« 議員生活32年目など | トップページ | 水産庁漁業取締船など »

2017年7月14日 (金)

最大の課題など

 石破 茂 です。
 東京都議会議員選挙から2週間近くが経過しましたが、自民党では東京都連においても、党本部においても総括の会合が開かれないままの状態が続いており、党内で意見を述べる機会が全くありません。
 民主党政権が誕生し、我々が野に下って初めての自民党大会でゲストスピーカーの野村克也氏が「負けに不思議の負けなし」という松浦静山の言葉を引用して「試合で負けた時にきちんと総括・反省・改善をしなければ次の試合も必ず負ける。野球も選挙も同じである」と述べられたことが鮮烈に印象に残っているのですが、今回もそうあらねば次回総選挙がかなり厳しい結果となることを強く危惧しています。

 加計・森友問題は国政最大の問題ではありません。河合雅司氏が「未来の年表」の中で指摘しているように、我が国内政最大の課題は人類がいまだ経験したことのない急速な少子化と高齢化社会への対応であり、その財源の確保です。地方創生はその一環なのであって、「成功する里山ビジネス ダウンシフトという選択」(神山典士著・角川新書)からはいくつかの貴重な示唆を受けました。
 
 外交・安全保障分野の最大の課題は激変する安全保障環境の変化に対応し得る法制と能力の整備であり、「武力なき正義は無力であり、正義なき武力は暴力(圧制)である」(パスカル)という言葉を今一度よく噛みしめなくてはなりません。
 北朝鮮のICBM開発の進展が日本に突き付けているのは、米国の拡大抑止(核の傘)の信頼性に与える影響をどのように考えるかという点です。ICBMはSLBMと異なり、冷戦期の米ソでさえ一度も実験したことのない、考えてみればとても不思議な兵器なのですが、十数年前から既に北朝鮮は米軍基地が所在する岩国・佐世保・沖縄を含む西日本を射程に収めたスカッド・ノドンミサイルを相当数保有していたのであり、ICBMではなくても事態はその時から深刻であったはずです。
 その時と現在の相違は「いつ・どこから・どれだけの数を撃たれるかわからなくなった」という点にあり、飽和攻撃への対応も含め、今の機会に明確な解を出す必要があります。「差し掛けられた傘 米国の核抑止力と日本の安全保障」(佐藤行雄元国連大使著・時事通信社)は今までの経緯を詳細に記した好著です。

 最近必要に迫られて学生時代の法律学の教科書を読み返す機会があるのですが、40年以上を経て読み返してみると、新たな気付きがあったり、忘れていたことを思い出したりとなかなか有意義な時間です。
 憲法改正の国民投票について清宮四郎教授は「(国政)選挙と同時の国民投票では、国民が選挙に気を奪われて、憲法改正の意味をよく意識しないで投票を行うおそれがあり、問題の重要性に照らし、憲法改正問題だけに国民の注意を集中させる『特別の国民投票』の方が望ましい」と述べておられますが(憲法Ⅰ新版 法律学全集第3巻 有斐閣)、然りと思います。
 国民投票はあと1年半以内に迫った衆院選と絡めて報道されることも多いのですが、国政選挙と同時に行った場合、有効投票の過半数は得られたが、発議に賛成した勢力は3分の2を大きく割り込んだ、という一種矛盾した奇妙な事態が起こることも可能性としては十分予想されることであり、この点も併せてよく考えなくてはなりません。

 週末は、16日日曜日が「時事放談」出演(午前6時・TBS系列・収録)出演。
 17日海の日は、水産庁漁業取締船「東光丸」「白竜丸」乗船(午前8時半・晴海埠頭)、茨城県知事候補予定者「大井川かずひこ氏と語る会」にて講演(午後5時・高萩市文化会館・茨城県高萩市高萩)、という日程です。

 都心はまるで梅雨が明けたかのような酷暑の日々が続いています。
 皆様ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« 議員生活32年目など | トップページ | 水産庁漁業取締船など »

コメント

お疲れ様です。

投稿: mr | 2017年7月14日 (金) 20時28分

石破さんの言っていることは理解できるが、空気を読めていないと思います。

森友学園や加計学園問題など、石破さんが党内野党のように発言することがいかにマスコミや野党に利用され、偏向報道により問題を拗らせている結果となってしまうというご自身の発言の影響力を理解されるべきでしょう。いつのまにか文科省の既得権益擁護する立場の人たちに利用されていることに気づかなければ、裏切り者扱いされて組織の中で浮いてしまい自分が総理になるチャンスをつぶされてしまう結果となります。
石破さんには将来、日本を背負っていただきたいので、もっと重要な審議をしなければならない時に野党に利用されて火に油をそそぐような発言は控えていただきたいと思います。

投稿: 泉清博 | 2017年7月14日 (金) 21時58分

私は20代の男です。石破さんのお話はとてもわかりやすく、また納得のいく話ばかりですのでテレビやyoutube、雑誌等で注目しています。
石破さんに教えていただきたいことがあります。
①安倍総理が言っている憲法の改正があまり意味をなさないものと感じます。現在の第九条に関して、石破さんがおっしゃる国防軍の明記や緊急事態条項など、今後の世界をしっかりと見た場合絶対に必要であるのにそこを明確にしない改正はする必要性があるのでしょうか?自民党の中でしっかりとした議論ができるのでしょうか?
②経済成長について
デフレ脱却が一番の課題でありますが、新幹線、高速道路などの公共事業を増やすといった対策案についてどう思われますか?三橋貴明氏の話を以前聞き、どの方法が1番効果的なのかという考えていますが自分にはさっぱりわかりません。

長くなりましたが、石破チャンネルなどでこのようなことについても触れていただけるとさいわいです!
石破さん絶対に総理大臣になってください!

投稿: まつもとだん | 2017年7月14日 (金) 22時03分

石破閣下

ポンコツモデラーのポンコツコメントです。
 少子高齢化についてですが、認知症と呼ばれるようになった障害が高齢者にとくに多く発症します。医療費の三分の一がこれらに関係した出費であるという分析もあります。少子高齢化というのは若い人が少なくなるというだけの問題ではないのです。
 なぜこのことが政治的論点に為らないのでしょうか。これからの日本の存亡にもつながる、大問題であることは明らかなのではないでしょうか。選挙結果を総括しないと言うのは驚きです。そのような政党(複数)には、とてもこのような重大問題に取り組む素養があるとは信じ難いから無理、と有権者から見放されているということがこの結果では。
 北朝鮮の飛び道具は、核の(ICBM)傘は幻想でしかないことを示唆する火遊びでしかありません。もとより核の傘など在りません。そもそも核兵器とは自滅の手段でしかありません。核で破壊された場所を占領出来ないとすれば、戦争手段として意味を持ちません。あるのは脅しのみですが、それも相手に同程度の兵器がない、という仮定でのみ有効です。それでも使うとなると、戦争とは何かという原論の問題になります。
 いまや世界の武力はオーバーキルの状況である訳です。それが最近の戦争がテロ化している理由なのですが、戦争とは「暴力を手段とするビジネスである」という格言がイギリスにあると聞きました。同感するのですが、そう考えるとテロ化の説明が出来るのです。
 そしてまたそう考えると次なる事態、どのような手段で収奪するかという課題に備えられそうな気がします。
 さいわい日本はそのような動きとは違う動きをしていると思います。軍隊ではない軍隊がいて、国内にいる他国の軍隊は守ってくれない。でもだれも堂々とは手が出せない。これまでの国防源理はなんなのでしょう。ちなみに中立宣言もしていません。
 軍隊が国を守るというのはウソで、本当は国民の生き様(強い生き様)こそ真の国防力に他ならず、軍隊はその一面ではあるのですが全てではないのです。再軍備するかしないかは結論を求めることではなく、どんな生き様を得心するかを世界に示す機会になるでしょう。
 徴兵権を持つがしないとう結論でも、憲法改正にかけてみると、それだけでも恐れる国が世界にはあるでしょうけれども。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2017年7月14日 (金) 22時25分

安倍晋三氏は、首相であるのにも係わらず、個人問題の友達関係の有無に焦点が集中してしまいました。加計学園の理事長とは交友関係のあるお友だち、森友学園の籠池理事長とは交友関係がないお友だち関係ではない -人脈と言えます。*自民党の党議拘束により、自民党の政策に沿った発言しか許されない …言論の自由を国民の権利責任として認めているのが、日本の法律です。→・安倍晋三がズル賢く巧妙に利用するのは、この分野です。良いところと悪いところを同時に決めて行く。…・あなたは、自由ですか? 自由には責任と義務がつきまといます。未成年者は、法的義務責任を負わないままに、日本国益を左右するような問題について

投稿: 島谷淳子 | 2017年7月14日 (金) 22時39分

石破氏「読売新聞を読め、国民にはショック」 

毎度毎度隙を伺い総理を背中から刺しているだけの卑怯者の男が勝手に国民を代弁しないでいただきたい

そんなに印象操作がしたければ民進党に移って行ってください

投稿: お縄一牢 | 2017年7月15日 (土) 02時11分

当記事2009年5月14日 (木)
小沢代表辞任

全くもっての無実でした。
この総括、貴殿の小沢氏への謝罪はないのですか?

投稿: 真・反省力 | 2017年7月15日 (土) 03時13分

石破さんに自民党総裁になってほしい。
そのための最低条件は小泉進次郎議員を味方につけられるかです。
内閣改造前に、小泉、石破会談が持てれば総裁への道は開けます。
条件は石破内閣に置ける小泉官房長官です。
官僚の人事権を握る地位に小泉議員をつければ、内閣は盤石です。
安倍首相に小泉議員を官房長官にする度胸はない。

投稿: 髙木芳男 | 2017年7月15日 (土) 06時29分

お暑う御座います。少子化について、理由は簡単ですね。専業主婦の消滅と、無益な教育費の増大です。専業主婦の子育てでは、子育ての家計負担がは、ミルク代とおむつ代ですみます。自家用車1台分の経費と変わりません。ところが、兼業主婦になるとそうはいきません。出産によって、家計所得が半分になってしまいます。教育費負担にしたところで、国民にとって全く必要の無い高等教育を受けさせて、利益を全く生まない経済的負担を国民に押しつけているのです。その最たるものが、全く意味の無い大学進学です。国民の60%に大学教育は必要ありません。何故なら、その階層は、本来生涯単純労働者であるような階層だからです。その階層がかつては、この国の生産人口を支えていたのです。その階層を高等教育という幻想によって否定してしまいました。これが国民の不幸です。誇り高き労働者階層を否定してしまったからです。

投稿: かも | 2017年7月15日 (土) 06時58分

お願いします。
総理大臣になって下さい。
野党は国家戦略特区を潰すのが目的なのでしょう。アベノミクスを成功させない為に。

安倍総理は(昭恵夫人も)少し休んだ方が良いと思います。
内閣支持率は下がってしまいましたが、まだまだ多くの国民が自民を応援している事をどうか忘れないで下さい(^o^)

投稿: 一ファン一意見 | 2017年7月15日 (土) 07時39分

石破氏はこれまでにも前原、原口両氏らと安全保障政策に関する会合を重ねてきた。
http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130008-n1.html

付き合う相手ってのを少し考えたらどうです?金をオモニからもらってた元
外務大臣、昨日と今日とで言うことが180度変わる人間、こんなのと
会合続けたってのは類友なんですか?

投稿: nh | 2017年7月15日 (土) 08時16分

文句があるのならマスコミの前でわざわざアピールするのではなく、本人に直接言ったらどうですか?貴方はいつも政権がピンチになると後ろから弾を撃つ事しかしないから人徳も得られないのではないでしょうか。少なくとも自分の保身のためにマスコミに同調し、前川のような馬の骨を擁護するような人間に総理をやってもらいたくありません。どこかのマスコミのインタビューで政治家に必要な石破4条件?とか偉そうに語ってましたが貴方にはどれ一つとして満たしていないように見えますけどね。何を偉そうに、貴方こそ「驕るな」

投稿: そんなに安倍総理に文句があるのなら | 2017年7月15日 (土) 08時39分

ここにきて私の周辺にも反石破人士がチラホラ現れるようになってきました。政治家は信念と行動が全てだと思います。選択と集中とは言いますが、今我々平和ボケ日本人が集中すべきは防衛問題なのでは?これまで通り国益第一の姿勢を貫く政治家であっていただきたい、切にそう願っています。未来への先導をよろしくお願いいたします。

投稿: kktf | 2017年7月15日 (土) 08時44分

あなたが何を勘違いしているのか、上から目線で安倍総理に「政治家
としての石破4条件」とやらを示したそうだね
あなたは、どれだけ偉い方とは知りませんが少なくとも人望だけではなく人徳も人気も無いのが良く分る。
そもそも「反日メディア」と組んで背後から弾撃ってる時点で、アウトだね。弱いところを見計らって総理本人には言わず、メディアという安全地帯で他人事のように批判して注目されたいのがよくわかります。メディアを使っているように見えて使われているのですよ。あなたには心底絶望しました。自民党を出てマスコミに大注目をしてもらい、民進党の一部と組んで小池二番煎じの新党立ち上げのシナリオはもうバレていますよ。

投稿: ヤマビコ | 2017年7月15日 (土) 08時48分

地方創生について仰っておられますが、
その地方創生のひとつでもある加計学園を
邪魔していた4条件に関与しているご自分はどうなのですか?
獣医師会の文書にも石破大臣の協力により、
新規創設ができない条件を作れたと書いてあるじゃないですか?

朝日新聞でも 読売新聞を読め は問題だったといっていますが、 朝日新聞自体がフェイクニュースの元締めでしょう。加計問題も前川氏の垂れ込みを受けた新聞社でまず、
そこを朝日新聞に対して正すのが、与党政治家の仕事じゃないですか?

