« 内閣人事局制度など | トップページ | 長島忠美先生ご逝去など »

2017年8月10日 (木)

お初盆参りなど

 石破 茂 です。

 この週末は、先週末に引き続いて、地元のお初盆のお宅に伺う予定にしております。
 先週末は鳥取県地方も最高気温が38度という酷暑で、夕方になっても少しも涼しくならず、あちこちの夏祭りのはしごはなかなかに辛かったのですが、久方ぶりの地元の方々との語らいは、やはりとても楽しいものでした。SPさんも県警の警備も付かないカジュアルな雰囲気の中で、じっくりと地元の方々のお話を聞ける機会も多く、とても有難く思いました。
 そんな中で、多くの方々が我々自民党の政治姿勢に対してかなりの違和感を抱いておられることも強く感じました。これを等閑視することなく、政治に反映させ、よりよい自民党をつくらねばなりません。「野に遺賢なし」と言いますが、「野に多くの賢あり」なのだと思ったことでした。

 意見がきちんと述べられることはどの組織にとっても大変重要なことなのですが、メディアのあり方にも今、大きな疑問が投げかけられているのだと思います。いわゆる既存権力の側も細心の注意を払わなければならない一方で、メディアの側も誰に何を伝えなければならないかを常に自問して取材し報道してほしいと思わざるを得ません。

 今週触れた本の中で、「軍法会議のない『軍隊』」(霞信彦著・慶應義塾大学出版会)は、この分野では今まであまり纏まった論考がなかっただけに、とても有益なものだと思いました。感情論に流されない記述はとても示唆に富んでいます。「戦争の大問題」(丹羽宇一郎著・東洋経済新報社)も、是非ともお盆の間に読了したく思っております。

 18日の本欄の更新は、当日朝より茨城県知事選挙の応援(午前9時より坂東市内)や、大阪での関西テレビ出演などがありますため、お休みとさせて頂きますが、何卒ご容赦くださいませ。

 11日金曜日(山の日)に「深層ニュース」(午後10時・BS日テレ・収録)、18日金曜日に「みんなのニュース 報道ランナー」(午後4時半・関西テレビ)、19日土曜日に「胸いっぱいサミット2時間スペシャル」(正午・関西テレビ)、20日日曜日に「時事放談」(午前6時・TBS系列・収録)に出演予定です。

 各地で酷暑が続くようです。皆様、お元気でお過ごしくださいませ。


Photo_5
「深層ニュース」の収録の様子です。


|

« 内閣人事局制度など | トップページ | 長島忠美先生ご逝去など »

コメント

お疲れ様です

投稿: mr | 2017年8月10日 (木) 20時40分

【 史上 稀にみる国家 】

在韓米軍の家族の 退避訓練も繰り返され、

北朝鮮情勢が これだけヒートアップしてるにも 拘らず、


国会では、日報問題を延々と やってますね


今の日本国というのは、史上 稀にみる国家ですな

一般市民が、自分たちにできる主体的なことは 何も無い。 との割り切りから、日常生活に没頭するのは 分かるとして、

政治家が それでは 政治家たる沽券に 拘るでしょうな

せっかくのお盆の時期、郷里でゆっくり過ごすのは 大事なことです。

北朝鮮の出方次第では、米国の思惑次第では


朝鮮半島、日本国にも 戦火が飛んでくるでしょう。

戦場にならないことを 祈るばかりです。

郷土を戦火にさらすことを前提とする 専守防衛には 断固反対です。

国内のテロも 程度の差はあれ、心配ですね

金王朝 崩壊後の 北東アジア情勢の青写真を、

米政府は どのように描いているのでしょうか。


--

ともあれ、日米が 有事の際、どこまでの対応ができるのか?


今回の半島有事を通して、


チャイナ共産党は 見定めにくるでしょう。

それは、尖閣有事、沖縄有事の際


日米が どこまで対応できるのか? に通じるからです。

投稿: ぴっぽー | 2017年8月10日 (木) 20時50分

石破先生いつもお疲れ様です 

昨今のメディアのありかたについて、私も非常に疑問を持っていますが、最近の報道と防衛省自衛隊の関係についてぜひ石破先生のお考えを知りたくここに私の疑問を書きます。
 
このところ、防衛省自衛隊からマスコミへの「リーク」が稲田防衛大臣を退陣に追い込む流れがありました。
 
稲田防衛大臣への評価やリーク情報の内容の正確さとは関係なく、防衛省自衛隊職員のマスコミへの情報リークはそれじたいが政治活動と言わざるを得ません。率直に申し上げて私個人は稲田大臣ではダメだと思っていたので、防衛省自衛隊職員が情報をリークする気持ちはわかりました。しかしそれは結果的に防衛省自衛隊職員による政治活動であるという、その一点において絶対に容認できないことだと思います。
 
戦前、徹底して日独同盟を拒否していた米内内閣から陸軍大臣を引かせることによって内閣を潰し、日本にドイツとの同盟を結ばせたのは当時の陸軍省勤務の中堅将校達でした。それがどのような結果につながったか…それをふまえて自戒のうえに作られたはずの防衛省自衛隊の職員が当時の中堅将校と同じことをやっている。マスコミを使って政治活動をやっている。 
 
これまでずっと私は改憲主義者でしたが、この防衛省自衛隊のありさまを見て、憲法改正など絶対にありえない、100年早いと考えを変えざるを得ませんでした。非常に悔しいです。
 
防衛省自衛隊の職員からのマスコミへの情報リークは事実上そのまま、防衛省自衛隊の政治活動になります。そして、防衛省自衛隊が政治活動を行うようでは憲法改正などありえない。このことについて石破先生はどう考えておられるんでしょうか。
 

投稿: わ | 2017年8月10日 (木) 22時09分

初めまして、ブログ記事とは関係ないかもしれませんが、私は石破さんとは同じ年です。個人的には次の総理になってほしいとおもっています。
そして特に今の日本の政治家には韓国や中国に対してはっきりものを言ってほしいですね。慰安婦像の問題も言いたい放題、中国人の北海道の土地買、領土問題等、何かあっても遺憾だけのコメントにあきれます。
もっと厳しくはっきりと言って欲しいと思います。なめられすぎですよ。特に慰安婦像に関しては日本の歴史的事実を世界に向けてちゃんと発信してほしいと思います。もう言いたい放題やりたい放題の韓国に怒りを覚える国民は少なくないと思います。是非に石破さんに期待しておりますのでお願いします。

投稿: 宮久保忠広 | 2017年8月11日 (金) 01時22分

前略
  ≪河野太郎外務大臣殿≫
朝日【小野寺防衛相、武力行使の可能性、異例の示唆 「存立危機事態」https://goo.gl/HN1JYs 】
この手の論点なら、≪仮定の話≫にも乗って来るんだね‥戦争が好きなんだよねえ‥と云う皮肉を言うのは、然て措くとして‥:
国家の安全を保障するためと云う経世済民の目的では、相手が北朝鮮であれ何処であれ金正恩将軍様であれ誰であれ、軍事HardPowerしか手段を持たない国防論だけが突出するのは絶対的に間違いだ。SoftPowerを武器に戦う外交こそが国会論議を主導するべきなのだ。此奴らは政府も与党も野党も、今が21世紀ではなく18-19世紀だと勘違いしているのではないか?
河野太郎外務大臣殿!何しているの?「俺を抜きにして勝手に話を進めるな!!」程度のことは言うべきだろう!SoftPowerの外交を蔑ろにする狭浅短な国会の現状に、怒りを露わにするべきだろ!ったく!

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月11日 (金) 08時45分

   ≪流れを起こし奔流とするには‥≫
時事通信【次期首相トップに石破氏、安倍総裁3選に反対51% https://goo.gl/U8VpMN 
石破さんの広深永さや素晴らしさは然て措いても、漸く世間が安倍晋三の≪思想的歪み≫や≪己の”無知に無知≫であり無恥だという実相に気付き始めた‥ということ。
‥なのだが、国民レベルでこの数%の僅かな差では、国会での安倍自民党一強は崩れても、肝心の自民党での安倍Monkey一強は崩せない。即ち、安倍に屈膝した自民党議員に次回選挙での♪♪落選の恐怖♪♪に震え上がらせるには全然足りない。彼らをして、己の無様を思い知らせ、震え上がらせなければコトは成らない。
安倍Monkeyを権力の座から引き摺り下ろすには、有権者であり貴重な一票を持ちながらも、政治的に思考停止(“無関心、諦めなど”を含む)している庶民大衆をはっきりと覚醒させることが欠かせない。

その流れが強くなると、安倍Monkeyはこの種の世論調査の実施に政治権力の圧力を掛け、止めさせるべく邪魔するだろうが‥、
庶民大衆が覚醒し「市民」の域に成長してれば、そんな邪魔や容喙を跳ね返せるんだが‥、それはそのまま、「一票の不平等」を緩和することになり、民主主義の大前提を満たすための一歩になるのだが‥、どうなか?

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月11日 (金) 09時19分

石破様 日頃の活動に注目していますが、どうも党内で反りが噛み合わない様にマスコミ等の声から聞こえて来ます、そこで私は思うのですが、日本 ???? スト とか言う 会に参加されたら如何でしょうか、今の石破様でしたら、もっと国民の支持が得られると思います。

投稿: かさはらつとむ | 2017年8月11日 (金) 10時06分

メディアに浄化作用が全く無いと信じている者としては新聞の定期購買やテレビ受信を止めた人も数多くいるのでは無いでしょうか?プライメリーバランスが必要かどうか別にしても個人的に無駄な支出は省くのは当たり前であり、その対象として通信費や定期物見直しをしても何の間違いも無い。政治も含め余り全ての事に考えを巡らし、精査、選別を正確にやった訳ではないが感覚的に上下左右、古今東西と一通り目を通したり、経験した事も含め仕分けが必要になって来ている。多分、国民の中にはメディアが必要な批判も出来ない機関、そして文科省や外務省の一部でもそういう動きが見える中、国民が声を上げ始めたのだろうと思っている。佐藤副外務大臣がグアムと小笠原諸島は非常に近いがレーダーの範囲内ではなく、防空識別圏外だと語っていたがどれ程の国民がその事を知っているだろうか?本来、野党も自民党内の議員達も北朝鮮や中国覇権拡大に対して警告や正確な情報を発信し、啓蒙すべきであって掘っても事実無根の加計学園をやっている場合ではないのは明白である。インドと中国の国境線では農民や放牧者を住まわせてから国民を守ると証して人民解放軍を送ったり、監視所を設けて領土拡大をしているそうである。海上だけでなく、地上でも中国はそういう事を毎日、連日行っている。露国境も1億二千万の中国人が露領土を脅かしているがどれ程の日本国民がそれを知っていて尖閣や小笠原サンゴ略奪を見ただろうか?鳥取や島根、山口上空をICBMが飛ぶかもしれないのに学園倒閣国会は明らかに不自然であり、北工作員が議員になっていると思いたい位だし、多分そうだろう。反日徴用工プロパガンダ映画で無心を拡大するだろうが韓国の原爆被害者が米国を相手に訴訟を起こしている様だ。東海表記だけでなく、これから様々な形で反日運動や安倍倒閣運動を展開するだろうが誰がそれに加担するか国民は見ている。そしてそういう議員は一人一人地道に選挙で落選させるしかない。翁長陣営の4連敗は偶然ではない。声を上げても聞いて貰えないなら落とすしかない。国民の声を無視するが良い、選挙で投票せず、他に入れるだけだ。そして新聞も買わず、テレビも観ない事だ。

投稿: 忍者 | 2017年8月11日 (金) 10時08分

   東武鬼怒川鉄道でSL C11 207が復活したが生まれる前に廃止された様だ。全国でどの位SLが走っているか知らないが鉄道ファンにはたまらないだろう。地方活性化も含めて今後福島での運行予定だそうだが被災地の起爆剤になれば良いと思うし、そこでしか乗れないSLや写真を撮りに訪ずれる人も増える事だろう。最近は昔へのノスタルジーか、伝統への回帰ではないが関心が少しずつ変化している。今度用事で東京へ行くがその際には観光客の様に靖国や皇居を訪れたいと思っている。東京に住んでいた時は明治神宮すら通る事はあれ、参拝しようと思った事無かった。若かったので渋谷や新宿には行くがわざわざ行くという感覚が無かった。鉄道も子供時分に新玉川線が出来て新しい物への関心の方が強かった。そしてその関心は欧米や科学に向けられた為、中々伝統文化や日本への回帰が遅れた。しかし歳を取り、日本への関心だけでなく、日本を支援する為にも伝統も残していかないといけないと思う様になる。子供こそいないがいずれ死ぬ私以外にも日本人は沢山いるのだ。日本と言う国を残し、伝統文化も残して継承していかないと未来の世代に申し訳無い。そういう事も含め、SL復活は大歓迎である。鉄道ファンとは言えないが好きなのは確かである。

投稿: 忍者 | 2017年8月11日 (金) 11時07分

中国は、2重スタンスですね。自分の国の国民(人民)すら利用する。1般人民が喜ぶ事を利用しながら、上手くリードし扇動して行く。飴とムチを使い分ける。王朝時代と変わらない権力者の意識であり、人事においても厚遇したり冷遇したりする事をして意のままに従わせて行く。中国に[天安門事件を主導した指導者・江沢民氏が健在していた事実] 中国は先の指導者のほとんどが力を失い、政治的発言力も弱い。その中で[江沢民氏の存在感は、中国共産党指導部で力を持つことを示しています。覇権意識が強い支配民族意識のようです。秦の始皇帝と変わらない意識を持つようです。やはり、ダブル・スタンダードのようです。中国は、自国人民すら利用する、という事です。

投稿: 島谷淳子 | 2017年8月11日 (金) 11時32分

日本に於いてはスパイ防止法が無いつまり有事の際、他国の工作員がテロや蜂起する可能性が大いにある。訪日外国人は古い統計でも韓国から250万人以上、中国でも140万人以上いる。元機動隊にいた人の話では朝鮮系の人達が犯罪を犯しても強制送還が無い。日本の牢屋に入り出て来ると又犯罪を犯すのでこれ等の人達の犯罪率が高くなるというのだ。勿論、これ等の人達の中には日本で工作活動をしていたスパイもいるはずで金大中が大統領候補だった時に日本から拉致された事もあるし、金正男が偽造パスポートで日本に入国を試み拒否された事もあった。そしてお隣の中国も国防法だったか正しい名称は忘れたが有事の際には蜂起せよという物だ。では何もしなければどうなるか?中国にいる家族や親族がどんな目に遭うかは想像に難くない。そして長野五輪の時に日本人女性を中国国旗で覆い、殴る蹴るの暴行を加えた映像を観た事があるが本性を表した瞬間だった。日本も北朝鮮からのミサイル攻撃だけでなく、日本中にある原子力施設や人の集まる公共施設、バスや電車等々切りが無いがテロや工作活動が活発化する可能性が大いにある。国会では日報問題を話し合っている様だがなぜ自衛隊の指揮命令系統に当る物や日報を公開しなければならないのは理解に苦しむばかりでなく、公開こそ敵に情報を漏らす事になるのが分らないのか、それとも敵に情報を漏らす為に反対が無い限り意図的にやっているという事だ。多分、日本の議員達も後者が多く、中国や北朝鮮に情報を流す事に一生懸命な人達が結構多い。議員にも罰則規定が無い法律もオカシイがスパイ防止法が無い日本も頭がどうかしている。

投稿: 忍者 | 2017年8月11日 (金) 13時57分

鳥取県民の方が羨ましいです*(^o^)*

マスコミはこぞって『北VS米』というような報道をしていますが、それだけで済む話ではないでしょ??と思います。
日本は防衛費を上げなければ自国を守る事も難しい。
そこをもっと報道して欲しいです。
憲法9条は無敵のバリアではありません..。

投稿: 一ファン一意見 | 2017年8月11日 (金) 17時12分

石破さん、お疲れ様です。
メディアの報道について、すべて適切とは言いませんが、しかし政治家の特に与党の政治家のメディア批判は、多少情け無い感じがしますね。メディアに何を突っ込まれても、報道されても、堂々と対処できる政治家が望ましいのです。時には、ユーモアやウィットでかわすくらいの心の余裕が欲しいですね。
北朝鮮の過激な行動、言動に対し、トランプ大統領も同じように過激な言動をしています。
かつて、リンカーン大統領が、次のようなことを言いました。

細道で、犬に出会ったら、
権利を主張して噛みつかれるよりも
犬に道を譲った方が賢明だ。
たとえ犬を殺したとて、
噛まれた傷は治らない。

石破さんはどうお考えですか?

