« ニュークリア・シェアリングなど | トップページ | 産経新聞に掲載されました »

2017年9月15日 (金)

抑止力の向上など

 石破 茂 です。
 本日7時前に北朝鮮がミサイルを発射した際の報道の混乱ぶりはよく理解が出来ません。
 NHKニュースは政府の発表として「ミサイルが午前7時4分頃、日本の領域に侵入し、午前7時6分頃、領域から出て、午前7時16分頃、襟裳岬の東およそ2000キロに落下した」と伝えました。
 「領域」とは領土・領海・領空の総称であるため、高度500キロ以下を飛翔したのかと思っていたら、その後の発表ではこれをはるかに上回る高度であったようで、我が国の国家主権の及ぶ「領域」も「領空」も侵犯はされていないはずです。
 細かいことのようですが、国家主権が侵犯されたか否かでその意味は全く異なるのであり、どうしてこのように基本的なことがあやふやのまま発表がなされたのでしょうか。本日の自民党の会議で政府はその誤りを認めましたが、何故、情報を伝えた防衛省も、受け取った内閣官房も、「領域」ではないことに全く気付かないままに発信してしまったのか。南スーダンの「戦闘」という日報の表現を巡って大混乱に陥ったことに対する反省が活かされていないのではないでしょうか。
 
 政府は午前7時にJアラートを通じて北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の道県に警報を伝え、当該道県では「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。建物の中、又は地下に避難してください」というアナウンスが流れたとのことですが、この時点ではすでに着弾地点は把握できているはずです。「着弾はしないが、デブリ(破片)が落ちる可能性がある」ということだったのでしょうか。それはどのような根拠によってその範囲を特定したのでしょうか。
 せっかく警報を発するのであれば、同時に国民にどのような状況であるかも可能な限り正確に伝えなければ、避難すべきか否かの判断がつきません。このようなことを繰り返していると、やがて国民の政府に対する信頼が失われることになるのではないかと強く危惧します。

 西欧諸国が冷戦時代、旧ソ連の核の現実的な脅威をどのように乗り切ったのかを検証し、応用しうる点は早急に整備しなくてはなりません。自国も核を保有した英・仏、自国に米国の核を配備した旧西ドイツ、ニュークリアシェアリング政策を採る現在のドイツ・ベルギー・イタリア・スペインなど。あるいは核シェルターを整備し、避難訓練を常時行ってきた北欧諸国やスイスなど。いずれも核抑止の実効性と国民保護を徹底させたからこそ、ヨーロッパにおいて冷戦に勝利し得たのであり、議論さえ行わない我が国との差は歴然としています。

 党の会議に出てみると、総じて官僚機構のここ最近の状況には極めて憂慮すべきものがありますが、本来優秀であるはずの彼らが問題先送り、その場凌ぎの体質になってしまったとすれば、それは明確な方向性を責任をもって提示しない我々にこそ問題があるはずです。官僚を難詰するのが我々の仕事なのではありません。

 週末は、16日土曜日がJA中央梨選果場訪問(午前9時・倉吉市秋喜)、鳥取ライオンズクラブ認証60周年式典・祝賀会(午前11時半・鳥取市内)、自民党鳥取1区支部東部地区支部長・幹事長会議(午後3時・同)、全管協自民党ちんたい支部鳥取県意見交換会(午後4時半・同)、どんどろけの会総会(午後7時・同)。この日は亡父の命日でもあり、墓参りにも行く予定です。
 17日日曜日は、石橋邑南町長、山中町会議長、州浜県議との意見交換会(午後2時・島根県邑智郡邑南町)、邑南町商工会青年部地方創生特別講演会で講演(午後3時・同)、町・商工会青年部関係者との夕食会(午後5時・同)という日程です。

 9月も半ばとなりました。ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« ニュークリア・シェアリングなど | トップページ | 産経新聞に掲載されました »

コメント

先生を支持しております。
石破の専門ですが、熟知の先生にもの申します。防衛情報としては、現状よりしさいに公表する事はまかりならぬと。
アラートについては、国民を守るなら、「続報に注意して下さい」、と添える事で致し方ないかと思います。
先生のブログですので、もっと思う様書かれたらいいと。
総理総裁を信じております。

投稿: 荒井和伸 | 2017年9月15日 (金) 19時42分

お疲れ様です

投稿: mr | 2017年9月15日 (金) 19時43分

 可能なら、核兵器は持たずに、日本国内への持ち込んでほしくないです。一方、北朝鮮のような国が隣に存在するのに、核に頼らずに国民の安全を確保できるようには思えません。核なしでも、年数人が拉致されるくらいで安全は保たれるかもしれません。でも、自分の家族が拉致されて、周りの人が安全だ、よかった、よかった、オリンピックを楽しむ、といった状況が耐え難いです。別に戦力をもって、経済を良くしようとも思わないですが、少なくとも、国際的なルールに基づいて、拉致被害者を救出したり、韓国の邦人を迅速に退避させることができるような体制を準備する必要があると思います。このためには9条改正する必要があるでしょうし、米軍基地や地位協定の解決につながっていくと考えます。
 石破さんには、抑止力の話を、自分の家族が拉致されないなどの身近な話から、どうつながるか、の話を聞きたいです。できれば、マスコミや SNS で広がっていけば最高です。

投稿: 社会保障から経済成長?! | 2017年9月15日 (金) 19時57分

いつも的確なお話し、すべて頷けます。優秀な官僚の話しですが、彼らも日本の国を少しでもよくしたいと希望に燃えて入省し、切磋琢磨の日々を過ごしてきたと思いますが、官僚にとって今は忖度、保身の時代のようです。政治家が人事の細部まで握っているとそうなるのだろうと思います。シッカリした民主主義の理論と信念を持たない者が力で従がわせようとすると、組織は硬直化してイエスマンだけになる。今の日本の官僚組織のように・・・。日本をどうするか等、喧々諤々議論でき政治家と対等に議論で出来る環境が官僚組織によみがえってほしいものです。

投稿: 永島幸範 | 2017年9月15日 (金) 20時31分

【 石破さん ”定義のお遊び”はともかく、 実際問題、今のこの危機、どう落としますか? 】


ハッキリ言いますが、「 北朝鮮のミサイルを 100%迎撃できる、阻止できる 」という確証・実績が無い状況下で、


高度が幾らだから、領空・領域を侵犯されてない などという ”定義のお遊び”は どうでもいい。


じゃ、領空・領域を侵犯された場合、


我が国は、きちんと警報を飛ばし、国民を避難させ 且つ、侵犯したミサイルを 迎撃できるのですか??????

--


肝心要の真実は、北が 我が国、日本を射程に収めた 核ミサイルを持っている・持ち始めている という現実でしょ。


そして、その現実に対し、” 他力本願 ”でしか 対処できない 我が国の現実。


--


如何に、(例えば)非核三原則が ファンタジーのあほ物語か 分かります。


我が国が、唯一の被爆国であるのは 事実ですが、


それが、なぜ 核兵器をもってはいけない などという馬鹿げた”制約”に結びつくのですか????

(もっと言えば、なぜ、敵基地攻撃ができないのか??)


私は 昔から このロジックが 全く理解できない。


これは、ロジック(合理)ではなく、センチメント(単なる感傷)に過ぎません。

現実の前には 全く無意味であるばかりか、危険ですらあります。

そこらへんの学生・主婦が そうしたセンチメントを根拠に、


非核三原則を、”感傷的に”唱えるのは、わかるとして、


リアリストであるべき、政治家がそれでは 国家は滅びますよ。


--


私の安全保障の定義は 単純明快です。


「 やれることは、全部やる。 少なくとも、検討のテーブルに載せる。 」です


制約(タブー)を持った国 と 制約(タブー)を持たない国が 戦えば、


勝つのは 後者であることは 自明の理です。

--


北は、まだミサイルに搭載できる 核爆弾の小型化に成功してない、


ICBMは まだ完成してない


だから、大丈夫なんだ みたいな論調が メディアに躍るたび、


私は不可解でなりませんでした。

北の意図は この20数年の騙しの実績で 自明の理であるにも 拘らず、


「 北に、核爆弾を搭載できる ICBMができるまで 国際社会は、お茶を濁して待とう 」と、


言わんばかりの論調が 理解不可能でした。

なぜ、待つのか?  なぜ、貴重な”時”を テロリスト国家に プレゼントするのか?

今、少しの勇気を発揮して、叩き潰せば この脅威は終わるのに と。


我が国は、(脅威に対する)対地攻撃の術を 自衛隊は持ってません


などと、いとも簡単に 白旗を揚げ 思考停止。

アメリカさん お願い。


トランプのツイッターに 一喜一憂しよう みたいな


我が国の 安全保障の術。

ま、貴方は 分かってる筈ですが・・・

投稿: ぴっぽー | 2017年9月15日 (金) 22時31分

Jアラート警報関するご意見は国民の多くが感じていると思われる違和感と相通じるものだと思います。対象地域も新潟、長野、群馬、栃木、茨城が入っているのに埼玉、千葉は含まれない
地図で色分けしてみると??という感じです。
首都圏を含めると騒ぎが大きくなるので外した?と勘繰りたくなります。
この様な興奮状態(煽られて?)で異を唱えることの難しさはあると思いますが大切なことです、もっと大声で発信し続けて下さい。

投稿: 内田一見 | 2017年9月15日 (金) 22時32分

何時もながらの的確なご指摘です。私を含めた多くの無知蒙昧の国民でも、国家の最高権力者であるマスコミの情報は無条件には信じなくなっていますけど、彼らは世論操作の力を持っているだけに、今後益々要注意ですね! 引き続き、注意喚起をお願い致します。台風が少しでもそれてくれる事を祈っています。

投稿: [E:#x20BB7]岡忠彦 | 2017年9月15日 (金) 22時46分

その通りだと思います。
2回目のJアラートでしたが、すでにまたか感があり、このまま続けば、狼少年になりかねません。むしろ危機感が薄れてしまいます。的確な情報の開示が望まれます。
そして結局、抑止力を一番理解し実行しているのは🇰🇵で、最貧国相手に🇺🇸は手も足も出せない状態ですね。

