけを考える医療団体によって、申請撤去されています。

一度石破先生の承認を得たこの医療技術を、利権外圧を理由に止めてしまうことは、大変な間違いではないでしょうか。

ちなみに8歳で手術を受けたわが子は、国家に貢献できる、立派な11歳になっています。

投稿: 武田 あかね | 2017年6月 4日 (日) 18時14分

こんばんは

鹿児島での水月会のセミナーお疲れ様です。

高い志を持った派閥のメンバーの方がお辞めになりましたね。
残念です。
気を落とさないでください。


投稿: くま | 2017年6月 4日 (日) 21時16分

【考えてみればスキャンダルの総合デパートの様なクリントン大統領でさえ、2期務めることが出来た。】

 トランプ大統領に向けられたマスゴミによる攻撃は、クリントン大統領がその在任中に発覚した数々のスキャンダルの多さと種類の豊富さを見れば、たとえ弾劾裁判になったとしても任期の全うがあるような気がする。その点に於いて、汚職事件の発覚からわずか半年で弾劾裁判となり、大統領の地位から簡単に引き摺り降ろされた韓国と同列に見ることが難しいのではないだろうか。
 米国のマスゴミは頭に血が上った様に連日トランプ大統領に向けた批判を繰り返しているようですが、国民全体に火が付くほどのことにはなっていないばかりか議会の各種委員会も慎重な姿勢で臨んでいるのは現実の姿ではないかと思いますね。
 クリントン大統領などはシナ人の献金を受けたこととか、不動産にまつわる不正操作とか反対政党の議員の情報を収集していた疑惑とか、大統領の次席顧問である弁護士が自殺した事件とかがあっても大きな政争に発展するほどにはならず、ホワイトハウスの仕事を求めてやって来た女子大生を甘言を弄して和姦なのか強姦なのかはっきりしない事件が発覚したことでやっと重い腰を上げて弾劾裁判に持って行き、それでも評決が割れて大統領を解任することがなかった。

 考えてみれば、よほどのことが起きてもその地位が失われることがないという事ではありませんか? だから、トランプ大統領は2期8年は生存さえ可能であれば続くと見たほうがいいような気がしますね。
 少なくともクリントン大統領よりは真面目で信頼されるのではありませんか?
 あの年齢なら女子大生を手籠めにすることだけはないと思いますね。それだけでも、大きな違いがある。あと、現在疑惑の対象になっているロシアとの関係という点から見ればクリントン大統領等は選挙資金さえもシナ人に頼っていたという疑惑まであって、金の問題が大きく絡んだ疑惑でありながら有能な弁護士と若くして政治家になったというだけのマスゴミ受けの良さが、この方面の疑惑を拡大させることがなかったという幸運があったような気がします。誰の目にも明らかなのは女子大生との不適切な関係が表に出たことであって、シナ帝国との不適切な関係がいくら指摘されても問題が大きくならなかったことを思えば、今のロシアとの関係もトランプ大統領の政治生命に影響する事はないかもわかりません。

 パリ協定からの離脱でさえ大統領の地位に影響する項目にはならないと思います。まあ、クリントン政権にはアル・ゴア副大統領という環境にうるさい人がいたので政治問題になるとは思えない背景もあります。しかし、京都議定書の参加を見送った大統領でもある。
 この方面ではクリントン大統領と大きな違いはない。

 過去の大統領と比較して米国の政界もまた今の大統領はどうなんだと考えると思いますね。そうなれば、それほど悪くはないという処に落ち着くのではありませんか。2期務めるかどうかが問題という事でしょうね。年齢からくる問題だけですね。

 ロイターの記事などを見るとトランプ政権の上級顧問に問題があると攻撃対象を絞っているような記事があります。
『[ワシントン 1日 ロイター] - 米議会司法委員会の民主党メンバー3人は1日、トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問の親族が経営する不動産開発会社クシュナー・カンパニーズに対し、大統領側近としてのクシュナー氏の立場を利用した可能性について説明を求める書簡を送った。』
 
 ロシア疑惑にも登場するこの上級顧問の行動が注目されるようですね。他の米国メデアもこの上級顧問は怪しいという論評がありますね。
 まあ、怪しい人であるのは間違いがないと思いますね。マスゴミ向けの発言は弁護士を通してする人である、それだけでも怪しい人だという印象がある。

 トランプ政権の前途は暗い。しかし、任期の全うはあるだろう。そう思ったほうがいいですね。

投稿: 旗 | 2017年6月 5日 (月) 00時38分

【ロシアのバレエ団による日本公演】
 ロシアのバレエ団とはボリショイ劇場バレエ団のことであり、今、日本に来ているそうだ。
 ボリショイというのはただ単に「大きい」という意味なのだと知ったのは随分昔の話である。それを聞いて、ションボリバレエ団などと言っていた。どっちかと云うと、あまり興味のない世界である。タイツ姿で踊る男というのは変態ではないかと思ってしまう。気色悪いという先入観とかもあって、私はそのような趣味の世界に着いていけませんね。
 あれは、そう云う姿に肯定的な価値観をもつ事から始めないとダメなのかもわかりません。
 女性も、また、つま先で体重を支えて何度も飛び回るという姿を、可哀想だと思ってしまうとダメですね。

 まあ、そう云う異様な世界を肯定的に評価できる心がないと苦痛ですね。
 我が国の大相撲が海外でどのような評価を受けているのかと考えれば、ふんどし姿のデブが体を擦り合わせて何か踊っているという風に思う人も表れても不思議ではない。それが興業的に成功しているという事が信じられないと思う人もいるかもわかりません。仏蘭西のシラク元大統領の様な相撲フアンなどは変人と思われているかもわかりません。
 バレエの理解もまた国によって変わるような気がします。興業というものは、歴史的な背景に根差したものがあります。否定するにはあたらないですね。


 まあ、そのションボリバレエ団が、日本で公演をしているそうだ。60年ぐらいの交流があるという話である。ションボリバレエ団とションボリサーカス団がロシアの華である。
 我が国とロシアの友好関係を象徴する交流でもある。
 この様な国技を持つ国はいいものだ。楽しい話題ですね。

投稿: 旗 | 2017年6月 5日 (月) 01時54分

【1日の参院外交防衛委員会での質疑と応答】

 自民党の山田議員の質疑が新聞記事になっていた。
『「最終的かつ不可逆的に解決したという過去形でいいか」と尋ねると、外務省の四方敬之アジア大洋州局参事官は「最終的かつ不可逆的に解決される。現在形だ」と答弁した。
 山田氏が改めて解決済みかどうかを聞いても、同じ答弁に終始した。業を煮やした山田氏は「そんなこと言っていたら国益を守れないでしょ!!」と一喝。やりとりを見ていた岸田文雄外相が横から小声で指示し、四方氏はようやく「日韓の合意の時点でこの問題は解決された」と述べた。』