ここまでの嘘捏造ばかりのマスコミに媚びてどうするのです?今は政府と一緒にどうすれば、きちんと正しい報道がされるのかを考えるときでしょう。

政府専用チャンネルの創設や、NHKの再編成、電波オークションによるテレビ局の再編、新聞社とテレビ局のクロスオーナーシップの制限。

などなど、今のマスコミのあり方を変えないと日本がおかしくなる、その強烈な危機の中、マスコミに良い様に使われて政権を攻撃するその発言は嫌悪感しか呼びませんね。

投稿: トミシン | 2017年7月15日 (土) 09時06分

暑いですねえ。気象庁は「梅雨が明けても、♪明けた♪とは言えない」と悩んでいるらしい。何かの呪縛に呪われているらしいw。
そんな猛暑の中での激しく難しい政務の中、予定通りのブログご更新、心からお礼と敬意を表明致します。

   再び≪「誰>>>何」など≫
①引用【加計・森友問題は国政最大の問題ではありません】
石破さんのご意図とは全く違う観点で、このご指摘は真に仰る通りだと思います。愚見では、屡々繰り返しております通り、国政最大の問題(ProblemまたはTrouble)とその根因は、「誰>>>何」の軽重の違いにあり、その誰?の選択を過っていることにある。
具体的かつ直截に言えば、今のこの国の最大の問題は、内政・外政を通じて、安倍晋三とその一味の資質・能力の欠陥にある、キッパリ! 5年余りを経て漸く、世間が眠りから覚めて、其処に気付きを得たと世論調査が示している。

②引用【必要に迫られて学生時代の法律学の教科書を読み返す】
凄いですね。いえ、石破さんの学びの熱心さには今更驚くに値しません。数十年前の教科書を未だにお持ちだとは!(ニッコリ)
安倍Monkeyは、大国の宰相には必須である「学び」に全く価値を置いていない。反省は口先だけで成ると考えているらしい。
彼奴の現在の姿は、学生時代に法律であれなんであれ教科書を持っていたかどうかさえ疑わせる。

今後も厳しい天候が続きます。厳しい舵取りも続きます。
是非ご自愛を最優先に、石破さんのご健勝とご健闘を念じます。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月15日 (土) 10時05分

   ≪下策・愚策だ≫
毎日【石破氏、安倍政権看板政策変遷に https://goo.gl/7Q6bDG 
1年ごとに出し物変わるのはいいことでない】  ⇒仰せの通り!
但し、寧ろ「下策・愚策だ」と言って欲しかった!(ニッコリ)
何故なら、そもそも安倍政権には、百年を堪えるべき国家観がない。十年を堪えるべき国家ビジョンもない。政治構造の最上層に大きな穴がある。空がある。この「空」は♪からっぽ♪と読むw。
然も、卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)ことに、その大きな穴を「戦略」と詐称する代物で埋め合わせているから、言葉が軽くなり、言葉の意味が膨張し、嘘が蔓延る。
その「戦略と詐称する代物(注)」の実質が戦術作戦並みの代物だから、≪年替わりの出し物≫になるのが当たり前です。国家の軌跡が、本来の経世済民に近付くこともなく、彷徨い千鳥るのも当たり前です。故に、あれらは全て「下策・愚策だ」と(哀笑)。
(蛇の足の注)その例は、経済戦略(アベノミクス)、一億総活躍社会、(石破担当相以降の)地方創生戦略など枚挙の必要がない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月15日 (土) 10時09分

国内外に大きな課題が山積する中、その先頭に立つべき党のトップに揺らぎが有り、内閣にも国民の不安がが拡がって居ます。残念ながら今の日本を動かす力は野党には無く、期待も有りません。今回の選挙期間に起きた自民党に対しての様々な不満を早期に総括され、人心一新の上、途切れの無い進展を進まねばなりません。石破先生のリーダーシップに期待しています。eye

投稿: 斉藤修一 | 2017年7月15日 (土) 12時40分

人口8000万人に向かう日本の経済をどう成長させるか。
いや、成長そのものが幻想でいかにスムーズに縮小させるか。
そのビジョンなくして財源確保に走れば貧富の差がアメリカのように拡大するだけだと思います。
経済を語らず明日の日本は語れないかと思います。

よろしくお願い申し上げます。

投稿: kido | 2017年7月15日 (土) 13時17分

   ≪パスカル語録 2題 https://goo.gl/DOwRJ ≫
①石破さんに引用戴いたパスカルの金言【武力なき正義は無力であり、正義なき武力は暴力(圧制)である】は、その末尾で、≪それゆえ正義と力を結合せねばならない≫で締め括られている(らしい‥二次情報なので伝聞w)。
その正義と力を結合させるものを≪叡智≫と呼べば、古今東西の歴史から紡ぎ出される人類の叡智(単なる“知識レベルの英知”に非ず)が第三の要素として浮上する。
即ち、(自我流でも錯覚でもなく)真正の正義を行う者には、常にその叡智が備わっている。逆に言えば、叡智なき者は≪真正の正義≫を認識できないから、真正の正義を行える道理がない。
それ故に、(武)力を使う身分高き者は、その叡智とそれに裏打ちされた真正の正義を共々に備えてこそ、≪正義を成すに(武)力を使う資格がある≫と云う謂いになる。然ればこそ、お天道様によって、【正義と力を結合】させることが許される。
民主主義下の民意は屡々間違えるw。
(蛇の足1)「人型の猿」にはそんな深遠で広深永な叡智はない。従って、≪真正の正義のなんたるか?≫に全く認識がない。
(蛇の足2)パスカルが生きた17世紀にはSoftPowerの概念はなかったし、英才の偉人と雖も数百年先の未来の人類が生み出した叡智を洞察できなかったことも止むを得ない。21世紀の今、未だ深掘りが足りないとは言え、人類はSoftPowerと云うその叡智を生み出している。PDCAのサイクルを回し深化させなければ、十全たる叡智には至らない。

②また、別項に、≪人間には二種類しかない。一つは自己を罪人だと思っている義人であり、他の一つは自己を義人だと思っている罪人である≫と云う金言もある。
例によって二択や二分類は乱暴すぎると愚考しつつ‥w、とは言え、大雑把ながら深遠な意味は汲み取れる。
前者は、必要な場面では深く反省もするし、常に謙虚でもある。
逆に、後者は猿にも劣るか、大盛に盛っても猿並みである。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月15日 (土) 14時24分

イラクではIS壊滅に向けた首都奪還で勝利宣言が出されたが未だ残党はいる様だ。欧州でイスラム指導者が堕落した民主主義と言う圧制を倒しイスラム教による統治を樹立せねばならないという演説を観た。そしてChased down という名の基に白人を駆逐せよという危機から生まれた言葉が出始めた。英国やドイツだけでなく、他でも白人は少数派になり人口ではイスラム教徒、又は黒人が人口的に上回るという意味である。わが国内での最大の課題は少子化と高齢化社会とあるがその危機感がぼんやりとしていて日本人は暢気に構えている。ロボットを導入するだの移民を入れるだの問題を摩り替える事ばかり言われているが本気で日本の将来を考えている様に思えない。自滅は用意されていても本気で立ち向かう気が無い。メルケル首相はドイツもいずれイスラム教徒の国家になると危機感を吐露しながら移民受け入れを止めようとしない。国防を謳いながら中国人をわんさか入れているが移民や外国人が日本を学びに来る紹介には欧米人しか出ない。問題を隠蔽しながら問題を作り上げても疑問すら上げず、ドンドン増やしていく。社会保障費が足りないと言いながら在日外国人のただ乗り医療費や不正生活保護は見逃している実態は言おうとしない。本気で問題に取り組む気があるのだろうか?人口問題にしろ、社会保障費にしろ、問題を解決しようとする意志が丸でないが当たり障りの無いキレイ事は耳にする。安倍政権をそれに取り組めと言っているのではない。総理の頭には以前からその事は重要課題として入っている訳ではない。小泉元首相が郵政民営化に興味があり、他を選ばなかったと同じく総理によりその分野が違う。本来は総理になったら日本をこうするぞ、政策はこうだとテーブルに出して国民が選ぶ事が望ましいが皆選挙で勝てる論点しか提示しない。問題を解決する気があるのか?今は無いと見ている。個人的には経済と防衛、安全保障という基礎をしっかりしてからそれらの課題に誰かが取り組めば良いとは思っているが現政権では2頭を追う訳には行かない。政権批判は良いがそれよりパワフルなのはやはり日本にはこういう問題があり解決し日本をこうすると将来像を描く事だろう。日本人の自信を奪っておいて子供を作らない、日本を愛さないと言っても始まらない。憲法をまともな物に直し、愛国心を植え付け、日本を守る事を教えないと日本が消滅しても文句は言えない。中国礼讃を止め、彼らの脅威を正面から見据え国を守る事を教えよ。自衛する事を差別というレッテルを貼る輩を駆逐せよ。病原を何時までも放っておいて病気が治る訳はない。痛みを伴わず問題が解決する等あり得ない。痛みを避けるなら本気で取り組む気は無いという事だ。日本の発展は欧米列強との戦争により何とかしたが犠牲は多数出た。NO PAIN, NO GAIN!なのだ。最近パチンコ業界で5万迄の出玉既成が導入された。人手不足で移民導入を言う前に税金逃れや自殺者を出すパチンコ業界に少しでもメスを入れたのは好ましい。そして北朝鮮への資金送金をしている業界に圧力をかけるのは遅過ぎる位だがやらないよりは良い。地味ではあるがこういう仕事をして事実を積み上げる事は必要だ。未だ出来る事は沢山ある。今は政府を倒す時ではない。

投稿: 忍者 | 2017年7月15日 (土) 14時34分

石破様
2人の娘を持つ会社員です。自民党野党時代、石破さんの国会論戦をyoutubeで何度も見ては、尊敬していたものですが、最近の石破さんの自民党外での自民党、政権への批判を目にしますと怒りが湧いてきます。言いたいことがあれば直に自民党、官邸に言うべきではないですか?森友、加計の話もスマホ世代の我々は同期で飲む時に「くだらないことずっとやってる」と話して終わりです。若い世代はyoutubeやネットで、既存の新聞、TV局が報道しない情報を収集して、今のマスメディアがいかに偏向か知ってます。外で自組織の批判ばかりするのも日本人が嫌うことです。石破さんがやられることは、今こそ、自民党が野党のときのように、苦しい自民党を支えるために汗をかくことではないでしょうか。それがあったからこそ、総裁候補として認識されたのではないでしょうか。今後も安倍政権後の日本を引っ張る政治家として期待しております。

投稿: 早川太策 | 2017年7月15日 (土) 14時56分

   自民党の中から声が出ない。これには二つの意味がある。たまに聞くのが安倍政権が中枢を掌握していて恐ろしくて声が出せない。もう一つは選挙に勝てる実力が無い議員が多くて自ら政策や問題点、方向を決める力が無い。多分、両方とも実力の無さが問題であって似た様な事に起因するのだろう。気概の無い人が議員をやり、選挙でパニックを起こすとパワハラ議員になり余裕も戦略も無く、受かれば傲慢、落ちれば罵倒しかしない。周りがやってくれる、感謝が無くても人が動くと思っている。殆どの政治家は自ら受かる事を優先し国民は後回しにするし、それだけで精一杯なのだ。選挙組織にいた事があるので分るがこの歯車の中にいたら自らの事は出来ない。トランプが未だ選挙モードで選挙資金集めをして支援者のみへのメッセージしか出さないのは意味がある。CNNをボコボコにするのは品が無いが選挙対策なのは間違い無い。自民党も支持率が低下しているが民進も二重国籍を勿体つけて引き伸ばして会見しているが支持が伸びるとは全く思えず、民進の支持母体も自民党に鞍替えする為に総理に会っている様だ。共産に近付いたツケは確実に出始めていて労働組合も離れ出している。多分、石波さんが前原以下、保守系革新議員に会うのはそういう解体への布石でもあるのだろう。国民が二十年の迷走の繰り返しを選ぶとは思えない。情けない自民党議員は多いが風や党任せの泣き言は止めて自ら行動せよ。

投稿: 忍者 | 2017年7月15日 (土) 15時00分

はじめまして、

政府は今、何処を向いているのでしょうか?

国民に向け、国民の為に政治がおこなわれていないようでなりません。

一体誰の為の政治なのか?
日々、疑問は膨らむばかりです。

確かに加計、森友問題は国政最大の問題ではないのでしょうが、

国民に向け正直に態度を示す事こそが肝要かと思います。

森友、土地8億円値引きがどうしてされているのか?

国民の財産である国有地がなぜこのような破格で取引されたのか?など、

一つひとつ丁寧に示す事こそが国民への誠意ではないでしょうか?

共謀罪法案、都議選前の総理の演説、

「安倍やめろ」コールに向け、

あの人たちに負ける訳にいかない。

「安倍やめろ」コールをさせた

そもそもの発端とは何か?

分かっていない明白な証拠ではないでしょうか。

国民に向け、政治は行われていない事が現実の

モノと気づかされた瞬間でした。

投稿: 佐屋 | 2017年7月15日 (土) 15時26分

先ず国民が見える政治をすべきです。見えれば!良い政治をせざるを得なくなります。勿論!少子高齢化に対する対応は大事ですが!それは政治の基本が出来ていてこそ!では?国民の分からない所で、やった!やった!と言って、どの様に良い事をやっても!普段から見えなければ!信用しません!そこの所が、今の政治家は分かっている様で基本が分かっていない!だから都民ファーストに止むを得ず勝たせた!と言う事も有り得ます!

投稿: シルバーハヤト | 2017年7月15日 (土) 17時40分

自民党は権力の陰に隠れて野党でなく国民から逃げる口実に野党を攻撃(口劇)している。支持するのが恥ずかしく友人にも言えなくなった。福岡被災地に総理が行くなどパフォーマンスより、東京で官僚に指揮して早期対応が先であろう。現地視察が第一というだろうが、国民からは単なる見物。邪魔者政治家、長靴政治家並みの政治家と同格以下である。現地から正確な情報が入ってこない情けない安倍内閣。

投稿: 大牟田 高松 | 2017年7月15日 (土) 18時01分

安部政権の幹部の森友、加計問題からの逃げの姿勢は政権の信頼を傷つけ多分政権は維持できないのではないかと思っているので、内政の最大の問題ではないでしょうか?
アベノミクスも失政が明らかになりつつあり、金融、財政政策にしっかり取り組んでほしいのですが、誰が今後の政権を担っていくのか見えません。ここをはっきりさせる事が
最重要課題ではないでしょうか?

投稿: 滝沢 信男 | 2017年7月15日 (土) 18時15分

毎回、石破先生のお話は‘腹に落ちます’。私は石破先生の支持者です。

投稿: 土方清 | 2017年7月15日 (土) 18時44分

【4月の米中首脳会談から90日が経過して】

 米中首脳会談で、貿易の問題と併せて、対北朝鮮の制裁に関する行動について、シナ帝国は100日猶予を求める提案が為され、米国は了解したと報道されています。100日猶予の中身は米国の軍事行動の開始を、100日待ってもらうという意味で記事にしているメデアもある。シナ帝国の行動が、この100日間にどのような形になるのか注目されるのは間違いのない処です。その期限は、あと10日ほどではないのだろうか?