投稿: 盆だんご | 2017年8月11日 (金) 21時19分

石破様こんばんは。法治は政治の要であり、またこの側面を忘れると、国は乱れ、滅びる結果を招くという考えは大事であると思います。かつ、人治がなければ人はついてこなくなります。両方のバランスを取りながら今後の日本がよくなっていくことを願います。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2017年8月11日 (金) 23時38分

(多くの方々が我々自民党の政治姿勢に対してかなりの違和感を抱いておられることも強く感じました)・・・・・?

私は多くの方々が石破さんの攻撃的発言、政治姿勢に違和感を抱いていると思う。
実際に批判の声はあります。
総裁選などは国民参加の国政選挙並みに行うべきだし党員や自民党国会議員だけの総裁選は実際にダメだと思うし責任感がない。
今の総理や石破さんを含む自民党議員を見ていると答弁もダメで責任感もなし、不必要な発言は自由気まま、献金問題も訂正したから関係ないんだ 全く国民無視の自民に民進党だ。
実際に多くの国会議員は税金の無駄だよ、一日も早い議員削減をお願いしたい。

投稿: yamaji | 2017年8月12日 (土) 05時11分

暑い日々が続いておりますが、ご健勝でおられるでしょうか? 体調が芳しくないと、石破先生ご自身がブログに書かれておられましたが、心配しております。今年は例年になく暑く、日が落ちても気温が下がらず、暑さで消耗した体力を回復さすのに難渋しております。年齢の責にしておりました自分自身に怠け心を感じております。先祖の墓へ参り、また気持ちを新たにし、幼少の頃より取り組んできた事を続けたいと思っております。もうじき季節は変わり涼しい風が北より流れてきますが、この風は暑い夏から厳しい冬が到来する事を意味するのですね。

投稿: 島谷淳子 | 2017年8月12日 (土) 10時42分

仰るように政治の方向性も特殊の力が掛かり、私たちの思っている方向とは違う方向に向かっているような気がします。しかし、メディアも昔の様な鋭い切り口も無く、一緒に成って批判をバラ撒いている様にも思います。私たちがきちんとした認識を持ち、意思を反映していくことが一番大事かと思います。

投稿: 斉藤 | 2017年8月12日 (土) 13時34分

石破先生、お疲れ様です🍹
毎日暑くて大変ですね☀北朝鮮のミサイルの通過予定地におりますが、心配はしていません。着弾したらそれまでです💥
むしろ放射性廃棄物の地層処分の方が不安です。今起きている一連の地震は、ポールシフトの前兆とも言われています。南極近くの地震の余波を感じることもありますし、くれぐれも楽観は禁物です🐙

投稿: キイロイトリ | 2017年8月12日 (土) 15時11分

仏マクロン大統領は、今後の高速鉄道への着手をやめると宣言したそうです。

JR北海道の経営難の問題は、どのように解決されそうですか?

投稿: 金星 ☆ | 2017年8月13日 (日) 12時42分

深層ニュースでの石破さん楽しそうですね。

お顔がフニャフニャになってました。

投稿: くま | 2017年8月14日 (月) 07時35分

    バージニアでのデモ隊との衝突で36人が死傷した模様だが殴り合いや衝突、車も群集に突っ込んだ様でかなり激しい物になった。NYで国連の近くに住んでいた頃、偶々デモがあり物見遊山で見に行った事がある。国連本部近くにJapan Societyがあるがそこでは車が燃え、警察のバリケードを積み上げて燃やし、人々が警察と衝突していた。何のデモか知らなかったがコロンビア大学の学生に聞いて見ると湾岸戦争のデモだった。イラクがクウェート侵攻した事で米国が動いた訳だが学生はBlood for Oilと叫んでいた。戦争反対派では無かったが偶々やっていたのがそのデモで随分過激な物で日本とは違うなぁ~と暢気に思ったものだ。しかしBush元大統領がPeace Nickと皮肉り、武力の無い平和等無いと発言した事が実は深く胸に刺さった。その他興味本位で様々なデモに行ってみたが中国がチィベットを弾圧し虐殺している事もデモから聞いたり、日本が以外に外国から感謝されている事もそういう参加者から聞いた。日本にいるとこういう情報が全く聞かなかった事から外国はやはり違うなという印象を強く持った。しかし面白半分でデモに行っていたら、白人の友人から暴動になったり危ないから気付けろよと言われたがまさか殴られたり、怪我したりしないと勝手に思い込んでいたので大丈夫だよと笑っていた。その後、私には何も起らず帰国出来たが友人は射殺されたり、刃物で切られたり、911で亡くなった人もいるので流石に危ないと思う様になった。幸い反米、反日デモには積極的に参加はしなかったので反中デモやその他に行ったがこういう映像を観る度に良く怪我もしないで帰ってきた物だと思う次第だ。夜にハーレムや危険な所に飲み行ったりもしたが強盗にも遭わず、殺されずに生きているのは不思議である。歳を取ると何でわざわざ危険な所に行ったのだろうか?と思うが友人の助言も虚しく若い時はなぜか危険が好きなのだ。とは言え、中国や北朝鮮には行きたいとも思わないがチィベット国旗のTシャツを着て行ったら空港で拘束されるだろうけど、疼くのは確かである。

投稿: 忍者 | 2017年8月14日 (月) 08時02分

二度目のコメントで申し訳ありません

日本人はマスコミの洗脳を受けやすいですよね。
マスコミが信用出来ないからネットで情報集めをする。けれど、自分にとって都合のいい記事しか見ない。
思想の違う人を毛嫌いし、話を聞こうともしない。

気をつけたいものです。。

投稿: 一ファン一意見 | 2017年8月14日 (月) 18時08分

台本奪い取って前原さんと二人で番組回した方が良かったかもしれない。

でも旅情があっていい番組でした。
月日は百代の過客にして、行く年もまた旅人なり・・・(芭蕉)。

投稿: きました | 2017年8月14日 (月) 21時09分

   バスに慰安婦像乗せてるんですね。徴用工像も建てるらしいですがソウルには行きたくもありませんね。北朝鮮がミサイル撃つかもしれないのに数十キロに都市を作るとかあり得ませんね。行かない理由が又増えました。平昌で日本人が来なければ韓国人を日本に行かせないとほざいたそうですが行きたくも無いのでどうぞ悪しからず!こんなメッセージを常に発信していれば日本人は当然行かなくなりますね。中国も日本人拘束するし、大気汚染は酷いし行きたくもありません。親中韓派には悪いがあの国々は個人的にはパスしますね。日本人だと分るとボッタくりますからね、絶対嫌ですね。日本に金落とした方がどれだけ良いかと思います。有事が近いという事でウォンが暴落してますが又日本にスワップしろとか上から言うんでしょうね!厚かましい嫌な連中です。

投稿: 忍者 | 2017年8月15日 (火) 00時47分

いつも国民のためにありがとうございます🙋総理大臣になってください❕

投稿: 山本歌代子 | 2017年8月15日 (火) 01時14分

   ≪好循環の起点を考える≫
【野に遺賢なし:書経https://goo.gl/rfUMqk:賢者が(政と官に)登用されて、民間に隠れた人材がいないさま。優れた人材が集まって、善い政治が行われ、天下が安らかに治まること】 
⇒ふむ。それは何処の国の話?いつの時代の話?って感じですね。
どんな名言・故事にも絶対でも普遍でもない、即ち例外的なケースを語っている場合が稀なくはない‥というお話でしょう。明らかに≪現在の≫日本の政と官には当て嵌まらない。
≪現在の≫日本は、例えば、政治権力者が、永く凄惨な人生を生き抜いてこられた賢人から、公式の場で、公然と、然もメディアのカメラの前で、「貴方はどこの国の総理ですか」と罵られた国なんだと。また、その猿に命じられたのだろうが、被爆者を労い不戦を誓うべき演説原稿で、臆面もなく、工夫もなく、毎年ほゞ同文の文字列を差し出す官僚もいる。それを読み上げる≪人型の猿≫もいる。
然ればこそ、反作用で、石破さんが実感された「野に多くの賢あり」の現在を生んだ、≪現在の≫日本の平場の一部には、未だ健全さが残っているのでしょう。

これをズームアウトして広角に眺めれば、≪現在の≫日本でも、中国人の訓え【上に政策あれば、下に対策あり】が、弱々しいのがなんですが、実践されていることの兆しでもある。そう考えると、ちょっと安堵する自分がいる。

まあ、然し、今の豊かな大国日本の過去を顧みれば、そんな≪野の賢人≫は、少数にせよ常におられた。然もなければ、豊かな日本は存在し得ない。現に≪過去の≫日本には、歴史の事実として、国会の場で自らを「粗にして野だが、卑ではない(石田禮助さん)」と公言し胸を張られた偉人も、【命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困る(南洲遺訓その三十)】と己の姿に北叟笑まれた偉人もおられたのだから。
逆に言えば、今の日本の豊かさは、そんな野の賢人の声を掬い上げ、治世に生かされた為政者がいたと云う証しでもある。

即ち、≪過去4年半余りの≫日本を仕切る安倍Monkey一味は諫言箴言や耳に痛いことに耳を貸さなかった所為で、偉人や賢人が増々稀なくなって仕舞い、公然と声を発することもなくなったのかも知れません。
“聞く耳を持たれる石破総理”には直截に意見具申できる。“石破総理”誕生こそが、♪好循環の起点♪なのです、キッパリ!w

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月15日 (火) 10時09分

    ≪悪循環の起点は考えるまでもない≫2題
①日経【安倍、父晋太郎氏の墓参り 初心に帰り全力尽くすhttps://goo.gl/MSHMYh 】
≪初心≫とか≪原点≫が、健全な≪人間の情≫である道理はない。
祖父安倍寛さんの構えと縁を受け継がれた父安倍晋太郎さんは、生前、愚息(具足)安倍Monkeyに向かって、≪お前には、政治家に一番大切な”人間の情がない”≫と引導を渡された(と伝わる)。
その賢父は今や草葉の陰で哀しみ悲しみ怒り狂っておられるだろう。安倍の智と血を汚した♪岸信介-ゴテゴテ洋子♪にもね‥。
”人間の情も心も”ないから“無恥(無知に無知と無縁ではない)”であることに全く痛みを感じない。無恥だから”猿芝居”を無限に続けることができる。猿芝居は“人間の心”がないから延々と続く。
真っ当な人間の心の眼で診れば、明らかに、≪猿が嵌る悪循環であり、国民には無間地獄≫なのだが、その無残で無様な醜態は、思考停止した庶民大衆の目には見えないのだろう(か?)。

②東京【外務省、核持ち込み、異論ないhttps://goo.gl/BWLue6 】
田中真紀子女史が≪伏魔殿≫と呼んだのは正しかったのです。
その理由が奈辺にあったのかは不知だが、二十年近くを経て明るみに出たこの事実こそ、外務省が≪伏魔殿≫である証し。
その組織に止まらず、其処の住人らが≪外交ムラの住人≫、≪国民を欺き、贅沢三昧するモグラ≫である証しなのだ。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月15日 (火) 10時12分

    ≪人の相≫
朝日【菅義偉、安定のガースー https://goo.gl/A6udks 】
この男、齢古稀を前にして、増々酷い悪人面になってますねえ。悪人面では萩生田には敗けてるけど(嗤)。
政局的&政治的な計算打算の技は磨いても、逆にその結果として、中味のない薄っ平らい奴ほど、窮地に立つと、本性が露見するものなんですよ。更に、人は余裕がなくなると、≪安定≫も≪口先だけの正論≫も化装できなくなるんです。まあ、猿レベルの安倍晋三をボスに担ぎ、擁護してきたと云う判断の間違いとも密接に連関しているのだが‥。
菅本人は ♪これは悪循環だから、風向きが変われば≪問題ない≫♪ と言い張るだろうが、お天道様にとっては当たり前の結末であり、国家国民にとっては慶ばしい限りです。
問題は、「一票の不平等」の原因となっている一部の庶民大衆が、この悪人面や猿軍団の本性を何処まで、見抜けるか?に懸っているのだけれど‥。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月15日 (火) 10時13分

こんにちは。帰省のお墓参りは済みましたか?
さて、きな臭いではなく、支那臭いニュースがSNSでどんどん入って来る様になりました。
先生の耳には、中国資本による、日本国土買収の情報が多少は入って来ているとは思いますが如何ですか?
最近は新潟県庁近くに4500坪の支那資本買収がありました。北海道でも数々の買収が行われています。
これに対して国会議員の方々は全然騒ぎ立てませんがどうしてでございましょうか?
北海道はあと数年で支那の32番目の省になる?!とまで言う者迄居ますが⁉
確かに不動産関係業者にしてみれば、一時的な経済等潤うでしょうが、後々は地獄化する事を予想出来ない?
いや売国奴的人間からしてみれば、"日本がどうなろうが収益さえ上がれば良いのだ"という感覚なのでしょうか?
尖閣付近の領海侵犯を指をくわえてみている様な日本政府ではしょうがないのでしょうか?
これはマスコミも加担して情報が出て来ないです。否、取れるのに取材しない‼上層部からの圧力があるのでしょうか?
自由民主党、石破茂先生なら近々に国会議員に総じて同調の有志を募り、外国資本の日本国土買収規制(禁止)法案を上げて欲しい。*既に買収された国土も法律で時価買い戻し(強制的)
ジャーナリストの桜井よし子さんは、以前からこの問題を国に訴えていたはず。さあ政府自民党はどうします?時間は無いですよ!