 外務省の腰の座らぬ答えに、彼等の無責任さを感じてしまいますね。2015年の年末に合意した内容は『合意した』のであるから、合意そのものは過去形であり、合意内容は今も続いていて、それは覆ることがないという事も含めて『合意した』という事である。

 元に戻りませんよとお互いに決めたわけである。政権担当者が変わっても政府は続くわけであるから、元には戻らないという事でもある。外務省の認識はそれとは違うのか?
 非常に無責任な応答があったというべきである。しっかりしてもらいたいものだ。

 そういう処に隙ができると付け込まれるという事になる。韓国の新大統領は自国民の意見が違うと言い出している。そういう事も理由にはならないのが、この政府間の合意である。この合意を順守しない。あるいはできない。あるいは、遵守するのは嫌だと言い出した時にどうするのか考えておかねばなりませんね。一気に国交断交に至るのか? まずは大使館の閉鎖等で我が国の意思を伝えるのか?
 合意を破棄しようとして来るなら、それに対しても、我が国の意思を伝えないといけませんね。この問題を蒸し返すような対話は既にできませんね、そうすると合意をした意味は消えてしまいます。だから、それ以外の意思の伝達方法を考えていかないといけませんね。邦人の強制退去とかも、その方法を含めて考えないといけませんね。いきなり断交を通告する前に何らかの手順があるような気がします。それについては、外務省は考えているのだろうか?

   何も考えていないような気がして不安ですね。

投稿: 旗 | 2017年6月 5日 (月) 03時43分

最近になってネット新聞では北朝鮮の中国高句麗区という地方自治に似た名前が出る事がある。故キムジョンイルは中国に気をつけろと警告を発し、チャンソンテク粛清や中国への暴言にも繋がっている。つまり飲み込まれる恐怖があるし、中国も北朝鮮に眠るレアアースや地下資源を狙っているとも思っている。皮肉な事に朴やムンジェイン大統領なら喜んで中国と一体になるかもしれないが北の方がその怖さを知っている様だ。北朝鮮が中国の一部になれば韓国はある意味、弱小国になるし核兵器が無いと眠れないかもしれない。しかしその逆に韓国と米国が北を倒し統一国家を作ると中国は反発するだろう。とは言え、何時までも現状維持という訳にはいかない。米国はもう軍事統制権を韓国側に渡したくて仕方が無い。戦闘機は整備せず、値上げをすれば訴訟を起こし、新型兵器を渡せばコピーして他国へ韓国製として売る。THAADも米国側が支払うと発言して大統領は激怒し韓国側に払えと言えば、THAADは要らないと言い出す始末だ。守って貰っても恩を仇で返す国には米国も嫌気が差して来ているようだ。過去にも司令官が逃げ出し、戦いもしないのに戦勝国入りを望む厚かましさには呆れて物も言えない。一緒に戦った日本の援護をする所か、竹島を奪う訳だから彼等は恩を仇で返し方は非常に心得ている。日本は旭日旗を掲げれば韓国は助けなく良い様なのであり難い。朝日と一緒に日本には近付いて来て欲しくないものだ。

投稿: 忍者 | 2017年6月 5日 (月) 11時34分

   再び≪日本を診る世界の智的な目と眼≫
6月2日:デービッド・ケイ国連特別報告者が再来日し講演
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2134
記事引用【ケイ氏は日本におけるメディアの独立性を懸念。日本では放送について政府が直接規制している、独立機関に移行すべきとの見解を示した。
5月29日、「日本政府に対する報告書」を国連人権高等弁務官事務所に提出し、今6月12日には、国連人権理事会に提出する】
⇒ふむ。先日、日本の共謀罪などに関する国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が試案を公表したのに続き、報道の自由に関するケイさんの正式報告書の提出スケジュールが固まりつつある。
即ち、世界の智見が日本に向けて投げる智的な包囲網が、着々と狭まり、締まり、網糸が強くなっていますね。
安倍晋三一味は、この世界の諫言箴言にも、耳を塞ぎ蓋をし思考停止したまま、「批判は当たらない、問題ない」を繰り返すしか能も脳もない。
数年前に例のあのバカ外交官がやった様に、「Shut Up!を繰り返す」かも知れません。また、数十年前に松岡が言い放った「国際連盟脱退!」を、恰好よく真似る(猿真似?)かも知れません‥とは言い過ぎだと思いたいが、明確にはその事態を排除できない。

この事態は、5年前から「懐疑的な“かも知れない運転”」に徹していれば、洞察できたであろう事態でもある。
今や、「“石破総理”なら、日本丸の船頭として、どう考え、どう行動されますか?」と仮定法で呑気にお伺いする暇はありません。
後の祭りになる前に、今の石破さんのお立場でどう考え、どう行動されますか?

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 5日 (月) 14時26分

毎日【加計学園:米比の提携先、安倍昭恵氏が訪問 https://goo.gl/ci2jNL 
安倍晋三:米国の提携先には天皇陛下も行っている】
⇒あはは、「誰>>>何」が大逆転する典型的事例。
①天皇陛下が訪れられた(行った??(大嗤))ことと
②(多寡が猿の女房猿でしかない)昭恵が行ったことと
どこをどう結べば、比較できる対等な訪問になんだろう??
♪♪なんでだろ~ なんでだろう~♪♪
「表見的な訪問(何)」は同じでも、「訪問者(誰)」が違うのだから、その意味合いは「月とスッポン」???
否!「月と下水溝のドブ鼠」だ、キッパリ!

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 5日 (月) 15時42分

  ≪愚劣なMonkey政治の過小評価では?≫
①ブログ引用【それぞれの専門的知見‥をもとに‥権限を有する内閣府が、その責任において判断したことなのでしょう】
②6/1水月会でのご発言【‥スキャンダルめいたお話に耳目を奪われてはならないのであって‥】
⇒繰り返しになりますが、此のどちらの場面でも、石破さんのご指摘は≪楽観的な“だろう運転”として、正しい≫ですね。その無難で狭い範囲では異議を差し挟む余地はない。
然し、これも繰り返しですが、石破さんもご承知の通り、「スキャンダルめいたお話」が現に発生している現実を前にして、水月会を代表する有力政治家が、「耳目を奪われなくて‥」、逆に言えば「注目しその根因を摘除する動きに繋げなくて‥」、今の政治が正せるのか?と云う強い疑問と疑念がはっきりとその像を結ぶ。