投稿: 鈴木淳平 | 2017年9月16日 (土) 00時17分

テロ国家が相手では、抑止力という概念すら通用しなくなって来たという事ですよね。

投稿: 軍師 | 2017年9月16日 (土) 00時44分

普段から国民の生命と財産を守ると機械的に発信しているので政府内でも日本がどのラインを超えたら迎撃するという明確な指示を示していない。常に答えを政治的な理由を基に示さないのでいざという時に混乱を来たすのが常であり、何時も訓練をしている様でも実は実践的な訓練を本気で考えている訳ではないというのが本音だろう。本気で生命と財産を守るというならミサイルがどの時点に来れば必ず撃ち落す体制を取り、迎撃する、その時破片が落ちようが着弾し爆発するより迎撃で受ける損害の方が正しい判断だと国民にも納得して貰える様に努力すべきである。破片が降る可能性があるから迎撃しないというのは馬鹿な論理だし、一発目は攻撃の意図が分らないから迎撃しないという議員もいたがこんな発言をする議員は辞めた方が良い。高度500km以下飛んだら迎撃する、着弾予想が日本、米国にあるなら迎撃すると明確にして対応すべきだ。そしてそれが模擬弾ならどう対応しどう発言するのか、実弾なら自衛権発動し次に何をするのかどうか、具体的に示すべきだと思う。国民が不安になるとか、政治的に持たないとか口実にすべきではなく、真摯にどうすべきか向き合うべきだ。石波氏も核を載せた艦船が寄航する事を認めるとか、領海にはいっているとか確認出来ない訳で意味が無く、抑止の観点から議論するというのは正論だろう。核兵器がどこにあるのか米国が情報を開示するはずもないし、戦略上開示する事も良くない。建前と被爆国だから議論してはいけないという左巻きの議員達は全ての事、具体的な安全保障の議論を封殺しているのであって国民も含め、議員達本人も愚民化政策に加担している。勿論、議員の中には具体的に議論をして次にどうするか対応している議員達もいるのは知っているが未だ一部の議員達に限られ政府内全体や国民全体で認識を共有している所迄行っていない。だから情報発信の段階で混乱し躓くのであり、統一見解や統一認識が図られていない。これは普段からこの様な議論を避けて来たツケであり、実践に近くなればなる程、現実との乖離を露呈してしまう。国民の防衛や安全保障に対する認識が低いので仕方が無いと言い訳したいだろうが国民に危機感を抱かせるかどうかも政府の仕事である。なぜなら現実に北朝鮮が核保有国になり、ミサイルが日本や米国に着弾しない保障は全くない。安保理決議を幾ら通過させても、石油禁輸制限しても中露韓は抜け道を探し石油や他の物資を支援するだろうし、北朝鮮も核開発は絶対に止めない。米国が日韓に犠牲が出ても攻撃をするか、米国人が亡くなっても攻撃する決断をしない限り北朝鮮を止める手立ては無い。そして北朝鮮が核を保有すれば日本や韓国でも核を保有するかどうか、米国の核を韓国や日本に配備するかどうか、様々な具体的な議論をせざるを得なくなる。もうそういう段階に入ってきているという事だろう。議論しないという訳にはいかない状況に迄なっている。未だ上空を飛んでいる模擬弾の内に議論だけでなく、迎撃や攻撃態勢を本気で考えるべきだろう。そうしないと東京の上空でミサイルや核兵器が爆発する事になる。

投稿: 忍者 | 2017年9月16日 (土) 06時22分

今度の北のICBMは日本の領域侵犯はしていないということで、北朝鮮も計算しているんだと思いました。狡猾で意外と手強いように思います。石破さんが言うように、備えについて十分な見直しが必要に思います。徹底的にやってほしいものです。

投稿: 小松雄司 | 2017年9月16日 (土) 08時45分

石破様、おはようございます。昨朝7時ごろJアラートが北海道でも鳴りました。着弾したら爆風でガラスが割れるので窓の近くにいないようにと警告していました。最近2度もそのような警報が出されました。テレビを見ても慌ただしい声が聞こえてくるので緊急事態かと慌てました。実際、危害が及びそうだった北海道民の声です。いつ、ミサイルが落下するかわからない状況にいると日本の防衛力の頼りなさ、シェルターや防空壕などの防衛施設のなさを身に沁みます。今後は、少しずつ整備していくことが大事だと感じました。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2017年9月16日 (土) 09時18分

アベノミ?スは曖昧な中傷で敵を潰せば良いと思っている。こんな輩に日本国のリーダーは任せられない。日本は米国の金魚の糞ではない。米中露他核大国が核実験をやりたい放題なのに、北朝鮮だけ止めろと言っても説得力を持たない。日本だけが唯一核実験禁止を主張出来る。核大国に実験禁止を調停し、北朝鮮に核実験禁止を迫り、米朝の橋渡しをするのが日本国の役割ではないか?米国本土は他国に蹂躙された経験はない故、トランプに米国本土に核爆弾が落ちるリスクを冒してでも北爆の度胸はない。北朝鮮は有史以来中国、米国と戦い続けた国。他国に蹂躙されても平気な手強い国。日本の出番です。アベノミ?スは外交下手で中韓露とも調整出来ない。

投稿: 磯嶋敏雄 | 2017年9月16日 (土) 09時40分

長距離ミサイルに対して日本は専守防衛、敵基地を攻撃できるようにならなければ、ミサイルを防ぐ事は困難、素人の私にも解ります。憲法改正が必要ですね。

投稿: 藤崎吉徳 | 2017年9月16日 (土) 10時40分

ゲル先生。
政府の対応に問題があるなら、指摘されるのも良いでしょう。
ですが、北朝鮮等に対して「与党が分裂している」という印象を与えませんか?
まあ次回以降、政府の対応が向上してくれると良いのは確かですが。

と言いつつ「非核三原則見直し」はいいと思います。
昨日の櫻井よしこさんの「言論TV」で、織田元空将が、厳しい表現ではありますが
「私は石破さんをどちらかと言えば評価しないが、『非核2.5原則』は評価する」
みたいなことを言っておられましたhappy02

「核シェアリング」は、自民党が野党の頃、知人の自民党員さんから「麻生政権でそういうことが検討されていた」みたいな話を聞きました。
選択肢としてアリだなあと思います。

投稿: hinomoto | 2017年9月16日 (土) 11時04分

戦後70年、アメリカに安全保障を頼りきってボヤ〜っと暮らしてきた日本国民と、歴史的な経緯から他国不信に凝り固まったスイス国民を同列に論じられても困りますね。
それに、そういう日本国民の有り様を良しとしてきたのは他ならぬアメリカと、終始アメリカの顔色をうかがい続けてきた自民党だということをお忘れなく。

官僚をのびのび活躍させたいなら内閣人事局やめないとダメでしょうね。でも、そうなれば官僚たちは今以上に省益と私益獲得に邁進しますよ。要するに人事というものは、人事権を行使する側の度量と、行使される側の矜持が絶妙なバランスを保った時にのみ、最大効果を生むということです。

核シェルターとかね、余程酔狂な金持ちか、妄想に近い危機感を持った人しか買いません、て。アメリカの歴史見てればわかります。それよりは、国土強靭化の名の下、南海トラフ対策も兼ねて、地下鉄の避難所化シェルター化、高速道路や主要幹線道路の補修、学校公民館等の補修をさせましょう。個人住宅も含め、車のガラスの様な割れても鋭利な破損状態にならない窓ガラスの普及率を上げましょう。その方が余程現実的ですよ。

投稿: 八幡氏子 | 2017年9月16日 (土) 12時36分

国連安保理が緊急会合を開こうとしている時に文大統領は北に800万ドルの支援をしようとしている。そして元鳩山総理はミサイルが飛んでこない環境を作る事だ、国民の平和を与える事だと語った。94年にミサイル攻撃が検討されカーター元大統領が北に行き支援したが結果は核開発を助けただけだった。北が韓国を攻撃する事は無いと平和ボケしている国民や北の工作に政権もやられ、全く機能していない国が隣にある。攻撃しないのならさっさと統一すれば良いがそれも出来ないし、北主導の政権が出来上がるだけの話だろう。左翼政権と言うのは結局、何もしない、対話と言いつつ具体案が何も無い、ただ支援して駄弁り相手に時間を与え、核開発だけでなく、軍事的な準備を十分させるだけの話だ。中国も返事だけで何もしないし、やっても影響が無い程度に誤魔化すだけだ。露は混乱や国際社会を尻目に儲け、漁夫の利を得ようとするだけだろう。戦略的忍耐は失敗し終わりだ、おまえらは物乞いの様だと言われるのもトランプの苛立ちを良く表している。トランプが韓国や日本を犠牲にしても軍事行動を起こすのか、何もせず駄弁りクラブの仲間入りするのかは彼の行動一つに掛かって来る事だろう。どちらが先に暴発し手を出すか?北にどう手をださせるか?金の財産を全て凍結し、石油全面禁輸して、中露を締め上げないと実現はしないが米国の本気度がこれから試される事だろう。

投稿: 忍者 | 2017年9月16日 (土) 15時58分

私も石破先生と同じくドイツのようにアメリカから核を借りてでも、この難局を乗り切ったほうがよいと思います。

投稿: 馬渕 敏 | 2017年9月16日 (土) 17時51分

毎日、ハードな政治活動お疲れ様です。小生も先生の意見に賛同いたします。備えあれば憂いなしと言われますように、北朝鮮のミサイル飛来に備えて、力を示すべきです。防御だけでは今や防ぐことは出来ません。目には目をで対処すべきです。よろしくお願いします。国民の生命、財産を守る政策を実施してください。一日でも早い、自衛隊強化策をお願いします。話で判るような北朝鮮ではありません。核保有をし、核には核を

投稿: 江邑岬 | 2017年9月16日 (土) 18時38分

ご意見は了解しました(⌒▽⌒)
もちろん政府と党本部にもご意見されたと思いますが。

投稿: 池田利次 | 2017年9月16日 (土) 18時45分

>政府は午前7時にJアラートを通じて北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、新潟、長野の道県に警報を伝え、当該道県では「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。建物の中、又は地下に避難してください」というアナウンスが流れたとのことですが、この時点ではすでに着弾地点は把握できているはずです。「着弾はしないが、デブリ(破片)が落ちる可能性がある」ということだったのでしょうか。

北朝鮮のミサイルの精度が気になるところです。
素人考えですが、(本来は日本の領空外を通過する起動のはずが)途中でミサイルのエンジンが故障・停止し、国内に落ちてくる可能性、というのも考えられませんか?
その可能性があったために、警報が発せられたのではないかと思います。
ミサイルエンジンが故障してからの警報では、とても避難が間に合わないでしょうからね。

警報は、空振りは許されても、見逃しは許されないものです。
ですから、警報を発した事自体は正しいことだと思います。

政府ができる限り正確な情報を提供しなければならないというのも御尤もですが、
同時に国民も、政府が発表する情報を正しく読み取り、正しく活用する方法を学んでいく必要があると思います。

投稿: 名無し | 2017年9月16日 (土) 21時01分

石破しげる様
お陰さまで今回のミサイル発射の件について正しい理解をする事が出来ました。
政治について、まして他国とのことなど、不勉強な私たちは正しく理解出来ず、間違った判断をする事は多いかと思います。どうぞ、今後も関心を持つ私どもに正しい情報と判断を伝えてください。よろしくお願い致します。

投稿: 佐々木栄 | 2017年9月16日 (土) 22時15分

ご賢察、さすがだと思います。
ポスト安倍と言われるのも解ります。
ご活躍、期待しています。頑張って下さい。

投稿: 西崎 和義 | 2017年9月16日 (土) 23時42分

確かに縦軸の行政機構では日本の「危機管理」に不安がありますね!