投稿: 畠山敏三 | 2017年8月15日 (火) 12時37分

   21日から米韓軍事合同演習があるがそれを止めさせる為に北朝鮮は発言を軟化させた。日本側も3県への迎撃態勢を終わらし、日米で連携するだろう。総理も発射させない様にするとしているが止める事は難しい。米国から中国への301条制裁が決まるかどうか、又中国も動くとも限らないがそうさせる為にはもっと強い動きが必要が見て行く事だろう。日本上空に落下する様であれば迎撃するだろうがグアムEEZを狙った位では迎撃しないかもしれない。領海や陸への着弾予測が出た時点で迎撃するだろうし、又しなければ迎撃システムの意味が無い。米軍も今は相当慌しく動いている。そして余り言われないが拉致被害者の奪還を日本側がやるのか、米軍側がやるのか頼んだ事は総理も言及したが明確ではない。そして北朝鮮だけでなく、南朝鮮からの難民や在日朝鮮人で兵役義務のある人達をどうするのか、具体的には何も聞こえて来ない。そして統一した時には竹島で殺害された日本人や北朝鮮に拉致された人達の賠償責任や事実関係を正して行く事が求められるだろう。政治家やメディアでもこれ等の事と具体的に問いかける事は先ず聞かないがスルー出来る事でもない。日本側が言われ続けて来た事を返す番がその内、来るだろうがその時、一番抵抗するのが日本の政治家だろう。米国には早く問題解決の為に行動して貰いたいものだ。

投稿: 忍者 | 2017年8月15日 (火) 13時50分

   ≪こんな下らない事象と女と男とXXと≫
朝日【豊田真、政策秘書に青森の町議 https://goo.gl/9sbFTt 】
報道される≪こんな下らない事象≫には一切興味はないし、コメントしてドブに捨てる時間もないのですが‥、然し、それでも、≪こんな下らない女≫が未だに国会議員をやっており、急場凌ぎの秘書に採用されたのが≪こんな下らない男≫であり、地方とは云え町議をしているという事態は、今の日本政治が非常に深刻な事態にあることの証左だと云う観点で‥反吐を抑え込んで書き込みましたw。

≪こんな下らない女と男≫が惹き起こしている≪こんな下らない事象≫が、安倍Monkey(因みに“猿”ですw)一味を政治権力に戴いている今の日本の惨状と無関係だと、洞察しない(できない)真っ当な理由があるの?そんな理由がある訳がない!キッパリ!
日本中の≪居眠り中の庶民大衆≫よ!一刻も早く覚醒せよ!
寧ろ、先ずは、国会で≪猿軍団に屈膝している議員さん≫よ!一刻も早く自律し自立せよ!か(哀笑)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月15日 (火) 19時35分

   ♪智的には日本砂漠♪
NHK【日米首脳、ミサイル発射強行させないことが重要 https://goo.gl/c4CCUH 対話のための対話では意味がない】
明らかに、これは手段と目的を混同しているのだが‥、GorillaとMonkeyのお頭にはこの程度の発想しかない‥と云う哀しいお話。軍事力の発想しかない‥と云う哀れなお話。
米国にはGorillaに抗しても外交や民間交流などSoftPowerを重視する人たちがいる。日本の安倍晋三の周辺にはそんな広深永な人財は一人もいない。舞台の袖や下には潜んでおられるんですけどね。

昔♪東京砂漠♪が流行りましたが、今や安倍Monkeyの治世下では、人財登用の観点では、♪日本砂漠♪と云う悲惨な状況にある。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月15日 (火) 19時38分

     ≪分断されているNHK≫
日経【NHK番組「731部隊」、中国で反響 https://goo.gl/K8nDwb 真相を明らかにする日本の知識人の勇気を称賛する】
⇒この中国の称賛は戦争被害者であり当事者でもある国家の≪政治的計算と打算≫によるもの故、無邪気に慶べるものではないが‥、
然し、全く次元の違う切り口では、これこそが智性を武器にするSoftPowerなのだと思う。智性や教養や♪人間の心♪があってこそ、経世済民に向けた好循環が生まれるのだと。そんな高尚なことは、安倍一味にできる道理がないのだと。猿に期待してはいけないと。

仮令、安倍Monkeyが政治権力の座に居座り続けていても、真正の知識人や教養人やジャーナリストがその本分を発揮し続けていれば、≪猿軍団≫を退却させることはできるのだが‥。但し、庶民大衆が≪猿軍団≫に無駄で愚かな期待を抱かなければ!!だが。
繰り返しますが、NHKの歴史ドキュメンタリー部門の人たちだけは頑張ってくれていますね。一介の市民だが、大いに称賛する。他方、未だに愚かなまま安倍Monkey一味に屈膝しているのは、経営トップが交代した後も、経営陣と政治部門の連中だ。ったく。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月16日 (水) 19時46分

    ≪♪醜悪な男たち♪の悪企み≫
8/15安倍の動静:笹川会長、森喜朗元首相、小泉純一郎元首相、麻生財務相、茂木経財相、西村官房副長官、萩生田党幹事長代行、日枝久フジテレビ相談役らと会食 @山梨県鳴沢村 笹川陽平日本財団会長の別荘。
⇒敗戦記念日(一部には“終戦”らしいが‥)と云う特殊な日に、安倍Monkeyを取り囲むこの面子揃えが様々に興味深いですね。
シンキロウに関しては、今更、一言と雖も語ることに価値はない。
戦時中と戦後の混乱期にDirty Moneyと呼ばれた財を成し、そのカネと政治的手練手管を元手にして、現在を成した日本財団の当主、
安倍Monkeyヨイショ一辺倒の3K新聞に連なるメディア人、
安倍ボス猿べったりで悪人面の加計スキャンダルの突撃下男猿、
萩生田に先を越されたが、安倍神輿の担ぎ手組頭を狙う丁稚猿ら。

石破さんの脈絡では、引退した小泉某が、この面子が醸し出す♪腐臭♪の中に身を置く気になった理由や背景を推察すると面白い。
①「同じ派閥」と云う過去の形式に囚われた訳ではあるまい。
②引退して尚、【命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は仕末に困るもの(南洲遺訓その三十)】に成る気はないらしいw。
③現役時代、党内にあれだけ多くの敵を作ったのに(逆に多くの敵を作ったから?)、弱気の蟲が騒いで、関係を修復したいのか。
④核発電再稼働や新設に反対を叫んで、安倍Monkey一味とあれだけ激しく対峙し批判したのに、あれは神棚に上げて仕舞ったのか。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月16日 (水) 19時51分

【北朝鮮のミサイルのエンジンはロシア製】

 時事通信の記事にそれを示す根拠がありそうだ。
『【モスクワ時事】ウクライナ宇宙機関のラドチェンコ長官代行は15日、北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)に使われたエンジンがウクライナから流出したとの疑惑について、同種のエンジンはウクライナで生産されていたが、ロシアに納入されていたと述べ、ロシアが流出元である可能性を示唆した。』

 この疑惑は米国のNYTがスクープをした記事が背景にある。NYTの記事の中身は
 『国際戦略研究所(IISS)のミサイル専門家マイケル・エレマン氏によると、北朝鮮はこの2年でミサイルエンジンの供給元を変えた。
  金正恩党委員長が新たなミサイルエンジンを視察している写真を調べたアナリストらは、ソ連でかつて用いられていたものとエンジン構造が似ているとの結論に至った。』

 今年の1月頃の時点ではロシアの軍事アナリストの意見によれば『いかに北朝鮮が努力しようと、彼らの核ミサイル発展の段階は、最高に見積もっても1970年代のレベルであり、ミサイル操縦のシステムは時代遅れで、精度も低く、防御能力も弱い。』というコラム記事がスプートニクに掲載されていた。ロシアの軍事問題専門ポータルサイトMilitary Russiaの創設者、ドミトリイ・コルネフ氏の意見である。それから急激に技術の進化があったという事になるが、それは、ロシア製のエンジンが横流しされた成果であったという事になる。
 旧ソ連崩壊の頃より囁かれていた危惧が現実に起きたという事になりますね。軍事技術の漏洩が始まり大変な事になると心配していた人々は、旧ソ連の崩壊と同時にモラルも崩壊すると恐れていたわけです。北朝鮮の独自の技術では到達すら不可能なミサイルの誕生は、ロシアの技術の漏洩によって日の目を見ることになったわけです。これは、ただではすみませんね。米国の監視が行き届かなかったという失敗も、この場合は冷静に見る必要があります。旧ソ連の技術は、イスラム過激派か、北朝鮮のような国に流れる可能性はあった。しかし、それは厳しく監視すれば防げると思っていたのだろうか?

 時事通信の記事の後段には
『ラドチェンコ長官代行は「そのエンジンは2001年までウクライナで生産されていた」と述べる一方、ロシアの宇宙ロケット向けだったと説明。ロシアは現在も同エンジンを搭載したロケットを7~20機保有しているといい、「(ロシアは)完成したロケットからエンジンを必要とする者に供給することができる」と語った。
 一方、タス通信(電子版)によれば、ロシアのロゴジン副首相は、エンジンのコピーを製造するには「ウクライナの専門家の助けが必要だ」と語り、ウクライナから北朝鮮に技術供与があったとの見方を示した。』

 どちらにせよロシアの技術が、北朝鮮に流れたわけである。ロシアのミサイルの命中精度は、何を根拠にはじき出したのかよく解らないが、英国の軍事関係の研究所の話では85%と云う高い数字があるのだそうだ。これが本当ならグアムに向けて4発のミサイルが発射されるらしいが、その内の3発はグアムに着弾する可能性があるのかもわかりませんね。

 ここから先の問題は、金王朝の三代目が本当にそれをするのかどうかである。やれば、大変なことになる。やる前に叩かれるという事も考えられますね。

 避けられない処に駒を進めた愚か者がそこにいる。

投稿: 旗 | 2017年8月16日 (水) 20時18分

【北朝鮮の終焉が加速するのかもわかりませんね】

 ロイターのコラムにその記事があった。
『筆者(Peter Apps)は今年、北朝鮮の現体制が崩壊した場合に起こり得る事態を検証する委員会の議長を務めた。元米高官も参加した委員会の結論は、正恩氏が失脚あるいは殺害されると感じた場合、ほぼ間違いなくミサイルを発射。日本が標的になる可能性があり、到達可能であれば、米本土を狙うという厳しいものだった。
 日本と韓国に配備された米国の対弾道ミサイルシステムは、こうしたリスクに対して瀬戸際で防衛するものだ。しかしながら、こうした技術は依然として初期段階にある。すさまじいスピードで落下してくる弾道ミサイルを撃ち落とすことは、不可能ではないとしても困難である。ミサイルが複数なら、なおさらだ。・・・・・朝鮮半島における非核戦争リスク、とりわけ北朝鮮が通常兵器を使って韓国首都ソウルを攻撃する危険性は、過去3代のクリントン、ジョージ・W・ブッシュ、オバマ大統領に、北朝鮮に対する軍事行動を思いとどまらせた。トランプ大統領が同様の計算をするうえで、最近のミサイル発射実験がより大きなプレッシャーを与えることはほぼ間違いない。』
  記事は、トランプ大統領も、予測不可能な人物であると述べ、攻撃を受けてから行動することになるのかどうかを心配していますね。惨事が起きることは避けられないようだと結んでいます。シナ帝国とロシアが、今回の北朝鮮の暴発にどういう形で関与してくるのかどうかですね。そして、韓国が浮き世離れをしたような発言を盛んにしているのが気になりますね。現実認識がない人の存在ほど恐ろしいものはない。何をしでかすのかわかりません。注意をしないといけませんね。

投稿: 旗 | 2017年8月16日 (水) 20時42分

【ロシアと北朝鮮の仲介に位置するシナ帝国人民軍の存在】

 北朝鮮のICBMに使われたのはロシア製(正確にはウクライナ製)のロケットエンジンではないかという推測がほぼ確実になっているような状況にロイター他多数のメデアの検証および追認する記事がある。そして、北朝鮮はロシア若しくはウクライナから直接その製品なり技術の提供を受けたのかどうかとなると、そこまで踏み込んだ記事がない。その辺りが謎になっている。そこは、シナ帝国の状況に目を向ける必要があるのではないかという記事が産経にあった。
 8月14日の産経の記事である。
『習近平氏が人民解放軍「瀋陽軍区」に怯えている! 核の原料・技術を平壌に流す?最精強集団』と題する記事に、北朝鮮に肩入れをし、習近平に刃向かうシナ人民解放軍軍団の特異な姿があるようだ。瀋陽軍区と呼ばれているらしい。地図にその所在を見れば、この軍区の管轄域はまるで旧陸軍の関東軍そのものである事に気が付いて驚きますね。
 司令部が新京にないと云うだけの関東軍そのものである。朝鮮戦争の時の人民軍から選抜されたという義勇軍もこの地域から構成された人員が大半を占めるという話がありますね。彼等にとってみれば北朝鮮軍との関係は深いものがあると思いますね。住人の中に朝鮮族が占める割合も高いそうだ。そして、ロシアとの関係もこの瀋陽軍区は独特な友好関係を持っているらしい。産経の記事はロシア製のロケットエンジンに注目したわけではありませんが、この瀋陽軍区が独自の外交的な活動をして北朝鮮に肩入れをしている事実に注目しています。そして、それは習近平を脅かす存在になっているとまで言っていますね。
 歴代のシナ帝国の中央政府は各地にある軍閥を完全に制圧してきたわけではないようだ。それはシナ帝国の歴史書にあるような状態が今も残っているのかもわかりませんね。あの史上最大の版図を築いた元朝でさえ四川や南海の軍閥及び越(ベトナム)に手を焼いた事が知られている。
 シナ共産党にしても関東軍が支配した地域の攻略をしたつもりになっていた処が、なぜか何時の間にか? 北朝鮮と仲良くなっていた瀋陽軍閥が朝鮮戦争で独自に派兵したのかもわかりませんね。まあ、この辺りは特に根拠になるような話があるわけではないのですが習近平の代になって瀋陽が突然中央の命令に従わなくなったのはなぜなのかと考えれば、何らかのいきさつとかがあるのかもわかりません。

 それはともかく、産経の記事では習近平は云う事を利かない瀋陽軍区に手を焼いているらしい。
 下手をすれば北朝鮮の暴発でシナ帝国は甚大な被害を被ることがあるのかもわかりません。北朝鮮のミサイルの標的に、北京があると言われているらしい。これは噂ですね。
 しかし、習近平はそれを真に受けているという話だそうだ。だから、内モンゴルで軍事パレードをしたという話につながるらしい。
 それは、人民解放軍全体に向けた威嚇なのだと産経の記事にある。習近平の軍の掌握が完全ではないというのは前から言われている話である。シナ帝国政府の能力もまたこの北朝鮮のミサイルで試されているのではないですか?

  シナ帝国にとっても大変な状況にあるようだ。本当の話なのかどうかは9月になるまで解りませんね。

投稿: 旗 | 2017年8月17日 (木) 00時20分

   我那覇が靖国で行った発言は本来日本の政治家が言わなければならない言葉だ。自衛隊が国民を守り、国民が自衛隊を守る。憲法を守るのではない、国民を守るのだ。そしてそういう世論を国民が作らないといけない。英霊の前で謝罪し時間をくれと言った彼女は正直である。石波さん、英霊の前であんな事言えますか?河野の謝罪等謝罪ではない。真摯に国民に問いかけると言うがそれは彼女にこそ相応しいのではと思う。彼女の問い掛けと謝罪は本物に聞こえるし誠実だ。政治家達は本当に真摯に誠実なのだろうか?それを英霊に誓い言えるか?私は近く、東京に行き靖国に行くが私も真摯に英霊に謝罪し心を入れ替え、国の為に頑張ると誓いを新たにする。なぜ国を否定する?なぜ国の為に亡くなった英霊を侮辱するのだ?我々が存在するのは彼らのおかげである。国民は問われている。

投稿: 忍者 | 2017年8月17日 (木) 11時22分

    ≪気宇壮大 vs 八紘一宇≫
日経【気宇壮大な発想が消えた日本 https://goo.gl/KTHRNK 】
①引用【個人の自由とか人権ありきという考えは、極めて限られた国々の文化だと思った方がいい‥。トランプ氏が大統領になり世界は段々ペシミスティックな得ない社会になっていく‥】
⇒≪華人の知人≫には「上に政策あれば、下に対策あり」の伝統が染みついているから、斯く宣った彼彼女の本心であろう筈がないし、鈴木さんはそんな安易な風潮に強く異を鳴らしておられるのだが‥、行間や裏面を読みもしないで、それらの表層に浮かぶ色合いを真見受けてしまって、人々が≪ペシミスティック≫になってはいけませんよね。知識とか智慧は逞しさの源泉ですからね。動物園や政治のトップに多い猛獣の乱暴さとは似て非なる逞しさなのだと。

②引用【戦後の経済復興が終わってからというもの、日本人の発想そのものが保守的になり、小さな瑕疵を追うことで、妙に納得してしまうようになったのかもしれない】
⇒【小さな瑕疵を追う】とは、些末な事務的ミスに拘って再発防止に想いを致さない様、また偏頗な≪法的)責任≫は追及しても責任を取らせることもより根本的な≪責務≫に想いを致さない様を指すのでしょう。
仮令、妙であれ暗愚であれなんであれ、無責任でも裏切りでも、己を納得させて仕舞えば、家族の明日の安寧の危機も、孫子の遠い未来のリスクも、♪なかったこと♪にできるらしい。