③引用(若干編集しました)【いわゆる忖度云々‥前川氏が政府の対応を批判するとはけしからん云々‥出会い系バーへ通っていた云々‥重要ではあっても事の本質そのものではありません】
⇒これらは、そもそも、ことの軽重と大小が区別されていない。
それらは全て、あるいは猿一味のデマであり、あるいは得意の強弁でありました。爾後、時間の経過とともに様々な証言や証拠が上がり、それらは全てが「論点外し、いちゃもん、作り話、大嘘」であることが明らかになっている。今更、重要である筈がない。
時間経過を待つまでもなく「誰が言っているのか」に着眼すれば、健全な心と直観力を持ってすれば端からデマ・嘘だと想定できた。
それ故に、呑気な一般論で「政治の本質そのものではない」の見解は正しい。
但し、政治家や市民が、現実として「それらこそが愚劣なMonkey政治の本質そのもの」という過酷な現状を認識するなら‥また猿の政治とその悪影響を過小評価しなければ‥結論は真逆になる。
まあ、「天の時<地の利<人の和」は大切な訓えだが、古今東西に共通して「鉄は熱いうちに打て」と云う訓えもある。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 5日 (月) 16時29分

   ≪気分転換、お口直し、筆休めw≫
日経【最先端浄水場を東南アに JFEエンジ、まずフィリピン https://goo.gl/qUhTDy 今回の受注額百億円。日本の高度な水処理技術をテコに新興国の需要を取り込む】
⇒ほお、朗報吉報ですね。単に受注した形式的なことではなくて、フィルターや装置など部品供給の下請けではなく、総合力を必要とする元請けとして受注したこと。ODA付きなら慶べる話ではないが、それもなしですから素晴らしい。

鉄鋼や化学など重厚長大産業を含めて、日本の大企業の現場には潜在的にその実力があるんですけどね‥多数のその現場を束ねて協働させ、総合力として顕在化させる覚悟や力量が経営トップにないからねえ‥。JFEはそんな中でも挑戦的な経営に挑んでいた企業ですので矢っ張りねと納得的でもあり、新日鉄や東レなどではない点では矢っ張りねと落胆させられる情報でもある。

石破さんが精力的に取り組まれた地方創生事業でもご苦労された通り、此処でも「成功事例の横展開」は容易なことではない。
然し、「組織トップの世代交代や新陳代謝があれば‥!」と「楽観的な“だろう運転”」に努める(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 5日 (月) 18時40分

茂閣下

北朝鮮を本気で制裁したいなら
朝鮮人がオーナーのパチンコ屋やメーカーに対して何らか規制をするべきだし、朝鮮総連に対しても何らかの規制をするべきです。

パチンコ関連や総連から北に金が流れているのは明らかですよね?

なぜ未だに厳しい規制がされてないのか疑問です。

そしてセットで外国人に対しての生活保護も制限しないと意味がありません。

彼らは難民ではなく、あくまで外国人です。

なのに生活保護や年金を不正受給して祖国に送るなんて以ての外です。


次に外国人による土地の買い漁り問題ですが、今一般人を装った中国人による土地の買い漁りが急ピッチで進められています。

明らかに中国共産党の人間なのは明白です。
中国には国防動員法と言う戦争時は官民関わらず国内外どこにいようが武装し協力すると言う内容の法律があります。

そんな国の人間が今日本の土地を買い漁っているのです。
即急なる規制や制限をお願いします。


そして最後にテロ等準備罪の国会議員の除外問題ですが。

もし国会議員がテロ国家と繋がりがあったり、元外国人の国会議員が未だ元祖国の思想に染まっていたらどうするのですか?

やはり官民問わず対象にするべきだと思います。

何より最近の自民党さんは脇が甘すぎます。
野党に付け入る隙を与えすぎです。

何ちゃら小学校然り
何ちゃら学園然り
何ちゃら記者然り

全て総理や自民党に関係ない問題で総理を失脚させたい方たちを調子に乗らせすぎです。
自民党議員さんや関係者、勿論総理夫人も今一度脇を締め直す事を願います。

国民は、もう3.11の時のような地獄の3年弱を二度と経験したくありません。

投稿: 裕太 | 2017年6月 5日 (月) 19時01分

石破先生

今晩は!!
先日の全国的なゲリラ豪雨のその後、気温が少し下がり朝晩には肌寒さを覚える程です。
日々の政務に、週末の全国に至る講演、視察などに駆け巡られ、大変お疲れ様であります。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
今回は国家戦略特区に関する追記を記述頂き、内容がとてもよく理解出来ました。

国家戦略特区に認定される為には所謂「石破4条件」と言われます、「日本再興選戦略改定2015」は、内容が専門的になる事から、認定へに向けた指標を4条件として示したもののようですね?この事は、岩盤規制突破と言われる国家戦略特区認定の新規事業計画において、従来のように地方からのボトムアップの計画では、厚生労働省、文部科学省、農林水産省などの多岐の省庁に渡る既得権益からの激しい抵抗があり(岩盤規制)、難しくてそれを打破する為政府主導のトップダウンの形式をとり、その為の指針となる条件と理解しました。

諮問会議により4条件を検討の上取り纏められ、内閣府の責任において判断され担当省庁により実施されるようですね?
ところが、僭越ながら先生の説明の中間のくだりに、「現時点では愛媛県今治市への設置が国家戦略特区として認められた段階にしか過ぎず、現在、文部科学省が大学設置審議会にこの開学について諮問中であり、最終的には審議会からの答申を受けて文部科学大臣が判断することになります。」とありますが、今治市の岡山理科大獣医学部は来年4月開校を目指して、すでに工事も着々と進んでいますが、何故でしょう?もうすでに内閣府による認定がなされ、文部科学省の大学設置審議会の答申が出て、それにより文部科学省は開学認定されたのではないでしょうか?