 進捗状況は、どこのメデアも取材する処がないのでさっぱりわかりません。そして、100日間でこうなったと、仮にシナ帝国が国際社会に向けて記者会見を開き、報道官が内容を説明したとして、誰がその内容を確認するのか? よく解りませんね。証明できるのかという事です。
 ともあれ、期限が近づいている話である。その日までに何をどうするのかの中身についても説明することがなかったし、つい最近になって、シナ帝国が『我々に期待するな!』と言い出したので、怪しい雲行きが展開しているのではないかと心配している人も多いような気がします。

 まあ、100日猶予の期限の話は、今の処有効なわけで、7月25日になれば、米国政府と米国メデアが何かニュースを流すだろうと思います。
 事の次第によっては、国際社会におけるシナ帝国の発言力が試されることになり、新たなリーダーとして迎えられることになるかもわかりません。しかし、昨日の時事通信の記事を見ると、シナ帝国に期待することは何もないという事になりそうだ。

『【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は14日、北朝鮮・寧辺の核施設の熱分布画像を分析した結果、再処理施設で少なくとも2度、使用済み核燃料棒の再処理を行い、プルトニウムを抽出した可能性があると明らかにした。』

 北朝鮮はやる気満々なのかもわかりませんね。核開発放棄する気がないという態度が強力な熱放射画像を発生させることで応えているように見えます。

 シナ帝国が『我々に期待するな!』と言い出した根拠はこれなのかもわかりませんね。

 ともあれ、あと10日ほどで期限の到来である。シナ帝国に責任感があるのかどうかを見たいものだ。

投稿: 旗 | 2017年7月15日 (土) 19時56分

石破先生お疲れ様です。

私は怖いもの見たさで先生のファンなのではなく、難しいことを丁寧に語る政治家だからファンなんです。
そしてお忙しいけど誇りを持ってお仕事をなさっているからファンなんです。
国民に対して難しいことを難しく言う政治家は、専門用語を並べて説明する医師みたいで好きじゃありません。今はそんな医師は見かけない時代になりましたが。

私、次の総理は石破先生なんだと思うんですよ。
是非、信念を貫き政治のお仕事をしていただきたいです。
石破先生を最近よくメディアで見ます。
編集して放送しているのかもしれませんが、今の政権の悪口を言ってはいけませんよ。
悪口って言う言葉が適切かわからないけど、見ていると悪口に聞こえてしまうんです。
有権者は見ていますよ、そういうのを。
私は先生が総理になって、石破内閣が不祥事だらけになるのを見たくありません。
内閣支持率が低くて問題視されるのを見たくありません。
先生は、自覚はないかもしれないけど紳士なんです。
だからどうか、今の内閣のことをメディアは数字を取りたいから悪く言ってくれ!と思うだろうけど、のらりくらり交わしてください。
とってもとっても心配していますcrying
真夏になると先生は真っ黒に日焼けするでしょ?特に選挙があると。
日本の風物詩なんだそうですsun
石破茂じゃなくて石破コゲルとか言われちゃってます。
でも、そう言われるのは政治家として華があるからなんです。

まだ7月の半ばなのに毎日暑すぎて…私は夏バテしていますが、先生はきちんと食べて水分補給してくださいね。

それでは、ごきげんよう。

投稿: 石破先生の一ファン | 2017年7月15日 (土) 20時34分

安倍内閣は規制改革の名の基に〜モリモト・カケイ・等お仲間さんへの助成金を垂れ流しをやっている。
地域創生改革は重要なことは、国民は良く理解していると思います。
安倍内閣の大事なことは…
1️⃣自分のこと
2️⃣仲間たち
3️⃣自民党
4️⃣国民ー庶民
我々庶民は安倍総理が今後如何様に説明されようが
総理の本性は国民に見え見えです。
目先の景気回復は、国民の借銭が莫大に増えているだ
け〜安倍総理は日銀総裁を利用して国民を騙している
に過ぎません(//∇//)
これを契機に総裁−総理が変わらないと日本の🇯🇵未来
国民の希望−夢を抱くことは出来ません、是非とも石
破議員にはリーダーなられることを望む次第です。

投稿: 竜之介 | 2017年7月15日 (土) 21時13分

石破さんの発言は自民党の支持率低下の一つの原因、安倍総理の不支持は石破さんの発言の一つの原因、とても安倍総理の後継として相応しくない、正当なことを言ってるようだが本心が分からない石破さんは信用出来ない。

投稿: yamaji | 2017年7月15日 (土) 21時23分

「ライブ・エンタテインメント議員連盟」にはがっかりしました

最近チケット転売が盛り上がってたかと思ったら、結局マイナンバーの押しつけのための仕込みでしたか
天下りってそんなに美味しいんですかね

マイナンバーって民間にそんな使いまくらせる物なの?
公的認証のためだと思っていましたが

チケット転売阻止は期待できそうに無いですね。がっかり

投稿: いちろう | 2017年7月16日 (日) 00時11分

石破様、こんばんは。都議会選の反省もなされないぐらい自民党執行部は、余裕がないのか忙しいのかと考えてしまいます。このまま改憲などの重大な議題を検討していくためには、足元がぐらついていては難しいのではないかと思われます。もう一度組織の足元を固めていくことが大事ではと思われます。

投稿: hitomugi | 2017年7月16日 (日) 00時23分

石破さんこんばんは。久々の投稿でございます。
今回取り上げられているのは、
主として北朝鮮、外交の2本ですよね。
ついでに自民党の衰退(後退)かと。
この2本はどの政党がやるのか、ではなく日本としてどう対処すべきかを考える必要があると思います。目には目をで自衛隊は軍隊だでは、この時代にあって(かつても肯定はしないですが)お互いに平行線であり衝突しかありません。私が思うに国対国、個人対個人でもビジネスと同じくお互いの利益を、すなわちWinWinを探ることから始めなければ、同意も何も無いと思います。抽象的ですが、北朝鮮は足りないから欲していると私は思います。しかしながら本当に足りていないものが何かを知らないと思います。日本は何が本当に北朝鮮に足りないかを客観的に見て提示してあげる必要があります。何が欲しいかを聞く事は愚の骨頂であります。
危機=ピンチはチャンスとも捉える事もできます。遺憾いかんと言い続けても何の効力も発揮できていません。暴れん坊に見えても実は孤独で、周りからは完全に悪者扱いでイジメられていると感じているかもしれず、何をすればいいのかすら分かってない可能性が高いと思います。
だからミサイル発射は仕方ないとは全く思いませんが、日本が我慢の限界にあるとは到底思えません。アメリカはそうは言ってもアジアで問題解決して欲しいはずです。精一杯目線を合わせて取り組んで頂きたいです。北朝鮮以外の外交はミサイルが絡む点以外基本は同じだろうと思います。

自民党の衰退
消費税上げない事によって国民の覚悟が裏切られたこと。
仲良し人事に見える事によって専門性が低いこと。
うまくすり抜けようとしているように見える事によって信頼を失っている事。
この対応を日本という国が病気に罹っていて、その治療に来た患者と例えれば、手術には多額の費用がかかるが、今より良くなると多数意見があり一旦決めたにも関わらず、お金を無駄遣いしたと思われたくないから、ギリギリまで動かない。
自身が人気が高いから、その紹介する医者なら誰も文句は言わないだろう。きっと手術もできるだろう、手術中は麻酔かけているし麻酔中は何しているかわからないだろう。
全くロジカルではない話と患者が分かっているのに、自分の論理を強要しようとする姿勢。
こんな状況で信用して任せる事は出来ません。
出来ませんが、他に良い医者がいないのです。

飛躍してしまいましたが、国会議員の役目とは日本を良くすることに尽きます。野党であっても与党の監視という名の、他人やグループのミスを探す事が役目ではありません。それしか出来ない議員は不必要と思います。

まずは政権与党の皆さんに国会議員の役目を果たして頂き、日本が良い方向に進むようご尽力頂きたいです。以上

投稿: Hidekazu | 2017年7月16日 (日) 01時11分

ノーベル平和賞を獄中で受賞した劉氏の遺骨が海に散骨された。勿論、巡礼化を防ぐ為に中国共産党の意向が強く働いていて選択の余地等無かったであろう。天安門事件の中心人物だった彼は一党独裁を止める事を提唱し投獄されたが民主化を認める訳の無い共産党は彼の治療の為に外国に出す事も内政干渉として拒否した。最近日本でも極左運動家が横田基地に飛翔弾を打ち込んだとして逮捕されたが外国の勢力と結び付いている事は間違いない。沖縄での基地反対派山城がスイスに出掛け、ハイサイと笑顔で挨拶し、拘束の身でも外国に出国許可を出した沖縄の司法も多分、共産系知事やその仲間達の忖度が働いている。しかしそんな事はメディアも含め誰も追及しない。左翼は暴力だろうが脅迫だろうがOKを出されていて罪に問う事自体難しくなっている。戦争法案だ、忖度したと騒ぐ野党だが自らが日本人である事すら証明に苦慮している。劉獄死は共産党だけの責任ではない。江沢民政権下で瀕死の共産党を救ったのは日本のODAや左翼与党政権であって共産党と存続させた事は間違いない。そしてあの当時、日本の支援を非難した欧米もその後、クリントン政権も含め国益の為に投資や企業を中国に移す事で利益を得たが今の軍事力だけでなく、共産党復活や延命を許したのは日本や欧米諸国である。この頃から天安門事件だけでなく、チベットやウィグルの事は欧米も口をつぐみ、北京五輪に向け持ち上げた。北朝鮮への攻撃を準備しているトランプでさえ、劉氏の事は言及せず、同盟共産国の様に習を偉大な指導者と言う始末で金になれば何でもありなのが政治の世界だと痛感させられる。とは言え、中国観光客だけでなく、消費が低迷する国に於いては厚かましい中国人でも消費してくれるのは有り難いのだろう。彼らを持ち上げる事で実利を得ていく理由には民主主義もグローバリズムも行き詰まりを示しているからだろう。その状況を打開するにはどの国も左傾化するか、右傾化するしかという民主主義とは逆行する選択しか見えてこない。グローバル化すれば左傾化し難民に溢れ、社会保障を食い潰し主権を脅かされる。そして右傾化すれば軍事的な紛争や衝突の危機が増し、過去のブロック経済が口を開けて待っている。そしてその狭間には劉氏という犠牲が大国の利益に負けて存在する。話し合えば分る?彼の死はその言葉を否定している。

投稿: 忍者 | 2017年7月16日 (日) 07時00分

   ≪経済同友会vs経団連≫
日経【経済同友会、安倍政権に求める https://goo.gl/ZRy3Yn 
①短期的な支持率変動を恐れず‥消費税率10%への引き上げを
②岩盤規制を総点検し既得権益の打破に‥取り組むべきだ】
(一次情報:経済同友会URL https://goo.gl/dL3SDW )
⇒あっはっは!これは痛烈な逆説ですね。安倍政権に対する強烈な皮肉でもある。然し、経済同友会は、安倍政権と一体化し屈膝した経団連とは違うとは言え、公式の見解としては、謙虚さや見識に邪魔されて、此の提言のスタイルが限界なのでしょう。その平時に価値のある≪謙虚さや貴い見識≫が、様々な危機を仕込んでいる猿政権に悪用され、人々に「改心するかも知れない」という無駄な期待を抱かせ、結果として敵に塩を送る仕儀に終わっている。

そもそも安倍一味はその粗末な資質と能力として岩盤規制や既得権益を打破できないのだから‥、然も、政治的意思としてその気がないしそこに価値を置いていないから、安易かつ愚かにも「短期的な支持率」に頼るほかない。「変動を恐れず」とは画餅に過ぎない。
支持率さえ高止まりさせていれば、国会では安倍自民党一強多弱を保つことができる。また、高い支持率さえあれば、次期選挙での公認や当選欲望を餌にして、自民党内の政治屋を屈膝させ安倍一強多弱を偽装することもできる。政治権力者にとって高い支持率は万能薬のような存在ですから、嘘であれ食言詭弁強弁であれ、己の粗末な資質や分際に蓋をして「決める政治!成果を出す政治!」と大風呂敷を展げ、大甘の餌を撒き散らす欲望に駆られる。規範意識や見識のない「私情に駆られて暴走するだけの人型の猿」なら尚更。

他方で、経済同友会メンバーは経団連に会社として加盟する大企業の経営トップとほゞ重なっているので、その視座の広深永さや挑戦的な姿勢の違いの違いが不思議ですねえ‥と一応疑問を呈しておいて‥w、愚見では既にその解は診えている(ニッコリ)。
経済同友会は相対的に小さな組織で「スタッフと言われる官僚組織」の員数が少ないし力が弱い。経営トップ個人の資質や力量がそのまま提言等に反映させられる。逆に言えば、経済同友会を経営者個人をメンバーとしていることの大いなる成果なのでしょう。
その観点では、経団連自体の官僚だけではなく出身母体企業の官僚らに神輿に担がれ、思考を邪魔されている歴代の経団連会長は気の毒‥と云う評価も成り立ちますが、そんな評価は「溶けてベタベタした砂糖菓子」の如き甘い評価であって、問題解決にはならない。
「官僚にしてみれば、神輿に担ぐトップは軽い方が好い」のは、単に経済団体だけではない‥政党にも霞が関にも‥以下省略。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月16日 (日) 09時47分

支持率が低くなると俄然批判しだすというような卑怯な人間に人望は高まらない。

早く離党すればよい。

投稿: takahata | 2017年7月16日 (日) 09時56分

   ≪藤井裕久さん、サマータイム、小池知事≫
今朝は偶々早起きして、偶々「時事放談」を視る機会を得て、お陰様で三文得しましたw。この夏は早起きをしよう!!(ニッコリ)
石破さんのご発言はいつも通り謙虚さが過ぎて敢えてコメント致しませんが(但し、繰り返しませんが視覚的にはご一考の余地大):
藤井さんの番組最後のご発言【安倍総理には初心に戻ってもらいたい。然し、私には自信はありません】には笑っちゃいました。あのその真意は「安倍総理には≪真っ当な政治家としての初心≫はない」と云う厳しい指摘に他なりませんからね。あの発言が番組の初めにあったなら、討論に美しい大輪の花が咲いただろうに、勿体ないことでした。御厨某が編集段階で妨害したのかも知れませんね。

それにしても、今の此の時季の早起きは、三文の得は兎も角として、好いですね。一日数時間とは言え、焦げ付くような熱さを逃れられる‥だけではなく、清々しい時間を楽しめる。“石破総理”に成られた暁には、日本もサマータイム制度を大々的に、然し肌理細かく適切に導入しては如何でしょうか?
こんな着想は過去にも多くの人が発信し政府も様々に検討して結果、今があるのでしょうが‥、然し、山本有三が国会で偉そうに!w 屡々口にしている「遣らないための言い訳探しではなく、遣るための課題解消の智慧出し」を“石破総理”が指示されれば、成るかも知れません。課題は多方面に多様でしょうが、世界的な温暖化問題への対応や脱人工エネルギー志向(=自然エネルギー回帰)への軌道修正や、経済産業的には労働生産性の向上(低下の回避)や、社会的には健康の増進など、大きな土俵を設えれば、尚更、成る事態が近付く。経済・社会に大きな変革の風を吹かせることができる。小池都知事との連携も成るのは間違いがないw。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月16日 (日) 10時37分

頑張って、くださいネ。
大いに期待しています。

投稿: 柚津 芳夫 | 2017年7月16日 (日) 11時12分

安倍総理は日本の為に頑張っています。
石破さんは、安倍総理の邪魔をしているだけです

安倍総理の異常な批判はやめてください
自民党員として恥ずかしくないですか?

あなたには、国民をひっぱる力はない!