ところで‥、鈴木さんは此処で「気宇壮大」と云う言葉を使われた。似て非なる「八紘一宇」は一瞬たりとも頭を過ることはなかった(に違いない)。この二つの言葉はお互いに近似の意味を持つものなのだが、今の日本では、前者は選好されるポジティブな言葉として、後者はその言い出しっぺの思想的歪みやその後の罔い歴の故に忌避される言葉として存在している。
そんな違いを全く弁えないで国会で「八紘一宇」を称揚した≪不見識な女≫が未だに国会議員をやっている。安倍≪猿≫政権では閣僚候補にも名前が挙がった‥。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月17日 (木) 11時36分

   再び≪図体が大きいジャイアン≫
日経【中国上場288社、党の介入を容認https://goo.gl/PV68GU 】
ふむ。中国が共産主義国である事実を思い起こさせる動きですね。
仮に、これが広まれば、中国は経済的に世界のリーダーにはなれない。政治的にも説得力が弱まり(なくなり?)、弱小国の集まりは兎も角、先進国の集まりではその地位が後退するだろう。そうなると、頼りは軍事力強化だけになるのか?この地域が、増々キナ臭く不安定になりますね。忌々しいことです。

仮に、介入の対象を一部の♪戦略事業♪に限定するのなら、先進国でもやっていることだし(カーテンの陰で、行政指導や容喙と云う名目で)、悪影響も限定的になる。然し、例示されている企業を眺めるとそう云う限定はないようだ。中国国内での権力闘争の具として使うのが習近平の目論見なのだろう。
が‥まあ、それはそれで、その解かり難さや不透明感、要はCountry Riskが政治経済社会の全てで高まるし、国際的な地位の上昇を阻害する(または地位を下げる)。
要は、中国は未だ発展途上の“図体が大きいジャイアン”なのだと。中国がクシャミをするとこの地域に地震が起こる‥という感じが強い。隣国の先進国であり経済大国は、その地震が起こるのを、唯々指を咥えて眺めているしかないのでしょうか。
まあ、今の日本では、安倍Monkeyは習近平に嫌われていて、見向きもされない、言葉を交わす機会もないのでは、また、公式に交渉や熟議を進めるべき外交官が「伏魔殿の住人」で、木で鼻を括った木偶の坊の対話しかできないのでは、無理ですけどね。河野太郎さんは、So Far、♪ごまめ♪のままで獅子に脱皮する兆しはない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月17日 (木) 11時49分

お元気でいらっしゃるのがよくわかり、生のお声も聞けて、石破氏のテレビ出演は大変嬉しいし、楽しみです。

さて、話しは変わりますが裕福な方について得に裕福なお年寄りの方ですが、収入は年金など何もなく。年金を払わずにきたそうです。昔は商売をしていたらしい。

株など投資で儲けたお金が3,000万去年あったそうです。だけど源泉分離で税金は納めているので、確定申告しなくてもよいとの事。
だから国民健康保険も最低額しか払ってないし、障害者手帳をお持ちですから月1,500円ほど。
医療費もいくら入院しても最低額しかかりません。5,000万程の自宅を所有して固定資産税を納めていますが、彼女の預貯金からですし、なんの問題もありません。
非課税世帯なので、自治体から臨時福祉金を頂いたそうです。

もしも、利益を確定申告したなら、彼女は配当控除を利用しても多大な所得税と市民税、国民健康保険料は最高額の年間89万を払わなくてはなりません。

そういう事です。超高齢社会において、社会保障の仕組みは根本から破綻しています。

年収200万に満たない者より安価に医療を受けられ、年収200万の若者は病院にさえ満足にかかれません。相互扶助は崩れます。人口のバランスがおかしいのですから。
現役世代、それも末端や若い人、運送、接客、医療従事者などの賃金を高水準に引き上げなければ破綻です。

考えを変えなければならない時代に来ています。人口知能で補えるところは補えばよい。
人の労働力が一番高いのです。大工さんや建設関係従事者もそうです。

もうそろそろ人の労働力に適正な対価を払いませんか?

それとも移民を受け入れますか?社会保障の一端を彼らに担って貰いますか?
ならば、生活保護を初めからあてにしてくる者を防げますか?
移民を受け入れるなら、準備や法整備など初期投資はどれ程かかりますか?

やはり根本は、社会保障の大半を食いつくす年寄りに、超高齢社会においては応分負担は必要です。

笑えない笑い話があります。バスでお年寄りに席を譲りなさいと言われた子供は、どの人に譲ればいいの?つまり、年寄りばかり乗車してきて、自分が立っても一人しか座れないのに、いったい誰に譲ればいいのかわからない。
これが今の日本です。
この静かなる有事の当事者は圧倒的な有権者であり、この状態に気づいてない方も多数います。
また、平均寿命延びました。その陰で若い人の自殺多いです。
多分、若い人の自殺を考慮に入れなければ平均寿命はもっと長いんじゃないかと思っています。

投稿: ちえぞう | 2017年8月17日 (木) 15時41分

◆・日本の政治戦略は、経済に左右される。経済的に豊かでないと、戦費は削られる。防衛省防衛施設庁に必要とされる経費は削られ続ける。→◆・日本の防衛費用が経済次第である事を知ってほしい。⇒・戦争費用に使われるならば、レジャーや娯楽に使うたろ。遊び呆けてます。 -JUNPEI-

投稿: 島谷淳子 | 2017年8月17日 (木) 21時08分

【我が国の教育制度は疲弊しているのだろうか?】

 文部科学省の変な官僚の事が気になっている。我が国の教育行政は、明治維新後になって国家の事業として初めて開眼を見たようだ。文部省という名前の役所は律令時代の名残ではあるが学制をまともに考えて仕事をする役所になったという意味ではまさに明治になって始まったという事である。その明治前期の文部省のトップは文部卿と呼ばれ、その任にあたる責任者は7代数えるが初代と7代目が同じ人物であるので6人という事になる。
 大木 喬任。木戸 孝允。西郷 従道。寺島 宗則。河野 敏鎌。福岡 孝弟そして大木 喬任に戻る。彼等は維新の功臣であったと同時に新政府の働き手としていろんな役をこなすことが求められ、教育行政官として何かをしたというような目立ったことがない。例えば初代の大木氏は、文部卿以外に民部興参議司法卿と何でもこなす人であった。というか、人材難の政党を見るように何でもこなすことを求められ教育行政に深い理念など要求することもなかったのではないかと思う、それが2代目文部卿の木戸氏や3代目の西郷氏を見ればよく解る。木戸孝允は、参議の他政府の総裁顧問の立場であり一つの役所のトップに長く居座ることがなかったし西郷従道に至っては陸軍卿や海軍卿等と云うような部署まで任され、なんでも臨機応変にその仕事に就くことが要求される立場にあったと思われます。人材難の時代が続いた末に内閣制度の誕生がありやっと文部省のことを真面目に考える大臣が誕生することになる。しかし、その最初の大臣がその性格に大きな問題を抱える人物であったようだ。我が国の学校教育の問題は、彼の存在から始まるような印象がある。

 思い込んだら突っ走る人と言えばいいのか迷いますね。真面目に深く考える人というような評価も今はあるようですが、勘違いをしてそれに気が付かない人という事も言えそうな人物ではないかと思ってしまいます。今はそういう人のことを中2病患者というような表現があります。どこか問題を抱えながら本人的に見れば一途に邁進している人を指すのだそうだ。周囲が目に入らない人と云うらしい。

 我が国の初代文部大臣は、森 有礼である。彼が真面目な人であるのは間違いないと思うが、やり過ぎて傍から見れば何を言っているのかわからなくなるような人でもある。
 日本語を廃し英語を国語にせよと云う考えを早くから(明治5年頃から)持っていた人である。そして、明治維新とは廃仏毀釈の運動もあった我が国の宗教界の転換期でもある。大変な状況にあったそうだ。五重の塔が売られたという話もこの時代である。幸いこっちの方は破壊を免れた神社仏閣もあるので地球がひっくり返るほどの大変動に至ることもなかった。森有礼はその時代に家庭を持った人で流行に流されやすい人なのかもわかりません。彼の子供はどういうわけかわかりませんがクリスチャンになって牧師を目指すようになります。彼の孫もまたキリスト教徒になっているのは偶然とは思えませんね。まあ、影響を受けやすい体質の人なのだろうと思います。

  彼が文部大臣になるあたって、どのような目的があったのかわかりませんが意気込みはなんであったのかを知ることはできますね。
 文部省に奉職する者に向けて戒めの言葉を宣言している。その直筆になる書簡は今も旧文部省の建物の大臣室に展示されているそうだ。その文は、
『文部省は全国の教育学問に関する行政の大権を有してその任ずるところの責したがいて至重なり しかれば省務をつかさどる者はすべからく専心鋭意各その責を尽くして以て学政官吏たるの任を全うせざる可からず しかしてこれを為すには明かに学政官吏の何ものたるをわきまえ決して他職官吏の務方を顧みこれに比準を取るが如きことなく一向に省務の整理上進を謀りもしその進みたるもいやしくもこれに安せずいよいよ謀りいよいよ進め 終に以てその職に死するの精神覚悟せるを要す
明治十九年一月 有礼自記』

 簡単に云うと文部省の仕事は全国の学校行政の大権を持つ役所である。ここで働くからには身を粉なにして励め、命懸けで奉公しろと檄を飛ばしているわけです。これは暗殺される3年前の文書ですね。彼のこの直情的な性格と英語を国語にしようという主張、そして廃仏毀釈の波に乗ったような宗教観が、彼の関知しない処で敵を作っていたようです。

 WIKIには伊勢神宮不敬事件のことが書いてありますが、これは事実ではないという事も書いてあります、しかし、それを事実だと思われてしまった事で森有礼の悲劇となってしまいますね。いい加減な報道をする新聞は当時からあったという事なのだと思います。
 WIKIには、『当時の新聞が、「ある大臣が伊勢神宮内宮を訪れた際、社殿にあった御簾をステッキでどけて中を覗き、土足厳禁の拝殿を靴のままで上った」と報じ(伊勢神宮不敬事件)問題となった。この「大臣」とは森のことではないのかと、急進的な欧化主義者であった森に人々から疑いの目が向けられる事となった。この事件は事実かどうかは定かではないが、この一件が森が暗殺される原因になった。』この様な説明があります。

 この伊勢神宮で起きた出来事を報じたとされる新聞は不明ですね。探してみても出てきません。しかし、暗殺者はそれを信じていたようですね。新聞報道はあったのだろうか?
 WIKIにもそこはぼかしているような印象を受けます。ネットでもこれの典拠となる新聞名は解りませんね。謎です。
 何かの陰謀があったような気になってきますね。これは、暦を巡る問題が背景にあるという人がネットで検索できますね。神社がそれまで暦を作って売っていた事情があり、文部省が神社に代わってその販売権を独占する様な体制になったことで、神社の関係者の憎悪が森有礼に向けられたという話があるようです。これもまた、事実なのかどうかわかりませんね。

 ともかく、彼の様な性格の人が問題を膨らましていたこともあるので、教育行政の歪みは、考えようによれば、この時から始まっていたのかもわかりませんね。周囲が目に入らなくなる官僚を増産することが森 有礼の遺言のようなもんです。困った人である。

 森有礼は他に一橋大学の創設にも関与していますね。この学校の卒業生から英語の国語化を勝手に進める経営者が誕生していますね。これも偶然なのでしょう。(楽天とかのことです)

 グローバル化の象徴のつもりなのでしょうね。それは一時的な流行に終わるのかどうか?  我が国は初代文部大臣が暗殺されたことがあって英語教育が悲惨な結果を招く原因になったような気がしています。
 何事も前のめりになり過ぎると足元を掬われますね。大変なことです。
 文部科学省の官僚には、変な伝統があるのだろうか? それが気になって仕方がない。改革が必要だとすればその伝統を叩き壊す事ですね。

投稿: 旗 | 2017年8月17日 (木) 22時26分

   米韓軍事演習を前に日本側は2Plus2でイージスアショア導入を決めた様で日本の防衛体制が一層強化される。北朝鮮はICBMのエンジン部分をウクライナから購入、もしくは設計図や技術者を調達したのではないかと疑われているが露経由説もあり、断定はされていない。どちらにせよ、彼らが新しい技術を試し向上している事には間違いは無く、核弾頭小型化や耐熱技術を獲得すれば彼ら側からの抑止力は増大する。次に核実験や潜水艦からの発射を目指し、より精度と技術向上を目指す事だろう。核不拡散は露崩壊後、テロリストに核が渡るかもしれないと言われたがテロ国家に渡ったのは間違い無い様だ。そして覇権拡大に余念の無い中国もカジノと証してウクライナから空母を購入し改修、コピー空母を作っている。核兵器に関しては軍事力の劣る国が補うべく核を導入するというのはフランスやインド、パキスタンを見れば分るが中国や北朝鮮も例外ではない。そして皮肉な事に冷戦構造の裏側、米露の端と思われる国から核や紛争の火種が上がっている。これは冷戦は未だ終結していない証でもあるがこれである程度の終結が見えてくるのは新たなテロ拡散の始まりなのかはやり方次第だろう。お隣の文は日韓トンネルを作ると発言し、徴用工個人賠償にも言及して無心外交に邁進しているが戦争が無いとも言及している。確かに朝韓全面戦争は無いだろうが紛争は起り得る。余りに戦争中に慣れてしまった南朝鮮の国民は麻痺した感覚から危機感が抱けていないようだ。しかし米露の残した問題は何も解決していない。そして問題解決には軍事行動が伴う可能性が非常に高い。不気味にも朝鮮半島に核兵器を使用し吹き飛ばせと言って更迭されたマッカーサーの亡霊が今でも彷徨っている。ただ地中爆発型の核弾頭になるが使用するかどうかはトランプとキム次第だろう。

投稿: 忍者 | 2017年8月18日 (金) 07時21分

石破先生

今晩は!!。
相変わらず残暑厳しい中、お盆には地元のこれまでお世話になった方への墓参も行われ、そして又テレビ出演へと多忙を極められ大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
小生も同郷の家内の実家の初盆などがあり、8月12日より16日迄お盆帰省致して居りました。その為今回は投稿が大変遅くなり失礼申し上げました。

鳥取の田舎へ行き、彼方此方に於いて政治の話となれば、現安倍政権の評判は大変悪く良いよいように言う人は誰れ一人も居りませんでした。安倍政権の進める日米安保政策は現在の国際情勢に居おいては止むを得ない所もあるものの、弱腰ではなく「もう少し近燐諸国(中国・北朝鮮・韓国)などとの無駄とも思える緊張を和らげるべきである」との意見を沢山聞きました。現在の安倍政権の進める基本外交は「眼には眼を、歯には歯」の敵対的意思が強く働いているのでは?と言うものです。

さて、読売新聞と早稲田大学現代政治経済研究所の共同世論調査によれば、安倍総理の直ぐに退陣希望が全体で23%あり、来年9月迄となれば、64%が安倍総理の3選を望まず、無党派層では直ぐに退陣希望が30%あり、来年9月迄には実に75%が3選を望まないと出ています。第3次安倍改造内閣も総理を始め麻生副総理、菅官房長官の留任があり、与党自民党の二階幹事長もそのままであり、新任の小野寺防衛大臣は日報問題に関しては「監察本部が徹底的に調査を行った」として再調査を拒否し、辞任した稲田氏についても参考人招致を拒否しています。そして、新任の石原外務大臣も何処まで本音発言が出るものか疑問も多く、安倍総理と距離を置く新任の野田総務大臣も閣内に取り込まれ、何処まで第3次安倍改造内閣のエネルギー源になれるものか?甚だ疑問と言わざるを得ません。このままでは、国民からの支持は益々凋落の一方を辿るばかりではないでしょうか?そうしている間にも小生が過日指摘しました、自民でもなく、民進でもなく維新でもない、第3の新党結成の動きが本格化して来るようです。そうなれば国民一人当たりの所得も増えず、アベノミクスにも失望していて、強引な政権運営に嫌気を感じている無党派層の受け皿となる事は必定であります。新党結成の動きが加速し、おそらく年内にも実現するものと拝察致します。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年8月18日 (金) 18時44分

  ≪対米隷従の安保(“国防”に非ず)≫2題
I. FT:Abe’s need for Trump’s defence promises shows crisis of faith https://goo.gl/6bN9ug
( Who is Leo Lewis:https://goo.gl/Nmof78 )
まあ、FTの秀逸なジャーナリストの警告だとは言え、事態がこの警告通りに推移すると決まっている道理もない。結局、何ごともなく♪♪好かった!善かった!♪♪と胸を撫で下ろせることになると期待する。俄かに暗澹とした気分に襲われる必要はないのですが‥。

然し、それは理屈の世界の話であって、人間の直感や直観が産み出す“暗澹”は止められるものではない。
然も、4年余りの間、愚者が、安倍晋三をMonkeyだ!と貶め、その一味に対し繰り返し投げ付けてきた不信任と平仄があっている。
更に、この警告は、個別的状況は違うが、石破さんが≪軍事同盟≫の一面として鳴らされてきた≪見捨てられるリスク≫への警鐘・警告とも軌を一にしているのだから、尚更である。
安倍Monkeyにとっての安保は、≪対米隷従の安保≫であって、軍事HardPowerによる国防だけは威勢が好いのだ。国家国民にとっては、最悪の政治権力者である証しだ、キッパリ!