今回の加計学園の岡山理科大獣医学部開学については、石破4条件とも言われます指針があるのであれば、何故しっかりその事を系統立てて詳細説明がなされないのでしょう?相変わらず高飛車で問答無用の、総理初め内閣の担当の「説明姿勢が疑惑をより深くしている」のではないでしょうか?それを菅官房長官による、事の本質とは全く関係のない前川前事務次官のプライベートな事柄を述べたて、政権トップによる意向ではないか?との疑惑をより深めている要因になっているのです。まだ関与疑惑解明も中途半端なままの森友学園問題に引き続き、何事も安倍総理の真摯に国民に説明する姿勢に欠け、強引な政治運営が民意から乖離していて、その事がより関与疑惑を深めていると思うのです。身から出た錆とも言うべきです。

今週から参議院決算委員会に於いても、野党より厳しい質問を受けていますが、本当にこれが良識の府と言われる参議院の質疑応答なのであろうか?と唖然とするばかりです。総理の「初めから疑惑ありきの結論から話がスタートしていて、まるで『印象操作ではありませんか?』との応答など、与野党ともまるで三流週刊誌のけなし合いの様相です。

次にテロ等準備罪(共謀罪)の件であります。愈々参議院決算委員会に回され、審議中でありますが答弁の度に金田法務大臣の内容が変わり、理解に苦しむばかりです。本当にこれで、共謀罪法案を今国会会期中に成立させるというのでしょうか?重要なポイントは準備罪の構成要件が未だに一定ではなく「一般市民は対象ではない」としながら、相変わらず「その内容によってはなり得る可能性もある」などと、全く不透明なままです。これでは国連人権委員会の特別報告者メンバーのケナ・タッチ氏より、「人権侵害の懸念あり」との声明が出されましたが、さもありなんの様相です。人は誰でも日常生活において、「自身が公安よりマークされている」思いながら安穏と生活できるものではありません。テロ等準備罪の構成要件が明確にされず、時の政権の恣意的法律運用が採られれば、内心の自由は無くなり一億総監視社会となってしまうと言われても止む得ない事です。「むやみに不安を煽っている」と総理は良く言いますが、全て政権運営において不安を覚えさせているのは総理自身なのではないでしょうか?先にも述べましたが、我が国の法律は、個人の基本的人権を憲法によって守られる罪刑法定主義によるものです。不透明な構成要件によって、取り調べを受ける云われは全くありません。

石破先生はこのテロ等準備罪(共謀罪)について如何お考えでしょう?

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年6月 5日 (月) 21時58分

石破さん、今立ち上がる時ではないでしょうか?安部さんは危険です。日本を守るためには、今石破さんが立ち上がる時ではないでしょうか?期待しております。千葉県有権者。

投稿: 田所 和也 | 2017年6月 5日 (月) 22時37分

【決断する立場には大きな責任があるのは当然である】
 何も決められない小池都知事の様子が記事になっている。櫻井よしこさんが書いておられた。産経にあった。

 『東京都知事の小池百合子氏は「兵法」が好きなようだ。本紙に執筆中の「女子の兵法」では連載3回までで既に2回、「孫子の兵法」から「彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あやう)からず」を引用している。中国が人民解放軍必読の書とした「孫子の兵法」第三篇「謀攻」の中にこの言葉はある。その意味は謀攻、すなわち謀りごとをもって攻めることを至上の勝ち方とする考えだ。』
 このような書き出しで始まる一文は、読んでいて怖いとしか言えないですね。
 都知事に向けられた不満があるのだと思うが、自戒というか、もっとしっかりやってくれという云っているようにも思いますね。

 『謀攻を説く小池氏は偉大な東京市長、後藤新平に匹敵する足跡を残したいと、あふれるような意欲を示す。

 大変に結構だ。そうした大望、野望の実現には優れた構想、節目節目の賢い決断、そして指導力がなくてはならない。都知事就任から10カ月、いまだ構想を示し得ず、決められない知事であり続ける限り、21世紀の後藤新平は見果てぬ夢ではないのか。』

 『もたもたしているんじゃないわよ!』

というような声が聞こえてきそうな雰囲気もありますね。怖いわーー。

 それはともかく、櫻井さんの狙いは後半にある。
『さて、過日の6月1日、小池氏は自民党を離党し、「都民ファーストの会」代表に就いた。同党への支持率が低迷する中、7月の東京都議会選挙での議席拡大を狙っているのは明らかだ。』
 これは、不健全であると言ってますね。議会と都知事の関係は国政のようなわけにはいかないというのが理由だそうだ。忖度政治を批判した人が自前の政党を作って決められないままに従う勢力を味方につけるだけではないかと切り捨てている。櫻井さんが心配しておられる内容は、都政の私物化が自民党都連よりひどくなるような印象も、この文面からは感じられますね。

 最後の一文にある『小池氏に猛省を促すゆえんだ。』


  いや、怖いですね。櫻井さんがここまで書くとは、驚きます。小池都知事の仕事は納期がきつい問題ばかりではないですか? 無駄な時間が本当に無い時期に追い込まれているように見えますね。知事の立場に従うだけの議会を作っている場合ではないと思いますね。大阪と同じなわけがない。大阪は莫大な予算を動かし同時に納期まで差迫った問題がなかったから自前の会派拡大工作を行う余裕があった。待ったなしの問題を抱える東京都に、どのような意味があるのだろうか?
 黙っていても自民党と民進党の議席数後退は目に見えているからチャンスと見たのではないだろうか? 小池都知事の狙いはそっちなのか? 

  残念な知事になってしまうかもわかりませんね。

 

投稿: 旗 | 2017年6月 6日 (火) 02時22分

昨日付け愚コメント≪日本を診る世界の‥≫への補足です。
   ≪Monkey政治を診る日本の智的な目と眼≫
朝日【加藤陽子氏 日本政府の反論、リットン調査団に重なる https://goo.gl/sy5M4l 《政府の怒りの裏にあるものを歴史は教えてくれる》国連特別報告者カナタチ氏が日本に示した文書は‥に対する日本政府の見解は、文面から怒りの湯気が立つようでした 】
⇒予て真っ当な人間の真っ当な目と心で、日本歴史を見つめ論説されている佐藤女史のことですから、説得力も迫力も十分にある。

愚者が例示した ①国際会議で「ShutUp!」を繰り返したバカ外交官 ②「国際連盟脱退」に暴走した松岡」よりは余程に上等です。
但し、広さ深さ永さは全く敵わないが、「懐疑的な“かも知れない運転”」に徹している点、また安倍晋三政治の問題を「必敗の戦争に暴走した日本政治」の問題として捉えかつ懸念する切り口は共有されている‥とは自己研鑽を続けるための負け惜しみ(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 6日 (火) 11時48分

   米国務長官が天安門事件への関係者解放や事実に対し公表する様に要求した様で追悼式典も弾圧した中国共産党はダンマリと正当性を何時もの如く主張するのだろう。最近でも中国式新幹線が高架橋から脱線し、原因究明する所か何も無かったかの様に埋めて証拠隠滅を図ったのは驚いたが天安門事件でも銃殺や轢き殺した自国民を清掃機で片付けていたと言うから驚きである。中国人は人間扱いされていない様であるがチベットやウィグル人も人間扱いされていない。毛沢東が数千万死のうが数億死のうが中国人は地球上で生き残ると核戦争の勝利戦をほざいていたが習も大して変わりが無い思考回路の持ち主と見ている。邦人が牢屋に入れられ拷問され死んだ所で同情所か何も感じないのだろう。スパイを殺害して何が悪い!国家転覆を企んだ不埒者と言いたいのだろう。ところが世界中に中国共産党のスパイ活動する不埒者はゴマンといるが射殺されるどころか沖縄は中国の物だの米国を発見したのは中国人だの言い出す始末だ。一方的な彼等を誰が正すのだろうか?