投稿: 角田 とみ子 | 2017年7月16日 (日) 14時35分

石破先生のWikipediaのページを覗いたところ、「消費税率を10%に上げる日は早ければ早いほどいい」という発言をしているのを知って残念に思いました。

需要過多のときは緊縮財政、供給過多のときは積極財政。総裁を目指すなら、これは鉄則にしてほしいです。

経済は生き物です。

投稿: あ | 2017年7月16日 (日) 14時51分

石破先生 久しぶりの投稿です。

先生が少子化対策に言及されてましたので
書かせていただきます。
私は 第二次ベビーブーム世代が20歳代のころから 少子化対策は 我が国にとって最後のチャンスになる・・・ということを述べてきました。

しかし 耳を傾けてくださる政治家は皆無。
選挙対策のため 老人向けに 税金の大盤振る舞い。依然 継続中です。由々しきことです。

少子化 あるいは 18歳までの人間に老人の5分の1でも税金が 振り分けられていたら
このような結末にならなかった。

今 第二次ベビーブーム世代も40歳を超え
2.07人程度の出産では とても追いつかない計算です。3人産んでも人口は減少します。

もうウルトラCしかない。税金の取りはぐれ約10兆円を遣うのもよし、もしくは、老人対策から年間約5兆円廻せば フランス以上の奨励金?を捻出可能。
フランス以上の 奨励金分配方法があります。
残念ですが 誰も気づいてない。

日本人は 一人当たり 一生で約2億円消費し 約2億円稼いでくれます。
これ以上の 経済政策はありません。

投稿: 豊嶋 孝 | 2017年7月16日 (日) 21時53分

石破先生におかれましては大変ご苦労の事と思います。お疲れ様です。
石破先生を尊敬申しあげるきっかけになったのは、自衛隊の人々を思いやる国会質疑のあの動画からです。
今年で50歳になる私ですが、あの動画を見るまでは何も考えていませんでした。
本当に恥ずかしい話です、、
私が申し上げたいことはまだあるのですが、、
文章を作るのが苦手なので、また次の機会に陳情申し上げたいと思います。

投稿: 海老根 裕二 | 2017年7月17日 (月) 00時09分

そうですよね☺負けた理由を総括しなければ、また負けますよ😅
自分は自民党支持ではありますが、前回は都民ファーストに投票させて頂きました。このままの自民党なら、もう自民党には投票しませんよ😅

投稿: 山田しげる | 2017年7月17日 (月) 01時24分

安全保障に関して単純な疑問がある。北方領土に関してどちらの主張がどうかという事はさて置いて重要な軍事基地を返すか?又領土が返って来ても人口減少に悩む日本がそれを維持し開発出来るのか?という物だ。潜水艦基地があり、太平洋に抜ける択捉と国後を返すというのは現実的にあり得るのか疑問に思う。確かに露側の主張ではあるが日米同盟がある日本に領土返還すれば米軍駐留もあり得るというのも分からなくはない。この重要な拠点を露側の安全保障を犠牲にして返すとは考え難い。そして子供を産まなくなった日本人が自国の領土つまり与那国島でさえ、人口が減少していたが他の島々を見ても人口的にも財政的にも維持管理するのは実は簡単ではない。与那国の場合、自衛隊基地配備で人口増や家族を連れた自衛隊員のおかげもあって上向いたのは確かだが政府も中国配慮とやらで漸く動いた形だ。こんな薄弱な防衛意識で大丈夫だろうか?と思うのは私だけではない。博愛主義が嵩じて世界の果て迄行く日本人はいるが肝心の日本の過疎地に行こうという人が少ない。日本国民の領土や防衛意識の薄弱さは政府の政策にも政治家の意識にも反映されていて本気で取り組むだけの力強さに欠けている。ただでさえ、難しく相手がある交渉なのに意識が弱いとなると先行きを明るく見る人はより少なくなる。様々な問題を考えてみると戦後レジュームの脱却という言葉は全てに重く圧し掛かる。この後ろ向きな意識を変えないと経済も領土問題も拉致問題も安全保障や人口減少も解決出来ない様に思う。デフレマインドは負の連鎖だが物事は悪く考えると悪い結果しか出て来ない。なぜなら悪い結果を常に考えているからその結果を得る事でその考えを強化してしまう。だから連鎖するのであり、どこかで止め変えないといけない。

投稿: 忍者 | 2017年7月17日 (月) 06時32分

見え透いた詭弁はもう良いですよ。
味方を背後から撃つ輩は要らないのです。
民進党の勉強会、貴方がいないと開催されないのですよ。早く行ってあげて下さいよ。
前原が手招きしていますよ。

投稿: 吉法師 | 2017年7月17日 (月) 13時55分

・・・上の内容から感じたこと。
 私は歴史を学んでいません。だから、その知識はテレビなどを通してのものに過ぎません。そういう私ですが、反省しないというのは日本人の習性になっている、米国・超大国に挑んでいった、あの戦争。 当然の敗戦。このことについても反省していない、らしい。反省しないという理由は、非を認めたくない。責任を負いたくない。それで都合の悪いことはうやむやにしておく。
 私は生まれつきの障がい者ですが、福祉問題に関しても本当の話は表に出ていない、と思っています。。
 個人的な経験です。市の町づくり委員会に参加したことがあります。出席しているうちに話の内容は決まっていて、形だけ聞くふりをしている。
 私の邪推かもしれませんが、世の中そういうことが充満しているのではないでしょうか。障がい者の福祉に関しても、言葉でくくってしまって、子供の頃からか、途中からか、よく吟味して政策を実行されていないように感じます。全体の問題である少子化、高齢化社会。どのようにすれば、みんなが最低の条件は確保できるか。現在、2050年・問題だけは提示されています。
 私はこの問題に対処するには、消費税率アップが必要だと思っています。
 一部の経済学者が、アップは経済のマイナスになる。過去のデーターが証明している、と聲高にテレビなどを通じて張り上げます。
 だから、、アップする前にネガティブキャンペーンが激しく、いかにも生活が大変になる、と。ここまではみんなで支え合うようにしよう。それには、これだけの消費税アップはしよう。などとの政策がほとんど皆無のように感じています。私は消費税アップをしなかったことも大いに反省してもらいたい、と思っています。
 主旨からはずれてしまったような内容になってしまいました。目を通して頂ければ幸いです。

投稿: 矢田部一郎 | 2017年7月17日 (月) 14時39分

2017.7.17
産経ニュース
新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢…


>新潟市の獣医学部新設申請について「全く存じ上げない」、獣医師会からの4条件盛り込み要請について「そのような要請はなかった」、平成27年9月9日の発言についても「そのような事実はなかった」といずれも全面否定した

とあります。


・日本獣医師会の会長短信『春夏秋冬』で書かれている内容も石破さんは否定されているということですか?
・安倍さんと加計さんが旧知の仲だというなら、日本獣医師会と表裏一体の関係にある日本獣医師政治連盟代表者の北村さんと石破さんも旧知の仲ですよね?しかも100万円の献金も受け取っているそうですが・・・

あと、公益財団法人動物臨床医学研究所で石破さんは顧問をされているみたいですが、役員のメンバーをみると日本獣医師会と強い繋がりがある人が多いと感じました。
日本獣医師会は規制緩和反対団体としてとりあげられています。


元地方創生担当大臣だった石破さんはこれらのことをご自身の口できちんと説明するべきではないですか?


投稿: 犬猫使い | 2017年7月17日 (月) 16時05分

しっかりと証拠を示して釈明ください。石破4原則はここにありますから。

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170717/plt1707170003-s1.html

投稿: ヤマビコ | 2017年7月17日 (月) 17時33分

【オットー・ワームビア氏事件と劉暁波氏】

 この2人の死に至る構図を見ると、彼等の人権を支配していた国家の悪行が実によく似ていることに気が付きますね。
 手遅れにして、医者に診せ、そして命を奪う。
これほどの人権侵害を平気で行って、薄ら笑いを浮かべ、自分達には責任がないと平気で表明する。東アジアの人権後進国の共通した姿を見せつけられても国際社会は何もできないようだ。

 我が国もまた、北朝鮮やシナ帝国の行動には何もできないという姿を国民に見せてしまったようである。情けない政府なのだと改めて思ってしまいます。
 劉暁波氏については、彼の死後の扱いについてもシナ帝国に抗議もせずに菅官房長官の会見内容は記事になっており
『「自由と民主主義の追求に人生を捧げた劉氏の逝去の報に接し、心から哀悼の意を表したい」と述べた。

 菅氏は「自由、基本的人権の尊重、法の支配は国際社会における普遍的な価値であり、これらが中国においても保障されることが重要だ」と指摘。「引き続き高い関心を持って、中国の人権状況を注視していきたい」と語った。』と云うだけである。
 劉 暁波氏の存在は、2010年のノーベル平和賞受賞によって当時シナ帝国政府に拉致監禁されていた我が国のゼネコン会社社員4名の解放があったことが広く知られている。
 当時の民主党政権は、尖閣沖シナ漁船特攻事件に絡んでシナ帝国内で仕事をしていたゼネコン社員が拉致監禁され外交ルートを通した抗議にも一切無視をし、我が国の民主党政権に屈服を迫る状況にあった。それが、劉 暁波氏のノーベル平和賞受賞が報じられた直後に一切の説明もなく突然解放されたのである。彼等が劉 暁波氏の件について国際社会から抗議を受けているという自覚があったので、ゼネコン社員の理由も示せない拉致監禁でさらなる人権抑圧政策の現在進行形であると見られることを嫌がったのではないかと思われている。
 あのゼネコン社員は劉 暁波氏に命を救われたようなものだ。我が国政府は改めてこの件についての調査をやった方がいいのではありませんか? シナ帝国の人権状況をの姿を国際社会に向けて報告する必要がありますね。『注視する』だけでは何の解決にもならないと気がついてほしいものだ。
 
 劉 暁波氏の死に絡んで、我が国に向けられた意見は既に反日系のメデアでも記事になっている。反日であるが故に政府の批判になるのであれば何でも利用するという意図がバレバレなのであるが、劉 暁波氏に向けられた政府の対応は反論するのが難しい。
 時事通信の記事である。
『中国の民主活動家、劉暁波氏の死去を受け、日本政府は、中国の人権状況に関する批判に踏み込むことを避けている。日中関係改善や対北朝鮮での連携などを考慮し、中国指導部を刺激したくないとの判断が働いているようだ。
 「引き続き高い関心を持って中国の人権状況を注視していきたい」。菅義偉官房長官は14日の記者会見で、「注視」という表現を繰り返し、劉氏を長期間投獄していた中国当局に対する直接的な批判は口にしなかった。』

 確かに、我が国の政府の姿は残念である。

 シナ帝国と北朝鮮の同じような人権の扱いに、国際社会は黙っているはずがないと思いますね。手遅れにさせてから公表し死に至らせる。人の命を弄ぶキチガイ国家を許してはいけませんね。

 人道とは無縁の社会がそこにあります。

投稿: 旗 | 2017年7月17日 (月) 19時01分

一流の政治家はブログやインタビューで愚痴をこぼすのではなく、やはり自分の想いが実現できる場で物を言ってもらいたい。石破さんは一流。であれば、閣内に入って政治を変えていくべきではと思います。

投稿: 梅香る | 2017年7月17日 (月) 20時43分

【森元首相は何をしにロシアに行ったのだろう?】

 ロシア政府が直接運営するサイトになっているのではないかと思われているニュースサイトのスプートニク日本に森元首相の動向が記事になっていた。NHKが異例の歓待を受けているというニュースを引用する形で伝えています。
『ロシアのエカテリンブルクでプーチン大統領と日本の森喜朗元首相の会談のニュースの中で、NHKは大統領が自らの公用車でホテルまで森氏を送迎した事実を特に強調した。・・・・地元の州知事迎賓館での非公式の夕食会の後、両氏は森氏が宿泊する予定のホテルへ共に向かった。

今回のもてなしは「前例のない手厚い歓迎の表れ」である、とNHKは指摘している。』

 7月10日の記事ですが、この話の中身は平成25年2月にあったプーチン大統領との会談が大いに関係していますね。思い出した様に突然、森元首相がロシアを訪問したわけではありませんね。平和条約の話を進める手順がどうもあるようだ。その中心に我が国では人気のない森元首相を起用したのは安倍総理である。 平和条約交渉の話を進める気があるのか壊す方向に持ち込みたいのか平成25年の時点では怪しく思ったものでした。森元首相なら纏まる話も土壇場で潰れるのではないかという不安があります。その特異な個性と国民に信頼されない姿は、余計な一言の多すぎるこれまでの政治発言と重なって見えるからだ。

 『異例の歓待』と持ち上げるNHKの報道には説明がないのでまた、ここで怪しいと思ってしまいます。プーチン大統領も、よく解りませんね。KGB出身の政治家であることは有名である。森元首相がどういう人なのか解っていないとは思えません。『異例の歓待』の意味するものは、予想以上の効果を森元首相から引き出すことに成功したという表れなのだろうか?
 なんか大きな損失をしているような不安がありますね。心配はないのですか?

 まあ、その中身は今に至るも誰も説明してくれません。政府もまた時期ではないという事があるのかよく解りません。国民に向けた説明が欲しい処です。

 それはともかく、ロシア政府内に新たな役所の誕生というか新たな権限を付与された、もしくは、役所の機能の拡大があったという報道が産経系のサイトにあった。『国家親衛隊』の話である。
 『ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(64)に直属する治安組織「国家親衛隊」は、ロシア軍を配下に置くこともできる-。プーチン氏がこんな大統領令に署名したことがさまざまな観測を呼んでいる。国家親衛隊は1年余り前、国内の治安維持を目的とする旧内務省軍などを母体に編成され、すでに陸軍を超える36~38万人を擁するとされる。そこに軍をも従属させられるとしたプーチン氏の真意は何なのか。(モスクワ 遠藤良介)・・・・プーチン氏が5月下旬に署名した国家親衛隊に関する大統領令は、軍の部隊を、任務遂行のために親衛隊の指揮下に入れることができるとした。』

 親衛隊と云えばヒトラーのナチス親衛隊が有名である。プーチン親衛隊の中身も機能的にはナチス親衛隊と変わりのない組織のようで、政府内の組織を監視する目的も持ち、同時に、プーチン大統領の護衛も専門的にやる準軍隊組織のようである。自分専用のKGBなのかもわかりませんね。こういう組織を創設するというのはナチスがそうであったようにクーデターや暗殺を恐れる政治指導者の心境にプーチン氏もまたなってしまっているという表れではないかと思いますね。
 2013年頃からプーチン大統領を目的にした暗殺未遂事件の露見がありますね。爆弾を製造していてミスで爆発してしまい警察でプーチン大統領を暗殺するつもりだったと白状した容疑者がいました。彼は現在刑務所に収監されています。その後、ウクライナ紛争とかが本格的になったという事もあって反プーチン勢力が組織的に作られているという情報とかも関心が集まっています。
 ヒトラーが暗殺未遂事件53回を乗り切ったのは有能な親衛隊がいたからだという話がある。プーチン大統領もまたそれに備えているのかもわかりません。しかし、こういう組織はナチス親衛隊もまた、そうであったように権限のさらなる拡大を求め、やがて敵対勢力の一掃のために攻撃目標を増やしていく傾向がありますね。権限の拡大工作と無縁ではありません。
 
 ロシアはプーチン後の世界がどうなるのか誰にもわかりません。親衛隊のような組織はプーチン氏だけは良い意味で使いこなすことが出来るのかもわかりませんが、プーチン氏の後継者は、その組織の操り人形のようにされるかもわかりません。可笑しい方向に転がり出す装置になってしまう恐れもありますね。怖い話です。