II.先日の金正恩発言で国内が話題騒然の小島グアムをWikiで調べて、沖縄を連想してみる。
①日:https://goo.gl/xDvp6P 人口160千人。米国の海外領土。米連邦政府の管理地域。「自治基本法」により主権に制限されている。
②Eng:https://goo.gl/JxzPws US military maintains jurisdiction over its bases, approximately 29% of the total land area:
⇒グアムと沖縄との違いは様々だし大きいので、素人は比較し判断するのは困難であり間違いでもあるのですが、それでも素人が雑駁な比較からでも紡ぎ出せる≪仮説≫はある。
㋑グアムは公式に、沖縄は非公式に(寧ろ“陰湿、憲法違反、不条理”と言うべきか)‥と形式は違えど、軍関係では共に民主主義に制約がある。人々の痛みや怒りはどちらが大きいのか?
㋺沖縄は形式的に米国直轄地ではないが、軍関係では実質的に直轄地である。実質的に治外法権を強いられている沖縄の人々の苛酷さは、グアムより苛酷だろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月19日 (土) 10時37分

   ≪金正恩将軍様の土俵≫
拉致被害者の皆さんとご家族には不遜・不謹慎な言いようになるのですが、別の視点で、政治や外交に(更には交渉事全般に)おける≪土俵の大きさ≫の観点で愚見を申し上げますと‥:
日朝関係では数十年に亘り‥とは言え間歇的にでしかないが、北朝鮮は≪喉に刺さった小骨≫の如く痛みのタネを抱えていた。
然るに、昨今のミサイル、核弾頭、米国本土攻撃‥と云う金正恩将軍様の脅しが利いて、その≪喉に刺さった小骨≫が取れたわけではないが、誰も騒げなくなり、全く痛みがなくなった。

まあ、金正恩がそれを狙って、小骨よりも大きな骨を地域に向かって発射し、≪大きな土俵≫を設えた訳ではないことは明白だが、結果としては≪大きな土俵≫と同じ効果を享受している。
まあ、「戦略の過ちは作戦レベルは言うに及ばず、戦術でも正せる道理がない」の訓えの通り、金正恩はその狙いとは真逆に、己の
♪小さなお山の餓鬼大将♪と云う地位さえ奪われるのだろうが‥。
然もなければ、世界の人間の全てが、お天道様に見放されるw。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月19日 (土) 11時06分

【2+2の後で起きたパノン氏の解任】

 米国政府の対北朝鮮をめぐる意見は、2+2の開催前から割れていたのではないのかと思いますね。スティーブン・ケビン・バノン主席戦略官は、会議の始まる前日に『米ホワイトハウスのバノン首席戦略官兼上級顧問は16日公表された米左派系雑誌「アメリカン・プロスペクト」(電子版)とのインタビューで、北朝鮮情勢について「軍事的解決策はない」と述べ、北朝鮮の核放棄に向けて軍事力を行使する選択肢を否定した。』という発言を平気で行っていたことが判明している。

 2+2の基本的な考え方を共有していない人物が『主席戦略担当監兼上級顧問』をやっている事になるわけだから、米国政府の意思の統一がないと言われても仕方がない。
 2+2の会議はこの発言後の翌日に開催されたわけだ。
 17日の産経の記事では
『【ワシントン=加納宏幸】米政府は2プラス2で、同盟国防衛に責任を果たす決意を表明すると同時に、日本に一層の防衛努力を促す構えだ。北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射は米国民にも衝撃を与えているが、自国領、同盟国いずれへの攻撃も同じように米国の国益を損なう事態であると強調する。』そして、その日の午後の記事では
『【ワシントン=加納宏幸】北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射で国際社会への威嚇を続ける中で、17日に開かれた日米外務・防衛担当閣僚の安全保障協議委員会(2プラス2)で、米側は実際の緊急事態に対処できる米軍と自衛隊の調整に主眼を置いた。在日米軍再編計画についても、アジア太平洋地域の戦略環境の変化を反映させたい考えだ。・・・「米国と日本が変化する地域の安全保障環境にいかに反応するかの調整に焦点を当て、2国間の防衛協力を強化する」と米側の立場を強調した。また、閣僚間で「継続中の在日米軍再編を見直す」とも述べた。・・・・同盟国に国防費の増加や米軍駐留に関わる負担の強化を求めており、2プラス2では在日米軍駐留経費の日本側負担も議題となったもようだ。』

 金の話まで出てきているようだ。おそらく具体的な軍の再編事項などの話が盛り込まれているのだろうと推測してしまいますね。時期から考えても基本的な認識を今更のように述べる段階では遅すぎるわけです。
 それがあるからパノン氏の発言は、政権に与えるダメージが重大であります。
 我が国でも閣僚の発言が内閣の不一致と騒がれるように、大きな問題になったのだと思いますね。
 米国世論は北朝鮮の軍事行動とかの問題より人種問題に関心が高まっています。パノン氏は、この問題でも微妙な発言をしたことで政権内部の他の人々からパノン氏を解任しろという声が挙がっていたそうだ。
 パノン氏はトランプ大統領を擁護する発言をしていたらしい。これも産経の記事だが
『アクシオスによるとバノン氏は、南部バージニア州での白人至上主義者と反対派による衝突で、トランプ氏が人種差別を容認するかのような発言をしたことに対し、他のホワイトハウス高官が軒並み失望や嫌悪感を示したのに対し、バノン氏だけがトランプ氏の発言を全面支持した。・・・・トランプ氏はバノン氏について、自らの「中核的な支持基盤」である白人労働者層をつなぎ留めるカギと位置づけている。しかし、トランプ氏は一方で、ホワイトハウスの体制刷新のためケリー首席補佐官が起用されて以降、自らの地位が脅かされることを恐れたバノン氏が他の政権高官を中傷する情報を保守系メディアに流しているとの疑念を強めているとされる。

 ピーター・キング下院議員(共和党)は17日、「トランプ氏はバノン氏を解任すべきだ」と訴えた。』

 内ゲバのような闘争劇が政権内部にあると分析しているように見えます。安定しているというにはほど遠い環境ではありませんか?
 この状態では北朝鮮及びシナ帝国に向けた外交ができるのか怪しみますね。

 9月まで、十日ほどしかありませんね。9月9日がXDAYではないかと観測する人や9月11日ではないかと予想する人まで出てきています。はっきりしていることはこのまま放置すれば米国のどこかに着弾する核ミサイルを見ることになります。それは今年の年末か来年になるかの辺りまで迫ってきているという話である。今動かないと大変なことになると米軍関係者は認識していますね。
 同じ認識はホワイトハウスでは8月16日には持ち合わせていなかった人がいたという事実。そこに大きな落とし穴があったよう気がします。
 まあ、1枚岩の政権というのはどこの国にもないのかもわかりません。発覚して良かったのかどうか? 難しい話です。

投稿: 旗 | 2017年8月20日 (日) 01時47分

時事放談を視聴させて頂きました。

石破先生の発言には根拠があるので、お話を聞いていて本当にワクワクします。希望が湧きます。

「何となく、そんな感じがします」的な論調とは全く比べ物になりません。

石破先生にお願いしたい事があります。

①現在の少子化対策では、人口減少に全く歯止めが掛かっていません。人口減少を人口増加にⅤ字回復できる政策をお願い致します。

②現在の税制改革は、概ね増税改革だと思うのですが、社会保障目的税の消費税でも社会保障(社会福祉)を口実に税金を無駄に垂れ流しています。税金の無駄遣いを減らしたり、無駄な行政機関を減らす等の行政改革を行う事で、減税するぐらいの政策をお願い致します。

③上記の①②に関連する話になりますが、現在の国民健康保険料(税)制度では、高所得者優遇制度になっていると思います。国民健康保険料(税)には上限額が設定されている事から、所得金額や家族構成によっては負担率は大きく変わります。ちなみに、私は個人事業主で妻は専業者で、合計して年の所得は約400万~500万になります。子どもが3人の5人家族です。私の自治体では国民健康保険料(税)の負担率は約15%前後となります。(年間納付額は約85万~87万です)しかし、国民健康保険料(税)には上限額(89万)が設定されている事から、高所得者の負担率は10%を切る事になります。この様な制度では、子どもは少ない方が得になりますし、高所得者になれば得ができる事になります。この様な制度には問題があると思います。例えば、中所得者でも高所得者でも負担率は同じにする等の抜本的な改革が必要ではないかと思います。
このまま、保険料(税)の上限額を上げていく様な政策では、中所得者は負担率が増え続ける一方で、経済的に窮乏してしまいます。
どうか、高所得者優遇でもなく、中所得者優遇でもない政策をお願い致します。

石破先生を応援しています。

投稿: まる | 2017年8月20日 (日) 07時19分

   ≪Bannon Bazooka≫2題
①FT:Bannon goes on offensive after White House ousting https://goo.gl/xZxLgV 
ありゃりゃ!トランプGorillaはこれまた大きな尻尾を切りましたね。トランプは尻尾の積りはなかったろうが(そんな粗末な人物眼ではなかろう)、下半身を全部切り捨てたのではないか。
内政面での人気挽回策なのだが、これで”トランプGorilla”が存続できるのか?と云う気がします。トランプは♪勝手連♪、または♪陰の側近?♪として温存するような気がしますが‥。
少しは‥暫くは‥米国の政治が善い方向に向かうのだろうが、それがいつまで続くのやら、どんな改善幅になるのやら。Gorillaフラダンス政治にならないか。

②毎日【バノン氏、政権外から支援 「トランプ氏敵と戦争」https://goo.gl/3dXRHs ①自由の身になって再び武器に手にしている。相手を破壊する ②我々が勝利した『トランプ政権』は既にない。(成り行き次第では)トランプ攻撃も辞さない姿勢を示した】
⇒そうでしょうねえ。切りだされて大きな尻尾から大きな角を囃しているし、元々そんな逞しい(?)ご仁ですからねえ。
Gorillaの腰が確っかり座っていても大いに困るのですが、腰がふらついてフラダンスを踊られると、特にこのご時世、世界が忽ち厄災に飲み込まれるのだが‥。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月20日 (日) 09時52分

   ≪北欧の教養や叡智≫
ForAffairs::Making Government Smarter https://goo.gl/xN32TZ 
"When the stakes are this high, efficiency in pending becomes a moral imperative"
この記事は発展途上国を想定しているようですが、先進国でもSmarterであることやHigh Stakesを設けることが、好循環を起動する秘訣であり仕掛けなのだと思う。それでこそ瀕死の規範も生き返るのだと。暗愚や安直な課題設定は人を怠くさせる。
そんな価値のある“好循環スイッチ”を押し、その成果を広い範囲と様々な分野に♪トリクルダウン♪させるのは、政治家にしかできない。仮令、♪この国民にしてこの政治家♪などと卑やしい(卑怯卑劣な)逃げ口上で責任転嫁されても、有権者である国民には、自明で様々な理由でそれが出来ないのだ。

真っ当な政治家が主導すれば、一時的に一部に強烈な抵抗はあっても、悪賢いモグラも素直にその軍門に下る。それが≪モグラ≫の限界であり宿命なのだから。その一角が崩せれば、モグラらと強固に結託していた既得権益集団も、早晩(Yes or Noの問題ではなく、Whenの問題として)、消え去りはしないが、弱体化する。

それにしても、この見識に富んだ論説者の如く、GDPPerCapitaが高い(日本のほゞ3倍)北欧諸国の教養や叡智には学ぶことが多いですねえ。世界中が、AmongOthers、トランプGorillaや安倍Monkeyなど≪動物園の猛獣≫に牛耳られているのに、彼の地域は殆ど猛獣とは無縁でいることと無関係ではないではないだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月20日 (日) 09時54分

   ≪学而不思則罔 思而不学則殆≫
毎日【石破氏:国税庁の佐川長官を批判 就任会見行わずhttps://goo.gl/V9mJ83 森友学園問題で財務省担当局長だったのを念頭に「報道が偏見だと言うなら、本人が疑惑を払拭し、税金を払って戴けるようにするのが役割だ」】 
⇒御意!石破さん、よくぞ仰って戴きました、ぺこり。人が人たらんとして、自らを律するにはこの厳しさが欠かせないのだと。
然もないと‥と云うか、その厳しさがない連中が多いのが現実だから、政策の正当性などに関して、真摯に語ることもできないし、国民を説得することもできない。≪説明責任≫などと云う瞞しに逃げ込む。然も、薄っ平らで≪説明にならない言葉≫を羅列することしかできない。挙句に、食言詭弁強弁(有態には全てが嘘)を弄して、真実を隠蔽し、騙すしかない‥と云う悪循環。

逆に言えば、厳しく自律し、お天道様が定められた規範に立脚することが、政治家や行政官など公職に仕える公人には当たり前の資質であり教養であり責務なのだと。≪責任≫などと云う偏頗なものではない。現実の連中は目を覆うばかりに無惨であり酷い。
知識があっても教養がない。見識がない。規範意識もない。お頭は優れているCleverなのだが人間の心Humanityがないから聡明賢明Wiseではない。
孔子の言「学而不思則罔 思而不学則殆」は、真にこの連中を指して「罔く殆い」と断じているのだ。安倍Monkeyとその一味を筆頭にして、【重職を授くれば、必ず邦家を覆すものゆゑ、決して上には立てられぬ】(南洲遺訓)のだ。

因みに、石破さんのこのご発言を報じているのは、有力5紙(ネットベース)の中では毎日しかない。毎日新聞は頑張ってますね。
(蛇の足)この毎日新聞の写真の石破さんは非常に善い表情をされていますね。きりっ!締っていて、人間として(“猿に非ず”を含意)のレベルの高さが浮き彫りになっていて惚れ惚れするw。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月20日 (日) 09時54分

石破先生

今晩は!!。
旧のお盆が過ぎて、さすがに夕方より朝方にかけては涼しくなりましたが、日中の残暑は連日35℃前後もあり、日射しは肌を刺すほどであります。
このような異常気象の中でも、石破先生に於かれましては地方選挙の応援に、講演にテレビ出演にと多忙を極められ、大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
今回は第三次安倍改造内閣の石原新外務大臣と小野寺新防衛大臣のアメリカ訪問とアメリカティラーソン国務長官、マティス国防長官による「2プラス2会談」について述べてみたいと存じます。

8月17日に行いました会談では北朝鮮による核ミサイル開発に向けて、更なる圧力を掛けて行く事の合意の他に、中国による東シナ海への進出、尖閣への挑発に於いても日米の揺るぎない安保体制の堅持により、相互に防衛に取り組むと約束しました。そして、我が国自身も自国で出来る事として、イージス、アショアなる地上固定型のミサイル防衛基地の建設を行うとアメリカに提案発表致しました。国内に2基配備すれば概ね我が国全体をカバー出来るとしていて、建設費もイージス艦1隻建造よりかなり安く建設出来、来年度予算に計上後5年後には配備すると言うものです。又従来我が国のイージス艦はアメリカのトマホークのような巡行ミサイルではなかったものを、この機会にトマホークをアメリカより購入配備するとも伝えられています。