投稿: 忍者 | 2017年6月 6日 (火) 13時31分


    再び≪“石破総理”なら?≫
日経【トランプ氏、パリ協定離脱を表明 https://goo.gl/1Qh9CI 】
Trumpがゴリラの偏狭さを露わにしましたね。広く深く永い視座で、遠い地球の姿や遠い人類の命運に全く想いが及んでいない。
狭浅短に「低下する支持率の回復」を狙ったものなのでしょうが、そもそも、Trumpゴリラ(愚者が名付けた“愛称”w)は「不動産屋、カジノ屋」と云う特殊なビジネス・ムラの住人ですから、「己だけが儲かれば好い。他人はどうでも好い。理想?ふんっ!」と云う傾向があるんです。「ファミリービジネスへの利益供与=利益相反の批判が後を絶たない」のもその証左の一つだと。係長レベルのセールストークがお得意の「辺境の猿の国の長」の如く、「優れたビジネス成功者」と単純に認識すると判断を過るのです。

まあ、「己だけ!」と云う考えはゴリラやサルに顕著ですが、「自国の国益」に置き換えれば、過猶不及ですが、智的なるが故に中途半端だったオバマ大統領を含めて米国に限らず、国際政治・外交の分野では、歴史的伝統的に必然的な競争原理ですけどね。
まさか、Trumpゴリラは「気候の大変動や温暖化などで地球の自然環境が激変しても、米国だけは従来と変わらず、支障なく豊かさを享受し続けられる」と考えてはいないと期待したいが、それを期待できる根拠がない。
日本でも「係長クラスの教養や見識はある(if so said」 安倍晋三一味)のお陰で、その「己だけ!」に固執する傾向が顕著ですが‥。

「“石破総理”なら、この地球環境問題に、どんな戦略を立て、対米対中対EUなど広い世界の舞台でどんな行動を採られますか?」
当然ながら、核発電の位置付け、再生可能エネルギー戦略の位置付けなど、①日本が得意な技術イノベーションから ②日本が不得手な社会文化イノベーションに至る総合戦略とその継続的な好循環が欠かせない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 6日 (火) 20時49分

【カタールの孤立】
  
 遠くから眺めれば降って湧いたような出来事に見えるものだ。関心を向けることもないアラビア半島での政変である。
 サウジアラビアは絶対王政の国なので、国王が決めたと言えば、その日からそうなってしまう。議会もないので決定が楽である。その点、カタールは、中途半端な議会があるので君主制とは言え絶対的な権力の行使が迅速に発揮されるのか難しい面もあるのかもわかりません。どちらも似たような国に見えても違いがありますね。
 アラビア半島の盟主の位置にサウジアラビアはある。この国が何かを言い出せば着いてくる友好国も多い。早速同調して声明を出す国が他に現れていますね。
 まあ、力の差が現われた結果ですね。ロイターなどはトランプ大統領の中東訪問がきっかけになったのではないかと批判の矛先を向けるような記事まで書いています。
 それまでの過去にサウジアラビアとカタールの間に何かがあって、それの積み重ねがあったと見たほうがいいのではありませんか?

 まあ、絶対王政のサウジアラビアだから、すぐに断交になったわけで、我が国ならどれほどの時間がかかるのかわかりませんね。しかし、近い将来そのようなことが、東アジアでも起きるだろう。
 それはともかく、食料品の6割近くを輸入に頼っているカタールは早速、食糧の確保に動かないと大変なことになります。陸路からの輸入は、国境の閉鎖があるので難しくなりますね。カタールからイスラムテロ組織の退去があるのかないのかわかりませんが表向きの理由にされたことを、どのように申し開きするのかが死活問題になりますね。カタールの人口は外国人の出稼ぎで膨れ上がっているだけで、国籍を持った自国民の数はかなり少ないと思います。という事は軍隊の規模もアラビア半島の盟主から見れば物の数ではありませんね。
 そういう方面から見ても死活問題です。
サダムフセインのイラクがクエートを侵攻した時は米国他大量の友好国がクエートのために軍を動かしましたが、テロ支援国家呼ばわりされているカタールが侵略されることになれば、同じことが起きるとは思えませんね。サウジアラビアはそれを狙っているのだろうと思います。そして、4月にあった東アジア他の歴訪とかも根回し的な事前工作のような印象を受けますね。イメージ操作も兼ねているような気がします。
 計画的な国交断交なのかもわかりませんね。

 イランの出方が注目されますね。サウジアラビアの敵なのは世界中が知っている。
 イランはテロ支援国家ではありませんが、疑惑を持たれたこともあるので、ホイホイとカタールの支援に乗り出すわけにもいかないかもわかりません。イランは宗教国家なのでそういう事もしないかもわかりません。
 サウジアラビアは、断交後についても他の国がどのように動くのか予測を立てて動いているように見えますね。

 カタールは、もしかすると時間の問題で白旗を挙げることになるのではないかと思います。その後が、どうなるのか?

 まあ、1か月ぐらいで収まるのかもわかりませんが、仮にテロ支援国がカタールに兵を送るような事になれば、或は、過去にもあったアラブの王の暗殺のような事が起きれば、火薬庫に火が着いたような事態になりそうですね。

 国連は動くのだろうか?  大事になる前に調停することも仕事なのだと思います。そこも気になります。

投稿: 旗 | 2017年6月 7日 (水) 01時04分

 申し訳ありませんが、私は自民党の支持者ではありません。ただ、考え方は私と相容れない人であっても、国のため国民のために信念を持って働く政治家には敬意を抱いています。田中角栄氏、三木武夫氏、河野洋平氏、小泉純一郎氏などがその人達で、現職では私の地元の国会議員で自民党の一匹狼村上誠一郎氏、そして石破さんです。
 ところが、今の内閣にはそのような人物は皆無です。先日の加計学園問題での首相の国会答弁は聴くに堪えないものでした。自分が本当に関与していないのであれば、『印象操作』などといってはぐらかすことをせず、毅然とした態度で質問に正面から答えればいいのです。もし石破さんがあの立場だったら、おそらくそのような答弁をされたのではないかと思います。いろいろと策を弄して逃げようとするから、逆に、何か隠しているとの疑念が深まるのです。
自民党にもまだ良心はあると信じたいので、ぜひ自民党を立て直してください。期待しています。