投稿: 旗 | 2017年7月17日 (月) 21時37分

少子高齢化を問題とは考えません。日本は狭い国土に1億人がひしめき合う人口過密国家です。日本とほぼ同じ面積のヨーロッパの国は1国の平均人口が8000万人です。日本と同じく人口減少による労働力不足対策として、EU(ヨーロッパ経済共同体)を結成しましたが、ヨーロッパの各国にも経済格差があり、EU内において問題となり、イギリスはEU脱退を決めましたがイギリスは混迷している。ヨーロッパの国々はそれぞれに特徴があり、文化も違い、言語も違います。それをEUという経済共同体が1律にEUの共通通貨・ユーロで表し、経済価値を決めるのが不可能なのです。→日本の場合は、地域差はありますが1つの国であり通貨も日本円だけです。同じ日本で人口が減れば、日本の国土面積に変わりはないわけですので、1人当りの占有面積は広くなり、日本の人口過密が緩和され、競争社会であった日本社会は競争主義経済が緩み、受験競争や経済競争が緩和されて生きやすい社会になるのではないでしょうか? 問題は経済問題ですが、生活水準の維持になるのではないでしょうか。生活水準で経済生活を考えた場合、経済水準を維持するだけで充分ではないでしょうか。生活水準を現在より低下さすのはイヤです。人口が減少し、労働力不足が到来すると言われても、現在の経済水準=生活水準の維持で充分と思います。経済水準を上げるために、過労死をするような社会はまっぴらなのです。経済維持に努めるべきです。経済力も技術力も維持でいいのではないでしょうか。生活水準も維持されます。生活水準の格差は、補助金や助成金で賄えないでしょうか? 無駄が多い人は、他人の責任にしても、いずれ、その責任はあなた自身に還るのです。

投稿: 島谷淳子 | 2017年7月17日 (月) 22時23分

【国家が強大な権力を見せつける意図を以て病人となった人から治療の機会を奪う行為について】

 シナ帝国がノーベル平和賞受賞者である劉暁波氏に癌患者である事をかなり癌の進行が進んでから告げ、その上、治療の機会を与えることなく死亡に至るまで放置したことは、人権抑圧という政治的な弾圧行為に見せた殺人ですね。今回のような例は、ナチスドイツがほぼ同じと言っていいような前例を作っていたので、シナ帝国の行った行為が犯罪であるとはっきりと言えます。
 NYTは、早速今回の事件を下記のとおり述べています。
 「劉氏は、1935年のカール・フォン・オシエツキー以来の、獄中でノーベル平和賞を受賞した平和運動家となった。オシエツキーは数年にも及ぶ虐待の後に、1938年に監視下に置かれながら亡くなった」
 平和を希求する民主化運動の活動家が国家によって殺された2例目だと言っている。
 欧州にある複数の政府からも抗議の声明が表明されています。しかし、シナ帝国は報道官を通して反論しています。

 『「内政問題であり、外国は不適切な意見を表明する立場にない」との談話を発表し、強い不快感を示した。国営新華社通信(英語版)が報じた。そして、関係国に対して中国の司法主権を尊重するよう要求し、劉氏については「中国の法律に違反し有罪判決を受けた」と強調。劉氏が服役中に肝臓がんと診断されてからは「人道的見地と法律に基づいて、関係部署と医療機関が最大限の治療にあたった」と述べ、対応は適切だったと主張した。』
 この記事の状況を少し説明すると肝臓がんと分かったのは、今年の㋄20日頃で、それが本人及び家族に告げられたのは6月末頃なのだそうだ。しかも、末期の状態になってからである。人道的という発言が飛び出しているのに非常に違和感を感じるのであるが、シナ帝国の報道官から見ればこれ以上ない人道的な対応に見えるようだ。ちなみにナチスはカール・フォン・オシエツキー氏を亡くなる1年半前に釈放している。カール・フォン・オシエツキー氏の病気は当時にあっては不治の病とされていた結核です。ペニシリンが登場する4年前にカール・フォン・オシエツキー氏は亡くなっていますね。
 劉暁波氏は死ぬまで釈放の機会がなかったので、ナチスより過酷な扱いを受けたことになりますね。

 人でなしの政府です。これは、シナ帝国の終わりの始まりを告げることになるかもわかりませんね。ノーベル平和賞受賞者を殺した政府は消滅しているという前例がある。シナ帝国はそれに続くことになりますね。

  このような事件は時間の経過とともに関心を寄せる人が増えますね。
 シナ帝国政府に向けて人類の敵という烙印が押されることになれば、大変なことになるかもわかりません。天安門事件でそのような扱いを受けかけていました。しかし、我が国の宮沢喜一が手を差し伸べ国際社会に連れ戻してしまった。それを後悔しないといけませんね。彼等は野蛮な連中である。宮澤喜一はあほとしか言いようがない。残念な政治家である。同じような事態にならないように注意しないといけませんね。ナチスはカール・フォン・オシエツキー氏の亡きあと、6年命脈を持ったが、シナ帝国は何年持つのか?  世界の関心はそこに向かうのではありませんか?

 ナチスドイツのようなシナ帝国 そう呼ばれます。

投稿: 旗 | 2017年7月18日 (火) 01時09分

久しぶりにコメントさせて頂きます。巷のマスコミの政治ネタはダラダラと加計学園やら、豊洲築地の情報を閑人の如く垂れ流しです。
先生に対しての三流マスコミの最近のタイトルは「売国奴」呼ばわりですが、何か先生を良く思わない流れの思惑の現象でしょうか?
防衛問題は山積です!支那の度重なる領海侵犯、北のミサイルに対しての防衛システム。いずれにしても、憲法を改正しなければならないのは当然でしょうが、それにしても国会議員の危機感の無さには感動を越して呆れるとしかいい様がありません。
論じたくとも出来ぬ党内の見えぬ統制が敷かれてしまっているのでしょうか?自民党は大丈夫ですか?
自民党員でなくとも支持をしている選挙権を有する人々に対して、又国民に対して今の憂国を真剣に訴え行動してくれる国会議員が出てきて欲しいです。

投稿: 畠山敏三 | 2017年7月18日 (火) 04時18分

お疲れ様です。

毎日暑い日が続いております。
ご自愛ください。

投稿: くま | 2017年7月18日 (火) 10時26分

   小学生の頃だろうか、福田赳夫元総理の家があり、その傍を通ると警察官が長い警棒を持って立っているのを憶えている。勿論、その当時前川元審議官がゆとり教育を推進し、主権を損なう文教族等という事は知りもしなかった。彼はその当時も竹島で日本の漁民が不当に殺害されるのを教科書に入れるのを拒否したり、日本の学習レベルを下げる事に尽力していたのを知ったのは最近の事だ。第一次安倍政権で憲法改正や日本の根幹を変えようとして簡単に打倒されてしまった経緯は誰でも知っているがその裏舞台は余り知られていない。国民の政治無関心は以前よりは良くなっているが憲法改正に纏わる抵抗勢力が加計だけでなく、安倍政権打倒を掲げている事は間違いない。それが分っている人達は揺るぎが無いだろうがそこ迄読めない人達は報道で言われる事に動揺し、右往左往して支持低下に尽力してしまう。政府側もイマイチ発信が下手だが自衛隊はそんな事とは関係無く米軍との軍事訓練を着々と進めている。確信がある人達は周囲の意見に左右されず、淡々と仕事をしていくがそうでない人達はワイドショーに振り回される。文部省も天下りから大学との癒着、認可に関する既得権益の囲い込みと抵抗、野党以下文科相との癒着に絡み、前川元事務次官を使っての隠蔽工作も大胆にやっているのは憲法改正を阻む為の政権打倒を目指しているからに他ならない。石波さんもそれに乗っかる様に民進党保守との接触は残念な限りだが以前からメディアに重宝されるにはそれなりの理由があったとしても驚くに値しない。しかしこれからも勢力図はドンドン変わり、又予期せぬ事が起るだろう。他人の事ではなく、自らのスタンスも明確にしていく様にしていく努力が必要だ。政治家になる訳ではないが全てを明確にしていく事でこの政策は賛成だがこれは反対、又この部分は反対だが全体としては賛成と明確になる訳だからやらない理由はない。

投稿: 忍者 | 2017年7月18日 (火) 11時04分

此処へ来てご常連以外のコメントが増えていて慶ばしいことです。とは言え、石破さんの慎み深いご提言・箴言を批判や批難と捉えて、「後ろから撃つ、がっかりした」と安倍Monkeyサポーターに定番の捨て台詞が少なくない。裏で糸で操る連中の影が見え透いていて、残念でありうんざりですが。

 閑話休題  ≪見解vs見解らしきもの≫
行天豊雄さん【アメリカがいなくなる!https://goo.gl/gxmF1R 】
日本人に限る道理はないが、現代を生きる者は戦後の世界の構図を的確に俯瞰し正しく認識していなければ、現在の世界の構図を的確に語ることも、未来の世界の構図を適切に洞察できる道理がない。
然もなくば、「似非論説=駄文」を垂れ流すだけだ、社会を間違った道に誘うだけだ‥と云うお話。それだけに、歴史に対する深い造詣(単なる“知識”に非ず)が国家の舵取りには欠かせないのだ‥と云うお話。それは、有識者・知識人を自称する連中も例外である道理はない。

同時に、それは政治権力がブレーンを選任する重要人事には、真に広深永な見識を備えたご仁、即ち中庸を得たご仁を当てることが肝心になる。逆に言えば、安保・国防では前世紀の軍事Hard Power Only派、経済ブレーンで言えば狭隘なリフレ派など、有識者・知識人を自称する連中を排除することに他ならない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月18日 (火) 12時04分

   再び≪一票の不平等≫
共同通信【内閣支持率続落35.8% https://goo.gl/f6L9FU 
下がったとは言え、未だ35%も支持する人がいるんですね。
予て「なにがなんでも自民党支持!この国が壊れても安倍Monkey支持!」と云う思考停止した岩盤層が2割くらいあるようですが(注)、残りの2割弱は相変わらず思考停止しているのか、身勝手に己の未来も人生も諦めたのか?彼らが挙って「一票の不平等」の原因を作っている。その悪影響が深刻ですねえ。
(蛇足の注)内閣支持率の長期データ https://goo.gl/FA0FZ 
民主党政権を除き、自民党政権で内閣支持率が20%を割ったのは、数多の内閣の稀有な例外として、あの酷かった麻生内閣、特に酷かったシンキロウ内閣と、滅茶苦茶だった宇野内閣の3例しかない。

まあ、ものは考えようと云うこともある。「一票の不平等」など解決に時間が掛り複雑な問題は然て措いて、「急がば回れ!」を実践する手がある!(笑)。
即ち、“石破総理”が誕生すれば、その「一票の不平等」の悪影響は抑え込める。その善い実体験が悪弊の根っ子を断つケースは、多くはないが少なくもない(哀笑)。それは断じて彌縫策ではない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月18日 (火) 12時27分

   再び≪日本を診る海外の叡智の目≫
原語のままでの引用をご容赦下さい。下手な翻訳は有害でもある。また、愚コメントは敢えて控えます。それらは、いずれも、世界の叡智から今の日本(人)への贈り物である♪鋭い痛み♪を阻害する故にw。

   ≪NBR on “Abe’ Poll”≫2題
https://japanforum.nbr.org/scripts/wa.exe?A1=ind1707&L=LIST#3
①Kenneth Courtisさん:the WSJ wakes up to the fact that this crowd (the AbeAso regime)doesn't give a hoot about the economy, obsessed as they are with their revanchist far right nationalism. Let's hope that the AbeAso regime is indeed the last and final chance for such retrograde policies with their rancid odor of the 1930s.

②Richard Katz:For what it's worth, it was Abe himself, and/or his supporters, who labeled him Japan's "last chance" back when he first came to power in December 2012. For the first couple years of his reign, when it was already clear that Abenomics was failing, I met a lot of business execs who said, "Well, we still have to support him because he's Japan's last chance." I didn't buy it then; I don't buy it now. Countries have lots of last chances.
但し、RKの“What Japan really needs is a viable opposition party”部分だけは、理想として仰る通りだが非現実的で目が遠すぎる。彼岸に渡るには眼前の危機を克服せねばならないのだから。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月18日 (火) 12時31分

石破さん。

いきなり、言い訳ですか?
「党内で意見を述べる機会が全くありません。」とは、これ如何に?

官邸、党本部や議員会館に、話すべき相手は何人もいらっしゃいますよ!
それとも、石破さんがドアをノックしても、相手はドアも開けてくれなくなったのですか?


石破さんのこの「言い訳」から、石破さんの政治信条と言える、渡辺さんや竹下さんの教えや姿勢(7/7付)を実行する気は、石破さん自身には皆無なのだとはっきりわかりました!


逆に、石破さんへの諫言のつもりで、キツい意見を決然と書き込んでいる側の方が、石破さんの政治信条(教えや姿勢)を実現していると言えませんか?


中国、ロシア、北朝鮮、韓国は、日本への侵攻侵略包囲網をガッチリ固め、一触即発の「一線」を見極める最後の段階に到達した模様です。

ここで、反日マスコミ等によって、安倍政権がこれ以上弱体化したと見れば、一気呵成に侵攻侵略を実施するのは明らかです。

今年11月頃の習近平が、戦勝スピーチを行っているかもしれません。もちろん、プーチン、金正恩、文と共に笑顔でね。

トランプは、当選前から終戦前のヤルタ会談のように、日本分割統治に合意していたでしょうから、中国らへの手土産代わりに、当然のように日本を見棄てるでしょう。

私は、日米同盟や米軍兵士達を疑わないが、しかし、それを指揮するトランプ御一行は信じない。
切り札=トランプは、同盟国や自国米国のために、切り札とは決してならない!

彼は、自らの一族と利権のためのみに、切り札=米国大統領として動くのである。

何故なら、トランプ御一行は、中国、ロシアに利権も秘密も全て握られているからである。


憲法改善をしないのであるならば、国は日本国民を守る義務を負わない国のまま、日本人や領土、海、空を見棄てているのにほかならない。

ならば、日本国民に、武器の個人所有権と自衛権と交戦権は認めて貰わねば!