先般北朝鮮はアメリカ、グアムへの周囲に巡行ミサイルを撃ち込むと予告し、アメリカトランプ大統領と激しい挑発合戦となりました。しかし緊張感がピークに差し掛かったと見るや、北朝鮮は「アメリカの出方を注目する」として少し矛先を収めました。しかし、北朝鮮は如何なる条件であっても核ミサイル開発は継続するとして居り、緊張感は少し和らいだとは言え、相変わらずその言動による危機は去ったとはとても言えません。北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過しグアムへ撃ち込まれれば、新安保体制の「我が国の存立危機となるのか?」との議論も盛んとなり、果ては北朝鮮そのものへの策源地攻撃も自衛権の延長線上にあり、可能などと議論の俎上に乗るようになりました。

確かに北朝鮮は予測不可能な行動ながら、結局目的としている所は「核兵器保有国として国際的に認められ、核の抑止力を背景とした自国防衛を目指していて、現在の米・英・仏・中国・ロシア・インド・パキスタン・イスラエルなどと同じレベルまで引き上げたいようであります。
21世紀の現代に於いて核兵器を使用すれば、相互に被害が及び戦争の勝ち負けは無く、核兵器は兵器としての用は為さなくなって来ていると云われています。しかも先ほど述べました大国と言われる国は核兵器を保有し、その力によって他国へ覇権と軍事プレゼンスを行っている現状では、北朝鮮のみを非難するばかりでは国際的に説得力に欠けるというものではないでしょうか?今年の国連核兵器使用禁止条約にもこれらの核兵器保有国は参加せず、唯一被爆国の我が国日でさえ、その会議さへも参加しないとは欺瞞そのものと言われて仕方のない所ではないでしょうか?広島市長は記念式典に於いて「核兵器は絶対悪であると」と断言し、長崎市長も同じように述べています。

勿論我が国の、領土・領空・領海、国民の身体・生命・財産に危害が及ぶ事は絶対避けなければならず、北朝鮮の暴挙に対しては絶えず充分な配慮をすべき事は言うまでもない事ながら、最近の我が国日本の基本的外交方針は国際的緊張緩和ではなく、アメリカの尻馬に乗っているようにも思われ、その辺りを大変憂慮するものであります。過去にもよく言われていましたが「戦争を始める時には同時に終戦もセットで熟慮すべき」とはよく言われた事であります。「北朝鮮へ圧力を」と聞くばかりですが、「どうすれば話し合いでの解決が探れるのか?」との我が国の方針が全くと言って良いほど見えて来ず、その辺りを大変懸念しています。
お隣韓国文大統領は、国民に対し韓国の了承無しに北朝鮮を独自に攻撃しないとアメリカと約束が出来たと発表し、国民の不安を押さえようとしています。翻って我が国安倍政権は対中国、対北朝鮮問題に於いて国民の不安を煽るばかりであります。
安倍総理は過去に世界をまたぐ外交をとして、60数か国廻り、経済援助や開発援助などを行って来たにも係わらず、拉致問題、北方領土返還問題は何処へやら飛んで行ってしまっています。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年8月20日 (日) 20時59分

【大日本帝国憲法もまた、改正するのが難しい憲法であった】

 現行憲法の改正について考える事は、我が国の現状に照らした憲法であってほしいという希望があるからです。今ある憲法は以前の憲法と全く関係のない処から作られたという経緯は、はっきりしていますが、その問題は別のこととと見て、旧憲法で生じた問題を考えるとき、この旧憲法もまた、第73条にあるような改正手続きの条文があっても、それを使って改正されることが終になかったという点に問題があるような気がしますね。
 憲法施行後に於いて、憲法改正するという行為自体が、我が国民にとって初めての体験になります。まあ、そう云う事もあるので大変な作業なのかもわかりません。

 旧憲法には内閣の規定と内閣総理大臣の規定とかはなかった。考えてみればこれが我が国の進路を決める上で大きな失敗になっていたような気がします。内閣の規定がないのに、第11条には陸海軍の立場を強調した扱いを書いている。旧軍はそこに目をつけて内閣を脅迫する材料にしてしまったようだ。現役の将官を大臣に充てるというような規定も旧憲法にはない。軍を巡る騒動があってあとから政府の有力者(元老)が憲法に書かずに作った特例の様な規定である。そして、それが軍による内閣への脅迫手段にも応用されるようになる。憲法にない事項を利用して官僚が暴走したという事です。
 そしてそれを押さえることが出来なかった。憲法上に全く既定のない内閣が無力であることを晒すことになったわけです。
 明治大正昭和のある時期まで維新の功臣的な元老が生きながらえていたので軍に意見する人がいた。それで、憲法の改正など考えなくて済んだのかもわかりません。まあ、見通しの甘い政治家ばかりがいたのかもわかりません。旧憲法で問題になったのは第11条の統帥権だけのように見えるのは、今の第9条と同じような印象を受けます。
 内閣の一員たる軍部大臣を現役武官でないとだめと言い出したことで、内閣をいつでも倒閣させる力を得た軍部の暴走を見ることになります。統帥権は天皇の直属であるという事と、軍部大臣も内閣の一員であるという主張はかなりおかしい内容になっています。
 内閣の外に軍部があるような主張をして軍部大臣を現役将官でないとだめと規定をし、内閣にその現役将官を参加させないというのは、軍が最初から政権を握っていると知らしめることになっているわけですがそれを軍人も政治家も奇異に思わなかったのだろうか?
 天皇の直属の機関が政治に口をはさむことを最初から認めてしまっていますね。そこが大きな失敗のような印象を受けます。天皇の命令のみに従う機関の代表者を内閣に大臣として参加させるのは可笑しい話である。
 最初から内閣に従う気がないと表明しているような連中を大臣にする意味が解りません。内閣の立場が憲法にないからできたことですね。

 憲法の改正という作業は、ある条文だけ仇のように採り上げても改正された姿になるのかどうかわかりませんね。
 軍部の暴走を押さえるのは内閣の仕事であったと思うのですが憲法にその姿が記されなかった。おそらく、政党とかの云うがままにならない様な備えがあったのかもわかりませんが、それは結局大きな間違いであったという事になりますね。こういう失敗もまた教訓に生かしてほしいものだ。権力を行使する機関に曖昧な処があってはならないという事になる。内閣の立場とかもしっかり条文に記すことが愚答ですね。何が出来て何ができないのかについて明確にすることですね。

投稿: 旗 | 2017年8月21日 (月) 02時31分

米国の考え、又政策で歴史の方向が変わったり、決まったりする事は過去に何度もある。トランプが台湾総統と電話会談し、台湾への関与に言及しただけでも世界が驚いた。そして台湾への武器供与、売却でも中国は反発したが米軍の台湾駐留という話もチラホラ聞こえてくる。ここで大事なのは台湾の意志だが独立や中国との一体化を嫌ったのはサービス協定で学生が反発したのがその表れでもある。しかしそれとは逆に抗日軍事パレードに朴が出席し、世界を驚かしたが日米の力や経済力が弱まり、中国が台頭して来ていた当時、韓国が事大主義丸出しで中国に擦り寄ったのは偶然ではないし彼らの計算だ。そして文大統領も親北丸出しで擦り寄るだけでなく、国民も北朝鮮からの工作に何の疑念も無く、受け入れている事を考えると相当共産寄りな反米、反日の意志が見て取れる。在韓米軍は引き上げで南下準備だけでなく、軍事統制権引渡し放棄も早くしたいと打診していた。ここでも韓国側は韓国の指揮下に米軍を置きたいとの考えを示したが米軍側は許可するだけの信頼を得ない同盟国に不信を隠してもいない。つまり韓国を見捨て米軍撤退だけでなく、親北主導の統一政権が出来ないとも限らないという事だ。米国にどの様な考えや意志を伝えるかは今後の国の方向を与えるので重要だ。鳩山政権下で沖縄は反米の選択を示したが政府側はそれを認めなかったのは賢明だ。その後、米軍との関係修復や防衛費増大も米国側には日本が日米強化だけでなく、対中露、又は対南北朝鮮が鮮明になる事を示唆している証でもあるからだ。日本がそういう意志を示して米側も尖閣や有事の際に日本側に100%つくと言えるのであって、意志が振ら付いている様だと米国側も意志を示せない。これは国と国との関係だけでなく、国民と政治家の関係でも同じだ。国民が朝日を潰せ、朝鮮総連に制裁を加え、朝鮮学校に税金を入れない判決を支持し、不法な在日犯罪者を追い返し、外国人参政権を認めず、二重国籍議員に辞職を求める強い意志を示さないと政治家も判断や決断がフラフラする。だからこういう場を借りて国民が意志を示す事は大事だし、日本も少しずつ変わりつつある。最近ではNHKに税金を入れないとか、受信料廃止の答弁があった様だが当然だろう。国民もこういう動きに支持を示す事で意志を反映する事だ。そうしないと政治家も動けないし、何時までもフラフラする。

投稿: 忍者 | 2017年8月21日 (月) 07時30分

   ≪社会全体のレベルを引き上げる≫
毎日:ベランダ喫煙、被害者の会登録急増 https://goo.gl/RteS7z 
⇒社会全体のレベルを引き上げると云う観点で捉えると‥、喫煙者に求めるべきは、法律や条例など国家権力を裏付けにした政治的圧力で縛るのではなくて、≪住居や歩行中の隣人≫に迷惑を掛けないなど、他者が抱く負の想いに気を配り、自省し、自制するモラルを鍛えることだと思います。それが広い範囲で好循環を生むと。
喫煙に止まらず、様々な社会生活の場面で、例えば最近話題の歩きスマホや自動車運転スマホなど、人々のモラルを鍛え高めることが≪真っ当な大人創り≫となり、社会全体のレベルを引き上げることに繋がる。換言すればこれも≪人財創り、人への投資≫ですね。法律や条例にもその効果はゼロではないが、背面で結果として露れる効き目でしかない。
そもそも、須らく、法律や条例で社会を善くすると云う発想自体が、そしてそんな発想しか持てない連中(例えばどんな連中?w)は視野が狭いし思考が浅いんだと思います。

私も然りですが(多分w)、喫煙を続けておられる石破さんには決してそんな懸念がないことが明らかな証拠ですw。
嫌煙派の皆さんは、規制強化を云々するだけではなく、逆に、石破さんを表彰すれば好いんですよ。♪高いモラルと見識を備えた≪次期内閣総理大臣≫♪として‥。安倍Monkeyとの違いが際立って、優れた政治的メッセージ(“政局”に非ず)になる。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月21日 (月) 10時16分

【 トランプ政権 正念場 】

トランプ米大統領が 昨年の米大統領選当選の立役者とも言われる


バノン首席戦略官・上級顧問を 2017.8.19 解任した。


政権発足時の 側近メンバーは、


ロシアとの政権発足前の事前接触で追求、辞任に追い込まれた


フリン補佐官。


政権内の方向性の食い違いから、辞任に至ったとされる


スパイサー報道官。


オバマケア代替案の頓挫の責任を取らされ、更迭に至ったとされる


プリーバズ首席補佐官。


そして、今回の バノンと 軒並み、失職している。

これを受けて、トランプ政権を 危ぶむ声があるが、


勿論、それは一理あるが そうとも言い切れないと 考えている。


--


トランプは、ヒラリーとの決戦において、


「 ポリティカル・コレクトネス 疲れ 」の米国民に対し、


ある意味、本音を訴え 米国を分断するかのような 対立軸を敢えて鮮明にし、


その結果、選挙戦のルールも幸いして 辛うじてヒラリーに勝利した。

つまり、選挙戦のような ”攻撃”による差別化が より重要な場合、


バノン首席戦略官の様な 過激な思想が それを強力に後押しした。


米国を分断しようがしまいが 選挙戦に勝つことが、まず最優先されたからだ。

--


だが、大統領になってみれば、


今度は、選挙戦のようには行かない。


本音のパフォーマンスで、差別化を図り、米国を分断するような真似は 国益上、許されない。


米国大統領は 文字通り、


アメリカ合衆国(United States of America)を United( 団結・統合 )させねばならない。


そのためには、米国分断の原因となる バノンを筆頭とする


選挙戦において 功績のあった 過激な側近を切るかしかない。

つまり、自身のポジションを、政権のポジションを 「選挙戦用」から、「政権運営用」に 切り替える必要がある。


そのためには、非情にならざるを得ない。


--


かって、前漢の高祖(劉邦)が 中国大陸を統一した際、


それまで功績のあった武臣である 韓信・彭越・英布を 粛清に至っている。


乱世の時代に 功績を挙げた 高級幹部は、


平時において 政権にとって、その実力がため、危険な存在とみなされるからだ。

歴史を振り返れば、政権奪取して 短期間の間に 政権の中枢を入れ替える至った トランプ政権は、


今後、安定期に入るかどうか 分からない。


というのは、前漢の高祖は 英布討伐の際の 負傷が元で 後に死に至ったからだ。


これを今後の、トランプ政権に当てはめるならば、


”政治上の死”。


つまり、マティスに代表される ベンタゴン(国防族)に下支えされた ペンス副大統領らの”傀儡”と


トランプはなる 可能性を秘めているかもしれない。


--


一ついえることは 北朝鮮問題が 今後、トランプ政権にとって 大きな試金石となることだ。


北朝鮮について、”軍事的な解決策は無い”と言い切った バノンを切ったことは、


北朝鮮問題が トランプ政権の浮揚、そして 分断の危機にさらされる 米国をUnited( 団結・統合 )する上で、


貴重なカードとなる ことを暗示しているのではないか?