投稿: 小池 清治 | 2017年6月 7日 (水) 01時13分

日経【鈴木幸一氏(IIJ会長)の経営者ブログ:政治家と官僚 力のバランス https://goo.gl/I7TXuz 】
鈴木さんの視座は常に広く深く永く、従ってご主張は秀逸で、いつも目を開かせられる。刺激もある。痛さもある。
但し、このブログには「安倍晋三」を行間に推し止めて表舞台には登場させておられないのは、洒落なのか 皮肉なのか 忖度なのか‥興味深い(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 7日 (水) 09時15分

  ≪軍事HardPowerへ回帰?? 2題≫
①テレ朝【クラスター爆弾の製造企業へ投融資 金融機関を発表 https://goo.gl/dTjYBO 日本の金融機関では三菱UFJ、三井住友、オリックス、第一生命(の4社)‥日本は投融資を行っている金融機関の数が最も多く‥】
(一次情報:FCCJ:YouTube  https://goo.gl/64qvUa )
(基礎知識:Wiki https://goo.gl/n5JXDp 就中オスロ・プロセス&日本の対応)
②NHK【地獄の炎 ナパーム https://goo.gl/nKpg3u 余りにも非人道的だとして国際的に禁じられたが、今もなおテロや内戦で使用されているという】(補足:流石のNHKもその行間で【国際的に禁じられた】ことが大国に守られてはいない現実を臭わせていた)
⇒石破さんには十分なご認識をお持ちであることは容易に知り得る論点ですが‥また、これらはやゝ旧聞の情報ではあっても‥、その事柄の重大性からはそんなことは取るに足らんと‥w

ふむ。「戦争を強く忌避し、平和であることに最上の価値を与えてきた(筈の)この日本国」に帰属する大手金融機関は、単に国内企業に向けて将来に有望な有力事業を紹介し経営指導する気がないらしい。それに代わって、将来の日本の「軍需産業振興による経済再生、殺人兵器製造事業の拡充」に備えて投融資ノウハウを蓄積する目論見があるのか‥、まあ、有態に言えば、高い志のないこと(注)に恐怖と怒りさえ覚えますねえ。。
(注)多寡が凡そ二十年余り前の歴史を繙けば、その経営指導力の強化は、バブルが弾けた90年代初めにメガバンクのトップが口を揃えた「正しい経営戦術」(本来なら“戦略”に値するのだが‥)を裏切って、日本の金融機関が未だに企業に対する経営指導の資質や技能が備わっていないことの証左でもある。

武器輸出三原則を済し崩しにした安倍Monkeyの下で、経済の軍需化の欲望が、徐々に然し確実に、経済実態に浸透しつつある。≪一事が万事≫、政治も経済も全てが右傾化し20世紀以前の時代に逆噴射し、平和憲法の立憲精神から益々遠ざかっている。
「二度と戦争はしない!」と云う深甚な反省も慚愧の念も忘れて、逆噴射している。ビジネスでは負け続けているのに、未だに「技術立国」の旗は降ろしていないので、製造技術だけは21世紀ですけどね(哀笑)。公表はしないが、「軍需技術立国」かいな。

それにしても、この種の「叡智に富んで、非常にレベルの高い見識」を発信する機関は、スウェーデンやオランダなど北ヨーロッパの小国に目立つ。それらの国々は永年、一人当りGDPで世界のトップグループをほゞ独占している国々であることと深い因果関係にあるのだろう。即ち、恒産なければ恒心なし。逆に言えば、安定し高い恒産があってこそ安定し高い恒心が生まれる。
だからこそ、政治や経済など全ての身分高き者達が目指すべきは、「経済的に豊かであり智的にも優れた中間層を、分厚く育てる」ことなのだと云う愚見に立ち返る。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 7日 (水) 15時58分

【カタールを孤立に追い込んだ証拠?】

 AFPは、ロシアの偽ニュースを採り上げています。
『【6月7日 AFP】サウジアラビアなど一部アラブ諸国がカタールとの国交断絶に踏み切った問題で、米情報機関は、ロシアのハッカー集団がカタールの国営メディアのシステムに侵入し、偽ニュースを仕込んだとみている。サウジアラビアは断交の理由としてこの偽ニュースを挙げていた。米CNNテレビが6日報じた。事実であれば、ロシアが米国の外交政策を揺さぶろうと画策していることを示すものだ。』
 このニュースの根拠は伝聞に基く推測というだけなので、こういう大手のマスゴミが記事にすることに驚きますね。混乱があるのだろうか?
 ロシアの影をちらつかせることが、この場合、陰謀があると主張しているようにみえます。正式な抗議とかがあればどうするのだろう。
 ロイターはトランプ大統領の中東訪問におけるアラブ各国の指導者に向けた警告がカタールを外交の孤児に追い込んだとする説を掲げています。トランプ大統領なカタールを名指しで挙げたわけではないようです。
『[ドーハ/ドバイ 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、外遊先の中東で過激派への資金断絶に向け行動を取るよう促したところ、首脳らはカタールが「過激なイデオロギー」に資金を提供していると警告したと明らかにした。

サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンなどアラブ主要国は5日、テロリズムを支援しているとしてカタールと国交を断絶した。この件を巡るトランプ氏の発言は初めて。

トランプ氏はツイッターへの投稿で、「最近、中東を訪問した際、過激なイデオロギーに対する資金を根絶すべきと訴えた。指導者らはカタールに言及した」と述べた。』
 記事の表現も微妙な扱いになっていますね。ロイターも肝心な処は自信がないのではありませんか? つまり中東歴訪当時に於いてはカタールの名前を出していたとは書いていませんね。6日のツイッターの書き込みから推測しているような表現になっています。

 この扱いからわかるのは、米国もロシアを引き摺り込んで中東諸国に亀裂を与えることが目的になっているように見えます。

 そして、なぜか? 唐突にイランの首都でイスラムテロ事件が発生しました。引き起こした側の宗派が何なのか? そこまで正確に踏みこんだ記事はどこにもないので、どこの国の関与なのかわかりませんね。まさか? サウジがいきなりやるとは思えません。
 
 トルコはカタールを支援すると表明しました。イスラム教の世界では最も世俗に近い国と思われている国なので、他にどれほどの影響があるのかわかりません。
『【6月7日 AFP】トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は6日、サウジアラビアなど一部アラブ諸国が国交断絶を発表したカタールについて、関係を発展させたいとの意向を示した。

 エルドアン大統領は首都アンカラ(Ankara)で行った演説で「カタールに対する制裁は良くない」と発言。その上で「カタールとの関係を続けていくし、それを発展させていく」と表明した。』

 わずか1日でイスラム諸国の動揺が大きく広がっているのが解ります。

 イランで起きたテロ事件はイランに対して、この問題に口を挟ませないようにするのが目的なのかもわかりませんね。ISとのつながりにはサウジアラビアも古くから関係を持った高官が、今も高官のままだと言われているので、怪しいわけです。ISが誕生する過程に於いてサウジアラビアの果たした役割は、はっきりしているので今更否定するのは難しいです。今回のテロ事件との関係は推測だけですね。状況的に見ればタイミングが怪しいという事だけです。

 そして、石油が大きく絡んでいるというのはあほでもわかりますね。ロシアの名前が出てきたり米国はシュールガスの売り込みとかを図る目的がありますね。中東の石油を減産させたいという思惑がバレバレな大国が戦争を起こさせるように仕向けているようにも見えます。トランプ政権はサウジアラビアに11兆円の武器を売りつけたのはつい最近ですね。使い道まで用意するつもりなのでしょうか?