投稿: 一国民 石原 | 2017年7月18日 (火) 13時55分

卑怯者は、早く民進党へ行って下さいよ。あのTBSとグズグズの仲の議員なんて要らないのですよ。
貴方はもう、自民党の総裁にはなれないのですから、貴方の理想は民進党で叶えて下さいよ。
支持率数%の民進党が、いつまで存在するのか分かりませんが…。


投稿: 吉法師 | 2017年7月18日 (火) 17時29分

石破先生

今日は!!。
連日全国的な酷暑の最中、その後の政務にテレビ出演に講演にと大変な激務をこなされ、お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
この一週間の間でも政局の状況が激変して居り、何から申し述べて良いものか?と混乱する程であります。
石破先生も今回の冒頭にも述べられていますように、小生もこれまで何度も「報道陣シャットアウトの秘密会でも良いので、自民党臨時党大会を開催され、都議選の敗因と総括、今後の国民からの信頼回復に向けて挙党体制を敷くべく、話し合いを行うべきであると提案して来ました。しかし、国会議員を32年間続けられ、政調会長、農水大臣、防衛大臣、幹事長等の自民党の要職を歴任されて来ても、発言する機会が与えられないとは?驚くほど根の深い現実です。自民党も大根幹とする幹から腐ってしまったようですね?。

よく民進党の首脳陣が自身の民進党に対して、「解党的出直しが必要である」と述べていますが、自民党の状況も全く同じであり、むしろ今の安倍政権そのものが総理を始め政権全体がその危機感を抱いて居らず、その事がまさに悲劇的であるという事なのです。そしてその事は取りも直さず、そのような悲劇的政権を抱いている国民に取っても政治不信という最大の悲劇なのです。これほど不幸な事はないようであります。
世論調査では、都議選の大惨敗の直後より、安倍政権支持層は更に落ち込み、30%前後となり、自民党不支持も50%前後と大きく落ち込んで来ています。その間、支持政党無しが増え65%強と発表されています。特に安倍総理自身の国民からの不信が強く、女性支持層では29、9%しかないと言う有様です。

この8月には内閣を改造を行うと言う事ながら、都議選にも見られますように、安倍政権の不支持と自民党の不支持は安倍総理自身の国民からの不信によるものであり、内閣改造などではとても持ち堪えそうにもありません。何故そんな事が自民党政権首脳には理解出来ないのでしょう?まさに裸の王様状態の現実が見えないようであります。
又、自民党の危機は即ち石破先生の出処進退での危機でもあり、多くの第二次安倍政権後の当選2回までの自民党新人議員も、それぞれ進退の去就に窮しているのではないでしょうか?一度失った政権トップの国民からの不信は、政策ではなく人格そのものへの不信感であれば、最早回復不能というべきでありましょう。『信無くば立たず』であり、小生が従来何度も述べて来ました「『水はよく舟を浮かべよく舟を沈める』とのことわざ通りではありませんか?主権者たる国民への民意を忖度する事無く、置き去りの奢るばかりの政権運営は長く続くものではありません。

来年9月の総裁選とその後、更には12月迄衆議院総選挙が無いのであれば自民党も安心と言うものではなく、森友、加計学園問題の進展次第によっては内閣不信任案、或いは安倍総理による解散なども考えられます。更に事件性を帯びた内容が明確になれば、辞任のみでは済まされず弾劾までに発展し兼ねません。

そこで、愚策ながらも小生の今後の二通りのご提案をさせて頂きます。
1、リベラル保守新党の立ち上げについて
東京都議選でも見られましたように、従来選挙での自民党支持者層には止むなく選別の消極的支持層も多く、自民党政権の不支持者層が顕在化しました現在は65%もの政党支持無し層が増えました。国政に於いて自民党でもなく、民進党でもなく「受け皿」としての保守リベラル新党が出来れば、大いに勝利の可能性があるものと考えます。自民党の中で反主流と言われる石破先生と意を同じくする者と、民進党の保守中道右派の前原議員、玄葉議員、細野議員、江田議員、玉木議員、松野議員、そして民進党離脱の長島議員、維新から離脱の渡辺議員、無所属の松沢議員、それに過日自民党から離脱の若狭議員などを糾合すれば十分に対応出来、更に風を見るに敏い議員も自民党あるいは民進党からも参集する事が考えられ、受け皿となる一大勢力となり得ます。そしてそのリベラル保守中道新党では、あくまで「国民の民意に寄り添う事」をキーワドにすれば、支持を得られる事は間違いないと愚考致します。

2、自民党内部に於いてリベラル派を糾合
或いは、自民党内反主流派によりリベラル中道派を糾合の上、人事を刷新する事も考えられます。沢山の議員経験と専門性を持ちながら、どちらかと云えば安倍総理から距離を置く自民党議員の人材も多く、例えば小泉議員、村上議員、中谷議員、その他水月会議員、その他100名近い去就に戸惑っている、2回生以下の新人議員などを糾合すれば可能であり、その場合現在の安倍政権は安倍総理自身も含め全て辞任して頂きます。経済政策などは民間より登用なども考えられ、充分対応は可能であると思います。その場合でも1と同様、あくまでも「国民の民意に寄り添う」とのキーワードが重要であります。

話題は代わりますが、加計学園問題に於いて漸く安倍総理出席による国会審議がこの7月23日頃実現する事となりました。竹下自民党国対委員長は、この後に及んで持ち時間配分の異を述べているようですが、従来通りの時間配分でよいものと考えます。そして前川元事務次官はもとより、関係者は全て参考人ではなく、証人喚問とし招致を行い数日掛けて国民からの疑惑に応えるべく、決着をつけてしまうべきであると勘考致します。石破先生も言われていますように、何時までもかかずらっている場合ではありません。

いつも、僭越なるも申しようながら、石破先生に将来の夢を託している者であり、ご容赦下さいますよう!!。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年7月18日 (火) 17時36分

石破先生。こんばんは❤
自分でいうのもなんですが、流されやすくミーハーです。安倍さんが、大嫌いです。我が家は、祖父の代から、自民党員で、自民党以外に投票したことは過去2回。
同窓でマドンナブームの時は、社会党。なんか、麻生さんに腹がたって民主党。どちらも比例のみ浮気。
安倍さんが嫌いになったのは、急じゃないんですよ。滑舌が嫌、顔が嫌、でも民主党よりまし!から、弱体化した民主党に支持率自慢したり、総理で国会の最高位なのに、野党に野次るとか、品も人間力もない人。
都知事選挙で、こんな人たちから、言われるまで気づいてなかったのかな?国民が、下品さにうんざりしてること。
自民党員の私も、こんな人たちと安倍さんに思われてるのかな?と思い出したら、ジエンド。もう、気持ちが戻らない。
安倍さんと石破先生がうまく連携をとれば、憲法改正ができると信じてたので、ショックです。

追伸 老母より、石破先生は、グレーのスーツが似合うから、グレーを着てくださいとのことです。

投稿: なこ | 2017年7月18日 (火) 22時10分

【経歴詐称と云う問題が新たに発生したようだ】

 民進党代表の記者会見がありました。長い間、戸籍謄本の扱いとかを議論していたようで、事実の確認資料というだけの書類を差別問題に発展する人権にかかわる大問題等と、妄想を膨らませて目を三角にする人が、邪魔をしていたような話もあったようだ。何か大きな勘違いをして生きている人々も世の中にはおられます。
 まあ、困った人はいつの世にもいると思わないといけませんね。

 それはさておき、昨年の秋に国籍問題に気が付いたのだそうだ。当人は2004年の参議院議員選挙をどのような手続きを踏んで、立候補をし、当選したのかよく覚えていないのかもわかりませんね。その2004年の選挙広報には、『1985年台湾籍から帰化』と経歴の説明があったと云う指摘がネットにあった。
 これが事実であるなら、経歴詐称をしていたという問題になりそうである。

 過去に、これは旧民主党の国会議員当選者の話であるが某大学を中退していた人が、選挙公報に某大学卒業と、事実の捏造をしたために『経歴詐称』となって、議員辞職に追われたことがありましたなぁ・・・・。

 今回のこれは、重国籍に気が付かなかったというのが事実なのかどうかは別において、客観的な事実として、2004年の当選以降昨年の秋まで重国籍状態であったという事実の確認ができます。そして、その上、選挙公報に本人が確かめたこともないのに『1985年台湾籍から帰化』等と、経歴を詐称していたという事実が残ります。この事実も誰か別の人間が勝手に選挙広報に掲載したとでも言い出すのだろうか?

 学歴を中退から卒業に改竄しただけでも国会議員の職を喪うのである。

 日本国の国籍を宣言したのは昨年であり同時にその時まで台湾国籍を保持していたのである。『1985年台湾藉から帰化』は、事実無根のでっち上げをしていたという事になりますね。経歴詐称と云う事である。

 議員辞職が筋ではありませんか?

それはともかく、豪州では重国籍が発覚した国会議員はすぐに辞職をしているというニュースがあった。

 『オーストラリア緑の党のラリッサ・ウォーターズ上院議員は18日、二重国籍を理由に議員辞職を表明した。先週末にも、同じ緑の党のスコット・ラドラム上院議員が二重国籍のために辞職している。・・・オーストラリア憲法は、複数の国籍を持ちながら連邦レベルの公職に就くことを禁じている。ウォーターズ議員は、生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかになった。
 18日に記者会見を開いたウォーターズ議員は、「うっかりミス」だったと語った。ラドラム議員の二重国籍問題が浮上した後に自らの国籍について知ったという。』

 うっかりミスでも潔く辞職するのが国会議員のあるべき姿ではありませんか?

投稿: 旗 | 2017年7月18日 (火) 23時27分

獣医学会から献金を受けて、石破4条件なるものを作ったとの報道を見ました。がっかりです。きたいしてたのに。

投稿: 応援団 | 2017年7月19日 (水) 05時40分

ウクライナ東部親露派武装勢力がウクライナに代わり一方的にマロロシアという国家樹立を宣言した様だ。最近イラク軍がイスラム国の国家樹立宣言した首都を奪還したがこういう一方的な宣言は実は中国が尖閣諸島でもやるのではないかと言われている。本来は日本側も日本の領土と言うだけでなく、日本の国旗や建造物を建てるべきで気象観測所でも良いからさっさとやって欲しいと思うが向こう側はしない配慮とやらを何時までも口実にしている。シリアでの勢力図は様々な事を示唆している。イラクがラマディとラッカを奪還したがイラク首相の宣言の仕方が火種をもたらす可能性がある。なぜならこれ等の地域を奪還した主要な勢力はイラク軍ではないからだ。そしてもしかしたらクルド人が自分たちの支配地域を元にクルド人国家を宣言しないとも言えない状況なのにイラクのやり方は混乱を招くだろう。勿論、クルド人自治区や国家も認めないトルコは強い反発を示すだろうが武力で支配しているとなるとその地域を支配しない限り、一方的に宣言されれば他国の承認は無くても一応は出来る事になる。ある意味安全保障の入口を見せられている様で武力が及ばなくなれば領土とは看做されない事も示唆している。国際社会ではそう認識されるので日本も他国ばかり配慮していると国際社会では他国が支配していると認識される様な事例を作ってしまう。主張だけでは通らないのが国際社会で尖閣に漁民を送り、漁をして既成事実の基に建造物も無いと中国が武力で支配したらもう国際社会はそう受け取らない。安全保障と連呼しているだけでは何の保証もされない。日本政府は具体的な行動や既成事実をもっと積極的に作るべきだろう。

投稿: 忍者 | 2017年7月19日 (水) 06時07分

  ≪困難?厳しい?大丈夫?≫
内閣府、大甘予測でも20年度基礎収支兆円赤字 
日経:https://goo.gl/Aq7vz5 
NHK:https://goo.gl/U4ADmq 
あらら。十分予想の範囲内なんですが‥余りに当たり前の展開なんですが‥、手を拱いて何もしない安倍Monkey政権の卑やしさ(卑怯卑劣卑屈)にビックリ!(嗤)“今のままでは達成厳しい“とか甘いこと言ってますが大丈夫ですかね?
自分たちの無能無策を棚に上げて、弱者虐めですかね?
(虐め対策法では“苛めの有無”は弱者の認識で決まるのに‥w)

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月19日 (水) 09時16分

   ≪あらら その2≫
TruthOut:2020 Tokyo Olympians & Fukushima Radiation https://goo.gl/vtNCd6 
あらら、安倍猿軍団や核発電ムラが躍起になって隠蔽し、国内の大手メディアが挙って隠蔽に加担している≪不都合な真実≫が、小規模とは言え逞しいジャーナリズム精神に裏付けられた海外メディアに、サラッと(今更のサラw)世界に発信されちゃってます。
然も、安倍晋三軍団が経済効果を狙って、その裏で人命と生活の危険に蓋をして、盛んに宣伝している東京オリパラが危険だと。

支持率急落のこの時機にこの追い打ちとは‥身から出た錆!
‥なんですが、安倍Monkey一味にとって救いは、最近の日本人は特に多くの若者は(年齢基準では“大人”に分類される人たちを含めて)、現れては消え去る真偽不明の情報をスマホの小さな窓から眺めるだけで、新聞は読まないらしい。当然の如く海外メディアに接することもないらしい。深く考えることもないらしい。
然し、オリパラは「狭く暗い井の中」の大事業ではないのです。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月19日 (水) 11時20分

   ≪あらら その3≫
朝日【山本幸三語録、今治の獣医学部巡り https://goo.gl/nsznSb 
①事業者公募の段階でも京産大の応募も当然ありうると思っていた
②行政が歪められた云々の話は誤解されている。寧ろ歪んだ行政を正したというのが、私どもの考えだ】
⇒あらら。この山本は偏狭なリフレ派で筋金入りだけではなくて、嘘吐きでも、また安倍Monkey擁護でも筋金が入っているらしい。
幸三のお頭は鉄筋構造になっていてコチコチなのでしょう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月19日 (水) 11時22分

   ≪あらら その4≫
毎日【稲田防衛相:PKO日報隠蔽了承 国会で虚偽説明 https://goo.gl/1prFH8 】
国家防衛=最高度の危機管理を総べる防衛大臣が、楽観的な“だろう運転”をやっちゃ、資質欠陥で即刻馘首するべきですね。
「私の嘘はあれもこれもそれも、ばれない♪だろう♪」なんてね。朋美のお頭は網タイツコスプレ趣味でグチャグチャなのでしょう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月19日 (水) 11時23分

   ≪あらら その5≫
C/Net【国内13の取引所がビットコイン取引を停止へ https://goo.gl/sKSm5K 】
(参考:金融庁、「貨幣」認定 https://goo.gl/zOVZ8a )
⇒あらら。安倍-麻生レジームが前のめりで「モノから貨幣へ格上げ」してその位置付けを高め、その利用使用を称揚してきたのに、システム対応と云う事務的な事情で、流通や利用使用を止めざるを得ない事態は、真に♪前のめり♪の証しです。
まあ、貨幣とは言え「政府公認の私製貨幣」ですけどね‥とも言えますが、此処でも例の「公と私の使い分け」が行われている?w

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月19日 (水) 11時28分

何をぐずぐずしておられるのですか?早く決断して下さいよ。前原は、『民進』という名前に拘らないと譲歩してくれていますよ。
渡り鳥は渡り鳥らしく、卑怯者は卑怯者らしく、さっさと自民党から出て行って下さいよ。
お似合いのお二方なんですから…。

投稿: 吉法師 | 2017年7月19日 (水) 14時38分

【辻元清美氏は問題を抱えた公人の重国籍問題について、過去に政府の権限で日本国籍の方を剥奪しろと迫っていたようだ】

 2001年に当時、問題になっていたペルーのフジモリ元大統領の処遇について、明確な主張をされていたようなのだが、民進党内ではそれは問題の解決の参考にはならないのだろうか?
 『公人が二重国籍を疑われる場合、 政府が国籍を確認しないのは職務怠慢であり、 国籍法16条に基づき日本国籍を剥奪するべきだ』
 との主張を明確に述べておられる。民進党は、こういう意見を参考にして考えることがないのだろうか?
 