投稿: ぴっぽー | 2017年8月21日 (月) 21時50分

私は 子育ても終わった 平凡な 兼業主婦です

長男家族が アメリカに留学したのを 期に海外の ニュースを 観るようになり 又発展途上国の留学生の 友達も 沢山出来 ました
が 驚いた事は
彼らは本当に 世界の 歴史を勉強してると いうことです 彼等に感化され
この歳に なり 初めて 世界で 起きた戦争の 背景など を子供と 話したり留学生から教えてもらったりしています

国を担う首相が どれだけ冷静に
且つ 国民に 解りやすく 国防の 重要性
そして 過去の 歴史の 流れ 間違い 等々日本の 置かれてる状況や その他全てに置いて 説明出来るか

野党の 良いところは 認め 尚且つ 最も賢明な 選択が 出来る政治家 それは 石破さんしか
今は 思い浮かびません

私は 無党派ですが
どうか 今の日本の 為に 最後の政治生命を かけて
石破さんが 理想と する
日本に 導いて 下さい
安倍さんは説得力 と 冷静さに 欠けています
ペンネーム お酒だいすきさん

投稿: 島鈴子 | 2017年8月22日 (火) 01時19分

【シナ帝国人民軍から第2の彭徳懐が表れるのかどうか? 】

 朝鮮戦争はシナ帝国人民軍の参戦があって、大きく変わった。彼等が参戦しなければ戦争は休戦ではなく終戦になっていたと思いますね。彭徳懐の果たした役割は余計なことをしたと云う以上の大きな成果を北朝鮮に与えてしまった。この戦争に途中から参戦して国連軍相手に主力軍となって戦ったのは紛れもなくシナ帝国軍である。
 彭徳懐は、この戦争をどのように認識していたのかについてや、金日成をどう見ていたのかについての記録が残っているらしい。WIKIに記載されている。
『1950年10月、ソ連と北朝鮮からの応援要請を受けて政治局拡大会議が開かれた。建国間もなしで国力も不充分な状態で参戦できるのかとの声に、彭徳懐は「解放戦争の勝利が数年伸びたつもりでやればよい。今参戦しないと、アメリカに鴨緑江と台湾に張り付かれ、いつでも我が国への侵略を開始するための口実を与えることになる。」と述べ、ここに中国の朝鮮戦争参戦が決まった。1950年10月下旬、中国人民志願軍司令官となった彭徳懐は金日成に面談し、「この戦争は私とマッカーサーのものだ。貴下の口出しする余地はない。私が人民解放軍、八路軍副司令官の時、貴下は抗日東北連軍の師長にすぎなかったではないのか。」と一喝して、金日成の拙劣な戦争指揮を糾弾し、中朝連合司令部を組織して主導権を握った。』

 彭徳懐は、はっきりものを云う男である。朝鮮戦争後の母国での大躍進政策を見て、毛沢東に向かって、はっきりものを言ったそうだ。その結果、軍における地位を解任され、文化大革命では半身不随になるまで痛めつけられ非人間的な扱いを受けたまま癌になり治療の機会も受けられることがないまま殺された。
 彼の相手をしたのは国連軍司令官ダグラス・マッカーサー、マシュー・バンカー・リッジウェイ、マーク・ウェイン・クラークである。
 休戦協定に署名があるのはマーク・ウェイン・クラーク将軍と彭徳懐である。シナ帝国と米国の戦争だという認識があったことを示すような証拠と言ってもいいですね。

 彭徳懐という人はシナ人にあっては非常に稀な軍人なのです。普通は日中戦争の時の南京攻略戦で見られたようにシナ軍の司令官は平気で敵前逃亡をやります。ところが彭徳懐は、最後までしぶとく前線で指揮した軍人なのですよ。金日成も北朝鮮から逃亡している戦争なんですね。昨年7月、南スーダンで起きた規模のやや大きい暴動でシナ軍のPKO部隊が武器を捨てて総員敵前逃亡した話がありますね。彼等シナ軍の伝統は今もあるという事です。
 相手をする立場の当事国である韓国軍の無様な様子はマシュー・バンカー・リッジウェイ将軍が著書で明らかにしたように師団ごと敵前逃亡するやる気のない韓国軍の姿が何度も出てきます。
 彭徳懐の行動が異様に際立ちます。

 なぜこの人を採り上げたのかと云えば2回目の朝鮮戦争が、勃発するかもわかりませんね。その際問題になるのはシナ軍の動きですね。彭徳懐のような根性のある指揮官が出てくるのかどうかですね。
 まあ、こればかりはどうなるものか解りません。
 シナ人は逃げるのが普通と認識されている軍隊であるそうだ。旧陸軍の人々の話にはあたりまえの様に登場するようです。
 韓国軍と北朝鮮軍だけの戦いになれば、はっきりとした決着がつき、周辺国に迷惑がかかることもないと思いますね。

 トランプ大統領は昨年の4月選挙戦の最中に「凶暴な指導者を阻止するため、2万6千人の在韓米軍兵士が北朝鮮と韓国の間の休戦ライン付近に配置されているが、我々はこれによって何かを得られているのか。金を無駄にしているだけだ。我々は韓国を守っているが、税金を払う米国民に返ってくるものはない」とはっきり言っている。この認識に変化がなければ、北朝鮮のミサイルと核兵器の除去さえ成功すれば。米軍の撤退が起きるという事になると思いますね。米国は北朝鮮を葬るつもりは微塵もないようにも思えます。あの兵器の存在だけですね。そして、それはシナ帝国の利益とも一致するように見えますね。北朝鮮のミサイルは北京の方角を向いているという噂もある。


 彭徳懐のような軍人は出て来てほしくないですね。それは東アジアの平和を考える上で障害になりますね。 

投稿: 旗 | 2017年8月22日 (火) 03時03分

【 これは、想定外。事故の背景が知りたいですね 】

> 米海軍、全艦船の運用停止…相次ぐ重大事故受け


8/21(月) 22:01配信 読売新聞


【ワシントン=黒見周平、バンコク=大重真弓】


シンガポール沖のマラッカ海峡で21日午前6時24分(日本時間)頃、

米海軍のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインが リベリア船籍のタンカーと衝突した。

 乗組員10人が行方不明となり、5人が負傷した。

 イージス艦の事故発生は 2か月で2件目で、米海軍は相次ぐ重大事故を受け、

艦船全ての運用を一時停止して 安全点検を行い再発防止を徹底する方針だ。

投稿: ぴっぽー | 2017年8月22日 (火) 06時49分

    ≪鈴木幸一節に想う 2題≫
日経-鈴木幸一さん:パワー競争時代に https://goo.gl/1qKUWJ 
①【シリコンバレーでも中国でも「ゆとり第一」を推奨しているIT企業など見たことがない】
⇒鈴木さんの目は透徹している。この景色は、経営トップの広く深く永い視座で眺めれば当然に見える景色なのでしょう。多くの日本企業では、平社員や管理職の未熟で狭隘な感想やその場の思い付き(”意見未満のもの“を含意)に経営方針が振り回されていないか?
「目線の高さを合わせる」とは、ボトムの意見を聞く、その耳を持つ、無関心ではないことを指すのであって、経営陣がボトムの我儘や思い付きのレベルに下りることではない。TVなどが学生や若者にインタビューで、不満や社会問題を語らせているが、そんなメディアは何がやりたいのか?社会を一層未熟なものにしたいのか?

②【パワー競争】はスポーツのみならず国家の安全保障にも当て嵌まる。21世紀の安全保障ではマッチョで威勢の好いHardPowerを従とし、智的で物静かなSoftPowerを主とし、その両方を備えたSmartPowerの≪創造的構築≫が求められている。
野球の様なチームプレーは、選手も監督も基本的なレベルでSmartPowerを目指しつつも、現実的には役割分担して、選手はHardPowerを、監督はSoftPowerを鍛えて強くなる。その点、個人でやるゴルフなどでは、特に試合中はShotもCourse Managementも全部自分一人でやるルールになっている。役割分担できないから困難なスポーツでしょうね。

安全保障で役割分担と言えば‥、軍事HardPowerの中にも制服組と智的であるべき背広組(文官)が分担している。肝心なのはその文官がより広深永な視座から最後の決を断ずること。然し、日本は数年前に、文官の側(当時の表面上の代表は中谷元)が好き好んで、大切なその♪文官統制♪を崩し、対等な関係にして仕舞った。≪智的な文官、SoftPower≫が、制服組のみならず狭浅短さが宿命である庶民大衆の熱狂に押されて、押し切られるのが落ちだろう。
更に、より大きな景色を描けば、外交部門がSoftPowerを発揮する組織だが、我が日本国の外務省は、戦前戦中戦後の歴史を眺めても、≪威勢のいい≫軍事HardPower論を煽るのがお好きらしい。
≪伏魔殿≫は棲人の属性のみならず、その謂いも含むだろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月22日 (火) 14時26分

   ≪Japan Forward≫
会社概要:https://japan-forward.com/who-is-managing/ 
News Site:https://japan-forward.com/
件んの海外の日本研究者が集まる意見交換のネット場でも話題になっているんですが、これは3Kの手で新設された≪安倍Monkey政権の海外向け英文広報別動隊≫ですね(設立:今年1月)。
トップニューズをいくつか眺めましたが(読むに堪えないので“読む”に非ずw)、真に、永田町と大手町連合の大本営発表と猿芝居の舞台です。ロゴマークも、尻が真っ赤っかです(大嗤)。
JapanTimesの購読収入は外務省関係組織に少なからず依存しているらしいが、このJapanForwardの会員会費や購読収入if applicableは、直接か間接かに係わりなく、最後の尻は内閣の官房機密費から出すのか?(嗤)
(蛇の足)民主党政権時代は、その官房機密費の透明化が俎板の上に乗せられていました。あれはあれで遣り過ぎでしたが、安倍Monkey自民党政権になって俎板から下された‥どころか完全に闇の底に葬られちゃってます。猿芝居が遣りたい放題ですね。
世事は何事に選らず、100%も0%も異常なのだと思うのです。官房機密費の透明化も、喫煙規制も‥(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月22日 (火) 14時33分

来月、『資本論』150年記念シンポジウムが都内で開かれるということで、報告者の一人の松井暁専修大学教授のレジュメが既にネットに公開されていますので、それを読んでいきます。「社会主義社会では市場経済と同様の自己労働に基づく所有ないし自己所有権原理によって労働が規定されているのに対し共産主義社会ではこの原理から解放されている…マルクスは疎外の四っつの規定を演繹した。①労働生産物からの疎外②労働からの疎外③類的本質からの疎外④人間からの疎外。①は搾取論の観点から労働者が自らの生産物を所有出来ないことという説明が多いが、労働者が生産した物が労働者を抑圧する状況も疎外は意味する。③は人間の共同的本質として理解すべきだ」(松井暁「人間本質としての労働と『資本論』における労働日の短縮」)。ここまでは、高校「倫理」で資料に使えそうです。ただ③は、教育学方面での「搾取のシステムに対抗するには、私たちの連帯・ネットワークが不可欠だ。労働者は連帯することで資本に対抗してきたが、連携し情報交換しつつ実行される消費行動もまた、消費者を守るのみならず、環境や労働者に配慮した製品の生産や生産方法を企業に動機づけ、社会改善を促す力を持つ」(越智康詞「マネー社会と子どもたち」『児童心理』2017年6月、71巻、8号、9頁)に照らすと、経済理論が生活協同組合の普及に資していることがわかってきます。さて、松井教授は「生産量の増大は資本主義社会が終焉する時点で既に共産主義社会を実現するのに十分な次元に達しており、しかも自然環境問題を悪化させるに及んでいる。よってさらなる生産量の増大は不要かつ不適切であろう」(松井op.cit.)と結論されています。高校「政経」資料にハロッド・ドーマ成長モデルを挙げて、両論併記にするのが良いだろうというのが率直な私の意見です。

投稿: ぱす | 2017年8月22日 (火) 23時43分

【7月の訪日客268万人】

 ロイターの記事にあった。
『観光庁は16日、7月に日本を訪れた外国人旅行者が前年同月比16・8%増の推計268万1500人で、月間過去最多を更新したと発表した。格安航空会社(LCC)の増便などで、韓国が44・1%増の64万4千人となったことが後押しした。1~7月累計は前年同期比17・3%増の1643万8800人で、昨年の年間2403万9千人を上回るペースとなっている。』

 観光庁が発表した資料報道なのだが、数字を挙げることで我が国の観光収入がどうなっているのかまでは解りません。この数字が増えているというのはおそらく儲かっているのだろうと思わせる効果があるのだろうと思います。シナ帝国からの観光客などは一頃、爆買い等と呼ばれる異常な消費行動が記事になったりしていましたが今はそれもないという分析も他のメデアの報道で知ることになります。シナ人は組織的に我が国の土地を購入している疑いがあるとして櫻井よしこさんなどは政府に警告を盛んに発しておられますね。これはこれで、シナ人の異常な消費行動と呼べるのかもわかりません。彼等が我が国に頻繁に訪れるのは我が国の土地を簒奪する狙いもあるのではないかと思います。怖いですね。

 まあ、それはともかく、訪日外国人のりピーター率が50%以上だと手放しで喜ぶ記事がありました。記事自体は2016年12月のものですが内容が楽観的過ぎるので心配してしまいますね。
  KKベストセラーズとか言う出版社のサイト記事です。
 最近よく見かける我が国礼賛記事の一つのような印象も受けます。魅力が多いのでリピーター率が57%もあるのだと言いきっています。そういう単純なものの見方でいいのだろうかという不安もありますね。なぜかというと先進国の観光地というのは政情の不安な処があったりテロとの戦いで、旅行客が巻き込まれているという現実があります。
 我が国に観光客が増えているのは、難民を欧米とかに比較しても受け付けることが少ないという事でテロを目的にした人々の流入を阻止していると思われている可能性もありますね。
 我が国は2011年に巨大地震に遭遇したのにかかわらず訪日外国人が驚異的に伸びています。あの地震で我が国の国民に対する評価が出来上がったことが、プラスになっているとしか思えませんね。世界中の人々から寄せられた寄付金は、我が国を心配してくれる人々の好意です。大きな感謝の気持ちを表すことがあって、さらに我が国国民に興味を持っていただけるようになったのではないかと思ってしまいます。それは大きなきっかけですね。
 政府は4000万人の訪日客の獲得を目指しているとのことのようですが問題は1回のテロ事件の発生で、絵に描いた餅になってしまう危険があると思いますね。それに向けた備えとかはどうなっているのか誰にもわかりません。反日民族がすぐそばにいて明らかにテロ事件を引き起こそうとしていることもはっきりしています。その反日国からの訪問客が異常に増えているのは大きな心配の種にならないのだろうかと心配してしまいますね。
 現に反日民族の手で靖国神社のトイレに爆弾が仕掛けられたという事実もありますね。あの事件などは仮に他の訪日観光客が巻き込まれて怪我でもしていたら大変な事態になったと思いますね。

 反日民族は誰なのかはっきりしているわけですから受け入れることにも注意を払う事が必要になってくるのではないでしょうか? ありもしない妄想で映画を作り犯罪を目論む加害者の増産を組織的に増やそうとしている事実があります。こういう事が大きな心配ですね。
 我が国の国土を買いあさるシナ人なども規制の対象にして頂きものです。

投稿: 旗 | 2017年8月23日 (水) 01時48分

【報道しない自由の我が国のメデアが書かない記事】

 ロシアのスプートニクにその記事はあった。
『日本で地下核シェルターの需要が急上昇』という記事である。ほんとうなのか?

 『危機感は非常に強く、日本での地下核シェルターの需要は数倍に増加。懸念の高まりは、今年4月に安倍首相が参院外交防衛委員会で、北朝鮮がミサイル弾頭に有毒ガスのサリンを付ける可能性があると述べた後に加速した。・・・・地下シェルターの需要急上昇について、1962年から防災・核シェルター設計・施行を行う織部精機製作所(兵庫県神戸市)が証拠を挙げた。当編集部の独占インタビューに対し、前社長で広報担当である織部信子氏が断言するところ、需要を引きおこしたのは北朝鮮の脅威を目の前にした日本人の危機感に他ならない。・・・今年の核シェルターの契約数は、北朝鮮のミサイル発射を受けて、昨年の売上比の26倍になった。シェルターには安全に2週間滞在することが可能だが、水や食料は前もって自身で備蓄しておく必要がある。2週間とは、核爆発後に外の世界の放射線量が最大時の1000分の1になり、外出が可能になる基準の期間だ。シェルター内にはスイスからの換気装置が搭載されており、放射線だけでなく、サリンを含むあらゆる毒物をろ過することができる。換気装置は、電気水道が壊れた場合を想定して、人力でも機能するようになっている。同製作所のシェルターは爆風に耐えるだけでなく、1200度までの高温に耐えるという。』

 我が国のメデアはあてにならないという見本がここにありますね。こういう細かい話を取材するのはいつも外国のメデアなのだ。現実に何が起きているのかを知ることが必要です。そしてそれは妄想であってはいけませんね。『報道しない自由』の怖いところは
何が起きているのかを知らずに無駄に時間を浪費させてしまう処にある。我が国のメデアは国民を不幸にするのが目的なのだろうと思ったほうがいいですね。

 危機感を持つのは、今の時代にあっては無駄な事ではありませんね。しかし、この核シェルターも『今年の契約数が増加したとは言え、世界基準では少ない部類に入ると嘆息する。核シェルターの日本における普及率はわずか0.02%なのだ。』

 我が国のマスゴミは関心がない。それがこういう結果になっているのだろう。

投稿: 旗 | 2017年8月23日 (水) 02時11分

【米国の宝くじ】

 ロイターの記事である。
『[ニューヨーク 19日 ロイター] - 賞金額が5億3500万ドル(約583億円)に膨らんでいた米宝くじ「パワーボール」の抽選が19日に行われたが当選者が出ず、賞金額は約6億5000万ドル(約708億円)に達している。
 25年におよぶパワーボール史上、2番目の額。6月10日を最後に当選者が出ていない。過去最高だったのは2016年1月の約16億ドルで、この時は3人当選者が出て分け合った。

次回の抽選は23日に予定されている。』

 日本時間で云えば24日が抽選日になるのだそうだ。700億円である。人生を狂わせる人が誕生するのかもわかりませんね。まあ、それも夢のような出来事です。

 先週末にあった第951回TOTOくじは、6400円も使って3等に運よく当たりましたが、賞金はなんと!! 1270円なんですね。当選本数が7660口も出てしまった結果ですね。まあ、3試合の得点を予想する totoGOAL3 くじで1等を当てたので気が楽になりました。それでも1等賞金は25658円、これには自動的に2等賞金5口も付いてきてくれるので+6750円にはなります。合計で32408円ですね。この金額では人生は狂いませんね。

  まあ、それはともかく、本日は米国で大変な騒ぎになってくじ売り場が賑うのでしょうか? 北朝鮮の事など忘れてしまう日になるのかもわかりませんね。700億円の賞金がかかったくじというのは史上2番目の金額なのだそうです。気の緩みというか、隙が出るアブナイ1日なのかもわかりませんね。

 危険なくじです。

投稿: 旗 | 2017年8月23日 (水) 03時34分

【北朝鮮は韓国に向けた発言をしなくなった。それはなぜか? 】

 韓国の大統領が就任して100日を経過したのが今月の17日なのだそうだ。気にも留めていなかったが、大統領の記者会見などがあったらしい。

 北朝鮮はこの大統領が決まってから、韓国政府を批判したりする声明とかを聞く頻度が少なくなっているような印象を受けますね。文大統領は、この100日記者会見の前の15日の記者会見では開城のことをわざわざ持ち出して対話に向けた発言までしており、17日には北朝鮮を攻撃するには韓国の許可がいるというような頭のおかしい発言までして北朝鮮を庇うような発言をする。しかし、北朝鮮はそれらに応えるような声明その他が全くない。相手にされていないと思うのだが韓国は、それについてはマスゴミも含めて指摘をしないので不気味である。
21日には22日から始まる米韓軍事演習に関して北朝鮮の非難が記事になっていたが、ロイター他を見ても米国を脅迫する様な内容の非難だけで韓国に触れたところがない。当事国があっての共同軍事演習なのに米国だけが非難されている記事というのも不気味な印象を受けます。韓国は全く相手にされていないのではないか?