 戦争難民の数を増やし、EUを破滅させるのが米国とロシアの目的ではないですか?

 英国は逃げ切る事に成功したのかもわかりません。やり方が露骨になって来たように見えてきますね。米国はそのためにロシアと協力を取る必要があったのではないかと思います。彼等の共通の敵はイスラムテロではなく、EUですね。

 第3次世界大戦は10年以内に起きるのではないですか?

投稿: 旗 | 2017年6月 8日 (木) 00時28分

内心の自由を取り締まると批判した共産党議員だが内心の自由を何時も弾圧して来たのはお忘れであろうか?内心どころか自由を弾圧し民主化も認めず、牢屋にぶち込んでいる過去や現在進行形の事実をどう説明するのだろう?共産党だけでなく、有田議員以下民進党も学生が主催した講演会を弾圧し中止に追い込むだけでなく、脅迫や嫌がらせ、議員や弁護士を使い追い込んでいくやり方を散々やっておいて何が自由を取り締まるだ。民主党政権下メディアを弾圧して報道統制を強いて捏造していたが自らの事は全く反省も謝罪も無い。レンホウが共産党志井委員長と小沢を従える様に真ん中に座っているが彼等を従えている様には全く見えず、只利用されて国籍も示せない哀れな道化師に見えて仕方が無い。彼等のどこに言論の自由があるだろうか?言論弾圧と言論統制しか見えて来ない。

投稿: 忍者 | 2017年6月 8日 (木) 13時14分

   始めは選挙戦を有利に進めていたメイ英首相だが3連続テロに加え、警察を大幅に削減した所を非難され、過半数割れるかどうかという苦境に立たされている。慎重で大胆な総選挙に打って出る程、度胸もあるがテロ対策は余りにお粗末だった。テロがあって容疑者を数十人逮捕してすぐに警戒レベルを引き下げた。余りに早急な判断と思ったがやはりテロが起きて信用を失った。テロが起きると観光だけでなく、経済や内閣支持率も急降下する、それも3連発は途上国というイメージも植え付ける。北朝鮮の工作員かと思われる人達が多数、テロ等準備罪に反対するがこれ等の人達の声を聞くと人が死ぬ!安全保障や防衛に関しては左翼は無視した方が良い、何の益ももたらさない。敵基地攻撃だけでなく、憲法改正、トマホーク巡行ミサイルも含め導入を急いで貰いたい。耳を傾ける、配慮する、何もしない=日本国民が死ぬ!

投稿: 忍者 | 2017年6月 8日 (木) 13時26分

石破さんのこのブログで、第3次世界大戦を予想するコメントが出るとは驚きですね。

投稿: 山田花子 | 2017年6月 8日 (木) 17時33分

グルテンフリー

日本人よ戦後70年、やっと我にかえったか・・・
アメリカの小麦粉輸出のために敗戦国日本はありがたや、ありがたや!と舶来品をもてはやし
和食離れが進んできましたが、近年、和食の価値が世界中で認められ、米飯給食も増え・・・自然豊かな、器用で考え深い、まだいっぱいあるけど平和な世の中になってもらいたい

投稿: まな | 2017年6月 8日 (木) 18時05分

初めて投稿します。

息子が獣医学部2年生です。
毎日遅くまで実習があったり、学ぶ範囲も多岐にわたり、アルバイトをする余裕もない毎日です。
苦労して国家試験に合格しても、獣医師の就職先は多くなく、臨床獣医師は余り気味で開業のリスクも高く割りに合わない資格のようです。
しかし学生は動物を通じ人々の生活の安全と幸せの実現を目指し熱い思いで日々頑張っております。

公務員獣医師が不足しているのは、その責務の大きさに比べて待遇が悪いためだと思います。
四国の自治体でも、待遇を改善し獣医師としてのやりがいとプライドをもてるようにしていただければ不足は解消すると思います。ただ数を増やしても悪循環ではないでしょうか。

どうか無茶苦茶な獣医師増員を阻止し、必死に勉強している若い学生が希望を持って生きていけるよう切にお願い申し上げます。

次期総理として応援しております。

投稿: 獣医学生の母 | 2017年6月 8日 (木) 19時51分

   再び≪連想ゲーム‥作家の発想は面白い≫
島田雅彦さん【他にいい人がいないから安倍政権を支持する人は、他に食うものがないからと鼻糞を食っているようなものだ】(注)
⇒これはネットで見つけた情報で、ご本人のものかどうか‥作家としてファンもおられるらしいが‥どんなご仁で思想傾向なのかは不知ではありますが https://goo.gl/nLkLF8 、その狭い範囲で‥:
この島田節は面白いし同感するところも大ですが、朝読みでは、残念ながら言葉が足りませんね。!!!足りないのは読み方か?!

①【他に食うものがない】 ⇒真面目な話、これが庶民大衆の大いなる錯覚なんですよ。
先般来、松野文科省が「端からい“ない”と分っている場所だけを探して、文書がない」と言い張っているのと同じで、庶民大衆も「野党など端から“いない”と分っている場所だけを探している」んだから、♪いい人♪がいる訳はない、当たり前です。メディアの世論調査も少ない選択肢しか与えないで、思考停止とその錯覚を植え付けるのに加担していますけどね。
要は、仮令、厭でも、鼻を抓んででも、反吐を抑えてでも、「腐った安倍Monkey自民党」に手も足も突っ込んで、♪いい人♪を必死に探せば、おられるんですけどねw。この石破さんのブログの常連になれば簡単に見つかるのに‥w。準備万端と云う訳ではないが。
②【鼻糞を喰う】(注) ⇒島田さんの真意は、この強烈な皮肉を放って、狭浅短な庶民大衆の覚醒を促されているのではないか。
そんなものを喰らうくらいなら、覚醒して、視野を広げ、探索の場所を拡げ、社会の乱れや苦しい生活の現実を齎す原因を深掘りしましょうよ!と。
(注)尾籠な話で恐縮ですが、ぺこり、インターネット上では「寧ろ糞だろう」と云う声もある。