投稿: 山坂貞男 | 2017年9月16日 (土) 23時50分

石破先生の考え方が素晴らしく拝読しています。この「石破ブログ」を本にしないのでしょうか? 「逃げも隠れも誤魔化しもしない意見の持ち主」の思考の記録としての価値があると思います。石破先生に批判的な人たちの意見も併記すると、石破先生の意見の背景が浮かびあがるのではないでしょうか?

投稿: yn | 2017年9月17日 (日) 00時20分

Jアラートが頻繁に出されるたびに何もなかった。この事態が続けば我々はそれに反応しなくなるでしょうね。本当に正確な情報発信が望まれます。+先日のディーゼル運転関連の画像を待っていますよ。

投稿: 国防読者 | 2017年9月17日 (日) 00時33分

【 つれづれ 】

最近、改めて思うのは、

今の金正恩というより、先代の金正日の時代から、


北の核ミサイル開発への 傾注振りは顕著だったわけで、

で、それは これまで日本や欧米のメディアは

対米、対日、対韓 という側面で捉えてきた。

特に、対米でね。


今でも そうだ。


--

しかし、金正恩というより、特に 先代の金正日の時代から

北朝鮮の 核ミサイル開発の ”真の狙い”は

実は、「 対中 」だと思うね

つまり、歴史的にも長らく 朝鮮半島は 中国、ロシア、日本の 争奪の場として

殖民されてきた歴史があり、


今も、朝鮮半島に 最も影響を持つ国は チャイナであり、


その チャイナ共産党のくびきから、脱したいと、


要は、”真に”独立したいと 自我を覚えるのは 当然だと考える。

--


2012年4月の 中央日報等で 報ぜられた 金正日の遺訓を

改めて、思い出して頂きたい。


>  遺訓は「米国との心理的対決で必ず勝つこと」


「堂々と合法的な核保有国となり、米国の影響力を弱めて国際制裁を解除させ、経済発展のための対外的条件を用意すること」と書かれている。

この過程で6カ国協議を利用することにも言及した。

「6カ国協議を、われわれの核をなくす会議ではなく、われわれの核を認めて 核保有を全世界に公式化する会議にするべきであり、

制裁を解く会議にしなければならない」と強調した。


中国に対する二重の見方も登場する。

金正日は遺書で「歴史的にわれわれを最も苦しめた国が中国」とし

「中国は現在、われわれと最も近い国だが、今後、最も警戒すべき国となる可能性がある」と伝えた。

さらに「中国に利用されてはならない」と警告した。


--


又、チャイナと組んで、金正恩体制の転覆を図ったとされる 叔父の張成沢が処刑されたのも、


その周辺の北朝鮮の親中派も一掃されたのも、


チャイナからの”真の独立”を 秘めた主眼に置く 金正恩の姿勢の表れだし、

現に、習近平 と 金正恩の間は 非常に悪化してると 見られてます。

北朝鮮の金正恩政権は、「 対米 」を口実に 核ミサイル開発を傾注してますが、

真の狙いは 「 対中 」だと思いますね

チャイナの属国からの 真の自立、独立が 彼らの悲願でしょう。

面白くなってきましたね

投稿: ぴっぽー | 2017年9月17日 (日) 01時55分

石破さんの記事を見て唖然としました。こんな風に政府を批判して何の役に立つのか、判然としません。たとえ事実はそうであったとしても、ああいう書き方はないと思います。以前の石破さんはもっとかっこよくて、次期総理は石破さんかな。そう思った時期もあったのにがっかりしました。

投稿: misago chiyoko | 2017年9月17日 (日) 08時15分

台風の所為もあるのでしょうが、急に涼しくなってきました。石破さんには体調管理に一層ご留意戴き、ご活躍ご健闘を念じます。

    ≪今回の白眉(順不同。出番順w)≫
今週の石破さんのブログの白眉を並べてみました(ニッコリ)。
白眉①【「領域」とは領土・領海・領空の総称である‥】
この一文で愚者の疑問が解けましたw。今朝(9/15)のTVで≪あの宮家邦彦≫が、「政府が、領土でも領海でも領空でもなく“領域”と表現したのが興味深い」と言ってました。
外野にも直観的に、≪何が、何処が“興味深い”んだい?≫と疑問でしたが、安倍Monkey一味がカーテンの陰で練っている♪愚劣な方策(愚策)♪に提灯を点けていたのでしょう。Let’s See.How!w

白眉②【総じて官僚機構の最近の状況には極めて憂慮すべき‥】
官僚主導の政治にも、政治主導の政治にも、等しく善い面と悍ましい面が備わっていますからねえ。≪人型の猿≫を政治権力者に担いでいては、≪一事が万事≫、悍ましい面ばかりになるのが道理。
典型的には、今の≪人型の猿≫の下の≪内閣人事局制度≫では、真摯で健全で優秀な官僚ほど≪面従腹背≫し、政治権力者にも♪その登記上の女房♪にさえ忖度し、国益を害することも厭うまい。
真に、国家と国民にとって、【極めて憂慮すべき状況】だと。

但し、引用【建物の中、又は地下に避難してください‥このようなことを繰り返していると‥】以下の部分は、今の情報技術レベルでは、また人間の思考の狭浅短さでは、無いもの強請りに過ぎないと思う。寧ろ、学校現場で児童が始動されているダンゴムシのポーズを嗤い飛ばすことに余程に意味があるだろうと。大人の皮肉で言えば、あの指導は将来有為な児童子供らに、♪雉や駝鳥のポーズ、頭隠して尻隠さずのポーズ♪、同時に≪自分で勝手に考えるな!勝手に行動するな!≫、要は≪思考停止せよ!≫と強要しているに等しい。今の国民特に庶民大衆には、命じられるままに、古くは竹槍でB29に立ち向い、新しくはあの銃剣道を習う己を、嗤い飛ばす逞しさが欲しい。「上に政策あれば、下に対策あり」とはその謂いだ。

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月17日 (日) 11時27分

  ≪広深永vs狭浅短、土俵の大vs小≫
朝日【田中均氏、交渉経緯を語る https://goo.gl/62CSPW ①圧力か対話かという二択ではない ②圧力が恰も軍事的行動かの印象を与えるのは間違い ③拉致問題をそれだけで解決するのは難しい】
⇒我が意を得たり(ニッコリ)!素晴らしい田中さんの実像です。
交渉の場で、広深永に構える、大きな土俵に立つとはこのことだ。この田中さんの言葉の端々で、永田町の安倍Monkey一味や伏魔殿で生き残っている外務系悪賢いモグラらのお頭の貧相さ、即ち構えの狭さ浅さ短かさや土俵の小ささが強調されている。

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月17日 (日) 11時29分

    再び≪Gorilla ≒ Monkey≫
ロイター【トランプ氏が米国社会に組み入れた「ヘイトの潮流」 https://reut.rs/2f20OSZ 】
この記事の主役を安倍Monkeyに入れ代えても概ね該当しています。(トランプ)Gorillaと(安倍)Monkeyの違いがあるだけだ。
安倍Monkey一味は、日本会議を下水溝から地上に引き上げた。ネトウヨも生み出した。国内の民族差別やヘイトスピーチなどを、≪発言の自由≫を言い訳にして放置している。

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月17日 (日) 11時39分

抑止力の成果はどのように図るものでしょう?

「核抑止の実効性と国民保護を徹底させたからこそ、ヨーロッパにおいて冷戦に勝利」
と書かれていますが、私は冷戦状態になること自体が失策だと思っているし、それが長く続いた原因が抑止力合戦だと考えています。

ソ連は欧州の核抑止力に屈して敗北したのでしょうか?核ミサイルを撃ってもシェルターがあって無力だからと崩壊したのでしょうか?

仮に欧州に核がなかったら、ソ連は核を背景に軍事侵攻したのでしょうか?
核兵器を使ったでしょうか?
もしかしたらそれはあったかもしれませんが、なかったかもしれません。それは悪魔の証明です。その証明不可能な仮定を前提にして勝利したと思うなら、それは論理的ではないと思うのです。

現実にはアメリカが軍事オプションをテーブルに置くと言っているのに全く効いていない。
100年前であれば、アメリカが北朝鮮を焦土とすれば終わる話ですが、今はそんな時代ではありません。朝鮮人が何人死んでもかまわない、なんて時代ではありません。北朝鮮もそれを理解しているから止まらない。その手の抑止力が効いていない。

選択肢は多くないと思います。
しかし、軍事的な抑止力は少なくとも対北朝鮮については期待できないと考えます。

政治としては、物理的反撃力の強化よりも、情報力や経済力による圧力強化の方策に傾注してほしいと考えています。

投稿: 匿名111 | 2017年9月17日 (日) 11時56分

日々の活躍ご苦労様です。
69歳の年金受給者ですが、世界平和に思いを馳せております。
近ごろ世界平和提案書を作成しました。
国連本部で演説するつもりで。

一読していただければ幸せます。

「世界平和提案書」
https://plaza.rakuten.co.jp/chienowa/5018/
「ユーチューブ用」
https://www.youtube.com/watch?v=B0F-eObp8UA

投稿: マー坊 | 2017年9月17日 (日) 15時18分

石破 茂 先生。

かねてより,石破先生を応援している者です。

ついに,安倍首相が,9月28日の解散を決めたとの報道が出ています。

北朝鮮によるミサイルの脅威が高まり,かつ,自民党内の憲法議論も真っ最中のこの段階で,「今なら勝てる」というだけの解散。

このような解散に大義はあるのでしょうか?

真に国民のことを考えるのであれば,今はミサイルに対する備えや,党内で来るべき衆院選に向けた憲法論議を尽くすべき時期のはずです。

改憲を視野に入れるこの時期,党内の憲法草案も固まらずに,一体何を国民に問うというのでしょうか?