 これらからわかるのは、従来にもあった金王朝の生存がメインであるという事は容易に想像がつきます。朝鮮半島を統一するというのは、もしかするとどちらの側の政府も関心が低くなっているのかもわかりません。相手の政府に向かって何かを言うという事が北朝鮮の態度を見ても前大統領の時は噛みつくような発言が頻発していたようだが大統領が変わってからは、その種の発言が消えたように思いますね。それは北朝鮮にとってどのような理由があるのかと考えてしまいますね。左派寄りの大統領という事実だけでこうなったのか? 或は、密約が出来ているからこうなったのか? 憶測を呼ぶことがないのが不思議である。その憶測をマスゴミが採り上げることもタブーになっているのだろうか?

 はっきり言えるのは、北朝鮮を攻撃するには韓国の許可が必要だと言い切った辺りにこの大統領は戻ってこれない処に勝手に入り込んだと思ってしまいますね。

米国政府もまた今月になってから韓国のことについては小言を言わなくなりました。貿易関係の話でケチをつけるだけですね。今軍事演習をしていますので、トランプ大統領は静観しているような印象を受けます。韓国政府を相手にしていないのではありませんか?

 文大統領の発言に反応していませんね。
そこが不気味ですらありますね。
 しかし、北朝鮮は河野外相に対話を持ちかけたというニュースがありましたね。韓国の呼びかけには関心を示さず、非核化しか言っていない我が国の外務大臣には関心を見せるという意味が謎です。


 韓国はシナ帝国からも相手にされていません。文大統領はロシアを訪問するというニュースがありましたが何を話しするのか謎ですね。北朝鮮のミサイルのエンジンはロシア製なのはばれている。米国政府が23日に発表した追加の経済制裁にはそのロシア製のエンジンを北朝鮮に横流ししたと見られる協力者が個別に制裁対象になっています。
 文大統領は、いったい何がしたいのだろう?
 日経ビジネスの鈴置氏も22日の記事で、文大統領は北朝鮮と共闘する道を選んだようだと語っていますね。それは自滅なのではないかと思ってしまいますね。
 北朝鮮からは相手にされていないのに共闘するという事が可能なのか疑います。奇妙な話です。

 米国の方針は北朝鮮からミサイルと核兵器を除去することですね。それ以外のことは何もない。それさえ終了すれば朝鮮半島から撤退するのではありませんか? 
 在日米軍基地さえあれば何も問題がないように見えますね。シナ帝国を説得させるために朝鮮半島からの撤退が条件になっているのかもわかりませんね。そしてそれをシナ帝国も了解しているのかもわかりません。根拠になるような記事が一つもありませんがシナ帝国を動かすにはそれしかないような気がしますね。アチソンラインを認めることにしたのかもわかりませんね。8月以降米国政府が韓国に物を言わなくなったことなどはシナとの密約があるような気がしてしまいますね。そしてその密約は北朝鮮も知っているのかもわかりません。北朝鮮の態度の変化には何か理由がありそうです。
 韓国の立場は、誰が決定するのかという事が大きな問題になるような気がしますね。

  韓国は見捨てられているのではありませんか?

投稿: 旗 | 2017年8月24日 (木) 02時35分

   ≪猛獣園vs人間の国≫
日経-丹羽宇一郎さん【民主主義の仮面 https://goo.gl/Uv8ZKA 】
丹羽さんのこの♪広深永で、当たり前の、民主主義論♪に対して‥、
今の日本は、それを理解する能力がない、無知に無知で無恥故に、耳が痛くて、蓋をするしかない‥、のみならず、私情に駆られて、暴走するだけの、政治権力者を担いでいる。沖縄の惨状を思い起こすまでもない、日本中にその無智に犯されている。
そんな安倍Monkeyを神輿に担いでいる狭浅短で歪んだ者もいるが、そこまでではなくても、お優しく(?)思考停止した庶民大衆は、強制された訳でもないのに、笑顔を作り、握手を求めているのだから、担いでいることに変わりはない。
仮面の脈略で言えば、≪人型の猿≫は、≪人間のお面を被ったMonkey≫の謂いである。丹羽さんの秘めて語られないが、その実、声を大に叫びたい想いは、海の向こうではGorillaやWild BearやDragonもScorpionなど猛獣園の態だが、先ず肝心なのは足元の自分の国日本を≪人間の国≫にするべきだ!と云う一点だろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月24日 (木) 09時08分

池田信夫:http://agora-web.jp/archives/2027904.html 
【憲法を守ったら戦争に巻き込まれない】は明らかにプロパガンダだが、同時に、≪あの安保法制なら日本が平和になる≫も明らかにプロパガンダですよね。プロパガンダは左にも右にもある。
解は、「左側の平和ボケ」が主張するところにはない。
同じく「右端の平和ボケ」が主張するところにもない。
鵜呑みの鵜をやるのはご法度、自分のお頭で複雑に考えよ!‥と云う話。≪猿≫の嘘八百を鵜呑みにするのは、≪人間≫としては最悪だ!‥と云う話。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月24日 (木) 09時15分

【組織の腐敗事件】

 官僚組織というものは必ず腐敗するという見本ですね。米海軍の一連の艦艇衝突事件の裏に腐った軍人の行動が隠れているかのような記事がありました。
 時事通信の記事です。
『横須賀基地(神奈川県)に拠点を置く米海軍第7艦隊で相次ぐイージス艦事故をめぐっては、部隊の規律の緩みがあると指摘する声も出ている。
 第7艦隊に勤務中、外国の軍需業者から賄賂を受け取ったとして、同艦隊の元幹部らが摘発される汚職事件も発覚している。海軍は指揮官を含め同艦隊に事故を誘発する構造的な問題がないか調査するとみられる。
 第7艦隊の規律の「異変」の兆しは6月17日にフィッツジェラルドが衝突事故を起こす前からあった。海軍や米軍準機関紙「星条旗新聞」(電子版)などによると、同月8日、横須賀基地配備のイージス艦「シャイロー」の男性乗組員が沖縄東方海上で行方不明になり、第7艦隊は海上に転落したとみて捜索を開始。付近にいた海上自衛隊も協力し、捜索は50時間以上に及んだが発見できなかった。

 しかし、不明から1週間後にシャイロー艦内にいたことが判明。発見されないよう潜んでいたといい、海軍は任務放棄の疑いで調べている。日本政府関係者は「人命に関わることなので迅速に協力したが、規律はどうなっているのかと心配になった」と打ち明ける。』

『米司法省などによると、第7艦隊の指揮艦「ブルーリッジ」や空母に勤務した経験がある元情報将校、幹部らが賄賂の見返りに、同艦隊の運用に関する機密情報をシンガポールを拠点にする軍需業者に漏らした汚職容疑で今年3月に訴追されている。幹部らは豪華な接待を受けたり、売春婦を手配されたりしていた。』
 
 第7艦隊は司令官を解任したと23日に公表している。司令官の解任で問題は解決するものなのかどうか? 長い時間をかけて腐敗していったと思います。総員の入れ替えをするぐらいのことがないと難しいのではありませんか? 他国の軍隊のことではありますが今というこの時期にこれでは、思いやられますね。我が国の自衛隊もまた朱に交わるような体制になって久しいので、かなり腐っているのではありませんか?
 官僚組織の腐敗は隠蔽工作があるので簡単に見つかるはずがない。隠れた天下り事業で有名になった文部科学省も、根が深かったようです。彼等は絶対に腐敗します。100%ですね。間違いなく腐敗をする組織ですね。常時監視が必要です。

投稿: 旗 | 2017年8月24日 (木) 23時40分

貴方のサポーターも大変ですね。
朝日や毎日、時事通信だけでなく、何の信頼度もないあのTV朝日の報道まで持ち出して安倍叩きなんですから…。こうでもしないと精神がやられてしまうのでしょうか?不満があるなら、直接facebookで言えば良いモノを…、って貴方自身がマスコミに向かってしか言わないのに、サポーターが言う訳がないですね。仲間内だけでネチネチ陰口を叩くのがやり口なんですよね。討論すると、必ず論点を変えるんですよね。って、そのやり口は民進党かと思いましたよ。

総理の座なんて、何の見込みもないのにお疲れさまです。

投稿: 吉法師 | 2017年8月25日 (金) 07時12分

   ≪“石破総理”と“小泉進次郎総理”の間≫
NYT:Taro Kono Sees Unity With Trump, Pressure on N. Korea https://nyti.ms/2vq2mft Kono said continued pressure, not dialogue, is what is needed now to get it to abandon its nuclear weapons program.
河野外相殿、だらしないですねえ。未だに≪ごまめ≫のまま。それはそのまま獅子でも虎でも豹でもなく小人であるとの謂いです。
戦術や作戦のレベルで♪Continued Pressure♪を掛けるのは軍事HardPowerの発想で容易に思い付くし実行可能なのだが、戦略レベルに属する♪Dialogue♪に勝ち抜くことは、「大きな土俵」に立つことも、広深永な智慧を絞り出す賢明さも、「知彼知己百戰不殆。不知彼不知己毎戰必殆(孫子)」を実践することも、その胆力も、お頭ではなく骨の髄に浸み込んでいることも、全てが揃っていなければ、できることではない。伏魔殿で温々と快適さ(快楽?)を貪っている悪賢いモグラに弄ばれていてはできることではない。
そもそも、口先でどんなに威勢の好い綺麗ごとを言っても、安倍晋三の内閣に取り込まれた時点で、今のこの姿は洞察できていた。
それ以前にも、麻生太郎の派閥に入った時点で予想もできた。

安倍Monkeyが、北朝鮮は勿論中国さえも、要人が誰も着座してじっくりと会ってはくれないのだから‥致し方ないのかな?
また、その結果として、日本が増々米国に隷従を深化させているのも致し方がないのかな?それが≪日米同盟の深化≫なのか!怒!
更に、”大海の鮫”の常として、また石破さんが屡々警告されている通り軍事同盟の宿命として、大国(米国)が隷従する国から離反する(裏切る?)事態は、日本がお得意の≪想定外≫なのかな?その爾後に、相手の大国を非難しても威勢を張っても≪後の祭り≫だ。
以上のことは、単純な河野太郎さん批判ではなく、日本人には珍しく、群れに紛れない、皆なで赤信号を渡ることを厭う、自分の頭で考える、稀有な日本の政治家だから期待しているんです‥、
“石破総理”と“小泉進次郎総理”の間にね(ニッコリ)。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月25日 (金) 08時46分

    ≪肝心なのは客観的事実≫
朝日【小池知事、関東大震災朝鮮人犠牲者への追悼文取り止め  https://goo.gl/1PJdk9 反論:天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なる。一緒に追悼するからという説明には納得できない】
⇒ふむ。ご尤もな反論であり異議だと思いますね。
都建設局に限らず、霞が関など官僚の作文は往々にして思慮が狭浅短なもの。小池知事は広深永な視点から最終決断をする責務を負っているのだが、その広深永さ説明できるのか‥。要注目。
その説明の中には、♪被害が齎した痛みは、加害者は直ぐに忘れる。が、被害者側はいつまでも忘れはしない♪事実が深く認識されているのか?
相手側が様々に執念深くまた傘に懸ってきていると云う現実はあるが、日本に肝心なのは、単に永い時間が経過したとか、天災と人災の被害を一括りにするのが事務合理的だとか‥、人間の情を木で括るような乱暴な判断ではないことを願う。
過去のその長い時間経過の中で、心の籠らない追悼の作文ではなく、どれだけ心からなる追悼の意を捧げたか、深い反省の意が被害者側に伝わっているかと云う客観的事実だろう。

投稿: 小倉摯門 | 2017年8月25日 (金) 09時05分

大好きな石破先生、いつもお疲れ様です。
打倒!!阿部政権!

投稿: 佐々木久美江 | 2017年8月25日 (金) 09時41分

石破先生、お疲れ様です🍵
九州の火山活動と、東北の大雨被害と、日本は自然災害が続きますね。10月中旬頃に次の地震の予測が出ています。このような状況での政権交代は心配もあるのですが、先日見た夢では、民進党の代表が前原氏になれば、彼に任せても大丈夫だと、誰かが知らせてくれました。私は前原氏のことはよく知らないので、何とも言えませんが...🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年8月25日 (金) 11時53分

石破先生、軍関係のトピックがありましたのでお聞きしたいことがあります。

自衛隊は今現在定員割れの状況と認識しています。また、更に将来的な人口動態、軍事地理学上の国土形態等より私は国土防衛の先行きに一抹の懸念を抱いております。

先日とあるコミュニティサイトにて、外国の特殊部隊予備役の人間が日本は外人部隊を創設しないのか。創設するのであれば応募をしたいと話しておりました。
彼曰く日本の高齢化事情、また世界中の特殊部隊予備役リソース活用と言う観点から日本は外人部隊の創設を積極的に検討すべきではとの事でした。

日本国、日本人に忠誠を誓い、日本の国土防衛に従事する外人部隊というものを私も早いうちに検討を開始すべきではと感じております。

現行法では諸々問題もあるとは思いますが石破先生は如何にお考えでしょうか。

投稿: まあべらす | 2017年8月25日 (金) 20時39分

タイムマシンで30年前に戻れるとしたら、
石破さんは「国鉄分割民営化」をどうデザインされましたか?

鉄道は、人間でいうと「血管」だと思います。
どんどん切っていくと、部分が壊死し、やがて全体に及んでいくように思うのです。

コアな鉄道愛好家の石破さん!!

日本のためにも、JR北海道が生命力を取り戻せるようご尽力をお願致します。
明日の「後援会」のご成功をお祈りしています。

投稿: 金星 ☆ | 2017年8月29日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65647731

この記事へのトラックバック一覧です: お初盆参りなど:

« 内閣人事局制度など | トップページ | 長島忠美先生ご逝去など »