他方で、巨大な病巣をを破壊するだけでは荒れ地を残すだけで、美しいものは創造できないのが道理。「政策パッケージ」と言うには、大きな土俵が要る。「戦略パッケージ」と言うべきか。
然も、民主主義制度下では、国民の多くが覚醒し正しい判断ができてこそ猿の政治や抵抗勢力を破壊できる。美しいものを創造することもできる。好循環も起こる。それには、“石破総理”のような政治家も、前川喜平さんのような優れた官僚も、IIJの鈴木会長AmongSomeOthers、のような優れた事業経営者も欠かせない。各司に「誰?」を得れば、♪政官財の連携♪は悪いことばかりではない。寧ろ、好循環を継続的に廻し続けるには不可欠の要素だろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 8日 (木) 19時53分

石破先生、お疲れ様です🍵
しばらく不安に感じておりました豊後水道と福井県沖の地震が大事に至らずホッとしております。
阪神淡路大震災の前は3ヶ月ほど不安な気持ちでいた後で起きましたし、熊本地震もそういう具合でした。東日本大震災に関する夢は2009年の秋に見ましたが、前兆を感じたのは2011年の2月の末でした。
南海トラフの夢はもう終わったのですが、地震で自分は最期を迎えるようです。その時に九州でも何か起きている感じでした。浸水状況は三連動かなと思える位広範囲でしたが、揺れの最初の方でショック死する設定だったのではっきりわかりませんでした。
現実は違うものになるとは思いますが、今から対策を立てておいた方がいいかもしれません🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年6月 8日 (木) 20時11分

   ≪猿に人間の価値観や規範があるとして‥≫
日経【コミーFBI前長官 証言全容 https://goo.gl/xzozHA 】
偶々(?)、時機を同じくして発覚している所為もあるのですが、この「コミーさんvsトランプ」の構図と、「前川喜平さんvs安倍Monkey」の構図を比べると様々に興味深い。
一つは、トランプは自分の口で言うが、安倍晋三は手下の口に手を捻じ込んで言わせるんですよ。
トランプは無邪気で一本気であり、安倍晋三は卑やしくて(卑怯卑劣卑屈で)、価値観や規範が(if any) 屈曲屈折湾曲しているんですよねえ。

投稿: 小倉摯門 | 2017年6月 8日 (木) 20時15分

【コミー前FBI長官の反撃なのか?】
 
 公聴会での証人喚問があったようだ。通訳なしのネット中継を見ても解る部分とさっぱり解らない処の差があるので、悩むだけである。翻訳した内容がしばらく待てば親切に掲載するメデアがあるのは嬉しいことである。
 細かい部分の内容が氷解するように理解できますね。ただ、メデア独自の解説文もあるので脚色された表現が混じっているような印象を受けます。イメージ操作をしているのだろうか?
 まあ、それはともかく、コミー前長官の証言を簡単に纏めると『トランプ大統領は嘘をついている。』という事である。
 具体的な状況内容と本人が受けた印象が交互に出てきているようだ。喚問する側は『司法妨害があったのか? 或は司法妨害という認識を持ったのか?』という処を中心に攻めているようですが、それについては判断する立場にないというような答えをしていますね。そこが気になります。
 FBI長官の判断は法執行官の判断でもあります。その肝心なところの認識を避けるのは、政治家の答弁になってしまいますね。職を失う前の判断を聞いているのに答えないのは何か隠しているのかという疑いまで呼んでしまう事になりそうです。

 FBI長官の任期は、あの超有名なフーバー長官が死亡した後になって、10年と決められたのだそうだ。フーバー長官は死ぬまで在任したので異常だと思われていたことが解りますね。48年です。これを超える幹部職員は米国に於いては他に例があるのかどうかは知りませんが、多分ないような気がします。
 48年は異常過ぎるので10年とわざわざこの職の任期を決めたそうです。コミー氏はそれを4年で解任されてしまった事になる。これもまた異常な事態なのですね。フーバー長官なら怒り狂って手が付けられない事態になったような気がしますね。トランプ政権が1週間と持たずに瓦解したかもわかりませんね。

 司法省は、FBI長官の解任を受けてからトランプ政権に背を向けるような人々が出てきているという話になっているそうだ。セッションズ長官も辞任する意向を申し出ているという話がロイターの記事にありました。政権を支える人が逃げていくようです。
 こういう解任劇はあのニクソン大統領が行った解任劇を連想する人が多いようで、各種主要なメデアに引用されていますね。それをトランプ大統領も軽はずみにやってしまったのかという風に捉えられています。
 ニクソン大統領は弾劾裁判の対象にされる寸前になっただけで、弾劾裁判の被告席に座ったわけではありません。なる前に自ら辞任したわけです。トランプ大統領もニクソン方式の辞任になるのかどうか? まだ先の話ですね。 ニクソン大統領も発覚してから辞任するまで1年半あったわけです。
 これから弾劾裁判の準備が始まるとなっても捜査及び証拠の収集という作業が必要です。韓国のように2か月でそれをすますような杜撰な制度ではない国です。準備だけで1年はかかると思いますね。

 1908年にFBIの前身となる組織が作られたとあります。それを作ったのはボナパルト長官と呼ばれるフランス系米国人なのだそうだ。
 このボナパルト氏は、フランスの皇帝をやっていたナポレオン1世の末弟ジェロームの孫なのだそうだ。意外なところでナポレオンの縁者が登場するのに驚きます。彼は司法長官以外に海軍長官もやっていたそうだ。何でもできる人なのかもわかりませんが20世紀初頭の米国政府は人材難であったと思ったほうがいいのかもわかりません。
 有能な人材は、米国にあっても得難いもののようです。21世紀の米国では、大統領が人材難とは・・・・と思ってしまいますね。

投稿: 旗 | 2017年6月 9日 (金) 02時28分

ここの投稿の殆どが反安倍、反自民。
民進党支持者から最も人気の高い自民党議員といわれていることを、
残念に思います

安倍さんが苦境なとき、このタイミングで攻撃を仕掛けても、
党内での信頼は薄れるばかりだと思います。

都議会敗北の原因はそもそも桝添さんにあるわけですし、
彼を推したのは石破さんではなかったですか?
加計の問題にしても獣医師会から頼まれて動いたのは石破さんですよね。

投稿: 青野健太 | 2017年7月15日 (土) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65360550

この記事へのトラックバック一覧です: 国家戦略特区追記など:

« 憲法改正、与謝野先生ご逝去など | トップページ | 憲法改正試案など »