石破先生,ここで声を上げなければ,真に国民を想う政治家とは言えません。

このような「暴挙解散」を防ぐ,あるいは,「そのような解散を行う首相に反対する」というだけで,十分な大義です。

石破先生,先生に求めたいのは,新たな党の立ち上げです。
残念ながら,現在の自民党に,国民はもはや信を置けなくなっています。
自分たちの政権維持にしか興味がない,説明を避けることしか考えていない,そのような政党と対峙する,毅然とした正義の党の立ち上げを真に,真に願っております。

投稿: ある日本人 | 2017年9月17日 (日) 19時43分

北が繰り返し挑発行為を行い、慣れっこになってしまうのが一番危険ですね。
政府やマスコミがどう対処しても不満をいう人は必ずいます。

不倫をして遊んでいる議員さん達には即刻辞職して頂きたいです。

投稿: 一ファン一意見 | 2017年9月17日 (日) 21時10分

空の「領域」が高度500kmと明確な定義があるのに、それを確認せずに「領域」ではないのに「領域」と表現していたとするなら、なんとお粗末なことなのでしょうか。それもNHKがですか。。
また、北のミサイル発射に対する日本政府のドギマギ感は、滑稽な感すらあります。数十年前まで戦闘意欲満々で真珠湾に攻撃を仕掛けた大日本帝国が、ここまで変わるとはなかなか興味深いことです。戦争が無く平和な世界は、ほとんどの人が望む形ですが、わが国日本の官僚は、なんだか頼りなく、トホホな感じで残念です。今後の日本、いや世界もですが、ホント、カオス状態になりそうです。

投稿: 村上修 | 2017年9月17日 (日) 22時26分

石破先生

日々のご公務大変にお疲れ様でございます。

先日の北朝鮮のミサイル発射がきっかけで、以前先生がブログ内でお勧めになっていた論文「不拡散における誘因の欠如 -なぜ朝鮮半島は非核化しなかったのか- 渡邉武氏著」を拝読いたしました。重厚な内容でありましたので完読するのに思いのほか時間と労力がかかりましたが、大変興味深い内容でした。

ミサイル発射に対する米国主導の国際的批判を引き出し、それを自国の自主権への脅威として、その対抗措置として核実験を行うという戦略に、かの国がいかに巧妙で狡猾であるかを感じました。同時に、日本には単に国際世論を引き出して米朝の対立関係を煽るだけでなく、かの国の思惑を読み取ってその裏をかくような外交展開が必要とされているとも強く感じました。

普段は政局報道ばかりでうんざりすさせられるマスコミでしたが、Jアラートに関する各社報道はなかなか的を得ていたなと思います。つまり、短い文章の中に的確な指示を盛り込めていないということです。1秒でも早く伝えるためには、メールの表題も重要です。単に「政府発表」では、いかがなものでしょうか。

さらに重要なのは、こういった(準)有事に際してのみ、住民などを総動員して大規模に訓練をするのではなく(もちろんこれも重要ですが)、さらに大切なのは日頃、たとえば市町村の防災担当の方々が、こういった場合はどうする、ではこういった場合は、、、という想定を重ね、意見を交換し、万が一の場合の対応に関する合意を形成しておくことだと思います。

いろいろと思いのたけを書き込んでしまいましてすみません。先生のブログはいつもありがたく拝読しております。たとえ政府だろうと、与党内だろうと、違うことには違うのではないかとハッキリ物を申してくださる石破先生の言説には、一国民として大変励まされる思いです。
権謀実作渦巻く永田町のことは私には縁遠く、想像に難い部分がありますが、大変なご苦労をされているのではないかと拝察いたします。最近夜は特に冷え始めました。くれぐれも、ご自愛いただきたく存じます。

PS.
先日転寝をしたら(夢で)石破先生にお会いしました!ぜひ本物の石破先生にもお目にかかりたいです!
新潟5区の補選には応援にいらっしゃいますか?その時にぜひ、お目にかかりたいです!

投稿: よねおか | 2017年9月18日 (月) 00時58分

【15日のミサイル発射は北朝鮮の答えである】

 国連安保理における更なる北朝鮮に向けた制裁決議が全会一致で成った答えが、このミサイル発射である。彼等の行動は思った通りのことしかできなくなっている。彼等の行動の根底には小学生レベルの思考しかできない堪え性のない愚か者が、居座っているのが解る。

 今回のミサイル発射は米国も眺めていたようだ。これは、シナ帝国に行動のチャンスを与えたのではないかと思うのであるが、シナ帝国は何も行動を起こさなかった。シナ帝国もこのミサイル発射については予兆を掴んでいたようだ。警告をしていたという報道がある。15日の時事通信の記事である。
『【北京時事】中国政府は北朝鮮のミサイル発射で公式な反応を示していないが、「緊張を高めてはならない」(外務省報道官)と自制を促す忠告を無視し、短期間で核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮に不快感を一層強めているのは確実だ。』

 時事通信の思い込みが込められているような印象も受けるが、なんと!! 驚くべきことに本日(18日午前現在)シナ帝国政府は公式に報道官を使って批判する声明等を一切していないのである。頭にきているのは間違いないのかもわかりません。そして、駐米国シナ大使を使って、
 『【ワシントン時事】中国の崔天凱駐米大使は15日、ワシントンの中国大使館で記者団に、中国が北朝鮮を核保有国として見なすことは決してないと強調した。
ロイター通信が伝えた。北朝鮮の核放棄に向けて中国に影響力行使を迫る米国に対し、中国は「北朝鮮寄り」ではないという立場を示す狙いがあるとみられる。』

 そして、北朝鮮に向けた行動の機会を無駄にしてしまった事への言い訳も、同時に行っている。
『崔大使は「米国は(北朝鮮に)脅威を与えることを慎むべきだ」と指摘。その上で「対話と交渉の再開に向けた効果的な方法を見いだすためにさらに多くのことをすべきだ」と述べ、圧力よりも対話を優先する従来の姿勢を繰り返し訴えた。 』

 役に立たないのは、他に事情があるようだ。
『【北京時事】中国で「ビットコイン」などの仮想通貨を扱う取引所が、全面的に閉鎖されることになった。
 3大取引所が売買を停止すると15日までに発表。当局は最重要政治イベントである共産党大会を来月に控え、監督の行き届きにくい仮想通貨取引に対し、取り締まりを強化している。』

 ネットで広がる根拠のない話として、シナ帝国は北朝鮮からサイバー攻撃を受けピットコイン取引所等が、集中的に狙われ大変なことになっているという話である。それは、今回のミサイル発射の前日から始まったと見られているようだ。確かめようがないので何とも言えませんが、時事通信の記事にあるように、唐突に取引所の閉鎖が決定したのは事実である。

 北朝鮮を刺激するとサイバー攻撃がより深刻になると云う判断があるのかもわかりませんね。今に至るも政府によるミサイル発射の非難声明がない。
 我が国に向けた日印共同声明に向けた批判声明はあるのだが、北朝鮮に向けた批判がない。ない事で何かがそこに問題を発生させたのかもわからないという憶測を生みますね。シナ帝国のように変わらぬスタイル批難形式がある時点で途絶えるだけで、何かあったのかと推測を生みます。まあ、そう云う事です。

 闇の国は、情報の操作を得意技にしてきたわけです。しかし、何も言わないという事も、この場合何か言ってしまっているわけですね。

  シナ帝国の中の人も大変な思いをする人がいるようだ。

投稿: 旗 | 2017年9月18日 (月) 01時39分

【無能なんだと警察は反省するべき事件】

 少し古い事件だが、徳島県警は詐欺事件で無実の人間を19日間勾留した。地検は別に真犯人がいると解って釈放した。時事通信にその記事がある。しかし、時事通信の記者も事件の内容を正しくつかんでいないようだ。記事を読むだけでは理解しにくい。
 ネットには、それを解りやすく伝えるシーケンス図による解説をされた人がいて、事件の全容が手の込んだ詐欺だと初めて解るようになった。
 時事通信の記事
『グループのコンサートチケットを売ると偽り代金をだまし取ったとして、徳島県警三好署が5月、愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)を詐欺容疑で誤って逮捕していたことが11日、分かった。女性は一貫して容疑を否認。19日間勾留され、徳島地検が処分保留で釈放した。
 同署は10日、女性宅を訪れ謝罪。女性に成り済まし、計8万円を女性の口座に振り込ませたとして、詐欺容疑で京都市の女子中学生(15)を書類送検した。
 同署によると、女性は昨年8月、人気グループ「関ジャニ∞(エイト)」名古屋公演のチケットを1枚8万円で譲るとツイッターに投稿。女子中学生は購入を申し出る一方、ツイッターで女性に成り済まして徳島県の女子高校生と和歌山県の10代女性に売る約束をし、女性の口座に振り込むよう指示した。
 女子中学生は販売サイトにチケットを出品し、関東の20代女性が6万5000円で落札。入金を確認した専門学校生の女性は、女子中学生に指定された関東の女性宅にチケットを郵送した。女子中学生は販売サイトを通じ、代金約6万円を得た。
 チケットが届かないため、女子高校生が三好署に相談した。同署は口座が女性の名義だったことなどから今年5月に逮捕したが、ツイッターのやりとりが削除されており捜査は難航。女性は釈放後、関東の女性宅に送ったチケットの書留の控えを地検に提出し、販売サイトの取引記録から女子中学生が浮上した。
 西岡寿典三好署長の話 犯人ではない方を逮捕してしまい、心よりおわびする。重く受け止め、緻密かつ適正な捜査をより一層徹底し、再発防止に努める。(2017/09/11-19:07)』

 これだけ読んで理解できる人がいるとは思えませんね。私も誰が何をしたのかというポイントが一度読むだけでは、解らなかった。
 これをGithubに投稿されたshunirr氏が、シーケンス図を作成して解りやすく時系列の流れを説明することに成功しています。下記に移動すれば内容はよく解ります。

 女子中学生チケット詐欺事件 · GitHub
https://gist.github.com/shunirr/2bd6a5a00b966e1e534b443790c68eda

 
 これをご覧になれば実によく解ります。これを見て、この加害者の女子中学生の詐欺能力に驚きますね。自分の身元がばれないように工作することもタイミングを図って行動することも、金額の設定について見れば、差額の金額設定をすることで犯罪の関与から遠ざかることも計算したように行動しています。
 頭脳は優れているのでしょうね。しかし、倫理観は最悪としか言いようがない。こういう犯罪者を矯正するのは難しいのではないかと思います。これで15歳ですよ。

 警察の無能が改めて注目されることにはなります。女子大生は否定しているのに19日間も勾留したという事が頭の悪さを宣伝しているようなもんです。釈放したのは地検に送られてからですね。検察官はさすがに騙されなかったという事でしょ。

 馬鹿な警官と嘆くのは簡単なことです。頭を使った犯罪に対処できないのは悪夢ですね。

投稿: 旗 | 2017年9月18日 (月) 06時04分

   再び≪WSJ:安倍晋三の世界観≫
毎日【衆院解散強まる:大義名分? https://goo.gl/EbxYzc 】
安倍Monkeyは選挙が好きですねえ。他人には大義や名分を迫るくせに己の言動には♪そんな小難しいこと♪はどうでも好いんです。
なにを反省したのか知らないが、表面面と口先だけは、謙虚に!丁寧に!と繕っても(お陰でメディアへの露出が激減した(嗤))、薄暗いじめじめした塒で練る♪♪我田引水の計算と打算♪♪が大好きなのも変わらず、♪♪私情に駆られて暴走すること♪♪も止める気はないらしい。
また、政治屋でしかない自民党の議員らも選挙が嫌いではないらしい。平生は≪人型の猿≫に屈膝し隷従しているのに、選挙の風が吹き始めると俄かに「常在戦場」の戦闘モードになる(嗤)。
次回の選挙では、上から下まで、そんな経世済民を知らぬ卑やしい(卑怯卑劣卑屈な)連中を国会から蹴り出したいものです。