 また。蓮舫代表が公開した資料について新たな疑いが発生したという話もある。蓮舫夫妻は共に日本国藉を持っているということになったと思っておられ、夫である村田氏は元から日本国籍保持者である。で、なぜ?
 彼等の子供がシナ帝国の国籍を選択できる権利の発生があるのか?
 これが、何か狐につままれたような話になってしまうのだが、ネットの掲示板でもこれを明確に説明するには根拠が不明過ぎるという事になっているようだ。で、 そこから、推測の話になり。実は3重国籍なのか? と疑う意見が出てきています。
 子供さんのシナ帝国の国籍取得の原因となるものを説明するためには、整合性が取れないという事のようである。
 
 
それはともかく、昨日の会見ではっきりしたことは『経歴の詐称』である。これは、ネットにある選挙公報の魚拓で、はっきり確認が取れました。
 
『1985年台湾籍から帰化』

 選挙公報に、はっきり書かれています。拝見しました。
 重要な事実の確認もせずに掲載した一文ですね。大嘘です。この魚拓のみで彼女は政治生命の終了ですね。議員辞職しかありません。そして、当然、これまで受領してきた歳費その他一切の税金が原資となる金員の返還ですね。
 豪州の重国籍上院議員の場合は議員としての収入になった金員の返還を約束させられるのではないかという憶測があるようだ。無資格なのに議員収入を得ていたことになると言われています。
 同じ論理はこちらにも働きますね。

 それはともかく、最初に参議院議員選挙に立候補する前に、入念な調査をしなかったという事になり、それは旧民主党の責任なのか立候補した本人の責任なのかという問題がありますね。台湾国籍のまま立候補できると思っていたのであれば、失念していたではすみませんね。意図的に企んだという疑いになります。1984年に台湾政府発行のパスポートが失効していたという事実も昨日、明らかにされたようです。『1985年台湾籍から帰化』がどこから飛び出したのか?
 これは、選挙ドットコムという名前のサイトに記事が残っています。2016年の9月です。そこで本人はどう答えているのかと云えば
『――「過去の選挙広報で「帰化」という言葉を使っていたこともありましたが、厳密に言うと、帰化は成人の場合にのみ使うので、正しくは国籍取得ですね。
広い意味で国籍取得も帰化も同じように日本人になったことを指すと思って使っていたのであり、他意はありません。」これを言って、1985年に蓮舫議員が日本国籍を取得したことを証明する書類も公開されていますので、「1985年、日本国籍を取得」と書いておけば公選法上の問題はなかったと思われます。 』と記事は結んでいます。ちょっと待った!!ですね。

 1985年に日本国籍を取得した証明書? なんだこれ?

 今(2017年6月時点)問題になっている台湾からの国籍離脱が完了されていないのに日本国政府は1985年に日本国籍を与えたという証明書を発行していたのか?

 なんか、蓮舫氏にあっては、過去のインタビュー記事というのはウソのてんこ盛りではありませんか?
 「日本国籍取得証明書」はページには掲載されていませんね。偽の書類の可能性がありますね。
 そう云えば池田信夫氏は、蓮舫氏が公表した台湾政府発行の書類は嘘くさーいと疑念を表明しています。有印公文書偽造を何度も行っている可能性があるような印象を受けますね。

 日本国の国籍を宣言したのが、昨年の10月ですね。(昨日の資料の日付け)選挙ドットコムの記事掲載は昨年の9月9日です。この短い期間の間にも嘘をついていたのかという疑いがありますね。しかも、経歴詐称を誤魔化そうとしています。ネット掲示板には時系列で疑問点を書いておられる人がいます。蓮舫氏の弁明には小道具になる書類が何時も用意されています。そして、それを疑うのは実に簡単なので困ると書いておられますね。
 鑑定されることはないと見込んで公表しているのではありませんか?

 希代の詐欺師と呼ばれるのは時間の問題かもわかりませんね。

 
 

投稿: 旗 | 2017年7月19日 (水) 23時38分

何かありましたら会社を通してご連絡ください。ご迷惑おかけしています。余裕がなく申し訳ございません。

投稿: 中年鉄道ファン | 2017年7月20日 (木) 00時34分

嘉手納基地の周りは喧嘩や暴走族も多く来る。夜腹が減ったのでコンビニに行く途中、暴走族が長い棒を持ちながら交差点を封鎖して花火を上げていた。その周りには警察車両が待機していて四方八方パトカーを停めていた。暴走族は交差点をグルグル回り、注目を集める事で爆音を鳴らし自己陶酔に浸っている。夜中の3時過ぎだから寝ている人もいるだろうが天気が良くなったりすると暴走族が出て来るのは毎年行事である。彼らは注目を集める為や動画を撮り警察に挑発する事で自らの存在感を高め、自慢する事だろう。ガソリンを撒き散らし、交通違反を繰り返し後で免許取り消しになるかもしれないが注目を集めたくて仕方が無いのだろう。若者が権力に楯突くと言うのは分るし誰でも通る道である。他人の迷惑を考える余裕は無いだろうがそれは道路を勝手に封鎖する左翼運動家も同じ事だ。自己主張が強過ぎて他人に迷惑がかかっている事を全く考えられないで自らは正しいと思っている。コンビニで買った食べ物を食べながら警察がどう動くのか見物していたが映像に映すので映りたくなければ移動して下さいというのでその場を離れた。家は歩いて直ぐなので帰ったが免停や取り消しをされてまでしたいと思う行為ではない。そういう私も十代の頃、12点減点を喰らった事があるがその後は改めて、大きな違反はしていない。昔は死ぬならバイクの事故だろうと思っていたがNYに行き、帰ったらおじさんになったおかげで死なずに済んだ。バイクは今でも乗るが嘗てのスピード狂は失せていた。最近ではゆっくり走る楽しみも分る。警察に捕まり免停を喰らったのは痛かったが命が助けられたと思い、今では感謝しているがあの子達にもそういう機会が訪れる事を祈っている。住民としては迷惑だが彼らも寂しいのだろう。自己満足も良いが基地反対派も含め悔い改めを願っている。

投稿: 忍者 | 2017年7月20日 (木) 03時52分

まだですか?まだ自民党にいらっしゃるおつもりですか?
分かりました。
安倍総理への閉会中審査後に、元大臣として、もう一度後ろから撃つ為ですね。
卑怯者らしい考え・やり口ですね。
早く前原と合流して下さいね。
貴方は、民進党とTBSがお似合いなんですから…。


投稿: 吉法師 | 2017年7月20日 (木) 07時35分

   ≪あらら その6≫
毎日【山本幸三、認定2カ月前に加計学園「四国に新設」https://goo.gl/7s4AMy 】
⇒あらら。あらら。このコーゾーさん、予て下働きの猿だったのに、俄かにスキャンダル舞台の中央にご登場ですね。猿界にはないが、人間界には教訓「嘘は泥棒の始まり」がある。「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」と云う広深永な戒めもある。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月20日 (木) 08時13分

石破さんが獣医師会から政治献金受けてたのは事実ですか?
そのお礼に獣医学部新設が厳しい石破4条件だしたのですか?

投稿: 西尾卓 | 2017年7月20日 (木) 13時06分

   鳥取には隼駅という所がある様で某バイクの隼乗り巡礼地となっているようだ。電車乗りなら幸福駅や津駅は誰でも知っていると思うがバイク乗りで隼を知らない人はいない。バブル期はバイク乗りが爆音や暴走行為で社会でも迷惑な印象だっただろうが駐輪場規制によりバイクの売り上げは減る一方である。しかしバイク乗りは様々な町起こしや観光にも貢献している。バイク乗りの巡礼地と言えば浜松や鈴鹿サーキッドであり、8時間耐久は夏の風物詩でもあり、海外でも人気がある。そして昔からバイク乗りは北海道の旅に行く流れが出来ており、何時かは夢の北海道と地方創生とか言われるよりも前からずっと宣伝している。彼らの行く飯屋は安くて旨い事が多く、人気がある。好きでやっている連中と言うのは一時的なブームでは終わらないし、継続的に増えていく所がある。スタバはないけど砂場はある。というのはブームだがコーヒー消費が多いのは県民性である。ブームで終わられない為にはリピーターが増えて行く様な仕掛けが必要だ。すぐには行けないが何時かは行くぞという物が必要である。ゲゲゲの鬼太郎は見たいとは思わないが砂丘と砂で作った展示物がある美術館や隼駅は見たいと思う。沖縄から鳥取は行けない距離ではないので他県と併せて行ければ面白い。

投稿: 忍者 | 2017年7月20日 (木) 13時41分

朝日や毎日という腐れ新聞、TV朝日やTBSという腐れ放送局が推す貴方なら、民進党でも大丈夫。
立派に存在感を発揮されるでしょう。野党のまま…ですが。
自民党が朝日や毎日に叩かれても、貴方が心配をする必要はありませんよ。お仲間の貴方が心配する訳はないですけど…。
早く前原のもとへ行ってあげて下さいよ。待ちくたびれていますよ。


投稿: 吉法師 | 2017年7月20日 (木) 16時07分

先生こんばんわ。毎日政権を非難するマスゴミの報道が続いて嫌になります。自分は今の政権は以前の民進党よりは遥かに良い仕事してますよ。原発事故の責任、中国漁船の無罪放免をしたバカ民進党、それをカバーするマスゴミの方が非難されても良いのに何も非難しない。まして中国の思想家を弾圧してるしてる共産党に対して何もだんまりしてる情けない今の政党のほうが危険です。特に共産党、民進党はクソですね。マスゴミは不安を煽って国民を不幸にしてる気がします。「こんな人とは」本当に日本を愛してる人では無い連中、日本を傷つける組織の事を言ってるのにバカマスゴミはそれを隠して「あなた方普通の一般市民の事を言ってますよ」的な報道をしてます。これが印象操作と偏向報道だと思います!これは危険では無いでしょうか?石破先生や他の先生方はこの様な報道に惑わされては行けませんし、
自民党を支え無いと行けません。個人的にはまた防衛大臣になって頂けると助かります。

投稿: 戦艦アイオワ | 2017年7月20日 (木) 21時38分

【民進党の国会議員に期待することは何もない】

 旧民主党の頃より、特異な性格が民進党の国会議員にはある。党首の問題点が発覚しても沈黙、若しくは庇う事しかないために、改善が何も期待できないという体質である。

 旧くは鳩山由紀夫が故人から政治献金を受けとっていた問題及び脱税の発覚、事前の根回し、研究などの裏付け調査もなしに国連総会で突然根拠も示さず温暖化ガス25%削減をぶち上げた時等々、党首の伝統ともいえる独善的な無茶苦茶な言動を責めることができないという深刻な欠陥を晒していた。
 今回も言ってみれば法律違反など無縁の真面目だけが取り柄の前党首を『つまらない男』とこき降ろしていた人が、実は法に対する認識も常識すらない、つまらない女であったという事なのだ。

 漸く国民が怪しいと思っていた重国籍がばれた。しかし、所属議員は党首を擁護するような発言しかできないようだ。民進党国会議員の記事をみることになった。彼等はこれでいいと思っているのだろう。間違いを糺すことが出来なかったから信頼を失ったという認識はないという事だ。

原口議員の発言
 『18日の会見について原口氏は「国籍選択の宣言が去年10月7日に行われたというのがわかった。それだけ」と述べ、「二つの意味で満足していない」という。一つ目は全体の前で戸籍で証明しようとした点で「本人にもそういうやり方はやめてくれと、第三者委員会を作って弁護士とかそういう中で、公正性とか信頼を担保する中でやるべきだとアドバイスした」。二つ目は、会見をしたのが本人だったという点で「本人が会見をしてしまったために、第三者性というものが担保できなくなってしまった。私としては残念だった」とした。』
 
 これは、重国籍のまま民主党の選挙対策執行部は彼女を公認していたという重大な失態があるのに、そこには一切触れることがない。そして、党の代表に選んでしまったという事についての反省もない。自分達には自浄能力を期待するなと言っているようですらある。そして問題の中身を擦りかえるような発言も行っている。原口氏はこれに続いて
『さらに「戸籍による差別と闘ってきた方がいる。僕らは人権の党。僕らも闘ってきた。それを1ミリでも後退させてはいけないというが僕の考え」と自身の考えを明かした。』

 こういう問題ではないのに、問題の中身をすり替えようとする姿勢を強調する。
 
 小西議員の発言もある。
『小西議員は「代表なりに今回なぜわざわざ記者会見を開いて説明するかに至った理由を話していたが、野党第一党として自分の説明責任を果たさなければいけないという考えの中で、総合的な判断でされたんだと思う」と指摘、「二重国籍に関しては真正面から蓮舫さんは答えた」としながらも、「戸籍は人権問題や社会の中で守らなくてはいけない色々な価値に関わるもの。戸籍という物証を出すのではなく、弁護士などの第三者に『10月7日に台湾国籍を外したということを蓮舫氏が言っていることを認める』などと言ってもらうやり方があったのではないか」と話した。』

 彼等の党首の不始末を庇うという事から逃れることができないようになっているのだろうか? 重国籍議員がいたことについての認識も明らかにしていませんね。どこが『真正面から答えた』等々と持ち上げるような話になってしまうのだ? 党の評判を落としたのではないのか?

 鳩山がいた時と同じままではないか。学習能力がないとはこういうことを指す。

 外国人であったという事が知られていた人物を公認するには、やはり日本国籍を持っていて、かつ母国の国籍を離脱していることが条件にならないと可笑しいわけで、それを『党公認』にするための書類審査等々をしてこなかったのかという疑いがある。本人の言葉だけで『党公認』を出したというなら、それを国民に知らせる必要がありますね。

『本人の言葉は100%疑うという事をしない政党なんだ。書類審査はありませんよ。』

 党是として、そう云う方針なのか?