巷間に【もはや、安倍首相に政権担当の資格はない】と云う意見がある。もはや?!間違いではないが、呑気なことだと思う。
安倍晋三が若かりし頃に、賢父晋太郎から≪政治家に最も肝心である”人間の情”がない≫と断じられた時点で、政治家としての資質もないし資格もなかったんですよ。政権担当の能力や資格を云々するのは、≪ん十年≫遅いのだ。その呑気な認識を改めてこそ、正しい道を行けるし、スピードも増すのだ。

≪ん十年≫もの時間を遡らなくても、たったの5年間遡って、この記事(↓)を読めば、安倍Monkeyを政治権力の座に据えることが如何に危険なことかを痛感し、肝を凍えさせるに違いないのだが。
2009年12月WSJ:安倍晋三の世界観 https://goo.gl/nm3vP 
付録:再掲    再び≪Gorilla ≒ Monkey≫
ロイター【トランプ氏が米国社会に組み入れた「ヘイトの潮流」 https://reut.rs/2f20OSZ 】

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月18日 (月) 11時21分

お疲れ様です。もはや衆院解散への舵は大きく切られた感がありますが、NKの挑発から、又Cの乗じた領海侵犯等に対して、解散中有事の対応は完璧でしょうか?
否!NKは全てにおいて、日本国のゆるゆるの危機対応策の隙を突いて来るのは間違いないとみて良いのではないでしょうか?
非核三原則等の防衛基本改正は間に合うのでしょうか? アメリカ頼みの憲法(防衛)を今改正しないでいつ改正するのでしょうか?

憲法9条の改正や非核三原則の基本改正等の後回しは必ず国民を不幸に導くし、自虐史観の極み亡国の扇動、左翼の拡大に繋がり取り返しの付かない事態になるのではと危惧しています。
時間を有効に自民党内で国防論議を拡大して頂きたいです。

投稿: 畠山敏三 | 2017年9月18日 (月) 14時32分

石破先生、お疲れ様です🍵
お父上のご命日もありながら、お忙しい連休でしたね。解散総選挙も決まり、ますますお忙しい秋になりそうですね。テレビにご出演の機会が増えるかと、楽しみにしております🐤

投稿: キイロイトリ | 2017年9月18日 (月) 15時22分

Jアラートの件はご意見に同感です。空騒ぎもいいところ。破片云々などをいうもそれ以上のリスクは日常に溢れています。いたずらに人々の不安をあおったのみです。
私は昭和7年生まれ、当時の新聞・ラジオは米英などに対する国民の不安を過大に煽り戦争に人々を駆り立てました。
ミサイルを過大視することはありません。
一方、北朝鮮の核開発は絶対に認めてはなら
ないことです。それは韓国、日本、台湾、ベトナムへの核拡散に至り、やがて全人類の破滅に至ります。

投稿: さはし ひろし | 2017年9月18日 (月) 17時14分

石破先生、今回の解散に大義はありますか?憲法草案も固まらないまま、北朝鮮のミサイルの脅威も高まる中、一体何を国民に問うというのか。こんな解散はあってはならない。石破先生とその同志は、自民党を見限って新党を結成すべきです。ここで立ち上がらなければ、真に国民に尽くす政治家とは言えません。

具体的には、
1、石破先生が、解散に大義はなく絶対に許されないことを表明する

2、石破派の齋藤健農水大臣が、解散に反対を表明する(内閣の構成員であり、閣内不一致となる)

3、安部首相が齋藤大臣を更迭

4、石破派のメンバーが齋藤大臣の更迭に反対し、離党・新党結成へ

5、自衛隊の国防軍明記と、加計・森友問題の徹底解明(国民の政治への信頼回復)を公約に掲げる

これが、今、石破先生が果たすべき歴史的役割です。どうか、どうかお考え下さい。立ち上がって下さい。

投稿: 解散に大義はない | 2017年9月18日 (月) 17時40分

【ロイターも寝言を言うようだ。】

 17日のロイターの記事である。
『[ソウル 17日 ロイター] - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、トランプ米大統領と電話会談し、北朝鮮に対し制裁を通じて一段と圧力を強めていくことで合意した。韓国大統領府が明らかにした。
 朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は記者団に「挑発的な行為はさらなる外交的な孤立と経済的な圧迫を招くことを北朝鮮に認識させるために、両首脳は協力を深め、より強力で実効性のある制裁措置を課すことで合意した」と述べた。』

 推測なのですが、15日の北朝鮮のミサイルの発射があった前日の文大統領の寝言が、おそらくトランプ大統領の耳に聞こえたのかもわかりませんね。菅官房長官も正式な発表が韓国政府からはないと記者会見で云った話の中身のことです。
 800万ドルの人道支援のことではありませんか?
 そして、トランプ大統領が何を言ったのかについては半分記事に出ているという事ではないかと推測します。

 制裁についての合意にブレがない。と改めて強調した内容の報告が韓国政府からでた。その前に叱られた というのは秘密なんでしょうな。

 一人浮いていた人物のおかげで、制裁決議が台無しになる処であったという事が彼に解っているのか謎です。
 ロイターというまともなメデアが解りきった内容を記事にするのは異例ですね。資源の無駄のような記事を出さなければならない処に韓国の置かれた現状を知らしめています。

 はっきり言って、朝鮮半島にいる約7000万人は、金王朝の三代目とこの大統領のおかげで人質状態なのです。
 ネットでは、最悪の状況の中で最悪を選択する民族と云う人がかなり増えて来ていますね。

 その中にあって、冗談に思えないのが韓国です。

投稿: 旗 | 2017年9月19日 (火) 00時06分

お疲れ様です。

いつもブログ楽しみにしています。
今週もお仕事頑張ってください。

投稿: くま | 2017年9月19日 (火) 00時35分

【スパイに敏感になっているシナ帝国】

 ヤフーに『スパイ容疑で日本人拘束 中国当局』と云うタイトルのニュース記事があった。最近というか、今年の3月にも温泉掘削会社の社員が6人シナ帝国に身柄を拘束され今に至るも解放されていないという事実がある。
 なぜ、このような拉致事件が起きるのかと云えば一つヒントになる事件がニュージーランドと台湾で発覚しているホンマモンのシナのスパイが暗躍しているというニュースである。
 国会議員になっているこのスパイは過去の履歴を隠蔽していたことからスパイを疑われるに至ったようである軍官学校にいたことを隠していたらしい。
 大紀元にその記事がある。
『ニュージーランドの現職国会議員が中国のスパイ容疑で、同国情報機関の捜査を受けていると伝えられた。隣国のオーストラリアでも6月、2大政党が中国共産党とつながりをもつ富豪2人から約10年間にわたり、巨額の献金を受け取っていたことが明らかになった。南半球の2大先進国の内政で、中国共産党が暗躍している。・・・・渦中の人物となった楊健議員(55)は1978年、中国人民軍空軍工程学院英文科に入学。卒業後、母校での英語教師を経て1987年、人民軍直属の洛陽外国語学院の大学院に入学、修士号を取得。同校でも英文科の教員として勤務していた。1994年、オーストラリア政府の海外援助プログラムのAusAID奨学金でオーストラリア国立大へ留学、博士号を取得。留学を終え、オーストラリアやニュージーランドの大学で教鞭をとり、のちにニュージーランドに帰化した。その後、政界に転身し、2011年、国民党から立候補し国会議員に初選出、現在2期目。出国前は中国共産党員だった。・・・・・・今回の発端は、楊議員が中国軍の教育機関に通っていた経歴を隠蔽していたことだ。とくに、卒業した洛陽外国語学院は、中国軍唯一の外国語大で、外国の軍事情勢を偵察する任務を負う人材、いわゆるスパイの養成を行う。』

 この疑惑の議員は濡れ衣だと主張する記者会見を開いたそうだ。しかし、『中国の諜報活動に精通する、元シドニー駐在中国領事館の陳用林一等秘書官は、このたび大紀元の取材に答え、楊議員は「クロ」の可能性は高いと指摘する。』 
 真正のスパイと証言する人がいるようだ。台湾の場合も似たような状況である。そして、豪州では賄賂攻勢が明るみになってきたという報道がある。何かと悪い評判しかないシナ帝国が関連するニュースばかりなので、今回の事件は世論を跳ね返す狙いもあるようなニュースではないかと思いますね。

 彼等がスパイ容疑で拘束する時は容疑内容の全部を隠します。2009年のぜネコン社員4名の路上での拉致、そして監禁した事件も記憶に新しい。彼等の解放はノーベル平和賞の受賞者が、シナ帝国の牢獄にいた人に向けられたという受賞の報道のあった翌日に何事もなかったかのように釈放されたという経緯がある。
 
 シナ帝国は習近平の云う「偉大な中華」の再現に必死である。その中身は、かなり恐ろしい内容が隠されているのかもわかりませんね。彼は中身について説明をしたことがない。

 世界は、シナ人によって破滅を迎えるような気がしてなりません。

投稿: 旗 | 2017年9月19日 (火) 01時24分

【衆議院解散は、総理の専権なので、各種マスゴミの記事は噂話でしかない】

  噂の出所などは問題ではなく、衆議院が解散となるのかどうかは、その権限を持たない人が何を言っても意味はない。
 ただ、この時期がふさわしいのかどうかだけが批判されるだけではないか。

 大義とかもっともらしい言い訳とかはあんまり意味がない結果をもたらしますね。例えば郵政民営化解散とは、何か?  今になってみれば郵政3社は。苦しんでいるような印象が強い。経営能力の問題なのかもわかりませんが他に手があったような気もします。

 まあ、ともかく、解散をこの時期に問うのは、憲法の前文を見直したいという動機があるのかもわかりません。諸国民に裏切られたというのが本音ではないか?

  そこらは何とでもなります。憲法に軍の文字を入れることや参謀本部の創設のために条文を作る事等も大きな理由にできますね。それだけでなく、財政上の問題にも踏み込むこともできます。消費税の扱い他は解散の理由にできます。

 野党に受け皿の能力がゼロだとばれたことも解散するチャンスという事も言えます。すべて総理の専権ですね。この意味では、強力な独裁を発揮できます。

投稿: 旗 | 2017年9月19日 (火) 01時53分

【民進党の元祖号泣名物男解散を歓迎する発言】


  民進党は、衆議院解散が迫っているという噂を真面目に採り上げ、ヤフーに掲載された前原代表の論評は
『民進党の前原代表は17日、「自己保身のための解散に走っている」と批判した。 前原代表は「『自己保身解散』に走ってるとしか言えない」「(仕事人内閣が)仕事するまえに解散するというのは、何の成果が出ているのか。まさに、森友・加計の疑惑隠しで、とんずら、自己保身、北朝鮮の危機については国民をほったらかし、まさに無責任そのもの」と述べた。』 という内容で、解散するかも知れない噂話の段階なのに批判タラタラ状態なのだそうだ。
 かと思えば、これは国会内で号泣したことで名を挙げた海江田氏のツイッターがネットの民進党などの動きを注目している人のブロクで解った。それによると海江田氏は解散を歓迎しているそうだ。
『民進党 海江田万里
日曜日
台風18号の進路を気にしていたら、今朝から、解散旋風が吹き荒れています。野党の浪人の身ですので、解散は早いに越したことはありませんが、この解散は加計問題などを抱えている安倍総理が国会で野党からの厳しい追及を受けたくないという自己保身がミエミエのものです。名付けるなら「自分ファースト解散」と言うしかありません。堂々と受けて立ちたいと思います。
朝のテレビのニュースや新聞で解散が近いことを知った皆さんから激励の声をいただきました。ありがとうございました。』

  浪人中という事情もあるのかもわかりませんが、党の状況には一切関知しない姿勢が目立っているようで、これを掲載した人も『党内は不協和音どころか内戦状態で選挙どころではない。』という解説がありますね。

 実際の処は誰も解りません。しかし、ツイッターの発言を拾われ、それを見れば党内の事情など関係ない立場の人がいるという事に気が付きます。民進党という政党から離党する人が増えているという事実等から見ても、この党を構成する人々は、互助会に加盟していることと変わらない気分なのだと思いますね。

 海江田氏は復活のチャンス到来と思っているようですね。自分本位の人だと晒しているのですが、本人は気が付いていませんね。

 『早いに越したことがない』『堂々と受けて立ちたいと思います。』

 根拠は解りませんが、余裕がありそうですね。自分のために地球は回っていると思い込んでいるような印象を受けますね。

投稿: 旗 | 2017年9月19日 (火) 05時31分

   冷戦崩壊で露から独立や核不拡散が言われる様になって久しいが実は日本だけでなく、東南アジアで核抑止が拡散する可能性が無くはない。つまり北朝鮮が水爆に匹敵する核を認める、認めないに関わらず事実上持ってしまっている現在、米国と雖も容易に攻撃する訳にはいかなくなる。米国が韓国での核再配備だけでなく、核保有を要求されている中で米国の交渉次第では日本にも核保有論が浮上しかねない。米朝が秘密裏に核保有交渉をして認める事にでもなれば、核ドミノが起こりえる。日韓だけでなく、台湾や比等軍事力で劣る国が核を保有する事でそれを補おうとする動きが加速する可能性が出てくる。これは今後の米朝交渉や軍事行動があるかどうかにかかっている。今の所、交渉はしないと公に言っている米国だが秘密裏には北と接触している。今は未だ、ICBMも3700kmとグアムが射程距離だがワシントン迄届く距離の弾道ミサイル実験をやるのかは分からない。米国を攻撃する意図が無い北にすれば、脅しこそすれ、本気で米国とやりあうつもりはないだろう。甘い憶測は禁物だろうが米国に先に手を出せば、北は消滅する。もし日本だけでなく、台湾に米国の核が持ち込まれたり、核保有という事になれば一気に中国との関係も悪化する事だろう。米国だけでなく、中露も北が核を持つ事での隣国への緊張が一段階上に嵩上げされる事を考えていない訳はない。北朝鮮の緊張は日本の軍備増強だけでなく、台湾への米軍駐留も視野に入って来る。核抑止が無いと発言した馬鹿な野党議員がいたが現実の前には風前の灯である。国連総会から帰国後、総理も解散について言及がある様だが朝鮮半島を睨み、トランプ訪日の前に態勢を整え直さないといけなくなっているのだろう。

投稿: 忍者 | 2017年9月19日 (火) 06時01分

 衆議院の解散総選挙が取り沙汰されておりますが、憲法には、7条「天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行う」、7条の3 「衆議院を解散すること」、69条「内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない」
とあるだけですので、臨時国会の冒頭で解散をする場合は、不信任決議がありませんから大儀を必要とし、内閣総理大臣が天皇に助言をして、天皇が「それは国民のためになりますか」というようなやりとりをして承認され、解散が宣言されるというのが、憲法の主旨あろうと思います。ですから、小池都知事の「大儀がわからない」というコメントが至極真っ当であると思いますね。私は、解散の大儀が後付けされること自体おかしく、今後のスケジュールを睨み、衆議院の任期をリセットして延命を図り、消費税率の10%引き上げ断行や改憲論議の時間稼ぎのため、今選挙をやれば勝てると踏んで解散に踏み切ると思わざるを得ません。学園問題はここから国民の目をそらすためではないか。総選挙は650億円以上の費用がかかるのだそうですがこれも税金が使われます。内閣延命のため今このようなことをするのは姑息で、国民生活を軽視しているのではないでしょうか。消費税や改憲論議は、なぜ堂々と国会で議論できないのか。
 「疑惑の追及から逃れるためだ」「自己保身だ」という批判がありますが、野党もまたピント外れではないか。結局「どいつもこいつもなんだかなあ」(笑)という気持ちでいます。今、国民は総理が帰国するまで、解散の大儀について意見を積極的に述べていいのだと思います。

投稿: 撮り鉄 | 2017年9月19日 (火) 09時47分

老婆心ながらご忠告。

ここのコメ欄にもしばしば見受けられる「解散の大義が云々」とかね、口が裂けても仰らないように。言いそうだから怖いw

それよりは水月会のメンバー候補増やしましょう。民進飛び出し組でもコナかけといて良いじゃないですか。日本Fは小池さんが総理を目指す踏台に過ぎないので、いずれ空中分解、と言うか使い捨て。小泉チルドレンと同じ運命を辿るでしょう。小池さんが金使って集めてくれた中に意外な拾い物があればお得ですからね。

理念も大切でしょうが、先ずは頭数。頭数いないと総理総裁は無理ですからねー。

投稿: 八幡氏子 | 2017年9月19日 (火) 11時34分

コメントが増えて、少し賑やかになりましてね。慶ばしい。

   再び≪智慧が一片の欠片もない≫
Reuters-NYT:Abe Calls for Enforcement of Sanctions Against North Korea: NYT https://nyti.ms/2jFfYCM 
まあ、安倍Monkeyのこの北朝鮮への制裁強化の方針は国内メディアも屡々報道しているので、敢えて海外メディアを引用する目的は、その裏面に欧米人に特有の皮肉Satire Cynicismを感じるからなのです(ニッコリ)。21世紀の♪国際社会♪から経済制裁を受けている北朝鮮の姿が、20世紀の日本に重なる部分(”全て”に非ず)があるからなんです。
安倍晋三は口先では、威勢の好い♪猿芝居♪を演じ、≪国際社会をリードするんだ!≫と息巻いて(=私情に駆られて暴走して)いるが、国際社会の集団に紛れて≪打落水狗≫に精を出している。

当時の日本を率いた愚か者どもは、なんの勝算もなく、既に「昭和16年夏」に敗戦が決まっていた戦争に突っ込み、3百万人以上の日本人を殺した。近隣諸国の数千万国民を殺す結果を招いた。
今の北朝鮮を率いる愚か者ども(複数。“独裁者に限らない”の意)は、既に敗戦が決まっていた戦争に突っ込むのだろうか?と。

A級戦犯の孫である安倍Monkeyは、その祖父の大罪(注)に学ぶこともなく、従って実体験のある日本にしかできない箴言や諫言(注)を以って、北朝鮮の愚か者を諭す智慧が一片の欠片もない。SoftPowerの源泉の一つは、≪過去に学ぶ見識≫なのだが‥。
(注)そもそも、安倍Monkeyは学習が苦手、箴言や諫言を受けるのが大嫌いなのだから宜なる哉‥と捨て置いて善い話ではない。

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月19日 (火) 14時45分

   ≪勝者が誰もいない選挙≫
朝日【大義なき解散、公約は急転 https://goo.gl/vwRd7S 消費税を10%に引き上げて‥教育無償化などの財源にあてる‥衆院選の目玉公約】
⇒≪人型の猿≫のこんな瞞しに騙される庶民大衆が未だいるから情けない。AmongManyOthers、トリクルダウンの嘘を‥また社会保障を充実させる(破綻を回避する?)と云う約束が反古にされていること‥安倍晋三が≪人型の猿≫であること‥も忘れたか?
(蛇の足)そもそも、日本国の財政は精緻な複式簿記ではないから(家計簿並み?w)、キャッシュフローの管理もその事後検証もできないので、嘘も甘言も、♪言った者の勝ち、騙された方の敗け♪なんですけどね。制度の欠陥を利用する≪人型の猿≫と云うお話。

石破さんは選挙応援に全国を駆け回られるのでしょうし、水月会メンバー全員が見事に当選されることを念じますが‥、国家と国民の視座と大局的な観点では、次回の選挙では、♪勝者は誰もいなかった♪ と云う選挙結果が最善なのだと考えます。
ボス猿が口先ではなんと言おうと、その実、国会と自民党内の両方で、一強多弱に安んじていては傲慢不遜が治らない。そんな安倍自民党の議員連中には、♪大惨敗の記憶(または伝承)♪を思い出させ、危機感を持たせ、安倍Monkeyを担いでいては駄目だ!俺の身分と生活の保障を失って仕舞う!などなど、汚い尻に火が点く、背筋が伸び、歪んだ性根が真っ直ぐになる‥?かも知れません。
軟弱野党に自信を持たせれば、多少はマシになる期待ができるかな?w 大惨敗の予想が惨敗で済むと、鼻が高くなって弊害の方が大きいか?(嗤)

投稿: 小倉摯門 | 2017年9月19日 (火) 15時03分

石破さんは、否日マスコミや野党、及び日本の問題をよく分かっていない多くの人から、「次期総理大臣になってほしい人」と称されていますね。

安倍さんからの防衛大臣就任依頼を断るまではそう思っていました。

しかし、最近の石破さんの言動も含めて、もう応援はしません。
本日のミヤネ屋での回答も、逃げていらっしゃるのを見て、これで、日本の総理大臣として、どうやって他国と渡り合っていけるのか?と思いました。

しかし、政治でも何でも、一人だけでやっていけるわけではありませんから、多くの協力を得ていくのはどうか?と考えましたが、ご自身の言動のせいで、自民党内だけですら協力が得られないのを実感しましたから、協力して、というのも難しい。

謝罪会見をした豊田氏以上に、安倍政権・自民党に迷惑をかけた、と党内で謝罪くらいはしなければならないでしょう。

まずは、そこからではないでしょうか?