民進党は坂道を転がり落ちる事に快感を感じている異常者集団のようだ。信頼を裏切ることに拘りを持っているようにも見える。

 ダメな議員を党首にするのが伝統のようだ。これでは、誰も相手にしなくなる。

 愚かな人々である。

投稿: 旗 | 2017年7月21日 (金) 01時05分

【反日メデアが焚き付けた『行政の歪み』とはなんなのか? 我々は未だそれを確認できないままである】

 『行政の歪み』があると騒いでいるようだ、総収賄事件でもあって、利権に絡む犯罪的な立場の人が行政当局から利益の提供を受けたのかと誤解する様な疑獄事件の発覚がそこにあったと思わせて、この半年近く訳も解らない無能が取り柄の民進党国会議員を動員させて、大騒ぎを演じている。北朝鮮のミサイルとかには関心を向けさせない狙いがあるようだと思ってしまいますね。安全保障問題は民進党にあっては鬼門なのは既に知られた事実である。

 で、『行政の歪み』の証拠はあったのか?
 そして、それは政権に向けて、これまで行ってきた政権批判とどう異なるのか?
 政治家による贈収賄事件の様な犯罪の容疑が、立証されることなのか?
 反日メデアは大騒ぎする中身を記事にしているようだが、書かれた内容は伝聞の伝聞であり、証拠もないに等しい。憶測と云うか妄想だけを異常に膨らませた内容になっている。そこには事実がない。

 それをいつまでもやっているという印象を受けます。
 我が国のマスゴミは既に国民の信頼がない。更なる信頼の低下に向けて驀進中である。
 我が国の政治的な安定は最近になって漸く実ったという理解がある。国民の支持を安定的に受けていたので、それが内部には傲慢のタネを植え込むような事になってしまっていた処があるようだ。それを批判したいのだろう。その根底にあるのは嫉妬心である。
 しかし、政権を転覆させて他の政党に交代してもらうという妄想まで考える国民はほぼないと思う。民進党は、はっきり言うが懲り懲りである。
 党首の資格というか国会議員の資格問題さえ、自身の力で解決する能力もない。落第である。他は押して知るべきだ。

 反日メデアの狙いはシナ帝国と韓国北朝鮮に寄せる関心が強いので彼等の利益にかなう事がしたいのだ。彼等の利益を優先することが目的になっているから反日なのだとも言えますね。実に解りやすい。
 国民の多くは冷めた目で見ている。反日メデアを何とかしないと危険であると・・・。

 『行政の歪み』とは、なにか?
 騒ぐだけ騒げば何もなかったように放り出すつもりだろう。そのように見えて仕方がない、でっち上げを犯罪的に行うメデアは危険である。
 民進党代表の記者会見の翌日、反日の毎日と反日の朝日及び反日のNHKを始めとする在京テレビ局は重国籍を白状した国会議員の経歴詐称を明確に報道として取り上げなかった。情報番組なども相手にするところは皆無であった。経歴詐称は国会議員にあっては議員資格を問う重要な問題である。なのに、国民に向けた啓蒙を行わない。やる気がないのだ。それで、国民の多くは納得したのだろう。彼等は反日なのだ。民進党は経歴詐称の常習犯的な政党である。しかし、庇いたいというのがバレバレである。

 放送免許の剥奪を在京テレビ局全部に拡大したほうがいいのではないか? 反日メデアは我が国には必要ではありません。はっきり声を挙げないといけませんね。

投稿: 旗 | 2017年7月21日 (金) 02時13分

【自衛隊の日報問題について】

 メデアが南スーダンで展開している自衛隊のPKO部隊の日々を記す日報の扱いを最初に記事にしたのはロイターのようだ。我が国の反日メデアで有名な反日の毎日や反日の朝日ではない。反日のメデアがこの日報について飛びつくように取材をするのは随分経ってからの話である。
ロイターは昨年の12月に記事にしている。それを私は今年になって、ここで記した。
その内容は
 『ロイターの12月24日の記事。
 『南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊が作成した、日々の活動状況を記録した日報が廃棄されていたことが24日、防衛省への取材で分かった。7月に現地で大規模衝突が発生した際の記録もなく、事後検証が困難になる恐れがある。
 同省幹部によると、南スーダンPKOは現在11次隊が活動しているが、過去の派遣隊すべての日報が残っていないという。PKO関連文書の保存期間基準は3年間と内規で定められているが、「随時発生し、短期に目的を終えるもの」などは廃棄できる。
 防衛省統合幕僚監部の担当者は「上官には報告しており、使用目的を終えた」と説明。』

 ロイターは、「防衛省の取材で分かった」と書いているが、内容から推定すると防衛省内部からのリークがあったのではないかと思ってしまいますね。それまで、日報とかに興味を示して記事にするという事もなく、ロイターが我が国の自衛隊に取材をするという事も考えてみれば異例な扱いのような印象を受けます。そして、ここで、『日報の破棄』の話が唐突に飛び出します。どう考えてみてもリークがあったのではないかと思ってしまいますね。リークをした人も反日メデアを呼ばないでまともなロイターを呼んだのは、何かそこにある意図が感じられます。内規にかかる話まで説明をしている処も注目されますね。

 それはともかく、これをリークした人やロイターの記者などの意図する事は国民に向けて警鐘したいという目的があるように見えますね。それから半年たって、やはり思ったように、大きな問題に発展してしまいました。その後,暫らくして、破棄されていなかったという新たな事実が発覚し、別の部署で保管されていたというような発掘作業とかもあってややこしくなってきます。今では、防衛大臣の隠蔽工作の容疑が記事になっていますね。それは昨日の時事通信にありました。
 日報の破棄 という内部既定の変更は何時から始まったものなのか不明ですね。そして誰が中心になってそれを決定したのか? それを追求することが、問題の解決に近づくのではないかと思ってしまいます。
 
 こういう問題が登場する背景にあるのは、我が国の政府部内には、反日勢力から派遣されたスパイのような人が既に各方面に点在いていると思います。そこが、重要な問題ではないかと思いますね。そういう人の暗躍の果てに、こういう不祥事の発覚が起きるという事と無縁ではないと思います。

 外務省や防衛省国土交通省経済産業省財務省文部科学省等々はスパイの巣窟になっていると思いますね。手遅れなのかもわかりません。残念なことだ。

投稿: 旗 | 2017年7月21日 (金) 03時38分

鳩山元総理が二重国籍問題で最初に嘘をついてしまった。事実が分かると嘘を糊塗し、嘘を繰り返さなければいけなくなる。なぜか冷静な分析が他人になると出来るが逆に彼は正直に全部言ってしまい他人に感情移入する。ある意味真逆の性格なのだろう。与党を批判するだけで生産性が無い。確かにその通りである。マニフェストに関しても自民党との違いを示し、こういう日本を作りたいと言えば良いというのもその通りである。しかしそれが出来なかった。そして彼が日本の真の独立を目指すなら他国から守られる軍隊ではなく、県外移設と言ったという。彼の意図は全く伝わらなかったし、現実的なヴィジョンで言った訳ではないのは分かっている。それよりも総理を辞めた後は発言に注意すべきだと言っていた本人が繊細な問題に何時も口を出してくるのはどういう感情や意図があるのだろうか?二人とも性格的には真逆であるしスタンスも全く違うのに結局の所、出来ないあんたに言われたくない!言った事の逆をやれば全て上手くいくという共産バラドックスに陥っている。つまり共産党の全て逆を言えば真実であり、全て逆をやれば現実に上手くいくという事だ。

投稿: 忍者 | 2017年7月21日 (金) 06時01分

  ≪経済を知らない“経済紙”≫
日経2K【上がらぬ物価、日銀どう動く リフレ派3氏に聞く
https://goo.gl/KZFu26 】
お頭が劣化したご老人浜田宏一が提案し、人間知性がコンマ未満、即ち猿並みの理解力しかない安倍晋三が強要し、経済の複雑さも金融が万能ではないことも熟知している黒田さんが多少の抵抗は示したが強姦されて実行して4年余り、そのリフレ政策について、今更リフレ派に♪次の一手♪を聞いて、日経はなにか意味のあることを期待しているらしい(嗤)。
安倍晋三神輿の担ぎ手としては、3Kに続いて、2Kが無駄骨を折っているw。哀れなる哉、経済を知らずに“経済紙”を名乗る君。
思考停止した歪メディアの君。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月21日 (金) 08時06分

   再び≪日本のSoftPower≫
TheGuardian: Macron helps France become “World Leader in Soft Power”, survey finds https://goo.gl/wQiAum 
(一次情報:Portland Communications https://goo.gl/5hFk4C 
就中、日本6位 https://goo.gl/tkTWPQ 私も間違えましたが、項目別の数字はランキングです。スコアではありませんw)
まあ、この種の調査は往々にして、三現主義(現場現実現物)を蔑ろにして、算術的に評価を決める傾向が強い。特に複雑に入り組み様々な要素で構成されるSoftPowerの調査では、その結論を歪め兼ねない。然りながら、未だ成熟も浸透も足りないSoftPowerを、更に成熟させ、世界に浸透させるためにも好い機会ではあるだろう。

日本は6位。平和憲法改悪を目論む“政治”が、相応の評価を得た他項目に対して、総合評価の足を力強く(乱暴に?w)引っ張っている。今更乍ら、日本の政治にはSoftPowerの片隅にもない。
そもそも、日本の平和憲法の精神は、世界に唯一のSoftPowerだろう。七十数年と云う短い歴史だとしても、国民の間で強く共感されている面がある。社会的にも♪お・も・て・な・し精神♪や、この調査も指摘している日本食などその崇高さと社会浸透ぶりの基準で測れば、日本は本来、♪SoftPower大国♪と呼ぶに相応しいと考えます。その特質に気付かない国民が多いのが勿体ないと。

(蛇の足)愚者の浅学を曝しますが、今までDigital Diplomacy https://goo.gl/VTxgnN と云う言葉も概念を知らなかったのですが、言葉は区々あっても言葉遊びとは言わないが、共通するその概念は此の調査で強調されているほど広深永で深遠なものなのか?と云う疑問が残ります。比較するのは間違いですがw、その言葉エネルギーをSoftPowerやSmartPowerを深掘りすることに使えば、人類のレベルで余程に建設的な成果を紡ぎ出すだろうに‥(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年7月21日 (金) 09時02分

今日報問題に関して
ネットでは自衛隊に対する批判が
湧き上がっているが

これは違憲行為の内部告発であって
軍の暴走などではない

今の乱れは
明らかに文民の責任なのに
命懸けで働いている自衛隊を責めるとは
いったい何という情けなさなのか

私は
全ての責任は文民にあり
と思っています

石破さんのご意見を
お聞かせ下さい

投稿: 1005 | 2017年7月21日 (金) 09時32分

「負けに不思議の負けなし」ですが、負けとは何でしょうか。
現在の政治システムでは、選挙での勝ち負けにのみスポットが当たり、どうも本質的にずれているように感じます。

党の要におられる立場を考えれば、党員が一人でも多く国民から選ばれることが大切だと思われるでしょうが、私には試験に合格するための点数の取り方の話をされているように見えます。

政治理念が国民に認められないことで負けたと感じるのであればいいのですが、そう受けとってもいないようです。
現実には政策や理念ではない別の場所で勝負が決まっていて、。
だから、政策を変えるようなことはない。

これは投票する側の意識の問題でもあり、それがどれだけ問題なのかを教育してこなかったツケでもあります。
長年与党である自民党の責任でもあると思います。
国民の声を聴く選挙であるならば、選挙の勝敗よりも、政策が選挙の争点となるような広報、教育こそがまず必要じゃないでしょうか。

選挙に負けた原因。
それが政策でないことこそが一番の問題だと思うのです。

投稿: 向井靖雅 | 2017年7月21日 (金) 17時00分

ま~た、直接言わずにマスコミに向かってモノ申す…ですか?安倍総理から面会拒否でもされているのですか?
で『国民が見ている』ですか?何のアピールでしょう。
貴方と前原との行動も見られているのですよ。
本当に口先だけは上手い方ですね。


投稿: 吉法師 | 2017年7月21日 (金) 18時28分

産経のお陰で、すんなりと離党できますね。
で、何をムキになって怒っておられるのですか?図星だからですか?それとも、怒ったフリですか?
味方を背後から撃つ名手も、防御はイマイチなんですね。
小沢もオリーブがどうとか、菅直人も解党がどうとか、前原も含め外国人から献金を受けていた疑惑の輩ばかりから、お呼びが掛かっているようですね。
お似合いですよ。不正献金や野党が…。

投稿: 吉法師 | 2017年7月22日 (土) 15時28分

少子化は、子供が嫌いな大人が多い、政策が変わるので、安心安定した生活の維持が見込めず不安が多いなど。
子供を連れて出歩く事を悪とする風習がそもぞおかしい。子供はうるさいというが、子供が静かだと病気です。出歩くことを許されない軟禁のような生活を強いられるのは酷。大体、子供不可な施設が問題。うるさくってもいいじゃん。全部取っ払って、逆に大人限定の店には、別途税金を掛けるべき。税金払ってまで大人のみの店に集まりたいなら、子供ツレも納得。公共の場は、あくまで子供を含む公の場。勘違いしてる馬鹿な大人、老人の概念を変えない限り、子育てを楽しめない母親が兄弟を作る事にも難色。保育園反対とか、地域の住民頭おかしい。うるさいって言うけど、時期にぼけて自分らが徘徊して周りからの助けを要することになるくせに。助け合って生きてる。子供の声をうるさい、と感じるのは病気。政策は、結局子供を増やす考えが感じられない。子供を産めば産むほど、税金緩和、もしくは奨励金もらってもいい。そして、自治体が関与しまくって、子供の生存、虐待等の有無を確認。宝を減らしたら意味ない。子供は宝、この概念を根付かせないと。日本人がいなくなる。絶滅危惧種。自分らの懐勘定ばかりで、吐き気がする。子供がいることがいいこととして、いないから責めるのではなく。安倍君は、子供がいないから、少子化問題は解決できない。今、一円のお金を貰っても、意味がない。子供がいる家庭を、大事にしていかないと。
絶滅するの分かってて何もしないのは、本当の脳タリン。一番ここに力を入れて欲しい。

投稿: あき | 2017年7月23日 (日) 10時17分

石破さん、言いたいことあるのに全部は言えない歯がゆいのだろうと心中お察しします
石破さんの上にいて良い人間でない方がいるから自民党や石破さんの同志を守る観点から我慢してるのを見ていて辛いです
安倍さんはやはり岸さんに似てますね戦前戦後にした時と同じ
あの海事と同じ、表には出てませんが石破さんなら知ってますよね
私はそのメンバーの身内でいろいろ受け継いだので知ってましたが、また過去の過ちのようにしないよう石破さん変えるなら今しかないと思います、応援してます尊敬してます

投稿: よっちゃん | 2017年7月24日 (月) 14時00分

【自衛隊の日報隠蔽偽装問題】

 この日報を扱う問題について今もよく解らない話が7月の初めに断片的に記事になったことがあるようだ。
 それは、どういう立場で発行された雑誌なのかよく知らないが、『選択』という雑誌にその記事があり、幹部自衛官の暗躍の果てに日報の内規が勝手に改ざんされたという事情を伝えている。
 その話の中身は今、自衛隊の監察官が調査しているらしい。
 ネット掲示板では先週話題になっており、クーデターの勃発と見る人がいるようだ。
 陸上自衛隊には、旧陸軍にいたような変な将軍が現れることがあるのだろうか?
 戦後生まれの自衛官は旧軍の伝統の様な考え方を持たない人々の集団と思っていました。

 まあ、例外があったのかもわかりません。空挺団の幹部をやっていた経験もある人らしい。どういう考えを持って大臣を陥れるようなリークをしたのか? 謎ですね。

 これで、ひょっとすると、憲法第9条の改正は潰されるかもわかりませんね。

 万死に値する反逆ですね。

投稿: 旗 | 2017年7月24日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65534563

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の課題など:

« 議員生活32年目など | トップページ | 水産庁漁業取締船など »