本日の逃げの回答が、自民党からの指導のひとつだったのか、または、石破さんの忖度ゆえの逃げ回答であったのならば、逆に私は石破さんを認めますが。

投稿: 一国民 石原 | 2017年9月19日 (火) 16時32分

【北朝鮮の軍事に特化した科学技術力は、韓国の上をいくのか?】


 北朝鮮の核開発技術とミサイル開発技術に見る驚異的な進化は、戦車と潜水艦他で情けない惨状を晒し続けている韓国の軍事開発技術のニュース記事と比べるとどこか間違っているような気がしてならない。ロシアのスプートニクに掲載された記事を見て韓国とは何だろうと思ってしまいますね。
『世界日報は9月14日付けで、朝鮮民主主義人民共和国が不意の核攻撃を行うことのできる原子力潜水艦を秘密裏に建造しているとする消息筋の情報を伝えた。世界日報によれば、現在、北朝鮮は60隻のディーゼル潜水艦による艦隊を有しているいるものの、これらは原潜に比べると格段に追尾されやすい。
  北朝鮮はまさにこの追尾のされやすさを克服するために原潜建造に着手し始め、その結果、それが核弾頭を搭載できるタイプのものとなったと指摘されている。(スプ―トニク日本2017年09月20日 02:02(アップデート)』

 世界日報にある元記事は
『北朝鮮が今年1月初めから西部の南浦付近に設置されたドックで密(ひそ)かに原子力潜水艦を建造中であることが分かった。韓国の北朝鮮情報筋が13日、本紙に明らかにした。・・・2~3年内の実戦配備を目指しているという。・・・一方、北朝鮮はSLBM開発の一環として現在3000㌧級の大型潜水艦を建造中で、朝鮮人民軍の創設記念日である来年4月25日に実戦配備する計画であることも分かった。』

 世界日報は何かと香ばしい記事を発信することで有名なのであるが、これがスプートニクの記事にも引用されることに注目してしまいますね。北朝鮮と原潜の関係は1990年台から話題にはなっていたので具体的な動きが記事になるのも珍しいことだと思います。そして、1500㌧級の潜水艦の建造すらてこずっている韓国の傍で3000㌧級の潜水艦を建造中というのも驚きます。SLBMの計画は本格的になっているのだろうと思いますね。米国はこれを叩かないと本当に大変なことになってしまいます。

 それはともかく、韓国と北朝鮮の技術力に大きな差があるような印象を持ってしまいますね。K2戦車のパワーバックという部品に7年以上の時間をかけても、なお未だに完成品を作ることができない韓国の技術という記事が今年ネットで大量に拡散していましたが、北朝鮮の兵器開発技術については誰も詳細を伝えることがないという事もあって、巧くできた物だけが注目されるように見えます。それでも、韓国との差が大きいような印象がある。

 北朝鮮が優秀であると韓国の国民が勘違いすれば大変なことになりますね。そこが問題になります。勘違いと妄想が勝手に広がってしまう国民である。その危険性を指摘する人は韓国にはいないので不安になってしまいますね。韓国の文大統領が宥和政策を捨てない根底にあるのは、こういうことに関する話も含まれているような気がします。失敗続きのお笑い韓国軍の話は近隣に響き渡っています。北朝鮮に対する変なあこがれが出来ているかもわかりませんね。

 北朝鮮の軍事施設と開発している兵器を今のうちに叩いておかないと大変ですね。
 

投稿: 旗 | 2017年9月20日 (水) 04時45分

【外交の世界にもある忖度政策】

 ロイターにその記事があった。
『[ワシントン 18日 ロイター] - 米上院外交委員会東アジア等小委員長のガードナー議員(共和党)は18日、中国や他の20カ国に対し、北朝鮮との国交断絶を求めるとともに、北朝鮮の国連追放に向け協力を要請した。
  ロイターが入手した各国宛ての書簡によると、同氏は「国際法を順守せず、世界各国を脅かす国と正式な外交関係を維持することは、卑劣な行為に謝礼を支払うのと同じだ」と指摘。「北朝鮮との外交関係を中断するとともに、北朝鮮の国連追放を支持するよう求める」と述べた。』
 そして、同じ日に
『[マドリード 18日 ロイター] - スペイン外務省は18日、同国に駐在する北朝鮮大使を呼び、国外退去処分とすることを伝えたと明らかにした。北朝鮮が核兵器開発の放棄を繰り返し拒絶しているためとした。
 外務省は声明で「本日、北朝鮮大使を呼び、好ましからざる人物として職務停止と9月30日までの国外退去に処する旨の決定を伝えた」と述べた。』

 米国の書簡が何時発信されたのかわかりませんが、その日のうちにそれを実行する政府があるという事に驚きます。

 他には、既に、9月8日の段階でメキシコ政府、9月12日の段階でペルー政府が、北朝鮮大使に国外退去命令を発しています。

 外交的な制裁ですね。他の国の動きも注視したいです。

投稿: 旗 | 2017年9月20日 (水) 05時01分

解散風が吹いているようですね。
マスコミも含め、『大儀』がどうのこうのと批判する馬鹿な声が聴こえますが、簡単な話ですよね?
『民進ぶっ潰し解散』
ですよね?日本国民の為、国の為、充分な大儀ですよ。
下らない質疑応答で、国会(委員会)の大切な時間を浪費する民進なんて要らないのですよ。公安の監視対象者と繋がっている民進は、早くぶっ潰すべきなんですよ。
貴方のサポーターも含め、こんな事も分からないんですかね。あっ、思想的に民進側の方々でしたね?
文春のお陰で、貴方の盟友の前原と北朝鮮との繋がりも、ほんの少し明らかになりましたが、他にもいますよね?貴方ならよ~くご存知でしょう?あの通〇議員とかあの〇コン議員とか…。某国の為に働く議員がまだまだいますよね?
で、どうします?
まだ自民党に残るおつもりですか?当たり前ですが、そうそう背中撃ちの貴方に、総理総裁のお鉢は回ってきませんよ。議席減も覚悟のようですし、貴方が20議席を人質にしても、選挙区に対抗する候補者を立てるだけですよ。
なら、野党がガタガタの今、逆に飛び出すチャンスではないのですか?
貴方がイニシアチブを握れますよ。野党ですけど…(笑)
それとも、小選挙区で勝てそうにない派閥内の小物議員から離党を拒まれているんですか?(笑)

今更ながらの正論も、マスコミにしか言えない情け~ないお立場なんでしょうから、早々に決断すれば如何ですか?

投稿: 吉法師 | 2017年9月20日 (水) 17時24分

石破先生
今晩は!!。
列島縦断の様相の台風一過、日毎に秋めいて参りました。いつも政務に、テレビ出演にと多忙を極められ、週末には地元を初め地方への講演もこなされ、大変お疲れ様であります。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
小生も何時もの先生の移動程ではありませんが、台風の迫りくる15日~16日と現職の頃東京勤務に居りました時、社内バンドで一緒に演奏を行っていまして先年亡くなりました友人の墓参りの為、さいたま市を訪れ、16日の夕方にはこれも同じく社内バンドのりーダーであった先輩が亡くなり、浅草に於いて追悼コンサートが開催され行って来ました。16日に帰宅し、台風の上陸接近の中、翌朝大阪より米子まで高速バスにて帰省し、18日の母方の祖母の50回忌に出席しました。17日に、米子まではスムーズに帰省出来ましたが、米子より実家までは台風接近の為山陰線が上下とも止まり、翌18日の法事出席にも大変難儀しました。そして昨日19日に京都へ帰宅しました関係により、今回の投稿は大変遅くなりました事を先ずお詫び申し上げます。

さて、今回は北朝鮮のミサイル発射と安倍総理の衆議院解散発言について拙論を述べてみたいと存じます。
1、北朝鮮による15日のミサイル発射について
世界の大方の予想通り、又北朝鮮はミサイルを発射し、先般の同じ方角にて北海道襟裳岬を通過し太平洋上2000キロ海上に着弾させました。前回より更に距離が延び、その同心円上にはグアム島もあり、明らかに意識しての発射とも云われています。6時56分に発射され、7時にはアメリカの人工衛星に把握され、即、日本側の警戒網へも伝達され、7時4分には我が国の領域に到達して、又もやJアラートが発令されました。
今回は北海道及び東北、首都圏を除く北関東地域までと広範囲に及び、Jアラートが発令されても国民の殆どは対処が不可能であり、不安を煽るばかりでありました。防衛相及び官邸では発射された4分後の7時過ぎには、北朝鮮から発射されたミサイルの高度、距離、方向などを米側の監視網からの情報により把握していて、迎撃の是非もすでに判断済みの上、これほど大掛かりなJアラートの発令には大変違和感をおぼえました。わが国の過剰とも思える警戒の反応は、北朝鮮の我が国への恫喝と云う心理作戦へも手助けする事にならないだろうか?と思います。ここ最近の安倍総理の反応は、世界各国を回り北朝鮮の非道を訴え、国連総会において我が国の主張に同意を説き、「アメリカとべったり」の圧力発言が目立ち、北朝鮮も我が国への強硬な恫喝の発言が目立っています。勿論、政府は自国の独立を守り、国民の身体・生命・財産を絶対に守る義務を負うものとしても、過剰反応は北朝鮮を利するばかりでは?と思う者であります。田圃の真ん中に居て、周囲に身を隠す大きな建物もなく、都会と違い地下街なども無くJアラートを聞いても術も無き国民をどう保護すると言うのでしょう?

石破先生先生は最近特に声を大きくして述べられて居られます、非核三原則の見直しを行い、核の「作らず持たず持ち込まず」に加えて、その議論もせずを見直し、少なくとも日米安保法制にある、アメリカの核による「抑止力としての我が国への持ち込み」などの議論を詰め、北朝鮮からの脅威に備えておくべきであるとの抑止論はとてもリアルであり、納得のゆくものであります。その事を称して、石破先生を核兵器容認或いは推進論者のように言う評論家、マスコミは全く現実を把握せず、無責任であると言うべきです。

2、安倍総理の衆議院解散の示唆について
安倍総理は先日17日、突然衆議院の解散も視野に入れ国連会議より帰国後に日程を詰め、この9月28日臨時国会開催に於いて、衆議院を解散する事を示唆しました。先の国会において6月15日に「テロ等準備罪(共謀罪)を又もや中間報告の委員会において突然発議に上、強行採決を行い、その後野党の臨時国会開催も総理の日程の都合がつかないと、先送りとしました。その後第三次安倍改造内閣を発足させました。内閣支持率が極端に下がり、第三次安倍総理の記者会見は国民に「今後は驕りととられなよう丁寧に国会の質疑応答に努める」とのお詫びと云う、異例な容から始まりました。そして臨時国会召集の要求にも係わらず、9月28日と定めその間閉会中審査と云う姑息とも思える森友、加計学園の疑惑審査を行って来ました。それなのに28日の臨時国会開催にあたり冒頭から安倍総理は衆議院を解散する予定のようです。安倍総理及び官邸首脳は内閣改造人事により支持率が少し持ち直し、臨時国会の予算審議により森友加計問題の追及により支持率が再度下がる前にとの思いと、野党第一党の民進党の離党者増大を見据え、これを好機と捉えた全くもって党利党略の為の解散に他なりません。野党各党は森友、加計問題隠しであり、全く大儀の無い衆議院解散であると猛反発を行っています。「国会の解散権は総理の専権行為」であると云われていても、憲法7条或いは憲法69条の解釈によるものであり、はっきり憲法に明記されているものではなく、異論が沢山あるとも云われています。
20日現在の自民党によればこの衆議院選挙公約では①安倍首相の経済政策「アベノミクス」の加速化②「全世代型社会保障制度の実現③北朝鮮への圧力強化④自衛隊規定明記などの憲法改正などを、重点項目とする方針を固めたと云われています。以上の4項目を掲げ選挙を戦う心算のようながら、これで本当に大義と為す事が出来ると本当に思っているのでしょうか?多少議員獲得が減っても、議員の3分の2の与党勢力が確保が出来れば憲法改正の与党案が年末までに提案出来、加えて森友、加計問題への追及から逃れられると目論んでいるようであります。

このように一国民の小生から見ても、全くの党利党略の為と云う、国民の視点からの考えは一欠けらも見当たりません。アベノミクスは5年経ってもその経済効果を国民は実感する事が出来ず、社会保障は高齢者、低所得者にうすくなり、アメリカの尻馬に乗る圧力ばかりの対北朝鮮外交、安倍総理個人のレジェンド思想の発想に基づく憲法改正論議であり、全く大義たり得ません。
国民視点から考えれば、大義とは選挙に於いて投票するための判断材料であります。この大義が不明確では国民は投票の判断に悩み『選挙への投票難民』を増大する事になり、政治不信へとつながるものと大変懸念致します。

投稿: 桑本栄太郎 | 2017年9月20日 (水) 21時03分

【メキシコ大地震】
 
 今月7日にチアバス州で震度8.1の巨大地震があったばかりなのに、19日には震度7.1の巨大地震が直下型地震となってプエブラ州で発生したそうだ。

 被害の拡大が報道されていますね。死者の数も200名を超えたという報道があります。メキシコ合衆国は我が国と世界で初めて対等な立場で修好条約を結んだことで知られています。
 数ある駐日大使館の中でこの国の大使館だけが永田町にあるのは理由のある事だ。

 太平洋に面した国は地震によって結ばれているのかもわかりませんね。近年は大手自動車メーカーの海外拠点になっているという話もあるので、共に助け合って友好を深めていきたいものである。
 時間的に見ればここ数時間が大きな山ではないかと思いますね。72時間のうちに頑張って乗り越えられることを願ってやみません。

投稿: 旗 | 2017年9月21日 (木) 04時23分

【我が国と墨西哥の友好は1609年より始まる】

 慶長14年墨西哥人フィリピン総督ドンロゴリゴ一行が乗船していたスペイン船サン・フランシスコ号が房総半島沖で難破し、上総国岩和田村(現御宿町)田尻の浜に座礁したそうだ。それを救援したのが本多忠勝の次男で、上総大多喜藩2代藩主本多忠朝である。本多忠朝は彼等を歓待し、ドンロドリゴは徳川家康と会見したという話も伝わっているそうだ。家康からウィリアム・アダムスの建造したガレオン船(日本名:安針丸)の提供を受け、「サン・ブエナ・ベントゥーラ」と命名、1610年(慶長15年)8月1日に日本を出発し、同年11月13日アカプルコに帰還した。
 400年に及ぶ友好関係がある。こういう出会いというか流れはトルコと似ているような気がするが、遠く離れた友好国は争う事もないのでいい話ばかりが残っている。

 墨西哥の方でもドンロドリゴは記録を残しているため、今も親日国のままなのだ。

 地震の復興は大変なことである。前を見て共に助け合いたいものです。

投稿: 旗 | 2017年9月21日 (木) 04時56分

【頭の腐った元外交官孫崎亨】

 文化放送のラジオの番組で北朝鮮への対応は制裁をやめるべきだと主張しています。メルケルの言葉の中の曖昧な部分を採り上げ悪の枢軸と呼ばれたイランが変わったのは制裁ではないと曲解して、北朝鮮の言い分を聞くことから始めよと主張していた。この愚か者は反日の外交官で名を挙げた男である。
 対話ができる相手なのかどうかの検証を棚に上げ。米国と我が国は、北朝鮮の言い分を聞きそれに沿ったことがないと言い出している。過去の北朝鮮の数々の犯罪行為を完全に棚に上げた主張である。国連憲章違反の行為を散々行ってきた狂人国家のどこを見れば、こういう論理が出来上がるのかわからないが、彼のような愚か者は一定数存在することが恐ろしい。日本人拉致の事実すらこの人は、認めることがなかったことで有名である。反日なのに外交官をやっていたという事はいったい何だろうかと考えてしまいますね。
 犯罪的な狂人国家と対峙することを避ければどのような未来があるのか?
 政治犯強制収容所が今もあるのはシナ帝国と北朝鮮である。そういう闇の国家の存在を認めて何になるのか?
 
 残念では済まない惨状が発覚した時に彼は責任が取れるのかどうかが問題になるだろう。

 こういうあほな人をラジオに出演させてはいけませんね。久しぶりに朝から頭にきた放送である。偏向した考えしかできない反日活動家は害そのものだ。

投稿: 旗 | 2017年9月21日 (木) 07時12分

【報道の意味が問われる記事】

 反日メデアを含む各種マスゴミ多数に、本当に、我が国を代表する多数のあほなマスゴミが『中曽根元首相の孫が出馬表明=衆院群馬1区』を採り上げていました。記事の内容はハンコでついた様に同じである。
 ここでは時事通信を例に挙げる。内容はというか言葉の使い方までほぼ同じなので、どこも差がない。
『中曽根康弘元首相の孫で元議員秘書の康隆氏は21日、前橋市内で記者会見し、衆院群馬1区から立候補する意向を表明した。

 康隆氏は弘文元外相の長男で35歳。自民党群馬県連に公認を申請する。康隆氏は「不退転の覚悟で挑む」と語り、無所属での出馬も辞さない姿勢を示した。 』

 記者が衆議院選挙に立候補すると表明した人物から聞いた言葉は 『不退転の覚悟で挑む』 これだけなのだ。

 政治家を目指す人物に聞くのはこれでいいのかという事だ。他に聞くことがないのなら、それを正直に書いてほしいものだ。複数の新聞記者がその場にいて、これ以外の言葉を引き出していないことに呆れてしまいます。立候補をする人に抱負というものがないのか? それがないというなら、「抱負がない立候補予定者」という記事を書くことが新聞の役目ではないか? 

 世襲を批判するにしても、複数のマスゴミが取材に集まって記事にすれば、それだけでPR効果は格段に違う。無名に近い候補予定者から見れば恵まれた状況に見えるだろう。つまり、記事にするだけで能力があるのかないのかわからない人を持ち上げていることになる。
 この人もまた、それをあてにして記者会見を開いたのではないか? 政治家になって何をしたいという目的が語れないのは不思議である。
 無能なのかどうか知らないが、立候補すると表明するだけで票が集まると思い込んでいるのかもわかりませんね。だから、世襲議員は馬鹿にされるのだ。
 小泉進次郎氏と留学先では席を並べたという記事をコソッと書く処もあった、それを小泉氏に確認する、或は、裏取りをするようなコメントもない。同じ学校にいたというならなんなのだという事になる。こんな記事ばかりを書くから、我が国のマスゴミは馬鹿にされ信頼を失うのである。

 『不退転の覚悟で挑む』と言って立候補するのはこの元総理の孫だけではない。当選何十回を経験するベテラン議員でも、或は初めて立候補する全国にいる予定者も同じ気持ちでいる。 手続き一つとっても、タダで立候補するわけにはいかない。決して安くはない額の金がかかっているからだ。それを考えれば、このあたりまえのような感想が記事になるのは異常と云うしかない。

 我が国のマスゴミは落ちるところまで落ちないと気が付かないのかもわかりませんね。

 彼等はアホの塊である。

投稿: 旗 | 2017年9月22日 (金) 01時22分

【ミハイル・チモフェエヴィチ・カラシニコフ将軍の銅像】

 ロイターに記事があった。
『[モスクワ 19日 ロイター] - モスクワで19日、旧ソ連の銃器設計者で、カラシニコフ自動小銃AK‐47を設計したミハイル・カラシニコフ氏の銅像が公開された。
 カラシニコフ銃は最も殺傷能力の高い武器との見方もあるほか、海外で最も知られるロシア製品となっている。
 2013年に94歳で死去したカラシニコフ氏の銅像は、モスクワのガーデンリング通りにある広場に設置。ボンバージャケット姿で両手でAK‐47を持ち、台座には「私は父なる祖国防衛のために武器を作り出した」との氏の言葉が刻まれている。』

 この時期に、こういう像を建立する意図がよく解りません。米国では南北戦争時代の将軍の像を引きずり降ろそうとしている。それは政治的な意味があってやっている事なので、ロシアが、この像を建てたのも政治的な意図があると思いますね。
 まあ、あのカラシニコフの銃である。銅像はその銃を抱えた将軍の姿になっている。
 カラシニコフ氏は終身技術中将の地位にあった人だそうだ。こういう扱いは異例ですね。退役した将軍ではないのだそうだ。94歳まで生きた人である。

 彼はこういう優れた銃を開発製造したという人なのに、初等教育さえ満足に受けていなかった人なのだそうだ。銃の設計開発に従事した人には、このカラシニコフ氏のような境遇の人が多いのは偶然なのだろうか?
 ウインチェスターライフルやコルトM1905等の設計で有名なジョンブローニング氏なども学校教育とは無縁の人らしい。不思議な共通項が彼等にはあるようだ。
 ジョンブローニング氏は特許などで大金持ちになったが、カラシニコフ氏は公務員なので金持ちになったとは思えない。ただ晩年、この名前(カラシニコフ)のブランド化に力を入れ、ウォッカと時計に名前を付けて売っていたという話である。大儲けをしたのかどうかはわかりません。

 それはともかく、この時期にカラシニコフが銃を抱えた銅像である。
 記事は
『この日ロシアでは武器製造者の日が祝われ、プーチン大統領も軍事・産業部門の労働者に祝意を贈るなど、ロシア経済における軍需産業の重要性が強調された。』 と結んでいます。

 AK47は、ロシアの大ベストセラーであることは間違いありませんね。

投稿: 旗 | 2017年9月22日 (金) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/65793896

この記事へのトラックバック一覧です: 抑止力の向上など:

« ニュークリア・シェアリングなど | トップページ | 産経新聞に掲載されました »